JP6085192B2 - 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法 - Google Patents

伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6085192B2
JP6085192B2 JP2013040879A JP2013040879A JP6085192B2 JP 6085192 B2 JP6085192 B2 JP 6085192B2 JP 2013040879 A JP2013040879 A JP 2013040879A JP 2013040879 A JP2013040879 A JP 2013040879A JP 6085192 B2 JP6085192 B2 JP 6085192B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mass
steel wire
oxide film
less
spring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013040879A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014169470A (ja
Inventor
憲一 服部
憲一 服部
吉原 直
直 吉原
宏之 大浦
宏之 大浦
Original Assignee
株式会社神戸製鋼所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社神戸製鋼所 filed Critical 株式会社神戸製鋼所
Priority to JP2013040879A priority Critical patent/JP6085192B2/ja
Publication of JP2014169470A publication Critical patent/JP2014169470A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6085192B2 publication Critical patent/JP6085192B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、焼鈍後の酸化皮膜除去やボンデライト皮膜処理等を省略しても良好な伸線性を発揮するばね用鋼線材、およびそのようなばね用鋼線材を製造するための有用な方法に関するものである。
自動車のクラッチ、エンジン、燃料噴射装置等に使用されるばねは、長期間に亘って高応力で使用されるため、高レベルの耐疲労特性を有することが必要である。高レベルの耐疲労特性を確保するためには、優れた表面性状、優れた介在物制御が要求される。このうち表面性状については、ばね成形後にショットピーニングや窒化処理等を施すことによって、表面平坦化および硬化処理されるが、わずか数十ミクロン程度の疵が残存若しくは発生した場合には、ばね使用中に表面疵を起点とした折損が生じる。
そこで、鋼材圧延後に皮削り処理を施すことで、表面の微細疵を除去することが一般的に実施されている。この皮削り処理の後は、摩擦によって表面に加工層が生じるため、その加工層を除去するための焼鈍が必要となる。この焼鈍の際には、鋼材は高温に加熱されるため、加熱中あるいは冷却中に表面に酸化皮膜が形成されることになる。
皮削り処理後の焼鈍によって形成された酸化皮膜は、酸洗い等の化学処理よって除去される。こうした除去を行うのは、酸化皮膜の存在は後工程を実施する上での阻害要因と考えられているためである。一般に、ばね用鋼線材では、焼鈍後に目的とする線径を得るための乾式伸線が行われる。この乾式伸線を実施するためには、伸線ダイスと鋼線材表面の直接の接触を防止するために乾式潤滑剤が必要となる。乾式潤滑剤が、伸線ダイスと鋼線材の間に持ち込まれる量が多ければ多いほど、ダイス磨耗の低減や断線・焼き付き発生が確実に防止できるため、鋼材表面は乾式潤滑剤の持ち込み性に優れた表面性状が要求される。
乾式潤滑剤の持ち込み性に優れた表面性状とは、微細な凹凸が多数存在するものであり、その微細な凹凸に乾式潤滑剤をトラップすることで、伸線ダイスと鋼線材間に生じる高い圧力に抗して乾式潤滑剤を伸線ダイスと鋼線材に押し込むことのできるような表面性状であると考えられている。しかしながら、皮削り処理を行った後は、ばね用鋼線材の地鉄表面は平滑化されており、そのような凹凸は存在しないことになる。そこでばね用鋼線材の地鉄表面に、十分な凹凸をもつボンデライト等の皮膜を形成することが考えられている。またばね用鋼線材の地鉄表面にボンデライト等の皮膜を形成するためには、表面の酸化皮膜は除去される(例えば酸洗い)ことが必要とされている。即ち、酸洗い等による酸化皮膜の除去と、ボンデライト等の皮膜処理により、十分な乾式潤滑剤の持ち込み性が確保され、乾式伸線が可能となると考えられている。
しかしながら、この酸化皮膜除去処理と皮膜処理は、ばね用鋼の製造の工程数と製造コストを増大させる要因にもなっている。特に酸洗い処理は、環境への負荷の高い処理である。近年の環境問題の高まりに伴い、環境への負荷を低減するための処置が必要となるばかりか、その処置のためのコストの増大を招いている。
また皮膜処理を行うにしても、その工程数やコストの増大となる点は全く同様の問題がある。そこで少なくとも酸洗いを省略できるような、望ましくは酸洗いと皮膜処理の双方が省略できるようなばね用鋼線材、およびこのようなばね用鋼線材を製造するための方法が様々な角度から検討されている。
例えば特許文献1には、酸化皮膜を除去することなく、酸化皮膜の上に、潤滑剤キャリアとしての皮膜を重ねて形成する表面処理方法が提案されている。この技術では、上記構成を採用することによって、十分な伸線性を保ちながら、酸化皮膜除去処理を省略することを可能とする。しかしながら、この技術によって省略可能となる工程は、酸洗いのみであり、皮膜処理は依然として省略できない工程となっている。
この特許文献1の技術では、皮膜処理剤を水溶性無機コーティングとし、それをもって皮膜処理を伸線処理とインライン化することにより、皮膜処理のためのコストの低減が図れることも示されている。しかしながら、このような技術は、ライン処理を行っていない場合には採用できないという制約がある。こうしたことから、コスト削減効果が不十分となることは十分予想される。
一方、特許文献2では、酸化皮膜の性状を工夫することによって、鋼線材製造工程における酸化皮膜除去処理と皮膜処理の双方が省略可能とする技術が提案されている。しかしながらこの技術は、C含有量が0.35質量%以下であるような伸線が容易な鋼線材を対象とするものである。一般に、鋼線材の伸線性は、C含有量の増加に伴って悪化する傾向があるため、このような技術を、C含有量がより多くなることが予想される高強度鋼線材に適用することは困難である。
こうしたことから、C含有量が多くなるような高強度鋼線材においても、酸化皮膜除去処理と皮膜処理の双方を省略しても、良好な伸線性を発揮するようなばね用鋼線材の実現が望まれているのが実状である。
特開平9−141325号公報 特開平9−76008号公報
本発明はこうした状況の下になされたものであって、その目的は、乾式潤滑剤の持ち込み性に優れた酸化皮膜を地鉄表層に形成することによって、焼鈍後の酸化皮膜除去やボンデライト処理等の皮膜処理を行うことなく、乾式伸線による良好な伸線性を発揮するようなばね用鋼線材、およびこのようなばね用鋼線材を製造するための有用な方法を提供することにある。
上記目的を達成し得た本発明のばね用鋼線材とは、鋼線材の地鉄表面に、マグネタイト(Fe34)50体積%以上およびヘマタイト(Fe23)20体積%以上を含有する酸化皮膜が、付着量3g/m2以上、20g/m2以下で形成されている点に要旨を有するものである。
本発明のばね用鋼線材の化学成分組成は、高強度ばね用鋼線材としての特性を発揮するものであれば、何ら限定するものではないが、好ましい化学成分組成として、C:0.4〜1.2質量%未満、Si:1.0〜3.0質量%、Mn:0.5〜1.5質量%、Cr:0.05〜2.0質量%を夫々含み、残部が鉄および不可避不純物からなるものが挙げられる。このばね用鋼線材の化学成分組成には、必要によって、更に(a)Ni:0.5質量%以下(0質量%を含まない)、(b)V:0.5質量%以下(0質量%を含まない)、(c)B:0.005質量%以下(0質量%を含まない)、等を含むものであってもよい。
一方、本発明のばね用鋼線材の製造方法とは、皮削りすることで熱間圧延線材の地鉄表面を露出した後、この線材を非酸化性雰囲気下、700℃〜600℃の温度で60分以上保持し、非酸化性雰囲気下で600℃まで冷却した後、酸化性雰囲気下、600℃〜550℃の温度領域を平均冷却速度3〜10℃/秒で冷却することを特徴とする。
本発明は以上の様に構成されており、鋼線材の地鉄表面に形成される酸化皮膜の付着量を適正な量に制御すると共に、酸化皮膜組成を、マグネタイト:50体積%以上、ヘマタイト:20体積%以上とすることによって、乾式潤滑剤の持ち込み性に優れた酸化皮膜が地鉄表層に形成でき、焼鈍後の酸化皮膜除去やボンデライト処理等の皮膜処理を行わなくても、乾式伸線による良好な伸線性を発揮するようなばね用鋼線材が実現できる。
本発明者らは、焼鈍後の酸化皮膜除去やボンデライト処理等の皮膜処理を行わなくても、乾式伸線による良好な伸線性を発揮するようなばね用鋼線材を実現すべく、様々な角度から検討した。
鋼線材での乾式伸線を可能とするためには、目的とする線径に達するまでの伸線加工中に、焼きつきや断線が生じないことが必要である。そのためには、十分な量の乾式潤滑剤が、鋼線材表面と伸線用ダイスの間に持ち込まれる必要がある。
本発明者らは、ばね用鋼線材の表面にマグネタイト(Fe34)およびヘマタイト(Fe23)を主成分とする酸化皮膜を形成することによって、酸化皮膜除去と皮膜処理の双方を省略しても良好な伸線性を発揮するばね用鋼線材が実現できることを明らかにした。このような酸化皮膜を形成することは、この酸化皮膜が従来のボンデライト等の皮膜処理に代替し、伸線時の潤滑剤持ち込み性をより一層高める作用を発揮する。酸化皮膜の主成分をマグネタイトおよびヘマタイトとするのは、酸化皮膜の地鉄への密着性を高めるためである。尚、マグネタイトとヘマタイトの体積分率は、酸化皮膜全体に対する夫々の割合を意味し、両者の合計で必ずしも100体積%となるものではない。
鋼線材地鉄表面に形成される酸化皮膜には、マグネタイト、ヘマタイトの他、ウスタイト(FeO)も含まれることがある。また、夫々の相には、地鉄から拡散してくるSiやCr等も含まれることもある。本発明で対象とする酸化皮膜は、これらの全てを含むものである。このうちウスタイトは、マグネタイトやヘマタイトと比べて剥離しやすい傾向を示す。従って、伸線工程において酸化皮膜の潤滑剤持ち込み性を終始維持するためには、ウスタイトの比率の小さい酸化皮膜を形成する必要がある。
こうした観点から本発明の鋼線材では、酸化皮膜中の主成分をマグネタイトとヘマタイトとし、このうち特に密着性の優れるマグネタイトは50体積%以上と規定した。好ましくは55体積%以上であり、より好ましくは60体積%以上である。
マグネタイトは密着性に優れるが、稠密であるために乾式潤滑剤の持ち込み性はヘマタイトに劣ることになる。そこで本発明では、酸化皮膜中のヘマタイトの体積分率を20体積%以上確保する必要がある。好ましくは30体積%以上であり、より好ましくは50体積%である。またこうした観点から、マグネタイトの最大体積分率は80体積%以下となる(酸化皮膜がマグネタイトとヘマタイトだけからなる場合)。
酸化皮膜による潤滑剤の持ち込み性を高めるためには、酸化皮膜の表面が滑らかでないことも必要である。一般に、酸化皮膜表面の凹凸は、酸化皮膜の付着量が小さいほど大きくなり、付着量が増えるにしたがって次第に滑らかになっていく。従って、酸化皮膜の付着量については、適切な凹凸を確保する観点から、その上限を規定する必要がある。但し、酸化皮膜の付着量があまりに小さくなると、酸化皮膜が鋼線材地鉄表面を十分に覆うことができず、皮膜として機能を発揮しないことになる。
そこで本発明においては、酸化皮膜の付着量を、3g/m2以上、20g/m2以下と規定した。酸化皮膜の付着量の好ましい下限は4.5g/m2以上(より好ましくは6g/m2以上)であり、好ましい上限は17g/m2以下(より好ましくは13g/m2以下)である。
本発明のばね用鋼線材の化学成分組成については、最終製品(高強度ばね)としての特性を発揮させるために、その化学成分組成を適切に調整するのが良い。こうした観点から、好ましい化学成分組成における各成分(元素)による範囲限定理由は次の通りである。
(C:0.4〜1.2質量%未満)
Cは、鋼線材の強度を高めるために必須の元素であり、その含有量が多いほど高強度が得られる。本発明の鋼線材を、例えば高強度懸架ばね等に適用する上で、必要な強度を確保するためには0.4質量%以上含有させることが好ましい。C含有量のより好ましい下限は0.45質量%以上(更に好ましくは0.5質量%以上)である。しかしながら、C含有量が過剰になると、過度の高強度化によって伸線性のみならず他の加工性も著しく悪化するため、実用に適さない。こうした観点から、C含有量は1.2質量%未満とすることが好ましい。C含有量のより好ましい上限は1.1質量%以下(更に好ましくは1.0質量%以下)である。
(Si:1.0〜3.0質量%)
Siは、フェライト及びマルテンサイトの強度を向上させ、ばねの耐へたり性を向上させるのに有効な元素である。本発明の鋼線材を高強度ばね等に適用するには、1.0質量%以上含有させることが好ましい。Si含有量の好ましい下限は1.6質量%以上(より好ましくは1.8質量%以上)である。しかしながら、Si含有量が過剰になると、冷間加工性を低下させると共に、熱間加工性や熱処理による脱炭を助長する。そこで、Si含有量は3.0質量%以下とすることが好ましい。Si含有量のより好ましい上限は2.5質量%以下(更に好ましくは2.2質量%以下)である。
(Mn:0.5〜1.5質量%)
Mnは、鋼の焼入性を向上させると共に、鋼中のSを固定してその害を低減する上で有用な元素であり、このような効果を十分に発揮させるためには、0.5質量%以上含有させることが好ましい。Mn含有量のより好ましい下限は0.6質量%以上(更に好ましくは0.7質量%以上)である。しかしながら、Mn含有量が過剰になると、鋼線材の靱性が低下する。そこでMn含有量は、1.5質量%以下とすることが好ましい。Mn含有量のより好ましい上限は1.3質量%以下(更に好ましくは1.1質量%以下)である。
(Cr:0.05〜2.0質量%)
Crは、Mnと同様に鋼の焼入性を向上させ、高C・高Si鋼におけるCの黒鉛化を防止するために有効な元素である。このような効果を発揮させるためには、Crは0.05質量%以上含有させることが好ましい。Cr含有量のより好ましい下限は0.15質量%以上(より好ましくは0.2質量%以上)である。しかしながら、Crの含有量が過剰になると、炭化物の固溶を抑制し、強度の低下を招くと共に、焼入れ性が過度に増大して靱性の低下をもたらす。こうした観点から、Cr含有量は2.0質量%以下とすることが好ましい。Cr含有量の好ましい上限は1.8質量%以下(より好ましくは1.6質量%以下)である。
本発明の鋼線材における好ましい基本成分は上記の通りであり、残部は、鉄および不可避不純物である。この不可避不純物としては、例えば鉄原料(スクラップを含む)、副原料などの資材、製造設備などの状況によって不可避的に鋼線材中に導入される元素が挙げられる。こうした元素としては、例えばP,S,O,N等が挙げられる。
本発明の鋼線材には、必要によって、更に(a)Ni:0.5質量%以下(0質量%を含まない)、(b)V:0.5質量%以下(0質量%を含まない)、(c)B:0.005質量%以下(0質量%を含まない)、等を含有させてもよく、含有させる元素の種類に応じて、鋼線材の特性が更に改善される。これらの元素を含有させるときの、好ましい範囲設定理由は下記の通りである。
(Ni:0.5質量%以下(0質量%を含まない))
Niは、Cによって高強度化したばねに靱性を付与するのに有効な元素である。こうした効果は、その含有量が増加するにつれて増大するが、Ni含有量が過剰になって0.5質量%を超えると靱性が却って低下する。より好ましくは0.45質量%以下(更に好ましくは0.4質量%以下)である。尚、Niを含有させるときの好ましい下限は、0.2質量%以上(より好ましくは0.3質量%以上)である。
(V:0.5質量%以下(0質量%を含まない))
Vは、旧オーステナイト結晶粒度を微細化するために有効な元素である。また、高温での浸炭処理でも、混粒を抑制する効果があるので、必要に応じて含有させることができる。しかしながら、V含有量が過剰になると炭化物が過剰に生成し、加工性を低下させるので、0.5質量%以下とすることが好ましい。より好ましくは0.45質量%以下(更に好ましくは0.4質量%以下)である。尚、Vを含有させるときの好ましい下限は、0.2質量%以上(より好ましくは0.3質量%以上)である。
(B:0.005質量%以下(0質量%を含まない))
Bは、鋼材の延性・靱性の向上に有効な元素である。しかしながら、B含有量が過剰になると、FeとBの複合化合物が析出し、熱間圧延時に割れを引き起こす可能性があるので、0.005質量%以下とすることが好ましい。より好ましくは0.004質量%以下(更に好ましくは0.003質量%以下)である。尚、Bを含有させるときの好ましい下限は、0.0005質量%以上(より好ましくは0.001質量%以上)である。
本発明の鋼線材を製造するには、その製造条件を適切に制御する必要がある。基本的には、皮削りすることで熱間圧延線材の地鉄表面を露出させた後、コイルに巻取り、焼鈍する工程を実施する。この焼鈍は、加熱炉内の非酸化性雰囲気下(例えば、窒素雰囲気下)で700〜600℃の温度にて60分以上保持することにより行う。焼鈍を行った後、ばね用鋼線材のコイルは、同じ雰囲気中で600℃まで冷却された後、酸化性雰囲気(例えは、大気中)に置かれる。例えば、大気中に置かれた場合には、ばね用鋼線材のコイルには、焼鈍時の熱が残留しているため、大気中の酸素と反応し、表面に酸化皮膜が形成される。
加熱炉内から大気に搬出されたばね用鋼線材のコイルは、大気によって速やかに冷却される。そのときの平均冷却速度は、600〜550℃の温度領域において3℃/秒以上であり、酸化皮膜の生成は短時間で終了する。そのため、酸化皮膜の付着量は20g/m2以下となる。しかしながら、水冷・油冷等の強制的な冷却処理は行わないため(放冷)、平均冷却速度は概ね10℃/秒以下にとどまり、3g/m2以上の酸化皮膜付着量を確保するのに十分な時間スケールを生じさせることができる。尚、ばね用鋼線材においては、加熱炉内から大気に搬出された状態(放冷)であっても、上記平均冷却速度が確保されるが、冷却速度を調整するために、必要によって衝風冷却を行っても良い。
酸化皮膜の生成が600℃以下の温度域において行われ、600〜550℃の温度領域における平均冷却速度が3℃/秒以上、10℃/秒以下であることは、酸化皮膜の組成制御のためにも必要である。即ち、600℃以上の温度領域において、酸化皮膜の生成を開始した場合、酸化皮膜中に占めるウスタイトの体積割合が増大する。しかしながら、本発明においては、ばね用鋼線材のコイルは600℃までは、非酸化性雰囲気下に置かれているため、ウスタイトの生成を抑制することができる。
また平均冷却速度の制御は、マグネタイトとヘマタイトの体積分率を制御する上でも有効である。上記温度範囲領域における鋼材の酸化皮膜組成は、その生成時間が長いほどマグネタイトの割合は増大し、ヘマタイトの割合は減少する傾向にある。600〜550℃の温度領域における平均冷却速度が3℃/秒よりも遅い場合は、十分な量(20体積%以上)のヘマタイトを確保できない。しかし、本発明においては、600〜550℃の温度領域における平均冷却速度を3℃/秒以上に制御しているため、マグネタイトとヘマタイトを主成分とし、しかもその組成がマグネタイト:50体積%以上、ヘマタイト:20体積%以上となるような、適切な酸化皮膜組成を実現することができる。
以下本発明を実施例によって更に詳細に説明するが、下記実施例は本発明を限定する性質のものではなく、前・後記の趣旨に徴して設計変更することはいずれも本発明の技術的範囲に含まれるものである。
下記表1に示す化学成分組成を有する鋼材(鋼種A〜E)を、転炉、連続鋳造機による鋼塊溶製・分塊・圧延により線径:7mmの圧延コイルを製造した後、皮削りによって表層スケールを除去して線径6.4mmのコイルとした。そして下記表2に示す条件のもとで、皮削り後の焼鈍を行った後、大気中にて放冷した。その際、当該コイルの冷却速度をサーモグラフにより測定した。このとき、平均冷却速度は、コイルを配置する際のコイルの間隔を適切に取ることによって調整した。即ち、コイル間隔を広く取ることで大きな冷却速度を、狭く取ることで小さな冷却速度を得た。また冷却後の当該コイルからサンプルを取得し、塩酸浸漬により酸化皮膜の付着量を測定すると共に、X線回折法(XRD)により酸化皮膜の組成を測定した。尚、表1における「tr.」は分析限界値以下を示す。
各鋼線材における酸化皮膜の付着量および組成を、下記表3に示す。
得られた各鋼線材の伸線性を確認するため、下記表4に示すパススケジュールおよび伸線条件により伸線試験を行い、焼付きの有無を確認した。伸線時の乾式潤滑剤には、固形のステアリン酸カルシウムおよび水酸化カルシウムを主成分とし、全質量の約60%が粒径300μm以下の粉末からなるものを用いた。伸線後、ダイス間サンプルを取得し、化学処理により表面から乾式潤滑剤を除去し、その前後のサンプル質量の変化を測定することで、乾式潤滑剤持込み量とし、全ダイス間サンプルでの面積当たりの平均量を計算した。このときの乾式潤滑剤持込み量は、1.0g/m2以上であることが好ましい。その結果を、一括して下記表5に示す。
これらの結果から、次のように考察できる。試験No.1〜5のものは、本発明で規定する要件を満足する実施例であり、いずれも焼付きや断線が発生せず、試験No.6〜9のもの(比較例)と比べて乾式潤滑剤持込み量も多くなっていることが分かる。
これに対し、試験No.6のものは、平均冷却速度が速すぎるため、十分な量の酸化皮膜が線材表面に生じなかった。そのため十分な量の乾式潤滑剤が持ち込まれず、伸線径が2.43mmの段階で焼付きを生じていた。試験No.7では、平均冷却速度が遅すぎたため、酸化皮膜付着量が過剰となった。そのため十分な量の乾式潤滑剤が持ち込まれず、伸線径が3.38mmの段階で焼付きが生じた。
試験No.8は、炉内雰囲気を大気雰囲気として焼鈍したため、酸化皮膜の組成は密着性の薄いウスタイトを多く含み、酸化皮膜付着量も過剰であった。そのため十分な量の乾式潤滑剤が持ち込まれず、伸線径が3.38mmの段階で断線した。試験No.9は、炉内雰囲気を水蒸気雰囲気として焼鈍したため、酸化皮膜の組成がマグネタイト過剰となってヘマタイトが少なくなっている。そのため十分な量の乾式潤滑剤が持ち込まれず、伸線径が3.38mmの段階で焼付きを生じた。

Claims (6)

  1. 鋼線材の地鉄表面に、マグネタイト(Fe34)50体積%以上ヘマタイト(Fe23)20体積%以上、およびウスタイト(FeO)3.4体積%以下を含有する酸化皮膜が、付着量3g/m2以上、20g/m2以下で形成されていることを特徴とする伸線性に優れたばね用鋼線材。
  2. 前記鋼線材は、C:0.4〜1.2質量%未満、Si:1.0〜3.0質量%、Mn:0.5〜1.5質量%、Cr:0.05〜2.0質量%を夫々含み、残部が鉄および不可避不純物からなるものである請求項1に記載のばね用鋼線材。
  3. 前記鋼線材は、更にNi:0.5質量%以下(0質量%を含まない)を含むものである請求項2に記載のばね用鋼線材。
  4. 前記鋼線材は、更にV:0.5質量%以下(0質量%を含まない)を含むものである請求項2または3に記載のばね用鋼線材。
  5. 前記鋼線材は、更にB:0.005質量%以下(0質量%を含まない)を含むものである請求項2〜4のいずれかに記載のばね用鋼線材。
  6. 請求項1〜5のいずれかに記載のばね用鋼線材の製造方法であって、
    皮削りすることで熱間圧延線材の地鉄表面を露出した後、この線材を非酸化性雰囲気下、700℃〜600℃の温度で60分以上保持し、非酸化性雰囲気下で600℃まで冷却した後、酸化性雰囲気下、600℃〜550℃の温度領域を平均冷却速度3〜10℃/秒で冷却することを特徴とする伸線性に優れたばね用鋼線材の製造方法。
JP2013040879A 2013-03-01 2013-03-01 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法 Active JP6085192B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013040879A JP6085192B2 (ja) 2013-03-01 2013-03-01 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013040879A JP6085192B2 (ja) 2013-03-01 2013-03-01 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014169470A JP2014169470A (ja) 2014-09-18
JP6085192B2 true JP6085192B2 (ja) 2017-02-22

Family

ID=51692047

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013040879A Active JP6085192B2 (ja) 2013-03-01 2013-03-01 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6085192B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6448529B2 (ja) * 2015-12-25 2019-01-09 株式会社神戸製鋼所 コイリング性に優れた鋼線およびその製造方法
JP2017201051A (ja) * 2016-05-06 2017-11-09 株式会社神戸製鋼所 ばね巻き性に優れるばね用鋼線及びその製造方法
WO2021255776A1 (ja) * 2020-06-15 2021-12-23 住友電気工業株式会社 ばね用鋼線

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0514771B2 (ja) * 1986-09-16 1993-02-25 Shinko Kosen Kogyo Kk
JPH062933B2 (ja) * 1987-03-30 1994-01-12 高周波熱錬株式会社 冷間成形用太径高強度ばね鋼線の製造方法
JPH0734139A (ja) * 1993-07-14 1995-02-03 Daido Steel Co Ltd 脱スケール性を改善する連続熱処理装置
JP4369416B2 (ja) * 2005-11-18 2009-11-18 株式会社神戸製鋼所 酸洗い性に優れたばね用鋼線材
JP5084206B2 (ja) * 2006-09-12 2012-11-28 株式会社神戸製鋼所 伸線性に優れた鋼線材の製造方法
JP5184935B2 (ja) * 2008-03-27 2013-04-17 住友電気工業株式会社 オイルテンパー線の製造方法、及びばね

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014169470A (ja) 2014-09-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6031022B2 (ja) 耐遅れ破壊性に優れたボルト用鋼線および高強度ボルト並びにそれらの製造方法
CN107614728B (zh) 钢板及其制造方法
JP5315790B2 (ja) 耐遅れ破壊特性に優れた高強度pc鋼線
TWI551693B (zh) Steel wire material for high strength spring with excellent hydrogen embrittlement resistance and its manufacturing method and high strength spring
KR101799712B1 (ko) 고탄소 강판 및 그 제조 방법
KR20140064929A (ko) 볼트용 강선 및 볼트, 및 그의 제조 방법
MX2013001724A (es) Alambre de acero con acero especial y material de alambre de acero especial.
JP5407178B2 (ja) 冷間加工性に優れた冷間鍛造用鋼線材およびその製造方法
JP2007327084A (ja) 伸線加工性に優れた線材およびその製造方法
RU2650233C1 (ru) Горячепрессованное стальное листовое изделие, способ его изготовления и стальной лист для горячего прессования
JP5824443B2 (ja) ばね用鋼線材の製造方法
JP6085192B2 (ja) 伸線性に優れたばね用鋼線材およびその製造方法
JP2010229469A (ja) 冷間加工特性に優れる高強度線材及びその製造方法
US10844454B2 (en) High-carbon hot-rolled steel sheet and method for manufacturing the same
TWI548755B (zh) 氮化處理用鋼板及其製造方法
KR101660616B1 (ko) 스프링 가공성이 우수한 고강도 스프링용 강 선재 및 그의 제조 방법, 및 고강도 스프링
JP2007119883A (ja) 加工性に優れた高炭素冷延鋼板の製造方法および高炭素冷延鋼板
JP6053031B2 (ja) 圧延スケールままでの皮削り性に優れた高炭素鋼線材およびその製造方法
JP6460883B2 (ja) 加工性に優れた熱処理鋼線の製造方法
JP6453693B2 (ja) 疲労特性に優れた熱処理鋼線
JP6208611B2 (ja) 疲労特性に優れた高強度鋼材
JP6691452B2 (ja) ばね用鋼線
JP3940264B2 (ja) 硬引きばね用鋼線材、硬引きばね用伸線材および硬引きばね並びに硬引きばねの製造方法
JP6448529B2 (ja) コイリング性に優れた鋼線およびその製造方法
JP2017082251A (ja) 熱処理鋼線の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150901

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160802

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160929

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170124

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170127

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6085192

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150