JP6050926B2 - Method of manufacturing a stent delivery system - Google Patents

Method of manufacturing a stent delivery system Download PDF

Info

Publication number
JP6050926B2
JP6050926B2 JP2010212791A JP2010212791A JP6050926B2 JP 6050926 B2 JP6050926 B2 JP 6050926B2 JP 2010212791 A JP2010212791 A JP 2010212791A JP 2010212791 A JP2010212791 A JP 2010212791A JP 6050926 B2 JP6050926 B2 JP 6050926B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
stent
balloon
step
delivery system
diameter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010212791A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012065823A (en )
Inventor
亮吾 東
亮吾 東
Original Assignee
株式会社カネカ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明はステントデリバリーシステムの製造方法に関し、特に、血管の狭窄部分を拡張しその状態を維持することを目的として留置されるステントをバルーンカテーテル上に固定する特定の工程を実施するステントデリバリーシステムの製造方法に関する。 The present invention relates to a method of manufacturing a stent delivery system, in particular, of the stent delivery system for implementing certain steps of fixing the stent to be placed for the purpose of extending the constricted portion of the vessel maintains its state on a balloon catheter It relates to a method for manufacturing.

体内で血液が循環するための流路である血管に狭窄が生じ、血液の循環が滞ることにより、様々な疾患が発生することが知られている。 Body in occurs narrowing the vessel is a flow path for blood circulation, by circulation of the blood stagnates, it is known that various diseases may occur. 特に血液の循環の源である心臓自身に血液を供給する冠状動脈に狭窄が生じると、狭心症、心筋梗塞等の重篤な疾病をもたらし、死に至る危険性が極めて高いことが知られている。 Especially when the stenosis in the coronary arteries that supply blood to the heart itself is the source of blood circulation occurs, angina pectoris, resulted in severe diseases such as myocardial infarction, it is known that a very high risk of death there. このような血管の狭窄部分を治療する方法のひとつとして、バルーンカテーテルを用いて狭窄部分を拡張させる血管形成術(PTA、PTCA)があり、バイパス手術のような開胸術を必要としない低侵襲療法であることから広く行われている。 One way of treating stenotic portions of such vessels, angioplasty to dilate the stenosis with a balloon catheter (PTA, PTCA) has, minimally invasive which does not require a thoracotomy, such as bypass surgery widely performed since it is therapy. しかし、血管形成術の場合、約40%の頻度で拡張した狭窄部分に再狭窄が生じ、大きな問題として指摘されている。 However, in the case of angioplasty, restenosis occurs, it is pointed out as a major problem constriction which extends at a frequency of approximately 40%. 再狭窄が発生する頻度(再狭窄率)を低減する治療法として、血管形成術に代わってステント留置術が広く行われている。 As a treatment to reduce the frequency (rate of restenosis) that restenosis occurs, stenting on behalf of angioplasty it is widely.

ステントは、血管、胆管、尿道などの生体内管腔が狭窄した場合に、狭窄部位を拡張し、その状態を維持することを目的として留置される医療用具である。 The stent, vascular, biliary, when vivo lumen such as the urethra is constricted, to extend the stenosis is a medical device that is placed for the purpose of maintaining its state. 一般的に、ステントは金属や高分子、あるいはそれらの複合体から構成され、最も一般的には、SUS316鋼、Co−Cr系合金、Ni−Ti系合金などの金属から構成される。 In general, stents are made of metal, polymer, or complexes thereof, most commonly, SUS316 steel, Co-Cr alloy, and a metal such as Ni-Ti alloy.

ステントは一般に管状構造であり、狭窄した血管を開いた状態に保つために半径方向に拡張できる。 Stents are generally tubular structure, it can be radially expanded to hold open the stenosed vessel. ステントの拡張機構は、ステント自体の形状記憶性や超弾性により拡張する自己拡張型ステント(self−expandable stent)とバルーンカテーテルにより拡張されるバルーン拡張型ステント(balloon−expandable stent)に大別される。 Expanding mechanism of the stent can be classified into self-expanding stent to expand the shape memory properties and superelasticity of the stent itself (self-expandable stent) and balloon expandable stent is expanded by a balloon catheter (balloon-expandable stent) . 冠状動脈狭窄部の治療には主にバルーン拡張型が使用される。 Mainly balloon expandable are used in the treatment of coronary artery stenosis.

バルーン拡張型ステントは、ステントそのものに拡張機能はなく、ステントを所望の狭窄部へ留置するためには、バルーンカテーテルのバルーン部に装着されたステントを所望の狭窄部まで配置した後、バルーンを拡張し、バルーンの拡張力によりステントを塑性変形させることで狭窄部の内面に密着させる方法が一般的に実施されている。 Balloon expandable stent, rather than an extension to the stent itself, in order to deploy the stent to the desired constriction, after placing the stent mounted on the balloon portion of a balloon catheter to a desired constriction, expand the balloon and, a method of adhering the stent to the inner surface of the narrowed portion by plastically deforming is generally carried out by expansion force of the balloon.

バルーン拡張型ステントを上記の方法で留置する場合、ステントがバルーン部に装着されたバルーンカテーテルを狭窄部まで挿入する必要があり、挿入時にステントがバルーン上で移動しバルーンカテーテルから脱落する危険性がある。 If a balloon expandable stent is indwelled in the above manner, it is necessary to insert a balloon catheter mounted stent to the balloon portion to the narrowed portion, the risk of stent from falling off from the moving balloon catheter over the balloon during insertion is there. また、カテーテルおよびステントは患者の血管系を通って、また多くの場合、冠動脈を通って移動するため、ステントは小さく、かつ輸送するための直径を有しておかなければならない。 Also, the catheter and stent through the vascular system of a patient, in many cases, to move through the coronary stent is small and must be kept a diameter for transporting. ステントをカテーテルのバルーン部分上に設置する従来の手順では、ステントをバルーン部分上に圧着させ、ステントの直径を小さくすること、およびカテーテルが患者の血管を通って進められる際に、ステントがカテーテルから脱落あるいは移動を防止することが必要である。 In the conventional procedure for installing the stent onto the balloon portion of the catheter, the stent was crimped onto the balloon portion, reducing the diameter of the stent, and when the catheter is advanced through the patient's blood vessel, the stent from the catheter it is necessary to prevent the falling off or moving.

バルーン拡張型ステントの留置用に用いられるバルーンカテーテルにステントの脱落あるいは移動を防止する、また、ステントの優れた配置を達成しステント送達に有益である、各種ステントをクリンプする方法の先行技術が開示されている。 To prevent falling off or movement of the stent to the balloon catheter used for deployment of a balloon expandable stent, also valuable in achieving and stent delivery excellent placement of the stent, prior art methods of crimping a variety of stent disclosed It is.

特許文献1ではステントをカプセル化する手段を有する血管内支持装置が開示されている。 Endovascular support device is disclosed having means for encapsulating the stent patent document 1. 本技術ではバルーンが折畳まれた状態のステントの周りで広がるようにバルーンの加熱と加圧、および冷却によりカプセル化が実現される。 Heat and pressure of the balloon as in the present art extends around the stent in a state where the balloon is folded, and encapsulation is achieved by cooling.

特許文献2ではバルーンを膨らませてクリンプする方法が開示されている。 How to crimp the balloon is inflated in Patent Document 2 is disclosed. 本先行技術ではステント内でバルーンを膨張させ、ステントがバルーンに接するようにしてステントを圧縮することで、ステントの均一な圧着が実現される。 In this prior art inflating a balloon within the stent, the stent by compressing the stent so as to contact with the balloon, uniform crimping of stent is achieved.

特許文献3ではクリンプ工程中の標的温度への調整によりポリマーステントをカテーテルに圧着する方法が開示されている。 How crimping the polymeric stent to the catheter by adjustment to a target temperature in the patent literature 3, the crimping process is disclosed.

しかし、こうしたバルーンの加熱および冷却のプロセスによりバルーンに熱的なダメージが発生し、耐圧強度の低下の発生が懸念される。 However, thermal damage occurs in the balloon by heating and cooling processes such balloons, occurrence of decrease in pressure resistance is concerned. ステント内にバルーンを設置した状態でのバルーン膨張プロセスから、ステントによるバルーンへの物理的なダメージが発生し、ピンホールの発生が懸念される。 From the balloon inflation process while installing a balloon inside the stent, physical damage to the balloon generated by the stent, the generation of pinholes is concerned. また、ステントの直径を小さくすることも困難になる。 Further, it becomes difficult to reduce the diameter of the stent. 近年では薬剤をコーティングしたステント(DES)が用いられることが増えており、加熱と加圧、および冷却による薬剤へのダメージが発生し、効用の低下の発生が懸念される。 In recent years it is increasing that stents coated with drugs (DES) is used, heat and pressure, and damage to the drug occurs by cooling, the occurrence of reduced utility is concerned.

特許第3408663号公報 Patent No. 3408663 Publication 特表2006−504470号公報 JP-T 2006-504470 JP 特表2007−512908号公報 JP-T 2007-512908 JP

本発明が解決しようとする課題は上記した懸案を鑑みてなされたものであって、ステントの外径を容易に小さくすることが可能で、カテーテルからのステントの脱落や移動の防止に効果的な、ステントデリバリーシステムの製造方法を提供すことを目的とする。 An object of the present invention is to provide was made in view of the pending described above, can be easily reduce the outer diameter of the stent, effective in preventing falling and movement of the stent from the catheter aims to provide a method for manufacturing a stent delivery system.

本発明は、 The present invention,
(1)バルーン拡張型のステントデリバリーシステムの製造方法であって、 (1) A method for producing a balloon expandable stent delivery system,
(a)ステントの内腔に折り畳まれたバルーンを配置する工程と、 (A) placing a balloon folded into the lumen of the stent,
(b)ステントの外部から圧力を印加してステントを折り畳まれたバルーンに圧接する工程と、 (B) a step of applying pressure from the outside of the stent presses against the balloon folded stent,
(c)前記圧力を開放する工程と、 (C) a step of releasing said pressure,
から成る一連のステントをクリンプするA工程と、 And A step for crimping the series of stent made of,
該A工程の後に前記(b)および(c)の工程から成る一連のステントをクリンプするB工程を少なくとも1回以上備えるとともに、 Together comprise the A after said step (b) and the step B crimping the series of stent comprising the step of (c) at least once,
A工程の前に、 In front of the A process,
(d)拡張拘束部材の内腔に折り畳まれたバルーンを配置し、折り畳まれたバルーンが少なくとも部分的に拡張するような圧力を印加する工程と、 And (d) step of the balloon folded into the lumen of the expansion restraining member is disposed, the folded balloon to apply pressure as to extend at least partially,
(e)前記圧力を開放し、拡張拘束部材をカテーテルより除去する工程と、 (E) opening the pressure, and removing the expansion restraint member from the catheter,
から成るC工程を備えることを特徴とするステントデリバリーシステムの製造方法。 Method of manufacturing a stent delivery system characterized in that it comprises a step C consisting.

(2)前記(b)の工程が、ステントを折り畳まれたバルーンに圧接した後、更に圧接した状態を一定時間保持するものであることを特徴とする(1)に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (2) step of the (b) The production of the stent delivery system according to after pressing the balloon folded stent, and characterized in that to hold further a pressure state a predetermined time (1) Method.

(3)B工程後のステントの外径が、A工程後のステントの外径、もしくはB工程を複数有する場合は、以前に行われたB工程後のステントの外径より縮小していることを特徴とする、(1)または(2)の何れかに記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (3) the outer diameter of the stent after step B is, the outer diameter of the stent after the A step or when having a plurality of step B, is being reduced from the outer diameter of the stent after previously performed the step B and wherein, (1) or method of manufacturing a stent delivery system according to any one of (2).

)前記ステントが、圧縮された第1直径から患部へ移植可能な拡大された第2直径まで半径方向に拡張可能であり、更に前記第2直径におけるラジアルフォースが0.05〜0.50N/mmの範囲内であることを特徴とする、(1)〜( )のいずれかに記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (4) wherein the stent is expandable to compressed radially to a second diameter that is larger implantable into the affected from the first diameter, more radial force on the second diameter 0.05~0.50N / wherein the mm is in the range of, (1) to (3) a method of manufacturing a stent delivery system according to any one of.

)前記ステントが、ステンレス鋼、ニッケル合金、およびコバルトクロム合金からなる群より選ばれる少なくとも1種以上の材料で形成されていることを特徴とする、(1)〜( )のいずれかに記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (5) the stent is stainless steel, characterized in that it is formed of at least one material selected from the group consisting of nickel alloys, and cobalt-chromium alloys, either (1) to (4) method of manufacturing a stent delivery system according to.

)前記ステントが、線状要素であるステントストラットを有し、更にステントストラットの幅が厚みよりも大きいことを特徴とする、(1)〜( )のいずれかに記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (6) said stent has a stent strut is a linear element, further the width of the stent struts is equal to or greater than the thickness, (1) a stent delivery system according to any one of the - (5) the method of production.

)前記ステントが、圧縮された第1直径から患部へ移植可能な拡大された第2直径まで半径方向に拡張可能であって、前記第1直径が0.8〜1.3mmの範囲内であり、前記第2直径が2.0〜6.0mmの範囲内であることを特徴とする、(1)〜( )のいずれかに記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 (7) the stent from the compressed first diameter to a second diameter that is larger implantable into the affected a radially expandable, within the first diameter is 0.8~1.3mm , and the second diameter is equal to or is in the range of 2.0 to 6.0 mm, (1) ~ method of manufacturing a stent delivery system according to any one of (6).

を、提供する。 I will provide a.

本発明によれば、ステントの外径を容易に小さくすることが可能で、カテーテルからのステントの脱落や移動の防止に効果的な、ステントデリバリーシステムを提供することが可能となる。 According to the present invention, can be readily reduce the outer diameter of the stent, effects in preventing falling and movement of the stent from the catheter, it is possible to provide a stent delivery system. これにより、従来では配置することが困難であった患部に対して、より安全にステントを留置することが可能となる。 Thus, with respect to the affected part it is difficult to arrange in the prior art, thus placing a safer stent.

本発明は、バルーン拡張型のステントデリバリーシステムの製造方法であって、(a)ステントの内腔に折り畳まれたバルーンを配置する工程と、(b)ステントの外部から圧力を印加してステントを折り畳まれたバルーンに圧接する工程と、(c)前記圧力を開放する工程と、から成る一連のステントをクリンプするA工程と、該A工程の後に前記(b)および(c)の工程から成る一連のステントをクリンプするB工程を少なくとも1回以上備えることを特徴とするステントデリバリーシステムの製造方法に関するものである。 The present invention is a method for producing a balloon expandable stent delivery system, placing a balloon folded into the lumen of (a) a stent, the stent by applying an external pressure of (b) a stent a step of pressing the folded balloon, comprising the step of (c) a step of releasing the pressure, and a step of crimping the series of stent made of, after said said step a (b) and (c) a method of manufacturing a stent delivery system characterized in that it comprises at least once the step B crimping the series of stent. また、B工程後のステントの外径は、A工程後のステントの外径、もしくはB工程を複数有する場合は、以前に行われたB工程後のステントの外径より縮小していることが特に好ましい。 The outer diameter of the stent after step B, the outer diameter of the stent after the A step, or if having a plurality of step B, that is shrinking than the outer diameter of the previously performed stent after step B particularly preferred. A工程の後に、B工程を1回以上備えることで、特別な構造を持たせることなしに(従って、通常トラッカビリティーなどの低下を引き起こすことなしに)、格段にステント保持力を高め、カテーテルからのステントの脱落や移動を防止することが可能となる。 After the process A, the process B by providing one or more times, without giving a special structure (hence, without causing deterioration such as normal trackability over), significantly enhanced stent retention, catheter It can be prevented from falling off or migration of the stent from the become. また、ステントのバルーンに対するクリンプが複数回に分けて進むため、一回のクリンプで同等のステント保持力を得る場合に比べ低い力で圧接することが可能となり、バルーンへの副次的なダメージが軽減されると共に、ステントストラット同士の接触を減らして不良を低減することが可能となる。 Further, since the crimp against the balloon of the stent is advanced in a plurality of times, it is possible to press at a lower force than in the case of obtaining an equivalent stent retention in a single crimp, undesirable side damage to the balloon together is reduced, it is possible to reduce the defects by reducing the contact of the stent struts together. 尚、B工程の繰り返し回数は、1回以上である必要があるが、特に1回もしくは2回が、性能向上と生産効率の点で好ましい。 Incidentally, the number of repetitions of the step B, it is necessary at least once, in particular once or twice, preferably in terms of production efficiency and performance improvement.

尚、バルーンに対するステントの配置位置は、バルーンが直管を有する時は、ステントを均一に拡張することが容易な点から、直管上であることが好ましい。 The arrangement position of the stent relative to the balloon when the balloon having a straight tube, the easiness to expand the stent uniformly, it is preferable that the straight pipe. 一方、ステントの外部から圧力を印加してステントを折り畳まれたバルーンに対し圧接する際は、ステントの外側より一様な力をステントの全周に印加することで、ステントの全周を均等に縮径させることが好ましい。 Meanwhile, when the pressure to balloon by applying pressure from the outside of the stent folded stents, a uniform force than the outer stent by applying to the entire circumference of the stent, equally the entire circumference of the stent it is preferable to reduce the diameter. 尚、圧接手段は特に限定されないが、ステントをカテーテル上に圧接するために開発された各種装置を用いることができる。 Incidentally, the pressing mechanism is not particularly limited, it is possible to use various devices have been developed to press the stent on the catheter.

また、前記(b)の工程でステントを折り畳まれたバルーンに圧接させた後、更に圧接させた状態を一定時間保持することが好ましい。 Further, the after pressure contact with the balloon folded stent in the step (b), it is preferable to retain a certain time the state of being further pressed. これによれば、バルーンが圧接された状態になじむ時間が確保され、複数回に分けて圧接する操作をより効果的とすることができる。 According to this, the balloon is secured time adapt the state of being pressed can be a more effective operation for pressing a plurality of times. 尚、ここで一定時間とは、2秒以上、好ましくは10秒以上のことを言う。 Here, a predetermined time is 2 seconds or more, preferably refers to at least 10 seconds. 保持時間が2秒を下回ると、ステント保持率の向上効果を最大限利用することが難しくなる可能性がある。 If the holding time is less than 2 seconds, there is a possibility that it becomes difficult to take full advantage of the effect of improving stent retention. 一方、ステント保持力の向上が少なく、生産効率が低下する点から、保持時間は60秒以下にとどめることが好ましい。 On the other hand, little improvement in stent retention, from the viewpoint of production efficiency is lowered, retention time is preferably kept to below 60 seconds. また、圧接を一定時間保持した後に、印加した圧力を解放し、必要ならばステントの外径を測定することが好ましい。 Further, after the pressure was maintained for a certain time, to release the applied pressure, it is preferable to measure the outer diameter of the stent if desired.

一方、本発明のステントデリバリーシステムの製造方法において使用するステントは、バルーン拡張型ステントであり、通常クリンプする前には非圧縮状態で提供される。 Meanwhile, a stent for use in the method of manufacturing a stent delivery system of the present invention is a balloon expandable stent, before normal crimping is provided in an uncompressed state. 一方、クリンピング後のステントは圧縮された第1直径から、患部へ移植可能な拡大された第2直径まで半径方向に拡張可能である。 On the other hand, the stent after crimping the first diameter which is compressed, is radially expandable to a second diameter that is larger implantable into the affected. 前記第2直径においてステント外径の30%に相当する変位量で圧縮したときのステントの単位長さあたりのラジアルフォースは、0.05〜0.50N/mmの範囲内であることが好ましい。 The radial force per unit length of the stent when compressed by a displacement amount corresponding to 30% of the stent outer diameter in the second diameter is preferably in the range of 0.05~0.50N / mm. また、前記第1直径が0.8〜1.3mmの範囲内であり、前記第2直径が2.0〜6.0mmの範囲内であることがさらに好ましい。 The first diameter is in the range of 0.8~1.3Mm, it is further preferable that the second diameter is in the range of 2.0 to 6.0 mm.

また、ステントの材質は、特に限定されないが、ステンレス鋼、ニッケル合金、およびコバルトクロム合金からなる群より選ばれる少なくとも1種以上の材料で形成されることが、十分なラジアルフォースを確保するために好ましい。 The material of the stent is not particularly limited, stainless steel, nickel alloy, and be formed of at least one material chosen from the group consisting of cobalt chrome alloy, in order to ensure a sufficient radial force preferable. 尚、コバルトクロム合金のように弾力性に富んだ材質のステントは、ステントのクリンプ時にクリンプ後の跳ね返りが大きいため、一般にステントの縮径が困難であるが、本発明のステントデリバリーシステムの製造方法によれば、A工程の後にB工程を実施するので、ステントにこの様な材料を使用したステントデリバリーシステムの製造に好適に使用することができる。 The material of the stent rich elasticity as cobalt chrome alloys, because rebound after crimping when crimping the stent is large, generally although reduced diameter of the stent is difficult, the production method of the stent delivery system of the present invention According to, so to implement the process B after a process can be suitably used in the manufacture of the stent delivery system using such a material to the stent.

ステントのデザイン等は、特に限定されないが、線状要素であるステントストラットを有し、ステントストラットの幅が厚みよりも大きいことが、臨床学的な点から好ましい。 Design and stent are not particularly limited, includes a stent strut is a linear element, the width of the stent struts is greater than the thickness, preferably from clinical point. しかし、ステントストラットの幅が厚みよりも大きいステントは、ステントのクリンプ時に隣接したステントストラット同士が接触しやすいため、ステントの縮径が困難である。 However, the width of the stent struts is greater than the thickness stent, since the stent struts between adjacent during crimping of the stent is likely to contact, diameter of stent is difficult. しかし、本発明のステントデリバリーシステムの製造方法では、いっきに縮径するのではなくA工程の後にB工程を実施して行われる為、ステントのバルーンに対するクリンプが複数回に分けて進むため、一回のクリンプで同等のステント保持力を得る場合に比べ低い力で圧接することが可能となり、特にこの様なステントでもステントストラット同士の接触を防いでクリンプすることが可能となる。 However, in the manufacturing method of the stent delivery system of the present invention, because it is made by implementing the process B after the breath diameter to the Not the A step, for crimping against the balloon of the stent is advanced in a plurality of times, once the crimped becomes possible to press at a lower force than in the case of obtaining an equivalent stent retention, it is possible to crimp prevent contact of the stent struts to each other in particular in such a stent.

本発明のステントデリバリーシステムの製造方法において用いるカテーテルは、ステントをデリバリーすることが可能なバルーンカテーテルであれば、特に形状、材質および構造等限定されない。 The catheter used in the method for manufacturing a stent delivery system of the present invention, if a balloon catheter capable of delivering a stent, not particularly shaped, limited material and structure and the like. カテーテルは、シャフトを有し、シャフトはバルーンと流体連通可能に接続されるインフレーションルーメンとを有することが好ましい。 The catheter has a shaft, the shaft preferably has an inflation lumen which is connected in a balloon in fluid communication with.

また、このバルーンの形状や材質は特に限定されないが、形状は円筒形状の直管部と前記直管部の先端側に円錐台形状のテーパー部を、前記直管部の後端側に円錐台形状のテーパー部を有することが好ましく(該テーパー部におけるテーパー角度は制限されず、任意の角度を選択可能である。)、また折り畳まれた状態に出来ることが好ましい。 Although the shape and material of the balloon is not particularly limited, the shape of the tapered portion of the frustoconical distal end of the straight pipe portion and the straight tube portion of the cylindrical, truncated cone at the rear end of the straight pipe portion preferably it has a tapered portion of the shape (the taper angle at the tapered portion is not limited, it is possible to select an arbitrary angle.) and are preferably capable folded state.

特に、本発明のステントデリバリーシステムの製造方法においてステントや拡張拘束部材の内腔に配置されるバルーンは、何枚かに折り畳んでカテーテル軸方向を中心として内管に沿って巻きつけたものを使用することが好ましい。 In particular, the balloon disposed in the lumen of the stent and expanded restraining member in the manufacturing method of the stent delivery system of the present invention, use what wound along the inner tube around the catheter axis folded in several layers it is preferable to. 尚、バルーンを2枚以上に折り畳むことが可能である。 Incidentally, it is possible to fold the balloon into two or more. 巻きつける方法としても、2枚であれば、折り畳んだバルーンを同じ回転方向に巻きつける方法(Sラップ)と、それぞれ逆向きにまきつける方法(Cラップ)を使用することができる。 As a method of winding, if two, can be used with the method (S wrap) wrapping the balloon folded in the same direction of rotation, the method of winding in opposite directions, respectively (C lap). 3枚以上であれば一般には同じ向きに巻きつける方法が使用される。 If three or more generally how to wind in the same direction is used.

折り畳まれたバルーンは、ステントの内腔に配置する前に(即ちA工程の前に)、(d)拡張拘束部材の内腔に折り畳まれたバルーンを配置し、折り畳まれたバルーンが少なくとも部分的に拡張するような圧力を印加する工程と、(e)前記圧力を開放し、拡張拘束部材をカテーテルより除去する工程とから成るC工程を備えることが好ましい。 The folded balloon, (before the words A step) prior to placement in the lumen of the stent, (d) a balloon folded into the lumen of the expansion restraining member is disposed, the folded balloon at least partially and applying a pressure such that expand, (e) the pressure is released and the expansion restraining member preferably comprises a step C comprising a step of removing from the catheter. ここで、拡張拘束部材は、特に限定されるわけではないが、バルーン全長より大きな全長を有しているシース様の管状部材であることが好ましい。 Here, it extended restraining member, is not particularly limited, but is preferably a tubular member of a sheath-like has a larger total length than the balloon length. そしてこの拡張拘束部材は、バルーン全長を完全に覆うように配置されることが好ましい。 And this expansion restraining member is preferably disposed a balloon full length so as to completely cover. 一方、該拡張拘束部材の内腔に配置されたバルーンは、拡張拘束部材の内径と等しくなる状態まで拡張させることが好ましく、一方、これに対応して拡張拘束部材の内径は、バルーンが折り畳まれた状態を完全に維持できない状態まで拡張されることのない内径であることが好ましい。 Meanwhile, balloon disposed in the lumen of the expansion restraining member, it is preferable to extend to equal state to the inner diameter of the expansion restraining member, whereas, the inside diameter of the expansion restraining member in response to this, the balloon is folded it is preferred to a state that can not be fully maintained state an inner diameter that is not extended. またバルーンの拡張を一定時間保持した後、圧力を開放して、拡張拘束部材は取り除かれる。 Also after holding the expansion of the balloon fixed time, by releasing the pressure, expansion restraining member is removed. 特にA工程の前に、この様なC工程を実施することにより、ステントの内腔に配置される折り畳まれたバルーンが、その内部でバルーンが拡張してバルーン壁同士が離れた状態となり、ステントをクリンプする際に、ステントのストラット間にバルーンが貫入しやすくなり、よりステント保持力を高めることが可能となる。 Especially before A process, by performing such a process C, folded balloon is positioned in the lumen of the stent, a state in which the balloon leaves the balloon wall to each other to expand therein, the stent when crimping the balloon tends to penetrate between the stent struts, it is possible to enhance the stent retention.

尚、拡張拘束部材の内腔でバルーンを拡張する、しないに関わらず、ステントの内腔に挿入される折り畳まれたバルーンの外径は、挿入時点のステントの内径により近いことが好ましく(特に挿入されるバルーンの外径が、ステントの内径に対して、50%以上、110%以下が好ましい。)、これにより、よりステントのストラット間が開いた状態でバルーンがステントに接触し、ストラット間にバルーンが貫入しやすく、ステント保持力を高めやすい。 Incidentally, extending the balloon lumen of the expansion restraining member, regardless of whether or not the outer diameter of the balloon folded is inserted into the lumen of the stent is preferably (especially insertion closer to the inner diameter of the stent insertion point the outer diameter of the balloon to be found with respect to the inner diameter of the stent, at least 50%, preferably 110% or less.) Thus, the balloon is in contact with the stent in a state where more between the stent struts is opened, between the struts balloon tends to penetrate easily enhance stent retention.

以下に本発明に係る具体的な実施例及び比較例について詳説するが、本発明は以下の例に限定されるものではない。 It will be described in detail specific examples and comparative examples according to the present invention are shown below, but the present invention is not limited to the following examples. 尚、以下に示されるステント保持力はASTM:F2394−04(Standard Guide for Measuring Securement of Balloon Expandable Stent Mounted on Delivery System)に基づいて測定した。 Incidentally, the stent retention shown below ASTM: was measured according to F2394-04 (Standard Guide for Measuring Securement of Balloon Expandable Stent Mounted on Delivery System).

ステントは、コバルトクロム合金製でオープンセルデザインのステント(φ1.8mm×18mm)を使用した。 The stent used a stent (φ1.8mm × 18mm) of the open cell design made of cobalt chromium alloy. カテーテルは、ラピットエクスチェンジ型バルーンカテーテルで、定格拡張圧でのバルーン径3.0mm、直管部長さ20mmのものを使用した。 The catheter is a Rapid exchange balloon catheters, it was from the balloon diameter 3.0 mm, the straight portion length 20mm at the rated opening pressure.

(実施例1) (Example 1)
(1)バルーンを3枚で折畳み、折畳んだバルーンに内径がφ1.25mmのシースを被せて、バルーンに27atmの圧力をかけてバルーンを30秒間拡張した後、バルーン内の圧力を開放し、シースを取り除いた。 (1) balloon folding in three sheets of inner diameter balloon folded is covered with a sheath of Fai1.25Mm, after expanding the balloon 30 seconds under a pressure of 27atm the balloon, releasing the pressure within the balloon, removal of the sheath.

(2)上記バルーンの直管部にステントを配置した。 (2) it was placed the stent in straight pipe portion of the balloon.

(3)ステントの外部から180Nの力をかけて、バルーンにステントを10秒間圧接した後、力を開放し、ステントの外径を測定した。 (3) over the outside from the 180N force of the stent after the stent is pressed for 10 seconds the balloon to open the force was measured outer diameter of the stent.

(4)再び(3)のステップを以下2回繰り返した。 (4) were repeated twice following steps again (3).

ステントの外径を測定した結果、1.13mm(A工程後)、1.12mm(1回目のB工程後)、1.11mm(2回目のB工程後)とステントの外径は縮小した。 Results of the measurement of the outer diameter of the stent, (after A step) 1.13 mm, 1.12 mm (after first B step), the outer diameter of the stent and 1.11 mm (after a second B step) shrank. ステント保持力を測定した結果、2.05Nであった。 Results of measurement of the stent holding power was 2.05N. バルーンを拡張したところ限界バルーン圧力でも割れなかった。 Did not crack even at the limit balloon pressure was expanding the balloon. ラジアルフォースを測定した結果、0.17N/mmであった。 The results of the measurement of the radial force, was 0.17N / mm. これらの結果を表1にまとめた。 These results are summarized in Table 1.

(実施例2) (Example 2)
(1)バルーンを3枚で折畳み、折畳んだバルーンに内径がφ1.25mmのシースを被せて、バルーンに27atmの圧力をかけてバルーンを30秒間拡張した後、バルーン内の圧力を開放し、シースを取り除いた。 (1) balloon folding in three sheets of inner diameter balloon folded is covered with a sheath of Fai1.25Mm, after expanding the balloon 30 seconds under a pressure of 27atm the balloon, releasing the pressure within the balloon, removal of the sheath.

(2)上記バルーンの直管部にステントを配置した。 (2) it was placed the stent in straight pipe portion of the balloon.

(3)ステントの外部から180Nの力をかけて、バルーンにステントを60秒間圧接した後、力を開放し、ステントの外径を測定した。 (3) over the outside from the 180N force of the stent after the stent is pressed for 60 seconds in the balloon, releasing the force was measured outer diameter of the stent.

(4)再び(3)のステップを以下2回繰り返した。 (4) were repeated twice following steps again (3).

ステントの外径を測定した結果、1.12mm(A工程後)、1.11mm(1回目のB工程後)、1.10mm(2回目のB工程後)とステントの外径は縮小した。 Results of the measurement of the outer diameter of the stent, (after A step) 1.12 mm, 1.11 mm (after first B step), the outer diameter of the stent and 1.10 mm (after a second B step) shrank. ステント保持力を測定した結果、2.12Nであった。 Results of measurement of the stent holding power was 2.12N. バルーンを拡張したところ限界バルーン圧力でも割れなかった。 Did not crack even at the limit balloon pressure was expanding the balloon. ラジアルフォース測定した結果、0.17N/mmであった。 Radial force measurement results, was 0.17N / mm. これらの結果を表1にまとめた。 These results are summarized in Table 1.

(実施例3) (Example 3)
折畳んだバルーンにシースを被せて、バルーンに圧力をかけて拡張する操作を行わなかった以外は、実施例2と同様にして試験サンプルを作成した。 Balloon folded covered with a sheath, except that was not performed an operation to expand under pressure to the balloon, to prepare a test sample as described in Example 2.

ステントの外径を測定した結果、1.12mm(A工程後)、1.11mm(1回目のB工程後)、1.10mm(2回目のB工程後)とステントの外径は縮小した。 Results of the measurement of the outer diameter of the stent, (after A step) 1.12 mm, 1.11 mm (after first B step), the outer diameter of the stent and 1.10 mm (after a second B step) shrank. ステント保持力を測定した結果、1.80Nであった。 Results of measurement of the stent holding power was 1.80N. バルーンを拡張したところ限界バルーン圧力でも割れなかった。 Did not crack even at the limit balloon pressure was expanding the balloon. ラジアルフォース測定した結果、0.17N/mmであった。 Radial force measurement results, was 0.17N / mm. これらの結果を表1にまとめた。 These results are summarized in Table 1.

(比較例1) (Comparative Example 1)
(1)バルーンを3枚で折畳み、折畳んだバルーンに内径がφ1.25mmのシースを被せて、バルーンに27atmの圧力をかけてバルーンを30秒間拡張した後、バルーン内の圧力を開放し、シースを取り除いた。 (1) balloon folding in three sheets of inner diameter balloon folded is covered with a sheath of Fai1.25Mm, after expanding the balloon 30 seconds under a pressure of 27atm the balloon, releasing the pressure within the balloon, removal of the sheath.

(2)バルーン直管部にステントを配置した。 (2) it was placed stent to the balloon straight tube part.

(3)ステントの外部から180Nの力をかけて、バルーンにステントを60秒間圧接した後、力を開放し、ステントの外径を測定した。 (3) over the outside from the 180N force of the stent after the stent is pressed for 60 seconds in the balloon, releasing the force was measured outer diameter of the stent.

ステントの外径を測定した結果、1.12mmであった。 Results of the measurement of the outer diameter of the stent was 1.12 mm. ステント保持力を測定した結果、1.63Nであった。 Results of measurement of the stent holding power was 1.63N. バルーンを拡張したところ限界バルーン圧力でも割れなかった。 Did not crack even at the limit balloon pressure was expanding the balloon. ラジアルフォースを測定した結果、0.17N/mmであった。 The results of the measurement of the radial force, was 0.17N / mm. これらの結果を表1にまとめた。 These results are summarized in Table 1.

(比較例2) (Comparative Example 2)
(1)バルーンを3枚で折畳み、バルーン直管部にステントを配置した。 (1) balloon folding in three were positioning the stent balloon straight tube portion.

(2)ステントの外部から180Nの力をかけて、バルーンにステントを60秒間圧接した後、力を開放し、ステントの外径を測定した。 (2) over the outside from the 180N force of the stent after the stent is pressed for 60 seconds in the balloon, releasing the force was measured outer diameter of the stent.

ステントの外径を測定した結果、1.12mmであった。 Results of the measurement of the outer diameter of the stent was 1.12 mm. ステント保持力を測定した結果、1.25Nであった。 Results of measurement of the stent holding power was 1.25 N. バルーンを拡張したところ限界バルーン圧力でも割れなかった。 Did not crack even at the limit balloon pressure was expanding the balloon. ラジアルフォースを測定した結果、0.17N/mmであった。 The results of the measurement of the radial force, was 0.17N / mm. これらの結果を表1にまとめた。 These results are summarized in Table 1.

(ステントの外径) (Outer diameter of the stent)
ステントの外径の評価の手順を以下に示す。 The procedure of evaluation of the outer diameter of the stent are shown below.

一定速度でステント全長にわたって、2軸のレーザーでステント単位長さあたり13点/mm以上測定し、その平均値として個々のステント外径を算出した。 Over the stent overall length at a constant rate, measured two-axis laser stent per unit length 13 points / mm or more was calculated individual stent outer diameter as an average value. 各実施例および比較例について3個のサンプルを用意し、さらに各々のステントの外径の平均を表1に示した。 Prepared three samples for each of Examples and Comparative Examples further showed an average outer diameter of each of the stent in Table 1.

(クリンプ時間) (Crimp time)
クリンプ時間は、バルーンにステントを圧接した時間の合計とし、各実施例および比較例について表1に示した。 Crimp time, the sum of the time pressed against the stent to the balloon, shown in Table 1 for each example and comparative examples.

(ラジアルフォース) (Radial force)
ラジアルフォースの評価の手順を以下に示す。 Showing the procedure of the evaluation of the radial force to below.

ステントの拡張はバルーンを9atmの圧力で拡張し30秒維持した後、バルーン内の圧力を取り除き、バルーンをステントから抜去する手順で行った。 After expansion of the stent is maintained by expanding the balloon at a pressure of 9 atm 30 seconds, remove the pressure in the balloon, was balloon procedure for removal from the stent. 次に、拡張したステントの半径方向の剛性を評価した。 Next, to evaluate the radial rigidity of the expanded stent. 評価は拡張したステントをEz−Test(株式会社島津製作所)にて圧縮試験を行い、拡張したステント外径の30%を圧縮したときの単位長さあたりの荷重で評価を行った。 The evaluation was evaluated in load per unit length when the expanded stent subjected to a compression test at Ez-Test (Shimadzu Corporation), was compressed 30% of the expanded stent outer diameter. 各実施例および比較例について3個のサンプルを用意し、各々のラジアルフォースの平均を表1に示した。 We prepared three samples for each example and comparative example exhibited an average of each of the radial force in Table 1.
(評価結果) (Evaluation results)

表1に示すように、本発明に係る実施例1および実施例2では、本発明の効果により、ステントの外径は効果的に縮小されていることがわかる。 As shown in Table 1, in Examples 1 and 2 according to the present invention, due to the effect of the present invention, the outer diameter of the stent is seen to have been effectively reduced. 表1に示すように、実施例1と実施例2において、ステントの外径を比較すると、ステントの外径は実施例2が小さいが、ステントの保持力およびラジアルフォースはほとんど差がない。 As shown in Table 1, in Examples 1 and 2, when comparing the outer diameter of the stent, but the outer diameter of the stent has a small second embodiment, the holding force and radial force of the stent there is little difference. また、実施例1および実施例2の両方で、限界バルーン圧力でもバルーンは割れなかったことから、本発明によるバルーンへのダメージは少ないことがわかる。 Further, in both of Examples 1 and 2, since even the balloon was not cracked at the limit balloon pressure, damage to the balloon according to the invention it can be seen that less.

表1に示すように、実施例1と比較例1を比較すると、ラジアルフォースは差がないが、ステントの外径は実施例1が小さく、ステントの保持力も実施例1が大きい。 As shown in Table 1, comparing Example 1 and Comparative Example 1, although radial force is no difference, the outer diameter of the stent has a small Example 1, retention of the stent is also large Example 1. また、クリンプ時間を比較すると、実施例1が短い。 Furthermore, when comparing the crimped time, short Example 1. このことから、本発明は、ステントの外径の縮小を容易に達成し、カテーテルからのステントの脱落や移動の防止に効果的であり、工程における時間の短縮にも効果的であることがわかる。 Therefore, the present invention is the reduction of the outer diameter of the stent was easily accomplished, it is effective in preventing falling and movement of the stent from the catheter, it is understood that it is effective to shorten the time in step .

表1に示すように、実施例2と比較例1を比較すると、ラジアルフォースは差がないが、ステントの外径は実施例2が小さく、ステントの保持力も実施例2が大きい。 As shown in Table 1, comparing Example 1 and Comparative Example 2, although there is no radial force difference, the outer diameter of the stent has a smaller second embodiment, the holding force of the stent is also large Example 2. このことから、本発明は、カテーテルからのステントの脱落や移動の防止に効果的であることがわかる。 Therefore, the present invention is found to be effective in preventing falling and movement of the stent from the catheter.

表1に示すように、実施例2、比較例1、および比較例2を比較すると、ラジアルフォースはどれも差はないが、ステントの外径は実施例2が最も小さい。 As shown in Table 1, comparing Example 2 and Comparative Example 1, and Comparative Example 2, but also the difference is not any radial force, the outer diameter of the stent is the smallest in Example 2. ステントの保持力は実施例2が最も大きく、比較例2が最も小さい。 Retention of the stent is the largest second embodiment, the smallest Comparative Example 2. このことから、本発明は、カテーテルからのステントの脱落や移動の防止に効果的であることがわかる。 Therefore, the present invention is found to be effective in preventing falling and movement of the stent from the catheter.

Claims (7)

  1. バルーン拡張型のステントデリバリーシステムの製造方法であって、 A method of manufacturing a balloon expandable stent delivery system,
    (a)ステントの内腔に折り畳まれたバルーンを配置する工程と、 (A) placing a balloon folded into the lumen of the stent,
    (b)ステントの外部から圧力を印加してステントを折り畳まれたバルーンに圧接する工程と、 (B) a step of applying pressure from the outside of the stent presses against the balloon folded stent,
    (c)前記圧力を開放する工程と、 (C) a step of releasing said pressure,
    から成る一連のステントをクリンプするA工程と、 And A step for crimping the series of stent made of,
    該A工程の後に前記(b)および(c)の工程から成る一連のステントをクリンプするB工程を少なくとも1回以上備えるとともに、 Together comprise the A after said step (b) and the step B crimping the series of stent comprising the step of (c) at least once,
    A工程の前に、 In front of the A process,
    (d)拡張拘束部材の内腔に折り畳まれたバルーンを配置し、折り畳まれたバルーンが少なくとも部分的に拡張するような圧力を印加する工程と、 And (d) step of the balloon folded into the lumen of the expansion restraining member is disposed, the folded balloon to apply pressure as to extend at least partially,
    (e)前記圧力を開放し、拡張拘束部材をカテーテルより除去する工程と、 (E) opening the pressure, and removing the expansion restraint member from the catheter,
    から成るC工程を備えることを特徴とするステントデリバリーシステムの製造方法。 Method of manufacturing a stent delivery system characterized in that it comprises a step C consisting.
  2. 前記(b)の工程が、ステントを折り畳まれたバルーンに圧接した後、更に圧接した状態を一定時間保持するものであることを特徴とする請求項1に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 Step of the (b) is, after pressure contact with the balloon folded stent manufacturing method for a stent delivery system according to claim 1, characterized in that to hold further a certain time pressure state.
  3. B工程後のステントの外径が、A工程後のステントの外径、もしくはB工程を複数有する場合は、以前に行われたB工程後のステントの外径より縮小していることを特徴とする、請求項1または2の何れか1項に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 The outer diameter of the stent after step B is, if having a plurality of outer diameters or step B, the stent after the A step, and characterized in that the shrinking than the outer diameter of the stent after previously performed the step B to method of stent delivery system according to any one of claims 1 or 2.
  4. 前記ステントが、圧縮された第1直径から患部へ移植可能な拡大された第2直径まで半径方向に拡張可能であり、更に前記第2直径におけるラジアルフォースが0.05〜0.50N/mmの範囲内であることを特徴とする、請求項1〜3のいずれか1項に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 Wherein the stent from the compressed first diameter to a second diameter that is larger implantable into the affected are radially expandable, further radial force in the second diameter of 0.05~0.50N / mm characterized in that it is in the range, the production method of the stent delivery system according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記ステントが、ステンレス鋼、ニッケル合金、およびコバルトクロム合金からなる群より選ばれる少なくとも1種以上の材料で形成されていることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか1項に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 The stent is stainless steel, characterized in that it is formed of at least one material selected from the group consisting of nickel alloys, and cobalt-chromium alloys, according to any one of claims 1 to 4 method of manufacturing a stent delivery system.
  6. 前記ステントが、線状要素であるステントストラットを有し、更にステントストラットの幅が厚みよりも大きいことを特徴とする、請求項1〜5のいずれか1項に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 Wherein the stent has a stent strut is a linear element, further the width of the stent struts is equal to or greater than the thickness, the manufacturing method of the stent delivery system according to any one of claims 1 to 5 .
  7. 前記ステントが、圧縮された第1直径から患部へ移植可能な拡大された第2直径まで半径方向に拡張可能であって、前記第1直径が0.8〜1.3mmの範囲内であり、前記第2直径が2.0〜6.0mmの範囲内であることを特徴とする、請求項1〜6のいずれか1項に記載のステントデリバリーシステムの製造方法。 Wherein the stent from the compressed first diameter to a second diameter that is larger implantable into the affected a radially expandable, said first diameter is in the range of 0.8~1.3Mm, said second diameter and being in the range of 2.0 to 6.0 mm, the manufacturing method of the stent delivery system according to any one of claims 1-6.
JP2010212791A 2010-09-22 2010-09-22 Method of manufacturing a stent delivery system Active JP6050926B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010212791A JP6050926B2 (en) 2010-09-22 2010-09-22 Method of manufacturing a stent delivery system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010212791A JP6050926B2 (en) 2010-09-22 2010-09-22 Method of manufacturing a stent delivery system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012065823A true JP2012065823A (en) 2012-04-05
JP6050926B2 true JP6050926B2 (en) 2016-12-21

Family

ID=46163820

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010212791A Active JP6050926B2 (en) 2010-09-22 2010-09-22 Method of manufacturing a stent delivery system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6050926B2 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2157977T3 (en) * 1993-07-23 2001-09-01 Cook Inc flexible probe having a configuration formed from a sheet of material.
US6666880B1 (en) * 2001-06-19 2003-12-23 Advised Cardiovascular Systems, Inc. Method and system for securing a coated stent to a balloon catheter
US6745445B2 (en) * 2002-10-29 2004-06-08 Bard Peripheral Vascular, Inc. Stent compression method
US7763198B2 (en) * 2005-04-12 2010-07-27 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Method for retaining a vascular stent on a catheter
CN102098987B (en) * 2008-09-29 2014-02-19 泰尔茂株式会社 Stent for placement in living body, and stent delivery system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012065823A (en) 2012-04-05 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6245100B1 (en) Method for making a self-expanding stent-graft
US7722663B1 (en) Anatomically correct endoluminal prostheses
US7540881B2 (en) Bifurcation stent pattern
US6955685B2 (en) Expandable stent with radiopaque markers and stent delivery system
US5913871A (en) Balloon modification for improved stent fixation and deployment
US7637939B2 (en) Hybrid stent
US6168619B1 (en) Intravascular stent having a coaxial polymer member and end sleeves
US20090132031A1 (en) Stent Having Spiral Channel for Drug Delivery
US7055237B2 (en) Method of forming a drug eluting stent
US20050228483A1 (en) Vascular bifurcation prosthesis with multiple thin fronds
US20090326641A1 (en) Helical ostium support for treating vascular bifurcations
US20040133270A1 (en) Drug eluting stent and methods of manufacture
US6605110B2 (en) Stent with enhanced bendability and flexibility
US6019779A (en) Multi-filar coil medical stent
US20030045923A1 (en) Hybrid balloon expandable/self expanding stent
US6814749B2 (en) Stent designs for use in peripheral vessels
US8109987B2 (en) Method of treating a lumenal bifurcation
US6099559A (en) Endoluminal support assembly with capped ends
US7771463B2 (en) Twist-down implant delivery technologies
US20060025849A1 (en) Vascular bifurcation prosthesis with multiple linked thin fronds
US7922756B2 (en) Stent
US20080183269A2 (en) Prosthesis for treating vascular bifurcations
US20090024205A1 (en) Radially Expandable Stent
US20080046072A1 (en) Bifurcation stent and method of positioning in a body lumen
US20050125051A1 (en) Detachable segment stent

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130722

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140514

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140603

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20140627

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140722

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150313

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20150804

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160926

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161128

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6050926

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150