JP6034893B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP6034893B2
JP6034893B2 JP2015013705A JP2015013705A JP6034893B2 JP 6034893 B2 JP6034893 B2 JP 6034893B2 JP 2015013705 A JP2015013705 A JP 2015013705A JP 2015013705 A JP2015013705 A JP 2015013705A JP 6034893 B2 JP6034893 B2 JP 6034893B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
zone
determination
executed
sign
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015013705A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015077499A (en
Inventor
卓郎 永縄
卓郎 永縄
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kyoraku Industrial Co Ltd
Original Assignee
Kyoraku Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyoraku Industrial Co Ltd filed Critical Kyoraku Industrial Co Ltd
Priority to JP2015013705A priority Critical patent/JP6034893B2/en
Publication of JP2015077499A publication Critical patent/JP2015077499A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6034893B2 publication Critical patent/JP6034893B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、遊技者にとって有利な特別遊技に移行させるか否かの判定結果を示す図柄を変動させる遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine that changes a symbol indicating a determination result of whether or not to shift to a special game advantageous to a player.

従来、遊技盤の遊技領域に打ち出した遊技球が特定の始動口に入賞すると、主制御部の制御により、始動入賞したタイミングにて乱数を取得し、当該乱数が予め定められた当たり乱数と一致する場合に、特別遊技である当たりを示す図柄にて特別図柄を停止させて、当たり遊技状態に移行させるようにしたぱちんこ遊技機が広く使用されている。このようなぱちんこ遊技機には、主制御部による当たり乱数の判定(以下「当たり判定」という)の結果を受けて、画像表示部等を用いて演出をおこなう演出制御部が設けられている。   Conventionally, when a game ball launched into the game area of the game board wins a specific start opening, a random number is acquired at the start winning timing under the control of the main control unit, and the random number matches a predetermined hit random number In this case, pachinko gaming machines are widely used in which a special symbol is stopped at a symbol indicating a special game and the game is shifted to a winning game state. Such a pachinko gaming machine is provided with an effect control unit that performs an effect using an image display unit or the like in response to a result of determination of a hit random number (hereinafter referred to as “hit determination”) by the main control unit.

演出制御部は、変動時間の長い特別図柄の変動時にリーチ演出をおこなう。リーチ演出とは、例えば3つの演出図柄を用いた場合、有効ライン上に同一または関連性のある演出図柄を2つ揃えた後に、最後の演出図柄のみを変動させて、大当たりに対する期待感を高める演出である。当たりの場合には、最後の演出図柄を、停止中の他の演出図柄と同一または関連性のあるもので停止させる。ハズレの場合には、最後の演出図柄を、停止中の他の演出図柄と同一ではないもの、または関連性のないもので停止させる。   The production control unit performs reach production when a special symbol with a long variation time fluctuates. For example, when using 3 productions, after making 2 productions that are the same or related on the active line, only the last production is changed to increase the expectation for the jackpot Production. In the case of winning, the last effect design is stopped with the same or related effect as the other effect designs that are stopped. In the case of losing, the last effect symbol is stopped with something that is not the same as the other effect symbols that are stopped or that is not related.

また、演出制御部は、遊技球が始動入賞した際に当たり判定を事前におこなうことによって、複数回の特別図柄の変動にわたる一連の連続演出をおこなうようにしたものが知られている(例えば、下記特許文献1参照。)。連続演出は、具体的には、いわゆるチャンス目といった所定の演出図柄を停止させる示唆演出(煽り演出)をおこない、次変動以降に通常のリーチ演出よりもさらに大当たりへの期待度の高いスーパーリーチなどがおこなわれるゾーン演出に突入させる演出である。連続演出は、連続演出の抽選に当選した場合におこなわれる。特に、近年のぱちんこ遊技機において、連続演出は、大当たりに対する信頼度の高い演出の一つとなっている。   In addition, the production control unit is known to perform a series of continuous productions over a plurality of special symbol variations by performing a hit determination in advance when a game ball starts and wins a prize (for example, the following) (See Patent Document 1). Specifically, the continuous production is a suggestion production (buzzing production) that stops a given production pattern such as a so-called chance, and super-reach with a higher expectation of jackpot than the normal reach production after the next change. It is an effect that makes it enter the zone effect. The continuous production is performed when a lottery of continuous production is won. Especially in recent pachinko machines, the continuous performance is one of the highly reliable performances for jackpots.

また、チャンス目が停止しそうに見せかけて停止しない示唆演出である、いわゆる煽りガセ演出もおこなうようにしている。煽りガセ演出がおこなわれた後は、通常の変動演出となり、ゾーン演出には突入しない。煽りガセ演出は、煽りガセ演出の抽選に当選した場合におこなわれる。この煽りガセ演出により、ゾーン演出への突入に対する興趣を高めている。   In addition, a so-called squeaky gaze effect is also performed, which is a suggestion effect in which the chance eyes seem to stop and do not stop. After the roaring gaze production is performed, it becomes a normal variation production and does not enter the zone production. The roaring gaze production is performed when a lottery for the roaring gaze production is won. This groaning production enhances the interest in entering the zone production.

さらに、近年のぱちんこ遊技機では、特別図柄の変動中に始動入賞した遊技球を記憶情報である保留球として記憶するとともに、この保留球に対する当たり判定や、連続演出などの変動演出の判定を事前におこない、この判定結果を用いて保留表示に対する演出をおこなうものが知られている。具体的には、例えば、期待度の高い保留球に対して、通常の保留表示とは異なる予兆保留表示をおこなうようにし、保留球による変動開始前から、予兆保留表示された保留球に対する遊技者の期待感を高めるようにしている(例えば、下記特許文献2参照。)。   Furthermore, in recent pachinko gaming machines, the game ball that was won during the special symbol variation is stored as a reserved ball that is stored information, and the hit determination for this reserved ball and the determination of variable effects such as continuous effects are made in advance. It is known that the result of the determination is used to produce the hold display. Specifically, for example, a sign hold display different from a normal hold display is performed for a highly anticipated hold ball, and a player for the hold ball displayed with the sign hold displayed before the start of fluctuation by the hold ball. (See, for example, Patent Document 2 below).

このような予兆保留表示をおこなうことにより、遊技者は、予兆保留表示された保留球に多大な関心を寄せることになり、具体的には、予兆保留表示された保留球の変動が開始される前に連続演出が開始されることに対する期待を寄せることになる。   By performing such a sign hold display, the player is greatly interested in the hold ball displayed in the sign hold display. Specifically, the change of the hold ball displayed in the sign hold display is started. The expectation that a continuous production will be started before is brought.

特開2010−29603号公報JP 2010-29603 A 特開2010−35760号公報JP 2010-35760 A

しかしながら、上述した従来技術では、予兆保留表示された保留球がある場合に、遊技者は連続演出を期待することになるが、予兆保留表示された保留球の変動が開始される前に示唆演出がおこなわれないと、その時点で、予兆保留表示された保留球に対する遊技者の期待感が減退してしまうといった問題があった。   However, in the above-described prior art, when there is a holding ball displayed in the sign hold display, the player expects a continuous effect, but the suggested effect is generated before the change in the hold ball displayed in the sign hold display is started. If not performed, there is a problem that at that time, the player's expectation with respect to the held ball displayed as a sign hold is reduced.

本発明は、上述した従来技術による問題点を解消するため、予兆保留表示された保留球がある場合に、遊技者の期待感が減退してしまうことを抑止することができる遊技機を提供することを目的とする。   The present invention provides a gaming machine capable of preventing a player's sense of expectation from being reduced when there is a holding ball displayed as a sign hold, in order to solve the above-described problems caused by the prior art. For the purpose.

上述した課題を解決し、目的を達成するため、本発明にかかる遊技機は、遊技盤上の始動領域を遊技球が通過することによって取得した判定情報に基づいて、遊技者に有利な有利遊技状態とするか否かを判定する判定手段と、前記判定手段による判定結果を示す図柄を変動表示する図柄変動表示手段と、前記始動領域への遊技球の通過を契機に、前記判定情報を記憶する記憶手段と、前記判定情報に基づいて、前記有利遊技状態とするか否かを、前記図柄の変動表示前に事前判定する事前判定手段と、前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記事前判定がおこなわれた判定情報に対して前記有利遊技状態となる期待度が高いことを示唆する予兆保留表示を実行可能な予兆保留実行手段と、前記図柄変動表示手段によって変動表示される図柄に対応させて演出を実行する演出実行手段と、を備え、前記演出実行手段は、前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記有利遊技状態となる期待度の高い予兆演出および前記予兆演出の実行前に前記予兆演出を実行することを示唆する第1示唆演出を実行可能な予兆演出実行手段と、前記予兆演出実行手段により前記予兆演出が実行されないときに、所定の第2示唆演出を実行可能な示唆演出実行手段と、を有し、前記予兆演出実行手段は、前記予兆保留実行手段により前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記予兆演出を実行し、前記示唆演出実行手段は、前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記第2示唆演出を実行し、前記第1示唆演出は、所定の表示手段の所定位置に複数の演出図柄のうち一部の演出図柄を表示してから、前記一部の演出図柄に関連する残りの演出図柄を前記所定位置に表示させる演出であり、前記第2示唆演出は、前記所定位置に前記一部の演出図柄を表示してから前記残りの演出図柄を前記所定位置に表示させない演出であることを特徴とする。また、本発明にかかる遊技機は、遊技盤上の始動領域を遊技球が通過することによって取得した判定情報に基づいて、遊技者に有利な有利遊技状態とするか否かを判定する判定手段と、前記判定手段による判定結果を示す図柄を変動表示する図柄変動表示手段と、前記始動領域への遊技球の通過を契機に、前記判定情報を記憶する記憶手段と、前記判定情報に基づいて、前記有利遊技状態とするか否かを、前記図柄の変動表示前に事前判定する事前判定手段と、前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記事前判定がおこなわれた判定情報に対して前記有利遊技状態となる期待度が高いことを示唆する予兆保留表示を実行可能な予兆保留実行手段と、前記図柄変動表示手段によって変動表示される図柄に対応させて演出を実行する演出実行手段と、を備え、前記演出実行手段は、前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記有利遊技状態となる期待度の高い予兆演出および前記予兆演出の実行前に前記予兆演出を実行することを示唆する第1示唆演出を実行可能な予兆演出実行手段と、前記予兆演出実行手段により前記予兆演出が実行されないときに、所定の第2示唆演出を実行可能な示唆演出実行手段と、を有し、前記予兆演出実行手段は、前記予兆保留実行手段により前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記予兆演出を実行し、前記第1示唆演出は、ハズレの変動表示において実行可能な演出であるとともに、所定の表示手段の所定位置に複数の演出図柄のうち一部の演出図柄を表示してから、前記一部の演出図柄に関連する残りの演出図柄を前記所定位置に表示させる演出であり、前記第2示唆演出は、ハズレの変動表示において実行可能な演出であるとともに、前記所定位置に前記一部の演出図柄を表示してから前記残りの演出図柄を前記所定位置に表示させない演出であり、前記予兆演出は、前記第1示唆演出を実行した前記ハズレの変動表示の後の変動表示において実行される演出であり、前記第2示唆演出を実行した前記ハズレの変動表示の後の変動表示において実行されない演出である、ことを特徴とする。   In order to solve the above-described problems and achieve the object, the gaming machine according to the present invention is an advantageous game advantageous to the player based on the determination information acquired by the game ball passing through the starting area on the game board. A determination means for determining whether or not to enter a state; a symbol variation display means for variably displaying a symbol indicating a determination result by the determination means; and the determination information is stored when the game ball passes through the starting area. Based on the result of prior determination by the prior determination means and the prior determination means for determining in advance whether or not to enter the advantageous gaming state based on the determination information The predictive hold execution means capable of executing the predictive hold display that suggests that the degree of expectation to be in the advantageous gaming state is high with respect to the determination information for which the prior determination has been performed, and the symbol change display means to change the display An effect executing means for executing an effect corresponding to the symbol to be displayed, wherein the effect executing means is based on a prior determination result by the prior determination means, and a predictive effect with a high expectation of entering the advantageous gaming state, and A predictive effect executing means capable of executing a first suggestive effect suggesting that the predictive effect is executed before execution of the predictive effect, and a predetermined second when the predictive effect is not executed by the predictive effect executing means. Suggestive effect execution means capable of executing the suggestion effect, and the sign effect execution means is not executing the sign hold display when the sign hold display is executed by the sign hold execution means. The indication effect execution means executes the indication effect with higher probability than when the indication hold display is not executed when the indication hold display is executed. The second suggestion effect is executed with a higher probability than when the first suggestion effect is displayed after displaying a part of the effect symbols among a plurality of effect symbols at a predetermined position of a predetermined display means. The remaining effect design related to the effect design is displayed at the predetermined position, and the second suggestion effect is displayed after the part of the effect design is displayed at the predetermined position. It is an effect that is not displayed at a predetermined position. In addition, the gaming machine according to the present invention determines whether or not to enter an advantageous gaming state advantageous to the player based on the determination information acquired when the game ball passes through the starting area on the game board. And a symbol variation display means for variably displaying a symbol indicating a determination result by the determination means, a storage means for storing the determination information triggered by the passage of the game ball to the start area, and a determination based on the determination information. , Whether or not to enter the advantageous gaming state, prior determination means for determining in advance before displaying the change of the symbol, and determination information on which the prior determination has been performed based on the preliminary determination result by the prior determination means The sign hold execution means capable of executing a sign hold display that suggests that the degree of expectation to be in the advantageous gaming state is high, and the effect is executed in accordance with the symbols that are variably displayed by the symbol change display means And the execution executing means, based on the prior determination result by the prior determination means, the predictive effect having a high expectation of entering the advantageous gaming state and the predictive effect before the execution of the predictive effect And a suggestion effect execution means capable of executing a predetermined second suggestion effect when the sign effect execution means is not executed by the sign effect execution means. The predictive effect executing means performs the predictive effect at a higher probability when the predictive hold display is being executed by the predictive hold executing means than when the predictive hold display is not executed. The first suggestion effect is an effect that can be executed in the display of the variation of the loss, and a part of the effect symbols among the plurality of effect symbols is displayed at a predetermined position of a predetermined display means. Then, the remaining effect symbols related to the part of the effect symbols are displayed at the predetermined position, and the second suggestion effect is an effect that can be executed in the loss display, and the predetermined effect After the part of the effect symbols is displayed at the position, the remaining effect symbols are not displayed at the predetermined position. The predictive effect is after the display of the variation of the loss that has executed the first suggestion effect. It is an effect that is executed in the variable display, and is an effect that is not executed in the variable display after the loss variable display in which the second suggestion effect is executed.

本発明によれば、予兆保留表示された保留球の変動に対する遊技者の期待感を高めることができるという効果を奏する。   According to the present invention, there is an effect that it is possible to increase the player's sense of expectation with respect to the change of the reserved ball displayed in advance.

ぱちんこ遊技機の一例を示す正面図である。It is a front view which shows an example of a pachinko gaming machine. ぱちんこ遊技機の制御部の内部構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the internal structure of the control part of a pachinko game machine. 高期待度連続演出の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a high expectation degree continuous production. 高期待度連続演出とはならない煽りガセ演出の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the scooping gaze effect which does not become a high expectation degree continuous effect. 低期待度連続演出の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a low expectation degree continuous production. 低期待度連続演出とはならない煽りガセ演出の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the roaring gaze effect which is not a low expectation degree continuous effect. 本実施の形態の概要を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the outline | summary of this Embodiment. 本実施の形態にかかるぱちんこ遊技機の機能的構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the functional structure of the pachinko game machine concerning this Embodiment. 主制御部がおこなうタイマ割込処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the timer interruption process which a main control part performs. 主制御部がおこなう始動口SW処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the start port SW process which a main control part performs. 主制御部が実行する事前判定処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the preliminary determination process which a main control part performs. 低確率用大当たり判定テーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the jackpot determination table for low probability. 高確率用大当たり判定テーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the high probability jackpot determination table. 大当たり用第1変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the 1st variation | change pattern table for jackpots. 大当たり用第2変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the 2nd variation | change pattern table for jackpots. ハズレ用第1変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the 1st fluctuation | variation pattern table for losers. ハズレ用第2変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the 2nd fluctuation | variation pattern table for loses. 主制御部がおこなう特別図柄処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the special symbol process which a main control part performs. 主制御部がおこなう当たり判定処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the hit determination processing which a main control part performs. 第1始動口用大当たり図柄判定テーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the jackpot symbol determination table for 1st start openings. 第2始動口用大当たり図柄判定テーブルの一例を示した説明図である。It is explanatory drawing which showed an example of the 2nd start opening jackpot symbol determination table. 主制御部がおこなう変動パターン選択処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the fluctuation pattern selection process which a main control part performs. 演出統括部がおこなう演出タイマ割込処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the production timer interruption process which a production supervision part performs. 演出統括部がおこなうコマンド受信処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the command reception process which a production control part performs. 演出事前判定処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of an effect prior determination process. ハズレ用予兆保留判定表の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the sign reserve determination | judging determination table for lose. 大当たり用予兆保留判定表の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the jackpot indication pending | holding determination table. ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yと、煽り演出と、の関係を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the relationship between the zone start remaining number K and the precursor remaining number Y, and a turn effect. 変動演出選択処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a fluctuation production | presentation selection process. 変動演出選択処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a fluctuation production | presentation selection process. 予兆時処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of the process at the time of a sign. 煽りガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a scooping gase special table. 煽りガセ連続テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a rolling gusset continuous table. 通常処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a normal process. 煽りガセ通常テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a rolling gauze normal table. ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a zone process. 低ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a low zone process. 低ゾーン突入判定テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the low zone entry determination table. 高ガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a high gusset special table. 高ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of a high zone process. 高ゾーン突入判定テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a high zone entry determination table. 予兆当たり処理の処理内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the processing content of the process per sign. 低ガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of a low gasase special table. 演出統括部がおこなう変動演出終了中処理を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the process during change production completion which an production supervision part performs.

以下に添付図面を参照して、この発明にかかる遊技機の好適な実施の形態を詳細に説明する。   Exemplary embodiments of a gaming machine according to the present invention will be described below in detail with reference to the accompanying drawings.

(実施の形態)
(ぱちんこ遊技機の基本構成)
まず、実施の形態にかかるぱちんこ遊技機の基本構成について説明する。図1は、ぱちんこ遊技機の一例を示す正面図である。図1に示すように、ぱちんこ遊技機100は、遊技盤101を備えている。遊技盤101の下部位置には、発射部が配置されている。発射部の駆動によって発射された遊技球は、レール102a,102b間を上昇して遊技盤101の上部位置に達した後、遊技領域103内を落下する。
(Embodiment)
(Basic configuration of pachinko machine)
First, the basic configuration of the pachinko gaming machine according to the embodiment will be described. FIG. 1 is a front view showing an example of a pachinko gaming machine. As shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 100 includes a game board 101. A launcher is disposed at a lower position of the game board 101. The game ball launched by driving the launching unit rises between the rails 102 a and 102 b and reaches the upper position of the game board 101, and then falls within the game area 103.

遊技領域103には、複数の釘が設けられており、この釘によって遊技球は不特定な方向に向けて落下する。また、遊技領域103において遊技球の落下途中となる位置には、遊技球の落下方向を変化させる風車や各種入賞口(始動口や大入賞口など)が配設されている。   A plurality of nails are provided in the game area 103, and the game balls fall in an unspecified direction by the nails. In the game area 103, a windmill and various winning openings (such as a start opening and a big winning opening) that change the falling direction of the gaming balls are arranged at positions in the middle of the falling of the gaming balls.

遊技盤101の略中央部分には、画像表示部104が配置されている。画像表示部104としては液晶表示器などが用いられる。画像表示部104の下方には、第1始動口105が配設されており、画像表示部104の右側には第2始動口106が配設されている。第1始動口105および第2始動口106は、始動入賞させるための入賞口である。第1始動口105および第2始動口106は本発明の始動領域に相当する。   An image display unit 104 is disposed at a substantially central portion of the game board 101. A liquid crystal display or the like is used as the image display unit 104. A first start port 105 is disposed below the image display unit 104, and a second start port 106 is disposed on the right side of the image display unit 104. The first start port 105 and the second start port 106 are winning ports for starting and winning. The first start port 105 and the second start port 106 correspond to the start region of the present invention.

第2始動口106の近傍には、電動チューリップ107が設けられている。電動チューリップ107は、遊技球を第2始動口106へ入賞しにくくさせる閉状態(閉口された状態)と、閉状態よりも入賞しやすくさせる開状態(開口された状態)とを取る。これらの状態の制御は、電動チューリップ107が備えるソレノイドによっておこなわれる。   An electric tulip 107 is provided in the vicinity of the second start port 106. The electric tulip 107 takes a closed state (closed state) that makes it difficult to win the game ball to the second starting port 106 and an open state (opened state) that makes it easier to win than the closed state. Control of these states is performed by a solenoid provided in the electric tulip 107.

電動チューリップ107は、第2始動口106の上方に配設されたゲート108を遊技球が通過したことによりおこなわれる普通図柄抽選の抽選結果に基づいて開口する。電動チューリップ107は、電チューサポート機能が付加される遊技状態において、開放時間が長くなり、第2始動口106に遊技球をより導きやすくする。電チューサポート機能が付加される遊技状態は、詳細については後述するが、確変長当たりなど特定の特別遊技(大当たり遊技)の終了後に設定される遊技状態である。   The electric tulip 107 opens based on the lottery result of the normal symbol lottery performed when the game ball passes through the gate 108 disposed above the second starting port 106. The electric tulip 107 has a longer opening time in the gaming state to which the electric chew support function is added, and makes it easier to guide the gaming ball to the second starting port 106. The gaming state to which the electric Chu support function is added will be described later in detail, but is a gaming state set after the end of a specific special game (a jackpot game) such as per probability variation length.

本実施の形態にかかるぱちんこ遊技機100は、通常の遊技状態において遊技者は左打ちをして第1始動口105を狙って遊技する一方、電チューサポート機能が付加される遊技状態や大当たり遊技状態において遊技者は右打ちをして第2始動口106を狙って遊技するタイプの遊技機である。   In the pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment, in a normal gaming state, the player hits the left and aims at the first starting port 105, while the gaming state or jackpot game to which an electric chew support function is added. In this state, the player is a type of gaming machine that makes a right turn and plays with the aim of the second starting port 106.

具体的には、遊技者が左打ちをすると、打ち出された遊技球は、矢印130に示すように遊技領域103の左側を流下する。一方、遊技者が右打ちをすると、打ち出された遊技球は、矢印140に示すように遊技領域103の右側を流下する。なお、右打ちにより第2始動口106に入賞しなかった遊技球は、第2始動口106の下方の固定役物141や、不図示の釘の配置により、第1始動口105へは、ほとんど入賞しないようになっている。   Specifically, when the player strikes left, the launched game ball flows down the left side of the game area 103 as indicated by an arrow 130. On the other hand, when the player hits the right, the launched game ball flows down the right side of the game area 103 as indicated by an arrow 140. It should be noted that game balls that have not won the second starting port 106 by hitting the right side are almost always directed to the first starting port 105 due to the arrangement of a fixed accessory 141 below the second starting port 106 and a nail (not shown). Don't win a prize.

第2始動口106の下方には、大入賞口109が設けられている。大入賞口109は、大当たり遊技状態となったときに開放され、遊技球の入賞により所定個数(例えば15個)の賞球を払い出すための入賞口である。   A big prize opening 109 is provided below the second start opening 106. The big winning opening 109 is a winning opening that is opened when a big hit gaming state is reached and for paying out a predetermined number (for example, 15) of winning balls by winning a game ball.

画像表示部104の側部や下方などには普通入賞口110が配設されている。普通入賞口110は、遊技球の入賞により所定個数(例えば10個)の賞球を払い出すための入賞口である。普通入賞口110は、図示の位置に限らず、遊技領域103内の任意の位置に配設してよい。遊技領域103の最下部には、いずれの入賞口にも入賞しなかった遊技球を回収する回収口111が設けられている。   A normal winning opening 110 is provided on the side of the image display unit 104 or below. The normal winning opening 110 is a winning opening for paying out a predetermined number (for example, 10) of winning balls by winning a game ball. The normal winning opening 110 is not limited to the position shown in the figure, and may be arranged at an arbitrary position in the game area 103. At the bottom of the game area 103, there is provided a collection port 111 for collecting game balls that have not won any winning ports.

遊技盤101の右下部分には、特別図柄が表示される特別図柄表示部112が配置されている。特別図柄表示部112は、第1特別図柄(以下「特図1」という)が表示される特図1表示部と、第2特別図柄(以下「特図2」という)が表示される特図2表示部とを有する。   In the lower right part of the game board 101, a special symbol display unit 112 for displaying special symbols is arranged. The special symbol display unit 112 displays a special symbol 1 display unit for displaying a first special symbol (hereinafter referred to as “special symbol 1”) and a special symbol for displaying a second special symbol (hereinafter referred to as “special symbol 2”). 2 display units.

遊技球が第1始動口105へ入賞すると、特別遊技の判定(以下「当たり判定」という)がおこなわれる。特図1表示部には、特図1が変動表示されるとともに、当たり判定の判定結果を表す図柄にて停止表示される。遊技球が第2始動口106へ入賞すると当たり判定がおこなわれる。特図2表示部には、特図2が変動表示されるとともに、当たり判定の判定結果を表す図柄にて停止表示される。   When the game ball wins the first start opening 105, a special game determination (hereinafter referred to as “hit determination”) is performed. In the special figure 1 display section, special figure 1 is displayed in a variable manner, and is stopped and displayed with a symbol representing the determination result of the hit determination. When the game ball wins the second starting port 106, a winning determination is made. In the special figure 2 display section, the special figure 2 is variably displayed, and is stopped and displayed in a pattern representing the determination result of the hit determination.

また、遊技盤101の右下部分には、普通図柄が表示される普通図柄表示部113が配置されている。普通図柄は、普通図柄抽選の抽選結果を表す図柄である。普通図柄抽選は、上述したように電動チューリップ107を開状態とするか否かの抽選である。例えば、特別図柄表示部112および普通図柄表示部113としては7セグメントディスプレイが用いられる。   In addition, a normal symbol display portion 113 for displaying normal symbols is arranged in the lower right portion of the game board 101. The normal symbol is a symbol representing the lottery result of the normal symbol lottery. The normal symbol lottery is a lottery for determining whether or not to open the electric tulip 107 as described above. For example, a 7-segment display is used as the special symbol display unit 112 and the normal symbol display unit 113.

特別図柄表示部112および普通図柄表示部113の左側には、特別図柄または普通図柄に対する保留球数を表示する保留球表示部114が配置されている。保留球は、特別図柄または普通図柄の変動中に入賞した遊技球を保留記憶情報として記憶されたものである。以下の説明において、第1始動口105への入賞による保留球を特1保留球といい、第2始動口106への入賞による保留球を特2保留球という。   On the left side of the special symbol display unit 112 and the normal symbol display unit 113, a reserved ball display unit 114 that displays the number of reserved balls for the special symbol or the normal symbol is arranged. The reserved ball is a game ball that is won during the change of the special symbol or the normal symbol, and is stored as reserved memory information. In the following description, the reserved ball due to winning at the first starting port 105 is referred to as a special 1 reserved ball, and the reserved ball due to winning at the second starting port 106 is referred to as a special 2 reserved ball.

保留球表示部114としては、例えばLED(Light Emitting Diode)が用いられる。この保留球表示部114としてのLEDは複数配置され、点灯または消灯によって保留球数を表す。なお、保留球は、保留球表示部114のみならず、画像表示部104に表示させるようにしてもよい。   As the holding ball display unit 114, for example, an LED (Light Emitting Diode) is used. A plurality of LEDs serving as the holding ball display unit 114 are arranged, and the number of holding balls is indicated by turning on or off. The reserved ball may be displayed not only on the reserved ball display unit 114 but also on the image display unit 104.

遊技盤101の遊技領域103の外周部分には、枠部材115が設けられている。枠部材115における遊技領域103の上側および下側となる2辺には、演出ライト部(枠ランプ)116が設けられている。演出ライト部116は、それぞれ複数のランプを有する。   A frame member 115 is provided on the outer peripheral portion of the game area 103 of the game board 101. On the two sides of the frame member 115 which are the upper side and the lower side of the game area 103, effect light portions (frame lamps) 116 are provided. The effect light units 116 each have a plurality of lamps.

枠部材115の下部位置には、操作ハンドル117が配置されている。操作ハンドル117は、発射部を駆動させて遊技球を発射させる発射指示部材118を備えている。発射指示部材118は、操作ハンドル117の外周部において、遊技者から見て右回りに回転可能に設けられている。発射部は、発射指示部材118が遊技者によって直接操作されている場合に、遊技球を発射させる。   An operation handle 117 is disposed at a lower position of the frame member 115. The operation handle 117 includes a firing instruction member 118 that drives the launching unit to launch a game ball. The firing instruction member 118 is provided on the outer peripheral portion of the operation handle 117 so as to be rotated clockwise as viewed from the player. The launching unit launches a game ball when the firing instruction member 118 is directly operated by a player.

枠部材115において、遊技領域103の下側となる辺には、遊技者による操作を受け付ける演出ボタン119が設けられている。また、枠部材115において、演出ボタン119の隣には、十字キー120が設けられている。さらに、枠部材115には、音声を出力するスピーカが組み込まれている。   In the frame member 115, an effect button 119 for receiving an operation by the player is provided on the lower side of the game area 103. In the frame member 115, a cross key 120 is provided next to the effect button 119. Furthermore, the frame member 115 incorporates a speaker that outputs sound.

また、図示を省略するが、例えば画像表示部104の周囲などの所定位置には、演出役物が設けられている。この演出役物は、ソレノイドやモータに接続されており、ソレノイドやモータの駆動によって駆動される。   Although illustration is omitted, for example, a director is provided at a predetermined position such as around the image display unit 104. This performance agent is connected to a solenoid or a motor, and is driven by driving of the solenoid or the motor.

ぱちんこ遊技機100において、第1始動口105および第2始動口106の配置位置は、上述した配置位置に限らない。例えば、本実施の形態では、遊技状態に応じて遊技者の打ち方を変更させるようにしているが、これに限らず、遊技状態に応じて遊技者の打ち方を変更させないようにし、具体的には、第1始動口105の直下に第2始動口106を設けた構成としてもよい。   In the pachinko gaming machine 100, the arrangement positions of the first start opening 105 and the second start opening 106 are not limited to the arrangement positions described above. For example, in the present embodiment, the player's hitting method is changed according to the gaming state, but not limited to this, the player's hitting method is not changed according to the gaming state. Alternatively, the second start port 106 may be provided immediately below the first start port 105.

(ぱちんこ遊技機の制御部の内部構成)
次に、図2を用いて、ぱちんこ遊技機100の制御部の内部構成について説明する。図2は、ぱちんこ遊技機100の制御部の内部構成を示すブロック図である。図2に示すように、ぱちんこ遊技機100の制御部200は、遊技の進行を制御する主制御部201と、演出内容を制御する演出制御部202と、賞球の払い出しを制御する賞球制御部203とを備えている。以下にそれぞれの制御部の構成について詳細に説明する。
(Internal configuration of control unit of pachinko machine)
Next, the internal configuration of the control unit of the pachinko gaming machine 100 will be described with reference to FIG. FIG. 2 is a block diagram showing an internal configuration of the control unit of the pachinko gaming machine 100. As shown in FIG. As shown in FIG. 2, the control unit 200 of the pachinko gaming machine 100 includes a main control unit 201 that controls the progress of the game, an effect control unit 202 that controls the contents of the effect, and a prize ball control that controls the payout of prize balls. Part 203. The configuration of each control unit will be described in detail below.

(1.主制御部)
主制御部201は、CPU(Central Processing Unit)211と、ROM(Read Only Memory)212と、RAM(Random Access Memory)213と、不図示の入出力インターフェース(I/O)などを備えて構成される。
(1. Main control unit)
The main control unit 201 includes a CPU (Central Processing Unit) 211, a ROM (Read Only Memory) 212, a RAM (Random Access Memory) 213, an input / output interface (I / O) (not shown), and the like. The

主制御部201は、CPU211がRAM213をワークエリアとして使用しながら、ROM212に記憶された各種プログラムを実行することによって、ぱちんこ遊技機100の遊技の進行を制御するように機能する。具体的には、主制御部201は、当たり判定、普通図柄判定、遊技状態の設定などをおこない、遊技の進行を制御する。主制御部201は、主制御基板によって実現される。   The main control unit 201 functions to control the progress of the game of the pachinko gaming machine 100 by executing various programs stored in the ROM 212 while the CPU 211 uses the RAM 213 as a work area. Specifically, the main control unit 201 performs a hit determination, a normal symbol determination, a game state setting, and the like, and controls the progress of the game. The main control unit 201 is realized by a main control board.

CPU211は、予めROM212に記憶された各種プログラムに基づき、遊技内容の進行に伴う基本処理を実行する。ROM212には、保留記憶プログラム、大当たり判定プログラム、変動パターン選択プログラム、特図変動プログラム、事前判定プログラム、大入賞口制御プログラム、遊技状態設定プログラム、などが記憶されている。   The CPU 211 executes basic processing as the game content progresses based on various programs stored in the ROM 212 in advance. The ROM 212 stores an on-hold storage program, a jackpot determination program, a variation pattern selection program, a special figure variation program, a prior determination program, a big prize opening control program, a game state setting program, and the like.

保留記憶プログラムは、第1始動口SW221によって検出された遊技球を特1保留球として記憶するとともに、第2始動口SW222によって検出された遊技球を特2保留球として記憶するプログラムである。大当たり判定プログラムは、特1保留球および特2保留球に対する特別遊技の判定である大当たり判定をおこなうプログラムである。   The hold storage program is a program for storing the game ball detected by the first start port SW221 as a special 1 hold ball and storing the game ball detected by the second start port SW222 as a special 2 hold ball. The jackpot determination program is a program that performs a jackpot determination that is a determination of a special game for the special 1 holding ball and the special 2 holding ball.

大当たりには、大入賞口109の開放時間が長く獲得出玉の多い長当たりと、大入賞口109の開放時間が短く獲得出玉が少ない短当たりとがある。特2保留球に対する当たり判定では、特1保留球に対する当たり判定よりも、遊技者にとって有利な長当たりに当選しやすくなっている。   There are two types of jackpots: a long hit with a long opening time of the big winning opening 109 and a long hit with a lot of earned balls, and a short hit with a short opening time of the big winning opening 109 with a small number of winning balls. In the hit determination for the special 2 reserved ball, it is easier to win the long win that is advantageous to the player than the hit determination for the special 1 reserved ball.

変動パターン選択プログラムは、当たり判定結果に応じて、特別図柄の変動開始から変動停止までの変動態様を示した変動パターンを選択するプログラムである。特図変動プログラムは、変動パターン選択プログラムが実行されることによって選択された変動パターンを用いて特別図柄を変動停止させるプログラムである。事前判定プログラムは、特別図柄の変動が開始される前に、特1保留球および特2保留球に対する当たり判定や変動パターンの判定を事前におこなうプログラムである。   The variation pattern selection program is a program that selects a variation pattern indicating a variation mode from the variation start to the variation stop of the special symbol according to the hit determination result. The special figure variation program is a program that stops the variation of the special symbol using the variation pattern selected by executing the variation pattern selection program. The pre-determination program is a program for performing a hit determination and a change pattern determination for the special 1 reserved sphere and the special 2 reserved sphere in advance before the change of the special symbol is started.

大入賞口制御プログラムは、当たり時に、短当たりまたは長当たりに応じた所定の開放時間を1ラウンドとして、例えば15ラウンド、大入賞口109を開放させるプログラムである。長当たりは、1ラウンド毎の大入賞口109の開放時間を、例えば30秒とし、所定ラウンド数(例えば15ラウンド)大入賞口109を開放させることにより、遊技者に多数の出玉を獲得させる大当たりである。短当たりは、1ラウンド毎の大入賞口109の開放時間を、例えば30秒とし、所定ラウンド数(例えば2ラウンド)大入賞口109を開放させる、出玉の少ない大当たりである。   The big prize opening control program is a program for opening the big prize opening 109, for example, for 15 rounds with a predetermined opening time corresponding to short win or long win as one round. In the long win, the opening time of the big winning opening 109 for each round is set to 30 seconds, for example, and a predetermined number of rounds (for example, 15 rounds) are opened to allow the player to acquire a large number of balls. It is a jackpot. The short win is a big hit with a small number of balls, in which the opening time of the big winning opening 109 for each round is 30 seconds, for example, and the large winning opening 109 is opened for a predetermined number of rounds (for example, two rounds).

遊技状態設定プログラムは、当たりの種類に応じて、当たり終了後の遊技状態を、低確率遊技状態または高確率遊技状態に設定するとともに、電チューサポート機能が付加される遊技状態(以下「電サポ遊技状態」という)、または電チューサポート機能が付加されない遊技状態(以下「非電サポ遊技状態」という)を設定するプログラムである。電チューサポート機能は、普通図柄の変動時間を短くするとともに、電動チューリップ107の開放時間を長くする機能である。電サポ遊技状態では右打ちによって遊技がおこなわれ、非電サポ遊技状態では左打ちによって遊技がおこなわれる。   The gaming state setting program sets the gaming state after the winning is set to a low probability gaming state or a high probability gaming state according to the type of winning, and a gaming state to which an electric support function is added (hereinafter referred to as “electric support”). This is a program for setting a gaming state (hereinafter referred to as “non-electric support game state”) to which no electric chew support function is added. The electric chew support function is a function of shortening the normal symbol variation time and lengthening the opening time of the electric tulip 107. In the electric support game state, the game is played by right-handed, and in the non-electric support game state, the game is played by left-handed.

低確率遊技状態は、大当たりが発生しにくい遊技状態である。高確率遊技状態は、低確率遊技状態に比べて、10倍程度大当たりが発生しやすい遊技状態である。ここで、大当たり、および大当たり後の遊技状態について、具体例を挙げて説明しておく。大当たりには、確変長当たりと、通常長当たりと、高確短当たりとがある。確変長当たりに当選すると、大当たり終了後に、電チューサポート機能が付加される高確率の電サポ遊技状態(以下「確変遊技状態」という)に移行する。   The low probability gaming state is a gaming state in which a big hit is unlikely to occur. The high probability gaming state is a gaming state in which a jackpot is likely to occur about 10 times as compared to the low probability gaming state. Here, the jackpot and the gaming state after the jackpot will be described with specific examples. The jackpots include per-probability length, normal per-length, and high-probability per hit. When winning per probability variation length, after the jackpot ends, the game shifts to a high probability electric support game state (hereinafter referred to as “probability variation game state”) to which an electric chew support function is added.

通常長当たりに当選すると、大当たり終了後に、電チューサポート機能が付加される低確率の電サポ遊技状態(以下「時短遊技状態」という)に移行する。高確短当たりに当選すると、電チューサポート機能が付加されない高確率の非電サポ遊技状態(以下「高確非時短遊技状態」という)に移行する。   When winning a normal long win, after the jackpot ends, the game shifts to a low-probability electric support game state (hereinafter referred to as “time-short game state”) to which an electric chew support function is added. When winning with high accuracy and short wins, a transition is made to a high probability non-electric support game state (hereinafter referred to as “high accuracy non-short game state”) to which the electric chew support function is not added.

また、主制御部201には、遊技球を検出する各種スイッチ(SW)、大入賞口109などの電動役物を開閉動作させるためのソレノイド、上記の特図1表示部112a、特図2表示部112b、普通図柄表示部113、保留球表示部114などが接続される。   In addition, the main control unit 201 includes various switches (SW) for detecting a game ball, a solenoid for opening and closing an electric accessory such as a special prize opening 109, the above-described special figure 1 display unit 112a, and special figure 2 display. The unit 112b, the normal symbol display unit 113, the reserved ball display unit 114, and the like are connected.

具体的に、上記の各種SWとしては、第1始動口105へ入賞した遊技球を検出する第1始動口SW221と、第2始動口106へ入賞した遊技球を検出する第2始動口SW222と、ゲート108を通過した遊技球を検出するゲートSW223と、大入賞口109へ入賞した遊技球を検出する大入賞口SW224と、普通入賞口110へ入賞した遊技球を検出する普通入賞口SW225とが主制御部201に接続される。   Specifically, the various SWs described above include a first start port SW221 that detects a game ball won in the first start port 105, and a second start port SW222 that detects a game ball won in the second start port 106. , A gate SW 223 that detects a game ball that has passed through the gate 108, a big winning opening SW 224 that detects a gaming ball that has won a prize winning opening 109, and a normal winning opening SW 225 that detects a gaming ball that has won a winning prize 110 Is connected to the main control unit 201.

それぞれのSW(221〜225)による検出結果は主制御部201へ入力される。これらのSWには、近接スイッチなどが用いられる。なお、普通入賞口SW225は、普通入賞口110の配置位置別に複数個設けてもよい。   The detection results by the respective SWs (221 to 225) are input to the main control unit 201. A proximity switch or the like is used for these SWs. It should be noted that a plurality of the normal winning opening SW225 may be provided for each arrangement position of the normal winning opening 110.

また、上記のソレノイドとしては、電動チューリップ107を開閉動作させる電動チューリップソレノイド231と、大入賞口109を開閉動作させる大入賞口ソレノイド232とが主制御部201に接続される。主制御部201は、それぞれのソレノイド(231,232)に対する駆動を制御する。   Further, as the solenoid, an electric tulip solenoid 231 that opens and closes the electric tulip 107 and a big prize opening solenoid 232 that opens and closes the big prize opening 109 are connected to the main control unit 201. The main control unit 201 controls driving of the solenoids (231 and 232).

さらに、主制御部201は、演出制御部202および賞球制御部203にも接続され、それぞれの制御部に対して各種コマンドを出力する。例えば、主制御部201は、演出制御部202に対しては変動開始コマンド、変動停止コマンドなどのコマンドを出力する。また、主制御部201は、賞球制御部203に対しては賞球コマンドを出力する。賞球コマンドには、払い出させる賞球の個数を示す情報などが含まれている。   Further, the main control unit 201 is also connected to the effect control unit 202 and the prize ball control unit 203, and outputs various commands to the respective control units. For example, the main control unit 201 outputs commands such as a change start command and a change stop command to the effect control unit 202. Further, the main control unit 201 outputs a prize ball command to the prize ball control unit 203. The prize ball command includes information indicating the number of prize balls to be paid out.

(2.演出制御部)
演出制御部202は、演出統括部202aと、画像・音声制御部202bと、ランプ制御部202cとによって構成され、ぱちんこ遊技機100の演出内容を制御する機能を有する。演出統括部202aは、主制御部201から受信した各種コマンドに基づいて演出制御部202全体を統括する機能を有している。画像・音声制御部202bは、演出統括部202aからの指示内容に基づいて画像および音声の制御をおこなう機能を有している。また、ランプ制御部202cは、遊技盤101および枠部材115などに設けられたランプの点灯を制御する機能を有している。
(2. Production control unit)
The effect control unit 202 includes an effect control unit 202a, an image / sound control unit 202b, and a lamp control unit 202c, and has a function of controlling the effect contents of the pachinko gaming machine 100. The effect control unit 202a has a function of controlling the entire effect control unit 202 based on various commands received from the main control unit 201. The image / sound control unit 202b has a function of controlling the image and sound based on the instruction content from the production control unit 202a. The lamp controller 202c has a function of controlling lighting of lamps provided on the game board 101, the frame member 115, and the like.

(2−1.演出統括部)
まず、演出統括部202aの構成について説明する。演出統括部202aは、CPU241と、ROM242と、RAM243と、リアルタイムクロック(以下「RTC」という)244と、不図示の入出力インターフェース(I/O)などを備えて構成される。
(2-1. Director of Production)
First, the configuration of the production control unit 202a will be described. The production control unit 202a includes a CPU 241, a ROM 242, a RAM 243, a real-time clock (hereinafter referred to as "RTC") 244, an input / output interface (I / O) (not shown), and the like.

CPU241は、予めROM242に記憶された各種プログラムに基づき、演出内容を決定する処理を実行する。ROM242には、CPU241が上記の処理を実行するために必要となる各種プログラムが記憶されている。RAM243は、CPU241のワークエリアとして機能する。CPU241が各種プログラムを実行することによりRAM243にセットされたデータは、所定のタイミングにて画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに対して出力される。   CPU241 performs the process which determines the content of production based on the various programs previously memorize | stored in ROM242. The ROM 242 stores various programs necessary for the CPU 241 to execute the above processing. The RAM 243 functions as a work area for the CPU 241. The data set in the RAM 243 when the CPU 241 executes various programs is output to the image / sound controller 202b and the lamp controller 202c at a predetermined timing.

演出統括部202aは、CPU241がRAM243をワークエリアとして使用しながら、ROM242に記憶された、演出統括プログラム、連続演出決定プログラム、連続演出実行プログラム、煽りガセ演出プログラム、予兆演出プログラムなどを実行することによって、演出制御部202全体を統括するように機能する。   The production supervision unit 202a executes the production supervision program, the continuous production determination program, the continuous production execution program, the fly production effect program, the sign production program, and the like stored in the ROM 242 while the CPU 241 uses the RAM 243 as a work area. Thus, the overall function of the effect control unit 202 is controlled.

演出統括プログラムは、特別図柄の変動に対応させて、演出図柄を用いたリーチ演出などの変動演出を実行するプログラムである。リーチ演出とは、例えば3つの演出図柄を用いた場合、有効ライン上に同一または関連性のある演出図柄を2つ揃えた後に、最後の演出図柄のみを変動させて、大当たりに対する期待感を高める演出である。また、リーチ演出には、通常のリーチ演出よりもさらに大当たりへの期待度の高いスーパーリーチも含まれる。連続演出決定プログラムは、主制御部201の事前判定結果に基づいて、記憶されている保留球が、大当たりに対する期待度の高い高期待度の連続演出(以下「高期待度連続演出」という)、または、高期待度連続演出よりも期待度の低い低期待度の連続演出(以下「低期待度連続演出」という)のうち、いずれか一方をおこなうか否かを判定するプログラムである。   The production supervision program is a program that executes a variation production such as a reach production using the production symbol in correspondence with the variation of the special symbol. For example, when using 3 productions, after making 2 productions that are the same or related on the active line, only the last production is changed to increase the expectation for the jackpot Production. In addition, the reach production includes super reach that has a higher expectation of jackpot than the normal reach production. The continuous production determination program is based on the preliminary determination result of the main control unit 201, and the stored reserved ball has a high expectation degree with a high degree of expectation for the jackpot (hereinafter referred to as “high expectation degree continuous production”), Alternatively, it is a program for determining whether or not to perform one of the low-expected degree continuous effects (hereinafter referred to as “low-expected degree continuous effects”) that is lower than the high-expected degree continuous effects.

連続演出実行プログラムは、高期待度連続演出をおこなう場合、示唆演出である高煽り演出と所定の高ゾーン演出とからなる高期待度連続演出をおこなうとともに、低期待度連続演出をおこなう場合、示唆演出である低煽り演出と所定の低ゾーン演出とからなる低期待度連続演出をおこなうプログラムである。   The continuous production execution program performs the high expectation continuous production consisting of the high-risk production that is the suggestive production and the predetermined high zone production when performing the high expectation continuous production, and suggests that the low expectation continuous production is performed. This is a program that performs a low expectation level continuous production consisting of a low-brightness production and a predetermined low zone production.

煽りガセ演出プログラムは、高ゾーン演出に発展することを示唆するものの高ゾーン演出に発展しない示唆演出(高煽りガセ演出)、または、低ゾーン演出に発展することを示唆するものの低ゾーン演出に発展しない示唆演出(低煽りガセ演出)を、所定の確率を用いて実行するプログラムである。予兆演出プログラムは、記憶されている保留球に対して大当たりに移行することを示唆する予兆保留表示をおこなうプログラムである。   The high-rise production program suggests that it will develop into a high-zone production but does not develop into a high-zone production (high-production production), or a low-zone production that suggests development into a low-zone production This is a program that executes a suggestion effect not to be performed (low-drilling gasse effect) with a predetermined probability. The sign production program is a program that displays a sign hold display that suggests that the stored ball is shifted to a jackpot.

RTC244は、実時間を計時出力する。RTC244は、ぱちんこ遊技機100の電源が遮断されているときもバックアップ電源(不図示)により計時動作を継続する。また、演出統括部202aには、演出ボタン119が接続されており、遊技者から演出ボタン119が操作(押下)された旨を示すデータが入力される。また、演出統括部202aには、十字キー120が接続されており、遊技者によって選択されたキーに対応するデータが入力される。   The RTC 244 counts and outputs real time. The RTC 244 continues timing operation by a backup power source (not shown) even when the power of the pachinko gaming machine 100 is cut off. In addition, an effect button 119 is connected to the effect control unit 202a, and data indicating that the effect button 119 has been operated (pressed) from the player is input. In addition, a cross key 120 is connected to the production control unit 202a, and data corresponding to the key selected by the player is input.

(2−2.画像・音声制御部)
次に、画像・音声制御部202bの構成について説明する。画像・音声制御部202bは、CPU251と、ROM252と、RAM253と、不図示の入出力インターフェース(I/O)などを備えて構成される。
(2-2. Image / Audio Control Unit)
Next, the configuration of the image / sound controller 202b will be described. The image / sound control unit 202b includes a CPU 251, a ROM 252, a RAM 253, an input / output interface (I / O) (not shown), and the like.

CPU251は、画像や音声の生成および出力処理を実行する。ROM252には、画像や音声の生成および出力処理のためのプログラムや、背景画像・図柄画像・キャラクタ画像・予告画像など各種画像データや各種音声データなどが記憶されている。RAM253は、CPU251のワークエリアとして機能し、画像表示部104に表示させる画像データやスピーカ254から出力させる音声データが一時的に格納される。   The CPU 251 executes image and sound generation and output processing. The ROM 252 stores programs for generating and outputting images and sounds, various image data such as background images, design images, character images, and warning images, various sound data, and the like. The RAM 253 functions as a work area for the CPU 251 and temporarily stores image data to be displayed on the image display unit 104 and audio data to be output from the speaker 254.

すなわち、画像・音声制御部202bは、CPU251がRAM253をワークエリアとして使用しながら、ROM252に記憶された各種プログラムを実行することによって、演出統括部202aからの指示に基づいて画像および音声の制御をおこなうように機能する。   That is, the image / sound control unit 202b executes image and sound control based on an instruction from the production control unit 202a by executing various programs stored in the ROM 252 while the CPU 251 uses the RAM 253 as a work area. Works like doing.

例えば、CPU251は、演出統括部202aから指示された指示内容に基づいて、背景画像表示処理、演出図柄変動/停止表示処理、キャラクタ画像表示処理、予兆保留表示処理など各種画像処理と音声処理を実行する。このときには、CPU251は、処理に必要な画像データおよび音声データをROM252から読み出してRAM253に書き込む。   For example, the CPU 251 executes various image processing and audio processing such as background image display processing, effect design variation / stop display processing, character image display processing, and sign hold display processing based on the instruction content instructed from the effect supervising unit 202a. To do. At this time, the CPU 251 reads image data and audio data necessary for processing from the ROM 252 and writes them in the RAM 253.

RAM253に書き込まれた背景画像や演出図柄画像などの画像データは、画像・音声制御部202bに接続された画像表示部104に対して出力され、画像表示部104の表示画面上において重畳表示される。すなわち、演出図柄画像は、背景画像よりも手前に見えるように表示される。なお、同一位置に背景画像と図柄画像が重なる場合などには、Zバッファ法など周知の陰面消去法により各画像データのZバッファのZ値を参照することで、図柄画像を優先してRAM253に記憶させる。   Image data such as background images and effect design images written in the RAM 253 is output to the image display unit 104 connected to the image / sound control unit 202b, and is superimposed on the display screen of the image display unit 104. . That is, the effect design image is displayed so as to be seen in front of the background image. When the background image and the design image overlap at the same position, the design image is preferentially stored in the RAM 253 by referring to the Z value of the Z buffer of each image data by a known hidden surface removal method such as the Z buffer method. Remember.

また、RAM253に書き込まれた音声データは、画像・音声制御部202bに接続されたスピーカ254に対して出力され、音声データに基づく音声がスピーカ254から出力される。   The audio data written in the RAM 253 is output to the speaker 254 connected to the image / audio control unit 202b, and audio based on the audio data is output from the speaker 254.

(2−3.ランプ制御部)
次に、ランプ制御部202cの構成について説明する。ランプ制御部202cは、CPU261と、ROM262と、RAM263と、不図示の入出力インターフェース(I/O)などを備えて構成される。CPU261は、ランプを点灯させる処理などを実行する。ROM262には、各種プログラム、当該処理に必要となるランプ点灯に用いる制御データなどが記憶されている。RAM263は、CPU261のワークエリアとして機能する。
(2-3. Lamp control unit)
Next, the configuration of the lamp control unit 202c will be described. The lamp control unit 202c includes a CPU 261, a ROM 262, a RAM 263, an input / output interface (I / O) (not shown), and the like. The CPU 261 executes processing for turning on the lamp and the like. The ROM 262 stores various programs, control data used for lamp lighting necessary for the processing, and the like. The RAM 263 functions as a work area for the CPU 261.

ランプ制御部202cは、演出ライト部(枠ランプ)116と、盤ランプ264と、演出役物265と、に接続され、点灯制御するデータや動作制御するデータを出力する。これにより、ランプ制御部202cは、遊技盤101および枠部材115などに設けられたランプの点灯、演出役物265の動作を制御するように機能する。   The lamp control unit 202c is connected to the effect light unit (frame lamp) 116, the panel lamp 264, and the effect agent 265, and outputs data for lighting control and data for operation control. Thereby, the lamp control unit 202c functions to control the lighting of the lamps provided on the game board 101, the frame member 115, and the like, and the operation of the effect actor 265.

演出制御部202は、演出統括部202aと、画像・音声制御部202bと、ランプ制御部202cとを用いて、それぞれ異なる基板によって構成されるものとしたが、これらは同じプリント基板上に組み込んで構成されるものとしてもよい。ただし、同じプリント基板上に組み込まれた場合であっても、それぞれの機能は独立しているものとする。   The production control unit 202 is composed of different boards using the production control unit 202a, the image / sound control unit 202b, and the lamp control unit 202c, but these are incorporated on the same printed board. It may be configured. However, even when they are incorporated on the same printed circuit board, their functions are assumed to be independent.

(3.賞球制御部)
次に、賞球制御部203の構成について説明する。賞球制御部203は、CPU281と、ROM282と、RAM283と、不図示の入出力インターフェース(I/O)などを備えて構成される。CPU281は、払い出す賞球を制御する賞球制御処理を実行する。ROM282には、当該処理に必要となるプログラムなどが記憶されている。RAM283は、CPU281のワークエリアとして機能する。
(3. Prize ball control unit)
Next, the configuration of the winning ball control unit 203 will be described. The prize ball control unit 203 includes a CPU 281, a ROM 282, a RAM 283, an input / output interface (I / O) (not shown), and the like. The CPU 281 executes a prize ball control process for controlling a prize ball to be paid out. The ROM 282 stores a program necessary for the processing. The RAM 283 functions as a work area for the CPU 281.

また、賞球制御部203は、払出部(払出駆動モータ)291と、発射部292と、定位置検出SW293と、払出球検出SW294と、球有り検出SW295と、満タン検出SW296と接続される。   The prize ball control unit 203 is connected to a payout unit (payout drive motor) 291, a launch unit 292, a fixed position detection SW 293, a payout ball detection SW 294, a ball presence detection SW 295, and a full tank detection SW 296. .

賞球制御部203は、払出部291に対して入賞時の賞球数を払い出す制御をおこなう。払出部291は、遊技球の貯留部から所定数を払い出すためのモータからなる。具体的には、賞球制御部203は、払出部291に対して各入賞口(第1始動口105、第2始動口106、大入賞口109、普通入賞口110)に入賞した遊技球に対応した賞球数を払い出す制御をおこなう。   The prize ball control unit 203 controls the payout unit 291 to pay out the number of prize balls at the time of winning. The payout unit 291 includes a motor for paying out a predetermined number from the game ball storage unit. Specifically, the winning ball control unit 203 receives the winning game balls that have won the winning units 291 (the first starting port 105, the second starting port 106, the big winning port 109, the normal winning port 110) with respect to the payout unit 291. Control to pay out the corresponding number of prize balls.

また、賞球制御部203は、発射部292に対する遊技球の発射の操作を検出して遊技球の発射を制御する。発射部292は、遊技のための遊技球を発射するものであり、遊技者による遊技操作を検出するセンサと、遊技球を発射させるソレノイド等を備える。賞球制御部203は、発射部292のセンサにより遊技操作を検出すると、検出された遊技操作に対応してソレノイド等を駆動させて遊技球を間欠的に発射させ、遊技盤101の遊技領域103に遊技球を送り出す。   In addition, the prize ball control unit 203 detects the operation of launching the game ball with respect to the launch unit 292 and controls the launch of the game ball. The launcher 292 launches a game ball for a game, and includes a sensor that detects a game operation by the player, a solenoid that launches the game ball, and the like. When the prize ball control unit 203 detects a game operation by the sensor of the launch unit 292, the prize ball control unit 203 intermittently fires a game ball by driving a solenoid or the like in response to the detected game operation, thereby playing the game area 103 of the game board 101. A game ball is sent out.

また、この賞球制御部203には、払い出す遊技球の状態を検出する各所の検出部が接続され、賞球のための払い出し状態を検出する。これらの検出部としては、定位置検出SW293、払出球検出SW294、球有り検出SW295、満タン検出SW296等がある。例えば、賞球制御部203は、賞球制御基板によってその機能を実現する。   The prize ball control unit 203 is connected to various detection units for detecting the state of the game ball to be paid out, and detects the payout state for the prize ball. These detection units include a fixed position detection SW293, a payout ball detection SW294, a ball presence detection SW295, a full tank detection SW296, and the like. For example, the prize ball control unit 203 realizes its function by a prize ball control board.

また、主制御部201には、盤用外部情報端子基板297が接続されており、主制御部201が実行処理した各種情報を外部に出力することができる。賞球制御部203についても、枠用外部情報端子基板298が接続されており、賞球制御部203が実行処理した各種情報を外部に出力することができる。   Further, a board external information terminal board 297 is connected to the main control unit 201, and various information executed by the main control unit 201 can be output to the outside. The prize ball control unit 203 is also connected to the frame external information terminal board 298, and can output various information executed by the prize ball control unit 203 to the outside.

上記構成の主制御部201と、演出制御部202と、賞球制御部203は、それぞれ異なるプリント基板(主制御基板、演出制御基板、賞球制御基板)に設けられるが、これに限らず、例えば、賞球制御部203は、主制御部201と同一のプリント基板上に設けることもできる。   The main control unit 201, the effect control unit 202, and the prize ball control unit 203 having the above-described configuration are provided on different printed boards (main control board, effect control board, and prize ball control board). For example, the prize ball control unit 203 can be provided on the same printed circuit board as the main control unit 201.

(連続演出の一例)
次に、図3−1〜図3−4を用いて、連続演出の一例について説明する。図3−1は、高期待度連続演出の一例を示す説明図である。図3−1において、(1)および(2)は、高期待度連続演出の示唆演出である高煽り演出を示している。また、(3)は、高期待度連続演出の後段におこなわれる高ゾーン演出を示している。
(Example of continuous production)
Next, an example of a continuous effect will be described with reference to FIGS. FIG. 3A is an explanatory diagram of an example of a high expectation degree continuous effect. In FIG. 3A, (1) and (2) show a high-impact effect that is an suggestive effect of a high expectation degree continuous effect. Also, (3) shows a high zone effect performed after the high expectation level continuous effect.

(1)において、画像表示部104には、保留表示300(300a,300b,300c)が表示出力されている。保留表示300のうち、予兆保留表示300cは、事前判定によって、大当たりに対する期待度の高い保留球が記憶されていることを示している。予兆保留表示300cを除く他の保留表示300a,300bは、通常の保留表示となっている。このような予兆保留表示300cがおこなわれると、遊技者は、予兆保留表示300cの変動で大当たりを期待するとともに、予兆保留表示300cが消化(変動)される前の変動から、例えば、高期待度連続演出が実行されることを期待する。   In (1), the hold display 300 (300a, 300b, 300c) is displayed and output on the image display unit 104. Of the hold display 300, the sign hold display 300c indicates that a hold ball with a high degree of expectation for the jackpot is stored in advance. The other hold displays 300a and 300b other than the sign hold display 300c are normal hold displays. When such a sign hold display 300c is performed, the player expects a big hit by a change in the sign hold display 300c, and from a change before the sign hold display 300c is consumed (changed), for example, a high expectation degree We expect that a continuous production will be performed.

(1)において、画像表示部104には、左演出図柄Ez1、中演出図柄Ez2、右演出図柄Ez3が表示されている。各演出図柄Ez1〜Ez3は、左演出図柄Ez1、右演出図柄Ez3、中演出図柄Ez2、の順で停止するようになっており、左演出図柄Ez1および右演出図柄Ez3が有効ラインL上に、高ゾーン演出に突入することを示唆するチャンス目(「風」、「火」)で停止している。   In (1), a left effect symbol Ez1, a middle effect symbol Ez2, and a right effect symbol Ez3 are displayed on the image display unit 104. Each effect symbol Ez1 to Ez3 stops in the order of left effect symbol Ez1, right effect symbol Ez3, middle effect symbol Ez2, and left effect symbol Ez1 and right effect symbol Ez3 are on effective line L. It stops at the opportunity ("wind", "fire") that suggests entering the high zone production.

(2)のように、中演出図柄Ez2がチャンス目(「林」)で停止すると、チャンス目(「風」、「林」、「火」)が成立し、すなわち、高煽り演出が成立する。この後、(3)のように、保留表示300aの変動時に、高ゾーン演出に突入することとなる。このようにして、高煽り演出が成立して、高ゾーン演出に突入する。保留表示300bの変動では、高ゾーン演出中のハズレ演出がおこなわれ、予兆保留表示300cの変動では、大当たりへの期待度の高いスーパーリーチの演出がおこなわれる。   As shown in (2), when the medium performance symbol Ez2 stops at the chance (“Hayashi”), the chance (“Wind”, “Hayashi”, “Fire”) is established, that is, the high pitched production is established. . Thereafter, as shown in (3), the high zone effect is entered when the hold display 300a changes. In this way, a high-striking effect is established and a high-zone effect is entered. In the change of the hold display 300b, the loss effect during the high zone effect is performed, and in the change of the predictive hold display 300c, the super reach effect with a high expectation for the big hit is performed.

なお、図3−1では、保留表示300aの変動時に高ゾーン演出に突入する場合を示しているが、このほかにも、保留表示300aの変動で(1)および(2)の変動演出をおこなった後に保留表示300bの変動から、高ゾーン演出に突入する場合もある。図3−1に示した高期待度連続演出は、遊技者が最も高揚する演出の一つとなっている。   FIG. 3A shows a case where the high zone effect is entered when the hold display 300a changes, but in addition to this, the change effect (1) and (2) is performed by the change of the hold display 300a. In some cases, the high zone effect may be entered due to fluctuations in the hold display 300b. The high expectation level continuous effect shown in FIG. 3A is one of the effects that the player is most uplifted.

図3−2は、高期待度連続演出とはならない煽りガセ演出の一例を示す説明図である。図3−2において、(1)および(2)は、高ゾーン演出に発展することを示唆するものの高ゾーン演出に発展しない示唆演出である高煽りガセ演出(以下「高ガセ演出」という)を示している。   FIG. 3-2 is an explanatory diagram of an example of a squeaky gaze effect that is not a high expectation degree continuous effect. In FIG. 3-2, (1) and (2) indicate a high-risk gaze effect (hereinafter referred to as a “high-gase effect”) that is a suggestive effect that does not develop into a high-zone effect, although it suggests that it develops into a high-zone effect. Show.

(1)において、左演出図柄Ez1および右演出図柄Ez3は、有効ラインL上に、高ゾーン演出に突入することを示唆するチャンス目(「風」、「火」)で停止している。(1)では、遊技者は、中演出図柄Ez2がチャンス目で停止することを期待する。ところが、高ガセ演出では、(2)のように、中演出図柄Ez2がチャンス目で停止せず、高煽り演出が不成立となる。この後、高ゾーン演出に突入せず、次の変動演出に移行する。このようにして、高ガセ演出がおこなわれる。図3−2に示した高ガセ演出は、予兆保留表示300cがおこなわれていることから、一時的に遊技者の期待感を高めることができる演出である。   In (1), the left effect symbol Ez1 and the right effect symbol Ez3 are stopped on the effective line L at the chance point ("wind", "fire") that suggests entering the high zone effect. In (1), the player expects the medium performance symbol Ez2 to stop at the chance. However, in the high-gase effect, as shown in (2), the medium effect symbol Ez2 does not stop at the chance and the high-impact effect is not established. Thereafter, the high zone effect is not entered, and the next change effect is entered. In this way, a high-gase production is performed. The high-gase effect shown in FIG. 3-2 is an effect that can temporarily increase the player's expectation because the sign hold display 300c is performed.

図3−3は、低期待度連続演出の一例を示す説明図である。図3−3において、(1)および(2)は、低期待度連続演出の示唆演出である低煽り演出を示している。また、(3)は、低期待度連続演出の後段におこなわれる低ゾーン演出を示している。   FIG. 3C is an explanatory diagram of an example of the low expectation degree continuous effect. In FIG. 3C, (1) and (2) show a low-brightness effect that is a suggestion effect of a low expectation degree continuous effect. Further, (3) shows a low zone effect performed after the low expectation level continuous effect.

(1)において、予兆保留表示300cがおこなわれており、遊技者は、予兆保留表示300cの変動で大当たりを期待するとともに、予兆保留表示300cが消化(変動)される前の変動から、高期待度連続演出が実行されることを期待することとなる。   In (1), the sign hold display 300c is displayed, and the player expects a big hit by the change in the sign hold display 300c, and the high expectation from the change before the sign hold display 300c is consumed (changed). It will be expected that continuous production will be executed once every time.

(1)において、画像表示部104には、左演出図柄Ez1、中演出図柄Ez2、右演出図柄Ez3が表示されている。各演出図柄Ez1〜Ez3は、左演出図柄Ez1、右演出図柄Ez3、中演出図柄Ez2、の順で停止するようになっており、左演出図柄Ez1および右演出図柄Ez3が有効ラインL上に、低ゾーン演出に突入することを示唆するチャンス目(「1」、「5」)で停止している。この時点で、高期待度連続演出(図3−1参照)に発展しないことが判明するため、遊技者にとっては、予兆保留表示300cによって期待感が高まった分、期待感が低くなる。   In (1), a left effect symbol Ez1, a middle effect symbol Ez2, and a right effect symbol Ez3 are displayed on the image display unit 104. Each effect symbol Ez1 to Ez3 stops in the order of left effect symbol Ez1, right effect symbol Ez3, middle effect symbol Ez2, and left effect symbol Ez1 and right effect symbol Ez3 are on effective line L. It stops at the chance ("1", "5") that suggests entering the low zone production. At this point in time, it turns out that the high-expected degree of continuous production (see FIG. 3-1) does not develop, so the player's expectation is lowered by the amount of the expectation that is increased by the sign hold display 300c.

そして、(2)のように、中演出図柄Ez2がチャンス目(「3」)で停止すると、チャンス目(「1」、「3」、「5」)が成立し、すなわち、低煽り演出が成立する。この後、(3)のように、保留表示300aの変動時に、低ゾーン演出に突入することとなる。このようにして、低煽り演出が成立して、低ゾーン演出に突入する。保留表示300bの変動では、低ゾーン演出中のハズレ演出がおこなわれ、予兆保留表示300cの変動では、大当たりへの期待度の高いスーパーリーチの演出がおこなわれる。   Then, as shown in (2), when the medium performance symbol Ez2 stops at the chance ("3"), the chance ("1", "3", "5") is established, that is, the low-browsing effect is achieved. To establish. Thereafter, as shown in (3), the low zone effect is entered when the hold display 300a changes. In this way, the low-brightness effect is established and the low-zone effect is entered. In the change of the hold display 300b, the loss effect during the low zone effect is performed, and in the change of the predictive hold display 300c, the super reach effect with a high expectation for the big hit is performed.

なお、図3−3では、保留表示300aの変動時に低ゾーン演出に突入する場合を示しているが、このほかにも、保留表示300aの変動で(1)および(2)の変動演出をおこなった後に保留表示300bの変動から、低ゾーン演出に突入する場合もある。図3−3に示した低期待度連続演出は、予兆保留表示300cによって遊技者の期待感が高まった分、高期待度連続演出(図3−1参照)に比べて遊技者にとっては期待度の低い演出となる。   In addition, although FIG. 3-3 shows the case where the low zone effect is entered when the hold display 300a changes, the change effects (1) and (2) are also performed by the change of the hold display 300a. After that, the low zone effect may be entered due to the change in the hold display 300b. The low expectation level continuous effect shown in FIG. 3C is the expectation level for the player as compared to the high expectation level continuous effect (see FIG. 3A) because the player's expectation is increased by the sign hold display 300c. The production is low.

図3−4は、低期待度連続演出とはならない煽りガセ演出の一例を示す説明図である。図3−4において、(1)および(2)は、低ゾーン演出に発展することを示唆するものの低ゾーン演出に発展しない示唆演出である低煽りガセ演出(以下「低ガセ演出」という)を示している。   FIGS. 3-4 is explanatory drawing which shows an example of the roaring gaze effect which is not a low expectation degree continuous effect. In FIGS. 3-4, (1) and (2) indicate a low-pitched gaze effect (hereinafter referred to as a “low-gase effect”), which is a suggestion effect that does not develop into a low zone effect, although it suggests that it develops into a low zone effect. Show.

(1)において、左演出図柄Ez1および右演出図柄Ez3は、有効ラインL上に、低ゾーン演出に突入することを示唆するチャンス目(「1」、「5」)で停止している。(1)では、遊技者は、中演出図柄Ez2がチャンス目で停止することを期待する。ところが、低ガセ演出では、(2)のように、中演出図柄Ez2がチャンス目で停止せず、低煽り演出が不成立となる。この後、低ゾーン演出に突入せず、次の変動演出に移行する。このようにして、低ガセ演出がおこなわれる。図3−4に示した低ガセ演出は、予兆保留表示300cによって遊技者の期待感が高まった分、遊技者が最も落胆し、遊技者にとっては酷な演出となる。   In (1), the left effect symbol Ez1 and the right effect symbol Ez3 are stopped on the chance line ("1", "5") that suggests entering the low zone effect on the effective line L. In (1), the player expects the medium performance symbol Ez2 to stop at the chance. However, in the low-gase effect, as shown in (2), the medium effect symbol Ez2 does not stop at the chance and the low-blow effect is not established. Thereafter, the low zone effect is not entered, and the next change effect is entered. In this way, a low gas production is performed. The low-gase effect shown in FIG. 3-4 is the most disappointing effect for the player because the player's expectation is increased by the sign hold display 300c, and the player is most discouraged.

(本実施の形態の概要)
次に、図4を用いて、本実施の形態の概要について説明する。図4は、本実施の形態の概要を示す説明図である。図4に示す説明図400は、保留球が3つ記憶されている場合を示している。各保留球と、変動演出とはそれぞれ対応している。先に変動がおこなわれる保留球1および保留球2は通常の保留表示である「○」の表示態様で表示されている。3つ目に記憶されている保留球3は、事前判定により大当たりに至る大当たりリーチ演出をおこなうものと判定され、且つ、予兆保留表示である「●」の表示態様で表示されている。
(Outline of this embodiment)
Next, the outline of the present embodiment will be described with reference to FIG. FIG. 4 is an explanatory diagram showing an outline of the present embodiment. An explanatory diagram 400 shown in FIG. 4 shows a case where three reserved balls are stored. Each holding ball corresponds to each variation effect. The holding ball 1 and the holding ball 2 that are changed first are displayed in a display mode of “◯” that is a normal holding display. The holding ball 3 stored in the third is determined to perform a jackpot reach effect that reaches a big hit by prior determination, and is displayed in a display mode of “●” that is a sign hold display.

この状態では、遊技者は、保留球3に大当たりを期待するとともに、保留球3の変動よりも前の変動から、連続演出が実行されることを期待する。ここで、保留球1および保留球2の変動で煽り演出がおこなわれないと、その時点で、遊技者の期待感は減退する。そこで、本実施の形態では、保留球1の変動演出および保留球2の変動演出において、煽りガセ演出(図3−2および図3−4参照)をおこないやすくして、ゾーン演出へ突入する可能性があることを遊技者に示唆し、遊技者の期待感を高めるようにしている。   In this state, the player expects a big hit to the holding ball 3 and expects that a continuous effect is executed from a change before the change of the holding ball 3. Here, if the turn effect is not performed due to the fluctuation of the holding ball 1 and the holding ball 2, the player's sense of expectation decreases at that time. Therefore, in the present embodiment, it is possible to make it easier to make a scooping gaze effect (see FIGS. 3-2 and 3-4) in the change effect of the holding ball 1 and the change effect of the hold ball 2, and enter the zone effect. It suggests to the player that there is a sex, and increases the player's expectation.

(ぱちんこ遊技機の機能的構成)
次に、図5を用いて、本実施の形態にかかるぱちんこ遊技機100の機能的構成について説明する。図5は、本実施の形態にかかるぱちんこ遊技機100の機能的構成を示すブロック図である。図5において、ぱちんこ遊技機100は、判定部501と、図柄変動表示部502と、保留記憶部503と、事前判定部504と、予兆保留実行部505と、連続演出パターン決定部506と、連続演出パターン実行部507と、示唆演出実行部508と、演出実行部510とを備えている。
(Functional configuration of pachinko machine)
Next, the functional configuration of the pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment will be described with reference to FIG. FIG. 5 is a block diagram showing a functional configuration of the pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment. 5, the pachinko gaming machine 100 includes a determination unit 501, a symbol variation display unit 502, a hold storage unit 503, a prior determination unit 504, a sign hold execution unit 505, a continuous performance pattern determination unit 506, An effect pattern execution unit 507, an suggestion effect execution unit 508, and an effect execution unit 510 are provided.

判定部501は、遊技盤101上の始動領域(第1始動口105または第2始動口106)を遊技球が通過した場合に、遊技者に有利な有利遊技状態とするか否かを判定する。有利遊技状態は、具体的には大当たりである。すなわち、判定部501は、大当たりであるかハズレであるかの大当たり判定をおこなう。図柄変動表示部502は、判定部501による判定結果を示す図柄を変動表示する。図柄は、具体的には、特別図柄または演出図柄である。図柄変動表示部502は、具体的には、特図1表示部112a、特図2表示部112bまたは画像表示部104である。   The determination unit 501 determines whether or not to enter an advantageous game state advantageous to the player when the game ball passes through the start area (the first start port 105 or the second start port 106) on the game board 101. . Specifically, the advantageous gaming state is a big hit. In other words, the determination unit 501 performs a jackpot determination as to whether the player is a jackpot or a loss. The symbol variation display unit 502 variably displays a symbol indicating the determination result by the determination unit 501. Specifically, the symbol is a special symbol or an effect symbol. Specifically, the symbol variation display unit 502 is the special figure 1 display unit 112a, the special figure 2 display unit 112b, or the image display unit 104.

保留記憶部503は、始動領域への遊技球の通過を契機に、判定部501による判定に対する権利を保留球として記憶する。具体的には、保留記憶部503は、遊技球が始動領域を通過した場合に、所定数を上限として、保留球を記憶する。保留記憶部503は、主制御部201のRAM213によって実現される。事前判定部504は、保留記憶部503に記憶されている保留球に対する上記判定(大当たり)を、図柄の変動表示前に事前判定する。図柄の変動表示前とは、具体的には、保留球として記憶されている状態である。   The hold storage unit 503 stores the right for the determination by the determination unit 501 as a hold ball when the game ball passes to the start area. Specifically, the hold storage unit 503 stores the hold balls with a predetermined number as an upper limit when the game balls pass through the start area. The holding storage unit 503 is realized by the RAM 213 of the main control unit 201. The prior determination unit 504 pre-determines the above determination (big hit) for the held ball stored in the hold storage unit 503 before the symbol change display. More specifically, the state before the symbol change display is a state stored as a holding ball.

予兆保留実行部505は、事前判定部504による事前判定結果に基づいて、事前判定がおこなわれた保留球に対して大当たりとなる期待度が高いことを示唆する予兆保留表示を実行する。予兆保留実行部505は、具体的には、事前判定がおこなわれた大当たりの保留球に対しては、ハズレの保留球よりも高い割合にて、予兆保留表示を実行する。   The sign hold execution unit 505 executes the sign hold display indicating that the expected degree of a big hit is high for the hold ball on which the prior determination has been made based on the prior determination result by the prior determination unit 504. Specifically, the sign hold execution unit 505 executes the sign hold display at a higher rate than the lost hold ball for the jackpot hold ball for which the preliminary determination has been made.

演出実行部510は、図柄変動表示部502によって変動表示される図柄に対応させて演出を実行する。演出実行部510は、連続演出パターン決定部506と、連続演出パターン実行部507とを有する。   The effect execution unit 510 executes the effect in association with the symbols that are variably displayed by the symbol variation display unit 502. The effect execution unit 510 includes a continuous effect pattern determination unit 506 and a continuous effect pattern execution unit 507.

連続演出パターン実行部507は、事前判定部504による事前判定結果に基づいて、大当たりとなる期待度の高い連続演出パターンを、この事前判定された保留球よりも前に保留された保留球による図柄の変動表示からこの事前判定された保留球による図柄の変動表示にわたって実行する。連続演出パターン実行部507は、連続演出を実行する前に示唆演出(煽り演出)を実行可能にする。本実施の形態において、連続演出パターンには、大当たりとなる期待度の高い高期待度連続演出パターンと、高期待度連続演出パターンよりも期待度の低い低期待度連続演出パターンとがある。   The continuous performance pattern execution unit 507, based on the preliminary determination result by the preliminary determination unit 504, displays a continuous performance pattern with a high expectation level that is a big hit by the reserved ball that is held before the previously determined reserved ball. The display is executed from the change display of the symbol to the display of the change of the symbol by the reserved ball determined beforehand. The continuous effect pattern execution unit 507 enables the suggestion effect (swing effect) to be executed before executing the continuous effect. In the present embodiment, the continuous production patterns include a high expectation continuous production pattern with a high expectation level and a low expectation continuous production pattern with a lower expectation level than the high expectation continuous production pattern.

高期待度連続演出パターンを用いた演出は、具体的には、図3−1に示した高煽り演出および高ゾーン演出である。低期待度連続演出パターンを用いた演出は、具体的には、図3−3に示した低煽り演出および低ゾーン演出である。示唆演出は、図3−1または図3−3に示したチャンス目の停止に限らず、遊技者にゾーン演出に突入する可能性があることを示唆できる演出であれば、例えば、ランプの点灯などであってもよい。   The effects using the high expectation degree continuous effect pattern are specifically the high pitch effect and the high zone effect shown in FIG. The effects using the low expectation continuous effect pattern are specifically the low-brightness effect and the low-zone effect shown in FIG. The suggestion effect is not limited to the chance stop shown in FIG. 3-1 or FIG. 3-3. For example, if the suggestion effect can suggest that there is a possibility that the player may enter the zone effect, for example, lighting of a lamp It may be.

示唆演出実行部508は、連続演出パターンとは無関係に所定の確率で所定の示唆演出を実行する。所定の確率とは、通常時における確率(図24の煽りガセ通常テーブル参照)や、予兆保留実行部505により予兆保留表示が実行されている状態であり且つ未だ示唆演出がおこなわれていない場合の確率(図22−1の煽りガセ特別テーブル参照)である。ここでいう示唆演出は、煽りガセ演出であり、具体的には、高ガセ演出および低ガセ演出である。   The suggestion effect execution unit 508 executes a predetermined suggestion effect with a predetermined probability regardless of the continuous effect pattern. The predetermined probability is a probability in normal time (see the normal table in FIG. 24) or a state in which the sign hold display is executed by the sign hold executing unit 505 and the suggestion effect has not yet been performed. Probability (refer to the sword special table in FIG. 22-1). The suggestion effect here is a scooping gaze effect, and specifically, a high-gase effect and a low-gase effect.

示唆演出実行部508は、予兆保留実行部505により予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行している場合には、所定の確率よりも高い確率で示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行する。すなわち、示唆演出実行部508は、連続演出パターンの変動であるか否かにかかわらず、予兆保留表示されており且つ先の変動で煽りガセ演出がおこなわれた場合には、次の変動で煽りガセ演出をおこないやすくする。所定の確率よりも高い確率とは、例えば「100/100」であってもよい。   The suggestion effect execution unit 508 is higher than a predetermined probability when the suggestion effect (low gaze effect or high gaze effect) is already executed in the state where the sign hold display is executed by the sign hold execution unit 505. A suggestion effect (low-gase effect or high-gase effect) is executed with probability. That is, the suggestion effect execution unit 508, regardless of whether or not it is a change in the continuous effect pattern, when the sign hold display is performed and the beat change effect is performed in the previous change, Make it easier to produce a gaze effect. The probability higher than the predetermined probability may be “100/100”, for example.

連続演出パターン決定部506は、事前判定部504による事前判定結果に基づいて、高期待度連続演出パターン、または低期待度連続演出パターンを決定する。連続演出パターン実行部507は、高期待度連続演出を実行する前には示唆演出を実行可能とするとともに、低期待度連続演出を実行する前よりも高期待度連続演出を実行する前の方が示唆演出を高確率で実行可能とする。   The continuous performance pattern determination unit 506 determines a high expectation level continuous performance pattern or a low expectation level continuous performance pattern based on the prior determination result by the prior determination unit 504. The continuous effect pattern execution unit 507 can execute the suggestive effect before executing the high expectation continuous effect, and before executing the high expectation continuous effect than before executing the low expectation continuous effect. Makes it possible to execute the suggestion with high probability.

この場合、例えば、低期待度連続演出を実行するときには示唆演出をおこなわずに高期待度連続演出を実行するときにのみ示唆演出をおこなうようにしてもよく、すなわち、遊技者の観点からすると、示唆演出が実行された時点で、高期待度連続演出が実行されることを期待できるようにしてもよい。   In this case, for example, when performing the low expectation continuous effect, the suggestion effect may be performed only when the high expectation continuous effect is performed without performing the suggestion effect, that is, from the viewpoint of the player, When the suggestion effect is executed, it may be possible to expect the high expectation level continuous effect to be executed.

また、本実施の形態において、示唆演出実行部508は、予兆保留実行部505により予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(高ガセ演出または低ガセ演出)を実行している場合には、所定の確率よりも高い確率で高期待度連続演出の示唆演出(高ガセ演出)を実行するようにしている。所定の確率よりも高い確率とは、通常時における確率や、予兆保留実行部505により予兆保留表示が実行されている状態であり且つ未だ示唆演出がおこなわれていない場合の確率よりも高い確率である(図22−2の煽りガセ連続テーブル参照)。   Further, in the present embodiment, the suggestion effect execution unit 508 has already executed the suggestion effect (a high-gase effect or a low-gase effect) while the sign hold display is being executed by the sign hold execution unit 505. Is configured to execute a suggestion effect (high gaze effect) of a high expectation degree continuous effect with a probability higher than a predetermined probability. The probability that is higher than the predetermined probability is a probability that is higher than a probability in a normal time or a state in which the sign hold display is executed by the sign hold executing unit 505 and the suggestion effect is not yet performed. (Refer to the continuous sash table in FIG. 22-2).

示唆演出実行部508は、予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出として低ガセ演出を実行している場合には、所定の確率よりも高い確率で高期待度連続演出の示唆演出(高ガセ演出)を実行するようにし、すなわち、低ガセ演出の後に高ガセ演出をおこないやすくし、遊技者の期待感を段階的に高めることを可能にしている。   If the suggestion effect execution unit 508 has already executed the low-gasse effect as the suggestion effect in the state in which the sign hold display is being executed, the suggestion effect of the high expectation continuous effect with a probability higher than a predetermined probability ( High gaze production) is executed, that is, the high gase production is easily performed after the low gaze production, and the player's expectation can be increased step by step.

また、示唆演出実行部508は、予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出として高ガセ演出を実行している場合には、所定の確率よりも高い確率で高期待度連続演出の示唆演出(高ガセ演出)を実行するようにし、すなわち、高ガセ演出の後に再度高ガセ演出をおこないやすくし、先の変動で高まった遊技者の期待感を保持することを可能にしている。   In addition, the suggestion effect execution unit 508 suggests the high expectation continuous effect with a probability higher than a predetermined probability when the high gaze effect is already executed as the suggestion effect in the state in which the sign hold display is being executed. An effect (high gaze effect) is executed, that is, it is easy to perform the high gaze effect again after the high gaze effect, and it is possible to maintain the player's sense of expectation that has increased due to the previous fluctuation.

また、予兆保留実行部505は、予兆保留表示をおこなう場合、大当たりとなる期待度の高い高期待度予兆保留表示(以下「高予兆保留表示」という)または高期待度予兆保留表示よりも期待度の低い低期待度予兆保留表示(以下「低予兆保留表示」という)のうち、いずれか一方の予兆保留表示をおこなうようにしている。本実施の形態では、通常の保留表示を「○」とし、高予兆保留表示を「●」とし、低予兆保留表示を「◎」とする。なお、高予兆保留表示および低予兆保留表示はそれぞれ一の表示態様とせず、高予兆保留表示については期待度に応じてさらに複数の表示態様を取り得るようにし、低予兆保留表示についても期待度に応じてさらに複数の表示態様を取り得るようにしてもよい。   In addition, when performing the sign hold display, the sign hold execution unit 505 has a higher expectation than the high expectation sign hold display (hereinafter referred to as “high sign hold display”) or the high expectation sign hold display with a high expectation that is a big hit. The low-expected sign holding display (hereinafter referred to as “low sign holding display”) is displayed in either one of the signs. In the present embodiment, the normal hold display is “◯”, the high sign hold display is “●”, and the low sign hold display is “「 ”. Note that the high sign hold display and the low sign hold display are not set as one display mode, and the high sign hold display can take a plurality of display modes according to the expectation, and the low sign hold display is also expected. Depending on the situation, a plurality of display modes may be taken.

示唆演出実行部508は、予兆保留実行部505により高予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行している場合には、所定の確率よりも高い確率で示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行する。すなわち、高期待度の予兆保留表示がおこなわれた場合には、遊技者が連続演出(煽り演出)の実行を最も期待しているため、煽りガセ演出をおこないやすくして、遊技者の期待感を高めるようにしている。   If the suggestion effect execution unit 508 is already executing the suggestion effect (low gaze effect or high gase effect) in a state where the high sign hold display is executed by the sign hold execution unit 505, the suggestion effect execution unit 508 is more than a predetermined probability. A suggestion effect (low gaze effect or high gaze effect) is executed with a high probability. In other words, when a high-expected sign hold display is made, the player expects the most continuous execution (buzzing production), so it is easier to carry out the raging gag production, and the player's expectation To increase.

判定部501と、図柄変動表示部502と、事前判定部504とは、主制御部201のCPU211によって実現される。すなわち、主制御部201のCPU211がROM212に記憶されている各種プログラムを実行することにより、各部の機能を実現する。また、図柄変動表示部502と、予兆保留実行部505と、連続演出パターン決定部506と、連続演出パターン実行部507と、示唆演出実行部508と、演出実行部510とは、演出統括部202aのCPU241によって実現される。すなわち、演出統括部202aのCPU241がROM242に記憶されている各種プログラムを実行することにより、各部の機能を実現する。   The determination unit 501, the symbol variation display unit 502, and the prior determination unit 504 are realized by the CPU 211 of the main control unit 201. That is, the CPU 211 of the main control unit 201 executes various programs stored in the ROM 212, thereby realizing the functions of the respective units. In addition, the symbol variation display unit 502, the sign hold execution unit 505, the continuous production pattern determination unit 506, the continuous production pattern execution unit 507, the suggestion production execution unit 508, and the production execution unit 510 are the production control unit 202a. This is realized by the CPU 241. That is, the CPU 241 of the production supervision unit 202a executes various programs stored in the ROM 242, thereby realizing the functions of the respective units.

なお、各機能部の実現は、上述したものに限らず、例えば、事前判定部504を演出統括部202aのCPU241によって実現させることも可能である。また、予兆保留実行部505や示唆演出実行部508を画像・音声制御部202bのCPU251によって実現させることも可能である。   Note that the implementation of each functional unit is not limited to that described above, and for example, the prior determination unit 504 can be realized by the CPU 241 of the production control unit 202a. Also, the sign hold execution unit 505 and the suggestion effect execution unit 508 can be realized by the CPU 251 of the image / sound control unit 202b.

(主制御部がおこなう処理)
次に、ぱちんこ遊技機100が上記の動作を実現するために、ぱちんこ遊技機100の各制御部がおこなう処理について説明する。まず、ぱちんこ遊技機100の主制御部201がおこなう処理について説明する。以下に説明する主制御部201の各処理は、主制御部201のCPU211がROM212に記憶されたプログラムを実行することによりおこなうものである。
(Processing performed by the main control unit)
Next, processing performed by each control unit of the pachinko gaming machine 100 in order for the pachinko gaming machine 100 to realize the above-described operation will be described. First, processing performed by the main control unit 201 of the pachinko gaming machine 100 will be described. Each process of the main control unit 201 described below is performed by the CPU 211 of the main control unit 201 executing a program stored in the ROM 212.

(タイマ割込処理)
図6は、主制御部201がおこなうタイマ割込処理を示したフローチャートである。なお、タイマ割込処理は、電源供給期間中、所定期間(例えば4ms)毎に主制御部201が実行する主制御処理に割り込み動作する処理である。
(Timer interrupt processing)
FIG. 6 is a flowchart showing timer interrupt processing performed by the main control unit 201. The timer interrupt process is a process that interrupts the main control process executed by the main control unit 201 every predetermined period (for example, 4 ms) during the power supply period.

図6において、主制御部201のCPU211は、乱数更新処理をおこなう(ステップS601)。乱数更新処理では、当たり乱数、当たり図柄乱数、リーチ乱数など、例えば各乱数を+1して、各乱数の更新をおこなう処理である。   In FIG. 6, the CPU 211 of the main control unit 201 performs a random number update process (step S601). The random number update process is a process for updating each random number by adding 1 to each random number such as a hit random number, a hit design random number, a reach random number, or the like.

この後、第1始動口105または第2始動口106に入賞時のスイッチ処理をおこなう(ステップS602)。スイッチ処理には、第1始動口SW221または第2始動口SW222によって遊技球が検出される毎に乱数を取得する始動口SW処理(図7参照)や、ゲートSW223によって遊技球が検出される毎に乱数を取得するゲートSW処理がある。   Thereafter, the first start port 105 or the second start port 106 is subjected to a switch process at the time of winning a prize (step S602). The switch process includes a start port SW process (see FIG. 7) for acquiring a random number every time a game ball is detected by the first start port SW221 or the second start port SW222, and every time a game ball is detected by the gate SW223. There is a gate SW process for acquiring a random number.

この後、図柄処理をおこなう(ステップS603)。図柄処理には、特別図柄を変動させるための特別図柄処理(図11参照)や、普通図柄を変動させるための普通図柄処理がある。さらに、電動役物処理をおこなう(ステップS604)。電動役物処理には、電動チューリップ107を開放させるための電チュー処理や、大入賞口処理などがある。この後、賞球処理をおこない(ステップS605)、これらの出力処理をおこなう(ステップS606)。   Thereafter, symbol processing is performed (step S603). The symbol process includes a special symbol process (see FIG. 11) for changing the special symbol and a normal symbol process for changing the normal symbol. Furthermore, an electric accessory process is performed (step S604). The electric accessory process includes an electric chew process for opening the electric tulip 107 and a special prize opening process. Thereafter, a prize ball process is performed (step S605), and these output processes are performed (step S606).

(始動口SW処理)
次に、図7を用いて、主制御部201がおこなう始動口SW処理について説明する。図7は、主制御部201がおこなう始動口SW処理を示したフローチャートである。なお、始動口SW処理は、図6のステップS602に示したスイッチ処理に含まれる処理内容である。
(Start-up SW processing)
Next, the start port SW process performed by the main control unit 201 will be described with reference to FIG. FIG. 7 is a flowchart showing the start port SW process performed by the main control unit 201. The start port SW process is a process content included in the switch process shown in step S602 of FIG.

図7において、主制御部201のCPU211は、第1始動口SW221がONであるか否かを判定する(ステップS701)。第1始動口SW221がOFFである場合(ステップS701:No)、ステップS707に移行する。第1始動口SW221がONである場合(ステップS701:Yes)、第1始動口SW221の検知回数をカウントしたカウント値U1が、「4」より小さいか否かを判定する(ステップS702)。   In FIG. 7, the CPU 211 of the main control unit 201 determines whether or not the first start port SW221 is ON (step S701). When the first start port SW221 is OFF (step S701: No), the process proceeds to step S707. When the first start port SW221 is ON (step S701: Yes), it is determined whether or not the count value U1 obtained by counting the number of detections of the first start port SW221 is smaller than “4” (step S702).

カウント値U1が「4」である場合(ステップS702:No)、ステップS707に移行する。カウント値U1が「4」より小さい場合(ステップS702:Yes)、カウント値U1に「1」を加算する(ステップS703)。そして、乱数を取得するとともに、取得した乱数をRAM213に記憶する(ステップS704)。乱数は、当たり乱数、図柄乱数、変動パターン乱数などである。当たり乱数は、大当たり、小当たりまたはハズレを決定するものであり、例えば「0」〜「399」の400個の乱数から一つの当たり乱数が無作為に取得される。   When the count value U1 is “4” (step S702: No), the process proceeds to step S707. When the count value U1 is smaller than “4” (step S702: Yes), “1” is added to the count value U1 (step S703). Then, the random number is acquired, and the acquired random number is stored in the RAM 213 (step S704). The random number is a hit random number, a design random number, a variation pattern random number, or the like. The winning random number is for determining the big hit, the small hit or the loss. For example, one winning random number is randomly obtained from 400 random numbers from “0” to “399”.

図柄乱数は、当たりの種類(確変長当たり、通常長当たり、高確短当たり)を決定するものであり、例えば「0」〜「249」の250個の乱数から一つの図柄乱数が無作為に取得される。変動パターン乱数は、変動パターンを決定するための乱数であり、例えば「0」〜「299」の300個の乱数から一つが無作為に抽出される。   The design random number determines the type of hit (per-probable length, per normal length, per high-precision short). For example, one design random number is randomly selected from 250 random numbers from “0” to “249”. To be acquired. The variation pattern random number is a random number for determining the variation pattern, and for example, one is randomly extracted from 300 random numbers “0” to “299”.

上記のように取得された各乱数は、RAM213に記憶される。なお、RAM213は、第1始動口105への入賞による保留球4つ分の第1記憶部を有している。第1記憶部には、第1始動口105への入賞によるものであるという情報の他、当たり乱数、図柄乱数、変動パターン乱数などの乱数情報などが記憶される。   Each random number acquired as described above is stored in the RAM 213. The RAM 213 has a first storage unit for four reserved balls by winning the first start port 105. In the first storage unit, random information such as a winning random number, a design random number, a variation pattern random number, and the like are stored in addition to information indicating that the winning is made to the first starting port 105.

この後、事前判定処理をおこなう(ステップS705)。事前判定処理は、詳細については、図8を用いて後述するが、ステップS704において取得した乱数を用いて、当たり乱数判定、図柄乱数判定、変動パターン乱数判定などがおこなわれる。この後、第1始動口105への入賞により保留球数が増加した旨を示す、特1保留球数増加コマンドをセットする(ステップS706)。   Thereafter, a preliminary determination process is performed (step S705). The details of the pre-determination process will be described later with reference to FIG. 8, but a hit random number determination, a design random number determination, a variation pattern random number determination, and the like are performed using the random number acquired in step S704. Thereafter, a special 1 reserved ball number increase command is set to indicate that the number of reserved balls has increased due to winning at the first starting port 105 (step S706).

そして、第2始動口SW222がONであるか否かを判定する(ステップS707)。第2始動口SW222がOFFである場合(ステップS707:No)、そのまま処理を終了する。第2始動口SW222がONである場合(ステップS707:Yes)、第2始動口SW222の検知回数をカウントしたカウント値U2が、「4」より小さいか否かを判定する(ステップS708)。   Then, it is determined whether or not the second start port SW222 is ON (step S707). If the second start port SW222 is OFF (step S707: No), the process is terminated as it is. If the second start port SW222 is ON (step S707: Yes), it is determined whether or not the count value U2 obtained by counting the number of detections of the second start port SW222 is smaller than “4” (step S708).

カウント値U2が「4」である場合(ステップS708:No)、そのまま処理を終了する。カウント値U2が「4」より小さい場合(ステップS708:Yes)、カウント値U2に「1」を加算する(ステップS709)。そして、各乱数を取得するとともに、取得した乱数をRAM213に記憶する(ステップS710)。なお、RAM213は、第2始動口106への入賞による保留球4つ分の第2記憶部を有している。第2記憶部には、第2始動口106への入賞によるものであるという情報の他、当たり乱数、図柄乱数、変動パターン乱数などの乱数情報などが記憶される。   When the count value U2 is “4” (step S708: No), the processing is ended as it is. When the count value U2 is smaller than “4” (step S708: Yes), “1” is added to the count value U2 (step S709). Each random number is acquired and the acquired random number is stored in the RAM 213 (step S710). The RAM 213 has a second storage unit for four reserved balls by winning a prize at the second starting port 106. The second storage unit stores information such as winning random numbers, symbol random numbers, variation pattern random numbers, and the like in addition to information indicating that the winning is made to the second starting port 106.

この後、事前判定処理をおこなう(ステップS711)。事前判定処理では、ステップS711において取得した大当たり乱数を用いて、大当たりか否かなどを判定する。この後、第2始動口106への入賞により保留球数が増加した旨を示す、特2保留球数増加コマンドをセットする(ステップS712)。   Thereafter, a preliminary determination process is performed (step S711). In the pre-determination process, it is determined whether or not it is a big hit using the big hit random number acquired in step S711. Thereafter, a special 2 reserved ball number increase command is set to indicate that the number of reserved balls has increased due to winning at the second starting port 106 (step S712).

(事前判定処理)
次に、図8を用いて、図7のステップS705およびステップS711に示した事前判定処理について説明する。図8は、主制御部が実行する事前判定処理を示したフローチャートである。図8において、主制御部201のCPU211は、高確率遊技状態であることを示す高確率フラグがONであるか否かを判定する(ステップS801)。高確率フラグは、大当たり終了時における遊技状態の設定において、大当たり図柄に応じてONに設定されるフラグである。
(Preliminary judgment processing)
Next, the prior determination process shown in steps S705 and S711 in FIG. 7 will be described with reference to FIG. FIG. 8 is a flowchart showing a prior determination process executed by the main control unit. In FIG. 8, the CPU 211 of the main control unit 201 determines whether or not the high probability flag indicating the high probability gaming state is ON (step S801). The high probability flag is a flag that is set to ON according to the jackpot symbol when setting the gaming state at the time of jackpot end.

高確率フラグがONである場合(ステップS801:Yes)、高確率用大当たり判定テーブルを選択する(ステップS802)。高確率用大当たり判定テーブルについては、図9−2を用いて後述する。ステップS801において、高確率フラグがOFFである場合(ステップS801:No)、低確率用大当たり判定テーブルを選択する(ステップS803)。低確率用大当たり判定テーブルについては、図9−1を用いて後述する。   When the high probability flag is ON (step S801: Yes), the high probability jackpot determination table is selected (step S802). The high probability jackpot determination table will be described later with reference to FIG. If the high probability flag is OFF in step S801 (step S801: No), the low probability jackpot determination table is selected (step S803). The low probability jackpot determination table will be described later with reference to FIG.

そして、大当たり乱数を用いて大当たり乱数判定処理を実行する(ステップS804)。大当たり乱数判定処理の結果、大当たりとなった場合(ステップS805:Yes)、保留球数を示すカウント値U(カウント値U1+U2)が「2」以上であるか否かを判定する(ステップS806)。カウント値Uが「2」以上である場合(ステップS806:Yes)、連続演出用の変動パターンが記憶されている大当たり用第1変動パターンテーブルをセットする(ステップS807)。大当たり用第1変動パターンテーブルについては、図10−1を用いて後述する。   Then, the jackpot random number determination process is executed using the jackpot random number (step S804). As a result of the jackpot random number determination process (step S805: Yes), it is determined whether or not the count value U (count value U1 + U2) indicating the number of reserved balls is “2” or more (step S806). When the count value U is “2” or more (step S806: Yes), a big hit first variation pattern table in which variation patterns for continuous effects are stored is set (step S807). The jackpot first variation pattern table will be described later with reference to FIG.

そして、変動パターン乱数判定処理を実行し(ステップS809)、事前判定コマンドをセットし(ステップS810)、処理を終了する。ステップS806において、カウント値Uが「1」以下である場合(ステップS806:No)、連続演出用の変動パターンが記憶されていない大当たり用第2変動パターンテーブルをセットし(ステップS808)、ステップS809に移行する。大当たり用第2変動パターンテーブルについては、図10−2を用いて後述する。   Then, a variation pattern random number determination process is executed (step S809), a prior determination command is set (step S810), and the process ends. In step S806, when the count value U is “1” or less (step S806: No), the big variation second variation pattern table in which the variation pattern for continuous effect is not stored is set (step S808), and step S809 is performed. Migrate to The jackpot second variation pattern table will be described later with reference to FIG.

ステップS805において、大当たり乱数判定処理の結果が大当たりではない場合(ステップS805:No)、カウント値Uが「2」以上であるか否かを判定する(ステップS811)。カウント値Uが「2」以上である場合(ステップS811:Yes)、連続演出用の変動パターンが記憶されているハズレ用第1変動パターンテーブルをセットし(ステップS812)、ステップS809に移行する。ハズレ用第1変動パターンテーブルについては、図10−3を用いて後述する。   If the result of the jackpot random number determination process is not a jackpot in step S805 (step S805: No), it is determined whether the count value U is “2” or more (step S811). When the count value U is “2” or more (step S811: Yes), the first variation pattern table for losing in which the variation pattern for continuous effect is stored is set (step S812), and the process proceeds to step S809. The first variation pattern table for loss will be described later with reference to FIG.

ステップS811において、カウント値Uが「1」以下である場合(ステップS811:No)、連続演出用の変動パターンが記憶されていないハズレ用第2変動パターンテーブルをセットし(ステップS813)、ステップS809に移行する。ハズレ用第2変動パターンテーブルについては、図10−4を用いて後述する。   In step S811, when the count value U is “1” or less (step S811: No), the second variation pattern table for losing in which the variation pattern for continuous effect is not stored is set (step S813), and step S809 is performed. Migrate to The second variation pattern table for loss will be described later with reference to FIG.

(低確率用大当たり判定テーブルの一例)
次に、図9−1を用いて、図8のステップS803においてセットされる低確率用大当たり判定テーブルについて説明する。図9−1は、低確率用大当たり判定テーブルの一例を示した説明図である。図9−1において、低確率用大当たり判定テーブル910は、大当たりの割合が「1/400」となっている。具体的には、取得可能な乱数「0〜399」のうち、「3」が取得された場合に、大当たりとなる。
(Example of low probability jackpot determination table)
Next, the low probability jackpot determination table set in step S803 in FIG. 8 will be described with reference to FIG. FIG. 9A is an explanatory diagram of an example of a low probability jackpot determination table. In FIG. 9A, in the low probability jackpot determination table 910, the jackpot ratio is “1/400”. Specifically, if “3” is acquired from among the random numbers “0 to 399” that can be acquired, a big hit is obtained.

(高確率用大当たり判定テーブルの一例)
次に、図9−2を用いて、図8のステップS802においてセットされる高確率用大当たり判定テーブルについて説明する。図9−2は、高確率用大当たり判定テーブルの一例を示した説明図である。図9−2において、高確率用大当たり判定テーブル920では、「10/400」の割合で大当たりが選択されることを示している。低確率用大当たり判定テーブル910および高確率用大当たり判定テーブル920に示すように、高確率遊技状態では、低確率遊技状態に比べて、10倍程度、大当たりに当選しやすくなっている。
(Example of high probability jackpot determination table)
Next, the high probability jackpot determination table set in step S802 in FIG. 8 will be described with reference to FIG. FIG. 9-2 is an explanatory diagram of an example of a high probability jackpot determination table. 9-2, the high probability jackpot determination table 920 indicates that a jackpot is selected at a rate of “10/400”. As shown in the low-probability jackpot determination table 910 and the high-probability jackpot determination table 920, in the high-probability gaming state, it is easier to win a jackpot by about 10 times than in the low-probability gaming state.

(大当たり用第1変動パターンテーブルの一例)
次に、図10−1〜図10−4を用いて変動パターンテーブルについて説明する。なお、以下の説明では、説明の便宜上、数種類の変動パターンを例に挙げて説明するが、実際には、100種類、200種類といった変動パターンが格納されている。
(Example of first variation pattern table for jackpot)
Next, the variation pattern table will be described with reference to FIGS. In the following description, for convenience of explanation, several types of variation patterns will be described as examples. Actually, variation patterns such as 100 types and 200 types are stored.

まず、図10−1を用いて、図8のステップS807に示した、保留球が2以上記憶されている場合に用いられる大当たり用第1変動パターンテーブルについて説明する。図10−1は、大当たり用第1変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。図10−1において、大当たり用第1変動パターンテーブル1010は、各変動パターンの選択される割合を示している。   First, the jackpot first variation pattern table used in the case where two or more reserved balls are stored, which is shown in Step S807 of FIG. 8, will be described with reference to FIG. FIG. 10A is an explanatory diagram of an example of a big hit first variation pattern table. In FIG. 10A, the first variation pattern table 1010 for jackpot shows the ratio of each variation pattern to be selected.

変動パターンは、例えば、変動パターンP11〜P15と、変動パターンP21,P22と、の中から、いずれか一つを取り得る。例えば、変動パターンP11は、20秒の変動時間を有し、リーチAの演出がおこなわれる。変動パターンP21は、55秒の変動時間を有し、低ゾーン演出および最終的に発展するスーパーリーチがおこなわれる。変動パターンP22は、70秒の変動時間を有し、高ゾーン演出および最終的に発展するスーパーリーチがおこなわれる。   For example, the variation pattern may take any one of variation patterns P11 to P15 and variation patterns P21 and P22. For example, the fluctuation pattern P11 has a fluctuation time of 20 seconds, and a reach A effect is performed. The fluctuation pattern P21 has a fluctuation time of 55 seconds, and a low zone effect and finally a super reach are performed. The fluctuation pattern P22 has a fluctuation time of 70 seconds, and a high zone effect and finally a super reach are performed.

変動パターンのうち、高ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる変動パターンP22が最も選択されやすく、次いで、リーチEがおこなわれる変動パターンP15、低ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる変動パターンP21の順で選択されやすくなっている。すなわち、保留球が記憶されている状態において、大当たりに至るまでの演出では、高ゾーン演出のスーパーリーチが最も実行されやすくなっている。言い換えれば、高ゾーン演出のスーパーリーチは、最も大当たりに対する期待度の高い演出となっている。   Among the variation patterns, the variation pattern P22 in which the super reach of the high zone effect is performed is most easily selected, and then the variation pattern P15 in which the reach E is performed, and then the variation pattern P21 in which the super reach of the low zone effect is performed is selected. It is easy to be done. That is, in the state where the reserved ball is stored, the super reach of the high zone effect is most easily executed in the production up to the big hit. In other words, the super reach of the high zone production is the production with the highest expectation for the jackpot.

(大当たり用第2変動パターンテーブルの一例)
次に、図10−2を用いて、図8のステップS808に示した、保留球が1以下の場合に用いられる大当たり用第2変動パターンテーブルについて説明する。図10−2は、大当たり用第2変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。図10−2において、大当たり用第2変動パターンテーブル1020は、各変動パターンの選択される割合を示している。大当たり用第2変動パターンテーブル1020は、各変動パターンの選択される割合と、変動パターンP21(低ゾーン演出のスーパーリーチ)および変動パターンP22(高ゾーン演出のスーパーリーチ)を取り得ないようになっている点とが、図10−1に示した大当たり用第1変動パターンテーブル1010と異なる。
(Example of second variation pattern table for jackpots)
Next, with reference to FIG. 10B, the second variation pattern table for jackpots used when the number of reserved balls shown in step S808 of FIG. FIG. 10-2 is an explanatory diagram of an example of the big hit second variation pattern table. 10-2, the jackpot second variation pattern table 1020 indicates a selection ratio of each variation pattern. The jackpot second variation pattern table 1020 cannot take the selected ratio of each variation pattern, the variation pattern P21 (super-reach for low zone production) and the variation pattern P22 (super-reach for high zone production). Is different from the jackpot first variation pattern table 1010 shown in FIG.

具体的には、変動パターンのうち、リーチEがおこなわれる変動パターンP15が最も選択されやすく、次いで、リーチDがおこなわれる変動パターンP14が選択されやすくなっている。すなわち、保留球が記憶されていない大当たり時では、リーチEが最も大当たりに対する期待度の高い演出となっている。   Specifically, among the variation patterns, the variation pattern P15 in which the reach E is performed is most easily selected, and then the variation pattern P14 in which the reach D is performed is easily selected. In other words, at the jackpot when no holding ball is stored, reach E is the most expected performance for the jackpot.

(ハズレ用第1変動パターンテーブルの一例)
次に、図10−3を用いて、図8のステップS812に示した、保留球が2以上記憶されている場合に用いられるハズレ用第1変動パターンテーブルについて説明する。図10−3は、ハズレ用第1変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。図10−3において、ハズレ用第1変動パターンテーブル1030は、各変動パターンの選択される割合を示している。ハズレ用第1変動パターンテーブル1030は、各変動パターンの選択される割合と、ノーマルハズレ演出となる変動パターンP31を取り得るようになっている点とが、図10−1に示した大当たり用第1変動パターンテーブル1010と異なる。
(Example of first variation pattern table for loss)
Next, with reference to FIG. 10C, the first variation pattern table for losing shown in step S812 of FIG. 8 and used when two or more reserved balls are stored will be described. FIG. 10C is an explanatory diagram of an example of the first variation pattern table for loss. In FIG. 10C, the first variation pattern table 1030 for losing indicates the ratio of each variation pattern to be selected. In the first variation pattern table 1030 for loss, the selection ratio of each variation pattern and the point that the variation pattern P31 serving as a normal loss effect can be taken are the jackpot numbers shown in FIG. Different from the one variation pattern table 1010.

具体的には、変動パターンのうち、ノーマルハズレ演出がおこなわれる変動パターンP31が最も選択されやすく、次いで、リーチAがおこなわれる変動パターンP11、リーチBがおこなわれる変動パターンP12の順で選択されやすくなっている。また、選択される割合は低いものの、低ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる変動パターンP21や、高ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる変動パターンP22が選択されることもある。保留球が記憶されているハズレ変動時において、ノーマルハズレ演出や、リーチA、リーチBなど、選択されやすいものは、期待度の低い演出となっている。   Specifically, among the variation patterns, the variation pattern P31 in which the normal loss effect is performed is most easily selected, and then the variation pattern P11 in which the reach A is performed and the variation pattern P12 in which the reach B is performed are easily selected in this order. It has become. In addition, although the selection ratio is low, the variation pattern P21 in which the super reach of the low zone effect is performed and the variation pattern P22 in which the super reach of the high zone effect is performed may be selected. At the time of a loss change in which a holding ball is stored, a normal loss effect, a reach A, a reach B, or the like that is easy to select is a low expectation effect.

(ハズレ用第2変動パターンテーブルの一例)
次に、図10−4を用いて、図8のステップS813に示した、保留球が1以下の場合に用いられるハズレ用第2変動パターンテーブルについて説明する。図10−4は、ハズレ用第2変動パターンテーブルの一例を示した説明図である。図10−4において、ハズレ用第2変動パターンテーブル1040は、各変動パターンの選択される割合を示している。ハズレ用第2変動パターンテーブル1040は、各変動パターンの選択される割合と、変動パターンP21(低ゾーン演出のスーパーリーチ)および変動パターンP22(高ゾーン演出のスーパーリーチ)を取り得ないようになっている点とが、ハズレ用第1変動パターンテーブル1030と異なる。
(Example of second variation pattern table for loss)
Next, with reference to FIG. 10-4, the second variation pattern table for loss used in the case where the number of reserved balls is 1 or less shown in step S813 in FIG. 8 will be described. FIG. 10D is an explanatory diagram of an example of the second variation pattern table for loss. In FIG. 10-4, the second variation pattern table 1040 for losing shows the ratio of each variation pattern to be selected. The second variation pattern table 1040 for losing cannot take the selected ratio of each variation pattern, the variation pattern P21 (super-reach for low zone production) and the variation pattern P22 (super-reach for high zone production). Is different from the first variation pattern table 1030 for loss.

ハズレ用第2変動パターンテーブル1040では、低ゾーン演出のスーパーリーチおよび高ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれない点を除いて、ハズレ用第1変動パターンテーブル1030と同様、ノーマルハズレ演出や、リーチA、リーチBなどが選択されやすくなっている。   In the second variation pattern table 1040 for loss, the normal reach production and reach A are the same as the first variation pattern table 1030 for loss except that the super reach for the low zone effect and the super reach for the high zone effect are not performed. , Reach B and the like are easily selected.

(特別図柄処理)
次に、図11を用いて、主制御部201がおこなう特別図柄処理について説明する。図11は、主制御部201がおこなう特別図柄処理を示したフローチャートである。この特別図柄処理は、図6に示したステップS603の図柄処理に含まれる処理内容である。
(Special symbol processing)
Next, a special symbol process performed by the main control unit 201 will be described with reference to FIG. FIG. 11 is a flowchart showing special symbol processing performed by the main control unit 201. This special symbol process is a process content included in the symbol process of step S603 shown in FIG.

図11において、主制御部201のCPU211は、大当たり遊技フラグがONであるか否かを判定する(ステップS1101)。大当たり遊技フラグは、ステップS1114に示す停止中処理において、設定されるフラグであり、具体的には、停止している特別図柄が大当たりである場合にONに設定されるものである。   In FIG. 11, the CPU 211 of the main control unit 201 determines whether or not the jackpot game flag is ON (step S1101). The jackpot game flag is a flag that is set in the stop process shown in step S1114. Specifically, the jackpot game flag is set to ON when the stopped special symbol is a jackpot.

大当たり遊技フラグがONであれば(ステップS1101:Yes)、そのまま処理を終了する。大当たり遊技フラグがOFFであれば(ステップS1101:No)、特別図柄が変動中であるか否かを判定し(ステップS1102)、特別図柄が変動中である場合(ステップS1102:Yes)、ステップS1111に移行する。特別図柄が変動中ではない場合(ステップS1102:No)、第2始動口106への入賞による特2保留球数を示すカウント値U2が「1」以上であるか否かを判定する(ステップS1103)。   If the jackpot game flag is ON (step S1101: Yes), the process is terminated as it is. If the jackpot game flag is OFF (step S1101: No), it is determined whether or not the special symbol is changing (step S1102). If the special symbol is changing (step S1102: Yes), step S1111 is determined. Migrate to If the special symbol is not changing (step S1102: No), it is determined whether or not the count value U2 indicating the number of special 2 reserved balls due to winning at the second starting port 106 is equal to or greater than “1” (step S1103). ).

カウント値U2が「1」以上である場合(ステップS1103:Yes)、カウント値U2を「1」減算したものを新たな特2保留球数とし(ステップS1104)、ステップS1107に移行する。ステップS1103において、カウント値U2が「1」以上ではない場合(ステップS1103:No)、すなわち「U2=0」の場合、第1始動口105への入賞による特1保留球数を示すカウント値U1が「1」以上であるか否かを判定する(ステップS1105)。   When the count value U2 is “1” or more (step S1103: Yes), a value obtained by subtracting “1” from the count value U2 is set as a new special 2 reserved ball number (step S1104), and the process proceeds to step S1107. In step S1103, when the count value U2 is not equal to or greater than “1” (step S1103: No), that is, when “U2 = 0”, the count value U1 indicating the number of special 1 reserved balls due to winning at the first starting port 105. Is determined to be equal to or greater than “1” (step S1105).

カウント値U1が「1」以上ではない場合(ステップS1105:No)、すなわち、カウント値U1が「0」の場合、そのまま処理を終了する。カウント値U1が「1」以上である場合(ステップS1105:Yes)、カウント値U1を「1」減算したものを新たな特1保留球数とし(ステップS1106)、ステップS1107に移行する。   When the count value U1 is not equal to or greater than “1” (step S1105: No), that is, when the count value U1 is “0”, the process is terminated as it is. When the count value U1 is “1” or more (step S1105: Yes), a value obtained by subtracting “1” from the count value U1 is set as the new special 1 reserved ball number (step S1106), and the process proceeds to step S1107.

ステップS1107では、大当たり判定処理をおこなう(ステップS1107)。大当たり判定処理は、詳細については図12を用いて後述するが、遊技球が第1始動口105または第2始動口106に入賞した際に取得された当たり乱数が、予め設定される当たり乱数に一致するか否かを判定する処理である。   In step S1107, jackpot determination processing is performed (step S1107). The jackpot determination process will be described in detail later with reference to FIG. 12, but the winning random number acquired when the game ball wins the first starting port 105 or the second starting port 106 is used as a preset hit random number. This is a process for determining whether or not they match.

ステップS1103〜ステップS1106に示したように、第1始動口105への入賞による特1保留球よりも、第2始動口106への入賞による特2保留球を優先して消化するようにしている。この後、変動パターン選択処理をおこなう(ステップS1108)。この変動パターン選択処理は、大当たり判定処理の判定結果に応じて、特別図柄の変動パターンを選択する処理であり、詳細については図14を用いて後述する。   As shown in step S1103 to step S1106, the special 2 reserved ball by winning to the second starting port 106 is prioritized and digested over the special 1 reserved ball by winning to the first starting port 105. . Thereafter, a variation pattern selection process is performed (step S1108). This variation pattern selection process is a process of selecting a variation pattern of a special symbol according to the determination result of the jackpot determination process, and details will be described later with reference to FIG.

そして、変動開始コマンドをRAM213にセットする(ステップS1109)。さらに、特別図柄の変動を開始する(ステップS1110)。そして、変動パターン選択処理によって選択された変動時間が経過したか否かを判定する(ステップS1111)。変動時間が経過していない場合には(ステップS1111:No)、そのまま処理を終了する。   Then, a change start command is set in the RAM 213 (step S1109). Furthermore, the change of the special symbol is started (step S1110). Then, it is determined whether or not the variation time selected by the variation pattern selection process has elapsed (step S1111). If the fluctuation time has not elapsed (step S1111: No), the process is terminated as it is.

変動時間が経過した場合には(ステップS1111:Yes)、変動停止コマンドをセットし(ステップS1112)、特別図柄の変動を停止する(ステップS1113)。この後、停止中処理を実行し(ステップS1114)、処理を終了する。なお、停止中処理は、停止している特別図柄が大当たりを示すものである場合に、大当たりフラグをONに設定したりする処理である。   When the fluctuation time has elapsed (step S1111: Yes), a fluctuation stop command is set (step S1112), and the special symbol fluctuation is stopped (step S1113). Thereafter, the stop process is executed (step S1114), and the process ends. The stop process is a process for setting the jackpot flag to ON when the stopped special symbol indicates a jackpot.

(大当たり判定処理)
次に、図12を用いて、図11のステップS1107に示した大当たり判定処理について説明する。図12は、主制御部201がおこなう大当たり判定処理を示したフローチャートである。図12において、主制御部201のCPU211は、高確率遊技状態であることを示す高確率フラグがONであるか否かを判定する(ステップS1201)。高確率フラグは、大当たり終了時における遊技状態の設定において、大当たり図柄に応じてONに設定されるフラグである。高確率フラグがOFFである場合(ステップS1201:No)、図9−1に示した低確率用大当たり判定テーブル910をセットする(ステップS1202)。
(Big hit judgment processing)
Next, the jackpot determination process shown in step S1107 of FIG. 11 will be described using FIG. FIG. 12 is a flowchart showing the jackpot determination process performed by the main control unit 201. In FIG. 12, the CPU 211 of the main control unit 201 determines whether or not a high probability flag indicating a high probability gaming state is ON (step S <b> 1201). The high probability flag is a flag that is set to ON according to the jackpot symbol when setting the gaming state at the time of jackpot end. When the high probability flag is OFF (step S1201: No), the low probability jackpot determination table 910 shown in FIG. 9-1 is set (step S1202).

高確率フラグがONである場合(ステップS1201:Yes)、図9−2に示した高確率用大当たり判定テーブル920をセットする(ステップS1203)。この後、セットした大当たり判定テーブルと、始動口SW処理(図7参照)において取得した当たり乱数とを用いて、大当たりであるか否かの大当たり乱数判定処理をおこなう(ステップS1204)。   When the high probability flag is ON (step S1201: Yes), the high probability jackpot determination table 920 shown in FIG. 9-2 is set (step S1203). Thereafter, using the set jackpot determination table and the winning random number obtained in the start port SW process (see FIG. 7), the jackpot random number determining process for determining whether or not the jackpot is made is performed (step S1204).

そして、大当たり乱数判定処理の結果が大当たりであるか否かを判定する(ステップS1205)。大当たりであると判定した場合(ステップS1205:Yes)、特1保留球数を示すカウント値U1に対する大当たり乱数判定であるか否かを判定する(ステップS1206)。カウント値U1に対する大当たり乱数判定である場合(ステップS1206:Yes)、第1始動口用大当たり図柄判定テーブルをセットする(ステップS1207)。第1始動口用大当たり図柄判定テーブルの詳細については、図13−1を用いて後述する。   Then, it is determined whether or not the result of the jackpot random number determination process is a jackpot (step S1205). When it is determined that it is a big hit (step S1205: Yes), it is determined whether or not it is a big hit random number determination for the count value U1 indicating the number of special 1 reserved balls (step S1206). When it is jackpot random number determination with respect to the count value U1 (step S1206: Yes), the 1st start opening jackpot symbol determination table is set (step S1207). Details of the first start opening jackpot symbol determination table will be described later with reference to FIG.

一方、ステップS1206において、カウント値U1に対する大当たり乱数判定ではない場合(ステップS1206:No)、すなわち、特2保留球数を示すカウント値U2に対する大当たり乱数判定である場合、第2始動口用大当たり図柄判定テーブルをセットする(ステップS1208)。第2始動口用大当たり図柄判定テーブルの詳細については、図13−2を用いて後述する。   On the other hand, if it is not the jackpot random number determination for the count value U1 in step S1206 (step S1206: No), that is, if it is the jackpot random number determination for the count value U2 indicating the number of special 2 reserved balls, the second start opening jackpot symbol A determination table is set (step S1208). Details of the second start-up jackpot symbol determination table will be described later with reference to FIG.

この後、セットした大当たり図柄判定テーブルを用いて、大当たり図柄を判定する大当たり図柄乱数判定処理をおこなう(ステップS1209)。そして、大当たり図柄をセットし(ステップS1210)、処理を終了する。ステップS1205において、大当たりではないと判定した場合(ステップS1205:No)、ハズレ図柄をセットし(ステップS1211)、処理を終了する。   Thereafter, the jackpot symbol random number determination process for determining the jackpot symbol is performed using the set jackpot symbol determination table (step S1209). Then, the jackpot symbol is set (step S1210), and the process is terminated. If it is determined in step S1205 that the game is not a big hit (step S1205: No), a lost symbol is set (step S1211), and the process is terminated.

(大当たり図柄判定テーブルの一例)
次に、図13−1および図13−2を用いて、図12のステップS1207およびステップS1208においてセットされる大当たり図柄判定テーブルについて説明する。図13−1は、第1始動口用大当たり図柄判定テーブルの一例を示した説明図である。図13−1に示す第1始動口用大当たり図柄判定テーブル1310は、第1始動口105への入賞による当たり乱数判定処理の結果、大当たりに当選した場合に用いられるテーブルである。
(Example of jackpot symbol determination table)
Next, the jackpot symbol determination table set in step S1207 and step S1208 in FIG. 12 will be described with reference to FIGS. 13-1 and 13-2. FIG. 13A is an explanatory diagram of an example of a first startup jackpot symbol determination table. The first start opening jackpot symbol determination table 1310 shown in FIG. 13A is a table used when winning a jackpot as a result of winning random number determination processing by winning to the first starting opening 105.

図13−1に示す第1始動口用大当たり図柄判定テーブル1310は、各図柄の選択される割合を示している。通常長当たり図柄は、大当たり遊技の終了後に、電チューサポート機能が付加される低確率の電サポ遊技状態(時短遊技状態)を設定させる大当たり図柄である。   The first start-up jackpot symbol determination table 1310 shown in FIG. 13A shows the ratio of each symbol to be selected. The normal long win symbol is a jackpot symbol that sets a low-probability electric support game state (time-short game state) to which an electric chew support function is added after the jackpot game ends.

確変長当たり図柄は、大当たり遊技の終了後に、電チューサポート機能が付加される高確率の電サポ遊技状態(確変遊技状態)を設定させる大当たり図柄である。高確短当たり図柄は、大当たり遊技の終了後に、電チューサポート機能が付加されない高確率の非電サポ遊技状態(高確非時短遊技状態)を設定させる大当たりである。第1始動口用大当たり図柄判定テーブル1310では、確変長当たり図柄および高確短当たり図柄が、それぞれ「100/250」の割合で選択されるようになっている。   The probability variation per symbol is a jackpot symbol for setting a high-probability electric support game state (probability variation game state) to which an electric chew support function is added after the end of the jackpot game. The high-accuracy short win symbol is a jackpot for setting a high-probability non-electric support game state (high-accuracy non-short-time game state) to which the electric chew support function is not added after the jackpot game ends. In the first start opening jackpot symbol determination table 1310, the symbols per probability variation length and the symbols per high probability short are selected at a ratio of “100/250”, respectively.

図13−2は、第2始動口用大当たり図柄判定テーブルの一例を示した説明図である。図13−2に示す第2始動口用大当たり図柄判定テーブル1320は、第2始動口106への入賞による当たり乱数判定処理の結果、大当たりに当選した場合に用いられるテーブルである。図13−2に示す、第2始動口用大当たり図柄判定テーブル1320は、各図柄の選択される割合を示している。   FIG. 13-2 is an explanatory diagram of an example of a second start-up jackpot symbol determination table. The second start-up jackpot symbol determination table 1320 shown in FIG. 13B is a table used when a jackpot is won as a result of the winning random number determination process by winning the second start-up port 106. The second start-up jackpot symbol determination table 1320 shown in FIG. 13-2 shows the proportion of each symbol selected.

第2始動口用大当たり図柄判定テーブル1320では、高確短当たり図柄が選択されず、確変長当たりが「200/250」の割合で選択されるようになっている。すなわち、第2始動口106へ入賞した遊技球に対する大当たり図柄の判定は、第1始動口105へ入賞した遊技球に対する大当たり図柄判定に比べて、遊技者に有利な大当たり図柄(確変長当たり図柄)に当選しやすくなっている。   In the second start-up jackpot symbol determination table 1320, the symbol with high probability is not selected, and the probability variation length is selected at a ratio of “200/250”. That is, the determination of the jackpot symbol for the game ball won at the second starting port 106 is more advantageous to the player than the jackpot symbol determination for the game ball won at the first starting port 105 (the symbol per probability variation length). It is easier to win.

(変動パターン選択処理)
次に、図14を用いて、図11のステップS1108に示した変動パターン選択処理について説明する。図14は、主制御部201がおこなう変動パターン選択処理を示したフローチャートである。
(Change pattern selection process)
Next, the variation pattern selection process shown in step S1108 of FIG. 11 will be described using FIG. FIG. 14 is a flowchart showing a variation pattern selection process performed by the main control unit 201.

図14において、主制御部201のCPU211は、図12に示した大当たり判定処理の結果、大当たりであるか否かを判定する(ステップS1401)。大当たりである場合(ステップS1401:Yes)、保留球数を示すカウント値U(カウント値U1+U2)が「2」以上であるか否かを判定する(ステップS1402)。保カウント値Uが「2」以上である場合(ステップS1402:Yes)、連続演出用の変動パターンが記憶されている大当たり用第1変動パターンテーブル(図10−1参照)をセットする(ステップS1403)。   In FIG. 14, the CPU 211 of the main control unit 201 determines whether or not the jackpot is determined as a result of the jackpot determination process shown in FIG. 12 (step S1401). When it is a big hit (step S1401: Yes), it is determined whether or not the count value U (count value U1 + U2) indicating the number of reserved balls is “2” or more (step S1402). When the keeping count value U is “2” or more (step S1402: Yes), the first variation pattern table for jackpot (see FIG. 10-1) in which variation patterns for continuous production are stored is set (step S1403). ).

そして、変動パターン乱数判定処理を実行し(ステップS1404)、変動パターンを設定し(ステップS1405)、処理を終了する。ステップS1402において、カウント値Uが「1」以下である場合(ステップS1402:No)、連続演出用の変動パターンが記憶されていない大当たり用第2変動パターンテーブル(図10−2参照)をセットし(ステップS1406)、ステップS1404に移行する。   Then, a variation pattern random number determination process is executed (step S1404), a variation pattern is set (step S1405), and the process ends. In step S1402, when the count value U is “1” or less (step S1402: No), the big variation second variation pattern table (see FIG. 10-2) in which the variation pattern for continuous production is not stored is set. (Step S1406), the process proceeds to Step S1404.

ステップS1401において、大当たり乱数判定処理の結果が大当たりではない場合(ステップS1401:No)、カウント値Uが「2」以上であるか否かを判定する(ステップS1407)。カウント値Uが「2」以上である場合(ステップS1407:Yes)、連続演出用の変動パターンが記憶されているハズレ用第1変動パターンテーブル(図10−3参照)をセットし(ステップS1408)、ステップS1404に移行する。   In step S1401, when the result of the jackpot random number determination process is not a jackpot (step S1401: No), it is determined whether or not the count value U is “2” or more (step S1407). When the count value U is “2” or more (step S1407: Yes), the first variation pattern table for losing (see FIG. 10-3) storing the variation pattern for continuous production is set (step S1408). The process proceeds to step S1404.

ステップS1407において、カウント値Uが「1」以下である場合(ステップS1407:No)、連続演出用の変動パターンが記憶されていないハズレ用第2変動パターンテーブル(図10−4参照)をセットし(ステップS1409)、ステップS1404に移行する。   In step S1407, when the count value U is “1” or less (step S1407: No), the second variation pattern table for losing (see FIG. 10-4) in which the variation pattern for continuous production is not stored is set. (Step S1409), the process proceeds to Step S1404.

(演出制御部がおこなう処理について)
次に、ぱちんこ遊技機100の演出制御部202がおこなう処理について説明する。なお、以下に示す演出制御部202がおこなう各種の処理は、例えば、演出統括部202aのCPU241が、ROM242に記憶されたプログラムを実行することによりおこなう。
(About processing performed by the production control unit)
Next, processing performed by the effect control unit 202 of the pachinko gaming machine 100 will be described. The various processes performed by the effect control unit 202 described below are performed, for example, when the CPU 241 of the effect control unit 202a executes a program stored in the ROM 242.

(演出統括部がおこなう演出タイマ割込処理)
次に、図15を用いて、演出制御部202の演出統括部202aがおこなう演出タイマ割込処理について説明する。図15は、演出統括部202aがおこなう演出タイマ割込処理を示したフローチャートである。この演出タイマ割込処理は、起動中、所定期間(例えば4ms)毎に演出統括部202aがおこなう主演出制御処理に割り込み動作する処理である。
(Production timer interrupt processing performed by the Production Management Department)
Next, the effect timer interruption process performed by the effect control unit 202a of the effect control unit 202 will be described with reference to FIG. FIG. 15 is a flowchart showing an effect timer interruption process performed by the effect supervising unit 202a. This effect timer interruption process is a process that interrupts the main effect control process performed by the effect supervising unit 202a every predetermined period (for example, 4 ms) during activation.

図15において、演出統括部202aのCPU241は、主制御部201からコマンドを受信した際におこなうコマンド受信処理を実行する(ステップS1501)。コマンド受信処理については、図16を用いて後述する。そして、画像・音声制御部202bまたはランプ制御部202cに対してコマンドを送信するコマンド送信処理を実行し(ステップS1502)、処理を終了する。   In FIG. 15, the CPU 241 of the production control unit 202a executes a command reception process performed when a command is received from the main control unit 201 (step S1501). The command reception process will be described later with reference to FIG. Then, a command transmission process for transmitting a command to the image / audio control unit 202b or the lamp control unit 202c is executed (step S1502), and the process ends.

(コマンド受信処理)
次に、図16を用いて、図15のステップS1501に示したコマンド受信処理の詳細について説明する。図16は、演出統括部202aがおこなうコマンド受信処理を示したフローチャートである。図16において、演出統括部202aのCPU241は、主制御部201から保留球数増加コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1601)。保留球数増加コマンドは、主制御部201の始動口SW処理においてセットされるコマンドである(図7のステップS706およびステップS712参照)。
(Command reception processing)
Next, details of the command reception process shown in step S1501 of FIG. 15 will be described with reference to FIG. FIG. 16 is a flowchart showing command reception processing performed by the production supervision unit 202a. In FIG. 16, the CPU 241 of the production control unit 202a determines whether or not a reserve ball number increase command has been received from the main control unit 201 (step S1601). The retained ball number increase command is a command set in the start port SW process of the main control unit 201 (see step S706 and step S712 in FIG. 7).

保留球数増加コマンドを受信しない場合(ステップS1601:No)、ステップS1603に移行する。保留球数増加コマンドを受信した場合(ステップS1601:Yes)、演出事前判定処理を実行する(ステップS1602)。演出事前判定処理の詳細については図17を用いて後述する。   When the reserve ball number increase command is not received (step S1601: No), the process proceeds to step S1603. When the reserve ball number increase command is received (step S1601: Yes), the effect pre-determination process is executed (step S1602). Details of the effect predetermination process will be described later with reference to FIG.

この後、特別図柄の変動開始を示す変動開始コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1603)。変動開始コマンドは、主制御部201の特別図柄処理においてセットされるコマンドである(図11のステップS1109参照)。変動開始コマンドを受信しない場合(ステップS1603:No)、ステップS1605に移行する。変動開始コマンドを受信した場合(ステップS1603:Yes)、変動演出選択処理を実行する(ステップS1604)。変動演出選択処理は、特別図柄の変動に応じて、リーチ演出などの演出内容や停止させる演出図柄を選択する処理であり、詳細については図20−1および図20−2を用いて後述する。   Thereafter, it is determined whether or not a variation start command indicating the variation start of the special symbol has been received (step S1603). The variation start command is a command set in the special symbol process of the main control unit 201 (see step S1109 in FIG. 11). When the change start command is not received (step S1603: No), the process proceeds to step S1605. When the change start command is received (step S1603: Yes), the change effect selection process is executed (step S1604). The variation effect selection process is a process of selecting an effect content such as a reach effect or an effect symbol to be stopped according to the variation of the special symbol, and details will be described later with reference to FIGS. 20-1 and 20-2.

この後、演出図柄を停止させるための変動停止コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS1605)。変動停止コマンドは、特別図柄の変動停止を示すコマンドであり、主制御部201の特別図柄処理においてセットされるコマンドである(図11のステップS1112参照)。変動停止コマンドを受信しない場合(ステップS1605:No)、そのまま処理を終了する。変動停止コマンドを受信した場合(ステップS1605:Yes)、変動演出終了中処理を実行する(ステップS1606)。変動演出終了中処理は、詳細については図33を用いて後述するが、変動回数に応じて演出モードを変更したりする処理である。   Thereafter, it is determined whether or not a change stop command for stopping the effect symbol has been received (step S1605). The change stop command is a command indicating change stop of the special symbol, and is a command set in the special symbol processing of the main control unit 201 (see step S1112 in FIG. 11). When the change stop command is not received (step S1605: No), the process is terminated as it is. When the variation stop command is received (step S1605: Yes), the variation effect end process is executed (step S1606). The process during the end of the changing effect is a process of changing the effect mode according to the number of changes, as will be described in detail later with reference to FIG.

(演出事前判定処理)
次に、図17を用いて、図16のステップS1602に示した演出事前判定処理の処理内容について説明する。図17は、演出事前判定処理の処理内容を示すフローチャートである。図17において、演出統括部202aのCPU241は、演出統括部202aにてカウントする保留球数uに「1」を加算する(ステップS1701)。
(Production pre-judgment process)
Next, with reference to FIG. 17, the processing content of the effect pre-determination process shown in step S1602 of FIG. 16 will be described. FIG. 17 is a flowchart showing the processing contents of the effect preliminary determination processing. In FIG. 17, the CPU 241 of the effect control unit 202a adds “1” to the number of reserved balls u counted by the effect control unit 202a (step S1701).

そして、保留球数増加コマンドと同じタイミングで受信される事前判定コマンドを解析する(ステップS1702)。事前判定コマンドは、主制御部201の事前判定処理においてセットされるコマンドである(図8のステップS810参照)。そして、保留球数uが「2」以上であるか否かを判定する(ステップS1703)。保留球数uが「2」以上ではない場合(ステップS1703:No)、ステップS1709に移行する。   Then, a prior determination command received at the same timing as the reserved ball number increase command is analyzed (step S1702). The advance determination command is a command set in the advance determination process of the main control unit 201 (see step S810 in FIG. 8). Then, it is determined whether or not the number of reserved balls u is “2” or more (step S1703). When the number of reserved balls u is not equal to or greater than “2” (step S1703: No), the process proceeds to step S1709.

保留球数uが「2」以上である場合(ステップS1703:Yes)、事前判定コマンドを解析した結果が高ゾーン演出のスーパーリーチまたは低ゾーン演出のスーパーリーチのうち、いずれかのゾーン演出のスーパーリーチをおこなうものであるか否かを判定する(ステップS1704)。ステップS1704では、具体的には、保留球の変動パターンがP21またはP22(図10−1または図10−3参照)であるか否かを判定する。ゾーン演出のスーパーリーチをおこなわない場合(ステップS1704:No)、ステップS1709に移行する。ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう場合(ステップS1704:Yes)、ゾーン演出のスーパーリーチを開始するまでのゾーン開始残余数Kmaxに保留球数uを設定する(ステップS1705)。   When the number of reserved balls u is “2” or more (step S1703: Yes), the result of analyzing the pre-judgment command is either a super reach of a high zone effect or a super reach of a low zone effect. It is determined whether or not to perform reach (step S1704). In step S1704, specifically, it is determined whether or not the variation pattern of the holding ball is P21 or P22 (see FIG. 10-1 or FIG. 10-3). When the zone effect super reach is not performed (step S1704: NO), the process proceeds to step S1709. When super-reach for zone production is performed (step S1704: Yes), the number of reserved balls u is set to the zone start remaining number Kmax until the super-reach of zone production is started (step S1705).

この後、高ゾーン演出のスーパーリーチであるか否かを判定する(ステップS1706)。高ゾーン演出のスーパーリーチである場合(ステップS1706:Yes)、高ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示す高ゾーンフラグをONにする(ステップS1707)。一方、高ゾーン演出のスーパーリーチではない場合(ステップS1706:No)、すなわち、低ゾーン演出のスーパーリーチである場合、低ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示す低ゾーンフラグをONにする(ステップS1708)。   Thereafter, it is determined whether or not the super reach of the high zone effect (step S1706). If it is the super reach of the high zone effect (step S1706: Yes), the high zone flag indicating that the reserved ball for performing the super reach of the high zone effect is stored is turned ON (step S1707). On the other hand, when it is not the super reach of the high zone effect (step S1706: No), that is, when it is the super reach of the low zone effect, the low zone indicating that the reserved ball for performing the super reach of the low zone effect is stored. The flag is turned on (step S1708).

そして、予兆保留表示をおこなうか否かを判定するための、予兆保留判定処理を実行する(ステップS1709)。予兆保留判定処理では、図18−1および図18−2を用いて後述する予兆保留判定表に応じた割合で、期待度の高い高予兆保留表示または期待度の低い低予兆保留表示がおこなわれる。   Then, a sign hold determination process is performed to determine whether or not the sign hold display is performed (step S1709). In the sign hold determination process, a high sign hold display with a high expectation or a low sign hold display with a low expectation is performed at a rate corresponding to a sign hold determination table described later with reference to FIGS. 18A and 18B. .

そして、予兆保留判定処理の結果、期待度の高い高予兆保留表示を実行しない場合(ステップS1710:No)、ステップS1713に移行する。高予兆保留表示を実行する場合(ステップS1710:Yes)、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグをONにするとともに(ステップS1711)、高予兆保留表示されている保留球が変動されるまでの予兆残余数Ymaxに保留球数uを設定する(ステップS1712)。   Then, as a result of the predictive hold determination process, when high predictive hold display with high expectation is not executed (step S1710: No), the process proceeds to step S1713. When the high predictive hold display is executed (step S1710: Yes), the predictive hold flag indicating that the high predictive hold display is being performed is turned ON (step S1711), and the hold ball displayed with the high predictive hold is changed. The number of reserved balls u is set as the remaining predictive number Ymax (step S1712).

そして、事前判定コマンドを解析した結果が大当たりの保留球であるか否かを判定する(ステップS1713)。大当たりの保留球ではない場合(ステップS1713:No)、ステップS1715に移行する。大当たりの保留球である場合(ステップS1713:Yes)、保留球に大当たりがある旨を示す予兆当たりフラグをONにする(ステップS1714)。そして、画像・音声制御部202bに保留表示させるための、保留球数増加コマンドをセットし(ステップS1715)、処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the result of analyzing the prior determination command is a jackpot holding ball (step S1713). If it is not a big hit holding ball (step S1713: No), the process proceeds to step S1715. If it is a big hit reservation ball (step S1713: Yes), the per hit sign flag indicating that the reservation ball has a big hit is turned ON (step S1714). Then, a command for increasing the number of held balls for holding the image / sound control unit 202b is set (step S1715), and the process is terminated.

(予兆保留判定表の一例)
次に、図18−1および図18−2を用いて、図17のステップS1709に示した予兆保留判定処理における予兆保留表示の割合を示す予兆保留判定表について説明する。図18−1は、ハズレ用予兆保留判定表の一例を示す説明図である。図18−1において、ハズレ用予兆保留判定表1800は、各変動パターンの、予兆保留表示がされる割合を示している。予兆保留表示には、期待度の高い高予兆保留表示「●」と、期待度の低い低予兆保留表示「◎」と、通常の保留表示「○」とがある。
(Example of predictive hold judgment table)
Next, with reference to FIG. 18A and FIG. 18B, an indication hold determination table indicating the proportion of the indication hold display in the indication hold determination process shown in step S1709 of FIG. 17 will be described. FIG. 18A is an explanatory diagram of an example of the lose sign hold determination table. In FIG. 18A, the lose sign hold determination table 1800 shows the ratio of the sign hold display of each variation pattern. The predictive hold display includes a high predictive hold display “●” with high expectation, a low predictive hold display “表示” with low expectation, and a normal hold display “◯”.

具体的には、各変動パターンの高予兆保留表示「●」が実行される割合は、変動パターンP31のノーマルハズレの場合「1/100」、変動パターンP11〜P14のリーチA〜Dの場合「3/100」、変動パターンP15のリーチEの場合「25/100」、変動パターン21の低ゾーン演出のスーパーリーチの場合「20/100」、変動パターンP22の高ゾーン演出のスーパーリーチの場合「30/100」となっている。   Specifically, the ratio at which the high predictive hold display “●” of each fluctuation pattern is executed is “1/100” in the case of the normal loss of the fluctuation pattern P31, and “reach A to D in the fluctuation patterns P11 to P14”. 3/100 ”,“ 25/100 ”in the case of reach E of the variation pattern P15,“ 20/100 ”in the case of super reach with the low zone effect of the variation pattern 21, 30/100 ".

また、各変動パターンの低予兆保留表示「◎」が実行される割合は、変動パターンP31のノーマルハズレの場合「19/100」、変動パターンP11〜P14のリーチA〜Dの場合「27/100」、変動パターンP15のリーチEの場合「25/100」、変動パターン21の低ゾーン演出のスーパーリーチの場合「25/100」、変動パターンP22の高ゾーン演出のスーパーリーチの場合「25/100」となっている。各変動パターンにおいて、高予兆保留表示「●」または低予兆保留表示「◎」がおこなわれない場合、通常の保留表示「○」がおこなわれる。   The rate at which the low predictive hold display “◎” of each variation pattern is executed is “19/100” in the case of the normal loss of the variation pattern P31 and “27/100” in the case of the reach A to D of the variation patterns P11 to P14. “25/100” for reach E of the variation pattern P15, “25/100” for super reach of the low zone effect of the variation pattern 21, and “25/100” for super reach of the high zone effect of the variation pattern P22. " In each variation pattern, when the high sign hold display “●” or the low sign hold display “◎” is not performed, the normal hold display “◯” is performed.

図18−2は、大当たり用予兆保留判定表の一例を示す説明図である。図18−2において、大当たり用予兆保留判定表1820は、各変動パターンの、予兆保留表示がされる割合を示している。具体的には、各変動パターンの高予兆保留表示「●」が実行される割合は、変動パターンにかかわらず「45/100」になっている。また、低予兆保留表示「◎」が実行される割合は、変動パターンにかかわらず「35/100」になっている。さらに、通常の保留表示「○」が実行される割合は、変動パターンにかかわらず「20/100」になっている。図18−1および図18−2に示したように、高予兆保留表示「●」は大当たりのときに選択されやすく、すなわち、期待度が高く、遊技者が高揚する演出の一つとなっている。   FIG. 18-2 is an explanatory diagram of an example of the jackpot precursory reservation determination table. In FIG. 18-2, the jackpot sign hold determination table 1820 indicates the ratio of the sign hold display of each variation pattern. Specifically, the rate at which the high predictive hold display “●” of each variation pattern is executed is “45/100” regardless of the variation pattern. Further, the rate at which the low sign hold display “「 ”is executed is“ 35/100 ”regardless of the variation pattern. Furthermore, the rate at which the normal hold display “◯” is executed is “20/100” regardless of the variation pattern. As shown in FIGS. 18A and 18B, the high predictive hold display “●” is easy to select when the jackpot, that is, the expectation is high and is one of the effects that the player is uplifting. .

なお、大当たりの保留球に対して予兆保留表示をおこなう割合や、大当たりに対する期待度の高い高ゾーン演出のスーパーリーチやリーチEの変動パターンに対して予兆保留表示をおこなう割合を、例えば「100/100」とすると、予兆保留表示に対して遊技者の期待感は高まる一方で、予兆保留表示がされない保留球に対して遊技者は期待できなくなってしまう。本実施の形態では、予兆保留表示がされない保留球の変動演出に対してもある程度、遊技者が期待できるようにするため、大当たりの保留球に対して予兆保留表示をおこなう割合や、大当たりに対する期待度の高い高ゾーン演出のスーパーリーチやリーチEの変動パターンに対して予兆保留表示をおこなう割合を、「100/100」とならないようにしている。   In addition, the ratio of performing the sign hold display for the jackpot holding ball, or the ratio of performing the sign hold display for the high reach and the change pattern of the reach E with high expectation for the jackpot, for example, “100 / If it is “100”, the player's sense of expectation increases with respect to the sign hold display, while the player cannot expect the reserved ball without the sign hold display. In the present embodiment, in order to allow the player to expect to some extent even the fluctuating effect of the holding ball that is not displayed with the sign hold display, the proportion of the sign hold display for the jackpot hold ball and the expectation for the jackpot The ratio of the indication hold display for the high-reason super-reach and reach E fluctuation patterns is not set to “100/100”.

(ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yと、煽り演出と、の関係)
ここで、図19を用いて、ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yと、煽り演出と、の関係について説明しておく。図19は、ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yと、煽り演出と、の関係を示す説明図である。なお、保留球数は、特1保留球が最大で4つ記憶可能であり、特2保留球が最大で4つ記憶可能であることから、全保留球数の最大数は「8」であるが、説明の便宜上、ここでは特1保留球を例に挙げて最大「4」として説明する。
(Relationship between zone start remaining number K and predictive remaining number Y, and production effect)
Here, with reference to FIG. 19, the relationship between the zone start residual number K and the predictive residual number Y and the turn-off effect will be described. FIG. 19 is an explanatory diagram showing the relationship between the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y, and the turning effect. The number of reserved balls can be stored up to 4 for special 1 reserved balls, and up to 4 for special 2 reserved balls. Therefore, the maximum number of all reserved balls is “8”. However, for the sake of convenience of explanation, here, a special 1 reserved ball will be described as an example, and the maximum “4” will be described.

図19の説明図1900において、ゾーン開始残余数Kは、演出事前判定処理においてゾーン演出のスーパーリーチをおこなうと判定された場合における保留球数に相当する(図17のステップS1705参照)。予兆残余数Yは、演出事前判定処理において高予兆保留表示をおこなうと判定された場合における保留球数に相当する(図17のステップS1712参照)。   In the explanatory diagram 1900 of FIG. 19, the zone start remaining number K corresponds to the number of reserved balls when it is determined that the zone effect super-reach is to be performed in the effect advance determination process (see step S <b> 1705 in FIG. 17). The predictive remaining number Y corresponds to the number of reserved balls when it is determined to perform high predictive hold display in the effect preliminary determination process (see step S1712 in FIG. 17).

説明図1900の「変動」は、保留表示されている保留球の消化を示している。説明図1900の「保留表示」は、記憶されている保留球の表示状態を示しており、符号1901〜1903の「○」が通常保留表示であり、符号1904の「●」が期待度の高い変動であることを示す高予兆保留表示である。ここで、高予兆保留表示されている保留球1904は、ゾーン演出(高ゾーン演出または低ゾーン演出)のスーパーリーチをおこなう保留球であるものとする。   “Fluctuation” in the explanatory diagram 1900 indicates the digestion of the reserved ball displayed on hold. The “hold display” in the explanatory diagram 1900 shows the display state of the stored hold sphere, “◯” of reference numerals 1901 to 1903 is a normal hold display, and “●” of reference numeral 1904 has a high expectation. It is a high predictive hold display indicating that it is a fluctuation. Here, it is assumed that the reserved ball 1904 displayed with the high sign hold display is a hold ball that performs super reach of the zone effect (high zone effect or low zone effect).

「煽り演出の可否」は、高予兆保留表示の保留球1904に対してゾーン演出をおこなうにあたり、ゾーン演出の前段におこなわれる煽り演出(高煽り演出または低煽り演出)をおこなえるか否かを示したものである。「残り煽りガセ可能回数」は、高予兆保留表示されている保留球1904のゾーン演出のスーパーリーチの開始までに、煽りガセ演出をおこなえる回数を示している。予兆保留表示されている保留球1904がゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球ではない場合、「残り煽りガセ可能回数」は括弧内に示した回数分、おこなうことが可能になる。   “Availability of roll production” indicates whether or not the roll production (high roll production or low roll production) performed before the zone production can be performed when the zone production is performed on the holding ball 1904 with the high sign hold display. It is a thing. The “remaining number of times of hitting gasses” indicates the number of times that the hitting effects can be performed before the start of the super-reaching of the zone effects of the reserved ball 1904 displayed with high sign hold. In the case where the reserved ball 1904 displayed as the sign hold is not a reserved ball that performs the super-reach of the zone effect, the “number of remaining hits” can be performed as many times as indicated in parentheses.

具体的に説明すると、状態1910では、ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yは、保留球数が「3」となっている特別図柄の変動中に始動入賞があった場合、保留球数の最大値「4」を取る。ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yが「4」となっているときには、特別図柄の変動中であることから、すなわち、既に演出が選択されて実行されていることから、この変動における「煽り演出の可否」は「不可」となる。   More specifically, in the state 1910, the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y are the numbers of the reserved balls when there is a start prize during the change of the special symbol in which the number of reserved balls is “3”. Take the maximum value "4". When the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y are “4”, since the special symbol is changing, that is, the production has already been selected and executed, “Performance availability” is “impossible”.

ゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yが「4」となっている状態1910から、次の変動が開始されると、状態1920に示すゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yは「3」となる。状態1920の変動開始時では、「煽り演出の可否」は「可」となる。また、「残り煽りガセ可能数」は、高予兆保留表示がされている保留球1904によるゾーン演出のスーパーリーチと、この保留球の一つ前に記憶されている保留球1903による煽り演出とを除いて、今回の変動をおこなう保留球1901と、次の変動をおこなう保留球1902との2回となっている。   When the next change is started from the state 1910 in which the zone start residual number K and the predictive residual number Y are “4”, the zone start residual number K and the predictive residual number Y shown in the state 1920 are “3”. Become. At the start of the change in the state 1920, “whether or not the roaring effect is possible” is “possible”. In addition, the “number of remaining hits” can be expressed by the super-reaching of the zone effect by the reserved ball 1904 displayed with a high sign hold display and the beat effect by the reserved ball 1903 stored immediately before this reserved ball. Except for this, the holding ball 1901 that changes this time and the holding ball 1902 that changes the next time are two times.

状態1920において、煽り演出を開始させて、保留球1901でゾーン演出に突入させることも可能である。この場合、保留球1902,1903の変動は、例えばノーマルハズレの変動(図10−3の変動パターンP31)であるため、保留球1902,1903の変動演出ではゾーン演出中のハズレ演出がおこなわれる。そして、保留球1904の変動演出でスーパーリーチがおこなわれる。   In state 1920, it is also possible to start the roaring effect and enter the zone effect with the holding ball 1901. In this case, the change in the reserved balls 1902 and 1903 is, for example, a normal loss change (change pattern P31 in FIG. 10-3), so that the lost effect during the zone effect is performed in the change effect of the reserved balls 1902 and 1903. Then, the super reach is performed with the variation effect of the holding ball 1904.

状態1920から、次の変動が開始されると、状態1930に示すゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yは「2」となる。状態1930の変動開始時では、「煽り演出の可否」は「可」となる。また、「残り煽りガセ可能数」は、高予兆保留表示の保留球1904によるゾーン演出のスーパーリーチと、この保留球1904の一つ前に記憶されている保留球1903による煽り演出とを除いて、今回の変動をおこなう保留球1902のみの1回となっている。   When the next change is started from the state 1920, the zone start residual number K and the predictive residual number Y shown in the state 1930 become “2”. At the start of the change of the state 1930, “whether or not the roaring effect is possible” is “possible”. In addition, the “remaining number of beats that can be beaten” excludes the super-reaching of the zone effect by the reserved ball 1904 with the high sign hold display and the beat effect by the reserved ball 1903 stored immediately before this reserved ball 1904. This is only one time for the holding ball 1902 that performs the change this time.

状態1930において、煽り演出を開始させて、保留球1902でゾーン演出に突入させることも可能である。この場合、保留球1903の変動は、例えばノーマルハズレの変動(図10−3の変動パターンP31)であるため、保留球1903の変動演出ではゾーン演出中のハズレ演出がおこなわれる。そして、保留球1904の変動演出でスーパーリーチなどの演出がおこなわれる。   In state 1930, it is also possible to start the roaring effect and enter the zone effect with the holding ball 1902. In this case, since the change of the holding ball 1903 is, for example, a change of normal loss (fluctuation pattern P31 in FIG. 10-3), the change effect of the holding ball 1903 performs a loss effect during the zone effect. Then, an effect such as a super reach is performed by a variation effect of the reserved ball 1904.

状態1930から、次の変動が開始されると、状態1940に示すゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yは「1」となる。状態1940の変動開始時では、「煽り演出の可否」は「可」となる。また、「残り煽りガセ可能数」はなくなる。すなわち、状態1940の保留球1903による変動においてゾーン演出に突入していない場合には、必ず、煽り演出がおこなわれることを示している。   When the next change is started from the state 1930, the zone start residual number K and the predictive residual number Y shown in the state 1940 are "1". At the start of the change in the state 1940, “whether or not the roaring effect is possible” is “possible”. In addition, there is no “remaining number of survivable gasses”. That is, when the zone effect is not entered due to the change by the reserved ball 1903 in the state 1940, it is indicated that the beat effect is always performed.

状態1940から、次の変動が開始されると、状態1950に示すゾーン開始残余数Kおよび予兆残余数Yは「0」となる。状態1950の変動開始時では、「煽り演出の可否」は「不可」となる。また、「残り煽りガセ可能数」もない。状態1940の保留球1904による変動では、ゾーン演出および最終的に発展するスーパーリーチの演出がおこなわれる。予兆保留表示されている保留球1904がゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球ではない場合、例えばリーチE(図18−1参照)である場合、リーチEの演出がおこなわれる。   When the next change is started from the state 1940, the zone start residual number K and the predictive residual number Y shown in the state 1950 become “0”. At the start of the change of the state 1950, “whether or not the roaring effect is possible” becomes “impossible”. In addition, there is no “number of remaining survivable gasses”. In the variation due to the reserved ball 1904 in the state 1940, a zone effect and a finally developed super reach effect are performed. In the case where the reserved ball 1904 displayed as a sign hold is not a reserved ball that performs the super-reach of the zone effect, for example, if it is the reach E (see FIG. 18A), the reach E effect is performed.

このように、本実施の形態では、「残り煽りガセ可能回数」が「1」以上となるのは、状態1920,1930となっている。すなわち、高予兆保留表示がされた場合に遊技者は高期待度連続演出(高煽り演出)が実行されることを期待することとなるが、この遊技者の期待を煽るべく高ガセ演出をおこないやすくすることが可能な状態は、状態1920,1930となっている。   As described above, in the present embodiment, the states “19, 1930” indicate that the “number of remaining scooping possible times” is “1” or more. In other words, when the high predictive hold display is made, the player expects to perform a high-expected degree of continuous production (high-risk production), but performs a high-gase production to meet the player's expectations. The states that can be made easy are states 1920 and 1930.

(変動演出選択処理)
次に、図20−1および図20−2を用いて、図16のステップS1604に示した変動演出選択処理の処理内容について説明する。図20−1および図20−2は、変動演出選択処理の処理内容を示すフローチャートである。図20−1および図20−2において、演出統括部202aのCPU241は、変動開始コマンドを解析する(ステップS2001)。変動パターンの解析は、具体的には、現在の遊技状態、当たり判定の判定結果、変動パターンなどの解析である。
(Variation effect selection process)
Next, with reference to FIGS. 20A and 20B, processing contents of the changing effect selection process shown in Step S1604 of FIG. 16 will be described. FIG. 20A and FIG. 20B are flowcharts showing the processing contents of the variable effect selection process. 20A and 20B, the CPU 241 of the effect supervision unit 202a analyzes the change start command (step S2001). Specifically, the analysis of the variation pattern is an analysis of the current gaming state, the determination result of the hit determination, the variation pattern, and the like.

つづいて、保留球数を減算するための保留球数減算処理を実行する(ステップS2002)。この後、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグがONであるか否かを判定する(ステップS2003)。予兆保留フラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1711参照)。予兆保留フラグがONである場合(ステップS2003:Yes)、煽りガセ演出の当選割合を高めて煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなう、予兆時処理を実行する(ステップS2004)。予兆時処理の詳細については、図21を用いて後述する。   Subsequently, a reserved ball number subtraction process for subtracting the reserved ball number is executed (step S2002). Thereafter, it is determined whether or not a sign hold flag indicating that the high sign hold display is being displayed (step S2003). The sign hold flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1711 in FIG. 17). When the predictive hold flag is ON (step S2003: Yes), it is determined whether to increase the winning ratio of the hitting effect and determine whether or not the hitting effect is performed (step S2004). Details of the sign time processing will be described later with reference to FIG.

予兆保留フラグがOFFである場合(ステップS2003:No)、煽りガセ演出の当選割合を通常として煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなう、通常処理を実行する(ステップS2005)。通常処理の詳細については、図23を用いて後述する。この後、ゾーン演出(高ゾーン演出または低ゾーン演出)のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示すゾーンフラグ(高ゾーンフラグまたは低ゾーンフラグ)がONであるか否かを判定する(ステップS2006)。ゾーンフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1707またはステップS1708参照)。   When the sign hold flag is OFF (step S2003: No), a normal process is executed to determine whether or not to perform the hitting effect with the winning ratio of the hitting effect as normal (step S2005). Details of the normal processing will be described later with reference to FIG. Thereafter, it is determined whether or not a zone flag (high zone flag or low zone flag) indicating that a reserved ball for performing super reach of the zone effect (high zone effect or low zone effect) is stored is ON. (Step S2006). The zone flag is a flag that is set to ON in the effect predetermination process (see step S1707 or step S1708 in FIG. 17).

ゾーンフラグがONである場合(ステップS2006:Yes)、ゾーン演出を開始させるか否かの判定や煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなうゾーン処理を実行する(ステップS2007)。ゾーン処理の詳細については図25を用いて後述する。ゾーンフラグがOFFである場合(ステップS2006:No)、ステップS2005の通常処理において煽りガセ演出をおこなう場合にONに設定される通常煽りフラグ(図23のステップS2304参照)がONであるか否かを判定する(ステップS2008)。   If the zone flag is ON (step S2006: Yes), zone processing is executed to determine whether or not to start the zone effect and whether or not to perform the fly effect (step S2007). Details of the zone processing will be described later with reference to FIG. If the zone flag is OFF (step S2006: No), whether or not the normal turning flag set to ON (see step S2304 in FIG. 23) is ON when performing the turning effect in the normal processing of step S2005. Is determined (step S2008).

通常煽りフラグがONである場合(ステップS2008:Yes)、ステップS2010に移行する。通常煽りフラグがOFFである場合(ステップS2008:No)、ステップS2005と同様の処理である通常処理を実行する(ステップS2009)。この後、大当たりの保留球であることを示す予兆当たりフラグがONであるか否かを判定する(ステップS2010)。予兆当たりフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1714参照)。   When the normal turning flag is ON (step S2008: Yes), the process proceeds to step S2010. When the normal turning flag is OFF (step S2008: No), the normal process which is the same process as step S2005 is executed (step S2009). Thereafter, it is determined whether or not a predictive hit flag indicating ON is a big hit holding ball (step S2010). The predictive hit flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1714 in FIG. 17).

予兆当たりフラグがONである場合(ステップS2010:Yes)、煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなう予兆当たり処理を実行する(ステップS2011)。予兆当たり処理の詳細については、図31を用いて後述する。ステップS2010において、予兆当たりフラグがOFFである場合(ステップS2010:No)、ステップS2005またはステップS2009の通常処理において煽りガセ演出をおこなう場合にONに設定される通常煽りフラグ(図23のステップS2304参照)がONであるか否かを判定する(ステップS2012)。   When the predictive flag is ON (step S2010: Yes), a predictive process for determining whether or not to perform a frustration effect is executed (step S2011). Details of the processing per sign will be described later with reference to FIG. In step S2010, when the predictive flag is OFF (step S2010: No), the normal turning flag that is set to ON when the turning effect is produced in the normal processing of step S2005 or step S2009 (see step S2304 in FIG. 23). ) Is ON (step S2012).

通常煽りフラグがONである場合(ステップS2012:Yes)、ステップS2014に移行する。通常煽りフラグがOFFである場合(ステップS2012:No)、ステップS2005およびステップS2009と同様の処理である通常処理を実行する(ステップS2013)。この後、演出図柄の選択や、各モードに応じた変動演出パターンを選択するための、変動演出パターン選択処理を実行する(ステップS2014)。   When the normal turning flag is ON (step S2012: Yes), the process proceeds to step S2014. When the normal turning flag is OFF (step S2012: No), normal processing that is the same processing as step S2005 and step S2009 is executed (step S2013). Thereafter, a variation effect pattern selection process is performed to select an effect symbol and to select a variation effect pattern corresponding to each mode (step S2014).

そして、ステップS2005,ステップS2009,ステップS2013のいずれかの通常処理において煽りガセ演出をおこなう場合にONに設定される通常煽りフラグ(図23のステップS2304参照)がONであるか否かを判定する(ステップS2015)。通常煽りフラグがOFFである場合(ステップS2015:No)、ステップS2017に移行する。通常煽りフラグがONである場合(ステップS2015:Yes)、通常煽りフラグをOFFにする(ステップS2016)。そして、演出図柄の変動開始を示す変動演出開始コマンドをセットし(ステップS2017)、処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the normal turning flag (see step S2304 in FIG. 23) that is set to ON when the turning effect is performed in the normal processing of any of steps S2005, S2009, and S2013 is ON. (Step S2015). When the normal turning flag is OFF (step S2015: No), the process proceeds to step S2017. When the normal turning flag is ON (step S2015: Yes), the normal turning flag is turned OFF (step S2016). And the change production start command which shows the change start of production design is set (step S2017), and a process is complete | finished.

(予兆時処理)
次に、図21を用いて、図20−1のステップS2004に示した予兆時処理の処理内容について説明する。図21は、予兆時処理の処理内容を示すフローチャートである。図21において、演出統括部202aのCPU241は、ゾーン演出(高ゾーン演出または低ゾーン演出)のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示すゾーンフラグ(高ゾーンフラグまたは低ゾーンフラグ)がONであるか否かを判定する(ステップS2101)。ゾーンフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1707またはステップS1708参照)。
(Predictive processing)
Next, with reference to FIG. 21, processing contents of the sign time processing illustrated in step S2004 of FIG. 20A will be described. FIG. 21 is a flowchart showing the processing contents of the sign time processing. In FIG. 21, the CPU 241 of the production control unit 202a has a zone flag (high zone flag or low zone flag) indicating that a reserved ball for super-reach of zone production (high zone production or low zone production) is stored. It is determined whether or not it is ON (step S2101). The zone flag is a flag that is set to ON in the effect predetermination process (see step S1707 or step S1708 in FIG. 17).

ゾーンフラグがONである場合(ステップS2101:Yes)、そのまま処理を終了する。ゾーンフラグがOFFである場合(ステップS2101:No)、次変動以降に煽りガセ演出をおこないやすくするための連続ガセフラグがONであるか否かを判定する(ステップS2102)。連続ガセフラグは、後述するステップS2107において、ONに設定されるフラグである。   If the zone flag is ON (step S2101: Yes), the process is terminated as it is. If the zone flag is OFF (step S2101: NO), it is determined whether or not the continuous gas flag for facilitating the effect of fluttering after the next change is ON (step S2102). The continuous gas flag is a flag that is set to ON in step S2107 to be described later.

連続ガセフラグがOFFである場合(ステップS2102:No)、煽りガセ演出の選択される割合が通常よりも高い煽りガセ特別テーブルをセットする(ステップS2103)。煽りガセ特別テーブルの詳細については、図22−1を用い後述する。そして、セットした煽りガセ特別テーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS2104)。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS2105:No)、そのまま処理を終了する。   When the continuous gaze flag is OFF (step S2102: No), a turn gaze special table in which the ratio of selection of the turn gaze effect is higher than normal is set (step S2103). The details of the spear gase special table will be described later with reference to FIG. Then, using the set turn gutter special table, turn turn selection processing is executed (step S2104). If it is determined that the scooping effect is not executed as a result of the scissors selection processing (step S2105: No), the processing is terminated as it is.

煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS2105:Yes)、予兆残余数Yが「2」以上であるか否かを判定する(ステップS2106)。予兆残余数Yが「2」以上とは、図19の状態1920または状態1930であることに相当する。予兆残余数Yが「2」以上ではない場合(ステップS2106:No)、ステップS2108に移行する。予兆残余数Yが「2」以上である場合(ステップS2106:Yes)、すなわち、ゾーン演出をおこなわずに高予兆保留表示されている状況下で、図19の「残り煽りガセ可能回数」が「2」以上となる状態1920または状態1930である場合、次変動でも煽りガセ演出をおこなうための連続ガセフラグをONにする(ステップS2107)。   If it is determined as a result of the scooping selection process that a scissors effect is to be executed (step S2105: Yes), it is determined whether or not the predictive residual number Y is “2” or more (step S2106). The indication remaining number Y being “2” or more corresponds to the state 1920 or the state 1930 in FIG. When the predictive remaining number Y is not equal to or greater than “2” (step S2106: No), the process proceeds to step S2108. In the case where the remaining predictive number Y is “2” or more (step S2106: Yes), that is, in a situation where the high predictive hold is displayed without performing the zone effect, In the case of the state 1920 or the state 1930 that is equal to or greater than “2”, the continuous gaze flag for performing the frustration effect even in the next fluctuation is turned ON (step S2107).

そして、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットし(ステップS2108)、処理を終了する。ステップS2102において、連続ガセフラグがONである場合(ステップS2102:Yes)、煽りガセ特別テーブルに比べて、高ガセ演出または低ガセ演出がさらに選択されやすい、煽りガセ連続テーブルをセットする(ステップS2109)。煽りガセ連続テーブルの詳細については、図22−2を用いて後述する。   Then, a turn signal is set to cause the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c to perform a turn effect (step S2108), and the process ends. In step S2102, if the continuous gaze flag is ON (step S2102: Yes), a high-gase effect or a low-gase effect is selected more easily than the special gusset special table (step S2109). . The details of the turnover continuous table will be described later with reference to FIG.

そして、セットした煽りガセ連続テーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS2110)。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS2111:No)、ステップS2113に移行する。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS2111:Yes)、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットする(ステップS2112)。   Then, using the set turn-gase continuous table, a turn-gase selection process is executed (step S2110). If it is determined as a result of the selection process that the selection process is not performed (No in step S2111), the process proceeds to step S2113. If it is determined as a result of the selection process that the turning effect is to be executed (step S2111: Yes), a turning action command is set for causing the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c to perform the turning effect. (Step S2112).

この後、予兆残余数Yが「1」であるか否かを判定する(ステップS2113)。なお、予兆残余数Yは、図33を用いて後述する変動演出終了中処理において、減算されるものである。予兆残余数Yが「1」ではない場合(ステップS2113:No)、すなわち、予兆残余数Yが「2」であり、具体的には図19の状態1930である場合、そのまま処理を終了する。予兆残余数Yが「1」である場合(ステップS2113:Yes)、すなわち、図19の状態1940である場合、連続ガセフラグをOFFにし(ステップS2114)、処理を終了する。   Thereafter, it is determined whether or not the predictive residual number Y is “1” (step S2113). Note that the predictive residual number Y is subtracted in the process of finishing the changing effect described later with reference to FIG. When the predictive residual number Y is not “1” (step S2113: No), that is, when the predictive residual number Y is “2”, specifically, in the state 1930 of FIG. 19, the processing is ended as it is. When the predictive residual number Y is “1” (step S2113: Yes), that is, in the state 1940 of FIG. 19, the continuous gas flag is turned off (step S2114), and the process is terminated.

(煽りガセ特別テーブルの一例)
次に、図22−1を用いて、図21のステップS2103においてセットされる、煽りガセ特別テーブルの詳細について説明する。図22−1は、煽りガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。図22−1に示す煽りガセ特別テーブル2210は、高予兆保留表示がされたものの、ゾーン演出に突入しない場合に用いられるテーブルである。煽りガセ特別テーブル2210は、各煽りガセ演出をおこなう割合を示している。
(An example of a special sardine Gase table)
Next, with reference to FIG. 22-1, the details of the scooping special table set in step S2103 of FIG. 21 will be described. FIG. 22A is an explanatory diagram of an example of a special scooping gag table. 22-1 is a table that is used when the high sign hold display is displayed but the zone effect is not entered. The scooping gaze special table 2210 indicates the ratio at which each scooping gaze effect is performed.

具体的には、高ガセ演出をおこなう割合が「20/100」、低ガセ演出をおこなう割合が「10/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合が「70/100」になっており、低ガセ演出に比べて高ガセ演出の方が選択されやすくなっている。煽りガセ特別テーブル2210は、図22−2を用いて後述する煽りガセ連続テーブル2220に比べて、煽りガセ演出(高ガセ演出または低ガセ演出)のおこなわれる割合が低くなっている一方、図24を用いて後述する煽りガセ通常テーブル2400に比べて、煽りガセ演出(高ガセ演出または低ガセ演出)のおこなわれる割合が高くなっている。すなわち、高予兆保留表示がされている場合では、通常よりも煽りガセ演出がおこなわれやすくなっている。   Specifically, the ratio of performing the high gaze effect is “20/100”, the ratio of performing the low gaze effect is “10/100”, and the ratio of not performing the ruffled gaze effect is “70/100”. High Gase production is easier to select than Gase production. The ratio of the squeaky gaze effect (high gaze effect or low gusset effect) is lower in the squeeze gase special table 2210 than the squeeze gase continuation table 2220 described later with reference to FIG. Compared to the normal turn 2400 table, which will be described later, the ratio of the high turn effect or the high turn effect is high. In other words, when the high sign hold display is displayed, it is easier to produce a scooping effect than usual.

本実施の形態では、ゾーン演出に突入しない保留球が予兆保留表示された場合には、遊技者の期待感を高めさせるという観点から、煽りガセ特別テーブル2210を用いて、通常よりも煽りガセ演出をおこないやすくするようにしているが、この煽りガセ特別テーブル2210を用いずに、図24を用いて後述する煽りガセ通常テーブル2400を用いるようにしてもよい。   In the present embodiment, when a reserved ball that does not enter the zone effect is displayed as a sign hold display, from the viewpoint of increasing the player's expectation, the hitting effect special table 2210 is used to increase the player's expectation. However, it is also possible to use a turnover normal table 2400, which will be described later with reference to FIG. 24, without using the turnover special table 2210.

(煽りガセ連続テーブルの一例)
次に、図22−2を用いて、図21のステップS2103においてセットされる、煽りガセ連続テーブルの詳細について説明する。図22−2は、煽りガセ連続テーブルの一例を示す説明図である。図22−2に示す煽りガセ連続テーブル2220は、ゾーン演出に突入しない保留球に対して高予兆保留表示がされている場合であって、先の変動演出時に煽りガセ演出がおこなわれた場合に用いられるテーブルである。煽りガセ連続テーブル2220は、各煽りガセ演出をおこなう割合を示している。
(An example of a continuous gusset table)
Next, with reference to FIG. 22-2, the details of the turnover continuous table set in step S2103 of FIG. 21 will be described. FIG. 22-2 is an explanatory diagram of an example of a continuous ruffled table. In the case where a high-prediction hold display is made for a holding ball that does not enter the zone effect, and the turn-off effect is performed during the previous change effect, This is the table used. The scooping gaze continuous table 2220 indicates the ratio at which each scooping gaze effect is performed.

具体的には、高ガセ演出をおこなう割合が「40/100」、低ガセ演出をおこなう割合が「30/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合が「30/100」になっており、低ガセ演出に比べて高ガセ演出の方が選択されやすくなっている。煽りガセ連続テーブル2220は、図22−1を用いて上述した煽りガセ特別テーブル2210に比べて、高ガセ演出のおこなわれる割合が高くなっている。すなわち、ゾーン演出に突入しない保留球に対して高予兆保留表示がされている場合であって、先の変動演出時に煽りガセ演出がおこなわれた場合には、煽りガセ演出がよりおこなわれやすくなっている。   Specifically, the ratio of performing the high gaze effect is “40/100”, the ratio of performing the low gaze effect is “30/100”, and the ratio of not performing the ruffled gaze effect is “30/100”. High Gase production is easier to select than Gase production. The rate of the high-gase effect is higher in the turn-gase continuous table 2220 than the turn-gase special table 2210 described above with reference to FIG. In other words, if a high sign hold display is displayed for a holding ball that does not enter the zone effect, and if the beat effect is performed during the previous fluctuation effect, the beat effect is more likely to be performed. ing.

なお、上述した割合は一例であり、これに限らず、例えば、高ガセ演出をおこなう割合を「40/100」、低ガセ演出をおこなう割合を「0/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合を「60/100」などとしてもよい。このような割合とすると、低ガセ演出が選択されないので、すなわち、1つ前の変動時に低ガセ演出がおこなわれた後、次の変動で煽りガセ演出をおこなう場合には高ガセ演出がおこなわれるので、遊技者の期待感を段階的に高めることができる。また、1つ前の変動時に高ガセ演出がおこなわれた場合には、次の変動時に同じ高ガセ演出がおこなわれるので、遊技者を再度期待させることができる。   Note that the above-described ratio is an example, and is not limited to this. For example, the ratio of performing a high-gass effect is “40/100”, the ratio of performing a low-gase effect is “0/100”, and the ratio of not performing a scooping effect May be “60/100” or the like. In such a ratio, since the low-gase effect is not selected, that is, after the low-gase effect is performed at the time of the previous change, the high-gase effect is performed when the sag effect is performed at the next change. Therefore, a player's expectation can be raised step by step. Further, when a high gaze effect is performed during the previous change, the same high gase effect is performed during the next change, so that the player can be expected again.

なお、本実施の形態では、高ガセ演出のみを選択させるようにするには、低ガセ演出をおこなう割合を「0/100」とすることに限らず、高ガセ演出をおこなう割合を「100/100」としてもよい。   In the present embodiment, in order to select only the high-gase effect, the ratio of performing the low-gase effect is not limited to “0/100”, but the ratio of performing the high-gase effect is set to “100 / 100 ".

(通常処理)
次に、図23を用いて、図20−1および図20−2のステップS2005,ステップS2009,ステップS2013に示した通常処理の処理内容について説明する。図23は、通常処理の処理内容を示すフローチャートである。図23において、演出統括部202aのCPU241は、煽りガセ特別テーブル2210(図22−1参照)や煽りガセ連続テーブル2220(図22−2参照)に比べて、煽りガセ演出の選択される割合が低い煽りガセ通常テーブルをセットする(ステップS2301)。煽りガセ通常テーブルの詳細については、図24を用い後述する。
(Normal processing)
Next, with reference to FIG. 23, processing contents of the normal processing shown in steps S2005, S2009, and S2013 in FIGS. 20-1 and 20-2 will be described. FIG. 23 is a flowchart showing the processing contents of the normal processing. In FIG. 23, the CPU 241 of the production supervision unit 202a has a ratio of selection of the groin-gase effect compared to the groin-gase special table 2210 (see FIG. 22-1) and the groin-gase continuous table 2220 (see FIG. 22-2). A low punching normal table is set (step S2301). The details of the turnover normal table will be described later with reference to FIG.

そして、セットした煽りガセ通常テーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS2302)。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS2303:No)、そのまま処理を終了する。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS2303:Yes)、煽りガセ演出を実行する旨を示す通常煽りフラグをONにする(ステップS2304)。この後、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットし(ステップS2305)、処理を終了する。   Then, using the set turning normal table, the turning selection processing is executed (step S2302). If it is determined as a result of the selection selection process that the selection effect is not to be executed (step S2303: No), the process ends. If it is determined as a result of the selection process that the turning effect is to be executed (step S2303: Yes), the normal turning flag indicating that the turning effect is to be executed is turned ON (step S2304). Thereafter, a turn-off command for setting a turn-off effect on the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c is set (step S2305), and the process ends.

(煽りガセ通常テーブルの一例)
次に、図24を用いて、図23のステップS2301においてセットされる、煽りガセ通常テーブルの詳細について説明する。図24は、煽りガセ通常テーブルの一例を示す説明図である。図24に示す煽りガセ通常テーブル2400は、予兆保留表示がされていない場合、ゾーン演出をおこなわない場合、または、大当たりの保留球が記憶されていない場合に、用いられるテーブルである。煽りガセ通常テーブル2400は、各煽りガセ演出をおこなう割合を示している。
(An example of a regular table for scooping)
Next, with reference to FIG. 24, the details of the punching normal table set in step S2301 of FIG. 23 will be described. FIG. 24 is an explanatory diagram showing an example of the punching normal table. 24 is a table used when no sign hold display is performed, when no zone effect is performed, or when a big hit hold ball is not stored. The scooping normal table 2400 shows the ratio of performing each scissors effect.

具体的には、高ガセ演出をおこなう割合が「1/100」、低ガセ演出をおこなう割合が「2/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合が「97/100」になっている。煽りガセ通常テーブル2400は、図22−1を用いて上述した煽りガセ特別テーブル2210に比べて、煽りガセ演出(高ガセ演出または低ガセ演出)のおこなわれる割合が低くなっている。すなわち、予兆保留表示がされていない場合などでは、煽りガセ演出がおこなわれにくくなっている。   Specifically, the ratio of performing the high-gase effect is “1/100”, the ratio of performing the low-gase effect is “2/100”, and the ratio of not performing the ruffled gaze effect is “97/100”. Compared with the special cover table 2210 described above with reference to FIG. 22-1, the normal cover sheet table 2400 has a lower ratio of the cover sheet effect (high or low output effect). That is, in the case where the sign hold display is not performed, it is difficult for the scooping effect to be performed.

(ゾーン処理)
次に、図25を用いて、図20−1のステップS2007に示したゾーン処理の処理内容について説明する。図25は、ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。図25において、演出統括部202aのCPU241は、低ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示す低ゾーンフラグがONであるか否かを判定する(ステップS2501)。低ゾーンフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1708参照)。
(Zone processing)
Next, the processing contents of the zone processing shown in step S2007 of FIG. 20-1 will be described using FIG. FIG. 25 is a flowchart showing the processing contents of the zone processing. In FIG. 25, the CPU 241 of the effect supervision unit 202a determines whether or not a low zone flag indicating that a reserved ball for performing super reach of the low zone effect is stored is ON (step S2501). The low zone flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1708 in FIG. 17).

低ゾーンフラグがONである場合(ステップS2501:Yes)、低ゾーン演出を開始させるか否かの判定や煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなう低ゾーン処理を実行し(ステップS2502)、処理を終了する。低ゾーン処理の詳細については、図26を用い後述する。   If the low zone flag is ON (step S2501: Yes), low zone processing is executed to determine whether or not to start the low zone effect and to determine whether or not to perform the fringe effect (step S2502). The process ends. Details of the low zone processing will be described later with reference to FIG.

低ゾーンフラグがOFFである場合(ステップS2501:No)、すなわち、高ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示す高ゾーンフラグがONである場合、高ゾーン演出を開始させるか否かの判定や煽りガセ演出をおこなうか否かの判定をおこなう高ゾーン処理を実行し(ステップS2503)、処理を終了する。高ゾーン処理の詳細については、図29を用い後述する。また、高ゾーンフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1707参照)。   When the low zone flag is OFF (step S2501: No), that is, when the high zone flag indicating that the reserved ball for performing the super reach of the high zone effect is stored is ON, the high zone effect is started. A high zone process is performed to determine whether or not to perform a determination of whether or not to perform a frustration effect (step S2503), and the process ends. Details of the high zone processing will be described later with reference to FIG. Further, the high zone flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1707 in FIG. 17).

(低ゾーン処理)
次に、図26を用いて、図25のステップS2502に示した低ゾーン処理の処理内容について説明する。図26は、低ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。図26において、演出統括部202aのCPU241は、低ゾーン演出に既に突入した旨を示す低ゾーン実行フラグがONであるか否かを判定する(ステップS2601)。低ゾーン実行フラグは、後述するステップS2612においてONに設定されるフラグである。低ゾーン実行フラグがOFFである場合(ステップS2601:No)、低ゾーン演出に突入させるか否かの判定をおこなうための、低ゾーン突入判定処理を実行する(ステップS2602)。
(Low zone processing)
Next, the processing content of the low zone processing shown in step S2502 of FIG. 25 will be described using FIG. FIG. 26 is a flowchart showing the processing contents of the low zone processing. In FIG. 26, the CPU 241 of the effect supervising unit 202a determines whether or not the low zone execution flag indicating that the low zone effect has already been entered is ON (step S2601). The low zone execution flag is a flag that is set to ON in step S2612, which will be described later. When the low zone execution flag is OFF (step S2601: No), a low zone entry determination process for determining whether or not to enter the low zone effect is executed (step S2602).

低ゾーン突入判定処理では、図27を用いて後述する低ゾーン突入判定テーブルが用いられる。低ゾーン突入判定処理の結果、低ゾーン演出に突入しない場合(ステップS2603:No)、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグがONであるか否かを判定する(ステップS2604)。予兆保留フラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1711参照)。予兆保留フラグがONである場合(ステップS2604:Yes)、ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致するか否かを判定する(ステップS2605)。   In the low zone entry determination process, a low zone entry determination table described later with reference to FIG. 27 is used. As a result of the low zone entry determination process, if the low zone effect is not entered (step S2603: No), it is determined whether or not the sign hold flag indicating that the high sign hold display is being performed is ON (step S2604). The sign hold flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1711 in FIG. 17). If the sign hold flag is ON (step S2604: YES), it is determined whether the zone start remaining number K and the sign remaining number Y match (step S2605).

ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致するとは、高予兆保留表示された保留球が低ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球であることに相当する。ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致する場合(ステップS2605:Yes)、高ガセ演出が選択されやすい高ガセ特別テーブルをセットする(ステップS2606)。高ガセ特別テーブルの詳細については図28を用いて後述する。   The coincidence of the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y corresponds to the reserved ball displayed with the high predictive hold being the reserved ball that performs the super reach of the low zone effect. When the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y match (step S2605: Yes), a high-gase special table in which a high-gase effect is easily selected is set (step S2606). Details of the high-gase special table will be described later with reference to FIG.

そして、セットしたテーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS2607)。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS2608:No)、そのまま処理を終了する。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS2608:Yes)、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットし(ステップS2609)、処理を終了する。   Then, using the set table, the punching selection processing is executed (step S2607). If it is determined that the scooping effect is not executed as a result of the scissors selection processing (step S2608: No), the processing is terminated as it is. If it is determined as a result of the selection process that the turning effect is to be executed (step S2608: Yes), a turning action command for setting the turning effect to the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c is set. (Step S2609), the process ends.

ステップS2604において、予兆保留フラグがOFFである場合(ステップS2604:No)、図24に示した煽りガセ通常テーブル2400をセットし(ステップS2610)、ステップS2607に移行する。また、ステップS2605において、ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致しない場合(ステップS2605:No)、ステップS2610に移行する。ステップS2603において、低ゾーン突入判定処理の結果、低ゾーン演出に突入する場合(ステップS2603:Yes)、低煽り演出(図3−3(2)参照)を選択するとともに(ステップS2611)、低ゾーン実行フラグをONにし(ステップS2612)、処理を終了する。   In step S2604, when the sign hold flag is OFF (step S2604: No), the turntable normal table 2400 shown in FIG. 24 is set (step S2610), and the process proceeds to step S2607. If the zone start residual number K and the predictive residual number Y do not match in step S2605 (step S2605: No), the process proceeds to step S2610. In step S2603, as a result of the low-zone entry determination process, when entering the low-zone effect (step S2603: Yes), the low-rise effect (see FIG. 3-3 (2)) is selected (step S2611), and the low-zone effect is entered. The execution flag is set to ON (step S2612), and the process ends.

ステップS2601において、低ゾーン実行フラグがONである場合(ステップS2601:Yes)、すなわち、低ゾーン演出に既に突入している場合、低ゾーン中の演出を選択し(ステップS2613)、処理を終了する。低ゾーン中の演出とは、例えば、主制御部201によって選択された変動パターンがノーマルハズレのP31(図10−3参照)の場合は低ゾーン中のハズレ演出であり、主制御部201によって選択された変動パターンが低ゾーンのスーパーリーチをおこなうP21(図10−3参照)の場合は低ゾーン演出および最終的に発展するスーパーリーチがおこなわれる演出である。   In step S2601, if the low zone execution flag is ON (step S2601: Yes), that is, if the low zone effect has already been entered, an effect in the low zone is selected (step S2613), and the process ends. . The effect in the low zone is, for example, a loss effect in the low zone when the variation pattern selected by the main control unit 201 is P31 of normal loss (see FIG. 10-3), and is selected by the main control unit 201. In the case of P21 (see FIG. 10-3) in which the changed variation pattern performs super-reach in the low zone, it is an effect in which the low-zone effect and the finally developed super reach are performed.

(低ゾーン突入判定テーブルの一例)
次に、図27を用いて、図26のステップS2602に示した低ゾーン突入判定処理において用いられる、低ゾーン突入判定テーブルの詳細について説明する。図27は、低ゾーン突入判定テーブルの一例を示す説明図である。図27に示す低ゾーン突入判定テーブル2700は、低ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる保留球が記憶されている場合に、低ゾーン演出に突入させるか否かの判定に用いられるテーブルである。図27において低ゾーン突入判定テーブル2700は、ゾーン開始残余数K毎の低ゾーン演出に突入する割合を示している。低ゾーン演出に突入するとは、具体的には低煽り演出をおこなうことである。
(Example of low zone entry determination table)
Next, the details of the low zone entry determination table used in the low zone entry determination process shown in step S2602 of FIG. 26 will be described with reference to FIG. FIG. 27 is an explanatory diagram illustrating an example of a low zone entry determination table. The low zone entry determination table 2700 shown in FIG. 27 is a table used for determining whether or not to enter the low zone effect when a reserved ball on which the super reach of the low zone effect is performed is stored. In FIG. 27, the low zone entry determination table 2700 shows the rate of entry into the low zone effect for each zone start remaining number K. To enter the low zone production is to specifically produce a low-pitched production.

低ゾーン突入判定テーブル2700において、ゾーン開始残余数Kが「1」の場合、具体的には、図19に示した状態1940の場合、低ゾーン演出に突入する割合は「100/100」である。ゾーン開始残余数Kが「2」の場合、具体的には、図19に示した状態1930の場合、低ゾーン演出に突入する割合は「20/100」である。ゾーン開始残余数Kが「3」の場合、具体的には、図19に示した状態1920の場合、低ゾーン演出に突入する割合は「10/100」である。すなわち、ゾーン開始残余数Kが多いときほど、低ゾーン演出に突入しにくくなっている。また、図30を用い後述する高ゾーン突入判定テーブルに比べて、ゾーン演出に突入しにくくなっている。   In the low zone entry determination table 2700, when the zone start remaining number K is “1”, specifically, in the case of the state 1940 shown in FIG. 19, the rate of entry into the low zone effect is “100/100”. . When the zone start remaining number K is “2”, specifically, in the case of the state 1930 shown in FIG. 19, the rate of entering the low zone effect is “20/100”. When the zone start remaining number K is “3”, specifically, in the case of the state 1920 shown in FIG. 19, the rate of entering the low zone effect is “10/100”. That is, the more the zone start remaining number K is, the more difficult it is to enter the low zone effect. In addition, compared to a high zone entry determination table, which will be described later using FIG.

なお、ゾーン開始残余数Kが「0」の場合、具体的には、図19に示した状態1950の場合は、図33を用いて後述する変動演出終了中処理において低ゾーンフラグがOFFに設定されるため(図33のステップS3307参照)、図26に示した低ゾーン処理がおこなわれず、すなわち、低ゾーン突入判定テーブル2700を用いる低ゾーン突入判定処理の対象とはならない。また、ゾーン開始残余数Kが「4」の場合、具体的には、図19に示した状態1910の場合は、図20−1および図20−2に示した変動演出選択処理が開始されていないため、図26に示した低ゾーン処理が開始されておらず、すなわち、低ゾーン突入判定テーブル2700を用いる低ゾーン突入判定処理の対象とはならない。   Note that when the zone start remaining number K is “0”, specifically, in the case of the state 1950 shown in FIG. 19, the low zone flag is set to OFF in the changing effect end processing described later with reference to FIG. Therefore, the low zone process shown in FIG. 26 is not performed, that is, the low zone entry determination process using the low zone entry determination table 2700 is not performed. When the zone start remaining number K is “4”, specifically, in the case of the state 1910 shown in FIG. 19, the variation effect selection process shown in FIGS. 20A and 20B is started. Therefore, the low zone process shown in FIG. 26 is not started, that is, the low zone entry determination process using the low zone entry determination table 2700 is not performed.

(高ガセ特別テーブルの一例)
次に、図28を用いて、図26のステップS2606においてセットされる高ガセ特別テーブルの詳細について説明する。図28は、高ガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。図28に示す高ガセ特別テーブル2800は、低ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる保留球が高予兆保留表示されている場合における煽りガセ演出の選択に用いられるテーブルである。
(Example of high gasse special table)
Next, details of the high-gase special table set in step S2606 in FIG. 26 will be described with reference to FIG. FIG. 28 is an explanatory diagram showing an example of a high-gase special table. The high gaze special table 2800 shown in FIG. 28 is a table used for selection of the squeeze gaze effect in the case where the reserved ball on which the super reach of the low zone effect is performed is displayed with the high sign hold display.

高ガセ特別テーブル2800は、各煽りガセ演出をおこなう割合を示している。具体的には、高ガセ演出をおこなう割合が「60/100」、低ガセ演出をおこなう割合が「0/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合が「40/100」になっている。高ガセ特別テーブル2800は、煽りガセ特別テーブル2210(図22−1参照)や、煽りガセ連続テーブル2220(図22−2参照)や、煽りガセ通常テーブル2400(図24参照)などの他のテーブルに比べて、高ガセ演出のおこなわれる割合が高くなっている。すなわち、低ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる保留球が高予兆保留表示されている場合では、高ガセ演出がおこなわれやすくなっている。   The high-gase special table 2800 indicates the ratio of performing each groin production. Specifically, the ratio of performing the high gaze effect is “60/100”, the ratio of performing the low gaze effect is “0/100”, and the ratio of not performing the scooping gaze effect is “40/100”. The high-gase special table 2800 is another table such as the gutter special table 2210 (see FIG. 22-1), the gutter continuation table 2220 (see FIG. 22-2), or the gutter normal table 2400 (see FIG. 24). Compared to, the percentage of high-gase production is higher. That is, when the reserved ball on which the super-reach for the low zone effect is performed is displayed with the high sign hold, the high-gase effect is easily performed.

(高ゾーン処理)
次に、図29を用いて、図25のステップS2503に示した高ゾーン処理の処理内容について説明する。図29は、高ゾーン処理の処理内容を示すフローチャートである。図29において、演出統括部202aのCPU241は、高ゾーン演出に既に突入した旨を示す高ゾーン実行フラグがONであるか否かを判定する(ステップS2901)。高ゾーン実行フラグは、後述するステップS2912においてONに設定されるフラグである。高ゾーン実行フラグがOFFである場合(ステップS2901:No)、高ゾーン演出に突入させるか否かの判定をおこなうための、高ゾーン突入判定処理を実行する(ステップS2902)。
(High zone processing)
Next, the processing content of the high zone processing shown in step S2503 of FIG. 25 will be described using FIG. FIG. 29 is a flowchart showing the processing contents of the high zone processing. In FIG. 29, the CPU 241 of the effect supervision unit 202a determines whether or not the high zone execution flag indicating that the high zone effect has already been entered is ON (step S2901). The high zone execution flag is a flag that is set to ON in step S2912, which will be described later. When the high zone execution flag is OFF (step S2901: No), a high zone entry determination process is performed to determine whether to enter the high zone effect (step S2902).

高ゾーン突入判定処理では、図30を用いて後述する高ゾーン突入判定テーブルが用いられる。高ゾーン突入判定処理の結果、高ゾーン演出に突入しない場合(ステップS2903:No)、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグがONであるか否かを判定する(ステップS2904)。予兆保留フラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1711参照)。予兆保留フラグがONである場合(ステップS2904:Yes)、ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致するか否かを判定する(ステップS2905)。   In the high zone entry determination process, a high zone entry determination table described later with reference to FIG. 30 is used. As a result of the high zone entry determination process, when the high zone effect is not entered (step S2903: No), it is determined whether or not the sign hold flag indicating that the high sign hold display is being performed is ON (step S2904). The sign hold flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1711 in FIG. 17). If the predictive hold flag is ON (step S2904: YES), it is determined whether or not the zone start residual number K and the predictive residual number Y match (step S2905).

ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致するとは、高予兆保留表示された保留球が高ゾーン演出のスーパーリーチをおこなう保留球であることに相当する。ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致する場合(ステップS2905:Yes)、煽りガセ演出が選択されやすい煽りガセ特別テーブル(図22−1参照)をセットする(ステップS2906)。   The coincidence of the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y corresponds to the reserved ball displayed with high predictive hold being the reserved ball that performs super reach of the high zone effect. If the zone start remaining number K and the predictive remaining number Y match (step S2905: YES), a turntable special table (see FIG. 22-1) in which the turnover effect is easily selected is set (step S2906).

そして、セットしたテーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS2907)。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS2908:No)、そのまま処理を終了する。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS2908:Yes)、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットし(ステップS2909)、処理を終了する。   Then, using the set table, the scissors selection process is executed (step S2907). If it is determined as a result of the scooping selection process that the scissors effect is not to be executed (step S2908: No), the processing ends. If it is determined as a result of the selection process that the turning effect is to be executed (step S2908: Yes), a turning action command is set to cause the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c to produce the turning effect. (Step S2909), the process ends.

ステップS2904において、予兆保留フラグがOFFである場合(ステップS2904:No)、図24に示した煽りガセ通常テーブル2400をセットし(ステップS2910)、ステップS2907に移行する。また、ステップS2905において、ゾーン開始残余数Kと予兆残余数Yとが一致しない場合(ステップS2905:No)、ステップS2910に移行する。ステップS2903において、高ゾーン突入判定処理の結果、高ゾーン演出に突入する場合(ステップS2903:Yes)、高煽り演出(図3−1(2)参照)を選択するとともに(ステップS2911)、高ゾーン実行フラグをOFFにし(ステップS2912)、処理を終了する。   In step S2904, when the sign hold flag is OFF (step S2904: No), the turntable normal table 2400 shown in FIG. 24 is set (step S2910), and the process proceeds to step S2907. In step S2905, if the zone start residual number K and the predictive residual number Y do not match (step S2905: No), the process proceeds to step S2910. In step S2903, as a result of the high zone entry determination process, when entering the high zone effect (step S2903: Yes), the high-rolling effect (see FIG. 3-1 (2)) is selected (step S2911), and the high zone effect is entered. The execution flag is turned OFF (step S2912), and the process ends.

ステップS2901において、高ゾーン実行フラグがONである場合(ステップS2901:Yes)、すなわち、高ゾーン演出に既に突入している場合、高ゾーン中の演出を選択し(ステップS2913)、処理を終了する。高ゾーン中の演出とは、例えば、主制御部201によって選択された変動パターンがノーマルハズレのP31(図10−3参照)の場合は高ゾーン中のハズレ演出であり、主制御部201によって選択された変動パターンが高ゾーンのスーパーリーチをおこなうP22(図10−3参照)の場合は高ゾーン演出および最終的に発展するスーパーリーチがおこなわれる演出である。   In step S2901, if the high zone execution flag is ON (step S2901: Yes), that is, if the high zone effect has already been entered, an effect in the high zone is selected (step S2913), and the process ends. . The effect in the high zone is, for example, a loss effect in the high zone when the fluctuation pattern selected by the main control unit 201 is P31 (see FIG. 10-3) of normal loss, and is selected by the main control unit 201. In the case of P22 (see FIG. 10-3) in which the changed pattern is subjected to the super-reach in the high zone, the high-zone effect and the super-reach to be finally developed are performed.

(高ゾーン突入判定テーブルの一例)
次に、図30を用いて、図29のステップS2902に示した高ゾーン突入判定処理において用いられる、高ゾーン突入判定テーブルの詳細について説明する。図30は、高ゾーン突入判定テーブルの一例を示す説明図である。図30に示す高ゾーン突入判定テーブル3000は、高ゾーン演出のスーパーリーチがおこなわれる保留球が記憶されている場合に、高ゾーン演出に突入させるか否かの判定に用いられるテーブルである。図30において高ゾーン突入判定テーブル3000は、ゾーン開始残余数K毎の高ゾーン演出に突入する割合を示している。高ゾーン演出に突入するとは、具体的には高煽り演出をおこなうことである。
(Example of high zone entry determination table)
Next, details of the high zone entry determination table used in the high zone entry determination process shown in step S2902 of FIG. 29 will be described with reference to FIG. FIG. 30 is an explanatory diagram showing an example of a high zone entry determination table. The high zone entry determination table 3000 shown in FIG. 30 is a table used for determining whether or not to enter the high zone effect when a reserved ball on which super reach of the high zone effect is performed is stored. In FIG. 30, the high zone entry determination table 3000 shows the rate of entry into the high zone effect for each zone start remaining number K. To enter the high zone production is to perform a high pitch production.

高ゾーン突入判定テーブル3000において、ゾーン開始残余数Kが「1」の場合、具体的には、図19に示した状態1940の場合、高ゾーン演出に突入する割合は「100/100」である。ゾーン開始残余数Kが「2」の場合、具体的には、図19に示した状態1930の場合、高ゾーン演出に突入する割合は「50/100」である。ゾーン開始残余数Kが「3」の場合、具体的には、図19に示した状態1920の場合、高ゾーン演出に突入する割合は「40/100」である。すなわち、ゾーン開始残余数Kが多いときほど、低ゾーン演出に突入しにくくなっている。また、図27に示した低ゾーン突入判定テーブル2700に比べて、ゾーン演出に突入しやすくなっている。   In the high zone entry determination table 3000, if the zone start remaining number K is “1”, specifically, in the case of the state 1940 shown in FIG. 19, the rate of entry into the high zone effect is “100/100”. . When the zone start remaining number K is “2”, specifically, in the case of the state 1930 shown in FIG. 19, the rate of entering the high zone effect is “50/100”. When the zone start remaining number K is “3”, specifically, in the case of the state 1920 shown in FIG. 19, the rate of entering the high zone effect is “40/100”. That is, the more the zone start remaining number K is, the more difficult it is to enter the low zone effect. Further, compared to the low zone entry determination table 2700 shown in FIG. 27, it is easier to enter the zone effect.

なお、ゾーン開始残余数Kが「0」の場合、具体的には、図19に示した状態1950の場合は、図33を用いて後述する変動演出終了中処理において高ゾーンフラグがOFFに設定されるため(図33のステップS3307参照)、図29に示した高ゾーン処理がおこなわれず、すなわち、高ゾーン突入判定テーブル3000を用いる高ゾーン突入判定処理の対象とはならない。また、ゾーン開始残余数Kが「4」の場合、具体的には、図19に示した状態1910の場合は、図20−1および図20−2に示した変動演出選択処理が開始されていないため、図29に示した高ゾーン処理が開始されておらず、すなわち、高ゾーン突入判定テーブル3000を用いる高ゾーン突入判定処理の対象とはならない。   When the zone start remaining number K is “0”, specifically, in the case of the state 1950 shown in FIG. 19, the high zone flag is set to OFF in the changing effect end process described later with reference to FIG. 33. 29 (see step S3307 in FIG. 33), the high zone process shown in FIG. 29 is not performed, that is, the high zone entry determination process using the high zone entry determination table 3000 is not performed. When the zone start remaining number K is “4”, specifically, in the case of the state 1910 shown in FIG. 19, the variation effect selection process shown in FIGS. 20A and 20B is started. Therefore, the high zone process shown in FIG. 29 is not started, that is, the high zone entry determination process using the high zone entry determination table 3000 is not performed.

(予兆当たり処理)
次に、図31を用いて、図20−2のステップS2011に示した予兆当たり処理の処理内容について説明する。図31は、予兆当たり処理の処理内容を示すフローチャートである。図31において、演出統括部202aのCPU241は、高ゾーン演出に既に突入した旨を示す高ゾーン実行フラグまたは低ゾーン演出に既に突入した旨を示す低ゾーン実行フラグのうち、いずれか一方のゾーン実行フラグがONであるか否かを判定する(ステップS3101)。高ゾーン実行フラグは図29のステップS2912においてONに設定されるフラグであり、低ゾーン実行フラグは図26のステップS2612においてONに設定されるフラグである。
(Treatment per predictor)
Next, with reference to FIG. 31, the processing content of the predictive process shown in step S2011 of FIG. 20-2 will be described. FIG. 31 is a flowchart showing the processing contents of the predictive processing. In FIG. 31, the CPU 241 of the production control unit 202a executes either one of the high zone execution flag indicating that the high zone effect has already been entered or the low zone execution flag indicating that the low zone effect has already been entered. It is determined whether or not the flag is ON (step S3101). The high zone execution flag is a flag that is set to ON in step S2912 of FIG. 29, and the low zone execution flag is a flag that is set to ON in step S2612 of FIG.

ゾーン実行フラグがONである場合(ステップS3101:Yes)、すなわち、ゾーン演出中である場合、そのまま処理を終了する。ゾーン実行フラグがOFFである場合(ステップS3101:No)、すなわち、ゾーン演出中ではない場合、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグがONであるか否かを判定する(ステップS3102)。予兆保留フラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1711参照)。予兆保留フラグがONである場合(ステップS3102:Yes)、低ガセ演出が選択されやすい低ガセ特別テーブルをセットする(ステップS3103)。低ガセ特別テーブルの詳細については図32を用いて後述する。   If the zone execution flag is ON (step S3101: Yes), that is, if the zone effect is being performed, the process is terminated as it is. When the zone execution flag is OFF (step S3101: No), that is, when the zone effect is not being performed, it is determined whether or not the predictive hold flag indicating that the high predictive hold display is ON (step S3102). ). The sign hold flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1711 in FIG. 17). When the sign hold flag is ON (step S3102: Yes), a low gasset special table that is easy to select the low gasset effect is set (step S3103). Details of the low gas special table will be described later with reference to FIG.

ステップS3102において、予兆保留フラグがOFFである場合(ステップS3102:No)、図24に示した煽りガセ通常テーブル2400をセットする(ステップS3104)。そして、セットしたテーブルを用いて、煽りガセ選択処理を実行する(ステップS3105)。   In step S3102, if the predictive hold flag is OFF (step S3102: No), the turntable normal table 2400 shown in FIG. 24 is set (step S3104). Then, using the set table, the scissors selection process is executed (step S3105).

煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行しないと判定した場合(ステップS3106:No)、そのまま処理を終了する。煽りガセ選択処理の結果、煽りガセ演出を実行すると判定した場合(ステップS3106:Yes)、画像・音声制御部202bおよびランプ制御部202cに煽りガセ演出をおこなわせるための、煽りガセコマンドをセットし(ステップS3107)、処理を終了する。   If it is determined as a result of the selection selection process that the selection effect is not to be executed (step S3106: No), the process ends. If it is determined as a result of the selection process that the turning effect is to be executed (step S3106: Yes), a turning effect command for setting the turning effect is set in the image / sound control unit 202b and the lamp control unit 202c. (Step S3107), the process ends.

(低ガセ特別テーブルの一例)
次に、図32を用いて、図31のステップS3103においてセットされる低ガセ特別テーブルの詳細について説明する。図32は、低ガセ特別テーブルの一例を示す説明図である。図32に示す低ガセ特別テーブル3200は、大当たりの保留球が高予兆保留表示されている場合における煽りガセ演出の選択に用いられるテーブルである。
(An example of a special low gas table)
Next, with reference to FIG. 32, details of the low gasset special table set in step S <b> 3103 of FIG. 31 will be described. FIG. 32 is an explanatory diagram of an example of the low gas special table. The low gasse special table 3200 shown in FIG. 32 is a table used for selection of a roaring gaze effect in the case where a big hit hold ball is displayed with high sign hold.

低ガセ特別テーブル3200は、各煽りガセ演出をおこなう割合を示している。具体的には、高ガセ演出をおこなう割合が「0/100」、低ガセ演出をおこなう割合が「60/100」、煽りガセ演出をおこなわない割合が「40/100」になっている。低ガセ特別テーブル3200は、煽りガセ特別テーブル2210(図22−1参照)や、煽りガセ連続テーブル2220(図22−2参照)や、煽りガセ通常テーブル2400(図24参照)などの他のテーブルに比べて、低ガセ演出のおこなわれる割合が高くなっている。   The low-gase special table 3200 indicates the ratio of performing each ruffled gaze effect. Specifically, the ratio of performing the high gaze effect is “0/100”, the ratio of performing the low gaze effect is “60/100”, and the ratio of not performing the scooping gaze effect is “40/100”. The low-gase special table 3200 is another table such as a gutter special table 2210 (see FIG. 22-1), a gutter continuous table 2220 (see FIG. 22-2), or a gutter normal table 2400 (see FIG. 24). Compared to, the percentage of low-gase production is high.

すなわち、大当たりの保留球が高予兆保留表示されている場合では、低ガセ演出がおこなわれやすくなっている。言い換えれば、高予兆保留表示によって遊技者が高期待度連続演出(高煽り演出)に期待するものの、低期待度連続演出にすら発展しない低ガセ演出がおこなわれた場合には、大当たり時のプレミア演出となるようにしている。   That is, when the big hitting ball is displayed with high sign hold, it is easy to produce a low-gase effect. In other words, if a player expects a high-expected continuous production (high-risk production) with a high-predictive hold display, but a low-gasse production that does not develop into a low-expected continuous production is performed, the premiere at the jackpot I try to be a director.

なお、本実施の形態では、大当たりの保留球が高予兆保留表示された場合に低ガセ演出をおこないやすくしたが、これに限らず、期待度の高いハズレ保留球(例えばリーチEのハズレ保留球)が高予兆保留表示された場合にも低ガセ演出をおこないやすくしてもよい。このようにすれば、高予兆保留表示によって遊技者が高期待度連続演出(高煽り演出)に期待するものの、低期待度連続演出にすら発展しない低ガセ演出がおこなわれた場合には、期待度の高い演出とできるようになる。   In the present embodiment, it is easy to perform a low-gase effect when a big hitting holding ball is displayed with high predictive holding. However, the present invention is not limited to this. ) May be displayed easily with a low sign display. In this way, if the player expects a high-expectation continuous production (high-impact production) with a high-predictive hold display, but a low-gase production that does not develop into a low-expected continuous production is expected, It will be possible to produce a high degree of production.

(変動演出終了中処理)
次に、図33を用いて、図16のステップS1606に示した変動演出終了中処理の詳細について説明する。図33は、演出統括部202aがおこなう変動演出終了中処理を示したフローチャートである。図33において、演出統括部202aのCPU241は、変動停止コマンドの解析をおこなう(ステップS3301)。そして、大当たりであるか否かを判定する(ステップS3302)。大当たりではない場合(ステップS3302:No)、ステップS3304に移行する。大当たりである場合(ステップS3302:Yes)、ONに設定されている予兆当たりフラグをOFFにする(ステップS3303)。
(Processing during changing production)
Next, with reference to FIG. 33, the details of the changing effect end process shown in step S <b> 1606 of FIG. 16 will be described. FIG. 33 is a flowchart showing the process during the end of the changing effect performed by the effect supervising unit 202a. In FIG. 33, the CPU 241 of the production control unit 202a analyzes the change stop command (step S3301). And it is determined whether it is a big hit (step S3302). If it is not a big hit (step S3302: NO), the process proceeds to step S3304. If it is a big hit (step S3302: Yes), the predictive hit flag set to ON is turned OFF (step S3303).

そして、ゾーン演出(高ゾーン演出または低ゾーン演出)のスーパーリーチをおこなう保留球が記憶されていることを示すゾーンフラグ(高ゾーンフラグまたは低ゾーンフラグ)がONであるか否かを判定する(ステップS3304)。ゾーンフラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1707またはステップS1708参照)。   Then, it is determined whether or not a zone flag (high zone flag or low zone flag) indicating that a reserved ball for performing super reach of zone effect (high zone effect or low zone effect) is stored is ON ( Step S3304). The zone flag is a flag that is set to ON in the effect predetermination process (see step S1707 or step S1708 in FIG. 17).

ゾーンフラグがOFFである場合(ステップS3304:No)、ステップS3309に移行する。ゾーンフラグがONである場合(ステップS3304:Yes)、ゾーン開始残余数Kから「1」を減じる(ステップS3305)。そして、ゾーン開始残余数Kが「0」であるか否かを判定する(ステップS3306)。ゾーン開始残余数Kが「0」ではない場合(ステップS3306:No)、ステップS3309に移行する。ゾーン開始残余数Kが「0」である場合(ステップS3306:Yes)、ONに設定されているゾーンフラグ(高ゾーンフラグまたは低ゾーンフラグ)をOFFにする(ステップS3307)。   If the zone flag is OFF (step S3304: NO), the process proceeds to step S3309. If the zone flag is ON (step S3304: YES), “1” is subtracted from the zone start remaining number K (step S3305). Then, it is determined whether or not the zone start remaining number K is “0” (step S3306). If the zone start remaining number K is not “0” (step S3306: NO), the process proceeds to step S3309. If the zone start remaining number K is “0” (step S3306: YES), the zone flag (high zone flag or low zone flag) set to ON is turned OFF (step S3307).

そして、高ゾーン演出に既に突入した旨を示す高ゾーン実行フラグまたは低ゾーン演出に既に突入した旨を示す低ゾーン実行フラグのうち、いずれか一方のONに設定されているゾーン実行フラグをOFFにする(ステップS3308)。そして、高予兆保留表示中であることを示す予兆保留フラグがONであるか否かを判定する(ステップS3309)。予兆保留フラグは、演出事前判定処理においてONに設定されるフラグである(図17のステップS1711参照)。予兆保留フラグがOFFである場合(ステップS3309:No)、ステップS3313に移行する。   Then, the zone execution flag set to ON of either the high zone execution flag indicating that the high zone effect has already been entered or the low zone execution flag indicating that the low zone effect has already been entered is turned OFF. (Step S3308). Then, it is determined whether or not a sign hold flag indicating that the high sign hold display is being performed (step S3309). The sign hold flag is a flag that is set to ON in the effect preliminary determination process (see step S1711 in FIG. 17). If the sign hold flag is OFF (step S3309: NO), the process proceeds to step S3313.

予兆保留フラグがONである場合(ステップS3309:Yes)、予兆残余数Yから「1」を減じる(ステップS3310)。そして、予兆残余数Yが「0」であるか否かを判定する(ステップS3311)。予兆残余数Yが「0」ではない場合(ステップS3311:No)、ステップS3313に移行する。予兆残余数Yが「0」である場合(ステップS3311:Yes)、予兆保留フラグをOFFにする(ステップS3312)。そして、変動演出終了コマンドをセットして(ステップS3313)、処理を終了する。   If the sign hold flag is ON (step S3309: YES), “1” is subtracted from the sign remaining number Y (step S3310). Then, it is determined whether or not the predictive residual number Y is “0” (step S3311). When the predictive residual number Y is not “0” (step S3311: NO), the process proceeds to step S3313. When the predictive remaining number Y is “0” (step S3311: Yes), the predictive hold flag is turned OFF (step S3312). Then, a variation effect end command is set (step S3313), and the process ends.

以上説明したように、本実施の形態では、予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行している場合には、所定の割合(図22−1の煽りガセ特別テーブル2210または図24の煽りガセ通常テーブル2400参照)よりも高い割合(図22−2の煽りガセ連続テーブル2220参照)で、示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行するようにした。したがって、遊技者は、予兆保留表示された場合には、予兆保留表示された保留球よりも前の保留球による変動時に、連続演出に突入するかもしれないといった期待感をもって遊技することができ、すなわち、予兆保留表示された保留球の変動に対する遊技者の期待感を高めることができる。これにより、連続演出に対して、遊技者が早期に期待感を減退することを抑止でき、予兆保留表示がおこなわれた際の遊技の興趣を向上させることができる。   As described above, in the present embodiment, when an indication effect (a low gas effect or a high gas effect) is already being executed in a state in which the sign hold display is being executed, a predetermined ratio (FIG. 22- The suggestion effect (low or high-gase effect) is executed at a higher rate (see the fly-gase continuous table 2220 in FIG. 22-2) than the one-gutter special table 2210 in FIG. I tried to do it. Therefore, the player can play the game with a sense of expectation that, when the sign hold is displayed, the player may enter a continuous production when the sign is changed by the hold ball before the sign hold display. That is, it is possible to enhance the player's sense of expectation with respect to the change in the reserved ball displayed as a sign hold. Thereby, it can suppress that a player declines an anticipation with respect to a continuous production early, and the interest of the game at the time of a sign hold display can be improved.

また、本実施の形態では、異なる期待度を有する連続演出をおこなうようにし、予兆保留表示が実行されている状態で既に高ガセ演出を実行している場合には、所定の割合(図22−1の煽りガセ特別テーブル2210または図24の煽りガセ通常テーブル2400参照)よりも高い割合(図22−2の煽りガセ連続テーブル2220参照)で示唆演出(高ガセ演出)を実行するようにした。したがって、遊技者は、高期待度の連続演出に突入するかもしれないといった期待感をもって遊技することができ、すなわち、予兆保留表示された保留球の変動に対する遊技者の期待感をより高めることができる。   Further, in the present embodiment, a continuous production having different degrees of expectation is performed, and when a high-gase production is already executed in a state where the sign hold display is executed, a predetermined ratio (FIG. 22- The suggestion effect (high gaze effect) is executed at a higher rate (see the turn-gase continuous table 2220 in FIG. 22-2) than the one turn-gase special table 2210 or the turn-gase normal table 2400 in FIG. Therefore, the player can play with a sense of expectation that he / she may enter a high-expected continuous production, that is, the player's sense of expectation with respect to the change of the reserved ball displayed in the sign hold display can be further increased. it can.

さらに、本実施の形態では、期待度の高い高予兆保留表示または期待度の低い低予兆保留表示をおこなうようにし、高予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行している場合には、所定の割合(図22−1の煽りガセ特別テーブル2210または図24の煽りガセ通常テーブル2400参照)よりも高い割合(図22−2の煽りガセ連続テーブル2220参照)で、示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行するようにした。したがって、高予兆保留表示によって、遊技者は、連続演出に突入するかもしれないといった期待感をもって遊技することができ、すなわち、高予兆保留表示された保留球の変動に対する遊技者の期待感を高めることができる。   Further, in the present embodiment, a high predictive hold display with a high expectation level or a low predictive hold display with a low expectation level is performed, and the suggestion effect (low gaze effect or high When the “gase effect” is being executed, a rate higher than a predetermined rate (see the turn-gase special table 2210 in FIG. 22-1 or the turn-gase normal table 2400 in FIG. 24) (the turn-gase continuous in FIG. 22-2). In the table 2220), the suggestion effect (low-gase effect or high-gase effect) is executed. Therefore, the high predictive hold display allows the player to play with a sense of expectation that he / she may enter a continuous production, that is, increases the player's expectation for the change of the hold ball displayed with the high predictive hold display. be able to.

特に、本実施の形態では、高予兆保留表示が実行されている状態で既に示唆演出(低ガセ演出または高ガセ演出)を実行している場合には、所定の割合(図22−1の煽りガセ特別テーブル2210または図24の煽りガセ通常テーブル2400参照)よりも高い割合(図22−2の煽りガセ連続テーブル2220参照)で、示唆演出(高ガセ演出)を実行するようにした。したがって、高予兆保留表示によって、遊技者は、高期待度連続演出に突入するかもしれないといった期待感をもって遊技することができ、すなわち、高予兆保留表示された保留球の変動に対する遊技者の期待感をより高めることができる。   In particular, in the present embodiment, when a suggestion effect (low gaze effect or high gaze effect) has already been executed in a state in which the high sign hold display is being executed, a predetermined ratio (in FIG. 22-1) The suggestion effect (high-gase effect) is executed at a rate higher than the special gasset table 2210 or the normal gasset normal table 2400 of FIG. 24 (see the automatic gasase continuous table 2220 of FIG. 22-2). Therefore, the high predictive hold display allows the player to play with a sense of expectation that a high expectation continuous production may be entered, that is, the player's expectation for changes in the hold ball displayed with the high predictive hold display. A feeling can be raised more.

なお、本実施の形態では、期待度の異なる複数の種類の連続演出パターンを用いるようにしたが、連続演出パターンに期待度を具備させず、すなわち、1のパターンのみとすることも可能である。また、期待度の異なる複数の種類の連続演出パターンを用いる場合には、高期待度連続演出パターンおよび低期待度連続演出パターンの2パターンに限らず(図3−1および図3−3参照)、少なくとも高期待度と低期待度との2種類に分けることができるものであれば、3パターン以上とすることも可能である。   In the present embodiment, a plurality of types of continuous effect patterns having different degrees of expectation are used. However, the continuous effect patterns do not have the degree of expectation, that is, only one pattern may be used. . In addition, when using a plurality of types of continuous performance patterns with different degrees of expectation, the pattern is not limited to two patterns, a high expectation level continuous performance pattern and a low expectation level continuous performance pattern (see FIGS. 3-1 and 3-3). As long as it can be divided into at least two types of high expectation and low expectation, three or more patterns can be used.

また、本実施の形態では、特別図柄の変動に対応させて、連続演出を構成する各演出(煽り演出、煽りガセ演出、ゾーン演出へ突入させる演出)をおこなうようにしたが、これに限らず、特別図柄の変動に対応させて、連続演出を構成する各演出(煽り演出、煽りガセ演出、ゾーン演出へ突入させる演出)をおこなわないようにすることも可能である。すなわち、特別図柄の一の変動中に、煽り演出をおこなった後にゾーン演出へ突入させる演出をおこなうようにすることも可能である。   In the present embodiment, each of the effects that make up a continuous effect (an effect that makes a rush effect, a groaning effect, and a zone effect) corresponding to fluctuations in special symbols is performed. In addition, it is possible to prevent the production of the continuous production (the production effect, the production effect, and the zone production) from corresponding to the variation of the special symbol. In other words, during one change of the special symbol, it is also possible to perform an effect of entering the zone effect after performing the roaring effect.

100 ぱちんこ遊技機
105 第1始動口(始動領域)
106 第2始動口(始動領域)
201 主制御部
202 演出制御部
202a 演出統括部
202b 画像・音声制御部
202c ランプ制御部
211 CPU
212 ROM
213 RAM
241 CPU
242 ROM
243 RAM
501 判定部(判定手段)
502 図柄変動表示部(図柄変動表示手段)
503 保留記憶部(保留記憶手段)
504 事前判定部(事前判定手段)
505 予兆保留実行部(予兆保留実行手段)
506 連続演出パターン決定部(連続演出パターン決定手段)
507 連続演出パターン実行部(連続演出パターン実行手段)
508 示唆演出実行部(示唆演出実行手段)
510 演出実行部(演出実行手段)
100 Pachinko machine 105 First starting port (starting area)
106 Second start opening (starting area)
201 Main control unit 202 Production control unit 202a Production control unit 202b Image / audio control unit 202c Lamp control unit 211 CPU
212 ROM
213 RAM
241 CPU
242 ROM
243 RAM
501 Determination unit (determination means)
502 Symbol Fluctuation Display (Character Variation Display)
503 On-hold storage unit (on-hold storage means)
504 Pre-determination unit (pre-determination means)
505 Predictive hold execution unit (predictive hold execution means)
506 Continuous production pattern determination unit (continuous production pattern determination means)
507 Continuous production pattern execution unit (continuous production pattern execution means)
508 Suggestion effect execution unit (impact effect execution means)
510 Production execution unit (production execution means)

Claims (2)

遊技盤上の始動領域を遊技球が通過することによって取得した判定情報に基づいて、遊技者に有利な有利遊技状態とするか否かを判定する判定手段と、
前記判定手段による判定結果を示す図柄を変動表示する図柄変動表示手段と、
前記始動領域への遊技球の通過を契機に、前記判定情報を記憶する記憶手段と、
前記判定情報に基づいて、前記有利遊技状態とするか否かを、前記図柄の変動表示前に事前判定する事前判定手段と、
前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記事前判定がおこなわれた判定情報に対して前記有利遊技状態となる期待度が高いことを示唆する予兆保留表示を実行可能な予兆保留実行手段と、
前記図柄変動表示手段によって変動表示される図柄に対応させて演出を実行する演出実行手段と、
を備え、
前記演出実行手段は、
前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記有利遊技状態となる期待度の高い予兆演出および前記予兆演出の実行前に前記予兆演出を実行することを示唆する第1示唆演出を実行可能な予兆演出実行手段と、
前記予兆演出実行手段により前記予兆演出が実行されないときに、所定の第2示唆演出を実行可能な示唆演出実行手段と、
を有し、
前記予兆演出実行手段は、
前記予兆保留実行手段により前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記予兆演出を実行し、
前記示唆演出実行手段は、前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記第2示唆演出を実行し、
前記第1示唆演出は、所定の表示手段の所定位置に複数の演出図柄のうち一部の演出図柄を表示してから、前記一部の演出図柄に関連する残りの演出図柄を前記所定位置に表示させる演出であり、
前記第2示唆演出は、前記所定位置に前記一部の演出図柄を表示してから前記残りの演出図柄を前記所定位置に表示させない演出である
ことを特徴とする遊技機。
Determination means for determining whether or not to enter an advantageous gaming state advantageous to the player based on the determination information acquired by passing the game ball through the starting area on the game board;
Symbol variation display means for variably displaying a symbol indicating the determination result by the determination means;
Triggered by the passage of the game ball to the starting area, and the you store determination information storage憶means,
Pre-determination means for pre-determining whether to change to the advantageous gaming state based on the determination information before displaying the change of the symbol;
Based on the prior determination result by the prior determination means, the predictive hold execution capable of executing a predictive hold display that suggests that the degree of expectation to be in the advantageous gaming state is high with respect to the determination information on which the preliminary determination has been performed. Means,
Effect execution means for executing effects corresponding to the symbols variably displayed by the symbol variation display means;
With
The production execution means
Based on the prior determination result by the prior determination means, a predictive effect with a high expectation of entering the advantageous gaming state and a first suggestive effect that suggests executing the predictive effect before the execution of the predictive effect can be executed A predictive presentation execution means,
Suggestion effect execution means capable of executing a predetermined second suggestion effect when the sign effect execution means is not executed by the sign effect execution means;
Have
The sign production execution means includes:
When the sign hold display is being executed by the sign hold execution means, the sign effect is executed with a higher probability than when the sign hold display is not being executed,
The suggestion effect executing means executes the second suggestion effect at a higher probability when the sign hold display is being executed than when the sign hold display is not being executed,
The first suggestion effect is to display a part of the effect symbols among the plurality of effect symbols at a predetermined position of a predetermined display means, and then set the remaining effect symbols related to the part of the effect symbols to the predetermined position. It is an effect to be displayed,
The second suggestive effect is an effect in which the part of the effect symbols are displayed at the predetermined position and the remaining effect symbols are not displayed at the predetermined position.
遊技盤上の始動領域を遊技球が通過することによって取得した判定情報に基づいて、遊技者に有利な有利遊技状態とするか否かを判定する判定手段と、  Determination means for determining whether or not to enter an advantageous gaming state advantageous to the player based on the determination information acquired by passing the game ball through the starting area on the game board;
前記判定手段による判定結果を示す図柄を変動表示する図柄変動表示手段と、  Symbol variation display means for variably displaying a symbol indicating the determination result by the determination means;
前記始動領域への遊技球の通過を契機に、前記判定情報を記憶する記憶手段と、  Storage means for storing the determination information triggered by the passage of the game ball to the start area,
前記判定情報に基づいて、前記有利遊技状態とするか否かを、前記図柄の変動表示前に事前判定する事前判定手段と、  Pre-determination means for pre-determining whether to change to the advantageous gaming state based on the determination information before displaying the change of the symbol;
前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記事前判定がおこなわれた判定情報に対して前記有利遊技状態となる期待度が高いことを示唆する予兆保留表示を実行可能な予兆保留実行手段と、  Based on the prior determination result by the prior determination means, the predictive hold execution capable of executing a predictive hold display that suggests that the degree of expectation to be in the advantageous gaming state is high with respect to the determination information on which the preliminary determination has been performed. Means,
前記図柄変動表示手段によって変動表示される図柄に対応させて演出を実行する演出実行手段と、  Effect execution means for executing effects corresponding to the symbols variably displayed by the symbol variation display means;
を備え、  With
前記演出実行手段は、  The production execution means
前記事前判定手段による事前判定結果に基づいて、前記有利遊技状態となる期待度の高い予兆演出および前記予兆演出の実行前に前記予兆演出を実行することを示唆する第1示唆演出を実行可能な予兆演出実行手段と、  Based on the prior determination result by the prior determination means, a predictive effect with a high expectation of entering the advantageous gaming state and a first suggestive effect that suggests executing the predictive effect before the execution of the predictive effect can be executed A predictive presentation execution means,
前記予兆演出実行手段により前記予兆演出が実行されないときに、所定の第2示唆演出を実行可能な示唆演出実行手段と、  Suggestion effect execution means capable of executing a predetermined second suggestion effect when the sign effect execution means is not executed by the sign effect execution means;
を有し、  Have
前記予兆演出実行手段は、  The sign production execution means includes:
前記予兆保留実行手段により前記予兆保留表示が実行されているときにおいて、前記予兆保留表示が実行されていないときよりも高確率で前記予兆演出を実行し、  When the sign hold display is being executed by the sign hold execution means, the sign effect is executed with a higher probability than when the sign hold display is not being executed,
前記第1示唆演出は、ハズレの変動表示において実行可能な演出であるとともに、所定の表示手段の所定位置に複数の演出図柄のうち一部の演出図柄を表示してから、前記一部の演出図柄に関連する残りの演出図柄を前記所定位置に表示させる演出であり、  The first suggestion effect is an effect that can be executed in the loss display, and a part of the effect symbols among a plurality of effect symbols is displayed at a predetermined position of a predetermined display means. It is an effect of displaying the remaining effect symbols related to the symbol at the predetermined position,
前記第2示唆演出は、ハズレの変動表示において実行可能な演出であるとともに、前記所定位置に前記一部の演出図柄を表示してから前記残りの演出図柄を前記所定位置に表示させない演出であり、  The second suggestion effect is an effect that can be executed in the variation display of the loss, and is an effect that does not display the remaining effect symbols at the predetermined position after displaying the part of the effect symbols at the predetermined position. ,
前記予兆演出は、前記第1示唆演出を実行した前記ハズレの変動表示の後の変動表示において実行される演出であり、前記第2示唆演出を実行した前記ハズレの変動表示の後の変動表示において実行されない演出である、  The indication effect is an effect executed in a variation display after the loss variation display in which the first suggestion effect is performed, and in a variation display after the loss variation display in which the second suggestion effect is performed. It is a production that is not performed,
ことを特徴とする遊技機。  A gaming machine characterized by that.
JP2015013705A 2015-01-27 2015-01-27 Game machine Active JP6034893B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015013705A JP6034893B2 (en) 2015-01-27 2015-01-27 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015013705A JP6034893B2 (en) 2015-01-27 2015-01-27 Game machine

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013098826A Division JP5689149B2 (en) 2013-05-08 2013-05-08 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015077499A JP2015077499A (en) 2015-04-23
JP6034893B2 true JP6034893B2 (en) 2016-11-30

Family

ID=53009453

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015013705A Active JP6034893B2 (en) 2015-01-27 2015-01-27 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6034893B2 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4777271B2 (en) * 2007-02-15 2011-09-21 株式会社三共 Game machine
JP5148453B2 (en) * 2008-10-23 2013-02-20 株式会社三共 Game machine
JP2010154921A (en) * 2008-12-26 2010-07-15 Sankyo Co Ltd Game machine
JP5456362B2 (en) * 2009-04-27 2014-03-26 株式会社三共 Game machine
JP5404168B2 (en) * 2009-05-08 2014-01-29 京楽産業.株式会社 Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015077499A (en) 2015-04-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5269867B2 (en) Pachinko machine
JP5269866B2 (en) Pachinko machine
JP5265651B2 (en) Pachinko machine
JP5478059B2 (en) Game machine
JP2009261897A (en) Game machine
JP2016150093A (en) Game machine
JP5220795B2 (en) Game machine
JP2014155781A (en) Game machine
JP5689149B2 (en) Game machine
JP6034893B2 (en) Game machine
JP6031536B2 (en) Game machine
JP5689148B2 (en) Game machine
JP2009285407A (en) Game machine
JP6346133B2 (en) Game machine
JP4781388B2 (en) Game machine
JP2009226064A (en) Game machine
JP5211214B2 (en) Game machine
JP5078154B2 (en) Game machine
JP5039629B2 (en) Game machine
JP6450290B2 (en) Game machine
JP5078153B2 (en) Game machine
JP4991617B2 (en) Game machine
JP2021069595A (en) Game machine
JP4605723B2 (en) Game machine
JP2021069596A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150213

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160418

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161004

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161028

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6034893

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250