JP6019994B2 - Facsimile machine - Google Patents

Facsimile machine Download PDF

Info

Publication number
JP6019994B2
JP6019994B2 JP2012209880A JP2012209880A JP6019994B2 JP 6019994 B2 JP6019994 B2 JP 6019994B2 JP 2012209880 A JP2012209880 A JP 2012209880A JP 2012209880 A JP2012209880 A JP 2012209880A JP 6019994 B2 JP6019994 B2 JP 6019994B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
resolution
unit
communication
facsimile
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012209880A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014068067A (en
Inventor
千加 田伏
千加 田伏
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ブラザー工業株式会社 filed Critical ブラザー工業株式会社
Priority to JP2012209880A priority Critical patent/JP6019994B2/en
Publication of JP2014068067A publication Critical patent/JP2014068067A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6019994B2 publication Critical patent/JP6019994B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、帯域確保型のIPネットワークを介したファクシミリデータの送信に対応したファクシミリ装置に関する。   The present invention relates to a facsimile apparatus that supports transmission of facsimile data via a bandwidth reservation type IP network.
ファクシミリ装置に関する技術が提案されている。例えば、特許文献1には、画像通信装置が開示されている。画像通信装置は、インターネットプロトコル通信網に接続し、VoIP通信を利用して画像データを出力する。画像通信装置は、その通信先に発呼するとその通信に係わる料金の有無や料金の高低などを示す特定信号をインターネットプロトコル通信網から受信する。この特定信号を判別して、無料で通信ができる場合には高画質の出力属性を設定し、有料で通信ができる場合には低画質の出力属性を設定し、出力にかかる費用と出力する画質とのバランスを保つ。   Techniques related to facsimile machines have been proposed. For example, Patent Document 1 discloses an image communication apparatus. The image communication apparatus is connected to an Internet protocol communication network and outputs image data using VoIP communication. When a call is made to the communication destination, the image communication apparatus receives from the Internet protocol communication network a specific signal indicating whether there is a charge related to the communication or whether the charge is high or low. If this specific signal is discriminated, a high-quality output attribute is set if communication is free, and a low-quality output attribute is set if communication is available for a fee. And keep balance.
特許文献2には、2つのファクシミリ装置の制御方法が開示されている。第一の制御方法によるファクシミリ装置は、複数の読取線密度で送信原稿を読み取って蓄積し、そのときに指定された相手端末に送信する場合の通信コストの予測値をおのおのの読取線密度の画情報について算出し、予測値が最小で、かつ、読取線密度が最大の読取線密度をそのときの読取線密度として設定する。第二の制御方法によるファクシミリ装置は、最大の読取線密度で送信原稿を読み取って蓄積し、そのときに指定された相手端末に送信する場合の通信コストの予測値を、設定可能なおのおのの読取線密度の画情報について算出し、その予測値が最小で、かつ、読取線密度が最大の読取線密度をそのときの読取線密度として設定する。ファクシミリ装置は、画情報送信時に、蓄積画像を、その選択した解像度の画像データに変換しながら送信する。なお、送信する画情報のページを選択する構成についても開示されている。   Patent Document 2 discloses a method for controlling two facsimile machines. The facsimile apparatus according to the first control method reads and accumulates transmission originals at a plurality of reading line densities, and stores the predicted communication cost when transmitting to the designated partner terminal at that time. Information is calculated, and the read line density with the smallest predicted value and the largest read line density is set as the read line density at that time. The facsimile apparatus according to the second control method reads and stores transmission originals at the maximum reading line density, and sets the estimated communication cost when sending to the designated partner terminal at that time. The image information of the line density is calculated, and the read line density having the smallest predicted value and the largest read line density is set as the read line density at that time. When transmitting image information, the facsimile apparatus transmits the stored image while converting the stored image into image data of the selected resolution. A configuration for selecting a page of image information to be transmitted is also disclosed.
特許文献3には、ファクシミリ装置が開示されている。ファクシミリ装置は、通話料金データと通信枚数より通話時間の予測をし、その結果から読み取り画像密度を決定する。ユーザは、同一電話料金内での最高画質での送信ができる機能を選択できる。ファクシミリ装置は、任意の設計値をスレッシュ値とし、データ容量>設計値となった場合には、最高密度で送信を行う。   Patent Document 3 discloses a facsimile apparatus. The facsimile apparatus predicts the call time from the call charge data and the number of communication, and determines the read image density from the result. The user can select a function that allows transmission with the highest image quality within the same telephone fee. The facsimile apparatus performs transmission at the highest density when an arbitrary design value is set as a threshold value and data capacity> design value.
特開2007−13445号公報JP 2007-13445 A 特開平10−294847号公報Japanese Patent Laid-Open No. 10-294847 特開平11−98301号公報JP-A-11-98301
送信対象となる原稿を高解像度で読み取り、高解像度のファクシミリデータを送信すると、これを受信した相手先装置では、好適な品質の画像を印刷することができる。但し、高解像度のファクシミリデータは、データ量が大きくなる。従って、原稿の読み取りの解像度が高くなると、送信に要する時間が長くなる。   When a document to be transmitted is read with high resolution and facsimile data with high resolution is transmitted, an image of a suitable quality can be printed on the destination apparatus that has received the data. However, high-resolution facsimile data has a large data amount. Therefore, the time required for transmission increases as the resolution for reading a document increases.
次世代ネットワーク(Next Generation Network)と称されるIPネットワークが、通信事業者によって構築され、これを介した帯域確保型の通信サービスが実用化されている。このような通信サービスを利用すると、ファクシミリデータを高速に送信することが可能となる。このような通信サービスは、送信時間が、予め定められた基準となる時間(基準時間)を経過する毎に、課金される。基準時間当たりの通信費(課金額)は、利用する通信帯域によって異なる場合もある。   An IP network called a “Next Generation Network” has been constructed by a telecommunications carrier, and a bandwidth securing communication service through this has been put into practical use. By using such a communication service, facsimile data can be transmitted at high speed. Such a communication service is charged every time the transmission time elapses as a predetermined reference time (reference time). The communication cost (billing amount) per reference time may vary depending on the communication band to be used.
発明者は、上述したような点を考慮し、好適な解像度(画質)のファクシミリデータを相手先装置に送信することができる技術について検討を行った。   The inventor has studied the technique capable of transmitting facsimile data having a suitable resolution (image quality) to a destination apparatus in consideration of the above-described points.
本発明は、好適な解像度のファクシミリデータをスムーズに送信することができるファクシミリ装置を提供することを目的とする。   An object of the present invention is to provide a facsimile apparatus capable of smoothly transmitting facsimile data having a suitable resolution.
本発明の一側面は、帯域確保型のIPネットワークに接続された相手先装置に、読み取られた原稿に対応するファクシミリデータを、前記IPネットワークを介して送信するファクシミリ装置であって、原稿を読み取る読取部と、ファクシミリデータを送信する送信部と、前記ファクシミリ装置が対応する各解像度と、前記IPネットワークで利用される各通信帯域と、の各組み合わせに関連付けて、各組み合わせにおける解像度のファクシミリデータを該解像度と対をなす通信帯域で送信した場合に要する通信費を登録した第一登録部を作成する第一作成部と、ファクシミリデータの解像度を指定する解像度設定として設定された解像度を対象として、前記第一登録部で通信費が最も低額となる特定の通信帯域を、ファクシミリデータの送信に利用する通信帯域として決定する第一決定部と、前記第一登録部において前記特定の通信帯域と対をなす各解像度のうち、関連付けられた通信費が前記最も低額の通信費と同額である、前記解像度設定の解像度より高い解像度を、前記相手先装置に送信されるファクシミリデータの解像度として決定する第二決定部と、前記送信部から、前記第二決定部による決定に基づいたファクシミリデータを送信するように制御する送信制御部と、を備えるファクシミリ装置、である。   One aspect of the present invention is a facsimile apparatus that transmits facsimile data corresponding to a read original document to a destination apparatus connected to a bandwidth reservation type IP network via the IP network, and reads the original document. In association with each combination of a reading unit, a transmission unit for transmitting facsimile data, each resolution supported by the facsimile apparatus, and each communication band used in the IP network, facsimile data having a resolution in each combination is obtained. For the first creation unit that creates the first registration unit that registers the communication cost required when transmitting in the communication band that is paired with the resolution, and the resolution set as the resolution setting that specifies the resolution of the facsimile data, In the first registration unit, a specific communication band with the lowest communication cost is sent to the facsimile data transmission. Of the resolutions paired with the specific communication band in the first registration unit, the associated communication cost is the same as the lowest communication cost. A second determination unit that determines a resolution higher than the resolution setting resolution as the resolution of the facsimile data transmitted to the destination device, and facsimile data based on the determination by the second determination unit from the transmission unit. And a transmission control unit that controls the transmission.
これによれば、通信費を抑えつつ好適な解像度のファクシミリデータを相手先装置に送信することが可能な通信帯域及び解像度を、スムーズに決定することができる。相手先装置に、通信費を抑えつつ好適な解像度のファクシミリデータを送信することができる。   According to this, it is possible to smoothly determine a communication band and resolution capable of transmitting facsimile data having a suitable resolution to the counterpart apparatus while suppressing communication costs. Facsimile data having a suitable resolution can be transmitted to the partner apparatus while suppressing communication costs.
このファクシミリ装置は、次のようにしてもよい。前記読取部での原稿の読み取りを、前記ファクシミリ装置が対応する各解像度のうちの最高解像度で行うように制御する読取制御部と、前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではない場合、前記読取制御部による制御によって生成された前記最高解像度のファクシミリデータを、前記第二決定部によって決定された解像度に変換する変換部と、を備え、前記送信制御部は、前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度である場合、前記送信部から、前記最高解像度のファクシミリデータを送信するように制御し、前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではない場合、前記送信部から、前記変換部によって解像度が変換されたファクシミリデータを送信するように制御する、ようにしてもよい。これによれば、変換部によって、最高解像度のファクシミリデータを、第二決定部によって決定された解像度のファクシミリデータに変換することができる。解像度の変換を利用した好適なファクシミリデータの送信を行うことができる。   This facsimile apparatus may be configured as follows. The reading control unit that controls the reading of the original by the reading unit at the highest resolution among the corresponding resolutions of the facsimile apparatus, and the resolution determined by the second determination unit is not the highest resolution. A conversion unit that converts the highest resolution facsimile data generated by the control by the reading control unit into the resolution determined by the second determination unit, and the transmission control unit includes the second determination unit. When the resolution determined by the unit is the highest resolution, control is performed so that the highest resolution facsimile data is transmitted from the transmission unit, and the resolution determined by the second determination unit is not the highest resolution. The transmission unit is controlled to transmit facsimile data whose resolution is converted by the conversion unit. It may be. According to this, the conversion unit can convert the facsimile data having the highest resolution into the facsimile data having the resolution determined by the second determination unit. It is possible to transmit suitable facsimile data using resolution conversion.
前記相手先装置が有する解像度の能力を示す情報を取得する取得部を備え、前記送信制御部は、前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではなく、且つ、前記取得部によって取得された前記情報が前記第二決定部によって決定された解像度以上の解像度の能力を示す場合、前記変換部によって解像度が変換されたファクシミリデータを送信するように制御する、ようにしてもよい。これによれば、相手先装置が有する解像度の能力に応じた好適な解像度のファクシミリデータを送信することができる。   An acquisition unit that acquires information indicating the resolution capability of the counterpart device, and the transmission control unit acquires the resolution determined by the second determination unit not the highest resolution and is acquired by the acquisition unit; If the information thus obtained indicates a resolution capability higher than the resolution determined by the second determination unit, control may be performed so as to transmit facsimile data whose resolution has been converted by the conversion unit. According to this, it is possible to transmit facsimile data having a suitable resolution corresponding to the resolution capability of the counterpart apparatus.
前記IPネットワークで利用される各通信帯域と、各通信帯域の基準時間当たりの通信費と、を関連付けて登録した第二登録部を記憶する記憶部と、前記ファクシミリ装置が対応する各解像度と、各解像度のファクシミリデータをパケット化した場合のパケットサイズと、を関連付けて登録した第三登録部を、前記最高解像度のファクシミリデータのデータサイズを基準として作成する第二作成部と、を備え、前記第一作成部は、前記記憶部に記憶された前記第二登録部と、前記第二作成部によって作成された前記第三登録部に登録された各解像度に関連付けられたパケットサイズと、に従い、前記第一登録部を作成する、ようにしてもよい。これによれば、第一登録部を好適に作成することができる。   A storage unit that stores a second registration unit that is registered in association with each communication band used in the IP network and a communication cost per reference time of each communication band; and each resolution that the facsimile apparatus corresponds to; A second registration unit that creates a third registration unit that associates and registers a packet size when packetizing facsimile data of each resolution, and a data size of the highest resolution facsimile data; and The first creation unit, according to the second registration unit stored in the storage unit, and the packet size associated with each resolution registered in the third registration unit created by the second creation unit, The first registration unit may be created. According to this, a 1st registration part can be created suitably.
前記第一作成部は、前記解像度設定の解像度より高い解像度を対象として、前記第一登録部を作成する、ようにしてもよい。これによれば、第一登録部をスムーズに作成することができる。   The first creation unit may create the first registration unit for a higher resolution than the resolution setting resolution. According to this, a 1st registration part can be created smoothly.
本発明によれば、好適な解像度のファクシミリデータをスムーズに送信することができるファクシミリ装置を得ることができる。   According to the present invention, it is possible to obtain a facsimile apparatus capable of smoothly transmitting facsimile data having a suitable resolution.
通信システムの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of a communication system. 通信システムで実行される通信シーケンスである。It is a communication sequence performed with a communication system. ファクシミリ処理のフローチャートである。It is a flowchart of a facsimile process. INVITEメッセージのSDPの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of SDP of an INVITE message. 決定処理のフローチャートである。It is a flowchart of a determination process. 決定処理に関する各種のテーブルである。(A)は、第一通信費テーブルである。(B)は、データ量テーブルである。(C)〜(E)は、第二通信費テーブルである。It is various tables regarding a determination process. (A) is a first communication cost table. (B) is a data amount table. (C) to (E) are second communication cost tables. 送信処理のフローチャートである。It is a flowchart of a transmission process. 解像度検討処理のフローチャートである。It is a flowchart of a resolution examination process. 送信時間テーブルである。(A)は、送信時間が解像度毎に登録された状態を示す。(B)は、変換後送信時間が解像度毎に登録された状態を示す。(C)は、通信費が解像度毎に登録された状態を示す。It is a transmission time table. (A) shows a state in which the transmission time is registered for each resolution. (B) shows a state in which the post-conversion transmission time is registered for each resolution. (C) shows a state in which communication costs are registered for each resolution. 解像度変換処理のフローチャートである。It is a flowchart of a resolution conversion process.
本発明を実施するための実施形態について、図面を用いて説明する。本発明は、以下に記載の構成に限定されるものではなく、同一の技術的思想において種々の構成を採用することができる。例えば、以下に示す構成の一部は、省略し又は他の構成等に置換してもよい。他の構成を含むようにしてもよい。   Embodiments for carrying out the present invention will be described with reference to the drawings. The present invention is not limited to the configurations described below, and various configurations can be employed in the same technical idea. For example, some of the configurations shown below may be omitted or replaced with other configurations. Other configurations may be included.
<通信システム>
通信システム1について、図1を参照して説明する。図1に示す通信システム1は、IPネットワークとしての次世代ネットワーク(以下、「NGN」という)3によって構築される。NGN3は、光回線を基礎としたネットワークである。通信システム1では、NGN3を介して、ファクシミリデータ(以下、「FAXデータ」という)を送受信することができる。NGN3を介したこのようなサービスは、西日本電信電話株式会社及び東日本電信電話株式会社のような通信事業者によって提供される。西日本電信電話株式会社及び東日本電信電話株式会社によって提供されるNGN3を介した帯域確保型のデータ通信サービスとして、データコネクト(登録商標)サービスがある。利用可能な通信帯域は、例えば、64kbps、512kbps、1Mbpsである。この帯域確保型のデータ通信サービスでは、PSTN(Public Switched Telephone Networks 不図示)を介した通信と同様、市外局番、市内局番及び加入者番号を含む電話番号(以下、「ダイヤル番号」という)が利用される。ダイヤル番号としては、例えば、0ABJやE.164形式が例示され、通信事業者から割り当てられる。
<Communication system>
The communication system 1 will be described with reference to FIG. A communication system 1 shown in FIG. 1 is constructed by a next-generation network (hereinafter referred to as “NGN”) 3 as an IP network. NGN 3 is a network based on an optical line. In the communication system 1, facsimile data (hereinafter referred to as “FAX data”) can be transmitted / received via the NGN 3. Such services via NGN3 are provided by telecommunications carriers such as West Nippon Telegraph and Telephone Corporation and East Nippon Telegraph and Telephone Corporation. There is a data connect (registered trademark) service as a bandwidth securing type data communication service via NGN 3 provided by West Nippon Telegraph and Telephone Corporation and East Nippon Telegraph and Telephone Corporation. Available communication bands are, for example, 64 kbps, 512 kbps, and 1 Mbps. In this band-reserved data communication service, a telephone number including an area code, a local area code, and a subscriber number (hereinafter referred to as “dial number”) is the same as communication via PSTN (Public Switched Telephone Networks not shown). Is used. As a dial number, for example, 0ABJ, E.I. The 164 format is exemplified, and is assigned by the carrier.
通信システム1は、ファクシミリ装置(以下、「FAX装置」という)10と、相手先装置50と、SIP(Session Initiation Protocol)サーバ80と、ホームゲートウェイ(以下、「HGW」という)82を含む。FAX装置10は、後述する各種の処理(図3、図5、図7、図8及び図10参照)を実行可能な装置である。相手先装置50は、FAX装置10の通信相手となるFAX装置である。FAX装置10は、LANケーブル7によって、HGW82に接続される。FAX装置10の側のHGW82は、NGN3に接続される。相手先装置50は、FAX装置10と同様、LANケーブル7によって、HGW82に接続される。相手先装置50の側のHGW82も、NGN3に接続される。   The communication system 1 includes a facsimile apparatus (hereinafter referred to as “FAX apparatus”) 10, a counterpart apparatus 50, a SIP (Session Initiation Protocol) server 80, and a home gateway (hereinafter referred to as “HGW”) 82. The FAX apparatus 10 is an apparatus that can execute various processes described later (see FIGS. 3, 5, 7, 8, and 10). The partner apparatus 50 is a FAX apparatus that is a communication partner of the FAX apparatus 10. The FAX apparatus 10 is connected to the HGW 82 by the LAN cable 7. The HGW 82 on the FAX apparatus 10 side is connected to NGN 3. The partner apparatus 50 is connected to the HGW 82 by the LAN cable 7 as in the FAX apparatus 10. The HGW 82 on the partner device 50 side is also connected to the NGN 3.
FAX装置10とHGW82の接続、及び/又は、相手先装置50とHGW82の接続は、無線LANによって行われてもよい。FAX装置10の側のHGW82は、FAX装置10及びNGN3との間の通信を中継する。相手先装置50の側のHGW82は、相手先装置50及びNGN3との間の通信を中継する。HGW82は、通信事業者によって提供される場合もある。   The connection between the FAX apparatus 10 and the HGW 82 and / or the connection between the counterpart apparatus 50 and the HGW 82 may be performed by a wireless LAN. The HGW 82 on the FAX apparatus 10 side relays communication between the FAX apparatus 10 and NGN 3. The HGW 82 on the partner device 50 side relays communication between the partner device 50 and the NGN 3. The HGW 82 may be provided by a telecommunications carrier.
SIPサーバ80は、FAX装置10のIPアドレス及びSIPURI(SIP Uniform Resource Identifier)を対応付けて記憶し、相手先装置50の、IPアドレス及びSIPURIを対応付けて記憶している。SIPサーバ80は、SIPによる、FAX装置10と相手先装置50との間の通信を制御する。NGN3を介して実行されるT.38ベースのIPFAX(Internet Protocol Fax 以下、「T.38FAX」という)通信において、SIPに基づく各種の信号(指令)は、FAX装置10と相手先装置50との間で、SIPサーバ80を経由して送受信される。T.38FAX通信については、後述する。   The SIP server 80 stores the IP address of the FAX apparatus 10 and SIP URI (SIP Uniform Resource Identifier) in association with each other, and stores the IP address and SIP URI of the partner apparatus 50 in association with each other. The SIP server 80 controls communication between the FAX apparatus 10 and the counterpart apparatus 50 by SIP. Executed via NGN3. In 38-based IPFAX (Internet Protocol Fax, hereinafter referred to as “T.38FAX”) communication, various signals (commands) based on SIP pass through the SIP server 80 between the FAX apparatus 10 and the partner apparatus 50. Sent and received. T.A. The 38 FAX communication will be described later.
<通信装置>
FAX装置10は、T.38FAX通信を行うための機能を有する。T.38は、IPプロトコルを用いて、FAX通信を行うための伝送制御プロトコルである。T.38FAX通信は、SIPURIを用いて、FAXデータを送受信するものである。T.38FAX通信によるFAXデータの送受信は、NGN3を介して行われる。T.38FAX通信において、FAXデータは符号化されて送受信される。本実施形態では、T.38FAX通信におけるFAXデータの送信を「T.38FAX送信」という。
<Communication device>
The FAX apparatus 10 is a T.D. It has a function for performing 38 FAX communication. T.A. 38 is a transmission control protocol for performing FAX communication using the IP protocol. T.A. In 38 FAX communication, FAX data is transmitted and received using SIP URI. T.A. Transmission / reception of FAX data by 38 FAX communication is performed via NGN3. T.A. In 38 FAX communication, FAX data is encoded and transmitted / received. In this embodiment, T.I. Transmission of FAX data in 38 FAX communication is referred to as “T.38 FAX transmission”.
FAX装置10は、図1に示すように、表示部12と、操作部14と、読取部16と、印刷部18と、ネットワークインターフェース(ネットワークI/F)20を備える。FAX装置10は、CPU30と、プログラムROM32と、RAM34と、フラッシュROM36とを備える。これら各部12〜36は、バスライン22に接続される。   As shown in FIG. 1, the FAX apparatus 10 includes a display unit 12, an operation unit 14, a reading unit 16, a printing unit 18, and a network interface (network I / F) 20. The FAX apparatus 10 includes a CPU 30, a program ROM 32, a RAM 34, and a flash ROM 36. These units 12 to 36 are connected to the bus line 22.
表示部12は、諸情報を表示するためのディスプレイである。操作部14は、複数のキーを含む。操作部14に含まれるキーとしては、0〜9等のテンキー及びスタートキー等が例示される。テンキーは、例えば、ダイヤル番号を入力する際に押下される。スタートキーは、T.38FAX送信を行う際に、押下される。ユーザは、操作部14に含まれる各種の処理に対応付けられたキーを操作することで、各種の指示をFAX装置10に入力することができる。   The display unit 12 is a display for displaying various information. The operation unit 14 includes a plurality of keys. Examples of keys included in the operation unit 14 include numeric keys such as 0 to 9 and a start key. The numeric keypad is pressed, for example, when inputting a dial number. The start key is T. Pressed when performing 38 FAX transmission. The user can input various instructions to the FAX apparatus 10 by operating keys associated with various processes included in the operation unit 14.
読取部16は、原稿を読み取る。印刷部18は、FAX装置10で受信されたFAXデータに対応する画像を、記録用紙に印刷する。ネットワークI/F20には、LANケーブル7が挿入(接続)される。ネットワークI/F20は、HGW82を介して接続されるNGN3を利用した通信に対応する。   The reading unit 16 reads a document. The printing unit 18 prints an image corresponding to the FAX data received by the FAX apparatus 10 on a recording sheet. The LAN cable 7 is inserted (connected) into the network I / F 20. The network I / F 20 corresponds to communication using NGN 3 connected via the HGW 82.
CPU30は、演算処理を実行する。プログラムROM32は、後述する各種の処理等のためのコンピュータプログラムを記憶する。RAM34は、CPU30が各種のコンピュータプログラムを実行する際に利用される記憶領域となる。RAM34には、所定のデータ(情報)が記憶される。RAM34には、後述する、第一通信費テーブル(図6(A)参照)、データ量テーブル(図6(B)参照)、第二通信費テーブル(図6(C)〜(E)参照)及び送信時間テーブル(図9(A)〜(C)参照)も記憶される。CPU30は、プログラムROM32に記憶された各種のコンピュータプログラムを実行する等して、FAX装置10を制御する。これによって、FAX装置10では、各種の処理が実行され、各種の機能が実現される。   CPU30 performs arithmetic processing. The program ROM 32 stores computer programs for various processes described later. The RAM 34 is a storage area used when the CPU 30 executes various computer programs. The RAM 34 stores predetermined data (information). The RAM 34 has a first communication cost table (see FIG. 6A), a data amount table (see FIG. 6B), and a second communication cost table (see FIGS. 6C to 6E), which will be described later. In addition, a transmission time table (see FIGS. 9A to 9C) is also stored. The CPU 30 controls the FAX apparatus 10 by executing various computer programs stored in the program ROM 32. As a result, the FAX apparatus 10 executes various processes and implements various functions.
フラッシュROM36は、各種のデータを記憶する。例えば、フラッシュROM36には、SIPサーバ80のドメイン名が記憶される。ユーザは、操作部14を操作し、SIPサーバ80のドメイン名を記憶させる。フラッシュROM36には、料金テーブルが記憶される。料金テーブルには、NGN3で利用可能な通信帯域と、基準時間当たりの通信費が関連付けて登録されている。例えば、料金テーブルには、通信帯域としての64kbpsに関連付けて1円が登録され、512kbpsに関連付けて1.5円が登録され、1Mbpsに関連付けて2円が登録されている。基準時間は、例えば、30秒である。   The flash ROM 36 stores various data. For example, the domain name of the SIP server 80 is stored in the flash ROM 36. The user operates the operation unit 14 to store the domain name of the SIP server 80. A charge table is stored in the flash ROM 36. In the fee table, a communication band that can be used by the NGN 3 and a communication cost per reference time are registered in association with each other. For example, in the fee table, 1 yen is registered in association with 64 kbps as a communication band, 1.5 yen is registered in association with 512 kbps, and 2 yen is registered in association with 1 Mbps. The reference time is, for example, 30 seconds.
フラッシュROM36には、ユーザによって設定される、解像度設定と、解像度変更が記憶される。ユーザは、操作部14を操作し、解像度設定及び解像度変更を、設定し、又は、設定後に変更することができる。解像度設定は、FAXデータの解像度を指定するための設定である。解像度設定として登録される解像度としては、Super Fine(以下、「S.Fine」という)、Fine及びStandardが例示される。これら3つの解像度では、S.Fineが最高解像度(最高画質)となり、以下、解像度が高い順に、Fine、Standardとなる。   The flash ROM 36 stores resolution settings and resolution changes set by the user. The user can operate the operation unit 14 to set or change the resolution setting and resolution change after the setting. The resolution setting is a setting for designating the resolution of FAX data. Examples of the resolution registered as the resolution setting include Super Fine (hereinafter referred to as “S. Fine”), Fine, and Standard. At these three resolutions, S.I. Fine is the highest resolution (highest image quality), and hereinafter, Fine and Standard are in descending order of resolution.
解像度変更は、T.38FAX送信時にFAXデータの解像度を変更(変換)するか否かに関する設定である。解像度変更は、設定として、例えば、オフと、画質優先と、通信費優先を含む。オフは、T.38FAX送信時の原稿の読み取り解像度を解像度設定によって指定された解像度とするモードである。従って、解像度変更としてオフが設定されている場合、読取部16では、解像度設定に従った解像度での読み取りが実行される(図3のS104参照)。画質優先は、T.38FAX送信に際し予め決定されるFAXデータの解像度に関し、高解像度化(高画質化)を優先させて解像度を決定するモードである。通信費優先は、T.38FAX送信に際し予め決定されるFAXデータの通信費及び解像度に関し、通信費の低額化を優先させつつ高解像度となるようにするモードである。   The resolution change is described in T.W. This is a setting relating to whether or not to change (convert) the resolution of FAX data during 38 FAX transmission. The resolution change includes, for example, off, image quality priority, and communication cost priority as settings. Off is the T.W. This is a mode in which the reading resolution of the original at the time of 38 FAX transmission is set to the resolution designated by the resolution setting. Accordingly, when OFF is set as the resolution change, the reading unit 16 performs reading at a resolution according to the resolution setting (see S104 in FIG. 3). Image quality priority With regard to the resolution of FAX data determined in advance during 38 FAX transmission, this is a mode in which the resolution is determined by giving priority to higher resolution (higher image quality). The communication cost priority is T.A. With regard to the communication cost and resolution of FAX data determined in advance during 38 FAX transmission, this is a mode in which high resolution is achieved while giving priority to a reduction in communication cost.
<通信シーケンス>
通信システム1で実行される、FAX装置10と相手先装置50との間の通信手順について、図2を参照して説明する。FAX装置10から相手先装置50にFAXデータをT.38FAX送信する場合、FAX装置10と相手先装置50との間では、手順A1〜A3が順次実行され、INVITE、200OK及びACKの送受信がなされる。相手先装置50では、リクエストとしてのINVITEを理解し、受け入れる場合(手順A1)、FAX装置10に200OKを送信する(手順A2)。200OKを受信したFAX装置10は、200OKを受信したことを通知するため、相手先装置50にACKを送信する(手順A3)。手順A1〜A3は、SIPにて行われる。
<Communication sequence>
A communication procedure between the FAX apparatus 10 and the counterpart apparatus 50 executed in the communication system 1 will be described with reference to FIG. The FAX data is transmitted from the FAX apparatus 10 to the partner apparatus 50 as T.P. In the case of 38 FAX transmission, procedures A1 to A3 are sequentially executed between the FAX apparatus 10 and the counterpart apparatus 50, and INVITE, 200OK, and ACK are transmitted and received. When the counterpart apparatus 50 understands and accepts INVITE as a request (procedure A1), it transmits 200 OK to the FAX apparatus 10 (procedure A2). The FAX apparatus 10 that has received 200 OK transmits ACK to the counterpart apparatus 50 in order to notify that the 200 OK has been received (procedure A3). Procedures A1 to A3 are performed by SIP.
相手先装置50にてACKが受信されると、相手先装置50とFAX装置10との間で、T.38FAX通信におけるメディアセッションが確立される。即ち、手順A1〜A3は、メディアセッションを確立させるための通信開始処理といえる。メディアセッションが確立された後、相手先装置50とFAX装置10との間では、手順A4〜A10が順次実行され、DIS、DCS、CFR、PIX、EOP、MCF及びDCNの送受信がなされる。手順A7で送受信されるPIXにて、FAX装置10から相手先装置50に対してFAXデータが送信される。即ち、相手先装置50は、手順A7にてFAXデータを受信する。手順A4〜A10は、T.38にて行われる。   When ACK is received by the partner apparatus 50, T.P. A media session in 38 FAX communication is established. That is, the procedures A1 to A3 can be said to be communication start processing for establishing a media session. After the media session is established, procedures A4 to A10 are sequentially executed between the partner apparatus 50 and the FAX apparatus 10, and DIS, DCS, CFR, PIX, EOP, MCF, and DCN are transmitted and received. FAX data is transmitted from the FAX apparatus 10 to the partner apparatus 50 by PIX transmitted and received in step A7. That is, the partner apparatus 50 receives the FAX data in procedure A7. Procedures A4 to A10 are described in T.W. At 38.
手順A10が実行された後、FAX装置10と相手先装置50との間では、手順A11,A12が順次実行され、BYE及び200OKの送受信がなされる。これによって、確立されたメディアセッションによるT.38FAX通信が終了する。手順A11,A12は、SIPにて行われる。FAX装置10と相手先装置50との間の通信に関し、SIPにて行われる手順A1〜A3及び手順A11,A12は、SIPサーバ80を介して行われ、T.38にて行われる手順A4〜A10は、SIPサーバ80を介することなく行われる。FAX装置10において、上述した各信号の送受信は、ネットワークI/F20で行われる。   After the procedure A10 is executed, the procedures A11 and A12 are sequentially executed between the FAX apparatus 10 and the partner apparatus 50, and BYE and 200OK are transmitted and received. As a result, the T.C. 38 FAX communication ends. Procedures A11 and A12 are performed by SIP. Regarding communication between the FAX apparatus 10 and the partner apparatus 50, the procedures A1 to A3 and the procedures A11 and A12 performed in SIP are performed via the SIP server 80. The procedures A4 to A10 performed at 38 are performed without going through the SIP server 80. In the FAX apparatus 10, transmission / reception of each signal described above is performed by the network I / F 20.
<ファクシミリ処理>
FAX装置10で実行されるファクシミリ処理について、図3を参照して説明する。ファクシミリ処理の開始に際し、ユーザは、FAX装置10に送信対象の原稿をセットする。ユーザは、操作部14のテンキーを操作し、相手先装置50のダイヤル番号を入力し、スタートキーを押下する。ファクシミリ処理は、スタートキーの押下を条件として開始される。ファクシミリ処理を開始したCPU30は、入力されたダイヤル番号を取得する(S100)。取得されたダイヤル番号は、RAM34に記憶される。続けて、CPU30は、解像度変更の設定がオフであるか否かを判断する(S102)。S102は、フラッシュROM36に記憶された解像度変更に従い行われる。
<Facsimile processing>
A facsimile process executed by the FAX apparatus 10 will be described with reference to FIG. At the start of facsimile processing, the user sets a document to be transmitted on the FAX apparatus 10. The user operates the numeric keypad of the operation unit 14, inputs the dial number of the counterpart device 50, and presses the start key. The facsimile process is started on condition that the start key is pressed. The CPU 30 that has started the facsimile process acquires the input dial number (S100). The acquired dial number is stored in the RAM 34. Subsequently, the CPU 30 determines whether or not the resolution change setting is off (S102). S <b> 102 is performed according to the resolution change stored in the flash ROM 36.
解像度変更の設定がオフである場合(S102:Yes)、CPU30は、読取部16での原稿の読み取りを制御する(S104)。読取部16では、FAX装置10にセットされた原稿の読み取りが実行される。原稿の読み取りは、フラッシュROM36に記憶された解像度設定に従い行われる。本実施形態では、S104及び後述するS110での読み取り解像度を解像度yRという。   When the resolution change setting is off (S102: Yes), the CPU 30 controls reading of the document by the reading unit 16 (S104). The reading unit 16 reads a document set on the FAX apparatus 10. The reading of the original is performed according to the resolution setting stored in the flash ROM 36. In the present embodiment, the reading resolution in S104 and S110 described later is referred to as resolution yR.
CPU30は、読み取られた原稿に対応した画像データを符号化する(S106)。符号化は、例えば、FAX装置10が対応している符号化方式のうち、最高圧縮率の符号化方式によって行われる。本実施形態では、FAX装置10は、MMR、MR及びMHに対応していることとする。従って、画像データは、MMRで符号化され、MMRで符号化されたFAXデータが生成される。FAXデータは、RAM34に記憶される。続けて、CPU30は、FAX装置10にセットされた原稿で、読み取り前の原稿があるか否かを判断する(S108)。読み取り前の原稿がある場合(S108:Yes)、CPU30は、処理をS104に戻し、S104及びS106を繰り返して実行する。全ての原稿が読み取られている場合(S108:No)、CPU30は、処理をS116に移行する。   The CPU 30 encodes image data corresponding to the read original (S106). The encoding is performed by, for example, the encoding method with the highest compression rate among the encoding methods supported by the FAX apparatus 10. In the present embodiment, the FAX apparatus 10 is compatible with MMR, MR, and MH. Therefore, the image data is encoded by MMR, and FAX data encoded by MMR is generated. The FAX data is stored in the RAM 34. Subsequently, the CPU 30 determines whether or not there is a document set on the FAX apparatus 10 before reading (S108). If there is a document before reading (S108: Yes), the CPU 30 returns the process to S104, and repeats S104 and S106. When all the originals have been read (S108: No), the CPU 30 shifts the process to S116.
解像度変更の設定がオフではない場合(S102:No)、CPU30は、読取部16での原稿の読み取りを制御する(S110)。読取部16では、FAX装置10にセットされた原稿の読み取りが実行される。原稿の読み取りは、後述する処理において、解像度の変換に対応できるようにするため、最高解像度で行われる。具体的には、FAX装置10が対応している最高解像度、即ち、S.Fineで行われる。CPU30は、読み取られた原稿に対応した画像データを符号化する(S112)。S112は、上述したS106と同様にして行われる。従って、これに関する説明は省略する。続けて、CPU30は、FAX装置10にセットされた原稿で、読み取り前の原稿があるか否かを判断する(S114)。読み取り前の原稿がある場合(S114:Yes)、CPU30は、処理をS110に戻し、S110及びS112を繰り返して実行する。全ての原稿が読み取られている場合(S114:No)、CPU30は、処理をS116に移行する。   When the resolution change setting is not OFF (S102: No), the CPU 30 controls reading of the document by the reading unit 16 (S110). The reading unit 16 reads a document set on the FAX apparatus 10. The reading of the original is performed at the highest resolution in order to be able to cope with resolution conversion in the processing described later. Specifically, the highest resolution that the FAX apparatus 10 supports, that is, S.P. Performed in Fine. The CPU 30 encodes image data corresponding to the read original (S112). S112 is performed in the same manner as S106 described above. Therefore, the description regarding this is abbreviate | omitted. Subsequently, the CPU 30 determines whether or not there is a document set on the FAX apparatus 10 before reading (S114). When there is a document before reading (S114: Yes), the CPU 30 returns the process to S110 and repeats S110 and S112. When all the originals have been read (S114: No), the CPU 30 shifts the process to S116.
S116でCPU30は、S104で読み取られた全頁分の原稿に対応してS106で生成された全頁分のFAXデータのデータサイズ、又は、S110で読み取られた全頁分の原稿に対応してS112で生成された全頁分のFAXデータのデータサイズを取得し、RAM34に記憶する。本実施形態では、S116でRAM34に記憶されたデータサイズを、データサイズDという。続けて、CPU30は、決定処理を実行する(S118)。決定処理は、T.38FAX送信で用いる通信帯域Bと、相手先装置50に送信されるFAXデータの解像度sRを決定するための処理である。決定処理については、後述する。   In S116, the CPU 30 corresponds to the data size of FAX data for all pages generated in S106 corresponding to the originals for all pages read in S104 or the originals for all pages read in S110. The data size of FAX data for all pages generated in S112 is acquired and stored in the RAM 34. In the present embodiment, the data size stored in the RAM 34 in S116 is referred to as a data size D. Subsequently, the CPU 30 executes a determination process (S118). The determination process is the same as the T.W. This is a process for determining the communication band B used in 38 FAX transmission and the resolution sR of FAX data transmitted to the partner apparatus 50. The determination process will be described later.
S118を実行した後、CPU30は、S104又はS110での解像度yRと、決定処理で決定された解像度sRが一致しているか否かを判断する(S120)。両解像度が一致している場合(S120:Yes)、CPU30は、処理をS124に移行する。S102が肯定され(S102:Yes)、S104が実行される場合、S118の決定処理では、解像度sRは、解像度yRに決定される(図5のS202参照)。従って、S104が実行されていた場合、S120は肯定(S120:Yes)される。両解像度が一致していない場合(S120:No)、CPU30は、S112でRAM34に記憶されたFAXデータの解像度yRを、解像度sRに変換する(S122)。CPU30は、符号化されたFAXデータを復号し、復号後の画像データの解像度yRを解像度sRに変換する。その後、CPU30は、解像度sRとされた画像データを、S112と同様の符号化方式で符号化する。本実施形態では、符号化方式は、MMRである。その後、CPU30は、処理をS124に移行する。   After executing S118, the CPU 30 determines whether or not the resolution yR in S104 or S110 matches the resolution sR determined in the determination process (S120). If both resolutions match (S120: Yes), the CPU 30 moves the process to S124. When S102 is affirmed (S102: Yes) and S104 is executed, in the determination process of S118, the resolution sR is determined as the resolution yR (see S202 in FIG. 5). Therefore, when S104 is executed, S120 is affirmed (S120: Yes). If the two resolutions do not match (S120: No), the CPU 30 converts the resolution yR of the FAX data stored in the RAM 34 in S112 into a resolution sR (S122). The CPU 30 decodes the encoded FAX data, and converts the resolution yR of the decoded image data into the resolution sR. Thereafter, the CPU 30 encodes the image data having the resolution sR by the same encoding method as in S112. In the present embodiment, the encoding method is MMR. Thereafter, the CPU 30 shifts the processing to S124.
S124でCPU30は、図4に示すように、INVITE(図2の「手順A1」参照)のSDPに、決定処理で決定された通信帯域Bを設定する(図4の「b=AS:通信帯域B」参照)。続けて、CPU30は、送信処理を実行する(S126)。送信処理は、S100で取得されたダイヤル番号の相手先装置50にFAXデータをT.38FAX送信するための処理である。送信処理では、図2に示す通信シーケンスが実行される。送信処理については、後述する。S126を実行した後、CPU30は、ファクシミリ処理を終了する。   In S124, as shown in FIG. 4, the CPU 30 sets the communication band B determined in the determination process in the SDP of INVITE (see “procedure A1” in FIG. 2) (“b = AS: communication band in FIG. 4). B "). Subsequently, the CPU 30 executes a transmission process (S126). In the transmission process, the FAX data is transmitted to the destination device 50 of the dial number acquired in S100. This is a process for transmitting 38 FAX. In the transmission process, the communication sequence shown in FIG. 2 is executed. The transmission process will be described later. After executing S126, the CPU 30 ends the facsimile process.
<決定処理>
ファクシミリ処理(図3参照)のS118で実行される決定処理について、図5を参照して説明する。決定処理を開始したCPU30は、解像度変更の設定がオフ、画質優先又は通信費優先の何れであるかを判断する(S200)。S200は、フラッシュROM36に記憶された解像度変更に従い行われる。解像度変更の設定がオフである場合(S200:オフ)、CPU30は、解像度sRを解像度yRに決定する(S202)。その後、CPU30は、処理をS206に移行する。
<Decision process>
The determination process executed in S118 of the facsimile process (see FIG. 3) will be described with reference to FIG. The CPU 30 that has started the determination process determines whether the resolution change setting is OFF, image quality priority, or communication cost priority (S200). S200 is performed according to the resolution change stored in the flash ROM 36. When the resolution change setting is OFF (S200: OFF), the CPU 30 determines the resolution sR as the resolution yR (S202). Thereafter, the CPU 30 shifts the processing to S206.
解像度変更の設定が画質優先である場合(S200:画質優先)、CPU30は、解像度sRを最高解像度に決定する(S204)。上述した例に基づけば、解像度sRとして、S.Fineが決定される。続けて、CPU30は、図3のS116で記憶されたデータサイズDから、図3のS106又はS112で生成され、RAM34に記憶されたFAXデータをパケット化した場合のパケットサイズD’を取得する(S206)。パケットサイズD’は、予め定めた規定に従い算出される。パケット化に伴い追加されるヘッダ等のサイズも考慮される。   When the resolution change setting is image quality priority (S200: image quality priority), the CPU 30 determines the resolution sR as the highest resolution (S204). Based on the example described above, the resolution sR is S.I. Fine is determined. Subsequently, the CPU 30 obtains a packet size D ′ when the FAX data generated in S106 or S112 of FIG. 3 and stored in the RAM 34 is packetized from the data size D stored in S116 of FIG. 3 ( S206). The packet size D ′ is calculated according to a predetermined rule. The size of the header added with packetization is also considered.
次に、CPU30は、第一通信費テーブルを作成する(S208)。第一通信費テーブルは、図6(A)に示すように、64kbps、512kbps及び1Mbpsの各通信帯域と、パケットサイズD’のFAXデータを各通信帯域で送信した場合に要する通信費を関連付けて登録したテーブルである。第一通信費テーブルの作成に際し、CPU30は、フラッシュROM36から料金テーブルを読み出す。また、CPU30は、パケットサイズD’のFAXデータを各通信帯域を利用して送信した場合に要する送信時間を算出する。そして、CPU30は、送信時間と、基準時間と、料金テーブルに登録された基準時間当たりの通信費に基づき、各通信帯域を利用した場合の通信費を求める。CPU30は、各通信帯域と、求められた各通信費を関連付けて登録し、第一通信費テーブルを作成する。   Next, the CPU 30 creates a first communication cost table (S208). As shown in FIG. 6A, the first communication cost table associates each communication band of 64 kbps, 512 kbps, and 1 Mbps with a communication cost required when FAX data of packet size D ′ is transmitted in each communication band. It is a registered table. When creating the first communication cost table, the CPU 30 reads the charge table from the flash ROM 36. Further, the CPU 30 calculates a transmission time required when FAX data of the packet size D ′ is transmitted using each communication band. And CPU30 calculates | requires the communication cost at the time of utilizing each communication band based on the communication time per reference time registered into the transmission time, the reference time, and the charge table. The CPU 30 registers each communication band and each calculated communication cost in association with each other, and creates a first communication cost table.
続けて、CPU30は、通信帯域Bを決定する(S210)。CPU30は、S208で作成された第一通信費テーブルにおいて通信費が最も低額である通信帯域を、通信帯域Bとして決定する。通信費が最も低額である通信帯域が複数選択されるような場合、複数選択される通信帯域のうち、最も高速な通信帯域を、通信帯域Bとして決定する。その後、CPU30は、決定処理を終了し、処理を図3のS120に戻す。   Subsequently, the CPU 30 determines the communication band B (S210). The CPU 30 determines the communication band having the lowest communication cost as the communication band B in the first communication cost table created in S208. When a plurality of communication bands with the lowest communication costs are selected, the fastest communication band is determined as the communication band B among the selected communication bands. Then, CPU30 complete | finishes a determination process and returns a process to S120 of FIG.
解像度変更の設定が通信費優先である場合(S200:通信費優先)、CPU30は、図3のS116で記憶されたデータサイズDから、図3のS112で生成され、RAM34に記憶されたFAXデータをパケット化した場合のパケットサイズD’を取得する(S212)。パケットサイズD’は、S206の場合と同じく、予め定めた規定に従い算出される。パケット化に伴い追加されるヘッダ等のサイズも考慮される。続けて、CPU30は、データ量テーブルを作成する(S214)。   When the resolution change setting is communication cost priority (S200: communication cost priority), the CPU 30 generates the FAX data generated in S112 of FIG. 3 and stored in the RAM 34 from the data size D stored in S116 of FIG. Is obtained as a packet size (S212). The packet size D ′ is calculated according to a predetermined rule, as in S206. The size of the header added with packetization is also considered. Subsequently, the CPU 30 creates a data amount table (S214).
データ量テーブルは、図6(B)に示すように、Standard、Fine及びS.Fineの各解像度と、パケットサイズD’を関連付けて登録したテーブルである。データ量テーブルの作成に際し、CPU30は、FAXデータの解像度をS.FineからStandardに変換し、これをパケット化した場合のパケットサイズD’を取得する。CPU30は、FAXデータの解像度をS.FineからFineに変換し、これをパケット化した場合のパケットサイズD’を取得する。Standard又はFineに変換後のパケットサイズD’は、予め定めた規定に従い算出される。パケットサイズD’の算出に際し、S.FineからStandard又はFineへの変換は、実際には行われなくてもよい。CPU30は、Standardと、Standardに変換した場合のパケットサイズD’を関連付けて登録し、Fineと、Fineに変換した場合のパケットサイズD’を関連付けて登録する。S.Fineに関し、本実施形態では、上述したS110をS.Fineで行い、S112で生成されたFAXデータを、RAM34に記憶することとしている。従って、CPU30は、S.Fineと、S212で取得されたパケットサイズD’を関連付けて登録する。CPU30は、このようにしてデータ量テーブルを作成する。   As shown in FIG. 6B, the data amount table includes Standard, Fine, and S.P. It is a table in which each Fine resolution and the packet size D ′ are registered in association with each other. When creating the data amount table, the CPU 30 sets the resolution of the FAX data to S.D. It converts from Fine to Standard and obtains the packet size D ′ when packetized. The CPU 30 sets the resolution of the FAX data to S.D. It converts from Fine to Fine and obtains the packet size D 'when packetized. The packet size D ′ after conversion to Standard or Fine is calculated according to a predetermined rule. When calculating the packet size D ', S.I. The conversion from Fine to Standard or Fine may not actually be performed. The CPU 30 associates and registers Standard and the packet size D ′ when converted to Standard, and associates and registers Fine and the packet size D ′ when converted to Fine. S. With regard to Fine, in the present embodiment, the above-described S110 is replaced with S.F. The FAX data generated in S112 and stored in S112 is stored in the RAM 34. Therefore, the CPU 30 performs S.I. Fine is registered in association with the packet size D ′ acquired in S212. In this way, the CPU 30 creates a data amount table.
S214を実行した後、CPU30は、第二通信費テーブルを作成する(S216)。第二通信費テーブルは、図6(C)〜(E)に示すように、FAX装置10が対応する各解像度(Standard、Fine及びS.Fine)と、FAXデータの送信に利用される各通信帯域(64kbps、512kbps及び1Mbps)の各組み合わせに関連付けて、各組み合わせにおける解像度のFAXデータを、その解像度と対をなす通信帯域で送信した場合に要する通信費を登録したテーブルである。第二通信費テーブルには、図6(C)〜(E)に示すように、データ量テーブルに対応させ、パケットサイズD’を登録するようにしてもよい。なお、図6(C)に示す第二通信費テーブルは、S214で作成されたデータ量テーブルが図6(B)である場合に作成されるテーブルである。   After executing S214, the CPU 30 creates a second communication cost table (S216). As shown in FIGS. 6C to 6E, the second communication cost table includes each resolution (Standard, Fine, and S. Fine) supported by the FAX apparatus 10 and each communication used for transmitting FAX data. It is a table in which communication costs required when transmitting FAX data having a resolution in each combination in a communication band paired with the resolution in association with each combination of bands (64 kbps, 512 kbps, and 1 Mbps) are registered. As shown in FIGS. 6C to 6E, the packet size D ′ may be registered in the second communication cost table in correspondence with the data amount table. Note that the second communication cost table shown in FIG. 6C is a table created when the data amount table created in S214 is FIG. 6B.
第二通信費テーブルの作成に際し、CPU30は、フラッシュROM36から料金テーブルを読み出す。また、CPU30は、解像度毎に、パケットサイズD’のFAXデータを各通信帯域を利用して送信した場合に要する送信時間を算出する。そして、CPU30は、送信時間と、基準時間と、料金テーブルに登録された基準時間当たりの通信費に基づき、解像度毎に、各通信帯域を利用した場合の通信費を求め、登録する。CPU30は、このようにして第二通信費テーブルを作成する。   When creating the second communication cost table, the CPU 30 reads the charge table from the flash ROM 36. Further, the CPU 30 calculates a transmission time required when FAX data having a packet size D ′ is transmitted using each communication band for each resolution. And CPU30 calculates | requires and registers the communication cost at the time of using each communication band for every resolution based on the transmission time, the reference time, and the communication cost per reference time registered in the charge table. In this way, the CPU 30 creates the second communication cost table.
続けて、CPU30は、解像度設定として設定された解像度を対象として、S216で作成された第二通信費テーブルにおいて通信費が最も低額である通信帯域を、通信帯域Bとして決定する(S218)。通信費が最も低額である通信帯域が複数選択されるような場合、複数選択される通信帯域のうち、最も高速な通信帯域を、通信帯域Bとして決定する。S218を、図6(C)〜(D)に基づき具体的に説明する。先ず、第二通信費テーブルが図6(C),(D)である場合について説明する。この説明では、解像度設定として、StandardがフラッシュROM36に記憶されているとする。第二通信費テーブルが図6(C)である場合、CPU30は、Standard(解像度)に関連付けられた各通信費(1円(64kbps)、1.5円(512kbps)及び2円(1Mbps))を抽出し、通信費が最も低額な1円である64kbpsを、通信帯域Bとして決定する。第二通信費テーブルが図6(D)である場合、CPU30は、Standard(解像度)に関連付けられた各通信費(3円(64kbps)、1.5円(512kbps)及び2円(1Mbps))を抽出し、通信費が最も低額な1.5円である512kbpsを、通信帯域Bとして決定する。   Subsequently, for the resolution set as the resolution setting, the CPU 30 determines the communication band having the lowest communication cost in the second communication cost table created in S216 as the communication band B (S218). When a plurality of communication bands with the lowest communication costs are selected, the fastest communication band is determined as the communication band B among the selected communication bands. S218 will be specifically described with reference to FIGS. First, the case where the second communication cost table is shown in FIGS. 6C and 6D will be described. In this description, it is assumed that Standard is stored in the flash ROM 36 as the resolution setting. When the second communication cost table is FIG. 6C, the CPU 30 determines each communication cost associated with Standard (resolution) (1 yen (64 kbps), 1.5 yen (512 kbps), and 2 yen (1 Mbps)). Is extracted, and 64 kbps, which is one yen with the lowest communication cost, is determined as the communication band B. When the second communication cost table is FIG. 6D, the CPU 30 determines each communication cost associated with the standard (resolution) (3 yen (64 kbps), 1.5 yen (512 kbps), and 2 yen (1 Mbps)). Is extracted, and 512 kbps, which is 1.5 yen with the lowest communication cost, is determined as the communication band B.
次に、第二通信費テーブルが図6(E)であり、解像度設定として、StandardがフラッシュROM36に記憶されている場合と、FineがフラッシュROM36に記憶されている場合を説明する。解像度設定がStandardである場合、CPU30は、Standard(解像度)に関連付けられた各通信費(32円(64kbps)、6円(512kbps)及び6円(1Mbps))を抽出する。図6(E)に示す例では、512kbps及び1Mbpsが共に、通信費が最も低額な6円である。このような場合、CPU30は、512kbpsより高速である1Mbpsを、通信帯域Bとして決定する。解像度設定がFineである場合、CPU30は、Fine(解像度)に関連付けられた各通信費(64円(64kbps)、12円(512kbps)及び10円(1Mbps))を抽出し、通信費が最も低額な10円である1Mbpsを、通信帯域Bとして決定する。   Next, a case where the second communication cost table is FIG. 6E and Standard is stored in the flash ROM 36 as a resolution setting, and a case where Fine is stored in the flash ROM 36 will be described. When the resolution setting is Standard, the CPU 30 extracts each communication cost (32 yen (64 kbps), 6 yen (512 kbps), and 6 yen (1 Mbps)) associated with Standard (resolution). In the example shown in FIG. 6E, both 512 kbps and 1 Mbps are 6 yen, which is the lowest communication cost. In such a case, the CPU 30 determines 1 Mbps, which is higher than 512 kbps, as the communication band B. When the resolution setting is Fine, the CPU 30 extracts each communication cost (64 yen (64 kbps), 12 yen (512 kbps), and 10 yen (1 Mbps)) associated with Fine (resolution), and the communication cost is the lowest. 1 Mbps, which is 10 yen, is determined as the communication band B.
続けて、CPU30は、解像度sRを決定する(S220)。S220では、S216で作成された第二通信費テーブルが対象とされ、S218で通信帯域Bを決定する際に抽出された最も低額の通信費が基準とされる。CPU30は、第二通信費テーブルにおいて通信帯域Bと対をなす各解像度のうち、基準となる通信費と同額の通信費が、解像度設定以外の解像度に関連付けて登録されているか否かを判断する。同額の通信費が登録されている場合、CPU30は、通信費が同額である各解像度のうち、最も高い解像度を、解像度sRとして決定する。同額の通信費が登録されていない場合、CPU30は、解像度設定で指定された解像度を、解像度sRとして決定する。   Subsequently, the CPU 30 determines the resolution sR (S220). In S220, the second communication cost table created in S216 is targeted, and the lowest communication cost extracted when the communication band B is determined in S218 is used as a reference. The CPU 30 determines whether or not the same communication cost as the reference communication cost among the resolutions paired with the communication band B in the second communication cost table is registered in association with a resolution other than the resolution setting. . When the same communication fee is registered, the CPU 30 determines the highest resolution among the resolutions having the same communication fee as the resolution sR. When the same communication fee is not registered, the CPU 30 determines the resolution designated by the resolution setting as the resolution sR.
例えば、S216で作成された第二通信費テーブルが図6(C)であり、S218で、解像度設定「Standard」に基づき、通信帯域Bが64kbps(通信費:1円)に決定されていたとする。CPU30は、図6(C)に示す第二通信費テーブルを対象として、64kbpsを利用した場合に、通信費が共に1円であるStandard及びFineのうち、解像度が高いFineを、解像度sRとして決定する。S216で作成された第二通信費テーブルが図6(D)であり、S218で、解像度設定「Standard」に基づき、通信帯域Bが512kbps(通信費:1.5円)に決定されていたとする。CPU30は、図6(D)に示す第二通信費テーブルを対象として、512kbpsを利用した場合に、通信費が共に1.5円であるStandard及びFineのうち、解像度が高いFineを、解像度sRとして決定する。前述した2つの例では、解像度設定より高い解像度が解像度sRとして決定される。   For example, the second communication cost table created in S216 is FIG. 6C, and the communication band B is determined to be 64 kbps (communication cost: 1 yen) based on the resolution setting “Standard” in S218. . For the second communication cost table shown in FIG. 6 (C), the CPU 30 determines, as a resolution sR, a Fine with high resolution among Standard and Fine whose communication costs are both 1 yen when using 64 kbps. To do. The second communication cost table created in S216 is FIG. 6D, and it is assumed in S218 that the communication band B is determined to be 512 kbps (communication cost: 1.5 yen) based on the resolution setting “Standard”. . When the CPU 30 uses 512 kbps for the second communication cost table shown in FIG. 6D, the CPU 30 selects a Fine with a high resolution among Standard and Fine whose communication costs are both 1.5 yen. Determine as. In the two examples described above, a resolution higher than the resolution setting is determined as the resolution sR.
S216で作成された第二通信費テーブルが図6(E)であり、S218で、解像度設定「Standard」に基づき、通信帯域Bが1Mbps(通信費:6円)に決定されていたとする。図6(E)に示す第二通信費テーブルでは、1Mbpsに関し、通信費が6円となるのはStandardのみである。従って、CPU30は、通信費が6円であるStandardを、解像度sRとして決定する。S216で作成された第二通信費テーブルが図6(E)であり、S218で、解像度設定「Fine」に基づき、通信帯域Bが1Mbps(通信費:10円)に決定されていたとする。図6(E)に示す第二通信費テーブルでは、1Mbpsに関し、通信費が10円となるのはFineのみである。従って、CPU30は、通信費が10円であるFineを、解像度sRとして決定する。S220を実行した後、CPU30は、決定処理を終了し、処理を図3のS120に戻す。   The second communication cost table created in S216 is FIG. 6E, and it is assumed that the communication band B is determined to be 1 Mbps (communication cost: 6 yen) based on the resolution setting “Standard” in S218. In the second communication cost table shown in FIG. 6E, only Standard is the communication cost of 6 yen for 1 Mbps. Therefore, the CPU 30 determines Standard having a communication cost of 6 yen as the resolution sR. The second communication cost table created in S216 is FIG. 6E, and it is assumed that the communication band B is determined to be 1 Mbps (communication cost: 10 yen) based on the resolution setting “Fine” in S218. In the second communication cost table shown in FIG. 6E, only Fine is the communication cost of 10 yen for 1 Mbps. Therefore, the CPU 30 determines the Fine whose communication cost is 10 yen as the resolution sR. After executing S220, the CPU 30 ends the determination process and returns the process to S120 of FIG.
<送信処理>
ファクシミリ処理(図3参照)のS126で実行される送信処理について、図7を参照して説明する。送信処理を開始したCPU30は、ネットワークI/F20からINVITEを送信するように制御する(S300)。S300は、図2の手順A1に対応する。INVITEは、決定処理(図5参照)のS210又はS218で決定され、ファクシミリ処理(図3参照)のS124で設定された通信帯域Bを含む。INVITEを送信する場合、CPU30は、図3のS100で取得され、RAM34に記憶された相手先装置50のダイヤル番号に従いSIPURIを生成する。INVITEは、生成されたSIPURIを送信先として、ネットワークI/F20から送信される。
<Transmission process>
The transmission process executed in S126 of the facsimile process (see FIG. 3) will be described with reference to FIG. The CPU 30 that has started the transmission process controls to transmit INVITE from the network I / F 20 (S300). S300 corresponds to the procedure A1 in FIG. INVITE is determined in S210 or S218 of the determination process (see FIG. 5), and includes the communication band B set in S124 of the facsimile process (see FIG. 3). When transmitting INVITE, the CPU 30 generates a SIP URI according to the dial number of the counterpart device 50 acquired in S100 of FIG. 3 and stored in the RAM 34. INVITE is transmitted from the network I / F 20 with the generated SIP URI as a transmission destination.
CPU30は、送信されたINVITEの応答として、SIPサーバ80を介して相手先装置50から送信される200OKを受信したか否かを判断する(S302)。200OKは、ネットワークI/F20で受信される。200OKの送受信は、図2の手順A2に対応する。一定期間(タイムアウト時間)内に、200OKが受信されない場合(S302:No)、CPU30は、送信処理を終了する。200OKが受信された場合(S302:Yes)、CPU30は、200OKに含まれる通信帯域rBと、通信帯域Bが一致しているか否かを判断する(S304)。両通信帯域が一致していない場合(S304:No)、CPU30は、解像度検討処理を実行する(S306)。解像度検討処理は、通信帯域の変更に伴い、FAXデータの解像度の変換を検討するための処理である。解像度検討処理については、後述する。通信帯域rBと、通信帯域Bが一致していない場合、FAXデータの送信では、通信帯域rBが利用される。   The CPU 30 determines whether or not 200OK transmitted from the counterpart device 50 is received via the SIP server 80 as a response to the transmitted INVITE (S302). 200 OK is received by the network I / F 20. Transmission / reception of 200 OK corresponds to the procedure A2 in FIG. If 200 OK is not received within a certain period (timeout time) (S302: No), the CPU 30 ends the transmission process. When 200 OK is received (S302: Yes), the CPU 30 determines whether or not the communication band rB included in the 200 OK matches the communication band B (S304). If the two communication bands do not match (S304: No), the CPU 30 executes a resolution review process (S306). The resolution examination process is a process for examining the conversion of the resolution of FAX data in accordance with the change of the communication band. The resolution examination process will be described later. When the communication band rB and the communication band B do not match, the communication band rB is used for FAX data transmission.
両通信帯域が一致している場合(S304:Yes)、又は、S306を実行した後、CPU30は、ネットワークI/F20からACKを送信するように制御する(S308)。S308は、図2の手順A3に対応する。FAX装置10と相手先装置50との間のACKの送受信に伴い、メディアセッションが確立される。S300でのINVITEの送信と、200OKの受信と、S308でのACKの送信は、SIPによって行われる。   If the two communication bands match (S304: Yes), or after executing S306, the CPU 30 controls to transmit an ACK from the network I / F 20 (S308). S308 corresponds to procedure A3 in FIG. A media session is established along with transmission / reception of ACK between the FAX apparatus 10 and the counterpart apparatus 50. Transmission of INVITE in S300, reception of 200 OK, and transmission of ACK in S308 are performed by SIP.
次に、CPU30は、ネットワークI/F20でのDISの受信を制御する(S310)。S310は、図2の手順A4に対応し、T.38によって行われる。DISは、相手先装置50が対応可能な符号化方式及び解像度の各能力を示す情報を含む。続けて、CPU30は、解像度sRのFAXデータを送信することができるか否かを判断する(S312)。この判断は、受信済みのDISに含まれる解像度の能力を示す情報に従い行われる。受信済みのDISに含まれる情報が、解像度sR以上の解像度の能力を示す場合、相手先装置50は、解像度sRのFAXデータを受信することができる。従って、このような場合、S312は肯定(S312:Yes)される。一方、受信済みのDISに含まれる情報が、解像度sRより低い解像度の能力を示す場合、相手先装置50は、解像度sRのFAXデータを受信することができない。従って、このような場合、S312は否定(S312:No)される。   Next, the CPU 30 controls the reception of the DIS at the network I / F 20 (S310). S310 corresponds to the procedure A4 in FIG. 38. The DIS includes information indicating each capability of the encoding method and resolution that can be supported by the counterpart device 50. Subsequently, the CPU 30 determines whether or not the FAX data having the resolution sR can be transmitted (S312). This determination is made according to information indicating the resolution capability included in the received DIS. If the information included in the received DIS indicates a resolution capability equal to or higher than the resolution sR, the partner apparatus 50 can receive FAX data having the resolution sR. Therefore, in such a case, S312 is affirmed (S312: Yes). On the other hand, when the information included in the received DIS indicates a capability of resolution lower than the resolution sR, the partner apparatus 50 cannot receive FAX data with the resolution sR. Therefore, in such a case, S312 is denied (S312: No).
S312が肯定される場合(S312:Yes)、CPU30は、解像度フラグとして「変更あり」が設定されているか否かを判断する(S314)。解像度フラグとしては、「変更あり」及び「変更なし」が定義される。解像度フラグ「変更あり」は、解像度の変更(変換)を指定した情報である。解像度フラグ「変更なし」は、解像度の未変更(未変換)を指定した情報である。解像度フラグ「変更あり」は、後述する解像度処理(図8)のS410で設定され、解像度フラグ「変更なし」は、S412で設定される。解像度フラグが「変更あり」ではなく、「変更なし」である場合(S314:No)、CPU30は、処理をS318に移行する。   When S312 is affirmed (S312: Yes), the CPU 30 determines whether “changed” is set as the resolution flag (S314). As the resolution flag, “changed” and “no change” are defined. The resolution flag “changed” is information designating the change (conversion) of the resolution. The resolution flag “no change” is information specifying that the resolution has not been changed (not converted). The resolution flag “changed” is set in S410 of resolution processing (FIG. 8) described later, and the resolution flag “not changed” is set in S412. When the resolution flag is not “changed” but “no change” (S314: No), the CPU 30 shifts the process to S318.
S312が否定される場合(S312:No)、又は、解像度フラグが「変更あり」である場合(S314:Yes)、CPU30は、解像度変換処理を実行する(S316)。解像度変換処理は、FAXデータの解像度sRを、S306の解像度検討処理で決定された解像度xRとする処理である。解像度変換処理については、後述する。CPU30は、S316を実行した後、処理をS318に移行する。   When S312 is denied (S312: No), or when the resolution flag is “changed” (S314: Yes), the CPU 30 executes resolution conversion processing (S316). The resolution conversion process is a process in which the resolution sR of the FAX data is set to the resolution xR determined in the resolution examination process in S306. The resolution conversion process will be described later. After executing S316, the CPU 30 shifts the process to S318.
S318でCPU30は、ネットワークI/F20から、RAM34に記憶されたFAXデータをパケット化して送信するように制御する。CPU30は、相手先装置50が対応する符号化方式を、受信済みのDISに含まれる情報から特定する。相手先装置50がMMRに対応していない場合、CPU30は、FAXデータの符号化方式を、相手先装置50が対応する符号化方式に変換しつつ、ネットワークI/F20から、FAXデータをパケット化して送信するように制御する。S318は、図2の手順A7に含まれ、T.38によって行われる。図8では省略しているが、S318の前後において、CPU30は、図2の手順A5及び手順A6と、手順A8〜A10の各手順に対応した各処理を制御する。続けて、CPU30は、ネットワークI/F20からBYEを送信するように制御し(S320)、ネットワークI/F20での200OKの受信を制御する(S322)。S320は、図2の手順A11に対応し、S322は、図2の手順A12に対応する。S320でのBYEの送信と、S322での200OKの受信は、SIPによって行われる。S322を実行した後、CPU30は、送信処理を終了する。   In S <b> 318, the CPU 30 controls the network I / F 20 to packetize and transmit the FAX data stored in the RAM 34. The CPU 30 identifies the encoding method supported by the counterpart device 50 from the information included in the received DIS. When the counterpart device 50 does not support MMR, the CPU 30 converts the FAX data encoding method into the encoding method supported by the counterpart device 50 and packetizes the FAX data from the network I / F 20. To control the transmission. S318 is included in the procedure A7 in FIG. 38. Although omitted in FIG. 8, before and after S318, the CPU 30 controls the processes corresponding to the procedures A5 and A6 in FIG. 2 and the procedures A8 to A10. Subsequently, the CPU 30 controls to transmit BYE from the network I / F 20 (S320), and controls reception of 200 OK at the network I / F 20 (S322). S320 corresponds to the procedure A11 of FIG. 2, and S322 corresponds to the procedure A12 of FIG. The transmission of BYE in S320 and the reception of 200OK in S322 are performed by SIP. After executing S322, the CPU 30 ends the transmission process.
<解像度検討処理>
送信処理(図7参照)のS306で実行される解像度検討処理について、図8等を参照して説明する。解像度検討処理を開始したCPU30は、送信時間テーブルを作成する(S400)。S400で作成される送信時間テーブルは、図9(A)に示すように、Standard、Fine及びS.Fineの各解像度と、送信時間を関連付けて登録したテーブルである。送信時間は、図5のS206又はS212で取得されたパケットサイズD’のFAXデータを、200OKに含まれる通信帯域rBを利用して送信した場合、この送信に要する時間である。送信時間テーブルは、図9(A)に示すように、解像度毎に、パケットサイズD’を登録するようにしてもよい。
<Resolution study processing>
The resolution examination process executed in S306 of the transmission process (see FIG. 7) will be described with reference to FIG. CPU30 which started the resolution examination process produces a transmission time table (S400). As shown in FIG. 9A, the transmission time table created in S400 includes Standard, Fine, and S.P. It is the table which registered each resolution of Fine and the transmission time. The transmission time is the time required for this transmission when the FAX data of the packet size D ′ acquired in S206 or S212 of FIG. 5 is transmitted using the communication band rB included in 200 OK. In the transmission time table, as shown in FIG. 9A, the packet size D ′ may be registered for each resolution.
続けて、CPU30は、解像度毎の変換時間αを取得し、取得された各変換時間αを、対応する解像度の送信時間に加算する(S402)。変換時間αが加算された送信時間は、図9(B)に示すように、送信時間テーブルに、変換後送信時間として登録される。変換時間αについて、決定処理で決定された解像度sR(図5のS202、S204又はS220参照)以外の解像度については、予め定めた規定に従い算出される。解像度sRのFAXデータについては、変換が不要であるため、変換時間αは、0秒とされる。換言すれば、送信時間がそのまま変換後送信時間として登録される(図9(B)において、解像度「Fine」の「送信時間:156(sec)」及び「変換後時間:156(sec)」参照)。   Subsequently, the CPU 30 acquires the conversion time α for each resolution, and adds each acquired conversion time α to the transmission time of the corresponding resolution (S402). The transmission time to which the conversion time α is added is registered as a post-conversion transmission time in the transmission time table, as shown in FIG. 9B. Regarding the conversion time α, resolutions other than the resolution sR determined in the determination process (see S202, S204, or S220 in FIG. 5) are calculated according to a predetermined rule. Since the conversion of the FAX data with the resolution sR is unnecessary, the conversion time α is set to 0 seconds. In other words, the transmission time is registered as it is as the transmission time after conversion (see “transmission time: 156 (sec)” and “time after conversion: 156 (sec)” of the resolution “Fine” in FIG. 9B). ).
次に、CPU30は、解像度毎の通信費を取得する(S404)。取得された通信費は、図9(C)に示すように、送信時間テーブルに登録される。S404でCPU30は、フラッシュROM36から料金テーブルを読み出す。そして、CPU30は、変換後送信時間と、基準時間と、料金テーブルに登録された通信帯域rBの基準時間当たりの通信費に基づき、解像度毎の通信費を求める。   Next, the CPU 30 acquires a communication cost for each resolution (S404). The acquired communication cost is registered in the transmission time table as shown in FIG. In S <b> 404, the CPU 30 reads the charge table from the flash ROM 36. And CPU30 calculates | requires the communication cost for every resolution based on the transmission time after conversion, reference time, and the communication cost per reference time of the communication band rB registered into the charge table.
S404を実行した後、CPU30は、図9(C)に示す登録状態の送信時間テーブルにおいて、通信費が解像度sRの場合より低額となる解像度が存在しているか否かを判断する(S406)。通信費が解像度sRの場合より低額となる解像度がある場合(S406:Yes)、CPU30は、低額の解像度を、解像度xRとして設定する(S408)。例えば、送信時間テーブルが図9(C)であり、解像度sRとして、Fine(通信費:6円)が決定されているとする。このような場合、CPU30は、通信費「6円」より低額である「3円」が存在するとして、S406を肯定(S406:Yes)し、S408で、通信費が3円であるStandardを、解像度xRとして設定する。続けて、CPU30は、解像度フラグを「変更あり」に設定する(S410)。   After executing S404, the CPU 30 determines whether or not there is a resolution that is lower than the communication cost of the resolution sR in the registered transmission time table shown in FIG. 9C (S406). When there is a resolution that is lower than when the communication cost is the resolution sR (S406: Yes), the CPU 30 sets the lower resolution as the resolution xR (S408). For example, assume that the transmission time table is FIG. 9C, and Fine (communication cost: 6 yen) is determined as the resolution sR. In such a case, the CPU 30 determines that there is “3 yen” that is lower than the communication cost “6 yen”, and affirms S406 (S406: Yes). In S408, the standard whose communication cost is 3 yen is Set as resolution xR. Subsequently, the CPU 30 sets the resolution flag to “changed” (S410).
通信費が解像度sRの場合より低額となる解像度がない場合(S406:No)、CPU30は、解像度フラグを「変更なし」に設定する(S412)。S410又はS412を実行した後、CPU30は、解像度検討処理を終了し、処理を図7のS308に戻す。   If there is no resolution that is lower than the communication cost of the resolution sR (S406: No), the CPU 30 sets the resolution flag to “no change” (S412). After executing S410 or S412, the CPU 30 ends the resolution review process and returns the process to S308 in FIG.
<解像度変換処理>
送信処理(図7参照)のS316で実行される解像度変換処理について、図10等を参照して説明する。解像度変換処理を開始したCPU30は、解像度フラグとして「変更あり」が設定されているか否かを判断する(S500)。解像度フラグは、上述した図8のS410又はS412で設定される。解像度フラグが「変更あり」である場合(S500:Yes)、CPU30は、受信済みのDIS(図7のS310参照)に含まれる情報によって示される解像度(以下、「解像度DIS」という)が、解像度xRより低解像度であるか否かを判断する(S502)。解像度xRは、上述した図8のS408で設定される。
<Resolution conversion processing>
The resolution conversion process executed in S316 of the transmission process (see FIG. 7) will be described with reference to FIG. The CPU 30 having started the resolution conversion process determines whether “changed” is set as the resolution flag (S500). The resolution flag is set in S410 or S412 of FIG. When the resolution flag is “changed” (S500: Yes), the CPU 30 determines that the resolution (hereinafter referred to as “resolution DIS”) indicated by the information included in the received DIS (see S310 in FIG. 7) is the resolution. It is determined whether or not the resolution is lower than xR (S502). The resolution xR is set in S408 of FIG.
解像度DISが解像度xRより低解像度ではない場合(S502:No)、CPU30は、処理をS506に移行する。解像度フラグが「変更あり」ではなく、「変更なし」である場合(S500:No)、又は、解像度DISが解像度xRより低解像度である場合(S502:Yes)、CPU30は、解像度DISを、解像度xRとして設定する(S504)。その後、CPU30は、処理をS506に移行する。   When the resolution DIS is not lower than the resolution xR (S502: No), the CPU 30 shifts the process to S506. When the resolution flag is not “changed” but “no change” (S500: No), or when the resolution DIS is lower than the resolution xR (S502: Yes), the CPU 30 determines the resolution DIS as the resolution. xR is set (S504). Thereafter, the CPU 30 shifts the processing to S506.
S506でCPU30は、図3のS106、S112又はS122で、RAM34に記憶されたFAXデータを、解像度xRに変換する。CPU30は、符号化されたFAXデータを復号し、復号後の画像データの解像度sRを解像度xRに変換する。その後、CPU30は、解像度xRとされた画像データを、S112と同様の符号化方式で符号化する。S506を実行した後、CPU30は、解像度変換処理を終了し、処理を図7のS318に戻す。   In S506, the CPU 30 converts the FAX data stored in the RAM 34 into the resolution xR in S106, S112, or S122 of FIG. The CPU 30 decodes the encoded FAX data, and converts the resolution sR of the decoded image data into the resolution xR. Thereafter, the CPU 30 encodes the image data having the resolution xR by the same encoding method as in S112. After executing S506, the CPU 30 ends the resolution conversion process and returns the process to S318 in FIG.
<本実施形態の効果>
本実施形態によれば、次のような効果を得ることができる。
<Effect of this embodiment>
According to this embodiment, the following effects can be obtained.
(1)決定処理(図5参照)では、解像度変更が通信費優先である場合(S200:通信費優先参照)、ファクシミリ処理(図3参照)のS116で記憶されたデータサイズDから、図3のS112で生成され、RAM34に記憶されたFAXデータをパケット化した場合のパケットサイズD’を取得し(S212参照)、データ量テーブル(図6(B)参照)を作成する(S214参照)こととした。その後、データ量テーブル及び料金テーブル等に基づき、S216で第二通信費テーブル(図6(C)〜(E)参照)を作成することとした。そして、第二通信費テーブル及び解像度設定に基づき、S218で通信帯域Bを決定し、決定された通信帯域B及び通信帯域Bと対をなす各解像度に関連付けられた通信費に基づき、S220で解像度sRを決定することとした。   (1) In the determination process (see FIG. 5), if the resolution change has a priority on communication cost (S200: refer to communication cost priority), the data size D stored in S116 of the facsimile process (see FIG. 3) The packet size D ′ when the FAX data generated in S112 and stored in the RAM 34 is packetized is acquired (see S212), and a data amount table (see FIG. 6B) is created (see S214). It was. Thereafter, the second communication cost table (see FIGS. 6C to 6E) is created in S216 based on the data amount table, the charge table, and the like. Then, based on the second communication cost table and the resolution setting, the communication band B is determined in S218, and based on the communication cost associated with the determined communication band B and each resolution paired with the communication band B, the resolution is determined in S220. It was decided to determine sR.
そのため、第二通信費テーブルを好適に作成することができる。通信費を抑えつつ高解像度のFAXデータを送信するための設定を、スムーズに決定することが可能となる。相手先装置50に、通信費を抑えつつ高解像度のFAXデータを送信することができる。   Therefore, the second communication cost table can be suitably created. It is possible to smoothly determine settings for transmitting high-resolution FAX data while suppressing communication costs. High-resolution FAX data can be transmitted to the partner apparatus 50 while reducing communication costs.
(2)ファクシミリ処理(図3参照)では、解像度変更の設定がオフでない場合(S102:No参照)、最高解像度で原稿の読み取りを行う(S110参照)こととし、最高解像度のFAXデータを生成し(S112参照)、RAM34に記憶することとした。そのため、仮に、RAM34に記憶されたFAXデータの解像度yRが、図5のS220で決定された解像度sRに一致していない場合(S120:No参照)であっても、最高解像度のFAXデータを、解像度sRに変換する(S122参照)ことができる。   (2) In the facsimile processing (see FIG. 3), when the resolution change setting is not off (S102: No), the document is read at the highest resolution (see S110), and the highest resolution FAX data is generated. (Refer to S112), it was decided to store in RAM34. Therefore, even if the resolution yR of the FAX data stored in the RAM 34 does not match the resolution sR determined in S220 of FIG. 5 (see S120: No), the highest resolution FAX data is The resolution can be converted to sR (see S122).
また、送信処理(図7参照)では、S310(図2の手順A4参照)で受信されたDISに含まれる解像度の能力に関する情報に基づき、相手先装置50に解像度sRのFAXデータが送信可能であると判断される場合(S312:Yes参照)、解像度sRのFAXデータをパケット化して送信する(S318 図2の手順A7参照)こととした。そのため、相手先装置50が有する解像度の能力に応じた好適な解像度のFAXデータを送信することができる。   Further, in the transmission process (see FIG. 7), FAX data having the resolution sR can be transmitted to the partner apparatus 50 based on the information regarding the resolution capability included in the DIS received in S310 (see procedure A4 in FIG. 2). If it is determined that there is a packet (see S312: Yes), the FAX data having the resolution sR is packetized and transmitted (S318, see procedure A7 in FIG. 2). Therefore, it is possible to transmit FAX data having a suitable resolution corresponding to the resolution capability of the counterpart apparatus 50.
<変形例>
本実施形態は、次のようにすることもできる。
<Modification>
This embodiment can also be performed as follows.
(1)上記では、FAX装置10で生成されたFAXデータの符号化方式(上記では、MMRを例に説明)に、相手先装置50が対応していない場合、図7のS318で、CPU30は、FAXデータの符号化方式を、相手先装置50が対応する符号化方式に変換しつつ、FAXデータをパケット化して送信するように制御する、こととした。図7のS312で、解像度に加え、符号化方式についても判断条件とするようにしてもよい。即ち、S312で、CPU30は、RAM34に記憶されたFAXデータを相手先装置50に送信可能であるか否か、換言すれば、相手先装置50がこのFAXデータを受信することができるか否かを判断する。   (1) In the above description, when the partner apparatus 50 does not support the encoding method of the FAX data generated by the FAX apparatus 10 (in the above description, the MMR is taken as an example), in S318 of FIG. The FAX data encoding method is controlled to be packetized and transmitted while converting the FAX data encoding method into a corresponding encoding method. In S312 of FIG. 7, in addition to the resolution, the coding method may be set as the determination condition. That is, in S312, the CPU 30 can transmit the FAX data stored in the RAM 34 to the partner apparatus 50, in other words, whether the partner apparatus 50 can receive the FAX data. Judging.
この場合、解像度について対応可能であっても、符号化方式が適切ではない場合、S312は否定(S312:No)され、S316で、解像度変換処理(図10参照)が実行される。CPU30は、図10のS506で、RAM34に記憶されたFAXデータを、相手先装置50が対応可能な解像度及び/又は符号化方式に変換する。これによって、上述したS318での符号化方式の変換を省略することができる。   In this case, even if the resolution can be dealt with, if the encoding method is not appropriate, S312 is denied (S312: No), and resolution conversion processing (see FIG. 10) is executed in S316. In S <b> 506 of FIG. 10, the CPU 30 converts the FAX data stored in the RAM 34 into a resolution and / or encoding method that can be supported by the counterpart device 50. As a result, the encoding method conversion in S318 described above can be omitted.
(2)上記では、図5のS214で、解像度設定として設定された解像度に関わらず、FAX装置10が対応している全ての解像度を対象として、データ量テーブル(図6(B)参照)を作成することとした。図5のS216で、解像度設定として設定された解像度に関わらず、FAX装置10が対応している全ての解像度を対象として、第二通信費テーブル(図6(C)〜(E)参照)を作成することとした。   (2) In the above description, the data amount table (see FIG. 6B) is targeted for all resolutions supported by the FAX apparatus 10 regardless of the resolution set as the resolution setting in S214 of FIG. I decided to make it. Regardless of the resolution set as the resolution setting in S216 of FIG. 5, the second communication cost table (see FIGS. 6C to 6E) is targeted for all resolutions supported by the FAX apparatus 10. I decided to make it.
データ量テーブルは、解像度設定より低い解像度については除外し、解像度設定より低い解像度のパケットサイズD’を含まないようにしてもよい。第二通信費テーブルは、解像度設定より低い解像度については除外し、解像度設定より低い解像度における各通信帯域の通信費を含まないようにしてもよい。例えば、解像度設定がFineである場合、S216及びS218の各処理では、Standardに関する手順は、省略するようにしてもよい。S218では、解像度設定として設定された解像度を対象として処理が実行され、S220では、通信費が同額である各解像度のうち、最も高い解像度が、解像度sRとして決定される。従って、解像度設定より低い解像度を除外したとしても特に影響はなく、除外することで、データ量テーブル及び第二通信費テーブルを、スムーズに作成することができる。   The data amount table may exclude a resolution lower than the resolution setting and may not include a packet size D ′ having a resolution lower than the resolution setting. The second communication cost table may exclude a resolution lower than the resolution setting and may not include a communication cost of each communication band at a resolution lower than the resolution setting. For example, when the resolution setting is Fine, in each process of S216 and S218, the procedure related to Standard may be omitted. In S218, the process is executed for the resolution set as the resolution setting. In S220, the highest resolution among the resolutions having the same communication cost is determined as the resolution sR. Therefore, even if a resolution lower than the resolution setting is excluded, there is no particular influence. By excluding it, the data amount table and the second communication cost table can be created smoothly.
1 通信システム
3 次世代ネットワーク(NGN)
7 LANケーブル
10 ファクシミリ装置(FAX装置)
12 表示部
14 操作部
16 読取部
18 印刷部
20 ネットワークインターフェース(ネットワークI/F)
22 バスライン
30 CPU
32 プログラムROM
34 RAM
36 フラッシュROM
50 相手先装置
80 SIPサーバ
82 ホームゲートウェイ(HGW)
1 Communication System 3 Next Generation Network (NGN)
7 LAN cable 10 Facsimile machine (FAX machine)
12 Display Unit 14 Operation Unit 16 Reading Unit 18 Printing Unit 20 Network Interface (Network I / F)
22 bus line 30 CPU
32 Program ROM
34 RAM
36 Flash ROM
50 Partner device 80 SIP server 82 Home gateway (HGW)

Claims (5)

  1. 帯域確保型のIPネットワークに接続された相手先装置に、読み取られた原稿に対応するファクシミリデータを、前記IPネットワークを介して送信するファクシミリ装置であって、
    原稿を読み取る読取部と、
    ファクシミリデータを送信する送信部と、
    前記ファクシミリ装置が対応する各解像度と、前記IPネットワークで利用される各通信帯域と、の各組み合わせに関連付けて、各組み合わせにおける解像度のファクシミリデータを該解像度と対をなす通信帯域で送信した場合に要する通信費を登録した第一登録部を作成する第一作成部と、
    ファクシミリデータの解像度を指定する解像度設定として設定された解像度を対象として、前記第一登録部で通信費が最も低額となる特定の通信帯域を、ファクシミリデータの送信に利用する通信帯域として決定する第一決定部と、
    前記第一登録部において前記特定の通信帯域と対をなす各解像度のうち、関連付けられた通信費が前記最も低額の通信費と同額である、前記解像度設定の解像度より高い解像度を、前記相手先装置に送信されるファクシミリデータの解像度として決定する第二決定部と、
    前記送信部から、前記第二決定部による決定に基づいたファクシミリデータを送信するように制御する送信制御部と、を備えるファクシミリ装置。
    A facsimile apparatus that transmits facsimile data corresponding to a read document to a partner apparatus connected to a bandwidth-reserved IP network via the IP network,
    A reading section for reading a document;
    A transmission unit for transmitting facsimile data;
    When facsimile data having a resolution in each combination is transmitted in a communication band that is paired with the resolution in association with each combination of each resolution supported by the facsimile apparatus and each communication band used in the IP network. A first creation unit that creates a first registration unit that registers required communication costs;
    For the resolution set as the resolution setting for specifying the resolution of the facsimile data, the first registration unit determines a specific communication band with the lowest communication cost as the communication band used for transmitting the facsimile data. A decision part;
    Among the resolutions paired with the specific communication band in the first registration unit, an associated communication cost is the same as the lowest communication cost, and a resolution higher than the resolution set in the resolution setting is set to the destination. A second determination unit for determining the resolution of facsimile data transmitted to the apparatus;
    A facsimile apparatus comprising: a transmission control unit configured to control the transmission unit to transmit facsimile data based on the determination by the second determination unit.
  2. 前記読取部での原稿の読み取りを、前記ファクシミリ装置が対応する各解像度のうちの最高解像度で行うように制御する読取制御部と、
    前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではない場合、前記読取制御部による制御によって生成された前記最高解像度のファクシミリデータを、前記第二決定部によって決定された解像度に変換する変換部と、を備え、
    前記送信制御部は、
    前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度である場合、前記送信部から、前記最高解像度のファクシミリデータを送信するように制御し、
    前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではない場合、前記送信部から、前記変換部によって解像度が変換されたファクシミリデータを送信するように制御する、請求項1に記載のファクシミリ装置。
    A reading control unit that controls the reading of the document by the reading unit at the highest resolution among the corresponding resolutions of the facsimile apparatus;
    If the resolution determined by the second determination unit is not the highest resolution, conversion for converting the highest resolution facsimile data generated by the control by the reading control unit into the resolution determined by the second determination unit And comprising
    The transmission control unit
    When the resolution determined by the second determination unit is the highest resolution, control is performed so as to transmit the highest resolution facsimile data from the transmission unit,
    2. The facsimile apparatus according to claim 1, wherein when the resolution determined by the second determination unit is not the highest resolution, the transmission unit controls to transmit facsimile data whose resolution is converted by the conversion unit. .
  3. 前記相手先装置が有する解像度の能力を示す情報を取得する取得部を備え、
    前記送信制御部は、前記第二決定部によって決定された解像度が前記最高解像度ではなく、且つ、前記取得部によって取得された前記情報が前記第二決定部によって決定された解像度以上の解像度の能力を示す場合、前記変換部によって解像度が変換されたファクシミリデータを送信するように制御する、請求項2に記載のファクシミリ装置。
    An acquisition unit that acquires information indicating the resolution capability of the counterpart device;
    The transmission control unit is configured such that the resolution determined by the second determination unit is not the highest resolution, and the information acquired by the acquisition unit has a resolution greater than or equal to the resolution determined by the second determination unit. 3. The facsimile apparatus according to claim 2, wherein control is performed to transmit facsimile data whose resolution is converted by the conversion unit.
  4. 前記IPネットワークで利用される各通信帯域と、各通信帯域の基準時間当たりの通信費と、を関連付けて登録した第二登録部を記憶する記憶部と、
    前記ファクシミリ装置が対応する各解像度と、各解像度のファクシミリデータをパケット化した場合のパケットサイズと、を関連付けて登録した第三登録部を、前記最高解像度のファクシミリデータのデータサイズを基準として作成する第二作成部と、を備え、
    前記第一作成部は、前記記憶部に記憶された前記第二登録部と、前記第二作成部によって作成された前記第三登録部に登録された各解像度に関連付けられたパケットサイズと、に従い、前記第一登録部を作成する、請求項2又は請求項3に記載のファクシミリ装置。
    A storage unit that stores a second registration unit that registers and associates each communication band used in the IP network with a communication cost per reference time of each communication band;
    A third registration unit that registers each resolution supported by the facsimile apparatus and the packet size when the facsimile data of each resolution is packetized is created with reference to the data size of the highest resolution facsimile data. A second creation unit,
    The first creation unit follows the second registration unit stored in the storage unit and the packet size associated with each resolution registered in the third registration unit created by the second creation unit. The facsimile apparatus according to claim 2 or 3 , wherein the first registration unit is created.
  5. 前記第一作成部は、前記解像度設定の解像度より高い解像度を対象として、前記第一登録部を作成する、請求項1から請求項4の何れか1項に記載のファクシミリ装置。   5. The facsimile apparatus according to claim 1, wherein the first creation unit creates the first registration unit for a resolution higher than a resolution set by the resolution setting. 6.
JP2012209880A 2012-09-24 2012-09-24 Facsimile machine Active JP6019994B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012209880A JP6019994B2 (en) 2012-09-24 2012-09-24 Facsimile machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012209880A JP6019994B2 (en) 2012-09-24 2012-09-24 Facsimile machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014068067A JP2014068067A (en) 2014-04-17
JP6019994B2 true JP6019994B2 (en) 2016-11-02

Family

ID=50744099

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012209880A Active JP6019994B2 (en) 2012-09-24 2012-09-24 Facsimile machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6019994B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6153491B2 (en) 2014-03-28 2017-06-28 オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 Power supply

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3961856B2 (en) * 2002-03-06 2007-08-22 独立行政法人情報通信研究機構 Bandwidth and time reservation method for information transmission in bandwidth-guaranteed communication system, communication system and program therefor
JP4898603B2 (en) * 2007-09-03 2012-03-21 株式会社日立製作所 Communication apparatus and communication method
JP2012100131A (en) * 2010-11-04 2012-05-24 Fuji Xerox Co Ltd Transmitter, transmission controller, and program
JP2012175152A (en) * 2011-02-17 2012-09-10 Ricoh Co Ltd Communication terminal device
JP2013115704A (en) * 2011-11-30 2013-06-10 Canon Inc Communication device, control method therefor and control program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014068067A (en) 2014-04-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8037138B2 (en) Communication apparatus, communication control method of communication apparatus, and control program of communication apparatus for selecting a transmission path for image data
US7283273B2 (en) Image communication apparatus using IP addresses and control method thereof, program, and storage medium
JP2005079929A (en) Communication apparatus, control method of communication apparatus, and control program for communication apparatus
US9300839B2 (en) Image communication apparatus, method and a non-transitory computer-readable storage medium to generate both image data beforehand for low and high speed facsimile transmission
JP6106027B2 (en) Image communication apparatus, control method thereof, and program
JP2005159588A (en) Communication apparatus, its control method, and control program of communication apparatus
JP6019994B2 (en) Facsimile machine
US20050243871A1 (en) Communication deivce and communication method
WO2010035787A1 (en) Gateway device, method, system, and program
JP2004147128A (en) Communication method, communication device, and control program for the same
US20130136143A1 (en) Communication apparatus capable of selecting use bandwidth, method of controlling communication apparatus, and storage medium
JP5772352B2 (en) Communication apparatus and computer program
JP5879797B2 (en) Facsimile machine
US9756213B2 (en) Communication apparatus capable of selecting proper facsimile communication, method of controlling the same, and storage medium
JP5867776B2 (en) Facsimile machine
JP2012175152A (en) Communication terminal device
JP2005303872A (en) Image transmission system
JPWO2010035791A1 (en) Gateway device, method, system, and terminal
JP5569453B2 (en) Facsimile machine
JP6180229B2 (en) COMMUNICATION DEVICE, ITS CONTROL METHOD, AND PROGRAM
JP6307197B2 (en) Facsimile apparatus, control method thereof, and program
JP6850142B2 (en) How to send a fax message from a fax message transmitter to a fax message receiver
US9467594B2 (en) Communication apparatus that specifies network, control method therefor and storage medium
US10230868B2 (en) Facsimile apparatus, control method thereof, and storage medium
JPWO2010035776A1 (en) Server apparatus, communication system, and communication method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150828

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160615

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160817

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160906

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160919

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6019994

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150