JP5980725B2 - Network device, the relay management method, the relay management program and communication system - Google Patents

Network device, the relay management method, the relay management program and communication system Download PDF

Info

Publication number
JP5980725B2
JP5980725B2 JP2013110291A JP2013110291A JP5980725B2 JP 5980725 B2 JP5980725 B2 JP 5980725B2 JP 2013110291 A JP2013110291 A JP 2013110291A JP 2013110291 A JP2013110291 A JP 2013110291A JP 5980725 B2 JP5980725 B2 JP 5980725B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
router
vm
communication quality
same
network device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013110291A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014230217A (en
Inventor
高明 小山
高明 小山
秀雄 北爪
秀雄 北爪
永渕 幸雄
幸雄 永渕
Original Assignee
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電信電話株式会社 filed Critical 日本電信電話株式会社
Priority to JP2013110291A priority Critical patent/JP5980725B2/en
Publication of JP2014230217A publication Critical patent/JP2014230217A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5980725B2 publication Critical patent/JP5980725B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ネットワーク装置、中継管理方法、中継管理プログラムおよび通信システムに関する。 The present invention is a network device, the relay management method, a relay management program and a communication system.

近年、クラウドコンピューティングが普及し、データセンタに設置される物理サーバのリソースを用いて仮想環境を構築して、ユーザに各種サービスを提供することが行われている。 Recently, cloud computing is popular, to build a virtual environment using the resources of the physical server installed in the data center have been made to provide various services to the user. また、仮想スイッチを用いて、異なるデータセンタ間を跨ったL2ネットワーク構築も行われている。 Further, by using the virtual switches, it is also performed L2 network construction across the different data centers.

例えば、部門サーバ、経理サーバ、出退勤管理サーバ、ファイルサーバなどを仮想マシンによって実現する企業(Z)を例にして説明する。 For example, departmental servers, accounting servers, time and attendance management server realized by the file server, such as the virtual machine described as an example enterprise (Z). 企業(Z)では、拠点(札幌)のデータセンタ(X)で仮想マシン(A)と仮想マシン(B)とを動作させ、拠点(福岡)のデータセンタ(Y)で仮想マシン(C)と仮想マシン(D)とを動作させる。 In companies (Z), and base (Sapporo) to operate the virtual machine (A) and a virtual machine (B) in the data center (X) of base (Fukuoka) virtual machine (C) in the data center (Y) of to operate the virtual machine (D). そして、Open vSwitchなどによる仮想スイッチを用いて、データセンタ(X)とデータセンタ(Y)とを仮想L2ネットワークで接続する。 Then, by using the virtual switches due Open vSwitch, connecting the data center (X) and the data center and (Y) in the virtual L2 network.

このようにして、企業(Z)では、異なるデータセンタで動作して各サービスを提供する仮想マシン間の通信を実現することで、各拠点にいる社員に対して、拠点に依存することなく、各種サービスの提供を行う。 In this way, the company (Z), by implementing communication between virtual machines that provide services to operate at different data centers, to employees who are the sites, without depending on the base, carry out the provision of various services.

しかしながら、上記技術では、仮想マシンのマイグレーション等が発生した場合に、通信経路が冗長になり、通信遅延が発生するという問題がある。 However, in the above technique, when the migration and the like of the virtual machine is generated, the communication path becomes redundant, there is a problem that communication delay occurs.

一例として、上記企業(Z)を例にして説明すると、社員のパーソナルコンピュータ(以下、PCと記載する場合がある)は、インターネットなどを用いて各拠点に接続して仮想マシンを利用する状況において、拠点(札幌)の社員が拠点(福岡)に出張することに伴って、利便性等を向上させるために、仮想マシン(B)を拠点(福岡)のデータセンタ(Y)にマイグレーションさせたとする。 As an example, be described with the enterprise (Z) as an example, employees of a personal computer (hereinafter, may be referred to as PC), in a situation utilizing a virtual machine by connecting the like each site using an Internet employees bases (Sapporo) is accompanied to travel based in Fukuoka, in order to improve the convenience and the like, and allowed to migrate to the data center (Y) of the base virtual machine (B) (Fukuoka) . この場合、インターネットを利用する社員のPCのデフォルトゲートウェイは、ISP(Internet Service Provider)が指定したルータのIPアドレスとなる。 In this case, employees of the PC default gateway of you have access to the Internet, the ISP (Internet Service Provider) IP address of the specified router. また、マイグレーションした仮想マシン(B)のデフォルトゲートウェイは、マイグレーション元のデータセンタ(X)のルータが設定される。 Also, default gateway migrated virtual machine (B) is a router of the migration source of the data center (X) is set.

このため、社員が出張先の福岡から仮想マシン(B)にアクセスした場合、社員のPCは、VM(B)からの応答を、出張先である拠点(福岡)のデータセンタ(Y)、データセンタ間の仮想L2ネットワーク、出張元である拠点(札幌)のデータセンタ(X)を経由して受信する。 For this reason, if the employee has access to the virtual machine (B) from Fukuoka business trip destination, employees of the PC, the response from the VM (B), the data center of the base is a business trip destination (Fukuoka) (Y), data virtual L2 network between centers, is received via the data center of the site is a trip origin (Sapporo) (X). つまり、社員のPCは、出張に伴って仮想マシン(B)を出張先にマイグレーションさせたにも関らず、出張元を経由して仮想マシン(B)からの応答を受信することになる。 In other words, employees PC will receive a response from the spite was migrated virtual machine (B) on a business trip destination with the travel, the virtual machine via the travel source (B). このように、仮想マシン(B)からユーザ端末への通信距離が長くなり、無駄に遅延が大きくなる。 Thus, the communication distance from the virtual machine (B) to the user terminal is long, unnecessarily delay increases.

また、仮想マシン(B)のデフォルトゲートウェイを変更することも考えられるが、管理者でもない社員にネットワークの設定変更を実行させることは、セキュリティの観点からも現実的ではない。 Moreover, it is conceivable to modify the default gateway of the virtual machine (B), thereby executing the configuration change of network employees nor the administrator is not realistic from the viewpoint of security.

開示の技術は、上記に鑑みてなされたものであって、通信遅延を縮小化することができるネットワーク装置、中継管理方法、中継管理プログラムおよび通信システムを提供することを目的とする。 The technology disclosed, which has been made in view of the above, the network device, the relay management method capable of reducing the communication delay, and to provide a relay management program and a communication system.

本願の一実施形態は、情報処理装置間のデータ通信を中継するネットワーク装置において、前記ネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置と、前記ネットワーク装置との間の通信品質である第1の通信品質を測定する測定部と、前記同一ネットワークセグメント内で前記ネットワーク装置と同一のIPアドレスが設定された他のネットワーク装置と、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置との間の通信品質である第2の通信品質を取得する取得部と、前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置が中継対象であるか否かを判定する判定部とを有する。 One embodiment of the present invention, in a network device that relays data communication between the information processing apparatus, the network device and the information processing apparatus which operates in the same network segment as the first said a communication quality between the network device communication between the measuring section for measuring communication quality, and other network devices that the network device and the same IP address is set in the same network segment, and an information processing apparatus operated in the same network segment a second acquisition unit for acquiring communication quality is the quality, on the basis of the first communication quality of the second communication quality, whether the information processing apparatus to operate within the same network segment is relayed and a determination unit for determining whether or not.

本願の一実施形態によれば、通信遅延を縮小化することができる。 According to one embodiment of the present application, it is possible to reduce the communication delay.

図1は、第1の実施形態に係るシステムの全体構成例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an overall configuration of a system according to the first embodiment. 図2は、VMを動作させる物理サーバの階層構造を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing the hierarchical structure of the physical server operating the VM. 図3は、ルータの機能構成を示す機能ブロック図である。 Figure 3 is a functional block diagram showing the functional configuration of the router. 図4は、VM情報テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an example of information stored in the VM information table. 図5は、測定結果テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing an example of information stored in the measurement result table. 図6は、管理対象テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing an example of information stored in the managed table. 図7は、同期情報テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing an example of information stored in the synchronization information table. 図8は、第1の実施形態に係るルータが実行する管理対象のVMを特定する処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart showing a flow of processing router according to the first embodiment identifies a managed VM to run. 図9は、第1の実施形態に係るルータが実行するARP応答処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 9 is a flowchart showing a flow of an ARP response processing router according to the first embodiment performs. 図10は、VMのマイグレーション後に中継対象を変更する具体例を説明する図である。 Figure 10 is a diagram illustrating a specific example of changing the relay target after migrating VM. 図11は、出張先情報を登録する画面例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an example of a screen for registering the business trip destination information. 図12は、ルータが測定した情報を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing an information router was measured. 図13は、ルータが同期情報として受信した測定結果を示す図である。 Figure 13 is a graph showing measurement results router receives a synchronization information. 図14は、管理対象テーブルの更新例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of updating the management object table. 図15は、ARP要求の一例を示す図である。 Figure 15 is a diagram showing an example of ARP request. 図16は、ARP応答の一例を示す図である。 Figure 16 is a diagram showing an example of ARP response. 図17は、ARPテーブルの更新例を説明する図である。 Figure 17 is a diagram for explaining an example of updating the ARP table. 図18は、マイグレーション後の経路が変更される例を説明する図である。 Figure 18 is a diagram for explaining an example of path after migration is changed. 図19は、ルータの死活監視処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 19 is a flowchart showing the flow of life-and-death monitoring process of the router. 図20は、中継管理プログラムを実行するコンピュータを示す図である。 Figure 20 is a block diagram of a computer that executes the relay control program.

以下に、本願の開示するネットワーク装置、中継管理方法、中継管理プログラムおよび通信システムの実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。 Hereinafter, a network apparatus disclosed in the present application, the relay management method will be described in detail with reference to the drawings An embodiment of a relay management program and a communication system. なお、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。 It should be understood that the present invention is not limited by this embodiment. なお、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。 It should be understood that the present invention is not limited by this embodiment. 以下に説明する実施形態は、矛盾のない範囲で適宜組み合わせることができる。 The embodiments described below can be appropriately combined with consistent range.

[第1の実施形態] First Embodiment
(全体構成) (overall structure)
図1は、第1の実施形態に係るシステムの全体構成例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an overall configuration of a system according to the first embodiment. 図1に示すように、このシステムは、例えば企業の拠点間をネットワークで接続するシステムであり、それぞれデータセンタを有する拠点(札幌)1と拠点(福岡)11とがインターネットなどのネットワーク20で接続される。 As shown in FIG. 1, this system is, for example, a system that connects between the corporate offices in the network, the site with each data center (Sapporo) connected to 1 and the base (Fukuoka) 11 in the network 20 such as the Internet It is.

(拠点(札幌)) (Bases (Sapporo))
拠点(札幌)1は、ユーザ端末10とデータセンタ2とを有する。 Bases (Sapporo) 1 includes a user terminal 10 and the data center 2. ユーザ端末10は、データセンタ2または拠点(福岡)11のデータセンタ12等で動作する仮想マシンにアクセスして、各種サービスを利用する端末装置であり、例えばノートパソコンやスマートフォンなどである。 The user terminal 10 accesses the virtual machines running the data center 12 of the data center 2 or bases (Fukuoka) 11 is a terminal device for utilizing various services, for example, a notebook computer or a smartphone.

データセンタ2は、1台以上の物理サーバが設置され、物理サーバの物理リソースを用いて仮想マシン(以下、VM(Virtual Machine)と記載する場合がある)を動作させるデータセンタである。 Data center 2, one or more physical server is installed, the virtual machine using the physical resources of the physical server is a data center to operate (hereinafter, VM (may be referred to as Virtual Machine)). なお、物理リソースとしては、通信インタフェース、プロセッサ、メモリ、ハードディスクなどである。 As the physical resources, communications interface, a processor, a memory, a hard disk or the like.

具体的には、データセンタ2は、CE(Customer Edge)ルータ3、ルータ4、OVS5、VM(A)、VM(B)を有する。 Specifically, the data center 2 has a CE (Customer Edge) router 3, a router 4, OVS5, VM (A), VM (B). CEルータ3は、インターネットなどの通信事業者ネットワーク1aと企業内LAN(Local Area Network)などの企業ネットワークとの境界に設置されたエッジルータであり、このCEルータ3は、物理装置で実現される。 CE router 3 Internet are installed in the edge router at the boundary of the corporate network, such as carrier network 1a and the corporate a LAN (Local Area Network), such as, the CE router 3 is realized by a physical apparatus .

ルータ4は、企業内ネットワークにおいて、拠点(札幌)1のデータセンタ2と拠点(福岡)11のデータセンタ12とを同じネットワークセグメント22で分割するルータである。 Router 4, in the corporate network, a router for dividing the data center 12 bases (Sapporo) first data center 2 and base (Fukuoka) 11 in the same network segment 22. すなわち、ルータ4は、ユーザ端末10と各データセンタの各VMとの通信を中継する。 That is, the router 4 relays the communication with the user terminal 10 and each VM for each data center. このルータ4のインタフェース4aは、CEルータ3と接続されるインタフェースであり、IP(Internet Protocol)アドレスとして「IP(4a)」が設定される。 Interface 4a of the router 4 is an interface connected to the CE router 3, "IP (4a)" is set as the IP (Internet Protocol) address. また、ルータ4のインタフェース4bは、各VMと接続されるインタフェースであり、IPアドレスとして「IP(10)」が設定される。 The interface 4b of the router 4 is an interface to be connected to each VM, "IP (10)" is set as the IP address.

したがって、拠点(札幌)1で使用されるユーザ端末10には、デフォルトゲートウェイとして「IP(4a)」が接続される。 Accordingly, the user terminal 10 used by the base (Sapporo) 1, "IP (4a)" is connected as a default gateway. このため、ユーザ端末10は、各VMにアクセスする場合は、ルータ4を経由してアクセスする。 Therefore, the user terminal 10, when accessing each VM has access through the router 4. なお、このルータ4は、仮想マシンで実現されてもよく、物理装置で実現されてもよい。 Incidentally, this router 4 may be implemented in a virtual machine may be implemented in a physical device.

OVS5は、各データセンタの各ルータと各VMとを中継するスイッチであり、データセンタ12のOVS15と協働して、データセンタ間を仮想L2ネットワーク21で接続する仮想スイッチである。 OVS5 is a switch that relays each router and each VM for each data center, in cooperation with OVS15 of the data center 12, a virtual switch for connecting the data center in the virtual L2 network 21. 例えば、OVS5は、ルータ4のインタフェース4b、VM(A)、VM(B)、データセンタ12のOVS15のそれぞれと接続される。 For example, OVS5 the interface 4b of the router 4, VM ​​(A), VM (B), is connected to each of the OVS15 data center 12.

VM(A)は、例えばWebサーバやDBサーバなどを実行する仮想マシンであり、IPアドレスとして「IP(A)」が設定される。 VM (A) is, for example, a virtual machine to run, such as a Web server and DB server, "IP (A)" is set as the IP address. VM(B)は、例えばWebサーバやDBサーバなどを実行する仮想マシンであり、IPアドレスとして「IP(B)」が設定される。 VM (B) is, for example, a virtual machine running the like Web servers and DB server, "IP (B)" is set as the IP address. これらのVMは、OVS5を介して、ユーザ端末10と通信を実行する。 These VM via OVS5, executes communication with the user terminal 10.

(拠点(福岡)) (Bases (Fukuoka))
拠点(福岡)11は、データセンタ12を有する。 Site (Fukuoka) 11 has a data center 12. データセンタ12は、1台以上の物理サーバが設置され、物理サーバの物理リソースを用いて仮想マシンを動作させるデータセンタである。 Data center 12, over one physical server is installed, a data center to operate the virtual machine using the physical resources of the physical server.

具体的には、データセンタ12は、CEルータ13、ルータ14、OVS15、VM(C)、VM(D)を有する。 Specifically, the data center 12 has a CE router 13, router 14, OVS15, VM (C), VM (D). CEルータ13は、インターネットなどの通信事業者ネットワーク11aと企業内LANなどの企業ネットワークとの境界に設置されたエッジルータであり、このCEルータ13は、物理装置で実現される。 CE router 13, the Internet is installed edge router at the boundary of the corporate network, such as carrier network 11a and corporate LAN, such as the CE router 13 is implemented by the physical device.

ルータ14は、企業内ネットワークにおいて、拠点(札幌)1のデータセンタ2と拠点(福岡)11のデータセンタ12とを同じネットワークセグメント22で分割するルータである。 Router 14, in the corporate network, a router for dividing the data center 12 bases (Sapporo) first data center 2 and base (Fukuoka) 11 in the same network segment 22. すなわち、ルータ14は、外部装置と各データセンタの各VMとの通信を中継する。 That is, the router 14 relays the communication with the external device and each VM for each data center. このルータ14のインタフェース14aは、CEルータ13と接続されるインタフェースであり、IPアドレスとして「IP(14a)」が設定される。 Interface 14a of the router 14 is an interface connected to the CE router 13, "IP (14a)" is set as the IP address. また、ルータ4のインタフェース14bは、各VMと接続されるインタフェースであり、IPアドレスとして「IP(10)」が設定される。 The interface 14b of router 4 is an interface to be connected to each VM, "IP (10)" is set as the IP address. なお、このルータ14は、仮想マシンで実現されてもよく、物理装置で実現されてもよい。 Incidentally, the router 14 may be implemented in a virtual machine may be implemented in a physical device.

OVS15は、各データセンタの各ルータと各VMとを中継するスイッチであり、データセンタ2のOVS5と協働して、データセンタ間を仮想L2ネットワーク21で接続する仮想スイッチである。 OVS15 is a switch that relays each router and each VM for each data center, in cooperation with OVS5 data center 2, a virtual switch for connecting the data center in the virtual L2 network 21. 例えば、OVS15は、ルータ14のインタフェース14b、VM(C)、VM(D)、データセンタ1のOVS5のそれぞれと接続される。 For example, OVS15 the interface 14b of the router 14, VM ​​(C), VM (D), is connected to each of the OVS5 data center 1.

VM(C)は、例えばWebサーバやDBサーバなどを実行する仮想マシンであり、IPアドレスとして「IP(C)」が設定される。 VM (C) is, for example, a virtual machine running the like Web servers and DB server, "IP (C)" is set as the IP address. VM(D)は、例えばWebサーバやDBサーバなどを実行する仮想マシンであり、IPアドレスとして「IP(D)」が設定される。 VM (D) is, for example, a virtual machine running the like Web servers and DB server, "IP (D)" is set as the IP address. これらのVMは、OVS15を介して、データセンタ外の外部装置と通信を実行する。 These VM via OVS15, executes communication with the data center outside the external device.

(ネットワーク構成) (Network Configuration)
上述したように、ルータ4のインタフェース4bとルータ14のインタフェース14bには、同じIPアドレス「IP(10)」が設定されている。 As described above, the interface 14b interfaces 4b and router 14 of router 4, the same IP address "IP (10)" is set. また、各VMは、動作する拠点が異なるが、同じネットワークセグメントで動作する。 Each VM is a base for operations different, operates in the same network segment. つまり、ルータ4、ルータ14、OVS5、OVS15、VM(A)、VM(B)、VM(C)、VM(D)は、仮想L2ネットワーク21で接続され、同じネットワークセグメント22で動作する。 That is, the router 4, the router 14, OVS5, OVS15, VM (A), VM (B), VM (C), VM (D) is connected to the virtual L2 network 21, operating in the same network segment 22. したがって、拠点(福岡)11のルータ14とVM(A)やVM(B)が通信可能に接続されており、拠点(札幌)1のルータ4とVM(C)やVM(D)が通信可能に接続されている。 Therefore, the site (Fukuoka) 11 of router 14 and VM (A) and VM (B) are communicatively coupled, bases (Sapporo) 1 router 4 and VM (C) and VM (D) can communicate It is connected to the. ここで、仮想L2ネットワーク21は、ベストエフォート区間であり、サービス品質が通常ほど保証されていない。 Here, the virtual L2 network 21 is a best effort interval, quality of service is not guaranteed as usual.

(階層構造) (Hierarchical structure)
図2は、VMを動作させる物理サーバの階層構造を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing the hierarchical structure of the physical server operating the VM. なお、ここでは、一例として1台の物理サーバでVMを動作させる例を説明するが、これに限定されるものではなく、複数台の物理サーバを用いて動作させることができる。 Here, an example will be described for operating a VM physical server one as an example, but the invention is not limited thereto, can be operated using a plurality of physical servers.

データセンタ2では、物理サーバ6が動作し、データセンタ12では、物理サーバ16が動作する。 In the data center 2, the physical server 6 is operated, the data center 12, the physical server 16 operates. 各物理サーバは、一般的なサーバ装置であり、ハードウェア、プロセッサ、メモリ等を有する。 Each physical server is a general server device, a hardware processor, a memory and the like.

データセンタ2の物理サーバ6は、ハードウェア6a上でハイパーバイザなどの仮想化ソフトウェア6bを動作させて、仮想環境を提供する。 Physical server 6 of the data center 2, by operating the virtualization software 6b such as hypervisor hardware 6a, provides a virtual environment. 仮想化ソフトウェア6bは、仮想スイッチ6cを動作させる。 Virtualization software 6b operates the virtual switch 6c.

同様に、データセンタ12の物理サーバ16は、ハードウェア16a上でハイパーバイザなどの仮想化ソフトウェア16bを動作させて、仮想環境を提供する。 Similarly, the physical server 16 of the data center 12 operates the virtualization software 16b such as hypervisor hardware 16a, provides a virtual environment. 仮想化ソフトウェア16bは、仮想スイッチ16cを動作させる。 Virtualization software 16b operates the virtual switch 16c.

ここで、仮想スイッチ6cと仮想スイッチ16cは、例えばOpen vSwitch、Open Flow(登録商標)、KVM(登録商標)などを用いて実現され、ベストエフォート区間である仮想L2ネットワーク21を構築する。 The virtual switch 6c and virtual switch 16c, for example Open vSwitch, Open Flow (TM), is achieved by using a KVM (registered trademark), to construct a virtual L2 network 21 is a best effort interval. すなわち、異なるデータセンタ間を仮想L2ネットワークで通信可能に接続する。 That communicably connects with the different data centers virtual L2 network.

そして、各物理サーバの各仮想化ソフトウェアは、仮想L2ネットワーク21を利用可能な状態で仮想マシンを動作させる。 Each virtualization software on each physical server operates a virtual machine virtual L2 network 21 in usable state. 具体的には、仮想化ソフトウェア6bは、物理サーバ6の物理リソースを用いてVM(A)とVM(B)とを動作させ、仮想スイッチ6cを経由して、各VMを仮想L2ネットワーク21に接続する。 Specifically, the virtualization software. 6b, using the physical resources of the physical server 6 is operated VM and (A) and VM (B), via the virtual switch 6c, each VM to a virtual L2 network 21 Connecting. 同様に、仮想化ソフトウェア16bは、物理サーバ16の物理リソースを用いてVM(C)とVM(D)とを動作させ、仮想スイッチ16cを経由して、各VMを仮想L2ネットワーク21に接続する。 Likewise, virtualization software 16b, using the physical resources of the physical server 16 operates the VM and (C) and VM (D), via the virtual switch 16c, connects each VM to a virtual L2 network 21 .

(ルータの構成) (Configuration router)
次に、図1に示したルータ4およびルータ14の構成について説明する。 Next, description will be given of a configuration of the router 4 and the router 14 shown in FIG. なお、ルータ4とルータ14とは同様の構成を有するので、ここでは、ルータ14を例にして説明する。 Since having the same structure and the router 4 and the router 14 will be described here with the router 14 as an example. また、ここでは、ルータ14が物理装置である例で説明するが、ルータ14がVMで実現されている場合でも、物理リソースを用いて同様の機能が実行される。 Further, here, the router 14 will be described in the example is a physical device, the router 14 even if being implemented by VM, a similar function using the physical resources is performed.

図3は、ルータの機能構成を示す機能ブロック図である。 Figure 3 is a functional block diagram showing the functional configuration of the router. 図3に示すように、ルータ14は、通信制御部141、記憶部142、制御部143を有する。 As shown in FIG. 3, the router 14 includes a communication control unit 141, storage unit 142, a control unit 143.

通信制御部141は、インタフェース14aおよび14bを有し、他の装置の通信を制御する処理部である。 The communication control unit 141 has an interface 14a and 14b, a processing unit for controlling the communication of another device. 例えば、通信制御部141は、外部装置からVM(C)への通信、VM(C)から外部装置への通信などを中継する。 For example, the communication control unit 141, the communication from the external device to the VM (C), and relays a communication to the external device from the VM (C). なお、インタフェース14aには、IPアドレス「IP(14a)」が設定されており、インタフェース14bには、IPアドレス「IP(10)」が設定されている。 Note that the interface 14a, is set with the IP address "IP (14a)", the interface 14b, the IP address "IP (10)" is set.

記憶部142は、メモリやハードディスクなどの記憶装置であり、VM情報テーブル142a、測定結果テーブル142b、管理対象テーブル142c、同期情報テーブル142d、ルーティングテーブル142eを保持する。 Storage unit 142 is a storage device such as a memory or a hard disk, VM information table 142a, the measurement result table 142b, managed table 142c, the synchronization information table 142d, holds the routing table 142e. なお、ルータ14が仮想マシンである場合には、記憶部142は、ルータ14に対して割り当てられた、物理サーバのメモリやハードディスクの所定領域などが該当する。 Incidentally, when the router 14 is a virtual machine, the storage unit 142 assigned to the router 14, such as a predetermined area of ​​the physical server memory or a hard disk corresponds.

VM情報テーブル142aは、同一ネットワークセグメント内で動作するVMの情報を記憶するテーブルである。 VM information table 142a is a table for storing information of a VM operating in the same network segment. 図4は、VM情報テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an example of information stored in the VM information table. 図4に示すように、VM情報テーブル142aは、「VM名、MAC(Media Access Control)アドレス、IP(Internet Protocol)アドレス」を対応付けて記憶する。 As shown in FIG. 4, VM ​​information table 142a is stored in association with "VM name, MAC (Media Access Control) address, IP (Internet Protocol) address". なお、ここで記憶される情報は、管理者等によって設定される。 The information stored here is set by the administrator or the like.

ここで記憶される「VM名」は、同一ネットワークセグメント内で動作するVMを特定する情報であり、例えばホスト名や識別子などである。 Here "VM name" stored in is information for identifying the VM operating in the same network segment, for example, a host name or identifier. 「MACアドレス」は、VMに設定されているMACアドレスである。 "MAC address" is the MAC address that is set in the VM. 「IPアドレス」は、VMに設定されているIPアドレスである。 "IP address" is an IP address that is set in the VM.

図4の場合、データセンタ2およびデータセンタ12と同一ネットワークセグメント内で、MACアドレスとして「MAC(A)」およびIPアドレスとして「IP(A)」が設定されているVM(A)が動作していることを示す。 In FIG. 4, in the data center 2 and the data center 12 within the same network segment, "MAC (A)" and "IP (A)" as the IP address VM which is set (A) operates as a MAC address show that is. 同様に、MACアドレスとして「MAC(B)」およびIPアドレスとして「IP(B)」が設定されているVM(B)が動作していることを示す。 Similarly, indicating "MAC (B)" and VM for the IP address "IP (B)" is set (B) operates as a MAC address. また、MACアドレスとして「MAC(C)」およびIPアドレスとして「IP(C)」が設定されているVM(C)が動作していることを示す。 Also shows that the "MAC (C)" and the IP address as "IP (C)" VM which is set (C) is operating as a MAC address. また、MACアドレスとして「MAC(D)」およびIPアドレスとして「IP(D)」が設定されているVM(D)が動作していることを示す。 Also shows that the "MAC (D)" and VM for the IP address "IP (D)" is set (D) is operating as a MAC address.

測定結果テーブル142bは、各VMとルータ14との通信品質の測定結果を記憶するテーブルである。 Measurement result table 142b is a table for storing the measurement result of the communication quality of each VM and the router 14. 図5は、測定結果テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing an example of information stored in the measurement result table. 図5に示すように、測定結果テーブル142bは、「VM名、MACアドレス、通信品質」を対応付けて記憶する。 As shown in FIG. 5, the measurement result table 142b is stored in association with "VM name, MAC address, communication quality".

ここで記憶される「VM名」は、測定対象のVMを識別する情報であり、「MACアドレス」は、測定対象のVMのMACアドレスである。 "VM name" stored here is information for identifying the VM to be measured, "MAC address" is the VM MAC address to be measured. 「通信品質」は、後述する通信品質測定部146によって測定された結果である。 "Communication quality" is the result measured by the communication quality measurement unit 146 to be described later. なお、MACアドレスではなく、IPアドレスであってもよい。 It should be noted that, instead of the MAC address may be an IP address.

図5の場合、ルータ14とVM(A)との通信品質が「60ms」、ルータ14とVM(B)との通信品質が「23ms」、ルータ14とVM(C)との通信品質が「5ms」、ルータ14とVM(D)との通信品質が「7ms」であることを示している。 In FIG. 5, the communication quality between the router 14 and the VM (A) is "60ms", the router 14 and VM (B) communication quality "23ms" with, the router 14 and the VM (C) quality of communication with the " 5ms ", the communication quality between the router 14 and the VM (D) indicates that it is a" 7ms ". なお、ここで記憶される情報は、後述する通信品質測定部146等によって随時更新される。 The information stored here is updated from time to time by such communication quality measurement unit 146 to be described later.

また、ここで記憶される通信品質としては、ルータがVMにメッセージを送信して、VMから応答を受信するまでの時間などである。 Further, as the communication quality is stored here, the router sends a message to the VM, and the like time until a response is received from the VM. また、ルータがVMにメッセージを複数回送信して、VMから応答を受信するまでの時間を計測し、その計測時間の平均値などでもよい。 Also, the router sends multiple messages to VM, measures the time until a response is received from the VM, it may be an average value of the measured time.

管理対象テーブル142cは、ルータ14が通信を中継するVMの情報を記憶するテーブルである。 Managed table 142c is a table storing VM information router 14 relays the communication. 図6は、管理対象テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing an example of information stored in the managed table. 図6に示すように、管理対象テーブル142cは、「項番、VM名、MAC(Media Access Control)アドレス」を対応付けて記憶する。 As shown in FIG. 6, managed table 142c is stored in association with "No., VM name, MAC (Media Access Control) address". ここで記憶される「項番」は、レコードを識別する識別子であり、「VM名」は、中継対象のVMを識別する情報であり、「MACアドレス」は、中継対象のVMのMACアドレスである。 Here "item number" stored in is an identifier that identifies the record, "VM name" is information for identifying the VM to be relayed, "MAC address" is a VM MAC address to be relayed is there. なお、MACアドレスではなく、IPアドレスであってもよい。 It should be noted that, instead of the MAC address may be an IP address.

図6の場合、ルータ14は、MACアドレスとして「MAC(C)」を有するVM(C)、MACアドレスとして「MAC(D)」を有するVM(D)を中継対象としていることが示されている。 For Figure 6, the router 14 is shown to be a "MAC (C)" VM with (C), relayed the VM (D) having a "MAC (D)" as the MAC address as the MAC address there. なお、ここで記憶される情報は、後述する通信品質測定部146等によって随時更新される。 The information stored here is updated from time to time by such communication quality measurement unit 146 to be described later.

同期情報テーブル142dは、同一ネットワークセグメント内で動作し、同じIPアドレスが設定されたルータから取得した情報を記憶するテーブルである。 Synchronization information table 142d operate in the same network segment, a table for storing the information obtained from the router to the same IP address is set. 図7は、同期情報テーブルに記憶される情報の例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing an example of information stored in the synchronization information table. 図7に示すように、同期情報テーブル142dは、「取得先ルータ、優先度、測定結果」を対応付けて記憶する。 As shown in FIG. 7, the synchronization information table 142d is stored in association with "acquisition source router, priority, measurement results".

ここで記憶される「取得先ルータ」は、同期対象のルータを識別する情報であり、「優先度」は、同期対象のルータから取得された同期対象のルータに設定される優先度である。 "Get to router" stored here is information for identifying a synchronization target router, "priority" is a priority set in synchronization target router obtained from synchronization router. 「測定結果」は、同期対象のルータが測定したルータと各VMと通信品質を示す情報である。 "Measurement result" is information indicating the communication quality and routers synchronized router was measured with each VM.

図7の例は、ルータ4から取得された情報であり、ルータ4には優先度「10」が設定されており、ルータ4とVM(A)との通信品質が「3ms」であり、ルータ4とVM(B)との通信品質が「2ms」であり、ルータ4とVM(C)との通信品質が「70ms」であり、ルータ4とVM(D)との通信品質が「111ms」であることを示している。 Example 7 is information obtained from the router 4, the router 4 are set priority "10", the communication quality between the router 4 and VM (A) is "3ms" router 4 and VM (B) quality of communication with is "2ms", the communication quality between the router 4 and VM (C) is "70ms", the communication quality between the router 4 and VM (D) is "111ms" it is shown that it is.

ルーティングテーブル142eは、データを中継する中継経路すなわちルーティング情報を記憶するテーブルである。 Routing table 142e is a table for storing the relay path or routing information for relaying data. 具体的には、ルーティングテーブル142eは、各VM間の経路、各VMと外部ネットワークへの経路等を記憶する。 Specifically, the routing table 142e, the path between each VM, and stores the route and the like to each VM and the external network.

制御部143は、プロセッサなどの電子回路であり、管理情報受付部144、競合検出抑止部145、通信品質測定部146、ARP応答部147、同期実行部148、中継処理部149を有する。 Control unit 143 is an electronic circuit such as a processor, management information receiving unit 144, conflict detection inhibiting unit 145, the communication quality measurement unit 146, ARP response unit 147, the synchronization executing unit 148 includes a relay processing unit 149. つまり、各処理部は、プロセッサなどが実行するプロセスやプロセッサが有する電子回路などである。 That is, each processing unit is an electronic circuit included in the process or processor such as the processor executes. ルータ14が仮想マシンである場合には、制御部143は、ルータ14に対して割り当てられた、物理サーバのプロセッサが実行する処理部である。 If the router 14 is a virtual machine, the control unit 143 assigned to the router 14, a processing unit which processor of the physical server executes.

管理情報受付部144は、管理者から設定情報を受け付ける処理部である。 Management information receiving unit 144 is a processing unit that receives setting information from the administrator. 例えば、管理情報受付部144は、動作しているVMの情報を管理者から受け付けて、VM情報テーブル142aに格納する。 For example, the management information reception section 144 receives information of a VM running from the administrator, and stores the VM information table 142a.

競合検出抑止部145は、同一ネットワークセグメント内において、自ルータに設定されるIPアドレスと同一のIPアドレスが検出された場合に、エラー通知を抑止し、同一アドレスの設定を許容する処理部である。 Conflict detection inhibiting unit 145, in the same network segment, if the IP address identical to the IP address set in its own router is detected, is a processing section which suppresses error notification, permits the setting of the same address .

例えば、ルータ4のインタフェース4bにIPアドレス「IP(10)」が設定されている状態で、自ルータ14のインタフェース14bにIPアドレス「IP(10)」を設定したとする。 For example, in a state in which an IP address to the interface 4b of the router 4 "IP (10)" is set, and sets the IP address to the interface 14b of the host router 14 "IP (10)". この場合、競合検出抑止部145は、ルータ4およびルータ14が共に起動していると、IPアドレスの競合を検知する。 In this case, conflict detection inhibiting unit 145, the router 4 and the router 14 is activated together, to detect IP address conflicts. しかし、競合検出抑止部145は、IPアドレスの競合を検知した場合でも、エラー通知を抑止する。 However, conflict detection inhibiting unit 145, even if you detect a conflict of IP address, to suppress the error notification. この結果、ルータ4と自ルータ14、すなわち、同一ネットワークセグメント内でIPアドレスの重複が許容される。 As a result, the router 4 and the local router 14, i.e., duplicate IP address is allowed within the same network segment. したがって、ルータ4のインタフェース4bとルータ14のインタフェース14bに、同じIPアドレス「IP(10)」が設定される状態が許容される。 Thus, the interface 14b interfaces 4b and router 14 of router 4, a state in which the same IP address "IP (10)" is set is allowed.

通信品質測定部146は、データセンタ2およびデータセンタ12と同一ネットワークセグメント内で動作する各VMとの間の通信品質を測定する処理部である。 Communication quality measurement unit 146 is a processing unit that measures the communication quality between each VM operating in the data center 2 and the data center 12 within the same network segment. また、通信品質測定部146は、同一ネットワークセグメント内で同一IPアドレスが設定されたルータ間で、自ルータ14の通信品質がよいVMを管理対象に登録する処理部である。 The communication quality measurement unit 146 are the same in the network segment between routers that same IP address is set, a processing unit for registering the communication quality is good VM of the own router 14 managed.

具体的には、通信品質測定部146は、VM情報テーブル142aに記憶される各VMに対してメッセージを送信して、応答を受信するまでの時間を計測し、その結果を測定結果テーブル142bに格納する。 Specifically, the communication quality measurement unit 146 sends a message to each VM stored in VM information table 142a, measures the time until a response is received, the result in the measurement result table 142b Store. そして、通信品質測定部146は、同期情報テーブル142dを参照し、自ルータ14との通信時間が最も早いVMを特定する。 Then, the communication quality measurement unit 146 refers to the synchronization information table 142d, communication time between the own router 14 to identify the earliest VM. その後、通信品質測定部146は、特定したVMに関する情報をVM情報テーブル142aから抽出して、管理対象テーブル142cに格納する。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146 extracts the information about the VM that identified from the VM information table 142a, and stores the managed table 142c.

例えば、通信品質測定部146は、VM(A)、VM(B)、VM(C)、VM(D)各々にARP(Address Resolution Protocol)要求を複数回送信して、各VMからARP応答を受信するまでの時間を計測し、その時間の平均値を算出する。 For example, the communication quality measurement unit 146, VM (A), VM (B), VM (C), by sending multiple times VM (D) each ARP (Address Resolution Protocol) request, an ARP reply from the VM It measures the time until it receives, calculates the average value of the time. そして、通信品質測定部146は、同期情報テーブル142dを参照して、ルータ4が同様の手法で各VMについて計測した計測時間の平均値を読み出す。 Then, the communication quality measurement unit 146 refers to the synchronization information table 142d, reads the average value of the measured time the router 4 is measured for each VM in the same manner.

その後、通信品質測定部146は、自ルータ14の計測結果と、ルータ4の計測結果とを比較して、VM(C)とVM(D)については、自ルータ14の計測時間が短いと判定する。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146, a measurement result of the own router 14, by comparing the measurement result of the router 4, VM ​​and (C) for the VM (D), and measuring the time of the own router 14 is short determination to. この結果、通信品質測定部146は、VM(C)とVM(D)のMACアドレスおよびIPアドレスを、管理対象テーブル142cに格納する。 As a result, the communication quality measurement unit 146, VM (C) and the MAC address and IP address of the VM (D), and stored in the managed table 142c.

なお、通信品質測定部146がVMとの通信品質を測定して管理対象のVMを更新するタイミングとしては、例えばルータ14の起動時、VM情報テーブル142aの更新時、VMのマイグレーションが発生した時などがある。 Incidentally, when the communication quality measurement unit 146 as a timing of updating the VM managed by measuring the communication quality of the VM, for example, when starting the router 14, when updating the VM information table 142a, the migration of VM generated and so on.

ARP応答部147は、VMからARP要求を受信した場合に、管理対象のVMに対してARP応答を応答する処理部である。 ARP response unit 147, when receiving an ARP request from the VM, a processing unit which responds an ARP response to the managed VM. 具体的には、ARP応答部147は、受信したARP要求のうち、管理対象テーブル142cに格納されているMACアドレスを送信元のMACアドレスとして含むARP要求に対して、ルータ14のMACアドレスを応答する。 Specifically, ARP response unit 147, among the received ARP request for ARP request containing the MAC address stored in the management target table 142c as the MAC address of the sender, reply the MAC address of the router 14 to.

例えば、ARP応答部147は、VM(C)からARP要求したとする。 For example, ARP response unit 147 to have ARP request from VM (C). この場合、ARP応答部147は、当該ARP要求からVM(C)のMACアドレス「MAC(C)」を抽出する。 In this case, ARP response unit 147 extracts the MAC address "MAC (C)" in the VM (C) from the ARP request. そして、ARP応答部147は、管理対象テーブル142cを参照し、抽出したMACアドレス「MAC(C)」がテーブルに登録されていることから、送信元が中継対象のVMであると判定する。 Then, ARP response unit 147 determines from the reference to the management target table 142c, extracted MAC address "MAC (C)" is registered in the table, the source is a VM to be relayed. この結果、ARP応答部147は、受信したARP要求の送信元であるVM(C)に、自ルータのMACアドレス「MAC(14)」を応答する。 As a result, ARP response unit 147, the VM (C) which is the sender of the received ARP request and responds the MAC address of the local router "MAC (14)".

一方、ARP応答部147は、VM(B)からARP要求したとする。 Meanwhile, ARP response unit 147 to have ARP request from VM (B). この場合、ARP応答部147は、当該ARP要求からVM(B)のMACアドレス「MAC(B)」を抽出する。 In this case, ARP response unit 147 extracts the MAC address "MAC (B)" of the VM (B) from the ARP request. そして、ARP応答部147は、管理対象テーブル142cを参照し、抽出したMACアドレス「MAC(B)」がテーブルに登録されていないことから、送信元が中継対象外のVMであると判定する。 Then, ARP response unit 147 determines from the reference to the management target table 142c, extracted MAC address "MAC (B)" is not registered in the table, the source is a VM outside relayed. この結果、ARP応答部147は、受信したARP要求に対する応答を抑止する。 As a result, ARP response unit 147 suppresses the response to the received ARP request.

同期実行部148は、所定の間隔で、同一ネットワークセグメントに存在するルータとの間で、VMとの間の通信品質を同期する処理部である。 Synchronous execution unit 148 at a predetermined interval, between the routers in the same network segment, a processing unit for synchronizing the communication quality between the VM. 具体的には、同期実行部148は、同一ネットワークセグメントで同じIPアドレスが設定されているルータとの間で、同期処理を実行する。 Specifically, synchronous execution unit 148, between the router the same IP address in the same network segment is configured to execute the synchronization process. なお、同期先のルータは、管理者等によって予め設定されていてもよく、競合検出抑止部145が検出したルータを同期対象として設定してもよい。 Incidentally, the destination router may be previously set by the administrator or the like, a router conflict detection inhibiting unit 145 detects may be set as a synchronization target.

例えば、同期実行部148は、同期タイミングに到達すると、測定結果テーブル142bに記憶される測定結果を読み出して、ルータ4に送信する。 For example, synchronous execution unit 148 reaches the synchronization timing, reads the measurement result stored in the measurement result table 142b, and transmits to the router 4. また、同期実行部148は、ルータ4の測定結果を受信すると、同期情報テーブル142dに格納する。 The synchronous execution unit 148 receives the measurement result of the router 4, and stores the synchronization information table 142d. なお、同期タイミングとしては、1時間ごとや設定変更時など任意に設定することができる。 As the synchronization timing can be arbitrarily set, such as during 1 hour each and configuration changes. また、同期する情報としては、測定結果に限らず、例えばルータに設定される優先度や管理対象テーブル142cに記憶される管理対象を同期してもよい。 As the information to be synchronized, the measurement result is not limited, it may be synchronously managed stored in priority or managed table 142c for example be set in the router.

中継処理部149は、受信したデータを宛先に中継する処理部である。 Relay processing unit 149 is a processing unit for relaying the received data to the destination. 具体的には、中継処理部149は、中継対象のVMを宛先とするパケット、または、中継対象のVMを送信元とするパケットを受信した場合に、ルーティングテーブル142eに記憶される情報に基づいて、NAT(Network Address Translation)変換等を行って当該パケットを宛先に送信する。 Specifically, the relay processing unit 149, a packet destined for VM to be relayed, or when receiving a packet whose transmission source is VM to be relayed, based on the information stored in the routing table 142e , and it transmits the packet to the destination by performing the NAT (Network Address Translation) conversion, and the like.

(管理対象VMの特定処理) (Specific processing of the managed VM)
図8は、第1の実施形態に係るルータが実行する管理対象のVMを特定する処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart showing a flow of processing router according to the first embodiment identifies a managed VM to run. なお、ここでは、ルータ14を例にして説明する。 Note that description is made here to the router 14 as an example. また、この処理の前段階として、ルータ14およびルータ4に対して、VM情報テーブル142aへの情報設定が完了しているものとする。 Furthermore, as a pre-stage of the process, the router 14 and the router 4, it is assumed that the information set in the VM information table 142a is completed. すなわち、同一ネットワークセグメント内で同じIPアドレスが設定されているものとする。 That is, it is assumed that the same IP address in the same network segment is set.

図8に示すように、ルータ14の競合検出抑止部145は、各種設定が完了したルータ14が起動されると(S101:Yes)、競合するIPアドレスの設定を検出する(S102)。 As shown in FIG. 8, conflict detection inhibiting unit 145 of the router 14, the router 14 which settings have been completed is started (S101: Yes), for detecting the setting of the IP address conflict (S102). 続いて、競合検出抑止部145は、競合するIPアドレスを検出するが、エラー通知を抑止する(S103)。 Subsequently, conflict detection inhibiting unit 145 is to detect the IP address conflicting, to suppress error notification (S103).

その後、ルータ14の通信品質測定部146は、VM情報テーブル142aを参照して、同一ネットワークセグメント内で動作するVMを特定する(S104)。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146 of the router 14 refers to the VM information table 142a, identifies the VM operating in the same network segment (S104). 続いて、通信品質測定部146は、特定した各VMにARP要求を複数回送信する(S105)。 Subsequently, the communication quality measurement unit 146 transmits a plurality of times an ARP request to each VM identified (S105). その後、通信品質測定部146は、各VMからARP応答を受信する(S106)。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146 receives the ARP response from the VM (S106).

そして、通信品質測定部146は、各VMについて、ARP要求を送信してからARP応答を受信するまでの時間を計測し、計測した時間の平均値を算出して、測定結果テーブル142bに格納する(S107)。 Then, the communication quality measurement unit 146, for each VM, measures the time from the transmission of the ARP request until it receives an ARP response, and calculates the average value of the measured time, and stores the measurement result table 142b (S107).

続いて、同期実行部148は、同期情報として、測定結果テーブル142bに記憶される各VMの通信品質(平均値)を、同一ネットワークセグメント内で自ルータ14と同一IPアドレスが設定されているルータ4に送信する(S108)。 Subsequently, the router synchronous execution unit 148, a synchronization information, the communication quality of each VM measured results stored in the table 142b (average value), the local router 14 in the same IP address in the same network segment is set to send to the 4 (S108).

また、同期実行部148は、他ルータが測定した各VMの通信品質(平均値)を同期情報として受信して、同期情報テーブル142dに格納する(S109)。 The synchronous execution unit 148 receives the communication quality of each VM that other routers was measured (average value) as the synchronization information, and stores the synchronization information table 142d (S109).

その後、通信品質測定部146は、自ルータ14の測定結果と、同期情報で受信した他ルータの測定結果とから、自ルータ14との通信時間が最も短い通信時間であったVMを特定する(S110)。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146, a measurement result of the own router 14, and a measurement result of the other router receiving the synchronous information, identifies the VM communication time between the own router 14 was the shortest communication time ( S110).

そして、通信品質測定部146は、自ルータ14との通信時間が最も短い通信時間であったVMを、管理対象すなわち中継対象として管理対象テーブル142cに登録する(S111)。 Then, the communication quality measurement unit 146, the VM communication time between the own router 14 was the shortest communication time, and registers the management target table 142c as a managed i.e. relayed (S 111). その後、通信品質測定部146は、計測タイミングに到達するたびに(S112:Yes)、S104以降の処理を繰り返す。 Thereafter, the communication quality measurement unit 146, each time reaching the measurement timing (S112: Yes), S104 and repeats the subsequent processing.

(ARP応答処理) (ARP response processing)
図9は、第1の実施形態に係るルータが実行するARP応答処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 9 is a flowchart showing a flow of an ARP response processing router according to the first embodiment performs. なお、ここでは、ルータ14を例にして説明する。 Note that description is made here to the router 14 as an example. また、この処理の前段階として、ルータ14およびルータ4に対して、管理対象テーブル142cへの情報設定および同一ネットワークセグメント内で同じIPアドレスが設定されているものとする。 Furthermore, as a pre-stage of the process, the router with respect to 14 and the router 4, it is assumed that the management information set and the same IP address in the same network segment to the target table 142c is set.

図9に示すように、ルータ14のARP応答部147は、VMからARP要求を受信すると(S201:Yes)、当該ARP要求から送信元のMACアドレスを抽出する(S202)。 As shown in FIG. 9, ARP response unit 147 of the router 14 receives the ARP request from VM (S201: Yes), it extracts the source MAC address from the ARP request (S202). 続いて、ARP応答部147は、抽出した送信元のMACアドレスが管理対象テーブル142cに登録されているか否かを判定する(S203)。 Subsequently, ARP response unit 147 determines the extracted transmission source MAC address is whether or not it is registered in the management object table 142c (S203).

そして、ARP応答部147は、抽出した送信元のMACアドレスが管理対象テーブル142cに登録されている場合、すなわち、ARP要求の送信元のVMが管理対象である場合(S203:Yes)、送信元のVMにARP応答を送信する(S204)。 Then, ARP response unit 147, if the extracted transmission source MAC address is registered in the management object table 142c, i.e., when the source of the VM ARP requests are managed (S203: Yes), the source send an ARP response to the VM (S204).

一方、ARP応答部147は、抽出した送信元のMACアドレスが管理対象テーブル142cに登録されていない場合、すなわち、ARP要求の送信元のVMが管理対象外である場合(S203:No)、送信元のVMへのARP応答を抑止する(S205)。 Meanwhile, ARP response unit 147, if the extracted transmission source MAC address is not registered in the management object table 142c, i.e., when the source of the VM ARP requests are unmanaged (S203: No), transmission to suppress the ARP response to the original VM (S205).

(具体例) (Concrete example)
次に、ユーザ端末10のユーザが拠点(札幌)1から拠点(福岡)11へ出張するのに伴って、利便性向上のために、ユーザが利用するVM(B)をデータセンタ12へマイグレーションさせた場合に、ルータが中継対象を変更する例を説明する。 Then, as the business trip from the user site (Sapporo) 1 of the user terminal 10 bases (Fukuoka) to 11, for convenience improving, to migrate VM (B) the user uses to the data center 12 If the router will be described an example of changing the relay target.

図10は、VMのマイグレーション後に中継対象を変更する具体例を説明する図である。 Figure 10 is a diagram illustrating a specific example of changing the relay target after migrating VM. 図10は、図1と同様の構成を有するが、VMのマイグレーション等を管理する管理サーバ30がネットワーク20に接続されている点が異なる。 Figure 10 has the same configuration as FIG. 1 in that the management server 30 that manages the migration and the like of the VM is connected to the network 20 is different.

なお、マイグレーション前における、各VMと各ルータとの間の通信品質は、図5および図6の状態であるとする。 Incidentally, before the migration, the communication quality between each VM and each router, and the state of FIGS. つまり、ルータ4とVM(A)およびルータ4とVM(B)の通信品質がよく、ルータ14とVM(C)およびルータ14とVM(D)の通信品質がよい状態であるとする。 That is, the communication quality of the router 4 and VM (A) and the router 4 and VM (B) is good, the communication quality of the router 14 and VM (C) and the router 14 and the VM (D) is assumed to be in good condition. このため、ルータ4は、VM(A)およびVM(B)を管理対象とし、ルータ14は、VM(C)およびVM(D)を管理対象としている。 Accordingly, router 4, VM ​​(A) and VM (B) to be managed, the router 14 is VM and (C) and VM (D) and managed.

このような状態において、ユーザ端末10は、管理サーバ30へアクセスして、Web画面等を用いて出張先の情報を登録し、サービス等の移動を要求する(S301)。 In this state, the user terminal 10 accesses the management server 30 registers the information of the business trip using a Web screen or the like to request the movement of the service (S301). 図11は、出張先情報を登録する画面例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an example of a screen for registering the business trip destination information. 管理サーバ30は、ユーザ端末10からのアクセスを受け付けると、図11に示す画面をユーザ端末10に応答する。 The management server 30 accepts the access from the user terminal 10 responds to the screen shown in Figure 11 to the user terminal 10.

図11に示す画面は、「ユーザID、移動元、移動先、移動対象」を入力させる画面である。 Screen shown in FIG. 11, "the user ID, movement source, destination, movement target" is a screen for inputting. 「ユーザID」は、出張するユーザの識別子である。 "User ID" is an identifier of the user to be a business trip. 「移動元」は、出張元を示す情報であり、「移動先」は、出張先を示す情報であり、「移動対象」は、出張先で使用するサービスやサーバを特定する情報である。 "Mobile source" is information indicating a business trip source, "destination" is information indicating a business trip destination, "moving target" is information to identify the service or server to be used on the road. この「移動元」、「移動先」、「移動対象」は、例えばプルダウンメニュー等で容易に選択することができる。 This "transfer source", "destination", "moving target" can be readily selected for example a pull-down menu or the like.

ここでは、図11に示すように、管理サーバ30は、ユーザID「U001」、移動元「札幌」、移動先「福岡」、移動対象「Webサーバ(VM(B))」の入力を受け付けたとする。 Here, as shown in FIG. 11, the management server 30, the user ID "U001", the move source "Sapporo", destination "Fukuoka", accepting the input of the moving target "Web server (VM (B))" and to.

続いて、管理サーバ30は、入力された情報に基づいて、拠点(札幌)1のデータセンタ2で動作するVM(B)を、出張先の拠点(福岡)11のデータセンタ12内にマイグレーションさせる(S302)。 Subsequently, the management server 30, based on the input information, based in (Sapporo) VM running on one of the data center 2 (B), is migrated to trip destination site (Fukuoka) 11 the data center 12 of (S302).

マイグレーションが完了すると、各ルータは、各VMとの通信品質を測定する(S303)。 If the migration is complete, each router measures the communication quality of each VM (S303). 具体的には、ルータ4は、VM(A)、VM(B)、VM(C)、VM(D)それぞれに対して、複数回ARP要求を送信し、その応答を受信するまでの時間を計測した後、各VMについて応答までに要する時間の平均値を算出する。 Specifically, router 4, VM ​​(A), VM (B), for each VM (C), VM (D), the time to transmit a plurality of times ARP request, receiving a response after measurement, it calculates the average value of the time required for the response for each VM. 同様に、ルータ14は、VM(A)、VM(B)、VM(C)、VM(D)それぞれに対して、複数回ARP要求を送信し、その応答を受信するまでの時間を計測した後、各VMについて応答までに要する時間の平均値を算出する。 Similarly, router 14, VM ​​(A), VM (B), VM (C), for each VM (D), and transmits a plurality of times ARP request and measures the time it takes to receive a response after, it calculates the average value of the time required for the response for each VM.

図12は、ルータ14が測定した情報を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing an information router 14 was measured. 図12に示すように、ルータ14は、VM(A)との間では通信品質「40ms」、VM(B)との間では通信品質「3ms」、VM(C)との間では通信品質「5ms」、VM(D)との間では通信品質「7ms」を測定する。 As shown in FIG. 12, the router 14, VM ​​communication quality "40ms" is between (A), VM (B) communication quality "3ms" in between, the communication quality between a VM (C) " 5ms ", between the VM (D) for measuring the communication quality" 7ms ".

その後、図10に示すように、ルータ14は、ルータ4と測定結果を同期して、管理対象の更新を実行する(S304)。 Thereafter, as shown in FIG. 10, the router 14 is to synchronize the measurement result and the router 4 performs the updating of the managed (S304). 図13は、ルータ14が同期情報として受信した測定結果を示す図である。 Figure 13 is a graph showing a measurement result of the router 14 has received as synchronization information. つまり、図13は、ルータ4の測定結果を示している。 That is, FIG. 13 shows the measurement results of the router 4. 図13に示すように、ルータ4は、VM(A)との間では通信品質「3ms」、VM(B)との間では通信品質「20ms」、VM(C)との間では通信品質「32ms」、VM(D)との間では通信品質「19ms」を測定する。 As shown in FIG. 13, the router 4, VM ​​communication quality "3ms" is between (A), VM (B) communication quality "20ms" is between the communication quality between a VM (C) " 32ms ", between the VM (D) for measuring the communication quality" 19ms ".

続いて、ルータ14は、図12に示す自ルータが測定した測定結果と、図13に示すルータ4の測定結果とを比較して、VM(B)、VM(C)、VM(D)の通信品質が自ルータの方がよいことを特定する。 Subsequently, the router 14, the measurement result and the router itself was measured as shown in FIG. 12, by comparing the measurement results of the router 4 shown in FIG. 13, VM of (B), VM (C), VM (D) communication quality specifies that better the own router. この結果、ルータ14は、VM(B)、VM(C)、VM(D)を管理対象と特定する。 Consequently, router 14, VM ​​(B), VM (C), to identify the managed the VM (D).

図14は、管理対象テーブルの更新例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of updating the management object table. 図14に示すように、ルータ14は、管理対象テーブル142cに、「項番(3)、VM名(VM(B))、MACアドレス(MAC(B))」を追加する。 As shown in FIG. 14, the router 14 to the management object table 142c, "No. (3), VM name (VM (B)), MAC address (MAC (B))" Add.

一方で、ルータ4は、図12に示すルータ14が測定した測定結果と、図13に示す自ルータ4の測定結果とを比較して、VM(A)の通信品質が自ルータの方がよいことを特定する。 On the other hand, the router 4, the measurement result of the router 14 shown in FIG. 12 was measured, by comparing the measurement result of the own router 4 shown in FIG. 13, better communication quality of the VM (A) is a local router to identify that. この結果、ルータ4は、VM(A)を管理対象と特定する。 As a result, the router 4 identifies managed the VM (A). したがって、ルータ4は、管理対象をVM(A)およびVM(B)からVM(B)のみに更新する。 Therefore, the router 4 updates the managed from VM (A) and VM (B) only VM (B).

その後、マイグレーションや管理対象テーブル142cの更新が完了すると、マイグレーションされたVM(B)は、デフォルトゲートウェイのIPアドレス「IP(10)」に対して、ARP要求を送信し、ARPテーブルの更新を実行する(S305)。 Thereafter, execution the update of the migration and managed table 142c is completed, migrated VM (B), to the default gateway IP address "IP (10)", it transmits an ARP request, to update the ARP table to (S305).

具体的には、VM(B)は、デフォルトゲートウェイのIPアドレス「IP(10)」に対して、ARP要求を送信する。 Specifically, VM (B), to the default gateway IP address "IP (10)", and transmits an ARP request. 図15は、ARP要求の一例を示す図である。 Figure 15 is a diagram showing an example of ARP request. 図15に示すように、VM(B)は、宛先を示す「宛先IPアドレス(IP(10))」と送信元を示す「自MACアドレス(MAC(B))」とを含むARP要求を送信する。 As shown in FIG. 15, VM (B) may send an ARP request including the indicating the destination "Destination IP address (IP (10))" and the "own MAC address (MAC (B))" indicating the sender to.

続いて、ルータ4およびルータ14は、VM(B)からのARP要求を受信する。 Subsequently, the router 4 and the router 14 receives an ARP request from VM (B). ここで、ルータ4は、管理対象テーブル142cからVM(B)のMACアドレス「MAC(B)」が削除されていることから、ARP応答を抑止する。 Here, the router 4, since the MAC address of the VM (B) from the managed table 142c "MAC (B)" is deleted, to suppress the ARP response.

一方で、ルータ14は、管理対象テーブル142cにVM(B)のMACアドレス「MAC(B)」が追加されていることから、ARP応答を実行する。 On the other hand, the router 14, since the MAC address of the VM (B) to the managed table 142c "MAC (B)" is added, to perform an ARP reply. 図16は、ARP応答の一例を示す図である。 Figure 16 is a diagram showing an example of ARP response. 図16に示すように、ルータ14は、ARP要求の送信元であるVM(B)に対して、送信元を示す「送信元IPアドレス(IP(10))」、宛先を示す「宛先MACアドレス(MAC(B))」、送信元を示す「自MACアドレス(MAC(14))」を含むARP応答を送信する。 As shown in FIG. 16, the router 14, to the VM (B) which is the source of the ARP request, indicating a source "source IP address (IP (10))", "destination MAC address indicating the destination (MAC (B)) ", and transmits an ARP response including indicating a source" own MAC address (MAC (14)) ".

このARP応答を受信したVM(B)は、ARPテーブルを更新する。 VM that has received the ARP response (B) updates the ARP table. 図17は、ARPテーブルの更新例を説明する図である。 Figure 17 is a diagram for explaining an example of updating the ARP table. 具体的には、VM(B)は、ARP応答によって、IPアドレス「IP(10)」を有する装置のMACアドレスが「MAC(14)」であることを特定する。 Specifically, VM (B) is the ARP response, MAC address of the device having the IP address "IP (10)" identifies that "MAC (14)". この結果、図17に示すように、VM(B)は、IPアドレス「IP(10)」に対応付けて記憶していたMACアドレス「MAC(4)」を「MAC(14)」に更新する。 As a result, as shown in FIG. 17, VM (B) updates the IP address "IP (10)" MAC address which has been stored in association with the "MAC (4)" to "MAC (14)" . なお、図17に示した「Type」は、格納できるエントリのタイプを示す情報である。 Incidentally, as shown in FIG. 17, "Type" is information indicating the type of entry that can be stored.

その後、ユーザ端末10は、拠点(福岡)11に移動し(S306)、拠点(福岡)11からVM(B)にアクセスする。 Thereafter, the user terminal 10 moves to the base (Fukuoka) 11 (S306), access from the site (Fukuoka) 11 to VM (B). このとき、VM(B)のデフォルトゲートウェイがルータ4からルータ14に更新されていることから、より通信遅延の少ない経路でアクセスすることができる。 In this case, since the default gateway VM (B) has been updated from the router 4 to the router 14 can be accessed with a smaller path having communication delay.

図18は、マイグレーション後の経路が変更される例を説明する図である。 Figure 18 is a diagram for explaining an example of path after migration is changed. 図18は、VM(B)のマイグレーションおよびARPテーブルの更新が完了した後、ユーザ端末10が出張先の拠点(福岡)11からVM(B)にアクセスした例を図示している。 18, after the updating of the migration and the ARP table of VM (B) is completed, the user terminal 10 is shown an example in which access from a business trip destination site (Fukuoka) 11 to VM (B).

図18に示すように、従来のように、VM(B)のデフォルトゲートウェイがルータ14に変更されずルータ4のままである場合は、ユーザ端末10は、VM(B)からの応答を、OVS15、仮想L2ネットワーク21、OVS5、ルータ4、CEルータ3を経由するルート51の経路で受信する。 As shown in FIG. 18, as in the prior art, if the default gateway remains the router 4 is not changed to the router 14 VM (B), the user terminal 10, a response from the VM (B), OVS15 , virtual L2 network 21, OVS5, receives a path route 51 through the router 4, CE router 3.

一方で、上述した手法でVM(B)のデフォルトゲートウェイがルータ14に変更された場合は、ユーザ端末10は、VM(B)からの応答について、OVS15、ルータ14、CEルータ13を経由するルート52で受信する。 On the other hand, if the default gateway VM (B) in the method described above is changed to the router 14, the user terminal 10, the response from VM (B), a route via the OVS15, router 14, CE router 13 received by 52.

(効果) (effect)
上述した実施形態では、仮想L2ネットワーク21のベストエフォートを含む区間は、ルータとVMとの間の通信時間がより短い経路を選択し、最適なルータからデータを送信することができる。 In the embodiment described above, the section containing the best effort virtual L2 network 21 may be communication time between the router and the VM selects the shorter path, transmits data from the optimum router. このように、高品質ネットワークである外部ネットワークにデータを送信することができ、VMと高品質ネットワーク上のユーザ端末10との通信遅延を縮小化することができる。 Thus, it is possible to transmit the data to the external network is a high-quality network, it is possible to reduce the communication delay between the user terminal 10 on the VM and high quality network.

また、クラウドシステムと独立で動作することができ、複数のルータが連携して動作し、VM単位にどのルータが転送するかを決めることができるので、VMの配置に適した最適経路を自動で発見することもできる。 Further, it is possible to operate independently cloud system operates multiple routers cooperate, since any router VM unit can decide whether to transfer automatically the best route suitable to the arrangement of the VM It can also be found.

また、ユーザが設定変更などの専門的な作業を行わずに、VMからユーザ端末10への通信を最短経路で実行することができるので、ユーザの負荷増加を低減しつつ、通信遅延を縮小化することができる。 Further, without specialized tasks such as user configuration changes, because the communication from the VM to the user terminal 10 can execute the shortest path, while reducing the load increase of the user, reduction of communication delay can do.

また、VMのマイグレーション後も通信品質を向上させることができるので、VMのマイグレーションを頻繁に実行しても通信遅延が抑制でき、仮想環境のメンテナンスや物理サーバのメンテナンスを手軽に実行でき、システムの信頼性が向上する。 Further, it is possible to post-migration of VM also improve the communication quality, perform the migration VM frequently also communication delay suppressed, it can easily perform maintenance of maintenance and the physical servers of the virtual environment, the system reliability is improved. さらには、仮想マシンを用いたシステム構築の汎用性が向上する。 Furthermore, to improve the versatility of the system construction employing a virtual machine.

[第2の実施形態] Second Embodiment
次に、他ルータが障害等により停止した場合の処理について説明する。 Next, a description will be given of a process when the other router has stopped due to a failure or the like. なお、第2の実施形態についてもルータ14を例にして説明する。 Incidentally, also described by the router 14 as an example for the second embodiment. なお、この処理が実行される前に、各ルータ間で、同期情報として、自ルータに設定される優先度および自ルータの管理対象について送受信を実行しているものとする。 Note that before this processing is executed, between the routers, as the synchronization information, it is assumed that the running transmission and reception for managed priority and the self router configured to own router.

図19は、ルータの死活監視処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 19 is a flowchart showing the flow of life-and-death monitoring process of the router. 図19に示すように、ルータ14の制御部143は、他ルータの死活監視を実行する(S401)。 As shown in FIG. 19, the control unit 143 of the router 14 performs alive monitoring of other routers (S401). 例えば、ルータ14は、同期情報テーブル142dに登録される各ルータにPing等の疎通確認を実行する。 For example, the router 14 performs communication check of Ping, etc. Each router is registered in the synchronization information table 142d.

そして、ルータ14の制御部143は、応答なしのルータを検出すると(S402:Yes)、自ルータの優先度が最も高いか否かを判定する(S403)。 Then, the control unit 143 of the router 14 detects a no reply router (S402: Yes), the priority of the own router determines whether the highest or not (S403). 例えば、ルータ14は、起動が確認できないルータが検出された場合、同期情報テーブル142dに登録される他ルータの優先度および記憶部142に記憶される自ルータの優先度にしたがって、自ルータの優先度が最も高いか否かを判定する。 For example, router 14, if the boot is undetectable router, follow the local router priority stored in the priority and the storage unit 142 of the other routers that are registered in the synchronization information table 142d, the priority of the own router degrees determines whether the highest or not.

ルータ14の制御部143は、自ルータの優先度が最も高いと判定した場合(S403:Yes)、応答なしと検出されたルータの管理対象を同期情報テーブル142dから特定する(S404)。 Control unit 143 of the router 14, if the priority of its own router is determined to the highest (S403: Yes), identifies the managed router it is detected that no response from the synchronization information table 142d (S404). 例えば、ルータ14は、応答なしと検出されたルータが中継対象とするVMの情報を同期情報テーブル142dから特定する。 For example, the router 14 has been detected and no response router identifies the synchronization information table 142d information VM to be relayed.

その後、ルータ14の制御部143は、応答なしと検出されたルータの管理対象に対して、GARP(Gratuitous Address Resolution Protocol)メッセージを送信する(S405)。 Thereafter, the router control unit 143 of the 14, the managed router it is detected that no response, transmits a GARP (Gratuitous Address Resolution Protocol) message (S405). そして、ルータ14の制御部143は、応答なしと検出されたルータの管理対象を、自ルータ14の管理対象テーブル142cに登録する(S406)。 Then, the control unit 143 of the router 14, the managed router it is detected that no response is registered in the management target table 142c of the own router 14 (S406). なお、ルーティング情報については、同期情報として受信していてもよい。 Note that the routing information may be received as synchronization information.

なお、S402において応答なしのルータが検出されなかった場合(S402:No)やS403において自ルータ14よりも優先度が高いルータが存在する場合(S403:No)、ルータ14の制御部143は、処理を終了する。 Incidentally, if the router no response in S402 is not detected (S402: No) or if the priority than the local router 14 is higher router present in S403 (S403: No), the control unit 143 of the router 14, the process is terminated.

本実施形態では、GARPを用いた例を説明したが、これに限定されるものではい。 In the present embodiment, an example has been described using the GARP, yes limited thereto. 例えば、RFC4861によって規定されるICMPv6(Internet Control Message Protocol for IPv6)の「Neighbor Solicitation」メッセージなどを用いることもできる。 For example, it can also be used such as "Neighbor Solicitation" message ICMPv6 defined by RFC4861 (Internet Control Message Protocol for IPv6). この場合、S405において、ルータ14の制御部143は、応答なしと検出されたルータの管理対象のVMに対して、ICMPv6の「Neighbor Solicitation」メッセージを送信して、該当VMにARPテーブルを更新させる。 In this case, in S405, the control unit 143 of the router 14, to the managed VM router it is detected that no response, and sends an ICMPv6 the "Neighbor Solicitation" messages, to update the ARP table to the corresponding VM . このように、IPv4に限らずIPv6を利用するVMに対しても、上述した処理を実行することができる。 Thus, even for VM utilizing IPv6 not limited to IPv4, it is possible to perform the above processing.

上述したように、同一ネットワークセグメント内で同一IPアドレスが設定されるルータに障害等が発生して不通になった場合でも、他のルータが、障害が発生したルータの管理対象を自ルータの管理対象に登録することができる。 As described above, even if a failure or the like in the router the same IP address in the same network segment is set has been suspended generated, other routers, manages the managed router fails the own router it can be registered in the target. したがって、障害が発生したルータと接続されるVMに対する通信を迅速に復旧させることができる。 Therefore, it is possible to quickly restore communication for VM connected to the failed router.

[第3の実施形態] Third Embodiment
さて、これまで本発明の実施形態について説明したが、本発明は上述した実施形態以外にも、種々の異なる形態にて実施されてよいものである。 Now, it has been described embodiments of the present invention, the present invention other than the embodiments described above, but that may be implemented in various different forms. そこで、以下に異なる実施形態を説明する。 Therefore, describing the different embodiments below.

(ルータ数) (The number of routers)
例えば、上記実施形態では、同一ネットワークセグメント内で同一IPアドレスが設定されているルータが2台である場合を説明したが、これに限定されるものではなく、3台以上のルータが存在してもよい。 For example, in the above embodiment, a case has been described router the same IP address in the same network segment is set is two, the present invention is not limited thereto, three or more routers exist it may be.

また、ルータをグルーピングして、同期対象を限定することもできる。 It is also possible by grouping the router, to limit the synchronization. グルーピングした際は、第2の実施形態や第3の実施形態については、グルーピングしたルータ間で実行するようにしてもよい。 When the grouping, for the second and third embodiments may be performed between routers grouped. このようにすることで、トラフィックの抑止にも繋がる。 In this way, it leads to suppression of traffic. なお、拠点数やデータセンタ数についても図示したものに限定されない。 It is not limited to those shown also number of bases and the data center number.

(VM) (VM)
上記実施形態では、各ルータの管理対象がVMである例で説明したが、これに限定されるものではなく、例えば、物理サーバであっても、同様に処理することができる。 In the above embodiment, the managed each router described in Example a VM, it is not limited thereto, for example, be a physical server can be treated similarly. なお、管理対象テーブル142cにVMのIPアドレスが登録されている場合には、上述した処理では、VMが送信したARP要求から送信元のIPアドレスを抽出して同様の処理を実行する。 In the case where the VM IP address to the managed table 142c is registered, in the processing described above, it executes the same processing to extract the source IP address from the ARP request VM sent.

また、第1の実施形態では、VMをマイグレーションさせたときに実行する例を説明したが、これに限定されるものではない。 In the first embodiment, an example has been described to be executed when is migrating VM, but is not limited thereto. 例えば、いずれのルータも管理対象として登録していない未確認のVMが新たに同一ネットワークセグメントで動作開始した場合でも、同様に処理することができる。 For example, even if one of the routers unconfirmed VM is not registered as a managed has started operating in the new same network segment, can be treated similarly.

(通信品質の測定) (Measurement of communication quality)
上記実施形態では、ARPを用いてVMとの通信品質を測定する例を説明したが、これに限定されるものではない。 In the above embodiment, an example has been described of measuring the communication quality of the VM using the ARP, it is not limited thereto. 例えば、他のプロトコルを用いたメッセージを利用することもできる。 For example, it is also possible to use the messages using other protocols. その際、要求に対して応答が送信されるメッセージが好ましい。 At that time, a message is a response to the request sent is preferred.

(死活監視) (Life-and-death monitoring)
上記実施形態では、死活監視を行った結果、ルータの起動が確認できない場合には、起動中のルータの中から最も優先度が高いルータが、管理対象を受け継ぐ例について説明したが、これに限定されるものではない。 In the above embodiment, as a result of life-and-death monitoring, when the start of the router can not be confirmed, the highest priority router from the router in the startup, an example has been described in which inherit managed, limited to not intended to be. 例えば、最も優先度が高いルータの管理対象数が上限値を超える場合には、次に優先度が高いルータが管理対象を受け継いでもよい。 For example, most if managed number of higher priority router exceeds the upper limit, then the priority is higher router may inherit managed. また、優先度が高い複数のルータに分散させてもよい。 Further, it may be dispersed in a high priority plurality of routers.

(ネットワーク構成) (Network Configuration)
上記実施形態では、ユーザ端末10と各CEルータとがインターネットで接続される例を説明したが、これに限定されるものではない。 In the above embodiment, the user terminal 10 and the CE router has described the example that is connected with the Internet, but is not limited thereto. 例えば、ユーザ端末10と各CEルータとの接続には、インターネットの他に、VPN(Virtual Private Network)、広域イーサネット、モデムや専用線を用いることができる。 For example, the connection between the user terminal 10 and each CE router, in addition to the Internet, VPN (Virtual Private Network), can be used wide area Ethernet, modem or leased line.

例えば、インターネットを利用した場合、ユーザ端末10のデフォルトゲートウェイは、ISP(Internet Service Provider)が指定したルータのIPアドレスとなる。 For example, when using the Internet, the default gateway of the user terminal 10, the ISP (Internet Service Provider) IP address of the specified router. このとき、ユーザ端末10が出張先でVM(B)にアクセスする場合、札幌のルータ4経由でアクセスするか、福岡のルータ14でアクセスするかは、ISPとデータセンタ間のルーティングプロトコルによって決定される。 At this time, when the user terminal 10 accesses the VM (B) on the road, or accessed via Sapporo router 4, the access it by Fukuoka router 14 is determined by the routing protocol between ISP and the data center that. なお、ここで使用されるルーティングプロトコルの一例としては、BGP(Border Gateway Protocol)などがある。 Here, as an example of a routing protocol used, and the like BGP (Border Gateway Protocol).

また、VPNを利用した場合、ユーザ端末10のデフォルトゲートウェイには、データセンタではなく企業拠点のCEルータのIPアドレスが設定されるのが一般的である。 Also, when using the VPN, the default gateway of the user terminal 10, it is common that the IP address of the CE router corporate offices rather than data centers are set. このとき、ユーザ端末10が出張先でVM(B)にアクセスする場合、札幌のルータ4経由でアクセスするか、福岡のルータ14でアクセスするかは、企業拠点のCEルータの設定に依存する。 In this case, when the user terminal 10 to access the VM (B) on the road, you can go through the Sapporo router 4, it is to be accessed in Fukuoka of the router 14, depending on the setting of the CE router of company offices.

また、広域イーサネットを利用した場合は、ユーザ端末側にも広域イーサネットを終端する装置が設けられる。 Also, if using a wide-area Ethernet device for terminating wide area Ethernet is also provided on the user terminal side. なお、必ずしもCEルータを有している必要なく、例えば、ユーザ端末とルータ4やルータ14が直接接続されていてもよい。 Incidentally, without necessarily having a CE router, for example, the user terminal and the router 4 and routers 14 may be connected directly.

(システム構成等) (System Configuration)
図示した各装置の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示された構成要素と同一であることを要しない。 Required to be components of each device illustrated in the drawings are functionally conceptual, is necessarily identical physically illustrated components. すなわち、各装置の分散・統合の具体的形態は図示のものに限られず、その全部または一部を、各種の負荷や使用状況などに応じて、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。 In other words, the specific mode of distribution and integration of each apparatus is not limited to the illustrated one, depending on various loads or use conditions, dispersed or functionally or physically in arbitrary units It may be configured by integration.

また、本実施形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を手動的に行うこともできる。 Also, among the processes described in the present embodiment, all or part of the processes explained may be manually performed as automatically performed. さらに、各装置にて行なわれる各処理機能は、その全部または任意の一部が、CPUおよび当該CPUにて解析実行されるプログラムにて実現され、あるいは、ワイヤードロジックによるハードウェアとして実現され得る。 The process functions performed by the devices, their entirely or partially realized by a program analyzed and executed by CPU and the CPU, or implemented as hardware by wired logic.

(プログラム) (program)
また、上記実施形態に係るルータが実行する処理をコンピュータが実行可能な言語で記述した中継管理プログラムを作成することもできる。 It is also possible to create a relay management program processes the router according to the embodiment executes the computer described in available languages ​​run. この場合、コンピュータが中継管理プログラムを実行することにより、上記実施形態と同様の効果を得ることができる。 In this case, by a computer executing the relay management program, it is possible to obtain the same effect as the above embodiment. さらに、かかる中継管理プログラムをコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録された中継管理プログラムをコンピュータに読み込ませて実行することにより上記実施形態と同様の処理を実現してもよい。 Then records such relay management program in a computer-readable recording medium, even when implementing the same processing as the above-described embodiment by reads and executes the relay control program recorded in this recording medium into a computer good. 以下に、図3等に示したルータと同様の機能を実現する中継管理プログラムを実行するコンピュータの一例を説明する。 Hereinafter, an example of a computer that executes a relay management program to implement the same function as the router shown in FIG. 3 or the like.

図20は、中継管理プログラムを実行するコンピュータを示す図である。 Figure 20 is a block diagram of a computer that executes the relay control program. 図20に示すように、コンピュータ1000は、例えば、メモリ1010と、CPU1020と、ハードディスクドライブインタフェース1030と、ディスクドライブインタフェース1040と、シリアルポートインタフェース1050と、ビデオアダプタ1060と、ネットワークインタフェース1070とを有する。 As shown in FIG. 20, the computer 1000 includes, for example, a memory 1010, a CPU 1020, a hard disk drive interface 1030, a disk drive interface 1040, a serial port interface 1050, a video adapter 1060, and a network interface 1070. これらの各部は、バス1080によって接続される。 These units are connected by a bus 1080.

メモリ1010は、ROM(Read Only Memory)1011およびRAM1012を含む。 Memory 1010 includes a ROM (Read Only Memory) 1011 and RAM1012. ROM1011は、例えば、BIOS(Basic Input Output System)等のブートプログラムを記憶する。 ROM1011 stores, for example, a boot program, such as BIOS (Basic Input Output System). ハードディスクドライブインタフェース1030は、ハードディスクドライブ1090に接続される。 Hard disk drive interface 1030, is connected to the hard disk drive 1090. ディスクドライブインタフェース1040は、ディスクドライブ1100に接続される。 Disk drive interface 1040 is connected to the disc drive 1100. ディスクドライブ1100には、例えば、磁気ディスクや光ディスク等の着脱可能な記憶媒体が挿入される。 The disk drive 1100, e.g., a removable storage medium such as a magnetic disk or optical disk is inserted. シリアルポートインタフェース1050には、例えば、マウス1110およびキーボード1120が接続される。 The serial port interface 1050, e.g., a mouse 1110 and a keyboard 1120 are connected. ビデオアダプタ1060には、例えば、ディスプレイ1130が接続される。 The video adapter 1060, for example, a display 1130 are connected.

ここで、図20に示すように、ハードディスクドライブ1090は、例えば、OS1091、アプリケーションプログラム1092、プログラムモジュール1093およびプログラムデータ1094を記憶する。 Here, as shown in FIG. 20, the hard disk drive 1090, for example, OS1091, application program 1092 stores the program modules 1093 and program data 1094. 上記実施形態で説明した各テーブルは、例えばハードディスクドライブ1090やメモリ1010に記憶される。 Each table described in the above embodiment, for example, are stored in the hard disk drive 1090 and memory 1010.

また、中継管理プログラムは、例えば、コンピュータ1000によって実行される指令が記述されたプログラムモジュールとして、例えばハードディスクドライブ1090に記憶される。 The relay management program, for example, as a program module command is written to be executed by a computer 1000, for example, are stored in the hard disk drive 1090. 具体的には、上記実施形態で説明した管理情報受付部144と同様の情報処理を実行する管理情報受付手順と、競合検出抑止部145と同様の情報処理を実行する競合検出抑止手順と、通信品質測定部146と同様の情報処理を実行する通信品質測定手順と、ARP応答部147と同様の情報処理を実行するARP応答手順と、同期実行部148と同様の情報処理を実行する同期実行手順と、中継処理部149と同様の情報処理を実行する中継処理手順とが記述されたプログラムモジュールが、ハードディスクドライブ1090に記憶される。 Specifically, the management information reception process that executes the same processing as the management information reception section 144 described in the above embodiment, the conflict detection suppression procedure performs the same processing as the conflict detection inhibiting unit 145, the communication synchronous execution procedure for executing a communication quality measurement procedure executes the same processing as the quality measurement unit 146, and the ARP response procedure for executing the same processing as the ARP response unit 147, the same processing as the synchronization executing section 148 If, program modules and relay processing procedure is described to perform the same processing as the relay processing unit 149 is stored in the hard disk drive 1090.

また、中継管理プログラムによる情報処理に用いられるデータは、プログラムデータとして、例えば、ハードディスクドライブ1090に記憶される。 Also, data used for information processing by the relay management program, as the program data, for example, are stored in the hard disk drive 1090. そして、CPU1020が、ハードディスクドライブ1090に記憶されたプログラムモジュール1093やプログラムデータ1094を必要に応じてRAM1012に読み出して、上述した各手順を実行する。 Then, CPU1020 is, reads the RAM1012 optionally program modules 1093 and program data 1094 stored in the hard disk drive 1090, and executes the procedure described above.

なお、中継管理プログラムに係るプログラムモジュール1093やプログラムデータ1094は、ハードディスクドライブ1090に記憶される場合に限られず、例えば、着脱可能な記憶媒体に記憶されて、ディスクドライブ1100等を介してCPU1020によって読み出されてもよい。 The program modules 1093 and program data 1094 according to the relay control program is not limited to being stored in the hard disk drive 1090, e.g., stored on a removable storage medium, reading the CPU1020 through the disk drive 1100, etc. it may be issued. あるいは、中継管理プログラムに係るプログラムモジュール1093やプログラムデータ1094は、LAN(Local Area Network)やWAN(Wide Area Network)等のネットワークを介して接続された他のコンピュータに記憶され、ネットワークインタフェース1070を介してCPU1020によって読み出されてもよい。 Alternatively, the program modules 1093 and program data 1094 according to the relay control program is stored a LAN (Local Area Network) and WAN (Wide Area Network) such as another computer connected via a network, via network interface 1070 it may be read by the CPU1020 Te.

また、例えば、一般的なルータに上記実施形態と同様の機能を実行させる場合には、ルータが実行可能なプログラムに上記手順を記述し、ルータに実行させることで、上記実施形態と同様の機能を実行させることもできる。 Further, for example, when the common router to perform the same functions as those of the above embodiment, the router the procedure described in the executable program, by running the router, same functions as those described in the above embodiment It can also be run. つまり、ルータのプロセッサが、上記手順が記述されたプログラムをメモリに展開して実行することで、同様の処理を実行することができる。 That is, the processor of the router, the program which the procedure is described by executing expand the memory, it is possible to execute a similar process. また、L3スイッチなどに実行させる場合には、上記実施形態と同様の機能を実行させる回路を搭載したLSIを、L3スイッチに搭載させることで、同様の処理を実行することができる。 Further, L3 In the case of executing such a switch, the LSI including a circuit for executing the same functions as those of the above embodiment, by mounting to the L3 switch, may perform the same processing.

1 拠点(札幌) 1 site (Sapporo)
2、12 データセンタ 3、13 CEルータ 4、14 ルータ 5、15 OVS 2, 12 data center 3,13 CE router 4,14 router 5,15 OVS
11 拠点(福岡) 11 bases (Fukuoka)
20 ネットワーク 21 仮想L2ネットワーク 22 ネットワークセグメント 14a、14b インタフェース 141 通信制御部 142 記憶部 142a VM情報テーブル 142b 測定結果テーブル 142c 管理対象テーブル 142d 同期情報テーブル 142e ルーティングテーブル 143 制御部 144 管理情報受付部 145 競合検出抑止部 146 通信品質測定部 147 ARP応答部 148 同期実行部 149 中継処理部 20 Network 21 virtual L2 network 22 network segments 14a, 14b interface 141 communication control unit 142 storage unit 142a VM information table 142b measurement result table 142c managed table 142d synchronization information table 142e routing table 143 the control unit 144 control information receiving unit 145 conflict detection inhibiting unit 146 communication quality measurement unit 147 ARP response unit 148 synchronous execution unit 149 relay processing unit

Claims (8)

  1. 情報処理装置間のデータ通信を中継するネットワーク装置において、 In a network device that relays data communication between the information processing apparatus,
    前記ネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置と、前記ネットワーク装置との間の通信品質である第1の通信品質を測定する測定部と、 And an information processing apparatus operated by the network device within the same network segment, a measuring unit for measuring a first communication quality is a communication quality between the network device,
    前記同一ネットワークセグメント内で前記ネットワーク装置と同一のIP(Internet Protocol)アドレスが設定された他のネットワーク装置と、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置との間の通信品質である第2の通信品質を取得する取得部と、 And other network devices that the same said in the network segment network device the same IP (Internet Protocol) address is set, the second is the quality of communication between the information processing apparatus to operate within the same network segment an acquisition unit for acquiring communication quality,
    前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置が中継対象であるか否かを判定する判定部と を有することを特徴とするネットワーク装置。 Based on the first communication quality and the second communication quality, the information processing apparatus to operate within the same network segment and having a determination unit for determining whether or not relayed network device.
  2. 前記同一ネットワークセグメント内で前記ネットワーク装置と同一のIPアドレスが設定されている他のネットワーク装置が検出された場合に、前記IPアドレスの競合による異常処理を抑止する抑止実行部をさらに有することを特徴とする請求項1に記載のネットワーク装置。 Characterized in that when the same said in the network segment network device other network devices to which the same IP address is set and is detected, further comprising an inhibit execution part for preventing the abnormal processing by the IP address conflicts network device according to claim 1,.
  3. 前記判定部によって前記中継対象と判定された前記情報処理装置のアドレス情報を記憶する記憶部と、 A storage unit for storing the address information of the information processing apparatus is determined and the relay target by the determination unit,
    前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置から前記ネットワーク装置のMAC(Media Access Control)アドレスを問い合わせるアドレス要求を受信する受信部と、 A receiving unit that receives an address request to query the MAC (Media Access Control) address of the network device from an information processing apparatus operating within the same network segment,
    前記受信部によって受信された前記アドレス要求に含まれる送信元のアドレス情報が前記記憶部に記憶されている場合に、前記送信元の情報処理装置に対して、前記ネットワーク装置のMACアドレスを応答する応答部と、をさらに有することを特徴とする請求項1または2に記載のネットワーク装置。 If the source address information included in the address request received by the receiving unit is stored in the storage unit, to the transmission source of the information processing apparatus, in response to the MAC address of the network device the network apparatus according to claim 1 or 2, further comprising a response unit.
  4. 前記測定部は、前記同一ネットワークセグメント内で動作する仮想マシンに対して複数回メッセージを送信してから応答を受信するまでの平均時間を、前記第1の通信品質として測定し、 The measurement unit, the average time until a response is received from the transmission of the multiple messages to the virtual machines running within the same network segment, measured as the first communication quality,
    前記取得部は、前記他のネットワーク装置が前記同一ネットワークセグメント内で動作する仮想マシンに対して複数回メッセージを送信してから応答を受信するまでの平均時間を、前記第2の通信品質として取得することを特徴とする請求項1から3のいずれか一つに記載のネットワーク装置。 The acquisition unit acquires, the mean time to the another network device receives a response from the transmission of the multiple messages to the virtual machines running within the same network segment as the second communication quality network device according to claim 1, any one of 3, characterized in that.
  5. 前記測定部は、前記ネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内にマイグレーションされた仮想マシンに対して前記第1の通信品質を測定し、 The measurement unit measures the first communication quality for said network device and migrated virtual machine in the same network segment,
    前記取得部は、前記マイグレーションされた仮想マシンに対して測定された前記第2の通信品質を取得し、 Wherein the acquisition unit acquires the second communication quality measured for the migrated virtual machine,
    前記判定部は、前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記マイグレーションされた仮想マシンが中継対象か否かを判定することを特徴とする請求項4に記載のネットワーク装置。 The determination unit, wherein the first communication quality based on the second communication quality, network of claim 4, wherein the migrated virtual machine and judging whether relay target apparatus.
  6. 情報処理装置間のデータ通信を中継するネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置と、前記ネットワーク装置との間の通信品質である第1の通信品質を測定する測定工程と、 And an information processing apparatus operated by the network device within the same network segment for relaying data communication between the information processing apparatus, a measuring step of measuring a first communication quality is a communication quality between the network device,
    前記同一ネットワークセグメント内で前記ネットワーク装置と同一のIP(Internet Protocol)アドレスが設定された他のネットワーク装置と、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置との間の通信品質である第2の通信品質を取得する取得工程と、 And other network devices that the same said in the network segment network device the same IP (Internet Protocol) address is set, the second is the quality of communication between the information processing apparatus to operate within the same network segment an acquisition step of acquiring communication quality,
    前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置が中継対象であるか否かを判定する判定工程と を含んだことを特徴とする中継管理方法。 And wherein the first communication quality based on the second communication quality, the information processing apparatus to operate within the same network segment including a determination step of determining whether or not a relay target relay management method for.
  7. 情報処理装置間のデータ通信を中継するネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置と、前記ネットワーク装置との間の通信品質である第1の通信品質を測定する測定ステップと、 And an information processing apparatus operated by the network device within the same network segment for relaying data communication between the information processing apparatus, a measurement step of measuring a first communication quality is a communication quality between the network device,
    前記同一ネットワークセグメント内で前記ネットワーク装置と同一のIP(Internet Protocol)アドレスが設定された他のネットワーク装置と、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置との間の通信品質である第2の通信品質を取得する取得ステップと、 And other network devices that the same said in the network segment network device the same IP (Internet Protocol) address is set, the second is the quality of communication between the information processing apparatus to operate within the same network segment an acquisition step of acquiring communication quality,
    前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置が中継対象であるか否かを判定する判定ステップと を前記ネットワーク装置に実行させることを特徴とする中継管理プログラム。 Based on the first communication quality and the second communication quality, said information processing apparatus which operates in the same network segment to execute a determining step of determining whether or not a relayed to the network device relay management program, characterized in that.
  8. 第一の拠点に設置される第一のネットワーク装置と、第二の拠点に設置される第二のネットワーク装置とを有する通信システムにおいて、 In a communication system having a first network device installed in a first site and a second network device installed in a second site,
    各ネットワーク装置は、 Each network device,
    自ネットワーク装置と同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置と、前記自ネットワーク装置との間の通信品質である第1の通信品質を測定する測定部と、 And an information processing apparatus operated by the own network device within the same network segment, a measuring unit for measuring a first communication quality is a communication quality between the own network device,
    前記同一ネットワークセグメント内で前記自ネットワーク装置と同一のIP(Internet Protocol)アドレスが設定された他のネットワーク装置と、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置との間の通信品質である第2の通信品質を取得する取得部と、 Wherein in the same network segment own network device the same IP (Internet Protocol) address and other network devices that are set, the second is the quality of communication between the information processing apparatus to operate within the same network segment an acquisition unit that acquires the communication quality,
    前記第1の通信品質と前記第2の通信品質とに基づいて、前記同一ネットワークセグメント内で動作する情報処理装置が中継対象であるか否かを判定する判定部と を有することを特徴とする通信システム。 Based on the first communication quality and the second communication quality, the information processing apparatus to operate within the same network segment and having a determination unit for determining whether or not relayed Communications system.
JP2013110291A 2013-05-24 2013-05-24 Network device, the relay management method, the relay management program and communication system Active JP5980725B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013110291A JP5980725B2 (en) 2013-05-24 2013-05-24 Network device, the relay management method, the relay management program and communication system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013110291A JP5980725B2 (en) 2013-05-24 2013-05-24 Network device, the relay management method, the relay management program and communication system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014230217A JP2014230217A (en) 2014-12-08
JP5980725B2 true JP5980725B2 (en) 2016-08-31

Family

ID=52129659

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013110291A Active JP5980725B2 (en) 2013-05-24 2013-05-24 Network device, the relay management method, the relay management program and communication system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5980725B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9785455B2 (en) 2013-10-13 2017-10-10 Nicira, Inc. Logical router
JP5925820B2 (en) * 2013-10-13 2016-05-25 ニシラ, インコーポレイテッド Logical router
US10250443B2 (en) 2014-09-30 2019-04-02 Nicira, Inc. Using physical location to modify behavior of a distributed virtual network element
US9768980B2 (en) 2014-09-30 2017-09-19 Nicira, Inc. Virtual distributed bridging
US10020960B2 (en) 2014-09-30 2018-07-10 Nicira, Inc. Virtual distributed bridging
US9934060B2 (en) * 2014-10-13 2018-04-03 Vmware, Inc. Hybrid service fleet management for cloud providers
US10225184B2 (en) 2015-06-30 2019-03-05 Nicira, Inc. Redirecting traffic in a virtual distributed router environment

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4552449B2 (en) * 2003-02-20 2010-09-29 パナソニック株式会社 Mobile router device, the mobile network system and mobility management method of the mobile router device
US7924830B2 (en) * 2008-10-21 2011-04-12 At&T Intellectual Property I, Lp System and method to route data in an anycast environment
WO2010046977A1 (en) * 2008-10-22 2010-04-29 富士通株式会社 Communication control program, communication control device, communication control system, and communication control method
US20120173757A1 (en) * 2011-01-05 2012-07-05 International Business Machines Corporation Routing optimization for virtual machine migration between geographically remote data centers

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014230217A (en) 2014-12-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9749145B2 (en) Interoperability for distributed overlay virtual environment
US8776059B2 (en) Moveable access control list (ACL) mechanisms for hypervisors and virtual machines and virtual port firewalls
US7873711B2 (en) Method, system and program product for managing assignment of MAC addresses in a virtual machine environment
US8737408B1 (en) Managing communications for modified computer networks
US20090150527A1 (en) Method and system for reconfiguring a virtual network path
US10116531B2 (en) Round trip time (RTT) measurement based upon sequence number
US8386825B2 (en) Method and system for power management in a virtual machine environment without disrupting network connectivity
US9715401B2 (en) Securing live migration of a virtual machine from a secure virtualized computing environment, over an unsecured network, to a different virtualized computing environment
US20100174811A1 (en) Network isolation and identity management of cloned virtual machines
US20110238820A1 (en) Computer, communication device, and communication control system
EP1932320B1 (en) Method, apparatus and system for maintaining mobility resistant ip tunnels using a mobile router
US9350632B2 (en) Detection and handling of virtual network appliance failures
US9588807B2 (en) Live logical partition migration with stateful offload connections using context extraction and insertion
US20090150529A1 (en) Method and system for enforcing resource constraints for virtual machines across migration
US20080205377A1 (en) System and methods for providing server virtualization assistance
US8693485B2 (en) Virtualization aware network switch
US9031081B2 (en) Method and system for switching in a virtualized platform
US10003534B2 (en) Multiple active L3 gateways for logical networks
US9471356B2 (en) Systems and methods for providing VLAN-independent gateways in a network virtualization overlay implementation
US9141625B1 (en) Methods for preserving flow state during virtual machine migration and devices thereof
US8745196B2 (en) Enabling co-existence of hosts or virtual machines with identical addresses
US20090327392A1 (en) Method and system for creating a virtual router in a blade chassis to maintain connectivity
US9164795B1 (en) Secure tunnel infrastructure between hosts in a hybrid network environment
US9858100B2 (en) Method and system of provisioning logical networks on a host machine
CN104067231B (en) Using the virtual exchange control agency network interface

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150814

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20151001

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20151005

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160627

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160726

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160727

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5980725

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150