JP5974665B2 - The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method - Google Patents

The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method Download PDF

Info

Publication number
JP5974665B2
JP5974665B2 JP2012141315A JP2012141315A JP5974665B2 JP 5974665 B2 JP5974665 B2 JP 5974665B2 JP 2012141315 A JP2012141315 A JP 2012141315A JP 2012141315 A JP2012141315 A JP 2012141315A JP 5974665 B2 JP5974665 B2 JP 5974665B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
combination
path
information
link
plurality
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012141315A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014007519A (en )
Inventor
山下 真司
真司 山下
栗田 敏彦
敏彦 栗田
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L45/00Routing or path finding of packets in data switching networks
    • H04L45/12Shortest path evaluation
    • H04L45/124Shortest path evaluation using a combination of metrics
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L45/00Routing or path finding of packets in data switching networks
    • H04L45/12Shortest path evaluation
    • H04L45/125Shortest path evaluation based on throughput or bandwidth
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L45/00Routing or path finding of packets in data switching networks
    • H04L45/22Alternate routing

Description

本発明は、情報処理システム、中継装置、情報処理装置および情報処理方法に関する。 The present invention relates to an information processing system, a relay apparatus, an information processing apparatus and an information processing method.

データセンタ内のサーバ間を接続するL2(レイヤ2)ネットワークに適用されるSTP(SPanning Tree Protocol)は、ネットワーク内の中継装置にブロッキングポートを設定することで、L2ネットワーク内にループが形成されることを回避する技術である。 STP applied between servers in the data center to the L2 (Layer 2) network connecting (Spanning Tree Protocol), by setting the blocking port to a relay device in the network, a loop is formed in the L2 network it is avoided to technology. しかし、ブロッキングポートを設定することでネットワーク内の経路の一部の利用が制限されるため、ネットワーク帯域が有効利用されない。 However, since the use of part of the path in the network is limited by setting a blocking port, network bandwidth is not effectively utilized.

近年のデータセンタネットワークのトラフィックの増大に伴い、ネットワーク帯域を有効利用するために、L2ネットワークに適用されるマルチパス技術の国際標準化が進められている。 With the increase in recent years of the data center network traffic, in order to effectively utilize the network bandwidth, the international standardization of the multi-pass technique which is applied to the L2 network is underway. このマルチパス技術の一つとして、サーバ間を接続するためのL2ネットワーク内のループ回避を考慮したTRILL(TRansParent Interconnection of Lots of Links)が検討されている。 One of the multi-pass technique, TRILL considering the loop avoidance in L2 network for connecting the server (TRansParent Interconnection of Lots of Links) has been studied.

図1にTRILLが適用された情報処理システムの例を示す。 TRILL Figure 1 shows an example of applied information processing system. 情報処理システムの例には、6つのルーティングブリッジを含むネットワーク、及びネットワークに接続された4つのサーバが含まれる。 Examples of the information processing system includes four servers connected network, and the network including six routing bridges. 図1中、RBはルーティングブリッジを示し、SVはサーバを示す。 In Figure 1, RB represents a routing bridge, SV denotes the server. 6つのルーティングブリッジのうちでネットワークに対する外部装置(例えばサーバSV)と接続するルーティングブリッジがエッジルーティングブリッジとよばれることがある。 Sometimes routing bridge connected to an external device (e.g., a server SV) for the network of the six routing bridges is referred to as edge routing bridge. ルーティングブリッジ間の接続がリンクとされ、リンクにはリンクコストとよばれるパラメータが設定される。 Connection between routing bridge is a link, a parameter of the link is called a link cost is set. エッジルーティングブリッジ間の接続が経路とよばれる。 Connection between edge routing bridges called path. 経路に含まれるリンクに設定されたリンクコストの合計値が総リンクコストとして定義される。 The total value of the link set to link costs included in the path is defined as the total link cost. 6つのルーティングブリッジが互いに接続されることで複数の経路が形成される。 A plurality of paths are formed by six routing bridges are connected to each other. サーバ間の転送に選択可能な経路が複数ある場合に、総リンクコストの最も小さい経路が選択される。 If there are multiple selectable paths for the transfer between the server, the smallest path total link cost is selected. 総リンクコストが最も小さい経路が複数ある場合には、それらの経路が同じ割合で選択されるアルゴリズムが適用されることで、ネットワークの負荷が分散される。 If the total link cost is more than one route with the smallest, by an algorithm which routes are selected in the same ratio applies, the load of the network is distributed.

なお、ネットワーク内の中継装置がIPデータグラムの流れを集約して、集約した単位毎に転送先を振り分ける技術が知られている。 The relay apparatus in the network to aggregate the flow of IP datagrams, techniques for distributing destination for each unit that aggregates are known.

特開2000−253058号公報 JP 2000-253058 JP

中継装置間に輻輳が生じた場合に、データ転送の経路に設定されたパラメータを、輻輳を回復させるために変更したにもかかわらず、複数のデータ転送が特定の経路に集中して新たな輻輳が起こされることがある。 When congestion occurs in the intermediate apparatus, the parameters set in the path of the data transfer, even though changed to restore the congestion, new congestion concentrated multiple data transfers to a specific route there is that is awakened.

本願は、新たな輻輳が発生しないようにデータ転送の経路を変更させる情報処理システムを提供することを目的とする。 This application is intended to provide an information processing system that a new congestion to change the route of the data transfer so as not to generate.

情報処理システムは、複数のコンピュータと、前記複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせが格納されたメモリを有する複数の中継装置と、前記複数の中継装置間の何れかの接続のトラフィックが所定量を超えた場合に、前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを前記メモリに格納させる管理コンピュータとを有し、前記複数の中継装置は、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報に対応する組み合わせに基づいて、前記受信データの転送先を設定するプロセッサを有する。 The information processing system includes a plurality of computers, and a plurality of relay devices having a memory in which a combination of the first parameter is stored for selecting a forwarding path from a plurality of paths between said plurality of computers, the plurality of relay If any of the connection traffic between the device exceeds a predetermined amount, and a management computer which stores the combination of the second parameter to select the transfer path from the plurality of paths to said memory, said a plurality of relay devices, among combinations of the combination and the second parameter of said first parameter, based on the combination that corresponds to the combination information of the computer included in the received data, the destination of the received data It comprises a processor to configure.

本開示の一側面によれば、新たな輻輳が発生しないようにデータ転送の経路変更が行われる。 According to one aspect of the present disclosure, rerouting of data is transferred as a new congestion does not occur.

関連技術が適用された情報処理システムの例である。 Related technology is an example of applied information processing system. 実施例が適用された情報処理システムである。 Example is applied an information processing system. 実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)のハードウェア構成である。 Routing bridge to which the embodiment is applied is a hardware configuration of (relay device). 実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される機能ブロックである。 It is a functional block that is executed by the routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). 実施例が適用されたネットワークのコスト情報の一部である。 Which is part of the cost information of the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークのコスト情報の他の一部である。 It is another part of the cost information of the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される他の機能ブロックである。 Routing bridge to which the embodiment is applied is another functional block executed by (the relay device). 実施例が適用されたネットワークで転送されるデータの構成の例である。 It is an example of the configuration of data to be transferred in the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用された情報処理システムに含まれるサーバのハードウェア構成である。 Example a hardware configuration of a server included in the applied information processing system. 実施例が適用されたサーバで実行される機能ブロックである。 It is a functional block executed by the server to which the embodiment is applied. 実施例が適用された情報処理システムに含まれる管理サーバのハードウェア構成である。 Example a hardware configuration of the management server included in the applied information processing system. 実施例が適用された管理サーバで実行される機能ブロックである。 It is a functional block that is executed by the management server to which the embodiment is applied. 実施例が適用された管理サーバで実行される処理である。 A process executed by the management server to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークに輻輳がない場合のトラフィック情報である。 A traffic information when there is no congestion in the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークに輻輳がある場合のトラフィック情報である。 A traffic information when there is congestion in the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークの輻輳状況である。 A congestion status of the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークにおいて変更されたコスト情報である。 A cost information to which the embodiment is changed in the application network. 変更された他のコスト情報である。 Is another cost information that has changed. 実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)の他の機能ブロックである。 It is another functional block of the routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). 実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される処理である。 Routing bridge to which the embodiment is applied is a process executed by (the relay device). 実施例が適用されたネットワークに輻輳がない場合の他のトラフィック情報である。 Is another traffic information when no congestion the network to which the embodiment is applied. 実施例が適用されたネットワークのトラフィック状況である。 A traffic condition of the network to which the embodiment is applied.

図2は、実施例が適用された情報処理システムを示す。 Figure 2 illustrates an information processing system to which the embodiment is applied. 情報処理システムは、ネットワーク1000、サーバ100−104(コンピュータ100−104)を含む。 The information processing system includes a network 1000, the server 100-104 (computer 100-104). ネットワーク1000は、ルーティングブリッジ1−6を含む。 Network 1000 includes a routing bridge 1-6. ルーティングブリッジ1−6は、サーバ101−104間のデータ転送の経路をスイッチングして切り替える中継装置である。 Routing bridges 1-6, a relay apparatus that switches by switching the path of the data transfer between the server 101-104. なお、図2において、SVはサーバを示し、RBはルーティングブリッジを示す。 Incidentally, in FIG. 2, SV denotes a server, RB denotes a routing bridge. また、図2において、VMは後述する仮想マシンを示し、vSWは後述する仮想スイッチを示す。 Further, in FIG. 2, VM represents the virtual machine that will be described later, vSW denotes a virtual switch to be described later.

ルーティングブリッジ1はルーティングブリッジ4−6に接続される。 Routing bridge 1 is connected to a routing bridge 4-6. ルーティングブリッジ1はサーバ101に接続される。 Routing bridge 1 is connected to the server 101. サーバ101では仮想マシン11−13及び仮想スイッチ21が実行される。 In the server 101 virtual machines 11-13 and the virtual switch 21 is executed. 仮想マシン11−13は仮想スイッチ21を介してルーティングブリッジ1にデータを転送する。 VM 11-13 transfers the data to the routing bridge 1 via the virtual switch 21. ルーティングブリッジ2はルーティングブリッジ4−6に接続される。 Routing bridge 2 is connected to a routing bridge 4-6. ルーティングブリッジ2はサーバ102に接続される。 Routing bridge 2 is connected to the server 102. サーバ102では仮想マシン14及び仮想スイッチ22が実行される。 In the server 102 the virtual machine 14 and a virtual switch 22 is executed. 仮想マシン14は仮想スイッチ22を介してルーティングブリッジ2にデータを転送する。 Virtual machine 14 transfers the data to the routing bridge 2 via the virtual switch 22. ルーティングブリッジ3はルーティングブリッジ4−6に接続される。 Routing bridge 3 is connected to a routing bridge 4-6. ルーティングブリッジ3はサーバ103及びサーバ104に接続される。 Routing bridge 3 is connected to the server 103 and the server 104. サーバ103では仮想マシン15−17及び仮想スイッチ23が実行される。 In the server 103 virtual machines 15-17 and virtual switch 23 is executed. 仮想マシン15−17は仮想スイッチ23を介してルーティングブリッジ3にデータを転送する。 VM 15-17 transfers the data to the routing bridge 3 via the virtual switch 23. サーバ104では仮想マシン18及び仮想スイッチ24が実行される。 In the server 104 the virtual machine 18 and a virtual switch 24 is executed. 仮想マシン18は仮想スイッチ24を介してルーティングブリッジ3にデータを転送する。 Virtual machine 18 transfers the data to the routing bridge 3 via the virtual switch 24.

ルーティングブリッジ間の接続がリンクとよばれ、リンクIDが付与される。 Connection between routing bridge is called a link, the link ID is assigned. リンクには、リンクコストとよばれるパラメータが設定される。 The link parameter called link cost is set.

ルーティングブリッジ1−6のうち、ネットワーク1000に対する外部装置(例えばサーバ101−104)と接続するルーティングブリッジがエッジルーティングブリッジとよばれることがある。 Of routing bridges 1-6, there is a routing bridge connecting the external devices to the network 1000 (e.g., server 101 to 104) is called edge routing bridge. ネットワーク1000においては、ルーティングブリッジ1、ルーティングブリッジ2及びルーティングブリッジ3がエッジルーティングブリッジである。 In network 1000, routing bridge 1, routing bridge 2 and routing bridge 3 is an edge routing bridge. エッジルーティングブリッジ間の接続が経路とよばれ、経路IDが付与される。 Connection between edge routing bridges called path, the path ID is assigned. 経路は複数のリンクを含むことがあり、経路に含まれる全てのリンクのリンクコストの合計値が総リンクコストとよばれるパラメータとして経路に設定される。 Path may include a plurality of links, the sum of the link costs of all the links included in the path is set to the path as a parameter called total link cost. 後述するが、ルーティングブリッジ1−6の各々がネットワーク1000内で中継装置となって互いに接続されることによりサーバ101−104(コンピュータ101−104)間に複数の経路が形成され、各々の経路に設定された総リンクコストの値を比較することによって複数の経路のうちで何れの経路がサーバ101−104(コンピュータ101−104)間のデータ転送の経路として選択されるかが決定される。 As will be described later, each of the routing bridges 1-6 multiple paths are formed between the server 101 to 104 by being connected together by a relay device (computer 101 - 104) in the network 1000 within, each of the path either path among the plurality of paths is selected as the path for data transfer between the server 101 to 104 (computer 101-104) is determined by comparing the set value of the total link cost. なお、例えば、総リンクコストの値が小さい経路が、データ転送の経路として選択されるようにしてもよい。 Incidentally, for example, the path the value of the total link cost is small, may be selected as the route for data transfer.

図3は、実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)のハードウェア構成を示す。 Figure 3 shows a hardware configuration of a routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). ルーティングブリッジ1−6は、CPU300、メモリ301、記憶装置302、入出力インターフェース303、及びバス304を有するコンピュータである。 Routing bridges 1-6, CPU 300, memory 301, storage device 302, input-output interface 303, and a computer having a bus 304. CPU300、メモリ301、記憶装置302、及び入出力インターフェース303はバス304に接続される。 CPU 300, memory 301, storage device 302 and input-output interface 303, is connected to the bus 304. CPU300は、処理を実行するための1以上のプロセッサを含んでいる。 CPU300 includes one or more processors for executing the process. メモリ301は例えば、RAMである。 Memory 301 is, for example, a RAM. 記憶装置302は例えば、ROMやフラッシュメモリ等の不揮発性メモリ、又はHDD(Hard Disk Drive)等の磁気ディスク装置である。 Storage device 302 is, for example, a magnetic disk device such as a nonvolatile memory such as a ROM or a flash memory, or HDD (Hard Disk Drive). 入出力インターフェース303は、外部装置に対してデータの入出力をするためのインターフェースである。 Output interface 303 is an interface for the input and output of data to an external device.

メモリ301に、ルーティングブリッジ1−6の動作を制御するための処理が記述されたプログラム、及び図20に示される処理を記述したプログラムが格納される。 A memory 301, a program processing for controlling the operation of the routing bridge 1-6 is described, and a program describing the process shown in FIG. 20 is stored. CPU300によってメモリ301に格納されたプログラムが実行されることによりルーティングブリッジ1−6の動作が制御され、ルーティングブリッジ1−6は図4及び19に示される各機能ブロックとして機能する。 CPU300 operation of routing bridges 1-6 by programs stored in the memory 301 is executed is controlled by routing bridges 1-6 functions as respective functional blocks shown in FIGS. 4 and 19.

図4は、実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される機能ブロックを示す。 Figure 4 is a functional block executed by the routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). ルーティングブリッジ1−6は、メモリ301に格納されたプログラムにある処理がCPU300によって実行されることにより、リンク情報通信部310及びコスト情報生成部311として機能する。 Routing bridges 1-6, by the program stored in the memory 301 is processed is performed by CPU 300, functions as a link information communication unit 310 and cost information generation unit 311. なお、ルーティングブリッジ1−6が、自装置に接続されているリンクのリンクID及びリンクコストをメモリ301に予め格納しているとする。 Incidentally, routing bridges 1-6, and the link ID and the link cost of the link connected to the own device stored in advance in the memory 301. リンクIDにはリンクの両端にあるルーティングブリッジのIDが対応付けられているとする。 The link ID and ID of the routing bridge at each end of the link is associated. ルーティングブリッジ1−3は、自装置に接続されているサーバ及び仮想マシンを検出することによって、自装置がエッジルーティングブリッジであることと接続されているサーバ及び仮想マシンとを判定しているとする。 Routing bridge 1-3, by detecting the server and the virtual machine is connected to the own device, the device itself is determined and a server and the virtual machine is connected to the be the edge routing bridge .

ルーティングブリッジ1−6のリンク情報通信部310はメモリ301に予め格納しているリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストを含むリンク情報を、入出力インターフェース303を介して他のルーティングブリッジにブロードキャストする。 Link routing bridge 1-6 of link information communication unit 310 is stored in advance in the memory 301 ID, other routing bridges link information, through the input-output interface 303 including an ID and link cost routing bridge on both ends of the link broadcast to. リンク情報通信部310は、他のルーティングブリッジからブロードキャストされたリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストを含むリンク情報を、入出力インターフェース303を介して取得し、取得したリンク情報をメモリ301に格納する。 Link information communication unit 310, link broadcast from other routing bridge ID, the link information including the ID and the link cost of routing bridge both ends of the link, acquired via the input and output interface 303, a memory the acquired link information and stores it in the 301. 以上に説明したリンク情報通信部310の処理によって、各ルーティングブリッジ1−6は、自装置に直接接続されないリンクのリンクID、リンク両端のルーティングブリッジRBのID及びリンクコストを含むリンク情報を取得する。 The processing of the link information communication unit 310 described above, each routing bridge 1-6 obtains link information including link ID of the link that is not directly connected to the own device, the ID and the link cost of routing bridge RB both ends of the link . なお、リンクIDが重複する場合にはルーティングブリッジ1−6のうちで代表となるルーティングブリッジが決められて、代表となるルーティングブリッジが調停することによってリンクIDを一意に決めればよい。 Incidentally, routing bridges are determined to be the representative among the routing bridges 1-6 when the link ID overlap, may be determined uniquely link ID by routing bridge serving as a representative arbitrates.

エッジルーティングブリッジ1−3のリンク情報通信部310は、自装置がエッジルーティングブリッジであること及び接続されているサーバ及び仮想マシンに関する情報を、入出力インターフェース303を介して他のルーティングブリッジにブロードキャストする。 Link information communication unit 310 of the edge routing bridges 1-3, information about the server and the virtual machines that are possible and the connection apparatus is performing an edge routing bridge, broadcast to other routing bridge through the input-output interface 303 . リンク情報通信部310は、他のルーティングブリッジからブロードキャストされたエッジルーティングブリッジに関する情報を、入出力インターフェース303を介して取得することにより、ネットワーク1000内のエッジルーティングブリッジを判定する。 Link information communication unit 310, the information about the edge routing bridge broadcast from other routing bridges, by obtaining through the input-output interface 303 determines edge routing bridge in the network 1000.

例えば、図2に示されるルーティングブリッジ4はルーティングブリッジ1と接続されており、ルーティングブリッジ1及びルーティングブリッジ4を両端とする接続に対応するリンクのリンクIDをLK1とする。 For example, routing bridge 4 shown in FIG. 2 is connected to a routing bridge 1, the link ID of the link corresponding to the connection of both ends of the routing bridge 1 and routing bridge 4 and LK1. ルーティングブリッジ4はルーティングブリッジ2とリンクLK4により接続され、ルーティングブリッジ4はルーティングブリッジ3とリンクLK7により接続されているとする。 Routing bridge 4 is connected by routing bridge 2 and the link LK4, and routing bridge 4 is connected by a routing bridge 3 and the link LK7. ルーティングブリッジ4は、すでにリンクLK1、リンクLK4及びリンクLK7と接続されているため、リンクLK1、リンクLK4及びリンクLK7に関してリンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストがメモリ301に予め格納されている。 Routing bridge 4 is already linked LK1, because it is connected to the link LK4 and link LK7, links LK1, ID and link cost routing bridge on both ends of the link with respect to the link LK4 and link LK7 is previously stored in the memory 301. ルーティングブリッジ4がルーティングブリッジ1−3に対して、リンクLK1、リンクLK4及びリンクLK7のリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストをブロードキャストすることによって、ルーティングブリッジ1はリンクLK4及びリンクLK7のリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストを取得して自装置のメモリ301に格納する。 Against routing bridge 4 routing bridge 1-3 links LK1, the link ID of the link LK4 and link LK7, by broadcasting the ID and the link cost of routing bridge both ends of the link, the routing bridge 1 link LK4 and link LK7 link ID, the acquired ID and the link cost of routing bridge on both ends of the link are stored in the memory 301 of its own device. なお、リンクコストは、予めルーティングブリッジ1−6に格納されてもよいし、ルーティングブリッジ1−6の外部から設定されてもよい。 Incidentally, the link cost may be pre-stored in the routing bridge 1-6, it may be set from external routing bridge 1-6.

ルーティングブリッジ1−6は、自装置を介して転送されるデータを、後述する転送されるデータの構成に含まれる仮想マシンの組み合わせ(送信元仮想マシンのMACアドレスおよび宛先仮想マシンのMACアドレスの組み合わせ)によりデータのフローとして特定し、特定したフローをフローが割り当てられた経路に対応付けてメモリ301にフォワーディング情報として格納する。 Routing bridges 1-6, the data transferred via the own apparatus, the combination of the MAC address of the MAC address and the destination virtual machine's combination (source VM in the configuration of the data to be transferred later ) to identify the flow of data, stored as forwarding information in the memory 301 in association with the path flow of the flow specified is assigned.

ルーティングブリッジ1−6のコスト情報生成部311は、メモリ301に予め格納してあるリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストと、他のルーティングブリッジから取得してメモリ301に格納したリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストと、フォワーディング情報とに基づいて、ネットワーク1000に含まれるリンクのリンクID、リンク両端のルーティングブリッジのID及びリンクコストとの対応付けを生成し、コスト情報の一部としてメモリ301に格納する。 Link cost information generation unit 311 of the routing bridge 1-6, which stores link ID in the memory 301 are stored in advance, and the ID and the link cost of routing bridge both ends of the link, in the memory 301 obtained from another routing bridge ID, the ID and the link cost of routing bridge both ends of the link, based on the forwarding information, and generates link ID of the link included in the network 1000, the correspondence between the ID and the link cost of routing bridge both ends of the link, cost stored as part of the information in the memory 301. 各ルーティングブリッジ1−6のコスト情報生成部311は、リンク両端のルーティングブリッジのID、及びエッジルーティングブリッジに接続されていることとエッジルーティングブリッジに接続されているサーバ及び仮想マシンに関する情報に基づいて、ネットワーク1000に含まれる経路IDと総リンクコストの対応付けを生成し、コスト情報の一部としてメモリ301に格納する。 Cost information generation unit 311 of the routing bridges 1-6, based on the information about the server and the virtual machine is connected to the edge routing bridge connected the ID of the routing bridge both ends of the link, and an edge routing bridge , generates a mapping of the route ID and the total link costs included in the network 1000 and stored in the memory 301 as part of the cost information. 以上に説明したコスト情報生成部311の処理によって、コスト情報は後述する図5及び6の情報を少なくとも含むこととなる。 The processing cost information generation unit 311 described above, the cost information will contain at least the information of FIGS. 5 and 6 to be described later.

図5は、実施例が適用されたネットワークのコスト情報の一部を示す。 Figure 5 shows a portion of the cost information of the network to which the embodiment is applied. ルーティングブリッジ間のリンクを識別するリンクIDであるリンクLK1−LK9が、リンク両端のルーティングブリッジを識別するIDの組み合わせと対応付けられる。 Link LK1-LK9 a link ID identifying the link between the routing bridges, is associated with the combination of the ID for identifying the routing bridge on both ends of the link. 例えば、ルーティングブリッジ1及びルーティングブリッジ4を両端とするリンクに、リンクIDとしてLK1が割り当てられる。 For example, a link to both ends routing bridge 1 and routing bridge 4, LK1 is assigned as a link ID.

リンクIDに対応付けて設定されるリンクコストは、リンクの論理的な距離を示すパラメータ値である。 Link cost set in association with the link ID is a parameter value indicating the logical distance of the link. リンクの論理的な距離が短いほど、データ転送の効率がよいと判定される。 More logical distance link is short, the efficiency of data transfer is determined to be. 例えば、リンクコストの値が他のリンクに設定されたリンクコストの値よりも小さいリンクはデータ転送の効率がよいと判定されて、データを転送するリンクとして選択される。 For example, the value of the link cost is less links than the set link cost values ​​for other links are determined to be more efficient data transfer is selected as a link for transferring data. なお、図5には、リンクLK1−LK9の帯域が10Gbpsであるとして、リンクLK1−LK9のリンクコストの組み合わせとして、リンクコストが全て同じ100である場合が示される。 Incidentally, in FIG. 5, the band of the link LK1-LK9 is as a 10 Gbps, as a combination of the link cost of the link LK1-LK9, if all the link cost is the same 100 is shown. このように、リンクコストを決める場合に、対象とするリンクの帯域が全て同じであれば同じリンクコストを設定してもよい。 Thus, when determining the link cost, bandwidth of the link of interest may be set to the same link cost if all the same. 対象とするリンクの帯域が異なっていたとしても、リンクを同じ割合で選択したい場合には、対象となるリンクに対して同じリンクコストを設定すればよい。 Even bandwidth of the link of interest are different, if you want to select the link at the same rate may be set to the same link cost for the link of interest. なお、実施例はリンクLK1−LK9の帯域が10Gbpsの場合に限られない。 Incidentally, examples bandwidth of the link LK1-LK9 is not limited to the case of 10 Gbps.

図6は、実施例が適用されたネットワークのコスト情報の他の一部を示すエッジルーティングブリッジ間の経路を識別する経路IDであるP1−P9が、経路に含まれる全てのリンクのリンクIDと対応付けられる。 6, is a route ID identifying the route between the other edge routing bridge showing a part of P1-P9 of the cost information of the network to which the embodiment is applied, and the link ID of all links included in the path It is associated. 例えば、リンクLK1及びリンクLK4を含む経路に、経路IDとしてP1が割り当てられる。 For example, the path including the link LK1 and Links LK4, P1 is assigned as the path ID. 図5を参照すると、リンクLK1に設定されたリンクコストが100であり、リンクLK4に設定されたリンクコストが100である。 Referring to FIG. 5, a link cost 100 is set in the link LK1, the link cost set for link LK4 is 100. 従って、経路P1に含まれる全てのリンクのリンクコストの合計値が200となり、経路P1の総リンクコストが200に設定される。 Therefore, the total value of the link costs of all the links included in the path P1 is 200, and the total link cost of the path P1 is set to 200.

図6に示される経路IDに対応付けて設定される総リンクコストは、経路の論理的な距離を示すパラメータ値である。 Total link cost set in association with the path ID indicated in FIG. 6 is a parameter value indicating the logical distance of the route. 経路の論理的な距離が短いほど、データ転送の効率がよいと判定される。 More logical distance of the path is short, the efficiency of data transfer is determined to be. 例えば、経路IDに対応付けて設定される総リンクコストの組み合わせにおいて、総リンクコストの値が他の経路の総リンクコストの値よりも小さい経路はデータ転送の効率がよいと判定されて、データを転送する経路として選択される。 For example, in the combination of the total link cost set in association with the path ID, path the value of the total link cost is less than the total link cost value of the other paths are determined to be more efficient data transfer, data It is selected as a path for transferring. 図6には、経路P1−P9に対して9つの総リンクコストの組み合わせが示され、経路P1−P9の総リンクコストが全て同じである例を示す。 FIG 6, a combination of nine total link cost with respect to the path P1-P9 are shown, illustrating an example where all the same total link cost of the path P1-P9. 最小となる総リンクコストが設定された経路が複数ある場合には、後述するが、それらの経路が同じ割合で選択される。 Path total link cost is set to be a minimum if more than one, will be described later, their paths are selected at the same rate. 例えば、ラウンドロビン方式を適用して、選択された回数が最も少ない経路が選択されるようにしてもよい。 For example, a round robin method, may be the smallest path number selected is selected.

なお、図5及び6では、エッジルーティングブリッジ1−3を両端として選択可能な経路の一部についてコスト情報を示したが、実施例はこれに限定されない。 In FIG. 5 and 6, for although the cost information portion of selectable pathways edge routing bridge 1-3 as both ends, the embodiment is not limited thereto. ネットワーク1000にある選択可能な他の経路についてコスト情報を生成してもよい。 For selectable other routes in the network 1000 may generate the cost information. また、各ルーティングブリッジ1−6がコスト情報を生成するのではなく、ルーティングブリッジ1−6のうちで代表となるルーティングブリッジのコスト情報生成部311が他のルーティングブリッジからリンク情報を取得することによってコスト情報を作成し、他のルーティングブリッジにブロードキャストしてもよい。 Further, each routing bridge 1-6 instead of generating cost information by cost information generating unit 311 of the routing bridge as a representative among the routing bridges 1-6 to obtain the link information from other routing bridge create a cost information may be broadcast to other routing bridges.

図7は、実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される他の機能ブロックを示す。 Figure 7 shows another functional blocks performed by the routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). 各ルーティングブリッジ1−6は、メモリ301に格納されたプログラムにある処理がCPU300によって実行されることにより、バッファ情報モニタ部320として機能する。 Each routing bridges 1-6, by the program stored in the memory 301 is processed is performed by CPU 300, functions as a buffer information monitor unit 320. バッファ情報モニタ部320は、図3に示される入出力インターフェース303に含まれる入力バッファ又は出力バッファに格納されるデータの量あるいは入力バッファ又は出力バッファの空き容量をモニタして、モニタした結果をバッファ情報として図2に示されるサーバ100に通知する。 Buffer information monitoring unit 320 monitors the free space in the amount or the input buffer or the output buffer of the data stored in the input buffer or an output buffer included in the output interface 303 shown in FIG. 3, buffer the results of the monitoring and notifies the server 100 shown in FIG. 2 as information.

図8は、実施例が適用されたネットワークで転送されるデータの構成の例である。 Figure 8 is an example of the configuration of the data transferred by the network to which the embodiment is applied. 図8Aは、実施例が適用されたネットワークで転送されるデータの構成の一例を示し、図8Bは、実施例が適用されたネットワークで転送されるデータの構成の他の例を示す。 8A shows an example of a structure of data to be transferred in the network according to the embodiments, FIG. 8B illustrates another example of the configuration of data to be transferred in the network to which the embodiment is applied. サーバ101−104はデータを送信する場合に、図8Aに示されるように、データ、送信元仮想マシンのMACアドレス(Media Access Control Address)、及び宛先仮想マシンのMACアドレスを少なくとも含むデータを送信する。 Server 101-104 when transmitting data, as shown in FIG. 8A, transmits data, MAC address of the source virtual machine (Media Access Control Address), and at least including data the MAC address of the destination virtual machine . ルーティングブリッジ1−6は、図8Aに示されたデータを受信すると、送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスに基づいて、宛先仮想マシンが接続されているエッジルーティングブリッジをメモリ301に格納されたコスト情報に従って特定する。 Routing bridges 1-6 receives the data shown in Figure 8A, based on the MAC address and the MAC address of the destination virtual machine source virtual machine, the memory 301 the edge routing bridge destination virtual machine is connected identifying in accordance with the cost information stored in the. 先仮想マシンが接続されているエッジルーティングブリッジが特定されると、送信元仮想マシンに接続するルーティングブリッジのID及び宛先仮想マシンに接続するルーティングブリッジのIDを図8Aに示されるデータに付加する。 When edge routing bridge earlier virtual machine is connected is specified, it adds the data shown the ID of the routing bridge that connects to the ID and the destination virtual machine routing bridge that connects to the source virtual machine in Figure 8A. さらに、後述する処理によりデータ転送の経路を選択すると、自装置のMACアドレスを送信元ルーティングブリッジのMACアドレスとし、データ転送の経路において次の宛先となるルーティングブリッジのMACアドレスを宛先ルーティングブリッジのMACアドレスとして図8Aに示されるデータに付加する。 Furthermore, selecting a route for data transfer by the processing to be described later, the MAC address of the device to the MAC address of the source routing bridge, in the path of the data transfer the MAC address of the routing bridge as the next destination in the destination routing bridge MAC It is added to the data shown in Figure 8A as an address. 以上に説明した処理により、ルーティングブリッジ1−6は、受信したデータを図8Bに示されるデータとしてカプセル化して、次の宛先となるルーティングブリッジに転送する。 By the processing described above, routing bridges 1-6, the received data is encapsulated as data shown in FIG. 8B, and transfers the routing bridge as the next destination. ルーティングブリッジ間のデータ転送は、後述するデータ転送の経路選択に従って、図8Bに示される送信元ルーティングブリッジのMACアドレス及び宛先ルーティングブリッジのMACアドレスを書き変えながら実行される。 Data transfer between the routing bridges, according to the path selection described later data transfer is performed while rewriting the MAC address and the MAC address of the destination routing bridge source routing bridge shown in Figure 8B. なお、宛先仮想マシンに接続されたルーティングブリッジがデータを受信すると、次の宛先となる転送先が宛先仮想マシンであるため、図8Bに示されるデータのカプセル化を解除して、図8Aに示されるデータの構成に変換してから宛先仮想マシンに転送する。 Note that the routing bridge connected to the destination virtual machine receives data, since the transfer destination to be the next destination is the destination virtual machine, and decapsulates the data shown in Figure 8B, shown in FIG. 8A transferred after converting the structure of data in the destination virtual machine. なお、サーバ100−104及びルーティングブリッジ1−6が、宛先のMACアドレスを予め格納していない場合には、ARP(Address Resolution Protocol)を用いて、宛先のMACアドレスを取得すればよい。 The server 100-104 and routing bridges 1-6, when not storing the MAC address of the destination in advance, using ARP (Address Resolution Protocol), may be obtained the MAC address of the destination.

図9は、実施例が適用された情報処理システムに含まれるサーバ101−104のハードウェア構成を示す。 Figure 9 shows a hardware configuration of the server 101 to 104 included in the information processing system to which the embodiment is applied. サーバ101−104は、CPU400、メモリ401、記憶装置402、入出力インターフェース403、及びバス404を有するコンピュータである。 Server 101-104, CPU 400, memory 401, storage device 402, input-output interface 403, and a computer having a bus 404. CPU400、メモリ401、記憶装置402、及び入出力インターフェース403はバス404に接続される。 CPU 400, memory 401, storage device 402, and input-output interface 403 is connected to the bus 404. CPU400は、処理を実行するための1以上のプロセッサを含んでもよい。 CPU400 may include one or more processors for executing the process. メモリ401は例えば、RAMである。 Memory 401 is, for example, a RAM. 記憶装置402は例えば、ROMやフラッシュメモリ等の不揮発性メモリ、又はHDD(Hard Disk Drive)等の磁気ディスク装置である。 Storage device 402 is, for example, a magnetic disk device such as a nonvolatile memory such as a ROM or a flash memory, or HDD (Hard Disk Drive). 入出力インターフェース403は、外部装置に対してデータの入出力をするためのインターフェースである。 Output interface 403 is an interface for the input and output of data to an external device.

メモリ401に、サーバ101−104の動作を制御するための処理が記述されたプログラムが格納される。 A memory 401, a program processing for controlling the operation of the server 101 to 104 is described is stored. CPU400によってメモリ401に格納されたプログラムが実行されることにより、サーバ101−104の動作が制御され、サーバ101−104は図9に示される各機能ブロックとして機能する。 By the program stored in the memory 401 is executed by the CPU 400, operation of the server 101 to 104 are controlled, the server 101-104 functions as the functional blocks shown in FIG.

図10は、実施例が適用されたサーバ101−104で実行される機能ブロックを示す。 Figure 10 is a functional block executed by the server 101 to 104 to which the embodiment is applied. 図2に示される各サーバ101−104はメモリ401に格納されたプログラムにある処理がCPU400によって実行されることにより、出力調停部410及びサンプリング部411として機能する。 Each server 101-104 as shown in Figure 2 by the processing in the program stored in the memory 401 is executed by the CPU 400, functions as an output arbitration unit 410 and a sampling unit 411. なお、出力調停部410及びサンプリング部411は、例えば、図2に示される仮想スイッチ21−24が有する機能である。 The output arbitration unit 410 and the sampling unit 411 is, for example, a function of the virtual switch 21-24 has shown in FIG.

出力調停部410は、複数の送信データを調停する。 Output arbitration unit 410 arbitrates a plurality of transmission data. 調停されたデータは、宛先となるルーティングブリッジ(中継装置)に入出力インターフェース403を介して転送される。 Arbitrated data is transferred via the input-output interface 403 to a routing bridge as the destination (repeater). 例えば、図2に示される仮想スイッチ21の出力調停部410は、仮想マシン11−13から転送されるデータを調停して、入出力インターフェース403を介してルーティングブリッジ1に転送する。 For example, the output arbitration section 410 of virtual switch 21 shown in FIG. 2 arbitrates the data transferred from the virtual machine 11-13 is transferred to the routing bridge 1 through the input-output interface 403.

サンプリング部411は、複数の仮想マシンから転送されるデータをサンプリングして、入出力インターフェース403を介して図2に示されるサーバ100にサンプリング情報として転送する。 Sampling unit 411 samples the data transferred from the plurality of virtual machines, transferred as sampling information to the server 100 shown in FIG. 2 through the input-output interface 403. サンプリング情報には、送信元仮想マシンのMACアドレス、宛先仮想マシンのMACアドレス、送信元仮想マシンのIPアドレス(Internet Protocl Address)、宛先仮想マシンのIPアドレス、及び送信対象となるデータを少なくとも含む。 The sampling information includes MAC addresses of the source virtual machine, MAC address of the destination virtual machine, IP address, the source virtual machine (Internet Protocl Address), IP address of the destination virtual machine, and the data to be transmitted at least. また、宛先となるルーティングブリッジRBのMACアドレス又は送信元となるルーティングブリッジのMACアドレスを少なくとも含む。 Further, at least the MAC address of the routing bridge as the MAC address or transmission source routing bridge RB as the destination. 例えば、図2に示される仮想スイッチ21のサンプリング部411は、仮想マシン11−13から転送されるデータをサンプリングして、入出力インターフェース403を介してサーバ100にサンプリング情報として転送する。 For example, the sampling unit 411 of the virtual switch 21 shown in FIG. 2 samples the data transferred from the virtual machine 11-13, transferred as sampling information to the server 100 via the input-output interface 403.

図11は、実施例が適用された情報処理システムに含まれる管理サーバ100のハードウェア構成を示す。 Figure 11 shows the hardware configuration of the management server 100 included in the information processing system to which the embodiment is applied. サーバ100は、CPU500、メモリ501、記憶装置502、入出力インターフェース503、及びバス504を有するコンピュータである。 Server 100, CPU 500, memory 501, storage device 502, input-output interface 503, and a computer having a bus 504. CPU500、メモリ501、記憶装置502、及び入出力インターフェース503はバス504に接続される。 CPU 500, memory 501, storage device 502 and an input-output interface 503, is connected to the bus 504. CPU500は、処理を実行するための1以上のプロセッサを含んでもよい。 CPU500 may include one or more processors for executing the process. メモリ501は例えば、RAMである。 Memory 501 is, for example, a RAM. 記憶装置502は例えば、ROMやフラッシュメモリ等の不揮発性メモリ、又はHDD(Hard Disk Drive)等の磁気ディスク装置である。 Storage device 502 is, for example, a magnetic disk device such as a nonvolatile memory such as a ROM or a flash memory, or HDD (Hard Disk Drive). 入出力インターフェース503は、外部装置に対してデータの入出力をするためのインターフェースである。 Output interface 503 is an interface for the input and output of data to an external device.

メモリ501に、サーバ100の動作を制御するための処理が記述されたプログラム、及び図13に示される処理を記述したプログラムが格納される。 A memory 501, a program processing for controlling the operation of server 100 is described, and a program describing the process shown in FIG. 13 is stored. CPU500によってメモリ501に格納されたプログラムが実行されることによりサーバ100の動作が制御され、サーバ100は図12に示される各機能ブロックとして機能する。 CPU500 operation of the server 100 by a program stored in the memory 501 is executed is controlled by the server 100 functions as respective functional blocks shown in FIG. 12.

図12は、実施例が適用された管理サーバ100で実行される機能ブロックを示す。 Figure 12 is a functional block that is executed by the management server 100 to which the embodiment is applied. サーバ100が、メモリ501に格納されたプログラムにある処理がCPU500によって実行されることにより、コスト情報及びフォワーディング情報取得部510、サンプリング情報取得部511、トラフィック解析部512、バッファ情報取得部513、輻輳判定部514、輻輳フロー判定部515、代替経路選択部516、及びコスト情報作成部517として機能する。 Server 100, by the program stored in the memory 501 is processed is performed by the CPU 500, the cost information and forwarding information acquisition unit 510, sampling information acquisition unit 511, the traffic analysis unit 512, buffer information acquisition unit 513, a congestion determination unit 514 functions as a congestion flow analyzer 515, alternate path selection unit 516 and the cost information creation section 517,. 各機能ブロックにより実行される処理を、図13に示される処理に対応させて後述する。 The processing performed by each functional block will be described below in association with the process shown in FIG. 13.

図13は、実施例が適用された管理サーバ100で実行される処理を示す。 Figure 13 shows a process executed by the management server 100 to which the embodiment is applied. サーバ100が、メモリ501に格納されたプログラムにある処理がCPU500によって実行されることにより、図13に示された各処理を実行する。 Server 100, a program stored in the memory 501 is processed by being executed by the CPU 500, executing each processing shown in FIG. 13.

ルーティングブリッジ1−6が生成したコスト情報及びフォワーディング情報を取得する処理600を、コスト情報及びフォワーディング情報取得部510が実行する。 The process 600 of obtaining the cost information and forwarding information routing bridges 1-6 was produced, cost information and forwarding information acquisition unit 510 executes. 処理600により、サーバ100は図5及び6に示される情報含め上述したコスト情報及びフォワーディング情報を取得して、メモリ501に格納する。 The process 600, the server 100 retrieves the information including the above-mentioned cost information and forwarding information shown in FIGS. 5 and 6, is stored in the memory 501.

サーバ101−104からサンプリング情報を取得する処理601を、サンプリング情報取得部511が実行する。 The process 601 for acquiring sampling information from the server 101 to 104, the sampling information acquisition unit 511 executes. 処理601により、サーバ100はサーバ101−104のサンプリング情報を取得して、メモリ501に格納する。 The process 601, the server 100 retrieves the sampling information of the server 101 to 104 and stored in the memory 501. 取得したサンプリング情報に基づいて、データのトラフィック量(流量)を送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎に解析する処理602をトラフィック解析部512が実行する。 Based on the obtained sampling information, the process 602 for analyzing traffic volume data (flow rate) for each combination of source virtual machine and the destination virtual machine traffic analyzing unit 512 executes. トラフィック解析部512は、サンプリング情報に含まれる送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスに基づいて、送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせを特定する。 Traffic analyzing unit 512, based on the MAC address and the MAC address of the destination virtual machine source virtual machine included in the sampling information, identifies a combination of transmission source virtual machine and the destination virtual machine. 特定された組み合わせ毎に単位時間当たりのデータ量を解析することにより、特定された組み合わせ毎のデータのトラフィック量を取得する。 By analyzing the data amount per unit time for each combination identified, to obtain the traffic data for each combination identified. 処理602により、サーバ100は送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎のデータのトラフィック量を取得して、メモリ501に格納する。 The process 602, the server 100 retrieves the traffic data for each combination of source virtual machine and the destination virtual machine and stored in the memory 501. なお、送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎のデータのトラフィック量を識別するためにフローIDが割り当てられる。 Incidentally, the flow ID is assigned to identify a traffic volume of data for each combination of source virtual machine and the destination virtual machine. 例えば、フローIDは送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスの組み合わせに対応付けられる。 For example, the flow ID is associated with the combination of the MAC address of the MAC address and the destination virtual machine source virtual machine.

ルーティングブリッジ1−6がモニタしたバッファ情報を取得する処理603を、バッファ情報取得部513が実行する。 The process 603 routing bridges 1-6 to obtain the monitored buffer information, buffer information acquisition unit 513 executes. 処理603により、サーバ100はルーティングブリッジ1−6の入力バッファ又は出力バッファに格納されているデータ量、あるいは入力バッファ又は出力バッファの空き容量に関する情報を取得して、メモリ501に格納する。 The process 603, the server 100 retrieves the information about the data volume, or the free space of the input buffer or output buffer are stored in the input buffer or the output buffer of the routing bridges 1-6 and stored in the memory 501.

図2に示されるネットワーク1000に輻輳が発生しているか否かを判定する処理604を、輻輳判定部514が実行する。 The process of determining 604 whether congestion network 1000 has occurred as shown in FIG. 2, the congestion determining unit 514 executes. 輻輳判定部514は、取得したバッファ情報に基づいて、ルーティングブリッジ1−6の入力バッファ又は出力バッファに格納されているデータ量が所定量を超えるか否か、あるいは、入力バッファ又は出力バッファの空き容量が所定量を下回るか否かを判定することにより、ネットワーク1000に輻輳が発生しているか否かを判定する。 Congestion judging unit 514, based on the acquired buffer information, whether the data amount stored in the input buffer or the output buffer of the routing bridges 1-6 exceeds a predetermined amount, or free of the input buffer or output buffer by capacity to determine whether less than a predetermined amount, it determines whether congestion network 1000 occurs. 例えば、輻輳判定部514は、ルーティングブリッジ3から取得したバッファ情報により、ルーティングブリッジ5からのデータを格納するルーティングブリッジ3の入力バッファのデータ量が所定値を超えたこと検出すると、ルーティングブリッジ3及びルーティングブリッジ5の間の接続であるリンクLK8に輻輳が発生していると判定する。 For example, the congestion determining unit 514, the acquired buffer information from the routing bridge 3, when detecting that the data amount of the input buffer of the routing bridge 3 for storing data from the routing bridge 5 exceeds a predetermined value, the routing bridge 3 and It determines that congestion link LK8 is a connection between the routing bridge 5 has occurred. 処理604により、サーバ100はネットワーク1000に含まれるどのリンクに輻輳が発生しているか否かを判定する。 The process 604, the server 100 determines whether congestion which link included in the network 1000 occurs.

処理604により、ネットワーク1000に輻輳が発生していると判定されると、輻輳を起こしているフローを判定する処理605を、輻輳フロー判定部515が実行する。 The process 604, when the congestion to the network 1000 is determined to have occurred, the process of determining 605 the flow is causing the congestion, the congestion flow analyzer 515 is performed. なお、上述したが、送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎のデータ転送を識別するためにフローIDが割り当てられる。 Although described above, the flow ID is assigned to identify the data transfer for each combination of source virtual machine and the destination virtual machine. 例えば、フローIDは送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスの組み合わせに対応付けられる。 For example, the flow ID is associated with the combination of the MAC address of the MAC address and the destination virtual machine source virtual machine.

輻輳フロー判定部515は、処理605により、コスト情報及びフォワーディング情報取得部510が取得したコスト情報、サンプリング情報取得部511が取得したサンプリング情報及びトラフィック解析部512が取得した送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎のデータのトラフィック量に基づいて、ネットワーク1000のトラフィック情報を作成する。 Congestion flow analyzer 515, the processing 605, cost information and forwarding information acquisition unit 510 acquired cost information, transmitted sampling information and traffic analysis unit 512 which sampling information acquisition unit 511 has acquired is acquired based virtual machine and the destination virtual based on the amount of traffic data for each combination of machine, to create a traffic information network 1000. なお、輻輳フロー判定部515は、輻輳判定部514が処理604によりネットワーク1000に輻輳が発生していることを検出する前にトラフィック情報を作成してもよい。 Incidentally, the congestion flow analyzer 515 may create a traffic information before detecting that the congestion determination unit 514 congestion network 1000 is generated by the processing 604. 輻輳フロー判定部515が作成するトラフィック情報はメモリ501を使用するため、輻輳を起こしているフローを特定するために使用するトラフィック情報を、輻輳判定部514がネットワーク1000に輻輳が発生していることを判定したことをトリガにして作成するほうがメモリ501の利用効率が向上する。 Since congestion flow analyzer 515 traffic information created using memory 501, the traffic information used to identify flows that are causing the congestion, the congestion determining unit 514 is congested in the network 1000 occurs better to create a trigger that determines improves the utilization efficiency of the memory 501.

図14は、実施例が適用されたネットワークに輻輳がない場合のトラフィック情報を示す。 Figure 14 shows the traffic information when no congestion the network to which the embodiment is applied. トラフィック情報は、例えば輻輳判定部514がネットワーク1000に輻輳が発生していることを検出する前に輻輳フロー判定部515によって作成されたトラフィック情報であり、メモリ501に格納される。 Traffic information, for example, the congestion determining unit 514 is the traffic information created by the congestion flow analyzer 515 prior to detecting that congestion in the network 1000 has occurred, are stored in the memory 501. トラフィック情報は、フローID、仮想マシンの組み合わせ、トラフィック量、仮想マシンの組み合わせに対応するエッジルーティングブリッジ(INGRESS/EGRESS)、経路ID、及び経路に含まれるリンクの対応関係を含む。 Traffic information includes flow ID, the combination of the virtual machine, the traffic volume, the edge routing bridge corresponding to the combination of a virtual machine (INGRESS / EGRESS), the correspondence between the links included in the path ID, and route.

輻輳フロー判定部515は、サンプリング情報取得部511が取得したサンプリング情報に含まれる宛先となるルーティングブリッジのMACアドレス及び送信元となるルーティングブリッジのMACアドレスの情報をコスト情報及びフォワーディング情報取得部510が取得したコスト情報に含まれるリンク両端のルーティングブリッジの情報に対応付ける。 Congestion flow analyzer 515, sampling information acquisition unit 511 routing bridge MAC address and source routing bridge MAC address of the information cost information and forwarding information acquisition unit 510 composed as a destination included in the sampling information obtained is It associates the acquired routing bridge information of the link ends included in cost information. さらに、サンプリング情報取得部511が取得したサンプリング情報に含まれる送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスをフォワーディング情報にある送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスに対応付けることによって、中継するルーティングブリッジを判定してリンク間の接続を特定する。 Furthermore, associated to the MAC address and the MAC address of the destination virtual machine source virtual machine in the MAC address of the MAC address and the destination virtual machine source virtual machine sampling information acquisition unit 511 included in the acquired sampling information in the forwarding information it allows to identify the connection between the links to determine the routing bridge for relaying. 以上により、コスト情報及びサンプリング情報にある他の情報どうしの対応付けが特定されて、リンクID、経路ID、エッジルーティングブリッジの組み合わせ(INGRESS/EGRESS)、仮想マシンの組み合わせが特定される。 Thus, it is identified association of each other other information in the cost information and sampling information, the link ID, the route ID, the combination of edge routing bridge (INGRESS / EGRESS), the combination of the virtual machine is specified.

輻輳フロー判定部515は、さらに、サンプリング情報取得部511が取得したサンプリング情報に含まれる送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスと、トラフィック解析部512が取得した送信元仮想マシン及び宛先仮想マシンの組み合わせ毎のデータのトラフィック量とを対応させることにより、リンクID、経路ID、エッジルーティングブリッジの組み合わせ(INGRESS/EGRESS)、仮想マシンの組み合わせ、トラフィック量の対応関係を特定する。 Congestion flow analyzer 515 further includes a MAC address of the MAC address and the destination virtual machine source virtual machine sampling information acquisition unit 511 included in the obtained sampling information, transmission source VM and the traffic analysis unit 512 acquires by associating the traffic data for each combination of the destination virtual machine, the link ID, the route ID, the combination of edge routing bridge (INGRESS / EGRESS), a combination of virtual machines, identifying the traffic volume of correspondence. さらに、輻輳フロー判定部515は、仮想マシンの組み合わせに対して、フローIDを一意に決める。 Furthermore, the congestion flow determining unit 515, for the combination of the virtual machine, uniquely determines the flow ID.

メモリ501には図14に示されるトラフィック情報と図5及び6に示されるコスト情報とが格納されており、サーバ100によってネットワーク1000におけるデータの転送状況が仮想マシンの組み合わせ毎に割り当てられたフロー毎に把握される。 The memory 501 are stored and the cost information shown in the traffic information and Figure 5 and 6 shown in FIG. 14, each flow of transfer status of data in the network 1000 by the server 100 is assigned to each combination of virtual machines It is grasped.

実施例では、送信元仮想マシン11及び宛先仮想マシン15の組み合わせが経路P2を使用して、4Gbpsのトラフィック量でデータ転送を実行しており、このデータ転送にフローIDとしてF1が割り当てられている。 In the embodiment, by using the source virtual machine 11 and the destination combinations of virtual machine 15 is the path P2, and executes the data transfer traffic volume of 4Gbps, F1 is assigned as the flow ID in the data transfer . フローF1をより詳細に後述する。 Below the flow F1 in greater detail. 送信元仮想マシン11がネットワーク1000に含まれるルーティングブリッジ1に4Gbpsでデータを転送する。 The source virtual machine 11 to transfer data 4Gbps the routing bridge 1 included in the network 1000. ルーティングブリッジ1は、ルーティングブリッジ1をINGRESS及びルーティングブリッジ3をEGRESSとして設定して、経路P2に含まれるリンクLK1を介してルーティングブリッジ4にデータを転送する。 Routing bridge 1 sets the routing bridge 1 INGRESS and routing bridge 3 as EGRESS, transfers the data to the routing bridge 4 through the link LK1 included in path P2. ルーティングブリッジ4は経路P2に含まれるリンクLK7を介してEGRESSとして設定されたルーティングブリッジ3にデータを転送する。 Routing bridge 4 transfers the data to the routing bridge 3 set as EGRESS via link LK7 included in path P2. ルーティングブリッジ3は宛先仮想マシンである仮想マシン15にデータを転送する。 Routing bridge 3 transfers the data to the virtual machine 15 that is the destination virtual machine.

実施例では、送信元仮想マシン12及び宛先仮想マシン16の組み合わせが経路P4を使用して7Gbpsのトラフィック量でデータ転送を実行しており、このデータ転送にフローIDとしてF2が割り当てられている。 In an embodiment, the combination of the transmission source virtual machine 12 and the destination virtual machine 16 is executing the data transfer traffic volume 7Gbps using path P4, F2 is assigned as the flow ID in the data transfer. フローF2をより詳細に後述する。 Below the flow F2 in more detail. 送信元仮想マシン12がネットワーク1000に含まれるルーティングブリッジ1に7Gbpsでデータを転送する。 Source virtual machine 12 transfers the data in 7Gbps the routing bridge 1 included in the network 1000. ルーティングブリッジ1は、ルーティングブリッジ1をINGRESS及びルーティングブリッジ3をEGRESSとして設定して、経路P4に含まれるリンクLK2を介してルーティングブリッジ5にデータを転送する。 Routing bridge 1 sets the routing bridge 1 INGRESS and routing bridge 3 as EGRESS, it transfers the data to the routing bridge 5 through the link LK2 included in the path P4. ルーティングブリッジ5は経路P4に含まれるリンクLK8を介してEGRESSとして設定されたルーティングブリッジ3にデータを転送する。 Routing bridge 5 transfers the data to the routing bridge 3 set as EGRESS via link LK8 included in the path P4. ルーティングブリッジ3は宛先仮想マシンである仮想マシン18にデータを転送する。 Routing bridge 3 transfers the data to the virtual machine 18 that is the destination virtual machine.

実施例では、送信元仮想マシン13及び宛先仮想マシン17の組み合わせが経路P6を使用して2Gbpsのトラフィック量でデータ転送を実行しており、このデータ転送にフローIDとしてF3が割り当てられている。 In an embodiment, which performs data transfer with the amount of traffic 2Gbps using combinations path P6 of the source virtual machine 13 and the destination virtual machine 17, F3 is assigned as the flow ID in the data transfer. フローF3をより詳細に後述する。 Below the flow F3 in more detail. 送信元仮想マシン13がネットワーク1000に含まれるルーティングブリッジ1に2Gbpsでデータを転送する。 The source virtual machine 13 transfers the data at 2Gbps to the routing bridge 1 included in the network 1000. ルーティングブリッジ1は、ルーティングブリッジ1をINGRESS及びルーティングブリッジ3をEGRESSとして設定して、経路P6に含まれるリンクLK3を介してルーティングブリッジ6にデータを転送する。 Routing bridge 1 sets the routing bridge 1 INGRESS and routing bridge 3 as EGRESS, it transfers the data to the routing bridge 6 through the link LK3 included in the path P6. ルーティングブリッジ6は経路P6に含まれるリンクLK9を介してEGRESSとして設定されたルーティングブリッジ3にデータを転送する。 Routing bridge 6 transfers the data to the routing bridge 3 set as EGRESS via link LK9 included in the path P6. ルーティングブリッジ3は宛先仮想マシンである仮想マシン17にデータを転送する。 Routing bridge 3 transfers the data to the virtual machine 17 that is the destination virtual machine.

実施例では、送信元仮想マシン14及び宛先仮想マシン18の組み合わせが経路P8を使用して2Gbpsのトラフィック量でデータ転送を実行しており、このデータ転送にフローIDとしてF4が割り当てられている。 In an embodiment, which performs data transfer with the amount of traffic 2Gbps using combinations path P8 source virtual machine 14 and the destination virtual machine 18, F4 is assigned as the flow ID in the data transfer. フローF4をより詳細に後述する。 Below the flow F4 in more detail. 送信元仮想マシン14がネットワーク1000に含まれるルーティングブリッジ2に2Gbpsでデータを転送する。 The source virtual machine 14 to transfer data at 2Gbps routing bridge 2 included in the network 1000. ルーティングブリッジ2は、ルーティングブリッジ2をINGRESS及びルーティングブリッジ3をEGRESSとして設定して、経路P8に含まれるリンクLK5を介してルーティングブリッジ5にデータを転送する。 Routing bridge 2 sets the routing bridge 2 INGRESS and routing bridge 3 as EGRESS, it transfers the data to the routing bridge 5 through the link LK5 included in the path P8. ルーティングブリッジ5は経路P8に含まれるリンクLK8を介してEGRESSとして設定されたルーティングブリッジ3にデータを転送する。 Routing bridge 5 transfers the data to the routing bridge 3 set as EGRESS via link LK8 included in the path P8. ルーティングブリッジ3は宛先仮想マシンである仮想マシン18にデータを転送する。 Routing bridge 3 transfers the data to the virtual machine 18 that is the destination virtual machine.

図15は、実施例が適用されたネットワークに輻輳がある場合のトラフィック情報を示す。 Figure 15 shows the traffic information when there is congestion in the network to which the embodiment is applied. 図15に示されるトラフィック情報は、輻輳判定部514がネットワーク1000に輻輳が発生していることを検出した後に輻輳フロー判定部515によって作成されたトラフィック情報であり、メモリ501に格納される情報である。 Traffic information shown in FIG. 15 is a traffic information created by the congestion flow analyzer 515 after the congestion determination unit 514 detects that the congestion to the network 1000 occurs, the information stored in the memory 501 is there. 図15を図14と比較すると、フローF4のトラフィック量が2Gbpsであったのに対して、フローF4のトラフィック量が9Gbpsとなっている。 When Figure 15 is compared with FIG. 14, while the amount of traffic flow F4 was 2Gbps, traffic flow F4 has become 9Gbps. なお、輻輳フロー判定部515が図15にあるトラフィック情報を作成する処理は、図14に関する説明にあるものと同様である。 The processing congestion flow analyzer 515 creates a traffic information in FIG. 15 is the same as in the description relating to FIG. 14.

図16は、実施例が適用されたネットワークの輻輳状況を示す。 Figure 16 shows a congestion state of the network to which the embodiment is applied. 図16には、リンクID、フローID、及びリンクのトラフィック量の対応関係が示されている。 Figure 16 is a link ID, flow ID, and traffic volume of a correspondence between the link is shown. 図16に示される情報は、図15にある対応関係に基づいて、輻輳フロー判定部515が処理605を実行することにより作成された情報である。 Information shown in FIG. 16, based on the correspondence in FIG. 15, is information created by the congestion flow analyzer 515 performs the process 605. 図15も参照すると、トラフィック量が7GbpsのフローF2及びトラフィック量が9GbpsのフローF4によって、帯域が10GbpsであるリンクLK8に輻輳が起きていると判定される。 When Figure 15 Referring also to the flow F2 and traffic volume of traffic 7Gbps is by flow F4 of 9Gbps, bandwidth is determined to have occurred is congestion at a link LK8 10 Gbps. 処理605によりサーバ100は輻輳を起こしているフローを判定する。 Server 100 by the processing 605 determines the flow that is causing the congestion. 以上に説明した例では輻輳を起こしているフローがフローF2及びフローF4であると判定される。 In the example described above it is determined that flow has caused the congestion is a flow F2 and flow F4.

輻輳を起こしているフローが複数あるか否かを判定する処理606を、輻輳フロー判定部515が実行する。 The process of determining 606 whether the flow is more undergoing congestion, congestion flow analyzer 515 is performed. 輻輳を起こしているフローが複数ない場合には、後述する処理608に処理が移る。 If the flow is causing the congestion is not more, the process proceeds to processing 608 which will be described later. 輻輳を起こしているフローが複数ある場合には、トラフィック量の大きいフローから順にフローを選択する処理607を、輻輳フロー判定部515が実行する。 If the flows that are causing congestion there are a plurality, the process 607 of selecting a flow from a large flow of traffic in order, congestion flow analyzer 515 is performed.

図2に示されるネットワーク1000が図16に示される輻輳状態の場合、輻輳を起こしているフローがフローF2及びフローF4であるため、輻輳フロー判定部515は処理607を実行する。 If the network 1000 shown in FIG. 2 is a congested state shown in FIG. 16, because the flow is causing the congestion is a flow F2 and the flow F4, congestion flow analyzer 515 performs the process 607. この場合、図15も参照すると、フローF4のトラフィック量9Gbpsの方がフローF2のトラフィック量7Gbpsよりも大きいため、処理607により、フローF4が選択される。 In this case, the Figure 15 reference also to, for better traffic volume 9Gbps ​​flow F4 is greater than the amount of traffic 7Gbps flow F2, the processing 607, the flow F4 are selected.

代替経路候補を選択する処理608が、代替経路選択部516により実行される。 Process 608 to select an alternate route candidate is executed by the alternate route selecting unit 516. 上述する例の場合、経路P8を使用してデータ転送を実行しているフローF4の代替経路の候補が選択される。 For the example of above, the candidate of the alternative pathway of the flow F4 running to transfer data using a path P8 is selected. 代替経路選択部516はトラフィック情報に基づき、仮想マシン14及び仮想マシン18間でデータ転送をおこなうために、エッジルーティングブリッジとしてルーティングブリッジ2及びルーティングブリッジ3が選択されると判定する。 Alternate route selection unit 516 based on the traffic information, determines to perform data transfer between the virtual machine 14 and a virtual machine 18, a routing bridge 2 and routing bridge 3 is selected as edge routing bridge. 代替経路選択部516は、メモリ501に格納されたコスト情報に基づき、ルーティングブリッジ2及びルーティングブリッジ3の間の他の代替経路候補として、リンクLK4及びリンクLK7を含む経路P7、又はリンクLK6及びリンクLK9を含む経路P9が選択可能だと判定する。 Alternate route selection unit 516, based on the cost information stored in the memory 501, as another alternative route candidates between routing bridge 2 and routing bridge 3, the path P7 including the link LK4 and link LK7, or link LK6 and link path P9, including LK9 it is determined that it can be selected. ここでは、まずリンクLK4及びリンクLK7を含む経路P7が選択されたとする。 Here, first a path P7 including the link LK4 and link LK7 is selected.

選択された代替経路候補により輻輳が回復するか否かを判定する処理609が代替経路選択部516により実行される。 Congestion by the selected alternative route candidate determining process 609 whether recovery is performed by the alternate route selecting unit 516. 代替経路選択部516は、選択された経路P7に含まれるリンクLK7を使用しているフローF1を抽出する。 Alternate route selection unit 516 extracts the flow F1 using link LK7 included in the path P7 which is selected. 代替経路選択部516は、フローF1のトラフィック量4Gbps及びフローF4のトラフィック量9Gbpsの合計値を算出する。 Alternate route selecting unit 516 calculates the total value of the traffic volume 9Gbps ​​traffic volume 4Gbps and flow F4 flow F1. 代替経路選択部516は、算出された合計値がリンクの帯域10Gbpsを超えるため、フローF4の代替経路候補として経路P7が選択されても輻輳が回復されないと判定し、処理610に移る。 Alternate route selection unit 516, since the calculated total value exceeds the bandwidth 10Gbps link, even if the path P7 is selected as the alternate route candidate of the flow F4 is determined that congestion is not restored, moves to a process 610.

代替経路候補を全て検証したか否かを判定する処理610を、代替経路選択部516が実行する。 The process of determining 610 whether to validate all alternate path candidates, alternative route selection unit 516 executes. 上述した例では、フローF4の代替経路候補として、リンクLK6及びリンクLK9を含む経路P9が選択可能であるため、代替経路選択部516は処理608に移り、経路P9を代替経路候補として選択して処理609を実行する。 In the example described above, as an alternative path candidate of the flow F4, since the path P9 including the link LK6 and link LK9 are selectable, alternate path selection unit 516 moves to the processing 608, and select the path P9 as alternative route candidates to perform the processing 609. 代替経路選択部516は、選択された経路P9に含まれるリンクLK6を使用しているフローF2を抽出する。 Alternate route selection unit 516 extracts the flow F2 using link LK6 included in the path P9 chosen.

代替経路選択部516は、フローF2のトラフィック量7Gbps及びフローF4のトラフィック量9Gbpsの合計値を算出する。 Alternate route selecting unit 516 calculates the total value of the traffic volume 9Gbps ​​traffic volume 7Gbps and flow F4 flow F2. 代替経路選択部516は、算出された合計値がリンクの帯域10Gbpsを超えるため、フローF4の代替経路候補として経路P9が選択されても輻輳が回復されないと判定し、処理610に移る。 Alternate route selection unit 516, since the calculated total value exceeds the bandwidth 10Gbps link, even if the path P9 is selected as an alternate route candidate of the flow F4 is determined that congestion is not restored, moves to a process 610. 代替経路選択部516は処理610において、選択可能な代替経路候補である経路P7及び経路P9について検証をしたので、処理611に移る。 In an alternative path selecting unit 516 processes 610, since the verified path P7 and the path P9 is a selectable alternative route candidates, proceeds to processing 611.

輻輳を起こしたフローを全て検証したか否かを判定する処理611を代替経路選択部516が実行する。 Alternate route selection unit 516 determines processing 611 whether to verify all flows that caused the congestion executed. 代替経路選択部516は、輻輳を起こしたフローとしてフローF2が検証されていないため、全てのフローが検証されていないと判定して処理607に移る。 Alternate route selection unit 516, since the flow F2 is not verified as a flow that caused the congestion, all flow moves to the processing 607 determines that not validated. 輻輳フロー判定部515が処理607によりフローF2が抽出されて、処理608に移る。 Flow F2 is extracted by the congestion flow analyzer 515 process 607 proceeds to the processing 608.

代替経路選択部516はメモリ501に格納されたトラフィック情報に基づき、仮想マシン12及び仮想マシン16間のデータ転送が実行されるために、エッジルーティングブリッジとしてルーティングブリッジ1及びルーティングブリッジ3が選択されると判定する。 Alternate route selection unit 516 based on the traffic information stored in the memory 501, for data transfer between the virtual machine 12 and a virtual machine 16 is executed, routing bridge 1 and routing bridge 3 is selected as edge routing bridge It determines that. 代替経路選択部516は、メモリ501に格納されたコスト情報に基づき、ルーティングブリッジ1及びルーティングブリッジ3の間の他の代替経路候補として、リンクLK1及びリンクLK7を含む経路P2、又はリンクLK3及びリンクLK9を含む経路P6が選択可能だと判定する。 Alternate route selection unit 516, based on the cost information stored in the memory 501, as another alternative route candidates between routing bridge 1 and routing bridge 3, the path P2, or link LK3 and links including links LK1 and Links LK7 path P6, including LK9 it is determined that it can be selected. ここでは、まずリンクLK1及びリンクLK7を含む経路P2が選択されたとする。 Here, first a path P2 including the link LK1 and Links LK7 is selected.

選択された代替経路により輻輳が回復するか否かを判定する処理609が代替経路選択部516により実行される。 Process of determining 609 whether the congestion is recovered is performed by the alternate route selecting unit 516 by the selected alternative route. 代替経路選択部516は、選択された経路P2に含まれるリンクLK1を使用しているフローF1を抽出する。 Alternate route selection unit 516 extracts the flow F1 using link LK1 included in the path P2 that is selected. 代替経路選択部516は、フローF1のトラフィック量4Gbps及びフローF2のトラフィック量7Gbpsの合計値を算出する。 Alternate route selecting unit 516 calculates the total value of the traffic volume 7Gbps traffic volume 4Gbps and flow F2 flows F1. 代替経路選択部516は、算出された合計値がリンクの帯域10Gbpsを超えるため、フローF2の代替経路候補として経路P2が選択されても輻輳が回復されないと判定し、処理610に移る。 Alternate route selection unit 516, since the calculated total value exceeds the bandwidth 10Gbps link, even if the path P2 is selected as the alternate route candidate of the flow F2 is determined that congestion is not restored, moves to a process 610.

代替経路候補を全て検証したか否かを判定する処理610を、代替経路選択部516が実行する。 The process of determining 610 whether to validate all alternate path candidates, alternative route selection unit 516 executes. 上述した例では、フローF2の代替経路候補として、リンクLK3及びリンクLK9を含む経路P6が選択可能であるため、代替経路選択部516は処理608に移り、経路P6を代替経路候補として選択して処理609を実行する。 In the example described above, as an alternative path candidate of the flow F2, since the path P6 including the link LK3 and link LK9 are selectable, alternate path selection unit 516 moves to the processing 608, and select the path P6 as an alternate path candidate to perform the processing 609. 代替経路選択部516は、選択された経路P6に含まれるリンクLK3を使用しているフローF3を抽出する。 Alternate route selection unit 516 extracts the flow F3 using the link LK3 included in the path P6 chosen. 代替経路選択部516は、フローF3のトラフィック量2Gbps及びフローF2のトラフィック量7Gbpsの合計値を算出する。 Alternate route selecting unit 516 calculates the total value of the traffic volume 7Gbps traffic volume 2Gbps and flow F2 flows F3. 代替経路選択部516は、算出した合計値がリンクの帯域10Gbpsを超えないため、フローF2の代替経路候補として経路P6が選択されれば輻輳が回復されると判定し、処理612に移る。 Alternate route selection unit 516, since the calculated total value does not exceed the bandwidth 10Gbps link, determines that the congestion if the path P6 is selected as an alternative route candidate of the flow F2 is restored, it moves to a process 612.

輻輳を回復させるために経路変更が可能と判定されてフローに対して、選択された代替経路の総リンクコストが変更されたコスト情報を作成する処理612を、コスト情報作成部517が実行する。 Relative path can be changed and determined to be in the flow in order to restore the congestion, the process 612 of creating a cost information total link cost is changed for the selected alternative route, cost information creation unit 517 performs. コスト情報作成部517は、輻輳を回復させるために経路変更が可能と判定されたフローF2の代替経路P6に含まれるリンクLK3及びリンクLK9のリンクコストをデフォルトとして設定された100から50に変更して、ルーティングブリッジ1−6がフローF2の経路を選択する場合に使用する新しいコスト情報を作成する。 Cost information creating unit 517 changes the link cost of the link LK3 and link LK9 included in an alternate path P6 flow F2, which is determined to be the route change to restore the congestion from 100 to 50 which is set as the default Te, create a new cost information to be used when routing bridges 1-6 selects the path of flow F2. なお、リンクコストの変更は、リンクLK3に対して100から50に変更しても、リンクLK9に対して100から50に変更してもよい。 Note that changing the link cost, changing from 100 to the link LK3 to 50, may be changed from 100 to the link LK9 to 50.

図17は、実施例が適用されたネットワークにおいて変更されたコスト情報を示す。 Figure 17 shows the cost information that has changed in the network to which the embodiment is applied. 図17に示される変更されたコスト情報は、コスト情報作成部517により処理612が実行されることにより作成され、メモリ501に格納される情報である。 Modified cost information shown in FIG. 17 is created by the process 612 is executed by the cost information creation unit 517 is information stored in the memory 501. フローF2に対しては、リンクLK3及びリンクLK9のリンクコストがデフォルトして設定された100から50に変更されたため、リンクLK3を含む経路P5の総リンクコストが150となり、リンクLK3及びリンクLK9を含む経路P6の総リンクコストが100となり、リンクLK9を含む経路P9の総リンクコストが150となる。 For flow F2, because the link cost of the link LK3 and link LK9 is changed from 100 that is configured with default 50, the total link cost 150 next path P5 including the link LK3, the link LK3 and link LK9 total link cost 100 next path P6 including, total link cost of the path P9 including link LK9 is 150.

コスト情報作成部517は、ルーティングブリッジ1−6に、図17に示されるフローF2に対するコスト情報と、フローF2に対応する仮想マシンの組み合わせ(送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスの組み合わせ)とを対応付けて送信し、メモリ501に格納させる。 Cost information creation unit 517, the routing bridges 1-6, MAC address of the MAC address and the destination virtual machine cost information and a combination of the virtual machine corresponding to the flow F2 (source VM for the flow F2 shown in FIG. 17 send association a combination) and to be stored in the memory 501.

ルーティングブリッジ1−6は、受け取ったデータに含まれる送信元仮想マシンのMACアドレス及び宛先仮想マシンのMACアドレスに基づいてフローを判定する。 Routing bridges 1-6 determines the flow based on the MAC address and the MAC address of the destination virtual machine source virtual machine included in the received data. 判定したフローがフローF2の場合には、図6に示されたコスト情報ではなく、図17に示された更新されたコスト情報を使用して、フローF2のデータ転送の経路を選択する。 If the determined flow of the flow F2 is not the cost information shown in FIG. 6, using the updated cost information shown in FIG. 17, selects a route for data transfer flow F2. ルーティングブリッジ1−6は、コスト情報に含まれる総リンクコストどうしの組み合わせのうちで最も総リンクコストが小さい経路をデータ転送の経路として選択するので、図17に示された更新されたコスト情報のうち、最も総リンクコストが小さい経路P6がフローF2の経路として選択される。 Routing bridges 1-6, since selects the route most total link cost is small among the combinations of the total link cost to each other included in the cost information as a path for data transfer, the cost information is updated as shown in FIG. 17 among them, the path P6 most total link cost is small is selected as the path of the flow F2. 従って、フローF2のデータ転送の経路がLK8を介さなくなるので、フローF2及びフローF4により輻輳が起きていたリンクLK8の輻輳が回復される。 Accordingly, since the path of the data transfer flow F2 is not through the LK8, link congestion LK8 had occurred congestion by flow F2 and flow F4 is restored. フローF2の新たな経路として経路P6が選択されても、経路P6を使用するのは、トラフィック量7GbpsのフローF2及びトラフィック量2GbpsのフローF3であるため、新たな輻輳が発生しない。 Even path P6 is selected as a new route for the flow F2, for use path P6 are the flow F2 and the flow of traffic 2Gbps F3 traffic volume 7 Gbps, new congestion does not occur.

図18は、変更された他のコスト情報を示す。 Figure 18 shows another cost information that has changed. 図18に示されるコスト情報は、フローF2に対してだけでなく、リンクLK3及びリンクLK9のリンクコストをデフォルトして設定された100から50に単に変更することで、リンクLK3を含む経路P5の総リンクコストが150とし、リンクLK3及びリンクLK9を含む経路P6の総リンクコストが100とし、リンクLK9を含む経路P9の総リンクコストが150とした比較例である。 Cost information shown in FIG. 18, not only to the flow F2, the link cost of the link LK3 and link LK9 100 that is configured with default By simply changing the 50, path P5 including the link LK3 and total link cost is 150, the total link cost 100 of the path P6 including the link LK3 and link LK9, total link cost of the path P9 including link LK9 are comparative examples was 150. 図18に示されるコスト情報がルーティングブリッジ1−6に設定されると、ルーティングブリッジ1−6はどのフローを受け取っても図18に示されるコスト情報に従って、経路P6を選択することになる。 When the cost information shown in FIG. 18 is set to the routing bridges 1-6, in accordance with the cost information shown in FIG. 18 be routing bridges 1-6 received which flow will select the path P6. この場合、経路P6を使用するフローがフローF2だけなく、フローF1及びフローF3も使用することになる。 In this case, no flow using a path P6 only flows F2, flows F1 and flow F3 is also to use. 図15も参照すると、フローF1−3が経路P6に集中した場合にトラフィック量の合計値が13Gbpsとなり、リンクの帯域を超えてしまうため、新たな輻輳が発生してしまう。 When Figure 15 also refers to, because the total value of the traffic volume when the flow F1-3 are concentrated to the path P6 exceeds the bandwidth of 13Gbps, and the link, thus new congestion occurs. すなわち、輻輳を回復させるためにフローの経路変更をしたにもかかわらず、総リンクコストに従って経路を選択する設計思想のネットワークで単に総リンクコストを変更してしまうと、新たな輻輳を発生させてしまうことがある。 In other words, despite the path change of the flow in order to restore the congestion and would simply change the total link cost network design concept for selecting a path according to the total link cost, by generating a new congestion it may be put away.

ここで、リンクLK8に輻輳が発生しているので、フローF2がリンクLK8を使用してデータ転送をしないように、リンクLK8のリンクコストを大きくすることを検討する。 Since congestion link LK8 has occurred, as the flow F2 is not the data transferred using the link LK8, consider increasing the link cost of the link LK8. リンクLK8のリンクコストを100から200に変更すると、経路P4の総リンクコストが300になる。 If the link cost of the link LK8 changed from 100 to 200, the total link cost of the path P4 is 300. 従って、ルーティングブリッジはフローF2に対する経路を選択する場合に、総リンクコストが200に設定された経路P2または経路P6を選択し、総リンクコストが300に設定された経路P4を選択しない。 Thus, the routing bridge when selecting a route for the flow F2, the total link cost selects a path P2 or path P6 is set to 200, do not select the path P4 total link cost is set to 300. しかし、ルーティングブリッジがフローF1及びフローF3の経路を選択する場合にも、経路P4の総リンクコストが300であるとして経路選択が実行される。 However, routing bridges even when selecting a path of the flow F1 and the flow F3, total link cost of the path P4 route selection is performed as a 300. つまり、ルーティングブリッジは、トラフィック量4GbpsのフローF1、トラフィック量7GbpsのフローF2、及びトラフィック量2GbpsのフローF3を経路P2及び経路P6に等価的に割り当てる。 In other words, the routing bridge, the flow of traffic 4Gbps F1, equivalently assigned to the flow F2, and routes the flow F3 of the traffic volume 2Gbps P2 and path P6 traffic volume 7 Gbps. 従って、フローF4の選択経路としてリンクLK8を含む経路P4を避けて選択したとしても、トラフィック量4GbpsのフローF1及びトラフィック量7GbpsのフローF2が、経路P2及び経路P6の何れか一方において競合してしまうと、新たな輻輳が発生してしまう。 Therefore, even if you choose to avoid path P4 including the link LK8 as the selection path of the flow F4, the flow F2 of the flow F1 and traffic 7Gbps of traffic 4Gbps can compete in any one path P2 and path P6 and put away, resulting in a new congestion occurs.

ネットワークの負荷を自律的に分散させるために、パラメータとして設定された総リンクコストに従ってデータ転送の経路を選択し、さらに総リンクコストが等しい場合にはそれらが等しい割合で選択されるような技術思想で設計されたネットワークの場合、リンクコスト、総リンクコストを単に変更しただけでは、複数のフローが新たに最小の総リンクコストが設定された経路に集中することで、新たな輻輳が発生することがある。 To autonomously distribute the load of the network, the technical idea as selected them in equal proportions in the case selects the route of the data transfer in accordance with the total link cost is set as a parameter, more total link cost equal in the case of the designed network, link cost, simply changing the total link cost, by concentrating on the route where a plurality of flows are set newly minimum total link cost, a new congestion occurs there is.

実施例では、輻輳を起こしたフローに対して適用される更新されたコスト情報をデフォルトのコスト情報とは別に作成する。 In the embodiment, to create separately from the updated cost information default cost information is applied to the flow that caused the congestion. 輻輳を起こしたフローの経路選択時にはデフォルトのコスト情報とは区別して更新されたコスト情報が使用されるため、新たな輻輳を発生せず、また発生してしまった輻輳が回復する。 Since the cost information is updated with distinction is used as default cost information when routing the flow that caused the congestion, does not generate a new congestion and congestion had occurred is recovered. また、輻輳を起こしたフローの代替経路として選択可能な経路が複数あると判定される場合には、デフォルトのコスト情報とは区別して、選択可能な代替経路それぞれに対して最小の総リンクコストを設定しておけば、輻輳を起こしたために経路が変更されたフローは経路変更後もネットワークの設計思想に従って経路が自律的に分散される。 Also, if the selectable route is determined to be more as an alternative path of a flow that caused the congestion, separately from the default cost information, the total link cost minimum for each selectable alternative route if you set, the flow path to caused the congestion is changed path according to the design concept of the after rerouting network is autonomously dispersed. なお、経路変更の対象とならないフローのデータ転送の経路選択は、変更前のデフォルトのコスト情報が適用されるため、ネットワークの負荷分散が従前の通りに行われる。 Incidentally, routing of data transfer flows not subject to route changes, because the default cost information before the change is applied, the load distribution of the network are performed as previously.

引き続き、図13の処理を説明する。 Subsequently, the processing of FIG. 13. サーバ100は、処理613の後にネットワークの監視を継続するか否かの判定をする処理614を実行する。 Server 100 executes a process 614 for determination of whether to continue to monitor the network after the processing 613. ネットワークの監視を継続する場合には処理600に移り、ネットワークの監視を継続しない場合には処理を終える。 To continue monitoring the network passes to process 600, if not to continue the monitoring of the network ends the process.

処理604により、輻輳が発生していないと判定された場合に、処理615に移る。 The process 604, when congestion is determined not to have occurred, and proceeds to process 615. 処理615は、代替経路に変更したフローがデフォルトの総リンクコストであっても輻輳が回避するか否かを判定する処理であり、代替経路選択部516により実行される。 Process 615, the flow was changed to alternative route is a process of determining whether or not to avoid congestion even total link cost for the default, it is executed by the alternate route selecting unit 516. 実施例では、代替経路選択部516は、メモリ501に格納されたフローF2のトラフィック量を参照して、変更された経路P6以外の経路をフローF2に割り当てても、他のフローのトラフィック量との合計値がリンクの帯域を超えないと判定すると、処理616に移る。 In an embodiment, an alternative path selecting section 516 refers to the amount of traffic flow F2 stored in the memory 501, it is assigned a path other than the path P6 that has changed flow F2, and the traffic volume of other flow When the total value of is determined not to exceed the bandwidth of the link, the routine to proceed to 616. 代替経路選択部516によって処理616が実行されるとフローF2に対する更新されたコスト情報の総リンクコストを初期化する。 When the process 616 is executed by the alternate route selecting unit 516 initializes the total link cost of the cost information updated for the flow F2. 例えば、ルーティングブリッジ1−6に対して、フローF2に対する総リンクコストのコスト情報を削除する指示をする。 For example, for routing bridges 1-6, the instruction to delete the cost information of the total link cost for the flow F2. フローF2に対する更新されたコスト情報の総リンクコストを初期化されると、ルーティングブリッジ1−6はフローF2を受信しても、他のフローと同様にデフォルトのコスト情報に従ってフローの経路を選択する。 If the total link cost of the cost information updated for the flow F2 is initialized, routing bridges 1-6 also receive flow F2, select the path of the flow according to the default cost information as well as other flow . なお、処理615においてデフォルトの総リンクコストでは輻輳が回復しないと判定されると、処理614に移る。 Incidentally, when the congestion in the total link cost for the default in the processing 615 is determined not recovered, the process proceeds to process 614.

図19は、実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)他の機能ブロックを示す。 Figure 19 shows a routing bridge (relay device) other function blocks to which the embodiment is applied. 図2に示されるルーティングブリッジ1−6はメモリ301に格納されたプログラムにある処理がCPU300によって実行されることにより、アドレス判定部312、コスト情報選択部313、経路選択部314、パケット生成部315、アドレス設定部316、及びコスト情報設定部317として機能する。 Routing bridges 1-6 shown in Figure 2 by processing in a program stored in the memory 301 is executed by the CPU 300, the address judging unit 312, the cost information selecting unit 313, the route selection unit 314, packet generation unit 315 functions as an address setting unit 316 and the cost information setting unit 317,. 各機能ブロックにより実行される処理を、図20に示される処理に対応させて後述する。 The processing performed by each functional block will be described below in association with the process shown in FIG. 20.

図20は、実施例が適用されたルーティングブリッジ(中継装置)で実行される処理を示す。 Figure 20 shows a process performed by the routing bridge to which the embodiment is applied (relay device). 図2に示されるルーティングブリッジ1−6は、メモリ501に格納されたプログラムにある処理がCPU500によって実行されることにより、図20に示された各処理を実行する。 Routing bridges 1-6 shown in Figure 2, the program stored in the memory 501 is processed by being executed by the CPU 500, executing each processing shown in FIG. 20.

受信データがあるか否かを判定する処理700を、ルーティングブリッジ1−6が実行する。 The process of determining 700 whether there is received data, routing bridge 1-6 is executed. 受信データが入出力インターフェース303に含まれる入力バッファに格納されていると、処理701に移る。 When the received data is stored in the input buffer included in the input-output interface 303, it moves to a process 701.

受信データに含まれるアドレス情報に基づいてデータ転送のフローを判定する処理701を、アドレス判定部312が実行する。 The process of determining 701 the flow of data transfer based on the address information contained in the received data, the address determining unit 312 executes. アドレス判定部312は、受信データに含まれる送信元仮想マシンに割り当てられたMACアドレス及び宛先仮想マシンに割り当てられたMACアドレスに基づいて仮想マシンの組み合わせを判定することによって、データ転送のフローを判定する。 Address determining unit 312, by determining the combination of virtual machines based on the assigned to the MAC address and the destination virtual machine assigned to the source virtual machine included in the received data a MAC address, determining the flow of data transfer to. 例えば、サーバ100からフローF2に対する更新されたコスト情報を格納する指示を取得した場合にアドレス判定部312がメモリ301やレジスタなどにフローF2に対応する情報を格納しておく。 For example, storing information address determining unit 312 when obtaining the instruction for storing cost information updated for the flow F2 from the server 100 corresponds to the flow F2 in a memory 301 or a register. 受信データに基づいて判定された仮想マシンの組み合わせと、サーバ200の指示に従ってメモリ301やレジスタなどに格納された情報とを比較し、受信データがフローF2であるか否かを判定すればよい。 The combination of the determined virtual machines based on the received data, compares the information stored according to the instructions of the server 200 in a memory 301 or a register, the received data may determine whether or not a flow F2. アドレス判定部312は、受信したデータがフローF2である場合にフローF2に対応するコスト情報を選択するようコスト情報選択部313に指示をする。 Address determining unit 312, the received data is an instruction to the cost information selecting unit 313 to select the cost information corresponding to the flow F2 in the case of a flow F2. アドレス判定部312は、受信したデータがフローF2でない場合にデフォルトのコスト情報を選択するようコスト情報選択部313に指示をする。 Address determining unit 312 instructs the cost information selecting unit 313 to select the default cost information when the received data is not the flow F2.

判定されたフローに対応するコスト情報をメモリ301から選択する処理702を、コスト情報選択部313が実行する。 The process 702 of selecting the cost information corresponding to the determined flow from the memory 301, the cost information selecting unit 313 executes. コスト情報選択部313は、アドレス判定部312からの指示に従ってコスト情報を選択する。 Cost information selecting unit 313 selects the cost information in accordance with instructions from the address determining unit 312. 例えば、アドレス判定部312がフローF2に対応する更新されたコスト情報を選択するよう指示した場合には、コスト情報選択部313はメモリ301に対してフローF2に対応する更新されたコスト情報のアドレスを指定して読み出し動作を実行する。 For example, when the address determination unit 312 instructs to select the updated cost information corresponding to the flow F2, the address of the cost information selecting unit 313 updated cost information corresponding to the flow F2 to the memory 301 the specify to perform a read operation. アドレス判定部312がデフォルトのコスト情報を選択するよう指示した場合には、コスト情報選択部313は、メモリ301に対してデフォルトのコスト情報のアドレスを指定して読み出し動作を実行する。 When the address determination unit 312 instructs to select the default cost information, cost information selection unit 313 performs a read operation specifies the address of the default cost information to the memory 301.

メモリ301から読み出したコスト情報において総リンクコストが所定値となる経路を選択する処理703を、経路選択部314が実行する。 The process 703 the total link cost in the cost information read from the memory 301 to select a path comprising a predetermined value, the route selection unit 314 executes. なお、ネットワーク1000に輻輳がなく、処理702においてコスト情報選択部313がデフォルトのコスト情報(図5及び6参照)を読み出したとする。 Note that there is no congestion in the network 1000, and cost information selecting unit 313 in the processing 702 reads the default cost information (see FIGS. 5 and 6). 経路選択部314は、受信データに含まれる送信元仮想マシンに割り当てられたMACアドレス及び宛先仮想マシンに割り当てられたMACアドレスと、読み出したコスト情報とに基づき、選択可能な経路を抽出する。 Path selector 314, a MAC address assigned to the source virtual machine assigned MAC address and the destination virtual machine included in the received data, based on the read cost information, to extract a selectable path. コスト情報に基づいて選択可能だと判定された経路の総リンクコストに従って、総リンクコストが所定値となる経路を選択する。 According total link cost of the determined route that it can be selected based on the cost information, selects a route that total link cost is the predetermined value. なお、所定値とは例えば最小値であり、総リンクコストの値が最小値をとる経路が選択される。 The predetermined value is a minimum value, for example, the path which the value of the total link cost is the minimum value is selected. 例えば、図2に示される仮想マシン11から仮想マシン15へデータを転送する場合に、受信データには仮想マシン11に割り当てられたMACアドレスが送信元仮想マシンのMACアドレスとして、仮想マシン15に割り当てられたMACアドレスが宛先仮想マシンのMACアドレスとして情報が付加されているので、そのアドレス情報及びコスト情報(図5及び6参照)にある総リンクコストの組み合わせに基づいて、経路P2,経路P4,及び経路P6がフローF1のデータ転送の経路として選択可能だと判定される。 For example, when transferring data to the virtual machine 15 from the virtual machine 11 shown in FIG. 2, as a MAC address of the MAC address assigned to the virtual machine 11 is the source virtual machine in the received data, allocated to the virtual machine 15 since was MAC address is added information as the MAC address of the destination virtual machine, based on a combination of the total link cost at that address information and the cost information (see FIGS. 5 and 6), the path P2, the path P4, and path P6 is determined to be a selectable as a path for transferring data flows F1. 経路P2,経路P4,及び経路P6の総リンクコストは各々200なので、経路選択部314は処理703により経路P2,経路P4,及び経路P6を選択する。 Path P2, since the total link cost each 200 of path P4, and path P6, the route selection unit 314 selects the path P2, the path P4, and path P6 by the processing 703.

処理703において選択された経路に総リンクコストが等しい経路があるか否かを判定する処理704を、経路選択部314が実行する。 The selected path in the process 703 of determining process 704 whether the total link cost is equal route, the route selection unit 314 executes. 上述する例の場合には、経路P2,経路P4,及び経路P6の総リンクコストが各々200なので、経路選択部314は、総リンクコストが等しい経路があると判定して、処理705に移る。 In the case of the example above, the path P2, the path P4, and so 200 total link cost each path P6, the route selection unit 314 determines that the total link cost is equal path, it proceeds to processing 705.

総リンクコストが等しい経路がある場合にそれらの経路を等しい割合で選択する処理705を、経路選択部314が実行する。 The process 705 of selecting those routes in equal proportions when the total link cost is equal route, the route selection unit 314 executes. 経路選択部314は、例えば、ラウンドロビン方式を適用して、総リンクコストが等しい経路P2,経路P4,及び経路P6のうちから、最も選択される回数が少なかった経路を選択するようにしてもよい。 Path selector 314, for example, by applying a round-robin scheme, the total link cost is equal path P2, from among the paths P4, and path P6, be selected the route number of the most selected was small good.

送信元仮想マシンが実行されるサーバに接続されるルーティングブリッジのID及び宛先仮想マシンが実行されるサーバに接続されるルーティングブリッジのIDをデータに付加する処理706を、パケット生成部315が実行する。 The process 706 for adding the ID of the routing bridge is connected to the server routing bridge ID and the destination virtual machine is connected to the server the source virtual machine is executed is performed on the data, the packet generation unit 315 executes . さらに、処理705で選択された経路のうち次の宛先となるルーティングブリッジのアドレスと送信元ルーティングブリッジのアドレスによりデータをカプセル化して送信する処理707を、パケット生成部315が実行する。 Furthermore, the process 707 transmits the encapsulated data by the following routing bridge address the address of the source routing bridge as the destination of the route selected on the processing 705, the packet generation unit 315 executes. パケット生成部315が処理706及び処理707を実行することにより、図8Aに示されるデータが図8Bに示されるようにカプセル化されて次の宛先に転送される。 By packet generation unit 315 executes the processing 706 and processing 707, the data shown in Figure 8A is encapsulated as shown in FIG. 8B is forwarded to the next destination.

通信状態を継続するか否かを判定する処理708をルーティングブリッジ1−6が実行し、通信状態を継続する場合には、処理700に移る。 If the routing bridges 1-6 determining process 708 whether to continue the communication state is executed, to continue the communication state shifts to the process 700. 通信状態を継続しない場合には処理を終える。 If you do not continue the communication state ends the processing.

処理700で受信データがあると判定されなかった場合に、サーバ100から更新されたコスト情報の通知があるか否かを判定する処理709をルーティングブリッジ1−6が実行する。 If it is not determined that there is received data processing 700, the process of determining 709 whether there is a notification of the costs updated information from the server 100 is routed bridge 1-6 executes. なお、処理709は、受信データの有無にかかわらず実行してもよい。 The processing 709 may be performed with or without the received data. 処理709は、例えば定期的に実行されてもよく、また特定のイベントが発生した前又は後で実行されてもよい。 Process 709, for example, may be performed periodically, or may be performed before or after certain events occur.

ここで、図2に示されたネットワーク1000が図16に示されたトラフィック状態となってリンクLK8に輻輳が生じ、この輻輳を回復するためにサーバ100がルーティングブリッジ1−6のメモリ301に図17に示されるフローF2に対する総リンクコストを格納するよう通知した場合を例に処理709を後述する。 Figure Here, the memory 301 of the server 100 is routed bridge 1-6 to the network 1000 shown in FIG. 2 congestion occurs in the link LK8 becomes traffic condition shown in FIG. 16, to recover the congestion a case in which notification to store the total link cost for the flow F2 shown in 17 below the process 709 as an example. なお、更新されたコスト情報の通知がない場合には、処理711に移る。 When there is no notification of the updated cost information, the procedure proceeds to a process 711.

処理709において更新されたコスト情報の通知があると判定されると、更新さされたコスト情報をフロー(送信元仮想サーバのアドレス及び宛先仮想サーバのアドレスの組み合わせ)に対応付けてメモリ301に格納する処理710を、アドレス設定部316及びコスト情報設定部317が実行する。 When determined that the notification of the cost information updated in the process 709, stored in association with cost information is updated in the flow (a combination of the address of the transmission source virtual server and the address of the destination virtual server) in the memory 301 the process 710, the address setting unit 316 and the cost information setting unit 317 is executed. アドレス設定部316は、サーバ100からフローF2に対して変更されたコスト情報をメモリ301に格納することを指示されると、受信データを受けた場合にフローF2に対応する仮想マシンの組み合わせを特定するために、フローF2に対応する送信元仮想マシンに割り当てられたMACアドレス及び宛先仮想マシンに割り当てられたMACアドレスの組み合わせを、メモリ301やアドレス判定部312のレジスタなどに設定する。 Address setting unit 316 is instructed to store the cost information that has changed from the server 100 to the flow F2 in the memory 301, specifying a combination of a virtual machine corresponding to the flow F2 when receiving the received data to the combination of MAC address assigned to the MAC address and the destination virtual machine assigned to the source virtual machine corresponding to the flow F2, set in a register or the like of the memory 301 and the address determination unit 312. コスト情報設定部317は、サーバ100からフローF2に対して変更されたコスト情報をメモリ301に格納することを指示されると、メモリ301に更新されたコスト情報を格納する。 Cost information setting unit 317 is instructed to store the cost information that has changed from the server 100 to the flow F2 in the memory 301, stores the cost information updated in the memory 301. これにより、ルーティングブリッジ1−6のメモリ301には、フローF2に対して変更されたコスト情報及びデフォルトのコスト情報の両方が格納されることになる。 Thus, the memory 301 of the routing bridges 1-6 would both cost information and default cost information that has changed relative to the flow F2 is stored.

メモリ301に格納されたコスト情報の初期化指示がサーバ100からあるか否かを判定する処理711を、ルーティングブリッジ1−6が実行する。 Initialization instruction cost information stored in the memory 301 the process 711 determines whether from server 100, routing bridges 1-6 executes. なお、処理711の処理タイミングは処理710の後でなくてもよい。 The processing timing of the processing 711 may not after the process 710. 処理711は、例えば定期的に実行されてもよく、また特定のイベントが発生した前又は後で実行されてもよい。 Process 711, for example, may be performed periodically, or may be performed before or after certain events occur. サーバ100の指示によりメモリ301に更新されたコスト情報が格納されるとメモリ301の容量を使用することになる。 If cost information is updated in the memory 301 is stored by an instruction of the server 100 will use the capacity of the memory 301. 従って、サーバ100が図14に示される処理615によってリンクコストが初期化されてもよいと判定された場合には処理712に移り、サーバ100の初期化指示に従ってメモリ301から冗長なコスト情報を削除することでメモリ301の容量効率的に使用される。 Therefore, if the server 100 is the link cost by the process 615 shown in FIG. 14 is determined it may be initialized transitions to processing 712, removing redundant cost information from the memory 301 in accordance with the initialization instructions of the server 100 is capacitively efficient use of the memory 301 by.

次に、処理710により、メモリ301にフローF2に対して変更されたコスト情報及びデフォルトのコスト情報の両方が格納された場合にルーティングブリッジ1−6がフローF2の経路を選択する処理を説明する。 Then, the processing 710, the routing bridge 1-6 illustrating the process of selecting the path of the flow F2 in the case where both of the cost information and default cost information in the memory 301 is changed to the flow F2 is stored . 例えば、ルーティングブリッジ1が仮想マシン12からフローF2を受信すると、ルーティングブリッジ1のアドレス判定部312が処理701を実行することにより、受信データに含まれる送信元仮想マシンに割り当てられたMACアドレス及び宛先仮想マシンに割り当てられたMACアドレスの組み合わせをメモリ301やレジスタなどに格納してあるアドレス情報と比較することにより、受信データがフローF2に対応すると判定する。 For example, when the routing bridge 1 receives the flow F2 from the virtual machine 12, by the address determination unit 312 of the routing bridge 1 executes processing 701, MAC address and destination assigned to the source virtual machine included in the received data It determines that by comparing the address information stored the combination of MAC address assigned to the virtual machine in a memory 301 or a register, the received data corresponds to the flow F2. アドレス判定部312は、コスト情報選択部313に、メモリ301に格納されたフローF2に対するコスト情報(図17参照)を読み出すよう指示する。 Address determining unit 312, the cost information selecting unit 313, an instruction to read out the cost information for the flow F2 stored in the memory 301 (see FIG. 17). 経路選択部314は処理703を実行して、読み出されたコスト情報(図17参照)に基づき総リンクコストが所定値となる経路を選択する。 Path selector 314 executes the processing 703, total link cost based on the read cost information (see FIG. 17) selects the route becomes a predetermined value. ここでは、総リンクコストが最小となる経路を選択するものとし、経路選択部314は経路P6を選択する。 Here, it is assumed to select a route that total link cost is minimized, the route selection unit 314 selects a path P6. 経路選択部314が処理704を実行することにより総リンクコストが等しい経路がないと判定されて処理706に移る。 Path selector 314 is determined that there is no equal path total link cost by performing the process 704 moves to a process 706. パケット生成部315は、受信したデータに対して経路P6に対応する情報を処理706及び処理707によりカプセル化して図8Bに示されるデータ構成にする。 Packet generating unit 315 to the data structure shown in Figure 8B encapsulated by the processing 706 and processing 707 the information corresponding to the path P6 to the received data. パケット生成部315は、カプセル化したデータを、次の宛先であるルーティングブリッジ6に転送する。 Packet generating unit 315, the encapsulated data is transferred to the routing bridge 6 which is the next destination. 以上に説明した転送先の選択により、ネットワーク1000のトラフィック状況が後述する図21及び22に示されたトラフィック状況になる。 The selection of destination described above, the traffic situation the traffic status of the network 1000 is shown in FIGS. 21 and 22 will be described later.

図21は、実施例が適用されたネットワークに輻輳がない場合の他のトラフィック情報を示す。 Figure 21 shows another traffic information when no congestion the network to which the embodiment is applied. 図21に示されるトラフィック情報は、フローF2のデータ転送の経路が経路P6に変更された後に輻輳フロー判定部515が作成したトラフィック情報であり、メモリ501に格納される情報である。 Traffic information shown in FIG. 21 is a traffic information congestion flow analyzer 515 is created after the path of the data transfer flow F2 is changed to the path P6, is information stored in the memory 501. なお、輻輳フロー判定部515が図21にあるトラフィック情報を作成する処理は、図13に関する説明にあるものと同様である。 The processing congestion flow analyzer 515 creates a traffic information in FIG. 21 is the same as in the description relating to FIG. 13.

図22は、実施例が適用されたネットワークのトラフィック状況を示す。 Figure 22 shows the traffic condition of the network to which the embodiment is applied. 図22には、リンクID、フローID、及びリンクのトラフィック量の対応関係が示されている。 Figure 22 is a link ID, flow ID, and traffic volume of a correspondence between the link is shown. 図22に示す情報は、図15にある対応関係に基づいて、輻輳フロー判定部515が処理605を実行することにより作成された情報である。 Information shown in FIG. 22, based on the correspondence in FIG. 15, is information created by the congestion flow analyzer 515 performs the process 605. フローF2のデータ転送の経路が経路P6に変更されたことにより、各リンクに輻輳が発生していないことが示されている。 By routing the data transfer flow F2 is changed to the path P6, congestion on each link is shown to have occurred.

以上に述べたとおり、ネットワークの負荷を分散させるために、パラメータとして設定された総リンクコストに従ってデータ転送の経路が選択され、さらに総リンクコストが等しい場合にはそれらが等しい割合で選択されるような技術思想で設計された中継装置を含むネットワークにおいて輻輳が発生した場合、リンクコストや総リンクコストを単に変更しただけでは、変更された総リンクコストが設定された経路に複数のフローが集中することによって新たな輻輳が発生してしまうことがある。 As mentioned above, in order to distribute the load of the network, the path is selected for data transfer in accordance with the total link cost is set as a parameter, as in the case more total link cost is equal to selected them in equal proportions when congestion in a network comprising a relay device which is designed occurs in a technical idea, just by simply changing the link cost and the total link cost, a plurality of flow is concentrated in the path total link costs that have changed are set it may become a new congestion occurs by. 実施例によれば、輻輳を起こしたフローに対して適用されるコスト情報を作成して、当該フローの経路選択時に他のフローとは区別して、更新されたコスト情報を当該フローに適用して当該フローの転送経路が選択されるため、当該フローのデータ転送の経路を技術思想に従い総リンクコストに基づいて選択しても新たな輻輳を起こすことなく、発生してしまった輻輳が回復する。 According to the embodiment, to create a cost information applied to the flow that caused the congestion, and distinguished from other flows during routing of the flows, the updated cost information applied to the flow since the transfer path of the flow is selected, without causing a path also new congestion selected based on the total link cost according technical idea of ​​data transfer of the flow, congestion had occurred is recovered. なお、上記の実施例では仮想サーバ間のデータ転送について例示したが、これに限定されず、物理サーバ間のデータ転送に実施例を適用してもよい。 In the above embodiment has been illustrated data transfer between virtual servers, without being limited thereto, may be applied to embodiments to transfer data between the physical servers.

以上の実施例に関し、以下の付記としてまとめる。 Relates above embodiments are summarized as following appendices.
(付記1)複数のコンピュータと、前記複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせが格納されたメモリを有する複数の中継装置と、前記複数の中継装置間の何れかの接続のトラフィックが所定量を超えた場合に、前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを前記メモリに格納させる管理コンピュータとを有し、前記複数の中継装置は、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報に対応する何れか一方の組み合わせに基づいて、前記受信データの転送先を設定するプロセッサを有することを特徴とする情報処理システム。 (Supplementary Note 1) more computers and a plurality of relay devices having a memory in which a combination of the first parameter is stored for selecting a forwarding path from a plurality of paths between said plurality of computers, said plurality of relay devices If the traffic of any connection between exceeds a predetermined amount, and a management computer which stores the combination of the second parameter to select the transfer path from the plurality of paths to said memory, said plurality relay apparatus, among the combinations of the combination and the second parameter of said first parameter, based on either one of the combination corresponding to the combination information of the computer included in the received data, the destination of the received data the information processing system characterized by having a processor to configure.
(付記2)前記管理コンピュータは、前記第2のパラメータの組み合わせに、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送するコンピュータの組み合わせ情報を対応付けて前記複数の中継装置に通知し、前記プロセッサは、前記受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報が前記管理コンピュータから通知されたコンピュータの組み合わせ情報に一致すると前記第2のパラメータの組み合わせを選択することを特徴とする付記1に記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 2) The management computer notifies the combination of the second parameter, to the plurality of relay apparatuses in association with the combination information of the computer to transfer data over a connection the traffic exceeds said predetermined amount and, the processor, according to note 1, the combination information of the computer included in the received data and selects a combination of the second parameter to match the combination information of the computer has been notified from the management computer the information processing system.
(付記3)前記プロセッサは、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせの何れか一方の組み合わせにおいて、前記複数の経路のうちで他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする付記1又は2に記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 3) The processor, in one combination of the combinations of the combination and the second parameter of the first parameter, less parameters than another route among said plurality of paths are set the information processing system according to Supplementary note 1 or 2, characterized in that to set a transfer destination of the received data based on the route.
(付記4)前記第2のパラメータの組み合わせにおいて、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせに対する変更後の経路に他の経路のパラメータよりも小さいパラメータが設定されていることを特徴とする付記3に記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 4) In the above combination of the second parameter is less than the parameters of the other paths in the path after the change for the combination of the computer to transfer data over a connection the traffic exceeds said predetermined amount parameter the information processing system of statement 3, characterized in that There are set.
(付記5)前記プロセッサは、前記他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路が複数ある場合に選択された回数が最も少ない経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする付記3又は4に記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 5) The processor characterized in that path a small parameter than the other route is set to set a transfer destination of the received data based on the smallest path number chosen if there are multiple the information processing system of statement 3 or 4,.
(付記6)前記管理コンピュータは、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせが複数ある場合に、他のコンピュータの組み合わせよりもトラフィックが大きいコンピュータの組み合わせを前記第2のパラメータの組み合わせに対応付けて前記複数の中継装置に通知することを特徴とする付記2〜5の何れか1つに記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 6) The management computer, the combination of the if the traffic is more than a combination of computers that transfer data over a connection exceeds the predetermined amount, another computer computer traffic is greater than the combination of the information processing system according to any one of appendices 2-5, characterized in that notifies the plurality of relay apparatuses in association with the combination of the second parameter.
(付記7)前記管理コンピュータは、前記所定値を超えた前記トラフィックが前記所定値よりも小さくなると、前記第2のパラメータの組み合わせを前記メモリから削除させることを特徴とする付記1〜6の何れか1つに記載の情報処理システム。 (Supplementary Note 7) The management computer, when the traffic exceeds the predetermined value is smaller than the predetermined value, any appended 1-6, characterized in that to remove a combination of the second parameter from said memory the information processing system according to one or.
(付記8)前記第1のパラメータの組み合わせに含まれるパラメータ又は前記第2のパラメータの組み合わせに含まれるパラメータは、前記複数の中継装置間の接続に設定されたパラメータの合計値に基づく値であることを特徴とする付記1〜7の何れか1つに記載の情報処理システム。 Parameters included in the combination of parameters or the second parameters contained in the combination (Note 8) The first parameter is the value based on the sum of the parameters set connection between the plurality of relay devices the information processing system according to any one of appendices 1 to 7, characterized in that.
(付記9)複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせ、及び、接続のトラフィックが所定量を超えた場合に前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを格納するメモリと、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報に対応する何れか一方の組み合わせに基づいて、前記受信データの転送先を設定するプロセッサとを有することを特徴とする中継装置。 The combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between (Supplementary Note 9) a plurality of computers, and the connection traffic select the transfer path from the plurality of paths when it exceeds a predetermined amount a memory for storing a combination of the second parameters for, among the combinations of the combination and the second parameter of the first parameter, the one of the combination corresponding to the combination information of the computer included in the received data based on the relay apparatus characterized by a processor for setting the transfer destination of the received data.
(付記10)前記第2のパラメータの組み合わせは、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせ情報に対応付けられており、前記プロセッサは、前記受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報が、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせ情報に一致すると、前記第2のパラメータの組み合わせを選択することを特徴とする付記9に記載の中継装置。 The combination (Note 10) the second parameter, the traffic is associated with the combination information of the computer to transfer data over a connection exceeds the predetermined amount, wherein the processor receives data combination information of the computer included in the, when the traffic matches the combination information of the computer to transfer data over a connection exceeds the predetermined amount, and characterized by selecting a combination of said second parameter relay device according to note 9.
(付記11)前記プロセッサは、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうちの何れか一方の情報において、前記複数の経路のうちで他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする付記9又は10に記載の中継装置。 (Supplementary Note 11) The processor in one of the information among the combinations of the combination and the second parameter of the first parameter, less parameters than another route among said plurality of paths are set relay device according to note 9 or 10 and sets the transfer destination of the received data on the basis of the path is.
(付記12)前記第2のパラメータの組み合わせにおいて、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせに対する変更後の経路に他の経路のパラメータよりも小さいパラメータが設定されていることを特徴とする付記11に記載の中継装置。 (Supplementary Note 12) In the above combination of the second parameter, less parameters than the parameter of the other paths in the path after the change for the combination of the computer to transfer data over a connection the traffic exceeds said predetermined amount relay device according to note 11, wherein the but has been set.
(付記13)前記プロセッサは、前記他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路が複数ある場合に選択された回数が最も少ない経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする付記11又は12に記載の中継装置。 (Supplementary Note 13) The processor characterized in that path a small parameter than the other route is set to set a transfer destination of the received data based on the smallest path number chosen if there are multiple relay device according to note 11 or 12.
(付記14)前記第2のパラメータの組み合わせは、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせが複数ある場合に、他のコンピュータの組み合わせよりもトラフィックが大きいコンピュータの組み合わせ情報に対応付けられていることを特徴とする付記10〜13の何れか1つに記載の中継装置。 (Supplementary Note 14) The combination of the second parameter, when the combination of the computer in which the traffic is transferring data over a connection exceeds the predetermined amount is more traffic than other combinations of computer relay device according to any one of appendices 10 to 13, characterized in that associated with the large computer combination information.
(付記15)前記所定値を超えた前記トラフィックが前記所定値よりも小さくなると、前記プロセッサは前記第2のパラメータの組み合わせを前記メモリから削除することを特徴とする付記9〜14の何れか1つに記載の中継装置。 When (Supplementary Note 15) said traffic that exceeds the predetermined value is smaller than the predetermined value, the processor any one of Appendixes 9-14, characterized in that to remove a combination of the second parameter from the memory 1 relay device according to One.
(付記16)複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせを格納するメモリを有する複数の中継装置に対して、前記複数の中継装置間の何れかの接続のトラフィックが所定量を超えた場合に、前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを、前記第1のパラメータの組み合わせを前記メモリに格納させたまま前記メモリに格納させるプロセッサを有する情報処理装置。 Against (Supplementary Note 16) a plurality of relay devices having a memory for storing a combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between a plurality of computers, any among the plurality of relay devices If the connection of traffic exceeds a predetermined amount, the combination of the second parameter to select the transfer path from the plurality of paths, a combination of the first parameter in the memory while keeping stored in the memory the information processing apparatus having a processor to store.
(付記17)複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせ、及び、接続のトラフィックが所定量を超えた場合に前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせを示す情報に対応する何れか一方の組み合わせに基づいて、前記受信データの転送先を設定することを特徴とする情報処理方法。 The combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between (Supplementary Note 17) a plurality of computers, and the connection traffic select the transfer path from the plurality of paths when it exceeds a predetermined amount the second of the combinations of the parameters for, based on one of the combination corresponding to the information indicating a combination of a computer included in the received data, information processing and sets the transfer destination of the received data Method.
(付記18)前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせ情報を前記第2のパラメータの組み合わせに対応付け、前記受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報が、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせ情報に一致すると、前記第2のパラメータの組み合わせを選択することを特徴とする付記17に記載の情報処理方法。 (Supplementary Note 18) associating the combination information of the computer on which the traffic is transferring data over a connection exceeds the predetermined amount to the combination of the second parameter, the combination information of the computer included in the received data , when the traffic matches the combination information of the computer to transfer data over a connection exceeds the predetermined amount, the information processing according to note 17, characterized in that selecting a combination of said second parameter Method.
(付記19)前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうちの何れか一方の情報において、前記複数の経路のうちで他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする付記17又は18に記載の情報処理方法。 In (Supplementary Note 19) one of information among the combinations of the combination and the second parameter of the first parameter, the path less parameters than another route among said plurality of paths are set the information processing method according to Supplementary note 17 or 18 and sets the transfer destination of the received data based.
(付記20)前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせに対する変更後の経路を選択し、前記第2のパラメータの組み合わせにおいて、前記変更後の経路に他の経路のパラメータよりも小さいパラメータが設定されていることを特徴とする付記19に記載の情報処理方法。 (Supplementary Note 20) to select a route after the change for the combination of computers where the traffic is transferring data over a connection exceeds the predetermined amount, in combination with the second parameter, the path of the changed the information processing method according to note 19, wherein the small parameter is set than parameters of other routes.

1−6 ルーティングブリッジ(RB) 1-6 routing bridges (RB)
11−18 仮想マシン(VM) 11-18 Virtual Machine (VM)
21−24 仮想スイッチ(vSW) 21-24 virtual switch (vSW)
100−104 サーバ(SV) 100-104 server (SV)
1000 ネットワーク 1000 network

Claims (10)

  1. 複数のコンピュータと、 And a plurality of computers,
    前記複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせが格納されたメモリを有する複数の中継装置と、 A plurality of relay devices having a memory in which a combination of the first parameter is stored for selecting a forwarding path from a plurality of paths between said plurality of computers,
    前記複数の中継装置間の何れかの接続のトラフィックが所定量を超えた場合に、前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを前記メモリに格納させる管理コンピュータとを有し、 If the traffic of any connection between the plurality of relay apparatuses has exceeded a predetermined amount, and a management computer which stores the combination of the second parameter to select the transfer path from the plurality of paths in said memory has,
    前記複数の中継装置は、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報に対応する組み合わせに基づいて前記受信データの転送先を設定するプロセッサを有することを特徴とする情報処理システム。 Wherein the plurality of relay apparatuses, among the combinations of the combination and the second parameter of the first parameter, the destination of the received data based on the combination that corresponds to the combination information of the computer included in the received data the information processing system characterized by having a processor to configure.
  2. 前記管理コンピュータは、前記第2のパラメータの組み合わせに、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送するコンピュータの組み合わせ情報を対応付けて前記複数の中継装置に通知し、 Said management computer, the combination of the second parameter, in association with the combination information of the computer on which the traffic is to transfer data through the connection exceeds the predetermined amount and notifies the plurality of relay devices,
    前記プロセッサは、前記受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報が前記管理コンピュータから通知されたコンピュータの組み合わせ情報に一致すると前記第2のパラメータの組み合わせを選択することを特徴とする請求項1に記載の情報処理システム。 The processor of claim 1, characterized in that the combination information of the computer included in the received data to select a combination of the second parameter to match the combination information of the computer has been notified from the management computer information processing system.
  3. 前記プロセッサは、前記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせの何れか一方の組み合わせにおいて、前記複数の経路のうちで他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする請求項1又は2に記載の情報処理システム。 Wherein the processor, in one combination of the combinations of the combination and the second parameter of said first parameter, based on the path less parameters than another route among said plurality of paths are set the information processing system according to claim 1 or 2, characterized in that to set a transfer destination of the received data.
  4. 前記第2のパラメータの組み合わせにおいて、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせに対する変更後の経路に他の経路のパラメータよりも小さいパラメータが設定されていることを特徴とする請求項3に記載の情報処理システム。 In combination with the second parameter, the traffic is set smaller parameters than the parameters of the other paths in the path after the change for the combination of the computer to transfer data over a connection exceeds the predetermined amount the information processing system according to claim 3, characterized in that there.
  5. 前記プロセッサは、前記他の経路よりも小さいパラメータが設定されている経路が複数ある場合に選択された回数が最も少ない経路に基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする請求項3又は4に記載の情報処理システム。 Wherein the processor is claims, characterized in that the path less parameters than the other route is set to set a transfer destination of the received data based on the smallest path number chosen if there are multiple the information processing system according to 3 or 4.
  6. 前記管理コンピュータは、前記トラフィックが前記所定量を超えた接続を介してデータを転送しているコンピュータの組み合わせが複数ある場合に、他のコンピュータの組み合わせよりもトラフィックが大きいコンピュータの組み合わせを前記第2のパラメータの組み合わせに対応付けて前記複数の中継装置に通知することを特徴とする請求項2〜5の何れか1項に記載の情報処理システム。 Said management computer, wherein when the traffic is more than a combination of computers that transfer data over a connection exceeds the predetermined amount, the combination of heavy traffic computer than the combination of the other computers second the information processing system according to any one of claims 2-5, characterized in that notifies the plurality of relay apparatuses in association of the combination of parameters.
  7. 前記管理コンピュータは、前記所定量を超えた前記トラフィックが前記所定量よりも小さくなると、前記第2のパラメータの組み合わせを前記メモリから削除させることを特徴とする請求項1〜6の何れか1項に記載の情報処理システム。 Said management computer, when the traffic exceeds the plant quantification is less than the plants quantification any one of claims 1 to 6, characterized in that to remove a combination of the second parameter from said memory the information processing system according to.
  8. 複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせ、及び、接続のトラフィックが所定量を超えた場合に前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを格納するメモリと、 The combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between a plurality of computers, and, second from the plurality of paths when a connection traffic exceeds a predetermined amount for selecting a transfer path 2 a memory for storing combinations of parameters,
    記第1のパラメータの組み合わせ及び前記第2のパラメータの組み合わせのうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせ情報に対応する組み合わせに基づいて前記受信データの転送先を設定するプロセッサとを有することを特徴とする中継装置。 Among the combinations of the previous SL combination and the second parameter of the first parameter, and a processor for setting the transfer destination of the received data based on the combination that corresponds to the combination information of the computer included in the received data relay apparatus characterized by having.
  9. 複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせを格納するメモリを有する複数の中継装置に対して、前記複数の中継装置間の何れかの接続のトラフィックが所定量を超えた場合に、前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせを、前記第1のパラメータの組み合わせを前記メモリに格納させたまま前記メモリに格納させるプロセッサを有する情報処理装置。 To a plurality of relay devices having a memory for storing a combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between a plurality of computers, the traffic of any connection between the plurality of relay devices if it exceeds a predetermined amount, the processor to store a combination of the second parameter to select the transfer path, a combination of the first parameter in the memory while keeping stored in the memory from the plurality of paths an information processing apparatus having.
  10. 複数のコンピュータ間の複数の経路から転送経路を選択するための第1のパラメータの組み合わせ、及び、接続のトラフィックが所定量を超えた場合に前記複数の経路から転送経路を選択するための第2のパラメータの組み合わせうち、受信データに含まれるコンピュータの組み合わせを示す情報に対応する組み合わせに基づいて前記受信データの転送先を設定することを特徴とする情報処理方法。 The combination of the first parameter used to select the transfer path from a plurality of paths between a plurality of computers, and, second from the plurality of paths when a connection traffic exceeds a predetermined amount for selecting a transfer path 2 the information processing method characterized in that one of the combinations of the parameters, sets the transfer destination of the received data based on the combination that corresponds to information indicating a combination of a computer included in the received data.
JP2012141315A 2012-06-22 2012-06-22 The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method Active JP5974665B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012141315A JP5974665B2 (en) 2012-06-22 2012-06-22 The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012141315A JP5974665B2 (en) 2012-06-22 2012-06-22 The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method
US13901661 US9479423B2 (en) 2012-06-22 2013-05-24 Information processing system, relay device, information processing device, and information processing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014007519A true JP2014007519A (en) 2014-01-16
JP5974665B2 true JP5974665B2 (en) 2016-08-23

Family

ID=49774413

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012141315A Active JP5974665B2 (en) 2012-06-22 2012-06-22 The information processing system, a relay device, an information processing apparatus and an information processing method

Country Status (2)

Country Link
US (1) US9479423B2 (en)
JP (1) JP5974665B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9634938B2 (en) * 2013-11-05 2017-04-25 International Business Machines Corporation Adaptive scheduling of data flows in data center networks for efficient resource utilization
US10009381B2 (en) 2015-03-30 2018-06-26 Varmour Networks, Inc. System and method for threat-driven security policy controls
US9973472B2 (en) 2015-04-02 2018-05-15 Varmour Networks, Inc. Methods and systems for orchestrating physical and virtual switches to enforce security boundaries
US20170168864A1 (en) * 2015-12-09 2017-06-15 Varmour Networks, Inc. Directing Data Traffic Between Intra-Server Virtual Machines
US9762599B2 (en) 2016-01-29 2017-09-12 Varmour Networks, Inc. Multi-node affinity-based examination for computer network security remediation
US9521115B1 (en) 2016-03-24 2016-12-13 Varmour Networks, Inc. Security policy generation using container metadata

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3409726B2 (en) 1999-02-26 2003-05-26 日本電気株式会社 Transfer destination determining processing apparatus
JP3546764B2 (en) * 1999-07-02 2004-07-28 日本電気株式会社 Node comprising a load distribution server and load distribution server provided in the network
JP4150159B2 (en) * 2000-03-01 2008-09-17 富士通株式会社 Transmission path control device and a transmission path control method and recording medium a transmission path control program
US20040049595A1 (en) * 2001-12-04 2004-03-11 Mingzhou Sun System for proactive management of network routing
JP2003218917A (en) * 2002-01-28 2003-07-31 Nec Commun Syst Ltd System and method for distributing traffic using ospf cost
EP1422968B1 (en) * 2002-11-19 2010-01-13 Alcatel Lucent Failure localization in a transmission network
US7231459B2 (en) * 2002-12-17 2007-06-12 Saraph Girish P Routing scheme based on virtual space representation
DE102004004793B3 (en) * 2004-01-30 2005-08-11 Siemens Ag Method of adjusting the link weights in regard to optimized traffic distribution
FI20050139A0 (en) * 2005-02-07 2005-02-07 Nokia Corp The decentralized procedure to allow the connection
US20080084856A1 (en) * 2006-10-06 2008-04-10 Motorola, Inc. System and method to facilitate path selection in a multihop network
EP2149229B1 (en) * 2007-04-20 2010-11-17 Telefonaktiebolaget LM Ericsson (publ) A method and apparatus for quality of service (qos) planning for an ethernet based network
JP5228951B2 (en) * 2009-01-30 2013-07-03 沖電気工業株式会社 Packet relay system and a wireless node
US8451842B2 (en) * 2009-04-23 2013-05-28 Futurewei Technologies, Inc. Media access control bridging in a mesh network
JP5413238B2 (en) * 2010-02-24 2014-02-12 富士通株式会社 Router, the management device and the routing control program
US8750164B2 (en) * 2010-07-06 2014-06-10 Nicira, Inc. Hierarchical managed switch architecture
US20120030150A1 (en) * 2010-07-29 2012-02-02 Telcordia Technologies, Inc. Hybrid Learning Component for Link State Routing Protocols
JP5867211B2 (en) * 2012-03-19 2016-02-24 富士通株式会社 Relay apparatus, control method and a relay system of the relay device

Also Published As

Publication number Publication date Type
US9479423B2 (en) 2016-10-25 grant
US20130343396A1 (en) 2013-12-26 application
JP2014007519A (en) 2014-01-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Nascimento et al. Virtual routers as a service: the routeflow approach leveraging software-defined networks
US20060268934A1 (en) Multicast control technique using MPLS
Raiciu et al. Improving datacenter performance and robustness with multipath TCP
US7990847B1 (en) Method and system for managing servers in a server cluster
US20020107903A1 (en) Methods and systems for the order serialization of information in a network processing environment
US20080144511A1 (en) Method and system for bandwidth allocation using router feedback
Koerner et al. Multiple service load-balancing with OpenFlow
US20040064583A1 (en) Configurable assignment of weights for efficient network routing
US7054311B2 (en) Methods and apparatus for storage and processing of routing information
US20110023114A1 (en) Method and System For Traffic Management Via Virtual Machine Migration
US20100036903A1 (en) Distributed load balancer
US20140269266A1 (en) Method and system for path monitoring using segment routing
US20090106439A1 (en) Virtual dispersive routing
US20150281066A1 (en) System and method for software defined routing of traffic within and between autonomous systems with enhanced flow routing, scalability and security
US7496096B1 (en) Method and system for defining hardware routing paths for networks having IP and MPLS paths
US7483998B2 (en) Software configurable cluster-based router using heterogeneous nodes as cluster nodes
US20100254377A1 (en) Network Routing System Providing Increased Network Bandwidth
US20120170477A1 (en) Computer, communication system, network connection switching method, and program
US20050018665A1 (en) Software configurable cluster-based router using stock personal computers as cluster nodes
US20130185586A1 (en) Self-healing of network service modules
JP2011170718A (en) Computer system, controller, service provision server, and load distribution method
US20110134769A1 (en) Multi-path load balancing using route controller
US7269143B2 (en) Combining routers to increase concurrency and redundancy in external network access
US20150074276A1 (en) Workload deployment with real-time consideration of global network congestion
US20070058528A1 (en) Fault-Tolerant Communications In Routed Networks

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150319

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160108

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160119

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160307

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20160401

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160621

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160704

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5974665

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150