JP5967684B2 - ユーザのグループの間でリアルタイム音声ブロードキャストを管理するための方法およびシステム - Google Patents

ユーザのグループの間でリアルタイム音声ブロードキャストを管理するための方法およびシステム Download PDF

Info

Publication number
JP5967684B2
JP5967684B2 JP2015543254A JP2015543254A JP5967684B2 JP 5967684 B2 JP5967684 B2 JP 5967684B2 JP 2015543254 A JP2015543254 A JP 2015543254A JP 2015543254 A JP2015543254 A JP 2015543254A JP 5967684 B2 JP5967684 B2 JP 5967684B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
mobile
intercom
broadcast
client
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015543254A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2015537304A (ja
Inventor
レテン・ウェン
ツオ・タン
ビン・チャン
カイ・リー
イー・シャン
Original Assignee
テンセント・テクノロジー・(シェンジェン)・カンパニー・リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201210495165.1 priority Critical
Priority to CN201210495165.1A priority patent/CN103856386B/zh
Application filed by テンセント・テクノロジー・(シェンジェン)・カンパニー・リミテッド filed Critical テンセント・テクノロジー・(シェンジェン)・カンパニー・リミテッド
Priority to PCT/CN2013/079563 priority patent/WO2014082458A1/en
Publication of JP2015537304A publication Critical patent/JP2015537304A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5967684B2 publication Critical patent/JP5967684B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/06Selective distribution of broadcast services, e.g. multimedia broadcast multicast service [MBMS]; Services to user groups; One-way selective calling services
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/02Details
    • H04L12/16Arrangements for providing special services to substations
    • H04L12/18Arrangements for providing special services to substations for broadcast or conference, e.g. multicast
    • H04L12/1813Arrangements for providing special services to substations for broadcast or conference, e.g. multicast for computer conferences, e.g. chat rooms
    • H04L12/1818Conference organisation arrangements, e.g. handling schedules, setting up parameters needed by nodes to attend a conference, booking network resources, notifying involved parties
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L51/00Arrangements for user-to-user messaging in packet-switching networks, e.g. e-mail or instant messages
    • H04L51/04Real-time or near real-time messaging, e.g. instant messaging [IM]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/06Selective distribution of broadcast services, e.g. multimedia broadcast multicast service [MBMS]; Services to user groups; One-way selective calling services
    • H04W4/08User group management
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W4/00Services specially adapted for wireless communication networks; Facilities therefor
    • H04W4/06Selective distribution of broadcast services, e.g. multimedia broadcast multicast service [MBMS]; Services to user groups; One-way selective calling services
    • H04W4/10Push-to-Talk [PTT] or Push-On-Call services

Description

本出願は、2012年11月28日に出願された、「INFORMATION INTERACTION METHOD AND SYSTEM, SERVER, AND INSTANT MESSAGE CLIENT」と題した中国特許出願第201210495165.1号の優先権を主張するものである。引用によって、上記中国出願の全体が本明細書に組み込まれる。

開示される実装形態は、概して、ネットワーク技術の分野に関し、詳細には、情報交換方法およびシステムと、サーバと、インスタントメッセージクライアントとに関する。

送受信兼用無線機は、アンテナを使用して無線周波数信号を送信および受信し、ネットワークからの支援なしに短距離インターコム会話を実装することができる、双方向モバイル通信ツールである。しかしながら、従来のインターコム会話では、送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスを購入するための費用が追加される必要があり、インターコム機能は距離によって限定され、長距離インターコム会話は実装することができない。加えて、インターコム会話プロセスでの情報交換は、情報機密性および安定性にとって有益ではない無線周波数に基づく。

いくつかの実施形態によれば、情報交換方法は、遠隔サーバに通信接続されたモバイルデバイスで実行され、モバイルデバイスは、1つまたは複数のプロセッサと、1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリとを有する。モバイルデバイスは、モバイルデバイスのユーザからの第1の命令を検出してユーザのグループに関連した複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを開始する。第1の命令に応答して、モバイルデバイスは、音声ブロードキャスト開始要求を遠隔サーバに送信し、遠隔サーバは、複数のクライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される。モバイルデバイスは、モバイルデバイスのユーザからの音声信号をキャプチャし、遠隔サーバにストリーミングし、遠隔サーバは、音声信号を複数のクライアントデバイスに送信するように構成される。モバイルデバイスは、モバイルデバイスのユーザからの第2の命令を検出して複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを停止する。第2の命令に応答して、モバイルデバイスは、音声ブロードキャスト停止要求を遠隔サーバに送信し、遠隔サーバは、複数のクライアントデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令するように構成される。

いくつかの実施形態によれば、コンピュータ実装方法が、それぞれのモバイルデバイスから参加するユーザのグループのためのリアルタイム音声ブロードキャストを管理するためのサーバシステムで実行され、サーバシステムは、1つまたは複数のプロセッサと、1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリとを有する。サーバシステムは、モバイルデバイスのユーザから音声ブロードキャスト開始要求を受信する。音声ブロードキャスト開始要求に応答して、サーバシステムは、他のモバイルデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令し、モバイルデバイスに承認応答を返す。次に、サーバシステムは、モバイルデバイスからリアルタイム音声ストリームを受信し、リアルタイム音声ストリームを他のモバイルデバイスに転送する。サーバシステムは、次いで、モバイルデバイスのユーザから音声ブロードキャスト停止要求を受信する。音声ブロードキャスト停止要求に応答して、サーバシステムは、他のモバイルデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令し、モバイルデバイスに確認応答を返す。

本出願の実施形態は、以下の有益な効果をもたらす。
本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

本発明の前述の実装形態ならびに追加の実装形態が、図面とともに受け取られるときに本発明の様々な態様の以下の詳細な説明の結果としてより明確に理解されよう。同様の参照番号は、図面のいくつかの表示を通して一致する部分を指す。

本出願の実施形態におけるまたは先行技術における技術的解決法をより明確に説明するために、それらの実施形態または先行技術を説明するために必要とされる添付の図面が、以下で簡潔に紹介される。当然ながら、以下の説明にある添付の図面は、本出願の実施形態のいくつかを示すものに過ぎず、当業者は、創造的な労力なしに添付の図面に従って他の図面を得ることができる。

本出願の一実施形態で提供される情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別の情報交換方法の流れ図である。 本出願の一実施形態で提供されるサーバの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供される別のサーバの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別のサーバの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供されるインターコム配信モジュールの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供されるインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供される別のインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。 本出願の一実施形態で提供されるさらに別のインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。 本出願のいくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。

本出願の技術的解決法が、添付の図面を参照して以下で明確におよび十分に説明される。説明される実施形態は、本出願の実施形態のすべてではなく、その一部に過ぎないことが明らかである。創造的労力なしに本出願の実施形態に基づいて当業者によって得られるすべての他の実施形態は、本出願の保護範囲内にあるものとする。

本出願の実施形態で、インスタントメッセージクライアントは、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレットコンピュータ、携帯電話、スマートフォン、電子リーダ、およびノートブックコンピュータなどの装置を含むが、これらに限定されない。インスタントメッセージクライアントは、インターコム会話を実装する能力を有するデバイスまたは機能モジュールを備え、インターコム会話を実装するためのデバイスはインスタントメッセージアプリケーションでもよく、インターコム会話を実装するための機能モジュールは、インスタントメッセージアプリケーションでインターコム会話を実装するための機能モジュールでもよい。インターコムグループは、インターコム機能を有するインスタントメッセージグループを指し、そして、インターコムグループ内のメンバユーザは、インスタントメッセージクライアントを介してインターコム会話を実装することができる。インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアンは、そのインターコムグループ内のメンバユーザに対応するインスタントメッセージクライアントを指す。たとえば、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントは、そのインターコムグループ内の第1のメンバユーザに対応するインスタントメッセージクライアントであり、または、インターコムグループ内の第2のインスタントメッセージクライアントは、そのインターコムグループ内の第2のメンバユーザに対応するインスタントメッセージクライアントである。特に明記しない限り、本出願の後の実施形態で、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントは、そのインターコムグループ内の任意の1つのインスタントメッセージクライアントを指し、インターコムグループ内の第2のインスタントメッセージクライアントは、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、任意の1つのインスタントメッセージクライアントである。

本出願の一実施形態で提供される情報交換方法が、添付図面の図1から図8を参照して以下に詳しく紹介される。

図1は、本出願の一実施形態で提供される情報交換方法の流れ図である。サーバによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は、以下のステップS101からステップS102を含み得る。

S101:インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信するとき、サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信する。

第1のインスタントメッセージクライアントは、インターコムグループ内の任意の1つのインスタントメッセージクライアントである。インターコムグループ内のメンバユーザがインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を使用しようとするとき、そのメンバユーザは、チャットセッション動作を起動させることができる。このステップで、第1のインスタントメッセージクライアントは、第1のメンバユーザのチャットセッション動作に従って、サーバにチャットセッション要求メッセージを送信し、リアルタイムで第1のメンバユーザのチャットセッション音声情報を記録し、リアルタイムでサーバに第1のメンバユーザのチャットセッション音声情報をアップロードする。第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信するとき、サーバは、第1のインスタントメッセージクライアントがインターコム機能をまさに実行しようとしていて、チャットセッション音声情報をまさに送信しようとしていることを知ることができる。サーバは、チャットセッション音声情報の送信の準備をする。たとえば、サーバは、キャッシュ空間を割り当て、第1のインスタントメッセージクライアントとの伝送接続を確立する。サーバは、第1のインスタントメッセージクライアントによってアップロードされたチャットセッション音声情報をリアルタイムで受信する。

S102:第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信するとき、サーバが、リアルタイム再生のためにそのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信する。

第1のメンバユーザは、チャットセッション停止動作を起動させることができ、第1のインスタントメッセージクライアントは、第1のメンバユーザのチャットセッション停止動作に従って、サーバにチャットセッション停止メッセージを送信する。サーバは、第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション停止メッセージにより、第1のインスタントメッセージクライアントがインターコム機能を終了し、チャットセッション音声情報の送信を停止することを知る。サーバは、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信し、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム機能を実装する。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図2は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。サーバによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態に示され、本方法は以下のステップS201からステップS210を含み得る。

S201:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従って、インターコムグループを作成する。

グループ作成要求は、そのインターコムグループの属性およびメンバ情報を含む。ここで、インターコムグループの属性は、そのインターコムグループの識別(ID)番号を含むことができ、インターコムグループの属性はまた、そのインターコムグループの名前、タイプ、ランク、および作成時間などの情報を含むことができる。インターコムグループのIDは、文字列の形で表すことができ、2次元バーコードの形で表すこともできる。第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、主導してインターコムグループを作成することができる。具体的には、ユーザは、名前、タイプ、およびIDなど、第1のインスタントメッセージクライアント内に作成されるインターコムグループの属性を入力することができ、作成されるインターコムグループのメンバを選択することもできる。メンバの選択は、以下の実装方式を含み得る。第1の実装方式で、ユーザは、インターコムグループのメンバとして、そのユーザが属するインスタントメッセージグループから連絡先を選択することができる。第2の実装方式で、ユーザは、インターコムグループのメンバとしてそのユーザのインスタントメッセージ連絡先から連絡先を選択することができる。このステップで、第1のインスタントメッセージクライアントは、ユーザによって入力されたインターコムグループの属性およびメンバ情報に従ってグループ作成要求を生成し、インターコムグループを作成するために、サーバにグループ作成要求を送信する。

S202:サーバが、インターコムグループの属性およびメンバ情報をそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントに同期させる。

サーバが、インターコムグループの属性およびメンバ情報をそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントに同期させ、そして、インターコムグループ内のすべてのメンバは、そのインターコムグループのインスタントメッセージクライアントを介して、そのインターコムグループの属性およびメンバ情報を見ることができる。そのインターコムグループに属さないユーザは、そのインターコムグループへの加入を要求することができ、インターコムグループ内のメンバユーザは、そのインターコムグループから抜けるために、グループ脱退動作を実行することができる。サーバは、そのインターコムグループに属さないユーザの加入動作および/またはそのインターコムグループのメンバユーザのグループ脱退動作に従って、リアルタイムでインターコムグループに関するメンバ情報を更新し、そのインターコムグループのインスタントメッセージクライアントにそのインターコムグループに関する更新されたメンバ情報を同期させる。

S203:サーバが、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信する。

インターコムグループ内の第1のメンバユーザが第1のインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を使用しようとするとき、第1のメンバユーザは、チャットセッション動作を起動させることができる。具体的には、第1のインスタントメッセージクライアントはインターコムボタンを用意することができ、そして、第1のメンバユーザがそのインターコムボタンを押すとき、チャットセッション動作が起動され、第1のインスタントメッセージクライアントが、サーバにチャットセッション要求メッセージを送信する。チャットセッション要求メッセージは、第1のインスタントメッセージクライアントがインターコム機能をまさに実行しようとしていて、チャットセッション音声情報をまさに送信しようとしていることをサーバが知ることを可能にすることができる。サーバは、チャットセッション音声情報の送信の準備をする。たとえば、サーバは、キャッシュ空間を割り当て、第1のインスタントメッセージクライアントとの伝送接続を確立する。

S204:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信する。

第1のインスタントメッセージクライアントが、第1のメンバユーザのチャットセッション音声情報をリアルタイムで記録し、第1のメンバユーザのチャットセッション音声情報をリアルタイムでサーバにアップロードする。このステップで、サーバは、ワイヤレスフィディリティ(WIFI)、汎用パケット無線サービス(GPRS)、または第3世代(3G)モバイル通信技術などのネットワークを介して、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信された、チャットセッション音声情報を受信することができる。

S205:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信する。

チャットセッション禁止プロンプト情報は、インターコムグループ内の第1のメンバユーザを除く他のメンバユーザがチャットセッション動作を起動させることができないように、そのインターコムグループのセッション資源が第1のインスタントメッセージクライアントによって現在専有されているというプロンプトをそのインターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントを除くインスタントメッセージクライアントに提供するために使用される。

本実施形態で、ステップS204およびステップS205は、特定の実行順序を有さず、すなわち、本実施形態で、ステップS205は最初に実行することができ、ステップS204は次に実行することが許容可能であり、そして、ステップS204およびステップS205が同期して実行されることもまた許容可能である。

S206:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信する。

インターコムセッションを終了した後、インターコムグループ内の第1のメンバユーザは、チャットセッション停止動作を起動させることができる。具体的には、第1のメンバユーザが第1のインスタントメッセージクライアントでインターコムボタンを解除し、インターコムボタンを押すのを止めるとき、第1のメンバユーザはチャットセッション停止動作を起動させ、第1のインスタントメッセージクライアントがチャットセッション停止メッセージをサーバに送信する。第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されるチャットセッション停止メッセージに従って、サーバは、第1のインスタントメッセージクライアントがインターコム機能を終了させ、チャットセッション音声情報の送信を停止することを知ることができる。

S207:サーバが、インターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する。

サーバは、ログイン状況およびインターコム状況を含む、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントの状況を管理および保持し、ログイン状況は、オンライン状態(オンライン状態、退席中状態、および不可視状態を含む)またはオフライン状態を含み、かつ、インターコム状況は、インターコムオン状態またはインターコムオフ状態を含む。インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるとき、インスタントメッセージクライアントは現在オンライン状態にあり、チャットセッション音声情報を受信することが許されることが示され、かつ、インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるとき、インスタントメッセージクライアントは現在オフライン状態にあり、チャットセッション音声情報を受信することができないこと、または、インスタントメッセージクライアントは現在オンライン状態にあるがチャットセッション音声情報の受信を拒否することが示されることに留意されたい。インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントがそれら自体のインターコム状況をサーバに報告し、サーバは、そのインターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を記憶し、それらのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況の変化に従って、記憶された内容をタイムリーに更新する。このステップで、サーバは、記憶された内容からそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を読み取ることができる。

S208:サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信する。

このステップで、サーバは、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、すべてのインスタントメッセージクライアントからインターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントを選択し、伝送接続を確立し、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報をリアルタイム再生のために選択されたインスタントメッセージクライアントに送信し、それによって、そのインターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントの間のインターコム機能を実装する。

S209:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション許可プロンプト情報を送信する。

チャットセッション許可プロンプト情報が、インターコムグループのセッション資源が現在解除され、アイドル状態にあり、そのインターコムグループ内の各メンバユーザはチャットセッション動作を起動させることができるというプロンプトをそのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントに提供するために使用される。

本実施形態で、ステップS208およびステップS209は、特定の実行順序を有さず、すなわち、本実施形態では、ステップS209は最初に実行することができ、ステップS208は次に実行することが許容可能であり、そして、ステップS208およびステップS209が同調して実行されることもまた許容可能である。

S210:インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバが、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにその呼出し要求を転送する。

インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントが、呼出し機能を使用することができ、呼出し機能は、セッション情報交換を実行するために、インターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示するために使用される。具体的には、インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントが呼出し要求を起動させることができ、呼出し要求は音声データを含み得る。たとえば、呼出し要求は、音声データ「会話をするためにインターコムを起動させてください」を含み得る。インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバは、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントに呼出し要求を転送する。そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントがオンライン状態にある場合、そのインスタントメッセージクライアントは呼出し要求を受信および出力し、かつ、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントがオフライン状態にある場合、そのインスタントメッセージクライアントは、この次にオンライン状態に切り替えられた後に、呼出し要求を受信および出力することに留意されたい。インターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントは、呼出し要求に従って、インターコム機能を有効にするかどうかを選択することができ、そして、呼出し要求がクリックされるとき、インスタントメッセージクライアントは、呼出し要求に含まれる音声データを再生することができる。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図2に示す実施形態はまた、以下の実装方式を含み得ることに留意されたい。ステップS210からS203を実行した後、ステップS207に飛んで、第1のインスタントメッセージクライアントがリアルタイム再生のためにリスト内の各インスタントメッセージクライアントに送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信することができるように、サーバが、インターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況をそのサーバによって検出する手順と、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリストを第1のインスタントメッセージクライアントに返す手順と、そのリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを第1のインスタントメッセージクライアントに通知する手順とを実行することができる。その送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報は、サーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

図3は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。サーバによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は、以下のステップS301からステップS310を含み得る。

S301:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従って、インターコムグループを作成する。

S302:サーバが、インターコムグループの属性およびメンバ情報をそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントに同期させる。

S303:サーバが、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信する。

S304:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信する。

S305:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信する。

S306:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信する。

S307:サーバが、インターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する。

S308:サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信する。

S309:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション許可プロンプト情報を送信する。

本実施形態で、ステップS301からステップS309は、図2に示す実施形態のステップS201からステップS209を参照して実行することができ、本明細書で重ねて説明はされない。

S310:インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバが、有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報をそのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントに送信する。

インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントが、呼出し機能を使用することができ、呼出し機能は、セッション情報交換を実行するために、インターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示するために使用される。具体的には、インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントが呼出し要求を起動させることができ、呼出し要求は音声データを含むことができ、音声日付を含むことはできない。インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバは、有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報をそのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにプッシュする。インターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントがオンライン状態にある場合、そのインスタントメッセージクライアントは、有効化プロンプト情報を受信および表示し、かつインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントがオフライン状態にある場合、そのインスタントメッセージクライアントは、次にオンライン状態に切り替えられた後にその有効化プロンプト情報を受信および表示することに留意されたい。インターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントは、有効化プロンプト情報に従って、インターコム機能を有効にするかどうかを選択することができる。

図3に示す実施形態と図2に示す実施形態の差は、図2に示すステップS210では、サーバは、呼出し要求を直接送り、その呼出し要求を介してインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示し、そして、図3に示すステップS310では、サーバは、呼出し要求に従って有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報を介して、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示するということである。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図3に示す実施形態はまた、以下の実装方式を含み得ることに留意されたい。ステップS301からS303を実行した後、ステップS307に飛んで、第1のインスタントメッセージクライアントがリアルタイム再生のためにリスト内の各インスタントメッセージクライアントに送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信することができるように、サーバが、そのサーバによってそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する手順と、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリストを第1のインスタントメッセージクライアントに返す手順と、そのリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを第1のインスタントメッセージクライアントに通知する手順とを実行することができる。送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報はサーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

図4は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。サーバによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は以下のステップS401からステップS410を含み得る。

S401:サーバが、第2のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従って、インターコムグループを作成する。

グループ作成要求は、インターコムグループの属性およびメンバ情報を含む。ここで、インターコムグループの属性はそのインターコムグループのIDを含むことができ、インターコムグループの属性はまた、そのインターコムグループの名前、タイプ、ランク、および作成時間などの情報を含み得る。インターコムグループのIDは、文字列の形で表すことができ、2次元バーコードの形で表すこともできる。第2のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、サーバにインターコムグループを作成するように要求することができ、その作成プロセスは、第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザが図2に示すステップS201でインターコムグループを作成するようにサーバに要求するプロセスと同じである。

S402:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ加入要求に従って、第1のインスタントメッセージクライアントをインターコムグループにメンバとして追加する。

グループ加入要求は、インターコムグループのIDを含む。特定の実装形態で、第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、インターコムグループのID番号を直接入力することによって、グループ加入要求を起動させることができ、または第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、インターコムグループのIDを含む2次元バーコードをスキャンすることによって、グループ加入要求を起動させることができる。

S403:サーバが、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信する。

S404:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信する。

S405:サーバが、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信する。

S406:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信する。

S407:サーバが、そのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する。

S408:サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信する。

S409:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション許可プロンプト情報を送信する。

S410:インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバが、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにその呼出し要求を転送する。

本実施形態で、ステップS403からステップS410は、図2に示すステップS203からステップS210を参照して実行することができ、本明細書で重ねて説明はされない。

図4に示す実施形態と図2に示す実施形態の差は、図2に示すステップS201からステップS201では、インターコム機能を起動させる第1のインスタントメッセージクライアントが、インターコム機能を実装するために、インターコムグループの作成を主導して要求し、そして、図4に示すステップS401からステップS402では、第2のインスタントメッセージクライアントが、インターコムグループの作成を要求し、インターコム機能を起動させる第1のインスタントメッセージクライアントが、インターコム機能を実装するために、作成されたインターコムグループへの加入を要求するということである。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図4に示す実施形態はまた以下の実装方式を含み得ることに留意されたい。ステップS401からS403を実行した後、ステップS407に飛んで、第1のインスタントメッセージクライアントがリアルタイム再生のためにリスト内の各インスタントメッセージクライアントに送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信することができるように、サーバが、そのサーバによってインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する手順と、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリストを第1のインスタントメッセージクライアントに返す手順と、そのリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを第1のインスタントメッセージクライアントに通知する手順とを実行することができる。その送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報はサーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

図5は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。サーバによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は以下のステップS501からステップS510を含み得る。

S501:サーバが、第2のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従って、インターコムグループを作成する。

S502:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ加入要求に従って、第1のインスタントメッセージクライアントをインターコムグループにメンバとして追加する。

本実施形態で、ステップS501およびステップS502は、図4に示すステップS401およびステップS402を参照して実行することができ、本明細書で重ねて説明はされない。

S503:サーバが、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信する。

S504:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信する。

S505:サーバが、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信する。

S506:サーバが、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信する。

S507:サーバが、そのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する。

S508:サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信する。

S509:サーバが、インターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション許可プロンプト情報を送信する。

S510:インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するとき、サーバが、有効化プロンプト情報を生成し、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにその有効化プロンプト情報を送信する。

本実施形態で、ステップS503からステップS510は、図3に示すステップS303からステップS310を参照して実行することができ、本明細書で重ねて説明はされない。

図5に示す実施形態と図4に示す実施形態の差は、図4に示すステップS410では、サーバは、呼出し要求を直接送り、その呼出し要求を介して、インターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示し、そして、図5に示すステップS510では、サーバは、呼出し要求に従って有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報を介して、インターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように指示するということである。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図5に示す実施形態はまた、以下の実装方式を含み得ることに留意されたい。ステップS501からS503を実行した後、ステップS507に飛んで、第1のインスタントメッセージクライアントがリアルタイム再生のためにリスト内の各インスタントメッセージクライアントに送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信することができるように、サーバが、そのサーバによってインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出する手順と、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリストを第1のインスタントメッセージクライアントに返す手順と、そのリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを第1のインスタントメッセージクライアントに通知する手順とを実行することができる。送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報はサーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

図6は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。インスタントメッセージクライアントによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は、以下のステップS601からステップS603を含み得る。

S601:ユーザがチャットセッション動作を起動させるのを検出するとき、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントが、チャットセッション要求メッセージをサーバに送信する。

インターコムグループ内のメンバユーザがインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を使用しようとするとき、そのメンバユーザは、チャットセッション動作を起動させることができる。具体的には、インスタントメッセージクライアントはインターコムボタンを用意することができ、そして、メンバユーザがそのインターコムボタンを押すとき、チャットセッション動作が起動され、インスタントメッセージクライアントがチャットセッション要求メッセージをサーバに送信する。

S602:インスタントメッセージクライアントが、ユーザのチャットセッション音声情報を取得し、サーバにそのチャットセッション音声情報を送信する。

インスタントメッセージクライアントは、リアルタイムでメンバユーザのチャットセッション音声情報を記録し、そのメンバユーザのチャットセッション音声情報をサーバにアップロードする。このステップで、インスタントメッセージクライアントは、Wi-Fi、GPRS、または3Gなどのネットワークを介して、サーバにチャットセッション音声情報を送信することができる。

S603:ユーザがチャットセッション動作を停止するのを検出するとき、サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内のそのインスタントメッセージクライアントを除く他のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように、そのインスタントメッセージクライアントは、チャットセッション停止メッセージをサーバに送信する。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図7は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。インスタントメッセージクライアントによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態に示され、本方法は、以下のステップS701からステップS706を含み得る。

S701:サーバがインターコムグループを作成するように、インスタントメッセージクライアントがグループ作成要求をサーバに送信する。

グループ作成要求は、インターコムグループの属性およびメンバ情報を含む。ここで、インターコムグループの属性はそのインターコムグループのIDを含むことができ、インターコムグループの属性はまた、そのインターコムグループの名前、タイプ、ランク、および作成時間などの情報を含み得る。インターコムグループのIDは文字列の形で表すことができ、2次元バーコードの形で表すこともできる。インスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、主導してインターコムグループを作成することができる。具体的には、ユーザは、名前、タイプ、およびIDなど、インスタントメッセージクライアント内に作成されるインターコムグループの属性を入力することができ、ユーザはまた、作成されるインターコムグループのメンバを選択することができる。メンバの選択は、以下の実装方式を含み得る。第1の実装方式で、ユーザは、インターコムグループのメンバとして、そのユーザが属するインスタントメッセージグループから連絡先を選択することができる。第2の実装方式で、ユーザは、インターコムグループのメンバとしてそのユーザのインスタントメッセージ連絡先から連絡先を選択することができる。このステップで、インスタントメッセージクライアントは、ユーザによって入力されたインターコムグループの属性およびメンバ情報に従ってグループ作成要求を生成し、インターコムグループを作成するために、そのグループ作成要求をサーバに送信する。

S702:ユーザがチャットセッション動作を起動させるのを検出するとき、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントは、サーバにチャットセッション要求メッセージを送信する。本ステップは、図6に示すステップS601を参照して実行することができ、本明細書で重ねて説明はされない。

S703:インスタントメッセージクライアントが、ユーザのチャットセッション音声情報を取得し、サーバにそのチャットセッション音声情報を送信する。

本ステップの実行可能な実装方式は、インスタントメッセージクライアントによって、ローカル側で音声記録アプリケーションを介してユーザのチャットセッション音声情報を取得する手順であって、たとえば、インスタントメッセージクライアントがインターコムボタンを用意することができ、ユーザがそのインターコムボタンを押すときに、インスタントメッセージクライアントがそのインスタントメッセージクライアントの音声記録アプリケーションを呼び出してユーザのチャットセッション音声情報を記録する手順と、インスタントメッセージクライアントによって、Wi-Fi、GPRS、または3Gなどのネットワークを介してサーバにチャットセッション音声情報を送信する手順とを含む。本ステップの別の実行可能な実装方式は、インスタントメッセージクライアントに接続された外部装置(たとえば、マイクロフォンまたは送受信兼用無線機などの装置)をそのインスタントメッセージクライアントによって制御してユーザのチャットセッション音声情報を取得する手順であって、たとえば、そのインスタントメッセージクライアントはインターコムボタンを用意することができ、そして、ユーザがそのインターコムボタンを押すときに、そのインスタントメッセージクライアントが、そのインスタントメッセージクライアントに接続された外部装置に記録制御情報を送信してその外部装置を制御してユーザのチャットセッション音声情報を記録し、その外部装置によって記録されたチャットセッション音声情報を取得する手順と、そのインスタントメッセージクライアントによって、Wi-Fi、GPRS、または3Gなどのネットワークを介してそのチャットセッション音声情報をサーバに送信する手順とを含む。

S704:ユーザがチャットセッション動作を停止するのを検出するとき、サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内のそのインスタントメッセージクライアントを除く他のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように、インスタントメッセージクライアントが、チャットセッション停止メッセージをサーバに送信する。

S705:インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるとき、そのインスタントメッセージクライアントが、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態の他のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように要求するために、呼出し要求をサーバに送信する。

実際のアプリケーションで、インスタントメッセージクライアントは、オン/オフボタンを用意することができ、オン/オフボタンでユーザによって実行される動作は、そのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況をオンにするまたはオフにすることができる。具体的には、インスタントメッセージクライアントは、そのインスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態になるように、ユーザによるインターコム機能を有効にする動作に従って、そのインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を有効にすることができ、または、インスタントメッセージクライアントは、そのインスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態になるように、ユーザによるインターコム機能を無効にする動作に従って、そのインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を無効にすることができる。インスタントメッセージクライアントは、インターコム状況をサーバに報告する。インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるとき、そのインスタントメッセージクライアントは、インターコムグループ内のインターコムオフ状態の他のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように要求するために、呼出し要求をサーバに送信する。呼出し要求を受信した後、サーバは、その呼出し要求を直接転送することができ、またはその呼出し要求に従って有効化プロンプト情報を生成することができることに留意されたい。

S706:インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるときに、そのインスタントメッセージクライアントが、サーバによって送信される呼出し要求または有効化プロンプト情報を受信および出力する。呼出し要求または有効化プロンプト情報を受信した後、インスタントメッセージクライアントは、ユーザにインターコム機能を有効にするように促すために、呼出し要求または有効化プロンプト情報を表示する。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図7に示す実施形態はまた、以下の実装方式、すなわち、インスタントメッセージクライアントがステップS701およびS702を実行した後、インスタントメッセージクライアントが、サーバによって送信されたそのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリスト、およびそのサーバによって通知されたリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを受信した場合に、第1のインスタントメッセージクライアントによって、リアルタイム再生のためのリスト内の各インスタントメッセージクライアントにその送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信するステップを含む得ることに留意されたい。その送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報はサーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

図8は、本出願の一実施形態で提供される別の情報交換方法の流れ図である。インスタントメッセージクライアントによって実行される情報交換方法のプロセスが本実施形態で示され、本方法は、以下のステップS801からステップS806を含み得る。

S801:サーバが、メンバとしてインターコムグループにそのインスタントメッセージクライアントを加えるように、インスタントメッセージクライアントがグループ加入要求をサーバに送信する。

S802:ユーザがチャットセッション動作を起動させるのを検出するとき、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントが、サーバにチャットセッション要求メッセージを送信する。

S803:インスタントメッセージクライアントが、ユーザのチャットセッション音声情報を取得し、サーバにそのチャットセッション音声情報を送信する。

S804:サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように、ユーザがチャットセッション動作を停止するのを検出するとき、インスタントメッセージクライアントが、チャットセッション停止メッセージをサーバに送信する。

S805:インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるときに、そのインスタントメッセージクライアントが、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態の他のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように要求するために、呼出し要求をサーバに送信する。

S806:インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるときに、そのインスタントメッセージクライアントが、サーバによって送信される呼出し要求または有効化プロンプト情報を受信および出力する。

図8に示す実施形態と図7に示す実施形態の差は、図7に示すステップS701では、インターコム機能を起動させるインスタントメッセージクライアントが、インターコム機能を実装するために、インターコムグループの作成を主導して要求し、そして、図8に示すステップS801では、別のインスタントメッセージクライアントがインターコムグループの作成を要求し、インターコム機能を起動させるインスタントメッセージクライアントが、インターコム機能を実装するために、作成されたインターコムグループへの加入を要求するということである。

本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

図8に示す実施形態はまた、以下の実装方式、すなわち、インスタントメッセージクライアントがステップS801およびS802を実行した後、インスタントメッセージクライアントが、サーバによって送信されたそのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントのリスト、およびそのサーバによって通知されたリスト内の各インスタントメッセージクライアントと第1のインスタントメッセージクライアントの間の送信パスを受信した場合、第1のインスタントメッセージクライアントによって、リアルタイム再生のためのリスト内の各インスタントメッセージクライアントにその送信パスを介して直接にチャットセッション音声情報を送信するステップを含み得ることに留意されたい。その送信パスは、インスタントメッセージクライアント間の直接パス、または、別のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介してインスタントメッセージクライアントを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信される第1のインスタントメッセージクライアントのチャットセッション音声情報はサーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

特定の例が、インスタントメッセージクライアントおよびサーバによってインタラクティブに実行される情報交換方法のプロセスを具体的に説明するために、以下に挙げられる。

ユーザAは携帯電話Aを介してインスタントメッセージアプリケーションにログインし、ユーザBは携帯電話Bを介してインスタントメッセージアプリケーションにログインし、ユーザCは携帯電話Cを介してインスタントメッセージアプリケーションにログインし、かつユーザDは携帯電話Dを介してインスタントメッセージアプリケーションにログインすると仮定する。ユーザAおよびユーザBは同じインスタントメッセージグループに属し、ユーザCはユーザAのインスタントメッセージ連絡先であり、そして、ユーザDおよびユーザAは互いを知らない。ユーザAがインターコム機能を起動させると仮定し、本実施形態の情報交換プロセスは以下のとおりである。

ユーザAが、名前、タイプ、およびIDなど、携帯電話A内に作成されるインターコムグループの属性を入力し、そのインターコムグループのメンバとしてインスタントメッセージグループのユーザBとインスタントメッセージ連絡先のユーザCとを選択する。携帯電話Aがグループ作成要求をサーバに送信し、サーバがインターコムグループを作成する。このとき、そのインターコムグループに含まれるメンバは、ユーザA、ユーザB、およびユーザCである。サーバは、携帯電話A、B、およびCにそのインターコムグループの属性とユーザA、B、およびCに関する情報とを送信する。ユーザDは、携帯電話DにそのインターコムグループのIDの文字列を入力するまたはそのインターコムグループのIDを含む2次元バーコードをスキャンすることができ、携帯電話Dを介してサーバにグループ加入要求を送信する。サーバは、ユーザDをメンバとして受け取り、ユーザDをそのインターコムグループに追加し、携帯電話A、B、およびCにユーザDに関する情報を送信し、携帯電話Dにそのインターコムグループの属性とユーザA、B、C、およびDに関する情報とを送信する。ユーザA、B、C、およびDは、それぞれの携帯電話を介してそのインターコムグループの属性およびメンバ情報をすべて見ることができる。

ユーザAが携帯電話Aのインターコムボタンを押し、チャットセッション動作を起動させるとき、携帯電話Aはサーバにチャットセッション要求メッセージを送信する。携帯電話Aのチャットセッション要求メッセージを受信した後、サーバは、携帯電話B、C、およびDにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信し、そして、携帯電話B、C、およびDは、ユーザB、C、およびDのうちの誰もチャットセッション動作を起動させることができないように、それぞれのインターコムボタンを使用不能の状態に設定することができる。ユーザAが携帯電話Aのインターコムボタンを押すプロセスで、携帯電話Aは、携帯電話A内で音声記録アプリケーションを呼び出すまたは携帯電話Aに接続された外部装置(たとえば、マイクロフォンまたは送受信兼用無線機などの装置)を制御してユーザAのチャットセッション音声情報を記録し、そして、携帯電話Aは、リアルタイムでサーバにそのチャットセッション音声情報を送信する。ユーザAが携帯電話Aのインターコムボタンを解除し、チャットセッション停止動作を起動させるとき、携帯電話Aはチャットセッション停止メッセージをサーバに送信し、サーバは携帯電話B、C、およびDのインターコム状況を検出する。携帯電話BおよびCが両方ともインターコムオン状態にあり、携帯電話Dがインターコムオフ状態にあることを検出した場合、サーバは、再生のために携帯電話BおよびCにユーザAのチャットセッション音声情報を配信する。チャットセッション停止メッセージを受信した後、サーバはチャットセッション許可プロンプト情報を携帯電話B、C、およびDに送信し、携帯電話B、C、およびDは、ユーザB、C、およびDのうちの任意の1人がチャットセッション動作を起動させることができるように、それぞれのインターコムボタンを使用可能の状態に調整することができる。

携帯電話A、B、およびCのうちの任意の1つが、呼出し機能を起動させることができる。ユーザBが携帯電話Bを介して呼出し要求をサーバに送信すると仮定するとき、サーバは、その呼出し要求を携帯電話Dに転送する、または、サーバは、その呼出し要求に従って有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報を携帯電話Dに送信する。携帯電話Dは、携帯電話Dのインターコム機能を有効にするようにユーザDに促すために、呼出し要求または有効化プロンプト情報を表示する。

前述の方法実施形態の説明を通して、本出願の実施形態では、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

前述の特定の例はまた、以下の実装方式、すなわち、携帯電話Aがチャットセッション要求メッセージをサーバに送信した後に、そのサーバによって、携帯電話B、C、およびDのインターコム状況を検出するステップと、携帯電話BおよびCが両方ともインターコムオン状態にあり、携帯電話Dがインターコムオフ状態にあることを検出した場合に、そのサーバによって、携帯電話Aにインスタントメッセージクライアントのリストを返すステップであって、そのリストがインターコムオン状態にある携帯電話BおよびCを含むステップと、携帯電話Aに携帯電話Aと携帯電話Bの間の送信パスと携帯電話Aと携帯電話Cの間の送信パスとを通知するステップを含み得ることに留意されたい。携帯電話Aは、リアルタイム再生のために携帯電話BおよびCに送信パスを介して直接にユーザAのチャットセッション音声情報を送信することができる。送信パスは、携帯電話Aと携帯電話Bの間のおよび携帯電話Aと携帯電話Cの間の直接パス、または、他のネットワーク装置(たとえば、ルータなどの装置)を介して携帯電話Aと携帯電話Bとを接続するおよび携帯電話Aと携帯電話Cとを接続するパスでもよい。したがって、送信パスを介して送信されるユーザAのチャットセッション音声情報は、サーバを介して中継されることはなく、それによって、サーバの通信負荷および処理負荷を低減する。

本出願の一実施形態で提供されるサーバが、添付図面の図9から図12を参照して以下に詳しく紹介される。以下に記載のサーバは前述の方法に適用され得ることに留意されたい。

図9は、本出願の一実施形態で提供されるサーバの概略構造図である。本サーバは、セッションモジュール101、および、インターコム配信モジュール102を含む。
セッションモジュール101は、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されるチャットセッション要求メッセージを受信するとき、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されるチャットセッション音声情報を受信するように構成され、第1のインスタントメッセージクライアントは、インターコムグループ内の任意の1つのインスタントメッセージクライアントである。
インターコム配信モジュール102は、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されるチャットセッション停止メッセージを受信するとき、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントを除くインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように構成される。

図10は、本出願の一実施形態で提供される別のサーバの概略構造図である。本サーバは、セッションモジュール101、インターコム配信モジュール102、呼出しモジュール103、セッションプロンプトモジュール104、第1作成モジュール105、および同期化モジュール106を含み得る。そして、セッションモジュール101およびインターコム配信モジュール102の構造は、図9に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされない。

呼出しモジュール103は、インターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するときに、その呼出し要求をそのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントに転送するように構成される、または、そのインターコムグループ内のインターコムオン状態の任意の1つのインスタントメッセージクライアントによって送信された呼出し要求を受信するときに、有効化プロンプト情報を生成し、その有効化プロンプト情報をそのインターコムグループ内のインターコムオフ状態のインスタントメッセージクライアントに送信するように構成される。

セッションプロンプトモジュール104は、インターコムグループ内の第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション要求メッセージを受信した後に、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション禁止プロンプト情報を送信するように構成され、かつ、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信した後に、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インスタントメッセージクライアントにチャットセッション許可プロンプト情報を送信するように構成される。

第1作成モジュール105は、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従ってインターコムグループを作成するように構成される。

グループ作成要求は、インターコムグループの属性およびメンバ情報を含む。ここで、インターコムグループの属性はそのインターコムグループのIDを含むことができ、インターコムグループの属性はまた、そのインターコムグループの名前、タイプ、ランク、および作成時間などの情報を含み得る。インターコムグループのIDは、文字列の形で表すことができ、2次元バーコードの形で表すこともできる。

同期化モジュール106は、インターコムグループの属性およびメンバ情報をそのインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントに同期させるように構成される。

そのインターコムグループに属さないユーザは、そのインターコムグループへの加入を要求することができ、かつインターコムグループ内のメンバユーザは、そのインターコムグループを出るために、グループ脱退動作を実行することができることに留意されたい。同期化モジュール106は、インターコムグループに属さないユーザの加入動作および/またはインターコムグループのメンバユーザのグループ脱退動作に従って、リアルタイムでインターコムグループに関するメンバ情報を更新し、インターコムグループに関する更新されたメンバ情報をそのインターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントに同期させる。

図11は、本出願の一実施形態で提供される別のサーバの概略構造図である。本サーバは、セッションモジュール101、インターコム配信モジュール102、呼出しモジュール103、セッションプロンプトモジュール104、第2作成モジュール107、およびメンバ追加モジュール108を含み得る。ここで、セッションモジュール101およびインターコム配信モジュール102の構造は、図9に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされない。

第2作成モジュール107は、第2のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ作成要求に従ってインターコムグループを作成するように構成される。

グループ作成要求は、インターコムグループの属性およびメンバ情報を含む。ここで、インターコムグループの属性はそのインターコムグループのIDを含むことができ、インターコムグループの属性はまた、そのインターコムグループの名前、タイプ、ランク、および作成時間などの情報を含み得る。インターコムグループのIDは文字列の形で表すことができ、2次元バーコードの形で表すこともできる。

メンバ追加モジュール108は、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたグループ加入要求に従って、メンバとしてインターコムグループに第1のインスタントメッセージクライアントを追加するように構成される。

グループ加入要求は、インターコムグループのIDを含む。特定の実装形態で、第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、インターコムグループのID番号を直接入力することによって、グループ加入要求を起動させることができ、または、第1のインスタントメッセージクライアントに対応するユーザは、インターコムグループのIDを含む2次元バーコードをスキャンすることによって、グループ加入要求を起動させることができる。メンバ追加モジュール108が、メンバとしてインターコムグループに第1のインスタントメッセージクライアントを追加する。

図12は、本出願の一実施形態で提供されるインターコム配信モジュールの概略構造図である。インターコム配信モジュール102は、状況検出ユニット1201、および、インターコム配信ユニット1202を含み得る。

状況検出ユニット1201は、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション停止メッセージを受信するときに、インターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を検出するように構成され、そのインターコム状況は、インターコムオン状態またはインターコムオフ状態を含む。

サーバは、ログイン状況およびインターコム状況を含む、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントの状況を管理および保持し、ログイン状況はオンライン状態(オンライン状態、退席中状態、および不可視状態を含む)またはオフライン状態を含み、かつインターコム状況はインターコムオン状態またはインターコムオフ状態を含む。インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるとき、インスタントメッセージクライアントは現在オンライン状態にあり、チャットセッション音声情報を受信することが許されることが示され、かつ、インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるとき、インスタントメッセージクライアントが現在オフライン状態にあり、チャットセッション音声情報を受信することができない、またはインスタントメッセージクライアントが現在オンライン状態にあるがチャットセッション音声情報の受信を拒否することが示されることに留意されたい。インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントがそれら自体のインターコム状況をサーバに報告し、そして、サーバが、そのインターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を記憶し、それらのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況の変化に従って、記憶された内容をタイムリーに更新する。状況検出ユニット1201は、サーバ内に記憶された内容からインターコムグループ内のすべてのインスタントメッセージクライアントのインターコム状況を読み取ることができる。

インターコム配信ユニット1202は、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、インターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように構成される。

インターコム配信ユニット1202は、そのインターコムグループ内の、第1のインスタントメッセージクライアントを除く、すべてのインスタントメッセージクライアントからインターコムオン状態のインスタントメッセージクライアントを選択し、伝送接続を確立し、リアルタイム再生のためにその選択されたインスタントメッセージクライアントに、第1のインスタントメッセージクライアントによって送信された、チャットセッション音声情報を送信し、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム機能を実装する。

図9から図12に示す実施形態におけるサーバの構造および機能は、具体的には、図1から図5に示す方法実施形態の方法を介して実装することができ、特定の実装プロセスは、前述の方法で関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされないことに留意されたい。

サーバに関する実施形態の説明を介して、本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

本出願の一実施形態で提供されるインスタントメッセージクライアントが、添付図面の図13から図15を参照して以下に詳しく紹介される。以下に記載のインスタントメッセージクライアントは、前述の方法に適用され得ることに留意されたい。

図13は、本出願の一実施形態で提供されるインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。インスタントメッセージクライアントは、チャットセッション要求モジュール201、音声取得モジュール202、音声送信モジュール203、およびインターコム配信モジュール204を含み得る。

チャットセッション要求モジュール201は、ユーザがチャットセッション動作を起動させるのを検出するとき、サーバにチャットセッション要求メッセージを送信するように構成される。

インターコムグループ内のメンバユーザが、インスタントメッセージクライアントのインターコム機能を使用しようとするとき、メンバユーザは、チャットセッション動作を起動させることができる。具体的には、インスタントメッセージクライアントはインターコムボタンを用意することができ、そして、メンバユーザがそのインターコムボタンを押すとき、チャットセッション動作が起動され、チャットセッション要求モジュール201がサーバにチャットセッション要求メッセージを送信する。

音声取得モジュール202は、ユーザのチャットセッション音声情報を取得するように構成される。

音声取得モジュール202は、具体的には、インスタントメッセージクライアントの音声記録アプリケーションを介してユーザのチャットセッション音声情報を取得するように、またはインスタントメッセージクライアントに接続された外部装置(たとえば、マイクロフォンまたは送受信兼用無線機などの装置)を制御することによってユーザのチャットセッション音声情報を取得するように構成される。

音声送信モジュール203は、サーバにチャットセッション音声情報を送信するように構成される。

サーバが、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにチャットセッション音声情報を配信するように、インターコム配信モジュール204は、ユーザがチャットセッション動作を停止するのを検出するとき、サーバにチャットセッション停止メッセージを送信するように構成される。

図14は、本出願の一実施形態で提供される別のインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。インスタントメッセージクライアントは、チャットセッション要求モジュール201、音声取得モジュール202、音声送信モジュール203、インターコム配信モジュール204、インターコム状況管理モジュール205、呼出しモジュール206、動作管理モジュール207、および作成要求モジュール208を含み得る。ここで、チャットセッション要求モジュール201、音声取得モジュール202、音声送信モジュール203、およびインターコム配信モジュール204の構造は、図13に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされない。

インターコム状況管理モジュール205は、インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるように、ユーザによるインターコム機能を有効にする動作に従って、インスタントメッセージクライアントのインターコム機能を有効にするように構成され、かつ、インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるように、ユーザによるインターコム機能を無効にする動作に従って、そのインスタントメッセージクライアントのインターコム機能を無効にするように構成される。

呼出しモジュール206は、インスタントメッセージクライアントがインターコムオン状態にあるときに、そのインターコムグループ内のインターコムオフ状態の他のインスタントメッセージクライアントにインターコム機能を有効にするように要求するために、サーバに呼出し要求を送信するように構成される、または、インスタントメッセージクライアントがインターコムオフ状態にあるときに、サーバによって送信された呼出し要求または有効化プロンプト情報を受信および出力するように構成される。

動作管理モジュール207は、サーバによって送信されたチャットセッション禁止プロンプト情報を受信するときに、ユーザがチャットセッション動作を起動させるのを禁止するように構成され、かつ、サーバによって送信されたチャットセッション許可プロンプト情報を受信するときに、ユーザがチャットセッション動作を起動させることを可能にするように構成される。

作成要求モジュール208は、サーバがインターコムグループを作成するように、サーバにグループ作成要求を送信するように構成され、グループ作成要求はインターコムグループの属性を含み、インターコムグループの属性はインターコムグループのIDを含む。

図15は、本出願の一実施形態で提供されるさらに別のインスタントメッセージクライアントの概略構造図である。インスタントメッセージクライアントは、チャットセッション要求モジュール201、音声取得モジュール202、音声送信モジュール203、インターコム配信モジュール204、インターコム状況管理モジュール205、呼出しモジュール206、動作管理モジュール207、および加入要求モジュール209を含み得る。ここで、チャットセッション要求モジュール201、音声取得モジュール202、音声送信モジュール203、インターコム配信モジュール204、インターコム状況管理モジュール205、呼出しモジュール206、および動作管理モジュール207の構造は、図14に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされない。

加入要求モジュール209は、サーバがインターコムグループにインスタントメッセージクライアントをメンバとして追加するように、サーバにグループ加入要求を送信するように構成され、そのグループ加入要求はインターコムグループのIDを含む。

図13から図15に示す実施形態のインスタントメッセージクライアントの構造および機能は、具体的には、図6から図8に示す方法実施形態の方法を介して実装することができ、特定の実装プロセスは、前述の方法で関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされないことに留意されたい。

インスタントメッセージクライアントに関する実施形態の説明を通して、本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにそのインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

本出願の実施形態で同様に開示されるのは、サーバおよび少なくとも2つのインスタントメッセージクライアントを含む情報交換システムであり、そのサーバは、図9から図12に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされず、かつそのインスタントメッセージクライアントは、図13から図15に示す実施形態の関連説明を参照して得ることができ、本明細書で重ねて説明はされない。本出願の実施形態における情報交換システムは、図1から図8に示す方法実施形態に適用され得ることに留意されたい。

いくつかの実施形態で、本出願は、チャットセッションのユーザのグループがモバイルデバイスにあるインスタントメッセージクライアントを使用し、リアルタイム音声ブロードキャストを介して互いに通信することを可能にするクライアント-サーバ環境を開示する。図16Aから16Jは、いくつかの実施形態によるインスタントメッセージクライアントの例示的スクリーンショットである。

図16Aは、インスタントメッセージクライアントに関連するチャットグループのスクリーンショットである。そのチャットグループは、1人または複数のグループユーザ1601を含む。グループユーザが互いに通信するための複数の方法が存在する。たとえば、「テキストメッセージ送信」ボタン1603を押すことによって、インスタントメッセージクライアントのユーザは、テキストメッセージを互いに送信および受信することができる。別法として、ユーザは、モバイルデバイスの対応するボタンを押すことによって、同チャットグループ内の他者に音声/ビデオメッセージを送信することができる。メッセージがテキストベース、音声ベース、またはビデオベースであっても、通常、ソースでのメッセージの生成と宛先でのメッセージの到達の間には短い時間遅延が存在する。しかしながら、ワイヤレスネットワーク通信の帯域幅は増え続けるので、その時間遅延は小さすぎて認識できず、ユーザは通信が「リアルタイム」方式で行われるように感じる。図16Aに示すように、「リアルタイム音声」ボタン1605は、ユーザがリアルタイム音声ブロードキャストを介してチャットグループ内の他者と通信できるようにする新しい機能を提供する。リアルタイム音声ブロードキャストの重要な特徴は、1人のみのユーザが一度にリアルタイム音声ブロードキャストを送信することができ、その間にその他のユーザがそのリアルタイム音声ブロードキャストのリスナであるように、サーバシステムが制限を設けることである。このユーザが彼の/彼女のリアルタイム音声ブロードキャストを終了するとき、サーバシステムは、別のユーザが彼/彼女自身のリアルタイム音声ブロードキャストを開始できるようにすることができる。

図16Bは、チャットセッション開始要求がサーバシステムに送信され、そのサーバシステムによって処理されることを示す警告メッセージ「チャット開始」を有する、ユーザが「リアルタイム音声」ボタン1605を押した後のインスタントメッセージクライアントのスクリーンショットを示す。その要求に応答して、サーバシステムは、チャットセッションのための資源(たとえば、記憶空間、音声データ処理能力)を割り当て、そのグループの他のユーザにそのチャットセッションに参加するための勧誘を送信する。言い換えれば、チャットセッションは、「リアルタイム音声」ボタン1605を押す1人のみのユーザで開始する。割り当てられる資源が無駄になるのを避けるために、他のユーザが所定の期間の後にチャットセッションに参加しなかった場合、そのチャットセッションが自動的に終了されるように、タイマがそのチャットセッションのためにセットされる。たとえば、図16Cは、テキストメッセージ1611が、2分の時間枠がチャットセッションに与えられることを示し、別のユーザがそのチャットセッションに参加するかまたはそのチャットセッションが2分間の後に終了されるまで、メッセージ1611が毎秒更新されることを表す。図16Cはまた、ユーザがモバイルデバイスに向かって話すときに、アクティブなリアルタイム音声ブロードキャストが存在することを示し、左から右に揺れる黒い線を含む扇型のウィンドウ1609を表す。ウィンドウ1609の下には、それを介してユーザが彼の/彼女のリアルタイム音声ブロードキャストを開始することができるプッシュツートークアイコン1607がある。他のユーザはまだそのチャットセッションに参加していないので、プッシュツートークアイコン1607は、一時的に無効にされ、そのチャットセッションがまだアクティブではないというユーザへの視覚的合図を提供するための灰色または模様で示される。図16Dは、別のユーザ、ボブ、がチャットセッションに参加し、そのチャットセッションは開始の準備ができていることを示す、別のテキストメッセージ1611を表す。その結果、ユーザがアイコン1613を押して彼の/彼女のリアルタイム音声ブロードキャストを開始することができるように、プッシュツートークアイコン1613は、異なる色または模様で表示されてユーザに異なる視覚的合図を提供する。

いくつかの実施形態で、モバイルデバイスは、そのモバイルデバイスのユーザからの第1の命令を検出してチャットセッションに加わったユーザのグループに関連する複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを開始する。たとえば、グループの一員として、ユーザは、プッシュツートークアイコン1613を押してチャットセッションの他のユーザへのリアルタイム音声ブロードキャストを開始する。いくつかの実施形態で、グループのユーザに関連するクライアントデバイスは、ユーザがチャットセッションに加わった後に2つの起こり得る作業モード、すなわち、(i)ブロードキャスト対応モードおよび(ii)ブロードキャスト無効モードを有する。クライアントデバイスがブロードキャスト対応モードにあるとき、ユーザは、たとえば、そのクライアントデバイスのプッシュツートークアイコンを押して、リアルタイム音声ブロードキャストを開始することができる。リアルタイム音声ブロードキャストが継続する限り、そのクライアントデバイスは、ブロードキャスト対応モードのままであり、一方、そのチャットセッションに関連するその他のクライアントデバイスはブロードキャスト無効モードである。そうすることにより、チャットセッションの1人のみのユーザが話すことができ、同時に、そのチャットセッションの他のユーザはそのユーザからのリアルタイム音声ブロードキャストを聞いている。ユーザがリアルタイム音声ブロードキャストを停止した後、任意のユーザが彼の/彼女のクライアントデバイスから新たなリアルタイム音声ブロードキャストを開始することができるように、チャットセッションのその他のユーザに関連するクライアントデバイスは、それらの作業モードをブロードキャスト無効モードからブロードキャスト対応モードに更新する。

簡単な場合には、第1の命令に応答して、モバイルデバイスは、音声ブロードキャスト開始要求を遠隔サーバ(たとえば、図11に示すサーバ)に送信する。音声ブロードキャスト開始要求に応答して、遠隔サーバは、そのモバイルデバイスのユーザがこの瞬間にリアルタイム音声ブロードキャストを生成することができる唯一のユーザであるように、複数のクライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される。いくつかの実施形態で、遠隔サーバはまた、モバイルデバイスに承認応答を返す。次に、モバイルデバイスは、そのモバイルデバイスのユーザからの音声信号をキャプチャし、遠隔サーバにストリーミングする。図16Eは、インスタントメッセージクライアントを使用し、その他のユーザに話しかけるユーザの例示的スクリーンショットを示す。この例では、プッシュツートークアイコン1615およびウィンドウ1617は、リアルタイム音声信号がモバイルデバイスから遠隔サーバに送信されていることを示す視覚的合図を提供する、図16Dに示されたそれらの対応物とは異なるルックアンドフィールを有する。遠隔サーバは、モバイルデバイスからリアルタイム音声ストリームを受信し、それらを複数のクライアントデバイスに送信するように構成される。

ある時点で、モバイルデバイスはそのモバイルデバイスのユーザからの第2の命令を検出して複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを停止する。たとえば、ユーザは、プッシュツートークアイコン1615を押してリアルタイム音声ブロードキャストを停止することができる。第2の命令に応答して、モバイルデバイスは、音声ブロードキャスト停止要求を遠隔サーバに送信する。図16Fは、音声ブロードキャストがユーザによって終了され、モバイルデバイスが図16Dに示すものと同じ状況に戻るのを示す、スクリーンショットである。要求に応答して、遠隔サーバは、それらの複数のクライアントデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令し、モバイルデバイスに確認応答を返すように構成される。前述のように、1つのクライアントデバイス(たとえば、この例ではモバイルデバイス)でのリアルタイム音声ブロードキャストの終了は、チャットセッション内のその他のクライアントデバイスがブロードキャスト対応モードに入るようにトリガする。モバイルデバイスは、それがリアルタイム音声ブロードキャストを終了した後、ブロードキャスト対応モードに留まることに留意されたい。

いくつかの実施形態で、モバイルデバイスのユーザが、たとえば図16Dのプッシュツートークアイコン1613を押してリアルタイム音声ブロードキャストを開始することによって、第1の命令を生成するときに、別の起こり得る結果が存在する。この場合、第1の命令に応答して、モバイルデバイスは、それがブロードキャスト対応モードであるかまたはブロードキャスト無効モードであるかを判定する。いくつかの実施形態で、モバイルデバイスは、それの現在の作業モードを判定するために遠隔サーバに問合せを行う。モバイルデバイスがブロードキャスト無効モードである場合、遠隔サーバは否定応答をそのモバイルデバイスに返し、その応答は、関連モバイルデバイスがブロードキャスト対応モードにあるユーザ、すなわちリアルタイム音声ブロードキャストを現在与えているユーザ、の識別子を含む。前述のように、チャットセッションに関連する1つのクライアントデバイスからのリアルタイム音声ブロードキャストが存在するとき、その他のすべてのクライアントデバイスはブロードキャスト無効モードにされる。たとえば、ユーザがプッシュツートークアイコン1613を押すときに別のユーザがリアルタイム音声ブロードキャストを与えている場合、モバイルデバイスはブロードキャスト無効モードにある。したがって、そのモバイルデバイスは、そのモバイルデバイスがリアルタイム音声ブロードキャストを開始する動作を現在停止されていることを示すモバイルデバイス上の視覚的合図を生成し、表示する。図16Gは、ユーザのボブが現在話をしていることを示すテキストメッセージング1623を含むスクリーンショットであり、プッシュツートークアイコン1621もまた灰色表示されてそのユーザが別のリアルタイム音声ブロードキャストを開始することができないことを示す。

いくつかの実施形態で、モバイルデバイスのユーザは、何らかの時間にチャットセッションを終了することを選択することができる。この場合、モバイルデバイスは、チャットセッション内のユーザのグループを出るためのモバイルデバイスのユーザからの第3の命令を検出する。第3の命令に応答して、モバイルデバイスは、終了要求を遠隔サーバに送信する。図16Hは、モバイルデバイスが、テキストメッセージ1623とユーザが彼の/彼女の決定を確認するためのアイコン1625とを含む小さいポップアップウィンドウを表示するのを示す。終了要求を受信したとき、遠隔サーバは、ユーザのグループからそのユーザの識別子を除外し、そのユーザ識別子の除外を複数のクライアントデバイスに通知するように構成される。

いくつかの実施形態で、グループの異なるユーザは、チャットセッションの異なるレベルの制御を与えられる。たとえば、チャットセッションを開始するユーザは、そのチャットセッションの管理者の役割を与えられる。管理者として、そのユーザは、たとえば、別のユーザがある種のルールに違反すると見なされた場合、チャットセッションからその別のユーザを除外する権利を有する。これが発生するとき、管理者に関連するモバイルデバイスは、ユーザのグループから別のユーザを除外するためのそのモバイルデバイスのユーザからの第4の命令を検出する。第4の命令に応答して、そのモバイルデバイスは、ユーザ除外要求を遠隔サーバに送信する。図16Iは、モバイルデバイスが、テキストメッセージ1627と、管理者が別のユーザがチャットセッションから除外されるべきかどうかを確認するためのアイコン1629とを含むポップアップウィンドウを表示するのを示す。その要求に応答して、遠隔サーバは、その要求を発行するユーザが管理者であることを先ず確認し、次いでそのユーザのグループからユーザ除外要求で識別されたユーザの識別子を除外し、そのユーザ識別子の除外を複数のクライアントデバイスに通知するように構成される。いくつかの実施形態で、管理者はまた、チャットセッションからユーザを除外することなしに、ユーザがリアルタイム音声ブロードキャストを与えるのを止めることができる。この場合、モバイルデバイスは、別のユーザに関連するクライアントデバイスからのリアルタイム音声ブロードキャストを停止するためのそのモバイルデバイスのユーザからの第5の命令を検出する。第5の命令に応答して、モバイルデバイスは、音声ブロードキャスト停止要求を遠隔サーバに送信する。応答して、遠隔サーバは、その要求を発行するユーザが管理者であることを先ず確認し、次いでそのクライアントデバイスからのリアルタイム音声ブロードキャストを停止し、そのモバイルデバイスをブロードキャスト対応モードに入らせながらそのクライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される。言い換えれば、進行中の音声ブロードキャストを停止することによって、管理者は、チャットセッションを自動的に制御してリアルタイム音声ブロードキャストを与える。図16Jは、モバイルデバイスが、チャットセッションに1人のみのユーザが残されたときに図16Cと同じ状態に戻ることを表す。いくつかの実施形態で、管理者がチャットセッションを出る前に、管理者は、そのチャットセッションの新しい管理者を指名し、それに応じて新たに指名された管理者に権利を譲渡する機会を与えられる。

前述の実施形態の説明を通して、本出願の実施形態で、ネットワーク内のサーバは、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアントによって送信されたチャットセッション音声情報を受信し、リアルタイム再生のためにインターコムグループ内の、そのインスタントメッセージクライアントを除く、他のインスタントメッセージクライアントにそのチャットセッション音声情報を配信するように構成され、それによって、インターコムグループ内のインスタントメッセージクライアント間のインターコム会話機能を実装し、余分な送受信兼用無線機およびトランシーバデバイスの購入費を削減する。加えて、情報交換は、従来の無線周波数の代わりにネットワーク内のサーバに基づいて実装され、それによって、情報交換の機密性および安定性を向上させる。

実施形態による方法のステップのすべてまたは一部は、関連ハードウェアに命令するコンピュータプログラムによって実装され得ることが、当業者には理解されよう。そのプログラムは、コンピュータ可読記憶媒体に記憶され得る。プログラムが動作するとき、実施形態による本方法のステップが実行される。記憶媒体は、磁気ディスク、光ディスク、読取り専用メモリ(ROM)、またはランダムアクセスメモリ(RAM)でもよい。

前述の開示は、単に、本出願の例示的実施形態であり、本出願の保護範囲を限定するものではない。本出願の特許請求の範囲に従ってもたらされる同等の変形形態は、本出願の範囲内にあるものとする。

特定の実施形態が前述されたが、これらの特定の実施形態に本発明を限定することは意図されていないことが理解されよう。そうではなく、本発明は、添付の特許請求の範囲の趣旨および範囲内の改変形態、修正形態、および均等物を含む。多数の特定の詳細は、本明細書で提示される対象の完全な理解を実現するために記載される。しかしながら、本対象は、これらの特定の詳細なしで実施され得ることが当業者には明らかとなろう。他の場合には、既知の方法、手順、構成要素、および回路は、実施形態の態様を不必要に分かりにくくしないように、詳しくは記載されない。

第1、第2などの用語が、様々な要素を表すために本明細書で使用されることがあるが、これらの要素は、これらの用語によって限定されるべきではない。これらの用語は、ある要素を別の要素と区別するためにのみ使用される。たとえば、本出願の範囲を逸脱することなしに、第1の順位付け基準は第2の順位付け基準と称することが可能であり、同様に、第2の順位付け基準は第1の順位付け基準と称することが可能である。第1の順位付け基準および第2の順位付け基準は、両方とも順位付け基準であるが、それらは同じ順位付け基準ではない。

本明細書で本発明の説明に使用される専門用語は、特定の実施形態を説明することのみを目的とし、本発明の限定を意図されていない。本発明の説明および添付の特許請求の範囲で、単数形の「1つの(a、an)」および「その(the)」は、文脈上明らかに別段の指示がある場合を除いて、複数形もまた含むものとする。本明細書では「および/または」という用語は、関連する記載された項目のうちの1つまたは複数のいずれかおよびすべての起こり得る組合せを示し、包含することもまた理解されよう。「含む」、「含んだ」、「備える」、および/または「備えた」という用語は、本明細書では、記載された特徴、動作、要素、および/または構成要素の存在を明記するが、1つまたは複数の他の特徴、動作、要素、構成要素、および/またはそれらのグループの存在または追加を排除しないことがさらに理解されよう。

本明細書で、「場合」という用語は、文脈に応じて、「ときに」もしくは「したとき」または記載された先行条件が真であるという「判定に応答して」もしくは「判定に従って」もしくは「検出に応答して」を意味すると解釈することができる。同様に、「[記載された先行条件が真である]と判定された場合」または「[記載された先行条件が真である]場合」または「[記載された先行条件が真である]とき」という表現は、文脈に応じて、記載された先行条件が真であるという「判定をしたときに」または「判定に応答して」または「判定に従って」または「検出をしたときに」または「検出に応答して」を意味するものと解釈することができる。

様々な図面のうちのいくつかは、いくつかの論理ステージを特定の順序で示すが、順序に依存しないステージは再順序付けすることが可能であり、他のステージが結合または発生し得る。いくつかの再順序付けまたは他のグループ分けが具体的に記載されるが、他が当業者には明らかとなり、したがって、代替の包括的リストを示さない。さらに、ステージは、ハードウェア、ファームウェア、ソフトウェア、またはそれらの任意の組合せで実装され得ることを理解されたい。

説明を目的とした前述の記載は、特定の実施形態を参照して記載される。しかしながら、前述の例示的論考は、包括的なものではなく、開示された詳細な形態に本発明を限定するものではない。多数の修正形態および変更形態が、前述の教示を考慮して起こり得る。実装形態は、本発明の原理およびその実際の適用例を最もよく説明し、それによって当業者が企図された特定の使用に適したものとして様々な修正とともに本発明および様々な実装形態を最もよく活用することを可能にするために選択され、記載される。実装形態は、添付の特許請求の範囲の趣旨および範囲内の代替形態、修正形態、および均等物を含む。多くの特定の詳細が、本明細書で提示される対象の完全な理解を実現するために記載される。しかしながら、本対象はこれらの特定の詳細なしに実施され得ることが、当業者には明らかとなろう。他の例では、既知の方法、手順、構成要素、および回路は、実装形態の態様を不必要に分かりにくくしないように、詳細には説明されない。

101 セッションモジュール
102 インターコム配信モジュール
103 呼出しモジュール
104 セッションプロンプトモジュール
105 第1作成モジュール
106 同期化モジュール
107 第2作成モジュール
108 メンバ追加モジュール
201 チャットセッション要求モジュール
202 音声取得モジュール
203 音声送信モジュール
204 インターコム配信モジュール
205 インターコム状況管理モジュール
206 呼出しモジュール
207 動作管理モジュール
208 作成要求モジュール
209 加入要求モジュール
1201 状況検出ユニット
1202 インターコム配信ユニット

Claims (13)

  1. 1つまたは複数のプロセッサと、前記1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリとを有し、遠隔サーバに通信接続されたモバイルデバイスで実行される情報交換方法であって、
    ユーザのグループに関連した複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを開始するための、前記モバイルデバイスのユーザからの第1命令を検出するステップであって、前記モバイルデバイスの前記ユーザが前記グループのメンバである、ステップと、
    前記第1命令に応答して、音声ブロードキャスト開始要求を前記遠隔サーバに送信するステップであって、前記遠隔サーバが前記複数のクライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される、ステップと、
    前記モバイルデバイスの前記ユーザからの音声信号をキャプチャし、前記遠隔サーバにストリーミングするステップと、
    前記複数のクライアントデバイスへの前記リアルタイム音声ブロードキャストを停止するための、前記モバイルデバイスの前記ユーザからの第2命令を検出するステップと、
    前記第2命令に応答して、音声ブロードキャスト停止要求を前記遠隔サーバに送信して、前記遠隔サーバに前記音声信号を前記複数のクライアントデバイスに伝送させ、かつ、前記複数のクライアントデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令させるステップと
    を有する、方法。
  2. 前記第1命令に応答して、前記モバイルデバイスがブロードキャスト対応モードにあるかまたはブロードキャスト無効モードにあるかを判定するステップと、
    前記モバイルデバイスがブロードキャスト無効モードにある場合に、前記モバイルデバイスがリアルタイム音声ブロードキャストを開始する動作を現在無効化されていることを示す視覚的合図を生成し、前記モバイルデバイスに表示するステップと
    をさらに有する、請求項1に記載の方法。
  3. 前記ユーザのグループから抜けるための、前記モバイルデバイスの前記ユーザからの第3命令を検出するステップと、
    前記第3命令に応答して、前記遠隔サーバに終了要求を送信するステップであって、前記遠隔サーバが、前記ユーザのグループから前記ユーザのユーザ識別子を除外し、前記ユーザ識別子の除外を前記複数のクライアントデバイスに通知するように構成される、ステップと
    をさらに有する、請求項1に記載の方法。
  4. 前記モバイルデバイスの前記ユーザが、前記ユーザのグループの管理者であり、
    前記ユーザのグループから別のユーザを除外するための、前記モバイルデバイスの前記ユーザからの第4命令を検出するステップと、
    前記第4命令に応答して、前記遠隔サーバにユーザ除外要求を送信するステップであって、前記遠隔サーバが、前記ユーザのグループから前記ユーザ除外要求で識別されるユーザのユーザ識別子を除外し、前記ユーザ識別子の除外を前記複数のクライアントデバイスに通知するように構成される、ステップと
    をさらに有する、請求項1に記載の方法。
  5. 前記モバイルデバイスの前記ユーザが、前記ユーザのグループの管理者であり、
    別のユーザに関連したクライアントデバイスからのリアルタイム音声ブロードキャストを停止するための、前記モバイルデバイスの前記ユーザからの第5命令を検出するステップと、
    前記第5命令に応答して、音声ブロードキャスト停止要求を前記遠隔サーバに送信するステップであって、前記遠隔サーバが、前記クライアントデバイスからの前記リアルタイム音声ブロードキャストを停止し、前記モバイルデバイスをブロードキャスト対応モードに入らせながら前記クライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される、ステップと
    をさらに有する、請求項1に記載の方法。
  6. 遠隔サーバに通信接続されたモバイルデバイスであって、
    1つまたは複数のプロセッサと、
    前記1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリと
    を具備し、
    前記プログラムモジュールは、
    ユーザのグループに関連した複数のクライアントデバイスへのリアルタイム音声ブロードキャストを開始するための、前記モバイルデバイスのユーザからの第1命令を検出する手順であって、前記モバイルデバイスの前記ユーザが前記グループのメンバである、手順と、
    前記第1命令に応答して、音声ブロードキャスト開始要求を前記遠隔サーバに送信する手順であって、前記遠隔サーバが前記複数のクライアントデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するように構成される、手順と、
    前記モバイルデバイスの前記ユーザからの音声信号をキャプチャし、前記遠隔サーバにストリーミングする手順と、
    前記複数のクライアントデバイスへの前記リアルタイム音声ブロードキャストを停止するための、前記モバイルデバイスの前記ユーザからの第2命令を検出する手順と、
    前記第2命令に応答して、音声ブロードキャスト停止要求を前記遠隔サーバに送信して、前記遠隔サーバに前記音声信号を前記複数のクライアントデバイスに伝送させ、かつ、前記複数のクライアントデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令させる手順と
    を実行するための命令を含む、モバイルデバイス。
  7. 個々のモバイルデバイスからの参加するユーザのグループに対するリアルタイム音声ブロードキャストを管理するために実行されるコンピュータ実施方法であって、
    1つまたは複数のプロセッサと、前記1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリとを有したサーバシステムにより、
    モバイルデバイスのユーザからの音声ブロードキャスト開始要求を受信するステップと、
    前記音声ブロードキャスト開始要求に応答して、
    他のモバイルデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するステップと、
    前記モバイルデバイスに承認応答を返すステップと、
    前記モバイルデバイスからリアルタイム音声ストリームを受信するステップと
    記モバイルデバイスの前記ユーザからの音声ブロードキャスト停止要求を受信するステップと、
    前記音声ブロードキャスト停止要求に応答して、
    前記リアルタイム音声ストリームを前記他のモバイルデバイスに転送するステップと、
    前記他のモバイルデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令するステップと、
    前記モバイルデバイスに確認応答を返すステップと
    を有する、方法。
  8. 前記音声ブロードキャスト開始要求に応答して、前記モバイルデバイスがブロードキャスト対応モードにあるかまたはブロードキャスト無効モードにあるかを判定するステップと、
    前記モバイルデバイスがブロードキャスト無効モードにある場合に、関連するモバイルデバイスがブロードキャスト対応モードにあるユーザのユーザ識別子を含む否定応答を前記モバイルデバイスに返すステップと
    をさらに有する、請求項7に記載の方法。
  9. モバイルデバイスから終了要求を受信するステップと、
    前記終了要求に応答して、
    前記ユーザのグループから前記モバイルデバイスに関連するユーザのユーザ識別子を除外するステップと、
    前記ユーザ識別子の除外を他のモバイルデバイスに通知するステップと
    をさらに有する、請求項7に記載の方法。
  10. 前記グループから除外される第1ユーザのユーザ識別子を含むユーザ除外要求をモバイルデバイスから受信するステップと、
    前記ユーザ除外要求に応答して、
    前記モバイルデバイスに関連した第2ユーザを識別するステップと、
    前記第2ユーザが前記グループの管理者であるか否かを判定するステップと、
    前記第2ユーザが前記グループの管理者である場合に、
    前記グループから前記第1ユーザのユーザ識別子を除外するステップと、
    前記第1ユーザのユーザ識別子の除外を他のモバイルデバイスに通知するステップと
    をさらに有する、請求項7に記載の方法。
  11. 前記グループへの音声信号のブロードキャストを停止される第1ユーザのユーザ識別子を含む音声ブロードキャスト停止要求をモバイルデバイスから受信するステップと、
    前記音声ブロードキャスト停止要求に応答して、
    前記モバイルデバイスに関連した第2ユーザを識別するステップと、
    前記第1ユーザがブロードキャスト対応モードにあり、かつ前記第2ユーザが前記グループの管理者であるか否かを判定するステップと、
    前記第1ユーザがブロードキャスト対応モードにあり、かつ前記第2ユーザが前記グループの管理者である場合に、
    前記第1ユーザに関連したモバイルデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令するステップと、
    前記第2ユーザに関連した前記モバイルデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように命令するステップと
    をさらに有する、請求項7に記載の方法。
  12. 終了要求とユーザ除外要求とのうちの1つを処理した後に、
    前記グループ内に1人のユーザしか存在しない場合に、
    前記ユーザに関連したモバイルデバイスをブロードキャスト無効モードに入らせるステップと、
    所定の期間後に新しいユーザが前記グループに参加していなかった場合、前記グループを終了させるステップと
    をさらに有する、請求項7に記載の方法。
  13. 個々のモバイルデバイスからの参加するユーザのグループに対するリアルタイム音声ブロードキャストを管理するためのサーバシステムであって、
    1つまたは複数のプロセッサと、
    前記1つまたは複数のプロセッサによって実行されるプログラムモジュールを記憶するためのメモリと
    を具備し、
    前記プログラムモジュールは、
    モバイルデバイスのユーザからの音声ブロードキャスト開始要求を受信する手順と、
    前記音声ブロードキャスト開始要求に応答して、
    他のモバイルデバイスにブロードキャスト無効モードに入るように命令する手順と、
    前記モバイルデバイスに承認応答を返す手順と、
    前記モバイルデバイスからリアルタイム音声ストリームを受信する手順と
    記モバイルデバイスの前記ユーザからの音声ブロードキャスト停止要求を受信する手順と、
    前記音声ブロードキャスト停止要求に応答して、
    前記リアルタイム音声ストリームを前記他のモバイルデバイスに転送する手順と、
    前記他のモバイルデバイスにブロードキャスト対応モードに入るように指示する手順と、
    前記モバイルデバイスに確認応答を返す手順と
    を実行するための命令を含む、サーバシステム。
JP2015543254A 2012-11-28 2013-07-18 ユーザのグループの間でリアルタイム音声ブロードキャストを管理するための方法およびシステム Active JP5967684B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201210495165.1 2012-11-28
CN201210495165.1A CN103856386B (zh) 2012-11-28 2012-11-28 信息交互方法、系统、服务器及即时通信客户
PCT/CN2013/079563 WO2014082458A1 (en) 2012-11-28 2013-07-18 Method and system for managing real-time audio broadcasts among a group of users

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015537304A JP2015537304A (ja) 2015-12-24
JP5967684B2 true JP5967684B2 (ja) 2016-08-10

Family

ID=50773739

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015543254A Active JP5967684B2 (ja) 2012-11-28 2013-07-18 ユーザのグループの間でリアルタイム音声ブロードキャストを管理するための方法およびシステム

Country Status (7)

Country Link
US (1) US9374682B2 (ja)
JP (1) JP5967684B2 (ja)
KR (1) KR101584085B1 (ja)
CN (1) CN103856386B (ja)
CA (1) CA2891067C (ja)
SG (1) SG11201503494RA (ja)
WO (1) WO2014082458A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20180255437A1 (en) * 2017-03-03 2018-09-06 Orion Labs Phone-less member of group communication constellations

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9794356B2 (en) * 2011-01-12 2017-10-17 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Policy management
US10275136B2 (en) * 2013-01-05 2019-04-30 Duvon Corporation System and method for management of digital media
USD755831S1 (en) * 2013-12-26 2016-05-10 Nikon Corporation Display screen with graphical user interface
US20160072857A1 (en) * 2014-09-09 2016-03-10 Microsoft Technology Licensing, Llc Accessibility features in content sharing
CN104393994A (zh) * 2014-10-24 2015-03-04 中兴通讯股份有限公司 一种音频数据安全传递方法、系统及终端
US20160132812A1 (en) * 2014-11-11 2016-05-12 Zenimax Media Inc. Multi-chat monitoring & auditing system
CN105812228B (zh) * 2014-12-30 2019-02-26 深圳富泰宏精密工业有限公司 群组信息过滤系统及方法
CN105162886B (zh) * 2015-09-25 2019-04-12 北京奇艺世纪科技有限公司 一种声音控制方法及装置
USD801982S1 (en) * 2016-01-19 2017-11-07 Samsung Electronics Co., Ltd. Display screen or portion thereof including a graphical user interface
AU2017234059B2 (en) * 2016-03-14 2020-02-27 Robert Bosch Gmbh Distributed wireless intercom audio routing over ethernet with synchornization and roaming
CN106303989A (zh) * 2016-08-25 2017-01-04 深圳市轱辘车联数据技术有限公司 一种基于移动终端的对讲方法及移动终端
CN108075961B (zh) * 2016-11-17 2020-06-02 北京深米科技有限公司 一种设置对讲机工作频段的方法及装置
CN108134731A (zh) * 2016-12-01 2018-06-08 阿里巴巴集团控股有限公司 通讯方法及装置
CN106792279A (zh) * 2016-12-07 2017-05-31 深圳市元征科技股份有限公司 一种对讲连接交互方法及装置
JP1590263S (ja) * 2016-12-28 2017-11-06
CN108400925A (zh) * 2017-02-08 2018-08-14 阿里巴巴集团控股有限公司 即时通讯消息的提醒方法及即时通讯客户端
CN106936694B (zh) * 2017-03-10 2018-09-28 腾讯科技(深圳)有限公司 设备控制方法和装置
CN109874116A (zh) * 2017-12-05 2019-06-11 北京小米移动软件有限公司 信息传输方法及装置、移动网络通讯设备
USD904429S1 (en) * 2019-03-07 2020-12-08 Fujifilm Sonosite, Inc. Display screen or portion thereof with an animated graphical user interface
CN110121148A (zh) * 2019-04-02 2019-08-13 西安极蜂天下信息科技有限公司 对讲机组队方法及装置

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100607215B1 (ko) * 1998-05-07 2006-08-01 삼성전자주식회사 네트워크에서 사용자와 디바이스 명령 및 제어 방법 및 장치
US6781963B2 (en) * 2002-02-14 2004-08-24 Qualcomm Inc Method and an apparatus for terminating a user from a group call in a group communication network
CA2506781C (en) * 2002-11-22 2011-02-15 Intellisist Llc System and method for providing multi-party message-based voice communications
US7546140B2 (en) * 2004-06-30 2009-06-09 Marvell International Ltd. Device, system and method for multi-profile wireless communication
CN100396122C (zh) * 2004-07-01 2008-06-18 华为技术有限公司 一种控制集群网络多路语音的方法
KR100690752B1 (ko) * 2004-07-28 2007-03-09 엘지전자 주식회사 피티티 서비스 시스템의 발언권 할당방법
JP2007201916A (ja) * 2006-01-27 2007-08-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd PoCデータ送信方法とPoC通話システムと装置
JP4350792B2 (ja) * 2006-04-13 2009-10-21 京セラ株式会社 グループ通信方法及び通信端末
JP2008017071A (ja) * 2006-07-05 2008-01-24 Nec Commun Syst Ltd PoC通信システム、PoC端末、PoCサーバ及びそれらに用いる付加サービス利用方法
CN101237336B (zh) * 2007-02-01 2011-10-05 华为技术有限公司 进行多方通信的方法、系统及装置
CN101159890B (zh) * 2007-06-27 2011-06-22 深圳市融创天下科技发展有限公司 一种在移动通讯网络中多手机间进行自由群呼及对讲方法
EP2485431B1 (en) * 2007-07-27 2015-12-09 Clear-Com Research Inc. Method and terminal in a multi-point to multi-point intercom system
US20090164587A1 (en) * 2007-12-21 2009-06-25 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Method and communication server for group communications
JP5366788B2 (ja) * 2008-12-26 2013-12-11 株式会社日立国際電気 無線システム
US20120162350A1 (en) * 2010-12-17 2012-06-28 Voxer Ip Llc Audiocons
JP2012217068A (ja) * 2011-04-01 2012-11-08 Viewsend Ict Co Ltd 遠隔会議システム
US20130268592A1 (en) * 2012-04-06 2013-10-10 Gface Gmbh Content-aware persistent user room

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20180255437A1 (en) * 2017-03-03 2018-09-06 Orion Labs Phone-less member of group communication constellations
US10687178B2 (en) * 2017-03-03 2020-06-16 Orion Labs, Inc. Phone-less member of group communication constellations

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015537304A (ja) 2015-12-24
KR20150074206A (ko) 2015-07-01
SG11201503494RA (en) 2015-06-29
WO2014082458A1 (en) 2014-06-05
CN103856386B (zh) 2016-10-26
KR101584085B1 (ko) 2016-01-11
US20140148209A1 (en) 2014-05-29
US9374682B2 (en) 2016-06-21
CA2891067A1 (en) 2014-06-05
CA2891067C (en) 2017-08-08
CN103856386A (zh) 2014-06-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10187759B2 (en) Systems and methods for group communication using a mobile device with mode depending on user proximity or device position
US10142802B2 (en) Systems and methods for establishing a group communication based on motion of a mobile device
EP3005650B1 (en) Maintaining video conference session continuity during transfer of session to alternative device
JP6147805B2 (ja) ワイヤレス通信デバイス間のグループ通信においてメディアを共有するためのシステムおよび方法
US9912706B2 (en) Systems and methods for group communication using a mobile device using motion and voice activate controls
US9083654B2 (en) Use of information channels to provide communications in a virtual environment
US10785362B2 (en) Enhanced video sharing
US10250648B2 (en) Ambient communication session
US9179277B2 (en) Output management for electronic communications
KR101951975B1 (ko) 통신 시스템
JP5777983B2 (ja) 無線システムにおけるマルチプル同時グループ通信のためのシステムおよび方法
US9674694B2 (en) Systems and methods for group communication using a mobile device with mode transition based on motion
US9712573B2 (en) Synchronized wireless display devices
US9712782B2 (en) Method, device, and system for reducing bandwidth usage during a communication session
US8885811B2 (en) Method and system for transferring a conference between a mobile communication device and a conferencing terminal
US20170208291A1 (en) System and method for video communication on mobile devices
KR102041492B1 (ko) 디바이스들 간 애플리케이션 콘텍스트의 제로-클릭 공유
US9495663B2 (en) Automatic meeting invitation based on proximity
US9215282B2 (en) Virtual collaboration session access
US8630208B1 (en) Muting of communication session participants
US10721594B2 (en) Location-based audio messaging
KR101569863B1 (ko) 통신 세션에서의 참가자들의 묵음화
US9210371B2 (en) Transmission terminal, transmission system and program
EP1755292B1 (en) Method and apparatus for controlling data delivery with user-maintained modes
KR101322501B1 (ko) 무선 통신 디바이스에서 그룹 통신들의 우선순위화

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20151007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20151020

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160216

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160607

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160629

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5967684

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250