JP5946302B2 - Golf ball - Google Patents

Golf ball Download PDF

Info

Publication number
JP5946302B2
JP5946302B2 JP2012062557A JP2012062557A JP5946302B2 JP 5946302 B2 JP5946302 B2 JP 5946302B2 JP 2012062557 A JP2012062557 A JP 2012062557A JP 2012062557 A JP2012062557 A JP 2012062557A JP 5946302 B2 JP5946302 B2 JP 5946302B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
acid
golf ball
core
preferably
parts
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012062557A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013192715A (en )
Inventor
千恵美 三倉
千恵美 三倉
駿 栗原
駿 栗原
絢香 新藤
絢香 新藤
良太 阪峯
良太 阪峯
Original Assignee
ダンロップスポーツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/02Special cores
    • A63B37/04Rigid cores
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/0051Special materials other than polybutadienes; Special construction
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/006Physical properties
    • A63B37/0062Hardness
    • A63B37/0063Hardness gradient
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUSE OF INORGANIC OR NON-MACROMOLECULAR ORGANIC SUBSTANCES AS COMPOUNDING INGREDIENTS
    • C08K5/00Use of organic ingredients
    • C08K5/04Oxygen-containing compounds
    • C08K5/09Carboxylic acids; Metal salts thereof; Anhydrides thereof
    • C08K5/098Metal salts of carboxylic acids
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUSE OF INORGANIC OR NON-MACROMOLECULAR ORGANIC SUBSTANCES AS COMPOUNDING INGREDIENTS
    • C08K5/00Use of organic ingredients
    • C08K5/36Sulfur-, selenium-, or tellurium-containing compounds
    • C08K5/37Thiols

Description

本発明は、ドライバーショットの飛距離が大きいゴルフボールに関するものであり、より詳細には、ゴルフボールのコアの改良に関するものである。 The present invention, flight distance on driver shots relates large golf ball, and more particularly, to an improvement of a core of a golf ball.

ドライバーショットのゴルフボールの飛距離を伸ばす方法として、例えば、反発性の高いコアを用いる方法と、コアの中心から表面に向かって、硬度が高くなる硬度分布を有するコアを用いる方法がある。 As a method to extend the distance of a golf ball on driver shots, for example, a method using a high resilience core, toward the surface from the center of the core, there is a method of using a core having a hardness distribution hardness is high. 前者は、ゴルフボールの初速を高める効果があり、後者は、打出角を高くして、低スピンにする効果がある。 The former is effective for increasing the initial velocity of a golf ball, the latter, by increasing the launch angle, the effect of the low spin. 高打出角および低スピンのゴルフボールは、飛距離が大きくなる。 A golf ball having a higher launch angle and low spin, the flight distance increases.

コアの反発性を高める技術として、例えば、特許文献1〜8がある。 As a technique to increase the core of resilience, for example, there is Patent Document 1-8. 特許文献1、2には、ゴム100重量部に対して、共架橋剤としてアクリル酸亜鉛と、共架橋助剤としてパルミチン酸、ステアリン酸またはミリスチン酸と、共架橋助剤として酸化亜鉛と、反応速度遅延剤とを配合した内核を有するソリッドゴルフボールが開示されている。 Patent Documents 1 and 2, relative to 100 parts by weight of rubber, and zinc acrylate as co-crosslinking agent, palmitic acid as a co-crosslinking aid, stearic acid or myristic acid, and zinc oxide as a co-crosslinking aid, reaction solid golf ball is disclosed having a core inner compounded with a speed retarder.

特許文献3には、基材ゴム100重量部に対して、α,β−不飽和カルボン酸15〜35重量部、該α,β−不飽和カルボン酸と反応して塩を形成する金属化合物7〜60重量部および高級脂肪酸金属塩1〜10重量部を含有するゴム組成物より得られるソリッドゴルフボールが開示されている。 Patent Document 3, the base rubber 100 parts by weight, alpha, 15 to 35 parts by weight of β- unsaturated carboxylic acid, the alpha, metal compound to form a salt by reacting with β- unsaturated carboxylic acid 7 solid golf ball obtained from 60 parts by weight of a rubber composition containing a higher fatty acid metal salt 1 to 10 parts by weight is disclosed.

特許文献4には、基材ゴムに、充填材、有機過酸化物、α,β−不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩を必須成分とし、これに飽和又は不飽和脂肪酸の銅塩が配合されてなるゴム組成物の架橋成型物を構成要素とすることを特徴とするゴルフボールが開示されている。 Patent Document 4, the base rubber, the filler, an organic peroxide, alpha, and β- unsaturated carboxylic acids and / or essential components thereof metal salts, saturated or copper salts of unsaturated fatty acids incorporated into this golf ball is disclosed which is characterized in that the crosslinked molded product components of the rubber composition obtained by.

特許文献5には、ポリブタジエン及び他のエラストマーとのポリブタジエンの混合物からなる群より選択されたベースエラストマー、不飽和のモノカルボン酸の少なくとも一つの金属の塩、フリーラジカル開始剤、並びに、非共役ジエンの単量体を含む組成物から成形された、ゴルフボール、又はそれの構成成分が開示されている。 Patent Document 5, polybutadiene and other elastomers and the base elastomer selected from the group consisting of polybutadiene, at least one metal salt of a monocarboxylic acid of an unsaturated, free radical initiators, as well as, non-conjugated diene of molded from a composition containing a monomer, a golf ball, or the components are disclosed.

特許文献6には、ゴム材料に不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩を混合した不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩のマスターバッチを予め作成し、このマスターバッチを使用して上記ゴム材料を含むゴム組成物を作成し、このゴム組成物の加熱成形物をゴルフボールの構成要素とするゴルフボールの製造方法であって、上記不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩のマスターバッチが、下記(A)〜(C)を含有することを特徴とするゴルフボールの製造方法が開示されている。 Patent Document 6, to create a masterbatch of an unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt was mixed unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof to the rubber material in advance, the rubber material using the master batch create a rubber composition comprising, the hot forming of the rubber composition a process for producing a golf ball of the components of the golf ball, the unsaturated carboxylic acid and / or master batch of the metal salt, method of manufacturing a golf ball characterized by containing the following (a) ~ (C) is disclosed.
(A)ビニル含量0〜2%及びシス1,4−結合含量80%以上有し、かつ活性末端を有するポリブタジエンであって、その活性末端が少なくとも1種のアルコキシシラン化合物で変性される変性ポリブタジエン 20〜100質量% (A) having a vinyl content of 0 to 2% and cis 1,4-bond content of 80% or more, and a polybutadiene having an active terminal, modified polybutadiene its active end is to be modified with at least one alkoxysilane compound 20 to 100 mass%
(B)上記(A)ゴム成分以外のジエン系ゴム 80〜0質量% (B) (A) above diene other than the rubber component rubber 80-0 wt%
[上記数字は、(A)と(B)との合計量を100とした場合の質量%を示す。 [The numbers indicate the weight percent is 100 the total amount of (A) and (B). ]
(C)不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩 (C) an unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof

特許文献7には、(A)基材ゴム、(B)充填剤、(C)有機過酸化物、ならびに(D)金属含有有機硫黄化合物と、不飽和カルボン酸の金属塩とのドライブレンド品および/または溶剤スラリーブレンド品を配合してなることを特徴とするソリッドゴム用ゴム組成物が開示されている。 Patent Document 7, (A) a base rubber, (B) a filler, (C) an organic peroxide, and (D) metal and containing organic sulfur compounds, the dry blend with a metal salt of an unsaturated carboxylic acid and / or solid rubber rubber composition characterized by being obtained by blending the solvent slurry blend is disclosed.

特許文献8には、ジエンゴム、6部以上の金属脂肪酸塩、シスートランス触媒、および、1.2部以下の量の有機ペルオキシド開始剤を有する組成物から製造されたソリッドコアと、カバーとを有することを特徴とするゴルフボールが開示されている。 Patent Document 8 has diene rubber, 6 parts or more metal fatty acid salt, cis over trans catalyst, and a solid core made from a composition having 1.2 parts or less of the amount of the organic peroxide initiator, and a cover golf ball is disclosed, characterized in that.

例えば、特許文献9〜12は、硬度分布を有するコアを開示する。 For example, JP 9-12, discloses a core having a hardness distribution. 特許文献9には、基材ゴム、共架橋剤および有機過酸化物を含有するゴム組成物から形成されたコアと、カバーとからなるツーピースゴルフボールにおいて、該コアがJIS−C型硬度計による表示において、中心硬度1:58〜73、中心から5〜10mmでの硬度2:65〜75、中心から15mmでの硬度3:74〜82、表面硬度4:76〜84の硬度分布を有し、硬度2が硬度範囲内でほぼ一定で、かつ、その他が1<2<3≦4なる関係を満足するツーピースゴルフボールが開示されている。 Patent Document 9, base rubber, a core formed from a co-crosslinking agent and a rubber composition containing an organic peroxide, in a two-piece golf ball comprising a cover, wherein the core is by JIS-C type hardness meter in the display, the center hardness 1: 58 to 73, hardness at 5~10mm from the center 2: 65-75, hardness at 15mm from the center 3: 74-82, (4) surface hardness: distribution of 76-84 hardness 2 substantially constant in the hardness range and two-piece golf ball which satisfies the others 1 <2 <3 ≦ 4 the relationship is disclosed.

特許文献10には、ソリッドコアと、これを被覆するカバー層とを具備するソリッドゴルフボールにおいて、上記ソリッドコアが、シス−1,4−結合を60%以上含有し、希土類元素系触媒を用いて合成されたポリブタジエンゴムを60〜100質量%含むゴム基材100質量部に対して、有機硫黄化合物0.1〜5質量部、不飽和カルボン酸又はその金属塩、無機充填剤及び老化防止剤を含むゴム組成物から形成されると共に、ソリッドコアの初期荷重10kgfから終荷重130kgfまで負荷したときの変形量が2.0〜4.0mmであり、かつソリッドコアが下記表の硬度分布を有するゴルフボールが開示されている。 Patent Document 10, with a solid core, a solid golf ball having a cover layer covering this, the solid core is, cis-1,4 bond containing more than 60%, the rare earth element-containing catalyst the rubber base 100 parts by weight comprising 60 to 100% by weight of synthetic polybutadiene rubber Te, organic sulfur compounds from 0.1 to 5 parts by weight of an unsaturated carboxylic acid or a metal salt thereof, an inorganic filler and an antioxidant together they are formed from a rubber composition comprising, deformation amount when a load from an initial load of 10kgf solid core to a final load of 130kgf are 2.0 to 4.0 mm, and the solid core has a hardness distribution in the following table golf ball is disclosed.

特許文献11には、ソリッドコアと、これを被覆するカバー層とを具備するソリッドゴルフボールにおいて、上記ソリッドコアが、シス−1,4−結合を60%以上含有し、希土類元素系触媒を用いて合成されたポリブタジエンゴムを60〜100質量部含むゴム基材100質量部に対して、有機硫黄化合物0.1〜5質量部、不飽和カルボン酸又はその金属塩、無機充填剤を含むゴム組成物から形成されると共に、ソリッドコアの初期荷重10kgfから終荷重130kgfまで負荷したときの変形量が2.0〜4.0mmであり、かつソリッドコアが下記表の硬度分布を有するソリッドゴルフボールが開示されている。 Patent Document 11, with a solid core, a solid golf ball having a cover layer covering this, the solid core is, cis-1,4 bond containing more than 60%, the rare earth element-containing catalyst the rubber base 100 parts by weight comprising 60 to 100 parts by weight of polybutadiene rubber synthesized Te, organic sulfur compounds from 0.1 to 5 parts by weight of an unsaturated carboxylic acid or a metal salt thereof, a rubber composition containing an inorganic filler together they are formed from the object, a deformation amount 2.0~4.0mm when the load from an initial load of 10kgf solid core to a final load of 130 kgf, and solid core is solid golf ball having a hardness distribution in the following table It has been disclosed.

特許文献12には、コアと、これを被覆する包囲層と、これを被覆する該中間層と、これを被覆し、表面に多数のディンプルが形成されたカバーとを備えたマルチピースソリッドゴルフボールにおいて、上記コアがゴム材を主材として形成され、コアの中心からコア表面まで硬度が漸次増加し、コア中心とコア表面との硬度差がJIS−C硬度で15以上であり、かつコア中心から約15mm離れた位置とコア中心との断面硬度の平均値を(I)、コア中心から約7.5mm離れた位置の断面硬度を(II)とした場合、両硬度差(I)−(II)がJIS−C硬度で±2以内であると共に、上記の包囲層,中間層及びカバーの硬度が、カバー硬度>中間層硬度>包囲層硬度の条件を満たすことを特徴とするマルチピースソリッドゴルフボー Patent Document 12, core and multi-piece solid golf ball comprising a surrounding layer covering this, and the intermediate layer covering this, which was coated, and a cover plurality of dimples formed on the surface in, the core is formed primarily of a rubber material and has a hardness gradually increases from the center of the core to the core surface, at least 15 difference in hardness between the core center and the core surface in JIS-C hardness, and the core center the average value of the cross-sectional hardness of about 15mm away and core center from (I), when the cross-sectional hardness at a position about 7.5mm from the core center and (II), both the hardness difference (I) - ( with II) is within ± 2 in JIS-C hardness, the above envelope layer, the hardness of the intermediate layer and the cover is a multi-piece solid, wherein a satisfies the cover hardness> intermediate layer hardness> envelope layer hardness Gorufubo が開示されている。 There has been disclosed.

特開昭61−37178号公報 JP-A-61-37178 JP 特開昭61−113475号公報 JP-A-61-113475 JP 特開昭61−253079号公報 JP-A-61-253079 JP 特開2008−212681号公報 JP 2008-212681 JP 特表2008−523952号公報 JP-T 2008-523952 JP 特開2009−119256号公報 JP 2009-119256 JP 特開2003−226782号公報 JP 2003-226782 JP 特開2006−297108号公報 JP 2006-297108 JP 特開平6−154357号公報 JP-6-154357 discloses 特開2008−194471号公報 JP 2008-194471 JP 特開2008−194473号公報 JP 2008-194473 JP 特開2010−253268号公報 JP 2010-253268 JP

表面硬度が中心硬度より高い外剛内柔構造を有する球状コアは、反発性が低下する傾向がある。 Spherical core surface hardness has a high outer Tsuyoshinai soft structure than the center hardness is resilience tends to be lowered. そのため、反発性が高く、外剛内柔構造を有する球状コアを作製することは困難であった。 Therefore, high resilience, making a spherical core having a outer-hard inner-soft structure is difficult. 本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、反発性が高く、外剛内柔構造を有する球状コアを有するゴルフボールを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, resilience high, and an object thereof is to provide a golf ball having a spherical core having a outer-hard inner-soft structure.

本発明のゴルフボールは、球状コアと前記球状コアを被覆する少なくとも一層以上のカバーとを有するゴルフボールであって、前記球状コアは、(a)基材ゴム、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩、および、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有し、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合には、さらに(f)金属化合物を含有するゴム組成物から形成されていることを特徴とする。 The golf ball of the present invention is a golf ball having at least one cover layer covering the spherical core and the spherical core, said spherical core, (a) a base rubber, carbon as (b) a co-crosslinking agent number 3-8 alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof, (c) crosslinking initiator, (d) a carboxylic acid number of 4 to 30 carbons and / or a salt thereof and, as (e) an organic sulfur compound, containing thiophenol and / or a metal salt thereof which is substituted by halogen, (b) the number of carbon atoms as the co-crosslinking agent is 3-8 alpha, only β- unsaturated carboxylic acid when containing is characterized in that it is formed from a further (f) a rubber composition containing a metal compound.

本発明のゴルフボールは、上記のように構成されることにより、球状コアが外剛内柔構造を有するとともに、反発性が高くなる。 The golf ball of the present invention, by being constructed as described above, together with the spherical core has an outer rigid inner-soft structure, the resilience is enhanced. 外剛内柔構造の球状コアは、ドライバーショットのスピン量を低下させる。 Spherical core of outer-hard inner-soft structure reduces the spin rate on driver shots. 反発性の高い球状コアは、ゴルフボールの初速を大きくする。 High resilience spherical core, to increase the initial velocity of the golf ball. 本発明のゴルフボールは、反発性が高く(初速が大きく)、ドライバーショットのスピン量が低いので、ドライバーショットの飛距離が大きくなる。 The golf ball of the present invention has a high resilience (initial velocity is large), the spin rate on driver shots low flight distance on driver shots increases.

本発明のゴルフボールの球状コアにおいて、コア表面硬度が、コア中心硬度より高くなる理由は、以下のように考えられる。 In golf spherical core of the ball of the present invention, the core surface hardness, why higher than the core center hardness is considered as follows. ゴム組成物に配合される(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩は、コア内部でイオンクラスターを形成してゴム分子鎖を金属架橋すると考えられている。 Is compounded in the rubber composition (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, metal salts of β- unsaturated carboxylic acid, the rubber molecular chains believed to metal bridge to form an ion clusters in the inner core there. このゴム組成物に、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩を配合することにより、(d)前記カルボン酸および/またはその塩が、(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩が形成するイオンクラスターとカチオンを交換し、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩による金属架橋を切断する。 This rubber composition, by (d) the number of carbon atoms is blended 4-30 amino acids and / or salts thereof, (d) the carboxylic acid and / or salt thereof, (b) carbon atoms 3 8 pieces of alpha, beta-metal salt of an unsaturated carboxylic acid to exchange ion cluster and a cation that forms having 3 to 8 carbon atoms alpha, breaking the metal crosslinking by the metal salt of the beta-unsaturated carboxylic acid to. このカチオンの交換反応は、コア内部温度が高いコア中心部において起こりやすく、表面にむかって起こりにくくなる。 This cation exchange reaction easily occurs at the core internal temperature is high core central part, but less occurs toward the surface. ゴム組成物の硬化反応の反応熱は、コア中心部で溜まりやすく、コアを成形する際のコア内部温度は、コア中心部で高く、コア表面に向かって低下するからである。 Reaction heat of the curing reaction of the rubber composition is likely to accumulate at the core center, the core internal temperature in molding the core is higher in the core center, because decreases toward the core surface. すなわち、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩による金属架橋の切断は、コア中心部において起こりやすく、表面に向かって起こりにくくなる。 That, (d) carbon atoms cutting metal crosslinking by 4 to 30 amino acids and / or salts thereof easily occurs at the core central part, but less occurs toward the surface. その結果、コア内部の架橋密度が、コア中心から表面に向かって高くなるので、硬度が、コア中心から表面に向かって増加するものと考えられる。 As a result, the crosslinking density of the inner core, the higher toward the surface from the core center, hardness is believed that increases toward the surface from the core center.

本発明によれば、ドライバーショットの飛距離の大きいゴルフボールを提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide a large golf ball flight distance on driver shots.

本発明の一実施形態に係るゴルフボールが示された一部切り欠き断面図。 Partially cutaway cross-sectional view of a golf ball according to an embodiment of the present invention. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core. コアの硬度分布を示したグラフ。 A graph showing the hardness distribution of the core.

本発明のゴルフボールは、球状コアと前記球状コアを被覆する少なくとも一層以上のカバーとを有するゴルフボールであって、前記球状コアは、(a)基材ゴム、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩、および、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有し、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合には、さらに(f)金属化合物を含有するゴム組成物から形成されていることを特徴とする。 The golf ball of the present invention is a golf ball having at least one cover layer covering the spherical core and the spherical core, said spherical core, (a) a base rubber, carbon as (b) a co-crosslinking agent number 3-8 alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof, (c) crosslinking initiator, (d) a carboxylic acid number of 4 to 30 carbons and / or a salt thereof and, as (e) an organic sulfur compound, containing thiophenol and / or a metal salt thereof which is substituted by halogen, (b) the number of carbon atoms as the co-crosslinking agent is 3-8 alpha, only β- unsaturated carboxylic acid when containing is characterized in that it is formed from a further (f) a rubber composition containing a metal compound.

まず、本発明で使用する(a)基材ゴムについて説明する。 First, (a) used in the present invention for the base rubber is described. (a)基材ゴムとしては、天然ゴムおよび/または合成ゴムを使用することができ、例えば、ポリブタジエンゴム、天然ゴム、ポリイソプレンゴム、スチレンポリブタジエンゴム、エチレン−プロピレン−ジエンゴム(EPDM)などを使用できる。 As (a) the base rubber, a natural rubber and / or synthetic rubbers, such as polybutadiene rubber, natural rubber, polyisoprene rubber, styrene polybutadiene rubber, ethylene - using diene rubber, etc. (EPDM) - propylene it can. これらは単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。 These may be used singly or in combination of two or more. これらの中でも、特に、反発に有利なシス−1,4−結合を、40質量%以上、好ましくは80質量%以上、より好ましくは90質量%以上有するハイシスポリブタジエンが好適である。 Among these, in particular, a favorable cis-1,4 bond to rebound, 40 wt% or more, preferably 80 mass% or more, more preferably is suitable high-cis polybutadiene having more than 90 wt%.

前記ハイシスポリブタジエンは、1,2−ビニル結合の含有量が2質量%以下であることが好ましく、より好ましくは1.7質量%以下、さらに好ましくは1.5質量%以下である。 The high-cis polybutadiene preferably has a 1,2-vinyl bond content is less than 2 wt%, more preferably 1.7 wt% or less, more preferably not more than 1.5 mass%. 1,2−ビニル結合の含有量が多すぎると反発性が低下する場合がある。 Resilience and a 1,2-vinyl bond content is too high may decrease.

前記ハイシスポリブタジエンは、希土類元素系触媒で合成されたものが好適であり、特に、ランタン系列希土類元素化合物であるネオジム化合物を用いたネオジム系触媒の使用が、1,4−シス結合が高含量、1,2−ビニル結合が低含量のポリブタジエンゴムを優れた重合活性で得られるので好ましい。 The high-cis polybutadiene is suitably one synthesized using a rare earth element-containing catalyst, in particular, the use of neodymium based catalyst using neodymium compound which is a lanthanum series rare earth element compound, 1,4-cis bond high content , preferred 1,2-vinyl bond is obtained with excellent polymerization activity polybutadiene rubber low content.

前記ハイシスポリブタジエンは、ムーニー粘度(ML 1+4 (100℃))が、30以上であることが好ましく、より好ましくは32以上、さらに好ましくは35以上であり、140以下が好ましく、より好ましくは120以下、さらに好ましくは100以下、最も好ましくは80以下である。 The high-cis polybutadiene preferably has a Mooney viscosity (ML 1 + 4 (100 ℃ )) is 30 or more, more preferably 32 or more, more preferably 35 or more, preferably 140 or less, more preferably 120 or less, more preferably 100 or less, and most preferably 80 or less. なお、本発明でいうムーニー粘度(ML 1+4 (100℃))とは、JIS K6300に準じて、Lローターを使用し、予備加熱時間1分間、ローターの回転時間4分間、100℃の条件下にて測定した値である。 Incidentally, the Mooney viscosity in the present invention (ML 1 + 4 (100 ℃ )), in accordance with JIS K6300, using a L rotor, preheating time of 1 minute, the rotation time of 4 minutes the rotor, conditions of 100 ° C. is a value measured at the bottom.

前記ハイシスポリブタジエンとしては、分子量分布Mw/Mn(Mw:重量平均分子量、Mn:数平均分子量)が、2.0以上であることが好ましく、より好ましくは2.2以上、さらに好ましくは2.4以上、最も好ましくは2.6以上であり、6.0以下であることが好ましく、より好ましくは5.0以下、さらに好ましくは4.0以下、最も好ましくは3.4以下である。 As the high-cis polybutadiene, molecular weight distribution Mw / Mn (Mw: weight average molecular weight, Mn: number-average molecular weight) is preferably 2.0 or more, more preferably 2.2 or more, more preferably 2. 4 or more, and most preferably 2.6 or more, preferably 6.0 or less, more preferably 5.0 or less, more preferably 4.0 or less, and most preferably 3.4 or less. ハイシスポリブタジエンの分子量分布(Mw/Mn)が小さすぎると作業性が低下し、大きすぎると反発性が低下するおそれがある。 High-cis molecular weight distribution of polybutadiene (Mw / Mn) of the reduced workability too small, too large and resilience may be lowered. なお、分子量分布は、ゲルパーミエーションクロマトグラフィ(東ソー社製、「HLC−8120GPC」)により、検知器として示差屈折計を用いて、カラム:GMHHXL(東ソー社製)、カラム温度:40℃、移動相:テトラヒドロフランの条件で測定し、標準ポリスチレン換算値として算出した値である。 The molecular weight distribution is gel permeation chromatography (Tosoh Corporation "HLC-8120GPC", manufactured) by using a differential refractometer as a detector, column: GMHHXL (manufactured by Tosoh Corporation), column temperature: 40 ° C., mobile phase : measured under the conditions of tetrahydrofuran, it is a value calculated as a standard polystyrene equivalent value.

次に、(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩について説明する。 Next, (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, described β- unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof. (b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩は、共架橋剤として、ゴム組成物に配合されるものであり、基材ゴム分子鎖にグラフト重合することによって、ゴム分子を架橋する作用を有する。 (B) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or its metal salt, as a co-crosslinking agent, which is blended in the rubber composition, grafted to the base rubber molecular chain by polymerizing, it has the effect of crosslinking a rubber molecule. 本発明で使用するゴム組成物が、共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合、ゴム組成物は、必須成分として、(f)金属化合物をさらに含有する。 If the rubber composition for use in the present invention, the number of carbon atoms as a co-crosslinking agent is 3-8 alpha, containing only β- unsaturated carboxylic acid, the rubber composition comprises as essential components, (f) a metal compound the further contains. ゴム組成物中で炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸を金属化合物で中和することにより、共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩を使用する場合と実質的に同様の効果が得られるからである。 The number of carbon atoms in the rubber composition is 3-8 alpha, beta-by unsaturated carboxylic acid neutralized with metal compounds, carbon atoms as a co-crosslinking agent is a 3-8 alpha, beta-unsaturated carboxylic substantially the same effect as when using a metal salt of the acid will be obtained. また、共架橋剤として、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸とその金属塩とを併用する場合においては、任意成分として、(f)金属化合物を用いてもよい。 Further, as the co-crosslinking agent, having 3 to 8 carbon atoms alpha, when used in combination with β- unsaturated carboxylic acid and a metal salt thereof, as an optional component, it may be used (f) a metal compound.

炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸としては、例えば、アクリル酸、メタクリル酸、フマル酸、マレイン酸、クロトン酸等を挙げることができる。 Having 3 to 8 carbon atoms alpha, as the β- unsaturated carboxylic acids, for example, acrylic acid, methacrylic acid, fumaric acid, maleic acid, crotonic acid and the like.

炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩を構成する金属としては、ナトリウム、カリウム、リチウムなどの1価の金属イオン;マグネシウム、カルシウム、亜鉛、バリウム、カドミウムなどの二価の金属イオン;アルミニウムなどの3価の金属イオン;錫、ジルコニウムなどのその他のイオンが挙げられる。 Having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-as the metal constituting the metal salt of an unsaturated carboxylic acid, sodium, potassium, monovalent metal ions such as lithium; magnesium, calcium, zinc, barium, such as cadmium trivalent metal ions such as aluminum; divalent metal ions, tin, and other ions such as zirconium. 前記金属成分は、単独または2種以上の混合物として使用することもできる。 The metal component may be used alone or in mixtures. これらの中でも、前記金属成分としては、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、バリウム、カドミウムなどの二価の金属が好ましい。 Among these, as the metal component, magnesium, calcium, zinc, barium, divalent metals such as cadmium preferred. 炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の二価の金属塩を用いることにより、ゴム分子間に金属架橋が生じやすくなるからである。 Having 3 to 8 carbon atoms alpha, by using a divalent metal salt of β- unsaturated carboxylic acid, easily generates a metal crosslinking between rubber molecules. 特に、二価の金属塩としては、得られるゴルフボールの反発性が高くなるということから、アクリル酸亜鉛が好適である。 Especially, as the divalent metal salt, from the fact that the resilience of the resulting golf ball is high, zinc acrylate is preferred. なお、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩は、単独でもしくは2種以上を組み合わせて使用しても良い。 Incidentally having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or its metal salt may be used singly or in combination of two or more thereof.

(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、15質量部以上が好ましく、20質量部以上がより好ましく、50質量部以下が好ましく、45質量部以下がより好ましく、35質量部以下がさらに好ましい。 (B) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acids and / or metal salt thereof in the solution, (a) with respect to 100 parts by weight of the base rubber, preferably at least 15 parts by weight, more preferably at least 20 parts by weight, preferably not more than 50 parts by weight, more preferably 45 parts by mass or less, more preferably 35 parts by mass or less. (b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩の含有量が15質量部未満では、ゴム組成物から形成される部材を適当な硬さとするために、後述する(c)架橋開始剤の量を増加しなければならず、ゴルフボールの反発性が低下する傾向がある。 (B) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-in-unsaturated carboxylic acids and / or metal salt thereof is less than 15 parts by mass, to the member formed from the rubber composition with a suitable hardness the must to increase the amount of which will be described later (c) crosslinking initiator, resilience may tend to decrease. 一方、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩の含有量が50質量部を超えると、ゴム組成物から形成される部材が硬くなりすぎて、ゴルフボールの打球感が低下するおそれがある。 On the other hand, having 3 to 8 carbon atoms alpha, when the content of β- unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof is more than 50 parts by mass, becomes too hard member formed from the rubber composition, Golf feel at impact of the ball may be lowered.

(c)架橋開始剤は、(a)基材ゴム成分を架橋するために配合されるものである。 (C) crosslinking initiator is blended to crosslink the (a) base rubber component. (c)架橋開始剤としては、有機過酸化物が好適である。 The (c) crosslinking initiator, an organic peroxide is preferred. 前記有機過酸化物は、具体的には、ジクミルパーオキサイド、1,1−ビス(t−ブチルパーオキシ)−3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、2,5−ジメチル−2,5−ジ(t―ブチルパーオキシ)ヘキサン、ジ−t−ブチルパーオキサイドなどの有機過酸化物が挙げられる。 The organic peroxide, specifically, dicumyl peroxide, 1,1-bis (t-butylperoxy) -3,3,5-trimethylcyclohexane, 2,5-dimethyl-2,5-di (t-butylperoxy) hexane, organic peroxides such as di -t- butyl peroxide. これらの有機過酸化物は、単独で使用してもよいし、2種以上を併用してもよい。 These organic peroxides may be used alone or in combination of two or more. これらの中でもジクミルパーオキサイドが好ましく用いられる。 Among them, dicumyl peroxide is preferably used.

(c)架橋開始剤の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.2質量部以上が好ましく、より好ましくは0.5質量部以上であって、5.0質量部以下が好ましく、より好ましくは2.5質量部以下である。 (C) the content of the crosslinking initiator, (a) having 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.2 part by mass, and more preferably a 0.5 parts by mass or more, 5.0 wt the following are preferred parts, more preferably at most 2.5 parts by weight. 0.2質量部未満では、ゴム組成物から形成される部材が柔らかくなりすぎて、ゴルフボールの反発性が低下する傾向があり、5.0質量部を超えると、ゴム組成物から形成される部材を適切な硬さにするために、前述した(b)共架橋剤の使用量を減量する必要があり、ゴルフボールの反発性が不足したり、耐久性が悪くなるおそれがある。 If the amount is less than 0.2 part by weight, too soft member formed from the rubber composition tends to rebound of the golf ball is reduced, and when it exceeds 5.0 parts by mass, is formed from a rubber composition to the member to the appropriate hardness, it is necessary to lose weight the amount of the aforementioned (b) a co-crosslinking agent, or insufficient resilience may, there is a fear that the durability is deteriorated.

次に(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩について説明する。 (D) Next carbon atoms described 4-30 amino acids and / or salts thereof. 本発明で使用する(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩は、コア成形時にコア中心部において、(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸の金属塩による金属架橋を切断する作用を有するものと考えられる。 Used in (d) according to the invention is 4 to 30 amino acids and / or salts thereof the carbon number, the core center portion during the core molding, (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated considered to have an action of breaking the metal crosslinking by the metal salt of a carboxylic acid.

前記炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩としては、炭素数が15〜30のカルボン酸および/またはその塩が好ましく、炭素数が15〜28のカルボン酸および/またはその塩がより好ましい。 Wherein as a 4 to 30 amino acids and / or salts thereof carbon atoms, preferably a carboxylic acid and / or its salts 15 to 30 carbon atoms, a carboxylic acid and / or its salt having a carbon number 15-28 It is more preferable. なお、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩には、共架橋剤として使用する(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩は含まれないものとする。 Incidentally, (d) is in the 4 to 30 amino acids and / or salts thereof carbon atoms, for use as a co-crosslinking agent (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof are not intended to be included.

(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩は、脂肪族カルボン酸(本発明において、単に「脂肪酸」と称する場合がある)および/またはその塩、あるいは、芳香族カルボン酸および/またはその塩のいずれであってもよいが、脂肪族カルボン酸および/またはその塩が好ましい。 (D) a carboxylic acid number of 4 to 30 carbons and / or a salt thereof, (in the present invention, simply referred to as "fatty acid") aliphatic carboxylic acids and / or their salts or aromatic carboxylic it may be an acid and / or salts thereof, but aliphatic carboxylic acids and / or their salts are preferred.

前記飽和脂肪酸の具体例(IUPAC名)としては、ブタン酸(C4)、ペンタン酸(C5)、ヘキサン酸(C6)、ヘプタン酸(C7)、オクタン酸(C8)、ノナン酸(C9)、デカン酸(C10)、ウンデカン酸(C11)、ドデカン酸(C12)、トリデカン酸(C13)、テトラデカン酸(C14)、ペンタデカン酸(C15)、ヘキサデカン酸(C16)、ヘプタデカン酸(C17)、オクタデカン酸(C18)、ノナデカン酸(C19)、イコサン酸(C20)、ヘンイコサン酸(C21)、ドコサン酸(C22)、トリコサン酸(C23)、テトラコサン酸(C24)、ペンタコサン酸(C25)、ヘキサコサン酸(C26)、ヘプタコサン酸(C27)、オクタコサン酸(C28)、ノナコサン酸(C29)、トリアコン Specific examples of the saturated fatty acid as the (IUPAC name) butanoic acid (C4), pentanoic acid (C5), hexanoic acid (C6), heptanoic acid (C7), octanoic acid (C8), nonanoic acid (C9), decane acid (C10), undecanoic acid (C11), dodecanoic acid (C12), tridecanoic acid (C13), tetradecanoic acid (C14), pentadecanoic acid (C15), hexadecanoic acid (C16), heptadecanoic acid (C17), octadecanoic acid ( C18), nonadecanoic (C19), eicosanoic acid (C20), henicosanoic acid (C21), docosanoic acid (C22), tricosanoic acid (C23), tetracosanoic acid (C24), pentacosanoic acid (C25), hexacosanoic acid (C26) , heptacosanoic acid (C27), octacosanoic (C28), nonacosanoic acid (C29), Toriakon ン酸(C30)などを挙げることができる。 Such as phosphate (C30) can be mentioned.

不飽和脂肪酸の具合例(IUPAC名)としては、ブテン酸(C4)、ペンテン酸(C5)、ヘキセン酸(C6)、ヘプテン酸(C7)、オクテン酸(C8)、ノネン酸(C9)、デセン酸(C10)、ウンデセン酸(C11)、ドデセン酸(C12)、トリデセン酸(C13)、テトラデセン酸(C14)、ペンタデセン酸(C15)、ヘキサデセン酸(C16)、ヘプタデセン酸(C17)、オクタデセン酸(C18)、ノナデセン酸(C19)、イコセン酸(C20)、ヘンイコセン酸(C21)、ドコセン酸(C22)、トリコセン酸(C23)、テトラコセン酸(C24)、ペンタコセン酸(C25)、ヘキサコセン酸(C26)、ヘプタコセン酸(C27)、オクタコセン酸(C28)、ノナコセン酸(C29)、トリアコンテ The degree examples of the unsaturated fatty acid (IUPAC name), butenoic acid (C4), pentenoic acid (C5), hexenoic acid (C6), heptenoic acid (C7), octene acid (C8), nonenoic acid (C9), decene acid (C10), undecenoic acid (C11), dodecenoic acid (C12), tridecenoic acid (C13), tetradecenoic acid (C14), pentadecenoic acid (C15), hexadecenoic acid (C16), heptadecenoic acid (C17), octadecenoic acid ( C18), nonadecenoic acid (C19), icosenoic acid (C20), henicosenoic acid (C21), docosenoic acid (C22), tricosenoic acid (C23), tetracosenoic acid (C24), pentacosenoic acid (C25), hexacosenoic acid (C26) , heptacosenoic acid (C27), octacosenoic acid (C28), nonacosenoic acid (C29), Toriakonte 酸(C30)などを挙げることができる。 Such as acid (C30) can be mentioned.

前記脂肪酸の具体例(慣用名)としては、例えば、酪酸(C4)、吉草酸(C5)、カプロン酸(C6)、エナント酸(C7)、カプリル酸(C8)、ペラルゴン酸(C9)、カプリン酸(C10)、ラウリン酸(C12)、ミリスチン酸(C14)、ミリストレイン酸(C14)、ペンタデシル酸(C15)、パルミチン酸(C16)、パルミトレイン酸(C16)、マルガリン酸(C17)、ステアリン酸(C18)、エライジン酸(C18)、バクセン酸(C18)、オレイン酸(C18)、リノール酸(C18)、リノレン酸(C18)、12−ヒドロキシステアリン酸(C18)、アラキジン酸(C20)、ガドレイン酸(C20)、アラキドン酸(C20)、エイコセン酸(C20)、べヘニン酸(C22)、エルカ酸(C22 Specific examples of the fatty acid (common name), for example, butyric acid (C4), valeric acid acid (C5), caproic acid (C6), enanthic acid (C7), caprylic acid (C8), pelargonic acid (C9), capric acid (C10), lauric acid (C12), myristic acid (C14), myristoleic acid (C14), pentadecylic acid (C15), palmitic acid (C16), palmitoleic acid (C16), margaric acid (C17), stearic acid (C18), elaidic acid (C18), vaccenic acid (C18), oleic acid (C18), linoleic acid (C18), linolenic acid (C18), 12-hydroxystearic acid (C18), arachidic acid (C20), gadoleic acid (C20), arachidonic acid (C20), eicosene acid (C20), behenic acid (C22), erucic acid (C22 、リグノセリン酸(C24)、ネルボン酸(C24)、セロチン酸(C26)、モンタン酸(C28)、メリシン酸(C30)などを挙げることができる。 , Lignoceric acid (C24), nervonic acid (C24), cerotic acid (C26), montanic acid (C28), it is mentioned melissic acid (C30). 前記脂肪酸は、単独または2種以上の混合物として使用することもできる。 The fatty acids can also be used alone or in mixtures. これらの中でも、前記脂肪酸として好ましいのは、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸、または、オレイン酸である。 Among these, it preferred as the fatty acid, palmitic acid, stearic acid, behenic acid, or oleic acid.

芳香族カルボン酸は、芳香環とカルボキシル基とを有する化合物であれば特に限定されない。 Aromatic carboxylic acid is not particularly limited as long as it is a compound having an aromatic ring and a carboxyl group. 芳香族カルボン酸の具体例としては、例えば、安息香酸(C7)、フタル酸(C8)、イソフタル酸(C8)、テレフタル酸(C8)、ヘメミリット酸(ベンゼン−1,2,3−トリカルボン酸)(C9)、トリメリット酸(ベンゼン−1,2,4−トリカルボン酸)(C9)、トリメシン酸(ベンゼン−1,3,5−トリカルボン酸)(C9)、メロファン酸(ベンゼン−1,2,3,4−テトラカルボン酸)(C10)、プレーニト酸(ベンゼン−1,2,3,5−テトラカルボン酸)(C10)、ピロメリット酸(ベンゼン−1,2,4,5−テトラカルボン酸)(C10)、メリット酸(ベンゼンヘキサカルボン酸)(C12)、ジフェン酸(ビフェニル−2,2'−ジカルボン酸)(C12)、トルイル酸(メチル安息香酸)(C8 Specific examples of the aromatic carboxylic acids, such as benzoic acid (C7), phthalic acid (C8), isophthalic acid (C8), terephthalic acid (C8), hemimellitic acid (benzene-1,2,3-tricarboxylic acid) (C9), trimellitic acid (benzene-1,2,4-tricarboxylic acid) (C9), trimesic acid (benzene-1,3,5-tricarboxylic acid) (C9), mellophanic acid (benzene-1,2, 3,4-tetracarboxylic acid) (C10), prehnitic acid (benzene-1,2,3,5-tetracarboxylic acid) (C10), pyromellitic acid (benzene-1,2,4,5-tetracarboxylic acid ) (C10), mellitic acid (benzene hexacarboxylic acid) (C12), diphenic acid (2,2'-dicarboxylic acid) (C12), toluic acid (methyl benzoate) (C8 )、キシリル酸(C9)、プレーニチル酸(2,3,4−トリメチル安息香酸)(C10)、γ−イソジュリル酸(2,3,5−トリメチル安息香酸)(C10)、ジュリル酸(2,4,5−トリメチル安息香酸)(C10)、β−イソジュリル酸(2,4,6−トリメチル安息香酸)(C10)、α−イソジュリル酸(3,4,5−トリメチル安息香酸)(C10)、クミン酸(4−イソプロピル安息香酸)(C10)、ウビト酸(5−メチルイソフタル酸)(C9)、α−トルイル酸(フェニル酢酸)(C8)、ヒドロアトロパ酸(2−フェニルプロパン酸)(C9)、ヒドロケイ皮酸(3−フェニルプロパン酸)(C9)などを挙げることができる。 ), Xylyl acid (C9), prehnitylic acid (2,3,4-trimethyl acid) (C10), .gamma. isodurylic acid (2,3,5-trimethyl acid) (C10), durylic acid (2,4 , 5-trimethyl acid) (C10), beta-isodurylic acid (2,4,6-trimethyl acid) (C10), alpha-isodurylic acid (3,4,5-trimethyl acid) (C10), cumin acid (4-isopropyl acid) (C10), uvitic acid (5-methylisophthalic acid) (C9), alpha-toluic acid (phenylacetic acid) (C8), hydratropic acid (2-phenyl propanoic acid) (C9), and the like hydrocinnamic acid (3-phenyl propanoic acid) (C9).

また、ヒドロキシル基、アルコキシ基、またはオキソ基で置換された芳香族カルボン酸としては、例えば、サリチル酸(2−ヒドロキシ安息香酸)(C7)、アニス酸(メトキシ安息香酸)(C8)、クレソチン酸(ヒドロキシ(メチル)安息香酸)(C8)、o−ホモサリチル酸(2−ヒドロキシ−3−メチル安息香酸)(C8)、m−ホモサリチル酸(2−ヒドロキシ−4−メチル安息香酸)(C8)、p−ホモサリチル酸(2−ヒドロキシ−5−メチル安息香酸)(C8)、o−ピロカテク酸(2,3−ジヒドロキシ安息香酸)(C7)、β−レソルシル酸(2,4−ジヒドロキシ安息香酸)(C7)、γ−レソルシル酸(2,6−ジヒドロキシ安息香酸)(C7)、プロトカテク酸(3,4−ジヒドロキシ安息香酸)(C7)、α−レ Also, hydroxyl group, the alkoxy group, or an aromatic carboxylic acid substituted with an oxo group, for example, salicylic acid (2-hydroxybenzoic acid) (C7), anisic acid (methoxybenzoic acid) (C8), Kuresochin acid ( hydroxy (methyl) benzoic acid) (C8), o-homosalicylate acid (2-hydroxy-3-methylbenzoic acid) (C8), m-homosalicylate acid (2-hydroxy-4-methylbenzoic acid) (C8), p - homosalicylate acid (2-hydroxy-5-methylbenzoic acid) (C8), o-pyrocatechuic acid (2,3-dihydroxybenzoic acid) (C7), beta-resorcylic acid (2,4 dihydroxybenzoic acid) (C7 ), .gamma. resorcylic acid (2,6 dihydroxybenzoic acid) (C7), protocatechuic acid (3,4-dihydroxybenzoic acid) (C7), alpha-Les ルシル酸(3,5−ジヒドロキシ安息香酸)(C7)、バニリン酸(4−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸)(C8)、イソバニリン酸(3−ヒドロキシ−4−メトキシ安息香酸)(C8)、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)(C9)、o−ベラトルム酸(2,3−ジメトキシ安息香酸)(C9)、オルセリン酸(2,4−ジヒドロキシ−6−メチル安息香酸)(C8)、m−ヘミピン酸(4,5−ジメトキシフタル酸)(C10)、没食子酸(3,4,5−トリヒドロキシ安息香酸)(C7)、シリング酸(4−ヒドロキシ−3,5−ジメトキシ安息香酸)(C9)、アサロン酸(2,4,5−トリメトキシ安息香酸)(C10)、マンデル酸(ヒドロキシ(フェニル)酢酸)(C8)、バニルマンデル酸(ヒドロキシ( Lucille acid (3,5-dihydroxybenzoic acid) (C7), vanillic acid (4-hydroxy-3-methoxybenzoic acid) (C8), isovanillin acid (3-hydroxy-4-methoxybenzoic acid) (C8), veratric acid (3,4-dimethoxy-benzoic acid) (C9), o-veratric acid (2,3-dimethoxy-benzoic acid) (C9), orsellinic acid (2,4-dihydroxy-6-methylbenzoic acid) (C8), m- Hemipin acid (4,5-dimethoxy phthalic acid) (C10), gallic acid (3,4,5-trihydroxy benzoic acid) (C7), syringic acid (4-hydroxy-3,5-dimethoxybenzoic acid) (C9), asarone acid (2,4,5-trimethoxy acid) (C10), mandelic acid (hydroxy (phenyl) acetic acid) (C8), Banirumanderu acid (hydroxy ( −ヒドロキシ−3−メトキシフェニル)酢酸)(C9)、ホモアニス酸((4−メトキシフェニル)酢酸)(C9)、ホモゲンチジン酸((2,5−ジヒドロキシフェニル)酢酸)(C8)、ホモプロトカテク酸((3,4−ジヒドロキシフェニル)酢酸)(C8)、ホモバニリン酸((4−ヒドロキシ−3−メトキシフェニル)酢酸)(C9)、ホモイソバニリン酸((3−ヒドロキシ−4−メトキシフェニル)酢酸)(C9)、ホモベラトルム酸((3,4−ジメトキシフェニル)酢酸)(C10)、o−ホモベラトルム酸((2,3−ジメトキシフェニル)酢酸)(C10)、ホモフタル酸(2−(カルボキシメチル)安息香酸)(C9)、ホモイソフタル酸(3−(カルボキシメチル)安息香酸)(C9)、ホモテレフタル酸(4− - hydroxy-3-methoxyphenyl) acetic acid) (C9), homoanisic acid ((4-methoxyphenyl) acetic acid) (C9), homogentisic acid ((2,5-dihydroxyphenyl) acetic acid) (C8), homoprotocatechuic acid (( 3,4-dihydroxyphenyl) acetic acid) (C8), homovanillic acid ((4-hydroxy-3-methoxyphenyl) acetic acid) (C9), homo iso vanillic acid ((3-hydroxy-4-methoxyphenyl) acetic acid) ( C9), homoveratric acid ((3,4-dimethoxyphenyl) acetic acid) (C10), o-homoveratric acid ((2,3-dimethoxyphenyl) acetic acid) (C10), homophthalic acid (2- (carboxymethyl) benzoic acid ) (C9), Homoisofutaru acid (3- (carboxymethyl) benzoic acid) (C9), homo terephthalic acid (4- (カルボキシメチル)安息香酸)(C9)、フタロン酸(2−(カルボキシカルボニル)安息香酸)(C9)、イソフタロン酸(3−(カルボキシカルボニル)安息香酸)(C9)、テレフタロン酸(4−(カルボキシカルボニル)安息香酸)(C9)、ベンジル酸(ヒドロキシジフェニル酢酸)(C14)、アトロラクチン酸(2−ヒドロキシ−2−フェニルプロパン酸)(C9)、トロパ酸(3−ヒドロキシ−2−フェニルプロパン酸)(C9)、メリロット酸(3−(2−ヒドロキシフェニル)プロパン酸)(C9)、フロレト酸(3−(4−ヒドロキシフェニル)プロパン酸)(C9)、ヒドロカフェー酸(3−(3,4−ジヒドロキシフェニル)プロパン酸)(C9)、ヒドロフェルラ酸(3−(4−ヒドロキシ−3−メトキシフ (Carboxymethyl) benzoic acid) (C9), Futaron acid (2- (carboxy carbonyl) benzoic acid) (C9), Isofutaron acid (3- (carboxycarbonyl) benzoate) (C9), Terefutaron acid (4- (carboxy carbonyl) benzoic acid) (C9), benzyl acid (hydroxy diphenyl acetate) (C14), atrolactic acid (2-hydroxy-2-phenyl propanoic acid) (C9), tropic acid (3-hydroxy-2-phenyl propanoic acid ) (C9), MERIROTTO acid (3- (2-hydroxyphenyl) propanoic acid) (C9), phloretic acid (3- (4-hydroxyphenyl) propanoic acid) (C9), hydro caffeic acid (3- (3, 4-dihydroxyphenyl) propanoic acid) (C9), Hidoroferura acid (3- (4-hydroxy-3- Metokishifu ニル)プロパン酸)(C10)、ヒドロイソフェルラ酸(3−(3−ヒドロキシ−4−メトキシフェニル)プロパン酸)(C10)、p−クマル酸(3−(4−ヒドロキシフェニル)アクリル酸)(C9)、ウンベル酸(3−(2,4−ジヒドロキシフェニル)アクリル酸)(C9)、カフェー酸(3−(3,4−ジヒドロキシフェニル)アクリル酸)(C9)、フェルラ酸(3−(4−ヒドロキシ−3−メトキシフェニル)アクリル酸)(C10)、イソフェルラ酸(3−(3−ヒドロキシ−4−メトキシフェニル)アクリル酸)(C10)、シナピン酸(3−(4−ヒドロキシ−3,5−ジメトキシフェニル)アクリル酸)(C11)などを挙げることができる。 Yl) propanoic acid) (C10), tetrahydroisoquinoline ferulic acid (3- (3-hydroxy-4-methoxyphenyl) propanoic acid) (C10), p-coumaric acid (3- (4-hydroxyphenyl) acrylic acid) ( C9), umbellic acid (3- (2,4-dihydroxyphenyl) acrylic acid) (C9), caffeic acid (3- (3,4-dihydroxyphenyl) acrylic acid) (C9), ferulic acid (3- (4 - hydroxy-3-methoxyphenyl) acrylic acid) (C10), Isoferura acid (3- (3-hydroxy-4-methoxyphenyl) acrylate) (C10), sinapinic acid (3- (4-hydroxy-3,5 - dimethoxyphenyl) acrylic acid) (C11) and the like.

(d)カルボン酸塩としては、上述したカルボン酸の塩を用いることできる。 (D) The carboxylic acid salt may be a salt of a carboxylic acid as described above. カルボン酸塩のカチオン成分としては、例えば、金属イオン、アンモニウムイオン、および、有機陽イオンを挙げることができる。 The cation component of the carboxylate, for example, metal ions, ammonium ions, and can include organic cations. 金属イオンとしては、例えば、ナトリウム、カリウム、リチウム、銀などの1価の金属イオン;マグネシウム、カルシウム、亜鉛、バリウム、カドミウム、銅、コバルト、ニッケル、マンガンなどの二価の金属イオン;アルミニウム、鉄などの3価の金属イオン;錫、ジルコニウム、チタンなどのその他のイオンが挙げられる。 As the metal ion, such as sodium, potassium, lithium, a monovalent metal ion such as silver; magnesium, calcium, zinc, barium, cadmium, copper, cobalt, nickel, divalent metal ions, such as manganese; aluminum, iron trivalent metal ions such as; tin, zirconium or other ions such as titanium. 前記カチオン成分は、単独または2種以上の混合物として使用することもできる。 The cation component may be used alone or in mixtures.

前記有機陽イオンとは、炭素鎖を有する陽イオンである。 Wherein the organic cation is a cation having a carbon chain. 前記有機陽イオンとしては、特に限定されず、例えば、有機アンモニウムイオンが挙げられる。 Examples of the organic cation is not particularly limited, for example, organic ammonium ions. 前記有機アンモニウムイオンとしては、例えば、ステアリルアンモニウムイオン、ヘキシルアンモニウムイオン、オクチルアンモニウムイオン、2−エチルヘキシルアンモニウムイオンなどの1級アンモニウムイオン、ドデシル(ラウリル)アンモニウムイオン、オクタデシル(ステアリル)アンモニウムイオンなどの2級アンモニウムイオン;トリオクチルアンモニウムイオンなどの3級アンモニウムイオン;ジオクチルジメチルアンモニウムイオン、ジステアリルジメチルアンモニウムイオンなどの4級アンモニウムイオンなどが挙げられる。 Examples of the organic ammonium ion, such as stearyl ammonium ion, hexyl ammonium ion, octyl ammonium ion, 2-ethylhexyl ammonium primary ammonium ions such as ions, dodecyl (lauryl) ammonium ion, secondary, such as octadecyl (stearyl) ammonium ion tertiary ammonium ions such as trioctyl ammonium ion; ammonium ion dioctyl dimethyl ammonium ion, and quaternary ammonium ions, such as distearyl dimethyl ammonium ion. これらの有機陽イオンは単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。 It may be used those organic cations alone or in combination of two or more. なお、炭素数が4〜30個のカルボン酸塩の炭素数は、カルボン酸成分の炭素数であり、有機陽イオン中の炭素数は含まれない。 The number of carbon atoms of 4 to 30 amino carboxylate carbon number is the number of carbon atoms in the carboxylic acid component does not include the carbon number of the organic cation.

(d)前記炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.5質量部以上が好ましく、より好ましくは5.0質量部以上、さらに好ましくは7.5質量部以上、特に好ましくは10.0質量部以上であって、40質量部以下が好ましく、より好ましくは20質量部以下であり、さらに好ましくは16質量部以下である。 (D) the content of the carbon atoms from 4 to 30 amino acids and / or salts thereof, relative to (a) 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.5 part by weight, more preferably 5 2.0 parts by mass or more, more preferably 7.5 parts by mass or more, particularly preferably a 10.0 parts by mass or more, preferably 40 parts by mass or less, more preferably 20 parts by mass or less, more preferably 16 parts by mass or less. 含有量が少なすぎると、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩を添加した効果が十分ではなく、球状コアの外剛内柔度合が小さくなるおそれがある。 When the content is too small, there is a (d) effect number is added 4-30 amino acids and / or salts thereof carbon is not sufficient, a possibility that the outer-hard inner-soft degree of the spherical core is reduced. また、含有量が多すぎると、得られるコアの硬度が全体的に低下して、反発性が低下するおそれがある。 Further, when the content is too large, the hardness of the resulting core was entirely decreased, the resilience may be lowered. なお、共架橋剤として使用されるアクリル酸亜鉛の表面は、ゴムへの分散性を向上するために炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩で処理されている場合がある。 The surface of the zinc acrylate used as the co-crosslinking agent may carbon atoms in order to improve the dispersibility of the rubber is treated with a 4 to 30 amino acids and / or salts thereof. 炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩で表面処理されたアクリル酸亜鉛を使用する場合、本発明では、表面処理剤である炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の量が(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の含有量に含まれるものとする。 If the number of carbon atoms is used 4 to 30 pieces of the surface treated zinc acrylate with a carboxylic acid and / or its salt, in the present invention, a carbon number of surface treatment agent is 4 to 30 amino acids and / or the amount of the salt is (d) the number of carbon atoms are intended to be included in the content of 4 to 30 amino acids and / or salts thereof. 例えば、炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の表面処理量が10質量%であるアクリル酸亜鉛を25質量部用いた場合には、炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の量が2.5質量部であり、アクリル酸亜鉛の量が22.5質量部とし、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の含有量として、2.5質量部を計上する。 For example, if the number of carbon surface treatment amount of 4 to 30 amino acids and / or salts thereof using 25 parts by weight of zinc acrylate is 10% by weight, 4 to 30 amino acids having a carbon number and / or amount of a salt thereof is 2.5 parts by weight, the amount of zinc acrylate and 22.5 parts by weight, (d) a carboxylic acid number of 4 to 30 carbons and / or content of a salt thereof as a record 2.5 parts by weight.

本発明に用いられるゴム組成物は、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有する。 The rubber composition used in the present invention contains (e) an organic sulfur compound, thiophenols substituted by halogen and / or a metal salt thereof. 前記ゴム組成物が(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有することにより、球状コアの反発性が高くなる。 Wherein the rubber composition (e) organic sulfur compounds, by containing thiophenol and / or a metal salt thereof which is substituted by halogen, resilience of the spherical core is increased.

ハロゲンで置換されたチオフェノール類とは、チオフェノールが有するベンゼン環の水素の少なくとも一つがハロゲンで置換されたチオフェノールの誘導体である。 Been The thiophenols substituted by halogen, a derivative of thiophenol at least one is substituted by halogen of the hydrogen of the benzene ring with the thiophenol. ハロゲンとしては、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素を挙げることができ、塩素または臭素が好ましく、塩素がより好ましい。 The halogen includes fluorine, chlorine, bromine, may be mentioned iodine, chlorine or bromine are preferred, chlorine is more preferable. ハロゲンで置換されたチオフェノール類としては、例えば、4−フルオロチオフェノール、2,4−ジフルオロチオフェノール、2,5−ジフルオロチオフェノール、2,6−ジフルオロチオフェノール、2,4,5−トリフルオロチオフェノール、2,4,5,6−テトラフルオロチオフェノール、ペンタフルオロチオフェノールなどのフルオロ基で置換されたチオフェノール類;2−クロロチオフェノール、4−クロロチオフェノール、2,4−ジクロロチオフェノール、2,5−ジクロロチオフェノール、2,6−ジクロロチオフェノール、2,4,5−トリクロロチオフェノール、2,4,5,6−テトラクロロチオフェノール、ペンタクロロチオフェノールなどのクロロ基で置換されたチオフェノール類;4−ブロモチオフェノー The thiophenols substituted by halogen, e.g., 4-fluorothiophenol, 2,4-difluoro-thiophenol, 2,5-difluoro-thiophenol, 2,6-difluoro-thiophenol, 2,4,5 fluoro thiophenol, 2,4,5,6-tetrafluoro thiophenol, thiophenols substituted with fluoro groups such pentafluorothiophenol; 2-chlorothiophenol, 4-chlorothiophenol, 2,4-dichloro thiophenol, 2,5-dichloro thiophenol, 2,6-dichloro thiophenol, 2,4,5-trichloro thiophenol, 2,4,5,6-tetrachloro-thiophenol, chloro group, such as pentachlorothiophenol thiophenols substituted in; 4-bromo-thio phenol 、2,4−ジブロモチオフェノール、2,5−ジブロモチオフェノール、2,6−ジブロモチオフェノール、2,4,5−トリブロモチオフェノール、2,4,5,6−テトラブロモチオフェノール、ペンタブロモチオフェノールなどのブロモ基で置換されたチオフェノール類;4−ヨードチオフェノール、2,4−ジヨードチオフェノール、2,5−ジヨードチオフェノール、2,6−ジヨードチオフェノール、2,4,5−トリヨードチオフェノール、2,4,5,6−テトラヨードチオフェノール、ペンタヨードチオフェノールなどのヨード基で置換されたチオフェノール類を挙げることができる。 , 2,4-dibromo-thiophenol, 2,5-dibromo-thiophenol, 2,6-dibromo thiophenol, 2,4,5-bromo thiophenol, 2,4,5,6 tetrabromo thiophenol, penta thiophenols substituted by bromo group such as bromo thiophenol; 4-iodo-thiophenol, 2,4-di-iodo-thiophenol, 2,5-di-iodo-thiophenol, 2,6-di-iodo-thiophenol, 2, 4,5-triiodo thiophenol, 2,4,5,6-iodo thiophenol, can be exemplified thiophenol substituted by an iodo group, such as penta iodo thiophenol.

チオフェノール類の金属塩としては、例えば、ナトリウム、リチウム、カリウム、銅(I)、銀(I)などの1価の金属塩、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、ストロンチウム、バリウム、チタン(II)、マンガン(II)、鉄(II)、コバルト(II)、ニッケル(II)、ジルコニウム(II)、スズ(II)等の2価の金属塩が挙げられる。 The metal salt of thiophenol, for example, sodium, lithium, potassium, copper (I), silver monovalent metal salts such as (I), zinc, magnesium, calcium, strontium, barium, titanium (II), manganese (II), iron (II), cobalt (II), nickel (II), zirconium (II), it includes a divalent metal salt of tin (II) or the like.

高い反発性を有する球状コアが得られるという観点から、(e)前記有機硫黄化合物としては、1個〜4個のハロゲンで置換されたチオフェノール類またはその金属塩が好ましい。 From the viewpoint of the spherical core is obtained with high resilience, (e) Examples of the organic sulfur compounds, one to four halogen substituted thiophenol or a metal salt is preferred. (e)前記有機硫黄化合物の好適な具体例としては、2,4−ジクロロチオフェノール、2,6−ジクロロチオフェノール、または、2,4,5−トリクロロチオフェノール、が好ましく、2,6−ジクロロチオフェノール、または、2,4,5−トリクロロチオフェノールがさらに好ましい。 (E) Specific preferable examples of the organic sulfur compound, 2,4-dichloro thiophenol, 2,6-dichloro thiophenol, or 2,4,5-trichloro thiophenol, preferably, 2,6 dichlorothiophenol or, more preferably 2,4,5 thiophenol. 2,6−ジクロロチオフェノール、または、2,4,5−トリクロロチオフェノールは、塩素数が少なく環境に対して好ましい。 2,6-dichloro thiophenol, or 2,4,5-trichloro thiophenol, chlorine atoms preferred for less environment. 特に、2,6−ジクロロチオフェノール、または、2,4,5−トリクロロチオフェノールは、これらの金属塩と比べ、外剛内柔効果が大きくなるので好ましい。 In particular, 2,6-dichloro thiophenol, or 2,4,5-trichloro thiophenol as compared to these metal salts, the outer-hard inner soft effect increases preferable.

(e)前記有機硫黄化合物は、単独もしくは二種以上を混合して使用することができる。 (E) the organic sulfur compounds may be used alone or as a mixture of two or more.

(e)有機硫黄化合物の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.05質量部以上が好ましく、より好ましくは0.1質量部以上であって、5.0質量部以下が好ましく、より好ましくは2.0質量部以下である。 (E) the content of organic sulfur compounds, with respect to (a) 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.05 parts by weight, and more preferably a 0.1 parts by mass or more, 5.0 wt the following are preferred parts, more preferably not more than 2.0 parts by mass. 0.05質量部未満では、(e)有機硫黄化合物を添加した効果が得られず、ゴルフボールの反発性が向上しないおそれがある。 If the amount is less than 0.05 part by weight, there is a possibility that (e) effect of adding an organic sulfur compound can not be obtained, not improved resilience of the golf ball. また、5.0質量部を超えると、得られるゴルフボールの圧縮変形量が大きくなって、反発性が低下するおそれがある。 If it exceeds 5.0 parts by mass, the compression deformation amount of the resulting golf ball is increased, the resilience decreases.

本発明に用いられるゴム組成物が、共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合、ゴム組成物は、必須成分として(f)金属化合物をさらに含有する。 The rubber composition used in the present invention, having 3 to 8 carbon atoms α as a co-crosslinking agent, when containing only β- unsaturated carboxylic acid, the rubber composition comprises as essential components (f) a metal compound further it contains. (f)前記金属化合物としては、ゴム組成物中において(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸を中和することができるものであれば、特に限定されない。 The (f) the metal compound, as long as the rubber composition (b) carbon atoms can neutralize 3-8 alpha, beta-unsaturated carboxylic acid is not particularly limited. (f)前記金属化合物としては、例えば、水酸化マグネシウム、水酸化亜鉛、水酸化カルシウム、水酸化ナトリウム、水酸化リチウム、水酸化カリウム、水酸化銅などの金属水酸化物;酸化マグネシウム、酸化カルシウム、酸化亜鉛、酸化銅などの金属酸化物;炭酸マグネシウム、炭酸亜鉛、炭酸カルシウム、炭酸ナトリウム、炭酸リチウム、炭酸カリウムなどの金属炭酸化物が挙げられる。 (F) the metal compound, for example, magnesium hydroxide, zinc hydroxide, calcium hydroxide, sodium hydroxide, lithium hydroxide, potassium hydroxide, metal hydroxide such as copper hydroxide; magnesium oxide, calcium oxide , zinc oxide, metal oxides such as copper oxide; magnesium carbonate, zinc carbonate, calcium carbonate, sodium carbonate, lithium carbonate, and metal carbonates such as potassium carbonate. (f)前記金属化合物として好ましいのは、二価金属化合物であり、より好ましくは亜鉛化合物である。 (F) Preferred as the metal compound is a divalent metal compound, more preferably a zinc compound. 二価金属化合物は、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸と反応して、金属架橋を形成するからである。 Divalent metal compound having 3 to 8 carbon atoms alpha, reacts with β- unsaturated carboxylic acid, since forming the metal bridge. また、亜鉛化合物を用いることにより、反発性の高いゴルフボールが得られる。 Further, by using a zinc compound, high resilience golf ball is obtained. (f)金属化合物は単独で使用してもよいし、2種以上を併用してもよい。 (F) metal compound may be used alone or in combination of two or more.

本発明に用いられるゴム組成物は、必要に応じて、顔料、重量調整などのための充填剤、老化防止剤、しゃく解剤、軟化剤などの添加剤を含有してもよい。 The rubber composition used in the present invention may optionally contain pigments, fillers such as for weight adjustment, anti-aging agents, peptizers may contain additives such as a softening agent. ゴム組成物に配合される顔料としては、例えば、白色顔料、青色顔料、紫色顔料などを挙げることができる。 Examples of the pigment blended in the rubber composition, for example, white pigments include blue pigments, violet pigments such.

前記白色顔料としては、酸化チタンを使用することが好ましい。 As the white pigment, it is preferable to use titanium oxide. 酸化チタンの種類は、特に限定されないが、隠蔽性が良好であるという理由から、ルチル型を用いることが好ましい。 Type titanium oxide is not particularly limited, the reason that the concealment is good, it is preferable to use the rutile type. また、酸化チタンの含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.5質量部以上が好ましく、より好ましくは2質量部以上であって、8質量部以下が好ましく、より好ましくは5質量部以下である。 The content of titanium oxide with respect to 100 parts by weight of (a) a base rubber, preferably at least 0.5 part by weight, and more preferably be 2 parts by mass or more, preferably at most 8 parts by mass, more it is preferably at most 5 parts by mass.

ゴム組成物が白色顔料と青色顔料とを含有することも好ましい態様である。 It is also preferred that the rubber composition contains a white pigment and a blue pigment. 青色顔料は、白色を鮮やかに見せるために配合され、例えば、群青、コバルト青、フタロシアニンブルーなどを挙げることができる。 Blue pigment is formulated to show the white bright, for example, it can be cited ultramarine, cobalt blue, and phthalocyanine blue. また、前記紫色顔料としては、例えば、アントラキノンバイオレット、ジオキサジンバイオレット、メチルバイオレットなどを挙げることができる。 As examples of the violet pigment, for example, anthraquinone violet, dioxazine violet, and methyl violet.

前記青色顔料の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.001質量部以上が好ましく、より好ましくは0.05質量部以上であって、0.2質量部以下が好ましく、より好ましくは0.1質量部以下である。 The content of the blue pigment, with respect to (a) 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.001 parts by weight, and more preferably an at least 0.05 part by weight, 0.2 parts by mass or less preferably, more preferably not more than 0.1 part by weight. 0.001質量部未満では、青みが不十分で、黄色味がかった色に見え、0.2質量部を超えると、青くなりすぎて、鮮やかな白色外観ではなくなる。 If the amount is less than 0.001 part by weight, blue is insufficient, the color looks yellowish, exceeds 0.2 parts by mass, too blue, is no longer a bright white appearance.

ゴム組成物に用いる充填剤としては、主として最終製品として得られるゴルフボールの重量を調整するための重量調整剤として配合されるものであり、必要に応じて配合すれば良い。 As the filler used in the rubber composition, which is formulated as primarily weight adjusting agent for adjusting the weight of the golf ball obtained as a final product, it may be blended as required. 前記充填剤としては、酸化亜鉛、硫酸バリウム、炭酸カルシウム、酸化マグネシウム、タングステン粉末、モリブデン粉末などの無機充填剤を挙げることができる。 Examples of the filler include zinc oxide, barium sulfate, calcium carbonate, magnesium oxide, tungsten powder, an inorganic filler such as molybdenum powder. 前記充填剤として特に好ましいのは、酸化亜鉛である。 Particularly preferred as the filler is zinc oxide. 酸化亜鉛は、加硫助剤として機能して、球状コア全体の硬度を高めるものと考えられる。 Zinc oxide, functions as a vulcanization aid is considered to increase the hardness of the entire spherical core. 前記充填剤の含有量は、基材ゴム100質量部に対して、0.5質量部以上が好ましく、より好ましくは1質量部以上であって、30質量部以下が好ましく、25質量部以下がより好ましく、20質量部以下がさらに好ましい。 The content of the filler, relative to 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.5 part by weight, more preferably 1 part by mass or more, preferably 30 parts by mass or less, is more than 25 parts by weight even more preferably from 20 parts by mass or less. 充填剤の含有量が0.5質量部未満では、重量調整が難しくなり、30質量部を超えるとゴム成分の重量分率が小さくなり反発性が低下する傾向があるからである。 If the amount is less than 0.5 parts by weight filler content, it becomes difficult to adjust the weight, because more than 30 parts by weight and the resilience weight ratio of the rubber component becomes small tends to be lowered.

前記老化防止剤の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.1質量部以上、1質量部以下であることが好ましい。 The content of the antioxidant, with respect to (a) 100 parts by weight of the base rubber, 0.1 part by weight or more and 1 part by mass or less. また、しゃく解剤の含有量は、(a)基材ゴム100質量部に対して、0.1質量部以上、5質量部以下であることが好ましい。 The content of the peptizing agent with respect to (a) 100 parts by weight of the base rubber, 0.1 part by weight or more and 5 parts by mass or less.

本発明で使用するゴム組成物は、(a)基材ゴム、(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類またはその金属塩、および、必要に応じてその他の添加剤などを混合して、混練することにより得られる。 The rubber composition for use in the present invention, (a) a base rubber, (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof, (c) crosslinking initiator, (d) 4 to 30 amino acids and / or salts thereof carbon atoms, (e) an organic sulfur compound, thiophenols substituted with halogen or a metal salt thereof, and, other additives if necessary by mixing such obtained by kneading. 混練の方法は、特に限定されず、例えば、混練ロール、バンバリーミキサー、ニーダーなどの公知の混練機を用いて行えばよい。 The method of kneading is not particularly limited, for example, kneading roll, Banbury mixer, may be performed using a known kneading machine such as a kneader.

本発明のゴルフボールが有する球状コアは、混練後のゴム組成物を金型内で成形することにより得ることができる。 Spherical core having a golf ball of the present invention, the rubber composition after kneading can be obtained by molding in the mold. 球状コアに成形する温度は、120℃以上が好ましく、150℃以上がより好ましく、160℃以上がさらに好ましく、170℃以下が好ましい。 Temperature of molding the spherical core is preferably at least 120 ° C., more preferably at least 0.99 ° C., more preferably above 160 ° C., preferably 170 ° C. or less. 成形温度が170℃を超えると、コア表面硬度が低下する傾向がある。 When the molding temperature exceeds 170 ° C., the core surface hardness tends to be lowered. また、成形時の圧力は、2.9MPa〜11.8MPaが好ましい。 The pressure during molding is, 2.9 MPa to 11.8 MPa being preferred. 成形時間は、10分間〜60分間が好ましい。 Molding time is preferably 10 minutes to 60 minutes.

前記球状コアは、コア半径を12.5%間隔で等分した9点で測定した硬度と、コア中心からの距離とをプロットしたときに、最小二乗法によって求めた線形近似曲線のR が0.90以上であることが好ましい。 The spherical core has a hardness measured by 9 points obtained by equally dividing the core radius in 12.5% intervals, when plotting the distance from the core center, the R 2 of a linear approximation curve obtained by the least square method it is preferable that not less than 0.90. 球状コアの硬度は、球状コアの任意の半径を12.5%間隔で等分した9点でJIS−C硬度を測定する。 The hardness of the spherical core, measures the JIS-C hardness at nine points obtained by equally dividing an arbitrary radius of the spherical core 12.5% ​​intervals. すなわち、コア中心からの距離が0%(コア中心)、12.5%、25%、37.5%、50%、62.5%、75%、87.5%、100%(コア表面)の9点において、JIS−C硬度を測定する。 That is, the distance from the core center 0% (core center), 12.5%, 25%, 37.5%, 50%, 62.5%, 75%, 87.5%, 100% (core surface) in nine points, measuring the JIS-C hardness. 次に、上記のように測定されたJIS−C硬度を縦軸とし、コア中心からの距離(%)を横軸として、測定結果をプロットしてグラフを作成する。 Next, the measured JIS-C hardness as described above on the vertical axis, the horizontal axis a distance from the core center (%), to create a graph by plotting the measurement results. 本発明では、このプロットから最小二乗法により求めた線形近似曲線のR が、0.90以上であることが好ましい。 In the present invention, R 2 of a linear approximation curve obtained by the least square method from the plot, is preferably 0.90 or more. 最小二乗法によって求めた線形近似曲線のR は、得られたプロットの直線性を指標するものである。 R 2 of a linear approximation curve obtained by the least square method is to index the linearity of the resulting plots. 本発明において、R が0.90以上であれば、球状コアの硬度分布が略直線であることを意味する。 In the present invention, if R 2 is 0.90 or more, the hardness distribution of the core is meant to be a substantially straight line. 硬度分布が略直線状である球状コアを用いたゴルフボールは、ドライバーショットのスピン量が低下する。 Golf ball hardness distribution was used spherical core is substantially linear, the spin rate on driver shots is decreased. その結果、ドライバーショットの飛距離が大きくなる。 As a result, the flight distance of the driver shots becomes larger. 前記線形近似曲線のR は、0.93以上がより好ましく、0.95以上がさらに好ましい。 R 2 of the linear approximation curve is more preferably 0.93 or more, more preferably 0.95 or more. 直線性が高まることによって、ドライバーショットの飛距離がより大きくなる。 By linearity is increased, the flight distance on driver shots becomes larger.

前記球状コアの表面硬度Hsと中心硬度Hoとの硬度差(Hs−Ho)は、JIS−C硬度で、25以上が好ましく、30以上がより好ましく、80以下が好ましく、70以下がより好ましく、60以下がさらに好ましい。 Hardness difference between the surface hardness Hs and the center hardness Ho of the spherical core (Hs-Ho) is a JIS-C hardness is preferably 25 or more, more preferably 30 or more, preferably 80 or less, more preferably 70 or less, more preferably 60 or less. コア表面とコア中心の硬度差が大きいと、高打出角および低スピンの飛距離が大きいゴルフボールが得られる。 If the hardness difference between the core surface and the core center is great, the golf ball is obtained distance high launch angle and low spin rate.

球状コアの中心硬度Hoは、JIS−C硬度で、30以上であることが好ましく、より好ましくは40以上、さらに好ましくは45以上である。 Center hardness Ho of the spherical core is a JIS-C hardness is preferably 30 or more, more preferably 40 or more, more preferably 45 or more. 球状コアの中心硬度HoがJIS−C硬度で30未満であると、軟らかくなりすぎて反発性が低下する場合がある。 If the center hardness Ho of the spherical core is less than 30 in JIS-C hardness, sometimes resilience too soft decreases. また、球状コアの中心硬度Hoは、JIS−C硬度で70以下であることが好ましく、より好ましくは65以下であり、さらに好ましくは60以下である。 The center hardness Ho of the spherical core is preferably 70 or less in JIS-C hardness, more preferably 65 or less, more preferably 60 or less. 前記中心硬度HoがJIS−C硬度で70を超えると、硬くなり過ぎて、打球感が低下する傾向があるからである。 When the center hardness Ho exceeds 70 in JIS-C hardness becomes too hard and the shot feeling tends to be lowered.

球状コアの表面硬度Hsは、JIS−C硬度で、78以上が好ましく、80以上がより好ましく、100以下が好ましく、95以下がより好ましい。 Surface hardness Hs of the spherical core is a JIS-C hardness is preferably 78 or more, more preferably 80 or more, preferably 100 or less, more preferably 95 or less. 前記球状コアの表面硬度を、JIS−C硬度で78以上とすることにより、球状コアが軟らかくなり過ぎることがなく、良好な反発性が得られる。 The surface hardness of the spherical core, by 78 or more in JIS-C hardness, without spherical core is too soft, good resilience is obtained. また、前記球状コアの表面硬度をJIS−C硬度で100以下とすることにより、球状コアが硬くなり過ぎず、良好な打球感が得られる。 Further, by 100 or less in the surface hardness of the spherical core JIS-C hardness, the spherical core does not become too hard, good shot feeling is obtained.

前記球状コアの直径は、34.8mm以上が好ましく、より好ましくは36.8mm以上、さらに好ましくは38.8mm以上であり、42.2mm以下が好ましく、41.8mm以下がより好ましく、さらに好ましくは41.2mm以下であり、最も好ましくは40.8mm以下である。 The diameter of the spherical core is preferably at least 34.8 mm, more preferably 36.8mm or more, more preferably not more than 38.8 mm, preferably not more than 42.2 mm, more preferably at most 41.8 mm, more preferably and at 41.2mm or less, and most preferably not more than 40.8 mm. 前記球状コアの直径が34.8mm以上であれば、カバーの厚みが厚くなり過ぎず、反発性がより良好となる。 If the diameter of the spherical core is 34.8mm or more, not too the thickness of the cover is thick, the resilience becomes better. 一方、球状コアの直径が42.2mm以下であれば、カバーが薄くなり過ぎず、カバーの機能がより発揮される。 On the other hand, the diameter of the spherical core is equal to or less than 42.2 mm, the cover does not become too thin, the cover functions better.

前記球状コアは、直径34.8mm〜42.2mmの場合、初期荷重98Nを負荷した状態から終荷重1275Nを負荷したときまでの圧縮変形量(圧縮方向にコアが縮む量)が、2.0mm以上が好ましく、より好ましくは2.8mm以上、6.0mm以下が好ましく、より好ましくは5.0mm以下である。 The spherical core, when the diameter 34.8Mm~42.2Mm, deformation amount from an initial load state of 98N until a final load 1275 N (amount of core shrinks in the compression direction), 2.0 mm or more, more preferably 2.8mm or more preferably equal to or less than 6.0 mm, more preferably 5.0mm or less. 前記圧縮変形量が、2.0mm以上であれば打球感がより良好となり、6.0mm以下であれば、反発性がより良好となる。 If the compression deformation amount is equal to or 2.0mm or more shot feeling becomes better, if 6.0mm or less, the resilience becomes better.

本発明のゴルフボールのカバーは、樹脂成分を含有するカバー用組成物から形成される。 The cover of the golf ball of the present invention is formed from a cover composition containing a resin component. 前記樹脂成分としては、例えば、アイオノマー樹脂、BASFジャパン(株)から商品名「エラストラン(登録商標)」で市販されている熱可塑性ポリウレタンエラストマー、アルケマ(株)から商品名「ペバックス(登録商標)」で市販されている熱可塑性ポリアミドエラストマー、東レ・デュポン(株)から商品名「ハイトレル(登録商標)」で市販されている熱可塑性ポリエステルエラストマー、三菱化学(株)から商品名「ラバロン(登録商標)」で市販されている熱可塑性スチレンエラストマーなどが挙げられる。 As the resin component, for example, ionomer resins, commercially available from BASF Japan Ltd., "Elastollan (registered trademark)" thermoplastic polyurethane elastomers commercially available under the trade name from Arkema Inc. "Pebax (registered trademark) a thermoplastic polyester elastomer having a commercial name of "thermoplastic polyester elastomer commercially available under the trade name from DuPont-Toray Co., Ltd.," Hytrel (registered trademark) ", trade name of Mitsubishi Chemical Corporation" Rabalon (R ) "and a thermoplastic styrene elastomer commercially available are exemplified in.

前記アイオノマー樹脂としては、例えば、オレフィンと炭素数3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸との二元共重合体中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和したもの、オレフィンと炭素数3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸とα,β−不飽和カルボン酸エステルとの三元共重合体のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和したもの、あるいは、これらの混合物を挙げることができる。 Those As the ionomer resin, for example, that the number of 3 to 8 olefin and carbon alpha, of the carboxyl groups of the binary copolymer composed of an β- unsaturated carboxylic acid at least a portion is neutralized with metal ion, an olefin and having 3 to 8 carbon atoms alpha, those beta-unsaturated carboxylic acids and alpha, beta-terpolymer of an unsaturated carboxylic acid ester at least part of the carboxyl groups is neutralized with metal ions, or You can mixtures thereof. 前記オレフィンとしては、炭素数が2〜8個のオレフィンが好ましく、例えば、エチレン、プロピレン、ブテン、ペンテン、ヘキセン、ヘプテン、オクテン等を挙げることができ、特にエチレンが好ましい。 The olefin preferably includes 2 to 8 olefin carbon number, for example, ethylene, propylene, butene, pentene, hexene, heptene and octene, ethylene is particularly preferred. 前記炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸としては、例えば、アクリル酸、メタクリル酸、フマル酸、マレイン酸、クロトン酸等が挙げられ、特にアクリル酸またはメタクリル酸が好ましい。 Wherein having 3 to 8 carbon atoms alpha, as the β- unsaturated carboxylic acids, such as acrylic acid, methacrylic acid, fumaric acid, maleic acid, crotonic acid and the like, especially acrylic acid or methacrylic acid. また、α,β−不飽和カルボン酸エステルとしては、例えば、アクリル酸、メタクリル酸、フマル酸、マレイン酸等のメチル、エチル、プロピル、n−ブチル、イソブチルエステル等が用いられ、特にアクリル酸エステルまたはメタクリル酸エステルが好ましい。 Furthermore, alpha, beta-unsaturated carboxylic acid esters, for example, acrylic acid, methacrylic acid, fumaric acid, methyl maleic acid, ethyl, propyl, n- butyl, isobutyl ester and the like are used, in particular acrylic acid ester or methacrylic acid esters are preferred. これらのなかでも、前記アイオノマー樹脂としては、エチレン−(メタ)アクリル酸二元共重合体の金属イオン中和物、エチレン−(メタ)アクリル酸−(メタ)アクリル酸エステル三元共重合体の金属イオン中和物が好ましい。 Among these, examples of the ionomer resins, ethylene - (meth) metal ion neutralized product of acrylic acid binary copolymer, ethylene - (meth) acrylic acid ester terpolymer - (meth) acrylic acid metal ion neutralized product is preferred.

前記アイオノマー樹脂の具体例を商品名で例示すると、三井デュポンポリケミカル(株)から市販されている「ハイミラン(Himilan)(登録商標)(例えば、ハイミラン1555(Na)、ハイミラン1557(Zn)、ハイミラン1605(Na)、ハイミラン1706(Zn)、ハイミラン1707(Na)、ハイミランAM3711(Mg)などが挙げられ、三元共重合体アイオノマー樹脂としては、ハイミラン1856(Na)、ハイミラン1855(Zn)など)」が挙げられる。 If Specific examples of the ionomer resin include trade name available from Mitsui Du Pont Polychemical Co., Ltd. "Himilan (binary copolymerized ionomer) (R) (e.g., Hi-milan 1555 (Na), Hi-milan 1557 (Zn), Hi-milan 1605 (Na), Hi-milan 1706 (Zn), Hi-milan 1707 (Na), such as Hi-milan AM3711 (Mg) and examples of the ternary copolymer ionomer resin, Hi-milan 1856 (Na), Hi-milan 1855 (Zn), etc.) "and the like.

さらにデュポン社から市販されているアイオノマー樹脂としては、「サーリン(Surlyn)(登録商標)(例えば、サーリン8945(Na)、サーリン9945(Zn)、サーリン8140(Na)、サーリン8150(Na)、サーリン9120(Zn)、サーリン9150(Zn)、サーリン6910(Mg)、サーリン6120(Mg)、サーリン7930(Li)、サーリン7940(Li)、サーリンAD8546(Li)などが挙げられ、三元共重合体アイオノマー樹脂としては、サーリン8120(Na)、サーリン8320(Na)、サーリン9320(Zn)、サーリン6320(Mg)、HPF1000(Mg)、HPF2000(Mg)など)」が挙げられる。 Still ionomer resins available from DuPont, "Surlyn (Surlyn) (R) (for example, Surlyn 8945 (Na), Surlyn 9945 (Zn), Surlyn 8140 (Na), Surlyn 8150 (Na), Surlyn 9120 (Zn), Surlyn 9150 (Zn), Surlyn 6910 (Mg), Surlyn 6120 (Mg), Surlyn 7930 (Li), Surlyn 7940 (Li), etc. Surlyn AD8546 (Li) can be mentioned, terpolymers the ionomer resin, Surlyn 8120 (Na), Surlyn 8320 (Na), Surlyn 9320 (Zn), Surlyn 6320 (Mg), HPF1000 (Mg), include HPF 2000 (Mg), etc.). "

またエクソンモービル化学(株)から市販されているアイオノマー樹脂としては、「アイオテック(Iotek)(登録商標)(例えば、アイオテック8000(Na)、アイオテック8030(Na)、アイオテック7010(Zn)、アイオテック7030(Zn)などが挙げられ、三元共重合体アイオノマー樹脂としては、アイオテック7510(Zn)、アイオテック7520(Zn)など)」が挙げられる。 As the ionomer resin commercially available from ExxonMobil Chemical Co., "Iotek (Iotek) (R) (e.g., Iotek 8000 (Na), Iotek 8030 (Na), Iotek 7010 (Zn), lotek 7030 ( Zn), and examples of the ternary copolymer ionomer resin, Iotek 7510 (Zn), include Iotek 7520 (Zn), etc.). "

なお、前記アイオノマー樹脂の商品名の後の括弧内に記載したNa、Zn、Li、Mgなどは、これらの中和金属イオンの金属種を示している。 Incidentally, Na described in parentheses after the trade name of the ionomer resin, Zn, Li, Mg, etc., indicates the kind of metal used for neutralization. 前記アイオノマー樹脂は、単独で若しくは2種以上を混合して使用しても良い。 The ionomer resin may be used alone or as a mixture of two or more.

本発明のゴルフボールのカバーを構成するカバー用組成物は、樹脂成分として、熱可塑性ポリウレタンエラストマーまたはアイオノマー樹脂を含有することが好ましい。 Golf cover composition constituting the cover of the ball of the present invention, as the resin component preferably contains a thermoplastic polyurethane elastomer or an ionomer resin. アイオノマー樹脂を使用する場合には、熱可塑性スチレンエラストマーを併用することも好ましい。 In case of using the ionomer resin, it is preferred to use a thermoplastic styrene elastomer. カバー用組成物の樹脂成分中のポリウレタンまたはアイオノマー樹脂の含有率は、50質量%以上が好ましく、60質量%以上がより好ましく、70質量%以上がさらに好ましい。 The content of the polyurethane or ionomer resin of the resin component of the cover composition is preferably at least 50 wt%, more preferably at least 60 wt%, even more preferably 70 mass% or more.

前記カバー用組成物は、上述した樹脂成分のほか、白色顔料(例えば、酸化チタン)、青色顔料、赤色顔料などの顔料成分、酸化亜鉛、炭酸カルシウムや硫酸バリウムなどの重量調整剤、分散剤、老化防止剤、紫外線吸収剤、光安定剤、蛍光材料または蛍光増白剤などを、カバーの性能を損なわない範囲で含有してもよい。 The cover composition, in addition to the resin components described above, a white pigment (e.g., titanium oxide), pigment component, such as a blue pigment, a red pigment, zinc oxide, the weight adjusting agent such as calcium carbonate and barium sulfate, a dispersant, antioxidant, ultraviolet absorber, light stabilizer, a fluorescent material or a fluorescent brightener, may be incorporated within a range not to impair the performance of the cover.

前記白色顔料(例えば、酸化チタン)の含有量は、カバーを構成する樹脂成分100質量部に対して、0.5質量部以上が好ましく、より好ましくは1質量部以上であって、10質量部以下が好ましく、より好ましくは8質量部以下である。 The white pigment (e.g., titanium oxide) content of, with respect to 100 parts by mass of the resin component constituting the cover, preferably at least 0.5 part by weight, more preferably 1 part by mass or more, 10 parts by weight or less, more preferably 8 parts by mass or less. 白色顔料の含有量を0.5質量部以上とすることによって、カバーに隠蔽性を付与することができる。 The amount of the white pigment is 0.5 part by mass or more, it is possible to provide opacity to cover. また、白色顔料の含有量が10質量部超になると、得られるカバーの耐久性が低下する場合があるからである。 If the amount of the white pigment is more than 10 parts by mass, there is a case where the durability of the resultant cover may deteriorate.

前記カバー用組成物のスラブ硬度は、所望のゴルフボールの性能に応じて適宜設定することが好ましい。 Slab hardness of the cover composition is preferably appropriately set according to the desired performance of the golf ball. 例えば、飛距離を重視するディスタンス系のゴルフボールの場合、カバー用組成物のスラブ硬度は、ショアD硬度で50以上が好ましく、55以上がより好ましく、80以下が好ましく、70以下がより好ましい。 For example, if the distance golf ball which focuses the distance, the slab hardness of the cover composition is preferably 50 or more in Shore D hardness, more preferably 55 or more, preferably 80 or less, more preferably 70 or less. カバー用組成物のスラブ硬度を50以上にすることにより、ドライバーショットおよびアイアンショットにおいて、高打出角で低スピンのゴルフボールが得られ、飛距離が大きくなる。 By the slab hardness of the cover composition in 50 above, in driver shots and iron shots, low spin golf balls are obtained in high launch angle, carry distance increases. また、カバー用組成物のスラブ硬度を80以下とすることにより、耐久性に優れたゴルフボールが得られる。 Further, by setting the slab hardness of the cover composition and 80 or less, the golf ball can be obtained having excellent durability. また、コントロール性を重視するスピン系のゴルフボールの場合、カバー用組成物のスラブ硬度は、ショアD硬度で、50未満が好ましく、20以上が好ましく、25以上がより好ましい。 Further, when the golf ball spin system that emphasizes controllability, slab hardness of the cover composition is preferably in Shore D hardness, preferably less than 50, preferably 20 or more, more preferably 25 or more. カバー用組成物のスラブ硬度が、ショアD硬度で50未満であれば、ドライバーショットでは、本発明のコアにより、高飛距離化が図れるとともに、アプローチショットのスピン量が高くなり、グリーン上で止まりやすいゴルフボールが得られる。 Slab hardness of the cover composition is, if less than 50 in Shore D hardness, the driver shots, the core of the present invention, together with attained is great flight distance of, the higher the spin rate on approach shots, easy stop on the green golf ball can be obtained. また、スラブ硬度を20以上とすることにより、耐擦過傷性が向上する。 Also, by placing the slab hardness of 20 or more, the abrasion resistance is improved. 複数のカバー層の場合は、各層を構成するカバー用組成物のスラブ硬度は、上記範囲内であれば、同一あるいは異なっても良い。 For multiple cover layers, slab hardness of the cover composition constituting each layer is set in the above-mentioned range, it may be the same or different.

本発明のゴルフボールのカバーを成形する方法としては、例えば、カバー用組成物から中空殻状のシェルを成形し、コアを複数のシェルで被覆して圧縮成形する方法(好ましくは、カバー用組成物から中空殻状のハーフシェルを成形し、コアを2枚のハーフシェルで被覆して圧縮成形する方法)、あるいは、カバー用組成物をコア上に直接射出成形する方法を挙げることができる。 As a method for forming a cover of a golf ball of the present invention, for example, by forming a hollow shell-like shell from the cover composition, a method of compression molding by covering the core with a plurality of shells (preferably, the composition for the cover molding a hollow shell-like half-shells from the object, a method for compression molding by covering the core with two half shells), or may be a method of molding the cover composition on the core.

圧縮成形法によりカバーを成形する場合、ハーフシェルの成形は、圧縮成形法または射出成形法のいずれの方法によっても行うことができるが、圧縮成形法が好適である。 When molding the cover in a compression molding method, molding of the half shell can be performed by either compression molding method or injection molding method, compression molding method is preferred. カバー用組成物を圧縮成形してハーフシェルに成形する条件としては、例えば、1MPa以上、20MPa以下の圧力で、カバー用組成物の流動開始温度に対して、−20℃以上、70℃以下の成形温度を挙げることができる。 The conditions for molding the half shells by compression molding the cover composition, for example, 1 MPa or more, at pressures 20 MPa, relative to the flow beginning temperature of the cover composition, -20 ° C. or more, less 70 ° C. mention may be made of the molding temperature. 前記成形条件とすることによって、均一な厚みをもつハーフシェルを成形できる。 By performing the molding under the above conditions can be molded half shells with a uniform thickness. ハーフシェルを用いてカバーを成形する方法としては、例えば、コアを2枚のハーフシェルで被覆して圧縮成形する方法を挙げることができる。 As a method for molding the cover using half shells, for example, a method of compression molding by covering the core with two half shells. ハーフシェルを圧縮成形してカバーに成形する条件としては、例えば、0.5MPa以上、25MPa以下の成形圧力で、カバー用組成物の流動開始温度に対して、−20℃以上、70℃以下の成形温度を挙げることができる。 The conditions for molding the cover by compression molding the half-shells, for example, 0.5 MPa or more, the following molding pressure 25 MPa, relative to the flow beginning temperature of the cover composition, -20 ° C. or more, less 70 ° C. mention may be made of the molding temperature. 前記成形条件とすることによって、均一なカバー厚みを有するゴルフボールカバーを成形できる。 By performing the molding under the above conditions can be molded golf ball cover having a uniform thickness.

カバー用組成物を射出成形してカバーを成形する場合、押出して得られたペレット状のカバー用組成物を用いて射出成形しても良いし、あるいは、基材樹脂成分や顔料などのカバー用材料をドライブレンドして直接射出成形してもよい。 When molding the cover by injection molding the cover composition may be injection molded using the resulting pellet-like cover composition by extrusion, or, cover such base resin component and a pigment material may be injection molded directly by dry blending. カバー成形用上下金型としては、半球状キャビティを有し、ピンプル付きで、ピンプルの一部が進退可能なホールドピンを兼ねているものを使用することが好ましい。 The upper and lower molds for forming the cover, have a spherical cavity with pimples, it is preferable that a portion of the pimples is used which also serves as a retractable hold pin. 射出成形によるカバーの成形は、ホールドピンを突き出し、コアを投入してホールドさせた後、カバー用組成物を注入して、冷却することによりカバーを成形することができ、例えば、9MPa〜15MPaの圧力で型締めした金型内に、200℃〜250℃に加熱したカバー用組成物を0.5秒〜5秒で注入し、10秒〜60秒間冷却して型開きすることにより行う。 When forming the cover by injection molding, protruded hold pin, after held by introducing the core, and injecting a cover composition can be molded to cover by cooling, for example, the 9MPa~15MPa the mold clamping was a mold at a pressure, the cover composition was heated to 200 ° C. to 250 DEG ° C. was injected at 0.5 to 5 seconds, the mold is opened and cooled 10 seconds to 60 seconds.

カバーには、通常、表面にディンプルと呼ばれるくぼみが形成される。 The cover typically depressions called dimples formed on the surface. ディンプルの総数は、200個以上500個以下が好ましい。 The total number of the dimples is preferably 200 or more and 500 or less. ディンプルの総数が200個未満では、ディンプルの効果が得られにくい。 The total number of the dimples is less than 200, the effect of the dimples is hardly obtained. また、ディンプルの総数が500個を超えると、個々のディンプルのサイズが小さくなり、ディンプルの効果が得られにくい。 Further, when the total number of the dimples is more than 500, the size of the individual dimples is small, the effect of the dimples is hardly obtained. 形成されるディンプルの形状(平面視形状)は、特に限定されるものではなく、円形;略三角形、略四角形、略五角形、略六角形などの多角形;その他不定形状;を単独で使用してもよいし、2種以上を組合せて使用してもよい。 The shape of the dimples to be formed (plan view shape) is not limited in particular, circular; substantially triangular, substantially rectangular, substantially pentagonal, polygonal such as substantially hexagonal shape, another irregular shape. The shape of the used alone it may be, may be used in combination of two or more thereof.

前記カバーの厚みは、4.0mm以下が好ましく、より好ましくは3.0mm以下、さらに好ましくは2.0mm以下である。 The thickness of the cover is preferably 4.0mm or less, more preferably 3.0mm or less, more preferably 2.0mm or less. カバーの厚みが4.0mm以下であれば、得られるゴルフボールの反発性や打球感がより良好となる。 If the thickness of the cover is 4.0mm or less, the resilience and shot feeling of the obtained golf ball becomes better. 前記カバーの厚みは、0.3mm以上が好ましく、0.5mm以上がより好ましく、さらに好ましくは0.8mm以上、特に好ましくは1.0mm以上である。 The thickness of the cover is preferably more than 0.3 mm, more preferably at least 0.5 mm, more preferably 0.8mm or more, and particularly preferably less than 1.0mm. カバーの厚みが0.3mm未満では、カバーの耐久性や耐摩耗性が低下する場合がある。 The thickness of the cover is less than 0.3 mm, there is the durability and the wear resistance of the cover is lowered. 複数のカバー層の場合は、複数のカバー層の合計厚みが上記範囲であることが好ましい。 For multiple cover layers, it is preferred that the total thickness of the plurality of cover layer within the above range.

カバーが成形されたゴルフボール本体は、金型から取り出し、必要に応じて、バリ取り、洗浄、サンドブラストなどの表面処理を行うことが好ましい。 Golf ball body cover is molded, removed from the mold, if necessary, deburring, cleaning, it is preferable to perform surface treatment such as sand blasting. また、所望により、塗膜やマークを形成することもできる。 If desired, it is also possible to form a coating film or a mark. 前記塗膜の膜厚は、特に限定されないが、5μm以上が好ましく、7μm以上がより好ましく、50μm以下が好ましく、40μm以下がより好ましく、30μm以下がさらに好ましい。 Thickness of the coating film is not particularly limited, is preferably at least 5 [mu] m, more preferably at least 7 [mu] m, preferably 50μm or less, more preferably 40 [mu] m, more preferably 30μm or less. 膜厚が5μm未満になると継続的な使用により塗膜が摩耗消失しやすくなり、膜厚が50μmを超えるとディンプルの効果が低下してゴルフボールの飛行性能が低下するからである。 Thickness is the coating film tends to wear abolished by continued use and less than 5 [mu] m, the film thickness is decreased, the effect of dimples exceeds 50μm flight performance of the golf ball is lowered.

本発明のゴルフボールは、直径40mm〜45mmの場合、初期荷重98Nを負荷した状態から終荷重1275Nを負荷したときの圧縮変形量(圧縮方向に縮む量)は、2.0mm以上であることが好ましく、より好ましくは2.4mm以上であり、さらに好ましくは2.5mm以上であり、最も好ましくは2.8mm以上であり、5.0mm以下であることが好ましく、より好ましくは4.5mm以下である。 The golf ball of the present invention, when the diameter 40Mm~45mm, compressive deformation amount when a final load 1275N from an initial load state of 98 N (amount contracted in the compression direction) is not less 2.0mm or more preferably, more preferably 2.4mm or more, more preferably at 2.5mm or more, most preferably 2.8mm or more, preferably 5.0mm or less, more preferably 4.5mm or less is there. 前記圧縮変形量が2.0mm以上のゴルフボールは、硬くなり過ぎず、打球感が良い。 The amount of compressive deformation is 2.0mm or more, the golf ball does not become too hard, good shot feeling. 一方、圧縮変形量を5.0mm以下にすることにより、反発性が高くなる。 On the other hand, if the compression deformation amount in 5.0mm or less, the resilience is enhanced.

本発明のゴルフボールの構造は、球状コアと、前記球状コアを被覆する一層以上のカバーとを有するものであれば、特に限定されない。 For a golf ball of the present invention, as long as it has a spherical core and at least one cover layer covering the spherical core is not particularly limited. 図1は、本発明の一実施形態に係るゴルフボール2が示された一部切り欠き断面図である。 Figure 1 is a partially cutaway sectional view showing the golf ball 2 according to an embodiment of the present invention. ゴルフボール2は、球状コア4と、球状コア4を被覆するカバー12とを有する。 The golf ball 2 has a spherical core 4, and a cover 12 covering the spherical core 4. このカバーの表面には、多数のディンプル14が形成されている。 On the surface of the cover, a large number of dimples 14 are formed. このゴルフボール2の表面のうち、ディンプル14以外の部分は、ランド16である。 Of the surface of the golf ball 2, a part other than the dimples 14 is a land 16. このゴルフボール2は、カバー12の外側にペイント層およびマーク層を備えているが、これらの層の図示は省略されている。 The golf ball 2 is provided with a paint layer and a mark layer on the external side of the cover 12, although these layers are omitted.

前記球状コアは、単層構造であることが好ましい。 The spherical core is preferably a single-layer structure. 単層構造の球状コアは、多層構造の界面における打撃時のエネルギーロスがなく、反発性が向上するからである。 The spherical core of a single-layer structure, there is no energy loss at the time of hitting at the interface of a multilayer structure, and thus has an improved resilience. また、カバーは、一層以上の構造であればよく、単層構造、あるいは、少なくとも二層以上の多層構造を有していてもよい。 The cover has a structure of at least one layer, the single layer structure, or may have at least two or more layers of a multilayer structure. 本発明のゴルフボールとしては、例えば、球状コアと前記球状コアを被覆するように配設された単層のカバーとからなるツーピースゴルフボール;球状コアと前記球状コアを被覆するように配設された二層以上のカバーを有するマルチピースゴルフボール(スリーピースゴルフボールを含む);球状コアと前記球状コアの周囲に設けられた糸ゴム層と、前記糸ゴム層を被覆するように配設されたカバーとを有する糸巻きゴルフボールなどを挙げることができる。 The golf ball of the present invention, for example, two-piece golf ball comprising a cover disposed monolayer so as to cover the spherical core and the spherical core; disposed so as to cover the spherical core and the spherical core and (including the three-piece golf ball) a multi-piece golf balls having two or more layers of the cover; and the thread rubber layer provided on the periphery of the spherical core and the spherical core, disposed so as to cover the rubber thread layer or the like can be mentioned a wound golf ball having a cover. 上記いずれの構造のゴルフボールにも本発明を好適に利用できる。 The may suitably utilize the present invention to a golf ball of any structure.

以下、本発明を実施例によって詳細に説明するが、本発明は、下記実施例によって限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲の変更、実施の態様は、いずれも本発明の範囲内に含まれる。 Hereinafter, the present invention will be described examples in detail, the present invention is not intended to be below embodiments thereof, changes without departing from the spirit and scope of the present invention, aspects of the embodiments are all of the present invention It is included within the scope.

[評価方法] [Evaluation method]
(1)圧縮変形量(mm) (1) Compression deformation amount (mm)
コアまたはゴルフボールに初期荷重98Nを負荷した状態から終荷重1275Nを負荷したときまでの圧縮方向の変形量(圧縮方向にコアまたはゴルフボールが縮む量)を測定した。 Deformation amount in the compression direction from the state in which the core or the golf ball has an initial load 98N until a final load 1275N (the amount of core or golf ball in the compression direction retracts) was measured.

(2)反発係数 各コアまたはゴルフボールに198.4gの金属製円筒物を40m/秒の速度で衝突させ、衝突前後の前記円筒物およびコアまたはゴルフボールの速度を測定し、それぞれの速度および質量から各コアまたはゴルフボールの反発係数を算出した。 (2) a metal cylindrical object 198.4g the coefficient of restitution each core or golf ball was struck at a speed of 40 m / sec, to measure the speed of the cylindrical object and the core or golf ball before and after the collision, the respective speeds and It was calculated restitution coefficient of each core or golf ball from the mass. 測定は各コアまたはゴルフボールについて12個ずつ行って、その平均値をそのコアまたはゴルフボールの反発係数とした。 The measurement was conducted by using 12 pieces for each core or golf ball, and the average value and the coefficient of restitution of the core or golf ball. なお、反発係数は、表3〜表5において、ゴルフボール(コア)No. Incidentally, the coefficient of restitution, in Table 3 to Table 5, the golf ball (core) No. 10との反発係数との差で示した。 It indicated by the difference between the coefficient of restitution and 10.

(3)スラブ硬度(ショアD硬度) (3) slab hardness (Shore D hardness)
カバー用組成物を用いて、射出成形により、厚み約2mmのシートを作製し、23℃で2週間保存した。 With cover composition, by injection molding, to produce a sheet having a thickness of about 2 mm, were stored for 2 weeks at 23 ° C.. このシートを、測定基板などの影響が出ないように、3枚以上重ねた状態で、ASTM−D2240に規定するスプリング式硬度計ショアD型を備えた高分子計器社製自動ゴム硬度計P1型を用いて測定した。 The sheet, so as not to be affected by the measuring substrate, in a state of overlapping three or more, manufactured by Kobunshi Keiki Co., Ltd. P1 type auto hardness tester equipped with a Shore D type spring hardness tester which complies to ASTM-D2240 standard It was measured using a.

(4)コア硬度分布(JIS−C硬度) (4) Core hardness distribution (JIS-C hardness)
スプリング式硬度計JIS−C型を備えた高分子計器社製自動ゴム硬度計P1型を用いて、コアの表面部において測定したJIS−C硬度をコア表面硬度とした。 Using Kobunshi Keiki Co. P1 type auto hardness tester with a spring hardness tester JIS-C type, and the JIS-C hardness measured at the surface of the core and the core surface hardness. また、コアを半球状に切断し、切断面の中心、および、中心から所定の距離において硬度を測定した。 Further, by cutting the core into hemispherical center of the cut surface, and the hardness was measured at a predetermined distance from the center.
なお、コア硬度は、コア断面の中心から所定の距離の4点で硬度を測定して、これらを平均することにより算出した。 The core hardness, by measuring the hardness from the center of the core cross section at four points of a predetermined distance, was calculated by averaging the.

(5)ドライバー飛距離(m)およびスピン量(rpm) (5) driver distance (m) and spin rate (rpm)
ゴルフラボラトリー社製のスイングロボットM/Cに、メタルヘッド製W#1ドライバー(SRIスポーツ社製、XXIO S ロフト11°)を取り付け、ヘッドスピード40m/秒でゴルフボールを打撃し、打撃直後のゴルフボールのスピン速度、ならびに飛距離(発射始点から静止地点までの距離)を測定した。 Golf Laboratories, Inc. of a swing robot M / C, fitted with a W # 1 metal head driver (SRI Sports Ltd., XXIO S loft 11 °), and hit the golf ball at a head speed of 40m / sec., Immediately after the hit golf spin speed of the ball, as well as to measure the distance (the distance from the launch point to the stop point). 測定は、各ゴルフボールについて12回ずつ行って、その平均値をそのゴルフボールの測定値とした。 This measurement was conducted twelve times for each golf ball, and the average value and the measured value of the golf ball. なお、打撃直後のゴルフボールのスピン速度は、打撃されたゴルフボールを連続写真撮影することによって測定した。 It should be noted that the spin rate of the golf ball immediately after the hit was determined by sequence of photographs of the golf ball is hit. ドライバー飛距離およびスピン量は、表3〜表5において、ゴルフボール(コア)No. Driver flight distance and spin rate, in Table 3 to Table 5, the golf ball (core) No. 10との差で示した。 It is shown by the difference between the 10.

[ゴルフボールの作製] [Production of golf ball]
(1)コアの作製 表3〜表5に示す配合のゴム組成物を混練ロールにより混練し、半球状キャビティを有する上下金型内で170℃、20分間加熱プレスすることにより直径39.8mmの球状コアを得た。 (1) the formulation shown in making Tables 3 5 of the core rubber composition were kneaded by a kneading roll, 170 ° C. in a upper and lower molds having a spherical cavity of diameter 39.8mm by hot pressing for 20 minutes to obtain spherical core.

BR730:JSR社製、ハイシスポリブタジエン(シス−1,4−結合含有量=96質量%、1,2−ビニル結合含有量=1.3質量%、ムーニー粘度(ML 1+4 (100℃))=55、分子量分布(Mw/Mn)=3) BR730: JSR Corporation, a high-cis polybutadiene (cis-1,4-bond content = 96 wt%, 1,2-vinyl bond content = 1.3% by weight, a Mooney viscosity (ML 1 + 4 (100 ℃ ) ) = 55, molecular weight distribution (Mw / Mn) = 3)
サンセラーSR:三新化学工業社製アクリル酸亜鉛(10質量%ステアリン酸コーティング品) Sanceler SR: available from Sanshin Chemical Industry Co. zinc acrylate (10 wt% stearate coated product)
酸化亜鉛:東邦亜鉛社製「銀嶺R」 Zinc oxide: Toho Zinc Co., Ltd. "Ginrei R"
硫酸バリウム:堺化学社製「硫酸バリウムBD」、最終的に得られるゴルフボールの質量が45.4gとなるように調整した。 Barium sulfate: manufactured by Sakai Chemical Industry Co., Ltd. "Barium sulfate BD", the mass of the golf ball finally obtained was adjusted to 45.4 g.
2,6−ジクロロチオフェノール:東京化成工業社製2,4,5−トリクロロチオフェノール:東京化成工業社製ジクミルパーオキサイド:日油社製、「パークミル(登録商標)D(ジクミルパーオキサイド)」 2,6-dichloro thiophenol: Tokyo Kasei Kogyo Co., Ltd. 2,4,5 thiophenol: Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. Dicumyl peroxide: manufactured by NOF Corporation, "Percumyl (R) D (dicumyl peroxide ) "
ステアリン酸:東京化成工業社製(純度98%以上) Stearic acid: Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. (purity of 98% or more)
ステアリン酸亜鉛:和光純薬社製(純度99%以上) Zinc stearate: manufactured by Wako Pure Chemical Industries, Ltd. (purity: 99% or more)
ベヘン酸亜鉛:日東化成工業 Behenic acid zinc: Nitto Chemical Industry

(2)カバーの作製 次に、表6に示した配合のカバー用材料を、二軸混練型押出機により押し出して、ペレット状のカバー用組成物を調製した。 (2) Preparation of cover Next, the cover material of the formulations shown in Table 6, and extruded by a twin-screw kneading extruder to prepare a pellet-like cover composition. 押出は、スクリュー径45mm、スクリュー回転数200rpm、スクリューL/D=35で行った。 Extrusion was carried screw diameter 45 mm, screw speed of 200 rpm, and screw L / D = 35. 配合物は、押出機のダイの位置で150〜230℃に加熱された。 The mixtures were heated to 150 to 230 ° C. at the die position of the extruder. 得られたカバー用組成物を上述のようにして得られた球状コア上に射出成形して、球状コアと前記コアを被覆するカバーを有するゴルフボールを作製した。 The resulting cover composition was injection molded onto the spherical core obtained as described above, to prepare a golf ball having a cover covering the spherical core and the core.

ハイミラン1605:三井デュポンポリケミカル社製のナトリウムイオン中和エチレン−メタクリル酸共重合体系アイオノマー樹脂ハイミラン1706:三井デュポンポリケミカル社製の亜鉛イオン中和エチレン−メタクリル酸共重合体系アイオノマー樹脂 Hi-milan 1605: Du Pont-Mitsui Polychemicals Co., Ltd. Sodium ion neutralized ethylene - methacrylic acid copolymer ionomer resin Himilan 1706: Du Pont-Mitsui Polychemicals Co., Ltd. Zinc ion neutralized ethylene - methacrylic acid copolymer ionomer resin

表3〜表5の結果から、球状コアと前記球状コアを被覆する少なくとも一層以上のカバーとを有するゴルフボールであって、前記球状コアは、(a)基材ゴム、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30のカルボン酸および/またはその塩、および、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類またはその金属塩を含有し、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合には、さらに(f)金属化合物を含有するゴム組成物から形成されているゴルフボールは、いずれも、反発性が高く、かつ、ドライバーショットのスピン量が少なく、飛距離が大きいことが分かる。 From the results of Tables 3 to 5, a golf ball having at least one cover layer covering the spherical core and the spherical core, said spherical core, (a) a base rubber, (b) a co-crosslinking agent having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or its metal salt, (c) crosslinking initiator, (d) a carboxylic acid having a carbon number of 4 to 30 and / or a salt thereof and, as (e) an organic sulfur compound, containing thiophenol or a metal salt thereof are substituted with halogen, only (b) having 3 to 8 carbon atoms α as a co-crosslinking agent, beta-unsaturated carboxylic acid when it contains further (f) the golf ball is formed from a rubber composition containing a metal compound are both high resilience and less spin rate on driver shots, it distance is greater It can be seen.

本発明のゴルフボールは、ドライバーショットの飛距離が大きい。 Golf ball of the present invention, a large flight distance on driver shots.

2:ゴルフボール、4:球状コア、12:カバー、14:ディンプル、16:ランド 2: golf balls, 4: spherical core, 12: cover, 14: dimple, 16: Land

Claims (10)

  1. 球状コアと前記球状コアを被覆する少なくとも一層以上のカバーとを有するゴルフボールであって、前記球状コアは、(a)基材ゴム、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩(炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩を除く) 、および、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有し、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合には、さらに(f)金属化合物を含有するゴム組成物から形成されたものであり、 A golf ball having a at least one cover layer covering the spherical core and the spherical core, said spherical core, (a) a base rubber, having 3 to 8 carbon atoms as (b) a co-crosslinking agent alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof, (c) crosslinking initiator, (d) carbon atoms from 4 to 30 amino acids and / or salts thereof (having 3 to 8 carbon atoms alpha , except β- unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof), and, (e) an organic sulfur compound, containing thiophenol and / or a metal salt thereof which is substituted by halogen, (b) a co-crosslinking having 3 to 8 carbon atoms α as agent, when containing only β- unsaturated carboxylic acids are those formed from more (f) a rubber composition containing a metal compound,
    前記球状コアの表面硬度(Hs)と中心硬度(Ho)の硬度差(Hs−Ho)がJIS−C硬度で25以上であり、 And at the difference in hardness between the surface hardness of the spherical core (Hs) and the center hardness (Ho) (Hs-Ho) is 25 or more in JIS-C hardness,
    前記球状コアの半径を12.5%間隔で等分した9点で測定したJIS−C硬度を、コア中心からの距離(%)に対してプロットしたときに、このプロットから最小二乗法によって求めた線形近似曲線のR が0.90以上であることを特徴とするゴルフボール。 The JIS-C hardness radius measured at nine points obtained by equally dividing by 12.5% interval of the spherical core, when plotted against distance (%) from the core center, determined by the least square method from the plot golf ball R 2 is characterized by der Rukoto 0.90 or more of the linear approximation curve.
  2. 前記ゴム組成物は、(a)基材ゴム100質量部に対して、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩を0.5質量部以上、40質量部以下含有するものである請求項1に記載のゴルフボール。 The rubber composition with respect to 100 parts by weight of (a) a base rubber, (d) carbon atoms from 4 to 30 amino acids and / or its salt 0.5 parts by mass or more, containing 40 parts by mass or less the golf ball according to claim 1 is intended to.
  3. (d)前記炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩は、脂肪酸および/または脂肪酸塩である請求項1又は2に記載のゴルフボール。 ; (D) 4 to 30 amino acids and / or salts thereof carbon atoms, golf ball according to claim 1 or 2 fatty acids and / or fatty acid salts.
  4. (e)有機硫黄化合物は、ハロゲンで置換されたチオフェノール類である請求項1〜3のいずれか一項に記載のゴルフボール。 (E) an organic sulfur compound, a golf ball according to any one of claims 1 to 3 is thiophenols substituted by halogen.
  5. (e)前記有機硫黄化合物は、1個〜4個のハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩である請求項1〜3のいずれか一項に記載のゴルフボール。 (E) the organic sulfur compound is one to four golf ball according to any one of claims 1 to 3 is a halogen with substituted thiophenols and / or a metal salt thereof.
  6. 前記ハロゲンは、塩素である請求項1〜5のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The halogen, golf ball according to any one of claims 1 to 5 is chlorine.
  7. (e)前記有機硫黄化合物は、2,6−ジクロロチオフェノール、または、2,4,5−トリクロロチオフェノールである請求項1〜6のいずれか一項に記載のゴルフボール。 (E) the organic sulfur compound, 2,6-dichloro thiophenol, or 2,4,5 golf ball according to any one of claims 1 to 6 trichloromethyl thiophenol.
  8. 前記ゴム組成物は、(a)基材ゴム100質量部に対して、(e)有機硫黄化合物を0.05質量部〜5質量部含有するものである請求項1〜7のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The rubber composition, (a) with respect to 100 parts by weight of the base rubber, (e) any one of claims 1 to 7, the organic sulfur compounds are those containing 5 parts by 0.05 parts by weight the golf ball according to.
  9. 前記ゴム組成物は、(a)基材ゴム100質量部に対して、(b)炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩を15質量部〜50質量部含有するものである請求項1〜8のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The rubber composition, (a) with respect to 100 parts by weight of the base rubber, (b) having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or 15 parts by weight of a metal salt thereof 50 the golf ball according to any one of claims 1 to 8 are those which contain parts by mass.
  10. 球状コアと前記球状コアを被覆する少なくとも一層以上のカバーとを有するゴルフボールの製造方法であって、 A method of manufacturing a golf ball having at least one cover layer covering the spherical core and the spherical core,
    (a)基材ゴム、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩、(c)架橋開始剤、(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩(炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸および/またはその金属塩を除く)、および、(e)有機硫黄化合物として、ハロゲンで置換されたチオフェノール類および/またはその金属塩を含有し、(b)共架橋剤として炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸のみを含有する場合には、さらに(f)金属化合物を含有するゴム組成物を用いて、 (A) a base rubber, having 3 to 8 carbon atoms alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof, (c) crosslinking initiator, (d) carbon atoms as (b) a co-crosslinking agent 4 to 30 amino acids and / or salts thereof (number of carbon atoms except for 3-8 alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and / or a metal salt thereof), and, as (e) organic sulfur compounds, halogenated in substituted thiophenol and / or contain a metal salt thereof, (b) the number of carbon atoms as the co-crosslinking agent is 3-8 alpha, when containing only β- unsaturated carboxylic acid, and ( f) using a rubber composition containing a metal compound,
    表面硬度(Hs)と中心硬度(Ho)の硬度差(Hs−Ho)がJIS−C硬度で25以上であり、かつ、前記(d)炭素数が4〜30個のカルボン酸および/またはその塩の作用によって、前記球状コアの半径を12.5%間隔で等分した9点で測定したJIS−C硬度を、コア中心からの距離(%)に対してプロットしたときに、このプロットから最小二乗法によって求めた線形近似曲線のR が0.90以上となるように球状コアを形成することを特徴とするゴルフボールの製造方法。 Hardness difference of the surface hardness (Hs) and the center hardness (Ho) (Hs-Ho) is not less than 25 in JIS-C hardness, and said (d) a carboxylic acid number of 4 to 30 carbons and / or its by the action of the salt, a JIS-C hardness radius measured at nine points obtained by equally dividing by 12.5% interval of the spherical core, when plotted against the distance from the core center (%) from this plot method of manufacturing a golf ball R 2 of a linear approximation curve obtained by the least squares method is characterized by forming a spherical core such that 0.90 or more.
JP2012062557A 2012-03-19 2012-03-19 Golf ball Active JP5946302B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012062557A JP5946302B2 (en) 2012-03-19 2012-03-19 Golf ball

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012062557A JP5946302B2 (en) 2012-03-19 2012-03-19 Golf ball
US13830156 US20130244810A1 (en) 2012-03-19 2013-03-14 Golf ball

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013192715A true JP2013192715A (en) 2013-09-30
JP5946302B2 true JP5946302B2 (en) 2016-07-06

Family

ID=49158152

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012062557A Active JP5946302B2 (en) 2012-03-19 2012-03-19 Golf ball

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20130244810A1 (en)
JP (1) JP5946302B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9566476B2 (en) * 2010-12-03 2017-02-14 Dunlop Sports Co. Ltd. Golf ball
JP5697444B2 (en) 2010-12-29 2015-04-08 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball
JP5687053B2 (en) * 2010-12-29 2015-03-18 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball
CN102526997B (en) * 2010-12-29 2015-04-15 邓禄普体育用品株式会社 Golf ball
JP5943584B2 (en) * 2011-11-15 2016-07-05 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball
JP6153295B2 (en) 2012-05-17 2017-06-28 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball
JP2017108762A (en) * 2015-12-14 2017-06-22 ダンロップスポーツ株式会社 Two-piece golf ball

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2081067C (en) * 1992-04-24 2002-01-08 R. Dennis Nesbitt Golf ball core compositions
US6394915B1 (en) * 1992-04-24 2002-05-28 Spalding Sports Worldwide, Inc. Golf ball cores formed from blends of neodymium and cobalt synthesized high molecular weight butadiene rubber
US5387637A (en) * 1992-08-20 1995-02-07 Lisco, Inc. Golf ball core compositions
US5779562A (en) * 1993-06-01 1998-07-14 Melvin; Terrence Multi-core, multi-cover golf ball
JP2000102627A (en) * 1998-09-28 2000-04-11 Sumitomo Rubber Ind Ltd Solid golf ball
CA2415716A1 (en) * 2000-07-13 2002-01-24 Mark L. Binette Golf ball
US7030192B2 (en) * 2001-09-13 2006-04-18 Acushnet Company Golf ball cores comprising a halogenated organosulfur compound
JP3733105B2 (en) * 2001-11-28 2006-01-11 ブリヂストンスポーツ株式会社 Method of manufacturing a solid rubber composition for golf balls
JP4082895B2 (en) * 2001-12-04 2008-04-30 Sriスポーツ株式会社 Solid golf ball
JP4081570B2 (en) * 2002-04-30 2008-04-30 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf ball
US6652393B1 (en) * 2002-08-16 2003-11-25 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7462113B2 (en) * 2004-05-10 2008-12-09 Taylor Made Golf Company, Inc. Two-piece golf ball having an improved core composition
US7226975B2 (en) * 2004-05-12 2007-06-05 Acushnet Company Golf ball core compositions
US7276560B2 (en) * 2004-12-15 2007-10-02 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7273425B2 (en) * 2005-12-05 2007-09-25 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7559856B2 (en) * 2006-01-04 2009-07-14 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf ball
US7510488B2 (en) * 2007-02-13 2009-03-31 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7695379B2 (en) * 2007-02-13 2010-04-13 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7481722B2 (en) * 2007-02-13 2009-01-27 Bridgestone Sports Co., Ltd. Solid golf ball
US7635311B2 (en) * 2007-03-02 2009-12-22 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf ball
US8216090B2 (en) * 2009-05-21 2012-07-10 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf ball
US8242195B2 (en) * 2009-07-31 2012-08-14 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf ball
US8393978B2 (en) * 2009-12-10 2013-03-12 Bridgestone Sports Co., Ltd. Multi-piece solid golf ball
JP4958989B2 (en) * 2010-04-07 2012-06-20 Sriスポーツ株式会社 Golf ball

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2013192715A (en) 2013-09-30 application
US20130244810A1 (en) 2013-09-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20100273575A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20100298067A1 (en) Golf ball
JP2006230661A (en) Multipiece solid golf ball
JP2008212681A (en) Golf ball
US20130017905A1 (en) Golf ball
JP2011120898A (en) Multi-piece solid golf ball
US20120172150A1 (en) Golf ball
US20130053182A1 (en) Golf ball
US20130005508A1 (en) Golf ball
JP2005211656A (en) Golf ball
JP2002345999A (en) Multilayered solid golf ball
JP2003320054A (en) Golf ball
US20130324318A1 (en) Golf ball
US20130065707A1 (en) Golf ball
US20130172111A1 (en) Golf ball
US20130172110A1 (en) Golf ball resin composition and golf ball
US20130303307A1 (en) Golf ball
US20120329575A1 (en) Golf ball
US20100216572A1 (en) Multi-piece solid golf ball
JP2006087949A (en) Multi-piece golf ball
JP2006087948A (en) Multi-piece golf ball
US20130029787A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20130053179A1 (en) Golf ball
JP2004073856A (en) Solid golf ball
US20130172113A1 (en) Golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150122

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160301

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160426

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160517

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160531

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5946302

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150