JP5925015B2 - The absorbent article - Google Patents

The absorbent article

Info

Publication number
JP5925015B2
JP5925015B2 JP2012082256A JP2012082256A JP5925015B2 JP 5925015 B2 JP5925015 B2 JP 5925015B2 JP 2012082256 A JP2012082256 A JP 2012082256A JP 2012082256 A JP2012082256 A JP 2012082256A JP 5925015 B2 JP5925015 B2 JP 5925015B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012082256A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013208384A5 (en )
JP2013208384A (en )
Inventor
竜也 田村
竜也 田村
野田 祐樹
祐樹 野田
央 橋野
央 橋野
裕和 目黒
裕和 目黒
Original Assignee
ユニ・チャーム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/20Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons containing organic materials
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51104Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin the top sheet having a three-dimensional cross-section, e.g. corrugations, embossments, recesses or projections
    • A61F13/51108Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin the top sheet having a three-dimensional cross-section, e.g. corrugations, embossments, recesses or projections the top sheet having corrugations or embossments having one axis relatively longer than the other axis, e.g. forming channels or grooves in a longitudinal direction
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51113Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties

Description

本発明は、生理用ナプキン、パンティライナ、失禁パッド、失禁ライナなどの吸収性物品に関する。 The present invention, sanitary napkins, pantiliners, incontinence pads, relates to absorbent articles such as incontinence liner.

主体部分のトップシートにスキンケア組成物を付与した吸収性物品が従来技術として知られている(たとえば、特許文献1)。 Absorbent article the topsheet of the principal part imparted with skin care compositions are known in the prior art (e.g., Patent Document 1). この吸収性物品のトップシートには、開孔された成形フィルムが使用されている。 The topsheet of the absorbent article, molded films aperture is used. また、この吸収性物品には、トップシートを幅方向に延長して形成したフラップが設けられている。 Further, this absorbent article, the flaps formed by extending the top sheet in the width direction is provided.

特表2003−510164号公報 JP-T 2003-510164 JP

特許文献1に記載されているような吸収性物品をパッケージ化するためにウイング部を折り畳むとき、本体部のトップシートに付与されたスキンケア組成物が、折り畳んだウイング部におけるトップシートの開孔部分を通ってウイング部に浸透する場合がある。 When folding the wing portions in order to package the absorbent article as described in Patent Document 1, the opening portion of the topsheet in the skin care composition applied to the topsheet of the body portion, folded wing portions there is a case in which to penetrate the wing portion through. この場合、浸透したスキンケア組成物によってウイング部におけるトップシートとバックシートとの間の接合が弱くなり、吸収性物品を長時間使用しているとき、トップシートがバックシートから剥離する場合がある。 In this case, the bonding between the topsheet and backsheet is weakened in the wing section by the skin care composition had penetrated, when using an absorbent article for a long time, there is a case where the top sheet is peeled off from the backsheet.

本発明は、ウイング部を折り曲げたときにトップシートに塗布された組成物がウイング部に浸透することによりウイング部を構成するシートが剥離することを抑制した吸収性物品を提供することを目的とする。 The present invention aims to provide an absorbent article which sheet is suppressed from peeling composition applied to the topsheet constitutes the wing portion by penetrating the wing portion when bending the wing portions to.

本発明は、上記課題を解決するため、以下の構成を採用した。 The present invention for solving the above problems, adopts the following configuration.
すなわち、本発明は、長手方向および幅方向を有し、本体部と本体部の両側縁から幅方向に延出した一対のウイング部とを含み、本体部は、肌側に設けられた液透過性の不織布のトップシート、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートおよびトップシートとバックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体を備えた吸収性物品であって、トップシートは、肌側の面における少なくとも着用者の排泄口に当接する排泄口当接域に突部を備え、トップシートは、少なくとも排泄口当接域に、所定の組成物が塗布された組成物塗布領域をさらに備える。 That is, the present invention has a longitudinal direction and the width direction, and a pair of wing portions extending from both side edges of the main body portion and the body portion in the width direction, the main body portion, the liquid permeable arranged on the skin side sexual nonwoven topsheet, a absorbent article having a provided liquid retentive absorbent body between the garment is liquid impermeable provided on side backsheet and the topsheet and backsheet, top sheet, provided with a projection on excretory opening contact region abutting at least the wearer's excretory opening on the skin side, the topsheet is at least excretory opening the contact region, the composition given composition is applied further comprising a coating region.
他の本発明は、長手方向および幅方向を有し、本体部と本体部の両側縁から幅方向に延出した一対のウイング部とを含み、本体部は、肌側に設けられた液透過性の不織布のトップシート、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートおよびトップシートとバックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体を備えた吸収性物品であって、トップシートから吸収体の内部に至る、エンボス加工により形成された圧縮部を、肌側の面における少なくとも着用者の排泄口に当接する排泄口当接域に備え、トップシートは、少なくとも排泄口当接域に、所定の組成物が塗布された組成物塗布領域を備える。 Other of the present invention has a longitudinal direction and the width direction, and a pair of wing portions extending from both side edges of the main body portion and the body portion in the width direction, the main body portion, the liquid permeable arranged on the skin side sexual nonwoven topsheet, a absorbent article having a provided liquid retentive absorbent body between the garment is liquid impermeable provided on side backsheet and the topsheet and backsheet, top leading to an interior of the absorbent body from the seat, the compressed portions formed by embossing, provided on at least the wearer excretory opening contact region abutting the excretory part of the surface of the skin side, the topsheet is at least excretory opening contact to pass, and a composition coating region in which a predetermined composition has been applied.

本発明によれば、ウイング部を折り曲げたときにトップシートに塗布された組成物がウイング部に浸透することによりウイング部を構成するシートが剥離することを抑制できる。 According to the present invention, it is possible to suppress the sheet composition applied to the topsheet when bending the wing portions constitute a wing portion by penetrating the wing portion is peeled off.

図1は、本発明の吸収性物品の一実施形態の部分破断平面図である。 Figure 1 is a partially cutaway plan view of an embodiment of an absorbent article of the present invention. 図2は、図1のA−A線断面を示す概略断面図である。 Figure 2 is a schematic sectional view showing the A-A line cross section of Figure 1. 図3は、本発明の一実施形態の吸収性物品におけるトップシートの突部および凹部を説明するための図である。 Figure 3 is a diagram for explaining a projection and recess of the top sheet in an absorbent article of an embodiment of the present invention. 図4は、トップシートに突部および凹部を形成する方法を説明するための図である。 Figure 4 is a diagram for explaining a method of forming a projection and recess in the top sheet. 図5は、包装するためにウイング部が折り畳まれた本発明の一実施形態の吸収性物品を説明するための図であるである。 Figure 5 is a diagram for explaining an absorbent article according to an embodiment of the invention the wing portions is folded for packaging. 図6は、本発明の一実施形態の吸収性物品を含む包装品の斜視図である。 Figure 6 is a perspective view of a package comprising an absorbent article according to one embodiment of the present invention. 図7は、図5のD−D線断面を示す概略断面図である。 Figure 7 is a schematic sectional view showing a sectional view taken along line D-D in FIG. 図8は、本発明の一実施形態の吸収性物品の変形例におけるトップシートの突部、凹部および開口部を説明するための図である。 Figure 8 is a diagram for explaining the topsheet projections, recesses and openings in the modification of an absorbent article according to an embodiment of the present invention. 図9は、本発明の一実施形態の吸収性物品変形例の開口部を形成する方法を説明するための図である。 Figure 9 is a diagram for explaining a method of forming an opening of the absorbent article modification of the embodiment of the present invention. 図10は、本発明の一実施形態の吸収性物品の変形例におけるトップシートの突部を説明するための図である。 Figure 10 is a diagram for explaining a projection of the top sheet in a modified example of an absorbent article according to an embodiment of the present invention. 図11は、本発明の一実施形態の吸収性物品の変形例におけるトップシートの突部、凹部および開口部を説明するための図である。 Figure 11 is a diagram for explaining the topsheet projections, recesses and openings in the modification of an absorbent article according to an embodiment of the present invention. 図12は、本発明の一実施形態の吸収性物品の変形例を説明するための図である。 Figure 12 is a diagram for explaining a modification of an absorbent article according to an embodiment of the present invention. 図13は、本発明の一実施形態の吸収性物品の変形例を説明するための図である。 Figure 13 is a diagram for explaining a modification of an absorbent article according to an embodiment of the present invention. 図14は、トップシートがトリC2L油脂肪酸グリセリドを含む生理用ナプキンにおける、トップシートの肌当接面の電子顕微鏡写真である。 Figure 14 is a topsheet in a sanitary napkin that includes a tri-C2L oil fatty acid glyceride, an electron micrograph of the skin contact surface of the top sheet. 図15は、血液改質剤を含むまたは含まない経血の顕微鏡写真である。 Figure 15 is a photomicrograph of menstrual blood or without blood modifying agent. 図16は、表面張力の測定方法を説明するための図である。 Figure 16 is a diagram for explaining a method of measuring the surface tension.

以下、図面を参照して、本発明を説明するが、本発明は図面に記載されたものに限定されるものではない。 Hereinafter, with reference to the drawings, the present invention will be described, the present invention is not intended to be limited to those described in the accompanying drawings.

図1は本発明の一実施形態の吸収性物品の部分破断平面図であり、図2は図1のA−A線断面を示す概略断面図である。 Figure 1 is a partially cutaway plan view of an absorbent article according to an embodiment of the present invention, FIG. 2 is a schematic sectional view showing the A-A line cross section of Figure 1. 吸収性物品1は、肌側(肌当接側)に設けられた液透過性のトップシート2、着衣側(非肌当接側)に設けられた液不透過性のバックシート3、トップシート2とバックシート3との間に設けられた液保持性の吸収体4およびトップシート2の幅方向両側に設けられた液不透過性のサイドシート5を備える本体部10と、本体部10の両側縁から幅方向に延出するサイドシート5およびバックシート3を備えた一対のウイング部6とを含む。 The absorbent article 1, the skin side (skin contact side) a liquid-permeable top sheet 2 provided on, clothing side liquid provided (non-skin contact side) impermeable backsheet 3, the topsheet a main body portion 10 provided with a side sheet 5 of liquid-impermeable provided in both sides in the width direction of the absorbent body 4 and the top sheet 2 of liquid-retention properties arranged between the 2 and the backsheet 3, the main body portion 10 and a pair of wing portions 6 having a side sheet 5 and back sheet 3 extending from both side edges in the width direction.

符号61はウイング部6の付け根(本体部10とウイング部6との間の境界)を示す。 Reference numeral 61 denotes a base of the wing portion 6 (boundary between the main body portion 10 and the wing portion 6). たとえば、ウイング部6の長手方向両側において、吸収性物品1の幅が急に大きくなる2つの点を結んだ直線がウイング部6の付け根61と見なすことができる。 For example, in the longitudinal direction on both sides of the wing portion 6, a straight line connecting a point width of the absorbent article 1 of the two which suddenly becomes large can be regarded as the base 61 of the wing portion 6. ウイング部6の着衣側の面に粘着部7が設けられている。 Adhesive portion 7 is provided on the clothing side of the wing portion 6. また、本体部10の着衣側の面にも粘着部7が設けられている。 Also, the adhesive portion 7 is also provided on the surface of the clothing side of the main body portion 10. なお、図1において、吸収性物品1の幅方向はX方向であり、長手方向はY方向である。 Incidentally, in FIG. 1, the width direction of the absorbent article 1 is X direction, the longitudinal direction is the Y direction. また、吸収性物品1の平面方向は、XY方向である。 Further, the planar direction of the absorbent article 1 is XY direction. なお、サイドシート5を設けないで、本体部10のトップシート2を幅方向に延出させて、ウイング部6はトップシート2およびバックシート3を備えるようにしてもよい。 Incidentally, without providing the side sheet 5, by extending the top sheet 2 of the main body portion 10 in the width direction, the wing portion 6 may be provided with a top sheet 2 and back sheet 3.

本体部10の形状は、長方形、楕円型、砂時計型など、女性の身体および下着の形状に適合する形状であればとくに限定されない。 Shape of the body portion 10 can be rectangular, oval, etc. hourglass, not particularly limited as long as the shape adapted to the shape of the female body and undergarments. 本体部10の外形における長手方向の延べ寸法は、好ましくは100〜500mmであり、より好ましくは150〜350mmである。 Longitudinal total dimension in the outer shape of the main body portion 10 is preferably 100 to 500 mm, more preferably from 150 to 350 mm. また、本体部10の外形における幅方向の延べ寸法は、好ましくは30〜200mmであり、より好ましくは40〜180mmである。 Also, a total dimension in the width direction of the outer shape of the main body portion 10 is preferably 30 to 200 mm, more preferably 40~180Mm.

トップシート2は、着用者から排出された尿、経血などの体液を、吸収体4へ移動させる。 The top sheet 2, urine discharged from the wearer, a body fluid such as menstrual blood, is moved to the absorbent body 4. トップシート2はその全部または一部が液透過性であり、トップシート2の液透過域は、液透過性の不織布、織布、多数の液透過孔が形成された樹脂フィルムまたは多数の網目を有するネット状シートなどで形成され得る。 The topsheet 2 is a liquid permeable in whole or in part, liquid-permeable region of the top sheet 2 is liquid-permeable nonwoven fabric, a woven fabric, a large number of liquid resin film transmission hole is formed or a number of mesh It may be formed like a net-like sheet having.

トップシート2は、好ましくは不織布から作製される。 The topsheet 2 is made of a preferably non-woven. トップシート2に用いる不織布の素材としては、天然繊維、化学繊維のいずれも使用することが可能である。 The nonwoven material used in the top sheet 2, it is possible to natural fibers, any of chemical fibers used. 天然繊維の例としては、粉砕パルプ、コットンなどのセルロースが挙げられる。 Examples of natural fibers, fluff pulp, cellulose, such as cotton. 化学繊維の例としては、レーヨンおよびフィブリルレーヨンなどの再生セルロース、アセテートおよびトリアセテートなどの半合成セルロース、熱可塑性疎水性化学繊維、ならびに親水化処理を施した熱可塑性疎水性化学繊維が挙げられる。 Examples of chemical fibers, regenerated cellulose such as rayon and fibril rayon, semisynthetic cellulose such as acetate and triacetate, thermoplastic hydrophobic chemical fibers, and thermoplastic hydrophobic chemical fibers subjected to hydrophilization treatment. 熱可塑性疎水性化学繊維としては、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)などの単繊維、PEとPPとをグラフト重合してなる繊維および芯鞘構造などの複合繊維が挙げられる。 As the thermoplastic hydrophobic chemical fibers, and polyethylene (PE), polypropylene (PP), composite fibers such as monofilaments, fibers and PE and PP by grafting polymerization and core-sheath structure, such as polyethylene terephthalate (PET) It is.

トップシート2に用いる不織布を作製するとき、乾式法(カード法、スパンボンド法、メルトブローン法、エアレイド法等)および湿式法のいずれか、また乾式法および湿式法を組み合わせてウェブフォーミングを実施してもよい。 When making a nonwoven fabric used for the top sheet 2, a dry method (carding method, spun bond method, melt blown method, air laid method, etc.) any and wet method, also implemented a web forming in combination a dry method and a wet method it may be. トップシート2に用いる不織布を作製するときのウェブのボンディング方法としては、サーマルボンディング、ニードルパンチ、ケミカルボンディングなどの方法が挙げられるが、これらの方法に限定されない。 The web bonding method for fabrication of the nonwoven fabric used for the top sheet 2, a thermal bonding, needle punching, there may be mentioned methods such as chemical bonding, but is not limited to these methods. また、水流交絡法によりシート状に形成したスパンレースをトップシート2に用いてもよい。 It may also be used spunlace formed in a sheet by a hydroentangling method topsheet 2.

トップシート2に用いる不織布の繊維には、芯成分の融点が鞘成分より高い芯鞘タイプ、芯鞘の偏芯タイプ、または左右成分の融点が異なるサイドバイサイドタイプの複合繊維を使用してもよい。 The fibers of the nonwoven fabric used for the top sheet 2, a high melting point core-sheath type and a sheath component of the core component, it is possible to use a composite fiber of eccentric type or melting point of the left and right components have different side-by-side type, core-sheath. また、中空タイプの繊維や、扁平、Y型およびC型などの異型繊維や、潜在捲縮もしくは顕在捲縮の立体捲縮繊維や、水流、熱またはエンボス加工などの物理的負荷により分割する分割繊維などの繊維がトップシート2に用いる不織布に混合されていてもよい。 Also, the or fiber hollow type, flat, and atypical fibers such as Y and C type, and three-dimensional crimped fibers of latent crimp or apparently crimping, resolved by physical load such as water flow, heat or embossing division fibers such as fibers may be mixed in nonwoven fabric used for the top sheet 2.

液体の入り込みや肌触りを考慮すると、トップシート2に用いる不織布の繊維の繊度は、好ましくは1.1〜8.8dtexである。 Considering the enter and feel liquid, fineness of the fibers of the nonwoven fabric used for the top sheet 2 is preferably 1.1~8.8Dtex.

トップシート2に疎水性合成繊維を使用する場合、トップシート2の液体の入り込み性やリウェットバックを考慮して、親水剤や撥水剤などを疎水性合成繊維に練りこんだり、親水剤や撥水剤などで疎水性合成繊維をコーティングしたりしてもよい。 When using the hydrophobic synthetic fibers in the top sheet 2, in consideration of the enter properties and rewet-back of the liquid of the top sheet 2, Dari kneaded hydrophilic agent or water repellent agents such as hydrophobic synthetic fibers, the hydrophilic agent or repellent hydrophobic synthetic fibers, such as water agent may be or coated. また、コロナ処理やプラズマ処理によって疎水性合成繊維に親水性を付与してもよい。 It is also possible to impart hydrophilicity to the hydrophobic synthetic fibers by corona treatment or plasma treatment. これにより、後述の血液改質剤が親油性の場合、血液改質剤塗布領域18に親水性の箇所と親油性の箇所とがまばらに共存することになり、体液(たとえば経血)の親水性成分(主に血しょう)および親油性成分(主に血球)の両方がトップシート2から吸収体4へ速やかに移行する。 Thus, when the blood modifier described later lipophilic, will be the blood modifying agent coating region 18 and a portion of the hydrophilic portions and lipophilic sparsely coexisting hydrophilic body fluids (e.g., menses) both sexes components (mainly plasma) and a lipophilic component (mainly blood) promptly moves to the absorbent body 4 from the top sheet 2.

トップシート2の隠ぺい性を高めるために、トップシート2に用いる不織布の繊維に酸化チタン、硫酸バリウムおよび炭酸カルシウムなどの無機フィラーを含有させてもよい。 To enhance the concealing property of the top sheet 2, fibrous titanium oxide of the nonwoven fabric used for the top sheet 2, may contain an inorganic filler such as barium sulfate and calcium carbonate. 不織布の繊維が芯鞘タイプの複合繊維である場合、芯のみに無機フィラーを含有させてもよいし、鞘のみに含有させてもよい。 When the fiber of the nonwoven fabric is a composite fiber of core-sheath type, it may be contained an inorganic filler only the core may be contained only in the sheath.

トップシート2の少なくとも排泄口当接域16には、後述の血液改質剤が塗布された血液改質剤塗布領域18が設けられている。 At least excretory opening contact region 16 of the top sheet 2, the blood modifying agent coating region 18 is provided with the blood modifying agent described below is applied. ここで、排泄口当接域16とは、着用者の体液の排泄口に当接する位置を中心とした長手方向の長さが、好ましくは50〜200mmであり、より好ましくは70〜150mmであり、幅方向の長さが、好ましくは10〜80mmであり、より好ましくは20〜50mmである。 Here, the excretory opening contact region 16, the longitudinal length around the position where it comes into contact with the excretory opening of the body fluid of the wearer, preferably 50 to 200 mm, more preferably be 70~150mm , length in the width direction, preferably 10 to 80 mm, more preferably from 20 to 50 mm. 吸収性物品1を包装するために、一対のウイング部6の幅方向外側の縁62がお互いに接するように一対のウイング部6を幅方向内側に折り畳むと、血液改質剤塗布領域18の大部分またはすべての部分が折り畳んだウイング部6によって覆い隠される(図5および図7参照)。 For packaging the absorbent article 1, when folding the pair of wing portions 6 so that the width direction outer edge 62 of the pair of wing portions 6 in contact with each other in the width direction inner side, large blood modifying agent coated region 18 part or all of the parts are obscured by the wing portion 6 is folded (see FIGS. 5 and 7).

トップシート2は、少なくとも排泄口当接域16に、長手方向(Y方向)に延在し、長手方向(Y方向)に交差する方向、たとえば幅方向(X方向)に並ぶ突部21および凹部22を有する。 The topsheet 2 is at least excretory opening contact region 16, extending in the longitudinal direction (Y-direction), longitudinal direction (Y direction) direction crossing, for example projections 21 and the recess arranged in the width direction (X direction) with a 22. 図3を参照して、トップシート2に設けられた突部21および凹部22を詳細に説明する。 Referring to FIG. 3, the projections 21 and the recess 22 provided in the top sheet 2 in detail. 図3は、トップシート2の突部21および凹部22を拡大した斜視図である。 Figure 3 is an enlarged perspective view of the protrusion 21 and the recess 22 of the top sheet 2. なお、突部21および凹部22が延びる方向は、所定の方向であれば、長手方向に限定されない。 Incidentally, the direction in which the protrusion 21 and the recess 22 extends, when the predetermined direction is not limited in the longitudinal direction.

図3に示すように、トップシート2は、長手方向(Y方向)に延在しており、長手方向(Y方向)に交差する方向、たとえば幅方向(X方向)に並ぶ複数の突部21および凹部22を含む。 As shown in FIG. 3, the top sheet 2 in the longitudinal direction (Y direction) extends in the longitudinal direction which intersects the direction (Y direction), for example, the width direction (X direction) arranged plurality of projections 21 and a concave portion 22. 突部21の断面の形状は、たとえば、略U字形状である。 The shape of the cross section of the projections 21 is, for example, a substantially U-shaped. 略U字形状には、U字形状の他に、角を丸めたり、直線を曲線に変えたりするなどの変形を加えるとU字形状になる形状も含まれる。 The substantially U-shaped, in addition to the U-shaped or rounded corners, it is also included shape formed in a U-shape when adding modification such as changing the linear curve. たとえば、略U字形状には、V字形状、M字形状および台形も含まれる。 For example, the substantially U-shaped, V-shaped, M-shaped and trapezoidal also included. また、突部21の断面の形状をΩ形状にしてもよい。 It may also be the shape of the cross section of projections 21 in Ω shape.

突部21のもっとも厚くなっている部分の厚さは、好ましくは0.3〜15mmであり、より好ましくは0.5〜5mmである。 The thickness of the thickest going on portions of the projections 21 is preferably 0.3~15Mm, more preferably 0.5 to 5 mm. また、突部の幅方向(X方向)の長さは、好ましくは0.5〜30mmであり、より好ましくは1.0〜10mmである。 Further, the length in the width direction of the projection (X-direction) is preferably 0.5 to 30 mm, more preferably 1.0 to 10 mm. 隣接する突部の幅方向(X方向)の頂点間の距離(ピッチ)は、好ましくは0.5〜30mmであり、より好ましくは3〜10mmである。 The distance between the apex of the width direction of the adjacent projection (X-direction) (pitch) is preferably 0.5 to 30 mm, more preferably 3 to 10 mm. 凹部22のもっとも薄くなっている部分の厚さは、突部21のもっとも厚くなっている部分の厚さに対して好ましくは1〜50%であり、より好ましくは5〜20%である。 The thickness of the thinnest going on portions of the recesses 22 is preferably the thickness of the thickest going on portions of the projections 21 1 to 50%, more preferably 5 to 20%. 凹部22の幅方向(X方向)の長さは、好ましくは0.1〜30mmであり、より好ましくは0.5〜10mmである。 Length in the width direction of the recess 22 (X direction) is preferably 0.1 to 30 mm, more preferably 0.5 to 10 mm.

突部21の中央部23の繊維密度は、好ましくは、突部21の側部24および/または凹部22の繊維密度よりも低い。 The fiber density of the central portion 23 of the projection 21 is preferably less than the fiber density of the sides 24 and / or recess 22 of the projection 21. たとえば、突部21の中央部23および凹部22の繊維密度は0.005〜0.20g/cm 3であり、好ましくは0.007〜0.07g/cm 3である。 For example, the fiber density of the central portion 23 and the recess 22 of the projection 21 is 0.005~0.20g / cm 3, preferably 0.007~0.07g / cm 3. トップシートのそれぞれの場所の繊維密度は、たとえば、以下のようにして測定できる。 Top fiber density of each location of the sheet, for example, can be measured as follows. 突部21および凹部22を形成した所定の機械方向(MD)の長さのトップシートをサンプリングする。 Sampling the topsheet length of a given machine direction of forming the projections 21 and the recess 22 (MD). そして、マイクロスコープなどを使用してトップシートの幅方向(CD)の断面の顕微鏡写真を撮影し、トップシートにおける突部21の中央部の断面積、突部の側部の断面積および凹部の断面積を、画像処理装置を使用して測定する。 Then, taking a micrograph of a cross-section in the width direction of the top sheet (CD) using such a microscope, the cross-sectional area of ​​the central portion of the projection 21 in the top sheet, the cross-sectional area and recesses of the side projections the cross-sectional area, measured using the image processing apparatus. 次に、液体窒素などを使用してトップシートを冷却し、冷却したトップシートの突部の中央部、突部の側部および凹部をトップシートからそれぞれ切り離す。 Next, using such as liquid nitrogen to cool the topsheet, disconnect each central portion of the projection of the cooled top sheet, the sides and the concave portion of the protrusion from the top sheet. そして、切り離した突部の中央部、突部の側部および凹部の重量をそれぞれ測定する。 The measured central portion of the detached projections, projections of the sides and the recess of the weight, respectively. 最後に、突部の中央部、突部の側部および凹部の測定したそれぞれの重量を、上述の機械方向(MD)長さと断面積とで割り算することによって、トップシートの突部の中央部の繊維密度、突部の側部の繊維密度および凹部の繊維密度を算出できる。 Finally, the central portion of the projection, the respective weight measured sides and recesses for projections, by dividing by the machine direction (MD) length and cross-sectional area of ​​the above, the central portion of the projection of the topsheet fiber density, the fiber density of the fiber density and the recess side of the projection can be calculated for. また、突部21の中央部23の繊維密度と、突部21の側部24および/または凹部22の繊維密度との間の大小関係は、トップシートの断面の顕微鏡写真の繊維の疎密関係から判断できる。 Also, the fiber density of the central portion 23 of the projection 21, the magnitude relation, density relationship fibers photomicrograph of a cross section of the top sheet between the fiber density of the sides 24 and / or recess 22 of the projections 21 It can be determined. 繊維密度の符号25は、トップシート2の繊維を示す。 Fiber density of the reference numeral 25 indicates the fiber of the topsheet 2.

次に、図4を参照して、トップシート2に突部21および凹部22を形成する方法を説明する。 Next, referring to FIG. 4, a method of forming a projecting portion 21 and the recess 22 in the top sheet 2. 図4に示すように、トップシート2の材料となるウェブ120を網状支持部材130の上に配置し、そして機械方向(MD)に移動させる。 As shown in FIG. 4, a web 120 comprising a topsheet 2 material positioned over the net-like support member 130, and is moved in the machine direction (MD). ウェブ120は吹き出し部140と吸引部150との間を移動する。 Web 120 moves between the balloon portion 140 and the suction unit 150. 吹き出し部140は気体141をウェブ120に噴射し、吸引部150は、吹き出し部140から噴射した気体141を吸引する。 The balloon portion 140 to inject gas 141 to the web 120, the suction unit 150 sucks the gas 141 injected from the balloon portion 140. 吹き出し部140から噴射した気体141は、ウェブ120の繊維を掻き分ける。 Gas 141 injected from the blowing unit 140, push aside the fibers of the web 120. これにより、トップシート2の凹部22に対応する溝122がウェブ120に形成される。 Thus, a groove 122 corresponding to the recess 22 of the top sheet 2 is formed on the web 120. また、吹き出し部140から噴射した気体141によって掻き分けられた繊維は、溝122の両脇に集まる。 The fiber that has been pushed aside by the gas 141 injected from the balloon 140, gather on both sides of the groove 122. これにより、トップシート2の突部21に対応する突部121が溝122の両側に形成される。 Thus, protrusion 121 corresponding to the projections 21 of the top sheet 2 is formed on both sides of the groove 122.

網状支持部材130は、通気性を有する網状の支持体である。 Net-like support member 130 is a support net having air permeability. たとえば、ポリエステル、ポリフェニレンサルファイド、ナイロン、導電性モノフィラメントなどの樹脂性の糸、または、ステンレス、銅、アルミなど金属性の糸などを、平織・綾織・朱子織・二重織・スパイラル織などで織り込まれた通気性ネットを網状支持部材130として使用できる。 For example, woven polyester, polyphenylene sulfide, nylon, resinous yarns such as a conductive monofilament, or, stainless steel, copper, etc. metallic yarns such as aluminum, plain weave, twill, satin, double weave spiral weaving, etc. the breathability net can be used as a net-like support member 130.

吹き出し部140には、幅方向に並んだ複数の吹き出し口(不図示)を含む。 The balloon portion 140 includes a plurality of outlet arranged in the width direction (not shown). これにより、吹き出し部140は、幅方向(CD)に並んだ複数の気体141をウェブ120に噴射できる。 Thus, balloon 140 can inject more gas 141 arranged in the width direction (CD) to the web 120. また、吹き出し部140から噴射する気体141は、たとえば、常温のまたは加熱された窒素、空気および水蒸気である。 Further, the gas 141 injected from the balloon 140, for example, room temperature or heated nitrogen, air and water vapor. 吹き出し部140から噴射する気体141は、液体または固体の微粒子を含んでもよい。 Gas 141 injected from the balloon portion 140 may include fine particles of liquid or solid.

吹き出し部140を幅方向(CD)に往復移動させることによって、蛇行状(波状、ジグザグ状)の溝部をウェブに形成できる。 By reciprocating the balloon portion 140 in the width direction (CD), it can be formed a groove serpentine (wavy, zigzag) on ​​the web. また、吹き出し部140から間欠的に気体141をウェブ120に噴射することによって不連続な溝をウェブに形成できる。 Furthermore, the intermittently gas 141 from the blowing unit 140 can be formed a discontinuous grooves by injecting the web 120 to the web.

突部121の側面は、掻き分けられた繊維が密集するので、突部121の側面の繊維密度が高くなる。 Side of the projection 121, because the fibers which are pushed aside to dense, fiber density of the side surface of the projecting portion 121 is increased. また、溝122は、吹き出し部140から噴出した気体141が当たり、ウェブが圧縮されるので、溝122における繊維密度は高くなる。 The groove 122 will strike the gas 141 ejected from the blowing unit 140, since the web is compressed, the fiber density in the groove 122 is increased. 一方、突部121の中央部では、掻き分けられた繊維が集まるものの、吹き出し部140から噴出した気体141によって圧縮されないので、突部121の中央部の繊維密度は低くなる。 On the other hand, in the central portion of the projection 121, although fibers that are pushed aside gather, since it is not compressed by the gas 141 ejected from the blowing unit 140, the fiber density of the central portion of the projection 121 is lowered. これより、突部21の中央部23の繊維密度は、突部21の側部24および/または凹部22の繊維密度よりも低くなる。 Than this, the fiber density of the central portion 23 of the protrusion 21 is lower than the fiber density of the sides 24 and / or recess 22 of the projection 21.

図1および図2に示すバックシート3は、吸収体4に吸収された体液が外へ漏れ出すのを防止する。 The backsheet 3 shown in FIGS. 1 and 2, body fluids absorbed into the absorbent body 4 is prevented from leaking to the outside. バックシート3には、体液を透過しない材料が使用される。 The backsheet 3, the material that does not transmit fluid is used. たとえば、バックシート3として、疎水性の不織布、ポリエチレンおよびポリプロピレンなどの不透水性のプラスチックフィルムまたは不織布と不透水性プラスチックフィルムとのラミネートシートなどが使用される。 For example, the back sheet 3, a hydrophobic nonwoven fabric, such as a laminate sheet of a water-impermeable plastic film or nonwoven fabric and water-impermeable plastic film such as polyethylene and polypropylene are used. また、耐水性の高いメルトブローン不織布を強度の強いスパンボンド不織布で挟んだスパンボンド・メルトブロー・スパンボンド(SMS)繊維不織布をバックシート3として使用してもよい。 May also be used sandwiched between spunbond-meltblown-spunbond (SMS) nonwoven fabric with water-resistant high melt blown nonwoven fabric strength strong spunbond nonwoven as backsheet 3. 体液は通さない通気性を有する材料をバックシート3として使用することにより、着用時のムレを低減させることができる。 Body fluids by using a material having a breathable impervious as the back sheet 3, it is possible to reduce the stuffiness when worn. バックシート3はホットメルト接着剤などの接着剤を使用してトップシート2と接合する。 The backsheet 3 is bonded to the top sheet 2 using an adhesive such as a hot melt adhesive.

吸収体4は体液を吸収して保持する。 Absorber 4 to absorb and retain body fluids. 吸収体4は、嵩高であり、型崩れし難く、化学的刺激が少ないものであることが好ましい。 Absorbent body 4 is a bulky, difficult to lose shape, it is preferable that less chemical stimulation. たとえば、吸収体4として、フラッフ状パルプもしくはエアレイド不織布と高吸収性ポリマー(SAP)とからなる複合吸収体が使用される。 For example, the absorbent body 4, the composite absorber is used consisting of a fluff pulp or air-laid nonwoven fabric and a high absorbent polymer (SAP). この複合吸収体は、ティッシュなどの液透過性の材料で覆われていてもよい。 The composite absorbent member may be covered with a liquid-permeable material, such as tissue.

また、上記複合吸収体のフラッフ状パルプの代わりに、たとえば、化学パルプ、セルロース繊維、レーヨンおよびアセテートなどの人工セルロース繊維を使用してもよい。 Instead of fluff pulp of the composite absorbent, for example, chemical pulp, cellulose fiber may be used an artificial cellulose fiber such as rayon and acetate. 上記複合吸収体中のパルプなどの吸収性繊維の坪量は、好ましくは100g/m 2以上、800g/m 2以下であり、上記複合吸収体中の高吸収性ポリマーの質量比は、吸収性繊維を100%として好ましくは10%以上、65%以下である。 The basis weight of absorbent fibers such as pulp of the composite absorber is preferably from 100 g / m 2 or more and 800 g / m 2 or less, the mass ratio of the superabsorbent polymer of the composite absorbent in the absorbent preferably the fibers as 100% 10% or more and 65% or less. 上記複合混合体を覆うティッシュなど液透過性の材料の坪量は、好ましくは12g/m 2以上、30g/m 2以下である。 The basis weight of the liquid-permeable material such as tissue covering the composite mixture is preferably 12 g / m 2 or more and 30 g / m 2 or less.

上記複合混合体のエアレイド不織布として、たとえば、パルプと合成繊維とを熱融着させた不織布またはパルプと合成繊維とをバインダーで固着させた不織布を使用することができる。 Above for airlaid nonwoven composite mixture, for example, can be used to a nonwoven fabric or pulp is heat-sealed and pulp and synthetic fibers and synthetic fibers was fixed by a binder nonwoven.

上記複合吸収体の高吸収性ポリマーは、水溶性高分子が適度に架橋した三次元網目構造を有する。 Superabsorbent polymers of the composite absorbent body has a three-dimensional network structure the water-soluble polymer is appropriately crosslinked. この吸収性ポリマーは、水を吸収する前の吸収性ポリマーの体積に対して30〜60倍の水を吸収する。 The absorbent polymer absorbs 30-60 times of water relative to the volume before the absorbent polymer to absorb water. しかし、この吸収性ポリマーは本質的に水不溶性である。 However, the absorbent polymer is essentially water insoluble. また、この吸収性ポリマーは、多少の圧力を加えられても、一旦吸収された水を離水しない。 Further, the absorbent polymers be added some pressure, no syneresis once absorbed water. この吸収性ポリマーとして、たとえば、デンプン系、アクリル酸系またはアミノ酸系の粒子状または繊維状のポリマーが使用される。 As the absorbent polymer, for example, starch-based, polymer particulate or fibrous acrylic acid or amino acid-based is used.

吸収体4の形状および構造は必要に応じて変えることができるが、吸収体4の全吸収量は、吸収性物品1としての設計挿入量および所望の用途に対応させる必要がある。 The shape and structure of the absorbent body 4 can be varied as required, the total absorption of the absorbent body 4, it is necessary to correspond to the design insertion amount and the desired use of the absorbent article 1. また、吸収体4のサイズや吸収能力などは用途に応じて変わる。 Also, size and absorbent capacity of the absorbent body 4 will vary depending on the application.

ホットメルト接着剤を使用して吸収体4はトップシート2と接着している。 Absorber 4 using a hot-melt adhesive is adhered to the top sheet 2. これによりトップシート2が吸収体4から剥がれることを抑制できる。 Thus it is possible to prevent the top sheet 2 is peeled off from the absorbent body 4.

サイドシート5は、体液がトップシート2の表面および/または内部を通って吸収性物品1の幅方向外側へ漏れることを防止する。 Side sheets 5, fluid is prevented from leaking to the outside in the width direction of the absorbent article 1 through the inner surface and / or the top sheet 2. サイドシート5は、疎水性または撥水性を有することが好ましい。 Side sheet 5 preferably has a hydrophobic or water-repellent. サイドシート5には、たとえば、スパンボンド不織布やSMS不織布などが使用される。 The side sheet 5, for example, such as spunbond nonwoven fabric or SMS nonwoven fabric is used. また、サイドシート5は着用者の肌と接触するため、肌への擦れ刺激を低減できるエアスルー不織布をサイドシート5に使用することが好ましい。 Further, since the side sheet 5 is in contact with the wearer's skin, it is preferable to use the air-through nonwoven fabric can reduce the rubbing irritation of the skin side sheet 5. なお、吸収性物品1は、サイドシート5を有さなくてもよい。 Incidentally, the absorbent article 1 may not have the side sheets 5.

上述したように、ウイング部6は、吸収性物品1を下着に安定して固定するために吸収性物品1に設けられている。 As described above, the wing portion 6 is provided in the absorbent article 1 in order to stably fix the absorbent article 1 to the undergarment. ウイング部6を下着の外面側に折り曲げた後、粘着部7を介して下着のクロッチ域に張り付けることによって、吸収性物品1を下着に安定して固定することができる。 After folding the wing portions 6 on the outer surface of the undergarment, by pasting the crotch region of an undergarment through the adhesive portion 7, it is possible to stably fix the absorbent article 1 to the undergarment. また、本体部10に設けられた粘着部7を下着のクロッチ域に張り付けることによって、着用中に本体部10がずれることを抑制できる。 Further, by pasting the adhesive portion 7 provided in the main body portion 10 to the crotch region of an undergarment, it may prevent the main body portion 10 is shifted during wear.

図2に示す吸収性物品1の粘着部7は、吸収性物品1を下着のクロッチ域に固定する。 Adhesive portion 7 of the absorbent article 1 shown in FIG. 2, to fix the absorbent article 1 to the crotch region of an undergarment. 粘着部7を形成する粘着剤としては、たとえばスチレン系ポリマー、粘着付与剤、可塑剤のいずれかが主成分であるものが好適に使用される。 As the adhesive for forming the adhesive portion 7, such as styrene-based polymer, tackifier, are suitably used either plasticizer as the main component. 前記スチレン系ポリマーとしては、スチレン−エチレン−ブチレン−スチレンブロック共重合体、スチレン−ブチレン重合体、スチレン−ブチレン−スチレンブロック共重合体、スチレン−イソブチレン−スチレン共重合体などが挙げられるが、これらのうち1種のみを使用しても、二種以上のポリマーブレンドであってもよい。 As the styrene-based polymer, a styrene - ethylene - butylene - styrene block copolymer, styrene - butylene copolymer, a styrene - butylene - styrene block copolymer, styrene - isobutylene - although styrene copolymer, these it is used only one kind of, or a two or more kinds of the polymer blend. この中でも熱安定性が良好であるという点で、スチレン−エチレン−ブチレン−スチレンブロック共重合体が好ましい。 In that thermal stability among these is good, styrene - ethylene - butylene - styrene block copolymer.

また、前記粘着付与剤および可塑剤としては、常温で固体のものを好ましく用いることができ、粘着付与剤ではたとえばC5系石油樹脂、C9系石油樹脂、ジシクロペンタジエン系石油樹脂、ロジン系石油樹脂、ポリテルペン樹脂、テルペンフェノール樹脂などが挙げられ、前記可塑剤ではたとえば、リン酸トリフレシル、フタル酸ジブチル、フタル酸ジオクチルなどのモノマー可塑剤の他、ビニル重合体やポリエステルのようなポリマー可塑剤が挙げられる。 Further, as the tackifier and plasticizer, can be preferably used is solid at room temperature, the tackifier example C5 petroleum resin, C9 petroleum resin, dicyclopentadiene-based petroleum resins, rosin-based petroleum resin , polyterpene resins, terpene phenol resins. wherein in the plasticizer for example, Torifureshiru phosphate, dibutyl phthalate, other monomers plasticizers such as dioctyl phthalate, and polymer plasticizers such as vinyl polymer or polyester It is.

図1および図2に示すように、トップシート2および吸収体4は、エンボス加工により厚み方向に圧縮して形成された、トップシート2から吸収体4の内部に至る圧搾溝8を有する。 As shown in FIGS. 1 and 2, the topsheet 2 and the absorbent body 4 has been formed by compressing in the thickness direction by embossing, a compressed groove 8 extending in the interior of the absorbent body 4 from the top sheet 2. 圧搾溝8は、吸収性物品1の中心部分(着用者の体液の排泄口に当接する部分)に排出された体液が幅方向(X方向)に拡散するのを抑制する。 Compressed groove 8, the body fluid discharged to the (portion contacting the excretory opening of the body fluid of the wearer) the central portion of the absorbent article 1 inhibits the diffusion in the width direction (X direction). また、これにより吸収体4からトップシート2が剥がれることを抑制できる。 Further, it is possible to prevent this by the top sheet 2 may peel off from the absorbent body 4. 圧搾溝8は、吸収性物品1の中心部分を囲み、連続的な略環状の形状を有する。 Compressed groove 8 surrounds the central portion of the absorbent article 1, has a continuous generally annular shape. なお、吸収性物品1の中央部を囲む圧搾溝8は、部分的に途切れていてもよい。 Incidentally, the compression grooves 8 surrounding the central portion of the absorbent article 1 may be partially interrupted. すなわち、圧搾溝8は、非連続的な略環状の形状を有していてもよい。 That is, the compression grooves 8 may have a non-continuous substantially annular shape.

また、ヒートエンボス加工によりトップシート2をバックシート3に圧縮接合させることによって、本体部10の長手方向両側の縁の部分およびウイング部6の幅方向外側の縁の部分にシール部9が形成される。 Also, by compressing joining topsheet 2 by heat embossing to the backsheet 3, the sealing portion 9 is formed in the longitudinal opposite edges of the portion and the wing portion 6 widthwise outer edge portion of the main body portion 10 that. これにより、トップシート2がバックシート3から剥がれないようにできる。 Thus, the top sheet 2 can be prevented from peeling from the back sheet 3. さらに、ヒートエンボス加工によってバックシート3とサイドシート5とはウイング部6のシール部9で接合されている。 Moreover, it is joined by the seal portion 9 of the wing portions 6 and the back sheet 3 and the side sheet 5 by a heat embossing. これにより、サイドシート5がバックシート3から剥がれないようにできる。 Thus, the side sheet 5 can be prevented from peeling from the back sheet 3.

次に、上述の血液改質剤を詳細に説明する。 Next, the aforementioned blood modifying agent in detail. 血液改質剤は、血液改質剤は、約0.00〜約0.60のIOBと、約45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、約 0.00〜約0.05gの水溶解度とを有する。 Blood modifying agent, blood modifier, and from about 0.00 to about 0.60 of the IOB, and a melting point below about 45 ° C., in water 100g of 25 ° C., of from about 0.00 to about 0.05g and a water solubility.

IOB(Inorganic Organic Balance)は、親水性および親油性のバランスを示す指標であり、本明細書では、小田らによる次式: IOB (Inorganic Organic Balance) is an index showing the balance of hydrophilic and lipophilic, in this specification, the following equation according to Oda, et al:
IOB=無機性値/有機性値により算出される値を意味する。 IOB = refers to a value calculated by the inorganic value / organic value.

上記無機性値と、有機性値とは、藤田穆「有機化合物の予測と有機概念図」化学の領域Vol. And the inorganic value and the organic value, "predicted an organic conceptual diagram of an organic compound" Atsushi Fujita chemical area Vol. 11,No. 11, No. 10(1957)p. 10 (1957) p. 719−725)に記載される有機概念図に基づく。 Based on organic conceptual diagram is described in 719-725). 藤田氏による、主要な基の有機性値および無機性値を、下記表1にまとめる。 By Fujita, the organic value and the inorganic value of the major groups are summarized in the following Table 1.

たとえば、炭素数14のテトラデカン酸と、炭素数12のドデシルアルコールとのエステルの場合には、有機性値が520(CH 2 ,20×26個)、無機性値が60(−COOR,60×1個)となるため、IOB=0.12となる。 For example, a tetradecane acid having a carbon number of 14, in the case of esters of dodecyl alcohol 12 carbon atoms, organic value is 520 (CH 2, 20 × 26 pieces), inorganic value is 60 (-COOR, 60 × 1), and therefore, the IOB = 0.12.

上記血液改質剤において、IOBは、約0.00〜約0.60であり、約0.00〜約0.50であることが好ましく、約0.00〜約0.40であることがより好ましく、そして約0〜約0.30であることがさらに好ましい。 In the blood modifying agent, IOB is about 0.00 to about 0.60, preferably about 0.00 to about 0.50, be from about 0.00 to about 0.40 more preferably, and even more preferably from about 0 to about 0.30. IOBが低いほど、有機性が高く、血球との親和性が高くなると考えられるからである。 More IOB is low, high organic, it is considered that the higher the affinity with blood cells.

本明細書において、「融点」は、示差走査熱量分析計において、昇温速度10℃/分で測定した場合の、固形状から液状に変化する際の吸熱ピークのピークトップ温度を意味する。 As used herein, "melting point" is the differential scanning calorimeter, as measured at a Atsushi Nobori rate of 10 ° C. / min, which means a peak top temperature of an endothermic peak at the time of changing the liquid from the solid. 上記融点は、たとえば、島津製作所社製のDSC−60型DSC測定装置を用いて測定することができる。 The melting point, for example, can be measured using the DSC-60 Model DSC measuring device manufactured by Shimadzu Corporation.

上記血液改質剤は、約45℃以下の融点を有すれば、室温で液体であっても、または固体であってもよい、すなわち、融点が約25℃以上でも、または約25℃未満でもよく、そしてたとえば、約−5℃、約−20℃等の融点を有することができる。 The blood modifying agent, if it has about 45 ° C. or less of the melting point, be a liquid at room temperature, or may be a solid, i.e., even at a melting point of about 25 ° C. or higher, or even less than about 25 ° C. well, and for example, about -5 ° C., may have a melting point such as about -20 ° C.. 上記血液改質剤の融点が約45℃以下である根拠は、後述する。 Rationale melting point of the blood modifying agent is less than about 45 ° C. will be described later.

上記血液改質剤は、その融点に下限は存在しないが、その蒸気圧が低いことが好ましい。 The blood modifying agent does not have a lower limit for its melting point, it is preferable that the vapor pressure is low. 上記血液改質剤の蒸気圧は、1気圧および25℃で約0.00〜約0.01Paであることが好ましく、約0.000〜約0.001Paであることがより好ましく、そして約0.0000〜約0.0001Paであることがさらに好ましい。 The vapor pressure of the blood modifying agent is preferably at 1 atmosphere and 25 ° C. is about 0.00 to about 0.01 Pa, more preferably from about 0.000 to about 0.001 Pa, and about 0 further preferably .0000~ about 0.0001 Pa. 本開示の吸収性物品が、人体に接して用いられることを考慮すると、上記蒸気圧は、1気圧および40℃で約0.00〜約0.01Paであることが好ましく、約0.000〜約0.001Paであることがより好ましく、そして約0.0000〜約0.0001Paであることがさらに好ましい。 The absorbent article of the present disclosure, considering that used in contact with human body, the steam pressure is preferably from about 0.00 to about 0.01Pa at 1 atm and 40 ° C., about 0.000 more preferably about 0.001 Pa, and even more preferably about 0.0000~ about 0.0001 Pa. 蒸気圧が高いと、保存中に気化し、血液改質剤の量の減少、着用時の臭気等の問題が発生する場合があるからである。 A high vapor pressure, vaporizes during storage, reduction in the amount of blood modifying agent, in problems of odor or the like during wearing may occur.

また、血液改質剤の融点を、気候、着用時間の長さ等に応じて、使い分けることができる。 Further, the melting point of the blood modifying agent, weather, depending on the duration of wear, can be selectively used. たとえば、平均気温が約10℃以下の地域では、約10℃以下の融点を有する血液改質剤を採用することにより、経血が排泄された後、周囲温度によって冷却された場合であっても、血液改質剤が、安定して血液を改質することができると考えられる。 For example, the average temperature of about 10 ° C. or less of the region, by employing the blood modifying agent having a melting point below about 10 ° C., after which menstrual blood is excreted, even if it is cooled by ambient temperature , blood modifying agent are believed to stably can be modified blood. また、吸収性物品が長時間にわたって使用される場合には、血液改質剤の融点は、45℃以下の範囲で高い方が好ましい。 Also, when the absorbent article is used for a prolonged period of time, the melting point of the blood modifying agent, it is preferably higher in the range of 45 ° C. or less. 汗、着用時の摩擦等の影響を受けにくく、長時間着用した場合であっても、血液改質剤が移動しにくいからである。 Sweat, less susceptible to the influence of friction, such as when worn, even when worn for a long time, blood modifying agent is because hard to move.

0.00〜0.05gの水溶解度は、25℃において、100gの脱イオン水に、0.05gの試料を添加し、24時間静置し、24時間後に、必要に応じて軽く攪拌し、次いで、試料が溶解したか否か目視で評価することにより測定することができる。 Water solubility of 0.00~0.05g, at 25 ° C., deionized water 100 g, was added to samples of 0.05 g, and allowed to stand for 24 hours, after 24 hours, gently stirred as needed, it can then be determined by assessing at whether visually sample is dissolved. なお、本明細書では、水溶解度に関して、「溶解」には、試料が脱イオン水に完全に溶解し、均一混合物を形成した場合と、試料が完全にエマルション化した場合とが含まれる。 In the present specification, with respect to aqueous solubility, the "dissolution", a sample was completely dissolved in deionized water, as in forming the homogeneous mixture includes the case where the sample is completely emulsified. なお、「完全」とは、脱イオン水に、試料の塊が存在しないことを意味する。 Note that the "complete", in deionized water, which means that lumps of the sample does not exist.

当技術分野では、血液の表面張力等を変化させ、血液を迅速に吸収することを目的として、トップシートの表面を、界面活性剤でコーティングすることが行われている。 In the art, by changing the surface tension of the blood or the like, for the purpose of rapidly absorb blood, the surface of the topsheet, have been made to be coated with a surfactant. しかし、界面活性剤は、一般に水溶解度が高いため、界面活性剤がコーティングされたトップシートは、血液中の親水性成分(血漿等)となじみがよく、むしろ血液をトップシートに残存させるようにはたらく傾向がある。 However, surfactants are generally due to the high water solubility, TOP surfactant-coated sheet, hydrophilic component in blood (plasma, etc.) and familiar well, rather to cause residue of blood on the top sheet there is a tendency to work. 上記血液改質剤は、水溶解度が低いため、従来公知の界面活性剤と異なり、血液をトップシートに残存させず、迅速に吸収体に移行させることができると考えられる。 The blood modifying agent has low water solubility, unlike conventional surfactants, without residue of blood on the top sheet, is considered to be able to rapidly migrate into the absorbent body.

本明細書において、25℃における、100gの水に対する溶解度を、単に、「水溶解度」と称する場合がある。 In this specification, at 25 ° C., the solubility in water of 100 g, simply referred to as "water solubility".

本明細書において、「重量平均分子量」は、多分散系の化合物(たとえば、逐次重合により製造された化合物、複数の脂肪酸と、複数の脂肪族1価アルコールとから生成されたエステル)と、単一化合物(たとえば、1種の脂肪酸と、1種の脂肪族1価アルコールから生成されたエステル)とを含む概念であり、N i個の分子量M iの分子(i=1、またはi=1,2・・・)からなる系において、次の式: In this specification, "weight average molecular weight" polydisperse compound (e.g., compounds prepared by sequential polymerization, and a plurality of fatty acids, esters produced from a plurality of aliphatic monohydric alcohol) and a single first compound (e.g., a one fatty acid, one ester formed from an aliphatic monohydric alcohol) is a concept including, molecules of N i number of molecular weight M i (i = 1 or i = 1, , in a system consisting of 2,...), the following equation:
w =ΣN ii 2 /ΣN ii M w = ΣN i M i 2 / ΣN i M i
により求められるM wを意味する。 It refers to the M w obtained by the.

本明細書において、重量平均分子量は、ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)により求められる、ポリスチレン換算の値を意味する。 In the present specification, the weight average molecular weight is determined by gel permeation chromatography (GPC), it means a value in terms of polystyrene. GPCの測定条件としては、たとえば、以下が挙げられる。 The measurement conditions of GPC, for example, include the following.
機種:(株)日立ハイテクノロジーズ製 高速液体クロマトグラム Lachrom Elite Model :( stock) manufactured by Hitachi High-Technologies high-performance liquid chromatogram Lachrom Elite
カラム:昭和電工(株)製 SHODEX KF−801、KF−803およびKF−804 Column: Showa Denko KK SHODEX KF-801, KF-803 and KF-804
溶離液:THF Eluent: THF
流量 :1.0mL/分 打込み量:100μL Flow rate: 1.0mL / minute implantation amount: 100μL
検出:RI(示差屈折計) Detection: RI (differential refractometer)
なお、本明細書の実施例に記載される重量平均分子量は、上記条件により測定したものである。 The weight average molecular weight as described in examples herein, is measured under the above conditions.

上記血液改質剤は、好ましくは、次の(i)〜(iii)、 The blood modifying agent is preferably the following (i) ~ (iii),
(i)炭化水素、 (I) a hydrocarbon,
(ii) (ii−1)炭化水素部分と、(ii−2)上記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル基(−CO−)およびオキシ基(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、および (iii) (iii−1)炭化水素部分と、(iii−2)上記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル基(−CO−)およびオキシ基(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基と、(iii−3)上記炭化水素部分の水素原子を置換する、カルボキシル基(−COOH)およびヒドロキシル基(−OH)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、 (Ii) and (ii-1) a hydrocarbon moiety, from (ii-2) is inserted between a C-C single bond of the hydrocarbon moiety, a carbonyl group (-CO-) and oxy group (-O-) made is selected from the group of one or more compounds having the same or different groups, and (iii) (iii-1) a hydrocarbon moiety, (iii-2) C-C single bond of the hydrocarbon moiety inserted between, it is selected from the group consisting of a carbonyl group (-CO-) and an oxy group (-O-), a one or more, same or different groups, of (iii-3) the hydrocarbon moiety replacing a hydrogen atom, it is selected from the group consisting of carboxyl group (-COOH) and hydroxyl (-OH), an one or more compounds having the same or different groups,
ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択される。 And it is selected from the group consisting of any combination thereof.

本明細書において、「炭化水素」は、炭素と水素とから成る化合物を意味し、鎖状炭化水素、たとえば、パラフィン系炭化水素(二重結合および三重結合を含まない、アルカンとも称される)、オレフィン系炭化水素(二重結合を1つ含む、アルケンとも称される)、アセチレン系炭化水素(三重結合を1つ含む、アルキンとも称される)、および二重結合および三重結合から成る群から選択される結合を2つ以上含む炭化水素、ならびに環状炭化水素、たとえば、芳香族炭化水素、脂環式炭化水素が挙げられる。 As used herein, "hydrocarbon" means a compound composed of carbon and hydrogen, a chain hydrocarbon, for example, paraffinic hydrocarbons (no double bonds and triple bonds, also called alkane) , olefinic hydrocarbons (including one double bond, also referred to as alkenes), acetylenic hydrocarbons (including one triple bond, also referred alkynes), and a double bond and the group consisting of triple bond combine two or more containing hydrocarbon selected from, as well as cyclic hydrocarbons, for example, aromatic hydrocarbons, alicyclic hydrocarbons.

上記炭化水素としては、鎖状炭化水素および脂環式炭化水素であることが好ましく、鎖状炭化水素であることがより好ましく、パラフィン系炭化水素、オレフィン系炭化水素、および二重結合を2つ以上含む炭化水素(三重結合を含まない)であることがさらに好ましく、そしてパラフィン系炭化水素であることがさらに好ましい。 As the hydrocarbon is preferably a linear hydrocarbon and alicyclic hydrocarbon, more preferably a chain hydrocarbon, two paraffinic hydrocarbons, olefinic hydrocarbons, and double bonds more preferably in a more including hydrocarbons (not including triple bond), and even more preferably paraffinic hydrocarbons. 上記鎖状炭化水素には、直鎖状炭化水素および分岐鎖状炭化水素が含まれる。 The chain hydrocarbon include straight chain hydrocarbons and branched chain hydrocarbons.

上記(ii)および(iii)の化合物において、オキシ基(−O−)が2つ以上挿入されている場合には、各オキシ基(−O−)は隣接していない。 In the compounds of the (ii) and (iii), when the oxy group (-O-) are inserted two or more, each group (-O-) are not adjacent. したがって、上記(ii)および(iii)の化合物には、オキシ基が連続する化合物(いわゆる、過酸化物)は含まれない。 Accordingly, the compounds of (ii) and (iii), the compound group are continuous (i.e., peroxides) not included.

また、上記(iii)の化合物では、炭化水素部分の少なくとも1つの水素原子が、カルボキシル基(−COOH)で置換された化合物よりも、炭化水素部分の少なくとも1つの水素原子が、ヒドロキシル基(−OH)で置換された化合物の方が好ましい。 Further, the compounds of (iii), at least one of the hydrogen atoms of the hydrocarbon moiety, than compounds substituted with a carboxyl group (-COOH), a least one of the hydrogen atoms of the hydrocarbon moiety is a hydroxyl group (- towards compounds substituted with OH) are preferred. 表1に示すように、カルボキシル基は、経血中の金属等と結合し、無機性値が150から、400以上へと大幅に上昇するため、カルボキシル基を有する血液改質剤は、使用時にIOBの値が約0.60を上回り、血球との親和性が低下する可能性があるからである。 As shown in Table 1, carboxyl group, bonded to the metal or the like menstrual blood, from the inorganic value is 150, to increase significantly to 400 or more, blood modifying agent having a carboxyl group, in use the IOB value is greater than about 0.60, there is a possibility to reduce the affinity of the blood cells.

上記血液改質剤は、より好ましくは、次の(i')〜(iii')、 The blood modifying agent is more preferably the following (i ') ~ (iii'),
(i')炭化水素、 (I ') a hydrocarbon,
(ii') (ii'−1)炭化水素部分と、(ii'−2)上記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、カーボネート結合(−OCOO−)、およびエーテル結合(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる結合とを有する化合物、および (iii') (iii'−1)炭化水素部分と、(iii'−2)上記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、カーボネート結合(−OCOO−)、およびエーテル結合(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる結合と、(iii'−3)上記炭化水素部分の水素原子を置換する、カルボキシル基(−COOH (Ii ') and (ii'-1) hydrocarbon moiety (ii'-2) inserted between a C-C single bond of the hydrocarbon moiety, a carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO -), carbonate bond (-OCOO-), and is selected from the group consisting of ether bond (-O-), one or a plurality of compounds having the same or different binding, and (iii ') (iii'- 1) a hydrocarbon moiety, which is inserted between (iii'-2) C-C single bond of the hydrocarbon moiety, a carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO-), carbonate bond (-OCOO -), and is selected from the group consisting of ether bond (-O-), substituted one or a plurality of the same or different binding, (III'-3) the hydrocarbon portion of the hydrogen atom, a carboxyl group ( -COOH )およびヒドロキシル基(−OH)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、 ) Is selected from the group consisting of hydroxyl (-OH), an one or more compounds having the same or different groups,
ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択される。 And it is selected from the group consisting of any combination thereof.

上記(ii')および(iii')の化合物において、2以上の同一または異なる結合が挿入されている場合、すなわち、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、カーボネート結合(−OCOO−)およびエーテル結合(−O−)から選択される2以上の同一または異なる結合が挿入されている場合には、各結合は隣接しておらず、各結合の間には、少なくとも、炭素原子が1つ介在する。 In the compounds of the (ii ') and (iii'), when two or more identical or different bonds are inserted, i.e., a carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO-), carbonate bond (- If the -OCOO-) and ether bonds (-O-) 2 or more identical or selected from different coupling is inserted, the coupling is not adjacent, between each coupling, at least, carbon atoms mediated by one.

上記血液改質剤は、さらに好ましくは、炭化水素部分中に、炭素原子10個当たり、カルボニル結合(−CO−)を約1.8個以下、エステル結合(−COO−)を2個以下、カーボネート結合(−OCOO−)を約1.5個以下、エーテル結合(−O−)を約6個以下、カルボキシル基(−COOH)を約0.8個以下、そして/またはヒドロキシル基(−OH)を約1.2個以下有する化合物であることができる。 The blood modifying agent is more preferably in a hydrocarbon moiety, per 10 carbon atoms, about 1.8 or less carbonyl bond (-CO-), ester bonds and (-COO-) 2 or less, carbonate bond (-OCOO-) about 1.5 or less, an ether bond (-O-) and no more than about 6, about 0.8 or less carboxyl group (-COOH), a and / or hydroxyl group (-OH ) it can be a a compound having about 1.2 or less.

上記血液改質剤は、さらに好ましくは、次の(A)〜(F)、 The blood modifying agent is more preferably the following (A) ~ (F),
(A) (A1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(A2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のカルボキシル基とを有する化合物とのエステル、 And (A) (A1) chain hydrocarbon moiety, a compound having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (A2) a chain hydrocarbon moiety, the chain ester of a compound having the one carboxyl group substituting the Jo hydrocarbon moiety of a hydrogen atom,
(B) (B1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(B2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエーテル、 (B) (B1) a chain hydrocarbon moiety and compounds having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (B2) chain hydrocarbon moiety, the chain an ether of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of Jo hydrocarbon moiety,
(C) (C1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する、2〜4個のカルボキシル基とを含むカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、(C2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエステル、 (C) and (C1) chain hydrocarbon moiety replaces a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, a carboxylic acid containing 2 to 4 carboxyl groups, hydroxy acids, alkoxy acids or oxoacids, ( C2) a chain hydrocarbon moiety ester of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety,
(D)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、エーテル結合(−O−)、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、およびカーボネート結合(−OCOO−)から成る群から選択されるいずれか1つの結合とを有する化合物、 And (D) a chain hydrocarbon moiety, which is inserted between a C-C single bond of the chain hydrocarbon moiety, an ether bond (-O-), carbonyl bond (-CO-), ester bond (-COO- ), and carbonate bond (-OCOO-) compound having a any one bond selected from the group consisting of,
(E)ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、またはそのアルキルエステルもしくはアルキルエーテル、および (F)鎖状炭化水素、 (E) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol or its alkyl ester or alkyl ether, and (F) a chain hydrocarbon,
ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択される。 And it is selected from the group consisting of any combination thereof. 以下、(A)〜(F)に従う血液改質剤について詳細に説明する。 It will be described in detail below blood modifying agent according to (A) ~ (F).

[(A) (A1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(A2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のカルボキシル基とを有する化合物とのエステル] [And (A) (A1) chain hydrocarbon moiety, a compound having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (A2) a chain hydrocarbon moiety, the ester of a compound having the one carboxyl group substituting a chain hydrocarbon moiety of a hydrogen atom]
(A) (A1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(A2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のカルボキシル基とを有する化合物とのエステル(以下、「化合物(A)」と称する場合がある)は、上述のIOB、融点および水溶解度を有する限り、全てのヒドロキシル基がエステル化されていなくともよい。 And (A) (A1) chain hydrocarbon moiety, a compound having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (A2) a chain hydrocarbon moiety, the chain ester of a compound having the one carboxyl group substituting the Jo hydrocarbon moiety of a hydrogen atom (hereinafter, may be referred to as "compound (a)") is above the IOB, as long as it has a melting point and water solubility , all of the hydroxyl groups may not be esterified.

(A1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物(以下、「化合物(A1)」と称する場合がある)としては、たとえば、鎖状炭化水素テトラオール、たとえば、アルカンテトラオール、たとえば、ペンタエリトリトール、鎖状炭化水素トリオール、たとえば、アルカントリオール、たとえば、グリセリン、および鎖状炭化水素ジオール、たとえば、アルカンジオール、たとえば、グリコールが挙げられる。 (A1) a chain hydrocarbon moiety compounds having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety (hereinafter sometimes referred to as "compound (A1)") as the , for example, chain hydrocarbon tetraols, for example, an alkane tetraols, for example pentaerythritol, chain hydrocarbon triols, for example, an alkane triol, for example, glycerin, and chain hydrocarbon diols, for example, alkane diols, for example, glycol.
(A2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のカルボキシル基とを有する化合物(以下、「化合物(A2)」と称する場合がある)としては、たとえば、炭化水素上の1つの水素原子が、1つのカルボキシル基(−COOH)で置換された化合物、たとえば、脂肪酸が挙げられる。 (A2) a chain hydrocarbon moiety a compound having a one carboxyl group substituting a hydrogen on the chain hydrocarbon moiety (hereinafter sometimes referred to as "compound (A2)") include, for example, , one hydrogen atom on the hydrocarbon, compounds substituted with one carboxyl group (-COOH), a for example, fatty acids.
化合物(A)としては、たとえば、(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(a 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、および(a 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルが挙げられる。 The compound (A), for example, (a 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid, (a 2) an ester of a chain hydrocarbon triol and at least one fatty acid, and (a 3 ) esters of chain hydrocarbon diol and at least one fatty acid and the like.

[(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid]
上記鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルとしては、たとえば、次の式(1): The ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid, for example, the following equation (1):
のペンタエリトリトールと脂肪酸とのテトラエステル、次の式(2): The tetraester of pentaerythritol and a fatty acid, the following equation (2):
のペンタエリトリトールと脂肪酸とのトリエステル、次の式(3): The triester of pentaerythritol and fatty acids, the following equation (3):
のペンタエリトリトールと脂肪酸とのジエステル、次の式(4): The diester of pentaerythritol and fatty acids, the following equation (4):
のペンタエリトリトールと脂肪酸とのモノエステルが挙げられる。 Monoester of pentaerythritol with fatty acids and the like.
(式中、R 1 〜R 4は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, R 1 to R 4 each represent a chain hydrocarbon)

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステルを構成する脂肪酸(R 1 COOH、R 2 COOH,R 3 COOH,およびR 4 COOH)としては、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステルが、上記IOB、融点および水溶解度の要件を満たすものであれば、特に制限されないが、たとえば、飽和脂肪酸、たとえば、C 2 〜C 30の飽和脂肪酸、たとえば、酢酸(C 2 )(C 2は、炭素数を示し、R 1 C、R 2 C,R 3 CまたはR 4 Cの炭素数に相当する、以下同じ)、プロパン酸(C 3 )、ブタン酸(C 4 )およびその異性体、たとえば、2−メチルプロパン酸(C 4 )、ペンタン酸(C 5 )およびその異性体、たとえば、2−メチルブタン酸(C 5 )、2,2−ジメチルプロパン酸(C 5 )、ヘキサン酸(C 6 )、ヘプタン酸(C 7 Pentaerythritol and fatty acids constituting the esters of fatty acids (R 1 COOH, R 2 COOH , R 3 COOH, and R 4 COOH) as an ester of pentaerythritol with fatty acids, the IOB, melting point and water solubility as long as it satisfies the requirement is not particularly limited, for example, saturated fatty acids, for example, saturated fatty acids C 2 -C 30, for example, acetic acid (C 2) (C 2 indicates the number of carbon atoms, R 1 C, R 2 C, corresponding to the number of carbon atoms of R 3 C or R 4 C, hereinafter the same), propanoic acid (C 3), butanoic acid (C 4) and isomers thereof, for example, 2-methylpropanoic acid (C 4 ), pentanoic acid (C 5) and isomers thereof such as 2-methylbutanoic acid (C 5), 2,2-dimethyl propanoic acid (C 5), hexanoic acid (C 6), heptanoic acid (C 7) オクタン酸(C 8 )およびその異性体、たとえば、2−エチルヘキサン酸(C 8 )、ノナン酸(C 9 )、デカン酸(C 10 )、ドデカン酸(C 12 )、テトラデカン酸(C 14 )、ヘキサデカン酸(C 16 )、ヘプタデカン酸(C 17 )、オクタデカン酸(C 18 )、エイコサン酸(C 20 )、ドコサン酸(C 22 )、テトラコサン酸(C 24 )、ヘキサコサン酸(C 26 )、オクタコサン酸(C 28 )、トリアコンタン酸(C 30 )等、ならびにこれらの異性体(上述のものを除く)が挙げられる。 Octanoic acid (C 8) and isomers thereof, e.g., 2-ethylhexanoic acid (C 8), nonanoic acid (C 9), decanoic acid (C 10), dodecanoic acid (C 12), tetradecanoic acid (C 14) , hexadecanoic acid (C 16), heptadecanoic acid (C 17), octadecanoic acid (C 18), eicosanoic acid (C 20), docosanoate (C 22), tetracosanoic acid (C 24), hexacosanoic acid (C 26), octacosanoic (C 28), triacontanoic acid (C 30), etc., as well as isomers thereof (excluding those described above).

上記脂肪酸はまた、不飽和脂肪酸であることができる。 The fatty acid may also be an unsaturated fatty acid. 上記不飽和脂肪酸としては、たとえば、C 3 〜C 20の不飽和脂肪酸、たとえば、モノ不飽和脂肪酸、たとえば、クロトン酸(C 4 )、ミリストレイン酸(C 14 )、パルミトレイン酸(C 16 )、オレイン酸(C 18 )、エライジン酸(C 18 )、バクセン酸(C 18 )、ガドレイン酸(C 20 )、エイコセン酸(C 20 )等、ジ不飽和脂肪酸、たとえば、リノール酸(C 18 )、エイコサジエン酸(C 20 )等、トリ不飽和脂肪酸、たとえば、リノレン酸、たとえば、α-リノレン酸(C 18 )およびγ-リノレン酸(C 18 )、ピノレン酸(C 18 )、エレオステアリン酸、たとえば、α-エレオステアリン酸(C 18 )およびβ-エレオステアリン酸(C 18 )、ミード酸(C 20 )、ジホモ-γ-リノレン酸(C 20 )、エイコサトリエン酸(C 20 )等、テトラ不飽和 Examples of the unsaturated fatty acids, e.g., unsaturated fatty acids C 3 -C 20, for example, monounsaturated fatty acids, for example, crotonic acid (C 4), myristoleic acid (C 14), palmitoleic acid (C 16), oleic acid (C 18), elaidic acid (C 18), vaccenic acid (C 18), gadoleic (C 20), eicosenoic acid (C 20), di-unsaturated fatty acids e.g., linoleic acid (C 18), eicosadienoic acid (C 20), etc., tri-unsaturated fatty acids, for example, linolenic acid, for example, alpha-linolenic acid (C 18) and γ- linolenic acid (C 18), pinolenic acid (C 18), eleostearic acid, For example, alpha-eleostearic acid (C 18) and β- eleostearic acid (C 18), mead acid (C 20), dihomo -γ- linolenic acid (C 20), eicosatrienoic acid (C 20) etc., tetra unsaturated 肪酸、たとえば、ステアリドン酸(C 20 )、アラキドン酸(C 20 )、エイコサテトラエン酸(C 20 )等、ペンタ不飽和脂肪酸、たとえば、ボセオペンタエン酸(C 18 )、エイコサペンタエン酸(C 20 )等、ならびにこれらの部分水素付加物が挙げられる。 Fatty acid, e.g., stearidonic acid (C 20), arachidonic acid (C 20), eicosatetraenoic acid (C 20), etc., penta-unsaturated fatty acids, for example, bosseopentaenoic acid (C 18), eicosapentaenoic acid (C 20 ), etc., as well as those partially hydrogenated adduct.

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステルとしては、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸に由来する、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステル、すなわち、ペンタエリトリトールと飽和脂肪酸とのエステルであることが好ましい。 The ester of pentaerythritol and a fatty acid, in view of the potential for degradation by oxidation and the like, derived from saturated fatty acids, esters of pentaerythritol and fatty acids, i.e., be an ester of pentaerythritol with saturated fatty acids preferable. また、上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステルとしては、IOBを小さくし、より疎水性とするために、ジエステル、トリエステルまたはテトラエステルであることが好ましく、トリエステルまたはテトラエステルであることがより好ましく、そしてテトラエステルであることがさらに好ましい。 Further, the ester of pentaerythritol and a fatty acid, to reduce the IOB, in order to more hydrophobic diesters, preferably a triester or tetraester, more preferably triester or tetraester and more preferably a tetraester.

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのテトラエステルでは、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのテトラエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、上記式(1)において、R 1 C、R 2 C、R 3 CおよびR 4 C部分の炭素数の合計が15の場合にIOBが0.60となる。 The tetraester of pentaerythritol and fatty acids, the total number of carbons of the fatty acid constituting the tetraester of pentaerythritol and a fatty acid, i.e., in formula (1), R 1 C, R 2 C, R 3 C and IOB is 0.60 when the total number of carbon atoms of R 4 C portion 15. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのテトラエステルでは、上記炭素数の合計が約15以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the tetraester of pentaerythritol and a fatty acid, if the total number of carbon atoms is about 15 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60. 上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのテトラエステルでは、たとえば、ペンタエリトリトールと、ヘキサン酸(C 6 )、ヘプタン酸(C 7 )、オクタン酸(C 8 )、たとえば、2−エチルヘキサン酸(C 8 )、ノナン酸(C 9 )、デカン酸(C 10 )および/またはドデカン酸(C 12 )とのテトラエステルが挙げられる。 The tetraester of pentaerythritol and a fatty acid, for example, pentaerythritol, hexanoic acid (C 6), heptanoic acid (C 7), octanoic acid (C 8), for example, 2-ethylhexanoic acid (C 8), nonanoic acid (C 9), include tetraester of decanoic acid (C 10) and / or dodecanoic acid (C 12).

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのトリエステルでは、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのトリエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、上記式(2)において、R 1 C、R 2 CおよびR 3 C部分の炭素数の合計が19の場合にIOBが0.58となる。 The triester of pentaerythritol and fatty acids, the total number of carbons of the fatty acid constituting the triester of pentaerythritol and fatty acids, i.e., the formula (2), R 1 C, R 2 C and R 3 C moiety IOB is 0.58 when the total of 19 of the number of carbon atoms in. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのトリエステルでは、脂肪酸の炭素数の合計が約19以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Accordingly, In a triester of pentaerythritol and fatty acids, when the total number of carbon atoms of fatty acid is about 19 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのジエステルでは、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのジエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、上記式(3)において、R 1 CおよびR 2 C部分の炭素数の合計が22の場合にIOBが0.59となる。 The diester of pentaerythritol and fatty acids, the total number of carbons of the fatty acids constituting the diesters of pentaerythritol and fatty acids, i.e., in formula (3), the total number of carbon atoms of R 1 C and R 2 C parts IOB is 0.59 when 22. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのジエステルでは、脂肪酸の炭素数の合計が約22以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the diester of pentaerythritol and fatty acids, when the total number of carbon atoms of fatty acid is about 22 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのモノエステルでは、ペンタエリトリトールと脂肪酸とのモノエステルを構成する脂肪酸の炭素数、すなわち、上記式(4)において、R 1 C部分の炭素数が25の場合にIOBが0.60となる。 The monoester of pentaerythritol and fatty acid, the carbon number of the fatty acid constituting the monoester of pentaerythritol and fatty acids, i.e., in formula (4), the number of carbon atoms of R 1 C portion is IOB when the 25 It is 0.60. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのモノエステルでは、脂肪酸の炭素数が約25以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Accordingly, the monoester of pentaerythritol and fatty acids, when the number of carbon atoms of the fatty acid is about 25 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60. なお、上記計算に当たっては、二重結合、三重結合、iso分岐、およびtert分岐の影響は、考慮していない。 Incidentally, when the above calculation, a double bond, a triple bond, the effect of iso branched, and tert branch not taken into consideration.

上記ペンタエリトリトールと脂肪酸とのエステルの市販品としては、ユニスター H−408BRS、H−2408BRS−22(混合品)等(以上、日油株式会社製)が挙げられる。 Examples of commercial products of esters of pentaerythritol and fatty acids, UNISTAR H-408BRS, H-2408BRS-22 (mixed product), etc. (manufactured by NOF Corp.).

[(a 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 2) an ester of a chain hydrocarbon triol and at least one fatty acid]
上記鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルとしては、たとえば、次の式(5): The ester of a chain hydrocarbon triol and at least one fatty acid, for example, the following equation (5):
のグリセリンと脂肪酸とのトリエステル、次の式(6): Triesters of glycerin and fatty acids, the following equation (6):
のグリセリンと脂肪酸とのジエステル、および次の式(7): Diesters of glycerin and fatty acids and the following equation, (7):
(式中、R 5 〜R 7は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, R 5 to R 7 each represent a chain hydrocarbon)
のグリセリンと脂肪酸とのモノエステルが挙げられる。 It includes monoesters of glycerin and fatty acids are.

上記グリセリンと脂肪酸とのエステルを構成する脂肪酸(R 5 COOH、R 6 COOHおよびR 7 COOH)としては、グリセリンと脂肪酸とのエステルが、上記IOB、融点および水溶解度の要件を満たすものであれば、特に制限されず、たとえば、「(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル」において列挙される脂肪酸、すなわち、飽和脂肪酸および不飽和脂肪酸が挙げられ、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸に由来する、グリセリンと脂肪酸とのエステル、すなわち、グリセリンと飽和脂肪酸とのエステルであることが好ましい。 Glycerin and a fatty acid constituting the ester of a fatty acid (R 5 COOH, R 6 COOH and R 7 COOH) as an ester of glycerin and fatty acids, as long as it satisfies the above IOB, melting point and water solubility requirements is not particularly limited, for example, "(a 1) a chain hydrocarbon tetraol and at least one ester of a fatty acid" fatty acid listed in, i.e., include saturated and unsaturated fatty acids, modified by oxidation or the like in view of the possibility of, derived from saturated fatty acids, esters of glycerin and fatty acid, i.e., an ester of glycerin and a saturated fatty acid.

また、上記グリセリンと脂肪酸とのエステルとしては、IOBを小さくし、より疎水性とするために、ジエステルまたはトリエステルであることが好ましく、そしてトリエステルであることがより好ましい。 As the ester of glycerin and a fatty acid, to reduce the IOB, in order to more hydrophobic, is preferably a diester or triester, and more preferably triesters.

上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルは、トリグリセリドとも称され、たとえば、グリセリンとオクタン酸(C 8 )とのトリエステル、グリセリンとデカン酸(C 10 )とのトリエステル、グリセリンとドデカン酸(C 12 )とのトリエステル、およびグリセリンと、2種または3種の脂肪酸とのトリエステル、ならびにこれらの混合物が挙げられる。 Triesters of glycerin and fatty acid is also known as a triglyceride, for example, glycerin and triesters of octanoic acid (C 8), triesters of glycerin and decanoic acid (C 10), glycerin and dodecanoic acid (C 12 ) and the triester, and glycerin, triesters of two or three fatty acids, and mixtures thereof.

上記グリセリンと、2種以上の脂肪酸とのトリエステルとしては、たとえば、グリセリンと、オクタン酸(C 8 )およびデカン酸(C 10 )とのトリエステル、グリセリンと、オクタン酸(C 8 )、デカン酸(C 10 )およびドデカン酸(C 12 )とのトリエステル、グリセリンと、オクタン酸(C 8 )、デカン酸(C 10 )、ドデカン酸(C 12 )、テトラデカン酸(C 14 )、ヘキサデカン酸(C 16 )およびオクタデカン酸(C 18 )とのトリエステル等が挙げられる。 And glycerin, as the triester of two or more fatty acids, for example, triesters of glycerin, and octanoic acid (C 8) and decanoic acid (C 10), and glycerol, octanoic acid (C 8), decane triesters of acid (C 10) and dodecanoic acid (C 12), glycerin and octanoic acid (C 8), decanoic acid (C 10), dodecanoic acid (C 12), tetradecanoic acid (C 14), hexadecanoic acid (C 16) and tri esters of octadecanoic acid (C 18) and the like.

上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルとしては、融点を約45℃以下とするために、グリセリンと脂肪酸とのトリエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、式(5)において、R 5 C、R 6 CおよびR 7 C部分の炭素数の合計が、約40以下であることが好ましい。 The triester of glycerin and a fatty acid, to about 45 ° C. below the melting point, the total number of carbons of the fatty acid constituting the triester of glycerol and fatty acids, i.e., in formula (5), R 5 C it is preferred that the total number of carbon atoms of R 6 C and R 7 C portion is about 40 or less.

また、上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルでは、グリセリンと脂肪酸とのトリエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、式(5)において、R 5 C、R 6 CおよびR 7 C部分の炭素数の合計が12の場合にIOBが0.60となる。 Further, the triester of glycerin and fatty acids, the total number of carbons of the fatty acid constituting the triester of glycerol and fatty acids, i.e., in formula (5), R 5 C, the R 6 C and R 7 C moiety IOB is 0.60 when the total number of carbon atoms is 12. したがって、上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルでは、脂肪酸の炭素数の合計が約12以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the triester of glycerin and fatty acids, when the total number of carbon atoms of fatty acid is about 12 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60. 上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルは、いわゆる、脂肪であり、人体を構成しうる成分であるため、安全性の観点から好ましい。 Triesters of glycerin and fatty acids, being aliphatic, because it is a component capable of constituting the human body, from the viewpoint of safety.

上記グリセリンと脂肪酸とのトリエステルの市販品としては、トリヤシ油脂肪酸グリセリド、NA36、パナセート800、パナセート800Bおよびパナセート810S、ならびにトリC2L油脂肪酸グリセリドおよびトリCL油脂肪酸グリセリド(以上、日油株式会社製)等が挙げられる。 Examples of commercial products of triesters of glycerin and fatty acids, tri-coconut oil fatty acid glycerides, NA36, PANACET 800, PANACET 800B and PANACET 810S, and tri C2L oil fatty acid glycerides and tri-CL oil fatty acid glycerides (NOF Corporation ), and the like.

上記グリセリンと脂肪酸とのジエステルは、ジグリセリドとも称され、たとえば、グリセリンとデカン酸(C 10 )とのジエステル、グリセリンとドデカン酸(C 12 )とのジエステル、グリセリンとヘキサデカン酸(C 16 )とのジエステル、およびグリセリンと、2種の脂肪酸とのジエステル、ならびにこれらの混合物が挙げられる。 Diesters of glycerin and a fatty acid is also known as diglyceride, for example, diesters of glycerin and decanoic acid (C 10), diesters of glycerin and dodecanoic acid (C 12), of glycerin and hexadecanoic acid (C 16) diester, and glycerin, diesters of two fatty acids, and mixtures thereof.

上記グリセリンと脂肪酸とのジエステルでは、グリセリンと脂肪酸とのジエステルを構成する脂肪酸の炭素数の合計、すなわち、式(6)において、R 5 CおよびR 6 C部分の炭素数の合計が16の場合にIOBが0.58となる。 The diester of glycerin and fatty acids, the total number of carbons diester fatty acids constituting the of glycerin and fatty acids, i.e., in formula (6), when the total number of carbon atoms of R 5 C and R 6 C portion of 16 IOB is 0.58. したがって、上記グリセリンと脂肪酸とのジエステルでは、脂肪酸の炭素数の合計が約16以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, the diesters of glycerin and fatty acids, when the total number of carbon atoms of fatty acid is about 16 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

上記グリセリンと脂肪酸とのモノエステルは、モノグリセリドとも称され、たとえば、グリセリンのイコサン酸(C 20 )モノエステル、グリセリンのドコサン酸(C 22 )モノエステル等が挙げられる。 Monoesters of glycerin and fatty acids are also known as monoglycerides, for example, icosanoic acid glycerin (C 20) monoesters, docosanoate glycerin (C 22) monoesters, and the like. 上記グリセリンと脂肪酸とのモノエステルでは、グリセリンと脂肪酸とのモノエステルを構成する脂肪酸の炭素数、すなわち、式(7)において、R 5 C部分の炭素数が19の場合にIOBが0.59となる。 The monoester of glycerin and fatty acid, the carbon number of the fatty acid constituting the monoester of glycerol and a fatty acid, i.e., in formula (7), IOB when the number of carbon atoms of R 5 C portion 19 is 0.59 to become. したがって、上記グリセリンと脂肪酸とのモノエステルでは、脂肪酸の炭素数が約19以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Accordingly, the monoester of glycerin and fatty acids, when the number of carbon atoms of the fatty acid is about 19 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

[(a 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 3) an ester of a chain hydrocarbon diol and at least one fatty acid]
上記鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルとしては、たとえば、C 2 〜C 6の鎖状炭化水素ジオール、たとえば、C 2 〜C 6のグリコール、たとえば、エチレングリコール、プロピレングリコール、ブチレングリコール、ペンチレングリコールまたはヘキシレングリコールと、脂肪酸とのモノエステルまたはジエステルが挙げられる。 The esters of at least one fatty acid and a chain hydrocarbon diols, for example, chain hydrocarbon diols C 2 -C 6, for example, glycols C 2 -C 6, for example, ethylene glycol, propylene glycol, butylene glycol, pentylene glycol or hexylene glycol, monoesters or diesters of fatty acids.

具体的には、上記鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルとしては、たとえば、次の式(8): Specifically, the ester of at least one fatty acid and a chain hydrocarbon diols, for example, the following equation (8):
8 COOC k2k OCOR 9 (8) R 8 COOC k H 2k OCOR 9 (8)
(式中、kは、2〜6の整数であり、そしてR 8およびR 9は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, k is an integer of 2-6, and R 8 and R 9, each represent a chain hydrocarbon)
のC 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのジエステル、および次の式(9): C 2 -C 6 diesters of glycols and fatty acids and the following formula, (9):
8 COOC k2k OH (9) R 8 COOC k H 2k OH ( 9)
(式中、kは、2〜6の整数であり、そしてR 8は、鎖状炭化水素である) (Wherein, k is an integer of 2-6, and R 8 is a chain hydrocarbon)
のC 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのモノエステルが挙げられる。 Monoester of C 2 -C 6 glycol and fatty acids and the like.

上記C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルにおいて、エステル化すべき脂肪酸(式(8)および式(9)において、R 8 COOHおよびR 9 COOHに相当する)としては、C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルが、上記IOB、融点および水溶解度の要件を満たすものであれば、特に制限されず、たとえば、「(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル」において列挙されている脂肪酸、すなわち、飽和脂肪酸および不飽和脂肪酸が挙げられ、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸が好ましい。 In ester of a C 2 -C 6 glycol and fatty acid, (in the formula (8) and (9), corresponding to R 8 COOH and R 9 COOH) to be esterified fatty acids as a, C 2 -C 6 glycol and esters of fatty acids, so long as it satisfies the above IOB, melting point and water solubility requirements, not particularly limited, for example, "(a 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid" fatty acids listed in, i.e., include saturated and unsaturated fatty acids, in consideration of the potential for degradation by oxidation and the like, saturated fatty acids are preferred.

式(8)に示されるブチレングリコール(k=4)と脂肪酸とのジエステルでは、R 8 CおよびR 9 C部分の炭素数の合計が6の場合に、IOBが、0.60となる。 The diester of a fatty acid and butylene glycol (k = 4) shown in Equation (8), when the total number of carbons of the R 8 C and R 9 C moiety is 6, IOB is 0.60. したがって、式(8)に示されるブチレングリコール(k=4)と脂肪酸とのジエステルでは、上記炭素数の合計が約6以上の場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, the diesters of fatty acid butylene glycol (k = 4) represented by formula (8), when the total number of carbon atoms is about 6 or higher, IOB and about 0.00 to about 0.60 Requirements Fulfill. また、式(9)に示されるエチレングリコール(k=2)と脂肪酸とのモノエステルでは、R 8 C部分の炭素数が12の場合に、IOBが0.57となる。 Further, the monoester of a fatty acid ethylene glycol (k = 2) represented by formula (9), when the number of carbons of the R 8 C portion is 12, IOB is 0.57. したがって、式(9)に示されるエチレングリコール(k=2)と脂肪酸とのモノエステルでは、脂肪酸の炭素数が約12以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Accordingly, the monoester of ethylene glycol and (k = 2) a fatty acid represented by formula (9), when the number of carbon atoms of the fatty acid is about 12 or more, IOB of about 0.00 to about 0.60 Requirements meet.

上記C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルとしては、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸に由来する、C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステル、すわなち、C 2 〜C 6グリコールと飽和脂肪酸とのエステルであることが好ましい。 The ester of a C 2 -C 6 glycol and fatty acids, in consideration of the potential for degradation by oxidation and the like, derived from saturated fatty acids, esters of C 2 -C 6 glycol and fatty acid, Nachi Suwa, C 2 it is preferable -C 6 glycol and an ester of saturated fatty acids.

また、上記C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルとしては、IOBを小さくし、より疎水性とするために、炭素数の大きいグリコールに由来する、グリコールと脂肪酸とのエステル、たとえば、ブチレングリコール、ペンチレングリコールまたはヘキシレングリコールに由来するグリコールと脂肪酸とのエステルであることが好ましい。 As the ester of a C 2 -C 6 glycol and fatty acid, to reduce the IOB, in order to more hydrophobic, from large glycol carbon number, esters of glycols and fatty acids, for example, butylene glycol it is preferably an ester of a glycol and fatty acids derived from pentylene glycol or hexylene glycol.

さらに、上記C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルとしては、IOBを小さくし、より疎水性とするために、ジエステルであることが好ましい。 Further, as the ester of a C 2 -C 6 glycol and fatty acid, to reduce the IOB, in order to more hydrophobic, is preferably a diester. 上記C 2 〜C 6グリコールと脂肪酸とのエステルの市販品としては、たとえば、コムポールBL、コムポールBS(以上、日油株式会社製)等が挙げられる。 Examples of commercial products of esters of the C 2 -C 6 glycols with fatty acids, for example, COMPOL BL, COMPOL BS (products of NOF Corporation) and the like.

[(B) (B1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(B2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエーテル] [(B) (B1) a chain hydrocarbon moiety and compounds having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (B2) chain hydrocarbon moiety, the an ether of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a chain hydrocarbon moiety of a hydrogen atom]
(B) (B1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(B2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエーテル(以下、「化合物(B)」と称する場合がある)は、上述のIOB、融点および水溶解度を有する限り、全てのヒドロキシル基がエーテル化されていなくともよい。 (B) (B1) a chain hydrocarbon moiety and compounds having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (B2) chain hydrocarbon moiety, the chain Jo hydrocarbon moiety of an ether with a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom (hereinafter, sometimes referred to as "compound (B)") is above the IOB, as long as it has a melting point and water solubility , all of the hydroxyl groups may not have been etherified.

(B1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物としては、「化合物(A)」において化合物(A1)として列挙されるもの、たとえば、ペンタエリトリトール、グリセリン、およびグリコールが挙げられる。 (B1) a chain hydrocarbon moiety as the compound having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, is listed as compound (A1) in a "compound (A)" shall, for example, pentaerythritol, glycerol, and glycols.
(B2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物(以下、「化合物(B2)」と称する場合がある)としては、たとえば、炭化水素の1個の水素原子が、1個のヒドロキシル基(−OH)で置換された化合物、たとえば、脂肪族1価アルコール、たとえば、飽和脂肪族1価アルコールおよび不飽和脂肪族1価アルコールが挙げられる。 (B2) a chain hydrocarbon moiety a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety (hereinafter sometimes referred to as "compound (B2)") include, for example, , one of the hydrogen atoms of the hydrocarbon, compounds substituted with one hydroxyl (-OH), an example, aliphatic monohydric alcohols, for example, saturated aliphatic monohydric alcohols and unsaturated aliphatic monohydric alcohol and the like.

上記飽和脂肪族1価アルコールとしては、たとえば、C 1 〜C 20の飽和脂肪族1価アルコール、たとえば、メチルアルコール(C 1 )(C 1は、炭素数を示す、以下同じ)、エチルアルコール(C 2 )、プロピルアルコール(C 3 )およびその異性体、たとえば、イソプロピルアルコール(C 3 )、ブチルアルコール(C 4 )およびその異性体、たとえば、sec−ブチルアルコール(C 4 )およびtert−ブチルアルコール(C 4 )、ペンチルアルコール(C 5 )、ヘキシルアルコール(C 6 )、ヘプチルアルコール(C 7 )、オクチルアルコール(C 8 )およびその異性体、たとえば、2−エチルヘキシルアルコール(C 8 )、ノニルアルコール(C 9 )、デシルアルコール(C 10 )、ドデシルアルコール(C 12 )、テトラデシルアル Examples of the saturated aliphatic monohydric alcohol, e.g., C 1 -C 20 saturated aliphatic monohydric alcohols such as methyl alcohol (C 1) (C 1 indicates the number of carbon atoms, hereinafter the same), ethyl alcohol ( C 2), propyl alcohol (C 3) and isomers thereof, for example, isopropyl alcohol (C 3), butyl alcohol (C 4) and isomers thereof, for example, sec- butyl alcohol (C 4) and tert- butyl alcohol (C 4), pentyl alcohol (C 5), hexyl alcohol (C 6), heptyl alcohol (C 7), octyl alcohol (C 8) and isomers thereof, for example, 2-ethylhexyl alcohol (C 8), nonyl alcohol (C 9), decyl alcohol (C 10), dodecyl alcohol (C 12), tetradecyl Al コール(C 14 )、ヘキサデシルアルコール(C 16 )、へプラデシルアルコール(C 17 )、オクタデシルアルコール(C 18 )、およびエイコシルアルコール(C 20 )、ならびにこれらの列挙されていない異性体が挙げられる。 Call (C 14), hexadecyl alcohol (C 16), to heptadecyl alcohol (C 17), octadecyl alcohol (C 18), and eicosyl alcohol (C 20), and isomers thereof that are not listed in these It is.

上記不飽和脂肪族1価アルコールとしては、上記飽和脂肪族1価アルコールのC−C単結合の1つを、C=C二重結合で置換したもの、たとえば、オレイルアルコールが挙げられ、たとえば、新日本理化株式会社から、リカコールシリーズおよびアンジェコオールシリーズの名称で市販されている。 Examples of the unsaturated aliphatic monohydric alcohol, one C-C single bond of the saturated aliphatic monohydric alcohol, which was replaced by C = C double bond, for example, include oleyl alcohol, for example, from New Japan Chemical Co., Ltd., which is commercially available under the name of Rika call series and Angers co-All Series.

化合物(B)としては、たとえば、(b 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、たとえば、モノエーテル、ジエーテル、トリエーテルおよびテトラエーテル、好ましくはジエーテル、トリエーテルおよびテトラエーテル、より好ましくはトリエーテルおよびテトラエーテル、そしてさらに好ましくはテトラエーテル、(b 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、たとえば、モノエーテル、ジエーテルおよびトリエーテル、好ましくはジエーテルおよびトリエーテル、そしてより好ましくはトリエーテル、ならびに(b 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、たとえば、モノエーテルおよびジエーテル、そして As the compound (B), for example, (b 1) a chain hydrocarbon tetraol and at least one aliphatic monohydric ethers of alcohols, e.g., monoether, diether, triether and tetra ether, preferably a diether, tri ethers and tetra ether, more preferably tri ethers and tetra ether and more preferably tetra ether, (b 2) a chain hydrocarbon triol and at least one aliphatic monohydric ethers of alcohols, e.g., mono-ethers, diethers and triether, preferably diethers and triethers and more preferably tri-ether, and (b 3) a chain hydrocarbon diol and at least one aliphatic monohydric ether alcohols, for example, mono- and diethers and, ましくはジエーテルが挙げられる。 Mashiku diethers.

上記鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテルとしては、たとえば、次の式(10)〜(13): The ether and at least one aliphatic monohydric alcohol and a chain hydrocarbon tetraol, for example, the following equation (10) to (13):
(式中、R 10 〜R 13は、それぞれ、鎖状炭化水素である。) (Wherein, R 10 to R 13 each represent a chain hydrocarbon.)
の、ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのテトラエーテル、トリエーテル、ジエーテルおよびモノエーテルが挙げられる。 Of pentaerythritol and tetra ethers of aliphatic monohydric alcohols, tri- ether, diethers and monoethers.

上記鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテルとしては、たとえば、次の式(14)〜(16): The ether of a chain hydrocarbon triol and at least one aliphatic monohydric alcohol, for example, the following equation (14) to (16):
(式中、R 14 〜R 16は、それぞれ、鎖状炭化水素である。) (Wherein, R 14 to R 16 each represent a chain hydrocarbon.)
の、グリセリンと脂肪族1価アルコールとのトリエーテル、ジエーテルおよびモノエーテルが挙げられる。 Of glycerol and tri ethers of aliphatic monohydric alcohols, diethers and monoethers.

上記鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテルとしては、次の式(17): The ether of a chain hydrocarbon diol and at least one aliphatic monohydric alcohol, the following equation (17):
17 OC n2n OR 18 (17) R 17 OC n H 2n OR 18 (17)
(式中、nは、2〜6の整数であり、そしてR 17およびR 18は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, n an integer of 2-6, and R 17 and R 18, each represent a chain hydrocarbon)
のC 2 〜C 6グリコールと脂肪族1価アルコールとのジエーテル、および次の式(18): C 2 -C 6 glycol diether of an aliphatic monohydric alcohol, and the following formula (18):
17 OC n2n OH (18) R 17 OC n H 2n OH ( 18)
(式中、nは、2〜6の整数であり、そしてR 17は、鎖状炭化水素である) (Wherein, n an integer of 2-6, and R 17 is a chain hydrocarbon)
のC 2 〜C 6グリコールと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルが挙げられる。 C 2 -C 6 glycol and monoether of an aliphatic monohydric alcohol and the like.

上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのテトラエーテルでは、ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのテトラエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、上記式(10)において、R 10 、R 11 、R 12およびR 13部分の炭素数の合計が4の場合にIOBが0.44となる。 The tetraether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the tetraether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (10), the total number of carbon atoms of R 10, R 11, R 12 and R 13 moieties IOB is 0.44 when the 4. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのテトラエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が約4以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, in the tetraether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 4 or more, IOB and about 0.00 to about 0.60 Requirements Fulfill.

上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルでは、ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、上記式(11)において、R 10 、R 11およびR 12部分の炭素数の合計が9の場合にIOBが0.57となる。 The birds of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the triether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (11), IOB is 0.57 when the total number of carbon atoms of R 10, R 11 and R 12 moieties is 9. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が約9以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, the tri-ether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 9 or higher, IOB and about 0.00 to about 0.60 Requirements Fulfill.

上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのジエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、上記式(12)において、R 10およびR 11部分の炭素数の合計が15の場合にIOBが0.60となる。 The diether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the diether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (12), R 10 and the total number of carbon atoms of R 11 moiety is IOB of 0.60 in case of 15. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が約15以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the diether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 15 or more, IOB satisfies about 0.00 to about 0.60 Requirements .

上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数、すなわち、上記式(13)において、R 10部分の炭素数が22の場合にIOBが0.59となる。 In the monoether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, the number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the monoether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (13), R 10 IOB is 0.59 when the number of carbon atoms of the portion 22. したがって、上記ペンタエリトリトールと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数が約22以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the monoether of pentaerythritol and an aliphatic monohydric alcohol, when the number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 22 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

また、上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルでは、グリセリンと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、式(14)において、R 14 、R 15およびR 16部分の炭素数の合計が3の場合にIOBが0.50となる。 Further, in the tri-ether of glycerin and aliphatic monohydric alcohols, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the triether of glycerol and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (14), R 14, the total number of carbon atoms of R 15 and R 16 moieties IOB is 0.50 when the 3. したがって、上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのトリエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が約3以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, the tri-ether of glycerin and aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 3 or more, IOB satisfies about 0.00 to about 0.60 Requirements .

上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、グリセリンと脂肪族1価アルコールとのジエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、式(15)において、R 14およびR 15部分の炭素数の合計が9の場合にIOBが0.58となる。 The diether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the diether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (15), R 14 and R 15 IOB is 0.58 when the total number of carbon atoms of the portion is 9. したがって、上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が約9以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the diether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 9 or higher, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、グリセリンと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数、すなわち、式(16)において、R 14部分の炭素数が16の場合にIOBが0.58となる。 In the monoether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, the number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol composing the monoether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, i.e., in formula (16), carbon atoms of R 14 moiety IOB is 0.58 when the number is 16. したがって、上記グリセリンと脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数が約16以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, the monoether of glycerin and an aliphatic monohydric alcohol, when the number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 16 or more, IOB satisfies the condition of being within about 0.00 to 0.60.

式(17)に示されるブチレングリコール(n=4)と脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、R 17およびR 18部分の炭素数の合計が2の場合に、IOBが、0.33となる。 The diether of butylene glycol (n = 4) and an aliphatic monohydric alcohol represented by the formula (17), when the total number of carbon atoms of R 17 and R 18 moieties is 2, IOB is 0.33 . したがって、式(17)に示されるブチレングリコール(n=4)と脂肪族1価アルコールとのジエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数の合計が2以上の場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Thus, in a diether of butylene glycol represented by formula (17) (n = 4) and aliphatic monohydric alcohol, when the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is 2 or more, IOB of about 0.00 meet to about 0.60 requirements. また、式(18)に示されるエチレングリコール(n=2)と脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、R 17部分の炭素数が8の場合に、IOBが0.60となる。 Further, in the monoether of ethylene glycol (n = 2) and the aliphatic monohydric alcohol represented by the formula (18), when the number of carbon atoms of R 17 moiety is 8, IOB is 0.60. したがって、式(18)に示されるエチレングリコール(n=2)と脂肪族1価アルコールとのモノエーテルでは、脂肪族1価アルコールの炭素数が約8以上である場合に、IOBが約0.00〜約0.60の要件を満たす。 Therefore, when the monoether of the formula (18) ethylene glycol represented by (n = 2) and the aliphatic monohydric alcohol, the number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol is approximately 8 or more, IOB of about 0. meet the 00 about 0.60 requirements.

化合物(B)としては、化合物(B1)と、化合物(B2)とを、酸触媒の存在下で、脱水縮合することにより生成することができる。 As the compound (B), compound (B1), a compound (B2), in the presence of an acid catalyst, can be produced by dehydrating condensation.

[(C) (C1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する、2〜4個のカルボキシル基とを含むカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、(C2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエステル] [And (C) (C1) chain hydrocarbon moiety replaces a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, a carboxylic acid containing 2 to 4 carboxyl groups, hydroxy acids, alkoxy acids or oxoacids, (C2) a chain hydrocarbon moiety ester of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety]
(C) (C1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する、2〜4個のカルボキシル基とを含むカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、(C2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエステル(以下、「化合物(C)」と称する場合がある)は、上述のIOB、融点および水溶解度を有する限り、全てのカルボキシル基がエステル化されていなくともよい。 (C) and (C1) chain hydrocarbon moiety replaces a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, a carboxylic acid containing 2 to 4 carboxyl groups, hydroxy acids, alkoxy acids or oxoacids, ( C2) a chain hydrocarbon moiety ester of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety (hereinafter, "compound (C)" may be referred to as a) is above IOB, as long as it has a melting point and water solubility, all of the carboxyl groups may not be esterified.

(C1)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する、2〜4個のカルボキシル基とを含むカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸(以下、「化合物(C1)」と称する場合がある)としては、たとえば、2〜4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素カルボン酸、たとえば、鎖状炭化水素ジカルボン酸、たとえば、アルカンジカルボン酸、たとえば、エタン二酸、プロパン二酸、ブタン二酸、ペンタン二酸、ヘキサン二酸、ヘプタン二酸、オクタン二酸、ノナン二酸およびデカン二酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、たとえば、アルカントリカルボン酸、たとえば、プロパン三酸、ブタン三酸、ペンタン三酸、ヘキサン三酸、ヘプタン三酸、オクタン三酸、ノナン三酸およびデカン三酸、ならびに鎖 (C1) a chain hydrocarbon moiety replaces a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, a carboxylic acid containing 2 to 4 carboxyl groups, hydroxy acid, alkoxy acid or oxo acid (hereinafter, "Compound ( as may be referred to as C1) "), for example, chain hydrocarbon carboxylic acids having 2-4 carboxyl groups, for example, chain hydrocarbon dicarboxylic acids, for example, alkane dicarboxylic acids, for example, ethanedioic acid , propanedioic acid, butanedioic acid, pentanedioic acid, hexanoic acid, heptanoic acid, octanoic acid, nonanoic diacid and decanoic diacid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid, for example, an alkane tricarboxylic acids, such as propane three acid, butanoic triacid, pentanoic triacid, hexane three acid, heptanoic acid, octanoic, nonanoic acid and decanoic triacid, and chain 状炭化水素テトラカルボン酸、たとえば、アルカンテトラカルボン酸、たとえば、ブタン四酸、ペンタン四酸、ヘキサン四酸、ヘプタン四酸、オクタン四酸、ノナン四酸およびデカン四酸が挙げられる。 Jo hydrocarbon tetracarboxylic acid, e.g., an alkane tetracarboxylic acid, for example, butanetetraoic acid, pentanetetraoic acid, hexanetetraoic acid, heptanoic tetraacid, octanoic tetraacid, nonanetetraoic acid and decanetetraoic acid.

また、化合物(C1)には、2〜4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素ヒドロキシ酸、たとえば、リンゴ酸、酒石酸、クエン酸、イソクエン酸等、2〜4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素アルコキシ酸、たとえば、O−アセチルクエン酸、および2〜4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素オキソ酸が含まれる。 Further, the compound (C1), a chain hydrocarbon hydroxy acids having 2-4 carboxyl groups, for example, malic acid, tartaric acid, citric acid, and the like isocitrate, chain with 2-4 carboxyl groups hydrocarbons alkoxy acid, for example, include chain hydrocarbon oxoacids with O- acetyl citrate, and 2-4 carboxyl groups. (C2)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物としては、「化合物(B)」の項で列挙されるもの、たとえば、脂肪族1価アルコールが挙げられる。 (C2) a chain hydrocarbon moiety as a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, those listed in the "Compound (B)", for example, It includes aliphatic monohydric alcohol.

化合物(C)としては、(c 1 )4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素テトラカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、たとえば、モノエステル、ジエステル、トリエステルおよびテトラエステル、好ましくはジエステル、トリエステルおよびテトラエステル、より好ましくはトリエステルおよびテトラエステル、そしてさらに好ましくはテトラエステル、(c 2 )3個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素トリカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、たとえば、モノエステル、ジエステルおよびトリエステル、好ましくはジエステルおよびトリエステル、そしてより好ましくはトリ As the compound (C), (c 1) chain hydrocarbon tetracarboxylic acids having 4 carboxyl groups, esters of hydroxy acids, alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol, for example, monoesters, diesters, triesters and tetraesters, preferably diester, triester and tetraester, more preferably triester and tetraester and more preferably tetraester,, (c 2) a chain having three carboxyl groups hydrocarbon tricarboxylic acid, hydroxy acid, esters of alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol, for example, monoesters, diesters and triesters, preferably diesters and triesters and more preferably bird, ステル、ならびに(c 3 )2個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素ジカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、たとえば、モノエステルおよびジエステル、好ましくはジエステルが挙げられる。 Ester, and (c 3) a chain hydrocarbon dicarboxylic acids having two carboxyl groups, hydroxy acids, esters of alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol, for example, mono- and diesters, with preference given to diesters. 化合物(C)の例としては、アジピン酸ジオクチル、O−アセチルクエン酸トリブチル等が挙げられ、そして市販されている。 Examples of compounds (C), dioctyl adipate, etc. O- acetyl tributyl citrate, and the like, and are commercially available.

[(D)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、エーテル結合(−O−)、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、およびカーボネート結合(−OCOO−)から成る群から選択されるいずれか1つの結合とを有する化合物] [(D) a chain hydrocarbon moiety inserted between a C-C single bond of the chain hydrocarbon moiety, an ether bond (-O-), carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO -), and carbonate bond (-OCOO-) compound having a any one bond selected from the group consisting of]
(D)鎖状炭化水素部分と、上記鎖状炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、エーテル結合(−O−)、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、およびカーボネート結合(−OCOO−)から成る群から選択されるいずれか1つの結合とを有する化合物(以下、「化合物(D)」と称する場合がある)としては、(d 1 )脂肪族1価アルコールと脂肪族1価アルコールとのエーテル、(d 2 )ジアルキルケトン、(d 3 )脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステル、および(d 4 )ジアルキルカーボネートが挙げられる。 And (D) a chain hydrocarbon moiety, which is inserted between a C-C single bond of the chain hydrocarbon moiety, an ether bond (-O-), carbonyl bond (-CO-), ester bond (-COO- ), and carbonate bond (-OCOO-) compound having a any one bond selected from the group consisting of (hereinafter, "compound (D)" as may be referred to as a) is, (d 1) aliphatic monohydric alcohol and an aliphatic monohydric ether alcohols, (d 2) dialkyl ketone, (d 3) an ester of a fatty acid and an aliphatic monohydric alcohol, and (d 4) dialkyl carbonates.

[(d 1 )脂肪族1価アルコールと脂肪族1価アルコールとのエーテル] [(D 1) an aliphatic monohydric alcohol and an ether of an aliphatic monohydric alcohol]
上記脂肪族1価アルコールと脂肪族1価アルコールとのエーテルとしては、次の式(19): The ethers of the aliphatic monohydric alcohol and an aliphatic monohydric alcohol, the following equation (19):
19 OR 20 (19) R 19 OR 20 (19)
(式中、R 19およびR 20は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, R 19 and R 20 each represent a chain hydrocarbon)
を有する化合物が挙げられる。 Compounds having the like.

上記エーテルを構成する脂肪族1価アルコール(式(19)において、R 19 OHおよびR 20 OHに相当する)としては、上記エーテルが、上記IOB、融点および水溶解度の要件を満たすものであれば、特に制限されず、たとえば、「化合物(B)」の項で列挙される脂肪族1価アルコールが挙げられる。 (In the formula (19), corresponding to R 19 OH and R 20 OH) aliphatic monohydric alcohol composing the ether as the above ether, so long as it satisfies the above IOB, melting point and water solubility requirements is not particularly limited, for example, it includes aliphatic monohydric alcohols listed for "compound (B)".

脂肪族1価アルコールと脂肪族1価アルコールとのエーテルでは、当該エーテルを構成する脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、上記式(19)において、R 19およびR 20部分の炭素数の合計が2の場合にIOBが0.50となるため、当該炭素数の合計が約2以上であれば、上記IOBの要件を満たす。 The ether of an aliphatic monohydric alcohol and an aliphatic monohydric alcohol, the total number of carbon atoms of the aliphatic monohydric alcohol constituting the ether, i.e., in formula (19), the number of carbon atoms of R 19 and R 20 moieties because IOB when the total of 2 is 0.50, if the total of the carbon number of about 2 or greater, satisfies the requirements of the IOB. しかし、上記炭素数の合計が6程度では、水溶解度が約2gと高く、蒸気圧の観点からも問題がある。 However, the total of about 6 above carbon atoms, water solubility as high as about 2g, there is also a problem in terms of vapor pressure. 水溶解度が約0.00〜約0.05gの要件を満たすためには、上記炭素数の合計が約8以上であることが好ましい。 For water solubility satisfying the requirements of about 0.00 to about 0.05g, it is preferred that the total of the carbon number of about 8 or more.

[(d 2 )ジアルキルケトン] [(D 2) dialkyl ketones]
上記ジアルキルケトンとしては、次の式(20): As the dialkyl ketone, the following equation (20):
21 COR 22 (20) R 21 COR 22 (20)
(式中、R 21およびR 22は、それぞれ、アルキル基である) (Wherein, R 21 and R 22 are each an alkyl group)
を有する化合物が挙げられる。 Compounds having the like.

上記ジアルキルケトンでは、R 21およびR 22の炭素数の合計が5の場合にIOBが0.54となるため、当該炭素数の合計が約5以上であれば、上記IOBの要件を満たす。 In the above dialkyl ketone, the IOB is 0.54 when the total number of carbon atoms of R 21 and R 22 is 5, if the total of the carbon number of about 5 or more, satisfy the requirements of the IOB. しかし、上記炭素数の合計が5程度では、水溶解度が約2gと高い。 However, the total number of carbon atoms is at about 5, about 2g and high water solubility. したがって、水溶解度が約0.00〜約0.05gの要件を満たすためには、上記炭素数の合計が約8以上であることが好ましい。 Therefore, in order to water solubility satisfying the requirements of about 0.00 to about 0.05g, it is preferred that the total of the carbon number of about 8 or more. また、蒸気圧を考慮すると、上記炭素数は、約10以上であることが好ましく、そして約12以上であることが好ましい。 In consideration of vapor pressure, the number of carbon atoms is preferably not is preferably about 10 or more, and about 12 or more. なお、上記炭素数の合計が約8の場合、たとえば、5−ノナノンでは、融点は約−50℃であり、蒸気圧は20℃で約230Paである。 Incidentally, when the total number of carbon atoms is from about 8, for example, the 5-nonanone, the melting point is about -50 ° C., a vapor pressure of about 230Pa at 20 ° C.. 上記ジアルキルケトンは、市販されている他、公知の方法、たとえば、第二級アルコールを、クロム酸等で酸化することにより得ることができる。 The dialkyl ketone may be commercially available, known methods, for example, a secondary alcohol, may be obtained by oxidation with chromic acid or the like.

[(d 3 )脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステル] [(D 3) an ester of a fatty acid and an aliphatic monohydric alcohol]
上記脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステルとしては、たとえば、次の式(21): The esters of fatty acids and aliphatic monohydric alcohols, for example, the following equation (21):
23 COOR 24 (21) R 23 COOR 24 (21)
(式中、R 23およびR 24は、それぞれ、鎖状炭化水素である) (Wherein, R 23 and R 24, each represent a chain hydrocarbon)
を有する化合物が挙げられる。 Compounds having the like.

上記エステルを構成する脂肪酸(式(21)において、R 23 COOHに相当する)としては、たとえば、「(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル」において列挙されている脂肪酸、すなわち、飽和脂肪酸または不飽和脂肪酸が挙げられ、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸が好ましい。 (In the formula (21), corresponding to R 23 COOH) fatty acids constituting the esters as, for example, are listed in the "(a 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid" fatty acids, i.e., include saturated or unsaturated fatty acids, in consideration of the potential for degradation by oxidation and the like, saturated fatty acids are preferred. 上記エステルを構成する脂肪族1価アルコール(式(21)において、R 24 OHに相当する)としては、たとえば、「化合物(B)」の項で列挙される脂肪族1価アルコールが挙げられる。 (In the formula (21), corresponding to R 24 OH) aliphatic monohydric alcohol composing the ester as, for example, include aliphatic monohydric alcohols listed for "compound (B)".

なお、上記脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステルでは、脂肪酸および脂肪族1価アルコールの炭素数の合計、すなわち、式(21)において、R 23 CおよびR 24部分の炭素数の合計が5の場合にIOBが0.60となるため、R 23 CおよびR 24部分の炭素数の合計が約5以上である場合に、上記IOBの要件を満たす。 In the esters of fatty acids and aliphatic monohydric alcohols, the total number of carbon atoms of fatty acids and aliphatic monohydric alcohols, i.e., in formula (21), the total number of carbon atoms of R 23 C and R 24 moiety is 5 the IOB is 0.60 in the case of, when the total number of carbon atoms of R 23 C and R 24 moieties is about 5 or more, satisfy the requirements of the IOB. しかし、たとえば、上記炭素数の合計が6の酢酸ブチルでは、蒸気圧が2,000Pa超と高い。 However, for example, in butyl acetate of the total number of carbon atoms is 6, the vapor pressure 2,000Pa greater and greater. したがって、蒸気圧を考慮すると、上記炭素数の合計が約12以上であることが好ましい。 Therefore, considering the vapor pressure, it is preferred that the total of the carbon number of about 12 or more. なお、上記炭素数の合計が約11以上であれば、水溶解度が約0.00〜約0.05gの要件を満たすことができる。 Incidentally, if the total number of carbon atoms is about 11 or more, it can be water solubility satisfying the requirements of about 0.00 to about 0.05 g.

上記脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステルの例としては、たとえば、ドデカン酸(C 12 )と、ドデシルアルコール(C 12 )とのエステル、テトラデカン酸(C 14 )と、ドデシルアルコール(C 12 )とのエステル等が挙げられ、上記脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステルの市販品としては、たとえば、エレクトールWE20、およびエレクトールWE40(以上、日油株式会社製)が挙げられる。 Examples of esters of fatty acids and aliphatic monohydric alcohols, for example, and dodecanoic acid (C 12), esters of dodecyl alcohol (C 12), and tetradecanoic acid (C 14), dodecyl alcohol (C 12) ester and the like with, as commercial products of esters of fatty acids and aliphatic monohydric alcohols, for example, ELECTOL WE20, and ELECTOL WE40 (manufactured by NOF Corp.).

[(d 4 )ジアルキルカーボネート] [(D 4) dialkyl carbonate]
上記ジアルキルカーボネートとしては、次の式(22): As the dialkyl carbonate, the following equation (22):
25 OC(=O)OR 26 (22) R 25 OC (= O) OR 26 (22)
(式中、R 25およびR 26は、それぞれ、アルキル基である) (Wherein, R 25 and R 26, respectively, is an alkyl group)
を有する化合物が挙げられる。 Compounds having the like.

上記ジアルキルカーボネートでは、R 25およびR 26の炭素数の合計が6の場合にIOBが0.57となるため、R 25およびR 26の炭素数の合計が、約6以上であれば、IOBの要件を満たす。 In the above dialkyl carbonate, the IOB is 0.57 when the total number of carbon atoms of R 25 and R 26 is 6, the total number of carbon atoms of R 25 and R 26 is equal to or about 6 or more, the IOB meet the requirements. 水溶解度を考慮すると、R 25およびR 26の炭素数の合計が約7以上であることが好ましく、そして約9以上であることがより好ましい。 In view of the water solubility, it is more preferable that the total number of carbon atoms of R 25 and R 26 is about 7 or more is preferable, and about 9 or more. 上記ジアルキルカーボネートは、市販されている他、ホスゲンとアルコールとの反応、塩化ギ酸エステルとアルコールまたはアルコラートとの反応、および炭酸銀とヨウ化アルキルとの反応により合成することができる。 The dialkyl carbonate may be commercially available, it can be synthesized reaction, reaction with formic chloride and an alcohol or an alcoholate, and by reaction with silver carbonate and an alkyl iodide of phosgene and an alcohol.

[(E)ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、またはそのエステルもしくはエーテル] [(E) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol or an ester or ether,]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、またはそのエステルもしくはエーテル(以下、化合物(E)と称する場合がある)としては、(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、(e 2 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(e 3 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、(e 4 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸とのエステル、および(e 5 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテルが挙げら Polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol or an ester or ether, (hereinafter sometimes referred to as compound (E)) The (e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, (e 2) polyoxy C esters of 2 -C 6 alkylene glycol and at least one fatty acid, (e 3) polyoxy C 2 -C 6 ethers of alkylene glycol and at least one aliphatic monohydric alcohol, (e 4) polyoxy C 2 -C 6 an alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid or ester of a chain hydrocarbon dicarboxylic acids, and (e 5) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetra ol, chain hydrocarbon triol or chain ether of hydrocarbon diols include, et al., る。 That. 以下、説明する。 It will be described below.

[(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール] [(E 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールは、i)オキシC 2 〜C 6アルキレン骨格、すなわち、オキシエチレン骨格、オキシプロピレン骨格、オキシブチレン骨格、オキシペンチレン骨格、およびオキシヘキシレン骨格からなる群から選択されるいずれか1種の骨格を有しかつ両末端にヒドロキシ基を有するホモポリマー、ii)上記群から選択される2種以上の骨格を有しかつ両末端にヒドロキシ基を有するブロックコポリマー、またはiii)上記群から選択される2種以上の骨格を有しかつ両末端にヒドロキシ基を有するランダムコポリマーを意味する。 Polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, i) oxy C 2 -C 6 alkylene backbone, i.e., polyoxyethylene backbone, oxypropylene backbone, oxybutylene skeleton, from the group consisting of oxypentylene skeleton, and oxy hexylene backbone any one of a skeleton and homopolymer having a hydroxy group at both ends to be selected, ii) has two or more skeletons selected from the group and block copolymers having both terminal hydroxy group, or iii) means a random copolymer having a having and both ends hydroxy groups of two or more skeletons selected from the group.

上記オキシC 2 〜C 6アルキレン骨格は、ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールのIOBを低くする観点から、オキシプロピレン骨格、オキシブチレン骨格、オキシペンチレン骨格、又はオキシヘキシレン骨格であることが好ましく、オキシブチレン骨格、オキシペンチレン骨格、又はオキシヘキシレン骨格であることがより好ましい。 Said oxy C 2 -C 6 alkylene skeleton, from the viewpoint of lowering the IOB of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, polyoxypropylene skeleton, oxybutylene skeleton, it is oxypentylene skeleton, or an oxy hexylene skeleton preferably , oxybutylene backbone, oxypentylene skeleton, or more preferably oxy hexylene skeleton.

上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールは、次の式(23): Polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycols have the formula (23):
HO−(C m2m O) n −H (23) HO- (C m H 2m O) n -H (23)
(式中、mは2〜6の整数である) (Wherein, m is an integer from 2 to 6)
により表わされうる。 It can be represented by.

なお、本発明者が確認したところ、ポリエチレングリコール(式(23)において、m=2のホモポリマーに相当する)は、n≧45(重量平均分子量約2,000超)の場合に、約0.00〜約0.60のIOBの要件を満たすものの、重量平均分子量が約4,000を超えた場合であっても、水溶解度の要件を満たさなかった。 Incidentally, the present inventors have confirmed, (in formula (23), corresponding to the homopolymer of m = 2) polyethylene glycol, when n ≧ 45 (about more than 2,000 weight average molecular weight), about 0 although meeting the requirements of .00~ about 0.60 IOB, even if the weight-average molecular weight exceeds about 4,000, did not meet the requirements of water solubility. したがって、(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールには、エチレングリコールのホモポリマーは含まれないと考えられ、エチレングリコールは、他のグリコールとのブロックコポリマー又はランダムコポリマーとして、(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールに含まれるべきである。 Therefore, the (e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, homopolymers of ethylene glycol is considered to not contain ethylene glycol as block or random copolymers with other glycols, (e 1) polyoxy C 2 -C 6 should be included in the alkylene glycol.

したがって、式(23)のホモポリマーには、プロピレングリコール、ブチレングリコール、ペンチレングリコール又はヘキシレングリコールのホモポリマーが含まれうる。 Accordingly, the homopolymer of the formula (23), propylene glycol, butylene glycol, may include homopolymers of pentylene glycol or hexylene glycol. 以上より、式(23)において、mは、約3〜約6であり、そして約4〜約6であることがより好ましく、そしてnは2以上である。 In more, the equation (23) above, m is from about 3 to about 6, and more preferably from about 4 to about 6, and n is 2 or more.

上記式(23)において、nの値は、ポリC 2 〜C 6アルキレングリコールが、約0.00〜約0.60のIOBと、約45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、約0.00〜約0.05gの水溶解度とを有するような値である。 In the above formula (23), the value of n, poly C 2 -C 6 alkylene glycol, and from about 0.00 to about 0.60 of the IOB, and a melting point below about 45 ° C., in water 100g of 25 ° C., a value that has a water solubility of about 0.00 to about 0.05 g. たとえば、式(23)がポリプロピレングリコール(m=3のホモポリマー)である場合には、n=12の場合に、IOBが0.58となる。 For example, in the case of formula (23) is polypropylene glycol (m = 3 homopolymer) in the case of n = 12, IOB is 0.58. したがって、式(23)がポリプロピレングリコール(m=3のホモポリマー)である場合には、m≧約12の場合に、上記IOBの要件を満たす。 Therefore, in the case of formula (23) is polypropylene glycol (m = 3 homopolymer) in the case of m ≧ about 12, meet the requirements of the IOB. また、式(21)がポリブチレングリコール(m=4のホモポリマー)である場合には、n=7の場合に、IOBが0.57となる。 Further, if the expression (21) is polybutylene glycol (m = 4 of the homopolymer) in the case of n = 7, IOB is 0.57. したがって、式(23)がポリブチレングリコール(m=4のホモポリマー)である場合には、n≧約7の場合に、上記IOBの要件を満たす。 Therefore, if the expression (23) is polybutylene glycol (m = 4 of the homopolymer) in the case of n ≧ about 7, meet the requirements of the IOB.

IOB、融点および水溶解度の観点から、ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールの重量平均分子量は、好ましくは約200〜約10,000、より好ましくは約250〜約8,000、そしてさらに好ましくは、約250〜約5,000の範囲にある。 IOB, from the viewpoint of melting point and water solubility, a weight average molecular weight of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, and more preferably preferably about 200 to about 10,000, more preferably from about 250 to about 8,000, It is in the range from about 250 to about 5,000. また、IOB、融点および水溶解度の観点から、ポリC 3アルキレングリコール、すなわち、ポリプロピレングリコールの重量平均分子量は、好ましくは約1,000〜約10,000、より好ましくは約3,000〜約8,000、そしてさらに好ましくは、約4,000〜約5,000の範囲にある。 Moreover, IOB, from the viewpoint of melting point and water solubility, poly C 3 alkylene glycol, i.e., weight average molecular weight of polypropylene glycol, preferably from about 1,000 to about 10,000, more preferably from about 3,000 to about 8 , 000, and more preferably in the range from about 4,000 to about 5,000. 上記重量平均分子量が約1,000未満では、水溶解度が要件を満たさず、そして重量平均分子量が大きいほど、特に、吸収体移行速度およびトップシートの白さが向上する傾向があるからである。 In the above weight average molecular weight of less than about 1,000, water solubility does not meet the requirements, and the larger the weight average molecular weight, in particular because the whiteness of the absorber migration rate and the top sheet tends to be improved.

上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールの市販品としては、たとえば、ユニオール(商標)D−1000,D−1200,D−2000,D−3000,D−4000,PB−500,PB−700,PB−1000およびPB−2000(以上、日油株式会社製)が挙げられる。 Examples of commercial products of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, e.g., UNIOL (TM) D-1000, D-1200 , D-2000, D-3000, D-4000, PB-500, PB-700, PB -1000 and PB-2000 (manufactured by Nippon oil Co., Ltd.) and the like.

[(e 2 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(E 2) polyoxy C 2 -C 6 esters of alkylene glycol and at least one fatty acid]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルとしては、「(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール」の項で説明したポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールのOH末端の一方または両方が、脂肪酸によりエステル化されているもの、すなわち、モノエステルおよびジエステルが挙げられる。 The esters of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and at least one fatty acid, OH terminus of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol is described in the section "(e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol" one or both of those which have been esterified by fatty acids, i.e., include monoesters and diesters.

ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステルにおいて、エステル化すべき脂肪酸としては、たとえば、「(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル」において列挙されている脂肪酸、すなわち、飽和脂肪酸または不飽和脂肪酸が挙げられ、酸化等により変性する可能性を考慮すると、飽和脂肪酸が好ましい。 In esters of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and at least one fatty acid, the fatty acid to be esterified, for example, listed in the "(a 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid" the fatty acids, i.e., include saturated or unsaturated fatty acids, in consideration of the potential for degradation by oxidation and the like, saturated fatty acids are preferred. 上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと脂肪酸とのエステルの市販品としては、たとえば、ウィルブライトcp9(日油株式会社製)が挙げられる。 Examples of commercial products of esters of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycols with fatty acids, for example, Will Bright cp9 (NOF Corporation) and the like.

[(e 3 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル] [(E 3) polyoxy C 2 -C 6 ethers of alkylene glycol and at least one aliphatic monohydric alcohol]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテルとしては、「(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール」の項で説明したポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールのOH末端の一方または両方が、脂肪族1価アルコールによりエーテル化されているもの、すなわち、モノエーテルおよびジエーテルが挙げられる。 The ethers of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and at least one aliphatic monohydric alcohol, "(e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol" polyoxy C 2 -C 6 alkylene which is described in the one or both of the OH ends of the glycol, which is etherified by an aliphatic monohydric alcohol, i.e., monoethers and diethers. ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテルにおいて、エーテル化すべき脂肪族1価アルコールとしては、たとえば、「化合物(B)」の項で列挙されている脂肪族1価アルコールが挙げられる。 In an ether of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and at least one aliphatic monohydric alcohol, the aliphatic monohydric alcohol to be etherified, for example, aliphatic listed for "compound (B)" monovalent alcohol and the like.

[(e 4 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸とのエステル] [(E 4) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, an ester of a chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acid,]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸とのエステルにおいて、エステル化すべきポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールとしては、「(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール」の項で説明したポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールが挙げられる。 And polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, in an ester of a chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acids, as the polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol to be esterified is polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol is described in the section "(e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol" may be mentioned. また、エステル化すべき鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、および鎖状炭化水素ジカルボン酸としては、「化合物(C)」の項で説明されるものが挙げられる。 Also, to be esterified chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acids include those described in "compound (C)".

上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸とのエステルは、市販されているほか、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸に、C 2 〜C 6アルキレングリコールを、公知の条件で重縮合させることにより製造することができる。 Esters of polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, and chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acid, In addition, commercially available, chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acid, a C 2 -C 6 alkylene glycol, can be prepared by polycondensation under known conditions.

[(e 5 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテル] [(E 5) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, an ether of a chain hydrocarbon tetraol, chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol,]
上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテルにおいて、エーテル化すべきポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールとしては、「(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール」の項で説明したポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールが挙げられる。 The polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetraol, chain hydrocarbon triol or in an ether of a chain hydrocarbon diol, as the polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol to be etherified, " (e 1) polyoxy C 2 -C 6 polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol is described in the section of the alkylene glycol "it may be mentioned. また、エーテル化すべき鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、および鎖状炭化水素ジオールとしては、「化合物(A)」の項で説明されるもの、たとえば、ペンタエリトリトール、グリセリン、およびグリコールが挙げられる。 Also, etherification to be chain hydrocarbon tetraol, chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol, those described in "Compound (A)", for example, pentaerythritol, glycerol, and glycols and the like.

上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテルの市販品としては、たとえば、ユニルーブ(商標)5TP−300KB,ならびにユニオール(商標)TG−3000およびTG−4000(日油株式会社製)が挙げられる。 And polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetraol, as the ethers of commercial products of the chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol, for example, UNILUBE (TM) 5TP-300KB, and UNIOL (TM) TG-3000 and TG-4000 (manufactured by NOF Co., Ltd.) and the like. ユニルーブ(商標)5TP−300KBは、ペンタエリトリトール1モルに、プロピレングリコール65モルと、エチレングリコール5モルとを重縮合させた化合物であり、そのIOBは0.39であり、融点は45℃未満であり、そして水溶解度は0.05g未満であった。 UNILUBE (TM) 5TP-300KB is a pentaerythritol 1 mole, and propylene glycol 65 mol, a compound of ethylene glycol 5 mol of polycondensation, it has an IOB of 0.39, a melting point less than 45 ° C. There, and water solubility of less than 0.05 g.

ユニオール(商標)TG−3000は、グリセリン1モルに、プロピレングリコール50モルを重縮合させた化合物であり、そのIOBは0.42であり、融点は45℃未満であり、水溶解度は0.05g未満であり、そして重量平均分子量は約3,000であった。 UNIOL (TM) TG-3000 is 1 mol of glycerin, propylene glycol 50 mol a compound obtained by polycondensation, it has an IOB of 0.42, a melting point of below 45 ° C., the water solubility 0.05g a and, and the weight average molecular weight was about 3,000 less. ユニオール(商標)TG−4000は、グリセリン1モルに、プロピレングリコール70モルを重縮合させた化合物であり、そのIOBは0.40であり、融点は45℃未満であり、水溶解度は0.05g未満であり、そして重量平均分子量は約4,000であった。 UNIOL (TM) TG-4000 is 1 mol of glycerin, propylene glycol 70 mol a compound obtained by polycondensation, it has an IOB of 0.40, a melting point of below 45 ° C., the water solubility 0.05g a and, and the weight average molecular weight was about 4,000 less.

上記ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテルはまた、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールに、C 2 〜C 6アルキレンオキシドを、公知の条件で付加させることにより製造することができる。 And polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and a chain hydrocarbon tetraol, an ether of a chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol, also chain hydrocarbon tetraol, chain hydrocarbon triol or, a chain hydrocarbon diol, a C 2 -C 6 alkylene oxides, may be prepared by the addition under known conditions.

[(F)鎖状炭化水素] [(F) a chain hydrocarbon]
上記鎖状炭化水素は、上記無機性値が0であることから、IOBが0.00であり、そして水溶解度がほぼ0gであるので、融点が約45℃以下のものであれば、上記血液改質剤に含まれうる。 Chain hydrocarbon, since the inorganic value is 0, IOB is 0.00, and because water solubility is substantially 0 g, as long as the melting point is below about 45 ° C., the blood It may be included in the modifier. 上記鎖状炭化水素としては、たとえば、(f 1 )鎖状アルカン、たとえば、直鎖アルカンおよび分岐鎖アルカンが挙げられ、たとえば、直鎖アルカンの場合には、融点が約45℃以下であることを考慮すると、おおむね、炭素数が22以下のものが含まれる。 It Examples of the chain hydrocarbon, for example, (f 1) a chain alkane, for example, include straight-chain alkanes and branched alkanes, for example, in the case of linear alkanes, the melting point is below about 45 ° C. in view of the generally include those having a carbon number of 22 or less. また、蒸気圧を考慮すると、おおむね、炭素数が13以上のものが含まれる。 In consideration of vapor pressure, generally, the number of carbon include the 13 or more. 分岐鎖アルカンの場合には、直鎖アルカンよりも、同一炭素数において、融点が低くなる場合があるため、炭素数が22以上のものも含まれうる。 In the case of branched-chain alkanes, than linear alkanes, the same number of carbon atoms, because in some cases the melting point is low, can also include those having a carbon number of more than 22. 上記炭化水素の市販品としては、たとえば、パールリーム6(日油株式会社)が挙げられる。 Examples of commercially available products of the hydrocarbon, e.g., PARLEAM 6 (NOF Corp.).

上記血液改質剤は、実施例と共に詳細に考察するが、血液の粘度および表面張力を下げる作用を少なくとも有することが見いだされた。 The blood modifying agent is discussed in detail with examples, it was found to have at least an effect of lowering the viscosity and surface tension of the blood. 吸収性物品が吸収すべき経血は、通常の血液と比較して、子宮内膜壁等のタンパク質を含むため、それらが血球同士を繋ぐように作用して、血球が連銭した状態をとりやすい。 Menstrual blood absorbent article to be absorbed, as compared to normal blood, to include proteins such as intrauterine membrane wall, they act so as to connect the blood cells with each other, taking the state of blood cells has rouleau Cheap. そのため、吸収性物品が吸収すべき経血は、高粘度となりやすく、トップシートが不織布または織布である場合には、経血が繊維の間に目詰まりしやすく、着用者はベタつき感を覚えやすく、そしてトップシートの表面で経血が拡散し、漏れやすくなる。 Therefore, menstrual blood absorbent article to be absorbed is tends to be highly viscous, when the top sheet is a nonwoven or woven fabric, menstrual blood is easily clogged during the fiber, I remember feeling sticky wearer easy, and menstrual blood on the surface of the topsheet is diffused, it becomes leaky.

また、IOBが約0.00〜約0.60である血液改質剤は、有機性が高く、血球の間に入り込みやすいので、血球を安定化させ、血球に連銭構造を形成しにくくすることができると考えられる。 Further, the blood modifying agent IOB of about 0.00 to about 0.60, high organic, so easily enter between the blood cells, blood cell to stabilize, less likely to form a Renzeni structure blood cells it is considered possible. 上記改質剤が、血球を安定化させ、血球に連銭構造を形成しにくくすることにより、吸収体が経血を吸収しやすくなると考えられる。 The modifying agent, blood cells to stabilize, by difficult to form a Renzeni structure blood, the absorbent body is considered to be easier to absorb menstrual blood. たとえば、アクリル系高吸収ポリマー、いわゆる、SAPを含む吸収性物品では、経血を吸収すると、連銭した血球がSAP表面を覆い、SAPが吸収性能を発揮しにくくなることが知られているが、血球を安定化することにより、SAPが吸収性能を発揮しやすくなると考えられる。 For example, an acrylic superabsorbent polymers, so-called, in the absorbent article comprising a SAP, upon absorption of menstrual blood, rouleaux blood cell covers the SAP surface and SAP is known to be difficult to exhibit the absorbing performance , by stabilizing the blood cells, SAP is considered likely to exhibit absorption performance. また、赤血球と親和性の高い血液改質剤が、赤血球膜を保護するため、赤血球が破壊されにくくなると考えられる。 Further, red blood cells and high affinity blood modifying agent, to protect the red blood cell membrane is believed that red blood cells is less likely to be destroyed.

トップシート2への血液改質剤の塗工目付は、好ましくは1〜30g/m 2であり、より好ましくは、3〜10g/m 2である。 Coating basis weight of the blood modifying agent to the top sheet 2 is preferably 1 to 30 g / m 2, more preferably 3 to 10 g / m 2. 血液改質剤の塗工目付が1g/m 2よりも小さいと、血液改質剤をトップシート2に安定的に塗布することが難しい場合があり、血液改質剤の塗工目付が30g/m 2よりも大きいと、トップシート2がぬるぬるする場合がある。 When the coating basis weight of the blood modifying agent is less than 1 g / m 2, it may be difficult to apply the blood modifying agent on the top sheet 2 in a stable manner, coating basis weight of the blood modifying agent 30 g / If greater than m 2, the case where the top sheet 2 is slimy.

血液改質剤は、所望の温度に加熱した後、スロットコーターなどの接触式コーターや、スプレーコーター、カーテンコーター、スパイラルコーターなどの非接触式コーターを使用して、トップシート2に塗布される。 Blood modifying agent, after heating to the desired temperature, by using or contact coater such as a slot coater, a spray coater, a curtain coater, a non-contact coater such as a spiral coater is applied to the top sheet 2. 血液改質剤塗布領域8に液滴状の血液改質剤を均一に分散できる点、およびトップシート2にダメージを与えない点から、非接触式コーターを使用して血液改質剤をトップシート2に塗布することが好ましい。 That the blood modifying agent coating region 8 can uniformly disperse the droplets form blood modifying agent, and the topsheet 2 from the point that does not damage the top of the blood modifying agent using a non-contact coater sheet it is preferably applied to two.

トップシート用の不織布を作製するときに、血液改質剤を不織布に塗布してもよい。 When making a non-woven fabric for top sheet, a blood modifying agent may be applied to the nonwoven fabric. また、吸収性物品1の製造工程で、血液改質剤をトップシート2に塗布するようにしてもよい。 Further, in the step of manufacturing the absorbent article 1 may be coated with a blood modifying agent on the top sheet 2. しかし、設備投資を抑制できることから、吸収性物品1の製造工程で、血液改質剤をトップシート2に塗布することが好ましい。 However, because it can suppress the equipment investment in the manufacturing process of the absorbent article 1, it is preferable to apply the blood modifying agent on the top sheet 2. また、吸収性物品1の製造工程の間に、トップシート2に塗布した血液改質剤が減少することを抑制するために、吸収性物品1の完成に近い工程で血液改質剤をトップシート2に塗布することが好ましい。 Between the absorbent article 1 of the manufacturing process, the top in order to prevent the blood modifying agent applied to the top sheet 2 is reduced, the blood modifying agent in step close to completion of the absorbent article 1 sheet it is preferably applied to two. たとえば、吸収性物品1を包装する工程の直前に、血液改質剤をトップシート2に塗布してもよい。 For example, just before the step of wrapping the absorbent article 1, the blood modifying agent may be applied to the top sheet 2.

図5は、包装するためにウイング部6が折り畳まれた吸収性物品1を説明するための図であるである。 Figure 5 is a diagram for explaining the absorbent article 1 wing portion 6 is folded for packaging. 以上の構成要素を有する吸収性物品1を包装する場合、図5に示すように一対のウイング部6を幅方向内側に折り畳む。 When packaging an absorbent article 1 having the above components, folded inwardly in the width direction of the pair of wing portions 6 as shown in FIG.

粘着部7は剥離シート33によって被覆される。 Adhesive portion 7 is covered by a release sheet 33. これにより、吸収性物品1の使用前の粘着部7を保護することができる。 Thus, it is possible to protect the adhesive portion 7 before use of the absorbent article 1. 剥離シート33は、粘着部7の粘着剤に対して剥離可能であるシートであればとくに限定されない。 The release sheet 33 is not particularly limited as long as it is a sheet which is peelable with respect to the adhesive of the adhesive portion 7. 剥離シート33には、たとえば、剥離剤を基材に塗布したものを使用することができる。 The release sheet 33, for example, can be used after applying a release agent to a substrate. 剥離剤を塗布する基材には、ポリプロピレン、低密度ポリエチレン、ポリビニルアルコールなどのフィルム、不織布、紙などがあり、剥離剤には、シリコーン系、フッ素系、イソシアネートなどがある。 The substrate for applying the release agent, polypropylene, low density polyethylene, films such as polyvinyl alcohol, a nonwoven fabric, there is a paper, the release agent, silicone-based, fluorine-based, and the like isocyanates.

図5に示すように、吸収性物品1を包装するとき、ウイング部6を折り畳んだ吸収性物品1を、包装材31の上に配置する。 As shown in FIG. 5, when packaging the absorbent article 1, the absorbent article 1 is folded wing portion 6 is placed on the packaging material 31. 包装材31は、たとえば不織布または樹脂フィルムである。 Packaging material 31 is, for example, a nonwoven fabric or a resin film. また、包装材31の長手方向の端には、止着テープ32が設けられている。 Further, the longitudinal end of the packaging material 31, the fastening tape 32 is provided. 包装材31上に配置された吸収性物品1は、包装材31と一緒に、B−B線およびC−C線に沿って長手方向(Y方向)に折り畳まれる。 The absorbent article 1 placed on the packaging material 31, together with the packaging material 31 is folded in the longitudinal direction (Y direction) along the line B-B and line C-C. そして、止着テープ32を使用して、吸収性物品1の折り畳まれた状態を維持する。 Then, by using the fastening tape 32 to remain folded in the absorbent article 1. そして、吸収性物品1と一緒に折り畳んだ包装材31の幅方向の両側31aをヒートエンボス加工によって接合する。 Then, joining the widthwise opposite sides 31a of the packaging material 31 folded together with the absorbent article 1 by a heat embossing. これにより、吸収性物品1を含む、図6に示す包装品30が作製される。 Thus, an absorbent article 1, the package 30 shown in FIG. 6 is produced. 図6は、吸収性物品を含む包装品30の斜視図である。 Figure 6 is a perspective view of the package 30 containing the absorbent article.

図7は、図5のD−D線断面を示す概略断面図である。 Figure 7 is a schematic sectional view showing a sectional view taken along line D-D in FIG. 図7に示すように、ウイング部6を折り畳んだときのウイング部6におけるサイドシート5は、トップシート2の血液改質剤塗布領域18(図1参照)と接触する。 As shown in FIG. 7, the side sheets 5 at the wing portion 6 when the folded wing portion 6 is in contact with the top sheet 2 of the blood modifying agent coating region 18 (see FIG. 1). 血液改質剤塗布領域18には、血液改質剤が塗布されているので、ウイング部6におけるトップシート2は、血液改質剤と接触することになる。 The blood modifying agent coating region 18, since the blood modifying agent is applied, the top sheet 2 in the wing portions 6 come into contact with the blood modifier. しかし、トップシート2の突部21によって、ウイング部6におけるサイドシート5とトップシート2の血液改質剤塗布領域18との接触面積は小さくなる。 However, the projections 21 of the top sheet 2, the contact area between the side sheet 5 and the topsheet 2 blood modifying agent coating region 18 of the wing portion 6 is reduced. これにより、血液改質剤塗布領域18の血液改質剤がウイング部6に浸透して、ウイング部6におけるトップシート2とバックシート3との間の接合力が弱まることを抑制できる。 Thus, the blood modifying agent blood modifying agent application region 18 to penetrate the wing portion 6 can be suppressed bonding strength between the topsheet 2 and the backsheet 3 in the wing portions 6 is weakened. また、血液改質剤塗布領域18の血液改質剤がウイング部6のサイドシート5に転写されて、血液改質剤塗布領域18の血液改質剤の量が減少することを抑制できる。 Further, it is possible to prevent the blood modifying agent of the blood modifying agent coated region 18 is transferred to the side sheet 5 of the wing portions 6, it reduces the amount of blood modifying agent of the blood modifying agent coated region 18.

上述したように、突部21の中央部23の繊維密度は、突部21の側部24および/または凹部22の繊維密度よりも低い(図3参照)。 As described above, the fiber density of the central portion 23 of the protrusion 21 is less than the fiber density of the sides 24 and / or recess 22 of the projecting portion 21 (see FIG. 3). ところで、トップシート2の血液改質剤塗布領域18に塗布された血液改質剤は、トップシート2の繊維密度の高いところに集まる傾向がある。 Meanwhile, blood modifying agent applied to the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2 tends to collect at a high fiber density of the topsheet 2. トップシート2において、ウイング部6と接触する突部21の中央部23の繊維密度は突部21の側部および凹部22に比べて低いので、突部21の中央部23には、血液改質剤はあまり多く集まらない。 In the top sheet 2, since the fiber density of the central portion 23 of the projection 21 in contact with the wing portion 6 is lower than the side portions and the recess 22 of the protrusion 21, the central portion 23 of the projection 21, the blood modifying agent is not gather too much. したがって、突部21の側部24および/または凹部22の繊維密度に比べて突部21の中央部23の繊維密度を低くすることによってウイング部6に転写する血液改質剤の量をさらに減少させることができる。 Accordingly, further reducing the amount of blood modifying agent to be transferred to the wing portions 6 by lowering the fiber density of the central portion 23 of the projection 21 as compared with the fiber density of the sides 24 and / or recess 22 of the projections 21 it can be.

以上の本発明の一実施形態の吸収性物品1を次のように変形することができる。 It is possible to deform the absorbent article 1 according to one embodiment of the present invention described above, as follows.
(1)図8に示すトップシート2Aように、トップシート2Aの凹部22Aに開口部26Aを形成してもよい。 (1) the top sheet 2A so as shown in FIG. 8, may be formed an opening 26A in the recess 22A of the topsheet 2A. 図8(a)は、トップシート2に形成した突部、凹部および開口部を拡大した斜視図であり、図8(b)は、トップシート2に形成した突部、凹部および開口部を拡大した平面図である。 8 (a) is an enlarged perspective view of projections formed on the top sheet 2, the recess and the opening, FIG. 8 (b), projections formed on the top sheet 2, a larger recess and opening is the plan view. 開口部26A側面の繊維密度は、突部21Aの中央部23Aの繊維密度よりも高いことが好ましい。 Fiber density of the openings 26A side is preferably higher than the fiber density of the central portion 23A of the projecting portion 21A. これにより、トップシートに塗布された血液改質剤は、凹部22Aに形成された開口部26Aの周囲に多く集まるので、ウイング部6と接触する突部21の中央部23には、血液改質剤は多く集まらない。 Thus, blood modifying agent applied to the topsheet, so gather many around the opening 26A formed in the concave portion 22A, the central portion 23 of the projection 21 in contact with the wing portion 6, the blood modifying agent is not gather many. したがって、開口部26A側面の繊維密度を、突部21Aの中央部23Aの繊維密度よりも高くすることによって、ウイング部6を折り畳んだときにおけるウイング部6に転写する血液改質剤の量を減少させることができる。 Therefore, the fiber density of the openings 26A side by higher than the fiber density of the central portion 23A of the projecting portion 21A, reduces the amount of blood modifying agent to be transferred to the wing portions 6 at the time when the folded wing portion 6 it can be. これにより、トップシート2Aに塗布された血液改質剤がウイング部6に浸透することによりウイング部6を構成するサイドシート5がバックシート3から剥離することを抑制できる。 Thus, it is possible to prevent the side sheet 5 constituting the wing portions 6 by blood modifying agent applied to the topsheet 2A penetrates the wing portion 6 is peeled off from the backsheet 3.

たとえば、図9に示すように、幅方向(CD)に延び、機械方向(MD)に並ぶ、通気性を有さない複数の細長状部材160を網状支持部材130に設けることによって、トップシート2Aの凹部22Aに開口部26Aを形成できる。 For example, as shown in FIG. 9, by extending in the width direction (CD), aligned in the machine direction (MD), providing a plurality of elongate members 160 having no breathable reticulated support member 130, the top sheet 2A openings 26A can be formed in the recess 22A of. 網状支持部材130の細長状部材160が設けられていない部分では、吹き出し部140から噴射した気体141は網状支持部材130を通過するので、ウェブ120に溝122が形成できる程度に、ウェブ120の繊維は掻き分けられる。 The elongated member 160 is not provided part of the net-like support member 130, the gas 141 injected from the balloon 140 passes through the net-like support member 130, to the extent that a groove 122 in the web 120, the fibers of the web 120 It is pushed aside. 一方、網状支持部材130の細長状部材160が設けられている部分では、吹き出し部140から噴射した気体141は網状支持部材130を通過せず、細長状部材160で止まるので、ウェブ120の繊維は、ウェブ120に開口部が形成できる程、強く掻き分けられる。 On the other hand, in the portion where the elongated member 160 of the net-like support member 130 is provided, the gas 141 injected from the balloon 140 without passing through the net-like support member 130, since it stops at elongated member 160, fibers of the web 120 is , as the opening can be formed in the web 120, it is pushing aside strongly. これにより、トップシート2Aの凹部22Aに開口部26Aが形成される。 Thus, the opening 26A is formed in the recess 22A of the topsheet 2A. 開口部26A側面には、掻き分けられた繊維が密集するので、開口部26A側面の繊維密度は高くなる。 The opening 26A side, since fibers are pushed aside to dense, fiber density of the openings 26A side is higher.

(2)図10に示すトップシート2Bのように、トップシート2Bを構成する不織布を波状に折り曲げることによって、トップシート2Bに、所定方向に延在し、所定方向に交差する方向に並ぶ突部21Bおよび凹部22Bを形成するようにしてもよい。 (2) as the top sheet 2B shown in FIG. 10, by folding the nonwoven fabric constituting the top sheet 2B corrugated, the topsheet 2B, extending in a predetermined direction, aligned in a direction intersecting the predetermined direction projection it may be formed and 21B and the recess 22B. 図10は、トップシートの変形例の概略斜視図である。 Figure 10 is a schematic perspective view of a variant of the topsheet. たとえば、一対のギアロールの間に不織布を通過させることによって、波状に折り曲げられたトップシート2Bを作製することができる。 For example, by passing the nonwoven fabric between a pair of gear rolls can be manufactured topsheet 2B bent in wave shape. また、図11に示すように、不織布を波状に折り曲げることによって突部21Cおよび凹部22Cを形成したトップシート2Cの凹部22Cに開口部26Cを形成してもよい。 Further, as shown in FIG. 11 may be formed an opening 26C in the recess 22C of the topsheet 2C forming the projections 21C and recesses 22C by bending the nonwoven fabric in a wave.

図11(a)はトップシートの変形例の概略斜視図であり、図11(b)はトップシートの変形例の概略平面図である。 11 (a) is a schematic perspective view of a variant of the topsheet, Fig. 11 (b) is a schematic plan view of a modification of the topsheet. たとえば、針状、円筒形状および円錐形状などの形状の複数の突起を外周の表面に有する突起ロールと、突起ロールの突起に対応する位置に突起と嵌合する凹部を外周の表面に有するアンビルロールとの間に、波状に折り曲げられた不織布を通過させることによって、凹部22Cに開口部26Cを形成したトップシートを作製することができる。 For example, needle-like, cylindrical and the protrusion roll having a plurality of projections of a shape such as a cone shape on the surface of the outer periphery, the anvil roll having a projection and mating recess to the outer peripheral surface at positions corresponding to the protrusions of the protrusion roll between, by passing the folded nonwoven fabric wavy, it is possible to produce a top sheet forming the opening 26C in the recess 22C. 突起ロールの突起が不織布を貫通することによって開口部26Cが形成されるので、開口部26Cが形成されるとき開口部26C側面に圧力がかかる。 Since protrusions of the protrusion roll opening 26C is formed by penetrating the nonwoven fabric, pressure is applied to the opening portion 26C side when the opening portion 26C is formed. したがって、開口部26C側面の繊維密度は、突部21Cの中央部23Cの繊維密度よりも高くなる。 Therefore, the fiber density of the openings 26C side is higher than the fiber density of the central portion 23C of the projecting portion 21C. したがって、トップシート2Cに塗布された血液改質剤は、トップシート2Cの凹部22Cの開口部26C側面に集まるので、ウイング部6を折り畳んだときにおけるウイング部6に転写する血液改質剤の量を減少させることができる。 Accordingly, the amount of blood modifying agent applied to the topsheet. 2C, so collects in the opening 26C side face of the recess 22C of the topsheet 2C, blood modifying agent to be transferred to the wing portions 6 at the time when the folded wing portion 6 it can be reduced. これにより、トップシート2Cに塗布された血液改質剤がウイング部6に浸透することによりウイング部6を構成するサイドシート5がバックシート3から剥離することを抑制できる。 Thus, it is possible to prevent the side sheet 5 constituting the wing portions 6 by blood modifying agent applied to the topsheet 2C penetrates the wing portion 6 is peeled off from the backsheet 3.

(3)図12に示すように、トップシート2Dから吸収体4Dの内部に至る圧縮部8Dを吸収性物品1Dに形成することによって、ウイング部6を折り畳んだときのウイング部6とトップシート2の血液改質剤塗布領域18との間の接触面積を小さくするようにしてもよい。 (3) As shown in FIG. 12, by forming the compression section 8D extending in the interior of the absorber 4D from the top sheet 2D absorbent article 1D, the wing portions 6 and the top sheet 2 when folded wing portions 6 contact area between the blood modifying agent coating region 18 of the may be reduced. 図12は、図1のA−A線に対応する吸収性物品1Dの概略断面図である。 Figure 12 is a schematic cross-sectional view of the absorbent article 1D corresponding to line A-A of FIG. これにより、ウイング部6を折り畳んだとき、トップシート2の血液改質剤塗布領域18からウイング部6に転写する血液改質剤の量を減少させることができる。 Thus, when folded wing portion 6, it is possible to reduce the amount of blood modifying agent to transfer the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2 to the wing portions 6. 吸収性物品1Dに形成する圧縮部8Dは、線状の圧縮部でも点状の圧縮部でもよい。 Compressing section 8D to form the absorbent article 1D may be a point-like compressed portion be linear compression unit. 圧縮部8Dは、たとえばエンボス加工によって吸収性物品1Dに形成できる。 Compression section 8D, for example can be formed in the absorbent article 1D by embossing.

圧縮部8Dは、トップシート2Dおよび吸収体4Dを厚さ方向に圧縮して形成するので、圧縮部8Dの底付近のトップシート2Dおよび吸収体4Dの密度は高くなる。 Compression section 8D, so formed by compressing the top sheet 2D and the absorber 4D in the thickness direction, the density of the top sheet 2D and the absorber 4D near the bottom of the compression section 8D is increased. このため、トップシート2Dに塗布された血液改質剤は、圧縮部8Dの底の方に集まるので、ウイング部6を折り畳んだとき、トップシート2の血液改質剤塗布領域18からウイング部6に転写する血液改質剤の量をさらに減少させることができる。 Therefore, blood modifying agent applied to the topsheet. 2D, since gather towards the bottom of the compression section 8D, when folded wing portion 6, the wings from the blood modifying agent coated region 18 of the top sheet 2 6 it can further reduce the amount of blood modifying agent to be transferred to. これにより、トップシート2Dに塗布された血液改質剤がウイング部6に浸透することによりウイング部6を構成するサイドシート5がバックシート3から剥離することを抑制できる。 Thus, it is possible to prevent the side sheet 5 constituting the wing portions 6 by blood modifying agent applied to the topsheet 2D penetrates the wing portion 6 is peeled off from the backsheet 3. なお、圧縮部8Dを形成するとき、圧縮部8Dのトップシート2Dがフィルム化すると、トップシート2Dには血液改質剤が浸透しなくなるので、圧縮部8Dにおけるトップシート2Dはフィルム化していないことが好ましい。 Incidentally, when forming the compression section 8D, when the top sheet 2D compression section 8D is a film, since not penetrate the blood modifying agent on the top sheet 2D, the top sheet 2D in the compression section 8D is not a film It is preferred.

(4)トップシート2の血液改質剤塗布領域18とウイング部6との間の接触面積を低減することができれば、トップシート2の血液改質剤塗布領域18に形成する突部は、上述の突部に限定されない。 (4) If it is possible to reduce the contact area between the blood modifying agent coating region 18 and a wing portion 6 of the top sheet 2, projections formed on the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2, above but it is not limited to projections. たとえば、幅方向(X方向)に延在し、長手方向(Y方向)に並ぶ突部をトップシート2の血液改質剤塗布領域18に設けてもよい。 For example, extending in the width direction (X direction) may be provided with a projection arranged in the longitudinal direction (Y direction) in the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2. また、波状の形態で長手方向(Y方向)または幅方向(X方向)に延在する突部をトップシート2の血液改質剤塗布領域18に設けてもよい。 It is also possible to provide a projection which extends in the longitudinal direction (Y direction) or the width direction (X direction) in the wave-like form blood modifying agent application area 18 of the topsheet 2. さらに、円柱、角柱、半球などの形状の突部をトップシート2の血液改質剤塗布領域18に設けてもよい。 Furthermore, cylinder, prism, a projection of shapes, such as hemispheres may be provided in the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2.

(5)トップシート2の血液改質剤塗布領域18とウイング部6との間の接触面積をさらに低減させるために、サイドシート5に突部を形成してもよい。 (5) In order to further reduce the contact area between the blood modifying agent coating region 18 and a wing portion 6 of the topsheet 2 may be formed protrusions in the side sheet 5. たとえば、図13に示す吸収性物品1Eのように、波状に折り曲げることによって形成した長手方向に延在する突部51をサイドシート5Eに設けてもよい。 For example, as an absorbent article 1E shown in FIG. 13, may be provided projections 51 extending in the longitudinal direction formed by bending the corrugated on side sheets 5E. 図13は、図1のA−A線に対応する吸収性物品1Eの概略断面図である。 Figure 13 is a schematic cross-sectional view of the absorbent article 1E corresponding to line A-A of FIG. することができれば、トップシート2の血液改質剤塗布領域18に形成する突部は、上述の突部に限定されない。 If it is possible to, projections formed on the blood modifying agent coating region 18 of the top sheet 2 is not limited to the above-mentioned projection. なお、幅方向に延在する突部をサイドシートに設けてもよい。 It is also possible to provide a projection which extends in the width direction in the side sheet. また、波状の形態で長手方向または幅方向に延在する突部をサイドシートに設けてもよい。 It is also possible to provide a projection which extends in the longitudinal direction or width direction in wavy form side sheets. さらに、円柱、角柱、半球などの形状の突部をサイドシートに設けてもよい。 Furthermore, cylinder, prism, a projection of shapes, such as hemispheres may be provided in the side sheet.

(6)トップシートに塗布する組成物は、所定の組成物であれば、血液改質剤に限定されない。 (6) composition applied to the topsheet, if a given composition is not limited to blood modifying agent. たとえば、肌荒れを防ぐローションをトップシートに塗布してもよい。 For example, it may be coated with a lotion to prevent the rough skin on the top sheet.

本発明では、血液改質剤が、血液の粘度および表面張力を下げるメカニズムを有するために、体液が、血液改質剤層24によってトップシート2に残存せずに吸収体4へ移動し吸収体4に吸収されることができる。 In the present invention, a blood modifier, in order to have a mechanism to lower the viscosity and surface tension of the blood, body fluids, move the absorber into the absorber 4 without remaining in the top sheet 2 by the blood modifying agent layer 24 it can be absorbed into 4. 以下の実施例によって、血液改質剤が、血液の粘度および表面張力を下げるメカニズムを有することを確認した。 The following examples, blood modifier, was confirmed to have a mechanism to lower the viscosity and surface tension of the blood.

[例1] [Example 1]
[リウェット率および吸収体移行速度の評価] [Evaluation of rewetting rate and absorbent body migration rate]
[血液改質剤のデータ] [Data of blood modifying agent]
市販の生理用ナプキンを準備した。 We were prepared commercially available sanitary napkins. 当該生理用ナプキンは、親水剤で処理されたエアスルー不織布(ポリエステルおよびポリエチレンテレフタレートから成る複合繊維、坪量:35g/m 2 )から形成されたトップシートと、エアスルー不織布(ポリエステルおよびポリエチレンテレフタレートから成る複合繊維、坪量:30g/m 2 )から形成されたセカンドシートと、パルプ(坪量:150〜450g/m 2 、中央部ほど多い)、アクリル系高吸収ポリマー(坪量:15g/m 2 )およびコアラップとしてのティッシュを含む吸収体と、撥水剤処理されたサイドシートと、ポリエチレンフィルムから成るバックシートとから形成されていた。 The sanitary napkin (composite fiber composed of polyester and polyethylene terephthalate, basis weight: 35g / m 2) air-through nonwoven nonwoven fabric treated with a hydrophilic agent and a top sheet, formed of, consisting air-through nonwoven fabric (polyester and polyethylene terephthalate composite fibers, basis weight: a second sheet formed from a 30 g / m 2), pulp (basis weight: 150~450g / m 2, often as a central portion), acrylic superabsorbent polymer (basis weight: 15 g / m 2) and a tissue as a core wrap, and side sheets treated water repellent was formed from the back sheet of polyethylene film.

以下に、実験に用いられた血液改質剤を列挙する。 They are listed below blood modifying agent used in the experiment.
[(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and at least one fatty acid]
・ユニスター H−408BRS,日油株式会社製 テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリトリトール,重量平均分子量:約640 · UNISTAR H-408BRS, manufactured by NOF Corporation tetra-2-ethylhexanoate pentaerythritol, weight average molecular weight: about 640
・ユニスター H−2408BRS−22,日油株式会社製 テトラ2−エチルヘキサン酸ペンタエリトリトールと、ジ2−エチルヘキサン酸ネオペンチルグリコールとの混合物(58:42,重量比),重量平均分子量:約520 · UNISTAR H-2408BRS-22, and manufactured by NOF Corporation tetra-2-ethylhexanoate pentaerythritol, mixtures of di-2-ethylhexanoate, neopentyl glycol (58:42, weight ratio), weight average molecular weight: about 520

[(a 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 2) an ester of a chain hydrocarbon triol and at least one fatty acid]
・Cetiol SB45DEO,コグニスジャパン株式会社製 脂肪酸が、オレイン酸またはステアリル酸である、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル・SOY42,日油株式会社製 C 14の脂肪酸:C 16の脂肪酸:C 18の脂肪酸:C 20の脂肪酸(飽和脂肪酸および不飽和脂肪酸の両方を含む)がおおよそ0.2:11:88:0.8の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:880 · Cetiol SB45DEO, the Cognis Corp. fatty acids, oleic acid or stearic acid, triesters · SOY42 of glycerin and fatty acids, fatty acid manufactured by NOF Corporation C 14: fatty acid C 16: fatty acid C 18: C 20 fatty acids (including both saturated and unsaturated fatty acids) is approximately 0.2: 11: 88: 0.8 are contained in a weight ratio of triesters of glycerol with fatty acids, the weight average molecular weight: 880

・トリC2L油脂肪酸グリセリド,日油株式会社製 C 8の脂肪酸:C 10の脂肪酸:C 12の脂肪酸がおおよそ37:7:56の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約570 Triethylene C2L oil fatty acid glycerides, of NOF Corp. C 8 fatty acids: fatty acids C 10: C 12 fatty acid approximately 37: 7: 56 contained in a weight ratio of triesters of glycerin and fatty acids, The weight average molecular weight: about 570
・トリCL油脂肪酸グリセリド,日油株式会社製 C 8の脂肪酸:C 12の脂肪酸がおおよそ44:56の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約570 Triethylene CL oil fatty acid glycerides, manufactured by NOF Corporation C 8 fatty acid: fatty acid of C 12 is approximately included in a weight ratio of 44:56, triesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: about 570

・パナセート810s,日油株式会社製 C 8の脂肪酸:C 10の脂肪酸がおおよそ85:15の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約480 · PANACET 810s, fatty acids manufactured by NOF Corporation C 8: fatty to C 10 are contained in approximately 85:15 weight ratio of triesters of glycerol with fatty acids, the weight average molecular weight: about 480
・パナセート800,日油株式会社製 脂肪酸が全てオクタン酸(C 8 )である、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約470 · PANACET 800, manufactured by NOF Corporation fatty all octoate (C 8), triesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: about 470

・パナセート800B,日油株式会社製 脂肪酸が全て2−エチルヘキサン酸(C 8 )である、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約470 · PANACET 800B, manufactured by NOF Corporation fatty are all 2-ethylhexanoic acid (C 8), triesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: about 470
・NA36,日油株式会社製 C 16の脂肪酸:C 18の脂肪酸:C 20の脂肪酸(飽和脂肪酸および不飽和脂肪酸の両方を含む)がおおよそ5:92:3の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約880 · NA36, manufactured by NOF Corporation C 16 fatty acid: fatty acid C 18: (including both saturated and unsaturated fatty acids) fatty acids to C 20 is approximately 5: contained in a weight ratio of 3: 92 triesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: about 880

・トリヤシ油脂肪酸グリセリド,日油株式会社製 C 8の脂肪酸:C 10の脂肪酸:C 12の脂肪酸:C 14の脂肪酸:C 16の脂肪酸(飽和脂肪酸および不飽和脂肪酸の両方を含む)がおおよそ4:8:60:25:3の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:670 · Tri-coconut oil fatty acid glyceride, NOF fatty Ltd. C 8: fatty C 10: fatty acid C 12: fatty acid C 14: (including both saturated and unsaturated fatty acids) fatty acids C 16 is approximately 4 : 8: 60: 25: are included in a weight ratio of 3, triesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: 670
・カプリル酸ジグリセリド,日油株式会社製 脂肪酸がオクタン酸である、グリセリンと脂肪酸とのジエステル,重量平均分子量:340 - caprylic acid diglyceride, manufactured by NOF Corporation fatty acid is octanoic acid, diesters of glycerin and fatty acid, the weight average molecular weight: 340

[(a 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(A 3) an ester of a chain hydrocarbon diol and at least one fatty acid]
・コムポールBL,日油株式会社製 ブチレングリコールのドデカン酸(C 12 )モノエステル,重量平均分子量:約270 · COMPOL BL, manufactured by NOF Corporation butylene glycol dodecanoic acid (C 12) monoesters, weight average molecular weight: about 270
・コムポールBS,日油株式会社製 ブチレングリコールのオクタデカン酸(C 18 )モノエステル,重量平均分子量:約350 · COMPOL BS, manufactured by NOF Corporation butylene glycol octadecanoate (C 18) monoesters, weight average molecular weight: about 350
・ユニスター H−208BRS,日油株式会社製 ジ2−エチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール,重量平均分子量:約360 · UNISTAR H-208BRS, manufactured by NOF Corporation di 2-ethylhexanoic acid neopentyl glycol, the weight average molecular weight: about 360

[(c 2 )3個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素トリカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル] [(C 2) a chain hydrocarbon tricarboxylic acids having 3 carboxyl groups, hydroxy acids, esters of alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol]
・O−アセチルクエン酸トリブチル,東京化成工業株式会社製 重量平均分子量:約400 · O-acetyl tributyl citrate, manufactured by Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. The weight average molecular weight: about 400

[(c 3 )2個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素ジカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル] [(C 3) a chain hydrocarbon dicarboxylic acids having two carboxyl groups, hydroxy acids, esters of alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol]
・アジピン酸ジオクチル,和光純薬工業製 重量平均分子量:約380 · Dioctyl adipate, manufactured by Wako Pure Chemical Industries, weight-average molecular weight: about 380

[(d 3 )脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステル] [(D 3) an ester of a fatty acid and an aliphatic monohydric alcohol]
・エレクトールWE20,日油株式会社製 ドデカン酸(C 12 )と、ドデシルアルコール(C 12 )とのエステル,重量平均分子量:約360 · ELECTOL WE20, and manufactured by NOF Corporation dodecanoic acid (C 12), esters of dodecyl alcohol (C 12), the weight average molecular weight: about 360
・エレクトールWE40,日油株式会社製 テトラデカン酸(C 14 )と、ドデシルアルコール(C 12 )とのエステル,重量平均分子量:約390 · ELECTOL WE40, and manufactured by NOF Corporation tetradecanoic acid (C 14), esters of dodecyl alcohol (C 12), the weight average molecular weight: about 390

[(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール] [(E 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol]
・ユニオールD−1000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコール,重量平均分子量:約1,000 · UNIOL D-1000, manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, weight average molecular weight: about 1,000
・ユニオールD−1200,日油株式会社製 ポリプロピレングリコール,重量平均分子量:約1,200 · UNIOL D-1200, manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, weight average molecular weight: about 1,200
・ユニオールD−3000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコール,重量平均分子量:約3,000 · UNIOL D-3000, manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, weight average molecular weight: about 3,000

・ユニオールD−4000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコール,重量平均分子量:約4,000 · UNIOL D-4000, manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, weight average molecular weight: about 4,000
・ユニオールPB500,日油株式会社製 ポリブチレングリコール,重量平均分子量:約500 · UNIOL PB500, manufactured by NOF Corporation polybutylene glycol, the weight average molecular weight: about 500
・ユニオールPB700,日油株式会社製 ポリオキシブチレンポリオキシプロピレングリコール,重量平均分子量:約700 · UNIOL PB700, manufactured by NOF Corporation polyoxybutylene polyoxypropylene glycol, the weight average molecular weight: about 700

・ユニオールPB1000R,日油株式会社製 ポリブチレングリコール,重量平均分子量:約1000 · UNIOL PB1000R, manufactured by NOF Corporation polybutylene glycol, the weight average molecular weight: about 1000
[(e 2 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル] [(E 2) polyoxy C 2 -C 6 esters of alkylene glycol and at least one fatty acid]
・ウィルブライトcp9,日油株式会社製 ポリブチレングリコールの両末端のOH基が、ヘキサデカン酸(C 16 )によりエステル化された化合物,重量平均分子量:約1,150 Will Bright cp9, the OH groups at both ends of NOF Corp. polybutylene glycol, compounds esterified by hexadecanoic acid (C 16), the weight average molecular weight: about 1,150

[(e 3 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエーテル] [(E 3) polyoxy C 2 -C 6 ethers of alkylene glycol and at least one fatty acid]
・ユニルーブMS−70K,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのステアリルエーテル,約15の繰返し単位,重量平均分子量:約1,140 · UNILUBE MS-70K, stearyl ether manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, about 15 repeat units, the weight average molecular weight: about 1,140

[(e 5 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテル] [(E 5) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, an ether of a chain hydrocarbon tetraol, chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol,]
・ユニルーブ5TP−300KB · UNILUBE 5TP-300KB
ペンタエリトリトール1モルに、エチレンオキシド5モルと、プロピレンオキシド65モルとを付加させることにより生成した、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンペンタエリスリトールエーテル,重量平均分子量:4,130 The pentaerythritol 1 mol, and 5 mol of ethylene oxide, produced by the addition of propylene oxide 65 mol, polyoxyethylene polyoxypropylene pentaerythritol ether, weight average molecular weight: 4,130

・ユニオール TG−3000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのグリセリルエーテル,約16の繰返し単位,重量平均分子量:約3,000 · UNIOL TG-3000, glyceryl ether of NOF Corporation polypropylene glycol, about 16 repeat units, the weight average molecular weight: about 3,000
・ユニオール TG−4000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのグリセリルエーテル,約16の繰返し単位,重量平均分子量:約4,000 · UNIOL TG-4000, glyceryl ether of NOF Corporation polypropylene glycol, about 16 repeat units, the weight average molecular weight: about 4,000

[(f 1 )鎖状アルカン] [(F 1) a chain alkane]
・パールリーム6,日油株式会社製 流動イソパラフィン、イソブテンおよびn-ブテンを共重合し、次いで水素を付加することにより生成された分岐鎖炭化水素、重合度:約5〜約10,重量平均分子量:約330 · PARLEAM 6, manufactured by NOF Corporation liquid isoparaffin, copolymerized isobutene and n- butene, then branched chain hydrocarbons produced by adding hydrogen, polymerization degree: about 5 to about 10, weight-average molecular weight : about 330

[その他の材料] Other material]
・NA50,日油株式会社製 NA36に水素を付加し、原料である不飽和脂肪酸に由来する二重結合の比率を下げたグリセリンと脂肪酸とのトリエステル,重量平均分子量:約880 · NA50, NOF and adding hydrogen to the steel NA36 Co., triesters of glycerin and fatty acids reduce the ratio of double bonds derived from unsaturated fatty acids as the starting material, the weight average molecular weight: about 880
・(カプリル酸/カプリン酸)モノグリセリド,日油株式会社製 オクタン酸(C 8 )およびデカン酸(C 10 )がおおよそ85:15の重量比で含まれている、グリセリンと脂肪酸とのモノエステル,重量平均分子量:約220 - (caprylate / caprate) monoglyceride, manufactured by NOF Corporation octoate (C 8) and decanoic acid (C 10) is contained in an approximate 85:15 weight ratio of monoester of glycerin and fatty acids, The weight average molecular weight: about 220
・Monomuls 90−L2ラウリン酸モノグリセリド,コグニスジャパン株式会社製 · Monomuls 90-L2 lauric acid monoglycerides, Cognis Japan Ltd.

・クエン酸イソプロピル,東京化成工業株式会社製 重量平均分子量:約230 Citric acid isopropyl, manufactured by Tokyo Chemical Industry Co., Ltd. The weight average molecular weight: about 230
・リンゴ酸ジイソステアリル 重量平均分子量:約640 - Diisostearyl malate weight average molecular weight: about 640
・ユニオールD−400,日油株式会社製 ポリプロピレングリコール,重量平均分子量:約400 · UNIOL D-400, manufactured by NOF Corporation polypropylene glycol, weight average molecular weight: about 400

・PEG1500,日油株式会社製 ポリエチレングリコール,重量平均分子量:約1,500〜約1,600 · PEG1500, NOF Corporation polyethylene glycol, weight-average molecular weight: about 1,500 to about 1,600
・ノニオンS−6,日油株式会社製 ポリオキシエチレンモノステアレート、約7の繰返し単位、重量平均分子量:約880 Nonionic S-6, manufactured by NOF Corporation, polyoxyethylene monostearate, about 7 of the repeating units, the weight average molecular weight: about 880
・ウィルブライトs753,日油株式会社製 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンポリオキシブチレングリセリン,重量平均分子量:約960 Will Bright S753, manufactured by NOF Corporation polyoxyethylene polyoxypropylene polyoxybutylene glycerin, weight average molecular weight: about 960

・ユニオール TG−330,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのグリセリルエーテル,約6の繰返し単位,重量平均分子量:約330 · UNIOL TG-330, glyceryl ether of NOF Corporation polypropylene glycol, about 6 repeating units, the weight average molecular weight: about 330
・ユニオール TG−1000,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのグリセリルエーテル,約16の繰返し単位,重量平均分子量:約1,000 · UNIOL TG-1000, NOF glyceryl ether Corporation polypropylene glycol, about 16 repeat units, the weight average molecular weight: about 1,000

・ユニルーブ DGP−700,日油株式会社製 ポリプロピレングリコールのジグリセリルエーテル,約9の繰返し単位,重量平均分子量:約700 · UNILUBE DGP-700, diglyceryl ether of NOF Corporation polypropylene glycol, about 9 repeating units, the weight average molecular weight: about 700
・ユニオックスHC60,日油株式会社製 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,重量平均分子量:約3,570 · UNIOX HC60, manufactured by NOF Corporation polyoxyethylene hardened castor oil, the weight average molecular weight: about 3,570
・ワセリン,コグニスジャパン株式会社製 石油に由来する炭化水素、半固形 - vaseline, hydrocarbon, semi-solid derived from oil manufactured by Cognis Japan Ltd.

上記試料の、IOB,融点および水溶解度を、下記表2に示す。 Of the sample, IOB, melting point and water solubility are shown in Table 2 below. なお、水溶解度は、上述の方法にしたがって測定したが、100gの脱塩水に、20.0gを添加し、24時間後に溶解した試料は、「20g<」と評価し、そして100gの脱塩水に、0.05gは溶解したが、1.00gは溶解しなかった試料は、0.05〜1.00gと評価した。 Incidentally, the water solubility has been measured according to the method described above, the demineralized water 100g, was added 20.0 g, the sample dissolved after 24 hours was evaluated as "20 g <", and the demineralized water 100g Although 0.05g were dissolved, 1.00 g sample that did not dissolve was evaluated with 0.05~1.00G. また、融点に関し、「<45」は、融点が45℃未満であることを意味する。 Also relates to the melting point, "<45" means that the melting point is below 45 ° C..

上記生理用ナプキンのトップシートの肌当接面を、上述の血液改質剤で塗工した。 The skin contact surface of the top sheet of the sanitary napkin, was coated with the aforementioned blood modifying agent. 各血液改質剤を、血液改質剤が室温で液体である場合にはそのまま、そして血液改質剤が室温で固体である場合には、融点+20℃まで加熱し、次いで、コントロールシームHMAガンを用いて、各血液改質剤を微粒化し、トップシートの肌当接面の全体に、坪量がおおよそ5g/m 2となるように塗布した。 Each blood modifying agent, if it is when the blood modifying agent is a liquid at room temperature, and the blood modifying agent is a solid at room temperature, then heated to the melting point + 20 ° C., then, control seam HMA gun with, each blood modifying agent atomized, the entire skin contact surface of the top sheet, the basis weight was applied to approximately a 5 g / m 2.

図14は、トップシートがトリC2L油脂肪酸グリセリドを含む生理用ナプキン(No.2−5)における、トップシートの肌当接面の電子顕微鏡写真である。 Figure 14 is a topsheet in a sanitary napkin (No. 2-5) containing tri C2L oil fatty acid glyceride, an electron micrograph of the skin contact surface of the top sheet. 図14から明らかなように、トリC2L油脂肪酸グリセリドは、微粒子状で、繊維の表面に付着している。 As apparent from FIG. 14, tri C2L oil fatty acid glycerides, in particulate, adhering to the surface of the fiber.
上述の手順にしたがって、リウェット率と、吸収体移行速度とを測定した。 According to the procedure described above were measured and rewetting rate, and an absorbent body migration rate. 結果を、下記表2に示す。 The results, shown in Table 2 below.

[試験方法] [Test method]
各血液改質剤を含むトップシートの上に、穴の開いたアクリル板(200mm×100mm,125g,中央に、40mm×10mmの穴が開いている)を置き、上記穴から、37±1℃のウマEDTA血(ウマの血液に、凝結防止のため、エチレンジアミン四酢酸(以下、「EDTA」と称する)が添加されたもの)3gを、ピペットを用いて滴下(1回目)し、1分後、37±1℃のウマEDTA血3gを、アクリル板の穴から、ピペットで再度滴下した(2回目)。 On the top sheet comprising each blood modifying agent, an acrylic plate having a hole (200 mm × 100 mm, 125 g, in the center, 40 mm × the 10mm hole in the open) Place, from the holes, 37 ± 1 ° C. (horse blood, to prevent condensation, ethylenediaminetetraacetic acid (hereinafter, referred to as "EDTA") what is added) of the horse EDTA blood 3g, dropwise using a pipette (1 time) and, after 1 minute the horse EDTA blood 3g of 37 ± 1 ° C., the hole in the acrylic plate was again pipetted Run 2.

2回目の血液の滴下後、直ちに上記アクリル板を外し、血液を滴下した場所に、ろ紙(アドバンテック東洋株式会社 定性濾紙 No.2,50mm×35mm)10枚を置き、その上から、圧力が30g/cm 2となるようにおもりを置いた。 After the addition of the second round of blood, immediately remove the above-mentioned acrylic plate, to the location where you dropped the blood, filter paper (Advantech Toyo Co., Ltd. qualitative filter paper No.2,50mm × 35mm) Place the 10 sheets, from above, pressure is 30g put the weight so that the / cm 2. 1分後、上記ろ紙を取出し、以下の式に従って、「リウェット率」を算出した。 After 1 minute, taken out the filter paper, according to the following formula, was calculated "rewetting rate".
リウェット率(%)=100×(試験後のろ紙質量−当初のろ紙質量)/6 Rewetting rate (%) = 100 × (filter paper mass after test - initial filter paper weight) / 6

また、リウェット率の評価とは別に、2回目の血液の滴下後、血液がトップシートから吸収体に移行する時間である「吸収体移行速度」を測定した。 In addition, the evaluation of the rewetting rate separately, after the dropping of the second round of blood, blood was measured the "absorbent body migration rate" it is time to migrate from the top sheet to the absorbent body. 上記吸収体移行速度は、トップシートに血液を投入してから、トップシートの表面及び内部に、血液の赤さが見られなくなるまでの時間を意味する。 The absorbent body migration rate, since the introduced blood to the topsheet, on the surface and inside of the top sheet, means a time until no further red of blood.
リウェット率と、吸収体移行速度の結果を、以下の表2に示す。 And rewetting rate, the results of the absorber migration rate, shown in Table 2 below.

次いで、吸収体移行速度の試験後のトップシートの肌当接面の白さを、以下の基準にしたがって、目視で評価した。 Then, the whiteness of the skin contact surface of the top sheet after the test of the absorber migration rate, according to the following criteria were evaluated visually.
◎:血液の赤さがほとんど残っておらず、血液が存在した場所と、存在していない場所の区別がつかない ○:血液の赤さが若干残っているが、血液の存在した場所と、存在していない場所の区別がつきいにくい △:血液の赤さが若干残っており、血液が存在した場所が分かる ×:血液の赤さがそのまま残っている 結果を、併せて下記表2に示す。 ◎: no left most of the red of the blood, and where blood is present, indistinguishable from the non-existent location ○: the location, but the red of the blood remains slightly, that was present in the blood, they do not exist not place distinction of is hard to Tsukii △: red of the blood has left some, × seen the place where blood is present: the results of the red of the blood is left as it is, in the following table 2 together show.

血液改質剤を有しない場合には、リウェット率は22.7%であり、そして吸収体移行速度は60秒超であったが、グリセリンと脂肪酸とのトリエステルは、いずれも、リウェット率が7.0%以下であり、そして吸収体移行速度が8秒以下であることから、吸収性能が大幅に改善されていることが分かる。 If no blood modifying agent is a rewetting rate is 22.7%, and the absorbent body migration rate was the greater than 60 seconds, triesters of glycerin and fatty acids, both, rewetting rate and 7.0% or less, and since the absorbent body migration rate is less than 8 seconds, it is seen that the absorption performance has been greatly improved. しかし、グリセリンと脂肪酸とのトリエステルのうち、融点が45℃を超えるNA50では、吸収性能に大きな改善はみられなかった。 However, of the triester of glycerin and a fatty acid, the NA50 melting point of higher than 45 ° C., significant improvement was observed in the absorption performance.

同様に、約0.00〜約0.60のIOBと、約45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、約0.00〜約0.05gの水溶解度を有する血液改質剤では、吸収性能が大きく改善されることが分かった。 Similarly, about 0.00 to about 0.60 of the IOB, and a melting point below about 45 ° C., in water 100g of 25 ° C., the blood modifying agent having a solubility in water of about 0.00 to about 0.05g , it was found that absorption performance is greatly improved.

次に、No. Then, No. 2−1〜2−47の生理用ナプキンを、複数のボランティアの被験者に着用してもらったところ、No. The sanitary napkins of 2-1~2-47, was asked to wear to the subject of more than one volunteer, No. 2−1〜2−32の血液改質剤を含む生理用ナプキンでは、経血を吸収した後であってもトップシートにべたつき感がなく、トップシートがサラサラしているとの回答を得た。 In the sanitary napkin, including the blood modifying agent of 2-1~2-32, there is no feeling of stickiness on the top sheet even after absorption of menstrual blood, to give the answer of the top sheet is smooth .

また、No. In addition, No. 2−1〜No. 2-1~No. 2−32の生理用ナプキンでは、そして特に、No. In 2-32 of the sanitary napkin, and particularly, No. 2−1〜11,15〜19および32の血液改質剤を含む生理用ナプキンでは、経血を吸収後のトップシートの肌当接面が、血液で赤く染まっておらず、不快感が少ないとの回答を得た。 The sanitary napkin comprising 2-1~11,15~19 and 32 of the blood modifying agent, the skin contact surface of the top sheet after absorption of menstrual blood is not stained red with blood, less discomfort responses were obtained with.

[例2] [Example 2]
動物の各種血液に関して、上述の手順にしたがって、リウェット率を評価した。 Respect animal various blood, according to the procedure described above, it was assessed rewetting rate. 実験に用いられた血液は、以下の通りである。 Blood used in the experiment are as follows.
[動物種] [Species]
(1)ヒト(2)ウマ(3)ヒツジ (1) human (2) Horse (3) Sheep

[血液種] [Blood type]
・脱繊維血:血液を採取後、ガラスビーズと共に、三角フラスコ内で約5分間撹拌したもの・EDTA血:静脈血65mLに、12%EDTA・2K生理食塩液0.5mLを添加したもの · Defibrinated blood: those in venous blood 65 mL, was added 12% EDTA-2K saline 0.5 mL: After blood collection, together with glass beads, stirred one-EDTA blood about 5 minutes Erlenmeyer flask

[分画] [Fraction]
血清または血漿:それぞれ、脱繊維血またはEDTA血を、室温下で、約1900Gで10分間遠心分離した後の上清 血球:血液から血清を除去し、残差をリン酸緩衝生理食塩液(PBS)で2回洗浄し、次いで除去した血清分のリン酸緩衝生理食塩液を加えたもの Serum or plasma: respectively, defibrinated blood or EDTA blood, at room temperature, about 1900G for 10 minutes centrifuged after supernatant blood cells: to remove serum from the blood, phosphate buffered saline residuals (PBS ) in washed twice, then plus phosphate buffered saline serum fraction was removed

トリC2L油脂肪酸グリセリドが、坪量がおおよそ5g/m 2となるように塗布されている以外は、例2と同様にして吸収性物品を製造し、上述の各種血液に関して、リウェット率を評価した。 Tri C2L oil fatty acid glyceride, except that the basis weight is applied to approximately a 5 g / m 2, in the same manner as in Example 2 to produce an absorbent article, with respect to the above-described various blood was evaluated rewetting rate . 各血液に関して測定を3回行い、その平均値を採用した。 Three times measured with respect to each blood, and the average value was recorded.
結果を、下記表3に示す。 The results, shown in Table 3 below.

例2で得られた、ウマEDTA血と同様の傾向が、ヒトおよびヒツジの血液でも得られた。 Example 2 obtained in, the same tendency as the horse EDTA blood was obtained with human and sheep blood. また、脱繊維血およびEDTA血においても、同様の傾向が観察された。 Also in defibrinated blood and EDTA blood, the same tendency was observed.

[例3] [Example 3]
[血液保持性の評価] [Evaluation of blood retention]
血液改質剤を含むトップシートと、血液改質剤を含まないトップシートとにおける血液保持性を評価した。 A top sheet comprising a blood modifying agent, were evaluated blood retention in the topsheet containing no blood modifying agent.

[試験方法] [Test method]
(1)エアスルー不織布(ポリエステルおよびポリエチレンテレフタレートから成る複合繊維、坪量:35g/m 2 )から形成されたトップシートの肌当接面に、トリC2L油脂肪酸グリセリドを、コントロールシームHMAガンを用いて微粒化し、坪量がおおよそ5g/m 2となるように塗布する。 (1) an air-through nonwoven fabric (composite fiber composed of polyester and polyethylene terephthalate, basis weight: 35 g / m 2) on the skin contact surface of the top sheet formed from a tri-C2L oil fatty acid glycerides, using the control seam HMA gun atomized, the basis weight is applied such becomes approximately 5 g / m 2. また、比較のため、トリC2L油脂肪酸グリセリドを塗布していないものも準備する。 For comparison, also prepared those not coated with tri C2L oil fatty acid glycerides. 次いで、トリC2L油脂肪酸グリセリドが塗布されているトップシートと、塗布されていないトップシートとの両方を、0.2gの大きさにカットし、セルストレイナー+トップシートの質量(a)を正確に測定する。 Then, the topsheet tri C2L oil fatty acid glyceride is applied, both the topsheet not coated, was cut to a size of 0.2 g, the cell strainer + topsheet mass (a) exactly Measure.

(2)ウマEDTA血約2mLを、肌当接面側から添加し、1分間静置する。 (2) a horse EDTA Chiyaku 2 mL, was added from the skin contact surface side, to stand 1 minute.
(3)セルストレイナーを、遠心管にセットし、スピンダウンして、余剰のウマEDTA血を取り除く。 (3) a cell strainer, is set in a centrifuge tube, and spun down to remove the horse EDTA blood excess.
(4)セルストレイナー+ウマEDTA血を含むトップシートの重量(b)を測定する。 (4) measuring the weight (b) of the top sheet containing the cell strainer + horse EDTA blood.
(5)下式にしたがって、トップシート1g当たりの当初吸収量(g)を算出する。 (5) calculated by the following formula initially absorbed per topsheet 1g of (g).
当初吸収量=[重量(b)−重量(a)]/0.2 Initially absorption = [weight (b) - the weight (a)] / 0.2
(6)セルストレイナーを、遠心管に再セットし、室温下、約1200Gで1分間遠心分離する。 (6) a cell strainer, then set it to the centrifuge tube, at room temperature, centrifuged 1 min at about 1200G.

(7)セルストレイナー+ウマEDTA血を含むトップシートの重量(c)を測定する。 (7) measuring the weight (c) of the top sheet containing the cell strainer + horse EDTA blood.
(8)下式にしたがって、トップシート1g当たりの試験後吸収量(g)を算出する。 (8) calculated by the following formula after the test per topsheet 1g absorption amount (g).
試験後吸収量=[重量(c)−重量(a)]/0.2 After the test absorption = [weight (c) - the weight (a)] / 0.2
(9)下式にしたがって血液保持率(%)を算出した。 (9) was calculated blood retention rate (%) according to the following formula.
血液保持率(%)=100×試験後吸収量/当初吸収量 なお、測定は3回行い、その平均値を採用した。 Blood retention (%) = 100 × Test after absorption / initial absorption The measurement was conducted 3 times, and the average value was recorded. 結果を、下記表4に示す。 The results, shown in Table 4 below.

血液改質剤を含むトップシートは、血液保持性が低く、血液を吸収後、迅速に吸収体に移行させることができることが示唆される。 Topsheet comprising blood modifying agent has low blood retention, after absorption of blood, suggesting that it is possible to quickly migrate into the absorbent body.

[例4] [Example 4]
[血液改質剤を含む血液の粘性] [Viscosity of the blood, including the blood modifying agent]
血液改質剤を含む血液の粘性を、Rheometric Expansion System ARES(Rheometric Scientific,Inc)を用いて測定した。 The viscosity of the blood containing blood modifying agent, was measured using a Rheometric Expansion System ARES (Rheometric Scientific, Inc). ウマ脱繊維血に、パナセート810sを2質量%添加し、軽く撹拌して試料を形成し、直径50mmのパラレルプレートに試料を載せ、ギャップを100μmとし、37±0.5℃で粘度を測定した。 The horse defibrinated blood was added PANACET 810s 2 wt%, gently agitated to form a sample, the sample was placed on a parallel plate having a diameter of 50 mm, the gap as a 100 [mu] m, the viscosity was measured at 37 ± 0.5 ° C. . パラレルプレートゆえ、試料に均一なせん断速度はかかっていないが、機器に表示された平均せん断速度は、10s -1であった。 Due to the parallel plate, a uniform shear rate in the sample is not applied, the average shear rate indicated by the device was 10s -1.

パナセート810sを2質量%含むウマ脱繊維血の粘度は、5.9mPa・sであり、一方、血液改質剤を含まないウマ脱繊維血の粘度は、50.4mPa・sであった。 The viscosity of the horse defibrinated blood containing PANACET 810s 2 wt% is 5.9 mPa · s, whereas the viscosity of the horse defibrinated blood containing no blood modifying agent was 50.4 mPa · s. したがって、パナセート810sを2質量%含むウマ脱繊維血は、血液改質剤を含まない場合と比較して、約90%粘度を下げることが分かる。 Accordingly, horse defibrinated blood containing 2 mass% PANACET 810s, compared to the case without the blood modifying agent, it can be seen that an approximately 90% lower viscosity. 血液は、血球等の成分を含み、チキソトロピーの性質を有することが知られているが、本開示の血液改質剤は、低粘度域で、血液の粘度を下げることができると考えられる。 Blood includes components such as blood cells, are known to have the property of thixotropy, blood modifier of the present disclosure, a low viscosity range, it is considered possible to lower the viscosity of the blood. 血液の粘度を下げることにより、吸収した経血を、トップシートから吸収体に速やかに移行させることができると考えられる。 By lowering the viscosity of the blood, the absorbed menstrual blood is considered to be able to rapidly migrate from the top sheet to the absorbent body.

[例5] [Example 5]
[血液改質剤を含む血液の顕微鏡写真] [Micrograph of blood, including the blood modifying agent]
健常ボランティアの経血をサランラップ(商標)上に採取し、その一部に、10倍の質量のリン酸緩衝生理食塩水中に分散されたパナセート810sを、パナセート810sの濃度が1質量%となるように添加した。 Menstrual blood of healthy volunteers was collected on Saran Wrap (TM), a portion thereof, PANACET 810s dispersed in phosphate-buffered saline 10-fold mass, so that the concentration of PANACET 810s becomes 1 wt% It was added to. 経血を、スライドグラスに適下し、カバーグラスをかけ、光学顕微鏡にて、赤血球の状態を観察した。 The menstrual blood was dropped onto a slide glass, and coverslipped, by an optical microscope to observe the state of erythrocyte. 血液改質剤を含まない経血の顕微鏡写真を図15(a)に、そしてパナセート810sを含む経血の顕微鏡写真を図15(b)に示す。 Figure 15 (a) A photomicrograph of menstrual blood containing no blood modifying agent, and a photomicrograph of menstrual blood containing PANACET 810s shown in FIG. 15 (b).

図15から、血液改質剤を含まない経血では、赤血球が連銭等の集合塊を形成しているが、パナセート810sを含む経血では、赤血球が、それぞれ、安定に分散していることが分かる。 From Figure 15, it in menstrual blood containing no blood modifying agent, but the red blood cells form a set mass such as rouleaux in the menstrual blood containing PANACET 810s, the red blood cells, respectively, are stably dispersed It can be seen. したがって、血液改質剤は、血液の中で、赤血球を安定化させる働きをしていることが示唆される。 Thus, blood modifier, in the blood, it is suggested that serve to stabilize the red blood cells.

[例6] [Example 6]
[血液改質剤を含む血液の表面張力] [Surface tension of blood containing a blood modifying agent]
血液改質剤を含む血液の表面張力を、協和界面科学社製接触角計 Drop Master500を用い、ペンダントドロップ法にて測定した。 The surface tension of the blood, including the blood modifying agent, using a manufactured by Kyowa Interface Science Co., Ltd. contact angle meter Drop Master500, was measured by the pendant drop method. 表面張力は、ヒツジ脱繊維血に、所定の量の血液改質剤を添加し、十分振とうした後に測定した。 Surface tension, the sheep defibrinated blood, was added a predetermined amount of blood modifying agent, it was measured after sufficient shaking. 測定は、機器が自動で行うが、 表面張力 γは、以下の式により求められる(図16を参照)。 Measurement was accomplished automatically with a device, the surface tension γ is determined by the following equation (see Figure 16).

γ=g×ρ×(de) 2 ×1/H γ = g × ρ × (de ) 2 × 1 / H
g:重力定数 1/H:ds/deから求められる補正項 ρ:密度 de:最大直径 ds:滴下端よりdeだけ上がった位置での径 g: gravitational constant 1 / H: ds / correction term obtained from de [rho: Density de: Maximum diameter ds: diameter just raised position de from dropping edge

密度ρは、JIS K 2249−1995の「密度試験方法および密度・質量・容量換算表」の5. The density [rho, 5 of the "Density Test Methods and density, mass, volume conversion tables" JIS K 2249-1995. 振動式密度試験方法に準拠し、下記表5に示される温度で測定した。 Compliant with vibratory density test method, were measured at the temperatures shown in Table 5 below. 測定には、京都電子工業株式会社のDA−505を用いた。 The measurement was accomplished using a DA-505 by Kyoto Electronics Manufacturing Co., Ltd.. 結果を、表5に示す。 The results are shown in Table 5.

表5から、血液改質剤は、25℃の水100gに対する、約0.00〜約0.05gの水溶解度を有することからも明らかなように、水への溶解性が非常に低いが、血液の表面張力を下げることができることが分かる。 Table 5, blood modifying agent, to water 100g of 25 ° C., as is apparent from the fact that having a water solubility of about 0.00 to about 0.05 g, solubility in water is very low, it can be seen that it is possible to lower the surface tension of the blood. 血液の表面張力を下げることにより、吸収した血液をトップシートの繊維間に保持せず、速やかに吸収体に移行させることができると考えられる。 By lowering the surface tension of the blood, without holding the absorbed blood between the fibers of the topsheet, it is considered possible to shift quickly to the absorbent body.

実施形態と変形例の一つ、もしくは複数を組み合わせることは可能である。 One modification of the embodiment, or to combine a plurality is possible. 変形例同士を組み合わせることも可能である。 It is also possible to combine variant one another.

以上の説明はあくまで一例であり、発明は、上記の実施形態に何ら限定されるものではない。 The above explanation is only an example, the invention is not in any way limited to the above embodiment.

1,1D,1E 吸収性物品 2,2A〜2D トップシート 3 バックシート 4,4D 吸収体 5,5E サイドシート 6 ウイング部 7 粘着部 8 圧搾溝 8D 圧縮部 9 シール部 10 本体部 16 排泄口当接域 18 血液改質剤塗布領域 21,21A〜C,51E 突部 22,22A〜22C 凹部 26A,26C 開口部 120 ウェブ 121 突部 122 溝 130 網状支持部材 140 吹き出し部 150 吸引部 160 細長状部材 1,1D, 1E absorbent article 2,2A~2D topsheet 3 backsheet 4,4D absorber 5,5E side sheets 6 wing portion 7 adhesive portion 8 compressed groove 8D compression section 9 sealing portion 10 the body portion 16 excretion those contact region 18 blood modifying agent coating areas 21,21A~C, 51E projection 22,22A~22C recesses 26A, 26C opening 120 web 121 projection 122 groove 130 net-like support member 140 blowout unit 150 suction unit 160 elongated member

Claims (11)

  1. 長手方向および幅方向を有し、本体部と該本体部の両側縁から幅方向に延出した一対のウイング部とを含み、前記本体部は、肌側に設けられた液透過性の不織布のトップシート、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートおよび該トップシートと該バックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体を備えた吸収性物品であって、 Has a longitudinal direction and the width direction, a pair extending from opposite side edges of the main body portion and the body portion in the width direction and a wing portion, the body portion of the obtained solution permeability provided on the skin side of the nonwoven fabric topsheet, a absorbent article having a provided liquid retentive absorbent body between the garment is liquid impermeable provided on the side of the backsheet and the topsheet and said backsheet,
    前記トップシートは、肌側の面における少なくとも着用者の排泄口に当接する排泄口当接域に突部を備え、 It said topsheet is provided with projections on excretory opening contact region abutting at least the wearer's excretory opening on the skin side,
    前記トップシートは、少なくとも前記排泄口当接域に、 血液改質剤配置された血液改質剤配置領域をさらに備え It said topsheet is at least the excretory opening contact region, further comprising a blood modifying agent disposed region blood modifying agent is disposed,
    前記血液改質剤が、0.00〜0.60のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.00〜0.05gの水溶解度とを有する、 Wherein the blood modifying agent, that Yusuke and IOB of 0.00 to 0.60, and 45 ° C. The following melting, to water 100g of 25 ° C., and a water solubility of 0.00~0.05G,
    前記吸収性物品。 The absorbent article.
  2. 前記突部は、所定方向に延在し、該所定方向に交差する方向に並ぶ突部および凹部を含む、請求項1に記載の吸収性物品。 The projection extends in a direction Tokoro Sadakata, including projections and recesses arranged in a direction intersecting with the predetermined direction, the absorbent article according to claim 1.
  3. 前記突部の中央部の繊維密度は、前記突部の側部の繊維密度および/または前記凹部の繊維密度よりも低い、請求項に記載の吸収性物品。 The fiber density of the central portion of the projection is less than the fiber density of the fiber density and / or the recess side of the projection, the absorbent article according to claim 2.
  4. 前記トップシートの凹部は、開口部を有し、 Recess of the top sheet has an opening,
    前記開口部の側面の繊維密度は、前記突部の中央部の繊維密度よりも高い、請求項2又は3に記載の吸収性物品。 Fiber density of the side surface of the opening is higher than the fiber density of the central portion of the projection, the absorbent article according to claim 2 or 3.
  5. 長手方向および幅方向を有し、本体部と該本体部の両側縁から幅方向に延出した一対のウイング部とを含み、前記本体部は、肌側に設けられた液透過性の不織布のトップシート、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートおよび該トップシートと該バックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体を備えた吸収性物品であって、 Has a longitudinal direction and the width direction, a pair extending from opposite side edges of the main body portion and the body portion in the width direction and a wing portion, the body portion of the obtained solution permeability provided on the skin side of the nonwoven fabric topsheet, a absorbent article having a provided liquid retentive absorbent body between the garment is liquid impermeable provided on the side of the backsheet and the topsheet and said backsheet,
    前記トップシートから前記吸収体の内部に至る、エンボス加工により形成された圧縮部を、肌側の面における少なくとも着用者の排泄口に当接する排泄口当接域に備え、 The leading from the topsheet into the interior of the absorber, the compressed portions formed by embossing, provided on at least excretory opening contact region abutting the excretion portion of the wearer in the skin side,
    前記トップシートは、少なくとも前記排泄口当接域に、 血液改質剤配置された血液改質剤配置領域を備え、 It said topsheet is at least the excretory opening contact region, comprising a blood modifying agent disposed region blood modifying agent is disposed,
    前記血液改質剤が、0.00〜0.60のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.00〜0.05gの水溶解度とを有する、 Wherein the blood modifying agent, that Yusuke and IOB of 0.00 to 0.60, and 45 ° C. The following melting, to water 100g of 25 ° C., and a water solubility of 0.00~0.05G,
    前記吸収性物品。 The absorbent article.
  6. 前記血液改質剤配置領域は、前記一対のウイング部の幅方向外側の縁がお互いに接するように前記一対のウイング部を幅方向内側に折り畳んだとき、前記一対のウイング部によって覆い隠される範囲内に設けられている、請求項1〜 のいずれか1項に記載の吸収性物品。 The blood modifying agent disposed regions, when the widthwise outer edges of the pair of wing portions is folded inwardly in the width direction of the pair of wing portions in contact with each other, range covered by said pair of wing portions the absorbent article according to any one of which has, according to claim 1 to 5 provided within.
  7. 前記ウイング部は、肌側の面に突部を有する、請求項1〜 のいずれか1項に記載の吸収性物品。 The wing portion has a protrusion on the skin side, the absorbent article according to any one of claims 1-6.
  8. 前記血液改質剤が、次の(i)〜(iii)、 Wherein the blood modifier, the following (i) ~ (iii),
    (i)炭化水素、 (I) a hydrocarbon,
    (ii) (ii−1)炭化水素部分と、(ii−2)前記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル基(−CO−)およびオキシ基(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、および (iii) (iii−1)炭化水素部分と、(iii−2)前記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル基(−CO−)およびオキシ基(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基と、(iii−3)前記炭化水素部分の水素原子を置換する、カルボキシル基(−COOH)およびヒドロキシル基(−OH)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、 (Ii) and (ii-1) a hydrocarbon moiety, from (ii-2) the inserted between a C-C single bond of a hydrocarbon moiety, a carbonyl group (-CO-) and oxy group (-O-) made is selected from the group of one or more compounds having the same or different groups, and (iii) (iii-1) a hydrocarbon moiety, (iii-2) C-C single bond of the hydrocarbon moiety inserted between, it is selected from the group consisting of a carbonyl group (-CO-) and an oxy group (-O-), a one or more, same or different groups, of (iii-3) the hydrocarbon moiety replacing a hydrogen atom, it is selected from the group consisting of carboxyl group (-COOH) and hydroxyl (-OH), an one or more compounds having the same or different groups,
    ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択され、 And it is selected from the group consisting of any combination thereof,
    ここで、(ii)または(iii)の化合物において、オキシ基が2つ以上挿入されている場合には、各オキシ基は隣接していない、請求項1〜 のいずれか1項に記載の吸収性物品。 Here, in the compound of (ii) or (iii), if the group is inserted more than one, each group are not adjacent, as claimed in any one of claims 1-7 the absorbent article.
  9. 前記血液改質剤が、次の(i')〜(iii')、 Wherein the blood modifier, the following (i ') ~ (iii'),
    (i')炭化水素、 (I ') a hydrocarbon,
    (ii') (ii'−1)炭化水素部分と、(ii'−2)前記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、カーボネート結合(−OCOO−)、およびエーテル結合(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる結合とを有する化合物、および (iii') (iii'−1)炭化水素部分と、(iii'−2)前記炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、カーボネート結合(−OCOO−)、およびエーテル結合(−O−)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる結合と、(iii'−3)前記炭化水素部分の水素原子を置換する、カルボキシル基(−COOH (Ii ') and (ii'-1) hydrocarbon moiety (ii'-2) inserted between a C-C single bond of the hydrocarbon moiety, a carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO -), carbonate bond (-OCOO-), and is selected from the group consisting of ether bond (-O-), one or a plurality of compounds having the same or different binding, and (iii ') (iii'- 1) a hydrocarbon moiety, which is inserted between (iii'-2) C-C single bond of the hydrocarbon moiety, a carbonyl bond (-CO-), ester bonds (-COO-), carbonate bond (-OCOO -), and is selected from the group consisting of ether bond (-O-), substituted one or a plurality of the same or different binding, (III'-3) hydrogen atoms of the hydrocarbon moiety, a carboxyl group ( -COOH )およびヒドロキシル基(−OH)から成る群から選択される、一または複数の、同一または異なる基とを有する化合物、 ) Is selected from the group consisting of hydroxyl (-OH), an one or more compounds having the same or different groups,
    ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択され、 And it is selected from the group consisting of any combination thereof,
    ここで、(ii')または(iii')の化合物において、2以上の同一または異なる結合が挿入されている場合には、各結合は隣接していない、請求項1〜 のいずれか1項に記載の吸収性物品。 Here, in the compound of (ii ') or (iii'), when two or more identical or different bonds are inserted, each bond is not adjacent to any one of claims 1-8 the absorbent article according to.
  10. 前記血液改質剤が、次の(A)〜(F)、 Wherein the blood modifier, the following (A) ~ (F),
    (A) (A1)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(A2)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のカルボキシル基とを有する化合物とのエステル、 And (A) (A1) chain hydrocarbon moiety, a compound having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (A2) a chain hydrocarbon moiety, said chain ester of a compound having the one carboxyl group substituting the Jo hydrocarbon moiety of a hydrogen atom,
    (B) (B1)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する2〜4個のヒドロキシル基とを有する化合物と、(B2)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエーテル、 (B) (B1) a chain hydrocarbon moiety and compounds having 2 to 4 hydroxyl groups substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, and (B2) chain hydrocarbon moiety, said chain an ether of a compound having a 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of Jo hydrocarbon moiety,
    (C) (C1)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する、2〜4個のカルボキシル基とを含むカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、(C2)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分の水素原子を置換する1個のヒドロキシル基とを有する化合物とのエステル、 (C) and (C1) chain hydrocarbon moiety replaces a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety, a carboxylic acid containing 2 to 4 carboxyl groups, hydroxy acids, alkoxy acids or oxoacids, ( esters of a compound having C2) a chain hydrocarbon moiety and 1 hydroxyl group substituting a hydrogen atom of the chain hydrocarbon moiety,
    (D)鎖状炭化水素部分と、前記鎖状炭化水素部分のC−C単結合間に挿入された、エーテル結合(−O−)、カルボニル結合(−CO−)、エステル結合(−COO−)、およびカーボネート結合(−OCOO−)から成る群から選択されるいずれか1つの結合とを有する化合物、 (D) a chain hydrocarbon moiety inserted between a C-C single bond of the chain hydrocarbon moiety, an ether bond (-O-), carbonyl bond (-CO-), ester bond (-COO- ), and carbonate bond (-OCOO-) compound having a any one bond selected from the group consisting of,
    (E)ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、またはそのアルキルエステルもしくはアルキルエーテル、および (F)鎖状炭化水素、 (E) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol or its alkyl ester or alkyl ether, and (F) a chain hydrocarbon,
    ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択される、請求項1〜 のいずれか1項に記載の吸収性物品。 And it is selected from the group consisting of any combination thereof, the absorbent article according to any one of claims 1-9.
  11. 前記血液改質剤が、(a 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(a 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(a 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(b 1 )鎖状炭化水素テトラオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、(b 2 )鎖状炭化水素トリオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、(b 3 )鎖状炭化水素ジオールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、(c 1 )4個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素テトラカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、(c 2 )3個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素トリ Wherein the blood modifying agent, (a 1) an ester of a chain hydrocarbon tetraol and esters of at least one fatty acid, and (a 2) a chain hydrocarbon triol and at least one fatty acid, (a 3) chain esters of hydrocarbon diols and at least one fatty acid, (b 1) chain hydrocarbon ether of hydrogenated tetraol and at least one aliphatic monohydric alcohol, (b 2) a chain hydrocarbon triol and at least one aliphatic ethers of monohydric alcohols, (b 3) a chain ether hydrocarbon diol and at least one aliphatic monohydric alcohol, (c 1) chain hydrocarbon tetracarboxylic acids having 4 carboxyl groups, hydroxy acid , alkoxy acid or oxo acid, at least one ester of an aliphatic monohydric alcohol, (c 2) a chain hydrocarbon birds with 3 carboxyl groups ルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、(c 3 )2個のカルボキシル基を有する鎖状炭化水素ジカルボン酸、ヒドロキシ酸、アルコキシ酸またはオキソ酸と、少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエステル、(d 1 )脂肪族1価アルコールと脂肪族1価アルコールとのエーテル、(d 2 )ジアルキルケトン、(d 3 )脂肪酸と脂肪族1価アルコールとのエステル、(d 4 )ジアルキルカーボネート、(e 1 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコール、(e 2 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪酸とのエステル、(e 3 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと少なくとも1の脂肪族1価アルコールとのエーテル、(e 4 Carboxylic acid, hydroxy acids, esters of alkoxy acids or oxoacids, and at least one aliphatic monohydric alcohol, (c 3) a chain hydrocarbon dicarboxylic acids having two carboxyl groups, hydroxy acid, alkoxy acid or oxo esters of acids, and at least one aliphatic monohydric alcohol, (d 1) an aliphatic monohydric alcohol and an ether of an aliphatic monohydric alcohol, (d 2) dialkyl ketone, (d 3) fatty acids and an aliphatic esters of polyhydric alcohols, (d 4) dialkyl carbonate, (e 1) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, (e 2) polyoxy C 2 -C 6 esters of alkylene glycol and at least one fatty acid, (e 3 ) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol and at least one aliphatic monohydric ether alcohols, (e 4 ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラカルボン酸、鎖状炭化水素トリカルボン酸、または鎖状炭化水素ジカルボン酸とのエステル、(e 5 )ポリオキシC 2 〜C 6アルキレングリコールと、鎖状炭化水素テトラオール、鎖状炭化水素トリオール、または鎖状炭化水素ジオールとのエーテル、および(f 1 )鎖状アルカン、ならびにそれらの任意の組み合わせから成る群から選択される、請求項1〜 10のいずれか1項に記載の吸収性物品。 Polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, an ester of a chain hydrocarbon tetracarboxylic acid, chain hydrocarbon tricarboxylic acid or chain hydrocarbon dicarboxylic acid, and (e 5) polyoxy C 2 -C 6 alkylene glycol, chain hydrocarbon tetraol, an ether of a chain hydrocarbon triol or chain hydrocarbon diol, and (f 1) a chain alkane, and is selected from the group consisting of any combination thereof, according to claim 1 the absorbent article according to any one of 10.
JP2012082256A 2012-03-30 2012-03-30 The absorbent article Active JP5925015B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012082256A JP5925015B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 The absorbent article

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012082256A JP5925015B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 The absorbent article
PCT/JP2013/054369 WO2013145966A1 (en) 2012-03-30 2013-02-21 Absorbent article
CN 201380028095 CN104334134B (en) 2012-03-30 2013-02-21 The absorbent article

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2013208384A true JP2013208384A (en) 2013-10-10
JP2013208384A5 true JP2013208384A5 (en) 2015-03-26
JP5925015B2 true JP5925015B2 (en) 2016-05-25

Family

ID=49259246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012082256A Active JP5925015B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 The absorbent article

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP5925015B2 (en)
CN (1) CN104334134B (en)
WO (1) WO2013145966A1 (en)

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7005557B2 (en) * 2001-07-03 2006-02-28 The Procter & Gamble Company Film-forming compositions for protecting skin from body fluids and articles made therefrom
JP4451029B2 (en) * 2001-07-25 2010-04-14 ユニ・チャーム株式会社 Disposable body fluid absorbent wearing article
US20030082219A1 (en) * 2001-10-01 2003-05-01 The Procter & Gamble Company Skin care compositions comprising low concentrations of skin treatment agents
JP2003192563A (en) * 2001-12-26 2003-07-09 Lion Corp Composition for impregnating use, and impregnated material for skin protection
KR100887428B1 (en) * 2004-06-21 2009-03-09 더 프록터 앤드 갬블 캄파니 Absorbent article with lotion-containing topsheet
JP4799012B2 (en) * 2005-03-10 2011-10-19 株式会社 資生堂 Oil-based solid cosmetic
JP2006233405A (en) * 2005-08-16 2006-09-07 Asahi Kasei Chemicals Corp Fiber treatment agent
JP4540590B2 (en) * 2005-11-09 2010-09-08 花王株式会社 Three-dimensional sheet for an absorbent article
JP4980685B2 (en) * 2006-09-29 2012-07-18 大王製紙株式会社 The absorbent article
JP4812614B2 (en) * 2006-12-27 2011-11-09 花王株式会社 The absorbent article
US20080287896A1 (en) * 2007-05-15 2008-11-20 The Procter & Gamble Company Absorbent Article With Hydrophilic Lotion And High Barrier Cuffs
US20090030391A1 (en) * 2007-07-25 2009-01-29 John Lee Hammons Absorbent article
JP5268416B2 (en) * 2008-05-01 2013-08-21 大王製紙株式会社 Manufacturing method of the absorbent article
JP5390976B2 (en) * 2009-07-31 2014-01-15 大王製紙株式会社 The absorbent article
JP2011067484A (en) * 2009-09-28 2011-04-07 Kao Corp Absorbent article
JP5530693B2 (en) * 2009-09-30 2014-06-25 大王製紙株式会社 The absorbent article
JP5421720B2 (en) * 2009-10-09 2014-02-19 ユニ・チャーム株式会社 Non-woven fabric
JP6092508B2 (en) * 2011-09-30 2017-03-08 ユニ・チャーム株式会社 The absorbent article

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2013208384A (en) 2013-10-10 application
CN104334134B (en) 2016-05-11 grant
WO2013145966A1 (en) 2013-10-03 application
CN104334134A (en) 2015-02-04 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6563013B1 (en) Absorbent article having channel
US7625363B2 (en) Absorbent article
US20030187417A1 (en) Absorbent article and manufacturing method thereof
JP2010136917A (en) Absorbent article
JP2001000474A (en) Water absorbing material for use between labia
JP5122007B1 (en) The absorbent article
JP2012143543A (en) The absorbent article
WO2012086265A1 (en) Absorbent and absorbent article
JP2010136899A (en) Absorbent body for absorbent article
JP2001340382A (en) Absorbable article
JP2008086504A (en) Absorbent article
EP1990033A1 (en) Sanitary napkin including body- facing protrusions for preventing side leakage and obliquely arranged embossed channels
JP2012125366A (en) Absorbent article
JP2006055352A (en) Absorbent article
JP2011139897A (en) The absorbent article
EP2821041A1 (en) Absorbent article
WO2012105533A1 (en) Absorbent article
JP2006014889A (en) Body fluid absorbent article
JP2012236001A (en) Absorbent article
CN1252981A (en) Disposable article for absorbing body fluid
JP2008237450A (en) Absorber
JP2011110122A (en) The absorbent article
US20140303583A1 (en) Absorbent articles with barrier leg cuffs
JP2012143544A (en) Absorbent
JP4724587B2 (en) The absorbent article

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140917

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20150209

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150209

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20150216

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150407

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150529

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20151020

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160322

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160419

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5925015

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150