JP5885813B1 - 光学的表示装置の製造方法及び製造装置 - Google Patents

光学的表示装置の製造方法及び製造装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5885813B1
JP5885813B1 JP2014244609A JP2014244609A JP5885813B1 JP 5885813 B1 JP5885813 B1 JP 5885813B1 JP 2014244609 A JP2014244609 A JP 2014244609A JP 2014244609 A JP2014244609 A JP 2014244609A JP 5885813 B1 JP5885813 B1 JP 5885813B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
carrier film
film
panel member
adhesive layer
optical film
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014244609A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016109748A (ja
Inventor
前田 実
実 前田
智 小塩
智 小塩
誠 中市
誠 中市
拓也 ▲徳▼岡
拓也 ▲徳▼岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nitto Denko Corp
Original Assignee
Nitto Denko Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nitto Denko Corp filed Critical Nitto Denko Corp
Priority to JP2014244609A priority Critical patent/JP5885813B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5885813B1 publication Critical patent/JP5885813B1/ja
Publication of JP2016109748A publication Critical patent/JP2016109748A/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FOPTICAL DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF LIGHT BY MODIFICATION OF THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIA OF THE ELEMENTS INVOLVED THEREIN; NON-LINEAR OPTICS; FREQUENCY-CHANGING OF LIGHT; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F1/00Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics
    • G02F1/01Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour 
    • G02F1/13Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour  based on liquid crystals, e.g. single liquid crystal display cells
    • G02F1/133Constructional arrangements; Operation of liquid crystal cells; Circuit arrangements
    • G02F1/1333Constructional arrangements; Manufacturing methods
    • G02F1/1335Structural association of cells with optical devices, e.g. polarisers or reflectors
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FOPTICAL DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF LIGHT BY MODIFICATION OF THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIA OF THE ELEMENTS INVOLVED THEREIN; NON-LINEAR OPTICS; FREQUENCY-CHANGING OF LIGHT; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F1/00Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics
    • G02F1/01Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour 
    • G02F1/13Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour  based on liquid crystals, e.g. single liquid crystal display cells
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02FOPTICAL DEVICES OR ARRANGEMENTS FOR THE CONTROL OF LIGHT BY MODIFICATION OF THE OPTICAL PROPERTIES OF THE MEDIA OF THE ELEMENTS INVOLVED THEREIN; NON-LINEAR OPTICS; FREQUENCY-CHANGING OF LIGHT; OPTICAL LOGIC ELEMENTS; OPTICAL ANALOGUE/DIGITAL CONVERTERS
    • G02F1/00Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics
    • G02F1/01Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour 
    • G02F1/13Devices or arrangements for the control of the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light arriving from an independent light source, e.g. switching, gating or modulating; Non-linear optics for the control of the intensity, phase, polarisation or colour  based on liquid crystals, e.g. single liquid crystal display cells
    • G02F1/133Constructional arrangements; Operation of liquid crystal cells; Circuit arrangements
    • G02F1/1333Constructional arrangements; Manufacturing methods
    • G02F1/1335Structural association of cells with optical devices, e.g. polarisers or reflectors
    • G02F1/13356Structural association of cells with optical devices, e.g. polarisers or reflectors characterised by the placement of the optical elements
    • GPHYSICS
    • G09EDUCATION; CRYPTOGRAPHY; DISPLAY; ADVERTISING; SEALS
    • G09FDISPLAYING; ADVERTISING; SIGNS; LABELS OR NAME-PLATES; SEALS
    • G09F9/00Indicating arrangements for variable information in which the information is built-up on a support by selection or combination of individual elements

Abstract

【課題】RTP貼合装置のパネル部材に発生する誘導帯電量の制御手段の提供。【解決手段】キャリアフィルムと粘着層と長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、剥離体の頂部おいてキャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、キャリアフィルムから粘着層と共に光学フィルムシートを順次剥がしながら貼付所定位置に送り、矩形状のパネル部材を前記剥離体の頂部に近接させて貼付所定位置に搬送し、貼付所定位置において、パネル部材の一方の面に光学フィルムシートを粘着層によって貼り合せ、光学的表示装置を製造するときに、予めキャリアフィルムと同質の材料または帯電列上の直近の材料から選択し、剥離体のキャリアフィルムとの接触面を、少なくとも前記選択された材料で構成することによって、剥離体との摩擦によってキャリアフィルムに発生する摩擦帯電によるパネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下になるようにする。【選択図】図13

Description

本発明は、パネル部材に光学フィルムシートを貼り合せて光学的表示装置を製造する方法および装置(以下、「RTP貼合方法および装置」という。)に関する。
より詳細には、本発明は、貼付所定位置の近傍に配された剥離手段を介してキャリアフィルムの他方の面を内側に折り返して長尺ウェブ状の光学フィルム積層体からキャリアフィルムを搬送し、キャリアフィルムから剥離された矩形状の光学フィルムシートが貼付所定位置に送られ、剥離手段に近接させて貼付所定位置に搬送されるパネル部材に貼り合されて光学表示装置を製造するRTP貼合装置の貼合工程において、剥離手段によって剥離され、それにより帯電した長尺ウェブ状のキャリアフィルムが貼付所定位置から搬送されて回収されるときに、これと近接するように貼付所定位置に向けて搬送されるパネル部材に帯電した該キャリアフィルムの電位が影響しないように、パネル部材への誘導帯電を制御するための製造方法及び製造装置に関する。
光学表示装置に帯電した静電気は、内蔵された電子部品を劣化し破壊させる危険性のあることは、よく知られている。例えば液晶パネルに内蔵される電子部品にはTFT素子等の電界効果型トランジスタが含まれる。これらの電子部品の静電破壊を防止するため、液晶表示装置の製造においては、通常、以下のような異なる工程を経て製造を完了させる。
一般に液晶パネルは、カラーフィルタ(CF基板)層と透明電極(TFT基板)層との間に液晶層が封入された構造を有する。少なくとも液晶パネルの上下面に透過軸をクロスするように偏光膜を貼り合せる工程を経て液晶表示装置は完成する。その際、事前に液晶パネルの端面を成形してから偏光膜の貼合工程を経て液晶表示装置を完成させるのかまたは偏光膜の貼合工程を経てから液晶パネルの端面を成形して液晶表示装置を完成させるのか、いずれも実施されている液晶表示装置の製造方法である。ところが、液晶パネルに対する帯電防止手段は、それぞれ異ならざるを得ない。
すなわち、前者に対しては、以下にみるように偏光膜が除電されていなければならない。後者に対しては、特開平5−34725号公報(特許文献1)にも記載されているように、液晶パネルの端部に予めショートリングを形成し、液晶パネルの端面を成形するときに該ショートリングを除去することで液晶表示装置の静電破壊を防止する。
矩形状の光学フィルムシートを含む長尺ウェブ状の光学フィルム積層体からキャリアフィルムを剥離して搬送し、それによりキャリアフィルムから剥がされた該光学フィルムシートを貼付所定位置に送り、そこに搬送されてくる矩形状のパネル部材に該光学フィルムシートを貼り合せて光学的表示装置を製造する方法及び装置、すなわちRTP貼合方法および装置において、該光学フィルムシートをキャリアフィルムから剥離することによって生じる剥離帯電に対する防止手段については、特開2012−224041号公報(特許文献2)に記載されたような提案がなされている。
特許文献2は、剥離帯電によってパネル部材に貼り合される光学フィルムシートに発生する静電気を抑制する技術を開示する。それは、キャリアフィルムに相当する基材フィルムと光学フィルムに相当する機能性フィルムと、を含む長尺ウェブ状の光学フィルム積層体の機能性フィルムから光学フィルムシートに相当する機能性フィルムシートを形成し、長尺ウェブ状の光学フィルム積層体のキャリアフィルムから剥離手段を介して該機能性フィルムシートを剥離しながらパネル部材に貼り合せて光学的表示装置を製造するRTP貼合方法および装置に関する。
具体的には、それには、長尺ウェブ状の基材フィルムから剥離されるときに剥離動作により発生する機能性フィルムシートの静電気が、機能性フィルムシートをパネル部材に貼り合せて光学的表示装置を製造するときに、パネル部材に内蔵された電子部品を電気的に破壊することがないように、基材フィルムがマイナス(あるいはプラス)に帯電する場合、剥離手段に対して、帯電列から見て該基材フィルムよりマイナス側(あるいはプラス側)に位置する材質で構成し、それにより該基材フィルムに発生する静電気量を制御し、そのことによって、機能性フィルムシートの帯電量を抑制することが開示される。すなわち特許文献2には、パネル部材に直接貼り合される機能性フィルムシートの帯電量を抑制することが記載されている。
しかし、パネル部材に内蔵された電子部品の静電破壊の防止対策は、RTP貼合方法および装置に限定されるものではなく、パネル部材の形状に合せて事前に矩形状に形成された離型フィルムシートで保護された粘着層を有する光学フィルムシートを多数準備し、パネル部材と光学フィルムシートとを貼付所定位置へと搬送し、光学フィルムシートから離型フィルムシートを剥離し、光学フィルムシートを粘着層を介してパネル部材に貼り合せて光学的表示装置を製造する、いわゆるシート貼合方法及び装置においても、これまで様々な提案がなされてきた。
特開平11−157013号公報(特許文献3)には、長尺ウェブ状のキャリアフィルムの一方面には硬化型シリコンの離型層と他方面に帯電防止層を形成し、キャリアフィルムに発生する剥離帯電量を小さくするかまたはキャリアフィルムに静電気を発生させないようにすることが開示されている。それによりキャリアフィルムに積層される光学フィルムまたは光学フィルムシートがキャリアフィルムから剥離されても、光学フィルムまたは光学フィルムシートへの剥離帯電の電位を抑制することができる。
特許文献4から特許文献6にはさらに、このような剥離帯電による静電気障害を抑制する光学フィルム積層体が開示されている。具体的には、光学フィルム積層体を構成する光学フィルムの粘着層の形成面に導電層を設けたもの、あるいは光学フィルムの粘着層を導電粘着剤で生成したものなどである。これらはいずれも、光学フィルム積層体を構成する個々のキャリアフィルムまたは光学フィルムあるいは光学フィルムシート自体に帯電防止層、導電層または導電粘着層を設けたものである。
その他に、特開2004−322571号公報(特許文献7)に記載されているように、摩擦帯電による不具合を防止する熱可塑性樹脂フィルムの製造法に関する提案がある。これは、剥離帯電によって光学表示装置のパネル部材に貼り合される光学フィルムシートに発生する静電気を抑制する技術に関するものではないけれども、表面が樹脂からなるロールを用い、熱可塑性樹脂フィルムを延伸するときにロールと熱可塑性樹脂フィルムとの摩擦による帯電が−2kV以上+2kV以下になるように調整し、それによりロール表面に異物付着が起こらないようにする熱可塑性樹脂フィルムの製造方法である。
特開平5−34725号公報 特開2012−224041号公報 特開平11−157013号公報 特許第4355215号公報 特開2001−318230号公報 特開2002−22960号公報 特開2004−322571号公報
本発明は、RTP貼合装置による光学的表示装置の製造において、長尺ウェブ状の光学フィルム積層体から剥離手段を介して剥離された長尺ウェブ状のキャリアフィルムが搬送されて回収されるときに、剥離手段との摩擦によって帯電するキャリアフィルムから搬送中のパネル部材にいかに誘導帯電を発生させないようにするかという技術的課題に挑戦するものである。
RTP貼合装置においては、装置全体はコンパクト化されるため、貼付所定位置に近接する剥離手段によって光学フィルム積層体から剥離されて回収されるキャリアフィルムの搬送経路と貼付所定位置に向けて搬送されるパネル部材の搬送経路とは、平行かまたはそれに近い状態で重なるように配置されることになる。本発明者による鋭意検討の結果、そのときに回収されるキャリアフィルムの剥離手段との摩擦によって帯電した電位は、貼合位置に向けて搬送されるパネル部材に内蔵された電子部品に影響する誘導帯電を該パネル部材に発生させることが明らかになった。
したがって、具体的には、RTP貼合装置において、互いの経路が平行かまたはそれに近い状態で重なるような配置によって発生する帯電したキャリアフィルムからのパネル部材への誘導帯電は、一定電位以下に制御されていなければならない。これは、RTP貼合装置の新たな技術的課題である。
RTP貼合装置において、長尺ウェブ状のキャリアフィルムに発生する摩擦帯電量の制御は、まず長尺ウェブ状のキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、次に該貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体の該頂部おいてキャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、光学フィルム積層体からキャリアフィルムのみを搬送し、該キャリアフィルムから粘着層と共に光学フィルムシートを順次剥がしながら貼付所定位置に送り、その一方で、該貼付所定位置には電子部品内蔵のパネル部材を剥離体の頂部に近接させて搬送し、最終的に前記貼付所定位置において、パネル部材の一方の面に該光学フィルムシートを粘着層によって貼り合せて光学的表示装置を製造するときに、前記剥離体の頂部を含むキャリアフィルムとの接触面を、少なくともキャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針により定義された帯電列上の直近の材料から選択された材料で構成することによって、実現することができる。
本発明の第1の態様は、少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体の前記頂部おいて前記キャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、前記光学フィルム積層体から前記キャリアフィルムを搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥がしながら前記貼付所定位置に送り、一方で、矩形状のパネル部材を前記剥離体の前記頂部に近接させて前記貼付所定位置に搬送し、前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せ、光学的表示装置を製造する方法であって、
前記キャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針によって定義された帯電列上の直近の材料から選択し、前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面を、少なくとも前記選択された材料で構成することによって、前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御する方法である。
本発明の第1の態様において、前記パネル部材は、電子部品が内蔵された液晶パネルを含み、前記光学フィルム積層体は、前記液晶パネルの矩形状の長辺または短辺に適合する幅を有する長尺ウェブ状のキャリアフィルムの一方の面に少なくとも粘着層と共に積層されたポリビニルアルコール系フィルムに前記液晶パネルの矩形状の短辺または長辺に適合する長さの切込を幅方向に複数入れることによって連続的に支持された複数のポリビニルアルコール系フィルムシートから構成することができる。その態様においては、前記液晶パネルの一方の面に前記ポリビニルアルコール系フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて製造する光学的表示装置の液晶に配向乱れが生じないように前記液晶パネルに対する誘導帯電を一定電位以下に制御することが好ましい。
本発明の第1の態様において、前記パネル部材に対する誘導帯電の電位は、400V以下に制御することが好ましい。
本発明の第1の態様において、前記キャリアフィルムはポリエステル系の材料から構成されることが好ましい。
本発明の第1の態様において、前記キャリアフィルムがポリエステル系の材料で構成された場合、前記剥離体の頂部を含む前記キャリアフィルムとの接触面を、ポリエステル系の材料で構成するかまたはアクリル系、ポリプロピレン系、ポリエチレン系、或いはポリテトラフルオロエチレン系の材料のいずれかで構成することが好ましい。
本発明の第1の態様において、前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面は、前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に形成してもよい。
本発明の第2の態様は、少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体から前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥離して貼付所定位置に送り、前記光学フィルムシートに対応するように前記貼付所定位置に矩形状のパネル部材を搬送し、前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて光学的表示装置を製造する装置であって、
前記貼付所定位置において前記光学フィルムシートを前記粘着層によって前記パネル部材の一方の面に貼り合わせるように作動する、貼合手段と、
前記粘着層と共に剥離された前記光学フィルムシートの送り方向と反対方向に前記キャリアフィルムの他方の面が内側に折り返されて搬送されるように作用する、前記キャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針によって定義された帯電列上の直近の材料から選択され、前記キャリアフィルムとの接触面は少なくとも前記選択された材料によって構成された、前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体と、
前記剥離体の前記頂部において他方の面が内側に折り返された前記キャリアフィルムのみを前記剥離体に巻き掛けられた状態で弛めることなく搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを剥がしながら前記貼付所定位置に送るように作動する、搬送手段と、
前記パネル部材を前記貼付所定位置に搬送するように作動する、パネル部材搬送手段と、
前記貼合手段、前記搬送手段、及び、前記パネル部材搬送手段を関連付け作動する制御手段と、を含み、
前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御する装置である。
本発明の第2の態様において、前記パネル部材は電子部品が内蔵された液晶パネルを含み、前記光学フィルム積層体は前記液晶パネルの矩形状の長辺または短辺に適合する幅を有する長尺ウェブ状のキャリアフィルムの一方の面に少なくとも粘着層と共に積層されたポリビニルアルコール系フィルムに前記液晶パネルの矩形状の短辺または長辺に適合する長さの切込を幅方向に複数入れることによって連続的に支持された複数のポリビニルアルコール系フィルムシートから構成することができる。その態様においては、前記液晶パネルの一方の面に前記ポリビニルアルコール系フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて製造する光学的表示装置の液晶に配向乱れが生じないように前記液晶パネルに対する誘導帯電を一定電位以下に制御することが好ましい。
本発明の第2の態様において、前記パネル部材に対する誘導帯電の電位は、400V以下に制御することが好ましい。
本発明の第2の態様において、前記キャリアフィルムがポリエステル系の材料で構成された場合、前記剥離体は、前記キャリアフィルムとの接触面を、前記キャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針によって定義された帯電列上の直近の材料から選択された材料でコーティングするか、前記キャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針によって定義された帯電列上の直近の材料から選択された材料で構成されたテープで覆うか、あるいは前記キャリアフィルムと同一の材料または静電気安全指針によって定義された帯電列上の直近の材料から選択された材料で構成されたカートリッジにするか、それらのいずれにすることができる。
本発明の第2の態様において、前記キャリアフィルムはポリエステル系の材料から構成されることが好ましい。
本発明の第2の態様において、前記キャリアフィルムがポリエステル系の材料で構成された場合、前記剥離体の頂部を含む前記キャリアフィルムとの接触面を、ポリエステル系の材料で構成するかまたはアクリル系、ポリプロピレン系、ポリエチレン系、あるいはポリテトラフルオロエチレン系の材料のいずれかで構成することが好ましい。
本発明の第2の態様において、前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面は、前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に構成してもよい。
RTP貼合装置全体を表す模式図である。 光学的表示装置(液晶パネル)の光抜け現象を示す写真である。 光学的表示装置(液晶パネル)の誘導帯電による液晶配向乱れのメカニズムの模式図である。 帯電量を高さ順に並べて光学的表示装置(液晶パネル)に発生する光抜けの測定結果である。 剥離体とキャリアフィルムとの接触作用を説明する模式図である。 キャリアフィルム電位と誘導帯電したパネル部材電位との関係を表す検証データである。 静電気安全指針によって定義された帯電列の一部を表す。 剥離体表面の異なる材質による摩擦帯電量を計測するための実験方法である。 剥離体表面の異なる材質/形状による摩擦帯電量の計測データである。 2つの異なるキャリアフィルム毎の剥離体表面の異なる材質/形状による摩擦帯電量の計測データをグラフ化したものである。 ステンレス製の剥離体の頂部を含むキャリアフィルムとの接触面に帯電許容量±5kVの範囲内にある材料をテープ形状にして貼り付けた剥離体の形状である。 ステンレス製の剥離体の頂部を含むキャリアフィルムとの接触面を帯電許容量±5kVの範囲内にある材料のポリエステルでコーティングした剥離体の形状である。 ステンレス製の剥離体の頂部を含むキャリアフィルムとの接触面を帯電許容量±5kVの範囲内にある材料でブロック形状のカセットを基部に着脱自在に形成した剥離体の形状である。
図1(a)は、RTP貼合装置全体を表す模式図である。RTP貼合装置10において、繰出ロールR1には長尺ウェブ状の光学フィルム積層体1が巻回されている。光学フィルム積層体1は、少なくともパネル部材5の寸法(長辺または短辺)に対応した幅を有するキャリアフィルム2とキャリアフィルム2の一方の面に粘着層4が形成されており、粘着層4によって連続的に支持された複数の光学フィルムシート3とからなる。光学フィルムシート3は、キャリアフィルム2に粘着層4を介して積層された光学フィルムにパネル部材5の寸法(短辺または長辺)に対応する幅方向の切込線をキャリアフィルム2の表面に達するように入れた粘着層4を含むフィルムシートに形成されたものである。
RTP貼合装置10は、図1(a)に示されるように、光学フィルム積層体1を繰出ロールR1から繰出す正転フィードローラ81と光学フィルム積層体1から剥離された長尺ウェブ状のキャリアフィルム2を巻取ロールR2に巻き取る逆転フィードローラ82とからなるフィルム送り装置80を含む。そうした構成により、装置10は、長尺ウェブ状の光学フィルム積層体1を弛むことなく貼付所定位置100に向けて搬送し、貼付所定位置100の近傍に配された頂部61を有する剥離体60によって光学フィルム積層体1のキャリアフィルム2から粘着層4を含む光学フィルムシート3が剥離されて貼付所定位置100に送られる。その際、キャリアフィルム2は、逆転フィードローラ82によって、キャリアフィルム2の搬送経路110を経て巻取ロールR2に回収される。
頂部61を有する剥離体60は、図1(b)に示されるように、光学フィルム積層体1の幅またはパネル部材5の長辺を越える幅と長さを有する矩形状であって、頂部61を先端部とする断面楔形構造を想定することができる。通常は、貼付所定位置100に近接した位置に先端部を構成する頂部61が配され、剥離体60は、パネル部材5の搬送経路310の直下に傾斜させて配される。頂部61で折り返されて搬送されるキャリアフィルム2の搬送経路110は、好ましくは、パネル部材5の搬送経路310とは2重構造になるように位置付けられる。剥離体60の光学フィルム積層体1との接触面62の構造は、後述される。
RTP貼合装置10は、貼付所定位置100に送られる粘着層4を含む光学フィルムシート3に対応するように、待機所定位置300から搬送経路310に沿い、パネル部材5が貼付所定位置100に送られる。貼付所定位置100においては、貼合ローラ51を含む貼合装置50が搬送されたパネル部材5の一方の面に光学フィルムシート3を粘着層4によって貼り合せ、光学的表示装置6を製造する。
光学的表示装置6の製造において、光学的表示装置6を構成するパネル部材5は通常、TFT等の電子部品が内蔵されており、静電破壊を回避する観点から帯電防止は忽せにできない技術的課題である。既に特許文献2で見てきたように、パネル部材5に貼り合される粘着層4を含む光学フィルムシート3がキャリアフィルム2から剥離されることによって生じる静電気すなわち剥離帯電に対する防止手段は、その一例に過ぎない。例えば、図1の模式図に示されるように、自己放電型除電装置を用いることや導電機能を有する光学フィルムを用いることによって、キャリアフィルム2との剥離によって粘着層4を含む光学フィルムシート3に発生する静電気の電位を抑制し、制御することもできる。
それにも関わらず、RTP貼合装置10においては、図2の写真に見られるように光学的表示装置6に液晶の配向乱れによる光抜け部が発生する。その結果、製品としての光学的表示装置6の透過検査が不可能になり、光学的表示装置6の連続製造に支障を来すことになる。
キャリアフィルム2は、頂部61を有する剥離体60との摩擦によって帯電する。この摩擦帯電したキャリアフィルム2は、搬送経路110を経て巻取ロールR2へと搬送され、回収される。図1(a)または(b)に見られるように、パネル部材5は、搬送されて回収されるキャリアフィルム2の近くを逆方向に搬送経路310に沿って貼付所定位置100に向けて搬送される。
そのときにパネル部材5には摩擦帯電したキャリアフィルム2によって誘導帯電が発生し、該誘導帯電がパネル部材5に内蔵された電子部品に影響を与え、それにより、図2に示されるように、光学フィルムシート3がパネル部材5に貼り合される光学的表示装置6に光抜け部が発生する。このようにパネル部材5に光学フィルムシート3を貼り合せて製造された光学的表示装置6は、光学的表示装置6の透過検査による欠点検出を困難にするのみならず、光学フィルムシート3の貼付前のパネル部材5の内蔵される電子部品を静電破壊することにもなる。こうした事態を回避するためには、頂部61を有する剥離体60との摩擦により発生するキャリアフィルム2の帯電量が一定電位以下に制御されていなければならない。
図3は、誘導帯電によって光学的表示装置6に発生する液晶配向乱れのメカニズムを説明するための模式図である。図3(a)〜(c)に表すパネル部材5は、視認側のカラ―フィルター基板(CF基板)と非視認側に薄型トランジスタ基板(TFT基板)との間に液晶層を封入した液晶パネルを対象としている。例えば図3(b)に示される、摩擦帯電によるマイナス電荷を帯びて搬送されるキャリアフィルム2の下側を貼付所定位置100に向けて通過するパネル部材5は、誘導帯電により両面に電荷が極化する。
具体的には、この図から明らかなように、CF基板のキャリアフィルム2に近い面がプラス電荷を帯び、TFT基板の下面がマイナス電荷を帯びる。その結果、液晶層の上面を形成するCF基板の下面にマイナス電荷を帯び、液晶層を形成するTFT基板の上面にプラス電荷を帯びて、その電位差により液晶層が起動する。液晶層の起動箇所には光が通過するために、図2のようにパネル部材5の表面が白く抜けたような状態に見える。その電位差が大きいと、トランジスタの静電破壊の要因にもなる。
図3(c)は、電荷を帯びたキャリアフィルム2がパネル部材5から遠のき誘導帯電が減衰した状態を表す。しかし、上限帯電量を越えてパネル部材5が帯電してしまうと、閉じた状態のトランジスタが電荷を帯びてしまい、減衰に時間がかかり、液晶層は、その電位差により起動した状態が続き、図2のように白く抜けた状態が続くことになる。
RTP貼合装置10においては、剥離体60によって光学フィルム積層体1から剥離されるキャリアフィルム2に摩擦帯電を生じさせないようにすることは難しい。それは、通常、摩擦帯電したキャリアフィルム2の搬送経路110とパネル部材5の搬送経路310とが近接して配置されているため、パネル部材5にある程度の誘導帯電を生じるのは避けられないことによる。問題は、どの程度のパネル部材5の帯電量すなわち帯電許容量であれば、パネル部材5の光漏れが生じないかを検証する必要がある。帯電許容量を決めるため、帯電量(電位)を高さ順に並べてパネル部材5に発生する光抜け部を測定した。
図4は、特定の材料及び装置に基づく44例の測定結果を表したグラフである。因みに特定の材料及び装置は、図4に示される型式・メーカー製品を前提条件とした。図4から明らかなことは、具体的には、パナソニック製L32−C6の液晶パネルと、三菱樹脂製ELB38または東レフィルム加工製セラピールのいずれかによるキャリアフィルムと、日東電工製CMG1765CUの偏光フィルムと、図1のようなRTP貼合装置によって導き出された特定の材料及び装置を前提としたデータである。棒グラフは液晶パネルの帯電量の電位を表す。
●印は、44例を液晶パネルの帯電量の高さ順に並べ、光抜け部が生じない無発生と、発生しているが光抜け部が弱い発生と、光抜け部が強い発生という液晶パネルの光抜け部の光抜け強度を三段階で表した測定結果である。パネル部材5の誘導帯電の電位が400V以下の例を見ると、ほとんど光抜け部は発生していない。34例中、4例のみが光抜け部の発生はあるが、それも光抜け強度の弱い発生である。29例目は光抜け強度の強い発生がみられるが、これは、液晶パネルが洗浄等の別工程において帯電した状態に誘導帯電された例外的にものと推定される。39例目も同様に例外的なものと推定される。35例目から40例目は400V前後の電位では、いずれも光抜け部は発生しているが弱い発生である。残りの500V以上の41例目から44例目の4例は、いずれも光抜け強度が強い発生である。400V程度の電位では、弱い光抜け部が発生するけれども発生頻度は概して低い。しかしながら、誘導帯電の電位が500Vを越えると光抜け強度は強く、且つ100%に近い発生頻度になることが明らかになった。
このときのキャリアフィルム2は、いずれもポリエステル系フィルム、いわゆるPETフィルムである。こうした材料からなるキャリアフィルム2は、剥離体60の頂部61において折り返されて搬送され、回収される。そのときキャリアフィルム2に発生する摩擦帯電量は、図5の模式図に示されるように、特許文献2の技術課題の剥離帯電量±αと本技術課題の摩擦帯電量±xとの総和(X=±x±α)の電荷になる。ポリエステル系のキャリアフィルム2で剥離体60がステンレス製による場合、通常、キャリアフィルム2の帯電量は20kV〜40kVである。この帯電したキャリアフィルム2によってパネル部材5に発生する誘導帯電量は、図6に示されるように、500V〜600Vである。この状態では、パネル部材5の液晶層の起動箇所に白い光抜け部が100%発生することになる。
本発明は、この500V〜600V程度の誘導帯電量を400V前後にまで抑制する手段を提示することである。解決手段の一例が図6に示される。
図6の比較例1は、ポリエステル系のキャリアフィルム2を剥離体60がステンレス製の頂部61で反転させて搬送させた通常の場合である。このときのパネル部材5の誘導帯電の電位は500〜600Vに達する。図6の実施例1及び2は、いずれもポリエステル系のキャリアフィルム2と接触する剥離体60がステンレス製の接触面62をポリエステル系材料でコーティングして、キャリアフィルムの搬送方向に平行に1μm以上の表面処理を施し、キャリアフィルム2をコーティングされた剥離体60の頂部61を含む接触面62を経由させ、パネル部材5への誘導帯電量を300V前後まで低下させた場合である。図6は、実機による4回の測定結果である。比較例の600V前後の誘導帯電量を実施例1及び2の300V前後にまで誘導帯電量を抑制するには、キャリアフィルム2の帯電許容量は少なくとも±5kV以下にすることによって得られた結果である。
実施例1及び2は、キャリアフィルム2の材質と剥離体60のキャリアフィルム2との接触面62を形成するコーティングの材質とは、共にポリエステル系である。さらに、キャリアフィルム2をポリエステル系いわゆるPETフィルムとして、キャリアフィルム2の帯電許容量が±5kV以下になるように、剥離体60のキャリアフィルム2との接触面62を形成する材料として、帯電列データから推定を行い選別して以下のような実験を行った。
図7は、『労働安全衛生総合研究所技術指針』(JNIOSH−TR−NO.42(2007))の『静電気安全指針2007』に示された帯電列の例を参考に、ポリエステルに近い材質を対象に検査したところ、図9に示される剥離体60のキャリアフィルム2との接触面62に施された異なる材質による摩擦帯電量の計測データが得られた。
図9は、型式/材質からキャリアフィルム2のフィルムAとして、東レ製38μmPETフィルム(製品名セラピール)を使用し、同じくフィルムBとして、三菱樹脂社製38μmPETフィルム(製品名ダイアホイル)を使用して剥離体60のキャリアフィルム2との接触面62の材質を変え、キャリアフィルム2に生じた摩擦帯電量(kV)を測定した結果である。
実験方法は図8に示される。それは、実験装置の模式図に示されるように、室温22°C/湿度50%のクリーンルーム内において、幅150mmのキャリアフィルム(東レ製38μmPETフィルム「製品名セラピール」)を20kgの重りに接続し、幅250mmの頂部を有する剥離手段の該頂部を経由させてキャリアフィルムの巻付軸に巻き付けた。送風式除電器を用いてキャリアフィルムを除電した後に、巻付軸の両端を人手で保持しながら1回の引張直後の剥離手段の頂部を通過したキャリアフィルムを帯電量測定器で測定した。測定後に剥離手段のキャリアフィルムとの接触面の材質をポリエステル(PET)、ポリプロピレン(PP)、アクリル、ポリエチレン(PE)、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)に変えながら、それぞれに測定した。
結果は、図9及び図10に示される。すなわち、図9は、実施例3〜14、および比較例2及び3について、剥離手段のキャリアフィルムとの接触面に施された粗面形状による摩擦帯電量の計測データ表である。因みにフィルムAは東レ社製セラピール8μm、フィルムBは三菱樹脂製ダイアホイル38μmを使用した。実施例3、9は、鉄(S55C)製の剥離手段として、表面に膜厚0.3mmの飽和ポリエステルコーティングを施したものを使用した。他の実施例は、ポリエステル(PET)、ポリプロピレン(PP)、アクリル、ポリエチレン(PE)、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)でブロック形状としたものを使用している。比較例2、3は、剥離手段として鉄(S55C)製のものを使用した。
図10は、2つの異なるキャリアフィルム(フィルムAとフィルムB)毎の剥離手段のキャリアフィルムとの接触面に施された粗面形状による摩擦帯電量の計測データの棒グラフである。
図9の表の比較例2および3から明らかなように、剥離手段がステンレス(鉄)製(S55C)のままであれば、摩擦後のキャリアフィルム2の摩擦帯電量は当然のことながら、フィルムAの場合で−20.5kV、フィルムBの場合で−22.1kVとなり、帯電許容量±5kVを大幅に上回る。これらと実施例3および9の摩擦帯電量と比較すると、前者(比較例2及び3)と後者(実施例3及び9)との電位差は一目瞭然である。後者はいずれも、剥離手段のキャリアフィルムとの接触面に0.33mmの飽和ポリエステルコーティングを施し、その接触面をキャリアフィルムの長手方向にサンドペーパー#1000で擦り、表面粗さ1μm以上に形成したものである。摩擦後のキャリアフィルムの摩擦帯電量は、フィルムAの場合で−1.2kV、フィルムBの場合で−1.3kVに過ぎない。それらは帯電許容量±5kVを大幅に下回り、摩擦後のキャリアフィルム2から近接して搬送されるパネル部材5に生じる摩擦帯電による誘導帯電量は、この数値から無視できる程度に止まることが明らかになる。
本実験においては、摩擦帯電量に影響を与える剥離手段のキャリアフィルムとの接触面の形状、具体的には、剥離体手段の粗面(Rmax=0.3μm、1μm、2μm)形状による摩擦帯電量を計測し、さらに剥離体60の表面粗さ方向(キャリアフィルムの搬送方向に平行、斜め、直角)による有効形状について検証した。さらに一定の使用頻度に耐え得る耐摩耗性があるかどうかについても確認した。
剥離手段のキャリアフィルムとの接触面に施される材質と共に、その接触面の粗面及び粗面形成方向は、剥離手段のキャリアフィルムとの接触面に0.33mmの飽和ポリエステルコーティングを施し、剥離手段のキャリアフィルムとの接触面の表面粗さ方向に1μm以上の表面粗さ処理が施し、さらに剥離手段のキャリアフィルムとの接触面の表面粗さ方向をキャリアフィルム2の長手方向に対して、平行方向、斜め方向または垂直方向に施したものを用いて、更なる詳細実験によって確認したところ、1μm以上の粗面をキャリアフィルムの搬送方向に平行に形成するように処理することがより好ましいことが明らかであった。
また、図10の棒グラフからも明らかなように、剥離手段のキャリアフィルムとの接触面2を形成する材料として帯電列データから選定された、キャリアフィルムと同じ材質のポリエステル(PET)、帯電列がPETに近接する材料のうち、ポリプロピレン(PP)、アクリル、ポリエチレン(PE)、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)は、PET,PP、アクリルなどのマイナス帯電かまたはPE、PTFEなどのプラス帯電かの違いはあるが、いずれも帯電許容量±5kVの範囲内にある材料である。
ところで、キャリアフィルム2との接触面62を形成する頂部61を有する剥離体60は、どう作製すべきかについて、いくつかの選択肢が考えられる。図11に示されるように、まず剥離体60は、ステンレス製の剥離体60の頂部61を含むキャリアフィルム2との接触面62を帯電許容量±5kVの範囲内にある材料をテープ形状にして覆うように作製することができる。または図12に示されるように、剥離体60は、ステンレス製の剥離体60の頂部61を含むキャリアフィルム2との接触面62を帯電許容量±5kVの範囲内にある材料、具体的にはステンレスの表面に膜厚0.33mm飽和ポリエステルコーティンングを施し、例えばキャリアフィルム2の長手方向にサンドペーパー#1000で擦り1μmの粗面を形成したものを用いることもできる。あるいは図13に示されるように、剥離体60は、帯電許容量±5kVの範囲内にある材料でブロック形状のカセットをステンレス製剥離体60の基部63に着脱自在に形成するようにしてもよい。
こうしたキャリアフィルム2との接触面62を形成する頂部61を有する剥離体60のバリエーションは、図9に示された表の実施例6〜8や実施例12〜14のように摩耗しやすい材質の材料で構成されることも視野に入れ、キャリアフィルム2との接触面62を常に交換、再生を可能とするための工夫である。
1 光学フィルム積層体
2 キャリアフィルム
3 光学フィルムシート
4 粘着層
5 パネル部材
R1 繰出ロール
R2 巻取ロール
10 RTP貼合装置
50 貼合装置
60 剥離体
61 剥離体60の頂部
62 剥離体60の光学フィルム積層体1との接触面
63 剥離体60の基部
80 フィルム送り装置
81 正転フィードローラ
82 逆転フィードローラ
100 貼付所定位置
110 キャリアフィルム2の搬送経路
300 待機所定位置
310 パネル部材5の搬送経路

Claims (13)

  1. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、
    前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体の前記頂部おいて前記キャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、前記光学フィルム積層体から前記キャリアフィルムを搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥がしながら前記貼付所定位置に送り、
    矩形状のパネル部材を前記剥離体の前記頂部に近接させて前記貼付所定位置に搬送し、
    前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せ、
    光学的表示装置を製造する方法であって、
    前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面を前記キャリアフィルムと同一の材料によって構成することによって、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする方法。
  2. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、
    前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体の前記頂部おいて前記キャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、前記光学フィルム積層体から前記キャリアフィルムを搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥がしながら前記貼付所定位置に送り、
    矩形状のパネル部材を前記剥離体の前記頂部に近接させて前記貼付所定位置に搬送し、
    前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せ、
    光学的表示装置を製造する方法であって、
    前記キャリアフィルムをポリエステル系の材料によって構成し、
    前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面をアクリル系またはポリプロピレン系の材料によって構成することによって、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする方法。
  3. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体を貼付所定位置に向けて繰り出し、
    前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体の前記頂部おいて前記キャリアフィルムの他方の面を内側に折り返し、前記光学フィルム積層体から前記キャリアフィルムを搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥がしながら前記貼付所定位置に送り、
    矩形状のパネル部材を前記剥離体の前記頂部に近接させて前記貼付所定位置に搬送し、
    前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せ、
    光学的表示装置を製造する方法であって、
    前記キャリアフィルムをポリエステル系の材料によって構成し、
    前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面をポリエチレン系またはポリテトラフルオロエチレン系の材料によって構成し、かつ、該接触面を前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に形成することによって、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする方法。
  4. 前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面は、前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に形成されていることを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載された方法。
  5. 前記パネル部材に対する誘導帯電の電位は、400V以下になるようにすることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載された方法。
  6. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体から前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥離して貼付所定位置に送り、前記光学フィルムシートに対応するように前記貼付所定位置に矩形状のパネル部材を搬送し、前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて光学的表示装置を製造する装置であって、
    前記貼付所定位置において前記光学フィルムシートを前記粘着層によって前記パネル部材の一方の面に貼り合わせるように作動する、貼合手段と、
    前記粘着層と共に剥離された前記光学フィルムシートの送り方向と反対方向に前記キャリアフィルムの他方の面が内側に折り返されて搬送されるように作用する、前記キャリアフィルムとの接触面が前記キャリアフィルムと同一の接触面材料によって構成された、前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体と、
    前記剥離体の前記頂部において他方の面が内側に折り返された前記キャリアフィルムを前記剥離体に巻き掛けられた状態で弛めることなく搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを剥がしながら前記貼付所定位置に送るように作動する、搬送手段と、
    前記パネル部材を前記貼付所定位置に搬送するように作動する、パネル部材搬送手段と、
    前記貼合手段、前記搬送手段、及び、前記パネル部材搬送手段を関連付け作動する制御手段と
    を含み、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする装置。
  7. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体から前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥離して貼付所定位置に送り、前記光学フィルムシートに対応するように前記貼付所定位置に矩形状のパネル部材を搬送し、前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて光学的表示装置を製造する装置であって、
    前記キャリアフィルムはポリエステル系の材料によって構成されており、
    前記貼付所定位置において前記光学フィルムシートを前記粘着層によって前記パネル部材の一方の面に貼り合わせるように作動する、貼合手段と、
    前記粘着層と共に剥離された前記光学フィルムシートの送り方向と反対方向に前記キャリアフィルムの他方の面が内側に折り返されて搬送されるように作用する、前記キャリアフィルムとの接触面がアクリル系またはポリプロピレン系の接触面材料によって構成された、前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体と、
    前記剥離体の前記頂部において他方の面が内側に折り返された前記キャリアフィルムを前記剥離体に巻き掛けられた状態で弛めることなく搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを剥がしながら前記貼付所定位置に送るように作動する、搬送手段と、
    前記パネル部材を前記貼付所定位置に搬送するように作動する、パネル部材搬送手段と、
    前記貼合手段、前記搬送手段、及び、前記パネル部材搬送手段を関連付け作動する制御手段と
    を含み、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする装置。
  8. 少なくともキャリアフィルムと該キャリアフィルムの一方の面に形成された粘着層と該粘着層を介して連続的に支持された複数の光学フィルムシートとからなる長尺ウェブ状の光学フィルム積層体から前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを順次剥離して貼付所定位置に送り、前記光学フィルムシートに対応するように前記貼付所定位置に矩形状のパネル部材を搬送し、前記貼付所定位置において、前記パネル部材の一方の面に前記光学フィルムシートを前記粘着層によって貼り合せて光学的表示装置を製造する装置であって、
    前記キャリアフィルムはポリエステル系の材料によって構成されており、
    前記貼付所定位置において前記光学フィルムシートを前記粘着層によって前記パネル部材の一方の面に貼り合わせるように作動する、貼合手段と、
    前記粘着層と共に剥離された前記光学フィルムシートの送り方向と反対方向に前記キャリアフィルムの他方の面が内側に折り返されて搬送されるように作用する、前記キャリアフィルムとの接触面がポリエチレン系またはポリテトラフルオロエチレン系の接触面材料によって構成され、かつ、該接触面が前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に構成された、前記貼付所定位置の近傍に配された頂部を有する剥離体と、
    前記剥離体の前記頂部において他方の面が内側に折り返された前記キャリアフィルムを前記剥離体に巻き掛けられた状態で弛めることなく搬送し、それにより前記キャリアフィルムから前記粘着層と共に前記光学フィルムシートを剥がしながら前記貼付所定位置に送るように作動する、搬送手段と、
    前記パネル部材を前記貼付所定位置に搬送するように作動する、パネル部材搬送手段と、
    前記貼合手段、前記搬送手段、及び、前記パネル部材搬送手段を関連付け作動する制御手段と
    を含み、
    前記キャリアフィルムが搬送されるときに前記剥離体との摩擦によって前記キャリアフィルムに発生する摩擦帯電による前記パネル部材に対する誘導帯電を一定電位以下に制御することを特徴とする装置。
  9. 前記剥離体の前記キャリアフィルムとの接触面は、前記キャリアフィルムの搬送方向に沿う筋状の凹凸を有する粗面に構成されていることを特徴とする請求項6または7のいずれかに記載された装置。
  10. 前記パネル部材に対する誘導帯電の電位は、400V以下になるようにすることを特徴とする請求項6から9のいずれかに記載された装置。
  11. 前記剥離体は、前記キャリアフィルムとの接触面が前記接触面材料でコーティングされていることを特徴とする請求項6から10のいずれかに記載された装置。
  12. 前記剥離体は、前記キャリアフィルムとの接触面を前記接触面材料のテープで覆った構成であることを特徴とする請求項6から10のいずれかに記載された装置。
  13. 前記剥離体は、前記キャリアフィルムとの接触面が前記接触面材料で構成されたカートリッジであることを特徴とする請求項6から10のいずれかに記載された装置。
JP2014244609A 2014-12-03 2014-12-03 光学的表示装置の製造方法及び製造装置 Active JP5885813B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014244609A JP5885813B1 (ja) 2014-12-03 2014-12-03 光学的表示装置の製造方法及び製造装置

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014244609A JP5885813B1 (ja) 2014-12-03 2014-12-03 光学的表示装置の製造方法及び製造装置
KR1020177014287A KR101836928B1 (ko) 2014-12-03 2015-11-04 광학적 표시장치의 제조 방법 및 제조 장치
PCT/JP2015/080978 WO2016088499A1 (ja) 2014-12-03 2015-11-04 光学的表示装置の製造方法及び製造装置
CN201580066058.9A CN107003552B (zh) 2014-12-03 2015-11-04 光学显示装置的制造方法以及制造装置
TW104138957A TWI608273B (zh) 2014-12-03 2015-11-24 Optical display device manufacturing method and manufacturing apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP5885813B1 true JP5885813B1 (ja) 2016-03-16
JP2016109748A JP2016109748A (ja) 2016-06-20

Family

ID=55523919

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014244609A Active JP5885813B1 (ja) 2014-12-03 2014-12-03 光学的表示装置の製造方法及び製造装置

Country Status (5)

Country Link
JP (1) JP5885813B1 (ja)
KR (1) KR101836928B1 (ja)
CN (1) CN107003552B (ja)
TW (1) TWI608273B (ja)
WO (1) WO2016088499A1 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6619785B2 (ja) * 2017-09-28 2019-12-11 日東電工株式会社 光学的表示装置の積層体を製造する方法
EP3722096A4 (en) * 2018-02-13 2021-01-20 Lg Chem, Ltd. SYSTEM AND DEVICE FOR LAMINATING AN OPTICAL LAYER

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10253935A (ja) * 1997-03-07 1998-09-25 Mitsubishi Electric Corp 液晶表示装置の製法
JP2012224041A (ja) * 2011-04-22 2012-11-15 Panasonic Corp シート貼合方法及びシート貼合装置

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3774701B2 (ja) * 2003-02-07 2006-05-17 株式会社 日立インダストリイズ フィルム貼付方法及び装置
JP2011245772A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Panasonic Corp 貼付け装置およびその貼付け装置を用いた表示用パネルの製造装置、ならびに貼付け方法およびその貼付け方法を用いた表示用パネルの製造方法
JP2013123915A (ja) * 2011-12-16 2013-06-24 Sumitomo Chemical Co Ltd フィルム材の貼合方法及びフィルム材の貼合装置
JP6245817B2 (ja) * 2012-03-14 2017-12-13 日東電工株式会社 光学フィルムロール

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10253935A (ja) * 1997-03-07 1998-09-25 Mitsubishi Electric Corp 液晶表示装置の製法
JP2012224041A (ja) * 2011-04-22 2012-11-15 Panasonic Corp シート貼合方法及びシート貼合装置

Also Published As

Publication number Publication date
CN107003552B (zh) 2019-04-02
CN107003552A (zh) 2017-08-01
KR101836928B1 (ko) 2018-03-09
TW201632959A (zh) 2016-09-16
TWI608273B (zh) 2017-12-11
JP2016109748A (ja) 2016-06-20
WO2016088499A1 (ja) 2016-06-09
KR20170084120A (ko) 2017-07-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6338642B2 (ja) ハンドリングタブを連続的なガラスリボンに貼り付ける方法および装置
TWI591035B (zh) 處理玻璃基板的方法及玻璃裝置
JP5885813B1 (ja) 光学的表示装置の製造方法及び製造装置
US10578778B2 (en) Optical film laminate used for continuous lamination to panel component
JP5885812B1 (ja) 光学的表示装置の製造方法及び製造装置
JP5885869B1 (ja) 光学的表示装置を製造する方法及び装置
US20150375492A1 (en) Apparatus and methods of forming flexible glass laminates using electrostatic pinning
JP2014141065A (ja) フィルム剥離装置及び方法

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20151215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160112

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160126

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160209

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5885813

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250