JP5841679B2 - Devices and methods for treating accidental intestinal leakage - Google Patents

Devices and methods for treating accidental intestinal leakage Download PDF

Info

Publication number
JP5841679B2
JP5841679B2 JP2014554976A JP2014554976A JP5841679B2 JP 5841679 B2 JP5841679 B2 JP 5841679B2 JP 2014554976 A JP2014554976 A JP 2014554976A JP 2014554976 A JP2014554976 A JP 2014554976A JP 5841679 B2 JP5841679 B2 JP 5841679B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
body liner
liner
body
variations
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014554976A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015513302A (en
Inventor
トーマス ブラシアス ブレゾッキー,
トーマス ブラシアス ブレゾッキー,
カール パトリック ロン,
カール パトリック ロン,
ケリー ルイス ブレゾッキー,
ケリー ルイス ブレゾッキー,
エリザベス ホッジ ロン,
エリザベス ホッジ ロン,
スティーブン ビー. ゴールド,
スティーブン ビー. ゴールド,
Original Assignee
バタフライ ヘルス, インコーポレイテッド
バタフライ ヘルス, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201261593052P priority Critical
Priority to US61/593,052 priority
Priority to US29/422,461 priority
Priority to US29/422,461 priority patent/USD720848S1/en
Priority to US201261649749P priority
Priority to US61/649,749 priority
Priority to US29/437,530 priority patent/USD721170S1/en
Priority to US29/437,530 priority
Priority to PCT/US2013/023928 priority patent/WO2013116391A2/en
Application filed by バタフライ ヘルス, インコーポレイテッド, バタフライ ヘルス, インコーポレイテッド filed Critical バタフライ ヘルス, インコーポレイテッド
Publication of JP2015513302A publication Critical patent/JP2015513302A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5841679B2 publication Critical patent/JP5841679B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/56Supporting or fastening means
    • A61F13/66Garments, holders or supports not integral with absorbent pads
    • A61F13/82Garments, holders or supports not integral with absorbent pads with means for attaching to the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47209Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use having only interlabial part, i.e. with no extralabial parts
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47236Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use characterised by an unusual contour
    • A61F13/47245Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use characterised by an unusual contour with asymmetry around the x or y axis

Description

(関連出願への相互参照) CROSS-REFERENCE TO RELATED APPLICATIONS
本願は、米国仮特許出願第61/593,052号(2012年1月31日出願、名称「ABL FLUSHABLE WIPE/BODY LINER」)、米国仮特許出願第61/649,749号(2012年5月21日出願、名称「BODY LINER FOR ANAL LEAKAGE」)、米国意匠出願第29/422,461号(2012年5月21日出願、名称「BODY LINER FOR ANAL LEAKAGE」)、および、米国意匠出願29/437,530号(2012年11月16日出願、名称「BODY LINER FOR ANAL LEAKAGE」)に基づく優先権を主張し、これによって、その各々の内容は、その全体が参照によって援用される。 This application, US Provisional Patent Application No. 61 / 593,052 (January 31, 2012, entitled "ABL FLUSHABLE WIPE / BODY LINER"), US Provisional Patent Application No. 61 / 649,749 (5 May 2012 21 days, entitled "BODY LINER FOR ANAL LEAKAGE"), US design Patent application No. 29 / 422,461 (May 21, 2012, entitled "BODY LINER FOR ANAL LEAKAGE"), and, US design application 29 / No. 437,530 (November 16, 2012, entitled "BODY LINER fOR ANAL LEAKAGE") claims priority based on, thereby, the contents of each of which are incorporated in their entirety by reference.

(分野) (Field)
本明細書では、便失禁を処置するための本体ライナおよび方法が説明される。 In this specification, the body liner and a method for treating fecal incontinence is described.

(背景) (background)
便失禁としても知られている偶発的腸管漏出(accidental bowel leakage、ABL)は、世界中で何百万人にも影響を及ぼす、広汎性の消耗性症状である。 Also known accidental intestinal leakage as fecal incontinence (accidental bowel leakage, ABL) also affects millions of people worldwide, is a debilitating symptom of pervasive. ABLは、典型的には、肛門から離れて進行し、臀裂および潜在的に罹患者の衣服を汚し得る、糞便または別様に汚染された水分を含む、少量(典型的には、約1ml以下)の粘弾性腸排出物によって特徴付けられる。 ABL is typically away from the anus and advanced, it can stain clothing gluteal cleft and potentially affected individuals, including water contaminated with feces or otherwise, in a small amount (typically, from about 1ml characterized by viscoelastic intestinal effluent below). (肛門が肛門括約筋によって開放されたときに起こる)排便とは対照的に、ABLと関連付けられる排出は、括約筋が締められたときでさえも起こり得る。 In contrast to (happens when the anus is opened by the anal sphincter) defecation, emissions associated with ABL also can occur even when the sphincter is tightened. ABLは、多くの場合、予測不可能であり、罹患した個人の生活の質に有意な影響を及ぼす。 ABL is, in many cases, is unpredictable, significantly affecting the quality of life of affected individuals. ABLのリスクがある人々は、慢性腸障害(例えば、下痢およびIBS)がある、喫煙する、肥満である、(例えば、糖尿病、MS、または脊椎および/または直腸損傷に起因する)神経障害を有する、あるいは胆嚢摘出術、下部脊椎および/または直腸域手術を受けた成人、出産した女性、および前立腺治療を受けた男性を含むが、それらに限定されない。 People who are ABL risk of, chronic bowel disorders (e.g., diarrhea and IBS) has, smoke, are obese, having an (e.g., diabetes, MS, or due to the spine and / or rectal injury) neuropathy or cholecystectomy, adults who received lower spine and / or rectal area surgery, including men treated women gave birth, and prostate treatment, but are not limited to.

現在の失禁パッドおよびデバイスは、ABLに罹患している人々のための十分な解決策を提供しない。 Current incontinence pad and the device does not provide a satisfactory solution for people suffering from ABL. 造瘻コレクタ、弁、栓、および注射用ゲルを含む侵襲性アプローチは、侵害的で健康のリスクを伴い得、比較的少量の排出物(例えば、約1ml以下)が放出される、軽度または中程度の腸管漏出の場合にとって過剰であり得る。 Ostomy collector, the invasive approaches, including valves, plugs, and injectable gel, infringing the obtained risky health, relatively small amounts of emissions (e.g., less than about 1ml) is released, mild or moderate It may be excessive for the case of the degree of intestinal leakage. 従来の失禁パッドおよびおむつは、かさばり、目立ち、恥辱的であり得、糞便物質が臀裂から流出しないように防げない場合がある。 Conventional incontinence pads and diapers are bulky, conspicuous, a shame manner resulting, in some cases fecal material is not prevented so as not to flow out et torn anal. これは、付加的な浄化を必要とし得、かつ不潔感に寄与し得る。 This may require additional purification, and may contribute to filthiness. さらに、そのかさばりは、交換品をこっそりと携行することをより困難にする。 In addition, the bulky, makes it more difficult to carry a replacement secretly. 満足できる解決策の欠如は、ABL罹患者を一時しのぎの解決策(例えば、トイレットペーパーの塊を臀裂の中に挟むこと等が挙げられるが、これは、移動中に容易にずれる)を試行すること、または活発な生活様式を完全に回避することに至らせ得る。 The lack of satisfactory solutions, ABL sufferers a makeshift solutions (e.g., but it like sandwiching a mass of toilet paper into the gluteal cleft and the like, which is readily displaced during the movement) attempts to , or may not lead to completely avoid an active lifestyle. したがって、ABLに罹患している人々のための目立たない非侵襲性治療デバイスを提供することが望ましい。 Therefore, it is desirable to provide a non-invasive treatment device inconspicuous for people suffering from ABL.

(概要) (Overview)
本明細書では、便失禁を処置するためのデバイスおよび方法が説明される。 In the present specification, devices and methods for treating fecal incontinence is described. 概して、本明細書で説明されるデバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成される、本体ライナを備える。 Generally, the devices described herein are configured to be fit the size to be placed at least partially anal fissure, comprises a body liner. 本体ライナは、概して、少なくとも1つの本体ライナ層を備え、多量のABLに起因する流体を吸収するように構成される。 Body liner is generally configured to absorb fluid comprising at least one body liner layer, due to the large amount of ABL. いくつかの変形例では、本体ライナは、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後表面を有し、本体ライナは、複数のライナ層から形成され、本体ライナの身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える。 In some variations, the body liner comprises a body facing surface and a body facing surface of the surface after the opposite, body liner is formed from a plurality of liner layer, at least on the body-facing surface of the body liner It comprises one adhesive region. 複数のライナ層は、上シートと、裏シートと、コア部材とを備えてもよく、複数のライナ層のそれぞれは、液体吸収性であり得る。 Multiple liner layer, and the upper sheet, a backing sheet, may comprise a core member, each of the plurality of liner layer may be a liquid-absorbent. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートは、本体ライナの身体対面表面を形成してもよく、裏シートは、本体ライナの後表面を形成してもよい。 In some of these variations, the upper sheet may be formed body facing surface of the body liner backing sheet may be formed of the surface after the body liner. 身体対面表面は、後表面の摩擦係数より高い摩擦係数を有してもよい。 The body facing surface may have a higher coefficient of friction than the coefficient of friction of the rear surface. 他の変形例では、身体対面表面は、後表面の摩擦係数より小さい、または後表面の摩擦係数に等しい摩擦係数を有してもよい。 In other variations, body facing surface may have an equal friction coefficient friction coefficient of the friction coefficient less than or rear surface of the rear surface. いくつかの変形例では、後表面の摩擦係数は、0.15未満であってもよい。 In some variations, the friction coefficient of the rear surface may be less than 0.15. これらの変形例のうちのいくつかでは、前面の摩擦係数は、0.25より大きい。 In some, the front surface of the friction coefficient of these variations is greater than 0.25.

いくつかの変形例では、本体ライナが上シートと、裏シートと、コア部材とを備えるとき、コア部材は、上シートと裏シートとの間に位置決めされてもよい。 In some variations, when comprising an upper sheet body liner, a backing sheet, and a core member, the core member may be positioned between the upper sheet and the backing sheet. コア部材は、例えば、円形または楕円形等の任意の好適な形状であってもよい。 The core member may, for example, may be of any suitable shape, such as circular or elliptical. 本体ライナは、例えば、チョウ形、長方形、楕円形、または同等物等の任意の好適な形状を有してもよい。 Body liner, for example, butterfly-shaped, rectangular, oval, or may have any suitable shape equivalents like. いくつかの変形例では、本体ライナは、縦軸を有してもよく、上シートは、縦軸の第1の側の第1の突出部と、縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える、形状を有してもよい。 In some variations, the body liner may have a longitudinal axis, the upper sheet, the longitudinal axis first and a first projecting portion of the side of the longitudinal axis the second side second and a projecting portion may have a shape. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートの形状はさらに、縦軸の第1の側の第3の突出部と、縦軸の第2の側の第4の突出部とを備えてもよい。 In some of these variations, the shape of the upper sheet further includes a third protruding portion of the first side of the longitudinal axis, the second side of the vertical axis and the fourth projecting portion it may be. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートは、上シートの形状と同一である形状を有してもよい。 In some of these variations, the back sheet may have a shape identical to the shape of the upper sheet.

本体ライナが、上シートと、裏シートとを備える、いくつかの変形例では、裏シートおよび上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されてもよい。 Body liner comprises a top sheet, a back sheet, in some variations, the back sheet and the top sheet may be at least partially joined to one another. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートの周囲で相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet may be bonded to each other around the upper sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet, so that at least 80% of the top sheet is left not bonded may be bonded to each other. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートの少なくとも90パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet, so that at least 90% of the top sheet is left not bonded may be bonded to each other. いくつかの変形例では、本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されてもよい。 In some variations, the body liner may be configured so as to be capable of flushable. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されてもよい。 In some of these variations, at least 90% of the body liner may be formed from one or more biodegradable materials.

本体ライナが上シートを備える変形例では、上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、上シート内の流体を移動させるように構成されてもよく、第1および第2の方向は、本体ライナの面内にあり、第1の方向は、第2の方向と垂直であり、第3の方向は、本体ライナの面と垂直である。 In the variant provided with the upper sheet body liner, top sheet in the first direction the first wicking rate, the third wicking in the second to the direction the second wicking rate, and a third direction at a rate, may be configured to move the fluid in the upper sheet, the first and second directions are in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction the third direction is perpendicular to the plane of the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートは、上シートにおける第3のウィッキング速度が、上シートにおける第1および第2のウィッキング速度より速いように構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet, the third wicking rate in the upper sheet may be configured such faster than the first and second wicking rate in the upper sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートは、上シートにおける第1のウィッキング速度が、上シートにおける第2のウィッキング速度より速いように構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet is first wicking rate in the upper sheet may be configured such faster than the second wicking rate in the upper sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれ得る縦軸を有し、第1の方向は、縦軸と平行であり得る。 In some of these variations, the body liner has a longitudinal axis which body liner can be folded along it when it is disposed in at least partially gluteal cleft, the first direction, It may be parallel to the longitudinal axis. これらの変形例のうちの他のものでは、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれる縦軸を有し、第2の方向は、縦軸と平行であり得る。 Than others of these variations, the body liner has a longitudinal axis which body liner is folded along it when placed at least partially within gluteal cleft, the second direction, It may be parallel to the longitudinal axis.

本体ライナが裏シートを備える変形例では、裏シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、裏シート内の流体を移動させるように構成されてもよく、裏シートにおける第3のウィッキング速度は、裏シートにおける第1のウィッキング速度より速く、かつ裏シートにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In a variant the body liner comprises a backing sheet, backing sheet, in the first direction the first wicking rate, the third wicking in the second to the direction the second wicking rate, and a third direction at a rate, may be configured to move the fluid in the back seat, the third wicking rate in the back seat is faster than the first wicking rate in the back seat, and a second wick in backsheet It may be faster than the King speed. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートにおける第3のウィッキング速度は、上シートにおける第3のウィッキング速度と同一であり得る。 In some of these variations, the third wicking rate in backing sheet may be the same as the third wicking rate in the upper sheet. これらの変形例のうちの他のものでは、裏シートにおける第1のウィッキング速度は、裏シートにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 Than others of these variations, the first wicking rate in backing sheet may be faster than the second wicking rate in the back seat. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートにおける第1のウィッキング速度は、上シートにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In some of these variations, the first wicking rate in the upper sheet may be faster than the second wicking rate in the upper sheet.

本明細書で説明されるデバイスの他の変形例では、本デバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成され、身体対面表面および身体対面表面と反対側の後側を有する、本体ライナを備えてもよく、本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、身体対面表面は、摩擦係数を有し、後表面は、摩擦係数を有する。 In other variations of devices described herein, the device is constructed are combined size to be placed at least partially anal fissure, opposite to the body facing surface and the body facing surface having a rear side of the may comprise a body liner, body liner is formed from at least one liner layer, the body facing surface has a coefficient of friction, the rear surface has a coefficient of friction. これらの変形例のうちのいくつかでは、身体対面表面の摩擦係数は、後表面の摩擦係数より大きい。 In some of these variations, the frictional coefficient of the body facing surface is greater than the coefficient of friction of the rear surface. これらの変形例のうちの他のものでは、後表面の摩擦係数は、身体対面表面の摩擦係数より大きくあり得る。 Intended other of these variations, the friction coefficient of the rear surface can be greater than the friction coefficient of the body facing surface. さらに他の変形例では、身体対面表面および後表面は、等しい摩擦係数を有してもよい。 In still other variations, body facing surface and the rear surface may have an equal friction coefficient. 身体対面および後部対面表面は、任意の好適な摩擦係数を有してもよい。 The body facing and rear-facing surface may have any suitable friction coefficient. いくつかの変形例では、身体対面表面の摩擦係数は、0.25より大きくあり得る。 In some variations, the friction coefficient of the body facing surface can be greater than 0.25. これらの変形例のうちのいくつかでは、身体対面表面の摩擦係数は、0.3より大きくあり得る。 In some of these variations, the frictional coefficient of the body facing surface can be greater than 0.3. いくつかの変形例では、後表面の摩擦係数は、0.15未満であってもよい。 In some variations, the friction coefficient of the rear surface may be less than 0.15. いくつかの変形例では、後表面の摩擦係数は、0.1未満であってもよい。 In some variations, the friction coefficient of the rear surface may be less than 0.1. 本体ライナは、いくつかの変形例では、本体ライナの身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備えてもよい。 Body liner, in some variations, may comprise at least one adhesive region on the body-facing surface of the body liner.

本体ライナが少なくとも1つのライナ層から形成されるとき、本体ライナのうちの1つ以上の部分は、流体吸収性であるように構成されてもよい。 When the body liner which is formed from at least one liner layer, one or more portions of the body liner may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性であり得る。 In some variations, each liner layer of at least one liner layer, may be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備えてもよく、上シートおよびコア部材の一方または両方は、流体吸収性であり得る。 In some variations, at least one liner layer may comprise an upper sheet, and a core member, one or both of the upper sheet and the core member may be fluid-absorbent. これらの変形例のうちのいくつかでは、少なくとも1つのライナ層はさらに、いくつかの変形例では、上シートと裏シートとの間に位置決めされ得る、裏シートを備えてもよい。 In some of these variations, even at least one liner layer, in some variations, may be positioned between the upper sheet and the backing sheet may comprise a backing sheet. 裏シートはまた、流体吸収性であり得る。 Backing sheet may also be a fluid-absorbent.

場合によっては、本体ライナが流体を吸収するように構成されるとき、本体ライナはさらに、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、本体ライナ内の流体を移動させるように構成されてもよく、第1および第2の方向は、本体ライナの面内にあり、第1の方向は、第2の方向と垂直であり、第3の方向は、本体ライナの面と垂直である。 Sometimes, when the body liner is configured to absorb fluids, body liner further in the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and a third to the third wicking velocity direction may be configured to move the fluid in the body liner, first and second directions are in the plane of the body liner, a first direction, is perpendicular to the second direction, the third direction is perpendicular to the plane of the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナにおける第3のウィッキング速度は、本体ライナにおける第1のウィッキング速度より速くあり得、かつ本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In some of these variations, the third wicking rate in the body liner, obtained as fast than the first wicking rate in the body liner, and may be faster than the second wicking rate in the body liner . これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナにおける第1のウィッキング速度は、本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In some of these variations, the first wicking rate in the body liner can be faster than the second wicking rate in the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれ得る縦軸を有し、第2の方向は、縦軸と平行である。 In some of these variations, the body liner has a longitudinal axis which body liner can be folded along it when it is at least partially disposed anal fissure, the second direction is vertical axis are parallel. これらの変形例のうちの他のものでは、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれ得る縦軸を有し、第1の方向は、縦軸と平行である。 Other ones are of these variations, the body liner has a longitudinal axis which body liner can be folded along it when it is at least partially disposed anal fissure, the first direction, it is parallel to the longitudinal axis. いくつかの変形例では、本体ライナにおける第1のウィッキング速度は、本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In some variations, the first wicking rate in the body liner can be faster than the second wicking rate in the body liner.

上述のように、本体ライナは、任意の好適な形状を有してもよい。 As mentioned above, the body liner may have any suitable shape. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれ得る縦軸を有し、本体ライナは、縦軸の第1の側の第1の突出部と、縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える、形状を有してもよい。 For example, in some variations, the body liner has a longitudinal axis which body liner can be folded along it when it is at least partially disposed anal fissure, body liner, a first longitudinal axis a first projecting portion of the side, and a second projecting portion of the second side of the vertical axis may have a shape. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの形状はさらに、縦軸の第1の側の第3の突出部と、縦軸の第2の側の第4の突出部とを備えてもよい。 In some of these variations, the shape of the body liner further includes a third protruding portion of the first side of the longitudinal axis, the second side of the vertical axis and the fourth projecting portion it may be. いくつかの変形例では、本体ライナの後表面は、低減した摩擦係数を有するように構成されてもよい(例えば、研磨されてもよい、1つ以上の摩擦低減コーティングを備えてもよい、それらの組み合わせおよび同等物である)。 In some variations, the surface after the body liner may be configured to have a reduced coefficient of friction (e.g., may be polished, may comprise one or more friction reducing coating, they a combination of and equivalents). 他の変形例では、本体ライナの身体対面表面は、身体対面表面の摩擦係数を増進するように構成されてもよい(例えば、身体対面表面は、テクスチャ加工または粗面化され、あるいは同等物であってもよい)。 In other variations, the body facing surface of the body liner may be configured to enhance the coefficient of friction of the body-facing surface (e.g., body facing surface is textured or roughened, or in equivalent it may be). いくつかの変形例では、本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されてもよい。 In some variations, the body liner may be configured so as to be capable of flushable. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、1つ以上のセルロース系材料から形成されてもよい。 In some variations, each liner layer of at least one liner layer, may be formed from one or more cellulosic materials.

本明細書で説明されるデバイスのさらに他の変形例では、本デバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成される、本体ライナであって、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体が折り畳まれ得る縦軸、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後表面を有する、本体ライナを備えてもよく、本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、本体ライナ内の流体を移動させるように構成されてもよく、第1および第2の方向は、本体ライナの面内にあり、第1の方向は、第2の方向と垂直であり、第3の方向は、本体ラ In yet another variation of the devices described herein, the device is configured tailored sizes to be placed at least partially anal fissure, a body liner, at least in part vertical axis body can be folded along it when placed in anal fissure in, the body facing surface and a body facing surface having a surface after the opposite may comprise a body liner, body liner , formed from at least one liner layer, the body liner, the first direction the first wicking speed, third wicking rate of the second to the direction the second wicking rate, and a third direction in may be configured to move the fluid in the body liner, first and second directions are in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction, the body La ナの面と垂直であり、本体ライナにおける第3のウィッキング速度は、本体ライナにおける第1のウィッキング速度より速く、かつ本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速い。 Is perpendicular to the Na surface, the third wicking rate in the body liner is faster than the first wicking rate in the body liner, and faster than the second wicking rate in the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナにおける第1のウィッキング速度は、本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速くあり得る。 In some of these variations, the first wicking rate in the body liner can be faster than the second wicking rate in the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向は、縦軸と平行であり得る。 In some of these variations, the first direction may be parallel to the longitudinal axis. これらの変形例のうちの他のものでは、第2の方向は、縦軸と平行であり得る。 Than others of these variations, the second direction may be parallel to the longitudinal axis.

いくつかの変形例では、本体ライナは、縦軸に沿って折り畳まれたときに、縦軸の第1の側の身体対面表面の一部分に適用された流体が、第3の方向へ縦軸の第1の側の後表面の一部分に移送され、さらに、縦軸の第2の側の後表面の一部分に移送され得るように、構成されてもよい。 In some variations, the body liner, when folded along the longitudinal axis, the longitudinal axis a first side of the body facing surface portion to the applied fluid of, the longitudinal axis to the third direction is transferred to a portion of the surface after the first side, further, as can be transferred to a portion of the surface after the second side of the vertical axis may be constructed. いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備えてもよい。 In some variations, the body liner may comprise at least one adhesive region on the body-facing surface of the body liner. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性であり得る。 In some variations, each liner layer of at least one liner layer, may be fluid-absorbent. 少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備えてもよい。 At least one liner layer, and the upper sheet may comprise a core member. これらの変形例のうちのいくつかでは、少なくとも1つのライナ層はさらに、裏シートを備えてもよい。 In some of these variations, even at least one liner layer may comprise a backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材は、上シートと裏シートとの間に位置決めされてもよい。 In some of these variations, the core member may be positioned between the upper sheet and the backing sheet. いくつかの変形例では、身体対面表面は、後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有してもよい。 In some variations, body facing surface may have a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface.

本明細書で説明されるデバイスのさらに他の変形例では、デバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成される、本体ライナであって、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体ライナが折り畳まれ得る縦軸、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後表面を有する、本体ライナを備えてもよく、本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成されてもよく、本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、本体ライナ内の流体を移動させるように構成されてもよく、第1および第2の方向は、本体ライナの面内にあり、第1の方向は、第2の方向と垂直であり、第3の方 In yet another variation of the devices described herein, the device is configured tailored sizes to be placed at least partially anal fissure, a body liner, at least partially the vertical axis body liner can be folded along it when placed in anal fissure, body facing surface and a body facing surface having a surface after the opposite may comprise a body liner, body liner It may be formed from at least one liner layer, the body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third direction a third wicking rate may be configured to move the fluid in the body liner, first and second directions are in the plane of the body liner, a first direction, a second direction perpendicular , and the third person of は、本体ライナの面と垂直であり、本体ライナにおける第2のウィッキング速度は、本体ライナにおける第1のウィッキング速度より速い。 Is perpendicular to the plane of the body liner, a second wicking rate in the body liner is faster than the first wicking rate in the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナにおける第3のウィッキング速度は、本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速い。 In some of these variations, the third wicking rate in the body liner is faster than the second wicking rate in the body liner. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向は、縦軸と平行である。 Than others of these variations, the first direction is parallel to the longitudinal axis. これらの変形例のうちのさらに他のものでは、第2の方向は、縦軸と平行である。 Further in others of these variations, the second direction is parallel to the longitudinal axis.

いくつかの変形例では、本体ライナは、縦軸に沿って折り畳まれたときに、縦軸の第1の側の身体対面表面の一部分に適用された流体が、第3の方向へ縦軸の第1の側の後表面の一部分に移送され得、さらに、縦軸の第2の側の後表面の一部分に移送され得るように、構成されてもよい。 In some variations, the body liner, when folded along the longitudinal axis, the longitudinal axis a first side of the body facing surface portion to the applied fluid of, the longitudinal axis to the third direction obtained is transferred to a portion of the surface after the first side, further, as can be transferred to a portion of the surface after the second side of the vertical axis may be constructed. 本体ライナは、本体ライナの身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える。 Body liner comprises at least one adhesive region on the body-facing surface of the body liner. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である。 In some variations, the liner layer of at least one liner layer is a fluid-absorbent. 少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備えてもよい。 At least one liner layer, and the upper sheet may comprise a core member. これらの変形例のうちのいくつかでは、少なくとも1つのライナ層はさらに、裏シートを備えてもよい。 In some of these variations, even at least one liner layer may comprise a backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材は、上シートと裏シートとの間に位置決めされてもよい。 In some of these variations, the core member may be positioned between the upper sheet and the backing sheet. 場合によっては、身体対面表面は、後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有してもよい。 Sometimes, body facing surface may have a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface.

本明細書で説明されるデバイスのさらに他の変形例では、本デバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成される、本体ライナであって、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときにそれに沿って本体が折り畳まれる縦軸、縦軸と垂直であり、標的点で縦軸に交差する横軸、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後表面を有する、本体ライナを備えてもよく、本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、本体ライナは、第1の突出部と、第2の突出部と、第3の突出部と、第4の突出部とを備える、形状を有し、第1および第2の突出部は、縦軸の第1の側に位置決めされ、第3および第4の突出部は、縦軸の第2の側に位置決めされる。 In yet another variation of the devices described herein, the device is configured tailored sizes to be placed at least partially anal fissure, a body liner, at least in part vertical axis body is folded along it when placed in anal fissure in, the longitudinal axis is vertical and a horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point, body facing surface, and the body facing surface and the opposite side having a surface after may comprise a body liner, body liner is formed from at least one liner layer, the body liner, a first protrusion, a second protrusion, the third protrusion When, and a fourth projecting portion has a shape, first and second protrusions are positioned on a first side of the longitudinal axis, the projecting portion of the third and fourth of the vertical axis It is positioned on the second side. いくつかの変形例では、第1および第3の突出部は、横軸の第1の側に位置決めされてもよく、第2および第4の突出部は、横軸の第2の側に位置決めされてもよい。 In some variations, the protruding portions of the first and third may be positioned on a first side of the horizontal axis, protruding portions of the second and fourth are positioned on a second side of the transverse axis it may be. これらの変形例のうちのいくつかでは、縦軸に沿った第1の突出部の高さは、縦軸に沿った第2の突出部の高さより大きくあり得る。 In some of these variations, the height of the first protrusion along the longitudinal axis, may be greater than the height of the second projecting portion along the longitudinal axis. これらの変形例のうちの他のものでは、縦軸に沿った第3の突出部の高さは、縦軸に沿った第4の突出部の高さより大きくあり得る。 Than others of these variations, the height of the third protrusion along the longitudinal axis, may be greater than the height of the fourth projecting portions along the longitudinal axis.

いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性であり得る。 In some variations, each liner layer of at least one liner layer, may be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備えてもよい。 In some variations, at least one liner layer, may be provided with a top sheet, and a core member. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材は、円形または楕円形を有してもよく、上シートの形状は、本体ライナの形状と同一であり得る。 In some of these variations, the core member may have a circular or elliptical, shape of the upper sheet may be the same as the shape of the body liner. いくつかの変形例では、コア部材は、より小さいサイズであることを除いて、本体ライナの全体的形状と同一である形状を有してもよい。 In some variations, the core member, except that a smaller size, may have a shape which is identical to the overall shape of the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、少なくとも1つのライナ層はさらに、裏シートを備える。 In some of these variations, at least one of the liner layer further comprises a backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材は、裏シートと上シートとの間に位置決めされてもよい。 In some of these variations, the core member may be positioned between the backing sheet and the top sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet may be at least partially joined to one another. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートの周囲で相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet may be bonded to each other around the upper sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet, so that at least 80% of the top sheet is left not bonded may be bonded to each other.

いくつかの変形例では、身体対面表面は、後表面の摩擦係数より高い摩擦係数を有してもよい。 In some variations, body facing surface may have a higher coefficient of friction than the coefficient of friction of the rear surface. いくつかの変形例では、本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されてもよい。 In some variations, the body liner may be configured so as to be capable of flushable. いくつかの変形例では、本体ライナは、皮膚対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備えてもよい。 In some variations, the body liner may comprise at least one adhesive region on the skin-facing surface. いくつかの変形例では、本デバイスはさらに、本体ライナに除去可能に取り付けられる剥離ライナを備えてもよい。 In some variations, the device may further comprise a release liner attached removably to the body liner. いくつかの変形例では、本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、本体内の流体を移動させるように構成されてもよく、第1および第2の方向は、本体ライナの面内にあり、第1の方向は、第2の方向と垂直であり、第3の方向は、本体ライナの面と垂直である。 In some variations, in the body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third direction a third wicking rate, body may the fluid of the inner is configured to move the first and second directions are in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction is perpendicular to the plane of the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、本体ライナにおける第3のウィッキング速度が、本体ライナにおける第1および第2のウィッキング速度より速いように構成されてもよい。 In some of these variations, the body liner, a third wicking rate in the body liner may be configured so faster than the first and second wicking rate in the body liner. 他の変形例では、本体ライナは、本体ライナにおける第1のウィッキング速度が、本体ライナにおける第2のウィッキング速度より速いように構成されてもよい。 In other variations, the body liner, a first wicking rate in the body liner may be configured so faster than the second wicking rate in the body liner.

本明細書で説明されるデバイスのさらに他の変形例では、本デバイスは、少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成され、縦軸、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後側、および本体ライナの身体対面表面上の少なくとも1つの接着領域を有する、水に流すことが可能な身体ライナを備えてもよい。 In yet another variation of the devices described herein, the device is constructed are combined size to be placed at least partially anal fissure, vertical axis, body facing surface, and the body the rear side of the facing surface opposite, and having at least one adhesive region on the body facing surface of the body liner may comprise a body liner which can be caused to flow into the water. これらの変形例のうちのいくつかでは、少なくとも1つの接着領域は、縦軸の第1の側の第1の接着領域と、縦軸の第2の側の第2の接着領域とを備えてもよい。 In some of these variations, at least one adhesive region is provided with a first adhesive region of a first side of the longitudinal axis, and a second adhesive region of a second side of the longitudinal axis it may be. 本体ライナは、縦軸の第1の側の身体対面表面上の第1の接着域と、縦軸の第2の側の身体対面表面上の第2の接着域とを備えてもよく、本体ライナは、第1および第2の接着域の外に接着領域を含まない。 Body liner may comprise a first adhesive zone on the first side of the body facing surface of the longitudinal axis, and a second adhesive zone on the second side of the body facing surface of the longitudinal axis, the body the liner does not include an adhesive region outside of the first and second adhesive zone. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1および第2の接着域のそれぞれは、約5.1cm未満の外側曲率半径、および少なくとも約1cmの内側曲率半径を有する、弧区画を備える。 In some of these variations, each of the first and second adhesive zone, the outer curvature of less than about 5.1cm radius, and having an inner radius of curvature of at least about 1 cm, equipped with an arc section. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1および第2の接着域のそれぞれの弧区画は、少なくとも0.65cmの距離だけ縦軸から分離されてもよい。 In some of these variations, each arc section of the first and second adhesive regions may be separated by from the longitudinal axis a distance of at least 0.65 cm.
本発明は、例えば、以下を提供する。 The present invention provides, for example, the following.
(項目1) (Item 1)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成された本体ライナであって、前記本体ライナは、身体対面側および後側を有し、前記本体ライナの前記身体対面側に少なくとも1つの吸収ライナ層および1つ以上の接着領域を備える、本体ライナ A body liner which is configured being combined size to be placed at least partially anal fissure, the body liner comprises a body facing side and a rear side, the body facing side of the body liner comprising at least one absorbing liner layer and one or more adhesive regions, the body liner
を備える、デバイス。 Equipped with a device.
(項目2) (Item 2)
前記本体ライナに剥離可能に取り付けられた剥離ライナをさらに備える、項目1に記載のデバイス。 Further comprising a device of claim 1 a release liner attached peelably to the body liner.
(項目3) (Item 3)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成された本体ライナであって、前記本体ライナは、縦軸であって、前記本体は、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれる、縦軸と、前記縦軸と垂直であり、標的点で前記縦軸と交差する横軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有する、本体ライナ A body liner which is configured being combined size to be placed at least partially anal fissure, the body liner is a longitudinal axis, said body, at least in part on the anal fissure the folded along the longitudinal axis when it is disposed, and the vertical axis is perpendicular to the longitudinal axis, a transverse axis intersecting the longitudinal axis at the target point, a body facing surface, and said body facing surface and a rear surface opposite to the body liner
を備え、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、前記本体ライナは、第1の突出部、第2の突出部、第3の突出部、および第4の突出部を備える形状を有し、前記第1の突出部および第2の突出部は、前記縦軸の第1の側に位置決めされ、前記第3および第4の突出部は、縦軸の第2の側に位置決めされている、デバイス。 Wherein the body liner is formed from at least one liner layer, wherein the body liner is first protrusion, the second protrusion, the third protrusion, and a shape with a fourth protruding portion has the first protrusion and the second protrusion is positioned on a first side of said longitudinal axis, said third and fourth protrusion is positioned on a second side of the longitudinal axis and it is, device.
(項目4) (Item 4)
前記第1の突出部および第3の突出部は、前記横軸の第1の側に位置決めされ、前記第2の突出部および第4の突出部は、前記横軸の第2の側に位置決めされている、項目3に記載のデバイス。 The first protrusion and the third protrusion is positioned on a first side of said horizontal axis, said second projection and the fourth projection, positioned on the second side of the transverse axis a device according to in which, item 3 is.
(項目5) (Item 5)
前記縦軸に沿った前記第1の突出部の高さは、前記縦軸に沿った前記第2の突出部の高さより大きい、項目4に記載のデバイス。 The height of the first projecting portion, the longitudinal axis greater than the height of the second projecting portion along the, according to claim 4 device along said longitudinal axis.
(項目6) (Item 6)
前記縦軸に沿った前記第3の突出部の高さは、前記縦軸に沿った前記第4の突出部の高さより大きい、項目4に記載のデバイス。 It said longitudinal axis in the height of the third protrusion along the said longitudinal axis greater than the height of the fourth projecting portion along the, claim 4 device.
(項目7) (Item 7)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目3に記載のデバイス。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent, according to claim 3 devices.
(項目8) (Item 8)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目3に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, according to claim 3 devices.
(項目9) (Item 9)
前記コア部材は、円形形状または楕円形形状を有し、前記上シートの形状は、前記本体ライナの形状と同一である、項目8に記載のデバイス。 It said core member has a circular shape or elliptical shape, the shape of the sheet is the same as the shape of the body liner of claim 8 device.
(項目10) (Item 10)
前記少なくとも1つのライナ層はさらに、裏シートを備える、項目9に記載のデバイス。 Wherein at least one of the liner layer further comprises a backing sheet, the device of claim 9.
(項目11) (Item 11)
前記コア部材は、前記裏シートと前記上シートとの間に位置決めされている、項目10に記載のデバイス。 Said core member, said backing sheet and is positioned between said sheet, the device of claim 10.
(項目12) (Item 12)
前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、項目10に記載のデバイス。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to one another, the device according to claim 10.
(項目13) (Item 13)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、項目12に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet, the upper are joined to each other around the sheet, the device of claim 12.
(項目14) (Item 14)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように相互に接合されている、項目13に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet is at least 80 percent of the sheet are bonded to each other to remain not bonded, the device of claim 13.
(項目15) (Item 15)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より高い摩擦係数を有する、項目3に記載のデバイス。 It said body facing surface has a high coefficient of friction than the friction coefficient of the rear surface of claim 3 devices.
(項目16) (Item 16)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、項目3に記載のデバイス。 The body liner is configured such that it can flushable, device of claim 3.
(項目17) (Item 17)
前記皮膚対面表面上に少なくとも1つの接着領域をさらに備える、項目3に記載のデバイス。 Further comprising at least one adhesive region on the skin-facing surface, of claim 3 devices.
(項目18) (Item 18)
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目3に記載のデバイス。 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second to the direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking speed, move the fluid in the body is configured to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction, wherein it is perpendicular to the surface of the body liner of claim 3 devices.
(項目19) (Item 19)
前記本体ライナは、前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度が、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度よりも大きいように構成されている、項目18に記載のデバイス。 The body liner, said third wicking rate in the body liner, wherein is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in the body liner according to item 18 of the device.
(項目20) (Item 20)
前記本体ライナは、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度が、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目19に記載のデバイス。 The body liner, wherein the body liner first wicking rate, the is configured to be greater than the second wicking rate in the body liner of claim 19 device.
(項目21) (Item 21)
便失禁を処置するための方法であって、前記方法は、 A method for treating fecal incontinence, the method comprising:
本体ライナを少なくとも部分的に臀裂内に配置することであって、前記本体ライナは、縦軸と、前記縦軸と垂直であり、標的点で前記縦軸と交差する横軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成されている、こと The method comprising placing the body liner at least partially anal fissure, the body liner comprises a longitudinal axis, is perpendicular to the said longitudinal axis, a transverse axis intersecting the longitudinal axis at the target point, the body facing and the surface, and a side opposite to the after surface and said body facing surface, the body liner is formed from at least one liner layer,
を含み、前記本体ライナは、第1の突出部と、第2の突出部と、第3の突出部と、第4の突出部とを備える形状を有し、前記第1の突出部および第2の突出部は、前記縦軸の第1の側に位置決めされ、前記第3の突出部および第4の突出部は、縦軸の第2の側に位置決めされ、 Wherein the said body liner, a first protrusion, a second protrusion, a third protrusion portion has a shape and a fourth projecting portion, the first projecting portion and the second 2 protrusions is positioned on a first side of said longitudinal axis, said third projection and the fourth protruding portion is positioned on a second side of the longitudinal axis,
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記身体対面表面を配置し、かつ、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分に接触して前記縦軸の第1の側の前記後表面の一部分を配置するように、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含む、方法。 Placing the body liner at least in part on the anal fissure, the contact with the skin of the anal cleft placing the body facing surface and the second side of the longitudinal axis of the rear surface in contact with a portion to place a portion of the rear surface of the first side of the longitudinal axis, including folding the said body liner along said longitudinal axis, the method.
(項目22) (Item 22)
前記第1の突出部および第3の突出部は、前記横軸の第1の側に位置決めされ、前記第2の突出部および第4の突出部は、前記横軸の第2の側に位置決めされている、項目21に記載の方法。 The first protrusion and the third protrusion is positioned on a first side of said horizontal axis, said second projection and the fourth projection, positioned on the second side of the transverse axis It is the method of claim 21.
(項目23) (Item 23)
前記縦軸に沿った前記第1の突出部の高さは、前記縦軸に沿った前記第2の突出部の高さより大きい、項目22に記載の方法。 The height of the first protrusion, the method according to the longitudinal axis greater than the height of the second projecting portion along the item 22 along the longitudinal axis.
(項目24) (Item 24)
前記縦軸に沿った前記第3の突出部の高さは、前記縦軸に沿った前記第4の突出部の高さより大きい、項目22に記載の方法。 The height of the third protrusion, the method according to the longitudinal axis greater than the height of the fourth projecting portion along the item 22 along the longitudinal axis.
(項目25) (Item 25)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目21に記載の方法。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent The method of claim 21.
(項目26) (Item 26)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目21に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, The method of claim 21.
(項目27) (Item 27)
前記コア部材は、円形形状または楕円形形状を有し、前記上シートの形状は、前記本体ライナの形状と同一である、項目26に記載の方法。 Said core member has a circular shape or elliptical shape, the shape of the sheet, said the same as the shape of the body liner, The method of claim 26.
(項目28) (Item 28)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目27に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet The method of claim 27.
(項目29) (Item 29)
前記コア部材は、前記裏シートと前記上シートとの間に位置決めされている、項目28に記載の方法。 Said core member, said backing sheet and is positioned between the upper sheet The method of claim 28.
(項目30) (Item 30)
前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、項目28に記載の方法。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to each other, The method of claim 28.
(項目31) (Item 31)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、項目30に記載の方法。 The backing sheet and the upper sheet, the upper are joined to each other around the sheet The method of claim 30.
(項目32) (Item 32)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されていないままであるように、相互に接合されている、項目21に記載の方法。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, they are bonded to each other, The method of claim 21.
(項目33) (Item 33)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、項目21に記載の方法。 The body liner is configured such that it can flushable The method of claim 21.
(項目34) (Item 34)
前記皮膚対面表面上に少なくとも1つの接着領域をさらに備える、項目21に記載の方法。 Further comprising at least one adhesive region on the skin-facing surface, The method of claim 21.
(項目35) (Item 35)
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目21に記載の方法。 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second to the direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking speed, move the fluid in the body is configured to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction, wherein it is perpendicular to the surface of the body liner, the method of claim 21.
(項目36) (Item 36)
前記本体ライナは、前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度が、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目35に記載の方法。 The body liner, said third wicking rate in the body liner, wherein is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in the body liner of claim 35 Method.
(項目37) (Item 37)
前記本体ライナは、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度が、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目35に記載の方法。 The body liner, the first wicking rate in the body liner, wherein is configured such that the greater than the second wicking rate in the body liner, The method of claim 35.
(項目38) (Item 38)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、肛門に隣接して前記標的点を配置することを含む、項目21に記載の方法。 Wherein placing the body liner at least in part on the anal fissure is adjacent to the anus includes placing the target point The method of claim 21.
(項目39) (Item 39)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記第1の突出部または第2の突出部の少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目21に記載の方法。 Wherein placing the body liner at least in part on the anal fissure, as at least a portion of the first protrusions or the second protrusions extending into the anal torn et outside, the body liner It involves placing method of claim 21.
(項目40) (Item 40)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂から外へ延在する前記第1の突出部および第2の突出部の少なくとも一部分が、前記臀裂から約2.5cm未満の距離だけ前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目39に記載の方法。 Wherein placing the body liner at least in part on the anal cleft at least a portion of the first protrusion and a second protrusion extending into the anal torn et outside is, the anal torn et about 2 distance of less than .5cm so as to extend into the anal torn et outside, comprising placing the body liner the method of claim 39.
(項目41) (Item 41)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成され、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有する本体ライナを備え、前記本体ライナは、複数のライナ層から形成され、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、 At least partially constructed with aligned size to be placed in anal fissure, comprising a body facing surface, a body liner having an opposite after surface and said body facing surface, the body liner, a plurality is formed from the liner layer, comprising at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner,
前記複数のライナ層は、上シートと、裏シートと、コア部材とを備え、 Wherein the plurality of liner layer comprises an upper sheet, a back sheet, and a core member,
前記複数のライナ層のそれぞれは、液体吸収性である、デバイス。 Wherein each of the liner layer, a liquid-absorbent device.
(項目42) (Item 42)
前記上シートは、前記本体ライナの前記身体対面表面を形成する、項目41に記載のデバイス。 The sheet forms the body facing surface of the body liner device according to claim 41.
(項目43) (Item 43)
前記裏シートは、前記本体ライナの前記後表面を形成する、求項42に記載のデバイス。 The backing sheet to form the rear surface of the body liner device according to Motomeko 42.
(項目44) (Item 44)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より高い摩擦係数を有する、項目43に記載のデバイス。 It said body facing surface has a high coefficient of friction than the friction coefficient of the rear surface of claim 43 device.
(項目45) (Item 45)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.15未満である、項目44に記載のデバイス。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.15, the device of claim 44.
(項目46) (Item 46)
前記前面の前記摩擦係数は、0.25より大きい、項目44に記載のデバイス。 The friction coefficient of the front is greater than 0.25, the device of claim 44.
(項目47) (Item 47)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目41に記載のデバイス。 It said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, the device of claim 41.
(項目48) (Item 48)
前記コア部材は、円形または楕円形である、項目47に記載のデバイス。 It said core member is circular or oval, according to claim 47 the device.
(項目49) (Item 49)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記上シートは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える形状を有する、項目48に記載のデバイス。 Shape wherein the body liner comprises a longitudinal axis, wherein the sheet comprises a first projecting portion of the first side of the longitudinal axis, and a second projecting portion of the second side of the longitudinal axis the possessed device of claim 48.
(項目50) (Item 50)
前記上シートの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、項目49に記載のデバイス。 The shape of the sheet includes a third protruding portion of said first side of said longitudinal axis, further comprising a fourth projecting portion of the second side of said longitudinal axis, according to item 49 device.
(項目51) (Item 51)
前記裏シートは、前記上シートの形状と同一である形状を有する、項目50に記載のデバイス。 The backing sheet is the upper has a shape as the same sheet, the device of claim 50.
(項目52) (Item 52)
前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、項目41に記載のデバイス。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to one another, the device according to claim 41.
(項目53) (Item 53)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、項目52に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet, the upper are joined to each other around the sheet, the device according to item 52.
(項目54) (Item 54)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、項目53に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, according to claim 53 the device.
(項目55) (Item 55)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも90パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、項目54に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 90% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, according to claim 54 the device.
(項目56) (Item 56)
前記上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記上シート内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目41に記載のデバイス。 The sheet is the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third third wicking speed direction, the fluid in the sheet It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction the is perpendicular to the surface of the body liner of claim 41 device.
(項目57) (Item 57)
前記上シートは、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目56に記載のデバイス。 The sheet, said third wicking rate in the upper sheet, the upper is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in sheets, according to claim 56 device.
(項目58) (Item 58)
前記上シートは、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目57に記載のデバイス。 The sheet, the first wicking rate in the upper sheet, the upper is configured to be greater than the second wicking rate in sheets, according to claim 57 the device.
(項目59) (Item 59)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂の中に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目58に記載のデバイス。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least partially within the gluteal cleft, the first direction, the longitudinal axis is parallel, device of claim 58.
(項目60) (Item 60)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂の中に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目58に記載のデバイス。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least partially within the gluteal cleft, the second direction, the longitudinal axis is parallel, device of claim 58.
(項目61) (Item 61)
前記裏シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記裏シート内の流体を移動させるように構成され、前記裏シートにおける第3のウィッキング速度は、裏シートにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記裏シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目57に記載のデバイス。 The backing sheet is in the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the back seat is configured to move the third wicking rate in the backing sheet is larger than the first wicking rate in the back seat, and the larger second wicking rate in the back seat, item 57 the device according to.
(項目62) (Item 62)
前記裏シートにおける前記第3のウィッキング速度は、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度と同一である、項目61に記載のデバイス。 Wherein the backing sheet third wicking rate is the same as the third wicking rate in the sheet, according to claim 61 the device.
(項目63) (Item 63)
前記裏シートにおける前記第1のウィッキング速度は、前記裏シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目61に記載のデバイス。 The first wicking rate, the device according to the second wicking rate greater than item 61 of the back sheet in the back seat.
(項目64) (Item 64)
前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度は、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目63に記載のデバイス。 The first wicking rate, the device according to the second wicking rate greater than, item 63 in the sheet in the sheet.
(項目65) (Item 65)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、項目41に記載のデバイス。 The body liner is configured such that it can be supplied to the water device of claim 41.
(項目66) (Item 66)
前記本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されている、項目65に記載のデバイス。 Wherein at least 90% of the body liner is formed from one or more biodegradable materials, devices of claim 65.
(項目67) (Item 67)
便失禁を処置するための方法であって、前記方法は、 A method for treating fecal incontinence, the method comprising:
本体ライナを少なくとも部分的に臀裂内に配置することであって、前記本体ライナは、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、複数のライナ層から形成され、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える、こと The method comprising placing the body liner at least partially anal fissure, the body liner comprises a body facing surface, and said body facing surface and the opposite side after a surface, the body liner, a plurality of is formed from the liner layer comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, it
を含み、前記複数のライナ層は、上シートと、裏シートと、コア部材とを備え、 Wherein the plurality of liner layer comprises an upper sheet, a back sheet, and a core member,
前記複数のライナ層のそれぞれは、液体吸収性であり、 Wherein each of the liner layer, a liquid-absorbent,
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚と接触するように前記身体対面表面を配置する、方法。 Wherein placing the body liner at least in part on the anal fissure places the body facing surface into contact with the skin of the anal cleft, method.
(項目68) (Item 68)
前記上シートは、前記本体ライナの前記身体対面表面を形成し、前記裏シートは、前記本体ライナの前記後表面を形成する、項目67に記載の方法。 The sheet, the forming the body facing surface of the body liner, the backing sheet to form the rear surface of the body liner The method of claim 67.
(項目69) (Item 69)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より高い摩擦係数を有する、項目68に記載の方法。 It said body facing surface has a high coefficient of friction than the friction coefficient of the back surface, The method of claim 68.
(項目70) (Item 70)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.15未満である、項目69に記載の方法。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.15 The method of claim 69.
(項目71) (Item 71)
前記前面の前記摩擦係数は、0.25より大きい、項目70に記載の方法。 The friction coefficient of the front is greater than 0.25 The method of claim 70.
(項目72) (Item 72)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含む、項目67に記載の方法。 The body liner has a longitudinal axis, placing the body liner at least in part on the anal fissure involves folding the body liner along said longitudinal axis, The method of claim 67 .
(項目73) (Item 73)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目67に記載の方法。 It said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, the method of claim 67.
(項目74) (Item 74)
前記コア部材は、円形または楕円形である、項目73に記載の方法。 It said core member is circular or elliptical, The method of claim 73.
(項目75) (Item 75)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含み、前記上シートは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える形状を有する、項目74に記載の方法。 The body liner has a longitudinal axis, placing the body liner at least in part on the anal fissure includes folding the body liner along said longitudinal axis, said sheet, said It has a first projecting portion of the first side of the longitudinal axis, a shape and a second protrusion of the second side of the longitudinal axis the method of claim 74.
(項目76) (Item 76)
前記上シートの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、項目75に記載の方法。 The shape of the sheet includes a third protruding portion of said first side of said longitudinal axis, further comprising a fourth projecting portion of the second side of said longitudinal axis, according to item 75 Method.
(項目77) (Item 77)
前記裏シートは、前記上シートの形状と同一である形状を有する、項目76に記載の方法。 The backing sheet is the upper has a shape as the same sheet The method of claim 76.
(項目78) (Item 78)
前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、項目67に記載の方法。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to each other, The method of claim 67.
(項目79) (Item 79)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、項目78に記載の方法。 The backing sheet and the upper sheet, the upper are joined to each other around the sheet The method of claim 78.
(項目80) (Item 80)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、項目79に記載の方法。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, they are bonded to each other, The method of claim 79.
(項目81) (Item 81)
前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも90パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、項目80に記載の方法。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 90% of the sheet is not bonded, they are bonded to each other, The method of claim 80.
(項目82) (Item 82)
前記上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記上シート内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目67に記載の方法。 The sheet is the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third third wicking speed direction, the fluid in the sheet It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction the is perpendicular to the surface of the body liner, the method of claim 67.
(項目83) (Item 83)
前記上シートは、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目82に記載の方法。 The sheet, said third wicking rate in the upper sheet, the upper is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in sheets, according to claim 82 Method.
(項目84) (Item 84)
前記上シートは、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、項目83に記載の方法。 The sheet, the first wicking rate in the upper sheet, the upper is configured to be greater than the second wicking rate in sheets, The method of claim 83.
(項目85) (Item 85)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂の中に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目84に記載の方法。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least partially within the gluteal cleft, the first direction, the longitudinal axis it is parallel the method of claim 84.
(項目86) (Item 86)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂の中に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目84に記載の方法。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least partially within the gluteal cleft, the second direction, the longitudinal axis it is parallel the method of claim 84.
(項目87) (Item 87)
前記裏シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記裏シート内の流体を移動させるように構成され、前記裏シートにおける前記第3のウィッキング速度は、裏シートにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記裏シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目83に記載の方法。 The backing sheet is in the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the back seat is configured to move to, the third wicking rate in the backing sheet is larger than the first wicking rate in the back seat, and the larger second wicking rate in the backing sheet, item the method according to 83.
(項目88) (Item 88)
前記裏シートにおける前記第3のウィッキング速度は、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度と同一である、項目87に記載の方法。 It said third wicking rate is the same as the third wicking rate in the sheet The method of claim 87 in the backing sheet.
(項目89) (Item 89)
前記裏シートにおける前記第1のウィッキング速度は、前記裏シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目87に記載の方法。 The first wicking rate, the method according to the second wicking rate greater than 87. in the backing sheet in the back seat.
(項目90) (Item 90)
前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度は、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目89に記載の方法。 The first wicking rate in the sheet, the larger second wicking rate in the sheet The method of claim 89.
(項目91) (Item 91)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、項目67に記載の方法。 The body liner is configured such that it can flushable The method of claim 67.
(項目92) (Item 92)
前記本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されている、項目91に記載の方法。 At least 90 percent of the body liner is formed from one or more biodegradable materials, method of claim 91.
(項目93) (Item 93)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記本体ライナの少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目67に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal fissure, the such that at least a portion of the body liner extends into the anal torn et outside, comprising placing the body liner, item 67 the method described.
(項目94) (Item 94)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂から外へ延在する前記本体ライナの少なくとも一部分が、前記臀裂から約2.5cm未満の距離だけ前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目93に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal cleft at least a portion of the body liner extending into the anal torn et outside is, the distance of less than the anal torn et about 2.5cm gluteal cleft so as to extend out of the, including placing the body liner the method of claim 93.
(項目95) (Item 95)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成された本体ライナであって、前記本体ライナは、縦軸であって、前記本体は、少なくとも部分的に前記臀裂に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれる、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有する、身体ライナ A body liner which is configured being combined size to be placed at least partially anal fissure, the body liner is a longitudinal axis, said body, said anal cleft at least partially folded along the longitudinal axis when arranged, having a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner
を備え、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、 Wherein the body liner is formed from at least one liner layer,
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the body liner It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction , it is perpendicular to the said surface of the body liner,
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、デバイス。 Said third wicking rate, the greater than the first wicking rate in the body liner and the larger second wicking rate in the body liner, the device in the body liner.
(項目96) (Item 96)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目95に記載のデバイス。 The first wicking rate, the device according to the second wicking rate greater than 95. in the body liner in the body liner.
(項目97) (Item 97)
前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目96に記載のデバイス。 The first direction is parallel to the longitudinal axis, the device of claim 96.
(項目98) (Item 98)
前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目96に記載のデバイス。 The second direction is parallel to the longitudinal axis, the device of claim 96.
(項目99) (Item 99)
前記本体ライナは、前記縦軸に沿って折り畳まれたときに、前記縦軸の第1の側の前記身体対面表面の一部分に適用された流体が、前記第3の方向へ前記縦軸の前記第1の側の前記後表面の一部分に移送されて、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分にさらに移送されるように構成されている、項目95に記載のデバイス。 The body liner, when folded along said longitudinal axis, said longitudinal axis a first side of said body facing surface portion to the applied fluid of the said longitudinal axis to said third direction is transferred to a portion of the rear surface of the first side is configured to be transported further to a second portion of the rear surface side of said longitudinal axis a device according to claim 95.
(項目100) (Item 100)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える、項目95に記載のデバイス。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner of claim 95 device.
(項目101) (Item 101)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目95に記載のデバイス。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent, according to claim 95 the device.
(項目102) (Item 102)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目95に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, according to claim 95 the device.
(項目103) (Item 103)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目102に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet, according to claim 102 device.
(項目104) (Item 104)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目103に記載のデバイス。 It said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, the device of claim 103.
(項目105) (Item 105)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有する、項目95に記載のデバイス。 It said body facing surface has a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface of claim 95 device.
(項目106) (Item 106)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成された本体ライナであって、前記本体ライナは、縦軸であって、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれる、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有する、本体ライナ A body liner which is configured being combined size to be placed at least partially anal fissure, the body liner is a longitudinal axis, the body liner, at least in part on the gluteal cleft along said longitudinal axis is folded when placed within, has a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner
を備え、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、 Wherein the body liner is formed from at least one liner layer,
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the body liner It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction , it is perpendicular to the said surface of the body liner,
前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きい、デバイス。 Wherein the body liner second wicking rate greater than said first wicking rate in the body liner device.
(項目107) (Item 107)
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目106に記載のデバイス。 Wherein the body liner third wicking rate, according to the second wicking rate greater than, item 106 in the body liner device.
(項目108) (Item 108)
前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目106に記載のデバイス。 The first direction is parallel to the longitudinal axis, the device according to item 106.
(項目109) (Item 109)
前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目106に記載のデバイス。 The second direction is parallel to the longitudinal axis, the device according to item 106.
(項目110) (Item 110)
前記本体ライナは、前記縦軸に沿って折り畳まれたときに、前記縦軸の第1の側の前記身体対面表面の一部分に適用された流体が、前記第3の方向へ前記縦軸の前記第1の側の前記後表面の一部分に移送されて、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分にさらに移送されるように構成されている、項目106に記載のデバイス。 The body liner, when folded along said longitudinal axis, said longitudinal axis a first side of said body facing surface portion to the applied fluid of the said longitudinal axis to said third direction is transferred to a portion of the rear surface of the first side is configured to be transported further to a second portion of the rear surface side of said longitudinal axis, the device according to item 106.
(項目111) (Item 111)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える、項目106に記載のデバイス。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner of claim 106 device.
(項目112) (Item 112)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目106に記載のデバイス。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent, according to item 106 device.
(項目113) (Item 113)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目106に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, of claim 106 device.
(項目114) (Item 114)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目113に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet, according to claim 113 device.
(項目115) (Item 115)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目114に記載のデバイス。 It said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, the device of claim 114.
(項目116) (Item 116)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有する、項目106に記載のデバイス。 It said body facing surface has a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface of claim 106 device.
(項目117) (Item 117)
便失禁を処置するための方法であって、前記方法は、 A method for treating fecal incontinence, the method comprising:
本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することであって、前記本体ライナは、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成されている、こと The method comprising placing the body liner at least in part on the anal fissure, the body liner comprises a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner is formed from at least one liner layer,
を含み、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記身体対面表面を配置し、かつ、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分に接触して前記縦軸の第1の側の前記後表面の一部分を配置するように、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含み、 Hints, placing the body liner at least in part on the anal fissure is in contact with the skin of the anal cleft placing the body facing surface and said second side of said longitudinal axis in contact with a portion of the rear surface so as to place a portion of the rear surface of the first side of said longitudinal axis, said method comprising folding the body liner along said longitudinal axis,
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the body liner It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction , it is perpendicular to the said surface of the body liner,
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、方法。 Said third wicking rate, the greater than the first wicking rate in the body liner and the larger second wicking rate in the body liner, a method in the body liner.
(項目118) (Item 118)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目117に記載の方法。 The first wicking rate, the method according to the second wicking rate greater than, item 117 in the body liner in the body liner.
(項目119) (Item 119)
前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目118に記載の方法。 The first direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 118.
(項目120) (Item 120)
前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目118に記載の方法。 The second direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 118.
(項目121) (Item 121)
前記本体ライナは、前記縦軸の前記第1の側の前記身体対面表面の一部分に適用された流体が、前記第3の方向へ前記縦軸の前記第1の側の前記後表面の一部分に移送されて、前記縦軸の前記第2の側の前記後表面にさらに移送されるように構成されている、項目117に記載の方法。 The body liner, a fluid that is applied to a portion of the body facing surface of said first side of said longitudinal axis, a portion of the rear surface of said first side of said longitudinal axis to said third direction It is transported, and is configured to be transported further to the rear surface of the second side of the longitudinal axis the method of claim 117.
(項目122) (Item 122)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記少なくとも1つの接着領域を配置することを含む、項目117に記載の方法。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, placing the body liner at least in part on the anal fissure is in contact with the skin of the gluteal cleft comprising disposing the at least one bonding area, the method of claim 117.
(項目123) (Item 123)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目117に記載の方法。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent The method of claim 117.
(項目124) (Item 124)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目117に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, The method of claim 117.
(項目125) (Item 125)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目124に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet The method of claim 124.
(項目126) (Item 126)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目125に記載の方法。 Said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, method of claim 125.
(項目127) (Item 127)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有する、項目117に記載の方法。 It said body facing surface has a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface, The method of claim 117.
(項目128) (Item 128)
便失禁を処置するための方法であって、前記方法は、 A method for treating fecal incontinence, the method comprising:
本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することであって、前記本体ライナは、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成されている、こと The method comprising placing the body liner at least in part on the anal fissure, the body liner comprises a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner is formed from at least one liner layer,
を含み、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記身体対面表面を配置し、かつ、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分に接触して前記縦軸の第1の側の前記後表面の一部分を配置するように、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含み、 Hints, placing the body liner at least in part on the anal fissure is in contact with the skin of the anal cleft placing the body facing surface and said second side of said longitudinal axis in contact with a portion of the rear surface so as to place a portion of the rear surface of the first side of said longitudinal axis, said method comprising folding the body liner along said longitudinal axis,
前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 The body liner, the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third to the direction the third wicking rate, the fluid in the body liner It is configured to move to, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, the first direction is perpendicular to the second direction, the third direction , it is perpendicular to the said surface of the body liner,
前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きい、方法。 The second wicking rate, wherein the body liner is greater than the first wicking rate, the method in the body liner.
(項目129) (Item 129)
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目128に記載の方法。 Said third wicking rate, the method according to the second wicking rate greater than, item 128 in the body liner in the body liner.
(項目130) (Item 130)
前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目128に記載の方法。 The first direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 128.
(項目131) (Item 131)
前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目128に記載の方法。 The second direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 128.
(項目132) (Item 132)
前記本体ライナは、前記縦軸の第1の側の前記身体対面表面の一部分に適用された流体が、前記第3の方向へ前記縦軸の前記第1の側の前記後表面に移送されて、前記縦軸の前記第2の側の前記後表面にさらに移送されるように構成されている、項目128に記載の方法。 The body liner, the longitudinal axis a first side of said body facing surface portion to the applied fluid of, is transferred to the rear surface of said first side of said longitudinal axis to said third direction It is configured to be transported further to the rear surface of the second side of the longitudinal axis the method of claim 128.
(項目133) (Item 133)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記少なくとも1つの接着領域を配置することを含む、項目128に記載の方法。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, placing the body liner at least in part on the anal fissure is in contact with the skin of the gluteal cleft comprising disposing the at least one bonding area, the method of claim 128.
(項目134) (Item 134)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目128に記載の方法。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent The method of claim 128.
(項目135) (Item 135)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目128に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, The method of claim 128.
(項目136) (Item 136)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目135に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet The method of claim 135.
(項目137) (Item 137)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目136に記載の方法。 Said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, method of claim 136.
(項目138) (Item 138)
前記身体対面表面は、前記後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有する、項目128に記載の方法。 It said body facing surface has a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the rear surface, The method of claim 128.
(項目139) (Item 139)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記本体ライナの少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目128に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal fissure, the such that at least a portion of the body liner extends into the anal torn et outside, comprising placing the body liner, the item 128 the method described.
(項目140) (Item 140)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂から外へ延在する前記本体ライナの少なくとも一部分が、前記臀裂から約2.5cm未満の距離だけ前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目139に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal cleft at least a portion of the body liner extending into the anal torn et outside is, the distance of less than the anal torn et about 2.5cm gluteal cleft so as to extend out of the, including placing the body liner the method of claim 139.
(項目141) (Item 141)
便失禁を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating fecal incontinence, said device,
少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成され、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有する本体ライナを備え、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成され、 Is configured to be fit the size to be placed at least partially anal fissure, comprising a body facing surface, a body liner having an opposite after surface and said body facing surface, the body liner, at least It is formed from a single liner layer,
前記身体対面表面は、摩擦係数を有し、前記後表面は、摩擦係数を有し、前記身体対面表面の前記摩擦係数は、前記後表面の前記摩擦係数より大きい、デバイス。 Said body facing surface has a coefficient of friction, said rear surface has a friction coefficient, the friction coefficient of the body facing surface, the friction coefficient is greater than the device of the rear surface.
(項目142) (Item 142)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備える、項目141に記載のデバイス。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner of claim 141 device.
(項目143) (Item 143)
前記身体対面表面の前記摩擦係数は、0.25より大きい、項目141に記載のデバイス。 The coefficient of friction of the body facing surface, greater than 0.25, the device of claim 141.
(項目144) (Item 144)
前記身体対面表面の前記摩擦係数は、0.3より大きい、項目143に記載のデバイス。 The coefficient of friction of the body facing surface, is larger than 0.3, the device of claim 143.
(項目145) (Item 145)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.15未満である、項目141に記載のデバイス。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.15, the device of claim 141.
(項目146) (Item 146)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.1未満である、項目145に記載のデバイス。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.1, the device of claim 145.
(項目147) (Item 147)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目141に記載のデバイス。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent, of claim 141 device.
(項目148) (Item 148)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目141に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, of claim 141 device.
(項目149) (Item 149)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目148に記載のデバイス。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet, according to claim 148 device.
(項目150) (Item 150)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目149に記載のデバイス。 It said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, the device of claim 149.
(項目151) (Item 151)
前記本体ライナは、流体を吸収するように構成され、前記本体ライナはさらに、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目141に記載のデバイス。 The body liner is configured to absorb fluid, the body liner further in the first direction the first wicking rate, the second direction the second wicking rate, and the third direction in the third wicking speed, the is configured to move the fluid in the body liner, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, said first direction, said is perpendicular to the second direction, the third direction, wherein a vertical with the surface of the body liner of claim 141 device.
(項目152) (Item 152)
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目151に記載のデバイス。 Wherein the body liner third wicking rate is greater than said first wicking rate in the body liner and according to the second wicking rate greater than, item 151 in the body liner device.
(項目153) (Item 153)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目152に記載のデバイス。 The first wicking rate, the device according to the second wicking rate greater than, item 152 in the body liner in the body liner.
(項目154) (Item 154)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目153に記載のデバイス。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least in part on the anal fissure, the second direction, and the longitudinal axis are parallel, device of claim 153.
(項目155) (Item 155)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目153に記載のデバイス。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least in part on the anal fissure, the first direction, and the longitudinal axis are parallel, device of claim 153.
(項目156) (Item 156)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目151に記載のデバイス。 The first wicking rate, the device according to the second wicking rate greater than, item 151 in the body liner in the body liner.
(項目157) (Item 157)
前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されたときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記本体ライナは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える形状を有する、項目141に記載のデバイス。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least in part on the anal fissure, the body liner, a first of said longitudinal axis first and protrusion has a shape and a second protrusion of the second side of the longitudinal axis, the device according to item 141 of the side.
(項目158) (Item 158)
前記本体ライナの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、項目157に記載のデバイス。 Wherein the shape of the body liner, a third projecting portion of said first side of said longitudinal axis, further comprising a fourth projecting portion of the second side of said longitudinal axis, according to item 157 device.
(項目159) (Item 159)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、項目141に記載のデバイス。 The body liner is configured such that it can be supplied to the water device of claim 141.
(項目160) (Item 160)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、1つ以上のセルロース系材料から形成されている、項目141に記載のデバイス。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, is formed from one or more cellulosic materials, device of claim 141.
(項目161) (Item 161)
便失禁を処置するための方法であって、前記方法は、 A method for treating fecal incontinence, the method comprising:
本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することであって、前記本体ライナは、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、少なくとも1つのライナ層から形成されている、こと The method comprising placing the body liner at least in part on the anal fissure, the body liner comprises a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner is formed from at least one liner layer,
を含み、前記身体対面表面は、摩擦係数を有し、前記後表面は、摩擦係数を有し、前記身体対面表面の前記摩擦係数は、前記後表面の前記摩擦係数より大きく、 Wherein the said body facing surface has a coefficient of friction, it said rear surface has a friction coefficient, the friction coefficient of the body facing surface is greater than the friction coefficient of the rear surface,
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記身体対面表面を配置し、かつ、前記縦軸の第2の側の前記後表面の一部分に接触して前記縦軸の第1の側の前記後表面の一部分を配置するように、前記縦軸に沿って前記本体ライナを折り畳むことを含む、方法。 Placing the body liner at least in part on the anal fissure, the contact with the skin of the anal cleft placing the body facing surface and the second side of the longitudinal axis of the rear surface in contact with a portion to place a portion of the rear surface of the first side of the longitudinal axis, including folding the said body liner along said longitudinal axis, the method.
(項目162) (Item 162)
前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂の皮膚に接触して前記少なくとも1つの接着領域を配置することを含む、項目161に記載の方法。 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, placing the body liner at least in part on the anal fissure is in contact with the skin of the gluteal cleft comprising disposing the at least one bonding area, the method of claim 161.
(項目163) (Item 163)
前記身体対面表面の前記摩擦係数は、0.25より大きい、項目161に記載の方法。 The coefficient of friction of the body facing surface, greater than 0.25 The method of claim 161.
(項目164) (Item 164)
前記身体対面表面の前記摩擦係数は、0.3より大きい、項目163に記載の方法。 The coefficient of friction of the body facing surface, larger than 0.3 The method of claim 163.
(項目165) (Item 165)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.15未満である、項目161に記載の方法。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.15 The method of claim 161.
(項目166) (Item 166)
前記後表面の前記摩擦係数は、0.15未満である、項目165に記載の方法。 The friction coefficient of the rear surface is less than 0.15 The method of claim 165.
(項目167) (Item 167)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、流体吸収性である、項目161に記載の方法。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, a fluid-absorbent The method of claim 161.
(項目168) (Item 168)
前記少なくとも1つのライナ層は、上シートと、コア部材とを備える、項目161に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer comprises a top sheet, and a core member, The method of claim 161.
(項目169) (Item 169)
前記少なくとも1つのライナ層は、裏シートをさらに備える、項目168に記載の方法。 Wherein said at least one liner layer, further comprising a backing sheet The method of claim 168.
(項目170) (Item 170)
前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされている、項目169に記載の方法。 Said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, method of claim 169.
(項目171) (Item 171)
前記本体ライナは、流体を吸収するように構成され、前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度、第2の方向へ第2のウィッキング速度、および第3の方向へ第3のウィッキング速度で、前記本体ライナ内の流体を移動させるようにさらに構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、項目161に記載の方法。 The body liner is configured to absorb fluid, the body liner, the first direction the first wicking rate, the second to the direction the second wicking rate, and a third direction first in 3 of the wicking rate, the processor is further configured to move the fluid in the body liner, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, said first direction, said is perpendicular to the second direction, the third direction, wherein a vertical with the surface of the body liner the method of claim 161.
(項目172) (Item 172)
前記本体ライナにおける前記第3のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度より大きく、かつ、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目171に記載の方法。 Said third wicking rate, the greater than the first wicking rate in the body liner, and wherein the body liner is greater than the second wicking rate The method of claim 171 in the body liner.
(項目173) (Item 173)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目172に記載の方法。 The first wicking rate, the method according to the second wicking rate greater than 172. in the body liner in the body liner.
(項目174) (Item 174)
前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、項目173に記載の方法。 The second direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 173.
(項目175) (Item 175)
前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、項目173に記載の方法。 The first direction is parallel to the longitudinal axis The method of claim 173.
(項目176) (Item 176)
前記本体ライナにおける前記第1のウィッキング速度は、前記本体ライナにおける前記第2のウィッキング速度より大きい、項目171に記載の方法。 The first wicking rate, the method according to the second wicking rate greater than 171. in the body liner in the body liner.
(項目177) (Item 177)
前記本体ライナは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2の突出部とを備える形状を有し、前記第1の突出部は、前記本体ライナが前記縦軸に沿って折り畳まれたときに、前記第2の突出部に少なくとも部分的に接触する、項目161に記載の方法。 The body liner, a first projecting portion of the first side of the longitudinal axis, has a shape and a second protrusion of the second side of said longitudinal axis, said first projection , when the body liner is folded along said longitudinal axis, at least partial contact with the second protrusions method of claim 161.
(項目178) (Item 178)
前記本体ライナの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、項目177に記載の方法。 Wherein the shape of the body liner, a third projecting portion of said first side of said longitudinal axis, further comprising a fourth projecting portion of the second side of said longitudinal axis, according to item 177 Method.
(項目179) (Item 179)
前記本体ライナの前記後表面は、1つ以上の摩擦低減コーティングを備える、項目161に記載の方法。 The rear surface of the body liner comprises one or more friction reducing coating method of claim 161.
(項目180) (Item 180)
前記本体ライナの前記身体対面表面は、1つ以上の摩擦増進コーティングを備える、項目161に記載の方法。 The body facing surface of the body liner comprises one or more friction enhancing coating method of claim 161.
(項目181) (Item 181)
前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成され、前記方法は、前記本体ライナを水に流すことをさらに含む、項目161に記載の方法。 The body liner is configured such that it can flushable, the method further comprises The method of claim 161 that flowing the body liner into water.
(項目182) (Item 182)
前記少なくとも1つのライナ層の各ライナ層は、1つ以上のセルロース系材料から形成されている、項目161に記載の方法。 Wherein each liner layer of at least one liner layer, is formed from one or more cellulosic materials, method of claim 161.
(項目183) (Item 183)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記本体ライナの少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目161に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal fissure, the such that at least a portion of the body liner extends into the anal torn et outside, comprising placing the body liner, the item 161 the method described.
(項目184) (Item 184)
前記本体ライナを少なくとも部分的に前記臀裂内に配置することは、前記臀裂から外へ延在する前記本体ライナの少なくとも一部分が、前記臀裂から約2.5cm未満の距離だけ前記臀裂から外へ延在するように、前記本体ライナを配置することを含む、項目183に記載の方法。 Placing the body liner at least in part on the anal cleft at least a portion of the body liner extending into the anal torn et outside is, the distance of less than the anal torn et about 2.5cm gluteal cleft so as to extend out of the, including placing the body liner the method of claim 183.

図1Aおよび1Bは、それぞれ、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図および底面図を示す。 1A and 1B, respectively, show a top view and a bottom view of a modification of the body liner described herein. 図1Aおよび1Bは、それぞれ、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図および底面図を示す。 1A and 1B, respectively, show a top view and a bottom view of a modification of the body liner described herein. 図1C−1Eは、図1Aおよび1Bに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 1C-1E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIGS. 1A and 1B. 図1C−1Eは、図1Aおよび1Bに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 1C-1E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIGS. 1A and 1B. 図1C−1Eは、図1Aおよび1Bに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 1C-1E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIGS. 1A and 1B. 図1Fは、少なくとも部分的に臀裂の中に配置された図1Aおよび1Bの本体ライナを示す。 Figure 1F shows a body liner of FIGS. 1A and 1B disposed at least partially within gluteal cleft. 図2Aは、本明細書で説明される本体ライナの例証的変形例の側面図を描写する。 Figure 2A depicts a side view of an illustrative modification of the body liner described herein. 図2Bは、図2Aの本体ライナの正面図を描写する。 Figure 2B depicts a front view of the body liner of Figure 2A. 図3Aは、本明細書で説明される本体ライナの1つの変形例の上面図を描写する。 Figure 3A depicts a top view of one variation of a body liner described herein. 図3Bは、少なくとも部分的に臀裂内に配置された図3Aの本体ライナを描写する。 Figure 3B depicts a body liner of Figure 3A disposed at least partially anal fissure. 図3C−3Eは、図3Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 3C-3E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 3A. 図3C−3Eは、図3Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 3C-3E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 3A. 図3C−3Eは、図3Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 3C-3E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 3A. 図4Aおよび4Eは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 4A and 4E depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図4B−4Dは、図4Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 4B-4D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 4A. 図4B−4Dは、図4Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 4B-4D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 4A. 図4B−4Dは、図4Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 4B-4D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 4A. 図4Aおよび4Eは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 4A and 4E depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図5Aは、本明細書で説明される本体ライナの1つの変形例の上面図を描写する。 Figure 5A depicts a top view of one variation of a body liner described herein. 図5Bは、図5Aに示される本体ライナの断面側面図を描写する。 Figure 5B depicts a cross-sectional side view of the body liner shown in Figure 5A. 図6Aは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 Figure 6A depicts a top view of a modification of the body liner described herein. 図6Bは、少なくとも部分的に臀裂内に配置された図6Aの本体ライナを描写する。 Figure 6B depicts a body liner of Figure 6A disposed at least partially anal fissure. 図6Cおよび6Dは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 6C and 6D depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図6Cおよび6Dは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 6C and 6D depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図7Aは、本明細書で説明される本体ライナの1つの変形例の上面図を描写する。 Figure 7A depicts a top view of one variation of a body liner described herein. 図7Bは、少なくとも部分的に臀裂内に配置された図7Aの本体ライナを描写する。 Figure 7B depicts a body liner of Figure 7A disposed at least partially anal fissure. 図7C−7Eは、図7Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 7C-7E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 7A. 図7C−7Eは、図7Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 7C-7E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 7A. 図7C−7Eは、図7Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 7C-7E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 7A. 図8Aおよび8Eは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 8A and 8E depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図8B−8Dは、図8Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 8B-8D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 8A. 図8B−8Dは、図8Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 8B-8D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 8A. 図8B−8Dは、図8Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 8B-8D depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in Figure 8A. 図8Aおよび8Eは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 8A and 8E depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図9Aは、本明細書で説明される本体ライナの1つの変形例の上面図を描写する。 Figure 9A depicts a top view of one variation of a body liner described herein. 図9Bは、図9Aに示される本体ライナの断面側面図を描写する。 Figure 9B depicts a cross-sectional side view of the body liner shown in Figure 9A. 図10Aは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 Figure 10A depicts a top view of a modification of the body liner described herein. 図10Bは、少なくとも部分的に臀裂内に配置された図10Aの本体ライナを描写する。 Figure 10B depicts a body liner of Figure 10A, which is disposed at least partially anal fissure. 図10Cおよび10Dは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 Figure 10C and 10D depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図10Cおよび10Dは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 Figure 10C and 10D depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図11Aおよび11Fは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 11A and 11F depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図11Bは、少なくとも部分的に臀裂内に配置された図11Aの本体ライナを描写する。 Figure 11B depicts a body liner of Figure 11A, which is disposed at least partially anal fissure. 図11C−11Eは、図11Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 11C-11E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIG. 11A. 図11C−11Eは、図11Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 11C-11E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIG. 11A. 図11C−11Eは、図11Aに示される本体ライナの変形例の断面側面図を描写する。 Figure 11C-11E depict cross-sectional side view of a modification of the body liner shown in FIG. 11A. 図11Aおよび11Fは、本明細書で説明される本体ライナの変形例の上面図を描写する。 11A and 11F depict a top view of a modification of the body liner described herein. 図12Aおよび12B、13Aおよび13B、および14は、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 12A and 12B, 13A and 13B, and 14, depict the modification of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図12Aおよび12B、13Aおよび13B、および14は、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 12A and 12B, 13A and 13B, and 14, depict the modification of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図12Aおよび12B、13Aおよび13B、および14は、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 12A and 12B, 13A and 13B, and 14, depict the modification of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図15Aは、障壁要素を備える本体ライナの上面図を示す。 Figure 15A shows a top view of the body liner comprises a barrier element. 図15Bは、少なくとも部分的に臀裂の中に位置決めされた図15Aの本体ライナを示す。 15B show a body liner of Figure 15A positioned at least partially within the gluteal cleft. 図16Aおよび16Bは、折り線を備える本体ライナの変形例の上面図を描写する。 16A and 16B depict a top view of a modification of the body liner comprises a fold line. 図16Aおよび16Bは、折り線を備える本体ライナの変形例の上面図を描写する。 16A and 16B depict a top view of a modification of the body liner comprises a fold line. 図17A−17Cは、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 Figure 17A-17C depict a variation of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図17A−17Cは、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 Figure 17A-17C depict a variation of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図17A−17Cは、1つ以上の接着領域を備える本体ライナの変形例を描写する。 Figure 17A-17C depict a variation of the body liner comprises one or more adhesive regions. 図18Aおよび18Bは、1つ以上の接着域を備える本体ライナの変形例を描写する。 18A and 18B depict a modification of the body liner comprises one or more adhesive areas.

本明細書では、本体ライナ、および偶発的腸管漏出を処置するために本体ライナを使用する方法が説明される。 In this specification, a method of using the body liner for treating a body liner, and accidental bowel leakage is described. 吸収性および/または水に流すことが可能であり得る、これらの本体ライナは、概して、少なくとも部分的に臀裂内に(すなわち、臀部の間に)、および肛門付近に配置されるようにサイズを合わせられて構成される。 It may be possible to flow the absorption and / or water, these body liners are generally at least partially anal fissure (i.e., between the buttocks), and sized to be placed in the vicinity of the anus configured are combined. 少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、本体ライナは、着用者に自信を与え、または別様に心的自信を提供し得る、物理的フィードバックを着用者に提供してもよい。 When placed at least partially in anal fissure, body liner, giving confidence to the wearer, or may provide otherwise mental confidence may provide physical feedback to the wearer. 場合によっては、本体ライナは、1つ以上の特徴を含んでもよく、または別様に、少なくとも部分的に臀裂内の位置で本体ライナの維持を助長するように構成されてもよく、また、(例えば、着用者の移動中、または排尿等の動作中等に)本体ライナの変位または抜去のリスクを最小限化するのに役立つように構成されてもよい。 Optionally, the body liner may comprise one or more features, or otherwise, may be configured to help maintain body liner at the location of at least partially anal fissure, also, (e.g., during movement of the wearer, or the operation moderate urination, etc.) it may be configured to help minimize the risk of displacement or removal of the body liner. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの配置および位置決めを維持するのに役立つように、着用者の皮膚(例えば、臀部の皮膚)に接着し得る、1つ以上の接着領域を備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner, to help maintain the placement and positioning of the body liner can be adhered to the wearer's skin (e.g., hip skin), one or more adhesive regions it may be provided. 本明細書で説明される本体ライナは、着用者による使用の視覚的指示をほとんどまたは全く呈さずに着用され得、(例えば、ポケットまたはハンドバッグの中で)交換品が着用者によってこっそりと携行され得るように、十分小さいサイズであってもよい。 Body liner described herein may be worn a visual indication of the use by the wearer with little or no exhibit at all, (e.g., in a pocket or handbag) replacement is surreptitiously carried by the wearer as can be, it may be a sufficiently small size. 加えて、本体ライナは、着用者が臀裂に手を突っ込むか、または別様に指を汚すことを要求しない様式で、回収されるように構成されてもよい。 In addition, the body liner, in a manner that does not require that soiling the fingers wearer reach into the gluteal cleft, or otherwise, may be configured to be recovered. したがって、本明細書で説明される本体ライナは、ABLのための目立たたず快適で衛生的な処置オプションを提示し得る。 Therefore, the body liner described herein may present a comfortable and hygienic treatment options without a conspicuous for ABL.

少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、本明細書で説明される本体ライナは、偶発的肛門排出物を吸収して保持するように構成されてもよい。 When placed at least partially in anal fissure, body liner described herein may be configured to absorb and retain adventitious anal emissions. この排出物は、比較的高い含水量を有する、少量の糞便物質を含み得る。 The effluent has a relatively high water content, it may contain minor amounts of fecal material. したがって、本体ライナが肛門排出物から流体を吸収することを可能にするように、本体ライナは、少なくとも部分的に流体吸収性であるように構成されてもよい。 Therefore, to allow the body liner to absorb fluid from the anus exudates, body liner may be configured to be at least partially fluid-absorbent. 肛門漏出物から流体を吸収することによって、本体ライナは、(例えば、糞便物質のサイズおよび/または稠度により)本体ライナが吸収することができない場合がある、任意の糞便物質を不動化するように作用し得る、糞便を脱水することができる。 By absorbing fluids from the anus spills, body liner (for example, by size and / or consistency of fecal material) in some cases the body liner can not be absorbed, so as to immobilize any fecal material It may act, it is possible to dehydrate the feces. 肛門またはその付近に本体ライナの吸収部分を配置することにより、排出物が肛門から著しく離れて移動し得る前に、本体ライナが肛門排出物を脱水することを可能にしてもよく、これは、着用者の下着または他の衣類を汚すリスクを低減させるのに役立つとともに、別様に糞便物質の拡散によって起こり得る臭気を最小限化し得る。 By arranging the absorbent portion of the body liner into the anus or near, before the effluent can move significantly away from the anus, it may allow that the body liner dewatering anal emissions, which, with help to reduce the risk of soiling the wearer's undergarments or other clothing can minimize the odor that can occur differently by diffusion of fecal material. 加えて、肛門またはその付近に排出物を不動化することにより、トイレを見つける時間を着用者に与えてもよく、かつこっそり処分する時間を提供してもよい。 In addition, by immobilizing the exudates anus or near, it may provide time may allow time to find the toilet to the wearer, and sneak disposal. 排出物の拡散または移動を制限することにより、浄化の低減を可能にし、衛生的な処置オプションを提供し得る。 By limiting the diffusion or movement of the effluent, to allow reduction in cleaning, it may provide hygienic treatment options.

本体ライナは、1つ以上のライナ層から形成されてもよく、ライナ層のうちのいくつかまたは全ては、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Body liner may be formed from one or more liner layers, some or all of the liner layer may be configured so as to be fluid-absorbent. 概して、吸収ライナ層は、ライナ層に接触する流体を吸収し、少なくとも部分的に保持するように構成されてもよく、適宜に流体を隣接吸収ライナ層へ移送するように構成されてもよい。 Generally, absorbent liner layer absorbs fluid in contact with the liner layer may be configured to hold at least partially, it may be configured as appropriate to the fluid to be transferred to the adjacent absorbing liner layer. 本体が複数のライナ層を備える、変形例のうちのいくつかでは、ライナ層のそれぞれは、少なくとも部分的に流体吸収性である。 Body includes a plurality of liner layer, in some of the modified example, each of the liner layer is at least partially fluid-absorbent. これらの変形例では、本体ライナは、いかなる流体不透過性層も含まなくてもよい。 In these variations, the body liner may or may not contain any fluid impermeable layer. しかしながら、これらの本体ライナは、臀裂の中の本体ライナの配置に先立って除去され得る、1つ以上の流体不透過性剥離ライナとともに包装されてもよいことを理解されたい。 However, these body liners, it is to be understood that may be removed prior to placement of the body liner in the gluteal cleft may be packaged along with one or more fluid impervious release liner. 加えて、以下でさらに詳細に説明されるように、いくつかの変形例では、本体ライナの1つ以上の部分(すなわち、臀裂から外へ延在するように構成される一部分または部分)は、低減した吸収性を有するように構成されてもよい。 In addition, as will be described in more detail below, in some variations, one or more portions (i.e., portions or portions configured to extend into the anal torn et outside) of the body liner , it may be configured to have reduced absorbency.

本体ライナは、概して、身体対面表面、および身体対面表面と反対側の後表面を有し、臀裂の中に配置されたときに折り畳まれ得る、実質的に平坦なシートとして構成される。 Body liner generally have a body facing surface and a body facing surface of the surface after the opposite may be folded when placed in the gluteal cleft, configured as a substantially flat sheet. しかしながら、本体ライナは、本体ライナの長さおよび/または幅に沿って厚さが変化してもよく、本体ライナの身体対面表面および/または後表面から突出し、または別様に延在し得る、1つ以上の特徴(例えば、障壁部材または同等物)を有してもよい。 However, the body liner thickness along the length and / or width of the body liner may vary and may extend from the body-facing surface and / or rear surface of the body liner protrude or otherwise, one or more features (e.g., a barrier member or equivalent) may have. 本体ライナが少なくとも部分的に臀裂内での配置のために折り畳まれたとき、そのような折り畳みは、着用者の皮膚(例えば、臀部の皮膚)に接触して本体ライナの身体対面表面を位置決めし、それ自体に接触して本体ライナの後表面を位置決めしてもよい(すなわち、折り目の片側の後表面の少なくとも一部分が、折り目の反対側の後表面の少なくとも一部分に接触してもよい)。 When the body liner is folded for at least partially disposed in the anal cleft, such folding, positioning the body facing surface of the body liner in contact with the wearer's skin (e.g., hip skin) and it may be positioned to the surface after the body liner in contact with itself (i.e., at least a portion of the surface after one side of the fold may be in contact with at least a portion of the opposite side after the surface of the folds) . 本体ライナが本体ライナの身体対面表面上に(以下でさらに詳細に説明されるような)1つ以上の接着領域を備えるとき、少なくとも部分的に臀裂の中へ本体ライナを折り畳むことにより、着用者の臀部の皮膚に接着するように、1つ以上の接着領域を位置決めしてもよく、これは、着用者の皮膚および肛門に対して定位置で本体ライナを位置決めして保持するのに役立ち得る。 When the body liner comprises one or more adhesive regions (as described in further detail below) on the body facing surface of the body liner, by folding the body liner into the at least partially gluteal cleft, wear to adhere to the buttocks of the skin of the user, it may be positioned one or more bonding areas, which serves to position and hold the body liner in place with respect to the wearer's skin and anus obtain.

本体ライナの1つ以上のライナ層は、本明細書で説明される本体ライナの身体対面表面および後表面を画定してもよい。 One or more liner layers of the body liner may define a body facing surface and a rear surface of the body liner described herein. 例えば、本体ライナが単一のライナ層を備えるとき、ライナ層は、身体対面側、および身体対面側と反対側の後側を有してもよい。 For example, when the body liner comprises a single liner layer, the liner layer may have a rear side of the body facing side, and a body facing side and the opposite side. ライナ層が本体ライナの唯一の層であるため、ライナ層の身体対面側は、本体ライナの身体対面表面を形成してもよく、ライナ層の後側は、本体ライナの後表面を形成してもよい。 Because the liner layer is the only layer of the body liner, body facing side of the liner layer may form a body facing surface of the body liner, rear liner layer is to form a rear surface of the body liner it may be. 本体ライナが複数のライナ層(例えば、以下でさらに詳細に説明されるように、上シートおよび/またはコア部材および/または裏シート)を備える変形例では、各ライナ層は、身体対面側、および身体対面側と反対側の後側を有してもよい。 Body liner plurality of liner layer (e.g., as described in further detail below, the upper sheet and / or the core member and / or back sheet) Modification with a respective liner layer, body facing side, and it may have a rear side of the body facing side opposite. ライナ層のうちのいくつかまたは全ての身体対面側が、本体ライナの身体対面表面を形成してもよい一方で、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての後表面は、本体ライナの後表面を形成してもよい。 Some or all of the body facing side of the liner layer, while optionally be formed body facing surface of the body liner, some or all of the following surface of the liner layer forms the surface after the body liner it may be. 例えば、本体ライナが、上シートと、上シートよりも小さく、それに取り付けられるコア部材とを含む、いくつかの変形例では、上シートの身体対面側は、本体ライナの身体対面表面を形成してもよい。 For example, the body liner comprises a top sheet, smaller than the upper sheet, and a core member mounted thereto, in some variations, body facing side of the upper sheet to form a body facing surface of the body liner it may be. しかしながら、本体ライナの後表面は、コア部材の後側ならびにコア部材によって覆われていない上シートの後側の部分の組み合わせから形成されてもよい。 However, the surface after the body liner may be formed from a combination of rear portion of the upper sheet which are not covered by the side and the core member after the core member. 別の実施例では、本体ライナは、上シート、上シートと同一のサイズおよび形状を有する裏シート、およびその間に封入されるコア部材を備えてもよい。 In another embodiment, the body liner, top sheet, the back sheet having an upper sheet of the same size and shape, and may include a core member that is hermetically disposed therebetween. これらの変形例では、上シートの身体対面側が、本体ライナの身体対面表面を形成してもよく、裏シートの後側は、裏シートの後表面を形成してもよい。 In these variations, body facing side of the upper sheet may be formed body facing surface of the body liner, the rear side of the backing sheet may be formed of the surface after the backing sheet. コア部材は、上シートと裏シートとの間のその封入により、本体ライナの外面のいかなる部分も形成しなくてもよい。 Core member, by its inclusion between the upper sheet and the backing sheet may or may not be formed any portion of the outer surface of the body liner.

本明細書で説明される本体ライナは、任意の好適な数のライナ層を含んでもよい。 Body liner described herein may comprise any suitable number of liner layer. いくつかの変形例では、本体ライナは、単一のライナ層を備えてもよい。 In some variations, the body liner may comprise a single liner layer. 他の変形例では、本体ライナは、複数のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner may comprise a plurality of liner layer. いくつかの変形例では、本体ライナは、2つのライナ層を備えてもよい。 In some variations, the body liner may comprise two liner layers. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、2つだけのライナ層を備えてもよい。 In some of these variations, the body liner may comprise a liner layer of only two. 他の変形例では、本体ライナは、3つのライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner may comprise a three liner layer. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、3つだけのライナ層を備えてもよい。 In some of these variations, the body liner may comprise a liner layer of only three. 本体ライナが、特定の数のライナ層(例えば、単一のライナ層、2つだけのライナ層等)を有するものとして本明細書で説明されるとき、本体ライナは、以下でさらに詳細に説明されるように、使用に先立って除去される1つ以上の可撤性剥離ライナとともに包装されてもよいが、剥離ライナは、ライナ層と見なされないことを理解されたい。 Body liner, liner layer of the specific number (e.g., a single liner layer, the liner layer and the like of only two) when it is described herein as having a body liner, described in more detail below as will be, may be packaged with one or more removable release liner that is removed prior to use, the release liner is to be understood that it is not considered a liner layer. また、本体ライナは、1つ以上のコーティング、障壁部材、または同等物を備えてもよく、これらの付加的な特徴は、別個の本体ライナ層と見なされないことも理解されたい。 Further, the body liner, one or more coatings may comprise a barrier member or equivalent, these additional features are also to be understood that not considered to be a separate body liner layer.

本明細書で説明される本体ライナが複数のライナ層を備えるとき、本体ライナは、概して、上シートを備え、さらに、コア部材および/または裏シートを備えてもよい。 When the body liner as described herein comprises a plurality of liner layer, the body liner generally includes an upper sheet may further include a core member and / or backing sheet. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、第1のライナ層が上シートであり、第2の層がコア部材であるように、第1のライナ層と、第2のライナ層とを備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner is a top sheet first liner layer, such that the second layer is a core member, a first liner layer, and a second liner layer it may be provided. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの唯一のライナ層は、上シートおよびコア部材である(すなわち、本体ライナは、いかなる付加的なライナ層も含まない)。 In some of these variations, only the liner layer of the body liner is a top sheet and the core member (i.e., the body liner does not include any additional liner layer). 他の変形例では、本体ライナは、第1のライナ層と、第2のライナ層とを備えてもよく、第1のライナ層は、上シートであり、第2のライナ層は、裏シートである。 In other variations, the body liner comprises a first liner layer may comprise a second liner layer, the first liner layer is a top sheet, a second liner layer, backsheet it is. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの唯一のライナ層は、上シートであり、裏シートは、唯一のライナ層である。 In some of these variations, only the liner layer of the body liner is a top sheet, the back sheet is the only liner layer. さらに他の変形例では、本体ライナは、上シートを含まなくてもよい。 In yet another variation, the body liner can be free of the above sheet. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、第1のライナ層としてコア部材と、第2のライナ層として裏シートとを備えてもよく、上シートを含まなくてもよい。 For example, in some variations, the body liner, a core member as the first liner layer may comprise a backing sheet as the second liner layer may not include the upper sheet.

いくつかの変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、少なくとも3つのライナ層を備えてもよい。 In some variations, the body liner described herein may comprise at least three liner layer. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、第1の層と、第2の層と、第3の層とを備えてもよく、第1の層は、上シートであり、第2の層は、コア部材であり、第3の層は、裏シートである。 For example, in some variations, the body liner, a first layer, a second layer may comprise a third layer, the first layer is a top sheet, the second layer, a core member, the third layer is backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの唯一のライナ層は、上シート、コア部材、および裏シートである。 In some of these variations, only the liner layer of the body liner, top sheet, core member, and a backing sheet. 他の変形例では、本体ライナは、1つ以上の付加的なライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner may comprise one or more additional liner layer. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、2つ以上のコア部材を備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner may comprise two or more core members. 本明細書で説明される本体ライナとともに使用するために好適である上シート、コア部材、および裏シートがそれぞれ、以下でさらに詳細に説明されるであろうが、本体ライナが、上シート、コア部材、および/または裏シートを含むものとして本明細書で説明されるとき、本体ライナは、以下で説明されるもの等の上シート、コア部材、および/または裏シートの任意の組み合わせを含んでもよいことを理解されたい。 Sheet, the core member onto which are suitable for use with body liners described herein, and backing sheet respectively, as will be described in more detail below, the body liner, top sheet, core members, and / or when it is described herein as comprising a backing sheet, the body liner, top sheet, such as those described below, the core member, and / or comprise any combination of the back sheet it is to be understood that good.

上シート 本体ライナが上シートを含む変形例では、上シートは、典型的には、本体ライナの最上層である(但し、上記で説明されるように、1つ以上の剥離ライナが上シートに一時的に取り付けられてもよいことを理解されたい)。 In variations that include a top sheet body liner upper sheet, the upper sheet is typically a top layer of the body liner (However, as described above, one or more release liner upper sheet it is to be understood that it may be temporarily attached). 上シートを含む本体ライナが臀裂の中に配置されたとき、上シートは、臀部の皮膚と接触するように配置されてもよい。 When the body liner including on the sheet is placed in the gluteal cleft, the upper sheet may be placed in contact with the buttocks of the skin. したがって、軟質の快適な材料から上シートを構成することが望ましくあり得る。 Therefore, it may be desirable to configure the upper sheet from the comfort of a soft material. 場合によっては、上シートは、1つ以上の不織布材料から形成されてもよい。 Optionally, the upper sheet may be formed from one or more nonwoven materials. 例えば、いくつかの変形例では、上シートは、Gladfelter DT075.100等の1つ以上のエアレイド不織布材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the above sheet may be formed from one or more air-laid nonwoven material such as Gladfelter DT075.100. 他の変形例では、上シートは、1つ以上のスパンボンド材料、ウェットレイド材料、静電レイド材料、それらの組み合わせ、または同等物から形成されてもよい。 In other variations, the above sheet, one or more spunbond material, wet laid material, electrostatic laid material may be formed from a combination thereof, or equivalent. さらに他の変形例では、上シートは、1つ以上の織物材料から形成されてもよい。 In yet another variation, the upper sheet may be formed from one or more textile materials. 上シートは、好ましくは、以下でさらに詳細に説明されるように、本体ライナの水に流せる能力に寄与し得る、1つ以上の生分解性材料から形成される。 Top sheet is preferably as described in further detail below, it may contribute to the ability which can be passed to the body of water the liner is formed from one or more biodegradable materials. 場合によっては、上シートは、上シートの軟質性を増加させるように構成されてもよい。 Optionally, the upper sheet may be configured to increase the softness of the upper sheet. 例えば、いくつかの変形例では、1つ以上のニードル、コーム、エアジェット、および/または水ジェットが、上シートの嵩高性を増加させるように上シート層の繊維を分離してもよい。 For example, in some variations, one or more needles, comb, air jet, and / or water jets may separate the fibers of the upper sheet layer to increase the bulkiness of the upper sheet.

上シートはまた、好ましくは、流体吸収性であるようにも構成され、任意の好適な吸収性を有するように構成されてもよい。 The upper sheet is preferably configured in such a fluid-absorbent, may be configured to have any suitable absorbent. 例えば、いくつかの変形例では、上シートは、少なくとも約15g/gの吸収性を有してもよい。 For example, in some variations, the above sheet may have an absorption of at least about 15 g / g. 本体が上シート、裏シート、および/またはコア部材を備えるとき、上シートは、以下でさらに詳細に説明されるように、上シートによって吸収される流体を裏シートおよび/またはコア部材へ移送するように構成されてもよい。 When the body comprises a top sheet, back sheet, and / or core member, the upper sheet, as will be described in more detail below, transfer the fluid to be absorbed by the upper sheet to the backing sheet and / or the core member it may be configured to. これらの場合において、また、上シートが上シートによって吸収される流体の少なくとも一部分を保持することも望ましくあり得る。 In these cases, also, it may also be desirable to retain at least a portion of the fluid above the sheet is absorbed by the upper sheet. 一部の個人は、ABLの発生が起こったときを認識しない場合がある。 Some individuals may not recognize when the occurrence of the ABL has occurred. 上シート内で流体を保持することによって、上シートの汚れた部分は、(本体ライナが汚されていないときに上シートによって提供される乾燥感とは対照的に)上シートに接触する皮膚にとって湿潤していると感じる場合があり、これは、肛門漏出の出来事が起こっており、本体ライナが交換されるべきであるという指示を着用者に提供し得る。 By holding the fluid in the upper sheet, dirty portions of the upper sheet, for skin in contact with the upper sheet (as opposed to a dry feeling provided by the upper sheet when not soiled the body liner) may feel that you are wet, this is happening events of anal leakage, it may provide instructions to the wearer that it should body liner is replaced. この指示は、(肛門付近で漏出物を不動化する本体ライナによって最小限化され得る)臭気の拡散に先立って起こってもよく、これは、着用者が潜在的に恥辱的出来事を回避することを可能にし得る。 This indication may take place prior to the diffusion of odor (minimized which may be the body liner to immobilize spillage around the anus), which is the wearer to avoid potentially shame World Event It may allow.

上シートは、以下でさらに詳細に説明されるように、任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Upper sheet, as described in more detail below, may have any suitable size and shape. 例えば、上シートは、円形、楕円形、長方形、耳たぶ形状(例えば、チョウ形)、または同等物を有してもよい。 For example, the upper sheet may be circular, oval, rectangular, earlobe shape (e.g., butterfly-shaped), or may have equivalents. 本体ライナは、本体ライナのライナ層の数に少なくとも部分的に依存し得る、厚さを有してもよい。 Body liner may be at least partially dependent on the number of liner layer of the body liner may have a thickness. 例えば、本体ライナが上シートを含む単一のライナ層を備える、いくつかの変形例では、上シートは、約1.5mm、約1.25から約1.75mmの間、または同等物の厚さを有してもよい。 For example, the body liner comprises a single liner layer including the upper sheet, in some variations, the above sheet thickness of about 1.5 mm, between about 1.25 to about 1.75mm or equivalent, it may have a of. 本体ライナが複数のライナ層(例えば、上シートならびにコア部材および/または裏シート)を備える、いくつかの変形例では、上シートは、約0.5mm、約0.25から約0.75mmの間、または同等物の厚さを有してもよい。 Body liner plurality of liner layer (e.g., the upper sheet and the core member and / or backing sheet) comprises, in some variations, the above sheet is about 0.5 mm, from about 0.25 to about 0.75mm during or may have a thickness of equivalents.

変形例では、上シートは、本体ライナの1つ以上の部分がそれを通して少なくとも部分的に視認され得るように構成されてもよい(例えば、上シートは、多孔質であり得、および/または1つ以上の部分的に半透明の材料から形成されてもよい)。 In a variant, the upper sheet may be configured such that one or more portions of the body liner can be at least partially visible through it (e.g., the upper sheet is porous to obtain, and / or 1 One or more may be partially formed of a translucent material). 本体ライナが、上シート、裏シート、および上シートと裏シートとの間に位置決めされるコア部材とを備える、変形例では、上シートは、上シートを通したコア部材の可視化を可能にするように構成されてもよい。 Body liner, top sheet, back sheet, and a core member that is positioned between the upper sheet and the backing sheet, in a variant, the upper sheet allows visualization of the core member through the upper sheet it may be configured to.

コア部材 本明細書で説明される本体ライナが1つ以上のコア部材を備えるとき、コア部材は、典型的には、本体ライナの上シートの下に位置決めされる。 When the body liner which is described in the core member herein comprises one or more core member, the core member is typically positioned under the seat on the body liner. コア部材は、好ましくは、流体を吸収するように構成され、任意の好適な吸収性を有してもよい。 The core member is preferably configured to absorb fluids, may have any suitable absorbent. 例えば、いくつかの変形例では、コア部材は、少なくとも20g/gの吸収性を有する。 For example, in some variations, the core member has an absorption of at least 20 g / g. 本体ライナが、上シートと、コア部材とを備えるとき、コア部材は、上シートの吸収性に等しい吸収性を有してもよい。 Body liner, when comprising an upper sheet and a core member, the core member may have equal absorbency to the absorbent top sheet. 他の変形例では、コア部材は、上シートより優れた吸収性を有してもよい。 In other variations, the core member may have better absorbency than the upper sheet. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、上シートより優れた吸収性を有するコア部材を備えてもよく、上シートは、少なくとも約15g/gの吸収性を有し、コア部材は、少なくとも約20g/gの吸収性を有する。 For example, in some variations, the body liner may comprise a core member having excellent absorbency than the upper sheet, the upper sheet has an absorption of at least about 15 g / g, the core member, It has an absorption of at least about 20 g / g. コア部材は、上記でさらに詳細に説明されるような任意の好適な不織または織物材料から形成されてもよい。 The core member may be formed from any suitable nonwoven or woven materials as described in more detail above. いくつかの変形例では、コア部材は、好ましくは、EAM Novathin(登録商標)J1400等の非絡合ウェットレイドパルプから形成されてもよい。 In some variations, the core member may preferably be formed from EAM Novathin (TM) J1400 non entangled wet-laid pulp or the like. コア部材は、好ましくは、以下でさらに詳細に説明されるように、本体ライナの水に流せる能力に寄与し得る、1つ以上の生分解性材料から形成されてもよい。 The core member is preferably as described in further detail below, it may contribute to the ability which can be passed to the body of water the liner may be formed from one or more biodegradable materials.

上シートの下に位置決めされたとき、コア部材は、上シートから流体を受容して吸収してもよい。 When positioned below the top sheet, the core member may be absorbed by receiving the fluid from the top sheet. 加えて、本体ライナが、上シートと、コア部材と、裏シートとを備える、変形例では、コア部材によって吸収される流体のうちの少なくとも一部が、裏シートへ移送されてもよい。 In addition, the body liner comprises a top sheet, and the core member, and a backing sheet, in a variant, at least a portion of the fluid absorbed by the core member may be transferred to the backing sheet. コア部材は、任意の好適な厚さを有してもよい。 The core member may have any suitable thickness. いくつかの変形例では、コア部材は、少なくとも1mmの厚さを有してもよい。 In some variations, the core member may have a thickness of at least 1 mm. 他の変形例では、コア部材は、少なくとも2mmの厚さを有してもよい。 In other variations, the core member may have a thickness of at least 2 mm. コア部材の厚さは、本体ライナの吸収性を増加させるように増加させられてもよい。 The thickness of the core member may be increased to increase the absorption of the body liner.

裏シート 本明細書で説明される本体ライナが裏シートを備えるとき、裏シートは、典型的には、本体ライナの最底層である。 When the body liner which is described in the backing sheet herein comprises a backing sheet, backing sheet, typically a lowermost layer of the body liner. 本体ライナが、加えて、1つ以上のコア部材を備える変形例では、コア部材は、上シートと裏シートとの間に位置決めされてもよい。 Body liner, in addition, in the modification comprises one or more core members, the core member may be positioned between the upper sheet and the backing sheet. 裏シートはまた、好ましくは、流体吸収性であるように構成される。 Backing sheet is also preferably configured to be fluid-absorbent. 例えば、いくつかの変形例では、裏シートは、少なくとも約1g/gの吸収性を有してもよい。 For example, in some variations, the back sheet may have an absorption of at least about 1 g / g. 裏シートは、上シートの吸収性より優れた、上シートの吸収性に等しい、または上シートの吸収性より少ない吸収性を有してもよい。 Backing sheet has superior absorption properties of the upper sheet, is equal to the absorption of the above sheet, or may have a less absorbent than the absorbent upper sheet. 本体ライナが1つ以上のコア部材を備える変形例では、裏シートは、コア部材の吸収性より優れた、コア部材の吸収性に等しい、またはコア部材の吸収性より少ない吸収性を有してもよい。 In a variant the body liner comprises one or more core members, the back sheet has superior absorbent core member is equal to the absorbent core member, or less absorbent than the absorbent core member it may be. 例えば、いくつかの変形例では、裏シートは、上シートおよびコア部材の両方より低い吸収性を有してもよい。 For example, in some variations, the back sheet may have a low absorption than both of the upper sheet and the core member. 概して、上シートおよび/またはコア部材より優れた構造完全性を有するように、その裏シートを構成することが好ましくあり得る。 Generally, to have excellent structural integrity than the upper sheet and / or the core member, it may be preferable to configure the backing sheet.

裏シートが流体吸収性であるとき、裏シートは、典型的には、(本体ライナがコア部材を備える変形例では)上シートおよび/またはコア部材から流体を受容する。 When backing sheet is a fluid-absorbent, backing sheet, typically receiving fluid from (In a variant body liner comprises a core member) upper sheet and / or the core member. 本体ライナが折り畳まれて臀裂の中に配置されるとき、折り目の片側の裏シートの一部分は、折り目の反対側の裏シートの一部分と接触して配置されてもよい。 When placed in a folded body liner into the gluteal cleft, a portion of the backing sheet on one side of the fold line may be disposed in contact with a portion of the backing sheet opposite the fold. 吸収性本体ライナは、この接触により、折り目の片側の裏シートから折り目の反対側の裏シートへ流体を移送することができてもよい。 The absorbent body liner, this contact may be able to transfer fluid from one side of the back sheet of the fold to the other side of the backing sheet of the fold.

裏シートは、上記でさらに詳細に説明されるような任意の好適な不織布または織物材料から作製されてもよい。 Backing sheet may be made from any suitable non-woven or woven materials as described in more detail above. 例えば、いくつかの変形例では、裏シートは、例えば、Suominen WL784450等の1つ以上の水流絡合不織布材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the back sheet may be, for example, be formed from one or more hydroentangled nonwoven material such Suominen WL784450. 裏シートは、好ましくは、本体ライナの水に流せる能力に寄与し得る、1つ以上の生分解性材料から形成される。 Backing sheet, preferably, may contribute to the ability which can be passed to the body of water the liner is formed from one or more biodegradable materials. 裏シートは、任意の好適なサイズを有してもよい。 Backing sheet may have any suitable size. 例えば、裏シートは、約1mm、約0.5mmから約1.5mmの間、または同等物の厚さを有してもよい。 For example, the back sheet is about 1 mm, may have a thickness of between about 0.5mm to about 1.5mm or equivalent. いくつかの変形例では、裏シートは、本体ライナの1つ以上の部分が上記で説明されるように裏シートを通して少なくとも部分的に可視化され得るように、構成されてもよい。 In some variations, backing sheet, so that one or more portions of the body liner can be at least partially visible through the backing sheet as described above, it may be configured. 例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートと、上シートと裏シートとの間に位置決めされるコア部材とを備える変形例では、裏シートは、裏シートを通したコア部材の可視化を可能にするように構成されてもよい。 For example, the body liner, the upper sheet, and the back sheet, in the modified example in which a core member is positioned between the upper sheet and the back sheet, the back sheet, allows visualization of the core member through the backing sheet it may be configured so as to.

例示的な本体ライナ構造 図1A−1Eは、本明細書で説明される本体ライナの例証的変形例を描写する。 Exemplary body liner structure diagram 1A-1E depict illustrative modification of the body liner described herein. 図1Aおよび1Bは、それぞれ、本体ライナ(100)の変形例の上面図および底面図を示す。 1A and 1B, respectively, show a top view and a bottom view of a modification of the body liner (100). 本体ライナ(100)は、(図1Aに示されるような)身体対面表面(102)、および身体対面表面(102)と反対側の(図1Bに示される)後表面(104)を有してもよい。 Body liner (100), a (as shown in FIG. 1A) body facing surface (102), and the body facing surface (102) opposite the (shown in Figure 1B) after the surface (104) it may be. 本体ライナ(100)は、縦軸(106)、および本体ライナ(100)の面内の横軸(108)を含んでもよい。 Body liner (100), the vertical axis (106), and may include the horizontal axis in the plane of the body liner (100) and (108). 縦(106)および横(108)軸は、直交し、標的点(110)で交差してもよい。 Vertical (106) and lateral (108) axes, orthogonal, may intersect with the target point (110). 本体ライナ(100)が少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、標的点(110)が、着用者の肛門を覆って、または肛門付近に位置決めされるように、本体ライナが位置決めされ、本体ライナ(100)が実質的に縦軸(106)に沿って折り畳まれることが意図される。 When the body liner (100) is disposed at least partially anal fissure, the target point (110), over the anus of the wearer, or to be positioned around the anus, the body liner is positioned, body liner (100) is intended to be folded along a substantially vertical axis (106). 縦軸、横軸、および標的点は、本明細書で説明される本体ライナのサイズ、形状、および特徴を説明する際に有用であり得る、相対的な用語であることを理解されたい。 Vertical axis, horizontal axis, and the target point, the size of the body liner described herein may be useful in describing the shape and features, it should be understood that relative terms. 標的点(110)は、本体ライナ(100)の中心付近に位置決めされるものとして図1Aおよび1Bに示されているが、場合によっては、標的点が本体ライナの中心からオフセットされるように、本体ライナを構成することが望ましくあり得ることを理解されたい。 Target point (110), as is shown in FIGS. 1A and 1B as being positioned near the center of the body liner (100), in some cases, the target point is offset from the center of the body liner, it is to be understood that it may be desirable to configure the main liner. 例えば、いくつかの変形例では、標的点は、本体ライナの後端より本体ライナの前端近くに位置決めされてもよく、これは、本体ライナが定位置にあるときに排尿を促進し得る。 For example, in some variations, the target point may be positioned near the front end of the body liner from the rear end of the body liner, which may promote urinate when the body liner is in place.

また、図1Aおよび1Bには、標的域(112)も示されている。 Further, in FIGS. 1A and 1B, the target area (112) is also shown. 概して、標的域(112)は、標的点(110)を包囲し、腸管漏出物を受容するための本体ライナの一次領域として意図される。 Generally, the target area (112) a target point (110) surrounds and is intended as a primary area of ​​the body liner for receiving the intestinal spillage. 標的域(112)が多量の腸管漏出物を受容するとき、標的域(112)は、漏出物を脱水して不動化するように構成されてもよい。 When the target area (112) to receive a large amount of intestinal spills, the target zone (112) may be configured to immobilize dehydrated spillage. 標的域(112)が予測ABL量を脱水することを可能にするように、本体ライナ(100)を構成することが望ましくあり得る。 As the target area (112) is it possible to dehydrate the prediction ABL amount, it may be desirable to configure the body liner (100). 例えば、標的域(112)は、少なくとも約0.05mlのABL量を脱水するように構成されてもよい。 For example, the target area (112) may be configured so as to dehydrate the ABL amount of at least about 0.05 ml. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(112)は、0.25ml以上のABL量を脱水するように構成されてもよく、これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(112)は、5ml以上のABL量を脱水するように構成されてもよい。 In some of these variations, the target area (112) may be configured so as to dehydrate the ABL amount of more than 0.25 ml, in some of these variations, the target area ( 112) may be configured so as to dehydrate the ABL amount of more than 5 ml. 標的域(112)は、任意の好適なサイズまたは形状であってもよい。 Target area (112) may be any suitable size or shape. いくつかの変形例では、標的域(112)は、約25cm から約55cm の間の面積を有してもよい。 In some variations, the target area (112) may have an area of between about 25 cm 2 to about 55cm 2. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(112)は、好ましくは、約30cm から約50cm の間の面積を有してもよい。 In some of these variations, the target area (112) may preferably have an area of between about 30 cm 2 to about 50 cm 2. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(112)は、約35cm から約45cm の間の面積を有してもよい。 In some of these variations, the target area (112) may have an area of between about 35 cm 2 to about 45cm 2. 場合によっては、その標的域は、少なくとも標的点から3cmの半径を有してもよい。 Optionally, the target area may have a radius of 3cm from at least the target point. 標的域(112)は、以下でさらに詳細に説明されるように、楕円形、長方形、砂時計形、不規則な形状、または同等物であってもよい。 Target area (112), as described in further detail below, oval, rectangular, hourglass, or may be irregularly shaped or equivalent.

加えて、いくつかの変形例では、標的域(112)を越えて進行する吸収された流体の量を制限することが望ましくあり得る。 Additionally, in some variations, it may be desirable to limit the amount of fluid absorbed progresses across targeting area (112). 例えば、(例えば、着用者が1つまたは複数の露出部分を把持して本体ライナを除去することができるように)本体ライナの1つ以上の部分が少なくとも部分的に臀裂から延在するように構成されるとき、吸収される流体が標的域を通り過ぎて本体ライナの露出部分まで進行する能力を制限することにより、本体ライナ(100)を除去するときに着用者が自分の指を汚すであろう可能性を低減させ得る。 For example, (e.g., to be able to remove the body liner wearer grips the one or more exposed portions) to one or more portions of the body liner extends et least partially anal torn when configured to, by limiting the ability to proceed to the exposed portion of the body liner fluid absorbed past the target area, the wearer when removing the body liner (100) is dirty their fingers It may reduce the likelihood that it allo. 標的域(112)は、標的点(110)を中心にするものとして図1Aおよび1Bに示されているが、標的域(112)は、その必要はない。 Target area (112) is shown in FIGS. 1A and 1B as being at the center target point (110), the target area (112), but need not. いくつかの変形例では、標的域の境界線は、以下でさらに詳細に説明されるように、コア部材の境界線によって画定されてもよい。 In some variations, the boundary line of the target area, as will be described in more detail below, may be defined by a boundary line of the core member.

本体ライナの標的域は、本体ライナの周辺部分の性質とは異なる1つ以上の性質を有するように構成されてもよい。 Target area of ​​the body liner may be configured to have one or more properties different from the properties of the peripheral portion of the body liner. いくつかの変形例では、本体ライナの標的域は、本体ライナの周辺部分より優れた吸収性を有するように構成されてもよい。 In some variations, the target area of ​​the body liner may be configured to have excellent absorption properties than the peripheral portion of the body liner. 例えば、いくつかの変形例では、標的域は、本体ライナのより薄い部分に対してより優れた流体吸収を可能にし得る、本体ライナの周辺部分の厚さより大きい厚さを有してもよい。 For example, in some variations, the target zone may allow for better fluid absorption for a thinner portion of the body liner may have a thickness greater than the thickness of the peripheral portion of the body liner. 加えて、または代替として、標的域は、標的域の吸収性を増加させ得る、1つ以上の付加的なライナ層を含んでもよい。 Additionally or alternatively, the target region may increase the absorption of the target area may include one or more additional liner layer. 加えて、または代替として、標的域は、本体ライナの周辺部分の1つまたは複数の材料とは異なる、1つまたは複数の材料から形成されてもよい。 Additionally or alternatively, the target region is different from the one or more materials of the peripheral portion of the body liner may be formed from one or more materials. これらの変形例では、標的域を形成する材料または材料の組み合わせは、本体ライナの周辺部分を形成する材料または材料の組み合わせより吸収性であり得る。 In these variations, the combination of the material or materials forming the target area may be absorbing a combination of material or materials forming the peripheral portion of the body liner. 加えて、または代替として、標的域は、標的域の吸収性を増加させ得る、1つ以上の超吸収性ポリマー等の1つ以上の吸収性粒子が組み込まれてもよい。 Additionally or alternatively, the target region may increase the absorption of the target area, one or more of one or more absorbent particles such as superabsorbent polymers may be incorporated.

図1Aおよび1Bに示される本体ライナ(100)は、楕円形を有する標的域(112)を有するが、(本体ライナ(100)を含む)本明細書で説明される本体ライナは、任意の好適な形状(例えば、円形、正方形または長方形、三角形、砂時計形、不規則な形状、または同等物)を有する標的域を有してもよいことを理解されたい。 Body liner (100) shown in FIGS. 1A and 1B, has the target area (112) having an elliptical (including a body liner (100)) body liner described herein may be any suitable shape (e.g., circular, square or rectangular, triangular, hourglass, irregularly shaped, or equivalent) is to be understood that may have a target region with. 加えて、図1Aおよび1Bに示される本体ライナ(100)は、標的域(112)から延在する4つの突出部(116)を有する、全体的なチョウ形を有するものとして示され、本明細書で説明される本体ライナは、以下でさらに詳細に説明されるように、任意の好適な形状を有してもよいことを理解されたい。 In addition, the body liner (100) is shown in FIGS. 1A and 1B, has four protrusions extending from the target area (112) to (116), shown as having an overall butterfly-shaped, hereby body liner that is described in writing, as will be described in further detail below, it is to be understood that may have any suitable shape.

場合によっては、着用者の生殖器との接触または生殖器の閉塞を回避するように、本明細書で説明される本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 In some cases, to avoid contact or genital occlusion of the wearer's genitals, it may be desirable to configure the main liner described herein. 例えば、女性の着用者が、臀裂に標的点を位置決めするように、少なくとも部分的に臀裂の中に本体ライナを位置決めする場合において、膣を閉塞しないように本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 For example, female wearer, so as to position the target point to gluteal cleft, when positioning the body liner at least partially within gluteal cleft, desirable to configure the main liner so as not to block the vaginal possible. 本体ライナの一部分が膣を閉塞するか、または膣の著しく近くに位置決めされる場合、本体ライナは、尿または膣からの月経液を吸収し得、本体ライナの除去を必要とし得る。 If a portion of the body liner or closes the vagina, or is positioned considerably close to the vagina, the body liner is obtained by absorbing the menstrual fluid from urine or vaginal, may require removal of the body liner. 他の変形例では、本体ライナと生殖器との間の接触は、本体ライナの集群化および/または着用者にとって不快感を引き起こし得る。 In other variations, the contact between the body liner genital can cause discomfort for bunching and / or the wearer's body liner. したがって、本体ライナは、生殖器との接触または生殖器の閉塞を回避するように構成されてもよい。 Therefore, the body liner may be configured to avoid blockage of the contact or genital and reproductive. 例えば、図1Aおよび1Bに示される本体ライナ(100)の例証的変形例では、標的点(110)と本体ライナ(100)の前端との間で縦軸(106)に沿った本体ライナ(100)の長さは、肛門と生殖器との間の距離より小さくあり得る。 For example, the body liner (100 along the longitudinal axis (106) between the illustrative modification of the body liner (100) shown in FIGS. 1A and 1B, the front end of the target point (110) body liner (100) length) may be less than the distance between the anus and the genitals. いくつかの変形例では、標的点(110)と本体ライナ(100)の前端との間で縦軸(106)に沿った本体ライナ(100)の長さは、約3.5cm未満であってもよい。 In some variations, the length of the body liner (100) along the longitudinal axis (106) between the target point (110) and the front end of the body liner (100) is less than about 3.5cm it may be.

図1Aおよび1Bに示される本体ライナ(100)は、上記で簡潔に議論されるように、1つ以上のライナ層から形成されてもよい。 Body liner (100) shown in FIGS. 1A and 1B, as briefly discussed above, it may be formed from one or more liner layers. 図1C−1Eは、本体ライナ(100)が1つ以上のライナ層から形成され得る、異なる変形例を描写する。 Figure 1C-1E, the body liner (100) may be formed from one or more liner layers, depict different variations. 図1Cは、本体ライナ(100)が第1のライナ層(118)(例えば、上記で説明されるもの等の上シート)から形成され得る、変形例の(縦軸(106)に沿って得られた)断面側面図を描写する。 1C is obtained along the body liner (100) is the first liner layer (118) (e.g., on a sheet such as those described above) may be formed from, variations (ordinate (106) was) depicts a cross-sectional side view. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1のライナ層(118)は、本体ライナ(100)の唯一のライナ層であってもよい。 In some of these variations, the first liner layer (118) may be the only liner layer of the body liner (100). 図1Cに示されるように、第1のライナ層(118)は、身体対面側(120)、および身体対面側(120)と反対側の後側(122)を有してもよい。 As shown in Figure 1C, the first liner layer (118), the body facing side (120), and may have a body facing side (120) and the rear side of the opposite side (122). 第1のライナ層(118)の身体対面側(120)は、本体ライナ(100)の身体対面表面(102)を形成してもよく、第1のライナ層(118)の後側(122)は、本体ライナ(100)の後表面(104)を形成してもよい。 The body facing side of the first liner layer (118) (120) may form a body facing surface (102) of the body liner (100), a first liner layer (118) side after (122) it may form a surface (104) after the body liner (100). 図1Cに示されるもの等のいくつかの変形例では、第1のライナ層(118)は、本体ライナ(100)の周辺部分の中より標的域(112)の中で大きい厚さを有してもよい。 In some variations of one such as shown in FIG. 1C, the first liner layer (118) has a thickness greater in the target area (112) than in the peripheral portion of the body liner (100) it may be. 標的域(112)の増加した厚さは、標的域(112)の全体的吸収性を増加させ得る。 Increased thickness is a target zone (112) may increase the overall absorption of the target area (112). しかしながら、他の場合において、(例えば、標的域(112)がその中に組み込まれた1つ以上の吸収剤を含み得る場合において)標的域(112)は、本体ライナの周辺部分と同一の厚さ、またはそれより小さい厚さを有してもよいことを理解されたい。 However, in other cases, (e.g., in the case that may include one or more absorbent target area (112) is incorporated therein) target area (112), identical to the peripheral portion of the body liner thickness it is, or is to be understood that may have its thickness of less than.

図1Dは、本体ライナ(100)が2つのライナ層を含み得る、変形例の(縦軸(106)に沿って得られた)断面側面図を描写する。 Figure 1D, the body liner (100) may include two liner layers, (taken along the longitudinal axis (106)) of the modified example depicts a cross-sectional side view. そこで示されるように、本体ライナ(100)は、上シート(124)と、コア部材(126)とを備えてもよい。 As shown there, the body liner (100) includes an upper sheet (124) may comprise a core member (126). これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(124)およびコア部材(126)は、本体ライナの唯一のライナ層であってもよい。 In some of these variations, the upper sheet (124) and the core member (126) may be the only liner layer of the body liner. 上シート(124)およびコア部材(126)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (124) and the core member (126) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. 上シート(124)およびコア部材(126)はそれぞれ、身体対面側(それぞれ、(128)および(132))、および身体対面側とは反対側の後側(それぞれ、(130)および(134)を有してもよい。コア部材(126)の身体対面側(132)の少なくとも一部分は、以下でさらに詳細に説明されるように、ライナ層を接続するように、上シート(124)の後側(130)に取り付けられてもよい。図1Dに示される変形例では、上シート(124)の身体対面側(128)が、本体ライナ(100)の身体対面表面(102)を形成してもよい一方で、コア部材(126)の後側(134)、およびコア部材(126)によって覆われていない上シート(124)の後側(130)の部分は、本体ライナ(100)の後表 Each upper sheet (124) and the core member (126), the body facing side (respectively (128) and (132)), and side (respectively, after the side opposite to the body facing side (130) and (134) at least a portion of the body facing side (132) of may have. core member (126), as will be described in more detail below, to connect the liner layer, after the upper sheet (124) in the variation shown with an installed may. Figure 1D on the side (130), body facing side of the upper sheet (124) (128) is, to form a body facing surface (102) of the body liner (100) while also good, rear (134) of the core member (126), and part of the side (130) after the top sheet (124) not covered by the core member (126) after the body liner (100) table (104)を形成してもよい。加えて、これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(126)のサイズおよび形状は、標的域(112)の境界線を画定してもよい。 (104) may be formed. In addition, in some of these variations, the size and shape of the core member (126) may define a boundary of the target zone (112).

図1Eは、本体ライナ(100)が3つのライナ層を備え得る、変形例の(縦軸に沿って得られた)断面側面図を描写する。 Figure 1E, the body liner (100) may comprise a three liner layer, (taken along the longitudinal axis) of the variation depicts a cross-sectional side view. そこで示されるように、本体は、(図1Dに記載されるように標識される)上シート(124)と、コア部材(126)とを備えてもよく、さらに、裏シート(127)を備えてもよい。 As shown there, the body is provided with an upper sheet (124) (labeled as as described in FIG. 1D), it may comprise a core member (126), further, the back sheet (127) it may be. いくつかの変形例では、上シート(124)、コア部材(126)、および裏シート(127)は、本体ライナの唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (124), the core member (126), and backing sheet (127) may be the only liner layer of the body liner. 裏シート(127)は、身体対面側(136)、および身体対面側(136)と反対側の後側(138)を有してもよい。 Backing sheet (127), the body facing side (136), and may have a side (138) after the side opposite to the body facing side (136). 図1Eに示される変形例では、コア部材は、上シート(124)と裏シート(127)との間に封入されてもよい。 In the variation shown in FIG. 1E, the core member may be sealed between the upper sheet (124) and backing sheet (127). これらの変形例では、上シート(124)および裏シート(127)は、以下でさらに説明されるように接続されてもよい。 In these variations, the upper sheet (124) and backing sheet (127) may be connected as described further below. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(126)はまた、上シート(124)および/または裏シート(127)に取り付けられてもよい。 In some of these variations, the core member (126) may also be attached to the upper sheet (124) and / or backing sheet (127). 図1Eに示される変形例では、上シート(124)の身体対面側(128)は、本体ライナ(100)の身体対面表面(102)を形成してもよく、裏シート(127)の後側(138)は、本体ライナ(100)の後表面(104)を形成してもよい。 In the variation shown in FIG. 1E, body facing side of the upper sheet (124) (128) may form a body facing surface (102) of the body liner (100), the rear side of the back sheet (127) (138) may form a surface (104) after the body liner (100). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(126)のサイズおよび形状は、標的域(112)の境界線を画定してもよい。 In some of these variations, the size and shape of the core member (126) may define a boundary of the target zone (112).

図1Aに示されるように、本体ライナ(100)は、本体ライナ(100)の身体対面表面(102)上に1つ以上の接着領域(114)を備えてもよい。 As shown in Figure 1A, the body liner (100) may comprise one or more adhesive regions on the body facing surface of the body liner (100) (102) (114). 図1Aに示される変形例では、本体ライナ(100)は、縦軸(106)の両側に接着領域(114)を有するが、いくつかの変形例では、本体ライナ(100)は、縦軸(106)の片側のみに1つ以上の接着領域(114)を有してもよいことを理解されたい。 In the variation shown in Figure 1A, the body liner (100) has on both sides in the bonding area of ​​the longitudinal axis (106) (114), in some variations, the body liner (100), the vertical axis ( it is to be understood that may have one or more adhesive regions (114) on only one side of 106). いくつかの変形例では、本体ライナ(100)は、縦軸(106)を横断する1つ以上の接着領域を有してもよい。 In some variations, the body liner (100), the vertical axis (106) may have one or more adhesive regions traversed. さらに他の変形例では、本体ライナ(100)は、いかなる接着領域も備えなくてもよい。 In still other variations, the body liner (100) may not include any adhesive areas. 本明細書で説明される本体ライナとともに使用するための接着領域のサイズ、形状、および配置を以下でさらに詳細に説明する。 The size of the bonded area for use with body liners described herein, shape, and further detailed description of the arrangement below.

本体ライナの回収 本明細書で説明される本体ライナは、臀裂からの本体ライナの除去を可能にするように構築および配列されてもよい。 Body liner that is described in the recovered herein of the body liner may be constructed and arranged to allow removal of the gluteal torn et body liner. 具体的には、本体ライナの除去中に着用者が自分の指を汚す可能性を最小限化しながら、本体ライナの除去を可能にするように本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Specifically, the wearer during removal of the body liner while minimizing the possibility of soiling their fingers, it may be desirable to configure the main liner to allow removal of the body liner. 例えば、1つ以上の回収デバイスが、本体ライナに取り付けられてもよい。 For example, one or more collection devices may be attached to the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、ひも、リボン、タブ、または同等物が、(例えば、接着剤、溶接、または同等物を介して)本体ライナの1つ以上の部分に取り付けられてもよい。 In some of these variations, laces, ribbons, tabs, or equivalents, (e.g., adhesives, welding, or through the equivalent) be attached to one or more portions of the body liner good. これらの変形例では、本体ライナが少なくとも部分的に臀裂内に配置されるとき、ひもまたはリボンは、少なくとも部分的に臀裂から外へ延在するように位置決めされてもよい。 In these variations, when the body liner which is disposed at least partially anal fissure, string or ribbon may be positioned to extend at least partially into the gluteal torn et outside. (例えば、腸管漏出の出来事の後に)本体ライナを除去するために、着用者は、臀裂から本体ライナを引き離すようにひもまたはリボンを引っ張ってもよい。 (E.g., after the events of intestinal leakage) in order to remove the body liner, the wearer may pull the string or ribbon to separate the gluteal torn et body liner.

いくつかの変形例では、本体ライナは、位置決めされたときに少なくとも部分的に臀裂から延在するようにサイズを合わせられて構成されてもよい。 In some variations, the body liner may be configured being combined size to at least partially anal torn et extending when positioned. 例えば、本体ライナが1つ以上の突出部を備える変形例では、突出部のうちの1つ以上は、少なくとも部分的に臀裂から延在してもよい。 For example, in variations where the body liner comprises one or more protrusions, one or more of the projections may be at least partially Mashimashi anal torn et extension. 図1Fは、少なくとも部分的に臀裂(140)内に配置された(図1Aおよび1Bに関して上記で説明される)本体ライナ(100)の例証的変形例を示す。 Figure 1F shows an illustrative modification of at least partially disposed gluteal cleft (140) in (as described above with respect to FIGS. 1A and 1B) body liner (100). そこで示されるように、本体ライナ(100)は、縦軸(106)に沿って折り畳まれ、標的点(110)が肛門(142)またはその付近に位置決めされるように、位置決めされてもよい。 As shown there, the body liner (100) is folded along the longitudinal axis (106), as the target point (110) is positioned in the anus (142) or near, may be positioned. 本体ライナ(100)は、標的点(110)が肛門(142)またはその付近に位置決めされたときに、突出部(116)のうちの1つ以上の少なくとも一部分が、少なくとも部分的に臀裂から外へ延在し得るように、サイズを合わせられてもよい。 Body liner (100), when the target point (110) is positioned at the anus (142) or near one or more at least a portion of the protrusion (116) is at least partially anal torn et al as may extend out may be combined size. 臀裂から延在する本体ライナの部分は、好ましくは、着用者が本体ライナの露出部分を把持することを可能にするように十分大きい。 Portion of the body liner for anal torn et al extending preferably is large enough to allow to grip the exposed part of the body liner wearer. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、標的点(110)が肛門(142)またはその付近に位置決めされたときに、本体ライナ(例えば、1つ以上の突出部)の少なくとも一部分が臀裂から少なくとも1cm延在するように、サイズを合わせられて構成されてもよい。 A number in either the body liner, when the target point (110) is positioned anus (142) or in the vicinity thereof, at least a portion of the body liner (e.g., one or more protrusions) of these variations so they at least 1cm extends et torn anal may be configured being combined size. 本体ライナの着用者は、本体ライナの露出部分のうちの1つ以上を把持してもよく、臀裂から本体ライナを除去するように本体ライナを引っ張ってもよい。 Body liner wearer may grip the one or more of the exposed portion of the body liner may be pulled body liner to remove gluteal torn et body liner. 着用者が臀裂に手を突っ込むことなく本体ライナを除去することを可能にすることによって、着用者は、本体ライナを除去するときに自分の指を汚す可能性が低い。 By the wearer makes it possible to remove the body liner without having to reach into the anal cleft, the wearer is less likely to stain their fingers when removing the body liner.

本体ライナの少なくとも一部分が臀裂から延在することが望ましくあり得るが、また、臀裂からの本体ライナの延在の量を制限することも望ましくあり得る。 It may be desirable to extend at least partially tearing gluteal et body liner, but also may also be desirable to limit the amount of extension of the gluteal torn et body liner. 本体ライナが臀裂から著しく離れて延在する場合、(例えば、下着またはパンツを履くか、または脱ぐときに)衣類が本体ライナを捕捉し、またはそれに引っ掛かり得、その意図された位置から本体ライナを抜去または変位させ得る。 If the body liner extends torn et significantly away anal, (e.g., when worn or take off the underwear or pants) clothing captures the body liner, or give caught thereto, the body liner from its intended position the capable of removal or displacement. したがって、いくつかの変形例では、本体ライナの少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し、臀裂から外へ延在する本体ライナの部分が臀裂から約2.5cm未満で延在するように、本体ライナは、サイズを合わせられ、構成され、または位置決めされてもよい。 Thus, in some variations, so that at least a portion of the body liner extends into et outside torn anal, portions of the extending body liner extends below the gluteal torn et about 2.5cm to anal torn et outside , the body liner aligned size, configured, or may be positioned. これらの変形例のうちのいくつかでは、臀裂から外へ延在する本体ライナの部分の少なくとも一部分は、臀裂から外へ約1cm延在してもよい。 In some of these variations, at least a portion of the portion of the body liner extending into the anal torn et outside may Mashimashi about 1cm extending into anal torn et outside.

本明細書で説明される本体ライナが、直上で説明されるように、少なくとも部分的に臀裂から延在するように構成されるとき、本体ライナの露出部分の吸収を制限することが望ましくあり得る。 Body liner described herein is, as described just above, when configured to extend et al least partially anal torn, be desirable to limit the absorption of the exposed portion of the body liner obtain. これらの変形例では、本体ライナの露出部分の吸収を減少させることにより、吸収された流体が本体ライナの露出部分に到達する能力を低減させ、それによって、本体ライナの除去中に着用者が本体ライナの汚れた部分を把持するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, by reducing the absorption of the exposed portion of the body liner, absorbed fluid is reduced the ability to reach the exposed parts of the body liner, whereby body wearer during removal of the body liner the possibility that would grip the soiled portion of the liner may reduce. いくつかの変形例では、本体ライナの露出部分は、露出部分の吸収を低減させるように、圧着、圧搾、または別様に圧縮されてもよい。 In some variations, the exposed portion of the body liner, so as to reduce the absorption of the exposed portion, crimping, squeezing, or may be compressed into otherwise. 例えば、本体ライナが、少なくとも部分的に臀裂から延在するように構成される1つ以上の突出部(図1Fに関して上記で説明される本体ライナ(100)の突出部(116)等)を備えるとき、突出部は、圧着、圧搾、または別様に圧縮されてもよい。 For example, the body liner, one or more protrusions configured to extend et al least partially anal torn the (protruding portions of the body liner (100) described above with respect to FIG. 1F (116), etc.) when provided, the protrusions, crimping, squeezing, or may be compressed into otherwise. 加えて、または代替として、本体ライナの露出部分は、1つ以上の流体不浸透性材料によって覆われてもよい。 Additionally or alternatively, the exposed portion of the body liner may be covered by one or more fluid impervious material. これらの変形例では、本体ライナによって吸収される流体が本体ライナの露出部分に到達した場合、流体不浸透性被覆は、流体が着用者の指へ移送されることを防止してもよい。 In these variations, if the fluid absorbed by the body liner reaches the exposed part of the body liner, a fluid impermeable coating may prevent fluid from being transferred to the wearer's fingers. 例えば、図1Aおよび1Bに関して上記で説明される本体ライナ(100)の変形例のうちのいくつかでは、突出部(116)は、1つ以上の流体不浸透性材料でコーティングされ得る、コーティングされた領域(150)を備えてもよい。 For example, in some of the modification of the body liner (100) described above with respect to FIGS. 1A and 1B, projecting portions (116), that may be, be coated is coated with one or more fluid impervious material it may comprise a region (150). 突出部(116)のそれぞれは、コーティングされた領域(150)を有するものとして図1Aおよび1Bに示されているが、突出部のうちのいくつかのみ(例えば、横軸(108)の第1の側の突出部のみ、縦軸(106)の第1の側の突出部のみ、または同等物)が、コーティングされた領域(150)を備えてもよいことを理解されたい。 Each of the projecting portions (116), are shown in FIGS. 1A and 1B as having a coated region (150), the first only some of the protrusions (e.g., horizontal axis (108) the projecting portion of the side only, the projecting portion of the first side of the longitudinal axis (106) only, or equivalent) is to be understood that may comprise coated regions (150).

水に流せる能力 いくつかの変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、完全に水に流すことが可能であるように構成されてもよい。 In capacity some variations that can be flowed in the water, the body liner described herein may be configured to be fully capable of flushable. パンティライナ、生理用ナプキン、および失禁パッドは、概して、それらの比較的大きいサイズおよび/または流体不透過性層の存在により、水に流すことが可能ではない。 Panty liners, sanitary napkins and incontinence pads, are generally due to the presence of their relatively large size and / or fluid impermeable layer, not able to flow to the water. 製品を水に流すことが可能ではないとき、着用者は、製品の処分のための代替的な手段を見つけなければならない、またはデバイスを流そうとしてトイレを詰まらせるリスクを冒さななければならない(着用者にとって恥辱的状況を生成し得る)。 When it is not possible flushable products, the wearer must find alternative means for the disposal of the product or must such risking clogging the toilet as will shed device ( It may generate a shame situation for the wearer). 肛門漏出と関連付けられる臭気は、特に、ゴミ箱が概して個室の中に提供されていない公衆トイレでは、便失禁パッドをこっそり処分することを困難にし得る。 Odor associated with anal leakage, especially in public toilets trash is not generally provided in a private room, it can make it difficult to dispose of fecal incontinence pad secretly. したがって、トイレの中でこっそり処分するために水に流すことが可能であるように、本明細書で説明される本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Thus, as it is possible to flow the water to sneak disposal in the toilet, it may be desirable to configure the main liner described herein.

本明細書で説明される本体ライナを水に流すことが可能であるように構成されるとき、それらは、INDAおよび/またはEDANAガイドラインに基づいて水に流すことが可能であるように構成されてもよい(例えば、本体ライナは、予期される製品使用条件下で適正に維持されたトイレおよびパイプシステムを通過してもよく、かつ既存の汚水処理システムと適合し得る)。 The body liner described herein when configured so as to be capable of flushable, they are configured so as to be capable of flushable based on INDA and / or EDANA Guidelines which may (e.g., body liner may pass through the properly maintained toilets and pipe systems with product use conditions expected, and be compatible with existing wastewater treatment system). これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、INDAおよび/またはEDANAガイドラインに基づいて分散性であるように構成されてもよい。 In some of these variations, the body liner may be configured so as to be dispersible based on INDA and / or EDANA guidelines. いくつかの変形例では、本体ライナは、非生分解性材料をほとんどまたは全く使用しないように構成されてもよい。 In some variations, the body liner is little or may be configured not used at all non-biodegradable materials. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの質量の10%未満が、非生分解性材料から形成されてもよい。 In some of these variations, less than 10% of the mass of the body liner may be formed from a non-biodegradable material. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの質量の5%未満が、非生分解性材料から形成されてもよい。 In some of these variations, less than 5% of the mass of the body liner may be formed from a non-biodegradable material. いくつかの変形例では、ライナ層のそれぞれは、1つ以上の生分解性材料から形成される(各ライナ層が、同一の生分解性材料または生分解性材料の組み合わせから形成されてもよく、あるいは異なるライナ層が、異なる生分解性材料または生分解性材料の組み合わせから形成されてもよい)。 In some variations, each of the liner layer may be formed from one or more biodegradable materials (each liner layer, be formed from a combination of the same biodegradable material or biodegradable material , or different liner layer may be formed from a combination of different biodegradable materials or biodegradable materials). いくつかの変形例では、ライナ層のそれぞれは、分散性材料から形成される。 In some variations, each of the liner layer is formed from a dispersible material. 本体ライナが1つ以上の接着領域を備える、いくつかの変形例では、接着領域の1つ以上の接着剤が、本体ライナの唯一の非生分解性構成要素であってもよい。 Body liner comprises one or more adhesive areas, in some variations, one or more adhesive bonding region may be the only non-biodegradable components of the body liner. これらの変形例では、接着領域のサイズおよび配置は、本体ライナの水に流せる能力に干渉しないよう構成されてもよい。 In these variations, the size and arrangement of the bonding region may be configured so as not to interfere with the ability of flown into the body of water the liner.

本体ライナを水に流すことが可能であるように構成されるとき、本体ライナは、好ましくは、トイレで処分されたときに製品の溶解を促進するか、または別様に助長する材料を使用して作製される。 When configured body liner as it is possible to flow the water, the body liner, preferably, using materials that promote or facilitate product dissolution, or otherwise when it is disposed of in toilets It is manufactured Te. 例えば、本体ライナが、以下でさらに詳細に説明されるように、少なくとも部分的に相互に接合され得る2つ以上のライナ層を備える変形例では、ライナ層は、1つ以上の水溶性樹脂を使用して接着されてもよい。 For example, the body liner, as will be described in more detail below, in the modification with two or more liner layers may be at least partially joined to each other, the liner layer, one or more water-soluble resin it may be bonded using. 水に流すことが可能な本体ライナのライナ層は、好ましくは、セルロース系繊維を使用して形成される1つ以上の織物または不織布材料等のセルロース系材料から作製される。 Liner layer of the body liner can feed the water, preferably made of a cellulosic material, such as one or more woven or non-woven material formed using cellulosic fibers. これらのセルロース系材料は、長い合成繊維を含む必要がなく、本体ライナの分散性を助長し得る。 These cellulosic materials, need not include a long synthetic fibers, it can facilitate the dispersibility of the body liner. 例えば、本体ライナが上記で説明されるもの等の上シート、コア部材、および/または裏シートの組み合わせを備える変形例では、ライナ層のそれぞれは、1つ以上のセルロース系材料から形成されてもよい。 For example, on a sheet such as that body liner is described above, in the modification comprises a core member, and / or combinations of the backing sheet, each of the liner layer, be formed from one or more cellulosic materials good. 本体ライナは、典型的には、汚れた直後に除去されるため、本体ライナは、溶解性または分散性本体ライナ構成要素の有意な溶解に先立って除去されてもよい。 Body liner is typically to be removed immediately after contamination, the body liner can be removed prior to significant dissolution of the solubility or dispersibility body liner component. 本体ライナが1つ以上の剥離ライナとともに包装されるとき、剥離ライナは水に流すことが可能である必要はないが、剥離ライナはまた、水に流すことが可能であり得ることを理解されたい。 When the body liner is packaged with one or more release liners, release liner like need not be able to flow to the water, the release liner also be understood that it may be possible flushable .

また、本体ライナを水に流すことを促進するように、本体ライナの全体的サイズを最小限化することも望ましくあり得る。 Also, to facilitate passing a body liner in water, it may also be desirable to minimize the overall size of the body liner. 肛門開口部またはその付近に本体ライナの標的点(場合によっては標的域)を配置することによって、本体ライナは、肛門開口部付近にABL量を閉じ込めてもよく、これは、本体ライナの全体的体積が、パンティライナ、おむつ、および同等物に対して低減されることを可能にし得る。 By anal opening or the target point of the body liner near its (optionally the target area) to place the main body liner may confine the ABL amount near the anal opening, which, overall body liner volume may allow it to be reduced relative to panty liners, diapers, and the like. 加えて、いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの全体的体積を有意に増加させることなく、本体ライナの吸収の増加を可能にし得る、1つ以上の吸収材料(例えば、1つ以上の超吸収性ポリマー)で含浸されてもよい。 Additionally, in some variations, the body liner, without increasing the overall volume of the body liner significantly, may allow an increase in the absorption of the body liner, one or more absorbent materials (e.g., one may be impregnated with more superabsorbent polymers). これらの変形例では、任意の1つまたは複数のライナ層(例えば、上シート、裏シート、コア部材、それらの組み合わせ、または同等物)は、これらのポリマーで含浸されてもよい。 In these variations, any one or more liner layers (e.g., the upper sheet, backing sheet, the core member, a combination thereof or an equivalent thereof) may be impregnated with these polymers. しかしながら、本明細書で説明される本体ライナはまた、超吸収性ポリマーを必要とすることなく、多量の肛門漏出物を不動化および/または吸収可能であってもよいことを理解されたい。 However, the body liner described herein may also, without requiring a superabsorbent polymer, it is understood that a large amount of anal leakage thereof may be immobilized and / or absorbable. さらに、流体不透過性層を含まない、本明細書で説明される本体ライナの変形例では、流体不透過性層の欠如によって、本体ライナのサイズを縮小してもよい(また、層の流体不透過性により起こり得る、水に流す負担を除去してもよい)。 Furthermore, not including fluid impermeable layer, the modification of the body liner described herein, by the lack of a fluid impermeable layer, which may reduce the size of the body liner (also of formation fluids can occur by impermeable, it may be removed burden flushable).

多層構造 本明細書で説明される本体ライナが複数のライナ層を備えるとき、複数のライナ層のうちのいくつかまたは全ては、任意の好適な様式で接続されてもよい。 When the body liner which is described in the multi-layer structure herein comprises a plurality of liner layer, some or all of the plurality of liner layer, may be connected in any suitable manner. 層は、各層のそれぞれの原材料から個別に形成されてもよい。 Layers may be separately formed from each of the raw materials of each layer. 例えば、いくつかの変形例では、上シート層は、高い嵩高性および軟質性を有するエアレイド不織布材料から形成されてもよく、コア部材層は、ウェットレイド不織布材料から形成されてもよく、裏シートは、水流絡合不織布材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet layer may be formed from airlaid nonwoven material having a high bulkiness and softness, the core member layer may be formed from a wet-laid nonwoven material, backing sheet it may be formed from a hydroentangled nonwoven material. 本体ライナの個々の層は、相互と接触して配置されてもよく、かつ1つ以上の様式で接続されてもよい。 The individual layers of the body liner, may be connected may be placed in contact with each other, and in one or more ways. 例えば、2つのコア層が、1つ以上の接着剤を使用して接着されてもよい。 For example, two core layers may be bonded by using one or more adhesive. 加えて、または代替として、2つの層が、機械的に接続されてもよい。 Additionally or alternatively, the two layers may be mechanically connected.

2つのライナ層が1つ以上の接着剤を使用して接続されるとき、1つ以上の接着剤は、ライナ層の一方または両方に適用されてもよく、ライナ層は、1つ以上の接着剤がライナ層を接合するように相互と接触して配置されてもよい。 When two liner layers are connected using one or more adhesive, one or more adhesive may be applied to one or both of the liner layer, the liner layer can include one or more adhesive agent may be placed in contact with each other so as to bond the liner layer. 接着剤は、任意の好適な接着剤(例えば、DEMRA−TAK H 542B、Henkel EASYMELT(登録商標) 34−375C等の1つ以上の熱溶融性接着剤、1つ以上の溶剤系接着剤、1つ以上の水性接着剤、1つ以上のエネルギー、熱、または化学的硬化接着剤、それらの組み合わせ、および同等物)であってもよく、任意の好適な様式(例えば、噴射の適用、スロットダイコーティング、または同等物)で適用されてもよい。 The adhesive may be any suitable adhesive (e.g., DEMRA-TAK H 542B, Henkel EASYMELT (R) of one or more hot melt adhesive such as 34-375C, one or more solvent-based adhesives, 1 one or more aqueous adhesives, one or more energy, heat or chemical curing adhesives, combinations thereof, and may be equivalent), any suitable manner (e.g., application of the injection, slot die coatings or may be applied by equivalent). 回転ドラム、1つ以上のプレス機、または同等物が、圧力をライナ層に印加するために使用されてもよい。 Rotary drum, one or more presses, or equivalent, it may be used to apply pressure to the liner layer. 場合によっては、これらのデバイスは、接着性質を制御するのに役立つように加熱または冷却されてもよい。 In some cases, these devices may be heated or cooled to help control the adhesive properties.

2つの層が機械的に接続されるとき、それらは、例えば、縫製、エンボス加工、圧着、超音波結合、熱結合、針穿孔、混紡(例えば、流体混紡)、または同等物等の任意の好適な様式で接続されてもよい。 When the two layers are mechanically coupled, they can, for example, sewing, embossing, crimping, ultrasonic bonding, thermal bonding, needle perforation, blend (e.g., a fluid blend) any suitable, such as, or equivalent it may be connected in such a fashion. 例えば、場合によっては、2つ以上の層は、混紡を介して相互に接合されてもよい。 For example, in some cases, two or more layers may be bonded to each other through a blend. これらの場合において、針または他の貫通機構(例えば、高圧空気または水流)が、ライナ層の繊維を絡ませるようにライナ層を貫通してもよい。 In these cases, the needle or other penetration mechanism (e.g., high pressure air or water) may penetrate the liner layer so as to entangle the fibers of the liner layer. 加えて、または代替として、貫通機構は、ライナ層をともに機械的に束ねるように、ライナ層を通して1本以上の長い繊維を穿通させてもよい。 Additionally or alternatively, the through mechanism, both as bundling mechanically liner layer, one or more long fibers through the liner layer may be penetrated.

例えば、本体ライナが、以下でさらに詳細に説明されるように、上シートと、上シートと接触しているコア部材とを備える、いくつかの変形例では、コア部材は、上シートに直接接続されてもよい。 For example, as the body liner, will be described in more detail below, comprises an upper sheet, and a core member in contact with the upper sheet, in some variations, the core member is directly connected to the upper sheet it may be. いくつかの変形例では、コア部材は、1つ以上の接着剤を使用して上シートに接着されてもよい。 In some variations, the core member may be adhered to the upper sheet using one or more adhesive. 例えば、いくつかの変形例では、コア部材は、水溶性樹脂を使用して上シートに接着されてもよい。 For example, in some variations, the core member may be adhered to the upper sheet using a water-soluble resin. 加えて、または代替として、コア部材は、上記でさらに詳細に説明されるように、上シートに機械的に接続されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member, as will be described in more detail above, may be mechanically connected to the upper sheet.

本体ライナがさらに、コア部材と、コア部材と接触している裏シートとを備える、変形例では、コア部材は、直上で説明されるような任意の様式で裏シートに取り付けられてもよい。 Body liner further comprises a core member and a back sheet in contact with the core member, in a variant, the core member may be attached to the backing sheet in any manner, such as described immediately above. 本体ライナが、上シートと、裏シートと、上シートと裏シートとの間に位置決めされるコア部材とを備える、変形例では、ライナ層のうちのいずれかまたは全ては、上記で説明されるもの等の任意の好適な様式(例えば、接着結合および/または機械的接続)でともに接合されてもよい。 Body liner comprises a top sheet, a back sheet, and a core member that is positioned between the upper sheet and the backing sheet, in a variant, any or all of the liner layer are described above any suitable manner (e.g., adhesive bonding and / or mechanical connections) such things together may be joined with. 例えば、これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートおよび裏シートは、直接接続されてもよく、コア部材は、上シートおよび裏シートの一方または両方に取り付けられてもよい。 For example, in some of these variations, the upper sheet and backing sheet may be directly connected, the core member may be attached to one or both of the upper sheet and the back sheet.

コア部材が上シートと裏シートとの間に封入されるとき、コア部材は、上シートまたは裏シートのいずれか一方に直接取り付けられる必要はない。 When the core member is sealed between the upper sheet and the backing sheet, the core member need not be attached directly to either the top sheet or backing sheet. これらの変形例では、上シートおよび裏シートは、上シートと裏シートとの間にコア部材を封入して保持するように接続されてもよい。 In these variations, the upper sheet and backing sheet may be connected to hold encapsulating a core member between the upper sheet and the backing sheet. コア部材と最上および裏シートとの間の相対移動を防止するのに役立つように、コア部材が上シートおよび/または裏シートに取り付けられることが、依然として望ましくあり得る。 To help prevent relative movement between the core member and the top and back sheets, the core member is attached to the upper sheet and / or back sheet may be still desirable. これらの場合において、コア部材のわずかな部分のみが、上シートおよび/または裏シートに取り付けられる必要がある。 In these cases, only a small portion of the core member needs to be attached to the upper sheet and / or backing sheet. 例えば、いくつかの変形例では、コア部材は、コア部材の表面積の約15%未満が裏シートに取り付けられ得るように、(例えば、接着結合および/または機械的接続を使用して)裏シートに直接接続されてもよい。 For example, in some variations, the core member, so that less than about 15% of the surface area of ​​the core member may be attached to the backing sheet, (e.g., adhesive bonding and / or by using a mechanical connection) backing sheet it may be directly connected to. 加えて、または代替として、コア部材は、コア部材の表面積の約15%未満が裏シートに取り付けられ得るように、(例えば、接着結合および/または機械的接続を使用して)上シートに直接接続されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member, so that less than about 15% of the surface area of ​​the core member may be attached to the backing sheet, (e.g., adhesive bonding and / or by using a mechanical connection) directly on the sheet it may be connected.

本体ライナが、裏シートと、上シートと(いくつかの変形例では、その間に位置決めされるコア部材と)を備える、変形例では、裏シートおよび上シートは、直接接続され、および/または間接的に接続され(例えば、コア部材等のライナ層への共通取付部を介して接続され)てもよい。 Body liner, a backing sheet, top sheet and (in some variations, the core and the member positioned therebetween) comprises, in a variant, the back sheet and top sheet are directly connected, and / or indirectly connected to (e.g., connected via a common attachment to the liner layer, such as a core member) to be. 場合によっては、裏シートおよび上シートが実質的に接続されていないことが望ましくあり得る。 In some cases, it may be desirable backing sheet and the upper sheet is substantially not connected. 例えば、折り重ねられた後表面の間の摩擦が、移動中に臀部の皮膚に対して本体ライナを滑動させ得、これは、上記でさらに詳細に説明されるように、本体ライナの集群化または変位をもたらし得る。 For example, friction between the surface after being folded is obtained by sliding the body liner against the buttocks of the skin during movement, which, as will be described in more detail above, the body liner bunching or It can lead to displacement. 上シートおよび裏シートが大部分は接続されていないとき、上シートは、着用者の移動中に裏シートに対して滑動することができてもよく、この移動は、(特に、本体ライナの後表面が低い摩擦係数を有する変形例で)本体ライナの抜去および/または集群化を防止するのに役立ち得る。 When the upper sheet and the back sheet is not largely connected, the upper sheet may be able to slide relative to the back sheet during movement of the wearer, this movement, (particularly after body liner surface can help prevent low a modification having a coefficient of friction) removal of the body liner and / or bunching. 加えて、ライナ層の間の接着結合は、流体を吸収する本体ライナの能力に干渉し得る、ライナ層の水に流せる能力に影響を及ぼし得る、および/または本体ライナの剛性を増加させ得る(本体ライナによって提供される快適性のレベルを減少させ得る)。 In addition, the adhesive bond between the liner layer can interfere with the ability of the body liner to absorb fluid, may affect the ability of flown of water liner layer, and / or may increase the stiffness of the body liner ( It may reduce the level of comfort provided by the body liner). したがって、接続されるライナ層の表面積の割合を最小限化しながら、ライナ層を接合することが望ましくあり得る。 Thus, while minimizing the ratio of the surface area of ​​the liner layer connected, it may be desirable to bond the liner layer. いくつかの変形例では、上シートおよび裏シートは、上シートおよび裏シートの表面積の少なくとも80パーセントが未接続のままであるように接続されてもよい。 In some variations, the upper sheet and the back sheet is at least 80 percent of the surface area of ​​the upper sheet and backing sheet may be connected to remain unconnected. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートおよび裏シートの表面積の少なくとも90パーセントが、未接続のままであってもよい。 In some of these variations, at least 90 percent of the surface area of ​​the upper sheet and the back sheet may remain unconnected.

裏シートおよび上シートが直接接続されたとき、それらは、上記でさらに詳細に説明されるような任意の好適な様式で(例えば、接着結合および/または機械的取付を介して)接続されてもよい。 When backing sheet and the upper sheet is connected directly, they are in any suitable manner, as described in more detail above (e.g., adhesive bonding and / or via the mechanical attachment) be connected good. いくつかの変形例では、裏シートおよび上シートは、上シートおよび/または裏シートの周囲で接続されてもよい。 In some variations, the back sheet and the top sheet may be connected around the upper sheet and / or backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートおよび上シートは、上シートおよび/または裏シートの周囲全体で接続されてもよい。 In some of these variations, the back sheet and the top sheet may be connected across the periphery of the upper sheet and / or backing sheet. 上シートおよび裏シートが同一の形状を有する変形例では、上シートおよび裏シートは、上シートおよび裏シートの両方の周囲で相互に接合されてもよい。 In the variant above sheet and backing sheet has the same shape, the upper sheet and the back sheet may be joined to each other around the both of the upper sheet and the back sheet. 上シートが裏シートより大きい変形例では、上シートおよび裏シートは、裏シートの周囲で相互に接合されてもよく、またはその逆も同様である。 Above the sheet backing sheet larger variation, the upper sheet and the back sheet may be joined to each other around the back seat, or vice versa.

複数の層が本体ライナを形成されるように相互に接合されるとき、本体ライナの形状は、ライナ層が接合される前または後に作成されてもよい。 When multiple layers are joined to one another so as to form the body liner, the shape of the body liner may be created before or after the liner layer is bonded. 例えば、いくつかの変形例では、個々のライナ層の形状は、ライナ層を接合することに先立って設定されてもよく(例えば、個々のライナ層が、本体ライナの構築に先立って本体ライナの所望の形状に切断されてもよく)、または本体ライナは、ライナ層が接合された後に所望の形状に設定されてもよい(例えば、多層構造が所望の本体ライナ形状に切断されてもよい)。 For example, in some variations, the shape of the individual liner layer may be set prior to bonding the liner layer (e.g., the individual liner layer, the body liner prior to construction of the body liner it may be cut into a desired shape), or body liners may be set to a desired shape after the liner layer is bonded (for example, a multilayer structure may be cut into a desired body liner shape) . 加えて、場合によっては(以下でさらに詳細に説明されるように)、1つ以上の接着領域が、本体ライナに適用されてもよい。 In addition, in some cases (as will be described in more detail below), one or more bonding areas, may be applied to the body liner. 本体ライナまたは個々のライナ層は、型抜き、レーザ切断、水ジェット切断、または同等物等の任意の好適な様式で切断されてもよい。 Body liner or individual liner layer, die-cutting, laser cutting, water jet cutting, or may be cut in any suitable manner equivalents like.

吸収 上述のように、本明細書で説明される本体ライナは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 As absorption above, body liner described herein may be configured so as to be fluid-absorbent. 本明細書で説明される本体ライナは、本体ライナのサイズおよび材料に応じて、任意の好適な量の流体を吸収することができてもよい。 Body liner described herein, depending on the size and material of the body liner, it may be able to absorb any suitable amount of fluid. いくつかの変形例では、本体ライナは、少なくとも約1.25g/gの全体的吸収性指数を有してもよい。 In some variations, the body liner may have an overall absorption index of at least about 1.25 g / g. 流体が本体ライナによって吸収されるとき、吸収材料は、(例えば、材料の多孔性および/または毛管現象を介して)ライナによって吸収される流体を取得、分配、および貯蔵するように構成されてもよい。 When fluid is absorbed by the body liner, absorbent material, (e.g., porosity and / or capillary action through the material) obtaining a fluid that is absorbed by the liner, the distribution, and be configured to store good. いくつかの変形例では、本体ライナの少なくとも一部分は、身体対面表面から本体ライナの対向後表面へ流体を通過させ得るように、吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, at least a portion of the body liner, so that the body facing surface capable of passing the fluid to the opposite post surface of the body liner may be configured so as to be absorbent. これらの変形例では、本体ライナは、本体ライナの後表面が吸収材料を含むとき等、(上記でさらに詳細に説明されるように縦軸に沿って折り畳まれたとき等に)折り目の異なる側の本体ライナ部分の間の後表面と後表面の接触を介して、流体を吸い上げるか、または別様に移送するように構成されてもよい。 In these variations, the body liner, such as when the surface after the body liner comprises an absorbent material, (in like when folded along the longitudinal axis as will be described in more detail above) different sides of the fold through contact with after and back surfaces between the body liner portion may be configured to transfer or wicking fluid, or otherwise. 本明細書で説明される本体ライナが複数のライナ層(例えば、上シートおよび裏シート、および/またはコア部材)を備えるとき、ライナ層のうちのいくつかまたは全ては、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Body liner described herein has a plurality of liner layer (e.g., the upper sheet and the back sheet, and / or the core member) when provided with some or all of the liner layer, as a fluid-absorbent it may be configured to. いくつかの変形例では、ライナ層のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, each of the liner layer may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、本体ライナは、複数のライナ層を通して身体対面表面から本体ライナの後表面へ流体を移送することができてもよい(例えば、各ライナ層は、ライナ層の身体対面側からライナ層の後側へ流体を移送することができてもよい)。 In these variations, the body liner, may be able to transport the fluid to the surface after the body liner from the body-facing surface through a plurality of liner layer (e.g., the liner layer from the body facing side of the liner layer it may be able to transport the fluid to the rear side of the liner layer). 加えて、本体ライナ(およびそのライナ層)の吸収性質は、ガスがそれを通過することを可能にしてもよく、それによって、本体ライナの通気性を提供し、本体ライナによる湿気を低減させ得る。 In addition, the absorption properties of the body liner (and its liner layer) may allow the gas to pass therethrough, thereby to provide a breathable body liner may reduce the moisture from the body liner .

上記のいくつかの変形例では、本体ライナによって吸収される流体を選択的に分配するように本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 In some variations of the above, it may be desirable to configure the main liner to selectively distribute the fluid absorbed by the body liner. 具体的には、本体ライナは、異なる方向への異なる流体ウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 Specifically, the body liner may be configured to have different fluid wicking rate in different directions. 図2Aは、本体ライナ(200)の例証的変形例の斜視図を示す。 2A shows a perspective view of an illustrative modification of the body liner (200). 本体ライナ(200)は、本明細書の全体を通して説明される本体ライナのうちのいずれかであってもよく、かつ特徴の任意の好適なサイズ、形状、および構成を有してもよい。 Body liner (200) may be any of the body liner that is described throughout the specification, and any suitable size of features can have shapes, and configurations. 図2Aに示されるように、所与の点(201)での流体の移動は、3つの構成要素方向(すなわち、第1の方向(202)、第2の方向(204)、および第3の方向(206))に分割されてもよい。 As shown in FIG. 2A, the movement of the fluid at a given point (201), three components direction (i.e., a first direction (202), a second direction (204), and third it may be divided in the direction (206)). そこで示されるように、第1(202)および第2の(204)方向は、本体ライナ(200)の面内で相互に垂直であり得る。 As shown there, the first (202) and second (204) direction, may be perpendicular to each other in the plane of the body liner (200). 第3の方向(206)は、本体ライナ(200)の面と垂直であり得(それによって、第1(202)および第2の(204)方向の両方と垂直であり得)、本体ライナ(200)の厚さを横断して延在してもよい。 Third direction (206), (whereby the first (202) and second (204) is perpendicular to the both directions obtained) is obtained perpendicular to the plane of the body liner (200), the body liner ( the thickness of 200) may extend across. 本明細書で説明される本体ライナは、第1、第2、および第3の方向への流体移動の速度を選択的に制御するように構成されてもよい。 Body liner that is described herein, first, may be configured to selectively control the rate of fluid movement in the second, and the third direction.

例えば、いくつかの変形例では、流体が本体ライナ(またはそのライナ層)の面内で移動するよりも本体ライナ(またはそのライナ層)の厚さを通って迅速に移動するように、本体ライナ(または本体ライナの1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 For example, in some variations, as fluid moves rapidly through the thickness of the body liner (or liner layer) than to move in the plane of the body liner (or liner layer), the body liner it may be desirable to configure (or one or more liner layers of the body liner). 例えば、図2Aに示される本体ライナ(200)の例証的変形例では、本体ライナ(200)は、第1(202)および第2の(204)方向へのウィッキング速度より速い第3の方向(206)へのウィッキング速度を有してもよい。 For example, in the illustrative modification of the body liner (200) shown in Figure 2A, the body liner (200) is faster than wicking rate to the first (202) and second (204) direction the third direction it may have a wicking rate of the (206). これらの場合において、(例えば、多量の腸管漏出物からの)本体ライナに接触する流体は、本体ライナを横断して広がるよりも(例えば、本体ライナの皮膚対面表面から本体ライナの後表面に向かって)本体ライナを通って迅速に通過し得る。 In these cases, towards (e.g., from a large amount of intestinal spills) fluid in contact with the body liner, rather than spread across the body liner (e.g., the surface after the skin-facing surface of the body liner body liner It can rapidly pass) through the body liner Te. これは、本体ライナの厚さにわたる吸収を助長し得、かつ本体ライナに適用されたときに流体量の拡散を低減させ得る。 This may reduce the diffusion of the fluid volume when applied to obtain conducive to absorption across the thickness of the body liner and the body liner. 本体ライナによって吸収される流体の拡散を低減することにより、流体が本体ライナの外部に到達するであろう可能性を低減し、それによって、本体ライナを除去するときに、着用者が本体ライナの汚れた部分に触れるであろう可能性を低減させ得る。 By reducing the diffusion of the fluid absorbed by the body liner, fluid will reduce the likelihood that it will reach the outside of the body liner, whereby when removing body liner, the wearer of the body liner the at will if possible touch the soiled portion can reduce.

加えて、本体ライナが実質的に折り返される(例えば、少なくとも部分的に臀裂の中に配置された時に縦軸に沿って折り畳まれる)とき、折り目の片側の本体ライナに接触する流体は、本体ライナの厚さを通して移送されてもよく、さらに、(例えば、後表面と後表面の接触を介して)折り目の反対側の本体ライナの一部分に移送されてもよい。 In addition, the body liner is substantially folded when (e.g., folded along the longitudinal axis when it is disposed at least partially within gluteal cleft), the fluid in contact with one side of the body liner folds, body it may be transported through the thickness of the liner, further (e.g., through contact with the rear surface and the rear surface) may be transferred to a portion on the opposite side of the body liner folds. 例えば、図2Bは、本体ライナ(200)が縦軸(図示せず)に沿って半分に折り畳まれている、図2Aに示される本体ライナ(200)の正面図を示す。 For example, Figure 2B shows a front view of the body liner (200) is the vertical axis is folded in half along a (not shown), the body liner (200) shown in Figure 2A. そこで示されるように、点(201)に対して第3の方向(206)へ通過する流体は、第3の方向(206)に沿って本体ライナの反対の半分に向かって移動するであろう、そして第3の方向(206)に沿って本体ライナの反対の半分によって吸収され得る。 As shown there, the fluid passing through the third direction (206) relative to the point (201), will move towards the half of the opposite body liner along the third direction (206) and it can be absorbed by the half of the opposite body liner along the third direction (206). これは、第3の方向(206)で吸収される流体の全体的な量を増加させ得、さらに、所与の流体量について、第1(202)および第2の(204)方向へ拡散し得る流体の量を低減させ得る。 This overall yield amounts to increase the fluid to be absorbed in the third direction (206), further, for a given fluid volume, diffuses into the first (202) and second (204) direction obtained can reduce the amount of fluid. これは、典型的には、肛門に近い、その初期接触点に対して流体を限局するのに役立ち得る。 This is typically close to the anus, it may help to localize fluid for the initial contact point. 本体ライナの1つ以上の部分が、少なくとも部分的に臀裂から外へ延在するとき、この局在化は、流体が本体ライナの1つまたは複数の露出部分に到達する可能性を低減させ得る。 One or more portions of the body liner, when extending at least partially into the gluteal torn et outside, this localization may reduce the likelihood of fluid reaching the one or more exposed portions of the body liner obtain.

いくつかの変形例では、本体ライナ(またはそのライナ層)の面内で異なる速度において流体を移送するように本体ライナ(またはそのライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 In some variations, it may be desirable to configure the main liner (or liner layer) so as to transfer the fluid at different rates in the plane of the body liner (or liner layer). 例えば、本体ライナが1つ以上のエアレイド不織布材料を含む変形例では、繊維が第2の方向より第1の方向で整合させられるように、材料の繊維が置かれてもよい。 For example, in the modification including one or more airlaid nonwoven material body liner, so that the fibers are aligned in a first direction than a second direction, the fiber material may be placed. 例えば、図2Aおよび2Bに示される本体ライナ(200)の例証的変形例では、第1の方向(202)へのウィッキング速度は、第2の方向(204)へのウィッキング速度より速くてもよい(またはその逆も同様である)。 For example, in the illustrative modification of the body liner (200) shown in FIGS. 2A and 2B, wicking rate in a first direction (202) is faster than the wicking rate of the second direction (204) which may (or vice versa). これらの変形例では、本体ライナ(200)に適用された流体量は、第2の方向(204)よりも第1の方向(202)へ多く拡散してもよい。 In these variations, the amount of fluid applied to the body liner (200), the first may be diffused most in the direction (202) than the second direction (204). これは、本体ライナの1つ以上の部分が臀裂を越えて延在し、着用者が臀裂から本体ライナを除去するように把持して引くことができる、回収部分の役割を果たす場合において、特定の有用性を見出し得る。 This extends beyond the one or more portions gluteal cleft of the body liner can be drawn by gripping so wearer removes the gluteal torn et body liner, in the case serves as a recovery component You may find particular utility. これらの変形例では、流体が本体ライナの回収部分に到達する可能性を最小限化することが望ましくあり得る。 In these variations, it may be desirable to minimize the possibility of fluid reaches the collection portion of the body liner. 例えば、図1A−1Eに関して上記で説明される本体ライナ(100)の変形例では、本体ライナ(100)は、本体ライナ(100)が少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、これらの突出部(116)のうちの1つ以上の少なくとも一部分が少なくとも部分的に臀裂から延在し得るように、構成されてもよい。 For example, in the modification of the body liner (100) described above with respect to FIG. 1A-1E, the body liner (100), when the body liner (100) is disposed at least partially anal fissure, these as one or more of at least a portion of the projecting portion (116) may Mashimashi anal torn et extends at least partially, it may be constructed. 突出部(116)のこれらの露出部分は、横軸(108)の上方または下方のいずれか一方に位置決めされる。 These exposed portions of the projecting portion (116) is positioned above or to either below the horizontal axis (108). したがって、これらの変形例では、横軸(108)と平行な方向へのウィッキング速度が、縦軸(106)と平行な方向へのウィッキング速度より速いように、本体ライナ(100)を構成することが望ましくあり得る。 Thus, in these variations, wicking rate to the horizontal axis (108) parallel to the direction, vertical axis (106) and so faster than wicking rate of the parallel direction, comprises the body liner (100) it may be desirable to. これらの変形例では、多量の肛門漏出物が(例えば、標的域(112)の中で)本体ライナに接触するとき、該量からの流体は、本体ライナの長さに沿って拡散するより速く、本体ライナの幅を横断して拡散し得る。 In these variations, a large amount of anal leakage thereof (e.g., in the target area (112)) when in contact with the body liner, fluid from said amount, faster will spread along the length of the body liner , it can diffuse across the width of the body liner. したがって、より少量の流体が、突出部(116)に向かって縦軸に沿って拡散してもよく、これは、流体が突出部(116)の露出部分に到達するように十分離れて進行することができるであろう可能性を減少させ得る。 Therefore, a smaller amount of fluid may be diffused along the longitudinal axis toward the protruding portion (116), which proceeds sufficiently far so that the fluid reaches the exposed portion of the projection (116) it may reduce the likelihood that could have.

本明細書で説明される本体ライナが、本体ライナの面内の第2の方向(例えば、本体ライナ(200)の第2の方向(204))へのウィッキング速度より速い、本体ライナの面内の第1の方向(例えば、本体ライナ(200)の第1の方向(202))へのウィッキング速度を有するように構成されるとき、第1および第2の方向は、本体ライナにおいて任意の好適な方向であってもよい。 Body liner described herein has a second direction in the plane of the body liner (e.g., a second direction of the body liner (200) (204)) faster than the wicking rate to the surface of the body liner a first direction of the inner (e.g., a first direction of the body liner (200) (202)) when it is configured to have a wicking rate of the first and second direction, optionally in the body liner it may be a preferred direction of. 例えば、変形例のうちのいくつかでは、第1の方向は、縦軸と平行であり得、第2の方向は、横軸と平行であり得る(例えば、流体は、横軸に沿って進行するより速く縦軸に沿って移動してもよい)。 For example, in some of the modified example, the first direction is longitudinal axis is parallel to obtain the second direction is the horizontal axis and can be parallel (e.g., fluid along the horizontal axis progression it may be moved along the longitudinal axis faster than). これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向は、横軸と平行であり得、第2の方向は、縦軸と平行であり得る(例えば、流体は、縦軸に沿って進行するより速く横軸に沿って移動してもよい)。 Other ones are of these variations, the first direction is obtained is parallel to the horizontal axis, the second direction, longitudinal axis may be parallel (e.g., fluid along the longitudinal axis it may move along the horizontal axis faster progress). これらの変形例のうちのさらに他のものでは、第1の方向は、縦軸に対して角度を成してもよい。 Further in others of these variations, the first direction may be at an angle to the longitudinal axis. これらの変形例では、第1の方向と縦軸との間の角度は、任意の好適な角度(例えば、約30度、約45度、約60度、または同等物)であってもよい。 In these variations, the angle between the first direction and the vertical axis may be any suitable angle (e.g., about 30 degrees, about 45 degrees, about 60 degrees, or equivalent) may be used. 第1および第2の方向が相互と垂直であるため、第2の方向と横軸との間の角度は、第1の方向と縦軸との間の角度と同一であり得る。 Since the first and second directions are perpendicular with each other, the angle between the second direction and the horizontal axis may be the same as the angle between the first direction and the longitudinal axis.

本明細書で説明される本体ライナが、本体ライナの面内の第2の方向(例えば、本体ライナ(200)の第2の方向(204))へのウィッキング速度より速い、本体ライナの面内の第1の方向(例えば、本体ライナ(200)の第1の方向(202))へのウィッキング速度を有するように構成されるとき、本体ライナの厚さ(例えば、本体ライナ(200)の第3の方向(204))にわたるウィッキング速度は、第1および第2の方向へのウィッキング速度に対して任意の好適な値であってもよい。 Body liner described herein has a second direction in the plane of the body liner (e.g., a second direction of the body liner (200) (204)) faster than the wicking rate to the surface of the body liner a first direction of the inner (e.g., a first direction of the body liner (200) (202)) when it is configured to have a wicking rate of the thickness of the body liner (e.g., body liner (200) third wicking rate over direction (204)) of the can may be any suitable value for the wicking rate of the first and second directions. 例えば、いくつかの変形例では、第3の方向へのウィッキング速度は、上記でさらに詳細に説明されるように、第1および第2の方向の両方のウィッキング速度より速くあり得る。 For example, in some variations, wicking rate to the third direction, as described in more detail above, it may be faster than the wicking rate of both the first and second directions. 他の変形例では、第3の方向へのウィッキング速度は、第1の方向へのウィッキング速度にほぼ等しくあり得る。 In other variations, wicking rate to the third direction may be substantially equal to the wicking rate of the first direction. さらに他の変形例では、第3の方向へのウィッキング速度は、第1の方向へのウィッキング速度より遅くあり得るが、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得る。 In still other variations, wicking rate to the third direction may be slower than the wicking rate of the first direction, but may be faster than the wicking rate of the second direction. さらに他の変形例では、第3の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度にほぼ等しくあり得る。 In still other variations, wicking rate to the third direction may be substantially equal to the wicking rate of the second direction. さらに他の変形例では、第3の方向へのウィッキング速度は、第1および第2の方向の両方へのウィッキング速度より遅くあり得る。 In still other variations, wicking rate to the third direction may be slower than the wicking rate to both the first and second directions. 第1、第2、および/または第3の方向への異なるウィッキング速度を有するものとして上記で説明されるが、いくつかの変形例では、本体ライナ(またはそのライナ層)は、吸収された流体を均一に分配するように構成されてもよい(例えば、本体ライナの各方向へのウィッキング速度がほぼ等しい)ことを理解されたい。 First, second, and / or are described above as having a different wicking rate to the third direction, in some variations, the body liner (or liner layer) was absorbed may be configured to evenly distribute the fluid to be understood (e.g., wicking rate in each direction of the body liner is substantially equal) it.

本体ライナが複数の層を備える変形例では、ライナ層のうちのいずれかまたは全ては、上記で説明されるような任意の様式で流体を選択的に分配するように構成されてもよい。 In a variant the body liner comprises a plurality of layers, any or all of the liner layer may be configured to selectively dispense fluid in any manner as described above. 各ライナ層内の流体の移動は、3成分方向、特に、上記で説明されるように、本体ライナの面内の第1の方向、第1の方向と垂直である本体ライナの面内の第2の方向、および本体ライナの厚さを通って延在し、第1および第2の方向の両方と垂直である第3の方向へのウィッキング速度に基づいて、特徴付けられてもよい。 Movement of the fluid in each liner layer is 3 component direction, in particular, as described above, the first direction in a plane of the body liner in the plane of the body liner is perpendicular to the first direction the second direction, and extend through the thickness of the body liner, on the basis of the wicking rate to the third direction is perpendicular to both the first and second directions may be characterized. 1つのライナ層における所与の方向のウィッキング速度は、別のライナ層におけるその方向のウィッキング速度と同一であるか、またはそれとは異なり得る。 Given direction wicking rate in one liner layer, the direction of wicking rate and identically or in another liner layer, or the may differ.

例えば、本体ライナが上シートを備える、いくつかの変形例では、上シートは、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度より速く、かつ第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 For example, a top sheet body liner, in some variations, the above sheet is faster than wicking rate in sheets over in a first direction, and from the wicking rate in top sheet in the second direction fast, it may be configured to have a wicking rate of the sheet on to the third direction. これらの変形例では、流体は、本体ライナを横断して拡散するより迅速に上シートの厚さを横断して移送されてもよく、これは、上シートから1つ以上の付加的なライナ層(例えば、コア部材および/または裏シート)への流体の効果的な移送を可能にし得る。 In these variations, the fluid may be transported across the thickness of the rapidly above the sheet than to spread across the body liner, which may include one or more additional liner layer from the top sheet (e.g., the core member and / or backing sheet) may allow an efficient transfer of fluid to the. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度に等しくあり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be equal to the wicking rate of the second direction.

他の変形例では、上シートは、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度より遅い、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In other variations, the above sheet is slower than wicking rate in sheets over in a first direction, and slower than the wicking rate in top sheet in the second direction, the sheet on to the third direction it may be configured to have a wicking rate. これらの変形例では、吸収された流体は、上シートの厚さを横断して移送されるより速く、上シートを横断して拡散してもよい。 In these variations, the absorbed fluid, faster than is transported across the thickness of the upper sheet may be spread across the top sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度に等しくあり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be equal to the wicking rate of the second direction.

さらに他の変形例では、上シートは、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the upper sheet is slower than wicking rate in sheets over in a first direction, and faster than the wicking rate in top sheet in the second direction, on to the third direction sheet it may be configured to have a wicking rate in. さらに他の変形例では、上シートは、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度に等しい、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the upper sheet is equal to the wicking rate of the sheet on to the first direction, it may be configured to have a wicking rate of the sheet on to the third direction. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートは、第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より速いように、構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet is wicking rate of the sheet on to the second direction, so faster than wicking rate to the first and third directions, be constituted good. これらの変形例のうちの他のものでは、上シートは、第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より遅いように、構成されてもよい。 Other ones are of these variations, the upper sheet, wicking rate in top sheet in the second direction is, so slower than wicking rate to the first and third directions, consists it may be. さらに他の変形例では、上シートは、上シート内で流体を均一に分配するように構成されてもよい(すなわち、上シートは、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度が、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度および第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度に等しいように、構成されてもよい)。 In yet another variation, the upper sheet may be configured to evenly distribute the fluid in the upper sheet (i.e., top sheet, wicking rate is in the sheet on to the third direction, the to equal the wicking rate of the sheet on to the wicking rate and the second direction in the top of the first direction sheet may be configured).

本体ライナがコア部材を備える、いくつかの変形例では、コア部材は、(上記で議論されるように、コア部材を横断する流体サンプルの拡散と比べて、コア部材の厚さを通した吸収を優先し得る)第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より速く、かつ第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より速い、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 Absorbing body liner comprises a core member, in some variations, the core member, (as discussed above, as compared with the diffusion of the fluid sample across the core member, through the thickness of the core member faster wicking rate in the can preferentially) core member in a first direction, and faster than the wicking rate in the core member in the second direction, having a wicking rate in the core member to the third direction it may be configured to. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度に等しくあり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be equal to the wicking rate of the second direction.

他の変形例では、コア部材は、(コア部材の厚さを横断する吸収と比べて、流体の拡散を優先し得る)第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より遅い、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In other variations, the core member (compared with the absorption across the thickness of the core member, may give priority to diffusion of fluid) slower than the wicking rate in the core member in a first direction, and second slower than wicking rate in the core member in the direction of, and may be configured to have a wicking rate in the core member to the third direction. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度と同一であり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be the same as the wicking speed of the second direction.

さらに他の変形例では、コア部材は、第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より速い、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the core member is slower than the wicking rate in the core member in a first direction, and faster than the wicking rate in the core member in the second direction, the core members of the third direction it may be configured to have a wicking rate in. さらに他の変形例では、コア部材は、第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度に等しい、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the core member is equal to the wicking rate in the core member in a first direction, it may be configured to have a wicking rate in the core member to the third direction. これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材は、第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より速いように、構成されてもよい。 In some of these variations, the core member, the wicking rate in the core member in the second direction is, as faster than the wicking rate of the first and third directions, be constituted good. これらの変形例のうちの他のものでは、コア部材は、第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より遅いように、構成されてもよい。 Than others of these variations, the core member, the wicking rate in the core member in the second direction is, so slower than wicking rate to the first and third directions, consists it may be. さらに他の変形例では、コア部材は、流体を均等に分配するように構成されてもよい(例えば、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度が、第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度および第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度に等しいように、構成されてもよい)。 In yet another variation, the core member may be configured to evenly distribute the fluid (e.g., wicking rate in the core member to the third direction, the core member in a first direction as equal to wicking rate in the core member to the wicking rate and the second direction may be configured).

本体ライナが裏シートを備える、いくつかの変形例では、裏シートは、(上記で議論されるように、コア部材を横断する流体サンプルの拡散と比べて、裏シートの厚さを通した吸収を優先し得る)第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より速く、かつ第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 Absorbing body liner comprises a backing sheet, in some variations, backing sheet (as discussed above, as compared with the diffusion of the fluid sample across the core member, through the thickness of the backing sheet the faster wicking rate in backing sheet to which preferentially can) the first direction, and faster than the wicking rate in the back sheet in the second direction, having a wicking rate in the backing sheet to the third direction it may be configured to. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度と同一であり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be the same as the wicking speed of the second direction.

他の変形例では、裏シートは、(裏シートの厚さを通した吸収と比べて、裏シートを横断する流体の拡散を優先し得る)第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より遅い、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In other variations, the back sheet, (as compared to absorption through the thickness of the backing sheet, may give priority to diffusion of fluid across the backing sheet) from the wicking rate in the back sheet in the first direction slow and slower than the wicking rate in the back sheet in the second direction, it may be configured to have a wicking rate in the backing sheet to the third direction. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度より速くあり得るか、またはその逆も同様である。 In some of these variations, wicking rate in a first direction, or may be faster than wicking rate in the second direction, or vice versa. これらの変形例のうちの他のものでは、第1の方向へのウィッキング速度は、第2の方向へのウィッキング速度に等しくあり得る。 Than others of these variations, wicking rate in the first direction may be equal to the wicking rate of the second direction.

さらに他の変形例では、裏シートは、第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より遅く、かつ第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the back sheet is slower than the wicking rate in the back sheet in a first direction, and faster than the wicking rate in the back sheet in the second direction, the back sheet to the third direction it may be configured to have a wicking rate in. さらに他の変形例では、裏シートは、第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度と同一である、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In yet another variation, the back sheet is the same as the wicking rate in the back sheet in the first direction, it may be configured to have a wicking rate in the backing sheet to the third direction. これらの変形例のうちのいくつかでは、裏シートは、第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より速いように、構成されてもよい。 In some of these variations, backing sheet, wicking rate with the back sheet in the second direction is, as faster than the wicking rate of the first and third directions, be constituted good. これらの変形例のうちの他のものでは、裏シートは、第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度が、第1および第3の方向へのウィッキング速度より遅いように、構成されてもよい。 Than others of these variations, backing sheet, wicking rate with the back sheet in the second direction is, as slower than wicking rate to the first and third directions, consists it may be. さらに他の変形例では、裏シートは、流体を均等に分配するように構成されてもよい(例えば、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度が、第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度および第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度に等しいように、構成されてもよい)。 In yet another variation, the back sheet may be configured to evenly distribute the fluid (e.g., wicking rate in the back seat to the third direction, the backing sheet in a first direction as equal to wicking rate in the back seat of the wicking rate and the second direction may be configured).

本明細書で説明される本体ライナが複数のライナ層(例えば、上シートおよびコア部材、上シートおよび裏シート、または上シート、コア部材、および裏シート)を備えるとき、ライナ層は、上記で説明される様式の任意の組み合わせで流体を移送するように構成されてもよい。 Body liner described herein has a plurality of liner layer (e.g., the upper sheet and the core member, the upper sheet and the back sheet or top sheet, core member, and the back sheet,) when provided with a liner layer, in the it may be configured to transfer fluid in any combination manner described. 例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートと、コア部材とを備える、いくつかの変形例では、上シートは、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度より速く、かつ第2の方向への上シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 For example, the body liner comprises a top sheet, a back sheet, and a core member, in some variations, the above sheet is faster than wicking rate in sheets over in the first direction, and the second faster than wicking rate in sheets on the direction, it may be configured to have a wicking rate of the sheet on to the third direction. 同様に、裏シートは、第1の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より速く、かつかつ第2の方向への裏シートにおけるウィッキング速度より速い、第3の方向への裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 Similarly, the back sheet is faster than the wicking rate in the back sheet in the first direction, faster than the wicking rate in the back seat of barely a second direction, wicking rate in the back seat of the third direction it may be configured to have a. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートおよび裏シートの両方は、それぞれ、第2の方向への上シートおよび裏シートにおけるウィッキング速度より速い、それぞれ、第1の方向への上シートおよび裏シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In some of these variations, both the upper sheet and the back sheet, respectively, higher than the wicking rate of the sheet and back sheet on to the second direction, respectively, the sheet on to the first direction and it may be configured to have a wicking rate in the back seat. これらの変形例のうちの他のものでは、上シートは、第2の方向へのウィッキング速度より速い、第1の方向への上シートにおけるウィッキング速度を有するように構成されてもよく、裏シートは、第1および第2の方向の間で均等に流体を分配するように構成されてもよく、またはその逆も同様である。 Other ones are of these variations, the upper sheet is faster than wicking rate of the second direction may be configured to have a wicking rate in the top sheet in the first direction, backing sheet may be configured to evenly distribute the fluid between the first and second directions, or vice versa. コア部材は、コア内で均等に流体を分配するように構成されてもよく(例えば、コア部材は、第1、第2、および第3の方向のそれぞれへの等しいウィッキング速度を有するように構成されてもよく)、または上記でさらに詳細に説明されるように流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 The core member may be configured to evenly distribute the fluid in the core (e.g., core member, so as to have a first equal wicking rate to each of the second, and the third direction it may be configured), or may be configured to selectively transfer fluid as described in further detail above. いくつかの変形例では、コア部材は、第1の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より速く、かつ第2の方向へのコア部材におけるウィッキング速度より速い、第3の方向へのコア部材におけるウィッキング速度を有するように構成されてもよい。 In some variations, the core member is faster than the wicking rate in the core member in a first direction, and faster than the wicking rate in the core member in the second direction, the core members of the third direction it may be configured to have a wicking rate in. 上シート、裏シート、およびコア部材のそれぞれにおける所与の方向への(例えば、第3の方向への)ウィッキング速度は、全て同一であり得るか、または異なり得る。 Top sheet, back sheet, and in the given direction in each of the core members (e.g., third direction) of wicking rate, or all can be the same or different.

場合によっては、流体が、身体対面表面付近で拡散するよりも速く、後表面付近にて本体ライナの中で(すなわち、上記で説明されるように第1および第2の方向へ本体ライナの面内で)拡散するように、本明細書で説明される本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 In some cases, fluid is faster than the diffusion near the body facing surface at the rear surface around in the body liner (i.e., the surface of the body to the first and second directions liner as described above as the inner by) diffusion, it may be desirable to configure the main liner described herein. これらの場合において、ABL量が本体ライナに接触し、本体ライナによって吸収されるとき、流体量の大部分が吸収され、本体ライナの後表面付近で保持されるであろう。 In these cases, ABL amount contacts the body liner, when absorbed by the body liner is absorbed most of the fluid volume will be maintained in the vicinity of the surface after the body liner. 吸収された腸管漏出物は、(折り重ねられる)本体ライナの後表面に向かってより集中させられてもよく、本体ライナの身体対面表面上により小さい可視的な汚れた「染み」をもたらし得、これは、着用者に付加的な安心感を提供し、本体ライナによって吸収される糞便物質が本体ライナの除去中に皮膚に対して擦り付けられ得る可能性を低減させ得る。 Absorbed intestinal spilled material, (folded be) may be allowed to concentrate more towards the surface after the body liner can lead to "stain" that is smaller than visible stains on the body-facing surface of the body liner, This provides additional comfort to the wearer, fecal material which is absorbed by the body liner may reduce the likelihood that may be rubbed against the skin during removal of the body liner. 本体ライナが単一のライナ層を備える変形例では、ライナ層は、身体対面表面付近で流体を拡散するより速く、後表面に向かってライナ層の面内で流体を拡散するように構成されてもよい。 In a variant the body liner comprises a single liner layer, the liner layer is faster than the diffusion of the fluid near the body facing surface, is configured so as to spread the fluid in the plane of the liner layer toward the rear surface it may be. 例えば、ライナ層は、1つ以上の不織布材料から形成され、ライナ層の繊維は、後表面付近の拡散を助長する、身体対面表面付近より後表面付近で水平に配向された繊維のより高い分布を有してもよい。 For example, the liner layer is formed from one or more nonwoven materials, the fibers of the liner layer is conducive to diffusion near the rear surface, a higher distribution of fibers oriented horizontally in the vicinity of the rear surface than near the body-facing surface it may have. 本体ライナが複数のライナ層を備える変形例では、異なるライナ層は、異なる速度で流体を拡散するように構成されてもよい。 In a variant the body liner comprises a plurality of liner layer, different liner layer may be configured to diffuse the fluid at different rates. 例えば、本体ライナが、上シートと、コア部材と、随意に、裏シートとを備える、変形例では、コア部材は、上シートが本体ライナの面内で流体を拡散するより速く、本体ライナの面内で流体を拡散するように構成されてもよい。 For example, the body liner, the upper sheet, and the core member, optionally, and a backing sheet, in a variant, the core member is faster than the upper sheet diffuses the fluid in the plane of the body liner, the body liner it may be configured to diffuse the fluid within the surface. 本体ライナが裏シートを備える変形例では、裏シートは、上シートおよび/またはコア部材が流体を拡散するより速く、本体ライナの面内で流体を拡散するように構成されてもよい。 In a variant the body liner comprises a backing sheet, the back sheet is faster than the upper sheet and / or the core member is diffused fluid, may be configured to diffuse the fluid in the plane of the body liner.

本体ライナ形状 本明細書で説明される本体ライナは、例えば、円形または楕円形、長方形、三角形、砂時計形、耳たぶ形(例えば、チョウ形)、不規則な形状、それらの組み合わせ、および同等物等の任意の好適な形状を有してもよい。 Body liner that is described in the body liner shape herein, for example, circular or elliptical, rectangular, triangular, hourglass, lobe-shaped (e.g., butterfly-shaped), irregularly shaped, combinations thereof, and the like, etc. any suitable shape may have. 本体ライナの形状にかかわらず、本体ライナは、本明細書の全体を通して説明される特徴およびライナ層の任意の組み合わせを有するように構成されてもよいことを理解されたい。 Regardless of the shape of the body liner, body liner, it is to be understood that may be configured to have any combination of features and liner layers are discussed throughout the specification. 本体ライナの全体的形状は、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての形状因子であってもよい。 The overall shape of the body liner may be some or all of the shape factor of the liner layer. 例えば、本体ライナが単一のライナ層を備える変形例では、本体ライナの形状は、単一のライナ層の形状と同一であり得る。 For example, in variations where the body liner comprises a single liner layer, the shape of the body liner can be the same as the shape of a single liner layer. 本体ライナが複数のライナ層を備える変形例では、本体ライナの形状は、どのようにして個々のライナ層が相互に関して位置決めされるかに依存し得る。 In a variant the body liner comprises a plurality of liner layer, the shape of the body liner, how does the individual liner layer may depend on whether the positioning with respect to each other. 例えば、場合によっては、最大のライナ層が、本体ライナの全体的形状を画定してもよい。 For example, in some cases, the maximum liner layer may define the general shape of the body liner. 2つ以上のライナ層が部分的に重複する、他の場合においては、本体ライナの全体的形状は、2つ以上のライナ層によって画定されてもよい。 Two or more liner layers partially overlap, in other cases, the overall shape of the body liner may be defined by two or more liner layers.

上述のように、いくつかの変形例では、本体ライナは、円形または楕円形を有してもよい。 As described above, in some variations, the body liner may have a circular or elliptical. 例えば、図3A−3Eは、楕円形を有する本体ライナの変形例を描写する。 For example, Figure 3A-3E depict a variation of the body liner having an oval. 具体的には、図3Aは、楕円形を有する本体ライナ(300)の上面図を示す。 Specifically, FIG. 3A shows a top view of the body liner (300) having an elliptical. そこで示されるように、本体ライナ(300)は、縦軸(306)、および縦軸(306)と垂直であり、標的点(308)で縦軸(306)に交差する横軸(304)を有してもよい。 As shown there, the body liner (300), the vertical axis (306), and a perpendicular vertical axis (306), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (308) (306) and (304) it may have. 本体ライナ(300)が少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、本体ライナ(300)は、肛門の開口部またはその付近に標的点(308)を位置決めするように、縦軸(306)に沿って折り畳まれてもよい。 When the body liner (300) is disposed at least partially anal fissure, body liner (300) so as to position the opening of the anal or target point near its (308), the vertical axis (306) it may be folded along the. 標的点(308)は、本体ライナ(300)の中心に位置決めされるものとして図3Aに示されているが、標的点(308)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (308) is shown in FIG. 3A as being positioned at the center of the body liner (300), the target point (308) may be positioned at any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、縦軸(306)は、本体ライナ(300)の全体的な楕円形の短軸に沿って位置決めされるものとして図3A−3Eに示されているが、縦軸(306)は、本体ライナの任意の好適な部分に沿って位置決めされてもよいことを理解されたい。 In addition, the vertical axis (306) is shown in Figure 3A-3E as being positioned along the entire short axis of the elliptical body liner (300), the vertical axis (306), it is to be understood that it may be positioned along any suitable portion of the body liner. 本体ライナ(300)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (300), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown).

概して、本体ライナ(300)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、本体ライナ(300)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るように、サイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (300), when positioned at least partially in anal fissure, so that at least a portion of the body liner (300) may extend into et outside torn anal, be combined size good. 例えば、図3Bは、部分的に臀裂(309)内に配置された本体ライナ(300)を伴う個人の断面側面図を図示する。 For example, Figure 3B illustrates a cross-sectional side view of a person with a partially body liner disposed within the gluteal cleft (309) (300). そこで示されるように、本体ライナ(300)は、標的点(308)が肛門(311)またはその付近に位置決めされ、本体ライナ(300)が実質的に縦軸(306)に沿って折り畳まれるように、位置決めされてもよい。 As shown there, the body liner (300), so that the target point (308) is positioned in the anus (311) or near the body liner (300) is folded substantially along the longitudinal axis (306) a, it may be positioned. 図3Bに示されるように位置決めされたとき、本体ライナ(300)の少なくとも一部分は、臀裂(309)の外側に延在する。 When positioned as shown in Figure 3B, at least a portion of the body liner (300) extends outwardly of the gluteal cleft (309). 概して、本体ライナ(300)の露出部分は、上記でさらに詳細に説明されるように、着用者が本体ライナ(300)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分離れて延在してもよいが、本体ライナ(300)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しなくてもよい。 Generally, the exposed portion of the body liner (300), as will be described in more detail above, enough away outside the well gluteal cleft to permit the wearer to grip the body liner (300) it may extend Te, but may not extend away as the body liner (300) is caught on clothing.

図3Aおよび3Bに示される本体ライナ(300)は、1つ以上のライナ層から作製されてもよい。 Body liner (300) shown in FIGS. 3A and 3B may be fabricated from one or more liner layers. 例えば、図3Cは、本体ライナ(300)が単一のライナ層(310)を備える、本体ライナ(300)の変形例の(縦軸(306)に沿って得られた)断面側面図を示す。 For example, FIG. 3C, the body liner (300) comprises a single liner layer (310), (taken along the longitudinal axis (306)) of the modification of the body liner (300) shows a cross-sectional side view . これらの変形例では、本体ライナ(300)の全体的な楕円形は、ライナ層(310)の楕円形によって画定されてもよい。 In these variations, the overall oval body liner (300) may be defined by the oval liner layer (310). 加えて、ライナ層(310)の身体対面側は、本体ライナ(300)の身体対面表面(312)を形成してもよく、ライナ層(310)の反対の後側は、本体ライナ(300)の後表面(314)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (310) may form a body facing surface (312) of the body liner (300), the rear side opposite to the liner layer (310), the body liner (300) surface (314) after it may be formed. 本体ライナ(300)の身体対面表面(312)および後表面(314)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよいことを理解されたい。 The body facing surface (312) and a rear surface of the body liner (300) (314) is appreciated in As will be explained in further detail, it may be configured to have any of the respective coefficient of friction less Thailand.

ライナ層(310)は、以下でさらに詳細に説明されるように、流体を吸収するように構成されてもよい。 Liner layer (310), as will be described in more detail below, it may be configured to absorb fluid. いくつかの変形例では、ライナ層(310)は、上記で説明されるように流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the liner layer (310) may be configured to selectively transfer fluid as described above. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(310)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)本体ライナの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(306)および横軸(304)の両方と垂直であり得る、上記で議論されるような「第3の方向」へ)本体ライナの厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (310), the fluid (to e.g., a "first direction" as discussed above and the "second direction") transport in the plane of the body liner in a fast wicking rate than the wicking rate at which, (e.g., vertical axis (306) and may be perpendicular to both the transverse axis (304), as discussed above to the "third direction") body it may be configured to transfer fluid across the thickness of the liner. 本体ライナ(300)が縦軸(306)に折り重ねられたとき、本体ライナ(300)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、折り目の片側の本体ライナの身体対面表面(312)上の接触点から折り目のその側の後表面(314)への流体の移送を助長し得、さらに、上記でさらに詳細に説明されるように、後表面(314)から折り目の反対側の接触後表面(314)への移送を助長し得る。 When the body liner (300) is folded in the longitudinal axis (306), traversing the thickness of the body liner (300), faster wicking rates, on one side of the body liner folds body facing surface (312) resulting facilitate the transfer of fluid from the point of contact on the surface (314) after the side of the fold, further, as will be described in more detail above, the contact from the rear surface (314) opposite the fold It can facilitate the transfer to the rear surface (314). 加えて、または代替として、ライナ層(310)は、第1の方向と垂直である本体ライナ(300)の面内の第2の方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、本体ライナ(300)の面内で第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the liner layer (310) in a first direction and a fast wicking rate than the wicking rate of the second direction in the plane of the body liner (300) is a vertical, body liner ( fluid in a first direction in the plane of 300) may be configured to transfer. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(310)は、横軸(304)と平行な第2の方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (310) is a horizontal axis (304) and a fast wicking rate than the wicking rate of the second direction parallel, parallel longitudinal axis (306) first it may be configured to transfer fluid in the direction. 本体ライナ(300)が、図3Bに示されるように少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(300)によって吸収される流体は、臀裂から延在する本体ライナ(300)の部分に到達するために、横軸(304)と平行に進行しなければならない。 Body liner (300) is, when placed in at least partially gluteal cleft, as shown in Figure 3B, the fluid absorbed by the body liner (300) includes a body liner (300 extending al torn anal to reach portions of), it must proceed in parallel with the horizontal axis (304). したがって、横軸(304)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度を縦軸(306)に沿って有することにより、ライナ層(302)が横軸(304)に沿って本体ライナ(300)の露出部分の一部分に向かって伝送する流体の量を低減させ得、これは、本体ライナの除去中に、着用者が本体ライナ(300)の汚れた部分を把持することを防止するのに役立ち得る。 Thus, by having along the horizontal axis a fast wicking rate than wicking rate along the (304) on the vertical axis (306), the liner layer (302) is the body liner (300) along the horizontal axis (304) obtained by reducing the amount of fluid to be transmitted towards the portion of the exposed portion of which, during the removal of the body liner, the wearer help prevent gripping the soiled portion of the body liner (300) obtain.

他の変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、2つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, body liners described herein may comprise two or more liner layers. 例えば、図3Dは、本体ライナが、上シート(316)および上シート(316)と接触しているコア部材(318)から形成される、本体ライナ(300)の変形例を示す。 For example, FIG. 3D, the body liner is formed from a core is in contact with the upper sheet (316) and the upper sheet (316) member (318), showing a modification of the body liner (300). いくつかの変形例では、上シート(316)およびコア部材(318)は、本体ライナ(300)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (316) and the core member (318) may be the only liner layer of the body liner (300). 上シート(316)およびコア部材(318)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (316) and the core member (318) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. これらの変形例では、上シート(316)およびコア部材(318)は、本体ライナ(300)の全体的形状であり得る、同一の楕円形を有してもよい。 In these variations, the upper sheet (316) and the core member (318) may be a general shape of the body liner (300) may have the same elliptical. 図3Dに示されるように、上シート(316)の身体対面側は、本体ライナ(300)の身体対面表面(312)を形成してもよく、コア部材の後側は、本体ライナ(300)の後表面(314)を形成してもよい。 As shown in Figure 3D, body facing side of the upper sheet (316) may form a body facing surface (312) of the body liner (300), the rear side of the core member, the body liner (300) surface (314) after it may be formed.

上シート(316)および/またはコア部材(318)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (316) and / or the core member (318), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(316)およびコア部材(318)の両方は、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, both the upper sheet (316) and the core member (318) may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(316)およびコア部材(318)の一方または両方は、上記で説明されるように、それぞれのライナ層内で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, one or both of the upper sheet (316) and the core member (318), as described above, is configured to selectively transfer fluid in each of the liner layer it may be. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(316)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(306)および横軸(304)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(316)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (316), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (306) and horizontal (304) may be with both vertical to the "third direction") on the sheet (316) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(316)の厚さを通したコア部材(318)の中への流体の移送を助長し得る。 This can facilitate the transfer of fluid into the core member through the thickness of the upper sheet (316) (318). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(318)は、流体がコア部材(318)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(318)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some of these variations, the core member (318) is fluid at a faster wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the core member (318), the thickness of the core member (318) it may be configured to traverse to transport the fluid. 本体ライナ(300)が縦軸(306)に折り重ねられたとき、コア部材(318)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、後表面と後表面の接触を介して、折り目の両側の後表面(314)の部分の間からの流体の移送を助長し得る。 When the body liner (300) is folded in the longitudinal axis (306), traversing the thickness of the core member (318), faster wicking rates, through contact with the rear surface and the rear surface, the fold It can facilitate the transfer of fluid from between the portion of the surface (314) after both sides. 他の変形例では、コア部材(318)は、コア部材(318)を通して均等に流体を分配するように構成されてもよい。 In other variations, the core member (318) may be configured to evenly distribute the fluid through the core member (318).

いくつかの変形例では、上シート(316)は、横軸(304)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (316) is a horizontal axis (304) and a fast wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (306) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート(316)によって吸収される流体は、上記で説明されるように、臀裂から延在する本体ライナ(300)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the upper sheet (316), as described above, can reach the parts of the body liner (300) extending et torn gluteal may be less. 加えて、または代替として、コア部材(318)は、横軸(304)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (318) is a horizontal axis (304) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (306) in a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、コア部材(318)によって吸収される流体は、本体(300)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the core member (318) is likely to reach the part of the body (300) may be less.

他の変形例では、本体ライナ(300)は、3つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (300) may comprise three or more liner layers. 例えば、図3Eは、本体ライナが、上シート(316)、上シート(316)と接触しているコア部材(318)、およびコア部材(318)と接触している裏シート(320)から形成され得る、本体ライナ(300)の変形例を示す。 For example, Figure 3E, forming main body liner, upper sheet (316), from the top sheet (316) the core member in contact with the (318), and backing sheet in contact with the core member (318) (320) It may be, showing a modification of the body liner (300). いくつかの変形例では、上シート(316)、コア部材(318)、および裏シート(320)は、本体ライナ(300)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (316), the core member (318), and backing sheet (320) may be the only liner layer of the body liner (300). 上シート(316)、コア部材(318)、および裏シート(320)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせを含んでもよい。 Upper sheet (316), the core member (318), and backing sheet (320) on the seat, such as those described in more detail above, may comprise a core member, and any combination of the back sheet. 図3Eに示される変形例では、上シート(316)、コア部材(318)、および裏シート(320)はそれぞれ、本体ライナ(300)の同一の全体的サイズおよび形状であり得る、同一の楕円形を有してもよい。 In the variation shown in FIG. 3E, the upper sheet (316), the core member (318), and each backing sheet (320) may be the same overall size and shape of the body liner (300), the same ellipse it may have a form. そこで示されるように、上シート(316)の身体対面側が、本体ライナ(300)の身体対面表面(312)を形成してもよい一方で、裏シート(320)の後側は、本体ライナ(300)の後表面(314)を形成してもよい。 As shown there, the body facing side of the upper sheet (316) is, in one may be formed a body facing surface (312) of the body liner (300), the rear side of the backing sheet (320), the body liner ( 300) may be formed of the surface (314) after. 本体ライナ(300)の身体対面表面(312)および後表面(314)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよいことを理解されたい。 The body facing surface (312) and a rear surface of the body liner (300) (314) is appreciated in As will be explained in further detail, it may be configured to have any of the respective coefficient of friction less Thailand.

上シート(316)、コア部材(318)、および/または裏シート(320)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (316), the core member (318), and / or back sheet (320), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(316)、コア部材(318)、および裏シート(320)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (316), each of the core members (318), and backing sheet (320) may be configured so as to be fluid-absorbent. 上シート(316)、コア部材(318)、および裏シート(320)のうちのいくつかまたは全ては、上記で説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 Upper sheet (316), the core member (318), and some or all of the backing sheet (320), as described above, may be configured to selectively transfer fluid. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(316)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(306)および横軸(304)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(316)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (316), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (306) and horizontal (304) may be with both vertical to the "third direction") on the sheet (316) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(316)の厚さを通したコア部材(318)の中への流体のより迅速な移送を助長し得る。 This can facilitate a more rapid transfer of fluid into the core member through the thickness of the upper sheet (316) (318). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(318)は、流体がコア部材(318)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(318)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよく、これは、コア部材(318)の厚さを通した裏シート(320)の中への流体のより迅速な移送を助長し得る。 In some of these variations, the core member (318) is fluid at a faster wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the core member (318), the thickness of the core member (318) It may be configured to traverse to transport the fluid, which may promote more rapid transfer of fluid into the backing sheet through the thickness of the core member (318) (320). いくつかの変形例では、コア部材(318)は、コア部材(318)によって吸収される流体を、コア部材を通して均等に分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (318) is a fluid that is absorbed by the core member (318) may be configured to evenly distribute throughout the core member. いくつかの変形例では、裏シート(320)はまた、流体が裏シート(320)の面内で移送される、ウィッキング速度より速いウィッキング速度で、裏シート(320)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, also the back sheet (320), the fluid is transported in the plane of the backing sheet (320), a fast wicking rate than the wicking rate, across the thickness of the backing sheet (320) it may be configured to transfer fluid by. 本体ライナ(300)が縦軸(306)に折り重ねられたとき、裏シート(320)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、裏シート(320)の厚さを通した流体の移送、および裏シートと裏シートとの接触を介した折り目の反対側の裏シート(320)の一部分への流体の移送を助長し得る。 When the body liner (300) is folded in the longitudinal axis (306), traversing the thickness of the backing sheet (320), faster wicking rates, the fluid through the thickness of the backing sheet (320) transport, and it can facilitate the transfer of fluid to a portion of the opposite side of the backing sheet of the fold through the contact between the backing sheet and the backing sheet (320).

いくつかの変形例では、上シート(316)は、横軸(304)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (316) is a horizontal axis (304) and a fast wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (306) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、コア部材(318)は、横軸(304)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (318) is a horizontal axis (304) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (306) in a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、裏シート(320)は、横軸(304)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(306)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the back sheet (320) is a horizontal axis (304) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (306) in a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート、裏シート、およびコア部材のうちのいくつかまたは全てにおいて、縦軸と平行により速いウィッキング速度を有することにより、吸収された流体が臀裂から延在する本体ライナ(300)の部分に到達するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, the upper sheet, backing sheet, and in some or all of the core member, by having a fast wicking rate by parallel to the longitudinal axis, the absorbed fluid extends et torn anal body the likelihood that it will reach the portion of the liner (300) may reduce.

いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの周辺部分とは異なる1つ以上の性質を有し得る、標的域を備えてもよい。 In some variations, the body liner may have one or more properties different from the peripheral portion of the body liner may comprise a target zone. 例えば、図4Aは、楕円形および標的域(401)を有する本体ライナ(400)の上面図を示す。 For example, Figure 4A shows a top view of the body liner (400) having an oval and a target area (401). そこで示されるように、本体ライナ(400)は、縦軸(406)、および縦軸(406)と垂直であり、標的点(408)で縦軸(406)に交差する横軸(404)を有してもよい。 As shown there, the body liner (400), the vertical axis (406), and a perpendicular vertical axis (406), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (408) (406) and (404) it may have. 図3Bにおいて本体ライナ(300)に関して上記で説明されるように、本体ライナ(400)が少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(400)は、肛門またはその付近に標的点(408)を位置決めするように、縦軸(406)に沿って折り畳まれてもよい。 As described above with respect to the body liner (300) in Figure 3B, when the body liner (400) is disposed at least partially within gluteal cleft, body liner (400) is targeted to the anus or near so as to position the point (408), it may be folded along the longitudinal axis (406). 標的点(408)は、本体ライナ(400)の中心に位置決めされるものとして図4Aに示されているが、標的点(408)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (408) is shown in Figure 4A as being positioned at the center of the body liner (400), the target point (408) may be positioned at any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、縦軸(406)は、楕円形の短軸に沿って位置決めされるものとして図4Aに示されているが、縦軸(406)は、本体ライナの任意の好適な部分に沿って位置決めされてもよいことを理解されたい。 In addition, the vertical axis (406) is shown in Figure 4A as being positioned along the minor axis of the ellipse, the longitudinal axis (406), along any suitable portion of the body liner it is to be understood that may be positioned. 本体ライナ(400)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (400), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown).

概して、本体ライナ(400)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、本体ライナ(400)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (400), when positioned at least partially in anal fissure, may be combined size such that at least a portion of the body liner (400) may extend into et outside torn anal . 本体ライナ(400)は、図3Bに示されるように、本体ライナ(300)に関して上記で説明されるように臀裂の中に位置決めされてもよい。 Body liner (400), as shown in Figure 3B, it may be positioned within the gluteal cleft as described above with respect to the body liner (300). そのように位置決めされたとき、本体ライナ(400)の少なくとも一部分は、臀裂の外側に延在してもよい。 When so positioned, at least a portion of the body liner (400) may extend to the outside of the gluteal cleft. 概して、本体ライナ(400)の露出部分は、上記でさらに詳細に説明されるように、着用者が本体ライナ(400)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分に離れて延在してもよいが、本体ライナ(400)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しなくてもよい。 Generally, the exposed portion of the body liner (400), as will be described in more detail above, the wearer is sufficiently outwardly sufficiently gluteal cleft to permit gripping the body liner (400) it may extend away but may not extend away as the body liner (400) is caught on clothing.

前述のように、本体ライナ(400)は、標的域(401)を含んでもよい。 As described above, the body liner (400) may include a target area (401). 標的域(401)は、少なくとも部分的に標的点(408)を包囲してもよく、かつ多量の肛門漏出物を受容して、そこから流体を吸収するように構成されてもよい。 Target area (401) may surround at least partially the target point (408), and to receive a large amount of anal leakage thereof may be configured to absorb fluid therefrom. 概して、標的域(401)は、上記で説明されるように任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Generally, the target region (401) may have any suitable size and shape as described above. 形状が楕円形であるものとして図4Aに示されているが、標的域(401)は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although the shape is shown in Figure 4A as being elliptical, the target area (401), any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregularly shaped, or equivalent) which may have a good. 標的域(401)が楕円形であるとき、楕円形の標的域(401)の長軸は、縦軸(406)と平行に整合させられてもよい。 When the target area (401) is elliptical, the long axis of the target area of ​​the oval (401) may be brought in parallel alignment with the longitudinal axis (406). 他の変形例では、標的域(401)は、楕円形の標的域(401)の長軸が縦軸(406)に対して角度を成す(例えば、縦軸(406)と垂直である、または同等物)ように、位置決めされてもよい。 In other variations, the target area (401), the long axis of the target area of ​​the oval (401) forms an angle with the longitudinal axis (406) (e.g., a longitudinal axis (406) vertically, or equivalents) as may be positioned. 概して、標的域(401)は、本体ライナ(400)が図3Bにおいて上記で示される本体ライナ(300)の変形例に関して上記で議論されるように配置されるときに、完全に臀裂内に嵌合し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the target area (401), when placed as discussed above with respect to variation of the body liner (300) of the body liner (400) is shown above in FIG. 3B, completely anal fissure it may be combined size as capable of fitting. 図4Eは、標的域(401)がライナの長さに及ぶストリップ(480)として形成される、本体ライナ(400)の別の変形例を示す。 Figure 4E is a target zone (401) is formed as a strip (480) spanning the length of the liner, illustrating another variation of the body liner (400). 図4Eに示される変形例では、ストリップ(480)は、縦軸(406)に沿ってライナの高さに及ぶが、他の場合においては、ストリップ(480)は、(例えば、横軸(404)に沿って)ライナの幅に及んでもよいことを理解されたい。 In the variation shown in FIG. 4E, the strip (480) is up to the height of the liner along the longitudinal axis (406), in other cases, the strip (480) is (for example, horizontal axis (404 ) in along) it is to be understood that may span the width of the liner. 本体ライナ(400)が、以下でさらに詳細に議論されるように、標的域(401)のサイズおよび形状を画定するコア部材を備える場合において、コア部材は、図4Eに示されるストリップ(480)としてサイズを合わせられて成形されてもよい。 Strip body liner (400), as will be discussed in further detail below, in a case of providing a core member defining the size and shape of the target zone (401), the core member is shown in FIG. 4E (480) it may be molded being combined size as.

図4Aに示される本体ライナ(400)は、1つ以上のライナ層から作製されてもよい。 Body liner (400) shown in Figure 4A may be made of one or more liner layers. 例えば、図4Bは、本体ライナ(400)が単一のライナ層(410)から形成される、本体ライナ(400)の変形例の(縦軸(406)に沿って得られた)断面側面図を示す。 For example, FIG. 4B, the body liner (400) is formed from a single liner layer (410), (taken along the longitudinal axis (406)) of the modification of the body liner (400) cross-sectional side view It is shown. これらの変形例では、ライナ層(410)は、本体ライナ(400)の全体的形状を画定する楕円形を有してもよい。 In these variations, the liner layer (410) may have an elliptical shape defining a general shape of the body liner (400). 加えて、ライナ層(410)の身体対面側は、本体ライナ(400)の身体対面表面(412)を形成してもよく、ライナ層(410)の反対の後側は、本体ライナ(400)の後表面(414)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (410) may form a body facing surface (412) of the body liner (400), the rear side opposite to the liner layer (410), the body liner (400) surface (414) after it may be formed. 本体ライナ(400)の身体対面表面(412)および/または後表面(414)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (412) and / or the rear surface of the body liner (400) (414), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

ライナ層(410)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を吸収するように構成されてもよい。 Liner layer (410), as will be described in more detail above, it may be configured to absorb fluid. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(401)は、本体ライナ(400)の周辺部分とは異なる吸収性を有してもよい。 In some of these variations, the target area (401) may have different absorption properties from the peripheral portion of the body liner (400). これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(401)の吸収性は、本体ライナ(400)の周辺部分の吸収性より優れ得る。 In some of these variations, the absorption of the target zone (401) may superior absorbent of the peripheral portion of the body liner (400). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(401)は、ライナ層の周辺部分とは異なる材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (401) may be formed from a different material than the peripheral portion of the liner layer. 加えて、または代替として、標的域(401)は、上記でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の超吸収性ポリマー等の1つ以上の吸収材料が組み込まれてもよい。 Additionally or alternatively, the target area (401), as will be described in more detail above, one or more of one or more absorbent materials such as superabsorbent polymers may be incorporated.

いくつかの変形例では、ライナ層(410)は、図3Cに示されるライナ層(310)の変形例に関して上記で説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the liner layer (410), as described above with respect to modification of the liner layer (310) shown in FIG. 3C, may be configured to selectively transfer fluid . 標的域(401)の中の特定の方向へのウィッキング速度は、本体ライナ(400)の周辺部分における同一方向へのウィッキング速度とは異なり得ることを理解されたい。 Wicking rate of a specific direction in the target area (401) is to be understood that may differ from the wicking rate in the same direction in the peripheral portion of the body liner (400). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(401)は、流体が本体ライナ(400)の周辺部分内で移送されるより速く、標的域(401)内で流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (401) is faster than the fluid is transported in the peripheral portion of the body liner (400), is configured to transfer fluid in the target area (401) it may be. これらの場合において、標的域(401)内でより速く吸い上げることにより、本体ライナ(400)の周囲に到達し得る流体の量を制限し得る、本体ライナ(400)の周辺部分より多くの流体を標的域(401)に吸収させてもよい。 In these cases, by sucking faster in the target area (401) may limit the amount of fluid that can be reached around the body liner (400), more fluid than the peripheral portion of the body liner (400) it may be absorbed into the target area (401).

他の変形例では、本体ライナ(400)は、2つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (400) may comprise two or more liner layers. 例えば、図4Cは、本体ライナが、上シート(416)、および上シート(416)と接触し、それに取り付けられたコア部材(418)から形成され得る、本体ライナ(400)の変形例を示す。 For example, FIG. 4C, the body liner, illustrating a modification of the upper sheet (416), and in contact with the upper sheet (416) may be formed from a core member attached thereto (418), the body liner (400) . いくつかの変形例では、上シート(416)およびコア部材(418)は、本体ライナ(400)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (416) and the core member (418) may be the only liner layer of the body liner (400). 上シート(416)およびコア部材(418)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (416) and the core member (418) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(416)は、本体ライナ(400)の全体的サイズおよび形状を画定する楕円形を有してもよい。 In some of these variations, the upper sheet (416) may have an elliptical generally defining size and shape of the body liner (400). いくつかの変形例では、コア部材(418)が標的域(401)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(418)は、標的域(401)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 In some variations, as the core member (418) may define the overall size and shape of the target zone (401), the core member (418) is the same size and shape as the target area (401) it may be. これらの変形例では、コア部材(418)は、上記でさらに詳細に説明されるように任意の好適なサイズであってもよい。 In these variations, the core member (418) may be any suitable size as described in further detail above. 図4Cに示される変形例では、上シート(416)の身体対面側は、本体ライナ(400)の身体対面表面(412)を形成してもよい。 In the variation shown in FIG. 4C, body facing side of the upper sheet (416) may form a body facing surface of the body liner (400) (412). 本体ライナ(400)の後表面(414)は、コア部材(418)の後側、およびコア部材(418)によって覆われていない上シート(416)の後側の一部分の組み合わせから形成されてもよい。 After the body liner (400) surface (414), the rear side of the core member (418), and be formed from a combination of the side of a portion of the seat (416) on which is not covered by the core member (418) good. 本体ライナ(400)の身体対面表面(412)および/または後表面(414)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (412) and / or the rear surface of the body liner (400) (414), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(416)および/またはコア部材(418)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (416) and / or the core member (418), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(416)およびコア部材(418)の両方は、流体吸収性であるように構成される。 In some variations, both the upper sheet (416) and the core member (418) is configured to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(401)へのコア部材(418)の追加が、本体ライナ(400)の周辺部分に対する標的域(401)の中の本体ライナ(400)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member (418) to a target zone (401) is to increase the absorption of the body liner (400) in the target area (401) to the peripheral portion of the body liner (400) it may be. 標的域(401)の中の本体ライナ(400)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(401)の中の本体ライナ材料の修正および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (400) in the target area (401), as described just above, the inclusion of modifications and / or one or more absorbent material of the body liner material in the target area (401) Accordingly, it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(416)およびコア部材(418)の一方または両方は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, one or both of the upper sheet (416) and the core member (418), as will be described in more detail above, may be configured to selectively transfer fluid. 例えば、上シート(416)が、図3Dで描写される上シート(316)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい一方で、コア部材(418)は、図3Dで描写されるコア部材(318)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 For example, the upper sheet (416) is, in one which may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to on the sheet (316) depicted in FIG. 3D, core member (418) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the core member (318) depicted in Figure 3D. いくつかの変形例では、コア部材(418)は、上シート(416)より迅速に流体を分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (418) is rapidly fluid from the upper sheet (416) may be configured to dispense. これらの変形例では、(例えば、上シート(316)を通して)本体ライナによって吸収される流体は、上シートよりコア部材の中により多く分配されてもよく、これは、流体が本体ライナ(400)の周囲に到達する可能性を低減させ得る。 In these variations, (e.g., through the upper sheet (316)) the fluid absorbed by the body liner may be distributed more on the inside than on the seat of the core member, which is fluid body liner (400) of it may reduce the likelihood of reaching the surroundings.

他の変形例では、本体ライナ(400)は、3つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (400) may comprise three or more liner layers. 例えば、図4Dは、本体ライナが、上シート(416)、裏シート(420)、および上シート(416)と裏シート(420)との間に位置決めされるコア部材(418)から形成される、本体ライナ(400)の変形例を示す。 For example, FIG. 4D, the body liner, upper sheet (416), is formed from a core member (418) positioned between the backing sheet (420), and a backing sheet on the sheet (416) (420) shows a modification of the body liner (400). いくつかの変形例では、上シート(416)、コア部材(418)、および裏シート(420)は、本体ライナ(400)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (416), the core member (418), and backing sheet (420) may be the only liner layer of the body liner (400). 上シート(416)、コア部材(418)、および裏シート(420)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (416), the core member (418), and backing sheet (420) on the seat, such as those described in more detail above, may be any combination of the core member and the backing sheet. 図4Dに示される変形例では、上シート(416)および裏シート(418)はそれぞれ、本体ライナ(400)の全体的形状を画定し得る、同一の楕円形を有してもよい。 In the variation shown in FIG. 4D, the upper sheet (416) and backing sheet (418), respectively, may define the overall shape of the body liner (400) may have the same elliptical. コア部材(418)が標的域(401)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(418)は、標的域(401)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 As the core member (418) may define the overall size and shape of the target zone (401), the core member (418) may be the same size and shape as the target area (401). 図4Dに示されるように、上シート(416)の身体対面側が、本体ライナ(400)の身体対面表面(412)を形成してもよい一方で、裏シート(420)の後側は、本体ライナ(400)の後表面(414)を形成してもよい。 As shown in FIG. 4D, the body facing side of the upper sheet (416) is, in one may be formed a body facing surface (412) of the body liner (400), the rear side of the backing sheet (420), the body liner may be formed of the surface (414) after the (400). 加えて、ライナ層(410)の身体対面側は、本体ライナ(400)の身体対面表面(412)を形成してもよく、ライナ層(410)の反対の後側は、本体ライナ(400)の後表面(414)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (410) may form a body facing surface (412) of the body liner (400), the rear side opposite to the liner layer (410), the body liner (400) surface (414) after it may be formed. 本体ライナ(400)の身体対面表面(412)および/または後表面(414)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (412) and / or the rear surface of the body liner (400) (414), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(416)、コア部材(418)、および/または裏シート(420)は、上記で詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (416), the core member (418), and / or back sheet (420), as will be described in detail above, may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(416)、コア部材(418)、および裏シート(420)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet (416), each of the core members (418), and backing sheet (420) may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(401)へのコア部材(418)の追加が、上シート(416)および裏シート(420)のみを含み得る本体ライナ(400)の周辺部分に対して、標的域(401)の中の本体ライナ(400)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member (418) to a target zone (401) is, the peripheral portion of the body liner may comprise only the upper sheet (416) and backing sheet (420) (400), the target the absorbance of the body liner (400) in the range (401) may be increased. 標的域(401)の中の本体ライナ(400)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(401)の中のライナ層の材料の変更および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (400) in the target area (401), as described just above, the changes and / or one or more absorbent material of the material of the liner layer within the target zone (401) by the inclusion it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(416)、コア部材(418)、および裏シート(420)のうちの1つ、2つ、またはそれぞれは、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (416), one of the core member (418), and backing sheet (420), two, or each, as will be described in more detail above, the fluid the may be configured to selectively transfer. 例えば、上シート(416)が、図3Dで描写される上シート(316)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい一方で、コア部材(418)は、図3Dで描写されるコア部材(318)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよく、裏シート(420)は、図3Dで描写される裏シート(320)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 For example, the upper sheet (416) is, in one which may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to on the sheet (316) depicted in FIG. 3D, core member (418) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the core member (318) depicted in FIG. 3D, the back sheet (420 ) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the back sheet (320) depicted in Figure 3D. いくつかの変形例では、コア部材(418)は、上シート(416)および裏シート(420)より迅速に流体を分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (418) is a top sheet (416) and fast fluid from backing sheet (420) may be configured to dispense. これらの変形例では、(例えば、上シート(316)を通して)本体ライナによって吸収される流体は、上シートおよび裏シートよりコア部材の中で多く分配されてもよく、これは、(例えば、標的域(401)を通り過ぎて本体ライナ(400)の周辺部分の中へ拡散することによって)流体が本体ライナ(400)の周囲に到達する可能性を低減させ得る。 In these variations, (e.g., the upper sheet (316) through) the fluid absorbed by the body liner may be much distributed in the upper sheet and the back sheet than the core member, which is (for example, the target ) fluid by diffusion into the periphery of the band (401) body liner (400) past the can reduce the likelihood of reaching the periphery of the body liner (400).

上シート(416)および裏シート(420)は、同一のサイズおよび形状を有するものとして図4Cに示されているが、上シート(416)および裏シート(420)は、異なるサイズおよび/または形状を有してもよいことを理解されたい。 Upper sheet (416) and backing sheet (420) is shown in Figure 4C as having the same size and shape, the upper sheet (416) and backing sheet (420), different sizes and / or shapes it is to be understood that may have. 例えば、図5Aは、全体的な楕円形および標的域(501)を有する、本体ライナ(500)の上面図を示す。 For example, FIG. 5A, the overall elliptical and having a target area (501), a top view of the body liner (500). そこで示されるように、本体ライナ(500)は、縦軸(506)、および縦軸(506)と垂直であり、標的点(508)で縦軸(506)に交差する横軸(504)を有してもよい。 As shown there, the body liner (500), the vertical axis (506), and a perpendicular vertical axis (506), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (508) (506) and (504) it may have. 図3Bで描写される本体ライナ(300)に関して上記で説明されるように、本体ライナ(500)が少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(500)は、肛門またはその付近に標的点(508)を位置決めするように、縦軸(506)に沿って折り畳まれてもよい。 As described above with respect to the body liner (300) depicted in Figure 3B, when the body liner (500) is disposed at least partially within gluteal cleft, body liner (500), anus or so as to position the target point (508) in the vicinity, it may be folded along the longitudinal axis (506). 標的点(508)は、本体ライナ(500)の中心に位置決めされるものとして図5Aに示されているが、標的点(508)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (508) is shown in Figure 5A as being positioned at the center of the body liner (500), the target point (508) may be positioned at any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、縦軸(506)は、楕円形の短軸に沿って位置決めされるものとして図5Aに示されているが、縦軸(506)は、本体ライナの任意の好適な部分に沿って位置決めされてもよいことを理解されたい。 In addition, the vertical axis (506) is shown in Figure 5A as being positioned along the minor axis of the ellipse, the longitudinal axis (506), along any suitable portion of the body liner it is to be understood that may be positioned. 本体ライナ(500)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (500), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown). 概して、本体ライナ(500)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、上記でさらに詳細に説明されるように、本体ライナ(500)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (500), when positioned at least partially in anal fissure, as will be described in more detail above, extend to at least partially torn gluteal et outside of the body liner (500) may be combined size so as to. いくつかの変形例では、本体ライナ(500)の露出部分は、着用者が本体ライナ(500)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分に離れて延在するが、本体ライナ(500)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しない。 In some variations, the exposed portion of the body liner (500) is wearer extends sufficiently far enough outside the gluteal cleft to permit gripping the body liner (500) , does not extend far enough body liner (500) is caught on clothing.

前述のように、本体ライナ(500)は、標的域(501)を含んでもよい。 As described above, the body liner (500) may include a target area (501). 標的域(501)は、少なくとも部分的に標的点(508)を包囲してもよく、かつ多量の肛門漏出物を受容して、そこから流体を吸収するように構成されてもよい。 Target area (501) may surround at least partially the target point (508), and to receive a large amount of anal leakage thereof may be configured to absorb fluid therefrom. 概して、標的域(901)は、上記で説明されるように任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Generally, the target region (901) may have any suitable size and shape as described above. 形状が楕円形であるものとして図5Aに示されているが、標的域(501)は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although the shape is shown in FIG. 5A as an oval shape, the target area (501), any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregularly shaped, or equivalent) which may have a good. 標的域(501)が楕円形であるとき、楕円形の標的域(501)の長軸は、縦軸(506)と平行に整合させられてもよい。 When the target area (501) is elliptical, the long axis of the target area of ​​the oval (501) may be brought in parallel alignment with the longitudinal axis (506). 他の変形例では、標的域(501)は、楕円形の標的域(501)の長軸が縦軸(506)に対して角度を成す(例えば、縦軸(506)と垂直である、または同等物)ように、位置決めされてもよい。 In other variations, the target area (501), the long axis of the target area of ​​the oval (501) forms an angle with the longitudinal axis (506) (e.g., a longitudinal axis (506) vertically, or equivalents) as may be positioned.

図5Aに示される本体ライナ(500)は、図5Bの(縦軸(506)に沿って得られた)断面側面図に示されるように、上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)を含む、3つの層を備えてもよい。 Body liner (500) shown in Figure 5A, (taken along the longitudinal axis (506)) in Figure 5B as shown in the sectional side view, the upper sheet (516), the core member (518), and backing comprises a sheet (520) may comprise three layers. いくつかの変形例では、上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)は、本体ライナ(500)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (516), the core member (518), and backing sheet (520) may be the only liner layer of the body liner (500). 上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (516), the core member (518), and backing sheet (520) on the seat, such as those described in more detail above, may be any combination of the core member and the backing sheet. 図5Bに示される変形例では、上シート(516)は、本体ライナ(500)の全体的形状を画定し得る楕円形を有し、コア部材(518)が標的域(501)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(518)は、標的域(501)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 In the variation shown in Figure 5B, the upper sheet (516) has an elliptical shape may define the overall shape of the body liner (500), the overall size of the target region core member (518) is (501) and shaped so as to define a core member (518) may be the same size and shape as the target area (501). これらの変形例では、裏シート(520)が上シート(516)と裏シート(520)との間にコア部材(518)を封入し得るように、裏シート(520)は、標的域(501)より大きいが、上シート(516)の形状より小さい形状を有してもよい。 In these variations, as the back sheet (520) are able to encapsulate the core member (518) between the upper sheet (516) and backing sheet (520), backing sheet (520), the target area (501 ) greater may have a smaller shape than the shape of the upper sheet (516). 裏シート(520)および上シート(516)は、上記でさらに詳細に説明されるように、任意の好適な様式で接続されてもよい。 Backing sheet (520) and the upper sheet (516), as will be described in more detail above, may be connected in any suitable manner. これらの変形例では、上シート(516)の身体対面側は、本体ライナ(500)の身体対面表面(512)を形成してもよい。 In these variations, body facing side of the upper sheet (516) may form a body facing surface of the body liner (500) (512). 本体ライナ(500)の後表面(514)は、裏シート(520)の後側、および裏シート(520)によって覆われていない上シート(520)の後側の部分の組み合わせによって形成されてもよい。 After the body liner (500) surface (514) may be formed by the combination of rear portion of the upper sheet (520) not covered by the rear side of the backing sheet (520), and backing sheet (520) good.

裏シート(520)のサイズおよび形状は、図5Aに示されるような第2の区域(503)のサイズおよび形状を画定してもよい。 Back size and shape of the sheet (520) may define the size and shape of the second section (503) as shown in Figure 5A. 楕円形であるものとして図5Aに示されているが、裏シート(520)(およびそれとともに第2の区域(503))は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although shown in FIG. 5A as an oval shape, the back sheet (520) (and with a second zone (503)) may be any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregular shape , or it may have an equivalent). 第2の区域(503)は、少なくとも部分的に標的域(501)を包囲してもよく、かつ以下でさらに詳細に説明されるように、本体ライナ(500)の標的域(501)および/または周辺部分とは異なる性質を有してもよい。 The second zone (503) may surround at least partially the target area (501), and as described in further detail below, the target area of ​​the body liner (500) (501) and / or it may have different properties than surrounding portions.

上シート(516)、コア部材(518)、および/または裏シート(520)は、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (516), the core member (518), and / or back sheet (520) may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (516), each of the core members (518), and backing sheet (520) may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(501)の中の上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)の包含は、(上シート(516)のみを含み得る)本体ライナ(500)の周辺部分より優れた吸収性を有し得る、(上シート(516)および裏シート(520)のみを含み得る)第2の区域(503)に対して優れた吸収性を標的域(501)の中で可能にしてもよい。 In these variations, on the inside of the target region (501) sheet (516), the inclusion of core member (518), and backing sheet (520), (which may include only the upper sheet (516)) body liner ( may have superior absorbency than the peripheral portion 500), the target zone superior absorbency against which may include only (upper sheet (516) and backing sheet (520)) a second zone (503) ( it may be possible within the 501). 標的域(501)、第2の区域(503)、および/または本体ライナの周辺部分の中の本体ライナ(500)の吸収性は、上記でさらに詳細に説明されるように、ライナ層のうちの1つ以上における材料の修正および/またはライナ層のうちの1つ以上の中の1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 Target area (501), a second zone (503), and / or absorption of body liner (500) in the peripheral portion of the body liner, as will be described in more detail above, of the liner layer by the inclusion of one or more of one or more absorbent material in one of the modifications and / or liner layers of material in one or more, it may be further modified. また、上シート(516)、コア部材(518)、および裏シート(520)のうちのいずれかまたは全ては、流体を選択的に移送するように構成されてもよく、かつ上記でさらに詳細に説明されるような任意の様式または様式の組み合わせでそうするように構成されてもよいことを理解されたい。 The upper sheet (516), the core member (518), and any or all of the backing sheet (520) may be configured to selectively transfer fluid, and in more detail above is configured to do so by a combination of any manner or mode as described is to be understood that it may be.

図3A−3E、4A−4D、ならびに5Aおよび5Bで描写される楕円形の本体ライナは、本体ライナの縦軸と整合させられた本体ライナの全体的な楕円形の短軸を有するものとして、これらの図に示されているが、他の場合においては、縦軸は、本体ライナに対して任意の好適な様式で整合させられてもよいことを理解されたい。 Figure 3A-3E, 4A-4D, and oval body liner depicted in 5A and 5B as having a minor axis of the overall elliptical body liner which is aligned with the longitudinal axis of the body liner, While shown in these figures, in other cases, the vertical axis, it is to be understood that may be aligned in any suitable manner relative to the body liner. 例えば、図6Aは、楕円形を有し、かつ縦軸(602)、および標的点(606)で縦軸(602)に交差する横軸(604)を有する、本体ライナ(600)の第1の変形例である。 For example, FIG. 6A has an oval, and the vertical axis (602), and the target point (606) in the vertical axis with the horizontal axis (604) intersecting the (602), the first body liner (600) modification of a. そこで示されるように、本体ライナの全体的な楕円形の短軸は、縦軸(602)と整合させられてもよい。 As shown there, the short axis of the overall elliptical body liner may be aligned with the longitudinal axis (602). 本体ライナ(600)は、任意の数のライナ層を含んでもよく、かつ図3A−3Eに関して上記で説明されるように任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner (600) may be configured in any suitable manner as described above with respect to even better, and FIG. 3A-3E comprise liner layer any number. 本体ライナ(600)が縦軸(602)に沿って折り畳まれ、肛門(609)またはその付近に標的点(606)を位置決めするように臀裂(608)の中に配置されたときに、本体ライナ(600)は、図6Bで描写されるように、本体ライナ(600)の一部分が臀裂(608)の外側に延在するように、サイズを合わせられてもよい。 Folded body liner (600) along the longitudinal axis (602), when placed within the gluteal cleft (608) so as to position the anus (609) or the target point near its (606), the body the liner (600), as depicted in Figure 6B, such that a portion of the body liner (600) extends outwardly of the gluteal cleft (608) may be combined size. そこで示されるように、本体ライナ(600)の部分は、縦軸(602)に沿って本体ライナ(600)の一方または両方の端部において、臀裂の外側に延在する。 As shown there, part of the body liner (600) along the longitudinal axis (602) at one or both ends of the body liner (600), extends outside of the gluteal cleft. 本体ライナ(600)(またはその1つ以上のライナ層)が本体ライナ(600)(またはその1つ以上のライナ層)の面内で流体を選択的に移送するように構成される、変形例では、縦軸(602)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(604)に沿って流体を移送するように本体ライナ(600)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Configured body liner (600) (or one or more liner layers thereof) to selectively transfer fluid in the plane of the body liner (600) (or one or more liner layers thereof), modification in, the vertical axis (602) fast wicking rate than wicking rate along the main body liner (600) so as to transfer fluid along the horizontal axis (604) (or one or more liner layers thereof) configuring may be desirable. これらの変形例では、縦軸(606)より横軸(604)に沿って多くの流体が移送されてもよく、これは、本体ライナ(600)によって吸収される流体が臀裂から延在する本体ライナ(600)の部分に到達するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, the vertical axis (606) from the horizontal axis (604) may be a number of fluid being transported along which, the fluid to be absorbed is anal torn et extending through the body liner (600) the likelihood that it will reach the portion of the body liner (600) may reduce.

同様に、図6Cは、楕円形および標的域(601)を有する本体ライナ(610)の変形例を示す。 Similarly, Figure 6C shows a variation of the body liner (610) having an oval and a target area (601). 本体ライナは、縦軸(602)、および標的点(606)で縦軸(602)に交差する横軸(604)を有してもよく、かつ(図4Aに示されるように、横軸と整合させられる代わりに)本体ライナ(610)の全体的な楕円形の長軸が縦軸(602)と整合させられることを除いて、図4A−4Dで描写される本体ライナ(400)の変形例に関して上記で説明されるもの等の任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner, the vertical axis (602), and the horizontal axis which intersects the longitudinal axis (602) at the target point (606) (604) may have, and (as shown in Figure 4A, a horizontal axis except that the overall length axis of the oval) body liner instead of being aligned (610) is aligned with the longitudinal axis (602), deformation of the main liner (400) depicted in Figure 4A-4D it may be configured in any suitable manner such as those described above with respect to an example. 再度、これらの変形例では、縦軸(602)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(604)に沿って流体を移送するように本体ライナ(600)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Again, in these variations, the vertical axis fast wicking rate than wicking rate along the (602), the body liner (600) so as to transfer fluid along the horizontal axis (604) (or one of them it may be desirable to configure the above liner layer).

図6Dは、楕円形および標的域(601)ならびに第2の区域(603)を有する、本体ライナ(620)の変形例を示す。 Figure 6D has elliptical and target area (601) and second zone (603), showing a modification of the body liner (620). 本体ライナは、縦軸(602)、および標的点(606)で縦軸(602)に交差する横軸(604)を有してもよく、かつ(図5Aに示されるように、横軸と整合させられる代わりに)本体ライナ(610)の全体的な楕円形の長軸が縦軸(602)と整合させられることを除いて、図5A−5Dで描写される本体ライナ(500)の変形例に関して上記で説明されるもの等の任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner, the vertical axis (602), and the horizontal axis which intersects the longitudinal axis (602) at the target point (606) (604) may have, and (as shown in Figure 5A, a horizontal axis except that the overall length axis of the oval) body liner instead of being aligned (610) is aligned with the longitudinal axis (602), deformation of the main liner (500) depicted in Figure 5A-5D it may be configured in any suitable manner such as those described above with respect to an example. 再度、これらの変形例では、縦軸(602)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(604)に沿って流体を移送するように本体ライナ(600)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Again, in these variations, the vertical axis fast wicking rate than wicking rate along the (602), the body liner (600) so as to transfer fluid along the horizontal axis (604) (or one of them it may be desirable to configure the above liner layer).

上述のように、いくつかの変形例では、本体ライナは、長方形を有してもよい。 As described above, in some variations, the body liner may have a rectangular shape. 例えば、図7A−7Eは、長方形を有する、本体ライナの変形例を描写する。 For example, FIG. 7A-7E has a rectangular, depicting a variation of the body liner. 具体的には、図7Aは、長方形を有する本体ライナ(700)の上面図を示す。 Specifically, FIG. 7A shows a top view of the body liner (700) having a rectangular shape. そこで示されるように、本体ライナ(700)は、縦軸(706)、および縦軸(706)と垂直であり、標的点(708)で縦軸(706)に交差する横軸(704)を有してもよい。 As shown there, the body liner (700), the vertical axis (706), and a perpendicular vertical axis (706), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (708) (706) and (704) it may have. 本体ライナ(700)が少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、本体ライナ(700)は、肛門の開口部またはその付近に標的点(708)を位置決めするように、縦軸(706)に沿って折り畳まれてもよい。 When the body liner (700) is disposed at least partially anal fissure, body liner (700), so as to position the opening of the anal or target point near its (708), the vertical axis (706) it may be folded along the. 標的点(708)は、本体ライナ(700)の中心に位置決めされるものとして図7Aに示されているが、標的点(708)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (708) is shown in Figure 7A as being positioned at the center of the body liner (700), the target point (708) may be positioned in any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、本体ライナ(700)は、横軸(704)に沿った幅より小さい縦軸(706)に沿った高さを有するものとして図7A−7Eに示されているが、場合によっては、本体ライナ(700)は、等しい高さおよび幅を有してもよく、または縦軸(706)に沿った高さより大きい横軸(704)に沿った幅を有してもよいことを理解されたい。 In addition, the body liner (700) is shown in Figure 7A-7E as having a horizontal axis (704) less the vertical axis than the width along the (706) in height along, in some cases, body liner (700) is understood that may have a width along the may have equal height and width, or greater horizontal axis than the height along the vertical axis (706) (704) Thailand. 本体ライナ(700)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (700), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown).

概して、本体ライナ(700)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、本体ライナ(700)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るように、サイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (700), when positioned at least partially in anal fissure, so that at least a portion of the body liner (700) may extend into et outside torn anal, be combined size good. 例えば、図7Bは、部分的に臀裂(709)内に配置された本体ライナ(700)を示す。 For example, FIG. 7B, partially showing the gluteal cleft located within (709) the body liner (700). そこで示されるように、本体ライナ(700)は、標的点(708)が肛門(711)またはその付近に位置決めされ、本体ライナ(700)が実質的に縦軸(706)に沿って折り畳まれるように、位置決めされてもよい。 As shown there, the body liner (700), so that the target point (708) is positioned in the anus (711) or near the body liner (700) is folded substantially along the longitudinal axis (706) a, it may be positioned. 図7Bに示されるように位置決めされたとき、本体ライナ(700)の少なくとも一部分は、臀裂(709)の外側に延在する。 When positioned as shown in Figure 7B, at least a portion of the body liner (700) extends outwardly of the gluteal cleft (709). 概して、本体ライナ(700)の露出部分は、上記でさらに詳細に説明されるように、着用者が本体ライナ(700)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分に離れて延在してもよいが、本体ライナ(700)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しなくてもよい。 Generally, the exposed portion of the body liner (700), as will be described in more detail above, the wearer is sufficiently outwardly sufficiently gluteal cleft to permit gripping the body liner (700) it may extend away but may not extend away as the body liner (700) is caught on clothing.

図7Aおよび7Bに示される本体ライナ(700)は、1つ以上のライナ層から作製されてもよい。 Body liner (700) shown in FIGS. 7A and 7B may be made of one or more liner layers. 例えば、図7Cは、本体ライナ(700)が単一のライナ層(710)を備える、本体ライナ(700)の変形例の(縦軸(706)に沿って得られた)断面側面図を示す。 For example, Figure 7C, body liner (700) comprises a single liner layer (710), (taken along the longitudinal axis (706)) of the modification of the body liner (700) shows a cross-sectional side view . これらの変形例では、本体ライナ(700)の全体的な長方形は、ライナ層(710)の長方形によって画定されてもよい。 In these variations, the overall rectangular body liner (700) may be defined by a rectangular liner layer (710). 加えて、ライナ層(710)の身体対面側は、本体ライナ(700)の身体対面表面(712)を形成してもよく、ライナ層(710)の反対の後側は、本体ライナ(700)の後表面(714)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (710) may form a body facing surface (712) of the body liner (700), the rear side opposite to the liner layer (710), the body liner (700) surface (714) after it may be formed. 本体ライナ(700)の身体対面表面(712)および後表面(714)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよいことを理解されたい。 The body facing surface (712) and a rear surface of the body liner (700) (714) is appreciated in As will be explained in further detail, it may be configured to have any of the respective coefficient of friction less Thailand.

ライナ層(710)は、以下でさらに詳細に説明されるように、流体を吸収するように構成されてもよい。 Liner layer (710), as will be described in more detail below, it may be configured to absorb fluid. いくつかの変形例では、ライナ層(710)は、上記で説明されるように流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the liner layer (710) may be configured to selectively transfer fluid as described above. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(710)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)本体ライナの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(706)および横軸(704)の両方と垂直であり得る、上記で議論されるような「第3の方向」へ)本体ライナの厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (710), the fluid (to e.g., a "first direction" as discussed above and the "second direction") transport in the plane of the body liner in a fast wicking rate than the wicking rate at which, (e.g., vertical axis (706) and may be perpendicular to both the transverse axis (704), as discussed above to the "third direction") body it may be configured to transfer fluid across the thickness of the liner. 本体ライナ(700)が縦軸(706)に折り重ねられたとき、本体ライナ(700)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、折り目の片側の本体ライナの身体対面表面(712)上の接触点から折り目のその側の後表面(714)への流体の移送を助長し得、さらに、上記でさらに詳細に説明されるように、後表面(714)から折り目の反対側の接触後表面(714)への移送を助長し得る。 When the body liner (700) is folded in the longitudinal axis (706), traversing the thickness of the body liner (700), faster wicking rates, on one side of the body liner folds body facing surface (712) resulting facilitate the transfer of fluid from the point of contact on the surface (714) after the side of the fold, further, as will be described in more detail above, the contact from the rear surface (714) opposite the fold It can facilitate the transfer to the rear surface (714). 加えて、または代替として、ライナ層(710)は、第1の方向と垂直である本体ライナ(700)の面内の第2の方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、本体ライナ(700)の面内で第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the liner layer (710) in a first direction and a fast wicking rate than the wicking rate of the second direction in the plane of the body liner (700) is a vertical, body liner ( fluid in a first direction in the plane 700) may be configured to transfer. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(710)は、横軸(704)と平行な第2の方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (710) is a horizontal axis (704) and a fast wicking rate than the wicking rate of the second direction parallel, parallel longitudinal axis (706) first it may be configured to transfer fluid in the direction. 本体ライナ(700)が、図7Bに示されるように少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(700)によって吸収される流体は、臀裂から延在する本体ライナ(700)の部分に到達するために、横軸(704)と平行に進行しなければならない。 Body liner (700) is, when placed in at least partially gluteal cleft, as shown in FIG. 7B, the body liner (700 fluid, which extends et ruptured anal absorbed by the body liner (700) to reach portions of), it must proceed in parallel with the horizontal axis (704). したがって、横軸(704)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度を縦軸(706)に沿って有することにより、ライナ層(702)が横軸(704)に沿って本体ライナ(700)の露出部分の一部分に向かって伝送する流体の量を低減させ得、これは、本体ライナの除去中に、着用者が本体ライナ(700)の汚れた部分を把持することを防止するのに役立ち得る。 Thus, by having along the horizontal axis a fast wicking rate than wicking rate along the (704) on the vertical axis (706), body liner layer (702) is along the horizontal axis (704) liner (700) obtained by reducing the amount of fluid to be transmitted towards the portion of the exposed portion of which, during the removal of the body liner, the wearer help prevent gripping the soiled portion of the body liner (700) obtain.

他の変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、2つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, body liners described herein may comprise two or more liner layers. 例えば、図7Dは、本体ライナが、上シート(716)および上シート(716)と接触しているコア部材(718)から形成される、本体ライナ(700)の変形例を示す。 For example, Figure 7D body liner is formed from the top sheet (716) and the upper sheet (716) the core member in contact with the (718), showing a modification of the body liner (700). いくつかの変形例では、上シート(716)およびコア部材(718)は、本体ライナ(700)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (716) and the core member (718) may be the only liner layer of the body liner (700). 上シート(716)およびコア部材(718)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (716) and the core member (718) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. これらの変形例では、上シート(716)およびコア部材(718)は、本体ライナ(700)の全体的形状であり得る、同一の長方形を有してもよい。 In these variations, the upper sheet (716) and the core member (718) may be a general shape of the body liner (700) may have the same rectangular. 図7Dに示されるように、上シート(716)の身体対面側は、本体ライナ(700)の身体対面表面(712)を形成してもよく、コア部材の後側は、本体ライナ(700)の後表面(714)を形成してもよい。 As shown in FIG. 7D, body facing side of the upper sheet (716) may form a body facing surface (712) of the body liner (700), the rear side of the core member, the body liner (700) surface (714) after it may be formed.

上シート(716)および/またはコア部材(718)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (716) and / or the core member (718), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(716)およびコア部材(718)の両方は、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, both the upper sheet (716) and the core member (718) may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(716)およびコア部材(718)の一方または両方は、上記で説明されるように、それぞれのライナ層内で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, one or both of the upper sheet (716) and the core member (718), as described above, is configured to selectively transfer fluid in each of the liner layer it may be. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(716)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(706)および横軸(704)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(716)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (716), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (706) and horizontal (704) may be with both vertical to the "third direction") on the sheet (716) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(716)の厚さを通したコア部材(718)の中への流体の移送を助長し得る。 This can facilitate the transfer of fluid into the core member through the thickness of the upper sheet (716) (718). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(718)は、流体がコア部材(718)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(718)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some of these variations, the core member (718) is fluid at a faster wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the core member (718), the thickness of the core member (718) it may be configured to traverse to transport the fluid. 本体ライナ(700)が縦軸(706)に折り重ねられたとき、コア部材(718)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、後表面と後表面の接触を介して、折り目の両側の後表面(714)の部分の間からの流体の移送を助長し得る。 When the body liner (700) is folded in the longitudinal axis (706), traversing the thickness of the core member (718), faster wicking rates, through contact with the rear surface and the rear surface, the fold It can facilitate the transfer of fluid from between the portion of the surface (714) after both sides. 他の変形例では、コア部材(718)は、コア部材(718)を通して均等に流体を分配するように構成されてもよい。 In other variations, the core member (718) may be configured to evenly distribute the fluid through the core member (718).

いくつかの変形例では、上シート(716)は、横軸(704)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (716) is a horizontal axis (704) and a fast wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (706) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート(716)によって吸収される流体は、上記で説明されるように、臀裂から延在する本体ライナ(700)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the upper sheet (716), as described above, can reach the parts of the body liner (700) extending et torn gluteal may be less. 加えて、または代替として、コア部材(718)は、横軸(704)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (718) is a horizontal axis (704) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (706) in a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、コア部材(718)によって吸収される流体は、本体(700)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the core member (718) is likely to reach the part of the body (700) may be less.

他の変形例では、本体ライナ(700)は、3つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (700) may comprise three or more liner layers. 例えば、図7Eは、本体ライナが、上シート(716)、上シート(716)と接触しているコア部材(718)、およびコア部材(718)と接触している裏シート(720)から形成され得る、本体ライナ(700)の変形例を示す。 For example, FIG. 7E, forming main body liner, upper sheet (716), from the top sheet (716) the core member in contact with the (718), and backing sheet in contact with the core member (718) (720) It may be, showing a modification of the body liner (700). いくつかの変形例では、上シート(716)、コア部材(718)、および裏シート(720)は、本体ライナ(700)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (716), the core member (718), and backing sheet (720) may be the only liner layer of the body liner (700). 上シート(716)、コア部材(718)、および裏シート(720)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせを含んでもよい。 Upper sheet (716), the core member (718), and backing sheet (720) is on the seat, such as those described in more detail above, may comprise a core member, and any combination of the back sheet. 図7Eに示される変形例では、上シート(716)、コア部材(718)、および裏シート(720)はそれぞれ、本体ライナ(700)の同一の全体的サイズおよび形状であり得る、同一の長方形を有してもよい。 In the variation shown in FIG. 7E, the upper sheet (716), the core member (718), and backing sheet (720), respectively, it can be the same overall size and shape of the body liner (700), the same rectangular it may have. そこで示されるように、上シート(716)の身体対面側が、本体ライナ(700)の身体対面表面(712)を形成してもよい一方で、裏シート(720)の後側は、本体ライナ(700)の後表面(714)を形成してもよい。 As shown there, the body facing side of the upper sheet (716) is, in one may be formed a body facing surface (712) of the body liner (700), the rear side of the backing sheet (720), the body liner ( it may form a surface (714) after 700). 本体ライナ(700)の身体対面表面(712)および後表面(714)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよいことを理解されたい。 The body facing surface (712) and a rear surface of the body liner (700) (714) is appreciated in As will be explained in further detail, it may be configured to have any of the respective coefficient of friction less Thailand.

上シート(716)、コア部材(718)、および/または裏シート(720)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (716), the core member (718), and / or back sheet (720), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(716)、コア部材(718)、および裏シート(720)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (716), each of the core members (718), and backing sheet (720) may be configured so as to be fluid-absorbent. 上シート(716)、コア部材(18)、および裏シート(720)のうちのいくつかまたは全ては、上記で説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 Upper sheet (716), the core member (18), and backing sheet (720) some or all of the, as described above, may be configured to selectively transfer fluid. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(716)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(706)および横軸(704)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(716)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (716), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (706) and horizontal (704) may be with both vertical to the "third direction") on the sheet (716) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(716)の厚さを通したコア部材(718)の中への流体のより迅速な移送を助長し得る。 This can facilitate a more rapid transfer of fluid into the core member through the thickness of the upper sheet (716) (718). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(718)は、流体がコア部材(718)の面内で移送される、1つまたは複数のウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(718)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよく、これは、コア部材(718)の厚さを通した裏シート(720)の中への流体のより迅速な移送を助長し得る。 In some of these variations, the core member (718), the fluid is transported in the plane of the core member (718), in one or more of a fast wicking rate than the wicking rate, the core member It may be configured to transfer the fluid across the thickness of the (718), which is more rapid fluid into the backing sheet through the thickness of the core member (718) (720) It can facilitate the transfer. いくつかの変形例では、コア部材(718)は、コア部材(718)によって吸収される流体を、コア部材を通して均等に分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (718) is a fluid that is absorbed by the core member (718) may be configured to evenly distribute throughout the core member. いくつかの変形例では、裏シート(720)はまた、流体が裏シート(720)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、裏シート(720)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, backing sheet (720) is also a fast wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the fluid backing sheet (720), across the thickness of the backing sheet (720) it may be configured to transfer fluid Te. 本体ライナ(700)が縦軸(706)に折り重ねられたとき、裏シート(720)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、裏シート(720)の厚さを通した流体の移送、および裏シートと裏シートとの接触を介した折り目の反対側の裏シート(720)の一部分への流体の移送を助長し得る。 When the body liner (700) is folded in the longitudinal axis (706), traversing the thickness of the backing sheet (720), faster wicking rates, the fluid through the thickness of the backing sheet (720) transport, and it can facilitate the transfer of fluid to a portion of the opposite side of the backing sheet of the fold through the contact between the backing sheet and the backing sheet (720).

いくつかの変形例では、上シート(716)は、横軸(704)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (716) is a horizontal axis (704) and a fast wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (706) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、コア部材(718)は、横軸(704)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (718) is a horizontal axis (704) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (706) in a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、裏シート(720)は、横軸(704)と平行な方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、縦軸(706)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the back sheet (720) is a horizontal axis (704) and faster than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (706) in a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート、裏シート、およびコア部材のうちのいくつかまたは全てにおいて、縦軸と平行により速いウィッキング速度を有することにより、吸収された流体が臀裂から延在する本体ライナ(700)の部分に到達するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, the upper sheet, backing sheet, and in some or all of the core member, by having a fast wicking rate by parallel to the longitudinal axis, the absorbed fluid extends et torn anal body the likelihood that it will reach the portion of the liner (700) may reduce.

いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの周辺部分とは異なる1つ以上の性質を有し得る、標的域を備えてもよい。 In some variations, the body liner may have one or more properties different from the peripheral portion of the body liner may comprise a target zone. 例えば、図8Aは、長方形および標的域(801)を有する本体ライナ(800)の上面図を示す。 For example, Figure 8A shows a top view of the body liner (800) having a rectangular and target range (801). そこで示されるように、本体ライナ(800)は、縦軸(806)、および縦軸(806)と垂直であり、標的点(808)で縦軸(806)に交差する横軸(804)を有してもよい。 As shown there, the body liner (800), the vertical axis (806), and a perpendicular vertical axis (806), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (808) (806) and (804) it may have. 図7Bにおいて本体ライナ(700)に関して上記で説明されるように、本体ライナ(800)が少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(800)は、肛門またはその付近に標的点(808)を位置決めするように、縦軸(806)に沿って折り畳まれてもよい。 As described above with respect to the body liner (700) in FIG. 7B, when the body liner (800) is disposed at least partially within gluteal cleft, body liner (800) is targeted to the anus or near so as to position the point (808), it may be folded along the longitudinal axis (806). 標的点(808)は、本体ライナ(800)の中心に位置決めされるものとして図8Aに示されているが、標的点(808)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (808) is shown in Figure 8A as being positioned at the center of the body liner (800), the target point (808) may be positioned in any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、本体ライナ(800)は、横軸(804)に沿った幅より小さい縦軸(806)に沿った高さを有するものとして図8Aに示されているが、場合によっては、本体ライナ(800)は、等しい高さおよび幅を有してもよく、または縦軸(806)に沿った高さより小さい横軸(804)に沿った幅を有してもよいことを理解されたい。 In addition, the body liner (800) is shown in Figure 8A as having a horizontal axis (804) less the vertical axis than the width along the (806) in height along, in some cases, the body liner (800) it is understood that may have may have equal height and width, or along the vertical axis less horizontal axis than the height along the (806) (804) width. 本体ライナ(800)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (800), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown).

概して、本体ライナ(800)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、本体ライナ(800)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るように、サイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (800), when positioned at least partially in anal fissure, so that at least a portion of the body liner (800) may extend into et outside torn anal, be combined size good. 本体ライナ(800)は、図7Bに示される本体ライナ(700)に関して上記で説明されるように、臀裂の中に位置決めされてもよい。 Body liner (800), as described above with respect to the body liner (700) shown in FIG. 7B, it may be positioned in the gluteal cleft. そのように位置決めされたとき、本体ライナ(800)の少なくとも一部分は、臀裂の外側に延在してもよい。 When so positioned, at least a portion of the body liner (800) may extend to the outside of the gluteal cleft. 概して、本体ライナ(800)の露出部分は、上記でさらに詳細に説明されるように、着用者が本体ライナ(800)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分に離れて延在してもよいが、本体ライナ(800)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しなくてもよい。 Generally, the exposed portion of the body liner (800), as will be described in more detail above, the wearer is sufficiently outwardly sufficiently gluteal cleft to permit gripping the body liner (800) it may extend away but may not extend away as the body liner (800) is caught on clothing.

前述のように、本体ライナ(800)は、標的域(801)を含んでもよい。 As described above, the body liner (800) may include a target area (801). 標的域(801)は、少なくとも部分的に標的点(808)を包囲してもよく、かつ多量の肛門漏出物を受容して、そこから流体を吸収するように構成されてもよい。 Target area (801) may surround at least partially the target point (808), and to receive a large amount of anal leakage thereof may be configured to absorb fluid therefrom. 概して、標的域(901)は、上記で説明されるように任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Generally, the target region (901) may have any suitable size and shape as described above. 形状が楕円形であるものとして図8Aに示されているが、標的域(801)は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although the shape is shown in Figure 8A as being elliptical, the target area (801) may be any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregularly shaped, or equivalent) which may have a good. 標的域(801)が楕円形であるとき、楕円形の標的域(801)の長軸は、縦軸(806)と平行に整合させられてもよい。 When the target area (801) is elliptical, the long axis of the target area of ​​the oval (801) may be brought in parallel alignment with the longitudinal axis (806). 他の変形例では、標的域(801)は、楕円形の標的域(801)の長軸が縦軸(806)に対して角度を成す(例えば、縦軸(806)と垂直である、または同等物)ように、位置決めされてもよい。 In other variations, the target area (801), the long axis of the target area of ​​the oval (801) forms an angle with the longitudinal axis (806) (e.g., a longitudinal axis (806) vertically, or equivalents) as may be positioned. 概して、標的域(801)は、本体ライナ(800)が図7Bにおいて上記で示される本体ライナ(700)の変形例に関して上記で議論されるように配置されるときに、完全に臀裂内に嵌合し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the target area (801), when arranged as discussed above with respect to variation of the body liner (700) of the body liner (800) is shown above in FIG. 7B, completely anal fissure it may be combined size as capable of fitting. 図8Eは、標的域(801)がライナの長さに及ぶストリップ(880)として形成される、本体ライナ(800)の別の変形例を示す。 Figure 8E, the target area (801) is formed as a strip (880) spanning the length of the liner, illustrating another variation of the body liner (800). 図8Eに示される変形例では、ストリップ(880)は、縦軸(806)に沿ってライナの高さに及ぶが、他の場合においては、ストリップ(880)は、(例えば、横軸(804)に沿って)ライナの幅に及んでもよいことを理解されたい。 In the variation shown in FIG. 8E, the strip (880) is up to the height of the liner along the longitudinal axis (806), in other cases, the strip (880) is (for example, horizontal axis (804 ) in along) it is to be understood that may span the width of the liner. 本体ライナ(800)が、以下でさらに詳細に議論されるように、標的域(801)のサイズおよび形状を画定するコア部材を備える場合において、コア部材は、図8Eに示されるストリップ(880)としてサイズを合わせられて成形されてもよい。 Strip body liner (800) is, as will be discussed in further detail below, in a case of providing a core member defining the size and shape of the target zone (801), the core member is shown in FIG. 8E (880) it may be molded being combined size as.

図8Aに示される本体ライナ(800)は、1つ以上のライナ層から作製されてもよい。 Body liner (800) shown in Figure 8A may be made of one or more liner layers. 例えば、図8Bは、本体ライナ(800)が単一のライナ層(810)から形成される、本体ライナ(800)の変形例の(縦軸(806)に沿って得られた)断面側面図を示す。 For example, FIG. 8B, the body liner (800) is formed from a single liner layer (810), (taken along the longitudinal axis (806)) of the modification of the body liner (800) cross-sectional side view It is shown. これらの変形例では、ライナ層(810)は、本体ライナ(800)の全体的形状を画定する長方形を有してもよい。 In these variations, the liner layer (810) may have a rectangular shape defining a general shape of the body liner (800). 加えて、ライナ層(810)の身体対面側は、本体ライナ(800)の身体対面表面(812)を形成してもよく、ライナ層(810)の反対の後側は、本体ライナ(800)の後表面(814)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (810) may form a body facing surface (812) of the body liner (800), the rear side opposite to the liner layer (810), the body liner (800) surface (814) after it may be formed. 本体ライナ(800)の身体対面表面(812)および/または後表面(814)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 Body The body facing surface (812) of the liner (800) and / or the rear surface (814), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

ライナ層(810)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を吸収するように構成されてもよい。 Liner layer (810), as will be described in more detail above, it may be configured to absorb fluid. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(801)は、本体ライナ(800)の周辺部分とは異なる吸収性を有してもよい。 In some of these variations, the target area (801) may have different absorption properties from the peripheral portion of the body liner (800). これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(801)の吸収性は、本体ライナ(800)の周辺部分の吸収性より優れ得る。 In some of these variations, the absorption of the target zone (801) may superior absorbent of the peripheral portion of the body liner (800). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(801)は、ライナ層の周辺部分とは異なる材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (801) may be formed from a different material than the peripheral portion of the liner layer. 加えて、または代替として、標的域(801)は、上記でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の超吸収性ポリマー等の1つ以上の吸収材料が組み込まれてもよい。 Additionally or alternatively, the target area (801), as will be described in more detail above, one or more of one or more absorbent materials such as superabsorbent polymers may be incorporated.

いくつかの変形例では、ライナ層(810)は、図7Cに示されるライナ層(710)の変形例に関して上記で説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the liner layer (810), as described above with respect to modification of the liner layer (710) shown in FIG. 7C, may be configured to selectively transfer fluid . 標的域(801)の中の特定の方向へのウィッキング速度は、本体ライナ(800)の周辺部分における同一方向へのウィッキング速度とは異なり得ることを理解されたい。 Wicking rate of a specific direction in the target area (801) is to be understood that may differ from the wicking rate in the same direction in the peripheral portion of the body liner (800). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(801)は、流体が本体ライナ(800)の周辺部分内で移送されるより速く、標的域(801)内で流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (801) is faster than the fluid is transported in the peripheral portion of the body liner (800), is configured to transfer fluid in the target area (801) it may be. これらの場合において、標的域(801)内でより速く吸い上げることにより、本体ライナ(800)の周囲に到達し得る流体の量を制限し得る、本体ライナ(800)の周辺部分より多くの流体を標的域(801)に吸収させてもよい。 In these cases, by sucking faster in the target area (801) may limit the amount of fluid that can be reached around the body liner (800), more fluid than the peripheral portion of the body liner (800) it may be absorbed into the target area (801).

他の変形例では、本体ライナ(800)は、2つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (800) may comprise two or more liner layers. 例えば、図8Cは、本体ライナが、上シート(816)、および上シート(816)に取り付けられたコア部材(818)から形成され得る、本体ライナ(800)の変形例を示す。 For example, FIG. 8C, the body liner, upper sheet (816), and may be formed from the top sheet core member attached to (816) (818), showing a modification of the body liner (800). いくつかの変形例では、上シート(816)およびコア部材(818)は、本体ライナ(800)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (816) and the core member (818) may be the only liner layer of the body liner (800). 上シート(816)およびコア部材(818)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (816) and the core member (818) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(816)は、本体ライナ(800)の全体的サイズおよび形状を画定する楕円形を有してもよい。 In some of these variations, the upper sheet (816) may have an elliptical generally defining size and shape of the body liner (800). いくつかの変形例では、コア部材(818)は、コア部材(818)が標的域(801)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、標的域(801)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 In some variations, the core member (818), such that the core member (818) may define the overall size and shape of the target zone (801), with the same size and shape as the target area (801) it may be. これらの変形例では、コア部材(818)は、上記でさらに詳細に説明されるように任意の好適なサイズであってもよい。 In these variations, the core member (818) may be any suitable size as described in further detail above. 図8Cに示される変形例では、上シート(816)の身体対面側は、本体ライナ(800)の身体対面表面(812)を形成してもよい。 In the modified example shown in FIG 8C, the body facing side of the upper sheet (816) may form a body facing surface of the body liner (800) (812). 本体ライナ(800)の後表面(814)は、コア部材(818)の後側、およびコア部材(818)によって覆われていない上シート(816)の後側の一部分の組み合わせから形成されてもよい。 After the body liner (800) surface (814), the rear side of the core member (818), and be formed from a combination of the side of a portion of the seat (816) on which is not covered by the core member (818) good. 本体ライナ(800)の身体対面表面(812)および/または後表面(814)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 Body The body facing surface (812) of the liner (800) and / or the rear surface (814), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(816)および/またはコア部材(818)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (816) and / or the core member (818), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(816)およびコア部材(818)の両方は、流体吸収性であるように構成される。 In some variations, both the upper sheet (816) and the core member (818) is configured to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(801)へのコア部材(818)の追加が、本体ライナ(800)の周辺部分に対する標的域(801)の中の本体ライナ(800)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member to a target zone (801) (818) is to increase the absorption of the body liner (800) in the target area (801) to the peripheral portion of the body liner (800) it may be. 標的域(801)の中の本体ライナ(800)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(801)の中の本体ライナ材料の修正および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (800) in the target area (801), as described just above, the inclusion of modifications and / or one or more absorbent material of the body liner material in the target area (801) Accordingly, it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(816)およびコア部材(818)の一方または両方は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, one or both of the upper sheet (816) and the core member (818), as will be described in more detail above, may be configured to selectively transfer fluid. 例えば、上シート(816)が、図7Dで描写される上シート(716)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい一方で、コア部材(818)は、図7Dで描写されるコア部材(718)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 For example, the upper sheet (816) is a fluid in any manner such as those described above selectively While that may be configured to transfer with respect to on the sheet (716) depicted in FIG. 7D, core member (818) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the core member (718) depicted in Figure 7D. いくつかの変形例では、コア部材(818)は、上シート(816)より迅速に流体を分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (818) is rapidly fluid from the upper sheet (816) may be configured to dispense. これらの変形例では、(例えば、上シート(716)を通して)本体ライナによって吸収される流体は、上シートよりコア部材の中で多く分配されてもよく、これは、流体が本体ライナ(800)の周囲に到達する可能性を低減させ得る。 In these variations, (e.g., through the upper sheet (716)) the fluid absorbed by the body liner may be much distributed in from above the seat of the core member, which is fluid body liner (800) of it may reduce the likelihood of reaching the surroundings.

他の変形例では、本体ライナ(800)は、3つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (800) may comprise three or more liner layers. 例えば、図8Dは、本体ライナが、上シート(816)、裏シート(820)、および上シート(816)と裏シート(820)との間に位置決めされるコア部材(818)から形成される、本体ライナ(800)の変形例を示す。 For example, Figure 8D, the body liner, upper sheet (816), is formed from a core member (818) positioned between the backing sheet (820), and a backing sheet on the sheet (816) (820) shows a modification of the body liner (800). いくつかの変形例では、上シート(816)、コア部材(818)、および裏シート(820)は、本体ライナ(800)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (816), the core member (818), and backing sheet (820) may be the only liner layer of the body liner (800). 上シート(816)、コア部材(818)、および裏シート(820)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (816), the core member (818), and backing sheet (820) is on the seat, such as those described in more detail above, it may be any combination of the core member and the backing sheet. 図8Dに示される変形例では、上シート(816)および裏シート(818)はそれぞれ、本体ライナ(800)の全体的形状を画定し得る、同一の長方形を有してもよい。 In the variation shown in FIG. 8D, each upper sheet (816) and backing sheet (818) may define the general shape of the body liner (800) may have the same rectangular. コア部材(818)が標的域(801)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(818)は、標的域(801)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 As the core member (818) may define the overall size and shape of the target zone (801), the core member (818) may be the same size and shape as the target area (801). 図8Dに示されるように、上シート(816)の身体対面側が、本体ライナ(800)の身体対面表面(812)を形成してもよい一方で、裏シート(820)の後側は、本体ライナ(800)の後表面(814)を形成してもよい。 As shown in FIG. 8D, body facing side of the upper sheet (816) is, in one may be formed a body facing surface (812) of the body liner (800), the rear side of the backing sheet (820), the body the liner (800) may be formed of the surface (814) after. 加えて、ライナ層(810)の身体対面側は、本体ライナ(800)の身体対面表面(812)を形成してもよく、ライナ層(810)の反対の後側は、本体ライナ(800)の後表面(814)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (810) may form a body facing surface (812) of the body liner (800), the rear side opposite to the liner layer (810), the body liner (800) surface (814) after it may be formed. 本体ライナ(800)の身体対面表面(812)および/または後表面(814)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 Body The body facing surface (812) of the liner (800) and / or the rear surface (814), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(816)、コア部材(818)、および/または裏シート(820)は、上記で詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (816), the core member (818), and / or back sheet (820), as will be described in detail above, may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(816)、コア部材(818)、および裏シート(820)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet (816), each of the core members (818), and backing sheet (820) may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(801)へのコア部材(818)の追加が、上シート(816)および裏シート(820)のみを含み得る本体ライナ(800)の周辺部分に対して、標的域(801)の中の本体ライナ(800)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member (818) to a target zone (801) is, the peripheral portion of the body liner may comprise only the upper sheet (816) and backing sheet (820) (800), the target the absorbance of the body liner (800) in the range (801) may be increased. 標的域(801)の中の本体ライナ(800)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(801)の中のライナ層の材料の変更および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (800) in the target area (801), as described just above, the changes and / or one or more absorbent material of the material of the liner layer within the target zone (801) by the inclusion it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(816)、コア部材(818)、および裏シート(820)のうちの1つ、2つ、またはそれぞれは、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (816), one of the core member (818), and backing sheet (820), two, or each, as will be described in more detail above, the fluid the may be configured to selectively transfer. 例えば、上シート(816)が、図7Dで描写される上シート(716)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい一方で、コア部材(818)は、図7Dで描写されるコア部材(718)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよく、裏シート(820)は、図7Dで描写される裏シート(720)に関して上記で説明されるもの等の任意の様式で流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 For example, the upper sheet (816) is a fluid in any manner such as those described above selectively While that may be configured to transfer with respect to on the sheet (716) depicted in FIG. 7D, core member (818) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the core member (718) depicted in FIG. 7D, the back sheet (820 ) may be configured to selectively transfer fluid in any manner such as those described above with respect to the back sheet (720) depicted in Figure 7D. いくつかの変形例では、コア部材(818)は、上シート(816)および裏シート(820)より迅速に流体を分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (818) is a top sheet (816) and fast fluid from backing sheet (820) may be configured to dispense. これらの変形例では、(例えば、上シート(716)を通して)本体ライナによって吸収される流体は、上シートおよび裏シートよりコア部材の中で多く分配されてもよく、これは、(例えば、標的域(801)を通り過ぎて本体ライナ(800)の周辺部分の中へ拡散することによって)流体が本体ライナ(800)の周囲に到達する可能性を低減させ得る。 In these variations, (e.g., the upper sheet (716) through) the fluid absorbed by the body liner may be much distributed in the upper sheet and the back sheet than the core member, which is (for example, the target ) fluid by diffusion into the periphery of the band (801) body liner (800) past the can reduce the likelihood of reaching the periphery of the body liner (800).

上シート(816)および裏シート(820)は、同一のサイズおよび形状を有するものとして図8Cに示されているが、上シート(816)および裏シート(820)は、異なるサイズおよび/または形状を有してもよいことを理解されたい。 Upper sheet (816) and backing sheet (820) is shown in Figure 8C as having the same size and shape, the upper sheet (816) and backing sheet (820) is a different size and / or shape it is to be understood that may have. 例えば、図9Aは、全体的な長方形および標的域(901)を有する、本体ライナ(900)の上面図を示す。 For example, Figure 9A, has an overall rectangular and target range (901), a top view of the body liner (900). そこで示されるように、本体ライナ(900)は、縦軸(906)、および縦軸(906)と垂直であり、標的点(908)で縦軸(906)に交差する横軸(904)を有してもよい。 As shown there, the body liner (900), the vertical axis (906), and a perpendicular vertical axis (906), the horizontal axis which intersects the longitudinal axis at the target point (908) (906) and (904) it may have. 図7Bで描写される本体ライナ(700)に関して上記で説明されるように、本体ライナ(900)が少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(900)は、肛門またはその付近に標的点(908)を位置決めするように、縦軸(906)に沿って折り畳まれてもよい。 As described above with respect to the body liner (700) depicted in Figure 7B, when the body liner (900) is disposed at least partially within gluteal cleft, body liner (900) is anus or so as to position the target point (908) in the vicinity, it may be folded along the longitudinal axis (906). 標的点(908)は、本体ライナ(900)の中心に位置決めされるものとして図9Aに示されているが、標的点(908)は、本体ライナ上の任意の好適な場所に位置決めされてもよいことを理解されたい。 Target point (908) is shown in Figure 9A as being positioned at the center of the body liner (900), the target point (908) may be positioned in any suitable location on the body liner it is to be understood that good. 加えて、本体ライナ(900)は、横軸(904)に沿った幅より小さい縦軸(906)に沿った高さを有するものとして図9Aに示されているが、場合によっては、本体ライナ(900)は、等しい高さおよび幅を有してもよく、または縦軸(906)に沿った高さより小さい横軸(904)に沿った幅を有してもよいことを理解されたい。 In addition, the body liner (900) is shown in Figure 9A as having a horizontal axis (904) less the vertical axis than the width along the (906) in height along, in some cases, the body liner (900) it is understood that may have may have equal height and width, or along the vertical axis less horizontal axis than the height along the (906) (904) width. 本体ライナ(900)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Body liner (900), as will be described in more detail below, it may comprise one or more adhesive regions (not shown). 概して、本体ライナ(900)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、上記でさらに詳細に説明されるように、本体ライナ(900)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (900), when disposed at least partially anal fissure, as will be described in more detail above, extend to at least partially torn gluteal et outside of the body liner (900) may be combined size so as to. いくつかの変形例では、本体ライナ(900)の露出部分は、着用者が本体ライナ(900)を把持することを可能にするように十分に臀裂の外側に十分に離れて延在するが、本体ライナ(900)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しない。 In some variations, the exposed portion of the body liner (900) is wearer extends sufficiently far enough outside the gluteal cleft to permit gripping the body liner (900) , does not extend far enough body liner (900) is caught on clothing.

前述のように、本体ライナ(900)は、標的域(901)を含んでもよい。 As described above, the body liner (900) may include a target area (901). 標的域(901)は、少なくとも部分的に標的点(908)を包囲してもよく、かつ多量の肛門漏出物を受容して、そこから流体を吸収するように構成されてもよい。 Target area (901) may surround at least partially the target point (908), and to receive a large amount of anal leakage thereof may be configured to absorb fluid therefrom. 概して、標的域(901)は、上記で説明されるように任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Generally, the target region (901) may have any suitable size and shape as described above. 形状が楕円形であるものとして図9Aに示されているが、標的域(901)は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although the shape is shown in Figure 9A as being elliptical, the target area (901) may be any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregularly shaped, or equivalent) which may have a good. 標的域(901)が楕円形であるとき、楕円形の標的域(901)の長軸は、縦軸(906)と平行に整合させられてもよい。 When the target area (901) is elliptical, the long axis of the target area of ​​the oval (901) may be brought in parallel alignment with the longitudinal axis (906). 他の変形例では、標的域(901)は、楕円形の標的域(901)の長軸が縦軸(906)に対して角度を成す(例えば、縦軸(906)と垂直である、または同等物)ように、位置決めされてもよい。 In other variations, the target area (901), the long axis of the target area of ​​the oval (901) forms an angle with the longitudinal axis (906) (e.g., a longitudinal axis (906) vertically, or equivalents) as may be positioned.

図9Aに示される本体ライナ(900)は、図9Bの(縦軸(906)に沿って得られた)断面側面図に示されるように、上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)を含む、3つの層を備えてもよい。 Body liner (900) shown in FIG. 9A, (taken along the longitudinal axis (906)) in Figure 9B as shown in the sectional side view, the upper sheet (916), the core member (918), and backing comprises a sheet (920) may comprise three layers. いくつかの変形例では、上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)は、本体ライナ(900)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (916), the core member (918), and backing sheet (920) may be the only liner layer of the body liner (900). 上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (916), the core member (918), and backing sheet (920) is on the seat, such as those described in more detail above, it may be any combination of the core member and the backing sheet. 図9Bに示される変形例では、上シート(916)は、本体ライナ(900)の全体的形状を画定し得る長方形を有し、コア部材(918)が標的域(901)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(918)は、標的域(901)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 In the variation shown in FIG. 9B, the upper sheet (916) has a rectangular shape may define the overall shape of the body liner (900), the overall size of the target region core member (918) is (901) and as it may define the shape, the core member (918) may be the same size and shape as the target area (901). これらの変形例では、裏シート(920)が上シート(916)と裏シート(920)との間にコア部材(918)を封入し得るように、裏シート(920)は、標的域(901)より大きいが、上シート(916)の形状より小さい形状を有してもよい。 In these variations, as the back sheet (920) are able to encapsulate the core member (918) between the upper sheet (916) and backing sheet (920), backing sheet (920) a target area (901 ) greater may have a smaller shape than the shape of the upper sheet (916). 裏シート(920)および上シート(916)は、上記でさらに詳細に説明されるように、任意の好適な様式で接続されてもよい。 Backing sheet (920) and the upper sheet (916), as will be described in more detail above, may be connected in any suitable manner. これらの変形例では、上シート(916)の身体対面側は、本体ライナ(900)の身体対面表面(912)を形成してもよい。 In these variations, body facing side of the upper sheet (916) may form a body facing surface of the body liner (900) (912). 本体ライナ(900)の後表面(914)は、裏シート(920)の後側、および裏シート(920)によって覆われていない上シート(920)の後側の部分の組み合わせによって形成されてもよい。 After the body liner (900) surface (914) may be formed by the combination of rear portion of the upper sheet (920) not covered by the rear side of the backing sheet (920), and backing sheet (920) good.

裏シート(920)のサイズおよび形状は、図9Aに示されるような第2の区域(903)のサイズおよび形状を画定してもよい。 Back size and shape of the sheet (920) may define a second size and shape of the area (903) as shown in Figure 9A. 長方形であるものとして図9Aに示されているが、裏シート(920)(およびそれとともに第2の区域(903))は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although shown in Figure 9A as being rectangular, the back sheet (920) (and with a second zone (903)) may be any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregular shape, or it may have an equivalent). 第2の区域(903)は、少なくとも部分的に標的域(901)を包囲してもよく、かつ以下でさらに詳細に説明されるように、本体ライナ(900)の標的域(901)および/または周辺部分とは異なる性質を有してもよい。 The second zone (903) may surround at least partially the target area (901), and as described in further detail below, the target area of ​​the body liner (900) (901) and / or it may have different properties than surrounding portions.

上シート(916)、コア部材(918)、および/または裏シート(920)は、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (916), the core member (918), and / or back sheet (920) may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (916), each of the core members (918), and backing sheet (920) may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(901)の中の上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)の包含は、(上シート(916)のみを含み得る)本体ライナ(900)の周辺部分より優れた吸収性を有し得る、(上シート(916)および裏シート(920)のみを含み得る)第2の区域(903)に対して優れた吸収性を標的域(901)の中で可能にしてもよい。 In these variations, on the inside of the target region (901) sheet (916), the inclusion of core member (918), and backing sheet (920) is (which may include only the upper sheet (916)) body liner ( may have superior absorbency than the peripheral portion 900), the target zone superior absorbency against which may include only (upper sheet (916) and backing sheet (920)) a second zone (903) ( it may be possible within the 901). 標的域(901)、第2の区域(903)、および/または本体ライナの周辺部分の中の本体ライナ(900)の吸収性は、上記でさらに詳細に説明されるように、ライナ層のうちの1つ以上における材料の修正および/またはライナ層のうちの1つ以上の中の1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 Target area (901), a second zone (903), and / or absorption of body liner (900) in the peripheral portion of the body liner, as will be described in more detail above, of the liner layer by the inclusion of one or more of one or more absorbent material in one of the modifications and / or liner layers of material in one or more, it may be further modified. また、上シート(916)、コア部材(918)、および裏シート(920)のうちのいずれかまたは全ては、流体を選択的に移送するように構成されてもよく、かつ上記でさらに詳細に説明されるような任意の様式または様式の組み合わせでそうするように構成されてもよいことを理解されたい。 The upper sheet (916), the core member (918), and any or all of the backing sheet (920) may be configured to selectively transfer fluid, and in more detail above is configured to do so by a combination of any manner or mode as described is to be understood that it may be.

図7A−7E、4A−4D、ならびに5Aおよび5Bで描写される長方形の本体ライナは、横軸に沿った幅より小さい縦軸に沿った高さを有するものとして、これらの図に示されているが、本体ライナは、任意の好適な高さおよび幅を有してもよいことを理解されたい。 Figure 7A-7E, 4A-4D, and a rectangular body liner depicted in 5A and 5B as having a height along the smaller than the width along the horizontal axis the vertical axis, is shown in these figures it is, but the body liner, it is to be understood that may have any suitable height and width. 例えば、図10Aは、長方形を有し、かつ縦軸(1002)、および標的点(1006)で縦軸(1002)に交差する横軸(1004)を有する、本体ライナ(1000)の第1の変形例である。 For example, FIG. 10A has a rectangular, and the vertical axis (1002), and the horizontal axis which intersects the longitudinal axis (1002) at the target point (1006) having a (1004), the first body liner (1000) which is a modification. 本体ライナ(1000)は、任意の数のライナ層を含んでもよく、かつ縦軸(1002)に沿った本体ライナ(1000)の高さが横軸(1004)に沿った幅より大きいことを除いて、図7A−7Eに関して上記で説明されるように任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner (1000), except that greater than a width of may include a liner layer of any number, and the height of the vertical axis (1002) main liner (1000) along the along the horizontal axis (1004) Te may be configured in any suitable manner as described above with respect to FIG. 7A-7E. 本体ライナ(1000)が縦軸(1002)に沿って折り畳まれ、肛門(1009)またはその付近に標的点(1006)を位置決めするように臀裂(1008)の中に配置されたときに、本体ライナ(1000)は、図10Bで描写されるように、本体ライナ(1000)の一部分が臀裂(1008)の外側に延在するように、サイズを合わせられてもよい。 Folded body liner (1000) is along the longitudinal axis (1002), when placed within the gluteal cleft (1008) so as to position the anus (1009) or the target point near its (1006), the body liner (1000), as depicted in FIG. 10B, such that a portion of the body liner (1000) extends outside the gluteal cleft (1008), it may be combined size. そこで示されるように、本体ライナ(1000)の部分は、縦軸(1002)に沿って本体ライナ(1000)の一方または両方の端部において、臀裂の外側に延在する。 As shown there, part of the body liner (1000) along the longitudinal axis (1002) at one or both ends of the body liner (1000), extends outside of the gluteal cleft. 本体ライナ(1000)(またはその1つ以上のライナ層)が本体ライナ(1000)(またはその1つ以上のライナ層)の面内で流体を選択的に移送するように構成される、変形例では、縦軸(1002)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(1004)に沿って流体を移送するように本体ライナ(1000)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Configured body liner (1000) (or one or more liner layers thereof) to selectively transfer fluid in the plane of the body liner (1000) (or one or more liner layers thereof), modification in, the vertical axis (1002) fast wicking rate than wicking rate along the main body liner (1000) to transfer fluid along the horizontal axis (1004) (or one or more liner layers thereof) configuring may be desirable. これらの変形例では、縦軸(1006)より横軸(1004)に沿って多くの流体が移送されてもよく、これは、本体ライナ(1000)によって吸収される流体が臀裂から延在する本体ライナ(1000)の部分に到達するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, the vertical axis (1006) from the horizontal axis (1004) may be a number of fluid being transported along which, the fluid to be absorbed is anal torn et extending through the body liner (1000) the likelihood that it will reach the portion of the body liner (1000) may reduce.

同様に、図10Cは、長方形および標的域(1001)を有する本体ライナ(1010)の変形例を示す。 Similarly, FIG. 10C shows a variation of the body liner (1010) with a rectangular and target area (1001). 本体ライナは、縦軸(1002)、および標的点(1006)で縦軸(1002)に交差する横軸(1004)を有してもよく、かつ縦軸(1002)に沿った本体ライナ(1000)の高さが横軸(1004)に沿った幅より大きいことを除いて、図8A−8Dで描写される本体ライナ(800)の変形例に関して上記で説明されるもの等の任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner, vertical axis (1002), and the body liner (1000 may have the horizontal axis (1004), and along the vertical axis (1002) which intersects the longitudinal axis (1002) at the target point (1006) ) height, except that greater than a width along the horizontal axis (1004) of any suitable respect variant such as those described above of the body liner (800) depicted in FIG. 8A-8D it may be configured in a manner. 再度、これらの変形例では、縦軸(1002)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(1004)に沿って流体を移送するように本体ライナ(1000)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Again, in these variations, the vertical axis fast wicking rate than wicking rate along the (1002), the body liner (1000) to transfer fluid along the horizontal axis (1004) (or one of them it may be desirable to configure the above liner layer).

図10Dは、長方形および標的域(1001)ならびに第2の区域(1003)を有する、本体ライナ(1020)の変形例を示す。 Figure 10D is rectangular and the target zone having a (1001) and second zone (1003), showing a modification of the body liner (1020). 本体ライナは、縦軸(1002)、および標的点(1006)で縦軸(1002)に交差する横軸(1004)を有してもよく、かつ縦軸(1002)に沿った本体ライナ(1000)の高さが横軸(1004)に沿った幅より大きいことを除いて、図9A−9Dで描写される本体ライナ(900)の変形例に関して上記で説明されるもの等の任意の好適な様式で構成されてもよい。 Body liner, vertical axis (1002), and the body liner (1000 may have the horizontal axis (1004), and along the vertical axis (1002) which intersects the longitudinal axis (1002) at the target point (1006) ) height, except that greater than a width along the horizontal axis (1004) of the aforementioned, etc. any suitable of those described with respect to variation of the body liner (900) depicted in FIG. 9A-9D it may be configured in a manner. 再度、これらの変形例では、縦軸(1002)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度で、横軸(1004)に沿って流体を移送するように本体ライナ(1000)(またはその1つ以上のライナ層)を構成することが望ましくあり得る。 Again, in these variations, the vertical axis fast wicking rate than wicking rate along the (1002), the body liner (1000) to transfer fluid along the horizontal axis (1004) (or one of them it may be desirable to configure the above liner layer).

いくつかの変形例では、本体ライナは、1つ以上の突出部を含む形状を有してもよい。 In some variations, the body liner may have a shape including one or more projections. これらの変形例では、本体ライナは、本体部分、および本体部分から延在する1つ以上の突出部を有してもよい。 In these variations, the body liner body portion, and it may have one or more protrusions extending from the body portion. 突出部のうちの1つ以上は、本体ライナが少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたときに臀裂から延在してもよく、これは、上記でさらに詳細に説明されるように、回収部分を提供してもよい。 One or more of the protrusions may be Mashimashi anal torn et extension when the body liner is disposed at least partially within gluteal cleft, which, as will be described in more detail above , it may provide the recovered parts. いくつかの変形例では、本体ライナは、本体部分から延在する2つ以上の突出部を備えてもよい。 In some variations, the body liner may comprise two or more protrusions extending from the body portion. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、本体ライナの横軸の第1の側で本体部分から延在する、2つ以上の突出部を備えてもよい。 In some of these variations, the body liner, extending from the body portion on a first side of the horizontal axis of the body liner may comprise two or more protrusions. これらの変形例のうちのいくつかでは、2つ以上の突出部のうちの少なくとも1つは、縦軸の第1の側で本体部分から延在してもよく、2つ以上の突出部のうちの少なくとも1つは、縦軸の第2の側で本体部分から延在してもよい。 In some of these variations, at least one of the two or more protrusions, on a first side of the vertical axis may extend from the body portion, two or more protrusions at least one of the out is on a second side of the vertical axis may extend from the body portion. 他の変形例では、本体ライナは、横軸の第1の側で本体部分から延在する少なくとも1つの突出部と、横軸の第2の側で本体部分から延在する少なくとも1つの突出部とを備えてもよい。 In other variations, the body liner, at least one protrusion extending from the body portion and at least one protrusion extending from the body portion, on a second side of the horizontal axis on a first side of the transverse axis it may be provided with a door.

いくつかの変形例では、本体ライナは、少なくとも4つの突出部を含む形状を有してもよい。 In some variations, the body liner may have a shape that includes at least four protrusions. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1の突出部および第2の突出部は、縦軸の第1の側で本体部分から延在してもよく、第3の突出部および第4の突出部は、縦軸の第2の側で本体部分から延在してもよい。 In some of these variations, the first protrusion and the second protrusion may be a first side of the vertical axis extending from the body portion, the third projection and the fourth protrusions are on a second side of the vertical axis may extend from the body portion. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1および第3の突出部は、横軸の第1の側で本体部分から延在してもよく、第2および第4の突出部は、横軸の第2の側で本体部分から延在してもよい。 In some of these variations, the protrusion of the first and third, the first side of the horizontal axis may extend from the body portion, the projecting portion of the second and fourth, horizontal on a second side of the shaft may extend from the body portion.

図11Aは、複数の突出部を備える形状を有する、本体ライナ(1100)の1つの変形例の上面図を示す。 Figure 11A has a shape comprising a plurality of protrusions, a top view of one variation of the body liner (1100). そこで示されるように、本体ライナ(1100)は、本体部分(1102)、ならびに(1102)から延在する第1、第2、第3、および第4の突出部(それぞれ、(1104)、(1106)、(1108)、および(1110)と標識される)を有してもよい。 As shown there, the body liner (1100), first, second, third, and fourth protrusions extending from the body portion (1102), and (1102) (respectively (1104), ( 1106), it may have a (1108), and labeled as a (1110)). 本体ライナ(1100)はさらに、上記でさらに詳細に説明されるように、縦軸(1112)、および標的点(1116)で縦軸(1112)に垂直に交差する横軸(1114)を有してもよい。 Body liner (1100) Further, as will be described in more detail above, the vertical axis (1112), and a horizontal axis which intersects perpendicularly to the longitudinal axis at the target point (1116) (1112) and 1114 it may be. 第1(1104)および第2の(1106)突出部は、縦軸(1112)の第1の側で本体部分(1102)から延在してもよく、第3(1108)および第4の(1110)突出部は、縦軸(1112)の第2の側で本体部分(1102)から延在してもよい。 First (1104) and second (1106) projections, the vertical axis may extend from the body portion on a first side of (1112) (1102), third (1108) and fourth ( 1110) protrusions on a second side of the longitudinal axis (1112) may extend from the body portion (1102). 加えて、第1の突出部(1104)および第3の突出部(1108)は、横軸(1114)の第1の側で本体部分(1102)から延在してもよく、第2の突出部(1106)および第4の突出部(1110)は、横軸の第2の側で本体部分から延在してもよい。 In addition, the first protruding portion (1104) and the third protrusion (1108) may be a first side of the horizontal axis (1114) extending from the body portion (1102), the second protrusion part (1106) and fourth protrusions (1110) is on a second side of the horizontal axis may extend from the body portion. 図11Aに示される本体ライナ(1100)の変形例では、本体ライナはさらに、本体ライナ(1100)の周辺部分とは異なり得る1つ以上の性質を有し得る、標的域(1118)を備えてもよいが、いくつかの変形例では、本体ライナ(1100)は、標的域(1118)を含まない。 In a variation of the body liner (1100) shown in FIG. 11A, the body liner further may have one or more properties that may be different from the peripheral portion of the body liner (1100), provided the target area (1118) it may also be, in some variations, the body liner (1100) does not include the target area (1118). 加えて、いくつかの変形例では、本体ライナ(1100)は、以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の接着領域(図示せず)を備えてもよい。 Additionally, in some variations, the body liner (1100), as will be described in more detail below, may comprise one or more adhesive regions (not shown).

概して、本体ライナ(1100)は、少なくとも部分的に臀裂内に配置されたときに、本体ライナ(1100)の少なくとも一部分が臀裂から外へ延在し得るように、サイズを合わせられてもよい。 Generally, the body liner (1100), when positioned at least partially in anal fissure, so that at least a portion of the body liner (1100) may extend into et outside torn anal, be combined size good. 例えば、図11Bは、部分的に臀裂(1109)内に配置された本体ライナ(1100)を描写する。 For example, FIG. 11B is partially depict gluteal cleft located within (1109) the main liner (1100). そこで示されるように、本体ライナ(1100)は、標的点(1116)が肛門(1111)またはその付近に位置決めされ、本体ライナ(1100)が実質的に縦軸(1112)に沿って折り畳まれるように、位置決めされてもよい。 As shown there, the body liner (1100), so that the target point (1116) is positioned in the anus (1111) or near the body liner (1100) is folded substantially along the longitudinal axis (1112) a, it may be positioned. 図11Bに示されるように位置決めされたとき、本体ライナ(1100)の少なくとも一部分は、臀裂(1109)の外側に延在する。 When positioned as shown in FIG. 11B, at least a portion of the body liner (1100) extends outside the gluteal cleft (1109). 図11Bに示される変形例では、第1(1104)および/または第3の突出部(1106)は、臀裂から延在するように構成されてもよい(第3の突出部(1106)のみが図11Bに示されている)。 In the variation shown in FIG. 11B, the first (1104) and / or the third protrusion (1106) may be also be configured to gluteal torn et extension (third projecting portion only (1106) There is shown in FIG. 11B). 概して、第1(1104)および第3の突出部(1106)の露出部分は、上記でさらに詳細に説明されるように、ユーザによって把持されるように十分離れて延在してもよいが、第1(1104)および第3の突出部(1106)が衣類に引っ掛かるほど離れて延在しなくてもよい。 Generally, the exposed portions of the first (1104) and the third protruding portion (1106), as will be described in more detail above, may be Mashimashi enough away rolled to be grasped by a user, first (1104) and the third protrusion (1106) may not extend away as caught on the garment.

本体ライナ(1100)およびその突出部は、任意の好適な寸法であってもよい。 Body liner (1100) and the projecting portion can be of any suitable size. 例えば、図11Aに示されるように、本体部分(1102)は、縦軸(1112)に沿った高さ(1120)、および横軸(1114)に沿った幅(1122)を有してもよい。 For example, as shown in FIG. 11A, the body portion (1102), the vertical axis (1112) in height along (1120), and may have a width (1122) along the horizontal axis (1114) . いくつかの変形例では、高さ(1120)は、少なくとも約5.1cmであってもよく、好ましくは、約7から8.3cmの間であってもよい。 In some variations, the height (1120) can be at least about 5.1 cm, preferably, may be between about 7 and 8.3 cm. いくつかの変形例では、幅(1122)は、少なくとも約5.1cmであってもよく、また、好ましくは、約7から8.3cmの間であってもよい。 In some variations, the width (1122) can be at least about 5.1 cm, also preferably, may be between about 7 and 8.3 cm. 高さ(1102)は、幅(1104)より大きくあり得(例えば、本体部分(1102)の高さ対幅比が、少なくとも1.1または同等物であってもよい)、幅(1104)に等しくあり得、または幅(1104)より小さくあり得る(例えば、本体部分(1102)の幅対高さ比が、少なくとも1.1または同等物であってもよい)。 Height (1102), the width be greater than (1104) to give (e.g., height to width ratio of the body portion (1102) may be at least 1.1 or equivalent), the width (1104) equally there obtained, or may be smaller than the width (1104) (e.g., a width to height ratio of the body portion (1102) may be at least 1.1 or equivalent).

第1(1104)および第3の(1108)突出部は、縦軸(1112)に沿って本体部分(1102)を越えた距離(1126)に延在してもよく、かつ横軸(1114)に沿って本体部分(1102)を越えた距離(1124)に延在してもよい。 First (1104) and third (1108) projections, vertical axis (1112) in along may extend a distance (1126) beyond the body portion (1102), and the horizontal axis (1114) it may extend a distance beyond the body portion (1102) (1124) along the. 同様に、第2(1106)および第4の(1110)は、縦軸(1112)に沿って本体部分(1102)を越えた距離(1128)に延在してもよく、かつ横軸(1114)に沿って本体部分(1102)を越えた距離(1130)に延在してもよい。 Similarly, the second (1106) and fourth (1110) may extend a distance beyond the body portion (1102) (1128) along the longitudinal axis (1112), and the horizontal axis (1114 it may extend a distance beyond the body portion (1102) (1130) along the). いくつかの変形例では、縦軸に沿った第1(1104)および第3の突出部(1108)の距離(1126)は、第2(1106)および第4の(1108)突出部の距離(1128)より長くあり得る。 In some variations, the first (1104) and third projecting portions along the longitudinal axis a distance of (1108) (1126), the second (1106) and fourth (1108) Distance protrusion ( 1128) than can be long. これは、本体ライナ(1100)の配置後に、ならびに第2(1106)および第4の(1108)突出部が着用者の生殖器との接触を回避するように構成されるときに、第1(1104)および第3の突出部(1108)が、少なくとも部分的に臀裂から延在するように構成される場合において、有用性を提供し得る。 This is when it is configured to avoid contact with the after placement of the body liner (1100), and second (1106) and fourth (1108) protrusion wearer's genitals, first (1104 ) and a third protrusion (1108), when at least partially configured to gluteal torn et extend, can provide utility. これらの変形例のうちのいくつかでは、縦軸に沿った第2の突出部(1106)の距離(1128)は、縦軸に沿った第1の突出部(1104)の距離(1124)の約90パーセント以下であってもよい。 In some of these variations, the second projecting portion along the longitudinal axis a distance of (1106) (1128), the first protrusion along the longitudinal axis of the (1104) Distance (1124) less than or equal to about 90 percent. 他の変形例では、距離(1128)は、約1.9cm未満であってもよい。 In other variations, the distance (1128) may be less than about 1.9 cm. これらの変形例のうちのいくつかでは、距離(1128)は、約0.65cm未満であってもよい。 In some of these variations, the distance (1128) may be less than about 0.65 cm.

いくつかの変形例では、第1(1104)および第3の(1108)突出部の距離(1124)は、本体部分の高さ(1120)の少なくとも約5パーセントであってもよい。 In some variations, the first (1104) and third (1108) Distance protrusion (1124) may be at least about 5 percent of the height of the body portion (1120). これらの変形例のうちのいくつかでは、第1(1104)および第3の(1108)突出部の距離(1124)は、好ましくは、本体部分の高さ(1120)の少なくとも約15パーセントであってもよい。 In some of these variations, the first (1104) and third (1108) Distance protrusion (1124) is preferably a at least about 15 percent of the height of the body portion (1120) it may be. これらの変形例のうちのいくつかでは、第1(1104)および第3の(1108)突出部の距離(1124)は、好ましくは、本体部分の高さ(1120)の少なくとも約30パーセントであってもよい。 In some of these variations, the first (1104) and third (1108) Distance protrusion (1124) is preferably a at least about 30 percent of the height of the body portion (1120) it may be. 例えば、高さ(1120)が約7.6cmである変形例では、距離(1124)は、約2.3cmであってもよい。 For example, in a variant height (1120) is about 7.6 cm, the distance (1124) may be about 2.3 cm. いくつかの変形例では、本体部分(1102)の幅(1122)を越えた突出部の幅(1126)は、任意の好適な値(例えば、少なくとも約1cm、約1cmから約2.5cmの間、約2.5cmより大きい、または同等物)であってもよい。 In some variations, the width of the protrusion beyond the width of the body portion (1102) (1122) (1126) may be any suitable value (e.g., at least about 1cm, between about 1cm to about 2.5cm , it may be about 2.5cm greater than or equivalent).

第1(1104)および第3の(1108)突出部はそれぞれ、本体ライナ(1100)の縦軸(1112)に対する角度(1132)で本体部分(1102)から離れて延在してもよい。 Each of the first (1104) and third (1108) protrusions at an angle (1132) with respect to the longitudinal axis (1112) may extend away from the body portion (1102) of the body liner (1100). これらの変形例のうちのいくつかでは、角度(1132)が約45度未満であることが望ましくあり得る。 In some of these variations, it may be desirable angle (1132) is less than about 45 degrees. 臀裂が肛門開口部において最も深く、尾骨に向かってより浅くなるため、約45度未満であるように角度(1132)を構成することにより、第1(1104)および/または第3の(1108)突出部が、本体ライナ(1100)の回収部分の役割を果たすように少なくとも部分的に臀裂から外へ延在するために必要とされる、全体的な延出長を短縮してもよい。 Deepest in anal fissure anal opening, to become shallower towards the coccyx, by configuring the angle (1132) to be less than about 45 degrees, the first (1104) and / or third (1108 ) protrusions, are required to extend at least partially into the gluteal torn et outside of the act as the recovery portion of the body liner (1100), it may shorten the overall extension length . いくつかの変形例では、また、角度が約10度より大きくあることも望ましくあり得、これは、第1(1104)および第3の(1108)突出部が相互に絡まり束に成り得る可能性を低減するのに役立ち得る。 In some variations, also angle obtained there is also desirable to be greater than about 10 degrees, this is likely the first (1104) and third (1108) protrusions can become a bundle entangled with each other It may help to reduce. したがって、いくつかの変形例では、角度(1132)は、約10度から約45度の間であってもよい。 Thus, in some variations, the angle (1132) may be between about 10 degrees to about 45 degrees. これらの変形例のうちのいくつかでは、角度(1132)は、好ましくは、約40度であってもよい。 In some of these variations, the angle (1132) may preferably be about 40 degrees.

前述のように、本体ライナ(1100)は、標的域(1118)を含んでもよい。 As described above, the body liner (1100) may include a target area (1118). 標的域(1118)は、少なくとも部分的に標的点(1116)を包囲してもよく、かつ多量の肛門漏出物を受容して、そこから流体を吸収するように構成されてもよい。 Target area (1118) may surround at least partially the target point (1116), and to receive a large amount of anal leakage thereof may be configured to absorb fluid therefrom. 概して、標的域(901)は、上記で説明されるように任意の好適なサイズおよび形状を有してもよい。 Generally, the target region (901) may have any suitable size and shape as described above. 形状が楕円形であるものとして図11Aに示されているが、標的域(1118)は、任意の好適な形状(例えば、円形、長方形、不規則な形状、または同等物)を有してもよい。 Although the shape is shown in Figure 11A as being elliptical, the target area (1118) may be any suitable shape (e.g., circular, rectangular, irregularly shaped, or equivalent) which may have a good. 標的域(1118)が楕円形であるとき、楕円形の標的域(1118)の長軸は、縦軸(1112)と平行に整合させられてもよい。 When the target area (1118) is oval, the long axis of the target area of ​​the oval (1118) may be brought in parallel alignment with the longitudinal axis (1112). 他の変形例では、標的域(1118)は、楕円形の標的域(1112)の長軸が縦軸(1112)に対して角度を成す(例えば、縦軸(1112)と垂直である、または同等物)ように、位置決めされてもよい。 In other variations, the target area (1118), the long axis of the target area of ​​the oval (1112) forms an angle with the longitudinal axis (1112) (e.g., a longitudinal axis (1112) perpendicular, or equivalents) as may be positioned. 概して、標的域(1118)は、本体ライナ(1100)が図11Bに関して上記で議論されるように配置されるときに、完全に臀裂内に嵌合し得るようにサイズを合わせられてもよい。 Generally, the target area (1118), when the body liner (1100) is arranged as discussed above with respect to FIG. 11B, it may be completely aligned in size as capable of fitting into the gluteal cleft . 図11Fは、標的域(1118)がライナの長さに及ぶストリップ(1180)として形成される、本体ライナ(1100)の別の変形例を示す。 FIG. 11F, the target area (1118) is formed as a strip (1180) spanning the length of the liner, illustrating another variation of the body liner (1100). 図11Fに示される変形例では、ストリップ(1180)は、縦軸(1112)に沿ってライナの高さに及ぶが、他の場合においては、ストリップ(1180)は、(例えば、横軸(1114)に沿って)ライナの幅に及んでもよいことを理解されたい。 In the variation shown in FIG. 11F, the strip (1180) is up to the height of the liner along the longitudinal axis (1112), In other cases, the strip (1180) is, (for example, horizontal axis (1114 ) in along) it is to be understood that may span the width of the liner. 本体ライナ(1100)が、以下でさらに詳細に議論されるように、標的域(1118)のサイズおよび形状を画定するコア部材を備える場合において、コア部材は、図4Fに示されるストリップ(1180)としてサイズを合わせられて成形されてもよい。 Strip body liner (1100) is, as will be discussed in further detail below, in a case of providing a core member defining the size and shape of the target area (1118), the core member is shown in FIG. 4F (1180) it may be molded being combined size as. また、以下で説明されるもの等の接着領域(1182)もある。 Also, there is adhesive region (1182) is also such as those described below.

図11Aに示される本体ライナ(1100)は、1つ以上のライナ層から作製されてもよい。 Body liner (1100) shown in FIG 11A may be made of one or more liner layers. 例えば、図11Cは、本体ライナ(1100)が単一のライナ層(1140)から形成される、本体ライナ(1100)の変形例の(縦軸(1112)に沿って得られた)断面側面図を示す。 For example, FIG. 11C, the body liner (1100) is formed from a single liner layer (1140), (taken along the longitudinal axis (1112)) of the modification of the body liner (1100) cross-sectional side view It is shown. これらの変形例では、ライナ層(1140)は、本体ライナ(1100)の全体的形状を画定する耳たぶ形状を有してもよい(図11Aに示される4つの耳たぶ形状は、チョウ形であってもよい)。 In these variations, the liner layer (1140) has four lobes shape may have a lobe shaped to define the overall shape (shown in Figure 11A of the body liner (1100) is a butterfly-shaped it may also be). 加えて、ライナ層(1140)の身体対面側は、本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)を形成してもよく、ライナ層(1140)の反対の後側は、本体ライナ(1100)の後表面(1144)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (1140) may form a body facing surface of the body liner (1100) (1142), the rear side opposite to the liner layer (1140), the body liner (1100) surface (1144) after it may be formed. 本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)および/または後表面(1144)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (1142) and / or the rear surface of the body liner (1100) (1144), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

ライナ層(1140)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を吸収するように構成されてもよい。 Liner layer (1140), as will be described in more detail above, it may be configured to absorb fluid. これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(1118)は、本体ライナ(1100)の周辺部分とは異なる吸収性を有してもよい。 In some of these variations, the target area (1118) may have different absorption properties from the peripheral portion of the body liner (1100). これらの変形例のうちのいくつかでは、標的域(1118)の吸収性は、本体ライナ(1100)の周辺部分の吸収性より優れ得る。 In some of these variations, the absorption of the target area (1118) may superior absorbent of the peripheral portion of the body liner (1100). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(1118)は、ライナ層の周辺部分とは異なる材料から形成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (1118) may be formed from a different material than the peripheral portion of the liner layer. 加えて、または代替として、標的域(1118)は、上記でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の超吸収性ポリマー等の1つ以上の吸収材料が組み込まれてもよい。 Additionally or alternatively, the target area (1118), as will be described in more detail above, one or more of one or more absorbent materials such as superabsorbent polymers may be incorporated.

いくつかの変形例では、ライナ層(1140)は、上記で説明されるように流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the liner layer (1140) may be configured to selectively transfer fluid as described above. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(1140)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)本体ライナの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(1112)および横軸(1114)の両方と垂直であり得る、上記で議論されるような「第3の方向」へ)本体ライナの厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (1140) is the fluid (for example to "first direction" as discussed above and the "second direction") transport in the plane of the body liner in a fast wicking rate than the wicking rate at which, (e.g., vertical axis (1112) and may be perpendicular to both the transverse axis (1114), as discussed above to the "third direction") body it may be configured to transfer fluid across the thickness of the liner. 本体ライナ(1100)が縦軸(1112)に折り重ねられたとき、本体ライナ(1100)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、折り目の片側の本体ライナの身体対面表面(1142)上の接触点から折り目のその側の後表面(1144)への流体の移送を助長し得、さらに、上記でさらに詳細に説明されるように、後表面(1144)から折り目の反対側の接触後表面(1144)への移送を助長し得る。 When the body liner (1100) is folded in the longitudinal axis (1112), traversing the thickness of the body liner (1100), the faster wicking rates, on one side of the body liner folds body facing surface (1142) resulting facilitate the transfer of fluid from the point of contact on the surface (1144) after the side of the fold, further, as will be described in more detail above, the contact from the rear surface (1144) opposite the fold It can facilitate the transfer to the rear surface (1144). 加えて、または代替として、ライナ層(1140)は、第1の方向と垂直である本体ライナ(1100)の面内の第2の方向へのウィッキング速度より速いウィッキング速度で、本体ライナ(1100)の面内で第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the liner layer (1140) is in a first direction and a fast wicking rate than the wicking rate of the second direction in the plane of the body liner (1100) is a vertical, body liner ( fluid in a first direction in the plane of 1100) may be configured to transfer. 例えば、いくつかの変形例では、ライナ層(1140)は、横軸(1114)と平行な第2の方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1112)と平行な第1の方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the liner layer (1140) is a horizontal axis (1114) and slow wicking rate than the wicking rate of the second direction parallel, parallel longitudinal axis (1112) first it may be configured to transfer fluid in the direction. 本体ライナ(1100)が、図11Bに示されるように少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたとき、本体ライナ(1100)によって吸収される流体は、臀裂から延在する本体ライナ(1100)の部分に到達するために、縦軸(1112)と平行に進行する必要があり得る。 Body liner (1100) is, when placed in at least partially gluteal cleft, as shown in FIG. 11B, the fluid absorbed by the body liner (1100), the body liner (1100 extending al torn anal to reach portions of), it may be necessary to proceed in parallel longitudinal axis (1112). したがって、縦軸(1112)に沿ったウィッキング速度より速いウィッキング速度を横軸(1114)に沿って有することにより、ライナ層(1140)が縦軸(1112)に沿って本体ライナ(1100)の露出部分の一部分に向かって伝送する流体の量を低減させ得、これは、本体ライナの除去中に、着用者が本体ライナ(1100)の汚れた部分を把持することを防止するのに役立ち得る。 Therefore, the vertical axis (1112) abscissa fast wicking rate than wicking rate along by having along the (1114), body liner layer (1140) is along the longitudinal axis (1112) liner (1100) obtained by reducing the amount of fluid to be transmitted towards the portion of the exposed portion of which, during the removal of the body liner, the wearer help prevent gripping the soiled portion of the body liner (1100) obtain.

標的域(1118)の中の特定の方向へのウィッキング速度は、本体ライナ(1100)の周辺部分における同一方向へのウィッキング速度とは異なり得ることを理解されたい。 Wicking rate of a specific direction in the target area (1118) is to be understood that may differ from the wicking rate in the same direction in the peripheral portion of the body liner (1100). 例えば、いくつかの変形例では、標的域(1118)は、流体が本体ライナ(1100)の周辺部分内で移送されるより速く、標的域(1118)内で流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the target area (1118) is faster than the fluid is transported in the peripheral portion of the body liner (1100), and is configured to transfer fluid in the target area (1118) it may be. これらの場合において、標的域(1118)内でより速く吸い上げることにより、本体ライナ(1100)の周囲に到達し得る流体の量を制限し得る、本体ライナ(1100)の周辺部分より多くの流体を標的域(1118)に吸収させてもよい。 In these cases, by sucking faster in the target area (1118), it may limit the amount of fluid that can be reached around the body liner (1100), a number of fluid than the peripheral portion of the body liner (1100) it may be absorbed into the target area (1118).

他の変形例では、本体ライナ(1100)は、2つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (1100) may comprise two or more liner layers. 例えば、図11Dは、本体ライナが、上シート(1146)、および上シート(1146)に取り付けられたコア部材(1148)から形成され得る、本体ライナ(1100)の変形例を示す。 For example, FIG. 11D, the body liner, the upper sheet (1146), and may be formed from the top sheet core member attached to (1146) (1148), showing a modification of the body liner (1100). いくつかの変形例では、上シート(1146)およびコア部材(1148)は、本体ライナ(1100)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (1146) and the core member (1148) may be the sole liner layer of the body liner (1100). 上シート(1146)およびコア部材(1148)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シートおよびコア部材の任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (1146) and the core member (1148) may be any combination of upper sheet and the core member such as those described in more detail above. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(1146)は、本体ライナ(1100)の全体的サイズおよび形状を画定する耳たぶ形状を有してもよい。 In some of these variations, the upper sheet (1146) may have a lobe shaped to define the overall size and shape of the body liner (1100). いくつかの変形例では、コア部材(1148)は、コア部材(1148)が標的域(1118)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、標的域(1118)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 In some variations, the core member (1148), such that the core member (1148) may define the overall size and shape of the target area (1118), with the same size and shape as the target area (1118) it may be. これらの変形例では、コア部材(1148)は、上記でさらに詳細に説明されるように任意の好適なサイズであってもよい。 In these variations, the core member (1148) may be any suitable size as described in further detail above. 図11Dに示される変形例では、上シート(1146)の身体対面側は、本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)を形成してもよい。 In the variation shown in FIG. 11D, body facing side of the upper sheet (1146) may form a body facing surface of the body liner (1100) (1142). 本体ライナ(1100)の後表面(1144)は、コア部材(1148)の後側、およびコア部材(1148)によって覆われていない上シート(1146)の後側の一部分の組み合わせから形成されてもよい。 After the body liner (1100) surface (1144) is the rear side of the core member (1148), and the core member be formed from a combination of the side of a portion of the seat on which is not covered by (1148) (1146) good. 本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)および/または後表面(1144)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (1142) and / or the rear surface of the body liner (1100) (1144), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(1146)および/またはコア部材(1148)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (1146) and / or the core member (1148), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. いくつかの変形例では、上シート(1146)およびコア部材(1148)の両方は、流体吸収性であるように構成される。 In some variations, both the upper sheet (1146) and the core member (1148) is configured to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(1118)へのコア部材(1148)の追加が、本体ライナ(1100)の周辺部分に対する標的域(1118)の中の本体ライナ(1100)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member (1148) to the target area (1118) is to increase the absorption of the body liner (1100) in the target area (1118) to the peripheral portion of the body liner (1100) it may be. 標的域(1118)の中の本体ライナ(1100)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(1118)の中の本体ライナ材料の修正および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (1100) in the target area (1118), as described just above, the inclusion of modifications and / or one or more absorbent material of the body liner material in the target area (1118) Accordingly, it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(1146)およびコア部材(1148)の一方または両方は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, one or both of the upper sheet (1146) and the core member (1148), as will be described in more detail above, may be configured to selectively transfer fluid. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(1146)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(1112)および横軸(1114)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(1146)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (1146), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (1112) and horizontal (1114) may be with both vertical to the "third direction") on a sheet (1146) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(1146)の厚さを通したコア部材(1148)の中への流体の移送を助長し得る。 This can facilitate the transfer of fluid into the core member through the thickness of the upper sheet (1146) (1148). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(1148)は、流体がコア部材(1148)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(1148)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some of these variations, the core member (1148) is fluid at a faster wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the core member (1148), the thickness of the core member (1148) it may be configured to traverse to transport the fluid. 本体ライナ(1100)が縦軸(1112)に折り重ねられたとき、コア部材(1148)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、後表面と後表面の接触を介して、折り目の両側の後表面(1144)の部分の間からの流体の移送を助長し得る。 When the body liner (1100) is folded in the longitudinal axis (1112), traversing the thickness of the core member (1148), the faster wicking rates, through contact with the rear surface and the rear surface, the fold It can facilitate the transfer of fluid from between the portion of the surface (1144) after the two sides. 他の変形例では、コア部材(1148)は、コア部材(1148)を通して均等に流体を分配するように構成されてもよい。 In other variations, the core member (1148) may be configured to evenly distribute the fluid through the core member (1148).

いくつかの変形例では、上シート(1146)は、横軸(1114)と平行な方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1112)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (1146) is a horizontal axis (1114) and slow wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (1112) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート(1146)によって吸収される流体は、上記で説明されるように、臀裂から延在する本体ライナ(1100)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the upper sheet (1146), as described above, can reach the parts of the body liner (1100) that extends et torn gluteal may be less. 加えて、または代替として、コア部材(1148)は、横軸(1114)と平行な方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1146)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (1148) is a horizontal axis (1114) and slow wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (1146) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、コア部材(1148)によって吸収される流体は、本体(1100)の部分に到達する可能性が低くあり得る。 In these variations, the fluid absorbed by the core member (1148) is likely to reach the part of the body (1100) may be less.

他の変形例では、本体ライナ(1100)は、3つ以上のライナ層を備えてもよい。 In other variations, the body liner (1100) may comprise more than two liner layers. 例えば、図11Eは、本体ライナが、上シート(1146)、裏シート(1140)、および上シート(1146)と裏シート(1140)との間に位置決めされるコア部材(1148)から形成され得る、本体ライナ(1100)の変形例を示す。 For example, FIG. 11E, the body liner, the upper sheet (1146), backing sheet (1140), and may be formed from a core member (1148) which is positioned between the upper sheet (1146) and backing sheet (1140) shows a modification of the body liner (1100). いくつかの変形例では、上シート(1146)、コア部材(1148)、および裏シート(1140)は、本体ライナ(1100)の唯一のライナ層であってもよい。 In some variations, the upper sheet (1146), the core member (1148), and backing sheet (1140) may be the sole liner layer of the body liner (1100). 上シート(1146)、コア部材(1148)、および裏シート(1140)は、上記でさらに詳細に説明されるもの等の上シート、コア部材、および裏シートの任意の組み合わせであってもよい。 Upper sheet (1146), the core member (1148), and backing sheet (1140) is on the seat, such as those described in more detail above, it may be any combination of the core member and the backing sheet. 図4Dに示される変形例では、上シート(1146)および裏シート(1148)はそれぞれ、本体ライナ(1100)の全体的形状を画定し得る、同一の楕円形を有してもよい。 In the variation shown in FIG. 4D, the upper sheet (1146) and backing sheet (1148), respectively, may define the overall shape of the body liner (1100), it may have the same elliptical. コア部材(1148)が標的域(1118)の全体的サイズおよび形状を画定し得るように、コア部材(1148)は、標的域(1118)と同一のサイズおよび形状であってもよい。 As the core member (1148) may define the overall size and shape of the target area (1118), the core member (1148) may be the same size and shape as the target area (1118). 図11Eに示されるように、上シート(1146)の身体対面側が、本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)を形成してもよい一方で、裏シート(1140)の後側は、本体ライナ(1100)の後表面(1144)を形成してもよい。 As shown in FIG. 11E, body facing side of the upper sheet (1146) is, while may be formed a body facing surface (1142) of the body liner (1100), the rear side of the backing sheet (1140), the body liner (1100) may be formed of the surface (1144) after. 加えて、ライナ層(1140)の身体対面側は、本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)を形成してもよく、ライナ層(1140)の反対の後側は、本体ライナ(1100)の後表面(1144)を形成してもよい。 In addition, body facing side of the liner layer (1140) may form a body facing surface of the body liner (1100) (1142), the rear side opposite to the liner layer (1140), the body liner (1100) surface (1144) after it may be formed. 本体ライナ(1100)の身体対面表面(1142)および後表面(1144)は、以下でさらに詳細に説明されるように、任意のそれぞれの摩擦係数を有するように構成されてもよい。 The body facing surface (1142) and a rear surface of the body liner (1100) (1144), as will be described in more detail below, may be configured to have any of the respective coefficient of friction.

上シート(1146)、コア部材(1148)、および/または裏シート(420)は、上記でさらに詳細に説明されるように、流体吸収性であるように構成されてもよい。 Upper sheet (1146), the core member (1148), and / or back sheet (420), as will be described in more detail above, it may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シート(1146)、コア部材(1148)、および裏シート(1140)のそれぞれは、流体吸収性であるように構成されてもよい。 In some of these variations, the upper sheet (1146), each of the core members (1148), and backing sheet (1140), may be configured so as to be fluid-absorbent. これらの変形例では、標的域(1118)へのコア部材(1148)の追加が、上シート(1146)および裏シート(1140)のみを含み得る本体ライナ(1100)の周辺部分に対して、標的域(1118)の中の本体ライナ(1100)の吸収度を増加させてもよい。 In these variations, the additional core member (1148) to the target area (1118) is, the peripheral portion of the body liner may comprise only the upper sheet (1146) and backing sheet (1140) (1100), the target the absorbance of the body liner (1100) in the range (1118) may be increased. 標的域(1118)の中の本体ライナ(1100)の吸収性は、直上で説明されるように、標的域(1118)の中のライナ層における材料の変更および/または1つ以上の吸収材料の包含によって、さらに修正されてもよい。 The absorbent body liner (1100) in the target area (1118), as described immediately above, the material changes and / or one or more absorbent material in the liner layer in the target area (1118) by the inclusion it may be further modified.

いくつかの変形例では、上シート(1146)、コア部材(1148)、および裏シート(1140)のうちの1つ、2つ、またはそれぞれは、上記でさらに詳細に説明されるように、流体を選択的に移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (1146), one of the core member (1148), and backing sheet (1140), two, or each, as will be described in more detail above, the fluid the may be configured to selectively transfer. 例えば、いくつかの変形例では、上シート(1146)は、流体が(例えば、上記で議論されるような「第1の方向」および「第2の方向」へ)上シートの面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、(例えば、縦軸(1112)および横軸(1114)の両方と垂直であり得る「第3の方向」へ)上シート(1146)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet (1146), the fluid (e.g., a "first direction" and the "second direction" as discussed above) the transfer in the plane of the upper sheet in a fast wicking rate than the wicking rate that is, the thickness (e.g., vertical axis (1112) and horizontal (1114) may be with both vertical to the "third direction") on a sheet (1146) it may be configured to transfer fluid across. これは、上シート(1146)の厚さを通したコア部材(1148)への流体のより迅速な移送を助長し得る。 This can facilitate a more rapid transfer of fluid to the core member through the thickness of the upper sheet (1146) (1148). これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材(1148)は、コア部材(1148)の厚さを通した裏シート(1140)への流体のより迅速な移送を助長し得る、流体がコア部材(1148)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、コア部材(1148)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some of these variations, the core member (1148) is more rapid can facilitate the transfer, the fluid core of fluid to the back sheet through the thickness of the core member (1148) (1140) in a fast wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the member (1148) may be configured to transfer fluid across the thickness of the core member (1148). いくつかの変形例では、コア部材(1148)は、コア部材(1148)によって吸収される流体を、コア部材を通して均等に分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (1148) is a fluid that is absorbed by the core member (1148) may be configured to evenly distribute throughout the core member. いくつかの変形例では、裏シート(1140)はまた、流体が裏シート(1140)の面内で移送されるウィッキング速度より速いウィッキング速度で、裏シート(1140)の厚さを横断して流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, backing sheet (1140) is also a fast wicking rate than the wicking rate that is transported in the plane of the fluid backing sheet (1140), across the thickness of the backing sheet (1140) it may be configured to transfer fluid Te. 本体ライナ(1100)が縦軸(1112)に折り重ねられたとき、裏シート(1140)の厚さを横断する、より速いウィッキング速度は、裏シート(1140)の厚さを通した流体の移送、および裏シートと裏シートとの接触を介した折り目の反対側の裏シート(1140)の一部分への流体の移送を助長し得る。 When the body liner (1100) is folded in the longitudinal axis (1112), traversing the thickness of the backing sheet (1140), the faster wicking rates, the fluid through the thickness of the backing sheet (1140) transport, and it can facilitate the transfer of fluid to a portion of the opposite side of the backing sheet of the fold through the contact between the backing sheet and the backing sheet (1140).

いくつかの変形例では、上シート(1146)は、横軸(1124)と平行な方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1112)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 In some variations, the upper sheet (1146) is a horizontal axis (1124) and slow wicking rate than the wicking rate of a direction parallel to the vertical axis (1112) and to transfer fluid to a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、コア部材(1148)は、横軸(1114)と平行な方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1112)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the core member (1148) is a horizontal axis (1114) and slower than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (1112) in a direction parallel to it may be configured to. 加えて、または代替として、裏シート(1140)は、横軸(1114)と平行な方向へのウィッキング速度より遅いウィッキング速度で、縦軸(1112)と平行な方向へ流体を移送するように構成されてもよい。 Additionally or alternatively, the back sheet (1140) is a horizontal axis (1114) and slower than the wicking rate of the parallel wicking rate, so as to transfer fluid longitudinal axis (1112) in a direction parallel to it may be configured to. これらの変形例では、上シート、裏シート、およびコア部材のうちのいくつかまたは全てにおいて、横軸と平行により速いウィッキング速度を有することにより、吸収された流体が臀裂から延在する本体ライナ(1100)の部分に到達するであろう可能性を低減させ得る。 In these variations, the upper sheet, backing sheet, and in some or all of the core member, by having a fast wicking rate by parallel to the horizontal axis, the absorbed fluid extends et torn anal body the likelihood that it will reach the portion of the liner (1100) may reduce.

いくつかの変形例では、コア部材(1148)は、上シート(1146)および裏シート(420)より迅速に流体を分配するように構成されてもよい。 In some variations, the core member (1148) is the upper sheet (1146) and rapid fluid from backing sheet (420) may be configured to dispense. これらの変形例では、(例えば、上シート(316)を通して)本体ライナによって吸収される流体は、上シートおよび裏シートよりコア部材の中で多く分配されてもよく、これは、(例えば、標的域(1118)を通り過ぎて本体ライナ(1100)の周辺部分の中へ拡散することによって)流体が本体ライナ(1100)の周囲に到達する可能性を低減させ得る。 In these variations, (e.g., the upper sheet (316) through) the fluid absorbed by the body liner may be much distributed in the upper sheet and the back sheet than the core member, which is (for example, the target ) fluid by diffusion into the periphery of the band (1118) past the body liner (1100) may reduce the likelihood of reaching the periphery of the body liner (1100).

本体ライナ保持 本明細書で説明される本体ライナが折り重ねられ、少なくとも部分的に臀裂の中に配置されたときに、着用者の移動が、本体ライナを束ね、抜去し、または別様に変位させる傾向がある、1つ以上の力を本体ライナに印加し得る。 Body liner is folded as described in the body liner holds herein, when disposed at least partially within gluteal cleft, the movement of the wearer, bundling body liner, withdrawn, or otherwise It tends to displace, may apply to one or more forces to the body liner. 例えば、日常的な移動(歩行等)中の脚の移動が、臀部を相互に擦り付けさせ得る。 For example, the movement of the legs in the routine moves (walks, etc.), may give rubbing the buttocks to each other. 本体ライナがその縦軸に沿って折り畳まれたとき、この移動は、折り畳まれた縦軸の片側の本体ライナの後表面を、縦軸の反対側の本体ライナの後表面に擦り付けさせ得る。 When the body liner is folded along its longitudinal axis, this movement, the rear surface of one side of the body liner ordinate folded, can give rubbed against the surface after the opposite side of the body liner longitudinal axis. 折り重ねられた後表面の間の摩擦は、臀部の皮膚に対して本体ライナを滑動させ得、これは、本体ライナの集群化または変位をもたらし得る。 Friction between the surface after being folded, obtained by sliding the body liner against the buttocks of the skin, which can result in bunching or displacement of the body liner. 集群は、着用者にとって不快感をもたらし得、かつ肛門漏出物を吸収および/または不動化する本体ライナの能力を低減させ得る。 Bunching may reduce the ability of the body liner to absorb and / or immobilization obtained, and anal leakage was brought discomfort for the wearer. したがって、着用者の移動中に本体ライナの変位または集群化を最小限化するように、本明細書で説明される本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Therefore, to minimize the displacement or bunching of the main body liner during movement of the wearer, it may be desirable to configure the main liner described herein.

いくつかの変形例では、本体ライナが上記で説明されるように折り重ねられたときに、後表面の対向区画の間の滑動を最大限化するように、本体ライナの後表面を構成することが望ましくあり得、これは、本体ライナの集群化または変位の可能性を低減させ得る。 In some variations, when the body liner is folded as described above, so as to maximize the sliding between the opposed sections of the rear surface, that constitutes the rear surface of the body liner It is obtained desirable, which may reduce the likelihood of bunching or displacement of the body liner. これらの変形例では、本体ライナの後表面の摩擦係数を低減または最小限化することが望ましくあり得る。 In these variations, it may be desirable to reduce or minimize the frictional coefficient of the surface after the body liner. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、約0.15未満の摩擦係数を有する後表面を備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner may comprise a surface after having a coefficient of friction less than about 0.15. これらの変形例のうちのいくつかでは、後表面は、好ましくは、約0.1未満の摩擦係数を有する。 In some of these variations, the rear surface preferably has a coefficient of friction of less than about 0.1. 本体ライナの後表面の摩擦係数は、任意の好適な様式で最小限化されてもよい。 The friction coefficient of the surface after the body liner may be minimized in any suitable manner. いくつかの変形例では、本体ライナの後表面は、低い摩擦係数を備える、1つまたは複数の材料から形成されてもよい。 In some variations, the surface after the body liner comprises a low coefficient of friction, it may be formed from one or more materials. 加えて、または代替として、本体ライナの後表面は、後表面の摩擦係数を低減させるように研磨されてもよい。 Additionally or alternatively, the surface after the body liner may be polished to reduce the coefficient of friction of the rear surface. いくつかの変形例では、本体ライナの後表面は、後表面の摩擦係数を低減させ得る、1つ以上の材料(例えば、1つ以上の粉末またはシリコーン)でコーティングされてもよい。 In some variations, the surface after the body liner may reduce the coefficient of friction of the rear surface, one or more materials (e.g., one or more powder or silicone) may be coated with. 低減した摩擦係数により、本体ライナの後表面は、滑動を促す平滑性を有し得る。 The reduced coefficient of friction, the surface after the body liner may have a smoothness to promote sliding. したがって、本体ライナが縦軸に沿って折り畳まれ、(例えば、それ自体と接触して後表面を位置決めするように)少なくとも臀裂の中に位置決めされたとき、縦軸の片側の本体ライナの後表面は、縦軸の反対側の本体ライナの後表面に対して滑動する可能性が高くあり得、これは、臀部の皮膚に対する本体ライナの集群化または本体ライナの移動の可能性を低減させ得る。 Accordingly, folded body liner along the longitudinal axis, (for example, to position the rear surface in contact with itself) when positioned within at least a gluteal cleft, after one side of the body liner longitudinal axis surface, there may be more likely to slide relative to the longitudinal axis surface after the opposite side of the body liner, which may reduce the likelihood of movement of the bunching or body liners of the body liner for hip skin .

以下でさらに詳細に説明されるように、1つ以上のライナ層は、本明細書で説明される本体ライナの後表面を形成してもよい。 As described in further detail below, one or more liner layers, the surface may be formed after the body liner described herein. 例えば、本体ライナが単一のライナ層を備える変形例では、ライナ層の後側は、本体ライナの後表面を形成してもよい。 For example, in variations where the body liner comprises a single liner layer, the rear side of the liner layer may be formed of the surface after the body liner. いくつかのこれらの変形例では、単一のライナ層の後側は、直上で説明されるような低減した摩擦係数を有するように構成されてもよい(例えば、単一のライナ層の後側は、低い遊離繊維指数を有する材料から形成されてもよく、研磨されてもよく、および/または1つ以上のコーティングを含んでもよい)。 In some of these variations, the rear side of the single rear side of the liner layer may be configured to have a reduced coefficient of friction, such as described immediately above (e.g., a single liner layer may be formed of a material having a low free fibers index may be may be polished, and / or contain one or more coatings). 他の変形例では、本体ライナは、複数のライナ層を備えてもよく、本体ライナの後表面は、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての後側の部分によって形成されてもよい。 In other variations, the body liner may comprise a plurality of liner layer, the surface after the body liner may be formed by some or all rear portion of one of the liner layer. これらの変形例では、本体ライナの後表面を形成するライナ層の後側の部分は、直上で説明されるような低減した摩擦係数を有するように構成されてもよい。 In these variations, rear portion of the liner layer forming the surface after the body liner may be configured to have a reduced coefficient of friction, such as described immediately above. 例えば、本体ライナが裏シートを備え、裏シートの後側が本体ライナの後表面を形成する、変形例では、裏シートは、上記で詳細に説明されるような低減した摩擦係数を有するように構成されてもよい(例えば、単一のライナ層の後側は、低い遊離繊維指数を有する材料から形成されてもよく、研磨されてもよく、および/または1つ以上のコーティングを含んでもよい)。 For example, a body liner backing sheet, the rear side of the backing sheet to form a rear surface of the body liner, in a variant, the back sheet is configured to have a reduced coefficient of friction, as described in detail above which may be (for example, the rear side of a single liner layer may comprise a low free fibers indices may be formed from a material having a, it may be polished, and / or one or more coatings) .

いくつかの変形例では、本体ライナが折り重ねられ、臀裂の中に配置されたときに、本体ライナの身体対面表面と着用者の皮膚との間の滑動を最小限化するように構成することが望ましくあり得る。 In some variations, the body liner is folded, when placed within the gluteal cleft, configured to minimize sliding between the wearer's skin and body facing surface of the body liner it may be desirable. 本体ライナが、以下でさらに詳細に説明されるように、身体対面表面上に1つ以上の接着領域を備えるとき、接着領域は、身体対面表面と皮膚との間の移動を防止するのに役立ち得る。 Body liner, as will be described in further detail below, when provided with one or more adhesive regions on the body facing surface, the adhesive region serves to prevent movement between the body facing surface and the skin obtain. いくつかのこれらの変形例では、(例えば、円滑または平滑面を組織に提供することによって)本体ライナによって提供される快適レベルを増加させ得る、接着領域によって覆われていない身体対面表面の部分の摩擦係数を(例えば、上記で説明されるような様式のうちの1つで)低くすることが望ましくあり得る。 In some of these variations, (e.g., a smooth or smooth surface that by providing the tissue) may increase the comfort level provided by the body liner, the portion of the body facing surface not covered by the adhesive area the coefficient of friction may be (e.g., in one of modes as described above) is desirable to reduce. 他の場合において、本体ライナとユーザの皮膚との間の移動の可能性を低減させるように、本体ライナの身体対面表面の摩擦係数を最大限化するか、または別様に増加させることが望ましくあり得る。 In other cases, to reduce the likelihood of movement between the skin of the body liner and the user, it is desirable to increase the coefficient of friction of the body facing surface of the body liner or maximize, or otherwise possible. これは、本体ライナが1つ以上の接着領域を含まない場合において、特定の有用性を見出し得る。 This is because, in the case where the body liner does not contain one or more adhesive regions may find particular utility. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、約0.25より大きい摩擦係数を有する身体対面表面を備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner may comprise a body facing surface having about 0.25 greater than the coefficient of friction. これらの変形例のうちのいくつかでは、身体対面表面は、好ましくは、約0.3より大きい摩擦係数を有する。 In some of these variations, body facing surface, preferably, has about 0.3 greater than the coefficient of friction. 本体ライナの身体対面表面の摩擦係数は、任意の好適な様式で最大限化され、または別様に増加させられてもよい。 Friction coefficient of the body facing surface of the body liner is maximize in any suitable manner, or may be increased to otherwise. いくつかの変形例では、本体ライナの身体対面表面は、より高い摩擦係数を備える、1つまたは複数の材料から形成されてもよい。 In some variations, the body facing surface of the body liner comprises a higher coefficient of friction, it may be formed from one or more materials. 加えて、または代替として、本体ライナの身体対面表面は、身体対面表面の摩擦係数を増加させるように、(例えば、カーディング、針穿孔、バニシ仕上げ、または同等物を介して)粗面化またはテクスチャ加工されてもよい。 Additionally or alternatively, the body facing surface of the body liner, so to increase the coefficient of friction of the body facing surface, (e.g., carding, needle perforation, burnishing, or through the equivalent) roughening or it may be textured. いくつかの変形例では、本体ライナの身体対面表面は、身体対面表面の摩擦係数を増加させ得る、1つ以上の材料(例えば、粘着性スプレーまたは同等物)でコーティングされてもよい。 In some variations, the body facing surface of the body liner may increase the coefficient of friction of the body facing surface, one or more materials (e.g., adhesive spray or equivalent) may be coated with. 増加した摩擦係数により、本体ライナの身体対面表面は、皮膚とともに移動する傾向があり得、かつ後表面がそれ自体に擦り付けられたときに皮膚に対して移動する可能性が低くあり得る。 The increased coefficient of friction, the body facing surface of the body liner may be less likely to move to the skin when the obtained tend to move with the skin, and the rear surface were rubbed against itself. これは、着用者に対する本体ライナの集群化または本体ライナの変位を低減させ得る。 This may reduce the displacement of bunching or body liners of the body liner to the wearer. 加えて、増加した摩擦係数は、身体対面表面が着用者の皮膚と接触して配置されたときに優れた快適性を着用者に提供し得る、より綿毛状/軟質の身体対面表面をもたらし得る。 In addition, increased friction coefficient, the body facing surface may provide superior comfort to the wearer when placed in contact with the wearer's skin, may result in a more fluffy / soft body facing surface .

上記でさらに詳細に説明されるように、1つ以上のライナ層は、本明細書で説明される本体ライナの身体対面表面を形成してもよい。 As described in more detail above, one or more liner layers may form a body facing surface of the body liner described herein. 例えば、本体ライナが単一のライナ層を備える変形例では、ライナ層の身体対面側は、本体ライナの身体対面表面を形成してもよい。 For example, in variations where the body liner comprises a single liner layer, body facing side of the liner layer may be formed body facing surface of the body liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、単一のライナ層の身体対面側は、直上で説明されるような増加した摩擦係数を有するように構成されてもよい(例えば、単一ライナ層の身体対面側は、高い遊離指数を有する材料から形成されてもよく、粗面化/テクスチャ加工されてもよく、および/または1つ以上の摩擦増加コーティングを含んでもよい)。 In some of these variations, body facing side of a single liner layer, may be configured to have an increased friction coefficient as described immediately above (e.g., a single liner layer body facing side may be formed of a material having a high free index may include may be roughened / textured, and / or one or more friction increasing coating). 他の変形例では、本体ライナは、複数のライナ層を備えてもよく、本体ライナの身体対面表面は、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての身体対面側の部分によって形成されてもよい。 In other variations, the body liner may comprise a plurality of liner layer, the body facing surface of the body liner may be formed by some or part of all of the body facing side of the liner layer. これらの変形例では、本体ライナの身体対面表面を形成するライナ層の身体対面側の部分は、直上で説明されるような増加した摩擦係数を有するように構成されてもよい。 In these variations, the portion of the body facing side of the liner layer forming the body facing surface of the body liner may be configured to have an increased friction coefficient as described immediately above. 例えば、本体ライナが上シートを備え、上シートの身体対面側が本体ライナの身体対面表面を備える、変形例では、上シートは、直上で説明されるような増加した摩擦係数を有するように構成されてもよい(例えば、単一ライナ層の身体対面側は、高い遊離指数を有する材料から形成されてもよく、粗面化/テクスチャ加工されてもよく、および/または1つ以上の摩擦増加コーティングを含んでもよい)。 For example, includes an upper sheet body liner, body facing side of the upper sheet comprises a body facing surface of the body liner, in a variant, the upper sheet is configured to have an increased friction coefficient as described immediately above which may be (e.g., body facing side of a single liner layer may be formed of a material having a high free index may be roughened / textured, and / or one or more friction increasing coating it may include a).

場合によっては、本体ライナの後表面の対向部分の間の滑動を最大限化すること、および本体ライナの身体対面表面と着用者の皮膚との間の滑動を最小限化することの両方が望ましくあり得る。 In some cases, to maximize the sliding between the opposed portions of the surface after the body liner, and both to minimize the sliding between the body facing surface of the body liner and the skin of the wearer is desirable possible. いくつかの変形例では、本体ライナの身体対面表面は、本体ライナの後表面の摩擦係数より大きい摩擦係数を有してもよい。 In some variations, the body facing surface of the body liner may have a coefficient of friction greater than the coefficient of friction of the surface after the body liner. 身体対面表面および後表面は、直上で説明されるような任意の好適な摩擦係数を有してもよい。 The body facing surface and the rear surface may have any suitable friction coefficient, as described immediately above. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、約0.25より大きい摩擦係数を有する身体対面表面、および約0.15未満の係数を有する後表面を有してもよい。 For example, in some variations, the body liner may have a surface after having coefficients of body facing surface, and less than about 0.15 with about 0.25 greater than the coefficient of friction. これらの変形例のうちのいくつかでは、身体対面表面は、好ましくは、約0.30より大きい摩擦係数を有し、後表面は、好ましくは、約0.1未満の摩擦係数を有する。 In some of these variations, body facing surface, preferably, has about 0.30 greater than the friction coefficient, the back surface preferably has a coefficient of friction of less than about 0.1. 本体ライナの各表面の摩擦係数は、材料、研磨またはテクスチャ加工、および/または直上で説明されるような摩擦変更コーティングに基づいて、変更されてもよい。 Friction coefficient of the surface of the body liner material, polishing or textured, and / or on the basis of the friction change coatings such as described immediately above may be modified.

本体ライナが単一のライナ層を備える変形例では、ライナ層の身体対面側が、本体ライナの身体対面表面を形成してもよい一方で、ライナ層の後側は、本体ライナの後表面を形成してもよい。 In a variant the body liner comprises a single liner layer, body facing side of the liner layer, while optionally be formed body facing surface of the body liner, rear liner layer, forming a rear surface of the body liner it may be. これらの変形例のうちのいくつかでは、単一のライナ層を形成するために使用される材料は、ライナ層が、ライナ層の後側の遊離繊維指数より大きい、ライナ層の身体対面側の遊離繊維指数を有し得るように、ライナ層の厚さに沿って変更されてもよい。 In some of these variations, the material used to form a single liner layer, the liner layer is on the rear side of the liner layer loose fibers index greater than the body facing side of the liner layer as can have a free fiber index, it may be changed along the thickness of the liner layer. 加えて、または代替として、ライナ層の身体対面側は、本体ライナの身体対面表面の摩擦係数を増加させるように粗面化またはテクスチャ加工されてもよい(例えば、身体対面側は、身体対面表面の摩擦係数を増進させ得る、テクスチャ加工パターン、隆起、および/または段差を伴って形成されてもよい)。 Additionally or alternatively, the body facing side of the liner layer may be roughened or textured to increase the coefficient of friction of the body facing surface of the body liner (e.g., body facing side, a body-facing surface capable of enhancing the coefficient of friction, textured pattern, ridges, and / or may be formed with a step). 加えて、または代替として、ライナ層の後側は、本体ライナの後表面の摩擦係数を減少させるように研磨されてもよい。 Additionally or alternatively, the rear side of the liner layer may be polished to reduce the coefficient of friction of the surface after the body liner. 加えて、または代替として、ライナ層の1つ以上の側面は、本体ライナの身体対面表面および/または後表面の摩擦係数を変更させ得るコーティングを含んでもよい(例えば、身体対面側は、摩擦増進コーティングを備えてもよい、後側は、摩擦低減コーティング、それらの組み合わせ、および同等物を備えてもよい)。 Additionally or alternatively, one or more sides of the liner layer may also comprise a coating capable of changing the coefficient of friction of the body-facing surface and / or rear surface of the body liner (e.g., body facing side, a friction enhancing coating may comprise, rear side, the friction reducing coating may comprise a combination thereof, and the like).

本体ライナが複数のライナ層を備える変形例では、本体ライナの身体対面表面は、上記でさらに詳細に説明されるように、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての後側の部分によって形成されてもよい。 In a variant the body liner comprises a plurality of liner layer, the body facing surface of the body liner, as will be described in more detail above, are formed by some or all rear portion of one of the liner layer it may be. 同様に、本体ライナの後表面は、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての後側の部分によって形成されてもよい。 Similarly, the surface after the body liner may be formed by some or all rear portion of one of the liner layer. これらの変形例では、本体ライナの身体対面表面および/または後表面は、後表面より大きい摩擦係数を本体ライナの身体対面表面において達成するように、上記で説明されるような任意の様式で構成される。 In these variations, body facing surface and / or rear surface of the body liner, a rear surface is greater than the coefficient of friction to achieve the body facing surface of the body liner configured in any manner as described above It is. 例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートとを備える、いくつかの変形例では、上シートの身体対面側は、本体ライナの身体対面表面を形成してもよく、裏シートの後側は、本体ライナの後表面を形成してもよい。 For example, the body liner, and the upper sheet, and a backing sheet, in some variations, body facing side of the upper sheet may be formed body facing surface of the body liner, the rear side of the backing sheet it may form a rear surface of the body liner. これらの変形例では、裏シートは、上シートより低い摩擦係数を有するように構成されてもよい。 In these variations, the back sheet may be configured to have a lower than upper sheet friction coefficient. 例えば、裏シートは、上シートを形成する1つまたは複数の材料より低い遊離繊維指数を有する、1つまたは複数の材料から形成されてもよい。 For example, the back sheet has a low free fibers exponent than one or more of the materials forming the upper sheet may be formed from one or more materials. これらの変形例のうちのいくつかでは、または上シートおよび裏シートが1つまたは複数の同一の材料から形成される変形例では、裏シートは、上記でさらに詳細に説明されるように、研磨されてもよく、および/または1つ以上の摩擦低減コーティングを備えてもよい。 In a variant some of these variations of or above sheet and backing sheet, is formed from one or more of the same material, the back sheet, as will be described in more detail above, the polishing it may be, and / or may comprise one or more friction reducing coating. 加えて、または代替として、上シートは、上記でさらに詳細に説明されるように、粗面化またはテクスチャ加工されてもよく、および/または1つ以上の摩擦増進コーティングを備えてもよい。 Additionally or alternatively, the upper sheet, as will be described in more detail above, roughening or may be textured, and / or may comprise one or more friction enhancing coating.

上述のように、本体ライナは、身体組織に対して本体ライナを定位置で保持するのに役立ち得る、1つ以上の接着領域を備えてもよい。 As mentioned above, the body liner can serve to hold the body liner in place with respect to body tissue may comprise one or more adhesive regions. 本体ライナが臀裂内に配置されたとき、移動(例えば、歩行)中の臀部の差動運動は、臀裂から外へ本体ライナを駆動する傾向があり得る。 When the body liner is placed in anal fissure, hip differential motion of moving (e.g., walking) may tend to drive the body liner into anal torn et outside. 加えて、着用者が(例えば、排尿するために)座る、しゃがむ、または別様に臀部を分離する様式で移動するとき、重力が臀裂から本体ライナを引っ張るように作用し得る。 In addition, the wearer sits (e.g., in order to urinate), squatting, or when moving manner of separating the buttocks otherwise, gravity may act to pull the gluteal torn et body liner. したがって、本体ライナが1つ以上の接着領域を備えるとき、接着領域は、本体ライナを臀部の皮膚に接着するように構成されてもよい。 Therefore, when the body liner comprises one or more adhesive regions, the adhesive area may be configured to adhere the body liner buttocks of the skin. 接着領域によって提供される接着は、着用者の移動中に本体ライナと臀部との間の移動を防止するのに役立ち得、かつ臀部が分離されたときに重力に対して本体ライナを一時停止させてもよい。 Adhesion provided by the adhesive region, temporarily stops the body liner against the force of gravity when the obtained helps to prevent movement between the body liner and the buttocks during movement of the wearer, and buttocks are separated it may be. したがって、着用者がトイレに座ったとき、本体ライナは、定位置で保持されてもよく、これは、本体ライナを抜去することなく着用者が排尿することを可能にし得る。 Accordingly, when the wearer is sitting on the toilet, the body liner may be held in place, which may allow the wearer to urinate without removing the body liner.

概して、説明される接着領域は、本体ライナの1つ以上の表面に適用され得る1つ以上の接着材料を含んでもよい。 Generally, the adhesive area to be described may include one or more adhesive materials that may be applied to one or more surfaces of the body liner. 接着材料は、任意の好適な皮膚に安全な材料であってもよい。 Adhesive material can be a safe material to any suitable skin. いくつかの変形例では、接着領域は、1つ以上の接着剤を備えてもよい。 In some variations, the adhesive area may comprise one or more adhesive. これらの変形例のうちのいくつかでは、接着領域は、感圧接着剤を備えてもよい。 In some of these variations, the adhesive region may comprise a pressure sensitive adhesive. 感圧接着剤は、アクリル接着剤(例えば、3M TM MSX−6674C粘着テープ等)、ゴム接着剤、シリコーン接着剤、ポリウレタン接着剤、ポリエステル接着剤、ポリエーテル接着剤、ヒドロゲル接着剤、グリセリンまたはテルペン系接着剤、それらの組み合わせ、および同等物を含んでもよい。 Pressure-sensitive adhesives, acrylic adhesives (e.g., 3M TM MSX-6674C adhesive tape), rubber adhesives, silicone adhesives, polyurethane adhesives, polyester adhesives, polyether adhesives, hydrogel adhesives, glycerin or terpenes system adhesive may comprise a combination thereof, and the like. いくつかの変形例では、接着領域は、本体ライナを組織に貼り付ける/接着する鋲を有し得る、1つ以上の非接着材料を含んでもよい。 In some variations, the bonding area can have a tack to paste / adhesive body liner structure may include one or more non-adhesive material. 例えば、いくつかの変形例では、接着領域は、1つ以上のろう(例えば、パラフィンろう等)を含んでもよい。 For example, in some variations, the adhesive area may comprise one or more wax (e.g., paraffin wax, etc.). 場合によっては、接着領域は、直上で説明されるもの等の2つ以上の接着材料の組み合わせを含んでもよいことを理解されたい。 Optionally, the adhesive area, it is to be understood that it may include a combination of two or more adhesive materials such as those described immediately above.

接着領域は、任意の好適な接着強度を有するように構成されてもよい。 Bonding area may be configured to have any suitable adhesive strength. 着用者の移動中に本体ライナの移動に抵抗するか、または移動を防止するように十分強力である(肛門またはその付近で本体ライナの標的点を維持するのに役立ち得る)が、本体ライナの除去中に本体ライナが皮膚または毛から剥がされたときに、痛みを引き起こすか、または皮膚を損傷するほど強力ではないように、接着領域を構成することが望ましくあり得る。 Or resist movement of the body liner during movement of the wearer, or strong enough to prevent movement (may help to maintain the target point of the body liner anal or near) are the main liner when the body liner is peeled from the skin or hair during removal, as not strong enough to damage or cause pain, or the skin, it may be desirable to configure the bonded area. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナの接着領域は、SSTに接着されたときに約5oz/インチから約48oz/インチの間の接着強度を有してもよい。 For example, in some variations, the adhesion area of ​​the body liner, about 5oz / inch may have an adhesive strength of between about 48Oz / inch when adhered to SST. いくつかの変形例では、接着強度は、好ましくは、SSTに接着されたときに約20oz/インチから約40oz/インチの間である。 In some variations, the adhesive strength is preferably between about 20 oz / inch to about 40oz / inch when adhered to SST. これらの変形例では、接着強度は、本体ライナが定位置でしっかりと保持されているという安心感を着用者に与える、フィードバックを着用者に提供し得る。 In these variations, the adhesive strength is reassuring that the body liner is securely held in position on the wearer, to provide feedback to the wearer.

接着領域は、概して、本体ライナが臀裂の中に配置されたときに、本体ライナを着用者の皮膚に接着するよう、接着領域が本体ライナと臀裂の皮膚との間に位置決めされるように、本体ライナの身体対面表面上に配置される。 Adhesive region is generally when the body liner is disposed within the gluteal cleft, to adhere the body liner to the wearer's skin, so that the bonding area is positioned between the skin of the body liner and the gluteal cleft to be placed on the body facing surface of the body liner. 本体が1つ以上のライナ層を備えるとき、接着領域の接着材料が、任意の好適なライナ層に適用されてもよい。 When the body comprises one or more liner layers, the adhesive material of the adhesive areas may be applied to any suitable liner layer. 例えば、本体ライナが上記でさらに詳細に説明されるように単一のライナ層を備える変形例では、接着領域は、単一のライナ層の身体対面側に位置してもよい。 For example, in the modification including a single liner layer as the main liner is described in more detail above, the adhesive area may be located on the body facing side of a single liner layer.

本体ライナが複数のライナ層(例えば、上シートおよびコア部材、および/または裏シート)を備えるとき、本体ライナの接着領域は、ライナ層のうちのいくつかまたは全ての身体対面側に位置してもよい。 Body liner plurality of liner layer (e.g., the upper sheet and the core member, and / or backing sheet) when provided with a bonding area of ​​the body liner, located in some or all of the body facing side of the liner layer it may be. 例えば、いくつかの変形例では、接着領域は、上シートの身体対面側に位置決めされてもよい。 For example, in some variations, the adhesive areas may be positioned on the body facing side of the upper sheet. 他の変形例では、接着領域は、少なくとも部分的に裏シートの身体対面側に位置決めされてもよい。 In other variations, the adhesive area may be at least partially positioned on the body facing side of the backing sheet. これらの変形例のうちのいくつかでは、上シートが、概して、裏シートと臀裂の皮膚との間に位置決めされるため、上シートは、裏シートの身体対面側の一部分を露出し得る1つ以上の開口を備えてもよい。 In some of these variations, the upper sheet is generally to be positioned between the skin of the back sheet and the gluteal cleft, the upper sheet may expose a portion of the body facing side of the backsheet 1 One or more may be provided with an opening. 接着材料は、裏シートの身体対面側の露出部分上に配置されてもよい。 Adhesive material may be disposed on the exposed portion of the body facing side of the backing sheet. これは、裏シートが上シートより強力な材料から形成される場合において、特定の有用性を見出し得る。 This, when the backing sheet is formed from a stronger material than upper sheet may find particular utility. 着用者が本体ライナの一部分を引っ張るときに、接着領域が本体ライナの除去に抵抗し得るため、接着領域をより強力な裏シートに取り付けることにより、本体ライナの除去中に本体ライナが破れるか、または裂けるであろう可能性を低減させ得る。 When the wearer pulls the portion of the body liner, since the adhesive area may resist removal of the body liner by attaching a bonding area to a more powerful backing sheet, the main body or liner is broken during removal of the body liner, or tear at will if possible may reduce.

(例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートと、コア部材とを備える、変形例で)上シート内の開口はまた、コア部材の身体対面側の一部分も露出し得ることを理解されたい。 (E.g., body liner, and the upper sheet comprises a backing sheet, and a core member, a modification) like opening in the upper sheet may also be understood that also a portion of the body facing side of the core member may be exposed . これらの変形例のうちのいくつかでは、コア部材の露出部分はまた、裏シートの身体対面側のみが上シート内の開口を通して露出されるように、除去されてもよい。 In some of these variations, the exposed portion of the core member also as only body facing side of the backing sheet is exposed through the opening in the upper sheet may be removed. これらの変形例では、上シート内の開口の中に適用される接着材料は、裏シートの身体対面側に適用されるのみであってもよい。 In these variations, the adhesive material applied into the opening in the top sheet may be only applied to the body facing side of the backing sheet. 例えば、図12Aは、裏シート(1206)の身体対面側を露出するように、それを通る開口(1204)を有する上シート(1202)を備える、本体ライナ(1200)の変形例の一部分を示す。 For example, FIG. 12A, so as to expose the body facing side of the backing sheet (1206), comprising a sheet (1202) above having an opening (1204) therethrough, showing a portion of a modification of the body liner (1200) . 接着材料(図示せず)が、裏シート(1206)上に接着領域を形成するように、開口(1204)を通して裏シート(1206)上に配置されてもよい。 Adhesive material (not shown), so as to form a bonding region on the backing sheet (1206), it may be disposed on the backing sheet (1206) through the opening (1204). これらの変形例のうちの他のものでは、上シート内の開口を通して露出されるコア部材の一部分は、定位置に放置されてもよく、上シート内の開口を通して配置される接着材料は、裏シートの身体対面側およびコア部材の身体対面側に適用されてもよい。 Other ones are of these variations, a portion of the core member is exposed through an opening in the top sheet may be left in place, the adhesive material being disposed through an opening in the top sheet, back it may be applied to the body facing side of the sheet body facing side and the core member. 例えば、図12Bは、裏シート(1206)の身体対面側の一部分およびコア部材(1208)の身体対面側の一部分を露出するように、それを通る開口(1214)を有する上シート(1212)を備える、本体ライナ(1210)の変形例の一部分を示す。 For example, FIG. 12B, so as to expose a portion of the body facing side of the body facing side of a portion and the core member (1208) of the backing sheet (1206), a sheet (1212) above having an opening (1214) therethrough comprising illustrates a portion of a modification of the body liner (1210). 接着材料(図示せず)は、裏シートおよびコア部材上に接着領域を形成するように、裏シート(1206)およびコア部材(1208)の両方の上に配置されてもよい。 Adhesive material (not shown) so as to form an adhesive region to the back sheet and the core member, it may be disposed on both the backing sheet (1206) and the core member (1208). さらに他の変形例では(例えば、本体ライナが、上シートと、コア部材とを備える、変形例では、または本体ライナが、上シートと、コア部材と、裏シートを備える、変形例では)、上シートの開口部は、コア部材の身体対面側の一部分のみを露出してもよい。 In still other variations (e.g., body liner, and the upper sheet, and a core member, in a variant, or body liner, the upper sheet, and the core member comprises a backing sheet, in the modification), opening of the upper sheet may be exposed only a portion of the body facing side of the core member. これらの変形例では、接着材料は、コア部材上に接着材料を配置するように開口の中に配置されてもよい。 In these variations, the adhesive material may be placed into the opening so as to place the adhesive material onto the core member. 1つまたは複数の接着材料が、コア部材および/または裏シートの身体対面側に接着領域を作成するように上シート内の開口部の中に配置されたとき、1つまたは複数の接着材料はまた、開口の境界を越えて接着領域の面積を増加させるように、開口の周囲で上シートに適用されてもよいことを理解されたい。 One or more adhesive materials, when placed in an opening in the upper sheet so as to create a bonding region body facing side of the core member and / or backing sheet, one or more adhesive materials Further, to increase the area of ​​the adhesive region beyond the boundary of the opening, it is to be understood that may be applied to the upper sheet around the aperture.

上記で説明される接着材料は、任意の好適な様式で本体ライナに取り付けられてもよい。 Adhesive materials described above may be attached to the body liner in any suitable manner. いくつかの変形例では、粘着テープが、接着領域の形態で本体ライナに取り付けられてもよい。 In some variations, the adhesive tape may be attached to the body liner in the form of a bonded area. 例えば、3M TM MSX−6674C粘着テープは、テープの片側にアクリル接着剤、およびテープの反対側に合成ゴム接着剤を有する、両面粘着テープを含んでもよい。 For example, 3M TM MSX-6674C adhesive tape, acrylic adhesive on one side of the tape, and a synthetic rubber adhesive on the other side of the tape may include a double-sided adhesive tape. ゴム接着剤は、本体ライナの身体対面表面に適用され、粘着テープをそこに取り付け、かつ本体ライナの身体対面表面と反対にアクリル接着剤を位置決めして着用者の皮膚への接着を可能にしてもよい。 Rubber adhesive is applied to the body facing surface of the body liner, adhesive tape there attached to, and to permit adhesion to the skin of the wearer by positioning the acrylic adhesive as opposed to the body facing surface of the body liner it may be. 他の変形例では、接着剤は、熱溶解接着剤として適用されてもよい。 In other variations, the adhesive may be applied as a hot melt adhesive. これらの変形例では、接着剤は、高温で本体ライナに適用されてもよく、かつ本体ライナとの強力な結合を形成してもよい。 In these variations, the adhesive may be applied to the body liner at high temperature, and may form a strong bond with the body liner. 接着剤が冷却するにつれて、接着剤の粘着性は、上記で議論されるように、皮膚への接着に好適なレベルまで減少してもよい。 As the adhesive cools, the adhesive of the adhesive, as discussed above, may be reduced to a level suitable adhesion to the skin. 他の変形例では、接着剤は、(例えば、熱、紫外線、および/または電離エネルギー、それらの組み合わせ、および同等物の印加によって)本体ライナに対して定位置に交差結合されてもよい。 In other variations, the adhesive (e.g., thermal, ultraviolet, and / or ionizing energy, combinations thereof, and by the application of equivalent) may be cross-coupled in a fixed position relative to the body liner.

概して、本体ライナは、縦軸の両側に少なくとも1つの接着領域を備えるが、場合によっては、本明細書で説明される本体ライナは、縦軸の片側のみに接着領域を備えてもよいことを理解されたい。 Generally, the body liner is provided with at least one adhesive region on either side of the longitudinal axis, in some cases, the body liner described herein, that only one side of the vertical axis may be provided an adhesive area It is to be understood. 本体ライナが縦軸の両側に少なくとも1つの接着領域を備え、臀裂の中への本体ライナの配置中に、本体ライナが縦軸に沿って折り畳まれたとき、(例えば、トイレに座っている間の)臀部の分離によって、接着領域において本体ライナを引っ張ってもよい。 Comprising at least one adhesive region on either side of the body liner longitudinal axis, during the placement of the body liner into the gluteal cleft, when the body liner is folded along a longitudinal axis, sitting (e.g., the toilet by) hip separation between, it may pull the body liner in the adhesive region. これは、臀部の分離中に接着領域間の本体ライナを平坦にし得、これは、依然として本体ライナが肛門からの漏出物を捕捉することを可能にし得る。 This could be a flat body liner between the adhesive areas during hip separation, which is still the main liner may allow the capturing spillage from the anus. 接着領域と臀部との間の接着は、本体ライナを一時停止させ、本体ライナが定位置にとどまることを可能にし得る。 Adhesion between the adhesive region and the buttocks are temporarily stops the body liner may allow the body liner remains in place.

本明細書で説明される接着領域は、任意の好適なサイズまたは形状を有してもよい。 Bonding region described herein may have any suitable size or shape. 例えば、いくつかの変形例では、接着領域は、円形または楕円形を有してもよい。 For example, in some variations, the adhesive region may have a circular or elliptical. 図13Aは、本体ライナ(1300)の縦軸(1304)の第1の側の第1の接着領域(1302)と、縦軸(1304)の第2の側の第2の接着領域(1306)とを備える、本体ライナ(1300)の一部分の変形例を示す。 Figure 13A is a longitudinal axis of the body liner (1300) (1304) and the first adhesive region of a first side of (1302), the vertical axis (1304) a second adhesive region of a second side of the (1306) comprising the door, showing a modification of a portion of the body liner (1300). そこで示されるように、第1(1302)および第2の(1306)接着領域は、形状が円形であり得る。 As shown there, the first (1302) and second (1306) bonding area, the shape may be circular. また、上記でさらに詳細に説明されるように、標的点(1310)で縦軸(1304)に垂直に交差する横軸(1308)も示されている。 Moreover, as will be described in more detail above, the horizontal axis (1308) which intersects perpendicularly to the longitudinal axis (1304) at the target point (1310) is also shown. 第1および第2の接着領域は、好ましくは、横軸(1308)を中心とする。 The first and second adhesive regions are preferably horizontal axis (1308) and the center. いくつかの変形例では、第1および第2の接着領域の両方は、横軸(1308)に交差するが、第1および第2の接着領域のうちの少なくとも1つは、横軸(1308)を中心としない。 In some variations, both the first and second adhesive regions is intersecting the horizontal axis (1308), at least one of the first and second bonding areas, the horizontal axis (1308) not with a focus on. 他の変形例では、第1および第2の接着領域の一方または両方は、横軸(1308)に交差しない。 In other variations, one or both of the first and second bonding areas do not intersect the horizontal axis (1308). 図13Bは、図13Aに関して説明されるように、第1(1302)および第2の(1306)円形接着領域を有する、チョウ形の本体ライナ(1380)の変形例を示す。 Figure 13B, as described with respect to FIG. 13A, having a first (1302) and second (1306) circular bond area, showing a modification of the butterfly-shaped body liner (1380).

本体ライナが円形の接着領域(図13Aに示される第1(1302)および第2の(1306)接着領域等)を備える変形例では、接着領域は、任意の好適な直径を有してもよい。 In a variant the body liner comprises a circular bond area (first (1302) and second (1306) adhesion region or the like shown in FIG. 13A), the adhesive region may have any suitable diameter . いくつかの変形例では、接着領域は、約0.65cm以下の直径を有してもよい。 In some variations, the adhesive area may have about 0.65cm or less diameter. 他の変形例では、接着領域は、約1.3cm以下の直径を有してもよい。 In other variations, the adhesive area may have about 1.3cm diameter of less than. 2つの円形の接着領域(縦軸(1304)の両側に1つ)を有するものとして図13Aに示されているが、本体ライナは、本明細書の全体を通して説明されるような1つまたは複数の任意の形状を有し得る、1つ以上の付加的な接着領域を含んでもよいことを理解されたい。 Although shown in Figure 13A as having two circular bonding region (one on each side of the longitudinal axis (1304)), the body liner is one as described throughout the specification or may have any shape, it is to be understood that may include one or more additional bonding areas.

いくつかの変形例では、第1(1302)および第2の(1306)接着領域の一方または両方は、楕円形を有してもよい。 In some variations, one or both of the first (1302) and second (1306) bonding region may have an oval. これらの変形例では、楕円形の接着領域は、縦(1304)および横(1308)軸に対して任意の好適な様式で配向されてもよい。 In these variations, the bonding area of ​​the ellipse, the longitudinal (1304) and transverse (1308) may be oriented in any suitable manner to the axis. いくつかの変形例では、楕円形の接着領域の長軸は、縦軸(1304)と平行であり得る。 In some variations, the long axis of the bonding region of the ellipse may be vertical axis (1304) parallel. 他の変形例では、楕円形の接着領域の長軸は、縦軸に対して角度を成してもよい。 In other variations, the long axis of the bonding area of ​​the oval, may be angled relative to the longitudinal axis. これらの変形例のうちのいくつかでは、楕円形の接着領域の長軸は、縦軸(1304)と垂直であり得る(すなわち、楕円形の接着領域の長軸は、横軸(1308)と平行であり得る)。 In some of these variations, the long axis of the bonding area of ​​the ellipse, the longitudinal axis (1304) may be perpendicular (i.e., the major axis of the bonding area of ​​the ellipse, the horizontal axis (1308) It may be parallel). 楕円形の接着領域を含む、本明細書で説明される本体ライナの変形例では、楕円形の接着領域は、任意の好適な寸法を有してもよい。 Includes an adhesive area of ​​the oval, in the modification of the body liner described herein, the adhesive area of ​​the oval may have any suitable dimensions. 例えば、いくつかの変形例では、楕円形の接着領域は、約1.3cm以下の短軸を有してもよい。 For example, in some variations, the bonding area of ​​the oval may have minor axis of less than about 1.3 cm. これらの変形例のうちのいくつかでは、短軸は、約0.65cm以下であってもよい。 In some of these variations, the minor axis may be equal to or less than about 0.65 cm. いくつかの変形例では、楕円形の接着領域は、約3.8cm以下である長軸を有してもよい。 In some variations, the bonding area of ​​the ellipse may have a long axis that is greater than about 3.8 cm. これらの変形例のうちのいくつかでは、長軸は、約3.2cm以下であってもよい。 In some of these variations, the long axis may be less than or equal to approximately 3.2 cm.

いくつかの変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、実質的に長方形の形状を有する、1つ以上の接着領域を備えてもよい。 In some variations, the body liner described herein has a substantially rectangular shape, it may comprise one or more adhesive regions. 例えば、図14は、本体ライナ(1400)の縦軸(1404)の第1の側の第1の接着領域(1402)と、縦軸(1404)の第2の側の第2の接着領域(1406)とを備える、本体ライナ(1400)の一部分の変形例を示す。 For example, FIG. 14, the vertical axis (1404) of the first adhesive region of a first side (1402), the second side of the longitudinal axis (1404) a second adhesive region of the body liner (1400) ( 1406) and a, showing a modification of a portion of the body liner (1400). そこで示されるように、第1(1402)および第2の(1406)接着領域は、形状が長方形であり得る(但し、接着領域は、図14に示されるように丸みを帯びた角を有してもよいことを理解されたい)。 As shown there, the first (1402) and second (1406) bonding area, the shape can be a rectangle (where adhering region has rounded corners as shown in FIG. 14 it is to be understood that may be). また、上記でさらに詳細に説明されるように、標的点(1410)で縦軸(1404)に垂直に交差する横軸(1408)も示されている。 Moreover, as will be described in more detail above, the horizontal axis (1408) which intersects perpendicularly to the longitudinal axis (1404) at the target point (1410) is also shown. 第1および第2の接着領域は、好ましくは、横軸(1408)を中心とする。 The first and second adhesive regions are preferably horizontal axis (1408) and the center. いくつかの変形例では、第1および第2の接着領域の両方は、横軸(1408)に交差するが、第1および第2の接着領域のうちの少なくとも1つは、横軸(1408)を中心としない。 In some variations, both the first and second adhesive regions is intersecting the horizontal axis (1408), at least one of the first and second bonding areas, the horizontal axis (1408) not with a focus on. 他の変形例では、第1および第2の接着領域の一方または両方は、横軸(1408)に交差しない。 In other variations, one or both of the first and second bonding areas do not intersect the horizontal axis (1408).

長方形の接着領域は、縦軸(1404)に沿った高さ(1412)、および横軸(1408)に沿った幅(1414)を有してもよい。 Bonding area of ​​the rectangle, vertical axis (1404) in height along (1412), and may have a width (1414) along the horizontal axis (1408). 図14に示される変形例では、高さ(1412)は、その幅(1414)より大きくあり得る。 In the variation shown in FIG. 14, the height (1412) may be greater than its width (1414). これらの変形例は、縦軸(1404)に沿った本体ライナの高さが、横軸(1408)に沿った本体ライナ(1408)の幅より大きい、変形例において特定の有用性を見出し得る。 These variations, the height of the body liner along the longitudinal axis (1404) is greater than the width of the horizontal axis body liner along the (1408) (1408) may find particular utility in the modification. 高さ(1412)が幅(1414)より大きいとき、長方形の接着領域は、任意の好適な高さ対幅比を有してもよい。 When the height (1412) is greater than the width (1414), the adhesion area of ​​the rectangle, may have any suitable height to width ratio. 例えば、いくつかの変形例では、長方形の接着領域は、少なくとも約1.1である高さ対幅比を有してもよい。 For example, in some variations, the bonding area of ​​the rectangle, may have a height to width ratio of at least about 1.1. これらの変形例のうちのいくつかでは、高さ対幅比は、少なくとも約2.5である。 In some of these variations, the height to width ratio is at least about 2.5. これらの変形例のうちのいくつかでは、高さ対幅比は、少なくとも約5である。 In some of these variations, the height to width ratio is at least about 5. いくつかの変形例では、幅(1414)および高さ(1412)は、それぞれ、約0.65cmおよび約3.2cmであってもよい。 In some variations, the width (1414) and height (1412), respectively, may be about 0.65cm and about 3.2 cm. 他の変形例では、幅(1414)および高さ(1412)は、それぞれ、約1.3cmおよび約3.2cmであってもよい。 In other variations, the width (1414) and height (1412), respectively, may be about 1.3cm and about 3.2 cm. さらに他の変形例では、幅(1414)および高さ(1412)は、それぞれ、約0.95cmおよび約3.5cmであってもよい。 In still other variations, the width (1414) and height (1412), respectively, may be about 0.95cm and about 3.5 cm.

他の変形例では、長方形の接着領域は、その幅(1414)に等しい高さ(1412)を有してもよい(すなわち、正方形である)。 In other variations, the bonding area of ​​the rectangle may have a height (1412) equal to its width (1414) (i.e., a square). さらに他の変形例では、長方形の接着領域は、その高さ(1412)より大きい幅(1414)を有してもよい。 In still other variations, the bonding area of ​​the rectangle, may have its height (1412) greater than the width (1414). これらの変形例は、本体ライナ(1400)が、縦軸(1404)に沿った高さより大きい横軸(1408)に沿った幅を有する変形例において、特定の有用性を見出し得る。 These variations, the body liner (1400) is, in the modification having a longitudinal axis greater horizontal axis than the height along the (1404) (1408) width along the may find particular utility. 高さ(1412)が幅(1414)より大きいとき、長方形の接着領域は、任意の好適な幅対高さ比を有してもよい。 When the height (1412) is greater than the width (1414), the adhesion area of ​​the rectangle, may have any suitable width to height ratio. 例えば、いくつかの変形例では、長方形の接着領域は、少なくとも約1.1である幅対高さ比を有してもよい。 For example, in some variations, the bonding area of ​​the rectangle, may have a width to height ratio of at least about 1.1. これらの変形例のうちのいくつかでは、幅対高さ比は、少なくとも約2.5である。 In some of these variations, the height ratio width to is at least about 2.5. これらの変形例のうちのいくつかでは、幅対高さ比は、少なくとも約5である。 In some of these variations, the height ratio width to is at least about 5. いくつかの変形例では、高さ(1412)および幅(1414)は、それぞれ、約0.65cmおよび約3.2cmであってもよい。 In some variations, the height (1412) and width (1414), respectively, may be about 0.65cm and about 3.2 cm. 他の変形例では、高さ(1412)および幅(1414)は、それぞれ、約1.3cmおよび約3.2cmであってもよい。 In other variations, the height (1412) and width (1414), respectively, may be about 1.3cm and about 3.2 cm. さらに他の変形例では、高さ(1412)および幅(1414)は、それぞれ、約0.95cmおよび約3.5cmであってもよい。 In yet another variation, the height (1412) and width (1414), respectively, may be about 0.95cm and about 3.5 cm.

いくつかの変形例では、接着領域は、楕円形または円の弧区画であり得る、弧区画である形状を有してもよい。 In some variations, the adhesive area may be a arc section of oval or circular, may have a shape that is arc compartment. 図17Aは、本体ライナ(1700)の縦軸(1704)の第1の側の第1の接着領域(1702)と、縦軸(1704)の第2の側の第2の接着領域(1706)とを備える、本体ライナ(1700)の一部分の変形例を示す。 Figure 17A is a longitudinal axis of the body liner (1700) (1704) and the first adhesive region of a first side of (1702), the vertical axis (1704) a second adhesive region of a second side of the (1706) comprising the door, showing a modification of a portion of the body liner (1700). また、上記でさらに詳細に説明されるように、標的点(1710)で縦軸(1704)に垂直に交差する横軸(1708)も示されている。 Moreover, as will be described in more detail above, the horizontal axis (1708) which intersects perpendicularly to the longitudinal axis (1704) at the target point (1710) is also shown. そこで示されるように、第1(1702)および第2の(1706)接着領域のそれぞれは、内側曲率半径(1712)、外側曲率半径(1714)、および厚さ(1716)を有する、弧区画であってもよい。 As it is shown there, each of the first (1702) and second (1706) bonding area, the inner radius of curvature (1712), an outer radius of curvature (1714), and a thickness (1716), in an arc compartment it may be. いくつかの変形例では、標的点(1710)は、内側曲率半径、外側曲率半径、または内側および外側曲率半径の両方の曲率中心であってもよい。 In some variations, the target point (1710), the inner radius of curvature, may be outside the radius of curvature or the inner and outer radii of curvature of both the center of curvature of. 厚さ(1716)は、例えば、約0.65cm、約0.95cm、または同等物等の任意の好適な値であってもよい。 Thickness (1716), for example, about 0.65 cm, may be about 0.95cm or any suitable value, such as equivalents. 加えて、第1および第2の接着領域の弧区画は、円および/または楕円形の任意の角度に対してもよい。 In addition, the arc section of the first and second adhesive regions may be for any angle of the circle and / or oval. いくつかの変形例では、弧区画は、180度未満の角度に対してもよい。 In some variations, the arc compartment may also for angles less than 180 degrees. これらの変形例のうちのいくつかでは、弧区画は、135度未満の角度に対してもよい。 In some of these variations, the arc compartment may also for angles less than 135 degrees. これらの変形例のうちのいくつかでは、弧は、90度未満の角度に対してもよい。 In some of these variations, the arc may be with respect to the angle of less than 90 degrees. これらの変形例のうちのいくつかでは、弧は、45度未満の角度に対してもよい。 In some of these variations, the arc may be with respect to the angle of less than 45 degrees. 加えて、いくつかの変形例では、内側曲率半径は、少なくとも約1cmであってもよく、外側曲率半径は、約5cm以下であってもよい。 Additionally, in some variations, the inner radius of curvature may be at least about 1 cm, the outer radius of curvature may be about 5cm or less. 図17Bは、図17Aに関して上記で説明されるように、第1(1702)および第2の(1706)接着領域を有する、チョウ形の本体ライナ(1780)の変形例を示す。 FIG. 17B, as described above with respect to FIG. 17A, having a first (1702) and second (1706) adhesion area, showing a modification of the butterfly-shaped body liner (1780). 加えて、標的点(1710)に向かって湾曲するものとして図17Bに示されているが、接着領域の一方または両方は、標的点(1710)から離れて湾曲してもよいことを理解されたい。 In addition, although shown in Figure 17B as being bent toward a target point (1710), one or both of the adhesive areas is to be understood that it may be bent away from the target point (1710) . 例えば、図17Cは、第1(1784)および第2の(1786)円弧形の接着領域を有する、本体ライナ(1781)の変形例を示し、接着領域は、標的点(1710)から離れて湾曲してもよい。 For example, FIG. 17C, has a first (1784) and second (1786) adhesion area of ​​the arc-shaped, showing a modified example of the main liner (1781), the adhesion area, away from the target point (1710) it may be curved.

本明細書で説明される本体ライナが、直上で説明されるもの等の1つ以上の接着領域を備えるとき、本体ライナ上の標的点および/または本体ライナの縦および横軸に対して接着領域の配置を制限することが望ましくあり得る。 Body liner described herein is, when comprising one or more adhesive regions such as those described immediately above, the adhesive region with respect to the vertical and horizontal axis of the target point and / or body liners on the body liner it may be desirable to limit placement. 例えば、肛門を直接包囲する皮膚は、高度に神経支配されており、この皮膚上の接着剤の配置によって、不必要な痛みまたは不快感を引き起こし得る。 For example, the skin surrounding the anus directly is highly innervated by the arrangement of the adhesive of this on the skin, can cause unnecessary pain or discomfort. したがって、肛門またはその付近に配置されるであろう標的点から離れて最小距離で任意の接着領域を離間することが望ましくあり得る。 Therefore, to separate the optional adhesive areas with a minimum distance away from the anus or the target point will be located near the may be desirable. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナの接着領域はそれぞれ、本体ライナの標的点から少なくとも1cm離間されてもよい。 For example, in some variations, each bonding area of ​​the body liner may be at least 1cm apart from the target point of the body liner.

加えて、または代替として、任意の接着領域が標的点のある距離内に位置決めされるように、本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Additionally or alternatively, as optional adhesive region is positioned within a distance of a target point, it may be desirable to configure the main liner. 例えば、標的点が肛門またはその付近に位置決めされたときに、接着領域が臀裂内にあることを確実にすることが望ましくあり得る。 For example, when the target point is positioned in the anus or near the bonding region may be desirable to ensure that the gluteal cleft. 加えて、臀部が臀裂の縁より肛門に近づいて肛門に対して移動する傾向があるため、肛門のより近くに接着領域を配置することにより、本体ライナの移動中に接着領域の移動を低減させるであろう。 In addition, since there is a tendency for the buttocks moves relative to the anus approaching anal from the edge of the gluteal cleft, by disposing the bonding region closer to the anus, the movement of the bonding region during movement of the body liner reduction It will be. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナの接着領域のそれぞれは、標的点から約5.1cm以内に位置決めされてもよい。 For example, in some variations, each of the bonding area of ​​the body liner may be positioned within about 5.1cm from the target point. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの接着領域のそれぞれは、標的点から約3.5cm以内に位置決めされてもよい。 In some of these variations, each of the bonding area of ​​the body liner may be positioned within approximately 3.5cm from the target point. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナの接着領域のそれぞれは、標的点から約3.2cm以内に位置決めされてもよい。 In some of these variations, each of the bonding area of ​​the body liner may be positioned within approximately 3.2cm from the target point.

加えて、または代替として、任意の接着領域が本体ライナの縦軸を横断しないように、本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Additionally or alternatively, as optional adhesive area does not cross the longitudinal axis of the body liner, it may be desirable to configure the main liner. これは、着用者が、それぞれ、起立および着席するときに、本体ライナが折り畳まれること、および平坦になることを可能にしてもよい。 This wearer, respectively, when standing and sitting, the body liner is folded, and may allow to become flat. いくつかの変形例では、接着領域のそれぞれは、縦軸から少なくとも0.65cm離間されるように位置決めされてもよい。 In some variations, each of the bonding region may be positioned so as to be at least 0.65cm spaced from the longitudinal axis. これらの変形例のうちのいくつかでは、接着領域のそれぞれは、縦軸から少なくとも1cm離間されるように位置決めされてもよい。 In some of these variations, each of the bonding region may be positioned so as to be at least 1cm apart from the longitudinal axis.

いくつかの変形例では、上記で説明される上記の配置場所のうちのいくつかまたは全ては、1つ以上の接着域を画定するように組み合わせられてもよい。 In some variations, some or all of the above-described location described above may be combined so as to define one or more adhesive areas. これらの変形例では、本体ライナは、本体ライナの任意の接着域が接着域内に位置決めされる(例えば、接着域の外側にはいかなる接着領域もない)ように構成されてもよい。 In these variations, the body liner, any adhesive areas of the body liner is positioned in the adhesive region (e.g., on the outside of the adhesive zone any bonding areas no) may be configured to. 例えば、図18Aは、縦軸(1802)および標的点(1806)で縦軸(1802)に垂直に交差する横軸(1804)を有する、本体ライナ(1800)の変形例の一部分を示す。 For example, FIG. 18A, the vertical axis has a (1802) and target point (1806) in the longitudinal axis (1802) on the horizontal axis that intersects perpendicularly (1804), shows a portion of a modification of the body liner (1800). さらに、縦軸(1802)の第1の側の第1の接着域(1808)、および縦軸(1806)の第2の側の第2の接着域(1810)が示されている。 Further, the first adhesive zone on the first side of the longitudinal axis (1802) (1808), and a second adhesive region of a second side of the vertical axis (1806) (1810) is shown. そこで示されるように、第1および第2の接着域は、内側曲線(1811)および外側曲線(1812)を有する、弧区画の形状を有してもよく、縦軸(1806)から離れて距離(1814)に位置決めされてもよい。 As shown there, the first and second adhesive zone has an inner curve (1811) and an outer curve (1812), may have a shape of arc compartment, away from the longitudinal axis (1806) Distance may be positioned (1814). 標的点(1806)は、内側曲線(1811)および外側曲線(1812)の曲率中心であってもよい。 Target point (1806) may be a center of curvature of the inner curve (1811) and an outer curve (1812). 外側曲線(1812)の曲率半径は、接着領域が位置し得る、外側境界を表してもよく、かつ任意の好適な値であってもよい。 The curvature of the outer curve (1812) radius, the adhesive area may be located, may represent an outer boundary, and may be any suitable value. いくつかの変形例では、外側曲線(1812)の曲率半径は、約5.1cm以下であってもよい。 In some variations, the radius of curvature of the outer curve (1812) is less than or equal to about 5.1 cm. 他の変形例では、外側曲線(1812)の曲率半径は、約3.5cm以下であってもよい。 In other variations, the radius of curvature of the outer curve (1812) is less than or equal to about 3.5 cm. さらに他の変形例では、外側曲線(1812)の曲率半径は、約3.2cm以下であってもよい。 In yet another variation, the radius of curvature of the outer curve (1812) is less than or equal to about 3.2 cm. 同様に、内側曲線(1811)の曲率半径は、接着領域の配置の内側境界を表してもよく、かつ任意の好適な値であってもよい。 Similarly, the curvature radius of the inner curve (1811) may represent the inner boundary of the arrangement of bonding regions, and may be any suitable value. いくつかの変形例では、内側曲線(1811)の曲率半径は、少なくとも約1cmであってもよい。 In some variations, the curvature radius of the inner curve (1811) may be at least about 1 cm. 接着域と縦軸(1802)との間の距離(1814)は、任意の好適な値であってもよい。 The distance between the adhesive region and the longitudinal axis (1802) (1814) may be any suitable values. いくつかの変形例では、距離(1814)は、少なくとも0.65cmであってもよい。 In some variations, the distance (1814) may be at least 0.65 cm. これらの変形例のうちのいくつかでは、接着剤は、少なくとも約1cmであってもよい。 In some of these variations, the adhesive may be at least about 1 cm. 図18Bは、図18Aに関して説明されるように、第1(1808)および第2の(1810)接着域を有する、チョウ形の本体ライナ(1880)の変形例を示す。 FIG. 18B, as described with respect to FIG. 18A, having a first (1808) and second (1810) adhesion area, showing a modification of the butterfly-shaped body liner (1880).

折り目 本明細書で説明される本体ライナが、少なくとも部分的に臀裂内に本体ライナを配置するように縦軸に沿って折り畳まれたとき、縦軸に沿った折り畳みを助長するように本体ライナを構成することが望ましくあり得る。 Folds body liner described herein is, when folded along the longitudinal axis so as to place the body liner at least partially anal fissure, body liner to facilitate folding along the longitudinal axis it may be desirable to configure. いくつかの変形例では、本体ライナの縦軸に沿った本体ライナの剛性を増加させることが望ましくあり得る。 In some variations, it may be desirable to increase the stiffness of the body liner along the longitudinal axis of the body liner. 本体ライナの縦軸に沿った剛性を増加させることによって、本体ライナは、縦軸を横断するか、または縦軸に対して角度を成すよりもむしろ、縦軸に沿って折り畳まれる可能性が高い。 By increasing the stiffness along the longitudinal axis of the body liner, body liner, or transverse to the longitudinal axis, or rather than an angle to the longitudinal axis, it is likely to be folded along the longitudinal axis . 加えて、縦軸の剛性を増加させることにより、臀裂内の本体ライナの配置を促進してもよい。 In addition, by increasing the rigidity of the vertical axis may facilitate placement of the body liner anal fissure. 着用者が臀裂内に本体ライナを押勢するために1本以上の指を使用するとき、縦軸の一部分に印加される力が、剛性縦軸に沿って伝達されてもよく、これは、臀裂の基部のより近くに縦軸を押勢するのに役立ち得る。 When the wearer to use one or more fingers to 押勢 the body liner anal fissure, the force applied to a portion of the vertical axis, it may be transmitted along the rigid vertical axis, which is It may help to 押勢 the longitudinal axis closer to the base of the gluteal cleft.

縦軸に沿った好ましい折り畳みは、任意の好適な様式で達成されてもよい。 Preferred along the longitudinal axis folding may be accomplished in any suitable manner. いくつかの変形例では、本体ライナは、縦軸に沿って切れ目を付けられるか、または圧搾されてもよい。 In some variations, the body liner, or be scored along the longitudinal axis, or may be compressed. 例えば、図16Aは、本体ライナ(1600)を形成する材料に切れ目が付けられている、縦軸(1604)に沿った折り線(1602)を有する、本体ライナ(1600)の変形例を示す。 For example, FIG. 16A is cut is attached to the material forming the body liner (1600), the vertical axis (1604) in along fold lines having a (1602), showing a modification of the body liner (1600). 他の変形例では、折り線(1602)は、本体ライナを形成する材料が縦軸に沿って圧搾されるか、または別様に圧縮される、縦軸に沿った圧搾線と置換されてもよい。 In other variations, fold line (1602), either the material forming the body liner is squeezed along the longitudinal axis, or compressed into otherwise, be replaced with squeeze line along the longitudinal axis good. さらに他の変形例では、本体ライナは、圧搾線および折り線の両方を備えてもよい。 In yet another variation, the body liner may comprise both compressed lines and fold lines. 単一の圧搾線(1602)を有するものとして図16Aに示されているが、本体ライナ(1600)は、任意の好適な数の折り線および/または圧搾線(例えば、1本、2本、3本以上の折り線または圧搾線)を有してもよい。 Although shown in Figure 16A as having a single compression lines (1602), the body liner (1600) may be any suitable number of fold lines and / or squeezing lines (e.g., one, two, three or more fold lines or squeezing lines) may have. 例えば、図16Bは、本体ライナ(1606)の縦軸(1610)に沿った3本の折り線(1608)を備える、本体ライナ(1606)の別の変形例を示す。 For example, FIG. 16B is provided with vertical axis (1610) in accordance with three fold lines of the body liner (1606) to (1608), illustrating another variation of the body liner (1606). これらの変形例では、縦軸の両側で切れ目を付けること、および/または圧搾することにより、臀裂の中に配置されたときに肛門に対面するように、本体ライナの一部分を広げてもよい。 In these variations, it is given a break on both sides of the longitudinal axis, and / or by squeezing, so as to face the anus when placed within the gluteal cleft may extend the portion of the body liner . 場合によっては、より大きい幅が本体ライナの集群化または不快感をもたらし得るため、切り目を付ける、および/または圧搾する幅を肛門の幅に限定することが望ましくあり得る。 In some cases, because the larger width can lead to bunching or discomfort of the body liner, attach the cuts, and / or the width of squeezing may be desirable to limit the width of the anus.

障壁部材 本明細書で説明される本体ライナが臀裂の中に配置され、肛門漏出物量が本体ライナに接触するとき、重力は、下向きの方向に漏出物を引っ張る傾向があり得る。 Body liner that is described with a barrier member herein is disposed within the gluteal cleft, when the anal leakage amount is in contact with the body liner, gravity can tend to pull the spillage in a downward direction. 本体ライナが(例えば、漏出物を脱水する流体吸収を介して)十分迅速に流体を不動化することができない場合、肛門漏出物の量は、本体ライナに沿ってライナの正面に向かって進行し得、かつライナの正面から流出し、それによって、汚れの問題を生じ得る。 If the body liner (e.g., via a fluid absorbing dewatering spillages) can not be immobilized quickly enough fluids, the amount of anal leakage was travel toward the front of the liner along the body liner obtained, and flows out from the front of the liner, thereby may cause contamination problems. したがって、いくつかの変形例では、本明細書で説明される本体ライナは、本体ライナの正面に向かった漏出物量の流動を制限し、減速し、または別様に防止するのに役立ち得る、1つ以上の特徴を有するように構成されてもよい。 Thus, in some variations, body liners described herein limits the flow of leakage amount towards the front of the body liner may help to prevent the decelerating, or otherwise, 1 One may be configured to have more features.

例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、障壁要素を備えてもよい。 For example, in some variations, the body liner may comprise a barrier element. 例えば、図15Aは、第1の障壁要素(1502)および第2の障壁要素(1504)を備える、本体ライナ(1500)の変形例を示す。 For example, Figure 15A includes a first barrier element (1502) and the second barrier element (1504), showing a modification of the body liner (1500). 第1の障壁要素(1502)および第2の障壁要素(1504)の両方を有するものとして図15Aに示されているが、本明細書で説明される本体ライナは、1つの障壁要素(例えば、障壁要素(1502)、障壁要素(1504)、または別の好適な障壁要素のいずれか一方)を備えてもよく、または3つ以上の障壁要素を備えてもよいことを理解されたい。 Although shown in Figure 15A as having both a first barrier element (1502) and the second barrier element (1504), the body liner described herein, one barrier element (e.g., barrier element (1502), it is to be understood that the barrier element (1504), or another whereas any suitable barrier element) may comprise, or may comprise three or more barrier elements.

本明細書で説明される本体ライナが障壁要素を含むとき、障壁要素は、本体ライナの隆起部分を形成し、典型的には、本体ライナの身体対面側から離れて延在してもよい。 When body liner described herein comprises a barrier element, the barrier element, to form a raised portion of the body liner, typically it may extend away from the body facing side of the body liner. 障壁要素は、流体が本体ライナに対して移動する際に(例えば、重力が本体ライナの正面に向かって流体を引っ張るときに)流体流動に対する障壁を提供し、これは、肛門漏出物を吸収するためのより多くの時間を本体ライナに与え得る。 Barrier element, when the fluid is moving relative to the body liner (e.g., gravity towards the front of the body liner when pulling the fluid) provides a barrier to fluid flow, which absorbs anal leakage was more time for can give to the body liner. 加えて、いくつかの変形例では、障壁要素は、上記でさらに詳細に説明される材料等の1つ以上の流体吸収性材料から形成されてもよい。 Additionally, in some variations, the barrier element may be formed from one or more fluid-absorbent material such as the material to be described in more detail above. これらの変形例では、流体が障壁要素に接触するとき、障壁要素は、流体流動に対する物理的障壁を提供してもよく、加えて、流体サンプルのうちの一部または全てを吸収してもよい。 In these variations, when the fluid contacts the barrier element, the barrier element may provide a physical barrier to fluid flow, in addition, it may absorb some or all of the fluid sample .

障壁要素は、任意の好適なサイズまたは形状を有してもよい。 Barrier element may have any suitable size or shape. 例えば、いくつかの変形例では、障壁要素は、棒、曲線状の穴縁、または同等物として成形されてもよい。 For example, in some variations, the barrier element, rod, may be shaped as a curved hole edge or equivalent. 例えば、図15Aに示される本体ライナ(1500)の変形例では、第1の障壁要素(1502)は、本体ライナ(1500)の身体対面表面(1506)から延在し得る、曲線状の穴縁を備えてもよい。 For example, in the modification of the body liner (1500) shown in FIG 15A, the first barrier element (1502) may extend from the body-facing surface (1506) of the body liner (1500), curved hole edge it may be provided. いくつかの変形例では、第1の障壁要素(1502)の幅は、障壁要素(1502)が本体ライナ(1500)から離れて延在するにつれて先細になってもよい。 In some variations, the width of the first barrier element (1502) is the barrier element (1502) may be tapered as it extends away from the body liner (1500). また、図15Aに示されるように、第2の障壁要素(1504)は、身体対面表面(1506)から延在し得る、棒構造を備えてもよい。 Further, as shown in FIG. 15A, the second barrier element (1504) may extend from the body-facing surface (1506) may comprise a rod structure. いくつかの変形例では、第2の障壁要素(1504)の幅は、障壁要素(1504)が本体ライナ(1500)から離れて延在するにつれて先細になってもよい。 In some variations, the width of the second barrier element (1504) is the barrier element (1504) may be tapered as it extends away from the body liner (1500).

図15Aに示される第1(1502)および第2の(1504)障壁要素は、本体ライナ(1500)の身体対面表面(1506)に取り付けられたものとして示されているが、障壁要素は、任意の好適な様式で本体ライナに接続されてもよいことを理解されたい。 First (1502) and second (1504) barrier elements shown in FIG. 15A is shown as being attached to the body facing surface (1506) of the body liner (1500), the barrier elements, optionally it is to be understood that it may be connected to the body liner in a suitable manner. 例えば、本体ライナが2つ以上のライナ層を備える変形例では、1つ以上の障壁要素は、2つ以上のライナ層の間に位置決めされてもよい。 For example, in variations where the body liner comprises two or more liner layers, one or more barrier elements may be positioned between two or more liner layers. 例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートと、上シートと裏シートとの間に位置決めされるコア部材とを備える、変形例では、障壁は、上シートと裏シートとの間に位置決めされてもよい。 For example, the body liner comprises a top sheet, a back sheet, and a core member that is positioned between the upper sheet and the backing sheet, in a variant, the barrier is positioned between the upper sheet and the backing sheet it may be. 場合によっては、障壁はまた、上シートとコア部材との間に位置決めされてもよく、またはコア部材と裏シートとの間に位置決めされてもよい。 In some cases, the barrier may also be positioned between may be positioned between the upper sheet and the core member, or core member and a back sheet. さらに他の変形例では、障壁要素は、本体ライナのライナ層と一体的に形成されてもよい。 In still other variations, the barrier element may be a liner layer formed integrally with the body liner. これらの変形例では、ライナ層の厚さは、障壁要素を形成するように、その一部分において増加させられてもよい。 In these variations, the thickness of the liner layer so as to form a barrier element may be increased at a portion thereof. 本体ライナの任意の好適なライナ層(例えば、上シート、裏シート、コア部材、または同等物)が、障壁要素を伴って形成されてもよい。 Any suitable liner layer of the body liner (e.g., top sheet, back sheet, the core member or equivalent) may be formed with a barrier element.

本体ライナが直上で説明されるような1つ以上の障壁要素を備えるとき、障壁要素は、本体ライナに対して任意の好適な場所に位置決めされてもよい。 When provided with one or more barrier elements, such as body liners are described immediately above, the barrier element may be positioned at any suitable location relative to the body liner. いくつかの変形例では、1つ以上の障壁要素は、本体ライナ上で標的点の前方に位置決めされてもよい。 In some variations, one or more barrier elements may be positioned in front of the target point on the body liner. これらの変形例では、本明細書の全体を通して説明されるように、標的点が肛門またはその付近に位置決めされたとき、1つ以上の障壁要素は、本体の正面近くに位置決めされてもよい。 In these variations, as described throughout the specification, when the target point is positioned in the anus or near, one or more barrier elements may be positioned near the front of the body. 場合によっては、障壁要素は、肛門と生殖器(すなわち、陰嚢または膣)との間で着用者の皮膚に接触するか、または別様にそれを圧迫し得る。 Optionally, the barrier element, the anus and genital (i.e., scrotum or vaginal) may squeezed or contact with the skin of the wearer, or otherwise it between. この接触は、着用者に安心感を提供し得、さらに、本体ライナが適正に位置決めされているという指示を提供し得る、安心感を着用者に提供してもよい。 This contact may provide a sense of security to the wearer and further, the body liner can provide an indication that are properly positioned, may provide a sense of security to the wearer. 肛門の前方に障壁要素を位置決めすることにより、着用者が直立しているときに肛門漏出物の下向きおよび前方の移動を停止するのに役立ち得る。 By positioning the barrier element in front of the anus, it may help to stop the downward movement and the front of the anus spills when the wearer is standing upright. 例えば、図15Bは、肛門(1512)またはその付近に本体ライナ(1500)の標的点(1510)を位置決めするように、少なくとも部分的に臀裂(1508)の中に位置決めされた、図15Aに関して上記で説明される本体ライナ(1500)を示す。 For example, FIG. 15B is to position the anus (1512) or target point of the body liner (1500) near the (1510), positioned at least partially in the gluteal cleft (1508), with respect to FIG. 15A It shows the body liner (1500) described above. 第1(1502)および第2の(1504)障壁部材が標的点(1510)の前方に位置決めされるため、第1(1502)および第2の(1504)障壁部材は、肛門(1512)と生殖器(1514)との間に位置決めされてもよい。 Since the first (1502) and second (1504) the barrier member is positioned in front of the target point (1510), the first (1502) and second (1504) the barrier member includes a genital anus (1512) (1514) may be positioned between the. いくつかの変形例では、1つ以上の障壁要素は、標的点の後方に位置決めされてもよい。 In some variations, one or more barrier elements may be positioned behind the target point. これらの変形例では、標的点が肛門またはその付近に位置決めされたとき、標的点の後方に位置決めされる1つ以上の障壁要素は、着用者が腹臥している場合に起こり得る肛門漏出物の流体の後方移動を停止するのに役立ち得る。 In these variations, when the target point is positioned in the anus or near, one or more barrier elements positioned behind the target point, anal spills that may occur when the wearer is knots belly It may help to stop the rearward movement of the fluid.

配置補助器具 いくつかの変形例では、本体ライナは、少なくとも部分的に臀裂内に本体ライナを配置する際に着用者を支援するように構成されてもよい。 The arrangement aids some variations, the body liner may be configured to assist the wearer in placing the body liner at least partially anal fissure. 例えば、本体ライナが、上シートと、裏シートと、その間に位置決めされるコア部材とを備える、いくつかの変形例では、本体ライナは、コア部材の輪郭が上シートおよび/または裏シートを通して可視的であり得るように構成されてもよい。 For example, the body liner, the upper sheet, and the back sheet, the core and a member, some variations to be positioned therebetween, the body liner is visible contour of the core member through the upper sheet and / or backing sheet it may be configured as may be specifically. 例えば、いくつかの変形例では、上シートおよび/または裏シートは、コア部材が視覚的に位置決めされ得るように、コア部材がそれを通して少なくとも部分的に可視化され得るように構成されてもよい。 For example, in some variations, the upper sheet and / or backing sheet, so that the core member can be visually positioning may be configured such that the core member may be at least partially visible through it. いくつかの変形例では、コア部材は、着色されてもよく、これは、コア部材の視覚的位置決めに寄与し得る。 In some variations, the core member may be colored, which may contribute to the visual positioning of the core member. 加えて、または代替として、上シートと裏シートとの間のコア部材の厚さは、コア部材の視覚的位置決めを可能にする、本体ライナの厚さの変動を生成してもよい。 Additionally or alternatively, the thickness of the core member between the upper sheet and the backing sheet enables visual positioning of the core member may generate a variation in the thickness of the body liner. 着用者が視覚的に位置決め可能なコア部材とともに本体ライナを配置しているとき、着用者は、1本以上の指をコア部材の上に置いてもよく、かつ臀裂の中へ本体ライナ部材を前進させてもよい。 When the wearer is arranged a body liner with visually positionable core member, the wearer may put one or more fingers on the core member, and the body liner member into the gluteal cleft it may be advanced to. 着用者が肛門に向かって自分の指を前進させる場合、着用者は、盲目的に(例えば、本体ライナ配置の直接可視化を必要としない)、肛門またはその付近に標的点を位置決めするように肛門の周囲でコア部材を中心に置いてもよい。 If the wearer to toward the anus forward their fingers, the wearer may blindly (e.g., does not require direct visualization of the body liner arrangement), the anus to position the target point to the anus or near of it may be placed around the core member around.

いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの標的点を示し得る、1つ以上のマーキングを備えてもよい。 In some variations, the body liner may exhibit target point of the body liner may comprise one or more markings. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナの後表面は、本体ライナの標的点に向かって指し示す矢印を備えてもよい。 For example, in some variations, the surface after the body liner may comprise a arrow pointing towards the target point of the body liner. 他の変形例では、本体ライナの後表面は、本体ライナの標的点を中心にし得る、十字線、標的照準、または別の形状を備えてもよい。 In other variations, the surface after the body liner may mainly target point of the body liner, crosshairs, may comprise a target sighting or another shape. さらに他の変形例では、本体ライナ上の標的点を示し得る1つ以上のパターンが、本体ライナの後表面にエンボス加工されてもよい。 In still other variations, one or more patterns that may indicate a target point on the body liner may be embossed on the surface after the body liner. 上記の変形例では、着用者は、1本以上の指を(マーキングおよび/またはエンボス加工パターンによって示されるような)標的点の上に置いてもよく、かつ肛門またはその付近に標的点を位置決めするように臀裂の中へ本体ライナを前進させてもよい。 In the above modification, the wearer (as shown by the marking and / or embossed pattern) one or more fingers may be placed on the target point, and positioning the target point to the anus or near may be advanced to the body liner into the gluteal cleft so that.

さらに他の変形例では、本体ライナは、上記でさらに詳細に説明されるように、1つ以上の障壁部材または1つ以上の圧着域を備えてもよく、1つ以上の障壁部材または圧着域は、触覚フィードバックを着用者に提供して本体ライナの適正な配置を示すように位置決めされてもよい。 In yet another variation, the body liner, as will be described in more detail above, may comprise one or more barrier members, or one or more crimping zone, one or more barrier members or crimp band may be positioned to indicate proper placement of the body liner provides tactile feedback to the wearer. 例えば、本体ライナが少なくとも部分的に臀裂内に配置されたとき、1つ以上の障壁部材または圧着域は、肛門と生殖器との間で着用者の皮膚に接触してもよく、かつ本体ライナが適正に配置されていることをフィードバックしてもよい。 For example, when the body liner is disposed at least partially anal fissure, one or more barrier members or crimp band may be in contact with the wearer's skin between the anus and the genitals, and body liner it may be fed back that is properly positioned.

物質送達 いくつかの変形例では、本体ライナは、1つ以上の化合物または組成物を含んでもよい。 In substance delivery some variations, the body liner may comprise one or more compounds or compositions. いくつかの変形例では、本体ライナは、1つ以上のローションまたはスキンケア組成物を含んでもよい。 In some variations, the body liner may comprise one or more lotion or skin care composition. 加えて、または代替として、本体ライナは、(例えば、本体ライナの皮膚対面表面を介して)着用者の皮膚に送達され得る、活性剤(例えば、アロエ、グリセリン、ポリジメチルシロキサン等のシリコン油、それらの組み合わせ、および同等物)である1つ以上の薬剤を含んでもよい。 Additionally or alternatively, the body liner (e.g., via the skin-facing surface of the body liner) may be delivered to the wearer's skin, the active agent (e.g., aloe, glycerin, silicone oil such as polydimethylsiloxane, combinations thereof, and may include one or more agents that are equivalent). 加えて、または代替として、本体ライナは、ABLの発生と関連付けられる臭気を最小限化し得る、1つ以上の防臭化合物を含んでもよい。 Additionally or alternatively, the body liner may minimize the odor associated with the occurrence of ABL, may include one or more odor compounds.

包装 本明細書で説明される本体ライナは、任意の好適な様式で包装されてもよい。 Packaging body liner described herein may be packaged in any suitable manner. 例えば、いくつかの変形例では、本体ライナは、パウチまたはコンテナに包装されてもよい。 For example, in some variations, the body liner may be packaged in a pouch or container. 場合によっては、本体ライナは、個別に包装されてもよい(すなわち、パウチ/コンテナにつき1つの本体ライナ)。 Optionally, the body liner may be packaged individually (i.e., one body liner per pouch / container). 他の変形例では、複数の本体ライナが、ともに包装されてもよい。 In other variations, a plurality of body liner may be packaged together. 例えば、いくつかの変形例では、複数の本体ライナは、個々の本体ライナが必要に応じて除去され得るように、剥離可能なコンテナ内に包装されてもよい。 For example, in some variations, the plurality of body liner, so that each body liner can be removed, if necessary, may be packaged in a peelable container.

前述のように、本明細書で説明される本体ライナは、剥離ライナとともに包装されてもよい。 As described above, the body liner described herein may be packaged with a release liner. 剥離ライナは、本体ライナの1つ以上の接着領域を介して、一時的に本体ライナに取り付けられてもよい。 Release liner via one or more bonding areas of the body liner may be temporarily attached to the body liner. 剥離ライナは、本体ライナと同一の形状であってもよく、または本体ライナとは異なる形状であってもよい。 Release liner may be the same shape as the body liner, or may be a different shape than the body liner. 剥離ライナは、単一の部品として構成されてもよく、または2つ以上の別個の部品として構成されてもよい。 Release liner may be configured as a single component, or may be configured as two or more separate parts.

いくつかの変形例では、本体ライナは、剥離ライナを伴わずに包装されてもよい。 In some variations, the body liner can be packaged without a release liner. これらの変形例のうちのいくつかでは、包装の一部分が、剥離ライナの役割を果たしてもよい。 In some of these variations, a portion of the packaging, may play a role release liner. 具体的には、いくつかの変形例では、1つ以上の接着領域を有する本体ライナは、接着領域のうちの1つ以上を介して、包装の1つ以上の部分に剥離可能に取り付けられてもよい。 Specifically, in some variations, the body liner having one or more adhesive regions, via one or more of the adhesion area, releasably attached to one or more portions of the packaging it may be. これらの変形例では、包装は、本体ライナへのアクセスを提供するように開放されてもよく、本体ライナは、接着領域を暴露するように包装から剥がされるか、または別様に除去されてもよい。 In these variations, the package may be opened to provide access to the body liner body liner is either stripped from the package to expose the adhesive regions, or be removed otherwise good.

本明細書で説明される本体ライナは、商品化計画の中で提供されてもよい。 Body liner described herein may be provided in the merchandising. アレイは、異なる物理的特性を有するユーザのための一連の本体ライナ構成を備えてもよい。 Array can comprise a series of body liner structure for users with different physical properties. 物理的特性は、例えば、腰サイズ、ドレスサイズ、または下着サイズ等の任意の好適な特性であってもよい。 Physical properties, for example, waist size, may be any suitable properties, such as dress size or underwear sizes. アレイは、女性ユーザのための第1の一連の本体ライナ構成を備えてもよい。 Array can comprise a first series of body liner structure for women users. 加えて、または代替として、アレイは、男性ユーザのための第2の一連の本体ライナ構成を備えてもよい。 Additionally or alternatively, the array may comprise a second series of body liner structure for men users. 各本体ライナ構成は、その特定の本体ライナ構成の意図したユーザを識別するように、包装上に配置された(図形および/またはテキストベースの)指標を有してもよい。 Each body liner structure, that particular to identify the user intended by the body liner structure, disposed on the packaging may have a (graphics and / or text-based) index. 消費者は、消費者の必要性のために適切な本体ライナ構成を選択するように指標を使用してもよい。 Consumers may use the index to select an appropriate body liner structure for consumers needs.

概して、一連の本体ライナ構成は、異なるサイズを有する本体ライナを備える。 Generally, a series of body liner structure comprises a body liner with different sizes. 上述のように、本体ライナがその中に位置決めされたときに、本体ライナが少なくとも部分的に臀裂から延在することが望ましくあり得る。 As described above, when the body liner is positioned therein, it may be desirable to body liner at least partially anal torn et extension. したがって、ユーザの臀裂のサイズが変化すると、それに応じて、本体ライナのサイズは、本体ライナの回収部分を提供するように変更されてもよい。 Therefore, the size of the user's gluteal cleft is changed, accordingly, the size of the body liner may be modified to provide a recovery portion of the body liner. 臀裂のサイズが、ユーザのドレスサイズ、腰サイズ、および/または下着サイズ等のユーザの1つ以上の物理的特性に少なくとも部分的に依存し得るため、異なるドレス、腰、および/または下着サイズを有する、ユーザのための異なるサイズの本体ライナを提供することにより、ユーザが、そのユーザのために適正にサイズを合わせられるであろう本体ライナを選択することを可能にし得る。 Since the size of the gluteal cleft may be at least partially dependent dress size of a user, hip size, and / or one or more physical characteristics of the user such as underwear sizes, different dress, waist, and / or underwear Size having, by providing different sizes of the body liner for the user, the user may make it possible to choose a body liner that would be combined properly sized for the user. 例えば、いくつかの変形例では、一連の本体ライナ構成は、第1の範囲のドレスサイズを有するユーザのための第1の本体ライナ構成と、第2の範囲のドレスサイズを有するユーザのための第2の本体ライナ構成とを備えてもよい。 For example, in some variations, a series of body liner structure includes a first body liner structure for users with a dress size of the first range, for users with a dress size of the second range the second may comprise a body liner structure. 例えば、第1の範囲のドレスサイズは、ドレスサイズ12以下であってもよく、第2の範囲のドレスサイズは、12より大きくあり得、第1の本体ライナ構成は、第1のサイズを有してもよく、第2の本体ライナ構成は、第2のサイズを有してもよい。 For example, dress size first range may be the dress size 12 or less, dress size second range, obtained be greater than 12, the first body liner structure, have a first size it may be, second body liner structure may have a second size. 他の変形例では、一連の本体ライナ構成は、第1の範囲の腰サイズを有するユーザのための第1の本体ライナ構成と、第2の範囲の腰サイズを有するユーザのための第2の本体ライナ構成とを備えてもよい。 In other variations, a series of body liner structure includes a first body liner structure for a user having a waist size of the first range, the second for the user having a waist size of the second range it may comprise a body liner structure. これらの変形例のうちのいくつかでは、アレイは、男性および女性ユーザの両方のための一連の本体ライナ構成を備えてもよい。 In some of these variations, the array may comprise a series of body liner structure for both men and women users. 例えば、アレイは、第1の範囲の腰サイズを有する男性ユーザのための第1の本体ライナ構成、および第2の範囲の腰サイズを有する男性ユーザのための第2の本体ライナ構成、第3の範囲の腰サイズを有する女性ユーザのための第3の本体ライナ構成、および第4の範囲の腰サイズを有する女性ユーザのための第4の本体ライナ構成を有してもよい。 For example, an array, a first body liner structure for men users with waist size of the first range, and a second body liner structure for men users with waist size of the second range, the third third body liner structure, and a fourth may have a body liner structure for women users with waist size of the fourth range for women users with waist size range. さらに他の変形例では、アレイは、第1の下着サイズを有するユーザのための第1の本体ライナ構成、および第2の下着サイズを有するユーザのための第2の本体ライナ構成を有する、一連の本体ライナを備えてもよい。 In still other variations, the array has a second body liner structure for a user having a first body liner structure, and a second underwear sizes for users having a first underwear sizes, series it may be provided with a body liner. 一連の構成はさらに、第3の下着サイズを有するユーザのための第3の本体ライナ構成を備えてもよい。 Set of configuration may further comprise a third body liner structure for a user having a third underwear sizes.

方法 前述のように、本明細書で説明される本体ライナは、便失禁に使用されてもよい。 The method as described above, the body liner described herein may be used to fecal incontinence. 概して、本明細書で説明される方法は、少なくとも部分的に臀裂の中に上記で説明される本体ライナのうちの1つを配置するステップを含んでもよい。 Generally, the methods described herein may include the step of placing one of the body liner described above at least partially within the gluteal cleft. いくつかの変形例では、少なくとも部分的に臀裂の中に本体ライナを配置するステップは、縦軸に沿って本体ライナを折り畳むステップを含んでもよく、かつ肛門またはその付近に標的点を位置決めするステップを含んでもよい。 In some variations, the step of placing the body liner at least partially within gluteal cleft may include the step of folding the body liner along a longitudinal axis, and positions the target point to the anus or near step may contain. これらの変形例のうちのいくつかでは、肛門の約2cm以内に標的点を配置することが望ましくあり得る。 In some of these variations, it may be desirable to place the target point within about 2cm anus.

いくつかの変形例では、少なくとも部分的に臀裂内に本体ライナを配置するステップは、本体ライナの少なくとも一部分が臀裂から外へ延在するように、本体ライナを位置決めするステップを含んでもよい。 In some variations, the step of placing the body liner at least partially anal fissure, as at least a portion of the body liner extends into et outside torn anal, may include the step of positioning the body liner . これらの変形例のうちのいくつかでは、臀裂から外へ延在する本体ライナの少なくとも一部分は、臀裂の少なくとも約1cmに延在してもよい。 In some of these variations, at least a portion of the body liner extending into the anal torn et outside may extend at least about 1cm of gluteal cleft. いくつかの変形例では、本体ライナは、本体ライナの少なくとも一部分が臀裂から外へ延在するように、および臀裂から外へ延在する任意の部分が臀裂から外へ約2.5cm未満で延在するように、配置されてもよい。 In some variations, the body liner, at least in part so as to extend into et outside torn anal, and about 2.5cm any portion extending to the anal torn et outside is to found out ripped gluteal body liner extending to resident may be placed below.

いくつかの変形例では、少なくとも部分的に臀裂内に本体ライナを配置するステップは、臀部の皮膚に接触して本体ライナの身体対面表面を配置するステップを含んでもよい。 In some variations, the step of placing the body liner at least partially anal fissure may include the step of placing a body facing surface of the body liner in contact with the buttocks of the skin. これらの変形例のうちのいくつかでは、本体ライナは、本体ライナの身体対面表面上に1つ以上の接着領域を備えてもよく、臀部の皮膚に接触して本体ライナの身体対面表面を配置するステップは、1つ以上の接着領域を介して身体対面表面を臀部の皮膚に接着するステップを含んでもよい。 In some of these variations, the body liner may comprise one or more adhesive regions on the body facing surface of the body liner, placing a body facing surface of the body liner in contact with the buttocks of the skin step may include the step of bonding the body facing surface the buttocks of the skin through one or more adhesive regions to be. 接着領域は、上記でさらに詳細に説明されるような任意の好適な接着領域であってもよい。 Bonding region may be any suitable adhesive area as described in more detail above.

Claims (42)

  1. 便失禁を処置するためのシステムであって、前記システムは、 A system for treating fecal incontinence, the system comprising:
    少なくとも部分的に臀裂内に配置されるように構成された本体ライナを備え、 A body liner which is configured to be positioned at least partially anal fissure,
    前記本体ライナは、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナは、上シートと、裏シートと、コア部材とを含む複数のライナ層から形成され、 The body liner, a longitudinal axis, a body facing surface, wherein and a body facing surface and the opposite side after a surface, the body liner, at least one adhesive region on the body facing surface of the body liner wherein the body liner comprises a top sheet, a back sheet is formed from a plurality of liner layer including the core member,
    前記複数のライナ層の各々は、液体吸収性であり、 Wherein each of the plurality of liner layer is liquid absorbent,
    前記本体ライナは、縦軸に沿って折り畳まれて、前記身体対面表面が前記臀裂の皮膚と接触するように、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるように構成され、 The body liner is folded along the longitudinal axis, such that the body facing surface is in contact with the skin of the anal cleft, is configured to be disposed at least in part on the anal fissure,
    前記コア部材は、前記上シートと前記裏シートとの間に位置決めされ、前記上シートは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2突出部とを備える形状を有する、システム。 Said core member is positioned between said sheet and said backing sheet, said sheet has a first projecting portion of the first side of the longitudinal axis, the second side of the longitudinal axis It has a shape and a second protrusion, the system.
  2. 前記コア部材は、円形または楕円形である、請求項1に記載のシステム。 It said core member is circular or oval, according to claim 1 system.
  3. 前記上シートの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、請求項1に記載のシステム。 The shape of the sheet further comprises a third projecting portion of said first side of said longitudinal axis, and a fourth projecting portion of said second side of said longitudinal axis, according to claim 1 system.
  4. 前記裏シートは、前記上シートの前記形状と同一である形状を有する、請求項3に記載のシステム。 The backing sheet has the shape as the same of the sheet The system of claim 3.
  5. 前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、請求項1に記載のシステム。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to one another, the system according to claim 1.
  6. 前記裏シートおよび前記上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、請求項5に記載のシステム。 The backing sheet and the sheet is the upper are joined to each other around the sheet, the system of claim 5.
  7. 前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、請求項6に記載のシステム。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, the system according to claim 6.
  8. 前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも90パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、請求項7に記載のシステム。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 90% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, the system of claim 7.
  9. 前記上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第2の方向へ第2のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第3の方向へ第3のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、請求項1に記載のシステム Wherein the sheet is a first direction to move the fluid in the sheet at a first wicking speed, move the fluid in the sheet in a second direction the second wicking rate, the 3 to direction is configured to move the fluid in the sheet at the third wicking rate, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, said first direction , the second is a direction perpendicular, the third direction, wherein a vertical with the surface of the body liner system of claim 1
  10. 便失禁を処置するためのシステムであって、前記システムは、 A system for treating fecal incontinence, the system comprising:
    少なくとも部分的に臀裂内に配置されるように構成された本体ライナを備え、 A body liner which is configured to be positioned at least partially anal fissure,
    前記本体ライナは、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナは、上シートと、裏シートと、コア部材とを含む複数のライナ層から形成され、 The body liner comprises a body facing surface, and said body facing surface and the opposite side after a surface, the body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, said body liner, and the upper sheet, a backing sheet is formed from a plurality of liner layer including the core member,
    前記複数のライナ層の各々は、液体吸収性であり、 Wherein each of the plurality of liner layer is liquid absorbent,
    前記本体ライナは、前記身体対面表面が前記臀裂の皮膚と接触するように、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるように構成され、 The body liner, so that said body facing surface is in contact with the skin of the anal cleft, is configured to be disposed at least in part on the anal fissure,
    前記上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第2の方向へ第2のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第3の方向へ第3のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 Wherein the sheet is a first direction to move the fluid in the sheet at a first wicking speed, move the fluid in the sheet in a second direction the second wicking rate, the 3 to direction is configured to move the fluid in the sheet at the third wicking rate, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, said first direction , said a perpendicular second direction, the third direction is perpendicular to the surface of the body liner,
    前記上シートは、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、システム。 The sheet, said third wicking rate in the sheet is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in the sheet, the system.
  11. 前記上シートは、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、請求項10に記載のシステム。 The sheet, said in the sheet first wicking rate, the upper is configured to be greater than the second wicking rate in sheets, according to claim 10 systems.
  12. 前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、請求項11に記載のシステム。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least in part on the anal fissure, the first direction, and the longitudinal axis parallel system of claim 11.
  13. 前記本体ライナは、縦軸を有し、前記本体ライナは、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるときに前記縦軸に沿って折り畳まれ、前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、請求項11に記載のシステム。 The body liner has a longitudinal axis, the body liner is folded along the longitudinal axis when it is disposed at least in part on the anal fissure, the second direction, and the longitudinal axis parallel system of claim 11.
  14. 前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、請求項1に記載のシステム。 The body liner is configured such that it can be supplied to the water system of claim 1.
  15. 前記本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されている、請求項14に記載のシステム。 Wherein at least 90% of the body liner is formed from one or more biodegradable materials, system of claim 14.
  16. 前記本体ライナは、前記本体ライナの少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように配置されるように構成されている、請求項1に記載のシステム。 The body liner, wherein at least a portion of the body liner is adapted to be arranged to extend into the anal torn et outside, according to claim 1 system.
  17. 便失禁を処置するためのシステムであって、前記システムは、 A system for treating fecal incontinence, the system comprising:
    本体ライナを備え、 A body liner,
    前記本体ライナは、前記本体ライナの少なくとも一部分が臀裂から約2.5cm未満の距離だけ前記臀裂から外へ延在するように、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるように構成され、前記本体ライナは、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、前記本体ライナは、上シートと、裏シートと、コア部材とを含む複数のライナ層から形成され、 The body liner, at least in part so as to extend into the anal torn et outside by a distance of less than anal torn et about 2.5 cm, configured to be positioned at least in part on the gluteal cleft of the body liner is, the body liner comprises a body facing surface, and said body facing surface and the opposite side after a surface, the body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner, the body liner, a top sheet, a back sheet is formed from a plurality of liner layer including the core member,
    前記複数のライナ層の各々は、液体吸収性であり、 Wherein each of the plurality of liner layer is liquid absorbent,
    前記本体ライナは、前記身体対面表面が前記臀裂の皮膚と接触するように、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるように構成されている、システム。 The body liner, said body facing surface into contact with the skin of the anal cleft, and is configured to be disposed at least in part on the anal fissure, system.
  18. 偶発的腸管漏出(accidental bowel leakage)を処置するためのデバイスであって、前記デバイスは、 A device for treating accidental intestinal leak (accidental bowel leakage), said device,
    少なくとも部分的に臀裂内に配置されるようにサイズを合わせられて構成された本体ライナを備え、 A body liner which is configured being combined size to be placed at least partially anal fissure,
    前記本体ライナは、縦軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、 The body liner has a longitudinal axis, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface,
    前記本体ライナは、前記本体ライナの前記身体対面表面上に少なくとも1つの接着領域を備え、 The body liner comprises at least one adhesive region on said body facing surface of the body liner,
    前記本体ライナは、上シートと、裏シートと、コア部材とを含む複数の液体吸収性ライナから形成され、 The body liner, a top sheet, a back sheet is formed from a plurality of liquid-absorbent liner layer comprising a core member,
    前記上シートは、前記縦軸の第1の側の第1の突出部と、前記縦軸の第2の側の第2突出部とを備える形状を有し、 The sheet may possess a first projecting portion of the first side of said longitudinal axis, a shape and a second protrusion of the second side of the longitudinal axis,
    前記上シートは、第1の方向へ第1のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第2の方向へ第2のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させ、第3の方向へ第3のウィッキング速度で前記上シート内の流体を移動させるように構成され、前記第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直であり、 Wherein the sheet is a first direction to move the fluid in the sheet at a first wicking speed, move the fluid in the sheet in a second direction the second wicking rate, the 3 the direction in the third wicking rate is configured to move the fluid in the sheet, said first and second directions are in the plane of the body liner, said first direction, the perpendicular to the second direction, the third direction, wherein a perpendicular second direction, the third direction is perpendicular to the surface of the body liner,
    前記上シートは、前記上シートにおける前記第3のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、デバイス。 The sheet, said third wicking rate in the sheet is configured to be greater than the first wicking rate and second wicking rate in the sheet, the device.
  19. 前記コア部材は、円形または楕円形である、請求項18に記載のデバイス。 It said core member is circular or oval, according to claim 18 device.
  20. 前記裏シートは、前記上シートの前記形状と同一である形状を有する、請求項18に記載のデバイス。 The backing sheet has the shape as the same of the sheet, the device according to claim 18.
  21. 前記裏シートおよび前記上シートは、少なくとも部分的に相互に接合されている、請求項18に記載のデバイス。 The backing sheet and the sheet is at least partially joined to one another, the device according to claim 18.
  22. 前記裏シートおよび前記上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、請求項21に記載のデバイス。 The backing sheet and the sheet is the upper are joined to each other around the sheet, the device according to claim 21.
  23. 前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、請求項22に記載のデバイス。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, according to claim 22 device.
  24. 前記上シートは、前記上シートにおける前記第1のウィッキング速度が、前記上シートにおける前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、請求項18に記載のデバイス。 The sheet, said in the sheet first wicking rate, the upper is configured to be greater than the second wicking rate in sheets, according to claim 18 device.
  25. 前記第1の方向は、前記縦軸と平行である、請求項24に記載のデバイス。 The first direction is parallel to the longitudinal axis, the device according to claim 24.
  26. 前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、請求項18に記載のデバイス。 The body liner is configured such that it can be supplied to the water of claim 18 device.
  27. 前記本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されている、請求項26に記載のデバイス。 Wherein at least 90% of the body liner is formed from one or more biodegradable materials, devices according to claim 26.
  28. 前記上シートの前記形状は、前記縦軸の前記第1の側の第3の突出部と、前記縦軸の前記第2の側の第4の突出部とをさらに備える、請求項18に記載のデバイス。 The shape of the sheet further comprises a third projecting portion of said first side of said longitudinal axis, and a fourth projecting portion of said second side of said longitudinal axis, according to claim 18 of the device.
  29. 偶発的腸管漏出(accidental bowel leakage)のためのシステムであって、前記システムは、 A system for accidental intestinal leak (accidental bowel leakage), the system comprising:
    少なくとも部分的に臀裂内に配置されるように構成された十分に吸収性の本体ライナを備え、 At least partially provided with a sufficiently absorbent body liner configured to be placed in anal fissure,
    前記本体ライナは、縦軸と、前記縦軸に垂直であり、標的点で前記縦軸と交差する横軸と、身体対面表面と、前記身体対面表面と反対側の後表面とを有し、前記本体ライナは、コア部材と、前記本体ライナの前記身体対面表面上の少なくとも1つの接着領域とを備え、前記コア部材は、超吸収性ポリマーまたは吸収性パルプのうちの少なくとも1つを備え、前記コア部材は、前記本体ライナの残りの部分よりも吸収性があり、前記本体ライナは、第1の突出部と、第2の突出部と、第3の突出部と、第4の突出部とを備える形状を有し、前記第1の突出部および第2の突出部は、前記縦軸の第1の側に位置決めされ、前記第3の突出部および第4の突出部は、前記縦軸の第2の側に位置決めされ、前記本体ライナは、前記縦軸に沿って折り畳 The body liner has a longitudinal axis is perpendicular to said longitudinal axis, a transverse axis intersecting the longitudinal axis at the target point, a body facing surface and an opposite side after a surface and the body facing surface, the body liner comprises a core member, and at least one adhesive area on said body facing surface of the body liner, the core member includes at least one of the superabsorbent polymer or absorbent pulp, It said core member has absorbency than the rest of the body liner, the body liner, a first protrusion, a second protrusion, a third protrusion, the fourth projecting portion has a shape with bets, the first protrusion and the second protrusion is positioned on a first side of said longitudinal axis, said third projection and fourth projection, the longitudinal is positioned on a second side of the axis, the body liner, tatami folding along said longitudinal axis れて、少なくとも部分的に前記臀裂内に配置されるように構成され、前記身体対面表面は、前記臀裂の皮膚と接触するように構成されている、システム。 Is it is configured to be disposed at least in part on the anal fissure, the body facing surface is configured to contact with the skin of the anal cleft, the system.
  30. 前記本体ライナは、上シートと、裏シートとをさらに備える、請求項29に記載のシステム。 The body liner further comprises a top sheet, a back sheet, according to claim 29 systems.
  31. 前記コア部材は、円形または楕円形である、請求項29に記載のシステム。 It said core member is circular or oval, according to claim 29 systems.
  32. 前記裏シートは、前記上シートの前記形状と同一である形状を有する、請求項30に記載のシステム。 The backing sheet has the shape as the same of the sheet The system of claim 30.
  33. 前記裏シートおよび前記上シートは、前記上シートの周囲で相互に接合されている、請求項30に記載のシステム。 The backing sheet and the sheet is the upper are joined to each other around the sheet, the system according to claim 30.
  34. 前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも80パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、請求項33に記載のシステム。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 80% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, the system according to claim 33.
  35. 前記裏シートおよび上シートは、前記上シートの少なくとも90パーセントが接合されないままであるように、相互に接合されている、請求項34に記載のシステム。 The backing sheet and the upper sheet, to remain at least 90% of the sheet is not bonded, are bonded to each other, the system according to claim 34.
  36. 前記本体ライナは、水に流すことが可能であるように構成されている、請求項29に記載のシステム。 The body liner is configured such that it can be supplied to the water system of claim 29.
  37. 前記本体ライナの少なくとも90パーセントは、1つ以上の生分解性材料から形成されている、請求項36に記載のシステム。 Wherein at least 90% of the body liner is formed from one or more biodegradable materials, according to claim 36 systems.
  38. 前記本体ライナは、前記本体ライナの少なくとも一部分が前記臀裂から外へ延在するように配置されるように構成されている、請求項29に記載のシステム。 The body liner, wherein at least a portion of the body liner is adapted to be arranged to extend into the anal torn et outside system of claim 29.
  39. 前記本体ライナは、第1の方向へ第1のウィッキング速度で前記本体ライナ内の流体を移動させ、第2の方向へ第2のウィッキング速度で前記本体ライナ内の流体を移動させ、第3の方向へ第3のウィッキング速度で前記本体ライナ内の流体を移動させるように構成され、第1の方向および第2の方向は、前記本体ライナの面内にあり、前記第1の方向は、前記第2の方向と垂直であり、前記第3の方向は、前記本体ライナの前記面と垂直である、請求項29に記載のシステム。 The body liner moves the fluid in the body liner in a first direction at a first wicking speed, move the fluid in the body liner in the second direction in the second wicking rate, the the 3 to directions in the third wicking rate is configured to move the fluid in the body liner, the first direction and the second direction is in the plane of the body liner, said first direction system is perpendicular to the second direction, the third direction is perpendicular to the surface of the body liner, according to claim 29.
  40. 前記本体ライナは、前記第3のウィッキング速度が、前記第1のウィッキング速度および第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、請求項39に記載のシステム。 The body liner, said third wicking rate, the first is configured as larger than wicking rate and second wicking rate The system of claim 39.
  41. 前記本体ライナは、前記第1のウィッキング速度が、前記第2のウィッキング速度より大きいように構成されている、請求項40に記載のシステム。 The body liner, the first wicking rate, the second is configured to be greater than the wicking rate, the system of claim 40.
  42. 前記第1の方向は、前記横軸と平行であり、前記第2の方向は、前記縦軸と平行である、請求項41に記載のシステム。 The first direction is parallel to the horizontal axis, the second direction is parallel to the longitudinal axis The system of claim 41.
JP2014554976A 2012-01-31 2013-01-30 Devices and methods for treating accidental intestinal leakage Active JP5841679B2 (en)

Priority Applications (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201261593052P true 2012-01-31 2012-01-31
US61/593,052 2012-01-31
US201261649749P true 2012-05-21 2012-05-21
US61/649,749 2012-05-21
US29/422,461 2012-05-21
US29/422,461 USD720848S1 (en) 2012-05-21 2012-05-21 Body liner for anal leakage
US29/437,530 2012-11-16
US29/437,530 USD721170S1 (en) 2012-11-16 2012-11-16 Body liner for anal leakage
PCT/US2013/023928 WO2013116391A2 (en) 2012-01-31 2013-01-30 Devices and methods for treating accidental bowel leakage

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015513302A JP2015513302A (en) 2015-05-07
JP5841679B2 true JP5841679B2 (en) 2016-01-13

Family

ID=48906029

Family Applications (4)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014554976A Active JP5841679B2 (en) 2012-01-31 2013-01-30 Devices and methods for treating accidental intestinal leakage
JP2015223483A Active JP5898810B1 (en) 2012-01-31 2015-11-13 Devices and methods for treating accidental intestinal leakage
JP2016042438A Pending JP2016104357A (en) 2012-01-31 2016-03-04 Devices and methods for treating accidental bowel leakage
JP2017113385A Withdrawn JP2017196428A (en) 2012-01-31 2017-06-08 Devices and methods for treating accidental bowel leakage

Family Applications After (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015223483A Active JP5898810B1 (en) 2012-01-31 2015-11-13 Devices and methods for treating accidental intestinal leakage
JP2016042438A Pending JP2016104357A (en) 2012-01-31 2016-03-04 Devices and methods for treating accidental bowel leakage
JP2017113385A Withdrawn JP2017196428A (en) 2012-01-31 2017-06-08 Devices and methods for treating accidental bowel leakage

Country Status (8)

Country Link
JP (4) JP5841679B2 (en)
KR (1) KR20140123974A (en)
CN (1) CN104487039B (en)
CA (1) CA2863163A1 (en)
HK (1) HK1208795A1 (en)
MX (1) MX359216B (en)
WO (1) WO2013116391A2 (en)
ZA (1) ZA201405624B (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8591488B2 (en) 2012-01-31 2013-11-26 Butterfly Health, Inc. Devices and methods for treating accidental bowel leakage
USD720848S1 (en) 2012-05-21 2015-01-06 Butterfly Health, Inc. Body liner for anal leakage

Family Cites Families (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2742042A (en) * 1953-12-14 1956-04-17 Jay D Flanders Anal napkin
JPS4930141U (en) * 1972-06-12 1974-03-15
US4484919A (en) * 1982-10-25 1984-11-27 Affiliated Surgical Supplies Rectal area dressing
JPS59159418U (en) * 1983-11-10 1984-10-25
EP0312621A1 (en) * 1987-10-19 1989-04-26 Wallace William Becklin Hemorrhoid retainers
CA2206052A1 (en) * 1994-12-22 1996-06-27 The Procter & Gamble Company Improving the fit and sustained fit of a diaper via chassis and core modifications
US5665081A (en) * 1995-06-26 1997-09-09 Grosse; Kenneth J. Odor absorbing anal pad
JP3335843B2 (en) * 1995-09-01 2002-10-21 株式会社日本触媒 Absorbent article comprising absorbent composition and absorber, as well as an absorber
US5695484A (en) * 1995-12-12 1997-12-09 Cox; Brian J. Anal patch for fecal incontinence
EP0887061A1 (en) * 1997-06-28 1998-12-30 THE PROCTER & GAMBLE COMPANY Faecal collector
CA2369171A1 (en) * 1999-04-12 2000-10-19 The Procter & Gamble Company Faecal collector with a reliable, comfortable flange
JP3072187U (en) * 2000-03-31 2000-10-06 株式会社松野製紙 Loose stools for processing tool
US6313371B1 (en) * 2000-04-12 2001-11-06 Brian J Conant Flatulence deodorizer
EG23144A (en) * 2001-06-08 2004-05-31 Kimberly Clark Co Labial pad having a tab
US20030130636A1 (en) * 2001-12-22 2003-07-10 Brock Earl David System for improving skin health of absorbent article wearers
US20040068247A1 (en) * 2002-10-08 2004-04-08 Trudy Connor Garment liner
DE60209613T2 (en) * 2002-11-08 2006-10-05 The Procter & Gamble Company, Cincinnati A disposable absorbent article having improved upper layer
JP4562607B2 (en) * 2005-07-25 2010-10-13 花王株式会社 Liquid-absorbing aids
JP4925812B2 (en) * 2005-12-27 2012-05-09 花王株式会社 The absorbent article
US8353884B2 (en) * 2006-05-19 2013-01-15 Coloplast A/S Anal patch
EP2187846B1 (en) * 2007-08-10 2015-05-06 Coloplast A/S A faecal management device
US20090131899A1 (en) * 2007-11-20 2009-05-21 Derriay, Inc. Hygiene pad
JP5203154B2 (en) * 2008-12-02 2013-06-05 花王株式会社 Disposable diapers
CA2749486A1 (en) * 2009-01-15 2010-07-22 The Procter & Gamble Company Reusable outer cover for an absorbent article having zones of varying properties
JP2011115516A (en) * 2009-11-06 2011-06-16 Livedo Corporation Absorptive article
JP5400585B2 (en) * 2009-11-27 2014-01-29 ユニ・チャーム株式会社 Package body of the absorbent article
WO2011071070A1 (en) * 2009-12-09 2011-06-16 花王株式会社 Absorbent article

Also Published As

Publication number Publication date
MX2014009181A (en) 2014-10-24
JP2015513302A (en) 2015-05-07
WO2013116391A2 (en) 2013-08-08
WO2013116391A3 (en) 2015-01-22
JP2016052548A (en) 2016-04-14
CA2863163A1 (en) 2013-08-08
KR20140123974A (en) 2014-10-23
JP5898810B1 (en) 2016-04-06
ZA201405624B (en) 2015-10-28
MX359216B (en) 2018-09-19
CN104487039A (en) 2015-04-01
JP2016104357A (en) 2016-06-09
JP2017196428A (en) 2017-11-02
CN104487039B (en) 2017-06-06
HK1208795A1 (en) 2016-03-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100404261B1 (en) Toilet-device disposable absorbent interlabial
CN1223325C (en) Absorbing products
JP4476563B2 (en) Sanitary napkins
CN100444904C (en) Hemorrhoid treatment pad
EP1407743B1 (en) Flap-equipped interlabial pad
CN102355878B (en) The absorbent article
JP3043393B2 (en) Flexibility The absorbent product having a wick means of the hydrophilic
JP4495405B2 (en) The absorbent article
CN1223326C (en) Absorbent articles
CN1135101C (en) Absorbent product of labium
JP3779946B2 (en) The absorbent pad
KR100785364B1 (en) Interlabial pad and package thereof
EP1327433B1 (en) Body-adhering absorbent article
JP3616728B2 (en) Body fluids absorbent article
AU2006325304B2 (en) Extensible absorbent layer and absorbent article
CA2487053C (en) Multiple layer absorbent article
KR101439560B1 (en) Body-adhering personal care product
CN1229088C (en) Composite sanitary towel
KR100457613B1 (en) Adhesive faecal collector with optimal aperture
EP1407746A1 (en) INTERLABIAL PRODUCT HAVING FORM FOR FINGER SECUREMENT, AND INDIVIDUAL PACKAGE
CN100356899C (en) Conic composite sanitary towl
JP4230778B2 (en) Interlabial pad
CN1292720C (en) Disposable excreta collector