JP5808996B2 - 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法 - Google Patents

空気清浄機及び空気清浄機の使用方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5808996B2
JP5808996B2 JP2011211296A JP2011211296A JP5808996B2 JP 5808996 B2 JP5808996 B2 JP 5808996B2 JP 2011211296 A JP2011211296 A JP 2011211296A JP 2011211296 A JP2011211296 A JP 2011211296A JP 5808996 B2 JP5808996 B2 JP 5808996B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
ion
blower
suction port
air cleaner
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011211296A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2013070793A (ja
Inventor
山下 裕康
裕康 山下
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sharp Corp
Original Assignee
Sharp Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sharp Corp filed Critical Sharp Corp
Priority to JP2011211296A priority Critical patent/JP5808996B2/ja
Publication of JP2013070793A publication Critical patent/JP2013070793A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5808996B2 publication Critical patent/JP5808996B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F1/00Room units for air-conditioning, e.g. separate or self-contained units or units receiving primary air from a central station
    • F24F1/02Self-contained room units for air-conditioning, i.e. with all apparatus for treatment installed in a common casing
    • F24F1/037Self-contained room units for air-conditioning, i.e. with all apparatus for treatment installed in a common casing with humidification means
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F1/00Room units for air-conditioning, e.g. separate or self-contained units or units receiving primary air from a central station
    • F24F1/02Self-contained room units for air-conditioning, i.e. with all apparatus for treatment installed in a common casing
    • F24F1/0328Self-contained room units for air-conditioning, i.e. with all apparatus for treatment installed in a common casing with means for purifying supplied air
    • F24F1/0353Self-contained room units for air-conditioning, i.e. with all apparatus for treatment installed in a common casing with means for purifying supplied air by electric means, e.g. ionisers or electrostatic separators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F8/00Treatment, e.g. purification, of air supplied to human living or working spaces otherwise than by heating, cooling, humidifying or drying
    • F24F8/10Treatment, e.g. purification, of air supplied to human living or working spaces otherwise than by heating, cooling, humidifying or drying by separation, e.g. by filtering
    • F24F8/108Treatment, e.g. purification, of air supplied to human living or working spaces otherwise than by heating, cooling, humidifying or drying by separation, e.g. by filtering using dry filter elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F8/00Treatment, e.g. purification, of air supplied to human living or working spaces otherwise than by heating, cooling, humidifying or drying
    • F24F8/30Treatment, e.g. purification, of air supplied to human living or working spaces otherwise than by heating, cooling, humidifying or drying by ionisation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2209/00Aspects relating to disinfection, sterilisation or deodorisation of air
    • A61L2209/10Apparatus features
    • A61L2209/16Connections to a HVAC unit
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L9/00Disinfection, sterilisation or deodorisation of air
    • A61L9/16Disinfection, sterilisation or deodorisation of air using physical phenomena
    • A61L9/18Radiation
    • A61L9/20Ultra-violet radiation
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F6/00Air-humidification, e.g. cooling by humidification
    • F24F6/02Air-humidification, e.g. cooling by humidification by evaporation of water in the air
    • F24F6/06Air-humidification, e.g. cooling by humidification by evaporation of water in the air using moving unheated wet elements
    • F24F2006/065Air-humidification, e.g. cooling by humidification by evaporation of water in the air using moving unheated wet elements using slowly rotating discs for evaporation
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F6/00Air-humidification, e.g. cooling by humidification
    • F24F6/02Air-humidification, e.g. cooling by humidification by evaporation of water in the air
    • F24F6/06Air-humidification, e.g. cooling by humidification by evaporation of water in the air using moving unheated wet elements

Description

本発明は、浄化空気及びイオンを室内に供給する空気清浄機及び空気清浄機の使用方法に関する。
空気清浄機は下部の吸込口から上部の吹出口に至る通風路が内部に形成され、該通風路内に浄化フィルタと送風機とが配されている。このような空気清浄機では、送風機の作動に伴い、吸込口から吸い込まれた室内の空気が浄化フィルタを通風する際に、空気中に含まれる有害物質が浄化フィルタによって捕集、吸着、分解される等して除去され、浄化された空気が吹出口から室内へ吹き出される。
空気清浄機から空気を吹き出す場合、室内に対する浄化空気の供給状態を良くするために、上部の吹出口に至る通風路の上側部分を後方に傾斜させることにより、斜め後方上向きに室内へ吹き出された空気が空気清浄機の背面に位置する室内の壁に当たり、天井を通ってから向かいの壁に当たって床面に戻ってくるように循環させる機種が開発されている(特許文献1参照)。
特開2011−47592号公報
上記のように通風路の上側部分を後方に傾斜させた空気清浄機では、傾斜した通風路の上側部分の前側に空きスペースが生じるが、従来、このスペースには、例えば制御用、表示用等の回路基板を配置していた。
本発明は、上述したような事情に鑑みてなされたものであり、浄化空気用の通風路の上側部分が後方に傾斜することによって前側に生じた空きスペースを有効活用し、外形サイズの大型化を避けながら、イオンによる空気清浄能力が付加された空気清浄機及び空気清浄機の使用方法を提供することを目的とする。
本発明に係る空気清浄機は、吸込口から吸い込んだ空気を上部の吹出口へ通風させる通風路と、該通風路を流れる空気を浄化する浄化装置とを備え、前記通風路は前記吹出口に繋がる上側部分が後方に傾斜している空気清浄機において、前記通風路の上側部分の前側に、イオンを発生させて外部に送風するイオン送風装置を備え、前記通風路内には、水槽と、該水槽内に収容される水に下部を浸漬させた吸水フィルタとが配してあり、前記イオン送風装置は、外部の空気を吸い込むイオン用吸込口と、イオンを含む空気を前方に吹き出すイオン用吹出口と、該イオン用吹出口とイオン用吸込口とを繋ぐイオン用通風路と、該イオン用通風路の途中に設けた送風機及びイオン発生器とを有しており、前記送風機は、ファンと、該ファンを回転させるモータとを有するクロスフローファンであって、前記モータは、前記水槽より前側に配置してあることを特徴とする。
本発明によれば、吸込口から吸い込まれた空気は、上部の吹出口に繋がる上側部分が後方に傾斜した通風路を流れるときに浄化され、浄化された空気は上部の吹出口から外部へ吹き出される。また後方に傾斜した上記通風路の上側部分の前側に備えたイオン送風装置がイオンを発生させ、外部に送風する。
オン送風装置は、イオン用吹出口とイオン用吸込口とを繋ぐイオン用通風路の途中に設けた送風機とイオン発生機を備えており、送風機の動作により外部の空気がイオン用吸込口から吸い込まれてイオン用通風路を流れるときにイオン発生器から発生したイオンが付加され、イオンを含む空気がイオン用吹出口から前方に吹き出される。その結果、上部の吹出口から吹き出される浄化空気とは別に、イオンを含む空気を前方側の室内等に供給することができる。イオン用通風路に設けた送風機は、層流状態の流れを発生するクロスフローファンであり、イオンの消滅等を抑制し、前方側の室内等に向けて効率よくイオンを供給することができる。重量の重いクロスフローファンのモータは、通風路内に設けた水槽より前側に配置してあり、前後方向の重量バランスを良好にできる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吸込口は前面側にあり、前記吸込口は後面側にあることを特徴とする。
本発明によれば、後面側の吸込口から吸い込まれた空気が浄化された後、上部の吹出口から外部に吹き出され、前面側のイオン用吸込口から吸い込まれた空気がイオンを付加された後、前面側のイオン用吹出口から前方に吹き出される。その結果、イオンは主として前面側で循環する空気によって前方に供給されるので、浄化空気の流れの影響を抑制して、イオンを含む空気を室内等に安定して供給することができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吸込口は、前記吸込口に対して上側にあることを特徴とする。
本発明によれば、吸込口に対して上側にあるイオン用吸込口は設置面からの高さが浄化空気用の吸込口より高く、設置面に近い吸込口と比べて吸い込まれる空気中の埃等の量が少ない。その結果、イオン用吸込口等に設ける防塵用のフィルタは通気抵抗が小さい簡易なフィルタを使用することができ、また埃等がイオン用吸込口からイオン用通風路に侵入してイオン発生器の動作不良を発生させる等の問題を抑制することができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吹出口は横長であり、前記イオン用通風路は、通風方向と直交する断面が横長であり、通風方向における一端が前記イオン用吹出口の流入側に繋がる風路部分を有しており、前記送風機は、回転軸の方向が前記風路部分の横長の断面の長手方向に沿うように該風路部分に配置されていることを特徴とする。
本発明によれば、通風方向における一端が横長のイオン用吹出口の流入側に繋がるイオン用通風路の風路部分に回転軸の方向が該風路部分の横長の断面の長手方向に沿うように送風機が配置してある。送風機はクロスフローファンであり、送風機の作動によりイオン用吸込口から吸い込まれた空気は、横長の断面の風路部分及び送風機のファン内部を層流状態で流れ、イオン発生器でイオンが付加された空気が横長のイオン用吹出口から前方に吹き出される。その結果、乱流によるイオンの消滅等を抑制し、前方側の室内等に向けて効率よくイオンを供給することができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吸込口は、上部が前記送風機の前側に位置し、下部が前記送風機よりも下側に位置しており、前記イオン用吸込口に、上部が前側に傾斜した防塵フィルタを備えていることを特徴とする。
本発明によれば、送風機との干渉を避けるためにイオン用吸込口の上部を送風機の前側に位置させ、イオン用吸込口の下部を送風機よりも下側に位置させることにより、イオン用吸込口の開口部を広くして吸込み風量を確保することができる。また、イオン用吸込口に備えた防塵フィルタに捕集される埃は、堆積量が多くなると上部が前側に傾斜している防塵フィルタから落下し易く、イオン用吸込口から内部への埃の侵入が抑制される。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吸込口は、下縁部の中央部が前面視で下側に凸状をなすことを特徴とする。
本発明によれば、イオン用吸込口は中央部での上下幅が端部側よりも広く、通気抵抗が小さくなるので、中央部での吸引量が端部側での吸引量に比べて多い状態で安定に吸引することができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン用吸込口の前方側を覆う前パネルを備え、該前パネルは、上下摺動可能又は上部側を支点とした前後揺動が可能であることを特徴とする。
本発明によれば、イオン用吸込口の前方側を覆う前パネルを上側に摺動させると、イオン用吸込口の下部が露出してイオン用吸込口に吸引される空気の通気抵抗が小さくなり、逆に前パネルを下側に摺動させると、イオン用吸込口の下部が露出せずイオン用吸込口に吸引される空気の通気抵抗が大きくなる。また、前パネルが上部側を支点として前側に揺動されると、前パネルとイオン用吸込口との間隙が大きくなるのでイオン用吸込口に吸引される空気の通気抵抗が小さくなり、前パネルが後側に揺動されると、前パネルとイオン用吸込口との間隙が小さくなるのでイオン用吸込口に吸引される空気の通気抵抗が大きくなる。その結果、イオン用吸込口の前方側を覆う前パネルを上下摺動又は前後揺動させることにより、イオン用吸込口に吸引される空気の吸引量を変化させてイオン用吹出口から吹き出されるイオンの供給量を調整することができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記水槽に水を補給する給水タンクを更に備え、前記送風機のモータは、正面視で前記給水タンクの反対側に配置してあることを特徴とする。
本発明によれば、給水タンクから水槽に水が補給され、下部が水槽内に収容される水に浸漬し、水槽内の水を吸水して加湿された吸水フィルタを浄化空気が通風して加湿されると共に、重量の重い送風機のモータと給水タンクとを正面視において反対側に配置することで左右方向の重量をバランスさせることができる。
本発明に係る空気清浄機は、前記イオン送風装置よりも下側の前面を覆うカバーを備え、該カバーは上部側ほど後方に傾斜した面を上部に有することを特徴とする。
本発明によれば、イオン送風装置よりも下側の前面を覆うカバーに当たった空気の一部は上部側ほど後方に傾斜した上部の面に沿って上方に誘導され、イオン送風装置のイオン用吸込口から効率よく吸引される。その結果、イオンが付加された空気がイオン用吹出口から前方に吹き出す量を多くすることができる。
本発明に係る空気清浄機は、底面に脚部又は車輪を備え、前記カバーは、下部側ほど後方に傾斜した面を下部に有することを特徴とする。
本発明によれば、イオン送風装置よりも下側の前面を覆うカバーに当たった空気の一部は下部側ほど後方に傾斜した下部の面に沿って下方に誘導され、底面と脚部又は車輪との間隙を通って背面側に回り、吸込口から効率よく吸引される。その結果、上部の吹出口から吹き出す浄化空気の吹出し量を多くすることができる。
本発明に係る空気清浄機の使用方法は、前記空気清浄機を前面側が異臭又は細菌の存在箇所に向くように設置することを特徴とする。
本発明によれば、空気清浄機内でイオンが付加されたイオンが空気清浄機から前方に吹き出されて異臭又は細菌の存在箇所に達し、異臭又は細菌を消滅させることができる。
本発明に係る空気清浄機によれば、浄化空気用の通風路の後方に傾斜した上側部分の前側にイオン送風装置を配置したので、イオン送風装置の前方への突出を抑制することができる。その結果、浄化空気用の通風路の上側部分が後方に傾斜することによって前側に生じた空きスペースを有効活用し、外形サイズの大型化を避け、また前後方向の重量バランスを良好にしながら、イオン送風装置によってイオンによる空気清浄能力が付加された空気清浄機が提供される。
本発明に係る空気清浄機の使用方法によれば、イオンを付加された空気の吹出口がある前面側が異臭又は細菌の存在箇所に向くように設置することにより、効率よく異臭又は細菌を消滅させることができる。
本発明に係る空気清浄機の前側の外観斜視図である。 図1に示す空気清浄機の後側の外観斜視図である。 図1に示す空気清浄機の正面図である。 図1に示す空気清浄機の背面図である。 図1に示す空気清浄機の側面図である。 図1に示す空気清浄機の平面図である。 図1に示す空気清浄機の側面断面図である。 図1に示す空気清浄機の正面断面図である。 図1に示す空気清浄機の一部を拡大した正面断面図である。 図1に示す空気清浄機の一部を拡大した側面断面図である。 本発明に係る空気清浄機による空気の流れを示す図である。 空気清浄機の使用方法を説明する図である。 本発明に係る空気清浄機の別実施形態を模式的に示す側面図である。 本発明に係る空気清浄機の別実施形態を模式的に示す側面図及び一部断面図である。
以下、本発明に係る空気清浄機の実施の形態を図面に基づいて説明する。図1は本発明に係る空気清浄機の前側の外観斜視図、図2は同空気清浄機の後側の外観斜視図、図3は同空気清浄機の正面図、図4は同空気清浄機の背面図、図5は同空気清浄機の側面図、図6は同空気清浄機の平面図、図7は同空気清浄機の側面断面図、図8は同空気清浄機の正面断面図、図9は同空気清浄機の一部を拡大した正面断面図、図10は図1に示す空気清浄機の一部を拡大した側面断面図である。
本発明に係る空気清浄機は、矩形状の箱体を垂直に立てたような外形のハウジング1を備え、ハウジング1の内部は隔壁11によって前後に仕切られている(図7)。隔壁11は上側の略半分が後方に傾斜している。
隔壁11の後側に、浄化用の各種フィルタを収納するフィルタ収納部1aが形成されている。フィルタ収納部1aは、ハウジング1の後面側に開口し、直方体状に窪んだ空間であり、フィルタ収納部1aには、後側より順に、脱臭フィルタ7a及び集塵フィルタ7bが重ね合わされた状態で収納されている。
脱臭フィルタ7aは、空気中の臭い成分であるアセトアルデヒドやアンモニアや酢酸等を吸着する機能を有し、長方形をなす枠体にポリエステル製の不織布を取り付け、その上に活性炭を均一に分散配置し、その上からポリエステル製の不織布を被せた構造である。
集塵フィルタ7bは、微細な塵埃を捕集する機能を有し、いわゆるHEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルタで構成してある。該HEPAフィルタは、ポリエステル/ビニロン系不織布からなる骨材に電石加工したメルトブロー不織布を合わせて濾材とし、これを折り畳み、その上下面にハイドロキシアパタイト加工した不織布からなる抗菌シートを重ねて熱圧着し、ホットメルト付き不織布からなる枠を溶着した構造である。
フィルタ収納部1aの開口を覆う着脱可能な後パネル2が備えられている。脱臭フィルタ7a及び集塵フィルタ7bは、後パネル2によってフィルタ収納部1aからの脱落が防止される。後パネル2は概ね矩形の板状をなし、マトリックス状に複数の小孔からなる吸込口2aが形成され、裏面にはメッシュ状の繊維シートが貼り付けてある。
集塵フィルタ7bの前側に、加湿フィルタユニット3及び水槽4が配されている。水槽4はハウジング1の底板上に載置され、水槽4に支持される加湿フィルタユニット3と共に、ハウジング1の一側部から外部に引き出すことが可能である。水槽4の引き出し側の端部には、タンク受け40が連設され、タンク受け40上には、給水栓(不図示)を下向きとした給水タンク41が着脱される。給水タンク41から水が適時供給され、水槽4の水位Lは一定に維持される(図9)。
加湿フィルタユニット3は、吸水性及び通気性を有し、ジグザグに折り畳まれた円盤状の吸水フィルタ31及び吸水フィルタ31を収納保持する円環状の保持枠30からなる。吸水フィルタ31は適宜の厚さを有するフィルタ素材を打ち抜いて作製される。保持枠30は合成樹脂製である。
次に加湿フィルタユニット3の回転支持構造について説明する。保持枠30の外周面には、幅方向の中央部に全周に亘って歯が形成されたリングギア32が設けてある。水槽4の内部には、軸心が水槽4の幅方向に沿った2つの支持ローラ6,6が水槽4の長手方向に振り分け配置されている。各支持ローラ6は、長さ方向中央の小径部の両側に斜め外向きに立ち上がる転接面6a,6aを有する鼓形ローラであり、水槽4の幅方向の両側壁44,44間に保持された保持ブラケット60に回転自在に支持されている。
保持ブラケット60は、水槽4の底板の両端部に垂直に立ち上がる側板を備えた断面がコの字形の部材である。支持ローラ6は、両端面の中央部に設けた凹部61,61を保持ブラケット60の両側板に設けた凸部62,62に係合させて保持されている。保持ブラケット60は、水槽4の幅方向の両側壁44,44の内面に両側板を当てた状態で嵌め込まれている。
各支持ローラ6は転接面6a,6aをリングギア32の両側面に転接させることにより、加湿フィルタユニット3の保持枠30を下部から支えると共に、水槽4の幅方向の位置決めをする。加湿フィルタユニット3は下部を水槽4の内部に差し込み、垂直に立ち上がる姿勢で支持されている。
保持枠30のリングギア32は保持枠30の上方に配した駆動ユニット5の駆動歯車51に噛合されている。駆動ユニット5は基台50の一面に駆動歯車51及び駆動歯車51と噛合する伝動歯車52を備え、基台50の他面に駆動モータ53を備え、駆動モータ53の出力軸が伝動歯車52に連結されている。基台50は貫通する固定ネジ54,54によりハウジング1内の適宜位置に固定されている。
吸水フィルタ31には、保持枠30の内側に侵入した水によって浸水する浸水部31a及び浸水しない非浸水部31bが周方向に離隔して設けてある。非浸水部31bは吸水フィルタ31の外周部の一部に設けられ、浸水部31aは吸水フィルタ31の外周部の残りに設けられている。加湿フィルタユニット3が回転駆動されていない場合、吸水フィルタ31は自重で回転し、非浸水部31bの周方向中央部が鉛直方向の最下部に位置する状態となる。
非浸水部31bの周方向中央部が鉛直方向の最下部に位置した場合、吸水フィルタ31は非浸水状態となり、水槽4内の水を吸水しないため、吸水フィルタ31は乾燥し、吸水フィルタ31を通過する空気の加湿が抑制される。吸水フィルタ31が周方向へ回転して、非浸水部31bの周方向中央部が鉛直方向の最下部から外れた場合、吸水フィルタ31は浸水状態となり、水槽4内の水を吸水し、吸水フィルタ31を通過する空気が加湿される。
隔壁11の前面側に風路カバー12が取り付けられている。風路カバー12は、下側の円筒部12aと、円筒部12aの外周部に下端が連なる扁平状の上側の角筒部12b(但し、隔壁11側が開口している)とからなる。円筒部12aは、隔壁11の下側部分と略平行な円形の底壁部12a1と、底壁部12a1の縁部全周と隔壁11とを接続する側壁部12a2とを有している。角筒部12bは、隔壁11の上側部分と略平行に対向した状態で後方に傾斜した壁部12b1と、該壁部12b1の縁部全周と隔壁11とを接続する側壁部12b2とを有している。
加湿フィルタユニット3の前側に、隔壁11を隔てて送風機8が配置され、隔壁11の下部には送風機8に通じる複数の通気孔11aが形成されている。送風機8はファン81及び該ファン81を回転駆動するファンモータ82を備え、風路カバー12の底壁部12a1にファンモータ82が固定されている。ファン81はターボファンであるが、その他、プロペラファンやクロスフローファンを採用してもよい。ファンモータ82は駆動制御の容易性を重視して直流モータを用いている。
送風機8の上方側に位置し、隔壁11と風路カバー12の角筒部12bとで囲まれた空間が吹出風路13に形成されている。ハウジング1の上面は、後側部分が前側部分より低くなるように傾斜し、この傾斜した後側部分に、吹出風路13に連通した上向き開口の吹出口15が設けてある。吹出口15には風向板15aが設けてある。風向板15aは吹き出し空気の方向を斜め後方側から上方側の所定範囲で変更することが可能である。
送風機8のファンモータ82の駆動によりファン81が回転し、後パネル2の吸込口2aから外部の空気(室内の空気)が吸い込まれ、吸い込まれた空気は、脱臭フィルタ7a及び集塵フィルタ7bを通過する際の臭いや塵埃のない空気に浄化される。浄化された空気は、吸水フィルタ31で加湿され、又は加湿をされずに、隔壁11の通気孔11aからファン81の中心部に吸い込まれる。ファン81の中心部に吸い込まれた空気は、ファンブレード同士の間を通りファン81の外周から吐き出され、吹出風路13を流れて上方に導かれて吹出口15から室内に吹き出される。
以上より、フィルタ収納部1a及び吹出風路13によって、吸込口2aから吸い込まれ、浄化された空気を上部の吹出口15へ通風させる通風路が構成される。また、脱臭フィルタ7a及び集塵フィルタ7bによって、上記通風路を流れる空気を浄化する浄化装置が構成される。
後方に傾斜した風路カバー12の角筒部12bの前側には、ハウジング1の前面に開口した吸込口18から横断面視で略「くの字」状に湾曲して上向きに伸び、ハウジング1の前面上部に設けた吹出口17に至る通風路20が設けてある。通風路20は、後壁20aと、前壁20bと、後壁20a及び前壁20bの両側の縁部を結ぶ側壁20cとで囲まれた空間である。
吹出口17は横長の開口を有し、複数の縦向きの風向板17a及び横向きの風向板17bを備えている。縦向きの風向板17aは前方に吹き出す空気の流れを横方向に広げるように吹出口17の両端側で外向きの角度とされている。横向きの風向板17bは前方側に吹き出す空気の流れを略水平状態にするためのものである。
通風路20の吹出口17に近い箇所に、ファン21cを取り付けた回転軸21bが横向きに配置されたクロスフローファン21が設けてある。回転軸21bは通風路20の両側の側壁20cに回転自在に支持されている。クロスフローファン21の駆動用のモータ21aは通風路20の外に設置され、モータ21aの出力軸が回転軸21bと同軸に配置されている。モータ21aは前後方向で水槽4より前側に位置している。また、モータ21aは正面視で左側に位置し、正面視で右側に位置する給水タンク41の反対側に配置されている(図7及び図8)。
吸込口18は横方向が吹出口17と同幅で縦方向の幅が吹出口17より広く、正面視で下縁部の中央部が下側に凸状をなす矩形状の開口を有する。吸込口18は上部がクロスフローファン21の前側に位置し、下部がクロスフローファン21より下側に位置し、前側に傾斜している。また吸込口18は、後パネル2に設けた吸込口2aに対して上側にある。具体的には、吸込口18の上端部は最上部位置の吸込口2aよりも高い位置にあり、吸込口18の下端部は、最上部位置の吸込口2aより低いがハウジング1の高さの略半分よりも上側の位置にあり、最下部位置の吸込口2aよりは高い位置にある。
吸込口18には防塵フィルタ19が縦姿勢に装着され、防塵フィルタ19はクロスフローファン21と接触しないように上部が下部に対して前側に傾斜している。吸込口18及び防塵フィルタ19の前方側を覆うように、前パネル23がハウジング1に固定されて垂下されている。前パネル23は吸込口18の形状に合わせて正面視で下縁部の中央部が下側に凸状をなし、又、中央部が前側に突き出るように左右方向に湾曲している。
通風路20のクロスフローファン21と吹出口17との間の壁面に、正負のイオンを発生させるイオン発生器22が配設されている。イオン発生器22には、針状の放電電極(不図示)が風路内に露出するように設けられ、放電電極に給電部(不図示)から交流波形またはインパルス波形の電圧を供給することによって放電電極がイオンを発生する。
クロスフローファン21のモータ21a及びイオン発生器22が駆動されると、クロスフローファン21によって吹出口17から吸い込まれた空気に、イオン発生器22により発生したイオンが付加され、イオンを含む空気が吹出口17より前方側に吹き出される。
放電電極の印加電圧が正電圧の場合はイオンが空気中の水分と結合して主としてH+ (H2 O)m から成るプラスイオンを発生する。放電電極の印加電圧が負電圧の場合はイオンが空気中の水分と結合して主としてO2 -(H2 O)n から成るマイナスイオンを発生する。ここで、m、nは任意の自然数である。H+ (H2 O)m 及びO2 -(H2 O)n は空気中の浮遊菌や臭い成分の表面で凝集してこれらを取り囲む。
そして、式(1)〜(3)に示すように、衝突により活性種である[・OH](水酸基ラジカル)やH22(過酸化水素)を微生物等の表面上で凝集生成して浮遊菌や臭い成分を破壊する。ここで、m’、n’は任意の自然数である。従って、プラスイオン及びマイナスイオンを発生して吹出口から吐出することにより使用者の近傍の殺菌及び臭い除去を行うことができる。
+ (H2 O)m +O2 -(H2 O)n →・OH+1/2O2 +(m+n)H2 O ・・・(1)
+ (H2 O)m +H+ (H2 O)m ’+O2 -(H2 O)n +O2 -(H2 O)n
→2・OH+O2 +(m+m'+n+n')H2 O・・・(2)
+ (H2 O)m +H+ (H2 O)m ’+O2 -(H2 O)n +O2 -(H2 O)n
→H22+O2 +(m+m'+n+n')H2 O・・・(3)
尚、本実施形態ではイオン発生器22によってプラスイオン及びマイナスイオンを発生しているが、マイナスイオンのみを発生してもよい。
ハウジング1は、風路カバー12の前側を覆う前カバー16を前面下部に備えている。前カバー16は上部に上部側ほど後方に緩やかに傾斜した上傾斜面16aを有する。前カバー16は下端部に横方向に伸びる凹溝部16cを有し、凹溝部16cの底部は開口している。凹溝部16cの上側斜面が下部側ほど後方に急傾斜した下傾斜面16bを形成している。
ハウジング1の底面には、ロック機構付きの複数の車輪9が取り付けてある。これにより、車輪9のロック機構を解除して空気清浄機を室内の適所に移動させた後、ロック機構を作動させて空気清浄機を床上で移動しない状態で設置することができる。
次に以上の如き構成の空気清浄機による空気の流れについて説明する。図11は本発明に係る空気清浄機による空気の流れを示す図である。空気清浄機は壁W際の床面Fに設置してある。上面の吹出口15から斜め後方上向きに吹き出された清浄空気は背側の壁W、天井及び向かい側の壁(不図示)を経て室内を循環した後、空気清浄機の前面側に戻り、前カバー16に当たる。前カバー16の上側部分に当たった空気は上傾斜面16aに沿って流れ、前パネル23と上傾斜面16aとの間隙を通ってイオン用の吸込口18に吸引される。吸込口18に吸引された空気は防塵フィルタ19にて埃が除去され、通風路20を流れるときにイオンを付加され、吹出口17から前方側に吹き出される。尚、吹出口17から前方側に吹き出された空気も循環して空気清浄機の前面側に戻る。
一方、前カバー16の下側部分に当たった空気は凹溝部16cに入って下傾斜面16bに沿って流れ、さらに底面と床面Fとの間を流れて背面側に達し、吸込口2aに吸引される。吸込口2aに吸引された空気は脱臭フィルタ7a、集塵フィルタ7b及び加湿フィルタユニット3を通過して浄化及び加湿され(又は加湿されず)、上面の吹出口15から吹き出される。以下、このような空気の循環を繰り返す。
次に空気清浄機の上記と異なる使用形態について説明する。図12は空気清浄機の使用方法を説明する図である。本使用形態では、空気清浄機は壁際ではなく、LDKタイプの部屋のリビングとダイニングキッチンとの境界付近の床面Fに、イオン用の吹出口17及び吸込口18をダイニングキッチン側に向け、後パネル2をリビング側に向けて設置してある。ダイニングキッチンはリビングよりも臭気や細菌が発生し易いので、ダイニングキッチン側に向けてイオンを集中的に放出することにより、臭気や細菌の発生を抑制することができ、同時に、リビングに対しては浄化空気を供給することができる。結果的に、浄化空気供給用の空気清浄機とイオン供給用の空気清浄機との2台の空気清浄機の機能が1台の空気清浄機で実現できる。
前述の実施の形態では、空気浄化用通風路に、脱臭フィルタ7a、集塵フィルタ7b及び加湿フィルタユニット3を備える空気清浄機について説明したが、これらに限るものではない。例えば、脱臭フィルタ7a及び集塵フィルタ7bを備え、加湿フィルタユニット3を備えていない空気清浄機でもよい。
前述の実施の形態では、前パネル23がハウジング1に固定されているが、前パネルがハウジング1に上下摺動可能又は上部側を支点とした前後揺動可能に支持される構成でもよい。図13及び図14は本発明に係る空気清浄機の別実施形態を模式的に示す側面図及び一部断面図である。尚、図14のBはAのB−B線における断面を示す。
図13は前後揺動可能な前パネル23Aの例を示し、前パネル23Aの上端部23A1がハウジング1に固定された軸部23A2に外嵌され回転自在に支持されている。前パネル23Aが上端部23A1を支点として前側に揺動されると、前パネル23Aと吸込口18との間隙が大きくなるので吸込口18に吸引される空気の通気抵抗が小さくなり、前パネル23Aが後側に揺動されると、前パネル23Aと吸込口18との間隙が小さくなるので吸込口18に吸引される空気の通気抵抗が大きくなる。図14は上下摺動可能な前パネル23Bの例を示し、前パネル23Bの上部23B1がハウジング1に固定されたレール23B2に外嵌され上下に摺動自在に支持されている。前パネル23Bを上側に摺動させると、吸込口18の下部が露出して吸込口18に吸引される空気の通気抵抗が小さくなり、前パネル23Bを下側に摺動させると、吸込口18の下部が露出せず吸込口18に吸引される空気の通気抵抗が大きくなる。
前述の実施の形態では、ハウジング1の底面に車輪9を取り付けたが、車輪の代わりに脚部を取り付けてもよい。
本発明において、発生させるイオンは帯電微粒子水も含むものとする。この時、イオン発生器は静電霧化装置から成り、静電霧化装置によってラジカル成分を含む帯電微粒子水が生成される。即ち、静電霧化装置に設けた放電電極をペルチェ素子により冷却することで放電電極の表面に結露水が生じる。次に、放電電極にマイナスの高電圧を印加すると、結露水から帯電微粒子水が生成される。また、放電電極からは帯電微粒子水とともに空気中に放出されるマイナスイオンも発生する。
なお、今回開示した実施の形態は、全ての点で例示であって、制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は、特許請求の範囲内での全ての変更及び特許請求の範囲と均等の範囲が含まれることが意図される。
1a フィルタ収納部(通風路)
2a 吸込口
31 吸水フィルタ
4 水槽
41 給水タンク
7a 脱臭フィルタ(浄化装置)
7b 集塵フィルタ(浄化装置)
9 車輪
13 吹出風路(通風路)
15 吹出口
16 前カバー(カバー)
17 吹出口(イオン用吹出口、イオン送風装置)
18 吸込口(イオン用吸込口、イオン送風装置)
19 防塵フィルタ
20 通風路(イオン用通風路、イオン送風装置)
21 クロスフローファン(送風機、イオン送風装置)
21a モータ
21c ファン
22 イオン発生器(イオン送風装置)
23 前パネル
23A 前パネル
23A1 上端部(支点)
23B 前パネル

Claims (11)

  1. 吸込口から吸い込んだ空気を上部の吹出口へ通風させる通風路と、該通風路を流れる空気を浄化する浄化装置とを備え、前記通風路は前記吹出口に繋がる上側部分が後方に傾斜している空気清浄機において、
    前記通風路の上側部分の前側に、イオンを発生させて外部に送風するイオン送風装置を備え
    前記通風路内には、水槽と、該水槽内に収容される水に下部を浸漬させた吸水フィルタとが配してあり、
    前記イオン送風装置は、外部の空気を吸い込むイオン用吸込口と、イオンを含む空気を前方に吹き出すイオン用吹出口と、該イオン用吹出口とイオン用吸込口とを繋ぐイオン用通風路と、該イオン用通風路の途中に設けた送風機及びイオン発生器とを有しており、
    前記送風機は、ファンと、該ファンを回転させるモータとを有するクロスフローファンであって、
    前記モータは、前記水槽より前側に配置してあることを特徴とする空気清浄機。
  2. 前記イオン用吸込口は前面側にあり、前記吸込口は後面側にあることを特徴とする請求項に記載の空気清浄機。
  3. 前記イオン用吸込口は、前記吸込口に対して上側にあることを特徴とする請求項又はに記載の空気清浄機。
  4. 前記イオン用吹出口は横長であり、
    前記イオン用通風路は、通風方向と直交する断面が横長であり、通風方向における一端が前記イオン用吹出口の流入側に繋がる風路部分を有しており、
    前記送風機は、回転軸の方向が前記風路部分の横長の断面の長手方向に沿うように該風路部分に配置されていることを特徴とする請求項からの何れか1項に記載の空気清浄機。
  5. 前記イオン用吸込口は、上部が前記送風機の前側に位置し、下部が前記送風機よりも下側に位置しており、
    前記イオン用吸込口に、上部が前側に傾斜した防塵フィルタを備えていることを特徴とする請求項に記載の空気清浄機。
  6. 前記イオン用吸込口は、下縁部の中央部が前面視で下側に凸状をなすことを特徴とする請求項に記載の空気清浄機。
  7. 前記イオン用吸込口の前方側を覆う前パネルを備え、該前パネルは、上下摺動可能又は上部側を支点とした前後揺動が可能であることを特徴とする請求項又はに記載の空気清浄機。
  8. 前記水槽に水を補給する給水タンクを更に備え、
    前記送風機のモータは、正面視で前記給水タンクの反対側に配置してあることを特徴とする請求項からの何れか1項に記載の空気清浄機。
  9. 前記イオン送風装置よりも下側の前面を覆うカバーを備え、該カバーは上部側ほど後方に傾斜した面を上部に有することを特徴とする請求項からの何れか1項に記載の空気清浄機。
  10. 底面に脚部又は車輪を備え、
    前記カバーは、下部側ほど後方に傾斜した面を下部に有することを特徴とする請求項に記載の空気清浄機。
  11. 請求項から10の何れか1項に記載の空気清浄機の使用方法であって、前面側が異臭又は細菌の存在箇所に向くように設置することを特徴とする空気清浄機の使用方法。
JP2011211296A 2011-09-27 2011-09-27 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法 Active JP5808996B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011211296A JP5808996B2 (ja) 2011-09-27 2011-09-27 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011211296A JP5808996B2 (ja) 2011-09-27 2011-09-27 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法
PCT/JP2012/072677 WO2013047133A2 (ja) 2011-09-27 2012-09-06 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法
CN201280040903.1A CN103747809B (zh) 2011-09-27 2012-09-06 空气清洁器和空气清洁器的使用方法

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015172632A Division JP2016013455A (ja) 2015-09-02 2015-09-02 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013070793A JP2013070793A (ja) 2013-04-22
JP5808996B2 true JP5808996B2 (ja) 2015-11-10

Family

ID=47996562

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011211296A Active JP5808996B2 (ja) 2011-09-27 2011-09-27 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP5808996B2 (ja)
CN (1) CN103747809B (ja)
WO (1) WO2013047133A2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016013455A (ja) * 2015-09-02 2016-01-28 シャープ株式会社 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6076858B2 (ja) 2013-08-23 2017-02-08 シャープ株式会社 空気清浄機
CN105492836B (zh) * 2014-01-23 2018-05-01 夏普株式会社 空气调节机
WO2016080094A1 (ja) * 2014-11-21 2016-05-26 三菱電機株式会社 空気清浄機
JP6567322B2 (ja) * 2015-05-19 2019-08-28 象印マホービン株式会社 空気調和機
US9943794B2 (en) * 2016-02-26 2018-04-17 Lg Electronics Inc. Air cleaner

Family Cites Families (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04322712A (en) * 1991-04-19 1992-11-12 Hitachi Ltd Air cleaner
JP3480512B2 (ja) * 1994-06-01 2003-12-22 日本サーボ株式会社 小形空気清浄機
JPH11197541A (ja) * 1998-01-16 1999-07-27 Ricoh Elemex Corp 空気清浄装置
JP2001079072A (ja) * 1999-01-29 2001-03-27 Denso Corp 空気清浄器
JP3521813B2 (ja) * 1999-08-20 2004-04-26 ダイキン工業株式会社 空気調和機
JP2003205000A (ja) * 2002-01-16 2003-07-22 Matsumoto Giken Kk 排便介護用臭気吸引浄化装置
JP3975839B2 (ja) * 2002-06-17 2007-09-12 松下電器産業株式会社 空気清浄機
JP2004084996A (ja) * 2002-08-23 2004-03-18 Hitachi Home & Life Solutions Inc 空気調和機
JP2004116839A (ja) * 2002-09-25 2004-04-15 Fuji Iryoki:Kk マイナスイオン発生装置
JP4402342B2 (ja) * 2002-10-17 2010-01-20 九州日立マクセル株式会社 マイナスイオン発生装置
JP4884000B2 (ja) * 2005-12-15 2012-02-22 三洋電機株式会社 空気除菌装置
ES2319478B1 (es) * 2006-05-12 2010-01-25 Bsh Electrodomesticos España, S.A. Aparato para la limpieza y la climatizacion de aire.
CN201012627Y (zh) * 2007-03-07 2008-01-30 浙江大学 一种车载空气净化器
CN101269228A (zh) * 2007-03-23 2008-09-24 孟昭俊 机车车厢专用高效空气净化器
JP2009072735A (ja) * 2007-09-24 2009-04-09 Sharp Corp 送風装置
JP2009214025A (ja) * 2008-03-11 2009-09-24 Panasonic Corp 空気清浄機
KR20100007262A (ko) * 2008-07-11 2010-01-22 삼성전자주식회사 공기청정기
JP5150412B2 (ja) * 2008-08-28 2013-02-20 シャープ株式会社 イオン拡散装置
RU2407548C2 (ru) * 2009-01-21 2010-12-27 Вячеслав Данилович Ковалев Устройство для создания стерильной среды
JP2011036526A (ja) * 2009-08-17 2011-02-24 Panasonic Corp 送風装置
JP2011094928A (ja) * 2009-10-30 2011-05-12 Sharp Corp 加湿機付きイオン発生機
JP4995285B2 (ja) * 2010-01-06 2012-08-08 シャープ株式会社 サーキュレータ、微小粒子拡散装置及び空気循環方法
JP4866468B2 (ja) * 2010-02-01 2012-02-01 シャープ株式会社 送風ファン及びそれを用いたサーキュレータ、微小粒子拡散装置
JP5674326B2 (ja) * 2010-02-26 2015-02-25 三菱電機株式会社 空気清浄機
JP5515863B2 (ja) * 2010-03-04 2014-06-11 パナソニック株式会社 空気清浄装置および加湿機能付き空気清浄装置
JP4788835B2 (ja) * 2010-08-25 2011-10-05 パナソニック電工株式会社 イオンミストによる髪の保湿方法及び髪の保湿装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016013455A (ja) * 2015-09-02 2016-01-28 シャープ株式会社 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法

Also Published As

Publication number Publication date
WO2013047133A3 (ja) 2013-05-30
JP2013070793A (ja) 2013-04-22
CN103747809B (zh) 2016-04-27
CN103747809A (zh) 2014-04-23
WO2013047133A2 (ja) 2013-04-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5836549B2 (ja) 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法
JP5808996B2 (ja) 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法
JP5800652B2 (ja) 空気清浄機
JP5645788B2 (ja) 空気清浄機
JP5953196B2 (ja) 加湿装置
JP2016137488A (ja) 送風装置
JP4533411B2 (ja) 空気調和機
JP6225225B2 (ja) 空気調和機
WO2015049915A1 (ja) 空気調和機
JP5980637B2 (ja) 空気調和機
JP2007296524A (ja) 空気調和機
JP2011047592A (ja) 送風装置及び空気清浄機
JP5785635B2 (ja) 加湿装置及び空気清浄機
JP6699963B2 (ja) 加湿機
JP5832214B2 (ja) 加湿装置
JP2011122788A (ja) 加湿装置及び空気清浄機
JP6105899B2 (ja) 加湿装置
JP2016013455A (ja) 空気清浄機及び空気清浄機の使用方法
JP6081639B2 (ja) 加湿装置
JP5398496B2 (ja) 加湿装置
WO2013047132A2 (ja) 空気清浄機
JP2013078718A (ja) 送風装置
JP2013070791A (ja) 空気清浄機
JP6137799B2 (ja) 送風装置
WO2014162799A1 (ja) 加湿装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140319

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150310

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150427

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150811

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150910

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5808996

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150