JP5789922B2 - 水処理方法及び超純水製造方法 - Google Patents

水処理方法及び超純水製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5789922B2
JP5789922B2 JP2010152324A JP2010152324A JP5789922B2 JP 5789922 B2 JP5789922 B2 JP 5789922B2 JP 2010152324 A JP2010152324 A JP 2010152324A JP 2010152324 A JP2010152324 A JP 2010152324A JP 5789922 B2 JP5789922 B2 JP 5789922B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
urea
treatment
biological
biological treatment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010152324A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012011356A (ja
Inventor
新井 伸説
伸説 新井
育野 望
望 育野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kurita Water Industries Ltd
Original Assignee
Kurita Water Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kurita Water Industries Ltd filed Critical Kurita Water Industries Ltd
Priority to JP2010152324A priority Critical patent/JP5789922B2/ja
Priority claimed from CN201180012482.7A external-priority patent/CN102781849B/zh
Publication of JP2012011356A publication Critical patent/JP2012011356A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5789922B2 publication Critical patent/JP5789922B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Description

本発明は、原水の水処理方法及びこの水処理方法で処理した処理水を用いた超純水製造方法に関し、特に原水中の尿素を高度に除去することができる水処理方法及びこの水処理方法で処理した処理水を用いた超純水製造方法に関する。
従来、市水、地下水、工水等の原水から超純水を製造する超純水製造装置は、基本的に、前処理装置、一次純水製造装置及び二次純水製造装置から構成される。このうち、前処理装置は、凝集、浮上、濾過装置で構成される。一次純水製造装置は、例えば、2基の逆浸透膜分離装置及び混床式イオン交換装置、あるいはイオン交換純水装置及び逆浸透膜分離装置で構成される。また、二次純水製造装置は、例えば、低圧紫外線酸化装置、混床式イオン交換装置及び限外濾過膜分離装置で構成される。
このような超純水製造装置においては、その純度の向上への要求が高まってきており、これに伴いTOC成分の除去が求められている。超純水中のTOC成分のうち、特に尿素はその除去が困難であり、TOC成分を低減すればするほど尿素の除去がTOC成分の含有率に与える影響が大きい。そこで、超純水製造装置に供給される水中から尿素を除去することにより、超純水中のTOCを十分に低減することが特許文献1〜3に記載されている。
特許文献1には、前処理装置に生物処理装置を組み込み、この生物処理装置で尿素を分解することが開示されている。また、特許文献2には、前処理装置に生物処理装置を組み込み、被処理水(工業用水)と半導体洗浄回収水との混合水を通水する。この半導体洗浄回収水中に含有される有機物が生物処理反応の炭素源となり、尿素の分解速度を向上させることが開示されている。なお、この半導体洗浄回収水中にはアンモニウムイオン(NH )が多量に含有されている場合があり、これが尿素と同様に窒素源となり、尿素の分解を阻害することがある。さらに、特許文献3には、特許文献2の上記問題点を解決するために、被処理水(工業用水)と半導体洗浄回収水とを別々に生物処理した後に混合し、一次純水製造装置及び二次純水製造装置に通水することが記載されている。
特開平6−63592号公報 特開平6−233997号公報 特開平7−313994号公報
しかしながら、特許文献2に記載の水処理方法のように、被処理水に炭素源を添加すると、生物処理装置の尿素分解除去効率は向上するものの、生物処理装置内の菌体の増殖量が増加し、当該生物処理装置からの菌体の流出量が増加する、という問題点がある。
また、特許文献2に記載の水処理方法では、炭素源としてアンモニウムイオンの含有量の多い半導体洗浄回収水を用いると、アンモニウムイオンが尿素の分解を阻害する、という問題点がある。
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、原水中のTOC、特に尿素を高度に分解することができる水処理方法を提供することを目的とする。また、本発明は、この水処理方法を利用した超純水製造方法を提供することを目的とする。
上記課題を解決するために、第一に本発明は、有機物を含有する原水に水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加する酸化処理工程と、前記生物処理工程とを有する水処理方法において、生物処理工程の給水に易生分解性の有機物、及び/又はアンモニア性の窒素源を添加することを特徴とする水処理方法を提供する(発明1)。
尿素の除去にはBOD資化細菌又は硝化細菌が関与している。そこで、原水に水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加して原水中の尿素の一部を酸化分解する一方、生物処理工程の給水に易生分解性の有機物を添加することにより、炭素源として有機物を用いる従属栄養細菌であるBOD資化細菌の活性・増殖が高まり、有機物を分解、資化する際に一定比率(一般的にはBOD:N:P=100:5:1)で必要となる窒素源(N源)として尿素を摂取・分解することにより尿素の除去性能が高まると考えられる。
また、原水に水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加して原水中の尿素の一部を酸化分解した後、生物処理工程の給水にアンモニア性の窒素源を添加することにより、炭素源として無機炭素(二酸化炭素、重炭酸、炭酸)を用いる独立栄養細菌、いわゆる硝化細菌の活性・増殖が高まり、アンモニア→亜硝酸→硝酸の酸化過程において、尿素(NHCOが分解することにより、アンモニア性窒素と無機炭素との両方が摂取できるため、尿素の除去性能が高まると考えられる。
上記発明(発明1)においては、前記酸化処理工程を前記生物処理工程の前に行うのが好ましい(発明2)。かかる発明(発明2)によれば、まず酸化処理工程により、原水中の尿素を粗除去した後、生物処理工程にて残留分の尿素の除去を行うことで、尿素などの難分解性の有機物を効率よく分解・除去することができる。
上記発明(発明1,2)においては、前記生物処理を生物担持担体を有する生物処理手段により行うのが好ましい(発明3)。また、上記発明(発明3)においては、前記生物担持担体が活性炭であるのが好ましい(発明4)。かかる発明(発明3,4)によれば、生物処理手段が生物担持担体を用いた生物膜法であるため、流動床の場合よりも生物処理手段からの菌体の流出を抑制することができ、処理の効果が高く、かつその効果を長期間維持することができる。
上記発明(発明1〜4)においは、前記生物処理の後段においてさらに還元処理を行うのが好ましい(発明5)。
酸化処理工程においては、塩素系の酸化剤(次亜塩素酸など)などを用いることが多いが、これらはアンモニア性の窒素源と反応し結合塩素化合物を形成することがある。結合塩素は遊離塩素と比較して酸化力は低いが、後段の処理において処理部材の酸化劣化を引き起こす可能性があるので、還元処理することにより、この結合塩素化合物を無害化することができる。
また、第二に本発明は、上記発明(発明1〜5)に係る水処理方法で得られた処理水を一次純水装置及び二次純水装置で処理して超純水を製造することを特徴とする超純水製造方法を提供する(発明6)。
上記発明(発明6)によれば、一次純水装置及び二次純水装置の前段の生物処理(水処理)において、尿素が十分に分解除去されているため、高純度の超純水を効率よく製造することができる。
本発明の水処理方法によれば、原水に水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加して原水中の尿素を粗除去した後、生物処理工程の給水に易生分解性の有機物を添加することにより、有機物を分解、資化する際に必要となる窒素源(N源)として残存する尿素を摂取・分解することにより、残存する尿素の除去性能を高めることができる。また、アンモニア性の窒素源を添加することにより、炭素源として無機炭素(二酸化炭素、重炭酸、炭酸)を用いる独立栄養細菌、いわゆる硝化細菌の活性・増殖が高まり、尿素(NHCOが分解することにより、アンモニア性窒素と無機炭素との両方が摂取できるため、残存する尿素の除去性能を高めることができる。
本発明の一実施形態に係る水処理方法を実施する処理装置を示す系統図である。 上記実施形態に係る水処理方法を利用した超純水製造方法を実施する超純水製造装置を示す系統図である。 実施例1、2及び比較例1の尿素除去効果を示すグラフである。
以下、添付図面を参照して本発明の実施形態について説明する。図1は、本発明の一実施形態に係る水処理方法を実施する処理装置を示す概略図である。
図1において、1は図示しない原水貯槽から供給される原水Wの前処理システムであり、この前処理システム1で処理された原水Wは、熱交換器2で所定の温度に調整された後、酸化反応槽3に供給される。この酸化反応槽3は、単槽、又は2槽以上の複槽構造となっていて、水溶性臭化物塩及び酸化剤を供給する第一の供給機構4が付設されている。酸化反応槽3は生物処理手段5に連通していて、さらに生物処理手段5は、菌体分離装置6に連続しており、これらの各種装置で処理された後、処理水W1として一次純水装置に供給される。上述したような処理装置において、酸化反応槽3の後段には、還元剤を供給する第二の供給機構7が設けられている。また、生物処理手段5には、易分解性有機物又はアンモニア性の窒素源を供給する第三の供給機構8が付設されていて、生物処理手段5の給水にこれらを供給可能となっている。さらに、生物処理手段5の後段には還元剤及びスライムコントロール剤を供給する第四の供給機構9が設けられている。なお、10は配管である。
上述したような構成の処理装置において処理対象となる原水Wは、有機物を含むものであり、地下水、河川水、市水、その他の工業用水、半導体製造工程からの回収水等を用いることができる。この原水(処理対象水)W中の有機物中に尿素が含まれ、該原水W中の尿素濃度は、5〜200μg/L、特に5〜100μg/L程度であるのが好適である。
また、前処理システム1としては、超純水の製造工程における一般的な前処理システム又はこれと同様の処理が好適である。具体的には、凝集・加圧浮上・濾過等からなる処理システムを用いることができる。なお、原水Wとして市水を用いる場合など、濁質成分が少ない場合には、この前処理システム1は設けなくても良い。
第一の供給機構4から酸化反応槽3に添加される水溶性臭化物塩としては、例えば、臭化ナトリウムなどの臭化アルカリを用いることができる。また、酸化剤としては、次亜塩素酸ナトリウム、二酸化塩素等の塩素系酸化剤などを用いることができる。
また、この酸化反応槽3の後段においては、酸化剤の残存量が多い場合には、必要に応じ第二の供給機構7から配管10に還元剤を供給するのが好ましい。この還元剤としては、二酸化硫黄等の低級酸化物;チオ硫酸塩、亜硫酸塩、重亜硫酸塩、亜硝酸塩等の低級酸素酸塩;鉄(II)塩等の低原子価金属塩;ギ酸、シュウ酸、L−アスコルビン酸等の有機酸又はその塩;ヒドラジン、アルデヒド類、糖類等を用いることができる。これらの中で、亜硝酸塩、亜硫酸塩、鉄(II)塩、二酸化硫黄、重亜硫酸塩、又はシュウ酸、L−アスコルビン酸若しくはそれらの塩を好適に用いることができる。
また、本実施形態において、生物処理手段5とは、下水等の廃水中の汚濁物質を生物学的作用により分解、安定化させる処理を行う手段のことであり、好気性処理と嫌気性処理とに区別される。一般的に有機物は、生物処理により酸素呼吸・硝酸呼吸・発酵過程等で分解されて、ガス化されるか、微生物の体内に取り込まれ、汚泥として除去される。また、窒素(硝化脱窒法)やりん(生物学的リン除去法)の除去処理もできる。このような生物処理を行う手段を一般に生物反応槽という。このような生物処理手段5としては、特に制限はないが、生物担持担体の固定床を有するものが好ましい。特に、菌体の流出が少ない下向流方式の固定床が好ましい。
生物処理手段5を固定床とする場合、固定床を必要に応じて洗浄するのが好ましい。これにより、生物(菌体)の増殖による固定床の閉塞、マッドボール化、尿素の分解除去効率の低下等が生じることが防止される。この洗浄方法には特に制限はなく、例えば逆洗、すなわち、原水の通水方向と逆方向に洗浄水を通水して担体を流動化させ、堆積物の系外への排出、マッドボールの粉砕、生物の一部の剥離等を行うようにするのが好ましい。
また、固定床の担体の種類に特に制限はなく、活性炭、アンスラサイト、砂、ゼオライト、イオン交換樹脂、プラスチック製成形品等が用いられるが、酸化剤の存在下で生物処理を実施するためには、酸化剤の消費量の少ない担体を用いるのが好ましい。ただし、生物処理手段に高濃度の酸化剤流入する可能性がある場合には、酸化剤を分解し得る活性炭等の担体を用いるのが好ましい。このように活性炭等を用いた場合、被処理水中の酸化剤の濃度が高い場合であっても、菌体が失活、死滅することが防止される。
さらに、第三の供給機構8により生物処理手段5の供給水に添加される易分解性有機物としては、酢酸、クエン酸などの有機酸、酢酸ナトリウムなど有機酸塩、メタノール、エタノールなどのアルコール類、アセトンなど有機溶媒、その他の汎用的な易生分解性の有機物を好適に用いることができる。これらの中では、添加した有機物が処理しきれずに生物処理水に残留した場合にも、後段処理として実施する逆浸透膜処理やイオン交換樹脂によるイオン交換処理において除去可能であるという観点から、イオン性のある有機物である酢酸ナトリウムなどの有機酸塩をより好適に用いることができる。
また、アンモニア性の窒素源としては、特に制限はなく、有機性、無機性いずれのアンモニア性窒素源も好適に用いることができる。これらのなかでは添加したアンモニア性の窒素源が処理しきれずに生物処理水に残留した場合にも、後段の処理において除去が容易であるという観点から、イオン性を有するアンモニア性の窒素源として塩化アンモニウム、硫酸アンモニウムなどのアンモニウム塩を好適に用いることができる。
また、本実施形態の目的は尿素除去であり、より尿素除去性に優れた菌体を獲得・保持することが好ましく、この観点からアンモニア性の窒素源として、尿素および尿素誘導体を添加しても良い。ただし、尿素および尿素誘導体の一部は、イオン性がないため、後段の処理での除去が期待できないので、多量に添加した場合には、生物処理および後段処理でも除去できず末端まで残留してしまう可能性が高い。したがって、尿素および尿素誘導体を添加する場合には、添加濃度は最小限とし、アンモニウム塩等でアンモニア性の窒素源としての必要量を補完する方法が好ましい。
そして、生物処理手段5の後段での第四の供給機構9からの還元剤及び/又はスライムコントロール剤の配管10への添加、及び菌体分離装置6は、必ずしも必要ではなく、状況に応じていずれか1以上を適宜設けることができるものである。具体的には、生物処理手段5の後段で酸化剤等の流出が認められる場合や、菌体の流出が認められる場合には、必要に応じ第四の供給機構9から還元剤及び/又はスライムコントロール剤を配管10に添加することができる。この還元剤及びスライムコントロール剤のうち、還元剤としては、前述した第二の供給機構7から供給するものと同じものを用いることができる。
また、スライムコントロール剤としては、後述する一次純水装置などにおけるRO後膜処理、イオン交換処理などで酸化劣化などによる悪影響を及ぼさない殺菌剤が好ましく、例えば、塩素系酸化剤とスルファミン酸化合物とからなる結合塩素剤(クロラミンより安定性が高い結合塩素剤)、過酸化水素などを用いることができる。
さらに、菌体の流出が認められる場合には、菌体分離装置6を設けるのが望ましい。この菌体分離装置6は、生物処理手段5の処理水中に含まれる菌体(生物担体より剥離してしまった菌体)により引き起こされる一次純水装置などの後段処理での障害(配管の詰まり、差圧上昇といったスライム障害、RO膜のバイオファウリングなど)の回避を目的に必要に応じて設けられるものであり、具体的には、膜ろ過(孔径0.1μm程度のカートリッジフィルタを用いた膜ろ過処理)、凝集ろ過などを用いることができる。
次に上述したような構成の装置及び添加剤等を用いた本実施形態の水処理方法について説明する。
まず、原水Wを前処理システム1に供給して、原水W中の濁質成分を除去することにより、該濁質成分により後段の生物処理手段5での尿素の分解除去効率が低下するのを抑制するとともに、生物処理手段5の圧力損失の増加を抑制する。
そして、熱交換器2により、この前処理した原水Wを該原水Wの水温が低い場合には加温し、高い場合には冷却して、所定の水温、好ましくは20〜40℃程度となるように温度調節を実施する。すなわち、後述する水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加して尿素を粗除去する酸化反応槽3での反応は物理化学反応であり、水温が高いほど反応速度が高まり分解効率が向上する。一方、水温が高すぎる場合には酸化反応槽3および接続配管9等に耐熱性を持たせる必要が生じ、設備コストの増大に繋がる。また、原水Wの水温が低い場合には、尿素の粗除去能力の低下につながる。具体的には、生物反応は水温が40℃以下であれば、基本的には水温が高いほど生物活性および除去速度は向上する。しかしながら、水温が40℃を超えると、逆に生物活性および除去効率は低下する傾向を示すことがある。これらの理由より、処理水温は20〜40℃程度が好ましい。したがって、原水Wの初期の温度が上記範囲内であれば、何もしなくてもよい。
このようにして、必要に応じて温度調整を行った原水Wを酸化反応槽3に供給し、この酸化反応槽3に第一の供給機構4から水溶性臭化物塩及び酸化剤を添加することにより、尿素の酸化分解(粗除去)を行う。ここで、水溶性臭化物塩の添加量は、0.5〜50mg/L(臭素イオン換算)であるのが好ましい。水溶性臭化物塩の添加量が0.5mg/L未満では、有機物成分の酸化分解が十分でない一方、50mg/Lを超えると、添加量に応じて尿素の除去効果はある程度高まるものの、後段の生物処理手段5に悪影響を及ぼすおそれがあるばかりか、イオン負荷の増大により後段の一次純水装置の負荷の増大に繋がることから好ましくない。なお、上記一次純水装置の負荷としては、例えば、逆浸透膜処理における浸透圧増大に伴う運転コストの上昇や塩類濃度増大に伴うスケール障害、あるいはイオン交換処理に給水イオン負荷増大に伴う採水量低下(再生頻度の増加)などが挙げられる。
また、酸化剤の添加量は、使用する酸化剤の種類によって異なるが、例えば、塩素系酸化剤を用いる場合、遊離有効塩素濃度で1〜10mg/L程度、特に1〜5mg/L程度、具体的には2mg/L程度とすればよい。塩素系酸化剤の添加量が1mg/L未満では、有機物成分の酸化分解が十分でない一方、10mg/Lを超えても、それ以上の効果の向上が得られないばかりか、残存する酸化剤(遊離塩素を含む)が増加するため、この遊離塩素の除去のために必要となる還元剤の添加量が多くなりすぎる。
この酸化反応槽3での酸化処理した原水Wに対して、第二の供給機構7から還元剤を添加して還元処理を行う。この還元処理は、必ずしも必要ではなく、酸化剤の残存量が高い場合にのみ行えばよい。還元処理を行う場合における還元剤の添加量は、前述した酸化剤の残存濃度に応じて必要に応じて添加適量を添加するのが好ましい。例えば、還元剤として亜硫酸ナトリウムを用い残留塩素を還元する場合、亜硫酸イオン(SO 2−)と次亜塩素酸イオン(ClO)とが当モルとなるように添加すればよく、安全率を考慮し1.2〜3.0倍量を添加すればよい。処理水の酸化剤濃度には変動があることから、より好ましくは、処理水の酸化剤濃度を監視し、酸化剤濃度に応じ還元剤添加量を制御することが好ましい。また、簡易的には、定期的に酸化剤濃度を測定し、測定濃度に応じた添加量を適宜設定する方法を用いてもよい。なお、上述の遊離残留塩素濃度、全残留塩素濃度の管理値(<1mg/L・asCl)は、生物担体である粒状活性炭が残留塩素除去能を有することを前提とした管理値であり、生物担体に残留塩素除去能がない場合には、残留塩素未検出を管理値(<0.02mg/L・asCl)として制御する必要がある。
上述したような、酸化剤濃度の検出手段としては、酸化還元電位(ORP)などが挙げられる。また、残留塩素に関しては残留塩素計(ポーラログラフ法等)などが挙げられる。
続いて、この原水Wを生物処理手段5に通水する。生物処理手段5への通水速度は、SV5〜50hr−1程度とするのが好ましい。この生物処理手段5への給水の水温は常温、例えば10〜35℃でよく、pHはほぼ中性、例えば4〜8であることが好ましい。
この原水Wに対し、生物処理手段5においては第三の供給機構8により易分解性有機物又はアンモニア性の窒素源を添加する。
上記易分解性有機物の添加量は、0.1〜2mg/L(asC=炭素換算)とすればよい。易分解性有機物の添加量が0.1mg/L未満では、この有機物を分解、資化する際に必要となる窒素源(N源)としての尿素を摂取・分解する能力が十分でない一方、2mg/Lを超えても、さらなる尿素の分解が得られないばかりか、生物処理手段5からのリーク量が多くなりすぎるため好ましくない。
また、アンモニア性の窒素源を添加する場合、その添加量は、0.1〜5mg/L(NH 換算)とすればよい。具体的には、原水W中のアンモニウムイオンの濃度が上記範囲内となるように添加すればよい。原水W中のアンモニウムイオン濃度が0.1mg/L(NH 換算)未満では、硝化菌群の活性を維持するのが困難となる一方、5mg/L(NH 換算)を超えても、さらなる硝化菌群の活性が得られないばかりか、生物処理手段5からのリーク量が多くなりすぎるため好ましくない。
易分解性有機物又はアンモニア性の窒素源を、原水Wに対して上記範囲で添加することにより、約10〜30日経過後の生物処理手段5における処理水W1中の尿素濃度を5μg/L以下、特に約3μg/L以下に維持することができる。
上記易分解性有機物又はアンモニア性の窒素源は、常時添加する必要はなく、例えば生物担体交換時の立上げ期間のみ添加する方法、あるいは一定期間毎に添加、無添加を繰り返す方法等を用いることができる。このように常時アンモニア性の窒素源を添加しないことにより、易分解性有機物又はアンモニア性の窒素源の添加コストを低減することもできる、という効果も奏する。
さらに、本実施形態においては、生物処理手段5からの生物処理水中に酸化剤や菌体等の流出が認められる場合には、第四の供給機構9からの還元剤及び/又はスライムコントロール剤を添加する。
具体的には、生物処理の給水中に遊離塩素が存在し、アンモニア性の窒素源としてアンモニウム塩等を添加する場合、遊離塩素とアンモニウムイオンとが反応し結合塩素(クロラミン)が生成する。結合塩素は遊離塩素と比較して活性炭でも除去し難い成分であり、生物処理水に結合塩素がリークすることとなる。結合塩素は遊離塩素と比較して酸化力は低い成分と言われているが、平衡反応により結合塩素から再度遊離塩素が生成することも知られており、後段の一次純水処理システム等での酸化劣化を引き起こす可能性がある。以上の理由より生物処理手段5の後処理として必要に応じて還元処理を実施することが好ましい。
また、スライムコントロール剤は、生物処理手段5の処理水中に含まれる菌体(生物担体より剥離してしまった菌体)により引き起こされる後段処理での障害(配管の詰まり、差圧上昇といったスライム障害、RO膜のバイオファウリングなど)の回避を目的に必要に応じて適宜添加すればよい。
また、必要に応じて菌体分離装置6により、生物処理手段5の処理水中に含まれる菌体を除去する。
これら還元剤及び/又はスライムコントロール剤の添加や菌体分離装置6による処理は、生物処理手段5からの生物処理水の水質に応じて、1又は2以上を適宜行えばよく、水質が良好であれば行わなくてもよい。
次に、本発明の一実施形態に係る水処理方法を利用した超純水製造方法について、図2を参照して説明する。本実施形態における超純水製造方法では、原水Wを、前述した生物処理装置5を備えた水処理装置21で処理した後、処理水W1を一次純水装置22及びサブシステム(二次純水装置)23でさらに処理する。
一次純水装置22は、第1の逆浸透膜(RO)分離装置24と、混床式イオン交換装置25と、第2の逆浸透膜(RO)分離装置26とをこの順に配置してなる。ただし、この一次純水装置22の装置構成はこのような構成に制限されるものではなく、例えば、逆浸透膜分離装置、イオン交換処理装置、電気脱イオン交換処理装置、UV酸化処理装置等を適宜組み合わせて構成されていてもよい。
サブシステム23は、サブタンク27と、熱交換器28と、低圧紫外線酸化装置29と、膜脱気装置30と、混床式イオン交換装置31と、限外濾過膜装置(微粒子除去)32とをこの順に配置してなる。ただし、このサブシステム23の装置構成はこのような構成に制限されるものではなく、例えば、UV酸化処理装置、イオン交換処理装置(非再生式)、UF膜分離装置等を組み合わせて構成されていてもよい。
このような超純水製造システムによる超純水製造方法を以下に説明する。まず、水処理装置21で処理した処理水W1を一次純水装置22で、第1の逆浸透膜(RO)分離装置24と、混床式イオン交換装置25と、第2の逆浸透膜(RO)分離装置26とにより、処理水W1中に残存するイオン成分等を除去する。
さらに、サブシステム23では、一次純水装置22の処理水をサブタンク27及び熱交換器28を経て低圧紫外線酸化装置29に導入し、含有されるTOC成分をイオン化又は分解する。さらに膜脱気装置30で、酸素や炭酸ガスを除去し、続いてイオン化された有機物を後段の混床式イオン交換装置31で除去する。この混床式イオン交換装置31の処理水は更に限外濾過膜装置(微粒子除去)32で膜分離処理され、超純水を得ることができる。
上述したような超純水製造方法によると、生物処理手段5において、尿素を十分に分解除去し、その後段の一次純水装置22及びサブシステム23でその他のTOC成分、金属イオン、その他の無機・有機イオン成分を除去することにより、高純度の超純水を効率よく製造することができる。
以上、本発明について添付図面を参照して説明してきたが、本発明は上記実施形態に限定されず、種々の変形実施が可能である。例えば、酸化処理工程を行う酸化反応槽3と、生物処理工程を行う生物処理手段5は、場合によっては逆であってもよい。さらに、生物処理手段5の供給水に添加する易分解性有機物とアンモニア性の窒素源とは併用してもよい。
以下の実施例により本発明をさらに詳細に説明する。
〔実施例1〕
図1及び図2に示すフローを用いて、原水Wとして市水(野木町水:平均尿素濃度10μg/L、平均TOC濃度500μg/L)に試薬尿素(キシダ化学社製)を必要に応じ適量添加したものを用いた。
また、生物処理手段5としては、生物担体としての粒状活性炭(「クリコール WG160、10/32メッシュ」、栗田工業社製)を円筒容器に2L充填して固定床としたものを用いた。なお、生物処理手段5の粒状活性炭としては、試薬尿素にて馴養を実施し、尿素分解能が既に発現しているものを充填搭より抜き出した粒状活性炭0.6Lと、新炭1.4Lとを混合、充填したものを用いた。
まず、市水(試薬尿素無添加)に対し、尿素を約100μg/L添加して原水W(模擬原水)を調製した。この原水Wの水温は13〜17℃であったので、熱交換器2で20〜22℃に加温した。なお、試験期間中の市水自体の尿素濃度は、7〜25μg/Lであり、アンモニア性窒素濃度は0.1mg/L以下であり、TOCは0.4〜0.7mg/Lであった。なお、本実施例においては、原水Wとして市水を用いたので、浄水上で前処理に相当する処理が施されているため、前処理は行わなかった。
この原水Wに、第一の供給機構4から、臭化ナトリウム(NaBr、キシダ化学社製)2mg/L、次亜塩素酸ナトリウム(キシダ化学社製)2mg/L(有効塩素濃度として)を添加し、2槽直列構成の酸化反応槽3(第1反応槽及び第2反応槽)により滞留時間15分間で供給し、酸化処理を行った。このとき、臭化ナトリウム及び次亜塩素酸ナトリウムは第1反応槽に添加し、この第1反応槽のpHを参照しながら、硫酸を添加してpH5.5〜6.0となるようにpH調整を行った。
この酸化分解後の処理水の残留塩素濃度は、遊離残留塩素濃度、全残留塩素濃度ともに約1mg/L・asClであったため、還元処理は実施しなかった。
続いて、この原水Wを生物処理手段5に下向流にて通水した。通水速度SVは20/hr(毎時通水流量÷充填活性炭量)とした。通水後の生物処理水について、50日間にわたり尿素濃度の分析を行った。その結果を原水Wの尿素濃度、酸化分解処理後の尿素濃度とともに図3に示す。なお、上記通水処理においては、1日1回、10分間の逆洗を実施した。逆洗は、生物処理水にて、円筒容器下部から上部の上向流にて、LV=25m/hr(毎時通水流量÷円筒容器断面積)にて実施した。
尿素濃度の分析の手順は以下の通りである。すなわち、まず、検水の全残留塩素濃度をDPD法にて測定し、相当量の重亜硫酸ナトリウムで還元処理する(その後、DPD法にて全残留塩素を測定して、0.02mg/L未満であることを確認する。)。次に、この還元処理した検水をイオン交換樹脂(「KR−UM1」、栗田工業社製)にSV50/hrで通水し、脱イオン処理してロータリーエバポレータにて10〜100倍に濃縮した後、ジアセチルモノオキシム法にて尿素濃度を定量する。
なお、通水試験期間中にpH調整は実施しなかった。試験期間中のpHは6.0〜6.5であった。また、試験期間中の原水Wの溶存酸素(DO)濃度は6mg/L以上、生物処理手段5の処理水W1の溶存酸素濃度は2mg/L以上であったため、溶存酸素不足はないと判断し、溶存酸素濃度の調節は実施しなかった。また、生物処理手段5の後段での還元剤及びスライムコントロール剤の添加も実施しなかった。
図3から明らかなように、塩化アンモニウムを添加しない通水開始から通水7日目までは、給水の尿素濃度は100〜120μg/Lで、酸化分解処理水の尿素濃度60〜75μg/Lで、処理水の尿素濃度は約40μg/Lであった。
次に、通水開始から7日目に、原水Wに対して、アンモニア性の窒素源として塩化アンモニウム(キシダ化学社製)を、アンモニウムイオン濃度が約0.5mg/L(NH 換算)となるように常時添加を開始した。
その結果、通水開始から15日目(塩化アンモニウム添加開始より8日後)ころより徐々に尿素の低下が認められ、通水開始から25日目(塩化アンモニウム添加開始より約18日)には生物処理水の尿素濃度3μg/L以下で安定した。
〔実施例2〕
実施例1において、アンモニア性の窒素源として塩化アンモニウムの代わりに、酢酸ナトリウムをTOC濃度が約0.5mg/L(炭素換算)の常時添加を行った以外は、実施例1と同様に通水試験を行い、50日間にわたり尿素濃度の分析を行った。その結果を図3にあわせて示す。
図3から明らかなように酢酸ナトリウムの添加開始の翌日(通水開始から8日目)より徐々に尿素の低下が認められ、その後生物処理水の尿素濃度7〜20μg/Lで安定した。
〔比較例1〕
実施例1において、塩化アンモニウムの添加を行わなかった以外は、同様に通水試験を行い、50日間にわたり尿素濃度の分析を行った。その結果を図3にあわせて示す。
図3から明らかなように、経時とともに若干の尿素濃度の低下が認められたものの、尿素濃度35〜45μg/Lで安定した。
これらの実施例1、実施例2及び比較例1の結果から、酸化分解処理と生物処理とを組み合わせ、生物処理給水に易生分解性の有機物又はアンモニア性の窒素源を添加することにより、原水W中の尿素を除去することができることが確認された。
3…酸化反応槽
4…第一の供給機構(水溶性臭化物塩、酸化剤)
5…生物処理手段
8…第三の供給機構(易分解性有機物、アンモニア性の窒素源)
9…第四の供給機構(還元処理:還元剤、スライムコントロール剤)
22…一次純水装置
23…サブシステム(二次純水装置)
W…原水
W1…処理水

Claims (5)

  1. 尿素を含有する原水から尿素を除去するために該原水に水溶性臭化物塩と酸化剤とを添加して原水中の尿素を粗除去する酸化処理工程と、該酸化処理工程後に原水中に残存する尿素を硝化菌群によって摂取・分解する生物処理工程とを有する超純水製造装置における水処理方法において、
    前記生物処理工程の給水に硝化菌群の活性を高めるためにアンモニウム塩を、原水中のアンモニウムイオンの濃度が0.1〜5mg/L(NH 換算)の範囲となるように、添加することを特徴とする水処理方法。
  2. 前記生物処理を生物担持担体を有する生物処理手段により行うことを特徴とする請求項に記載の水処理方法。
  3. 前記生物担持担体が活性炭であることを特徴とする請求項1又は2に記載の水処理方法。
  4. 前記生物処理の後段においてさらに還元処理を行うことを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の水処理方法。
  5. 請求項1〜4のいずれか1項に記載の水処理方法で得られた処理水を一次純水装置及び二次純水装置で処理して超純水を製造することを特徴とする超純水製造方法。
JP2010152324A 2010-07-02 2010-07-02 水処理方法及び超純水製造方法 Active JP5789922B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010152324A JP5789922B2 (ja) 2010-07-02 2010-07-02 水処理方法及び超純水製造方法

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010152324A JP5789922B2 (ja) 2010-07-02 2010-07-02 水処理方法及び超純水製造方法
CN201180012482.7A CN102781849B (zh) 2010-03-05 2011-03-02 水处理方法和超纯水制造方法
KR1020127023762A KR101809769B1 (ko) 2010-03-05 2011-03-02 수처리 방법 및 초순수 제조 방법
PCT/JP2011/054810 WO2011108610A1 (ja) 2010-03-05 2011-03-02 水処理方法及び超純水製造方法
US13/582,475 US20130048558A1 (en) 2010-03-05 2011-03-02 Water treatment method and ultrapure water producing method
TW100107357A TWI568688B (zh) 2010-03-05 2011-03-04 水處理方法以及超純水製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012011356A JP2012011356A (ja) 2012-01-19
JP5789922B2 true JP5789922B2 (ja) 2015-10-07

Family

ID=45598427

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010152324A Active JP5789922B2 (ja) 2010-07-02 2010-07-02 水処理方法及び超純水製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5789922B2 (ja)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3468784B2 (ja) * 1992-08-25 2003-11-17 栗田工業株式会社 超純水製造装置
JP3491328B2 (ja) * 1994-04-15 2004-01-26 栗田工業株式会社 超純水製造装置
JP3707083B2 (ja) * 1994-10-28 2005-10-19 栗田工業株式会社 硝化処理装置及び硝化処理装置の運転方法
JP3546548B2 (ja) * 1995-08-01 2004-07-28 栗田工業株式会社 超純水製造装置
US6994793B2 (en) * 2002-04-19 2006-02-07 Hydro-Trace Incorporated Process for remediating ground water containing one or more nitrogen compounds
JP4453397B2 (ja) * 2004-03-01 2010-04-21 栗田工業株式会社 生物学的窒素除去方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012011356A (ja) 2012-01-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2011108610A1 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
WO2011108478A1 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP5412834B2 (ja) 超純水製造方法及び装置
JP2007069204A (ja) 水処理方法、水処理装置、及び再生水の製造方法
TWI568683B (zh) 水處理方法以及超純水製造方法
JP5516892B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP5914964B2 (ja) 超純水製造方法
JP5516874B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
WO2012128212A1 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP5789922B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP5604914B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP5782675B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP2013208583A (ja) 水処理方法、水処理システム及び超純水製造方法
JP5604913B2 (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
WO2020012786A1 (ja) 水処理装置および水処理方法
JP2012011357A (ja) 水処理方法及び超純水製造方法
JP2020037058A (ja) 膜ろ過システムおよび膜ろ過方法
JP2020037059A (ja) 膜ろ過システムおよび膜ろ過方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130610

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140702

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140827

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150316

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150707

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150720

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5789922

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150