JP5773922B2 - Scroll compressor - Google Patents

Scroll compressor Download PDF

Info

Publication number
JP5773922B2
JP5773922B2 JP2012063538A JP2012063538A JP5773922B2 JP 5773922 B2 JP5773922 B2 JP 5773922B2 JP 2012063538 A JP2012063538 A JP 2012063538A JP 2012063538 A JP2012063538 A JP 2012063538A JP 5773922 B2 JP5773922 B2 JP 5773922B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hole
thrust bearing
center
scroll
reamer bolt
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012063538A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013194631A (en
Inventor
浩平 達脇
浩平 達脇
角田 昌之
昌之 角田
石園 文彦
文彦 石園
政則 伊藤
政則 伊藤
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to JP2012063538A priority Critical patent/JP5773922B2/en
Publication of JP2013194631A publication Critical patent/JP2013194631A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5773922B2 publication Critical patent/JP5773922B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、たとえば空気調和装置や冷凍装置に採用される冷凍サイクルの一構成要素として使用されるスクロール圧縮機に関するものである。   The present invention relates to a scroll compressor used as one component of a refrigeration cycle employed in, for example, an air conditioner or a refrigeration apparatus.
従来から存在しているスクロール圧縮機は、一般的に、揺動スクロールスラスト軸受面の摺動性確保のため、リーマボルトを挿入した揺動スクロールスラスト軸受面に、リーマボルト穴を設けたスラストベアリング(スラスト軸受)を配置した構成となっている(例えば、特許文献1参照)。スラストベアリングは、リーマボルト穴にリーマボルトが挿通されて位置決めされるようになっている。リーマボルト穴は計2つ形成され、一方は円形の丸穴形状に、もう一方は2つの半円形と2本の直線部から成る長円形の長穴形状に形成されている。そして、2つのリーマボルト穴は、組間違い防止のためにスラストベアリングの中心に対して非対称に配置されている。   Conventional scroll compressors generally have thrust bearings (thrust bearings) in which a reamer bolt hole is provided in the oscillating scroll thrust bearing surface into which the reamer bolt is inserted in order to ensure the slidability of the oscillating scroll thrust bearing surface. The bearing is arranged (see, for example, Patent Document 1). The thrust bearing is positioned by inserting the reamer bolt into the reamer bolt hole. A total of two reamer bolt holes are formed. One is formed in a circular round hole shape, and the other is formed in an oval long hole shape composed of two semicircles and two straight portions. The two reamer bolt holes are arranged asymmetrically with respect to the center of the thrust bearing in order to prevent misconfiguration.
また、リーマボルト穴はリーマボルトの頭部外周との間に所定のクリアランスを持つように形成されている。そして、リーマボルトと長穴形状のリーマボルト穴の長手方向のクリアランスは、リーマボルトと丸穴形状のリーマボルト穴のクリアランスより大きく設定され、長穴形状のリーマボルト穴の長手方向は、スラストベアリングの中心方向を向くようにされている。   The reamer bolt hole is formed to have a predetermined clearance between the reamer bolt and the outer periphery of the head. The longitudinal clearance of the reamer bolt and the elongated hole shape reamer bolt hole is set to be larger than the clearance between the reamer bolt and the round hole shape reamer bolt hole, and the longitudinal direction of the elongated hole shape reamer bolt hole faces the center direction of the thrust bearing. Has been.
特開2009−074477号公報(第5―10頁、第2―3図等)JP 2009-074477 (page 5-10, FIG. 2-3, etc.)
特許文献1に記載されているような構成のスクロール圧縮機では、リーマボルトと長穴形状のリーマボルト穴の長手方向のクリアランスがリーマボルトと丸穴形状のリーマボルト穴のクリアランスよりも大きいものとなっている。そのため、リーマボルトが挿入されている揺動スクロールが1回転する間に、丸穴形状のリーマボルト穴に位置しているリーマボルト1本のみでスラストベアリングを支持する時が存在し、リーマボルト1本当たりの最大支持荷重が大きくなっていた。これにより、リーマボルトの信頼性確保のため、形状の大きなリーマボルトを使用したり、強度の高い素材で形成されたリーマボルトを使用したりする必要があり、その分、コストの増加を招いていた。   In the scroll compressor configured as described in Patent Document 1, the longitudinal clearance between the reamer bolt and the elongated hole-shaped reamer bolt hole is larger than the clearance between the reamer bolt and the round hole-shaped reamer bolt hole. For this reason, there is a time when the thrust bearing is supported by only one reamer bolt positioned in the round reamer bolt hole during one rotation of the swing scroll in which the reamer bolt is inserted, and the maximum per reamer bolt is present. The support load was large. As a result, in order to ensure the reliability of the reamer bolt, it is necessary to use a reamer bolt having a large shape or a reamer bolt formed of a high strength material, which increases the cost accordingly.
また、特許文献1に記載されているような構成のスクロール圧縮機においては、リーマボルトが支持するスラストベアリングの遠心力を低減するために、スラストベアリングを小さくし、スラスト軸受面積を小さく構成する必要があった。そうすると、スラスト軸受の面圧の増加を招くことになっていた。これにより、スラスト軸受の信頼性確保のため、より摺動特性に優れた素材で形成されたスラストベアリングを使用する必要があり、その分、コストの増加を招いていた。   Further, in the scroll compressor having the configuration described in Patent Document 1, in order to reduce the centrifugal force of the thrust bearing supported by the reamer bolt, it is necessary to reduce the thrust bearing and to reduce the thrust bearing area. there were. This would increase the surface pressure of the thrust bearing. As a result, in order to ensure the reliability of the thrust bearing, it is necessary to use a thrust bearing formed of a material having more excellent sliding characteristics, which incurs an increase in cost.
さらに、特許文献1に記載されている構成のスクロール圧縮機では、2つのリーマボルト穴がスラストベアリング中心に対して非対称に配置され、かつ、長穴形状のリーマボルト穴の長手方向がスラストベアリング中心方向を向いている。そのため、長穴形状のリーマボルト穴の長手方向が丸穴形状のリーマボルト穴の中心方向に一致せず、揺動スクロール1回転中におけるスラストベアリングのリーマボルトに対する振れ幅が大きくなっていた。これにより、スラストベアリングとリーマボルトの接触により生じる磨耗及び打痕を抑制するため、スラストベアリングとリーマボルトのクリアランスを小さく管理する、あるいは磨耗特性に優れ、強度の高い素材で構成されたスラストベアリング及びリーマボルトを使用する必要があり、その分、コスト増加を招いていた。   Furthermore, in the scroll compressor having the configuration described in Patent Document 1, two reamer bolt holes are arranged asymmetrically with respect to the center of the thrust bearing, and the longitudinal direction of the elongated reamer bolt hole is the center of the thrust bearing. It is suitable. Therefore, the longitudinal direction of the elongated hole-shaped reamer bolt hole does not coincide with the center direction of the round hole-shaped reamer bolt hole, and the deflection width of the thrust bearing relative to the reamer bolt during one rotation of the orbiting scroll is large. As a result, in order to suppress wear and dents caused by the contact between the thrust bearing and the reamer bolt, the clearance between the thrust bearing and the reamer bolt is controlled to be small, or the thrust bearing and reamer bolt made of a material having high wear characteristics and high strength are used. It was necessary to use it, which caused an increase in cost.
本発明は、以上のような課題のうちの少なくとも一つを解決するためになされたもので、低コストで信頼性及び性能が高いスクロール圧縮機を提供することを目的としている。   The present invention has been made to solve at least one of the above-described problems, and an object of the present invention is to provide a scroll compressor having low cost and high reliability and performance.
本発明に係るスクロール圧縮機は、密閉容器と、前記密閉容器内に固定された固定スクロールと、前記固定スクロールに対して揺動するように組み合わされた揺動スクロールと、前記揺動スクロールを揺動させる回転駆動手段と、前記揺動スクロールの揺動スクロールスラスト軸受面に挿入された複数本の挿入部材と、前記挿入部材の本数に応じた個数の挿入部材穴が形成され、前記揺動スクロールスラスト軸受面側に配置されて前記揺動スクロールを支持するスラスト軸受と、を備え、前記挿入部材穴は、丸穴形状に形成されたものが少なくとも1つ、長穴形状に形成されたものが少なくとも2つ形成されており、前記長穴形状に形成された挿入部材穴は、その長手方向の向きが異なるように配置され、その長手方向と前記挿入部材とのクリアランスが丸穴形状に形成された挿入部材穴と前記挿入部材とのクリアランスよりも大きく形成されていることを特徴とする。   A scroll compressor according to the present invention includes a hermetic container, a fixed scroll fixed in the hermetic container, a swing scroll combined to swing with respect to the fixed scroll, and a swing scroll. A rotary drive means for moving, a plurality of insertion members inserted into a rocking scroll thrust bearing surface of the rocking scroll, and a number of insertion member holes corresponding to the number of the insertion members, and the rocking scroll A thrust bearing disposed on the thrust bearing surface side and supporting the orbiting scroll, wherein the insertion member hole is formed in a round hole shape, and is formed in a long hole shape. At least two of the insertion member holes formed in the shape of the elongated hole are arranged so that their longitudinal directions are different from each other. Aransu is characterized in that it is larger than the clearance between the insertion member and the insertion member hole formed in a round hole shape.
本発明に係るスクロール圧縮機によれば、1本の挿入部材当りの最大支持荷重を低減することができる。したがって、挿入部材を小さく構成できる、あるいはより廉価な素材で挿入部材を構成でき、スラスト軸受面圧を下げることができ、スラスト軸受の信頼性向上及びスラスト軸受摺動損失低減による高効率化が図れる。   According to the scroll compressor according to the present invention, the maximum support load per one insertion member can be reduced. Therefore, the insertion member can be made smaller, or the insertion member can be made of a less expensive material, the thrust bearing surface pressure can be lowered, and the thrust bearing can be improved in reliability and reduced in thrust bearing sliding loss. .
本発明の実施の形態1に係るスクロール圧縮機の断面構成例を示す縦断面図である。It is a longitudinal cross-sectional view which shows the cross-sectional structural example of the scroll compressor which concerns on Embodiment 1 of this invention. 本発明の実施の形態1に係るスクロール圧縮機の揺動スクロール及びスラストベアリングを拡大して示す斜視図である。It is a perspective view which expands and shows the rocking | fluctuation scroll and thrust bearing of the scroll compressor which concerns on Embodiment 1 of this invention. 本発明の実施の形態1に係るスクロール圧縮機のリーマボルト、スラストベアリングの作用を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating the effect | action of the reamer bolt and thrust bearing of the scroll compressor which concerns on Embodiment 1 of this invention. 本発明の実施の形態2に係るスクロール圧縮機のスラストベアリングに形成するリーマボルト穴の位置関係を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating the positional relationship of the reamer bolt hole formed in the thrust bearing of the scroll compressor which concerns on Embodiment 2 of this invention. 本発明の実施の形態3に係るスクロール圧縮機のスラストベアリングに形成するリーマボルト穴の位置関係を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating the positional relationship of the reamer bolt hole formed in the thrust bearing of the scroll compressor which concerns on Embodiment 3 of this invention. 本発明の実施の形態4に係るスクロール圧縮機のスラストベアリングに形成するリーマボルト穴の位置関係を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating the positional relationship of the reamer bolt hole formed in the thrust bearing of the scroll compressor which concerns on Embodiment 4 of this invention.
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
実施の形態1.
図1は、本発明の実施の形態1に係るスクロール圧縮機100の断面構成例を示す縦断面図である。図1に基づいて、スクロール圧縮機100の構成及び動作について説明する。このスクロール圧縮機100は、たとえば冷蔵庫や冷凍庫、自動販売機、空気調和装置、冷凍装置、給湯器等の各種産業機械に用いられる冷凍サイクルの構成要素の一つとなるものである。なお、図1を含め、以下の図面では各構成部材の大きさの関係が実際のものとは異なる場合がある。
Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.
Embodiment 1.
FIG. 1 is a longitudinal sectional view showing a cross-sectional configuration example of a scroll compressor 100 according to Embodiment 1 of the present invention. Based on FIG. 1, the structure and operation | movement of the scroll compressor 100 are demonstrated. The scroll compressor 100 is one of the components of a refrigeration cycle used in various industrial machines such as a refrigerator, a freezer, a vending machine, an air conditioner, a refrigeration apparatus, and a water heater. In addition, in the following drawings including FIG. 1, the relationship of the size of each component may be different from the actual one.
スクロール圧縮機100は、冷凍サイクルを循環する冷媒を吸入し、圧縮して高温高圧の状態として吐出させるものである。このスクロール圧縮機100は、センターシェル7、アッパーシェル22、ロアシェル23により構成される密閉容器24内に固定スクロール1と固定スクロール1に対して揺動する揺動スクロール2を組み合わせた圧縮機構を備えている。また、スクロール圧縮機100は、密閉容器24内に電動回転機械等からなる回転駆動手段を備えている。図1に示すように、密閉容器24内において、圧縮機構が上側に、回転駆動手段が下側に、それぞれ配置されている。   The scroll compressor 100 sucks the refrigerant circulating in the refrigeration cycle, compresses it, and discharges it as a high-temperature and high-pressure state. The scroll compressor 100 includes a compression mechanism in which a fixed scroll 1 and an orbiting scroll 2 that swings with respect to the fixed scroll 1 are combined in an airtight container 24 including a center shell 7, an upper shell 22, and a lower shell 23. ing. In addition, the scroll compressor 100 is provided with a rotation driving means including an electric rotary machine or the like in the sealed container 24. As shown in FIG. 1, in the sealed container 24, the compression mechanism is disposed on the upper side, and the rotation driving means is disposed on the lower side.
密閉容器24は、センターシェル7の上部及び下部にアッパーシェル22及びロアシェル23が設けられて構成されている。ロアシェル23は、潤滑油を貯留する油溜めとなっている。また、センターシェル7には、冷媒ガスを吸入するための吸入パイプ15が接続されている。アッパーシェル22には、冷媒ガスを吐出するための吐出パイプ17が接続されている。なお、センターシェル7内部は低圧室18に、アッパーシェル22内部は高圧室19になっている。   The sealed container 24 is configured by providing an upper shell 22 and a lower shell 23 on the upper and lower portions of the center shell 7. The lower shell 23 is an oil sump for storing lubricating oil. The center shell 7 is connected with a suction pipe 15 for sucking refrigerant gas. A discharge pipe 17 for discharging the refrigerant gas is connected to the upper shell 22. The inside of the center shell 7 is a low pressure chamber 18, and the inside of the upper shell 22 is a high pressure chamber 19.
固定スクロール1は、固定スクロール台板1bと、固定スクロール台板1bの一方の面に立設された渦巻状突起である固定スクロール渦巻1aと、で構成されている。また、揺動スクロール2は、揺動スクロール台板2bと、揺動スクロール台板2bの一方の面に立設され、固定スクロール渦巻1aと実質的に同一形状の渦巻状突起である揺動スクロール渦巻2aと、で構成されている。なお、揺動スクロール台板2bの他方の面(揺動スクロール渦巻2aの形成面とは反対側の面(背面))は、揺動スクロールスラスト軸受面2cとして作用する。また、揺動スクロール台板2bの揺動スクロールスラスト軸受面2cよりも中心側は下方に向かって突出した凸部2dとなっている。   The fixed scroll 1 is composed of a fixed scroll base plate 1b and a fixed scroll spiral 1a which is a spiral projection standing on one surface of the fixed scroll base plate 1b. The orbiting scroll 2 is an orbiting scroll base plate 2b and an orbiting scroll that is provided on one surface of the orbiting scroll base plate 2b and is a spiral protrusion having substantially the same shape as the fixed scroll volute 1a. And the spiral 2a. The other surface of the swing scroll base plate 2b (the surface opposite to the surface on which the swing scroll spiral 2a is formed (back surface)) acts as the swing scroll thrust bearing surface 2c. Further, the center side of the swing scroll thrust bearing surface 2c of the swing scroll base plate 2b is a convex portion 2d protruding downward.
揺動スクロールスラスト軸受面2cには、3本のリーマボルト4が挿入されている。スクロール圧縮機100を組み立てる際、揺動スクロールスラスト軸受面2cにリーマボルト4が挿入された状態において、スラストベアリング3に形成されたリーマボルト穴(挿入部材穴)26にリーマボルト4の頭部を位置させる。スラストベアリング3は、リング状に形成されており、中心部(以下、便宜的に中心空間部3aと称する)に揺動スクロール2の凸部2dが位置するようになっている。そして、スラストベアリング3の下面が、凸部2dの先端面に対して、下に位置している。なお、リーマボルト4、スラストベアリング3については、図2及び図3で詳細に説明する。   Three reamer bolts 4 are inserted into the orbiting scroll thrust bearing surface 2c. When the scroll compressor 100 is assembled, the head of the reamer bolt 4 is positioned in the reamer bolt hole (insertion member hole) 26 formed in the thrust bearing 3 in a state where the reamer bolt 4 is inserted into the swing scroll thrust bearing surface 2c. The thrust bearing 3 is formed in a ring shape, and the convex portion 2d of the orbiting scroll 2 is located in the central portion (hereinafter referred to as the central space portion 3a for convenience). The lower surface of the thrust bearing 3 is positioned below the tip surface of the convex portion 2d. The reamer bolt 4 and the thrust bearing 3 will be described in detail with reference to FIGS.
ここでは、揺動スクロールスラスト軸受面2cにリーマボルト4を、スラストベアリング3にリーマボルト穴26を、設けた場合を例に説明するが、揺動スクロールスラスト軸受面2cに挿入部材穴を、スラストベアリング3に挿入部材を、設けるようにしてもよい。このような構成にすることで、スラストベアリング3の挿入部材穴がなくなり、スラスト面積がより広くなるので、スラスト面圧を下げることができ、信頼性能向上が更に図れることになる。また、リーマボルト自体をなくせるので部品点数の削減にもなる。   Here, a case where the reamer bolt 4 is provided in the swing scroll thrust bearing surface 2c and the reamer bolt hole 26 is provided in the thrust bearing 3 will be described as an example. However, the insertion member hole is provided in the swing scroll thrust bearing surface 2c, and the thrust bearing 3 is provided. An insertion member may be provided. By adopting such a configuration, the insertion member hole of the thrust bearing 3 is eliminated and the thrust area is further increased, so that the thrust surface pressure can be lowered and the reliability performance can be further improved. Moreover, since the reamer bolt itself can be eliminated, the number of parts can be reduced.
揺動スクロール2は、圧縮機運転中に生じるスラスト軸受荷重がスラストベアリング3を介してフレーム20で支持されるようになっている。なお、フレーム20がスラスト軸受荷重に対して十分な硬度を持たない場合は、図1に示すように、スラストベアリング3とフレーム20の間に、スラスト軸受荷重に対して十分な硬度を持つ素材から成るスラストプレート5を挿入する構造としてもよい。   The orbiting scroll 2 is configured such that a thrust bearing load generated during the operation of the compressor is supported by the frame 20 via the thrust bearing 3. If the frame 20 does not have sufficient hardness with respect to the thrust bearing load, a material having sufficient hardness with respect to the thrust bearing load is interposed between the thrust bearing 3 and the frame 20 as shown in FIG. It is good also as a structure which inserts the thrust plate 5 which consists.
揺動スクロール2及び固定スクロール1は、揺動スクロール渦巻2aと固定スクロール渦巻1aとを互いに組み合わせ、密閉容器24内に装着されている。揺動スクロール2及び固定スクロール1が組み合わされた状態では、固定スクロール渦巻1aと揺動スクロール渦巻2aの巻方向が互いに逆となる。揺動スクロール渦巻2aと固定スクロール渦巻1aとの間には、相対的に容積が変化する圧縮室30が形成される。なお、固定スクロール1及び揺動スクロール2には、固定スクロール渦巻1a及び揺動スクロール渦巻2aの先端面からの冷媒漏れを低減するため、固定スクロール渦巻1a及び揺動スクロール渦巻2aの先端面(上端面、下端面)にシール31、32が配設されている。   The orbiting scroll 2 and the fixed scroll 1 are mounted in an airtight container 24 by combining the orbiting scroll spiral 2a and the fixed scroll spiral 1a. In a state where the swing scroll 2 and the fixed scroll 1 are combined, the winding directions of the fixed scroll spiral 1a and the swing scroll spiral 2a are opposite to each other. A compression chamber 30 whose volume changes relatively is formed between the swing scroll spiral 2a and the fixed scroll spiral 1a. Note that the fixed scroll 1 and the orbiting scroll 2 have a front end surface (upper surface) of the fixed scroll swirl 1a and the orbiting scroll swirl 2a in order to reduce refrigerant leakage from the front end surfaces of the fixed scroll swirl 1a and the orbiting scroll swirl 2a. Seals 31 and 32 are disposed on the end surface and the lower end surface.
固定スクロール1は、フレーム20に図示省略のボルト等によって固定されている。固定スクロール1の固定スクロール台板1bの中央部には、圧縮され、高圧となった冷媒ガスを吐出する吐出口16が形成されている。そして、圧縮され、高圧となった冷媒ガスは、固定スクロール1の上部に設けられている高圧室19に排出されるようになっている。高圧室19に排出された冷媒ガスは、吐出パイプ17を介して冷凍サイクルに吐出されることになる。なお、吐出口16には、高圧室19から吐出口16側への冷媒の逆流を防止する吐出弁33が設けられている。   The fixed scroll 1 is fixed to the frame 20 with bolts or the like not shown. A discharge port 16 is formed at the center of the fixed scroll base plate 1b of the fixed scroll 1 to discharge the compressed refrigerant gas having a high pressure. The compressed refrigerant gas having a high pressure is discharged into a high-pressure chamber 19 provided in the upper part of the fixed scroll 1. The refrigerant gas discharged to the high pressure chamber 19 is discharged to the refrigeration cycle via the discharge pipe 17. The discharge port 16 is provided with a discharge valve 33 for preventing the refrigerant from flowing backward from the high pressure chamber 19 to the discharge port 16 side.
揺動スクロール2は、自転運動を阻止するためのオルダムリング14により、固定スクロール1に対して自転運動することなく公転旋回運動(揺動運動)を行うようになっている。また、揺動スクロール2の揺動スクロール渦巻2a形成面とは反対側の面の略中心部には、中空円筒形状のボス部2eが形成されている。このボス部2eには、主軸8の上端に設けられた偏心軸部8aが挿入される。   The oscillating scroll 2 performs a revolving orbiting motion (oscillating motion) without rotating about the fixed scroll 1 by an Oldham ring 14 for preventing the rotating motion. A hollow cylindrical boss 2e is formed at a substantially central portion of the surface of the swing scroll 2 opposite to the surface on which the swing scroll spiral 2a is formed. An eccentric shaft portion 8a provided at the upper end of the main shaft 8 is inserted into the boss portion 2e.
オルダムリング14は、そのオルダム爪が揺動スクロール2の凸部2d及び揺動スクロールスラスト軸受面2cに形成されたオルダム溝(図2に示すオルダム溝6a)に収容されるように設置されている。また、スラストベアリング3にはオルダムリング逃がし溝6bが設けられている。このオルダムリング逃がし溝6bは、揺動スクロールスラスト軸受面2cに形成されたオルダム溝6aと干渉を回避するために形成されている。なお、オルダムリング14は、揺動スクロール台板2bの揺動スクロール2の揺動スクロール渦巻2a形成面側に設置するようにしてもよい。   The Oldham ring 14 is installed such that the Oldham claw is accommodated in an Oldham groove (Oldham groove 6a shown in FIG. 2) formed in the convex portion 2d of the swing scroll 2 and the swing scroll thrust bearing surface 2c. . The thrust bearing 3 is provided with an Oldham ring relief groove 6b. The Oldham ring relief groove 6b is formed in order to avoid interference with the Oldham groove 6a formed on the swing scroll thrust bearing surface 2c. The Oldham ring 14 may be installed on the swing scroll spiral 2a forming surface side of the swing scroll 2 of the swing scroll base plate 2b.
回転駆動手段は、主軸8に固定された回転子11、固定子10、及び回転軸である主軸8等で構成されている。回転子11は、主軸8に焼き嵌め固定され、固定子10への通電が開始することにより回転駆動し、主軸8を回転させるようになっている。すなわち、固定子10及び回転子11で電動回転機械を構成している。回転子11は、センターシェル7に焼き嵌め固定された固定子10とともに主軸8に固定されている第1バランスウェイト12の下部に配置されている。なお、固定子10には、センターシェル7に設けられた電源端子9を介して電力が供給されるようになっている。   The rotation driving means includes a rotor 11 fixed to the main shaft 8, a stator 10, a main shaft 8 that is a rotation shaft, and the like. The rotor 11 is shrink-fitted and fixed to the main shaft 8 and is driven to rotate when the energization of the stator 10 is started to rotate the main shaft 8. That is, the stator 10 and the rotor 11 constitute an electric rotating machine. The rotor 11 is disposed below the first balance weight 12 that is fixed to the main shaft 8 together with the stator 10 that is shrink-fitted and fixed to the center shell 7. The stator 10 is supplied with power via a power supply terminal 9 provided in the center shell 7.
主軸8は、回転子11の回転に伴って回転し、揺動スクロール2を旋回させるようになっている。この主軸8の上部(偏心軸部8a近傍)は、フレーム20に設けられた主軸受21によって支持されている。一方、主軸8の下部は、副軸受35によって回転自在に支持されている。この副軸受35は、密閉容器24の下部に設けられたサブフレーム34の中央部に形成された軸受収納部に圧入固定されている。また、サブフレーム34には、容積型のオイルポンプ(図示省略)が設けられている。このオイルポンプで吸引された潤滑油は、主軸8の内部形成された図示省略の油穴等を介して各摺動部に送られる。   The main shaft 8 rotates with the rotation of the rotor 11 to turn the orbiting scroll 2. The upper portion of the main shaft 8 (in the vicinity of the eccentric shaft portion 8a) is supported by a main bearing 21 provided on the frame 20. On the other hand, the lower portion of the main shaft 8 is rotatably supported by the auxiliary bearing 35. The sub-bearing 35 is press-fitted and fixed in a bearing housing portion formed at the center of a sub-frame 34 provided at the lower part of the sealed container 24. Further, the sub-frame 34 is provided with a positive displacement oil pump (not shown). The lubricating oil sucked by the oil pump is sent to each sliding portion through an oil hole (not shown) formed inside the main shaft 8.
また、主軸8の上部には、揺動スクロール2が偏心軸部8aに装着されて揺動することにより生じるアンバランスを相殺するため、第1バランスウェイト12が設けられている。回転子11の下部には、揺動スクロール2が偏心軸部8aに装着されて揺動することにより生じるアンバランスを相殺するため、第2バランスウェイト13が設けられている。第1バランスウェイト12は主軸8の上部に焼き嵌めによって固定され、第2バランスウェイト13は回転子11の下部に回転子11と一体的に固定される。   In addition, a first balance weight 12 is provided on the upper portion of the main shaft 8 in order to cancel out an unbalance caused by the swing scroll 2 being mounted on the eccentric shaft portion 8a and swinging. A second balance weight 13 is provided at the lower part of the rotor 11 in order to cancel out imbalance caused by the swing scroll 2 being mounted on the eccentric shaft portion 8a and swinging. The first balance weight 12 is fixed to the upper part of the main shaft 8 by shrink fitting, and the second balance weight 13 is fixed to the lower part of the rotor 11 integrally with the rotor 11.
次に、スクロール圧縮機100の動作について説明する。
電源端子9に通電すると、固定子10の電線部に電流が流れ、磁界が発生する。この磁界は、回転子11を回転させるように働く。つまり、固定子10と回転子11にトルクが発生し、回転子11が回転する。回転子11が回転すると、それに伴い主軸8が回転駆動される。主軸8が回転駆動されると、オルダムリング14により自転を抑制された揺動スクロール2は、揺動運動を行う。
Next, the operation of the scroll compressor 100 will be described.
When the power supply terminal 9 is energized, a current flows through the electric wire portion of the stator 10 and a magnetic field is generated. This magnetic field acts to rotate the rotor 11. That is, torque is generated in the stator 10 and the rotor 11, and the rotor 11 rotates. When the rotor 11 rotates, the main shaft 8 is rotationally driven accordingly. When the main shaft 8 is driven to rotate, the orbiting scroll 2 whose rotation is suppressed by the Oldham ring 14 performs an orbiting motion.
回転子11が回転するとき、主軸8の上部に固定されている第1バランスウェイト12と、回転子11の下部に固定されている第2バランスウェイト13と、で揺動スクロール2及びスラストベアリング3の偏心公転運動に対する静的及び動的バランスを保っている。これにより、主軸8の上部に偏心支持され、オルダムリング14により自転を抑制された揺動スクロール2が揺動されて公転旋回を始め、公知の圧縮原理により冷媒を圧縮する。   When the rotor 11 rotates, the swinging scroll 2 and the thrust bearing 3 are composed of a first balance weight 12 fixed to the upper part of the main shaft 8 and a second balance weight 13 fixed to the lower part of the rotor 11. Maintains a static and dynamic balance with respect to the eccentric revolving motion. As a result, the orbiting scroll 2 that is eccentrically supported on the upper portion of the main shaft 8 and whose rotation is suppressed by the Oldham ring 14 is swung to start revolving, and the refrigerant is compressed by a known compression principle.
これにより、冷媒ガスの一部はフレーム20の吸入ポート(図示せず)を介して圧縮室30内へ流れ、吸入過程が開始される。また、冷媒ガスの残りの一部は、固定子10の鋼板の切り欠き(図示せず)を通って、電動回転機械と潤滑油を冷却する。圧縮室30は、揺動スクロール2の揺動運動により揺動スクロール2の中心へ移動し、さらに体積が縮小される。この工程により、圧縮室30に吸入された冷媒ガスは圧縮されていく。圧縮された冷媒は、固定スクロール1の吐出口16を通り、吐出弁33を押し開けて高圧室19に流入する。そして、吐出パイプ17を介して密閉容器24から吐出される。   As a result, part of the refrigerant gas flows into the compression chamber 30 via the suction port (not shown) of the frame 20, and the suction process is started. Further, the remaining part of the refrigerant gas passes through the notch (not shown) of the steel plate of the stator 10 to cool the electric rotating machine and the lubricating oil. The compression chamber 30 moves to the center of the orbiting scroll 2 by the orbiting motion of the orbiting scroll 2, and the volume is further reduced. Through this process, the refrigerant gas sucked into the compression chamber 30 is compressed. The compressed refrigerant passes through the discharge port 16 of the fixed scroll 1, pushes the discharge valve 33 open, and flows into the high-pressure chamber 19. Then, it is discharged from the sealed container 24 through the discharge pipe 17.
圧縮室30内の冷媒ガスの圧力により発生するスラスト軸受荷重は、スラストベアリング3を支持するフレーム20で受けている。リーマボルト4は、スラスト軸受荷重により生じるスラストベアリング3とフレーム20との間の摩擦力とスラストベアリング3の遠心力との合力を支持している。また、主軸8が回転することで第1バランスウェイト12と第2バランスウェイト13に生じる遠心力及び冷媒ガス荷重は、主軸受21及び副軸受35で受けている。なお、低圧室18内の低圧冷媒ガスと高圧室19内の高圧冷媒ガスとは、固定スクロール1、フレーム20により仕切られ、気密が保たれる。固定子10への通電を止めると、スクロール圧縮機100が運転を停止する。   The thrust bearing load generated by the pressure of the refrigerant gas in the compression chamber 30 is received by the frame 20 that supports the thrust bearing 3. The reamer bolt 4 supports the resultant force of the frictional force between the thrust bearing 3 and the frame 20 generated by the thrust bearing load and the centrifugal force of the thrust bearing 3. Further, the main bearing 21 and the sub-bearing 35 receive the centrifugal force and the refrigerant gas load generated in the first balance weight 12 and the second balance weight 13 as the main shaft 8 rotates. Note that the low-pressure refrigerant gas in the low-pressure chamber 18 and the high-pressure refrigerant gas in the high-pressure chamber 19 are partitioned by the fixed scroll 1 and the frame 20 and are kept airtight. When the energization of the stator 10 is stopped, the scroll compressor 100 stops operating.
図2は、揺動スクロール2及びスラストベアリング3を拡大して示す斜視図である。図3は、リーマボルト4、スラストベアリング3の作用を説明するための説明図である。図2及び図3に基づいて、リーマボルト4、スラストベアリング3について詳細に説明する。   FIG. 2 is an enlarged perspective view showing the orbiting scroll 2 and the thrust bearing 3. FIG. 3 is an explanatory diagram for explaining the operation of the reamer bolt 4 and the thrust bearing 3. The reamer bolt 4 and the thrust bearing 3 will be described in detail based on FIG. 2 and FIG.
図2に示すように、3本のリーマボルト4が、揺動スクロールスラスト軸受面2cに挿入されるようになっている。リーマボルト4は、その頭部が揺動スクロールスラスト軸受面2cから突出するように挿入されている。そして、リーマボルト4の頭部が、スラストベアリング3のリーマボルト穴26に挿通されるようになっている。つまり、スラストベアリング3は、自身に形成されているリーマボルト穴26とリーマボルト4とによって揺動スクロールスラスト軸受面2cに位置決めされるようになっている。リーマボルト穴26は、リーマボルト4の本数に合わせて3つ形成されている。   As shown in FIG. 2, three reamer bolts 4 are inserted into the orbiting scroll thrust bearing surface 2c. The reamer bolt 4 is inserted so that its head protrudes from the orbiting scroll thrust bearing surface 2c. The head of the reamer bolt 4 is inserted into the reamer bolt hole 26 of the thrust bearing 3. That is, the thrust bearing 3 is positioned on the orbiting scroll thrust bearing surface 2c by the reamer bolt hole 26 and the reamer bolt 4 formed in itself. Three reamer bolt holes 26 are formed according to the number of reamer bolts 4.
図3に示すように、3つのリーマボルト穴26のうち1つは円形の丸穴形状に形成されている(以下、丸穴27と称する)。また、3つのリーマボルト穴26のうち残り2つはそれぞれ2つの半円形と2本の直線部から成る長穴形状に形成されている(以下、長穴A28、長穴B29と称する)。長穴A28、長穴B29は、長手方向の向きが異なるように形成されている。また、長穴A28及び長穴B29のリーマボルト4と長手方向のクリアランスは、リーマボルト4と丸穴27とのクリアランスよりも大きくなるように形成されている。なお、長穴A28、長穴B29の向きは、揺動スクロール2の回転に対して、2本以上のリーマボルト4が常時リーマボルト穴26の内壁面に接触することを考慮して決定されている。   As shown in FIG. 3, one of the three reamer bolt holes 26 is formed in a circular round hole shape (hereinafter referred to as a round hole 27). The remaining two of the three reamer bolt holes 26 are each formed in a long hole shape composed of two semicircles and two straight portions (hereinafter referred to as a long hole A28 and a long hole B29). The long hole A28 and the long hole B29 are formed so that the directions in the longitudinal direction are different. Further, the clearance in the longitudinal direction of the long hole A28 and the long hole B29 and the reamer bolt 4 is formed to be larger than the clearance between the reamer bolt 4 and the round hole 27. The orientation of the long hole A28 and the long hole B29 is determined in consideration of the fact that two or more reamer bolts 4 are always in contact with the inner wall surface of the reamer bolt hole 26 with respect to the rotation of the orbiting scroll 2.
なお、スラストベアリング3が揺動スクロールスラスト軸受面2cに設置された状態において、揺動スクロール2の凸部2dの先端面と、スラストベアリング3の下面との位置関係は上述した通りである。また、リーマボルト4の頭部の端面は、スラストベアリング3が揺動スクロールスラスト軸受面2cに設置された状態において、スラストベアリング3の下面に対して、上に位置している。   In the state where the thrust bearing 3 is installed on the orbiting scroll thrust bearing surface 2c, the positional relationship between the tip surface of the convex portion 2d of the orbiting scroll 2 and the lower surface of the thrust bearing 3 is as described above. Further, the end surface of the head of the reamer bolt 4 is located above the lower surface of the thrust bearing 3 in a state where the thrust bearing 3 is installed on the orbiting scroll thrust bearing surface 2c.
スクロール圧縮機100の構成を以下にまとめる。
第1に、3本のリーマボルト4を用いて、揺動スクロールスラスト軸受面2cに対してスラストベアリング3の位置決めをしている。
第2に、3つのリーマボルト穴26を、丸穴27、長穴A28、長穴B29として形成し、長穴A28の長手方向の向きと、長穴B29の長手方向の向きと、を異なる方向に向くようにしている。
第3に、長穴A28及び長穴B29の長手方向とリーマボルト4とのクリアランスを、リーマボルト4と丸穴27とのクリアランスよりも大きくなるようにしている。
The configuration of the scroll compressor 100 is summarized below.
First, the thrust bearing 3 is positioned with respect to the orbiting scroll thrust bearing surface 2 c by using three reamer bolts 4.
Secondly, three reamer bolt holes 26 are formed as a round hole 27, a long hole A28, and a long hole B29, and the longitudinal direction of the long hole A28 and the longitudinal direction of the long hole B29 are set in different directions. I try to face it.
Third, the clearance between the longitudinal direction of the long hole A28 and the long hole B29 and the reamer bolt 4 is made larger than the clearance between the reamer bolt 4 and the round hole 27.
このような構成としたので、揺動スクロール2が1回転する間に常時2本以上のリーマボルト4でスラストベアリング3を支持することが可能になっている。つまり、揺動スクロール2が回転する間、2本以上のリーマボルト4がリーマボルト穴26(図3では、丸穴27、長穴B29)の内壁面に接触するようになっているので、常時2本以上のリーマボルト4でスラストベアリング3を支持することができる。したがって、スクロール圧縮機100によれば、1本のリーマボルト4当りの最大支持荷重を低減でき、リーマボルト4を小さく構成できる、あるいはより廉価な素材でリーマボルト4を構成できるという効果を奏する。   With this configuration, it is possible to always support the thrust bearing 3 with two or more reamer bolts 4 during one rotation of the orbiting scroll 2. That is, since the two or more reamer bolts 4 are in contact with the inner wall surface of the reamer bolt hole 26 (in FIG. 3, the round hole 27 and the long hole B29), the two or more reamer bolts 4 are always in contact. The thrust bearing 3 can be supported by the above reamer bolt 4. Therefore, according to the scroll compressor 100, the maximum support load per one reamer bolt 4 can be reduced, and the reamer bolt 4 can be configured to be small, or the reamer bolt 4 can be configured with a less expensive material.
また、1本のリーマボルト4当りの最大支持荷重を低減することができるので、スラストベアリング3を大きくし、スラスト軸受面積をより大きくできる。したがって、スクロール圧縮機100によれば、スラスト軸受面圧を下げることができ、スラスト軸受の信頼性向上及びスラスト軸受摺動損失低減による高効率化が図れる。   Further, since the maximum support load per reamer bolt 4 can be reduced, the thrust bearing 3 can be enlarged and the thrust bearing area can be further increased. Therefore, according to the scroll compressor 100, it is possible to reduce the thrust bearing surface pressure, and it is possible to improve the reliability of the thrust bearing and increase the efficiency by reducing the thrust bearing sliding loss.
実施の形態2.
図4は、本発明の実施の形態2に係るスクロール圧縮機のスラストベアリング3に形成するリーマボルト穴26の位置関係を説明するための説明図である。図4に基づいて、実施の形態2に係るスクロール圧縮機のリーマボルト穴26の位置関係について説明する。なお、実施の形態2では実施の形態1との相違点を中心に説明し、実施の形態1と同一部分には、同一符号を付して説明を省略するものとする。
Embodiment 2. FIG.
FIG. 4 is an explanatory diagram for explaining the positional relationship of the reamer bolt holes 26 formed in the thrust bearing 3 of the scroll compressor according to the second embodiment of the present invention. Based on FIG. 4, the positional relationship of the reamer bolt hole 26 of the scroll compressor according to the second embodiment will be described. In the second embodiment, differences from the first embodiment will be mainly described, and the same parts as those in the first embodiment will be denoted by the same reference numerals and description thereof will be omitted.
実施の形態2では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴A28の中心とを結んだ線の中点Xと、スラストベアリング3の中心Oと、を結んだ線の向きに、長穴B29の長手方向を一致させるようにしている。同様に、実施の形態2では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴B29の中心とを結んだ線の中点Yと、スラストベアリング3の中心Oと、を結んだ線の向きに長穴A28の長手方向を一致させるようにしている。すなわち、実施の形態2では、長穴A28及び長穴B29の長手方向の向きを、実施の形態1に比べてより特定したものになっている。   In the second embodiment, the midpoint X of the line that satisfies the structural conditions of the first embodiment and connects the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole A28 and the center O of the thrust bearing 3 are connected. The longitudinal direction of the long hole B29 is made to coincide with the direction of the ellipse. Similarly, in the second embodiment, the midpoint Y of the line that satisfies the configuration conditions of the first embodiment and connects the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole B29, and the center O of the thrust bearing 3 The longitudinal direction of the long hole A28 is made to coincide with the direction of the line connecting. That is, in the second embodiment, the longitudinal directions of the long hole A28 and the long hole B29 are more specific than those in the first embodiment.
このような構成としたので、リーマボルト4にかかる荷重方向が長穴A28の長手方向に一致し、丸穴27に位置しているリーマボルト4と長穴B29に位置しているリーマボルト4の2本でスラストベアリング3を支持しているときに、2本のリーマボルト4にかかる支持荷重を均等にできる。同様に、リーマボルト4にかかる荷重方向が長穴B29の長手方向に一致し、丸穴27に位置しているリーマボルト4と長穴A28に位置しているリーマボルト4の2本でスラストベアリング3を支持しているときに、2本のリーマボルト4にかかる支持荷重を均等にできる。   With this configuration, the load direction applied to the reamer bolt 4 coincides with the longitudinal direction of the long hole A28, and the reamer bolt 4 located in the round hole 27 and the reamer bolt 4 located in the long hole B29 are two. When the thrust bearing 3 is supported, the support load applied to the two reamer bolts 4 can be made uniform. Similarly, the load direction applied to the reamer bolt 4 coincides with the longitudinal direction of the long hole B29, and the thrust bearing 3 is supported by the reamer bolt 4 located in the round hole 27 and the reamer bolt 4 located in the long hole A28. The supporting load applied to the two reamer bolts 4 can be made uniform when
これにより、実施の形態1の奏する効果に加え、1本のリーマボルト4当たりの最大支持荷重を更に低減でき、リーマボルト4を更に小さく構成できる、あるいは更に廉価な素材でリーマボルト4を構成できるという効果を奏する。また、実施の形態1の奏する効果に加え、1本のリーマボルト4当たりの最大支持荷重を更に低減することができるので、スラストベアリング3を更に大きくし、スラスト軸受面積を更に大きくできる。したがって、実施の形態2に係るスクロール圧縮機によれば、スラスト軸受面圧を更に下げることができ、スラスト軸受の更なる信頼性向上及びスラスト軸受の更なる摺動損失低減による高効率化が図れる。   As a result, in addition to the effects of the first embodiment, the maximum support load per reamer bolt 4 can be further reduced, and the reamer bolt 4 can be made smaller, or the reamer bolt 4 can be made of a lower cost material. Play. Further, in addition to the effect of the first embodiment, the maximum support load per reamer bolt 4 can be further reduced, so that the thrust bearing 3 can be further increased and the thrust bearing area can be further increased. Therefore, according to the scroll compressor according to the second embodiment, the thrust bearing surface pressure can be further lowered, and higher efficiency can be achieved by further improving the reliability of the thrust bearing and further reducing the sliding loss of the thrust bearing. .
実施の形態3.
図5は、本発明の実施の形態3に係るスクロール圧縮機のスラストベアリング3に形成するリーマボルト穴26の位置関係を説明するための説明図である。図5に基づいて、実施の形態3に係るスクロール圧縮機のリーマボルト穴26の位置関係について説明する。なお、実施の形態3では実施の形態1及び実施の形態2との相違点を中心に説明し、実施の形態1及び実施の形態2と同一部分には、同一符号を付して説明を省略するものとする。
Embodiment 3 FIG.
FIG. 5 is an explanatory diagram for explaining the positional relationship of the reamer bolt holes 26 formed in the thrust bearing 3 of the scroll compressor according to the third embodiment of the present invention. Based on FIG. 5, the positional relationship of the reamer bolt hole 26 of the scroll compressor according to Embodiment 3 will be described. In the third embodiment, differences from the first and second embodiments will be mainly described, and the same parts as those in the first and second embodiments will be denoted by the same reference numerals and the description thereof will be omitted. It shall be.
実施の形態3では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴A28の中心とを結んだ線の向きと、長穴A28の長手方向を一致させるようにしている。同様に、実施の形態3では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴B29の中心とを結んだ線の向きと、長穴B29の長手方向を一致させるようにしている。すなわち、実施の形態3では、長穴A28及び長穴B29の長手方向の向きを、実施の形態1に比べてより特定したものになっている。   In the third embodiment, the configuration condition of the first embodiment is satisfied, and the direction of the line connecting the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole A28 is matched with the longitudinal direction of the elongated hole A28. Yes. Similarly, in the third embodiment, the configuration condition of the first embodiment is satisfied, and the direction of the line connecting the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole B29 is matched with the longitudinal direction of the elongated hole B29. I am doing so. That is, in the third embodiment, the longitudinal direction of the long hole A28 and the long hole B29 is more specific than that in the first embodiment.
このような構成としたので、長穴(長穴A28、長穴B29)の長手方向と長穴におけるリーマボルト4に対するスラストベアリング3の振れ幅と、が直交するため、リーマボルト4に対するスラストベアリング3の振れ幅が最小となる。図5の下方に示す図により、矢印(1)の方が、矢印(2)よりも短いことがわかる。この矢印(1)がリーマボルト4に対するスラストベアリング3の振れ幅となるため、揺れ幅が最小となるということがわかる。   With such a configuration, since the longitudinal direction of the long holes (the long holes A28 and B29) and the swing width of the thrust bearing 3 with respect to the reamer bolt 4 in the long holes are orthogonal, the swing of the thrust bearing 3 with respect to the reamer bolt 4 The width is minimized. From the diagram shown in the lower part of FIG. 5, it can be seen that the arrow (1) is shorter than the arrow (2). Since this arrow (1) is the swing width of the thrust bearing 3 with respect to the reamer bolt 4, it can be seen that the swing width is minimized.
これにより、実施の形態1の奏する効果に加え、スラストベアリング3とリーマボルト4との接触により生じる磨耗及び打痕を抑制でき、信頼性がより向上することになるため、より廉価な素材でスラストベアリング3及びリーマボルト4を構成することが可能となり、コスト低減がより図れる。   As a result, in addition to the effects of the first embodiment, wear and dents caused by the contact between the thrust bearing 3 and the reamer bolt 4 can be suppressed, and the reliability can be further improved. 3 and the reamer bolt 4 can be configured, and the cost can be further reduced.
実施の形態4.
図6は、本発明の実施の形態4に係るスクロール圧縮機のスラストベアリング3に形成するリーマボルト穴26の位置関係を説明するための説明図である。図6に基づいて、実施の形態4に係るスクロール圧縮機のリーマボルト穴26の位置関係について説明する。なお、実施の形態4では実施の形態1〜実施の形態3との相違点を中心に説明し、実施の形態1〜実施の形態3と同一部分には、同一符号を付して説明を省略するものとする。
Embodiment 4 FIG.
FIG. 6 is an explanatory diagram for explaining the positional relationship of the reamer bolt holes 26 formed in the thrust bearing 3 of the scroll compressor according to the fourth embodiment of the present invention. Based on FIG. 6, the positional relationship of the reamer bolt hole 26 of the scroll compressor according to the fourth embodiment will be described. In the fourth embodiment, differences from the first to third embodiments will be mainly described, and the same parts as those in the first to third embodiments will be denoted by the same reference numerals and the description thereof will be omitted. It shall be.
実施の形態4では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴A28の中心を結んだ線の中点Xと、スラストベアリング3の中心Oと、を結んだ線の向き(線(α1))、長穴B29の長手方向の向き(線(α2))、丸穴27の中心と長穴B29の中心を結んだ線の向き(線(α3))、の3つの向きを一致させている。同様に、実施の形態4では、実施の形態1の構成条件を満たし、かつ、丸穴27の中心と長穴B29の中心を結んだ線の中点Yと、スラストベアリング3の中心Oと、を結んだ線の向き(線(β1))、長穴A28の長手方向の向き(線(β2))、丸穴27の中心と長穴A28の中心を結んだ線の向き(線(β3))、の3つの向きを一致させている。   In the fourth embodiment, the midpoint X of the line that satisfies the configuration conditions of the first embodiment and connects the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole A28 and the center O of the thrust bearing 3 are connected. The direction of the line (line (α1)), the longitudinal direction of the long hole B29 (line (α2)), the direction of the line connecting the center of the round hole 27 and the center of the long hole B29 (line (α3)), The three directions are matched. Similarly, in the fourth embodiment, the midpoint Y of the line that satisfies the configuration conditions of the first embodiment and connects the center of the round hole 27 and the center of the elongated hole B29, the center O of the thrust bearing 3, and Direction of the line (line (β1)), longitudinal direction of the long hole A28 (line (β2)), direction of the line connecting the center of the round hole 27 and the center of the long hole A28 (line (β3)) ), And the three directions are matched.
すなわち、実施の形態4では、長穴A28及び長穴B29の長手方向の向きを、実施の形態1に比べてより特定したものになっている。具体的には、実施の形態4では、線(α1)、線(α2)、線(α3)がそれぞれ平行となるように、線(β1)、線(β2)、線(β3)がそれぞれ平行となるように、リーマボルト穴26の向き及び形成位置が決定されているのである。   That is, in the fourth embodiment, the longitudinal direction of the long hole A28 and the long hole B29 is more specific than that in the first embodiment. Specifically, in the fourth embodiment, the lines (β1), (β2), and (β3) are parallel so that the lines (α1), (α2), and (α3) are parallel to each other. Thus, the orientation and formation position of the reamer bolt hole 26 are determined.
このような構成としたので、1本のリーマボルト4当たりの最大支持荷重の更なる低減と、長穴(長穴A28、長穴B29)におけるリーマボルト4に対するスラストベアリングの振れ幅の最小化を同時に実現することができる。これにより、実施の形態1の奏する効果に加え、より廉価な素材でスラストベアリング3及びリーマボルト4を構成することが可能となり、コスト低減がより図れる。   With this configuration, the maximum support load per reamer bolt 4 can be further reduced and the thrust bearing runout against the reamer bolt 4 in the long holes (the long hole A28 and the long hole B29) can be minimized. can do. Thereby, in addition to the effects of the first embodiment, it is possible to configure the thrust bearing 3 and the reamer bolt 4 with a less expensive material, and the cost can be further reduced.
なお、上記実施の形態1〜4では、揺動スクロールスラスト軸受面2cに対してのスラストベアリング3の位置決めの際に必要となる挿入部材としてリーマボルト4を用いた場合を例に説明したが、挿入部材をリーマボルト4に限定するものではなく、揺動スクロールスラスト軸受面2cに対してスラストベアリング3が位置決め可能である挿入部材であれば何を用いてもよい。また、3つのリーマボルト穴26が上記実施の形態1〜4のいずれかで説明した内容を満たしていれば、リーマボルト穴26を4つ以上形成しても構わない。   In the first to fourth embodiments, the case where the reamer bolt 4 is used as an insertion member necessary for positioning the thrust bearing 3 with respect to the orbiting scroll thrust bearing surface 2c has been described as an example. The member is not limited to the reamer bolt 4, and any member may be used as long as the thrust bearing 3 can be positioned with respect to the swing scroll thrust bearing surface 2c. Further, four or more reamer bolt holes 26 may be formed as long as the three reamer bolt holes 26 satisfy the contents described in any of the first to fourth embodiments.
1 固定スクロール、1a 固定スクロール渦巻、1b 固定スクロール台板、2 揺動スクロール、2a 揺動スクロール渦巻、2b 揺動スクロール台板、2c 揺動スクロールスラスト軸受面、2d 凸部、2e ボス部、3 スラストベアリング、3a 中心空間部、4 リーマボルト、5 スラストプレート、6 オルダム溝、6a オルダム溝、6b オルダムリング逃し溝、7 センターシェル、8 主軸、8a 偏心軸部、9 電源端子、10 固定子、11 回転子、12 第1バランスウェイト、13 第2バランスウェイト、14 オルダムリング、15 吸入パイプ、16 吐出口、17 吐出パイプ、18 低圧室、19 高圧室、20 フレーム、21 主軸受、22 アッパーシェル、23 ロアシェル、24 密閉容器、26 リーマボルト穴、27 丸穴、28 長穴A、29 長穴B、30 圧縮室、31 シール、32 シール、33 吐出弁、34 サブフレーム、35 副軸受、100 スクロール圧縮機。   DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Fixed scroll, 1a Fixed scroll swirl, 1b Fixed scroll base plate, 2 Swing scroll, 2a Swing scroll swirl, 2b Swing scroll base plate, 2c Swing scroll thrust bearing surface, 2d Convex part, 2e Boss part, 3 Thrust bearing, 3a center space, 4 reamer bolt, 5 thrust plate, 6 Oldham groove, 6a Oldham groove, 6b Oldham ring relief groove, 7 Center shell, 8 Main shaft, 8a Eccentric shaft, 9 Power supply terminal, 10 Stator, 11 Rotor, 12 First balance weight, 13 Second balance weight, 14 Oldham ring, 15 Suction pipe, 16 Discharge port, 17 Discharge pipe, 18 Low pressure chamber, 19 High pressure chamber, 20 Frame, 21 Main bearing, 22 Upper shell, 23 Lower shell, 24 Airtight container, 26 Lee Bolt holes, 27 round hole, 28 long holes A, 29 slot B, 30 compression chamber, 31 seals, 32 seal, 33 discharge valve, 34 sub-frames, 35 auxiliary bearing, 100 a scroll compressor.

Claims (5)

  1. 密閉容器と、
    前記密閉容器内に固定された固定スクロールと、
    前記固定スクロールに対して揺動するように組み合わされた揺動スクロールと、
    前記揺動スクロールを揺動させる回転駆動手段と、
    前記揺動スクロールの揺動スクロールスラスト軸受面に挿入された複数本の挿入部材と、
    前記挿入部材の本数に応じた個数の挿入部材穴が形成され、前記揺動スクロールスラスト軸受面側に配置されて前記揺動スクロールを支持するスラスト軸受と、を備え、
    前記挿入部材穴は、
    丸穴形状に形成されたものが少なくとも1つ、長穴形状に形成されたものが少なくとも2つ形成されており、
    前記長穴形状に形成された挿入部材穴は、
    その長手方向の向きが異なるように配置され、その長手方向と前記挿入部材とのクリアランスが丸穴形状に形成された挿入部材穴と前記挿入部材とのクリアランスよりも大きく形成されている
    ことを特徴とするスクロール圧縮機。
    A sealed container;
    A fixed scroll fixed in the sealed container;
    A swing scroll combined so as to swing with respect to the fixed scroll;
    Rotational drive means for swinging the swing scroll;
    A plurality of insertion members inserted into the orbiting scroll thrust bearing surface of the orbiting scroll;
    A number of insertion member holes corresponding to the number of the insertion members, and a thrust bearing disposed on the rocking scroll thrust bearing surface side to support the rocking scroll,
    The insertion member hole is
    At least one formed in a round hole shape and at least two formed in a long hole shape are formed,
    The insertion member hole formed in the elongated hole shape is
    It is arranged so that the direction of the longitudinal direction is different, and the clearance between the longitudinal direction and the insertion member is formed larger than the clearance between the insertion member hole formed in a round hole shape and the insertion member. Scroll compressor.
  2. 前記長穴形状の挿入部材穴は、
    2つの半円形と2本の直線部とから長穴形状に形成されている
    ことを特徴とする請求項1に記載のスクロール圧縮機。
    The elongated hole-shaped insertion member hole is
    The scroll compressor according to claim 1, wherein the scroll compressor is formed in an elongated hole shape from two semicircles and two straight portions.
  3. 前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と一方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の中点と、前記スラスト軸受の中心と、を結んだ線の向きに、他方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向を一致させ、
    前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と他方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の中点と、前記スラスト軸受の中心と、を結んだ線の向きに、一方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向を一致させた
    ことを特徴とする請求項1又は2に記載のスクロール圧縮機。
    In the direction of the line connecting the center of the round hole-shaped insertion member hole and the center of one elongated hole-shaped insertion member hole and the center of the thrust bearing, the other long Match the longitudinal direction of the hole-shaped insertion member hole,
    In the direction of the line connecting the center of the round hole-shaped insertion member hole and the center of the other elongated hole-shaped insertion member hole and the center of the thrust bearing, The scroll compressor according to claim 1 or 2, wherein the longitudinal direction of the hole-shaped insertion member hole is matched.
  4. 前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と一方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の向きと、前記一方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向を一致させ、
    前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と他方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の向きと、前記他方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向を一致させた
    ことを特徴とする請求項1又は2に記載のスクロール圧縮機。
    The direction of the line connecting the center of the insertion member hole of the round hole shape and the center of the insertion member hole of one elongated hole shape is matched with the longitudinal direction of the insertion member hole of the one elongated hole shape,
    The direction of the line connecting the center of the round hole-shaped insertion member hole and the center of the other long hole-shaped insertion member hole is matched with the longitudinal direction of the other long hole-shaped insertion member hole. The scroll compressor according to claim 1 or 2, characterized by the above-mentioned.
  5. 前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と一方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の中点と前記スラスト軸受の中心とを結んだ線の向き、他方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向の向き、前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と前記他方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の向き、の3つの向きを一致させ、
    前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と他方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の中点と前記スラスト軸受の中心とを結んだ線の向き、一方の長穴形状の挿入部材穴の長手方向の向き、前記丸穴形状の挿入部材穴の中心と前記一方の長穴形状の挿入部材穴の中心とを結んだ線の向き、の3つの向きを一致させた
    ことを特徴とする請求項1又は2に記載のスクロール圧縮機。
    The direction of the line connecting the center of the circular hole-shaped insertion member hole and the center of one elongated hole-shaped insertion member hole and the center of the thrust bearing, and the other elongated hole-shaped The direction of the longitudinal direction of the insertion member hole, the direction of the line connecting the center of the insertion member hole of the round hole shape and the center of the insertion member hole of the other elongated hole shape are matched,
    The direction of the line connecting the center of the circular hole-shaped insertion member hole and the center of the other elongated hole-shaped insertion member hole and the center of the thrust bearing, The direction of the insertion member hole in the longitudinal direction, the direction of the line connecting the center of the insertion member hole of the round hole shape and the center of the insertion member hole of the one elongated hole shape, and the three directions are matched. The scroll compressor according to claim 1 or 2, characterized by the above-mentioned.
JP2012063538A 2012-03-21 2012-03-21 Scroll compressor Active JP5773922B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012063538A JP5773922B2 (en) 2012-03-21 2012-03-21 Scroll compressor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012063538A JP5773922B2 (en) 2012-03-21 2012-03-21 Scroll compressor

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013194631A JP2013194631A (en) 2013-09-30
JP5773922B2 true JP5773922B2 (en) 2015-09-02

Family

ID=49393902

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012063538A Active JP5773922B2 (en) 2012-03-21 2012-03-21 Scroll compressor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5773922B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6291685B2 (en) * 2014-04-08 2018-03-14 サンデンホールディングス株式会社 Scroll type fluid machinery

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06341380A (en) * 1993-04-14 1994-12-13 Daikin Ind Ltd Scroll fluid machine
JP2008248817A (en) * 2007-03-30 2008-10-16 Hitachi Ltd Scroll fluid machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013194631A (en) 2013-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4841536B2 (en) Motor and refrigerant compressor provided with the same
JP6057535B2 (en) Refrigerant compressor
JP2011099377A (en) Refrigerant compressor
WO2015177851A1 (en) Scroll compressor
JP5773922B2 (en) Scroll compressor
JP6033467B2 (en) Scroll compressor
JP6607970B2 (en) Scroll compressor
JP5660772B2 (en) Rotor, magnet-embedded electric motor, and electric compressor
JP6366833B2 (en) Scroll compressor
JP2014101835A (en) Scroll compressor
JP6195466B2 (en) Scroll compressor
JP6745913B2 (en) Compressor
JP2014214736A (en) Scroll fluid machine
JP6320575B2 (en) Electric compressor
JP6104396B2 (en) Scroll compressor
JP5836845B2 (en) Scroll compressor
JP6116333B2 (en) Scroll compressor
JP6598881B2 (en) Scroll compressor
JPWO2019142315A1 (en) Rotary compressor
JPWO2019097708A1 (en) Scroll compressor
JP2012189004A (en) Scroll fluid machine
JP6305552B2 (en) Scroll compressor
JP5889142B2 (en) Scroll compressor
JP2010038107A (en) Scroll type fluid machine
JP2012036876A (en) Scroll compressor

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140725

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150528

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150602

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150630

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5773922

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250