JP5729635B2 - Coexistence system between the wireless communication network - Google Patents

Coexistence system between the wireless communication network Download PDF

Info

Publication number
JP5729635B2
JP5729635B2 JP2011003491A JP2011003491A JP5729635B2 JP 5729635 B2 JP5729635 B2 JP 5729635B2 JP 2011003491 A JP2011003491 A JP 2011003491A JP 2011003491 A JP2011003491 A JP 2011003491A JP 5729635 B2 JP5729635 B2 JP 5729635B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
channel
wireless communication
communication network
information
coexistence
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011003491A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012147209A (en )
Inventor
モハメッド アジイズル ラハマン
モハメッド アジイズル ラハマン
春毅 宋
春毅 宋
俊義 王
俊義 王
トンチェア バイカッシュ
トンチェア バイカッシュ
スタニスラフ フィリン
スタニスラフ フィリン
原田 博司
博司 原田
Original Assignee
国立研究開発法人情報通信研究機構
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、複数の無線通信ネットワーク間における通信干渉を防止するための無線通信ネットワーク間の共存システムに関する。 The present invention relates to a coexistence system between wireless communication networks for preventing communication interference between a plurality of wireless communication networks.

近年においては、無線通信デバイスの使用が劇的に増大しており、これに伴い、互いに通信干渉が生じ得る複数の無線通信ネットワークをいかに共存させるかが重要になりつつある。 In recent years, the use of wireless communication devices is dramatically increased, due to this, either by how coexist a plurality of wireless communication networks that may occur communications interfere with each other, it is becoming important.

ここで、図13に示すように、複数の無線通信ネットワーク131が存在する場合を考える。 Here, as shown in FIG. 13, consider the case where a plurality of wireless communication network 131 is present. 各無線通信ネットワーク131は、基地局133と、基地局133と無線通信可能なデバイス135を有するものとする。 Each wireless communication network 131 is assumed to have the base station 133, the base station 133 and wireless communication capable device 135. また、各無線通信ネットワーク131の基地局133からの通信可能範囲143が重なるものとする。 Further, it is assumed that the communication range 143 of the base station 133 of the wireless communication network 131 overlap.

この場合、この重なる領域147にあるデバイス135は、各無線通信ネットワーク131が同じチャネルにより無線通信を行う場合に通信干渉を受けることになる。 In this case, the device 135 in this overlapping region 147, so that each wireless communication network 131 receives a communication interference when performing wireless communication with the same channel. このため、複数の無線通信ネットワーク131において同じチャネルにより無線通信を行う場合は、通信干渉を生じさせることなく共存し得るように制御する必要がある。 Therefore, when performing wireless communication with the same channel in a plurality of wireless communication network 131, it is necessary to control so as to co-exist without causing communication interference.

このような問題を解決するため、IEEE P802.19.1においては、後述するようなCM(Coexistence Manager)等の通信干渉を防止するための様々なエンティティが提案されている。 To solve this problem, in IEEE P802.19.1 the various entities for preventing communication interference, such as CM (Coexistence Manager) as described later is proposed. しかし、IEEE P802.19.1においては、これらエンティティを実際に用いて通信干渉を防止するための具体的な手順やプロトコルは未だ提案されていなかった。 However, in IEEE P802.19.1 are specific procedures and protocols for preventing communication interference with these entities actually has not been proposed yet.

また、非特許文献1においては、自己が属する無線通信ネットワークが他の無線通信ネットワークとの間において通信干渉を防止しつつ共存を実現可能とするための手順が提案されている。 Further, in Non-Patent Document 1, the procedure for wireless communication network itself belongs is possible to realize the coexistence while preventing communication interference between the other wireless communication network has been proposed.

しかしながら、この非特許文献1に開示された手順は、あくまで自己が属する無線通信ネットワークと他の無線通信ネットワークとの間における通信干渉を防止するための方法に過ぎず、複数の無線通信ネットワークがある場合に各無線通信ネットワーク全体での通信干渉を防止するための方法ではない。 However, this non-disclosed in Patent Document 1 procedure, only only method for preventing communication interference between the radio communication network and other wireless communication network itself belongs, there are a plurality of wireless communication networks not how to prevent the communication interference across each wireless communication network in the case.

また、この非特許文献1に開示された手順は、基地局自身がチャネルを分類し、分類したチャネルから選択し、基地局が属する無線通信ネットワーク自身が選択したチャネルにより無線通信を行うものに過ぎず、無線通信ネットワーク内の基地局やデバイス以外がそのようなチャネルの分類、選択をすることを想定したものではない。 Moreover, the procedure disclosed in this Non-Patent Document 1, only those base station itself to classify a channel, and select from the classification channels, performs radio communication by a channel of a wireless communications network itself selects belonging base station not, than the base station or device in a wireless communication network such channels classification, not assumed that the selection.

また、非特許文献1に開示された手順では、無線通信ネットワーク内の基地局やデバイスが他の無線通信ネットワークとの間での通信干渉の有無を判別するためにセンシングすることが必要であるという問題もある。 Also, as in the procedure disclosed in Non-Patent Document 1, it is necessary to sense for the base station or device in a wireless communication network to determine the presence or absence of communication interference with other wireless communication networks problem also.

また、非特許文献1に開示された手順では、バックアップチャネル(Backup Channel)、キャンディデイトチャネル(Candidate Channel)、保護チャネル(Protected Channel)、使用中チャネル(Operating Channel)、未許諾チャネル(Disallowed Channel)のような多くの分類の何れかにチャネルを分類する必要があった。 Further, in the non-disclosed in Patent Document 1 procedure, the backup channel (Backup Channel), Candidate channel (Candidate Channel), the protection channel (Protected Channel), used in the channel (Operating Channel), non-licensed channel (Disallowed Channel) it was necessary to classify the channels to any of a number of classification like.

そこで、本発明は、上述した問題点に鑑みて案出されたものであり、その目的とするところは、複数の無線通信ネットワークがある場合に各無線通信ネットワーク全体での通信干渉を防止しつつ無線通信を行うことを可能とし、更には上述の問題点を有利に解決することのできる無線通信ネットワーク間の共存システムを提供することにある。 The present invention has been devised in view of the above problems, and an object, while preventing communication interference across the wireless communication network when a plurality of wireless communication networks It makes it possible to perform radio communication, further to provide a coexistence system between a wireless communication network that can be advantageously solve the problems described above.

本発明者は、上述した課題を解決するために、鋭意検討の末、下記の無線通信ネットワーク間の共存システムを発明した。 The present inventors, in order to solve the above problems, intensive end of study, invented a coexistence system between the following wireless communication networks.

第1発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、複数の無線通信ネットワーク間における通信干渉を防止するための無線通信ネットワーク間の共存システムにおいて、上記複数の無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能な共存制御手段と、上記共存制御手段との間で情報を送受信可能であり、テレビシステムによるチャネルの使用状況が記録されたデータベースとを備え、上記複数の無線通信ネットワークは、少なくとも自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を含む通信情報と、自己によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報とを上記共存制御手段に送信し、上記データベースは、上記複数の無線通信ネットワーク内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報を上記共存制 Coexistence system between the wireless communication network according to the first invention, transmitted and received in the coexistence system between wireless communication networks for preventing communication interference between a plurality of wireless communications networks, the information between said plurality of wireless communication networks a coexistence control means capable, is capable of transmitting and receiving information to and from the coexistence control section, and a database usage is recorded in the channel by the television system, said plurality of wireless communication networks, at least own communication a communication information containing range information and communication interference occurrence range information, and the first channel information that shows the usage of the channel by the self transmitted to the coexistence control section, the database, the TV in the plurality of wireless communication networks the coexistence system of the second channel information indicating the usage status of the channel by the system 手段に送信し、上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを当該無線通信ネットワーク毎に分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき、一の無線通信ネットワークの通信可能範囲と他の無線通信ネットワークの通信干渉発生範囲とが重なり合うか否かの基準を含む複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセットからチャネルを選択し、選択したチャネルを当該無線通信ネットワークに通知し、上記無線通信ネットワークは、通知されたチャネルにより Send to the means, the coexistence control section, the other based on the received the first channel information and the second channel information, and the wireless communication usable channel set network channels available belongs, the other channels belonging a plurality of channels classified by the wireless communication network to one of the set of channels, based on the communication information received each channel classified into usable channel set, can communicate one radio communication network coverage and other a plurality of classified into ranks based on the classified rank selects a channel from the available channel set, the wireless communication network selected channels, including a wireless communication network communication interference occurrence range and overlapping whether criteria notify, the wireless communication network, the notification channel 線通信を行うことを特徴とする。 And performs communications.

第2発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第1発明において、上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、当該無線通信ネットワークが使用できないチャネルが属する使用不可能チャネルセットと、当該無線通信ネットワーク自身が使用している使用中チャネルセットとの何れかに複数のチャネルを当該無線通信ネットワーク毎に分類することを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to the second invention, in the first invention, the coexistence control section, based on said received first channel information and the second channel information, the wireless communication network can be used channel a usable channel set belong, the wireless communication a plurality of channels to one of the said wireless communications network is unavailable channel unavailable belongs channel sets, with the wireless communications network itself using the channel set used wherein the classifying each network.

第3発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第1発明又は第2発明において、上記複数の無線通信ネットワークは、自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報と、自己の無線通信ネットワークの無線通信規格情報と、自己の無線通信ネットワークによる送信出力情報とを含む通信情報を送信することを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to the third invention, in the first or second aspect of the invention, the plurality of wireless communication networks, communication range information, and communication interference occurrence range information of the self, the own wireless communication network characterized by the transmission and the wireless communication standard information, communication information including the transmission output information by the own wireless communication network.

第4発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第1発明〜第3発明の何れかにおいて、上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用したときに他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じないチャネルが属する空きチャネルセットと、他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存チャネルセットとの何れかに上記使用可能チャネルセットに属する各チャネルを分類することを特徴とする。 Coexistence system between a wireless communication network according to the fourth invention, in any one of the first to third aspects of the invention, the coexistence control section, based on said received first channel information and the communication information, the wireless communication network any but the coexistence channel set channel belongs interference may occur between a free channel set channel communication interference does not occur belongs, and other wireless communication network with another wireless communication network when using wherein the classifying each channel belonging to the crab the available channel set.

第5発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第4発明において、上記共存制御手段は、上記使用可能チャネルセットから選択したチャネルが共存チャネルセットに属するチャネルである場合に、選択したチャネルを当該無線通信ネットワークに通知するとともに、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワークに時分割及び/又は周波数分割の共存方法により無線通信を行うように通知し、上記無線通信ネットワークは、通知されたチャネル及び共存方法により無線通信を行うことを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to the fifth invention, in the fourth invention, the coexistence control section, when the channel selected from the available channel set is a channel belonging to the coexistence channel set, the selected channel and notifies to the wireless communication network, notifies to conduct wireless communication by the coexistence method of the time-division and / or frequency division in the wireless communication network communication interference may occur, the wireless communication network, notification channel and and performs radio communication by the coexistence method.

第6発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第4発明又は第5発明において、上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、一つの無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存チャネルセットと、二つ以上の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存チャネルセットとの何れかに上記共存チャネルセットに属する各チャネルを分類することを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to the sixth invention, in the fourth invention or the fifth invention, the coexistence control section, based on said received first channel information and the communication information, with one wireless communication network a single coexistence channel set channel belongs interference can occur between, belong to the co-channel set to one of the two or more multi-coexistence channel set channel belongs interference may occur between the radio communications network wherein the classifying each channel.

第7発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、複数の無線通信ネットワーク間における通信干渉を防止するための無線通信ネットワーク間の共存システムにおいて、上記複数の無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能である共存制御手段と、上記共存制御手段との間で情報を送受信可能であり、テレビシステムによるチャネルの使用状況が記録されたデータベースとを備え、上記複数の無線通信ネットワークは、少なくとも自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を含む通信情報と、自己によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報とを上記共存制御手段に送信し、上記データベースは、上記複数の無線通信ネットワーク内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報を上記共 Coexistence system between the wireless communication network according to a seventh aspect of the invention is transmitted and received in the coexistence system between wireless communication networks for preventing communication interference between a plurality of wireless communications networks, the information between said plurality of wireless communication networks possible coexistence control means is a capable of transmitting and receiving information to and from the coexistence control section, and a database usage is recorded in the channel by the television system, said plurality of wireless communication networks, at least its a communication information including a communication range information, and communication interference occurrence range information, and the first channel information that shows the usage of the channel by the self transmitted to the coexistence control section, the database is within the plurality of wireless communication networks the co-second channel information indicating the usage status of the channel by the television system 制御手段に送信し、上記共存制御手段は、受信した各無線通信ネットワークの上記通信情報及び上記第一チャネル情報と、受信した上記第二チャネル情報とを何れかの無線通信ネットワークに送信し、上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、自己が使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき、一の無線通信ネットワークの通信可能範囲と他の無線通信ネットワークの通信干渉発生範囲とが重なり合うか否かの基準を含む複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセット Transmitted to the control unit, the coexistence control unit transmits the above communication information and the first channel information of each wireless communication network received, the received and the second channel information to one of a wireless communications network, the wireless communication network, based on said received first channel information and the second channel information, a plurality in any of the available channel set by itself is available channels belonging, and other channel sets the channel belongs otherwise classifying the channel, based on the communication information received each channel classified into usable channel set, whether a communication range of one radio communication network and a communication interference occurs range of other wireless communication network overlap the available channel set based on the ranks classified into a plurality of ranks were classified including criteria らチャネルを選択し、選択したチャネルにより無線通信を行うことを特徴とする。 Select Luo channel, and performs wireless communication on the selected channel.

第8発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第7発明において、上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、自己が使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、自己が使用できないチャネルが属する使用不可能チャネルセットと、自己が使用しているチャネルが属する使用中チャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類することを特徴とする。 Coexistence system between a wireless communication network according to the eighth invention, in the seventh invention, the wireless communication network, based on said received first channel information and the second channel information, self usable channels available belongs and channel set, wherein the self unusable channel set channels can not be used belongs, that self classifies multiple channels to any of the busy channel set channel belongs are using.

第9発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第7発明又は第8発明において、上記複数の無線通信ネットワークは、自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報と、自己の無線通信ネットワークの無線通信規格情報と、自己の無線通信ネットワークによる送信出力情報とを含む通信情報を送信することを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to a ninth invention, in the seventh invention or the eighth invention, the plurality of wireless communication networks, communication range information, and communication interference occurrence range information of the self, the own wireless communication network characterized by the transmission and the wireless communication standard information, communication information including the transmission output information by the own wireless communication network.

第10発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第7発明〜第9発明の何れかにおいて、上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、自己が使用したときに他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じないチャネルが属する空きチャネルセットと、他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存チャネルセットとの何れかに上記使用可能チャネルセットに属する各チャネルを分類することを特徴とする。 Coexistence system between the wireless communication network according to a tenth invention, in any one of the seventh aspect to the ninth invention, the wireless communication network, based on said received first channel information and the communication information, self used above one of the co-channel set channel belongs interference may occur between a free channel set channel communication interference does not occur belongs, and other wireless communication network with another wireless communication network when wherein the classifying each channel belonging to the usable channel set.

第11発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第10発明において、上記無線通信ネットワークは、上記使用可能チャネルセットから選択したチャネルが共存チャネルセットに属するチャネルである場合に、通信干渉が生じ得る他の無線通信ネットワークとの間で時分割及び/又は周波数分割の共存方法により選択したチャネルで無線通信を行うことを特徴とする。 Coexistence system between a wireless communication network according to an eleventh invention, in the tenth invention, the wireless communication network, when the channel selected from the available channel set is a channel belonging to the coexistence channel set, communication interference occurs and performs radio communication channel selected by the coexistence method of time division and / or frequency division between obtaining other wireless communication network.

第12発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第10発明又は第11発明において、上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、一つの無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存チャネルセットと、二つ以上の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存チャネルセットとの何れかに上記共存チャネルセットに属する各チャネルを分類することを特徴とする。 Coexistence system between a wireless communication network according to a twelfth invention, in the tenth invention or the eleventh invention, the wireless communication network, based on said received first channel information and the communication information, with one wireless communication network a single coexistence channel set channel belongs interference can occur between, belong to the co-channel set to one of the two or more multi-coexistence channel set channel belongs interference may occur between the radio communications network wherein the classifying each channel.

第13発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムは、第7発明〜第12発明の何れかにおいて、上記複数の無線通信ネットワークは、上記共存制御手段との間で情報を送受信可能な中継無線通信ネットワークと、上記中継無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能な末端無線通信ネットワークとを有し、上記共存制御手段は、受信した各無線通信ネットワークの上記通信情報及び上記第一チャネル情報と、受信した上記第二チャネル情報とを,上記中継無線通信ネットワークに送信する、又は、上記中継無線通信ネットワークを通して上記末端無線通信ネットワークに送信し、上記中継無線通信ネットワーク又は上記末端無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、当該末端無線 Coexistence system between a wireless communication network according to a thirteenth invention, in any one of the seventh aspect to twelfth invention, the plurality of wireless communication networks, capable of transmitting and receiving relay wireless communication of information between the coexistence control means a network, a reception possible terminal wireless communication network information between the relay wireless communication network, the coexistence control means, and the communication information and the first channel information of each wireless communication network has received, received and the second channel information is transmitted to the relay wireless communication network, or sends to said terminal a wireless communication network through the relay wireless communication network, the relay wireless communication network or the terminal wireless communication network, receiving based on the above first channel information and the second channel information, the terminal radio 通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセットからチャネルを選択し、選択したチャネルにより当該末端無線通信ネットワークが無線通信を行うことを特徴とする。 A usable channel set channel communications network can be used belongs, classifying the plurality of channels in any of the other channel sets other channels belong it, the communications received each channel classified into usable channel set into a plurality of ranks based on the information, select a channel from the available channel set based on the ranks classified, the terminal wireless communication network and performs wireless communication on the selected channel.

第1発明〜第13発明によれば、一の無線通信ネットワークと他の無線通信ネットワークとの間で発生し得る通信干渉のみではなく、複数の無線通信ネットワーク全体に発生し得る通信干渉を防止しつつ無線通信を行うことが可能となる。 According to the first aspect to thirteenth invention, not only the communication interference that may occur between the first wireless communications network and other wireless communication networks, to prevent communication interference that may occur across multiple wireless communication networks while it is possible to perform wireless communication. また、チャネルの分類、選択のために必要となる情報の取得を各無線通信ネットワーク内の基地局等が行なうのではなく、共存制御手段が行っているため、各無線通信ネットワーク内の基地局等がそのような情報の取得を不要とすることが可能となるうえ、各無線通信ネットワーク内の基地局等によるセンシングを不要とすることが可能となる。 The channel classification, rather than the acquisition of information necessary for selection than the base station or the like in each wireless communication network performed, since the coexistence control section is performing, such as a base station in each radio communications network There after it becomes possible to acquire such information as required, it is possible to sensing by the base station or the like in each wireless communication network unnecessary.

また、第2発明、第8発明によれば、使用可能チャネルセット、使用不可能チャネルセット、使用中チャネルセットの何れかのチャネルセットにチャネルを分類するのみで、上述の如き効果を実現することが可能となる。 The second invention according to the eighth invention, usable channel set, unusable channel set, only classifies a channel to any channel set of channels set in use, to realize such effects described above it is possible.

また、第4発明、第5発明によれば、一の無線通信ネットワークが無線通信を行っている場合に、一の無線通信ネットワークと共存する他の無線通信ネットワークが同一のチャネルにより無線通信をする場合でも、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワークに時分割等の共存方法を通知することとしているので、そのような場合にも通信干渉の発生を防止することが可能となる。 The fourth invention according to the fifth invention, when the first wireless communication network is performing wireless communication, a wireless communication by other wireless communication networks the same channel to coexist with one wireless communications network even if, since the notifying coexistence method of the time division such as the wireless communication network communication interference can occur, it is possible to prevent the occurrence of a communication interference in such a case.

また、第13発明によれば、共存制御手段との間で情報を送受信できない末端無線通信ネットワークがある場合でも、複数の中継無線通信ネットワークと末端無線通信ネットワークとの間で通信干渉を防止しつつ無線通信を行うことが可能となる。 The 13 th aspect, even if there is a terminal wireless communication network that can not transmit and receive information to and from the coexistence control section, while preventing communication interference between a plurality of relay wireless communication network and a terminal wireless communication network it is possible to perform wireless communication.

第1実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a configuration example of a coexistence system between the wireless communication network according to the first embodiment. 通信可能範囲と通信干渉発生範囲とについて説明するための模式図である。 Is a schematic diagram for explaining a communication interference occurs scope and coverage area. (a)は使用可能チャネルセット、使用不可能チャネルセット及び使用中チャネルセットについて説明するためのベン図であり、(b)は保護チャネルセット、未許諾チャネルセット及び未分類チャネルセットについて説明するためのベン図である。 (A) is usable channel set, a Venn diagram for explaining the unusable channel set and used in the channel set, (b) the protection channel set, for explaining Not Licensed Channel Set and unclassified channel set it is a Venn diagram. (a)は使用可能チャネルセットの詳細について説明するためのベン図であり、(b)は使用中チャネルセットの詳細について説明するためのベン図である。 (A) is a Venn diagram for explaining details of the available channel set is a Venn diagram for explaining (b) Details of the channel set in use. (a)は多重共存チャネルセットの詳細について説明するためのベン図であり、(b)は多重共存使用中チャネルセットの詳細について説明するためのベン図である。 (A) is a Venn diagram for explaining details of the multi-coexistence channel set, (b) is a Venn diagram for explaining details of the multiple coexisting used in the channel set. 第1実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの動作について説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the coexistence system between the wireless communication network according to the first embodiment. ステップS13の詳細について説明するためのフローチャートである It is a flowchart for explaining details of step S13 ステップS14の詳細について説明するためのフローチャートである。 It is a flowchart for explaining details of step S14. チャネルセットに属するチャネルを切り替えるイベントについて説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for describing an event for switching the channels belonging to the channel sets. 第2実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの動作について説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the coexistence system between a wireless communication network according to the second embodiment. 第3実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a configuration example of a coexistence system between a wireless communication network according to the third embodiment. 第3実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの動作について説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the coexistence system between a wireless communication network according to the third embodiment. 従来技術について説明するための図である。 It is a diagram for explaining the prior art for.

以下、本発明を適用した無線通信ネットワーク間の共存システムを実施するための形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments for implementing the coexistence system between a wireless communication network according to the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

まず、本発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの第1実施形態について説明する。 First, a description will be given of a first embodiment of a coexistence system between the wireless communication network according to the present invention.

第1実施形態に係る共存システム1は、図1に示すように、CDIS(Coexistence Discovery and Information Server)11と、CDIS11との間で情報を送受信可能なCM(Coexistence Manager)13と、CM13との間で情報を送受信可能なCE(Coexistence Enabler)15とを備えている。 Coexistence system 1 according to the first embodiment, as shown in FIG. 1, and CDIS (Coexistence Discovery and Information Server) 11, and can transmit and receive CM (Coexistence Manager) 13 information with CDIS11, the CM13 and a transceiver capable of CE (Coexistence Enabler) 15 information between. また、第1実施形態に係る共存システム1は、CDIS11又はCM13の何れかとの間で情報を送受信可能なデータベース21と、CM13との間で情報を送受信可能な複数の無線通信ネットワーク31とを備えている。 Further, coexistence system 1 according to the first embodiment includes information transmitting and receiving a database 21 with the either CDIS11 or CM13, and a plurality of wireless communication networks 31 that can transmit and receive information to and CM13 ing.

CDIS11及びCM13は、CM13の管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31が互いに通信干渉が生じないように共存し得るように制御する共存制御手段12としての役割を担う。 CDIS11 and CM13 plays a role as a coexistence control means 12 in which a plurality of wireless communication network 31 is controlled so as to be able to co-exist as a communication interference does not occur with one another within the jurisdiction of the CM13.

CDIS11は、そのような共存制御を実行するうえで必要となる各種情報が記憶されている。 CDIS11 stores various information that is required to perform such a coexistence control are stored. CDIS11に記憶される情報としては、後述のような第一チャネル情報、第二チャネル情報や、通信情報、マトリックス等が挙げられる。 The information stored in the CDIS11, first channel information as described below, and the second channel information, communication information, matrix and the like. CDIS11は、CM13等が共存制御を実行する場合において、自身に記憶されている各種情報を提供するサーバーとしての役割を担う。 CDIS11, in the case where such CM13 executes the coexistence control, serves as a server that provides various kinds of information stored in itself. CDIS11は、データベース21に適宜アクセスし、CM13の管轄内にある無線通信ネットワーク31内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示すチャネル情報を取得して、これを蓄積するようにしてもよい。 CDIS11 is appropriately accesses the database 21, and acquires the channel information indicating the channel usage by television system in a wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of the CM 13, may be accumulated it.

CM13は、管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31間の共存制御を実際に実行する役割を担う。 CM13 is responsible for actually performing the coexistence control among a plurality of wireless communication network 31 that are within the jurisdiction. CM13は、無線通信ネットワーク31に実装されるものであってもよいし、無線通信ネットワーク31と通信可能なインターネット等の通信網に設けられるものであってもよい。 CM13 may be be those that are implemented in the wireless communication network 31, or may be provided in the communication network such as that can communicate internet and wireless communications network 31.

CE15は、無線通信ネットワーク31とCM13との間における通信を中継し、共存制御を実行するうえでのイネーブラーとしての役割を担う。 CE15 relays communication between the radio communication network 31 and CM 13, serves as enabler in performing a coexistence control. 具体的には、CE15は、無線通信ネットワーク31とCM13との間におけるインターフェースとしての役割を担っており、必要に応じて送受信する信号を他の規格のものに変換する処理を行う。 Specifically, CE15 has a role as an interface between the wireless communication network 31 with CM 13, performs processing for converting a signal transmitted and received as required to that of the other standards. CE15は、一の無線通信ネットワーク31につき一つ実装される。 CE15 is one mounted per one wireless communication network 31.

なお、CDIS11、CM13、CE15の数については特に図示のものに限定するものではない。 Incidentally, CDIS11, CM13, not particularly limited to the illustration of the number of CE15.

データベース21は、テレビシステムを含むプライマリネットワークによるチャネルの使用状況を示す情報が記憶されている。 Database 21, information indicating the usage status of the channel by the primary network including a television system are stored. データベース21には、様々な位置においてのプライマリネットワークによるチャネルの使用状況を示す情報が記録されている。 The database 21, information indicating the usage status of the channel by the primary network at various locations are recorded. また、データベース21には、テレビシステム等のプライマリネットワークによりチャネルが使用される時間帯を示す情報が記録されていてもよい。 Moreover, the database 21, information indicating a time zone in which the channel is used by the primary network, such as a television system may be recorded. データベース21の情報は、周期的又は非周期的に種々のデバイスによりセンシングすることにより更新されていてもよい。 Information in the database 21 may be updated by sensing by periodically or aperiodically various devices. このようなデータベース21にアクセスすることにより、テレビシステム等のプライマリネットワークによる無線通信に通信干渉を与えないチャネルを把握することができる。 By accessing such a database 21, it can grasp the channels that do not give communication interference to radio communication by the primary network, such as a television system.

無線通信ネットワーク31は、基地局33と、基地局33との間で無線通信可能なデバイス35とを有している。 Wireless communication network 31 includes base station 33, and a wireless communication capable device 35 with the base station 33.

無線通信ネットワーク31は、IEEE802.19.1標準、IEEE802.11標準、IEEE802.22標準、IEEE802.15標準、IEEE802.16標準、IEEE1900.4標準、IEEE1900.6標準等の無線通信規格により無線通信を行うものである。 Wireless communication network 31, IEEE802.19.1 standard, IEEE 802.11 standard, IEEE 802.22 standard, IEEE 802.15 standard, IEEE 802.16 standard, IEEE1900.4 standard, wireless communication by a wireless communication standard such as IEEE1900.6 standard and it performs. 無線通信ネットワーク31は、例えば、TVWS(TV White Space)を含む周波数帯域のチャネルを利用して無線通信を行うものであるが、利用するチャネルの周波数帯域はこれに限定するものではない。 Wireless communication network 31 is, for example, and performs wireless communication using a channel of frequency band including TVWS (TV White Space), the frequency band of the channel used is not limited thereto. 無線通信ネットワーク31内における無線通信は、一のデバイス35と基地局33との間で行われてもよいし、一のデバイス35と基地局33を介して他のデバイス35との間で行われてもよい。 Wireless communication in a wireless communication network 31 may be performed between the first device 35 and base station 33, is performed between the other devices 35 via one of the device 35 and the base station 33 it may be.

基地局33は、無線通信ネットワーク31内における無線通信を制御するコーディネータとしての役割を担うようにしてもよい。 The base station 33 may be responsible for as the coordinator for controlling radio communication in a wireless communication network 31. 基地局33には、CE15を装着可能な図示しない装着部が設けられていてもよい。 The base station 33 may be provided with mounting portions (not shown) can be attached to CE15.

デバイス35は、例えば、携帯電話、パーソナルコンピュータ(PC)、TVゲーム用携帯コントローラを初めとした各種情報端末等により構成される。 Device 35 is, for example, a mobile phone, personal computer (PC), composed of the beginning and the various kinds of information terminals such as a portable controller for the TV game.

なお、無線通信ネットワーク31は、その無線通信ネットワーク31内における無線通信を制御するための通信制御局が別途設けられていてもよい。 The wireless communications network 31 may be a communication control station is additionally provided for controlling the wireless communication in the wireless communication network 31.

次に、第1実施形態に係る共存システム1による共存制御の基本的な第一のコンセプトについて説明する。 Following describes the basic first concept of coexistence control by coexistence system 1 according to the first embodiment.

ある無線通信ネットワーク31内で無線通信を行う場合、その無線通信ネットワーク31内において安定して通信を行うことのできる範囲は、その無線通信ネットワークが無線通信を行うときに用いる送信機から出力される電波の強さ(dBm)に応じて定められる。 When performing radio communication with a certain wireless communication network within 31, the range which can perform stable communications in the wireless communication network 31 is outputted from a transmitter which is used when the wireless communication network for wireless communication determined according to the signal strength (dBm). 具体的には、送信機からの距離が長くなるほどその送信機から伝播してくる電波が減衰して電波の強さが低減するが、送信機から伝播してくる電波の強さが所定値(例えば、−60dBm)以上の範囲内にデバイス35があれば無線通信を安定して行うことができる。 Specifically, although the radio wave distance from the transmitter comes propagates from the transmitter as longer reduces the strength of the radio wave is attenuated, the intensity of the radio waves propagating from the transmitter a predetermined value ( for example, it is possible to perform radio communication stably if the device 35 in the range -60 dBm) above. 本発明においては、図2(a)に示すように、このような無線通信ネットワーク31内にある送信機41から出力される電波により無線通信を安定して行うことができるような範囲を通信可能範囲43という。 In the present invention, as shown in FIG. 2 (a), a communicable range such that a wireless communication by a radio wave output from the transmitter 41 in such a wireless communication network 31 can be performed stably that range 43.

このとき、一の無線通信ネットワーク31の送信機からは通信可能範囲43の範囲外にも電波が減衰しつつ伝播している。 At this time, from the transmitter one of a wireless communication network 31 is propagated while radio waves outside the range of the communication range 43 is attenuated. ここで、一の無線通信ネットワーク31内にある送信機41から伝播してくる電波の強さが所定値(例えば、−90dBm)以上の範囲内に、他の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲内にあるデバイス35がある場合、このデバイス35が無線通信を行おうとしたときに通信干渉が生じてしまう恐れがある。 Here, one wireless communication network 31 transmitter 41 a predetermined value the strength of radio waves propagating from within (e.g., -90 dBm) within above range, the communication range of another wireless communication network 31 If there is a device 35 which is in, there is a possibility that communication interference occurs when the device 35 attempts to perform a wireless communication. 本発明においては、このような一の無線通信ネットワーク31内にある送信機41から出力される電波により他の無線通信ネットワーク31内にあるデバイス35に通信干渉を生じさせるような範囲を通信干渉発生範囲45という。 In the present invention, one such a wireless communication network 31 in another wireless communication network 31 in communication interference occurs causing such a range communications interference occurs devices 35 in the radio wave output from the transmitter 41 in that range 45.

ここで、複数の無線通信ネットワーク31間において通信干渉が生じ得る場合とは、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲43と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲45とが重なり合う場合を意味している。 Here, if a is the Interference in between a plurality of wireless communication network 31 may occur, meaning if the communication range 43 of one wireless communication network 31 and the communication interference occurrence range 45 of the other wireless communication network 31 overlap are doing.

具体的には、図2(a)に示すように、二つの無線通信ネットワーク31が十分に離れており、一方の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲43と他方の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲45とが重複しない場合は、通信干渉が生じないものと考える。 Specifically, as shown in FIG. 2 (a), two wireless communication network 31 are far enough apart, the communication interference occurs in the communication range 43 and the other wireless communication network 31 of one of the wireless communication network 31 If the range 45 do not overlap, it considered that communication interference does not occur. これに対して、図2(b)に示すように、二つの無線通信ネットワーク31が接近しており、一方の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲43と他方の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲45とが重なり合う場合、その重なり合う領域47に一方の無線通信ネットワーク31のデバイス35があるときに通信干渉が生じるものと考える。 In contrast, as shown in FIG. 2 (b), two wireless communication network 31 is close, communication interference occurs scope of coverage area 43 and the other wireless communication network 31 of one of the wireless communication network 31 45 when the overlap, considered that communication interference occurs when devices 35 of one of the wireless communication network 31 to the overlapping region 47. 以下、このような互いに重なり合う領域47のある複数の無線通信ネットワーク31は、互いに共存しているという。 Hereinafter, a plurality of wireless communication network 31 with a region 47 overlapping to such one another, that coexist with each other.

このように、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲43と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲45とを比較することにより、複数の無線通信ネットワーク31間において通信干渉が生じ得るかどうか、換言すると、複数の無線通信ネットワーク31が互いに共存しているかどうか判別することが可能となる。 Thus, by comparing the communication range 43 and a communication interference occurs range 45 of the other wireless communication network 31 of one wireless communications network 31, whether communication interference in between the plurality of wireless communication network 31 may occur , in other words, it is possible to a plurality of wireless communication network 31 to determine whether coexist with each other.

そこで、本発明においては、CM13の管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31から、各無線通信ネットワーク31の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を取得し、その取得した通信可能範囲情報、通信干渉発生範囲情報に基づき通信干渉が生じ得るか判別することとしている。 Therefore, in the present invention, a plurality of wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of the CM 13, acquires the communication range information, and communication interference occurrence range information of each wireless communication network 31, acquired communication range information that the communication interference based on the interference generated range information is decided to determine may occur.

次に、第1実施形態に係る共存システム1による共存制御の基本的な第二のコンセプトについて説明する。 Following describes the basic second concept of coexistence control by coexistence system 1 according to the first embodiment.

複数の無線通信ネットワーク31が互いに共存している場合に、通信干渉が生じないように共存制御を実行するうえでは、各無線通信ネットワーク31が使用できるチャネルと、それ以外のチャネルとを適切に分類しておくことが必要となる。 When a plurality of wireless communication network 31 coexist with each other, in order to perform a coexistence control such communication interference does not occur, properly classified and channel the wireless communication network 31 can be used, and other channels it is necessary to keep.

そこで、第1実施形態に係る共存システム1では、所定のチャネルセットに複数のチャネルを分類することとしている。 Therefore, in the coexistence system 1 according to the first embodiment, it is set to be classified a plurality of channels in a given channel set. 具体的には、図3(a)に示すような、使用可能チャネルセット51と、使用不可能チャネルセット53と、使用中チャネルセット55との何れかのチャネルセットに複数のチャネルを無線通信ネットワーク31毎に分類することとしている。 Specifically, as shown in FIG. 3 (a), the usable channel set 51, the unusable channel set 53, a wireless communication network a plurality of channels to any channel set for the channel set 55 in use It is set to be classified in every 31.

使用可能チャネルセット51には、チャネルの分類対象としている無線通信ネットワーク31が現時点において使用できるチャネルが属するように分類される。 The usable channel set 51, a wireless communication network 31 that the classification target channels channels that can be used at the present time are classified to belong. 使用可能チャネルセット51には、チャネルの分類対象としている無線通信ネットワーク31以外の他の無線通信ネットワーク31において使用中チャネルセット55に分類されているチャネルも分類される。 The usable channel set 51, even channels that are classified as used in the channel set 55 in other wireless communication network 31 other than the wireless communication network 31 that the classification target channels are classified.

使用不可能チャネルセット53には、チャネルの分類対象としている無線通信ネットワーク31が現時点において使用できないチャネルが属するように分類される。 The unusable channel set 53, a channel the wireless communication network 31 that the classification target channel is not available at the present time is classified to belong. 使用不可能チャネルセット53は、更に細かい下位の分類項目として、図3(b)に示すように、テレビシステム等のプライマリネットワークにより使用されており、セカンダリネットワークとしての無線通信ネットワーク31による使用ができないチャネルが属する保護チャネルセット53aと、政府等による規制政策により政府等による許諾を受けなければ使用が認められないチャネルが属する未許諾チャネルセット53bと、他のチャネルセットに分類できないチャネルが属する未分類チャネルセット53cとを有する。 Unusable channel set 53, as further detailed subordinate categories, as shown in FIG. 3 (b), are used by the primary network, such as a television system, it can not be used by the wireless communication network 31 as a secondary network and the protection channel set 53a that channel belongs, and the non-licensed channel set 53b which used to be under license by the government, such as the channel that are not found belongs by the regulatory policy by the government, etc., channel belongs unclassified does not fall in any of the other channels set and a channel set 53c. 使用不可能チャネルセット53に分類されるチャネルは、保護チャネルセット53a、未許諾チャネルセット53b、未分類チャネルセット53cの何れかに分類されることになる。 Channels are classified into unusable channel set 53, the protection channel set 53a, Not Licensed channel set 53b, would be classified as either unclassified channel set 53c.

使用中チャネルセット55には、チャネルの分類対象としている無線通信ネットワーク31が現時点において使用しているチャネルが属するように分類される。 The use of channel set 55, a channel the wireless communication network 31 that the classification target channel is used at present are classified as belonging.

ここで、使用中チャネルセット55に分類されるチャネルは、各無線通信ネットワーク31によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報を無線通信ネットワーク31から取得することにより容易に判別することができる。 Here, channels are classified into use during channel set 55, it can be easily determined by obtaining the first channel information that shows the usage of the channel by the wireless communication network 31 from the wireless communication network 31. また、保護チャネルセット53aに分類されるかチャネルは、無線通信ネットワーク31内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報をデータベース21から取得することにより容易に判別することができる。 Further, the channel or are classified into protection channel set 53a can be easily determined by obtaining the second channel information indicating the usage status of the channel by the television system in a wireless communication network 31 from the database 21. また、未許諾チャネルセット53bに分類されるチャネルは、規制政策を示す情報を様々な情報媒体から取得することにより容易に判別することができる。 Also, channels are classified into non-licensed channel set 53b can be easily determined by obtaining information indicating a regulatory policy from a variety of media. また、未分類チャネルセット53cに分類されるチャネルは、データベース21やセンシングによりそのチャネルに関する情報を確認できるか否かにより容易に判別することができる。 Also, channels are classified into unclassified channel set 53c can be easily determined by whether it is possible to confirm the information about the channel by the database 21 and sensing.

また、使用可能チャネルセット51は、図4(a)に示すように、チャネルの分類対象となる無線通信ネットワーク31内において、その分類対象となるチャネルにより無線通信を行ううえで存在する通信制限の有無に応じて更に細かく分類されていてもよい。 Also, the available channel set 51, as shown in FIG. 4 (a), in a wireless communication network 31 to be classified channels, the communication restriction that exists in performing wireless communication by the channel to be its classified it may be classified more finely in accordance with the presence or absence. ここでいう通信制限としては、例えば、そのチャネルを使用して無線通信を行う場合に送信出力を所定値以下にする必要がある等が挙げられる。 The communication limit here, for example, like that need to be below a predetermined value and the like of the transmission output when performing wireless communication using that channel. 図4(a)では、このような通信制限のあるチャネルを左側の使用可能チャネルセット51Aに分類し、通信制限のないチャネルを右側の使用可能チャネルセット51Bに分類する場合を例示している。 Figure 4 (a), the exemplifies a case where the channel of such a communication limit classifying the left of the available channel set 51A, classifying without communication restriction channel to the right of the available channel set 51B.

また、使用可能チャネルセット51は、更に細かい下位の分類項目として、チャネルの分類対象となる無線通信ネットワーク31が使用したときに他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じないチャネルが属する空きチャネルセット51aと、他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存チャネルセット51b、51cとを有していてもよい。 Also, the available channel set 51, as further detailed subordinate categories, communication interference with other wireless communication network 31 is the channel belongs not occur when the wireless communication network 31 to be classified channels used and free channel set 51a, co-channel set 51b of channel interference may occur belongs with another wireless communication network 31 may have a 51c. この場合、使用可能チャネルセット51に属するチャネルは、空きチャネルセット51aと共存チャネルセット51b、51cとの何れかに分類される。 In this case, channels belonging to the available channel set 51 is idle channel sets 51a and Coexistence channel set 51b, are classified as either a 51c.

また、共存チャネルセット51b、51cは、更に細かい下位の分類項目として、一つの他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存チャネルセット51bと、二つ以上の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存チャネルセット51cとを有していてもよい。 Further, coexistence channel set 51b, 51c are finer as the lower categories, the sole co-channel set 51b of channel Interference can occur between one of the other wireless communication network 31 belongs, more than one radio it may have a multi-coexistence channel set 51c that channel belongs interference can occur between the communications network 31. この場合、共存チャネルセット51b、51cに属するチャネルは、単独共存チャネルセット51bと多重共存チャネルセット51cとの何れかに分類される。 In this case, co-channel set 51b, channels belonging to 51c are classified into either alone coexistence channel set 51b multiplexed co-channel set 51c.

ここで、使用可能チャネルセット51に属するチャネルが空きチャネルセット51a、共存チャネルセット51b、51cの何れに分類されるかは、上述のような通信可能範囲、通信干渉発生範囲に基づき判別することとする。 Here, the channel is vacant channel sets 51a belonging to the available channel set 51, coexistence channel set 51b, are either classified as either 51c, the communication range as described above, and to determine on the basis of a communication interference occurs range to. 具体的には、分類対象となるチャネルを使用したときに、図2(a)に示すように、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲が重なり合わない場合は、その分類対象となるチャネルを空きチャネルセット51aに分類する。 Specifically, when using a channel to be classified, as shown in FIG. 2 (a), overlap the communication range and communication interference occurrence range of other wireless communication network 31 of one wireless communication network 31 If you disagree classifies a channel as the classification target idle channel set 51a. また、図2(b)に示すように、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲が重なり合う場合は、その分類対象となるチャネルを共存チャネルセット51b、51cに分類する。 Further, as shown in FIG. 2 (b), one wireless communication Interference occurs if the range overlap of communication range with other wireless communication network 31 of the network 31, the coexistence channel set 51b the channel to be its classified , to classify to 51c. また、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲と通信干渉発生範囲が重なり合う他の無線通信ネットワーク31が一つの場合は、その分類対象となるチャネルを単独共存チャネルセット51bに分類し、他の無線通信ネットワーク31が二つ以上の場合は、その分類対象となるチャネルを多重共存チャネルセット51cに分類する。 Furthermore, if another wireless communication network 31 to communicate interference occurrence range communication range overlap one wireless communication network 31 is one classifies a channel as the classification target alone coexistence channel set 51b, other wireless when the communication network 31 is two or more sorts the channel to be its classified in multiple co-channel set 51c.

また、使用中チャネルセット55は、図4(b)に示すように、更に細かい下位の分類項目として、他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じないチャネルが属する単独使用中チャネルセット55aと、他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存使用中チャネルセット55b、55cとを有していてもよい。 The use of channel set 55, as shown in FIG. 4 (b), further detailed as subordinate categories, single-use channel set channel belongs communication interference does not occur between the other wireless communication network 31 55a and the other wireless communication co-use channel set 55b that channel belongs interference may occur between the network 31, may have a 55c. この場合、使用中チャネルセット55に属するチャネルは、単独使用中チャネルセット55aと共存使用中チャネル中セット55b、55cとの何れかに分類される。 In this case, channels belonging to use during channel set 55, a single-use channel sets 55a and Coexistence used in the channel in the set 55b, are classified as either a 55c.

また、共存使用中チャネルセット55b、55cは、更に細かい下位の分類項目として、一つの他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存使用中チャネルセット55bと、二つ以上の他の無線通信ネットワーク31との間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存使用中チャネルセット55cとを有していてもよい。 Further, coexistence use during channel set 55b, 55c, as the finer lower categories, the sole co-use channel set 55b of channel Interference may occur belongs to and from one of the other wireless communication network 31, the two One or more of the multiple coexisting used in channel set 55c that channel belongs interference may occur between the other wireless communication network 31 may have.

ここで、共存使用中チャネルセット55に属するチャネルが単独使用中チャネルセット55a、共存使用中チャネルセット55b、55cの何れに分類されるかは、使用可能チャネルセット51の判別方法と同様に、通信可能範囲、通信干渉発生範囲に基づき判別することとする。 Here, or channels belonging to coexist using the channel set 55 is used alone in the channel set 55a, co-use channel set 55b, it is classified into any of 55c, similarly to the method of determining the available channel set 51, a communication range, and to determine on the basis of a communication interference occurs range.

また、多重共存チャネルセット51cや、多重共存使用中チャネルセット55cは、図5(a)、(b)に示すように、更に細かい下位の分類項目として、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が容易なチャネルが属するチャネルセット56aと、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が困難なチャネルが属するチャネルセット56bとを有していてもよい。 Also, multiple co-channel sets 51c and, multiple coexisting used in channel set 55c, as shown in FIG. 5 (a), (b), further detailed as subordinate categories, time division and / or wireless communication by frequency division a channel set 56a that channel belongs a easy, time division and / or wireless communication by frequency division may have a channel set 56b that belongs difficult channel. ここでいう、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が容易である場合とは、その共存する可能性のある又は共存している二つ以上の無線通信ネットワーク31の無線通信規格に、時分割及び/又は周波数分割により無線通信を行うための同一のプロトコルが含まれている場合をいう。 Here, when the case division and / or wireless communication by frequency division is easy, the potential or coexistence to have more than one wireless communication network 31 of the wireless communication standard that the coexistence time division and it refers to the case that contains the same protocol for wireless communication with / or frequency division.

ここで、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が容易であるか否かは、各無線通信ネットワーク31からCM13に送信される無線通信規格情報に基づき判別することとする。 Here, whether the time or split and / or wireless communication by frequency division is easy, and to discriminate on the basis of a wireless communication standard information transmitted from the wireless communication network 31 to the CM 13.

因みに、使用可能チャネルセット51には、プライマリネットワークにより使用されている保護チャネルが含まれていないことから、使用可能チャネルセット51に分類されるチャネルは、プライマリネットワークによる無線通信に通信干渉を与えることなくセカンダリネットワークとしての無線通信ネットワーク31が無線通信を行うことのできるチャネルであるといえる。 Incidentally, the usable channel set 51, since it does not include protection channel being used by the primary network, the channel is classified as usable channel set 51, to provide a communication interference to radio communication by the primary network without it can be said that the wireless communication network 31 as a secondary network is a channel capable of performing wireless communication.

次に、第1実施形態に係る共存システム1による共存制御の基本的な第三のコンセプトについて説明する。 Following describes the basic third concept coexistence control by coexistence system 1 according to the first embodiment.

本発明においては、上述の使用可能チャネルセット51に分類した各チャネルを複数のランクに分類することとしている。 In the present invention, it is possible to classify each channel are classified into usable channel set 51 described above into a plurality of ranks.

このランクの基準には、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲とが重なり合うかが少なくとも含まれる。 The criteria for this rank, whether the communication range of one radio communication network 31 and the communication interference occurrence range of other wireless communication network 31 are overlapped is contained at least. これは、これらが重なり合うか否かにより、通信干渉が生じるか否かを判断することができ、通信干渉が生じない場合の方が処理数を減らすことができるためである。 This is because whether they overlap, it is possible to determine whether or not the communication interference occurs, towards the case of communication interference does not occur is because it is possible to reduce the number of processing. これらが重なり合う場合は、ランクが低くなるように設定し、これらが重なり合わない場合は、ランクが高くなるように設定する。 If they are overlapping, set to rank lower, if these do not overlap, set to rank higher. 即ち、通信干渉の考慮をする必要がないチャネルが高ランクとなるように設定する。 That is, the channel does not need to be considered in communication interference is set to be a high rank.

また、このランクの他の基準には、複数の無線通信ネットワーク31間で時分割及び/周波数分割により無線通信をする必要があるか否かを含めるようにしてもよい。 Moreover, other criteria for this rank, may be included whether or not it is necessary to a wireless communication by a time division and / Frequency division between a plurality of wireless communication network 31. これは、時分割等により無線通信をする必要がある場合、そのための処理数が増大してしまうためである。 This, if it is necessary to a wireless communication by dividing such time, because the number of processes for its increase. 時分割等により無線通信をする必要がある場合は、ランクが低くなるように設定し、この必要がない場合は、ランクが高くなるように設定する。 If you need to wireless communication by a time division or the like, set to rank lower, if this not, set to rank higher. 即ち、時分割等により無線通信をする必要がないチャネルが高ランクとなるように設定する。 That is, set so that the channel is not necessary to a wireless communication by splits time becomes higher rank.

また、このランクの他の基準には、各無線通信ネットワーク31が使用している無線通信規格に、時分割及び/又は周波数分割により無線通信を行うための同一のプロトコルがあるか否かを含めるようにしてもよい。 Moreover, other criteria for this rank, the wireless communication standard that each wireless communication network 31 is used, including whether there is a same protocol for wireless communication by a dividing and / or frequency division time it may be so. これは、無線通信規格がIEEE802.11a、802.11gやIEEE802.22等のときに、その無線通信規格に時分割及び/又は周波数分割により無線通信を行うためのプロトコルが含まれており、そのプロトコルを利用して共存制御を容易に行うことができるためである。 This wireless communication standard IEEE802.11a, when such 802.11g and IEEE 802.22, includes a protocol for performing wireless communication by time division and / or frequency division in the wireless communication standard, that This is because it is possible to easily coexistence control using the protocol. 時分割及び/又は周波数分割により無線通信を行うための同じプロトコルが含まれている無線通信規格である場合、ランクが高くなるように設定し、そうでない場合は、ランクが低くなるように設定する。 If a time-division and / or wireless communication standards contain the same protocol for performing wireless communication by frequency division, set to rank higher, otherwise, set to rank lower .

また、このランクの他の基準として、各無線通信ネットワーク31が使用しようとするチャネルの送信出力を含めるようにしてもよい。 As another criterion for this rank, it may be included in transmit power of a channel that each wireless communication network 31 is to use. これは、送信出力が高い方が通信可能範囲や情報量を大きくして高品質の無線通信をすることができるためである。 This is because it is possible to the higher transmission power by increasing the communication range and the amount of information to a high-quality wireless communication. 送信出力が高いほどランクが高くなるように設定する。 Set so as to rank higher transmission output is increased.

なお、上述したランクの基準は、あくまで一例であり、これらに限定されるものではない。 The reference ranks described above is merely an example, not intended to be limited thereto. この他にも、通信品質を示すSN比やRSSI等を基準に含めてもよく、これらが高い場合に高ランクとなるように設定してもよい。 In addition to this, it may be included on the basis of the SN ratio and RSSI or the like indicating the communication quality, may be set to be a high rank when they are high.

次に、第1実施形態に係る無線通信ネットワーク間の共存システム1による動作について説明する。 Next, the operation according coexistence system 1 between a wireless communication network according to the first embodiment.

第1実施形態に係る共存システム1は、図6に示すようなフローチャートに沿って処理を実行する。 Coexistence system 1 according to the first embodiment executes the processing according to the flowchart shown in FIG.

まず、ステップS11では、CM13の管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31が、自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を含む通信情報と、自己のチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報とをCM13に送信する。 First, in step S11, a plurality of wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of CM13 is, first channel information indicating the communication information including a communication range information, and communication interference occurrence range information of the self, the usage of its own channel to send the door to the CM13. この通信情報には、自己の無線通信ネットワーク31の無線通信規格情報と、自己の無線通信ネットワーク31による送信出力情報とが含まれていてもよい。 The communication information, and the wireless communication standard information of the own wireless communication network 31, may include a transmission output information according to its own wireless communication network 31. また、複数の無線通信ネットワーク31は、通信情報や第一チャネル情報とともに、自己の位置情報も送信する。 Further, a plurality of wireless communication network 31, along with communication information and first channel information, also sends location information of the self.

次に、ステップS12に移行し、CM13の管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報をデータベース21からCM13又はCDIS11に送信する。 Then, the process proceeds to step S12, and transmits the second channel information indicating the usage status of the channel by the television system in the plurality of wireless communication networks 31 within the jurisdiction of CM13 from the database 21 in CM13 or CDIS11. このとき、ステップS11において受信した無線通信ネットワーク31の位置情報をCM13により読み出して、これをデータベース21に送信して、その無線通信ネットワーク31の位置に対応した第二チャネル情報をデータベース21が読み出して、これをCM13又はCDIS11に送信するようにしてもよい。 At this time, the position information of the wireless communication network 31 which is received by reading the CM13 a in step S11, which was sent to the database 21, the second channel information corresponding to the position of the wireless communication network 31 database 21 is read , which may be transmitted to the CM13 or CDIS11.

次に、ステップS13に移行し、CM13又はCDIS11により、受信した第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、使用可能チャネルセット51とそれ以外のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類する。 Then, the process proceeds to step S13, classified by CM13 or CDIS11, based on the first channel information and the second channel information received, a plurality of channels to one of the channel set otherwise the usable channel set 51 to. チャネルの分類は、無線通信ネットワーク31毎に個別に行なう。 Channel classification is carried out separately for each radio communication network 31. この分類に用いられるチャネルセットとしては、少なくとも使用可能チャネルセット51が用いられていればよく、それ以外のチャネルセットとしては、上述の使用不可能チャネルセット53、使用中チャネルセット55の二種類が挙げられる。 The channel set used in this classification, it is sufficient that at least the available channel set 51 is used, as the channel set otherwise, unusable channel set 53 described above, two types of in-use channel set 55 and the like. なお、チャネルは、何れか一つのチャネルセットにのみ分類され、同じチャネルが二つ以上のチャネルセットに分類されることはない。 The channel is classified only in one of the channel sets, no that the same channel is classified into two or more channel sets.

このステップS13の詳細な手順の一例について、図7に示すフローチャートに基づいて説明する。 An example of a detailed procedure of step S13, will be described with reference to the flowchart shown in FIG.

まず、ステップS21では、複数の無線通信ネットワーク31を識別するカウンタiをゼロクリアして、カウンタiの初期値を設定する。 First, in step S21, then cleared to zero identifies counter i a plurality of wireless communication network 31, the initial value of the counter i. ここでは、初期値として1を設定する。 Here sets 1 as an initial value. カウンタiの最大値は、分類対象となる無線通信ネットワーク31の数に応じて定まり、例えば、CM13の管轄内にある各無線通信ネットワーク31の合計値となる。 Maximum value of the counter i is Sadamari according to the number of wireless communication network 31 to be classified, for example, the total value of each wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of the CM 13.

次に、ステップS22に移行し、i番目の無線通信ネットワーク31がCDIS11に登録されているか判定する。 Then, the process proceeds to step S22, and determines whether i-th wireless communication network 31 is registered in CDIS11. 登録されていない場合は、ステップS23に移行し、カウンタiについてi=i+1と1を加算して、ステップS22に戻る。 If not registered, the process proceeds to step S23, by adding the i = i + 1 and 1 for counter i, the flow returns to step S22. 登録されている場合は、ステップS24に移行する。 If registered, the process proceeds to step S24. なお、CDIS11に対する無線通信ネットワーク31の登録は、例えば、本ステップS24により前において予め行われる。 The registration of the wireless communication network 31 for CDIS11 is, for example, previously performed before the present step S24.

次に、ステップS24では、i番目の無線通信ネットワーク31から第一チャネル情報や通信情報を未だ取得していない場合、第一チャネル情報や通信情報をi番目の無線通信ネットワーク31から取得する。 Next, in step S24, if the i-th wireless communication network 31 is not the first channel information and the communication information acquired yet, to obtain a first channel information and the communication information from the i-th wireless communication network 31.

次に、ステップS25に移行し、i番目の無線通信ネットワーク31の各チャネルを上述のチャネルセットに分類するために必要となる第二チャネル情報や規制政策を示す情報等を未だ取得していない場合、その情報をデータベース21等から取得する。 Then, the process proceeds to step S25, if not yet acquired the information indicating the second channel information and regulatory policy needed to classify each channel of the i-th wireless communication network 31 to the channel set above , acquires the information from the database 21 or the like.

次に、ステップS26に移行し、複数のチャネルを識別するカウンタjをゼロクリアして、カウンタjの初期値を設定する。 Then, the process proceeds to step S26, and cleared to zero identifies counter j multiple channels, sets the initial value of the counter j. ここでは、初期値として1を設定する。 Here sets 1 as an initial value. カウンタjの最大値は、分類対象となるチャネルの数に応じて定まる。 Maximum value of the counter j is determined according to the number of the classification target channel.

次に、ステップS27に移行し、j番目のチャネルをi番目の無線通信ネットワーク31が使用しているか判定する。 Then, the process proceeds to step S27, determines whether the j-th channel i th wireless communication network 31 is used. ここでの判定方法は、例えば、i番目の無線通信ネットワーク31から受信した、そのi番目の無線通信ネットワーク31によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報に基づいて行われる。 Wherein the determination method, for example, received from the i-th wireless communication network 31 is performed based on the first channel information that shows the usage of the channel by the i-th wireless communication network 31. 使用していると判定した場合は、ステップS28に移行し、i番目の無線通信ネットワークのj番目のチャネルを使用中チャネルセット53に分類し、ステップS32に移行する。 If it is determined that the use, the process proceeds to step S28, and classified into the i-th wireless communication j-th in-use channel channel set 53 of the network, the process proceeds to step S32. これに対して、使用していないと判定した場合は、ステップS29に移行する。 In contrast, if it is determined that it is not used, the process proceeds to step S29.

ステップS29では、j番目のチャネルがi番目の無線通信ネットワーク31により使用できるか判定する。 In step S29, it determines whether the j-th channel may be used by the i-th wireless communication network 31. 使用できると判定した場合は、ステップS30に移行し、i番目の無線通信ネットワーク31のj番目のチャネルを使用可能チャネルセット51に分類し、ステップS32に移行する。 If it is determined that can be used, the process proceeds to step S30, and classified into the i-th wireless communication j-th available channel channel set 51 of the network 31, the process proceeds to step S32. 使用できないと判定した場合は、ステップS31に移行し、i番目の無線通信ネットワーク31のj番目のチャネルを使用不可能チャネルセット55に分類し、ステップS32に移行する。 If it is determined to be unusable, the process proceeds to step S31, and classified into the i-th wireless communication j-th using channels not channel set 55 of the network 31, the process proceeds to step S32.

ステップS32では、i番目の無線通信ネットワーク31が分類対象となる全てのチャネルを分類したか判定する。 In step S32, it determines whether to classify all channels i-th wireless communication network 31 is classified. 全てのチャネルを分類していない場合は、ステップS33に移行し、カウンタjについてj=j+1と1を加算して、ステップS27に戻り、次のチャネルを分類する。 If not classify all channels, the process proceeds to step S33, the counter j by adding j = j + 1 and 1, the process returns to step S27, classifying the next channel. 全てのチャネルを分類した場合は、ステップS34に移行する。 If the classification of all channels, the process proceeds to step S34.

ステップS34では、分類対象となる全ての無線通信ネットワーク31のチャネルを分類したか判定する。 In step S34, it determines whether to classify all of the channels of the wireless communication network 31 to be classified. 全ての無線通信ネットワーク31のチャネルを分類していない場合は、ステップS35に移行し、カウンタiについてi=i+1と1を加算して、ステップS22に戻り、次の無線通信ネットワーク31のチャネルを分類する。 If not classify channels of all of the wireless communication network 31, the process proceeds to step S35, by adding the i = i + 1 and 1 for counter i, the flow returns to step S22, classifying the channel for the next wireless communication network 31 to. 全ての無線通信ネットワーク31のチャネルを分類した場合は、チャネルを分類する一連の処理を終了する。 When classifying the channels of all of the wireless communication network 31, and ends the series of processes for classifying channels.

チャネルを分類する一連の処理が終了した後は、図6に示すステップS14に移行し、CM13又はCDIS11により、使用可能チャネルセット51に分類した各チャネルを受信した通信情報に基づき複数のランクに分類するランク付けを行う。 After a series of processes for classifying the channel is completed, the process proceeds to step S14 shown in FIG. 6, the CM13 or CDIS11, classified into a plurality of ranks based on the communication information received each channel classified into usable channel set 51 the ranking to do. ランク付けは、無線通信ネットワーク31毎に個別に行なう。 Ranking is performed separately for each radio communication network 31.

このとき、ランク付けの基準となる情報は、下記の表1に示すように、予めマトリックスとして記述したものを記憶しておくことが好ましい。 At this time, information as a ranking criteria, as shown in Table 1 below, it is preferable to store those described in advance as a matrix.

このマトリックスは、一つの無線通信ネットワーク31につき一つのマトリックスが作成される。 This matrix is ​​a matrix is ​​created for each one of the wireless communication network 31. 表1の例では、無線通信ネットワークAと無線通信ネットワークBと無線通信ネットワークCとの三つの無線通信ネットワークについての三つのマトリックスが作成された例を示している。 In the example of Table 1 shows an example in which three matrices are created for three wireless communication network with a wireless communication network A and the wireless communication network B and the wireless communication network C.

このマトリックスには、上述したようなランク付けの基準となる各情報が記述される。 The matrix, the information to be ranking criteria, such as described above is described. 上述の表1の例では、このマトリックスには、左端の列に、使用可能チャネルセットに分類される各チャネルのチャネル番号が記述されている。 In the example of Table 1 above, this matrix, the leftmost column, the channel number of each channel is classified into usable channel set is described. また、右隣の列には、そのチャネル番号のチャネルの送信出力が記述されている。 Further, in the column to the right, the transmission output of the channel of the channel number are described. また、更に右隣の列には、そのチャネル番号のチャネルを使用したときに通信干渉が生じ得る無線通信ネットワーク31があるか、換言すると、共存する無線通信ネットワーク31があるかを示す情報が記述されている。 Also, the further the right column, the or communication interference when the channel of the channel number Wireless communication network 31 may occur, in other words, information indicating whether there is a wireless communication network 31 to coexist description It is. また、更に右隣の列には、時分割等による無線通信を容易に行うことができるかを示す情報が記述されている。 Also, the further the right column, the information indicating whether it is possible to easily perform wireless communication by time division like are described. ここでいう時分割等による無線通信を容易に行うことができるとは、時分割及び/又は周波数分割により無線通信を行うためのプロトコルが共存する無線通信ネットワーク31の無線通信規格に含まれている場合をいう。 And it is possible to easily perform wireless communication by dividing such time referred to herein is a protocol for performing wireless communication by a dividing and / or frequency division time is included in the radio communication standard of the wireless communication network 31 to coexist It refers to the case.

このようなマトリックスを予め作成しておくことにより、そのマトリックスを参照するのみでランク付けすることが可能となる。 By previously creating such a matrix in advance, it is possible to ranking only to refer to the matrix.

このステップS14の詳細な手順の一例について、図8に示すフローチャートに基づいて説明する。 An example of a detailed procedure of step S14, will be described with reference to a flowchart shown in FIG.

まず、ステップS41では、複数の無線通信ネットワーク31を識別するカウンタiをゼロクリアして、カウンタiの初期値を設定する。 First, in step S41, then cleared to zero identifies counter i a plurality of wireless communication network 31, the initial value of the counter i. ここでは、初期値として1を設定する。 Here sets 1 as an initial value. カウンタiの最大値は、分類対象となる無線通信ネットワーク31の数に応じて定まり、例えば、CM13の管轄内にある各無線通信ネットワーク31の合計値となる。 Maximum value of the counter i is Sadamari according to the number of wireless communication network 31 to be classified, for example, the total value of each wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of the CM 13.

次に、ステップS42に移行し、複数のチャネルを識別するカウンタjをゼロクリアして、カウンタjの初期値を設定する。 Then, the process proceeds to step S42, and cleared to zero identifies counter j multiple channels, sets the initial value of the counter j. ここでは、初期値として1を設定する。 Here sets 1 as an initial value. カウンタjの最大値は、使用可能チャネルセット51に含まれるチャネルの数に応じて定まり、例えば、使用可能チャネルセット51に含まれるチャネルの合計値となる。 Maximum value of the counter j is Sadamari depending on the number of channels included in the available channel set 51, for example, the sum value of the channel included in the available channel set 51.

次に、ステップS43に移行し、i番目の使用可能チャネルセット51からj番目のチャネルを選択する。 Then, the process proceeds to step S43, selects the j-th channel from the i-th available channel set 51. マトリックスを作成している場合は、そのj番目のチャネルに対応したマトリックスを読み出す。 If you are creating a matrix, it reads the matrix corresponding to the j-th channel.

次に、ステップS44に移行し、j番目のチャネルを複数のランクに分類するランク付けを行う。 Then, the process proceeds to step S44, to rank for classifying j-th channel to a plurality of ranks.

このとき、一の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲と他の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲とが重なり合うか比較するうえでは、既にランクの分類が完了した1〜(i−1)番目の無線通信ネットワーク31の通信干渉発生範囲と、i番目の無線通信ネットワーク31の通信可能範囲とを比較することが好ましい。 At this time, in order to compare whether the communication range of one radio communication network 31 and the communication interference occurrence range of other wireless communication network 31 overlap each other, already 1 classification rank has been completed (i-1) th it is preferable to compare a communication interference occurs range of the wireless communications network 31, and a communication range of the i-th wireless communication network 31.

次に、ステップS45に移行し、分類対象となる全てのチャネルを複数のランクに分類するランク付けをしたか判定する。 Next, it is determined whether the ranking of classifying all channels proceeds to step S45, the classification into a plurality of ranks. 全てのチャネルをランク付けしていない場合は、ステップS46に移行し、カウンタjについてj=j+1と1を加算して、ステップS43に戻り、次のチャネルのランク付けをする。 If not rank all channels, the process proceeds to step S46, the counter j by adding j = j + 1 and 1, the process returns to step S43, the ranking of the next channel. 全てのチャネルをランク付けした場合は、ステップS47に移行する。 If ranked all channels, the process proceeds to step S47.

ステップS47では、分類対象となる全ての無線通信ネットワーク31のチャネルを複数のランクに分類するランク付けをしたか判定する。 At step S47, the determining whether the ranking of classifying all channels of a wireless communication network 31 to be classified into a plurality of ranks. 全ての無線通信ネットワーク31のチャネルのランク付けをしていない場合は、ステップS48に移行し、カウンタiについてi=i+1と1を加算して、ステップS42に戻り、次の無線通信ネットワーク31の使用可能チャネルセット51の各チャネルのランク付けをする。 If you do not have a ranking of channels of all of the wireless communication network 31, the process proceeds to step S48, the by adding the i = i + 1 and 1 for counter i, the flow returns to step S42, using the following wireless communication networks 31 possible to ranking of each channel in the channel set 51. 全ての無線通信ネットワーク31のチャネルのランク付けをした場合はチャネルを複数のランクに分類する一連の処理を終了する。 If the ranking of the channel of all radio communication network 31 terminates a series of processes for classifying the channel into a plurality of ranks.

チャネルのランクを設定する一連の処理が終了した後は、図6に示すステップS15に移行し、分類したランクに基づき使用可能チャネルセット51からチャネルを選択する。 After a series of processing for setting the rank of the channel is completed, the process proceeds to step S15 shown in FIG. 6, to select a channel from the available channel set 51 on the basis of the classified rank.

ここでのチャネルの選択方法は、チャネルの選択対象となる無線通信ネットワーク31が無線通信を行っているか否かにより異なる。 Here a method of selecting channels in the different depending on whether the wireless communications network 31 to be selected channel is performing wireless communication. 無線通信を行っていない場合は、使用可能チャネルセット51から高ランクのチャネルを選択する。 If not performing wireless communication, selects a channel of a high rank from the available set of channels 51.

無線通信を行っている場合は、無線通信を行っているチャネルから高ランクのチャネルに切り替えた方がよいと判断できるときに、その高ランクのチャネルを選択する。 If that performs wireless communication, when it can be determined that it is better to switch from channel that performs wireless communication with the channel of high rank, it selects a channel of the high rank. このように切り替えた方がよいと判断できる場合としては、チャネルの選択対象としている無線通信ネットワーク31が使用しているチャネルを、他の無線通信ネットワーク31が使用しはじめた場合が挙げられる。 As if thus switched it is possible to determine that a good, a channel the wireless communication network 31 that the selection of channel is used, other wireless communication network 31 and the like may began to use. また、他の場合としては、チャネルの選択対象としている無線通信ネットワーク31が使用しているチャネルのSN比が所定の閾値より低くなった場合が挙げられる。 Further, as other cases include when the channel SN ratio of the wireless communication network 31 that the selection of channel is used is lower than a predetermined threshold value. このような場合、後述のようなチャネルセットの切り替えを行う。 In this case, to switch the channel set as described below.

ここで、選択したチャネルが共存チャネルセット51b、51cに属するチャネルである場合、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワーク31との間で行なう共存方法も選択する。 Here, if the selected channel is a channel that belongs to the coexistence channel set 51b, 51c, also selects coexistence method performed between each wireless communication network 31 by the communication interference may occur. この共存方法としては、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が挙げられる。 As a coexistence method, wireless communication and the like by splitting and / or frequency division time.

次に、ステップS16に移行し、選択したチャネルを無線通信ネットワーク31に通知する。 Then, the process proceeds to step S16, and notifies the selected channel to the wireless communication network 31. この通知は、CM13からCE15を通して無線通信ネットワーク31に通知される。 This notification is notified to the wireless communication network 31 through CE15 from CM 13. このとき、選択したチャネルが共存チャネルセットに属するチャネルである場合、選択したチャネルを無線通信ネットワーク31に通知するとともに、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワーク31に選択した共存方法により無線通信を行うことも通知する。 At this time, if the selected channel is a channel that belongs to the coexistence channel set, and notifies the selected channel to the wireless communication network 31 performs wireless communication by coexistence method selected in each of the radio communication network 31 by the communication interference may occur it is also notified.

次に、ステップS17に移行し、無線通信ネットワーク31は、通知されたチャネルにより無線通信を行う。 Then, the process proceeds to step S17, the wireless communication network 31 performs wireless communication by the notification channel. このとき、CM13からチャネルとともに共存方法も通知されたときは、その共存方法により無線通信を行う。 At this time, when the coexistence method also notified with the channel from the CM 13, performs wireless communication by its coexistence method. この無線通信は、例えば、無線通信ネットワーク31内の基地局33や通信制御局の制御の下で行われる。 The wireless communication is performed, for example, under the control of the base station 33 and the communication control station in a wireless communication network 31.

以上の第1実施形態に係る共存システム1によれば、一の無線通信ネットワーク31と他の無線通信ネットワーク31との間で発生し得る通信干渉のみではなく、複数の無線通信ネットワーク31全体に発生し得る通信干渉を防止しつつ無線通信を行うことが可能となる。 According to coexistence system 1 according to the first embodiment described above, not only communication interference that may occur between the first wireless communication network 31 with another wireless communication network 31, occurs across multiple wireless communication network 31 it is possible to perform wireless communication while preventing and can communicate interference.

また、第1実施形態に係る共存システム1によれば、チャネルの分類、選択のために必要となる情報の取得を各無線通信ネットワーク31内の基地局33等が行なうのではなく、CM13とCDIS11とからなる共存制御手段12が行っているため、各無線通信ネットワーク31内の基地局33等がそのような情報の取得を不要とすることが可能となるうえ、各無線通信ネットワーク31内の基地局33等によるセンシングを不要とすることが可能となる。 Further, according to the coexistence system 1 according to the first embodiment, channel classification, rather than performing the base station 33 or the like in each wireless communication network 31 to acquire the information necessary for selection, CM 13 and CDIS11 since the coexistence control section 12 is performing consisting of, upon which the base station 33 or the like for each wireless communication network 31 makes it possible to acquire such information as required, a base for each wireless communication network 31 it is possible to eliminate the need for sensing by the station 33 or the like.

また、第1実施形態に係る共存システム1によれば、使用可能チャネルセット51、使用不可能チャネルセット53、使用中チャネルセット55の何れかのチャネルセットにチャネルを分類するのみで上述の如き効果を実現することが可能となる。 Further, according to the coexistence system 1 according to the first embodiment, the available channel set 51, unusable channel set 53, such as only in the above classifying channel to any of the channel set used in the channel set 55 effects it is possible to achieve.

また、一の無線通信ネットワーク31が無線通信を行っている場合に、一の無線通信ネットワーク31と共存する他の無線通信ネットワーク31が同一のチャネルにより無線通信をする場合でも、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワーク31に時分割等の共存方法を通知することとしているので、そのような場合にも通信干渉の発生を防止することが可能となる。 Further, when the first wireless communication network 31 is performing wireless communication, even if the other wireless communication network 31 to coexist with one wireless communication network 31 is a wireless communication with the same channel, communication interference may occur since the notifying coexistence method such as the wireless communication network 31 in a time division, it is possible to prevent the occurrence of a communication interference in such a case.

因みに、上述のステップS15においては、使用可能チャネルセット51からチャネルを選択する点について説明したが、このような場合においては、チャネルが属するチャネルセットを切り替える必要がある。 Incidentally, in the step S15 have been described in relation to the point of selecting a channel from the available channel set 51, in such a case, it is necessary to switch the channel set channel belongs. また、これ以外の様々な場合において、チャネルが属するチャネルセットを切り替える必要がある。 In the case other various, the need to switch the channel set channel belongs.

図9は、チャネルセットを切り替える必要がある場合を説明するための図である。 Figure 9 is a diagram for explaining the case where it is necessary to switch the channel set.

上述のように、使用可能チャネルセット51からチャネルを選択するイベントE1が発生した場合、その選択したチャネルの属するチャネルセットを使用可能チャネルセット51から使用中チャネルセット53に切り替える。 As described above, when an event E1 to select a channel from the available channel set 51 is generated, switch to use the channel set 53 channel sets Field of the selected channel from the available set of channels 51.

また、使用中チャネルセット53に属するチャネルの使用を無線通信ネットワーク31が中止するイベントE2が発生する場合がある。 Further, there is a case where an event E2 to the use of channels belonging to use during channel set 53 is a wireless communication network 31 to cancel occurs. この場合は、そのチャネルの属するチャネルセットを使用中チャネルセット53から使用可能チャネルセット51に切り替える。 In this case, switch enables channel set 51 using the channel set belongs that channel from use during channel set 53.

また、使用不可能チャネルセット55に属するチャネルが、規制政策等の変更により使用が認められるようになったり、プライマリネットワークにより使用されないことがデータベース21の更新等により把握できるイベントE3が発生する場合がある。 Also, if the channels belonging to the disabled channel set 55, or come to be approved for use by changing the Regulation policy, it will not be used by the primary network event E3 can be grasped by the update or the like of the database 21 is generated is there. この場合は、そのチャネルの属するチャネルセットを使用不可能チャネルセット53から使用可能チャネルセット51に切り替える。 In this case, switch enables channel set 51 using the channel set belongs the channel from the unusable channel set 53.

また、使用可能チャネルセット51や使用中チャネルセット55に属するチャネルが、規制政策等の変更により使用が認められなくなったり、プライマリネットワークにより使用されていることがデータベース21の更新等により把握できるイベントE4が発生する場合がある。 Further, channels belonging to the available channel set 51 and used in the channel set 55, or no longer approved for use by changing the Regulation policies that are being used by the primary network can be grasped by the update or the like of the database 21 events E4 there may occur. この場合は、そのチャネルの属するチャネルセットを使用可能チャネル51又は使用中チャネルセット55から使用不可能チャネルセット53に切り替える。 In this case, switching to non-channel set 53 using the available channels 51 or used in channel set 55 using the channel set belongs that channel.

次に、本発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システムの第2実施形態について説明する。 Next, a description of a second embodiment of the coexistence system between the wireless communication network according to the present invention. なお、上述した構成要素と同一の構成要素については、同一の符号を付すことにより以下での説明を省略する。 The same components as those described above, description thereof is omitted below by the same reference numerals.

上述した第1実施形態においては、CM13やCDIS11により図3に示すステップS13〜ステップS15の処理が実行される場合を例に説明したが、これらステップS13〜ステップS15の処理は、無線通信ネットワーク31により実行されてもよい。 In the first embodiment described above has been described as an example a case where processing of step S13~ step S15 shown in FIG. 3 is executed by the CM13 and CDIS11, processes in steps S13~ step S15, the wireless communications network 31 it may be performed by.

以下、第2実施形態に係る共存システム1の動作について説明する。 Hereinafter, the operation of the coexistence system 1 according to the second embodiment.

第2実施形態に係る共存システム1は、図10に示すようなフローチャートに沿って処理を実行する。 Coexistence system 1 according to the second embodiment executes the processing according to the flowchart shown in FIG. 10.

まず、ステップS11、ステップS12は、第1実施形態において説明したのと同様の処理が実行される。 First, step S11, step S12, processing similar to that described in the first embodiment is executed.

次に、ステップS12−aに移行し、CM13の管轄内にある複数の無線通信ネットワーク31からCM13が受信したそれぞれの第一チャネル情報及び通信情報と、データベース21からCM13又はCDIS15が受信した第二チャネル情報とをCM13の管轄内にある何れかの無線通信ネットワーク31に送信する。 Then, the process proceeds to step S12-a, each of the first channel information and the communication information CM13 from a plurality of wireless communication network 31 is received within the jurisdiction of CM13, second to CM13 or CDIS15 from the database 21 receives It transmits the channel information to one of the wireless communication network 31 that are within the jurisdiction of the CM 13.

次に、ステップS13−aに移行し、その何れかの無線通信ネットワーク31により、受信した第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、使用可能チャネルセット51とそれ以外のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類する。 Then, the process proceeds to step S13-a, the wireless communication network 31 of either, based on the first channel information and the second channel information received, either the channel set otherwise the usable channel set 51 to classify the crab multiple channels. このとき、第1実施形態のステップS13において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S13 of the first embodiment is executed.

次に、ステップS14−aに移行し、その何れかの無線通信ネットワーク31により、使用可能チャネルセット51に分類した各チャネルを受信した通信情報に基づき複数のランクに分類するランク付けをする。 Then, the process proceeds to step S14-a, the wireless communication network 31 of either, to a ranking of classifying into a plurality of ranks based on the communication information received each channel classified into usable channel set 51. このとき、第1実施形態のステップS14において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S14 of the first embodiment is executed.

次に、ステップS15−aに移行し、分類したランクに基づき使用可能チャネルセット51からチャネルを選択する。 Then, the process proceeds to step S15-a, selects a channel from the available channel set 51 on the basis of the classified rank. このとき、第1実施形態のステップS15において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S15 of the first embodiment is executed.

ここで、選択したチャネルが共存チャネルセット51b、51cに属するチャネルである場合は、通信干渉が生じ得る他の無線通信ネットワーク31との間で行なう共存方法も選択する。 Here, if the selected channel is a channel that belongs to the coexistence channel set 51b, 51c also selects coexistence method performed with the other wireless communication network 31 by the communication interference may occur. この共存方法としては、時分割及び/又は周波数分割による無線通信が挙げられる。 As a coexistence method, wireless communication and the like by splitting and / or frequency division time. 選択した共存方法は、通信干渉が生じ得る他の無線通信ネットワーク31に対して通知しておく。 Selected co methods should be notified to other radio communication network 31 by the communication interference may occur. この通知は、チャネルを選択した無線通信ネットワーク31から通信干渉が生じ得る他の無線通信ネットワーク31に直接通知されてもよいし、CM13を通して通知されてもよい。 This notification may be reported directly to the other wireless communication network 31 to communicate interference from the wireless communications network 31 which selects the channel can occur, it may be reported through the CM 13.

次に、ステップS17―aに移行し、その何れかの無線通信ネットワーク31により、選択したチャネルにより無線通信を行う。 Then, the process proceeds to step S17-a, the wireless communication network 31 of either performs wireless communication on the selected channel. このとき、上述のようにして共存方法を通知したときは、その共存方法により無線通信を行う。 At this time, when notified coexistence method as described above, it performs radio communication by the coexistence method.

次に、本発明に係る無線通信ネットワーク間の共存システム1の第3実施形態について説明する。 Next, a description of a third embodiment of coexistence system 1 between a wireless communication network according to the present invention.

第3実施形態に係る共存システム1は、図11に示すように、複数の無線通信ネットワーク31として、CM13との間で情報を送受信可能な中継無線通信ネットワーク31Aと、中継無線通信ネットワーク31Aとの間で情報を送受信可能な末端無線通信ネットワーク31Bとを有する。 Coexistence system 1 according to the third embodiment, as shown in FIG. 11, as the plurality of wireless communication network 31, and can transmit and receive relay wireless communication network 31A information between CM 13, the relay radio communication network 31A information between a transmission and reception possible terminal wireless communications network 31B. 中継無線通信ネットワーク31Aと末端無線通信ネットワーク31Bは、例えば、それぞれの基地局33との間で無線通信又は有線通信により情報を送受信可能である。 Relay radio communication network 31A and a terminal wireless communication network 31B, for example, is capable of transmitting and receiving information by wireless communication or wired communication with the respective base station 33. この末端無線通信ネットワーク31Bは、CM13との間で情報を送受信できないものを例示している。 The terminal wireless communication network 31B illustrate what can not send or receive information to and from the CM 13.

第3実施形態に係る共存システム1は、CM13との間で情報を送受信できない末端無線通信ネットワーク31Bがある場合でも、複数の中継無線通信ネットワーク31Aと末端無線通信ネットワーク31Bとの間で通信干渉を防止しつつ無線通信を行うことを可能とするものである。 Coexistence system 1 according to the third embodiment, even if there is a terminal wireless communication network 31B can not send or receive information to and from the CM 13, the communication interference between a plurality of relay wireless communication network 31A and a terminal wireless communication network 31B while preventing that are likely to perform wireless communication.

以下、第3実施形態に係る共存システム1の動作について説明する。 Hereinafter, the operation of the coexistence system 1 according to the third embodiment.

まず、ステップS11、ステップS12は、第1実施形態において説明したのと同様の処理が実行される。 First, step S11, step S12, processing similar to that described in the first embodiment is executed.

次に、ステップS12−aに移行し、第2実施形態において説明したのと同様の処理が実行される。 Then, the process proceeds to step S12-a, the same processing as that described in the second embodiment is executed.

次に、ステップS13−bに移行し、中継無線通信ネットワーク31A又は末端無線通信ネットワーク31Bにより、受信した第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、使用可能チャネルセット51とそれ以外のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類する。 Then, the process proceeds to step S13-b, the relay radio communication network 31A or end wireless communications network 31B, on the basis of the first channel information and the second channel information received, the channel set otherwise the usable channel set 51 classifying the plurality of channels to one of the. この分類は、少なくとも末端無線通信ネットワーク31Bが使用するチャネルについて行なわれる。 This classification, at least terminal wireless communication network 31B is performed for the channels to be used. このとき、第1実施形態のステップS13において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S13 of the first embodiment is executed.

ステップS13−bは、中継無線通信ネットワーク31Aと末端無線通信ネットワーク31Bの何れにより実行されてもよい。 Step S13-b may be performed by any of the relay radio communication network 31A and a terminal wireless communication network 31B. 末端無線通信ネットワーク31Bにより実行される場合は、中継無線通信ネットワーク31Aが受信した各中継無線通信ネットワーク31Aの第一チャネル情報と、第二チャネル情報とを、中継無線通信ネットワーク31Aから末端無線通信ネットワーク31Bに送信しておく。 If executed by terminal wireless communication network 31B, and the first channel information of each relay wireless communication network 31A of relay radio communication network 31A receives, and a second channel information, terminal radio communication network from the relay wireless communication network 31A It should be sent to 31B. 中継無線通信ネットワーク31Aにより実行される場合は、末端無線通信ネットワーク31Bの第一チャネル情報及び通信情報を、その末端無線通信ネットワーク31Bから中継無線通信ネットワーク31Aに送信しておく。 When executed by the relay wireless communication network 31A is a first channel information and the communication information terminal wireless communication network 31B, previously transmitted from the terminal wireless communication network 31B to relay the radio communication network 31A.

次に、ステップS14−bに移行し、中継無線通信ネットワーク31A又は末端無線通信ネットワーク31Bにより、使用可能チャネルセット51に分類した各チャネルを受信した通信情報に基づき複数のランクに分類するランク付けをする。 Then, the process proceeds to step S14-b, the relay radio communication network 31A or end wireless communications network 31B, a ranking of classifying into a plurality of ranks based on the communication information received each channel classified into usable channel set 51 to. このランク付けは、少なくとも末端無線通信ネットワーク31Bが使用するチャネルについて行われる。 The ranking is performed for channels of at least the terminal wireless communication network 31B uses. このとき、第1実施形態のステップS14において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S14 of the first embodiment is executed.

ステップS14−bは、中継無線通信ネットワーク31Aと末端無線通信ネットワーク31Bの何れにより実行されてもよい。 Step S14-b may be performed by any of the relay radio communication network 31A and a terminal wireless communication network 31B. 末端無線通信ネットワーク31Bにより実行される場合は、中継無線通信ネットワーク31Aが受信した各中継無線通信ネットワーク31Aの通信情報を、中継無線通信ネットワーク31Aから末端無線通信ネットワーク31Bに送信しておく。 If executed by terminal wireless communication network 31B, the communication information of each relay wireless communication network 31A of relay radio communication network 31A has received previously transmitted from the relay wireless communication network 31A to the terminal wireless communication network 31B. 中継無線通信ネットワーク31Aにより実行される場合は、末端無線通信ネットワーク31Bの通信情報を、その末端無線通信ネットワーク31Bから中継無線通信ネットワーク31Aに送信しておく。 When executed by the relay wireless communication network 31A is a communication information terminal wireless communication network 31B, previously transmitted from the terminal wireless communication network 31B to relay the radio communication network 31A.

次に、ステップS15−bに移行し、中継無線通信ネットワーク31A又は末端無線通信ネットワーク31Bにより、分類したランクに基づき使用可能チャネルセット51からチャネルを選択する。 Then, the process proceeds to step S15-b, the relay radio communication network 31A or end wireless communications network 31B, selects a channel from the available channel set 51 on the basis of the classified rank. この選択は、少なくとも末端無線通信ネットワーク31Bが使用するチャネルについて行なわれる。 This selection is at least terminal wireless communication network 31B is performed for the channels to be used. このとき、第1実施形態のステップS15において説明したのと同様の処理が実行される。 In this case, the same processing as that described in step S15 of the first embodiment is executed.

次に、ステップS17―bに移行し、末端無線通信ネットワーク31Bにより、選択したチャネルによりその末端無線通信ネットワーク31Bが無線通信を行う。 Then, the process proceeds to step S17-b, the terminal wireless communication network 31B, the terminal wireless communication network 31B perform wireless communication with the selected channel. 中継無線通信ネットワーク31Aがチャネルを選択した場合は、選択したチャネルを、中継無線通信ネットワーク31Aから末端無線通信ネットワーク31Bに通知しておく。 If relay radio communication network 31A has selected a channel, the selected channel, keep notifies the terminal wireless communication network 31B from the relay wireless communication network 31A.

以上、本発明の実施形態の例について詳細に説明したが、前述した実施形態は、何れも本発明を実施するにあたっての具体化の例を示したものに過ぎず、これらによって本発明の技術的範囲が限定的に解釈されてはならないものである。 Has been described in detail for an example embodiment of the present invention, the above-described embodiments are all merely illustrate concrete examples of implementing the present invention, the technical of the present invention by these range is one that should not be construed as limiting.

1 :共存システム11 :CDIS 1: coexistence system 11: CDIS
13 :CM 13: CM
15 :CE 15: CE
21 :データベース31 :無線通信ネットワーク33 :基地局35 :デバイス41 :送信機43 :通信可能範囲45 :通信干渉発生範囲51 :使用可能チャネルセット53 :使用不可能チャネルセット55 :使用中チャネルセット 21: Database 31: wireless communication network 33: base station 35: Device 41: Transmitter 43: communication range 45: Interference source range 51: usable channel set 53: Unusable channel set 55: Use of Channel Set

Claims (13)

  1. 複数の無線通信ネットワーク間における通信干渉を防止するための無線通信ネットワーク間の共存システムにおいて、 In coexistence system between wireless communication networks for preventing communication interference between a plurality of wireless communication networks,
    上記複数の無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能な共存制御手段と、 And it can send and receive coexistence control means information between said plurality of wireless communication networks,
    上記共存制御手段との間で情報を送受信可能であり、テレビシステムによるチャネルの使用状況が記録されたデータベースとを備え、 It is capable of transmitting and receiving information to and from the coexistence control section, and a database usage is recorded in the channel by the television system,
    上記複数の無線通信ネットワークは、少なくとも自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を含む通信情報と、自己によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報とを上記共存制御手段に送信し、 The plurality of wireless communication network sends at least a communication information including the self-communication range information, and communication interference occurrence range information, and the first channel information that shows the usage of the channel by itself to the coexistence control section,
    上記データベースは、上記複数の無線通信ネットワーク内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報を上記共存制御手段に送信し、 The database, the second channel information indicating the usage status of the channel by the television system in the plurality of wireless communication networks and sent to the coexistence control section,
    上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを当該無線通信ネットワーク毎に分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき、一の無線通信ネットワークの通信可能範囲と他の無線通信ネットワークの通信干渉発生範囲とが重なり合うか否かの基準を含む複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセットからチャネルを選択し、選択したチャネルを当該無線通信ネットワークに通知し、 The coexistence control means, based on said received first channel information and the second channel information, and the wireless communication usable channel set network channels available belong, with other channel sets the channel belongs otherwise classifying the plurality of channels for each said radio communication network to one, available on the basis of the communication information received each channel is classified into channel sets, one of the wireless communication range of the communication network and other wireless communication networks classified into a plurality of ranks including whether standards and communication interference occurs ranges overlap, based on the classified rank selects a channel from the available channel set, and notifies the selected channel to the wireless communication network,
    上記無線通信ネットワークは、通知されたチャネルにより無線通信を行うこと を特徴とする無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, the coexistence system between a wireless communication network and performs wireless communication by the notification channel.
  2. 上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、当該無線通信ネットワークが使用できないチャネルが属する使用不可能チャネルセットと、当該無線通信ネットワーク自身が使用している使用中チャネルセットとの何れかに複数のチャネルを当該無線通信ネットワーク毎に分類すること を特徴とする請求項1記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The coexistence control means, based on said received first channel information and the second channel information, and the wireless communication usable channel set network channels available belongs, using the channel to which the wireless communication network is unavailable belongs not possible and channel set, between the radio a plurality of channels to one of the communication network itself is a busy channel set used according to claim 1, wherein the classifying each said radio communication network a wireless communication network coexistence system of.
  3. 上記複数の無線通信ネットワークは、自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報と、自己の無線通信ネットワークの無線通信規格情報と、自己の無線通信ネットワークによる送信出力情報とを含む通信情報を送信すること を特徴とする請求項1又は2記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The plurality of wireless communication networks, transmits the communication range information, and communication interference occurrence range information of the self, and the wireless communication standard information of the own wireless communication network, the communication information including the transmission output information by the own wireless communication network coexistence system between claim 1 or 2, wherein the wireless communication network, characterized in that.
  4. 上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、上記無線通信ネットワークが使用したときに他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じないチャネルが属する空きチャネルセットと、他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存チャネルセットとの何れかに上記使用可能チャネルセットに属する各チャネルを分類すること を特徴とする請求項1〜3の何れか1項記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The coexistence control means, based on said received first channel information and the communication information, and free channel set channel belongs communication interference does not occur between the other wireless communication network when the wireless communication network is used , any claim 1, wherein the classifying each channel belonging to the available channel set to one of the co-channel set channel belongs interference may occur between the other wireless communication network coexistence system between the wireless communication network of one of claims.
  5. 上記共存制御手段は、上記使用可能チャネルセットから選択したチャネルが共存チャネルセットに属するチャネルである場合に、選択したチャネルを当該無線通信ネットワークに通知するとともに、通信干渉が生じ得る各無線通信ネットワークに時分割及び/又は周波数分割の共存方法により無線通信を行うように通知し、 The coexistence control unit, when the channel selected from the available channel set is a channel belonging to the coexistence channel set, the selected channel and notifies to the wireless communication network, each wireless communication network communication interference may occur It informs to conduct wireless communication by coexistence method time division and / or frequency division,
    上記無線通信ネットワークは、通知されたチャネル及び共存方法により無線通信を行うこと を特徴とする請求項4記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, the coexistence system between the wireless communication network of claim 4, wherein the notification channel and coexistence method and performs wireless communication.
  6. 上記共存制御手段は、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、一つの無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存チャネルセットと、二つ以上の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存チャネルセットとの何れかに上記共存チャネルセットに属する各チャネルを分類すること を特徴とする請求項4又は5記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The coexistence control means, based on said received first channel information and the communication information, and single coexistence channel set channel belongs Interference can occur between one of the wireless communication network, two or more wireless communication networks coexistence between wireless communication networks according to claim 4 or 5, wherein the channel communication interference may occur classifying each channel belonging to the co-channel set to one of a multiple coexisting channel sets belonging between system.
  7. 複数の無線通信ネットワーク間における通信干渉を防止するための無線通信ネットワーク間の共存システムにおいて、 In coexistence system between wireless communication networks for preventing communication interference between a plurality of wireless communication networks,
    上記複数の無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能である共存制御手段と、 A coexistence control means which is capable of transmitting and receiving information to and from said plurality of wireless communication networks,
    上記共存制御手段との間で情報を送受信可能であり、テレビシステムによるチャネルの使用状況が記録されたデータベースとを備え、 It is capable of transmitting and receiving information to and from the coexistence control section, and a database usage is recorded in the channel by the television system,
    上記複数の無線通信ネットワークは、少なくとも自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報を含む通信情報と、自己によるチャネルの使用状況を示す第一チャネル情報とを上記共存制御手段に送信し、 The plurality of wireless communication network sends at least a communication information including the self-communication range information, and communication interference occurrence range information, and the first channel information that shows the usage of the channel by itself to the coexistence control section,
    上記データベースは、上記複数の無線通信ネットワーク内のテレビシステムによるチャネルの使用状況を示す第二チャネル情報を上記共存制御手段に送信し、 The database, the second channel information indicating the usage status of the channel by the television system in the plurality of wireless communication networks and sent to the coexistence control section,
    上記共存制御手段は、受信した各無線通信ネットワークの上記通信情報及び上記第一チャネル情報と、受信した上記第二チャネル情報とを何れかの無線通信ネットワークに送信し、 The coexistence control unit transmits the above communication information and the first channel information of each wireless communication network received, the received and the second channel information to one of a wireless communications network,
    上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、自己が使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき、一の無線通信ネットワークの通信可能範囲と他の無線通信ネットワークの通信干渉発生範囲とが重なり合うか否かの基準を含む複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセットからチャネルを選択し、選択したチャネルにより無線通信を行うこと を特徴とする無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, based on said received first channel information and the second channel information, the usable channel set by itself a channel to be used belongs to one of the other channel sets other channels belong it classifying the plurality of channels, whether on the basis of the communication information received each channel classified into usable channel set overlaps a communicable range of the first wireless communication network and a communication interference occurs range of other wireless communication network coexistence system between a wireless communication network are classified into a plurality of ranks, based on the classified rank selects a channel from the available channel set, and performs wireless communication on the selected channel comprising Kano reference.
  8. 上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、自己が使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、自己が使用できないチャネルが属する使用不可能チャネルセットと、自己が使用しているチャネルが属する使用中チャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類すること を特徴とする請求項7記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, based on said received first channel information and the second channel information, the usable channel set channel belongs by itself can be used, and unavailable channel set channel by itself can not be used belongs, self There coexistence system between claim 7, wherein the wireless communication network, characterized in that classifying the plurality of channels in any of the busy channel set channel belongs are using.
  9. 上記複数の無線通信ネットワークは、自己の通信可能範囲情報及び通信干渉発生範囲情報と、自己の無線通信ネットワークの無線通信規格情報と、自己の無線通信ネットワークによる送信出力情報とを含む通信情報を送信すること を特徴とする請求項7又は8記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The plurality of wireless communication networks, transmits the communication range information, and communication interference occurrence range information of the self, and the wireless communication standard information of the own wireless communication network, the communication information including the transmission output information by the own wireless communication network coexistence system between the wireless communication network according to claim 7 or 8, wherein the to.
  10. 上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、自己が使用したときに他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じないチャネルが属する空きチャネルセットと、他の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する共存チャネルセットとの何れかに上記使用可能チャネルセットに属する各チャネルを分類すること を特徴とする請求項7〜9の何れか1項記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, based on said received first channel information and the communication information, and free channel set channel belongs communication interference does not occur between the other wireless communication network when self is used, other any one of claims 7-9, characterized in that classifying each channel belonging to the available channel set to one of the communication interference and coexistence channel set channel belongs may occur between the wireless communication network coexistence system between the wireless communication network according.
  11. 上記無線通信ネットワークは、上記使用可能チャネルセットから選択したチャネルが共存チャネルセットに属するチャネルである場合に、通信干渉が生じ得る他の無線通信ネットワークとの間で時分割及び/又は周波数分割の共存方法により選択したチャネルで無線通信を行うこと を特徴とする請求項10記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, when the channel selected from the available channel set is a channel belonging to the coexistence channel set, the coexistence of the time division and / or frequency division with the other wireless communication network to which a communication interference may occur coexistence system between the wireless communication network of claim 10, wherein the performing wireless communication with the selected channel by the method.
  12. 上記無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び通信情報に基づいて、一つの無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する単独共存チャネルセットと、二つ以上の無線通信ネットワークとの間で通信干渉が生じ得るチャネルが属する多重共存チャネルセットとの何れかに上記共存チャネルセットに属する各チャネルを分類すること を特徴とする請求項10又は11記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The wireless communication network, based on said received first channel information and the communication information, and single coexistence channel set channel belongs Interference can occur between one of the wireless communication network, two or more wireless communication networks coexistence between wireless communication networks according to claim 10 or 11, wherein the channel communication interference may occur classifying each channel belonging to the co-channel set to one of a multiple coexisting channel sets belonging between system.
  13. 上記複数の無線通信ネットワークは、上記共存制御手段との間で情報を送受信可能な中継無線通信ネットワークと、上記中継無線通信ネットワークとの間で情報を送受信可能な末端無線通信ネットワークとを有し、 The plurality of wireless communication networks, has a transceiver capable of relaying a wireless communication network information between the coexistence control means and capable of transmitting and receiving end wireless communication network information between the relay wireless communication network,
    上記共存制御手段は、受信した各無線通信ネットワークの上記通信情報及び上記第一チャネル情報と、受信した上記第二チャネル情報とを,上記中継無線通信ネットワークに送信する、又は、上記中継無線通信ネットワークを通して上記末端無線通信ネットワークに送信し、 The coexistence control means, and the communication information and the first channel information of each wireless communication network received, the received and the second channel information is transmitted to the relay wireless communication network or the relay wireless communication network transmitted to the terminal wireless communication network through,
    上記中継無線通信ネットワーク又は上記末端無線通信ネットワークは、受信した上記第一チャネル情報及び第二チャネル情報に基づいて、当該末端無線通信ネットワークが使用できるチャネルが属する使用可能チャネルセットと、それ以外のチャネルが属する他のチャネルセットとの何れかに複数のチャネルを分類し、使用可能チャネルセットに分類した各チャネルを受信した上記通信情報に基づき複数のランクに分類し、分類したランクに基づき上記使用可能チャネルセットからチャネルを選択し、選択したチャネルにより当該末端無線通信ネットワークが無線通信を行うこと を特徴とする請求項7〜12の何れか1項記載の無線通信ネットワーク間の共存システム。 The relay wireless communication network or the terminal wireless communication network, based on said received first channel information and the second channel information, the terminal wireless communication usable channel set network channels available belongs, other channels classifying the plurality of channels in any of the other channel sets belong, into a plurality of ranks based on the communication information received each channel classified in the available channel set, the available based on the ranks classified You select a channel from the channel set, the coexistence system between the wireless communication network of any one of claims 7 to 12 in which the terminal radio communication network on the selected channel and performs wireless communication.
JP2011003491A 2011-01-11 2011-01-11 Coexistence system between the wireless communication network Active JP5729635B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011003491A JP5729635B2 (en) 2011-01-11 2011-01-11 Coexistence system between the wireless communication network

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011003491A JP5729635B2 (en) 2011-01-11 2011-01-11 Coexistence system between the wireless communication network

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012147209A true JP2012147209A (en) 2012-08-02
JP5729635B2 true JP5729635B2 (en) 2015-06-03

Family

ID=46790335

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011003491A Active JP5729635B2 (en) 2011-01-11 2011-01-11 Coexistence system between the wireless communication network

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5729635B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104429057B (en) 2012-07-06 2018-03-23 索尼公司 The solid-state imaging device, method of driving the solid-state imaging device and an electronic apparatus

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4398942B2 (en) * 2006-01-10 2010-01-13 株式会社東芝 Database apparatus, a wireless communication device for use in the cognitive communication system and the system
JP4772582B2 (en) * 2006-04-28 2011-09-14 株式会社東芝 Cognitive radio system
JP2008211583A (en) * 2007-02-27 2008-09-11 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Integrated type radio communication system, information management device, and base station device
JP5565834B2 (en) * 2010-03-10 2014-08-06 独立行政法人情報通信研究機構 Coexistence method and system between a wireless communications network
JP5581976B2 (en) * 2010-10-29 2014-09-03 独立行政法人情報通信研究機構 Coexistence system between the wireless communication network
JP5545549B2 (en) * 2010-10-29 2014-07-09 独立行政法人情報通信研究機構 Coexistence system between the wireless communication network

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012147209A (en) 2012-08-02 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8483155B1 (en) Using television whitespace spectrum for wireless local area networks
US20050277416A1 (en) Measurements in communications systems
Zhang et al. Enabling coexistence of heterogeneous wireless systems: Case for ZigBee and WiFi
US20100167728A1 (en) Apparatus and method for femto cell coverage mapping using macro base station
US20090052382A1 (en) Infrastructure-Based Enabling Indication for Dynamic Frequency Selection in Wireless Networks
US20110205910A1 (en) System, apparatus, and method to indicate preferred access points and service providers
Chen et al. Cognitive radio network architecture: part I--general structure
US20120170534A1 (en) Station Operation Method and Apparatus in TV Whitespace
US20120165015A1 (en) Method and apparatus for mobile media optimization
US20070014267A1 (en) Off-channel beacons in a wireless network
JP2006501777A (en) Wireless communication method and system with controlled wtru peer-to-peer communication
US20070293235A1 (en) Congestion Control Method For Wireless Communication System and Base Station Control Apparatus
JP2008535398A (en) Method and apparatus for selecting the multi-band access point to associate with multiband mobile terminal
US20140204745A1 (en) System and a method for managing wireless networks
JP2004088592A (en) High-speed roaming system
US20150092673A1 (en) Customized coexistence management based on user behavior
US20140086212A1 (en) Interference management in wireless network
JP2004304399A (en) Communication terminal, base station, server, network system, and handover method
US20080220786A1 (en) Methods and Apparatus for Adaptively Selecting a Channel
US20140087748A1 (en) Methods and Apparatus for Managing Wireless Communication Using Unlicensed Frequency Bands
JP2003134133A (en) System and device for providing network service information, method thereof and terminal
JP2007158485A (en) Communication control method, and wireless communications system and access point using the same
JP2011004225A (en) System, method and program of high-speed roaming of wireless lan
US20110201338A1 (en) Method and apparatus for coordination of handoff among MMSS and RAT priorities
US20130201928A1 (en) Method and Apparatus for Receiving Available Channel Information in a Wireless Lan System

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20120830

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20131101

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140827

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140902

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150317

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150326

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5729635

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250