JP5708236B2 - Golf club selection method and design method - Google Patents

Golf club selection method and design method Download PDF

Info

Publication number
JP5708236B2
JP5708236B2 JP2011112244A JP2011112244A JP5708236B2 JP 5708236 B2 JP5708236 B2 JP 5708236B2 JP 2011112244 A JP2011112244 A JP 2011112244A JP 2011112244 A JP2011112244 A JP 2011112244A JP 5708236 B2 JP5708236 B2 JP 5708236B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
center
gravity
golf club
rotation
range
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011112244A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012239627A (en
Inventor
紀彦 中原
紀彦 中原
真生 山本
真生 山本
Original Assignee
横浜ゴム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 横浜ゴム株式会社 filed Critical 横浜ゴム株式会社
Priority to JP2011112244A priority Critical patent/JP5708236B2/en
Publication of JP2012239627A publication Critical patent/JP2012239627A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5708236B2 publication Critical patent/JP5708236B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ゴルフクラブの選定方法および設計方法に関し、更に詳しくは、打撃直前のフェース面のシャフト回りの変位量であるフェースローテーションに基づいてゴルフクラブを選定する選定方法、フェースローテーションに基づいてゴルフクラブを設計する設計方法に関する。   The present invention relates to a golf club selection method and design method. More specifically, the present invention relates to a selection method for selecting a golf club based on a face rotation that is a displacement amount around a shaft of a face surface immediately before hitting, and golf based on a face rotation. It relates to a design method for designing a club.

ゴルファーがゴルフクラブヘッドをスウィングしたときのゴルフクラブの挙動を計測し、その計測結果に基づいてゴルファーに適したゴルフクラブを選定する技術が種々提案されている。
例えば、特許文献1に開示された技術では、慣性特性スペックが既知の基本クラブをスウィングして得られるボール初速の計測結果から統計的手法に基づいて用いて最適な慣性特性スペックを有するゴルフクラブを選定する。
また、特許文献2に開示された技術では、サンプル用のゴルフクラブのシャフトに掛かる曲げモーメントの計測結果に基づいてたわみ挙動データを解析し、その解析結果に基づいてゴルファーに適した曲げ剛性分布を有するシャフトを選定する。
Various techniques for measuring the behavior of a golf club when a golfer swings a golf club head and selecting a golf club suitable for a golfer based on the measurement result have been proposed.
For example, in the technique disclosed in Patent Document 1, a golf club having an optimal inertia characteristic specification is used based on a statistical method based on a ball initial speed measurement result obtained by swinging a basic club having a known inertia characteristic specification. Select.
In the technique disclosed in Patent Document 2, the bending behavior data is analyzed based on the measurement result of the bending moment applied to the shaft of the sample golf club, and the bending stiffness distribution suitable for the golfer is obtained based on the analysis result. Select the shaft you have.

特開2005−278882号公報JP 2005-278882 A 特開2003−284802号公報JP 2003-284802 A

しかしながら、上述した従来技術では、ゴルフクラブのスウィングが、ゴルフボールを打撃したときの初速が最高となる最高初速点のフェース面上の位置にどのような影響を与えるについては特に考慮されていない。
そこで、本発明者らは、ゴルファーによるゴルフクラブのスウィングに着目して以下の知見を得た。
すなわち、ゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前においてフェース面がゴルフクラブのシャフト軸回りに変位する単位時間当たりの変位量をフェースローテーションとした場合、ゴルフクラブヘッドのフェース面の速度分布は、スウィングの速度に加えてフェースローテーションの影響を受けて変化する。
したがって、同一のゴルフクラブをスウィングしてもフェースローテーションが異なると、フェース面の速度分布が変化する。
そのため、フェースローテーションが異なり、したがってフェース面の速度分布が異なると、ゴルフボールを打撃したときの最高初速点の位置も異なることになる。
最高初速点の位置は打球の飛距離に大きな影響を与える要素であることから、フェースローテーションを考慮してゴルフクラブの選定を行うことが、打球の飛距離を向上させる上で有効であると考えられる。
However, in the above-described prior art, no particular consideration is given to how the swing of the golf club affects the position on the face surface of the highest initial speed point at which the initial speed when the golf ball is hit is highest.
Therefore, the present inventors have obtained the following knowledge by paying attention to the swing of a golf club by a golfer.
That is, when the amount of displacement per unit time that the face surface is displaced around the shaft axis of the golf club immediately before the golf club head hits the golf ball is a face rotation, the velocity distribution of the face surface of the golf club head is a swing. In addition to the speed of the face, it changes under the influence of face rotation.
Therefore, even if the same golf club is swung, if the face rotation is different, the speed distribution of the face surface changes.
Therefore, if the face rotation is different and therefore the velocity distribution on the face surface is different, the position of the maximum initial velocity point when the golf ball is hit is also different.
Since the position of the maximum initial velocity point is a factor that greatly affects the flight distance of the hit ball, selection of a golf club in consideration of face rotation is considered to be effective in improving the hit distance of the hit ball. It is done.

本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを選定することができるゴルフクラブの選定方法を提供することにある。
また、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを設計することができるゴルフクラブの設計方法を提供することにある。
The present invention has been made in view of such circumstances, and its purpose is to select a golf club that can select a golf club that is advantageous in improving the flight distance of a hit ball in accordance with a golfer's swing. It is to provide a method.
It is another object of the present invention to provide a golf club design method capable of designing a golf club that is advantageous in improving the flight distance of a hit ball in accordance with a golfer's swing.

上記目的を達成するために、本発明のゴルフクラブの選定方法は、ゴルファーによりスウィングされたゴルフクラブのゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前におけるゴルフクラブヘッドの挙動を計測し該計測結果に基づいてゴルフクラブを選定するゴルフクラブの選定方法であって、前記ゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前においてフェース面がゴルフクラブのシャフト軸回りに変位する単位時間当たりの変位量をフェースローテーションとし、前記フェース面のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域のトウ−ヒール方向における中央を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をフェースセンターラインとし、前記ゴルフクラブヘッドの重心位置を前記フェース面に垂直に投影した点を重心点としたとき、ゴルファーによりスウィングされたゴルフクラブのフェースローテーションを計測するフェースローテーション計測ステップと、前記計測されたフェースローテーションで変位する前記フェース面の前記フェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を算出する重心点算出ステップと、前記算出された重心点の位置に基づいて前記ゴルファーのフェースローテーションに適したゴルフクラブを選定する選定ステップとを含み、予め前記フェースローテーションの第1の閾値を400rpm±50rpmの範囲内で設定すると共に、第2の閾値を600rpm±50rpmの範囲内で設定し、前記フェースローテーションが前記第1の閾値未満である範囲を小範囲とし、前記第1の閾値以上前記第2の閾値未満である範囲を中範囲とし、前記第2の閾値以上である範囲を大範囲とし前記フェースローテーションを3つの範囲に区分し、前記小範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上2mm未満であり、前記中範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り2mm以上4mm未満であり、前記大範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り4mm以上6mm以下であることを特徴とする。 In order to achieve the above object, the golf club selection method of the present invention measures the behavior of a golf club head immediately before the golf club head of a golf club swung by a golfer hits a golf ball, and based on the measurement result. A golf club selection method, wherein the amount of displacement per unit time at which the face surface is displaced around the shaft axis of the golf club immediately before the golf club head hits the golf ball is referred to as face rotation, A straight line extending through the center in the toe-heel direction of the area defined as the area hitting the golf ball in the face surface and extending in a direction perpendicular to the toe-heel direction is defined as a face center line. Project the center of gravity perpendicular to the face A golf ball is hit with a face rotation measurement step for measuring the face rotation of a golf club swung by a golfer, and the face center line of the face surface displaced by the measured face rotation when the point of gravity is the center of gravity. The center of gravity point calculating step for calculating the position of the center of gravity necessary for the initial speed to become the maximum initial speed is selected, and a golf club suitable for the golfer's face rotation is selected based on the calculated position of the center of gravity. A first threshold value of the face rotation is set in advance within a range of 400 rpm ± 50 rpm, and a second threshold value is set within a range of 600 rpm ± 50 rpm, and the face rotation is performed in the selection step. The range that is less than the threshold A range that is greater than or equal to the first threshold and less than the second threshold is a medium range, a range that is greater than or equal to the second threshold is a large range, and the face rotation is divided into three ranges, and the small range The position of the center of gravity corresponding to the heel is 0 mm or more and less than 2 mm from the face center line, and the position of the center of gravity corresponding to the middle range is 2 mm or more and less than 4 mm from the face center line, The position of the center of gravity corresponding to the large range is 4 mm or more and 6 mm or less near the heel from the face center line .

また、本発明のゴルフクラブの設計方法は、ゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前においてフェース面がゴルフクラブのシャフト軸回りに変位する単位時間当たりの変位量をフェースローテーションとし、前記フェース面のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域のトウ−ヒール方向の中央を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をフェースセンターラインとし、前記ゴルフクラブヘッドの重心位置を前記フェース面に垂直に投影した位置を重心点としたとき、前記フェースローテーションが設定されるフェースローテーション設定ステップと、前記設定されたフェースローテーションで変位する前記フェース面の前記フェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を、前記設定されたフェースローテーションに対応する重心点の位置として算出する重心点算出ステップと、前記算出された重心点の位置に基づいてゴルフクラブヘッドの設計変数を決定する設計ステップとをを含み、予め前記フェースローテーションの第1の閾値を400rpm±50rpmの範囲内で設定すると共に、第2の閾値を600rpm±50rpmの範囲内で設定し、前記フェースローテーションが前記第1の閾値未満である範囲を小範囲とし、前記第1の閾値以上前記第2の閾値未満である範囲を中範囲とし、前記第2の閾値以上である範囲を大範囲とし前記フェースローテーションを3つの範囲に区分し、前記小範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上2mm未満であり、前記中範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り2mm以上4mm未満であり、前記大範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り4mm以上6mm以下であることを特徴とする。 Further, in the golf club designing method of the present invention, the amount of displacement per unit time that the face surface is displaced around the shaft axis of the golf club immediately before the golf club head hits the golf ball is defined as face rotation, A straight line that passes through the center in the toe-heel direction and extends in a direction perpendicular to the toe-heel direction of a region defined as a region hitting a golf ball is defined as a face center line, and the center of gravity position of the golf club head is A golf ball is hit by the face rotation setting step in which the face rotation is set and the face center line of the face surface that is displaced by the set face rotation when the position projected perpendicularly to the face surface is the center of gravity. When the initial speed is the maximum initial speed A center-of-gravity point calculating step for calculating the position of the center-of-gravity point necessary to become the position of the center-of-gravity point corresponding to the set face rotation, and a design variable of the golf club head based on the calculated position of the center-of-gravity point A first threshold value of the face rotation is set within a range of 400 rpm ± 50 rpm, and a second threshold value is set within a range of 600 rpm ± 50 rpm, and the face rotation is performed. A range that is less than the first threshold is a small range, a range that is greater than or equal to the first threshold and less than the second threshold is an intermediate range, and a range that is greater than or equal to the second threshold is a large range and the face rotation Is divided into three ranges, and the position of the center of gravity corresponding to the small range is closer to the heel from the face center line. The position of the center of gravity corresponding to the intermediate range is not less than 2 mm and less than 2 mm, and the position of the center of gravity corresponding to the large range is not less than 2 mm and less than 4 mm near the heel. The heel is 4 mm or more and 6 mm or less .

本発明のゴルフクラブの選定方法によれば、計測されたフェースローテーションで変位するフェース面のフェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を算出し、算出された重心点の位置に基づいてゴルファーのフェースローテーションに適したゴルフクラブを選定するようにしたので、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを選定することができる。   According to the golf club selection method of the present invention, the position of the center of gravity necessary for the initial speed when the golf ball is hit at the face center line of the face surface displaced by the measured face rotation to be the maximum initial speed is calculated. Since the golf club suitable for the golfer's face rotation is selected based on the calculated position of the center of gravity, a golf club that is advantageous in improving the flight distance of the hit ball according to the golfer's swing is selected. can do.

また、本発明のゴルフクラブの設計方法によれば、設定されたフェースローテーションで変位するフェース面のフェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を算出し、算出された重心点の位置に基づいてゴルフクラブヘッドの設計変数を決定するようにしたので、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを設計することができる。   In addition, according to the golf club design method of the present invention, the position of the center of gravity necessary for the initial speed when the golf ball is hit at the face center line of the face surface displaced by the set face rotation to be the maximum initial speed. Since the design variable of the golf club head is determined based on the calculated position of the center of gravity, a golf club that is advantageous in improving the flight distance of the hit ball according to the golfer's swing is designed. be able to.

本発明のゴルフクラブの選定方法の対象となるゴルフクラブヘッドの例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the golf club head used as the object of the selection method of the golf club of this invention. フェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの規定方法の一例を示す説明図である。5 is an explanatory diagram showing an example of a method for defining a center point C and a face center line CL of the face surface 16; FIG. フェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの規定方法の一例を示す説明図である。5 is an explanatory diagram showing an example of a method for defining a center point C and a face center line CL of the face surface 16; FIG. フェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの規定方法の一例を示す説明図である。5 is an explanatory diagram showing an example of a method for defining a center point C and a face center line CL of the face surface 16; FIG. フェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの規定方法の一例を示す説明図である。5 is an explanatory diagram showing an example of a method for defining a center point C and a face center line CL of the face surface 16; FIG. 重心位置P0と重心点Pとの関係を示すゴルフクラブヘッド12の断面図である。4 is a cross-sectional view of the golf club head 12 showing the relationship between the gravity center position P0 and the gravity center point P. FIG. フェース面16の輪郭線Iの定義を説明するゴルフクラブヘッド12の正面図である。4 is a front view of the golf club head 12 for explaining the definition of the contour line I of the face surface 16. FIG. フェース面16の輪郭線Iの定義を説明するゴルフクラブヘッド12の断面図である。4 is a cross-sectional view of the golf club head 12 for explaining the definition of the contour line I of the face surface 16. FIG. フェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの定義を説明するゴルフクラブヘッド12の正面図である。3 is a front view of the golf club head 12 for explaining the definition of the center point C of the face surface 16 and the face center line CL. FIG. フェース面のスピード分布を説明する正面図である。It is a front view explaining the speed distribution of the face surface. フェース面のスピード分布の例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the speed distribution of a face surface. (A)はローリング成分が大きい場合におけるローリング成分の割合によるフェース面のスピード分布の変化を説明する正面図、(B)はローリング成分が中程度の場合におけるローリング成分の割合によるフェース面のスピード分布の変化を説明する正面図、(C)はローリング成分が小さい場合におけるローリング成分の割合によるフェース面のスピード分布の変化を説明する正面図である。(A) is a front view for explaining a change in the speed distribution of the face surface due to the ratio of the rolling component when the rolling component is large, and (B) is a speed distribution of the face surface according to the ratio of the rolling component when the rolling component is medium. FIG. 6C is a front view for explaining a change in the speed distribution of the face surface according to the ratio of the rolling component when the rolling component is small. (A)、(B)は野球のバット2でボール4を打つ場合の最高初速点Pvを説明する図である。(A), (B) is a figure explaining the maximum initial speed point Pv in the case of hitting the ball 4 with the baseball bat 2. (A)、(B)はゴルフクラブヘッド12でゴルフボール6を打つ場合の最高初速点Pvを説明する図である。(A), (B) is a figure explaining the maximum initial velocity point Pv when hitting the golf ball 6 with the golf club head 12. (A)はフェースローテーションが小さい場合のゴルフクラブヘッド12の動きを示す模式図、(B)はフェースローテーションが大きい場合のゴルフクラブヘッド12の動きを示す模式図である。(A) is a schematic diagram showing the movement of the golf club head 12 when the face rotation is small, and (B) is a schematic diagram showing the movement of the golf club head 12 when the face rotation is large. フェースローテーションFRが200rpmの場合のフェース面12の速度分布を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the speed distribution of the face surface 12 in case the face rotation FR is 200 rpm. フェースローテーションFRが400rpmの場合のフェース面12の速度分布を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the speed distribution of the face surface 12 in case the face rotation FR is 400 rpm. フェースローテーションFRが800rpmの場合のフェース面12の速度分布を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the speed distribution of the face surface 12 in case the face rotation FR is 800 rpm. フェースローテーションFRに応じて最高初速点Pvがフェース面16の中心点上に配置されるように重心点Gを設定した場合の説明図である。FIG. 6 is an explanatory diagram when the center of gravity point G is set so that the maximum initial speed point Pv is arranged on the center point of the face surface 16 in accordance with the face rotation FR. フェースローテーションFRによって最高初速点Pvが移動することを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows that the maximum initial speed point Pv moves by face rotation FR. 複数のゴルファーによって番手が異なるゴルフクラブをスウィングしたときのフェースローテーションFRを実測した結果を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the result of having actually measured the face rotation FR when swinging the golf club from which a count differs by several golf players. 多数のゴルファーがゴルフクラブをスウィングしたときのフェースローテーションFRの分布を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows distribution of face rotation FR when many golfers swing a golf club. 選定装置を構成するコンピュータ30の構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of the computer 30 which comprises a selection apparatus. 選定装置の構成を示す機能ブロック図である。It is a functional block diagram which shows the structure of a selection apparatus. 選定装置を用いたゴルフクラブの選定動作を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the selection operation | movement of the golf club using a selection apparatus. フェースローテーションFRが200rpmの場合の実験結果を示す図である。It is a figure which shows the experimental result in case the face rotation FR is 200 rpm. フェースローテーションFRが400rpmの場合の実験結果を示す図である。It is a figure which shows the experimental result in case the face rotation FR is 400 rpm. フェースローテーションFRが800rpmの場合の実験結果を示す図である。It is a figure which shows the experimental result in case the face rotation FR is 800 rpm. 重心高さFGH、ロフト角度αの説明図である。It is explanatory drawing of the gravity center height FGH and the loft angle (alpha). シミュレーションの条件を説明するが図である。It is a figure explaining the conditions of simulation. 番手およびロフト角度αに対応する重心高さFGHのシミュレーション結果を示す図である。It is a figure which shows the simulation result of the gravity center height FGH corresponding to a count and loft angle (alpha). 設計装置の構成を示す機能ブロック図である。It is a functional block diagram which shows the structure of a design apparatus. 設計装置を用いたゴルフクラブの設計動作を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the design operation | movement of the golf club using a design apparatus. (A)フェースセンターラインCLの領域を説明するゴルフクラブヘッド12の側面図、(B)フェースセンターラインCLの領域を説明するゴルフクラブヘッド12の正面図である。(A) The side view of the golf club head 12 explaining the area | region of the face center line CL, (B) The front view of the golf club head 12 explaining the area | region of the face center line CL.

(第1の実施の形態)
以下、本発明のゴルフクラブの選定方法に係る実施の形態について図面を参照して説明する。
(First embodiment)
Hereinafter, an embodiment according to a golf club selection method of the present invention will be described with reference to the drawings.

まず、本発明の選定方法の対象となるゴルフクラブを例示する。
図1に示すように、ゴルフクラブ10は、ゴルフクラブヘッド12と、シャフト14とを備えている。
本例では、ゴルフクラブヘッド12がウッドタイプである場合について説明するが、ゴルフクラブヘッド12は、アイアンタイプ、あるいは、ユーティリティでもよく限定されるものではない。
ゴルフクラブヘッド12は、ゴルフボールを打撃するフェース面16と、そのフェース面16に連接するクラウン部18およびソール部20とを外殻とする金属製の中空構造のヘッド本体から構成されている。
ヘッド本体の金属材料は、チタン合金やアルミニウム合金などの高強度の低比重金属が好ましく用いられる。
また、クラウン部18には、フェース面16側でかつヒール26寄りの位置にシャフトに接続するホーゼル22が設けられている。なお、符号24はトウを示す。
First, the golf club used as the object of the selection method of this invention is illustrated.
As shown in FIG. 1, the golf club 10 includes a golf club head 12 and a shaft 14.
In this example, the case where the golf club head 12 is a wood type will be described. However, the golf club head 12 may be an iron type or a utility and is not limited.
The golf club head 12 includes a head body having a metal hollow structure having a face surface 16 for hitting a golf ball and a crown portion 18 and a sole portion 20 connected to the face surface 16 as outer shells.
The metal material of the head body is preferably a high strength low specific gravity metal such as a titanium alloy or an aluminum alloy.
Further, the crown portion 18 is provided with a hosel 22 connected to the shaft at a position close to the heel 26 on the face surface 16 side. Reference numeral 24 denotes tow.

フェース面16には、重心点GおよびフェースセンターラインCLが定義される。
重心点Gは、ゴルフクラブヘッド12の重心位置をフェース面16に垂直に投影した点をいう。
フェースセンターラインCLは、フェース面16のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域のトウ−ヒール方向における中央を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をいう。
言い換えると、フェースセンターラインCLは、フェース面16の幾何学的中心である中心点を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をいう。
フェース面16の中心点、フェースセンターラインCLの規定方法として以下に説明するような従来公知のさまざまな規定方法が採用可能である。
A center of gravity point G and a face center line CL are defined on the face surface 16.
The center-of-gravity point G is a point obtained by projecting the position of the center of gravity of the golf club head 12 perpendicularly to the face surface 16.
The face center line CL refers to a straight line that passes through the center in the toe-heel direction of a region defined as a golf ball hitting region of the face surface 16 and extends in a direction orthogonal to the toe-heel direction.
In other words, the face center line CL refers to a straight line that passes through the center point that is the geometric center of the face surface 16 and extends in a direction perpendicular to the toe-heel direction.
As a method for defining the center point of the face surface 16 and the face center line CL, various conventionally known defining methods as described below can be adopted.

まず、フェース面16と他のゴルフクラブヘッド12の部分との境目が明確である場合、言い換えると、フェース面16の周縁が稜線によって特定される場合について説明する。この場合はフェース面16が明瞭に定義されることになる。
図2乃至図5はフェース面16の中心点C、フェースセンターラインCLの規定方法の一例を示す説明図である。
(1)まず、図2に示すように、ライ角およびフェース角が規定値となるように水平な地面上にゴルフクラブヘッド12を載置する。このときのゴルフクラブヘッド12の状態を基準状態とする。なお、ライ角およびフック角の設定値は、例えば製品カタログに記載された値である。
First, a case where the boundary between the face surface 16 and another golf club head 12 is clear, in other words, a case where the periphery of the face surface 16 is specified by a ridge line will be described. In this case, the face surface 16 is clearly defined.
2 to 5 are explanatory views showing an example of a method for defining the center point C of the face surface 16 and the face center line CL.
(1) First, as shown in FIG. 2, the golf club head 12 is placed on a horizontal ground so that the lie angle and the face angle become prescribed values. The state of the golf club head 12 at this time is set as a reference state. Note that the set values of the lie angle and the hook angle are values described in, for example, a product catalog.

(2)次にクラウン部18及びソール部20を結ぶ方向における仮中心点c0を求める。
すなわち、図2に示すように、トウ24及びヒール26を結ぶ地面と平行な線(以下水平線という)の概略中心点と交差する垂線f0を引く。
この垂線f0とフェース面16の上縁とが交差するa0点と、垂線f0とフェース面16の下縁とが交差するb0点の中点を仮中心点c0とする。
(2) Next, a temporary center point c0 in the direction connecting the crown portion 18 and the sole portion 20 is obtained.
That is, as shown in FIG. 2, a perpendicular line f0 that intersects with the approximate center point of a line parallel to the ground connecting the toe 24 and the heel 26 (hereinafter referred to as a horizontal line) is drawn.
The midpoint of the point a0 where the perpendicular f0 intersects the upper edge of the face surface 16 and the midpoint of the point b0 where the perpendicular f0 intersects the lower edge of the face surface 16 is defined as a temporary center point c0.

(3)次に図3に示すように仮中心点c0を通る水平線g0を引く。
(4)次に図4に示すように水平線g0とフェース面16のトウ24側の縁とが交差するd0点と、水平線g0とフェース面16のヒール26側の縁とが交差するe0点の中点を仮中心点c1とする。
(5)次に図5に示すように仮中心点c1を通る垂線f1を引き、この垂線f1とフェース面16の上縁とが交差するa1点と、垂線f1とフェース面16の下縁とが交差するb1点の中点を仮中心点c2とする。
ここで、仮中心点c1とc2とが合致したならばその点をフェース面16の中心点Cとして規定する。
仮中心点c1とc2が合致しなければ、(2)乃至(5)の手順を繰り返す。
なお、フェース面16は曲面を呈しているため、水平線g0の中点、垂線f0、f1の中点を求める場合の水平線g0の長さ、垂線f0、f1の長さはフェース面16の曲面に沿った長さを用いるものとする。
そして、フェースセンターラインCLは、中心点Cを通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線で定義される。
(3) Next, as shown in FIG. 3, a horizontal line g0 passing through the temporary center point c0 is drawn.
(4) Next, as shown in FIG. 4, the d0 point where the horizontal line g0 and the edge on the toe 24 side of the face surface 16 intersect, and the e0 point where the horizontal line g0 and the edge on the heel 26 side of the face surface 16 intersect. The midpoint is defined as a temporary center point c1.
(5) Next, as shown in FIG. 5, a perpendicular line f1 passing through the temporary center point c1 is drawn, and the perpendicular line f1 and the upper edge of the face surface 16 intersect with each other, and the perpendicular line f1 and the lower edge of the face surface 16 The midpoint of the b1 point where the two intersect is defined as the temporary center point c2.
Here, if the temporary center points c 1 and c 2 coincide with each other, the point is defined as the center point C of the face surface 16.
If the temporary center points c1 and c2 do not match, the procedures (2) to (5) are repeated.
Since the face surface 16 has a curved surface, the length of the horizontal line g0 and the lengths of the vertical lines f0 and f1 when obtaining the midpoint of the horizontal line g0 and the midpoints of the vertical lines f0 and f1 are the curved surfaces of the face surface 16. The length along the line shall be used.
The face center line CL is defined by a straight line that passes through the center point C and extends in a direction orthogonal to the toe-heel direction.

次に、フェース面16の周縁と他のゴルフクラブヘッド12の部分との間が曲面で接続されておりフェース面16が明瞭に定義できない場合の中心点C、フェースセンターラインCLの定義を説明する。   Next, the definition of the center point C and the face center line CL when the periphery of the face surface 16 and the other golf club head 12 are connected by a curved surface and the face surface 16 cannot be clearly defined will be described. .

図6に示すように、ゴルフクラブヘッド12は中空であり、符号G0はゴルフクラブヘッド12の重心位置を示し、符号Lpは重心位置G0と重心点Gとを結ぶ直線であり、言い換えると、直線Lpは重心位置G0を通るフェース面16の垂線である。
ここで、図7に示すように、重心位置G0と重心点Gとを結ぶ直線Lpを含む多数の平面H1、H2、H3、…、Hnを考える。
ゴルフクラブヘッド12を各平面H1、H2、H3、…、Hnに沿って破断したときの断面において、図8に示されるように、ゴルフクラブヘッド12の外面の曲率半径r0を測定する。
曲率半径r0の測定に際して、フェース面16上のフェースライン、パンチマーク等が無いものとして扱う。
曲率半径r0は、フェース面16の中心点Cから外方向(図8における上方向、下方向)に向かって連続的に測定される。
そして、測定において曲率半径r0が最初に所定の値以下となる部分をフェース面16の周縁を表わす輪郭線Iとして定義する。所定の値は例えば200mmである。
多数の平面H1、H2、H3、…、Hnに基づいて決定された輪郭線Iによって囲まれた領域が、図7、図8に示すように、フェース面16として定義される。
次に、図9に示すように、ライ角およびフェース角が規定値となるように水平な地面上にゴルフクラブヘッド12を載置する。
直線LTは、フェース面16のトウ側点PTを通過して鉛直方向に延在する。
直線LHは、フェース面16のヒール側点PHを通過して鉛直方向に延在する。
直線LCは、直線LTおよび直線LHと平行である。直線LCと直線LTとの距離は、直線LCと直線LHとの距離と等しい。
符号Puは、フェース面16の上側点を示し、符号Pdはフェース面16の下側点である。上側点Puおよび下側点Pdは、いずれも直線LCと輪郭線Iとの交点である。
中心点Cは、上側点Puと下側点Pdとを結ぶ線分の中点で定義される。
フェースセンターラインCLは、中心点Cを通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線であり、直線LCがフェースセンターラインCLとなる。
As shown in FIG. 6, the golf club head 12 is hollow, the symbol G0 indicates the position of the center of gravity of the golf club head 12, and the symbol Lp is a straight line that connects the center of gravity position G0 and the center of gravity G. Lp is a perpendicular of the face surface 16 passing through the gravity center position G0.
Here, as shown in FIG. 7, a large number of planes H1, H2, H3,..., Hn including a straight line Lp connecting the gravity center position G0 and the gravity center point G are considered.
In the cross section when the golf club head 12 is broken along the planes H1, H2, H3,..., Hn, the curvature radius r0 of the outer surface of the golf club head 12 is measured as shown in FIG.
When measuring the curvature radius r0, it is assumed that there are no face lines, punch marks, or the like on the face surface 16.
The curvature radius r0 is continuously measured from the center point C of the face surface 16 outward (upward and downward in FIG. 8).
Then, in the measurement, a portion where the radius of curvature r0 is initially equal to or less than a predetermined value is defined as an outline I representing the periphery of the face surface 16. The predetermined value is, for example, 200 mm.
A region surrounded by the contour line I determined based on a large number of planes H1, H2, H3,..., Hn is defined as a face surface 16 as shown in FIGS.
Next, as shown in FIG. 9, the golf club head 12 is placed on a horizontal ground so that the lie angle and the face angle become predetermined values.
The straight line LT passes through the toe side point PT of the face surface 16 and extends in the vertical direction.
The straight line LH passes through the heel side point PH of the face surface 16 and extends in the vertical direction.
The straight line LC is parallel to the straight line LT and the straight line LH. The distance between the straight line LC and the straight line LT is equal to the distance between the straight line LC and the straight line LH.
The symbol Pu indicates the upper point of the face surface 16, and the symbol Pd is the lower point of the face surface 16. The upper point Pu and the lower point Pd are both intersections of the straight line LC and the contour line I.
The center point C is defined by the midpoint of the line segment connecting the upper point Pu and the lower point Pd.
The face center line CL is a straight line that passes through the center point C and extends in a direction orthogonal to the toe-heel direction, and the straight line LC becomes the face center line CL.

次に、フェース面16の速度分布について説明する。
フェース面16のスピード分布とは、ゴルファーがゴルフクラブ10でゴルフボールを打撃したときに、打撃直前におけるフェース面16のスピードの分布を意味するものである。
スピード分布は、シャフト14の長さに依存する成分と、ゴルフクラブヘッド12のローリング(シャフト14の回りの回転)による成分とから主に決定される。
Next, the velocity distribution of the face surface 16 will be described.
The speed distribution of the face surface 16 means the distribution of the speed of the face surface 16 immediately before hitting when a golfer hits a golf ball with the golf club 10.
The speed distribution is mainly determined from a component depending on the length of the shaft 14 and a component due to rolling of the golf club head 12 (rotation around the shaft 14).

図10に示すように、前者のシャフト14の長さに依存する成分は、シャフト14の中心軸の延長線Lの垂線が、ゴルフクラブヘッド12のソール部20に接する点Aにおいて最大となる。
また、後者のゴルフクラブヘッド12のローリングに依存する成分は、シャフト14の中心軸の延長線Lから最も離れた点B(ゴルフクラブヘッド12のトウ24側端部)において最大となる。
従って、フェース面16のスピードは、図11に示すように、フェース面16のヒール26側の上部aからトウ24側の下部gへ向けて次第に大きくなるように分布する。
なお、図11においては、速度0.5m/s毎に等高線vを示している。
As shown in FIG. 10, the component depending on the length of the former shaft 14 is maximized at a point A where the perpendicular of the extension line L of the central axis of the shaft 14 contacts the sole portion 20 of the golf club head 12.
The latter component depending on the rolling of the golf club head 12 is maximized at a point B (the end portion on the toe 24 side of the golf club head 12) farthest from the extension line L of the central axis of the shaft 14.
Therefore, as shown in FIG. 11, the speed of the face surface 16 is distributed so as to gradually increase from the upper part a on the heel 26 side to the lower part g on the toe 24 side.
In FIG. 11, a contour line v is shown for each speed of 0.5 m / s.

上記のシャフト14の長さに依存する成分と、ゴルフクラブヘッド12のローリングに依存する成分との割合は、個々のゴルファーの適性によって異なり、ローリングに依存する成分が大きい場合には、図12(A)に示すように、等高線vの傾きが大きくなると共に、隣接する等高線v間の幅が狭くなる。そして、ローリングに依存する成分が小さくなり、シャフト14の長さに依存する成分が大きくなると、図12(B)及び図12(C)に示すように、等高線vの傾きが小さくなると共に、隣接する等高線v間の幅が広くなる。   The ratio between the component depending on the length of the shaft 14 and the component depending on the rolling of the golf club head 12 varies depending on the suitability of each golfer. When the component depending on the rolling is large, FIG. As shown in A), the slope of the contour line v increases, and the width between adjacent contour lines v decreases. When the component that depends on the rolling becomes smaller and the component that depends on the length of the shaft 14 becomes larger, as shown in FIG. 12B and FIG. The width between the contour lines v is increased.

本発明では、ゴルフクラブヘッド12のローリングをフェースローテーションFRとして計測し、以下、ローリングのことをフェースローテーションFRという。
フェースローテーションFRは、ゴルフクラブヘッド12がゴルフボールを打撃する直前においてフェース面16がシャフト14の軸回りに変位する単位時間当たりの変位量である。本実施の形態では、フェースローテーションFRの単位を、分当たりの回転数(rpm)とするが、どのような単位とするかは任意である。
In the present invention, the rolling of the golf club head 12 is measured as the face rotation FR. Hereinafter, the rolling is referred to as the face rotation FR.
The face rotation FR is a displacement amount per unit time that the face surface 16 is displaced around the shaft 14 immediately before the golf club head 12 hits the golf ball. In this embodiment, the unit of face rotation FR is the number of revolutions per minute (rpm), but any unit is arbitrary.

次に、フェースローテーションFRによってフェース面16上における最高初速点の位置が変化することについて説明する。
まず、図13(A)、(B)を参照して野球のバット2でボール4を打つ場合を例に説明する。
なお、バット2の重心位置をバット2の表面に垂直に投影した点を重心点Gとする。
図13(A)に示すように、バット2が平行に移動された場合、重心点Gでボール4を打つとボール4の飛距離が最大となる。言い換えると、ボール4の初速を最高にする最高初速点Pvは重心点Gと一致する。
図13(B)に示すように、バット2がスウィングされた(回転運動された)場合、バット2の重心点Gで打つよりも、重心点Gよりもバット2の先端側で打ったほうがボール4の飛距離が長くなる。
この理由は以下のとおりである。
バットスイングは回転運動のため、バット2とボール4の衝突の瞬間におけるバット2の速度分布は、重心点Gの箇所より先端側ほど速い。
衝突速度と衝突効率の関係から、打球速度が最高となるバット2上の位置である最高初速点Pvは、重心点Gよりも衝突速度が速い先端側へ移動する。
Next, the fact that the position of the highest initial speed point on the face surface 16 changes due to the face rotation FR will be described.
First, a case where a ball 4 is hit with a baseball bat 2 will be described as an example with reference to FIGS. 13A and 13B.
A center point G is defined as a point obtained by vertically projecting the center of gravity of the bat 2 onto the surface of the bat 2.
As shown in FIG. 13A, when the bat 2 is moved in parallel, when the ball 4 is hit at the center of gravity G, the flight distance of the ball 4 is maximized. In other words, the maximum initial speed point Pv that maximizes the initial speed of the ball 4 coincides with the gravity center point G.
As shown in FIG. 13B, when the bat 2 is swung (rotated), the ball hits on the tip side of the bat 2 from the center of gravity G rather than hits at the center of gravity G of the bat 2. The flight distance of 4 becomes longer.
The reason for this is as follows.
Since the bat swing is a rotational motion, the velocity distribution of the bat 2 at the moment of collision between the bat 2 and the ball 4 is faster toward the tip side than the location of the center of gravity G.
From the relationship between the collision speed and the collision efficiency, the highest initial speed point Pv, which is the position on the bat 2 where the hitting ball speed is highest, moves to the tip side where the collision speed is faster than the gravity center point G.

図14(A)、(B)に示すように、バット2の場合と同様に、ゴルフクラブのスウィングも回転運動であるため、ゴルフクラブヘッド12とゴルフボール6との衝突の瞬間におけるフェース面16の速度分布は、重心点Gの箇所より先端側ほど速い。
したがって、フェース面16上における最高初速点Pvは、重心点Gよりフェース面16の速度分布が速い先端側へ移動する。
As shown in FIGS. 14 (A) and 14 (B), as with the bat 2, the swing of the golf club is also a rotational motion, and therefore the face surface 16 at the moment of collision between the golf club head 12 and the golf ball 6. The velocity distribution is faster toward the tip side than the center of gravity point G.
Therefore, the maximum initial velocity point Pv on the face surface 16 moves to the tip side where the velocity distribution of the face surface 16 is faster than the gravity center point G.

これに加えて、ゴルフクラブヘッド12のフェース面16上の速度分布は、前述したフェースローテーションFRの影響も受ける。
図15(A)はフェースローテーションFRが小さい場合のゴルフクラブヘッド12の動きを示す模式図、(B)はフェースローテーションFRが大きい場合のゴルフクラブヘッド12の動きを示す模式図である。
図中、符号w1、w2はゴルフクラブヘッド12に設けた2箇所の指標を示す。符号w3は指標w1、w2を通る直線を示す。符号θはゴルフクラブヘッド12がフェースローテーションFRしたときの単位時間当たりの直線w3の回転角度(角速度)を示し、回転角度θはゴルフクラブヘッド12のフェースローテーションFRに相当する。
In addition, the velocity distribution on the face surface 16 of the golf club head 12 is also affected by the above-described face rotation FR.
FIG. 15A is a schematic diagram showing the movement of the golf club head 12 when the face rotation FR is small, and FIG. 15B is a schematic diagram showing the movement of the golf club head 12 when the face rotation FR is large.
In the figure, reference numerals w1 and w2 indicate two indexes provided on the golf club head 12. A symbol w3 indicates a straight line passing through the indicators w1 and w2. The symbol θ represents the rotation angle (angular velocity) of the straight line w3 per unit time when the golf club head 12 performs face rotation FR, and the rotation angle θ corresponds to the face rotation FR of the golf club head 12.

図16、図17、図18は、フースローテーションがそれぞれ200rpm、400rpm、800rpmである場合のスピード分布、重心点P、直線Mを示す説明図である。
横軸はトウ−ヒール方向におけるフェース面16上の座標軸(X軸)を示し、左側がトウ、右側がヒールである。
縦軸はクラウン部−ソール部方向におけるフェース面16上の座標軸(Y軸)を示し、上側がクラウン部、下側がソール部である。
また、図中符号Vfはフェース面16の速度分布(m/sec)を示す。
本例では、縦軸がフェースセンターラインCLと合致しており、したがって、横軸はフェースセンターラインCLと直交する直線である。
すなわち、フェース面16のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域の輪郭とフェースセンターラインCLとが交わる2点をフェースセンターラインCLの両端とし、フェースセンターラインCLの中点をフェース面16の中心点とする。
より詳細には、ライ角通りにゴルフクラブヘッド12をセットした状態でゴルフクラブヘッド12のフェース面16のトウ側からヒール側に向かう水平方向をX方向とし、鉛直上向きの方向をY方向とする。
また、横軸と縦軸の交点(原点)は、以下に定義されるフェース面16の中心点と一致フェース面16の中心点の座標は(0,0)である。
FIGS. 16, 17 and 18 are explanatory diagrams showing the speed distribution, the barycentric point P, and the straight line M when the rotations are 200 rpm, 400 rpm, and 800 rpm, respectively.
The horizontal axis indicates the coordinate axis (X axis) on the face surface 16 in the toe-heel direction, the left side is the toe, and the right side is the heel.
The vertical axis represents the coordinate axis (Y-axis) on the face surface 16 in the crown portion-sole portion direction, the upper side being the crown portion and the lower side being the sole portion.
In the figure, reference symbol Vf indicates the velocity distribution (m / sec) of the face surface 16.
In this example, the vertical axis coincides with the face center line CL, and therefore, the horizontal axis is a straight line orthogonal to the face center line CL.
That is, two points where the contour of the area defined as the area hitting the golf ball of the face surface 16 and the face center line CL intersect are the two ends of the face center line CL, and the midpoint of the face center line CL is the face surface 16. The center point of.
More specifically, the horizontal direction from the toe side to the heel side of the face surface 16 of the golf club head 12 with the golf club head 12 set according to the lie angle is the X direction, and the vertical upward direction is the Y direction. .
Further, the intersection (origin) of the horizontal axis and the vertical axis is (0, 0) as the coordinates of the center point of the face surface 16 and the center point of the matching face surface 16 defined below.

図16、図17、図18に示すように、ゴルフクラブヘッド12のフェースローテーションFRが小さいほど(回転が遅いほど)、フェース面16の速度分布の等高線の間隔は広くなる。
また、ゴルフクラブヘッド12のフェースローテーションFRが大きいほど(回転が速いほど)フェース面16の速度分布の等高線vの間隔は狭くなる。
なお、図16、図17、図18において、直線Mは、フェース面16の中心点を通りかつ等高線vと直交する直線を示す。
直線MとX軸(フェースセンターラインCLと直交する直線)とがなす角度φは、等高線vが横軸となす傾斜の度合いを示している。
すなわち、フェースローテーションFRが小さいほど角度φが大きくなる(等高線vの傾斜が小さくなる)傾向となり、フェースローテーションFRが大きくなるほど角度φが小さくなる(等高線vの傾斜が大きくなる)傾向となる。
As shown in FIGS. 16, 17, and 18, the smaller the face rotation FR of the golf club head 12 (the slower the rotation), the wider the interval between contour lines of the velocity distribution of the face surface 16.
Further, the larger the face rotation FR of the golf club head 12 (the faster the rotation), the narrower the interval between the contour lines v of the velocity distribution of the face surface 16.
16, 17, and 18, the straight line M indicates a straight line that passes through the center point of the face surface 16 and is orthogonal to the contour line v.
An angle φ formed by the straight line M and the X axis (a straight line orthogonal to the face center line CL) indicates the degree of inclination of the contour line v with the horizontal axis.
That is, the smaller the face rotation FR, the larger the angle φ (the inclination of the contour line v becomes smaller), and the larger the face rotation FR, the smaller the angle φ (the inclination of the contour line v becomes larger).

ゴルファーがゴルフクラブをスウィングしてフェース面16でゴルフボールを打撃する場合、フェース面16上の打点の分布を調べると、打点はフェース面16の中心点に多く分布し、中心点から離れるほど分布が低下する傾向にある。
また、クラウン部−ソール部方向における打点の分布のばらつきは、トウーヒール方向における打点のばらつきよりも大きい傾向にある。
このような結果から、打点の分布は、フェースセンターラインCLが最も高く、フェースセンターラインからトウ−ヒール方向に離れるほど低下するものといえる。
したがって、最高初速点PvをフェースセンターラインCL上に配置すれば、打球の飛距離を大きく確保することができることになる。
前述したように、最高初速点PvはフェースローテーションFRの影響を受けて重心点Gから移動することがわかっている。
そのため、最高初速点PvがフェースセンターラインCL上に配置されるように、より好ましくはフェース面16の中心点上に配置されるように、フェースローテーションFRに応じて重心点Gを設定すればよいことになる。
When a golfer swings a golf club and hits a golf ball with the face surface 16, when the distribution of the hit points on the face surface 16 is examined, the hit points are distributed more at the center point of the face surface 16, and the distribution is more away from the center point. Tend to decrease.
Further, the variation in the hit point distribution in the crown-sole direction tends to be larger than the hit point variation in the toe heel direction.
From these results, it can be said that the hit point distribution is highest in the face center line CL and decreases as the distance from the face center line in the toe-heel direction increases.
Therefore, if the maximum initial speed point Pv is arranged on the face center line CL, a large flight distance of the hit ball can be secured.
As described above, it is known that the maximum initial speed point Pv moves from the center of gravity G under the influence of the face rotation FR.
Therefore, the center-of-gravity point G may be set according to the face rotation FR so that the maximum initial speed point Pv is arranged on the face center line CL, more preferably on the center point of the face surface 16. It will be.

図19はフェースローテーションFRに応じて最高初速点Pvがフェース面16の中心点上に配置されるように重心点Gを設定した場合の説明図である。
図19では、フェースローテーションFRが200rpm、400rpm、800rpmである場合について説明する。
フェースローテーションFRが小さいほど、フェース面16の中心点から重心点Gまでの距離が短く、かつ、X方向(横軸)と中心点および重心点Gとを結ぶ直線とがなす角度が大きい。
フェースローテーションFRが大きいほど、フェース面16の中心点から重心点Gまでの距離が長く、かつ、X方向と中心点および重心点Gとを結ぶ直線とがなす角度が小さい。
すなわち、図20に示すように、最高初速点Pvは重心点Gから直線Mに沿って速度分布が速い方に移動する。したがって、X方向と中心点および重心点Gとを結ぶ直線Mとがなす角度は、前述した角度φに等しい。
FIG. 19 is an explanatory diagram when the center of gravity point G is set so that the maximum initial speed point Pv is arranged on the center point of the face surface 16 in accordance with the face rotation FR.
FIG. 19 illustrates a case where the face rotation FR is 200 rpm, 400 rpm, and 800 rpm.
The smaller the face rotation FR, the shorter the distance from the center point of the face surface 16 to the center of gravity G, and the greater the angle formed by the X direction (horizontal axis) and the straight line connecting the center point and the center of gravity G.
The larger the face rotation FR, the longer the distance from the center point of the face surface 16 to the center of gravity G, and the smaller the angle formed between the X direction and the straight line connecting the center point and the center of gravity G.
That is, as shown in FIG. 20, the maximum initial speed point Pv moves from the center of gravity G along the straight line M to the side where the speed distribution is fast. Therefore, the angle formed by the straight line M connecting the X direction with the center point and the center of gravity G is equal to the angle φ described above.

以上のことから、同一のゴルファーであれば、ゴルフクラブの番手に拘らずフェースローテーションFRがほぼ一定であるという前提が成立すれば、以下のことが言える。
あるゴルファーのフェースローテーションFRが特定できれば、最高初速点PvがフェースセンターラインCL上、あるいは、フェース面16の中心点に配置されるために必要な重心点Gの位置を特定でき、この特定された重心点Gを有するゴルフクラブヘッド(ゴルフクラブ)を選定すれば、当該ゴルファーにとって打球の飛距離を向上させるゴルフクラブを提供することができる。
From the above, the following can be said if the premise that the face rotation FR is substantially constant regardless of the golf club number is the same for the same golfer.
If the face rotation FR of a golfer can be specified, the position of the center of gravity G necessary for the highest initial speed point Pv to be arranged on the face center line CL or the center point of the face surface 16 can be specified. If a golf club head (golf club) having a center of gravity G is selected, it is possible to provide a golf club that improves the flight distance of the hit ball for the golfer.

以下、上述した同一のゴルファーであれば、ゴルフクラブの番手に拘らずフェースローテーションFRがほぼ一定であるという前提について説明する。
図21は複数のゴルファーによって番手が異なるゴルフクラブをスウィングしたときのフェースローテーションFRを実測した結果を示す説明図である。
横軸はゴルフクラブの番手を示し、縦軸はフェースローテーションFR(rpm)を示す。
被験者となるゴルファーはA1〜A10の10人である。
ゴルフクラブは、ウッド系のゴルフクラブとして、1番、3番(フェアウェイウッド)を用い、アイアン系のゴルフクラブとして3番〜9番、ピッチングウェッジの合計10本を用いた。
図21に示すように、同一のゴルファーにおけるフェースローテーションFRのばらつきは±50rpmに収まっていることがわかった。
この結果から、同一のゴルファーであれば、ゴルフクラブの番手に拘らずフェースローテーションFRがほぼ一定であるという前提が成立するものと考えられる。
Hereinafter, the premise that the face rotation FR is substantially constant regardless of the golf club number will be described for the same golfer described above.
FIG. 21 is an explanatory view showing the results of actual measurement of face rotation FR when swinging golf clubs having different counts by a plurality of golfers.
The horizontal axis indicates the golf club number, and the vertical axis indicates the face rotation FR (rpm).
There are 10 golfers A1 to A10 as test subjects.
As the golf clubs, No. 1 and No. 3 (fairway wood) were used as wood-type golf clubs, and No. 3 to No. 9 as iron-type golf clubs and a total of 10 pitching wedges were used.
As shown in FIG. 21, it was found that the variation of the face rotation FR in the same golfer was within ± 50 rpm.
From this result, it is considered that the premise that the face rotation FR is substantially constant regardless of the golf club number is the same golfer.

図22は多数のゴルファーがゴルフクラブをスウィングしたときのフェースローテーションFRの分布を示す説明図である。
横軸はフェースローテーションFR(rpm)、縦軸は合計人数に占める割合(%)である。
なお、フェースローテーションFRは以下のような範囲で区切っている。
横軸におけるフェースローテーションFRと、その範囲を以下に示す。
100rpm:0以上200rpm未満
200rpm:200以上300rpm未満
300rpm:300以上400rpm未満
400rpm:400以上500rpm未満
500rpm:500以上600rpm未満
600rpm:600以上700rpm未満
700rpm:700以上800rpm未満
800rpm:800rpm以上
ゴルファーは合計502人である。
フェースローテーションFRの最小値は209rpm、最大値は804rpm、平均値は426rpmであった。
図22から、フェースローテーションFRの範囲は200〜800rpm程度となることがわかった。
なお、図21、図22におけるフェースローテーションFRの計測は、ゴルフクラブヘッドの3次元的な挙動を計測する計測装置によって行った。
このような挙動計測装置としては、例えば、特開2005−34619号公報に開示されているように、ゴルフクラブヘッドに設けた複数のマーカの変位をカメラで連続的に撮影し、その三次元座標の時系列データを計算機で処理することによって、ゴルフクラブヘッドの3次元的な挙動を計測するものが挙げられる。
また、フェースローテーションFRの計測は、以下のような装置によって行うこともできる。
例えば、図15(A),(B)に示すように、ゴルフクラブヘッドに設けた2つの指標w1,w2の変位をカメラで連続的に撮影し、その時系列データを計算機で処理することによって、フェースローテーションFRを求めることができる。あるいは、図15(A),(B)に示す2つの指標w1,w2を反射マーカで構成し、これら2つの反射マーカの位置を2次元のラインセンサにより時系列データとして取得し、これら時系列データを計算機で処理することによって、フェースローテーションFRを求めることができる。
このような装置として、例えば、特開2009−18043号公報に開示されているように、ゴルフクラブヘッドのヒール側の速度Shとトウ側の速度Stとの差をδとし、ヘッドスピードをHとしたときに比率δ/Hで定義されるローリング比率Rを求める装置(特開2009−18043号公報)を利用することができる。
また、ゴルフクラブヘッドの挙動を検出するセンサは、カメラやラインセンサなどの光学的なセンサに限定されず、ゴルフクラブのグリップ部に磁気センサを取り付け、グリップ端の移動軌跡および向きを時系列データとして取得し、これら時系列データを計算機で処理することによって、フェースローテーションFRを求めてもよい。(例えば特許第3624761号など)
上述したように、ゴルフクラブヘッドのフェースローテーションFRを計測する装置として、従来公知のさまざまなゴルフクラブヘッドの挙動を計測する計測装置が使用可能である。
FIG. 22 is an explanatory diagram showing the distribution of the face rotation FR when a large number of golfers swing the golf club.
The horizontal axis represents face rotation FR (rpm), and the vertical axis represents the ratio (%) to the total number of people.
The face rotation FR is divided in the following range.
The face rotation FR on the horizontal axis and its range are shown below.
100 rpm: 0 to 200 rpm 200 rpm: 200 to 300 rpm 300 rpm: 300 to 400 rpm 400 rpm: 400 to 500 rpm 500 rpm: 500 to 600 rpm 600 rpm: 600 to 700 rpm 700 rpm: 700 to 800 rpm 800 rpm: 800 rpm A person.
The minimum value of the face rotation FR was 209 rpm, the maximum value was 804 rpm, and the average value was 426 rpm.
From FIG. 22, it was found that the range of the face rotation FR is about 200 to 800 rpm.
Note that the measurement of the face rotation FR in FIGS. 21 and 22 was performed by a measuring device that measures the three-dimensional behavior of the golf club head.
As such a behavior measuring device, for example, as disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 2005-34619, the displacement of a plurality of markers provided on a golf club head is continuously photographed by a camera, and the three-dimensional coordinates thereof are taken. In other words, the three-dimensional behavior of the golf club head is measured by processing the time series data of the above with a computer.
Further, the face rotation FR can be measured by the following apparatus.
For example, as shown in FIGS. 15 (A) and 15 (B), by continuously capturing the displacement of two indices w1 and w2 provided on the golf club head with a camera and processing the time-series data with a computer, The face rotation FR can be obtained. Alternatively, the two indices w1 and w2 shown in FIGS. 15A and 15B are configured by reflection markers, and the positions of these two reflection markers are acquired as time-series data by a two-dimensional line sensor. The face rotation FR can be obtained by processing the data with a computer.
As such a device, for example, as disclosed in Japanese Patent Application Laid-Open No. 2009-18043, the difference between the heel side speed Sh and the toe side speed St of the golf club head is δ, and the head speed is H. In this case, an apparatus (Japanese Patent Laid-Open No. 2009-18043) for obtaining the rolling ratio R defined by the ratio δ / H can be used.
The sensor for detecting the behavior of the golf club head is not limited to an optical sensor such as a camera or a line sensor. A magnetic sensor is attached to the grip portion of the golf club, and the movement trajectory and direction of the grip end are time-series data. The face rotation FR may be obtained by obtaining the above and processing these time-series data with a computer. (For example, Japanese Patent No. 3624761)
As described above, as a device for measuring the face rotation FR of the golf club head, conventionally known measuring devices for measuring the behavior of various golf club heads can be used.

本発明は、フェースローテーションFRの計測結果に基づいて最高初速点がフェースセンターラインCL上に位置するために必要な重心点Gの位置を決定し、その重心点Gに基づいてゴルフクラブを選定するものである。
本実施の形態では、ゴルフクラブを選定する選定装置がコンピュータで構成されている。
図23は選定装置を構成するコンピュータ30の構成を示すブロック図である。
コンピュータ30は、CPU32と、不図示のインターフェース回路およびバスラインを介して接続されたROM34、RAM36、ハードディスク装置38、ディスク装置40、キーボード42、マウス44、ディスプレイ46、プリンタ48、入出力インターフェース50などを有している。
ROM34は制御プログラムなどを格納し、RAM36はワーキングエリアを提供するものである。
In the present invention, the position of the center of gravity G necessary for the highest initial speed point to be located on the face center line CL is determined based on the measurement result of the face rotation FR, and a golf club is selected based on the center of gravity point G. Is.
In the present embodiment, a selection device for selecting a golf club is constituted by a computer.
FIG. 23 is a block diagram showing a configuration of the computer 30 constituting the selection device.
The computer 30 includes a CPU 32, a ROM 34, a RAM 36, a hard disk device 38, a disk device 40, a keyboard 42, a mouse 44, a display 46, a printer 48, an input / output interface 50, etc. connected via an interface circuit (not shown) and a bus line. have.
The ROM 34 stores a control program and the like, and the RAM 36 provides a working area.

ハードディスク装置38は、フェースローテーションFRに基づいて、最高初速点がフェースセンターラインCL上に位置するために必要な重心点Gを有するゴルフクラブを選定する専用の計算プログラムを格納している。   The hard disk device 38 stores a dedicated calculation program for selecting a golf club having a center of gravity G necessary for the highest initial speed point to be located on the face center line CL based on the face rotation FR.

ディスク装置40はCDやDVDなどの記録媒体に対してデータの記録および/または再生を行うものである。
キーボード42およびマウス44は、操作者による操作入力を受け付けるものである。
ディスプレイ46はデータを表示出力するものであり、プリンタ48はデータを印刷出力するものであり、ディスプレイ46およびプリンタ48によってデータを出力する。
入出力インターフェース50は、外部機器との間でデータの授受を行うものである。
The disk device 40 records and / or reproduces data on a recording medium such as a CD or a DVD.
The keyboard 42 and the mouse 44 receive an operation input by the operator.
The display 46 displays and outputs data, and the printer 48 prints and outputs data. The display 46 and the printer 48 output data.
The input / output interface 50 exchanges data with an external device.

図24に示すように、この選定装置は、重心点算出手段30Aと、ゴルフクラブ選定手段30Bとを含んで構成されている。
これら各手段は、コンピュータ30が前記の計算プログラムを実行することによって実現されるものである。
As shown in FIG. 24, the selection device includes a center-of-gravity point calculation unit 30A and a golf club selection unit 30B.
Each of these means is realized by the computer 30 executing the calculation program.

重心点算出手段30Aは、フェースローテーションFRと、最高初速点Pvの位置と、重心点Gの位置との相関関係を示す相関マップ3002を備えている。
この相関マップ3002は、例えば以下のような手順で構成される。
1)重心点Gの位置が既知であるゴルフヘッドクラブ12を備えるゴルフクラブ10を用意する。
2)スウィングロボットにより、ある値に設定されたフェースローテーションFRでゴルフクラブ10をスウィングさせ、フェース面16の全面にわたって設定された複数の打点でゴルフボールを打撃して各打点における初速を計測し、最高初速となった打点を最高初速点Pvとする。
このような計測を、フェースローテーションFRの値を変更させて繰り返して実行する。
3)この結果、フェースローテーションFRと、最高初速点Pvの位置と、重心点Gの位置との相関関係が得られる。
この相関関係から、最高初速点Pvの位置がフェースセンターラインCL上に位置するという条件を満たした場合におけるフェースローテーションFRと重心点Gの位置との関係を示す相関関係を表す相関マップ3002を作成する。
したがって、重心点算出手段30Aは、フェースローテーションFRの値に基づいて相関マップ3002から重心点Gの位置を算出(特定)する。
The center-of-gravity point calculation means 30A includes a correlation map 3002 that indicates the correlation between the face rotation FR, the position of the highest initial speed point Pv, and the position of the center of gravity point G.
The correlation map 3002 is configured by the following procedure, for example.
1) A golf club 10 including a golf head club 12 whose position of the center of gravity G is known is prepared.
2) Swing the golf club 10 with a face rotation FR set to a certain value by a swing robot, hit the golf ball with a plurality of hit points set over the entire face surface 16, and measure the initial velocity at each hit point; The hit point with the highest initial speed is defined as the highest initial speed point Pv.
Such measurement is repeatedly performed by changing the value of the face rotation FR.
3) As a result, the correlation between the face rotation FR, the position of the maximum initial speed point Pv, and the position of the center of gravity G is obtained.
From this correlation, a correlation map 3002 is generated that represents the correlation indicating the relationship between the face rotation FR and the position of the center of gravity G when the condition that the position of the maximum initial speed point Pv is located on the face center line CL is satisfied. To do.
Therefore, the center-of-gravity point calculation unit 30A calculates (specifies) the position of the center-of-gravity point G from the correlation map 3002 based on the value of the face rotation FR.

本実施の形態では、相関マップ3002は、フェースローテーションFRをその値の大小に応じて2つ以上の範囲に区分している。 In the present embodiment, the correlation map 3002 divides the face rotation FR into two or more ranges according to the magnitude of the value.

フェースローテーションFRをその値の大小に応じての2つ以上の範囲に区分する場合、重心点Gの位置は、フェースセンターラインCLからヒール寄り6mm以内である。
フェースセンターラインCLから重心点Gまでの距離を離間距離としたとき、フェースローテーションFRが大きい方の範囲に対応する離間距離が、フェースローテーションFRが小さい方の範囲に対応する離間距離よりも大である。
重心点Gの位置がフェースセンターラインCLからヒール寄り6mm以内の範囲であると、図26、図27、図28の実験例1〜32に示すように、重心点Gの位置が前記の範囲外である場合よりも打球の飛距離を確保する上でより有利となる。
これは、重心点Gの位置がフェースセンターラインCLからヒール寄り6mm以内の範囲であると、最高初速点Pvの位置をフェースセンターラインCLあるいはその近傍に近づける上で有利であるからである。
When the face rotation FR is divided into two or more ranges depending on the magnitude of the value, the position of the center of gravity G is within 6 mm from the face center line CL.
When the distance from the face center line CL to the center of gravity G is the separation distance, the separation distance corresponding to the range with the larger face rotation FR is larger than the separation distance corresponding to the range with the smaller face rotation FR. is there.
If the position of the center of gravity G is within a range of 6 mm or less from the face center line CL toward the heel, the position of the center of gravity G is out of the above range as shown in Experimental Examples 1 to 32 in FIGS. It is more advantageous in securing the flight distance of the hit ball than in the case of.
This is because if the position of the center of gravity G is within 6 mm from the face center line CL, it is advantageous to bring the position of the highest initial speed point Pv closer to the face center line CL or its vicinity.

フェースローテーションFRを小範囲と中範囲と大範囲との3つの範囲に区分する場合は以下のように例示される。
予めフェースローテーションFRの第1の閾値を400rpm±50rpmの範囲内で設定すると共に、第2の閾値を600rpm±50rpmの範囲内で設定する。
フェースローテーションFRが第1の閾値未満である範囲を小範囲とし、第1の閾値以上第2の閾値未満である範囲を中範囲とし、第2の閾値以上である範囲を大範囲としフェースローテーションFRを3つの範囲に区分する。
範囲に対応する重心点Gの位置は、フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上2mm未満とする。
範囲に対応する重心点Gの位置は、フェースセンターラインからヒール寄り2mm以上4mm未満とする。
範囲に対応する重心点Gの位置は、フェースセンターラインからヒール寄り4mm以上6mm以下とする。
後述する実験例では、第1の閾値を400rpmとし第2の閾値を600rpmとしており、実験例1〜11が小範囲、実験例12〜22が中範囲、実験例23〜32が大範囲である。
重心点Gの位置が上記の規定された範囲内にあると、図26、図27、図28に示すように、重心点Gの位置が前記の範囲外である場合よりも打球の飛距離を確保する上でより有利となる。
これは、フェースローテーションFRの小範囲と中範囲と大範囲とに応じて重心点Gの位置の範囲を異ならせることにより、最高初速点Pvの位置をフェースセンターラインCLあるいはその近傍に近づける上でより有利であるからである。
When partitioning the face rotation FR into three ranges of middle range and large ranges and small ranges are illustrated as follows.
The first threshold value of the face rotation FR is set in advance within a range of 400 rpm ± 50 rpm, and the second threshold value is set within a range of 600 rpm ± 50 rpm.
Range face rotation FR is less than the first threshold value and a small range, a medium range range is less than the first threshold value or higher than the second threshold value, the face and the range of the second threshold or more large range Rotation FR Is divided into three ranges .
The position of the center of gravity G corresponding to the small range is set to 0 mm or more and less than 2 mm near the heel from the face center line.
The position of the center of gravity G corresponding to the middle range is 2 mm or more and less than 4 mm closer to the heel from the face center line.
The position of the center of gravity G corresponding to the large range is 4 mm or more and 6 mm or less near the heel from the face center line.
In an experimental example to be described later, the first threshold value is 400 rpm and the second threshold value is 600 rpm. Experimental examples 1 to 11 are a small range , experimental examples 12 to 22 are a middle range , and experimental examples 23 to 32 are a large range . .
When the position of the center of gravity G is within the above-defined range, as shown in FIGS. 26, 27, and 28, the flying distance of the hit ball is larger than when the position of the center of gravity G is outside the above range. It becomes more advantageous in securing.
This is because the position of the center of gravity point G is made different depending on the small range , medium range, and large range of the face rotation FR, thereby bringing the maximum initial speed point Pv closer to the face center line CL or its vicinity. This is because it is more advantageous.

本実施の形態では、フェースローテーションFRを3つの範囲に区分し、それぞれの範囲に対応して重心点Gを求める場合について説明したが、フェースローテーションFRおよび重心点Gの区分をさらに細分化してもよい。
例えば範囲を4つ以上に区分してもよい。しかしながら、むやみに範囲を細分化すると、相関マップ3002を作成するために多くの実測結果が必要となり、コストを抑制する上で不利となる。また、後述する実験例で説明するように、範囲の数を3つとしても、打球の飛距離を確保する上で十分である。
また、フェースローテーションFRを小範囲と大範囲との2つの範囲に区分してもよい。この場合、小範囲に対応する重心点Gの位置は、フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上3mm未満とし、大範囲に対応する重心点Gの位置は、フェースセンターラインからヒール寄り3mm以上6mm以下とすればよい。
In the present embodiment, the case where the face rotation FR is divided into three ranges and the center of gravity G is obtained corresponding to each of the ranges has been described. However, the division of the face rotation FR and the center of gravity G may be further subdivided. Good.
For example, the range may be divided into four or more. However, if the range is subdivided unnecessarily, many measurement results are required to create the correlation map 3002, which is disadvantageous in reducing costs. Further, as will be described in an experimental example to be described later, even if the number of ranges is three, it is sufficient for securing the flight distance of the hit ball.
It is also possible to divide the face rotation FR into two ranges of the small range and large range. In this case, the position of the center of gravity G corresponding to the small range is 0 mm or more and less than 3 mm near the heel from the face center line, and the position of the center of gravity G corresponding to the large range is 3 mm or more and 6 mm or less near the heel from the face center line. do it.

ゴルフクラブ選定手段30Bは、予め用意された複数のゴルフクラブ10から、算出された重心点Gの位置に対応するゴルフクラブ10を選定するものである。
すなわち、ゴルフクラブ選定手段30Bは、選定し得る複数のゴルフクラブ10の重心点Gの位置をデータベースとして備えており、重心点算出手段30Aによって算出された重心点Gの位置に基づいてデータベースからゴルファーのフェースローテーションFRに適したゴルフクラブ10を選定する。
The golf club selection means 30B selects the golf club 10 corresponding to the calculated position of the center of gravity G from a plurality of golf clubs 10 prepared in advance.
In other words, the golf club selection means 30B includes, as a database, the positions of the centroid points G of the plurality of golf clubs 10 that can be selected, and the golfer from the database based on the positions of the centroid points G calculated by the centroid point calculation means 30A. A golf club 10 suitable for the face rotation FR is selected.

X方向と最高重心点Pvおよび重心点Gを結ぶ直線とがなす角度φについては以下のように例示される。
フェースローテーションFRをその値の大小に応じて2つ以上の範囲に区分し、フェースセンターラインCL上の最高初速点Pvを任意に1点定め、かつ、フェース面16が規定されたロフト角度になるように水平面に配置された状態で重心点Gから水平面に至る重心高さFGHが17mm以上23mm以下である。
フェース面16のトウ側からヒール側に向かう水平方向をX方向としたとき、X方向と、最高初速点Pvおよび重心点Gを結ぶ直線とがなす角度を角度φとしたとき、フェースローテーションFRが大きい方の範囲に対応して算出された重心点Gに対応して定められる角度φ1よりも、フェースローテーションFRが小さい範囲に対応して算出された重心点Gに対応して定められる角度φ2が大である。
重心高さFGHが17mm以上23mm以下の範囲内であると、地面に置かれているボールを打撃する場合、ゴルフクラブヘッド12の重心位置とボールの重心位置が近接し、よりボール初速を向上させるために有利である。
φ1<φ2の関係にあると、図16〜図20に示すように、最高初速点Pvおよび重心点Gを結ぶ直線が、フェース速度分布を示す等高線vと直交する直線Mに近づくので、ボール速度を効果的に向上させる上で有利となる。
The angle φ formed by the X direction and the straight line connecting the highest barycentric point Pv and the barycentric point G is exemplified as follows.
The face rotation FR is divided into two or more ranges according to the magnitude of the value, the maximum initial speed point Pv on the face center line CL is arbitrarily determined, and the face surface 16 has a defined loft angle. Thus, the center of gravity height FGH from the center of gravity G to the horizontal plane in the state of being arranged on the horizontal plane is 17 mm or more and 23 mm or less.
When the horizontal direction from the toe side to the heel side of the face surface 16 is the X direction, the angle between the X direction and the straight line connecting the maximum initial speed point Pv and the center of gravity point G is an angle φ. An angle φ2 determined corresponding to the center of gravity G calculated corresponding to the range where the face rotation FR is smaller than the angle φ1 determined corresponding to the center of gravity G calculated corresponding to the larger range. It ’s big.
When the center of gravity height FGH is within a range of 17 mm or more and 23 mm or less, when hitting a ball placed on the ground, the center of gravity of the golf club head 12 and the center of gravity of the ball are close to each other, and the initial velocity of the ball is further improved. Is advantageous.
When φ1 <φ2, the straight line connecting the maximum initial speed point Pv and the center of gravity G approaches the straight line M perpendicular to the contour line v indicating the face speed distribution, as shown in FIGS. It is advantageous in improving the effect effectively.

また、フェースローテーションFRおよび重心点Gの位置を小範囲と中範囲と大範囲との3つの範囲に区分する場合、角度φは以下のように例示される。
重心高さFGHが17mm以上23mm以下であり、フェースローテーションFRが小範囲である場合、角度φは37°以上〜54°以下、フェースローテーションFRが中範囲である場合、角度φは20°以上37°未満、フェースローテーションFRが大範囲である場合、角度φは5°〜20°未満である。
重心高さFGHが17mm以上23mm以下の範囲内であると、地面に置かれているボールを打撃する場合、ゴルフクラブヘッド12の重心位置とボールの重心位置が近接し、よりボール初速を向上させるために有利である。
角度φが上記の範囲にあると、図16〜図20に示すように、最高初速点Pvおよび重心点Gを結ぶ直線が、フェース速度分布を示す等高線vと直交する直線Mに近づくので、ボール速度を効果的に向上させる上で有利となる。
なお、フェースローテーションFRおよび重心点Gの位置を小範囲と大範囲との2つの範囲に区分する場合、角度φは以下のように例示される。
フェースローテーションFRが小範囲である場合、角度φは29°以上〜54°以下、フェースローテーションFRが大範囲である場合、角度φは5°〜29°未満である。
In the case of partitioning the position of the face rotation FR and the center of gravity G in the three ranges of middle range and large ranges and subranges, the angle φ is exemplified as follows.
When the center of gravity height FGH is 17 mm or more and 23 mm or less, and the face rotation FR is a small range , the angle φ is 37 ° or more and 54 ° or less, and when the face rotation FR is a middle range , the angle φ is 20 ° or more and 37. If the face rotation FR is in a large range , the angle φ is 5 ° to less than 20 °.
When the center of gravity height FGH is within a range of 17 mm or more and 23 mm or less, when hitting a ball placed on the ground, the center of gravity of the golf club head 12 and the center of gravity of the ball are close to each other, and the initial velocity of the ball is further improved. Is advantageous.
When the angle φ is in the above range, the straight line connecting the maximum initial speed point Pv and the gravity center point G approaches the straight line M orthogonal to the contour line v indicating the face speed distribution, as shown in FIGS. This is advantageous in improving the speed effectively.
In the case of partitioning the position of the face rotation FR and the center of gravity G to the two ranges of the small range and large range, the angle φ is exemplified as follows.
When the face rotation FR is a small range , the angle φ is 29 ° to 54 °, and when the face rotation FR is a large range , the angle φ is 5 ° to less than 29 °.

ゴルフクラブヘッド12のロフト角度と重心高さFGHの規定については以下のように例示される。
すなわち、図29に示すように、ゴルフクラブヘッド12のロフト角度αが大きくなるにつれて、重心高さFGHが次第に小さな値となり、かつ、ロフト角度αが最大値である場合の重心高さFGHとロフト角度αが最小値である場合の重心高さFGHとの差が2mm以上3mm以下であるほうが好ましい。
ロフト角度αと重心高さFGHとの関係について説明する。
図30に示すように、地面から4mm浮いた位置にあるゴルフボールをソール部20が地面に接した状態のゴルフクラブヘッド12(アイアンクラブ)でインパクトした場合の、最適な重心高さFGHをシミュレーションによって求めた。
この場合、最適な重心高さFGHとは、ボール初速が最大となる値であり、言い換えると、フェース面16のスイートスポットでゴルフボールをインパクトできる値である。
図31にシミュレーション結果を示す。
横軸はアイアンクラブの番手およびロフト角度α、縦軸は重心高さFGHを示す。
また、ゴルフクラブヘッド12のヘッドスピード(H/S)は35m/sec、40m/sec、45m/secの3段階とした。
図31から明らかなように、何れのヘッドスピードにおいてもロフト角度αが最大値である場合の重心高さFGHとロフト角度αが最小値である場合の重心高さFGHとの差が2.5mm以内であった。
したがって、ロフト角度αが最大値である場合の重心高さFGHとロフト角度αが最小値である場合の重心高さFGHとの差が2mm以上3mm以下であれば、使用上問題ないものと言える。
The definition of the loft angle and the center of gravity height FGH of the golf club head 12 is exemplified as follows.
That is, as shown in FIG. 29, as the loft angle α of the golf club head 12 increases, the center of gravity height FGH gradually decreases and the center of gravity height FGH and the loft when the loft angle α is the maximum value are increased. The difference from the center of gravity height FGH when the angle α is the minimum value is preferably 2 mm or more and 3 mm or less.
The relationship between the loft angle α and the center of gravity height FGH will be described.
As shown in FIG. 30, the optimal center of gravity height FGH when a golf ball at a position 4 mm above the ground is impacted by the golf club head 12 (iron club) with the sole portion 20 in contact with the ground is simulated. Sought by.
In this case, the optimum center-of-gravity height FGH is a value at which the initial ball speed becomes maximum, in other words, a value at which the golf ball can be impacted by a sweet spot on the face surface 16.
FIG. 31 shows the simulation result.
The horizontal axis indicates the iron club number and loft angle α, and the vertical axis indicates the center of gravity height FGH.
Further, the head speed (H / S) of the golf club head 12 was set to three stages of 35 m / sec, 40 m / sec, and 45 m / sec.
As apparent from FIG. 31, the difference between the center of gravity height FGH when the loft angle α is the maximum value and the center of gravity height FGH when the loft angle α is the minimum value at any head speed is 2.5 mm. Was within.
Therefore, if the difference between the center of gravity height FGH when the loft angle α is the maximum value and the center of gravity height FGH when the loft angle α is the minimum value is 2 mm or more and 3 mm or less, it can be said that there is no problem in use. .

選定装置を用いたゴルフクラブの選定動作について図25のフローチャートを参照して説明する。
ゴルフ店やゴルフ練習場などの施設においてゴルフクラブ10の選定を行う場合を例にとって説明する。
ゴルファーがゴルフクラブ10をスウィングしたときのフェースローテーションFRを前記の挙動計測装置によって計測する(ステップS10:フェースローテーションFR計測ステップ)。この場合、施設のサービス提供者は、ゴルファーに対して計測用のゴルフクラブ10を提供する。あるいは、ゴルファーは、自らが持参したゴルフクラブ10を用いても良い。
The golf club selection operation using the selection device will be described with reference to the flowchart of FIG.
A case where the golf club 10 is selected in a facility such as a golf shop or a driving range will be described as an example.
The face rotation FR when the golfer swings the golf club 10 is measured by the behavior measurement device (step S10: face rotation FR measurement step). In this case, the service provider of the facility provides the golf club 10 for measurement to the golfer. Alternatively, the golfer may use the golf club 10 brought by himself.

次いで、フェースローテーションFRの計測結果を図23に示すコンピュータ30の入出力インターフェース50を介して、あるいは、キーボード42を介して入力する。
これにより、重心点算出手段30Aは、フェースローテーションFRに基づいて相関マップ3002から重心点Gの位置を算出する(ステップS12:重心点算出ステップ)。
Next, the measurement result of the face rotation FR is input through the input / output interface 50 of the computer 30 shown in FIG.
Thereby, the center-of-gravity point calculation means 30A calculates the position of the center-of-gravity point G from the correlation map 3002 based on the face rotation FR (step S12: center-of-gravity point calculation step).

なお、重心点算出ステップにおけるゴルフボールを打撃するフェースセンターラインCLの箇所は、図34(A)、(B)に示すように、フェース面16が規定されたロフト角度αになるように水平面に配置された状態で、フェース面16の下端から鉛直方向において高さ40mmに位置する箇所までの領域である。
これは、フェース面16の下端から鉛直方向において高さ40mmを超える領域で打球を行わないためである。
In addition, as shown in FIGS. 34A and 34B, the location of the face center line CL that hits the golf ball in the gravity center calculation step is on a horizontal plane so that the face surface 16 has a defined loft angle α. It is an area from the lower end of the face surface 16 to a location located at a height of 40 mm in the vertical direction in the arranged state.
This is because the ball is not hit in a region exceeding the height of 40 mm in the vertical direction from the lower end of the face surface 16.

次いで、ゴルフクラブ選定手段30Bは、重心点Gの位置に基づいてゴルフクラブ10を選定する(ステップS14:選定ステップ)。
具体的には、選定されたゴルフクラブ10をコンピュータ30のディスプレイ46に表示させ、あるいは、プリンタ48によって印刷出力させる。
このように出力されたゴルフクラブ10の選定結果に基づいて施設のサービス提供者は、ゴルファーにとって最適なゴルフクラブ10を提供し、あるいは、ゴルフクラブ10の情報(メーカーや型番など)を提供する。
Next, the golf club selection unit 30B selects the golf club 10 based on the position of the center of gravity G (step S14: selection step).
Specifically, the selected golf club 10 is displayed on the display 46 of the computer 30 or printed out by the printer 48.
Based on the selection result of the golf club 10 output in this way, the service provider of the facility provides the golf club 10 most suitable for the golfer or provides information (manufacturer, model number, etc.) of the golf club 10.

以上説明したように、本実施の形態によれば、ゴルファーによりスウィングされたゴルフクラブ10のフェースローテーションFRを計測し、計測されたフェースローテーションFRで変位するフェース面16のフェースセンターラインCLでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点Gの位置を前記の計測されたフェースローテーションFRに対応する重心点Gの位置として算出し、算出された重心点Gの位置に基づいてゴルファーのフェースローテーションFRに適したゴルフクラブ10を選定するようにした。
したがって、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを選定することができる。
As described above, according to the present embodiment, the golf ball 10 is measured by the face rotation FR of the golf club 10 swung by the golfer, and the golf ball is detected by the face center line CL of the face surface 16 that is displaced by the measured face rotation FR. The position of the center of gravity G necessary for the initial speed when the ball is hit to the maximum initial speed is calculated as the position of the center of gravity G corresponding to the measured face rotation FR, and the calculated position of the center of gravity G Based on this, the golf club 10 suitable for the golfer's face rotation FR is selected.
Therefore, it is possible to select a golf club that is advantageous in improving the flight distance of the hit ball in accordance with the golfer's swing.

また、本実施の形態では、1本のゴルフクラブ10を選定する場合について説明したが、複数のゴルフクラブ10からなるゴルフクラブセットに対しても本発明は無論適用可能である。
例えば、選定するゴルフクラブを、アイアンゴルフクラブセットを構成する複数のゴルフクラブとする。
この場合、複数のゴルフクラブは、ロフト角度が28度未満のゴルフクラブを1本以上、ロフト角度が28度以上40度未満のゴルフクラブを1本以上、ロフト角度40度以上のゴルフクラブを1本以上を含む。具体的には、複数のゴルフクラブは、ロフト角度が28度未満のゴルフクラブとして、例えば、4番手(4番アイアン)、5番手(5番アイアン)、6番手(6番アイアン)のうちの1本以上、ロフト角度が28度以上40度未満のゴルフクラブとして、7番手(7番アイアン)、8番手(8番アイアン)、9番手(9番アイアン)のうちの1本以上、ロフト角度40度以上のゴルフクラブとして、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)のうちの1本以上を含む。
また、複数のゴルフクラブは、ロフト角度αが大きくなるにつれて、重心高さFGHが次第に小さな値となり、かつ、ロフト角度αが最大値である場合の重心高さFGHとロフト角度αが最小値である場合の重心高さFGHとの差が2mm以上3mm以下であるものとする。
このように選定した複数のゴルフクラブ10でアイアンゴルフクラブセットを構成すると、以下の効果が奏される。
本発明の選定方法により選定された複数のゴルフクラブを用いることにより、ゴルファーが目標とする打点、すなわち、フェースセンターラインCL上でかつロフト角度α毎の最適重心高さ位置FGHの打点で打球する上で有利となり、最高初速を達成する上で有利となる。
すなわち、飛距離に最も影響するパラメータは初速であることから、本発明の選定方法により選定された複数のゴルフクラブを用いることにより、ゴルフククラブの番手毎に意図した飛距離を得る上で有利となり、スコアアップを実現する上で有利となる。
In the present embodiment, the case where one golf club 10 is selected has been described. However, the present invention is naturally applicable to a golf club set including a plurality of golf clubs 10.
For example, the selected golf club is a plurality of golf clubs constituting an iron golf club set.
In this case, the plurality of golf clubs include one or more golf clubs having a loft angle of less than 28 degrees, one golf club having a loft angle of 28 degrees or more and less than 40 degrees, and one golf club having a loft angle of 40 degrees or more. Includes more than books. Specifically, the plurality of golf clubs are golf clubs having a loft angle of less than 28 degrees, for example, among 4th (4th iron), 5th (5th iron), 6th (6th iron) One or more golf clubs with a loft angle of 28 degrees or more and less than 40 degrees, one or more of 7th (7th iron), 8th (8th iron), 9th (9th iron), loft angle As a golf club of 40 degrees or more, one or more of PW (pitching wedge), AW (approach wedge), and SW (sand wedge) are included.
Further, in the plurality of golf clubs, as the loft angle α increases, the center of gravity height FGH gradually decreases, and the center of gravity height FGH and the loft angle α when the loft angle α is the maximum value are minimum values. The difference from the center of gravity height FGH in some cases is 2 mm or more and 3 mm or less.
When an iron golf club set is constituted by the plurality of golf clubs 10 selected as described above, the following effects are exhibited.
By using a plurality of golf clubs selected by the selection method of the present invention, the golfer hits a target hit point, that is, a hit point at the optimum center-of-gravity height position FGH on the face center line CL and for each loft angle α. It is advantageous in achieving the maximum initial speed.
That is, since the parameter that most affects the flight distance is the initial speed, using a plurality of golf clubs selected by the selection method of the present invention is advantageous in obtaining the intended flight distance for each golf club number. Therefore, it is advantageous in achieving a score increase.

(実験例)
次に実験例について図26、図27、図28を参照して説明する。
試料として、重心点Gの位置を変えたゴルフクラブヘッド12を備えるゴルフクラブ10(アイアンクラブ)を作成し、各ゴルフクラブ10をスウィングロボットを用いてスウィングさせ、フェース面16の中心点でゴルフボールを打撃したときの最大飛距離を計測した。
実験条件は、以下のとおりである。
1)フェースローテーションFRは、200rpm、400rpm、800rpmの3種類とし、フェースローテーションFRが前述した小■範囲、中■範囲、大■範囲の3つの■範囲に区分されるようにした。
2)重心点Gの位置は、フェース面16の中心点を原点(0,0)とし、ヒール側を+(正)、トウ側を−(負)の数値として表記した。
3)最大飛距離は、フェースローテーションFRの小■範囲、中■範囲、大■範囲のそれぞれにおいて、最大飛距離が最大となった値を100とした指数で示した。
4)ゴルフクラブの番手は5番とした。
5)打撃回数は、ほぼセンターラインCLで打球したときの回数が5球以上になるまで試打を行ない、データは5球の平均値とした。
6)なお、実験例9、10、11、20、21、22、30、31、32では、ゴルフクラブセットとして計測を行った。この場合、ゴルフクラブの番手は5番、6番、7番、8番、9番、PWの6本とし、これら6本のゴルフクラブについて上記と同じ方法で試打して最大飛距離を計測しゴルフクラブセットごとに平均値を求めた。
(Experimental example)
Next, experimental examples will be described with reference to FIGS. 26, 27, and 28. FIG.
As a sample, a golf club 10 (iron club) having a golf club head 12 in which the position of the center of gravity G is changed is created, and each golf club 10 is swung using a swing robot. The maximum flight distance when hitting was measured.
The experimental conditions are as follows.
1) Face Rotation FR is, 200 rpm, 400 rpm, and 3 kinds of 800 rpm, the face rotation FR was to be classified small ■ the aforementioned range, medium ■ range, the three ■ range of large ■ range.
2) The position of the center of gravity G is expressed as a numerical value of + (positive) on the heel side and − (negative) on the toe side, with the center point of the face surface 16 being the origin (0, 0).
3) The maximum flight distance is indicated by an index with the maximum flight distance being 100 in each of the small range , medium range , and large range of the face rotation FR.
4) Golf club number 5
5) As for the number of hits, trial hits were made until the number of hits at the center line CL was approximately 5 or more, and the data was an average value of 5 balls.
6) In Experimental Examples 9, 10, 11, 20, 21, 22, 30, 31, and 32, measurement was performed as a golf club set. In this case, the golf clubs are numbered 6, 6, 7, 8, 9, and PW, and the six golf clubs were tested by the same method as above to measure the maximum flight distance. The average value was obtained for each golf club set.

ここで、フェースローテーションFRの小範囲、中範囲、大範囲のそれぞれに対応する重心点Gの位置および角度φの規定される範囲について改めて示す。
(フェースローテーションFRの小範囲
重心点Gの位置:フェースセンターラインCLからヒール寄り0mm以上2mm未満
角度φ:37°以上〜54°以下
(フェースローテーションFRの中範囲
重心点Gの位置:フェースセンターラインCLからヒール寄り2mm以上4mm未満
角度φ:20°以上37°未満
(フェースローテーションFRの大範囲
重心点Gの位置:フェースセンターラインCLからヒール寄り4mm以上6mm以下
角度φ:5°以上20°未満
また、フェースローテーションFRの小範囲、中範囲、大範囲の各範囲において、重心高さFGHは各範囲とも17mm以上23mm以下である。
また、クラブセットの場合、ロフト角度αが最大値である場合の重心高さFGHとロフト角度αが最小値である場合の重心高さFGHとの差が2mm以上3mm以下である。
Here, the position of the center of gravity G corresponding to each of the small range , medium range , and large range of the face rotation FR and the range in which the angle φ is defined will be described again.
(Small range of face rotation FR)
Position of the center of gravity point G: Near the heel from the face center line CL 0 mm or more and less than 2 mm Angle φ: 37 ° or more and 54 ° or less (middle range of the face rotation FR)
Position of the center of gravity G: 2 mm or more and less than 4 mm near the heel from the face center line CL Angle φ: 20 ° or more and less than 37 ° (large range of face rotation FR)
Position of the center of gravity G: face center line CL heel toward 4mm or 6mm or less from the angle phi: less 5 ° or 20 ° The small range, mid range of the face rotation FR, in each range of the large range, the center of gravity height FGH is Each range is 17 mm or more and 23 mm or less.
In the case of a club set, the difference between the center of gravity height FGH when the loft angle α is the maximum value and the center of gravity height FGH when the loft angle α is the minimum value is 2 mm or more and 3 mm or less.

図26を参照してフェースローテーションFRが200rpm(小範囲)である実験例1〜11について説明する。
実験例1は、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例2〜4は、重心点Gの位置が規定された範囲を逸脱しており、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例5は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を下回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例6は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を上回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例7は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を下回っている。
実験例8は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を上回っている。
実験例9は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲内である。
実験例10は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を下回っている。
実験例11は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を上回っている。
図26から明らかなように、フェースローテーションFRが200rpm(小範囲)である場合、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である実験例1の最大飛距離が最も大きい。
重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φの何れか1つが規定された範囲外である実験例2〜8は最大飛距離が実験例1に比較して低下している。
また、実験例9、10、11のクラブセットの場合、重心高さFGHの差が規定された範囲内である実験例9の最大飛距離が最も大きく、重心高さFGHの差が規定された範囲外である実験例10、11の最大飛距離は実験例9に比較して低下している。
With reference to FIG. 26, Experimental Examples 1 to 11 in which the face rotation FR is 200 rpm (small range ) will be described.
In Experimental Example 1, the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Examples 2 to 4, the position of the center of gravity point G deviates from the specified range, and the center of gravity height FGH and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Example 5, the position of the barycentric point G is within the specified range, the barycentric height FGH is below the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 6, the position of the center of gravity point G is within the specified range, the center of gravity height FGH is greater than the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 7, the position of the center of gravity point G and the center of gravity height FGH are within the specified range, and the angle φ is below the specified range.
In Experimental Example 8, the position of the barycentric point G and the barycentric height FGH are within the specified range, and the angle φ exceeds the specified range.
Experimental Example 9 is a club set, which is within a range in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are defined, and within the range in which the difference in the center of gravity height FGH is defined.
Experimental example 10 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH is below the specified range.
Experimental example 11 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH exceeds the specified range.
As apparent from FIG. 26, when the face rotation FR is 200 rpm (small range ), the maximum flight distance of Experimental Example 1 in which the position of the center of gravity G, the height of the center of gravity FGH, and the angle φ are within the specified range. The biggest.
In Experimental Examples 2 to 8, in which any one of the position of the center of gravity G, the height of the center of gravity FGH, and the angle φ is outside the specified range, the maximum flight distance is lower than that of Experimental Example 1.
In the case of the club sets of Experimental Examples 9, 10, and 11, the maximum flight distance of Experimental Example 9 that is within the range in which the difference in the center of gravity height FGH is specified is the largest, and the difference in the center of gravity height FGH is specified. The maximum flight distances of Experimental Examples 10 and 11 that are out of the range are lower than those of Experimental Example 9.

次に、図27を参照してフェースローテーションFRが400rpm(中範囲)である実験例12〜22について説明する。
実験例12は、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例13〜15は、重心点Gの位置が規定された範囲を逸脱しており、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例16は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を下回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例17は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を上回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例18は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を下回っている。
実験例19は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を上回っている。
実験例20は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲内である。
実験例21は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を下回っている。
実験例22は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を上回っている。
図27から明らかなように、フェースローテーションFRが400rpm(中範囲)である場合、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である実験例12の最大飛距離が最も大きい。
重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φの何れか1つが規定された範囲外である実験例13〜19は最大飛距離が実験例12に比較して低下している。
また、実験例20、21、22のクラブセットの場合、重心高さFGHの差が規定された範囲内である実験例20の最大飛距離が最も大きく、重心高さFGHの差が規定された範囲外である実験例21、22の最大飛距離は実験例20に比較して低下している。
Next, experimental examples 12 to 22 in which the face rotation FR is 400 rpm (medium range ) will be described with reference to FIG.
In Experimental Example 12, the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Examples 13 to 15, the position of the center of gravity point G deviates from the specified range, and the center of gravity height FGH and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Example 16, the position of the centroid point G is within the specified range, the centroid height FGH is below the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 17, the position of the centroid point G is within a specified range, the centroid height FGH is greater than the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 18, the position of the centroid point G and the centroid height FGH are within the specified range, and the angle φ is below the specified range.
In Experimental Example 19, the position of the center of gravity G and the center of gravity height FGH are within the specified range, and the angle φ exceeds the specified range.
Experimental example 20 is a club set, which is within a range in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are defined, and within the range in which the difference in the center of gravity height FGH is defined.
Experimental example 21 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH is below the specified range.
Experimental Example 22 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH exceeds the specified range.
As is clear from FIG. 27, when the face rotation FR is 400 rpm (medium range ), the maximum flight distance of Experimental Example 12 in which the position of the center of gravity G, the height of the center of gravity FGH, and the angle φ are within the specified range. The biggest.
In Experimental Examples 13 to 19 in which any one of the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ is outside the specified range, the maximum flight distance is lower than that of Experimental Example 12.
In the case of the club sets of Experimental Examples 20, 21, and 22, the maximum flight distance of Experimental Example 20, which is within the range in which the difference in the center of gravity height FGH is defined, is the largest, and the difference in the center of gravity height FGH is defined. The maximum flight distances of Experimental Examples 21 and 22 that are out of the range are lower than those of Experimental Example 20.

次に、図28を参照してフェースローテーションFRが800rpm(大範囲)である実験例23〜32について説明する。
実験例23は、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例24、25は、重心点Gの位置が規定された範囲を逸脱しており、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である。
実験例26は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を下回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例27は、重心点Gの位置が規定された範囲内であり、重心高さFGHが規定された範囲を上回っており、角度φが規定された範囲内である。
実験例28は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を下回っている。
実験例29は、重心点Gの位置、重心高さFGHが規定された範囲内であり、角度φが規定された範囲を上回っている。
実験例30は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲内である。
実験例31は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を下回っている。
実験例32は、クラブセットであり、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内であり、重心高さFGHの差が規定された範囲を上回っている。
図28から明らかなように、フェースローテーションFRが800rpm(大範囲)である場合、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φが規定された範囲内である実験例23の最大飛距離が最も大きい。
重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φの何れか1つが規定された範囲外である実験例24〜29は最大飛距離が実験例23に比較して低下している。
また、実験例30、31、32のクラブセットの場合、重心高さFGHの差が規定された範囲内である実験例30の最大飛距離が最も大きく、重心高さFGHの差が規定された範囲外である実験例31、32の最大飛距離は実験例30に比較して低下している。
Next, experimental examples 23 to 32 in which the face rotation FR is 800 rpm (large range ) will be described with reference to FIG.
In Experimental Example 23, the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Examples 24 and 25, the position of the center of gravity G deviates from the specified range, and the center of gravity height FGH and the angle φ are within the specified range.
In Experimental Example 26, the position of the centroid point G is within the specified range, the centroid height FGH is below the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 27, the position of the center of gravity G is within a specified range, the center of gravity height FGH exceeds the specified range, and the angle φ is within the specified range.
In Experimental Example 28, the position of the center of gravity point G and the center of gravity height FGH are within the specified range, and the angle φ is below the specified range.
In Experimental Example 29, the position of the centroid point G and the centroid height FGH are within the specified range, and the angle φ exceeds the specified range.
Experimental example 30 is a club set, which is in a range in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are defined, and in the range in which the difference in the center of gravity height FGH is defined.
Experimental example 31 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH is below the specified range.
Experimental example 32 is a club set in which the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ are within the specified range, and the difference in the center of gravity height FGH exceeds the specified range.
As is clear from FIG. 28, when the face rotation FR is 800 rpm (large range ), the maximum flight distance of Experimental Example 23 in which the position of the center of gravity G, the height of the center of gravity FGH, and the angle φ are within the specified range. The biggest.
In Experimental Examples 24 to 29 in which any one of the position of the center of gravity G, the center of gravity height FGH, and the angle φ is outside the specified range, the maximum flight distance is lower than that in Experimental Example 23.
Further, in the case of the club sets of Experimental Examples 30, 31, and 32, the maximum flight distance of Experimental Example 30, which is within the range in which the difference in the center of gravity height FGH is defined, is the largest, and the difference in the center of gravity height FGH is defined. The maximum flight distance of Experimental Examples 31 and 32 that are out of the range is lower than that of Experimental Example 30.

上述の実験結果から明らかなように、重心点Gの位置、重心高さFGH、角度φがフェースローテーションFRに対応して規定された範囲内にあると、フェースセンターラインCLで打球したときの最大飛距離を大きく確保する上で有利となっている。   As is clear from the above experimental results, when the position of the center of gravity G, the height of the center of gravity FGH, and the angle φ are within the ranges defined in accordance with the face rotation FR, the maximum when hit with the face center line CL This is advantageous for securing a large flight distance.

(第2の実施の形態)
次に、本発明のゴルフクラブの設計方法について説明する。
第1の実施の形態では、フェースローテーションFRの計測結果に基づいて最高初速点PvがフェースセンターラインCL上に位置するために必要な重心点Gの位置を決定し、その重心点Gに基づいてゴルフクラブを選定した。
これに対して第2の実施の形態では、予めフェースローテーションFRを設定しておき、この設定したフェースローテーションFRに基づいて最高初速点PvがフェースセンターラインCL上に位置するために必要な重心点Gの位置を算出し、その重心点Gに基づいてゴルフクラブヘッドの設計を行う。
なお、以下の実施の形態では、第1の実施の形態と同様の部分、部材については同一の符号を付してその説明を省略し、あるいは、簡単に行う。
(Second Embodiment)
Next, a method for designing a golf club of the present invention will be described.
In the first embodiment, the position of the center of gravity G necessary for the highest initial speed point Pv to be positioned on the face center line CL is determined based on the measurement result of the face rotation FR, and based on the center of gravity G. A golf club was selected.
On the other hand, in the second embodiment, the face rotation FR is set in advance, and the center of gravity necessary for the highest initial speed point Pv to be positioned on the face center line CL based on the set face rotation FR. The position of G is calculated, and the golf club head is designed based on the center of gravity G.
In the following embodiments, the same parts and members as those in the first embodiment are denoted by the same reference numerals, and the description thereof is omitted or simply performed.

本実施の形態では、ゴルフクラブを設計する設計装置がコンピュータで構成されている。
図23を流用して説明すると、コンピュータ30は、第1の実施の形態と同様に構成されている。
ただし、ハードディスク装置38は、フェースローテーションFRに基づいて、最高初速点がフェースセンターラインCL上に位置するために必要な重心点Gを有するゴルフクラブヘッドを設計する専用の計算プログラムを格納している点が第1の実施の形態と異なる。
In the present embodiment, a design device for designing a golf club is constituted by a computer.
Referring to FIG. 23, the computer 30 is configured in the same manner as in the first embodiment.
However, the hard disk device 38 stores a dedicated calculation program for designing a golf club head having a center of gravity G necessary for the highest initial speed point to be located on the face center line CL based on the face rotation FR. This is different from the first embodiment.

図32に示すように、この設計装置は、重心点算出手段30Cと、設計手段30Dとを含んで構成されている。
これら各手段は、コンピュータ30が前記の計算プログラムを実行することによって実現されるものである。
As shown in FIG. 32, the design apparatus includes a center-of-gravity point calculation unit 30C and a design unit 30D.
Each of these means is realized by the computer 30 executing the calculation program.

重心点算出手段30Cは、フェースローテーションFRと、最高初速点Pvの位置と、重心点Gの位置との相関関係を示す相関マップ3010を備えている。
この相関マップ3010は、第1の実施の形態における相関マップ3002と同様に構成されている。
重心点算出手段30Cは、フェースローテーションFRが入力されると、それらフェースローテーションFRを受け付け、フェースローテーションFRの値に基づいて相関マップ3010から重心点Gの位置を算出(特定)する。
The center-of-gravity point calculation means 30C includes a correlation map 3010 indicating the correlation between the face rotation FR, the position of the highest initial speed point Pv, and the position of the center of gravity point G.
This correlation map 3010 is configured in the same manner as the correlation map 3002 in the first embodiment.
When the face rotation FR is input, the center-of-gravity point calculation unit 30C receives the face rotation FR, and calculates (specifies) the position of the center of gravity point G from the correlation map 3010 based on the value of the face rotation FR.

設計手段30Dは、算出された重心点Gの位置に基づいてゴルフクラブヘッド12の設計変数を決定するものである。
設計手段30Dとしては、ゴルフクラブヘッド12を設計するために使用される従来公知のさまざまな設計プログラムやゴルフクラブヘッド12の設計変数を有するデータベースを含んで構成される。
このような設計変数として、例えば、重心距離、重心高さ、重心深さ、慣性モーメントなどが例示される。
The design means 30 </ b> D determines design variables for the golf club head 12 based on the calculated position of the center of gravity G.
The design means 30 </ b> D includes a database having various conventionally known design programs used for designing the golf club head 12 and design variables of the golf club head 12.
Examples of such design variables include center of gravity distance, center of gravity height, center of gravity depth, and moment of inertia.

設計装置を用いたゴルフクラブの設計について図33のフローチャートを参照して説明する。
まず、設計オペレータがキーボード42やマウス44などを操作することによってフェースローテーションFRがコンピュータ30に入力され、あるいは、入出力インターフェース50からデータとしてフェースローテーションFRがコンピュータ30に入力される(ステップS20)。
重心点算出手段30Cは、入力されたフェースローテーションFRを受け付けて設計に供するフェースローテーションFRとして設定する(ステップS22:フェースローテーションFR設定ステップ)。
次いで、重心点算出手段30Cは、設定したフェースローテーションFRに基づいて相関マップ3010から重心点Gの位置を算出する(ステップS24:重心点算出ステップ)。
次いで、設計手段30Dは、算出された重心点Gの位置に基づいてゴルフクラブヘッド12の設計変数を決定する(ステップS26:設計ステップ)。
次いで、コンピュータ30は、決定された設計変数をコンピュータ30のディスプレイ46に表示させ、あるいは、プリンタ48によって印刷出力させる(ステップS28)。
Golf club design using the design apparatus will be described with reference to the flowchart of FIG.
First, when the design operator operates the keyboard 42, mouse 44, etc., the face rotation FR is input to the computer 30, or the face rotation FR is input as data from the input / output interface 50 to the computer 30 (step S20).
The center-of-gravity point calculation means 30C receives the input face rotation FR and sets it as a face rotation FR for use in design (step S22: face rotation FR setting step).
Next, the center-of-gravity point calculation unit 30C calculates the position of the center-of-gravity point G from the correlation map 3010 based on the set face rotation FR (step S24: center-of-gravity point calculation step).
Next, the design means 30D determines the design variable of the golf club head 12 based on the calculated position of the center of gravity G (step S26: design step).
Next, the computer 30 displays the determined design variable on the display 46 of the computer 30 or prints it out by the printer 48 (step S28).

以上説明したように、本実施の形態によれば、設定されたフェースローテーションFRで変位するフェース面16のフェースセンターラインCLでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点Gの位置を前記の設定されたフェースローテーションFRに対応する重心点Gの位置として算出し、算出された重心点Gの位置に基づいてゴルフクラブヘッド12の設計変数を決定するようにした。
したがって、ゴルファーのスウィングに応じて打球の飛距離を向上する上で有利なゴルフクラブを設計することができる。
また、本実施の形態では、ゴルフクラブ10について説明したが、複数のゴルフクラブ10からなるゴルフクラブセットに対しても本発明は無論適用可能である。
As described above, according to the present embodiment, the center of gravity necessary for the initial speed when the golf ball is hit at the face center line CL of the face surface 16 that is displaced by the set face rotation FR to be the maximum initial speed. The position of the point G is calculated as the position of the center of gravity G corresponding to the set face rotation FR, and the design variable of the golf club head 12 is determined based on the calculated position of the center of gravity G.
Therefore, it is possible to design a golf club that is advantageous in improving the flight distance of the hit ball in accordance with the golfer's swing.
Moreover, although the golf club 10 has been described in the present embodiment, the present invention can of course be applied to a golf club set including a plurality of golf clubs 10.

10……ゴルフクラブ、12……ゴルフクラブヘッド、16……フェース面、CL……フェースセンターライン、G……重心点、FR……フェースローテーション。   10: Golf club, 12: Golf club head, 16: Face surface, CL: Face center line, G: Center of gravity, FR: Face rotation.

Claims (6)

ゴルファーによりスウィングされたゴルフクラブのゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前におけるゴルフクラブヘッドの挙動を計測し該計測結果に基づいてゴルフクラブを選定するゴルフクラブの選定方法であって、
前記ゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前においてフェース面がゴルフクラブのシャフト軸回りに変位する単位時間当たりの変位量をフェースローテーションとし、
前記フェース面のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域のトウ−ヒール方向における中央を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をフェースセンターラインとし、
前記ゴルフクラブヘッドの重心位置を前記フェース面に垂直に投影した点を重心点としたとき、
ゴルファーによりスウィングされたゴルフクラブのフェースローテーションを計測するフェースローテーション計測ステップと、
前記計測されたフェースローテーションで変位する前記フェース面の前記フェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を算出する重心点算出ステップと、
前記算出された重心点の位置に基づいて前記ゴルファーのフェースローテーションに適したゴルフクラブを選定する選定ステップとを含み、
予め前記フェースローテーションの第1の閾値を400rpm±50rpmの範囲内で設定すると共に、第2の閾値を600rpm±50rpmの範囲内で設定し、
前記フェースローテーションが前記第1の閾値未満である範囲を小範囲とし、前記第1の閾値以上前記第2の閾値未満である範囲を中範囲とし、前記第2の閾値以上である範囲を大範囲とし前記フェースローテーションを3つの範囲に区分し、
前記小範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上2mm未満であり、
前記中範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り2mm以上4mm未満であり、
前記大範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り4mm以上6mm以下である、
ことを特徴とするゴルフクラブの選定方法。
A golf club selection method for measuring a behavior of a golf club head immediately before the golf club head of a golf club swung by a golfer hits a golf ball and selecting a golf club based on the measurement result,
The amount of displacement per unit time that the face surface is displaced around the shaft axis of the golf club immediately before the golf club head hits the golf ball is referred to as face rotation.
A straight line extending through the center in the toe-heel direction of a region defined as a region hitting the golf ball in the face surface and extending in a direction perpendicular to the toe-heel direction is a face center line,
When a point obtained by projecting the center of gravity position of the golf club head perpendicularly to the face surface is a center of gravity point,
A face rotation measuring step for measuring a face rotation of a golf club swung by a golfer;
A center-of-gravity point calculating step for calculating a position of a center of gravity point necessary for the initial speed when the golf ball is hit at the face center line of the face surface displaced by the measured face rotation to be a maximum initial speed;
Selecting a golf club suitable for face rotation of the golfer based on the calculated position of the center of gravity point ,
The first threshold value of the face rotation is set in advance within a range of 400 rpm ± 50 rpm, and the second threshold value is set within a range of 600 rpm ± 50 rpm,
A range in which the face rotation is less than the first threshold is a small range, a range in which the face rotation is greater than the first threshold and less than the second threshold is a middle range, and a range in which the face rotation is greater than or equal to the second threshold is a large range. The face rotation is divided into three ranges,
The position of the center of gravity corresponding to the small range is 0 mm or more and less than 2 mm closer to the heel from the face center line,
The position of the center of gravity corresponding to the middle range is 2 mm or more and less than 4 mm closer to the heel from the face center line,
The position of the center of gravity corresponding to the large range is 4 mm or more and 6 mm or less near the heel from the face center line.
A method for selecting a golf club.
前記フェースセンターライン上の最高初速点を任意に1点定め、かつ、前記フェース面が規定されたロフト角度になるように水平面に配置された状態で前記重心点から水平面に至る重心高さが17mm以上23mm以下であり、
前記フェース面のトウ側からヒール側に向かう水平方向をX方向としたとき、
前記X方向と、前記最高初速点および前記重心点を結ぶ直線とがなす角度を角度φとしたとき、
前記フェースローテーションが小範囲である場合、角度φは37°以上〜54°以下、前記フェースローテーションが中範囲である場合、20°以上37°未満、前記フェースローテーションが大範囲である場合、角度φは5°〜20°未満である、
ことを特徴とする請求項記載のゴルフクラブの選定方法。
A maximum initial velocity point on the face center line is arbitrarily determined, and the center of gravity height from the center of gravity to the horizontal plane is 17 mm in a state where the face surface is arranged on a horizontal plane so as to have a specified loft angle. More than 23 mm,
When the horizontal direction from the toe side to the heel side of the face surface is the X direction,
When the angle formed by the X direction and the straight line connecting the highest initial speed point and the center of gravity is an angle φ,
When the face rotation is a small range , the angle φ is 37 ° to 54 ° or less, when the face rotation is a middle range , 20 ° to less than 37 °, and when the face rotation is a large range , the angle φ Is less than 5 ° -20 °,
The golf club selection method according to claim 1, wherein:
前記ゴルフクラブヘッドのロフト角度が大きくなるにつれて、前記重心高さが次第に小さな値となり、かつ、前記ロフト角度が最大値である場合の前記重心高さと前記ロフト角度が最小値である場合の前記重心高さとの差が2mm以上3mm以下である、
ことを特徴とする請求項項記載のゴルフクラブの選定方法。
As the loft angle of the golf club head increases, the center of gravity height gradually decreases, and the center of gravity when the loft angle is the maximum value and the center of gravity when the loft angle is the minimum value. The difference from the height is 2 mm or more and 3 mm or less,
The method for selecting a golf club according to claim 2, wherein:
前記選定するゴルフクラブは、アイアンゴルフクラブセットを構成する複数のゴルフクラブであり、
前記複数のゴルフクラブは、ロフト角度が28度未満のゴルフクラブを1本以上と、ロフト角度が28度以上40度未満のゴルフクラブを1本以上と、ロフト角度40度以上のゴルフクラブを1本以上とを含む、
ことを特徴とする請求項記載のゴルフクラブの選定方法。
The selected golf club is a plurality of golf clubs constituting an iron golf club set,
The plurality of golf clubs include one or more golf clubs having a loft angle of less than 28 degrees, one or more golf clubs having a loft angle of 28 degrees or more and less than 40 degrees, and one golf club having a loft angle of 40 degrees or more. Including more than
The golf club selection method according to claim 3, wherein:
前記重心点算出ステップにおけるゴルフボールを打撃する前記フェースセンターラインの箇所は、前記フェース面が規定されたロフト角度になるように前記ゴルフクラブヘッドが水平面に配置された状態で、前記フェース面の下端から鉛直方向において高さ40mmに位置する箇所までの領域である、
ことを特徴とする請求項1乃至に何れか1項記載のゴルフクラブの選定方法。
The location of the face center line that hits the golf ball in the gravity center calculating step is such that the golf club head is placed on a horizontal plane so that the face surface has a prescribed loft angle, and the lower end of the face surface Is a region from a position located at a height of 40 mm in the vertical direction,
The method for selecting a golf club according to any one of claims 1 to 4 , wherein the golf club is selected.
ゴルフクラブヘッドがゴルフボールを打撃する直前においてフェース面がゴルフクラブのシャフト軸回りに変位する単位時間当たりの変位量をフェースローテーションとし、
前記フェース面のうちゴルフボールを打撃する領域として規定された領域のトウ−ヒール方向の中央を通りかつトウ−ヒール方向と直交する方向に延在する直線をフェースセンターラインとし、
前記ゴルフクラブヘッドの重心位置を前記フェース面に垂直に投影した位置を重心点としたとき、
前記フェースローテーションが設定されるフェースローテーション設定ステップと、
前記設定されたフェースローテーションで変位する前記フェース面の前記フェースセンターラインでゴルフボールを打撃したときの初速が最高初速となるために必要な重心点の位置を、前記設定されたフェースローテーションに対応する重心点の位置として算出する重心点算出ステップと、
前記算出された重心点の位置に基づいてゴルフクラブヘッドの設計変数を決定する設計ステップとを含み、
予め前記フェースローテーションの第1の閾値を400rpm±50rpmの範囲内で設定すると共に、第2の閾値を600rpm±50rpmの範囲内で設定し、
前記フェースローテーションが前記第1の閾値未満である範囲を小範囲とし、前記第1の閾値以上前記第2の閾値未満である範囲を中範囲とし、前記第2の閾値以上である範囲を大範囲とし前記フェースローテーションを3つの範囲に区分し、
前記小範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り0mm以上2mm未満であり、
前記中範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り2mm以上4mm未満であり、
前記大範囲に対応する重心点の位置は、前記フェースセンターラインからヒール寄り4mm以上6mm以下である、
ことを特徴とするゴルフクラブの設計方法。
The amount of displacement per unit time that the face surface is displaced around the shaft axis of the golf club immediately before the golf club head strikes the golf ball is referred to as face rotation.
A straight line extending through a center in the toe-heel direction of a region defined as a region hitting the golf ball in the face surface and extending in a direction perpendicular to the toe-heel direction is a face center line,
When the position of the center of gravity of the golf club head projected perpendicularly to the face surface is the center of gravity point,
A face rotation setting step in which the face rotation is set;
The position of the center of gravity required for the initial speed when the golf ball is hit at the face center line of the face surface that is displaced by the set face rotation to be the maximum initial speed corresponds to the set face rotation. A center-of-gravity point calculation step for calculating the position of the center of gravity point;
A design step of determining a design variable of the golf club head based on the calculated position of the center of gravity point ,
The first threshold value of the face rotation is set in advance within a range of 400 rpm ± 50 rpm, and the second threshold value is set within a range of 600 rpm ± 50 rpm,
A range in which the face rotation is less than the first threshold is a small range, a range in which the face rotation is greater than the first threshold and less than the second threshold is a middle range, and a range in which the face rotation is greater than or equal to the second threshold is a large range. The face rotation is divided into three ranges,
The position of the center of gravity corresponding to the small range is 0 mm or more and less than 2 mm closer to the heel from the face center line,
The position of the center of gravity corresponding to the middle range is 2 mm or more and less than 4 mm closer to the heel from the face center line,
The position of the center of gravity corresponding to the large range is 4 mm or more and 6 mm or less near the heel from the face center line.
A method for designing a golf club.
JP2011112244A 2011-05-19 2011-05-19 Golf club selection method and design method Active JP5708236B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011112244A JP5708236B2 (en) 2011-05-19 2011-05-19 Golf club selection method and design method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011112244A JP5708236B2 (en) 2011-05-19 2011-05-19 Golf club selection method and design method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012239627A JP2012239627A (en) 2012-12-10
JP5708236B2 true JP5708236B2 (en) 2015-04-30

Family

ID=47461983

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011112244A Active JP5708236B2 (en) 2011-05-19 2011-05-19 Golf club selection method and design method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5708236B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016116721A (en) 2014-12-22 2016-06-30 セイコーエプソン株式会社 Motion analysis device, motion analysis system, and motion analysis method and program
JP6835428B2 (en) 2016-12-02 2021-02-24 ブリヂストンスポーツ株式会社 Simulation equipment, simulation method and simulation system

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006247023A (en) * 2005-03-09 2006-09-21 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf club information providing system, method and program
JP2007244716A (en) * 2006-03-17 2007-09-27 Yamaha Corp Golf club selection support device and selection method
JP5521828B2 (en) * 2009-06-26 2014-06-18 横浜ゴム株式会社 Golf club head and golf club selection method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012239627A (en) 2012-12-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101398778B1 (en) Golf club shaft fitting method
JP5424943B2 (en) Method for evaluating the ease of swinging sports hitting tools
US8661879B2 (en) Method for designing golf club and golf club
US7559852B2 (en) Face markings for golf clubs
JP5882826B2 (en) Golf club fitting method
JP5708236B2 (en) Golf club selection method and design method
JP6753144B2 (en) RBI estimation device
US10252137B2 (en) Motion analysis method, motion analysis apparatus, and storage device
JP5472522B1 (en) Golf club head
JP5521829B2 (en) Golf club head and golf club design method
JP5521828B2 (en) Golf club head and golf club selection method
US9821209B2 (en) Golf swing analysis apparatus
JP6766335B2 (en) Golf swing analyzer
JP5170271B2 (en) Golf club head design method
JP2011240043A (en) Method of calculating evaluation data of golf club head
JP5644209B2 (en) Golf club head and golf club design and selection method
US10565895B2 (en) Motion analysis method, motion analysis apparatus, and storage device
JP6984682B2 (en) RBI estimation device
JP7004927B2 (en) Golf club head and golf club set
JP2005304774A (en) Evaluation method for golf club
KR20160099503A (en) Motion analysis method, motion analysis apparatus, and storage device
JP6537562B2 (en) Golf club heads and golf clubs
JP5594422B2 (en) Calculation method of sweet area of golf club head
JP5454199B2 (en) Calculation method of sweet area of golf club head
JP5941333B2 (en) Golf club fitting method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140508

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141031

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20141202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150113

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150203

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150216

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5708236

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250