JP5689015B2 - catheter - Google Patents

catheter Download PDF

Info

Publication number
JP5689015B2
JP5689015B2 JP2011090433A JP2011090433A JP5689015B2 JP 5689015 B2 JP5689015 B2 JP 5689015B2 JP 2011090433 A JP2011090433 A JP 2011090433A JP 2011090433 A JP2011090433 A JP 2011090433A JP 5689015 B2 JP5689015 B2 JP 5689015B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
catheter
lumen
guide wire
proximal end
body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011090433A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012223206A (en
Inventor
暁之 田上
暁之 田上
圭一郎 山本
圭一郎 山本
岩橋 茂信
茂信 岩橋
Original Assignee
テルモ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by テルモ株式会社 filed Critical テルモ株式会社
Priority to JP2011090433A priority Critical patent/JP5689015B2/en
Publication of JP2012223206A publication Critical patent/JP2012223206A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5689015B2 publication Critical patent/JP5689015B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、カテーテルに関する。 The present invention relates to catheters.

血管等の生体管腔内に挿入して、当該管腔内を超音波や光により診断するのに用いられるカテーテルが知られている(例えば、特許文献1参照)。 Is inserted into a body lumen such as a blood vessel, catheter used the lumen to diagnosed by ultrasound or light are known (e.g., see Patent Document 1).

前記カテーテルは、ルーメンを有するカテーテル本体と、カテーテル本体の先端部に設置され、ガイドワイヤが挿通する管状のガイドワイヤ挿通部と、カテーテル本体のルーメンに挿入され、先端部に超音波を発する超音波発振部を有するイメージングコアとを備えている。 The catheter includes a catheter body having a lumen, are disposed at the distal end of the catheter body, the guide wire insertion section of the tubular guide wire is inserted, is inserted into the lumen of the catheter body, the ultrasound emitting ultrasonic waves at the tip portion and a imaging core having an oscillation portion. このカテーテルは、ガイドワイヤ挿通部にガイドワイヤを挿入した状態で、カテーテル本体のルーメン内に挿入されているイメージングコアをその軸回りに回転させるとともに基端方向に移動させて、血管壁の超音波画像を取得することができる。 The catheter guide wire insertion section in a state of inserting the guide wire, is moved in the proximal direction rotates the imaging core that is inserted into the lumen of the catheter body about its axis, of the blood vessel wall ultrasound image can be acquired.

また、前記カテーテルは、手技によっては、超音波発振部を有するイメージングコアに代えて、光を発して、その反射光を受光することにより血管壁を撮像可能なイメージングコアをカテーテル本体に挿入して用いることもできる。 Further, the catheter, depending on the procedure, in place of the imaging core having a ultrasonic generator, emitting light, the imageable imaging core vessel walls by receiving the reflected light is inserted into the catheter body It can also be used.

しかしながら、前記従来のカテーテルでは、前記光学的に画像取得を行なう場合、ガイドワイヤで光が遮断されて、画像にそのガイドワイヤによる陰、いわゆる「バックシャドー」が生じる。 However, the conventional catheter, the case where optically perform image acquisition, is blocked light guide wire, shadow due to the guide wire to the image, so-called "back shadow" occurs. このため、画像のバックシャドーが生じた部分では、そこが死角となって血管壁が撮像されず、例えば当該撮像されていない部分に病変部があった場合、この病変部を視認するのが困難となるおそれがある。 Therefore, in the portion where the image of the back shadow occurs, there will not be imaged blood vessel wall becomes a blind spot, for example, when a lesion portion that is not the imaging is difficult to visually recognize the lesion it may become.

特表2005−529715号公報 JP-T 2005-529715 JP

本発明の目的は、生体管腔内の画像を撮像した際、その画像にガイドワイヤによるバックシャドーが生じることを防止することができるカテーテルを提供することにある。 An object of the present invention, when the captured image of the body lumen to provide a catheters that can prevent the back shadow is caused by the guide wire to the image.

このような目的は、下記(1)〜( 11 )の本発明により達成される。 These objects are achieved by the following aspects of the invention (1) to (11).
(1) 先端側に生体管腔内の画像を取り込む画像取込部を有するイメージングコアが挿入されたセンサルーメンと、ガイドワイヤが挿入されるガイドワイヤルーメンとを備え、前記生体管腔内に挿入して使用され、可撓性を有するカテーテル本体を備えるカテーテルであって、 (1) provided on the tip side and the sensor lumen imaging core is inserted with an image capturing unit for capturing an image of the body lumen, a guide wire lumen guidewire is inserted, the insertion into the body lumen to be used, a catheter comprising a catheter body having flexibility,
前記カテーテル本体の先端部に、前記画像取込部により前記生体管腔内の画像を取り込む操作が可能な撮像領域が前記カテーテル本体の長手方向に沿って設けられ、 Wherein the distal end of the catheter body, the image capturing area can be operated to capture the body lumen by the image capture section is provided along the longitudinal direction of the catheter body,
前記カテーテル本体の前記撮像領域の基端または前記撮像領域の基端よりも基端側に、造影性を有する第1のマーカを有し、 The catheter to the proximal end side than the proximal end or proximal end of the imaging region of the imaging region of the body, having a first marker having a contrast property,
前記撮像領域においては、前記センサルーメンと前記ガイドワイヤルーメンとが並設されており、 In the imaging region, said sensor lumen and said guidewire lumen has been arranged,
前記ガイドワイヤルーメンの先端は、前記カテーテル本体の先端に開放し、前記ガイドワイヤルーメンの基端は、前記撮像領域の基端よりも基端側まで延長して設けられていることを特徴とするカテーテル。 Distal end of the guide wire lumen is open to the distal end of the catheter body, proximal end of the guide wire lumen, characterized in that it is provided to extend to the proximal end side than the proximal end of the imaging area catheter.

(2) 前記カテーテル本体の途中に開口が設けられており、前記ガイドワイヤルーメンの基端は、前記開口に連通している上記(1)に記載のカテーテル。 (2) the catheter has an opening is provided in the middle of the body, the proximal end of the guide wire lumen catheter according to the above (1) in communication with the opening.

(3) 前記第1のマーカは、前記ガイドワイヤルーメンの基端よりも先端側に位置している上記(1)または(2)に記載のカテーテル。 (3) the first marker, the catheter according to the above (1) or (2) which is located frontward of the proximal end of the guide wire lumen.

(4) 前記第1のマーカは、前記撮像領域の基端部を示すものである上記(1)ないし(3)のいずれかに記載のカテーテル。 (4) the first marker, the catheter according to any one of to above (1) shows a base end portion of the imaging region (3).

(5) 前記カテーテル本体の前記第1のマーカよりも基端側で、前記ガイドワイヤルーメンの基端または前記ガイドワイヤルーメンの基端よりも先端側に、造影性を有する第2のマーカを有する上記(1)ないし(4)のいずれかに記載のカテーテル。 (5) at the proximal end than the first marker of the catheter body, the proximal end or the guide tip side from the proximal end of the wire lumen of the guide wire lumen has a second marker having a contrast property the catheter according to any one of (1) to (4).

(6) 前記第2のマーカは、前記ガイドワイヤルーメンの基端部を示すものである上記(5)に記載のカテーテル。 (6) the second marker, the catheter according to (5) shows the proximal end of the guide wire lumen.

(7) 前記カテーテル本体は、前記ガイドワイヤルーメンに連通し、送液を行う送液用ルーメンを有する上記(1)ないし(6)のいずれかに記載のカテーテル。 (7) the catheter body, the guide communicates with the guidewire lumen catheter according to any one of (1) having a liquid feed lumen to perform feeding (6).

(8) 前記カテーテル本体の前記撮像領域に、前記ガイドワイヤルーメンに連通する側孔を有する上記(1)ないし(7)のいずれかに記載のカテーテル。 (8) in the imaging region of the catheter body, the catheter according to any one of (1) having a side hole communicating with the guide wire lumen (7).

(9) 前記側孔は、前記撮像領域に沿って複数個設けられている上記(8)に記載のカテーテル。 (9) the side hole catheter according to the above (8) provided a plurality along the imaging region.

(10) 前記側孔は、該側孔の前記カテーテル本体の外周面側の開口が前記ガイドワイヤルーメン側の開口よりも基端側に位置するように傾斜している上記(8)または(9)に記載のカテーテル。 (10) the side hole, the outer peripheral surface side of the opening of the catheter body of the side holes is inclined so as to be located proximal to the opening of the guide wire lumen side (8) or (9 the catheter according to).

(11) 前記カテーテル本体の先端に、先端方向に突出したワイヤが設けられている上記(1)ないし(10)のいずれかに記載のカテーテル。 (11) at the distal end of the catheter body, the catheter according to any one of the above (1) is provided wires protruding in the distal direction (10).

本発明によれば、ガイドワイヤルーメンの基端が撮像領域の基端よりも基端側まで延長しているので、生体管腔内の目的部位の画像を撮像する際、ガイドワイヤを撮像領域よりも基端側に退避させることができる。 According to the present invention, since the base end of the guide wire lumen is extended to the proximal end side than the proximal end of the imaging area, when capturing an image of the target site of a body lumen, the guide wire from the imaging region it can also retract proximally. これにより、生体管腔内の目的部位の画像を撮像した際に、ガイドワイヤのバックシャドーが画像に生じることを確実に防止することができる。 Thus, the image of the target site of a body lumen upon imaging, it is possible to guide wire back shadows reliably prevent the resulting images. そして、得られた画像は、死角がないものとなり、よって、目的部位全体に対する正確な観察を行なうことができる。 Then, the resulting image becomes that there is no dead angle, thus, it is possible to perform an accurate observation of the entire target region.

本発明のカテーテル組立体の第1実施形態を示す部分縦断面側面図である。 A partial longitudinal sectional side view showing a first embodiment of a catheter assembly of the present invention. 本発明のカテーテル組立体の第1実施形態を示す部分縦断面側面図である。 A partial longitudinal sectional side view showing a first embodiment of a catheter assembly of the present invention. 図1に示すカテーテルの先端側の部分を示す縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the distal end portion of the catheter shown in FIG. 本発明のカテーテルの第2実施形態における先端側の部分を示す縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view showing a portion of the tip side in the second embodiment of the catheter of the present invention. 本発明のカテーテルの第3実施形態における先端側の部分および基端側の部分を示す縦断面図である。 A third portion and a portion of the proximal side of the distal end side in the embodiment of the catheter of the present invention is a vertical sectional view showing.

以下、本発明のカテーテルを添付図面に示す好適な実施形態に基づいて詳細に説明する。 Hereinafter will be described in detail with reference to preferred embodiments illustrating the catheters of the present invention in the accompanying drawings.

<第1実施形態> <First Embodiment>
図1および図2は、それぞれ、本発明のカテーテル組立体の第1実施形態を示す部分縦断面側面図である。 1 and 2, respectively, a partial longitudinal sectional side view showing a first embodiment of a catheter assembly of the present invention. 図3は、図1に示すカテーテルの先端側の部分を示す縦断面図である。 Figure 3 is a longitudinal sectional view of the distal end portion of the catheter shown in FIG. なお、以下では、説明の都合上、図1および図3中の右側を「基端」、左側を「先端」と言う。 In the following, for convenience of description, the right to "proximal end" in FIG. 1 and FIG. 3, the left side referred to as "the tip".

図1に示すカテーテル組立体1は、カテーテル2と、カテーテル2内に挿入されるイメージングコア3とを備えている。 The catheter assembly 1 shown in FIG. 1 includes a catheter 2, and an imaging core 3 inserted into the catheter 2. このカテーテル組立体1は、カテーテル2とイメージングコア3とを組み立てた組立状態で、生体管腔(以下では「血管」を代表的に扱う)内に挿入して用いられ、その内部画像である血管壁の画像を取得するものである。 Vascular catheter assembly 1 in the assembled state of assembling the catheter 2 and the imaging core 3, the biological lumen (hereinafter typically deal with "vascular") used by inserting into, its internal image and acquires an image of the wall.

カテーテル2は、光信号による画像、特に、光干渉断層画像診断装置(OCT)、その改良型である波長掃引を利用した光干渉断層画像診断装置(OFDI)に用いられるカテーテルであり、後述するイメージングコア3の先端部から出射される近赤外線を生体組織へ照射し、生体組織からの反射光を参照光と干渉させることで干渉光を生成した後、当該干渉光に基づいて、血管の断面画像を描出することができる。 The catheter 2 includes an image by an optical signal, in particular, the optical coherent tomography diagnosis apparatus (OCT), a catheter used in the optical coherent tomography diagnosis apparatus utilizing wavelength sweep its improved (OFDI), described later imaging the near infrared rays emitted from the tip of the core 3 irradiated to the living tissue, after generating an interference light by causing interference with the reference light reflected light from the living tissue, based on the interference light, the blood vessel cross-sectional image it is possible to visualize the.

また、このカテーテル組立体1は、外部ユニット6に接続して用いられる。 Further, the catheter assembly 1 is used to connect to the external unit 6. 外部ユニット6は、モータ等の外部駆動源を内蔵するスキャナ装置61と、スキャナ装置61を把持しモータ等により水平方向(軸方向)へ移動させる軸方向移動装置62と、スキャナ装置61および軸方向移動装置62の作動を制御する機能を有する制御部63と、カテーテル組立体1によって得られた血管壁の画像を表示する表示部64とを有している。 External unit 6 includes a scanner unit 61 which incorporates an external drive source such as a motor, the axial movement device 62 moves in the horizontal direction (axial direction) by a motor or the like holding the scanner apparatus 61, scanner 61 and the axial a control unit 63 having a function of controlling the operation of the mobile device 62, and a display unit 64 for displaying an image obtained blood vessel wall by the catheter assembly 1.

カテーテル組立体1の各部の構成について説明する前に、外部ユニット6について説明する。 Before describing the configuration of each portion of the catheter assembly 1 will be described an external unit 6.

スキャナ装置61には、カテーテル組立体1の基端部が着脱自在に接続される。 The scanner device 61, the proximal end of the catheter assembly 1 is detachably connected. そして、スキャナ装置61は、イメージングコア3をその軸回りに回転させることができるとともに、軸方向移動装置62によりイメージングコア3をその軸方向に沿って移動させることができるようになっている。 The scanner device 61, it is possible to rotate the imaging core 3 about its axis, and is capable of moving along the imaging core 3 in the axial direction by the axial movement device 62. これにより、イメージングコア3の後述するプリズム52の部分を走査することができる。 Thus, it is possible to scan the portion of the later-described prism 52 of the imaging core 3. また、外部ユニット6で、スキャナ装置61を介して送られたイメージングコア3から得られる情報に基づいて、血管壁の画像を形成する。 Further, the external unit 6, based on information obtained from the imaging core 3 sent via a scanner device 61, to form an image of the blood vessel wall. これにより、血管に対して任意の位置で、その周方向全周にわたって、血管内の横断面像が得られる。 Thus, at any position relative to the vessel, over its entire circumference, cross section images of a blood vessel is obtained.

制御部63は、例えばCPU(Central Processing Unit)を内蔵したパーソナルコンピュータである。 Control unit 63 is, for example, a personal computer with a built-in CPU (Central Processing Unit). また、表示部64は、例えば液晶表示装置である。 The display unit 64 is, for example, a liquid crystal display device.

次に、カテーテル組立体1について説明する。 It will now be described catheter assembly 1.
前述したように、カテーテル組立体1は、カテーテル2とイメージングコア3とを備えている。 As described above, the catheter assembly 1 includes a catheter 2 and the imaging core 3.

図1および図3に示すように、イメージングコア3は、その本体となる長尺状の駆動シャフト4と、駆動シャフト4の先端部に固定されたハウジング51と、ハウジング51内に収納されたプリズム(画像取込部)52と、駆動シャフト4の基端部に固定されたコネクタ部53とを有している。 As shown in FIGS. 1 and 3, the imaging core 3, the elongate drive shaft 4 serving as the main body, a housing 51 fixed to the distal end of the drive shaft 4, a prism housed in the housing 51 (image capturing unit) 52, and a connector portion 53 which is fixed to the proximal end of the drive shaft 4. また、イメージングコア3では、ハウジング51、プリズム52、コネクタ部53が、血管壁の画像を撮像する撮像手段5を構成している。 Further, the imaging core 3, a housing 51, a prism 52, the connector portion 53 constitute an imaging means 5 for capturing an image of the blood vessel wall.

駆動シャフト4は、導光手段の機能を有しており、例えば光ファイバの周囲を多層巻コイルで覆ったもので構成されている。 The drive shaft 4 is provided with a function of the light guide means, for example, the periphery of the optical fiber is composed of those covered by the multi-layer winding coil.

駆動シャフト4の先端部には、ハウジング51が、例えば接着剤により固定されており、プリズム52は、ハウジング51内で、駆動シャフト4の先端に、例えば接着剤により固定されている。 The distal end of the drive shaft 4, the housing 51 has for example been fixed by adhesive, the prism 52, within the housing 51, the end of the drive shaft 4, for example, are fixed by an adhesive. このプリズム52は、例えば、直角プリズムである。 The prism 52 is, for example, a rectangular prism.

ハウジング51は、ステンレス鋼等の金属製の円筒体で構成され、その側壁部を貫通する貫通孔511がプリズム52に対応する位置に形成されている。 The housing 51 is formed of a metallic cylindrical body such as stainless steel, a through hole 511 that penetrates the side wall portion is formed at a position corresponding to the prism 52.

このイメージングコア3では、プリズム52が貫通孔511を介して血管壁に臨んだ状態で、スキャナ装置61から送信された光(信号)が、駆動シャフト4により先端方向へ導光され、プリズム52から貫通孔511を介して出射する。 In the imaging core 3, the prism 52 is in a state of facing the blood vessel wall via the through hole 511, the light transmitted from the scanner unit 61 (signal), is guided toward the distal end by the drive shaft 4, a prism 52 It emits through the through hole 511. そして、血管壁からの反射光は、プリズム52に貫通孔511を介して入射し、駆動シャフト4により基端方向へ導光され、スキャナ装置61で受信される。 Light reflected from the blood vessel wall is incident through a through hole 511 in the prism 52, by the drive shaft 4 is guided in the proximal direction, it is received by the scanner apparatus 61. 前記プリズム52からの光の出射および前記プリズム52への反射光の入射、すなわちプリズム52における光の送受信により、血管壁の画像を取り込むことができる。 The light emitted from the prism 52 and the incident of the reflected light to the prism 52, that is, by transmission and reception of light in the prism 52, it is possible to capture an image of the blood vessel wall.

図3に示すように、カテーテル2は、可撓性を有する長尺状のカテーテル本体21と、カテーテル本体21の基端部に固定されたコネクタ部22とを備えている。 As shown in FIG. 3, the catheter 2 has flexibility and elongated catheter body 21 having, and a connector portion 22 which is fixed to the proximal end of the catheter body 21.

カテーテル本体21には、イメージングコア3が挿入されるセンサルーメン211と、ガイドワイヤ200が挿入されるガイドワイヤルーメン212とがカテーテル本体21の長手方向に沿って形成されている。 The catheter body 21, a sensor lumen 211 that imaging core 3 is inserted, and a guide wire lumen 212 of the guide wire 200 is inserted is formed along the longitudinal direction of the catheter body 21. カテーテル本体21の先端部は、外径が縮径した縮径部23となっている。 The distal end of the catheter body 21 has a reduced diameter portion 23 having an outer diameter of reduced diameter.

センサルーメン211は、イメージングコア3が挿入可能であり、カテーテル本体21の縮径部23の基端から、カテーテル本体21の基端まで、そのカテーテル本体21の全長に亘って形成されている。 Sensor lumen 211, the imaging core 3 are insertable, from the proximal end of the reduced diameter portion 23 of the catheter body 21, to the proximal end of the catheter body 21, is formed over the entire length of the catheter body 21. また、センサルーメン211の先端部は、閉じている。 The tip portion of the sensor lumen 211 is closed. これにより、センサルーメン211内への血液の流入を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent the inflow of blood to the sensor lumen 211. なお、センサルーメン211の先端部が、閉じていなくてもよいことは、言うまでもない。 Incidentally, the tip portion of the sensor lumen 211, it may not be closed, of course.

なお、カテーテル本体21のうちのセンサルーメン211が設けられている部位は、イメージングコア3が挿入可能なイメージングコア挿入部を構成する。 Incidentally, the site where the sensor lumen 211 of the catheter body 21 is provided, the imaging core 3 constitute the imaging core insertion portion can be inserted.

このカテーテル本体21の先端部には、イメージングコア3により血管内の画像、すなわち血管壁の画像を取り込む操作が可能な撮像領域27が、カテーテル本体21の長手方向に沿って設けられている。 This tip portion of the catheter body 21, an image of a blood vessel by a imaging core 3, i.e. the imaging region 27 can be operated to capture an image of the blood vessel walls is provided along the longitudinal direction of the catheter body 21. イメージングコア3により撮像する際は、その撮像領域27内において、イメージングコア3のハウジング51、すなわちプリズム52に対応する部位が、イメージングコア3の軸回りに回転しつつ、基端方向に移動する。 When imaging by the imaging core 3 in its imaging region 27, a housing 51 of the imaging core 3, that is, portions corresponding to the prism 52, while rotating about the axis of the imaging core 3 is moved in the proximal direction.

撮像領域27の長さは、特に限定されないが、5〜15cm程度であることが好ましい。 The length of the imaging area 27 is not particularly limited, is preferably about 5 to 15 cm.

なお、カテーテル本体21の少なくとも先端側の部分、具体的には、撮像領域27の部分が、光を透過する窓部となっている。 At least the distal portion of the catheter body 21, specifically, the portion of the imaging region 27 has a window portion for transmitting light. これにより、イメージングコア3により撮像することができる。 This makes it possible to imaging by the imaging core 3.

また、ガイドワイヤルーメン212は、ガイドワイヤ200が挿通可能であり、カテーテル本体21の先端部のみに形成されている。 The guide wire lumen 212, guidewire 200 is insertable, is formed only at the distal end of the catheter body 21. 具体的には、ガイドワイヤルーメン212は、カテーテル本体21の縮径部23の先端から、カテーテル本体21の途中まで形成されている。 Specifically, the guide wire lumen 212 from the distal end of the reduced diameter portion 23 of the catheter body 21, is formed halfway of the catheter body 21. また、少なくとも撮像領域27においては、センサルーメン211とガイドワイヤルーメン212とが並設されている。 Further, at least in the imaging region 27, and a sensor lumen 211 and the guidewire lumen 212 are juxtaposed. 図示の構成では、ガイドワイヤルーメン212は、その全長に亘ってセンサルーメン211に対して並設されている。 In the illustrated arrangement, the guide wire lumen 212 is juxtaposed with the sensor lumen 211 over its entire length. すなわち、ガイドワイヤルーメン212は、カテーテル本体21の中心軸と平行に配置されている。 That is, the guide wire lumen 212 is parallel to the central axis of the catheter body 21.

また、ガイドワイヤルーメン212の先端は、カテーテル本体21の先端に開放し、ガイドワイヤルーメン212の基端は、カテーテル本体21の途中に開放している。 The tip of the guide wire lumen 212 opens into the distal end of the catheter body 21, proximal end of the guidewire lumen 212 is open in the middle of the catheter body 21. すなわち、カテーテル本体21の縮径部23の先端には、開口213が形成されており、ガイドワイヤルーメン212の先端は、その開口213に連通している。 That is, the tip of the reduced diameter portion 23 of the catheter body 21, an opening 213 is formed, the distal end of the guide wire lumen 212 communicates in the opening 213. したがって、開口213は、ガイドワイヤルーメン212の先端開口を構成する。 Thus, the opening 213 constitutes the distal end opening of the guidewire lumen 212. また、カテーテル本体21の途中には開口214が形成されており、ガイドワイヤルーメン212の基端は、その開口214に連通している。 Further, in the middle of the catheter body 21 has an opening 214 is formed, the proximal end of the guide wire lumen 212 communicates in the opening 214. したがって、開口214は、ガイドワイヤルーメン212の基端開口を構成する。 Thus, the opening 214 constitutes the proximal end opening of the guidewire lumen 212. このカテーテル2は、ガイドワイヤルーメン212にガイドワイヤ200を挿通した状態で血管内に挿入されるものであり、ガイドワイヤ200からの抜き差しを迅速に行なうことができる、いわゆる「ラピッドエクスチェンジタイプ(ショートモノレールタイプ)」のカテーテルである。 The catheter 2 is a guide wire lumen 212 while inserting the guide wire 200 is intended to be inserted into a blood vessel, can be performed or disconnecting from the guide wire 200 rapidly, so-called "rapid exchange type (short monorail is a catheter of the type) ".

また、ガイドワイヤルーメン212の基端は、撮像領域27の基端よりも基端側に位置している。 Further, the proximal end of the guidewire lumen 212 is located proximal to the proximal end of the imaging region 27. すなわち、ガイドワイヤルーメン212の基端は、撮像領域27の基端よりも基端側まで延長して設けられている。 That is, the proximal end of the guide wire lumen 212 is provided to extend to the proximal end side than the proximal end of the imaging region 27. これにより、イメージングコア3により撮像する際、ガイドワイヤ200を基端方向に移動させることにより、ガイドワイヤ200を撮像領域27から退避させることができ、これによって、血管壁の画像を撮像した際に、ガイドワイヤ200のバックシャドーが画像に生じることを確実に防止することができる。 Thus, when imaging by the imaging core 3, by moving the guide wire 200 in the proximal direction, it is possible to retract the guide wire 200 from the imaging region 27, thereby, an image of the blood vessel wall when captured can back shadow of the guide wire 200 is reliably prevented from occurring in the image.

撮像領域27の基端から開口214までの長さは、特に限定されないが、10〜20cm程度であることが好ましい。 Length from the proximal end of the imaging area 27 to the opening 214 is not particularly limited, is preferably about 10 to 20 cm.

なお、カテーテル本体21のうちのガイドワイヤルーメン212が設けられている部位は、ガイドワイヤ200が挿通可能なガイドワイヤ挿通部を構成する。 Incidentally, portions where the guide wire lumen 212 of the catheter body 21 is provided, the guide wire 200 constitute a insertable guide wire insertion section. このガイドワイヤ挿通部の外径は、前記イメージングコア挿入部の外径よりも小さく設定されている。 The outer diameter of the guide wire insertion section is smaller than the outer diameter of the imaging core insert.

前記ガイドワイヤ挿通部とイメージングコア挿入部とは、一体的に形成されていてもよく、また、別部材で形成してもよい。 Wherein the guide wire insertion section and the imaging core insertion portion may be integrally formed or may be formed by separate members.

また、カテーテル本体21の撮像領域27におけるガイドワイヤルーメン212に臨む部位には、ガイドワイヤルーメン212に連通する複数の側孔215が設けられている。 Further, at a portion facing the guide wire lumen 212 in the imaging region 27 of the catheter body 21, a plurality of side holes 215 communicating with the guide wire lumen 212 is provided. 各側孔215は、撮像領域27に沿って、等間隔に配置されている。 Each side hole 215 along the imaging region 27 are arranged at equal intervals. また、側孔215は、撮像領域27の全域に設けられている。 Further, the side hole 215 is provided in the entire region of the imaging region 27.

これにより、イメージングコア3により撮像する際、撮像領域27の近傍の血液を先端方向に流すため、カテーテル2が挿入されている図示しないガイディングカテーテル内に生理食塩水や造影剤等の液体を先端方向に流した際、側孔215からガイドワイヤルーメン212内にその液体が流れ込み、ガイドワイヤルーメン212内の血液を先端方向に流すことができる。 Tip Thus, when imaging by the imaging core 3, for the flow of blood in the vicinity of the imaging region 27 in the distal direction, the liquid saline and contrast media such as guiding catheter (not shown) the catheter 2 is inserted which was obtained by applying the direction, it flows into the liquid from the side hole 215 in the guide wire lumen 212, can flow blood in the guide wire lumen 212 in the distal direction.
なお、側孔215の数は、1つでもよいことは、言うまでもない。 The number of side holes 215, even one good thing, of course.

また、側孔215は、その側孔215のカテーテル本体21の外周面側の開口がガイドワイヤルーメン212側の開口よりも基端側に位置するように傾斜している。 Further, the side hole 215 is inclined so that the opening of the outer circumferential surface of the catheter body 21 of the side hole 215 is located on the proximal side of the aperture of the guide wire lumen 212 side. これにより、ガイドワイヤルーメン212内の血液をより確実に先端方向に流すことができる。 Thus, it is possible to flow blood in the guide wire lumen 212 more securely in the distal direction. また、ガイドワイヤルーメン212内のガイドワイヤ200を先端方向に進める際、そのガイドワイヤ200の先端部が側孔215から外部に突出してしまうことを防止することができる。 Further, in advancing the guide wire 200 in the guide wire lumen 212 in the distal direction, it is possible to tip of the guide wire 200 is prevented from being projected to the outside from the side hole 215.

また、側孔215の傾斜角度θは、特に限定されないが、15〜75°程度であることが好ましい。 Further, the inclination angle θ of the side holes 215 is not particularly limited, is preferably about 15 to 75 °.

また、ガイドワイヤ200の先端部には、X線透視下やMRI透視下において造影性を有する図示しないガイドワイヤ側マーカが設けられている。 The guide at the distal end of the wire 200, guide wire side marker (not shown) having a contrast property in X-ray fluoroscopy or under MRI fluoroscopy under is provided. そして、カテーテル本体21の外周面の所定の位置には、X線透視下やMRI透視下において造影性を有する第1のマーカ261および第2のマーカ262が設けられている。 Then, at a predetermined position on the outer peripheral surface of the catheter body 21, the first marker 261 and the second marker 262 having a contrast property under X-ray fluoroscopy or MRI under fluoroscopy it is provided. 図示の構成では、第1のマーカ261および第2のマーカ262は、それぞれ、環状をなし、カテーテル本体21の外周面にその1周に亘って設けられている。 In the illustrated configuration, the first marker 261 and the second marker 262, respectively, form a cyclic, provided over its one circumference on the outer peripheral surface of the catheter body 21.

これらガイドワイヤ側マーカ、第1のマーカ261、第2のマーカ262は、それぞれ、例えば、白金、金、銀、チタン、タングステン等の金属、またはこれらの合金等のX線不透過材料で構成されている。 These guidewires side marker, the first marker 261 and the second marker 262, respectively, for example, a platinum, gold, silver, titanium, a metal such as tungsten or X-ray opaque material such as an alloy thereof, ing. また、前記X線不透過材料や、その他例えば硫酸バリウム、炭酸バリウム、酸化ビスマス等のX線不透過材料が配合された層であってもよい。 Also, the or X-ray opaque material, other such as barium sulfate, barium carbonate, X-ray opaque material such as bismuth oxide may be a layer that has been formulated.

ここで、第1のマーカ261は、前記撮像領域27の基端部を示すものである。 The first marker 261 shows the proximal end of the imaging region 27. この第1のマーカ261は、カテーテル本体21の撮像領域27の基端または撮像領域27の基端よりも基端側で、かつガイドワイヤルーメン212の基端よりも先端側に位置している。 The first marker 261 is located on the distal end side than the base end or base end side than the proximal end of the imaging region 27, and the proximal end of the guide wire lumen 212 of the imaging region 27 of the catheter body 21.

また、第2のマーカ262は、ガイドワイヤルーメン212の基端部を示すものである。 The second marker 262 shows the proximal end of the guide wire lumen 212. この第2のマーカ262は、カテーテル本体21の第1のマーカ261よりも基端側で、かつガイドワイヤルーメン212の基端またはガイドワイヤルーメン212の基端よりも先端側に位置している。 The second marker 262 is located on the first in proximal to the marker 261, and guide the proximal or guide the distal end side than the base end of the wire lumen 212 of the wire lumen 212 of the catheter body 21.

このようなガイドワイヤ側マーカ、第1のマーカ261および第2のマーカ262により、X線透視下やMRI透視下において、ガイドワイヤ200の先端部、撮像領域27の基端部およびガイドワイヤルーメン212の基端部を確実に確認することができる。 Such guidewires side marker, the first marker 261 and the second marker 262, under X-ray fluoroscopy or MRI under fluoroscopy, the guide tip of the wire 200, proximal and guidewire lumen 212 of the imaging region 27 it is possible to check the proximal portion reliably.

イメージングコア3により撮像する際は、ガイドワイヤ側マーカが第1のマーカ261と第2のマーカ262との間に位置するようにガイドワイヤ200を基端方向に移動させる。 When imaging by the imaging core 3, the guide wire side marker moves in the proximal direction of the guide wire 200 so as to be positioned between the first marker 261 and the second marker 262. これにより、ガイドワイヤ200は、撮像領域27から基端方向に退避する。 Thus, the guide wire 200 is retracted proximally from the imaging region 27. また、ガイドワイヤ200の先端部がガイドワイヤルーメン212から抜けてしまうことを防止することができる。 Further, it is possible to prevent the tip of the guide wire 200 comes off from the guide wire lumen 212.

カテーテル本体21は、可撓性を有する材料で構成され、その材料としては、特に限定されず、例えば、スチレン系、ポリオレフィン系、ポリウレタン系、ポリエステル系、ポリアミド系、ポリイミド系、ポリブタジエン系、トランスポリイソプレン系、フッ素ゴム系、塩素化ポリエチレン系等の各種熱可塑性エラストマー等が挙げられ、これらのうちの1種または2種以上を組合せたもの(ポリマーアロイ、ポリマーブレンド、積層体等)を用いることができる。 The catheter body 21 is made of a flexible material, as the material thereof, not particularly limited, for example, styrene, polyolefin, polyurethane, polyester, polyamide, polyimide, polybutadiene, trans-poly isoprene, fluororubber, various thermoplastic elastomers such as chlorinated polyethylene and the like, the use of a combination of one or more of these (polymer alloys, polymer blends, laminates, etc.) can.

また、カテーテル本体21、その管壁が単層のものであってもよいし、複数の層が積層された積層体であってもよい。 Moreover, the catheter body 21, to the tube wall may be of a single layer or may be a laminate in which a plurality of layers are stacked.

カテーテル本体21の基端部に固定されたコネクタ部22は、硬質の管体で構成されたものである。 Proximal end connector is fixed to the portion of the catheter body 21 22 is composed of a tubular body of rigid. このコネクタ部22は、外部ユニット6のスキャナ装置61に接続される。 The connector portion 22 is connected to the scanner device 61 of the external unit 6.

なお、コネクタ部22のカテーテル本体21に対する固定方法としては、特に限定されず、例えば、接着(接着剤や溶媒による接着)による方法、融着(熱融着、高周波融着、超音波融着等)による方法等が挙げられる。 As the fixing method relative to the catheter body 21 of the connector portion 22 is not particularly limited, for example, a method using an adhesive (adhesive bonding or solvent), fusion (thermal fusion, high frequency fusion, ultrasonic fusion, etc. ) method, and the like by.

コネクタ部22の基端部には、イメージングコア3を回動可能に支持する回動支持部223が設けられている。 The base end portion of the connector portion 22, the rotation support portion 223 for supporting the imaging core 3 rotatably is provided.

コネクタ部22の先端側には、内管312を介して接続されるユニットコネクタ32と、外管331を介してユニットコネクタ32に接続されるとともにカテーテル本体21を接続する中継コネクタ33とを有する。 The distal end side of the connector portion 22 includes a unit connector 32 connected via the inner tube 312, and a relay connector 33 for connecting the catheter body 21 is connected to the unit connector 32 through the outer tube 331.

コネクタ部22は、駆動シャフト4および内管312を保持する。 Connector section 22 holds the drive shaft 4 and the inner tube 312. 内管312がユニットコネクタ32および外管331に押し込まれ、または引き出されることによって、駆動シャフト4が連動してカテーテル本体21内を軸方向にスライドする。 The inner tube 312 is pushed into the unit connector 32 and the outer tube 331, or by being pulled out, the drive shaft 4 is linked to slide within the catheter body 21 in the axial direction.

内管312を最も押し込んだときには、図1に示すように、内管312は、カテーテル本体21側の端部が外管331のカテーテル本体21側端部付近、すなわち、中継コネクタ33付近まで到達する。 When inner tube 312 most pushed it a, as shown in FIG. 1, the inner tube 312, the catheter body 21 side end portion of the outer tube 331 catheter body 21 side end portion and around, i.e., reaches the vicinity of the relay connector 33 . そして、この状態では、プリズム52は、カテーテル2のカテーテル本体21の先端付近に位置する。 Then, in this state, the prism 52 is located near the distal end of the catheter body 21 of the catheter 2.

また、内管312を最も引き出したときには、図2に示すように、内管312は、先端に形成されたストッパ313がユニットコネクタ32の内壁に引っかかり、引っかかった先端付近以外が露出する。 Further, when the most pulled out inner tube 312, as shown in FIG. 2, the inner tube 312, a stopper 313 formed at the tip is caught on the inner wall of the unit connector 32, except near the catch tip is exposed. そして、この状態では、プリズム52は、カテーテル2を残したままその内部において引き戻されている。 Then, in this state, the prism 52 is retracted in its interior while leaving the catheter 2. プリズム52が回転しながら移動することによって、血管および脈管などの断層画像を作成することができる。 By prism 52 moves while rotating, it is possible to create a tomographic image such as a blood vessel and vascular.

コネクタ部22の構成材料としては、特に限定されず、例えば、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリプロピレン、環状ポリオレフィン、ポリスチレン、ポリ−(4−メチルペンテン−1)、ポリカーボネート、アクリル樹脂、アクリルニトリル−ブタジエン−スチレン共重合体、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート等のポリエステル、ブタジエン−スチレン共重合体、ポリアミド(例えば、ナイロン6、ナイロン6・6、ナイロン6・10、ナイロン12)のような各種樹脂が挙げられる。 The constituent material of the connector portion 22 is not particularly limited, for example, polyvinyl chloride, polyethylene, polypropylene, cyclic polyolefin, polystyrene, poly - (4-methylpentene-1), polycarbonate, acrylic resins, acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer, polyethylene terephthalate, polyethylene naphthalate and the like, butadiene - styrene copolymer, various resins such as polyamides (e.g., nylon 6, nylon 6 · 6, nylon 6 · 10, nylon 12) .

コネクタ部22は、図1に示す構成では3つの管体を長手方向に沿って連結したものであるが、これに限定されず、例えば、1つの管体で構成されたものであってもよい。 The connector portion 22 is in the configuration shown in FIG. 1 is the concatenation along three tube longitudinally, without being limited thereto, for example, or may be composed of a single tube .

図3に示すように、カテーテル2のセンサルーメン211には、イメージングコア3が挿入される。 As shown in FIG. 3, the sensor lumen 211 of the catheter 2, the imaging core 3 is inserted. そして、この挿入状態のイメージングコア3は、スキャナ装置61の作動によって、その中心軸回りに回転し、また、その長手方向に沿って移動する。 The imaging core 3 of the insertion state, by operation of the scanner device 61, to rotate around its central axis, also moves along the longitudinal direction thereof.

以上説明したように、このカテーテル2およびカテーテル組立体1によれば、血管壁の画像を撮像する際、ガイドワイヤ200を撮像領域27よりも基端側に退避させることができる。 As described above, according to the catheter 2 and the catheter assembly 1, when an image of the blood vessel wall, it is possible to retract the guide wire 200 proximal to the imaging region 27. これにより、血管壁の画像を撮像した際に、ガイドワイヤ200のバックシャドーが画像に生じることを確実に防止することができる。 Thereby, when an image of the blood vessel wall, it is possible to back shadow of the guide wire 200 is reliably prevented from occurring in the image. そして、得られた画像は、死角がないものとなり、よって、目的部位全体に対する正確な観察を行なうことができる。 Then, the resulting image becomes that there is no dead angle, thus, it is possible to perform an accurate observation of the entire target region.

また、カテーテル本体21の先端部には、縮径部23が形成されているので、その縮径部23により、カテーテル本体21を血管内、特に細い血管の内部に、容易に挿入することができる。 Further, the distal end of the catheter body 21, since the reduced diameter portion 23 is formed by the reduced diameter portion 23, the catheter body 21 to the interior of the intravascular, in particular small vessels, can be easily inserted .

<第2実施形態> <Second Embodiment>
図4は、本発明のカテーテルの第2実施形態における先端側の部分を示す縦断面図である。 Figure 4 is a longitudinal sectional view showing a portion of the tip side in the second embodiment of the catheter of the present invention. なお、以下では、説明の都合上、図4中の右側を「基端」、左側を「先端」と言う。 In the following, for convenience of description, the right to "proximal end" in FIG. 4, the left side referred to as "the tip".

以下、第2実施形態について、前述した第1実施形態との相違点を中心に説明し、同様の事項については、その説明を省略する。 Hereinafter, a second embodiment will be described focusing on differences from the first embodiment, and descriptions of the same matters will be omitted.

図4に示すように、第2実施形態のカテーテル2では、センサルーメン211の先端部の位置、すなわち撮像領域27の先端部の位置と、ガイドワイヤルーメン212の先端部の位置とが一致している。 As shown in FIG. 4, the catheter 2 of the second embodiment, the position of the tip of the sensor lumen 211, i.e. the position of the distal end portion of the imaging region 27, and the position of the distal end portion of the guide wire lumen 212 matches there.

また、カテーテル本体21の横断面での外形形状は、図示の構成では、円形をなしている。 Furthermore, the external shape at the cross section of the catheter body 21, in the illustrated configuration, and has a circular shape. この場合、カテーテル本体21のガイドワイヤルーメン212が形成されている部位の外径は、カテーテル本体21のガイドワイヤルーメン212が形成されてない部位の外径よりも大きく設定されている。 In this case, the outer diameter of the portion where the guide wire lumen 212 of the catheter body 21 is formed is set larger than the outer diameter of the portion not formed guide wire lumen 212 of the catheter body 21. なお、カテーテル本体21の形状は、前記の形状に限定されないことは、言うまでもない。 The shape of the catheter body 21, is not limited to the shape, of course.

また、カテーテル本体21の先端には、先端方向に突出したワイヤ281が設けられている。 Further, the distal end of the catheter body 21, the wire 281 is provided which protrudes in the distal direction. 図示の構成では、ワイヤ281は、線材を螺旋状に巻回してなる部材、すなわちコイルで構成されている。 In the illustrated arrangement, the wire 281, members formed by winding a wire helically, that is constituted by a coil. また、図示の構成では、ワイヤ281は、外力を付与しない状態で、螺旋状に巻回された線材同士が隙間なく密に配置されていている。 Further, in the illustrated configuration, the wire 281, with no external force is applied, the wound wire together has been arranged densely without gaps in a spiral. すなわちワイヤ281は、隣接する線材同士が接触するように密巻きに巻かれている。 That wire 281, wire adjacent to each other are wound in the close coiled into contact. なお、ワイヤ281は、外力を付与しない状態で、螺旋状に巻回された線材同士の間に隙間が空いていてもよい。 Incidentally, the wire 281, with no external force is applied, it may be empty gap between the wire between wound helically.

また、ワイヤ281の先端部の外径は、ワイヤ281の基端部の外径に対して縮径している。 The outer diameter of the distal end portion of the wire 281 is reduced in diameter to the outer diameter of the proximal end portion of the wire 281. そして、ワイヤ281は、その基端部の外周面において、センサルーメン211の先端部の内周面に固定されている。 Then, the wire 281, the outer peripheral surface of its proximal end, is fixed to the inner peripheral surface of the distal end portion of the sensor lumen 211.

また、ワイヤ281の先端には、そのワイヤ281の先端開口を覆うように、先端部材282が固定されている。 Further, the distal end of the wire 281, so as to cover the front end opening of the wire 281, the tip member 282 is fixed. 先端部材282の先端面は、丸みを帯びている。 The distal end surface of the tip member 282 is rounded. この先端部材282により、血管を保護することができる。 The tip member 282 may protect the blood vessel.

なお、センサルーメン211の先端部は、図示しない封止部材により封止されているが、これに限らず、封止されていなくてもよい。 Incidentally, the tip portion of the sensor lumen 211 is sealed by a sealing member (not shown) is not limited to this, and may not be sealed.

また、ワイヤ281は、金属材料で構成されていることが好ましい。 Further, the wire 281 is preferably made of a metal material. ワイヤ281を構成する金属材料としては、例えば、ステンレス鋼、超弾性合金、コバルト系合金や、金、白金、タングステン等の貴金属またはこれらを含む合金(例えば白金−イリジウム合金)等が挙げられる。 As the metal material constituting the wire 281, for example, stainless steel, superelastic alloys, cobalt based alloys and gold, platinum, noble metals or alloys thereof such as tungsten (eg, platinum - iridium alloy) and the like. 特に、貴金属のようなX線不透過材料、すなわちX線造影性を有する材料で構成した場合には、ワイヤ281にX線透視下において造影性が得られ、X線透視下でカテーテル2の先端部の位置を確認することができ、好ましい。 In particular, X-ray opaque material such as a noble metal, i.e., when a material having an X-ray contrast property, contrast property can be obtained under X-ray fluoroscopy to the wire 281, the distal end of the catheter 2 under X-ray fluoroscopy You can see the position of the parts, preferred. なお、ワイヤ281の長さは、特に限定されないが、5〜20mm程度であることが好ましい。 The length of the wire 281 is not particularly limited, is preferably about 5 to 20 mm.

このカテーテル2によれば、前述した第1実施形態と同様の効果が得られる。 According to this catheter 2, the same effect as the first embodiment can be obtained.
そして、このカテーテル2では、センサルーメン211の先端部の位置、すなわち撮像領域27の先端部の位置と、ガイドワイヤルーメン212の先端部の位置とが一致しているので、イメージングコア3の先端部を第1実施形態よりも奥まで移動させることができる。 Then, in the catheter 2, the position of the tip of the sensor lumen 211, i.e. the position of the distal end portion of the imaging area 27, since the position of the distal end portion of the guide wire lumen 212 are matched, the tip portion of the imaging core 3 can be moved all the way than the first embodiment.

また、イメージングコアにより撮影する際、ワイヤ281および先端部材282により、カテーテル本体21の先端部を保護することができ、また、血管の損傷も防止することができる。 Also, when photographing by the imaging core, the wire 281 and tip member 282, it is possible to protect the distal end of the catheter body 21, and can also prevent damage to the vessel.

なお、本発明では、ワイヤ281および先端部材282を省略してもよい。 In the present invention, it may be omitted wire 281 and tip member 282. この場合は、カテーテル本体21の先端の角部が丸みを帯びるようにすることが好ましい。 In this case, it is preferable that the edge of the distal end of the catheter body 21 to roundly.

<第3実施形態> <Third Embodiment>
図5は、本発明のカテーテルの第3実施形態における先端側の部分および基端側の部分を示す縦断面図である。 Figure 5 is a longitudinal sectional view showing a third portion and a portion of the proximal side of the distal end side in the embodiment of the catheter of the present invention. なお、以下では、説明の都合上、図5中の右側を「基端」、左側を「先端」と言う。 In the following, for convenience of description, the right to "proximal end" in FIG. 5, the left side referred to as "the tip".

以下、第3実施形態について、前述した第1実施形態との相違点を中心に説明し、同様の事項については、その説明を省略する。 Hereinafter, a third embodiment will be described by focusing on differences from the first embodiment, and descriptions of the same matters will be omitted.

図5に示すように、第3実施形態のカテーテル2では、カテーテル本体21は、ガイドワイヤルーメン212の基端側に、そのガイドワイヤルーメン212に連通し、送液を行う送液用ルーメン217を有している。 As shown in FIG. 5, the catheter 2 of the third embodiment, the catheter body 21, the base end of the guide wire lumen 212 communicates with the guide wire lumen 212, the liquid lumen 217 feed performing feeding It has. 送液用ルーメン217は、その全長に亘ってセンサルーメン211に対して並設されている。 Fluid supply lumen 217 is juxtaposed with the sensor lumen 211 over its entire length.

また、カテーテル本体21の途中に、開口として側孔218が設けられており、ガイドワイヤルーメン212の基端は、その側孔218に連通している。 Further, in the middle of the catheter body 21, the opening side hole 218 is provided as a base end of the guide wire lumen 212 communicates with its side hole 218.

また、コネクタ部22の長手方向の途中には、その内腔が送液用ルーメン217に連通するチューブ222が接続されており、そのチューブ222の基端部には、液体注入ポート221が接続されている。 Further, in the middle of the longitudinal direction of the connector portion 22, the lumen is connected to a tube 222 which communicates with the liquid supply lumen 217, the proximal end portion of the tube 222, the liquid injection port 221 is connected ing. これにより、例えばシリンジを用いて液体注入ポート221から液体を注入し、その液体を送液用ルーメン217内を先端方向に流すことができる。 Thus, for example, a liquid is injected from the liquid injection port 221 using a syringe, can flow the liquid fluid supply lumen 217 in the distal direction.

このカテーテル2では、イメージングコア3により撮像する際、カテーテル本体21の外側の撮像領域27の近傍の血液を先端方向に流すため、カテーテル2が挿入されている図示しないガイディングカテーテル内に生理食塩水や造影剤等の液体を先端方向に流す。 In the catheter 2, when imaging by the imaging core 3, for the flow of blood in the vicinity of the outer imaging region 27 of the catheter body 21 distally, saline guiding catheter (not shown) the catheter 2 is inserted and flowing a liquid such as a contrast agent in the distal direction. そして、さらに、ガイドワイヤルーメン212内の撮像領域27の近傍の血液を先端方向に流すため、送液用ルーメン217内に前記液体を先端方向に流す。 Then, further, the guide for the flow in the vicinity of the blood of the imaging region 27 of the wire lumen 212 in the distal direction, flowing the liquid to the liquid supply lumen 217 in the distal direction. これにより、ガイドワイヤルーメン212内を先端方向に流れる前記液体の一部が、側孔215からカテーテル本体21の外側に排出され、撮像領域で滞留する。 Thus, a portion of the liquid flowing through the guidewire lumen 212 in the distal direction is discharged from the side hole 215 to the outside of the catheter body 21, staying in the imaging area. 一方、前記撮像の際は、イメージングコア3のプリズム52の部分は、撮像領域27内を基端方向に移動するので、そのプリズム52の部分の移動方向と、前記液体の流れの方向とが一致し、これにより、より確実に、プリズム52の部分の近傍の血液を流すことができる。 On the other hand, when the imaging is part of the prism 52 of the imaging core 3, so to move the imaging area 27 in the proximal direction, the moving direction of the portion of the prism 52, the direction of flow of the liquid is one it, thereby, can flow more reliably, in the vicinity of the portion of the prism 52 blood.
このカテーテル2によれば、前述した第1実施形態と同様の効果が得られる。 According to this catheter 2, the same effect as the first embodiment can be obtained.

なお、第3実施形態は、第2実施形態にも適用することができる。 The third embodiment can also be applied to the second embodiment. すなわち、第2実施形態のカテーテル2において、送液用ルーメン217を設けてもよい。 That is, in the catheter 2 of the second embodiment, may be provided for supplying fluid lumen 217.

以上、本発明のカテーテルを 、図示の実施形態に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各部の構成は、同様の機能を有する任意の構成のものに置換することができる。 Above, the catheters of the present invention has been described with reference to the illustrated embodiments, the present invention is not limited thereto, each part of the configuration will be replaced with any configuration having a similar function be able to. また、本発明に、他の任意の構成物が付加されていてもよい。 Further, the present invention may be added other arbitrary structures.

また、本発明は、前記各実施形態のうちの、任意の2以上の構成を組み合わせたものであってもよい。 The present invention also among the respective embodiments, it may be a combination of any two or more configurations.

また、カテーテル組立体で得られる画像としては、光学的に得られる画像に限定されず、例えば、超音波画像であってもよい。 As the image obtained by the catheter assembly, not limited to the image obtained optically, for example, it may be an ultrasound image. すなわち、イメージングコアの撮像手段は、画像取込部として、例えば、超音波振動子等を有するものであってもよい。 That is, the imaging means imaging core, as an image capturing unit, for example, may have an ultrasonic vibrator or the like.

1 カテーテル組立体 2 カテーテル 21 カテーテル本体 211 センサルーメン 212 ガイドワイヤルーメン 213、214 開口 215 側孔 217 送液用ルーメン 218 側孔 22 コネクタ部 221 液体注入ポート 222 チューブ 223 回動支持部 23 縮径部 261 第1のマーカ 262 第2のマーカ 27 撮像領域 281 ワイヤ 282 先端部材 3 イメージングコア 312 内管 313 ストッパ 32 ユニットコネクタ 331 外管 33 中継コネクタ 4 駆動シャフト 5 撮像手段 51 ハウジング 511 貫通孔 52 プリズム 53 コネクタ部 6 外部ユニット 61 スキャナ装置 62 軸方向移動装置 63 制御部 64 表示部 200 ガイドワイヤ 1 catheter assembly 2 the catheter 21 catheter body 211 sensor lumen 212 guide wire lumen 213, 214 opening 215 side hole 217 for supplying fluid lumen 218 side hole 22 connector 221 liquid injection port 222 tube 223 pivot support portion 23 reduced diameter portion 261 the first marker 262 second marker 27 imaging region 281 wire 282 distal end member 3 within the imaging core 312 tube 313 stopper 32 unit connector 331 outer tube 33 relay connector 4 drive shaft 5 imaging means 51 housing 511 through holes 52 prism 53 connector 6 external unit 61 the scanning device 62 the axial direction moving device 63 control unit 64 display unit 200 guidewire

Claims (11)

  1. 先端側に生体管腔内の画像を取り込む画像取込部を有するイメージングコアが挿入されたセンサルーメンと、ガイドワイヤが挿入されるガイドワイヤルーメンとを備え、前記生体管腔内に挿入して使用され、可撓性を有するカテーテル本体を備えるカテーテルであって、 Comprising a sensor lumen imaging core is inserted with an image capturing unit for capturing an image of the body lumen to the distal end side, and a guide wire lumen guidewire is inserted, used by being inserted into the body lumen is, a catheter comprising a catheter body having flexibility,
    前記カテーテル本体の先端部に、前記画像取込部により前記生体管腔内の画像を取り込む操作が可能な撮像領域が前記カテーテル本体の長手方向に沿って設けられ、 Wherein the distal end of the catheter body, the image capturing area can be operated to capture the body lumen by the image capture section is provided along the longitudinal direction of the catheter body,
    前記カテーテル本体の前記撮像領域の基端または前記撮像領域の基端よりも基端側に、造影性を有する第1のマーカを有し、 The catheter to the proximal end side than the proximal end or proximal end of the imaging region of the imaging region of the body, having a first marker having a contrast property,
    前記撮像領域においては、前記センサルーメンと前記ガイドワイヤルーメンとが並設されており、 In the imaging region, said sensor lumen and said guidewire lumen has been arranged,
    前記ガイドワイヤルーメンの先端は、前記カテーテル本体の先端に開放し、前記ガイドワイヤルーメンの基端は、前記撮像領域の基端よりも基端側まで延長して設けられていることを特徴とするカテーテル。 Distal end of the guide wire lumen is open to the distal end of the catheter body, proximal end of the guide wire lumen, characterized in that it is provided to extend to the proximal end side than the proximal end of the imaging area catheter.
  2. 前記カテーテル本体の途中に開口が設けられており、前記ガイドワイヤルーメンの基端は、前記開口に連通している請求項1に記載のカテーテル。 An opening is provided in the middle of the catheter body, said guide proximal end of the wire lumen catheter according to claim 1 in communication with the opening.
  3. 前記第1のマーカは、前記ガイドワイヤルーメンの基端よりも先端側に位置している請求項1または2に記載のカテーテル。 The first marker, catheter according to claim 1 or 2 is located frontward of the proximal end of the guide wire lumen.
  4. 前記第1のマーカは、前記撮像領域の基端部を示すものである請求項1ないし3のいずれかに記載のカテーテル。 The first marker, the catheter according to any one of claims 1 to 3 show a base end portion of the imaging region.
  5. 前記カテーテル本体の前記第1のマーカよりも基端側で、前記ガイドワイヤルーメンの基端または前記ガイドワイヤルーメンの基端よりも先端側に、造影性を有する第2のマーカを有する請求項1ないし4のいずれかに記載のカテーテル。 In the first proximal to the marker of the catheter body, the guide wire proximal end of the lumen or the distal end side than the proximal end of the guide wire lumen, claim 1 having a second marker having a contrast property to catheter according to any one of 4.
  6. 前記第2のマーカは、前記ガイドワイヤルーメンの基端部を示すものである請求項5に記載のカテーテル。 It said second marker, catheter of claim 5 illustrates a base end portion of the guide wire lumen.
  7. 前記カテーテル本体は、前記ガイドワイヤルーメンに連通し、送液を行う送液用ルーメンを有する請求項1ないし6のいずれかに記載のカテーテル。 The catheter body, the guide communicates with the guidewire lumen catheter according to any one of claims 1 to 6 having a liquid lumen feeding performing liquid feed.
  8. 前記カテーテル本体の前記撮像領域に、前記ガイドワイヤルーメンに連通する側孔を有する請求項1ないし7のいずれかに記載のカテーテル。 On the imaging region of the catheter body, the catheter according to any one of claims 1 to 7 having a lateral hole communicating with the guide wire lumen.
  9. 前記側孔は、前記撮像領域に沿って複数個設けられている請求項8に記載のカテーテル。 The side hole catheter of claim 8 which is provided a plurality along the imaging region.
  10. 前記側孔は、該側孔の前記カテーテル本体の外周面側の開口が前記ガイドワイヤルーメン側の開口よりも基端側に位置するように傾斜している請求項8または9に記載のカテーテル。 The side hole catheter according to claim 8 or 9, wherein the catheter body opening of the outer peripheral surface side of the side holes is inclined so as to be located in the guide wire lumen side proximal to the opening of the.
  11. 前記カテーテル本体の先端に、先端方向に突出したワイヤが設けられている請求項1ないし10のいずれかに記載のカテーテル。 The catheter according to any one of the distal end of the catheter body, claims 1 wire projecting to the distal end direction is provided 10.
JP2011090433A 2011-04-14 2011-04-14 catheter Active JP5689015B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011090433A JP5689015B2 (en) 2011-04-14 2011-04-14 catheter

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011090433A JP5689015B2 (en) 2011-04-14 2011-04-14 catheter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012223206A JP2012223206A (en) 2012-11-15
JP5689015B2 true JP5689015B2 (en) 2015-03-25

Family

ID=47274120

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011090433A Active JP5689015B2 (en) 2011-04-14 2011-04-14 catheter

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5689015B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2895502A1 (en) * 2012-12-20 2014-06-26 Jeremy Stigall Smooth transition catheters
US20140187978A1 (en) * 2012-12-28 2014-07-03 Volcano Corporation Intravascular Devices Having Information Stored Thereon And/Or Wireless Communication Functionality, Including Associated Devices, Systems, And Methods
JPWO2016111296A1 (en) * 2015-01-08 2017-10-19 テルモ株式会社 Medical devices
JP6047773B1 (en) * 2016-01-15 2016-12-21 株式会社エフエムディ Assembly of the medical guide wire and a layer imaging catheter used in a diagnostic imaging catheter, and the assembly of the optical coherent tomography diagnosis apparatus
TWI586391B (en) * 2016-06-23 2017-06-11 Chung Yung Ho An airbag tube apparatus and method of operation

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000329534A (en) * 1999-05-18 2000-11-30 Olympus Optical Co Ltd Optical imaging apparatus
US7672713B2 (en) * 2002-06-19 2010-03-02 Infraredx, Inc. Multi-channel catheter tip
US7613503B2 (en) * 2002-08-09 2009-11-03 Boston Scientific Scimed, Inc. Device with infusion holes for imaging inside a blood vessel
JP4323191B2 (en) * 2003-03-12 2009-09-02 テルモ株式会社 catheter
JP4624019B2 (en) * 2004-07-09 2011-02-02 テルモ株式会社 catheter
JP5245842B2 (en) * 2009-01-09 2013-07-24 株式会社カネカ Balloon catheter comprising a detachable balloon inflation liquid injection tube
JP5284165B2 (en) * 2009-03-31 2013-09-11 テルモ株式会社 Living organ lesions for improving equipment
US8478384B2 (en) * 2010-01-19 2013-07-02 Lightlab Imaging, Inc. Intravascular optical coherence tomography system with pressure monitoring interface and accessories

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012223206A (en) 2012-11-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6572555B2 (en) System and method for intraluminal imaging
EP2081486B1 (en) Opto-acoustic imaging device
US8100833B2 (en) Diagnostic imaging system and processing method for producing reduced frame rate images from data collected at a higher frame rates
CN101636668B (en) Device and method for ultrasonic imaging and laser ablation
JP5265922B2 (en) Positioning method and apparatus within the internal passage
CN102188236B (en) Catheter
US9646377B2 (en) Methods and systems for optical imaging or epithelial luminal organs by beam scanning thereof
US8303509B2 (en) Echogenic needle catheter configured to produce an improved ultrasound image
JP4363719B2 (en) Ultrasonically guided puncturing system unit
JP5324095B2 (en) Method and apparatus for imaging a blood vessel segment
EP0234951B1 (en) Catheter apparatus
JP5294545B2 (en) Medical system for inserting a catheter into vessel
US20180344283A1 (en) Method for focused acoustic computed tomography (fact)
US9585634B2 (en) Ultrasound catheter with rotatable transducer
EP1312310B1 (en) Ultrasonic imaging system
US9076202B2 (en) Systems and methods for improved visualization during minimally invasive procedures
US8764666B2 (en) Ultrasound guided optical coherence tomography, photoacoustic probe for biomedical imaging
US9039626B2 (en) Medical device with means to improve transmission of torque along a rotational drive shaft
US8052605B2 (en) Multimodal catheter system and method for intravascular analysis
US8257375B2 (en) Catheter and medical apparatus as well as method for assisting an intervention to remove plaque
US5546947A (en) Ultrasonic endoprobe
US20090270850A1 (en) Devices and methods for the ablation of tissue in the lateral direction
US8491567B2 (en) Method and system for imaging, diagnosing, and/or treating an area of interest in a patient&#39;s body
US9351705B2 (en) Miniaturized photoacoustic imaging apparatus including a rotatable reflector
JP4667805B2 (en) Medical examination and / or treatment system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140407

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20141125

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20141210

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150113

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150127

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5689015

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250