JP5644209B2 - Golf club head and golf club design and selection method - Google Patents

Golf club head and golf club design and selection method Download PDF

Info

Publication number
JP5644209B2
JP5644209B2 JP2010146031A JP2010146031A JP5644209B2 JP 5644209 B2 JP5644209 B2 JP 5644209B2 JP 2010146031 A JP2010146031 A JP 2010146031A JP 2010146031 A JP2010146031 A JP 2010146031A JP 5644209 B2 JP5644209 B2 JP 5644209B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
golf club
club head
temporary
center
gravity
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010146031A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011025018A (en
Inventor
紀彦 中原
紀彦 中原
三枝 宏
宏 三枝
宮本 昌彦
昌彦 宮本
Original Assignee
横浜ゴム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2009152883 priority Critical
Priority to JP2009152883 priority
Application filed by 横浜ゴム株式会社 filed Critical 横浜ゴム株式会社
Priority to JP2010146031A priority patent/JP5644209B2/en
Publication of JP2011025018A publication Critical patent/JP2011025018A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5644209B2 publication Critical patent/JP5644209B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明はゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブの設計及び選定方法に関し、更に詳しくは、打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブを、個々のプレイヤーの適性に応じて設計及び選定することができる方法に関する。   The present invention relates to a golf club head and a golf club design and selection method, and more specifically, a golf club head and a golf club having a maximum hitting distance can be designed and selected according to the suitability of individual players. It relates to a method that can be performed.

一般に、ゴルフクラブでゴルフボールを打撃するときには、打球の飛距離を大きくするため、ゴルフクラブヘッドのフェース面のスイートスポット、又はそのスイートスポットの周囲に形成されたスイートエリアを打点とすることが好ましいとされている。
なお、スイートエリアとは、スイートスポットで打撃した場合とほぼ同等の飛距離(例えば、ボールの最大初速の99%程度)を得ることができる領域を指す。
Generally, when hitting a golf ball with a golf club, it is preferable to use a sweet spot on the face surface of the golf club head or a sweet area formed around the sweet spot as a hit point in order to increase the flight distance of the hit ball. It is said that.
Note that the sweet area refers to an area in which a flying distance (for example, about 99% of the maximum initial velocity of the ball) that is almost the same as when hit with a sweet spot can be obtained.

そのため、ゴルフクラブヘッドの設計においては、スイートエリアを拡大することが行われており、また。プレイヤーがゴルフクラブヘッドを選定する際には、スイートエリアが広いものが重視されている。   Therefore, in the design of the golf club head, the sweet area has been enlarged, and also. When a player selects a golf club head, a large sweet area is emphasized.

このスイートエリアを拡大するには、フェース部を薄くしたり、フェース面の面積を大きくしたりするのが一般的であるが、近年では、特許文献1のように、フェース面の最大撓み位置と、フェース面に投影されるヘッド本体の重心位置との相対的な位置関係に基づいて、個々のプレイヤーの適性に応じてスイートエリアを形成することも行われている。   In order to enlarge this sweet area, it is common to make the face portion thinner or increase the area of the face surface. However, in recent years, as disclosed in Patent Document 1, A sweet area is also formed according to the suitability of each player based on the relative positional relationship with the center of gravity of the head body projected onto the face surface.

しかしながら、従来から経験的に、打球の飛距離が最大となる打点(最大飛距離点)は、スイートスポットとは必ずしも一致せず、スイートスポットからトウ側へずれた領域に位置することが知られている。そのため、これまでのスイートスポットやスイートエリアを重視するものとは全く異なった視点から、ゴルフクラブヘッドの設計及び選定を行うことが必要となっていた。   However, it has been empirically known that the hitting point (maximum flying distance point) at which the hit distance of the hit ball is maximum does not necessarily coincide with the sweet spot and is located in a region shifted from the sweet spot to the toe side. ing. Therefore, it has been necessary to design and select a golf club head from a completely different viewpoint from those that place importance on sweet spots and sweet areas.

発明者らが鋭意研究したところ、上記の最大飛距離点は個々のプレイヤーのスイング特性に深く関係することを見出し、本発明を完成するに至ったものである。   As a result of extensive research by the inventors, it has been found that the above-mentioned maximum flight distance point is deeply related to the swing characteristics of individual players, and the present invention has been completed.

特開2003−772号公報JP 2003-772 A

本発明の目的は、打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブを、個々のプレイヤーの適性に応じて設計及び選定することができる方法を提供することにある。   An object of the present invention is to provide a method capable of designing and selecting a golf club head and a golf club having a maximum hitting distance according to the suitability of individual players.

上記の目的を達成する本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法は、フェース面で打撃したゴルフボールの飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを、プレイヤーの適性に応じて設計するゴルフクラブヘッドの設計方法であって、前記ゴルフクラブヘッド及びゴルフボールをそれぞれ複数の有限要素に分割する第1ステップと、前記プレイヤーが前記ゴルフクラブヘッドを有するゴルフクラブで前記ゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布を設定する第2ステップと、前記ゴルフクラブヘッドのヘッド本体の仮の重心位置を前記フェース面に対して垂直に投影した仮の重心点と、前記ボールを打撃する仮の打点とを、前記スピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って前記フェース面に設定する第3ステップと、前記仮の重心点及び仮の打点が設定されたフェース面を有するゴルフクラブヘッドが、該仮の打点において、所定のヘッドスピードで前記ゴルフボールに衝突したときの該ゴルフボールの初速、打ち出し角度及びバックスピン量から該ゴルフボールの飛距離を算出する第4ステップと、前記ゴルフボールの飛距離が最大となるように、前記仮の重心点の位置、仮の打点の位置及び角度θの少なくとも1つを変化させる第5ステップとを含むことを特徴とするものである。   The golf club head designing method of the present invention that achieves the above object is a golf club head designing method for designing a golf club head having a maximum flight distance of a golf ball hit on the face surface in accordance with the player's suitability. A first step of dividing the golf club head and the golf ball into a plurality of finite elements, and a speed of the face surface immediately before the player hits the golf ball with a golf club having the golf club head. A second step of setting a distribution, a temporary center of gravity point obtained by projecting a temporary center of gravity position of the head body of the golf club head perpendicularly to the face surface, and a temporary hit point for hitting the ball, A third step is set on the face surface along a direction that forms an angle θ with a contour line of the speed distribution. And an initial velocity of the golf ball when a golf club head having a face surface on which the temporary center of gravity and the temporary hit point are set collides with the golf ball at a predetermined head speed at the temporary hit point, A fourth step of calculating the flight distance of the golf ball from the launch angle and the backspin amount, and the position of the temporary center of gravity, the position and the angle θ of the temporary hit point so that the flight distance of the golf ball is maximized And a fifth step of changing at least one of the above.

また、上記の目的を達成する本発明のゴルフクラブの設計方法は、ゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブの設計方法であって、前記ゴルフクラブヘッドは、上記本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法により設計されることを特徴とするものである。   In addition, a golf club design method of the present invention that achieves the above object is a golf club design method in which a shaft is attached to a golf club head, and the golf club head includes the golf club head of the present invention. It is designed by a design method.

上記の目的を達成する本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法は、重心位置をフェース面に投影した重心点が既知である複数のゴルフクラブヘッドの中から、該フェース面で打撃したゴルフボールの飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを、プレイヤーが自己の適性に応じて選定する方法であって、前記ゴルフクラブヘッド及びゴルフボールをそれぞれ複数の有限要素に分割する第1ステップと、前記プレイヤーが前記ゴルフクラブヘッドを有するゴルフクラブで前記ゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布と、該プレイヤーの平均打点とを設定する第2ステップと、前記ゴルフクラブヘッドのヘッド本体の仮の重心位置を前記フェース面に対して垂直に投影した仮の重心点と、前記ボールを打撃する仮の打点とを、前記スピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って前記フェース面に配置する第3ステップと、前記仮の重心点及び仮の打点が設定されたフェース面を有するゴルフクラブヘッドが、該仮の打点において、所定のヘッドスピードで前記ゴルフボールに衝突したときの該ゴルフボールの初速、打ち出し角度及びバックスピン量から求められる該ゴルフボールの飛距離を、該仮の打点の位置を変更する毎に算出する算出する第4ステップと、前記ゴルフボールの飛距離が最大となる仮の打点と前記平均打点との間の距離を求める第5ステップと、前記距離が最小となるように、前記仮の重心点の位置及び角度θの少なくとも1つを変化させる第6ステップとを含むことを特徴とするものである。   The method for selecting a golf club head of the present invention that achieves the above object is the method of selecting a golf ball hit on the face surface from among a plurality of golf club heads whose center of gravity points are projected on the face surface. A method in which a player selects a golf club head having a maximum distance according to his / her suitability, wherein the player divides the golf club head and the golf ball into a plurality of finite elements, and the player A second step of setting a speed distribution of the face surface immediately before hitting the golf ball with a golf club having a golf club head and an average hitting point of the player; and a temporary center of gravity position of the head body of the golf club head , And a temporary hit point for hitting the ball. A golf club head having a third step in which the step is arranged on the face surface along a direction forming an angle θ with respect to the contour line of the speed distribution, and the face surface on which the temporary center of gravity and the temporary hit point are set. The flying distance of the golf ball obtained from the initial velocity, launch angle and backspin amount of the golf ball when the golf ball collides with the golf ball at a predetermined head speed is determined by the position of the temporary hit point. A fourth step for calculating each time it is changed, a fifth step for obtaining a distance between a temporary hit point where the flight distance of the golf ball is maximum and the average hit point, and the distance is minimized. And a sixth step of changing at least one of the position of the temporary center of gravity and the angle θ.

また、上記の目的を達成する本発明のゴルフクラブの選定方法は、ゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブの選定方法であって、そのゴルフクラブヘッドは、上記本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法により選定されることを特徴とするものである。   The golf club selection method of the present invention that achieves the above object is a golf club selection method in which a shaft is attached to a golf club head, and the golf club head is the same as the golf club head of the present invention. It is selected by a selection method.

本発明のゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブの設計方法によれば、上述したように、個々のプレイヤーに特有のフェース面のスピード分布と、そのスピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って配置された仮の重心点及び仮の打点をパラメータとしてゴルフボールの飛距離が最大となる仮の打点を求め、その場合における仮の重心点及び仮の打点を基にして設計を行うようにしたので、最大飛距離点を求めることができるので、打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッド及びそのゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブを設計することができる。   According to the golf club head and golf club design method of the present invention, as described above, the speed distribution of the face surface specific to each player and the direction that forms an angle θ with the contour line of the speed distribution. A temporary hit point that maximizes the flight distance of the golf ball is obtained using the temporary temporary center point and temporary hit point as parameters, and the design is performed based on the temporary center point and temporary hit point in that case. Therefore, since the maximum flight distance point can be obtained, it is possible to design a golf club head having a maximum hitting distance and a golf club in which a shaft is attached to the golf club head.

本発明のゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブの選定方法によれば、上述したように、個々のプレイヤーに特有のフェース面のスピード分布と、そのスピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って配置された仮の重心点及び仮の打点をパラメータとしてゴルフボールの飛距離が最大となる仮の打点を求め、その仮の打点とプレイヤーの平均打点との距離が最短になる場合における仮の重心点を基にして選定を行うようにしたので、打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッド及びそのゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブを、個々のプレイヤーの適性に応じて選定することができる。   According to the golf club head and the golf club selection method of the present invention, as described above, the speed distribution of the face surface specific to each player and the direction that forms an angle θ with the contour line of the speed distribution. The temporary center of gravity when the distance between the temporary hit point and the average hit point of the player is the shortest is obtained by determining the temporary hit point where the flying distance of the golf ball is the maximum using the temporary temporary center point and the temporary hit point as parameters. Since the selection is made based on the points, the golf club head having the maximum hitting distance and the golf club having the shaft attached to the golf club head should be selected according to the suitability of each player. Can do.

本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法の対象となるゴルフクラブヘッドの例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the golf club head used as the object of the design method of the golf club head of this invention. 本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法を実行するために使用されるコンピュータ30の構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of the computer 30 used in order to perform the design method of the golf club head of this invention. 本発明の実施形態からなるゴルフクラブヘッドの設計方法を説明するフロー図である。It is a flowchart explaining the design method of the golf club head which consists of embodiment of this invention. コンピュータ20によって構成される計算装置の構成を示す機能ブロック図である。FIG. 3 is a functional block diagram showing a configuration of a computing device constituted by a computer 20. フェース面のスピード分布を説明する正面図である。It is a front view explaining the speed distribution of the face surface. フェース面のスピード分布の例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the speed distribution of a face surface. ローリング成分の割合によるフェース面のスピード分布の変化を説明する正面図であって、(a)はローリング成分が大きい場合を、(b)はローリング成分が中程度の場合を、(c)はローリング成分が小さい場合を、それぞれ示す。It is a front view explaining the change of the speed distribution of the face surface according to the ratio of the rolling component, (a) is when the rolling component is large, (b) is when the rolling component is medium, (c) is the rolling Each case where the component is small is shown. 本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法における初期設定の例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the initial setting in the design method of the golf club head of this invention. 仮の重心点の位置を変化させる方法を示す正面図である。It is a front view which shows the method to change the position of a temporary center-of-gravity point. 仮の打点の位置を変化させる領域を示す正面図である。It is a front view which shows the area | region which changes the position of a temporary hit point. 本発明の実施形態からなるゴルフクラブヘッドの選定方法を説明するフロー図である。It is a flowchart explaining the selection method of the golf club head which consists of embodiment of this invention. コンピュータ20によって構成される計算装置の構成を示す機能ブロック図である。FIG. 3 is a functional block diagram showing a configuration of a computing device constituted by a computer 20. 本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法における初期設定の例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the initial setting in the selection method of the golf club head of this invention. 本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法における計算結果の例を示す正面図である。It is a front view which shows the example of the calculation result in the selection method of the golf club head of this invention. 本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法における最終結果の例を示す正面図であって、(a)はローリング成分が大きい場合を、(b)はローリング成分が中程度の場合を、(c)はローリング成分が小さい場合を、それぞれ示す。It is a front view which shows the example of the final result in the selection method of the golf club head of this invention, Comprising: (a) is a case where a rolling component is large, (b) is a case where a rolling component is medium, (c) is Each case where the rolling component is small is shown.

(第1の実施の形態)
以下に、本発明の実施の形態について、図面を参照して説明する。
(First embodiment)
Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings.

図1は、本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法の対象となるゴルフクラブヘッドの例を示す。   FIG. 1 shows an example of a golf club head which is an object of the golf club head design method of the present invention.

このゴルフクラブヘッドは、ゴルフボールを打撃するフェース面1と、そのフェース面1に連接するクラウン部2及びソール部3とを外殻とする金属製の中空構造のヘッド本体4から構成されている。
ヘッド本体4の金属材料は、チタン合金やアルミニウム合金などの高強度の低比重金属が好ましく用いられる。また、クラウン部2には、フェース面1側でかつヒール5寄りの位置にシャフト6に接続するホーゼル7が設けられている。
This golf club head includes a face surface 1 for hitting a golf ball, and a hollow body head body 4 made of a metal having a crown portion 2 and a sole portion 3 connected to the face surface 1 as outer shells. .
The metal material of the head body 4 is preferably a high strength low specific gravity metal such as a titanium alloy or an aluminum alloy. Further, the crown portion 2 is provided with a hosel 7 connected to the shaft 6 at a position close to the heel 5 on the face surface 1 side.

図2は本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法を実行するために使用されるコンピュータ20の構成を示すブロック図である。
コンピュータ20は、CPU22と、不図示のインターフェース回路およびバスラインを介して接続されたROM24、RAM26、ハードディスク装置28、ディスク装置30、キーボード32、マウス34、ディスプレイ36、プリンタ38、入出力インターフェース40などを有している。
ROM24は制御プログラムなどを格納し、RAM26はワーキングエリアを提供するものである。
FIG. 2 is a block diagram showing the configuration of the computer 20 used for executing the golf club head designing method of the present invention.
The computer 20 includes a CPU 22, a ROM 24, a RAM 26, a hard disk device 28, a disk device 30, a keyboard 32, a mouse 34, a display 36, a printer 38, an input / output interface 40, and the like connected via an interface circuit and a bus line (not shown). have.
The ROM 24 stores a control program and the like, and the RAM 26 provides a working area.

ハードディスク装置28は、ゴルフクラブヘッドの有限要素解析を行う有限要素解析プログラムと、この有限要素解析プログラムによって得られたシミュレーション結果を用いてプレイヤーの適性に応じて打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドの設計値を求める専用の計算プログラムを格納している。   The hard disk device 28 uses a finite element analysis program for performing a finite element analysis of a golf club head and a simulation result obtained by the finite element analysis program to maximize the flight distance of the hit ball according to the player's suitability. Stores a dedicated calculation program for determining the design value of the head.

有限要素解析プログラムとして、有限要素解析を行う従来公知のさまざまな市販の有限要素解析ソフトウェア、例えば、ABAQUS(SIMULIA Americas社の登録商標)などを用いることができる。
有限要素解析プログラムは、以下のプログラムを含んで構成されている。
1)有限要素モデルを作成するためのプログラム:
本実施の形態ではゴルフクラブヘッドおよびゴルフボールの有限要素モデルを作成するためのプログラムである。
2)有限要素モデルを用いて有限要素法によるシミュレーション(解析)を行うためのプログラム:
本実施の形態では、ゴルフクラブヘッドの有限要素モデルとゴルフボールの有限要素モデルとを用いて衝突解析を行うためのプログラムである。
As the finite element analysis program, various conventionally known commercially available finite element analysis software that performs finite element analysis, for example, ABAQUS (registered trademark of SIMULIA Americas) can be used.
The finite element analysis program includes the following programs.
1) A program for creating a finite element model:
This embodiment is a program for creating a finite element model of a golf club head and a golf ball.
2) A program for performing simulation (analysis) by the finite element method using a finite element model:
The present embodiment is a program for performing collision analysis using a finite element model of a golf club head and a finite element model of a golf ball.

ディスク装置30はCDやDVDなどの記録媒体に対してデータの記録および/または再生を行うものである。
キーボード32およびマウス34は、操作者による操作入力を受け付けるものである。
ディスプレイ36はデータを表示出力するものであり、プリンタ38はデータを印刷出力するものであり、ディスプレイ36およびプリンタ38によってデータを出力する。
入出力インターフェース40は、外部機器との間でデータの授受を行うものである。
The disk device 30 records and / or reproduces data on a recording medium such as a CD or a DVD.
The keyboard 32 and the mouse 34 receive operation inputs from the operator.
The display 36 displays and outputs data, and the printer 38 prints and outputs data. The display 36 and the printer 38 output data.
The input / output interface 40 exchanges data with an external device.

また、コンピュータ20はスイートエリアが最大となるゴルフクラブヘッドの設計値を求める計算装置を構成する。ここで設計値とは、何れも後で詳述するフェース面1上における重心点Pの位置、打点Dの位置、角度θを含む。
図4に示すように、この計算装置は、モデル作成手段20Aと、フェース面速度分布設定手段20Bと、設計値仮設定手段20Cと、飛距離算出手段20Dと、設計値変更手段20Eとを含んで構成されている。
これら各手段20A乃至20Eは、コンピュータ20が前記の有限要素解析プログラムおよび前記の計算プログラムを実行することによって実現されるものである。
各手段20A乃至20Eについては本実施の形態の設計方法と共に説明する。
Further, the computer 20 constitutes a calculation device for obtaining the design value of the golf club head that maximizes the sweet area. Here, all of the design values include the position of the center of gravity P, the position of the hit point D, and the angle θ on the face surface 1 which will be described in detail later.
As shown in FIG. 4, the calculation apparatus includes a model creation means 20A, a face surface speed distribution setting means 20B, a design value temporary setting means 20C, a flight distance calculation means 20D, and a design value change means 20E. It consists of
Each of these means 20A to 20E is realized by the computer 20 executing the finite element analysis program and the calculation program.
Each means 20A thru | or 20E is demonstrated with the design method of this Embodiment.

次に、図1に示したゴルフクラブヘッドを対象にした、本発明の実施形態からなるゴルフクラブヘッドの設計方法を、図3に基づいて以下に詳述する。
また、以下の各処理は、コンピュータ20が有限要素解析プログラムおよび前記の計算プログラムを実行することに行われるものである。
Next, a method for designing a golf club head according to an embodiment of the present invention targeting the golf club head shown in FIG. 1 will be described in detail below with reference to FIG.
The following processes are performed when the computer 20 executes the finite element analysis program and the calculation program.

まず、ヘッド本体4を複数の有限要素Xijk(i、j、kは整数)に、ゴルフボールを複数の有限要素Yijk(i、j、kは整数)に、それぞれ分割する(S10:第1ステップ)。すなわち、ヘッド本体4およびゴルフボールの有限要素モデルを作成する。有限要素モデルの作成は従来公知の有限要素法に基づいてなされるものである。ステップS10はコンピュータ20が有限要素解析プログラムを実行することで行われる。なお、このステップS10は図4のモデル作成手段20Aに相当する。
ここで有限要素とは、有限要素法による解析を行うための要素であって、梁要素、シェル要素及び固体要素などが例示される。また、計算に必要な物性値としては、ロフト角、重心深さ、バルジ&ロール半径、FP値(フェースプログレッション)や、慣性モーメント、ヘッド質量などが例示される。
First, the head body 4 is divided into a plurality of finite elements Xijk (i, j, k are integers), and the golf ball is divided into a plurality of finite elements Yijk (i, j, k are integers) (S10: first step ). That is, a finite element model of the head body 4 and the golf ball is created. The finite element model is created based on a conventionally known finite element method. Step S10 is performed by the computer 20 executing a finite element analysis program. This step S10 corresponds to the model creating means 20A in FIG.
Here, the finite element is an element for performing analysis by the finite element method, and examples thereof include a beam element, a shell element, and a solid element. Examples of the physical property values necessary for the calculation include a loft angle, a center of gravity depth, a bulge & roll radius, an FP value (face progression), an inertia moment, a head mass, and the like.

次に、あらかじめ測定したフェース面1のスピード分布を設定する(S11:第2ステップ)。ステップS12はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。なお、このステップS12は図4のフェース面速度分布設定手段20Bに相当する。
このスピード分布とは、ヘッド本体4を有するゴルフクラブをスイングしたときに、インパクト直前におけるフェース面1のスピードの分布を意味するものである。
スピード分布は、シャフト6の長さに依存する成分と、ヘッド本体4のローリング(シャフト6の回りの回転)による成分とから主に決定される。
図5に示すように、前者のシャフト6の長さに依存する成分は、シャフト6の中心軸の延長線Lの垂線が、ヘッド本体4のソール部3に接する点Aにおいて最大となる。
また、後者のヘッド本体4のローリングに依存する成分は、シャフト6の中心軸の延長線Lから最も離れた点B(ヘッド本体4のトウ8側端部)において最大となる。
従って、スピード分布は、図6に示すように、フェース面1のヒール5側の上部aからトウ側8の下部gへ向けて次第に大きくなるように分布する。
なお、図6においては、速度0.5m/s毎に等高線vを示している。
Next, the speed distribution of the face surface 1 measured in advance is set (S11: second step). Step S12 is performed when the computer 20 executes the calculation program. This step S12 corresponds to the face surface speed distribution setting means 20B in FIG.
This speed distribution means the distribution of the speed of the face surface 1 immediately before impact when a golf club having the head body 4 is swung.
The speed distribution is mainly determined from a component depending on the length of the shaft 6 and a component due to rolling of the head body 4 (rotation around the shaft 6).
As shown in FIG. 5, the component depending on the length of the former shaft 6 is maximized at a point A where the perpendicular of the extension line L of the central axis of the shaft 6 contacts the sole portion 3 of the head body 4.
The latter component depending on the rolling of the head main body 4 is maximum at a point B (the end portion on the toe 8 side of the head main body 4) farthest from the extension line L of the central axis of the shaft 6.
Therefore, as shown in FIG. 6, the speed distribution is distributed so as to gradually increase from the upper part a on the heel 5 side of the face surface 1 toward the lower part g on the toe side 8.
In FIG. 6, a contour line v is shown at every speed of 0.5 m / s.

上記のシャフト6の長さに依存する成分と、ヘッド本体4のローリングに依存する成分との割合は、個々のプレイヤーの適性によって異なり、ローリングに依存する成分が大きい場合には、図7(a)に示すように、等高線vの傾きが大きくなると共に、隣接する等高線v間の幅が狭くなる。そして、ローリングに依存する成分が小さくなり、シャフト6の長さに依存する成分が大きくなると、図7(b)及び図7(c)に示すように、等高線vの傾きが小さくなると共に、隣接する等高線v間の幅が広くなる。   The ratio of the component depending on the length of the shaft 6 and the component depending on the rolling of the head main body 4 varies depending on the suitability of each player. When the component depending on the rolling is large, FIG. ), The slope of the contour line v increases and the width between adjacent contour lines v decreases. When the component that depends on the rolling becomes smaller and the component that depends on the length of the shaft 6 becomes larger, as shown in FIG. 7B and FIG. The width between the contour lines v is increased.

このように、フェース面1のスピード分布は、個々のプレイヤーの適性に応じた固有のものであることが分かる。   Thus, it can be seen that the speed distribution of the face surface 1 is unique according to the suitability of each player.

スピード分布の測定方法は、特に限定するものではないが、例えば特開2005−34619号公報に記載されたゴルフクラブヘッドの挙動計測装置のように、ヘッド本体に設けた複数のマーカの変位をカメラで連続的に撮影し、その三次元座標の時系列データを計算機で処理する方法を用いることができる。   A method for measuring the speed distribution is not particularly limited. For example, as in a golf club head behavior measuring device described in Japanese Patent Application Laid-Open No. 2005-34619, the displacement of a plurality of markers provided on the head body is detected by a camera. Can be used, and a method of processing the time-series data of the three-dimensional coordinates with a computer can be used.

次に、図8に示すように、フェース面1に、ヘッド本体4の重心位置をフェース面1に対して垂直に投影した仮の重心点P及び仮の打点Dを、スピード分布の等高線vに対して角度θ(0〜180°)をなす直線Mに沿うように設定する(S12:第3ステップ)。ステップS12はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
なお、このステップS12は図4の設計値仮設定手段20Cに相当する。
Next, as shown in FIG. 8, a temporary center point P and a temporary hit point D obtained by projecting the position of the center of gravity of the head body 4 perpendicularly to the face surface 1 on the face surface 1 are represented by contour lines v of the speed distribution. On the other hand, it is set along a straight line M forming an angle θ (0 to 180 °) (S12: third step). Step S12 is performed when the computer 20 executes the calculation program.
This step S12 corresponds to the design value temporary setting means 20C of FIG.

そして、ヘッド本体4が、仮の打点Dにおいて、所定のヘッドスピードHでゴルフボールに衝突したときのゴルフボールの初速(ボール初速)、打ち出し角度(打角)及びゴルフボールの逆回転量(バックスピン量)を計算し(S13〜S14)、それらを基にしてゴルフボールの飛距離Lを求める(S15)。ヘッドスピードHとしては、平均的なプレイヤーのヘッドスピードである30〜50m/sが例示される。
ステップS13、S14はコンピュータ20が有限要素解析プログラムを実行することで行われ、ステップS15はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
なお、ステップS13,S14、S15は、第4ステップに相当し、かつ、図4の飛距離算出手段20Dに相当する。
Then, when the head body 4 collides with the golf ball at the temporary hit point D at the predetermined head speed H, the initial velocity (ball initial velocity), the launch angle (hitting angle), and the reverse rotation amount of the golf ball (back) (Spin amount) is calculated (S13 to S14), and the flight distance L of the golf ball is obtained based on them (S15). As the head speed H, an average player head speed of 30 to 50 m / s is exemplified.
Steps S13 and S14 are performed by the computer 20 executing the finite element analysis program, and step S15 is performed by the computer 20 executing the calculation program.
Steps S13, S14, and S15 correspond to the fourth step and correspond to the flight distance calculation means 20D in FIG.

次に、仮の打点D、仮の重心点P及び角度θの少なくとも1つを変化させた後(S16〜S18)に、ゴルフボールの飛距離Lを求める作業を繰り返し行う(S13〜S15)。
ステップS16、S17、S18は、コンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
ステップS16、S17、S18は、第5ステップに相当し、かつ、図4の設計値変更手段20Eに相当する。
Next, after changing at least one of the temporary hit point D, the temporary center of gravity P, and the angle θ (S16 to S18), the operation of obtaining the flight distance L of the golf ball is repeatedly performed (S13 to S15).
Steps S16, S17, and S18 are performed by the computer 20 executing the calculation program.
Steps S16, S17, and S18 correspond to the fifth step and correspond to the design value changing means 20E in FIG.

上記の作業を通じて求められた飛距離Lが最大となるケースを抽出し(S19)、そのケースおける仮の打点D(最大距離点Z)、仮の重心点P及び角度θを基にゴルフクラブヘッドの設計を行う。言い換えると、打点D(最大距離点Z)、重心点P及び角度θを設計値として決定してゴルフクラブヘッドの設計を行う。   A case where the flight distance L obtained through the above operation is maximized is extracted (S19), and the golf club head is based on the temporary hit point D (maximum distance point Z), temporary center of gravity point P and angle θ in the case. Do the design. In other words, the golf club head is designed by determining the hit point D (maximum distance point Z), the center of gravity P, and the angle θ as design values.

このようにゴルフクラブヘッドを設計することにより、個々のプレイヤー毎に異なるフェース面1のスピード分布に応じて、すなわち、個々のプレイヤーの適性に応じて、最大飛距離点Zを求めることができるので、打球の飛距離を最大にすることができる。   By designing the golf club head in this way, the maximum flight distance point Z can be obtained according to the speed distribution of the face surface 1 that is different for each individual player, that is, according to the suitability of each individual player. The flying distance of the hit ball can be maximized.

上記の設計方法における計算時間を短縮するためには以下の3つの事項を考慮することが好ましい。
1)角度θを90°とすることが望ましい。
この理由は、等高線vに対して90°に近い方向が、スピードの傾きが最も大きい(短い距離で、スピード差が最も大きい方向)であることから、フェーススピードの効果を最も大きくできる可能性が高いためである。
2)仮の重心点Pの位置は、図9に示すように、ゴルフクラブヘッドのヒール側へ向けて移動させるようにすることが望ましい。
この理由は、フェースセンター近辺(最も人が打球する確率の高い位置)で、ボール初速が最高値になるようにするためである。すなわち、スピード分布はフェーススピードがトウ8側に至るほど高くなるので、必ず重心点Pよりもトウ8側に最高初速点が位置することになるためである。ここで、最高初速点とは、ボール初速が最高となる打点をいう。
3)仮の打点Dの位置については、図10に示すように、フェース面1の幾何学中心(フェースセンター)から30mm以内の領域内、より好ましくは、フェースセンターから上方(クラウン部2側)の半円内の領域内で変化させることが望ましい。
この理由は次のように説明される。実際にゴルファーがゴルフクラブをスウィングしてゴルフクラブヘッドのフェース面でボールを打撃した場合の打点がフェースセンターを中心にして高い確率で分布していること、言い換えると、フェースセンターを中心に、ゴルファーが打点する確率が高い位置であること。さらに、フェースセンターが重心点P(フェース面上重心位置)の配置位置にも近いこと。これらのことから、飛距離が最大となる打点がフェースセンターに近いことが予測されるためである。
In order to shorten the calculation time in the above design method, it is preferable to consider the following three items.
1) It is desirable that the angle θ be 90 °.
The reason for this is that the direction near 90 ° with respect to the contour line v has the largest speed gradient (the direction with the largest speed difference at a short distance), so the possibility that the effect of the face speed can be maximized. This is because it is expensive.
2) As shown in FIG. 9, the position of the temporary center of gravity P is preferably moved toward the heel side of the golf club head.
The reason for this is to make the initial velocity of the ball reach the maximum value in the vicinity of the face center (the position where the person is most likely to hit the ball). That is, since the speed distribution increases as the face speed reaches the toe 8 side, the maximum initial speed point is always located on the toe 8 side of the center of gravity point P. Here, the maximum initial speed point means a hitting point at which the ball initial speed is highest.
3) As for the position of the temporary hit point D, as shown in FIG. 10, it is within an area within 30 mm from the geometric center (face center) of the face surface 1, more preferably above the face center (on the crown portion 2 side). It is desirable to change in the area within the semicircle.
The reason for this is explained as follows. When the golfer actually swings the golf club and hits the ball with the face surface of the golf club head, the hit points are distributed with a high probability centering on the face center, in other words, the golfer centering on the face center. The position where the probability of hitting is high. Furthermore, the face center is close to the position of the center of gravity point P (the center of gravity position on the face surface). This is because it is predicted that the hit point with the maximum flight distance is close to the face center.

(第2の実施の形態)
第1の実施の形態では、ゴルフクラブヘッドの設計方法について説明したが、第2の実施の形態では、上記設計方法を利用することにより、個々のプレイヤー毎に異なるフェース面1のスピード分布に応じて、すなわち、個々のプレイヤーの適性に応じた最適のゴルフクラブを選定するゴルフクラブの選定方法について説明する。
(Second Embodiment)
In the first embodiment, the golf club head design method has been described. In the second embodiment, the above-described design method is used to respond to the speed distribution of the face surface 1 that is different for each individual player. That is, a golf club selection method for selecting an optimal golf club according to the suitability of each player will be described.

ゴルフクラブの選定方法を実行するために、第1の実施の形態と同様に、図2に示すコンピュータ20を用いる。
ハードディスク装置28は、ゴルフクラブヘッドの有限要素解析を行う第1の実施の形態と同様の有限要素解析プログラムと、この有限要素解析プログラムによって得られたシミュレーション結果を用いてプレイヤーの適性に応じて打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを選定する専用の計算プログラムを格納している。
In order to execute the golf club selection method, the computer 20 shown in FIG. 2 is used as in the first embodiment.
The hard disk device 28 uses a finite element analysis program similar to that of the first embodiment for performing a finite element analysis of a golf club head and a ball hit according to the player's suitability using a simulation result obtained by the finite element analysis program. A dedicated calculation program for selecting a golf club head having the maximum flight distance is stored.

第2の実施の形態では、コンピュータ20はプレイヤーの適性に応じて打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを選定する計算装置を構成する。
図12に示すように、この計算装置は、モデル作成手段20Fと、フェース面速度分布平均打点設定手段20Gと、設計値仮設定手段20Hと、飛距離算出手段20Iと、打点間距離算出手段20Jと、設計値変更手段20Kとを含んで構成されている。
これら各手段20F乃至20Kは、コンピュータ20が前記の有限要素解析プログラムおよび前記の計算プログラムを実行することによって実現されるものである。
各手段20F乃至20Kについては以下に示す選定方法と共に説明する。
In the second embodiment, the computer 20 constitutes a calculation device that selects a golf club head that maximizes the flight distance of the hit ball in accordance with the player's suitability.
As shown in FIG. 12, this calculation apparatus includes a model creation means 20F, a face surface speed distribution average hitting point setting means 20G, a design value temporary setting means 20H, a flight distance calculation means 20I, and an inter-spot distance calculation means 20J. And design value changing means 20K.
Each of these means 20F to 20K is realized by the computer 20 executing the finite element analysis program and the calculation program.
Each means 20F thru | or 20K is demonstrated with the selection method shown below.

本発明のゴルフクラブヘッドの選定方法の対象となるゴルフクラブヘッドの例は図1と同じであるが、ヘッド本体4の重心位置をフェース面1に対して垂直に投影した重心点G(スイートスポット)の位置が既知となっている。   An example of a golf club head that is an object of the golf club head selection method of the present invention is the same as that shown in FIG. 1, but the center of gravity G (sweet spot) obtained by projecting the center of gravity of the head body 4 perpendicularly to the face surface 1. ) Position is known.

重心点Gの位置が、互いに異なる複数のゴルフクラブヘッドを対象とした、本発明の実施形態からなるゴルフクラブヘッドの選定方法を、図11に基づいて以下に詳述する。   A method for selecting a golf club head according to an embodiment of the present invention targeting a plurality of golf club heads having different positions of the center of gravity G will be described in detail below with reference to FIG.

まず、ヘッド本体4を複数の有限要素Xijk(i、j、kは整数)に、ゴルフボールを複数の有限要素Yijk(i、j、kは整数)に、それぞれ分割する(S20:第1ステップ)。すなわち、ヘッド本体4およびゴルフボールの有限要素モデルを作成する。有限要素モデルの作成は従来公知の有限要素法に基づいてなされるものである。ステップS20は、第1の実施の形態と同様に、コンピュータ20が有限要素解析プログラムを実行することで行われる。なお、このステップS20は図12のモデル作成手段20Fに相当する。   First, the head body 4 is divided into a plurality of finite elements Xijk (i, j, k are integers), and the golf ball is divided into a plurality of finite elements Yijk (i, j, k are integers) (S20: first step ). That is, a finite element model of the head body 4 and the golf ball is created. The finite element model is created based on a conventionally known finite element method. Step S20 is performed by the computer 20 executing a finite element analysis program, as in the first embodiment. This step S20 corresponds to the model creating means 20F in FIG.

次に、あらかじめ測定したフェース面1のスピード分布と、同じくあらかじめ求めたプレイヤーの平均的な打点Fの位置を、フェース面1に設定する(S21:第2ステップ)。ステップS21はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。なお、このステップS21は図12のフェース面速度分布平均打点設定手段20Gに相当する。
この平均打点Fの測定には、上述した特開2005−34619号公報に記載されたゴルフクラブヘッドの挙動計測装置を用いることができる。
なお、平均打点Fを測定する代わりに、一般的なプレイヤーの打点であるフェース面1のフェースセンターを、平均打点Fとしてもよい。
Next, the speed distribution of the face surface 1 measured in advance and the average hit point F position of the player determined in advance are set on the face surface 1 (S21: second step). Step S21 is performed by the computer 20 executing the calculation program. This step S21 corresponds to the face surface speed distribution average hitting point setting means 20G in FIG.
For the measurement of the average hit point F, a golf club head behavior measuring device described in JP-A-2005-34619 described above can be used.
Instead of measuring the average hit point F, the average hit point F may be the face center of the face surface 1 which is a hit point of a general player.

次に、図13に示すように、フェース面1に、ヘッド本体4の重心位置をフェース面1に対して垂直に投影した仮の重心点P及び仮の打点Dを、スピード分布の等高線vに対して角度θ(0〜180°)をなす直線Mに沿うように設定する(S22:第3ステップ)。ステップS22はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
なお、このステップS22は図12の設計値仮設定手段20Hに相当する。
Next, as shown in FIG. 13, a temporary center point P and a temporary hit point D obtained by projecting the position of the center of gravity of the head body 4 perpendicularly to the face surface 1 on the face surface 1 are set to contour lines v of the speed distribution. On the other hand, it is set along a straight line M forming an angle θ (0 to 180 °) (S22: third step). Step S22 is performed by the computer 20 executing the calculation program.
This step S22 corresponds to the design value temporary setting means 20H in FIG.

そして、ヘッド本体4が、仮の打点Dにおいて、所定のヘッドスピードHでゴルフボールに衝突したときのゴルフボールの初速(ボール初速)、打ち出し角度(打角)及びゴルフボールの逆回転量(バックスピン量)を計算し(S23〜S24)、それらを基にしてゴルフボールの飛距離Lを求める(S25)。この飛距離Lの計算を、仮の打点Dの位置を変化させるたびに行い(S26)、図14に示すように、飛距離Lが最大となる打点D’の位置を決定する(S27)と共に、その打点D’と平均打点Fとの距離Nを求める(S28)。
ステップS23、S24はコンピュータ20が有限要素解析プログラムを実行することで行われ、ステップS25、S26、S27、S28はコンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
なお、ステップS23、S24、S25は、第4ステップに相当し、かつ、図12の飛距離算出手段20Iに相当する。
ステップS26、S27、S28は、第5ステップに相当し、かつ、図12の打点間距離算出手段20Jに相当する。
Then, when the head body 4 collides with the golf ball at the temporary hit point D at the predetermined head speed H, the initial velocity (ball initial velocity), the launch angle (hitting angle), and the reverse rotation amount of the golf ball (back) The spin amount is calculated (S23 to S24), and the flight distance L of the golf ball is obtained based on them (S25). The calculation of the flight distance L is performed every time the position of the temporary hit point D is changed (S26), and as shown in FIG. 14, the position of the hit point D 'where the flight distance L is maximum is determined (S27). Then, the distance N between the hit point D 'and the average hit point F is obtained (S28).
Steps S23 and S24 are performed by the computer 20 executing the finite element analysis program, and steps S25, S26, S27, and S28 are performed by the computer 20 executing the calculation program.
Steps S23, S24, and S25 correspond to the fourth step and correspond to the flight distance calculation means 20I in FIG.
Steps S26, S27, and S28 correspond to the fifth step and correspond to the inter-spotting distance calculation means 20J in FIG.

次に、仮の重心点P及び角度θの少なくとも1つを変化させた(S29〜S30)後に、飛距離Lが最大となる打点D’と平均打点Fとの距離Nを求める作業を繰り返し行う(S23〜S28)。
ステップS29、S30は、コンピュータ20が前記の計算プログラムを実行することで行われる。
ステップS29、S30は、第6ステップに相当し、かつ、図12の設計値変更手段20Kに相当する。
Next, after changing at least one of the temporary barycentric point P and the angle θ (S29 to S30), the operation of obtaining the distance N between the hitting point D ′ and the average hitting point F at which the flying distance L is maximum is repeatedly performed. (S23-S28).
Steps S29 and S30 are performed by the computer 20 executing the calculation program.
Steps S29 and S30 correspond to the sixth step and correspond to the design value changing means 20K in FIG.

上記の作業を通じて求められた距離Nが最小となるケースを抽出し(S31)、そのケースにおける仮の重心点Pの位置に最も近い重心点Gを有するゴルフクラブヘッドを選定する。   A case where the distance N obtained through the above operation is minimized is extracted (S31), and a golf club head having a center of gravity G closest to the position of the temporary center of gravity P in the case is selected.

このようにゴルフクラブヘッドを選定することにより、ゴルフボールの飛距離Lが最大となる打点D’(最大飛距離点Z)が、プレイヤーの平均打点Fに最も近接するゴルフクラブヘッドを選択することができるので、打球の飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを、個々のプレイヤーの適性に応じて選択することができる。   By selecting the golf club head in this manner, the golf club head whose hit point D ′ (maximum flight distance point Z) at which the golf ball flight distance L is maximum is closest to the average hit point F of the player is selected. Therefore, it is possible to select a golf club head having a maximum hitting distance according to the suitability of each player.

上記のゴルフクラブヘッドの選定方法における計算結果の一例を図15に示す。この例では、プレイヤーの平均打点Fをフェース面1のフェースセンターにしており、算出された最大飛距離点Zは平均打点Fと一致している。   An example of the calculation result in the above golf club head selection method is shown in FIG. In this example, the average hit point F of the player is the face center of the face surface 1, and the calculated maximum flight distance point Z coincides with the average hit point F.

ローリングに依存する成分が大きいプレイヤーの場合には、図15(a)に示すように、フェース面1内のスピード差が大きくなり(例えば、4m/sec)、最大飛距離点Z(平均打点Fに一致)は重心点Pからヒール5側へ大きく離れる(例えば、10〜15mm)。
また、ローリングに依存する成分が中程度のプレイヤーの場合には、図15(b)に示すように、フェース面1内のスピード差は小さくなり(例えば、3m/sec)、最大飛距離点Zは重心点Pに近くなる(例えば、5〜10mm)。
そして、ローリングに依存する成分が小さいプレイヤーの場合には、図15(c)に示すように、フェース面1内のスピード差は更に小さくなり(例えば、2m/sec)、最大飛距離点Zは重心点Pとほぼ重なるようになる(例えば、1〜5mm)。
In the case of a player having a large component depending on rolling, as shown in FIG. 15A, the speed difference in the face surface 1 becomes large (for example, 4 m / sec), and the maximum flight distance point Z (average hitting point F). Is substantially separated from the center of gravity P toward the heel 5 (for example, 10 to 15 mm).
Further, in the case of a player whose medium depends on rolling, as shown in FIG. 15B, the speed difference in the face surface 1 becomes small (for example, 3 m / sec), and the maximum flight distance point Z Is close to the center of gravity P (for example, 5 to 10 mm).
If the player has a small component that depends on rolling, as shown in FIG. 15C, the speed difference in the face surface 1 is further reduced (for example, 2 m / sec), and the maximum flight distance point Z is The center of gravity P substantially overlaps (for example, 1 to 5 mm).

なお、いずれのケースにおいても、最大飛距離点Zは、重心点P(スイートスポットに相当)よりもトウ8側にずれた領域に位置しており、従来からの経験と合致していることが分かる。   In either case, the maximum flight distance point Z is located in a region shifted to the toe 8 side from the center of gravity P (corresponding to a sweet spot), and is consistent with conventional experience. I understand.

上記の結果から、ローリングに依存する成分が比較的大きいプレイヤーは、重心点Gが自己の平均打点Fよりもヒール5側に大きく離れたゴルフクラブヘッドを選定すればよいことが分かる。
また、ローリングに依存する成分が比較的小さくなるほど、プレイヤーは、重心点Gが自己の平均打点Fにヒール5側から近づくようなゴルフクラブヘッドを選定すればよい。
From the above results, it can be seen that a player having a relatively large component depending on rolling should select a golf club head whose center of gravity G is far away from the average hit point F of the player toward the heel 5 side.
In addition, as the component that depends on rolling becomes relatively small, the player may select a golf club head in which the center of gravity G approaches the average hit point F of the player from the heel 5 side.

上記の選定方法における計算時間を短縮するためには、角度θを90°とすることが望ましい。
また、仮の重心点Pの位置は、上記の図9に示すように、ゴルフクラブヘッドのヒール側へ向けて移動させるようにすることが望ましい。
更に、仮の打点Dの位置については、上記の図10に示すように、フェースセンターから30mm以内の領域内、より好ましくは、フェースセンターから上方(クラウン部2側)の半円内の領域内で変化させることが望ましい。
In order to shorten the calculation time in the above selection method, it is desirable to set the angle θ to 90 °.
Further, it is desirable that the position of the temporary center of gravity P is moved toward the heel side of the golf club head as shown in FIG.
Further, as shown in FIG. 10, the temporary hit point D is located within a region within 30 mm from the face center, more preferably within a region within a semicircle above the face center (on the crown portion 2 side). It is desirable to change with.

本発明の実施に際しては、複数のゴルフクラブヘッドのそれぞれに重心点Gの位置を明示する表示媒体を付しておき、プレイヤーには標準となるゴルフクラブヘッドを有するゴルフクラブをスイングさせて、スピード分布の傾向と平均打点とを測定し、表示媒体と測定結果とを見比べることでゴルフクラブヘッドの選定を行うようにするのが現実的である。   In carrying out the present invention, a display medium that clearly indicates the position of the center of gravity G is attached to each of a plurality of golf club heads, and the player is caused to swing a golf club having a standard golf club head so that the speed is increased. It is realistic to select a golf club head by measuring the distribution tendency and the average hit point and comparing the display medium with the measurement result.

本発明のゴルフクラブヘッドの設計及び選定方法の対象は特に限定するものではないが、図1に示すような、中空構造のヘッド本体を有するウッド型のゴルフクラブヘッドの設計及び選定に、それぞれ好適に用いられる。   The object of the design and selection method of the golf club head of the present invention is not particularly limited, but suitable for the design and selection of a wood type golf club head having a hollow head body as shown in FIG. Used for.

また、本発明のゴルフクラブの設計及び選定方法は、上記ゴルフクラブヘッドの設計及び選定方法により選定されたゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブを、それぞれ設計及び選定することにより行われる。   The golf club design and selection method of the present invention is performed by designing and selecting a golf club in which a shaft is attached to the golf club head selected by the above-described golf club head design and selection method.

1 フェース面
2 クラウン部
3 ソール部
4 ヘッド本体
5 ヒール
6 シャフト
7 ホーゼル
8 トウ
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Face surface 2 Crown part 3 Sole part 4 Head main body 5 Heel 6 Shaft 7 Hosel 8 Toe

Claims (14)

フェース面で打撃したゴルフボールの飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを、プレイヤーの適性に応じて設計するゴルフクラブヘッドの設計方法であって、前記ゴルフクラブヘッド及びゴルフボールをそれぞれ複数の有限要素に分割する第1ステップと、
前記プレイヤーが前記ゴルフクラブヘッドを有するゴルフクラブで前記ゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布を設定する第2ステップと、
前記ゴルフクラブヘッドのヘッド本体の仮の重心位置を前記フェース面に対して垂直に投影した仮の重心点と、前記ボールを打撃する仮の打点とを、前記スピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って前記フェース面に設定する第3ステップと、
前記仮の重心点及び仮の打点が設定されたフェース面を有するゴルフクラブヘッドが、該仮の打点において、所定のヘッドスピードで前記ゴルフボールに衝突したときの該ゴルフボールの初速、打ち出し角度及びバックスピン量から該ゴルフボールの飛距離を算出する第4ステップと、
前記ゴルフボールの飛距離が最大となるように、前記仮の重心点の位置、仮の打点の位置及び角度θの少なくとも1つを変化させる第5ステップと、を含むゴルフクラブヘッドの設計方法。
A golf club head design method for designing a golf club head having a maximum flight distance of a golf ball hit by a face surface in accordance with a player's suitability, wherein each of the golf club head and the golf ball includes a plurality of finite elements. A first step of dividing into
A second step of setting a speed distribution of the face surface immediately before the player hits the golf ball with a golf club having the golf club head;
An angle θ with respect to the contour line of the speed distribution is calculated by using a temporary center of gravity point obtained by projecting a temporary center of gravity position of the head body of the golf club head perpendicularly to the face surface and a temporary hit point hitting the ball. A third step of setting the face surface along a direction forming
When the golf club head having a face surface on which the temporary center of gravity and the temporary hit point are set collides with the golf ball at the temporary hit point at a predetermined head speed, the initial speed of the golf ball, the launch angle, and A fourth step of calculating the flight distance of the golf ball from the backspin amount;
And a fifth step of changing at least one of the position of the temporary center of gravity, the position of the temporary hit point, and the angle θ so that the flight distance of the golf ball is maximized.
前記第5ステップにおいて、前記角度θを90°一定とした請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。   The golf club head design method according to claim 1, wherein, in the fifth step, the angle θ is constant at 90 °. 前記第5ステップにおいて、前記仮の重心点の位置を前記ゴルフクラブヘッドのヒール側へ向けて移動させるようにした請求項1又は2に記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。 3. The golf club head design method according to claim 1, wherein, in the fifth step, the position of the temporary center of gravity is moved toward the heel side of the golf club head. 前記第5ステップにおいて、前記仮の打点の位置が前記フェース面の幾何学中心から30mm以内になるようにした請求項1〜3のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。   The golf club head design method according to claim 1, wherein, in the fifth step, the position of the temporary hit point is within 30 mm from the geometric center of the face surface. 前記ゴルフクラブヘッドが、中空構造のヘッド本体を有するウッド型のゴルフクラブヘッドである請求項1〜4のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。   The golf club head design method according to claim 1, wherein the golf club head is a wood-type golf club head having a head body having a hollow structure. ゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブの設計方法であって、前記ゴルフクラブヘッドは、請求項1〜5に記載のゴルフクラブヘッドの設計方法により設計されるゴルフクラブの設計方法。   A golf club design method in which a shaft is attached to a golf club head, wherein the golf club head is designed by the golf club head design method according to claim 1. 重心位置をフェース面に投影した重心点が既知である複数のゴルフクラブヘッドの中から、該フェース面で打撃したゴルフボールの飛距離が最大となるゴルフクラブヘッドを、プレイヤーが自己の適性に応じて選定する方法であって、
前記ゴルフクラブヘッド及びゴルフボールをそれぞれ複数の有限要素に分割する第1ステップと、
前記プレイヤーが前記ゴルフクラブヘッドを有するゴルフクラブで前記ゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布と、該プレイヤーの平均打点とを設定する第2ステップと、
前記ゴルフクラブヘッドのヘッド本体の仮の重心位置を前記フェース面に対して垂直に投影した仮の重心点と、前記ボールを打撃する仮の打点とを、前記スピード分布の等高線に対して角度θをなす方向に沿って前記フェース面に配置する第3ステップと、
前記仮の重心点及び仮の打点が設定されたフェース面を有するゴルフクラブヘッドが、該仮の打点において、所定のヘッドスピードで前記ゴルフボールに衝突したときの該ゴルフボールの初速、打ち出し角度及びバックスピン量から求められる該ゴルフボールの飛距離を、該仮の打点の位置を変更する毎に算出する算出する第4ステップと、
前記ゴルフボールの飛距離が最大となる仮の打点と前記平均打点との間の距離を求める第5ステップと、
前記距離が最小となるように、前記仮の重心点の位置及び角度θの少なくとも1つを変化させる第6ステップと、を含むゴルフクラブヘッドの選定方法。
According to the player's suitability, the golf club head having the maximum flight distance of the golf ball hit on the face surface is selected from among a plurality of golf club heads whose center of gravity is projected by projecting the center of gravity position to the face surface. The method of selecting
A first step of dividing the golf club head and the golf ball into a plurality of finite elements,
A second step of setting a speed distribution of the face surface immediately before the player hits the golf ball with a golf club having the golf club head, and an average hit point of the player;
An angle θ with respect to the contour line of the speed distribution is calculated by using a temporary center of gravity point obtained by projecting a temporary center of gravity position of the head body of the golf club head perpendicularly to the face surface and a temporary hit point hitting the ball. A third step of arranging on the face surface along the direction of forming
When the golf club head having a face surface on which the temporary center of gravity and the temporary hit point are set collides with the golf ball at the temporary hit point at a predetermined head speed, the initial speed of the golf ball, the launch angle, and A fourth step of calculating the flying distance of the golf ball obtained from the backspin amount every time the position of the temporary hit point is changed;
A fifth step for obtaining a distance between a temporary hit point at which a flight distance of the golf ball is maximum and the average hit point;
And a sixth step of changing at least one of the position of the temporary center of gravity and the angle θ so that the distance is minimized.
前記第2ステップにおいて、前記平均打点を前記フェース面の幾何学中心に設定した請求項7に記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   The golf club head selection method according to claim 7, wherein in the second step, the average hitting point is set at a geometric center of the face surface. 前記第6ステップにおいて、角度θを90°一定とした請求項7又は8に記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   The golf club head selection method according to claim 7 or 8, wherein in the sixth step, the angle θ is constant at 90 °. 前記第6ステップにおいて、前記仮の重心点の位置を前記ゴルフクラブヘッドのヒール側へ向けて移動させるようにした請求項7〜9のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   The golf club head selection method according to claim 7, wherein, in the sixth step, the position of the temporary center of gravity is moved toward the heel side of the golf club head. 前記第6ステップにおいて、前記仮の打点の位置が前記フェース面の幾何学中心から30mm以内になるようにした請求項7〜10のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   The golf club head selection method according to any one of claims 7 to 10, wherein, in the sixth step, the position of the temporary hit point is within 30 mm from the geometric center of the face surface. 前記重心位置をフェース面に投影した重心点が既知である複数のゴルフクラブヘッドのそれぞれに、前記重心点の位置を記載した表示媒体を付すようにした請求項7〜11のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   12. The display medium according to claim 7, wherein a display medium that describes the position of the center of gravity is attached to each of a plurality of golf club heads that have known center of gravity that is obtained by projecting the position of the center of gravity onto a face surface. How to select a golf club head. 前記ゴルフクラブヘッドが、中空構造のヘッド本体を有するウッド型のゴルフクラブヘッドである請求項7〜12のいずれかに記載のゴルフクラブヘッドの選定方法。   The method for selecting a golf club head according to claim 7, wherein the golf club head is a wood-type golf club head having a head body having a hollow structure. ゴルフクラブヘッドにシャフトを取り付けてなるゴルフクラブの選定方法であって、前記ゴルフクラブヘッドは、請求項7〜13に記載のゴルフクラブヘッドの選定方法により選定されるゴルフクラブの選定方法。   A golf club selection method in which a shaft is attached to a golf club head, wherein the golf club head is selected by the golf club head selection method according to any one of claims 7 to 13.
JP2010146031A 2009-06-26 2010-06-28 Golf club head and golf club design and selection method Expired - Fee Related JP5644209B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009152883 2009-06-26
JP2009152883 2009-06-26
JP2010146031A JP5644209B2 (en) 2009-06-26 2010-06-28 Golf club head and golf club design and selection method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010146031A JP5644209B2 (en) 2009-06-26 2010-06-28 Golf club head and golf club design and selection method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011025018A JP2011025018A (en) 2011-02-10
JP5644209B2 true JP5644209B2 (en) 2014-12-24

Family

ID=43634462

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010146031A Expired - Fee Related JP5644209B2 (en) 2009-06-26 2010-06-28 Golf club head and golf club design and selection method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5644209B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5440050B2 (en) * 2009-09-10 2014-03-12 横浜ゴム株式会社 Golf club head design method

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4247838B2 (en) * 2004-03-12 2009-04-02 アクシュネット カンパニー Composite metal wood club
JP2003019230A (en) * 2001-07-05 2003-01-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Wood type golf club head
JP4271615B2 (en) * 2003-06-23 2009-06-03 横浜ゴム株式会社 Golf club head behavior measuring device
JP2005103127A (en) * 2003-10-01 2005-04-21 Yokohama Rubber Co Ltd:The Optimization design method of golf club, and optimization design method of combination of golf club-golf ball
JP2006031430A (en) * 2004-07-16 2006-02-02 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf club design or selection support apparatus and golf ball design or selection support apparatus
JP2006247023A (en) * 2005-03-09 2006-09-21 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf club information providing system, method and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011025018A (en) 2011-02-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8661879B2 (en) Method for designing golf club and golf club
JP5715520B2 (en) Golf club head and evaluation method thereof
JP2005324030A (en) Golf club head with top line insert
JP4120741B2 (en) GAME MACHINE, GAME CONTROL METHOD, AND RECORDING MEDIUM CONTAINING PROGRAM
JP2018514322A (en) Low back crown mass for golf club head
JP2000157745A5 (en)
JP5882826B2 (en) Golf club fitting method
JP2012249879A (en) Game device, game control method, and game control program
JP5521829B2 (en) Golf club head and golf club design method
JP5644209B2 (en) Golf club head and golf club design and selection method
US10252137B2 (en) Motion analysis method, motion analysis apparatus, and storage device
JP5521828B2 (en) Golf club head and golf club selection method
JP6768996B2 (en) Ball flight information calculation device and ball flight information calculation method
JP5170271B2 (en) Golf club head design method
JP5708236B2 (en) Golf club selection method and design method
JPH1119253A (en) Club head of golf club
JP2011240043A (en) Method of calculating evaluation data of golf club head
JP6862848B2 (en) Motion analysis device, motion analysis method, program, and motion analysis system
US20160236061A1 (en) Motion analysis method, motion analysis apparatus, and storage device
JP2005278882A (en) Individual optimal design method of inertia characteristic of golf club
JP6342034B1 (en) Swing analysis device, swing analysis method, and swing analysis system
JP5440050B2 (en) Golf club head design method
JP3185468U (en) Golf club head for putter
JP2012249881A (en) Game device, game control method, and game control program
JP5594422B2 (en) Calculation method of sweet area of golf club head

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130611

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140311

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140402

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20141007

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20141020

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5644209

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees