JP5613820B1 - Intellectual property information management system - Google Patents

Intellectual property information management system Download PDF

Info

Publication number
JP5613820B1
JP5613820B1 JP2013268241A JP2013268241A JP5613820B1 JP 5613820 B1 JP5613820 B1 JP 5613820B1 JP 2013268241 A JP2013268241 A JP 2013268241A JP 2013268241 A JP2013268241 A JP 2013268241A JP 5613820 B1 JP5613820 B1 JP 5613820B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
intellectual property
file
storage
case
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013268241A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015125522A (en
Inventor
高野 誠司
誠司 高野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nomura Research Institute Ltd
Original Assignee
Nomura Research Institute Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nomura Research Institute Ltd filed Critical Nomura Research Institute Ltd
Priority to JP2013268241A priority Critical patent/JP5613820B1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5613820B1 publication Critical patent/JP5613820B1/en
Publication of JP2015125522A publication Critical patent/JP2015125522A/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】知的財産に係る情報を含むファイルについて、当該知的財産情報の特性や、当該知的財産に係る案件におけるイベントやステータスに応じて、当該知的財産情報を含むファイルの保管場所を含む取り扱いを適宜変更する。【解決手段】知的財産情報を管理するサービスを提供する知的財産情報管理システム1であって、知的財産に係る1つ以上の案件の情報を保持する案件DB14と、各案件に関連する情報を含むファイルを保管することが可能な複数種類のストレージと、各案件について発生したイベントに応じて、対象の案件に関連するファイルのうち所定のものについて、複数種類のストレージ間での移動またはコピー、もしくはストレージからの削除を含む処理を行うファイル管理部12と、を有する。【選択図】図1[PROBLEMS] To determine the storage location of a file containing information related to intellectual property in accordance with the characteristics of the intellectual property information and the event or status in the matter related to the intellectual property. Change the handling to include as appropriate. An intellectual property information management system 1 that provides a service for managing intellectual property information, and includes a matter DB 14 that holds information on one or more matters relating to intellectual property, and is associated with each matter. Multiple types of storage that can store files that contain information, and depending on the event that occurred for each matter, certain files related to the subject matter can be moved or moved between multiple types of storage And a file management unit 12 that performs processing including copying or deletion from the storage. [Selection] Figure 1

Description

本発明は、知的財産に係る情報を管理する技術に関し、特に、発明等の案件に関連するファイルやデータを適切に管理する知的財産情報管理システムに適用して有効な技術に関するものである。   The present invention relates to a technology for managing information related to intellectual property, and more particularly to a technology effective when applied to an intellectual property information management system for appropriately managing files and data related to matters such as inventions. .

企業では、業務の中から発明などの知的財産が創出され、これを適切に知的財産権として保護し、事業への活用を図るために特許出願等が行われる場合がある。ここで、企業の規模等が大きくなってくると、創出される発明等の知的財産の数や、特許出願等の件数、特許権等の知的財産の数も多くなり、例えば、案件毎のステータスの管理や、案件に係る情報へのアクセス権限の管理、期限の管理等、各種の管理の負担が大きくなってくる。そこで、これらの管理を行う情報処理システムが用いられる場合がある。   In companies, intellectual property such as inventions is created from business operations, and patent applications may be filed in order to appropriately protect them as intellectual property rights and utilize them in business. Here, as the scale of companies increases, the number of intellectual property such as inventions created, the number of patent applications, etc., and the number of intellectual property such as patents increases. Various management burdens such as management of status, management of access authority to information related to matters, management of deadlines, and the like become large. Therefore, an information processing system that performs such management may be used.

このような管理システムでは、様々なファイルやデータ(以下ではこれらを単に「ファイル」と総称する場合がある)が保持・管理されるが、特に、知的財産を管理する案件毎に発生する、発明等の説明用の基礎資料や、出願書類、審査結果として摘示される引用文献など、いわゆる包袋に含まれるファイルは、案件が増えるとともに容量がどんどん大きくなり、また整理にも苦慮する場合がある。   In such a management system, various files and data (hereinafter sometimes simply referred to as “files”) are held and managed. Files included in so-called sachets, such as basic materials for explanation of inventions, application documents, and cited documents that are identified as examination results, become larger and larger in volume as projects increase, and may be difficult to organize. is there.

知的財産に係るファイルの管理に関連して、例えば、特許第4370596号公報(特許文献1)には、指定された文献種別等に対応した知的財産権の手続に関する情報を提供する検索エンジンを法区分毎に備えた手続集中管理システムと通信ネットワークを介して接続された手続管理システムが記載されている。手続管理システムのコンピュータは、手続集中管理システムの検索エンジンにアクセスする前に、該当する知的財産権の詳細情報の蓄積位置が記憶部に存在するかを判別し、存在する場合は当該蓄積位置を記憶部から取得し、存在しない場合は、手続集中管理システムの検索エンジンにアクセスする。   In relation to the management of files related to intellectual property, for example, Japanese Patent No. 4370596 (Patent Document 1) provides a search engine that provides information related to a procedure of intellectual property rights corresponding to a specified document type or the like. The procedure management system connected via the communication network with the procedure centralized management system provided for each legal division is described. Before accessing the search engine of the centralized procedure management system, the computer of the procedure management system determines whether the storage location of the detailed information on the relevant intellectual property right exists in the storage unit. Is acquired from the storage unit, and if it does not exist, the search engine of the procedure centralized management system is accessed.

特許第4370596号公報Japanese Patent No. 4370596

特許文献1に記載されたような管理システムによれば、例えば、特許公報などの知的財産権に関連する情報が当該管理システム上に保管されているか否かをユーザに意識させることなく、対象の情報が保管されていない場合には、必要に応じて都度検索エンジン等の外部サイトにアクセスして取得することができる。すなわち、対象の情報について外部サイトに対するリンク情報として管理することができる。   According to the management system as described in Patent Document 1, for example, without making the user aware of whether information related to intellectual property rights such as a patent gazette is stored on the management system. Can be obtained by accessing an external site such as a search engine whenever necessary. That is, the target information can be managed as link information to the external site.

しかしながら、外部サイトに対するリンク情報として管理するとした場合でも、例えば、知的財産権の存続期間満了などのイベント毎に、ユーザが意識的にもはや不要となったファイルを破棄等しない限り、いったん管理システムのストレージ上に保管されたファイルはそのまま維持され続けることになり、時間の経過とともに益々溜まっていく。ストレージの使用率の増大に応じてストレージを増設したり、人手による定期的なファイルの整理作業等を行うことは、ハードウェアコストや人的コストの増大を招く。   However, even if it is managed as link information to an external site, for example, for each event such as the expiration of the lifetime of intellectual property rights, unless the user consciously discards a file that is no longer needed, the management system Files stored on the storage will continue to be maintained and will accumulate over time. Increasing the storage according to the increase in the storage usage rate or regularly organizing files manually, increases the hardware cost and the human cost.

また、知的財産に関連する多数の情報の中には、上記のように、外部サイトから取得可能であったり、存続期間満了等のイベントや案件のステータスに応じてもはや不要もしくは重要ではなくなるものもあれば、頻繁にアクセスし参照するもの、高いセキュリティレベル・秘匿性を要するもの、バックアップ等の冗長性の確保が必要なものなど、様々な管理レベルのものがある。これらのファイルを一律に管理システム上の高性能のストレージ等に保管しておくのは非効率である。   In addition, as described above, a lot of information related to intellectual property can be obtained from external sites, or it is no longer necessary or important depending on the event such as expiration of the lifetime or the status of the project. There are various management levels such as those frequently accessed and referenced, those requiring a high security level / confidentiality, and those requiring redundancy such as backup. It is inefficient to keep these files uniformly in a high-performance storage or the like on the management system.

そこで本発明の目的は、知的財産に係る情報を含むファイルについて、当該知的財産情報の特性や、当該知的財産に係る案件におけるイベントやステータスに応じて、当該知的財産情報を含むファイルの保管場所を含む取り扱いを適宜変更する知的財産情報管理システムを提供することにある。   Accordingly, an object of the present invention is to provide a file containing information related to intellectual property according to the characteristics of the intellectual property information and the event or status in the matter related to the intellectual property. It is to provide an intellectual property information management system that appropriately changes the handling including the storage location.

本発明の前記ならびにその他の目的と新規な特徴は、本明細書の記述および添付図面から明らかになるであろう。   The above and other objects and novel features of the present invention will be apparent from the description of this specification and the accompanying drawings.

本願において開示される発明のうち、代表的なものの概要を簡単に説明すれば、以下のとおりである。   Of the inventions disclosed in this application, the outline of typical ones will be briefly described as follows.

本発明の代表的な実施の形態による知的財産情報管理システムは、知的財産に係る1つ以上の案件の情報を保持する案件情報保持部と、前記各案件に関連する情報を含むファイルを保管することが可能な複数種類のストレージと、前記各案件について発生したイベントに応じて、対象の前記案件に関連する前記ファイルのうち所定のものについて、前記複数種類のストレージ間での移動またはコピー、もしくは前記ストレージからの削除を含む処理を行うファイル管理部と、を有するものである。   An intellectual property information management system according to a representative embodiment of the present invention includes a case information holding unit that holds information on one or more cases relating to intellectual property, and a file containing information related to each case. Multiple types of storage that can be stored, and movement or copying between the plurality of types of storage for a predetermined one of the files related to the target case according to an event that has occurred for each case Or a file management unit that performs processing including deletion from the storage.

本願において開示される発明のうち、代表的なものによって得られる効果を簡単に説明すれば以下のとおりである。   Among the inventions disclosed in the present application, effects obtained by typical ones will be briefly described as follows.

すなわち、本発明の代表的な実施の形態によれば、知的財産に係る情報を含むファイルについて、当該知的財産情報の特性や、当該知的財産に係る案件におけるイベントやステータスに応じて、当該知的財産情報を含むファイルの保管場所を含む取り扱いを適宜変更することが可能となる。   That is, according to a representative embodiment of the present invention, for a file containing information relating to intellectual property, depending on the characteristics of the intellectual property information and the event or status in the matter relating to the intellectual property, The handling including the storage location of the file containing the intellectual property information can be changed as appropriate.

本発明の一実施の形態である知的財産情報管理システムの構成例について概要を示した図である。It is the figure which showed the outline | summary about the structural example of the intellectual property information management system which is one embodiment of this invention. 本発明の一実施の形態における知的財産権の取得手続に係るイベント等に応じてファイルの保管場所等を動的に変更する処理の例について概要を示した図である。It is the figure which showed the outline | summary about the example of the process which changes the storage location etc. of a file dynamically according to the event etc. which concern on the acquisition procedure of the intellectual property right in one embodiment of this invention. (a)、(b)は、本発明の一実施の形態における案件DBのデータ構成の例について概要を示した図である。(A), (b) is the figure which showed the outline | summary about the example of a data structure of case DB in one embodiment of this invention. 本発明の一実施の形態における設定DBのデータ構成の例について概要を示した図である。It is the figure which showed the outline | summary about the example of the data structure of setting DB in one embodiment of this invention.

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、実施の形態を説明するための全図において、同一部には原則として同一の符号を付し、その繰り返しの説明は省略する。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. Note that components having the same function are denoted by the same reference symbols throughout the drawings for describing the embodiment, and the repetitive description thereof will be omitted.

本発明の一実施の形態である知的財産情報管理システムは、創出された発明等の知的財産(知的財産権の対象となる知的財産)について、そのライフサイクルにわたって案件としてステータスや情報の管理を行うための機能やサービスを提供する情報処理システムである。当該知的財産情報管理システムは、例えば、ITベンダー等の事業者により運営され、ASP(Application Service Provider)として複数の企業が共同利用する形で利用者にネットワークを介してサービスを提供するよう実装される。利用者としては、企業等において発明等の知的財産を創出する発明者や関連部門のユーザ、知財部員等と、当該企業等からの依頼により知的財産権取得のための出願手続等を行う特許事務所等の代理人や事務職員等のユーザが想定される。   The intellectual property information management system according to an embodiment of the present invention is a status and information on the intellectual property such as the created invention (intellectual property subject to intellectual property rights) as a matter throughout its life cycle. It is an information processing system that provides a function and a service for performing management. The intellectual property information management system is operated by a business operator such as an IT vendor, for example, and is implemented so as to provide services to users via a network in the form of joint use by multiple companies as an ASP (Application Service Provider) Is done. As users, inventors who create intellectual property such as inventions in companies, users in related departments, intellectual property members, etc., and application procedures for obtaining intellectual property rights at the request of the companies etc. A user such as an agent of a patent office or an office worker who performs the operation is assumed.

上述したように、知的財産に関連する多数の情報の中には、外部サイトから取得可能であったり、存続期間満了等のイベントや案件のステータスに応じてもはや不要もしくは重要ではなくなるものもあれば、頻繁にアクセスし参照するもの、高いセキュリティレベル・秘匿性を要するもの、バックアップ等の冗長性の確保が必要なものなど、様々な管理レベルのものがある。これらのファイルを一律に管理システム上の高性能のストレージ等に保管しておくのは非効率である。   As mentioned above, some of the information related to intellectual property can be obtained from external sites, or it is no longer necessary or important depending on the event such as expiration of the lifetime or the status of the project. For example, there are various management levels, such as those frequently accessed and referenced, those requiring a high security level and confidentiality, and those requiring redundancy such as backup. It is inefficient to keep these files uniformly in a high-performance storage or the like on the management system.

そこで、本実施の形態では、案件に関連して知的財産情報管理システムにより保持・管理される知的財産に係る情報を含むファイルについて、公開/秘密の別や、参照頻度の多少等といった知的財産情報の特性や、対象案件における知的財産権の取得手続に係る、出願、公報発行、登録、存続期間満了等の各種イベント等に応じて、当該知的財産情報を含むファイルの保管場所や、冗長構成、セキュリティなどの管理レベルを動的に変更することにより、人的コストをかけずにハードウェア資源を有効利用することを可能とする。   Therefore, in this embodiment, a file containing information related to intellectual property held and managed by the intellectual property information management system in relation to the matter, such as whether it is public or secret, the frequency of reference, etc. Storage location of files containing intellectual property information, depending on the characteristics of intellectual property information and various events related to the procedure for acquiring intellectual property rights in the subject project, such as application, publication, registration, and expiration In addition, by dynamically changing management levels such as redundant configuration and security, it is possible to effectively use hardware resources without incurring human costs.

<システム構成>
図1は本発明の一実施の形態である知的財産情報管理システムの構成例について概要を示した図である。知的財産情報管理システム1は、知的財産情報管理サーバ10と、外部ストレージ50および外部情報源60からなる情報処理システムであり、上述したように、インターネット等のネットワーク20を介して、企業30や特許事務所40等のユーザに対してASPとして知的財産に係る情報を管理する機能・サービスを提供する。
<System configuration>
FIG. 1 is a diagram showing an outline of a configuration example of an intellectual property information management system according to an embodiment of the present invention. The intellectual property information management system 1 is an information processing system including an intellectual property information management server 10, an external storage 50, and an external information source 60. As described above, the company 30 is connected via the network 20 such as the Internet. As an ASP, a function / service for managing information related to intellectual property is provided to users such as the patent office 40 and the like.

知的財産情報管理サーバ10は、例えば、サーバ機器やクラウドコンピューティングサービス上に構築された仮想サーバなどにより実装されるサーバシステムであり、図示しないOS(Operating System)やDBMS(DataBase Management System)、Webサーバプログラムなどのミドルウェア上で稼働するソフトウェアプログラムとして実装される管理機能群11、ファイル管理部12、およびユーザインタフェース部13などの各部を有する。また、データベース等により実装される案件データベース(DB)14、ユーザDB15、および設定DB16などの各テーブルを有する。さらに、各案件に係る知的財産に関連する情報をファイルとして保持する記憶装置からなる内部ストレージ17を有する。   The intellectual property information management server 10 is a server system implemented by, for example, a server device or a virtual server constructed on a cloud computing service, and includes an OS (Operating System), a DBMS (DataBase Management System), a DBMS (not shown), Each unit includes a management function group 11, a file management unit 12, and a user interface unit 13 that are implemented as software programs that run on middleware such as a Web server program. Each table includes a case database (DB) 14, a user DB 15, and a setting DB 16 implemented by a database or the like. Furthermore, it has the internal storage 17 which consists of a memory | storage device which hold | maintains the information relevant to the intellectual property which concerns on each case as a file.

管理機能群11は、案件DB14に保持する案件の情報および当該案件に関連する各種情報に対して実際にアクセスするための各種機能を提供するモジュール群である。案件に対するアクセスの内容としては、例えば、特定の案件についてのステータスや各種関連情報、データ等の管理、期限管理、各種の検索、企業30と特許事務所40との間での出願手続等の実行指示や各種連絡、関連する他社の知的財産権情報の取得やウォッチなどの機能が含まれる。さらに、これらの各機能や対象の情報について、その種類や特性等に応じて、作成、表示、更新、削除、実行、承認などの各操作を行うことが含まれる。   The management function group 11 is a module group that provides various functions for actually accessing the item information held in the item DB 14 and various information related to the item. The contents of access to the case include, for example, status and various related information about a specific case, management of data, deadline management, various searches, execution of application procedures between the company 30 and the patent office 40, etc. Includes functions such as instructions, various communications, acquisition of related intellectual property rights information, and watches. Furthermore, each of these functions and target information includes operations such as creation, display, update, deletion, execution, and approval according to the type and characteristics thereof.

各案件に係るステータス等の情報の管理として、例えば、出願手続を行っている特許事務所40の代理人や事務職員等が、後述するユーザインタフェース部13を介して管理機能群11にアクセスし、特許庁から送付・送達された書面に係る情報(例えば、拒絶理由通知や査定などの情報)を入力できるようにすることで、個別の出願の状況の変化を把握することができる。   As management of information such as status related to each case, for example, an agent or administrative staff of the patent office 40 that is performing the application procedure accesses the management function group 11 via the user interface unit 13 described later, Changes in the status of individual applications can be ascertained by making it possible to input information related to documents sent / delivered by the JPO (for example, notification of reasons for refusal or assessment).

一方で、知的財産情報管理サーバ10がネットワーク20を介して特許庁や関連団体等が保有する複数の案件についてのデータを一括して取得した上で取り込んで、バッチ処理的に案件DB14に反映させることも可能である。このデータとしては、例えば、独立行政法人工業所有権情報・研修館(National Center for Industrial Property Information and Training: INPIT)等から取得できる特許公報などの一般公開データ、および一般財団法人日本特許情報機構(Japan Patent Information Organization:Japio)等から事業者が購入する整理標準化データ(以下ではこれらを総称して「庁データ」と記載する場合がある)を用いることができる。この場合、一括して取得した上で取り込んだデータと、個別に手動で入力したデータとが矛盾する場合が生じ得るが、その場合は、その旨を通知していずれのデータを用いるかをユーザに選択させるようにしてもよい。このように、案件に係る情報を2つのルートから入力可能とすることで、タイムリーな入力と、入力負荷の低減とを両立させることができる。   On the other hand, the intellectual property information management server 10 collects data on a plurality of cases held by the JPO or related organizations via the network 20 and collects them and reflects them in the case DB 14 in a batch process. It is also possible to make it. This data includes, for example, publicly available data such as patent gazettes that can be obtained from the National Center for Industrial Property Information and Training (IMPIT), and the Japan Patent Information Organization ( Organizational standardized data purchased by companies from Japan Patent Information Organization (Japan) etc. (hereinafter, these may be collectively referred to as “agency data”) may be used. In this case, there may be a case where the data acquired after batch acquisition and the data manually input individually contradict each other. In this case, the user is notified of the fact and uses which data to use. You may make it select. Thus, by making it possible to input information related to the case from two routes, it is possible to achieve both timely input and reduction of input load.

このように、各案件に係る知的財産に関連する各種情報を知的財産情報管理サーバ10において一元的に管理することで、知的財産を創出する企業30のユーザと、出願手続を行う特許事務所40のユーザとの間で容易に情報共有を図ることが可能となる。   In this way, the intellectual property information management server 10 centrally manages various information related to the intellectual property related to each case, and the patent of the enterprise 30 who creates the intellectual property and the application procedure It becomes possible to easily share information with the user of the office 40.

ファイル管理部12は、案件毎に、対象の知的財産に関連する各種情報を含むファイルについての保管場所や、冗長構成、セキュリティなどの管理レベルを、設定DB16に設定された内容に基づいて動的に変更する処理を行う機能を有する。設定内容としては、例えば、案件についてのイベントやステータス、すなわち、知的財産権の取得手続におけるイベントやステータスに応じて、どのファイルにどのような操作をするか、どこに移動させるか、などの処理内容を指定することができる。イベントやステータスの変化は、例えば、庁データの内容に基づいて判定したり、ユーザにより新たなファイルが保管されたことにより判定したりすることができる。   The file management unit 12 moves the management location such as the storage location, redundant configuration, security, etc. of the file including various information related to the target intellectual property based on the contents set in the setting DB 16 for each case. Has a function of performing a change process. The settings include, for example, processing and operations on which files and operations according to the events and status of the matter, that is, the events and status in the intellectual property right acquisition procedure. You can specify the content. The change in event or status can be determined based on, for example, the contents of agency data, or can be determined when a new file is stored by the user.

ファイルの保管場所としては複数種類を設定することができ、例えば、アクセス速度が速く、セキュリティが確保されており、信頼性も高く、定期的なバックアップの取得により冗長化されている等、性能や管理レベルは高いがコストも高い(すなわち高レベルの)内部ストレージ17や、これに比して性能や管理レベルは低いものの大容量で一般に低コストの(すなわち低レベルの)外部ストレージ50などを適宜利用することができる。外部ストレージ50としては、例えば、外付けのディスク装置や、NAS(Network Attached Storage)、クラウドコンピューティングサービス上の仮想ストレージなど種々のものを用いることができる。   Multiple types of file storage locations can be set. For example, the access speed is fast, security is ensured, reliability is high, and redundancy is obtained by regularly acquiring backups. The internal storage 17 having a high management level but high cost (that is, a high level), and the external storage 50 having a large capacity and generally low cost (that is, a low level) although performance and management level are lower than this are appropriately selected. Can be used. As the external storage 50, for example, various devices such as an external disk device, NAS (Network Attached Storage), or virtual storage on a cloud computing service can be used.

この場合、ファイル管理部12は、例えば、内部ストレージ17には高い性能や管理レベルを要求するファイルからなる高ランク情報18を保持し、外部ストレージ50には性能や管理レベルが低くても構わないファイルからなる低ランク情報51を保持するなど、保管場所を制御することができる。高ランク情報18としては、例えば、頻繁にアクセスする必要があるファイルや、重要な情報を含むファイルなどが該当する。また、低ランク情報18としては、例えば、特許庁や他の団体等に存在しているものと同内容のファイルや、特許事務所40が保管しているものと同内容のファイルなどが該当する。   In this case, for example, the file management unit 12 may hold the high rank information 18 including files that require a high performance and management level in the internal storage 17 and the external storage 50 may have a low performance and management level. The storage location can be controlled, for example, by holding the low rank information 51 made up of files. The high rank information 18 corresponds to, for example, a file that needs to be accessed frequently or a file containing important information. The low-rank information 18 includes, for example, files having the same contents as those existing in the Patent Office and other organizations, and files having the same contents as those stored by the patent office 40. .

なお、必ずしも図1の例に示すように、低レベルのストレージと高レベルのストレージとして、内部ストレージ17と外部ストレージ50に分けられている必要はなく、単独のストレージであってもよい。また、例えば、知的財産情報管理サーバ10の同一筐体内に複数の内部ストレージ17として低レベルおよび高レベルのストレージを有していてもよいし、外部ストレージ50として低レベルおよび高レベルのストレージを有していてもよい。   As shown in the example of FIG. 1, it is not always necessary to divide the low-level storage and the high-level storage into the internal storage 17 and the external storage 50, and a single storage may be used. Further, for example, low-level and high-level storages may be provided as the plurality of internal storages 17 in the same housing of the intellectual property information management server 10, and low-level and high-level storages may be provided as the external storage 50. You may have.

特許庁から発行された公報や、拒絶理由通知において引用文献として指摘された非特許文献など、特許庁や他の企業、団体等の外部情報源60のWebサイトから入手可能な外部情報61については、ファイルとして直接保管するのではなく、外部情報源60上での外部情報61の所在に対するリンク情報として、当該リンク情報を含むファイルやデータベース等により管理することで、ファイルの直接保管によるストレージの使用率の増大を抑止することができる。なお、リンク情報としては、例えば、外部情報源60であるWebサイト上での対象の外部情報61を含むファイルに対するハイパーリンクとすることができる。当該ハイパーリンクは、例えば、公開公報については、庁データに基づいて生成することができる。   About external information 61 that can be obtained from the website of external information sources 60 such as the JPO, other companies, organizations, etc. Instead of storing directly as a file, the use of storage by direct storage of the file is managed as a link information with respect to the location of the external information 61 on the external information source 60 by a file or database containing the link information. An increase in rate can be suppressed. In addition, as link information, it can be set as the hyperlink with respect to the file containing the external information 61 of object on the website which is the external information source 60, for example. The hyperlink can be generated based on agency data, for example, for a public gazette.

ユーザインタフェース部13は、例えば、図示しないWebサーバプログラムを利用して、ユーザに対する画面インタフェースを提供する機能を有する。例えば、ユーザDB15に基づいてログイン認証を行った各ユーザについて、アクセス可能な案件や管理機能を判別して、その内容に応じてアクセス可能な機能を表示する画面を生成して、ユーザに応答する。また、当該画面を介してユーザからのアクセス要求を受け付けて、対応する管理機能群11を呼び出すことにより、案件に対する各種機能や操作を実行し、結果を表示する画面を生成してユーザに応答する。   The user interface unit 13 has a function of providing a screen interface for the user using, for example, a web server program (not shown). For example, for each user who has performed login authentication based on the user DB 15, an accessible matter or management function is determined, a screen displaying the accessible function is generated according to the content, and the user is responded . In addition, by accepting an access request from the user via the screen and calling the corresponding management function group 11, various functions and operations are executed on the matter, and a screen for displaying the result is generated and responded to the user. .

企業30における発明者や関連部門、知財部員などのユーザは、各ユーザが利用するPC(Personal Computer)等の情報処理端末である企業端末31上の図示しないWebブラウザ等を利用して、ネットワーク20を介して知的財産情報管理サーバ10のユーザインタフェース部13にアクセスし、案件に対する各種機能や操作を実行する。同様に、特許事務所40における代理人や事務職員などのユーザは、各ユーザが利用するPC等の情報処理端末である事務所端末41上の図示しないWebブラウザ等を利用して、ネットワーク20を介して知的財産情報管理サーバ10のユーザインタフェース部13にアクセスし、案件に対する各種機能や操作を実行する。   A user such as an inventor, a related department, or an intellectual property member in the company 30 uses a Web browser or the like (not shown) on the company terminal 31 that is an information processing terminal such as a PC (Personal Computer) used by each user. The user interface unit 13 of the intellectual property information management server 10 is accessed via the server 20 to execute various functions and operations for the case. Similarly, a user such as an agent or an office worker in the patent office 40 uses the Web browser or the like (not shown) on the office terminal 41 which is an information processing terminal such as a PC used by each user to use the network 20. The user interface unit 13 of the intellectual property information management server 10 is accessed via the server, and various functions and operations are executed for the case.

このように、本実施の形態では、知的財産に係る情報を管理する機能をASPにより提供する形態としており、企業30と特許事務所40とは、知的財産情報管理サーバ10を介して相互に連携し、情報を共有することができる構成としているが、このような構成に限られるものではない。例えば、パッケージソフトウェアの形態をとり、企業30側の管理システムと、特許事務所40側の管理システムとを個別に構築し、ファイルの送受信により情報を授受する構成であってもよい。   As described above, in this embodiment, the function of managing information related to intellectual property is provided by the ASP, and the company 30 and the patent office 40 are mutually connected via the intellectual property information management server 10. However, the present invention is not limited to such a configuration. For example, the configuration may be in the form of package software, in which a management system on the company 30 side and a management system on the patent office 40 side are individually constructed, and information is exchanged by sending and receiving files.

<ファイルの取り扱いの変更>
図2は、知的財産権の取得手続に係るイベント等に応じてファイルの保管場所等を動的に変更する処理の例について概要を示した図である。ここでは、図1の構成と同様に、ファイルの保管場所として、性能や管理レベルの高い内部ストレージ17と、これに比して性能や管理レベルの低い外部ストレージ、およびWebサイト等の外部情報源60が利用できるものとする。
<Changes in file handling>
FIG. 2 is a diagram showing an outline of an example of processing for dynamically changing a file storage location or the like according to an event or the like related to an intellectual property right acquisition procedure. Here, as in the configuration of FIG. 1, as a file storage location, an internal storage 17 having a high performance and management level, an external storage having a low performance and management level, and an external information source such as a website. 60 can be used.

例えば、企業30において発明等の知的財産が創出され、知的財産情報管理システム1上に案件として登録されることで管理が開始されると、まず、発明者等が作成した、当該知的財産に関連する各種の検討資料や説明資料などが保管対象となり、発明者等のユーザは、企業端末31を介して知的財産情報管理サーバ10にアップロードする等によりこれらのファイルを保管する。ここで、検討資料等のファイルは、当面は頻繁に参照される可能性が高い高ランク情報18にあたると考えられるため、ファイル管理部12により自動的に、もしくはユーザの手動により、内部ストレージ17上に保管する。なお、案件に係るファイルを最初に保管する際に、先使用権等の各種証明に利用可能なように電子署名や電子タイムスタンプを付与するようにしてもよい。   For example, when an intellectual property such as an invention is created in a company 30 and is registered as a case on the intellectual property information management system 1, management starts. Various examination materials and explanation materials related to property are to be stored, and a user such as an inventor stores these files by uploading to the intellectual property information management server 10 via the company terminal 31. Here, since the file such as the study material is considered to correspond to the high rank information 18 that is likely to be frequently referred to for the time being, the file management unit 12 automatically or manually by the user on the internal storage 17. Keep in. It should be noted that when a file related to a case is stored for the first time, an electronic signature or an electronic time stamp may be attached so that it can be used for various certifications such as a prior use right.

その後、当該案件について特許権等の知的財産権の取得を目指すことになり、出願手続の準備が進められると、例えば、特許事務所40の担当者等が出願明細書や図面等の書面を作成し、事務所端末41を介して知的財産情報管理サーバ10にアップロードする等によりこれらのファイルを保管する。ここでも、出願明細書等はチェックや修正等の対象として頻繁に参照される可能性が高い高ランク情報18にあたると考えられるため、内部ストレージ17上に保管する。   After that, we will aim to acquire intellectual property rights such as patent rights for the case, and when preparations for the application procedure are proceeded, for example, the person in charge of the patent office 40 etc. These files are stored by, for example, creating and uploading them to the intellectual property information management server 10 via the office terminal 41. In this case as well, the application specification and the like are stored on the internal storage 17 because they are considered to correspond to the high rank information 18 that is likely to be frequently referred to as an object of check or correction.

その後、出願明細書等が完成し、実際に特許庁への出願手続が取られると、特許庁が受領した内容の記録であるいわゆる出願プルーフを取得することができる。出願プルーフには出願明細書等の内容が全て含まれていることから、以降はこれを内部ストレージ17上に保管して容易かつ迅速にアクセス可能としておく。一方で、出願プルーフと内容が重複する出願明細書等は、不要もしくは頻繁にアクセスする必要がない低ランク情報51となるため、外部ストレージ50に移動・退避させる、もしくは削除する。   Thereafter, when the application specification is completed and the application procedure to the JPO is actually taken, a so-called application proof that is a record of the contents received by the JPO can be obtained. Since the application proof includes all the contents of the application specification and the like, the application proof is stored on the internal storage 17 so that it can be accessed easily and quickly thereafter. On the other hand, the application specification etc. whose contents overlap with those of the application proof become the low rank information 51 which is unnecessary or does not need to be frequently accessed, and is therefore moved / saved to the external storage 50 or deleted.

なお、低ランク情報51にあたるファイルについて、移動・退避、削除等の処理を行う際に、ユーザインタフェース部13によりユーザに対して確認を求める画面を表示し、確認が得られた場合にのみ処理を行うようにしてもよい。また、電子署名や電子タイムスタンプが付与されているファイルについてのみ削除確認を行う(もしくは削除しない)ようにしてもよい。また、移動・退避させる際に、対象のファイルを圧縮するなどの処置を行ってもよい。   When the file corresponding to the low rank information 51 is moved, saved, deleted, or the like, the user interface unit 13 displays a screen requesting confirmation from the user, and the processing is performed only when the confirmation is obtained. You may make it perform. Further, deletion confirmation may be performed (or not deleted) only for a file with an electronic signature or an electronic time stamp. Further, when moving or evacuating, a process such as compressing the target file may be performed.

その後、例えば当該案件が特許出願の場合には、通常は出願公開制度により公開公報が特許庁から発行され、出願内容が公開される。公開公報は、例えば、INPITが提供する特許電子図書館のWebサイトから検索することで、PDF(Portable Document Format)ファイルとして一般に入手することが可能である。すなわち、例えば、特許電子図書館を外部情報源60として、ここで管理されている外部情報61である公開公報について、ファイル管理部12によって庁データ等から生成・取得したリンク情報としてファイルやデータベース等により管理する。これにより、外部情報源60から容易に取得することができるデータを内部ストレージ17等に重複して保管することを回避し、ストレージ資源を有効活用することができる。   After that, for example, when the case is a patent application, a public gazette is normally issued from the Patent Office by the application publication system, and the contents of the application are published. The public gazette can be generally obtained as a PDF (Portable Document Format) file, for example, by searching from a website of a patent digital library provided by IMPIT. That is, for example, with the patent electronic library as the external information source 60, the public information that is the external information 61 managed here is the link information generated and acquired from the agency data etc. by the file management unit 12 using the file, database, etc. to manage. As a result, it is possible to avoid storing data that can be easily acquired from the external information source 60 in the internal storage 17 or the like, and to effectively use the storage resources.

また、出願内容が公開されることにより秘密性がなくなるため、関連するファイルについて要求されるセキュリティレベルは格段に下がることになる。従って、例えば、当該案件に係る知的財産についての関連情報などが含まれる場合があり、かつ、出願明細書等を作成するための参照情報としての位置付けを有する検討資料等は、頻繁にアクセスする必要がなく、かつ高度なセキュリティを必要としないものとして、外部ストレージ50に移動・退避させることができる。   Further, since the confidentiality is lost by publishing the application content, the security level required for the related file is significantly lowered. Therefore, for example, related information about the intellectual property related to the case may be included, and review materials that are positioned as reference information for creating application specifications etc. are frequently accessed. It can be moved and evacuated to the external storage 50 as it is not necessary and does not require high security.

さらに、公開公報と内容が重複する出願プルーフについては、外部ストレージ50上に出願明細書等が保管されていることから、これを保管しておく必要が特にないと考えられる。従って、当該特許出願について発行された公開公報に係るリンク情報を取得してファイルやデータベース等により管理するとともに、出願プルーフについてはもはや不要であるとして内部ストレージ17から削除し、ストレージ資源の有効活用を図る。   Further, regarding the application proof whose content overlaps with that of the public gazette, the application specification and the like are stored on the external storage 50. Therefore, it is considered unnecessary to store the application proof. Therefore, the link information related to the published gazette issued for the patent application is acquired and managed by a file, database, etc., and the application proof is deleted from the internal storage 17 as being no longer necessary, and effective use of storage resources is made possible. Plan.

その後、例えば当該特許出願について出願審査請求がなされ、特許庁での審査の結果として拒絶理由通知が発行された場合には、拒絶理由通知において指摘された引用文献などが保管対象となる。引用文献については、拒絶理由通知に対して応答する場合には頻繁にアクセスする必要があることから、例えば、特許事務所40のユーザ等がこれらのファイルを入手した上で、内部ストレージ17上に保管する。   Thereafter, for example, when an application examination request is made for the patent application, and a notice of reason for refusal is issued as a result of examination at the JPO, the cited documents pointed out in the notice of reason for refusal are stored. The cited document needs to be accessed frequently when responding to the notice of reasons for refusal. For example, the user of the patent office 40 obtains these files and stores them in the internal storage 17. store.

その後、例えば登録査定がされると、拒絶理由通知時の引用文献については頻繁にアクセスする必要がなくなることから、外部ストレージ50に移動・退避させる。その際、引用文献のうち、例えば、Webサイト等からオンラインで取得できないタイプの雑誌等の非特許文献については、PDFファイルを外部ストレージ50上に保管し、Webサイト等からオンラインで取得できるタイプの非特許文献や、特許電子図書館から取得できる公開公報については、そのリンク情報を取得してファイルやデータベース等により管理する。   After that, for example, when a registration assessment is made, it is not necessary to frequently access the cited document at the time of notification of the reason for refusal. At that time, for example, non-patent literature such as a magazine that cannot be obtained online from a website, etc., among the cited documents, a PDF file is stored on the external storage 50 and can be obtained online from the website. For non-patent documents and public gazettes that can be obtained from patent electronic libraries, the link information is obtained and managed by a file, database, or the like.

また、特許権等の登録により登録公報が特許庁から発行され、特許電子図書館のWebサイトから検索により入手可能となることから、公開公報と同様に、登録公報についても、ファイル管理部12によって庁データから生成したリンク情報をファイルやデータベース等により管理する。また、これにより、公開公報の情報については不要になったとして、削除するようにしてもよい。リンク情報を削除しても、外部情報源60である特許電子図書館のWebサイトから容易に入手することが可能であるため、影響はない。   In addition, since a registered gazette is issued by the Patent Office upon registration of a patent right or the like and can be obtained by searching from the website of the Patent Digital Library, the file management unit 12 also applies the registered gazette to the Office of the Gazette. The link information generated from the data is managed by a file or database. Further, as a result, the information of the public gazette is no longer necessary and may be deleted. Even if the link information is deleted, there is no influence because it can be easily obtained from the website of the patent electronic library, which is the external information source 60.

その後、知的財産権の存続期間が満了して権利が消滅した場合には、案件が終了したものとして、当該案件に関する全ての情報を内部ストレージ17および外部ストレージ50上から削除することができる。存続期間満了以外の事由による案件の終了の場合も同様に取り扱ってよい。   Thereafter, when the lifetime of the intellectual property right expires and the right is extinguished, it is possible to delete all information related to the case from the internal storage 17 and the external storage 50, assuming that the case has ended. The case where the project is terminated due to reasons other than the expiration of the lifetime may be handled in the same manner.

なお、上記の取り扱い手法における各種のファイルはあくまで一例であり、特許庁から送付・送達される書類や、企業30と特許事務所40との間で授受される書面など、管理対象とするファイルは、案件に関連するものであれば特に限定はない。   The various files in the above handling method are merely examples, and the files to be managed, such as documents sent / delivered from the JPO, documents sent / received between the company 30 and the patent office 40, etc. There is no particular limitation as long as it is related to the project.

また、ファイルの保管場所や移動・退避、削除などの処理のパターンはこれに限らず、例えば、拒絶査定となるか登録査定となるかなど、案件の進み方などに応じて変わり得る。また、同じような案件の進み方であっても、案件毎にパターンを変化させることも可能である。例えば、登録査定等のイベントが生じた際に、ある案件では引用文献を内部ストレージ17から外部ストレージ50に移動させるが、別の案件では削除する、という設定も可能である。このような案件毎のパターンの設定は、ユーザインタフェース部13を介して設定DB16に予め設定しておく。イベントに対する処理が設定されていない場合のデフォルトの処理内容が予め規定されていてもよい。   In addition, the file storage location and the pattern of processing such as movement, saving, and deletion are not limited to this, and may vary depending on the progress of the case, for example, whether it is a rejection assessment or a registration assessment. Moreover, even if the way of proceeding is the same, it is possible to change the pattern for each matter. For example, when an event such as a registration assessment occurs, the cited document may be moved from the internal storage 17 to the external storage 50 in a certain case, but may be deleted in another case. Such a pattern setting for each case is set in advance in the setting DB 16 via the user interface unit 13. Default processing contents when processing for an event is not set may be defined in advance.

また、上記のようなファイルの保管場所等の動的な変更を行うトリガーとなるイベントについては、知的財産権の取得手続に係るイベントに対応したものに限らず、例えば、他社の出願や権利の存続状況などのいわゆる生死監視についてのイベントに対応させるようにしてもよい。これらのイベントも庁データから得ることができる。また、案件に係るイベントをトリガーとした処理に限らず、例えば、日次等の定期的な処理において、ファイルの移動・退避、削除の要否の判断や、バックアップなどのメンテナンス処理を行うようにしてもよい。特に、重要なファイルについては定期的にバックアップを取得するようにしてもよい。   In addition, the event that triggers the dynamic change of the file storage location as described above is not limited to the event related to the procedure related to the acquisition of intellectual property rights. You may make it respond | correspond to the event about what is called life-and-death monitoring, such as the survival condition of. These events can also be obtained from agency data. In addition to the process triggered by the event related to the matter, for example, in the periodic process such as daily, it is necessary to determine whether or not to move or save the file, or to perform the maintenance process such as backup. May be. In particular, backups of important files may be periodically acquired.

<データ構成>
図3は、案件DB14のデータ構成の例について概要を示した図であり、例えば、図3(a)に示す案件マスタDB14a、および図3(b)に示す案件ステータスDB14bの各テーブルからなる。
<Data structure>
FIG. 3 is a diagram showing an outline of an example of the data configuration of the case DB 14, and includes, for example, tables of a case master DB 14a shown in FIG. 3A and a case status DB 14b shown in FIG.

図3(a)の案件マスタDB14aは、知的財産情報管理システム1による管理対象となる案件のマスタ情報を保持するテーブルであり、例えば、案件ID、案件管理者、出願番号、案件開始日、および案件終了日などの各項目を有する。案件IDの項目は、対象の案件を一意に識別するためのID情報を保持する。案件管理者の項目は、対象の案件の管理者となる企業30の担当者を特定するID情報等を保持する。   The case master DB 14a in FIG. 3 (a) is a table that holds master information of cases to be managed by the intellectual property information management system 1. For example, the case ID, the case manager, the application number, the case start date, And each item such as the project end date. The item of item ID holds ID information for uniquely identifying the target item. The item of item manager holds ID information or the like that identifies the person in charge of the company 30 that is the manager of the target item.

出願番号の項目は、対象の案件に係る知的財産権について出願手続がされた場合に、その出願番号の情報を保持する。公開公報が発行された場合の公報の番号や、特許権の設定登録等がされた場合の登録番号などの情報を合わせて保持するようにしてもよい。案件開始日および案件終了日の各項目は、それぞれ、対象の案件の開始日および終了日の情報を保持する。当該開始日と終了日により規定される期間外の場合は、対象の案件は管理の対象外となる。   The application number item retains information on the application number when the application procedure is performed for the intellectual property right related to the subject matter. Information such as a publication number when a public gazette is issued and a registration number when a patent right is set and registered may be held together. Each item of the item start date and the item end date holds information on the start date and the end date of the target item, respectively. If it is outside the period specified by the start date and end date, the subject matter is not managed.

図3(b)の案件ステータスDB14bは、各案件のステータスに係る情報を管理するテーブルであり、例えば、案件ID、および案件ステータスなどの各項目を有する。案件IDの項目は、対象の案件を一意に特定するためのID情報を保持する。当該ID情報は上記の図3(a)の案件マスタDB14aに定義されている。案件ステータスの項目は、対象の案件のステータスを区分するコード値等の情報を保持する。例えば、案件の進捗に応じた状態遷移における各ステータスを識別できるコード値を設定することができる。案件のステータスは、例えば、庁データの内容に基づいて判断することができる。案件のステータスをより詳細に把握可能とするために、特許事務所40の代理人に依頼したというイベントや、公開公報が発行された等の所定のイベントが発生したことをフラグとして別途保持するようにしてもよい。   The item status DB 14b in FIG. 3B is a table for managing information related to the status of each item, and includes items such as an item ID and an item status. The item of item ID holds ID information for uniquely specifying the target item. The ID information is defined in the case master DB 14a shown in FIG. The item status item holds information such as a code value that classifies the status of the target item. For example, a code value that can identify each status in the state transition according to the progress of the case can be set. The status of the case can be determined based on the contents of agency data, for example. In order to be able to grasp the status of the case in more detail, it is separately held as a flag that a predetermined event such as an event requested by an agent of the patent office 40 or a publication of a public gazette has occurred. It may be.

図4は、設定DB16のデータ構成の例について概要を示した図である。設定DB16は、知的財産に係る案件毎に、イベントや案件のステータス等に応じて、案件に関連する各種情報を含むファイルについての保管場所や、冗長構成、セキュリティなどの管理レベルに対する変更等の処理内容についての設定情報を保持するテーブルであり、例えば、案件ID、イベント、対象情報、および処理内容などの各項目を有する。設定DB16の内容は、例えば、ユーザが企業端末31を利用して、ユーザインタフェース部13を介して設定することができる。   FIG. 4 is a diagram showing an outline of an example of the data configuration of the setting DB 16. The setting DB 16 changes the storage location for files including various information related to the case, the change in the management level such as redundant configuration, security, etc., depending on the event or the status of the case, for each case relating to the intellectual property. It is a table that holds setting information about processing contents, and has items such as a case ID, an event, target information, and processing contents, for example. The contents of the setting DB 16 can be set via the user interface unit 13 by the user using the company terminal 31, for example.

設定DB16の案件IDの項目は、対象の案件を一意に特定するためのID情報を保持する。当該ID情報は上記の図3(a)の案件マスタDB14aに定義されている。イベントの項目は、対象の案件においてファイルに対する処理を行うトリガーとなるイベントを識別する情報を保持する。例えば、「出願公開」などのイベントの名称や、イベント毎に割り振られたシーケンス番号、コード値など、予め定められた手法によりイベントを識別する。当該イベントが発生したか否かは、例えば、定期的にJapio等から取得する庁データを取り込んで処理する際に、庁データの内容に基づいて判別したり、ファイル管理部12を介して所定のファイル(例えば、特許庁から送付・送達された文書など)がアップロード等されたことに基づいて判別したりすることができる。自社の案件に係るイベントに加えて、他社の出願の生死監視に係るイベントも含むことができる。   The item ID item in the setting DB 16 holds ID information for uniquely identifying the target item. The ID information is defined in the case master DB 14a shown in FIG. The event item holds information for identifying an event serving as a trigger for performing processing on a file in the target case. For example, the event is identified by a predetermined method such as the name of an event such as “Application Publication”, a sequence number assigned to each event, or a code value. Whether or not the event has occurred is determined based on the contents of the agency data when, for example, the agency data acquired from Japan or the like is periodically fetched and processed, It is possible to make a determination based on uploading of a file (for example, a document sent / delivered from the Patent Office). In addition to events related to the company's projects, events related to life and death monitoring of other companies' applications can also be included.

対象情報および処理内容の各項目は、それぞれ、対象の案件において対象のイベントが発生した場合に処理の対象とするファイルを識別する情報、および当該ファイルに対する処理内容を特定する情報を保持する。対象情報の項目により特定されるファイルは、1つ以上のファイルを対象としてもよいし、これらを含むフォルダを対象としてもよい。また、ファイルやフォルダの特定の方法についても特に限定されず、名称を直接指定してもよいし、ワイルドカード等の特殊文字や正規表現等を用いた名称にマッチするものというような条件により特定してもよい。   Each item of target information and processing content holds information for identifying a file to be processed when a target event occurs in the target case, and information for specifying the processing content for the file. The file specified by the item of target information may target one or more files, or a folder including these files. Also, the method for specifying the file or folder is not particularly limited, and the name may be directly specified, or specified by a condition that matches a name using a special character such as a wild card or a regular expression. May be.

処理内容の項目により特定される処理は、例えば、図2の例に示したように、ファイルを内部ストレージ17から外部ストレージ50に移動させたり、ファイルを削除したり、コピーやバックアップを取得したり、暗号化等のセキュリティを施したり、リンク情報を生成したり、等の処理が含まれる。これらの処理を実現するためのコマンド等を直接指定してもよいし、一連の処理として実行するバッチファイルやスクリプトファイル、プログラムモジュールなどを指定するものであってもよい。   For example, as shown in the example of FIG. 2, the process specified by the process content item is a file moved from the internal storage 17 to the external storage 50, a file is deleted, a copy or a backup is acquired, , Security processing such as encryption, generation of link information, and the like are included. A command or the like for realizing these processes may be directly specified, or a batch file, script file, program module, or the like to be executed as a series of processes may be specified.

設定DB16での設定内容により、例えば、案件に関連するファイルについて、重複する情報を有する他のファイルが得られたり、外部情報源60から参照可能となった場合に、元のファイルについてセキュリティレベルを下げたり、冗長構成を解除したり、削除したり等の制御を行うことができる。また、公開公報の発行等により秘匿性のレベルが変わった場合にも、関連するファイルについてセキュリティレベルを下げる等の制御を行うことができる。   Depending on the setting contents in the setting DB 16, for example, when another file having overlapping information is obtained for the file related to the case or the external information source 60 can refer to the file, the security level is set for the original file. Controls such as lowering, releasing the redundant configuration, and deleting can be performed. Further, even when the level of confidentiality changes due to the publication of a public gazette or the like, it is possible to perform control such as lowering the security level of related files.

なお、上述の図3、図4で示した各テーブルのデータ構成(項目)はあくまで一例であり、同様のデータを保持・管理することが可能な構成であれば、他のテーブル構成やデータ構成であってもよい。また、ユーザDB15などの他のテーブルについては、一般的な情報を有していればよく、データ項目の内容については特に限定されないことから、内容の説明については省略する。   Note that the data configuration (items) of each table shown in FIGS. 3 and 4 is merely an example, and other table configurations and data configurations are possible as long as similar data can be held and managed. It may be. Further, other tables such as the user DB 15 only need to have general information, and the contents of the data items are not particularly limited.

以上に説明したように、本発明の一実施の形態である知的財産情報管理システム1によれば、企業30において創出された知的財産についての案件に関連して、知的財産情報管理システム1により保持・管理される知的財産に係る情報を含むファイルについて、公開/秘密の別や、参照頻度の多少等といった知的財産情報の特性や、対象案件における知的財産権の取得手続に係る、出願、公報発行、登録、存続期間満了等の各種イベントやステータスに応じて、当該知的財産情報を含むファイルの保管場所や、冗長構成、セキュリティなどの管理レベルを動的に変更することにより、人的コストをかけずにストレージ資源を有効利用することが可能である。   As described above, according to the intellectual property information management system 1 according to the embodiment of the present invention, the intellectual property information management system is related to the case of the intellectual property created in the company 30. For files containing information related to intellectual property held and managed by 1, the characteristics of intellectual property information, such as whether it is public or confidential, the frequency of reference, and the procedure for acquiring intellectual property rights in the subject project Depending on various events and status such as application, publication, registration, expiration, etc., the storage location of the file containing the intellectual property information, the management level of redundancy configuration, security, etc. are dynamically changed Thus, it is possible to effectively use storage resources without incurring human costs.

以上、本発明者によってなされた発明を実施の形態に基づき具体的に説明したが、本発明は上記の実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更可能であることはいうまでもない。例えば、上記の実施の形態は本発明を分かりやすく説明するために詳細に説明したものであり、必ずしも説明した全ての構成を備えるものに限定されるものではない。また、上記の実施の形態の構成の一部について、他の構成の追加・削除・置換をすることが可能である。   As mentioned above, the invention made by the present inventor has been specifically described based on the embodiments. However, the present invention is not limited to the above-described embodiments, and various modifications can be made without departing from the scope of the invention. Needless to say. For example, the above-described embodiment has been described in detail for easy understanding of the present invention, and is not necessarily limited to the one having all the configurations described. In addition, it is possible to add, delete, and replace other configurations for a part of the configuration of the above-described embodiment.

本発明は、発明等の案件に関連するファイルやデータを適切に管理する知的財産情報管理システムに利用可能である。   The present invention is applicable to an intellectual property information management system that appropriately manages files and data related to matters such as inventions.

1…知的財産情報管理システム、
10…知的財産情報管理サーバ、11…管理機能群、12…ファイル管理部、13…ユーザインタフェース部、14…案件データベース(DB)、15…ユーザDB、16…設定DB、17…内部ストレージ、18…高ランク情報、
20…ネットワーク、
30…企業、31…企業端末、
40…特許事務所、41…事務所端末、
50…外部ストレージ、51…低ランク情報、
60…外部情報源、61…外部情報
1 ... Intellectual property information management system,
DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 ... Intellectual property information management server, 11 ... Management function group, 12 ... File management part, 13 ... User interface part, 14 ... Case database (DB), 15 ... User DB, 16 ... Setting DB, 17 ... Internal storage, 18 ... High rank information,
20 ... Network,
30 ... company, 31 ... company terminal,
40 ... Patent office, 41 ... Office terminal,
50 ... External storage, 51 ... Low rank information,
60 ... External information source, 61 ... External information

Claims (3)

知的財産に係る1つ以上の案件の情報を保持する案件情報保持部と、
前記各案件に関連する情報を含むファイルを保管することが可能な複数種類のストレージと、
前記各案件について発生したイベントに応じて、対象の前記案件に関連する前記ファイルのうち所定のものについて、前記複数種類のストレージ間での移動またはコピー、もしくは前記ストレージからの削除を含む処理を行うファイル管理部と、
を有し、
前記複数種類のストレージは、高レベルのストレージと低レベルのストレージとを少なくとも含み、
前記ファイル管理部は、前記高レベルのストレージに保管されている第1のファイルについて、前記第1のファイルに係る前記案件についての前記知的財産の情報が公開された場合に、前記第1のファイルを前記低レベルのストレージに移動させる、もしくは前記高レベルのストレージから削除する、知的財産情報管理システム。
A case information holding unit for holding information on one or more cases relating to intellectual property;
A plurality of types of storage capable of storing files containing information related to each case;
In accordance with an event that has occurred for each case, a process including moving or copying between the plurality of types of storage or deletion from the storage is performed on a predetermined file related to the target case. A file manager,
Have
The plurality of types of storage include at least high-level storage and low-level storage,
When the intellectual property information about the case relating to the first file is disclosed for the first file stored in the high-level storage, the file management unit An intellectual property information management system for moving a file to the low-level storage or deleting the file from the high-level storage.
知的財産に係る1つ以上の案件の情報を保持する案件情報保持部と、
前記各案件に関連する情報を含むファイルを保管することが可能なストレージと、
前記ストレージに保管されている前記案件に関連する第1のファイルについて、内容が重複する第2のファイルを外部情報源からネットワークを介して取得可能である場合に、前記外部情報源上に所在する前記第2のファイルに対するリンク情報を取得するとともに、前記第1のファイルを削除するファイル管理部と、
を有する、知的財産情報管理システム。
A case information holding unit for holding information on one or more cases relating to intellectual property;
A storage capable of storing a file containing information related to each case;
The first file related to the matter stored in the storage is located on the external information source when a second file having duplicate contents can be obtained from the external information source via the network. Obtaining link information for the second file, and deleting the first file;
Intellectual property information management system.
請求項1または2に記載の知的財産情報管理システムにおいて、
前記ファイル管理部は、前記案件毎に、前記案件について発生したイベントと、前記ストレージに保管されている前記案件に関連する前記ファイルに対する処理内容との関連付けの情報を保持する設定情報保持部を有する、知的財産情報管理システム。
In the intellectual property information management system according to claim 1 or 2 ,
The file management unit includes a setting information holding unit that holds, for each case, information regarding an association between an event that has occurred with respect to the case and a processing content for the file that is stored in the storage. , Intellectual property information management system.
JP2013268241A 2013-12-26 2013-12-26 Intellectual property information management system Active JP5613820B1 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013268241A JP5613820B1 (en) 2013-12-26 2013-12-26 Intellectual property information management system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013268241A JP5613820B1 (en) 2013-12-26 2013-12-26 Intellectual property information management system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP5613820B1 true JP5613820B1 (en) 2014-10-29
JP2015125522A JP2015125522A (en) 2015-07-06

Family

ID=52574678

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013268241A Active JP5613820B1 (en) 2013-12-26 2013-12-26 Intellectual property information management system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5613820B1 (en)

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1185578A (en) * 1997-09-05 1999-03-30 Fujitsu Ltd File managing device and recording medium describing program for executing operation thereof
JPH11195060A (en) * 1997-12-26 1999-07-21 Aruto Reserch Kk Procedure management system
JP2003196475A (en) * 2001-12-26 2003-07-11 Hitachi Ltd Patent management system
JP2007108845A (en) * 2005-10-11 2007-04-26 Toshiba Corp Intellectual property management system, trigger processing method and program
JP2007265040A (en) * 2006-03-28 2007-10-11 Nomura Research Institute Ltd Intellectual property business support device

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1185578A (en) * 1997-09-05 1999-03-30 Fujitsu Ltd File managing device and recording medium describing program for executing operation thereof
JPH11195060A (en) * 1997-12-26 1999-07-21 Aruto Reserch Kk Procedure management system
JP2003196475A (en) * 2001-12-26 2003-07-11 Hitachi Ltd Patent management system
JP2007108845A (en) * 2005-10-11 2007-04-26 Toshiba Corp Intellectual property management system, trigger processing method and program
JP2007265040A (en) * 2006-03-28 2007-10-11 Nomura Research Institute Ltd Intellectual property business support device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015125522A (en) 2015-07-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10691719B2 (en) Cursor with last observed access state
JP6419319B2 (en) Synchronize shared folders and files
US9396209B2 (en) Selecting storage cloud for storage of entity files from plurality of storage clouds
US9251183B2 (en) Managing tenant-specific data sets in a multi-tenant environment
US8554772B2 (en) Deferring classification of a declared record
US20180276222A1 (en) High performance compliance mechanism for structured and unstructured objects in an enterprise
JP5613820B1 (en) Intellectual property information management system
CN104285221A (en) Efficient in-place preservation of content across content sources
US9467452B2 (en) Transferring services in a networked environment
US8688733B2 (en) Remote inventory manager
KR101428749B1 (en) EDMS using Cloud Service
JP5887236B2 (en) Business document processing apparatus, business document processing method, and business document processing program
US8495368B1 (en) Method to create a content management recommendation based on presence of confidential information in content
JP6398368B2 (en) Information processing apparatus, information processing system, and program
JP2015102971A (en) Document management system, information processing device in document management system, document management method and program
JP2014225299A (en) Service providing device, service management method, and program

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20140527

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140902

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5613820

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250