JP5611740B2 - 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材 - Google Patents

既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材 Download PDF

Info

Publication number
JP5611740B2
JP5611740B2 JP2010207857A JP2010207857A JP5611740B2 JP 5611740 B2 JP5611740 B2 JP 5611740B2 JP 2010207857 A JP2010207857 A JP 2010207857A JP 2010207857 A JP2010207857 A JP 2010207857A JP 5611740 B2 JP5611740 B2 JP 5611740B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
brace
steel
brace material
stiffener
angle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010207857A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012062692A (ja
Inventor
健一 田原
健一 田原
佐々木 聡
聡 佐々木
次夫 鳥居
次夫 鳥居
佐々木 康人
康人 佐々木
増田 圭司
圭司 増田
大輔 桂
大輔 桂
鈴木 泉
泉 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP2010207857A priority Critical patent/JP5611740B2/ja
Publication of JP2012062692A publication Critical patent/JP2012062692A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5611740B2 publication Critical patent/JP5611740B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材に関し、より詳しくは、鋼材製ブレース材を備えた骨組を有する既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材に関する。
ブレース材を備えた骨組を有する既存建物を、建物の耐震強度を向上させることなどを目的として補強する方法としては、その骨組の柱梁を補強する方法、その骨組に新たなブレース材を追加する方法、それに、その骨組に備えられている既存のブレース材をより耐力の大きなブレース材に交換する方法などがある。
一方、建物の骨組のブレース材に補剛材を組合せて構成した制振装置が、従来より種々提案されている(例えば特許文献1、2、3などを参照されたい)。
特開2008−7995 特願2009−84795 特開3009−121050
本発明の目的は鋼材製ブレース材を備えた骨組を有する既存建物の補強方法において、低廉な施工コストで、短い工期で、効果的に既存建物を補強することのできる既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材を提供することにある。
上記の目的を達成するため、本発明に係る既存建物の補強方法によれば、既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材を取付けるようにする、既存建物の補強方法において、前記鋼材製ブレース材は並設した2本の山形鋼から成るダブルアングル構成のブレース材であり、前記補剛材は山形鋼とT型鋼とから成り、前記山形鋼と前記T型鋼とを、前記ブレース材に添わせて前記ブレース材を間に挟むようにして配設し、固定手段により前記ブレース材に固定することを特徴とする。
また本発明に係る既存建物の補強方法によれば、既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材を取付けるようにする、既存建物の補強方法において、前記鋼材製ブレース材は1本の山形鋼から成るシングルアングル構成のブレース材であり、前記補剛材は2本の山形鋼から成り、前記2本の山形鋼を、前記ブレース材に添わせて前記ブレース材を間に挟むようにして配設し、固定手段により前記ブレース材に固定することを特徴とする。
また本発明に係る補剛材は、並設した2本の山形鋼から成るダブルアングル構成の鋼材製ブレース材に取付けられ、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材であって、当該ブレース材を挟圧する山形鋼とT型鋼とから成る補強鋼材と、当該ブレース材に添わせて当該ブレース材を間に挟むようにして配設した前記山形鋼と前記T型鋼とを当該ブレース材に固定する固定手段とから成ることを特徴とする。
また本発明に係る補剛材は、1本の山形鋼から成るシングルアングル構成の鋼材製ブレース材に取付けられ、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材であって、当該ブレース材を挟圧する2本の山形鋼から成る補強鋼材と、当該ブレース材に添わせて当該ブレース材を間に挟むようにして配設した前記2本の山形鋼を当該ブレース材に固定する固定手段とから成ることを特徴とする。
本発明によれば、既存の鋼材製ブレース材が引張ブレース材であった場合でも、そのブレース材の圧縮時の座屈を拘束することにより、そのブレース材が圧縮ブレース材として機能するものとなるため、既存建物の耐震性能が向上する。即ち、補強前には圧縮力が作用するとブレース材が座屈することから、地震時の建物の振動挙動が不安定であったものが、補強後にはブレース材が圧縮時に座屈しなくなるため振動挙動が安定する。更に、既存のブレース材が座屈しないブレース材となることで、耐震規定上のDs値(必要保有水平耐力の算定に関する係数)が低減し、耐震補強の設計上で有利になる。
また、本発明によれば、地震時の荷重をよく負担するブレース材を補強することから、既存建物を効率よく補強することができる。更に、この補強方法によれば、柱梁の補強、ブレース材の増設、ブレース材の交換などを行わず、既存のブレース材を補強するものであることから、補強工事のために搬入する荷物の大きさや重量が低減され、もって、工事の作業の手間が軽減され、低廉な施工コストで、短い工期で既存建物の補強を完了することができる。また特に、既存のブレース材を取り去って新しいブレース材に交換する場合と比べて、廃棄物が低減され、廃棄物処理に伴うコストが削減される。
A〜Dは本発明に係る既存建物の補強方法が適用される既存建物の骨組の一例とその骨組の荷重と変位のグラフとを示した図である。 A〜Dは本発明に係る既存建物の補強方法に用いられる補剛材の第1の具体例を示した断面図及び斜視図である。 本発明に係る既存建物の補強方法に用いられる補剛材の第2の具体例を示した断面図である。 本発明に係る既存建物の補強方法に用いられる補剛材の第3の具体例を示した断面図である。 本発明に係る既存建物の補強方法に用いられる補剛材の第4の具体例を示した断面図である。 本発明に係る既存建物の補強方法に用いられる補剛材の第5の具体例を示した断面図である。
本発明に係る既存建物の補強方法が適用される既存建物は、鋼材製ブレース材を備えた骨組を有する既存建物であり、図1(A)〜(D)に、そのような既存建物の骨組の一例を示した。鋼材製ブレース材としては様々な種類のものが用いられるが、以下の説明ではその具体例として、鋼材製ブレース材が、ただ1本の山形鋼から成るもの(シングルアングル構成のもの)である場合と、並設した2本の山形鋼から成るもの(ダブルアングル構成のもの)である場合とについて説明する。
本発明に係る既存建物の補強方法においては、既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材を取付け、それによって当該ブレース材を座屈拘束ブレース材に改修する。この補強方法によれば特に、既存の鋼材製ブレース材が引張ブレース材である場合に特に顕著な効果が得られる。
図1(A)は補強前の既存建物の骨組10の一例を示した図である。図示例の骨組10は鉄骨骨組であり、柱12と梁14とを備え、更に、ガセットプレートを介して柱12と梁14との間に架設された鋼材製ブレース材16を備えている。図示例のブレース材16は、図2(A)に断面図で示したように、ガセットプレートの両側に1本ずつ配設して並設した2本の山形鋼から成るものであり、いわゆるダブルアングル構成のブレース材である。また、図1(A)に示したブレース材16は引張ブレース材であり、圧縮力を受けたときには座屈するため圧縮力を負担することはできない。図1(B)に示したのは、この補強前の既存建物の骨組10の水平方向に作用する荷重と変位のグラフであり、骨組10が塑性変形することから、グラフはヒステリシス特性を示している。
図1(C)は本発明に係る既存建物の補強方法を用いて、図1(A)の骨組に補強を施した補強後の既存建物の骨組10を示した図である。図1(C)では、既存の鋼材製ブレース材16が補強されて座屈が拘束されており、それによってブレース材16が、圧縮力を負担することのできる圧縮ブレース材となっている。図1(D)に示したのは、この補強後の既存建物の骨組10の水平方向に作用する荷重と変位のグラフであり、補強によりブレース材16が圧縮ブレース材として機能するようになったために、ヒステリシス特性を示す曲線の形状が変化している。
本発明に係る既存建物の補強方法では、既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に補剛材を取付けて、当該ブレース材を座屈拘束ブレース材に改修する。既存の鋼材製ブレース材に補剛材を取付けるに際しては、当該ブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材に補剛材を取付けるようにすることもでき、また、当該ブレース材を既存建物の骨組から一旦取外し、補剛材を取付けた上で当該ブレース材を再び骨組の元の位置に組付けるようにすることもできるが、一般的には、当該ブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材に補剛材を取付けるようにすることで、作業量などの点でより好適な結果が得られることが多く、従って補剛材の形態は、そのような取付手順を採用し得る形態であることが望ましい。
以下に、本発明に係る補強方法を実施する際に、既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に取付けられる補剛材の、具体的な形態について説明する。図2(A)〜(D)に示した具体例では、既存の鋼材製ブレース材16はダブルアングル構成であり、補剛材は、このブレース材16の周囲に被せることのできる形状に製作した分割形のプレキャストコンクリート部材20a、20bから成る。既存のブレース材16が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材16に補剛材を取付ける場合には、図2(B)に示したように、当該ブレース材16にブレキャストコンクリート部材20a、20bを被せ、そして、その被せたプレキャストコンクリート部材20a、20bの周囲を適宜の拘束材で拘束することにより、それらプレキャストコンクリート部材20a、20bを当該ブレース材16に固定するようにしている。
その拘束材としては、例えば図2(C)に示したように、グラスファイバーシートやカーボンファイバーシートなどの高強度繊維シート材22を用いることができ、ブレース材16の周囲に被せたプレキャストコンクリート部材20a、20bの表面にそのような繊維シート材22を巻付けて接着するとよい。また、別の拘束材として、例えば図2(D)に示したように、プレキャストコンクリート部材20a、20bの周囲に複数のバンド状のクランプ金物24を巻付けてボルト接合により固定するようにしてもよい。また更に、プレキャストコンクリート部材20a、20bの周囲に鋼板を巻付けて筒状にし、その筒状にした鋼板をボルト接合または溶接接合により固定するようにしてもよい。図2(A)〜(D)に示した具体例は、既存のブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材に補剛材を取付ける場合に特に適したものであるが、ただし当該ブレース材を既存建物の骨組から一旦取外して補剛材を取付ける場合にも、適用可能なものである。また当該ブレース材を一旦取外す場合にも、以上に説明したのと同じ取付手順で補剛材を当該ブレース材に取付けることができるが、その他に別法として、2つのプレキャストコンクリート部材20a、20bを組合せてそれらを適宜の拘束材で一体化したものを先に用意し、その一体化した補剛材に、既存建物の骨組から取外したブレース材を挿入した上で、再びそのブレース材を骨組に組付けるようにしてもよい。
図3に示した具体例は、図2(A)〜(D)に示した具体例の変更例である。図3の具体例では、既存の鋼材製ブレース材16’はシングルアングル構成である。補剛材は、この既存の鋼材製ブレース材16’の周囲に被せることのできる形状に製作した分割形のプレキャストコンクリート部材26a、26bから成る。ブレース材16’がダブルアングル構成ではなくシングルアングル構成であるため、補剛材であるプレキャストコンクリート部材の断面形状が図2(A)のものとは異なっているが、その他の点では図2(A)〜(D)の具体例と同様であり、ブレース材16’の周囲に被せたプレキャストコンクリート部材26a、26bの周囲を適宜の拘束材で拘束することにより、それらプレキャストコンクリート部材26a、26bをブレース材16’に固定するようにしている。またこの具体例において、既存のブレース材を既存建物の骨組から一旦取外して補剛材を取付けるようにする場合にも、図2(A)〜(D)の具体例に関して説明した取付手順と同様の取付手順を採用することができる。
図4に示した具体例では、既存の鋼材製ブレース材16はダブルアングル構成である。補剛材は、このブレース材16を挟圧する複数の補強鋼材から成り、より詳しくは山形鋼28aとT型鋼28bとから成る。それら補強鋼材28a、28bを、ブレース材16に添わせてブレース材16を間に挟むようにして配設し、そして、そのように配設したそれら補強鋼材28a、28bを、ボルト接合または溶接接合などの固定手段によりブレース材16に固定するようにしている。ブレース材16とT型鋼28bとの間には、両者を安定して組付けるための介装材30を装着するとよい。この図4の具体例の補剛材もまた、既存のブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材に補剛材を取付ける場合に特に適したものである。
図5に示した具体例では、既存の鋼材製ブレース材16’はシングルアングル構成である。補剛材は、このブレース材16’を挟圧する複数の補強鋼材から成り、より詳しくは断面寸法が互いに異なる大小2本の山形鋼32a、32bから成る。それら補強鋼材32a、32bを、ブレース材16’に添わせてブレース材16’を間に挟むようにして配設し、そして、そのように配設したそれら補強鋼材32a、32bを、この具体例ではボルト接合によりブレース材16’に固定している。また、ブレース材16’とそれら補強鋼材32a、32bとの間には、両者を安定して組付けるための介装材34を装着するとよい。この図5の具体例の補剛材もまた、既存のブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材に補剛材を取付ける場合に特に適したものである。
図6に示した具体例では、既存の鋼材製ブレース材16はダブルアングル構成である。補剛材は、このブレース材16の周囲を囲繞するようにして取付けられた鉄筋コンクリート部材36から成る。ブレース材16が既存建物の骨組に組付けられている状態で、そのブレース材16にこのような鉄筋コンクリート部材36から成る補剛材を取付ける場合には、そのブレース材16の周囲に鉄筋を配筋して型枠を組み、その型枠内にコンクリートを打込んで、現場打ちの鉄筋コンクリート部材36を打設するとよい。一方、ブレース材16を既存建物の骨組から一旦取外してこのような鉄筋コンクリート部材36から成る補剛材を取付けるようにする場合には、取外したブレース材16の周囲に鉄筋を配筋して型枠を組み、その型枠内にコンクリートを打込んで、現場打ちのコンクリート部材36を打設するようにしてもよく、或いは、このような鉄筋コンクリート部材36を、取外したブレース材16を端部から挿入可能なように予め製作しておき、その鉄筋コンクリート部材36に、既存建物の骨組から取外したブレース材16を挿入した上で、再びそのブレース材16を骨組に組付けるようにしてもよい。
図6に示した具体例の変更例として、補剛材を、既存の鋼材製ブレース材の周囲を囲繞する鋼管と、その鋼管内に充填されたモルタル、コンクリートなどの充填材とから成るものとすることも可能である。その既存の鋼材製ブレース材が既存建物の骨組に組付けられている状態で当該ブレース材にこのような補剛材を取付ける場合には、例えば半割にした鋼管を当該ブレース材に被せて溶接接合またはボルト接合で接合して一体化し、そして、その一体化した鋼管内に充填材を流し込むようにすればよい。一方、その既存の鋼材製ブレース材を既存建物の骨組から一旦取外してこのような補剛材を取付けるようにする場合には、既存建物の骨組から取外した当該ブレース材を、そのような鋼管の端部から挿入した上で、その鋼管内に充填材を流し込み、こうして補剛材を取付けた当該ブレース材を再び骨組に組付けるようにしてもよい。
尚、補強を施そうとする既存建物の骨組が、図1(A)及び(B)に示したような鉄骨骨組であって、既存の鋼材製ブレース材の端部がガセットプレートを介してその鉄骨骨組に結合されている場合には、そのブレース材に以上に説明したようにして補剛材を取付けて、当該ブレース材を座屈拘束ブレース材に改修したならば、通常、ガセットプレートには改修前よりも大きな荷重が作用するようになる。そのため、もしその改修によって、ブレース材の端部とガセットプレートとの接合部の耐力が不足することになると予測される場合には、ブレース材の端部とガセットプレートとを溶接接合するなどの適宜の補強を施すようにするのがよい。また、その改修によって、ガセットプレートに圧縮力が作用した時のガセットプレートの座屈耐力が不十分になると予測される場合には、ガセットプレートにリブプレートを溶接接合するなどの適宜の補強を施すようにするのがよい。
以上の説明では、既存建物の骨組が鉄骨骨組である場合に即して説明したが、本発明に係る既存建物の補強方法は、その他の種類の骨組を有する既存建物の補強にも適用可能である。例えば、柱や梁が鉄筋コンクリートやコンクリート充填鋼管などで構成されている骨組や、それらと鉄骨とが併用されている混合構造の骨組であっても、その既存建物の骨組に鋼材製ブレース材が備えられている場合には、本発明に係る既存建物の補強方法を好適に適用することが可能である。
10 骨組
16 鋼材製ブレース材(ダブルアングル構成)
16’ 鋼材製ブレース材(シングルアングル構成)
20a、20b 補剛材(プレキャストコンクリート部材)
22 拘束材(繊維シート材)
24 拘束材(クランプ金物)
26a、26b 補剛材(プレキャストコンクリート部材)
28a、28b 補剛材(補強鋼材)
32a、32b 補剛材(補強鋼材)
36 補剛材(鉄筋コンクリート部材)

Claims (5)

  1. 存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材を取付けるようにする、既存建物の補強方法において、
    前記鋼材製ブレース材は並設した2本の山形鋼から成るダブルアングル構成のブレース材であり、
    前記補剛材は山形鋼とT型鋼とから成り、
    前記山形鋼と前記T型鋼とを、前記ブレース材に添わせて前記ブレース材を間に挟むようにして配設し、固定手段により前記ブレース材に固定する、
    ことを特徴とする既存建物の補強方法。
  2. 既存建物の骨組の既存の鋼材製ブレース材に、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材を取付けるようにする、既存建物の補強方法において、
    前記鋼材製ブレース材は1本の山形鋼から成るシングルアングル構成のブレース材であり、
    前記補剛材は2本の山形鋼から成り、
    前記2本の山形鋼を、前記ブレース材に添わせて前記ブレース材を間に挟むようにして配設し、固定手段により前記ブレース材に固定する、
    ことを特徴とする既存建物の補強方法。
  3. 前記固定手段は、ボルト接合または溶接接合であることを特徴とする請求項1又は2記載の既存建物の補強方法。
  4. 並設した2本の山形鋼から成るダブルアングル構成の鋼材製ブレース材に取付けられ、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材であって、
    当該ブレース材を挟圧する山形鋼とT型鋼とから成る補強鋼材と、当該ブレース材に添わせて当該ブレース材を間に挟むようにして配設した前記山形鋼と前記T型鋼とを当該ブレース材に固定する固定手段とから成ることを特徴とする補剛材。
  5. 1本の山形鋼から成るシングルアングル構成の鋼材製ブレース材に取付けられ、当該ブレース材の周囲を囲繞して当該ブレース材の長手方向に延在し当該ブレース材の圧縮時の座屈を拘束する補剛材であって、
    当該ブレース材を挟圧する2本の山形鋼から成る補強鋼材と、当該ブレース材に添わせて当該ブレース材を間に挟むようにして配設した前記2本の山形鋼を当該ブレース材に固定する固定手段とから成ることを特徴とする補剛材。
JP2010207857A 2010-09-16 2010-09-16 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材 Active JP5611740B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010207857A JP5611740B2 (ja) 2010-09-16 2010-09-16 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010207857A JP5611740B2 (ja) 2010-09-16 2010-09-16 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012062692A JP2012062692A (ja) 2012-03-29
JP5611740B2 true JP5611740B2 (ja) 2014-10-22

Family

ID=46058674

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010207857A Active JP5611740B2 (ja) 2010-09-16 2010-09-16 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5611740B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5718195B2 (ja) * 2011-09-07 2015-05-13 大成建設株式会社 既存ブレース架構の補剛方法
JP5923565B2 (ja) * 2013-08-27 2016-05-24 山本 泰稔 耐震補強工法用鋼板を使用する既設建物の耐震補強工法
DE102014001893A1 (de) * 2014-02-12 2015-08-13 Rwe Deutschland Ag Aerodynamische Verkleidung an Fachwerkstrukturen sowie Verfahren zur Standfestigkeitserhöhung von Fachwerkstrukturen

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2553963B2 (ja) * 1990-12-29 1996-11-13 尾形 素臣 既存トラス構造物の座屈強度補強方法
JP3213103B2 (ja) * 1993-02-19 2001-10-02 株式会社竹中工務店 複合ブレースとそれの作製方法
JPH07324379A (ja) * 1994-06-01 1995-12-12 Takenaka Komuten Co Ltd 鉄筋コンクリートで補剛したアンボンド鉄骨ブレース
JP2002180535A (ja) * 2000-12-14 2002-06-26 Kajima Corp 補強軸力負担材
JP4192125B2 (ja) * 2004-07-16 2008-12-03 新日鉄エンジニアリング株式会社 既設鋼構造物の耐震補強構造
JP2009235730A (ja) * 2008-03-26 2009-10-15 Shimizu Corp 構造物の補強構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012062692A (ja) 2012-03-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5991132B2 (ja) 耐震補強構造および工法
JP2007138472A (ja) 鉄筋コンクリート造ラーメン構造の既存建物の耐震補強工法
JP4888915B2 (ja) 梁端部をpc造とする複合構造梁を用いた建物構造
JP2012077471A (ja) プレキャスト部材の継手構造とコンクリート製プレキャスト部材
JP5611740B2 (ja) 既存建物の補強方法とその方法に用いる補剛材
JPH1181554A (ja) コンクリート躯体の耐震補強工法及びそれに用いる補強鋼板構造
JP4819605B2 (ja) 端部と中央部とで強度の異なる緊張材を用いたプレキャストプレストレストコンクリート梁
JP4719119B2 (ja) 既設建築構造物の耐震改修工法
JP4072687B2 (ja) 建築構造物の耐震補強構造
JP2018178466A (ja) ダンパー、及びダンパーの製作方法
JP2007197936A (ja) 壁ユニット、耐震壁およびその構築方法
JP2009235817A (ja) 構造物の補修・補強構造および方法
KR20130117204A (ko) 건축물용 내진 보강 구조물 및 이를 이용한 건축물 내진 보강 공법
JP5268470B2 (ja) 鉄筋かごの揚重方法
JP2006070668A (ja) 鋼構造物の補強方法
JP5144182B2 (ja) 既存建物の耐震補強構造並びに耐震補強方法
JP2008063816A (ja) 耐震補強構造、耐震補強工法
KR102017822B1 (ko) 충전 강관과 선조립 철근망을 이용한 내진 설계용 보-기둥 시공 방법
JP2007077628A (ja) 接合部継手構造及びその構築方法
JP5654060B2 (ja) ダンパーブレース及び制震構造
JP2005083136A (ja) 複合構造柱
JP2010276080A (ja) エネルギー吸収部材及び該エネルギー吸収部材を設置した構造物
KR101209363B1 (ko) 에이치형강 기둥의 내진보강용 콘크리트 블럭 및 이를 이용한 내진보강방법
JP3870871B2 (ja) 架構の補強構造
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130828

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140522

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140603

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140731

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140902

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140903

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5611740

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250