JP5598665B2 - エンジンの燃圧制御装置 - Google Patents

エンジンの燃圧制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5598665B2
JP5598665B2 JP2010195852A JP2010195852A JP5598665B2 JP 5598665 B2 JP5598665 B2 JP 5598665B2 JP 2010195852 A JP2010195852 A JP 2010195852A JP 2010195852 A JP2010195852 A JP 2010195852A JP 5598665 B2 JP5598665 B2 JP 5598665B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fuel
pressure
fuel injection
pulse width
injection pulse
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010195852A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012052473A (ja
Inventor
潤 稲田
圭太郎 江角
直宏 山口
厚典 佃
Original Assignee
マツダ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by マツダ株式会社 filed Critical マツダ株式会社
Priority to JP2010195852A priority Critical patent/JP5598665B2/ja
Publication of JP2012052473A publication Critical patent/JP2012052473A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5598665B2 publication Critical patent/JP5598665B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02TCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO TRANSPORTATION
    • Y02T10/00Road transport of goods or passengers
    • Y02T10/10Internal combustion engine [ICE] based vehicles
    • Y02T10/12Improving ICE efficiencies

Description

本発明は、エンジンの燃圧制御装置に係り、特に、燃焼室内に燃料を噴射する燃料噴射弁と、この燃料噴射弁に高圧の燃料を供給する高圧ポンプとを備えるエンジンの燃圧制御装置に関する。
燃焼室内に直接燃料を噴射する、いわゆる、直噴エンジンにおいては、一般に、インジェクタで噴射する燃料は高圧であることが求められ、そのため、直噴エンジンには、燃料タンクから供給される燃料の圧力を高める高圧ポンプが設けられ、この高圧ポンプからインジェクタに燃料が供給されるようになっている。
また、このようなインジェクタは、所定の燃圧を維持した状態で、目標とする空燃比が得られるような燃料噴射量を得るように、燃料噴射パルス幅(開弁時間)が制御されるようになっている。即ち、所定の燃圧を維持した状態では、燃料噴射パルス幅にほぼ比例した燃料噴射量が得られる。ここで、燃料噴射パルス幅が、所定の最小燃料噴射パルス幅以下になると、燃料噴射パルス幅に比例した燃料噴射量が得られず、燃料噴射量の直線性が保たれない領域が存在することが知られている。そして、所定の燃圧を維持した状態では、このような最小燃料噴射パルス幅に対応した、直線性が保たれる最小燃料噴射量も自ずと定まる。
このような領域において、要求燃料噴射量がそのような最小燃料噴射量以下の場合、即ち、要求燃料噴射パルス幅が最小燃料噴射パルス幅以下の場合、燃圧を低下させれば燃料噴射量は減少するので、燃料噴射パルス幅を最小燃料噴射パルス幅以下にしなくても、要求燃料噴射量が得られることも知られている。
例えば、特許文献1には、要求燃料噴射パルス幅が最小パルス幅以下の領域で、燃圧を低下させるエンジンの燃料制御装置が開示されている。
特開昭62−101859号公報
しかしながら、直噴エンジンにおいては、インジェクタにより、吸気行程から圧縮行程の間に高圧で燃料を噴射することにより燃料の霧化を促進して、霧化された燃料を気化させ、蒸発率を高めるようにしている。従って、要求燃料噴射量が、上述したような最小燃料噴射量以下の場合(要求燃料噴射パルス幅が最小燃料噴射パルス幅以下の場合)、燃圧を低下させてしまうと、燃料の霧化の促進が悪化し、その結果、燃料の気化及び蒸発も不十分となり、点火時の燃焼が不安定となってしまうという問題が生じる。
本発明は、上述した問題点を解決するためになされたものであり、燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、最小燃料噴射パルス幅より小さい燃料噴射パルス幅の使用を抑制することが出来るエンジンの燃圧制御装置を提供することを目的とする。
上記の目的を達成するために本発明は、燃焼室内に燃料を噴射する燃料噴射弁と、この燃料噴射弁に高圧の燃料を供給する高圧ポンプとを備えるエンジンの燃圧制御装置であって、演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室内での燃料霧化悪化の影響が少ない所定の条件下にあるとき、高圧ポンプの燃圧を低下させる燃圧低下手段を有し、所定の条件は、筒内温度を示すパラメータが高いときであることを特徴としている。
このように構成された本発明においては、演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室内での燃料霧化悪化の影響が少ない所定の条件下にあるとき、高圧ポンプの燃圧を低下させるので、燃圧低下による燃料の霧化が悪化することを抑制して、燃焼安定性を確保することが出来る。さらに、燃圧を低下させることにより、最小燃料噴射パルス幅より小さい燃料噴射パルス幅の使用を抑制することが出来るので、空燃比のずれを抑制して、目標とする空燃比を得ることが出来る。
さらに、本発明において、所定の条件は、筒内温度を示すパラメータが高いときである。これにより、筒内温度が高いときは燃料の気化霧化の条件が良いので、燃圧を低下させても燃料の霧化の悪化の影響を小さくできる。
本発明において、好ましくは、演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室内での燃料霧化悪化の影響が少ない所定の条件下にないとき、上記高圧ポンプの燃圧の低下を抑制し、スロットル弁を介した流入空気量の低下を抑制すると共に点火時期をリタードする制御手段をさらに有する。
このように構成された本発明においては、燃料霧化悪化の影響が少なくない条件下では、燃料噴射パルス幅が最小燃料噴射パルス幅よりも小さくならないよう空気量の低下を抑制し、点火時期のリタードによりトルク制御することにより、燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、最小燃料噴射パルス幅に相当するトルク制御を行うことが出来る。
本発明において、好ましくは、燃圧低下手段により上記高圧ポンプの燃圧が低下されたとき、燃焼室内での燃焼が安定しない所定の回転数以下及び所定の空気量以下では、上記燃料噴射弁の燃料噴射パルス幅を増大させる噴射パルス幅増大手段をさらに有する。
このように構成された本発明においては、燃圧の低下により燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、燃料噴射パルス幅を増大させることにより燃料を増量して、燃焼室内の混合気をリッチにすることにより、燃焼安定性を安定させることが出来る。
本発明によるエンジンの燃圧制御装置によれば、燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、最小燃料噴射パルス幅より小さい燃料噴射パルス幅の使用を抑制することが出来る。
本発明の実施形態による燃圧制御装置を備えたエンジンの概略構成図である。 本発明の実施形態による燃圧制御装置の構成を模式的に示す概略構成図である。 本実施形態によるインジェクタの燃料噴射パルス幅と燃料噴射量との関係を示す線図である。 本発明の実施形態による燃圧制御装置により実行される制御の制御フローを示すフローチャートである。
以下、添付図面を参照して、本発明の実施形態によるエンジンの燃圧制御装置を説明する。
先ず、図1及び図2により、本発明の実施形態によるエンジンの燃圧制御装置を備えたエンジンの概略構成及び本発明の実施形態によるエンジンの燃圧制御装置を説明する。図1は本発明の実施形態による燃圧制御装置を備えたエンジンの概略構成図であり、図2は本発明の実施形態による燃圧制御装置の構成を模式的に示す概略構成図である。
先ず、図1に示すように、エンジン1は、燃焼室2aを形成するシリンダ2と、このシリンダ2内で往復運動するピストン4と、このピストン4に一端が連結されたコネクティングロッド6と、このコネクティングロッド6の他端が連結されたクランクシャフト8と、燃焼室2aに燃料を供給する燃料供給装置10とを有する。
また、エンジン1の燃焼室2aに空気を供給する吸気系統には、吸気を浄化するエアクリーナ12と、このエアクリーナ12から吸気ポート20まで延びる吸気通路13とが設けられ、吸気通路13には、エアクリーナ12を介して吸入された空気の温度及び流量を検出する吸気温/流量センサ14と、吸入空気量を変化させる電子制御スロットルバルブ16と、このスロットルバルブ16の開度を検出するスロットルバルブセンサ18とが設けられている。これらの吸気系統を介して吸入された空気は、燃焼室2aの吸気開口に連通した吸気ポート20及びその吸気開口を開閉する吸気弁22を介して、燃焼室2a内に流入する。また、エンジン1は、燃焼室2a内に流入した空気に燃料を噴射することによって得られる混合気を燃焼させる点火プラグ23を有する。
燃焼室2a内で燃焼された排気ガスは、燃焼室2aの排気開口に連通した排気ポート24及び排気開口を開閉する排気弁26を介して、エンジン1の排気系統に排出される。エンジン1の排気ガスを排気する排気系統には、空燃比を検出するためのリニアO2センサ28、ラムダO2センサ32と、第1触媒30及び第2触媒34とが設けられている。
また、エンジン1は、クランクシャフト8の回転角を検出するクランク角センサ36と、エンジンのシリンダブロックのウォータージャケットを流れるエンジン冷却水の温度を検出するエンジン水温センサ38とを有する。
次に、図1に示すように、燃料供給装置10は、燃料を貯留する燃料タンク40と、この燃料タンク40内の燃料を圧送する低圧燃料ポンプ42と、この低圧燃料ポンプ42によって圧送された燃料を濾過する燃料フィルタ44と、低圧燃料ポンプによる加圧圧力を一定にする圧力レギュレータ46と、低圧燃料ポンプ42から圧送された燃料を加圧する高圧燃料ポンプ48と、高圧燃料ポンプ48によって加圧された燃料の圧力を検出する燃料圧力センサ50と、高圧燃料ポンプ48によって加圧された燃料を燃焼室2a内に噴射する燃料噴射弁であるインジェクタ52と、このインジェクタ52に供給される圧力が所定の圧力以上になったとき、加圧された燃料を高圧燃料ポンプ48の上流側に戻す第2燃料圧力調整手段であるリリーフ弁54とを有する。
次に、図1に示すように、エンジン1は、蒸発燃料制御装置60を有する。この蒸発燃料制御装置60は、燃料タンク40内の蒸発燃料を蓄える吸着剤(例えば活性炭など)が充填されたキャニスタ62と、燃料タンク40とキャニスタ62とを連通し、燃料タンク40の空間部に滞留する蒸発燃料をキャニスタ62にリリーフするリリーフ通路64とを有する。キャニスタ64には、このキャニスタ64から延設され、先端が大気に開放された大気開放通路65が設けられている。
また、蒸発燃料制御装置60は、キャニスタ52と吸気系統の吸気通路13におけるスロットルバルブ16の下流側部分とを連通し、キャニスタ62に吸着された蒸発燃料を吸気通路13に供給するためのパージ通路66と、このパージ通路66に設けられ、キャニスタ62から吸気通路13へ供給される蒸発燃料の供給量を制御するパージ弁68とを有する。
次に、図2に示すように、燃料供給装置10は、高圧燃料ポンプ48による加圧圧力を調整する燃料圧力調整手段であるスピル弁70と、加圧された燃料圧力を測定する燃料圧力センサ72と、を有する。スピル弁70は、低圧燃料ポンプ42の下流側と高圧燃料ポンプ48の上流側の流路抵抗を調整する弁体74と、この弁体74を駆動するソレノイド76と、弁体74を閉鎖する方向に付勢する付勢バネ78と、を有する。
また、図2に示すように、高圧燃料ポンプ48は、内部で燃料を加圧するポンプシリンダ80と、このポンプシリンダ80内で往復運動するポンプピストン82と、このポンプピストン82を駆動するカム84と、を有する。また、高圧燃料ポンプ48は、インジェクタ52側からポンプシリンダ80への燃料の逆流を阻止する逆止弁86を有する。この高圧燃料ポンプ48は、ポンプシリンダ80内で往復運動されるポンプピストン82によって、燃料を加圧するように構成されている。ポンプピストン82は、エンジン1のカムシャフト(図示せず)の回転によって回転されるカム84によって、往復運動するように駆動される。
低圧燃料ポンプ42は、燃料タンク40内に貯留されている燃料を加圧し、燃料を、燃料フィルタ44、及びスピル弁70を介して高圧燃料ポンプ48に圧送するように構成されている。
ここで、スピル弁70は、ソレノイド76及び付勢バネ78によって弁体74を駆動して、その開度を変化させ、管路44aと高圧燃料ポンプ48の上流側の管路抵抗を変化させるように構成されている。スピル弁70が開放された場合には、スピル弁70の管路抵抗が低いため、高圧燃料ポンプ48のポンプシリンダ80内で加圧された燃料の多くはスピル弁70を介して管路44aに逆流し、逆止弁86を通ってインジェクタ52側へ流入する燃料は少なくなる。このため、高圧燃料ポンプ48による加圧圧力は低下する。また、スピル弁70が絞られた場合には、管路抵抗が大きくなるため、高圧燃料ポンプ48のポンプシリンダ80内で加圧された燃料の多くは逆止弁86を通ってインジェクタ52側へ流入し、スピル弁70を通って管路44aに逆流する燃料は少なくなる。このため、高圧燃料ポンプ48による加圧圧力は上昇する。
次に、エンジン1は、各センサの検出信号に基づいてエンジン1を制御するエンジン制御ユニット(ECU)90を有する。エンジン制御ユニット90は、具体的には、マイクロプロセッサ、メモリ及びそれらを作動させるプログラム等(以上、図示せず)から構成され、燃料噴射パルス幅制御手段92、燃料圧力(燃圧)制御手段94、スロットル開度/点火時期制御手段96を有する。
次に、インジェクタ52は、逆止弁62の下流側に接続され、高圧燃料ポンプ48によって加圧された燃料を、所定のタイミング及び所定の燃料噴射パルス幅(以下、「パルス幅」)で燃焼室2a内に噴射するように構成されている。インジェクタ52には、ソレノイド弁(図示せず)が内蔵されており、これを所定のパルス幅に基づいて開閉することによって所定量の燃料を噴射するように構成されている。
インジェクタ52は、エンジン制御ユニット90から送られた電気信号を昇圧してインジェクタ52を駆動するインジェクタドライバ100に接続されている。エンジン制御ユニット90からインジェクタドライバ100に送られた電気信号は、インジェクタ52の燃料噴射パルス幅(燃料噴射時間)に関する信号を含み、燃料噴射パルス幅制御手段92により、インジェクタ52によるパルス幅が制御されるように構成されている。
次に、燃料圧力センサ72は、インジェクタ52に供給される燃料の圧力を測定し、測定信号をエンジン制御ユニット90に伝達するように構成されている。
エンジン制御ユニット90は、吸気温/流量センサ14により検出された吸入された吸気通路13の空気の温度及び流量、クランク角センサ36により検出されたエンジン回転数、エンジン水温センサ38により検出されたエンジン水温、燃料圧力センサ50から入力された圧力に基づいて、燃料圧力(燃圧)制御手段94により、スピル弁70のソレノイド76を駆動し、インジェクタ52に供給される燃料の圧力(燃圧)を制御するように構成されている。
また、エンジン制御ユニット90のスロットル開度/点火時期制御手段96は、所定の条件下、電子制御スロットルバルブ16の開度、点火プラグ23の点火時期を制御するように構成されている。
次に、図3により、先ず、本実施形態によるインジェクタ52の燃料噴射パルス幅と燃料噴射量との関係を説明する。図3は、本実施形態によるインジェクタの燃料噴射パルス幅と燃料噴射量との関係を示す線図である。
図3に示すように、インジェクタ52は、燃料圧力(以下、「燃圧」ともいう)が3MPaの場合、その燃料噴射パルス幅tj(開弁時間)が、最小燃料噴射パルス幅τmin(3MPa)付近以上では、燃料噴射パルス幅tjに対して燃料噴射量Qinjが線形的に得られるようになっているが、最小燃料噴射パルス幅τmin(3MPa)付近以下になると、非線形となる。
この燃料噴射パルス幅tjに比例した燃料噴射量Qinjが得られない領域Aは、最小燃料噴射パルス幅τmin(3MPa)で定まる領域であり、燃圧が3MPaの場合、線形的に安定して得られる燃料噴射量の最小値Qmin(3MPa)は、最小燃料噴射パルス幅τmin(3MPa)に対応して自ずと定まる。燃圧が2MPaの場合も同様の傾向を有し、図3に示すように、その最小燃料噴射パルス幅τmin(2MPa)は、最小燃料噴射パルス幅τmin(3MPa)より小さくなり、燃料噴射量の最小値Qmin(2MPa)は、燃料噴射量の最小値Qmin(3MPa)より小さくなる。
本実施形態による燃圧制御装置は、図3に示すインジェクタ52の最小燃料噴射パルス幅τminを、予めエンジン制御ユニット90のメモリに記憶/設定し、図4に示す制御で使用する。
次に、図4により、本発明の実施形態による燃圧制御装置により実行される制御内容を説明する。図4は本発明の実施形態による燃圧制御装置により実行される制御の制御フローを示すフローチャートである。
図4に示すように、先ず、S1において、高圧燃料ポンプ48により加圧される燃料圧力を所定値(3MPa)に設定し、その燃圧を維持するように制御する。
次に、S2に進み、演算された燃料噴射パルス幅(tj)が、図3に示す最小燃料噴射パルス幅τmin以下か否かを判定する。ここで、S2では、筒内に流入する空気量を吸気温/流量センサ14により検出し、高圧燃料ポンプ48により3MPaまで加圧された燃料圧力を維持した状態で、理論空燃比(A/F=1)となるような燃料噴射量(要求燃料噴射量)が得られるような、燃料噴射パルス幅tjを演算している。
S2において、演算された燃料噴射パルス幅(tj)が、最小燃料噴射パルス幅τmin以下でないと判定された場合は、図3で示すように、演算された燃料噴射パルス幅tjに対して、要求燃料噴射量が線形的に得られる領域であるので、燃圧を3MPaに維持したまま、演算された燃料噴射パルス幅tjで、インジェクタ52による燃料噴射を実行させる。
S2において、演算された燃料噴射パルス幅(tj)が、最小燃料噴射パルス幅τmin以下であると判定された場合は、図3で示すように、上述したような非線形領域Aであり、演算された燃料噴射パルス幅tjに対して、要求燃料噴射量が得られない場合である。このように判定される場合は、例えば、車両の減速時、ドライバーがアクセルを離すと、スロットルが全閉状態となり、また、燃料カットが実行されて高圧燃料ポンプ48の燃圧が高圧のまま保持され、上述したような非線形領域Aに入りやすくなるような場合である。即ち、空気量が減少した状態で、A/Fを目標値に保つために、必要な燃料噴射量が少なくなるような場合である。
S2において、演算された燃料噴射パルス幅(tj)が、最小燃料噴射パルス幅τmin以下であると判定された場合には、S3に進み、シリンダー(燃焼室2a内)における吸気ガス内のパージガス量(パージ率)が、所定値以上か否かを判定する。パージ率は、「パージ率=パージ流量/空気量」で表され、パージ流量は、パージ中の空燃比のずれに基づいて判定し、空気量は、吸気温/流量センサ14により検出される、なお、パージガス量は、通常のエンジン運転時において、パージ弁68が制御されたときに、リニアO2センサ28により検出された空燃比の理論空燃比に対するずれをECU90のメモリに学習させておき、その学習値から推定される。
S3において、燃焼室2aにおける吸気ガス内のパージガス量が所定値以上と判定された場合には、S4に進み、高圧燃料ポンプ48により加圧される燃料圧力を所定値(2MPa)へ低下させる。このように燃圧を低下させれば、図3に示すように、要求燃料噴射量Qreqが、3MPaにおける燃料噴射量の最小値Qminよりも小さい場合でも、燃料噴射パルス幅tjを、上述した領域Aから外れた燃料噴射パルス幅treqに設定して、要求燃料噴射量Qreqが得られる。
一方、S3において、燃焼室2aにおける吸気ガス内のパージガス量が所定値以上でないと判定された場合には、S5に進み、筒内温度が所定値以上の高い温度であるか否かを判定する。ここで、筒内温度は、吸気温/流量センサ14に検出された空気の温度と、エンジン水温センサ38に検出されたエンジン水温とにより推定される。
S5において、筒内温度が所定値以上の高い温度であると判定された場合には、S4に進み、高圧燃料ポンプ48により加圧される燃料圧力を所定値(2MPa)へ低下させる。
一方、S5において、筒内温度が所定値以上でない低い温度であると判定された場合には、S6に進み、燃料噴射パルス幅(tj)が、最小燃料噴射パルス幅τminになるよう電子制御スロットルバルブ16を開くように制御すると共に点火プラグ23の点火時期のリタードを設定する。なお、このS6では、燃圧は3MPaに維持された状態である(S1参照)。
このS6の段階では、この時点での空気量に応じて演算された燃料噴射パルス幅(tj)が最小燃料噴射パルス幅τmin以下である場合(S2参照)、即ち、要求燃料噴射量が、燃料噴射量の最小値Qminより小さい場合である。従って、S6では、燃料噴射パルス幅tjが最小燃料噴射パルス幅τminなるようにスロットルを開き、燃焼室2a内への流入空気量を増加させる。ただし、そのことにより、ドライバーの要求トルクより多いエンジントルクが出力されるため、点火プラグ23の点火時期をリタードさせてトルクを減少させるようにしている。
次に、S4のステップの後、S7に進み、クランク角センサ36により検出された値に基づいて、エンジン回転数が所定値以下か否かを判定し、所定値以下である場合には、S8に進み、吸気温/流量センサ14により検出された空気量が所定値以下か否かを判定する。エンジン回転数が所定値以下である場合及び空気量が所定値以下である場合は、燃圧が低く(S4)、空気量が少ないため、燃焼が安定しない場合である。本実施形態では、スロットルバルブ16の開度が小さく、アイドリング時のような低回転時において、燃焼が安定しないエンジン運転領域として、S8に進む。
S7及びS8において、エンジン回転数が所定値以下であると判定され且つ空気量が所定値以下であると判定された場合は、S9に進み、燃料噴射パルス幅tjを演算された燃料噴射パルス幅より増大させ、燃料噴射量Qinjを増加させる。演算された燃料噴射パルス幅より増大させ、燃料を増量することにより、燃焼室2a内の混合気はリッチ状態になる。
次に、本発明の実施形態によるエンジンの燃圧制御装置の作用効果を説明する。
本実施形態によれば、演算された燃料噴射パルス幅(tj)が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅τminよりも小さく(S2)且つ燃焼室2a内での燃料霧化悪化の影響が少ない条件下、即ち、パージガスが多量であるとき(S3)、或いは、筒内温度を示すパラメータである吸気温/流量センサ14に検出された空気の温度及びエンジン水温センサ38に検出されたエンジン水温が高いとき(S5)、高圧燃料ポンプ48の燃圧を低下させるので、燃圧低下による燃料の霧化が悪化することを抑制して、燃焼安定性を確保することが出来る。
即ち、燃焼室2a内へのパージガスの供給自体により、燃料の霧化が悪化することをカバーすることが出来る。特に、そのパージガスが多量に供給されているときは、そのパージガスの多量の供給により混合気の混合状態は良い状態であり、より効果的に、燃料の霧化の悪化を抑制することが出来る。
また、筒内温度が高いときは燃料の気化霧化の条件が良いので、燃圧を低下させても燃料の霧化の悪化の影響を小さくすることが出来る。
さらに、本実施形態によれば、燃圧を低下させることにより(S3)、最小燃料噴射パルス幅τminより小さい燃料噴射パルス幅tjの使用を抑制することが出来る。言い換えれば、図3に示すように、最小燃料噴射パルス幅τminより大きい燃料噴射パルス幅tjを使用して、燃料噴射パルス幅tjに対して燃料噴射量Qinjが線形的に得られる、上述した図3に示す領域Aから外れた燃料噴射パルス幅を使用して、演算された燃料噴射量を得ることが出来る。その結果、空燃比の(理論空燃比に対する)ずれを抑制して、目標とする空燃比(特に、理論空燃比)を得ることが出来る。
また、本実施形態によれば、演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室2a内での燃料霧化悪化の影響が少ない条件下にないとき(パージガス量が所定値以下であり、筒内温度が所定値以上でないとき)、高圧燃料ポンプ48の燃圧の低下を抑制し、スロットルバルブ16を介した流入空気量の低下を抑制すると共に点火時期をリタードするので、燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、最小燃料噴射パルス幅τminに相当するトルク制御を行うことが出来る。
また、本実施形態によれば、高圧燃料ポンプ48の燃圧が低下されたとき(S4)、燃焼室2a内での燃焼が安定しない所定の回転数以下及び所定の空気量以下では(S7及びS8でYESと判定されたとき)、インジェクタ52の燃料噴射パルス幅を増大させるので、燃圧の低下により燃料の霧化が悪化することを抑制しつつ、燃料噴射パルス幅tjを増大させることにより燃料を増量して、燃焼室2a内の混合気をリッチにすることにより、燃焼安定性を安定させることが出来る。
1 エンジン
14 吸気温/流量センサ
16 電子制御スロットルバルブ
23 点火プラグ
36 クランク角センサ
38 エンジン水温センサ
48 高圧燃料ポンプ
52 インジェクタ
90 エンジン制御ユニット
92 燃料噴射パルス幅制御手段
94 燃圧制御手段
96 スロットル開度/点火時期制御手段

Claims (3)

  1. 燃焼室内に燃料を噴射する燃料噴射弁と、この燃料噴射弁に高圧の燃料を供給する高圧ポンプとを備えるエンジンの燃圧制御装置であって、
    演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室内での燃料霧化悪化の影響が少ない所定の条件下にあるとき、上記高圧ポンプの燃圧を低下させる燃圧低下手段を有し、
    上記所定の条件は、筒内温度を示すパラメータが高いときであることを特徴とするエンジンの燃圧制御装置。
  2. 演算された燃料噴射パルス幅が、予め設定された最小燃料噴射パルス幅よりも小さく且つ燃焼室内での燃料霧化悪化の影響が少ない所定の条件下にないとき、上記高圧ポンプの燃圧の低下を抑制し、スロットル弁を介した流入空気量の低下を抑制すると共に点火時期をリタードする制御手段をさらに有する請求項1に記載のエンジンの燃圧制御装置。
  3. 上記燃圧低下手段により上記高圧ポンプの燃圧が低下されたとき、燃焼室内での燃焼が安定しない所定の回転数以下及び所定の空気量以下では、上記燃料噴射弁の燃料噴射パルス幅を増大させる噴射パルス幅増大手段をさらに有する請求項1に記載のエンジンの燃圧制御装置。
JP2010195852A 2010-09-01 2010-09-01 エンジンの燃圧制御装置 Active JP5598665B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010195852A JP5598665B2 (ja) 2010-09-01 2010-09-01 エンジンの燃圧制御装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010195852A JP5598665B2 (ja) 2010-09-01 2010-09-01 エンジンの燃圧制御装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012052473A JP2012052473A (ja) 2012-03-15
JP5598665B2 true JP5598665B2 (ja) 2014-10-01

Family

ID=45906067

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010195852A Active JP5598665B2 (ja) 2010-09-01 2010-09-01 エンジンの燃圧制御装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5598665B2 (ja)

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62101859A (en) * 1985-10-28 1987-05-12 Mazda Motor Corp Fuel control device for electronic fuel-injection type engine
JPS63117149A (en) * 1986-11-04 1988-05-21 Nissan Motor Co Ltd Fuel injection controller for internal combustion engine
JPH06249025A (ja) * 1993-02-23 1994-09-06 Mazda Motor Corp エンジンの燃料制御装置
JPH1018890A (ja) * 1996-06-28 1998-01-20 Unisia Jecs Corp 内燃機関の電子制御燃料噴射装置
JP4078808B2 (ja) * 2001-02-20 2008-04-23 三菱自動車工業株式会社 可変バルブタイミング機構付内燃機関
JP2005220823A (ja) * 2004-02-05 2005-08-18 Denso Corp 筒内噴射式内燃機関の制御装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012052473A (ja) 2012-03-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8483932B2 (en) Fuel delivery system control strategy
RU2706872C2 (ru) Способ (варианты) и система для впрыска топлива при постоянном и переменном давлении
RU2723641C2 (ru) Способ (варианты) и система для управления системой впрыска топлива
JP4428160B2 (ja) 内燃機関の燃料噴射制御装置
US10161347B2 (en) Zero flow lubrication for a high pressure fuel pump
JP2007016663A5 (ja)
US20060207560A1 (en) Control apparatus for internal combustion engine
RU2719752C2 (ru) Способ для двигателя (варианты) и топливная система для двигателя внутреннего сгорания
US9970379B2 (en) Methods and systems for fuel rail pressure relief
US9523326B2 (en) Method for direct injection of supercritical fuels
US10697384B2 (en) Control device and control method for engine
JP5774521B2 (ja) 燃料漏れ検出装置
JP2009047055A (ja) 内燃機関
JP2005180222A (ja) アルコール混合燃料エンジン
JP5598665B2 (ja) エンジンの燃圧制御装置
WO2008149383A1 (en) Fuel injection system of a vehicle
JP2009097501A (ja) 燃料噴射システム制御装置
JP6146274B2 (ja) 内燃機関の制御装置
JP2011236788A (ja) 内燃機関の燃料供給制御装置
JP2010275909A (ja) 内燃機関の制御装置
JP2010024993A (ja) 内燃機関の制御装置
JP5012533B2 (ja) 内燃機関の制御装置
JP4968206B2 (ja) 内燃機関及び内燃機関の燃料噴射制御装置
JP5018374B2 (ja) 内燃機関の燃料噴射システム
JP4586662B2 (ja) 内燃機関の制御装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130313

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131218

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140217

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140716

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140729

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5598665

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150