JP5557789B2 - Wireless communication method and system, a base station - Google Patents

Wireless communication method and system, a base station Download PDF

Info

Publication number
JP5557789B2
JP5557789B2 JP2011086352A JP2011086352A JP5557789B2 JP 5557789 B2 JP5557789 B2 JP 5557789B2 JP 2011086352 A JP2011086352 A JP 2011086352A JP 2011086352 A JP2011086352 A JP 2011086352A JP 5557789 B2 JP5557789 B2 JP 5557789B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
handover
base station
service
qos
system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2011086352A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012222609A (en )
Inventor
幸樹 上野
剛 玉木
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、無線通信方法及びシステム、基地局に係り、特に、異なる無線通信の(標準)規格・プロトコル等を使用するシステム間を移動機がサービスを継続しながらハンドオーバ可能な無線通信方法及びシステム、基地局に関するものである。 The present invention relates to a wireless communication method and system, a base station, in particular, different wireless communication (standard) can be handed over wireless communication method and system with mobile station continues to service between systems using standard protocols such as , the present invention relates to a base station.

無線通信システムには、標準規格の異なる複数のシステムが存在している。 The wireless communication system, there are a plurality of different standards system. 例えば、3GPP2(3rd Generation Partnership Project 2)のHRPD(High Rate Packet Data)システム、3GPPのE−UTRAN(Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network)システムなどが混在する場合が想定される。 For example, 3GPP2 HRPD (High Rate Packet Data) of (3rd Generation Partnership Project 2) system, if such 3GPP E-UTRAN (Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network) system coexist is assumed. これらの規格の異なる無線通信システムで通信を行うことが出来るエリアを跨いて移動機が移動した場合などに、移動機が現在行っているサービスを継続しながら無線通信システムの切替えを行うためのインタワーク技術に対する取り組みも始まっている。 For example, when the mobile machine across the area which can communicate with these standards in different wireless communication systems has moved, interface for switching a radio communication system while continuing the service which the mobile unit is currently performing It has also begun efforts to work technology. 例えば、HRPDシステムとE−UTRANシステムのインタワークに関する標準規格は、非特許文献1あるいは非特許文献2で定められている。 For example, standards for interworking HRPD system and the E-UTRAN system is defined in Non-Patent Document 1 or Non-Patent Document 2.

図1は、複数の無線システムが存在するエリアを表した図である。 Figure 1 is a diagram showing an area in which a plurality of wireless systems exist. この図は、複数の無線通信システムが混在するエリアの例であり、移動機が無線システムA〜Dの基地局(1〜5)と通信する際の無線品質の良いエリアを表している。 This figure is an example of an area where a plurality of wireless communication systems coexist, the mobile station represents a good area radio quality in communicating with the wireless system A~D base station (1-5). 図1において、無線システムAの基地局(1、2)はE−UTRANに対応した基地局、無線システムBの基地局3は3G無線システムに対応した基地局、無線システムCの基地局4はWiMAXに対応した基地局、無線システムDの基地局5はWi−Fiに対応した基地局を想定している。 In Figure 1, the base station of the wireless system A (1, 2) is a base station corresponding to the E-UTRAN, the base station the base station 3 corresponding to the 3G wireless system of the wireless system B, a base station 4 of the wireless system C the base station corresponding to WiMAX, base station 5 of the radio system D is assumed to base station corresponding to Wi-Fi. 移動機Aはこれら全ての無線通信システムで通信可能な機能を備えており、サービスを継続しながら無線通信システム間をハンドオーバ可能となっている。 Mobile device A has a possible communication functions in all of these wireless communication systems, and can handover between wireless communication systems while continuing the service.

図2は、本発明及び実施形態に関連する無線通信システム間のハンドオーバシーケンスの例である。 Figure 2 is an example of a handover sequence between a wireless communication system relating to the present invention and embodiments.
この例では、移動機A10は無線システムAの基地局1と無線システムBの基地局3との両方のエリアに位置している場合を想定している。 In this example, the mobile device A10 is assumed to when located both areas of the base station 1 and the base station 3 of the wireless system B of the wireless system A. 移動機A10は、無線システムAの基地局1とベストエフォートフローの無線コネクションを確立しており(ステップ100)、無線システムAの基地局1でQoS(Quality of Service:サービス品質)を保証したサービス(以下、QoSサービス呼ぶ場合がある。)を行っている。 Mobile A10 has established wireless connection of the base station 1 and the best effort flow of the wireless system A (step 100), QoS in the base station 1 of the wireless system A: guaranteed service (Quality of Service) is performed (hereinafter sometimes referred to as QoS service.). また、移動機A10は、無線システムAの基地局1からのパイロット信号と、無線システムBの基地局3からのパイロット信号を受信している(ステップ101、102)。 Further, the mobile device A10 includes a pilot signal from the base station 1 of the wireless system A, it is receiving the pilot signal from the base station 3 of the wireless system B (step 101). 移動機Aは、無線システムA、Bからのパイロット信号の電波強度を測定し、接続中の無線システムAの基地局1に対してその報告を行う(ステップ103)。 Mobile device A, the wireless system A, radio field intensity of a pilot signal from B was measured, performs its report to the base station 1 of the wireless system A in connection (step 103). 無線システムAの基地局1は、移動機が報告してきた無線システムAの電波強度と、無線システムBの電波強度を比較しハンドオーバを実施すべきか判定する(ステップ104)。 The base station 1 of the wireless system A determines the radio wave intensity of the wireless system A mobile station has been reported, compared to the radio wave intensity of the wireless system B should be performed a handover (step 104). 基地局1は、無線システムBの基地局3にハンドオーバすべきと判定した場合には、移動機A10に対してハンドオーバの実施を指示する(ステップ105)。 Base station 1, if it is determined that a handover should be performed in the base station 3 of the wireless system B instructs the implementation of the handover to the mobile device A10 (step 105). ハンドオーバ指示を受け取った移動機A10は、無線システムBの基地局3へのハンドオーバを実施し(106)、ベストエフォートフローの無線コネクションを確立する(107)。 Mobile A10 having received the handover instruction performed a handover to the base station 3 of the wireless system B (106), establishes a wireless connection best effort flow (107). これにより、ベストエフォートフローに割り当てられているサービスはハンドオーバ後も継続可能となる。 The service also allows continued after the handover allocated to the best effort flow. ここで、移動機A10が無線システムAの基地局1で行っていたQoSサービスを継続したい場合、移動機A10は無線システムBの基地局3に対してQoSフローの確立要求を行う(ステップ108)。 Here, the mobile device A10 may want to continue the QoS service has been performed at the base station 1 of the wireless system A, the mobile station A10 perform a request for establishing QoS flow to the base station 3 of the wireless system B (step 108) . 無線システムBの基地局3はQoSフロー確立判定(ステップ109)を行い、結果、QoSの品質を保証可能な無線リソースを確保できないなどの理由により確立不可と判定した場合には、QoSフローの確立失敗を移動機A10に通知する(ステップ110)。 The base station 3 of the wireless system B performs QoS flow establishment determination (step 109), the result, when it is determined that not established for reasons such as unable to secure guaranteed radio resources available quality QoS is the establishment of QoS flows and it notifies the failure to the mobile station A10 (step 110).
図2に示した、ハンドオーバシーケンスでは、ハンドオーバ実施判定(ステップ104)において、無線システムBの基地局3でQoSサービスを継続可能か考慮していないため、無線システムBの基地局3にてQoSフローに割当てるリソースに空きがない場合には、ハンドオーバ後のQoSフローの確立(ステップ109)に失敗し、QoSサービスが継続できなくなるという課題がある。 Shown in FIG. 2, in the handover sequence, the handover execution determination (step 104), since the base station 3 of the wireless system B is not taken into consideration or can continue a QoS service, QoS flow at the base station 3 of the wireless system B If there is no space in the resources allocated to, failure to establish a QoS flow after the handover (step 109), there is a problem that QoS services can not be continued. このようなハンドオーバ方式では、QoSフローの確立は移動機とハンドオーバ先の無線システムとの間で行われ、ハンドオーバ元の無線システムの基地局では感知していなかった。 In such a handover method, establishment of QoS flows are performed between the mobile station and the handover destination wireless system, it has not been sensed at the base station of the handover source radio system.

このように、従来は、無線通信の(標準)規格・プロトコル等の異なる無線システム間でのハンドオーバを実施した場合に、ハンドオーバ先のシステムでQoSフローの追加に失敗すると、QoSサービスが継続できなくなる場合があった。 Thus, conventionally, when carrying out the handover between different radio systems of such wireless communication (standard) standard protocol, failure to add the QoS flow handover destination system, QoS services can not be continued If there has been.

本発明は、以上の点に鑑み、無線通信の(標準)規格・プロトコル等(以下、通信規格と呼ぶ場合がある。)の異なる無線システム間でのハンドオーバを実施した場合に、QoSサービスが継続可能な確率を高めることを目的とする。 In view of the above points, the wireless communication (standard) standard protocol, such as when executing the handover between different radio systems of (hereinafter sometimes. Called a communication standard), QoS service continuation It aims to increase the possibility of probability.

本発明は、特に、通信規格が異なる無線技術を使用する無線通信システム間でハンドオーバを実施する際に、ハンドオーバ実施前にハンドオーバ先のシステムでQoSサービスを継続可能か問い合わせて、継続可能であればハンドオーバを実施する。 The present invention is particularly, when the communication standard to implement handover between radio communication systems using different wireless technologies, contact either the QoS service can continue with the handover destination system before handover execution, continuous if possible to implement the handover. また、本発明は、リソースに余裕がある無線システムの基地局に対して優先的にハンドオーバを実施することにより、異なる無線通信システム間でQoSサービスを分散させることができる。 The present invention, by carrying out preferentially handover to the base station of the wireless system can afford the resources, it is possible to distribute QoS services between different wireless communication systems.

本発明の第1の解決手段によると、 According to the first solving means of the present invention,
異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける無線通信方法、及び、無線通信システムであって、 Wireless communication method in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard, and a radio communication system,
ハンドオーバ元の第1の基地局は、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報毎に予め定められたサービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報を元に、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局を選択するハンドオーバ候補選択を実施し、 The first base station of the handover source, based on profile information that is an index indicating whether or not suitable for carrying out a predetermined service for each service quality information communication indicating the quality of each radio system, handover performing a handover candidate selection for selecting one or more other base stations of candidate radio system,
前記第1の基地局は、該ひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 The first base station comprises said to one or more other base stations, for ensuring service the mobile station continues, the service quality information indicating communication quality of each wireless system, the service send a resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation,
リソース確認要求を受信した第2の基地局は、サービス品質情報に該当するサービスのためのリソースが確保可能であるか否かを判断し、該判断の結果を含むリソース確認応答を、前記第1の基地局に送信し、 A second base station receiving the resource confirmation request, determines whether resources for the service corresponding to the service quality information can be secured, the resources acknowledgment containing the result of the determination, the first and sends it to the base station,
前記第1の基地局は、前記第2の基地局から、リソースが確保可能であることを示すリソース確認応答を受信すると、前記移動機を前記第2の基地局へハンドオーバすることを特徴とする無線通信方法、及び、無線通信システムが提供される。 The first base station, from said second base station, when receiving the resource confirmation response indicating that the resource is secured, characterized in that handover of the mobile station to the second base station wireless communication method, and a wireless communication system is provided.

本発明の第2の解決手段によると、 According to a second aspect of the present invention,
異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける無線通信方法、及び、無線通信システムであって、 Wireless communication method in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard, and a radio communication system,
ハンドオーバ元の第1の基地局は、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 The first base station of the handover source, for one of the handover candidate radio system or more other base stations, for ensuring service the mobile station continues, representing the communication quality of each radio system services includes quality information, it transmits the resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation of the service,
リソース確認要求を受信したひとつ又は複数の他の基地局は、要求されたサービス品質を保証可能なフロー数を計算するサービス品質リソース確認処理を行い、サービス品質情報に対する保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて前記第1の基地局に送信し、 One receives a resource confirmation request or more other base station performs QoS resource confirming process of calculating the number of flows which can guarantee the quality of service requested, the resource check number of flows that can be guaranteed for the service quality information in the response message transmitted to the first base station,
前記第1の基地局は、前記ひとつ又は複数の他の基地局からリソース確認応答を受信すると、サービス品質情報毎に予め定められた、サービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報に、受信したフロー数を重み付けすることにより、サービス品質毎にハンドオーバの実施先として適しているか否かの指標であるハンドオーバ実施先メトリックを算出し、ハンドオーバ実施先メトリックに基づきハンドオーバ候補の無線システムの第2の基地局を選択するハンドオーバ実施先判定を行い、前記移動機を前記第2の基地局へハンドオーバすることを特徴とする無線通信方法、及び、無線通信システムが提供される。 The first base station receives a resource acknowledgment from said one or more other base stations, predetermined for each service quality information, an index representing whether or not suitable for carrying out the service in certain profile information, by weighting the number of flows received, it calculates the handover execution target metric, the handover candidate based on the handover execution target metric is whether index is suitable as a handover exemplary target for each service quality performs handover execution destination determining to select the second base station of a radio system, radio communication method, wherein handing over the mobile station to the second base station, and a wireless communication system is provided.

本発明の第3の解決手段によると、 According to the third solving means of the present invention,
異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける基地局であって、 A base station in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard,
ハンドオーバ元の前記基地局は、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報毎に予め定められたサービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報を元に、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局を選択するハンドオーバ候補選択を実施し、 Handover source of the base station, based on profile information that is an index indicating whether or not suitable for carrying out the radio system predefined service for each service quality information communication indicating the quality of the handover candidates performing a handover candidate selection for selecting one or more other base stations of the radio system,
前記基地局は、該ひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 Said base station, said to one or more other base stations, for ensuring service the mobile station continues includes service quality information indicating communication quality of each wireless system, the continuation of the service It transmits a resource confirmation request is a request to secure the necessary resources,
リソース確認要求を受信した他の基地局のいずれかが、サービス品質情報に該当するサービスのためのリソースが確保可能であるか否かを判断し、該判断の結果を含むリソース確認応答を、前記基地局に送信した場合、 Any other base station receiving the resource confirmation request, determines whether the resources for the service corresponding to the service quality information can be secured, the resources acknowledgment containing the result of the determination, the If you send to the base station,
前記基地局は、前記他の基地局のいずれかから、リソースが確保可能であることを示すリソース確認応答を受信すると、前記移動機を前記他の基地局へハンドオーバすることを特徴とする基地局が提供される。 The base station, from said one of the other base station receives a resource confirmation response indicating that the resource is reserved, the base station, characterized in that a handover of the mobile station to the other base station There is provided.

本発明の第4の解決手段によると、 According to the fourth solving means of the present invention,
異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける基地局であって、 A base station in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard,
ハンドオーバ元の前記基地局は、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 Handover source of the base station, service quality information indicating for one of the handover candidate radio system or more other base stations, for ensuring service the mobile station is continued, the communication quality of each radio system hints, transmits a resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation of the service,
リソース確認要求を受信したひとつ又は複数の他の基地局が、要求されたサービス品質を保証可能なフロー数を計算するサービス品質リソース確認処理を行い、サービス品質情報に対する保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて前記第基地局に送信した場合、 One receives a resource confirmation request or more other base station performs QoS resource confirming process of calculating the number of flows which can guarantee the quality of service requested, the resource check number of flows that can be guaranteed for the service quality information If you send to the first base station in the response message,
前記基地局は、前記ひとつ又は複数の他の基地局からリソース確認応答を受信すると、サービス品質情報毎に予め定められた、サービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報に、受信したフロー数を重み付けすることにより、サービス品質毎にハンドオーバの実施先として適しているか否かの指標であるハンドオーバ実施先メトリックを算出し、ハンドオーバ実施先メトリックに基づきハンドオーバ候補の無線システムの前記他の基地局のいずれかを選択するハンドオーバ実施先判定を行い、前記移動機を前記他の基地局のいずれかへハンドオーバすることを特徴とする基地局が提供される。 The base station receives a resource acknowledgment from said one or more other base stations, predetermined for each service quality information, profile information that is an index indicating whether or not suitable for carrying out the service to, by weighting the number of flows received, calculates the handover execution target metric is whether index is suitable as a handover exemplary target for each service quality, the handover candidate based on the handover implementation target metric of the wireless system the other do one of the handover execution destination determining the selection of the base station, said base station to handover said mobile station to one of said other base station.

本発明によると、ハンドオーバ先のシステムでQoSサービスが継続可能な状態の時にハンドオーバすることにより、QoSサービスが継続可能な確率を高めることができる。 According to the present invention, by handover when QoS service handover destination system is capable continuation state, it is possible QoS service increases the possible continuation probability. また、本発明によると、システム間でQoSサービスを分散させ、特定のシステムに負荷が集中することによる品質劣化を防ぐことができる。 Further, according to the present invention, to disperse the QoS service between systems, it is possible to prevent quality deterioration due to the load is concentrated on a specific system.

複数の無線システムが存在するエリアを表した図である。 Is a diagram showing the area in which a plurality of wireless systems exist. 本発明に関連する、システム間ハンドオーバシーケンスの例を示した図である。 It related to the present invention and shows an example of intersystem handover sequence. 本発明による第一の実施形態のシステム間ハンドオーバシーケンスを示した図である。 Is a diagram showing the inter-system handover sequence according to the first embodiment of the present invention. フォワードリンクの送信電力割当ての例を表した図である。 Is a diagram showing an example of the transmission power allocation of the forward link. フォワードリンクのどの周波数帯をどのエリアのユーザに割当てるかを表した図である。 It is a diagram showing how assign to the user of which frequency band which area the forward link. システムプロファイルメモリの説明図である。 An illustration of a system profile memory. QoS管理メモリの説明図である。 It is an explanatory diagram of the QoS management memory. 本発明による実施形態におけるシステム構成図である。 Is a system configuration diagram in an embodiment according to the present invention. 本発明による第一の実施形態の基地局の機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of a base station according to the first embodiment of the present invention. ハンドオーバ候補選択(ステップ204、209)についてのフローチャート図である。 It is a flowchart of a handover candidate selection (step 204 and 209). 本発明による第二の実施形態のシステム間ハンドオーバシーケンスを示した図である。 Is a diagram showing the inter-system handover sequence in the second embodiment according to the present invention. 確認結果格納メモリの説明図である。 It is an explanatory view of a confirmation result storage memory. 実施先判定メトリック格納メモリの説明図である。 It is an explanatory view of an destination decision metric storage memory. ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)についてのフローチャート図である。 It is a flowchart of a handover implementation destination determination (step 416). QoSリソース確認要否判定フラグを記憶した判定フラグメモリの例である。 It is an example of a determination flag memory storing QoS resource confirmation necessity judging flag. 本発明による第一の実施形態のQoSリソース確認処理のフローチャート図である。 It is a flowchart of a QoS resource check processing according to the first embodiment of the present invention. 本発明による第二の実施形態のQoSリソース確認処理のフローチャート図である。 It is a flowchart of a QoS resource check process of the second embodiment according to the present invention. 本発明による第二の実施形態の基地局の機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of a base station of the second embodiment according to the present invention.

以下、本発明の一実施形態を図面に基づいて説明するが、本発明はこの実施の形態に限定されない。 Will be described below with reference to an embodiment of the present invention with reference to the drawings, the present invention is not limited to this embodiment.

1. 1. 第一の実施形態 First Embodiment

1−1. 1-1. システム・装置 図8は、本実施形態の動作を説明するためのシステム構成を示している。 System unit Figure 8 shows a system configuration for explaining the operation of this embodiment. 本システムは、移動機A10、無線システムAの基地局1、無線システムAの移動管理装置6、無線システムBの基地局3、無線システムBの移動管理装置7、監視装置8、バックボーンネットワーク9を備える。 The system, mobile A10, the base station 1 of the wireless system A, the mobile management device 6 of the wireless system A, the base station 3 of the wireless system B, the mobile management device 7 of the radio system B, the monitoring device 8, a backbone network 9 provided. 基地局1、3は、移動機A10と無線を使用したデータ通信を行う。 The base station 1 and 3, performs data communication using the mobile device A10 and the radio. 移動機管理装置6、7は、移動機A10の呼情報管理、移動管理を行う。 Mobile-device management device 6, the call information management of the mobile station A10, performing mobility management. また、移動機管理装置6、7は、IPネットワークを経由して移動機A10との間でデータ転送を行う機能も具備する。 The mobile-device management device 6 also includes functions for transferring data between the mobile station A10 via the IP network. 監視装置8ではサービス運用状況を把握するために各装置から呼処理動作の統計情報を収集する。 It collects statistics of the call processing operation from the apparatus in order to grasp the monitoring device 8 in the service operation status. 監視装置8はそれぞれのシステム独立に接続されていても良いし、両方接続されていても良い。 It monitoring device 8 may be connected to each system independently, it may be both connected. 無線システムAの基地局1と無線システムBの基地局3との間では、移動機A10のハンドオーバに必要な呼処理情報の転送が行われる。 In between the base station 1 and the base station 3 of the wireless system B of the wireless system A, the transfer of the call processing information necessary for handover of the mobile device A10 it is performed.

第一の実施形態では、システム間ハンドオーバ候補の選択をハンドオーバ元の基地局で保持しているハンドオーバ先の無線通信システムのプロファイル情報を使用して決定する。 In the first embodiment, it is determined using the profile information of the handover target radio communication system that holds the selection of inter-system handover candidate handover source base station.
図9に、第一の実施形態における基地局の機能ブロック図を示す。 Figure 9 shows a functional block diagram of a base station in the first embodiment. 基地局は、無線通信インタフェース20、有線ネットワークインタフェース21、データ処理部22、呼処理制御部23、ハンドオーバ制御部24、QoSリソース確認部25、QoSリソース管理部26、QoS情報管理部27を備える。 The base station includes a radio communication interface 20, a wired network interface 21, the data processing unit 22, a call processing control section 23, a handover control unit 24, QoS resource check unit 25, QoS resource management unit 26, QoS information management section 27.
無線通信インタフェース20は、無線信号に対する変復調処理と、無線プロトコル処理を行う。 The wireless communication interface 20 performs a demodulation process on the radio signal, the wireless protocol processing. 有線ネットワークインタフェース21は、移動機管理装置、監視装置、および他基地局との間の有線ネットワーク通信を行う。 Wired network interface 21, the mobile-device management device performs wired network communication between the monitoring device and another base station. 移動機との間の無線コネクションの確立は呼処理制御部23により行われる。 Establishment of the radio connection between the mobile station is performed by the call processing control unit 23. 移動機との間で送受信するトラフィックデータはデータ処理部22で処理され、QoSフローに対しては保証すべき遅延、帯域が確保されるようにトラフィック制御を行う。 Traffic data to be transmitted and received between the mobile station is processed by the data processing unit 22, the delay to be guaranteed for the QoS flows, it performs the traffic control as bandwidth is ensured. ハンドオーバ制御部24は、移動機が測定した周辺基地局の電波状況を移動機から周期的に受信し、無線状態が良い基地局をハンドオーバ候補として選択する。 The handover control unit 24, the radio wave condition of peripheral base stations which the mobile unit is measured periodically received from the mobile station selects the radio status is good base station as a handover candidate. また、ハンドオーバ制御部24は、ハンドオーバ候補の選択には、QoSサービスの継続に適したシステムか判定するために、ハンドオーバ先の無線通信システムのプロファイル情報を使用する。 Further, the handover control unit 24, the selection of the handover candidate in order to determine whether system suitable for continuous QoS Service, using the profile information of the handover destination wireless communication system. 図6(後述)のように、プロファイル情報は、システムプロファイルメモリ28に格納されており、ハンドオーバメトリック情報を含む。 As such, the profile information of FIG. 6 (described later) is stored in the system profile memory 28, including a handover metric information. ハンドオーバ制御部24は、ハンドオーバ時にQoSサービスの継続が必要な場合には、ハンドオーバ候補基地局でQoSサービスが継続可能か問い合わせを行い、継続可能な場合にハンドオーバ先基地局として決定しハンドオーバを行う。 The handover control unit 24, when the duration of the QoS services are required at the time of handover, QoS service handover candidate base station performs a query or can continue, performs handover to determine if possible continuation as a handover destination base station. QoS情報管理部27は、移動機が実施しているQoS情報を管理しており、ハンドオーバ実施時にQoSサービスの継続が必要かどうかの判定を行う。 QoS information management unit 27 manages QoS information the mobile station is performed, it is determined whether it is necessary to continue the QoS service when the handover execution. 図7(後述)のように、QoS情報は、QoS管理メモリ29に格納されておりQoSクラス毎に保証が必要な品質情報を含む。 As shown in FIG. 7 (described later), QoS information includes quality information must be guaranteed for each QoS class is stored in the QoS management memory 29. QoSリソース確認部25は、QoSサービスの継続が必要な場合、有線ネットワークインタフェース21を経由して、ハンドオーバ候補先の基地局に対してリソース確認要求メッセージを送信し、ハンドオーバ候補基地局でQoSリソースを確保可能か問い合わせる。 QoS resource checking unit 25, when the duration of the QoS services are needed, via the wired network interface 21 transmits the resource confirmation request message to the base station of the handover destination candidate, the QoS resources at the handover candidate base station query or can be secured. QoSリソース管理部26は、基地局が確立可能な最大許容フロー数、及び、QoSサービスに割当可能なリソース数を管理しており、リソース確認要求メッセージを受信した場合に、QoSフローの割当が可能か判定し、有線ネットワークインタフェース21を経由して、リソース確認応答メッセージを送信する。 QoS resource management unit 26, the maximum base station is capable of establishing acceptable number of flows, and manages the number of allocatable resources to QoS service, when receiving the resource check request message, it can be assigned a QoS flow or determined via the wired network interface 21 transmits the resource acknowledgment message.

図6は、システムプロファイルメモリの説明図である。 Figure 6 is an illustration of a system profile memory.
このシステムプロファイルメモリは、ハンドオーバ候補決定に使用するハンドオーバメトリックの例を示す(詳細は後述)。 The system profile memory, an example of a handover metric used handover candidate determination (described in detail later). システムプロファイルメモリ28は、各無線システムに対して、各QoSクラス(例、QCI(QoS Class Identifier))に応じたサービスを実施するのに適したシステムであるかどうかを表す指標であるメトリックを含む前記プロファイル情報を記憶する。 System profile memory 28 includes for each radio system, each QoS class a metric which is an index indicating whether the system suitable for implementing the service in accordance with (e.g., QCI (QoS Class Identifier)) storing the profile information.

図7は、QoS管理メモリの説明図である。 Figure 7 is an explanatory diagram of the QoS management memory.
このQoS管理メモリは、QoSクラス(例、QCI)毎に保証が必要な品質の例を示す。 The QoS management memory indicates QoS classes (e.g., QCI) an example of quality must be guaranteed for each. QoS管理メモリ29は、QoSクラスに対応して、プライオリティ、QoS保証が必要な通信品質(例、ディレイバジェット(許容遅延)、パケットロス率、保証ビットレート等)を記憶する。 QoS management memory 29, corresponding to QoS class, and stores the priority, QoS guarantee is required communication quality (e.g., delay budget (allowable delay), the packet loss rate, guaranteed bit rate, etc.).

1−2. 1-2. 動作概要 図3は、本発明の第一の実施形態によるハンドオーバシーケンスである。 Operation Overview Figure 3 is a handover sequence according to the first embodiment of the present invention. 以下に、図3を参照してハンドオーバシーケンス動作を説明する。 Hereinafter, a handover sequence operation will be described with reference to FIG.
この例では、移動機A10は無線システムAの基地局1と無線システムBの基地局3との両方のエリアに位置している場合を想定している。 In this example, the mobile device A10 is assumed to when located both areas of the base station 1 and the base station 3 of the wireless system B of the wireless system A. 移動機A10は、無線システムAの基地局1とベストエフォートフローの無線コネクションを確立しており(ステップ200)、無線システムAの基地局1でQoSサービスを行っている。 Mobile A10, the base station 1 and has established a wireless connection best effort flow (step 200) of the wireless system A, it is performing a QoS service at the base station 1 of the wireless system A. また、移動機A10は、無線システムAの基地局1からのパイロット信号と、無線システムBの基地局3からのパイロット信号を受信している(ステップ201、202)。 Further, the mobile device A10 includes a pilot signal from the base station 1 of the wireless system A, it is receiving the pilot signal from the base station 3 of the wireless system B (step 201, 202). 移動機A10は、無線システムA、Bからのパイロット信号の電波強度を測定し接続中の無線システムAの基地局1に対して報告を行う(ステップ203)。 Mobile A10 performs reporting to the base station 1 of the wireless system A, a wireless system A in the connection by measuring the field intensity of the pilot signals from B (step 203). 無線システムAの基地局1は、電波強度に基づいてハンドオーバ実施判定(ステップ220)を行う。 The base station 1 of the wireless system A performs a handover execution determination (step 220) based on the radio field intensity. 例えば、基地局1の電波強度が予め定められた閾値より低くなった場合、他の基地局の電波強度が予め定められた閾値より低くなった場合、基地局1と他の基地局との電波強度の差が他の基地局の方が予め定められた閾値より高くなった場合等、適宜実施することができる。 For example, radio waves and when the radio wave intensity of the base station 1 is lower than a predetermined threshold value, when the radio wave strength of other base stations is lower than a predetermined threshold, the base station 1 and the other base station or when the difference in intensity towards the other base station is higher than a predetermined threshold value, it may be implemented as appropriate. 無線システムAの基地局1は、ハンドオーバ実施が必要と判断した場合には、ハンドオーバ候補選択(ステップ204)を行う。 The base station 1 of the wireless system A, if the handover execution is determined to be necessary, performs handover candidate selection (step 204). 図3では無線システムA、Bの2つのシステムを想定しているが、他にもハンドオーバ可能な無線システムが存在する場合には、ハンドオーバ候補選択の対象に含めることも可能である。 In Figure 3 a wireless system A, it is assumed that two systems of B, and when there is a handover enabled wireless systems have other, it is also possible to include in the subject of the handover candidate selection. この場合、複数の無線システムの基地局の中から、最も電波強度の良いものを選択する。 In this case, from the base station of the plurality of radio systems, selecting a good most radio field intensity. ハンドオーバ候補選択の結果、ハンドオーバ候補として無線システムBの基地局3が選択され、移動機A10が実施しているQoSサービスの継続が必要な場合、無線システムBの基地局3に対して、継続したいQoSフローのQoS情報を含めたリソース確認要求メッセージを送信する(ステップ205)。 Result of the handover candidate selection, the base station 3 of the wireless system B is selected as the handover candidate, when the duration of the QoS service the mobile station A10 is performed is required, the base station 3 of the wireless system B, want to continue It transmits a resource confirmation request message including the QoS information of the QoS flow (step 205). QoS情報にはQoSを保証するための許容遅延(例、許容パケット遅延)、保証ビットレートの情報が含まれる。 Allowable delay for ensuring QoS in QoS information (e.g., the allowable packet delay), includes information of a guaranteed bit-rate. これらのQoS情報を例えば非特許文献1で定義されているQCIのようなQoSクラスとして送信しても良い。 It may send these QoS information as QoS class, such as QCI defined for example in Non-Patent Document 1. 無線システムBの基地局3は、QoSリソース確認処理により、要求されたQoSを保証可能か確認する(ステップ221)。 The base station 3 of the wireless system B is a QoS resource confirming process to confirm whether it is possible guarantee the requested QoS (step 221).

図16は、QoSリソース確認処理のフローチャートを示している。 Figure 16 shows a flowchart of a QoS resource confirming process. この処理は、例えばQoSリソース管理部26が実行する。 This process is, for example, QoS resource management unit 26 performs.

QoSリソース管理部26は、最初にリソース確認要求メッセージで通知されたQoSフローを追加した後のトータルフロー数がその基地局で確立可能な最大許容フロー数以下であるか判定する(ステップ601)。 QoS resource management unit 26 determines whether there are first below the maximum allowable number of flows that can be established in total number of flows that the base station after adding the QoS flow notified by the resource confirmation request message (step 601). 例えば、基地局では、予め最大許容フロー数が設定され、現在確立されているフロー数を管理して把握しているため、フロー数を1加算又はQoSクラス情報等により定められる数を加算した場合に最大許容フロー数以内であるか否かを判定すればよい。 For example, the base station is set in advance the maximum allowable number of flows, since knows manages the number of flows currently being established, if the sum of the number defined by adding 1 or QoS class information such as the number of flows it may determine whether or not is within the maximum allowable flow number. 最大許容フロー数以下であれば、QoSリソース管理部26は、例えば図7に示したQoS管理メモリを参照して、QoS情報で特定された保証ビットレートで送信可能な無線リソースを確保可能かどうか判定する(ステップ602)。 If more than the maximum allowable number of flows, QoS resource management unit 26, for example with reference to the QoS management memory shown in FIG. 7, whether it is possible ensure transmittable radio resources guaranteed bit-rate specified in the QoS information determining (step 602). 無線リソースを確保可能であれば、QoSリソース管理部26は、QoS情報で特定された許容遅延内にパケットを転送可能であるか判定する(ステップ603)。 Reserving radio resources, if possible, QoS resource management unit 26 determines whether it is capable of transferring packets to the specified allowable in the delay in the QoS information (step 603). 許容遅延内にパケットを転送可能であれば、QoSリソース管理部26は、QoSフロー追加可(ステップ604)として処理を終了する。 Transfer if packets within the allowable delay, QoS resource management unit 26 ends the processing QoS flow addition friendly as (step 604). それ以外の場合には、QoSリソース管理部26は、QoSフロー追加不可として処理を終了する。 Otherwise, QoS resource management unit 26, the processing ends as QoS flow not add.

図3に戻り、QoSリソース確認処理の結果がリソースを確保不可の場合には、QoSリソース確保不可であることをリソース確認応答メッセージで返す(ステップ206)。 Returning to Figure 3, if the result of the QoS resource confirmation process is not secure resources returns to be a QoS resource not allocated by the resource acknowledgment message (step 206). リソース確認応答を受信した無線システムAの基地局1は、QoS追加不可の場合には、該基地局に対してハンドオーバ実施しないと判断する(ステップ207)。 The base station 1 of the wireless system A, which has received the resource acknowledgment, in the case of QoS not add determines not to handover performed on the base station (step 207). 複数の無線システムの基地局をハンドオーバ候補選択の対象に含めた場合には、ステップ207でハンドオーバ実施しないと判断した無線システムの基地局を除いて、再度ステップ204のハンドオーバ候補選択から実施して、ハンドオーバ先を決定しても良い。 When including the base station of the plurality of wireless systems to target handover candidate selection, except for the base station of the radio system is determined not to perform the handover in step 207, implemented from the handover candidates selected in step 204 again, it may determine the handover destination. ハンドオーバ実施しないと判断した場合、ハンドオーバ実施判定にて再びハンドオーバ実施が必要と判断されるまで、ハンドオーバ動作は停止する。 When determining not to perform the handover, until it is determined that required handover performed again in handover execution determination, the handover operation is stopped.

無線システムAの基地局1は、移動機A10から電波強度報告の受信を継続的に行い(ステップ208)、ハンドオーバ実施判定にて再びハンドオーバ実施が必要と判断されると(ステップ222)、ハンドオーバ候補選択を行う(ステップ209)。 The base station 1 of the wireless system A performs the mobile station A10 of the reception field intensity reports continuously (step 208), it is determined that required handover performed again in handover execution determination (step 222), the handover candidate select carried out (step 209). ハンドオーバ候補として無線システムBの基地局3が再度選択され、移動機A10が実施しているQoSサービスの継続が必要な場合、無線システムBの基地局3に対して、継続したいQoSフローのQoS情報を含めたリソース確認要求メッセージを送信する(ステップ210)。 The base station 3 of the wireless system B is selected again as a handover candidate, when the duration of the QoS service the mobile station A10 is performed is required, the base station 3 of the wireless system B, QoS information of QoS flows that want to continue It transmits a resource confirmation request message including (step 210). 無線システムBの基地局3は、図16で説明したように、QoSリソース確認処理により、要求されたQoSを保証可能なリソースを確保可能か確認し(ステップ223)、リソースを確保可能な場合には、QoSリソース確保可であることをリソース確認応答メッセージで返す(ステップ211)。 The base station 3 of the wireless system B, as described in FIG. 16, the QoS resource checking process, the requested QoS sure can ensure guaranteed available resources (step 223), if the resources can be secured returns to be a QoS resource reservation accepted in the resource acknowledgment message (step 211). リソース確認応答を受信した無線システムAの基地局1は、QoS追加可の場合には、該基地局に対してハンドオーバ実施すると判断し(ステップ212)、移動機A10に対して無線システムBの基地局3へのハンドオーバ指示を行う(ステップ213)。 The base station 1 of the wireless system A, which has received the resource acknowledgment, in the case of QoS appendable determines that a handover performed on the base station (step 212), the base of the wireless system B to the mobile device A10 perform a handover instruction to the station 3 (step 213). 移動機A10は、無線システムBの基地局3へハンドオーバを実施し(ステップ214)、ベストエフォートフローの無線コネクションを確立する(ステップ215)。 Mobile A10 was performed a handover to the base station 3 of the wireless system B (step 214), it establishes a wireless connection best effort flow (step 215). 次に、移動機A10は、QoSフローの確立要求を行い(ステップ216)、無線システムBの基地局3は、QoSフロー確立判定結果が確立可であれば(ステップ217)、QoSフロー確立成功通知を行う(ステップ218)。 Next, the mobile device A10 performs a request for establishing QoS flow (step 216), the base station 3 of the wireless system B, if the QoS flow establishment determination result is established Allowed (step 217), the QoS flow establishment success notification It is carried out (step 218). その後、QoSフローの無線コネクションを確立し、QoSサービスを継続する(ステップ219)。 Thereafter, it establishes a wireless connection QoS flows, to continue the QoS service (step 219).

図3のハンドオーバシーケンスでは、ハンドオーバ実施判定を行う前に、ハンドオーバ候補先の無線システムの基地局に対してリソース確認要求(ステップ205、210)を行っており、その応答がQoS追加可(ステップ211)である場合にハンドオーバを実施することにより、QoSフロー確立判定(ステップ217)でQoSフロー確立可となる確率を高めている。 The handover sequence in FIG. 3, before the handover execution determination, resource confirmation request to the base station of the handover destination candidate radio system (step 205, 210) are performed, the response is QoS appendable (step 211 by performing a handover in the case) it is, to enhance the probability of the QoS flow established friendly with QoS flow establishment determination (step 217). リソース確認要求には、継続したいQoS情報を含めて送信しており、QoS追加可としてリソース確認応答を返す場合には、無線システムBの基地局3内に要求されたリソースを予約しておくことも可能である。 The resource confirmation request, and transmits including QoS information to be continued to return the resource is acknowledged with a QoS appendable may be to reserve the requested resource in the base station 3 of the wireless system B it is also possible. 予約したリソースは、QoSフロー確立要求(ステップ216)を受信するまで確保しておくが、一定期間QoS確立要求が送られて来ない場合には解放し、他のユーザが使用できるようにすることもできる。 Reserved resource is set aside until it receives the QoS flow establishment request (step 216), and released when the predetermined period QoS establishment request is not sent, so that other users can use it It can also be.
また、ステップ206で、無線システムBの基地局3がQoSリソース確保不可であることをリソース確認応答メッセージで返す場合に、無線システムBの基地局3が同一無線システム内の他の基地局のリソース使用状況などに応じてハンドオーバ先として最適な基地局を選択可能である場合には、ハンドオーバ先リダイレクション情報としてリソース確認応答メッセージ内に含めて通知することも可能である。 Further, in step 206, when returning the base station 3 of the wireless system B is not secured QoS resources in the resource acknowledgment message, resources for other base stations of the base station 3 is in the same radio system of the wireless system B If it is possible to select optimal base station as a handover destination in accordance with the usage, it is also possible to notify included in the resource check response message as a handover destination redirection information. ハンドオーバ先リダイレクション情報を受信した無線システムAの基地局1は、リダイレクション先の基地局に対してハンドオーバ可能である場合には、リダイレクション先の基地局に対して再度リソース確認要求を実施し、ハンドオーバシーケンスを継続することができる。 The base station 1 of the wireless system A that has received the handover destination redirection information, if possible handover to the redirection target base station again carried Test Resources request to the redirection destination base station, a handover sequence it can be continued. ただし、ハンドオーバ候補の基地局でQoS追加不可の状態が続くことにより、ハンドオーバ実施不可の状態が続く場合には、従来通り無線強度に応じたハンドオーバ条件が成立した時点で最適な基地局にハンドオーバを実施するようにしてもよい。 However, by the base station of the handover candidate followed by a state of QoS not add, when the state of the handover-incapable persists, the handover to the optimum base station when the handover conditions according to conventional radio strength has been established it may be carried out.

1−3. 1-3. ハンドオーバ候補選択(ステップ204、209) The handover candidate selection (step 204 and 209)

ハンドオーバ候補選択(ステップ204、209)は、無線システムA内の複数の基地局と、図1で示した無線システムA以外の無線通信システムである無線システムB、C、Dの基地局とを、候補として行うことができる。 Handover Candidate selection (step 204 and 209) includes a plurality of base stations in the wireless system A, a wireless system B is a wireless communication system other than the wireless system A shown in FIG. 1, C, a base station and D, it can be carried out as a candidate. ただし、以下の説明では、一例として、主に異なる無線通信システム間の候補選択に着目して説明する。 However, in the following explanation, as an example, it is described by focusing mainly on candidate selection between different wireless communication systems. システム間のハンドオーバ候補選択はシステム間のハンドオーバが必要となる条件が成立した場合にのみ実施するものとする。 Handover Candidate Selection between the systems shall be performed only if the condition required handover between the systems is established.
図3のシーケンスでは、ステップ207でハンドオーバ実施しないと判定した場合、その後、ハンドオーバ実施判定(ステップ222)、ハンドオーバ候補選択(ステップ209)が繰り返されるため、無線コネクション確立中の基地局から受信する電波品質が劣化した状態から本シーケンスを開始した場合には、ハンドオーバ先の選択処理を実施している間に無線品質が劣化していき、十分な候補選択が行われないままハンドオーバを実施せざるをえない状態になる場合が考えられるかもしれない。 In the sequence of FIG. 3, if it is determined not to perform the handover in step 207, then, since the handover execution determination (step 222), the handover candidate selection (step 209) is repeated, the radio wave received from the base station in a radio connection establishment If you start the sequence from a state in which the quality is deteriorated, the wireless quality is gradually deteriorated while performing the handover destination selection process, forced to implement a handover while sufficient candidate selection is not performed If you become example no state might be considered. また、セル境界では他セルからの干渉による品質劣化により、十分なQoS保証を得られない可能性もあるかもしれない。 Further, by the cell boundary quality degradation due to interference from other cells, there may also be no possibility of getting enough QoS guarantee. よって、ハンドオーバ候補選択は、従来のシステム内のハンドオーバと比較して接続中の基地局の電波品質が良い状態から開始するとよい。 Thus, the handover candidate selection may signal quality of the base station in connection in comparison with the handover in the conventional system is started from a good state. 以下にハンドオーバ候補選択の実施タイミングの一例を説明する。 Hereinafter will be described an example of execution timing of the handover candidate selection.

図4は、無線システムAの基地局が送信するフォワードリンクの送信電力割当の例を示している。 4, the base station of the wireless system A shows an example of the transmission power allocation of the forward link to be transmitted. 無線システムAの基地局1は、セルに近い場所にいる移動機に対しては送信電力を小さくした割当帯域A30、セル境界にいるユーザに対しては送信電力を大きくした割当帯域C32を使用して無線リソースの割当を行い、中間の移動機に対しては割当帯域B31を割当てるものとする。 The base station 1 of the wireless system A using the allocated bandwidth C32 with an increased transmission power for users in allocated bandwidth A30, cell boundaries with a reduced transmission power to the mobile station that are as close to the cell It performs allocation of radio resources Te, for the middle of the mobile device and to allocate the allocated bandwidth B31. 逆に、無線システムAの基地局2は、セルに近い場所にいる移動機に対しては送信電力を小さくした割当帯域C32、セル境界にいるユーザに対しては送信電力を大きくした割当帯域A30を使用して無線リソースの割当を行い、中間の移動機に対しては割当帯域B31を割当てるものとする。 Conversely, the base station 2 of the wireless system A, allocated bandwidth C32 with a reduced transmission power for a mobile station at a location close to the cell, assigned to increase the transmission power for the users in the cell boundary zone A30 the perform allocation of radio resources using, for the intermediate mobile shall allocate the allocated band B31.

図5は、フォワードリンクのどの周波数帯をどのエリアのユーザに割当てるかを表した図である。 Figure 5 is a diagram showing how assigned which frequency band forward link to the user what area. この図は、図4のように送信出力の割当を決定した場合に、無線システムAの基地局1と無線システムAの基地局2のどのエリアで割当帯域A、B、Cが使用されるかを表している。 Do this figure, when determining the allocation of transmission power as shown in FIG. 4, the wireless system A of the base station 1 and the assigned areas of the base station 2 throat wireless system A band A, B, C are used a represents. 基地局間でセル境界に割当てる周波数帯域を別にすることでセル境界の移動機に対する電波環境を改善させている。 To separate a frequency band to be allocated to the cell boundary between the base stations is made to improve the radio wave environment for the mobile station in the cell boundary. 例えば、移動機A10がセル境界へ移動した場合、送信電力を大きくした割当帯域C32に移動機A10をスケジューリングすることにより、セル境界のユーザのQoS品質を確保するように動作する。 For example, when the mobile station A10 moves to the cell boundary, by scheduling the mobile A10 to allocated bandwidth C32 with an increased transmission power and operates to secure the QoS quality of users at the cell boundaries. セルに近い場所にいる移動機から受信する電波強度は大きく、セル境界の移動機から受信する電波強度は小さいことから、移動機をどの帯域の無線リソースに割当てるかどうかは、移動機から受信する電波強度を元に判断するものとする。 Radio field intensity is greater received from mobile station at a location close to the cell, since the radio wave strength is small to receive from the mobile station of the cell boundary, whether assigned mobile unit to which band the radio resource, receiving from the mobile station It is intended to determine the radio wave intensity to the original. ただし、セル境界の移動機が多くなると、割当帯域C32の無線リソースが不足する可能性があり、セル境界のユーザに対しても割当帯域B31、割当帯域A32を使用した無線リソースの割当を行わなければならない可能性がある。 However, when the mobile unit cell boundary increases, there is a possibility that the radio resource allocation bandwidth C32 is insufficient, assigned even to users at the cell border band B31, be carried out allocation of radio resources using the allocated bandwidth A32 there shall possibility. この場合、セル境界のユーザからすると電波環境が悪くなってしまうことになり、QoSの維持にも影響を与える可能性がある。 In this case, the radio wave environment when the user of the cell boundary is deteriorated, which may also affect the maintenance of QoS. このため、ハンドオーバ候補選択は、移動機への割当に必要な送信電力が、割当帯域A30から割当帯域B31のように変化したことを契機に実施し、セル境界の帯域に割当てる移動機のQoSフロー数が大きくならないようにハンドオーバ制御を行うようにすることができる。 Thus, the handover candidate selection, the transmission power required for allocation to the mobile station to implement the allocated bandwidth A30 in response to the changed as allocated band B31, QoS flow of the mobile machine is assigned to the frequency band of the cell boundary You can number to perform not lest handover control increases. また、上述のような移動機への割当に必要な送信電力をクラス分けし、クラス間を移動した場合に無線システム間のハンドオーバ候補選択を実施する確率を指定し、セル境界に近づくに従って実施確率を高めることにより、段階的にシステム間ハンドオーバを行うことにより、セル境界でQoSに割当てるリソース数を減らすとともに、必要以上のシステム間ハンドオーバが発生するのを防ぐことも可能である。 Further, execution probability according to specify a probability that classifies the transmission power required for allocation to the mobile station as described above, to implement the handover candidate selection between radio systems when moving between classes, approaches a cell boundary by increasing the, by performing a handover between stepwise system with reducing the number of resources allocated to QoS in cell boundary, it is possible to prevent the excessive intersystem handover occurs.

ハンドオーバ候補選択は、システム毎の優先度に基づいて実施することも可能である。 Handover Candidate selection may also be performed based on the priority of each system.
図6は、ハンドオーバ候補選択で使用するハンドオーバメトリックの例である。 Figure 6 is an example of a handover metrics used in the handover candidate selection. 図6の情報は、予め設定しておくことができる。 Information of Figure 6 can be preset. ハンドオーバメトリックは移動機が実施中のQoSサービスを継続するためにどの無線システムを選択するのが適しているかの判定に使用し、ハンドオーバ元の基地局内でハンドオーバ先無線通信システムのプロファイル情報として保持する。 Handover metric is used to determine whether the mobile station is suitable to choose which radio system to continue the QoS service in implementation, held at the handover source base station as the profile information of the handover target radio communication system . 非特許文献1によると、QoSサービスに必要とされる品質はQoSクラス毎に定義され、各QoSクラスにはQCIと呼ばれる識別情報が割り当てられている。 According to Non-Patent Document 1, the quality required for QoS services are defined for each QoS class, and each QoS class is assigned identification information called a QCI. QCIを用いて、例えば、図6のように音声、ストリーミングビデオ、ファイル転送の各サービスに対して、それぞれ1、4、9のQCIを割り当てた場合を考える。 Using QCI, for example, voice as in FIG. 6, streaming video, for each service file transfer, respectively assumed that assign a QCI of 1,4,9. QCIが1、4、9のサービスに対して保証すべきQoS品質の定義は、図7のようになっている。 QCI definition of QoS Quality to be guaranteed for the service of 1,4,9 is as shown in FIG. 図7のプライオリティは値が小さい方が優先度が高く、QCIの値が1、4、9の順に優先度が高い。 Priority 7 smaller value is a higher priority, the value of the QCI has higher priority in the order of 1, 4, 9. ディレイバジェットはQoS保証に必要とされる許容遅延を規定しており、この遅延を超えないようにパケット転送を行う必要がある。 Delay budget prescribes a permissible delay required for QoS guarantee, there is a need to transfer packets so as not to exceed this delay. パケットロス率はサービスの継続に必要とされるロス率を規定しており、主に無線伝送でのパケットロスがこの値を超えないようにパケット転送を行う必要がある。 Packet loss rate is defined a loss rate required for continuation of service, mainly the packet loss in the wireless transmission needs to transfer packets so as not to exceed this value. ビットレート保証はQCIが1、4の場合に必要であり、QCIとは別に保証すべきビットレートを設定する必要がある。 Bitrate guarantee QCI is required in the case of 1,4, it is necessary to set the bit rate to be guaranteed separately from the QCI.
図6のハンドオーバメトリックは、各無線システムに適しているQoSサービスをQCI毎にまとめたものである。 Handover metric of FIG. 6 is a QoS service suitable for each radio system are summarized for each QCI. メトリック値は最小値0、最大値7であり、値が大きい順にQoSサービスに適した無線システムであることを表す。 Metric value minimum value 0, the maximum value of 7, indicating that the order value is greater is a wireless system suitable for QoS service. また、値が0の場合には対象無線システムをハンドオーバ候補から無条件に外すものとする。 Further, the value of 0 is assumed to remove the target radio system from the Handover Candidate unconditionally. 図6では無線システム毎にハンドオーバメトリックを定義したが、基地局毎に定義しても良い。 Was defined handover metric for each radio system in Figure 6, it may be defined for each base station.
図6の無線システムAは、例えばE−UTRANシステムに相当し、全てのサービスに適しているが、サービス展開を始めたばかりで品質が安定していない場合があるためメトリックは中間的な値である4を設定している。 Wireless system A in FIG. 6, for example, corresponds to the E-UTRAN system is suitable for all services, the metric because it may quality just started service deployment is not stable is the intermediate value 4 have set. 無線システムBは、例えば3G無線システムに相当し、セル半径が広く、サービスエリアも広く安定しているため、音声サービスに相当するQCI=1のサービスに最も適した無線システムとなっており、メトリックは全無線システム内で最も大きい6を設定している。 Wireless system B corresponds for example to a 3G wireless systems, wide cell radius, since the service area widely stable, has a most suitable radio system QCI = 1 service corresponding to voice services, metrics It is set the largest 6 in the entire wireless system. ただし、無線システムBは、無線スループット性能が他システムに比べて劣る場合があるため、それ以外のQCIに対するメトリックは小さく、2を設定している。 However, the wireless system B, because there is a case where the wireless throughput performance is inferior compared to other systems, the metric is smaller for the other QCI, has set 2. 無線システムCは、例えばWiMAXシステムに相当し、サービスエリアはある程度広いが、主にデータ通信を目的としたシステムのため、音声サービスは行わないものとし、QCI=1のメトリックは0を設定している。 Wireless system C, for example corresponds to a WiMAX system, but the service area is somewhat wider, primarily for system for the purpose of data communication, voice services and are not subject to, QCI = 1 metric is set to 0 there. 無線システムCは、無線スループット性能が高いため、QCI=4、9のサービスに適しており、メトリックは高めの5を設定している。 Wireless system C because wireless throughput performance is higher, are suitable for the service of the QCI = 4, 9, metrics are set to 5 higher. 無線システムDは、例えばWi−Fiシステムに相当し、サービスエリアは狭いが、無線スループットが高いため、大量のトラフィックを一斉に転送する場合に向いており、QCI=9のサービスに対しては、メトリックを7に設定している。 Wireless systems D, for example corresponds to a Wi-Fi systems, the service area is narrow, since the wireless throughput is high, faces when transferring simultaneously a large amount of traffic for the service of QCI = 9, It has set the metric to 7. 無線システムDは、音声サービスを行わないものとし、QCI=1のメトリックは0を設定している。 Wireless system D is intended to not perform voice services, QCI = 1 metric is set to zero.

図10は、ハンドオーバ候補選択(ステップ204、209)についてのフローチャート図である。 Figure 10 is a flowchart of a handover candidate selection (step 204 and 209). この図は、図6のハンドオーバメトリックを用いた場合の、ハンドオーバ候補選択の一例を示す。 This figure shows the case of using the handover metric of FIG. 6 shows an example of a handover candidate selection. ここでは、ある一定の受信品質を満たした無線システムを対象に行われるものとする。 Here, it is assumed to be conducted on the radio system which meet certain reception quality in. 以下に、フローチャートの各ステップの動作を説明する。 Hereinafter, the operation of each step of the flowchart. この処理は、例えばハンドオーバ制御部24が実行する。 This process is, for example, the handover control unit 24 executes.
ハンドオーバ制御部24は、ハンドオーバ候補選択を実施する移動機が実施中のひとつ又は複数のサービスを、図7に示したQoS管理メモリを参照し、QCIのプライオリティが高い順にソートする(ステップ301)。 The handover control unit 24, the one or more services in the mobile station embodiment to implement the handover candidates selected by referring to the QoS management memory shown in FIG. 7, the priority of the QCI is sorted in descending order (step 301). 次に、ハンドオーバ制御部24は、図6に示したシステムプロファイルメモリを参照し、プライオリティが高いQCI順に、ハンドオーバメトリックを比較し、メトリックが最大のシステムを選択する(ステップ302)。 Next, the handover control unit 24 refers to the system profile memory illustrated in FIG. 6, higher priority QCI turn compares the handover metric, metric to select the maximum system (step 302). ここで最もプライオリティが高いQCIのメトリックが複数システムで同じ値の場合には、ハンドオーバ制御部24は、次にプライオリティの高いQCIのメトリックを比較することにより、メトリックが最大のシステムを選択する。 Here, if the highest priority QCI metric of the same value in multiple systems, the handover control unit 24, by comparing the metrics of the higher priority QCI then metric to select the maximum system. すべてのQCIのメトリックが同じ値の場合には、ハンドオーバ制御部24は、ランダムに選択する。 If the metric is the same value of all QCI is, the handover control unit 24 selects at random. 次に、ハンドオーバ制御部24は、選択したシステムでサービス実施中のいずれかのQCIに対するハンドオーバメトリックに0のものがあるかどうかを判定することにより、選択したシステムでQoSサービスが実施可能かを判定する(ステップ303)。 Next, the handover control unit 24, by determining whether there is a 0 in the handover metric for one of QCI in service execution in the selected system, determine QoS services for the selected system is feasible (step 303). ステップ303の判定結果が、QoS実施可能である場合には、ハンドオーバ制御部24は、選択したシステムをハンドオーバ候補に決定し、ハンドオーバ候補選択処理を終了する。 The determination result of step 303, if it is QoS possible implementation, the handover control unit 24 determines the selected systems to handover candidate, and terminates the handover candidate selection process. ステップ303の判定結果で、QoS実施不可のサービスがある場合には、ハンドオーバ制御部24は、選択したシステムをハンドオーバ候補から除外する(ステップ305)。 In the determination result of step 303, if there is a service of QoS-incapable, the handover control unit 24 excludes the selected systems from the handover candidate (step 305). 選択したシステムをハンドオーバ候補から除外した場合、ハンドオーバ制御部24は、全てのハンドオーバ候補を除外したかどうか判定する(ステップ306)。 Excluding selected system from the handover candidate, the handover control unit 24 determines whether or excluding all handover candidates (step 306). 全てのハンドオーバ候補を除外した場合には、ハンドオーバ制御部24は、システム間ハンドオーバ候補なし(ステップ307)として処理を終了する。 If you exclude all handover candidates, the handover control unit 24 ends the process as no inter-system handover candidate (step 307). 全てのハンドオーバ候補が除外されていない場合には、ハンドオーバ制御部24は、ステップ302にてハンドオーバメトリックが最大のシステムを再選択し、終了条件が成立するまで処理を継続する。 If all of the handover candidate is not excluded, the handover control unit 24, the handover metric at step 302 to reselect the maximum system, the process is continued until the termination condition is satisfied.
例えば、QCI=4(ストリーミングビデオ)、QCI=9(ファイル転送)のサービスを実施中の移動機A10が、ハンドオーバ候補選択を行う場合に、図6のハンドオーバメトリックを用いて、図10のフローチャートを適用すると以下のようになる。 For example, QCI = 4 (streaming video), QCI = 9 mobile A10 service in implementation of (file transfer) are, in the case of performing a handover candidate selection using the handover metric of FIG. 6, a flow chart of FIG. 10 application and as follows. QCIのプライオリティが、QCI=4の場合には5、QCI=9の場合には9のため、QCI=4,QCI=9の順に優先度は高くなる(ステップ301相当)。 Priority QCI is, for 9 in the case of 5, QCI = 9 in the case of the QCI = 4, the priority becomes higher in the order of QCI = 4, QCI = 9 (step 301 or equivalent). QCI=4に対してハンドオーバメトリックが最大のシステムを選択すると、無線システムCが最も値の大きい5となっており、無線システムCをハンドオーバメトリック最大のシステムとして選択する(ステップ302相当)。 When the handover metrics for QCI = 4 selects the maximum system, the wireless system C has become a 5 having the largest value, it selects the wireless system C as a handover metric maximum system (step 302 or equivalent). 移動機A10がサービス実施中のQCI4、9に対して、無線システムCのハンドオーバメトリックが0であるかを確認すると、両方5が設定されておりサービスは実施可能と判定する(ステップ303相当)。 To the mobile station A10 are QCI4,9 in service performance determining, when the handover metric of the wireless system C confirms whether the 0, both 5 is set services to be executable (step 303 or equivalent). これにより、無線システムCをハンドオーバ候補に決定する(ステップ304相当)。 Thus, determining the wireless system C to the handover candidate (step 304 or equivalent).

2. 2. 第二の実施形態 Second Embodiment

2−1. 2-1. システム・装置 System and equipment

システムについては、第一の実施形態で説明したものと同様である。 The system is similar to that described in the first embodiment.

図18に、第二の実施形態における基地局の機能ブロック図を示す。 Figure 18 shows a functional block diagram of a base station in the second embodiment. QoSリソース確認部25は、他無線システムからQoSサービスを保証可能なフロー数を取得し、後述の図12に示すようなフロー数情報を確認結果格納メモリ18に格納する。 QoS resource check unit 25 acquires the number of flows which can guarantee a QoS service from another radio system, and stores the flow rate information as shown in FIG. 12 to be described later to confirm the result storage memory 18. ハンドオーバ制御部24は、確認結果格納メモリ18の情報と、システムプロファイルメモリ28に格納されているハンドオーバメトリック情報を用いて算出した、後述の図13に示すような実施先判定メトリックを実施先判定メトリック格納メモリ19に格納し、ハンドオーバ実施先の選択を行う。 The handover control unit 24, the confirmation result information storage memory 18, the system profile was calculated using the handover metric information stored in the memory 28, described later Fig. 13 shows such an exemplary destination decision metric performed destination decision metric of stored in the storage memory 19, and selects a handover execution target. 詳細な動作は、後述の図11のシーケンスで説明する。 The detailed operation will be described in the sequence of FIG. 11 described later.
なお、第二の実施形態において、第一の実施形態と同じ参照番号のブロックや構成は、上述したものと同様である。 Incidentally, in the second embodiment, the block or structure of the same reference numbers as the first embodiment are the same as those described above.

図12は、確認結果格納メモリの説明図である。 Figure 12 is an explanatory view of a confirmation result storage memory.
確認結果格納メモリ18は、各無線システムに対して、各QoSクラス(例、QCI)に応じて、ハンドオーバ時にQoS保証が可能なフロー数を記憶する。 Confirmation result storage memory 18, for each wireless system, the QoS class (e.g., QCI) according to, for storing a flow number of possible QoS guarantee during handover.
図13は、実施先判定メトリック格納メモリの説明図である。 Figure 13 is an explanatory view of an destination decision metric storage memory.
実施先判定メトリック格納メモリ19は、各無線システムに対して、各QoSクラス(例、QCI)に応じて、算出されたハンドオーバ実施先メトリックを記憶する。 Exemplary destination decision metric storage memory 19, for each wireless system, in accordance with each QoS class (e.g., QCI), stores the handover execution target metrics computed.

2−2. 2-2. 動作概要 Operational Overview

図11は、本発明の第二の実施形態によるハンドオーバシーケンスである。 Figure 11 is a handover sequence according to the second embodiment of the present invention. 第二の実施形態では、システム間ハンドオーバ候補の選択をハンドオーバ先のリソースの空き情報を使用して行う。 In the second embodiment, it carried out using the free information of the handover destination resource selection intersystem handover candidates.
以下に、図11の形態におけるハンドオーバシーケンス動作を説明する。 The following describes a handover sequence operations in the form of FIG. 11.
この例では、移動機A10は無線システムAの基地局1と無線システムBの基地局3との両方のエリアに位置している場合を想定している。 In this example, the mobile device A10 is assumed to when located both areas of the base station 1 and the base station 3 of the wireless system B of the wireless system A. 移動機A10は無線システムAの基地局1とベストエフォートフローの無線コネクションを確立しており(ステップ400)、無線システムAの基地局1でQoSサービスを行っている。 Mobile A10 has established a radio connection with base station 1 and the best effort flow of the wireless system A (step 400) is performed a QoS service at the base station 1 of the wireless system A. また、移動機A10は、無線システムAの基地局1、無線システムBの基地局3、無線システムCの基地局4からのパイロット信号を受信している(ステップ401〜403)。 Further, the mobile device A10, the base station 1 of the wireless system A, the base station 3 of the wireless system B, and receives the pilot signals from the base station 4 of the wireless system C (step 401 to 403). 移動機A10は、無線システムA、B、Cからのパイロット信号の電波強度を測定し接続中の無線システムAの基地局1に対して報告を行う(ステップ404)。 Mobile A10 is a wireless system A, B, and report to the base station 1 of the wireless system A in connection to measure the field intensity of the pilot signal from C (step 404). 無線システムAの基地局1は、電波強度に基づいてハンドオーバ実施判定(ステップ417)を行う。 The base station 1 of the wireless system A performs a handover execution determination (step 417) based on the radio field intensity. 例えば、基地局1の電波強度が予め定められた閾値より低くなった場合、他の基地局の電波強度が予め定められた閾値より低くなった場合、基地局1と他の基地局との電波強度の差が他の基地局の方が予め定められた閾値より高くなった場合等、適宜実施することができる。 For example, radio waves and when the radio wave intensity of the base station 1 is lower than a predetermined threshold value, when the radio wave strength of other base stations is lower than a predetermined threshold, the base station 1 and the other base station or when the difference in intensity towards the other base station is higher than a predetermined threshold value, it may be implemented as appropriate. 無線システムAの基地局1は、ハンドオーバ先の基地局で移動機A10が実施しているQoSサービスの継続が必要で、無線システムBの基地局3、無線システムCの基地局4の電波強度が一定以上と判断した場合に、無線システムBの基地局3、無線システムCの基地局4に対してリソース確認要求を送信する(ステップ405、406)。 The base station 1 of the wireless system A continuation of QoS service that the mobile device A10 is carried out at the handover destination base station is required, the base station 3 of the wireless system B, and radio wave intensity of the base station 4 of the wireless system C If it is determined that the certain level or higher, the base station 3 of the wireless system B, and transmits a resource confirmation request to the base station 4 of the wireless system C (step 405, 406). リソース確認要求には、継続したいQoSフローのQoS情報を含めて送信する。 The resource confirmation request, to send, including the QoS information of the QoS flow that you want to continue. QoS情報にはQoSを保証するための許容パケット遅延(例、許容パケット遅延)、保証ビットレートの情報が含まれる。 Allowable packet delay for ensuring QoS in QoS information (e.g., the allowable packet delay), includes information of a guaranteed bit-rate. これらのQoS情報を例えば非特許文献1で定義されているQCIのようなQoSクラス情報として送信しても良い。 It may send these QoS information as QoS class information such as the QCI defined for example in Non-Patent Document 1. リソース確認要求を受信した無線システムBの基地局3、無線システムCの基地局4は、QoSリソース確認処理を行い、要求されたQoSを保証可能なフロー数を計算する(ステップ418、419)。 Radio system base station 3 of B that has received the resource confirmation request, the base station 4 of the wireless system C performs QoS resource confirming process, calculates the number of flows which can guarantee the requested QoS (step 418).

図17は、QoSリソース確認処理のフローチャートを示している。 Figure 17 shows a flowchart of a QoS resource confirming process. この処理は、例えばQoSリソース管理部26が実行する。 This process is, for example, QoS resource management unit 26 performs. また、本フローチャートはQoSフロー毎に実施する。 Further, the flowchart is performed for each QoS flow.
QoSリソース管理部26は、最初に保証可能なQoSフロー数を0に初期化する(ステップ701)。 QoS resource management unit 26 initializes to 0 the first available guaranteed number QoS flow (step 701). 次に、QoSリソース管理部26は、リソース確認要求メッセージで通知されたQoSフローを追加した後のトータルフロー数がその基地局で確立可能な最大許容フロー数以下であるか判定する(ステップ702)。 Next, QoS resource management unit 26 determines whether or not more than the maximum allowable number of flows that can be established in total number of flows that the base station after adding the QoS flow notified by the resource confirmation request message (step 702) . 例えば、基地局では、予め最大許容フロー数が設定され、現在確立されているフロー数を管理して把握しているため、フロー数を1加算又はQoSクラス情報等により定められる数を加算した場合に最大許容フロー数以内であるか否かを判定すればよい。 For example, the base station is set in advance the maximum allowable number of flows, since knows manages the number of flows currently being established, if the sum of the number defined by adding 1 or QoS class information such as the number of flows it may determine whether or not is within the maximum allowable flow number. 最大許容フロー数以下であれば、QoSリソース管理部26は、例えば図7に示したQoS管理メモリを参照して、QoS情報で特定された保証ビットレートで送信可能な無線リソースを確保可能かどうか判定する(ステップ703)。 If more than the maximum allowable number of flows, QoS resource management unit 26, for example with reference to the QoS management memory shown in FIG. 7, whether it is possible ensure transmittable radio resources guaranteed bit-rate specified in the QoS information determining (step 703). 無線リソースを確保可能であれば、QoSリソース管理部26は、例えば図7に示したQoS管理メモリを参照して、QoS情報で特定された許容遅延内にパケットを転送可能であるか判定する(ステップ704)。 Reserving radio resources, if possible, QoS resource management unit 26, for example with reference to the QoS management memory shown in FIG. 7, it is determined whether it is capable of transferring packets to the specified allowable in the delay in the QoS information ( step 704). 許容遅延内にパケットを転送可能であれば、QoSリソース管理部26は、保証可能なQoSフロー数に1を加えてカウントアップする(ステップ705)。 Allowable delay in the transfer if the packet, QoS resource management unit 26 counts up by adding 1 to the guaranteed number of possible QoS flow (step 705). QoSリソース管理部26は、該基地局でのリソース状態を、QoSフローを追加した場合の仮のリソース状態に更新し(ステップ706)、再度ステップ702から実施することにより、QoS保証可能な限りフロー数のカウントアップを継続する。 QoS resource management unit 26, the resource state at the base station, and updates the temporary resource state of adding the QoS flow (step 706), by performing the step 702 again, the flow whenever QoS can guarantee It continues to count up the number. ステップ702〜704の条件が成立しなくなった場合に、QoSリソース管理部26は、処理を終了する。 If the condition of step 702 to 704 is no longer met, QoS resource management unit 26 ends the process.

図11に戻り、QoSリソース管理部26は、QoSリソース確認処理を終えると、計算した保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて送信する(ステップ407、408)。 Returning to Figure 11, QoS resource management unit 26, when completing the QoS resource confirming process, and transmits including computed can be guaranteed number of flows to the resource check response message (step 407, 408).
図12は、各無線システム基地局でハンドオーバ時にQoS保証が可能なフロー数の例を示しており、他無線システムからQoSを保証可能なフロー数を取得した結果は、確認結果格納メモリ18に格納する。 12, the radio system base station QoS guarantee during handover is indicates the number of flows possible example, other wireless systems results a QoS has obtained the number of flows that can be guaranteed by the store to verify result storage memory 18 to.

リソース確認応答を受信した無線システムAの基地局1は、ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)を行う。 The base station 1 of the wireless system A, which has received the resource acknowledgment performs handover execution destination determination (step 416). ハンドオーバ実施先判定で無線システムBの基地局3が選択された場合、移動機A10に対して無線システムBの基地局3へのハンドオーバ指示を行う(ステップ409)。 If the base station 3 of the wireless system B is selected in the handover execution destination decision, it performs a handover instruction to the base station 3 of the wireless system B to the mobile device A10 (step 409). 移動機A10は無線システムBの基地局3へハンドオーバを実施し(ステップ410)、ベストエフォートフローの無線コネクションを確立する(ステップ411)。 Mobile A10 is performed a handover to the base station 3 of the wireless system B (step 410), it establishes a wireless connection best effort flow (step 411). 次に、移動機A10はQoSフローの確立要求を行い(ステップ412)、無線システムBの基地局3はQoSフロー確立判定結果が確立可であれば(ステップ413)、QoSフロー確立成功通知を行う(ステップ414)。 Next, the mobile device A10 performs a request for establishing QoS flow (step 412), the base station 3 of the wireless system B is if established Allowed the QoS flow establishment determination result (step 413), performs QoS flow establishment success notification (step 414). その後、QoSフローの無線コネクションを確立し、QoSサービスを継続する(ステップ415) Thereafter, it establishes a wireless connection QoS flows, to continue the QoS service (step 415)

図11のハンドオーバシーケンスでは、ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)において、各無線システム内でQoSサービスを保証可能なフロー数を用いて判定を行うことにより、QoSフロー確立可となる確率を高めるとともに、各システムで実施するQoSフローを分散することが可能となる。 The handover sequence in FIG. 11, in the handover execution destination determining (step 416), by performing the determination using the number of flows with QoS services available guaranteed in each wireless system, to increase the probability of the QoS flow established friendly, it is possible to distribute the QoS flows carried by each system. リソース確認要求には、継続したいQoS情報を含めて送信しており、リソース確認応答を返す場合には、各無線システムの基地局にて要求されたリソースを予約しておくことも可能である。 The resource confirmation request, and transmits including QoS information to be continued to return the resource acknowledgment, it is also possible to reserve the requested resources at the base station of each radio system. 予約したリソースは、QoSフロー確立要求(ステップ412)を受信するまで確保しておくが、一定期間QoS確立要求が送られて来ない場合には解放し、他のユーザが使用できるようにすることもできる。 Reserved resource is set aside until it receives the QoS flow establishment request (step 412), and released when the predetermined period QoS establishment request is not sent, so that other users can use it It can also be.

2−3. 2-3. ハンドオーバ実施先判定(ステップ416) Handover execution destination determination (step 416)

図14は、ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)についてのフローチャート図である。 Figure 14 is a flow diagram of a handover execution destination determination (step 416). ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)の例を、図14のフローチャートを用いて説明する。 An example of handover execution destination determining (step 416) will be described with reference to the flowchart of FIG. 14. 図14の判定例では、各無線システム内でQoSサービスを保証可能なフロー数と、図6のハンドオーバメトリックの値を用いて、判定に使用するメトリックをハンドオーバ実施先判定メトリックとして再計算し、ハンドオーバ実施先判定を行っている。 The determination example of FIG. 14, the number of flows which can guarantee a QoS service in each radio system, using the value of the handover metric 6, recalculates metrics used to determine a handover execution destination decision metric, handover It is doing the implementation destination determination. 実施先判定メトリックは次式により算出される。 Exemplary destination decision metric is calculated by the following formula.

実施先判定メトリック =QoSサービスを保証可能なフロー数 × ハンドオーバメトリック Exemplary destination decision metric = QoS services can guarantee flow speed × handover metric

以下に、図14のフローチャートの各ステップの動作を説明する。 Hereinafter, the operation of each step in the flowchart of FIG. 14. この処理は、例えばハンドオーバ制御部24が実行する。 This process is, for example, the handover control unit 24 executes.
ハンドオーバ制御部24は、ハンドオーバ候補選択を実施する移動機が実施中のひとつ又は複数のサービスを、図7に示したQoS管理メモリを参照し、QCIのプライオリティが高い順にソートする(ステップ501)。 The handover control unit 24, the one or more services in the mobile station embodiment to implement the handover candidates selected by referring to the QoS management memory shown in FIG. 7, the priority of the QCI is sorted in descending order (step 501). 次に、ハンドオーバ制御部24は、図6に示したシステムプロファイルメモリと図12に示した確認結果格納メモリを参照し、各無線システムに対して、QoSクラス(例、QCI)毎にハンドオーバ実施先となる基地局毎に実施先判定メトリックを算出する(ステップ502)。 Next, the handover control unit 24 refers to the check result storage memory shown in the system profile memory and 12 shown in FIG. 6, for each radio system, QoS class (e.g., QCI) handover execution target for each calculating the exemplary destination decision metric for each base station as a (step 502). ここで、図13は、実施先判定メトリックの算出結果の例を示している。 Here, FIG. 13 shows an example of calculation results of the destination decision metrics. 図6のハンドオーバメトリックと、図12に示す各無線システム基地局でハンドオーバ時にQoS保証が可能なフロー数を用いた場合に算出される実施先判定メトリックは図13のようになり、ハンドオーバ制御部24は、算出された実施先判定メトリックを実施先判定メトリック格納メモリ19に格納する。 Handover metric 6, exemplary destination decision metric which is calculated in the case of using the number of flows which can be QoS guaranteed at handover in the radio system base station depicted in FIG. 12 is as shown in FIG. 13, the handover control unit 24 stores the calculated implemented destination decision metric performed destination decision metric storage memory 19. 次に、ハンドオーバ制御部24は、プライオリティが高いQCI順に、実施先判定メトリックを比較し、メトリックが最大の基地局を選択する(ステップ503)。 Next, the handover control unit 24, higher priority QCI turn compares the exemplary destination decision metric, metric to select the maximum base station (step 503). ここで最もプライオリティが高いQCIのメトリックが複数基地局で同じ値の場合には、ハンドオーバ制御部24は、次にプライオリティの高いQCIのメトリックを比較することにより、メトリックが最大の基地局を選択する。 In the case of the same value in this case the highest priority QCI metrics plurality of base stations, the handover control unit 24, by comparing the metrics of the higher priority QCI then metric to select the maximum base station . また、ハンドオーバ制御部24は、すべてのQCIのメトリックが同じ値の場合には、ランダムに選択する。 Further, the handover control unit 24, if the metric is the same value of all QCI is randomly selected. 次に、ハンドオーバ制御部24は、選択した基地局でサービス実施中のいずれかのQCIに対するハンドオーバメトリックに0のものがあるかどうかを判定することにより、選択した基地局でQoSサービスが継続可能かを判定する(ステップ504)。 Next, the handover control unit 24, by determining whether the handover metric for one of QCI in service performed in selected base station there is a 0, or QoS service can be continued on the selected base station determining (step 504). ステップ504の判定結果が、QoS継続可能である場合には、ハンドオーバ制御部24は、選択した基地局をハンドオーバ実施先として決定し、ハンドオーバ実施先判定処理を終了する。 The determination result of step 504, if it is QoS can continue, the handover control unit 24 determines the selected base station as a handover execution target, terminates the handover execution destination determination process. ステップ505の判定結果で、QoS継続不可のサービスがある場合には、ハンドオーバ制御部24は、選択した基地局をハンドオーバ実施先から除外する(ステップ506)。 In the determination result of step 505, if there is a service QoS continuity not a handover control unit 24 excludes the selected base station from the handover execution destination (step 506). 選択した基地局をハンドオーバ実施先から除外した場合、ハンドオーバ制御部24は、全てのハンドオーバ実施先候補の基地局を除外したかどうか判定する(ステップ507)。 Excluding selected base station from the handover execution target, the handover control unit 24 determines whether to exclude the base station for all handover execution destination candidate (step 507). 全てのハンドオーバ実施先候補を除外した場合には、ハンドオーバ制御部24は、システム間ハンドオーバ実施先なし(ステップ508)として処理を終了する。 If you exclude all handover execution destination candidate, the handover control unit 24 terminates the processing as inter-system without handover execution destination (step 508). 全てのハンドオーバ実施先候補が除外されていない場合には、ハンドオーバ制御部24は、ステップ503にて実施先判定メトリックが最大の基地局を再選択し、終了条件が成立するまで処理を継続する。 If all the handover execution candidate is not excluded, the handover control unit 24, carried away decision metric at step 503 to reselect the maximum base station, the process is continued until the termination condition is satisfied.

例えば、QCI=4(ストリーミングビデオ)、QCI=9(ファイル転送)のサービスを実施中の移動機A10が、ハンドオーバ実施先判定を行う場合に、図13の実施先判定メトリックを用いて、図14のフローチャートを適用すると以下のようになる。 For example, QCI = 4 (streaming video), QCI = 9 mobile A10 service in implementation of (file transfer) are, in the case of performing the handover execution destination determination, using the exemplary destination decision metric of FIG. 13, FIG. 14 so the applying the following flowchart. QCIのプライオリティは、QCI=4の場合には5、QCI=9の場合には9のため、QCI=4,QCI=9の順に優先度は高くなる(ステップ501相当)。 Priority QCI because of 9 in the case of 5, QCI = 9 in the case of the QCI = 4, the priority becomes higher in the order of QCI = 4, QCI = 9 (step 501 or equivalent). QCI=4に対して図13の実施先判定メトリックが最大の基地局を選択すると、無線システムBの基地局3と無線システムD基地局5が最も値の大きい64となっており、まずはこの2つが選択される。 When implemented destination decision metric of FIG. 13 selects the maximum base station with respect to QCI = 4, it has become the base station 3 and the radio system D base station 5 of the radio system B and 64 having the largest value, first the 2 One is selected. この2つの基地局に対して、QCI=9の実施先判定メトリックが最大の基地局を選択すると、無線システムBの基地局3が128、無線システムD基地局5が112であり、無線システムBの基地局3が選択される(ステップ503相当)。 For the two base stations, the QCI = 9 exemplary destination determining metrics for selecting the maximum of the base station, the base station 3 of the wireless system B 128, a radio system D base station 5 112, the wireless system B the base station 3 is selected in (step 503 or equivalent). 移動機A10がサービス実施中のQCI4、9に対して、無線システムBの基地局3のハンドオーバメトリックが0であるかを確認すると、両方5が設定されておりサービスは実施可能と判定する(ステップ504相当)。 To the mobile station A10 are QCI4,9 in the service implementation, the handover metric of the base station 3 of the wireless system B to check whether the 0, the service is set both 5 judges to be executable (step 504 or equivalent). これにより、無線システムBの基地局3をハンドオーバ実施先に決定する(ステップ505相当)。 Thus, determining the base station 3 of the wireless system B in the handover execution destination (step 505 or equivalent).

なお、ハンドオーバ実施先判定で、ハンドオーバ実施先で確保可能なQoSリソース数が0の状態が続くことにより、システム間ハンドオーバ実施先なし(ステップ508)と判定される状況が続く場合には、従来通り無線強度に応じたハンドオーバ条件が成立した場合にハンドオーバを実施することができる。 In the handover execution destination determination, by the number available QoS resources reserved in the handover execution target continues the state of 0, if the context in which it is determined that the inter-system without handover execution destination (step 508) is followed, as before can handover conditions corresponding to radio strength to implement the handover when a condition is satisfied. この場合、ハンドオーバ実施先判定を行った基地局はQoSリソースの確保に失敗したことを統計情報として収集し、監視装置8に対して報告する。 In this case, the base station performing the handover execution destination decision collects statistical information that it has failed to secure QoS resources are reported to the monitoring device 8. 監視装置8では蓄積された統計情報を元に、ハンドオーバ実施時にQoSサービスが継続されないエリアとして特定し、そのエリアに基地局を新たに設置するなどしてエリアの最適化を実施することができる。 Based on the monitored device accumulates the 8 statistics identified as an area in which QoS service is not continued during handover execution, it is possible to implement the optimization of the area, such as by installing new base stations in the area.

2−4. 2-4. セル半径又は送信電力による処理 また、ハンドオーバ先の決定には、移動機の移動速度を考慮し、高速移動の場合にはセル半径が広いシステムを選択することも可能である。 Treatment with the cell radius or transmit power also the determination of the handover destination, taking into account the movement speed of the mobile station, in the case of high-speed movement can be selected the cell radius is large system. この場合、各基地局のメモリにセル半径をハンドオフ元の基地局に事前に設定しておく。 In this case, it is set in advance in the base station memory in the cell radius handoff source of each base station. この場合には、図14のハンドオーバ実施先判定フローチャートのステップ502の実施先判定メトリックを、次式により算出する。 In this case, the implementation destination decision metric of handover execution destination determining flowchart of step 502 in FIG. 14 is calculated by the following equation. セル半径はエリアの広さを表す指標であり、各基地局の送信電力に置き換えてもよい。 Cell radius is an index representing the size of the area may be replaced with the transmission power of each base station.

実施先判定メトリック = QoSサービスを保証可能なフロー数 × ハンドオーバメトリック × 該基地局のセル半径 Cell radius exemplary destination decision metric = number of the QoS service can ensure flow × handover metric × base station

GPS情報やジャイロセンサーなどを用いることにより移動機が高速移動状態であることを判断し、ある一定以上の速さで移動していると判断した場合に、セル半径を考慮した実施先判定メトリックを使用してハンド―オーバ実施先判定を行うことができる。 Mobile station determines that it is a fast moving state by the like GPS information or a gyro sensor, if it is determined to be moving at a constant faster than in the implementation destination decision metric that takes into account the cell radius it can be performed over exemplary destination determination - hand use. これにより、高速移動中の移動機はセル半径の広い基地局に対してハンドオーバを実施する確率が高まる。 Thus, the mobile device moving at high speed is increased the probability of performing the handover to the cell radius broad base station.

2−5. 2-5. QoS保証の必要ない移動機 QoS guarantee does not require the mobile device of

また、ベストエフォートサービスのみを実施している移動機など、QoS保証の必要がない移動機に対しては、図11のリソース確認要求(ステップ405、406)を実施せずにハンドオーバ実施することも可能である。 Further, such mobile equipment that implement only best-effort service, against the need for QoS guarantee is not mobile, also handover execution without performing resource confirmation request of FIG. 11 (steps 405 and 406) possible it is.

図15は、QoSリソース確認要否判定フラグを記憶した判定フラグメモリの例である。 Figure 15 is an example of the determination flag memory storing QoS resource confirmation necessity judging flag. リソース確認要求をスキップ可能かどうかは、図15に示すQoSリソース確認要否判定フラグを元に実施する。 Whether a resource confirmation request skippable is carried out based on the QoS resource confirmation necessity judging flag shown in FIG. 15. 本フラグ情報は、システムプロファイルメモリ28内に事前に格納しておく。 This flag information is stored in advance in the system profile memory 28.
この処理は、例えばハンドオーバ制御部24が実行することができる。 This process can be for example the handover control unit 24 executes.
ハンドオーバ制御部24は、システムプロファイルメモリ内の判定フラグメモリを参照し、フラグが1であればスキップ可、0であればスキップ不可とする。 The handover control unit 24 refers to the determination flag memory in the system profile in memory, if the flag is 1 skip friendly, and non-skippable if 0. 図15の例では、無線システムDのQCI=9のサービスに対して1が設定されており、QCI=9のサービスのみを実施している移動機は、リソース確認要求を実施せずに無線システムDにハンドオーバを実施可能である。 In the example shown in FIG. 15, it is 1 set for the service of the QCI = 9 radio system D, a mobile station has implemented only the service of QCI = 9, the radio system without performing resource confirmation request a handover to D are possible. この場合、ハンドオーバ制御部24は、図11のハンドオーバ実施判定(ステップ417)にてリソース確認要求をスキップ可能であること判断すると、リソース確認要求を実施せずに、ハンドオーバ実施先判定(ステップ416)を行い、無条件に無線システムDの基地局を選択し、移動機に対してハンドオーバ指示を行う。 In this case, the handover control unit 24 has determined that it is possible skipping a resource confirmation request in the handover execution determination in Fig. 11 (step 417), without performing resource confirmation request, handover execution destination determination (step 416) was carried out, and selects the base station of a radio system D unconditionally perform a handover instruction to the mobile unit. 無線システムDは、例えばWi−Fiを想定しており、セル半径は狭いが無線スループットは高いため、そのエリア内のベストエフォートトラフィックを無条件に無線システムDに流し、データオフロードを実施することが可能である。 Wireless systems D, for example Wi-Fi is assumed to, for although the narrow cell radius is higher radio throughput, the best effort traffic in the area unconditionally flowed into radio systems D, performing a data offloading it is possible. なお、QoSに適さない無線システムに対してハンドオーバした後、QoSサービスを開始した移動機は、QoSサービスの起動に伴い、再びQoS保証に適したシステムを選択してハンドオーバを実施する。 Note that after the handover to the radio system which is not suitable for QoS, mobile device that initiated the QoS service, along with the start of the QoS service, to implement the handover by selecting a system suitable for re QoS guarantee.

本発明は無線通信方式、無線通信規格、標準規格、プロトコル等の異なるシステム間のハンドオーバーに適宜適用することができる。 The present invention can be appropriately applied wireless communication system, a wireless communication standard, standards, the handover between different systems of the protocol or the like.

1〜2 無線通信システムAの基地局3 無線通信システムBの基地局4 無線通信システムCの基地局5 無線通信システムDの基地局6 無線システムAの移動管理装置7 無線システムBの移動管理装置8 監視装置9 バックボーンIPネットワーク10 移動機A 1-2 the wireless communication system A base station 3 a radio communication system base station 4 wireless communication system mobile management device C of the base station 5 the radio communication system base station 6 wireless system A mobile management device 7 wireless system B of the D and B of 8 monitoring device 9 backbone IP network 10 mobile station A
18 確認結果格納メモリ19 実施先判定メトリック格納メモリ 18 check result storage memory 19 implemented destination decision metric storage memory

20 無線通信インタフェース21 有線ネットワークインタフェース22 データ処理部23 呼処理制御部24 ハンドオーバ制御部25 QoSリソース確認部26 QoSリソース管理部27 QoS情報管理部28 システムプロフィルメモリ29 QoS管理メモリ30 無線システムAの基地局の割当帯域A 20 base of the wireless communication interface 21 wired network interface 22 the data processing unit 23 the call processing control unit 24 handover control unit 25 QoS resource check unit 26 QoS resource management unit 27 QoS information management unit 28 system profile memory 29 QoS management memory 30 the wireless system A stations allocated bandwidth a
31 無線システムAの基地局の割当帯域B 31 allocated bandwidth of the base station of the wireless system A B
32 無線システムAの基地局の割当帯域C 32 allocation of a base station of a wireless system A band C
100〜110 従来のハンドオーバシーケンスのステップ200〜223 第一の実施形態のハンドオーバシーケンスのステップ300〜308 ハンドオーバ候補選択フローチャートのステップ400〜419 第二の実施形態のハンドオーバシーケンスのステップ500〜509 ハンドオーバ実施先判定フローチャートのステップ600〜606 第一の実施形態のQoSリソース確認処理フローチャートのステップ700〜707 第二の実施形態のQoSリソース確認処理フローチャートのステップ 100-110 Step 500-509 handover implementation destination of the handover sequence of steps 400 to 419 a second embodiment of steps 300 to 308 the handover candidate selection flowchart of the handover sequence of steps 200 to 223 the first embodiment of the conventional handover sequence step of QoS resource confirming process flow chart of the steps 700 to 707 a second embodiment of the QoS resource confirming process flow chart of the steps 600 to 606 the first embodiment of the determination flow

Claims (8)

  1. 異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける無線通信方法であって、 A wireless communication method in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard,
    ハンドオーバ元の第1の基地局は、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 The first base station of the handover source, for one of the handover candidate radio system or more other base stations, for ensuring service the mobile station continues, representing the communication quality of each radio system services includes quality information, it transmits the resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation of the service,
    リソース確認要求を受信したひとつ又は複数の他の基地局は、要求されたサービス品質を保証可能なフロー数を計算するサービス品質リソース確認処理を行い、サービス品質情報に対する保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて前記第1の基地局に送信し、 One receives a resource confirmation request or more other base station performs QoS resource confirming process of calculating the number of flows which can guarantee the quality of service requested, the resource check number of flows that can be guaranteed for the service quality information in the response message transmitted to the first base station,
    前記第1の基地局は、前記ひとつ又は複数の他の基地局からリソース確認応答を受信すると、サービス品質情報毎に予め定められた、サービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報に、受信したフロー数を重み付けすることにより、サービス品質毎にハンドオーバの実施先として適しているか否かの指標であるハンドオーバ実施先メトリックを算出し、ハンドオーバ実施先メトリックに基づきハンドオーバ候補の無線システムの第2の基地局を選択するハンドオーバ実施先判定を行い、前記移動機を前記第2の基地局へハンドオーバすることを特徴とする無線通信方法。 The first base station receives a resource acknowledgment from said one or more other base stations, predetermined for each service quality information, an index representing whether or not suitable for carrying out the service in certain profile information, by weighting the number of flows received, it calculates the handover execution target metric, the handover candidate based on the handover execution target metric is whether index is suitable as a handover exemplary target for each service quality radio communication method characterized by perform handover execution destination determining to select the second base station of a radio system, a handover said mobile station to said second base station.
  2. 異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおいて、 In handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard,
    ハンドオーバ元の第1の基地局は、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 The first base station of the handover source, for one of the handover candidate radio system or more other base stations, for ensuring service the mobile station continues, representing the communication quality of each radio system services includes quality information, it transmits the resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation of the service,
    リソース確認要求を受信したひとつ又は複数の他の基地局は、要求されたサービス品質を保証可能なフロー数を計算するサービス品質リソース確認処理を行い、サービス品質情報に対する保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて前記第1の基地局に送信し、 One receives a resource confirmation request or more other base station performs QoS resource confirming process of calculating the number of flows which can guarantee the quality of service requested, the resource check number of flows that can be guaranteed for the service quality information in the response message transmitted to the first base station,
    前記第1の基地局は、前記ひとつ又は複数の他の基地局からリソース確認応答を受信すると、サービス品質情報毎に予め定められた、サービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報に、受信したフロー数を重み付けすることにより、サービス品質毎にハンドオーバの実施先として適しているか否かの指標であるハンドオーバ実施先メトリックを算出し、ハンドオーバ実施先メトリックに基づきハンドオーバ候補の無線システムの第2の基地局を選択するハンドオーバ実施先判定を行い、前記移動機を前記第2の基地局へハンドオーバすることを特徴とする無線通信システム。 The first base station receives a resource acknowledgment from said one or more other base stations, predetermined for each service quality information, an index representing whether or not suitable for carrying out the service in certain profile information, by weighting the number of flows received, it calculates the handover execution target metric, the handover candidate based on the handover execution target metric is whether index is suitable as a handover exemplary target for each service quality wireless communication system, characterized in that perform handover execution destination determining to select the second base station of a radio system, a handover said mobile station to said second base station.
  3. 前記サービス品質情報は、サービス品質クラスであり、 The service quality information is a service quality class,
    前記第1の基地局は、 The first base station,
    各無線システムに対し、各サービス品質クラスに応じて、サービスを実施するのに適しているか否かの指標を示すメトリックを前記プロファイル情報として格納するシステムプロファイルメモリを備え、 For each wireless system, in accordance with the service quality class, a metric indicating a have indication whether suitable for performing the service with a system profile memory for storing as the profile information,
    前記第1の基地局は、サービス品質保証が必要な通信品質を含む前記リソース確認要求を送信し、 The first base station transmits the resource confirmation request including the communication quality required service quality assurance,
    前記第2の基地局は、前記リソース確認要求を受信すると、サービス品質クラス毎に現在リソース確保可能なリソース数を含むリソース確認応答を返し、 The second base station, upon receiving the resource confirmation request returns a resource confirmation response including the current number of resources that can be reserved resources for each QoS class,
    前記第1の基地局は、前記ハンドオーバ候補選択処理を実施する際、前記システムプロファイルメモリを参照して、各無線システムの基地局に対してサービス品質クラス毎に、メトリックをリソース確保可能なフロー数で重みづけしたハンドオーバ実施先メトリックを算出し、前記移動機が実施中のひとつ又は複数のサービスのサービス品質クラスのうち、プライオリティが高いサービス品質クラス順に、重みづけしたハンドオーバ実施先メトリックの値が大きい無線システムをハンドオーバ候補の無線システムとして選択することを特徴とする請求項に記載の無線通信システム。 The first base station, when performing the handover candidate selecting process, by referring to the system profile memory for each QoS class to a base station of each radio system, the flow number of resources can be secured metrics in calculating the handover execution target metrics weighted, of the QoS class of one or more services in the mobile station is carried, the higher priority QoS class order, the larger the value of the handover execution target metrics weighted the wireless communication system according to claim 2, characterized in that selects a radio system as the radio system handover candidate.
  4. 前記ハンドオーバ先決定に使用するメトリックに対して、移動機の移動速度、基地局のセル半径又は送信電力に対応する指標を、さらに重み付けすることを特徴とする請求項に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 3, characterized in that for the metric to be used for the handover destination determining the moving speed of the mobile station, the indicator corresponding to the cell radius or transmission power of the base station, further weighting.
  5. 前記第1の基地局は、 The first base station,
    移動局のサービス品質クラスに従い、ベストエフォートサービスのみを実施していることを示す判定フラグメモリを備え、 According QoS class of the mobile station includes a determination flag memory indicating that it is performed only best effort service,
    前記第1の基地局は、前記ハンドオーバ実施判定において、前記判定フラグメモリを参照し、移動局がベストエフォートサービスのみを実施していると判断すると、前記リソース確認要求を行わずに該当する無線システムの基地局へハンドオーバすることを特徴とする請求項に記載の無線通信システム。 The first base station, in the handover execution determination, the determination flag refers to the memory, the mobile station is determined to be performed only best effort service, the wireless system corresponding to without the resource confirmation request the wireless communication system according to claim 2, characterized in that handover to the base station.
  6. 前記リソース確認要求にて、サービス品質リソースの確保が出来ない場合には、サービス品質リソースの確保に失敗したことを通知することを特徴とする請求項に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 2 wherein in the resource confirmation request, if can not be ensured quality of service resources, characterized by notifying of a failure to ensure service quality resources.
  7. ハンドオーバ先基地局の選択は、移動機に対する送信電力の変更を契機に行うこと、又は、移動機が通信中の無線システム基地局のセル境界に近づく従って確率的に実施することを特徴とする請求項に記載の無線通信システム。 Selection of the handover destination base station, to perform in response to change in the transmit power for the mobile station, or, according to the mobile station, characterized in that approach therefore probabilistically performed at the cell boundary of the radio system base station in communication the wireless communication system according to claim 2.
  8. 異なる無線通信方式又は無線通信規格を使用する無線システム間でサービスを中断せずにハンドオーバ可能な無線通信システムにおける基地局であって、 A base station in a handover enabled wireless communication system without interrupting service between wireless systems using different wireless communication systems or wireless communication standard,
    ハンドオーバ元の前記基地局は、ハンドオーバ候補の無線システムのひとつ又は複数の他の基地局に対して、前記移動機が継続するサービスを保証するための、各無線システムの通信品質を表すサービス品質情報を含み、該サービスの継続に必要なリソースを確保するための要求であるリソース確認要求を送信し、 Handover source of the base station, service quality information indicating for one of the handover candidate radio system or more other base stations, for ensuring service the mobile station is continued, the communication quality of each radio system hints, transmits a resource confirmation request is a request for securing resources necessary for the continuation of the service,
    リソース確認要求を受信したひとつ又は複数の他の基地局が、要求されたサービス品質を保証可能なフロー数を計算するサービス品質リソース確認処理を行い、サービス品質情報に対する保証可能なフロー数をリソース確認応答メッセージに含めて前記基地局に送信した場合、 One receives a resource confirmation request or more other base station performs QoS resource confirming process of calculating the number of flows which can guarantee the quality of service requested, the resource check number of flows that can be guaranteed for the service quality information If you send before Kimoto land stations included in the response message,
    前記基地局は、前記ひとつ又は複数の他の基地局からリソース確認応答を受信すると、サービス品質情報毎に予め定められた、サービスを実施するために適しているか否かを表す指標であるプロファイル情報に、受信したフロー数を重み付けすることにより、サービス品質毎にハンドオーバの実施先として適しているか否かの指標であるハンドオーバ実施先メトリックを算出し、ハンドオーバ実施先メトリックに基づきハンドオーバ候補の無線システムの前記他の基地局のいずれかを選択するハンドオーバ実施先判定を行い、前記移動機を前記他の基地局のいずれかへハンドオーバすることを特徴とする基地局。 The base station receives a resource acknowledgment from said one or more other base stations, predetermined for each service quality information, profile information that is an index indicating whether or not suitable for carrying out the service to, by weighting the number of flows received, calculates the handover execution target metric is whether index is suitable as a handover exemplary target for each service quality, the handover candidate based on the handover implementation target metric of the wireless system base station, characterized in that said one of the other base station performs handover execution destination determining selecting and handover the mobile station to one of said other base stations.
JP2011086352A 2011-04-08 2011-04-08 Wireless communication method and system, a base station Expired - Fee Related JP5557789B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011086352A JP5557789B2 (en) 2011-04-08 2011-04-08 Wireless communication method and system, a base station

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011086352A JP5557789B2 (en) 2011-04-08 2011-04-08 Wireless communication method and system, a base station

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012222609A true JP2012222609A (en) 2012-11-12
JP5557789B2 true JP5557789B2 (en) 2014-07-23

Family

ID=47273657

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011086352A Expired - Fee Related JP5557789B2 (en) 2011-04-08 2011-04-08 Wireless communication method and system, a base station

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5557789B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103874149A (en) * 2012-12-10 2014-06-18 索尼公司 Mobile switching management method, equipment and system in wireless communication network
GB201306216D0 (en) * 2013-04-05 2013-05-22 Nec Corp Communication system

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101084113B1 (en) * 2004-03-05 2011-11-17 엘지전자 주식회사 Method for Transmitting Service Information Applying to Handover in Mobile Broadband Wireless Access System
JP2006020270A (en) * 2004-06-04 2006-01-19 Ntt Docomo Inc Handover control equipment, radio resource managing apparatus, network resource managing apparatus, mobile communication system and handover control method
JP4642613B2 (en) * 2005-09-06 2011-03-02 Kddi株式会社 The radio communication control system and a radio communication control method
JP2008103865A (en) * 2006-10-18 2008-05-01 Nec Corp Handover control system and method thereof, and mobile communication system and wireless base station using the same
CN101965028B (en) * 2009-07-23 2015-08-12 中兴通讯股份有限公司 A method for implementing switching x2, apparatus and system for

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012222609A (en) 2012-11-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6968192B2 (en) Cell load control method and system
US20050262266A1 (en) Apparatus and method for resource allocation
US20060019663A1 (en) Robust and fast handover in a wireless local area network
US20110117907A1 (en) Selection of Connection Type in Cellular System
US20100279679A1 (en) Methods and Apparatus for Handling Measurement Reports
US8676186B2 (en) Cell load balancing method, cell load measuring method, and devices thereof
US20060166677A1 (en) Balancing load of cells in inter-frequency handover of wireless communications
US20080192638A1 (en) Telecommunications System And Method
US20040095905A1 (en) Network assisted cell reselection in wireless communications systems and methods
US20120009972A1 (en) Method and Device for Data Processing in a Mobile Communication Network
US20090291686A1 (en) Autonomous connectivity between a mobile station and multiple network elements for minimizing service discontinuities during handovers in a wireless communication system
US20130308445A1 (en) System and Method for Network Detection and Selection
US20110149913A1 (en) Method and serving base station for determining handover type, and method for handover between base stations in wireless mobile communication system using carrier aggregation
US20090163223A1 (en) Load balancing in mobile environment
US20060014544A1 (en) Method and a system for selecting non-real-time users to perform cell reselection
US20150098393A1 (en) Network operating system client architecture for mobile user equipment
US9148838B2 (en) Method and apparatus for load management in cellular communication networks
US20110134882A1 (en) Communication system, terminal device, base station, communication quality management method, and program
US20090201810A1 (en) Method for generating a congestion flag based on measured system load
US20100323704A1 (en) Optimizing handovers in a communication network
US20100208653A1 (en) MOBILE COMMUNICATION SYSTEM AND ACCESS GATEWAY HAVING PLURAL USER PLANE AGWs
US20080153495A1 (en) Mobile communication system, handover control method, radio base station, and mobile station
US20110044264A1 (en) Pre registration/pre authentication in wireless networks
WO2005027557A1 (en) Seamless handover in heterogeneous network
WO2009020361A2 (en) Apparatus and method for measuring home cell/private network cell in mobile communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130520

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131016

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131022

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131213

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140528

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140603

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5557789

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees