JP5523495B2 - フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置 - Google Patents

フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5523495B2
JP5523495B2 JP2012053384A JP2012053384A JP5523495B2 JP 5523495 B2 JP5523495 B2 JP 5523495B2 JP 2012053384 A JP2012053384 A JP 2012053384A JP 2012053384 A JP2012053384 A JP 2012053384A JP 5523495 B2 JP5523495 B2 JP 5523495B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fin
flat
plate
notch
heat transfer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012053384A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012233680A (ja
Inventor
拓也 松田
晃 石橋
相武 李
正 有山
多佳志 岡崎
厚志 望月
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to JP2011096073 priority Critical
Priority to JP2011096073 priority
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to JP2012053384A priority patent/JP5523495B2/ja
Publication of JP2012233680A publication Critical patent/JP2012233680A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5523495B2 publication Critical patent/JP5523495B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=47434153&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP5523495(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F17/00Removing ice or water from heat-exchange apparatus
    • F28F17/005Means for draining condensates from heat exchangers, e.g. from evaporators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F13/00Details common to, or for air-conditioning, air-humidification, ventilation or use of air currents for screening
    • F24F13/22Means for preventing condensation or evacuating condensate
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D1/00Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators
    • F28D1/02Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid
    • F28D1/04Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits
    • F28D1/053Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being straight
    • F28D1/0535Heat-exchange apparatus having stationary conduit assemblies for one heat-exchange medium only, the media being in contact with different sides of the conduit wall, in which the other heat-exchange medium is a large body of fluid, e.g. domestic or motor car radiators with heat-exchange conduits immersed in the body of fluid with tubular conduits the conduits being straight the conduits having a non-circular cross-section
    • F28D1/05366Assemblies of conduits connected to common headers, e.g. core type radiators
    • F28D1/05383Assemblies of conduits connected to common headers, e.g. core type radiators with multiple rows of conduits or with multi-channel conduits
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F1/00Tubular elements; Assemblies of tubular elements
    • F28F1/10Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses
    • F28F1/12Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element
    • F28F1/24Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely
    • F28F1/32Tubular elements and assemblies thereof with means for increasing heat-transfer area, e.g. with fins, with projections, with recesses the means being only outside the tubular element and extending transversely the means having portions engaging further tubular elements
    • F28F1/325Fins with openings
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D21/00Heat-exchange apparatus not covered by any of the groups F28D1/00 - F28D20/00
    • F28D2021/0019Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for
    • F28D2021/0068Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for for refrigerant cycles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28DHEAT-EXCHANGE APPARATUS, NOT PROVIDED FOR IN ANOTHER SUBCLASS, IN WHICH THE HEAT-EXCHANGE MEDIA DO NOT COME INTO DIRECT CONTACT
    • F28D21/00Heat-exchange apparatus not covered by any of the groups F28D1/00 - F28D20/00
    • F28D2021/0019Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for
    • F28D2021/0068Other heat exchangers for particular applications; Heat exchange systems not otherwise provided for for refrigerant cycles
    • F28D2021/0071Evaporators
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F28HEAT EXCHANGE IN GENERAL
    • F28FDETAILS OF HEAT-EXCHANGE AND HEAT-TRANSFER APPARATUS, OF GENERAL APPLICATION
    • F28F2215/00Fins
    • F28F2215/12Fins with U-shaped slots for laterally inserting conduits

Description

本発明は、フィンチューブ型熱交換器及びそのフィンチューブ型熱交換器を用いた冷凍サイクル装置に関するものである。
従来、扁平管の平面部を水平に配置し、平面部と平面部との間にフィンを配置したコルゲートフィンチューブ型熱交換器が広く普及している(例えば特許文献1参照)。特許文献1に開示されている熱交換器は、フィンから空気流の下流側へ突出する突出部を有しており、その突出部には切り欠きが設けられている。熱交換器で発生した凝縮水は、空気流の下流側に集まり、切り欠きから下方へ落下する。しかし、凝縮水が切り欠きから落下するのは、凝縮水が自重で落下できる程度の大きさまで成長したときであって、しばらく凝縮水が熱交換器に滞留することがあり、その結露水が通風抵抗となって熱交換性能を低下させている。
そこで、排水性を向上させるために、フィンを平面部と平面部との間からはみ出させ、そのはみ出し部分を介して結露水が下方へ流れる熱交換器を開発し、凝縮水に対する熱交換器の排水性を向上させたものがある(例えば、特許文献2参照)。
実公昭63−6632号公報(実用新案登録請求の範囲、図3) 特開2008−101847号公報(要約書、図1)
しかしながら、熱交換器の小型化がさらに進む状況下において、熱交換器の小型化は、凝縮水に対する熱交換器の排水性を低下させる可能性が高いので、さらなる排水性の向上が求められている。また、外気温が約2度以下となり、冷媒の蒸発温度がゼロ度以下となる熱交換器に着霜が生じる環境下において、室外熱交換器にコルゲートフィンチューブ型熱交換器を使用すると、空気中の絶対湿度量が多い風上側のフィン、扁平管に着霜が生じ易く、通風抵抗が増大し風量が低下して熱交換性能が低下する課題があった。また、霜を溶かす除霜運転においても、コルゲートフィン上に凝縮水が滞留して、滞留した凝縮水が基点となり霜が生じ易くなる。
コルゲートフィンチューブ型熱交換器は、アルミ製のコルゲートフィンとアルミ製の扁平管をロウ付け接合して製造する。課題として、ロウ付けすることにより、アルミフィンの耐力が焼きなまされることにより、大幅に低下して、フィン座屈強度が低下し、フィンが倒れ易くなることがあった。フィン倒れが生じると、空気の通風抵抗が増大して風量が低下して熱交換性能が低下する課題があった。
本発明は、前記のような課題を解決するためになされたものであり、凝縮水の排水性、フィンの座屈強度及び伝熱性能の向上と、着霜耐力を確保するフィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置を提供することを目的とする。
本発明に係るフィンチューブ型熱交換器は、流体の流れ方向に直交する方向に積層され、流体の上流側に延びる切欠部を有する板状フィンと、板状フィンの切欠部に挿入された扁平伝熱管とを備え、板状フィンは、切欠部より流体の上流側の部分に平らなフラット部を有し、さらに、切欠部に隣接する領域に流体の流れ方向と直交する方向に切り起こされた複数の切り起こし片を有し、切欠部は、板状フィンに複数設けられ、フラット部側の先端が扁平伝熱管の短尺側の側面形状に合わせて半円形状、もしくは楕円形状に形成され、フラット部は、半円形の中心点からフラット部の端部までの長さが、半円形の直径以上長く、もしくは扁平伝熱管の短軸幅以上長くなるように、また、切欠部に挿入された隣接の扁平伝熱管の中心間の長さの半分よりも短くなるように形成され、切欠部は、扁平伝熱管から切り起こし片までの長さ(Dp−D−Ls)と管中心線から切り起こし片までの段方向長さ(Dp−Ls)の比率(Dp−D−Ls)/(Dp−Ls)が、フィン端部から扁平伝熱管までの長さ(h−0.5D)と切欠部の中心点Cからフィン端部までの距離hとの比率(h−0.5D)/hよりも小さくなるように形成される。
本発明によれば、板状フィンに、切欠部より流体の上流側の部分に平らなフラット部を設け、さらに、切欠部に隣接する領域に流体の流れ方向と直交する方向に切り起こされた複数の切り起こし片を設けている。これにより、板状フィンのフラット部に応力の集中が発生せず、板状フィンの座屈強度が向上する。さらに、板状フィンの切欠部側の切り起こし片により、温度境界層が分断し、更新されて伝熱が促進され、伝熱性能が向上している。また、その板状フィンを蒸発器として使用する際には、特に切欠部と切り起こし片のない間の平坦部分が排水路となり、凝縮水が滞留することなく排水される。また、着霜が生じる外気温が低い場合では、着霜が生じやすい流体の上流側をフラット部としているので、着霜が殆どなく、そのため、板状フィンによる流体の流れの閉塞が抑制され、着霜耐力を確保することができる。
実施の形態1に係るフィンチューブ型熱交換器を示す平面図である。 実施の形態1における板状フィンと3本の扁平伝熱管の組み立て例を示す平面図である。 フラット部がない板状フィンの平面図及びその板状フィンに荷重を加えたときの座屈強度の結果を示す斜視図である。 実施の形態1における板状フィンの座屈強度の結果を示す斜視図である。 実施の形態1のフィンチューブ型熱交換器を凝縮器として使用した場合の板状フィンにおいて扁平伝熱管から熱伝導される熱流ベクトルを示す平面図である。 図5に示す板状フィンの切欠部の中心点からフィン端部までの長さhとフィン効率ηとの相関図である。 図5に示す板状フィンにおいて同一ファン入力当たりの熱交換量と段ピッチDpを2で割った値との相関図である。 実施の形態2における板状フィン及び扁平伝熱管の平面図である。 実施の形態2の変形例を示す板状フィン及び扁平伝熱管の平面図である。 実施の形態2の変形例を示す板状フィン及び扁平伝熱管の平面図である。 実施の形態3における板状フィンと扁平伝熱管の平面図及びその板状フィンの側面図である。
実施の形態1.
図1は実施の形態1に係るフィンチューブ型熱交換器を示す平面図である。
図1において、フィンチューブ型熱交換器は、流体である空気の流れ方向に直交する方向に積層された複数のアルミ製の板状フィン1と、内部に複数の冷媒流路2aを有する例えば2本のアルミ製の扁平伝熱管2を備えている。板状フィン1の積層方向のピッチFpはFp=0.0016mであり、フィン厚みFtはFt=0.0001m、空気の流れ方向のフィン幅WはW=0.018m、熱交換器の段方向に隣接する扁平伝熱管2の中心間の長さDpはDp=0.015mである。なお、これらの値は一例であって限定されるものではない。
板状フィン1は、空気の上流側に延びる切欠部3と、切欠部3より空気流の上流側の部分に形成された平らなフラット部1aと、切欠部3に隣接する領域に空気の流れ方向と直交する方向に切り起こされた複数の切り起こし片4とで構成されている。切欠部3は、フラット部1a側の先端が扁平伝熱管2の短尺側の側面形状に合わせて半円、ないしは楕円形状に形成され、前述の扁平伝熱管2が挿入されている。切り起こし片4は、板状フィン1にスリットを設けたときに切り起こされたもので、板状フィン1の両端及び切欠部3の間に設けられている。なお、切り起こし片4に代えて、板状フィン1の面を切り起こして形成されるルーバーでも良い。
ここで、本実施の形態のフィンチューブ型熱交換器の組み立て方法について図2を用いて説明する。
図2は実施の形態1における板状フィンと3本の扁平伝熱管の組み立て例を示す平面図である。
板状フィン1を成形するフィン抜き工程を実施した後、扁平伝熱管2を板状フィン1の切欠部3に挿入し、板状フィン1と扁平伝熱管2を密着させる。扁平伝熱管2の断面形状が扁平もしくは楔型形状としているので、組み立て時に扁平伝熱管2を板状フィン1の切欠部3に隙間なく挿入でき、板状フィン1と扁平伝熱管2の密着が良好となる。
その後、板状フィン1に扁平伝熱管2をロウ付け接合する。ロウ材は、扁平伝熱管2の幅より短い棒状のものを扁平伝熱管2の端部に1本、あるいは2本配置する。その後、ノコロック連続炉に投入して加熱接合を実施し、さらに板状フィン1の表面に親水処理コーティング材を塗布して完成する。もしくは、ロウ材を扁平伝熱管2に事前に塗布、または、ろう材を板状フィン1に圧延加工したクラッドフィンを用いてロウ付け接合する。ロウ材を扁平伝熱管2に事前に塗布することにより、棒状のロウ材を扁平伝熱管2の上に配置する作業時間が短くなり生産効率が向上する。
本実施の形態の板状フィン1の座屈強度について図3及び図4を用いて説明する。
図3はフラット部がない板状フィンの平面図及びその板状フィンに荷重を加えたときの座屈強度の結果を示す斜視図、図4は実施の形態1における板状フィンの座屈強度の結果を示す斜視図である。
熱交換器を製造する際にロボットアームで挟んだり、作業者が手で掴む作業がある。配置効率を向上させるために、複数枚(2〜5枚)重ねた状態で切り欠きの開口側を中心軸にLの字曲げ、コの字曲げを行い、空気調和機に搭載される。これらのハンドリング、曲げ作業時では板状フィン1の列方向に荷重が加わる。アルミ製の板状フィン1、アルミ製の扁平伝熱管2をロウ付け接合するので、焼きなまされて板状フィン1の耐力が低下し、板状フィン1の座屈強度が低下してしまう。板状フィン1の座屈強度が低下すると、フィン倒れが生じてしまい、通風抵抗が増大して、風量が低下して、熱交換性能が低下する。
例えば図3(a)に示すように、フラット部がない板状フィン1に列方向に荷重を加えた場合、その板状フィン1は、同図(b)に示すように、切り起こし片4を基点5にフィン倒れ5aが生じている。これに対し本実施の形態の板状フィン1に前記と同じ荷重を加えてもフィン倒れ5aが生じていない。これは、板状フィン1に切り起こし片4がないフラット部1aが有るためである。即ち、本実施の形態における板状フィン1には、応力が集中する箇所がなく、板状フィン1の座屈強度が高いことが分かる。
次に、本実施の形態における板状フィン1の伝熱性能について説明する。
本実施の形態の板状フィン1において、切欠部3に隣接する領域には切り起こし片4が存在するので、温度境界層が分断し、更新されて伝熱が促進される。本実施の形態の板状フィン1と同様の切り起こし片4を設けていない板状フィン1と比べ、はるかに伝熱性能が向上している。
板状フィン1に切り起こし片4のないフラット部1aを設けることで、板状フィン1の座屈強度が向上し、フィン倒れ5aが生じ難くなっている、また、切欠部3側には切り起こし片4を設けているので、伝熱促進が可能となり、座屈強度と伝熱性能の両立が確保された板状フィン1となっている。
本実施の形態における板状フィン1の排水性について説明する。
本実施の形態のフィンチューブ型熱交換器を蒸発器として使用する際には、空気中の水分の凝縮水が板状フィン1上に発生する。その凝縮水は、空気の流速による押す力が大きい場合には、空気流の下流側のフィン端部を沿って、重力により重力方向に下降して排水される。空気の流速が低く、凝縮水が空気流の下流側に押されない場合でも、特に切欠部3と切り起こし片4のない間の平坦部分が排水路となる。空気中の水分の発生量は、空気流の下流側ほど空気中水分の絶対湿度量が多いので、凝縮水が多く発生し、より効率良く重力方向に下降して排水される。
外気温が低く、着霜が生じるような環境下で蒸発器として使用する場合、板状フィン1には、着霜が生じやすい空気流の上流側にフラット部1aが設けられているので、切り起こし片4で霜が付着して空気の流れを閉塞することがない。そのため、空気の風量低下を抑制でき、着霜時の熱交換器性能を向上させることが可能となる。
続いて、本実施の形態における板状フィン1の有効な形状のパラメータについて図5乃至図7を用いて説明する。
図5は実施の形態1のフィンチューブ型熱交換器を凝縮器として使用した場合の板状フィンにおいて扁平伝熱管から熱伝導される熱流ベクトルを示す平面図、図6は図5に示す板状フィンの切欠部の中心点からフィン端部までの長さhとフィン効率ηとの相関図、図7は図5に示す板状フィンにおいて同一ファン入力当たりの熱交換量と段ピッチDpを2で割った値との相関図である。
先ず、切欠部3に形成された半円、ないしは楕円形の中心点Cからフィン端部までの長さhと伝熱性能の関係について説明する。
図6に示すように、板状フィン1の切欠部3の中心点Cからフィン端部までの長さhを大きくすればするほどフィン効率ηが低下する。また、段ピッチDpを2で割った値Dp/2を超えると、図5に示すように、隣り合う扁平伝熱管2からの一様な熱流ベクトル6の等温線7を境に温度が低下し、フィン効率ηが大幅に低下する。また、切欠部3の中心点Cからフィン端部までの長さhを大きくするほど、伝熱面積が増加する。一方、通風抵抗は切欠部3の中心点Cからフィン端部までの長さhが増加するほど増大する。よって、図7に示すように、同一ファン入力当たりの熱交換量は段ピッチDpを2で割った値Dp/2を境に最大値を持つ特性になる。
次に、形状パラメータが座屈強度に及ぼす影響について説明する。
板状フィン1は、切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hを大きくすればするほど、曲げモーメントが大きくなり、座屈強度が低下する。板状フィン1にLの字状、コの字状に曲げるときの応力がかかるときの必要な座屈強度は、切欠部3の半円、ないしは楕円形の中心点Cからフィン端部までの長さhを、隣接の扁平伝熱管2の中心間の長さDpの半分より短くすることで確保できる。
次に、形状パラメータが排水性に及ぼす影響について説明する。
板状フィン1においては、切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hを、切欠部3の半円形の半径Rの2倍以上確保することで、凝縮水が滞留することなく排水される。着霜耐力も同様に2R以上確保することで、着霜が生じやすい板状フィン1の空気流の上流側の前縁部の長さを大きくとれ、扁平伝熱管2からの温度差が大きくなり、着霜量が減少し、着霜耐力が向上する。図1の図面上では扁平伝熱管2の短尺長さD(段方向長さ)が切欠部3の半径Rの2倍と等しいが、変形例として切欠部3の奥が楕円形となる場合があり、短軸長さDが半径Rの2倍より多い場合もある。そのような場合、切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hを、切欠部3の短軸長さD以上確保することで、凝縮水が滞留することなく排水される。楕円形となる場合は半径Rの2倍では凝縮水が滞留してしまい、排水性が悪化する可能性がある。
以上のように本実施の形態においては、板状フィン1のうち空気流の上流側に切欠部3のないフラット部1aを設けているので、板状フィン1の座屈強度が向上し、フィン倒れ5aを生じ難くなっている。また、板状フィン1の切欠部3側に切り起こし片4を設けているので、伝熱促進が向上し、蒸発器として使用する際の凝縮水の排水性も向上し、さらに、着霜耐力を確保できる。
ここで、切り起こし片4の段方向長さLs、段ピッチDp、扁平伝熱管2の短軸D、切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hを以下の関係に設定することで特に有効的である。

(Dp−D−Ls)/(Dp−Ls)≦(h−0.5D)/h

(Dp−D−Ls)とは、段ピッチDpから扁平伝熱管2の短軸Dと切り起こし片4の段方向幅Lsをひいた値であり、扁平伝熱管2から切り起こし片4までの長さである。(Dp−Ls)とは、段ピッチDpから切り起こし片4の段方向幅Lsを引いた値であり、すなわち、管中心線から切り起こし片4までの長さである。(Dp−D−Ls)/(Dp−Ls)とは、扁平伝熱管2から切り起こし片4までの長さ(Dp−D−Ls)と管中心線から切り起こし片4までの段方向長さ(Dp−Ls)との比率である。
(h−0.5D)とは、切欠部3の中心点Cからフィン端部から扁平伝熱管2の短軸Dの半分を引いた値であり、風上側のフィン端部から扁平伝熱管2までの長さである。(h−0.5D)/hとは、フィン端部から扁平伝熱管2までの長さ(h−0.5D)と切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hとの比率である。
着霜時では外気温が低く、着霜が生じるような環境下では、特に風上側が空気の絶対湿度が高く、風上側のフィン端部に着霜が集中し易い。また、続いて、伝熱管である扁平伝熱管2、切り起こし片4にも着霜が生じ易い。特に、フィン端部への着霜集中を緩和することで、通風抵抗の増大を抑制できるという定性的な事実がある。
ここで、扁平伝熱管2から切り起こし片4までの長さ(Dp−D−Ls)と管中心線から切り起こし片4までの段方向長さ(Dp−Ls)との比率を大きくするほど、切り起こし片4への着霜量は減少するが、最も着霜が生じ易いフィン端部の着霜量が増大して逆に通風抵抗が増大し、伝熱性能が減少してしまう。そこで、(Dp−D−Ls)/(Dp−Ls)をフィン端部から扁平伝熱管2までの長さ(h−0.5D)と切欠部3の中心点Cからフィン端部までの距離hとの比率(h−0.5D)/hよりも小さくすることで、フィンの温度分布がフィン端部よりも切り起こし片4の方が低くなり、フィン前縁部よりもフィン端部への着霜集中を緩和することができ、通風抵抗の増大を抑えて着霜時の伝熱性能を向上することができる。
実施の形態2.
実施の形態1では、板状フィン1にフラット部1aを設けたが、本実施の形態は、その部分に凹凸状のリブを設けたものである。
図8は実施の形態2における板状フィン及び扁平伝熱管の平面図である。なお、図1で説明した実施の形態1と同様及び相当の部分には同じ符号を付し、実施の形態1と異なる部分のみを説明する。
図8において、板状フィン1には、切欠部3に形成された半円形の中心点Cを中心として異なる位置に周方向に延びる円弧形状のリブ8a、8bが設けられている。例えば、リブ8aは、図8の平面図において手前側に凸状となっており、リブ8bは、奧側に凹状となっている。
このように、板状フィン1のうち空気流の上流側のフラット部に凹凸状のリブ8a、8bを設けているので、列方向の荷重に対しての板状フィン1の座屈強度が向上し、前述した実施の形態1よりもフィン倒れ5aが生じ難くなっている。
なお、本実施の形態では、板状フィン1のうち空気流の上流側のフラット部に円弧状のリブ8a、8bを設けたことを述べたが、これに限定されるものではない。例えば図9に示すように、空気流の方向に対して所定角度θ傾斜させた直線状のリブ8c、8dを設けても良い。例えば、リブ8cは、図9の平面図において手前側に凸状となっており、リブ8dは、奧側に凹状となっている。また、図9に示すリブ8c、8dを空気の流れ方向に直線状に設けても良い。
また、例えば図10に示すように、切欠部3の両側に、その切欠部3の半円形の中心点Cを中心として周方向に延びる2本ずつの円弧形状のリブ8e、8fを設けても良い。例えば図10に示すように、リブ8eを手前側に凸状とし、リブ8fを奧側に凹状となるようにする。
実施の形態3.
図11は実施の形態3における板状フィンと扁平伝熱管の平面図及びその板状フィンの側面図である。なお、図1で説明した実施の形態1と同様及び相当の部分には同じ符号を付し、実施の形態1、2と異なる部分のみを説明する。
本実施の形態における板状フィン1は、実施の形態1と同様にフラット部1aを有し、そのフラット部1aの両側にロウ材9をクラッドしたアルミ製のクラッドフィンである。そのクラッドフィンとアルミ製の扁平伝熱管2を連続炉、バッチ炉内でロウ付け接合する際に、切欠部3がないフラット部1aを重力方向に向けて製造する。なお、フラット部1aの片側にロウ材9をクラッドしたアルミ製のクラッドフィンでも良い。
これにより、置きロウ材、扁平伝熱管2側にロウ材を塗布する方法に比べて、より板状フィン1の座屈強度を確保することができる。重力方向にフラット部1aを向けてロウ材9をロウ付けすることにより、ロウ材9がフラット部1a側に流動するので、板状フィン1の板厚Ftが厚くなり、板状フィン1の座屈強度が大きくなる。また、ロウ材1は、フィンに切り起こされたフィンカラーに流動して、表面張力によりフィンカラーと扁平伝熱管2の接触点を基点にフィレットが形成され、良好なロウ付けが可能になる。
なお、前述した実施の形態1乃至3では、作動流体として空気と冷媒の例を示したが、他の流体である液体、気液混合流体を用いても同様の効果を奏する。
また、板状フィン1と扁平伝熱管2は異なった材料を用いていることが多いが、板状フィン1と扁平伝熱管2に銅など同じ材料を用いることで、板状フィン1と扁平伝熱管2のロウ付けが可能となり、板状フィン1と扁平伝熱管2の接触熱伝達率が飛躍的に向上し、熱交換能力が大幅に向上する。また、リサイクル性も向上させることができる。
また、板状フィン1と扁平伝熱管2を密着させる方法として、炉中ロウ付けを行う場合、板状フィン1に親水材を塗布するのに後処理で行うことで、前処理の場合のロウ付け中の親水材の焼け落ちを防ぐことができる。
実施の形態4.
前述した実施の形態1乃至3では、フィンチューブ型熱交換器について説明したが、そのフィンチューブ型熱交換器を冷凍サイクル装置の室外熱交換器及び室内熱交換器に用いるようにしても良い。冷凍サイクル装置の冷媒に、HCFC(R22)や、HFC(R116、R125、R134a、R14、R143a、R152a、R227ea、R23、R236ea、R236fa、R245ca、R245fa、R32、R41,RC318などや、これら冷媒の数種の混合冷媒R407A、R407B、R407C、R407D、R407E、R410A、R410B、R404A、R507A、R508A、R508Bなど)や、HC(ブタン、イソブタン、エタン、プロパン、プロピレンなどや、これら冷媒の数種混合冷媒)、自然冷媒(空気、炭酸ガス、アンモニアなどや、これら冷媒の数種の混合冷媒)、また、これら冷媒の数種の混合冷媒など、どんな種類の冷媒を用いても良い。
冷凍サイクル装置の室外熱交換器及び室内熱交換器に実施の形態1乃至3の何れかのフィンチューブ型熱交換器を用いることにより、伝熱性能、蒸発器として使用する際の凝縮水の排水性のよい熱交換器を備えた冷凍サイクル装置を提供できる。また、冷媒の蒸発温度がゼロ温度以下となる環境下に置かれる室外熱交換器においては、板状フィン1への着霜による熱交換性能が低下するということがなくなり、そのため、省エネ効果の高い冷凍サイクル装置を提供できる。
なお、実施の形態で述べたフィンチューブ型熱交換器、及びそれを備えた冷凍サイクル装置については、鉱油系、アルキルベンゼン油系、エステル油系、エーテル油系、フッ素油系など、冷媒と油が溶ける溶けないに拘わらず、どんな冷凍機油においても、その効果を達成することができる。
本発明のフィンチューブ型熱交換器の活用例として、熱交換性能を向上し、その性能を向上することが必要なヒートポンプ装置の熱交換器に適用することができる。
1 板状フィン、1a フラット部、2 扁平伝熱管、2a 冷媒流路、3 切欠部、4 切り起こし片、5 フィン倒れの基点、5a フィン倒れ、6 熱流ベクトル、7 等温線、8a〜8f リブ、9 ロウ材。

Claims (7)

  1. 流体の流れ方向に直交する方向に積層され、流体の上流側に延びる切欠部を有する板状フィンと、
    前記板状フィンの切欠部に挿入された扁平伝熱管とを備え、
    前記板状フィンは、前記切欠部より流体の上流側の部分に平らなフラット部を有し、さらに、前記切欠部に隣接する領域に流体の流れ方向と直交する方向に切り起こされた複数の切り起こし片を有し、
    前記切欠部は、前記板状フィンに複数設けられ、前記フラット部側の先端が前記扁平伝熱管の短尺側の側面形状に合わせて半円形状、もしくは楕円形状に形成され、前記フラット部は、前記半円形の中心点から前記フラット部の端部までの長さが、半円形の直径以上長く、もしくは前記扁平伝熱管の短軸幅以上長くなるように、また、前記切欠部に挿入された隣接の前記扁平伝熱管の中心間の長さの半分よりも短くなるように形成され、
    前記切欠部は、前記扁平伝熱管から前記切り起こし片までの長さ(Dp−D−Ls)と管中心線から前記切り起こし片までの段方向長さ(Dp−Ls)の比率(Dp−D−Ls)/(Dp−Ls)が、フィン端部から前記扁平伝熱管までの長さ(h−0.5D)と前記切欠部の中心点Cからフィン端部までの距離hとの比率(h−0.5D)/hよりも小さくなるように形成されることを特徴とするフィンチューブ型熱交換器。
  2. 前記切欠部のうち前記フラット部側の先端が前記扁平伝熱管の短尺側の側面形状に合わせて半円形状に形成され、
    前記板状フィンのフラット部に、前記切欠部に形成された半円形の中心点を中心として異なる位置に周方向に延びる複数の円弧形状のリブが設けられ、
    前記リブは、前記フラット部に形成された凹凸であることを特徴とする請求項1記載のフィンチューブ型熱交換器。
  3. 前記リブは、周方向に複数分割されていることを特徴とする請求項記載のフィンチューブ型熱交換器。
  4. 前記板状フィンのフラット部に、複数の直線状のリブが設けられ、
    前記リブは、前記フラット部に形成された凹凸であることを特徴とする請求項1記載のフィンチューブ型熱交換器。
  5. 前記直線状のリブは、流体の流れ方向に対して所定角度傾斜していることを特徴とする請求項記載のフィンチューブ型熱交換器。
  6. 前記板状フィンのフラット部の片側あるいは両側にロウ材が施されていることを特徴とする請求項1記載のフィンチューブ型熱交換器。
  7. 前記請求項1乃至の何れかに記載のフィンチューブ型熱交換器を用いたことを特徴とする冷凍サイクル装置。
JP2012053384A 2011-04-22 2012-03-09 フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置 Active JP5523495B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011096073 2011-04-22
JP2011096073 2011-04-22
JP2012053384A JP5523495B2 (ja) 2011-04-22 2012-03-09 フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012053384A JP5523495B2 (ja) 2011-04-22 2012-03-09 フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012233680A JP2012233680A (ja) 2012-11-29
JP5523495B2 true JP5523495B2 (ja) 2014-06-18

Family

ID=47434153

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012053384A Active JP5523495B2 (ja) 2011-04-22 2012-03-09 フィンチューブ型熱交換器及び冷凍サイクル装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5523495B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016194043A1 (ja) * 2015-05-29 2016-12-08 三菱電機株式会社 熱交換器
US10627175B2 (en) 2015-05-29 2020-04-21 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger and refrigeration cycle apparatus

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103968614A (zh) * 2013-02-05 2014-08-06 海尔集团公司 蒸发器及使用该蒸发器的制冷装置
JP6036788B2 (ja) * 2014-10-27 2016-11-30 ダイキン工業株式会社 熱交換器
CN109073332B (zh) * 2016-04-13 2020-12-15 大金工业株式会社 热交换器
JP6332377B2 (ja) 2016-09-23 2018-05-30 ダイキン工業株式会社 熱交換器
JP2019011923A (ja) * 2017-06-30 2019-01-24 ダイキン工業株式会社 熱交換器
JP2019015410A (ja) 2017-07-03 2019-01-31 ダイキン工業株式会社 熱交換器
JP2019128060A (ja) * 2018-01-22 2019-08-01 ダイキン工業株式会社 室内熱交換器および空気調和装置
JP2019190727A (ja) 2018-04-25 2019-10-31 パナソニックIpマネジメント株式会社 熱交換器
WO2020084786A1 (ja) * 2018-10-26 2020-04-30 三菱電機株式会社 熱交換器及びそれを用いた冷凍サイクル装置

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2548400B2 (ja) * 1989-10-13 1996-10-30 松下冷機株式会社 熱交換器の製造方法
JPH07190661A (ja) * 1993-12-27 1995-07-28 Hitachi Ltd 熱交換器
JP4482991B2 (ja) * 1999-12-14 2010-06-16 株式会社デンソー 複式熱交換器
JP4055449B2 (ja) * 2002-03-27 2008-03-05 三菱電機株式会社 熱交換器およびこれを用いた空気調和機
JP4497062B2 (ja) * 2005-08-29 2010-07-07 株式会社デンソー 車両用交流発電機

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016194043A1 (ja) * 2015-05-29 2016-12-08 三菱電機株式会社 熱交換器
JPWO2016194043A1 (ja) * 2015-05-29 2017-12-07 三菱電機株式会社 熱交換器
CN107614998A (zh) * 2015-05-29 2018-01-19 三菱电机株式会社 换热器
US20180120039A1 (en) * 2015-05-29 2018-05-03 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger
EP3306251A4 (en) * 2015-05-29 2018-05-09 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger
AU2015396674B2 (en) * 2015-05-29 2019-05-09 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger
US10393452B2 (en) 2015-05-29 2019-08-27 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger
US10627175B2 (en) 2015-05-29 2020-04-21 Mitsubishi Electric Corporation Heat exchanger and refrigeration cycle apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012233680A (ja) 2012-11-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9316446B2 (en) Heat exchanger and air conditioner
JP5177307B2 (ja) 熱交換器
KR101313347B1 (ko) 열교환기 및 공기 조화기
CN104285119B (zh) 换热器及空气调节机
CN101233380B (zh) 热交换器、使用该热交换器的空调装置及空气性质转化器
JP5863956B2 (ja) 熱交換器、熱交換器の製造方法、及び、空気調和機
CN103314267B (zh) 热交换器及空调机
JP4845943B2 (ja) フィンチューブ型熱交換器および冷凍サイクル空調装置
JP5320846B2 (ja) 熱交換器
US9322602B2 (en) Heat exchanger having a plurality of plate-like fins and a plurality of flat-shaped heat transfer pipes orthogonal to the plate-like fins
JP4506609B2 (ja) 空気調和機及び空気調和機の製造方法
JP4749373B2 (ja) 空気調和機
US8037699B2 (en) Heat exchanger and air conditioner using the same
US6932153B2 (en) Heat exchanger
KR101451057B1 (ko) 열교환기 및 공기 조화기
KR101451056B1 (ko) 열교환기 및 공기 조화기
JP2007232246A (ja) 熱交換器
JP6165360B2 (ja) 熱交換器および空気調和機
JPWO2014091782A1 (ja) 扁平管熱交換器、及びそれを備えた空気調和機の室外機
JP4671985B2 (ja) 熱交換器及びこの熱交換器を備えた空気調和機
JP4096226B2 (ja) フィンチューブ型熱交換器、その製造方法及び冷凍空調装置
KR102218301B1 (ko) 열교환기 및 그 코르게이트 핀
US20110030932A1 (en) Multichannel heat exchanger fins
EP1460366A1 (en) Heat exchanger
JP4080352B2 (ja) フィンチューブ型熱交換器の製造方法及び空調冷凍装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130705

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130716

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130912

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140311

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140408

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5523495

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250