JP5490508B2 - Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program - Google Patents

Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program

Info

Publication number
JP5490508B2
JP5490508B2 JP2009282259A JP2009282259A JP5490508B2 JP 5490508 B2 JP5490508 B2 JP 5490508B2 JP 2009282259 A JP2009282259 A JP 2009282259A JP 2009282259 A JP2009282259 A JP 2009282259A JP 5490508 B2 JP5490508 B2 JP 5490508B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009282259A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011123773A (en )
Inventor
雄志 石塚
Original Assignee
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、タッチセンサを有する装置、触感呈示方法及び触感呈示プログラムに関するものである。 The present invention relates to an apparatus having a touch sensor, to a tactile sensation method and tactile sensation program.

パーソナルコンピュータ(PC)やワークステーション等の機器において、グラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)を備えるファイルシステムが広く普及している。 In a personal computer (PC) or equipment such as a workstation, file system with a graphical user interface (GUI) it is widely used. 昨今のCPUの高速化やメモリの廉価化により、携帯電話、PDA(Personal Digital Assistant)、携帯ゲーム機などの携帯機器においても、GUIを備えるファイルシステムが用いられることが増えている。 The speed and low cost of the memory of the recent CPU, mobile phone, PDA (Personal Digital Assistant), also in portable devices such as portable game machine, a growing number of the file system with a GUI is used. このファイルシステムでは、ファイルやフォルダなどがアイコン(オブジェクト)として画面上に表示されている。 In this file system, such as files and folders are displayed on the screen as an icon (object). アイコンをドラッグ・アンド・ドロップ(Drag&Drop)操作で動かすことにより、ファイルやフォルダの移動が可能となる。 By moving the icon in the drag-and-drop (Drag & Drop) operation, it is possible to move files and folders.

従来、ドラッグ・アンド・ドロップに関する種々の発明が行われている(例えば特許文献1参照)。 Conventionally, various inventions have been made as to drag-and-drop (for example, see Patent Document 1). 図13〜15を用いて特許文献1の発明を説明する。 Explanation of the invention of Patent Document 1 with reference to FIG. 13 to 15. 図13は、ユーザがアイコン311をソースウィンドウ312(移動元フォルダのウィンドウ)からターゲットウィンドウ313(移動先フォルダのウィンドウ)にドラッグしている様子を示している。 Figure 13 shows how the user is dragging the icon 311 from the source window 312 (window of the source folder) to the target window 313 (window destination folder). ドラッグ操作は通常、動かしたいアイコンの上にカーソルを重ね、マウスのボタンを押し、マウスのボタンを押下状態にしたままカーソルを移動させることにより行われる。 Drag operation typically hover over the icon to be moved, press the mouse button, it is performed by moving the cursor while the mouse button depressed state. 図14のように、アイコン311がターゲットウィンドウ313の内部境界314に当たると、ターゲットウィンドウ313がスクロールされる。 As shown in FIG. 14, the icon 311 hits the inner boundary 314 of the target window 313, the target window 313 is scrolled. ユーザは、スクロールによって、ドロップ先である所望の位置315をターゲットウィンドウ313上に表示させ、所望の位置315でマウスのボタンを離すことによりドロップ操作が完了する。 The user, by scrolling to display the desired position 315 is the drop target on the target window 313, drop operation by releasing the mouse button at a desired position 315 is completed. これにより、図15のように、アイコン311がターゲットウィンドウ313に表示される。 Thus, as shown in FIG. 15, the icon 311 is displayed in the target window 313.

特開平07−200236号公報 JP 07-200236 discloses

ドラッグ・アンド・ドロップによりファイルが移動すると、移動されるファイル(移動ファイル)のサイズだけ、移動先フォルダの空き容量が減ることになる。 When a file by a drag-and-drop to move, only the size of the file (moving files) to be moved, so that the free space of the destination folder is reduced. そのため、移動先フォルダの空き容量が移動ファイルのサイズよりも小さいと、ユーザはファイルを移動することができない。 Therefore, when the free space of the destination folder is smaller than the size of the movement file, the user can not move the file. また、たとえファイルが移動されても、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量が少ないと、この移動先フォルダに記憶されているアプリケーション(オペレーティングシステムなど)の動作に影響を及ぼすこともある。 Also, it is even moved files, and the free space of the destination folder after file migration is small, sometimes affecting the operation of the application (such as operating systems) that are stored in the destination folder. このような容量不足に関する問題は、大容量の内部メモリを有さない携帯機器や外部インタフェースにより接続される容量の小さい外部メモリにおいて特に顕著となる。 Such capacity shortage issues is particularly pronounced in smaller external memory capacity to be connected by the mobile device or the external interface without the internal memory of a large capacity.

このような問題を防ぐには、ファイルの移動前に、移動ファイルのサイズと移動先フォルダの容量とを確認するか、ファイルの移動後に、移動先フォルダの容量を確認しなければならない。 To prevent such problems, before moving the file, check the capacity of the size and destination folder of moving files, after the movement of the file, must verify the capacity of the destination folder. ファイルのサイズや移動先フォルダの空き容量の確認作業は、ファイルの移動作業とは別に必要であり、ユーザにとって手間である。 Confirmation work of free space on the size and destination folder of files, the mobile work of the file is required in addition, it is troublesome for the user.

従って、上記のような問題点に鑑みてなされた本発明の目的は、ファイルの移動作業において、ファイルの移動後の移動先フォルダの空き容量をユーザに認識させることができる装置を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention was made in view of the above problems, in the mobile work file, to provide a device capable of recognizing the free space of the destination folder after movement of the file to the user is there.

上述した諸課題を解決すべく、第1の観点によるタッチセンサを有する装置は、 In order to solve the various problems described above, apparatus having a touch sensor according to the first aspect,
複数の記憶領域を有する記憶部と、 A storage unit having a plurality of storage areas,
タッチセンサと、 A touch sensor,
該タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して触感を呈示する触感呈示部と、 A tactile sensation providing unit to provide the tactile sensation the touch object is touching the touch sensor,
所定の記憶領域に記憶されているデータを前記所定の記憶領域と異なる記憶領域に記憶させる場合、前記データのサイズと前記異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を前記タッチ対象に対して呈示するように前記触感呈示部を制御する制御部と、 When data is stored data stored in a predetermined storage area in the different storage area from the predetermined storage area, the tactile determined based on the available capacity or used capacity of the different storage areas to the size of the data a control unit for controlling the tactile sensation providing unit to exhibit the touch object,
を備えるものである。 It is those with a.

また、当該装置は、更に、 Further, the apparatus further
表示部を備え、 A display unit,
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記制御部は、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定する、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, the control unit, the calculated motion vector data, the different storage areas based on the motion vector to identify,
ことが好ましい。 It is preferable.

また、第2の観点によるタッチセンサを有する装置は、 The device having a touch sensor according to the second aspect,
第1の記憶部と、 A first storage unit,
第1の記憶部と異なる第2の記憶部と、 A second storage unit different from the first storage unit,
タッチセンサと、 A touch sensor,
該タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して触感を呈示する触感呈示部と、 A tactile sensation providing unit to provide the tactile sensation the touch object is touching the touch sensor,
前記第1の記憶部に記憶されているデータを前記第2の記憶部に記憶させる場合、前記データのサイズと前記第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を前記タッチ対象に対して呈示するように前記触感呈示部を制御する制御部と、 When data is stored data stored in the first storage unit in the second storage unit, the tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the size of the data the second storage unit a control unit for controlling the tactile sensation providing unit to presented to the touch object,
を備えるものである。 It is those with a.

また、当該装置は、更に、 Further, the apparatus further
表示部を備え、 A display unit,
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記制御部は、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定する、 The input to the touch sensor, when the data of the icon displayed on the display unit is moving, the control unit calculates a motion vector of the data, the second on the basis of the motion vector identifying a storage unit,
ことが好ましい。 It is preferable.

上述したように本発明の解決手段を装置として説明してきたが、本発明はこれらに実質的に相当する方法、プログラム、プログラムを記録した記憶媒体としても実現し得るものであり、本発明の範囲にはこれらも包含されるものと理解されたい。 Having described the solution according to the present invention as described above as an apparatus, the present invention capable of realizing even as a storage medium recording method, a program, a program corresponding to these substantially, the scope of the present invention It should be understood that these are also included in the.

例えば、本発明の第1の観点を方法として実現させた触感呈示方法は、 For example, tactile sensation method of the first aspect is realized as a method of the present invention,
記憶部の所定の記憶領域に記憶されているデータと、前記所定の記憶領域と異なる記憶領域とをそれぞれ特定するステップと、 And data stored in a predetermined storage area of ​​the storage unit, and identifying each of said predetermined storage area different from the storage area,
前記特定したデータのサイズと前記特定した異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するステップと、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of different storage area the particular size of the data the specific, a step of presenting the touch object is touching the touch sensor,
を含むものである。 It is intended to include.

また、当該触感呈示方法は、更に、 Furthermore, the tactile sensation method further
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定するステップ、 Wherein the input to the touch sensor, when said icon of the data to the display unit are displayed in motion, calculates the motion vector of the data, identifying the different storage areas based on the motion vector,
を含むことが好ましい。 It will be preferable to include.

また、本発明の第2の観点を方法として実現させた触感呈示方法は、 Furthermore, the tactile sensation method of the second aspect is realized as a method of the present invention,
第1の記憶部に記憶されているデータと、前記第1の記憶部と異なる第2の記憶部とをそれぞれ特定するステップと、 The data stored in the first storage section, identifying each a different second storage unit and the first memory unit,
前記特定したデータのサイズと前記特定した第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するステップと、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the second storage section for the particular size of the data the specific, a step of presenting the touch object is touching the touch sensor,
を含むものである。 It is intended to include.

また、当該触感呈示方法は、更に、 Furthermore, the tactile sensation method further
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定するステップ、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of the data, identifying the second storage unit based on the motion vector step,
を含むことが好ましい。 It will be preferable to include.

また、本発明の第1の観点をプログラムとして実現させた触感呈示プログラムは、 The first tactile sensation program aspect is realized as a program of the present invention,
タッチセンサを有する装置に搭載されるコンピュータを、 The computer mounted on a device with a touch sensor,
記憶部の所定の記憶領域に記憶されているデータと、前記所定の記憶領域と異なる記憶領域とをそれぞれ特定する手段、 And data stored in a predetermined storage area of ​​the storage unit, the predetermined storage area different from the storage area and each particular to means,
前記特定したデータのサイズと前記特定した異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するように制御する手段、 Wherein the tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the size and the specified different storage areas of the identified data, means for controlling so as to present the touch object is touching the touch sensor,
として機能させるためのものである。 It is intended to function as a.

また、当該触感呈示プログラムは、更に、前記コンピュータを、 Furthermore, the tactile sensation program further said computer,
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定する手段、 Wherein the input to the touch sensor, when the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of said data, means for identifying the different storage areas based on the motion vector,
として機能させることが好ましい。 It is preferable that the function as a.

また、本発明の第2の観点をプログラムとして実現させた触感呈示プログラムは、 Furthermore, the tactile sensation program the second aspect is realized as a program of the present invention,
タッチセンサを有する装置に搭載されるコンピュータを、 The computer mounted on a device with a touch sensor,
第1の記憶部に記憶されているデータと、前記第1の記憶部と異なる第2の記憶部とをそれぞれ特定する手段、 First data stored in the storage unit, the first storage section is different from the second respective particular to means and a storage unit,
前記特定したデータのサイズと前記特定した第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するように制御する手段、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the second storage section for the particular size of the data the specific means for controlling so as to present the touch object is touching the touch sensor ,
として機能させるためのものである。 It is intended to function as a.

また、当該触感呈示プログラムは、更に、前記コンピュータを、 Furthermore, the tactile sensation program further said computer,
前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定する手段、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of the data, identifying the second storage unit based on the motion vector means,
として機能させることが好ましい。 It is preferable that the function as a.

上記のように構成された本発明にかかるタッチセンサを有する装置によれば、移動されるデータ(ファイル)のサイズと、移動先である記憶領域又は記憶部の空き容量又は使用容量(以下、移動先記憶領域等の空き容量と略する)に基づいて決定される触感がタッチ対象に対して呈示される。 According to the apparatus having a touch sensor according to the present invention configured as described above, the size of the data (file) to be moved, the free space or used capacity of the storage area or storage unit which is the destination (hereinafter, mobile feel that is determined based on the free space of such earlier storage and substantially) is presented on the touch object. よって、ユーザは、データ移動後の移動先記憶領域等の空き容量を、触感により認識することができる。 Thus, the user, a space such as a destination storage area after the data movement can be recognized by touch. つまり、ユーザは、移動データのサイズ及び移動先記憶領域等の空き容量を確認する作業をファイルの移動作業とは別に行わなくても、データ移動後の移動先記憶領域等の空き容量を知ることができる。 That is, the user even without separately from the operation of confirming the size and space of such destination storage area of ​​the mobile data and the mobile work file, knowing the free space, such as a destination storage area after the data movement can. データ移動後の移動先記憶領域等の空き容量が分かるため、データが移動先記憶領域等に入るか(記憶されるか)否かが判明する。 Since the free space, such as the destination storage area after the data movement is found, (either stored) data or enter the destination memory area or the like whether is found.

図1は、本発明の第1の実施形態に係る装置の概略構成を示す機能ブロック図である。 Figure 1 is a functional block diagram showing the schematic configuration of the apparatus according to the first embodiment of the present invention. 図2は、図1の表示部の表示画面例である。 Figure 2 is an example of a display screen of the display unit of FIG. 図3は、図1の装置の動作を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flow chart showing the operation of the apparatus of FIG. 図4は、本発明の第1の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing a file migration according to the first embodiment of the present invention. 図5は、本発明の第1の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a file migration according to the first embodiment of the present invention. 図6は、本発明の第1の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing a file migration according to the first embodiment of the present invention. 図7は、本発明の第1の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing a file migration according to the first embodiment of the present invention. 図8は、本発明の第2の実施形態に係る装置の概略構成を示す機能ブロック図である。 Figure 8 is a functional block diagram showing the schematic configuration of the apparatus according to the second embodiment of the present invention. 図9は、図8の表示部の表示画面例である。 Figure 9 is an example of a display screen of the display unit of FIG. 図10は、図8の装置の動作を示すフローチャートである。 Figure 10 is a flowchart showing the operation of the apparatus of FIG. 図11は、本発明の第2の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing a file migration according to the second embodiment of the present invention. 図12は、本発明の第2の実施形態に係るファイル移動を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing a file migration according to the second embodiment of the present invention. 図13は、従来のファイル移動を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing a conventional file transfer. 図14は、従来のファイル移動を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing a conventional file transfer. 図15は、従来のファイル移動を示す図である。 Figure 15 is a diagram showing a conventional file transfer.

以下、本発明に係る実施形態について、図面を参照して説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.

(第1の実施形態) (First Embodiment)
図1は、本発明の第1の実施形態に係るタッチセンサを有する装置の概略構成を示す機能ブロック図である。 Figure 1 is a functional block diagram showing a schematic configuration of a device with a touch sensor according to a first embodiment of the present invention. 本発明のタッチセンサを有する装置101(以下、装置101と略する)の一例としては、PDA、PC、携帯電話、携帯ゲーム機、携帯音楽プレイヤー、携帯テレビ、などが挙げられる。 Device 101 (hereinafter, abbreviated as device 101) having a touch sensor of the present invention as an example of, PDA, PC, mobile phone, portable game machine, a portable music player, portable video, and the like. この装置101は、表示部102と、タッチセンサ103と、記憶部104と、触感呈示部105と、制御部106とを有する。 The apparatus 101 includes a display unit 102, a touch sensor 103, a storage unit 104, a tactile sensation providing unit 105, a control unit 106.

表示部102は、ファイルやフォルダなどを示すアイコンやウィンドウなどを表示し、例えば、LCD(Liquid Crystal Display:液晶ディスプレイ)や有機ELディスプレイ等を用いて構成される。 Display unit 102, such as to display the icon or window with such as files and folders, for example, LCD: constructed using (Liquid Crystal Display) or organic EL display, or the like. なお請求項におけるデータには、ファイルやフォルダ等が含まれる。 Note that the data in the claims, contains the files and folders and the like. 以下、説明の便宜上、ファイルの移動についてとりあげる。 The following, for convenience of explanation, pick up the movement of files.

タッチセンサ103は、ユーザの指等によるタッチセンサ103への接触を装置101への入力として検出するもので、例えば、タッチパネルにおけるタッチセンサ、ノート型パーソナルコンピュータ(ラップトップ)に搭載されることの多いタッチパッド、マウスのボタン、ポインティングスティック、トラックボールなどが挙げられる。 The touch sensor 103 is for detecting the contact with the touch sensor 103 by a finger or the like of the user as input to the device 101, for example, a touch sensor on the touch panel, which is often mounted on a notebook personal computer (laptop) touch pad, mouse button, pointing stick, a track ball and the like. 以下、説明の便宜上、タッチセンサ103はタッチパネルにおけるタッチセンサとする。 For convenience of explanation, the touch sensor 103 is a touch sensor in the touch panel. タッチパネルのタッチセンサ103は、ユーザの指やスタイラスペン等のタッチ対象(以下、ユーザの指と略する)による入力を検出するもので、抵抗膜方式、静電容量方式、光学式等の公知の方式のもので構成される。 Touch sensor 103 of the touch panel, the user's finger or a touch object such as a stylus pen (hereinafter, abbreviated as a user's finger) detects the input by a resistive type, a capacitive type, the known optical type or the like composed of a type. なお、タッチセンサ103が入力を検出する上で、ユーザの指がタッチセンサ103を物理的に押圧することは必須ではない。 Incidentally, on the touch sensor 103 detects an input, the user's finger physically presses the touch sensor 103 is not essential. 例えば、タッチセンサ103が光学式である場合は、タッチセンサ103はタッチセンサ103上の赤外線がユーザの指で遮られた位置を検出するため、ユーザの指がタッチセンサ103を押圧することは不要である。 For example, if the touch sensor 103 is an optical, since the touch sensor 103 for detecting the position where the infrared on the touch sensor 103 is blocked by the user's finger, is not necessary that the user's finger presses the touch sensor 103 it is.

記憶部104は、入力された各種情報やファイルなどのデータを記憶するとともに、ワークメモリ等としても機能するもので、例えば、ハードディスクドライブ(HDD)、SDメモリカード、USBメモリ、スマートメディアなどである。 Storage unit 104 stores data such as various information inputs or files, which functions as a work memory or the like, for example, a hard disk drive (HDD), SD memory card, USB memory, is such as SmartMedia . 記憶部104は、複数の記憶領域を有することができる。 Storage unit 104 may have a plurality of storage areas. 複数の記憶領域とは、例えば、パーティションによって分割された複数のドライブ(例えば、CドライブとDドライブ)や、同一のドライブ内の容量制限された複数のフォルダを指す。 The plurality of storage areas refer, for example, a plurality of drives that are divided by a partition (for example, C drive and D drive), and a capacity limited multiple folders in the same drive. また、記憶部104は、装置101に内蔵されるハードディスクドライブに限定されるものではなく、例えば、SDメモリカード、USBメモリ、スマートメディアなどの外部メモリとすることもできる。 The storage unit 104 is not limited to the hard disk drive built in the device 101, for example, it may be an SD memory card, USB memory, an external memory such as a smart media. 更に、記憶部104は、1つのハードウェアに限定されるものではなく、複数のハードウェアを指してもよく、例えば、記憶部104として、ハードディスクドライブとSDメモリカードとの2つのハードウェアを存在させることもできる。 Furthermore, the storage unit 104 is not limited to a single hardware, it may refer to multiple hardware, for example, as the storage unit 104, the presence of two hardware of the hard disk drive and SD memory card It can also be. この場合、複数の記憶部を区別するために、複数の記憶部に対して、104a、104b、104cと符号を付し、それぞれ第1の記憶部、第2の記憶部、第3の記憶部と称する。 In this case, in order to distinguish a plurality of storage units, assigned to a plurality of storage portions, 104a, 104b, and 104c and the code, a first storage unit, respectively, the second storage unit, a third storage unit It referred to.

触感呈示部105は、タッチセンサ103を振動させ、タッチセンサ103を押圧しているユーザの指(タッチ対象)に触感を呈示するもので、例えば、圧電素子などの振動素子を用いて構成される。 Tactile sensation providing unit 105 vibrates the touch sensor 103, intended to provide the tactile sensation of touch sensor 103 to the user's finger is pressing (touching object), for example, constituted using a vibrating element such as a piezoelectric element . 周波数、周期(波長)、振幅、波形を適宜設定することにより様々な触感を呈示する。 Frequency, period (wavelength), presents a variety of tactile sensation by setting the amplitude, waveform appropriately.

制御部106は、装置101の各機能ブロックをはじめとして装置101の全体を制御及び管理する。 Control unit 106 controls and manages the entire device 101 including the respective functional blocks of the device 101. ここで、制御部106は、CPU(中央処理装置)等の任意の好適なプロセッサ上で実行されるソフトウェアとして構成したり、処理ごとに特化した専用のプロセッサ(例えばDSP(デジタルシグナルプロセッサ))によって構成したりすることもできる。 Here, the control unit 106, CPU or constructed in software running on any suitable processor (central processing unit), etc., a dedicated processor specialized for each processing (e.g. a DSP (digital signal processor)) it is also possible to or constituted by. また、制御部106とは独立して、表示部102を制御する表示部コントローラ(例えば、LCDコントローラ)、タッチセンサ103を制御するタッチセンサコントローラ、触感呈示部105を制御する触感呈示部ドライバを設けることもできる。 Further, independently of the control unit 106, the display unit controller (eg, LCD controller) that controls the display unit 102, the touch sensor controller for controlling the touch sensor 103, providing the tactile sensation providing unit driver that controls the tactile sensation providing unit 105 it is also possible.

制御部106についてより詳細に説明する。 It is described in more detail controller 106. 制御部106は、記憶部104aの所定の記憶領域から所定の記憶領域とは異なる記憶部104aの記憶領域へ、又は第1の記憶部104aから第1の記憶部104aとは異なる第2の記憶部104bへのファイルの移動において、移動されるファイル(移動ファイル)のサイズと移動先である記憶領域又は第2の記憶部104b(以下、移動先記憶領域等と略する)の空き容量又は使用容量とに基づいて触感を決定する。 Control unit 106 from a predetermined storage area of ​​the storage unit 104a to the storage areas of different storage unit 104a and the predetermined storage area, or a different second memory from the first memory unit 104a and the first storage unit 104a in moving a file to part 104b, the size and destination at a storage area or the second storage unit 104b of the file to be moved (moved file) (hereinafter, the destination storage area such as the substantially) free space or use of to determine the tactile sensation on the basis of the capacity. つまり、この触感は、ファイル移動後の移動先記憶領域等の空き容量又は使用容量に基づいて決定される。 That is, the touch is determined based on the available capacity or used capacity of such destination storage area after the file transfer. なお、空き容量と使用容量とは、足し合わされたものが、記憶部又は記憶領域がデータを記憶できる記憶総容量になる。 Note that the capacity and usage, those added together is, the storage unit or the storage area is a storage total capacity that can store data. つまり、空き容量と使用容量とは、使用容量が増えればその分空き容量が減るというように一体不可分の関係性を有している。 In other words, the capacity and usage has inseparable relation and so that amount of free space decreases The more used capacity. よって、以下では説明の便宜上、空き容量についてのみとりあげて説明する。 Therefore, in the following for convenience of description, with taken only space. 制御部106は、例えば、ファイル移動後の移動先記憶領域等の空き容量がマイナスの場合(つまり、移動ファイルを移動先記憶領域等に記憶させることが不可能であるとき)、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に余裕がない場合、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に余裕がある場合のそれぞれに対して異なる触感を決定する。 Control unit 106, for example, when the free space, such as a destination storage area after file migration is negative (i.e., when it is impossible to store the moving file to the destination storage area, etc.), after file migration If there is not enough free space in the destination folder, determining the different feel for each case of the free space in the destination folder after file migration can afford. なお、余裕のあるなしを決定する規準となる容量は、任意に設定できる事項である。 The capacity of the criteria for determining the pear can afford is a matter that can be set arbitrarily. そして、制御部106は、決定した触感をユーザの指(タッチ対象)に対して呈示するように触感呈示部105を制御する。 Then, the control unit 106 controls the tactile sensation providing unit 105 so as to present the determined touch to a user's finger (touch target). つまり、ユーザは指から伝わる触感により、ファイルが移動先記憶領域等に入るか否か、また入る場合には移動先記憶領域等の空き容量がどれくらいになるかを認識することができる。 That is, the user by tactile sensation transmitted from the finger, if the file whether or not to enter the destination storage area, etc., also fall can recognize the free space, such as a destination storage area is much.

図1の装置101がタッチパネルを有するPDAであるとき、表示部102の表示例は、図2のようになる。 When apparatus 101 of FIG. 1 is a PDA with a touch panel, display examples of the display unit 102 is as shown in FIG. なお、ここでは図示されないが、図1の装置101の記憶部104には、第1の記憶部104aと第2の記憶部104bとが含まれるものとする。 Here, although not shown, the storage unit 104 of the device 101 of FIG. 1, to be included in the first memory unit 104a and the second storage unit 104b is. 第1の記憶部104aは、例えば、内部のHDDであり、第2の記憶部104bは、例えば、外部インタフェースにより接続されるSDメモリカードである。 The first storage unit 104a is, for example, an internal HDD, the second storage unit 104b is, for example, an SD memory card connected by an external interface. なお、外部インタフェースにより接続される外部メモリは、SDメモリカードに限定されるものではなく、例えば、USBメモリやスマートメディアとすることもできる。 The external memory connected by the external interface is not limited to the SD memory card, for example, it can be a USB memory and smart media. 図1の表示部102には、装置101内部の第1の記憶部104aの記憶領域に関するフォルダ1及びフォルダ2のウィンドウ、並びに第2の記憶部104bに関するウィンドウ(SDメモリカード)が表示されている。 On the display unit 102 of FIG. 1 is displayed first window folder 1 and folder 2 a storage area of ​​the storage unit 104a of the apparatus 101, and the window for the second storage section 104b (SD memory card) . フォルダ1には、「画像1」という画像ファイル(データ)が記憶されている。 The folder 1, image file called "image 1" (data) is stored.

フォルダ1(第1の記憶部104aの所定の記憶領域)にある画像ファイルをフォルダ2(フォルダ1とは異なる記憶部104aの記憶領域)又はSDメモリカード(第2の記憶部104b)に移動して記憶させる場合について、図3のフローチャートを用いて説明する。 Folder 1 (to the storage areas of different storage unit 104a and the folder 1) an image file folder 2 in the (first predetermined region of the memory device 104a) or SD memory card (second storage unit 104b) for case of storing Te it will be described with reference to the flowchart of FIG.

まず、ユーザが、図4のように、移動させたいファイル(移動ファイル)のアイコンに対してユーザの指による入力を行う。 First, the user, as shown in FIG. 4, performs input by a user's finger with respect to the icon of the file (moving files) to be moved. すると、タッチセンサ103は、この入力を検出する(ステップS101)。 Then, the touch sensor 103 detects the input (step S101). このとき、制御部106は、図4のように、検出された入力に対応するファイルのアイコンの表示を変化させることができる。 At this time, the control unit 106, as shown in FIG. 4, it is possible to change the display of the file icon corresponding to the detected input. これにより、ユーザは、移動させたいファイルのアイコンに対して間違わずに入力できたことを認識することができる。 Thus, the user can recognize that can be entered without mistaken for a file icon to be moved. なお、表示の変化とは、例えば、ファイルのアイコンの色の反転やファイルのアイコンの表示の濃さの変化など、あるファイルのアイコンに対して、ユーザの指による入力があったことを認識できるような変化である。 Note that the change in the display, for example, color reversal or file icon display of density change of the file icon for a file icon, recognizes that there has been input by the user's finger it is a change, such as. また、検出された入力に対応するファイルのアイコンの周囲の表示を変化させることにより、ユーザの指による入力があったことをユーザに認識させることもできる。 Further, by changing the display around the file icon corresponding to the detected input, it can also allow the user to recognize that there has been input by the user's finger.

ユーザが、画像ファイル(移動ファイル)をフォルダ1(移動元フォルダ)とは異なる記憶領域であるフォルダ2(移動先フォルダ)に移動させる場合、ユーザは、画像ファイルのアイコン108から指を離さずに、つまり入力し続けた状態で、図5のように画像ファイルのアイコン108をフォルダ2の方に動かしていく。 If the user moves the image file (moving file) to the folder 1 folder 2 and (movement source folder) is a different storage area (destination folder), the user, the icon 108 of the image file without releasing the finger , that is in a state of continuing to enter, it will move the icon 108 of the image file towards the folder 2 as shown in FIG. この操作は、いわゆるドラッグ操作にあたる。 This operation is equivalent to the so-called drag operation. タッチセンサ103がユーザの指による入力を検出し続けることにより、ユーザの指の動きが分かり、制御部106は、このユーザの指の動きに対応する位置に画像ファイルのアイコン108を表示部102に表示させる。 By touch sensor 103 continues to detect an input by a finger of the user, see the movement of the user's finger, the control unit 106 causes the display unit 102 an icon 108 of the image files at a position corresponding to the movement of the finger of the user to be displayed.

制御部106は、ユーザの指がフォルダ2のウィンドウ(移動先ウィンドウ)上に位置しているか否かをタッチセンサ103の検出結果から判断する(ステップS102)。 Control unit 106 determines whether the user's finger is positioned over the window folder 2 (destination window) from the detection result of the touch sensor 103 (step S102). 図6のようにファイルのアイコンがドラッグされていると、制御部106は、ユーザの指はフォルダ2のウィンドウ上に位置していると判断する(ステップS102のYes)。 If file icon as shown in FIG. 6 is dragged, the control unit 106, the user's finger is determined to be located on the window of the folder 2 (Yes in step S102).

制御部106は、上記したドラッグ操作により、ユーザは画像ファイルのアイコン108をフォルダ2に移動したいと判断する。 Control unit 106, by a drag operation as described above, the user determines that wants to move an icon 108 of the image file in the folder 2. すると、制御部106は、画像ファイルのサイズとフォルダ2の空き容量とに基づいて、タッチセンサ103をタッチしているユーザの指に呈示する触感を決定する(ステップS103)。 Then, the control unit 106, based on the amount of free space and folder 2 image file, determines the tactile presenting to a user's finger touching the touch sensor 103 (step S103). そして、制御部106は、触感呈示部105を制御して、タッチセンサ103をタッチしているユーザの指に対して決定された触感を呈示する(ステップS104)。 Then, the control unit 106 controls the tactile sensation providing unit 105, for the tactile sensation determined for the user's finger touching the touch sensor 103 (step S104).

この触感は、具体的には、計算又は表1又は2のような振動パターン表により決定される。 This tactile sensation is specifically determined by the vibration pattern table such as a calculator or Table 1, or 2. 触感を計算により決定するとは、例えば、移動ファイル移動前の移動先フォルダの空き容量に対する移動ファイルのサイズの割合と定数の和算、減算、乗算、除算を組合せて、周波数、振幅などを決定する。 It is referred to as the determined by calculation tactile, for example, summing the percentage and constant size of the moving file for free space in the destination folder before movement file movement, subtraction, multiplication, combination division, determines the frequency, amplitude, etc. . 一例をあげると、以下のようになる。 As an example, as follows.

数1のように呈示する触感の周波数を決定すると、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量が少なくなればなるほど、高い周波数の触感がユーザの指に呈示されることになる。 When determining the frequency of the tactile presenting as having 1, greater the smaller the free space of the destination folder after file migration is, so that the feel of a high frequency is presented to the user's finger.

以下、触感を振動パターン表から決定する場合について詳細に説明する。 It will be described in detail for the case of determining the tactile sensation from the vibration pattern table. 表1は、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量と呈示する触感との対応を示している。 Table 1 shows the correspondence between the tactile presenting the free space of the destination folder after the file movement. 表1には、振動パターン1〜3の3つの振動パターンが用意されている。 Table 1, three vibration pattern of the vibration patterns 1-3 are prepared. 振動パターン1は、画像ファイルがフォルダ2に記憶されると仮定した場合のフォルダ2の空き容量がマイナスになる場合、つまり画像ファイルのサイズがフォルダ2の空き容量よりも大きいために、画像ファイルのフォルダ2への移動が不可能な場合に呈示される触感である。 Vibration pattern 1, when the free space of the folder 2 when the image file is assumed to be stored in the folder 2 is negative, that is, because the size of the image file is larger than the free space of the folder 2, image files a tactile sensation moved to the folder 2 is presented in the case impossible. 振動パターン2は、移動ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に余裕がなくなることをユーザに認識させるための触感であり、表1においては、画像ファイル移動後の移動先フォルダ2の空き容量が1MB(メガバイト)未満の場合に呈示される。 Vibration pattern 2 is a touch to recognize the user that the mobile file spare space of the destination folder after movement is eliminated, in Table 1, the free space of the destination folder 2 after the image file moved It is presented in the case of less than 1MB (megabyte). 振動パターン3は、移動ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に余裕があることをユーザに認識させるための触感であり、表1においては、画像ファイル移動後の移動先フォルダ2の空き容量が1MB以上の場合に呈示される。 Vibration pattern 3 is a touch for recognizing that the free space in the destination folder of the moved file migration can afford the user, in Table 1, the free space of the destination folder 2 after the image file moved It is presented in the case of more than 1MB. なお、振動パターンを変化させる基準として、1MBが設定されているが、この値は単なる例示に過ぎず、任意の値に設定できる。 Incidentally, as a reference for changing the vibration pattern, although 1MB is set, this value is merely exemplary, it can be set to any value.

振動パターン1〜3を区別するために、例えば、振幅を振動パターン1から振動パターン3にかけて小さくすることができる。 To distinguish the vibration pattern 1-3, for example, it is possible to reduce the amplitude over the vibration pattern 3 from the vibration pattern 1. 周期(波長)や波形を変えて、振動パターン1〜3を区別することもできる。 By changing the period (wavelength), waveform, it is also possible to distinguish vibration pattern 1-3. ユーザは、振動パターンの違いからファイル移動後の移動先フォルダの空き容量を認識することができる。 The user is able to recognize the free space of the destination folder after the file moved from the difference in the vibration pattern.

更に、表2のように、移動ファイルのサイズに応じて、振動パターンを変化させることもできる。 Furthermore, as shown in Table 2, depending on the size of the moving file, it is also possible to vary the vibration pattern. 表2では、振動パターン1a、2a、3aは、移動ファイルのサイズが128kB(キロバイト)未満に対応し、振動パターン1b、2b、3bは、移動ファイルのサイズが128kB以上256kB未満に対応し、振動パターン1c、2c、3cは、移動ファイルのサイズが256kB以上に対応している。 In Table 2, the vibration pattern 1a, 2a, 3a, the size of the moving file corresponds to less than 128kB (kilobytes), the vibration pattern 1b, 2b, 3b, the size of the moving file corresponds to less than 128kB 256 kB, vibration pattern 1c, 2c, 3c, the size of the moving file corresponds to more than 256 kB. なお、振動パターンを変化させる基準として、128kB、256kBが設定されているが、この値は単なる例示に過ぎず、任意の値に設定できる。 Incidentally, as a reference for changing the vibration pattern, 128kB, but 256kB is set, this value is merely exemplary, it can be set to any value. これにより、ユーザは、振動パターンの違いからファイル移動後の移動先フォルダの空き容量のみならず移動ファイルのサイズを認識することができる。 As a result, the user can recognize the size of the movement file not only the free space of the destination folder after the file moved from the difference in the vibration pattern.

ユーザの指に対して呈示される触感により、画像ファイルをフォルダ2に記憶させようとする場合、ユーザは、ドロップ操作に移ることになる。 The touch to be presented to a user's finger, when it is intended to store the image file in the folder 2, the user will move to-and-drop operation. つまり、ユーザは、ドラッグ操作を終了し(指を再移動させることなく止め)、図6のように指がフォルダ2のウィンドウ上に位置する状態からドロップ操作に移る(ステップS105のNo)。 That is, the user (stop without re move the finger) to terminate the drag operation moves to drop operation from a state in which the finger is positioned over the window of the folder 2 as shown in FIG. 6 (No in step S105). ドロップ操作を装置101で実現させるために、例えば、装置101は更に、タッチセンサに対する押圧荷重を検出する荷重検出部(図示せず)を備え、この荷重検出部により検出された押圧荷重が、予め設定した荷重基準を満たすと、制御部106は、画像ファイルをフォルダ2に記憶させるように設定する。 In order to achieve drop operation device 101, for example, device 101 further includes a load detection unit for detecting a pressure load on the touch sensor (not shown), the pressure load detected by the load detection unit is previously satisfies the set load standard, control unit 106 sets so as to store the image file in the folder 2. この荷重基準は、移動ファイルを移動先記憶領域又は記憶部に記憶させるために必要な押圧荷重を定めたものである。 The load standard is one that defines the pressing load required for storage in the destination memory area or the storage unit to move the file. なお、荷重検出部は、例えば、歪みゲージセンサや圧電素子などの荷重に対して線形に反応する素子を用いて構成される。 Incidentally, the load detection unit is configured, for example, by using an element that reacts linearly with the load, such as a strain gauge sensor or a piezoelectric element. また、荷重検出部及び触感呈示部105が圧電素子を用いて構成される場合には、圧電素子を共用して、荷重検出部及び触感呈示部105を構成することができる。 Further, when the load detection unit and the tactile sensation providing unit 105 is configured using a piezoelectric element can be sharing the piezoelectric element, constituting the load detecting unit and the tactile sensation providing unit 105. 圧電素子は、圧力が加わると電力を発生し、電力が加えられると変形するためである。 The piezoelectric element generates electricity when pressure is applied, in order to deform the power is applied.

装置101が荷重検出部を備える構成において、ユーザは、ドロップ操作を行うために、ドラッグした状態(画像ファイルのアイコン108に対して入力し続けている状態)から、画像ファイルのアイコン108に対して荷重基準を満たす押圧荷重で押圧する。 In the configuration device 101 is provided with a load detection unit, the user, in order to perform a drop operation, the drag state (state continues to input the image file icon 108), with respect to the icon 108 of the image file pressed by pressure load satisfying the load standard. すると、制御部106は、画像ファイルをフォルダ2に記憶させる(ステップS106)。 Then, the control unit 106 stores the image file in the folder 2 (step S106). つまり、ファイルの移動が完了したことになる。 In other words, the movement of the file has been completed.

ステップS104において、ユーザの指に対して、画像ファイルのフォルダ2への移動が不可能な触感(振動パターン1、1a、1b、1c)が呈示されると、ユーザは移動ファイルの移動先を変更することになる。 In step S104, it changes the user's finger, moves non touch to the folder 2 image files (vibration pattern 1, 1a, 1b, 1c) when is presented, the user of the destination mobile file It will be. また、ユーザの指に対して、画像ファイル移動後の移動先フォルダ2の空き容量に余裕がなくなることを示す触感(振動パターン2、2a、2b、2c)が呈示されると、ユーザは、移動ファイルの移動先を変更する場合もある。 Further, the user's finger, the touch indicating that the margin is eliminated with the free space of the destination folder 2 after the image file transfer (vibration pattern 2, 2a, 2b, 2c) is presented, the user can move there is a case to change the destination of the file. その理由としては、1つの記憶領域にぎりぎりまでデータを記憶させると、例えば、この記憶領域内に記憶されているアプリケーション(オペレーティングシステムなど)の動作に影響を及ぼす恐れがあるためである。 The reason is that, when storing data until the last minute in one storage area, for example, there is a possibility affect the operation of the applications stored in the storage area (such as an operating system). 移動ファイルの移動先を変更する場合、ステップS104では、画像ファイルのアイコン108のドラッグ中であるため、ユーザは、フォルダ2までドラッグした状態から、記憶部104aの他の記憶領域又は他の記憶部104b(例えば、SDメモリカード)へドラッグすることができる。 When changing the destination of the moving file, in step S104, because it is being dragged image file icon 108, the user, from the state of being dragged to the folder 2, other storage areas, or other storage unit of the storage unit 104a 104b (e.g., SD memory card) can be dragged to. つまり、ユーザはフォルダ1からドラッグし直す必要がない。 In other words, the user does not need to re-drag from the folder 1. タッチセンサ103が、ドラッグにより指が再移動していることを検出すると(ステップS105のYes)、指が新たな記憶領域又は記憶部に移動するごとにステップS102からS104が繰り返される。 Touch sensor 103, a finger by a drag upon detecting that it is re-moved (Yes in step S105), S104 is repeated from step S102 each time the finger moves to a new storage area or storage unit.

ユーザが画像ファイルのアイコン108をSDメモリカードのウィンドウ上までドラッグしたことにより(ステップS102のYes)、制御部106が触感呈示部105を制御して、SDメモリカードの空き容量に余裕があることを示す触感(振動パターン3、3a、3b、3c)を呈示したとする(ステップS103及びS104)。 When the user drags the icon 108 of the image file to the windows of the SD memory card (Yes at step S102), the control unit 106 controls the tactile sensation providing unit 105, that there is room in the free space of the SD memory card tactile indicating (vibration pattern 3,3a, 3b, 3c) and was presented (steps S103 and S104). すると、ユーザは、ドロップ操作として、SDメモリカードのウィンドウ上で画像ファイルのアイコン108を押圧し、押圧荷重が荷重基準を満たすと(ステップS106)、制御部106は画像ファイルをSDメモリカードに記憶する(ステップS107)。 Then, the user, as a drop operation, pressing the icon 108 of the image file on the window of the SD memory card, when the pressure load satisfies the load standard (step S106), the control unit 106 stores the image file in the SD memory card (step S107). つまり、画像ファイルのフォルダ1からSDメモリカードへの移動が完了し、図7のようになる。 In other words, to move from folder 1 of the image file to the SD memory card is completed, it is as shown in FIG. なお、図7では、フォルダ1から画像ファイルが消去されているが、本実施形態に係るファイル移動は「切取りと貼付け」操作に限定されず、移動後も移動元から移動ファイル(画像ファイル)が消去されない「複写と貼付け」操作とすることもできる。 In FIG. 7, the image file is erased from the folder 1, file migration according to the present embodiment is not limited to the operation "Paste and cut", the mobile files from the source after the movement (image file) not erased can also be a "copy and paste" operation.

このように本実施形態では、制御部106は、記憶部104aの所定の記憶領域(フォルダ1)に記憶されているデータ(画像ファイル)を所定の記憶領域と異なる記憶部104aの記憶領域(フォルダ2)に記憶させる場合、データのサイズと所定の記憶領域と異なる記憶領域の空き容量(又は使用容量)とに基づいて触感を決定する。 As described above, in this embodiment, the control unit 106, storage unit 104a of the predetermined storage area (folder 1) in the storage area (folder of the data stored (image file) to a predetermined storage area different storage unit 104a If to be stored in 2), determines the touch based on the size of the data and a predetermined storage area different from the storage area space of (or used capacity). そして、制御部106は、決定した触感をタッチ対象(ユーザの指)に対して呈示するように触感呈示部105を制御する。 Then, the control unit 106 controls the tactile sensation providing unit 105 so as to present the determined touch the touch object (a user's finger). つまり、呈示される触感は、データ移動後の移動先である記憶領域(移動先記憶領域)の空き容量に基づいて決定される。 That is, touch to be presented is determined based on the available capacity of the storage area (transfer destination storage area) is the movement destination after data movement. よって、ユーザは、指に呈示される触感から、データが移動先記憶領域に入るか否か、また入る場合には移動先記憶領域の空き容量がどれくらいになるかをデータの移動作業のみにより認識することができる。 Thus recognition, the user, the touch to be presented to the finger, whether or not the data enters the destination storage area, if also fall by only the mobile work data or the free space of the destination memory area is much the can do.

また、本実施形態では、制御部106は、第1の記憶部104a(HDD)に記憶されているデータ(画像ファイル)を第1の記憶部104aとは異なる第2の記憶部104b(SDメモリカード)に記憶させる場合、データのサイズと第2の記憶部104bの空き容量(又は使用容量)に基づいて触感を決定する。 Further, in the present embodiment, the control unit 106, the first storage section 104a the second storage section 104b that is different from the first storage section 104a the data (image file) stored in (HDD) (SD Memory If to be stored in the card), to determine a tactile based on size and free volume of the second storage section 104b of the data (or the used capacity). そして、制御部106は、決定される触感をタッチ対象(ユーザの指)に対して呈示するように触感呈示部105を制御する。 Then, the control unit 106 controls the tactile sensation providing unit 105 to the tactile sensation to be determined for the touch object (a user's finger). つまり、本実施形態における装置101は、1つの記憶部(ハードウェア)におけるある領域から別の領域へのデータ移動だけでなく、複数の記憶部間におけるデータ移動にも対応することができる。 That is, apparatus 101 in this embodiment, not only the data movement from one area in one storage unit (hardware) to another area, it is possible to cope with data movement between a plurality of storage portions. 装置101内部の記憶部104aから外部の記憶部104bへのデータ移動において、ユーザは、呈示される触感から、データが第2の記憶部104bに入るか否か、また入る場合には第2の記憶部104bの空き容量がどれくらいになるかをデータの移動作業のみにより認識することができる。 In data transfer from device 101 inside of the storage unit 104a to the outside of the storage unit 104b, a user, a tactile sensation to be presented, the data in the case where whether or not to enter into the second storage section 104b, also enters the second or free space in the storage unit 104b is much can be recognized only by the mobile work data.

また、本実施形態における装置101が、ドロップ操作を可能にするための荷重検出部を備える場合、制御部106は、単なる振動ではなく、機械的なキーを押した際に感じられるカチッとした硬質的な触感(リアルなクリック感)をタッチ対象に対して呈示するように触感呈示部105を制御することができる。 Also, hard apparatus 101 in the present embodiment, when provided with a load detection unit for enabling drop operation, the control unit 106, which not just vibration and clicks to be felt when pressing a mechanical key it is possible to control the tactile sensation providing unit 105 so as to present specific tactile sensation (realistic click feeling) to the touch object. リアルなクリック感を呈示するためには、例えば、ステップS104で、押圧荷重がある値(例えば1N[ニュートン])を超えると触感を呈示する設定にする。 To present a realistic click feeling, for example, at step S104, the setting is made so that the tactile sensation above a certain pressing load value (e.g., 1N [Newtons]). これにより、押圧荷重がある値を超えるまでは、ユーザの圧覚を刺激し、押圧荷重がある値を超えると、触感呈示部105により、タッチ面を振動させてユーザの触覚を刺激することが可能になる。 Thus, until it exceeds a certain pressing load values, stimulate pressure sensation of the user, beyond a certain pressing load value, the tactile sensation providing unit 105, it is possible to stimulate the tactile user by vibrating the touch surface become. このように、ユーザの圧覚と触覚を刺激することにより、カチッとした硬質的な触感をユーザに呈示できる。 Thus, by stimulating the pressure sense and tactile user can present a rigid manner tactile sensation that snap into the user. タッチセンサ103自体は、タッチ面が押圧されても機械的なキーのように物理的に変位しないが、上記のような触感をタッチ対象に呈示することにより、ユーザは、機械的なキーを操作した場合と同様のリアルなクリック感を得ることができる。 The touch sensor 103 itself is the touch surface is not physically displaced as mechanical keys be pressed, by the tactile sensation as the touch object, the user operates the mechanical key it is possible to obtain the same realistic click feeling if you had. これにより、ユーザは、押圧によるフィードバックが本来ないタッチセンサ103への入力操作を違和感なく行うことが可能となる。 Thus, the user can perform an input operation to the touch sensor 103 is not inherently feedback by pressing without discomfort. なお、カチッとした硬質的な触感は、例えば200Hz〜500Hzのサイン波を1周期又は矩形波を1周期呈示することにより実現できる。 Incidentally, the hard specific tactile and snap, for example a sine wave 200Hz~500Hz can be realized by one cycle presents one cycle or square wave. ブルやブニとした軟質的な触感は、例えば200Hz〜500Hzのサイン波を2又は3周期呈示することにより実現できる。 Soft specific tactile was Bull and Buni, for example can be realized by the sine wave 200Hz~500Hz presenting 2 or 3 cycles. ブルルといった振動として認知できる触感は、例えばサイン波を4周期以上呈示することにより実現できる。 Tactile perceptible as vibrations such Bururu can be realized by presenting example a sine wave 4 or more periods.

(第2の実施形態) (Second Embodiment)
第1の実施形態では、ドラッグ操作により、ユーザの指が移動先の記憶領域又は記憶部のウィンドウ上に位置している状態で触感を呈示する場合について説明したが、第2の実施形態では、ドラッグ操作の途中で、つまり、ユーザの指が移動先の記憶領域又は記憶部のウィンドウ上に位置していない状態で、触感を呈示する場合について説明する。 In the first embodiment, by a drag operation, there has been described a case where the tactile sensation in a state where the user's finger is positioned over the window of the destination memory area or the storage unit, in the second embodiment, during the drag operation, that is, in a state where the user's finger is not located on the window of the destination storage area or storage unit, it will be described to provide the tactile sensation. 図8は、本発明の第2の実施形態に係る入力装置の概略構成を示す機能ブロック図である。 Figure 8 is a functional block diagram showing the schematic configuration of an input device according to a second embodiment of the present invention. 本発明のタッチセンサを有する装置201(以下、装置201と略する)の一例としては、PDA、PC、携帯電話、携帯ゲーム機、携帯音楽プレイヤー、携帯テレビ、などが挙げられる。 Device 201 (hereinafter, abbreviated as device 201) having a touch sensor of the present invention as an example of, PDA, PC, mobile phone, portable game machine, a portable music player, portable video, and the like. この入力装置201は、表示部202と、タッチセンサ203と、記憶部204と、触感呈示部205と、制御部206とを有する。 The input device 201 includes a display unit 202, a touch sensor 203, a storage unit 204, a tactile sensation providing unit 205, a control unit 206. 制御部206以外の機能部202〜205は、図1の機能部102〜105と同じ機能を有するので、説明は省略する。 Functional unit 202-205 other than the control unit 206 have the same functions as the functions 102 to 105 in FIG. 1, description is omitted.

制御部206は、記憶部204aの所定の記憶領域から所定の記憶領域とは異なる記憶部204aの記憶領域へ、又は第1の記憶部204aから第1の記憶部204aとは異なる第2の記憶部204bへのファイル(データ)の移動において、タッチセンサ203が検出した入力を基に、データの動きベクトルを求める。 Control unit 206 from a predetermined storage area of ​​the storage unit 204a to the storage areas of different storage unit 204a and the predetermined storage area, or a different second memory from the first memory unit 204a and the first storage unit 204a in the movement of file (data) into parts 204b, based on the input of the touch sensor 203 it has detected, obtaining a motion vector data. つまり、動きベクトルとは、ドラッグ操作等により動いているデータのアイコンの軌跡から算出されるものであり、データのアイコンの動き方を表すベクトルである。 That is, the motion vector, which is calculated from the trajectory data of icons in motion by a drag operation or the like, is a vector representing the motion way of the data icon. そして、求めた動きベクトルから、移動先である記憶領域又は記憶部(記憶領域等)を特定する。 Then, the motion vector obtained, specifying a storage area or a storage unit is a moving destination (storage area, etc.). つまり、制御部206は、該動きベクトルの方向に存在する記憶領域等をファイルの移動先と予測し、予測された移動先記憶領域等の空き容量と移動ファイルのサイズとに基づいて触感を決定し、ユーザの指にこの触感を呈示するように触感呈示部205を制御する。 That is, the control unit 206 predicts the storage area or the like existing in the direction of the motion vector destination files, determine tactile based on the size of the free space and move file such predicted destination storage area and, it controls the tactile sensation providing unit 205 so as to present the tactile sensation to the user's finger. つまり、ユーザは、ドラッグ操作等でファイルを移動先記憶領域等まで動かす前に呈示される触感により、予測された移動先記憶領域等の空き容量を認識することができる。 In other words, the user can by touch to be presented before moving to the destination storage area such as a file by dragging or the like, to recognize the free space, such as the predicted movement destination storage area.

第1の実施形態での説明と同様に、図8の装置201がタッチパネルを有するPDAであるとする。 As with the description of the first embodiment, device 201 of FIG. 8 and a PDA with a touch panel. このとき、表示部202の表示例は、図9のようになる。 At this time, the display example of the display unit 202 is as shown in FIG. 図9において、画像ファイルのアイコン208は、図2の画像ファイルのアイコン108と同様のデータのアイコンであり、フォルダ1、フォルダ2及びSDメモリカードは、図9と図2とにおいて共通である。 9, the icon 208 of the image file is an icon similar data as the image file icon 108 of FIG. 2, folder 1, folder 2, and SD memory card is a common in FIGS. 9 and 2. よって、図9の説明は省略する。 Therefore, the description of FIG. 9 will be omitted.

フォルダ1(第1の記憶部204aの所定の記憶領域)にある画像ファイルをフォルダ2(フォルダ1とは異なる記憶部204aの記憶領域)又はSDメモリカード(第2の記憶部204b)に移動して記憶させる場合について、図10のフローチャートを用いて説明する。 Folder 1 (to the storage areas of different storage unit 204a to the folder 1) an image file folder 2 in the (first predetermined region of the memory device 204a) or SD memory card (second storage unit 204b) for case of storing Te will be described with reference to the flowchart of FIG. 10. 図10において、ステップS201、S204〜S207の処理は、図3に示したステップS101、S104〜S107と同じ処理である。 10, step S201, processing of S204~S207 are steps S101 shown in FIG. 3, the same processing as S104 to S107. この場合、各ステップに関する記載のうち、第1の実施形態の各機能部(表示部102、タッチセンサ103、記憶部104、触感呈示部105)に関する記載については、適宜、第2の実施形態の各機能部(表示部202、タッチセンサ203、記憶部204、触感呈示部205)で読み替えるものとする。 In this case, among the description of each step, each functional unit of the first embodiment (display unit 102, the touch sensor 103, a storage unit 104, tactile sensation providing unit 105) for description of the appropriate of the second embodiment each functional unit (display unit 202, the touch sensor 203, a storage unit 204, tactile sensation providing unit 205) to be replaced with.

ユーザが、移動させたいファイル(移動ファイル)のアイコンに対してユーザの指による入力を行うと、S101と同様に、タッチセンサ203は、この入力を検出する(ステップS201)。 When the user performs input by a user's finger with respect to the icon of the file (moving files) to be moved, similarly to S101, the touch sensor 203 detects the input (step S201).

そして、ユーザが、画像ファイル(移動ファイル)をフォルダ1(移動元フォルダ)とは異なる記憶領域であるフォルダ2(移動先フォルダ)に移動させる場合、ユーザは、ドラッグ操作により、図11のように画像ファイルのアイコン208をフォルダ2の方に動かしていく。 Then, if the user moves the image file (moving file) folder 1 (source folder) folder 2 (destination folder) is a different storage area from the user, by a drag operation, as shown in FIG. 11 It will move the icon 208 of the image file towards the folder 2.

ドラッグ操作中、タッチセンサ203が画像ファイルのアイコン208の動き(軌跡)を検出し、制御部206は、この検出された軌跡から画像ファイルのアイコン208の動きベクトルを算出する(ステップS211)。 During a drag operation, the touch sensor 203 detects the motion of an image file icon 208 (the trajectory), the control unit 206 calculates the motion vector of the image file icon 208 from the detected path (step S211). 動きベクトルは、例えば、現在の画像ファイルのアイコン208の位置と、過去の画像ファイルのアイコン208の位置(例えば、ドラッグ前の画像ファイルのアイコン208の位置)との2点を結ぶことにより求めることができる。 Motion vectors, for example, be obtained by connecting the positions of the current image file icon 208, the two points and the position of the previous image file icon 208 (e.g., where the drag previous image file icon 208) can. また、ドラッグ操作により画像ファイルのアイコン208が動いた位置を複数点取り上げて、最小二乗法により求めることもできる。 Also, the position moving the icon 208 of the image file by a drag operation by taking a plurality of points can also be determined by the least squares method. 動きベクトルは、装置201の処理能力及び必要な精度を勘案して、任意の近似式を採用して求めることができる。 Motion vector, in consideration of processing power and required accuracy of the apparatus 201 can be obtained by employing any approximation.

続いて、制御部206は、算出した動きベクトルから、画像ファイルの移動先として予測される記憶領域又は記憶部があるか否か判断する(ステップS212)。 Subsequently, the control unit 206, the calculated motion vector, is a storage area or a storage unit is expected determines whether there as the destination of the image file (step S212). つまり、算出した動きベクトル上に記憶領域又は記憶部に関するウィンドウが存在するか否かを判断する。 That is, it is determined whether or window exists a storage area or the storage unit to the calculated motion vectors on. 存在する場合(ステップS212のYes)、制御部206は、算出した動きベクトル上のウィンドウに関する記憶領域又は記憶部をユーザの所望の移動先であると予測する。 If present (Yes in step S212), control unit 206 predicts the calculated storage area or the storage unit about a window on the motion vector which is the desired destination of the user. 図11では、算出した動きベクトル上にフォルダ2が存在するため(ステップS212のYes)、フォルダ2をユーザの所望の移動先フォルダであると予測する。 In Figure 11, since the folder 2 is present in the calculated motion vector on (Yes in step S212), predicting the folder 2 and a desired destination folder of the user.

そして、制御部206は、画像ファイルのサイズと予測されたフォルダ2の空き容量又は使用容量とに基づいて、タッチセンサ203をタッチしているユーザの指に対して呈示する触感を決定する(ステップS213)。 Then, the control unit 206, based on the size and free space or used capacity of the predicted folder 2 image file, determines the tactile presenting to a user of the finger touching the touch sensor 203 (step S213). この触感は、第1の実施形態と同様に、計算又は表1又は2のような振動パターン表により決定される。 This tactile sensation, like the first embodiment, is determined by the vibration pattern table such as a calculator or Table 1, or 2. 制御部206は、触感呈示部205を制御して、タッチセンサ203をタッチしているユーザの指に対して決定した触感を呈示する(ステップS204)。 Control unit 206 controls the tactile sensation providing unit 205 to provide the tactile sensation determined for a user of the finger touching the touch sensor 203 (step S204). つまり、制御部206は、画像ファイルのアイコン208が移動先フォルダ2のウィンドウ上に位置する前に、ユーザの所望の移動先をフォルダ2と予測し、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に対応する触感をユーザの指に対して呈示することになる。 That is, the control unit 206, before the icon 208 of the image file is located on the window of the destination folder 2, to predict the desired destination user folder 2 and, in the free space in the destination folder after file migration It will present the corresponding tactile to a user's finger.

ステップS204において、ユーザの指に対して、画像ファイルのフォルダ2への移動が不可能な触感が呈示されると、ユーザは移動ファイルの移動先を変更することになる。 In step S204, the user's finger, the which can not be moved to the folder 2 image files tactile is presented, the user will change the destination of the moving file. 移動ファイルの移動先を変更する場合、ユーザは、図11の状態から、記憶部104aの他の記憶領域又は他の記憶部204b(例えば、SDメモリカード)へドラッグすることができる。 When changing the destination of the moving file, the user, from the state of FIG. 11, another storage area or other storage unit 204b of the storage unit 104a (e.g., SD memory card) can be dragged to. つまり、ユーザはフォルダ1からドラッグし直す必要がない。 In other words, the user does not need to re-drag from the folder 1.

ユーザが、最終的に画像ファイルのアイコン208をSDメモリカードに移動した場合、図12のようになる。 User, ultimately when moving the icon 208 of the image file in the SD memory card, is shown in Figure 12. 画像ファイルのアイコン208が移動先フォルダ2のウィンドウ上に位置する前に、画像ファイルのアイコン208の移動先がSDメモリカードに変更されたため、第1の実施形態における図7と比べて、画像ファイルのアイコン208の移動軌跡が短くなる。 Before the icon 208 of the image file is located on the window of the destination folder 2, the movement destination of the image file icon 208 is changed to SD memory card, as compared to FIG. 7 in the first embodiment, an image file locus of movement of the icon 208 is shortened.

このように本実施形態では、記憶部104aの所定の記憶領域(フォルダ1)に記憶されているデータ(画像ファイル)を所定の記憶領域と異なる記憶部104aの記憶領域(フォルダ2)に記憶させる場合、制御部206は、データの移動先である記憶領域をデータのアイコンの動きベクトルにより特定する。 As described above, in this embodiment, it is stored in a storage area of ​​a predetermined storage area (folder 1) to different data stored (image file) to a predetermined storage area storage unit 104a of the storage unit 104a (Folder 2) case, the control unit 206 identifies a storage area which is the destination of the data by the motion vector data icon. 具体的には、制御部206は、ドラッグ操作により、データのアイコンが動いている場合、データのアイコンの軌跡から動きベクトルを算出し、該動きベクトルの方向に位置する記憶領域を移動先として特定する。 Specifically, the control unit 206, the drag operation, if the data of the icon is moving, identified calculates a motion vector from the trajectory data icon, the storage area located in the direction of the motion vector as the destination to. つまり、制御部206は、画像ファイルのアイコン208が移動先フォルダ2のウィンドウ上に位置する前に、ユーザの所望の移動先をフォルダ2と予測することになる。 That is, the control unit 206, before the icon 208 of the image file is located on the window of the destination folder 2, it will predict the desired destination user folder 2. よって、制御部206は、画像ファイルのアイコン208が移動先フォルダ2にドラッグされる前に、画像ファイル移動後のフォルダ2の空き容量に対応する触感をユーザの指に対して呈示することができる。 Therefore, the control unit 206, before the icon 208 of the image file is dragged to the destination folder 2, a tactile sensation corresponding to the free space of the folder 2 after the image file migration can be presented to a user's finger . これにより、ユーザは、画像ファイルのアイコン208のドラッグ操作の途中で、画像ファイルがフォルダ2に入るか否か、また入る場合にはフォルダ2の空き容量がどれくらいになるかを認識することができる。 Accordingly, the user, in the middle of the drag operation of the image file icon 208, if the image file is whether or not to enter the folder 2, or fall can recognize whether free space of the folder 2 is much . 特に、画像ファイルがフォルダ2に入らない場合、ユーザは、ドラッグ操作の途中でファイルの移動先を変更することが可能となり、ファイル移動を効率的に行うことができる。 In particular, if the image file does not enter the folder 2, a user, it is possible to change the destination file during the drag operation, it is possible to perform file migration effectively.

また、本実施形態では、第1の記憶部204a(フォルダ1に関するHDD)に記憶されているデータ(画像ファイル)を第1の記憶部とは異なる第2の記憶部204b(SDメモリカード)に記憶させる場合、データの移動先である第2の記憶部204bをデータのアイコンの動きベクトルにより特定する。 Further, in the present embodiment, the second storage unit 204b different from the data stored in the first storage section 204a (HDD relates folder 1) (image file) the first storage unit (SD memory card) If to be stored, is specified by the motion vector in the second storage section 204b of the data icon is a destination of the data. つまり、本実施形態における装置201は、1つの記憶部(ハードウェア)におけるある領域から別の領域へのデータ移動だけでなく、複数の記憶部間におけるデータ移動においても、データのアイコンの動きベクトルから移動先の特定が可能である。 In other words, device 201 in this embodiment, not only the data movement from one area in one storage unit (hardware) to another area, even in the data movement between a plurality of storage portions, the data icon motion vector it is possible to specify the destination is from. これにより、ユーザは、画像ファイルのアイコン208のドラッグ操作の途中で(画像ファイルのアイコン208が移動先であるSDメモリカードのウィンドウ上に位置する前に)、画像ファイルがフォルダ2に入るか否か、また入る場合にはフォルダ2の空き容量がどれくらいになるかを認識することができる。 Whether Thus, the user may (before the image file icon 208 located on the window of the SD memory card is a destination) during the drag operation of the image file icon 208, the image file into the folder 2 or, in the case where or enter it can recognize whether the free space in the folder 2 is how much.

本発明を諸図面や実施例に基づき説明してきたが、当業者であれば本開示に基づき種々の変形や修正を行うことが容易であることに注意されたい。 While the present invention has been described with reference to exemplary embodiments and drawings, it should be noted that it is easy to make various changes and modifications based on the present disclosure the skilled artisan. 従って、これらの変形や修正は本発明の範囲に含まれることに留意されたい。 Therefore, these modifications and extensions are intended to be included within the scope of the present invention.

例えば、各部材、各手段、各ステップなどに含まれる機能などは論理的に矛盾しないように再配置可能であり、複数の手段やステップなどを1つに組み合わせたり、或いは分割したりすることが可能である。 For example, each member, each of the means, including the ability to be included in such steps is repositionable so as not logically inconsistent, or combinations including a plurality of means or steps into one, or be or divided possible it is.

上記の第1の実施形態においては、移動させるファイルのアイコンに対して指による入力を行い、入力し続けた状態で移動先フォルダまで指を動かすドラッグ操作について説明したが、移動させるファイルと移動先フォルダとの特定ができればドラッグ操作に限定されるものではない点に留意すべきである。 In the first embodiment described above, performs an input by a finger for a file icon to be moved, it has been described drag operation of moving the finger to the destination folder in a state of continuing to enter, file and destination for moving specific folders should be noted that the invention is not limited to the drag operation, if possible. 例えば、ユーザが移動させるファイルのアイコンに対して指による入力を行い、該入力をタッチセンサが検出する。 For example, perform an input by a finger for a file icon for the user moves the input touch sensor detects. そして、制御部は、この検出された入力をユーザによる移動ファイルの特定と判断し、どのファイルが特定されたかという情報を本発明に係る装置の内部メモリに記憶させる。 The control unit determines this detected input and a particular mobile file by the user, which files to store information indicating identified in the internal memory of the device according to the present invention. これにより、ドラッグ操作によって入力し続けることにより、移動させるファイルを特定し続ける必要がなくなる。 Thus, by continuing to enter the drag operation, it is not necessary to continue to identify the file to be moved. このような設定のもと、一度指をタッチセンサから離し、移動先フォルダのウィンドウ上に入力を行う。 Under such a setting, once release the finger from the touch sensor, perform an input on the window of the destination folder. この入力をタッチセンサが検出することにより、制御部は移動先フォルダの特定ができる。 By detecting the input touch sensor, the controller may identify the destination folder. 移動ファイルと移動先フォルダとの特定により、制御部は、ファイル移動後の移動先フォルダの空き容量に基づいて触感を決定することができる。 The specific and mobile file and destination folder, the control unit may determine the touch based on the available capacity of the destination folder after file migration.

また上記の第2の実施形態においては、ファイルのアイコンの動きベクトルをドラッグ操作によるファイルのアイコンの軌跡から算出することについて説明したが、ファイルのアイコンの軌跡が分かればドラッグ操作に限定されるものではない点に留意すべきである。 Also in the second embodiment described above, those have been described to calculate the motion vector of the file icon from the trajectory of the file icon by a drag operation, the locus of the file icons are limited to the drag operation Knowing it should be noted that not. 例えば、ユーザが移動させるファイルのアイコンに対して指による第1の入力を行い、該入力をタッチセンサが検出する。 For example, performing a first input by a finger for a file icon for the user moves the input touch sensor detects. そして、制御部は、この検出された入力をユーザによる移動ファイルの特定と判断する。 Then, the control unit determines the detected type specific mobile file by the user. そして、ユーザが記憶領域又は記憶部に関するウィンドウ以外の位置に対して第2の入力を行い、該入力をタッチセンサが検出する。 Then, the user performs a second input to a position other than the window for a storage area or a storage unit, the input is a touch sensor detects. ファイルのアイコンの位置と、第2の入力による表示部上の位置とを結んだ線をファイルのアイコンの軌跡とすることにより、ドラッグ操作なくファイルのアイコンの動きベクトルを算出することができる。 And position of the file icon, by the locus of the second a line connecting the position on the display unit according to the input file's icon, it is possible to calculate the motion vector icon drag operation without file.

上記の第1及び第2の実施形態においては、複数の記憶部間におけるデータ移動について、装置内部の記憶部から外部の記憶部へのデータ移動について説明したが、装置外部の記憶部から内部の記憶部へのデータ移動において、制御部は、呈示する触感を変化させることにより、データが移動先フォルダに入るか否か、また入る場合にはファイル移動後の移動先フォルダの空き容量がどれくらいかになるかをユーザに認識させることができる。 In the first and second embodiments described above, the data moving between the plurality of storage units has been described data transfer from the device internal storage unit to the outside of the storage unit, inside from the outside of the apparatus in the storage unit in the data transfer to the storage unit, or the control unit, by changing the tactile presenting, whether the data enters the destination folder, if or entering the much free space in the destination folder after file migration is it can be recognized before it becomes a user.

上記の第1及び第2の実施形態においては、装置外部の記憶部の記憶領域がパーティションやフォルダ等で複数に分割されていない場合について説明したが、装置外部の記憶部が複数の記憶領域を有している場合も同様にして、本発明の装置を適用することができる。 In the first and second embodiments described above, the description has been given of the case where the storage area of ​​the storage unit of the device outside is not divided into a plurality at the partition or folder or the like, the storage unit of the device outside a plurality of storage areas in the same manner may have, it is possible to apply the apparatus of the present invention. 外部の記憶部の複数の記憶領域間、又は、外部の記憶部のある記憶領域と内部の記憶部若しくは記憶領域との間のデータ移動においても、制御部は、呈示する触感を変化させることにより、データが移動先フォルダに入るか否か、また入る場合にはファイル移動後の移動先フォルダの空き容量がどれくらいかをユーザに認識させることができる。 Between a plurality of storage areas of an external storage unit, or, even in the data transfer between the storage area and the inside of the storage unit or the storage area of ​​the external storage unit, the control unit, by changing the tactile presenting , whether the data enters the destination folder, if also entering can be recognized how much free space in the destination folder after file migration is the user.

101、201 タッチセンサを有する装置 102、202 表示部 103、203 タッチセンサ 104、204 記憶部 105、205 触感呈示部 106、206 制御部 108、208 画像ファイルのアイコン 311 アイコン 312 ソースウィンドウ 313 ターゲットウィンドウ 314 内部境界 315 所望の位置 101 and 201 touch sensor device 102, 202 display unit 103 and 203 touch sensor 104, 204 storage unit 105, 205 tactile sensation providing unit 106, 206 control unit 108, 208 image files having the icon 311 icon 312 the source window 313 target window 314 desired position inside the boundary 315

Claims (12)

  1. 複数の記憶領域を有する記憶部と、 A storage unit having a plurality of storage areas,
    タッチセンサと、 A touch sensor,
    該タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して触感を呈示する触感呈示部と、 A tactile sensation providing unit to provide the tactile sensation the touch object is touching the touch sensor,
    所定の記憶領域に記憶されているデータを前記所定の記憶領域と異なる記憶領域に記憶させる場合、前記データのサイズと前記異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を前記タッチ対象に対して呈示するように前記触感呈示部を制御する制御部と、 When data is stored data stored in a predetermined storage area in the different storage area from the predetermined storage area, the tactile determined based on the available capacity or used capacity of the different storage areas to the size of the data a control unit for controlling the tactile sensation providing unit to exhibit the touch object,
    を備えるタッチセンサを有する装置。 Device having a touch sensor comprising a.
  2. 請求項1に記載のタッチセンサを有する装置において、更に、 An apparatus having a touch sensor according to claim 1, further
    表示部を備え、 A display unit,
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記制御部は、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定することを特徴とする、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, the control unit, the calculated motion vector data, the different storage areas based on the motion vector and identifies a
    タッチセンサを有する装置。 Device having a touch sensor.
  3. 第1の記憶部と、 A first storage unit,
    第1の記憶部と異なる第2の記憶部と、 A second storage unit different from the first storage unit,
    タッチセンサと、 A touch sensor,
    該タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して触感を呈示する触感呈示部と、 A tactile sensation providing unit to provide the tactile sensation the touch object is touching the touch sensor,
    前記第1の記憶部に記憶されているデータを前記第2の記憶部に記憶させる場合、前記データのサイズと前記第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を前記タッチ対象に対して呈示するように前記触感呈示部を制御する制御部と、 When data is stored data stored in the first storage unit in the second storage unit, the tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the size of the data the second storage unit a control unit for controlling the tactile sensation providing unit to presented to the touch object,
    を備えるタッチセンサを有する装置。 Device having a touch sensor comprising a.
  4. 請求項3に記載のタッチセンサを有する装置において、更に、 An apparatus having a touch sensor according to claim 3, further
    表示部を備え、 A display unit,
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記制御部は、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定することを特徴とする、 The input to the touch sensor, when the data of the icon displayed on the display unit is moving, the control unit calculates a motion vector of the data, the second on the basis of the motion vector and identifies a storage unit,
    タッチセンサを有する装置。 Device having a touch sensor.
  5. 記憶部の所定の記憶領域に記憶されているデータと、前記所定の記憶領域と異なる記憶領域とをそれぞれ特定するステップと、 And data stored in a predetermined storage area of ​​the storage unit, and identifying each of said predetermined storage area different from the storage area,
    前記特定したデータのサイズと前記特定した異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するステップと、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of different storage area the particular size of the data the specific, a step of presenting the touch object is touching the touch sensor,
    を含む触感呈示方法。 Tactile presentation method, including.
  6. 請求項5に記載の触感呈示方法において、更に、 In the tactile sensation method according to claim 5, further
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定するステップ、 Wherein the input to the touch sensor, when said icon of the data to the display unit are displayed in motion, calculates the motion vector of the data, identifying the different storage areas based on the motion vector,
    を含む触感呈示方法。 Tactile presentation method, including.
  7. 第1の記憶部に記憶されているデータと、前記第1の記憶部と異なる第2の記憶部とをそれぞれ特定するステップと、 The data stored in the first storage section, identifying each a different second storage unit and the first memory unit,
    前記特定したデータのサイズと前記特定した第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するステップと、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the second storage section for the particular size of the data the specific, a step of presenting the touch object is touching the touch sensor,
    を含む触感呈示方法。 Tactile presentation method, including.
  8. 請求項7に記載の触感呈示方法において、更に、 In tactile presentation method of claim 7, further
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定するステップ、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of the data, identifying the second storage unit based on the motion vector step,
    を含む触感呈示方法。 Tactile presentation method, including.
  9. タッチセンサを有する装置に搭載されるコンピュータを、 The computer mounted on a device with a touch sensor,
    記憶部の所定の記憶領域に記憶されているデータと、前記所定の記憶領域と異なる記憶領域とをそれぞれ特定する手段、 And data stored in a predetermined storage area of ​​the storage unit, the predetermined storage area different from the storage area and each particular to means,
    前記特定したデータのサイズと前記特定した異なる記憶領域の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するように制御する手段、 Wherein the tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the size and the specified different storage areas of the identified data, means for controlling so as to present the touch object is touching the touch sensor,
    として機能させるための触感呈示プログラム。 The tactile sensation program to function as.
  10. 請求項9に記載の触感呈示プログラムにおいて、更に、前記コンピュータを、 In the tactile sensation program according to claim 9, further the computer,
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記異なる記憶領域を特定する手段、 Wherein the input to the touch sensor, when the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of said data, means for identifying the different storage areas based on the motion vector,
    として機能させるための触感呈示プログラム。 The tactile sensation program to function as.
  11. タッチセンサを有する装置に搭載されるコンピュータを、 The computer mounted on a device with a touch sensor,
    第1の記憶部に記憶されているデータと、前記第1の記憶部と異なる第2の記憶部とをそれぞれ特定する手段、 First data stored in the storage unit, the first storage section is different from the second respective particular to means and a storage unit,
    前記特定したデータのサイズと前記特定した第2の記憶部の空き容量又は使用容量とに基づいて決定される触感を、タッチセンサをタッチしているタッチ対象に対して呈示するように制御する手段、 The tactile sensation is determined on the basis of the free capacity or used capacity of the second storage section for the particular size of the data the specific means for controlling so as to present the touch object is touching the touch sensor ,
    として機能させるための触感呈示プログラム。 The tactile sensation program to function as.
  12. 請求項11に記載の触感呈示プログラムにおいて、更に、前記コンピュータを、 In the tactile sensation program according to claim 11, further the computer,
    前記タッチセンサへの入力により、前記表示部に表示されている前記データのアイコンが動いている場合、前記データの動きベクトルを算出し、該動きベクトルに基づいて前記第2の記憶部を特定する手段、 The input to the touch sensor, the case where the data of the icon displayed on the display unit is moving, and calculates a motion vector of the data, identifying the second storage unit based on the motion vector means,
    として機能させるための触感呈示プログラム。 The tactile sensation program to function as.
JP2009282259A 2009-12-11 2009-12-11 Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program Active JP5490508B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009282259A JP5490508B2 (en) 2009-12-11 2009-12-11 Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009282259A JP5490508B2 (en) 2009-12-11 2009-12-11 Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011123773A true JP2011123773A (en) 2011-06-23
JP5490508B2 true JP5490508B2 (en) 2014-05-14

Family

ID=44287585

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009282259A Active JP5490508B2 (en) 2009-12-11 2009-12-11 Device having a touch sensor, tactile presentation method and tactile sensation Program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5490508B2 (en)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103092487A (en) * 2011-10-27 2013-05-08 腾讯科技(深圳)有限公司 Method and device for uploading and downloading files
DE112013002387T5 (en) * 2012-05-09 2015-02-12 Apple Inc. Device, Method, and Graphical User Interface for providing tactile feedback for operations in a user interface
KR101683868B1 (en) 2012-05-09 2016-12-07 애플 인크. Device, method, and graphical user interface for transitioning between display states in response to gesture
DE112013002412T5 (en) 2012-05-09 2015-02-19 Apple Inc. Device, Method, and Graphical User Interface for providing feedback for changing activation states of a user interface object
DE202013012233U1 (en) 2012-05-09 2016-01-18 Apple Inc. Device and graphical user interface to display additional information in response to a user Contact
WO2013169875A3 (en) 2012-05-09 2014-03-27 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for displaying content associated with a corresponding affordance
US9836150B2 (en) * 2012-11-20 2017-12-05 Immersion Corporation System and method for feedforward and feedback with haptic effects
CN105264479A (en) 2012-12-29 2016-01-20 苹果公司 Device, method, and graphical user interface for navigating user interface hierarchies
EP2939098A1 (en) 2012-12-29 2015-11-04 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for transitioning between touch input to display output relationships
JP2015043123A (en) * 2013-08-26 2015-03-05 シャープ株式会社 Image display device, data transfer method, and program
US9632664B2 (en) 2015-03-08 2017-04-25 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback
US9645732B2 (en) 2015-03-08 2017-05-09 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for displaying and using menus
US9785305B2 (en) 2015-03-19 2017-10-10 Apple Inc. Touch input cursor manipulation
US9639184B2 (en) 2015-03-19 2017-05-02 Apple Inc. Touch input cursor manipulation
CN104866179A (en) * 2015-05-29 2015-08-26 小米科技有限责任公司 Method and apparatus for managing terminal application program
US9674426B2 (en) 2015-06-07 2017-06-06 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US9860451B2 (en) 2015-06-07 2018-01-02 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US9891811B2 (en) 2015-06-07 2018-02-13 Apple Inc. Devices and methods for navigating between user interfaces
US9830048B2 (en) 2015-06-07 2017-11-28 Apple Inc. Devices and methods for processing touch inputs with instructions in a web page
CN104994419A (en) * 2015-06-29 2015-10-21 天脉聚源(北京)科技有限公司 Method and device for realizing synchronous display of plurality of virtual players
US9880735B2 (en) 2015-08-10 2018-01-30 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4419619B2 (en) * 2004-03-17 2010-02-24 セイコーエプソン株式会社 Error prevention method of an input device
JP2005332063A (en) * 2004-05-18 2005-12-02 Sony Corp Input device with tactile function, information inputting method, and electronic device
JP4045550B2 (en) * 2004-06-28 2008-02-13 富士フイルム株式会社 Image display control device and an image display control program
JP2006018582A (en) * 2004-07-01 2006-01-19 Ricoh Co Ltd Operation display device
JP4210936B2 (en) * 2004-07-08 2009-01-21 ソニー株式会社 The information processing apparatus and a program used in this
JP2006252550A (en) * 2005-02-14 2006-09-21 Seiko Epson Corp File operation limiting system, file operation limiting program, file operation limiting method, electronic equipment and printer
JP2007179095A (en) * 2005-12-26 2007-07-12 Fujifilm Corp Display control method, information processor, and display control program
US20090295739A1 (en) * 2008-05-27 2009-12-03 Wes Albert Nagara Haptic tactile precision selection

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2011123773A (en) 2011-06-23 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7489306B2 (en) Touch screen accuracy
US7956847B2 (en) Gestures for controlling, manipulating, and editing of media files using touch sensitive devices
US20120212438A1 (en) Methods and apparatuses for facilitating interaction with touch screen apparatuses
US20150149967A1 (en) Device, Method, and Graphical User Interface for Navigating User Interface Hierarchies
US20080297484A1 (en) Method and apparatus for providing gesture information based on touchscreen and information terminal device having the apparatus
US20050046621A1 (en) Method and device for recognizing a dual point user input on a touch based user input device
US20090183098A1 (en) Configurable Keyboard
US20130093691A1 (en) Electronic device and method of controlling same
US20120089950A1 (en) Pinch gesture to navigate application layers
US20120013539A1 (en) Systems with gesture-based editing of tables
US20150149899A1 (en) Device, Method, and Graphical User Interface for Forgoing Generation of Tactile Output for a Multi-Contact Gesture
US20090058828A1 (en) Electronic device and method of operating the same
US20090187842A1 (en) Drag and Drop User Interface for Portable Electronic Devices with Touch Sensitive Screens
US20150067497A1 (en) Device, Method, and Graphical User Interface for Providing Tactile Feedback for Operations Performed in a User Interface
US20120023459A1 (en) Selective rejection of touch contacts in an edge region of a touch surface
US8581870B2 (en) Touch-sensitive button with two levels
US20090322687A1 (en) Virtual touchpad
US20090219252A1 (en) Apparatus, method and computer program product for moving controls on a touchscreen
US20060238495A1 (en) User input device for electronic device
US20100095234A1 (en) Multi-touch motion simulation using a non-touch screen computer input device
US20090243998A1 (en) Apparatus, method and computer program product for providing an input gesture indicator
US20120169776A1 (en) Method and apparatus for controlling a zoom function
US20110050653A1 (en) Information processing apparatus, information processing method, and program
CN201156246Y (en) Multiple affair input system
US20120212420A1 (en) Multi-touch input control system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121115

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130717

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130723

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130902

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140128

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140226

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5490508

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150