JP5468375B2 - 気密構造を有する盛土 - Google Patents

気密構造を有する盛土 Download PDF

Info

Publication number
JP5468375B2
JP5468375B2 JP2009289932A JP2009289932A JP5468375B2 JP 5468375 B2 JP5468375 B2 JP 5468375B2 JP 2009289932 A JP2009289932 A JP 2009289932A JP 2009289932 A JP2009289932 A JP 2009289932A JP 5468375 B2 JP5468375 B2 JP 5468375B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
embankment
soil
defective
airtight
vacuum
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009289932A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011132660A (ja
Inventor
謙一 小島
Original Assignee
公益財団法人鉄道総合技術研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 公益財団法人鉄道総合技術研究所 filed Critical 公益財団法人鉄道総合技術研究所
Priority to JP2009289932A priority Critical patent/JP5468375B2/ja
Publication of JP2011132660A publication Critical patent/JP2011132660A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5468375B2 publication Critical patent/JP5468375B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W30/00Technologies for solid waste management
    • Y02W30/30Landfill technologies aiming to mitigate methane emissions

Description

本発明は、鉄道や道路などの盛土に係り、特に気密構造を有する盛土に関するものである。
従来の盛土は、斜面〔のり面(1:1.5程度)〕を有した台形状の構造物である。
図2はかかる従来の盛土の断面図である。
この図において、101は盛土を構築する支持地盤、102は下部盛土、103は上部盛土、104は盛土補強材、105は層厚管理材、106は上部盛土103上に配置される床版スラブであり、その床版スラブ106上にコンクリート路盤107が敷設されて、鉄道車両108が走行する。
従来の盛土支持基盤の補強構造としては、下記の特許文献1及び2に開示されるようなものがあった。
近年では盛土の中に繊維材を配置し勾配を急にした補強盛土や、アンカーの杭体を斜めに配置してのり面を急勾配にした盛土もある(下記特許文献3参照)。
特開2008−303582号公報 特許第4310502号公報 特開2008−221777号公報
上記したような盛土の構築現場では、産業廃棄物とされている現場発生土などの不良材料土が発生することがある。このような不良材料土は有害物質を含んでおり、汚染などの問題から、従来は盛土材として用いることができなかった。
しかし、現場発生土の廃棄は、コストがかかるだけでなく、環境にも影響を与えることから、これらの不良材料土を盛土材として有効に活用するための工夫が求められている。
本発明は、上記状況に鑑みて、有害物質を含む現場発生土を用いても環境に影響を与えることなく盛土を構成することができる、気密構造を有する盛土を提供することを目的とする。
本発明は、上記目的を達成するために、
〔1〕気密構造を有する盛土において、遮水性を高めた支持地盤と、この支持地盤の上面に敷設される第1のメンブレンシートと、前記支持地盤の中央部に盛土の一部として配置される有害物質を含む不良材料土と、この不良材料土の表面を覆うように配置される第2のメンブレンシートと、この第2のメンブレンシートを覆うように配置される真空気密シートと、前記不良材料土及前記第2のメンブレンシートと前記真空気密シートとの間の空間の真空引きを行う真空ポンプと、前記真空気密シートで覆われた前記不良材料土の側面及び上部に配置される下部盛土及び上部盛土と、この上部盛土の上部に配置される床版スラブとを構築することを特徴とする。
〔2〕上記〔1〕記載の気密構造を有する盛土において、前記下部盛土及び上部盛土が良質土であることを特徴とする。
〔3〕上記〔1〕記載の気密構造を有する盛土において、前記下部盛土及び上部盛土がセメント改良土であることを特徴とする。
〔4〕上記〔1〕記載の気密構造を有する盛土において、前記盛土が鉄道車両が走行する鉄道の盛土であることを特徴とする。
〔5〕上記〔1〕記載の気密構造を有する盛土において、前記盛土が自動車が走行する道路の盛土であることを特徴とする。
本発明によれば、産業廃棄物を有効利用して、施工性に優れかつ環境に影響を与えない性能の高い盛土を構築することができ、不良材料土の廃棄にかかるコストも低減することができる。
本発明の実施例を示す気密構造を有する盛土の断面図である。 従来の盛土の断面図である。
本発明の気密構造を有する盛土は、遮水性を高めた支持地盤と、この支持地盤の上面に敷設される第1のメンブレンシートと、前記支持地盤の中央部に盛土の一部として配置される有害物質を含む不良材料土と、この不良材料土の表面を覆うように配置される第2のメンブレンシートと、この第2のメンブレンシートを覆うように配置される真空気密シートと、前記不良材料土及前記第2のメンブレンシートと前記真空気密シートとの間の空間の真空引きを行う真空ポンプと、前記真空気密シートで覆われた前記不良材料土の側面及び上部に配置される下部盛土及び上部盛土と、この上部盛土の上部に配置される床版スラブとを構築する。
以下、本発明の実施の形態について詳細に説明する。
図1は本発明の実施例を示す気密構造を有する盛土の断面図である。
この図において、1は盛土を構築する遮水性を高めた支持地盤、2はメンブレンシート、3は支持地盤1の中央部に盛土の一部として構築される有害物質を含む不良材料土、4は不良材料土3を覆うためのメンブレンシート、5は盛土の一部としての不良材料土3を覆うように配置される真空気密シートであり、線路延長方向に連続して配置される。6はこの真空気密シート5と不良材料土3を密着させるための真空ポンプ、7は下部盛土、8は上部盛土、9は盛土補強材、10は層厚管理材、11は上部盛土8上に配置される床版スラブ、12は床版スラブ11上に敷設されるコンクリート路盤、13はコンクリート路盤12上を走行する鉄道車両である。
盛土を構築する支持地盤1は、遮水性を高めた構造となるようにする。ここでは、遮水材としてのメンブレンシート2を敷設している。また、支持地盤1そのもののセメント改良を行うことで遮水性を高めるようにしてもよい。この支持地盤1上に盛土を構築する。この時、盛土の中央部は、現場発生土などの不良材料土3を盛土材として構築する。不良材料土3は、何もせずそのまま盛土としてもよいし、セメントなどで固めて構築してもよい。盛土の一部として構築したこの不良材料土3は、メンブレンシート4で覆うことで遮水性を確保する。その上に真空気密シート5を敷設し、真空ポンプ6により真空引きを行い、真空圧を作用させて不良材料土3と真空気密シート5を密着させ気密性を高める。この真空圧密工法は、スウェーデンで開発された工法を、丸山工業株式会社が1992年に実用化したもので、軟弱地盤における安定の問題を解決し、残留沈下の解消に寄与している。
最後に、盛土としての不良材料土3の上部を良質の盛土材で覆い、盛土を完成させる。この時、セメント改良土で盛土を構築するとさらに機能が向上する。
なお、真空ポンプによる真空状態は適宜解除することができる。これは、不良材料土3の上部をさらに盛土材で覆うことで転圧を行っており、真空圧を保持してなくても不良材料土3と真空気密シート5の高密着状態が維持できるためである。真空状態を保持可能であれば、保持状態のままにすることもできる。
このように、有害物質を含む不良材料土3は、全て遮水性の高いメンブレンシート4でくるまれており、これを真空気密シート5内に気密性を高めて閉じ込めることができる。
したがって、現場発生土などの有害物質を含む不良材料土3が外部に流出する恐れがないので、現場近くで盛土の一部として利用することができ、搬送や廃棄にかかるでコストが低減できる。また、不良材料土3は盛土内に閉じ込められるので、環境的に問題のない地盤改良盛土として構築することができる。
上記実施例では、鉄道車両が走行する鉄道の盛土について説明したが、自動車が走行する道路の盛土であってもよいことは言うまでもない。
なお、本発明は上記実施例に限定されるものではなく、本発明の趣旨に基づき種々の変形が可能であり、これらを本発明の範囲から排除するものではない。
本発明の気密構造を有する盛土は、現場発生土などの不良材料土を盛土材として用いた気密構造を有する盛土として利用することができる。
1 支持地盤
2,4 メンブレンシート
3 不良材料土
5 真空気密シート
6 真空ポンプ
7 下部盛土(良質盛土)
8 上部盛土(良質盛土)
9 盛土補強材
10 層厚管理材
11 床版スラブ
12 コンクリート路盤
13 鉄道車両

Claims (5)

  1. (a)遮水性を高めた支持地盤と、
    (b)該支持地盤の上面に敷設される第1のメンブレンシートと、
    前記支持地盤の中央部に盛土の一部として配置される有害物質を含む不良材料土と、
    該不良材料土の表面を覆うように配置される第2のメンブレンシートと、
    該第2のメンブレンシートを覆うように配置される真空気密シートと、
    前記不良材料土及び前記第2のメンブレンシートと前記真空気密シートとの間の空間の真空引きを行う真空ポンプと、
    前記真空気密シートで覆われた前記不良材料土の側面及び上部に配置される下部盛土及び上部盛土と、
    )該上部盛土の上部に配置される床版スラブとを構築することを特徴とする気密構造を有する盛土。
  2. 請求項1記載の気密構造を有する盛土において、前記下部盛土及び上部盛土が良質土であることを特徴とする気密構造を有する盛土。
  3. 請求項1記載の気密構造を有する盛土において、前記下部盛土及び上部盛土がセメント改良土であることを特徴とする気密構造を有する盛土。
  4. 請求項1記載の気密構造を有する盛土において、前記盛土が鉄道車両が走行する鉄道の盛土であることを特徴とする気密構造を有する盛土。
  5. 請求項1記載の気密構造を有する盛土において、前記盛土が自動車が走行する道路の盛土であることを特徴とする気密構造を有する盛土。
JP2009289932A 2009-12-22 2009-12-22 気密構造を有する盛土 Active JP5468375B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009289932A JP5468375B2 (ja) 2009-12-22 2009-12-22 気密構造を有する盛土

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009289932A JP5468375B2 (ja) 2009-12-22 2009-12-22 気密構造を有する盛土

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011132660A JP2011132660A (ja) 2011-07-07
JP5468375B2 true JP5468375B2 (ja) 2014-04-09

Family

ID=44345692

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009289932A Active JP5468375B2 (ja) 2009-12-22 2009-12-22 気密構造を有する盛土

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5468375B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5796231B2 (ja) * 2011-10-31 2015-10-21 株式会社安藤・間 太陽光発電装置、及び太陽光発電方法
CN105089059A (zh) * 2015-08-05 2015-11-25 上海金同济土木技术工程有限公司 利用真空重力坝体作为自稳定的基坑支护系统

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2963360B2 (ja) * 1995-03-17 1999-10-18 強化土エンジニヤリング株式会社 補強土構造物の壁面構造
JP4058550B2 (ja) * 1997-08-22 2008-03-12 丸山工業株式会社 軟弱地盤の改良工法
JP2000204554A (ja) * 1999-01-08 2000-07-25 Tenox Corp 盛土の補強構造
JP2005163448A (ja) * 2003-12-04 2005-06-23 Taisei Corp 最終処分場を並設した盛土構造物
JP2007313432A (ja) * 2006-05-25 2007-12-06 Nippon Kankyo Calcium Kenkyusho:Kk 廃棄物処分場を覆う盛土部における設備
JP2009167707A (ja) * 2008-01-17 2009-07-30 Tokyo Metropolis 護岸内埋立地盤の圧密減容化方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011132660A (ja) 2011-07-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Han et al. Use of geogrid-reinforced and pile-supported earth structures
US8173241B2 (en) Sandwich system
JP5425646B2 (ja) 気密袋体盛土
JP2008038511A (ja) 杭基礎補強構造および補強方法
KR20090093556A (ko) 벽체를 이루는 패널과 강성 벽체구조 및 이를 이용한보강토 옹벽
KR20090029993A (ko) 강막작용에 의하여 지지되는 흙막이벽을 이용한 지하구조물및 지하구조물 구축공법
CN204326566U (zh) 一种利用碳纤维加固钢筋混凝土柱的结构
KR20150132945A (ko) 샌드위치형 보강 성토재료 적층과 지지말뚝을 이용한 연약지반 보강 성토 시공방법
JP5468375B2 (ja) 気密構造を有する盛土
KR20090130637A (ko) 강성 구조체의 뒷채움 보강구조 및 그 시공방법
CN107142856A (zh) 桥台改造方法、桥台、桥台改造的桥墩及顶升改造的桥梁
JP2005076414A (ja) 建物基礎地盤の改良工法
CN105421488B (zh) 地下复合围护体系中基础底板换撑的施工方法
JP2010037793A (ja) 道路の変状防止構造及び道路の変状防止方法
KR100956280B1 (ko) 강성 벽체를 이용한 보강토 옹벽과 옹벽 벽체 후방의성토부 구조 및 그 시공방법
JP5692840B2 (ja) パイルスラブ盛土及びその工法
JP2006037342A (ja) 軽量盛土およびその施工方法
JP2010090580A (ja) ボックスカルバート補強方法
JP5442482B2 (ja) 地盤改良壁盛土
KR100787819B1 (ko) 고밀도 차수막 형성 및 복원력을 갖는 고강도 차수층시공방법
CN111287041B (zh) 一种有限空间下的挡土结构及其施工工艺
JP2019108704A (ja) 盛土構造体及び盛土構築方法
JP3740600B2 (ja) 地中構造物の沈下防止構造
CN209636721U (zh) 一种钢筋混凝土结构的护岸
JP6695562B1 (ja) 遮水側壁構造物、底版・側壁構造物及び遮水側壁構築方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120423

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130327

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130910

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130927

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140128

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140129

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5468375

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150