JP5459623B2 - 照明装置 - Google Patents

照明装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5459623B2
JP5459623B2 JP2010232413A JP2010232413A JP5459623B2 JP 5459623 B2 JP5459623 B2 JP 5459623B2 JP 2010232413 A JP2010232413 A JP 2010232413A JP 2010232413 A JP2010232413 A JP 2010232413A JP 5459623 B2 JP5459623 B2 JP 5459623B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light
substrate
lighting
lamp
emitting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010232413A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012089551A (ja
Inventor
剛 小柳津
春樹 武井
淨子 川島
Original Assignee
東芝ライテック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 東芝ライテック株式会社 filed Critical 東芝ライテック株式会社
Priority to JP2010232413A priority Critical patent/JP5459623B2/ja
Publication of JP2012089551A publication Critical patent/JP2012089551A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5459623B2 publication Critical patent/JP5459623B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L2224/00Indexing scheme for arrangements for connecting or disconnecting semiconductor or solid-state bodies and methods related thereto as covered by H01L24/00
    • H01L2224/01Means for bonding being attached to, or being formed on, the surface to be connected, e.g. chip-to-package, die-attach, "first-level" interconnects; Manufacturing methods related thereto
    • H01L2224/42Wire connectors; Manufacturing methods related thereto
    • H01L2224/47Structure, shape, material or disposition of the wire connectors after the connecting process
    • H01L2224/48Structure, shape, material or disposition of the wire connectors after the connecting process of an individual wire connector
    • H01L2224/4805Shape
    • H01L2224/4809Loop shape
    • H01L2224/48091Arched

Description

本発明の実施形態は、発光ダイオード等の発光素子を光源とする照明装置に関する。
近年、発光素子、特に、発光ダイオード(以下「LED」と称す)を用いた照明装置は、白熱電球に代替可能な電球形のLEDランプ、さらにはダウンライト、スポットライト等の各種照明器具の光源として、また、薄型テレビ、液晶ディスプレイ、携帯電話、各種情報端末のバックライト、さらには屋内外の看板広告等の光源として、多方面への展開が進んでいる。また、その長寿命、低消費電力、耐衝撃性、高速応答性、高純度表示色、軽薄短小化等を実現できることから、一般照明用のみならず、各種産業分野での応用が進んでいる。
特開2008−251663号公報
これらLEDを光源とする照明装置は、大光量化、高効率化が進み、これらを得るための技術として、LEDを実装する基板の発光ロスを軽減するため、基板におけるより一層の反射特性が求められている。同時に、基板と装置本体との間の熱抵抗を低減して発光効率を向上させるために、より一層の放熱性が求められ、これら基板における反射特性と放熱性を如何にして実現するかが重要な課題となっている。
本発明は、上記課題に鑑みてなされたもので、基板における良好な反射特性および放熱性を得ることが可能な照明装置を提供しようとするものである。
本発明の実施形態における照明装置は、発光装置、白色層、装置本体を有し、発光装置は、発光素子と、一面側に発光素子が配設され、他面側に凹凸部を有するセラミックスからなる基板とを備える。白色層は、基板の他面側の凹凸部を埋め込み、フィラーを含む樹脂で構成され放熱性能を有する。装置本体は、白色層を介して発光装置が設けられる。
本発明の実施形態によれば、良好な反射特性および放熱性を得るとともに、セラミックスからなる基板の割れ等を防止することが可能な照明装置を提供することができる。
本発明の実施形態である照明装置を模式的に示す断面図。 同じく照明装置を示す斜視図。 同じく照明装置を装着した口金付ランプを示す縦断面図。 同じく口金付ランプを装着した照明器具を概略的に示す断面図。 同じく照明装置を装着した照明器具を示し、(a)は道路灯の斜視図、 (b)は照明装置を装着した光学ユニットの断面図。 従来の照明装置を模式的に示す断面図。
以下、本発明に係る照明装置の実施形態について説明する。
実施形態1
先ず、照明装置の構成につき説明する。本実施形態の照明装置は、一般照明用の白熱電球に代替可能な口金付ランプの光源として用いられるもので、図1、図2に示すように、照明装置10は、発光素子11aと基板11bとを備える発光装置11と、放熱性能を有する白色層12と、白色層を介して発光装置が設けられる装置本体13で構成する。
発光装置11は、発光素子11aと基板11bからなり、発光素子11aは、本実施形態では発光ダイオード(以下「LED」と称す)で構成する。本実施形態のLEDは、高輝度、高出力の青色LEDチップで構成し、その構成は、透光性のサファイア素子基板に発光層が積層され、発光層はn型窒化物半導体層とInGaN発光層とp型窒化物半導体層とが順次積層されて略直方体をなすように形成されている。
基板11bは、電気絶縁性を有し、熱伝導性の良好な酸化アルミニウム(アルミナ)や窒化アルミニウム等からなるセラミックスで構成され、厚さ約0.5mmの薄い平板で四隅をカットした略正方形をなすように構成する。基板11bの一面側(表面側)には、図1の模式的な断面図で示すように、内周面が略正方形をなす土手部11b1を形成することにより、浅い略正方形の収容凹部11b2を形成する。土手部は、白色の合成樹脂製で基板の一面側に塗布されることにより構成される。この収容凹部11b2の底面、すなわち、基板11bの表面に銀、銀パラジウム、金、銅などの金属ペーストをスクリーン印刷して配線パターン11cを形成する。この際、基板11bはセラミックスで構成されており電気絶縁性を有しているので、配線パターンとの間にはエポキシ系の有機材からなる電気絶縁処理を施す必要がなくなり、ガスの放出がなく長期ライフでの光束維持率が低下することがない。また、コスト的に有利となる。
この基板11bには、COB技術を使用して基板の収容凹部11b2における配線パターン11cに対して、複数のLED11aを略マトリックス状にボンディングして実装する。また、略マトリックス状に規則的に配置された各LED11aは、隣接する配線パターン11cとボンディングワイヤによって直列に接続される。
上記に構成された基板11bの収容凹部11b2には、光変換手段、本実施形態では蛍光体層11dが配設される。この蛍光体層は蛍光体含有樹脂、本実施形態では、透明なシリコーン樹脂に黄色蛍光体を分散・混合した封止部材で形成され、収容凹部11b2に塗布または充填されて蛍光体層11dが構成される。
蛍光体層11dは、上述した青色LEDチップから放射される青色光を透過させると共に、青色光によって黄色蛍光体を励起して黄色光に変換し、透過した青色光と黄色光が混光して白色の光を放射する。なお、蛍光体層11dを形成する手法としては、次のものがある。すなわち、土手部11b1の中に蛍光体樹脂を流し込む方法、さらに他の方法として、成型機によって蛍光体層を形成する方法、ディッピングによって形成する方法がある。
また、図2に示すように、配線パターン11cから基板11bの側縁部に、それぞれ延長して入力端子部を構成する一対の給電端子11eが設けられる。この各給電端子は、セラミックス製の基板11b上に銀(Ag)層が形成される。一方が+側の給電端子、他方が−側の給電端子を構成する。なお、基板11bには、各給電端子11eに接続されたコネクタ11fが設けられる。
また、基板11bは、その他面側に多数の凹凸部11gを有する。これは、セラミックス基材は、多孔質材であり若干の光を透過させるとともに、表面に微小な凹凸部が多数存在しているためである。
上記により、発光素子であるLED11aと、一面側にLED11aが実装されて配設され、他面側に凹凸部11gを有するセラミックスからなる基板11bとを備える発光装置11が構成される。発光装置は、光軸をx−x線とした略正方形の発光面Aを有して構成される。
そして、発光装置11には、図1に示すように、基板11bの他面側(裏面側)の凹凸部11gを埋め込む白色層12が配設される。白色層は、光の反射率が高く、放熱性能を有する熱伝導性の良好な部材、本実施形態では、アルミナフィラー入りのシリコーン樹脂で構成され、セラミックスからなる基板11bの他面側の微小な凹凸部11gに対し、その凹凸を埋め込むように塗布して形成される。
白色層12の厚さは、本実施形態では、約0.1mmに形成した。なお、白色層12の厚さの下限値は、数十μm程度が好ましい値である。数十μmより薄い場合は、塗装によって凹凸部を埋めることが困難となり、また反射層としても機能し難くなる。したがって、製造性を考慮し、できるだけ均一に塗布できる範囲として、数十μm程度、例えば20μm程度が好ましい値である。
また、白色層12は、シリコーン樹脂に替えてエポキシ樹脂で構成してもよい。さらに、酸化亜鉛入りのシリコーン樹脂やエポキシ樹脂であってもよく、さらには、銀(Ag)ペーストを塗布することによって形成してもよい。また、白色層12はシート状に構成し、基板11bの他面側に貼付するようにしてもよい。上記により、基板11bの他面側の凹凸部11gを埋め込み、放熱性能を有する白色層12が構成される。
装置本体13は、放熱部材を兼ねた熱伝導性の良好な銅やアルミニウム等の金属で構成された筐体であり、白色層12を介して発光装置10が設けられる。すなわち、基板11bが装置本体13にネジ等の固定手段により取り付けられることによって、白色層12が装置本体13の表面に対し、熱的に密着されるように固定される。
上記により照明装置10が構成される。照明装置は、図1に示すように、青色LEDチップ11aにおける発光層から一面側(表面側)に光aが放射されるとともに、チップの他面側(裏面側)の透光性サファイア素子基板を透過して放射される光b(図1中下方に向かう光)が、セラミックス製の基板11bを透過し、光の反射率が高い白色層12で反射されて一面側に導かれ、LED11aで発光されるチップ背面側の光を一面側、すなわち、外部に効率よく取り出すことが可能になる。因みに、白色層12が存在しない場合には、図6に模式的に示すように、LEDチップ11aの背面側に向かう光bは、セラミックス製の基板11bを透過し、セラミックス基材の凹凸部11g内で乱反射を起こし、外部に取り出されることなく減衰するため光ロスが発生する。
さらに、LED11aから発生する熱は、熱伝導性の良好なセラミックス製の基板11bから、放熱性能を有する熱伝導性の良好な白色層12を介して、熱伝導性の良好な銅やアルミニウム等の金属からなる装置本体13に伝達され外部に放熱される。この際、白色層12は、光の反射率が高く、放熱性能を有する熱伝導性が良好なアルミナフィラー入りのシリコーン樹脂で構成されているので、基板11bの他面側と装置本体13との間の熱抵抗が低減され、熱ロスの少ない熱伝導を行うことができ効果的な放熱性を発揮させることが可能になる。
また、同時に、セラミックスからなる基板11bとアルミニウム等の金属からなる装置本体13との間にアルミナフィラー入りのシリコーン樹脂である白色層12が設けられることによって、セラミックスと金属の熱膨張差を吸収することができ、セラミックスからなる基板11bのワレを防止することも可能になる。
次に、上記に構成された照明装置10を光源として用いた電球形の口金付ランプの構成につき説明する。図3に示すように、口金付ランプ20は、ランプ本体21、ランプ本体に装着される上記構成の照明装置10、照明装置を点灯する点灯装置22、点灯装置に電力を供給する電気接続部23、グローブを構成するカバー部材24で構成する。
ランプ本体21は、熱伝導性の良好な銅やアルミニウム等の金属、本実施形態ではアルミニウムで構成された横断面形状が略円形の円柱状をなし、一端部に径の大きな開口部21aを他端部に径の小さな開口部21bを有する収納凹部21cを一体に形成する。また、外周面は一端部から他端部に向かい順次直径が小さくなる略円錐状のテーパー面をなすように形成し、外観が一般照明用の白熱電球におけるネック部のシルエットに近似させた形状に構成する。外周面には一端部から他端部に向かい放射状に突出する多数の放熱フィン21dを一体に形成する。ランプ本体21の一端部の開口部21aには、円形の凹部が形成されるように表面を平坦な面に形成した段部からなる基板支持部21eが一体に形成され、この凹部の周囲にリング状をなす凸条部21fを一体に形成する。
また、上記に構成された照明装置10は、予め発光装置11の基板11bを、白色層12を介して装置本体13に取り付けることによって、基板11bと装置本体13が一体化され、基板11bは、一体化された装置本体13を介して、ランプ本体21の基板支持部21eに密着するように装着される。すなわち、基板11bの発光面Aとなる一面側(表面側)が外側に面するようにして、装置本体13の裏面側を平坦な面からなる基板支持部21eに載置し、ネジ(図示せず)によって固定する。なお、装置本体13を省略して、ランプ本体21の基板支持部21e自体を放熱部材となし、換言すれば、ランプ本体21を照明装置10における装置本体13となし、基板11bをランプ本体21に、白色層12を介して直接支持するように構成してもよい。
上記により、基板11bが基板支持部21eに確実に密着され、基板11bが熱伝導性の良好なセラミックスで構成され、白色層12が放熱性能を有する熱伝導性の良好なシリコーン樹脂で構成されていることと相まって、LED11aから発生する熱が装置本体13を介して効果的にアルミニウム製のランプ本体21に伝達され、外部に放熱させることができる。
照明装置10を点灯する点灯装置22は、基板11bに実装されたLED11aの点灯回路を構成する回路部品を実装した平板状の回路基板22aからなる。点灯回路は、交流電圧100Vを直流電圧に変換してLED11aに供給するように構成される。上記に構成された回路基板22aが、ランプ本体21の収納凹部21cに対し、絶縁ケース25等によって電気絶縁をなすようにして収容される。また、回路基板22aの出力端子にはLED11aへ給電するための給電用の電線w1が接続され、入力端子には入力線(図示せず)が接続される。
LED11aへ給電するための電線w1は、ランプ本体21に形成された貫通孔21gおよびガイド溝21hを介してランプ本体21の一端部の開口部21aに導出され、コネクタ11fに接続される。なお、点灯装置22は、上記のように、電球内に内蔵させて、一般照明用の白熱電球とそのまま代替ができるように構成することが好適であるが、コンパクト形蛍光ランプのように点灯装置はランプを装着する器具側に別置きにして設け、電球側には内蔵させないように構成してもよい。
電気接続部23は、図3に示すように、エジソンタイプのE26形を構成する口金部材で構成され、ねじ山を備えた銅板製の筒状のシェル部23aと、このシェル部の下端の頂部に電気絶縁部23bを介して設けられた導電性のアイレット部23cを備えている。シェル部23aの開口部が、ランプ本体21の他端側の開口部21bに電気絶縁をなして固定される。シェル部23aおよびアイレット部23cには、点灯装置22における回路基板22aの入力端子から導出された入力線(図示せず)が接続される。
カバー部材24は、グローブを構成するもので、乳白色のポリカーボネイトで一端部に開口24aを有する一般照明用の白熱電球のシルエットに近似させた滑らかな球面状に形成する。カバー部材24は開口24aの開口端部を、照明装置10の発光面Aを覆うようにして基板支持部21eの凸条部21fに嵌め込み、接着剤等の固定手段によって固定される。これにより、一端部にカバー部材24であるグローブを有し、他端部にE26形の口金部材23が設けられ、全体の外観形状が一般照明用の白熱電球のシルエットに近似し、白熱電球に代替が可能な電球形の口金付ランプが構成される。
上記に構成された口金付ランプ20に電源を投入すると、口金部材23を介して電源が供給され、点灯装置22が動作し直流電圧が出力される。この直流電圧は点灯装置22の出力端子に接続された給電用の電線w1から、コネクタ11f、給電端子11eを介してLED11aに印加される。これにより、全てのLEDが同時に点灯して照明装置10から白色の光が放射される。
この際、照明装置10における青色LEDチップの一面側からカバー部材24の内面に向かって光aが放射される。同時に、上述したように、本実施形態の照明装置10は、セラミックスからなる基板他面側の凹凸部11gを埋め込むための放熱性能を有する白色層12が設けられているので、LED11aの他面側(裏面側)から放射される光bが、セラミックスからなる基板11bを透過し、光の反射率が高い白色層12で反射されて一面側に導かれ、カバー部材24の内面に向かって効率よく取り出すことができる。
同時に、口金付ランプ20が点灯すると、LED11aの温度が上昇し熱が発生する。その熱は、熱伝導性の良好なセラミックスからなる基板11bから、放熱性能を有する熱伝導性の良好な白色層12を介して、熱伝導性の良好な銅やアルミニウム等の金属からなる装置本体13に伝達され、装置本体が密着して固定されたランプ本体21の放熱フィン21dから外部に効果的に放熱される。
次に、上記に構成された電球形の口金付ランプ20を光源とした照明器具の構成を説明する。図4に示すように、30は店舗等の天井面Xに埋め込み設置され、E26形の口金を有する一般照明用の白熱電球を光源としたダウンライト式の既存の照明器具で、下面に開口部31aを有する金属製の箱状をなした器具本体31と、開口部に嵌合される金属製の反射体32と、一般照明用の白熱電球のE26形の口金をねじ込むことが可能なソケット33で構成されている。反射体32は、例えばステンレス等の金属板で構成し、反射体32の上面板の中央部にソケット33が設置される。
上記に構成された白熱電球用の既存の照明器具30において、省エネや長寿命化などのために白熱電球に替えて、上述したLEDを光源とする電球形の口金付ランプ20を装着する。すなわち、電球形の口金付ランプは、口金部材23をE26形に構成してあるので、上記照明器具30の白熱電球用のソケット33にそのまま差し込むことができる。
また、口金付ランプ20は、外観が一般白熱電球におけるネック部のシルエットと略同様の形状に構成されているので、ネック部がソケット周辺の反射体32等に当たることなくスムーズに差し込むことができ、電球形の口金付ランプ20における既存照明器具への適合率が向上する。これにより、既存のダウンライトを、LEDを光源とした電球形の口金付ランプ20が設置された省エネ形のダウンライトに簡単に変えることができる。勿論、既存の照明器具のみでなく、新規構成の照明器具も同様にして構成することができる。
また、上記に構成された照明装置10は、図5に示すように、大型の照明器具である道路灯40の光源として用いられてもよい。すなわち、図5(b)に示すように、照明装置10は、装置本体13を構成するアルミニウム製のユニット支持板41に対して、基板11bが白色層12を介して密着して支持され、さらに照明装置10を中心にして周囲を囲むように反射板42が設けられて光学ユニット43が構成される。図中41aは、ユニット支持板41の裏面側に一体に設けられた放熱フィンである。上記に構成された光学ユニット43は、同様構成のものが複数台用意され、ステンレス等の熱伝導性を有する金属板からなるユニット取付板44に設置される。ユニット取付板44に設置された複数の照明装置10は、道路灯40の器具本体45内に、目的とする配光が得られるように配設され、器具本体45がポール46に支持されることにより道路灯40が構成される。
以上、本実施形態において、照明装置10は、以下のように構成してもよい。白色層12は、基板11bの他面側に設けたが、装置本体13の表面側に設けるように構成してもよい。さらに、基板11bの他面側と装置本体13の表面側の両方に白色層12を設け、両方の白色層を合わせて接着することによって、より確実にセラミックスの凹凸部11gを埋め込むように構成してもよい。また、照明装置10により口金付ランプ20を構成する場合には、白色層12をランプ本体21の基板支持部21eの表面に設けるように構成してもよい。さらには、塗装によって基板11bなどに対して一体に形成することなく、例えば、独立したシート等の形態に構成し、基板11bの他面側と装置本体13の表面側との間、若しくはランプ本体21との間に独立した層として介在させるように構成してもよい。
さらに、本実施形態において、発光素子は、例えば、青色を発光する窒化ガリウム(GaN)系半導体からなるLEDチップで構成されることが好適であるが、半導体レーザ、有機ELなどを発光源とした発光素子が許容される。発光素子は、COB技術を用いて、マトリックス状や千鳥状または放射状など、規則的に一定の順序をもって一部または全体が配列されて実装されたものでも、SMD形で構成されたものであってもよく、SMD形の場合、発光素子は複数個で構成されていることが好ましいが、照明の用途に応じて必要な個数は選択され、例えば、4個程度の素子群を構成し、この群1個、若しくは複数の群をなすように構成してもよい。さらには、1個の発光素子で構成されたものであってもよい。さらに、白色で発光するように構成することが好ましいが、照明装置の用途に応じ、赤色、青色、緑色等でも、さらには各種の色を組み合わせて構成してもよい。
また、基板の形状は、点または面モジュールを構成するために板状の円形、四角形、六角形などの多角形状、さらには楕円形状等をなすものであってもよく、目的とする配光特性を得るための全ての形状が許容される。
照明装置は、電球形の口金付ランプやダウンライトに限らず、スポットライト等の住宅用など小型の照明器具、さらには、天井等から全般照明を行うオフィス等、施設・業務用などの比較的大きな照明器具、さらに、高速道路や一般道路等の道路灯、公園等屋外の照明をなす防犯灯などの大型の照明器具などの光源として、さらに、これら照明器具に限らず、薄型テレビ、液晶ディスプレイ、携帯電話、各種情報端末のバックライトさらには屋内外の看板広告用の光源等に適用することができる。
以上、本発明の好適な実施形態を説明したが、本発明は上述の実施形態に限定されることなく、例えば、薄型テレビなどのバックライトの光源を構成する等、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において、種々の設計変更を行うことができる。
10 照明装置
11 発光装置
11a 発光素子
11b 基板
11g 凹凸部
12 白色層
13 装置本体

Claims (1)

  1. 発光素子と、一面側に発光素子が配設され、他面側に凹凸部を有するセラミックスからなる基板とを備える発光装置と;
    基板の他面側の凹凸部を埋め込み、フィラーを含む樹脂で構成され放熱性能を有する白色層と;
    白色層を介して発光装置が設けられる装置本体と;
    を具備していることを特徴とする照明装置。
JP2010232413A 2010-10-15 2010-10-15 照明装置 Expired - Fee Related JP5459623B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010232413A JP5459623B2 (ja) 2010-10-15 2010-10-15 照明装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010232413A JP5459623B2 (ja) 2010-10-15 2010-10-15 照明装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012089551A JP2012089551A (ja) 2012-05-10
JP5459623B2 true JP5459623B2 (ja) 2014-04-02

Family

ID=46260897

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010232413A Expired - Fee Related JP5459623B2 (ja) 2010-10-15 2010-10-15 照明装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5459623B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9538590B2 (en) 2012-03-30 2017-01-03 Cree, Inc. Solid state lighting apparatuses, systems, and related methods
US9826581B2 (en) 2014-12-05 2017-11-21 Cree, Inc. Voltage configurable solid state lighting apparatuses, systems, and related methods
US10267506B2 (en) 2010-11-22 2019-04-23 Cree, Inc. Solid state lighting apparatuses with non-uniformly spaced emitters for improved heat distribution, system having the same, and methods having the same

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9806246B2 (en) 2012-02-07 2017-10-31 Cree, Inc. Ceramic-based light emitting diode (LED) devices, components, and methods
US9786825B2 (en) 2012-02-07 2017-10-10 Cree, Inc. Ceramic-based light emitting diode (LED) devices, components, and methods
CN103907211B (zh) * 2011-10-31 2017-03-15 夏普株式会社 发光装置、照明装置以及发光装置的制造方法
CN104871327A (zh) * 2012-12-14 2015-08-26 克利公司 基于陶瓷的发光二极管(led)装置、元件以及方法
US8895998B2 (en) 2012-03-30 2014-11-25 Cree, Inc. Ceramic-based light emitting diode (LED) devices, components and methods
EP2881647B1 (en) * 2012-07-23 2018-05-23 Guizhou Guangpusen Photoelectric Co., Ltd Universal-led-bulb construction method, clamping-ring-structured led bulb, and led lamp
US9797590B2 (en) * 2012-07-23 2017-10-24 Guizhou Gzgps Co., Ltd. Method for constructing universal LED bulb and flange snap ring type LED bulb and LED lamp
RU2632471C2 (ru) * 2012-07-23 2017-10-05 Гуйчжоу Гзгпс Ко., Лтд Способ выполнения универсальной светодиодной лампочки, светодиодная лампочка, имеющая тип внутреннего стопорного кольца с фланцем, и лампа
JP5494867B1 (ja) * 2012-10-26 2014-05-21 三菱電機株式会社 光源ユニットおよび照明装置
JP5830668B2 (ja) * 2012-11-30 2015-12-09 パナソニックIpマネジメント株式会社 発光装置及び照明用光源
USD738542S1 (en) 2013-04-19 2015-09-08 Cree, Inc. Light emitting unit
CN104633486B (zh) * 2013-11-07 2018-09-07 陈宗烈 一种led灯泡
CN105161595B (zh) * 2015-08-07 2018-06-19 佛山市雄飞光电有限公司 大功率发光二极管
USD823492S1 (en) 2016-10-04 2018-07-17 Cree, Inc. Light emitting device

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005191135A (ja) * 2003-12-24 2005-07-14 Kawaguchiko Seimitsu Co Ltd 半導体パッケージ
JP5078666B2 (ja) * 2008-02-26 2012-11-21 京セラ株式会社 セラミック基板とアルミニウム基板との接合方法、および発光素子実装体
JP2010199167A (ja) * 2009-02-24 2010-09-09 Sumitomo Metal Electronics Devices Inc 発光素子収納用パッケージならびに発光装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10267506B2 (en) 2010-11-22 2019-04-23 Cree, Inc. Solid state lighting apparatuses with non-uniformly spaced emitters for improved heat distribution, system having the same, and methods having the same
US9538590B2 (en) 2012-03-30 2017-01-03 Cree, Inc. Solid state lighting apparatuses, systems, and related methods
US9826581B2 (en) 2014-12-05 2017-11-21 Cree, Inc. Voltage configurable solid state lighting apparatuses, systems, and related methods

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012089551A (ja) 2012-05-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9435492B2 (en) LED luminaire with improved thermal management and novel LED interconnecting architecture
US10495295B2 (en) Lighting device, heat transfer structure and heat transfer element
JP5432341B2 (ja) 電球形ランプ及び照明装置
US10030819B2 (en) LED lamp and heat sink
JP5433759B2 (ja) 電球形ランプ
US8008845B2 (en) Lighting device which includes one or more solid state light emitting device
US9217553B2 (en) LED lighting systems including luminescent layers on remote reflectors
JP5327601B2 (ja) 発光モジュールおよび照明装置
JP5147997B2 (ja) 発光装置、電球形ランプ及び照明装置
US6903380B2 (en) High power light emitting diode
JP2014139950A (ja) ランプ及び照明装置
US8371722B2 (en) LED-based light bulb device with Kelvin corrective features
JP6369784B2 (ja) 発光装置、及びそれを用いた照明用光源及び照明装置
JP4789672B2 (ja) 発光装置および照明装置
US20140218892A1 (en) Wide emission angle led package with remote phosphor component
US9016924B2 (en) Lamp device
JP2013219340A (ja) 発光装置、並びにそれを用いた照明装置及び照明器具
JP5414859B2 (ja) 電球形ランプおよび照明装置
US20160215939A1 (en) Wide angle based indoor lighting lamp
WO2012090350A1 (ja) 発光装置およびランプ
US8760042B2 (en) Lighting device having a through-hole and a groove portion formed in the thermally conductive main body
JP5578361B2 (ja) 口金付ランプおよび照明器具
JP2005243973A (ja) 発光装置および照明装置
EP2538461A2 (en) Light-emitting module and lighting apparatus
JP2012204213A (ja) 照明装置および光源装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130418

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131009

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131011

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131206

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131220

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140102

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 5459623

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees