JP5440050B2 - Golf club head design method - Google Patents

Golf club head design method Download PDF

Info

Publication number
JP5440050B2
JP5440050B2 JP2009209078A JP2009209078A JP5440050B2 JP 5440050 B2 JP5440050 B2 JP 5440050B2 JP 2009209078 A JP2009209078 A JP 2009209078A JP 2009209078 A JP2009209078 A JP 2009209078A JP 5440050 B2 JP5440050 B2 JP 5440050B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
point
speed
golf club
maximum
club head
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009209078A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011059996A (en
Inventor
紀彦 中原
宏 三枝
昌彦 宮本
Original Assignee
横浜ゴム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 横浜ゴム株式会社 filed Critical 横浜ゴム株式会社
Priority to JP2009209078A priority Critical patent/JP5440050B2/en
Publication of JP2011059996A publication Critical patent/JP2011059996A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5440050B2 publication Critical patent/JP5440050B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明はゴルフクラブヘッドの設計方法に関する。   The present invention relates to a method for designing a golf club head.

ゴルフクラブの設計においては、打球の飛距離を向上することが重要であり、そのため、ゴルフクラブヘッドでゴルフボールを打撃したときの初速をなるべく大きな値とすることが求められる。
そこで、ゴルフクラブヘッドのフェース面のスイートスポットから外れた打点でゴルフボールを打撃しても、スイートスポットで打撃した場合とほぼ同等の初速を得ることができる領域、いわゆるスイートエリアをどのように形成するかが重要となる。
従来、スイートエリアの形成は、おもに、ゴルフクラブヘッドの慣性モーメントを設定することによって行われている(特許文献1、2、3、4参照)。
In designing a golf club, it is important to improve the flight distance of the hit ball. For this reason, it is required to make the initial velocity when the golf ball is hit with the golf club head as large as possible.
Therefore, how to form a so-called sweet area, where the golf ball hits a golf ball at a point deviating from the sweet spot on the face surface of the golf club head and can obtain an initial velocity that is almost the same as when hit with the sweet spot. It is important to do.
Conventionally, formation of a sweet area is mainly performed by setting a moment of inertia of a golf club head (see Patent Documents 1, 2, 3, and 4).

特許第3718367号Japanese Patent No. 3718367 特許第3174528号Japanese Patent No. 3174528 特許第3063967号Patent No. 3063967 特公平4−56629号公報Japanese Examined Patent Publication No. 4-56629

ところで、ゴルフクラブヘッドを使用するプレイヤーの技量はさまざまであり、ゴルフクラブヘッドに要求される特性も技量に応じて異なる。
単純にスイートエリアが大きいほどよいということはなく、プレイヤーの技量に適合したスイートエリアの大きさおよび初速が要求される。
特に近年は、スイートエリアの大きさと最大ボール初速の高速化は相反する指標であり、プレイヤーの技量に応じていずれかに寄与させる事が要求されてきている。
具体的には、上級者は、ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃したときの打点のばらつきが小さいため、上級者が要求するゴルフクラブヘッドの特性は、スイートエリアの大きさへの寄与よりも、最大ボール初速への寄与を高く確保できるものが好ましい。
これに対して、初級者は、ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃したときの打点のばらつきが大きいため、初級者が要求するゴルフクラブヘッドの特性は、最大ボール初速への寄与よりも、スイートエリアの大きさへの寄与を高く確保できるものが好ましい。
上述した従来技術では、慣性モーメントを設定することでスイートエリアを形成することに留まるものであり、上述したプレイヤーの技量に応じた特性のゴルフクラブヘッドをどのように設計するかといった点は考慮されていないものであった。
本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、プレイヤーの技量に応じた特性を有するゴルフクラブヘッドを設計する上で有利なゴルフクラブヘッドの設計方法を提供することにある。
By the way, the skill of the player who uses the golf club head varies, and the characteristics required for the golf club head vary depending on the skill.
The larger the sweet area, the better. The sweet area size and initial speed that match the player's skill are required.
In particular, in recent years, the size of the sweet area and the speedup of the maximum initial ball speed are contradictory indexes, and it has been required to contribute to either one according to the skill of the player.
Specifically, because advanced players have little variation in hit points when hitting golf balls on the face of the golf club head, the characteristics of golf club heads required by advanced players contribute to the size of the sweet area. Rather than that which can ensure a high contribution to the maximum initial ball speed.
On the other hand, beginners have a large variation in hit points when hitting golf balls on the face of the golf club head, so the characteristics of the golf club head required by beginners are more than the contribution to the maximum initial ball speed. What can secure a high contribution to the size of the sweet area is preferable.
In the above-described conventional technology, the moment of inertia is set to limit the formation of the sweet area, and consideration is given to how to design a golf club head having characteristics according to the player's skill as described above. It was not.
The present invention has been made in view of such circumstances, and an object thereof is to provide a golf club head design method that is advantageous in designing a golf club head having characteristics according to the skill of the player. It is in.

上記目的を達成するために、本発明は、有限要素モデルで構成されたゴルフクラブヘッドモデルを用いてゴルフクラブヘッドの設計を行う方法であって、前記ゴルフクラブの重心位置を前記ゴルフクラブヘッドのフェース面に垂直に投影させた点を重心点とし、前記フェース面の1次振動における最大たわみ点をフェース最大反発点(フェースのたわみは、重心の影響を除外したフェース面構造だけが影響するフェース反発係数とみなすことができる。したがって、フェースの最大たわみ点は、フェース最大反発点となる)とし、前記フェース面で前記ゴルフボールを打撃したときの該ゴルフボールの初速の最大速度を100%とし、前記初速が98%以上となる前記フェース面上の領域を高初速スイートエリアとし、前記初速が95%以上となる前記フェース面上の領域を中初速スイートエリアとしたときに、前記ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布を求め、該スピード分布を前記フェース面上に設定する第1のステップと、前記重心点における前記フェース面のスピードよりも前記フェース最大反発点における前記フェース面のスピードが高い値となり、かつ、前記高初速スイートエリアの大きさが最大となるように、前記重心点および前記フェース最大反発点の前記フェース面上の位置を設定するか、あるいは、前記重心点における前記フェース面のスピードよりも前記フェース最大反発点における前記フェース面のスピードが低い値となり、かつ、前記中初速スイートエリアの大きさが最大となるように、前記重心点および前記フェース最大反発点の前記フェース面上の位置を設定する第2のステップとを含むことを特徴とする。 In order to achieve the above object, the present invention provides a method for designing a golf club head using a golf club head model composed of a finite element model, wherein the position of the center of gravity of the golf club is determined based on the position of the golf club head. the point vertically is projected on the face surface and the center of gravity, deflection of the maximum deflection point face maximum reaction starting point (the face in the primary vibration of the face, only a face surface structure excluding the effect of the center of gravity affects it can be regarded as a face coefficient of restitution. Thus, the maximum deflection point of the face is the golf ball 100 of the maximum speed of the initial velocity of the time face up the anti-starting point), and struck the golf ball in the face surface The area on the face where the initial speed is 98% or higher is defined as the high initial speed sweet area, and the initial speed is 95% or higher. The area on the face surface when a medium initial velocity sweet area made, the speed distribution of the face immediately before striking the golf ball with the face of the golf club head determined, the speed distribution over the face surface The first step to be set, and the speed of the face surface at the face maximum repulsion point is higher than the speed of the face surface at the center of gravity point , and the size of the high initial velocity sweet area is maximized. The position of the center of gravity point and the face maximum repulsion point on the face surface is set, or the speed of the face surface at the face maximum repulsion point is lower than the speed of the face surface at the center of gravity point And the size of the medium initial speed sweet area is maximized. Characterized in that it comprises a second step of setting a position on the face surface of the center of gravity and the face up rebound point.

本発明によれば、スイートエリアを定義する閾値をより高く設定することで、高初速エリア(最大ボールスピードの値を100とし、98%以上のボールスピードを出現できるエリア)を広くする場合、重心点におけるフェーススピードよりもフェース最大反発点におけるフェーススピードを高い値にすることでスイートエリア(高初速エリア)の大きさをより大きく確保することができる。
また、スイートエリアを定義する閾値をより低く設定することで、中初速エリア(最大ボールスピードの値を100とし、95%以上のボールスピードを出現できるエリア)を広くする場合、重心点におけるフェーススピードよりもフェース最大反発点におけるフェーススピードを低い値にすることでスイートエリア(中初速エリア)の大きさをより大きく確保することができる。
According to the present invention, when a high initial speed area (an area where the maximum ball speed value is 100 and a ball speed of 98% or more can appear) is widened by setting a threshold value that defines a sweet area higher, By setting the face speed at the face maximum repulsion point to a higher value than the face speed at the point, the size of the sweet area (high initial speed area) can be secured larger.
In addition, by setting the threshold value that defines the sweet area lower, the face speed at the center of gravity is increased when the medium initial speed area (the maximum ball speed value is 100 and an area where a ball speed of 95% or more can appear) is widened. By setting the face speed at the face maximum repulsion point to a lower value than that, the size of the sweet area (medium initial speed area) can be secured larger.

本発明のゴルフクラブヘッドの設計方法の対象となるゴルフクラブヘッド10を示す正面図である。1 is a front view showing a golf club head 10 which is an object of a golf club head design method of the present invention. 本発明方法を実行するために使用されるコンピュータ30の構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of the computer 30 used in order to perform the method of this invention. コンピュータ30の機能ブロック図である。2 is a functional block diagram of a computer 30. FIG. ゴルフクラブヘッド10の解析手順を示すフローチャートである。4 is a flowchart showing an analysis procedure of the golf club head 10. ゴルフクラブヘッド10のヘッド本体4のローリングの説明図である。4 is an explanatory diagram of rolling of the head body 4 of the golf club head 10. FIG. ゴルフクラブヘッド10のフェース面1に設定されたスピード分布を示す説明図である。4 is an explanatory diagram showing a speed distribution set on the face surface 1 of the golf club head 10. FIG. フェース面1に設定された反発係数の分布Rの説明図である。6 is an explanatory diagram of a restitution coefficient distribution R set on the face surface 1. FIG. フェース面1上に設定されたスピード分布の等高線vと、重心点Pと、フェース最大反発点Qとを示す説明図である。FIG. 6 is an explanatory diagram showing a contour line v of a speed distribution set on the face surface 1, a gravity center point P, and a face maximum repulsion point Q. 閾値Cを第1の閾値C1に設定した場合の解析結果を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the analysis result at the time of setting the threshold value C to the 1st threshold value C1. 重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。It is a schematic diagram showing the relationship between the center of gravity point P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the ball initial speed. 重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。It is a schematic diagram showing the relationship between the center of gravity point P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the ball initial speed. 最大フェーススピード点Vfmaxとフェース最大反発点Qとが一致した状態を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the state in which the maximum face speed point Vfmax and the face maximum repulsion point Q corresponded. 閾値Cを第2の閾値C2に設定した場合の解析結果を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the analysis result at the time of setting the threshold value C to the 2nd threshold value C2. 重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。It is a schematic diagram showing the relationship between the center of gravity point P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the ball initial speed. 重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。It is a schematic diagram showing the relationship between the center of gravity point P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the ball initial speed. 最小フェーススピード点Vfminと、フェース最大反発点Qとが一致した状態を示す説明図である。FIG. 6 is an explanatory diagram showing a state where a minimum face speed point Vfmin and a face maximum repulsion point Q coincide with each other. 本実施の形態におけるゴルフクラブヘッドの設計方法を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the design method of the golf club head in this Embodiment. 図17のステップS50の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of step S50 of FIG. 重心点P−フェース最大反発点Q間の距離と、高初速エリアの面積との関係を示す図である。It is a figure which shows the relationship between the distance between the gravity center point P-face maximum repulsion point Q, and the area of a high initial velocity area.

以下、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。
まず、本発明の設計方法の対象となるゴルフクラブヘッドについて説明する。
図1に示すように、ゴルフクラブヘッド10は、金属製の中空構造ヘッド本体4を備えている。
ヘッド本体4の金属材料は、チタン合金やアルミニウム合金などの高強度の低比重金属が好ましく用いられる。
ヘッド本体4は、ゴルフボールを打撃するフェース面1と、フェース面1に連接するクラウン部2及びソール部3とを備えている。
また、クラウン部2には、フェース面1側でかつヒール5寄りの位置にシャフト6に接続するホーゼル7が設けられている。
また、フェース面1を正面から見てヘッド本体4のヒール5と反対側がトウ8である。
Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.
First, a golf club head that is an object of the designing method of the present invention will be described.
As shown in FIG. 1, the golf club head 10 includes a metal hollow structure head body 4.
The metal material of the head body 4 is preferably a high strength low specific gravity metal such as a titanium alloy or an aluminum alloy.
The head body 4 includes a face surface 1 that hits a golf ball, and a crown portion 2 and a sole portion 3 that are connected to the face surface 1.
Further, the crown portion 2 is provided with a hosel 7 connected to the shaft 6 at a position close to the heel 5 on the face surface 1 side.
A toe 8 is located on the opposite side of the head body 4 from the heel 5 when the face surface 1 is viewed from the front.

このようなゴルフクラブヘッド10の設計方法の実施の形態について以下に詳述する。
本発明者らは、上記のゴルフクラブヘッド10の有限要素モデルであるゴルフクラブヘッドモデルを用いて有限要素解析を行った。その結果、ゴルフクラブのスイング時におけるフェース面1のスピードの分布と、ゴルフクラブヘッド10の重心点と、ゴルフクラブヘッド10のフェース最大反発点との位置関係が特定の条件を満たすときに、スイートエリアを大きく確保する上で有利となることを見出した。
なお、本明細書において、スイートエリアとは、フェース面1でゴルフボールを打撃したときの該ゴルフボールの初速が予め定められた閾値以上となるフェース面1上の領域をいうものとする。
以下このことについて説明する。
An embodiment of such a golf club head 10 designing method will be described in detail below.
The present inventors performed a finite element analysis using a golf club head model which is a finite element model of the golf club head 10 described above. As a result, when the speed distribution of the face surface 1 during the swing of the golf club, the positional relationship between the center of gravity of the golf club head 10 and the face maximum repulsion point of the golf club head 10 satisfy a specific condition, the sweet They found it advantageous to secure a large area.
In the present specification, the sweet area refers to a region on the face surface 1 where the initial velocity of the golf ball when hitting the golf ball on the face surface 1 is equal to or greater than a predetermined threshold value.
This will be described below.

図2はゴルフクラブヘッド10の有限要素解析を行うためのコンピュータ30の構成を示すブロック図である。
コンピュータ30は、CPU32と、不図示のインターフェース回路およびバスラインを介して接続されたROM34、RAM36、ハードディスク装置38、ディスク装置40、キーボード42、マウス44、ディスプレイ46、プリンタ48、入出力インターフェース50などを有している。
ROM34は制御プログラムなどを格納し、RAM36はワーキングエリアを提供するものである。
ハードディスク装置38はゴルフクラブヘッド10の有限要素解析を行う有限要素解析プログラムを格納している。
有限要素解析プログラムとして、有限要素解析を行う従来公知のさまざまな市販の有限要素解析ソフトウェア、例えば、ABAQUS(SIMULIA Americas社の登録商標)などを用いることができる。
ディスク装置40はCDやDVDなどの記録媒体に対してデータの記録および/または再生を行うものである。
キーボード42およびマウス44は、操作者による操作入力を受け付けるものである。
ディスプレイ46はデータを表示出力するものであり、プリンタ48はデータを印刷出力するものであり、ディスプレイ46およびプリンタ48によってデータを出力する。
入出力インターフェース50は、外部機器との間でデータの授受を行うものである。
FIG. 2 is a block diagram showing a configuration of a computer 30 for performing a finite element analysis of the golf club head 10.
The computer 30 includes a CPU 32, a ROM 34, a RAM 36, a hard disk device 38, a disk device 40, a keyboard 42, a mouse 44, a display 46, a printer 48, an input / output interface 50, etc. connected via an interface circuit (not shown) and a bus line. have.
The ROM 34 stores a control program and the like, and the RAM 36 provides a working area.
The hard disk device 38 stores a finite element analysis program for performing finite element analysis of the golf club head 10.
As the finite element analysis program, various conventionally known commercially available finite element analysis software that performs finite element analysis, for example, ABAQUS (registered trademark of SIMULIA Americas) can be used.
The disk device 40 records and / or reproduces data on a recording medium such as a CD or a DVD.
The keyboard 42 and the mouse 44 receive an operation input by the operator.
The display 46 displays and outputs data, and the printer 48 prints and outputs data. The display 46 and the printer 48 output data.
The input / output interface 50 exchanges data with an external device.

図3はコンピュータ30の機能ブロック図である。
図3に示すように、コンピュータ30は、機能的には、入力手段30A、処理手段30B、出力手段30Cを含んで構成されている。
入力手段30Aは、ゴルフクラブヘッド10を有限要素法によって解析するために必要なデータを入力するものである。
上記データは、有限要素モデルからなるゴルフクラブヘッドモデルを設定すると共に、該設定されたゴルフクラブヘッドモデルを有限要素法によって解析するための有限要素解析用データd1を含む。
処理手段30Bは、有限要素解析用データd1に基づいて、ゴルフクラブヘッドモデルを構築する。
また、処理手段30Bは、第2のデータd2に基づいて、後述するゴルフクラブヘッドモデルにおけるフェース面1のスピードの分布、重心点、フェース最大反発点などをゴルフクラブヘッドモデルを用いて有限要素解析を行うことによって求める。
処理手段30Bは、ハードディスク装置38に格納されている有限要素解析プログラムがRAM36にロードされ、CPU32がそれらプログラムに基づいて動作することで実現される。
出力手段30Cは、処理手段30Bによる計算結果を出力するものである。
FIG. 3 is a functional block diagram of the computer 30.
As shown in FIG. 3, the computer 30 is functionally configured to include an input unit 30A, a processing unit 30B, and an output unit 30C.
The input means 30A inputs data necessary for analyzing the golf club head 10 by the finite element method.
The data includes a finite element analysis data d1 for setting a golf club head model composed of a finite element model and analyzing the set golf club head model by a finite element method.
The processing means 30B constructs a golf club head model based on the finite element analysis data d1.
Further, the processing means 30B uses a golf club head model to analyze the speed distribution, the center of gravity point, the face maximum repulsion point, etc. of the face surface 1 in a golf club head model to be described later based on the second data d2. Seek by doing
The processing means 30B is realized by loading a finite element analysis program stored in the hard disk device 38 into the RAM 36 and the CPU 32 operating based on these programs.
The output means 30C outputs the calculation result by the processing means 30B.

図4はゴルフクラブヘッド10の解析手順を示すフローチャートである。
まず、処理手段30Bは、入力手段30Aから供給される有限要素解析用データd1に基づいて有限要素モデルで構成されたゴルフクラブヘッドモデルを設定する(ステップS10)。
また、処理手段30Bは、ゴルフボールについてもゴルフクラブヘッドモデルと同様に入力手段30Aから供給される有限要素解析用データに基づいて有限要素モデルで構成されたゴルフボールモデルを設定する(ステップS12)。
具体的には、ヘッド本体4を複数の有限要素Xijkに、ゴルフボールを複数の有限要素Yijk(i、j、kは整数)に、それぞれ分割する。
ここで有限要素とは、有限要素法による解析を行うための要素であって、梁要素、シェル要素及び固体要素などが例示される。
また、計算に必要な物性値としては、ロフト角、重心深さ、バルジ&ロール半径、FP値(フェースプログレッション)や、慣性モーメント、ヘッド質量などが例示される。これら物性値は有限要素解析用データd1に含まれる。
FIG. 4 is a flowchart showing the analysis procedure of the golf club head 10.
First, the processing means 30B sets a golf club head model composed of a finite element model based on the finite element analysis data d1 supplied from the input means 30A (step S10).
The processing means 30B also sets a golf ball model composed of a finite element model for the golf ball based on the finite element analysis data supplied from the input means 30A as in the golf club head model (step S12). .
Specifically, the head body 4 is divided into a plurality of finite elements Xijk, and the golf ball is divided into a plurality of finite elements Yijk (i, j, k are integers).
Here, the finite element is an element for performing analysis by the finite element method, and examples thereof include a beam element, a shell element, and a solid element.
Examples of the physical property values necessary for the calculation include a loft angle, a center of gravity depth, a bulge & roll radius, an FP value (face progression), an inertia moment, a head mass, and the like. These physical property values are included in the finite element analysis data d1.

次に、処理手段30Bは、上記で設定したゴルフクラブヘッドモデルを用いて、フェース面1のスピード(以下フェーススピードという)の分布を計算によって求め、フェーススピードの分布をフェース面1に設定する(ステップS14)。
ここで、スピード分布とは、プレイヤーがヘッド本体4を有するゴルフクラブでゴルフボールを打撃したときに、打撃直前におけるフェーススピードの分布を意味するものである。
スピード分布は、シャフト6の長さに依存する成分と、ヘッド本体4のローリング(シャフト6の回りの回転)による成分とから主に決定される。
図5に示すように、前者のシャフト6の長さに依存する成分は、シャフト6の中心軸の延長線Lの垂線が、ヘッド本体4のソール部3に接する点Aにおいて最大となる。
また、後者のヘッド本体4のローリングに依存する成分は、シャフト6の中心軸の延長線Lから最も離れた点B(ヘッド本体4のトウ8側端部)において最大となる。
従って、フェーススピードは、図6に示すように、フェース面1のヒール5側の上部aからトウ8側の下部gへ向けて次第に大きくなるように分布する。なお、図6においては、速度0.5m/s毎に等高線vを示している。
ここでスピード分布の等高線vとは、フェーススピードの分布を示すために、フェース面1上において互いに等しいフェーススピードの点を結んだ線である。
以下では、シャフト6の長さと、ヘッド本体4のローリングの大きさとを、平均的なゴルフクラブにおけるシャフト6の長さと、平均的なゴルフクラブにおけるヘッド本体4のローリングの大きさに設定して解析を行う。
Next, the processing means 30B obtains the distribution of the speed of the face surface 1 (hereinafter referred to as the face speed) by calculation using the golf club head model set as described above, and sets the distribution of the face speed to the face surface 1 ( Step S14).
Here, the speed distribution means the distribution of the face speed immediately before hitting when the player hits a golf ball with a golf club having the head body 4.
The speed distribution is mainly determined from a component depending on the length of the shaft 6 and a component due to rolling of the head body 4 (rotation around the shaft 6).
As shown in FIG. 5, the component depending on the length of the former shaft 6 is maximized at a point A where the perpendicular of the extension line L of the central axis of the shaft 6 contacts the sole portion 3 of the head body 4.
The latter component depending on the rolling of the head main body 4 is maximum at a point B (the end portion on the toe 8 side of the head main body 4) farthest from the extension line L of the central axis of the shaft 6.
Therefore, the face speed is distributed so as to gradually increase from the upper part a on the heel 5 side to the lower part g on the toe 8 side of the face surface 1 as shown in FIG. In FIG. 6, a contour line v is shown at every speed of 0.5 m / s.
Here, the contour line v of the speed distribution is a line connecting points of the same face speed on the face surface 1 in order to show the distribution of the face speed.
Hereinafter, the length of the shaft 6 and the rolling size of the head body 4 are set to the length of the shaft 6 in the average golf club and the rolling size of the head body 4 in the average golf club. I do.

次に、図7に示すように、重心点P(ヘッド本体4の重心位置をフェース面1に対して垂直に投影した点)をフェース面1の中心位置に配置する(ステップS16)。   Next, as shown in FIG. 7, the barycentric point P (the point where the barycentric position of the head main body 4 is projected perpendicularly to the face surface 1) is arranged at the center position of the face surface 1 (step S16).

次に、図7に示すように、重心点Pを中心とする円周E上に沿ってフェース最大反発点Qを仮に配置する(ステップS18)。そして、図7に示すように、そのフェース最大反発点Qの周囲におけるフェース反発係数の分布(反発分布)Rを仮に設定する(ステップS20)。なお、本例では、重心点Pを中心とする円周E上に沿ってフェース最大反発点Qを配置する場合について説明するが、フェース最大反発点Qの配置はこれに限定されるものではない。
フェース最大反発点Qとは、フェース面1の1次振動における最大たわみ点のことである。
1次振動の振幅が大きく、1次振動の周波数が低いフェース面構造を有するヘッドは、反発係数が大きくなることは、周知の事実である。例えば、フェース肉厚が薄いと反発係数が大きくなる。
反発係数とは、U.S.G.A(全米ゴルフ協会)のCOR測定方法(Procedure for Measuring the Velocity Ratio of a Club Head for Conformance to Rule 4-1e,Revision 2(February8,1999)により測定される値である。
この反発係数は、重心の影響(重心反発係数)とフェース面構造の影響(フェース反発係数)の両方の値を合算した値が測定されている。
本明細書においては、反発係数を、重心の影響(重心反発係数)とフェース面構造の影響(フェース反発係数)に分割して考えるものとする。
このたわみ量と反発係数とは正の相関関係にあるため、反発分布Rの値は、たわみ量を反発係数に換算することにより決定している。
反発分布Rの形状としては、フェース最大反発点Qに対して同心円状かつ等間隔の等高線を有する形状などが例示される。ここで反発分布Rの等高線とは、フェース面1の反発係数の分布を示すために、フェース面1上において互いに等しい反発係数の点を結んだ線である。
Next, as shown in FIG. 7, a face maximum repulsion point Q is temporarily arranged along a circumference E centering on the center of gravity P (step S18). Then, as shown in FIG. 7, a distribution (repulsion distribution) R of the face restitution coefficient around the face maximum repulsion point Q is temporarily set (step S20). In this example, the case where the face maximum repulsion point Q is arranged along the circumference E centered on the center of gravity P will be described, but the arrangement of the face maximum repulsion point Q is not limited to this. .
The face maximum repulsion point Q is the maximum deflection point in the primary vibration of the face surface 1.
It is a well-known fact that a head having a face structure having a large primary vibration amplitude and a low primary vibration frequency has a large coefficient of restitution. For example, when the face thickness is thin, the coefficient of restitution increases.
The coefficient of restitution is a value measured by the USGA (National Golf Association) COR measurement method (Procedure for Measuring the Velocity Ratio of a Club Head for Conformance to Rule 4-1e, Revision 2 (February 8, 1999)).
The restitution coefficient is a value obtained by adding together the values of the influence of the center of gravity (center of gravity restitution coefficient) and the influence of the face surface structure (face restitution coefficient).
In this specification, the restitution coefficient is divided into the influence of the center of gravity (center of gravity restitution coefficient) and the influence of the face surface structure (face restitution coefficient).
Since the deflection amount and the restitution coefficient have a positive correlation, the value of the restitution distribution R is determined by converting the deflection amount into a restitution coefficient.
Examples of the shape of the repulsion distribution R include a shape having concentric and equispaced contour lines with respect to the face maximum repulsion point Q. Here, the contour line of the repulsion distribution R is a line connecting points of the same restitution coefficient on the face surface 1 in order to show the distribution of the restitution coefficient of the face surface 1.

そして、ヘッド本体4が、フェース面1上の打点Dにおいて、所定のヘッドスピードHでゴルフボールに衝突したときのゴルフボールの初速(ボール初速)を計算し、フェース面1上における打点Dの位置と、該打点Dにおけるボール初速とを対応付けてRAM36などの記憶手段に記憶させる(ステップS22)。なお、打点Dは、有限要素Xijkと同一又は別個に設定することができる。
次いで、フェース面1上の打点Dの位置を変化させて(ステップS24)、ステップS22に戻って同様の処理を繰り返す。
Then, the head body 4 calculates the initial speed (ball initial speed) of the golf ball when it hits the golf ball at the hit point D on the face surface 1 at a predetermined head speed H, and the position of the hit point D on the face surface 1 is calculated. And the initial ball speed at the hit point D are associated with each other and stored in the storage means such as the RAM 36 (step S22). The hit point D can be set to be the same as or different from the finite element Xijk.
Next, the position of the hit point D on the face surface 1 is changed (step S24), and the process returns to step S22 to repeat the same processing.

本例では、変打点Dを変化させる位置は、フェース面1の全体にわたって分布するように複数の位置に予め定められ、打点Dの数は49である。
全ての打点Dの位置についてボール初速を取得したならば、それらボール初速と予め定められた閾値Cとを比較し、ボール初速が閾値C以上となる打点Dの分布、すなわち、スイートエリアの位置と大きさを取得し、スイートエリアの位置と大きさをRAM36などの記憶手段に記憶する(ステップS26)。
これにより、ステップS18で仮配置した1つのフェース最大反発点Qに対応したボール初速が閾値C以上となる打点Dの分布が求められたならば、フェース最大反発点Qの位置を円周E上に沿って変化させて配置する(ステップS28)。
そして、ステップS28で配置されたフェース最大反発点Qに対応して反発分布Rを設定する(ステップS30)。
次いで、ステップS22に移行して同様の処理を繰り返す。
In this example, the positions at which the change points D are changed are predetermined at a plurality of positions so as to be distributed over the entire face surface 1, and the number of hit points D is 49.
If the initial ball speed is obtained for all the hit points D, the initial ball speed is compared with a predetermined threshold C, and the distribution of hit points D at which the initial ball speed is equal to or higher than the threshold C, that is, the position of the sweet area The size is acquired, and the position and size of the sweet area are stored in storage means such as the RAM 36 (step S26).
As a result, if the distribution of the hit points D at which the ball initial velocity corresponding to one face maximum repulsion point Q temporarily arranged in step S18 is equal to or higher than the threshold C is obtained, the position of the face maximum repulsion point Q is set on the circumference E. (Step S28).
Then, a repulsion distribution R is set corresponding to the face maximum repulsion point Q arranged in step S28 (step S30).
Next, the process proceeds to step S22 and the same process is repeated.

ここで図8を参照して説明する。
図8はゴルフクラブヘッドモデルのフェース面1上に設定されたスピード分布の等高線vと、重心点Pと、フェース最大反発点Qとを示す説明図である。
図8において、横軸はゴルフクラブヘッドモデルのフェース面1を正面から見た場合における水平方向の座標位置をmm単位で示し、縦軸はゴルフクラブヘッドモデルのフェース面1を正面から見た場合におけるゴルフクラブヘッドモデルのフェース面1における上下方向の座標位置をmm単位で示す。
水平方向の座標位置が左方向(負方向)に向かうほどトウ側であり、水平方向の座標位置が右方向(正方向)に向かうほどヒール側である。
言い換えると、横軸は水平方向における打点Dの位置、縦軸は上下方向における打点Dの位置をそれぞれ示す。
本例では、重心点Pがフェース面1の中心位置に合致しているため、重心点Pの座標位置が原点(0mm,0mm)となっている。
なお、フェース面1と横軸および縦軸との位置関係は、図5に示すように、ゴルフクラブヘッドモデルにおけるシャフト6の中心軸の延長線Lと水平面とがなす角度がシャフト6のライ角に合致した状態で示している。
また、図中、スピード分布を示す等高線vに付した数値は該等高線のスピード(m/s単位)を示している。
また、符号Mは、重心点Pを通りかつ等高線vと直交する直線を示す。
図8に示すように、本例では、フェース最大反発点Qを変化させる位置は、円周E上に沿った6つの位置と、重心点Pと同じ1つの位置とに予め定められ、したがって、フェース最大反発点Qの数は7つである。
ここで円周Eの半径は7mmとする。
A description will now be given with reference to FIG.
FIG. 8 is an explanatory diagram showing the contour lines v of the speed distribution set on the face surface 1 of the golf club head model, the gravity center point P, and the face maximum repulsion point Q.
In FIG. 8, the horizontal axis indicates the horizontal coordinate position in mm when the face surface 1 of the golf club head model is viewed from the front, and the vertical axis is when the face surface 1 of the golf club head model is viewed from the front. The vertical coordinate position on the face surface 1 of the golf club head model is shown in mm.
The closer the horizontal coordinate position is to the left (negative direction), the closer to the toe side, and the more the horizontal coordinate position is to the right (positive direction), the closer to the heel side.
In other words, the horizontal axis indicates the position of the hit point D in the horizontal direction, and the vertical axis indicates the position of the hit point D in the vertical direction.
In this example, since the barycentric point P matches the center position of the face surface 1, the coordinate position of the barycentric point P is the origin (0 mm, 0 mm).
As shown in FIG. 5, the positional relationship between the face surface 1 and the horizontal and vertical axes is such that the angle formed by the extension line L of the central axis of the shaft 6 and the horizontal plane in the golf club head model is the lie angle of the shaft 6. It is shown in a state that matches.
In the figure, the numerical value attached to the contour line v indicating the speed distribution indicates the speed (m / s unit) of the contour line.
A symbol M indicates a straight line that passes through the center of gravity P and is orthogonal to the contour line v.
As shown in FIG. 8, in this example, the position where the face maximum repulsion point Q is changed is determined in advance to six positions along the circumference E and one position same as the center of gravity point P. The number of face maximum repulsion points Q is seven.
Here, the radius of the circumference E is 7 mm.

図4に戻って説明を続けると、全てのフェース最大反発点Qについてスイートエリアの位置と大きさが取得されたならば、スイートエリアの大きさが最大となるフェース最大反発点Qの位置を判定し(ステップS32)、一連の解析処理を終了する。   Returning to FIG. 4 and continuing the description, if the position and size of the sweet area are acquired for all the face maximum repulsion points Q, the position of the face maximum repulsion point Q at which the size of the sweet area is maximum is determined. (Step S32), and a series of analysis processing is terminated.

このような解析処理を行うことにより、閾値Cによって決定されるスイートエリアの大きさが最大となるフェース最大反発点Qの位置が求められる。   By performing such an analysis process, the position of the face maximum repulsion point Q at which the size of the sweet area determined by the threshold C is maximized is obtained.

本例では、スイートエリアを決定する閾値Cを第1の閾値C1,第2の閾値C2の2種類に設定した。また、以下では、説明をわかりやすくするために、第1の閾値C1で定義されるスイートエリアを高初速スイートエリアといい、第2の閾値C2で定義されるスイートエリアを中初速スイートエリアという。
第1の閾値C1>第2の閾値C2
第1の閾値C1:ボール初速−1m/s(高初速エリア98%)
第2の閾値C2:ボール初速−3m/s(中初速エリア95%)
ただし、最大ボール初速(100%):58.5m/s(ヘッドスピード40m/s)
In this example, the threshold C for determining the sweet area is set to two types of the first threshold C1 and the second threshold C2. In the following, for easy understanding, the sweet area defined by the first threshold C1 is referred to as a high initial speed sweet area, and the sweet area defined by the second threshold C2 is referred to as a medium initial speed sweet area.
First threshold C1> second threshold C2
First threshold C1: Initial ball speed -1 m / s (high initial speed area 98%)
Second threshold C2: initial ball speed-3 m / s (medium initial speed area 95%)
However, the maximum ball initial speed (100%): 58.5 m / s (head speed 40 m / s)

まず、閾値Cを第1の閾値C1に設定することにより高初速スイートエリアを実現する場合について説明する。
図9は閾値Cを第1の閾値C1に設定した場合の解析結果を示す説明図である。
図9において、7つのフェース最大反発点Qに、高初速スイートエリアの面積の大きさに応じて1位乃至7位の順番を付している。すなわち、1位のフェース最大反発点Qは高初速スイートエリアの面積が最大であり、7位のフェース最大反発点Qは高初速スイートエリアの面積が最小である。
図9から明らかなように、フェース最大反発点Qのフェーススピードが最高となる場合に、高初速スイートエリアの面積が最大(1位)となり、フェース最大反発点Qのフェーススピードが最低となる場合に、高初速スイートエリアの面積が最小(7位)となっている。
この場合、1位および7位のフェース最大反発点Qは直線M上に位置している。
なお、1位のフェース最大反発点Qにおける高初速スイートエリアの面積を100%として2位乃至7位の高初速スイートエリアの面積を示すと下記のとおりとなる。
1位:100%
2位: 97%
3位: 86%
4位: 85%
5位: 74%
6位: 51%
7位: 50%
First, a case where a high initial speed sweet area is realized by setting the threshold C to the first threshold C1 will be described.
FIG. 9 is an explanatory diagram showing an analysis result when the threshold C is set to the first threshold C1.
In FIG. 9, the seven face maximum repulsion points Q are assigned the first to seventh ranks depending on the size of the area of the high initial velocity sweet area. That is, the area of the high initial velocity sweet area is the largest at the first largest face maximum repulsion point Q, and the area of the high initial velocity sweet area is the smallest at the seventh largest face rebound point Q.
As is clear from FIG. 9, when the face speed of the face maximum rebound point Q is the highest, the area of the high initial velocity sweet area is the maximum (first place), and the face speed of the face maximum rebound point Q is the lowest. In addition, the area of the high initial velocity sweet area is the smallest (seventh place).
In this case, the first and seventh face maximum repulsion points Q are located on the straight line M.
When the area of the high initial velocity sweet area at the 1st largest face rebound point Q is 100%, the area of the high initial velocity sweet area of 2nd to 7th is shown as follows.
1st place: 100%
2nd place: 97%
3rd place: 86%
4th place: 85%
5th place: 74%
6th place: 51%
7th place: 50%

図9から以下のことが判明した。
閾値Cを第1の閾値C1とした場合、フェース最大反発点Qにおけるフェーススピードが低い場合よりも高い場合の方が、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
また、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にすると、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
また、フェース面1を、重心点Pを通る横軸、縦軸によって4つの領域に区画した場合、水平方向においては重心点Pよりトウ側で、かつ、上下方向においては重心点Pよりも下側に位置する領域にフェース最大反発点Qを配置することが、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
The following was found from FIG.
When the threshold value C is the first threshold value C1, the case where the face speed at the face maximum repulsion point Q is higher than the case where the face speed is low is advantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area.
Further, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is higher than the face speed at the center of gravity point P, it is advantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area.
Further, when the face surface 1 is divided into four regions by a horizontal axis and a vertical axis passing through the center of gravity P, it is on the toe side from the center of gravity P in the horizontal direction and below the center of gravity P in the vertical direction. Disposing the face maximum repulsion point Q in the region located on the side is advantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area.

図10、図11は重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。
図10、図11において、横軸は図9における直線Mを示し、図中左側がトウ側、右側がヒール側となる。また、縦軸はボール初速を示し、上方に向かうほどボール初速が高くなる。
ある打点Dにおけるボール初速は、フェーススピードVfと、フェース最大反発点Qの位置と、重心点Pの位置との3つの要素が寄与して決定されるものと考えられる。
すなわち、打点DにおけるフェーススピードVfが高いほどボール初速は高速となる。
また、打点Dに重心点Pが近いほどボール初速は高速となる。
また、打点Dにフェース最大反発点Qが近いほどボール初速は高速となる。
すなわち、図10、図11に示すように、ある打点Dにおけるボール初速は、フェーススピードVfが寄与する成分と、フェース最大反発点Qの位置(反発係数の分布R)が寄与する成分と、重心点Pの位置が寄与する成分とを足し合わせた値で決定されるものと考えられる。
したがって、図11に示すように、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にすると、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で不利となる。
これに対して、図10に示すように、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にすると、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
この場合、フェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にするほど、高初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。すなわち、図12に示すように、最大フェーススピード点Vfmaxと、フェース最大反発点Qとを一致させると、高初速スイートエリアは最大となる。
なお、フェース面1上における重心点Pおよびフェース最大反発点Qの位置は、ゴルフクラブヘッド10の設計上の制約を受けるため、高初速スイートエリアの大きさには上限がある。
10 and 11 are schematic diagrams showing the relationship among the center of gravity P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the initial ball speed.
10 and 11, the horizontal axis indicates the straight line M in FIG. 9, and the left side in the figure is the toe side and the right side is the heel side. The vertical axis indicates the ball initial speed, and the ball initial speed increases as it goes upward.
It is considered that the initial ball speed at a certain hit point D is determined by the contribution of three factors: the face speed Vf, the position of the face maximum repulsion point Q, and the position of the center of gravity P.
That is, the higher the face speed Vf at the hit point D, the higher the ball initial speed.
Further, the closer the center of gravity P is to the hit point D, the higher the ball initial speed becomes.
Further, the closer the face maximum repulsion point Q is to the hit point D, the higher the ball initial speed becomes.
That is, as shown in FIGS. 10 and 11, the ball initial velocity at a certain hitting point D includes a component contributed by the face speed Vf, a component contributed by the position of the face maximum repulsion point Q (repulsion coefficient distribution R), and the center of gravity. It is considered that the value is determined by adding together the components to which the position of the point P contributes.
Therefore, as shown in FIG. 11, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is lower than the face speed Vf at the center of gravity P, it is disadvantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area.
On the other hand, as shown in FIG. 10, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is higher than the face speed Vf at the center of gravity P, it is advantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area. Become.
In this case, the higher the face speed at the face maximum repulsion point Q, the more advantageous in securing a large size of the high initial speed sweet area. That is, as shown in FIG. 12, when the maximum face speed point Vfmax and the face maximum repulsion point Q are matched, the high initial speed sweet area becomes the maximum.
Note that the positions of the gravity center point P and the face maximum repulsion point Q on the face surface 1 are restricted by the design of the golf club head 10, and therefore there is an upper limit on the size of the high initial velocity sweet area.

次に、閾値Cを第2の閾値C2に設定することにより中初速スイートエリアを実現する場合について説明する。
図13は閾値Cを第2の閾値C2に設定した場合の解析結果を示す説明図である。
図13において、7つのフェース最大反発点Qに、中初速スイートエリアの面積の大きさに応じて1位乃至7位の順番を付している。すなわち、1位のフェース最大反発点Qは中初速スイートエリアの面積が最大であり、7位のフェース最大反発点Qは中初速スイートエリアの面積が最小である。
図13から明らかなように、フェース最大反発点Qのフェーススピードが最低となる場合に、中初速スイートエリアの面積が最大(1位)となり、フェース最大反発点Qのフェーススピードが最高となる場合に、中初速スイートエリアの面積が最小に近く(6位)なっている。
この場合、1位および6位のフェース最大反発点Qは直線M上に位置している。
なお、1位のフェース最大反発点Qにおける中初速スイートエリアの面積を100%として2位乃至7位の中初速スイートエリアの面積を示すと下記のとおりとなる。
1位:100%
2位: 99.9%
3位: 98.8%
4位: 97.8%
5位: 94.8%
6位: 92.2%
7位: 91.9%
Next, a case where the middle initial speed sweet area is realized by setting the threshold value C to the second threshold value C2 will be described.
FIG. 13 is an explanatory diagram showing an analysis result when the threshold C is set to the second threshold C2.
In FIG. 13, the seven face maximum repulsion points Q are assigned the first to seventh ranks according to the size of the area of the medium initial speed sweet area. That is, the area of the medium initial speed sweet area is the largest at the first face maximum repulsion point Q, and the area of the medium initial speed sweet area is the minimum at the seventh face maximum repulsion point Q.
As is clear from FIG. 13, when the face speed at the face maximum rebound point Q is the lowest, the area of the medium initial speed sweet area is the maximum (first place), and the face speed at the face maximum repulsion point Q is the highest. In addition, the area of the medium initial speed sweet area is close to the minimum (sixth place).
In this case, the first and sixth face maximum repulsion points Q are located on the straight line M.
When the area of the medium initial speed sweet area at the first face maximum rebound point Q is taken as 100%, the area of the medium initial speed sweet area from 2nd to 7th is shown as follows.
1st place: 100%
2nd place: 99.9%
3rd place: 98.8%
4th place: 97.8%
5th place: 94.8%
6th place: 92.2%
7th place: 91.9%

図13から以下に示す知見を得た。
閾値Cを第2の閾値C2とした場合、フェース最大反発点Qにおけるフェーススピードが高い場合よりも低い場合の方が、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
また、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にすると、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
また、フェース面1を、重心点Pを通る横軸、縦軸によって4つの領域に区画した場合、水平方向においては重心点Pよりヒール側で、かつ、上下方向においては重心点Pよりも上側に位置する領域にフェース最大反発点Qを配置することが、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
The following knowledge was obtained from FIG.
When the threshold value C is the second threshold value C2, the case where the face speed at the face maximum repulsion point Q is low is more advantageous than the case where the size of the medium initial speed sweet area is ensured to be large.
Further, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is lower than the face speed at the center of gravity point P, it is advantageous in securing a large size of the medium initial speed sweet area.
Further, when the face surface 1 is divided into four regions by a horizontal axis and a vertical axis passing through the center of gravity P, the heel side is higher than the center of gravity P in the horizontal direction and above the center of gravity P in the vertical direction. It is advantageous to arrange the face maximum repulsion point Q in the region located in the area in order to ensure a large size of the medium initial speed sweet area.

図14、図15は重心点Pと、フェース最大反発点Qと、フェーススピードVfと、ボール初速との関係を示す模式図である。
図10、図11の場合と同様に、ある打点Dにおけるボール初速は、フェーススピードVfが寄与する成分と、フェース最大反発点Qの位置(反発係数の分布)が寄与する成分と、重心点Pの位置が寄与する成分とを足し合わせた値で決定されるものと考えられる。
したがって、図14に示すように、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にすると、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で不利となる。
これに対して、図15に示すように、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にすると、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。
この場合、フェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にするほど、中初速スイートエリアの大きさを大きく確保する上で有利となる。すなわち、図16に示すように、最小フェーススピード点Vfminと、フェース最大反発点Qとを一致させると、中初速スイートエリアは最大となる。
なお、高初速スイートエリアを実現する場合と同様に、フェース面1上における重心点Pおよびフェース最大反発点Qの位置は、ゴルフクラブヘッド10の設計上の制約を受けるため、中初速スイートエリアの大きさにも上限がある。
14 and 15 are schematic diagrams showing the relationship among the center of gravity P, the face maximum repulsion point Q, the face speed Vf, and the initial ball speed.
As in the case of FIGS. 10 and 11, the ball initial velocity at a certain hit point D includes the component contributed by the face speed Vf, the component contributed by the position of the face maximum repulsion point Q (repulsion coefficient distribution), and the barycentric point P. It is thought that it is determined by a value obtained by adding together the components to which the position of contributes.
Therefore, as shown in FIG. 14, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is higher than the face speed Vf at the center of gravity P, it is disadvantageous in securing a large size of the medium initial speed sweet area.
On the other hand, as shown in FIG. 15, when the face speed at the face maximum repulsion point Q is lower than the face speed Vf at the center of gravity P, it is advantageous in securing a large size of the medium initial speed sweet area. Become.
In this case, the lower the face speed at the face maximum repulsion point Q, the more advantageous is to ensure a large size of the medium initial speed sweet area. That is, as shown in FIG. 16, when the minimum face speed point Vfmin and the face maximum repulsion point Q are matched, the medium initial speed sweet area is maximized.
As in the case of realizing the high initial velocity sweet area, the positions of the center of gravity P and the face maximum repulsion point Q on the face surface 1 are subject to the design restrictions of the golf club head 10, so There is also an upper limit on the size.

以上の解析結果をまとめると次のようになる。
図14、図15から明らかなように、スイートエリアを定義する閾値Cを高くするほど、高初速エリア(最大ボールスピードの値を100とし、98%以上のボールスピードを出現できるエリア)を広くすることができる。
また、スイートエリアを定義する閾値Cを低くするほど、中初速エリア(最大ボールスピードの値を100とし、95%以上のボールスピードを出現できるエリア)を広くすることができる。
したがって、高初速エリアを拡大する場合は、図14に示すように、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にすると、図15に示す場合に比較して高初速スイートエリアの大きさを大きく確保することができる。
また、中初速エリアを拡大する場合は、図15に示すように、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にすると、図14に示す場合に比較して中初速スイートエリアの大きさを大きく確保することができる。
本発明は、このような知見に基づいて、高初速スイートエリアの大きさを大きく設定したゴルフクラブヘッド10を設計し、あるいは、中初速スイートエリアの大きさを大きく設定したゴルフクラブを設計するものである。
The above analysis results are summarized as follows.
As apparent from FIGS. 14 and 15, the higher the threshold C that defines the sweet area, the wider the high initial speed area (the area where the maximum ball speed value is 100 and a ball speed of 98% or higher can appear). be able to.
Further, the lower the threshold value C that defines the sweet area, the wider the medium initial speed area (the area where the maximum ball speed value is 100 and a ball speed of 95% or more can appear).
Therefore, when the high initial speed area is enlarged, as shown in FIG. 14, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is set to a higher value than the face speed at the center of gravity P, it is higher than that shown in FIG. A large initial speed sweet area can be secured.
Further, when the medium initial speed area is enlarged, as shown in FIG. 15, if the face speed at the face maximum repulsion point Q is set to a lower value than the face speed at the center of gravity P, the medium initial speed area is medium compared to the case shown in FIG. A large initial speed sweet area can be secured.
Based on such knowledge, the present invention designs a golf club head 10 in which the size of the high initial speed sweet area is set large, or designs a golf club in which the size of the medium initial speed sweet area is set large. It is.

次に、本実施の形態の設計方法について具体的に説明する。
まず、図2を流用してゴルフクラブヘッド10の設計方法を実施するためのコンピュータ30の構成について説明する。
なお、以下では前述したゴルフクラブヘッド10の有限要素解析を行うための構成と同一または対応する部分の説明を省略し、相違する部分について説明する。
本実施の形態では、ハードディスク装置38はゴルフクラブヘッド10の有限要素解析を行う有限要素解析プログラムに加えて、有限要素解析の結果に基づいてゴルフクラブヘッド10の具体的仕様を決定する設計プログラムをさらに格納している。
Next, the design method of this embodiment will be specifically described.
First, the configuration of the computer 30 for implementing the design method of the golf club head 10 will be described with reference to FIG.
In the following, description of the same or corresponding parts as those of the configuration for performing the finite element analysis of the golf club head 10 described above will be omitted, and different parts will be described.
In the present embodiment, in addition to the finite element analysis program for performing the finite element analysis of the golf club head 10, the hard disk device 38 has a design program for determining specific specifications of the golf club head 10 based on the result of the finite element analysis. It also stores.

次に、図3を流用してコンピュータ30の機能について説明する。
入力手段30Aは、ゴルフクラブヘッド10を有限要素法によって解析するために必要な有限要素解析用データd1を入力することに加えて、ゴルフクラブヘッド10の具体的仕様を決定するために必要な仕様決定用データd2を入力するものである。
処理手段30Bは、有限要素解析用データd1に基づいて有限要素解析を行うことに加え、上記の有限要素解析の結果と仕様決定用データd2とに基づいてゴルフクラブヘッド10の具体的仕様を設定し、その仕様に基づいてゴルフクラブヘッド10の設計データを生成するものである。
処理手段30Bは、ハードディスク装置38に格納されている有限要素解析プログラムおよび設計プログラムがRAM36にロードされ、CPU32がそれらプログラムに基づいて動作することで実現される。
出力手段30Cは、処理手段30Bによって生成された設計データなどを出力するものである。
Next, functions of the computer 30 will be described with reference to FIG.
The input means 30A, in addition to inputting the finite element analysis data d1 necessary for analyzing the golf club head 10 by the finite element method, specifications necessary for determining the specific specifications of the golf club head 10. The decision data d2 is input.
In addition to performing finite element analysis based on the finite element analysis data d1, the processing unit 30B sets a specific specification of the golf club head 10 based on the result of the finite element analysis and the specification determining data d2. The design data of the golf club head 10 is generated based on the specifications.
The processing means 30B is realized by loading a finite element analysis program and a design program stored in the hard disk device 38 into the RAM 36, and the CPU 32 operating based on these programs.
The output unit 30C outputs the design data generated by the processing unit 30B.

次に、図17、図18のフローチャートに基づいて本発明の実施の形態について説明する。
図17は本実施の形態におけるゴルフクラブヘッドの設計方法を示すフローチャート、図18は図17のステップS50の詳細を示すフローチャートである。
図17に示すように、まず、スイートエリアを決定する閾値Cの設定を行う(ステップS40)。
閾値Cの設定は、例えば、作業者が入力手段30Aを操作することにより閾値Cが入力され、この入力された閾値Cが処理手段30Bによって受け付けられることによってなされる。
本実施の形態では、閾値Cとして前述した第1の閾値C1と第2の閾値C2との何れか一方が設定されるものとして説明する。
Next, an embodiment of the present invention will be described based on the flowcharts of FIGS.
FIG. 17 is a flowchart showing a golf club head design method in the present embodiment, and FIG. 18 is a flowchart showing details of step S50 in FIG.
As shown in FIG. 17, first, a threshold C for determining a sweet area is set (step S40).
The threshold value C is set by, for example, inputting the threshold value C by the operator operating the input unit 30A and receiving the input threshold value C by the processing unit 30B.
In the present embodiment, description will be made assuming that one of the first threshold C1 and the second threshold C2 described above is set as the threshold C.

次に、処理手段30Bは、ゴルフクラブヘッドモデルの設定、ゴルフボールモデルの設定、フェース面1上のスピード分布の算出、設定を行う(ステップS42、S44,S46)。これらの処理は、図4のステップS10、S12、S14と同様であるため説明を省略する。   Next, the processing means 30B sets a golf club head model, sets a golf ball model, calculates and sets a speed distribution on the face surface 1 (steps S42, S44, S46). Since these processes are the same as steps S10, S12, and S14 of FIG. 4, description thereof is omitted.

次いで、処理手段30Bは、重心点Pをフェース面1上に配置する(ステップS48)
本実施の形態では、重心点Pをフェース面1の中心位置に配置した場合について説明するが、重心点Pをフェース面1の中心位置から外れた位置に配置してもよいことは無論である。
Next, the processing means 30B arranges the center of gravity P on the face surface 1 (step S48).
In this embodiment, a case where the center of gravity P is arranged at the center position of the face surface 1 will be described, but it is needless to say that the center of gravity P may be arranged at a position deviating from the center position of the face surface 1. .

次に、処理手段30Bは、スイートスポットを最大にするフェース最大反発点Qの位置を絞り込む(ステップS50)。
以下、ステップS50の処理について図18を参照して詳細に説明する。
まず、処理手段30Bは、フェース最大反発点Qの配置条件を決定する(ステップS70)。
すなわち、設定された閾値Cに応じてスイートエリアを大きく確保する上で有利な領域を決定する。
具体的には、閾値Cが第1の閾値C1である場合には、図9に示すように、水平方向においては重心点Pよりトウ側で、かつ、上下方向においては重心点Pよりも下側に位置する領域を、フェース最大反発点Qの配置条件として決定する。
また、閾値Cが第2の閾値C2である場合には、図13に示すように、水平方向においては重心点Pよりヒール側で、かつ、上下方向においては重心点Pよりも上側に位置する領域を、フェース最大反発点Qの配置条件として決定する。
Next, the processing means 30B narrows down the position of the face maximum repulsion point Q that maximizes the sweet spot (step S50).
Hereinafter, the process of step S50 will be described in detail with reference to FIG.
First, the processing means 30B determines an arrangement condition for the face maximum repulsion point Q (step S70).
That is, an area advantageous for securing a large sweet area according to the set threshold C is determined.
Specifically, when the threshold C is the first threshold C1, as shown in FIG. 9, it is on the toe side from the center of gravity P in the horizontal direction and below the center of gravity P in the vertical direction. A region located on the side is determined as an arrangement condition for the face maximum repulsion point Q.
Further, when the threshold value C is the second threshold value C2, as shown in FIG. 13, it is located on the heel side from the center point P in the horizontal direction and above the center point P in the vertical direction. The region is determined as an arrangement condition for the face maximum repulsion point Q.

次に、処理手段30Bは、フェース最大反発点Qを前記の配置条件を満たす範囲で仮に配置する(ステップS72)。
そして、処理手段30Bは、そのフェース最大反発点Qの周囲における反発分布Rを仮に設定する(ステップS74)。
Next, the processing means 30B provisionally arranges the face maximum repulsion point Q within a range that satisfies the above arrangement condition (step S72).
Then, the processing means 30B temporarily sets a repulsion distribution R around the face maximum repulsion point Q (step S74).

そして、処理手段30Bは、ヘッド本体4が、フェース面1上の打点Dにおいて、所定のヘッドスピードHでゴルフボールに衝突したときのゴルフボールの初速(ボール初速)を計算し、フェース面1上における打点Dの位置と、該打点Dにおけるボール初速とを対応付けてRAM36などの記憶手段に記憶させる(ステップS76)。
次いで、処理手段30Bは、フェース面1上の打点Dの位置を変化させて(ステップS78)、ステップS76に戻って同様の処理を繰り返す。
Then, the processing means 30B calculates the initial velocity (ball initial velocity) of the golf ball when the head body 4 collides with the golf ball at the hit point D on the face surface 1 at a predetermined head speed H. The position of the hit point D at and the initial ball speed at the hit point D are associated with each other and stored in the storage means such as the RAM 36 (step S76).
Next, the processing means 30B changes the position of the hit point D on the face surface 1 (step S78), returns to step S76, and repeats the same processing.

変打点Dを変化させる位置は、フェース面1の全体にわたって分布するように複数の位置に予め定められている。
処理手段30Bは、全ての打点Dの位置についてボール初速を取得したならば、それらボール初速と予め定められた閾値Cとを比較し、ボール初速が閾値C以上となる打点Dの分布、すなわち、スイートエリアの位置と大きさを取得し、スイートエリアの位置と大きさをRAM36などの記憶手段に記憶する(ステップS80)。
これにより、ステップS18で仮配置した1つのフェース最大反発点Qに対応したボール初速が閾値C以上となる打点Dの分布が求められたならば、処理手段30Bは、フェース最大反発点Qの位置を変化させて配置する(ステップS82)。
なお、フェース最大反発点Qの位置の変化は、前述した重心点Pを中心とする円周E上に沿って行うことに限定されるものではなく、フェース最大反発点Qの位置を前記の配置条件を満たす範囲で変化させればよい。
そして、処理手段30Bは、ステップS82で配置されたフェース最大反発点Qに対応して反発分布Rも設定する(ステップS84)。
次いで、処理手段30Bは、ステップS76に移行して同様の処理を繰り返す。
全てのフェース最大反発点Qについてスイートエリアの位置と大きさが取得されたならば、処理手段30Bは、スイートエリアの大きさが最大となるフェース最大反発点Qの位置を判定し、これによりフェース最大反発点Qの位置の絞込みがなされる(ステップS86)。次いで、図17のステップS52に移行する。
The positions at which the changing points D are changed are predetermined at a plurality of positions so as to be distributed over the entire face surface 1.
When the processing means 30B has acquired the initial ball speed for all the hit points D, the processing means 30B compares the initial ball speed with a predetermined threshold C, and the distribution of the hit points D at which the initial ball speed is equal to or higher than the threshold C, that is, The position and size of the sweet area are acquired, and the position and size of the sweet area are stored in storage means such as the RAM 36 (step S80).
As a result, if the distribution of the hit points D at which the ball initial velocity corresponding to one face maximum repulsion point Q temporarily arranged in step S18 is equal to or higher than the threshold C is obtained, the processing means 30B determines the position of the face maximum repulsion point Q. Are arranged (step S82).
Note that the change in the position of the face maximum repulsion point Q is not limited to being performed along the circumference E centered on the center of gravity P described above, and the position of the face maximum repulsion point Q is determined as described above. What is necessary is just to change in the range which satisfy | fills conditions.
Then, the processing means 30B also sets a repulsion distribution R corresponding to the face maximum repulsion point Q arranged in step S82 (step S84).
Next, the processing means 30B proceeds to step S76 and repeats the same processing.
If the position and size of the sweet area have been acquired for all the face maximum repulsion points Q, the processing means 30B determines the position of the face maximum repulsion point Q at which the size of the sweet area is maximum, and thereby the face The position of the maximum repulsion point Q is narrowed down (step S86). Next, the process proceeds to step S52 in FIG.

ステップS52では、ステップS48で設定された重心点Pと、ステップS52で絞り込まれたフェース最大反発点Qとを、それぞれ最終的な重心点Pとフェース最大反発点Qとして設定する(ステップS52)。
これにより、閾値Cが第1の閾値C1である場合には、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードが高い値となり、かつ、スイートエリア(高初速スイートエリア)の面積が最大となるように、重心点Pおよびフェース最大反発点Qのフェース面1上の位置が設定される。
また、閾値Cが第2の閾値C2である場合には、重心点PにおけるフェーススピードVfよりもフェース最大反発点QにおけるフェーススピードVfが低い値となり、かつ、スイートエリア(中初速スイートエリア)の面積が最大となるように、重心点Pおよびフェース最大反発点Qのフェース面1上の位置が設定される。
なお、実験によれば、重心点Pとフェース最大反発点Qとの距離は5mm〜15mmの範囲となった。
図19は、重心点P−フェース最大反発点Q間の距離と、高初速エリアの面積との関係を示す図である。
図中、記号で示した値は実測値、破線で示した値は計算値を示す。
図19から明らかなように、重心点Pとフェース最大反発点Qとの距離が5mm〜15mmの範囲である場合に、高初速エリアの面積が約350mm以上を確保しているのに対して、重心点Pとフェース最大反発点Qとの距離が5mm〜15mmの範囲を超えると、高初速エリアの面積が約350mmよりも大きく低下していることがわかる。
In step S52, the barycentric point P set in step S48 and the face maximum repulsion point Q narrowed down in step S52 are set as the final barycentric point P and face maximum repulsion point Q, respectively (step S52).
Thereby, when the threshold C is the first threshold C1, the face speed at the face maximum repulsion point Q is higher than the face speed Vf at the center of gravity P, and the sweet area (high initial speed sweet area) The positions of the center of gravity point P and the face maximum repulsion point Q on the face surface 1 are set so that the area is maximized.
When the threshold C is the second threshold C2, the face speed Vf at the face maximum repulsion point Q is lower than the face speed Vf at the center of gravity P, and the sweet area (medium initial speed sweet area) The positions of the center of gravity point P and the face maximum repulsion point Q on the face surface 1 are set so that the area is maximized.
According to the experiment, the distance between the center of gravity P and the face maximum repulsion point Q was in the range of 5 mm to 15 mm.
FIG. 19 is a diagram showing the relationship between the distance between the center of gravity P and the face maximum repulsion point Q and the area of the high initial velocity area.
In the figure, a value indicated by a symbol indicates an actual measurement value, and a value indicated by a broken line indicates a calculated value.
As is clear from FIG. 19, when the distance between the center of gravity P and the face maximum repulsion point Q is in the range of 5 mm to 15 mm, the area of the high initial velocity area is about 350 mm 2 or more. When the distance between the center of gravity P and the face maximum repulsion point Q exceeds the range of 5 mm to 15 mm, it can be seen that the area of the high initial velocity area is greatly reduced from about 350 mm 2 .

そして、設定された重心点Pおよびフェース最大反発点Qと、入力手段30Aに入力された仕様決定用データd2に基づいてゴルフクラブヘッド10の仕様を設定する(ステップS54)。
ゴルフクラブヘッド10の仕様が設定されたならば、この仕様に基づいて具体的なゴルフクラブヘッド10の形状や寸法、材質などの設計データを生成し、設計データを出力手段30Cを介して出力し(ステップS56)、一連の処理を終了する。
このようなゴルフクラブヘッド10の仕様の設定、あるいは、ゴルフクラブの設計データの生成に際しては、従来公知のさまざまな設計ソフトウェアを用いることができる。
Then, the specification of the golf club head 10 is set based on the set center-of-gravity point P and the face maximum repulsion point Q and the specification determining data d2 input to the input means 30A (step S54).
If the specifications of the golf club head 10 are set, specific design data such as the shape, dimensions and material of the golf club head 10 is generated based on the specifications, and the design data is output via the output means 30C. (Step S56), a series of processing ends.
In setting the specifications of the golf club head 10 or generating golf club design data, various conventionally known design software can be used.

本実施の形態では、ステップS46が特許請求の範囲の第1のステップに相当し、ステップS48、S50、S52が特許請求の範囲の第2のステップに相当している。
また、ステップS54が特許請求の範囲の第3のステップに相当し、ステップS56が特許請求の範囲の第4のステップに相当している。
In the present embodiment, step S46 corresponds to the first step in the claims, and steps S48, S50, and S52 correspond to the second step in the claims.
Step S54 corresponds to the third step in the claims, and step S56 corresponds to the fourth step in the claims.

本実施の形態によれば、スイートエリアを定義する閾値Cをより高く設定した場合、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを高い値にすることでスイートエリアの大きさをより大きく確保することができる。
そのため、ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃したときの打点のばらつきが小さい上級者に適したゴルフクラブヘッドを設計する上で有利となる。
また、スイートエリアを定義する閾値Cをより低く設定した場合、重心点Pにおけるフェーススピードよりもフェース最大反発点Qにおけるフェーススピードを低い値にすることでスイートエリアの大きさをより大きく確保することができる。
そのため、ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃したときの打点のばらつきが大きい初級者に適したゴルフクラブヘッドを設計する上で有利となる。
したがって、本実施の形態の設計方法によれば、プレイヤーの技量に応じた特性を有するゴルフクラブヘッドを設計する上で有利となる。
According to the present embodiment, when the threshold value C that defines the sweet area is set higher, the size of the sweet area is set by setting the face speed at the face maximum repulsion point Q higher than the face speed at the center of gravity P. Can be secured larger.
Therefore, it is advantageous in designing a golf club head suitable for an advanced player having a small variation in hit points when hitting a golf ball on the face surface of the golf club head.
In addition, when the threshold value C defining the sweet area is set lower, the sweet area size can be secured larger by setting the face speed at the face maximum repulsion point Q lower than the face speed at the center of gravity P. Can do.
Therefore, it is advantageous in designing a golf club head suitable for a beginner who has a large variation in hit points when hitting a golf ball on the face surface of the golf club head.
Therefore, according to the design method of the present embodiment, it is advantageous in designing a golf club head having characteristics according to the skill of the player.

1……フェース面、10……ゴルフクラブヘッド、C……閾値、P……重心点、Q……フェース最大反発点。   DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 ... Face surface, 10 ... Golf club head, C ... Threshold value, P ... Center of gravity, Q ... Face maximum repulsion point.

Claims (4)

有限要素モデルで構成されたゴルフクラブヘッドモデルを用いてゴルフクラブヘッドの設計を行う方法であって、
前記ゴルフクラブの重心位置を前記ゴルフクラブヘッドのフェース面に垂直に投影させた点を重心点とし、前記フェース面の1次振動における最大たわみ点をフェース最大反発点とし、前記フェース面で前記ゴルフボールを打撃したときの該ゴルフボールの初速の最大速度を100%とし、前記初速が98%以上となる前記フェース面上の領域を高初速スイートエリアとし、前記初速が95%以上となる前記フェース面上の領域を中初速スイートエリアとしたときに、
前記ゴルフクラブヘッドのフェース面でゴルフボールを打撃する直前における前記フェース面のスピード分布を求め、該スピード分布を前記フェース面上に設定する第1のステップと、
前記重心点における前記フェース面のスピードよりも前記フェース最大反発点における前記フェース面のスピードが高い値となり、かつ、前記高初速スイートエリアの大きさが最大となるように、前記重心点および前記フェース最大反発点の前記フェース面上の位置を設定するか、あるいは、前記重心点における前記フェース面のスピードよりも前記フェース最大反発点における前記フェース面のスピードが低い値となり、かつ、前記中初速スイートエリアの大きさが最大となるように、前記重心点および前記フェース最大反発点の前記フェース面上の位置を設定する第2のステップと、
を含むことを特徴とするゴルフクラブヘッドの設計方法。
A method for designing a golf club head using a golf club head model composed of a finite element model,
The center of gravity of the golf club and the center of gravity of the points vertically is projected on the face surface of the golf club head, the maximum deflection point in the primary vibration of the face and the face maximum reaction starting point, the in the face The maximum initial velocity of the golf ball when hitting the golf ball is 100%, the region on the face surface where the initial velocity is 98% or more is the high initial velocity sweet area, and the initial velocity is 95% or more. When the area on the face surface is the medium initial speed sweet area ,
Determining a speed distribution of the face surface immediately before hitting a golf ball with the face surface of the golf club head, and setting the speed distribution on the face surface;
The gravity center point and the face are set so that the speed of the face surface at the face maximum repulsion point is higher than the speed of the face surface at the gravity center point , and the size of the high initial velocity sweet area is maximized. The position of the maximum rebound point on the face surface is set, or the speed of the face surface at the face maximum repulsion point is lower than the speed of the face surface at the center of gravity, and the medium initial speed sweet A second step of setting the position of the barycentric point and the face maximum repulsion point on the face surface so that the size of the area is maximized ;
A method for designing a golf club head, comprising:
前記第2のステップによる前記重心点および前記フェース最大反発点の設定は、前記フェース面を、前記重心点を通り水平方向に延在する横軸と上下方向に延在する縦軸によって4つの領域に区画した場合、水平方向においては前記重心点よりトウ側で、かつ、上下方向においては前記重心点よりも下側に位置する領域に前記フェース最大反発点を配置することでなされるか、あるいは、水平方向においては前記重心点よりヒール側で、かつ、上下方向においては前記重心点よりも上側に位置する領域に前記フェース最大反発点を配置することでなされる、
ことを特徴とする請求項1記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。
The center of gravity point and the face maximum repulsion point in the second step are set in four areas, with the face surface passing through the center of gravity point and extending in the horizontal direction and the vertical axis extending in the vertical direction. Or the maximum face repulsion point is arranged in a region located on the toe side in the horizontal direction and below the barycentric point in the vertical direction, or The face maximum repulsion point is arranged in a region located on the heel side from the barycentric point in the horizontal direction and above the barycentric point in the vertical direction.
The golf club head design method according to claim 1.
前記第2のステップによる前記重心点および前記フェース最大反発点の設定は、前記フェース最大反発点が、前記フェース面上において前記重心点を通りかつ前記スピードの分布の等高線と直交する直線上に配置されるようになされる、
ことを特徴とする請求項1記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。
The center of gravity point and the face maximum repulsion point are set in the second step so that the face maximum repulsion point passes on the face surface through the center of gravity point and is perpendicular to the contour line of the speed distribution. To be made,
The golf club head design method according to claim 1.
前記設定された前記重心点および前記フェース最大反発点に基づいて前記ゴルフクラブヘッドの仕様を設定する第3のステップと、
前記設定されたゴルフクラブの仕様に基づいて前記ゴルフクラブヘッドの設計データを生成および出力する第4のステップと、
をさらに含むことを特徴とする請求項1記載のゴルフクラブヘッドの設計方法。
A third step of setting the specifications of the golf club head based on the set barycentric point and the face maximum repulsion point;
A fourth step of generating and outputting design data of the golf club head based on the set golf club specifications;
The golf club head design method according to claim 1, further comprising:
JP2009209078A 2009-09-10 2009-09-10 Golf club head design method Expired - Fee Related JP5440050B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009209078A JP5440050B2 (en) 2009-09-10 2009-09-10 Golf club head design method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009209078A JP5440050B2 (en) 2009-09-10 2009-09-10 Golf club head design method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011059996A JP2011059996A (en) 2011-03-24
JP5440050B2 true JP5440050B2 (en) 2014-03-12

Family

ID=43947547

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009209078A Expired - Fee Related JP5440050B2 (en) 2009-09-10 2009-09-10 Golf club head design method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5440050B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5664298B2 (en) * 2011-02-04 2015-02-04 横浜ゴム株式会社 Golf club head and golf club head design method

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4247838B2 (en) * 2004-03-12 2009-04-02 アクシュネット カンパニー Composite metal wood club
JP2003000772A (en) * 2001-06-18 2003-01-07 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf club head and design method thereof
JP2003019230A (en) * 2001-07-05 2003-01-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Wood type golf club head
JP2004267483A (en) * 2003-03-10 2004-09-30 Sankyo Kk Game machine and game control method
US20040266550A1 (en) * 2003-06-25 2004-12-30 Gilbert Peter J. Hollow golf club with composite core
JP2008188366A (en) * 2007-02-08 2008-08-21 Sri Sports Ltd Golf club head
JP2008245885A (en) * 2007-03-30 2008-10-16 Daiwa Seiko Inc Golf club head and its welding method
JP5644209B2 (en) * 2009-06-26 2014-12-24 横浜ゴム株式会社 Golf club head and golf club design and selection method
JP5521829B2 (en) * 2009-06-26 2014-06-18 横浜ゴム株式会社 Golf club head and golf club design method
JP5521828B2 (en) * 2009-06-26 2014-06-18 横浜ゴム株式会社 Golf club head and golf club selection method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011059996A (en) 2011-03-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007025761A (en) Design method of golf club head and golf club head
CN103372288A (en) Fitting method of golf club
JP5521829B2 (en) Golf club head and golf club design method
JP5440050B2 (en) Golf club head design method
JP5981195B2 (en) Golf club shaft fitting method
JP5472522B1 (en) Golf club head
JP5170271B2 (en) Golf club head design method
JP5521828B2 (en) Golf club head and golf club selection method
JP4525092B2 (en) Golf swing sensitivity evaluation method and golf swing sensitivity evaluation apparatus for rigidity distribution of golf club shaft
JP2005103127A (en) Optimization design method of golf club, and optimization design method of combination of golf club-golf ball
JP2011240043A (en) Method of calculating evaluation data of golf club head
JP2009050518A (en) Method of simulation for golf club shaft
JP5664298B2 (en) Golf club head and golf club head design method
JP5708236B2 (en) Golf club selection method and design method
JP5644209B2 (en) Golf club head and golf club design and selection method
JP5594422B2 (en) Calculation method of sweet area of golf club head
JP5447179B2 (en) Calculation method of maximum deflection point and maximum deflection in golf club head
JP5454199B2 (en) Calculation method of sweet area of golf club head
JP5471820B2 (en) Calculation method for evaluation data of golf club head
JP2005334249A (en) Golf club designing method, golf swing characteristic evaluating method, and golf club selecting method
US11291885B2 (en) Swing analysis device, swing analysis method, and swing analysis system
JP6911298B2 (en) Golf club fitting equipment, methods and programs
JP6708393B2 (en) Golf club head
JP2013200721A (en) Design method of golf club head and golf head
JP2004008521A (en) Method for designing and manufacturing golf club shaft

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120907

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130409

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130423

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130624

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131119

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131202

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees