JP5426123B2 - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP5426123B2
JP5426123B2 JP2008217989A JP2008217989A JP5426123B2 JP 5426123 B2 JP5426123 B2 JP 5426123B2 JP 2008217989 A JP2008217989 A JP 2008217989A JP 2008217989 A JP2008217989 A JP 2008217989A JP 5426123 B2 JP5426123 B2 JP 5426123B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
port
game
distribution
jackpot
winning
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2008217989A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010051442A (ja
Inventor
智哉 百瀬
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2008217989A priority Critical patent/JP5426123B2/ja
Publication of JP2010051442A publication Critical patent/JP2010051442A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5426123B2 publication Critical patent/JP5426123B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、パチンコ遊技機に関する。
従来から、遊技盤の遊技領域にクルーンを備え、クルーンの上面を転動している遊技球がクルーンの一方の始動口へ入賞した場合と、クルーンの他方の始動口へ入賞した場合とで、確変遊技状態(大当たり(遊技者に有利な特別遊技状態)が終了した後の遊技状態であって、高確率で大当たりが発生する遊技状態)が発生する割合に差を設けるよう構成したパチンコ遊技機が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2006−474公報
しかし、上記特許文献1に記載のパチンコ遊技機によると、クルーン上の遊技球がどの始動口に入賞したかを容易に視認することができるため、その後の遊技状態をある程度予測可能となるが、反面、クルーン上の遊技球がどの始動口に入賞したのか全く不明な状況を作り出し、その後の遊技状態を全く予測不能にすることはできない。
そこで、新規なパチンコ遊技機として、遊技球がどの始動口に入賞したのか不明な状況を作り出し、その後の遊技状態を全く予測不能にすることによって、遊技者に対して新たな興趣をもたらすパチンコ遊技機の出現が期待されるが、遊技者がその後の遊技状態を全く予測できないままでは、遊技者は不安を抱きつつ遊技を行うことにもなり、遊技者に遊技継続の意思を喪失させる原因にもなり得る。
本発明は、上記の点にかんがみなされたものであり、遊技球がどの始動口に入賞したのか不明な状況の下で、所定の手段を採用して現在の遊技状態を遊技者に示唆することにより、遊技者に遊技を継続する意思を惹起させることができるパチンコ遊技機を提供することを目的とする。
本発明のパチンコ遊技機は、第1始動口及び第2始動口と、2つの振分状態を択一的にとり得る始動口振分部材であって、第1振分状態のときは、前記第1始動口を開状態に保つと同時に第2始動口を閉状態に保ち、第2振分状態のときは、前記第1始動口を閉状態に保つと同時に前記第2始動口を開状態に保つ始動口振分部材と、前記第1始動口及び前記第2始動口のうちいずれの始動口へ入賞するかによって、遊技者に与える利益を異ならせる利益設定手段と、前記始動口振分部材の複数の振分パターンに対応する複数の振分パターンデータを有し、遊技状態に応じて前記複数の振分パターンデータのうちから1つの振分パターンデータを選択し、該選択した振分パターンデータに基づいて前記始動口振分部材の振分状態を制御する振分制御手段と、前記始動口振分部材の振分状態を視認不能な遮蔽状態にする遮蔽部材と、を備え、大当たりとして、大当たり発生後の遊技状態が高確率で大当たりの発生する確変大当たり及び大当たり発生後の遊技状態が低確率で大当たりの発生する通常大当たりであって、大入賞口の開閉動作パターンが略同一となる確変大当たり及び通常大当たりを有するパチンコ遊技機であって、前記第1始動口及び前記第2始動口への遊技球の入賞に基づき図柄を変動表示及び停止表示する画像表示器と、前記画像表示器における図柄変動中に前記第1始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示及び停止表示を所定回数まで保留可能な第1保留手段と、前記画像表示器における図柄変動中に前記第2始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示及び停止表示を所定回数まで保留可能な第2保留手段と、前記第1保留手段により保留されたことを第1報知態様で報知する第1保留報知制御手段と、前記第2保留手段により保留されたことを第2報知態様で報知する第2保留報知制御手段と、を備えることを特徴とする。
本発明のパチンコ遊技機によると、大当たり発生後の遊技状態が高確率で大当たりの発生する確変大当たり及び大当たり発生後の遊技状態が低確率で大当たりの発生する通常大当たりであって、大入賞口の開閉動作パターンが略同一となる確変大当たり及び通常大当たりが発生したとき、遊技者に対し、確変大当たりが発生したのか通常大当たりが発生したのか不明な状況を作り出すことができる。しかし、第1保留報知制御手段により、第1保留手段により保留されたことが第1報知態様で報知され、第2保留報知制御手段により、第2保留手段により保留されたことが第2報知態様で報知されるようになるため、遊技者は、第1報知態様及び第2報知態様に基づいて振分部材の振分パターンを推測することにより、確変大当たりが発生したのか通常大当たりが発生したのか予測可能になる。
したがって、本発明によると、遊技球がどの始動口に入賞したのか不明な状況の下で、現在の遊技状態を遊技者に示唆できるようになり、遊技者に遊技を継続する意思を惹起させることが期待できる。
ここで、前記利益は、大入賞口の総開放時間が長い大当たりと短い大当たりの発生割合である。大入賞口の総開放時間の長い大当たり発生時には、遊技者に払い出される賞球の個数は多くなり、一方、大入賞口の総開放時間の短い大当たり発生時には、遊技者に払い出される賞球の個数は少なくなり、遊技者が受ける利益が異なることになる。
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
図1は、本発明の一実施形態に係るパチンコ遊技機の遊技盤の要部正面図、図2は、同パチンコ遊技機の電気系統のブロック図、図3は、図2図示のメイン制御基板が実行するタイマ割り込み処理の内容を表すフローチャート、図4は、図3図示のフローチャートにおける始動口SW処理の内容を表すフローチャート、図5は、図3図示のフローチャートにおける特別図柄処理の内容を表すフローチャート、図6は、図5図示のフローチャートにおける大当たり判定処理の内容を表すフローチャート、図7は、図5図示のフローチャートにおける停止中処理の内容を表すフローチャート、図8〜図10は、図3図示のフローチャートにおける大入賞口処理の内容を表すフローチャート、図11は、図3図示のフローチャートにおける賞球処理の一部を構成する大入賞口SW処理の内容を表すフローチャート、図12は、画像制御基板が実行する変動演出処理の内容を表すフローチャート、図13は、同じく画像制御基板が実行する保留表示演出処理の内容を表すフローチャート、図14は、始動入賞装置の正面図、図15は、始動入賞装置の内部の正面図であって、(A)は、始動口振分部材が第1振分状態にあるときの正面図、(B)は、始動口振分部材が第2振分状態にあるときの正面図、図16は、始動口振分部材の振分パターンの説明図、図17は、大当たりの種類ごとの発生割合及び振分パターンの説明図、図18(A)、(B)、(C)は、画像表示器の表示形態の変化図、図19は、キャラクタを表した図、図20は、画像制御基板が実行する他の実施形態に係る保留表示演出処理の内容を表すフローチャート、図21(A)、(B)は、画像表示器の他の実施形態に係る表示形態の変化図をそれぞれ示す。
図1において、パチンコ遊技機の遊技盤1は、遊技者がハンドル(図示せず)を操作することによって発射された遊技球が転動しながら落下してゆく遊技領域2を備える。
遊技領域2の中央部には、略四角枠形状のセンター装飾部材3が配設され、センター装飾部材3の内側に、画像表示器4の表示画面4aが配される。表示画面4aには、公知のデモ表示、後述する第1始動口22、第2始動口23への入賞に基づく装飾図柄の変動表示、大当たり演出などが行われる。
センター装飾部材3の左右中央部の下方には、始動入賞装置5が配設される。遊技領域2を転動落下する遊技球は始動入賞装置5に入賞可能であり、始動入賞装置5に遊技球が入賞すると、後述するように大当たり乱数など各種乱数が取得され、大当たり乱数が所定の大当たり乱数値に該当する場合、遊技者に有利な特別遊技状態となる大当たり状態(本実施形態では、15R(ラウンド)確変大当たり、15R通常大当たり、2R確変大当たり、2R通常大当たりからなる4種類の大当たりのうちのいずれか1種類の大当たり)が発生する。
始動入賞装置5の下方に大入賞口(アタッカー)6が配設される。大入賞口6は、大当たり状態において開放動作される。大当たりが15R確変大当たり又は15R通常大当たりである場合、大入賞口6は、15ラウンド開放動作を行い、各ラウンドの開放時間は複数個の遊技球が入賞可能となる比較的長時間に設定される。また、大当たりが2R通常大当たりである場合、大入賞口6は、2ラウンド開放動作を行い、各ラウンドの開放時間は、遊技球の入賞が殆ど不可能な短時間に設定される。また、大当たりが2R確変大当たりである場合、大入賞口6は、2ラウンド開放動作を行うが、各ラウンドの開放時間は、遊技球の入賞が殆ど不可能な短時間に設定される。2R通常大当たり時の大入賞口6の開閉動作パターンと、2R確変大当たり時の大入賞口6の開閉動作パターンは、略同一に設定される。
その他、遊技領域には、普通入賞口7、アウト口8などが配設される。
遊技盤1において、遊技領域2の外側には、第1始動口22への入賞を契機に画像表示器4による装飾図柄の変動表示と同期して特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器9、第2始動口23への入賞を契機に画像表示器4による装飾図柄の変動表示と同期して特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器10、第1始動口22へ入賞した遊技球の保留球数を最大4個まで表示する第1特別図柄保留ランプ11、及び、第2始動口23へ入賞した遊技球の保留球数を最大4個まで表示する第2特別図柄保留ランプ12などが配設される。
図1及び図15に示すように、始動入賞装置5は、遊技領域2を転動落下している遊技球を当該始動入賞装置5に入球可能にする入球口21を有する。入球口21の下方には、左側の第1始動口22と右側の第2始動口23が配され、入球口21から入球した遊技球は、第1始動口22又は第2始動口23のいずれかの始動口に入賞する。第1始動口22には、第1始動口22への遊技球の入賞を検知するための第1始動口スイッチ(SW)24が配設され、第2始動口23には、第2始動口23への遊技球の入賞を検知するための第2始動口スイッチ(SW)25が配設される。
入球口21と第1始動口22及び第2始動口23との間には、始動口振分部材26が配設される。始動口振分部材26は、2つの振分状態つまり第1振分状態及び第2振分状態を択一的にとり得る部材であり、第1振分状態のときは、図15(A)に示すように、第1始動口22を開状態に保つと同時に第2始動口23を閉状態に保ち、第2振分状態のときは、図15(B)に示すように、第1始動口22を閉状態に保つと同時に第2始動口23を開状態に保つ。
始動口振分部材26は、後述する振分制御手段(メイン制御基板50、ステップS87)により振分状態が制御される。始動口振分部材26は、図16に示すように、パターンA、B、C、D、Eからなる5種類の振分パターンを選択的にとり得る。
パターンAは、図面上に「左」と記載された始動口つまり第1始動口22が開状態、図面上に「右」と記載された始動口つまり第2始動口23が閉状態となる第1振分状態(図15(A))と、この第1振分状態とは反対に、第1始動口22が閉状態、第2始動口23が開状態となる第2振分状態(図15(B))とからなり、このような第1、第2振分状態が一定周期で交互に繰り返される振分パターンである。
パターンBは、パターンAと同様、第1振分状態(図15(A))と第2振分状態(図15(B))とからなり、第1、第2振分状態が交互に繰り返されるが、第1振分状態の継続時間が第2振分状態の継続時間よりも長く設定される振分パターンである。
パターンCは、パターンBと同様、第1振分状態(図15(A))と第2振分状態(図15(B))とからなり、第1、第2振分状態が交互に繰り返されるが、パターンBとは反対に、第1振分状態の継続時間が第2振分状態の継続時間よりも短く設定される振分パターンである。
パターンDは、第2振分状態(図15(B))のみからなる振分パターンである。
パターンEは、パターンDとは反対に、第1振分状態(図15(A))のみからなる振分パターンである。
本実施形態においては、図17(D)に示すように、パターンAは、15R通常大当たり終了後に設定され、パターンBは、2R通常大当たり終了後に設定され、パターンCは、2R確変大当たり終了後に設定され、パターンDは、15R確変大当たり終了後に設定される。
始動入賞装置5の前面部27は、遮蔽部材により構成される。遮蔽部材27は、始動口振分部材26の振分状態を視認不能にする。
次に、パチンコ遊技機の電気系統を図2に基づいて説明する。
図2において、電気系統はメイン制御基板(遊技制御基板)50を中枢部とし、メイン制御基板50にサブ制御基板51が接続される。サブ制御基板51は、演出制御基板52、画像制御基板53、ランプ制御基板54及び払出制御基板55からなり、演出制御基板52及び払出制御基板55はそれぞれメイン制御基板50に接続され、画像制御基板53及びランプ制御基板54はそれぞれ演出制御基板52に接続される。メイン制御基板50、演出制御基板52、画像制御基板53、ランプ制御基板54及び払出制御基板55は、それぞれCPU、ROM、RAMを備え、演出制御基板52は、さらにRTC(リアルタイムクロック)を備える。
メイン制御基板50には、始動入賞装置5の第1始動口SW(スイッチ)24、第2始動口SW(スイッチ)25、始動口振分部材26、大入賞口6に入賞した遊技球を検知する大入賞口SW(スイッチ)56、大当たり発生時に大入賞口6を開放する大入賞口ソレノイド57、第1特別図柄表示器9、第2特別図柄表示器10、第1特別図柄保留ランプ11及び第2特別図柄保留ランプ12などが接続される。
画像制御基板53に、画像表示器4およびスピーカ58が接続される。
ランプ制御基板54に、枠ランプ59、盤ランプ60及び可動役物61が接続される。
払出制御基板55に、賞球を払出す賞球払出装置の駆動源である払出駆動モータ62が接続される。
次に、メイン制御基板50が実行するタイマ割込処理を図3〜図11に基づいて順に説明する。
図3において、タイマ割込処理は、所定周期例えば4msec間隔で実行する。
タイマ割込処理は、主として、乱数更新処理(ステップS1)と始動口SW(スイッチ)処理(ステップS2)と特別図柄処理(ステップS3)と大入賞口処理(ステップS4)と賞球処理(ステップS5)と出力処理(ステップS6)とにより構成される。
(1) 乱数更新処理(ステップS1)
乱数更新処理は、大当たり乱数、初期値乱数、大当たり図柄乱数など所定の乱数を更新することを内容とする。
(2) 始動口SW(スイッチ)処理(ステップS2、図4)
始動口SW処理の内容を図4に示す。
図4において、メイン制御基板50は、第1始動口SW24及び第2始動口SW25の各出力信号に基づいて第1始動口22又は第2始動口23に遊技球が入賞したか否かを判定する(ステップS11、S12)。
第1始動口SW24及び第2始動口SW25がいずれもオンしていないと判定した場合は、始動口SW処理を終了する。
一方、第1始動口SW24がオンしたと判定した場合は、第1始動口22への入賞を契機に大当たり乱数を取得することができた遊技球であって、取得した乱数に応じた演出等が未だ行われていない遊技球の個数を示す保留球数U1が「4」未満であるか否かを判定し(ステップS13)、U1が「4」未満である場合、U1を「1」だけ加算して更新し(ステップS14a)、さらに、画像制御基板53に対する第1保留数増加コマンドをセットした上で(ステップS14b)、大当たり乱数、大当たり図柄乱数など所定の乱数を取得、格納し(ステップS15)、始動口SW処理を終了する。
また、第2始動口SW25がオンしたと判定した場合は、第2始動口23への入賞を契機に大当たり乱数を取得することができた遊技球であって、取得した乱数に応じた演出が未だ行われていない遊技球の個数を示す保留球数U2が「4」未満であるか否かを判定し(ステップS16)、U2が「4」未満である場合、U2を「1」だけ加算し(ステップS17a)、さらに、画像制御基板53に対する第2保留数増加コマンドをセットした上で(ステップS17b)、大当たり乱数など所定の乱数を取得、格納し(ステップS15)、始動口SW処理を終了する。
保留球数U1又はU2が「4」である場合は、始動口SW処理を終了する。
(3) 特別図柄処理(ステップS3、図5)
特別図柄処理の内容を図5に示す。
図5において、メイン制御基板50は、大当たり中か否かを判定する(ステップS21)。
大当たりが発生していない遊技状態である場合、次に、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10において特別図柄が変動表示中であるか否かを判定する(ステップS22)。ここで、特別図柄は、例えば、「0」〜「9」の数字からなる大当たり図柄と、「−」からなるハズレ図柄とにより構成され、「0」〜「9」の大当たり図柄のうち、「0」、「2」、「4」、「6」、「8」が通常図柄つまり大当たり終了後の遊技状態を大当たり確率の低い通常遊技状態に設定する通常図柄として設定され、「1」、「3」、「5」、「7」、「9」が確変図柄つまり大当たり終了後の遊技状態を大当たり確率の高い確変遊技状態に設定する図柄として設定される。
特別図柄が変動表示中でない場合、保留球数Uが「1」以上であるか否かを判定する(ステップS23)。ここで、保留球数Uは、第1始動口22の保留球数U1と第2始動口23の保留球数U2とを合算した合計保留球数である。
保留球数Uが「0」である場合、特別図柄処理を終了する。
一方、保留球数Uが「1」以上である場合、第1始動口22の保留球すなわち第1保留球を消化すべきか否かを判定する(ステップS24)。この判定基準は、例えば、第1保留球と第2保留球が両方とも存在する場合に、第1保留球が「0」になるまで第1保留球を優先的に消化し、第1保留球が「0」になった後に始めて第2保留球を消化するという判定基準、あるいは、始動口に入賞した順番と同じ順番で保留球を消化する、例えば、第1始動口22、第1始動口22、第2始動口23の順番で入賞があった場合、第1始動口22、第1始動口22、第2始動口23の順番で保留球を消化するという判定基準のいずれであってもよい。
第1保留球を消化すべきと判定した場合は、第1保留球数U1を「1」だけ減算し(ステップS25)、一方、第2保留球を消化すべきと判定した場合は、第2保留球数U2を「1」だけ減算し(ステップS26)、次に大当たり判定処理を行う(ステップS27)。
<大当たり判定処理>
大当たり判定処理の内容を図6に示す。
図6において、メイン制御基板50は、大当たり乱数判定を行う(ステップS41)。
大当たり乱数判定は、ステップS15(図4)で格納した乱数のうちから大当たり乱数を読み出し、大当たり乱数が所定の大当たり乱数値と一致するか否かを判定することによって行う。
ここで、大当たりが発生する確率つまり大当たり確率は、本実施形態の場合、第1始動口22への入賞による場合と第2始動口23への入賞による場合とで差異はなく同一に設定されるが、大当たり確率は通常遊技状態と確変遊技状態とで異なり、例えば、図17(A)に示すように、大当たり乱数が「0」から「299」までの300個の数値からなる場合、大当たり確率が低い通常遊技状態の下では、300個の数値のうち所定の1個の数値のみが大当たり乱数値に設定され、換言すると、大当たり発生割合は1/300に設定され、一方、大当たり確率が高い確変遊技状態の下では、300個の数値のうち所定の10個の数値が大当たり乱数値に設定され、換言すると、大当たり発生割合は10/300に設定される。
大当たり乱数が大当たり乱数値に該当せずハズレ乱数値に該当する場合、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動停止すべき特別図柄としてハズレ図柄をセットする(ステップS42、S43)。
一方、大当たり乱数が大当たり乱数値に該当する場合、大当たり図柄乱数判定を行う(ステップS42、S44)。
大当たり図柄乱数判定は、ステップS15(図4)で格納した乱数のうちから大当たり図柄乱数を読み出し、大当たり図柄乱数が15R確変大当たりを指示する15R確変図柄に該当するか否か、2R確変大当たりを指示する2R確変図柄に該当するか否か、15R通常大当たりを指示する15R通常図柄に該当するか否か、2R通常大当たりを指示する2R通常図柄に該当するか否かを判定することによって行う(ステップS45、S46、S49)。
ここで、大当たり図柄乱数が15R確変図柄に該当する割合Aと、15R通常図柄に該当する割合Bと、2R確変図柄に該当する割合Cと、2R通常図柄に該当する割合Dは、第1始動口22への入賞による場合と、第2始動口23への入賞による場合とで異なり、例えば、図17(B)、(C)に示すように、第1始動口22への入賞による場合には、A:B:C:D=1/10:1/10:4/10:4/10に設定され、第2始動口23への入賞による場合には、A:B:C:D=4/10:4/10:1/10:1/10に設定される。換言すると、第1始動口22へ入賞するか第2始動口23へ入賞するかによって、遊技者に与える異なる4種類の利益、つまり、15R確変大当たり、15R通常大当たり、2R確変大当たり、2R通常大当たり間の発生割合が異なり、このような構成は、本発明にいう利益設定手段に対応する。
大当たり図柄乱数が15R確変図柄である場合、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動停止すべき特別図柄として15R確変図柄をセットし(ステップS47)、大当たり図柄乱数が2R確変図柄である場合、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動停止すべき特別図柄として2R確変図柄をセットし(ステップS48)、大当たり図柄乱数が15R通常図柄である場合、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動停止すべき特別図柄として15R通常図柄をセットし(ステップS50)、大当たり図柄乱数が2R通常図柄である場合、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動停止すべき特別図柄として2R通常図柄をセットし(ステップS51)、大当たり判定処理を終了する。
メイン制御基板50は、上述した大当たり判定処理(図5図示ステップS27)を終了した後、変動パターン選択処理を行う(ステップS28)。変動パターン選択処理は、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10に変動表示される特別図柄の変動時間の決定を行う。
次に、演出制御基板52に送信すべき変動開始コマンドであって、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10の変動時間、変動停止すべき特別図柄の種類(15R確変図柄、2R確変図柄、15R通常図柄、2R通常図柄又はハズレ図柄)、現在の遊技状態(確変遊技状態又は通常遊技状態)などを示す変動開始コマンドをセットし(ステップS29a)、さらに、画像制御基板53に対する保留数減少コマンドをセットする(ステップS29b)。
次に、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10における特別図柄の変動表示を開始させ(ステップS30)、変動時間の計測を開始し(ステップS31)、特別図柄処理を終了する。
一方、ステップS22において、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10において特別図柄が変動表示中であると判定された場合、変動時間が終了するまでの間は特別図柄処理を終了し(ステップS32)、変動時間が終了すると、演出制御基板52に送信すべき変動停止コマンドをセットし(ステップS32、S33)、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10における特別図柄の変動表示を停止させ(ステップS34)、変動時間をリセットし(ステップS35)、停止中処理を行い(ステップS36)、特別図柄処理を終了する。
<停止中処理>(図7)
停止中処理の内容を図7に示す。
図7において、メイン制御基板50は、第1特別図柄表示器9又は第2特別図柄表示器10で変動停止させた特別図柄が大当たり図柄であるか否かを判定し(ステップS61)、大当たり図柄である場合、15R確変図柄又は2R確変図柄であるか、又は、15R通常図柄又は2R通常図柄であるかを判定する(ステップS62)。大当たり図柄が15R確変図柄又は2R確変図柄である場合、確変遊技状態をセットし(ステップS63)、一方、大当たり図柄が15R通常図柄又は2R通常図柄である場合、通常遊技状態をセットする(ステップS64)。次に、演出制御基板52に送信すべき大当たり開始コマンドをセットし(ステップS65)、大当たり開始(大入賞口処理を開始させる大当たりフラグを立てる)を行い(ステップS66)、停止中処理を終了する。
(4)大入賞口処理(ステップS4、図8〜図10)
大入賞口処理の内容を図8〜図10に示す。
図8〜図10において、メイン制御基板50は、まず、大当たり中であるか否かを判定し(ステップS71)、大当たり中である場合、オープニング中であるか否かを判定する(ステップS72)。ここで、オープニング中とは、大当たりが発生してから大当たりの第1ラウンドが開始されるまでの期間をいう。
大当たり発生直後では、オープニング中となるため、次に、オープニング時間つまり、大当たり発生時点から大当たりの第1ラウンドの開始時点までの時間が経過したか否かを判定する(ステップS73)。
オープニング時間経過前は、ステップS71、ステップS72及びステップS73を繰り返し実行する。
その後、オープニング時間が経過すると、ラウンド数Rを「1」だけ加算する(ステップS74)。オープニング時間経過直後においては、それまでのラウンド数Rが「0」であるため、ステップS54における加算後のラウンド数Rは「1」となる。次に、大入賞口6に入賞した入賞個数Cを「0」にクリアする(ステップS75)。
次に、大入賞口ソレノイド57への通電を開始して大入賞口6を開放する(ステップS76)。
次に、予め設定した開放時間つまり、大入賞口6が開放状態を持続することができる時間が経過したか否かを判定する(ステップS77)。ここで、大入賞口6の開放時間は大当たりの種類によって異なり、15R確変大当たり及び15R通常大当たりの場合、比較的長時間に設定され、一方、2R確変大当たり及び2R通常大当たりの場合、遊技球の入賞が殆ど不可能な略同一な短時間に設定される。
大入賞口6が開放状態へ移行した直後においては、ステップS77の判定結果は「NO」となるため、次に、大入賞口6に入賞した入賞個数Cが所定値「9」であるか否かを判定し(ステップS78)、この判定結果は「NO」であることから、大入賞口処理を終了する。
次回のタイマ割込処理においては、ステップS72の判定結果は「NO」となり、大入賞口6が開放中であるか否かを判定し(ステップS79)、この判定結果が「YES」であることから、ステップS77に移行する。以後、ステップS77〜ステップS79、ステップS71、ステップS72を繰り返し実行する。
大当たりが15R確変大当たり又は15R通常大当たりの場合、ステップS77〜ステップS79、ステップS71、ステップS72を繰り返し実行している間、大入賞口6に遊技球が入賞するたびに、換言すると、大入賞口SW56が遊技球を検知するたびに、入賞個数Cは、「1」、「2」、‥と増加してゆく。なお、この入賞個数Cのカウントは、後述する大入賞口SW処理において説明する。そして、入賞個数Cが「9」になると、ステップS78の判定結果は「YES」となり、あるいは、入賞個数Cが「9」になる前に開放時間が経過すると、ステップS77の判定結果は「YES」となり、大入賞口ソレノイド57への通電を停止して大入賞口6を閉口する(ステップS80)。
一方、大当たりが2R確変大当たり又は2R通常大当たりの場合、大入賞口6の開放時間が略同一な短時間に設定されているため、入賞個数Cが略「0」のときに開放時間が経過し、大入賞口6は閉口する(ステップS80)。
次に、ラウンド数Rが「2」又は「15」に達したか否かを判定する(ステップS81)。この時点では、第1ラウンドでラウンド数Rは「1」であるため、ステップS81の判定結果は「NO」となり、大入賞口処理を終了する。
次回のタイマ割込処理においては、大入賞口6は開放中ではないためステップS79の判定結果は「NO」となり、次にエンディング中であるか否かを判定する(ステップS82)。ここで、エンディング中とは、大当たりが2R確変大当たり又は2R通常大当たりである場合には第2ラウンド、大当たりが15R確変大当たり又は15R通常大当たりである場合には第15ラウンドがそれぞれ終了した後に画像表示器4において大当たり終了演出が行われているときをいう。
この時点では、第1ラウンドの終了直後であることからステップS82の判定結果は「NO」となり、次にインターバル時間が経過したか否かを判定する(ステップS83)。ここで、インターバル時間とは、大入賞口6を閉口動作させた時点から次のラウンドを開始させるべく大入賞口6を開放動作させる時点までの、予め設定した遅延時間をいう。この時点では大入賞口6が閉口動作を開始した直後であるため、ステップS83の判定結果は「NO」となり、大入賞口処理を終了する。
次回以降のタイマ割込処理においては、インターバル時間が経過する前においては、ステップS71、ステップS72、ステップS79、ステップS82及びステップS83を繰り返し実行する。
その後、インターバル時間が経過すると、ステップS83の判定結果は「YES」となり、次にラウンド数Rを「1」だけ加算し、ラウンド数Rを「2」にし(ステップS74)、入賞個数Cを「0」にクリアし(ステップS75)、大入賞口6を開放動作し、第2ラウンドが開始される(ステップS76)。
第2ラウンドにおいても、上述した第1ラウンドにおける処理と同様な処理が行われ、入賞個数Cが「9」に達したとき、あるいは、入賞個数Cが「9」に達する前に開放時間が経過したとき、大入賞口6を閉口動作させる(ステップS77、S78、S80)。
大当たりが15R確変大当たり又は15R通常大当たりの場合、ステップS80の実行後は、第1ラウンドが終了したときと同様な処理が行われ、インターバル時間の経過を待って第3ラウンドが開始される。以後、第3ラウンド、第4ラウンド、‥第14ラウンドが行われ、第15ラウンドが終了すると、ステップS81の判定結果は「YES」となり、ラウンド数Rが「0」にクリアされ(ステップS84)、エンディングが開始される(ステップS85)。
一方、大当たりが2R確変大当たり又は2R通常大当たりの場合、第2ラウンドが終了するとステップS81の判定結果は「YES」となり、ラウンド数Rが「0」にクリアされ(ステップS84)、エンディングが開始される(ステップS85)。2R確変大当たり及び2R通常大当たりの場合、大入賞口6の開閉動作パターンは略同一である。
その後、エンディング時間が経過すると(ステップS86)、始動口振分設定を行う(ステップS87)。
始動口振分設定は、大当たりが15R確変大当たりの場合、図16に示すパターンDを設定し、大当たりが15R通常大当たりの場合、図16に示すパターンAを設定し、大当たりが2R確変大当たりの場合、図16に示すパターンCを設定し、大当たりが2R通常大当たりの場合、図16に示すパターンBを設定する。
そして、大当たりを終了する(ステップS88)。
(5) 賞球処理(ステップS5)
賞球処理は、第1始動口22、第2始動口23、大入賞口6、普通入賞口7に遊技球が入賞した場合に、払出駆動モータ62を動作させ、所定個数の遊技球の払い出しを行うための処理を行う。
大入賞口6への遊技球の入賞に関する大入賞口SW(スイッチ)処理の内容を図11に示す。
図11において、メイン制御基板50は、大入賞口スイッチ60がオンすると(ステップS91)、大当たり中のときは入賞個数Cを「1」だけ加算し(ステップS92、ステップS93)、賞球15個コマンドをセットする(ステップS94)。
(6) 出力処理(ステップS6)
出力処理は、演出制御基板52及び払出制御基板55への各種コマンド送信などを行う。
次に、画像制御基板53が実行する変動演出処理及び保留表示演出処理を図12及び図13に基づいて順に説明する。
図12において、画像制御基板53は、メイン制御基板50から演出制御基板52を介して変動開始コマンドを受信したか否かを判定し(ステップS101)、変動開始コマンドを受信すると、画像表示器4の表示画面4a上で変動演出を開始する(ステップS102)。変動演出は、例えば図18に示すように、左右方向に3列の装飾図柄を各列ごとにそれぞれ下方へ変動表示させることによって行われる。
次に、メイン制御基板50から送信されてきている保留球数データに基づき保留球数Uが「1」以上であるか否かを判定し(ステップS103)、保留球数Uが「1」以上である場合、保留表示演出を開始する(ステップS104)。
保留表示演出は図13に示すように実行される。
図13において、画像制御基板53は、図18(B)に示すように、表示画面4a上で変動演出を開始すると略同時に、表示画面4aの上部に表示されている保留球数を表す複数個の保留球マークM1〜M6のうち、左端に位置する保留球マークM1を落下させる(ステップS111)。
次に、落下中の保留球マークつまり当該保留球マークM1が第1始動口22への入賞球による保留を表しているか否かを判定し(ステップS112)、当該保留球マークM1が第1始動口22への入賞球による保留を表している場合には、当該保留球マークM1が落下点に達したとき、図18(C)に示すように、図19図示の特図1に属する3つのキャラクタのうちのいずれかのキャラクタ(第1キャラクタK1)を表示する(ステップS113)。一方、当該保留球マークM1が第2始動口23への入賞球による保留を表している場合には、当該保留球マークM1が落下点に達したとき、図19図示の特図2に属する3つのキャラクタのうちのいずれかのキャラクタ(第2キャラクタK2)を表示する(ステップS114)。
次に、保留球数Uが「1」以上であるか否かを判定し(ステップS115)、保留球数Uが「1」以上である場合、図18(B)の表示形態から図18(C)の表示形態への変化で示すように、残りの保留球マークM2〜M6をそれぞれ左方へ1個分だけ移動表示する(ステップS116)。
その後、図18(A)に示すように変動演出が終了すると(ステップS117)、キャラクタK1の表示を消す(ステップS118)。なお、図18(A)に表示されるキャラクタK2は、前回の変動表示が終了したときのキャラクタに対応している。また、変動演出は、図12に示すように、変動停止コマンドを受信したときに終了する(ステップS105、S106)。
上記のように、画像表示器4には、変動演出の開始と略同時に、第1始動口22への入賞に基づく保留球に対応する第1キャラクタK1又は第2始動口23への入賞に基づく保留球に対応する第2キャラクタK2が表示されるようになる。したがって、遊技者は、第1キャラクタK1の表示回数が第2キャラクタK2の表示回数よりも多い場合には、始動口振分部材26の振分パターンが図16図示のパターンBであり、現在の遊技状態が2R通常大当たりであると推測することができ、また、第2キャラクタK2の表示回数が第1キャラクタK1の表示回数よりも多い場合には、始動口振分部材26の振分パターンが図16図示のパターンCであり、現在の遊技状態が2R確変大当たりであると推測することができる。
次に、画像制御基板53が実行する他の実施形態に係る保留表示演出処理を図20及び図21に基づいて説明する。
図20において、画像制御基板53は、メイン制御基板50から演出制御基板52を介して保留(数)増加コマンドを受信したか否かを判定し(ステップS201)、保留増加コマンドを受信すると、当該コマンドが第1保留数増加コマンドか第2保留数増加コマンドかを判定し(ステップS202)、第1保留数増加コマンドである場合には第1キャラクタK1を画像表示器4の表示画面4aに表示し(ステップS203)、一方、第2保留数増加コマンドである場合には第2キャラクタK2を表示画面4aに表示する(ステップS204)。したがって、表示画面4aには、第1保留数及び第2保留数に基づいて、例えば図21(A)に示すように、第1キャラクタK1及び/又は第2キャラクタK2が表示される。また、保留表示演出処理においては、保留(数)減少コマンドを受信した場合に(ステップS205)、例えば図21において図示(A)の表示態様から図示(B)の表示態様へ変化させるようなシフト表示を行う(ステップS206)。
以上説明したように、本実施形態のパチンコ遊技機は、第1始動口22及び第2始動口23と、2つの振分状態を択一的にとり得る始動口振分部材26であって、第1振分状態のときは、第1始動口22を開状態に保つと同時に第2始動口23を閉状態に保ち、第2振分状態のときは、第1始動口22を閉状態に保つと同時に第2始動口23を開状態に保つ始動口振分部材26と、第1始動口22及び第2始動口23のうちいずれの始動口へ入賞するかによって、遊技者に与える利益を異ならせる(15R確変大当たり、15R通常大当たり、2R確変大当たり、2R通常大当たり間の発生割合を異ならせる、換言すると、大入賞口6の総開放時間が長い大当たりと短い大当たりの発生割合を異ならせる)利益設定手段(メイン制御基板50、ステップS45〜S51)と、始動口振分部材26の複数の振分パターン(パターンA〜D)に対応する複数の振分パターンデータ(図16図示タイミングチャートに対応するデータ)を有し、複数の振分パターンデータ(パターンA〜D)のうちから1つの振分パターンデータを選択し、該選択した振分パターンデータに基づいて始動口振分部材26の振分状態を制御する振分制御手段(メイン制御基板50、ステップS87)と、始動口振分部材26の振分状態を視認不能な遮蔽状態にする遮蔽部材27と、を備え、大当たりとして、大当たり発生後の遊技状態が高確率で大当たりの発生する確変大当たり及び大当たり発生後の遊技状態が低確率で大当たりの発生する通常大当たりであって、大入賞口6の開閉動作パターンが略同一となる2R確変大当たり(確変大当たり)及び2R通常大当たり(通常大当たり)を有するパチンコ遊技機であって、第1始動口22及び第2始動口23への遊技球の入賞に基づき図柄を変動表示及び停止表示する画像表示器4と、画像表示器4における装飾図柄の変動演出中(図柄変動中)に第1始動口22に遊技球が入賞した場合に、特別図柄(図柄)の変動表示及び停止表示を所定回数まで保留可能な第1保留手段(メイン制御基板50、ステップS14)と、画像表示器4における図柄変動中に第2始動口23に遊技球が入賞した場合に、特別図柄(図柄)の変動表示及び停止表示を所定回数まで保留可能な第2保留手段(メイン制御基板50、ステップS17)と、第1保留手段により保留されたことを第1報知態様で報知する第1保留報知制御手段、例えば、第1保留手段による保留回数に一致する個数の第1キャラクタK1(キャラクタ)を第1表示態様で画像表示器4に表示させる第1保留報知制御手段(画像制御基板53、ステップS113)と、第2保留手段により保留されたことを第2報知態様で報知する第2保留報知制御手段、例えば、第2保留手段による保留回数に一致する個数の第2キャラクタK2(キャラクタ)を第2表示態様で画像表示器4に表示させる第2保留報知制御手段(画像制御基板53、ステップS114)と、を備える。
本実施形態のパチンコ遊技機によると、大当たり発生後の遊技状態が高確率で大当たりの発生する2R確変大当たり及び大当たり発生後の遊技状態が低確率で大当たりの発生する2R通常大当たりであって、大入賞口6の開閉動作パターンが略同一となる2R確変大当たり及び2R通常大当たりが発生したとき、遊技者に対し、2R確変大当たりが発生したのか2R通常大当たりが発生したのか不明な状況を作り出すことができる。しかし、第1保留報知制御手段により、第1保留手段により保留されたことが第1報知態様で報知され、第2保留報知制御手段により、第2保留手段により保留されたことが第2報知態様で報知されるようになるため、遊技者は、第1報知態様及び第2報知態様に基づいて振分部材の振分パターンを推測することにより、確変大当たりが発生したのか通常大当たりが発生したのか予測可能になる。例えば、画像表示器4には、第1保留手段による保留回数に一致する個数の第1キャラクタK1が第1表示態様で表示される、とともに、第2保留手段による保留回数に一致する個数の第2キャラクタK2が第2表示態様で表示されるようになるため、遊技者は、第1、第2キャラクタK1、K2の表示態様を見て振分部材26の振分パターンを推測することにより、2R確変大当たりが発生したのか2R通常大当たりが発生したのか予測可能になる。
したがって、本実施形態によると、遊技球がどの始動口に入賞したのか不明な状況の下で、現在の遊技状態を遊技者に示唆できるようになり、遊技者に遊技を継続する意思を惹起させることが期待できる。
なお、上記実施形態では、第1始動口22に遊技球が入賞した場合と、第2始動口23に遊技球が入賞した場合とで、15R確変大当たり、15R通常大当たり、2R確変大当たり、2R通常大当たり間の発生割合を異ならせるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、第1始動口22に遊技球が入賞した場合と、第2始動口23に遊技球が入賞した場合とで、例えば、大当たり発生割合、又は、画像表示器4に表示される画像による演出であって、多数の遊技者が望む画像演出の発生割合を異ならせるよう構成してもよい。
本発明の一実施形態に係るパチンコ遊技機の遊技盤の要部正面図である。 同パチンコ遊技機の電気系統のブロック図である。 図2図示のメイン制御基板が実行するタイマ割り込み処理の内容を表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける始動口SW処理の内容を表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける特別図柄処理の内容を表すフローチャートである。 図5図示のフローチャートにおける大当たり判定処理の内容を表すフローチャートである。 図5図示のフローチャートにおける停止中処理の内容を表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける大入賞口処理の内容を図9及び図10と共に表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける大入賞口処理の内容を図8及び図10と共に表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける大入賞口処理の内容を図8及び図9と共に表すフローチャートである。 図3図示のフローチャートにおける賞球処理の一部を構成する大入賞口SW処理の内容を表すフローチャートである。 画像制御基板が実行する変動演出処理の内容を表すフローチャートである。 同じく画像制御基板が実行する保留表示演出処理の内容を表すフローチャートである。 始動入賞装置の正面図である。 始動入賞装置の内部の正面図であって、(A)は、始動口振分部材が第1振分状態にあるときの正面図、(B)は、始動口振分部材が第2振分状態にあるときの正面図である。 始動口振分部材の振分パターンの説明図である。 大当たりの種類ごとの発生割合及び振分パターンの説明図である。 画像表示器の表示形態の変化図である。 キャラクタを表した図である。 画像制御基板が実行する他の実施形態に係る保留表示演出処理の内容を表すフローチャートである。 画像表示器の他の実施形態に係る表示形態の変化図である。
符号の説明
4 画像表示器
6 大入賞口
22 第1始動口
23 第2始動口
26 始動口振分部材
27 遮蔽部材
50 メイン制御基板(第1保留手段、第2保留手段、利益設定手段、振分制御手段)
53 画像制御基板(第1保留報知制御手段、第2保留報知制御手段)

Claims (3)

  1. 第1始動口及び第2始動口と、
    2つの振分状態を択一的にとり得る始動口振分部材であって、第1振分状態のときは、前記第1始動口を開状態に保つと同時に第2始動口を閉状態に保ち、第2振分状態のときは、前記第1始動口を閉状態に保つと同時に前記第2始動口を開状態に保つ始動口振分部材と、
    前記第1始動口または前記第2始動口への遊技球の入賞により、遊技者に利益を与える特別遊技をおこなうか否かを判定する特別遊技判定手段と、
    前記特別遊技判定手段による判定の権利を所定数まで保留して記憶可能な保留記憶手段と、
    前記保留記憶手段により記憶されている前記権利の数を報知する保留数報知手段と、
    前記第1始動口への遊技球の入賞によって前記特別遊技判定手段により前記特別遊技をおこなうと判定された場合と、前記第2始動口への遊技球の入賞によって前記特別遊技判定手段により前記特別遊技をおこなうと判定された場合とで、前記利益が異なるように前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段と、
    前記特別遊技実行手段による前記特別遊技の実行終了後、前記特別遊技判定手段により所定の確率で前記特別遊技をおこなうと判定される低確率遊技状態および前記所定の確率よりも高い高確率で前記特別遊技をおこなうと判定される高確率遊技状態の何れかの遊技状態で遊技を制御する遊技状態制御手段と、
    前記遊技状態制御手段により制御されている遊技状態に応じて、前記始動口振分部材の振分状態を制御する振分制御手段と、
    前記第1始動口または前記第2始動口への遊技球の何れかへの入賞であったかを所定のタイミングで報知する報知制御手段と、
    を備え、
    前記報知制御手段は、前記遊技状態制御手段により前記低確率遊技状態および前記高確率遊技状態の何れかの遊技状態で遊技が制御されているときであって何れの遊技状態で遊技が制御されているのか不明の状況のときに、前記保留数報知手段により、前記第1始動口への遊技球の入賞による前記権利の数と、前記第2始動口への遊技球の入賞による前記権利の数とを異なる報知態様で報知させ、
    前記振分制御手段は、
    前記遊技状態制御手段により前記低確率遊技状態で遊技が制御されているときと、前記高確率遊技状態で遊技が制御されているときとで、前記始動口振分部材を前記第1振分状態とする割合が異なるように制御することを特徴とするパチンコ遊技機。
  2. 第1始動口及び第2始動口と、
    2つの振分状態を択一的にとり得る始動口振分部材であって、第1振分状態のときは、前記第1始動口を開状態に保つと同時に第2始動口を閉状態に保ち、第2振分状態のときは、前記第1始動口を閉状態に保つと同時に前記第2始動口を開状態に保つ始動口振分部材と、
    前記第1始動口または前記第2始動口への遊技球の入賞により、遊技者に利益を与える特別遊技をおこなうか否かを判定する特別遊技判定手段と、
    前記特別遊技判定手段による判定の権利を所定数まで保留して記憶可能な保留記憶手段と、
    前記保留記憶手段により記憶されている前記権利の数を報知する保留数報知手段と、
    前記第1始動口への遊技球の入賞によって前記特別遊技判定手段により前記特別遊技をおこなうと判定された場合と、前記第2始動口への遊技球の入賞によって前記特別遊技判定手段により前記特別遊技をおこなうと判定された場合とで、前記利益が異なるように前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段と、
    前記特別遊技実行手段による前記特別遊技の実行終了後、前記特別遊技判定手段により所定の確率で前記特別遊技をおこなうと判定される低確率遊技状態および前記所定の確率よりも高い高確率で前記特別遊技をおこなうと判定される高確率遊技状態の何れかの遊技状態で遊技を制御する遊技状態制御手段と、
    前記遊技状態制御手段により制御されている遊技状態に応じて、前記始動口振分部材の振分状態を制御する振分制御手段と、
    前記第1始動口または前記第2始動口への遊技球の何れかへの入賞であったかを所定のタイミングで報知する報知制御手段と、
    を備え、
    前記報知制御手段は、
    前記遊技状態制御手段により前記低確率遊技状態および前記高確率遊技状態の何れかの遊技状態で遊技が制御されているときであって何れの遊技状態で遊技が制御されているのか不明の状況のときに、
    前記保留数報知手段により、
    前記特別遊技判定手段による判定まで、前記第1始動口への遊技球の入賞による前記権利の数と、前記第2始動口への遊技球の入賞による前記権利の数とを同じ報知態様で報知させておき、判定後に、判定する遊技球が前記第1始動口または前記第2始動口の何れかの入賞であるかを、異なる報知態様で報知させ、
    前記振分制御手段は、
    前記遊技状態制御手段により前記低確率遊技状態で遊技が制御されているときと、前記高確率遊技状態で遊技が制御されているときとで、前記始動口振分部材を前記第1振分状態とする割合が異なるように制御することを特徴とするパチンコ遊技機。
  3. 前記利益は、大入賞口の総開放時間が長い大当たりと短い大当たりの発生割合であることを特徴とする請求項1若しくは請求項2に記載のパチンコ遊技機。
JP2008217989A 2008-08-27 2008-08-27 パチンコ遊技機 Expired - Fee Related JP5426123B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008217989A JP5426123B2 (ja) 2008-08-27 2008-08-27 パチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008217989A JP5426123B2 (ja) 2008-08-27 2008-08-27 パチンコ遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010051442A JP2010051442A (ja) 2010-03-11
JP5426123B2 true JP5426123B2 (ja) 2014-02-26

Family

ID=42067998

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008217989A Expired - Fee Related JP5426123B2 (ja) 2008-08-27 2008-08-27 パチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5426123B2 (ja)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5912857B2 (ja) * 2012-05-23 2016-04-27 株式会社平和 パチンコ機
JP2015002803A (ja) * 2013-06-19 2015-01-08 タイヨーエレック株式会社 遊技機
JP6046563B2 (ja) * 2013-07-05 2016-12-14 株式会社三共 遊技機
JP6051149B2 (ja) * 2013-12-04 2016-12-27 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6069180B2 (ja) * 2013-12-04 2017-02-01 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5767688B2 (ja) * 2013-12-10 2015-08-19 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5837918B2 (ja) * 2013-12-18 2015-12-24 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5837556B2 (ja) * 2013-12-19 2015-12-24 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6092808B2 (ja) * 2014-05-07 2017-03-08 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6132440B2 (ja) * 2014-06-04 2017-05-24 株式会社平和 遊技機
JP6609899B2 (ja) * 2014-06-30 2019-11-27 株式会社三洋物産 遊技機
JP6314755B2 (ja) * 2014-08-30 2018-04-25 株式会社三洋物産 遊技機
JP6314756B2 (ja) * 2014-08-30 2018-04-25 株式会社三洋物産 遊技機
JP6283627B2 (ja) * 2015-06-04 2018-02-21 株式会社ニューギン 遊技機
JP6090370B2 (ja) * 2015-06-15 2017-03-08 株式会社三洋物産 遊技機
JP2015223523A (ja) * 2015-08-18 2015-12-14 株式会社大都技研 遊技台
JP6055531B2 (ja) * 2015-11-05 2016-12-27 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6415463B2 (ja) * 2016-01-12 2018-10-31 株式会社平和 パチンコ機
JP2016202995A (ja) * 2016-09-13 2016-12-08 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6781073B2 (ja) * 2017-02-28 2020-11-04 株式会社三共 遊技機
JP6874820B2 (ja) * 2019-11-21 2021-05-19 株式会社三洋物産 遊技機

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005312681A (ja) * 2004-04-28 2005-11-10 Sankyo Kk 遊技機
JP2005312651A (ja) * 2004-04-28 2005-11-10 Aruze Corp 遊技機及びシミュレーションプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010051442A (ja) 2010-03-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5897511B2 (ja) 遊技機
JP5079867B2 (ja) 遊技機
JP5798909B2 (ja) 遊技機
JP4195022B2 (ja) 弾球遊技機
JP5774909B2 (ja) 遊技機
JP4641032B2 (ja) 弾球遊技機
JP4573739B2 (ja) 遊技機
JP2014100432A (ja) 遊技機
JP5362667B2 (ja) 遊技機
JP2010029475A (ja) 弾球遊技機
JP5745366B2 (ja) 遊技機
JP2008237434A (ja) 弾球遊技機
JP2007007106A (ja) 弾球遊技機
JP4198700B2 (ja) 弾球遊技機
JP5427269B2 (ja) 遊技機
JP5327878B2 (ja) 弾球遊技機
JP2009066267A (ja) 遊技機
JP2010082178A (ja) 遊技機
JP4641031B2 (ja) 弾球遊技機
JP5179255B2 (ja) 遊技機
JP5347049B1 (ja) 遊技機
JP5290711B2 (ja) 遊技機
JP5290623B2 (ja) 遊技機
JP2005176890A (ja) 遊技機
JP4874634B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110420

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121121

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121127

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130121

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130604

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130828

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20130905

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131029

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131128

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5426123

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees