JP5402577B2 - 自動製パン器 - Google Patents

自動製パン器 Download PDF

Info

Publication number
JP5402577B2
JP5402577B2 JP2009270383A JP2009270383A JP5402577B2 JP 5402577 B2 JP5402577 B2 JP 5402577B2 JP 2009270383 A JP2009270383 A JP 2009270383A JP 2009270383 A JP2009270383 A JP 2009270383A JP 5402577 B2 JP5402577 B2 JP 5402577B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bread
time
grain
course
kneading
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009270383A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011110273A (ja
Inventor
隆 渡邉
下澤  理如
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP2009270383A priority Critical patent/JP5402577B2/ja
Priority claimed from PCT/JP2010/070540 external-priority patent/WO2011065272A1/ja
Publication of JP2011110273A publication Critical patent/JP2011110273A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5402577B2 publication Critical patent/JP5402577B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、主として一般家庭で使用される自動製パン器に関する。
市販の家庭用自動製パン器は、製パン原料を入れたパン容器を本体内の焼成室に入れ、パン容器内の製パン原料を混練ブレードで混練して練り(捏ね)上げ、発酵工程を経た後に、パン容器をそのままパン焼き型としてパンを焼き上げる仕組みのものが一般的である(例えば特許文献1参照)。
従来においては、このような自動製パン器を用いてパンを製造する場合、小麦や米などの穀物を製粉した粉(小麦粉、米粉等)や、そのような製粉した粉に各種の補助原料を混ぜたミックス粉を入手し、これを製パン原料として用いることによってパンを製造していた。
特開2000−116526号公報
ところで、一般家庭においては米粒に代表されるように、粉の形態ではなく粒の形態で穀物を所持していることがある。このために、自動製パン器を用いて穀物粒から直接パンを製造することができれば便利である。この点、本出願人らは、鋭意研究の末、穀物粒を原料としてパンを製造する方法を発明している。なお、これについては、先に特許出願を行っている(特願2008−201507)。
ここで、先に出願したパンの製造方法について紹介する。このパンの製造方法では、まず、穀物粒を液体と混合し、この混合物を粉砕ブレードによって粉砕する(粉砕工程)。そして、粉砕工程を経て得られたペースト状の粉砕粉を生地に練り上げ(練り工程)、生地を発酵(発酵工程)後、パンに焼き上げる(焼成工程)。
本出願人らは、これまでの研究の中で、粉砕工程直後に得られる粉砕粉は温度が高くなり過ぎており、そのままの状態でパン生地を練り上げる練り工程に移行するのは不向きであるという知見を得ている。上昇した温度を下げるために冷却装置を用いる手法もあるが、自動製パン器に冷却装置を設ける構成とすると、自動製パン器のコストが高くなるために、冷却装置を設けないことが望まれた。
そこで、本発明は、穀物粒から出来の良いパンを製造できる自動製パン器をなるべく低コストで提供することを目的とする。
上記目的を達成するために本発明の自動製パン器は、パン原料を投入する容器と、パン原料として前記容器に投入された穀物粒を粉砕する粉砕手段と、前記容器内のパン原料をパン生地に練り上げる混練手段と、前記容器内のパン原料を加熱する加熱手段と、前記粉砕手段、前記混練手段、及び前記加熱手段を制御して、パン原料をパンに焼き上げる少なくとも1つの製パンコースを実行させる制御手段と、タイマー予約を行うための入力手段と、を備える自動製パン器であって、前記製パンコースには、前記穀物粒からパンを焼き上げる穀物粒用製パンコースが含まれ、前記穀物粒用製パンコースにおいて実行される製パン工程には、前記粉砕手段によって粉砕された前記穀物粒の粉砕粉に吸液させる粉砕後吸液工程が含まれ、タイマー予約に従って前記穀物粒用製パンコースを実行する場合に、前記制御手段は、前記穀物粒用製パンコースに要する時間として予め設定された設定時間に対して発生した超過時間の少なくとも一部を、前記粉砕後吸液工程の時間に加算して前記穀物粒用製パンコースを実行させることを特徴としている。
本構成によれば、穀物粒からパンを焼き上げる場合に、穀物粒の粉砕粉に液体を吸液させる粉砕後吸液工程を設けた構成となっている。これまでは、穀物粒の粉砕が終了すると、冷却装置を用いて温度を下げて練り工程を開始することを検討していた。この点、本構成では、粉砕後吸液工程の時間を調整することによって、温度が上昇した穀物粒の粉砕粉を冷却することができるために、冷却装置を不要とできる。また、タイマー予約によって、穀物粒からパンを焼き上げる場合に、製パンコースを実行するにあたって予め設定された時間に対して超過する時間の少なくとも一部を粉砕後吸液工程の時間として加算する構成のために、穀物粒の粉砕粉の冷却期間を長時間確保し易い。
そして、本出願人らのこれまでの研究により、粉砕後吸液工程を導入すると、冷却期間を得られる他に、粉砕粉に含まれる微粒子の量を増加できることもわかっている。このため、タイマー予約よって穀物粒からパンを焼き上げる場合に、上記超過時間の少なくとも一部を粉砕後吸液工程の時間に加算するように構成する本構成においては、きめが細く、出来の良い(美味しい)パンが焼き上げ易い。すなわち、本構成によれば、穀物粒から出来の良いパンを製造でき、冷却装置を設けずに済むために自動製パン器のコストを抑制することもできる。
上記構成の自動製パン器において、前記制御手段は、前記タイマー予約が行われた時点から前記タイマー予約によるパンの焼き上がり予定時間までの時間のうち、前記穀物粒用製パンコースの前記設定時間に対する超過時間を、前記粉砕後吸液工程の時間に加算して前記穀物粒用製パンコースを実行させることとするのが好ましい。本構成は、タイマー予約によって発生する超過時間を全て粉砕後吸液工程の時間として利用する構成であり、粉砕後吸液工程を設けることによって得られるメリットを効果的に得られる。
上記構成の自動製パン器において、前記タイマー予約を行う際に、現在時刻からパンの焼き上げ予定時間までの時間の長さが、前記穀物粒用製パンコースの前記設定時間より短い場合には、前記制御手段は、前記タイマー予約による前記穀物粒用製パンコースの実行が不可能であることを報知させるのが好ましい。
本構成によれば、ユーザに対してタイマー予約が不可能であることを明確に示せるために、ユーザにとって使い勝手の良い自動製パン器を提供できる。報知の方法としては、例えばユーザの聴覚及び/又は視覚を利用する方法等が挙げられる。
上記構成の自動製パン器において、前記容器内の穀物粒に液体を吸液させる粉砕前吸液工程と、液体を吸液した前記穀物粒を前記粉砕手段によって粉砕する粉砕工程と、前記粉砕後吸液工程と、前記穀物粒の粉砕粉を含む前記容器内のパン原料を前記混練手段によってパン生地に練り上げる練り工程と、練り上げられたパン生地を発酵させる発酵工程と、発酵させたパン生地を焼成する焼成工程と、を順次に連続して行うコースであることとしてもよい。
本発明によると、穀物粒から出来の良いパンを製造できる自動製パン器を安価に提供できる。このため、家庭でのパン製造をより身近なものとできる。
本実施形態の自動製パン器の垂直断面図 本実施形態の自動製パン器が備える操作部の構成を示す概略平面図 本実施形態の自動製パン器が備える粉砕ブレード及び混練ブレードの構成を説明するための概略斜視図 本実施形態の自動製パン器が備える粉砕ブレード及び混練ブレードの構成を説明するための概略平面図 混練ブレードが折り畳み姿勢にある場合のパン容器の上面図 混練ブレードが開き姿勢にある場合のパン容器の上面図 混練ブレードが開き姿勢にある場合のクラッチの状態を示す概略平面図 本実施形態の自動製パン器の制御ブロック図 本実施形態の自動製パン器における米粒用製パンコースの流れを示す模式図 本実施形態の自動製パン器において、タイマー予約を用いて米粒用製パンコースを実行させる場合に、制御装置によって実行される制御フローを示すフローチャート 本実施形態の自動製パン器でタイマー予約を用いて米粒用製パンコースを実行する場合における、コース時間変更を説明する模式図
以下、本発明の自動製パン器の実施形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。なお、本明細書に登場する具体的な時間や温度等はあくまでも例示であり、本発明の内容を限定するものではない。
図1は、本実施形態の自動製パン器の垂直断面図である。図2は、本実施形態の自動製パン器が備える操作部の構成を示す概略平面図である。図3は、本実施形態の自動製パン器が備える粉砕ブレード及び混練ブレードの構成を説明するための概略斜視図で、斜め下方から見た場合の図である。図4は、本実施形態の自動製パン器が備える粉砕ブレード及び混練ブレードの構成を説明するための概略平面図で、下から見た図である。図5は、混練ブレードが折り畳み姿勢にある場合のパン容器の上面図である。図6は、混練ブレードが開き姿勢にある場合のパン容器の上面図である。以下、主に図1から図6を参照しながら、自動製パン器の全体構成について説明する。
なお、以下においては、図1における左側が自動製パン器1の正面(前面)、右側が自動製パン器1の背面(後面)とする。
自動製パン器1は、合成樹脂製の外殻により構成される箱形の本体10を有する。本体10には、その左側面と右側面の両端に連結したコの字状の合成樹脂製ハンドル11が設けられ、これにより運搬容易となっている。本体10の上面前部には操作部20が設けられる。
操作部20には、図2に示すように、スタートキー21、とりけしキー22、パンの製造コース(米粉パンコース、小麦粉パンコース等)を選択する選択キー群23、時間設定キー24、予約キー(タイマー予約キー)25、といった操作キー群が設けられている。また、操作部20には、装置の電源がON状態にあるか否か、現在時刻、上記操作キー群によって設定された内容、製パン作業中等に発生したエラー内容などの情報を表示する表示部26が設けられている。表示部26は、例えば液晶表示パネルによって構成される。また、操作部20には、スタートキー21が押されたことを示すスタートランプ21aや、予約が行われていることを示す予約ランプ25aも設けられている。これらのランプ21a、25aは、例えば発光ダイオードによって構成される。
操作部20から後ろの本体上面は、合成樹脂製の蓋30で覆われる。蓋30は、図示しない蝶番軸で本体10の背面側に取り付けられており、その蝶番軸を支点として垂直面内で回動する構成となっている。なお、図示しないが、蓋30には耐熱ガラスからなる覗き窓が設けられており、後述の焼成室40を覗けるようになっている。
本体10の内部には焼成室40が設けられている。焼成室40は板金製で、上面が開口しており、ここからパン容器50が入れられる。焼成室40は水平断面矩形の周側壁40aと底壁40bとを備える。焼成室40の内部には、シーズヒータ41が焼成室40に収容されたパン容器50を包囲するように配置され、パン容器50内のパン原料を加熱できるようになっている。
また、本体10の内部には板金製の基台12が設置されている。基台12には、焼成室40の中心にあたる箇所に、アルミニウム合金のダイキャスト成型品からなるパン容器支持部13が固定されている。パン容器支持部13の内部は焼成室40の内部に露出している。
パン容器支持部13の中心には原動軸14が垂直に支持されている。原動軸14に回転を与えるのはプーリ15、16である。プーリ15と原動軸14の間、及び、プーリ16と原動軸14の間には、各々クラッチが配置されていて、プーリ15を一方向に回転させて原動軸14に回転を伝える時、原動軸14の回転はプーリ16に伝わらず、プーリ16をプーリ15とは逆方向に回転させて原動軸14に回転を伝えるとき、原動軸14の回転はプーリ15には伝わらない仕組みになっている。
プーリ15を回転させるのは、基台12に固定された混練モータ60である。混練モータ60は竪軸であって、下面から出力軸61が突出する。出力軸61には、プーリ15にベルト63で連結されるプーリ62が固定されている。混練モータ60自身が低速・高トルクタイプであり、その上、プーリ62がプーリ15を減速回転させるので、原動軸14は低速・高トルクで回転する。
プーリ16を回転させるのは同じく基台12に支持された粉砕モータ64である。粉砕モータ64も竪軸であって、上面から出力軸65が突出する。出力軸65には、プーリ16にベルト67で連結されるプーリ66が固定されている。粉砕モータ64は、後述する粉砕ブレードに高速回転を与える役割を担う。そのため、粉砕モータ64には高速回転のものが選定され、プーリ66とプーリ16の減速比はほぼ1:1になるように設定されている。
パン容器50は板金製で、バケツのような形状をしており、口縁部には手提げ用のハンドル(図示せず)が取り付けられている。パン容器50の水平断面は四隅を丸めた矩形である。また、パン容器50の底部には、詳細は後述する粉砕ブレード54とカバー70を収容する凹部55が形成されている。凹部55は平面形状円形で、カバー70の外周部と凹部55の内面の間には、製パン原料の流動を可能とする隙間56が設けられている。また、パン容器50の底面には、アルミニウム合金のダイキャスト成型品である筒状の台座51が設けられている。パン容器50は、この台座51がパン容器支持部13に受け入れられた状態で、焼成室40内に配置されるようになっている。
パン容器50の底部中心には、垂直方向に延びるブレード回転軸52が、シール対策が施された状態で支持されている。ブレード回転軸52には、原動軸14よりカップリング53を介して回転力が伝えられる。カップリング53を構成する2部材のうち、一方の部材はブレード回転軸52の下端に固定され、他の部材は原動軸14の上端に固定されている。カップリング53の全体は、台座51とパン容器支持部13に囲い込まれる。
パン容器支持部13の内周面と台座51の外周面とには、それぞれ図示しない突起が形成されており、これらの突起は周知のバヨネット結合を構成する。詳細には、パン容器50をパン容器支持部13に取り付ける際、台座51の突起がパン容器支持部13の突起に干渉しないようにしてパン容器50を下ろす。そして、台座51がパン容器支持部13に嵌り込んだ後、パン容器50を水平にひねると、パン容器支持部13の突起の下面に台座51の突起が係合する。これにより、パン容器50が上方に抜けなくなる。また、この操作で、カップリング53の連結も同時に達成される。
なお、パン容器50取り付け時のひねり方向は、後述する混練ブレード72の回転方向に一致させ、混練ブレード72が回転してもパン容器50が外れないように構成される。
ブレード回転軸52には、パン容器50の底部より少し上の箇所に、粉砕ブレード54が取り付けられている。粉砕ブレード54は、ブレード回転軸52に対して回転不能に取り付けられる。粉砕ブレード54は、ステンレス鋼板製であり、図3及び図4に示すように、飛行機のプロペラのような形状(この形状はあくまでも一例である)を有している。粉砕ブレード54は、ブレード回転軸52から引き抜いて取り外せるようになっており、製パン作業終了後の洗浄や、切れ味が悪くなった時の交換を手軽に行うことができる。
ブレード回転軸52の上端には、平面形状円形のドーム状カバー70が取り付けられている。カバー70は、ポリカーボネートの成型品からなり、粉砕ブレード54のハブ54aによって受け止められ、粉砕ブレード54を覆い隠す。このカバー70もブレード回転軸52から簡単に引き抜くことができるので、製パン作業終了後の洗浄を手軽に行うことができる。
カバー70の上部外面には、ブレード回転軸52から離れた箇所に配置された垂直方向に延びる支軸71により、平面形状くの字形の混練ブレード72が取り付けられている。混練ブレード72はアルミニウム合金のダイキャスト成型品である。支軸71は、混練ブレード72に固定ないし一体化されており、混練ブレード72と動きを共にする。
混練ブレード72は、支軸71を中心として水平面内で回動し、図5に示す折り畳み姿勢と、図6に示す開き姿勢とをとる。折り畳み姿勢では、混練ブレード72はカバー70に形成したストッパ部73に当接しており、それ以上カバー70に対し時計方向の回動を行うことができない。混練ブレード72の先端は、この時、カバー70から少し突き出している。開き姿勢では、混練ブレード72の先端はストッパ部73から離れ、混練ブレード72の先端はカバー70から大きく突き出す。
なお、カバー70には、カバー内空間とカバー外空間を連通する窓74と、各窓74に対応して内面側に設けられて粉砕ブレード54によって粉砕された粉砕物を窓74の方向に誘導するリブ75と、が形成されている。この構成により、粉砕ブレード54を用いた粉砕の効率が高められている。
カバー70とブレード回転軸52の間には、図4に示すようにクラッチ76が介在する。クラッチ76は、混練モータ60が原動軸14を回転させるときのブレード回転軸52の回転方向(この回転方向を「正方向回転」とする)において、ブレード回転軸52とカバー70を連結する。逆に、粉砕モータ64が原動軸14を回転させるときのブレード回転軸52の回転方向(この回転方向を「逆方向回転」とする)では、クラッチ76はブレード回転軸52とカバー70の連結を切り離す。なお、図5及び図6では、前記「正方向回転」は反時計方向回転となり、前記「逆方向回転」は時計方向回転となる。
クラッチ76は、混練ブレード72の姿勢に応じて連結状態を切り換える。すなわち、混練ブレード72が図5に示す折り畳み姿勢にある場合は、図4に示すように、第2係合体76bは第1係合体76aの回転軌道に干渉しており、ブレード回転軸52が正方向回転すると、第1係合体76aと第2係合体76bは係合し、ブレード回転軸52の回転力がカバー70及び混練ブレード72に伝達される。一方、混練ブレード72が図6に示す開き姿勢にある場合には、図7に示すように、第2係合体76bは第1係合体76aの回転軌道から逸脱した状態にあり、ブレード回転軸52が逆方向回転しても、第1係合体76aと第2係合体76bは係合しない。従って、ブレード回転軸52の回転力はカバー70及び混練ブレード72に伝達されない。なお、図7は、混練ブレードが開き姿勢にある場合のクラッチの状態を示す概略平面図である。
図8は、本実施形態の自動製パン器の制御ブロック図である。図8に示すように、自動製パン器1における制御動作は制御装置81によって行われる。制御装置81は、例えば、CPU(Central Processing Unit)、ROM(Read Only Memory)、RAM(Random Access Memory)、I/O(input/output)回路部等からなるマイクロコンピュータ(マイコン)によって構成される。この制御装置81は、焼成室40の熱の影響を受け難い位置に配置するのが好ましく、自動製パン器1においては、本体10の正面側壁と焼成室40との間に配置されている。
制御装置81には、温度センサ18と、上述の操作部20と、混練モータ駆動回路82と、粉砕モータ駆動回路83と、ヒータ駆動回路84と、が電気的に接続されている。温度センサ18は、焼成室40内の温度を検出可能となっており、この温度センサ18からの情報によって制御装置81はシーズヒータ41の動作を制御する。
混練モータ駆動回路82は、制御装置81からの指令の下で混練モータ60の駆動を制御する回路である。また、粉砕モータ駆動回路83は、制御装置81からの指令の下で粉砕モータ64の駆動を制御する回路である。ヒータ駆動回路84は、制御装置81からの指令の下でシーズヒータ41の動作を制御する回路である。
制御装置81は、操作部20からの入力信号に基づいてROM等に格納されたパンの製造コース(製パンコース)に係るプログラムを読み出し、混練モータ駆動回路82を介して混練ブレード72の回転、粉砕モータ駆動回路83を介して粉砕ブレード54の回転、ヒータ駆動回路84を介してシーズヒータ41による加熱動作を制御しながら、自動製パン器1にパンの製造工程を実行させる。また、制御装置81には、時間計測機能が備えられており、パンの製造工程における時間的な制御が可能となっている。
なお、制御装置81は本発明の制御手段の実施形態である。また、混練ブレード72、混練モータ60及び混練モータ駆動回路82は本発明の混練手段の実施形態である。また、粉砕ブレード54、粉砕モータ64及び粉砕モータ駆動回路83は本発明の粉砕手段の実施形態である。また、シーズヒータ41及びヒータ駆動回路84は本発明の加熱手段の実施形態である。また、操作部20のスタートキー21、時刻設定キー24、及び予約キー25は本発明のタイマー予約を行うための入力手段である。
以上のように構成される本実施形態の自動製パン器1は、小麦粉や米粉からパンを製造する製パンコースに加えて、米粒(穀物粒の一形態)からパンを製造する製パンコース(米粒用製パンコース)を実行できるようになっている。そして、自動製パン器1は、米粒からパンを製造する米粒用製パンコースを実行する場合の制御動作に特徴を有する。このため、以下では、自動製パン器1を用いて米粒からパンを製造する場合の制御動作に絞って説明する。
図9は、本実施形態の自動製パン器における米粒用製パンコースの流れを示す模式図である。なお、図9において、温度はパン容器50の温度を示している。図9に示すように、米粒用製パンコースにおいては、粉砕前吸水工程(粉砕前吸液工程の一形態)と、粉砕工程と、粉砕後吸水工程(粉砕後吸液工程の一形態)と、練り(捏ね)工程と、発酵工程と、焼成工程と、がこの順番で順次に実行される。
本実施形態の自動製パン器1は、タイマー予約を用いて米粒用製パンコースを実行させる構成に特に特徴を有するが、本発明の理解を容易とするために、タイマー予約を用いずに米粒用製パンコースを実行させる場合を先に説明する。そして、その後、タイマー予約を用いて米粒用製パンコースを実行させる場合について説明する。
(タイマー予約を用いない場合)
米粒用製パンコースを実行するにあたって、ユーザは、パン容器50に、粉砕ブレード54と混練ブレード72付きのカバー70とを取り付ける。そして、ユーザは、米粒と水をそれぞれ所定量ずつ計量(一例として米粒220g、水210g)してパン容器50に入れる。なお、ここでは、米粒と水とを混ぜることにしているが、単なる水の代わりに、例えば、だし汁のような味成分を有する液体、果汁、アルコールを含有する液体等としてもよい。ユーザは、米粒と水とを投入したパン容器50を焼成室40に入れて蓋30を閉じ、操作部20によって米粒用製パンコースを選択し、スタートキーを押す。これにより、米粒からパンを製造する米粒用製パンコースが開始される。
粉砕前吸水工程は、米粒に水(液体の一形態)を含ませることによって、その後に行われる粉砕工程において、米粒を芯まで粉砕しやすくすることを狙う工程である。この粉砕前吸水工程では、制御装置81は、米粒と水の混合物が、パン容器50内で静置された状態で所定の時間(例えば60分間)放置されるように制御する。この所定の時間は、後の粉砕工程を効率良く行える時間として実験的に求めればよい。
なお、粉砕前吸水工程の初期段階で粉砕ブレード54を回転させ、その後も断続的に粉砕ブレード54を回転させるようにしてもよい。このようにすると、米粒の表面に傷をつけることができ、米粒の吸液効率を高められる。
粉砕前吸水工程が終了すると、制御装置81の指令によって、米粒を粉砕する粉砕工程が実行される。この粉砕工程では、米粒と水との混合物の中で粉砕ブレード54が高速回転される。具体的には、制御装置81は、粉砕モータ64を制御してブレード回転軸52を逆方向回転させ、米粒と水との混合物の中で粉砕ブレード54の回転を開始させる。なお、この際、カバー70もブレード回転軸52の回転に追随して回転を開始するが、次のような動作によってカバー70の回転はすぐに阻止される。
粉砕ブレード54を回転させるためのブレード回転軸52の回転に伴うカバーの回転方向は、図5において時計回り方向であり、混練ブレード72は、それまで折り畳み姿勢(図5に示す姿勢)であった場合には、米粒と水の混合物から受ける抵抗で開き姿勢(図6に示す姿勢)に転じる。混練ブレード72が開き姿勢になると、図7に示すように、クラッチ76は、第2係合体76bが第1係合体76aの回転軌道から逸脱するために、ブレード回転軸52とカバー70の連結を切り離す。同時に、開き姿勢になった混練ブレード72は図6に示すようにパン容器50の内側壁に当るために、カバー70の回転は阻止される。
粉砕工程における米粒の粉砕は、先に行われる粉砕前吸水工程によって米粒に水が浸み込んだ状態で実行されるために、米粒を芯まで容易に粉砕することができる。粉砕ブレード54の回転は間欠回転とされる。この間欠回転は、例えば1分間回転して3分間回転停止するサイクルが5回実行される。なお、最後のサイクルでは、3分間の停止は行わない。粉砕ブレード54の回転は連続回転としてもよいが、間欠回転とすることにより、米粒を対流させて満遍なく米粒を粉砕できるために、間欠回転とするのが好ましい。
なお、粉砕工程の時間(本実施形態では17分)は、出来のよいパンができるように実験的に決定すればよく、本実施形態の時間に限定されるものではない。
図9に示すように、粉砕工程においては、粉砕時の摩擦によりパン容器50の温度(パン容器50内の粉砕粉の温度)が上昇する。そして、パン容器50の温度は例えば40〜45℃程度となる。このような状態で、イーストを投入してパン生地の作製を行うと、イーストが働かず出来の良いパンを製造することができない。このため、自動製パン器1では、粉砕工程の後に、米粒の粉砕粉を水に浸漬した状態で放置する粉砕後吸水工程を設けており、制御装置81は粉砕工程が終了すると粉砕後吸水工程を実行させる。
この粉砕後吸水工程は、米粒の粉砕粉の温度を低下させる冷却期間であると同時に、粉砕粉に更に水を吸水させて、粉砕粉に含まれる微粒子の量を増やす役割も担う工程である。このように、微粒子を増やすことにより、きめの細かいパンを焼き上げることが可能になる。粉砕後吸水工程は、予め決められた所定の時間(本実施形態では60分)だけ行われる。この所定の時間は、粉砕粉の温度を十分下げるために必要な時間、及び、上記微粒子を増加させるために必要な時間を考慮して実験的に求めればよい。
なお、詳細は後述するが、タイマー予約時はこの粉砕後吸水工程の期間が変更される場合がある。
粉砕後吸水工程が終了すると、続いて練り工程が行われる。練り工程の開始時には、グルテンや、食塩、砂糖、ショートニングといった調味料がそれぞれ所定量(一例として、グルテン50g、砂糖16g、塩4g、ショートニング10g)パン容器50に投入される。この投入は、例えばユーザの手によって投入するようにしてもよいし、自動投入装置を設けてユーザの手を煩わせることなくそれらを投入するようにしてもよい。
なお、グルテンは、パン原料として必須のものではない。このため、好みに応じてパン原料に加えるか否かを判断してよい。また、グルテンの代わりに増粘安定剤(例えばグアガム)を投入するようにしても構わない。
粉砕工程で粉砕された米粒の粉砕粉を含むパン容器50内のパン原料を生地に練り上げる練り工程を開始するにあたって、制御装置81は、混練モータ60を制御してブレード回転軸52を正方向回転させる。このブレード回転軸52の正方向回転に追随してカバー70が正方向(図6においては反時計方向)に回転すると、パン容器50内のパン原料からの抵抗を受けて混練ブレード72が開き姿勢(図6参照)から折り畳み姿勢(図5参照)に転じる。これを受けてクラッチ76は、図4に示すように、第2係合体76bが第1係合体76aの回転軌道に干渉する角度となり、ブレード回転軸52とカバー70を連結する。これにより、カバー70と混練ブレード72は、ブレード回転軸52と一体となって正方向に回転する。なお、混練ブレード72の回転は低速・高トルクとされる。
混練ブレード72の回転によってパン原料は混練され、所定の弾力を有する一つにつながった生地(dough)に練り上げられていく。混練ブレード72が生地を振り回してパン容器50の内壁にたたきつけることにより、混練に「捏ね」の要素が加わることになる。練り工程における混練ブレード72の回転は、終始連続回転としてもよいが、自動製パン器1では、練り工程の初期の段階は間欠回転とし、後半を連続回転としている。
自動製パン器1では、初期に行う間欠回転が終了した段階で、イースト(例えばドライイースト)を投入するようになっている。このイーストは、ユーザの手によって投入するようにしてもよいし、自動投入するようにしてもよい。なお、イーストをグルテン等と一緒に投入しないのは、イースト(ドライイースト)と水とが直接接触するのをなるべく避けると共にイーストの飛散を防止するためである。ただし、場合によっては、イーストをグルテン等と同時に投入してもよい。
自動製パン器1においては、練り工程の時間は、所望の弾力を有するパン生地が得られる時間として実験的に求められた所定の時間(例えば15分)を採用する構成としている。また、自動製パン器1においては、この練り工程において、制御装置81はシーズヒータ41を制御して焼成室40の温度が所定の温度(例えば32℃等)となるように調整している。
なお、具材(例えばレーズン等)入りのパンを焼く場合には、この練り工程の途中で投入するようにすればよい。
練り工程が終了すると、制御装置81の指令によって続いて発酵工程が実行される。この発酵工程では、制御装置81はシーズヒータ41を制御して、焼成室40の温度を、発酵が進む温度(例えば38℃)にする。そして、発酵が進む環境下で所定の時間(本実施形態では50分)放置される。なお、場合によっては、この発酵工程の途中で、ガス抜きや生地を丸める処理を行うようにしても構わない。
発酵工程が終了すると、制御装置81の指令によって続いて焼成工程が実行される。制御装置81は、シーズヒータ41を制御して、焼成室40の温度を、パン焼きを行うのに適した温度(例えば125℃)まで上昇させ、焼成環境下で所定の時間(本実施形態では50分)パンを焼く。焼成工程の終了については、例えば操作部20の表示部26における表示や報知音等によってユーザに知らされる。ユーザは、製パン完了を検知すると、蓋30を開けてパン容器50を取り出す。
(タイマー予約を用いる場合)
次に、タイマー予約を用いて、米粒用製パンコースによってパンを焼き上げる場合について説明する。この場合も、タイマー予約をしない場合と同様に、ユーザは粉砕ブレード54及び混練ブレード72付きのカバー70をパン容器に取り付け、米粒と水を所定量ずつ計量して入れたパン容器50を焼成室40内にセットして蓋30を閉じる。
この後、ユーザは、選択キー群23によって米粒用製パンコースを選択する。そして、予約キー25を押してパンの出来上がりの時間(予約時間)を設定する。予約時間を設定すると、ユーザはスタートキー21を押す。これにより、制御装置81は、予約時間にパンが焼きあがるように米粒用製パンコースを実行させる。
ここで、予約タイマーを用いて米粒用製パンコースを実行させる場合に、制御装置81によって実行される制御フローを図10に示すフローチャートを用いて詳細に説明する。予約キー25が押されると、制御装置81は例えば表示部26に表示される時刻表示を点滅させる等によって、ユーザに対して予約時間の入力を要求する(ステップS1)。ユーザによって予約時間が入力されると、制御装置81は、現在時刻と予約時間とからパンの焼き上がりまでに要する時間(タイマー時間)を算出し、このタイマー時間が米粒用製パンコースに要する時間として予め設定された時間(コース時間)以上であるか否かを確認する(ステップS2)。
タイマー時間がコース時間以上である場合(ステップS2でYes)には、制御装置81はタイマー予約が可能であるために、タイマー予約設定の完了をユーザに促す(ステップS3)。具体的には、自動製パン器1においては、スタートランプ21a(図2参照)を点滅させて、タイマー予約の完了をユーザに促す。その他、例えば、表示部26を用いて、タイマー予約の完了を促す等しても勿論構わない。
タイマー予約の完了を促した後は、制御装置81はユーザがタイマー予約を完了したか否かを確認する(ステップS4)。自動製パン器1においては、ユーザが、スタートランプ21aが点滅している状態でスタートキー21を押すことによって、制御装置81はタイマー予約の完了を検知する。
なお、自動製パン器1においては、ユーザがとりけしキー22を押してタイマー予約を取り止めない限り、スタートキー21がユーザによって押されるまでスタートランプ21aを点滅させてタイマー予約の完了をユーザに促すようになっている。ただし、この構成に限らず、例えばユーザが所定の時間を経過してもスタートキー21を押さない(タイマー予約を完了しない)場合には、自動的にタイマー予約を中止する構成等にしても構わない。
タイマー予約が完了すると、制御装置81は、タイマー予約の完了時点(現在時刻)から予約時間までの時間(タイマー時間)のうち、米粒用製パンコースに要する時間として予め設定された時間(コース時間)に対して超過する超過時間を算出する(ステップS5)。図11に示すように、自動製パン器1においては、コース時間は252分(各工程において要する時間は図9参照)となっている。図11に示すようにタイマー時間が300分(例示)である場合には、超過時間は48分となる。
なお、図11は、本実施形態の自動製パン器でタイマー予約を用いて米粒用製パンコースを実行する場合における、コース時間変更を説明する模式図である。
超過時間が算出されると、制御装置81は、算出された超過時間を粉砕後吸水工程の時間に加算する(ステップS6)。図11に示す例によると、超過時間48分が粉砕後吸水工程の時間に加算され、米粒用製パンコースのコース時間を300分に変更する。なお、粉砕後吸水工程の予め設定された時間は図9に示すように60分であるために、変更後の粉砕後吸水工程の時間は108分となる。
そして、制御装置81は、粉砕後吸水工程に時間を加算することによって得られた米粒用製パンコース(時間変更された米粒用製パンコース)を開始させる(ステップS7)。なお、タイマー予約によって開始される米粒用製パンコースは、粉砕後吸水工程に要する時間が変更される点を除いてタイマー予約を行わない場合と同様である。このため、各工程(粉砕前吸水工程〜焼成工程までの各工程)の詳細説明は省略する。
ところで、タイマー時間がコース時間より短い場合には、米粒用製パンコースを実行できない。このため、このような場合(ステップS2でNo)には、制御装置81の制御下で、ユーザにタイマー予約が不可能であることが報知される(ステップS8)。そして、制御装置81は、タイマー予約による製パンコースの実行を許容しない。なお、タイマー予約が不可能であることの報知は、自動製パン器1においては、ブザー音を用いる構成となっている。なお、タイマー予約が不可能であることの報知は、ブザー音に限らず、例えば表示部26にエラーを表示する構成等でもよい。
以上のように、本実施形態の自動製パン器1によれば、米粒からパンを焼き上げることが可能であるために、非常に便利である。そして、米粒を粉砕する粉砕工程と、パン生地を練り上げる練り工程の間に、粉砕後吸水工程を設ける構成としたために、冷却装置を設けることなく、きめの細かい美味しいパンを焼き上げることが可能となっている。更に、タイマー予約を用いて米粒からパンを焼き上げる場合に、タイマー時間のコース時間に対する超過分を粉砕後吸水工程の時間に加算するようにしているために、タイマー予約によって、きめの細かい美味しいパンを焼き上げられる。
なお、以上に示した自動製パン器は本発明の一例であり、本発明が適用される自動製パン器の構成は、以上に示した実施形態に限定されるものではない。
例えば、以上に示した実施形態では、米粒からパンを製造する構成としたが、米粒に限らず、小麦、大麦、粟、稗、蕎麦、とうもろこし、大豆等の穀物粒を原料としてパンを製造する場合にも、本発明は適用されるものである。
また、以上に示した実施形態では、タイマー時間のコース時間に対する超過分の全てを粉砕後吸水工程の時間に加算する構成としたが、この構成に限定されない。例えば、前記超過分の一部のみを粉砕後吸水工程の時間に加算するようにしてもよい。このような場合、残りの時間を例えば粉砕前吸水工程の時間に加算する構成等としてもよい。
また、以上に示した米粒用製パンコースで実行される製造工程は例示であり、他の製造工程としてもよい。例を挙げると、以上に示した実施形態では、米粒からパンを製造するにあたって、粉砕工程を行う前に粉砕前吸水工程を行う構成としているが、この粉砕前吸水工程を行わない構成等としてもよい。
その他、以上に示した実施形態では、自動製パン器1が粉砕ブレード54と混練ブレード72との2つのブレードを備える構成とした。しかし、これに限らず、自動製パン器が粉砕と混練とを兼用するブレード1つのみを備える構成等としてもよい。
本発明は、家庭用の自動製パン器に好適である。
1 自動製パン器
21 スタート(入力手段の一部)
24 時刻設定キー(入力手段の一部)
25 予約キー(入力手段の一部)
41 シーズヒータ(加熱手段の一部)
50 パン容器
54 粉砕ブレード(粉砕手段の一部)
60 混練モータ(混練手段の一部)
64 粉砕モータ(粉砕手段の一部)
72 混練ブレード(混練手段の一部)
81 制御装置(制御手段)
82 混練モータ駆動回路(混練手段の一部)
83 粉砕モータ駆動回路(粉砕手段の一部)
84 ヒータ駆動回路(加熱手段の一部)

Claims (4)

  1. パン原料を投入する容器と、
    パン原料として前記容器に投入された穀物粒を粉砕する粉砕手段と、
    前記容器内のパン原料をパン生地に練り上げる混練手段と、
    前記容器内のパン原料を加熱する加熱手段と、
    前記粉砕手段、前記混練手段、及び前記加熱手段を制御して、パン原料をパンに焼き上げる少なくとも1つの製パンコースを実行させる制御手段と、
    タイマー予約を行うための入力手段と、
    を備える自動製パン器であって、
    前記製パンコースには、前記穀物粒からパンを焼き上げる穀物粒用製パンコースが含まれ、
    前記穀物粒用製パンコースにおいて実行される製パン工程には、前記粉砕手段によって粉砕された前記穀物粒の粉砕粉に吸液させる粉砕後吸液工程が含まれ、
    タイマー予約に従って前記穀物粒用製パンコースを実行する場合に、
    前記制御手段は、前記穀物粒用製パンコースに要する時間として予め設定された設定時間に対して発生した超過時間の少なくとも一部を、前記粉砕後吸液工程の時間に加算して前記穀物粒用製パンコースを実行させることを特徴とする自動製パン器。
  2. 前記制御手段は、前記タイマー予約が行われた時点から前記タイマー予約によるパンの焼き上がり予定時間までの時間のうち、前記穀物粒用製パンコースの前記設定時間に対する超過時間を、前記粉砕後吸液工程の時間に加算して前記穀物粒用製パンコースを実行させることを特徴とする請求項1に記載の自動製パン器。
  3. 前記タイマー予約を行う際に、現在時刻からパンの焼き上げ予定時間までの時間の長さが、前記穀物粒用製パンコースの前記設定時間より短い場合には、前記制御手段は、前記タイマー予約による前記穀物粒用製パンコースの実行が不可能であること報知させることを特徴とする請求項1又は2に記載の自動製パン器。
  4. 前記穀物粒用製パンコースは、前記容器内の穀物粒に液体を吸液させる粉砕前吸液工程と、液体を吸液した前記穀物粒を前記粉砕手段によって粉砕する粉砕工程と、前記粉砕後吸液工程と、前記穀物粒の粉砕粉を含む前記容器内のパン原料を前記混練手段によってパン生地に練り上げる練り工程と、練り上げられたパン生地を発酵させる発酵工程と、発酵させたパン生地を焼成する焼成工程と、を順次に連続して行うコースであることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の自動製パン器。
JP2009270383A 2009-11-27 2009-11-27 自動製パン器 Expired - Fee Related JP5402577B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009270383A JP5402577B2 (ja) 2009-11-27 2009-11-27 自動製パン器

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009270383A JP5402577B2 (ja) 2009-11-27 2009-11-27 自動製パン器
PCT/JP2010/070540 WO2011065272A1 (ja) 2009-11-27 2010-11-18 自動製パン器
TW99140511A TW201138694A (en) 2009-11-27 2010-11-24 Automatic bread maker

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011110273A JP2011110273A (ja) 2011-06-09
JP5402577B2 true JP5402577B2 (ja) 2014-01-29

Family

ID=44233081

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009270383A Expired - Fee Related JP5402577B2 (ja) 2009-11-27 2009-11-27 自動製パン器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5402577B2 (ja)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08187181A (ja) * 1995-01-06 1996-07-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd 自動製パン機
JP2008104370A (ja) * 2006-10-23 2008-05-08 Organo Danisco Food Techno Kk 米粉パン及び米粉パンの製造方法
JP2008183179A (ja) * 2007-01-30 2008-08-14 Sanyo Electric Co Ltd 調理用電熱器具における加熱調理容器
JP2009060932A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Sanyo Electric Co Ltd 自動製パン器

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011110273A (ja) 2011-06-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5418212B2 (ja) 自動製パン器
JP5449795B2 (ja) 自動製パン機
KR20110084105A (ko) 자동제빵기
JP5347833B2 (ja) 自動製パン器
JP2011161029A (ja) 自動製パン器
JP5289245B2 (ja) 自動製パン機
WO2011024776A1 (ja) 自動製パン機
JP5295039B2 (ja) 自動製パン機
WO2011065273A1 (ja) 自動製パン器
JP2011224165A (ja) 自動製パン器
JP2011045414A (ja) 自動製パン機
JP5402577B2 (ja) 自動製パン器
JP2011143075A (ja) 自動製パン器
JP4859965B2 (ja) 自動製パン機
WO2011065272A1 (ja) 自動製パン器
JP4799693B2 (ja) 自動製パン器
JP2010184081A (ja) 自動製パン機
WO2011074427A1 (ja) 自動製パン器
JP5682695B2 (ja) 自動製パン機
JP4794675B2 (ja) 自動製パン器
JP4799692B2 (ja) 自動製パン器
JP2013106894A (ja) 自動製パン器
JP4799694B2 (ja) 自動製パン器
WO2011129004A1 (ja) 自動製パン機
JP2011172722A (ja) 自動製パン器

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20111115

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20111128

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20120528

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121023

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20130628

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131001

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131014

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees