JP5396322B2 - シート材給送装置及び画像形成装置 - Google Patents

シート材給送装置及び画像形成装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5396322B2
JP5396322B2 JP2010075455A JP2010075455A JP5396322B2 JP 5396322 B2 JP5396322 B2 JP 5396322B2 JP 2010075455 A JP2010075455 A JP 2010075455A JP 2010075455 A JP2010075455 A JP 2010075455A JP 5396322 B2 JP5396322 B2 JP 5396322B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
engagement
feeding
engaged
unit
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010075455A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011207553A (ja
Inventor
武彦 岡田
一寿 近藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kyocera Document Solutions Inc
Original Assignee
Kyocera Document Solutions Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyocera Document Solutions Inc filed Critical Kyocera Document Solutions Inc
Priority to JP2010075455A priority Critical patent/JP5396322B2/ja
Publication of JP2011207553A publication Critical patent/JP2011207553A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5396322B2 publication Critical patent/JP5396322B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、読み込み装置等にシート材を給送するシート材給送装置及び、該シート材給送装置を備える画像形成装置に関する。
シート材給送装置は、コピー機やファクシミリ等のように、原稿の画像を読み取る画像読取部を備える画像形成装置等と組み合わされて使用される装置である。シート材給送装置は、例えば、シート材を給送する給送ローラを保持する給送ローラ駆動ユニットと、給送されたシート材を1枚ずつ分離する分離部材と、を備える。
従来、給送ローラ駆動ユニットは、側面に取り付けられる軸部材により装置本体に取り付けられる。例えば、給送ローラ駆動ユニット(呼出コロ及びケース)の側面に取り付けられる軸部材がフレームに形成された係合溝に係合されて取り付けられるシート材給送装置(自動原稿搬送装置)が提案されている(例えば、特許文献1参照)。軸部材は、一端側に配置されるスプリングの付勢力により、係合溝から外れないように構成される。
特開平10−72130号公報
しかし、特許文献1記載のシート材給送装置において、軸部材は、スプリングにより軸方に付勢されているだけであり、給送ローラが軸方向に移動する場合があった。
また、特許文献1記載のシート材給送装置において、軸部材は、振動や搬送時に加わる外力等により移動されて、係合溝から外れてしまう場合があった。
本発明は、給送ローラを有するユニットが不要な移動を規制された状態で連結されたシート材給送装置を提供することを目的とする。
また、本発明は、上記シート材給送装置を備える画像形成装置を提供することを目的とする。
本発明は、分離部材と、前記分離部材に対向配置可能な給送ローラを有するユニットと、前記ユニットに連結され所定方向に延びるように形成される軸部材と、前記軸部材における一端側に配置され該軸部材を回転可能に保持すると共に、第1回動位置と第2回動位置とに回動可能な連結部材であって、前記所定方向外側に突出して形成され、該連結部材の回動移動により第1回転位置と第2回転位置とに回転移動可能な連結部と、該連結部材における前記所定方向に形成され、該連結部材の回動移動により第1非係合位置と、第1係合位置とに移動可能な第1係合部と、を有する連結部材と、前記連結部材が連結される被連結部材であって、前記連結部を回転可能に保持する保持部と、前記保持部の前記所定方向外側に配置され、前記保持部に保持された前記連結部における前記所定方向外側への移動を規制する規制部と、前記第1非係合位置に配置された前記第1係合部には係合されず、第1係合位置に配置された前記第1係合部には係合されると共に、前記第1係合部に係合された状態において前記連結部における前記所定方向内側への移動を規制する第1被係合部と、を有する被連結部材と、を備えるシート材給送装置関する。
また、シート材給送装置において、前記連結部は、前記所定方向に直交する平面上における径が第1長さである第1径部と、第1長さより長い第2長さである第2径部とを有し、前記保持部は、前記連結部を回転可能に保持する中空部を有する円筒状の円筒部と、前記円筒部における一部が切り欠かれるようにして形成され、挿脱方向に移動される前記連結部が挿脱可能な開口部であって、前記第1径部における径が延びる方向である第1径方向が前記挿脱方向に直交するように位置された状態の前記連結部は挿通可能となり、前記第2径部における径が延びる方向である第2径方向が前記挿脱方向に直交するように位置された前記連結部は挿通不可となるように形成される開口部と、を有することが好ましい。
また、シート材給送装置において、前記連結部材が前記第1回動位置に位置する状態において、前記連結部は、前記第1回転位置に位置すると共に、前記開口部から挿脱可能となるよう前記第1径部における第1径方向が前記挿脱方向に略直交するように位置され、前記第1係合部は、前記第1被係合部と係合しない前記第1非係合位置に配置され、前記連結部材が前記第2回動位置に位置する状態において、前記連結部は、前記第2回転位置に位置すると共に、前記開口部から挿脱不可となるよう前記第2径部における第2径方向が前記挿脱方向に略直交するように位置され、前記第1係合部は、前記第1被係合部と係合する前記第1係合位置に配置されることが好ましい。
また、シート材給送装置において、前記連結部材は、該連結部材が前記第1回動位置に位置した状態において第2非係合位置に配置されると共に、該連結部材が前記第2回動位置に位置した状態において第2係合位置に配置される突起状の第2係合部を有し、前記被連結部材は、前記第2非係合位置に配置された前記第2係合部には係合されず、前記第2係合位置に配置された前記第2係合部には係合されると共に、前記第2係合部に係合された状態において前記連結部における前記挿脱方向の前記開口部側への移動を規制する第2被係合部を有することが好ましい。
また、シート材給送装置において、前記連結部材は、前記連結部側と反対側の端部に形成され、該連結部材を第1回動位置と第2回動位置とに回動移動させるための把持部を有することが好ましい。
また、シート材給送装置は、ケース体と、前記ケース体に形成された軸受け部と、シート材が待機する待機部が形成されるガイド板と、前記ガイド板における前記所定方向外側の所定部分から前記軸部材側に延びるように形成される腕部と、前記腕部における前記ガイド板側と反対側の端部における前記所定方向外側に形成され、前記ケース体に形成された前記軸受け部により回転可能に保持されるガイド板側軸部と、を備え、前記被連結部材は、前記腕部の前記端部における前記所定方向内側に形成されることが好ましい。
本発明は、上記いずいれかに記載にシート材給送装置と、前記シート材給送装置により給送された前記シート材の表面に形成された画像を読み込む読み込み部と、前記読み込み部により読み込まれた画像に関する画像情報に基づいて、シート状の画像形成媒体に画像を形成する画像形成部と、を備える画像形成装置に関する。
本発明によれば、給送ローラを有するユニットが不要な移動を規制された状態で連結されたシート材給送装置を提供することができる。
また、本発明によれば、上記シート材給送装置を備える画像形成装置を提供することができる。
本発明の画像形成装置の一実施形態としてのコピー機1における各構成要素の配置を説明するための左側面図である。 図1に示すシート材給送装置700を示す斜視図である。 シート材給送装置700における断面図である。 カバー705を開けた状態におけるシート材給送装置700を示す斜視図である。 図4の状態から、ガイド板770を回動移動した状態におけるシート材給送装置700を示す斜視図である。 給送ローラユニット300及び給送ユニット400の平面図である。 ガイド板770及び被連結部材800を説明する斜視図である。 給送ローラユニット300を説明する斜視図である。 図6におけるA―A断面図であって、連結部材350が被連結部材800に係合した係合状態を説明する断面図である。 連結部材350を説明する斜視図である。 被連結部材800を説明する斜視図である。 被連結部材800を説明する斜視図である。 給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。 給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。 給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。 連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。 連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。 連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。 連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。
以下、図面を参照して本発明を実施するための最良の形態を説明する。
図1から図11Bにより、画像形成装置としてのコピー機1の構成について説明する。
図1は、本発明の画像形成装置の一実施形態としてのコピー機1における各構成要素の配置を説明するための左側面図である。本実施形態において、後述する手差しトレイ65が配置された側(図1における右側)をコピー機1の前側とする。図2は、図1に示すシート材給送装置700を示す斜視図である。図3は、シート材給送装置700における断面図である。図4は、カバー705を開けた状態におけるシート材給送装置700を示す斜視図である。図5は、図4の状態から、ガイド板770を回動移動した状態におけるシート材給送装置700を示す斜視図である。図6は、給送ローラユニット300及び給送ユニット400の平面図である。図7は、ガイド板770及び被連結部材800を説明する斜視図である。図8は、給送ローラユニット300を説明する斜視図である。図9は、図6におけるA―A断面図であって、連結部材350が被連結部材800に係合した係合状態を説明する断面図である。図10は、連結部材350を説明する斜視図である。図11Aは、被連結部材800を説明する斜視図である。図11Bは、被連結部材800を説明する斜視図である。
図1に示すように、本実施形態のコピー機1は、画像読取装置200と、装置本体Mとを備える。
画像読取装置200は、画像読取部201と、画像読取部201の垂直方向上側に配置され画像読取部201に原稿(シート材)を自動的に搬送するシート材給送装置700とを備える。
装置本体Mは、画像読取装置200(画像読取部201)の垂直方向下側に配置され、画像読取部201からの画像情報に基づいて用紙T(シート状の画像形成媒体)にトナー画像を形成する。
まず、シート材給送装置700について説明する。
図1から図5に示すように、シート材給送装置700は、給送機構筐体701と、原稿載置部710と、原稿集積部720と、中間トレイ730とを備える。
給送機構筐体701は、シート材給送装置700における給送機構が収納された筐体である。
原稿載置部710は、画像が読み取られる前の原稿G(シート材)が載置される部分である。
原稿集積部720は、原稿載置部710の垂直方向下側に位置し、所定の画像読取位置J(図3参照)を通過した原稿Gが集積される部分である。
中間トレイ730は、原稿載置部710と原稿集積部720との間に配置され、原稿載置部710と原稿集積部720との間の空間Kを原稿集積部720側の第1空間K1と原稿載置部710側の第2空間K2とに仕切るトレイである。
図2から図5に示すように、原稿載置部710は、載置部トレイ711と、原稿押さえ部712と、トレイ支持壁715と、待機部713と、分離壁714とを備える。
載置部トレイ711の載置面(上面)における基端側(後ろ側)には、一対の原稿押さえ部712が設けられる。一対の原稿押さえ部712は、原稿Gの幅に応じて、載置部トレイ711の幅方向(シート材給送装置700の左右方向)に相対的に接近又は離間自在にスライド可能に配置される。
トレイ支持壁715は、載置部トレイ711を支持する壁部である。トレイ支持壁715は、載置部トレイ711の基端部側(後ろ側)に設けられる。
トレイ支持壁715は、シート材給送装置700の左側(図2における手前側)の左支持壁715aと、シート材給送装置700の右側(図2における奥側)の右支持壁715bとを備える。左支持壁715a及び右支持壁715bは、垂直方向に延びる板状の部材である。
図3に示すように、待機部713は、給送機構筐体701の内部に設けられており、原稿Gの搬送方向に沿ってほぼ水平方向に延びるように形成される。待機部713の上面には、原稿Gの前端部(給送方向Cにおける下流側の端部)が配置される。
分離壁714は、待機部713における給送方向C下流側に配置され、給送方向Cの下流側に向かうに従って垂直方向上側に向かうように傾斜した壁部である。
原稿載置部710に載置された原稿Gは、前端部が分離壁714に突き当たることにより待機部713において待機状態となる。そして、待機部713において積層した状態で待機している原稿Gは、前端部が分離壁714を乗り越えることで良好に分離される(捌かれる)。
ここで、待機部713は、ガイド板770における一方側の面(図3において上側)に形成される。
ガイド板770は、メインガイド部771と、メインガイド部771における幅方向Y外側であって給送方向Cの下流側の所定位置から軸部材320a、320b側に延びるように形成される腕部772a、772bと、一方の腕部772aにおける端部に形成される係合部780と、他方の腕部772bにおける端部に配置される被連結部材800と、被連結部材800における幅方向Y外側に形成されるガイド板側軸部790とを備える(図7参照)。
係合部780は、後述する給送ローラユニット300における軸部材320a(図8参照)に連結される軸駆動部材を構成するジョイント部(不図示)に回転可能に係合される。
また、後述する軸部材320b(図8参照)は、後述する連結部材350(図8参照)を介して被連結部材800に連結される。
被連結部材800における幅方向Y外側に形成されるガイド板側軸部790は、ケース体としての給送機構筐体701に形成される不図示の軸受け部に回転可能に保持される。
つまり、ガイド板770は、回動軸D2(軸部材における回転軸Dと同軸)を中心に回動可能に配置される。
ガイド板770は、例えば、第2原稿排出部703付近に詰まった原稿Gを取り出す場合等において、回動移動される。
図3に示すように、給送機構筐体701には、第1原稿排出部702と、第2原稿排出部703と、第1搬送手段と、第2搬送手段と、第3搬送手段とが設けられている。
第1原稿排出部702は、第1空間K1に臨み、原稿Gを第1空間K1に向けて排出する部分である。
第2原稿排出部703は、第2空間K2に臨み、原稿Gの一部分を第2空間K2に向けて排出する部分である。
第1搬送手段は、原稿載置部710に載置された原稿Gを画像読取位置Jに搬送する手段である。
第2搬送手段は、画像読取位置Jに位置する原稿Gを第1原稿排出部702に搬送する手段である。
第3搬送手段は、画像読取位置Jに位置する原稿Gを、第2空間K2を利用してスイッチバックさせると共に表裏反転させて画像読取位置Jに再度搬送する手段である。
図3に示すように、第1搬送手段は、ピックアップローラ741と、給送ローラ310と、分離パッド490(分離用ユニット450)と、読み取り前ローラ対745を有して構成される。第1搬送手段は、原稿載置部710に載置された原稿を給送機構筐体701の後部を経由して画像読取位置Jに搬送する。
ピックアップローラ741は、原稿Gから離間したホームポジションと、原稿Gの表面に軽く当接するピックアップポジションとに移動可能に構成される。ピックアップローラ741は、図3において時計回りに回転駆動されると、ホームポジションからピックアップポジションに移動するよう構成される。ピックアップローラ741は、原稿Gを給送した後、ピックアップポジションからホームポジションに戻るよう構成される。また、ピックアップローラ741は、時計回りに回転し、又は回転を停止可能に構成される。
給送ローラ310は、回動軸C1(図3及び図7参照)を中心に回転移動に構成される。給送ローラ310は、原稿Gを給送方向Cに給送する。給送ローラ310は、図3において時計回りに回転駆動され、ピックアップローラ741から受け渡された原稿Gを摩擦力によって下流側に向けて1枚ずつ捌いて給送する。また、給送ローラ310は、時計回りに回転し、又は回転を停止可能に構成される。上述の通り、給送ローラ310は、分離パッド490と協働してピックアップローラ741から受け渡された原稿Gを摩擦力によって下流側に向けて1枚ずつ捌いて給送する。
ここで、ピックアップローラ741及び給送ローラ310は、駆動ユニット315を構成する。
駆動ユニット315は、後述する軸部材320a、320bともに給送ローラユニット300を構成する。
給送ローラユニット300は、軸部材320bにおける端部に取り付けられる連結部材350により、被連結部材800に連結される。
ここで、給送ローラユニット300については、後に説明する。また、同様に、連結部材350及び被連結部材800については、後に説明する。
読み取り前ローラ対745は、読み取り位置Jの給送方向Cにおける上流側に配置される。読み取り前ローラ対745は、給送ローラ310により給送された原稿Gを挟持しながら読み取り位置Jに向けて搬送する。
画像読取位置Jの垂直方向上側には、原稿ガイド746が配置される。原稿ガイド746は、読み取り位置Jにおいて、原稿Gの搬送経路を形成するため、透過部材202との間に微小間隙を介して対向配置される。
給送機構筐体701における画像読取位置Jに対応する部分(垂直方向下側)は開放されている。これにより、原稿G(被読取画像が形成された面)は、画像読取位置Jを通過する際に画像読取部201における読取面を構成する透過部材202に対向して配置される。
第1原稿排出部702には第1排出ローラ対753が配置される。第1排出ローラ対753は、第1排出ローラ対753に搬送されてきた原稿Gを、第1空間K1に排出する。
第2搬送手段は、読み取り後ローラ対751と、切換部材752と、第1排出ローラ対753を含んで構成される。第2搬送手段は、画像読取位置Jに位置する原稿Gを第1原稿排出部702に搬送する。
読み取り後ローラ対751は、読み取り位置Jから搬送される原稿Gを、給送方向Cにおける下流側(切換部材752側)に搬送する。
切換部材752は、読み取り後ローラ対751の給送方向Cにおける下流側であって、第1排出ローラ対753又は第2排出ローラ対754より上流側に配設される。
切換部材752は、読み取り後ローラ対751から搬送された原稿Gを第1原稿排出部702(第1排出ローラ対753)側にガイドする第1位置と、第2原稿排出部703(第2排出ローラ対754)側にガイドする第2位置とに切り替え(揺動)可能に配置される。
第2原稿排出部703には第2排出ローラ対754が配置される。第2排出ローラ対754は、第2排出ローラ対754に搬送されてきた原稿Gを、第2空間K2に排出する。
第3搬送手段は、読み取り後ローラ対751と、切換部材752と、第2排出ローラ対754を含んで構成される。第3搬送手段は、画像読取位置Jに位置する原稿Gを、第2空間K2を利用してスイッチバックさせると共に表裏反転させて画像読取位置Jに再度搬送する。
次いで、画像読取部201について説明する。
画像読取部201は、光源を含む照明部と、光路を形成する複数のミラーと、結像レンズと、読取手段としてのCCDと、CCDにより読み取られた画像情報に対して所定の処理をすると共に該画像情報を装置本体M側に出力させるCCD基板とを備える。
シート材給送装置700において、読取位置Jに搬送された原稿Gに形成された画像は、CCDにより読み取られる。
続けて、装置本体Mについて説明する。
また、図1に示すように、装置本体Mは、所定の画像情報に基づいて用紙Tに所定の画像を形成する画像形成部と、用紙Tを画像形成部に給紙すると共に画像が形成された用紙Tを排紙する給排紙部とを有する。
図1に示すように、画像形成部は、感光体ドラム2と、帯電部10と、レーザスキャナユニット4と、現像器16と、トナーカートリッジ5と、トナー供給装置6と、転写ローラ8と、定着部としての定着装置9とを備える。
また、給排紙部は、給紙カセット52と、手差しトレイ65と、レジストローラ対80と、用紙Tの搬送路Lとを備える。
感光体ドラム2は、円筒形状の部材からなり、像担持体として機能する。感光体ドラム2は、図1の紙面に対して垂直な回転軸を中心に回転可能な態様で装置本体Mに配置される。感光体ドラム2の表面には、静電潜像が形成される。
帯電部10は、感光体ドラム2の垂直方向上側(上方)に配置される。帯電部10は、感光体ドラム2の表面を一様に正(プラス極性)帯電させる。
レーザスキャナユニット4は、感光体ドラム2の垂直方向上側(上方)に感光体ドラム2から離間して配置される。レーザスキャナユニット4は、不図示のレーザ光源、ポリゴンミラー、ポリゴンミラー駆動用モータ等を有して構成される。
レーザスキャナユニット4は、画像読取装置200から出力された画像情報に基づいて、感光体ドラム2の表面を走査露光する。レーザスキャナユニット4により走査露光されることによって、感光体ドラム2の表面に帯電した電荷が除去される。これにより、感光体ドラム2の表面に静電潜像が形成される。
現像器16は、感光体ドラム2の前方(図1における右側)に配置される。現像器16は、感光体ドラム2に形成された静電潜像に単色(通常はブラック)のトナー画像を現像する。現像器16は、感光体ドラム2に対向配置可能な現像ローラ17とトナー攪拌用の攪拌ローラ18とを有して構成される。
トナーカートリッジ5は、現像器16に供給されるトナーを収容する。
トナー供給装置6は、トナーカートリッジ5に収容されたトナーを、現像器16に供給する。
ドラムクリーニング装置11は、感光体ドラム2の後方(図1における左側)に配置される。ドラムクリーニング装置11は、感光体ドラム2の表面に残留したトナーや付着物を除去する。
転写ローラ8は、感光体ドラム2の表面に現像されたトナー画像を用紙Tに直接的に転写させる。転写ローラ8には、不図示の電圧印加手段により、感光体ドラム2に現像されたトナー画像を用紙Tに転写させるための転写バイアスが印加される。
なお、感光体ドラム2の表面に現像されたトナー画像は、中間転写ベルト等を介して、用紙Tに間接的に転写させることができる。
転写ローラ8は、感光体ドラム2に当接される当接位置と、感光体ドラム2から離間する離間位置とに移動可能に構成される。詳細には、転写ローラ8は、感光体ドラム2に現像されたトナー画像を用紙Tに転写させる場合には当接位置に移動され、他の場合には離間位置に移動される。
ここで、用紙Tは、感光体ドラム2と転写ローラ8とによって挟み込まれ、感光体ドラム2の表面(トナー画像が現像された側)に押し当てられる。このようにして転写部としての転写ニップNが形成され、感光体ドラム2に現像されたトナー画像は、用紙Tに転写される。
定着装置9は、用紙Tに転写されたトナー画像を構成するトナーを溶融させて、用紙Tに定着させる。定着装置9は、ヒータにより加熱される加熱ローラ9aと、加熱ローラ9aに圧接される加圧ローラ9bと、を備える。加熱ローラ9aと加圧ローラ9bとは、トナー画像が転写された用紙Tを挟持するようにして搬送する。用紙Tが加熱ローラ9aと加圧ローラ9bとの間に挟持されるように搬送されることによって、用紙Tに転写されたトナーは、溶融されると共に該用紙Tの表面に定着される。
給紙カセット52は、装置本体Mの下部(垂直方向における下側)に配置される。給紙カセット52は、装置本体Mの前側(図1における右側)に水平方向に引き出し可能に配置される。給紙カセット52は、用紙Tが載置される載置板60を備えており、給紙カセット52には、載置板60に用紙Tが積層された状態で、用紙Tが収容される。カセット給紙部51は、給紙カセット52の用紙送り出し側端部(図1における右側端部)に配置される。カセット給紙部51は、給紙カセット52に収容された用紙Tを搬送路Lに送り出す。
カセット給紙部51は、載置板60に載置された用紙Tを取り出す前送りコロ61と、用紙Tを1枚ずつ搬送路Lに送り出すローラ対63とからなる重送防止機構を備える。
カセット給紙部51又は手差し給紙部64と排紙部50との間には、用紙Tを搬送する搬送路Lが形成される。搬送路Lは、カセット給紙部51から第1合流部P1までの第1搬送路L1と、第1合流部P1からレジストローラ対80までの第2搬送路L2と、レジストローラ対80から転写ローラ8までの第3搬送路L3と、転写ローラ8から定着装置9までの第4搬送路L4と、定着装置9から分岐部P3までの第5搬送路L5と、分岐部P3から排紙部50までの第6搬送路L6とを有する。
また、搬送路Lは、手差しトレイ65から第1合流部P1までの第7搬送路L7を有する。第1合流部P1は、カセット給紙部51から用紙Tを搬送する第1搬送路L1と、手差しトレイ65から用紙Tを搬送する第7搬送路L7との合流部である。
第2搬送路L2の途中には、第2合流部P2が配置される。更に、搬送路Lは、分岐部P3から第2合流部P2までの戻し搬送路Lbを有する。第2合流部P2は、第2搬送路L2と戻し搬送路Lbとの合流部である。
ここで、転写ローラ8における用紙Tの搬送方向の上流側(図1における右側)には、レジストローラ対80が配置される。レジストローラ対80は、用紙Tのスキュー(斜め給紙)補正や、トナー画像とのタイミング調整を行うためのローラ対である。
戻し搬送路Lbは、用紙Tの両面印刷を行う際に、既に印刷されている面とは反対面(非印刷面)を感光体ドラム2に対向させるために設けられる搬送路である。
戻し搬送路Lbによれば、分岐部P3から排紙部50側に搬送された用紙Tを表裏反転させて第2搬送路L2に戻すことができる。戻し搬送路Lbにより表裏反転された用紙Tは、感光体ドラム2により非印刷面に対して所定のトナー画像が転写される。
装置本体Mの前面側(図1における右側)であって給紙カセット52の上方には、手差し給紙部64が設けられる。手差し給紙部64は、手差しトレイ65と、給紙コロ66とを備える。手差しトレイ65は、その基端部が第7搬送路L7の入口近傍に回動自在(開閉自在)に取り付けられる。手差しトレイ65は、その閉状態において、装置本体Mの前面の一部を構成する。給紙コロ66は、手差しトレイ65に載置された用紙Tを取り出し、第7搬送路L7に向けて送り出す。
手差し給紙部64は、開状態の手差しトレイ65に載置された用紙Tを、第7搬送路L7及び第1合流部P1を介して、第2搬送路L2に給紙する。
第6搬送路L6における端部には、排紙部50が形成される。排紙部50は、装置本体Mにおける上方側に配置される。排紙部50は、装置本体Mの前方(図1における右方)に向けて開口している。排紙部50は、定着装置9によりトナーが定着された用紙Tを装置本体Mの外部に排紙する。
排紙部50における開口側には、排紙集積部M1が形成される。排紙集積部M1は、装置本体Mにおける上面(外面)に形成される。排紙集積部M1は、装置本体Mにおける上面が下方(垂直方向下側)に窪んで形成された部分である。排紙集積部M1の底面は、装置本体Mにおける上面の一部を構成する。排紙集積部M1には、排紙部50から排紙された、所定画像が転写された用紙Tが積層して集積される。
画像読取部201から出力された画像情報は、画像読取装置200から装置本体Mに出力される。
装置本体Mにおいて、入力された画像情報は、不図示の画像形成制御部に入力される。画像形成制御部は、画像情報に基づいて、画像形成部を構成する像担持体としての感光体ドラム2、帯電部10、レーザスキャナユニット4や現像器16等を制御する。感光体ドラム2には、画像情報に基づいて、所定のトナー画像が形成される。
搬送路Lを介して感光体ドラム2により形成される転写ニップNに搬送された用紙Tには、画像情報に基づいて原稿Gの画像と同じ画像が転写される。画像が形成された用紙Tは、排紙部50から排紙集積部M1に排紙される。
次いで、図4から図11Bにより、シート材給送装置700の内部構造を説明すると共に、給送ローラユニット300の連結構造について説明する。
図4及び図5に示すように、シート材給送装置700は、開閉可能なカバー705と、開状態において外部に露出可能に配置される給送ローラユニット300及び給送ユニット400とを備える。
図4に示すように、給送ユニット400は、垂直方向において給送ローラユニット300の下側に配置される。
図6に示すように、給送ユニット400は、給送ガイド部材としてのガイド部材410と、分離パッド490とを備える。
図6に示すように、ガイド部材410は、幅方向Yに長い部材である。
図4及び図6に示すように、分離パッド490は、給送ローラ310と垂直方向において対向して配置される。分離パッド490は、給送ローラ310に当接(押圧)される。
分離パッド490は、不図示の付勢部材により、給送ローラ310側に付勢されている。このため、給送ローラ310に当接(押圧)された状態において、分離パッド490は、給送ローラ310に対して所定の押圧力で当接する。
また、分離パッド490は、弾性部材と、表面側に配置されるシート部材とを有して構成される。シート部材は、弾性を有すると共に、表面が所定の摩擦係数(給送ローラ310の表面における摩擦係数より少し低い)を有するシート部材である。
図4及び図6に示すように、給送ローラユニット300は、給送ユニット400における垂直方向上側に配置される。具体的には、給送ローラユニット300は、原稿G(シート材)が配置されていない状態において当接位置に配置された給送ローラ310が分離パッド490に当接可能に、給送ユニット400における垂直方向上側に配置される。
図6及び図8に示すように、給送ローラユニット300は、ピックアップローラ741及び給送ローラ310それぞれを回転可能に保持する駆動ユニット315と、駆動ユニット315における給送方向Cの下流側において給送方向Cと直交する幅方向Yに延びるよう形成される軸部材320a、320bと、軸部材320aの端部に連結され軸部材320aを回転させる軸部材駆動部(不図示)と、軸部材320bの端部に取り付けられる連結部材350と、を備える。
駆動ユニット315は、ピックアップローラ741と、給送ローラ310と、ピックアップローラ741及び給送ローラ310を回転駆動させる駆動部(不図示)とを有する。
駆動ユニット315は、給送方向Cにおける上流側の一端部においてピックアップローラ741を回転可能に保持すると共に、下流側の他端部において給送ローラ310を回転可能に保持する。
駆動ユニット315は、軸部材320aを介して、軸部材駆動部によりピックアップローラ741を保持する側を自由端として回動軸D1を中心に回動移動される。
軸部材320a、320bそれぞれは、駆動ユニット315の他端部側に給送方向Cに直交する幅方向Yに延びるよう形成される。
軸部材320a、320bそれぞれは、駆動ユニット315を回動移動可能に構成される。軸部材320aは、軸部材駆動部により回転移動される。
軸部材320aは、端部が不図示の軸部材駆動部に連結される。また、軸部材駆動部を構成するジョイント部には、ガイド板770における係合部780(図7参照)が回転可能に係合される。
軸部材320bは、端部が後述する連結部材350における連結部390に回転可能に保持される。軸部材320bは、連結部材350を介して、ガイド板770に形成される被連結部材800に連結される。
そして、ガイド板770は、被連結部材800と一体的に形成されるガイド板側軸部790が給送機構筐体701に形成される不図示の係合部に係合することで、上述の通り、給送機構筐体701に回動可能に連結される。
ガイド板770は、図5に示すように、第2原稿排出部703側が解放されるよう回動可能に構成される。ガイド板770を回動移動(解放)することで、駆動ユニット315も一体的に回動移動される。これにより、ユーザは、第2原稿排出部703側における用紙Tの詰まりを解消する動作を容易に行うことができる。
ここで、連結部材350及び被連結部材800については、後に説明する。
軸部材駆動部(不図示)は、軸部材320aを回転移動させる。
図8に示すように、連結部材350は、軸部材320bの端部に配置される。連結部材350は、軸部材320bを回転可能に保持する共に、被連結部材800に連結される(図9参照)。
続けて、図7から図11Bにより、連結部材350及び被連結部材800について説明する。
まず、連結部材350について説明する。
図8に示すように、連結部材350は、軸部材320bの端部側に配置される。
連結部材350は、軸部材320aを回転可能に保持すると共に、第1回動位置(解除位置、図12A及び図13A参照)と、第2回動位置(規制位置、図12C及び図13D参照)とに回動移動可能な部材である。
図8及び図10に示すように、連結部材350は、軸部材320bの外周から幅方向Yと直交する方向に延びる板状の根元部351と、根元部351に連続して形成される傾斜部355と、傾斜部355に連続して形成される把持部353とを備える。
また、連結部材350は、根元部351の幅方向Y内側に形成される軸部材保持部369と、根元部351の幅方向Y外側に形成される連結部361と、根元部351の幅方向Y外側に形成される第1係合部363と、把持部353における幅方向Y外側に形成される第2係合部365と、把持部353における一部を構成する補助係止部367と、を備える。
根元部351は、軸部材320bの外周から幅方向Yと直交する方向に延びる板状の部分である。
傾斜部355は、根元部351と把持部353とをつなぐように形成される。傾斜部355は、根元部351に対して傾斜して形成される。傾斜部355は、ユーザにより把持部353に加えられた外力により撓むことが可能な部分である。
把持部353は、傾斜部355に連続して端部側に形成される部分である。把持部353は、連結部361側と反対側の端部に形成される。把持部353は、連結部材350を第1回動位置と第2回動位置とに回動移動させるための操作部である。把持部353は、ユーザにより把持される部分である。ユーザは、把持部353を把持して連結部材を第1回動位置(解除位置)と第2回動位置(規制位置)とに回動移動させる。また、ユーザは、把持部353を把持しながら後述する第2係合部365を後述する第2被係合部835に係合させるために傾斜部355が撓むように外力を加える。把持部353は、ユーザにおける操作に用いられる部分である。
軸部材保持部369は、根元部351の幅方向Y内側に形成される。軸部材保持部369は、幅方向Y内側に突出して形成され、軸部材320bを回転可能に保持する部分である。
連結部361は、根元部351の幅方向Y外側に形成される。
連結部361は、幅方向Y外側に突出して形成される。連結部361は、略円筒形状の部分と、略立方形状の部分とが組み合わされた部分である。連結部361は、例えば、円筒形状における外側の一部分を平面状にカット(対向する両面ができるように)した形状である。
連結部361は、略立方体の部分であって幅方向Yに直交する平面上(断面上)における径(直径、第1径R1)が第1長さである第1径部361aと、略円筒形状の部分であって幅方向Yに直交する平面上(断面上)における径(直径、第2径R2)が第2長さである第2径部361bと、を有する。
連結部361は、例えば、ユーザの操作により、連結部材350が回動移動されることで、第1回転位置と第2回転位置とに回転移動される。
連結部361は、連結部材350が第1回動位置(解除位置)に位置する状態において第1回転位置に位置し、連結部材350が第2回動位置(規制位置)に位置する状態において第2回転位置に位置する。
連結部361は、第1回転位置に位置した状態において、第1径部361aにおける第1径R1が挿脱方向Sに略直交するように配置される(図12A及び図13B参照)。この場合において、連結部361は、後述する保持部810に開口部811を介して挿脱可能である。
つまり、連結部材350が第1回動位置(解除位置)に位置した状態において、連結部361は、保持部810に挿脱可能である。
また、連結部361は、第2回転位置に位置した状態において、第2径部361bにおける第2径R2が挿脱方向Sに略直交するように配置される(図12C及び図13D参照)。この場合において、連結部361は、後述する保持部810に開口部811を介した挿脱が規制(挿脱不可)される。
つまり、連結部材350が第2回動位置(規制位置)に位置した状態において、連結部361は、保持部810に挿脱することが規制される。
図8及び図10に示すように、第1係合部363は、根元部351の幅方向Y外側に形成される。
第1係合部363は、根元部351から幅方向Y外側に突出して形成される第1部363aと、第1部363aの端部から連結部361側に延びるように形成される第2部363bとを有する。第1係合部363は、連結部材350の回動移動にともなって回動移動する。
具体的には、第1係合部363は、連結部材350が第1回動位置(解除位置)に位置する状態においては第1非係合位置に配置され、連結部材350が第2回動位置(規制位置)に位置する状態においては第1係合位置に配置される。
第1係合部363は、第1係合位置に配置された場合には後述する第1被係合部830に係合し(図9参照)、第1非係合位置に配置された場合には第1被係合部830に係合しない。
第1係合部363は、第1被係合部830に係合した状態(図9参照)において、連結部材350(給送ローラユニット300)の幅方向Yへの移動を規制する。
第2係合部365は、把持部353における幅方向Y外側に形成される。第2係合部365は、幅方向Y外側に突出して形成される突起状の部材である。第2係合部365は、連結部材350が第1回動位置に位置した状態において第2非係合位置に配置されると共に、連結部材350が前記第2回動位置に位置した状態において第2係合位置に配置される。第2係合部365は、第2係合位置に配置された場合には後述する第2被係合部835に係合し、第2非係合位置に配置された場合には第2被係合部835に係合しない。
第2係合部365は、第2被係合部835に係合した状態(図9参照)において、連結部材350(給送ローラユニット300)の挿脱方向Sへの移動を規制する。また、第2係合部365は、第2被係合部835に係合した状態において、連結部材350における回動移動を規制する。
ここで、第2係合部365は、例えば、ユーザが把持部353を幅方向Y内側に移動させるように力を加えながら連結部材350を回動移動させることで、第2係合位置に移動される。
補助係止部367は、把持部353における一部を構成する。補助係止部367は、把持部353の連結部361側に幅方向Yに延びるように形成される。補助係止部367は、連結部材350が第2回動位置(規制位置)に位置した状態において、後述する補助被係止部840に係止して、把持部353の移動を規制する。
補助係止部367は、補助被係止部840に係止した状態において、連結部材350の回動移動を規制する(第2回動位置で保持する)。
次いで、被連結部材800について説明する。
図7、図11A及び図11Bに示すように、被連結部材800は、ガイド板770に形成された腕部772bの端部に配置される。被連結部材800は、腕部772bの端部における幅方向Y内側に形成される。被連結部材800は、連結部材350が連結される部材である。被連結部材800における幅方向Y外側には、該被連結部材800と一体的に形成されるガイド板側軸部790が形成される。
被連結部材800は、連結部361を回転可能に保持する保持部810と、連結部361における幅方向Yへの移動を規制する規制部820と、第1係合部363に係合される第1被係合部830と、第2係合部365に係合される第2被係合部835と、補助係止部367に係止される補助被係止部840とを有する。
保持部810は、連結部361を回転可能に保持する中空部を有する円筒状の円筒部と、円筒部における一部が切り欠かれるようにして形成される開口部811と、開口部811に連結部361をガイドするガイド部812とを有する。
ガイド部812は、開口部811の下端から挿脱方向Sに延びるように形成される。ガイド部812は、保持部810を構成する壁部に連続して形成される。ガイド部812は、連結部361における挿脱方向Sへの移動をガイドする。
開口部811は、挿脱方向Sに移動される連結部361が挿脱可能に形成される。
開口部811は、第1回転位置に位置した連結部361が挿脱可能であると共に、第2回転位置に位置した連結部361が挿脱不可となるように形状や開口距離が設定される。
具体的には、開口部811は、第1径部361aにおける第1径R1が延びる方向である第1径方向(第1方向)が挿脱方向Sに直交するように位置された状態の連結部361は挿通可能となり、第2径部361bにおける第2径R2が延びる方向である第2径方向(第2方向)が挿脱方向Sに直交するように位置された連結部361は挿通不可となるように形成される。
保持部810は、連結部361を回転可能に保持する中空部を有する円筒状の部分である。保持部810は、円筒状に配置された壁部を有して構成される。
保持部810は、開口部811から挿入された連結部361を回転可能に保持する。保持部810の内径は、連結部361の最大径(本実施形態においては第2径)に応じて設定される。
規制部820は、保持部810の幅方向Y外側に形成される板状の部分である。
規制部820は、保持部810の幅方向Y外側に該保持部810と連続して形成される。
規制部820は、保持部810に保持された連結部361(給送ローラユニット300)における幅方向Y外側への移動を規制する。
第1被係合部830は、保持部810の上方側に挿脱方向Sに延びると共に、幅方向Yに垂直な方向に延びるように形成される板状の部分である。
第1被係合部830は、第1係合部363に係合される部分である。
具体的には、第1被係合部830は、第1非係合位置に配置された第1係合部363には係合されず、第1係合位置に配置された第1係合部363には係合される(図9参照)。
そして、第1被係合部830は、第1係合部363に係合された状態において、連結部361における幅方向Y内側への移動を規制する。
第2被係合部835は、第1被係合部830における幅方向Yに垂直な方向の外側の端部に形成される。第2被係合部835は、保持部810側に窪んだU字状の切り欠き部である。
第2被係合部835は、第2係合部365に係合される。具体的には、第2被係合部835は、第2非係合位置に配置された第2係合部365には係合されず、第2係合位置に配置された第2係合部365には係合される(図9参照)。
そして、第2被係合部835は、第2係合部365に係合された状態において、連結部361における挿脱方向Sの開口部811側への移動を規制する。また、第2被係合部835は、第2係合部365に係合された状態において、連結部材350における回動移動を規制する。
補助被係止部840は、第1被係合部830及び第2被係合部835における幅方向Y外側に形成される。補助被係止部840は、幅方向Yに延びる凹状の部分である。
補助被係止部840は、補助係止部367に係止される。補助被係止部840は、連結部材35が第2回動位置に位置する状態において、補助係止部367に係止される。
ここで、連結部材350と被連結部材800との連結状態について説明する。
図9に示すように、連結部材350が第2回動位置(規制位置)に位置した状態において、連結部材350と被連結部材800とは、係合状態となる。
係合状態において、連結部361は、第2回転位置に位置して、開口部811を介して挿脱方向Sすることが規制される(開口部811を通って取り外すことができない)。
係合状態において、第1係合部363は、第1被係合部830に係合して、連結部631(給送ローラユニット300)が幅方向Y(軸部材が延びる方向)内側に移動することを規制する。
係合状態において、第2係合部365は、第2被係合部835に係合して、連結部361(給送ローラユニット300)が挿脱方向Sにおける開口部811側に移動することを規制する。また、係合状態において、第2係合部365は、第2被係合部835に係合して、連結部材350が第1回動位置(解除位置)側に回動することを規制する(第2回動位置(規制位置)を維持する)。
上述の通り、係合状態において、連結部361(給送ローラユニット300)は、幅方向Yにおける外側及び内側への移動が規制される。また、係合状態において、連結部361(給送ローラユニット300)は、挿脱方向Sにおける開口部811側への移動が規制される。また、係合状態において、連結部361は、第2回転位置から第1回転位置に回転することが規制される。
これにより、連結部材350と被連結部材800とが係合状態になることで、給送ローラユニット300は、幅方向Yにおける移動が規制されると共に、挿脱方向Sへの移動が規制される。
続けて、図12Aから図13Dにより、給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する。具体的には、連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する。
図12Aは、給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。図12Bは、給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。図12Cは、給送ローラユニット300をガイド板770に連結する動作を説明する図である。図13Aは、連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。図13Bは、連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。図13Cは、連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。図13Dは、連結部材350を被連結部材800に取り付ける動作を説明する図である。
まず、図12Aに示すように、ユーザは、給送ローラユニット300を連結部材350が第1回動位置に位置した状態で保持する。この状態において、図13Aに示すように、連結部361は、第1回転位置に位置する。つまり、ユーザは、連結部361が開口部811から挿入可能な回転位置に位置されるよう給送ローラユニット300を保持する。
次いで、図12Bに示すように、ユーザは、給送ローラユニット300を第1回転位置が維持された状態で、矢印方向に移動させる。これにより、図13Bに示すように、連結部361は、ガイド部812にガイドされながら開口部811を通って、保持部810に配置される。この際、ユーザは、軸部材320aの端部を軸駆動部材に連結させる。
続けて、図12Cに示すように、ユーザは、把持部353を把持して連結部材350を第1回動位置(解除位置)から第2回動位置(規制位置)に回動させる。これにより、連結部材350と被連結部材800とは、係合状態になる。
つまり、図13C及び図13Dに示すように、連結部361は、保持部810において、第1回転位置から第2回転位置に回転され、開口部811から挿脱されない状態になる。また、第1係合部363は、第1被係合部830に係合する。また、第2係合部365は、第2被係合部835に係合する。また、補助係止部367は、補助被係止部840に係止される。
これにより、給送ローラユニット300は、幅方向Yへの移動が規制されると共に、挿脱方向Sへの移動が規制された状態で、シート材給送装置700に取り付けられる。
本実施形態によれば、給送ローラユニット300が不要な移動を規制された状態で連結されたシート材給送装置700を提供することができる。
本実施形態によれば、シート材給送装置700は、連結部材350と被連結部材800を備えるので、給送ローラユニット300を不要な移動を規制された状態で保持する。
本実施形態によれば、連結部361は、第1回転位置に位置された状態において開口部811を通ることができると共に、第2回転位置に位置した状態において開口部811を通ることができないよう構成される。これにより、給送ローラユニット300は、連結部361を回転させることで、簡易に、位置決めされた状態と、挿脱可能な状態とに状態変更可能である。
また、本実施形態によれば、連結部材350を第1回動位置と第2回動位置とに回動移動させることで、連結部361が第1回転位置から第2回転位置に回転移動される。これにより、ユーザは、把持部353を把持して連結部材350を回動させることで、簡易に、給送ローラユニット300が位置決めされた状態と、挿脱可能な状態とに状態変更可能に構成される。
本実施形態によれば、連結部361が保持部810に配置された状態において、給送ローラユニット300は、規制部820により、幅方向Y外側への移動が規制される。
また、本実施形態によれば、連結部361が保持部810に配置された状態において、連結部材350を第2回動位置に位置させることで、第1係合部363が第1被係合部830に係合される。これにより、給送ローラユニット300は、幅方向Y内側への移動が規制される。
これより、連結部材350と被連結部材800とが係合状態にある場合、給送ローラユニット300は、幅方向Yにおける移動が規制される。
本実施形態によれば、連結部361が保持部810に配置された状態において、給送ローラユニット300は、開口部811により、挿脱方向S(脱側)への移動が規制される。
また、本実施形態によれば、連結部材350を第2回動位置に位置させることで、第2係合部365が第2被係合部835に係合される。これにより、給送ローラユニット300は、挿脱方向S(脱側)への移動が規制される。
これより、連結部材350と被連結部材800とが係合状態にある場合、給送ローラユニット300は、挿脱方向Sにおける移動が規制される。
本実施形態によれば、連結部材350を第2回動位置に位置させることで、第2係合部365が第2被係合部835に係合される。これにより、連結部材350は、第1回動位置側への回動が規制される。
これより、連結部材350と被連結部材800とが係合状態にある場合、連結部材350は、第2回動位置から第1回動位置への回動が規制される。
また、本実施形態によれば、上記シート材給送装置を備える画像形成装置を提供することができる。
以上、好適な実施形態について説明したが、本発明は上述した実施形態に限定されることなく種々の形態で実施することができる。
本実施形態において、画像形成装置としてコピー機1について説明しているが、これに限定されず、画像形成装置は、例えば、カラーコピー機、ファクシミリ及びこれらの複合機等であってもよい。
また、本実施形態において、シート材給送装置700は、装置本体Mと一体的に形成されているが、これに限定されず、装置本体Mと別個の筐体により構成されていてもよい。また、シート材給送装置700は、装置本体Mに対して着脱可能に構成されてもよい。
1……コピー機(画像形成装置)、2……感光体ドラム、200……画像読取装置、201……画像読取部、700……シート材給送装置、300……給送ローラユニット、310……給送ローラ、320a……軸部材、320b……軸部材、350……連結部材、353……把持部、361……連結部、361a…第1部、361b……第2部、363……第1係合部、365……第2係合部、367……補助係止部、490……分離パッド(分離部材)、741……ピックアップローラ、770……ガイド板、790……ガイド板側軸部、800……被連結部材、810……保持部、811……開口部、820……規制部、830……第1被係合部、835……第2被係合部、840……補助被係止部、C1……回転軸、D1……回転軸、D2……回動軸、G……原稿(シート材)、J……画像読取位置、K……空間、K1……第1空間、K2……第2空間、N……転写ニップ(転写部)、S……挿脱方向、T……用紙(シート状の画像形成媒体)、Y……幅方向

Claims (7)

  1. 分離部材と、
    前記分離部材に対向配置可能な給送ローラを有するユニットと、
    前記ユニットに連結され所定方向に延びるように形成される軸部材と、
    前記軸部材における一端側に配置され該軸部材を回転可能に保持すると共に、第1回動位置と第2回動位置とに回動可能な連結部材
    前記連結部材が連結される被連結部材と、を備え、
    前記連結部材は、前記所定方向外側に突出して形成され、該連結部材の回動移動により第1回転位置と第2回転位置とに回転移動可能な連結部と
    連結部材の回動移動により第1非係合位置と、第1係合位置とに移動可能な第1係合部と、
    前記連結部材が前記第1回動位置に位置した状態において第2非係合位置に配置されると共に、該連結部材が前記第2回動位置に位置した状態において第2係合位置に配置される突起状の第2係合部と、
    前記連結部に向けて突出する補助係止部と、を有し、
    前記連結部材の回転中心から前記第1係合部までの距離は、前記連結部材の回転中心から第2係合部までの距離よりも、短く、
    前記被連結部材は、前記連結部を回転可能に保持する保持部と、
    前記保持部に形成され、前記連結部が挿脱可能に開放する第1開口部と、
    前記保持部の前記所定方向外側に配置され、前記保持部に保持された前記連結部における前記所定方向外側への移動を規制する規制部と、
    前記第1非係合位置に配置された前記第1係合部には係合されず、前記第1係合位置に配置された前記第1係合部には係合されると共に、前記第1係合部に係合された状態において前記連結部における前記所定方向内側への移動を規制する第1被係合部と、
    前記第2非係合位置に配置された前記第2係合部には係合されず、前記第2係合位置に配置された前記第2係合部には係合されると共に、前記第2係合部に係合された状態において前記連結部における挿脱方向の前記第1開口部側への移動を規制する第2被係合部と、
    前記連結部材が前記第2回動位置に位置した状態において前記補助係止部と係合する補助被係止部と、を有し、
    前記第2被係合部は、前記第1開口部と反対方向に向けて開放し且つシート材の給送方向の上流側に向けて開放する第2開口部を有する
    シート材給送装置。
  2. 前記連結部は、前記所定方向に直交する平面上における径が第1長さである第1径部と、第1長さより長い第2長さである第2径部とを有し、
    前記保持部は、前記連結部を回転可能に保持する中空部を有する円筒状の円筒部を有し
    前記第1開口部は、前記円筒部における一部が切り欠かれるようにして形成され、挿脱方向に移動される前記連結部が挿脱可能であり、前記第1径部における径が延びる方向である第1径方向が前記挿脱方向に直交するように位置された状態の前記連結部は挿通可能となり、前記第2径部における径が延びる方向である第2径方向が前記挿脱方向に直交するように位置された前記連結部は挿通不可となるように形成され
    求項1に記載のシート材給送装置。
  3. 前記連結部材が前記第1回動位置に位置する状態において、
    前記連結部は、前記第1回転位置に位置すると共に、前記第1開口部から挿脱可能となるよう前記第1径部における前記第1径方向が前記挿脱方向に略直交するように位置され、
    前記第1係合部は、前記第1被係合部と係合しない前記第1非係合位置に配置され、
    前記連結部材が前記第2回動位置に位置する状態において、
    前記連結部は、前記第2回転位置に位置すると共に、前記第1開口部から挿脱不可となるよう前記第2径部における前記第2径方向が前記挿脱方向に略直交するように位置され、
    前記第1係合部は、前記第1被係合部と係合する前記第1係合位置に配置される
    請求項2に記載のシート材給送装置。
  4. 前記連結部材は、前記連結部側と反対側の端部に形成され、該連結部材を前記第1回動位置と前記第2回動位置とに回動移動させるための把持部を有する
    請求項1からのいずれかに記載のシート材給送装置。
  5. ケース体と、
    前記ケース体に形成された軸受け部と、
    シート材が待機する待機部が形成されるガイド板と、
    前記ガイド板における前記所定方向外側の所定部分から前記軸部材側に延びるように形成される腕部と、
    前記腕部における前記ガイド板側と反対側の端部における前記所定方向外側に形成され、前記ケース体に形成された前記軸受け部により回転可能に保持されるガイド板側軸部と、を備え、
    前記被連結部材は、前記腕部の前記端部における前記所定方向内側に形成される
    請求項1からのいずれかに記載のシート材給送装置。
  6. 前記軸部材の一端側は、前記連結部材を介して、前記ガイド板に形成される前記被連結部材に回動可能に連結され、
    前記ガイド板は、前記ケース体に回動可能に連結される
    請求項5に記載のシート材給送装置。
  7. 請求項1から6のいずれかに記載にシート材給送装置と、
    前記シート材給送装置により給送されたシート材の表面に形成された画像を読み込む読み込み部と、
    前記読み込み部により読み込まれた画像に関する画像情報に基づいて、シート状の画像形成媒体に画像を形成する画像形成部と、を備える
    画像形成装置。
JP2010075455A 2010-03-29 2010-03-29 シート材給送装置及び画像形成装置 Active JP5396322B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010075455A JP5396322B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 シート材給送装置及び画像形成装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010075455A JP5396322B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 シート材給送装置及び画像形成装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011207553A JP2011207553A (ja) 2011-10-20
JP5396322B2 true JP5396322B2 (ja) 2014-01-22

Family

ID=44939062

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010075455A Active JP5396322B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 シート材給送装置及び画像形成装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5396322B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6044665B2 (ja) * 2015-03-04 2016-12-14 ブラザー工業株式会社 原稿読取装置

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04148749A (en) * 1990-10-09 1992-05-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd Image reader
JP4610497B2 (ja) * 2006-02-13 2011-01-12 キヤノン電子株式会社 シート給送装置及び画像読取装置
JP4947696B2 (ja) * 2006-08-30 2012-06-06 キヤノンファインテック株式会社 回転軸支持装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011207553A (ja) 2011-10-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101512357B1 (ko) 시트 반송 장치, 이것을 구비한 화상 판독 장치, 및 화상 형성 장치
US9751705B2 (en) Sheet transport device, image reading device, and image forming apparatus
JP5193257B2 (ja) 画像形成装置
US8876104B2 (en) Sheet feed apparatus, and document conveying apparatus and image forming apparatus having the same
JP5291027B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP6083953B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP5677357B2 (ja) シート載置装置、画像形成装置及び画像読取装置
US20090304429A1 (en) Image forming apparatus
JP5174864B2 (ja) 画像形成装置及び給送機構
JP5396322B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP5372050B2 (ja) 原稿搬送装置及び画像形成装置
JP5961729B2 (ja) 給紙装置、およびこれを備えた画像読取装置、画像形成装置
JP2011126686A (ja) シート供給装置及び画像形成装置
JP2019174615A (ja) シート搬送装置および画像形成装置
JP5625090B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP5812924B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP5439326B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP2011011859A (ja) 画像処理装置、画像形成装置及び画像読取装置
JP5901720B2 (ja) シート載置装置、画像形成装置及び画像読取装置
JP5417540B2 (ja) 画像形成装置
JP5600470B2 (ja) 画像形成装置
JP5439327B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP2010107798A (ja) 画像形成装置
JP5498845B2 (ja) 取り付け機構、シート供給ユニット及び画像形成装置
JP5409339B2 (ja) 定着装置及び画像形成装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120222

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20120803

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130708

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130716

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130829

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130924

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131021

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5396322

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150