JP5394866B2 - ホイスト位置決めシステムおよび方法 - Google Patents

ホイスト位置決めシステムおよび方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5394866B2
JP5394866B2 JP2009213875A JP2009213875A JP5394866B2 JP 5394866 B2 JP5394866 B2 JP 5394866B2 JP 2009213875 A JP2009213875 A JP 2009213875A JP 2009213875 A JP2009213875 A JP 2009213875A JP 5394866 B2 JP5394866 B2 JP 5394866B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hoist
control unit
positioning
relay
drive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009213875A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011051797A (ja
Inventor
マ,ペンフェイ
チャン,シハン
Original Assignee
エンパイア テクノロジー ディベロップメント エルエルシー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US12/553,091 priority Critical patent/US7958970B2/en
Priority to US12/553,091 priority
Application filed by エンパイア テクノロジー ディベロップメント エルエルシー filed Critical エンパイア テクノロジー ディベロップメント エルエルシー
Publication of JP2011051797A publication Critical patent/JP2011051797A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5394866B2 publication Critical patent/JP5394866B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B9/00Kinds or types of lifts in, or associated with, buildings or other structures
    • B66B9/16Mobile or transportable lifts specially adapted to be shifted from one part of a building or other structure to another part or to another building or structure
    • B66B9/187Mobile or transportable lifts specially adapted to be shifted from one part of a building or other structure to another part or to another building or structure with a liftway specially adapted for temporary connection to a building or other structure
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B1/00Control systems of elevators in general
    • B66B1/34Details, e.g. call counting devices, data transmission from car to control system, devices giving information to the control system
    • B66B1/3492Position or motion detectors or driving means for the detector
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C13/00Other constructional features or details
    • B66C13/16Applications of indicating, registering, or weighing devices

Description

背景
本明細書において特段の表示がなければ、この節で説明するアプローチは、本出願における特許請求の範囲に対する先行技術ではなく、この節に含まれることによって先行技術であるとは認められない。
ホイスト(hoist)は、荷を吊り上げるための機構である。それは、地面とより高いフロアとの間、およびフロア間で建設材料、器材および作業員を迅速に運搬するために、大規模な建設プロジェクトにおいて用いられる。ホイストには、一般に、1つまたは2つのゴンドラ(car)が含まれるが、これらのゴンドラは、電動ラックアンドピニオンシステムを用い、積み重ね式マスト部に沿って垂直に移動する。ゴンドラは、ラックアンドピニオンシステムの電動ピニオンに電力を供給する高電圧源を装備している。ホイストの位置決めは、様々な位置を有するレバーを用いて実行される。1つのレバー位置において、ホイストは上昇する。別の位置において、ホイストは下降する。
図面の簡単な説明
本開示の前述および他の特徴は、添付の図面と共に理解すれば、以下の説明および添付の特許請求の範囲からより完全に明らかになろう。これらの図面は、本開示に従って、いくつかの実施形態だけを示し、したがって、その範囲を限定すると見なすべきではない。本開示は、添付の図面の利用を介し、追加的な特殊性および詳細を用いて説明される。
建設中の複数階の建物に関連して、本開示の実施形態によるホイストシステムを示す。 マスト部の平行レールに沿って移動するように取り付けられたホイストおよびホイストの駆動システムを示す。 図2のホイストにおける電気コンポーネントのブロック図である。 垂直位置決めのために図2のホイストを較正するためのプロセスを示す流れ図である。 図2のホイストを位置決めするためのプロセスを示す流れ図であり、全ては、本開示の少なくともいくつかの実施形態に従って配列される。
詳細な説明
以下の詳細な説明において、説明の一部を形成する添付の図面を参照する。図面において、同様の符号は、文脈によって特に指示されない限り、典型的には同様のコンポーネントを識別する。詳細な説明、図面および特許請求の範囲において説明される例示的な実施形態は、限定的であるようには意図されていない。本明細書で提示される主題の趣旨または範囲から逸脱せずに、他の実施形態を用いてもよく、他の変更を行ってもよい。本明細書において一般的に説明され、かつ図に示されているように、本開示の態様が、多種多様の異なる構成に配列、代用、結合および設計することができ、これらの全てが、明確に考察され、本開示の一部を形成することが、容易に理解されよう。
本開示は、とりわけ、ホイスト位置決めシステムおよび方法に関する。本開示の実施形態によれば、ホイスト位置決めシステムには、ホイストに装着された加速度計と、加速度計からの信号を処理し、処理した信号を基準データと比較してホイストの位置を判定するための制御ユニットと、ホイストを上下に移動させるための駆動システムと、制御ユニットからの制御信号によってスイッチオンおよびスイッチオフされる継電器と、が含まれる。継電器がスイッチオンされると、電力が高電圧源から駆動システムに供給され、ホイストが上方または下方に駆動される。継電器がスイッチオフされると、高電圧源から駆動システムへの電力が切断され、ホイストは、上昇または下降を停止する。
図1は、建設中の複数階の建物に関連して、本開示の実施形態によるホイストシステムを示す。複数階の建物10は、複数のフロアを有するように建設されている。マスト部20は、複数階の建物10に隣接して位置し、ホイスト100用の支持体を提供し、ホイスト100は、マスト部20に沿って上下に移動して、地面と複数階の建物10のより高いフロアとの間、および複数階の建物10のフロア間で、建設材料、器材および作業員を迅速に運搬する。
図2は、マスト部の平行レールに沿って移動するように取り付けられたホイストおよびホイストの駆動システムを示す。マスト部20(図2には、その一部だけが示されている)には、第1のレール21および第2のレール22が含まれ、ホイスト100は、これらのレールに沿い、ラックアンドピニオンシステムを介して移動する。ラックギアは、第1のレール21および第2のレール22に設けられている。ピニオンギアは、ギアボックス211、212に設けられている。モータ210が、シャフト215を介してピニオンギアを駆動し、かつボックス220に含まれる高電圧源によって電力を供給される。モータ210が、第1の方向に回転すると、ホイスト100は、レールを上昇する。モータ220が、第1の方向と反対の第2の方向に回転すると、ホイスト100は、レールを下降する。モータ220が、電力を供給されず、どちらの方向にも回転しない場合には、ブレーキシステム(図示せず)が、重力に抗してホイスト100を適所に保持する。レバー230は、第1の方向にモータ220を回転させる上昇方向か、または第2の方向にモータ220を回転させる下降方向に操作することができる。レバー230が、その中立位置(上昇でも下降でもない)にある場合には、電力はモータ220に供給されず、ブレーキシステムは、重力に抗してホイスト100を適所に保持する。
図3は、図2のホイストにおける電気コンポーネントのブロック図である。電気コンポーネントは、ボックス220内に収容され、かつSCR304(またはより一般的には継電器)を介して電力を供給する高電圧源302および高電圧線306を含む。SCR304は、制御ユニット310から来る低電圧信号によって、オンまたはオフを制御される。この構成を用いれば、高電圧システムは、オペレータの安全性を向上させるために、低電圧を用いて制御することができる。例示的な低電圧は、5ボルトであってもよく、ホイストに電力を供給する際の例示的な高電圧は、380ボルトであってもよい。制御ユニット310は、プログラム可能なシングルチップマイクロコンピュータである。制御ユニット310は、加速度計320からの電圧信号を処理し、メモリユニット330に対してデータを読み書きし、かつ無線モジュール340と通信するようにプログラムされる。加速度計320は、ホイスト100の上方/下方への加速を感知し、感知された加速に対応する電圧レベルを有する電圧信号を制御ユニット310に出力する。無線モジュール340には、対応する赤外線(IR)送信機を装備した遠隔制御装置からの制御入力を受信するためのIR受信機、および制御室のベースユニットと通信するためのRFトランシーバが含まれる。
制御ユニット310は、較正モードまたは運転モードのどちらかで動作する。遠隔制御装置には、較正モードと運転モードとの間で制御ユニット310を切り替えるモード選択ボタンが含まれる。較正モード中に、ホイスト100は、各建物レベルにおいて手動で位置決めされ、このプロセス中に加速度計320から出力された電圧信号は、制御ユニット310によって処理され、処理された信号は、メモリ330に記録される。運転モード中に、ホイスト100は、移動中に加速度計320から出力された電圧信号を記録データと比較することによって、特定の建物レベルへ移動される。
図4は、垂直位置決め用に図2のホイストを較正するためのプロセスを示す流れ図である。このプロセスは、遠隔制御装置を介して入力された、ホイスト100についての所望のフロアレベルに対して、オペレーション410で始まる。次に、オペレーション412において、制御ユニット310は、加速度計320から出力された電圧信号の処理を開始する。オペレーション414において、SCR304などの継電器を介して、制御ユニット310は、レバー230に、ホイスト100を所望のフロアレベルへ移動させる(オペレーション414)。電圧信号の処理は、所望のフロアに到達した後で、オペレーション416において終了される。追加的なフロアが較正される場合には(オペレーション418)、プロセスフローは、オペレーション410に戻る。全ての建物フロアが対処されるまで、オペレーション410、412、414、416が繰り返される。
図5は、図2のホイストを位置決めするためのプロセスを示す流れ図である。このプロセスは、制御ユニット310によって実行され、目的フロアを示す遠隔制御入力の受信と共に、オペレーション510において開始する。次に、オペレーション512において、制御ユニット310は、加速度計320から出力された電圧信号の処理を開始する。SCR304は、オペレーション514においてスイッチオンされる。これは、制御ユニット310によって出力される低電圧信号によって行われる。SCR304がスイッチオンされると、電力が、高電圧源302からモータ210に供給される。電力に加えて、制御信号が、モータ210に出力されて、モータ回転の方向を制御する。ホイスト100が移動されるにつれて、制御ユニット310は、加速度計320から出力された電圧信号を連続的に処理し、それらを記録データと比較して(オペレーション516)、目的フロアに到達したかどうかを判定する(オペレーション518)。目的フロアに到達した場合には、SCR304はスイッチオフされて、モータ210への電力を切断する(オペレーション520)。これもまた、制御ユニット310によって出力される低電圧信号によって行われる。目的フロアに到達していない場合には、制御ユニット310は、加速度計320から出力された電圧信号を引き続き処理し、それらを記録データと比較する。
代替の実施形態において、ホイスト位置の較正および制御は、無線モジュール340を介し、制御室において遠隔で実行することができる。また、制御ユニット310およびメモリ330は、ボックス220から取り外し、制御室に配置することができる。この構成は、ホイストにおけるデータケーブルの設置を回避し、スタンドアロンモジュールとして実現することができるが、これは、既存のホイストを修正する場合に有利である。また、それは、使用が簡単かつ便利である。
上記のホイスト位置決めシステムおよび方法を用いれば、ホイストは、正確に自動で、かつ要望があれば遠隔位置からさえも位置決めすることができる。その結果、正確なホイスト位置決めが、暗い環境および視界不良の気象条件においてさえ可能になる。上記のホイスト位置決めシステムおよび方法を用いれば、ホイストオペレータの訓練もまた、より容易かつより安全になる。
システム態様のハードウェアおよびソフトウェアインプリメンテーション間に残される区別は、ほとんどない。ハードウェアまたはソフトウェアの使用は、一般に(しかし、ある文脈において、ハードウェアおよびソフトウェア間の選択が重要になり得るという点で、常にではない)、コスト対効率のトレードオフを表わす設計選択である。本明細書で説明するプロセスならびに/またはシステムならびに/または他の技術(例えば、ハードウェア、ソフトウェアおよび/もしくはファームウェア)を実現できる様々な手段(vehicle)があり、好ましい手段は、プロセスおよび/またはシステムおよび/または他の技術が実施される文脈に応じて変わる。例えば、開発者が、速度および精度が最も重要であると決定する場合には、開発者は、主にハードウェアおよび/またはファームウェア手段を選択してもよい。柔軟性が最も重要である場合には、開発者は、主にソフトウェアインプリメンテーションを選択してもよい。またはさらに再び、代替として、開発者は、ハードウェア、ソフトウェアおよび/またはファームウェアのある組み合わせを選択してもよい。
前述の詳細な説明は、ブロック図、流れ図および/または例の使用を介して、装置および/またはプロセスの様々な実施形態を説明した。かかるブロック図、流れ図および/または例が、1つまたは複数の機能および/または動作を含む限り、かかるブロック図、流れ図または例の内の各機能および/または動作は、広範囲なハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアまたは実質的にそれらの任意の組み合わせによって、個別にかつ/または集合的に実行できることが、当業者によって理解されよう。一実施形態において、本明細書で説明する主題のいくつかの部分は、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、デジタル信号プロセッサ(DSP)または他の統合フォーマットを介して実行してもよい。しかしながら、当業者は、次のことを理解されよう。すなわち、本明細書で開示する実施形態のいくつかの態様は、全体的にまたは部分的に、1つまたは複数のコンピュータ上を走行する1つもしくは複数のコンピュータプログラムとして(例えば、1つもしくは複数のコンピュータシステム上を走行する1つもしくは複数のプログラムとして)、1つもしくは複数のプロセッサ上を走行する1つもしくは複数のプログラムとして(例えば、1つもしくは複数のマイクロプロセッサ上を走行する1つもしくは複数のプログラムとして)、ファームウェアとして、または実質的にこれらの任意の組み合わせとして、集積回路上で同等に実行できることと、回路の設計ならびに/またはソフトウェアおよび/もしくはファームウェア用のコードの書き込みが、本開示に照らして、当該技術分野の技術における一技術内に十分に入ることとを理解されよう。さらに、当業者は、次のことを理解されよう。すなわち、本明細書で説明する主題の機構は、様々な形態におけるプログラム製品として分配できること、および本明細書で説明する主題の例示的な実施形態が、実際に分配を実行するために用いられる特定のタイプの信号担持媒体に関係なく適用されることを理解されよう。信号担持媒体の例には、限定するわけではないが、次のものが含まれる。すなわち、フロッピー(登録商標)ディスク、ハードディスクドライブ、コンパクトディスク(CD)、デジタルビデオディスク(DVD)、デジタルテープ、コンピュータメモリなどの記録可能なタイプの媒体、ならびにデジタルおよび/またはアナログ通信媒体(例えば、光ファイバケーブル、導波路、有線通信リンク、無線通信リンク等)などの送信タイプの媒体が含まれる。
本明細書に記載の方法で装置および/またはプロセスを説明し、その後、かかる説明した装置および/またはプロセスをデータ処理システムに統合するためにエンジニアリングの手法を用いることが、当該技術分野において普通であることを、当業者は理解されよう。すなわち、本明細書で説明する装置および/またはプロセスの少なくとも一部は、合理的な実験量を介して、データ処理システムに統合することができる。当業者は、次のことを理解されよう。すなわち、典型的なデータ処理システムには、一般に、1つまたは複数のシステムユニットハウジングと、ビデオ表示装置と、揮発性および不揮発性メモリなどのメモリと、マイクロプロセッサおよびデジタル信号プロセッサなどのプロセッサと、オペレーティングシステムなどの計算エンティティと、ドライバと、グラフィカルユーザインタフェースおよびアプリケーションプログラムと、タッチパッドまたはスクリーンなどの1つまたは複数の対話装置と、フィードバックループおよび制御モータ(例えば、位置および/または速度を感知するためのフィードバック、ならびにコンポーネントおよび/または量を移動しかつ/または調整するための制御モータ)を含む制御システムと、が含まれることを理解されよう。典型的なデータ処理システムは、データ計算/通信および/またはネットワークコンピューティング/通信システムにおいて典型的に見出されるコンポーネントなど、任意の適切な市販のコンポーネントを用いて実現してもよい。
本明細書で説明する主題は、時には、他の異なるコンポーネント内に含まれるかまたはそれらに接続された異なるコンポーネントを示す。このように表現されたアーキテクチャが、単に例示的であること、および実際には、同じ機能を実現する他の多くのアーキテクチャを実現できることを理解されたい。概念的な意味で、同じ機能を実現するコンポーネントの任意の配置が、所望の機能を実現するように効果的に「関連づけられる」。したがって、特定の機能を実現するために本明細書において結合された任意の2つのコンポーネントは、アーキテクチャまたは中間コンポーネントに関係なく、所望の機能を実現するように互いに「関連づけられる」と見なすことができる。同様に、そのように関連づけられた任意の2つのコンポーネントはまた、所望の機能を実現するために、互いに「動作可能に接続される」または「動作可能に結合される」と見なすことができ、このように関連づけることができる任意の2つのコンポーネントはまた、所望の機能を実現するために、互いに「動作可能に結合可能である」と見なすことができる。動作可能に結合可能な特定の例には、限定するわけではないが、物理的に結合可能なおよび/または物理的に対話するコンポーネント、ならびに/または無線で対話可能なおよび/または無線で対話するコンポーネント、ならびに/または論理的に対話するおよび/または論理的に対話可能なコンポーネントが含まれる。
本明細書において、実質的に任意の複数形および/または単数形の用語の使用に関連して、当業者は、文脈および/または適用例に適切であるように、複数形から単数形へ、および/または単数形から複数形へ翻訳することができる。様々な単数形/複数形の変更は、明瞭にするために本明細書においてはっきりと説明してもよい。
一般に、本明細書および特に添付の特許請求の範囲(例えば、添付された特許請求の範囲の本文)で用いられる用語は、一般に、「開放」用語(例えば、用語「含んでいる(including)」は、「含んでいるが、しかしそれに限定されるわけではない」と解釈すべきであり、用語「有する(having)」は、「少なくとも有する」と解釈すべきであり、用語「含む(includes)」は、「含むが、しかしそれに限定されるわけではない」と解釈すべきである等)として意図されていることが、当業者によって理解されよう。さらに当業者であれば、特定数の導入されたクレームレシテーション(claim recitation)が意図的である場合には、かかる意図が、そのクレームにおいて明示的に挙げられ、かかるレシテーションがなければ、かかる意図が存在しないことを理解されよう。例えば、理解の助けとして、以下の添付された特許請求の範囲には、クレームレシテーションを導入するために、導入句「少なくとも1つの」および「1つまたは複数の」の使用を含んでもよい。しかしながら、かかる句の使用は、次のことを意味すると解釈すべきでない。すなわち、不定冠詞「a」または「an」によるクレームレシテーションの導入は、かかる導入されたクレームレシテーションを含む任意の特定のクレームを、ただ1つのかかるレシテーションを含む発明に限定することを意味すると解釈すべきでない。たとえ同じクレームが、導入句「1つもしくは複数の」または「少なくとも1つの」、ならびに不定冠詞「a」または「an」(例えば、「a」および/または「an」は、典型的には、「少なくとも1つの」または「1つもしくは複数の」を意味すると解釈すべきである)を含む場合であっても同様である。同じことが、クレームレシテーションを導入するために用いられる定冠詞の使用にも当てはまる。さらに、たとえ導入されたクレームレシテーションの特定の数が、明示的に挙げられている場合であっても、当業者は、かかるレシテーションが、典型的には、少なくとも挙げられた数を意味するように解釈されるべきであると理解されよう(例えば、他の修飾語がない「2つのレシテーション」のベアレシテーション(bare recitation)は、少なくとも2つのレシテーション、または2つ以上のレシテーション意味する)。さらに、「A、BおよびCの少なくとも1つ、等」に類似した慣用語が用いられる例において、一般に、かかる構成は、当業者がかかる慣用語を理解するであろう意味に意図されている(例えば、「A、BおよびCの少なくとも1つを有するシステム」は、限定するわけではないが、Aだけ、Bだけ、Cだけ、AおよびBを一緒に、AおよびCを一緒に、BおよびCを一緒に、ならびに/またはA、BおよびCを一緒に有するシステムを含む、等)。「A、BおよびCの少なくとも1つ、等」に類似した慣用語が用いられる例において、一般に、かかる構成は、当業者がかかる慣用語を理解するであろう意味に意図されている(例えば、「A、BおよびCの少なくとも1つを有するシステム」は、限定するわけではないが、Aだけ、Bだけ、Cだけ、AおよびBを一緒に、AおよびCを一緒に、BおよびCを一緒に、ならびに/またはA、BおよびCを一緒に有するシステムを含む、等)。2つ以上の代替用語を表す実質的に任意の離接語および/または句は、説明、特許請求の範囲または図面にあっても、用語の1つ、用語のどちらか、または両方の用語を含む可能性を考慮するように理解すべきである。例えば句「AまたはB」は、「A」もしくは「B」、または「AおよびB」の可能性を含むように理解されよう。
本明細書において様々な態様および実施形態を開示したが、他の態様および実施形態が、当業者には明らかであろう。本明細書で開示される様々な態様および実施形態は、例示のためであり、限定的であるようには意図されておらず、真の範囲および趣旨は、以下の特許請求の範囲によって示される。

Claims (20)

  1. ホイストに装着された加速度計と、
    前記加速度計からの読み取り値を基準データと比較して前記ホイストの位置を判定するための制御ユニットであって、較正モードにおいて前記ホイストの様々な垂直位置に対して前記加速度計からの読み取り値を前記基準データとして較正する、制御ユニットと、
    前記ホイストを上下に移動させるための駆動システムと、
    前記制御ユニットからの制御信号によってスイッチオンまたはスイッチオフされる継電器であって、前記継電器がスイッチオンされると、電力が前記駆動システムに供給され、前記継電器がスイッチオフされると、前記駆動システムへの電力が切断される継電器と、
    を含むホイスト位置決めシステム。
  2. 遠隔赤外線送信機から目的フロア入力を受信するための赤外線受信機をさらに含み、前記目的フロアに到達したと前記制御ユニットが判定した場合に、前記制御ユニットが、前記継電器をスイッチオフする制御信号を送信する、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  3. 遠隔制御ユニットと通信するための無線モジュールをさらに含む、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  4. 遠隔制御ユニットと通信するための無線受信機をさらに含み、目的フロア入力が、前記無線受信機を介して前記遠隔制御ユニットから受信され、前記目的フロアに到達したと前記制御ユニットが判定した場合に、前記制御ユニットが、前記継電器をスイッチオフする制御信号を送信する、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  5. 前記制御ユニットが前記ホイストに取り付けられる、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  6. 前記制御ユニットが、較正モードおよび運転モードで動作可能である、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  7. 前記継電器がSCRである、請求項1に記載のホイスト位置決めシステム。
  8. ホイストに装着された加速度計と、
    前記ホイストを上下に移動させるための駆動システムと、
    前記駆動システムを制御する信号を発するための制御ユニットであって、較正モードおよび運転モードで動作可能な制御ユニットと、
    を含むホイスト位置決めシステムであって、
    前記較正モードにおいて、前記制御ユニットが、前記ホイストの様々な垂直位置に対して前記加速度計からの第1の読み取り値を基準データとして較正し、前記運転モードにおいて、前記制御ユニットが、前記加速度計からの第2の読み取り値と前記基準データとの比較に基づいて、前記ホイストを特定の垂直位置に移動させるホイスト位置決めシステム。
  9. 遠隔赤外線送信機から目的フロア入力を受信するための赤外線受信機をさらに含み、前記制御ユニットが、前記加速度計からの読み取り値および前記基準データに基づいて、前記ホイストを前記目的フロアに移動させる、請求項8に記載のホイスト位置決めシステム。
  10. 前記駆動システム用の高電圧源をさらに含む、請求項8に記載のホイスト位置決めシステム。
  11. 前記制御ユニットからの制御信号によってスイッチオンまたはスイッチオフされる継電器をさらに含み、前記継電器がスイッチオンされると、電力が、高電圧源から前記駆動システムに供給され、前記継電器がスイッチオフされると、前記高電圧源から前記駆動システムへの電力が切断される、請求項8に記載のホイスト位置決めシステム。
  12. 前記継電器がSCRである、請求項11に記載のホイスト位置決めシステム。
  13. 遠隔制御ユニットと通信するための無線モジュールをさらに含む、請求項8に記載のホイスト位置決めシステム。
  14. 遠隔制御ユニットと通信するための無線受信機をさらに含み、目的フロア入力が、前記無線受信機を介して前記遠隔制御ユニットから受信され、前記目的フロアに到達したと前記制御ユニットが判定した場合に、前記制御ユニットが、前記継電器をスイッチオフする制御信号を送信する、請求項11に記載のホイスト位置決めシステム。
  15. 様々な垂直位置に対してホイストを制御し、および前記ホイストの様々な垂直位置に対して、前記ホイストに装着された加速度計からの第1の読み取り値を基準データとして較正することと、
    前記ホイストについて目的垂直位置を受信することと、
    前記加速度計からの第2の読み取り値と前記基準データとの比較に基づいて、前記ホイストを前記目的垂直位置に移動させることと、
    を含むホイスト位置決め方法。
  16. 前記ホイストを前記目的垂直位置に移動させることが、継電器をスイッチオンして、高電圧源からの電力が前記ホイスト用の駆動システムに供給されるようにすることを含む、請求項15に記載のホイスト位置決め方法。
  17. 前記ホイストを前記目的垂直位置に移動させることが、継電器をスイッチオンして、高電圧源からの電力が前記ホイスト用の駆動システムに供給されるようにすること、および前記目的垂直位置に到達した場合に、前記継電器をスイッチオフすることを含む、請求項15に記載のホイスト位置決め方法。
  18. 前記動作プロセスが、前記加速度計からの前記読み取り値と前記基準データとの比較に基づいて、前記目的垂直位置に到達したかどうかを判定することをさらに含む、請求項15に記載のホイスト位置決め方法。
  19. 前記ホイスト用の前記目的垂直位置が、前記ホイスト上で操作される入力装置から受信される、請求項15に記載のホイスト位置決め方法。
  20. 前記ホイスト用の前記目的垂直位置が、前記ホイストから離れた位置で操作される入力装置から受信される、請求項15に記載のホイスト位置決め方法。
JP2009213875A 2009-09-02 2009-09-16 ホイスト位置決めシステムおよび方法 Expired - Fee Related JP5394866B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US12/553,091 US7958970B2 (en) 2009-09-02 2009-09-02 Acceleration sensor calibrated hoist positioning
US12/553,091 2009-09-02

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011051797A JP2011051797A (ja) 2011-03-17
JP5394866B2 true JP5394866B2 (ja) 2014-01-22

Family

ID=43525309

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009213875A Expired - Fee Related JP5394866B2 (ja) 2009-09-02 2009-09-16 ホイスト位置決めシステムおよび方法

Country Status (3)

Country Link
US (1) US7958970B2 (ja)
JP (1) JP5394866B2 (ja)
DE (1) DE102010016195A1 (ja)

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20120181118A1 (en) * 2009-09-22 2012-07-19 Jae Boo Choi Device for displaying floor information of operating elevator using acceleration sensor
EP2468671A1 (en) * 2010-12-23 2012-06-27 Inventio AG Determining elevator car position
EP2663518A4 (en) * 2011-01-13 2017-11-15 Otis Elevator Company Device and method for determining position using accelerometers
EP2807823B1 (en) 2012-01-24 2018-03-28 Dolby Laboratories Licensing Corporation Piecewise cross color channel predictor
EP2867150B1 (en) * 2012-06-27 2018-08-08 KONE Corporation Position and load measurement system for an elevator
WO2014070203A1 (en) * 2012-11-05 2014-05-08 Otis Elevator Company Inertial measurement unit assisted elevator position calibration
ES2483816B1 (es) * 2013-02-07 2015-12-18 S.A. Sistel Sistema de control de posicionamiento, de limitación de velocidad y de movimientos incontrolados de cabina, o contrapeso, de un ascensor.
WO2016126805A1 (en) * 2015-02-04 2016-08-11 Otis Elevator Company Position determining for ropeless elevator system
EP3081519B1 (en) * 2015-04-16 2018-02-21 Kone Corporation Method for the position detection of an elevator car
US10829344B2 (en) 2017-07-06 2020-11-10 Otis Elevator Company Elevator sensor system calibration
US11014780B2 (en) 2017-07-06 2021-05-25 Otis Elevator Company Elevator sensor calibration

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6138106B2 (ja) * 1979-06-04 1986-08-27 Hitachi Ltd
FI76768C (fi) * 1987-05-27 1988-12-12 Kone Oy Foerfarande foer bestaemning av en hiss' position samt en pulsvaoningsraeknare.
JPH0346982A (en) * 1989-07-12 1991-02-28 Toshiba Corp Elevator position detecting device
JPH04121370A (en) * 1990-09-11 1992-04-22 Toshiba Corp Destination story register device of elevator
JPH05139649A (ja) * 1991-11-19 1993-06-08 Toshiba Corp エレベータの制御装置
JPH05306074A (ja) * 1992-05-06 1993-11-19 Mitsubishi Electric Corp エレベータの制御装置
JP3255005B2 (ja) * 1996-03-29 2002-02-12 三菱電機株式会社 エレベーターの制御装置
US5883345A (en) * 1997-12-23 1999-03-16 Otis Elevator Company Sonic position measurement system
JP3864647B2 (ja) * 1999-11-26 2007-01-10 株式会社日立製作所 エレベータシステム
PT1307395E (pt) * 2000-08-07 2007-02-28 Inventio Ag Dispositivo de monitorização para um ascensor
US6467585B1 (en) * 2001-07-05 2002-10-22 Otis Elevator Company Wireless safety chain for elevator system
JP2003201073A (ja) * 2002-01-08 2003-07-15 Hitachi Building Systems Co Ltd エレベーターの制御方法及び装置
JP2004010345A (ja) * 2002-06-12 2004-01-15 Hitachi Ltd エレベーター装置
US7077244B2 (en) * 2002-10-08 2006-07-18 Otis Elevator Company Elevator cab locating system including wireless communication
US7540358B2 (en) * 2004-05-31 2009-06-02 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator apparatus including main and auxiliary sensors
US7353916B2 (en) * 2004-06-02 2008-04-08 Inventio Ag Elevator supervision
US7143001B2 (en) * 2004-07-21 2006-11-28 Rockwell Automation Technologies, Inc. Method for monitoring operating characteristics of a single axis machine
FI118532B (fi) * 2005-08-19 2007-12-14 Kone Corp Paikannusmenetelmä hissijärjestelmässä

Also Published As

Publication number Publication date
US7958970B2 (en) 2011-06-14
DE102010016195A1 (de) 2011-03-03
JP2011051797A (ja) 2011-03-17
US20110048861A1 (en) 2011-03-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6859359B2 (en) Modular sensor platform
TWI434738B (zh) 清潔機及其路徑控制方法
CN100545405C (zh) 电动闭锁机构
CN1306349C (zh) 数值控制装置
CN108443680B (zh) 一种移动装置、移动装置控制系统及控制方法
Cooney et al. Visual dead-reckoning for motion control of a Mecanum-wheeled mobile robot
EP2942161B1 (en) Ceiling mounted robot
ES2527268T3 (es) Multifunction robot to move on a wall using a global indoor positioning system
US20160319597A1 (en) Methods and apparatus to control an architectural opening covering assembly
US20150050111A1 (en) Mobile manipulation system with vertical lift
WO2008070208A3 (en) Multi-robot control interface
US8812275B2 (en) Modeling movement of air under a floor of a data center
CA2963656A1 (en) Control systems for operation of loading dock equipment, and associated methods of manufacture and use
CN101915341B (zh) 一种两自由度云台机构
CN102220839B (zh) 具有用于确定调节范围的计算机单元的建筑机械
CN107053143B (zh) 一种基于web控制的工业机器人示教器及使用方法
JP2017205867A (ja) 可動構造を有する自動化装置、特にロボット
WO2009114028A8 (en) Automated tilt head for electronic display mount
EP1970264A3 (en) Remote control method and system, vehicle with remote controllable function, and control server
KR20190005757A (ko) 엘레베이터 상태 모니터링 시스템
WO1983003995A1 (en) Industrial robot
CN204178562U (zh) 一种可移动视频和无线超声波相结合的停车探测器
US20120168397A1 (en) Hoist apparatus and control method thereof
KR101341197B1 (ko) 자동 청소기
DE102010016195A1 (de) System und Verfahren zur Positionierung einer Hebevorrichtung

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120813

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120824

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20120926

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20120927

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121030

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130620

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130918

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131004

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131017

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees