JP5353755B2 - 画像形成装置 - Google Patents

画像形成装置 Download PDF

Info

Publication number
JP5353755B2
JP5353755B2 JP2010035001A JP2010035001A JP5353755B2 JP 5353755 B2 JP5353755 B2 JP 5353755B2 JP 2010035001 A JP2010035001 A JP 2010035001A JP 2010035001 A JP2010035001 A JP 2010035001A JP 5353755 B2 JP5353755 B2 JP 5353755B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
carriage
scanning direction
black
color
positioning
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010035001A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011167977A (ja
Inventor
慎一郎 成瀬
一郎 小室
衛 頼本
聡一 雑賀
隆介 間瀬
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ricoh Co Ltd
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP2010035001A priority Critical patent/JP5353755B2/ja
Priority to US13/028,599 priority patent/US8308272B2/en
Publication of JP2011167977A publication Critical patent/JP2011167977A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5353755B2 publication Critical patent/JP5353755B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J25/00Actions or mechanisms not otherwise provided for
    • B41J25/34Bodily-changeable print heads or carriages
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J3/00Typewriters or selective printing or marking mechanisms, e.g. ink-jet printers, thermal printers characterised by the purpose for which they are constructed
    • B41J3/54Typewriters or selective printing or marking mechanisms, e.g. ink-jet printers, thermal printers characterised by the purpose for which they are constructed with two or more sets of type or printing elements
    • B41J3/543Typewriters or selective printing or marking mechanisms, e.g. ink-jet printers, thermal printers characterised by the purpose for which they are constructed with two or more sets of type or printing elements with multiple inkjet print heads

Description

本発明は画像形成装置に関し、特に液滴を吐出する液体吐出ヘッドを記録ヘッドに備える画像形成装置に関する。
プリンタ、ファクシミリ、複写装置、プロッタ、これらの複合機等の画像形成装置として、例えばインク液滴を吐出する記録ヘッドを用いた液体吐出記録方式の画像形成装置としてインクジェット記録装置などが知られている。この液体吐出記録方式の画像形成装置は、記録ヘッドからインク滴を、搬送される用紙(紙に限定するものではなく、OHPなどを含み、インク滴、その他の液体などが付着可能なものの意味であり、被記録媒体あるいは記録媒体、記録紙、記録用紙などとも称される。)に対して吐出して、画像形成(記録、印字、印写、印刷も同義語で使用する。)を行なうものであり、記録ヘッドが主走査方向に移動しながら液滴を吐出して画像を形成するシリアル型画像形成装置と、記録ヘッドが移動しない状態で液滴を吐出して画像を形成するライン型ヘッドを用いるライン型画像形成装置がある。
なお、本願において、液体吐出方式の「画像形成装置」は、紙、糸、繊維、布帛、皮革、金属、プラスチック、ガラス、木材、セラミックス等の媒体に液体を吐出して画像形成を行う装置を意味し、また、「画像形成」とは、文字や図形等の意味を持つ画像を媒体に対して付与することだけでなく、パターン等の意味を持たない画像を媒体に付与すること(単に液滴を媒体に着弾させること)をも意味する。また、「インク」とは、インクと称されるものに限るものではなく、吐出されるときに液体となるものであれば特に限定されるものではなく、例えば、DNA試料、レジスト、パターン材料なども含まれる。また、「画像」とは平面的なものに限らず、立体的に形成されたものに付与された画像、また立体自体を3次元的に造形して形成された像も含まれる。
液体吐出方式の画像形成装置にあっては、インクを吐出する記録ヘッドの性能を維持、回復する装置(維持回復機構)が不可欠であり、その機能の1つとしてヘッド内部の気泡、異物及び増粘インクなどをノズルから排出して吐出不良を低減することが行なわれる。
そのため、黒色のインク滴を吐出する黒ヘッドと、カラーのインク滴を吐出するカラーヘッドとを備えて、カラー画像を形成するカラー画像形成装置の場合には、黒ヘッドのみを使用してモノクロ印刷を行なっているときでも、維持回復動作としては黒ヘッドのみならずカラーヘッドについてもインク排出が行なわれ、使用していないカラーインクが消費されて印刷コストが高くなるという問題がある。
そこで、従来、黒色のインク滴を吐出する黒ヘッドを搭載した黒キャリッジと、カラーのインク滴を吐出するカラーヘッドを搭載したカラーキャリッジとを備えて、黒キャリッジとカラーキャリッジとを分離及び結合可能にしたものがある。
そして、例えば、キャリアとしての走査子に対してグリッパを介してブラックインク用キャリッジとカラーインク用キャリッジを選択的に結合可能とし、それらの走査子及びキャリッジのそれぞれに設けたセンサ遮蔽板が装置本体の定位置に備えたホームポジションセンサの光路を遮蔽するタイミングに基づいて走査子に対するキャリッジの結合がた分の位置制御の補正量を求めるものがある(特許文献1)。
また、同様にキャリアとしての走査子に対してグリッパを介してブラックインク用キャリッジとカラーインク用キャリッジを選択的に結合可能とし、走査子側のロック部がキャリッジ側のグリップ部と係合することにより、走査子とキャリッジとの結合状態をロックするようにしたものがある(特許文献2)。
また、活字印字機構・ドツト印字機構・サ−マル印字機構等の互いに異なる印字機構を搭載した複数のキヤリツジ(移送体)をサポ−ト軸に支持するとともに、キヤリツジと移送体の間に、それらを接離自在に連結できる連結手段を設けるものがある(特許文献3)。
また、ヘッドをキャリッジに交換可能に装着できるようにした場合の位置決め方法として、ヘッドに、キャリッジを案内するガイドロッド上で位置決めする作用部と、キャリッジに当接する基準面を有する突起を設けるものが知られている(特許文献4)。
特開平9−240097号公報 特開平9−109423号公報 特開昭60−049973号公報 特開平7−156507号公報
しかしながら、特許文献1、2に開示されているように、ブラックインク用キャリッジとカラーインク用キャリッジとを中間部材としての走査型キャリアとグリッパを介して結合、分離する構成にあっては、中間部材を介しているためにブランクインク用キャリッジとカラーインク用キャリッジとの相対的位置精度が低下し、カラー画像の画像品質が低下するという課題がある。
また、一般的に、上述したように黒キャリッジとカラーキャリッジとを分離及び結合可能な構成とした場合、キャリッジの分離、結合を繰り返すことによって黒キャリッジとカラーキャリッジとの相対的位置精度が低下すると、画像品質が低下するという課題がある。
本発明は上記の課題に鑑みてなされたものであり、黒キャリッジとカラーキャリッジとを高精度に結合して画像品質の低下を防止することを目的とする。
上記の課題を解決するため、本発明に係る画像形成装置は、
黒色の液滴を吐出する黒ヘッドが搭載され、主走査方向に移動可能な黒キャリッジと、
前記黒キャリッジの主走査方向領域内で、前記黒キャリッジと分離及び結合可能で、カラーの液滴を吐出するカラーヘッドを搭載したカラーキャリッジと、
前記黒キャリッジ及び前記カラーキャリッジのいずれか一方に主走査方向に延設された基準軸部と、他方に設けられた前記基準軸部に係合する位置決め用溝部とを有する副走査方向位置決め手段と、
前記カラーキャリッジに設けられ、前記基準軸部の軸中心を回転中心とする回転方向で前記黒キャリッジに当接する回転方向位置決め手段と、
前記黒キャリッジ及び前記カラーキャリッジにそれぞれ副走査方向に平行に設けられた溝部又は軸部と、前記2つの溝部に係合する平行な軸部又は前記2つの軸部に係合する平行な溝部が形成された位置決め部材とを有する主走査方向位置決め手段と、を備えている
構成とした。
ここで、前記主走査方向位置決め手段は、前記位置決め部材を前記キャリッジ側に向けて加圧する加圧手段を備えている構成とできる。
この場合、前記加圧手段は前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジ側に向けて加圧する手段を兼ねている構成とできる。
また、前記副走査方向位置決め手段の前記位置決め用溝部は少なくとも2箇所で前記基準軸部と当接して係合し、前記位置決め用溝部と前記基準軸部の接触部と前記回転方向位置決め手段の接触部とを結ぶ領域内に、前記カラーキャリッジの重心が位置するとともに、主走査方向位置決め手段の前記位置決め部材を加圧する加圧手段による前記カラーキャリッジ側の加圧位置が位置している構成とできる。
また、前記主走査方向位置決め手段の前記位置決め部材は、前記黒キャリッジ側の溝部及び軸部が加圧されて当接した状態で揺動可能に設けられ、前記軸部の軸心を回転中心として揺動して前記カラーキャリッジ側と係合する構成とできる。
また、前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジに結合するとき、前記副走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれた後、前記回転方向位置決め手段及び前記主走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれる構成とできる。
また、前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジに結合するときに、前記カラーキャリッジを主走査方向に移動して、前記副走査方向位置決め手段の基準軸部と位置決め用溝部を係合させて結合する構成とできる。
本発明に係る画像形成装置によれば、黒キャリッジ及びカラーキャリッジのいずれか一方に延設された基準軸部と、他方に設けられた基準軸部に係合する位置決め用溝部とを有する副走査方向位置決め手段と、カラーキャリッジに設けられ、基準軸部の軸中心を回転中心とする回転方向で黒キャリッジに当接する回転方向位置決め手段と、黒キャリッジ及びカラーキャリッジにそれぞれ副走査方向に平行に設けられた溝部又は軸部と、2つの溝部に係合する平行な軸部又は2つの軸部に係合する平行な溝部が形成された位置決め部材とを有する主走査方向位置決め手段とを備えている構成としたので、黒キャリッジとカラーキャリッジとを高精度に結合することができて画像品質の低下を防止することができる。
本発明に係る画像形成装置としてのインクジェット記録装置の一例の全体構成を示す斜視説明図である。 同装置の模式的側面説明図である。 同装置の画像形成部の模式的正面説明図である。 同じく結合状態のキャリッジ部分の斜視説明図である。 同じく分離状態のキャリッジ部分の斜視説明図である。 同じく副走査方向位置決め手段の斜視説明図である。 同じく主走査方向位置決め手段の斜視説明図である。 同じく副走査方向位置決め手段の位置決め用溝部の形状の異なる例を示す説明図である。 同じく結合動作の説明に供するフロー図である。 本発明の他の実施形態のキャリッジ部分の結合状態の斜視説明図である。 同じく分離状態の斜視説明図である。 同じく結合状態の模式的平面説明図である
以下、本発明の実施形態について添付図面を参照して説明する。本発明に係る画像形成装置としてのインクジェット記録装置の一例について図1ないし図3を参照して説明する。なお、図1は同記録装置の全体構成を示す斜視説明図、図2は同装置の模式的側面説明図、図3は同装置の画像形成部の模式的正面説明図である。
このインクジェット記録装置は、シリアル型インクジェット記録装置であり、記録装置本体1の内部には、画像形成部2、用紙吸引搬送部3、ロール紙収納部4、電装基板収納部6などが配置され、装置本体1の上部には画像読取り部7(図1では図示省略)が備えられている。
画像形成部2は、両側板51、51(図3参照)に主ガイド(ガイドロッド)13及び図示しない従ガイド(ガイドレール)が掛け渡され、これらのガイドロッド13及びガイドレールに黒キャリッジ15が矢示A方向(主走査方向)に摺動可能に保持され、この黒キャリッジ15に対してカラーキャリッジ16が分離及び結合可能に備えられている(図1は結合状態、図3は分離状態で図示)。
そして、黒キャリッジ15を移動走査する主走査機構は、主走査方向の一方側に配置される駆動モータ21と、駆動モータ21によって回転駆動される駆動プーリ22と、主走査方向他方側に配置された従動プーリ23と、駆動プーリ22と従動プーリ23との間に掛け回されたベルト部材24とを備えている。なお、従動プーリ23は、図示しないテンションスプリングによって外方(駆動プーリ22に対して離れる方向)にテンションが架けられている。ベルト部材24は、キャリッジ15の背面側に設けたベルト固定部に一部分が固定保持されていることで、主走査方向にキャリッジ15を牽引する。
また、黒キャリッジ15の主走査方向に沿って黒キャリッジ15の主走査位置を検知するためのエンコーダシート(図示せず)が配置され、キャリッジに設けたエンコーダセンサ(図示せず)によってエンコーダシートが読取られる。
この黒キャリッジ15の主走査領域のうち、記録領域では、用紙30が用紙吸引搬送部3によって黒キャリッジ5の主走査方向と直交する方向(副走査方向:矢示B方向)に間欠的に搬送される。
また、主走査領域のうち一方の端部側領域には、記録ヘッドの維持回復を行う維持回復機構(装置)18が配置されている。さらに、主走査方向のキャリッジ移動領域外又は、上記主走査領域のうち他方の端部側領域には、記録ヘッドのサブタンクに供給する各色のインクを収容したメインカートリッジ19が記録装置本体1に対して着脱自在に装着される。維持回復機構18には、前述した図3に示すように、黒キャリッジ15の黒ヘッド101をキャッピングするキャップ71と、カラーキャリッジ16のカラーヘッド102をキャッピングするキャップ72や図示しないワイパ部材などが設けられている。
また、ロール紙収容部4は給紙手段であり、ロール紙(用紙)30がセットされているが、幅方向のサイズが異なるロール紙がセット可能である。ロール紙30は、その紙軸に両側からフランジ31を装着し、フランジ受け32に載置する。フランジ受け32の内部には、図示しない支持コロが設けられ、支持コロがフランジ31の外周と当接することでフランジ31が回転し、用紙30が給送される。
この記録装置では、ロール紙収容部4から搬送された用紙30は、記録装置本体1の後方から前方に向けて、搬送手段(ローラ対33、駆動ローラ34及び従動ローラ35など)により記録領域へ搬送される。そして、黒キャリッジ15を主走査方向に移動し、用紙40を間欠的に送りながら、モノクロ印刷時には黒キャリッジ15の記録ヘッドを画像情報に応じて駆動して液滴を吐出させることによって、カラー印刷時には黒キャリッジ15にカラーキャリッジ16が結合された状態で各キャリッジ15、16の記録ヘッドを画像情報に応じて駆動して液滴を吐出させることによって、用紙30上に所要の画像が形成される。さらに、画像形成後の用紙は、所定の長さにカットされ、装置本体1の正面側に配置された図示しない排紙トレイへ排出される。
次に、この画像形成装置のキャリッジ構成の詳細について図4ないし図7も参照して説明する。なお、図4は結合状態のキャリッジ部分の斜視説明図、図5は同じく分離状態のキャリッジ部分の斜視説明図、図6は同じく副走査方向位置決め手段の斜視説明図、図7は主走査方向位置決め手段の斜視説明図である。
黒キャリッジ15には、黒インクの液滴を吐出する液体吐出ヘッドからなる黒ヘッド101k1、101k2(以下、区別しないときは「黒ヘッド101」という。)が副走査方向に位置をずらして搭載され、黒キャリッジ15はキャリッジ走査機構によって主ガイド13に沿って主走査方向に移動走査される。黒ヘッド101には装置本体1のインクカートリッジ19からチューブ53を介して黒ヘッド101に一体的に設けたサブタンクを介してインク供給を行なっているが、黒キャリッジ101に交換可能なインクカートリッジを装着する構成とすることもできる。また、黒キャリッジ15には黒ヘッド101に駆動信号を与えるハーネス(信号伝達部材)63も接続されている。
カラーキャリッジ16には、例えばシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の各インクの液滴を吐出する液体吐出ヘッドからなるカラーヘッド102c、102m、102y(以下、区別しないときは「カラーヘッド102」という。)が、黒ヘッド101k2と副走査方向位置を同じくして搭載されている。このカラーキャリッジ16は黒キャリッジ15に結合されたときに、黒キャリッジ15の移動走査によって移動走査される。カラーヘッド102には装置本体1のインクカートリッジ19からチューブ54を介してカラーヘッド101に一体的に設けたサブタンクを介してインク供給を行なっているが、カラーキャリッジ101に交換可能なインクカートリッジを装着する構成とすることもできる。また、カラーキャリッジ16にはカラーヘッド102に駆動信号を与えるハーネス(信号伝達部材)64も接続されている。
ここで、黒キャリッジ15にはカラーキャリッジ16の一端側(ここでは装置本体1の前面を図1の状態としたとき前端側となる。)を載置する載置部55と、他端側(同じく後端側となる。)を受ける受け部56が設けられ、載置部55と受け部56との間には切り欠き部(開放空間)57が形成されている。この開放空間57は、カラーキャリッジ16を載置したときに、カラーヘッド102から吐出される液滴が通る空間及び維持回復機構18のキャップ72などが昇降(移動)する空間となる。
また、黒キャリッジ15には、カラーキャリッジ16を載置して結合した状態で、カラーキャリッジ16よりも側板52側に突き出した基準位置検出用の突き当て部58が設けられている。黒キャリッジ15の基準位置検出は、突き当て部58が側板52に突き当たった位置を検出し(例えば主走査モータ21の駆動電流の変化を検出することで突き当たったことを検出できる)、突き当たった検出位置から所定量側板52と反対側に黒キャリッジ15を移動した位置を基準位置として決定する。黒キャリッジ15のホーム位置検知も同様に行うことができ、ホーム位置と基準位置とは同じでも異なってもよい。
なお、黒キャリッジ15の基準位置の決定は、突き当て部58に代えて基準位置検出部材を設け、装置本体1側に設けた基準位置との位置関係を検出することにより黒キャリッジ15の基準位置を決定することもできる。この場合、例えば、装置本体1側にセンサなどの基準位置検出手段を設け、あるいは、黒キャリッジ15の位置を検出するエンコーダセンサの検出結果と予め定めた(記憶した)基準位置との合致などによって基準位置を決定することもできる。
次に、黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16の結合時の位置決めを行う位置決め機構(手段)について説明する。
まず、黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16の副走査方向(図1の矢示B方向)の位置決めを行なう副走査方向位置決め手段201は、黒キャリッジ15の受け部56上に主走査方向に延設された基準軸部211と、カラーキャリッジ16に設けられた、黒キャリッジ15の基準軸部211に係合する位置決め用溝部212とを有している。
ここで、位置決め用溝部212は、図6(図8(a))に示すように、基準軸部211の軸方向で2箇所に設けられ、溝212aの形状は、軸方向と直交する方向の断面形状でV字形状に形成されている。なお、溝212aの形状は、図8(b)ないし(d)に示すように、同断面形状で、矩形状、一方が傾斜面形状、段差形状などとすることもできる。
なお、ここでは、黒キャリッジ15側に基準軸部211を設け、カラーキャリッジ16側に位置決め用溝部212を設けているが、黒キャリッジ15側に位置決め用溝部212を、カラーキャリッジ16側に19側に基準軸部211を設ける構成とすることもできる。
黒キャリッジ15に対するカラーキャリッジ16の回転方向の位置を決める回転方向位置決め手段202は、カラーキャリッジ16に設けられ、黒キャリッジ15の基準軸部211の軸中心を回転中心とする回転方向で黒キャリッジ15の載置部55に当接する回転支持点213からなる。
黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16の主走査方向(図1の矢示A方向)の位置決めを行なう主走査方向位置決め手段203は、黒キャリッジ15及びカラーキャリッジ16にそれぞれ副走査方向に平行に設けられた溝215a、216a(図7)を各々有する溝部215、216と、2つの溝部215、216に係合する平行な軸部217、218を連結部材223で連結した位置決め部材219とを有する。
ここで、位置決め部材219は、図7にも示すように、黒キャリッジ15との間でスプリングなどの弾性部材220によって軸部217が溝部215に回動可能に押し当てられて当接し(加圧保持され)、更に加圧手段としてのスプリングなどの弾性部材(付勢手段)221によって黒キャリッジ15側に向かう方向、すなわち、軸部218が溝部216に押し付けられて当接する方向に付勢されている。また、溝部215、216の溝215a、216aは、軸部217、218の軸心方向と直交する断面形状がV字形状に形成されているが、前述した図8で説明したと同様な形状とすることもできる。なお、位置決め部材219は、黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16が分離しているときには、図示しない保持部材によって跳ね上げられた状態で保持されている。
なお、ここでは、黒キャリッジ15、カラーキャリッジ16側に溝部215、216を設け、位置決め部材219側に軸部217、218を設けているが、黒キャリッジ15、カラーキャリッジ16側に軸部を、位置決め部材219側に溝部を設ける構成とすることもできる。
次に、このように構成した位置決め機構による黒キャリッジとカラーキャリッジを結合するときの位置決め動作について図9のフロー図を参照して説明する。
まず、結合指示動作を受けると、黒キャリッジ15がキャッピング状態か否かを判別して、キャッピング状態であればキャッピングを解除した後、キャッピング状態でなければそのまま、前述したように、黒キャリッジ15の基準位置検知を行い、黒キャリッジ15の基準位置を決定して、基準位置から所定量移動した位置を結合位置と定め、黒キャリッジ15を結合位置に移動する。
その後、カラーキャリッジ16を結合位置に移動させ、副走査方向位置決め手段201を構成する黒キャリッジ15の基準軸部211にカラーキャリッジ16の位置決め用溝部212を係合させて、副走査方向に位置決めが行われる。このとき、カラーキャリッジ16を主走査方向に移動して、副走査方向位置決め手段201の基準軸部211と位置決め用溝部212を係合させて結合することで、主走査方向にはカラーキャリッジ16が移動可能となる。
そして、基準軸部211の軸心を回転中心としてカラーキャリッジ16が回転(回動)することで、回転方向位置決め手段202の回転支持点213が黒キャリッジ15の載置部55上に接触して、回転方向(高さ方向)の位置決めが行われる。
次いで、カラーキャリッジ16の主走査方向位置決め手段203を構成する溝部216が位置決め部材219の軸部218と係合して、弾性部材221の付勢力で軸部218が溝部216に押し付けられて(加圧されて)当接して、主走査方向の位置決めが行なわれる。このとき、前述したようにカラーキャリッジ16は主走査方向に移動可能であることから、軸部218が溝部216に係合するときに、軸部218が確実に溝部216に当接することができ、主走査方向位置が高精度に位置決めされる。
このように、黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16間の副走査方向及び主走査方向の位置決めを、溝部と軸部を用いて行い、高さ方向(回転方向)の位置決めを回転支持点による接触で行なうことで、三次元的な位置決めが可能になり、更に、主走査方向の位置決めに平行な軸部を用いて高さ方向でも位置決めを行なうことで二重の位置決めによる結合のバラツキを防ぎ、高い精度を確保している。
つまり、黒キャリッジ及びカラーキャリッジのいずれか一方に延設された基準軸部と、他方に設けられた基準軸部に係合する位置決め用溝部とを有する副走査方向位置決め手段と、カラーキャリッジに設けられ、基準軸部の軸中心を回転中心とする回転方向で黒キャリッジに当接する回転方向位置決め手段と、黒キャリッジ及びカラーキャリッジにそれぞれ副走査方向に平行に設けられた溝部又は軸部と、2つの溝部に係合する平行な軸部又は2つの軸部に係合する平行な溝部が形成された位置決め部材とを有する主走査方向位置決め手段とを備えている構成とすることで、黒キャリッジとカラーキャリッジとを高精度に結合することができて画像品質の低下を防止することができる。
そして、この場合、主走査方向位置決め手段は、位置決め部材をキャリッジ側に向けて加圧する加圧手段を備えている構成とすることで、平行な軸部と平行な溝部を確実に係合させることができて、分離、結合の繰り返しに伴うカラーキャリッジの高さ方向での高い位置決め精度を再現性良く得ることができる。
この場合、加圧手段はカラーキャリッジを黒キャリッジ側に向けて加圧する手段を兼ねている構成とすることで、移動中のカラーキャリッジの高さ方向での振動を抑えることができるとともに、構成が簡単になる。
また、主走査方向位置決め手段の位置決め部材は、黒キャリッジ側の溝部及び軸部が加圧されて当接した状態で揺動可能に設けられ、黒キャリッジ側の軸部の軸心を回転中心として揺動してカラーキャリッジ側と係合する構成とすることで、黒キャリッジ側は常に軸部と溝部が当接して位置が定まった状態で、黒キャリッジ側の軸部を中心に回転することにより主走査方向の位置決めによる高さ位置決定と干渉することなく主走査方向だけを位置決めすることができる。
また、カラーキャリッジを黒キャリッジに結合するとき、副走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれた後、回転方向位置決め手段及び主走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれることで、再現性良く回転方向及び主走査方向位置決めを行なうことができる。
次に、本発明の他の実施形態について図10ないし図12を参照して説明する。なお、図10は同実施形態のキャリッジ部分の結合状態の斜視説明図、図11は同じく分離状態の斜視説明図、図12は同じく結合状態の模式的平面説明図である
ここでは、副走査方向位置決め手段201の軸部211を、主走査方向位置決め手段203を構成するカラーキャリッジ16側の軸部218及び溝部216よりもカラーキャリッジ16側と反対側に延ばして設けている。そして、黒キャリッジ15の軸部211に係合するカラーキャリッジ16側の位置決め用溝部212も、主走査方向位置決め手段203を構成するカラーキャリッジ16側の軸部218及び溝部216よりもカラーキャリッジ16側と反対側に位置する点で係合させている。
なお、位置決め部材219は、黒キャリッジ15とカラーキャリッジ16が分離しているときには、保持部材224によって跳ね上げられた状態で保持され、結合時には図示しない付勢手段(バネなどの弾性部材)で前述した実施形態と同様にキャリッジ側に付勢される(加圧される)。
これにより、図12に示すように、副走査方向位置決め手段201の位置決め用溝部212、212は少なくとも2箇所で基準軸部211と当接して係合する。そして、位置決め用溝部212と基準軸部211の接触部(支持点D1、D2)と回転方向位置決め手段202の接触部(回転支持点D3)とを結ぶ領域内に、カラーキャリッジ16の重心D5が位置するとともに、主走査方向位置決め手段203の位置決め部材219を加圧する加圧手段によるカラーキャリッジ16側の加圧位置(加重点D4)が位置する。
このように、副走査方向位置決め手段の位置決め用溝部は少なくとも2箇所で基準軸部と当接して係合し、位置決め用溝部と基準軸部の接触部と回転方向位置決め手段の接触部とを結ぶ領域内に、カラーキャリッジの重心が位置するとともに、主走査方向位置決め手段の位置決め部材を加圧する加圧手段によるカラーキャリッジ側の加圧位置が位置している構成とすることで、キャリッジ間の固定力を回転支持点で受けることができ確実に支持点でカラーキャリッジを受けることができる。
1 装置本体
2 画像形成部
3 用紙吸引搬送部
4 ロール紙収納部
6 電装基板収納部
7 画像読取り部
13 ガイドロッド
15 黒キャリッジ
16 カラーキャリッジ
18 維持回復機構
55 載置部
56 受け部
71、72 キャップ
101k1、101k2 黒ヘッド
102c、102m、102y カラーヘッド
201 副走査方向位置決め手段
202 回転方向位置決め手段
203 主走査方向位置決め手段
211 基準軸部
212 位置決め用溝部
213 回転支持点
215、216 溝部
217、218 軸部
219 位置決め部材

Claims (7)

  1. 黒色の液滴を吐出する黒ヘッドが搭載され、主走査方向に移動可能な黒キャリッジと、
    前記黒キャリッジの主走査方向領域内で、前記黒キャリッジと分離及び結合可能で、カラーの液滴を吐出するカラーヘッドを搭載したカラーキャリッジと、
    前記黒キャリッジ及び前記カラーキャリッジのいずれか一方に主走査方向に延設された基準軸部と、他方に設けられた前記基準軸部に係合する位置決め用溝部とを有する副走査方向位置決め手段と、
    前記カラーキャリッジに設けられ、前記基準軸部の軸中心を回転中心とする回転方向で前記黒キャリッジに当接する回転方向位置決め手段と、
    前記黒キャリッジ及び前記カラーキャリッジにそれぞれ副走査方向に平行に設けられた溝部又は軸部と、前記2つの溝部に係合する平行な軸部又は前記2つの軸部に係合する平行な溝部が形成された位置決め部材とを有する主走査方向位置決め手段と、を備えている
    ことを特徴とする画像形成装置。
  2. 前記主走査方向位置決め手段は、前記位置決め部材を前記キャリッジ側に向けて加圧する加圧手段を備えていることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
  3. 前記加圧手段は前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジ側に向けて加圧する手段を兼ねていることを特徴とする請求項2に記載の画像形成装置。
  4. 前記副走査方向位置決め手段の前記位置決め用溝部は少なくとも2箇所で前記基準軸部と当接して係合し、前記位置決め用溝部と前記基準軸部の接触部と前記回転方向位置決め手段の接触部とを結ぶ領域内に、前記カラーキャリッジの重心が位置するとともに、主走査方向位置決め手段の前記位置決め部材を加圧する加圧手段による前記カラーキャリッジ側の加圧位置が位置していることを特徴とする請求項2又は3に記載の画像形成装置。
  5. 前記主走査方向位置決め手段の前記位置決め部材は、前記黒キャリッジ側の溝部及び軸部が加圧されて当接した状態で揺動可能に設けられ、前記黒キャリッジ側の軸部の軸心を回転中心として揺動して前記カラーキャリッジ側と係合することを特徴とする請求項1ないし4のいずれかに記載の画像形成装置。
  6. 前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジに結合するとき、前記副走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれた後、前記回転方向位置決め手段及び前記主走査方向位置決め手段による位置決めが行なわれることを特徴とする請求項1ないし5のいずれかに記載の画像形成装置。
  7. 前記カラーキャリッジを前記黒キャリッジに結合するときに、前記カラーキャリッジを主走査方向に移動して、前記副走査方向位置決め手段の基準軸部と位置決め用溝部を係合させて結合することを特徴とする請求項1ないし6のいずれかに記載の画像形成装置。
JP2010035001A 2010-02-19 2010-02-19 画像形成装置 Expired - Fee Related JP5353755B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010035001A JP5353755B2 (ja) 2010-02-19 2010-02-19 画像形成装置
US13/028,599 US8308272B2 (en) 2010-02-19 2011-02-16 Image forming apparatus and carriage docking mechanism

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010035001A JP5353755B2 (ja) 2010-02-19 2010-02-19 画像形成装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011167977A JP2011167977A (ja) 2011-09-01
JP5353755B2 true JP5353755B2 (ja) 2013-11-27

Family

ID=44476150

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010035001A Expired - Fee Related JP5353755B2 (ja) 2010-02-19 2010-02-19 画像形成装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US8308272B2 (ja)
JP (1) JP5353755B2 (ja)

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5938890B2 (ja) 2011-02-24 2016-06-22 株式会社リコー 画像形成装置、パターン位置検出方法、画像形成システム
JP5821294B2 (ja) 2011-06-03 2015-11-24 株式会社リコー 画像形成装置
JP5919652B2 (ja) 2011-06-03 2016-05-18 株式会社リコー 画像形成装置
US8888247B2 (en) 2011-06-03 2014-11-18 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus including recording head for ejecting liquid droplets
US9002257B2 (en) 2011-08-01 2015-04-07 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus
US8632160B2 (en) 2011-09-15 2014-01-21 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus including recording head for ejecting liquid droplets
JP5772430B2 (ja) * 2011-09-15 2015-09-02 株式会社リコー 画像形成装置
CN103373069B (zh) * 2012-04-13 2015-10-21 株式会社理光 图像形成装置
JP5954061B2 (ja) 2012-09-05 2016-07-20 株式会社リコー 画像形成装置
JP6326793B2 (ja) 2012-12-05 2018-05-23 株式会社リコー 画像形成装置、画像位置ずれ調整方法及び画像位置ずれ調整プログラム
JP6119218B2 (ja) 2012-12-05 2017-04-26 株式会社リコー 画像形成装置、プログラム、画像形成システム
JP6578647B2 (ja) 2014-10-31 2019-09-25 株式会社リコー 画像形成装置
EP3395576B1 (en) 2017-04-26 2021-10-27 Ricoh Company, Ltd. Liquid discharge apparatus
JP2020121493A (ja) 2019-01-31 2020-08-13 株式会社リコー 移動体、液体を吐出する装置
JP2021011036A (ja) 2019-07-04 2021-02-04 株式会社リコー 液体吐出ユニット及び液体吐出装置

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6049973A (en) 1983-08-31 1985-03-19 Ricoh Co Ltd Printer
JPH07156507A (ja) 1993-12-03 1995-06-20 Fujitsu Ltd インクジェットプリンタ用ヘッドカートリッジの位置決め機構
JP2567567B2 (ja) * 1994-03-22 1996-12-25 キヤノン株式会社 液体噴射装置
JP3332661B2 (ja) * 1994-07-15 2002-10-07 キヤノン株式会社 記録装置
EP0729844B1 (en) * 1995-03-02 2001-01-03 Hewlett-Packard Company Dual inkjet pen carriage system
JPH09109423A (ja) 1995-10-20 1997-04-28 Canon Inc 走査型キャリアを備える機器
JPH09240097A (ja) 1996-03-08 1997-09-16 Canon Inc 走査型キャリアを備える機器およびプリント装置
JP4990001B2 (ja) * 2007-03-30 2012-08-01 株式会社ミマキエンジニアリング プリンタ・プロッタ装置
JP5464353B2 (ja) 2009-05-20 2014-04-09 株式会社リコー 画像形成装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20110205299A1 (en) 2011-08-25
JP2011167977A (ja) 2011-09-01
US8308272B2 (en) 2012-11-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5353755B2 (ja) 画像形成装置
JP5663867B2 (ja) 画像形成装置
JP5463883B2 (ja) 画像形成装置
JP2009160854A (ja) 画像形成装置
JP5327449B2 (ja) 画像形成装置
US9033457B2 (en) Print head and ink jet printing apparatus
JP2012139829A (ja) 画像形成装置
JP2007223210A (ja) 画像形成装置及び画像形成装置の組み付け方法
JP5927951B2 (ja) 画像形成装置
JP5772430B2 (ja) 画像形成装置
JP2011189609A (ja) 画像形成装置
JP5672875B2 (ja) 画像形成装置
JP2013188894A (ja) 画像形成装置
JP2013063526A (ja) 画像形成装置
JP4919841B2 (ja) 画像形成装置
JP2010100067A (ja) インクジェット記録装置
JP5672876B2 (ja) 画像形成装置
JP5229019B2 (ja) 画像形成装置
JP2005059475A (ja) 画像形成装置
JP2006150599A (ja) 画像形成装置
JP2006224357A (ja) 画像形成装置
JP5870571B2 (ja) 画像形成装置
JP4850034B2 (ja) 画像形成装置
JP2000177193A (ja) ジェット印字プリンタ
JP2013035164A (ja) 画像形成装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121120

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130730

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130812

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 5353755

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees