JP5343595B2 - Vehicle seat - Google Patents

Vehicle seat Download PDF

Info

Publication number
JP5343595B2
JP5343595B2 JP2009027402A JP2009027402A JP5343595B2 JP 5343595 B2 JP5343595 B2 JP 5343595B2 JP 2009027402 A JP2009027402 A JP 2009027402A JP 2009027402 A JP2009027402 A JP 2009027402A JP 5343595 B2 JP5343595 B2 JP 5343595B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
occupant
seat
receiving member
pressure receiving
seat back
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009027402A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010179883A (en )
Inventor
久也 森
Original Assignee
トヨタ紡織株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、車両用シートに関し、詳しくは、ヘッドレストを乗員の後頭部側に向けて飛び出させるアクティブヘッドレストと、乗員の腰椎部を支持するランバーサポートとを備えた車両用シートに関する。 The present invention relates to a vehicle seat and, more particularly, an active headrest popping towards the headrest to an occupant of the back of the head side, relates to a vehicle seat with a lumbar support for supporting the occupant lumbar portion.

従来、車両に後突が発生すると、車両用シートのヘッドレストのうち、乗員の後頭部を支承する部位(支承板)を乗員の後頭部側に向けて瞬時に飛び出させるヘッドレスト(いわゆる、アクティブヘッドレスト)が既に知られている。 Conventionally, when the rear-end collision occurs in the vehicle, of the headrest of a vehicle seat, headrest popping instantaneously towards the site (support plate) for supporting the occupant of the occipital the occupant of occipital side (so-called active headrest) already Are known. ここで、下記特許文献1には、車両に後突が発生したときの弾みによって車両用シート着座した乗員がシートバックに沈み込むことでシートバック内部の受圧部材(加圧板)を作動させ、この作動させた受圧部材によって支承板を飛び出させる技術が開示されている。 Here, the following Patent Document 1, impetus crew seated for a vehicle actuates the seat back inside the receiving member (pressure plate) by sinking the seat back by the time the rear-end collision occurs in the vehicle, this technology to pop the support plate is disclosed by the pressure receiving member is actuated. これにより、車両に後突が発生したときでも、乗員の後頭部に生じる衝撃を低減させ安全性を向上させることができる。 Accordingly, even when the rear collision occurs in the vehicle, it is possible to improve safety by reducing the impact generated occupant occiput. また、下記特許文献2には、上述した特許文献1で説明した支承板を飛び出させる技術に、さらに、乗員の腰椎部を支持するランバーサポートを備えた技術が開示されている。 Further, the following Patent Document 2, a technique of popping a support plate as described in Patent Document 1 described above, further, technology with lumbar support for supporting the occupant lumbar portion is disclosed.

特開2007−314007号公報 JP 2007-314007 JP 特開2002−345597号公報 JP 2002-345597 JP

しかしながら、上述した特許文献2では、ランバーサポートの位置調節(着座状態で体格に適した位置で腰椎部を支持するようにランバーサポートを揺動させて調節すること)は、乗員自身の手によって行われる構造となっていた。 However, Patent Document 2 described above, (be adjusted by swinging the lumbar support to support the lumbar portion in a position suitable for physique in sitting state) position adjustment of the lumbar support, the row by the hand of the passenger's own It has been a dividing structure. そのため、この位置調節が煩わしい作業となっており、改善することが求められていた。 Therefore, it serves this position adjustment is cumbersome work, that improvement has been required.

本発明は、このような課題を解決しようとするもので、その目的は、ランバーサポートの位置調節を簡便に行うことができる車両用シートを提供することである。 The present invention is intended to solve such problems, and its object is to provide a vehicle seat which can be easily performed adjustment of the position of the lumbar support.

本発明は、上記の目的を達成するためのものであって、以下のように構成されている。 The present invention is for achieving the above object is configured as follows. 請求項1に記載の発明は、車両に後突が発生したときの弾みによって乗員がシートバックに沈み込むことでシートバック内部の受圧部材を作動させ、この作動させた受圧部材によってヘッドレストを乗員の後頭部側に向けて飛び出させるアクティブヘッドレストと、シートバックに背凭れした乗員の腰椎部を支持可能に、シートバック内部に幅方向を軸方向とする軸回りに揺動可能に組み付けられたランバーサポートと、を備えた車両用シートであって、受圧部材の作動量を検出可能なセンサを備えており、このセンサが検出した作動量が乗員の背凭れの初期荷重による作動範囲内であれば、 このセンサが検出した作動量に応じてランバーサポートの揺動量を決定する制御装置を備えており、制御装置は、センサが検出した作動量が小さけれ The invention according to claim 1, it actuates the seat back inside the pressure receiving member in the passenger by momentum when the rear-end collision occurs in the vehicle sink into the seat back, the headrest occupant by the pressure receiving member is the working an active headrest popping toward the back of the head side, to be supported lumbar portion of the backrest and the occupant in the seat back, the lumbar support assembled swingably around an axis whose axial direction in the width direction inside the seat back , a vehicle seat provided with a, the operation amount of the pressure receiving member comprises a sensor capable of detecting the amount of operation of this sensor detects is within operating range of the backrest initial load of the occupant, the sensor has a control device which determines the swing amount of lumbar support according to the operating amount detected, the control device, the amount of operation is smaller that the sensor has detected 、ランバーサポートの揺動量を少なく決定する制御を行い、センサが検出した作動量が中程度であれば、ランバーサポートの揺動量を中程度に決定する制御を行い、センサが検出した作動量が大きければ、ランバーサポートの揺動量を多く決定する制御を行うことを特徴とする。 Performs control for determining reduced swing amount of lumbar support, if moderate amount operation detected by the sensor, performs control of determining to the middle swing amount of lumbar support, is greater quantity operation detected by the sensor if, and performs control for determining a number of swing amount of lumbar support.
この構成によれば、乗員の背凭れの初期荷重に応じてランバーサポートを揺動させることができる。 According to this configuration, it is possible to swing the lumbar support in response to the initial load of the occupant of the backrest. そのため、乗員の手を煩わすことなく乗員の体格に合った位置にランバーサポートを揺動させることができる。 Therefore, it is possible to swing the lumbar support to the correct position according to the physical structure of the occupant without troubling the passenger's hands. したがって、ランバーサポートの位置調節を簡便に行うことができる。 Therefore, it is possible to easily perform the position adjustment of the lumbar support.

























図1は、本発明の実施例に係る車両用シートを適用させた車両の全体斜視図である。 Figure 1 is an overall perspective view of a vehicle is applied to a vehicle seat according to an embodiment of the present invention. 図2は、図1の車両用シートの骨格を示す全体斜視図である。 Figure 2 is an overall perspective view showing a skeleton of the vehicle seat of FIG. 図3は、図2のクラッチ機構の全体斜視図である。 Figure 3 is an overall perspective view of the clutch mechanism of FIG. 図4は、図2のクラッチ機構の側面模式図である。 Figure 4 is a schematic side view of the clutch mechanism of FIG. 図5は、図2のクラッチ機構の正面模式図である。 Figure 5 is a schematic front view of the clutch mechanism of FIG. 図6は、図4において、乗員の背凭れの初期荷重が作用した状態を説明する図である。 6, in FIG. 4 is a diagram for explaining a state where the initial load of the occupant of the backrest acts. 図7は、図1の車両用シートの作用を説明する側面模式図である。 Figure 7 is a schematic side view for explaining the operation of the vehicle seat of FIG.

以下、本発明を実施するための形態を図1〜7を用いて説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described with reference to Figures 1-7. なお、図2では、シートクッション10、シートバック20およびアクティブヘッドレスト30から構成される車両用シートの内部構造を分かり易く示すために、これらのクッション構造および表皮構造を省略し内部のフレーム構造のみを示している。 In FIG. 2, the seat cushion 10, in order to clearly show the internal structure of the vehicle seat composed of a seat back 20 and headrest 30, only the frame structure of the internal skip these cushioning structure and skin structure shows. また、以下の説明にあたって、上、下、前、後、左、右とは、上述した各図に記載した、上、下、前、後、左、右の方向、すなわち、車両1を基準にしたときの上、下、前、後、左、右の方向を示している。 Also, in the following description, upper, lower, front, rear, left, and right, as described in the figures mentioned above, top, bottom, front, rear, left, right direction, namely, on the basis of the vehicle 1 over when the show down, front, rear, left, and right directions.

まず、図1を参照して、本発明の実施例に係る車両1の概略構成を説明する。 First, referring to FIG. 1, a schematic configuration of a vehicle 1 according to an embodiment of the present invention. この車両1は、例えば、公知の乗用車であり、複数の車両用シート(運転席2、助手席3および後部座席4)を備えている。 The vehicle 1 is, for example, a known passenger, and a plurality of vehicle seat (the driver's seat 2, passenger's seat 3 and a rear seat 4). なお、以下の実施例では、本発明の車両用シートの例として、この助手席3を例に説明することとする。 In the following examples, examples of the vehicle seat of the present invention, and to explain the front passenger seat 3 as an example.

次に、図2、3を参照して、助手席3の全体構成を説明する。 Next, with reference to FIGS. 2 and 3, illustrating the overall configuration of the front passenger seat 3. なお、残りの座席(運転席2、後部座席4)は公知の座席であるため、その詳細な説明は省略することとする。 Incidentally, the remaining seats (the driver's seat 2, the rear seat 4) is because it is known a seat, and the detailed description thereof will be omitted. この助手席3は、乗員が着座するシートクッション10と、着座した乗員の背凭れ部となるシートバック20と、着座した乗員の後頭部を支承するアクティブヘッドレスト30とから構成されている。 The front passenger's seat 3 includes a seat cushion 10 that the occupant is seated, a seat back 20 serving as a backrest portion of the seated occupant, and a headrest 30 for supporting the back of the head of the seated occupant. 以下に、これら各構成部材10、20、30の内部構造を個別に説明していく。 Hereinafter, it will be described the internal structure of each of these components 10, 20, and 30 separately.

はじめに、シートクッション10の内部構造について説明する。 First, a description will be given of the internal structure of the seat cushion 10. シートクッション10の内部は、シートクッション10の輪郭を形成する左右一対のクッションフレーム12、12と、これら両クッションフレーム12の前部を橋渡す格好の前ロッド(図示しない)と、これら両クッションフレーム12の後部を橋渡す格好の後ロッド14とから構成されている。 Inside the seat cushion 10 includes a pair of left and right cushion frame 12, 12 which form the outline of the seat cushion 10, the front rod of the dressed front of both the cushion frame 12 to bridge (not shown), both of these cushion frame and a rod 14. after the dressed to bridge the rear of the 12. また、これら両クッションフレーム12には、その前後方向の略中央を橋渡す格好となるようにブラケット16が組み付けられている。 Further, these include both the cushion frame 12, and bracket 16 are assembled such that the dressed to bridge the approximate center of the longitudinal direction. このブラケット16には、助手席3の各種電気品(図示しない)の制御を行うコンピュータである後述するシートECU98が組み付けられている。 This bracket 16, the sheet ECU98 described below is a computer for controlling the passenger seat 3 in various electrical products (not shown) is assembled.

次に、シートバック20の内部構造について説明する。 Next will describe an internal structure of the seat back 20. シートバック20の内部も、シートバック20の輪郭を形成する左右一対のサイドフレーム22、22と、これら両サイドフレーム22の上部を橋渡す格好のアッパフレーム24と、これら両サイドフレーム22の下部を橋渡す格好のロアフレーム26とから構成されている。 Internal of the seat back 20 also includes a pair of left and right side frames 22, 22 which form the contour of the seat back 20, the upper frame 24 perfectly passing the top of the side frames 22 bridge, the lower portion of these side frames 22 bridge passes and a lower frame 26. dressed. 両サイドフレーム22の下端は、リクライニング機構(図示しない)を介してシートクッション10の両クッションフレーム12の後端にそれぞれ組み付けられている。 The lower end of the side frames 22 is assembled, respectively at the rear end of both the cushion frame 12 of the seat cushion 10 via a reclining mechanism (not shown). これにより、シートバック20をシートクッション10に対して傾動させることができ、その傾動範囲のうち所望する傾斜位置でシートバック20を保持させることができる。 Thus, the seat back 20 can be tilted relative to the seat cushion 10, the seat back 20 can be held at a desired inclined position of the tilting range.

アッパフレーム24には、左右一対のホルダ24a、24aがそれぞれ組み付けられている。 The upper frame 24, a pair of left and right holders 24a, 24a are assembled respectively. この両ホルダ24aには、後述するアクティブヘッドレスト30の左右一対のステー34、34をそれぞれ挿入係止可能なサポート24bがそれぞれ組み付けられている。 The two holders 24a, respectively inserted locking can support 24b a pair of right and left stays 34, 34 of the active headrest 30 to be described later is assembled, respectively. これにより、シートバック20にアクティブヘッドレスト30を組み付けることができる。 Thus, it is possible to assemble the active headrest 30 in the seat back 20.

なお、両サポート24bのうち、一方のサポート24b(図2において、左側のサポート24b)の内部には、一方のステー34(図2において、左側のステー34)の内部に配置されたロッド38を突き上げる操作ケーブル80の一方側の端部(図2において、上端部)が挿入係止されている。 Of the two support 24b, (in FIG. 2, the left side of the support 24b) one support 24b in the inside of, (in FIG. 2, the left stay 34) one of the stay 34 a rod 38 disposed inside the (2, upper end) one end portion of the side of the operation cable 80 pushing up is inserted and locked. この操作ケーブル80とは、筒状に形成されたアウタケーブル82と、このアウタケーブル82の内部を移動可能に差し込まれたワイヤー状のインナケーブル84とから構成された2重構造のケーブル部材である。 This and operation cable 80 includes an outer cable 82 formed into a cylindrical shape, is a cable member of the double structure made up of internally plugged movable the wire-like of the inner cable 84 of the outer cable 82 .

この操作ケーブル80の両端部のうち、アウタケーブル82の一方側の端部(図2において、上端部)は、上述したように左側のサポート24bの内部に差し込まれ、アウタケーブル82の他方側の端部(図2において、下端部)は、後述するベースプレート40の第3のリブ44に掛け止めされている(図3参照)。 Of both end portions of the operating cable 80, the end portion of one side of the outer cable 82 (in FIG. 2, upper part) is inserted into the inside of the left support 24b, as described above, the other side of the outer cable 82 (2, bottom end) end is latched to the third ribs 44 of the base plate 40 to be described later (see FIG. 3). 一方、インナケーブル84の一方側の端部(図2において、上端部)は、左側のサポート24bの内部に上下方向にスライド可能に掛け止めされ、インナケーブル84の他方側の端部(図2において、下端部)は、後述する第2の揺動部材75に掛け止めされている(図3参照)。 On the other hand, (in FIG. 2, upper part) end of one side of the inner cable 84 is latched slidably inside of the left support 24b in the vertical direction, the end portion of the other side of the inner cable 84 (FIG. 2 in the lower end portion) is latched to the second swing member 75 to be described later (see FIG. 3).

そして、インナケーブル84に張力が作用すると、アウタケーブル82の一方側の端部はロッド38を突き上げて後述するアクティブヘッドレスト30のロック機構Rをロック解除させる構造となっている。 When the tension acting on the inner cable 84, the end portion of one side of the outer cable 82 has a structure for unlocking the locking mechanism R of the headrest 30 to be described later pushing up the rod 38. シートバック20の内部は、このような構造となっている。 Internal of the seat back 20 has such a structure.

最後に、アクティブヘッドレスト30の内部構造について説明する。 Finally, a description will be given of an internal structure of an active headrest 30. アクティブヘッドレスト30の内部は、アクティブヘッドレスト30の輪郭を成す基部32と、この基部32と一体に組み付けられた左右一対のステー34、34と、この基部32に引っ張りばねとリンク機構(いずれも図示しない)を介して組み付けられた支承板36とから構成されている。 Internal active headrest 30 includes a base 32 forming the outline of the active headrest 30, and the base portion 32 and the pair of right and left stays 34, 34 are assembled together, not shown either spring and linkage tension to the base 32 ( ) and a bearing plate 36. assembled through.

なお、車両に後突が発生する前の通常時、支承板36は引っ張りばねの付勢力に抗して基部32に対して略一体となるようにロック機構Rによってロックされている。 Normally when before the rear-end collision occurs in the vehicle, it is locked by the locking mechanism R so as to be substantially integral with respect to support plate 36 pulls base 32 against the biasing force of the spring. そして、このロック機構Rのロック解除が行われると、引っ張りばねの付勢力によってリンク機構が作動することで、支承板36は基部32に対して前方向に瞬時に飛び出る構造となっている。 When the unlocking of the lock mechanism R is performed, pulling the link mechanism by the urging force of the spring that is actuated, the support plate 36 has a structure in which popping instantly forward relative to the base 32. これにより、インナケーブル84に張力が作用すると、支承板36によって乗員の後頭部を瞬時に受け止めることができる。 Thus, the tension on the inner cable 84 acts, by bearing plate 36 can receive the passenger's occipital instantly. アクティブヘッドレスト30の内部は、このような構造となっている。 Internal active headrest 30 has a such a structure.

続いて、上述したシートバック20に組み付けられるクラッチ機構Cとランバーサポート機構Lとを個別に説明する。 Next, explaining a clutch mechanism C and the lumbar support mechanism L to be assembled to the seat back 20 described above individually. まず、図3〜5を参照して、クラッチ機構Cを説明する。 First, referring to FIGS. 3-5, illustrating the clutch mechanism C. このクラッチ機構Cは、ベースプレート40と、受圧部材50と、連結アーム60、第1の揺動部材70および第2の揺動部材75とから構成されている。 The clutch mechanism C includes a base plate 40, the pressure receiving member 50, connecting arm 60, and a first oscillating member 70 and second oscillating member 75.. 以下に、これら各構成部材40、50、60、70、75を個別に説明していく。 Hereinafter, it will be described each of these components 40,50,60,70,75 individually.

はじめに、ベースプレート40を説明する。 First, to explain the base plate 40. ベースプレート40は、クラッチ機構Cのベースを成すプレート状に形成された部材である。 The base plate 40 is a member formed in a plate shape forming the base of the clutch mechanism C. このベースプレート40は、ロアフレーム26(図3〜5において、図示しない)の前面に締結されている。 The base plate 40 is, (in FIGS. 3-5, not shown) the lower frame 26 is fastened to the front of.

次に、受圧部材50を説明する。 Next, the pressure-receiving member 50. 受圧部材50は、助手席3に着座した乗員の背凭れ荷重(特に、乗員の腰椎部からの背凭れ荷重)を受け止め可能に略板状に形成された部材である。 Pressure receiving member 50, the occupant of the backrest load sitting on the passenger seat 3 (in particular, the backrest load from the occupant's lumbar part) is a member formed in a substantially plate shape to be received the. この受圧部材50は、ベースプレート40に形成された左右一対の第1のリブ41、41にピン51を介して車幅方向を軸方向とする軸回りに回動可能に組み付けられている。 The pressure receiving member 50, and is rotatably mounted in the vehicle width direction around an axis whose axial direction through the first rib 41 to the pin 51 of the pair formed in the base plate 40. このとき、受圧部材50は、その先端がシートバック20のパッド部材P(図4において、図示しない)の背面に接触する方向(図4において、矢印A方向)へトーションばね52を介して付勢状態で組み付けられている。 At this time, the pressure receiving member 50 (in FIG. 4, not shown) pad member P of the tip of the seat back 20 (in FIG. 4, the arrow A direction) direction in contact with the back surface of the urging through the torsion spring 52 to the It is assembled in the state.

また、この受圧部材50には、その回動量を検出可能な角度センサ55が組み付けられている。 Further, the pressure receiving member 50, the detectable angle sensor 55 is assembled to the rotation amount. この角度センサ55は、後述するシートECU98とケーブル99を介して電気的に接続されている。 The angle sensor 55 is electrically connected via the sheet ECU98 and cable 99 to be described later. なお、この受圧部材50は、そのピン51の軸回りにどのように回動した場合でも、後述するランバーサポート機構Lのランバーサポート90に干渉(接触)することがないように組み付けられている。 Incidentally, the pressure-receiving member 50, even when how rotate around the axis of the pin 51 are assembled so as not to interfere (contact) to the lumbar support 90 of the lumbar support mechanism L to be described later.

次に、連結アーム60を説明する。 Next, the connecting arm 60. 連結アーム60は、車両の後突によって生じた乗員からの背凭れ荷重のみを後述する第1の揺動部材70に伝達する略く字状に形成された部材である。 Connecting arm 60 is a member formed in a substantially V-shape for transferring to the first oscillating member 70 described below only backrest load from the passenger caused by collision of a vehicle rear. この連結アーム60の略く字の折れ曲がり部位には、ベースプレート40の第2のリブ42に形成された長孔43の内部を移動可能なピン65が形成されている。 This is bending portion of the substantially V-shaped coupling arm 60, inside the movable pin 65 of the second elongated hole 43 formed in the rib 42 of the base plate 40 is formed. また、この連結アーム60の先端側には、ウェイト64が組み付けられている。 Further, on the distal end side of the connecting arm 60, the weight 64 is assembled.

そして、この連結アーム60は、その基端が受圧部材50に形成されたリブ54にピン61を介して車幅方向を軸方向とする軸回りに回動可能に組み付けられている。 Then, the connecting arm 60 has its proximal end and is rotatably mounted in the vehicle width direction around an axis whose axial direction through a pin 61 to a rib 54 formed on the pressure-receiving member 50. このとき、連結アーム60は、自身のピン65が長孔43の前面43aに接触する方向(図4において、矢印B方向)へトーションばね62を介して付勢状態で組み付けられている。 In this case, the connecting arm 60, (in FIG. 4, the arrow B direction) direction in contact with the front surface 43a of the elongated hole 43 the pin 65 itself is assembled by energized via the torsion spring 62 to.

続いて、第1の揺動部材70を説明する。 Next, explaining the first oscillating member 70. 第1の揺動部材70は、上述した連結アーム60からの背凭れ荷重を後述する第2の揺動部材75に伝達するプレート状に形成された部材である。 The first oscillating member 70 is a member formed in a plate shape for transmitting a second oscillating member 75 to be described later backrest load from the connecting arm 60 described above. この第1の揺動部材70は、ベースプレート40に対してその表面に対する垂直方向を軸方向とする軸回りに回動可能にピン71を介して組み付けられている。 The first oscillating member 70 is assembled via a pivotally pin 71 around an axis vertical to the axial direction with respect to the surface relative to the base plate 40. このとき、第1の揺動部材70は、その外周の一部から飛び出す格好で形成されている飛び出し部位70aがベースプレート40に形成された第4のリブ45に接触する方向(図5において、矢印C方向)へトーションばね72を介して付勢状態で組み付けられている。 At this time, the first oscillating member 70 is, in a direction (Figure 5 in contact with the fourth rib 45 which portion 70a is formed in the base plate 40 jumping out is formed dressed jumping out of part of its outer periphery, arrows It is assembled in a biased state via the torsion spring 72 to the C direction).

また、この第1の揺動部材70には、その外周の一部から飛び出す格好で第1のアーム73と第2のアーム74がそれぞれ形成されている。 Further, this first rocking member 70, a first arm 73 dressed jumping out of part of its outer periphery the second arm 74 are respectively formed. これら両アーム73、74の先端には、リブ73a、74aがそれぞれ形成されている。 The distal ends of arms 73 and 74, the ribs 73a, 74a are formed respectively. これら両リブ73a、74aのうち、前者のリブ73aは、小さな背凭れ荷重によって連結アーム60のピン65が移動するときに押し当てられるように形成されており、後者のリブ74aは、大きな背凭れ荷重によって連結アーム60のピン65が移動するときに押し当てられるように形成されている。 Both of these ribs 73a, of 74a, the former rib 73a is small backrest pin 65 of the connecting arm 60 by the load is formed so as to be pressed when moving the latter rib 74a is larger backrest pin 65 of the connecting arm 60 is formed so as to be pressed when moving the load.

最後に、第2の揺動部材75を説明する。 Finally, a description will be given of a second swing member 75. 第2の揺動部材75は、上述した第1の揺動部材70から伝達される背凭れ荷重によって操作ケーブル80を引っ張るプレート状に形成された部材である。 The second oscillating member 75 is a first backrest member formed in a plate shape to pull the operating cable 80 by the load transmitted from the swing member 70 described above. この第2の揺動部材75は、第1の揺動部材70と同様に、ベースプレート40に対してその表面に対する垂直方向を軸方向とする軸回りに回動可能にピン76を介して組み付けられている。 The second oscillating member 75 is, likewise, assembled via a pivotally pin 76 around an axis whose axial direction perpendicular to its surface with respect to the base plate 40 and the first oscillating member 70 ing.

このとき、第2の揺動部材75は、その外周面に形成されたリブ78が第1の揺動部材70の飛び出し部位70aに接触する方向(図5において、矢印D方向)へトーションばね77を介して付勢状態で組み付けられている。 At this time, the second oscillating member 75, a torsion spring 77 (in FIG. 5, the arrow D direction) direction ribs 78 formed on its outer peripheral surface is in contact with the site 70a jumping out of the first swing member 70 to It is assembled in a biased state via. また、この第2の揺動部材75には、既に説明したように、操作ケーブル80のインナケーブル84の他端(下端)が掛け止めされている。 Also, this is the second oscillating member 75, as already described, the other end of the inner cable 84 of control cable 80 (the lower end) are latched. クラッチ機構Cは、このように構成されている。 Clutch mechanism C is constructed in this manner.

次に、上述したクラッチ機構Cの動作を説明する。 Next, the operation of the clutch mechanism C described above. まず、図4に示す状態から、乗員が、単に、シートバック20に対して背凭れすることによって受圧部材50がシートバック20のパッド部材Pを介して乗員から背凭れ荷重を受けると、連結アーム60は、そのピン65が長孔43の内部を下方に向かって移動していくように回動していく。 First, from the state shown in FIG. 4, when the driver, simply, the pressure receiving member 50 by backrest relative to the seat back 20 receives the backrest load from the occupant through the pad member P of the seat back 20, the connecting arm 60 continue to rotate inside of the pin 65 elongated hole 43 so moves downward. このとき、連結アーム60のピン65は、連結アーム60に作用するトーションばね62の付勢力によって長孔43内の前面43aに沿って移動していく。 At this time, the pin 65 of the connecting arm 60, moves along the front surface 43a of the elongated hole 43 by the biasing force of the torsion spring 62 acting on the connecting arm 60.

また、図4に示す状態から、乗員が、乗車することによって、または、乗員が、シートバック20を後方に倒した状態(リクライニングさせた状態)で自身の両足を車両フロアにつけて踏ん張ることによって、受圧部材50が乗員から背凭れ荷重を受けると、連結アーム60は、そのピン65が長孔43の内部を、さらに下方に向かって移動していくように回動していく。 Further, from the state shown in FIG. 4, occupant, by riding or by occupant, to stand firm both legs of its own in a state of tilting the seat back 20 backward (a state of being reclined) put on the vehicle floor, When the pressure receiving member 50 receives the backrest load from the occupant, connecting arm 60, the interior of the pin 65 elongated hole 43, continue to rotate so moves further downward. このときも、連結アーム60のピン65は、連結アーム60に作用するトーションばね62の付勢力によって長孔43内の前面43aに沿って移動していく。 At this time, the pin 65 of the connecting arm 60, moves along the front surface 43a of the elongated hole 43 by the biasing force of the torsion spring 62 acting on the connecting arm 60. そのため、乗員の乗車によって生じる背凭れ荷重、または、乗員の単なる背凭れによって生じる背凭れ荷重は、第1の揺動部材70へ伝達されることはない。 Therefore, the backrest load produced by an occupant of the ride, or the backrest load caused by the mere backrest of the passenger is not to be transmitted to the first oscillating member 70. このことは、乗員の乗車によって生じる背凭れ荷重でも同様である。 This also applies to the backrest load caused by an occupant of the ride.

また、上述したように、乗員が、単に、シートバック20に対して背凭れした状態から、車両1に後突が発生することによって、受圧部材50が乗員から背凭れ荷重を受けると(車両に後突が発生するときの弾みで助手席3に着座した乗員がシートバック20に沈み込むことによって、受圧部材50が乗員から背凭れ荷重を受けると)、連結アーム60は、そのピン65が長孔43の内部を下方に向かって移動していくように回動していく。 As described above, the occupant simply from backrest state with respect to the seat back 20, by the rear-end collision occurs in the vehicle 1, when the pressure receiving member 50 receives the backrest load from the occupant (the vehicle by occupant rear-end collision is seated on the passenger seat 3 in momentum of when generating the sink into the seat back 20, the pressure receiving member 50 receives the backrest load from the occupant), connecting arm 60, the pin 65 is long continue to rotate so moves inside the bore 43 downward. このとき、連結アーム60のウェイト64には、車両の後突によって後方に向けて慣性力が作用しているため、連結アーム60のピン65は、連結アーム60に作用するトーションばね62の付勢力に抗して長孔43内の後面43b側に沿って移動していく。 At this time, the weight 64 of the connecting arm 60, the biasing force of the torsion spring 62 because of inertia force toward the rear is acting by rear collision of the vehicle, the pin 65 of the connecting arm 60, which acts on the connecting arm 60 moves along the rear surface 43b side of the long hole 43 against the.

すると、連結アーム60のピン65は、第1の揺動部材70の第1のアーム73のリブ73aを押し当てながら移動していくため、この移動によって連結アーム60のピン65は、トーションばね72の付勢力に抗して第1の揺動部材70を回動させていく。 Then, the pin 65 of the connecting arm 60, since moves while pressing the rib 73a of the first arm 73 of the first oscillating member 70, the pin 65 of the connecting arm 60 by this movement, the torsion spring 72 It will rotate the first pivoting member 70 against the biasing force of the. そのため、車両に後突が発生したことによって生じる背凭れ荷重は、第1の揺動部材70へ伝達されることになる。 Therefore, the backrest load caused by the rear-end collision occurs in the vehicle will be transmitted to the first oscillating member 70.

また、このとき、第1の揺動部材70の飛び出し部位70aが第2の揺動部材75のリブ78を押し当てるため、この押し当てに伴って第2の揺動部材75も、トーションばね77の付勢力に抗して回動していく。 At this time, since the portion 70a popping out of the first swing member 70 is pressed against the ribs 78 of the second oscillating member 75, the second oscillating member 75 in accordance with this pushing also the torsion spring 77 continue to rotate against the biasing force of the. すると、操作ケーブル80のインナケーブル84が引っ張られ、その引っ張られたインナケーブル84に張力が作用するため、既に説明したように、ロック機構Rのロック解除が行われて支承板36が乗員の後頭部側に向けて飛び出していく。 Then, pulled the inner cable 84 of control cable 80, therefore the tension in the inner cable 84 is pulled acts, as already described, the locking mechanism occipital unlocking is performed is bearing plate 36 occupant of R go jump out towards the side. この記載が、特許請求の範囲に記載の「車両に後突が発生したときの弾みによって乗員がシートバックに沈み込むことでシートバック内部の受圧部材を作動させ、この作動させた受圧部材によってヘッドレストを乗員の後頭部側に向けて飛び出させるアクティブヘッドレスト」に相当する。 Headrest this description, the "occupant by momentum when the rear-end collision occurs in the vehicle actuates the seat back inside the pressure receiving member by sink into the seat back, the pressure receiving member is the operation described in the appended claims the corresponding active headrest "popping toward the occupant back of the head side.

なお、上述した受圧部材50が受ける背凭れ荷重のうち、乗員が、単に、シートバック20に対して背凭れすることによって受圧部材50が受ける背凭れ荷重(以下、単に、「受圧部材50が受ける初期荷重」と記す)が、特許請求の範囲に記載の「乗員の背凭れの初期荷重」に相当する。 Among the backrest load receiving member 50 described above receives, occupant simply backrest load (hereinafter undergoes pressure receiving member 50 by backrest relative to the seat back 20, simply, "the pressure receiving member 50 receives referred to as initial load ") corresponds to the" backrest initial load of the occupant "recited in the claims. ここで、この初期荷重について詳述すると、初期荷重は、シートバック20に背凭れする乗員の体格に応じて増加する荷重である。 Here, will be described in detail this initial load, initial load is a load that increases with the physical structure of the occupant to the backrest to the seat back 20. そのため、図6に示すように、シートバック20に背凭れする乗員の体格に応じて受圧部材50は、トーションばね52の付勢力に抗して回動していく。 Therefore, as shown in FIG. 6, the pressure receiving member 50 in accordance with the physical structure of the occupant to the backrest to the seat back 20 is gradually pivoted against the urging force of the torsion spring 52.

この図6において、受圧部材50の実線は、シートバック20に乗員が背凭れする前の状態を示している。 In FIG. 6, the solid lines of the pressure receiving member 50 shows a state before the occupant is backrest to the seat back 20. また、受圧部材50の想像線(1)は、初期荷重が小さい場合であり、体格の小さな乗員(例えば、女性、子供など)が、単に、シートバック20に対して背凭れした状態を示している。 Also, an imaginary line of the pressure receiving member 50 (1) is a case where the initial load is small, size of the small occupant (e.g., women, children, etc.), simply shows the backrest state with respect to the seat back 20 there. また、受圧部材50の想像線(2)は、初期荷重が中程度の場合であり、体格の普通な乗員(例えば、体重60kg程度の男性)が、単に、シートバック20に対して背凭れした状態を示している。 Also, an imaginary line of the pressure receiving member 50 (2) is a case where the initial load is moderate, physique ordinary occupant (e.g., male weighing about 60kg) is simply the backrest relative to the seat back 20 It shows the state. また、受圧部材50の想像線(3)は、初期荷重が大きい場合であり、体格の大きな乗員(例えば、体重80kg程度の男性)が、単に、シートバック20に対して背凭れした状態を示している。 Also, an imaginary line of the pressure receiving member 50 (3) is a case where the initial load is large, a large occupant physique (e.g., male weighing about 80 kg) is simply indicate the backrest state with respect to the seat back 20 ing.

この図6からも明らかなように、受圧部材50が受ける背凭れ荷重が初期荷重であれば、連結アーム60のピン65は、長孔43のうち、その上部に形成されているガイド部43cのみを移動していく。 As it is clear from FIG. 6, if the backrest load receiving member 50 receives the initial load, the pin 65 of the connecting arm 60, of the long hole 43, only the guide portion 43c which is formed thereon moves the. そのため、この移動の以降において、車両1に後突が発生すると、初期荷重が小さい場合でも、初期荷重が中程度の場合でも、または、初期荷重が大きい場合でも、連結アーム60のピン65は第1の揺動部材70と共に第2の揺動部材75も回動させ、インナケーブル84に張力を作用させて支承板36を飛び出させることができる。 Therefore, in the following this movement, the rear-end collision occurs in the vehicle 1, even when the initial load is small, even when the initial load is medium, or, even if initial load is large, the pin 65 of the connecting arm 60 is first second oscillating member 75 with one of the swinging member 70 also is rotated, it is possible to pop the support plate 36 by applying tension to the inner cable 84. したがって、乗員に体格差が生じている場合でも、その体格差による影響を長孔43のガイド部43cによって吸収することができ、クラッチ機構Cを確実に作動させて支承板36を飛び出させることができる。 Therefore, even when the physique is occurring to the occupant, the impact of the physique difference can be absorbed by the guide portion 43c of the elongated hole 43, it is possible to pop the bearing plate 36 securely actuates the clutch mechanism C it can.

次に、図1〜2に戻って、ランバーサポート機構Lを説明する。 Next, returning to Figures 1-2, illustrating a lumbar support mechanism L. このランバーサポート機構Lは、ランバーサポート90と、駆動ユニット92と、スイッチ96とシートECU98とから構成されている。 The lumbar support mechanism L includes a lumbar support 90, a drive unit 92, a switch 96 and a sheet ECU98 Prefecture. 以下に、これら各構成部材90、92、96、98を個別に説明していく。 Hereinafter, it will be described each of these components 90,92,96,98 individually.

はじめに、ランバーサポート90を説明する。 First, to explain the lumbar support 90. このランバーサポート90は、その一部が助手席3に着座した乗員の腰椎部を支持可能にクランク状に偏心した支持部材である。 The lumbar support 90 is a support member a part of which eccentric the lumbar portion of the occupant seated on the passenger seat 3 to supportably crank shape. そのため、ランバーサポート90は、その両端がシートバック20の両サイドフレーム22に車幅方向を軸方向とする軸回りに揺動可能に、既に説明したクラッチ機構Cの受圧部材50の上方位置に組み付けられている。 Therefore, the lumbar support 90 is swingably around the axis both ends of the axial direction of the vehicle width direction to the side frames 22 of the seat back 20, assembled in the upper position of the clutch mechanism C of the pressure receiving member 50 already described It is. なお、このランバーサポート90は、どのように揺動した場合でも、クラッチ機構Cの各構成部材に干渉(接触)することがないように組み付けられている。 Incidentally, the lumbar support 90, how even when swinging, are assembled so as not to interfere (contact) to each component of the clutch mechanism C. このことは、既に説明したように、クラッチ機構Cの受圧部材50においても同様である。 This is, as already explained, is the same in the pressure receiving member 50 of the clutch mechanism C.

次に、駆動ユニット92を説明する。 Next, the driving unit 92. 駆動ユニット92は、ランバーサポート90を前後に揺動させるモータ(図示しない)を備えた駆動装置である。 The drive unit 92 is a drive device provided with a motor (not shown) for swinging the lumbar support 90 back and forth. そのため、この駆動ユニット92は、ランバーサポート90の一端(図2において、右端)に機械的に締結された状態で、一方のサイドフレーム(図2において、右側のサイドフレーム)22に組み付けられている。 Therefore, the drive unit 92 (in FIG. 2, the right end) end of the lumbar support 90 in a state of being mechanically fastened to, (in FIG. 2, right side frame) one of the side frames are assembled into 22 . また、この駆動ユニット92には、ランバーサポート90の揺動範囲を電気的に規制する2個のリミットスイッチ(図示しない)が設けられている。 Also, this drive unit 92, two limit switches for electrically regulating the swing range of the lumbar support 90 (not shown) is provided.

この両リミットスイッチのうち、一方のリミットスイッチ(以下、「前側リミットスイッチ」と記す)は、ランバーサポート90が乗員の腰椎部を最大限支持するように前側に揺動した状態(図2において、想像線に示すランバーサポート90の状態であり、以下、単に、「最大支持状態」と記す)で作動するように設けられている。 Of the two limit switches, one of the limit switch (hereinafter, referred to as "front limit switch"), in the state (FIG. 2 swings forward as lumbar support 90 to maximize support the lumbar portion of the occupant, the state of the lumbar support 90 illustrated in phantom lines, hereinafter, simply, are provided to operate on referred) to as "maximum support state". また、他方のリミットスイッチ(以下、「後側リミットスイッチ」と記す)は、これとは逆に、ランバーサポート90が乗員の腰椎部を支持しないように後側に最大限揺動した状態(以下、単に、「非支持状態」と記す)で作動するように設けられている。 The other limit switch (hereinafter, referred to as "rear limit switch") is on the contrary, a state in which the lumbar support 90 is maximally swung rearwardly so as not to support the lumbar part of the occupant (hereinafter simply provided to operate on referred) to as "unsupported".

また、この駆動ユニット92は、後述するシートECU98とケーブル99を介して電気的に接続されている。 Also, the drive unit 92 is electrically connected via the sheet ECU98 and cable 99 to be described later. これにより、駆動ユニット92は、シートECU98からの信号に基づいてモータを駆動させランバーサポート90を必要量だけ揺動させることができる。 Thus, the drive unit 92 can be swung by a necessary amount lumbar support 90 to drive the motor based on a signal from the sheet ECU98. また、これにより、後述するシートECU98は、ランバーサポート90が最大支持状態にあるか、または、ランバーサポート90が非支持状態にあるかの検出もできる。 This also, the sheet ECU98 to be described later, or the lumbar support 90 is in the maximum supported state, or may or detection lumbar support 90 is in the non-supporting state.

次に、スイッチ96を説明する。 Next, the switch 96. スイッチ96は、上述した駆動ユニット92のモータを手動で駆動させるための操作部材である。 Switch 96 is an operating member for driving the motor of the drive unit 92 described above manually. そのため、このスイッチ96も、後述するシートECU98とケーブル99を介して電気的に接続されている。 Therefore, the switch 96 is also electrically connected via the sheet ECU98 and cable 99 to be described later. これにより、シートECU98は、スイッチ96からの操作信号を受けることができる。 Thus, the sheet ECU98 can receive an operation signal from the switch 96. なお、このスイッチ96は、助手席3のシートクッション10のアウタ側の側面(例えば、サイドパネル)に組み付けられている。 Incidentally, the switch 96 is assembled to the outer side surface of the seat cushion 10 of the front passenger's seat 3 (e.g., side panels). このスイッチ96操作によって、乗員は、ランバーサポート90を最大支持状態と非支持状態との範囲で揺動させることができる。 This switch 96 operation, the occupant is able to swing the lumbar support 90 within the range between the maximum support state and a non-supporting state. これにより、乗員は、自身の所望する腰椎部の位置を支持することができる。 Thus, the passenger can support the position of the desired lumbar portion of itself.

最後に、シートECU98を説明する。 Finally, explaining the sheet ECU98. シートECU98は、上述した駆動ユニット92、角度センサ55、スイッチ96に対して電気的にコントロールを行う制御装置である。 Sheet ECU98 is drive unit 92 described above, the angle sensor 55, a controller for electrically controlling the switch 96. このシートECU98は、既に説明したように、角度センサ55とケーブル99(図1において、いずれも図示しない)を介して電気的に接続されている。 The sheet ECU98, as already described, (1, all not shown) the angle sensor 55 and the cable 99 via a are electrically connected. これにより、シートECU98は、角度センサ55から受圧部材50の回動量を受けることができる。 Thus, the sheet ECU98 can receive the rotational amount of the pressure receiving member 50 from the angle sensor 55.

また、シートECU98は、前側リミットスイッチが作動すると、ランバーサポート90が、さらに前側へ揺動することを停止させる制御を行うことができる。 The sheet ECU98, when the front limit switch is activated, the lumbar support 90, can be controlled to stop the further swing to the front side. これとは逆に、後側リミットスイッチが作動すると、シートECU98は、ランバーサポート90が、さらに後側へ揺動することを停止させる制御を行うことができる。 Conversely, when the rear limit switch is actuated, the sheet ECU98 is the lumbar support 90, it can be controlled to stop to swing further to the rear. これにより、上述したように、ランバーサポート90が揺動範囲を超えて揺動することを電気的に規制することができる。 Thus, as described above, it is possible to lumbar support 90 is electrically regulated to swing beyond the swinging range. ランバーサポート機構Lは、このように構成されている。 Lumbar support mechanism L is constituted in this way.

続いて、図7を参照して、助手席3の動作を説明する。 Subsequently, referring to FIG. 7, the operation of the front passenger seat 3. まず、助手席3に乗員Mが着座していない状態(図7において、実線で示す状態)から乗員Mが助手席3に着座すると、既に説明したように、受圧部材50はシートバック20のパッド部材Pを介して初期荷重を受けはじめる。 First, (7, a state shown by a solid line) state that the occupant M is not seated in the front passenger seat 3 when the passenger M from is seated on the passenger seat 3, as already described, the pressure receiving member 50 of the seat back 20 pad begin receiving the initial load through the member P.

このとき、乗員Mの体格が小さい場合(図7において、乗員Mが想像線(1)で示される状態)、初期荷重も小さいため、受圧部材50も小さな回動状態(図7において、受圧部材50が想像線(1)で示される状態)となる。 In this case, (7, state the occupant M is shown in phantom (1)) If the physical constitution of the occupant M is small, because even initial load small, the pressure receiving member 50 even in a small rotation state (Fig. 7, the pressure receiving member 50 is a state) shown in phantom (1). すると、既に説明したように、この回動量がシートECU98に送られ、この送られた回動量に応じた揺動量(この場合、少ない揺動量)となるように、シートECU98から駆動ユニット92へランバーサポート90を揺動させる信号が送られる。 Then, as already described, the rotation amount is transmitted to the sheet ECU98, swinging amount corresponding to the sent rotation amount (in this case, a small amount of rocking) so that the lumbar from the seat ECU98 to the driving unit 92 signal for swinging is sent to support 90. これにより、ランバーサポート90を少ない量だけ揺動させることができる(図7において、ランバーサポート90が想像線(1)で示される状態となるように揺動させることができる)。 Thus, it is possible to swing amount less the lumbar support 90 (in FIG. 7, can be swung so that the state of the lumbar support 90 is shown in phantom (1)).

また、このとき、乗員Mの体格が中程度の場合(図7において、乗員Mが想像線(2)で示される状態)、初期荷重も中程度であるため、受圧部材50も中程度の回動状態(図7において、受圧部材50が想像線(2)で示される状態)となる。 At this time, (7, occupant M is an imaginary line (a state indicated by 2)) If the physical constitution is medium of the passenger M, since the initial load is also moderate, the pressure receiving member 50 also moderate times (7, the pressure receiving member 50 is a state shown by phantom lines (2)) dynamic state becomes. すると、上述した乗員Mの体格が小さい場合と同様に、この回動量がシートECU98に送られ、この送られた回動量に応じた揺動量(この場合、中程度の揺動量)となるようにシートECU98から駆動ユニット92へランバーサポート90を揺動させる信号が送られる。 Then, as with the physique of the occupant M described above is small, the rotational amount is sent to the sheet ECU98, so that the swing amount corresponding to the sent rotation amount (in this case, moderate swing amount) signal for swinging the lumbar support 90 to the drive unit 92 from the sheet ECU98 is sent. これにより、ランバーサポート90を中程度の量だけ揺動させることができる(図7において、ランバーサポート90が想像線(2)で示される状態となるように揺動させることができる)。 Thus, it is possible to swing amount of moderate lumbar support 90 (in FIG. 7, can be swung so that the state of the lumbar support 90 is shown in phantom (2)).

また、このとき、乗員Mの体格が大きい場合(図7において、乗員Mが想像線(3)で示される状態)、初期荷重も大きいため、受圧部材50も大きな回動状態(図7において、受圧部材50が想像線(3)で示される状態)となる。 At this time, (7, state the occupant M is shown in phantom (3)) If the physical constitution of the occupant M is large, even initial load large, the pressure receiving member 50 also in a large rotation state (Fig. 7, the pressure receiving member 50 is a state) shown in phantom (3). すると、上述した乗員Mの体格が小さい場合、乗員Mの体格が中程度の場合と同様に、この回動量がシートECU98に送られ、この送られた回動量に応じた揺動量(この場合、大きい揺動量)となるようにシートECU98から駆動ユニット92へランバーサポート90を揺動させる信号が送られる。 Then, if the size of the occupant M described above is small, as in the case of moderate size of the occupant M, the rotation amount is transmitted to the sheet ECU98, swinging amount corresponding to the sent rotation amount (in this case, signal for swinging the lumbar support 90 from the sheet ECU98 to the drive unit 92 is sent to a large amount of rocking). これにより、ランバーサポート90を大きい量だけ揺動させることができる(図7において、ランバーサポート90が想像線(2)で示される状態となるように揺動させることができる)。 Thus, it is possible to swing amount larger the lumbar support 90 (in FIG. 7, can be swung so that the state of the lumbar support 90 is shown in phantom (2)).

なお、これらの記載が、特許請求の範囲に記載の「このセンサが検出した作動量が乗員の背凭れの初期荷重による作動範囲内であれば、その作動量に応じてランバーサポートの揺動量を決定する」に相当する。 Incidentally, these descriptions is within the operating range of the "initial load amount operation detected this sensor the back of the passenger-rest according to the claims, the swing amount of lumbar support in response to the operation amount equivalent to determining ". また、乗員Mが助手席3から降車すると、受圧部材50の回動はトーションばね52の付勢力によって戻される。 Further, when the driver M is getting off from the passenger's seat 3, the rotation of the pressure receiving member 50 is returned by the biasing force of the torsion spring 52. そのため、この戻しに伴って、ランバーサポート90の揺動も戻される。 Therefore, in accordance with this return, it is also returned swinging of the lumbar support 90. そして、新たに、別の乗員Mが助手席3に着座すると、その乗員Mの初期荷重に応じて、再度、ランバーサポート90は揺動していく。 Then, a new, if another passenger M is seated on the passenger seat 3, in accordance with the initial load of the occupant M, again, the lumbar support 90 is gradually swung.

本発明の実施例に係る助手席3は、上述したように構成されている。 The passenger seat 3 according to an embodiment of the present invention is constructed as described above. この構成によれば、乗員の背凭れの初期荷重に応じてランバーサポート90を揺動させることができる。 According to this configuration, it is possible to swing the lumbar support 90 in accordance with the initial load of the occupant of the backrest. そのため、乗員の手を煩わすことなく乗員の体格に合った位置にランバーサポート90を揺動させることができる。 Therefore, it is possible to swing the lumbar support 90 to the correct position according to the physical structure of the occupant without troubling the passenger's hands. したがって、ランバーサポート90の位置調節を簡便に行うことができる。 Therefore, it is possible to easily perform the position adjustment of the lumbar support 90. また、この構成によれば、受圧部材50の回動領域のうち、乗員の背凭れ荷重を伝達するときに使用しない領域(長孔43のうち、ガイド部43c)における受圧部材50の回動量を検出してランバーサポート90を揺動させるため、この使用しない領域を有効活用できる。 Further, according to this configuration, among the rotation area of ​​the pressure receiving member 50, (of the long hole 43, the guide portion 43c) region not used to propagate backrest load of the occupant amount of rotation of the pressure receiving member 50 in the for swinging the lumbar support 90 is detected, it can be effectively used an area this is not used.

上述した内容は、あくまでも本発明の一実施の形態に関するものであって、本発明が上記内容に限定されることを意味するものではない。 What has been described above merely be those relating to the embodiment of the present invention, the present invention is not meant to be limited to the above disclosure.
実施例では、車両用シートの例として、助手席3を例に説明した。 In the embodiment, as an example of a vehicle seat it has been described passenger seat 3 as an example. しかし、これに限定されるものでなく、運転席2、後部座席4であっても構わない。 However, not limited to this, the driver's seat 2, it may be a rear seat 4.

また、実施例では、駆動ユニット92を制御するコンピュータの例として、助手席3のシートECU98を例に説明した。 In the embodiment, as an example of a computer that controls the drive unit 92 has been described sheet ECU98 passenger 3 as an example. しかし、これに限定されるものでなく、車両1のメインのコンピュータであっても構わない。 However, it not limited thereto, but may be the main computer of the vehicle 1.

また、実施例では、ランバーサポート90の揺動量を検出する揺動量検出センサを設けることなく実施する構成を例に説明した。 Further, in the embodiment has been described an arrangement for implementing without providing the swing amount detecting sensor that detects the swing amount of lumbar support 90 as an example. しかし、これに限定されることなく、ランバーサポート90の揺動量を検出する揺動量検出センサを設ける構成であっても構わない。 However, without having to be limited to this, but may be a configuration in which the rocking-amount detecting sensor that detects the swing amount of lumbar support 90. その場合、揺動量検出センサからの揺動量によって駆動ユニット92に信号を送信するフィードバック制御を行う構成となる。 In that case, the configuration for performing feedback control for transmitting a signal to the drive unit 92 by the swing amount from the rocking-amount detecting sensor. これにより、ランバーサポート90の揺動量の精度を向上させることができる。 Thus, it is possible to improve the amount of swing accuracy of the lumbar support 90.

1 車両20 シートバック30 アクティブヘッドレスト50 受圧部材90 ランバーサポート 1 vehicle 20 seat back 30 headrest 50 pressure receiving member 90 lumbar support

Claims (1)

  1. 車両に後突が発生したときの弾みによって乗員がシートバックに沈み込むことでシートバック内部の受圧部材を作動させ、この作動させた受圧部材によってヘッドレストを乗員の後頭部側に向けて飛び出させるアクティブヘッドレストと、 Active headrest for passenger by momentum when the rear-end collision occurs in the vehicle actuates the seat back inside the pressure receiving member by sink into the seat back, pop towards the headrest to the occupant of the back head side by the pressure receiving member obtained by this operation When,
    シートバックに背凭れした乗員の腰椎部を支持可能に、シートバック内部に幅方向を軸方向とする軸回りに揺動可能に組み付けられたランバーサポートと、を備えた車両用シートであって、 Possible supporting the lumbar portion of the occupant backrest to the seat back, a vehicle seat with a lumbar support assembled swingably around an axis whose axial direction in the width direction inside the seat back, and
    受圧部材の作動量を検出可能なセンサを備えており、 Operation amount of the pressure receiving member comprises a sensor capable of detecting a
    このセンサが検出した作動量が乗員の背凭れの初期荷重による作動範囲内であれば、 このセンサが検出した作動量に応じてランバーサポートの揺動量を決定する制御装置を備えており、 If the sensor is within the operating range amount operation was detected by the backrest initial load of the occupant, and a control device which determines the swing amount of lumbar support according to the operating amount of the sensor has detected,
    制御装置は、センサが検出した作動量が小さければ、ランバーサポートの揺動量を少なく決定する制御を行い、センサが検出した作動量が中程度であれば、ランバーサポートの揺動量を中程度に決定する制御を行い、センサが検出した作動量が大きければ、ランバーサポートの揺動量を多く決定する制御を行うことを特徴とする車両用シート。 Controller determines, the smaller the amount of operation detected by the sensor, performs the control for determining reduced swing amount of lumbar support, if moderate amount operation detected by the sensor, moderately swing amount of lumbar support control is performed to, the greater the amount of operation detected by the sensor, a vehicle seat and performs control for determining a number of swing amount of lumbar support.
JP2009027402A 2009-02-09 2009-02-09 Vehicle seat Expired - Fee Related JP5343595B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009027402A JP5343595B2 (en) 2009-02-09 2009-02-09 Vehicle seat

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009027402A JP5343595B2 (en) 2009-02-09 2009-02-09 Vehicle seat

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010179883A true JP2010179883A (en) 2010-08-19
JP5343595B2 true JP5343595B2 (en) 2013-11-13

Family

ID=42761744

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009027402A Expired - Fee Related JP5343595B2 (en) 2009-02-09 2009-02-09 Vehicle seat

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5343595B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6105444B2 (en) * 2013-09-18 2017-03-29 テイ・エス テック株式会社 Vehicle seat

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11198702A (en) * 1998-01-09 1999-07-27 Furukawa Electric Co Ltd:The Shield member of vehicular electric seat device
JP4978172B2 (en) * 2006-11-29 2012-07-18 トヨタ紡織株式会社 Vehicle seat
JP4358255B2 (en) * 2007-04-20 2009-11-04 トヨタ紡織株式会社 Vehicle seat

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2010179883A (en) 2010-08-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20010040396A1 (en) Head rest for a vehicle seat
WO2007028015A2 (en) Active head restraint system
JPH10138811A (en) Headrest device for vehicle
JP2005104259A (en) seat
US7967380B2 (en) Vehicle seat with cushion plate and pressure adjusting mechanism
JP2005212596A (en) Vehicle seat
JP2000211410A (en) Automotive seat
JP2000325179A (en) Seat structure for vehicles
US6840560B2 (en) Vehicular seat assembly having a movable headrest and a vehicle which incorporates the vehicular seat assembly
US20110210586A1 (en) Vehicle seat
JP2005095237A (en) Headrest device
JP2007062522A (en) Seat for vehicle
CN1712273A (en) Vehicle seat
US20060273636A1 (en) Vehicle seat and method of supporting driver/passenger using the same
JP2003267107A (en) Automobile seat
JP2001071802A (en) Automobile seat
JP2002274240A (en) Seat for automobile
JP2004203252A (en) Seat for vehicle
CN102009608A (en) Vehicle seat
JP2000272395A (en) Seat for vehicle
JPH10181403A (en) Seat of vehicle
JP2000219069A (en) Automobile seat
JP2004106647A (en) Whiplash preventing structure
JP2006035965A (en) Seat structure for vehicle
JP2000211412A (en) Automotive seat back

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110823

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130430

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130627

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130716

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130729

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees