New! View global litigation for patent families

JP5326109B2 - Wireless mesh network system and its control method, and a radio device - Google Patents

Wireless mesh network system and its control method, and a radio device

Info

Publication number
JP5326109B2
JP5326109B2 JP2010107359A JP2010107359A JP5326109B2 JP 5326109 B2 JP5326109 B2 JP 5326109B2 JP 2010107359 A JP2010107359 A JP 2010107359A JP 2010107359 A JP2010107359 A JP 2010107359A JP 5326109 B2 JP5326109 B2 JP 5326109B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
packet
message
received
information
transferred
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010107359A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011239076A (en )
JP2011239076A5 (en )
Inventor
正 岩佐
Original Assignee
双葉電子工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • Y02D70/00
    • Y02D70/20

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To improve performance of a wireless mesh network system. <P>SOLUTION: A communication control unit of a wireless device controls in such a way that an original transmission source address and a packet number included in a message packet transferred by the wireless device are stored in a random access memory (RAM). If information included in a received message packet does not accord with information of the original transmission source address and the packet number stored in the RAM, the communication control unit controls in such a way that the received message packet is transferred, and even if information included in a received message packet accords with information of the original transmission source address and the packet number stored in the RAM, the communication control unit controls in such a way that the received message packet is transferred, when the message packet has not been transferred before. <P>COPYRIGHT: (C)2012,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、無線メッシュネットワークシステムおよびその制御方法ならびに無線装置に関し、例えば、無線装置の数が比較的少ない小規模のネットワークに適用して好適なるものである。 The present invention relates to wireless mesh network system and its control method, and a wireless device, for example, those number of wireless devices Naru preferably applied to a relatively small scale network.

近年、複数の無線装置を無線メッシュによって有機的に結合する無線メッシュネットワーク(無線メッシュネットワークシステムともいう)が注目を集めている(非特許文献1を参照)。 Recently, (see Non-Patent Document 1) the wireless mesh network (also referred to as a wireless mesh network system) has attracted attention to organically combine a plurality of wireless devices by the wireless mesh. 無線メッシュネットワークは、複数の無線装置(無線局)を点在させて、所定の地点に情報を集中し、特定の無線装置から他の特定の無線装置へ1対1で通信できない場合にも通信を可能とする等、効果的に機能する。 Wireless mesh network, interspersed a plurality of wireless devices (wireless station), the communication even when concentrating information in a predetermined point, can not be one-to-one communication from a particular wireless device to another specific wireless device etc. to enable, effectively function. 無線装置が移動体である場合には、無線メッシュネットワークは、アドホックネットワークとして形成される場合が多い。 If the wireless device is a mobile, the wireless mesh network is often formed as an ad hoc network. アドホックネットワークでは、無線端末(ノード)として機能する複数の無線装置を経由して送り側のノードから受け側のノードまで情報が伝達される。 In an ad hoc network, information is conveyed to the node of the plurality of radio apparatus receives from the sending node via which serves as a wireless terminal (node). このような技術は、マルチホップとも称され、その代表例として、ルーティング(経路の選択制御)方式が提案されている(特許文献1、特許文献2を参照)。 Such techniques, (see Patent Document 1, Patent Document 2) also referred to as multi-hop, as a typical example, the routing (selection control path) system has been proposed. ルーティング方式では、複数の無線装置の各々がルーティングテーブルをその内部に有することによって通信経路が特定される。 In routing scheme, each of the plurality of wireless devices communication path is identified by having a routing table therein. 一例としては、各ノードが次の中継先だけを知っているAODV(Ad−hoc On−demand Distance Vector)が提案されている。 As an example, AODV each node knows only the next relay destination (Ad-hoc On-demand Distance Vector) have been proposed. また、通信プロトコルとしては、標準化近距離無線規格(IEEE802.15.4)であるZIGBEE(登録商標)がその代表例として知られている(非特許文献2を参照)。 Further, as the communication protocol, a standardized short-range wireless standard (IEEE 802.15.4) ZIGBEE (registered trademark) is known as a typical example (see Non-Patent Document 2).

また、マルチホップの別の技術として、フラッディング方式が知られている(非特許文献1を参照)。 Further, (see Non-Patent Document 1) as a separate technique, the flooding method is known multihop. フラッディング方式では、他の無線装置からの情報を受けた無線装置は、次々に、無条件で、自ら送信をして、受信と送信とを繰り返して、最終的に目的とする無線装置に情報が伝達されるようにしている。 The flooding method, the wireless device receives information from another wireless device, one after another, unconditionally, themselves and the transmission, by repeating transmission and reception and, finally the information to the wireless device for the purpose It is to be transmitted.

特開2005−64721号公報 JP 2005-64721 JP 特開2008−66861号公報 JP 2008-66861 JP

しかしながら、ルーティング方式では、各無線装置を集中管理する局が存在することがない「分散処理」を基本とするので、自局と通信が可能なる他の無線装置に関する情報等が必要とされる。 However, the routing scheme, because a station for centralized control of the wireless device basis to the "distributed processing" not to exist, information concerning other wireless devices local station and communication Naru may be required. そして、このような情報を各無線装置のメモリに保存する必要があり、メモリの容量は、400B(バイト)〜3KB(キロバイト)程度となった。 Then, it is necessary to store such information in a memory of each wireless device, the capacity of the memory became 400B (bytes) ~3KB (kilobytes) degree. このメモリの容量のサイズは、組み込み用の小型CPU(中央演算装置)を無線装置の通信制御部に用いることを前提とする場合には、大きな負担であった。 The size of the capacity of the memory, in a case where it is anticipated that the use small for embedded CPU (the central processing unit) to the communication control unit of the wireless device was burdensome. そのために、無線装置の小型化が困難であった。 Therefore, it is difficult to reduce the size of the wireless device. また、ルーティングの処理は複雑であり、ルーティングの処理をおこなうCPUは処理能力の高いものが必要とされた。 The processing of the routing is complex, CPU for processing routing is required a high processing capability. そのため、CPUの価格も高く、消費電力も大きなものとなった。 For this reason, the price of the CPU is also high, power consumption has become a big thing.

また、ルーティング方式では、各無線装置が移動するものであるか固定位置にあるものであるかを問わず、電波の伝播状態の変化に応じて通信経路の変更が必要となる場合があり、CPUの処理負担は大きなものとなった。 Further, the routing scheme, each wireless device regardless of whether it is intended to be a fixed position or is intended to be moved, may change the communication path is required in accordance with a change in the propagation state of radio waves, CPU processing burden of became a big thing. 特に、通信端末である無線装置が移動体である場合には、通信経路を刻々変化させなければ良好な通信をおこなうことができないので、定期的に経路探索をしなければならず、さらに、CPUの処理負担が大きくなった。 In particular, when the radio device is a communication terminal is a mobile body, it is not possible to perform a good communication unless by constantly changing the communication path, it is necessary to periodically route search, and further, CPU processing burden of has increased. また、例えば、通信経路に含まれる無線装置に不具合が生じた場合、または、通信経路の電波状態が急激に変化する場合には、ルーティングテーブルの更新の処理の速度が、電波状態の状況の変化に追いつけず通信経路を確保できない事態が生じる場合もあった。 Further, for example, when a problem in the wireless device included in the communication path occurs, or when the radio wave condition of the communication path is rapidly changed, the speed of processing of the update of the routing table, a change in the radio wave state conditions If a situation can not be secured communication path not keep up with the results was also.

一方、フラッディング方式では、各無線装置は通信経路の情報を有しない点に特徴があり、他の無線装置からの情報を受けた無線装置は、次々に、無条件で、自ら送信をして、最終的に目的とする無線装置に情報が伝達されるようにしている。 On the other hand, the flooding scheme, each wireless device is characterized in point no information of the communication path, the wireless device receives information from another wireless device, one after another, unconditionally, and themselves transmit, information to the wireless device to finally purpose is to be transmitted. そのために、無秩序に同時に多数の無線装置が送信状態となる。 Therefore, randomly many simultaneous wireless device is transmitting state. その結果、無線トラフィックが増大して、電波が輻輳して通信経路の品質が保てない場合があった。 As a result, radio traffic is increased, there is a case where radio waves can not be maintained the quality of congested communication path. それのみならず、各無線装置が長時間にわたり送信状態となるために、各無線装置における電力の消費が大きく、電池で動作する無線装置においては長時間の使用が困難となるという事態も生じた。 Not only that, in order to each wireless device is sent state for a long time, large power consumption in each wireless device, also resulting situation that prolonged use in a radio apparatus operating on batteries becomes difficult .

本発明は、このような問題を解決して、無線装置におけるメモリの容量を小さくし、CPUの処理の速度を低減し、消費電力の削減を図るとともに、無線メッシュネットワークシステムの性能向上を図るものである。 The present invention is to solve such problems, which reduce the capacity of the memory in a radio apparatus, to reduce the speed of processing of the CPU, strive to reduce power consumption, improving the performance of a wireless mesh network system it is.

本発明の無線メッシュネットワークシステムは、複数個の無線装置によって形成され、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムにおいて、前記無線装置は、送信部と受信部と通信制御部とラムとを有し、前記通信制御部は、当該無線装置によって、過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと当該メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致しない場 Wireless mesh network system of the present invention is formed by a plurality of wireless devices in a wireless mesh network system message packet is forwarded, the wireless device includes a transmitting unit and a receiving unit communication control unit and a ram the communication control unit, by the wireless device, contained in the message packet received in the past, a packet number identifying the original source address and the message packet is an address of the transmitting radio device said message packet to the first the message packet is controlled so as to store the whether previously transferred by the wireless device, the said ram and said original source address information contained in the message packet is stored in the ram to be received and If that does not match the information of the packet number に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御するとともに、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する。 To, and controls the transfer of a message packet to be received; even if the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number , if the message packet has not been transferred in the past by the wireless device controls the transfer of a message packet to be the reception.

本発明の無線装置は、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムを構成する、送信部と受信部と通信制御部とラムとを有する無線装置において、前記通信制御部は、当該無線装置によって過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと前記メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制 Wireless device of the present invention, a message packet in the wireless mesh network system to be transferred, in a radio apparatus having a transmission unit and a reception unit communication control unit and a ram, the communication control unit, past by this wireless device included in the received message packet, the message original source address and the message packet number and the message packet identifying the packet is the address of the transmitting radio device packet first is transferred in the past by the wireless device and Taka whether a control to store in the ram, when the information contained in the message packet received does not match the information of said stored to ram the original source address and the packet number, the received control the transfer of a message packet to be し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する。 And, if the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number is also the message packet is not transferred in the past by the wireless device If the controls the transfer of a message packet to be the reception.

本発明の無線メッシュネットワークシステムの制御方法は、各々が送信部と受信部と通信制御部とラムとを有する複数個の無線装置によって形成され、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムの制御方法において、前記通信制御部が、当該無線装置によって過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと前記メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致 Control method for a wireless mesh network system of the present invention, each formed by a plurality of wireless device having a a ram communication control unit and the receiving unit and the transmitting unit, the control method of a wireless mesh network system message packet is forwarded in the packet number by the communication control unit is included in the received message packet in the past by the wireless device, to identify the original source address and the message packet is an address of the transmitting radio device said message packet to the first the message packet is controlled so as to store the whether previously transferred by the wireless device, the said ram and said original source address information contained in the message packet is stored in the ram to be received and match the information of the packet number ない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御するとともに、受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する。 If no, controls the transfer of a message packet to be received; if the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number also, if the message packet has not been transferred in the past by the wireless device controls the transfer of a message packet to be the reception.

本発明の技術では、送信部と受信部と通信制御部とラムとを有する複数個の無線装置が、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムを構成する。 In the present technique, a plurality of wireless devices with a transmitter and the receiver communication control unit and a ram, constituting the wireless mesh network system message packet is forwarded. 通信制御部は、当該無線装置によって過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、オリジナル送信元アドレスとパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、をラムに記憶するように制御する。 The communication control unit is included in the received message packet in the past by the wireless device, so that the original source address and the packet number and the message packet is stored and whether previously transferred by the wireless device, the ram to control to. そして、受信されるメッセージパケットに含まれる情報がラムに記憶されたオリジナル送信元アドレスおよびパケット番号の情報と一致しない場合に、または、受信されるメッセージパケットに含まれる情報がラムに記憶されたオリジナル送信元アドレスおよびパケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、受信されるメッセージパケットを転送するように制御するので、一対の無線装置の間で情報が逆戻りすることがない。 Then, when the information contained in the message packet received does not match the information of the original transmission stored in ram source address and a packet number or information contained in the message packet received is stored in ram original when matching the information of the transmission source address and the packet number is also, in the case where the message packet is not transferred in the past by the wireless device, and controls the transfer of a message packet received, a pair of radio It is never revert information between devices.

本発明の技術によれば、無線装置が転送されたメッセージパケットに含まれる、オリジナル送信元アドレスとパケット番号とをラムに記憶して、その後受信されるメッセージパケットが逆戻りした情報である場合には、転送することがないようにする。 According to the technique of the present invention, the wireless device is included in the forwarded message packet, if the original source address and the packet number stored in ram is information message packet is reverted to be subsequently received , to so as not to transfer. このようにして、通信経路探索をおこなうことなく、通信経路の情報を無線装置に保存することなく転送をおこなうので、各無線装置が有するラム(メモリ)の容量を小さくし、通信制御部(CPU)の処理の速度を低減することができる。 In this way, without communicating route search, since the transfer without saving the information of the communication path to the wireless device, and reduce the capacity of the ram (memory) included in each wireless device, a communication control unit (CPU the speed of processing) can be reduced. また、無線装置の消費電力の削減を図るとともに、無線メッシュネットワークシステムの性能向上を図ることができる。 Further, while achieving the reduction of power consumption of the wireless device, thereby improving the performance of a wireless mesh network system.

無線メッシュネットワークの概念を示す図である。 It is a diagram illustrating a concept of a wireless mesh network. 無線装置のブロック図である。 It is a block diagram of a wireless device. パケット構造を示す図である。 It is a diagram illustrating a packet structure. 制御データ領域の構造を示す図である。 Is a diagram showing the structure of a control data area. 逆戻りを説明する図である。 Is a diagram illustrating the back. 「逆戻りチェック」の処理をフローチャートで表す図である。 It is a diagram illustrating a flow chart of the process of the "back check". 無線装置の履歴テーブルの内容を示す図である。 Is a diagram showing the contents of a history table of the wireless device. 協調型転送が採用される無線メッシュネットワークを示す図である。 Is a diagram illustrating a wireless mesh network cooperative transfer is employed. 協調型転送における各無線装置の送信状態を示す図である。 Is a diagram showing the transmission state of each wireless device in the cooperative transmission. オリジナル送信元からの再送メッセージパケットと受信確認信号との衝突を模式的に示す図である。 The collision between the reception confirmation signal and the retransmission message packet from the original source is a diagram schematically illustrating. 代理応答の概念を示す図である。 Is a diagram illustrating the concept of proxy response. 代理応答のフローチャートを示す図である。 It is a view showing a flowchart of the proxy response. 無線装置の別の履歴テーブルの内容を示す図である。 Is a diagram showing the contents of another history table of the wireless device. 「逆戻りチェック」の別の処理をフローチャートで表す図である。 It is a diagram illustrating a flow chart of another process of the "back check". 「逆戻りチェック」の別の処理の効果を具体的に示す模式図である。 It is a schematic diagram specifically showing the effect of another process "back check".

以下、図面を引用して、発明を実施するための形態(実施形態)の説明をする。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, a description will be given of the mode for carrying out the invention (embodiment).

図1は、無線メッシュネットワークの概念を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing the concept of a wireless mesh network. 無線メッシュネットワークは、無線装置10〜無線装置17を有して構成される。 Wireless mesh network is configured with a wireless device 10 to wireless device 17. 図1に示す実施形態では、無線装置の数は8台として説明するが、無線装置の数はこれに限られるものではない。 In the embodiment shown in FIG. 1, the number of wireless devices is described as eight, the number of wireless devices is not limited thereto. また、無線装置10〜無線装置17は同一構成を有する無線装置であるとして説明をおこなうが、実施可能な範囲において、各無線装置は異なる構成とすることができる。 Further, wireless device 10 to wireless device 17 is performed described as a radio apparatus having the same configuration, in extent practicable, each wireless device may be configured differently. また、無線装置10〜無線装置17の各々が移動する無線装置であるとして説明をおこなうが、その一部または全部が、固定位置に存在するものであっても良い。 Further, each wireless device 10 to wireless device 17 will be described as being a wireless device moving but, partially or entirely, or may be present in a fixed position.

無線メッシュネットワークで用いられる周波数帯は、例えば、429MHz(メガヘルッ)、1.2GHz(ギガヘルッ)、2.4GHzの各周波数付近とされる。 Frequency band used in the wireless mesh network, for example, 429 MHz (Megaheru'), 1.2GHz (Gigaheru'), are near the frequency of 2.4GHz. また、無線装置10〜無線装置17の送信電力は10mW程度の特定小電力とされている。 The transmission power of the wireless device 10 to wireless device 17 is the specified low power of about 10 mW. また、無線装置10〜無線装置17の各々の通信可能範囲は、例えば、200m(メータ)〜300m程度の範囲である。 Further, each of the communicable range of the wireless device 10 to wireless device 17, for example, in the range of 200 meters (meter) about ~300M.

図2は、無線装置10のブロック図である。 Figure 2 is a block diagram of a wireless device 10. 他の無線装置についても無線装置10と同様の構成を有している。 It has the same configuration as the wireless device 10 for the other wireless devices. 図2において、破線で囲んだ部分が無線装置10であり、無線装置10は、送信部102、受信部103、通信制御部104、ロム(ROM:Read Only Memory)105、ラム(RAM:Random Access Memory)106、インターフェイス部107、電源部108を有して構成されている。 2, a portion surrounded by a broken line is a wireless device 10, wireless device 10 includes a transmission unit 102, receiving unit 103, the communication control unit 104, ROM (ROM: Read Only Memory) 105 , a ram (RAM: Random Access Memory) 106, an interface unit 107, and is configured with a power supply section 108. また、無線装置10の外部にはアンテナ101と、必要に応じて設けられる入出力装置109を備えている。 Also it includes an antenna 101 to the external wireless device 10, the input-output device 109 provided as necessary.

送信部102と受信部103とは1個のアイシー(IC:Integrated Circuit)として構成され、変調部、電力増幅部、高周波増幅部、復調部が一体として構成されている。 The transmitting unit 102 and receiving unit 103 one Icy: configured as (IC Integrated Circuit), a modulation unit, power amplifier, high-frequency amplifier section, the demodulation unit is configured as a unit.

通信制御部104は16ビットの中央演算装置(CPU:Central Processing Unit)を中心として構成されている。 The communication control unit 104 central processing unit of 16 bits: are constructed around the (CPU Central Processing Unit). ロム105には、通信制御部104を制御する制御プログラムが格納されており、その容量は32KB(キロバイト)である。 The ROM 105, a control program for controlling the communication control section 104 is stored, the capacity of 32KB (kilobyte). ラム106は、プログラム実行時に必要な一時記憶領域であり、また、後述する履歴の情報を記憶する履歴テーブルとしても機能する。 Ram 106 is a temporary storage area necessary for executing the program, also functions as a history table for storing information to be described later history. インターフェイス部は調歩同期シリアル通信(RS232C)を採用している。 Interface unit adopts the asynchronous serial communication (RS232C). なお、通信制御部104、ロム105、ラム106、インターフェイス部107は1個のマイコンに搭載されている。 The communication control unit 104, ROM 105, ram 106, the interface unit 107 is mounted on one microcomputer.

電源部108からの電力は、送信部102と受信部103とのアイシーおよびマイコンに供給され、また、必要に応じて接続されている入出力装置109にも供給される。 Power from the power supply unit 108 is supplied to Icy and the microcomputer of the transmitter 102 and the receiver 103, also supplied to the input-output device 109 that are connected as needed. 電源部108は、例えば、リチュームイオン電池、乾電池である。 Power unit 108 is, for example, Lithium ion batteries are batteries. 入出力装置109は、例えば、各種センサーとしての火災報知器、ガス、電気、水道などの自動検針器、各種アクチュエータとしての、バルブ制御器、警報発信器が用いられる。 Output device 109, for example, a fire alarm as various sensors, gas, electricity, automatic meter reading unit, such as water, as various actuators, valve controller, an alarm transmitter is used. さらには、用途に応じて、適宜、マイク、ヘッドフォンなどの各種の入出力装置が用いられる。 Furthermore, depending on the application, as appropriate, a microphone, various input and output devices such as a headphone is used. また、各無線装置からの情報を一箇所に収集する目的のために設けられる無線装置では、例えば、プリンターを入出力装置として有している場合もある。 Further, in the wireless device provided for the purpose of information collection in one place from the wireless device, for example, there are also cases where a printer as output device.

実施形態の無線メッシュネットワークは、ルーティング方式ではなく、従来のフラッディング方式でもなく、従来のフラッディング方式に基礎を置きながら種々の新規な技術を適用している。 Wireless mesh network of embodiment, rather than routing scheme, nor conventional flooding method, and applying various novel technique while keeping the foundation conventional flooding method.

基本となる新規な技術は、(1)逆戻りチェック、(2)協調型転送、(3)代理応答である。 Novel technique underlying the (1) back check, (2) cooperative transfer, and (3) the proxy response. また、これらの技術を適宜に組み合わせて用いることもできる。 It is also possible to use a combination of these techniques as appropriate. これらの技術の説明に先立ち、実施形態の無線メッシュネットワークで採用されるメッセージパケット(単にパケットとも称される)の構造(パケット構造)について説明し、その後、(1)逆戻りチェック、(2)協調型転送、(3)代理応答、の各技術の詳細について順に以下で説明をする。 Prior to the description of these techniques, describes the structure (packet structure) of the message packets that are employed in the wireless mesh network of embodiment (simply referred to as packets), then (1) back check, (2) cooperative type transfer, it will be described in (3) proxy response, in order for the details of each technique follows.

図3は、実施形態のパケット構造を示す図である。 Figure 3 is a diagram illustrating a packet structure of the embodiment. プリアンブル領域は24バイトまたは34バイトで構成されている。 The preamble region is composed of 24 bytes or 34 bytes. 同期領域として2バイトが用いられている。 2 bytes are used as a synchronization area. 長さ領域は1バイトとされている。 Length field is 1 byte. 通信されるデータの長さが何バイト長であるかを1バイトの長さ領域で特定している。 The length of the data to be communicated is to identify how many bytes long a 1-byte length field. 送信元ID領域には、このメッセージパケットを最初に送信した無線装置の識別番号が6バイトで特定されている。 The sender ID area, the identification number of the wireless device that sent this message packet first is identified in 6 bytes. メッセージ領域には、通信するメッセージ(情報)の内容が46バイトで特定されている。 The message area, the contents of the message (information) that communication is identified by 46 bytes. シーアルシー(CRC:Cyclic Redundancy Check)領域(巡回冗長検査領域)には、プリアンブル領域と同期領域を除き、長さ領域からメッセージ領域までに対しての巡回冗長コードが生成されて記憶され、情報が正常に伝わっているか否かをチェックすることができるようになされている。 Shiarushi: The (CRC Cyclic Redundancy the Check) region (cyclic redundancy check region), except for the preamble area and the synchronization area, the cyclic redundancy code is generated stored against the length field to the message area, normal information it is made to be able to check whether or not transmitted to.

図4は、9バイトで構成される制御データ領域(図3を参照)の構造を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing the structure of the configured control data area (see Figure 3) in 9 bytes. 1バイトは8ビットで構成されている。 1 byte is composed of 8 bits. 最初に送信されるエルエスビー(LSB:Least Significant Bit)は、図4の最上段列の最右側に記載の0ビットで表され、最後に送信されるエムエスビー(MSB:Most Significant Bit)は、図4の最上段列の最左側に記載の7ビットで表されている。 Originally transmitted by El TSB (LSB: Least Significant Bit) is represented by 0 bit according to rightmost top row of FIG. 4, the end EMS Bee sent (MSB: Most Significant Bit) is It is represented by 7 bits according to the leftmost uppermost column of FIG. 4. また、図4の最も左側の欄の縦方向の0〜8の数字は、0で表す最初に送信される1バイト目から8で表す最後に送信される9バイト目の各々を示すものである。 Also, the numbers of vertical 0-8 of the leftmost column of FIG. 4 shows the respective 9 byte which is transmitted last to first expressed by 8 from the first byte to be transmitted represented by 0 .

図3で示すパケット構造、図4で示す制御データ領域の構造は、図1に示す実施形態の無線メッシュネットワークで、すべての無線装置の相互間の通信に用いられる。 Packet structure shown in FIG. 3, the structure of the control data area shown in FIG. 4, the wireless mesh network of embodiment shown in FIG. 1, it is used for communication between one another of all wireless devices. すなわち、図1に示すように、無線装置10から無線装置11への送信に際して用いられ、無線装置11から無線装置15への転送、無線装置15から無線装置16への転送に際して用いられる共通のパケット構造である。 That is, as shown in FIG. 1, is used when transmitting from the wireless device 10 to the wireless device 11, transfers to the wireless device 15 from the wireless device 11, the common packet used during transfer from the wireless device 15 to the wireless device 16 it is a structure.

図4を参照して、制御データ領域の構造についてより詳細に説明をする。 Referring to FIG. 4, it will be described in greater detail the structure of the control data area. 図4の最も左側の欄の「0」で表す1バイト目は、宛先アドレスである。 1 byte indicating the "0" in the leftmost column of FIG. 4 is a destination address. ここで、宛先アドレスとは、図1を参照して説明をすれば、情報を受け取るべき無線装置である無線装置16に固有のアドレス(識別アドレス)である。 Here, the destination address, if the description with reference to FIG. 1, the wireless device 16 is a wireless device to receive information which is unique address (identification address). 例えば、無線装置16には識別アドレスとして06H(以下、Hはヘキサ表示であることを示す)が予め付されている。 For example, 06H as an identification address to the wireless device 16 (hereinafter, H is indicative of a hexa display) are assigned in advance. なお、宛先アドレスは、00H〜FFH(10進では0〜255)までの指定が可能とされている。 Note that the destination address is possible to specify up to (0 to 255 in decimal) 00H to FFH.

ここで、図1に示す無線装置10〜無線装置17の無線装置の各々に付された識別アドレスは、無線装置ごとのユニークなものである。 Wherein each identification address attached to the wireless device of the wireless device 10 to wireless device 17 shown in FIG. 1 is unique and of each wireless device. 例えば、無線装置10には識別アドレスとして00H、無線装置11には識別アドレスとして01Hが付され、同様にして、順に識別アドレスが付され、無線装置17には識別アドレスとして07Hが付されている。 For example, 00H as an identification address to the wireless device 10, 01H is assigned as an identification address to the wireless device 11, in the same manner, sequentially identification address is assigned, 07H is attached as an identification address to the wireless device 17 .

図1に示す例では、無線装置10から無線装置11へ送信されるメッセージパケットの制御データ領域の1バイト目、無線装置11から無線装置15へ転送されるメッセージパケットの制御データ領域の1バイト目、無線装置15から無線装置16へ転送されるメッセージパケットの制御データ領域の1バイト目の、各々には、宛先アドレスとして06Hが書かれている。 In the example shown in FIG. 1, the first byte of the control data area of ​​the message packet transmitted from the wireless device 10 to the wireless device 11, the first byte of the control data area of ​​the message packet to be transferred from the wireless device 11 to the wireless device 15 , the first byte of the control data area of ​​the message packet to be transferred from the wireless device 15 to the wireless device 16, each, 06H is written as the destination address.

図4の最も左側の欄の「1」で表す2バイト目は、送信元アドレスである。 2 byte represented by "1" in the leftmost column of FIG. 4 is a source address. ここで、図1を参照して説明をすれば、無線装置10から無線装置11へ送信されるメッセージパケットでは無線装置10の識別アドレス、無線装置11から無線装置15へ転送されるメッセージパケットでは無線装置11の識別アドレス、無線装置15から無線装置16へ転送されるメッセージパケットでは無線装置15の識別アドレスが、各々送信元アドレスとして記録されている。 Here, if the description with reference to FIG. 1, the identification address of the wireless device 10 in message packet transmitted from the wireless device 10 to the wireless device 11, the radio in the message packet transmitted from the wireless device 11 to the wireless device 15 identification address of the device 11, identification address of the wireless device 15 in message packet transferred from the wireless device 15 to the wireless device 16 is recorded as respective source address.

つまり、無線装置10から無線装置11へ送信されるメッセージパケットの2バイト目には00H、無線装置11から無線装置15へ転送されるメッセージパケットの2バイト目には01H、無線装置15から無線装置16へ転送されるメッセージパケットの2バイト目には05Hが、各々書かれている。 That, 00H is the second byte of the message packet transmitted from the wireless device 10 to the wireless device 11, 01H at the second byte of the message packet is to be forwarded from the wireless device 11 to the wireless device 15, wireless device from the wireless device 15 the second byte of the message packet to be transferred to 16 05H is written, respectively. なお、送信元アドレスは、00H〜FEH(10進では0〜254)までの指定が可能とされている。 The transmission source address (in decimal 0 to 254) 00H to FEH is possible to specify up.

図4の最も左側の欄の「2」で表す3バイト目の5SB〜MSB(4ビット〜7ビット)は、メッセージパケットの種類を表す。 The leftmost column of the third byte expressed by "2" 5SB~MSB in FIG. 4 (4 bits to 7 bits) indicating the type of message packet. メッセージパケットの種類は大きく分類すると、送信元から送られるデータ信号であるか、受信元から送信元に返送される受信確認信号(ACK信号)であるかに分類される。 When the type of message packet is roughly classified, whether the data signal sent from a source, are classified from the receiving source to whether the acknowledgment signal is sent back to the source (ACK signal). さらに、データ信号である場合には、どのような種類のメッセージパケットであるか、例えば、センサデータであるか、音声であるかなどが、4ビット(bit)で表される。 Further, when the data signal, what kind of a message packet, for example, whether the sensor data, and whether a speech is expressed by 4 bits (bit).

メッセージパケットの種類の判別は、3バイト目の4〜7ビット目を参照することによっておこなわれる。 Determination of the kind of message packets is performed by referring to the 4-7-th bit of the third byte. また、3バイト目の4SB(3ビット)は、受信確認信号の内容を表すために用いられ、「0」である場合には応答許可、「1」である場合には応答拒否を表す。 Further, the third byte of the 4SB (3 bits) is used to represent the contents of the acknowledgment signal, responsive permission if "0", if "1" represents Disturb. また、3バイト目の3SB(2ビット)は、「0」である場合にはテキストデータ送信(TXT)、「1」である場合にはバイナリデータ送信(TBN)を表す。 Further, the third byte of the 3SB (2 bits) represents the text data transmission when it is "0" (TXT), binary data transmission when it is "1" (TBN). また、3バイト目の2SB(1ビット)は、リザーブビットである。 Further, the third byte of the 2SB (1 bit) is a reserved bit. また、3バイト目のLSB(0ビット)は、通信プロトコルの区別を示すものである。 Further, the third byte of the LSB (0-bit) shows the distinction between communication protocols. 3バイト目のLSBが「0」の場合にはパケット通信モード(PK)であり、コマンド制御による通信であることを示し、「1」の場合はヘッダレスモード(HL)であり、コマンドレスの通信であることを示すものである。 3 if byte LSB is "0" is a packet communication mode (PK), indicates that the communication by the command control, a "1" header-less mode in the case of (HL), the command-less it is intended to indicate that a communication.

図4の最も左側の欄の「3」で表す4バイト目は、パケット番号である。 4 byte expressed by "3" in the leftmost column of FIG. 4 is a packet number. パケット番号は、各メッセージパケットを識別するための番号である。 Packet number is a number for identifying each message packet. つまり、何番目のメッセージパケットであるかを示すものである。 Meaning it indicates what number of message packets. なお、パケット番号は、00H〜FFH(10進では0〜255)までの指定が可能とされている。 The packet numbers are possible specification of up to (0 to 255 in decimal) 00H to FFH.

図4の最も左側の欄の「4」で表す5バイト目は、有効データ長である。 5 byte indicating the "4" in the leftmost column of FIG. 4 is a valid data length. 有効データ長には0〜46の数が割り当てられており、図3で示すメッセージ領域の46バイトの中で、何バイトが有効なデータであるかを示すものである。 The valid data length is assigned the number of 0-46, in the 46 bytes of the message area shown in Figure 3, many bytes is indicative whether the valid data. なお、有効データ長は、00H〜2EH(10進では0〜46)までの指定が可能とされている。 Incidentally, the effective data length, (in decimal 0~46) 00H~2EH is possible to specify up.

図4の最も左側の欄の「5」で表す6バイト目は、周波数番号である。 6 byte represented by "5" in the leftmost column of FIG. 4 is a frequency number. 周波数番号は、送信する周波数ごとに予め与えられているものであり、無線メッシュネットワークにおいて、複数の送信周波数が選択される場合においても、周波数番号によっていずれの周波数が用いられているかを認識することができる。 Frequency number, which is given in advance for each frequency to be transmitted in a wireless mesh network, when a plurality of transmission frequency is also selected, to recognize whether the used is any frequency by the frequency number can. なお、周波数番号は、02H〜52H(10進では2〜82)までの数で指定するようにされている。 The frequency number is (in decimal 2~82) 02H~52H is adapted to specify the number of up.

図4の最も左側の欄の「6」で表す7バイト目は、残り再送回数と転送回数(TTL)とを表す領域である。 7 byte represented by "6" in the leftmost column of FIG. 4, an area representing the number of transfers the remaining number of retransmissions (TTL). 残り再送回数領域に書かれている残り再送回数は、予め許容される最大の再送回数から現在の再送の回数を引いて求められるものであり、残り何回、再送が許されるかを示す回数である。 The remaining number of retransmissions that are written on the remaining number of retransmissions region is one obtained by subtracting the number of the current retransmission from the maximum number of retransmissions previously permitted, with the number indicating how many times the rest, the retransmission is allowed is there. ここで、最大の再送回数とは、オリジナル送信元の無線装置から、宛先の同一の無線装置に対して、同一の「パケット番号」を有するメッセージパケットを、再送することが許される回数である。 Here, the maximum number of retransmissions, the number of times that the original source of the wireless device, for the same wireless device in the destination, the message packet having a "packet number" same, are allowed to retransmit. なお、同一の無線装置であるか否かは、制御データ領域の2バイト目の送信元アドレス、制御データ領域の1バイト目の宛先アドレスで各々特定される。 Note that whether the same radio device, the second byte of the source address of the control data area, are respectively identified by the first byte of the destination address of the control data area. また、同一のメッセージパケットであるか否かは、制御データ領域の4バイト目で特定される。 Also, whether the same message packet is specified by the fourth byte of the control data area.

転送回数領域に書かれている転送回数(TTL)は、送信元の無線装置から宛先の無線装置まで、いくつの無線装置を経て、当該メッセージパケットを送信することを許すか(制限数)を表すものである。 Number of transfers that are written in the transfer count area (TTL) from the transmission source wireless device to the destination of the wireless device, through a number of wireless devices, indicating how allow to send the message packet (limit) it is intended. 図1に示す例では、例えば、転送回数(TTL)の値が5Hとされている場合には、無線装置11から無線装置15に転送されるメッセージパケットの転送回数領域には4Hが書かれ、無線装置15から無線装置16に転送されるメッセージパケットの転送回数領域には3Hが書かれるようになされる。 In the example shown in FIG. 1, for example, when the value of transfer count (TTL) is the 5H is, 4H is written in the transfer count area of ​​the message packet to be transferred from the wireless device 11 to the wireless device 15, the transfer count area of ​​the message packet to be transferred from the wireless device 15 to the wireless device 16 is adapted to 3H are written. ここで、転送回数が予め定める回数以上である場合には、転送が停止される。 Here, when the transfer count is equal to or greater than the number of times specified in advance, the transfer is stopped. なお、転送回数は、0H〜FH(10進では0〜15)までの指定が可能とされている。 Incidentally, the number of transfers, (in decimal 0 to 15) 0h to Fh are possible specify up.

図4の最も左側の欄の「7」で表す8バイト目は、リザーブビットで構成されている。 8 byte indicating the "7" in the leftmost column of FIG. 4 is composed of a reserved bit.

図4の最も左側の欄の「8」で表す9バイト目は、オリジナル送信元アドレスである。 9 byte represented by "8" in the leftmost column of FIG. 4 is a original source address. ここで、オリジナル送信元アドレスとは、メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスである。 Here, the original source address is the address of the wireless device that transmitted the message packet first. 図1を参照して説明をすれば、無線装置10から無線装置11へ送信されるメッセージパケットでは無線装置10の識別アドレスである00H、無線装置11から無線装置15へ転送されるメッセージパケットでも同様に無線装置10の識別アドレスである00H、無線装置15から無線装置16へ転送されるメッセージパケットでも同様に無線装置10の識別アドレスである00Hが各々書かれている。 If a reference to explain FIG. 1, also in the message packet transmitted 00H in the message packet transmitted from the wireless device 10 to the wireless device 11 is the identification address of the wireless device 10, from the wireless device 11 to the wireless device 15 00H, the 00H is the identification address of similarly wireless device 10 in message packet transferred from the wireless device 15 to the wireless device 16 are written respectively is the identification address of the wireless device 10 to. なお、オリジナル送信元アドレスは、00H〜FEH(10進では0〜254)までの指定が可能とされている。 Incidentally, the original source address (in decimal 0 to 254) 00H to FEH is possible to specify up.

「逆戻りチェック」について説明をする。 The explanation for the "back check".

「逆戻りチェック」の説明に先立ち、まず、従来のフラッディング方式について説明をする。 Prior to the description of the "back check", first, the conventional flooding method will be described. 従来のフラッディング方式では、他の無線装置(第1無線装置)からの情報を受けた無線装置(第2無線装置)は、無条件に受信した情報を転送(送信)する。 In the conventional flooding method, a wireless device that has received the information from another wireless device (first radio unit) (second wireless device), the information received unconditionally transfers (sends). このとき、第1無線装置からの情報を受信する無線装置は第2無線装置に限るものではなく、複数個となる場合もある。 At this time, the wireless device that receives information from the first radio apparatus is not limited to the second wireless device, it may become a plurality. 同様にして、第2無線装置からの情報を受けた無線装置(第3無線装置)は、無条件に転送をする。 Similarly, a wireless device that has received the information from the second wireless device (third radio apparatus) will transfer unconditionally. この場合においても、第2無線装置からの情報を受信する無線装置は第3無線装置に限るものではなく、複数個となる場合もある。 In this case, the wireless device receiving information from the second wireless device is not limited to the third wireless device, it may become a plurality. このようにして、次から次ぎに情報が転送され、1台の無線装置の通信可能な距離を越えた信号伝送が可能とされる。 In this manner, information on the next from the next is transferred, are possible signal transmission beyond the communicable distance one wireless device.

上述の説明において、情報の伝送に支障がないほど、送信側の第1無線装置と受信側の第2無線装置との両者の離間距離が近接しているが故に、第1無線装置から第2無線装置への一方向への情報の伝達が可能となったのである。 In the above description, as does not hinder the transmission of information, because although the distance of both the second wireless device on the receiving side of the first wireless device on the transmission side are close, first from the first radio apparatus 2 than is the transmission of information in one direction has become possible to a wireless device. そのため、第1無線装置が送信動作(このような無線装置の動作状態を送信モードと称して以下の説明を続ける)を終了後、第1無線装置が受信動作(このような無線装置の動作状態を受信モードと称して以下の説明を続ける)をする場合には、先ほど受信モードで動作した第2無線装置が送信する情報を第1無線装置で受けることができる確率は高いこととなる。 Therefore, after the completion of the first wireless device transmitting operation (such Continuing with the operation state of the following referred to as a transmission mode wireless device), the first wireless device receiving operation (operating state of the wireless device when the Continue to the following description referred to as a receiving mode), the probability that can receive the information second radio apparatus transmits that worked in the previous reception mode at the first wireless device becomes high. 特に、無線メッシュネットワーク内で同一構成の無線装置、すなわち、送信電力、受信感度、アンテナの利得が同一の無線装置を使用する場合には、電波の伝播経路も可逆的であることもあり、受信可能となる確率は極めて高いこととなる。 In particular, the wireless device having the same configuration in a wireless mesh network, that is, when the transmission power, receiver sensitivity, antenna gain is to use the same radio device, sometimes radio wave propagation paths to be reversibly, received the probability that it is possible becomes extremely high.

上述したように、同一の無線装置が、第1無線装置と、第2無線装置からの情報を受ける無線装置である第3無線装置と、して機能する結果、第1無線装置から、第2無線装置、さらに、第1無線装置(第3無線装置)へと情報が伝達される。 As described above, the same wireless device, the first wireless device, and a third wireless device is a wireless device that receives the information from the second wireless device, a result that function, from the first radio apparatus, the second wireless device, further information is transmitted to the first wireless device (third radio apparatus). このようにして、第2無線装置から第1無線装置へ情報が伝達されることを逆戻りと称する。 In this manner, information from the second wireless device to the first wireless device is referred to as a back to be transmitted. 逆戻りが生じる結果、第1無線装置と第2無線装置との間で何回も同一の情報が繰り返してやり取りされることとなる。 Results back occurs, it is that the same information is repeatedly exchanged many times between the first radio device and the second wireless device.

図5は、逆戻りを説明する図である。 Figure 5 is a diagram illustrating the back. 図5では、図1に示す、無線メッシュネットワークにおける逆戻りを説明している。 In Figure 5, shown in FIG. 1, it describes a back in a wireless mesh network. 図5(a)に示すように、送信モードで働く無線装置10(第1の無線装置)から送信された情報は、受信モードで働く無線装置11(第2の無線装置)で受信されて、送信モードで働く無線装置11(第2の無線装置)から転送(送信)される。 As shown in FIG. 5 (a), information transmitted from the wireless device 10 (first radio unit) working in transmission mode is received by the wireless device 11 to work in receive mode (second radio unit), It is transferred (transmitted) from the wireless device 11 working in transmission mode (second radio unit). 送信モードが終了した無線装置10(第1の無線装置)と、無線装置15とは共に受信モードで動作しているので、両方の無線装置が、無線装置11(第2の無線装置)からの情報を受信する。 Wireless device 10 transmits mode has ended (first wireless device), since the both operate in receive mode with the wireless device 15, both of the wireless device, from the wireless device 11 (second radio unit) to receive the information. すなわち、無線装置11(第2の無線装置)から無線装置10(第1の無線装置)への逆戻りが生じていることとなる。 In other words, so that the back is occurring from the wireless device 11 (second radio unit) to the wireless device 10 (first radio unit).

次に、受信モードが終了した無線装置10(第1の無線装置)と無線装置15とは共に送信モードで動作し、両方の無線装置が、無線装置11(第2の無線装置)からの情報を送信する。 Then, information from the wireless device 10 receive mode has been completed (the first wireless device) and the radio apparatus 15 operates both in the transmit mode, both wireless devices, the wireless device 11 (second radio unit) to send. この結果、無線装置10(第1の無線装置)から無線装置11(第2の無線装置)への逆戻りが生じ、無線装置15から無線装置11(第2の無線装置)へも逆戻りが生じることとなる。 As a result, reversal occurs from the wireless device 10 (first radio unit) to the wireless device 11 (second radio unit), the reversion occurs from the wireless device 15 to the wireless device 11 (second radio unit) to become. このようにして、何度も、無線装置10(第1の無線装置)と無線装置11(第2の無線装置)との間、無線装置15と無線装置11との間で、各々、逆戻りが繰り返されることとなる。 Thus, many times, between the wireless device 10 (first radio unit) and the radio apparatus 11 (second radio unit) between the wireless device 15 and the wireless device 11, respectively, reversion and thus repeated. なお、図1に示す場合においては、無線装置10と無線装置15との離間距離は電波の到達距離よりも大きいので無線装置10と無線装置15との間で逆戻りが生じることはない。 In the case shown in FIG. 1, the distance between the radio apparatus 10 and the wireless device 15 will not be back occurs between the radio apparatus 10 and the wireless device 15 is greater than the reach of the radio waves.

図5では、3台の無線装置の間で生じる関係のみを図示したが、同様の関係が、無線メッシュネットワークのあらゆる部分で発生する。 In Figure 5, it has been illustrated only relationship that occurs between the three wireless devices, similar relationship occurs at any part of the wireless mesh network. この結果として多数の無用な伝送が発生する。 The resulting number of unnecessary transmission occurs. 上述した例では、無線装置10から無線装置16に情報が伝達されたときに通信の目的を達したこととなり、その後においては、この情報に係る電波の発射は不要である。 In the example described above, it becomes possible to reach the communication purposes when the information from the wireless device 10 to the wireless device 16 is transmitted, in the subsequent firing of the radio wave according to this information is not required. しかしながら、従来のフラッディング方式によれば、無線装置10から無線装置16まで情報が達した後においても、転送回数(TTL)が規定の回数となるまで、各無線装置が無用な電波を、無秩序に発射し続けることとなる。 However, according to the conventional flooding method, after reaching the information from the wireless device 10 to the wireless device 16 is also the number of transfers (TTL) until a prescribed number of each wireless device useless radio waves, disorderly and thus continue to launch. 「逆戻りチェック」はこのような事態の発生を防止する技術である。 "Back check" is a technique to prevent the occurrence of such a situation.

図6は、各無線装置でおこなわれる「逆戻りチェック」の処理をフローチャートで表す図である。 Figure 6 is a diagram showing the processing of the "back check" performed in each wireless device in a flow chart. 「逆戻りチェック」の処理は通信制御部104のCPUが中心となっておこなう。 Processing of "back check" is performed is the CPU of the communication control unit 104 is centered. 図6に示すフローチャートの説明に先立ち、ラム106に形成される履歴テーブルの内容である「メッセージパケットの履歴」(以下、履歴と省略する)について説明をする。 Prior to description of the flowchart shown in FIG. 6, the contents of the history table that is formed on the ram 106 "message history packet" (hereinafter abbreviated as history) will be described.

図7は、ある無線装置(当該無線装置と以下省略する)の履歴テーブルの内容を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the contents of a history table of a wireless device (omitted hereinafter with the wireless device). 無線装置のラム106には、制御データの9バイトの内容の一部(履歴)を履歴テーブルとして保有するようにされている。 The ram 106 of the wireless device is 9 bytes of part of the content of the control data (history) as held as a history table. 履歴テーブルに書かれている内容は当該無線装置で受信されたメッセージパケットに関するものである。 Content written in the history table relates the message packet received by the wireless device.

図7は、ラム106に記憶されるメッセージパケットの履歴の内容である。 Figure 7 is a content of the history of the message packet is stored in the ram 106. 履歴1、履歴2、履歴3、履歴4の順は、当該無線装置が受信した順番である。 History 1, history 2, history 3, the order of the history. 4 is a order in which the wireless device receives. すなわち、履歴1で表されるメッセージパケットが最も早い時刻に受信され、次いで、履歴2、履歴3、履歴4の各々に関するメッセージパケットが順に、当該無線装置によって受信されたのである。 That is, the message packet represented by the history 1 is received at the earliest time, then history 2, history 3, the message packet is in sequence for each of the historical 4 is was received by the wireless device. また、各履歴は、ラム106の履歴テーブルにリング方式で記憶される。 Each history is stored in a ring manner in the history table of the ram 106. つまり、一連の「逆戻りチェック」の処理の終了後、履歴4の次に受信された履歴(履歴5とする)が、最も古い履歴である履歴1の上に上書きされる。 That is, after the processing of a series of "back check", (the history 5) history received in the next history 4 is overwritten on the history 1 is the oldest history. そして、ポインタによって、いずれの履歴を読み出すかの指定が可能とされる。 Then, the pointer by the possible reading of the specified one of the history.

ここで、図7に示す履歴テーブルの内容は、図6に示すフローチャートを実行するに際して必要とされる情報である。 Here, contents of the history table shown in FIG. 7 is information that is required when executing the flowchart shown in FIG. 図7に示す履歴テーブルの内容を参照して転送するか否かが判断される。 Whether referring to be transferred is determined the contents of the history table shown in FIG. ここで、履歴1〜履歴4の容量は、4×4バイト=16バイトである。 Here, the capacity of the history 1 History 4 is a 4 × 4 bytes = 16 bytes. したがって、通信経路確保に関するラム106の容量としては、最小限度16バイトあれば良いこととなる。 Therefore, the capacity of the ram 106 to a communication path securing, so that it is sufficient minimum 16 bytes. このように経路確保に関する容量は、ルーティング方式において必要とされる400バイト〜3キロバイトの容量に較べると小さなものである。 Capacity on this way path securing is a small one Compared with the capacity of 400 bytes to 3 kilobytes required in the routing scheme.

履歴1〜履歴4の各々についての記憶されている内容は、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット種類」、「パケット番号」および「残り再送回数」である。 Contents stored for each history 1 History 4 is "original source address", "packet type", "packet number" and "remaining number of retransmissions." この4つを総称して、アールイーシーブィアイエヌエフオー変数(RECVINFO変数)と称する。 These four are collectively referred to as the Earl E. Sea Bui eye NF O variable (RECVINFO variable).

図6に示すフローチャートの説明をおこなう。 A description of the flowchart shown in FIG.
まず、ステップST100において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケット(新たに受信される1個のメッセージパケット)の受信を認識する。 First, in step ST100, the communication control unit 104 recognizes the reception of a message packet received (one message packet received newly).
より具体的には、メッセージパケットを受信部103が受信するごとに通信制御部104に制御データの9バイトの内容が転送され、通信制御部104は受信を認識する。 More specifically, 9 bytes of the contents of the control data to the communication control unit 104 is transferred each time received by the receiving unit 103 a message packet, the communication control unit 104 recognizes the reception.

ステップST101において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケットのオリジナル送信元が自分(当該無線装置)であるか否かを判断する。 In step ST 101, the communication control unit 104, the original source of the message packet is received to determine whether the own (the wireless device).
すなわち、通信制御部104は制御データの9バイト目の内容を解読することによってオリジナル送信元を取得する。 That is, the communication control unit 104 obtains the original source by decoding the 9 byte of the contents of the control data. また、通信制御部104は自己の無線装置に予め付与された識別アドレスを保存しているので、オリジナル送信元と識別アドレスとが一致する場合には肯定(Yes)、すなわち、当該無線装置がオリジナル送信元であると判断し、オリジナル送信元と識別アドレスとが一致しない場合には否定(No)、つまり、当該無線装置はオリジナル送信元ではないと判断する。 Further, since the communication control unit 104 is stored an identification address which is previously assigned to its own radio apparatus, positive in the case where the original source and identification address matches (Yes), i.e., the wireless device is the original determines that the transmission source, negative if the original source and identification addresses do not match (no), i.e., the wireless device is determined not to be the original source.
ステップST101の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST108に移り、ステップST101の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST102に移る。 If the result of the determination in step ST101 is Yes, the process proceeds to step ST 108, if the result of the determination in step ST101 is No, the process proceeds to step ST 102.
オリジナル送信元が当該無線装置である場合には、当該無線装置が発信したメッセージパケットは、他の無線装置を介して当該無線装置が受信する以外はあり得ない。 If the original source is a the wireless device, a message packet which the wireless device is sent is impossible except that the wireless device receives via other wireless devices. このため、ステップST102以降の処理に関しては、処理の対象とはならない。 Therefore, step ST102 regarding subsequent steps are not subject to the process. よって、このような場合には、不必要な処理をしないようにするためにステップST101の処理を設けたものである。 Therefore, in such a case, it is provided with a process of step ST101 in order to avoid unnecessary processing.

ステップST108において、通信制御部104は受信パケットを破棄する。 In step ST 108, the communication control unit 104 discards the received packet.
ここで、受信パケットを破棄するとは、ステップST101における判断の結果Yesに該当したメッセージパケットを転送しないということである。 Here, the discards the received packet is that it does not forward the message packet corresponding to the result Yes in determination in step ST 101. ステップST108での処理の後、一連の逆戻りチェックの処理は終了する。 After the processing in step ST 108, the process of the series of back check is completed.

ステップST102において、通信制御部104は、前に受信した履歴を読み出す。 In step ST 102, the communication control unit 104 reads the history of previously received.
この場合、ステップST103、ステップST104、および、ステップST106で構成されるループにおいて、最初の回に読み出される履歴は、図7に示す履歴4である。 In this case, step ST 103, step ST 104, and, in a loop composed of step ST 106, the history is read in the first round, a history 4 shown in FIG. なお、読み出す履歴の数が1個だけに設定されている場合には、ステップST104、および、ステップST106の処理は必要とはされない。 In the case where the number of history reading is set to only one, the steps ST 104, and the process of step ST106 is not required.

ステップST103において、通信制御部104は、前に受信した履歴4の内容と今回の受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容とを比較する。 In step ST 103, the communication control unit 104 compares the content of the information contained in the message packet (history 5) which is of the contents of the history 4 received this time received before.
比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット種類」、「パケット番号」の3つであり、この3つが一致するか否かを比較するものである。 Comparison content, "original source address", "packet type" is the three "packet number", it is to compare whether the three are coincident.
なお、「パケット種類」が1種類に固定されている場合には、比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」の2つとされる。 In the case where "packet type" is fixed to one type, the comparison content is 2 Tsutosa "original source address" and "packet number".
以下の説明では比較の対象は3つであるとして説明をする。 The following description will be described as a comparison of the target is three. この3つにつき、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容と履歴4の内容とが一致する場合には、ステップST103において、肯定(Yes)であると判断し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容と履歴4の内容とが一致しない場合には否定(No)であると判断する。 The three per, if the contents and the contents of history 4 of the information contained in the message packet is received (historical 5) coincide, in step ST 103, it is determined that the affirmative (Yes), the received in the case where the content of the content and history 4 of the information contained in the message packet (history 5) do not coincide is determined to be negative (no).
ステップST103での判断の結果がYesである場合には、処理はステップST107に移り、ステップST103の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST104に移る。 If the result of the determination in step ST103 is Yes, the process proceeds to step ST 107, if the result of the determination in step ST103 is No, the process proceeds to step ST 104.

ステップST107において、通信制御部104は、さらに、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致するか否かを判断する。 In step ST 107, the communication control unit 104 further whether the content of "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" of the information contained in the message packet is received (historical 5) matches whether or the judges.
受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致する場合には肯定(Yes)であると判断し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致しない場合には否定(No)であると判断する。 Is determined that the affirmative (Yes) in the case where the content of the information contained in the message packet received "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" in (history 5) match, receiving judged to be negative (no) in the case where the content of "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" information contained in the message packet (history 5) which is does not match.

ステップST107の判断の結果がYesである場合には「逆戻り」であるので、処理はステップST108に移り、当該無線装置は送信をすることなく一連の処理は終了する。 Because if the result of the determination in step ST107 is Yes is "back", the process proceeds to step ST 108, the wireless device a series of processing ends without transmitting. ステップST107の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST104に移る。 If the result of the determination in step ST107 is No, the process proceeds to step ST 104.

ステップST104において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と履歴テーブルのすべての履歴の内容が比較されたか否かを判断する。 In step ST 104, the communication control unit 104 determines whether the content of the entire history of the history table with the information (history 5) contained in the message packet received is compared. つまり、履歴5の内容と履歴4の内容、履歴5の内容と履歴3の内容、履歴5の内容と履歴2の内容および履歴5の内容と履歴1の内容との4回の比較がおこなわれたか否かを判断する。 That is, the contents of the content and history 4 history 5, the content and the content of history 3 history 5, four comparison of the contents of the content and history 1 contents and history 2 content and history 5 History 5 is performed to determine Taka not.
受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容と、他の4つの履歴の内容との比較が終了したと判断する場合には肯定(Yes)であると判断し、終了していないと判断する場合には否定(No)であると判断する。 And content of the information contained in the message packet received (historical 5), it is determined that the affirmative (Yes), if it is determined that the comparison of the contents of the other four history is completed, not completed It judged to be negative (No) in the case of determining that.
ステップST104の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST105に移る。 If the result of the determination in step ST104 is Yes, the process proceeds to step ST105.
ステップST104の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST106に移る。 If the result of the determination in step ST104 is No, the process proceeds to step ST 106.

ステップST106において、通信制御部104は、未だ受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と比較していない履歴を読み出す。 In step ST 106, the communication control unit 104 reads the history that is not compared yet with the information contained in the message packet received (historical 5). すなわち、履歴5と履歴4との比較のみが終了したのであれば、比較していない履歴である履歴3を読み出し、処理は再び、ステップST103に戻る。 That is, if the only comparison between history 5 and history 4 has ended, reads out the history 3 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 103.
ステップST106の処理は、ループに含まれるので複数回繰り返す。 Processing in step ST106 is repeated a plurality of times so included in the loop. 履歴5と履歴4および履歴5と履歴3の比較が終了した場合には、比較していない履歴である履歴2を読み出し、処理は再び、ステップST103に戻る。 If the comparison of the history 5 and history 4 and history 5 and history 3 is completed, reads out the history 2 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 103. 同様にして、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3および履歴5と履歴2の比較が終了した場合には、比較していない履歴である履歴1を読み出し、処理は再び、ステップST103に戻る。 Similarly, if the history 5 and history 4, Comparative history 5 and history 3 and history 5 and history 2 is finished, reads out the history 1 is a history that is not compared, the process again returns to step ST103 .

ステップST105において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケット(履歴5に関するメッセージパケット)を転送する。 In step ST105, the communication control unit 104 transfers the message packet is received (message packet on Hysteretic 5).

そして、逆戻りの処理は終了する。 Then, the processing of the back ends. なお、一連の「逆戻りチェック」の処理の終了の直前に、リング方式とされるメモリにおいて、現在、履歴1が記憶されている領域に履歴5が上書きされる。 Incidentally, just before the end of the processing of a series of "back check", in the memory which is a ring system, currently, history 1 history 5 is overwritten in an area that is stored.

つまり、以上述べた逆戻り処理の内容は以下のように要約される。 That is, the contents of the back processing described above is summarized as follows. 受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)が、ラム106の履歴4〜履歴1に記憶された、複数回の過去の受信の各々に関する「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「パケット種類」のすべてと一致する場合ではない場合(別の言い方をすれば、複数個の履歴(履歴4〜履歴1)の各々と履歴5とを比較して、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3、履歴5と履歴2、または、履歴5と履歴1、の全てにおいて、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「パケット種類」の少なくとも一つが一致しない場合)に、受信されるメッセージパケットを転送するように制御するのである。 Information contained in the message packet is received (historical 5) were stored in the history 4 history 1 of the ram 106, "original source address" for each of the past reception of multiple "packet number" and " If the case (other words not the case that matches all packets type ", by comparing the respective and history 5 of the plurality of history (history 4 history 1), history 5 and history 4 history 5 a history 3 history 5 and history 2, or history 5 and history 1, in all, if the "original source address", at least one of the "packet number" and "packet type" do not match), it is received it is to control the transfer of a message packet that.

なお、パケット種類が1種類であると予め解っている場合には、「パケット種類」についての判断は必要ではない。 In the case where the packet type is known in advance If it is one kind is not required decision on "packet type". 「パケット種類」の判断をしない場合には、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)が、ラム106に記憶された複数個(履歴4〜履歴1)の「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」のすべてと一致する場合ではない場合(別の言い方をすれば、(履歴4〜履歴1)の各々の「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」と履歴5のそれらとを比較して、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3、履歴5と履歴2、または、履歴5と履歴1、の全てにおいて 、「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」の少なくとも一つが一致しない場合)に、受信されるメッセージパケットを転送するように制御するのである。 If not the decision of the "packet type" is information contained in the message packet is received (historical 5), a plurality of which are stored in the ram 106 of the (log 4 to log 1) "original source address" and If all the cases (other words not the case matches the "packet number", compared with their respective "original source address" and "packet number" and history 5 (history 4 history 1) to history 5 and history 4 history 5 and history 3 history 5 and history 2, or, in the history 5 and history 1, all, at least one "original source address" and "packet number" does not match If) is to control the transfer of a message packet received.

さらに、当該無線装置によっておこなわれた複数回の転送の各々に関する複数個の「残り再送回数」をラムに記憶するように制御しても良いものである。 Furthermore, those of a plurality for each of the plurality of times of transfer performed by the wireless device to "rest retransmission count" may be controlled to store the ram. このような「残り再送回数」をラムに記憶する場合には、処理は以下のようにおこなう(フローチャートを示す図は省略する)。 When storing such a "remaining number of retransmissions" in the ram, the process is performed as follows (omitted diagram showing a flowchart).
まず、ラムに記憶された複数個(履歴4〜履歴1)の各々の履歴の「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「残り再送回数」と、メッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「残り再送回数」とを比較する。 First, the information "original source address" of each of the history of the plurality stored in the ram (history 4 history 1), a "packet number" and "remaining number of retransmissions", contained in the message packet (history 5) "original source address", is compared with the "packet number" and "remaining number of retransmissions."

そして、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と、履歴4〜履歴1に記録された複数回の過去の受信の各々に関する「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「残り再送回数」のすべてとが一致する場合には、受信されるメッセージパケットを転送しないように制御する。 Then, the information contained in the message packet is received (historical 5), "original source address" for each of the past reception of multiple recorded in the history 4 history 1, "packet number" and "the remaining retransmission If all times "and match, controlled not to forward the message packet received.
一方、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と、ラムに記憶された複数回の過去の受信の各々に関する「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「残り再送回数」の少なくとも一つとが一致しない場合(履歴5と、履歴4〜履歴1とを比較したときに、履歴4〜履歴1の各々について、上述する3つの内容がすべて一致する場合ではない場合)に、受信されるメッセージパケットを転送するように制御する。 On the other hand, the information contained in the message packet is received (historical 5), "original source address" for each of the past reception of multiple stored in the ram, at least the "packet number" and "remaining number of retransmissions" If the one does not match (the history 5, when compared with the history 4 history 1, for each of the history 4 history 1, when three contents to be described is not the case of all matches) to be received controlling to forward that message packet.
以上のようにして、「残り再送回数」の判断をさらに加えて、転送の効率をより高めることができる。 As described above, by further adding a determination of "remaining number of retransmissions", it is possible to enhance the efficiency of the transfer. なお、複数個(履歴4〜履歴1)の各々の履歴と履歴5との比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「残り再送回数」の3つに、さらに「パケット種類」を追加しても良い。 In Comparative contents of each of the history and history 5 plurality (history 4 history 1), the three "original source address", "packet number" and "remaining number of retransmissions," further "Packet Type "may be added.

ここで、受信されるメッセージパケットに含まれる情報と比較する履歴の数は4に限られることはなく、無線メッシュネットワークの規模に応じて適宜に選択することができるものであり、比較する履歴の数が1であっても良いものである。 Here, the number of history to be compared with the information contained in the message packet received is not limited to 4, which can be selected as appropriate according to the size of the wireless mesh network, the history of comparing the number is what may be one.

従来のフラッディング方式に、上述した「逆戻りチェック」を適用することによって、以下の効果がある。 The conventional flooding method, by applying the "back check" described above, there are the following effects.

まず、オリジナル送信元が自分か否かを判断する処理(ステップST101の処理)を採用することによって、最初に送信した無線装置(オリジナル送信元の無線装置)と2番目に送信した無線装置との間における逆戻りを防止できる。 First, the original sender by adopting process of determining whether yourself (the processing in step ST 101), the first wireless device that sent the (original source of the wireless device) and the wireless device that transmitted the second reversion in between can be prevented.

次に、「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」(さらに「パケット種類」を追加しても良い)を比較する処理(ステップST102からステップST108に至る処理)によって、他の無線装置を介して再び戻ってきた同一のメッセージパケットを同一の無線装置(オリジナル送信元の無線装置以外の無線装置)から送信することを防止することができる。 Next, the "original source address" and "packet number" (more may be added to "Packet Type") comparing the process (process ranging from step ST102 to step ST 108), via other wireless devices it is possible to prevent sending the same message packet which has returned again from the same wireless device (wireless device other than the original source of the wireless device). さらに、複数個の履歴を比較する処理(ステップST103、ステップST104、ステップST106の処理)によって、少なくとも直近の複数個のメッセージパケットと現在受信するメッセージパケットの比較をおこない、「逆戻り」したメッセージパケットであるか否かが確認できる。 Furthermore, the process of comparing a plurality of history by (step ST 103, step ST 104, the process of step ST 106), compares the message packet received at least the last plurality of message packets and the current, the message packet "back" whether or not there can be confirmed. このように「逆戻りチェック」の処理によって、逆戻りの発性を効果的に防止できる。 By the processing of this way "back check", it can be effectively prevented the departure of the back.

以上述べた理由によって、実施形態の逆戻り処理をフラッディング方式に採用すれば、無線メッシュネットワーク内における無用な逆戻り電波の発生を防止できる。 Or the reasons mentioned, by employing the back process of the embodiment in flooding method, it is possible to prevent occurrence of unnecessary back waves in a wireless mesh network. この結果として、無線メッシュネットワーク内におけるノイズレベルを低下させることができ、無線装置間の電波の到達距離を伸ばし、通信経路の品質を向上させることができる。 As a result, it is possible to reduce the noise level in the wireless mesh network, extending the radio wave arrival distance between wireless devices, it is possible to improve the quality of the communication path. また、個々の無線装置について言えば、無駄に送信している時間を削減できるので、無線装置の電源部に再充電ができない電池を使用している場合にはその消耗を防止し、再充電可能なバッテリーが使用される場合には、バッテリーの無充電で使用できる時間を延ばすことができる。 Further, As for each of the wireless device, it is possible to reduce the time that is wasted transmission case to prevent its depletion using batteries that can not be re-charged to the power supply unit of the wireless device, rechargeable a case where the battery is used, it is possible to extend the time available without charging the battery. また、従来のルーティング方式と較べた場合には、ラムの容量を少なくすることができる。 Also, when compared to traditional routing scheme, it is possible to reduce the ram capacity.

要は、上述した「逆戻りチェック」では、過去に受信したメッセージパケットの情報の履歴を参照して、今回、新たに受信したメッセージパケットの履歴の情報が、過去に受信した履歴の情報と一致しない場合には、今回、新たに受信したパケットを転送するようにして、既に過去に受信したメッセージパケットは送信しないようにするものである。 In short, in the "back check" described above, with reference to the history of the information of the message packet received in the past, this time, information of the history of the newly received message packet does not match the information of the history of received in the past in this case, this time, so as to transfer the newly received packet, a message packet already received in the past is to avoid sending. このような、第1実施形態の「逆戻りチェック」の処理を「受信制限型転送」と称するものとする。 Such a process of "back check" of the first embodiment will be referred to as "reception-limited transfer."

「協調型転送」について説明をする。 It will describe a "cooperative transfer".

協調型転送とは、無線メッシュネットワーク内において、通信可能なエリアに複数の無線装置があった場合に、キャリアセンスの時間を無線装置が協調して変更して、複数の無線装置から同時に転送がおこなわれる状態を生じさせないようにする方式である。 The cooperative forwarding, in the wireless mesh network, when a plurality of wireless devices capable of communicating area, the wireless device carrier sense time to change in concert, simultaneously transferring a plurality of wireless devices it is a method to prevent causing state takes place. その基本とする技術は、ランダムウエイトとキャリアセンスである。 Technology and the basic is a random weight and carrier sense.

図8は、協調型転送が採用される無線メッシュネットワークの一例を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing an example of a wireless mesh network cooperative transfer is employed. 図9は、協調型転送における各無線装置の送信状態を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing the transmission state of each wireless device in the cooperative transmission. 図8、図9を参照しての協調型転送について説明をする。 8, the describe cooperative transfer with reference to FIG. 協調型転送は、図8に示すように、無線装置10からの電波が、複数個の無線装置で受信可能である場合に有効な技術である。 Cooperative forwarding, as shown in FIG. 8, the radio wave from the wireless device 10 is an effective technique when it is receivable by a plurality of wireless devices. 以下、無線装置11、無線装置12、無線装置13の3個の無線装置が無線装置10からの電波を受信可能であるとして説明をおこなう。 Hereinafter, the wireless device 11, wireless device 12, three radio apparatus of the radio apparatus 13 will be described as being capable of receiving radio waves from the wireless device 10.

図9において、無線装置10〜無線装置13の各々について、縦軸の下方レベル(ローレベル)から縦軸の上方レベル(ハイレベル)に変化するまでの時間が、キャリアセンス時間である。 9, for each of the wireless device 10 to wireless device 13, the time from the longitudinal axis of the lower level (low level) to change over the level of the longitudinal axis (high level), a carrier sense time. ここで、ハイレベルで記載された部分は送信状態に対応し、ローレベルで記載された部分は受信状態に対応する。 Here, portions described at a high level corresponds to the transmission state, portions described low level corresponding to the received state. また、送信状態にある無線装置は図9においては矢印の先によって示されている。 Further, the wireless devices in the transmission state is indicated by the arrowhead in FIG. 図9の横軸は時間軸である。 The horizontal axis of FIG. 9 is a time axis.

「キャリアセンス」とは、ある時間を起点(キャリアセンス時間起点)として、所定時間(キャリアセンス時間)待って、その所定時間内に他の無線装置からの送信(転送)がされていないと認識した場合には、自らが転送を開始し、他の無線装置からの送信(転送)がされたと認識した場合には自らは転送をしない技術をいうものである。 The "carrier sense", starting from the time that (carrier sense time origin), waiting a predetermined time period (carrier sense time), and the transmission from other wireless devices within a predetermined time (transfer) not recognized when the itself begins forwarding, himself sent when recognizing the (transfer) is in from other wireless devices is intended to refer to techniques that do not transfer. ここで、キャリアセンス時間は、以下の式1で表される。 Here, the carrier sense time is represented by Formula 1 below.
キャリアセンス時間=ランダムウエイト時間+補正値 (式1) Carrier sense time = random wait time + correction value (Equation 1)
式1における、ランダムウエイト時間は、0〜2msの範囲でランダムな値をとるものであり、最大2msである。 In Formula 1, the random wait time, which takes a random value in the range of 0~2Ms, the maximum 2 ms. また、式1における補正値は式2で表される。 The correction value in Equation 1 is expressed by Equation 2.
補正値=RANDOM_ADJ変数の値×係数 (式2) Value × coefficient correction value = RANDOM_ADJ variables (Equation 2)
ここで、アールエーエヌディーオーエムエーディージェイ変数(RANDOM_ADJ変数)の値は、0、1、 2、 3、4、5の値をとり、係数の値は3msである。 Here, the value of Earl er N. Dee OM er DJ variable (RANDOM_ADJ variable), 0,1, 2, a value of 3, 4, 5, the value of the coefficient is 3 ms. また、キャリアセンス時間起点は、無線装置10(図9を参照)の送信の終了の時間(図9では、時刻t 1 、時刻t 2 、時刻t 3 、時刻t 4 、時刻t 5 )である。 The carrier sense time origin is a wireless device 10 (see FIG. 9) end of the time of transmission of (in FIG. 9, the time t 1, time t 2, the time t 3, time t 4, the time t 5) .

図9に示すように、時刻t 1を基準とする無線装置11のキャリアセンス時間はT 11であり、無線装置12のキャリアセンス時間はT 12であり、無線装置13のキャリアセンス時間はT 13である。 As shown in FIG. 9, the carrier sense time of the wireless device 11 relative to the time t 1 is T 11, the carrier sense time of the wireless device 12 is T 12, the carrier sense time of the wireless device 13 is T 13 it is. このように各無線装置のキャリアセンス時間は相互に異なることを原則とするものである。 Thus the carrier sense time of each wireless device is to principle different from each other. 初期状態におけるキャリアセンス時間を異ならせるために、例えば、各無線装置の電源の投入時に各通信制御部において乱数を発生して、乱数に応じたランダムウエイト時間を無線装置ごとに設定し、キャリアセンス時間を無線装置ごとに設定する。 To vary the carrier sense time in the initial state, for example, power supply generates a random number in each of the communication control unit upon insertion of the respective wireless device, it sets the random wait time corresponding to the random number for each wireless device, carrier sense to set the time for each wireless device.

図9を参照して、協調転送の処理を順に説明する。 Referring to FIG. 9, illustrating a process of coordinated sequentially transferred. 説明に際しては、オリジナル送信元の無線装置は無線装置10であり、無線装置10は順次、メッセージパケットを送信する(図9の最上段を参照)ものとして説明をする。 In the description, the original source of the wireless device is a wireless device 10, wireless device 10 sequentially be described as transmitting the message packet (see top of Figure 9). また、無線装置11〜無線装置13の各々は相互に無線装置11〜無線装置13に含まれる自己以外の他の無線装置からの電波を受信することが可能であるものとして説明をする。 Further, each wireless device 11 to the wireless device 13 will be described as being capable of receiving radio waves from other wireless devices other than self-contained radio apparatus 11 to the wireless device 13 to each other.

無線装置10が時刻t 1で送信を終了する。 Wireless device 10 terminates the transmission at time t 1. このとき、無線装置11のキャリアセンス時間はT 11であり、無線装置12のキャリアセンス時間はT 12であり、無線装置13のキャリアセンス時間はT 13であり、時間T 11 <時間T 12 <時間T 13であるので、無線装置11(図9の矢印で示す先の無線装置)が転送を開始する。 In this case, the carrier sense time of the wireless device 11 is T 11, the carrier sense time of the wireless device 12 is T 12, the carrier sense time of the wireless device 13 is T 13, the time T 11 <time T 12 < since at time T 13, the wireless device 11 (wireless devices previously indicated by the arrow in FIG. 9) begins forwarding. キャリアセンス時間がより長い他の無線装置である、無線装置12、無線装置13は無線装置11が転送を開始したことを認識して、転送の動作を控える。 Carrier sense time is longer another wireless device, the wireless device 12, wireless device 13 recognizes that the wireless device 11 initiates a transfer, refrain from operation of the transfer.

そして、転送を終了した無線装置である無線装置11は、RANDOM_ADJ変数の値を変化させて、キャリアセンス時間をT 21に設定する。 Then, the wireless device 11 which is the end radio device transfers, by changing the value of RANDOM_ADJ variable, sets the carrier sense time T 21. 時間T 21は、時間T 11よりもより長い時間とされる。 Time T 21 is a longer time than the time T 11. 例えば、RANDOM_ADJ変数の値が、最大値である5に設定される。 For example, the value of RANDOM_ADJ variable is set to 5 which is the maximum value. 一方、転送しなかった他の無線装置である無線装置12、無線装置13は各々のキャリアセンス時間を現在の時間よりも、より短く設定する。 On the other hand, the wireless device 12 which is another wireless device that did not transfer, than the wireless device 13 the current time each carrier sensing time is set shorter. 例えば、現在のRANDOM_ADJ変数の値を1だけ小さなものとして、現在設定されているキャリアセンス時間より1段階短く設定する。 For example, the value of the current RANDOM_ADJ variable as only 1 small, sets from one step shorter carrier sensing time which is currently set. 無線装置12のキャリアセンス時間はT 22に設定され、無線装置13のキャリアセンス時間はT 23に設定される。 Carrier sense time of the wireless device 12 is set to T 22, the carrier sense time of the wireless device 13 is set to T 23.

次に、無線装置10が時刻t 2で送信を終了する。 Next, the wireless device 10 terminates the transmission at time t 2. このとき、無線装置11のキャリアセンス時間はT 21であり、無線装置12のキャリアセンス時間はT 22であり、無線装置13のキャリアセンス時間はT 23であり、時間T 22 <時間T 23 <時間T 21であるので、無線装置12(図9の矢印で示す先の無線装置)が転送を開始する。 In this case, the carrier sense time of the wireless device 11 is T 21, the carrier sense time of the wireless device 12 is T 22, the carrier sense time of the wireless device 13 is T 23, the time T 22 <time T 23 < since at time T 21, the wireless device 12 (wireless devices previously indicated by the arrow in FIG. 9) begins forwarding. キャリアセンス時間がより長い他の無線装置である、無線装置11、無線装置13は無線装置12が転送を開始したことを認識して、転送の動作を控える。 Carrier sense time is longer another wireless device, the wireless device 11, wireless device 13 recognizes that the wireless device 12 initiates a transfer, refrain from operation of the transfer.

そして、転送を終了した無線装置である無線装置12は、キャリアセンス時間をT 32に設定する。 The wireless device 12 which is the end radio device transfer sets the carrier sense time T 32. 時間T 32は、RANDOM_ADJ変数の値が、最大値である5に設定されたときの時間である。 Time T 32, the value of RANDOM_ADJ variable is the time when set to 5 which is the maximum value. 一方、転送しなかった他の無線装置は各々のキャリアセンス時間を1段階短くする。 On the other hand, other wireless device that did not transfer to shorten each of the carrier sense time one step. 無線装置11のキャリアセンス時間はT 31に設定され、無線装置13のキャリアセンス時間はT 33に設定される。 Carrier sense time of the wireless device 11 is set to T 31, the carrier sense time of the wireless device 13 is set to T 33.

以下、順に図9に示すようにして、上述した過程を繰り返して転送をおこなう。 Hereinafter, in order as shown in FIG. 9, and transfers repeat the above process. なお、上述した説明では、オリジナル送信元からの第1段階の転送の例で説明をしたが、無線メッシュネットワークのすべての場所でこのような協調転送はおこなわれる。 Incidentally, in the above description, although the described example of the first stage of the transfer from the original source, such coordination transfer is performed anywhere in the wireless mesh network. このように、通信圏内(複数の無線装置が相互に電波が受信できる範囲内)の、オリジナル送信元に該当する無線装置以外の、すべての無線装置が、各自、キャリアセンス時間を協調して変更する点が協調転送の特徴である。 Thus, the communication range (range in which a plurality of wireless devices can receive radio waves with each other), other than the wireless device corresponding to the original sender, all wireless devices, each for changes in cooperation carrier sense time points is a feature of the cooperative transmission.

つまり、以上述べた協調転送の処理の内容は以下のように要約される。 That is, the content processing coordination transfers described above can be summarized as follows. 受信されるメッセージパケットの受信終了時刻を検出し、当該無線装置が転送をおこなった場合には、受信終了時刻から転送の開始までの時間であるキャリアセンス時間を現在よりもより長くするように変更し、当該無線装置が転送をおこなわなかった場合には、キャリアセンス時間を現在よりもより短くするように変更する。 It detects the reception end time of the message packet is received, when the wireless device is subjected to transfer, modify the carrier sense time is the time until the start of the transfer from the reception end time to longer than the current and, if the wireless device does not perform the transfer changes the carrier sense time to shorten more than the current. ここで、より長くするように変更する場合には設定値が取り得る範囲の最大値とするものであっても良く、より短くするように変更する場合には段階的に設定値が変更可能とされる場合において、1段階短くするものであっても良い。 Here, may be one in which the maximum value of the range that can take the set value when changing to longer, when modified to shorten the changeable stepwise setting in the case where the, or may be one stage short.

このような協調転送では、一台の無線装置が転送を開始すると他の無線装置は転送を控えるので、転送をする無線装置は一台となり、複数の無線装置から電波が発射されて通信の輻輳が生じることがないので、結果として通信経路の品質が向上する。 In such coordinated transfer, because the single wireless device initiates the transfer another wireless device refrains from forwarding, wireless device that the transfer becomes single, congestion of the communication with radio waves emitted from a plurality of wireless devices because does not occur, the quality of the communication path is improved as a result.

また、他の無線装置が転送を控えることによって、他の無線装置の電池の消耗を防ぐことができ、電池交換までの時間を長くすることができる。 Further, by another wireless device refrains from forwarding, it is possible to prevent battery drain of another wireless device, it is possible to increase the time before battery replacement. さらに、複数個の無線装置のいずれかを選択することによって、オリジナル送信元から宛先までの通信経路を複数個構成することが可能な場合において、送信動作が特定の無線装置に偏ることなく、送信の機会均等が図られるので、消費電力の均等化が図られ、電池の交換時期を揃えることができる。 Further, by selecting one of the plurality of wireless devices, in the case capable of multiple constituting the communication path to the destination from the original source, without the transmission operation biased to a particular wireless device, transmitting since equal opportunity is achieved, equalization of power consumption is achieved, it is possible to align the replacement time of the battery.

なお、上述したようにして、初期においてキャリアセンス時間をランダムに設定するだけだと、初期のキャリアセンス時間に重複が生じ、同時転送の状態が固定される可能性もあるので、各無線装置のキャリアセンス時間にばらつきを生じさせるために、「ランダムウエイト」をさらに追加するようにしたのであるが、「ランダムウエイト」についてより詳細に説明をする。 Incidentally, as described above, when just setting the carrier sense time in the initial randomly generated overlapping the initial carrier sense time, since the state of the simultaneous transfer possibly be fixed, for each wireless device to produce variations in carrier sense time, but it was so add more "random weights", it will be described in more detail "random weights".

ランダムウエイトの時間(ランダムウエイト時間)をどのように設定するかについては、式2の係数(係数)の値とも関係しており、この両者は無線装置の性能に応じて適宜に決めるべきものである。 For how to set the random wait time (random wait time), and also associated with the value of the coefficients of equation 2 (coefficient), the two really be decided appropriately in accordance with the performance of the wireless device is there. 係数の値が上述したように3msであるとしたときの、各無線装置の有するRANDOM_ADJ変数の値が、0、1,2、3、4、5のいずれかである場合には、式2で示す各補正値は、0ms、3ms、6ms、9ms、12ms、15msとなる。 When the value of the coefficient is assumed to be 3ms As described above, when the value of RANDOM_ADJ variables included in each wireless device is any one of 3, 4, 5 is the formula 2 each correction value that becomes 0ms, 3 ms, 6 ms, 9 ms, 12 ms, and 15 ms. 一方、ランダムウエイト時間は、無線装置ごとに、自ら発生する乱数によって各々異なるのであるから、例えば、ランダムウエイト時間の最大値を2msとする場合には、各無線装置のキャリアセンス時間は、式1に示すように、上述した補正値にランダムウエイト時間(0ms〜2ms)を加算して、0ms〜2ms(0ms+2ms)、3ms〜5ms(3ms+2ms)、6ms〜8ms(6ms+2ms)、9ms〜11ms(9ms+2ms)、12ms〜14ms(12ms+2ms)、15ms〜17ms(15ms+2ms)の範囲となる。 On the other hand, the random wait time for each wireless device, since it is respectively different from the random numbers themselves occurs, for example, in the case of the 2ms maximum value of the random wait time, a carrier sense time of the wireless device, wherein 1 as shown in a random wait time correction value described above (0ms~2ms) by adding, 0ms~2ms (0ms + 2ms), 3ms~5ms (3ms + 2ms), 6ms~8ms (6ms + 2ms), 9ms~11ms (9ms + 2ms) , 12ms~14ms (12ms + 2ms), the range of 15ms~17ms (15ms + 2ms).

上述したように各無線装置のキャリアセンス時間は、1msの時間を有して離れており重なることがない。 Carrier sense time of the wireless device as described above, do not overlap are separated with a 1ms time. ランダムウエイト時間の最大値の設定に際しては、このようにして、各無線装置のキャリアセンス時間が重ならないようにして、少なくとも、1msの時間的余裕をもって他の無線装置が転送を開始したか否かを判断できるようにしている。 In the setting of the maximum value of the random wait time, in this way, as the carrier sense time do not overlap each wireless device, at least, whether with a time margin of 1ms other wireless devices begins to forward and to be able to determine. つまり、1ms内の処理時間で無線装置は、他の無線装置が送信を開始したことを検知できる性能を有していることを前提に、この1msという時間の設定がされている。 In other words, the wireless device in the processing time in 1ms is the assumption that it has the capability of other wireless devices can detect that it has begun transmitting, is set in this time of 1ms. この1msの時間は、係数―(ランダムウエイト時間の最大値)に対応するものである。 Time of 1ms are coefficients - which corresponds to the (maximum value of the random wait time). よって、無線装置が、他の無線装置からの転送をより速く判断できる性能を有する場合には、ランダムウエイト時間の最大値を msより大きくして、複数の無線装置におけるランダムウエイト時間の分布をより広げて、重なって複数の無線装置から同じ情報を転送する確率を低減することができる。 Therefore, wireless device, if it has the performance that can more quickly determine the transfer from another wireless device, and the maximum value of the random wait time greater than 2 ms, the distribution of the random wait time in a plurality of wireless devices a more spread, it is possible to reduce the probability of transferring the same information from a plurality of wireless devices overlap. また、無線メッシュネットワークシステムにおける転送レートを視点として、逆の見方をすれば、以下のようなことが言える。 Further, as the viewpoint of the transmission rate in a wireless mesh network system, if the opposite view, it can be said as follows. 本実施形態のキャリアセンスの処理が適切である場合には、RANDOM_ADJ変数の値が0に対応する無線装置が転送の動作をおこなっている場合が多いが、この場合には、キャリアセンス時間はランダムウエイト時間と等しいものとなる。 When the process of the carrier sense of the present embodiment is appropriate, but in many cases wireless device value of RANDOM_ADJ variable corresponding to 0 is performing the operation of the transfer, in this case, the carrier sense time random It becomes equal to the wait time. よって、無線装置の性能が許す範囲で、ランダムウエイト時間の最大値の値を、例えば現在の2msよりもより短い時間に設定して、無線メッシュネットワークシステムの転送レートを大きく(速く)できる。 Thus, to the extent that the performance of the wireless device permits, the value of the maximum value of the random wait time, for example by setting a shorter time than the current 2 ms, can be increased transfer rate of the wireless mesh network systems (fast).

また、協調型転送においては、パケット種類による優先順位を付けてキャリアセンス時間を設定するようにしても良い。 In the cooperative forwarding, may be set the carrier sense time prioritized by packet type. 例えば、転送経路の途中に在る無線装置からオリジナル送信元に受信確認信号(ACK信号)を返信するような場合には、受信確認信号を受信した無線装置は、キャリアセンスをすることなく直ちに最優先で転送するようにすることもできる。 For example, if the wireless device located in the middle of the transfer path so as to return an acknowledgment signal (ACK signal) to the original sender, the wireless device that has received the reception confirmation signal immediately without carrier sensing outermost It may be adapted to transfer priority. また、受信確認信号の送信が1番目、受信確認信号の転送が2番目、メッセージ転送が3番目、メッセージ送信が最後となるような優先順位を付けることもできる。 Further, the first transmission of the acknowledgment signal, the second transfer acknowledgment signal, the third message transfer may be prioritized such message transmission is the last.

「代理応答」について説明をする。 It will describe a "proxy response".

代理応答は、受信確認信号(ACK信号)によって、受信されたことを確認して、次のメッセージパケットを送信し、受信されたことが確認されなかった場合には、前に送ったと同一のメッセージパケットを再送する方式を採用する場合において利益がある通信方式である。 Proxy response is the acknowledgment signal (ACK signal), and verify that it was received, when sending the next message packet, it is received is not confirmed, the same messages sent before a communication system where there is benefit in the case of adopting the method of retransmitting a packet. 代理応答とは、宛先の無線装置から順次、返送される受信確認信号を途中で途切れさすことなくオリジナル送信元に転送するのではなく、宛先の無線装置に代理して別の無線装置が受信確認信号を返送するものである。 Proxy response and sequentially from the destination of the wireless device, instead of forwarding to the original sender without pointing stream is divided during a reception confirmation signal is returned, another wireless device acknowledgment on behalf the wireless device destination it is intended to return the signal.

より具体的に代理応答の内容を説明する。 To explain the more specific content of the proxy response. 前回の受信確認信号の転送において転送が中断されたとする。 The transfer is interrupted in the transfer of the last reception acknowledgment signal. この場合に、オリジナル送信元は再送メッセージパケットを送信する。 In this case, the original sender transmits a retransmission message packet. 受信確認信号の受信をそれ以前において受信した無線装置(別の無線装置)が、オリジナル送信元からの再送メッセージパケットを受信した場合においては、宛先の無線装置に代理してその無線装置(別の無線装置)が受信確認信号をオリジナル送信元に転送するのが代理応答ある。 Wireless device receiving the previously it receives the acknowledgment signal (another wireless device), in the case of receiving the retransmission message packet from the original sender, the wireless device (another on behalf the wireless device destination wireless device) is the proxy response to transfer acknowledgment signals to the original sender.

ここで、再送メッセージパケットとは、オリジナル送信元に受信確認信号が返送されない場合に再びオリジナル送信元から送信される同一メッセージを送信するメッセージパケットである。 Here, a retransmission message packet is a message packet for transmitting the same message to be transmitted again from the original source when the reception confirmation signal is not sent back to the original sender.

再送メッセージパケットがどのようなタイミングで送出されるかについて以下説明をする。 Retransmission or the description below message packet is sent at any timing. 無線メッシュネットワーク内において、通信相手が何ホップ離れているかを無線装置は認識をすることができない。 In the wireless mesh network, the wireless device whether the communication partner is what hop away can not be recognized. このために、オリジナル送信元の無線装置は、最終の宛先の無線装置(宛先無線装置と省略する)からの受信確認信号による応答があったか否かを確認するための時間として、宛先無線装置にメッセージパケットが届き、受信確認信号が返ってくる時間を予想しておき、この時間よりも少し長い所定時間が経過した後に再送メッセージパケットを送るように設定をする。 For this, the original source of the wireless device, as the time for confirming whether a response by the acknowledgment signal from the radio apparatus of final destination (abbreviated to destination wireless device), a message to the destination wireless device receive a packet in advance in anticipation of the time the reception confirmation signal is returned to the setting to send a retransmission message packet after a lapse of a slightly longer predetermined time than this time. このような設定がされた時間内に、受信確認信号による応答が返ってこないと判断をしたら、オリジナル送信元の無線装置は、宛先無線装置に対して再送メッセージパケットを再送するのが基本的な通信方式である。 In such setting time, After the decision that the response by the acknowledgment signal not returned, the original source of the wireless device to retransmit a retransmission message packet to the destination wireless device basic it is a communication system.

しかしながら、このような通信方式を採用する場合には、2種類のメッセージパケット、すなわち、受信確認信号とデータ信号とが通信経路で衝突する場合がある。 However, when employing such a communication system, two types of message packet, i.e., there is a case where the reception confirmation signal and the data signal may collide in the communication path. このような場合には、受信確認信号を所定時内でオリジナル送信元に戻すことができない。 In such a case, it is impossible to return the acknowledgment signal to the original sender in a predetermined time within. この結果、実際には、受信確認信号が途中まで戻ってきていながら、オリジナル送信元がそのような認識をできずに再送メッセージパケットを、宛先無線装置に宛てて再び送信することとなる。 As a result, in practice, while the reception confirmation signal has come back to the middle, the original sender to resend the message packet can not be such a recognition, a transmitting again addressed to a destination wireless device. そして、この再送メッセージパケットに関する受信確認信号を得た後に、次のメッセージパケットを送信することとなるのが従来の方式であった。 Then, after obtaining the acknowledgment signal for this retransmission message packet, to become a sending a next message packet is a conventional method. よって、次のメッセージパケットを送信するまでの時間が長くなる傾向があった。 Therefore, there is a tendency for the time to send the next message packet becomes longer. つまり、転送レートが低く(遅く)なったのである。 That is, the transfer rate is lower (slower).

図10はオリジナル送信元の無線装置10から再送されるメッセージパケットである再送メッセージパケットと無線装置15からの受信確認信号との衝突を模式的に示す図である。 Figure 10 is a diagram schematically showing a collision between acknowledgment signals from the retransmission message packet and the wireless device 15 is a message packet to be retransmitted from the wireless device 10 of the original source. 無線装置11は送信と受信とを同時におこなうことができず、この結果として、受信確認信号の転送の状態(無線装置11は送信の動作状態)である場合には、再送メッセージパケットが無線装置11で受信されることなく再送メッセージパケットの通信経路は途絶えてしまう。 Wireless device 11 can not carry out the transmission and reception simultaneously, this as a result, when the state of the transfer of the acknowledgment signal (radio device 11 operating state of the transmission) is the retransmission message packet radio device 11 in the communication path of the retransmission message packet without being received become interrupted. また、再送メッセージパケットの転送の状態(無線装置11は送信の動作状態)である場合には、受信確認信号が無線装置11で受信されることなく受信確認信号の通信経路は途絶えてしまう。 Further, the retransmission status of the transfer of the message packet (radio device 11 operating state of the transmission) in the case of the communication path acknowledgment signal without reception confirmation signal is received by the wireless device 11 is thus interrupted. このような不都合を「代理応答」は解消するのである。 "Proxy response" such a problem is to solve.

図11は、代理応答の概念を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing the concept of proxy response. 図11を参照して、代理応答について説明をする。 Referring to FIG. 11, the described proxy response. 図11ではオリジナル送信元の無線装置(図11では送信元と記載する)から第1の中継の無線装置(図11では中継1と記載する)および第2の中継の無線装置(図11では中継2と記載する)を介して宛先無線装置(図11ではあて先と記載する)にメッセージパケットを送信する場合の例を示すものである。 In Figure 11 the original source of the wireless device radio apparatus of the first relay from (referred to as FIG. 11, the transmission source) (referred to as FIG. 11, the relay 1) and a second wireless device relay (in FIG. 11 relay through 2 to as) illustrates an example of sending a message packet to the destination wireless device (referred to as the destination in FIG. 11). 図11の横軸は時間軸を示す。 11, the horizontal axis shows the time axis.

送信元から、中継1、中継2を介してあて先にメッセージパケットが送信される。 From a source, the relay 1, the message packet is transmitted to the destination via the relay 2. そして、あて先で、巡回冗長検査領域(図3を参照)の検査をおこない、正常に誤りなく受信されたと判断された後、あて先は、受信確認信号を返送する。 Then, the destination performs the inspection of the cyclic redundancy check region (see Figure 3), after it is determined to have been received without error normally, the destination sends back an acknowledgment signal. 受信確認信号は中継2から中継1に送られるが、中継1は、既に再送メッセージパケットの受信状態であり、中継1は中継2から中継1に送られた受信確認信号を受信することができない。 The reception confirmation signal is transmitted from the relay 2 to the relay 1, relay 1 is the received state already retransmission message packet, the relay 1 can not receive an acknowledgment signal sent from the relay 2 to the relay 1.

この結果、受信確認信号(ACK信号)が送信元に転送されることはない。 As a result, it does not receive acknowledgment signal (ACK signal) is transferred to the source. 一方、所定の時間待っても受信確認信号を受信しなかった送信元は、再送メッセージパケットを送信する。 On the other hand, the sender has not received an acknowledgment signal after waiting a predetermined time, it transmits a retransmission message packet. そして、再送メッセージパケットは中継1から中継2に送られる。 Then, the retransmission message packet is sent from the relay 1 to relay 2. この場合は、従来方式では、再送メッセージパケットは通常のルートとして中継2からあて先に送られることとなる。 In this case, in the conventional method, and thus it sent from the relay 2 retransmission message packet as a normal route to the destination. しかしながら、「代理応答」を採用する場合には中継2は既に再送メッセージパケットの元となるメッセージパケットに対する受信確認信号を受けているので、あて先に対して再送メッセージパケットを送ることなく、中継1を介して送信元に対して受信確認信号を送る。 However, since the receiving acknowledgment signal for the underlying message packet relay 2 is already retransmission message packet in the case of adopting the "proxy response", without sending a retransmission message packet to the destination, the relay 1 via sending an acknowledgment signal to the transmission source.

図12は、代理応答のフローチャートを示す図である。 Figure 12 is a diagram showing a flowchart of a proxy response. 図12を参照して、代理応答の処理を説明する。 Referring to FIG. 12, the processing of the proxy response. なお、図12に示すフローチャートにおける処理においても、逆戻り処理において用いる図7に示すと同様な履歴テーブルを用いるが、図7に示す履歴テーブルとは異なり、メッセージパケットが受信確認信号(ACK信号)に該当する場合の履歴のみが履歴テーブルに格納されている。 Also in the process in the flowchart shown in FIG. 12, but using a similar history table to that shown in FIG. 7 used in back process, unlike the history table shown in FIG. 7, the message packet is the acknowledgment signal (ACK signal) only history when appropriate is stored in the history table. したがって、逆戻り処理における履歴の対象とするメッセージパケットと代理応答における履歴の対象とするメッセージパケットは異なるが、用語としては同一の用語である「履歴」を用いる。 Thus, although a message packet as a target of history in the proxy response with the message packet as a target of history in reversion treatment varies, using a "history" of the same terms as terms. また、履歴テーブルには受信確認信号の3つの履歴が保存されるようになされている。 Further, the history table are adapted three history acknowledgment signal is stored. また、保存される内容は、「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」との3つである。 Moreover, what is stored is three as "original source address" and "Destination Address" and "packet number". よって、ラム106の容量としては、3つの履歴を保存するためには、 バイトが必要とされる。 Therefore, the capacity of the ram 106, to save the three history is required 9 bytes.

ステップST200では、通信制御部104は、受信されるメッセージパケットの受信を認識する。 In step ST 200, the communication control unit 104 recognizes the reception of a message packet received.
より具体的には、メッセージパケットを受信部103が受信するごとに通信制御部104に制御データの9バイトの内容が転送され、通信制御部104は受信されるメッセージパケットの到来を認識する。 More specifically, 9 bytes of the contents of the control data to the communication control unit 104 is transferred each time received by the receiving unit 103 a message packet, the communication control unit 104 recognizes the arrival of a message packet received.

ステップST201において、通信制御部104はメッセージパケットがデータ信号に関するメッセージパケットであるか否かを確認する。 In step ST 201, the communication control unit 104 a message packet to confirm whether or not the message packet relates to the data signal.
すなわち、通信制御部104は、制御データの3バイト目のパケット種類を解読して、受信確認信号(ACK信号)であるかデータ信号のメッセージパケットであるかを確認する。 That is, the communication control unit 104, decrypts the third byte of the packet types of control data, checks whether a message packet acknowledgment signal (ACK signal) or a data signal.
メッセージパケットがデータ信号である場合には肯定(Yes)であると判断し、データ信号でない場合(つまり、受信確認信号(ACK信号)である場合)には否定(No)であると判断する。 If the message packet is a data signal is determined to be affirmative (Yes), if not the data signal (i.e., acknowledgment signal (if an ACK signal)) determines that the is negative (No).
ステップST201の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST202に移り、ステップST201の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST207へ移る。 If the result of the determination in step ST201 is Yes, the process proceeds to step ST 202, if the result of the determination in step ST201 is No, the process proceeds to step ST207.

ステップST207において、通信制御部104は、リング方式のメモリに確認信号(ACK信号)に関する「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」とを履歴テーブルに書き込み、そして処理は終了する。 In step ST207, the communication control unit 104 writes in the memory of the ring scheme for confirmation signal (ACK signal) as "original source address" and "Destination Address" and "packet number" in the history table, and the process ends .

ステップST202において、通信制御部104は、前に受信した確認信号(ACK信号)の履歴から一つの情報を読み出す。 In step ST 202, the communication control unit 104 reads a piece of information from the history of the confirmation signal received before (ACK signal).
この場合、ステップST203、ステップST204、および、ステップST206で構成されるループにおいて、最初の回に読み出される履歴は、履歴3である。 In this case, step ST 203, step ST 204, and, in a loop composed of step ST 206, the history is read in the first round, a history 3.

ステップST203において、通信制御部104は、前に受信した履歴3の内容と今回の受信されるメッセージパケットの内容とを比較する。 In step ST 203, the communication control unit 104 compares the contents of the message packets of the contents of the history 3 received this time received before.
比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」とであり、この3つが一致するか否かを比較するものである。 Comparative information is an an "original source address" and "Destination Address" and "packet number", it is to compare whether the three are coincident.
この3つにつき、内容が一致する場合には肯定(Yes)であると判断し、内容が一致しない場合には否定(No)であると判断する。 The three per determines that if the contents match is positive (Yes), if the contents do not match is determined to be negative (No).
ステップST203での判断の結果がYesである場合には、処理はステップST205に移る。 If the result of the determination in step ST203 is Yes, the process proceeds to step ST205. ステップST205に移る場合は、「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」とが過去の履歴と一致しているのであるから、再送メッセージであると確定することができる。 If moving to step ST205, from the "original source address" and "Destination Address" and "packet number" with each other to match the past history, it can be determined to be retransmitted message.
ステップST203の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST204に移る。 If the result of the determination in step ST203 is No, the process proceeds to step ST 204.

ステップST204において、通信制御部104は、履歴3の内容、履歴2の内容および履歴1の3つの各々の内容と受信されるメッセージパケットの内容との比較がおこなわれたか否かを判断する。 In step ST 204, the communication control unit 104 determines contents of the history 3, whether the comparison of the contents of the message packets received with each of the three contents of the contents and history 1 history 2 is performed.
再送メッセージの内容と、3つの履歴の内容との比較が終了したと判断する場合には肯定(Yes)であると判断し、終了していないと判断する場合には否定(No)であると判断する。 And contents of retransmission message, determines that it is affirmative (Yes), if the comparison of the contents of the three history is determined to have ended, when if it is determined not completed is negative (No) to decide.
ステップST204の判断の結果がYesである場合には、これ以上履歴を比較することなく処理は終了する。 If the result of the determination in step ST204 is Yes, the process ends without comparing any more history.
ステップST204の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST206に移る。 If the result of the determination in step ST204 is No, the process proceeds to step ST 206.

ステップST206において、通信制御部104は、未だ受信されるメッセージパケットと比較していない履歴を読み出す。 In step ST 206, the communication control unit 104 reads the history that is compared to the message packet still being received. すなわち、履歴3との比較のみが終了したのであれば、比較していない履歴である履歴2を読み出し、処理は再び、ステップST203に戻り、履歴3と履歴2との比較のみが終了したのであれば、比較していない履歴である履歴1を読み出し、処理は再び、ステップST203に戻る。 That is, if the only comparison with historical 3 has been finished, read the history 2 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 203, only the comparison of the history 3 and history 2 is completed any if reads the history 1 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 203.

ステップST205において、通信制御部104は、オリジナル送信元へ受信確認信号(ACK信号)を転送する。 In step ST205, the communication control unit 104 transfers the acknowledgment signal (ACK signal) to the original sender. その後処理は終了する。 After that, the processing is terminated.

つまり、以上述べた代理応答の処理の内容は以下のように要約される。 That is, the contents of the processing of proxy response mentioned above can be summarized as follows. 当該無線装置が受信するメッセージパケットが受信確認信号である場合には、受信確認信号に含まれる「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」とをラムに記憶するように制御する。 If the message packet which the wireless device receives is the receiving confirmation signal is controlled so as to store an "original source address" contained in the acknowledgment signal as "Destination address" and "packet number" ram . そして、受信されるメッセージパケットがデータ信号である場合においては、受信されるメッセージパケットに含まれる情報がラムに記憶された受信確認信号に含まれる「オリジナル送信元アドレス」、「宛先アドレス」および「パケット番号」と一致する場合に、受信確認信号を送信元の無線装置に送信するように制御する。 Then, when the message packet received is a data signal, the information contained in the message packet received is included in the acknowledgment signal stored in the ram "original source address", "destination address", and " when matching the packet number ", and controls to transmit the acknowledgment signal to the sender of the wireless device.

ここで、受信されるメッセージパケットに含まれる情報と比較するラムに記憶された、受信確認信号に含まれる「オリジナル送信元アドレス」と「宛先アドレス」と「パケット番号」とに関する履歴の数は3に限られることはなく、無線メッシュネットワークの規模に応じて適宜に選択することができるものであり、比較する履歴の数が1であっても良いものである。 Here, the number of history of stored in ram to compare information included in the message packet is received, an "original source address" contained in the acknowledgment signal as "Destination address" and the "packet number" 3 not only is it in, which can be selected as appropriate according to the size of the wireless mesh network, but the number of history to be compared may be one.

このような代理応答技術を用いれば、再送メッセージパケットをあて先まで送るという不要な転送を防止することができる。 The use of such a proxy response technology, it is possible to prevent unnecessary transfers of sending a retransmission message packet to the destination. よって、不要な電波を輻射することがないので通信経路の品質を向上させることができる。 Therefore, it is possible to improve the quality of the communication path since no radiating unnecessary electric wave.

このような通信方式では、送信元がメッセージパケットを送信してから受信確認信号を受けてパケット通信が終了し、送信元が次のメッセージパケットを送信するのであるから、送信元がメッセージパケットを送信してから受信確認信号を受けるまでの時間が転送レートを左右する。 In such a communication system, the source packet communication is completed by receiving an acknowledgment signal from the transmission of the message packet, from the transmission source is to transmit the next message packet, sender sends a message packet to the time until it receives an acknowledgment signal from influencing the transfer rate. よって、「代理応答」を採用する場合においては、中継2があて先に代理して受信確認信号を発することによって、通信の転送レートを大きく(速く)することができる。 Therefore, in the case of adopting the "proxy response" by emitting an acknowledgment signal relay 2 on behalf to the destination, it is possible to increase (fast) a transfer rate of the communication. さらに、各無線装置における電池の消耗を防ぐことができる。 Furthermore, it is possible to prevent battery drain in each wireless device.

「別の実施形態の逆戻りチェック」の説明をする。 To the description of the "back check of another embodiment". 上述した第1実施形態の逆戻りチェックでは、「受信制限型転送」の「逆戻りチェック」の処理を行っている。 The back check of the first embodiment described above, and performs processing of the "back check" of the "reception-limited transfer." 「受信制限型転送」の「逆戻りチェック」では、同一無線メッシュネットワーク内に存在する無線装置の数が多くなり、通信経路が長くなると、どの無線装置もそのメッセージパケットを受信したことがあるという状況が発生する場合があり、その場合には、どの無線装置も転送を行うことがないので、メッセージパケットが最終的の目的とする無線装置へ届く前に消滅してしまうこととなる。 In the "back check" of the "reception-limited transfer", the number of wireless devices existing in the same wireless mesh network is increased, the communication path is longer, situation which wireless device may have previously received the message packet There may occur, in that case, since there is no possible to perform any wireless device also transfers, so that the message packets disappear before they reach the wireless device intended final. 別の実施形態の逆戻りチェックである、第2実施形態の「逆戻りチェック」では、このような課題を解決するものである。 A back check another embodiment, the "back check" of the second embodiment is intended to solve such problems.

第2実施形態の「逆戻りチェック」では、当該無線装置で当該メッセージパケットの受信をしたことがあっても、転送したことがなければ転送する、という規則を採用するものである。 In the "back check" of the second embodiment, even if the in the wireless device has the reception of the message packet, and transfers unless be transferred, is to adopt a rule that. このような「逆戻りチェック」の方式を「送信制限型転送」と称して、第1実施形態の逆戻りチェック」の方式の「受信制限型転送」と区別をする。 The method of such "back check" is referred to as a "transmission-limited transfer", the distinguished from the "reception-limited transfer" method of back check "in the first embodiment. 「送信制限型転送」では、このように、転送の制限を緩やかにして、メッセージパケットが最終的に目的とする無線装置へ届く前に消滅してしまうことを防止するものである。 The "transmission-limited transfer", thus, in the gradual restriction of transfer, in which a message packet is prevented from disappearing before reaching to the wireless device to finally purposes.

図13、図14、図15を参照して第2実施形態の「逆戻りチェック」について以下に説明をする。 13, 14, will be described below "back check" of the second embodiment with reference to FIG. 15.

図13は、第2実施形態の「逆戻りチェック」に対応する、図7とは異なる別の履歴テーブルの内容を示す図である。 Figure 13 corresponds to the "back check" of the second embodiment, showing the contents of a different alternative history table and FIG. 図7に示す履歴テーブルでは、ラム106に記憶されるメッセージパケットの履歴の内容は、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット種類」「パケット番号」、「残り再送回数」であった。 In the history table shown in FIG. 7, the contents of the history of the message packets stored in the ram 106, "original source address", "Packet Type" "packet number", and "remaining number of retransmissions." 図13に示す履歴テーブルでは、これらに加えて、「転送した実績の有無」が追加される。 In the history table shown in FIG. 13, in addition to these, "whether or not transfer the record" is added. 例えば、過去に受信したパケットの中で、自分(当該無線装置)が転送した実績があるものにはフラグとして1Hが書き込まれ、過去に受信をしたが転送した実績がないものにはフラグとして0Hが書き込まれる。 For example, 0H in previously received packet, the thing with the track record of their (the wireless device) is transferred 1H is written as a flag, as to what there is no track record of was the reception transfer past flag It is written. 第2実施形態の「逆戻りチェック」では、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット種類」「パケット番号」、「残り再送回数」、「転送した実績の有無」の5つを総称して、アールイーシーブィアイエヌエフオー変数(RECVINFO変数)と称する。 In the "back check" of the second embodiment, "original source address", "Packet Type" "packet number", "remaining number of retransmissions", collectively five of "whether or not transfer the record", Earl EC referred to as the Bui eye NF O variable (RECVINFO variable).

ここで、図7に示す履歴テーブルでは、履歴1〜履歴4を記録するための容量は、4×4バイト=16バイトとされているが、図13に示すテーブルでは、「転送した実績の有無」を示すフラグを追加することによって、例えば、4×5バイト=20バイトとされる。 Here, in the history table shown in FIG. 7, the capacity for recording the history 1 history 4, although there is a 4 × 4 bytes = 16 bytes, in the table shown in FIG. 13, "the presence of the transferred results by adding a flag indicating ", for example, it is a 4 × 5 bytes = 20 bytes. その他のハードウエアについては、上述した実施形態と替わるところがない。 Other hardware, there is no place to replace the embodiments described above.

図14は、「逆戻りチェック」の別の処理(第2実施形態における処理)をフローチャートで表す図である。 Figure 14 is a diagram showing a flow chart another processing (processing in the second embodiment) of the "back check".

図14に示すフローチャートの説明をおこなう。 A description of the flowchart shown in FIG. 14. 図14に示すフローチャートと図6に示すフローチャートとの異なる点は、図14に示すフローチャートでは、ステップST308の処理内容を図6の処理内容に追加している点である。 It differs from the flowchart shown in the flow chart and Figure 6 shown in FIG. 14, the flowchart shown in FIG. 14, the point that adding processing contents of step ST308 to the processing content of FIG. その他の処理内容は、図14と図6とでは替わるところはない。 All other operations will not place an alternative in FIGS. 14 and 6. 図6では各処理を100番台の符号を付して表しているが、図14では300番台の符号を付して表している。 Figure 6, each process representing a reference numeral 100 series, but expressed by reference numeral 300 series in Figure 14. ここで、図6におけるステップST108の処理に対応する図14における処理はステップST309の処理である。 Here, the process in FIG. 14 corresponding to the process of step ST108 in FIG. 6 is a processing in step ST 309.

まず、ステップST300において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケット(新たに受信される1個のメッセージパケット)の受信を認識する。 First, in step ST 300, the communication control unit 104 recognizes the reception of a message packet received (one message packet received newly).
より具体的には、メッセージパケットを受信部103が受信するごとに通信制御部104に制御データの9バイトの内容が転送され、通信制御部104は受信を認識する。 More specifically, 9 bytes of the contents of the control data to the communication control unit 104 is transferred each time received by the receiving unit 103 a message packet, the communication control unit 104 recognizes the reception.

ステップST301において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケットのオリジナル送信元が自分(当該無線装置)であるか否かを判断する。 In step ST 301, the communication control unit 104, the original source of the message packet is received to determine whether the own (the wireless device).
すなわち、通信制御部104は制御データの9バイト目の内容を解読することによってオリジナル送信元を取得する。 That is, the communication control unit 104 obtains the original source by decoding the 9 byte of the contents of the control data. また、通信制御部104は自己の無線装置に予め付与された識別アドレスを保存しているので、オリジナル送信元と識別アドレスとが一致する場合には肯定(Yes)、すなわち、当該無線装置がオリジナル送信元であると判断し、オリジナル送信元と識別アドレスとが一致しない場合には否定(No)、つまり、当該無線装置はオリジナル送信元ではないと判断する。 Further, since the communication control unit 104 is stored an identification address which is previously assigned to its own radio apparatus, positive in the case where the original source and identification address matches (Yes), i.e., the wireless device is the original determines that the transmission source, negative if the original source and identification addresses do not match (no), i.e., the wireless device is determined not to be the original source.
ステップST301の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST309に移り、ステップST301の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST302に移る。 If the result of the determination in step ST301 is Yes, the process proceeds to step ST 309, if the result of the determination in step ST301 is No, the process proceeds to step ST 302.
オリジナル送信元が当該無線装置である場合には、当該無線装置が発信したメッセージパケットは、他の無線装置を介して当該無線装置が受信する以外はあり得ない。 If the original source is a the wireless device, a message packet which the wireless device is sent is impossible except that the wireless device receives via other wireless devices. このため、ステップST302以降の処理に関しては、処理の対象とはならない。 Therefore, step ST302 regarding subsequent steps are not subject to the process. よって、このような場合には、不必要な処理をしないようにするためにステップST301の処理を設けたものである。 Therefore, in such a case, it is provided with a process of step ST301 in order to avoid unnecessary processing.

ステップST309において、通信制御部104は受信パケットを破棄する。 In step ST 309, the communication control unit 104 discards the received packet.
ここで、受信パケットを破棄するとは、ステップST301における判断の結果Yesに該当したメッセージパケットを転送しないということである。 Here, the discards the received packet is that it does not forward the message packet corresponding to the result Yes in determination in step ST 301. ステップST309での処理の後、一連の逆戻りチェックの処理は終了する。 After the processing in step ST 309, the process of the series of back check is completed.

ステップST302において、通信制御部304は、前に受信した履歴を読み出す。 In step ST 302, the communication control unit 304 reads the history of previously received.
この場合、ステップST303、ステップST304、および、ステップST306で構成されるループにおいて、最初の回に読み出される履歴は、図13に示す履歴4である。 In this case, step ST 303, step ST 304, and, in a loop composed of step ST 306, the history is read in the first round, a history 4 shown in FIG. 13. なお、読み出す履歴の数が1個だけに設定されている場合には、ステップST304、および、ステップST306の処理は必要とはされない。 In the case where the number of history reading is set to only one, the steps ST 304, and the process of step ST306 is not required.

ステップST303において、通信制御部104は、前(過去)に受信した履歴4の内容と今回の受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容とを比較する。 In step ST 303, the communication control unit 104 compares the content of the prior information included in the message packet is of the contents of the history 4 received this time received (past) (history 5).
比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット種類」、「パケット番号」、の3つであり、この3つが一致するか否かを比較するものである。 Comparison content, "original source address", "packet type", "packet number" is the three, it is to compare whether the three are coincident.
なお、「パケット種類」が1種類に固定されている場合には、比較内容は、「オリジナル送信元アドレス」および「パケット番号」の2つとされる。 In the case where "packet type" is fixed to one type, the comparison content is 2 Tsutosa "original source address" and "packet number".
以下の説明では比較の対象は3つであるとして説明をする。 The following description will be described as a comparison of the target is three. この3つにつき、受信されるメッセージパケット(今回受信されるメッセージパケット)に含まれる情報(履歴5)の内容と履歴4の内容とが一致する場合には、ステップST303において、肯定(Yes)であると判断し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容と履歴4の内容とが一致しない場合には否定(No)であると判断する。 The three per, if the content of the contents and history fourth message packet information included in the (message packet received this time) (history 5) to be received are matched, in step ST 303, an affirmative (Yes) determines that determines that in the case where the content and the content of the history 4 of the information contained in the message packet is received (historical 5) do not coincide is negative (no).
ステップST303での判断の結果がYesである場合には、処理はステップST307に移り、ステップST303の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST304に移る。 If the result of the determination in step ST303 is Yes, the process proceeds to step ST 307, if the result of the determination in step ST303 is No, the process proceeds to step ST 304.

ステップST307において、通信制御部104は、さらに、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致するか否かを判断する。 In step ST 307, the communication control unit 104 further whether the content of "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" of the information contained in the message packet is received (historical 5) matches whether or the judges.
受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致する場合には肯定(Yes)であると判断し、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の「残り再送回数」の内容と履歴4の「残り再送回数」の内容とが一致しない場合には否定(No)であると判断する。 Is determined that the affirmative (Yes) in the case where the content of the information contained in the message packet received "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" in (history 5) match, receiving judged to be negative (no) in the case where the content of "remaining number of retransmissions" contents and history 4 "remaining number of retransmissions" information contained in the message packet (history 5) which is does not match.

ステップST307の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST308に移り、さらに、「転送した実績の有無」をフラグによって判断する。 If the result of the determination in step ST307 is Yes, the process proceeds to step ST 308, further judgment is made by the flag to "whether or not transfer the record".
ステップST307の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST304に移る。 If the result of the determination in step ST307 is No, the process proceeds to step ST 304.

ステップST304において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と履歴テーブルのすべての履歴の内容が比較されたか否かを判断する。 In step ST 304, the communication control unit 104 determines whether the content of the entire history of the history table with the information (history 5) contained in the message packet received is compared. つまり、履歴5の内容と履歴4の内容、履歴5の内容と履歴3の内容、履歴5の内容と履歴2の内容および履歴5の内容と履歴1の内容との4回の比較がおこなわれたか否かを判断する。 That is, the contents of the content and history 4 history 5, the content and the content of history 3 history 5, four comparison of the contents of the content and history 1 contents and history 2 content and history 5 History 5 is performed to determine Taka not.
受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)の内容と、他の4つの履歴の内容との比較が終了したと判断する場合には肯定(Yes)であると判断し、終了していないと判断する場合には否定(No)であると判断する。 And content of the information contained in the message packet received (historical 5), it is determined that the affirmative (Yes), if it is determined that the comparison of the contents of the other four history is completed, not completed It judged to be negative (No) in the case of determining that.
ステップST304の判断の結果がYesである場合には、処理はステップST305に移る。 If the result of the determination in step ST304 is Yes, the process proceeds to step ST 305.
ステップST304の判断の結果がNoである場合には、処理はステップST306に移る。 If the result of the determination in step ST304 is No, the process proceeds to step ST 306.

ステップST306において、通信制御部104は、未だ受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)と比較していない履歴を読み出す。 In step ST 306, the communication control unit 104 reads the history that is not compared yet with the information contained in the message packet received (historical 5). すなわち、履歴5と履歴4との比較のみが終了したのであれば、比較していない履歴である履歴3を読み出し、処理は再び、ステップST303に戻る。 That is, if the only comparison between history 5 and history 4 has ended, reads out the history 3 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 303.
ステップST306の処理は、ループに含まれるので複数回繰り返す。 Processing in step ST306 is repeated a plurality of times so included in the loop. 履歴5と履歴4および履歴5と履歴3の比較が終了した場合には、比較していない履歴である履歴2を読み出し、処理は再び、ステップST303に戻る。 If the comparison of the history 5 and history 4 and history 5 and history 3 is completed, reads out the history 2 is a history that is not compared, the process again returns to step ST 303. 同様にして、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3および履歴5と履歴2の比較が終了した場合には、比較していない履歴である履歴1を読み出し、処理は再び、ステップST303に戻る。 Similarly, if the history 5 and history 4, Comparative history 5 and history 3 and history 5 and history 2 is finished, reads out the history 1 is a history that is not compared, the process again returns to step ST303 .

ステップST305において、通信制御部104は、受信されるメッセージパケット(今回受信する履歴5に関するメッセージパケット)を転送する。 In step ST 305, the communication control unit 104 transfers the message packet is received (message packet on Hysteretic 5 receiving current). そして、逆戻りの処理は終了する。 Then, the processing of the back ends. なお、一連の「逆戻りチェック」の処理の終了の直前に、リング方式とされるメモリにおいて、現在、履歴1が記憶されている領域に履歴5が上書きされ、同時に、このとき上書きされた履歴1の「転送した実績の有無」を示すフラグに1Hが書き込まれる。 Incidentally, just before the end of the processing of a series of "back check", in the memory which is a ring system, now history 5 is overwritten in an area where history 1 is stored, at the same time, history 1 of overwrites this time 1H is written into a flag indicating "presence or absence of the transferred record" of.

ステップST308では、「転送した実績の有無」をフラグによって判断するが、フラグが1Hである場合には自分(当該無線装置)が転送した実績があり、判断結果が肯定である(Yes)として、処理はステップST309に移り、当該無線装置は、受信パケットを廃棄して、送信をすることなく一連の処理は終了する。 In step ST 308, as will be determined by the flag to "whether or not transfer the record", when the flag is 1H has proven itself (the wireless device) is transferred, a judgment result is affirmative (Yes), the process moves to step ST 309, the wireless device discards the received packet, the series of processing ends without transmitting.

一方、ステップST308でフラグが0Hであると判断する場合には転送した実績がなく、判断結果が否定である(No)として、処理はステップST305に移り、当該無線装置は受信パケットを転送する。 On the other hand, there is no track record of transfer in the case of the flag in step ST308 is judged to be 0H, determination result is negative as (No), the process proceeds to step ST 305, the corresponding wireless device transfers the received packet. このときに、ステップST305では、「転送した実績の有無」を示すフラグを0Hから1Hに書き換える。 At this time, rewriting step ST 305, a flag indicating "presence or absence of the transferred record" from 0H to 1H. このようにして、転送を1回だけ許可している。 In this way, it has been permitted only once the transfer.

ステップST308の処理の例として、図13に示す例について説明をする。 Examples of the processing in step ST 308, the described example shown in FIG. 13. ステップST307において、「残り再送回数」が一致した場合(Yes)には、ステップST308に処理は移り、ステップST308では、現在の判断対象である履歴についての判断を行う。 In step ST 307, when the "remaining number of retransmissions" is matched (Yes), the processing in step ST308 proceeds, in step ST308, a determination is made history is the current determination target. 例えば、現在の判断対象の履歴が、履歴4、履歴3、履歴2である場合には、「転送した実績の有無」を示すフラグが1Hであるので、処理はステップST309に移る。 For example, the current determination target history, history 4 history 3, when a history 2, the flag indicating "presence or absence of the transferred record" is a 1H, the process proceeds to step ST 309. 一方、現在の判断対象の履歴が、履歴1である場合には、「転送した実績の有無」を示すフラグが0Hであるので、ステップST308での判断の結果、処理はステップST305に移る。 On the other hand, the current determination target history, if history 1, a flag indicating "presence or absence of the transferred record" is because it is 0H, as a result of the determination in step ST 308, the process proceeds to step ST 305. そして、ステップST305では、上述したように、今回受信されるメッセージパケットを転送する。 In step ST 305, as described above, to forward the message packet received this time.

以上述べた逆戻り処理の内容は以下のように要約される。 The contents of the back processing described above is summarized as follows. 今回受信されるメッセージパケットに含まれる情報(履歴5)が、ラム106の履歴4〜履歴1に記憶された、複数回の過去の受信の各々に関する「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「パケット種類」のすべてと一致する場合ではない場合(別の言い方をすれば、複数個の履歴(履歴4〜履歴1)の各々と履歴5とを比較して、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3、履歴5と履歴2、または、履歴5と履歴1、の全てにおいて、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「パケット種類」の少なくとも一つが一致しない場合)に、受信されるメッセージパケットを転送するように制御する。 Information contained in the message packet currently being received (historical 5) it was stored in the history 4 history 1 of the ram 106, "original source address" for a plurality of times of each of the previously received "packet number" and If all the cases (other words not the case matches the "packet type", by comparing the respective and history 5 of the plurality of history (history 4 history 1), history 5 and history 4 history 5 and history 3 history 5 and history 2, or history 5 and history 1, in all, if the "original source address", at least one of the "packet number" and "packet type" does not match), the receiving controlling the transfer of a message packet to be. また、履歴5と履歴4、履歴5と履歴3、履歴5と履歴2、または、履歴5と履歴1との各々において、「オリジナル送信元アドレス」、「パケット番号」および「パケット種類」のすべてが一致したとしても、「転送した実績の有無」を調べて、転送した実績がない場合には転送をするものである。 Further, history 5 and history 4 history 5 and history 3 history 5 and history 2, or, in each of the history 5 and history 1, all of the "original source address", "packet number" and "Packet Type" even There were consistent, check the "presence or absence of the transferred track record", if there is no transfer and track record is to the transfer. つまり、第1実施形態の「受信制限型転送」では、過去に受信したメッセージパケットと同一であると判定された場合には転送をしないのに対して、第2実施形態の「送信制限型転送」では、過去に受信したメッセージパケットと判定された場合であっても、自分(当該無線装置)によって転送されていない場合には転送をするものである。 That is, in the "reception-limited transfer" in the first embodiment, whereas no transfer if it is determined to be identical to the message packet received in the past, "transmission-limited transfer of the second embodiment in ", even if it is determined that the message packet received in the past, if it is not forwarded by his (the wireless device) it is for the transfer.

上述した第2実施形態の「逆戻りチェック」を適用することによって、第1実施形態の「逆戻りチェック」が奏する効果に加えて以下の効果がある。 By applying the "back check" of the second embodiment described above, in addition to the effect of "back check" of the first embodiment has the following effects.

第2実施形態の「逆戻りチェック」では、転送をするための条件をより緩くしているので、メッセージパケットの消滅(目的の無線装置に届く前にメッセージパケットの通信が、無線メッシュネットワークにおける転送の途中で途絶えて消滅することをいう)を防止する可能性を高めることができる。 In the "back check" of the second embodiment, since the more loosely the conditions for the transfer, disappearance of the message packet (message communication packet before reaching the wireless device of interest, the transfer in wireless mesh networks it is possible to increase the possibility of preventing say) that disappears ceased halfway. また、メッセージパケットの転送ルートとしてバックアップのルートを形成できる。 Further, it is possible to form a backup route as a transfer route of the message packet.

図15は、第2実施形態の「逆戻りチェック」の効果を具体的に示す模式図である。 Figure 15 is a schematic diagram specifically showing the effects of "back check" of the second embodiment. 図15を参照して、説明をする。 Referring to FIG 15, it will be described.

図15に示す、センサ局は、センサから得られる信号をメッセージパケットとして形成して送信する無線装置であり、送信元である。 15, the sensor station is a radio apparatus for transmitting by forming a signal obtained from the sensor as a message packet, which is the transmission source. 受信局は、最終的にメッセージパケットを得ることを期待される無線装置である。 Receiving station is a wireless device that is expected to get the final message packet. リピータ1局、リピータ2局は、無線メッシュネットワーク内の他の無線装置である。 Repeater 1 station, repeater two stations is another wireless device in the wireless mesh network. センサ局、受信局、リピータ1局、リピータ2局の各々は同一構造の無線装置とされている。 Sensor stations, the receiving station, the repeater 1 station, each repeater 2 stations are wireless devices in the same structure. 図15の中の番号を引用して無線メッシュネットワーク内でのメッセージパケットの移動を説明する。 By reference numbers in FIG. 15 illustrating the movement of the message packet in a wireless mesh network. ここで、[1]、[2]、[3]の下の実線は、実線矢印の根元の無線装置から転送されたメッセージパケットを、実線の矢印の先の無線装置が転送を行う場合を示し、[1]、[2]、[3]の下の破線は、破線矢印の根元の無線装置から転送されたメッセージパケットを、破線の矢印の先の無線装置が転送を行わない場合を示すものである。 Here, [1], [2], a solid line under [3], a message packet transferred from the base of the wireless device by the solid line arrow shows the case to which the wireless device by the solid line arrows transfers , [1], [2], the broken line under [3], a message packet transferred from the base of the wireless device dashed arrows, the previous wireless devices dashed arrow indicates a case without transfer it is.

リピータ1局、リピータ2局の転送の動作について説明をする。 Repeater 1 station, the operation of the repeater 2 stations transfer will be described.
(1) (1)
センサ局が[1]の信号([1]で示される矢印の方向に伝播するメッセージパケットをいう、以下、[2]の信号、[3]の信号についても同様)を送信する。 Sensor stations (referred to a message packet propagating in the direction of the arrow denoted [1], hereinafter signal [2], also applies signals [3]) signal [1] transmits the. リピータ1局、リピータ2局は[1]の信号を受信する。 Repeater 1 station, repeater 2 stations receives a signal of [1].
(2) (2)
リピータ1局は、[1]の信号を受信し、受信局に[2]の信号を転送する。 Repeater 1 station receives a signal of [1], and transfers the signal of [2] to the receiving station. 受信局は[2]を受信してメッセージパケットの通信は目的を達する。 Receiving station communication message packet receives the [2] achieving the purpose.
センサ局は、リピータ1局からの[2]の信号を受信するが、送信元であるので転送はしない。 Sensor station is receiving signals [2] from the repeater one station, no transfer because it is the source.
リピータ2局は、リピータ1局からの[2]の信号を受信する。 Repeater 2 stations receives a signal [2] from the repeater 1 station.
(3) (3)
リピータ2局は、[1]の信号を既に受信しているが、[2]の信号は転送をしていないので[3]の信号をリピータ1局とセンサ局とに転送する。 Repeater two stations is already receiving a signal of [1], a signal [2] transfers signals [3] does not have any transfer and repeater 1 station and the sensor stations.
リピータ1局は、[3]の信号を受信するが、既に、[2]の信号を転送しているので(「転送した実績の有無」のフラグが1Hとなっている)、他に転送しない。 Repeater 1 station is receiving signals [3], already because it transfers signals [2] (flag of "whether or not transfer the record" is a 1H), not transferred to other .
センサ局は、[3]の信号を受信するが、送信元であるので転送はしない。 Sensor station is receiving signals [3], are not transferred because it is the source.
受信局は[3]を受信するが、既に[2]を受信しているので何もしない。 The receiving station is to receive the [3], do nothing because the already received the [2].

上述したように、最短のルートは、[1]−[2]のルートであるが、もし、[1]−[2]のルートに障害があった場合には、[1]−[3]のルートがバックアップとして機能してメッセージパケットが受信局に届くこととなる。 As described above, the shortest route, [1] - is a route of [2], if [1] - if there is a failure at the root of [2], [1] - [3] route so that the message packets serves as a backup to reach the receiving station. 第1実施形態の「逆戻りチェック」では、[1]−[2]のルート、または、[1]−[3]のルートのいずれか一方が確立されるだけであるが、第2実施形態では、「転送した実績の有無」を判断して、[1]−[2]のルート、および、[1]−[3]のルートの両方が確立される。 In the "back check" of the first embodiment, [1] - route [2], or [1] - Although [3] one of the routes is only established, in the second embodiment , to determine the "presence of the transferred record", [1] - route [2] and, [1] - both routes of [3] is established.

「組み合わせの実施形態」について説明をする。 It will describe "an embodiment of the combination."

「逆戻りチェック」(第1実施形態と第2実施形態のいずれであっても良い)と「協調型転送」とを組み合わせることができる。 It may be combined with the "back check" (which may be any of the first and second embodiments) "Cooperative Transfer". この両者を組み合わせることによって、両者が有する効果および相乗効果を享受することができる。 By combining these two, it is possible to enjoy the effects and synergistic effects both have. また、受信確認信号を用いる通信方式においては、「代理応答」と「逆戻りチェック」とを組み合わせることができ、両者が有する効果および相乗効果を享受することができる。 In the communication system using a reception confirmation signal, it is possible to receive the "proxy response" and can be combined with "back check", effects and synergistic effects both have. さらに、「代理応答」と「逆戻りチェック」と「協調型転送」とを組み合わせることができ、三者が有する効果および相乗効果を享受することができる。 Furthermore, it is possible to combine a "proxy response" and "back check" "cooperative transfer", it is possible to enjoy the effects and synergistic effects tripartite has.

具体的には、「逆戻りチェック」と「協調型転送」とを組み合わせる場合には、図6、図14に示すフローチャートで示す「逆戻りチェック」の処理の終了後に、キャリアセンス時間の更新をおこなえば良い。 Specifically, when the combination of the a "back check" "cooperative transfer" is 6, after completion of the processing of the "back check" shown in the flowchart shown in FIG. 14, by performing the updating of the carrier sense time good. 「逆戻りチェック」と「代理応答」とを組み合わせる場合には、「逆戻りチェック」の処理の後に「代理応答」の処理を続けておこなえば良いものである。 "Back check" and when combined with the "proxy response" is one that may be performed to continue the process of "proxy response" after the processing of the "back check". 「代理応答」と「逆戻りチェック」と「協調型転送」とを組み合わせる場合には、「逆戻りチェック」の処理の後に「代理応答」の処理をおこない、続けて、「協調型転送」の処理をおこなえば良い。 If the combination of the "cooperative transfer" and "proxy response" and "back check", after the processing of the "back check" performs a process of "proxy response", to continue, the process of "cooperative transfer" it may be carried out.

10、11、12、13、14、15、16、17 無線装置、 101 アンテナ、 102 送信部、 103 受信部、 104 通信制御部、 105 ロム、 106 ラム、107 インターフェイス部、 108 電源部、 109 入出力装置 10,11,12,13,14,15,16,17 wireless device 101 antenna, 102 transmission unit, 103 reception unit, 104 communication control unit, 105 ROM, 106 ram, 107 interface unit, 108 a power supply unit, 109 input output device

Claims (8)

  1. 複数個の無線装置によって形成され、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムにおいて、 Formed by a plurality of wireless devices in a wireless mesh network system message packet is transferred,
    前記無線装置は、 The wireless device,
    送信部と受信部と通信制御部とラムとを有し、 Have a transmitter and receiver and the communication control unit and the ram,
    前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    当該無線装置によって、過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと当該メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、 The by the wireless device, contained in the message packet received in the past, the message packet is an address of the wireless device first sends the original source address and the packet number and the message packet identifying the message packet is the radio and whether it is transferred in the past by the apparatus, a control to store in said ram,
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御するとともに、 If the information contained in the message packet received does not match the original source address and information of the packet number stored in said ram, to control the transfer of a message packet to be received;
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 If the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number is also the case where the message packet is not transferred in the past by the wireless device controls the transfer of a message packet to be received;
    無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system.
  2. 前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    さらに、当該無線装置によって転送されるメッセージパケットに含まれる、残り何回、再送が許されるかを示す、残り再送回数を前記ラムに記憶するように制御し、 Further included in the message packet is forwarded by the wireless device, indicating how many times the rest, the retransmission is allowed, and controls to store the remaining number of retransmissions to said ram,
    前記受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致し、前記受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記残り再送回数と一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 The information contained in the message packet received coincides with the information of said stored to ram the original source address and the packet number, the information contained in the message packet to be the reception is stored in the ram If it does not match the rest number of retransmissions, and controls the transfer of a message packet to be received;
    請求項1に記載の無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system according to claim 1.
  3. 前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    当該無線装置によっておこなわれた複数回の転送の各々に関する複数個の前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号を記憶するように制御し、 Controlled so as to store a plurality of said original source address and the packet number for each of the plurality of times of transfer performed by the wireless device,
    前記受信されるメッセージパケットに含まれる情報と、前記ラムに記憶された前記複数回の転送の各々に関する前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の少なくとも一つとが一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 And information contained in the message packet is received; wherein when said for each of the stored the plurality of times the transfer ram and at least one of the original source address and the packet numbers do not match, the message is the received controlling to forward packets,
    請求項1に記載の無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system according to claim 1.
  4. 前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    当該無線装置によっておこなわれた複数回の転送の各々に関する複数個の前記オリジナル送信元アドレス、前記パケット番号および残り再送回数を記憶するように制御し、 A plurality of said for each of the plurality of times of transfer performed by the wireless device original source address, and control to store the packet number and the remaining number of retransmissions,
    前記受信されるメッセージパケットに含まれる情報と、前記ラムに記憶された前記複数回の転送の各々に関する前記オリジナル送信元アドレス、前記パケット番号および残り再送回数の情報の少なくとも一つとが一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 And information contained in the message packet is received; the original source address for each of the transfer of the plurality of times stored in the ram, when at least one of said packet number and the remaining number of retransmissions information does not match controls the transfer of a message packet to be received;
    請求項1に記載の無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system according to claim 1.
  5. 前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    さらに、受信されるメッセージパケットの受信終了時刻を検出し、 Furthermore, to detect the reception completion time of the message packet received,
    当該無線装置が転送をおこなった場合には、前記受信終了時刻から転送の開始までの時間であるキャリアセンス時間を所定の最大値に設定し、 The when the wireless device is subjected to transfer, set the carrier sense time is the time until the start of the transfer from the reception end time to a predetermined maximum value,
    当該無線装置が転送をおこなわなかった場合には、キャリアセンス時間を一段階短く設定する、 If the wireless device does not perform the transfer sets the carrier sense time one step shorter,
    請求項1に記載の無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system according to claim 1.
  6. 前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    前記受信するメッセージパケットが受信確認信号である場合には、前記受信確認信号に含まれる前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号を前記ラムに記憶するように制御し、前記受信されるメッセージパケットがデータ信号である場合においては、前記受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記受信確認信号に含まれる前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号と一致する場合に、前記受信確認信号を前記送信元の無線装置に送信するように制御する、 If the message packet the reception is a reception confirmation signal, the message packets the said original source address and the packet number included in the acknowledgment signal controlled to be stored in the ram, is the received data If in case of a signal matching the original source address and the packet number information contained in the message packet to be the reception is included in the acknowledgment signal stored in said ram, said acknowledgment signal the controls to be transmitted to the transmission source of the wireless device,
    請求項1に記載の無線メッシュネットワークシステム。 Wireless mesh network system according to claim 1.
  7. メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムを構成する、送信部と受信部と通信制御部とラムとを有する無線装置において、 Message packets constituting the wireless mesh network system to be transferred, in a radio apparatus having a transmission unit and a reception unit communication control unit and a ram,
    前記通信制御部は、 Said communication control unit,
    当該無線装置によって過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと前記メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、 Included in the received message packet in the past by the wireless device, the original source address and the packet number and the message packet identifying the message packet is an address of the wireless device that transmitted the message packet to the beginning the wireless device controlled to the whether previously transferred, the store to the ram by
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御し、 If the information contained in the message packet received does not match the original source address and information of the packet number stored in said ram, it controls the transfer of a message packet to be received;
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 If the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number is also the case where the message packet is not transferred in the past by the wireless device controls the transfer of a message packet to be received;
    無線装置。 Wireless devices.
  8. 各々が送信部と受信部と通信制御部とラムとを有する複数個の無線装置によって形成され、メッセージパケットが転送される無線メッシュネットワークシステムの制御方法において、 Each is formed by a plurality of wireless device having a a ram communication control unit and the receiving unit and the transmitting unit, the control method of a wireless mesh network system message packet is transferred,
    前記通信制御部が、 Said communication control unit,
    当該無線装置によって過去に受信されたメッセージパケットに含まれる、前記メッセージパケットを最初に送信した無線装置のアドレスであるオリジナル送信元アドレスと前記メッセージパケットを特定するパケット番号と当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されたか否かと、を前記ラムに記憶するように制御し、 Included in the received message packet in the past by the wireless device, the original source address and the packet number and the message packet identifying the message packet is an address of the wireless device that transmitted the message packet to the beginning the wireless device controlled to the whether previously transferred, the store to the ram by
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致しない場合に、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御するとともに、 If the information contained in the message packet received does not match the original source address and information of the packet number stored in said ram, to control the transfer of a message packet to be received;
    受信されるメッセージパケットに含まれる情報が前記ラムに記憶された前記オリジナル送信元アドレスおよび前記パケット番号の情報と一致する場合にも、当該メッセージパケットが当該無線装置によって過去に転送されていない場合には、前記受信されるメッセージパケットを転送するように制御する、 If the information contained in the message packet is received matches the information of said stored to ram the original source address and the packet number is also the case where the message packet is not transferred in the past by the wireless device controls the transfer of a message packet to be received;
    無線メッシュネットワークシステムの制御方法。 Control method for a wireless mesh network system.
JP2010107359A 2010-05-07 2010-05-07 Wireless mesh network system and its control method, and a radio device Active JP5326109B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010107359A JP5326109B2 (en) 2010-05-07 2010-05-07 Wireless mesh network system and its control method, and a radio device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010107359A JP5326109B2 (en) 2010-05-07 2010-05-07 Wireless mesh network system and its control method, and a radio device

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2011239076A true JP2011239076A (en) 2011-11-24
JP2011239076A5 true JP2011239076A5 (en) 2012-07-05
JP5326109B2 true JP5326109B2 (en) 2013-10-30

Family

ID=45326598

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010107359A Active JP5326109B2 (en) 2010-05-07 2010-05-07 Wireless mesh network system and its control method, and a radio device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5326109B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6206105B2 (en) * 2013-11-11 2017-10-04 富士通株式会社 Communication system, communication method and a communication program
JP2015104013A (en) * 2013-11-26 2015-06-04 パナソニックIpマネジメント株式会社 Radio communications system
WO2015133181A1 (en) * 2014-03-04 2015-09-11 日本電気株式会社 Communication apparatus, communication control method, and recording medium

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4421377B2 (en) * 2004-05-28 2010-02-24 三菱電機株式会社 Transfer control method, and a wireless terminal, transfer control method
JP4669991B2 (en) * 2005-05-20 2011-04-13 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 The wireless device
JP2007335943A (en) * 2006-06-12 2007-12-27 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Wireless base station and multihop control method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2011239076A (en) 2011-11-24 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Johnson et al. The dynamic source routing protocol (DSR) for mobile ad hoc networks for IPv4
Peleato et al. Distance aware collision avoidance protocol for ad-hoc underwater acoustic sensor networks
Katti et al. XORs in the air: Practical wireless network coding
Lu et al. An adaptive energy‐efficient and low‐latency MAC for tree‐based data gathering in sensor networks
Agarwal et al. Route-lifetime assessment based routing (RABR) protocol for mobile ad-hoc networks
US7342895B2 (en) Method and system for peer-to-peer wireless communication over unlicensed communication spectrum
Katti et al. XORs in the air: practical wireless network coding
US20070248065A1 (en) 802.11 mesh architecture
EP0740873B1 (en) A communication network providing wireless and hard-wired dynamic routing
US20080137577A1 (en) System and Method For Dynamic Adaptation of Data Rate and Transmit Power With a Beaconing Protocol
Huang et al. Topology control for ad hoc networks with directional antennas
Johnson et al. Dynamic source routing in ad hoc wireless networks
Reinisch et al. Wireless technologies in home and building automation
US20050249186A1 (en) Routing in an asymmetrical link wireless network
US20040165532A1 (en) Ad hoc wireless network using gradient routing
US20070183457A1 (en) Method for providing secure data transfer in a mesh network
US20090161578A1 (en) Data routing method and device thereof
US7564842B2 (en) Methods and apparatuses for routing data in a personal area network
Rozner et al. Simple opportunistic routing protocol for wireless mesh networks
WO1999011081A2 (en) An apparatus and method for peer-to-peer link monitoring of a wireless network with centralized control
US7522563B2 (en) Network protocol
JP2005348203A (en) Radio communication apparatus and communication path control method
US20070233835A1 (en) Methodology for scheduling data transfers from nodes using path information
US20080247408A1 (en) Reliable Broadcast Protocol and Apparatus for Sensor Networks
US20050249185A1 (en) Routing in wireless networks

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120518

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120518

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130305

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130416

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130625

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130627

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250