JP5314504B2 - 検索装置、検索プログラムおよび検索方法 - Google Patents

検索装置、検索プログラムおよび検索方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5314504B2
JP5314504B2 JP2009132472A JP2009132472A JP5314504B2 JP 5314504 B2 JP5314504 B2 JP 5314504B2 JP 2009132472 A JP2009132472 A JP 2009132472A JP 2009132472 A JP2009132472 A JP 2009132472A JP 5314504 B2 JP5314504 B2 JP 5314504B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
usage history
database
graph structure
usage
search
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009132472A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010277553A (ja
Inventor
啓 坂本
宏之 佐藤
隆彦 村山
理江 酒井
Original Assignee
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電信電話株式会社 filed Critical 日本電信電話株式会社
Priority to JP2009132472A priority Critical patent/JP5314504B2/ja
Publication of JP2010277553A publication Critical patent/JP2010277553A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5314504B2 publication Critical patent/JP5314504B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索装置、検索プログラムおよび検索方法に関する。

一般的に、様々なデータをグラフとして表現して、複数のデータソースをまたがる関係等を統一した表現で表す手法が確立されている。また、グラフとして表現されたデータから特徴的な関係を発見するグラフマイニングなどの手法に関する研究が、進展している。

例えば特許文献1では、RDFグラフとして表現されたデータを対象として、特徴的なパターンをマイニングし、そのパターンに合致するノードを検索するための技術が開示されている。特許文献1においては特に、検索対象データの中に、ある「人」とその人が作成した「コンテンツ」という関係が含まれていること、あるいはそのような関係データと元の対象データが統合されていることを前提となっている。特許文献1に記載の方法は、特徴的なパターンに合致するノードを検索するには好適である。

ここでコンテンツとしては、例えばSNS(Social Networking Service)やブログなどの個々の記事(ページ)や、論文などの文書等が考えられる。

特開2006−313501号公報

特許文献1に記載の方法においては、グラフ構造データベースに記録されたデータは複数のデータソースが対象となっており、新たなデータを追加することについては何ら触れられていない。

従って本発明の目的は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースのノード間の関連づけを豊かにすることのできる検索装置、検索プログラムおよび検索方法を提供することである。

上記課題を解決するために、本発明の第1の特徴は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索装置に関する。即ち本発明の第1の特徴に係る検索装置は、グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積部と、利用履歴データベースから前記利用履歴を抽出して、前記グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用部と、マージ後のグラフ構造データベースを参照して、利用した旨のパスを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成部を備える。

本発明の第2の特徴は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索プログラムに関する。即ち本発明の第2の特徴に係る検索プログラムは、コンピュータを、グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積手段と、利用履歴データベースから利用履歴を抽出して、グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用手段と、マージ後のグラフ構造データベースを参照して、利用した旨のパスを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成手段として、機能させる。

本発明の第3の特徴は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索方法に関する。即ち本発明の第3の特徴に係る検索方法は、グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積ステップと、利用履歴データベースから利用履歴を抽出して、グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用ステップと、マージ後のグラフ構造データベースを参照して、利用した旨のパスを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成ステップを備える。

本発明によれば、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースのノード間の関連づけを豊かにすることのできる検索装置、検索プログラムおよび検索方法を提供することができる。

本発明の実施の形態に係る検索システムのシステム構成と、検索装置の機能ブロックを説明する図である。 本発明の実施の形態に係るグラフ構造データベースを説明する図である。 本発明の実施の形態に係るグラフ構造データベースの一部のデータについて、元のリレーショナルデータと、このデータをXML形式およびグラフ形式を用いてRDFで表現した状態を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る利用履歴を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムの効果を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、利用履歴を蓄積する処理を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、ユーザ端末で検索リクエストを入力する画面を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、クエリグラフパターンを生成する処理を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、まだ利用されていないグラフ構造データベースのクエリグラフパターンと検索結果を説明する図である。 図9(b)に示す検索結果を説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、利用履歴がマージされたグラフ構造データベースを説明する図である。 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、利用履歴がマージされたグラフ構造データベースのクエリグラフパターンと検索結果を説明する図である。(その1) 本発明の実施の形態に係る検索システムにおいて、利用履歴がマージされたグラフ構造データベースのクエリグラフパターンと検索結果を説明する図である。(その2) 図12(b)に示す検索結果を説明する図である。 図13(b)に示す検索結果を説明する図である。

次に、図面を参照して、本発明の実施の形態を説明する。以下の図面の記載において、同一または類似の部分には同一または類似の符号を付している。

本発明の実施の形態に係る検索システム3は、検索装置1とユーザ端末2を備える。検索装置1とユーザ端末2は、LAN等の相互に通信可能な通信ネットワークで接続されている。

ユーザ端末2は、一般的なコンピュータである。ユーザ端末2は、中央処理制御装置、入力装置、通信制御装置、表示装置等を備える。入力装置は、本発明の実施の形態に係る検索装置1で検索するための条件を入力するための装置である。通信制御装置は、入力された条件を検索装置1に送信するとともに検索装置1から検索結果を受信するための装置である。表示装置は、検索結果を表示するための装置である。中央処理制御装置は、これらの処理を制御するための装置である。

検索装置1は、グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する。検索装置1は、例えば一般的なコンピュータに、所定の検索プログラムをインストールすることにより実現される。検索装置1は、図1に示すように、中央処理制御装置10および記憶装置20を備える。検索装置1はさらに、ユーザ端末1から検索条件を受信するとともに、ユーザ端末1に検索条件を送信するための通信制御装置や、入力装置および表示装置等を備えても良い。

記憶装置20には、本発明の実施の形態に係る検索プログラムが記憶されるとともに、グラフ構造データベース21、クエリグラフパターンデータベース22および利用履歴データベース23の各データが記憶されている。

グラフ構造データベース21には、図2に示すような図グラフ構造を持つグラフ構造データ21aが格納されている。本発明の実施形態におけるグラフ構造データ21aはラベル付き有向グラフデータである。グラフ構造データ21aにおいて、データのアーク(ノード間を結ぶ矢印で示されたパス) をRDF(Resource Description Framework)の仕様に基づいてプロパティと称する。RDFは、図2に示すようなラベル付き有向グラフで表現可能なデータのデータモデルで定められる。

例えば、グラフ構造データベース21は、ある「人」とその人が作成した「コンテンツ」という関係が含まれていること、あるいはそのような関係データと元の対象データが統合されていることを前提となっている。ここでコンテンツとしては、例えばSNS(Social Networking Service)やブログなどの個々の記事(ページ)や、論文などの文書等が考えられる。

図2は、これらのグラフ構造データ21aがどのように既存のリレーショナルデータベースなどで管理されているデータから生成され、グラフ化されているかを示す説明図である。図3は図2のデータの一部を示したものである。図3においては、元データとして、ドキュメント「T−041」と、そのドキュメントの著者「山田太郎」と、そのドキュメントの題名「セマンティックW e b入門」と、そのドキュメントのキーワード「セマンティックW e b」とが与えられている。図3において、この元データを、それぞれX M L形式(図3の右上)およびグラフ形式を用いてR D F(図3の右下)で表現したものである。

クエリグラフパターンデータベース22には、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータ22aが格納されている。本発明の実施の形態において、グラフ構造データベース21を検索する際、クエリグラフパターンデータ22aに所定の条件が入力され、この条件が入力されたクエリグラフパターンデータ22aにマッチする情報が、グラフ構造データベース21から抽出される。

クエリグラフパターンは、RDFグラフとして表現されたデータを対象として、マイニングされた特徴的なパターンである。

利用履歴データベース23には、グラフ構造データベース21が利用された利用履歴データ23aが格納されている。利用履歴データベース23は、例えば、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴が、RDFの要素として格納されている。

中央処理制御装置10は、クエリグラフパターンマッチング部11、クエリグラフパターン生成部12、利用履歴蓄積部13および利用履歴利用部14を備える。

クエリグラフパターンマッチング部11は、ユーザ端末2aから検索条件が入力されると、記憶装置20からクエリグラフパターンデータベース22のクエリグラフパターンデータ22aを読み出すとともに、ユーザ端末2aから入力された検索条件に従って、検索クエリを生成する。さらにクエリグラフパターンマッチング部11は、記憶装置20からグラフ構造データベース21のグラフ構造データ21aを読み出して、検索クエリにマッチするデータを抽出し、ユーザ端末2aに出力する。

クエリグラフパターン生成部12は、グラフ構造データベース21に記憶された各データについて、クエリグラフパターンを生成して、クエリグラフパターンデータベース22に格納する。クエリグラフパターン生成部12は、定期的にクエリグラフパターンを生成しても良いし、入力装置からの指示に基づいてクエリグラフパターンを生成しても良い。また本発明の実施の形態においては特に、後述する利用履歴利用部14によってグラフ構造データベース21に利用履歴がマージされた際に、クエリグラフパターン生成部12は、利用履歴利用部14からの指示に従って、クエリグラフパターンを生成しても良い。

利用履歴蓄積部13は、グラフ構造データベース21の利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベース23に格納する。ここで格納される利用履歴は、RDFグラフにより表現される。ここで「グラフ構造データベース21の利用」には、グラフ構造データベース21の検索や、検索結果に対するアクションなど、グラフ構造データベース21に関する様々な利用形態が含まれる。

例えば検索装置1が検索リクエストを受信した場合に、利用履歴には、検索リクエストを送信した人と、その検索リクエストによる検索キーワードとを関連づけたデータが含まれる。例えば、人が「XML」をキーワードに検索すると、利用履歴蓄積部13は、「人」が「XML」を「検索」したことを示す利用履歴を、RDFグラフで作成して、利用履歴データベース23に格納する。この利用履歴から、人が「XML」に興味を示していると推測することができる。

さらにその検索結果のうちの一つのコンテンツについて、参照された場合、利用履歴には、そのコンテンツを参照した人と、その参照したコンテンツとを関連づけたデータも含まれる。例えば、人が「XML」をキーワードに検索した結果、SNSページの「sns:S−105」および「sns:S−106」が検索結果として出力され、その「人」が「sns:S−105」を参照した場合、利用履歴蓄積部13は、「人」が「sns:S−105」を「参照」したことを示す利用履歴を、RDFグラフで作成して、利用履歴データベース23に格納する。この履歴から、人が、複数の検索結果の中でも特に「sns:S−105」に興味を示していると推測することができる。

この場合、利用履歴をRDF形式で表現すると、図4(a)に示すように、利用主体となる「人」のノードに、利用対象となる「コンテンツ」のノードから、「rec:参照」を示すパスが付された形式となる。具体的には、「Person:山田太郎」が、検索結果の一つである「sns:S−105」を参照した場合、図4(b)に示すような利用履歴がRDFグラフ形式で生成される。

利用履歴蓄積部13は、利用履歴が入力される度に、図4(b)に示すような利用履歴を生成して、利用履歴データベース23に格納する。

利用履歴利用部14は、利用履歴データベース23に格納された各利用履歴と、グラフ構造データベース21に格納されたデータとをマージする。具体的には、利用履歴利用部14は、利用履歴データベース23から利用履歴を抽出して、グラフ構造データベース21において、この利用履歴の利用主体の識別子のノードおよび当該利用対象の識別子のノード間に、利用した旨のパスを追加して、新たなグラフ構造データベースを生成する。利用履歴利用部14は、定期的に新たなグラフ構造データベースを生成しても良いし、入力装置からの指示に基づいて新たなグラフ構造データベースを生成しても良い。また、グラフ構造データベース21が利用される度に、新たなグラフ構造データベースを生成しても良い。

本発明の実施の形態に係る検索装置1は、グラフ構造データベース21が利用されると、その情報を、グラフ構造データベース21に反映する。例えば、図5に示すように、論文データベースとSNSデータベースとを統合した検索システム3aに、人Bが検索し、人AのSNSを閲覧すると、「人Bが人AのSNSページを見た」利用履歴を示すメタデータが生成される。本発明の実施の形態に係る検索装置1においては、この「人Bが人AのSNSページを見た」利用履歴を示すメタデータを、グラフ構造データベース21に反映する。これにより、新たな検索システム3bにおいては、さらに「人Bが人AのSNSページを見た」という情報が登録されているので、人Cが人Aを検索した際に、人Bの情報も検索することができる。

本発明の実施の形態に係る検索装置1においては、グラフ構造データベース21を利用した利用履歴を反映して新たなグラフ構造データベース21を生成することができる。従って、論文データベースやSNSデータベースなどの元々入力されていたデータに限らず、検索した人が興味を持つ人やコンテンツも併せて検索することができるので、グラフ構造データベース21の検索結果を豊かにすることができる。例えば、同一の検索条件でも、検索時期によって異なる検索結果を取得することができる。

図6を参照して、本発明の実施の形態に係る検索装置1において、利用履歴を蓄積する際の処理を説明する。

まずステップS101において、ユーザ端末2から検索装置1に対する操作が入力される。例えば、検索装置1は、ユーザ端末2に図7に示す入力インタフェースを表示する。この入力インタフェースには、キーワードを入力するテキストボックスと、その概念(クラス)を選択するラジオボタンが設けられている。ユーザ端末2において、ユーザによって、テキストボックスに「XML」が入力されるとともに、概念として「人」が選択されると、ステップS101において、キーワードとして、テキストボックスに入力された「XML」と、概念として「人」が含まれた検索リクエストが、ユーザ端末2から検索装置1に入力される。このとき検索リクエストは、利用履歴蓄積部13に入力されるとともに、クエリグラフパターンマッチング部11に入力される。

検索装置1において、利用履歴蓄積部13は、検索リクエストを受信すると、ステップS102において、グラフ構造データベース21の利用があったことを検知し、この利用履歴をRDFグラフ構造で生成する。さらにステップS103において利用履歴蓄積部13は、ステップS102で生成した利用履歴を、利用履歴データベース23に格納する。ここで格納される利用履歴は、人がグラフ構造データベース21を検索したことを示す利用履歴である。

一方検索装置1において、ステップS104においてクエリグラフパターンマッチング部11は、ユーザ端末2から入力された検索リクエストに基づいて、クエリグラフパターンデータベース22からクエリグラフパターンを抽出する。さらにクエリグラフパターンマッチング部11は、抽出したクエリグラフパターンにキーワードを代入し、検索クエリを生成して、グラフ構造データベース21に検索を要求する。グラフ構造データベース21は、入力された検索クエリに適合するグラフパターンをグラフ構造データ21aから抽出して、検索リクエストに対する検索結果としてユーザ端末2に送信する。ステップS106においてユーザ端末2は、検索結果を受信すると、その結果をユーザ端末2の表示装置に表示する。

ここでステップS107においてユーザ端末2から検索結果のいずれかを参照した場合、検索装置1は、その利用履歴を取得する。この利用履歴には、検索装置1において、利用履歴蓄積部13は、利用履歴を受信すると、ステップS108において、検索結果の利用があったことを検知し、この利用履歴をRDFグラフ構造で生成する。さらにステップS109において利用履歴蓄積部13は、ステップS108で生成した利用履歴を、利用履歴データベース23に格納する。ここで格納される利用履歴は、人が検索結果を参照したことを示す利用履歴である。

図8を参照して、本発明の実施の形態に係る検索装置1において、利用履歴をグラフ構造データベース21にマージする際の処理を説明する。

まずステップS201において、利用履歴利用部14は、所定のタイミングで、利用履歴データベース23に利用履歴を要求する。この「所定のタイミング」は、24時間毎などの定期的なタイミングであっても良い。

利用履歴データベース23は、利用履歴利用部14から利用履歴が要求されると、ステップS202において、利用履歴データベース23に蓄積されている利用履歴を抽出し、利用履歴利用部14に入力する。ここで入力される利用履歴は、図4(b)を参照して説明した様に、RDFグラフの形式で表現されたRDFグラフの要素である。また、利用履歴が利用履歴利用部14に入力されると、利用履歴データベース23から、利用履歴が消去されても良い。

利用履歴が入力されると、ステップS203において利用履歴利用部14は、グラフ構造データベース21に対して、利用履歴とグラフ構造データベース21のマージを要求する。この要求を受信すると、ステップS204においてグラフ構造データベース21は、既存のグラフ構造データ21aに、利用履歴をマージする。具体的には、この利用履歴の利用主体の識別子のノードおよび当該利用対象の識別子のノード間に、利用した旨のパスを追加して、新たなグラフ構造データベース21bを生成する。利用履歴のマージが完了すると、グラフ構造データベース21は、利用履歴利用部14に、その旨を通知する。

マージが完了すると、ステップS205において利用履歴利用部14は、クエリグラフパターン生成部14に対して、クエリグラフパターンの生成を要求する。

ステップS206においてクエリグラフパターン生成部12は、利用履歴利用部14からの要求に応じて、クエリグラフパターンを生成する。具体的には、クエリグラフパターン生成部12は、クエリグラフパターンを生成する要求を、グラフ構造データベース21に入力する。

ステップS207においてグラフ構造データベース21は、クエリグラフパターン生成部12から入力された要求に合致するプロパティ、クラスおよびグラフパターンを生成する。クエリグラフパターン生成部12は、グラフ構造データベース21から入力されたプロパティ、クラスおよびグラフパターンから、特徴的なグラフパターンを抽出し、クエリグラフパターンとして、クエリグラフパターンデータベース22に入力する。ここでクエリグラフパターンは、グラフ構造データベース21から入力されたプロパティ、クラスおよびグラフパターンのうち、1回以上出現するグラフパターンに基づいて生成される。クエリグラフパターン生成部12は、この抽出されたグラフ構造に含まれる任意のノード名およびプロパティ名を変数にすることにより、ユーザにより入力された情報または予め設定された情報に関連する情報が追加されたデータを検索するためのクエリグラフパターンを生成する。

クエリグラフパターンがクエリグラフパターンデータベース22に入力されると、ステップS208において、このクエリグラフパターンがクエリグラフパターンデータベース22に蓄積される。

例えば、図2に示すグラフ構造データ21aのクエリグラフパターンについて説明する。図2は、利用履歴がマージされていない状態のグラフ構造データ21aを示している。図2に示すグラフ構造データ21aについて、図9(a)に示すようなクエリグラフパターンが考えられる。

図9(a)に示すクエリグラフパターンは、「提示されたキーワードを持つ論文の著者と、その著者が作製したSNSのページ」の関連を示している。ここで、図9(a)のノード中に、「?」が先頭にある名称は、任意の値が入る可能性のある変数であることを示す。また、ノードで「:」の前に付された「Person」はクラスを示し、パスで「:」の前に付された「rm」は、プロパティを示す。

このクエリグラフパターンに基づいて、グラフ構造データ21aを検索すると、図9(b)に示すようなデータが検索される。図9(b)においては、変数「?Keyword」の値として「XML」がマッチしている検索結果のうち、クラス「P e r s o n :人」のインスタンス「P e r s o n :鈴木花子」に関するデータである。図9(b)に示したデータは、図10において太線で記した部分に関するデータである。また図9(b)に示すデータと同様に、インスタンス「P e r s o n :田中一郎」に関するデータ等も検索される。

ここで、図4(b)に示す様なRDFの断片に基づいて「Person:山田太郎」が「sns:S−105」および「sns:S−106」を参照した利用履歴をグラフ構造データベース21aにマージされると、利用履歴利用部14によって、図11に示すようなグラフ構造データ21bが生成される。グラフ構造データ21bにおいては、人「山田太郎」がSNSページ「S−105」および「S−106」を参照したことを示すパスが追加される。このパスにはそれぞれ、プロパティとして「rec:参照」が付される。

このような新たなグラフ構造データ21bにおいては、図12(a)および図13(a)に示すようなクエリグラフパターンが新たに検索可能になる。

図12(a)に示すクエリグラフパターンは、「提示されたキーワードを持つノード(SNSページなど)を参照した著者」の関係を示している。このクエリグラフパターンに基づいて、グラフ構造データ21bを検索すると、図12(b)に示すようなデータが検索される。図12(b)においては、変数「?Keyword」の値として「XML」および変数「?x」の値として「S−105」がマッチしている検索結果のうち、クラス「P e r s o n :人」のインスタンス「P e r s o n :山田太郎」に関するデータと、変数「?Keyword」の値として「XML」および変数「?x」の値として「S−106」がマッチしている検索結果のうち、クラス「P e r s o n :人」のインスタンス「P e r s o n :山田太郎」に関するデータである。図12(b)に示すデータは、図14に示す太線で記した部分に関するデータである。

このように、本発明の実施の形態においては、「山田太郎」が「S−105」および「S−106」を検索し、その検索結果を参照した場合、その利用履歴がグラフ構造データベース21に挿入されるとともに、これ以降の検索において、グラフ構造データベース21からその検索履歴を取得することができる。

図13(a)に示すクエリグラフパターンは、「提示されたキーワードを持つノード(SNSページなど)の著者と、その著者が参照したノード(SNSページなど)の著者」の関係を示している。このクエリグラフパターンに基づいて、グラフ構造データ21bを検索すると、図13(b)に示すようなデータが検索される。図13(b)においては、変数「?Keyword」の値として「XML」および変数「?x」の値として「T−041」がマッチしている検索結果のうち、「P e r s o n :山田太郎」が参照したSNSページ「S−105」とその著者「田中一郎」に関するデータと、変数「?Keyword」の値として「XML」および変数「?x」の値として「T−041」がマッチしている検索結果のうち、「P e r s o n :山田太郎」が参照したSNSページ「S−106」とその著者「鈴木花子」に関するデータである。図13(b)に示すデータは、図15に示す太線で記した部分に関するデータである。

このように、本発明の実施の形態においては、「山田太郎」が「S−105」および「S−106」を検索した場合、その検索履歴がグラフ構造データベース21に挿入されるとともに、グラフ構造データベース21から、「S−105」の著者である「田中一郎」と、「S−106」の著者である「鈴木花子」の各データを取得することができる。

本発明の実施の形態においては、グラフ構造データベースへの利用履歴を、グラフ構造データベースに登録する。これにより、本発明の実施の形態に係る検索装置1は、その利用履歴を検索結果として出力するとともに、その利用履歴から、利用した人と、利用対象に関連づけられたノードも検索結果として出力することができる。これにより、新たにデータベースを追加しなくても、ノードの関連づけをより豊かにした検索結果を出力することができる。

(その他の実施の形態)
上記のように、本発明の実施の形態によって記載したが、この開示の一部をなす論述および図面はこの発明を限定するものであると理解すべきではない。この開示から当業者には様々な代替実施の形態、実施例および運用技術が明らかとなる。

例えば、本発明の実施の形態に記載した検索装置は、図1に示すように一つのハードウェア上に構成されても良いし、その機能や処理数に応じて複数のハードウェア上に構成されても良い。また、既存の検索システム上に実現されても良い。

本発明はここでは記載していない様々な実施の形態等を含むことは勿論である。従って、本発明の技術的範囲は上記の説明から妥当な特許請求の範囲に係る発明特定事項によってのみ定められるものである。

1 検索装置
2 ユーザ端末
3 検索システム
10 中央処理制御装置
11 クエリグラフパターンマッチング部
12 クエリグラフパターン生成部
13 利用履歴蓄積部
14 利用履歴利用部
20 記憶装置
21 クエリグラフパターンデータベース
22 グラフ構造データベース
23 利用履歴データベース

Claims (3)

  1. グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索装置であって、
    前記グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積部と、
    前記利用履歴データベースから前記利用履歴を抽出して、前記グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用部と、
    マージ後の前記グラフ構造データベースを参照して、前記利用主体の識別子と利用対象の識別子とを結ぶパスと、当該利用対象の識別子に結ばれるパスとノードを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成部
    を備えることを特徴とする検索装置。
  2. グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索プログラムであって、
    コンピュータを、
    前記グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積手段と、
    前記利用履歴データベースから前記利用履歴を抽出して、前記グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用手段と、
    マージ後の前記グラフ構造データベースを参照して、前記利用主体の識別子と利用対象の識別子とを結ぶパスと、当該利用対象の識別子に結ばれるパスとノードを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成手段
    として、機能させるための検索プログラム。
  3. グラフ構造を持つデータが格納されているグラフ構造データベースを検索する検索方法であって、
    コンピュータが、前記グラフ構造データベースの利用が検知されると、利用主体の識別子と、利用対象の識別子とを関連づけた利用履歴を、利用履歴データベースに格納する利用履歴蓄積ステップと、
    前記コンピュータが、前記利用履歴データベースから前記利用履歴を抽出して、前記グラフ構造データベースに当該利用履歴をマージする利用履歴利用ステップと、
    前記コンピュータが、マージ後の前記グラフ構造データベースを参照して、前記利用主体の識別子と利用対象の識別子とを結ぶパスと、当該利用対象の識別子に結ばれるパスとノードを含み、所定の条件で制約される2点以上のノード間のパスを検索するためのクエリグラフパターンデータを生成して、クエリグラフパターンデータベースに記憶するクエリグラフパターン生成ステップ
    を備えることを特徴とする検索方法。
JP2009132472A 2009-06-01 2009-06-01 検索装置、検索プログラムおよび検索方法 Active JP5314504B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009132472A JP5314504B2 (ja) 2009-06-01 2009-06-01 検索装置、検索プログラムおよび検索方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009132472A JP5314504B2 (ja) 2009-06-01 2009-06-01 検索装置、検索プログラムおよび検索方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010277553A JP2010277553A (ja) 2010-12-09
JP5314504B2 true JP5314504B2 (ja) 2013-10-16

Family

ID=43424418

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009132472A Active JP5314504B2 (ja) 2009-06-01 2009-06-01 検索装置、検索プログラムおよび検索方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5314504B2 (ja)

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8751521B2 (en) 2010-04-19 2014-06-10 Facebook, Inc. Personalized structured search queries for online social networks
US8180804B1 (en) 2010-04-19 2012-05-15 Facebook, Inc. Dynamically generating recommendations based on social graph information
US8868603B2 (en) 2010-04-19 2014-10-21 Facebook, Inc. Ambiguous structured search queries on online social networks
US8732208B2 (en) 2010-04-19 2014-05-20 Facebook, Inc. Structured search queries based on social-graph information
US8782080B2 (en) 2010-04-19 2014-07-15 Facebook, Inc. Detecting social graph elements for structured search queries
US8185558B1 (en) 2010-04-19 2012-05-22 Facebook, Inc. Automatically generating nodes and edges in an integrated social graph
EP2750056A1 (en) * 2012-12-31 2014-07-02 Facebook, Inc. Structuring ambiguous structured search queries on online social networks
US8504910B2 (en) * 2011-01-07 2013-08-06 Facebook, Inc. Mapping a third-party web page to an object in a social networking system
US9275421B2 (en) * 2011-11-04 2016-03-01 Google Inc. Triggering social pages
US9646028B2 (en) * 2012-08-31 2017-05-09 Facebook, Inc. Graph query logic
US8935271B2 (en) * 2012-12-21 2015-01-13 Facebook, Inc. Extract operator
JP6201792B2 (ja) * 2014-02-06 2017-09-27 富士ゼロックス株式会社 情報処理装置及び情報処理プログラム

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09114631A (ja) * 1995-10-23 1997-05-02 Meidensha Corp ファイル閲覧方法
JP4547300B2 (ja) * 2005-05-09 2010-09-22 日本電信電話株式会社 共通クエリグラフパターン生成装置、生成方法、生成用プログラム、およびこれらを用いた共通サブグラフ検索装置、検索方法、検索用プログラム
JP2007066228A (ja) * 2005-09-02 2007-03-15 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> コンテンツ検索システムおよびその方法
JP4830447B2 (ja) * 2005-10-24 2011-12-07 富士ゼロックス株式会社 オブジェクト共有行動分析支援装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010277553A (ja) 2010-12-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2610208C (en) Learning facts from semi-structured text
CN101828166B (zh) 动态更新的虚拟列表视图
AU2005231113B2 (en) Systems and methods for weighting a search query result
US8943071B2 (en) Automatic sort and propagation associated with electronic documents
AU2011261662B2 (en) Providing content items selected based on context
US9594759B2 (en) Backup and archival of selected items as a composite object
US9116984B2 (en) Summarization of conversation threads
US20060200740A1 (en) MIME type detection for feeds
CN103177075B (zh) 基于知识的实体检测和消歧
CA2732733C (en) Providing posts to discussion threads in response to a search query
US8601120B2 (en) Update notification method and system
US20140280106A1 (en) Presenting comments from various sources
US7672956B2 (en) Method and system for providing a search index for an electronic messaging system based on message threads
US8341175B2 (en) Automatically finding contextually related items of a task
US9081853B2 (en) Information display system based on user profile data with assisted and explicit profile modification
US20170255626A1 (en) Systems and methods for dynamically creating hyperlinks associated with relevant multimedia content
US8370358B2 (en) Tagging content with metadata pre-filtered by context
JP2005196469A (ja) データ表示サーバ,データ表示方法,およびそのプログラム
US8291014B2 (en) User interface for web comments
US8495484B2 (en) Intelligent link population and recommendation
US20070282797A1 (en) Systems and methods for refreshing a content display
US10235681B2 (en) Text extraction module for contextual analysis engine
JP2006331089A (ja) Webページから時系列データを生成する方法及び装置
US8788526B2 (en) Data model for machine data for semantic search
Romer et al. Real-time search for real-world entities: A survey

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110921

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20120509

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20120511

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130219

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130411

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130702

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130705

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350