JP5310484B2 - The thermoplastic resin composition - Google Patents

The thermoplastic resin composition Download PDF

Info

Publication number
JP5310484B2
JP5310484B2 JP2009248414A JP2009248414A JP5310484B2 JP 5310484 B2 JP5310484 B2 JP 5310484B2 JP 2009248414 A JP2009248414 A JP 2009248414A JP 2009248414 A JP2009248414 A JP 2009248414A JP 5310484 B2 JP5310484 B2 JP 5310484B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
poly
resin
acid
oxide units
terephthalate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009248414A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010132893A (en
JP2010132893A5 (en
Inventor
公彦 服部
憲一 歌崎
定之 小林
Original Assignee
東レ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2008281204 priority Critical
Priority to JP2008281204 priority
Application filed by 東レ株式会社 filed Critical 東レ株式会社
Priority to JP2009248414A priority patent/JP5310484B2/en
Publication of JP2010132893A publication Critical patent/JP2010132893A/en
Publication of JP2010132893A5 publication Critical patent/JP2010132893A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5310484B2 publication Critical patent/JP5310484B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a thermoplastic resin composition excellent in impact resistance, especially in low-temperature planar impact strength and excellent in fluidity, and to provide a molded product thereof. <P>SOLUTION: The thermoplastic resin composition is a resin composition formed by compounding 1 to 99 wt.% of an aromatic polycarbonate resin (A), 1 to 99 wt.% of an aromatic polyester resin (B) based on 100 wt.% total of the aromatic polycarbonate resin (A) and the aromatic polyester resin (B), and 0.01 to 4 pts.wt. of a polyfunctional compound (C), having three or more functional groups, provided that the total amount of (A) the aromatic polycarbonate resin and (B) the aromatic polyester resin is 100 pts.wt., wherein the aromatic polycarbonate resin (A) and a polybutylene terephthalate resin (B) have a bicontinuous structure of the two phases with a structural period of 0.01 to 1.0 &mu;m, or a dispersed structure with intergranular distance of 0.001 to 1 &mu;m. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、耐衝撃性、特に低温面衝撃強度に優れ、流動性に優れる成形品を与える熱可塑性樹脂組成物および成形品に関するものである。 The present invention, impact resistance, particularly excellent low-temperature surface impact strength, it relates to a thermoplastic resin composition and a molded article which gives a molded article having excellent flowability.

従来よりポリカーボネート樹脂は、優れた耐衝撃性を有すものの、耐薬品性や流動性に劣るため、各種樹脂とのポリマーアロイによる改良検討がなされている。 Conventionally polycarbonate resins, although having a good impact resistance, is inferior in chemical resistance and flowability, improved consideration by polymer alloy of various resins have been made.

中でもポリカーボネート樹脂とポリブチレンテレフタレート樹脂とのブレンド物は、耐衝撃性、機械的特性、耐熱性、耐薬品性などに優れていることから、幅広く用いられている。 Among them blend of polycarbonate resin and polybutylene terephthalate resin, impact resistance, mechanical properties, heat resistance, since it has excellent chemical resistance, are widely used. 更に近年では、耐衝撃性や剛性を改良するために、ゴム質重合体やガラス繊維、タルク、マイカ、ウィスカーなどの微細な無機充填剤を配合したものも広く用いられている。 In recent years, in order to improve impact resistance and rigidity, the rubber polymer and glass fibers, talc, mica, is also widely used that blended fine inorganic fillers such as whiskers. 一方でポリカーボネートの特徴である耐衝撃性等が低下する問題があった。 On the other hand such as impact resistance which is a feature of polycarbonate has a problem of lowering in.

また、近年、工業用成形品の大型成形、軽量化・薄肉化に対する要求がますます高まっており、特に自動車や電気・電子機器用途に用いる芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂とのブレンド物は、これらの要求に対し、特性を低下させることなく、溶融時の流動性を改良させることが望まれている。 In recent years, large molded industrial moldings, demand for lighter and thinner and are increasingly, particularly blends of aromatic polycarbonate resin and the aromatic polyester resin used in automobiles and electric and electronic applications , in response to these requirements, without lowering the properties, it has been desired to improve the flowability during melting.

これらの課題を解決するために、特許文献1には、熱可塑性樹脂と3つ以上の官能基を有する多官能性化合物を配合してなる樹脂組成物が提案されている。 To solve these problems, Patent Document 1, a resin composition obtained by blending a polyfunctional compound having a thermoplastic resin and 3 or more functional groups it has been proposed. しかしながら、芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂とのブレンド物に関する記載はなく、低温面衝撃強度および流動性を高度に両立する樹脂組成物を得る方法は示されていない。 However, no description regarding blends of an aromatic polycarbonate resin and an aromatic polyester resin, a method for obtaining a resin composition highly compatible with low-temperature surface impact strength and flowability is not shown.
特許文献2では芳香族ポリカーボネート樹脂、芳香族ポリエステル樹脂、塩基性無機充填材および特定のホスファイト安定剤を配合してなる樹脂組成物が提案されている。 Patent Document 2 aromatic polycarbonate resin, aromatic polyester resin, the basic inorganic filler and a resin composition obtained by blending a specific phosphite stabilizer has been proposed.

しかし、二軸押出機による混練時に高剪断応力状態を形成していないため、芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂とが相溶せず、スピノーダル分解に伴う構造周期0.01〜1.0μmの両相連続構造を形成していない。 However, the two since the axis upon kneading by an extruder does not form a high shear stress conditions, the aromatic polycarbonate resin and an aromatic polyester resin without the compatible, the structural period 0.01~1.0μm accompanying spinodal decomposition do not form a continuous two-phase structure. そのため、低温面衝撃強度が十分に発現しないという問題があった。 Therefore, there is a problem that the low-temperature surface impact strength is not sufficiently exhibited.

特許文献3ではポリブチレンテレフタレート樹脂、ポリカーボネート樹脂、特定構造のワラステナイト、ゴム質重合体を配合してなる樹脂組成物が提案されている。 Patent Document 3, polybutylene terephthalate resin, polycarbonate resin, wollastonite having a specific structure, the resin composition obtained by blending the rubbery polymer has been proposed. しかし、流動性が十分でなく、成形品サイズが大きいときに成形できないことがあり、問題となることがあった。 However, the fluidity is not sufficient, may not be molded is large molded article size, there can be a problem.

特開2008−31439号公報 JP 2008-31439 JP 特開2004−359913号公報 JP 2004-359913 JP 特開2007−254611号公報 JP 2007-254611 JP

本発明の目的は、耐衝撃性、特に低温面衝撃強度に優れ、流動性に優れる成形品を与える熱可塑性樹脂組成物および成形品を得ることである。 An object of the present invention, impact resistance, particularly excellent low-temperature surface impact strength, is to obtain a thermoplastic resin composition and a molded article which gives a molded article having excellent flowability.

本発明は上記課題を解決するために本発明者らが鋭意検討した結果得られたものである。 The present invention the present inventors have obtained as a result of intensive investigations to solve the above problems.

すなわち、本発明は、 That is, the present invention is,
(1)(A)芳香族ポリカーボネート樹脂、(B)芳香族ポリエステル樹脂、(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物を配合してなる熱可塑性樹脂組成物であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量%として、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂1〜99重量%、(B)芳香族ポリエステル樹脂1〜99重量%であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物0.01〜 0.8重量部を配合してなる熱可塑性樹脂組成物であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B) 芳香族ポリエステル樹脂とが構造周期0.01〜1.0μmの両相連続構造、または粒子間距離0 (1) (A) an aromatic polycarbonate resin, (B) a aromatic polyester resin, (C) a thermoplastic resin composition obtained by blending a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, (A ) the sum of the aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin as 100% by weight, (a) an aromatic polycarbonate resin 1-99% by weight, 1 to 99 wt% (B) an aromatic polyester resin, ( the sum of a) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin as 100 parts by weight, blended with a polyfunctional compound from 0.01 to 0.8 parts by weight with (C) 3 or more hydroxyl groups a thermoplastic resin composition comprising Te, (a) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin both-phase continuous structure of the structure cycle 0.01~1.0μm or interparticle distance, 0 001〜1μmの分散構造を有することを特徴とする熱可塑性樹脂組成物、 The thermoplastic resin composition characterized by having a dispersion structure 001~1Myuemu,
(2)(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物の重量平均分子量が200〜3000である(1)に記載の熱可塑性樹脂組成物、 (2) (C) thermoplastic resin composition according to the weight-average molecular weight of the polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups is 200 to 3000. (1),
)(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、さらに(D)充填剤20〜100重量部を配合してなる(1) または(2)に記載の熱可塑性樹脂組成物、 (3) to 100 parts by weight of the total (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin, in addition (D) by blending the filler 20 to 100 parts by weight (1) or (2) the thermoplastic resin composition according,
)(D)充填剤が、板状充填剤を含む( )に記載の熱可塑性樹脂組成物、 (4) (D) filler, thermoplastic resin composition according to comprising a plate-like filler (3),
(5)(D)充填剤として、タルク/ガラス繊維、または、タルク/炭素繊維の2種を併用する(3)または(4)に記載の熱可塑性樹脂組成物、 (5) as (D) a filler, talc / glass fiber, or a combination of two talc / carbon fiber (3) or the thermoplastic resin composition according to (4),
)(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物が、 水酸基を有する末端構造の少なくとも一つが式(1)で表される構造である化合物である上記(1)〜( )のいずれかに記載の熱可塑性樹脂組成物、 (6) (C) a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, the at least one terminal structure having a hydroxyl group is a compound which is a structure represented by formula (1) (1) the thermoplastic resin composition according to any one of - (5),

(Rは、炭素数1〜15の炭化水素基を表し、nは、1〜10の整数を表し、Xは、水酸基を表す。) (R represents a hydrocarbon group having 1 to 15 carbon atoms, n represents represents an integer of 1 to 10, X is represents a hydroxyl group.)
)(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物が、アルキレンオキシド単位を一つ以上含むことを特徴とする(1)〜( )のいずれかに記載の熱可塑性樹脂組成物 (7) (C) a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, a thermoplastic resin according to any one of comprising alkylene oxide units, one or more (1) to (6) composition,
(8 )(1)〜(6)のいずれかに記載された熱可塑性樹脂組成物からなる成形品、 (8) (1) to (6) molded article comprising a thermoplastic resin composition described in any one of,
を提供するものである。 It is intended to provide.

本発明の熱可塑性樹脂組成物は、耐衝撃性、特に低温面衝撃強度に優れ、流動性に優れる成形品を与える熱可塑性樹脂組成を得ることができる。 The thermoplastic resin composition of the present invention, impact resistance, particularly excellent low-temperature surface impact strength, can be obtained a thermoplastic resin composition which gives a molded article having excellent flowability. 加えて、上記の熱可塑性組成物は、各種成形品として好適に用いることができる。 In addition, the above-mentioned thermoplastic composition can be suitably used as various molded articles.

以下、本発明を詳細に説明する。 The present invention will be described in detail.

本発明で用いる(A)芳香族ポリカーボネート樹脂は、芳香族ジヒドロキシ化合物をホスゲン或いは炭酸ジエステル等のカーボネート前駆体と反応させることにより容易に製造される。 (A) used in the present invention the aromatic polycarbonate resins are readily prepared by reacting an aromatic dihydroxy compound with a carbonate precursor such as phosgene or carbonic acid diester. 反応は公知の方法、例えば、ホスゲンを用いる場合は界面法により、又炭酸ジエステルを用いる場合は溶融状で反応させるエステル交換法等が採用される。 The reaction is a known method, for example, in the case of using phosgene by the interfacial method, also transesterification method or the like to react with molten is employed when using a carbonic acid diester.

上記原料の芳香族ジヒドロキシ化合物としては、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン[ビスフェノールA]が代表的である。 The aromatic dihydroxy compound of the raw material, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane [bisphenol A] is typical. その他、たとえば、ビス(4−ヒドロキシフェニル)メタン、1,1−ビス(4−ヒドロキシフェニル)エタン、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)ブタン、2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)オクタン、ビス(4−ヒドロキシフェニル)フェニルメタン、2,2−ビス(4−ヒドロキシ−3−メチルフェニル)プロパン、1,1−ビス(4−ヒドロキシ−3−t−ブチルフェニル)プロパン、2,2−ビス(4−ヒドロキシ−3−ブロモフェニル)プロパン、2,2−ビス(4−ヒドロキシ−3,5−ジブロモフェニル)プロパン、2,2−ビス(4−ヒドロキシ−3,5−ジクロロフェニル)プロパンのようなビス(ヒドロキシアリール)アルカン類;1,1−ビス(4−ヒドロキシフェニル)シクロペンタン、1,1−ビ Other, for example, bis (4-hydroxyphenyl) methane, 1,1-bis (4-hydroxyphenyl) ethane, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) butane, 2,2-bis (4-hydroxyphenyl) octane, bis (4-hydroxyphenyl) phenyl methane, 2,2-bis (4-hydroxy-3-methylphenyl) propane, 1,1-bis (4-hydroxy -3-t-butylphenyl) propane, 2, 2- bis (4-hydroxy-3-bromophenyl) propane, 2,2-bis (4-hydroxy-3,5-dibromophenyl) propane, 2,2-bis (4-hydroxy-3,5-dichlorophenyl) bis such as propane (hydroxyaryl) alkanes; 1,1-bis (4-hydroxyphenyl) cyclopentane, 1,1-bi (4−ヒドロキシフェニル)シクロヘキサンのようなビス(ヒドロキシアリール)シクロアルカン類;4,4'−ジヒドロキシジフェニルエーテル、4,4'−ジヒドロキシ−3,3'−ジメチルジフェニルエーテルのようなジヒドロキシジアリールエーテル類;4,4'−ジヒドロキシジフェニルスルフィド、4,4'−ジヒドロキシ−3,3'−ジメチルジフェニルスルフィドのようなジヒドロキシジアリールスルフィド類;4,4'−ジヒドロキシジフェニルスルホキシド、4,4'−ジヒドロキシ−3,3'−ジメチルジフェニルスルホキシドのようなジヒドロキシジアリールスルホキシド類;4,4'−ジヒドロキシジフェニルスルホン、4,4'−ジヒドロキシ−3,3'−ジメチルジフェニルスルホンのようなジヒドロキシジアリールスルホ Bis (hydroxyaryl) cycloalkanes such as (4-hydroxyphenyl) cyclohexane, 4,4'-dihydroxydiphenyl ether, dihydroxydiaryl ethers such as 4,4'-dihydroxy-3,3'-dimethyl diphenyl ether; 4 , 4'-dihydroxydiphenyl sulfide, 4,4'-dihydroxy-3,3'-dihydroxy-diaryl sulfides such as dimethyl sulfide, 4,4'-dihydroxydiphenyl sulfoxide, 4,4'-dihydroxy-3,3 '- dihydroxy diaryl sulfoxides such as dimethyl diphenyl sulfoxide, 4,4'-dihydroxydiphenyl sulfone, dihydroxy diaryl sulphoxide as 4,4'-dihydroxy-3,3'-dimethyl diphenyl sulfone 類等が挙げられる。 Kind, and the like. これらは単独または2種以上混合して使用されるが、これらの他にピペラジン、ジピペリジルハイドロキノン、レゾルシン、4,4'−ジヒドロキシジフェニル類を混合して使用してもよい。 These may be used alone or in combination, these other piperazine, dipiperidyl hydroquinone, resorcinol, may be mixed and used 4,4'-dihydroxydiphenyl ethers. 更に、フロログルシン等の多官能性化合物を併用した分岐を有する芳香族ポリカーボネート樹脂を使用することも出来る。 Furthermore, it is also possible to use aromatic polycarbonate resin having a combination branched polyfunctional compounds such as phloroglucinol.

芳香族ジヒドロキシ化合物と反応させるカーボネート前駆体としては、ホスゲン、またはジフェニルカーボネート、ジトリルカーボネート等のジアリールカーボネート類、ジメチルカーボネート、ジエチルカーボネート等のジアルキルカーボネート類が挙げられる。 The carbonate precursor to be reacted with the aromatic dihydroxy compound, phosgene or diphenyl carbonate, diaryl carbonates such as ditolyl carbonate, dimethyl carbonate, dialkyl carbonates such as diethyl carbonate.

(A)芳香族ポリカーボネート樹脂の分子量は、溶媒としてメチレンクロライドを用い、温度25℃で測定された溶液粘度より換算した粘度平均分子量で、好ましくは10,000〜50,000であり、より好ましくは15,000〜40,000であり、最も好ましくは18,000〜30,000である。 (A) molecular weight of the aromatic polycarbonate resin, using methylene chloride as a solvent, a viscosity-average molecular weight converted from the solution viscosity measured at a temperature 25 ° C., preferably 10,000 to 50,000, more preferably a 15,000 to 40,000, and most preferably 18,000~30,000.

所望の分子量の芳香族ポリカーボネート樹脂を得るには、末端停止剤或いは分子量調節剤を用いる方法や重合反応条件の選択等公知の方法が採用される。 To obtain the desired molecular weight of the aromatic polycarbonate resin, the method and selecting a known method such as the conditions of the polymerization reaction using a terminal capping agent or molecular weight modifier is employed.

本発明で用いる(B)芳香族ポリエステル樹脂は、(イ)ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体とジオールまたはそのエステル形成性誘導体、(ロ)ヒドロキシカルボン酸あるいはそのエステル形成性誘導体、(ハ)ラクトンから選択された一種以上を重縮合してなる重合体または共重合体であり、液晶性を示さないポリエステルである。 (B) used in the present invention the aromatic polyester resin, (b) a dicarboxylic acid or an ester-forming derivative and a diol or an ester-forming derivative, (b) hydroxycarboxylic acid or an ester-forming derivative thereof, (c) a lactone a polymer or copolymer of one or more selected becomes polycondensation from a polyester that does not exhibit liquid crystallinity.

上記ジカルボン酸あるいはそのエステル形成性誘導体としては、テレフタル酸、イソフタル酸、フタル酸、2,6−ナフタレンジカルボン酸、1,5−ナフタレンジカルボン酸、ビス(p−カルボキシフェニル)メタン、アントラセンジカルボン酸、4,4'−ジフェニルエーテルジカルボン酸、5−テトラブチルホスホニウムイソフタル酸、5−ナトリウムスルホイソフタル酸などの芳香族ジカルボン酸、シュウ酸、コハク酸、アジピン酸、セバシン酸、アゼライン酸、ドデカンジオン酸、マロン酸、グルタル酸、ダイマー酸などの脂肪族ジカルボン酸、1,3−シクロヘキサンジカルボン酸、1,4−シクロヘキサンジカルボン酸などの脂環式ジカルボン酸単位およびこれらのエステル形成性誘導体などが挙げられる。 As the dicarboxylic acid or its ester-forming derivative thereof, terephthalic acid, isophthalic acid, phthalic acid, 2,6-naphthalenedicarboxylic acid, 1,5-naphthalene dicarboxylic acid, bis (p- carboxyphenyl) methane, anthracene dicarboxylic acid, 4,4'-diphenyl ether dicarboxylic acid, 5-tetrabutylphosphonium isophthalic acid, aromatic dicarboxylic acids such as 5-sodium sulfoisophthalic acid, oxalic acid, succinic acid, adipic acid, sebacic acid, azelaic acid, dodecanedioic acid, malonic acid, glutaric acid, aliphatic dicarboxylic acids such as dimer acid, 1,3-cyclohexanedicarboxylic acid, and alicyclic dicarboxylic acid units and ester-forming derivatives, such as 1,4-cyclohexane dicarboxylic acid.

また、上記ジオールあるいはそのエステル形成性誘導体としては、炭素数2〜20の脂肪族グリコールすなわち、エチレングリコール、プロピレングリコール、1,4−ブタンジオール、ネオペンチルグリコール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、デカメチレングリコール、シクロヘキサンジメタノール、シクロヘキサンジオール、ダイマージオールなど、あるいは分子量200〜100000の長鎖グリコール、すなわちポリエチレングリコール、ポリ−1,3−プロピレングリコール、ポリテトラメチレングリコールなど、芳香族ジオキシ化合物すなわち、4,4'−ジヒドロキシビフェニル、ハイドロキノン、t−ブチルハイドロキノン、ビスフェノールA、ビスフェノールS、ビスフェノールFなど、及びこれ As the above-mentioned diol or its ester-forming derivative, aliphatic glycols having 2 to 20 carbon atoms i.e., ethylene glycol, propylene glycol, 1,4-butanediol, neopentyl glycol, 1,5-pentanediol, 1, 6-hexanediol, decamethylene glycol, cyclohexanedimethanol, cyclohexanediol, etc. dimer diol, or long chain glycol having a molecular weight from 200 to 100,000, namely polyethylene glycol, poly-1,3-propylene glycol, polytetramethylene glycol, and the like, aromatic family dioxy compound i.e., 4,4'-dihydroxybiphenyl, hydroquinone, t- butyl hydroquinone, bisphenol A, bisphenol S, and bisphenol F, and which らのエステル形成性誘導体などが挙げられる。 And La ester forming derivatives.

また、上記ヒドロキシカルボン酸としては、グリコール酸、乳酸、ヒドロキシプロピオン酸、ヒドロキシ酪酸、ヒドロキシ吉草酸、ヒドロキシカプロン酸、ヒドロキシ安息香酸、p−ヒドロキシ安息香酸、6−ヒドロキシ−2−ナフトエ酸およびこれらのエステル形成性誘導体などが挙げられる。 Moreover, as the hydroxycarboxylic acid, glycolic acid, lactic acid, hydroxypropionic acid, hydroxybutyric acid, hydroxyvaleric acid, hydroxycaproic acid, hydroxybenzoic acid, p- hydroxybenzoic acid, 6-hydroxy-2-naphthoic acid and their and ester forming derivatives thereof. 上記ラクトンとしてはカプロラクトン、バレロラクトン、プロピオラクトン、ウンデカラクトン、1,5−オキセパン−2−オンなどを挙げることができる。 As the lactone may be mentioned caprolactone, valerolactone, propiolactone, undecalactone, 1,5-oxepan-2-one and the like.

これらの重合体ないしは共重合体の具体例としては、ポリブチレンテレフタレート、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリプロピレンテレフタレート、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ビスフェノールA(テレフタレート/イソフタレート)、ポリブチレンナフタレート、ポリブチレン(テレフタレート/ナフタレ−ト)、ポリプロピレンナフタレート、ポリプロピレン(テレフタレート/ナフタレート)、ポリエチレンナフタレート、ポリシクロヘキサンジメチレンテレフタレート、ポリシクロヘキサンジメチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリ(シクロヘキサンジメチレン/エチレン)テレフタレ Specific examples of these polymers or copolymers, polybutylene terephthalate, polybutylene (terephthalate / isophthalate), polypropylene terephthalate, polypropylene (terephthalate / isophthalate), polyethylene terephthalate, polyethylene (terephthalate / isophthalate), bisphenol A (terephthalate / isophthalate), polybutylene naphthalate, polybutylene (terephthalate / naphthalate - g), polypropylene naphthalate, polypropylene (terephthalate / naphthalate), polyethylene naphthalate, polycyclohexanedimethylene terephthalate, poly cyclohexane dimethylene (terephthalate / iso phthalate), poly (cyclohexane dimethylene / ethylene) Terefutare ト、ポリ(シクロヘキサンジメチレン/エチレン)(テレフタレート/イソフタレート)、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)/ビスフェノールA、ポリエチレン(テレフタレート/イソフタレート)/ビスフェノールAなどの芳香族ポリエステルや、ポリブチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリプロピレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリエチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリブチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリプロピレン(テレフタレート/アジペート)、ポリエチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリエチレン(テレフタレート/スルホイソフタレート/アジペート)、ポリエチレン(テレフタレート/スルホイソフタレート/サクシネート)、ポリプロピレン( DOO, poly (cyclohexane dimethylene / ethylene) (terephthalate / isophthalate), polybutylene (terephthalate / isophthalate) / bisphenol A, and polyethylene (terephthalate / isophthalate) / aromatic such as bisphenol A polyester, polybutylene (terephthalate / succinate ), polypropylene (terephthalate / succinate), polyethylene (terephthalate / succinate), polybutylene (terephthalate / adipate), polypropylene (terephthalate / adipate), polyethylene (terephthalate / adipate), polyethylene (terephthalate / sulfoisophthalate / adipate), polyethylene ( terephthalate / sulfoisophthalate / succinate), polypropylene ( レフタレート/スルホイソフタレート/サクシネート)、ポリブチレン(テレフタレート/セバテート)、ポリプロピレン(テレフタレート/セバテート)、ポリエチレン(テレフタレート/セバテート)、ポリブチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリエチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリブチレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール Terephthalate / sulfoisophthalate / succinate), polybutylene (terephthalate / Sebateto), polypropylene (terephthalate / Sebateto), polyethylene (terephthalate / Sebateto), polybutylene terephthalate polyethylene glycol, polypropylene terephthalate · polyethylene glycol, polyethylene terephthalate · polyethylene glycol, poly butylene terephthalate poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene terephthalate · poly (tetramethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol 、ポリブチレンテレフタレート・ポリ(プロピレンオキシド/エチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリ(プロピレンオキシド/エチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(プロピレンオキシド/エチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(プロピレンオキシド/エチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリプロピレン(テレフタレート/アジペート)、ポリブチレンテレフタレート・ポリ−ε−カプロラクトンなどポリエーテルあるいは脂肪族ポリエステルを芳香族ポリエステルに共重合した共重合体や、ポリエチレンオキサレート、ポリプロピレンオキサレート、ポ , Polybutylene terephthalate poly (propylene oxide / ethylene oxide) glycol, polypropylene terephthalate · poly (propylene oxide / ethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / isophthalate) · poly (propylene oxide / ethylene oxide) glycol, polypropylene (terephthalate / isophthalate) poly (propylene oxide / ethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / adipate), polypropylene (terephthalate / adipate), copolymerization with a polyether or aliphatic polyester such as polybutylene terephthalate poly -ε- caprolactone copolymerized aromatic polyester coalescence and, polyethylene oxalate, polypropylene oxalate, Po ブチレンオキサレート、ポリネオペンチルグリコールオキサレート、ポリエチレンサクシネート、ポリプロピレンサクシネート、ポリブチレンサクシネート、ポリブチレンアジペート、ポリプロピレンアジペート、ポリエチレンアジペート、ポリブチレン(サクシネート/アジペート)、ポリプロピレン(サクシネート/アジペート)、ポリエチレン(サクシネート/アジペート)、ポリヒドロキシ酪酸及びβ−ヒドロキシ酪酸とβ−ヒドロキシ吉草酸とのコポリマーなどのポリヒドロキシアルカノエート、ポリカプロラクトン、ポリグリコール酸、ポリ乳酸などの脂肪族ポリエステル、ポリブチレンサクシネート・カーボネートなどの脂肪族ポリエステルカーボネートが挙げられる。 Butylene oxalate, polyneopentyl glycol oxalate, polyethylene succinate, polypropylene succinate, polybutylene succinate, polybutylene adipate, polypropylene adipate, polyethylene adipate, polybutylene (succinate / adipate), polypropylene (succinate / adipate), polyethylene ( succinate / adipate), polyhydroxyalkanoates such as copolymer of polyhydroxybutyric acid and β- hydroxybutyric acid and β- hydroxyvaleric acid, polycaprolactone, polyglycolic acid, aliphatic polyesters, polybutylene succinate carbonate, such as polylactic acid It includes aliphatic polyester carbonates such as.

これらの中で、芳香族ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体と脂肪族ジオールまたはそのエステル形成性誘導体を主成分として重縮合してなる重合体が好ましく、具体的には、ポリブチレンテレフタレート、ポリプロピレンテレフタレート、ポリエチレンテレフタレート、ポリ(シクロヘキサンジメチレン/エチレン)テレフタレート、ポリプロピレンナフタレート、ポリブチレンナフタレート、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリエチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリブチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリエチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール Among these, polycondensation comprising polymers of aromatic dicarboxylic acid or an ester-forming derivative thereof and aliphatic diol or an ester-forming derivative as the main component is preferable, specifically, polybutylene terephthalate, polypropylene terephthalate , polyethylene terephthalate, poly (cyclohexane dimethylene / ethylene) terephthalate, polypropylene naphthalate, polybutylene naphthalate, polybutylene (terephthalate / isophthalate), polypropylene (terephthalate / isophthalate), polyethylene (terephthalate / isophthalate), polybutylene terephthalate polyethylene glycol, polypropylene terephthalate · polyethylene glycol, polyethylene terephthalate polyethylene glycol ポリブチレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリエチレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリプロピレン(テレフタレート/アジペート)、ポリエチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリブチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリプロピレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリエチレン(テレフタレート/サクシネート Polybutylene terephthalate poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene terephthalate · poly (tetramethylene oxide) glycol, polyethylene terephthalate · poly (tetramethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / adipate), polypropylene (terephthalate / adipate), polyethylene (terephthalate / adipate), polybutylene (terephthalate / succinate), polypropylene (terephthalate / succinate) , polyethylene (terephthalate / succinate を好ましく挙げることができる。 It can be mentioned preferably. 上記芳香族ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体と脂肪族ジオールまたはそのエステル形成性誘導体を主成分として重縮合してなる重合体中の全ジカルボン酸に対する芳香族ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体の割合が30モル%以上であることがさらに好ましく、40モル%以上であることがさらに好ましい。 The proportion of the aromatic dicarboxylic acid or an ester-forming derivative to the aromatic dicarboxylic acid or an ester-forming derivative thereof and aliphatic diol or total dicarboxylic acids polycondensation comprising polymer in an ester-forming derivative as the main component more preferably but less than 30 mol%, still more preferably 40 mol% or more.

また、これらの中では、テレフタル酸またはそのエステル形成性誘導体とエチレングリコール、プロピレングリコール、ブタンジオールから選ばれる脂肪族ジオールまたはそのエステル形成性誘導体を主成分として重縮合してなる重合体がさらに好ましく、具体的には、ポリプロピレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリエチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリブチレンテレフタレート・ポリエチレングリコール、ポリエチレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレンテレフタレート・ポリ(テト Further, among these, terephthalic acid or an ester-forming derivative and ethylene glycol, propylene glycol, aliphatic diols or polycondensation comprising polymer ester-forming derivative as the main component selected from butanediol are more preferred Specifically, polypropylene terephthalate, polybutylene terephthalate, polybutylene (terephthalate / isophthalate), polypropylene (terephthalate / isophthalate), polyethylene terephthalate polyethylene glycol, polypropylene terephthalate · polyethylene glycol, polybutylene terephthalate · polyethylene glycol, polyethylene terephthalate poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene terephthalate · poly (Tet メチレンオキシド)グリコール、ポリブチレンテレフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリエチレンテレフタレート/イソフタレート・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリプロピレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)・ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコール、ポリエチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリエチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリプロピレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリプロピレン(テレフタレート/アジペート)、ポリブチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリブチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリブチレン(テレフタ Methylene oxide) glycol, polybutylene terephthalate · poly (tetramethylene oxide) glycol, polyethylene terephthalate / isophthalate · poly (tetramethylene oxide) glycol, polypropylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol, polybutylene (terephthalate / isophthalate) · poly (tetramethylene oxide) glycol, polyethylene (terephthalate / succinate), polyethylene (terephthalate / adipate), polypropylene (terephthalate / succinate), polypropylene (terephthalate / adipate), polybutylene (terephthalate / succinate), polybutylene ( terephthalate / adipate), polybutylene (terephthalic ート/セバケート)、ポリブチレン(テレフタレート/デカンジカルボキシレート)、ポリ(シクロヘキサンジメチレンテレフタレート/イソフタレート)を挙げることできる。 Over DOO / sebacate), polybutylene (terephthalate / decane dicarboxylate), it may be mentioned poly (cyclohexane dimethylene terephthalate / isophthalate). 上記テレフタル酸またはそのエステル形成性誘導体とブタンジオールまたはそのエステル形成性誘導体を主成分として重縮合してなる重合体中の全ジカルボン酸に対するテレフタル酸またはそのエステル形成性誘導体の割合が30モル%以上であることがさらに好ましく、40モル%以上であることがさらに好ましい。 The proportion of the terephthalic acid or an ester-forming derivative thereof and butanediol or its ester-forming derivative of terephthalic acid or to the total dicarboxylic acid polycondensing comprising polymer in the main component an ester-forming derivative thereof is 30 mol% or more still more preferably, still more preferably 40 mol% or more.

本発明における上記(B)芳香族ポリエステル樹脂の具体例のさらなる好ましい例としては、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリエステルエラストマー、ポリプロピレンテレフタレート、ポリブチレンサクシネートを挙げることができ、中でも特に成形性や耐熱性の点で、ポリブチレンテレフタレートまたはポリエチレンテレフタレートから選択される少なくとも1種が主成分であることが好ましく、ポリブチレンテレフタレートが主成分であることがより好ましい。 As a further preferred example of embodiment of the (B) aromatic polyester resin in the present invention include polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, it can be exemplified a polyester elastomer, polypropylene terephthalate, polybutylene succinate, among others moldability and heat in terms of sex, it is preferable that at least one selected from polybutylene terephthalate or polyethylene terephthalate as a main component, polybutylene terephthalate and more preferably the main component.

また、(B)熱可塑性ポリエステル樹脂は共重合体でもよく、具体例としてはポリブチレン(テレフタレート/イソフタレート)、ポリ(シクロヘキサンジメチレンテレフタレート/イソフタレート)、ポリブチレン(テレフタレート/アジペート)、ポリエチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリブチレン(テレフタレート/サクシネート)、ポリブチレン(テレフタレート/セバケート)、ポリブチレン(テレフタレート/デカンジカルボキシレート)、ポリブチレン(テレフタレート/ナフタレート)などが挙げられ、単独で用いても2種以上混合して用いても良い。 Also, (B) thermoplastic polyester resin may be a copolymer, specific examples include polybutylene (terephthalate / isophthalate), poly (cyclohexane dimethylene terephthalate / isophthalate), polybutylene (terephthalate / adipate), polyethylene (terephthalate / succinate), polybutylene (terephthalate / succinate), polybutylene (terephthalate / sebacate), polybutylene (terephthalate / decane dicarboxylate), such as polybutylene (terephthalate / naphthalate), with using a mixture of two or more may be used alone and it may be.

本発明で用いる(B)芳香族ポリエステル樹脂の粘度は、溶融混練が可能であれば特に制限はないが、通常、o−クロロフェノール溶液を25℃で測定したときの固有粘度が0.36〜3.0dl/gであることが好ましい。 The viscosity of (B) an aromatic polyester resin used in the present invention is not particularly limited as long as it can melt-kneading, usually, intrinsic viscosity when the o- chlorophenol solution was measured at 25 ℃ 0.36~ is preferably 3.0 dl / g. 特に、0.9〜2.0dl/gの範囲にあるものが成形性の点から好適である。 In particular, those in the range of 0.9~2.0dl / g is preferred from the viewpoint of moldability. 固有粘度が0.36dl/g未満では機械的特性が不良であり、また、固有粘度が3.0dl/gを越えると成形性が不良となる傾向がある。 The intrinsic viscosity is less than 0.36 dl / g are the mechanical properties are bad, also the intrinsic viscosity tends to moldability becomes poor when it exceeds 3.0 dl / g.

本発明で用いる(B)芳香族ポリエステル樹脂の融点は、特に制限されるものではないが、耐熱性の点から120℃以上であることが好ましく、180℃以上であることがより好ましく、特に220℃以上であることが好ましい。 (B) used in the present invention the aromatic polyester resin melting point, but are not particularly limited, it is preferable that in terms of heat resistance is 120 ° C. or higher, more preferably 180 ° C. or higher, particularly 220 ℃ is preferably or more. 上限は350℃である。 The upper limit is 350 ℃. さらに、成形性および生産性の点で、220℃〜250℃の範囲にあることが好ましい。 Furthermore, in view of moldability and productivity, it is preferably in the range of 220 ° C. to 250 DEG ° C.. なお、本発明において、(B)芳香族ポリエステル樹脂の融点は、示差走査熱量計(DSC)により昇温速度20℃/分で測定した値である。 In the present invention, the melting point of (B) an aromatic polyester resin is a value measured at a heating rate of 20 ° C. / min by a differential scanning calorimeter (DSC).

本発明で用いる(B)芳香族ポリエステル樹脂は、m−クレゾール溶液をアルカリ溶液で電位差滴定して求めたCOOH末端基量が1〜50eq/t(ポリマー1トン当りの末端基量)の範囲にあるものが耐久性の点から好ましく使用できる。 (B) used in the present invention the aromatic polyester resin, m- cresol solution in the range of COOH end group amount determined by potentiometric titration with alkaline solution 1~50eq / t (terminal group amount of per ton of polymer) some are preferably used from the viewpoint of durability.

本発明で用いる(B)芳香族ポリエステル樹脂の製造方法は、特に限定されるものではなく、公知の重縮合法や開環重合法などにより製造することができ、バッチ重合および連続重合のいずれでもよく、また、エステル交換反応および直接重合による反応のいずれでも適用することができる。 Method for producing (B) the aromatic polyester resin used in the present invention is not limited in particular, can be produced by such a known polycondensation or ring-opening polymerization, any of batch polymerization and continuous polymerization well, it can also be applied in any of the reaction by an ester exchange reaction and a direct polymerization. カルボキシル末端基量を少なくすることができ、かつ、流動性向上効果が大きくなるという点で、連続重合が好ましく、コストの点で、直接重合が好ましい。 Terminal carboxyl group content can be reduced, and in that the fluidity improving effect is larger, preferably continuous polymerization, in terms of cost, direct polymerization is preferred.

本発明における(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量%として、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂1〜99重量%、(B)芳香族ポリエステル樹脂1〜99重量%である。 The amount of (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin in the present invention, as 100% by weight of the total of (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin, (A) an aromatic 1-99 wt% family polycarbonate resin, 1 to 99 wt% (B) an aromatic polyester resin. (A)芳香族ポリカーボネート樹脂10〜90重量%、(B)芳香族ポリエステル樹脂10〜90重量%がより好ましく、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂60〜80重量%、(B)芳香族ポリエステル樹脂40〜60重量%が最も好ましい。 (A) an aromatic polycarbonate resin 10-90 wt%, (B) an aromatic polyester resin 10 to 90 wt%, more preferably, (A) an aromatic polycarbonate resin 60-80 wt%, (B) an aromatic polyester resin 40 60 wt% being most preferred. (A)芳香族ポリカーボネート樹脂の配合量が1重量%未満であると、熱可塑性樹脂組成物の衝撃強度が低下する傾向にあり、99重量%を超えると流動性が低下したり、熱可塑性樹脂組成物の耐薬品性が低下する。 If the amount of (A) an aromatic polycarbonate resin is less than 1 wt%, there is a tendency that impact strength of the thermoplastic resin composition is lowered, or decrease the fluidity exceeds 99 wt%, the thermoplastic resin chemical resistance of the composition lowers.

本発明で用いる(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物は、本発明の熱可塑性樹脂の流動性を向上させるために必要な成分である。 (C) used in the present invention the polyfunctional compound having 3 or more functional groups is a component necessary to improve the fluidity of the thermoplastic resin of the present invention. (C)成分としては、分子中に3つ以上の官能基を有するものであれば限定はされず、低分子化合物であってもよいし、重合体であってもよい。 The component (C), limited as long as it has three or more functional groups in the molecule is not the sole may be a low molecular compound or a polymer. また、(C)成分としては、3官能性化合物、4官能性化合物および5官能性化合物などの3つ以上の官能基を有する化合物であれば、いずれでもよいが、流動性および機械物性が優れるという点で、3官能性化合物または4官能性化合物であることがより好ましく、4官能性化合物であることがさらに好ましい。 As the component (C), 3-functional compound, as long as it is a compound having three or more functional groups, such as tetrafunctional compound and 5-functional compounds, may be any, excellent flowability and mechanical properties in that, more preferably a trifunctional compound or tetrafunctional compound, more preferably a 4-functional compound.

本発明で用いる(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物は、流動性および耐衝撃性に優れるという点で、官能基を有する末端構造の少なくとも一つが式(1)で表される構造である化合物であることが好ましく、特に流動性および機械特性に優れるという点で、官能基を有する末端構造の二つ以上が式(1)で表される構造である化合物であることがより好ましく、官能基を有する末端構造の三つ以上が式(1)で表される構造である化合物であることがさらに好ましく、官能基を有する末端構造の全てが式(1)で表される構造である化合物であることが最も好ましい。 Polyfunctional compound having (C) 3 or more functional groups used in the present invention, in view of excellent flowability and impact resistance, at least one of the terminal structures having the functional group is represented by Formula (1) is preferably a compound which is that construction, in that particularly excellent fluidity and mechanical properties, it two or more terminal structures having the functional group is a compound which is a structure represented by formula (1) more preferably, more preferably more than one third terminal structures having the functional group is a compound which is a structure represented by formula (1), all the terminal structure having the functional group represented by the formula (1) and most preferably a compound the structure.

ここで、Rは、炭素数1〜15の炭化水素基を表し、nは、1〜10の整数を表し、Xは、水酸基、アルデヒド基、カルボン酸基、スルホ基、アミノ基、グリシジル基、イソシアネート基、カルボジイミド基、オキサゾリン基、オキサジン基、エステル基、アミド基、シラノール基、シリルエーテル基から選択される少なくとも1種の官能基を表す。 Here, R represents a hydrocarbon group having 1 to 15 carbon atoms, n is represents an integer of 1 to 10, X is a hydroxyl group, aldehyde group, carboxylic acid group, a sulfo group, an amino group, a glycidyl group, isocyanate group, a carbodiimide group, oxazoline group, oxazine group, ester group, amide group, silanol group, at least one functional group selected from silyl ether groups.

本発明においては、流動性、耐久性および機械物性などが優れるという点で、Rは、アルキレン基を表し、nは、1〜7の整数を表し、Xは、水酸基、カルボン酸基、アミノ基、グリシジル基、イソシアネート基、エステル基、アミド基から選択される少なくとも1種の官能基を表すことが好ましく、Rは、アルキレン基を表し、nは、1〜5の整数を表し、Xは、水酸基、カルボン酸基、アミノ基、グリシジル基、エステル基から選択される少なくとも1種の官能基を表すことがより好ましく、Rは、アルキレン基を表し、nは、1〜4の整数を表し、Xは、水酸基、アミノ基、グリシジル基、エステル基から選択される少なくとも1種の官能基を表すことがさらに好ましく、Rは、アルキレン基を表し、nは、1〜3の整数を表し、Xは In the present invention, fluidity, in that such excellent durability and mechanical properties, R represents an alkylene group, n represents an integer of 1 to 7, X represents a hydroxyl group, a carboxylic acid group, an amino group , glycidyl group, isocyanate group, an ester group, may represent at least one functional group selected from amide group preferably, R represents an alkylene radical, n represents an integer of 1 to 5, X is a hydroxyl group, a carboxylic acid group, an amino group, a glycidyl group, is more preferably represents at least one functional group selected from an ester group, R represents an alkylene group, n represents an integer of 1 to 4, X represents a hydroxyl group, an amino group, a glycidyl group, more preferably representing at least one functional group selected from an ester radical, R represents an alkylene radical, n represents an integer of 1 to 3, X It is 水酸基であることが特に好ましい。 It is particularly preferred is a hydroxyl group. なお、本発明において、Rが、アルキレン基の場合、式(1)で表される構造は、アルキレンオキシド単位を含有する構造を示す。 In the present invention, R is, for the alkylene group, the structure represented by the formula (1) shows the structure containing alkylene oxide units.

本発明において、(C)成分中の多官能性官能基は、水酸基、アルデヒド基、カルボン酸基、スルホ基、アミノ基、グリシジル基、イソシアネート基、カルボジイミド基、オキサゾリン基、オキサジン基、エステル基、アミド基、シラノール基、シリルエーテル基から選択された少なくとも1種類以上であることが好ましく、(C)成分中の官能基は、これらの中から同一あるいは異なる3つ以上の官能基を有していることが好ましい。 In the present invention, (C) a polyfunctional functional groups in the component, a hydroxyl group, aldehyde group, carboxylic acid group, a sulfo group, an amino group, a glycidyl group, isocyanate group, carbodiimide group, oxazoline group, oxazine group, ester group, preferably the amide group is a silanol group, at least one or more selected from the silyl ether group, the functional groups in component (C), have the same or different three or more functional groups from these it is preferable to have. また、本発明において、(C)成分が、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物であって、官能基を有する末端構造の二つ以上が式(1)で表される構造である化合物である場合には、官能基としては、上記の中の同一のものでもよく、あるいは異なるものでもよいが、流動性、機械物性、耐久性、耐熱性および生産性の点で、同一のものであることが好ましい。 Further, in the present invention, (C) component is represented by (C) a polyfunctional compound having 3 or more functional groups, two or more of formulas terminal structures having the functional group (1) when a compound is a structure, the functional group may be of the same in the above, or may be different but, fluidity, mechanical properties, durability, in terms of heat resistance and productivity, it is preferably identical.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基が水酸基の場合は、1,2,4−ブタントリオール、1,2,5−ペンタントリオール、1,2,6−へキサントリオール、1,2,3,6−ヘキサンテトロール、グリセリン、ジグリセリン、トリグリセリン、テトラグリセリン、ペンタグリセリン、ヘキサグリセリン、トリエタノールアミン、トリメチロールエタン、トリメチロールプロパン、ジトリメチロールプロパン、トリトリメチロールプロパン、2−メチルプロパントリオール、2−メチル−1,2,4−ブタントリオール、ペンタエリスリトール、ジペンタエリスリトール、トリペンタエリスリトール、メチルグルコシド、ソルビトール、マンニトール、スクロース、1,3,5−トリヒドロキシベ (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is a hydroxyl group, 1,2,4-butanetriol, 1,2,5-pentane triol, 1,2, hexane triol to 6, 1,2,3,6-hexane tetrol, glycerol, diglycerol, triglycerol, tetraglycerol, pentaglycerol, hexaglycerol, triethanolamine, trimethylolethane, trimethylolpropane, ditrimethylolpropane , tolytriazole trimethylolpropane, 2-methyl propanetriol, 2-methyl-1,2,4-butanetriol, pentaerythritol, dipentaerythritol, tripentaerythritol, methyl glucoside, sorbitol, mannitol, sucrose, 1,3,5 trihydroxy base ゼン、1,2,4−トリヒドロキシベンゼンなどの炭素数3〜24の多価アルコールやポリビニルアルコールなどのポリマーが挙げられる。 Zen, polymers such as polyhydric alcohol or a polyvinyl alcohol having a carbon number of 3 to 24 such as 1,2,4-trihydroxy benzene. なかでも、流動性、機械物性の点から分岐構造を有するグリセリン、ジグリセリン、トリメチロールプロパン、ジトリメチロールプロパン、ペンタエリスリトール、ジペンタエリスリトールが好ましい。 Among them, fluidity, glycerin having a branched structure in terms of mechanical properties, diglycerol, trimethylol propane, ditrimethylolpropane, pentaerythritol, dipentaerythritol are preferred.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がカルボン酸基の場合は、プロパン−1,2,3−トリカルボン酸、2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカルボン酸、ブタン−1,2,4−トリカルボン酸、ブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、トリメリット酸、トリメシン酸、ヘミメリット酸、ピロメリット酸、ベンゼンペンタカルボン酸、シクロヘキサン−1,2,4−トリカルボン酸、シクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、シクロヘキサン−1,2,4,5−テトラカルボン酸、ナフタレン−1,2,4−トリカルボン酸、ナフタレン−2,5,7−トリカルボン酸、ピリジン−2,4,6−トリカルボン酸、ナフタレン−1,2,7,8−テトラカルボン酸、ナフタレン−1, (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is a carboxylic acid group, propane-1,2,3-tricarboxylic acid, 2-methylpropane-1,2, 3-tris carboxylic acid, butane-1,2,4-tricarboxylic acid, butane-1,2,3,4-tetracarboxylic acid, trimellitic acid, trimesic acid, hemimellitic acid, pyromellitic acid, benzene penta carboxylic acid , cyclohexane-1,2,4-tricarboxylic acid, cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid, cyclohexane-1,2,4,5-tetracarboxylic acid, naphthalene-1,2,4-tricarboxylic acid, naphthalene - 2,5,7-tricarboxylic acid, pyridine-2,4,6-tricarboxylic acid, naphthalene-1,2,7,8-tetracarboxylic acid, naphthalene-1, ,5,8−テトラカルボン酸などの多価カルボン酸やアクリル酸、メタクリル酸などのポリマーが挙げられ、それらの酸無水物も使用できる。 , 5,8 polycarboxylic acid or acrylic acid, such as tetracarboxylic acid, include polymers such as methacrylic acid, it may be used acid anhydrides thereof. なかでも、流動性の点から分岐構造を有するプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、トリメリット酸、トリメシン酸およびその酸無水物が好ましい。 Of these, propane-1,2,3-tricarboxylic acid having a branched structure in terms of fluidity, trimellitic acid, trimesic acid and its acid anhydride are preferable.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の官能基がアミノ基の場合は、3つ以上の置換基のうち少なくとも1つは1級または2級アミンであることが好ましく、いずれも1級または2級アミンであることがさらに好ましく、いずれも1級アミンであることが特に好ましい。 (C) if three or more functional groups are amino groups of the polyfunctional compound having a functional group is preferably at least one of the three or more substituents are primary or secondary amines, any more preferably it is a primary or secondary amine, it is particularly preferable that both a primary amine. (C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がアミノ基の場合は、1,2,3−トリアミノプロパン、1,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、1,2,4−トリアミノブタン、1,2,3,4−テトラミノブタン、1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、1,2,4−トリアミノシクロヘキサン、1,2,3−トリアミノシクロヘキサン、1,2,4,5−テトラミノシクロヘキサン、1,3,5−トリアミノベンゼン、1,2,4−トリアミノベンゼン、1,2,3−トリアミノベンゼン、1,2,4,5−テトラミノベンゼン、1,2,4−トリアミノナフタレン、2,5,7−トリアミノナフタレン、2,4,6−トリアミノピリジン、1,2,7,8−テトラミノナフタレン、1,4,5 (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is an amino group, 1,2,3-diaminopropane, 1,2,3-triamino-2-methyl propane, 1,2,4-amino-butane, 1,2,3,4-amino-butane, 1,3,5-diaminocyclohexane, 1,2,4-diaminocyclohexane, 1,2,3 diaminocyclohexane, 1,2,4,5 amino-cyclohexane, 1,3,5-triamino benzene, 1,2,4-triamino benzene, 1,2,3-triamino benzene, 1,2,4, 5-tetra amino benzene, 1,2,4-aminonaphthalene, 2,5,7-triamino-naphthalene, 2,4,6-aminopyridine, 1,2,7,8-tetra amino-naphthalene, 1,4, 5 8−テトラミノナフタレン等が挙げられる。 8 tetra amino naphthalene. なかでも、流動性の点から分岐構造を有する1,2,3−トリアミノプロパン、1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、1,3,5−トリアミノベンゼンが好ましい。 Among them, 1,2,3-aminopropane having the branched structure in terms of fluidity, 1,3,5-diaminocyclohexane, 1,3,5-triamino benzene are preferred.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がグリシジル基の場合は、トリグリシジルトリアゾリジン−3,5−ジオン、トリグリシジルイソシアヌレートなどの単量体や、ポリ(エチレン/グリシジルメタクリレート)−g−ポリメチルメタクリレート、グリシジル基含有アクリルポリマー、グリシジル基含有アクリル/スチレンポリマーなどのポリマーが挙げられる。 (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is a glycidyl group, triglycidyl triazolium-3,5-dione, the monomer, such as triglycidyl isocyanurate and, poly (ethylene / glycidyl methacrylate)-g-polymethyl methacrylate, glycidyl group-containing acrylic polymers, polymers such as glycidyl group-containing acrylic / styrene polymer.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がイソシアネート基の場合は、ノナントリイソシアネート(例えば4−イソシアナトメチル−1,8−オクタンジイソシアネート(TIN))、デカントリイソシアネート、ウンデカントリイソシアネート、ドデカントリイソシアネートなどが挙げられる。 (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is an isocyanate group, nonane triisocyanates (such as 4-isocyanatomethyl-1,8-octane diisocyanate (TIN)) , de country isocyanate, down de country isocyanate, and the like dodecane triisocyanate.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がエステル基の場合は、上記3つ以上水酸基を有する化合物の脂肪族酸エステルまたは芳香族酸エステルや、上記3つ以上カルボン酸基を有する化合物のエステル誘導体などが挙げられる。 (C) Preferred examples of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, if the functional group is an ester group, or an aliphatic ester or an aromatic ester of a compound having three or more hydroxyl groups, the and ester derivatives of the compounds having three or more carboxylic acid groups.

(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がアミド基の場合は、上記3つ以上カルボン酸基を有する化合物のアミド誘導体などが挙げられる。 Preferred examples of the polyfunctional compound having (C) three or more functional groups, if the functional group is an amide group, an amide derivative of the compound having three or more carboxylic acid groups.

また、流動性、機械物性の点から、(C)3つ以上の官能基を有する化合物がアルキレンオキシド単位を一つ以上含むことが好ましい。 Further, fluidity, from the viewpoint of mechanical properties, preferably comprises (C) a compound having three or more functional groups or one alkylene oxide units. なお、本発明において、(C)成分が、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物であって、官能基を有する末端構造の少なくとも一つが式(1)で表される構造である化合物であり、式(1)中のRが、アルキレン基の場合、式(1)で表される構造は、アルキレンオキシド単位を含有する構造を示すものであり、特に流動性に優れるという点で、(C)成分としては、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物であって、アルキレンオキシド単位を含有する多官能性化合物であることが最も好ましい。 In the present invention, (C) component, a polyfunctional compound having (C) 3 or more functional groups, at least one of the terminal structures having the functional group represented by the formula (1) Structure a compound is, R in the formula (1) is, in the case of an alkylene group, the structure represented by the formula (1) shows a structure containing alkylene oxide units, as particularly excellent fluidity in point, as the component (C), a polyfunctional compound having (C) 3 or more functional groups, and most preferably a polyfunctional compound containing alkylene oxide units. 本発明において、アルキレンオキシド単位の好ましい例として、炭素原子数1〜4である脂肪族アルキレンオキシド単位が有効であり、具体例としてはメチレンオキシド単位、エチレンオキシド単位、トリメチレンオキシド単位、プロピレンオキシド単位、テトラメチレンオキシド単位、1,2−ブチレンオキシド単位、2,3−ブチレンオキシド単位若しくはイソブチレンオキシド単位などを挙げることができ、本発明においては、特に、流動性、リサイクル性、耐久性、耐熱性および機械物性に優れるという点で、アルキレンオキシド単位としてエチレンオキシド単位又はプロピレンオキシド単位が含まれる化合物を使用するのが好ましく、耐衝撃性に優れるという点で、プロピレンオキシド単位が含まれる化合物を使用することが特に In the present invention, preferred examples of the alkylene oxide units, it is effective aliphatic alkylene oxide units is from 1 to 4 carbon atoms, methylene oxide units Specific examples, ethylene oxide units, trimethylene oxide units, propylene oxide units, tetramethylene oxide units, 1,2-butylene oxide units, 2,3-butylene oxide units or isobutylene oxide units may be mentioned, in the present invention, in particular, fluidity, recyclability, durability, heat resistance and in terms of excellent mechanical properties, it is preferred to use a compound that contains ethylene oxide or propylene oxide units as alkylene oxide units, in terms of excellent impact resistance, the use of a compound that contains propylene oxide units In particular ましい。 Masui.

本発明で用いる(C)成分において、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物に含まれるアルキレンオキシド単位数については、流動性および機械物性に優れるという点で、1官能基当たりのアルキレンオキシド単位が0.1〜20であることが好ましく、0.5〜10であることがより好ましく、1〜2であることがさらに好ましい。 Used in the present invention in the component (C), (C) for the number of alkylene oxide units contained in the polyfunctional compound having 3 or more functional groups, in view of excellent flowability and mechanical properties, per functional group preferably the alkylene oxide units is from 0.1 to 20, and more preferably from 0.5 to 10, and more preferably 1-2.

アルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基が水酸基の場合は、(ポリ)オキシメチレングリセリン、(ポリ)オキシエチレングリセリン、(ポリ)オキシトリメチレングリセリン、(ポリ)オキシプロピレングリセリン、(ポリ)オキシエチレン−(ポリ)オキシプロピレングリセリン、(ポリ)オキシテトラメチレングリセリン、(ポリ)オキシメチレンジグリセリン、(ポリ)オキシエチレンジグリセリン、(ポリ)オキシトリメチレンジグリセリン、(ポリ)オキシプロピレンジグリセリン、(ポリ)オキシメチレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシエチレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシトリメチレントリメチロールプロパン、(ポリ) Preferred examples of polyfunctional compounds having including alkylene oxide units, one or more (C) 3 or more functional groups, if the functional group is a hydroxyl group, (poly) oxymethylene glycerol, (poly) oxyethylene glycerol, (poly) oxytrimethylene glycerol, (poly) oxypropylene glycerol, (poly) oxyethylene - (poly) oxypropylene glycerol, (poly) oxytetramethylene glycerol, (poly) oxymethylene diglycerol, (poly) oxyethylene di glycerol, (poly) oxytrimethylene diglycerol, (poly) oxypropylene diglycerol, (poly) oxymethylene trimethylolpropane, (poly) oxyethylene trimethylolpropane, (poly) oxytrimethylene trimethylolpropane, (poly) キシプロピレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシエチレン−(ポリ)オキシプロピレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシテトラメチレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシメチレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシエチレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシトリメチレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシプロピレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシメチレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシエチレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシトリメチレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシプロピレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシエチレン−(ポリ)オキシプロピレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシテトラメチレンペンタエリスリトール、( Carboxymethyl propylene trimethylolpropane, (poly) oxyethylene - (poly) oxypropylene trimethylolpropane, (poly) oxytetramethylene trimethylolpropane, (poly) oxymethylene ditrimethylolpropane, (poly) oxyethylene ditrimethylolpropane, ( poly) oxytrimethylene ditrimethylolpropane, (poly) oxypropylene ditrimethylolpropane, (poly) oxymethylene pentaerythritol, (poly) oxyethylene pentaerythritol, (poly) oxytrimethylene pentaerythritol, (poly) oxypropylene pentaerythritol , (poly) oxyethylene - (poly) oxypropylene pentaerythritol, (poly) oxytetramethylene pentaerythritol, ( リ)オキシメチレンジペンタエリスリトール、(ポリ)オキシエチレンジペンタエリスリトール、(ポリ)オキシトリメチレンジペンタエリスリトール、(ポリ)オキシプロピレンジペンタエリスリトール、(ポリ)オキシメチレングルコース、(ポリ)オキシエチレングルコース、(ポリ)オキシトリメチレングルコース、(ポリ)オキシプロピレングルコース、(ポリ)オキシエチレン−(ポリ)オキシプロピレングルコース、(ポリ)オキシテトラメチレングルコース等を挙げることができる。 Li) oxymethylene dipentaerythritol, (poly) oxyethylene dipentaerythritol, (poly) oxytrimethylene dipentaerythritol, (poly) oxypropylene dipentaerythritol, (poly) oxymethylene glucose, (poly) oxyethylene glucose, it can be mentioned (poly) oxypropylene glucose, (poly) oxytetramethylene glucose, etc. - (poly) oxytrimethylene glucose, (poly) oxypropylene glucose, (poly) oxyethylene.

また、アルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がカルボン酸の場合は、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカル Further, propane Preferred examples of polyfunctional compounds having including alkylene oxide units, one or more (C) 3 or more functional groups, if the functional group is a carboxylic acid, including (poly) methylene oxide units -1 , 2,3-tricarboxylic acid, (poly) propane containing ethylene oxide units 1,2,3-tricarboxylic acid, (poly) propane containing trimethylene oxide units 1,2,3-tricarboxylic acid, (poly) propylene propane-1,2,3-tricarboxylic acid containing oxide units, (poly) propane containing tetramethylene oxide units 1,2,3-tricarboxylic acid, (poly) 2-methyl-propane-1,3 containing methylene oxide units, 2,3-tris acids, (poly) 2-methylpropane containing ethylene oxide units 1,2,3 Torisukaru ン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカルボン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む2−メチルプロパン−1,2,3−トリスカルボン酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,4−トリカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,4−トリカルボン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,4−トリカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むブタン−1,2,4−トリカルボン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,4−トリカルボン酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含 Phosphate, (poly) including trimethylene oxide units of 2-methyl-1,2,3-tris-carboxylic acid, (poly) 2-methyl-1,2,3-tris carboxylic acid comprising propylene oxide units, (poly) including tetramethylene oxide units of 2-methyl-1,2,3-tris-carboxylic acid, (poly) butanoic 1,2,4-tricarboxylic acid containing methylene oxide units, including (poly) ethylene oxide units butanoic 1,2,4-tricarboxylic acid, (poly) butanoic 1,2,4-tricarboxylic acid containing trimethylene oxide units, (poly) butanoic 1,2,4-tricarboxylic acid comprising propylene oxide units, (poly) butanoic 1,2,4-tricarboxylic acid containing tetramethylene oxide units, a (poly) methylene oxide units including ブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むブタン−1,2,3,4−テトラカルボン酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むトリメシン酸 Butane-1,2,3,4-tetracarboxylic acid, (poly) butane-1,2,3,4-tetracarboxylic acid containing ethylene oxide units, butane-1,2 containing (poly) trimethylene oxide units, 3,4-tetracarboxylic acid, (poly) butane-1,2,3,4-tetracarboxylic acid comprising propylene oxide units, (poly) butane-1,2,3,4 containing tetramethylene oxide units carboxylic acid, (poly) trimellitic acid containing methylene oxide units, (poly) trimellitic acid containing ethylene oxide units, (poly) trimellitic acid containing trimethylene oxide units, trimellitic acid containing (poly) propylene oxide units , (poly) trimellitic acid containing tetramethylene oxide units, trimesic acid containing (poly) methylene oxide units 、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むヘミメリット酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むヘミメリット酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むヘミメリット酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むヘミメリット酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むヘミメリット酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むピロメリット酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むピロメリット酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むピロメリット酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むピロメリ , (Poly) trimesic acid containing ethylene oxide units, (poly) trimesic acid containing trimethylene oxide units, (poly) trimesic acid comprising propylene oxide units, trimesic acid containing (poly) tetramethylene oxide units, (poly) methylene hemimellitic acid containing oxide units, (poly) hemimellitic acid containing ethylene oxide units, (poly) hemimellitic acid containing trimethylene oxide units, hemimellitic acid containing (poly) propylene oxide units, (poly) tetramethylene oxide hemimellitic acid containing units, (poly) pyromellitic acid containing methylene oxide units, (poly) pyromellitic acid containing ethylene oxide units, pyromellitic acid containing (poly) trimethylene oxide units, a (poly) propylene oxide units Piromeri, including ト酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むピロメリット酸、(ポリ)メチレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸等を挙げることができる。 DOO acid, (poly) pyromellitic acid containing tetramethylene oxide units, (poly) cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid containing methylene oxide units, cyclohexane containing (poly) ethylene oxide units -1,3,5 tricarboxylic acids, (poly) cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid containing trimethylene oxide units, (poly) cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid comprising propylene oxide units, the (poly) tetramethylene oxide units cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid containing the like.

また、アルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がアミノ基の場合は(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む Preferred examples of the polyfunctional compound having an alkylene oxide containing units one or more (C) 3 or more functional groups, if the functional group is an amino group containing (poly) methylene oxide units 1,2, 3-triamino propane, including (poly) including ethylene oxide units 1,2,3 aminopropane, (poly) 1,2,3-aminopropane containing trimethylene oxide units, a (poly) propylene oxide units 1,2,3-aminopropane, (poly) 1,2,3-aminopropane containing tetramethylene oxide units, (poly) 1,2,3-triamino-2-methylpropane containing methylene oxide units, (poly) 1,2,3-triamino-2-methylpropane containing ethylene oxide units, including (poly) trimethylene oxide units ,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノ−2−メチルプロパン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノブタン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノブタン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノブタン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノブタン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノブタン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,3,4−テトラミノブタン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,3,4−テトラミ , 2,3-triamino-2-methylpropane, (poly) comprising propylene oxide units 1,2,3-triamino-2-methylpropane, (poly) including tetramethylene oxide units 1,2,3 triamino - 2-methylpropane, 1 containing (poly) including methylene oxide units 1,2,4 amino-butane, (poly) including ethylene oxide units 1,2,4 amino-butane, (poly) trimethylene oxide units , 2,4-amino butane, (poly) comprising propylene oxide units 1,2,4 amino-butane, (poly) including tetramethylene oxide units 1,2,4 amino-butane, (poly) methylene including including oxide units 1,2,3,4 amino butane, (poly) ethylene oxide units, 2,3,4 Tetorami ブタン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,3,4−テトラミノブタン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,3,4−テトラミノブタン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,3,4−テトラミノブタン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノシクロヘキサン Butane, including (poly) including trimethylene oxide units 1,2,3,4 amino butane, (poly) comprising propylene oxide units 1,2,3,4 amino butane, (poly) tetramethylene oxide units 1,2,3,4-amino-butane, (poly) 1,3,5-aminocyclohexane comprising a methylene oxide units, (poly) 1,3,5-aminocyclohexane comprising ethylene oxide units, (poly) tri 1,3,5-aminocyclohexane comprising a methylene oxide units, (poly) 1,3,5-aminocyclohexane comprising propylene oxide units, including (poly) tetramethylene oxide units 1,3,5-triamino cyclohexane, (poly) 1,2,4-aminocyclohexane comprising methylene oxide units 、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,4,5−テトラミノシクロヘキサン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,4,5−テトラミノシクロヘキサン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,4,5−テトラミノシクロヘキサン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,4,5−テトラミノシクロヘキサン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,2,4,5 , 1,2,4 containing (poly) 1,2,4-aminocyclohexane comprising ethylene oxide units, (poly) 1,2,4-aminocyclohexane comprising a trimethylene oxide units, (poly) propylene oxide units - triamino cyclohexane, including (poly) including tetramethylene oxide units 1,2,4 diaminocyclohexane, (poly) 1,2,4,5 amino cyclohexane containing methylene oxide units, (poly) ethylene oxide units 1,2,4,5 Mino cyclohexane, (poly) including trimethylene oxide units 1,2,4,5 amino cyclohexane, (poly) 1,2,4,5 amino cyclohexane containing propylene oxide units, (poly) 1,2,4,5 containing tetramethylene oxide units テトラミノシクロヘキサン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)テトラメチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)メチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノベンゼン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノベンゼン、(ポリ)トリメチレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノベンゼン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,2,4−トリアミノベンゼン、(ポリ)テトラメチレンオキ Tetra Mino cyclohexane, (poly) including methylene oxide units 1,3,5 aminobenzene, (poly) including ethylene oxide units 1,3,5-triaminobenzene, including (poly) trimethylene oxide units 1,3 , 5-triamino benzene, (poly) comprising propylene oxide units 1,3,5 aminobenzene, (poly) including tetramethylene oxide units 1,3,5 aminobenzene, (poly) methylene oxide units the containing 1,2,4-aminobenzene, (poly) including ethylene oxide units 1,2,4-aminobenzene, (poly) including trimethylene oxide units 1,2,4-aminobenzene, (poly ) propylene oxide units containing 1,2,4-aminobenzene, (poly) tetramethylene Oki ド単位を含む1,2,4−トリアミノベンゼン等を挙げることができる。 Including de units 1,2,4-aminobenzene, and the like.

また、アルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がエステル基の場合は、上記アルキレンオキシド単位を含む3つ以上水酸基を有する化合物の脂肪族酸エステルまたは芳香族酸エステルや、上記アルキレンオキシド単位を含む3つ以上カルボン酸基を有する化合物のエステル誘導体などが挙げられる。 Preferred examples of the polyfunctional compound having alkylene oxide units containing one or more (C) three or more functional groups, if the functional group is an ester group, three or more hydroxyl groups including the alkylene oxide units aliphatic or ester or aromatic ester of a compound having, such as an ester derivative of a compound having three or more carboxylic acid groups containing the alkylene oxide units and the like.

また、アルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の好ましい例として、官能基がアミド基の場合は、上記アルキレンオキシド単位を含む3つ以上カルボン酸基を有する化合物のアミド誘導体などが挙げられる。 Preferred examples of polyfunctional compounds having including alkylene oxide units, one or more (C) three or more functional groups, if the functional group is an amide group, three or more carboxylic acids containing the alkylene oxide units an amide derivative of a compound having a group.

流動性の点からアルキレンオキシド単位を一つ以上含む(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の特に好ましい例として、官能基が水酸基の場合は、(ポリ)オキシエチレングリセリン、(ポリ)オキシプロピレングリセリン、(ポリ)オキシエチレンジグリセリン、(ポリ)オキシプロピレンジグリセリン、(ポリ)オキシエチレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシプロピレントリメチロールプロパン、(ポリ)オキシエチレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシプロピレンジトリメチロールプロパン、(ポリ)オキシエチレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシプロピレンペンタエリスリトール、(ポリ)オキシエチレンジペンタエリスリトール、(ポリ)オキシプロピレンジペンタエリスリトールが挙げ Particularly preferred examples of the polyfunctional compound having an alkylene oxide units containing one or more (C) 3 or more functional groups from the viewpoint of fluidity, when the functional group is a hydroxyl group, (poly) oxyethylene glycerol, ( poly) oxypropylene glycerol, (poly) oxyethylene diglycerol, (poly) oxypropylene diglycerol, (poly) oxyethylene trimethylolpropane, (poly) oxypropylene trimethylolpropane, (poly) oxyethylene ditrimethylolpropane, ( poly) oxypropylene ditrimethylolpropane, include (poly) oxyethylene pentaerythritol, (poly) oxypropylene pentaerythritol, (poly) oxyethylene dipentaerythritol, (poly) oxypropylene dipentaerythritol れ、官能基がカルボン酸の場合は、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むプロパン−1,2,3−トリカルボン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むトリメリット酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むトリメシン酸、(ポリ)エチレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含むシクロヘキサン−1,3,5−トリカルボン酸が挙げられ、官能基がアミノ基の場合は(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)プロピレンオキシド単 Is, if the functional group is a carboxylic acid, (poly) propane containing ethylene oxide units 1,2,3-tricarboxylic acid, (poly) 1,2,3-tricarboxylic acid comprising propylene oxide units, (poly ) trimellitic acid containing ethylene oxide units, (poly) trimellitic acid comprising propylene oxide units, (poly) trimesic acid containing ethylene oxide units, trimesic acid containing (poly) propylene oxide units, cyclohexane containing (poly) ethylene oxide units 1,3,5-tricarboxylic acid, include cyclohexane-1,3,5-tricarboxylic acid containing (poly) propylene oxide units, if the functional group is an amino group containing (poly) ethylene oxide units, 2 , 3-triamino propane, (poly) propylene oxide single を含む1,2,3−トリアミノプロパン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノシクロヘキサン、(ポリ)エチレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼン、(ポリ)プロピレンオキシド単位を含む1,3,5−トリアミノベンゼンが挙げられる。 1,2,3-aminopropane containing (poly) including ethylene oxide units 1,3,5 diaminocyclohexane, (poly) 1,3,5-aminocyclohexane comprising propylene oxide units, (poly) containing ethylene oxide units 1,3,5-triamino benzene, 1,3,5-triaminobenzene containing (poly) propylene oxide units.

本発明で用いる、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の粘度は、25℃において15000m・Pa以下であることが好ましく、流動性、機械物性の点から5000m・Pa以下であることがさらに好ましく、2000m・Pa以下であることが特に好ましい。 Used in the present invention, the viscosity of the polyfunctional compound having (C) 3 or more functional groups, preferably not more than 15000 m · Pa at 25 ° C., fluidity, from the viewpoint of mechanical properties below 5000 m · Pa more preferably in, particularly preferably not more than 2000 m · Pa. 下限は特にないが、成形時のブリード性の点から100m・Pa以上であることが好ましい。 Although the lower limit is not particularly preferable from the viewpoint of bleeding during molding is 100 m · Pa or higher. 25℃における粘度が15000m・Paよりも大きいと流動性改良効果が不十分であるため好ましくない。 It is not preferable because a viscosity at 25 ° C. is insufficient large fluidity improving effect than 15000 m · Pa.

本発明で用いる、(C)3つ以上の官能基を有する化合物の分子量または重量平均分子量(Mw)は、流動性の点で、50〜10000の範囲であることが好ましく、150〜8000の範囲であることがより好ましく、200〜3000の範囲であることがさらに好ましい。 Used in the present invention, (C) a molecular weight or a weight-average molecular weight of the compound having 3 or more functional groups (Mw) of, in terms of fluidity, it is preferably in the range of 50 to 10,000, a range of 150 to 8000 more preferably, more preferably in the range of 200 to 3,000. 本発明において、(B)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物のMwは、溶媒としてヘキサフルオロイソプロパノールを用いたゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)で測定したポリメチルメタクリレート(PMMA)換算の値である。 In the present invention, a multi Mw functional compound, as a solvent hexafluoroisopropanol gel permeation chromatography polymethylmethacrylate measured by gel permeation chromatography (GPC) using (PMMA) Conversion with (B) 3 or more functional groups is the value.

本発明で用いる、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の含水分は1%以下であることが好ましい。 Used in the present invention, (C) water content of the polyfunctional compound having 3 or more functional groups is preferably 1% or less. より好ましくは含水分0.5%以下であり、さらに好ましくは0.1%以下である。 More preferably not more than water content 0.5%, more preferably 0.1% or less. (C)成分の含水分の下限は特にない。 (C) The lower limit of the water content of the component is no particular. 含水分が1%よりも高いと機械物性の低下を引き起こすため好ましくない。 Undesirably cause a decrease in mechanical properties and moisture content is higher than 1%.

本発明における、(C)3つ以上の官能基を有する多官能性化合物の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、(C)成分が0.01〜4重量部の範囲であることが必須であり、流動性と耐衝撃性の点から、0.05〜2重量部の範囲で配合することが好ましく、0.1〜0.7重量部の範囲で配合することがさらに好ましい。 In the present invention, the amount of the polyfunctional compound having a functional group (C) 3 One or more, to 100 parts by weight of the total (A) an aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, (C) component is essential in the range of 0.01 to 4 parts by weight, from the viewpoint of fluidity and impact resistance, it is preferable to blend in the range of 0.05 to 2 parts by weight, from 0.1 to 0 it is more preferably blended in the range of .7 parts.

本発明においては、(C)成分が少なくとも1つ以上の水酸基、あるいはカルボン酸基を有していることが流動性の点から好ましく、(C)成分が3つ以上水酸基、あるいはカルボン酸基を有していることがより好ましく、(C)成分が3つ以上水酸基を有していることがさらに好ましく、(C)成分の全ての官能基が水酸基であることが特に好ましい。 In the present invention, the component (C) at least one hydroxyl group or that have a carboxylic acid group are preferable from the viewpoint of fluidity, the component (C) is 3 or more hydroxyl groups or carboxylic acid groups, it is more preferable to have, more preferably in the component (C) has three or more hydroxyl groups, particularly preferably a hydroxyl group are all of the functional groups of component (C).

本発明において、樹脂組成物の機械強度等、その他の特性を付与するために、(D)充填剤を配合することができる。 In the present invention, the mechanical strength of the resin composition or the like, in order to impart other properties, can be blended (D) a filler.

(D)充填剤の種類としては、繊維状、針状、板状、粒状などのいずれの充填剤も使用することができる。 (D) The type of filler, fibrous, needle-like, may be plate-like, also use one of the fillers, such as particulate. 具体的には、ガラス繊維、PAN系やピッチ系の炭素繊維、ステンレス繊維、アルミニウム繊維や黄銅繊維などの金属繊維、芳香族ポリアミド繊維などの有機繊維、石膏繊維、セラミック繊維、アスベスト繊維、ジルコニア繊維、アルミナ繊維、シリカ繊維、酸化チタン繊維、炭化ケイ素繊維等の繊維状の充填剤、ワラステナイト、チタン酸カリウムウィスカー、チタン酸バリウムウィスカー、ホウ酸アルミニウムウィスカー、窒化ケイ素ウィスカーなどの針状の充填剤、タルク、マイカ、ガラスフレーク、合成ハイドロタルサイト、グラファイト、カオリン、クレー等の板状の充填剤、シリカ、炭酸カルシウム、ガラスビーズ、シリカビーズなどの各種ビーズ、ガラスマイクロバルーン等の各種バルーン、二硫化モリブデン、モンモリロナ Specifically, glass fibers, PAN-based and pitch-based carbon fibers, stainless steel fibers, metal fibers such as aluminum fibers and brass fibers, organic fibers such as aromatic polyamide fibers, gypsum fibers, ceramic fibers, asbestos fibers, zirconia fibers , alumina fibers, silica fibers, titanium oxide fibers, fillers fibrous silicon carbide fibers, wollastonite, potassium titanate whisker, barium titanate whisker, aluminum borate whisker, needle-like fillers such as silicon nitride whiskers , talc, mica, glass flakes, synthetic hydrotalcite, graphite, kaolin, plate-like fillers such as clay, silica, calcium carbonate, glass beads, various beads such as silica beads, various balloons such as glass microballoons, two molybdenum sulfide, Monmorirona ト、酸化チタン、硫酸バリウムなどの粒状の充填剤が例示される。 DOO, titanium oxide, fillers in granular, such as barium sulfate is exemplified.

本発明の(D)充填材でタルクを用いる場合、タルクの嵩密度は、0.1〜2.0が好ましく、0.3〜1.5がより好ましく、0.5〜1.0であることが最も好ましい。 When using talc in (D) filler of the present invention, the bulk density of talc is preferably 0.1 to 2.0, more preferably 0.3 to 1.5, it is 0.5 to 1.0 it is most preferable. 嵩比重が0.1以上であることで樹脂組成物の剛性、耐衝撃性、熱安定性がより向上する傾向にあり、嵩比重が2.0以下であることで樹脂組成物の成形品外観や耐衝撃性がより向上する傾向にある。 The rigidity of the resin composition by bulk specific gravity of 0.1 or more, impact resistance, tend to heat stability is further improved, molded article appearance of the resin composition by bulk specific gravity of 2.0 or less and impact resistance tend to be improved.

ここで嵩密度とは、以下の方法により求めた値である。 Here, the bulk density is a value determined by the following method.
(1)タルクを目開きが1.4mmの篩上に乗せ、ハケで均等に軽く掃きながら篩を通す。 (1) talc put mesh opening on the sieve of 1.4mm, and passed through a sieve while sweeping evenly lightly with a brush.
(2)篩に通したタルクをJISK5101に規定された嵩密度測定装置に付属する受器に山盛りになるまで投入する。 (2) introducing until heaping into a receiver that is included with talc bulk density measuring apparatus prescribed in JISK5101 a through a sieve.
(3)受器の投入口から上部の山盛りになったタルクをヘラで削り取り、受器内のタルクの重量を測定し、下式にて嵩密度を算出する。 (3) from the receiver input port scraping with a spatula talc became top of heaped measures talc by weight of the receiver, to calculate the bulk density by the following equation.
嵩密度= 受器内のタルクの重量(g)/受器の容量(ml) Talc by weight of the bulk density = the receiver (g) / receiver volume (ml)

原料タルクを用いて嵩密度を高くする方法としては従来公知の任意の造粒方法を使用でき、バインダーを使用しない場合とバインダーを使用する方法とがある。 As a method of increasing the bulk density by using the raw material talc can be used any conventionally known granulation method, and a method of using a case a binder that does not use a binder.

バインダーを使用しない方法の例として、通常脱気圧縮の方法が挙げられる。 Examples of methods that do not use the binder include usual method of deaeration compression. かかる方法は、脱気しながらブリケッティングマシーンなどでローラー圧縮する方法を代表例として挙げることができる。 Such methods can include a method of roller compaction, etc. briquetting machine while degassing as a representative example.

バインダーを使用する方法の例として、バインダーとなる樹脂などが溶解または分散した液体とタルクをスーパーミキサーなどの混合機で均一に混合し、造粒機を通して造粒する方法がある。 As an example of how to use the binder, a resin serving as a binder is dissolved or dispersed liquid and talc were uniformly mixed in a mixer such as a super mixer, a granulation methods through granulator. 更にその後かかるタルクを乾燥処理をして十分に水などの成分をそこから取り除くことが好ましい。 Further it is preferable to remove subsequently taken talc ingredients such as well water and the drying process from there.

前記タルクは、予め表面処理をすることもできる。 The talc may also be a pre-surface treatment. 表面処理としては例えば、シランカップリング剤、高級脂肪酸、脂肪酸金属塩、およびポリアルキレングリコールなどの各種処理剤での化学的処理のほか、メカノフュージョン法、高速気流中衝撃法などの物理的な表面処理も可能である。 As a surface treatment such as a silane coupling agent, a higher fatty acid, fatty acid metal salt and polyalkylene glycol other chemical treatment with various treating agents such as mechanofusion method, a physical surface, such as high speed air stream impact method, processing is also possible.

好適なタルクの具体的な事例としては、ハリマ化成(株)製HT−7000、松村産業(株)製B−10、R−10が挙げられる。 Specific examples of suitable talc, Harima Chemicals Co. HT-7000, manufactured by Matsumura Sangyo (Ltd.) B-10, R-10 and the like.

本発明の(D)充填材で炭素繊維を用いる場合、特に制限がなく、公知の各種炭素繊維、例えばポリアクリロニトリル、ピッチ、レーヨン、リグニン、炭化水素ガス等を用いて製造される炭素質繊維や黒鉛質繊維であり、また、これらの繊維を金属でコートした繊維でもよい。 When using a carbon fiber with (D) filler of the present invention, not particularly limited, and various known carbon fibers, for example polyacrylonitrile, pitch, rayon, lignin, carbonaceous fibers produced using a hydrocarbon gas such as Ya a graphitic fibers, may also these fibers in fiber coated with metal. 炭素繊維は通常チョップドストランド、ロービングストランド、ミルドファイバーなどの形状であり、直径15μm以下、好ましくは5〜10μmである。 Carbon fiber is in the form of such normal chopped strands, roving strands, milled fiber, diameter 15μm or less, preferably 5 to 10 [mu] m.

本発明に用いる炭素繊維はチョップドストランドを用いることが好ましく、チョップド炭素繊維の前駆体である炭素繊維ストランドのフィラメント数は1,000〜150,000本が好ましい。 Carbon fiber used in the present invention is preferably used chopped strand, filament number of the carbon fiber strand that is a precursor of the chopped carbon fibers 000 to 150,000 this is preferable. フィラメント数が1,000本未満であると、製造コストが上昇し、150,000本を越えると製造コストが上昇するとともに、生産工程における安定性が大きく損なわれることがある。 When the number of filaments is less than 1,000, the production cost increases, with it and the manufacturing cost exceeds 150,000 increases, the stability is greatly impaired in the production process.

本発明に用いる炭素繊維は各種のサイジング剤で集束されたものが好適に使用できる。 Carbon fiber used in the present invention is what is focused at various sizing agent can be suitably used. サイジング剤としてはエポキシ樹脂、ウレタン変性エポキシ樹脂、エポキシ変性ウレタン樹脂、フェノール樹脂、ポリアミド樹脂、ポリカーボネート樹脂、ポリイミド樹脂、ポリエーテルイミド樹脂、ビスマレイミド樹脂、ポリサルホン樹脂、ポリエーテルサルホン樹脂、ポリビニルピロリドン樹脂、ポリアクリル樹脂、及びポリウレタン樹脂からなる群から選ばれる少なくとも1種の樹脂成分からなるものである。 Epoxy resin as a sizing agent, urethane-modified epoxy resins, epoxy-modified urethane resins, phenol resins, polyamide resins, polycarbonate resins, polyimide resins, polyether imide resins, bismaleimide resins, polysulfone resins, polyether sulfone resins, polyvinyl pyrrolidone resins , it is made of at least one resin component selected from the group consisting of polyacrylic resins, and polyurethane resins. 本発明では、かかる樹脂成分の中でも、エポキシ樹脂とポリウレタン樹脂を含むものが、熱可塑性樹脂との相溶性の観点から好適に用いられる。 In the present invention, among the resin components, those containing an epoxy resin and a polyurethane resin are preferably used from the viewpoint of compatibility with the thermoplastic resin.

本発明の(D)充填材でガラス繊維を用いる場合、特に制限はないが、チョップドストランドタイプやロービングタイプのガラス繊維を用いることができ、アミノシラン化合物やエポキシシラン化合物などのシランカップリング剤および/またはウレタン、酢酸ビニル、ビスフェノールAジグリシジルエーテル、ノボラック系エポキシ化合物などの一種以上のエポキシ化合物などを含有した集束剤で処理されたガラス繊維が好ましく用いられ、シランカップリング剤および/または集束剤はエマルジョン液に混合されて使用されていても良い。 When using the (D) glass fiber filler of the present invention, in particular, without limitation, it can be a glass fiber chopped strand type or roving types, a silane coupling agent such as aminosilane compounds and epoxysilane compounds and / or urethane, vinyl acetate, bisphenol a diglycidyl ether, novolac type glass fibers treated with the sizing agent containing the like one or more epoxy compounds such as epoxy compounds are preferably used, a silane coupling agent and / or sizing agent is mixed into the emulsion solution may be used. また、繊維径は1〜30μm、好ましくは5〜15μmである。 The fiber diameter is 1 to 30 [mu] m, preferably 5 to 15 [mu] m. また、前記の繊維断面は円形状であるが任意の縦と横比の楕円形ガラス繊維、扁平ガラス繊維およびまゆ型形状ガラス繊維など任意な断面を持つ繊維強化材を用いることもでき、射出成形時の流動性向上と、ソリの少ない成形品が得られる特徴がある。 In addition, the fiber cross-section can also be used a fiber reinforcement with is a circular oval fiberglass arbitrary vertical and horizontal ratios, any cross-section such as flat glass fibers and cocoon-shaped glass fiber, injection molded a fluidity improver when a feature that warpage less molded product is obtained.

これら(D)充填剤のうち、得られる熱可塑性樹脂組成物において、良好な表面外観、優れた面衝撃強度および低線膨張率が必要である場合は、板状または粒状の充填材が好ましく、板状の充填材がより好ましく、タルクが特に好ましい。 Of these (D) a filler, the thermoplastic resin composition obtained, good surface appearance, if you need excellent surface impact strength and low linear expansion coefficient, is preferably plate-like or particulate filler, more preferably plate-like filler, talc is particularly preferred. また、高剛性および低線膨張率が必要な場合は、繊維状の充填材が好ましく、ガラス繊維が特に好ましい。 Further, when high rigidity and low linear expansion coefficient is required, fibrous filler is preferred, the glass fibers are particularly preferred. 更には高剛性、低比重および低線膨張率が必要な場合は、繊維状の充填材が好ましく、炭素繊維が特に好ましい。 Furthermore if rigid, low density and low linear expansion coefficient required, fibrous filler, and particularly preferably carbon fibers.

上記の(D)充填剤は、2種以上を併用して使用することもでき、タルク/ガラス繊維、タルク/炭素繊維の2種を併用することにより、良好な表面外観と高剛性とを高度に両立することが可能になる。 The above (D) fillers, can also be used in combination of two or more, talc / glass fiber, the combined use of two talc / carbon fibers and a high rigidity good surface appearance Advanced it is possible to achieve both the.

また上記の(D)充填剤は、エチレン/酢酸ビニル共重合体などの熱可塑性樹脂や、エポキシ樹脂などの熱硬化性樹脂で被覆または集束処理されていてもよく、予め表面処理をすることもできる。 The above (D) fillers, and thermoplastic resins such as ethylene / vinyl acetate copolymer, may be coated or focused treated with thermosetting resin such as epoxy resin, also the pre-surface treatment it can. 表面処理としては例えば、シランカップリング剤、高級脂肪酸、脂肪酸金属塩、およびポリアルキレングリコールなどの各種処理剤での化学的処理のほか、メカノフュージョン法、高速気流中衝撃法などの物理的な表面処理も可能である。 As a surface treatment such as a silane coupling agent, a higher fatty acid, fatty acid metal salt and polyalkylene glycol other chemical treatment with various treating agents such as mechanofusion method, a physical surface, such as high speed air stream impact method, processing is also possible.

(D)充填剤の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、0.1〜200重量部の範囲で配合することが機械物性の点で好ましく、1〜150重量部の範囲で配合することがより好ましく、20〜100重量部の範囲で配合することがさらに好ましい。 (D) The amount of the filler, (A) a total of 100 parts by weight of an aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, the mechanical properties can be blended in the range of 0.1 to 200 parts by weight preferably at point, more preferably be blended in a range of 1 to 150 parts by weight, more preferably it is blended in a range of 20 to 100 parts by weight.

本発明において、樹脂組成物の機械強度その他の特性を付与するために、(E)耐衝撃性改良剤を配合することができる。 In the present invention, in order to impart mechanical strength and other properties of the resin composition, it can be blended (E) an impact modifier.

(E)耐衝撃性改良剤としては、熱可塑性樹脂に対して公知のものを使用することができ、具体的には、天然ゴム、低密度ポリエチレンや高密度ポリエチレンなどのポリエチレン、ポリプロピレン、耐衝撃改質ポリスチレン、ポリブタジエン、スチレン/ブタジエン共重合体、エチレン/プロピレン共重合体、エチレン/メチルアクリレート共重合体、エチレン/エチルアクリレート共重合体、エチレン/酢酸ビニル共重合体、エチレン/グリシジルメタクリレート共重合体、ポリエチレンテレフタレート/ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコールブロック共重合体、ポリエチレンテレフタレート/イソフタレート/ポリ(テトラメチレンオキシド)グリコールブロック共重合体などのポリエステルエラストマー、MBSなどのブタジエ (E) The impact modifier may be used known ones of the thermoplastic resin, specifically, natural rubber, polyethylene such as low density polyethylene or high density polyethylene, polypropylene, impact modified polystyrene, polybutadiene, styrene / butadiene copolymer, ethylene / propylene copolymer, ethylene / methyl acrylate copolymer, ethylene / ethyl acrylate copolymer, ethylene / vinyl acetate copolymer, ethylene / glycidyl methacrylate copolymerization coalescence, butadiene, such as a polyester elastomer, MBS, such as polyethylene terephthalate / poly (tetramethylene oxide) glycol block copolymers, polyethylene terephthalate / isophthalate / poly (tetramethylene oxide) glycol block copolymer 系コアシェルエラストマーまたはアクリル系のコアシェルエラストマーが挙げられ、これらは1種または2種以上使用することができる。 It includes core-shell elastomer system core shell elastomers or acrylic, which can be used alone or in combination. ブタジエン系またはアクリル系のコアシェルエラストマーとしては、三菱レイヨン製“メタブレン”、カネカ製“カネエース”、ローム&ハース製“パラロイド”などが挙げられる。 The butadiene-based or core-shell elastomer of acrylic, manufactured by Mitsubishi Rayon "Metablen" manufactured by Kaneka "Kane Ace", and the like Rohm & made Haas "Paraloid".

得られる熱可塑性樹脂組成物の線膨張係数が優れることから、ブタジエン系コアシェルエラストマーまたはアクリル系のコアシェルエラストマーを用いることが好ましい。 Since the linear expansion coefficient of the thermoplastic resin composition obtained is excellent, it is preferable to use butadiene-based core shell elastomers or acrylic core shell elastomers.

(E)耐衝撃性改良剤の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、0.1〜100重量部の範囲で配合することが流動性および耐衝撃性の点から好ましく、1〜70重量部の範囲で配合することがより好ましく、1〜50重量部の範囲で配合することがさらに好ましい。 (E) The amount of impact modifier, be formulated with (A) an aromatic polycarbonate resin and the sum of (B) an aromatic polyester resin as 100 parts by weight, the range of 0.1 to 100 parts by weight preferably from the viewpoint of flowability and impact resistance, and more preferably be blended in a range of 1 to 70 parts by weight, more preferably it is blended in a range of 1 to 50 parts by weight.

本発明において、熱可塑性樹脂組成物の熱安定性等を向上する目的で、(F)有機酸を用いることができる。 In the present invention, for the purpose of improving the thermal stability of the thermoplastic resin composition can be used (F) an organic acid.

(F)有機酸には種々のタイプのものを使用することができ、例えば、炭素数6〜30の脂肪酸が挙げられ、カプリル酸、カプリン酸、ラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、アラキジン酸、無水マレイン酸、酸変性のシロキサンなどが代表的な化合物として例示される。 The (F) an organic acid may be used any of various types, for example, it includes a fatty acid having 6 to 30 carbon atoms, caprylic acid, capric acid, lauric acid, palmitic acid, stearic acid, arachidic acid, maleic anhydride, and an acid-modified siloxanes are exemplified as representative compounds. とりわけ無水マレイン酸、カプリン酸が好適に用いられる。 Especially maleic anhydride, capric acid is preferably used.

(F)有機酸の配合量は、熱安定性の向上効果と流動性の点から、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として0.001〜〜5重量部であることが好ましく、0.01〜1重量部であることがより好ましい。 (F) The amount of the organic acid is 0.001, and a effect of improving thermal stability fluidity point, the sum of (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin as 100 parts by weight preferably 5 parts by weight, and more preferably 0.01 to 1 parts by weight. (F)有機酸の配合量が0.001重量部未満であると溶融安定性の向上効果が発現せず、5重量部を超えると流動性、耐衝撃性が低下する。 Amount of (F) an organic acid is not exhibited the effect of improving the melt stability is less than 0.001 part by weight, the fluidity exceeds 5 parts by weight, the impact resistance is lowered.

このように(F)有機酸を配合することにより、溶融安定性が向上し、耐衝撃性および外観に優れた成形品を得ることができる。 By blending in this manner (F) is an organic acid, it can be improved melt stability, obtain the impact resistance and excellent molded article appearance.

本発明においては、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とが構造周期0.01〜1.0μmの両相連続構造、または粒子間距離0.001〜1μmの分散構造を有する必要がある。 In the present invention, the (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) both-phase continuous structure of the aromatic polyester resin structural period 0.01~1.0μm or dispersion structure of the inter-particle distance 0.001 to, it is necessary to have.

かかる構造周期をもつ樹脂組成物を得るためには、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂が、一旦相溶解し、後述のスピノーダル分解によって構造形成せしめることが好ましい。 To obtain a resin composition having such a structure period, (A) an aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, once phase solubility, it is preferable that allowed to structure formed by spinodal decomposition will be described later. さらにこの構造形成の実現のためには、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とが、後述の部分相溶系や、剪断場依存型相溶解・相分解する系や、反応誘発型相分解する系であることが好ましい。 Furthermore in order to realize this structure formation, (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin, and partial compatible system described below, and shear field dependent phase dissolution-phase decomposing system, reaction is preferably induced phase degrades system.

一般に、2成分の樹脂からなるポリマーアロイには、相溶系、非相溶系および半相溶系がある。 Generally, the polymer alloy composed of two components of the resin, there is a compatible system, non-compatible system and Hansho fibrinolytic system. 相溶系は、平衡状態である非剪断下において、ガラス転移温度以上、熱分解温度以下の実用的な温度の全領域において相溶な系である。 Compatible system, in a non-shearing under which an equilibrium state, the glass transition temperature or higher, it is compatible systems in the entire region of the pyrolysis temperature less practical temperatures. 非相溶系は、相溶系とは逆に、全領域で非相溶となる系である。 Non compatible system is the compatible system Conversely, incompatible become systems in all areas. 半相溶系は、ある特定の温度および組成の領域で相溶し、別の領域で非相溶となる系である。 Semi compatible system is certain compatible in the region of a particular temperature and composition becomes incompatible with another region system. さらにこの半相溶系には、その相分離状態の条件によってスピノーダル分解によって相分離するものと、核生成と成長によって相分離するものがある。 Further This semi compatible system, as that phase separation by spinodal decomposition by the terms of the phase separation, there is to phase separate by nucleation and growth.

さらに3成分以上からなるポリマーアロイの場合は、3成分以上のいずれもが相溶する系、3成分以上のいずれもが非相溶である系、2成分以上のある相溶した相と、残りの1成分以上の相が非相溶な系、2成分が部分相溶系で、残りの成分がこの2成分からなる部分相溶系に分配される系などがある。 More 3 case of a polymer alloy consisting of components above, a system in which any of the above three components are compatible, any of three or more components are incompatible system, a phase that is compatible at least two components, the remaining 1 component or more phases immiscible systems, 2 component parts compatible system, and the like based distributed to portions compatible system where the remaining components are made of the two components. 本発明においては、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂以外の3成分以上からなるポリマーアロイの場合、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂以外の3成分目が、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の少なくともいずれかに分配される系であることが好ましい。 In the present invention, (A) the case of an aromatic polycarbonate resin and (B) a polymer alloy consisting of three or more components other than the aromatic polyester resin, 3 other than (A) an aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin component eye is preferably a (a) an aromatic polycarbonate resin and (B) at least is the system distributed in any of the aromatic polyester resin. この場合ポリマーアロイの構造は、2成分からなる非相溶系の構造と同等になる。 The structure of the case a polymer alloy becomes equal to the non-compatible system structure composed of two components. 以下2成分の樹脂からなるポリマーアロイで代表して説明する。 It will be described as a representative in a polymer alloy composed of two components of the resin or less.

スピノーダル分解による相分離とは、異なる2成分の樹脂組成および温度に対する相図においてスピノーダル曲線の内側の不安定状態で生じる相分離のことを指し、また核生成と成長による相分離とは、該相図においてバイノーダル曲線の内側であり、かつスピノーダル曲線の外側の準安定状態で生じる相分離のことを指す。 The phase separation by spinodal decomposition, differ in the phase diagram for two components of the resin composition and temperature refers to the phase separation occurs in the unstable state of the inside of the spinodal curve, also the phase separation due nucleation and growth, said phase a inner binodal curve in FIG, and refers to a phase separation occurs in a metastable state outside the spinodal curve.

かかるスピノーダル曲線とは、組成および温度に対して、異なる2成分の樹脂を混合した場合、相溶した場合の自由エネルギーと相溶しない2相における自由エネルギーの合計との差(ΔGmix)を濃度(φ)で二回偏微分したもの(∂2ΔGmix/∂φ2)が0となる曲線のことであり、またスピノーダル曲線の内側では、∂2ΔGmix/∂φ2<0の不安定状態であり、外側では∂2ΔGmix/∂φ2>0である。 And such spinodal curve, with respect to composition and temperature, when mixing the resin of two different components, the difference a (DerutaGmix) concentration of the sum of the free energy in the free energy incompatible with two phases in the case of compatible ( those twice partially differentiating φ) (∂2ΔGmix / ∂φ2) is that it is 0 and becomes curved, and in the inside of the spinodal curve is an unstable state of ∂2ΔGmix / ∂φ2 <0, ∂ is outside 2ΔGmix / ∂φ2> 0.

またかかるバイノーダル曲線とは、組成および温度に対して、系が相溶する領域と相分離する領域の境界の曲線のことである。 Further and such binodal curve for the composition and temperature, is that the curve of the boundary of the area system is that region and phase separation for compatible.

ここで本発明における相溶する場合とは、分子レベルで均一に混合している状態のことであり、具体的には異なる2成分の樹脂を主成分とする相がいずれも0.001μm以上の相構造を形成していない場合を指し、また、非相溶の場合とは、相溶状態でない場合のことであり、すなわち異なる2成分の樹脂を主成分とする相が互いに0.001μm以上の相構造を形成している状態のことを指す。 Here, the case of compatible in the present invention refers to a state at a molecular level are uniformly mixed, specifically phase are both 0.001μm or more mainly composed of resin of two different components refers to a case where not form a phase structure, also, the case of incompatible phases is that when not in dissolved state, phase is not less than 0.001μm each other mainly i.e. two different components of the resin It refers to the state of forming the phase structure. 相溶するか否かは、例えばPolymer Alloys and Blends,Leszek A Utracki, hanserPublishers,Munich Viema New York,P64に記載の様に、電子顕微鏡、示差走査熱量計(DSC)、その他種々の方法によって判断することができる。 Whether compatible, for example, Polymer Alloys and Blends, Leszek A Utracki, hanserPublishers, as described in Munich Viema New York, P64, electron microscopy, differential scanning calorimetry (DSC), is determined by other various methods be able to.

詳細な理論によると、スピノーダル分解では、一旦相溶領域の温度で均一に相溶した混合系の温度を、不安定領域の温度まで急速にした場合、系は共存組成に向けて急速に相分離を開始する。 According to the detailed theory, in spinodal decomposition, uniformly if the temperature of the compatibilized mixture system was rapidly to a temperature of unstable region, the system rapidly phase separation toward a coexistence composition once at the temperature of the phase 溶領 zone the start. その際濃度は一定の波長に単色化され、構造周期(Λm)で両分離相が共に連続して規則正しく絡み合った両相連続構造を形成する。 In that case the concentration is monochromatic to a certain wavelength, both separated phases in structure period (lambda] m) to form a continuous two-phase structure entangled together regularly in succession. この両相連続構造形成後、その構造周期を一定に保ったまま、両相の濃度差のみが増大する過程をスピノーダル分解の初期過程と呼ぶ。 After this both-phase continuous structure formation, while maintaining the structural period constant, the process of only the concentration difference of both phases increases called the initial process of spinodal decomposition.

さらに上述のスピノーダル分解の初期過程における構造周期(Λm)は熱力学的に下式のような関係がある。 Further structural period in the above spinodal decomposition of the initial stage (lambda] m) is related as thermodynamically following equation.
Λm〜[│Ts−T│/Ts]−1/2(ここでTsはスピノーダル曲線上の温度) Λm~ [│Ts-T│ / Ts] -1/2 (where Ts is a temperature on the spinodal curve)

スピノーダル分解では、この様な初期過程を経た後、波長の増大と濃度差の増大が同時に生じる中期過程、濃度差が共存組成に達した後、波長の増大が自己相似的に生じる後期過程を経て、最終的には巨視的な2相に分離するまで進行するが、本発明で規定する構造を得るには、この最終的に巨視的な2相に分離する前の所望の構造周期に到達した段階で構造を固定すればよい。 The spinodal decomposition, after a such early stage, middle course of increasing the growth and density difference of the wavelength occurs at the same time, after the concentration difference reaches the coexistence composition, through the later process of increase in wavelength occurs in a self-similar and ultimately proceed to separate into macroscopic two phases, but provide the structure specified in the present invention has reached the desired structural period before separating this final macroscopic two phase the structure may be fixed at the stage.

また中期過程から後期過程にかける波長の増大過程において、組成や界面張力の影響によっては、片方の相の連続性が途切れ、上述の両相連続構造から分散構造に変化する場合もある。 In increasing the process of wavelength applied from metaphase process late process, depending on the effect of composition and surface tension, breaks the continuity of the one phase, there is a case where change in the dispersion structure from both-phase continuous structure as described above. この場合には所望の粒子間距離に到達した段階で構造を固定すればよい。 It may be fixed to the structure at the stage of reaching the desired distance between the particles in this case.

本発明でいう、両相連続構造とは、混合する樹脂の両成分がそれぞれ連続相を形成し、互いに三次元的に絡み合った構造を指す。 In the present invention, the both-phase continuous structure both components of mixed resins form respective continuous phase, it refers to a three-dimensionally entangled structure. この両相連続構造の模式図は、例えば「ポリマーアロイ 基礎と応用(第2版)(第10.1章)」(高分子学会編:東京化学同人)に記載されている。 Schematic of this both-phase continuous structure may, for example, "Polymer Alloy Basics and Applications (2nd edition) (Chapter 10.1)": described in (Society of Polymer Science ed. Tokyo Kagaku Dojin).

また、本発明にいう分散構造とは、片方の樹脂成分が主成分であるマトリックスの中に、もう片方の樹脂成分が主成分である粒子が点在している、いわゆる海島構造のことをさす。 Also, the dispersion structure according to the present invention refers in the matrix resin component of one as a main component, the other resin component as the main component particles are scattered, the so-called sea-island structure .

本発明の熱可塑性樹脂組成物は、構造周期0.001〜1μmの範囲の両相連続構造、または粒子間距離0.001〜1μmの範囲の分散構造に構造制御されたものである必要がある。 The thermoplastic resin composition of the present invention, it is desired to have a structured controlled dispersion structure in the range of structural period both-phase continuous structure in the range of 0.001 to or interparticle distance 0.001 to, . 構造周期0.001〜0.5μmの範囲の両相連続構造、または粒子間距離0.001〜0.5μmの範囲の分散構造に制御することが好ましく、さらには、構造周期0.005〜0.1μmの範囲の両相連続構造、または粒子間距離0.005〜0.1μmの範囲の分散構造に制御することがより好ましい。 Both-phase continuous structure in the range of structural period 0.001 to 0.5 [mu] m or it is preferable to control the dispersion structure in the range of the distance between particles 0.001 to 0.5 [mu] m,, furthermore, structural period from 0.005 to 0 both-phase continuous structure in the range of .1μm or it is more preferable to control the dispersion structure in the range of inter-particle distances 0.005~0.1μm,.

構造周期0.001μm未満、あるいは粒子間距離0.001μm未満の場合、耐熱性などの特性が低下することがあり、構造周期1μmを超える場合、または粒子間距離1μmを超える場合においては、落球衝撃強度が低下することがある。 Less structural period 0.001 [mu] m, or in the case of less than the distance between particles 0.001 [mu] m, may properties such as heat resistance is lowered, in the case when it exceeds structure period 1 [mu] m, or greater than the distance between particles 1 [mu] m, the falling ball impact strength may be reduced.

一方、上述の準安定領域での相分離である核生成と成長では、その初期から海島構造である分散構造が形成されてしまい、それが成長するため、本発明の様な規則正しく並んだ構造周期0.001〜1μmの範囲の両相連続構造、または粒子間距離0.001〜1μmの範囲の分散構造を形成させることは困難である。 On the other hand, the growth nucleation is a phase separation of the metastable region, and the description thereof from the initial stage will be distributed structure is a sea-island structure is formed, because it grows regularly aligned structural period, such as in the present invention both-phase continuous structure in the range of 0.001 to or to form a dispersion structure in the range of distance between particles 0.001 to, is difficult.

上記スピノーダル分解を実現させるためには、各熱可塑性樹脂を相溶状態とした後、スピノーダル曲線の内側の不安定状態とすることが必要である。 In order to achieve the spinodal decomposition, after each thermoplastic resin compatible state, it is necessary to unstable state of the inner spinodal curve.

まずこの2成分以上からなる樹脂で相溶状態を実現する方法としては、共通溶媒に溶解後、この溶液から噴霧乾燥、凍結乾燥、非溶媒物質中の凝固、溶媒蒸発によるフィルム生成等の方法により得られる溶媒キャスト法や、部分相溶系を、相溶条件下で溶融混練による溶融混練法が挙げられる。 First as a method for realizing a compatible state at a resin having the above the two components, dissolved in a common solvent, the solution spray dried from, freeze drying, coagulation of non-solvent substance, a method of film product such as by solvent evaporation resulting solvent casting method, a partial compatible system, melt-kneading method by melt-kneading at miscible conditions and the like. 中でも溶媒を用いないドライプロセスである溶融混練による相溶化が、実用上好ましく用いられる。 Of these solvents compatibilizer by melting and kneading a dry process which does not use the used practically preferable.

溶融混練により相溶化させるには、通常の押出機が用いられるが、2軸押出機を用いることが好ましい。 The compatibilizing by melt-kneading, usually extruder is used, it is preferable to use a biaxial extruder. また、樹脂の組み合わせによっては射出成形機の可塑化工程で相溶化できる場合もある。 Also, depending on the combination of the resin sometimes it can be compatibilized with plasticizing step of the injection molding machine. 相溶化のための温度は、部分相溶系の樹脂が相溶する条件である必要がある。 Temperature for compatibilization, it is necessary that a condition part compatible system of resin is compatible.

次に上記溶融混練により相溶状態とした樹脂組成物をスピノーダル曲線の内側の不安定状態として、スピノーダル分解せしめるに際し、不安定状態とするための温度、その他の条件は、樹脂の組み合わせによっても異なり一概にはいえないが、相図に基づき、簡単な予備実験をすることにより設定することができる。 Then the molten resin composition was compatible state by kneading as instability of the inner spinodal curve, when allowed to spinodal decomposition, the temperature for unstable state, other conditions, also differ depending on the combination of the resin Although not be generalized, it can be set by based on the phase diagram, the simple preliminary experiments.

スピノーダル分解による構造生成物を固定化する方法としては、急冷等による短時間で相分離相の一方または両方の成分の構造固定や、一方が熱硬化する成分である場合、熱硬化性成分の相が反応によって自由に運動できなくなることを利用した構造固定や、さらに一方が結晶性樹脂である場合、結晶性樹脂相を結晶化によって自由に運動できなくなることを利用した構造固定が挙げられる。 As a method of fixing the structural product by spinodal decomposition, rapid cooling or the like in a short time and the phase structure of one or both of the components of the separate phase fixed by, if one is a component that thermoset, phase of the thermosetting component If it is the structure fixing and using not be able to move freely by the reaction, further one of which is crystalline resin, and a structure fixed using not be able to freely move by crystallization of the crystalline resin phase.

本発明において(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とを上記スピノーダル分解により相分離させて本発明の熱可塑性樹脂組成物とするには、前述したように部分相溶系や、剪断場依存型相溶解・相分解する系や、反応誘発型相分解する系である樹脂を組み合わせることが好ましい。 To the thermoplastic resin composition of the present invention (A) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin by phase separation by the spinodal decomposition invention, and partial compatible system, as described above, shear field dependent phase dissolution-phase decomposing system and, it is preferable to combine a resin which is a reaction induced phase degrades system.

一般に部分相溶系には、同一組成において低温側で相溶しやすくなる低温相溶型相図を有するものや、逆に高温側で相溶しやすくなる高温相溶型相図を有するものが知られている。 Generally the partial compatible system, which has a low temperature phase soluble phase diagram easily compatible with the low temperature side in the same composition and, those having a high temperature phase soluble phase diagram easily compatible with the high temperature side to the opposite Intellectual It is. この低温相溶型相図における相溶と非相溶の分岐温度で最も低い温度を、下限臨界共溶温度(lower critical solution temperature、略してLCST)と呼び、高温相溶型相図における相溶と非相溶の分岐温度で最も高い温度を、上限臨界共溶温度(upper critoical solution temperature、略してUCST)と呼ぶ。 The lowest temperature at the branch temperatures compatible and incompatible in the low temperature phase soluble phase diagram, the lower critical solution temperature (lower critical solution temperature, short LCST) and referred, compatible in a high temperature phase soluble phase diagram referred to as the highest temperature at the branch temperature incompatible, upper critical solution temperature (upper critoical solution temperature, short UCST in) and.

部分相溶系を用いて相溶状態となった2成分以上の樹脂は、低温相溶型相図の場合、LCST以上の温度かつスピノーダル曲線の内側の温度にすることで、また高温相溶型相図の場合、UCST以下の温度かつスピノーダル曲線の内側の温度にすることでスピノーダル分解を行わせることができる。 The two or more components of the resin became compatible state with part compatible system, when the low temperature phase soluble phase diagram, it is the temperature inside the temperature above and spinodal curves LCST, also high-temperature phase soluble phase for Figure, it is possible to perform the spinodal decomposition by the inside temperature below the temperature and spinodal curves UCST.

またこの部分相溶系によるスピノーダル分解の他に、非相溶系においても溶融混練によってスピノーダル分解を誘発すること、例えば溶融混練時等の剪断下で一旦相溶し、非剪断下で再度不安定状態となり相分解するいわゆる剪断場依存型相溶解・相分解によってもスピノーダル分解による相分離が可能であり、この場合においても、部分相溶系の場合と同じくスピノーダル分解様式で分解が進行し規則的な両相連続構造を有する。 Further in addition to spinodal decomposition by this part compatible system, also in the non-compatible system to induce spinodal decomposition by melt-kneading, for example, compatible once under shear, such as during melt-kneading, again unstable state under non-shear phase decomposes are possible phase separation by spinodal decomposition by the so-called shear field dependent phase dissolved and phase decomposition, in this case, proceed decomposition by spinodal decomposition manner as in the case of partial compatible system regularly both phases having a continuous structure. さらにこの剪断場依存型相溶解・相分解は、スピノーダル曲線が剪断場により変化し、不安定状態領域が拡大するため、スピノーダル曲線が変化しない部分相溶系の温度変化による方法に比べて、その同じ温度変化幅においても実質的な過冷却度(│Ts−T│)が大きくなり、その結果、上述の関係式におけるスピノーダル分解の初期過程における構造周期を小さくすることが容易となるためより好ましく用いられる。 Furthermore this shear field dependent phase dissolution-phase decomposition, the spinodal curve is changed by shear field, since the unstable region is expanded, compared with a method by temperature change of the partial compatible system in which the spinodal curve is not changed, the same substantial supercooling degree of the temperature change width (│Ts-T│) increases, as a result, preferably using more because it becomes easy to reduce the structural period in the initial process of spinodal decomposition in the above relational expression It is. かかる溶融混練時の剪断下により相溶化させるには、通常の押出機が用いられるが、2軸押出機を用いることが好ましい。 The compatibilizing by shearing under during such melt-kneading is usually extruder is used, it is preferable to use a biaxial extruder. また、樹脂の組み合わせによっては射出成形機の可塑化工程で相溶化できる場合もある。 Also, depending on the combination of the resin sometimes it can be compatibilized with plasticizing step of the injection molding machine. この場合における相溶化のための温度、初期過程を形成させるための熱処理温度、および初期過程から構造発展させる熱処理温度や、その他の条件は、樹脂の組み合わせによっても異なり一概にはいえないが、種々の剪断条件下での相図に基づき、簡単な予備実験をすることにより条件を設定することができる。 Temperature for compatibilizing in this case, the heat treatment temperature for forming the initial process, and the heat treatment temperature and the initial process is structured development, other conditions, since it may also vary unanimously by the combination of resins, various based on the phase diagram at a shear conditions, it is possible to set the condition by a simple preliminary experiment. また上記射出成形機の可塑化工程での相溶化を確実に実現させる方法として、予め2軸押出機で溶融混練し相溶化させ、吐出後氷水中などで急冷し相溶化状態で構造を固定させたものを用いて射出成形する方法などが好ましい例として挙げられる。 As a method to reliably achieve the compatibilization of plasticized step of the injection molding machine, melted and kneaded compatibilized with pre biaxial extruder, the structure is fixed to a quench compatibilized state such as during discharge after ice and a method of injection molding using what was are preferred examples.

また、本発明を構成する熱可塑性樹脂組成物に、さらにポリマーアロイを構成する成分を含むブロックコポリマーやグラフトコポリマーやランダムコポリマーなどのコポリマーである第3成分を添加することは、相分解した相間における界面の自由エネルギーを低下させるため、両相連続構造における構造周期や、分散構造における分散粒子間距離の制御を容易にするため好ましく用いられる。 Further, the thermoplastic resin composition constituting the present invention, adding the third component which is a copolymer such as block copolymer or graft copolymer or a random copolymer containing a component further constituting the polymer alloy is in the phase decomposed phase to reduce the free energy of the interface, and the structure cycle in the both-phase continuous structure is preferably used to facilitate the control of the distance between the dispersed particles in the dispersion structure. この場合通常、かかるコポリマーなどの第3成分は、それを除く2成分の樹脂からなるポリマーアロイの各相に分配されるため、2成分の樹脂からなるポリマーアロイ同様に取り扱うことができる。 The third component in the case normally, etc. Such copolymers are to be distributed to each phase of a polymer alloy composed of two components of the resin, except for it, it can be handled polymer alloy composed of two components of the resin as well.

本発明の熱可塑性樹脂組成物は(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とが、構造周期0.001〜1.0μmの両相連続構造、または粒子間距離0.001〜1μmの分散構造であることが好ましく、その測定法としてはヨウ素染色法によりポリカーボネート成分を染色後、超薄切片を切り出したサンプルについて、透過型電子顕微鏡にて観察し、構造の観察が可能な箇所を任意で100箇所選び出し、それぞれの構造周期または粒子間距離を測定した上で、平均値を計算して得られる。 The thermoplastic resin composition of the present invention and (A) an aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, both-phase continuous structure of the structure cycle 0.001~1.0μm or interparticle distance 0.001, is preferably a dispersion structure of 1 [mu] m, after staining the polycarbonate component by iodine Motosome color method thereof as a measurement method, ultrasonic for samples cut thin sections were observed by a transmission electron microscope, is where possible observation of the structure the picked 100 places optionally, after measuring the respective structural period or distance between the particles, obtained by calculating the average value.

スピノーダル分解を実現させるためには、2成分以上の樹脂を、一旦相溶状態とした後、スピノーダル曲線の内側の不安定状態とすることが必要である。 In order to achieve spinodal decomposition, the two or more components of the resin, after once a compatible state, it is necessary to unstable state of the inner spinodal curve. 一般的な半相溶系におけるスピノーダル分解においては、相溶条件下で溶融混練後、非相溶域に温度ジャンプさせることによって、スピノーダル分解を生じさせ得る。 In spinodal decomposition in a typical semi-compatible system, after melt-kneaded at compatible conditions, by the temperature jump to heterologous 溶域, may cause spinodal decomposition. 一方、上記剪断場依存型スピノーダル分解においては、非相溶系において、溶融混練時の剪断速度100〜10000sec−1の範囲の剪断下で相溶化しているため、非剪断下とすることのみでスピノーダル分解を生じさせ得る。 On the other hand, in the shear field dependent spinodal decomposition in a non-compatible system, since the compatibilized under shear in the range of shear rate 100~10000sec-1 at the time of melt-kneading, only by the non-shearing under spinodal It can cause decomposition.

本発明の(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とを配合してなるポリマーアロイは、上記剪断場依存型スピノーダル分解に属し、溶融混練時の剪断速度100〜10000sec−1の範囲の剪断下で相溶化するため、非剪断下とすることのみでスピノーダル分解を生じさせ得る。 (A) an aromatic polycarbonate resin (B) a polymer alloy obtained by blending an aromatic polyester resin of the present invention belongs to the shear field dependent spinodal decomposition, the shear rate 100~10000sec-1 at the time of melt-kneading to compatibilizing under shear range, can cause only spinodal decomposition by a non-shearing pressure. なお、上記において剪断速度は、例えば平行円盤型剪断賦与装置を用いる場合、所定の温度に加熱し溶融状態とした樹脂を平行円盤間に投入し、中心からの距離(r)、平行円盤間の間隔(h)、回転の角速度(ω)から、ω×r/hとして求めることが可能である。 Incidentally, the shear rate in the above, when using for example a parallel disc type shear imparting device, the resin was melted and heated to a predetermined temperature and poured between parallel disks, the distance from the center (r), between the parallel disks from the interval (h), the rotational angular velocity (omega), can be determined as ω × r / h.

かかるポリマーアロイの具体的な製造方法としては、上記剪断場依存型スピノーダル分解を利用する方法が好ましい例として挙げられ、溶融混練時の相溶化を実現させる方法として、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂とを、2軸押出機のニーディングゾーンにおいて、高剪断応力下で溶融混練する方法が好ましい方法として挙げられる。 Specific production methods for such polymer alloy, a method of utilizing the shear field dependent spinodal decomposition can be mentioned as a preferred example, as a method of realizing a compatibilizer when melt-kneading (A) a aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin, in the kneading zone of the twin-screw extruder, a method of melt-kneading under high shear stress can be cited as a preferred method.

かかる2軸押出機を用いる場合、ニーディングブロックを多用したスクリューアレンジにしたり、樹脂温度を下げたり、スクリュー回転数を高くしたり、使用ポリマーの粘度を上げることによってより高剪断応力状態を形成することにより、適宜調節することができる。 When using such a biaxial extruder, or a heavy and screw arrangement kneading blocks, forms or lowering the resin temperature, or higher screw rotation speed, a high shear stress conditions more by increasing the viscosity of the polymer used it is thus possible to appropriately regulate.

本発明の熱可塑性樹脂組成物には、本発明の効果を損なわない範囲で、酸化防止剤、離型剤、安定剤、紫外線吸収剤、着色剤、難燃剤、難燃助剤、滴下防止剤、滑剤、蛍光増白剤、蓄光顔料、蛍光染料、流動改質剤、無機および有機の抗菌剤、光触媒系防汚剤、赤外線吸収剤、フォトクロミック剤などの添加剤、他の熱可塑性樹脂や熱硬化性樹脂を添加することができる。 The thermoplastic resin composition of the present invention, without impairing the effect of the present invention, antioxidants, mold release agents, stabilizers, ultraviolet absorbers, coloring agents, flame retardants, flame retardant aids, anti-dripping agents , lubricants, optical brighteners, light-storing pigments, fluorescent dyes, flow modifiers, inorganic and organic antimicrobial agents, photocatalytic antifouling agents, infrared absorbing agents, additives such as photochromic agents, other thermoplastic resins and heat it is possible to add a curing resin.

酸化防止剤の例としては、フェノール系化合物、リン系化合物、ジラウリル−3,3'−チオジプロピオネート、ジミリスチル−3,3'−チオジプロピオネート等のイオウ系化合物が挙げられる。 Examples of antioxidants include phenol compounds, phosphorus compounds, dilauryl-3,3'-thiodipropionate, sulfur-based compounds such as 3,3'-thiodipropionate and the like.

フェノール系化合物の例としては、2、6−ジ−t−ブチル−p−クレゾール、2、2'−メチレン−ビス−(4−メチル−6−ジ−t−ブチルフェノール)、4、4'−チオビス(3−メチル−t−ブチルフェノール)、1、1、3−トリス(2−メチル−4−ヒドロキシ−5−t−ブチルフェニル)ブタン、ペンタエリスリチル−テトラキス[3−(3、5−ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシフェニル)プロピオネート]、オクタデシル−3−(3、5−ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシフェニル)プロピオネ−トが好ましい。 Examples of phenolic compounds, 2,6-di -t- butyl -p- cresol, 2,2'-methylene - bis - (4-methyl-6-di -t- butylphenol), 4,4'- thiobis (3-methyl -t- butylphenol), 1,1,3-tris (2-methyl-4-hydroxy -5-t-butylphenyl) butane, pentaerythrityl - tetrakis [3- (3,5-di -t- butyl-4-hydroxyphenyl) propionate], octadecyl-3- (3,5-di -t- butyl-4-hydroxyphenyl) Puropione - bets are preferred.

フェノール系化合物は1種類、又は2種類以上を同時に用いる事ができる。 Phenolic compounds can one, or the use of two or more simultaneously. フェノール系化合物の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として0.01〜5重量部が好ましく、0.1〜1重量部が好ましい。 The amount of phenolic compounds, (A) 0.01 to 5 parts by weight preferably 100 parts by weight of the total of the aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, preferably 0.1 to 1 parts by weight.

リン系化合物の例としては、トリフェニルフォスファイト、トリオクタデシルフォスファイト、トリスノニルフェニルフォスファイト、トリラウリルトリチオフォスファイト、ビス(2,4−ジ−t−ブチルフェニル)ペンタエリスリトール−ジフォスファイト、ビス(3−メチル−1,5−ジ−t−ブチルフェニル)ペンタエリスリトール−ジフォスファイト、トリス(2,4−ジ−t−ブチルフェニル)フォスファイト、ジステアリルペンタエリスリトールジフォスファイトが好ましい。 Examples of phosphorus compounds include triphenyl phosphite, trioctadecyl phosphite, tris nonylphenyl phosphite, trilauryl trithiophosphite, bis (2,4-di -t- butyl-phenyl) pentaerythritol - diphosphite, bis (3-methyl-1,5-di -t- butyl-phenyl) pentaerythritol - diphosphite, tris (2,4-di -t- butyl-phenyl) phosphite, distearyl pentaerythritol diphosphite are preferred.

リン系化合物は1種類、又は2種類以上を同時に用いる事ができる。 Phosphorus-based compounds can one or the use of two or more simultaneously. リン系化合物の配合量は、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として0.01〜5重量部が好ましく、0.1〜1重量部が好ましい。 The amount of phosphorus-based compounds, (A) 0.01 to 5 parts by weight preferably 100 parts by weight of the total of the aromatic polycarbonate resin (B) an aromatic polyester resin, preferably 0.1 to 1 parts by weight.

離型剤の例としては、カルナウバワックス、ライスワックス等の植物系ワックス、蜜ろう、ラノリン等の動物系ワックス、モンタンワックス等の鉱物系ワックス、パラフィンワックス、ポリエチレンワックス等の石油系ワックス、ひまし油及びその誘導体、脂肪酸及びその誘導体等の油脂系ワックスが挙げられる。 Examples of the release agent, carnauba wax, vegetable waxes such as rice wax, beeswax, animal waxes and lanolin, mineral waxes such as montan wax, paraffin wax, petroleum waxes such as polyethylene wax, castor oil and its derivatives, fats waxes such as fatty acids and derivatives thereof.

安定剤の例としては、2−(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾールを含むベンゾトリアゾール系化合物、ならびに2,4−ジヒドロキシベンゾフェノンのようなベンゾフェノン系化合物、モノまたはジステアリルホスフェート、トリメチルホスフェートなどのリン酸エステルなどを挙げることができる。 Examples of stabilizers include 2- (2'-hydroxy-5'-methylphenyl) benzotriazole compounds include benzotriazole, and benzophenone compounds such as 2,4-dihydroxybenzophenone, mono- or distearyl phosphate, etc. can be mentioned phosphoric acid esters such as trimethyl phosphate.

これらの各種添加剤は、2種以上を組み合わせることによって相乗的な効果が得られることがあるので、併用して使用してもよい。 These additives, since synergistic effects by combining two or more kinds may be obtained, may be used in combination.

なお、例えば酸化防止剤として例示した添加剤は、安定剤や紫外線吸収剤として作用することもある。 Incidentally, for example, it exemplified additives as antioxidants, may act as a stabilizer or an ultraviolet absorber. また、安定剤として例示したものについても酸化防止作用や紫外線吸収作用のあるものがある。 Further, there is also that of preventing effects or ultraviolet absorption oxidation for those exemplified as a stabilizer. すなわち前記分類は便宜的なものであり、作用を限定したものではない。 That said classification is a matter of convenience, not intended to limit the action.

紫外線吸収剤の例としては、例えば2−ヒドロキシ−4−n−ドデシルオキシベンゾフェノン、2,2'−ジヒドロキシ−4,4'−ジメトキシベンゾフェノン、ビス(5−ベンゾイル−4−ヒドロキシ−2−メトキシフェニル)メタンなどに代表されるベンゾフェノン系紫外線吸収剤、また2−(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2'−ヒドロキシ−3',5'−ジ−tert−アミルフェニル)ベンゾトリアゾール、2−(2'−ヒドロキシ−3',5'−ビス(α,α'−ジメチルベンジル)フェニルベンゾトリアゾール、2,2'メチレンビス[4−(1,1,3,3−テトラメチルブチル)−6−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)フェノール]、メチル−3−[3−tert−ブチル−5−(2H−ベ Examples of UV absorbers, such as 2-hydroxyethyl -4-n-dodecyloxy benzophenone, 2,2'-dihydroxy-4,4'-dimethoxy benzophenone, bis (5-benzoyl-4-hydroxy-2-methoxyphenyl ) benzophenone ultraviolet absorbents typified by methane and 2- (2'-hydroxy-5'-methylphenyl) benzotriazole, 2- (2'-hydroxy-3 ', 5'-di -tert- amyl phenyl) benzotriazole, 2- (2'-hydroxy-3 ', 5'-bis (alpha,. alpha .'- dimethylbenzyl) phenyl benzotriazole, 2,2'-methylenebis [4- (1,1,3,3 tetramethylbutyl)-6-(2H-benzotriazol-2-yl) phenol], methyl -3- [3-tert- butyl-5-(2H-base ンゾトリアゾール−2−イル)−4−ヒドロキシフェニルプロピオネート−ポリエチレングリコールとの縮合物に代表されるベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤を挙げることができる。 Benzotriazole-2-yl) -4-hydroxyphenyl propionate - can be exemplified benzotriazole-based ultraviolet absorber represented by a condensate of polyethylene glycol.

またビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)セバケート、ビス(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)セバケート、テトラキス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)−1,2,3,4−ブタンテトラカルボキシレート、テトラキス(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)−1,2,3,4−ブタンテトラカルボキシレート、ポリ{[6−(1,1,3,3−テトラメチルブチル)アミノ−1,3,5−トリアジン−2,4−ジイル][(2,2,6,6−テトラメチルピペリジル)イミノ]ヘキサメチレン[(2,2,6,6−テトラメチルピペリジル)イミノ]}、ポリメチルプロピル3−オキシ−[4−(2,2,6,6−テトラメチル)ピペリジニル]シロキサンな The bis (2,2,6,6-tetramethyl-4-piperidyl) sebacate, bis (1,2,2,6,6-pentamethyl-4-piperidyl) sebacate, tetrakis (2,2,6,6 tetramethyl-4-piperidyl) -1,2,3,4-butane tetracarboxylate, tetrakis (1,2,2,6,6-pentamethyl-4-piperidyl) -1,2,3,4 Butantetora carboxylate, poly {[6- (1,1,3,3-tetramethylbutyl) amino-1,3,5-triazine-2,4-diyl] [(2,2,6,6-tetramethyl piperidyl ) imino] hexamethylene [(2,2,6,6-tetramethyl-piperidyl) imino]}, polymethyl propyl 3-oxy - [4- (2,2,6,6-tetramethyl) piperidinyl] siloxane に代表されるヒンダードアミン系の光安定剤も含むことができ、かかる光安定剤は上記紫外線吸収剤や各種酸化防止剤との併用において、耐候性などの点においてより良好な性能を発揮する。 It can also include hindered amine light stabilizers represented by, such light stabilizers in combination with the ultraviolet absorber and various antioxidants, exhibit better performance in terms of weather resistance.

難燃剤の例としては、ハロゲン系、リン酸エステル系、金属塩系、赤リン、シリコン系、金属水和物系などであり、難燃助剤としては、三酸化アンチモンに代表されるアンチモン化合物、酸化ジルコニウム、酸化モリブデンなどが挙げられる。 Examples of the flame retardant, halogen-based, phosphate-based, metal salt-based, red phosphorus, silicon, and the like metal hydrate based, as the auxiliary flame retardant, antimony compounds such as antimony trioxide , zirconium oxide, and molybdenum oxide.

熱可塑性樹脂の例としては、例えばポリエチレン、ポリアミド、ポリフェニレンスルフィド、ポリエーテルエーテルケトン、液晶ポリエステル、ポリアセタール、ポリスルホン、ポリエーテルスルホン、ポリフェニレンオキサイド等が挙げられ、熱硬化性樹脂としては、例えばフェノール樹脂、メラミン樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、シリコーン樹脂、エポキシ樹脂等が挙げられる。 Examples of the thermoplastic resins include, for example, polyethylene, polyamide, polyphenylene sulfide, polyether ether ketone, liquid crystal polyesters, polyacetal, polysulfone, polyether sulfone, polyphenylene oxide, and examples of the thermosetting resin include phenol resin, melamine resins, unsaturated polyester resins, silicone resins, and epoxy resins.

これらの他の熱可塑性樹脂や熱硬化性樹脂は、本発明のポリエステル樹脂成形体を構成するポリエステル樹脂組成物を製造する任意の段階で配合することが可能であり、例えば、芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂を配合する際に同時に添加する方法や、予め芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂を溶融混練した後に添加する方法や、始めに芳香族ポリカーボネート樹脂、芳香族ポリエステル樹脂のいずれか片方の樹脂に添加し溶融混練後、残りの樹脂を配合する方法等が挙げられる。 These other thermoplastic resins and thermosetting resins, it is possible to blend in any stage of producing the polyester resin composition constituting the polyester resin molding of the present invention, for example, an aromatic polycarbonate resin and a method of adding simultaneously in formulating the aromatic polyester resin, and a method of adding a pre aromatic polycarbonate resin and an aromatic polyester resin was melt-kneaded, an aromatic polycarbonate resin first, either one of the aromatic polyester resin after added to the resin melt kneading, and a method of blending the remaining resin.

本発明の熱樹脂可塑性樹脂組成物は、これら配合成分が均一に分散されていることが好ましく、その配合方法は任意の方法を用いることができる。 Thermal resin thermoplastic resin composition of the present invention is preferably that these ingredients are uniformly dispersed, the blending method may be any method. 代表例として、単軸あるいは2軸の押出機、バンバリーミキサー、ニーダーあるいはミキシングロールなど、公知の溶融混合機を用いて、200〜350℃の温度で溶融混練する方法を挙げることができる。 Representative examples, a uniaxial extruder or biaxial, Banbury mixer, kneader or the like, or a mixing roll, using a known melt mixer, can be a method of melt-kneading at a temperature of 200 to 350 ° C.. 各成分は、予め一括して混合しておき、それから溶融混練してもよい。 Each component is previously mixed collectively in advance, and then may be melted and kneaded. なお、各成分に付着している水分は少ない方がよく、予め事前乾燥しておくことが望ましいが、必ずしも全ての成分を乾燥させる必要がある訳ではない。 The water adhering to the components may it is small, it is desirable to previously pre-drying, it does not mean that it is necessary to dry the not all of the components.

本発明の熱可塑性樹脂組成物を製造する好ましい方法は、高剪断を付与することのできる二軸押出機内で、シリンダー温度150〜300℃、好ましくは180〜250℃において、(A)〜(C)およびその他の添加物を配合した原料を該押出機に供給し、芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂を一旦相溶化させ、剪断場依存型スピノーダル分解を利用し溶融混練する方法である。 A preferred method for producing the thermoplastic resin composition of the present invention is a twin-screw extruder capable of imparting high shear, cylinder temperature 150 to 300 ° C., preferably at 180~250 ℃, (A) ~ (C ) and other additives were fed to the extruder a raw material obtained by blending, temporarily compatibilizing aromatic polycarbonate resin and an aromatic polyester resin, a method of melt-kneading using a shear field dependent spinodal decomposition.

そこで上述特異的な相分離構造を実用的な成形加工条件下で安定して得るために、各成分を溶融混練することにより得られるが、溶融混練を樹脂圧力1.5〜10MPaで行うことが好ましい。 Therefore, in order to stably obtain a practical molding conditions described above specific phase separation structure, is obtained by melt-kneading the respective components, is possible to perform melt-kneading at a resin pressure 1.5~10MPa preferable.

本発明の製造方法における樹脂圧力とは、溶融混練装置に取り付けた樹脂圧力計で測定した値であり、ゲージ圧を樹脂圧力とする。 The resin pressure in the production process of the present invention, a value measured by a resin pressure gauge attached to the melt-kneading apparatus, the gauge pressure and the resin pressure.

上記溶融混練時の樹脂圧力とは、一貫して1.5MPa以上が必要ではなく、少なくとも1ヵ所以上樹脂圧力が1.5MPa以上となる領域が存在すれば良く、押出機を用いて溶融混練する際には、通常最も樹脂圧力が高くなる箇所、例えば逆フルフライトやニーディングブロックによる樹脂滞留箇所で樹脂圧力が2MPa以上となるようにすることが好ましい。 The resin pressure at the time of the melt kneading consistently not require more than 1.5MPa, the at least one location or resin pressure may if there is a region equal to or greater than 1.5MPa, melt-kneading using an extruder when doing so, usually places the most resin pressure is high, is to ensure that the resin pressure is equal to or more than 2MPa resin residence part due e.g. reverse full flight and kneading blocks preferred.

溶融混練時の樹脂圧力は1.5MPa以上であれば機械的性能が許す限り特に制限はないが、好ましくは2〜10MPaの範囲で用いられ、特に2〜5MPaの範囲であれば、両相連続構造がより安定して得られやすく、樹脂の劣化が小さいため好ましく用いられる。 Resin pressure during melt-kneading is not particularly limited as long as the mechanical performance allows equal to or greater than 1.5 MPa, preferably used in the range of 2 to 10 MPa, especially if in the range of 2 to 5 MPa, continuously both phases structure more stable easily obtained, is preferably used for the degradation of the resin is small.

溶融混練時の樹脂圧力を調整する方法としては、特に制限はないが、例えば(イ)溶融混練温度の低下による樹脂粘度の向上、(ロ)目的の樹脂圧力になるような分子量のポリマーを選択する、(ハ)逆フルフライト、ニーディングブロック導入などのスクリューアレンジ変更による樹脂滞留、(ニ)原料供給速度の向上、ダイス部へのメッシュ導入によるバレル内のポリマー充満率を上げる、(ホ)スクリュー回転数を上げる、(ヘ)任意の添加剤を混合することによる樹脂粘度の向上、(ト)炭酸ガス導入などの超臨界状態などが挙げられる。 Selected as the method for adjusting the resin pressure during melt-kneading is not particularly limited, for example, (i) increase of the resin viscosity due to a decrease in melt-kneading temperature, the molecular weight of the polymer such that the resin pressure (b) Purpose to, (c) reverse full flight, the resin residence by the screw arrangement changes, such as kneading blocks introduced, (d) improvement of the raw material feed rate, increasing the polymer filling rate in the barrel by a mesh introduction into the die section, (e) increasing the screw rotation speed, improvement of resin viscosity by mixing the additive (f) any, and the like supercritical state, such as (g) carbon dioxide introduction.

芳香族ポリカーボネート樹脂と芳香族ポリエステル樹脂を一旦相溶化させ、それを押出機から吐出後直ぐに冷却することによって、芳香族ポリカーボネート樹脂相と芳香族ポリエステル樹脂相が相溶化した状態で構造が固定されたペレットか、あるいはスピノーダル分解の初期状態である構造周期が0.4μm以下の両相連続構造のペレットを製造した後、このペレットを射出成形し、その射出成形の過程においてスピノーダル分解をさらに進行させ、構造周期が0.001〜1μmの両相連続構造、または粒子間距離0.001〜1μmの範囲の分散構造を有するポリエステル樹脂成形品を形成せしめる方法である。 Temporarily compatibilizing aromatic polycarbonate resin and an aromatic polyester resin, by immediately cooling after ejecting it from the extruder, the structure is fixed in a state in which an aromatic polycarbonate resin phase and the aromatic polyester resin phase is compatibilized after the pellets or, alternatively structure period is the initial state of the spinodal decomposition to produce pellets of the following both-phase continuous structure 0.4 .mu.m, the pellets were injection-molded, further allowed to proceed spinodal decomposition in the course of its injection molding, structure period is method in which forming a polyester resin molded article having a dispersion structure of both-phase continuous structure or the scope of the distance between particles 0.001 to, the 0.001 to.

本発明の熱可塑性樹脂組成物は通常上記の如く製造されたペレットを射出成形して各種製品を製造することができる。 The thermoplastic resin composition of the present invention can be produced various products normally manufactured as described above pellets were injection molded. かかる射出成形においては、通常の成形方法だけでなく、適宜目的に応じて、射出圧縮成形、射出プレス成形、ガスアシスト射出成形、発泡成形(超臨界流体の注入によるものを含む)、インサート成形、インモールドコーティング成形、断熱金型成形、急速加熱冷却金型成形、二色成形、サンドイッチ成形、および超高速射出成形などの射出成形法を用いて成形品を得ることができる。 In such injection molding, not only ordinary molding method, in accordance with the appropriate purposes, injection compression molding, injection press molding, (including by injection of a supercritical fluid) gas assist injection molding, foam molding, insert molding, in-mold coating molding, heat insulating mold molding, quick heating cooling mold molding, it is possible to obtain a molded product using an injection molding method such as two-color molding, sandwich molding, and ultra-high speed injection molding. これら各種成形法の利点は既に広く知られるところである。 The advantages of these various molding methods is where already widely known. また成形はコールドランナー方式およびホットランナー方式のいずれも選択することができる。 The molding can be selected either cold runner method and a hot runner system.

また本発明の熱可塑性樹脂組成物は、押出成形により各種異形押出成形品、シート、フィルムなどの形で使用することもできる。 The thermoplastic resin composition of the present invention, various profile extrusion articles by extrusion molding, sheet, may also be used in the form of such a film. またシート、フィルムの成形にはインフレーション法や、カレンダー法、キャスティング法なども使用可能である。 The sheet, in the shaping of the film and an inflation method, a calender method, can also be used, such as a casting method. 更に特定の延伸操作をかけることにより熱収縮チューブとして成形することも可能である。 It is also possible to mold as a heat shrinkable tube by further applying a specific stretching operation. また本発明の熱可塑性樹脂組成物を回転成形やブロー成形などにより中空成形品とすることも可能である。 It is also possible to by like rotational molding or blow molding a thermoplastic resin composition of the present invention a hollow molded article.

かくして得られた本発明の熱可塑性樹脂組成物は、幅広い分野に使用することが可能であり、自動車部品、電子・電気機器部品、OA機器部品、機械部品、その他農業資材、搬送容器、包装容器、および雑貨などの各種用途にも有用である。 The thermoplastic resin composition of the present invention thus obtained is, it is possible to use a wide range of fields, automobile parts, electronic and electric equipment parts, OA equipment parts, machine parts, other agricultural materials, conveyance containers, packaging containers , and goods are also useful in various applications, such as. 特に耐熱性、剛性、および耐衝撃性との両立、並びに成形品寿命に対する要求が厳しい車輌内装用部品および車輌外装用部品に適したものである。 In particular the heat resistance, rigidity, and compatibility between impact resistance, as well as the request is appropriate for the parts and vehicle exterior parts for tight vehicle interior for moldings life.

自動車部品の例としては、センターパネル、インストルメンタルパネル、ダッシュボード、コンソールボックス、インナードアハンドル、リアボード、インナーピラーカバー、インナードアカバー、インナードアポケット、シートバックカバー、インナールーフカバー、ラゲッジフロアボード、カーナビゲーション・カーテレビジョンなどのディスプレーハウジングなどの内装部品、アウタードアハンドル、フェンダーパネル、ドアパネル、スポイラー、ガーニッシュ、ピラーカバー、フロントグリル、ルーフレール、バンパー、リアボディパネル、モーターバイクのカウル、トラックの荷台カバーなどの外装部品、オルタネーターターミナル、オルタネーターコネクター、ICレギュレーター、ライトディヤー用ポテンシオメーターベース Examples of auto parts, center panel, instrument panel, dashboard, console box, inner door handle, Riabodo, inner pillar cover, inner door cover, inner door pockets, seat back cover, inner roof cover, luggage floor board, interior parts, such as a display housing, such as car navigation, car television, outer door handles, fender panels, door panels, spoilers, garnish, a pillar cover, front grille, roof rails, bumper, rear body panel, motor bike of the cowl, the bed cover of the track exterior parts, alternator terminals, such as, alternator connector, IC regulators, potentiometer base for Lig yer エアーインテークノズルスノーケル、インテークマニホールド、エアフローメーター、エアポンプ、燃料ポンプ、エンジン冷却水ジョイント、サーモスタットハウジング、キャブレターメインボディー、キャブレタースペーサー、エンジンマウント、イグニッションホビン、イグニッションケース、クラッチボビン、センサーハウジング、アイドルスピードコントロールバルブ、バキュームスイッチングバルブ、ECUハウジング、バキュームポンプケース、インヒビタースイッチ、回転センサー、加速度センサー、ディストリビューターキャップ、コイルベース、ABS用アクチュエーターケース、ラジエータタンクのトップ及びボトム、クーリングファン、ファンシュラウド、エンジンカバー、シリンダーヘッドカバー、オイルキャッ Air intake nozzle snorkel, intake manifold, air flow meter, air pump, a fuel pump, engine cooling water joints, thermostat housings, carburetor main body, carburetor spacer, engine mounts, ignition ho bottles, ignition cases, clutch bobbins, sensor housings, idle speed control valve , vacuum switching valves, ECU housings, vacuum pump cases, inhibitor switches, rotation sensors, acceleration sensors, distributor caps, coil base, ABS for actuator case, top and bottom, the cooling fan of the radiator tank, the fan shroud, engine cover, the cylinder head cover, oil cap 、オイルパン、オイルフィルター、フューエルキャップ、フューエルストレーナー、ディストリビューターキャップ、ベーパーキャニスターハウジング、エアクリーナーハウジング、タイミングベルトカバー、ブレーキブ−スター部品、各種ケース、燃料関係・排気系・吸気系等の各種チューブ、各種タンク、燃料関係・排気系・吸気系等の各種ホース、各種クリップ、排気ガスバルブ等の各種バルブ、各種パイプ、排気ガスセンサー、冷却水センサー、油温センサー、ブレーキパットウェアーセンサー、ブレーキパッド摩耗センサー、スロットルポジションセンサー、クランクシャフトポジションセンサー、エアコン用サーモスタットベース、エアコンパネルスイッチ基板、暖房温風フローコントロールバルブ、ラジエーターモーター用ブ , Oil pan, oil filter, fuel cap, the fuel strainer, distributor caps, vapor canister housings, air cleaner housings, timing belt covers, Burekibu - star parts, various cases, Fuels and exhaust system, an intake system of various tubes, various tanks, fuels and exhaust system, an intake system of various hoses, various clips, various valves such as exhaust gas valve, various pipes, exhaust gas sensors, cooling water sensors, oil temperature sensors, brake pad wear sensors, brake pad wear sensors , throttle position sensor, crankshaft position sensor, air conditioner thermostat base, air-conditioning panel switch substrate, heating warm air flow control valve, blanking radiator motor ラッシュホルダー、ウォーターポンプインペラー、タービンベイン、ワイパーモーター関係部品、ステップモーターローター、ブレーキピストン、ソレノイドボビン、エンジンオイルフィルター、点火装置ケース、トルクコントロールレバー、スタータースイッチ、スターターリレー、安全ベルト部品、レジスターブレード、ウオッシャーレバー、ウインドレギュレーターハンドル、ウインドレギュレーターハンドルのノブ、パッシングライトレバー、デュストリビューター、サンバイザーブラケット、各種モーターハウジング、ドアミラーステー、ホーンターミナル、ウィンドウォッシャーノズル、フードルーバー、ホイールカバー、ホイールキャップ、グリルエプロンカバーフレーム、ランプリフレクター、ランプソケット、ランプハウ Rush holder, water pump impeller, turbine vane, wiper motor parts, step motor rotor, brake piston, solenoid bobbin, engine oil filter, ignition device case, torque control lever, starter switches, starter relays, safety belt parts, register blade, washer lever, window regulator handle, knob of the window regulator handle, passing light lever, du distributors, sun visor bracket, various motor housing, door mirror stay, horn terminal, window washer nozzles, hood louvers, wheel cover, wheel cap, grill apron cover frame, lamp reflectors, lamp socket, Ranpuhau ング、ランプベゼル、ワイヤーハーネスコネクター、SMJコネクター、PCBコネクター、ドアグロメットコネクター、ヒューズ用コネクターなどの各種コネクターなどが挙げられる。 Ring, lamp bezels, wire harness connector, SMJ connector, PCB connector, door grommet connector, such as various types of connectors, such as connector for a fuse, and the like.

また電子・電気機器部品の例としては、コネクター、コイル、各種センサー、LEDランプ、ソケット、抵抗器、リレーケース、小型スイッチ、コイルボビン、コンデンサー、バリコンケース、光ピックアップ、発振子、各種端子板、変成器、プラグ、プリント基板、チューナー、スピーカー、マイクロフォン、ヘッドフォン、小型モーター、磁気ヘッドベース、パワーモジュール、半導体、液晶、FDDキャリッジ、FDDシャーシ、モーターブラッシュホルダー、パラボラアンテナ、コンピューター関連部品、発電機、電動機、変圧器、変流器、電圧調整器、整流器、インバーター、継電器、電力用接点、開閉器、遮断機、ナイフスイッチ、他極ロッド、電気部品キャビネット、VTR部品、テレビ部品、アイロン、ヘアードライヤー、 Further examples of electronic and electric equipment parts, connectors, coil, various sensors, LED lamps, sockets, resistors, relay case, small switch, coil bobbin, condenser, variable condenser case, optical pickup, oscillator, various terminal plates, transformer vessels, plug, printed circuit board, tuner, speaker, microphone, headphone, small motor, magnetic head base, power module, semiconductor, liquid crystal, FDD carriage, FDD chassis, motor brush holders, parabolic antennas, computer-related parts, generators, electric motors , transformer, current transformer, voltage regulator, rectifier, inverter, relays, power contacts, switches, breakers, knife switches, other electrode rod, electric part cabinets, VTR parts, TV parts, iron, hair dryer, 飯器部品、電子レンジ部品、音響部品、オーディオ・レーザーディスク・コンパクトディスク・DVD等の音声機器部品、照明部品、冷蔵庫部品、エアコン部品、タイプライター部品、ワードプロセッサー部品、オフィスコンピューター関連部品、電話器関連部品、携帯電話関連部品、ファクシミリ関連部品、複写機関連部品、洗浄用治具、モーター部品、ライター、タイプライター関連部品、顕微鏡、双眼鏡、カメラ、時計等の光学機器/精密機械関連部品などが挙げられる。 Rice instrument parts, microwave oven parts, acoustic parts, audio laser disc and compact disc · DVD such as audio equipment parts, lighting parts, refrigerator parts, air conditioner parts, typewriter parts, word processor parts, office computer-related parts, telephone-related like parts, mobile phone-related parts, facsimile-related parts, copying machine-related parts, cleaning jig, motor parts, lighters, typewriter-related parts, microscopes, binoculars, cameras, optical equipment / precision machine related parts such as watch It is.

以下に実施例を挙げて更に詳細に説明するが、本発明はこれらに限定されるものではない。 Further described in detail by way of Examples below, but the present invention is not limited thereto.

実施例および比較例の評価方法を次に示す。 Following evaluation methods in Examples and Comparative Examples. なお特に断りがない限り、「部」は「重量部」を示し、「%」は「重量%」を示す。 Note Unless otherwise specified, "parts" indicates "parts by weight" refers to "%" means "% by weight".

(1)流動性 厚み1mm、幅10mmの短冊型成形品を用い、流動長により判断した。 (1) flowability thickness 1 mm, using a strip-type molded article having a width 10 mm, was determined by flow length. 住友重機械社製SG75H−MIVを使用し、射出条件は、シリンダー温度260℃、金型温度60℃、射出圧50MPaである。 Using the Shigeru Sumitomo Industries Ltd. SG75H-MIV, injection conditions, cylinder temperature 260 ° C., mold temperature of 60 ° C., an injection pressure 50 MPa.

(2)落錘衝撃強度 シリンダー温度250℃、金型温度80℃の条件で、住友重機械社製SG75H−MIVを使用し、80mm×80mm、厚さ1〜3mmの角板を作製した。 (2) Falling Weight Impact Strength cylinder temperature 250 ° C., under conditions of a mold temperature of 80 ° C., using a Shigeru Sumitomo Industries Ltd. SG75H-MIV, to produce 80 mm × 80 mm, a square plate having a thickness of 1 to 3 mm.
島津製作所製の高速計装化面衝撃装置(ハイドロショット)を用い、落錘速度3.3mm/秒、ポンチ先端径1/2インチ、サンプル受け部口径3インチの試験条件に設定し、サンプル数=5、試験温度−30℃で行った。 Manufactured by Shimadzu Corporation Speed ​​meter instrumented surface impact device (hydro shot), is set to drop weight Speed ​​3.3 mm / sec, punch tip diameter of 1/2 inch, the sample receiving portion diameter 3 inches of the test conditions, the number of samples = 5, was conducted at a test temperature -30 ° C.. 各条件で試験を行い、ポンチの抜けた穴が白化し、全体として割れが生じなかったものを延性、板全体が割れた場合を脆性と判定した。 Were tested under each condition, and whitened missing hole punch, ductility those cracks as a whole has not occurred, when the entire plate is broken is determined that the brittleness.

(3)落球衝撃強度 上記で作製した厚み3mmの角板を、(縦)85mm×(横)85mm×(高さ)50mmの受け台上に置き、その中心に100cmの高さより200gの剛球を落下し、割れや亀裂発生の有無を確認した。 (3) a square plate having a thickness of 3mm was manufactured by the falling ball impact strength above, the (vertical) placed 85 mm × (horizontal) 85 mm × (height) 50 mm cradle on, rigid sphere of 200g than the height of 100cm in the center fallen, to confirm the presence or absence of cracks and cracks. −30℃に調製したサンプル10枚について試験を行った後、高さを変更して同様の試験を行い、5枚以上の試験片が破壊した高さを求めた。 For after test ten samples prepared in -30 ° C., subjected to the same test by changing the height, is five or more test pieces was determined height destroyed.

(4)表面外観 上記で作製した厚み3mmの角板について、表面粗さ測定装置(ACCRTECH社製)を用いてRa(中心線平均粗さ、μm)を測定することにより表面外観の評価を行った。 (4) The square plate having a thickness of 3mm was manufactured in surface appearance above, the surface roughness measuring device (ACCRTECH Co.) using Ra (centerline average roughness, [mu] m) to evaluate the surface appearance by measuring It was.

(5)線膨張係数 上記で作製した厚さ約3mmの角板の中心部分を用いて、樹脂の流動方向にサンプル約5mm×12mmに切り取り、紙ヤスリで表面を研磨した。 (5) line with a central portion of the square plate having a thickness of about 3mm was prepared in expansion coefficients above, cut in the flow direction of the resin in the sample of about 5 mm × 12 mm, it was polished surface with sandpaper. 測定はセイコー電子(株)製のSSC−5200およびTMA−120Cを用いて行い、測定条件は、窒素雰囲気下、−30℃で10分間保持した後、−40℃から100℃の範囲を昇温速度5℃/分で昇温し、−30〜80℃の範囲の線膨張係数を算出した。 The measurement was performed using an SSC-5200 and TMA-120C by Seiko Denshi Co., measurement conditions, under a nitrogen atmosphere, was held for 10 minutes at -30 ° C., warmed to the range of 100 ° C. from -40 ℃ the temperature was raised at a rate of 5 ° C. / min, was calculated linear expansion coefficient in the range of -30~80 ℃.

(6)曲げ弾性率 射出成形により作製した1/8インチ曲げ試験片を用い、ASTM−D−790に準拠して測定した。 (6) Bending using 1/8 inch flexural test piece prepared by the elastic modulus injection molding was measured in accordance with ASTM-D-790.

(7)構造周期または粒子間距離の測定 上記で作成した角板から、厚み100μmの切片を切り出し、ヨウ素染色法によりポリカーボネートを染色後、超薄切片を切り出したサンプルについて、透過型電子顕微鏡にて1万倍に拡大して観察を行い、構造の観察が可能な箇所を任意で100箇所選び出し、それぞれの構造周期を測定した上で、平均値を計算した。 (7) from the corner plate created in measuring the above structure cycle or the interparticle distance, sections were cut thickness 100 [mu] m, after dyeing polycarbonate with iodine Motosome color method, the sample cut Ultrathin sections with a transmission electron microscope perform observation in the enlarged 10,000 times, picked 100 places a portion capable of structure observation optionally, after measuring the respective structural period, average values ​​were calculated.

以下に実施例および比較例に使用した配合組成物を示す。 It shows the blend composition used in the examples and comparative examples below.

(A)芳香族ポリカーボネート樹脂A−1:芳香族ポリカーボネート樹脂;商品名「タフロンA1900」、出光興産(株)製、粘度均分子量19、000。 (A) an aromatic polycarbonate resin A-1: ​​aromatic polycarbonate resin; trade name "TARFLON A1900", manufactured by Idemitsu Kosan Co., Ltd., viscosity average molecular weight 19,000.

(B)芳香族ポリエステル樹脂B−1:ポリブチレンテレフタレート樹脂;商品名「トレコン1100M」、東レ(株)製、融点225℃ (B) an aromatic polyester resin B-1: polybutylene terephthalate resin; trade name "Toraycon 1100M", manufactured by Toray Co., Ltd., melting point 225 ° C.
B−2:ポリブチレンテレフタレート樹脂;商品名「トレコン1200M」、東レ(株)製、融点222℃。 B-2: polybutylene terephthalate resin; trade name "Toraycon 1200M", manufactured by Toray Co., Ltd., melting point 222 ° C..

(C)3つ以上の官能基を有する化合物C−1:オキシプロピレントリメチロールプロパン;商品名「TMP−F32」、日本乳化剤製、分子量308、1官能基当たりのアルキレンオキシド(プロピレンオキシド)単位数1 (C) a compound having 3 or more functional groups C-1: oxypropylene trimethylolpropane, trade name "TMP-F32", Nippon Emulsifier Co., Ltd., molecular weight 308,1 alkylene oxide per functional group (propylene oxide) Number of units 1
C−2:トリメチロールプロパン;分子量134、1官能基当たりのアルキレンオキシド単位数0、ARDRICH製C−3:ポリオキシエチレンジグリセリン;商品名「SC−E450」、阪本薬品製、分子量410、1官能基当たりのアルキレンオキシド(エチレンオキシド)単位数1.5 C-2: Trimethylolpropane; molecular weight 134, alkylene oxide units having 0 per functional group, Aldrich Ltd. C-3: Polyoxyethylene diglycerol; trade name "SC-E450", Sakamoto Yakuhin Co., Ltd., molecular weight 410,1 alkylene oxide per functional group (ethylene oxide) units number 1.5
C−4:ポリオキシプロピレンジグリセリン(分子量750、1官能基当たりのアルキレンオキシド(プロピレンオキシド)単位数2.3、阪本薬品製SC−P750)。 C-4: Polyoxypropylene diglycerol (molecular weight 750,1 alkylene oxide per functional group (propylene oxide) units number 2.3, Sakamoto Yakuhin Ltd. SC-P750).

(C')3つ未満の官能基を有する化合物C'−1:1,6−ヘキサンジオール;ARDRICH製。 (C ') a compound having less than three functional groups C'-1: 1,6-hexanediol; Aldrich made.

(D)充填剤D−1:タルク;商品名「B−10」、松村産業(株)製D−2:タルク;商品名「LMS200F」、富士タルク工業(株)製D−3:マイカ;商品名「A−21」、(株)山口雲母工業所製D−4:ガラス繊維;商品名「CS3J948」、日東紡績(株)製、繊維径約10μmのチョップドストランド状D−5:炭素繊維;商品名「TS−15」、東レ(株)製。 (D) Filler D-1: talc; trade name "B-10", Matsumura Sangyo Co., Ltd. D-2: talc; trade name "LMS200F" Fuji Talc Kogyo Co., Ltd. D-3: Mica; trade name "a-21", Ltd. Yamaguchi mica Industries, Ltd. D-4: glass fiber; trade name "CS3J948", Nitto Boseki Co., Ltd., chopped fiber diameter of about 10μm strand-like D-5: carbon fiber ; trade name "TS-15", manufactured by Toray Co., Ltd..

(E)耐衝撃性改良剤E−1:商品名「EXL2600」、ロームアンドハース製、MBS樹脂E−2:商品名「S2001」、三菱レイヨン製、シリコーンアクリル系コアシェルゴム。 (E) an impact modifier E-1: trade name "EXL2600", Rohm and Haas, MBS resin E-2: trade name "S2001", manufactured by Mitsubishi Rayon Co., Ltd., silicone-acrylic-based core-shell rubber.

(F)有機酸F−1:無水マレイン酸;商品名「CRYSTAL MAN AB」、日油(株)製。 (F) an organic acid F-1: maleic anhydride; trade name "CRYSTAL MAN AB", manufactured by NOF CORPORATION.

実施例1〜 25 、比較例1〜3、比較例5〜7、比較例9〜10 、比較例14 Examples 1 25 Comparative Examples 1 to 3, Comparative Examples 5 to 7, Comparative Examples 9-10, Comparative Example 14
表1〜3に示す組成になるように原料を配合し、ドライブレンドした後、シリンダー温度を220℃、スクリュー回転数を200rpmに設定した、3ヶ所のニーディングブロック部を有するTEX30α二軸押出機(日本製鋼所製)でダイ部の樹脂圧力が2〜5MPaとなるよう溶融混練し、ダイスから吐出されたストランドを冷却バス内で冷却した後、ストランドカッターにてペレット化した。 Table blended material so that the compositions shown in 1-3, were dry blended, a cylinder temperature 220 ° C., a screw rotation number is set to 200 rpm, TEX30arufa twin-screw extruder having a kneading block portions of the three places resin pressure of the die portion in (Japan steel Works, Ltd.) is melt-kneaded so as to be 2 to 5 MPa, after cooling the strands discharged from the die in a cooling bath and pelletized by a strand cutter. 得られた各ペレットは、110℃の熱風乾燥機で8時間乾燥した後、前記の評価方法で成形し、評価を行った。 Each of the resulting pellets are dried for 8 hours at 110 ° C. in a hot air dryer, and molded by the above evaluation methods, it was evaluated.

比較例4、比較例8、比較例11〜13 Comparative Example 4, Comparative Example 8, Comparative Examples 11 to 13
表1〜3に示す組成になるように原料を配合し、シリンダー温度を220℃、スクリュー回転数を200rpmに設定したニーディングブロック部を有しないPCM30押出機を用いた以外は、実施例1と同様の方法により溶融混練し、ペレットを作製した。 Table blended material so that the compositions shown in 1-3, the cylinder temperature 220 ° C., except for using PCM30 extruder having no kneading block section to set the screw rotation speed to 200rpm, the Example 1 It was melted and kneaded by the same method, to prepare a pellet. この時の樹脂圧力は0.2MPaであった。 Resin pressure at this time was 0.2 MPa. 得られた各ペレットを用い、実施例1と同様の方法で評価を行った。 Using each pellets obtained were evaluated in the same manner as in Example 1.

実施例1〜12の熱可塑性樹脂組成物は低温面衝撃強度に優れ、流動性に優れている。 The thermoplastic resin compositions of Examples 1 to 12 is excellent in low-temperature surface impact strength, and excellent fluidity. 一方比較例1〜4の熱可塑性樹脂組成物は低温面衝撃強度、流動性のいずれかが劣っていることが分かる。 Meanwhile thermoplastic resin compositions of Comparative Examples 1 to 4 it can be seen that the low-temperature surface impact strength, one of the fluidity is inferior.

実施例13〜20の熱可塑性樹脂組成物は低温面衝撃強度に優れ、表面外観、線膨張係数および流動性が優れている。 The thermoplastic resin compositions of Examples 13 to 20 is excellent in low-temperature surface impact strength, surface appearance, the linear expansion coefficient and flowability are excellent. 一方比較例5〜8の熱可塑性樹脂組成物は低温面衝撃強度、表面外観、線膨張係数および流動性のいずれかが劣っていることが分かる。 Meanwhile thermoplastic resin compositions of Comparative Examples 5 to 8 it can be seen that the low-temperature surface impact strength, surface appearance, one of the linear expansion coefficient and fluidity is inferior.

実施例21〜26の熱可塑性樹脂組成物は低温面衝撃強度に優れ、剛性、表面外観、線膨張係数および流動性が優れている。 The thermoplastic resin compositions of Examples 21 to 26 is excellent in low-temperature surface impact strength, rigidity, surface appearance, linear expansion coefficient and flowability are excellent. 一方比較例9〜13の熱可塑性樹脂組成物は剛性、低温面衝撃強度、表面外観、線膨張係数および流動性のいずれかが劣っていることが分かる。 Meanwhile thermoplastic resin compositions of Comparative Examples 9-13 rigidity, it can be seen that the poor low-temperature surface impact strength, surface appearance, one of the linear expansion coefficient and fluidity.

Claims (8)

  1. (A)芳香族ポリカーボネート樹脂、(B)芳香族ポリエステル樹脂、(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物を配合してなる熱可塑性樹脂組成物であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量%として、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂1〜99重量%、(B)芳香族ポリエステル樹脂1〜99重量%であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、(C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物0.01〜 0.8重量部を配合してなる熱可塑性樹脂組成物であり、(A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B) 芳香族ポリエステル樹脂とが構造周期0.01〜1.0μmの両相連続構造、または粒子間距離0.00 (A) an aromatic polycarbonate resin, a (B) an aromatic polyester resin, (C) a thermoplastic resin composition obtained by blending a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, (A) an aromatic the sum of the polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin as 100% by weight, (a) an aromatic polycarbonate resin 1-99% by weight, 1 to 99 wt% (B) an aromatic polyester resin, (a) an aromatic the sum of the group of polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin as 100 parts by weight, the heat obtained by mixing a polyfunctional compound from 0.01 to 0.8 parts by weight with (C) 3 or more hydroxyl groups a thermoplastic resin composition, (a) an aromatic polycarbonate resin and (B) an aromatic polyester resin and the both-phase continuous structure of the structure cycle 0.01~1.0μm or interparticle distance 0.00, 〜1μmの分散構造を有することを特徴とする熱可塑性樹脂組成物。 The thermoplastic resin composition characterized by having a dispersion structure ~1Myuemu.
  2. (C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物の重量平均分子量が200〜3000である請求項1に記載の熱可塑性樹脂組成物。 (C) a thermoplastic resin composition according to claim 1 the weight average molecular weight of the polyfunctional compound is 200 to 3,000 with three or more hydroxyl groups.
  3. (A)芳香族ポリカーボネート樹脂と(B)芳香族ポリエステル樹脂の合計を100重量部として、さらに(D)充填剤20〜100重量部を配合してなる請求項1または2に記載の熱可塑性樹脂組成物。 (A) the aromatic polycarbonate resin and (B) 100 parts by weight of the total of the aromatic polyester resin, further (D) a thermoplastic resin according to claim 1 or 2 by blending a filler 20 to 100 parts by weight Composition.
  4. (D)充填剤が、板状充填剤を含む請求項3に記載の熱可塑性樹脂組成物。 (D) filler, thermoplastic resin composition according to claim 3 including a plate-like filler.
  5. (D)充填剤として、タルク/ガラス繊維、または、タルク/炭素繊維の2種を併用する請求項3または請求項4に記載の熱可塑性樹脂組成物、 (D) as a filler, talc / glass fiber or a thermoplastic resin composition according to claim 3 or claim 4 in combination of two kinds of talc / carbon fibers,
  6. (C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物が、水酸基を有する末端構造の少なくとも一つが式(1)で表される構造である化合物である請求項1〜5のいずれか1項に記載の熱可塑性樹脂組成物。 (C) a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, in any one of claims 1 to 5 at least one of the terminal structures having a hydroxyl group is a compound which is a structure represented by formula (1) the thermoplastic resin composition.
    (Rは、炭素数1〜15の炭化水素基を表し、nは、1〜10の整数を表し、Xは、水酸基を表す。) (R represents a hydrocarbon group having 1 to 15 carbon atoms, n is represents an integer of 1 to 10, X is. To a hydroxyl group)
  7. (C)3つ以上の水酸基を有する多官能性化合物が、アルキレンオキシド単位を一つ以上含むことを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の熱可塑性樹脂組成物。 (C) a polyfunctional compound having three or more hydroxyl groups, the thermoplastic resin composition according to any one of claims 1 to 6, characterized in that it comprises alkylene oxide units, one or more.
  8. 請求項1〜7のいずれか1項に記載された熱可塑性樹脂組成物からなる成形品。 Molded article comprising a thermoplastic resin composition according to any one of claims 1 to 7.
JP2009248414A 2008-10-31 2009-10-29 The thermoplastic resin composition Active JP5310484B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008281204 2008-10-31
JP2008281204 2008-10-31
JP2009248414A JP5310484B2 (en) 2008-10-31 2009-10-29 The thermoplastic resin composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009248414A JP5310484B2 (en) 2008-10-31 2009-10-29 The thermoplastic resin composition

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2010132893A JP2010132893A (en) 2010-06-17
JP2010132893A5 JP2010132893A5 (en) 2012-09-27
JP5310484B2 true JP5310484B2 (en) 2013-10-09

Family

ID=42344470

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009248414A Active JP5310484B2 (en) 2008-10-31 2009-10-29 The thermoplastic resin composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5310484B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5630259B2 (en) * 2010-12-27 2014-11-26 東レ株式会社 The aromatic polycarbonate resin composition
JP2017537185A (en) * 2014-10-29 2017-12-14 レジネート マテリアルズ グループ、インコーポレイテッド Polymeric plasticizers composition

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0465103B2 (en) * 1983-02-26 1992-10-19 Toyo Boseki
JPH09279011A (en) * 1996-04-12 1997-10-28 Kanegafuchi Chem Ind Co Ltd Thermoplastic resin composition
JP3959626B2 (en) * 2002-07-11 2007-08-15 栗田工業株式会社 Membrane separation method and a membrane separation device
JP4696476B2 (en) * 2004-05-28 2011-06-08 東レ株式会社 The thermoplastic resin composition
US7825176B2 (en) * 2005-08-31 2010-11-02 Sabic Innovative Plastics Ip B.V. High flow polyester composition
JP4904865B2 (en) * 2006-03-17 2012-03-28 東レ株式会社 The resin composition and molded article comprising the same
JP5169037B2 (en) * 2006-06-30 2013-03-27 東レ株式会社 The thermoplastic resin composition, its production method and the molded article formed therefrom
JP2009221472A (en) * 2008-02-22 2009-10-01 Toray Ind Inc Thermoplastic resin composition

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010132893A (en) 2010-06-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4125572A (en) Thermoplastic molding composition
US4292233A (en) High-impact polybutylene terephthalate
JP4709844B2 (en) Flowable thermoplastics containing a halogen-based flameproofing agents
KR101152559B1 (en) Fluid polyester moulding masses
CN1696196B (en) Polymer alloy, thermoplastic resin composition, and molded article
JP4840887B2 (en) Method for producing a block copolymer containing a polycarbonate
CN1276952C (en) Thermoplastic resin composition
KR20060036915A (en) Polyester composition comprising polybutylene terephthalate resin
EP1983030A1 (en) Resin composition, molded article and their production methods
CN101223238B (en) Flowable polyester provided with a polyester elastomer
CN1142239A (en) High impact strength articles made from polyester blends
CN101001916A (en) Impact-resistant modified polyester comprising hyperbranched polyesters/polycarbonates
JP4625499B2 (en) Flowable polyester molding composition with Asa / abs and san
EP0111810A2 (en) High strength, reduced heat distortion temperature thermoplastic composition
JP4600016B2 (en) The thermoplastic resin composition and method of manufacturing
US5115004A (en) Polyester resin molding compositions and molded articles formed of the same
CN101111563B (en) Flowable polyesters with carbodiimide stabilizers
Wang et al. Improvement in toughness and heat resistance of poly (lactic acid)/polycarbonate blend through twin‐screw blending: Influence of compatibilizer type
JPH05112701A (en) Polyester resin composition for blow or extrusion molding and molded object obtained therefrom
US8188188B2 (en) Process for producing thermoplastic resin composition
JP2005187809A (en) Resin composition and its production process
KR101294539B1 (en) Fibres and a pet liquid container
JP4172220B2 (en) Polymer alloy and manufacturing method thereof
KR101351165B1 (en) Dendritic polyester, method for producing the same, and thermoplastic resin composition
US7235612B2 (en) Polymer alloy and method for manufacturing polymer alloy

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120810

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120810

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130208

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130226

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130411

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130604

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130617