JP5293796B2 - Operation switches and operation control method of an electronic device - Google Patents

Operation switches and operation control method of an electronic device Download PDF

Info

Publication number
JP5293796B2
JP5293796B2 JP2011249182A JP2011249182A JP5293796B2 JP 5293796 B2 JP5293796 B2 JP 5293796B2 JP 2011249182 A JP2011249182 A JP 2011249182A JP 2011249182 A JP2011249182 A JP 2011249182A JP 5293796 B2 JP5293796 B2 JP 5293796B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
operation
substrate
metal dome
switch
sensor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2011249182A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012033508A (en
Inventor
充 仙洞田
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP2011249182A priority Critical patent/JP5293796B2/en
Publication of JP2012033508A publication Critical patent/JP2012033508A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5293796B2 publication Critical patent/JP5293796B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new operation switch composed of a turned-into-jog metal dome switch capable of generating a pleasant feel of clicking, and an operation control method therefor. <P>SOLUTION: An electronic equipment operation switch comprises a casing 14 and a sensor, disposed on the casing 14 oppositely thereto, which detects a signal generated by an operation performed on the casing 14, the sensor being adapted to be able to continuously contract or expand in width. In this construction, it is preferable that the sensor be an electrostatic capacitance sensor and the signal be of an electrostatic capacitance, and that the electrostatic capacitance changes continuously according to an operation performed on the casing 14. Further, it is preferable that there be included an operation button between the casing 14 and the sensor corresponding to that sensor and a metal dome switch beneath the sensor corresponding to the operation button. <P>COPYRIGHT: (C)2012,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、電子機器の操作スイッチ及び操作制御方法に関し、さらに詳しくは、パーソナルコンピュータ、PDA(Personal Digital Assistants)、携帯電話、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、音楽端末等の電子機器の操作スイッチ及び操作制御方法に関する。 The present invention relates to an operation switch and operation control method of an electronic device, more particularly, a personal computer, PDA (Personal Digital Assistants), cellular phones, digital cameras, digital video cameras, operation switches and operation of electronic devices such as music terminal a control method.

従来、携帯電話をはじめ多くの携帯情報機器の操作スイッチとして、図13、14に示すようなメタルドーム115を含むメタルドームスイッチ110(メンブレンスイッチという場合もある。)を利用したものが一般的に使用されている。 Conventionally, as an operation switch for many other portable information devices and mobile phones, (sometimes referred to membrane switches.) Metal dome switches 110 including a metal dome 115 as shown in FIGS. 13 and 14 which utilizes is generally the It is used. 図13は、従来の電子機器の操作スイッチの断面図を示し、図14は上記操作スイッチのうち、メタルドームスイッチ110の平面図を示す。 Figure 13 shows a cross-sectional view of the operation switch of the conventional electronic apparatus, FIG. 14 of the operation switch, shows a plan view of a metal dome switch 110.

図14に示すように、メタルドームスイッチ110は、基板111上に形成された円形状電極112及びリング状電極113からなる電極部114と、リング状電極113に周縁が接続するように配置されたメタルドーム115と、基板111上に形成されて前記電極部114に電気信号を伝える回路配線116とにより構成されている。 As shown in FIG. 14, the metal dome switch 110, an electrode 114 consisting of a circular electrode 112 and ring electrode 113 is formed on the substrate 111, is arranged so as peripheral to ring electrode 113 is connected a metal dome 115 is constituted by the circuit wiring 116 that is formed on the substrate 111 by transmitting an electrical signal to the electrode 114. こうしたメタルドームスイッチ110は、図13に示すように、基板111を支持する台座102上に基板111を下側にして取り付けられている。 Such metal dome switch 110, as shown in FIG. 13, a substrate 111 on a pedestal 102 supporting a substrate 111 mounted in the lower side. メタルドーム115の頂部には突起117が取り付けられ、その突起117上には前面筐体119に設けられた操作ボタン118が配置されている。 Projection 117 is attached to the top of the metal dome 115, the operation button 118 provided on the front housing 119 is disposed on the protrusion 117. こうした構造からなる操作スイッチ100は、単純な構造で信頼性が高いこと、及び、操作ボタン118が押下されてメタルドーム115が座屈することで円形状電極112とリング状電極113との導通が図れると同時に、好ましいクリック感触を発生させている。 Operation switch 100 consisting of such structures, it is highly reliable with a simple structure, and, thereby the conduction between the circular electrode 112 and ring electrode 113 by the metal dome 115 operation button 118 is pressed buckles At the same time, it is causing the preferred click feeling.

メタルドームスイッチ110の動作についてもう少し詳しく説明する。 Will be described in more detail the operation of the metal dome switch 110. 上述の通り、メタルドームスイッチ110においては、メタルドーム115の円周部が、基板111に同心円に配置された一対の電極部114における外側のリング状電極113と常時接触している。 As described above, in the metal dome switch 110, the circumferential portion of the metal dome 115 is in contact at all times with the outer ring-shaped electrode 113 of the pair of electrodes 114 which are arranged concentrically on the substrate 111. この状態からメタルドーム115のドーム頂点付近を基板111側へ押し付けることによりメタルドーム115は座屈変形を起こす。 Metal dome 115 by this state to press the vicinity of the dome apex of the metal dome 115 to the substrate 111 side causes buckling deformation. そして、メタルドーム115の頂点付近が、上記一対の電極部114の内側に位置する円形状電極112と接触し、メタルドーム115を介してリング状電極113と円形状電極112とが接続する。 The vicinity of the top of the metal dome 115 comes into contact with circular electrode 112 located on the inner side of the pair of electrodes 114, and a ring-shaped electrode 113 through a metal dome 115 and the circular electrode 112 is connected. これをスイッチのON/OFFに利用している。 This is utilized in the ON / OFF switch. メタルドーム115が座屈する時の押し込み荷重反力は操作者側に指を通してクリック感触として伝わり、操作感触が良いとされている。 Indentation load reaction force when the metal dome 115 buckles travels as a click feeling through finger on the operating side, the operation feeling is good. このクリック感触はメタルドーム115を突起117で押し付ける場合により感触が増幅されることが知られている。 The click feeling is known to feel is amplified by the case of pressing the metal dome 115 in the projection 117.

上記の操作スイッチとは別の操作スイッチとして、ダイヤル式のジョグが知られている(例えば特許文献1を参照)。 As a separate operation switch and the aforementioned operating switch are known jog dial formula (see, for example Patent Document 1). 特許文献1に記載のダイヤル式のジョグは、固定電話機に設けられたものであり、その回転によりディスプレイ画面に表示された文字や変換候補を選択するスクロール機能を提供したものであって、基板上にロータリーエンコーダを配置し、そのロータリーエンコーダに直結した回転ダイヤルを基本構造としている。 The jog dial type described in Patent Document 1, which is provided on the fixed telephone, be one obtained by providing a scroll function to select a character or conversion candidates displayed on the display screen by its rotation, on a substrate It is a basic structure of rotary dial arranged a rotary encoder, directly connected to the rotary encoder. 特許文献1に示すジョグはさらにプッシュスイッチ等を備え、文字や変換候補の決定等を行うことができるが、部品点数が多く、また実装体積が大きいため、一装置あたり通常1つのジョグが搭載されている。 Jog shown in Patent Document 1 further includes a push switch or the like, but can be determined as a character or conversion candidates, the number of parts is large, and because mounting volume is large, usually one jog per device is mounted ing.

更に別の操作スイッチとして、タッチセンサを使用した操作スイッチが知られている(例えば特許文献2を参照)。 As a further operation switches, the operation switches are known which use a touch sensor (e.g., see Patent Document 2). 特許文献2に記載の操作スイッチは、基板上に形成された電極と、その上方に設けられたゴム板及び電極部とで構成されている。 Operating switch described in Patent Document 2 is composed of an electrode formed on the substrate, a rubber plate and the electrode portions provided thereon. この操作スイッチは、アナログポインティングデバイス(又は4方向キー)に用いられ、操作時のゴム板の変形に伴う電極部と電極の静電容量変化を検出するスイッチとして機能する。 The operation switch is used for analog pointing device (or the four-direction key), functions as a switch for detecting the capacitance change of the electrode portions and the electrode due to the deformation of the rubber plate during operation. こうした操作スイッチも、一装置あたり通常1セット搭載されている。 These operation switches are also mounted usually per unit 1 set.

携帯電話が普及するにつれて、メールやブラウザ機能が一般的に利用されるようになり、これまでの通話によるコミュニケーションよりもネットワークとしての情報送受といった利用が多くなってきている。 As the mobile phone becomes widespread, looks like e-mail and browser functions are commonly used, it has become a widely used, such as information transmission and reception of as a network than the communication by the call of the past. それに伴い、携帯電話の操作スイッチを用いたテキスト入力の機会が増加し、携帯端末の日本語入力ソフトウエアにおいては、予測候補を出力する等の操作性を向上させる工夫が活発になされている。 Along with that, increased opportunities for text input using the operation switch of the portable telephone, the Japanese input software of the mobile terminal, devised to improve the operability of such outputs the prediction candidates have been made actively.

一方、携帯電話等の入力に関するメカニズムは従来から大きく変わっておらず、携帯電話に代表される10キー(「*」、「#」を含めて12キーと呼ばれることもある。)で日本語やその他文字情報を平易に入力する方法が行われている。 On the other hand, mechanism for input, such as a cellular phone has not changed significantly from the conventional, 10 key represented by a mobile phone ( "*", sometimes referred to as a 12-key, including the "#".) Japanese Ya in how to enter other character information easy to have been made.

例えば上記のメタルドームスイッチ等を操作スイッチとして利用した携帯電話では、文字(日本語やローマ字等)を入力する場合、キー操作により10キーに割振られた入力候補を順送りに変化させる方式が一般的である。 For example, in the mobile phone using the above metal dome switch such as an operation switch, a character when entering the (Japanese and Roman characters, etc.), method generally changes the input candidates allocated to 10 key by a key operation to the forward it is. 例えば、「す」の文字を入力しようとした場合、通常の操作では「さ行」のキーを3回押下する(さ→し→す)ことにより選択する。 For example, if you try to enter a character of "be", in normal operation is selected by pressing three times the key of "the letters s" (the → tooth → be). しかしながら、誤って押下して「せ」まで送ってしまった場合には「さ行」のキーを改めて4回押下して「す」(せ→そ→さ→し→す)にしなければならないという煩雑さがある。 However, accidentally pressed in to if you've sent to "cause" is that must be pressed again four times key of "the letters s," and "be" (not → Zeng → Is the → tooth → be) there is a complication. 一方、逆送り専用キーにより逆送りができる携帯電話もある。 On the other hand, there is also a mobile phone that can reverse feed by feed reverse dedicated key. そうした携帯電話では、誤って「せ」まで送ってしまった場合、「す」を選択するためには逆送り専用キーを1回押下すれば良いが、そのために逆送りキーへ指を移さなければならないという煩雑さがある。 In such a mobile phone, if you've sent to "allowed" by mistake, in order to select the "to" may be pressed once the backward dedicated key, but if moved a finger to reverse feed key to the there is a complication that does not. こうした煩雑さは、メタルドームスイッチのようなメンブレンスイッチの入力信号がON/OFFの2値だけであり、順/逆の送り方向を示す信号がないことに起因する。 Such complexity is only two values ​​of the input signal is ON / OFF membrane switch, such as a metal dome switch, due to the absence of a signal indicating the feeding direction of the forward / reverse.

他方、順/逆の送り方向を選択できる方式としてダイヤル式のジョグが知られているが、上述したように、方向を識別させるロータリーエンコーダを有するダイヤルと、決定動作を識別させるプッシュスイッチ(又はセンサ)とが配置されるため、部品点数が多く、構造が複雑でサイズが大きいという難点がある。 On the other hand, although dial-jog is known as a method capable of selecting a feeding direction of the forward / reverse, as described above, a push switch (or sensor to identify the dial with a rotary encoder to identify the direction, the determining operation because) are disposed, the number of parts, there is a drawback that there is a large complex-sized structures. そのため、携帯電話やモバイル機器では、1台に対して1つ搭載されているのが普通であり、10キー全てをジョグ化することは実装スペースの制約上不可能であった。 For this reason, in the mobile phone and mobile devices, it is common to have been one installed for a single, it was not possible on the constraints of implementation space to jog together all 10 keys.

なお、文字入力手段ではないが、携帯電話の表示画面に表したメニューを選択するカーソルを移動させるために、10キー領域に静電容量センサを設け、その10キー領域上を指でスライドさせる操作手段が提案されている(例えば特許文献3,4を参照)。 Although not a character input means, to move the cursor to select a menu showing the display screen of the mobile phone, it provided a capacitance sensor 10 key area, sliding the ten key region on a finger operation means have been proposed (e.g., see Patent documents 3 and 4).

特開2001−053854号公報(図2、図4) JP 2001-053854 JP (FIG. 2, FIG. 4) WO02/44649(図1〜図3) WO02 / 44649 (Figures 1-3) 特開2002−196856号公報 JP 2002-196856 JP 特開2004−334738号公報 JP 2004-334738 JP

本発明は、好ましいクリック感触を発生させるメタルドームスイッチをジョグ化させた新しい操作スイッチの提供及び操作制御方法の提供を目的としたものであって、例えば携帯電話においては10キー(又は12キー)全てをジョグ化させて日本語その他の文字情報をより平易に入力できる操作スイッチ及びその操作制御方法を提供することを目的としたものである。 The present invention relates to a provision of providing and operation control method of the new operation switch is jog the metal dome switch to generate a preferred click feeling is intended, for example, in mobile phone 10 key (or 12 key) it is intended to provide an operating switch and the operation control method all possible input by jog the Japanese other character information more simple terms.

上記課題を解決するための本発明に係る電子機器の操作スイッチは、 筐体と、該筐体に対向して設けられ、該筐体上の操作により発生する信号を検出するセンサとを有し、 Operation switch engagement Ru electronic device to the present invention for solving the above problems, organic and housing, provided opposite to the housing, and a sensor for detecting a signal generated by operation on the housing and,
前記センサの幅が連続的に縮小又は拡大することを特徴とする。 Wherein the width of the sensor is continuously decreased or increased.

本発明に係る電子機器の操作スイッチにおいて、前記センサが静電容量センサであり、前記信号が静電容量である。 Operation switches smell of an electronic device according to the present invention Te, the sensor is a capacitance sensor, wherein the signal is a capacitance.

本発明に係る電子機器の操作スイッチにおいて、 前記静電容量が、前記筐体上での操作に応じて連続的に変化する。 In operation switch of an electronic device according to the present invention, the capacitance varies continuously in accordance with the operation on the housing.

本発明に係る電子機器の操作スイッチにおいて、 前記筐体と前記センサとの間に該センサに対応する操作ボタンを有し、前記センサの下に前記操作ボタンに対応するメタルドームスイッチを有する。 In operation switch of an electronic device according to the present invention, the housing and has an operation button corresponding to the sensor between the sensor comprises a metal dome switch corresponding to the operation button beneath the sensor.

上記課題を解決するための本発明に係る電子機器の操作制御方法は、 筐体上での操作により発生し、該操作に応じて連続的に変化する信号をセンサで検出し、 Operation control method of an electronic apparatus according to the present invention for solving the above problems, caused by operation on the housing, a continuously varying signal is detected by the sensor in response to the operation,
該検出した信号により予め設定されている入力候補の選択又は表示状態の変化を行うことを特徴とする。 And performing a selection or change of the display state of the input candidate which is preset by該検out signal.

本発明に係る電子機器の操作制御方法において、 前記センサが静電容量センサであり、前記信号が静電容量である。 In the operation control method of an electronic apparatus according to the present invention, the sensor is a capacitance sensor, wherein the signal is a capacitance.

本発明の電子機器の操作スイッチ及び操作制御方法によれば、好ましいクリック感触を発生させるメタルドームスイッチをジョグ化させることができ、特に、例えば携帯電話においては10キー(又は12キー)全てをジョグ化させて日本語その他の文字情報のより平易な入力を可能にする。 According to the operation switches and operation control method of the electronic apparatus of the present invention, it is possible to jog the metal dome switch to generate a preferred click feeling, in particular, for example, a 10 key (or 12 key) all the mobile phone jog to enable a more plain input of Japanese and other character information by reduction.

第一の実施形態における、第1の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the first embodiment, used in the first embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 図1において基板及び静電容量センサの部分だけを抜き出した模式的平面図を示す。 It shows a schematic plan view of extracting only the portion of the substrate and the electrostatic capacitance sensor 1. 静電容量センサで検出される静電容量の変化を説明するための模式図である。 It is a schematic diagram for explaining a change in capacitance detected by the capacitance sensor. 第一の実施形態における、第2の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the first embodiment, used in the second embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 第一の実施形態における、第3の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the first embodiment, used in the third embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 第一の実施形態における、第4の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the first embodiment, used in the fourth embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 第二の実施形態における、第1の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the second embodiment, used in the first embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 第二の実施形態における、第1の実施例に用いられる携帯電話の模式的平面図を示している。 In the second embodiment, showing the schematic plan view of a cellular phone used in the first embodiment. 第二の実施形態における、電極パッドを静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the second embodiment, in the case of using the electrode pad as an electrostatic capacitance sensor, a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. 第二の実施形態における、基板表面から電極パッドまでの距離を基板厚み方向に連続的に変化させて配置し、静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the second embodiment, the distance from the substrate surface to the electrode pad arranged continuously changed in the substrate thickness direction, in the case of using as an electrostatic capacitance sensor, a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device show. 第二の実施形態における、台形形状の電極パッドを静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図と携帯電話の平面図を示す。 In the second embodiment, in the case of using the electrode pads of trapezoidal shape as a capacitance sensor, a plan view of a mobile phone schematic sectional view of the operation switch of the electronic device. 第二の実施形態における、メタルドームスイッチの配置を変化させた電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 In the second embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of an electronic device with varying placement of the metal dome switch. 従来の電子機器の操作スイッチの断面図を示す。 It shows a cross-sectional view of the operation switch of the conventional electronic apparatus. 図13に示す電子機器の操作スイッチのうち、メタルドームスイッチの平面図を示す。 Among the operation switches of the electronic apparatus shown in FIG. 13, a plan view of a metal dome switch.

次に、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。 It will now be described in detail with reference to the drawings, embodiments of the present invention. 但し、本発明は下記実施の形態に限定されるものではなく、その要旨の範囲内で種々変更できることはいうまでもない。 However, the present invention is not limited to the following embodiments, it is needless to say that various modifications within the scope of the invention.

[第一の実施形態] First Embodiment
本実施形態においては、操作ボタンと、当該操作ボタンの操作に対して静電容量が連続的に変化する形状要素を含む静電容量センサと、メタルドームスイッチと、が配置されている電子機器の操作スイッチにおいて、静電容量センサが第一基板の表面に、メタルドームスイッチが第二基板の表面に、それぞれ設けられる。 In the present embodiment, the operation button, the electrostatic capacitance with respect to the operation of the operation buttons and the electrostatic capacitance sensor including a continuously changing shape element, the electronic device and the metal dome switch, is arranged in the operation switch, the capacitance sensor surface of the first substrate, the metal dome switch is on the surface of the second substrate, respectively provided. つまり、本実施形態においては、静電容量センサ用の基板(第一基板)とメタルドームスイッチ用の基板(第二基板)とそれぞれ用いる。 That is, in this embodiment uses a substrate for a capacitance sensor (first substrate) and the substrate for the metal dome switch (second substrate), respectively. このような電子機器の操作スイッチの具体例(実施例)について以下説明する。 A specific example of the operation switch of such electronic devices (Example) will be described below.

(第1の実施例) (First Embodiment)
この実施例は、第一基板の裏面と、メタルドームスイッチが設けられている第二基板の表面とを対向するように配置したものである。 This embodiment includes a rear surface of the first substrate, in which are arranged so as to face a second substrate surface which metal dome switches are provided.

図1は、第1の実施例に用いられる、携帯情報機器等の電子機器の操作スイッチ1の模式的断面図を示す。 Figure 1 is used in the first embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch of electronic equipment such as portable information devices. 図1の電子機器の操作スイッチ1は、背面筐体2、メイン基板3、台座爪4、台座5、基板6、11、メタルドーム9及び電極部8から構成されるメタルドームスイッチ7、突起10、検出電極12a及び検出電極12bで構成される静電容量センサ12、操作ボタン13、前面筐体14、及び接続構造部15を有する。 Operation switch 1 of the electronic device of FIG. 1 is a rear casing 2, the main board 3, the base arm 4, the base 5, the substrate 6 and 11, the metal dome switch 7 consists of a metal dome 9 and the electrode portions 8, the protrusion 10 has a detecting electrode 12a and the detection electrode 12b capacitance sensor 12 composed of an operation button 13, the front housing 14 and the connection unit 15.

図1に示すように、背面筐体2上に、装置本来の機能を有するメイン基板3が取り付けられる。 As shown in FIG. 1, on the back casing 2, the main board 3 is mounted with a device original function. メイン基板3は、メイン基板3の実装部品と干渉しない高さに設定された台座5の中に配置され、台座5及びメイン基板3は、台座爪4により固定されている。 The main substrate 3 is disposed in the seat 5, which is set to a height that does not interfere with mounted components of the main board 3, the base 5 and the main substrate 3 is fixed by the base pawl 4. そして、台座5の上に、複数のメタルドームスイッチ7が表面に設けられた基板6(第二基板)が配置されている。 Then, on the pedestal 5, a substrate 6 having a plurality of metal dome switch 7 is provided on the surface (the second substrate) is arranged. メタルドームスイッチ7は、基板6の表面に設けられた同心円状の一対の電極を有する電極部8と、この電極と同軸に設けられ、その円周部が上記一対の電極の外側に位置する電極と接触して配置されるメタルドーム9と、からなる。 Metal dome switch 7, the electrode portions 8 having a concentric pair of electrodes provided on a surface of the substrate 6, is provided on the electrode and the coaxial electrodes its circumference portion is positioned outside of the pair of electrodes a metal dome 9, which is placed in contact with, made of. メタルドームスイッチ7としては、従来用いられているものと同様のものを用いればよいため、ここでの説明は省略する。 The metal dome switch 7, since the may be used similar to those conventionally used, and description thereof is omitted here.

さらに、図1に示すように、メタルドームスイッチ7の上方には基板11(第一基板)が配置され、基板11の下面には、各メタルドーム9の頂点と対向する位置に設置される押し子となる突起10が設けられている。 Furthermore, as shown in FIG. 1, push above the metal dome switch 7 is disposed the substrate 11 (first substrate) on the lower surface of the substrate 11, which is disposed at a position opposite to the vertices of each metal dome 9 projections 10 that are children is provided. 突起10とメタルドーム9とは接触することとなるが、メタルドーム9が座屈しないように、基板11と基板6との間隔が調整される。 Although the make contact and the projection 10 and the metal dome 9, the metal dome 9 so as not to buckle, distance between the substrate 11 and the substrate 6 is adjusted. 一方、基板11の上面には、検出電極12a、12bから構成される静電容量センサ12が複数設けられている。 On the other hand, on the upper surface of the substrate 11, detection electrodes 12a, the electrostatic capacitance sensor 12 consists 12b is provided with a plurality. そして、各10キーに相当するそれぞれの静電容量センサ12上には操作ボタン13がそれぞれ複数配置され、操作ボタン13の上方から前面筐体14により固定される。 The operation button 13 on each of the capacitance sensor 12 corresponding to each 10 keys are more disposed respectively, and fixed by the front cabinet 14 from above the operation buttons 13. つまり、操作ボタン13と静電容量センサ12とが一対一で対応するようにしている。 That is, the operation button 13 and the capacitance sensor 12 so that a one-to-one correspondence.

なお、静電容量センサ12としては、従来からよく知られているものを用いることができる。 As the electrostatic capacitance sensor 12, it is possible to use those which are well known in the art. 具体的には、静電容量センサ12としては、例えば、電極板や、基板上のパターンとそれらを接続した静電容量検出回路などを挙げることができる。 Specifically, the capacitance sensor 12, for example, the electrode plate and, like the pattern and the electrostatic capacitance detection circuit connected to those on the substrate can be exemplified.

そして、基板6、11の一部はメイン基板3との信号接続をするために、柔軟な接続構造部15となっている。 Then, part of the substrate 6 and 11 to the signal connection between the main board 3, and has a flexible connection unit 15. 接続構造部15は柔軟な接続部材となっており、その構造例としては例えばFPCが用いられる。 Connection unit 15 has a flexible connecting member, is, for example FPC used as a structure example. なお、図1には図示していないが、基板6、11にはそれぞれ操作スイッチに関わる信号を伝達する回路が形成されている。 Although not shown in FIG. 1, a circuit for transmitting a signal associated with each operation switch is formed in the substrate 6 and 11. 特に、各静電容量センサ12は基板11上に設けた配線パターン(図示せず)により静電容量を電圧に変換するC−V変換回路(図示せず)へそれぞれ接続されている。 In particular, each of the electrostatic capacitance sensor 12 are connected respectively to the C-V conversion circuit for converting the capacitance into a voltage by a wiring pattern provided on the substrate 11 (not shown) (not shown). 静電容量検出に関するC−V変換回路については、当業者にとってよく知られているものを用いればよいため、ここでの説明は省略する。 The C-V conversion circuit related to the capacitance detection, since the may be used which are well known to those skilled in the art, and description thereof is omitted here.

図1に示されるように、電子機器の操作スイッチ1において、各静電容量センサ12の中心(検出電極12a、12bの中心)と、各メタルドームスイッチ7の中心軸とが揃うように配置されている。 As shown in FIG. 1, the operation switch 1 of the electronic device, the center of each of the electrostatic capacitance sensor 12 (detection electrodes 12a, 12b center), is arranged so that the central axis is aligned in each metal dome switch 7 ing. そして、このメタルドームスイッチ7とその積層方向に構成された静電容量センサ12の組み合わせを複数個並べて10キーを構成している。 Then, they constitute the 10 keys are arranged a plurality of combinations of the capacitance sensor 12 constructed as the metal dome switch 7 in the stacking direction. 加えて、図1においては、各操作ボタン13の中心と、各メタルドームスイッチ7の中心軸とが揃うように配置されている。 In addition, in FIG. 1, the center of the operation buttons 13 are arranged so that the central axis of the respective metal dome switches 7 are aligned. 結果として、操作ボタン13と静電容量センサ12とメタルドームスイッチ7とがこの順で配置され、これが一組となって10キーの一つに相当するようになっている。 As a result, the operation button 13 and the capacitance sensor 12 and the metal dome switch 7 are disposed in this order, which is adapted to correspond to one of the 10 keys become one set.

次に、静電容量センサ12及び基板11についてより詳しく説明する。 It will be explained in more detail below capacitive sensor 12 and the substrate 11. 図2は、図1において基板11及び静電容量センサ12の部分だけを抜き出した模式的平面図を示す。 Figure 2 shows a schematic plan view of extracting only the portion of the substrate 11 and the electrostatic capacitance sensor 12 in FIG. 1. 図2において、図1と同一の要素には図1と同一の符号を付している。 2, the same components as FIG. 1 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 1. 図2に示すように、静電容量センサ12は一組の検出電極12a、12bから構成されている。 As shown in FIG. 2, the electrostatic capacitance sensor 12 is composed of a pair of detection electrodes 12a, 12b. そして、静電容量センサ12が設けられた基板11の当該静電容量センサ配置部分(各静電容量センサ12それぞれを支持する基板11の部分)は、当該配置部分以外の部分(基板11の他の部分)に対して柔軟に支持されている構造となっている。 Then, (part of each of the electrostatic capacitance sensor 12 the substrate 11 for supporting the respective) the capacitance sensor arrangement portion of the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided, the other parts other than the arrangement portion (substrate 11 It has a structure which is flexibly supported with respect to the portion). これは、指16で各操作ボタン13を押下した場合に、メタルドームスイッチ7を動作可能とするためである。 This is because when pressing the operation button 13 with a finger 16, in order to the metal dome switch 7 operable.

次に、電子機器の操作スイッチ1の操作機構について説明する。 Next, a description will be given of an operation mechanism of the operation switch 1 of the electronic device. 図1において、操作者の指16が10キーのある操作ボタン13に近づくと基板11上に設けられた静電容量センサ12に容量変化が生じる。 In Figure 1, the operator's finger 16 is caused capacitance changes in the capacitance sensor 12 provided on the substrate 11 approaches the operating button 13 with 10 keys. そして、静電容量の変化はC−V変換回路(図1には不図示)で電圧に変換され基板11の回路及び接続構造部15を通じてメイン基板3の制御回路(図1には不図示)に伝達される。 Then, the change in capacitance C-V conversion circuit control circuit of the main board 3 through the circuit and the connection unit 15 of the substrate 11 is converted into a voltage in (not shown in FIG. 1) (not shown in FIG. 1) It is transmitted to the.

図1、2に示すように、メタルドームスイッチ7の中心軸に対して、一対の検出電極12a、12bを対称に設けて静電容量センサ12を構成している。 As shown in FIGS. 1 and 2, with respect to the central axis of the metal dome switch 7 constitute a capacitance sensor 12 is provided a pair of sensing electrodes 12a, 12b are symmetrical. このため、ある一つのキーに指を近づけた際に、上記一対の検出電極12a、12bを有する静電容量センサ12から静電容量に対応した電圧が得られる。 Therefore, when the closer the finger to a single key, the pair of detection electrodes 12a, a voltage corresponding to the electrostatic capacitance from the electrostatic capacitance sensor 12 with 12b obtained. この状態について、以下により具体的に説明する。 This state will be specifically described below.

図3は、静電容量センサで検出される静電容量の変化を説明するための模式図である。 Figure 3 is a schematic view for explaining a change in capacitance detected by the capacitance sensor. より具体的には、図3(a)は、電子機器の操作スイッチ1の模式的断面図であるが、ある一つのキー上で、指16を検出電極12aから検出電極12bの方向に移動させた状態を示すものである。 More specifically, FIGS. 3 (a) is a schematic cross-sectional view of the operation switch 1 of the electronic device, on one single key to move in the direction of the detection electrode 12b of the fingers 16 from the detection electrodes 12a and shows the state. 一方、図3(b)は、上記指16の動きに伴って、検出電極12a、12bで検出される静電容量の変化をそれぞれ示したものである。 On the other hand, FIG. 3 (b), with the movement of the finger 16, is detecting electrode 12a, a change in capacitance detected by 12b which was respectively. 図3において、図1と同じ要素については同一の符号を付している。 3, are denoted by the same reference numerals for the same elements as FIG.

図3に示すように、検出電極12aから検出電極12bの方向へ指16を移動させた場合、指16の移動に伴って、検出電極12bの静電容量は増加し、逆に検出電極12aの静電容量は低下する。 As shown in FIG. 3, when moving the detection electrode fingers 16 in the direction of 12b from the detection electrodes 12a, in accordance with the movement of the finger 16, the electrostatic capacitance of the detection electrode 12b is increased, the reverse to the detection electrode 12a capacitance is reduced. この静電容量の変化量を指16の移動方向と関連つけることにより、方向成分を持ったジョグとして使用することが可能となる。 By associating the amount of change in capacitance to the moving direction of the finger 16, it is possible to use as a jog with a directional component.

以上のようにして、静電容量センサ12で検出した静電容量の変化が、予め設定されている入力候補を選択する又は表示状態を変化させるジョグ機能として動作可能となる。 As described above, the change in capacitance detected by the capacitance sensor 12 becomes operable as a jog function of changing the selection to or display state input candidates set in advance. ここで、上記静電容量変化を示す検知信号は、静電容量の差分値に対応するようになっている。 Here, the detection signal indicating the electrostatic capacitance change is arranged to correspond to the difference value of the capacitance. なお、静電容量センサ12は複数個並んで構成されているため、スイッチの前後/左右等隣り合うキーに対しても同様にジョグとして作用させることもできる。 Incidentally, the capacitance sensor 12 is because it is composed aligned plurality, may be made to act as a jog similarly for key adjacent longitudinal / lateral like switches.

次に、上記ジョグにより選択された入力候補を決定する場合の動作について説明する。 Next, the operation in determining the input candidate selected by the jog. 指16の検出電極12aから検出電極12bへの移動により所望の入力候補が得られたところで、指16により操作ボタン13を下方に押下する。 The movement of the detection electrode 12b from the detection electrode 12a of the finger 16 where the desired input candidate is obtained, presses the operation button 13 downward with the finger 16. この操作ボタン13の押下により、ジョグとして使われている静電容量センサ12の下方に配置される基板6上に形成されたメタルドームスイッチ7が押し込まれることとなる(図3(a)参照)。 By pressing the operation button 13, so that the metal dome switch 7 formed on a substrate 6 disposed below the electrostatic capacitance sensor 12 is used as a jog is pushed (see FIG. 3 (a)) . これによって、メタルドーム9は基板11に形成された突起7により押されて座屈し、電極部8における同心円状の一対の電極がメタルドーム9により短絡されてスイッチが接続する。 Thus, the metal dome 9 succumb pushed seat by the projection 7 formed on the substrate 11, concentric pair of electrodes in the electrode unit 8 switches connected is short-circuited by the metal dome 9. 同時に座屈時の荷重変化が操作者に対してはクリック感触として伝達される。 Is transmitted as a click feel load change has the operator at the same time buckling. 図1、2に示すように、静電容量センサ12が設けられた基板11の当該静電容量センサ配置部分(静電容量センサ12を支持する基板11の部分)が、当該配置部分以外の部分(基板11の他の部分)から柔軟に支持されているため、メタルドームスイッチ7の押し込み動作の際に、該当するメタルドームスイッチ7のみが押し込まれ、その他の部分は押し込み動作の影響を受けにくい。 As shown in FIGS. 1 and 2, the capacitance sensor arrangement portion of the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided (the portion of the substrate 11 for supporting the electrostatic capacitance sensor 12), portions other than the arrangement portion because it is flexibly supported from (other portions of the substrate 11), during the pushing operation of the metal dome switch 7, only the metal dome switch 7 applicable is pushed, other parts are less susceptible to indentation operation .

(第2の実施例) (Second embodiment)
この実施例は、第一基板の裏面と、第二基板の裏面とを対向するように配置したものである。 This embodiment includes a rear surface of the first substrate, in which are arranged so as to face the back surface of the second substrate.

図4は、第2の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチ20の模式的断面図を示す。 Figure 4 is used in the second embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch 20 of the electronic device. 図4においては、図1と同一の要素については同一の符号を付している。 In FIG. 4, it is denoted by the same reference elements as FIG. 図4に示す電子機器の操作スイッチ20の基本的な構成や操作機構(動作)は、第1の実施例で説明したもの(図1の電子機器の操作スイッチ1)と同様であるので、以下では、第2の実施例に特徴的な構成についてのみ説明する。 Since the basic structure and operating mechanism of the operating switch 20 of the electronic apparatus shown in FIG. 4 (operation) is similar to that described (electronic apparatus of the operation switch 1 in FIG. 1) in the first embodiment, the following in only be described characteristic configuration in the second embodiment.

図4に示すように、静電容量センサ12が設けられている基板11(第一基板)と、メタルドームスイッチ7が設けられている基板6(第二基板)とは、それぞれの基板の裏面が接するように配置されている。 As shown in FIG. 4, the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided (first substrate), a substrate 6 to the metal dome switch 7 is provided with the (second substrate), the rear surface of each substrate It is arranged such that contact. これにより、基板11の裏面と基板6の裏面とが対向して配置されることになる。 This makes it possible to the rear surface of the back surface and the substrate 6 of the substrate 11 is arranged opposite. また、メタルドーム9の頂点と対向する位置に設置される突起10は、台座5に設けられることとなる。 Further, projections 10 installed at a position opposite to the apex of the metal dome 9, and thus provided on the pedestal 5. そして、基板6と台座5との間隔は、突起10によりメタルドーム9が座屈しない程度の間隔を確保する。 The distance between the substrate 6 and the pedestal 5, to secure the spacing to the extent that the metal dome 9 is not buckled by the projections 10.

さらに、本実施例では、基板11の裏面と基板6の裏面とを接するようにしたことに伴い、以下の構成を採用している。 Further, in this embodiment, due to that we have in contact with the back surface of the back surface and the substrate 6 of the substrate 11, adopts the following configuration. つまり、各10キーに対応するそれぞれのメタルドームスイッチ7の押下を単独でスムースに行うために、静電容量センサ12が設けられた基板11の当該静電容量センサ配置部分(基板11における、各静電容量センサ12を支持するそれぞれの部分)が、当該配置部分以外の部分(基板11のその他の部分)から柔軟に支持される構造となっているのみならず、基板6における、メタルドームスイッチ7を支持するそれぞれの部分も、基板6のその他の部分から柔軟に支持される構造となっている。 That is, in order to perform smoothly the pressing of the respective metal dome switch 7 for each 10 keys alone, in the capacitive sensor arrangement portion (substrate 11 of the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided, each each portion supporting the electrostatic capacitance sensor 12), not only has a flexibly supported by the structure from the portion other than the arrangement portion (the other portion of the substrate 11), the substrate 6, the metal dome switch each portion supporting a 7 also has a structure which is flexibly supported from the other parts of the substrate 6.

その他の構成は、図1に示される電子機器の操作スイッチ1と同様とすればよい。 Other configurations may be the same as the operation switch 1 of the electronic device shown in FIG. 例えば、図4においても、基板11に設けられる各静電容量センサ12の中心と、基板6に設けられるメタルドームスイッチ7の中心軸とは揃うように配置されている。 For example, also in FIG. 4, the center of each of the electrostatic capacitance sensor 12 provided on the substrate 11, are arranged to align with the center axis of the metal dome switch 7 provided on the substrate 6. また、メタルドームスイッチ7とその積層方向に構成された静電容量センサ12の組み合わせを複数個並べて10キーを構成する点も図1と同様である。 It is also similar to FIG. 1 also points constituting 10 keys are arranged a plurality of combinations of the capacitance sensor 12 that is configured as a metal dome switch 7 in the stacking direction. さらに、各静電容量センサ12は、基板11上に設けた配線パターン(図示せず)により静電容量を電圧に変換するC−V変換回路(図示せず)へそれぞれ接続される点も図1と同様である。 Further, each of the electrostatic capacitance sensor 12, Figure also that it is connected to the C-V conversion circuit for converting the capacitance into a voltage by a wiring pattern provided on the substrate 11 (not shown) (not shown) 1 is the same as that.

(第3の実施例) (Third Embodiment)
この実施例は、静電容量センサが設けられている第一基板の表面と、メタルドームスイッチが設けられている第二基板の表面とを対向するように配置したものである。 The examples are arranged so as to face the first substrate surface of the electrostatic capacitance sensor is provided, and a second substrate surface which metal dome switches are provided.

図5は、第3の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチ30の模式的断面図を示す。 Figure 5 is used in the third embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch 30 of the electronic device. 図5においては、図1と同一の要素については同一の符号を付している。 In FIG. 5 are denoted by the same reference elements as FIG. 図5に示す電子機器の操作スイッチ30の基本的な構成や操作機構(動作)は、第1の実施例で説明したもの(図1の電子機器の操作スイッチ1)と同様であるので、以下では、第3の実施例に特徴的な構成についてのみ説明する。 Since the basic structure and operation mechanism of the operation switch 30 of the electronic apparatus shown in FIG. 5 (operation) is similar to that described (electronic apparatus of the operation switch 1 in FIG. 1) in the first embodiment, the following in only be described characteristic configuration in the third embodiment.

図5に示すように、静電容量センサ12が設けられている基板11(第一基板)と、メタルドームスイッチ7が設けられている基板6(第二基板)とは、静電容量センサ12及びメタルドームスイッチ7が向かい合いようにして対向して配置されている。 As shown in FIG. 5, the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided (first substrate), a substrate 6 to the metal dome switch 7 is provided (the second substrate), the electrostatic capacitance sensor 12 and metal dome switch 7 is disposed to face as confronts. そして、静電容量センサ12及びメタルドームスイッチ7の間には、メタルドーム9の頂点に対向する部分に配置されるようにして突起10が存在している。 Further, between the capacitance sensor 12 and the metal dome switch 7, the projections 10 are present so as to be disposed at a portion facing the top of the metal dome 9. また、本実施例においては、基板6のうち、メタルドームスイッチ7を支持する部分を基板6のその他の部分から柔軟に支持された構造とする必要はない。 In the present embodiment, of the substrate 6, it is not necessary to flexibly supported structure portion supporting the metal dome switch 7 from the rest of the substrate 6.

その他の構成は、図1に示される電子機器の操作スイッチ1と同様とすればよいので、ここでの説明は省略する。 Other configurations, so may be the same as the operation switch 1 of the electronic device shown in FIG. 1, the description thereof is omitted here.

(第4の実施例) (Fourth Embodiment)
この実施例は、静電容量センサが設けられている第一基板の表面と、メタルドームスイッチが設けられている第二基板の裏面とを対向するように配置したものである。 The examples are arranged so as to face the first substrate surface of the electrostatic capacitance sensor is provided, and a back surface of the second substrate which metal dome switches are provided.

図6は、第4の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチ40の模式的断面図を示す。 Figure 6 is used in the fourth embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch 40 of the electronic device. 図6においては、図1と同一の要素については同一の符号を付している。 6 are denoted by the same reference elements as FIG. 図6に示す電子機器の操作スイッチ1の基本的な構成や操作機構(動作)は、第1の実施例で説明したもの(図1の電子機器の操作スイッチ1)と同様であるので、以下では、第4の実施例に特徴的な構成についてのみ説明する。 Since the basic structure and operation mechanism of the operation switch 1 of the electronic apparatus shown in FIG. 6 (operation) is similar to that described (electronic apparatus of the operation switch 1 in FIG. 1) in the first embodiment, the following in only be described characteristic configuration in the fourth embodiment.

図6に示すように、静電容量センサ12が設けられている基板11(第一基板)と、メタルドームスイッチ7が設けられている基板6(第二基板)とは、静電容量センサ12が基板6の裏面(メタルドームスイッチ7が設けられていない側の面)に接するように設けられている。 As shown in FIG. 6, the substrate 11 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided (first substrate), a substrate 6 to the metal dome switch 7 is provided (the second substrate), the electrostatic capacitance sensor 12 There is provided in contact with the rear surface of the substrate 6 (the surface on the side not metal dome switch 7 is provided). そして、メタルドーム7の頂点に対向する台座5に突起10を配置している。 Then, it is arranged projections 10 on the base 5 facing the apex of the metal dome 7. また、本実施例においては、メタルドームスイッチ7が設けられた基板6の当該メタルドームスイッチ配置部分(基板6における、メタルドームスイッチ7を支持するそれぞれの部分)も、当該配置部分以外の部分(基板6のその他の部分)から柔軟に支持される構造となっている。 In the present embodiment, (each part of the substrate 6, to support the metal dome switch 7) the metal dome switch arrangement portion of the substrate 6 to the metal dome switch 7 is also provided, the portion other than the arrangement portion ( from other portions) of the substrate 6 has a flexibly supported by the structure.

その他の構成は、図1に示される電子機器の操作スイッチ1と同様とすればよいので、ここでの説明は省略する。 Other configurations, so may be the same as the operation switch 1 of the electronic device shown in FIG. 1, the description thereof is omitted here.

[第二の実施形態] [Second Embodiment]
本実施形態においては、操作ボタンと、当該操作ボタンの操作に対して静電容量が連続的に変化する形状要素を含む静電容量センサと、メタルドームスイッチと、が配置されている電子機器の操作スイッチにおいて、静電容量センサとメタルドームスイッチとが両面基板の表裏にそれぞれ設けられている。 In the present embodiment, the operation button, the electrostatic capacitance with respect to the operation of the operation buttons and the electrostatic capacitance sensor including a continuously changing shape element, the electronic device and the metal dome switch, is arranged in the operation switch, the capacitance sensor and the metal dome switches are provided respectively on the front and back of the double-sided board. つまり、本実施形態においては、1枚の基板の表(又は裏)に静電容量センサを設け、この基板の裏(又は表)にメタルドームスイッチを設ける。 That is, in the present embodiment, a capacitive sensor in the table of one substrate (or back), provided metal dome switch on the back of the substrate (or table). 本実施形態においては、用いる基板が1枚となる。 In the present embodiment, the substrate used is single. 本実施形態は、別々の基板により組み合わせた場合(第一の実施形態)と比較して、実装スペースが更に小さくでき、操作部を小型化できるという利点がある。 This embodiment, when combined with different substrates as compared to the (first embodiment), the mounting space can be further reduced, there is an advantage that miniaturization of the operation unit. このような電子機器の操作スイッチの具体例について以下説明する。 A specific example of the operation switch of such electronic equipment will be described below.

(第1の実施例) (First Embodiment)
図7は、第1の実施例に用いられる、電子機器の操作スイッチ50の模式的断面図を示す。 Figure 7 is used in the first embodiment, showing a schematic cross-sectional view of the operation switch 50 of the electronic device. また、図8は、第1の実施例に用いられる携帯電話の模式的平面図を示している。 Further, FIG. 8 shows a schematic plan view of a cellular phone used in the first embodiment. 図7、8において、図1と同一の要素については図1と同一の符号を付している。 In FIGS. 7 and 8, the same elements as FIG. 1 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 1.

図7に示す電子機器の操作スイッチ50の基本的な構成は、基板、静電容量センサ、及びメタルドームスイッチ周辺の構成以外は、第一の実施形態(第一の実施例として説明した図1〜3の電子機器の操作スイッチ1)と同様である。 The basic configuration of the operation switch 50 of the electronic apparatus shown in FIG. 7, a substrate, a capacitance sensor, and other configurations of the peripheral metal dome switch, FIG. 1 described first embodiment (as a first embodiment to 3 of the electronic apparatus of the operation switch 1) similar to that. また、ジョグの選択や決定の操作機構(動作)についても、基本的には第一の実施形態(第一の実施例として説明した図1〜3の電子機器の操作スイッチ1)と同様である。 As for the jog selection or determination of the operating mechanism (operation) is basically the same as the first embodiment (the operation switch 1 of the first electronic device of FIGS. 1-3 described as Embodiment) .

以下、図7、8に従って、第1の実施例について説明する。 Hereinafter, in accordance with FIGS. 7 and 8, a description will be given of a first embodiment. 図7に示すように、背面筐体2上に、装置本来の機能を有するメイン基板3が取り付けられる。 As shown in FIG. 7, on the back casing 2, the main board 3 is mounted with a device original function. メイン基板3は、メイン基板3の実装部品と干渉しない高さに設定された台座5の中に配置され、台座5及びメイン基板3は、台座爪4により固定されている。 The main substrate 3 is disposed in the seat 5, which is set to a height that does not interfere with mounted components of the main board 3, the base 5 and the main substrate 3 is fixed by the base pawl 4. そして、台座5の上に、複数のメタルドームスイッチ7が下面に設けられ、かつ、複数の静電容量センサ12が上面に設けられた基板17(両面基板)が配置されている。 Then, on the pedestal 5, a plurality of metal dome switch 7 is provided on the lower surface, and a substrate 17 having a plurality of capacitive sensor 12 is provided on the upper surface (double-sided board) is disposed.

より具体的には、基板17の片面(この面を下面又は裏面ということがある。)には、複数のメタルドームスイッチ7が設けられる。 More specifically, the one side (sometimes referred to this plane the lower surface or back surface.) Of the substrate 17, a plurality of metal dome switch 7 is provided. メタルドームスイッチ7は、基板17の下面に設けられた同心円状の一対の電極を有する電極部8と、この電極と同軸に設けられ、その円周部が上記一対の電極の外側に位置する電極と接触して配置されるメタルドーム9と、からなる。 Metal dome switch 7, the electrode portions 8 having a concentric pair of electrodes provided on the lower surface of the substrate 17, is provided on the electrode and the coaxial electrodes its circumference portion is positioned outside of the pair of electrodes a metal dome 9, which is placed in contact with, made of. メタルドームスイッチ7としては、従来用いられているものと同様のものを用いればよいため、ここでの説明は省略する。 The metal dome switch 7, since the may be used similar to those conventionally used, and description thereof is omitted here. 一方、台座5の上面には、押し子となる複数の突起10が設けられている。 On the other hand, on the upper surface of the base 5, a plurality of projections 10 as the pusher is provided. これら突起10は、基板17の下面に配置されることとなる複数のメタルドーム9の頂点と対向する位置にそれぞれ配置される。 These projections 10 are disposed at positions opposed to the vertex of the plurality of metal domes 9 that would be disposed on the lower surface of the substrate 17. 突起10とメタルドーム9とは接触することとなるが、メタルドーム9が座屈しないように、台座5と基板17との間隔が調整される。 Although the make contact and the projection 10 and the metal dome 9, the metal dome 9 so as not to buckle, distance between the base 5 and the substrate 17 is adjusted.

基板17のもう一方の面(この面を上面又は表面ということがある。)には、検出電極12a、12bから構成される静電容量センサ12が複数設けられている。 The other surface of the substrate 17 (this side is that the upper surface or surfaces.), Detection electrodes 12a, the electrostatic capacitance sensor 12 consists 12b is provided with a plurality. そして、各10キーに相当するそれぞれの静電容量センサ12上には操作ボタン13がそれぞれ複数配置され、操作ボタン13の上方から前面筐体14により固定される。 The operation button 13 on each of the capacitance sensor 12 corresponding to each 10 keys are more disposed respectively, and fixed by the front cabinet 14 from above the operation buttons 13. つまり、操作ボタン13と静電容量センサ12とが一対一で対応するようになっている。 That is, the operation button 13 and the capacitance sensor 12 is adapted to correspond one-to-one.

そして、基板17の一部はメイン基板3との信号接続をするために、柔軟な接続構造部15となっている。 Then, a portion of the substrate 17 to the signal connection between the main board 3, and has a flexible connection unit 15. 接続構造部15の構造例としては、例えばFPCが用いられる。 The structure example of the connection structure 15, such as an FPC is used. なお、図7には図示していないが、基板17の両面にはそれぞれ操作スイッチに関わる信号を伝達する回路が形成されている。 Although not shown in FIG. 7, the circuit for transmitting a signal associated with each operation switch is formed on both surfaces of the substrate 17. 特に、各静電容量センサ12は基板17上に設けた配線パターン(図示せず)により静電容量を電圧に変換するC−V変換回路(図示せず)へそれぞれ接続されている。 In particular, each of the electrostatic capacitance sensor 12 are connected respectively to the C-V conversion circuit for converting the capacitance into a voltage by a wiring pattern provided on the substrate 17 (not shown) (not shown). 静電容量検出に関するC−V変換回路については、当業者にとってよく知られているものを用いればよいため、ここでの説明は省略する。 The C-V conversion circuit related to the capacitance detection, since the may be used which are well known to those skilled in the art, and description thereof is omitted here.

図7に示されるように、電子機器の操作スイッチ50において、各静電容量センサ12の中心(検出電極12a、12bの中心)と、各メタルドームスイッチ7の中心軸とが揃うように配置されている。 As shown in FIG. 7, the operation switch 50 of the electronic device, the center of each of the electrostatic capacitance sensor 12 (detection electrodes 12a, 12b center), is arranged so that the central axis is aligned in each metal dome switch 7 ing. そして、このメタルドームスイッチ7とその積層方向に構成された静電容量センサ12の組み合わせを複数個並べて10キーを構成している。 Then, they constitute the 10 keys are arranged a plurality of combinations of the capacitance sensor 12 constructed as the metal dome switch 7 in the stacking direction. 加えて、図7においては、各操作ボタン13の中心と、各メタルドームスイッチ7の中心軸とが揃うように配置されている。 In addition, in FIG. 7, the center of the operation buttons 13 are arranged so that the central axis of the respective metal dome switches 7 are aligned. 結果として、操作ボタン13と静電容量センサ12とメタルドームスイッチ7とがこの順で配置されて一組となり、10キーの一つに相当するようになっている。 As a result, the operation button 13 and the capacitance sensor 12 and the metal dome switch 7 is adapted to this order are arranged becomes a set, corresponding to one of the 10 keys.

次に、静電容量センサ12、基板17、及び前面筐体14についてより詳しく説明する。 Then, the electrostatic capacitance sensor 12, will be described in detail substrate 17 and the front housing 14. 図8は、携帯電話の模式的な平面図を示す。 Figure 8 shows a schematic plan view of a cellular phone. さらに図8には、上記携帯電話における前面筐体14の模式的な拡大図で、かつ、図7の電子機器の操作スイッチ50部分を前面筐体14側から透視した模式的平面図が示されている。 More 8 in schematic enlarged view of the front housing 14 in the portable telephone, and a schematic plan view seen through from the front cabinet 14 side operation switch 50 portion of the electronic device of FIG. 7 is shown ing. 図8において、図1と同一の要素については図1と同一の符号を付している。 8, the same elements as FIG. 1 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 1.

図8に示すように、静電容量センサ12は一組の検出電極12a、12bから構成されている。 As shown in FIG. 8, the electrostatic capacitance sensor 12 is composed of a pair of detection electrodes 12a, 12b. そして、静電容量センサ12が設けられた基板17の当該静電容量センサ配置部分(各静電容量センサ12それぞれを支持する基板17の部分)は、当該配置部分以外の部分(基板17の他の部分)から柔軟に支持される構造となっている。 Then, (part of each of the electrostatic capacitance sensor 12 the substrate 17 for supporting the respective) the capacitance sensor arrangement portion of the substrate 17 the electrostatic capacitance sensor 12 is provided, the other parts other than the arrangement portion (substrate 17 has a flexibly supported by the structure from the portion). これは、指16で各操作ボタン13を押下した場合に、メタルドームスイッチ7を動作可能とするためである。 This is because when pressing the operation button 13 with a finger 16, in order to the metal dome switch 7 operable. また、メタルドームスイッチ7の動作を確実にするために、メタルドーム9の中心軸は静電容量センサ12の中心と一致するように配置される。 Further, in order to ensure the operation of the metal dome switch 7, the center axis of the metal dome 9 is arranged to coincide with the center of the electrostatic capacitance sensor 12.

図7、8に示す電子機器の操作スイッチ50の操作機構(動作)は、上述の通り、第一の実施形態(第一の実施例として説明した図1〜3の電子機器の操作スイッチ1)で説明したものと同様であるため、ここでの説明は省略する。 Operation mechanism of the operation switch 50 of the electronic apparatus shown in FIGS. 7 and 8 (operation), as described above, the first embodiment (the operation switch 1 of the electronic device of Figure 1 to 3 explained as the first embodiment) in is the same as that described, and description thereof is omitted here.

(第2の実施例:静電容量センサの形状要素のバリエーション) (Second embodiment: Variation of the shape elements of the electrostatic capacitance sensor)
上記第1の実施例においては、静電容量センサは、一対の検出電極から構成している(第一の実施形態で説明した静電容量センサにおいても同様)。 In the first embodiment, the capacitance sensor, (the same applies to the electrostatic capacitance sensor described in the first embodiment) in which a pair of constituting the detection electrode. しかしながら、本発明においては、静電容量センサとして様々な形状のものを用いることができる。 However, in the present invention, it is possible to use various shapes as an electrostatic capacitance sensor. 例えば、操作ボタン1つに対し、前記静電容量の変化を検出可能な電極が2つ以上設けられて前記静電容量センサを形成していてもよい。 For example, the operation button one hand, the detectable electrodes a change in capacitance of two or more provided with may form the capacitive sensor.

また、静電容量センサの形状要素が、静電容量の変化を検出可能な電極パターンを含むようにしてもよい。 The shape elements of the electrostatic capacitance sensor, a change in capacitance may include a detectable electrode pattern. そのような具体例のいくつかについて以下説明する。 For some such embodiments will be described below. なお、以下説明する静電容量センサのバリエーションは、便宜上第二の実施形態における実施例の一つとしてそれぞれ説明するが、以下の静電容量センサの形状要素のバリエーションが、第一の実施形態に適用できることはいうまでもない。 In the following description a variation of the electrostatic capacitance sensor which is for convenience but each will be described as one example in the second embodiment, variations of the shape factors: the capacitance sensor, the first embodiment it is needless to say that can be applied.

(第1のバリエーション) (First variation)
図9は、電極パッドを静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 9, in the case of using the electrode pad as an electrostatic capacitance sensor, a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. より具体的には、図9(a)は電子機器の操作スイッチの断面模式図を示し、図9(b)は、静電容量センサ(電極パッド18)で検出される静電容量の変化を説明するための模式図を示す。 More specifically, FIG. 9 (a) shows a cross-sectional schematic view of the operation switch of the electronic device, FIG. 9 (b), a change in capacitance detected by the capacitance sensor (electrode pad 18) It shows a schematic diagram for explaining to. 図9において図7と同一の要素については、図7と同一の符号を付している。 For the same elements as those of FIG. 7 in FIG. 9 are designated by the same reference numerals as in FIG. 7.

図9(a)に示す電子機器の操作スイッチ60は、静電容量センサとして一枚の電極パッド18を用いる。 Operation switch 60 of the electronic device illustrated in FIG. 9 (a), using one of the electrode pads 18 as an electrostatic capacitance sensor. つまり、基板17上に配置された静電容量センサを、各キーに対して一枚の電極パッド18として配置しジョグとして使用している。 That is, the capacitance sensor disposed on the substrate 17, is used as a place to jog as a single electrode pad 18 with respect to each key. この構成以外は、上記第1の実施例(図7、8)と同様の構成を用いている。 Apart from this structure employs the same configuration as the first embodiment (FIG. 7,8). このため、以下では、図9(a)に示すように、指16を前面筐体14(電極パッド18)上を移動させた場合に検出される静電容量の変化についてのみ説明する。 Therefore, in the following, as shown in FIG. 9 (a), a description will be given only a change in capacitance detected when the finger 16 is moved over the front housing 14 (the electrode pads 18).

基板17上の電極パッド18の静電容量は操作により変化する。 The capacitance of the electrode pads 18 on the substrate 17 is changed by the operation. この変化量を予め求めておき、変化量の範囲内で検出される静電容量に対して入力候補等を対応させておくことにより入力の選択や、表示状態の変更が可能となる。 The variation obtained in advance, input selection and the by previously made to correspond to the input candidate or the like with respect to the electrostatic capacitance detected within a variation, it is possible to change the display condition. そして、図9(a)に示す指16の移動により、上記予め求めておいた静電容量の変化に対応する、静電容量の変化が起こった場合には、入力候補の表示や表示状態の変更を行う。 Then, by the movement of the finger 16 shown in FIG. 9 (a), corresponding to a change in the previously obtained capacitance, if the change in capacitance has occurred, the input candidate display or display state make the change. 例えば、図9(b)では、静電容量の変化に対応してサ行の各文字が表示されるような設定がなされている。 For example, in FIG. 9 (b), the set such that each character in the sub line appears in response to a change in capacitance have been made.

これにより、静電容量センサの検出電極が1つでもジョグとしての動作が可能となり、実装の省スペース化、ローコスト化の利点がある。 Accordingly, the detection electrode of the capacitance sensor enables operation as even one jog, space saving implementation is advantageous in cost reduction.

(第2のバリエーション) (Second variation)
本バリエーションでは、前記静電容量センサの形状要素として、静電容量の変化を検出可能な電極が設けられた基板の基板面からこの電極の電極面までの距離が、平面視した一方から他方に向かって連続的に減少又は増大する電極パターンを用いている。 In this variation, the shape element of the capacitive sensor, the distance from the surface of the substrate that is detectable electrode is provided a change in capacitance to the electrode surface of the electrode, from one to the other in a plan view headed are used continuously decreases or increases to the electrode pattern. 本バリエーションの具体例につき、図10を用いて説明する。 Per embodiments of the present variation will be described with reference to FIG.

図10は、基板表面から電極パッドまでの距離を基板厚み方向に連続的に変化させて配置し、静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 10, the distance from the substrate surface to the electrode pad arranged continuously changed in the substrate thickness direction, in the case of using as a capacitance sensor, a schematic cross-sectional view of the operation switch of the electronic device. より具体的には、図10(a)は電子機器の操作スイッチの断面模式図を示し、図10(b)は、静電容量センサ(電極パッド19)で検出される静電容量の変化を説明するための模式図を示す。 More specifically, FIG. 10 (a) shows a cross-sectional schematic view of the operation switch of the electronic device, FIG. 10 (b), a change in capacitance detected by the capacitance sensor (electrode pad 19) It shows a schematic diagram for explaining to. 図10において図7と同一の要素については、図7と同一の符号を付している。 For the same elements as those of FIG. 7 in FIG. 10 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 7.

図10は、各10キーにそれぞれ対応する静電容量センサとして、一枚の電極パッド19を用いているが、指16の移動方向に沿って指と電極パッド19までの距離とが徐々に短くなるような配置を用いている。 Figure 10 is a capacitive sensor corresponding to each 10 keys, but using a single electrode pad 19, is gradually reduced and the distance to the finger and the electrode pads 19 along the moving direction of the finger 16 It is used consisting arrangement. したがって、電極パッド19は段階的に基板17に埋め込まれるようになっている。 Accordingly, the electrode pad 19 is adapted to be embedded in stepwise substrate 17. これらの構成以外は、上記第1の実施例(図7、8)と同様の構成を用いている。 Other than these configurations, uses the same structure as the first embodiment (FIG. 7,8). このため、以下では、図10(a)に示すように指16を前面筐体14(電極パッド19)上を移動させた場合に検出される静電容量の変化についてのみ説明する。 Therefore, in the following, a description will be given only change in capacitance is detected when the finger 16 front cabinet 14 (electrode pad 19) moved on, as shown in Figure 10 (a).

図10(a)では、基板17に設けられた電極パット19(静電容量センサ)の上面から基板17の表面までの距離を変化させて配置している。 In FIG. 10 (a), it is arranged from the upper surface of the electrode pads 19 provided on the substrate 17 (capacitance sensor) by varying the distance to the surface of the substrate 17. これにより、図10(a)中の指16の移動に対して指16と電極パッド19との基板17の厚み方向の相対距離が変化する。 Thus, the relative distance in the thickness direction of the substrate 17 between the finger 16 and the electrode pad 19 is changed to the movement of the finger 16 in FIG. 10 (a). その結果、検出される静電容量が変化する。 As a result, the electrostatic capacitance detected changes. この容量変化を利用すれば、変化量の範囲内で検出される静電容量に対して入力候補等を対応させておくことにより入力の選択や、表示状態の変更が可能となる。 By utilizing this change in capacitance, input selection and the by previously made to correspond to the input candidate or the like with respect to the electrostatic capacitance detected within a variation, it is possible to change the display condition.

(第3のバリエーション) (Third variation)
本バリエーションでは、前記静電容量センサの形状要素として、静電容量の変化を検出可能な電極の幅が、平面視した一方から他方に向かって連続的に縮小又は拡大する電極パターンを用いている。 In this variation, the shape element of the capacitive sensor, the width of the detectable electrodes a change in electrostatic capacitance, is used continuously reduced or enlarged electrode patterns toward the other from one viewed in plan . 本バリエーションの具体例につき、図11を用いて説明する。 Per embodiments of the present variation will be described with reference to FIG.

図11は、台形形状の電極パッドを静電容量センサとして用いた場合における、電子機器の操作スイッチの模式的断面図と携帯電話の平面図を示す。 11, in the case of using the electrode pads of trapezoidal shape as a capacitance sensor, a plan view of a mobile phone schematic sectional view of the operation switch of the electronic device. より具体的には、図11(a)は電子機器の操作スイッチの断面模式図を示し、図11(b)は、図11(a)の電子機器の操作スイッチを含む携帯電話の平面図、及び前面筐体14を拡大して透視した模式的平面図を示す。 More specifically, FIG. 11 (a) shows a cross-sectional schematic view of the operation switch of the electronic device, and FIG. 11 (b) is a plan view of a cellular phone including the operation switch of the electronic device of FIG. 11 (a), and it shows a schematic plan view seen through an enlarged front housing 14. 図11において図7と同一の要素については、図7と同一の符号を付している。 For the same elements as those of FIG. 7 in FIG. 11 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 7.

図11は、各10キーにそれぞれ対応する静電容量センサとして、一枚の電極パッド21を用いているが、操作方向に沿って電極パッド21の幅が徐々に変化する形状を用いている。 Figure 11 is a capacitive sensor corresponding to each 10 keys, but using one of the electrode pads 21, the width of the electrode pads 21 along the operation direction is used gradually changing shape. より具体的には、電極パット21は、図11(b)に示すように等脚台形の形状を有している。 More specifically, the electrode pad 21 has an isosceles trapezoidal shape as shown in FIG. 11 (b). この構成以外は、上記第1の実施例(図7、8)と同様の構成を用いている。 Apart from this structure employs the same configuration as the first embodiment (FIG. 7,8). このため、以下では、図11(b)に示す操作方向に、指を前面筐体14(電極パッド19)上を移動させた場合に検出される静電容量の変化について説明する。 Therefore, in the following, the operation direction shown in FIG. 11 (b), the change in capacitance is detected will be described when the finger is moved over the front housing 14 (electrode pad 19).

図11(b)のように指の直線移動(操作方向)に対し、検出される静電容量が連続的に変化するように、電極パッド21の形状を制御しているので、操作者の指と電極パッド21との相対位置により指と電極パッド21との対向する面積が変化することが分かる。 To linear movement of the finger (operation direction) as in FIG. 11 (b), as the electrostatic capacitance detected is continuously changed, so controlling the shape of the electrode pad 21, the operator's finger it is facing area between the finger and the electrode pad 21 by the relative positions of the electrode pads 21 can be seen to change. これにより矢印の操作方向に指を移動させた時、静電容量が変化しジョグとしての動作が可能となる。 Thus when moving the finger in the operation direction of the arrow, the electrostatic capacitance is changed it is possible to operate as a jog.

(第3の実施例:メタルドームスイッチの配置変化) (Third Embodiment of the metal dome switch arrangement change)
上記第1の実施例、第2の実施例においては、「メタルドームスイッチとその積層方向に構成された静電容量センサの組み合わせを複数個並べて10キーを構成」している(第一の実施形態においても同様)。 The first embodiment, in the second embodiment, and "combination constitute the 10 keys are arranged a plurality of the metal dome switch and its capacitance sensor configured in the stacking direction" (the first embodiment also in the form). つまり、10キー一つ一つに対して、静電容量センサ及びメタルドームスイッチを一組ずつ用いている。 That is, for 10 key one by one, using an electrostatic capacitance sensor and the metal dome switches one set.

しかし、本発明においては、必ずしも静電容量センサとメタルドームスイッチを一組として用いる必要はない。 However, in the present invention, it is not always necessary to use an electrostatic capacitance sensor and the metal dome switch as a set. 例えば、静電容量センサが基板の表面に複数設けられ、メタルドームスイッチが上記基板の裏面に少なくとも1つ設けられる、という実施例を用いることもできる。 For example, the capacitance sensor is more provided on the surface of the substrate, the metal dome switch can also be used Examples of are at least one provided on the back surface of the substrate. このような実施例について以下説明する。 Such embodiment will be described below. なお、以下の説明は、便宜上第二の実施形態における実施例の一つとして説明するが、以下説明する技術を第一の実施形態に適用できることはいうまでもない。 The following description for convenience is described as one example of the second embodiment, it is needless to say that applying the technique to be described below to the first embodiment. 第一の実施形態に適用する場合、静電容量センサが第一基板の表面に複数設けられ、メタルドームスイッチが第二基板の表面に少なくとも1つ設けられる、という実施形態となる。 When applied to the first embodiment, the capacitance sensor is provided with a plurality on a surface of the first substrate, a metal dome switch is at least one provided on the surface of the second substrate, the embodiment of.

図12には、メタルドームスイッチの配置を変化させた電子機器の操作スイッチの模式的断面図を示す。 FIG. 12 shows a schematic cross-sectional view of the operation switch of an electronic device with varying placement of the metal dome switch. 図12において、図7と同一の要素については、図7と同一の符号を付している。 12, the same elements as in FIG. 7 are denoted by the same reference numerals as in FIG. 7.

図12に示すように、メタルドームスイッチ7は、基板17(両面基板)において複数の静電容量センサ12が設けられた面とは反対側の面に少なくとも1個配置される。 As shown in FIG. 12, the metal dome switch 7, the substrate 17 a plurality of capacitive sensor 12 in the (double-sided board) it is provided faces are arranged at least one on the opposite side. 基板17は操作ボタン13に関わる信号をメイン基板3へ伝達する回路部分(接続構造部15)を除き、メタルドームスイッチ7のメタルドーム9を座屈させるのに十分な基板強度(メタルドームスイッチ7をON/OFFさせるに足りる強度)を有する。 Substrate 17 except for the circuit portion for transmitting a signal relating to the operation button 13 to the main board 3 (connection unit 15), sufficient substrate strength to cause buckle metal dome 9 of the metal dome switch 7 (metal dome switch 7 having a strength sufficient to be oN / OFF). 基板17の信号伝達部は、接続構造部15を介してメイン基板3と柔軟に接続される。 Signal transfer unit of the substrate 17 is flexibly connected to the main substrate 3 via the connection unit 15. これにより各キーに配置された静電容量センサ12でジョグ機能を、基板17全体を押下することで決定動作を行うことが可能となる。 Thus the jog function in the electrostatic capacitance sensor 12 disposed in each key, it is possible to perform a determination operation by pressing the entire substrate 17. またメタルドーム9の座屈により接点が接続されると同時にクリック感触を得ることもできる。 It is also possible to obtain simultaneously click feeling when contact is connected by buckling of the metal dome 9.

このように、本実施例では、メタルドームスイッチ7をそれぞれのキーの数に対して省略できるので、構造が単純でローコスト化できるという効果が得られる。 Thus, in this embodiment, it is possible to omit the metal dome switch 7 for the number of each key, the effect is obtained that the structure can be simple and low cost.

[その他] [More]
本発明は上記実施形態に限定されず、本発明の要旨の範囲内で種々設計変更を行うことができる。 The present invention is not limited to the above embodiment, it is possible to make various design changes within the scope of the invention. 例えば、メタルドーム9として、導電性の物質(例えば導電性ゴム)を用いることもできる。 For example, it can be used as a metal dome 9, conductive material (e.g. conductive rubber). また、上記実施形態では、操作ボタンが10キーの場合について説明したが、操作ボタンを12キーとしてもよいことはいうまでもない。 Further, in the above embodiment, the operation button has been described for the case of 10 keys, it the operating buttons may be 12 key course.

本発明の携帯機器の操作機構はPC、PDA、携帯電話、デジタルカメラ、DVC、音楽端末等携帯機器全般に適用できる。 Mobile devices operating mechanism of the present invention is applicable PC, PDA, mobile phones, digital cameras, DVC, music terminal such as a portable device in general.

本発明の活用例としては、携帯電話、ウエアラブルPC、PDA等標準でフルキーボードが付随していない携帯情報端末に有効である。 Examples of applications of the present invention, a cellular phone, is effective in a portable information terminal wearable PC, a full keyboard such as PDA standard not accompanied.

1、20、30、40、50、60、70、80、90 電子機器の操作スイッチ 2 背面筐体 3 メイン基板 4 台座爪 5 台座 6、11、17 基板 7 メタルドームスイッチ 8 電極部 9 メタルドーム 10 突起 12 静電容量センサ 12a、12b 検出電極 13 操作ボタン 14 前面筐体 15 接続構造部 16 指 18、19、21 電極パッド 100 従来の携帯情報機器の操作スイッチ 101 メイン基板 102 台座 110 メタルドームスイッチ 111 基板 112 円形状電極 113 リング状電極 114 電極部 115 メタルドーム 116 回路配線 117 突起 118 操作ボタン 119 前面筐体 160 指 1,20,30,40,50,60,70,80,90 electronic apparatus of the operation switch 2 back casing 3 main substrate 4 pedestal claw 5 base 6,11,17 substrate 7 metal dome switch 8 electrode 9 metal dome 10 projection 12 capacitive sensor 12a, 12b detect electrodes 13 operation buttons 14 front cabinet 15 operation switch 101 main board 102 pedestal 110 metal dome switch connection unit 16 finger 18, 19, 21 electrode pads 100 conventional portable information equipment 111 substrate 112 circular electrode 113 annular electrode 114 electrode part 115 metal dome 116 circuit wiring 117 projection 118 operating button 119 front cabinet 160 finger

Claims (2)

  1. 筐体と、該筐体に対向して設けられ、該筐体上の操作により発生する静電容量を検出する静電容量センサと、前記筐体と前記静電容量センサとの間に前記静電容量センサに対応する操作ボタンと、を有し、 A housing, provided opposite to the housing, and the electrostatic capacitance sensor which detects the electrostatic capacitance generated by the operation on the housing, said static between the capacitive sensor and the housing has an operation button corresponding to the capacitance sensor, a,
    前記静電容量センサの幅が連続的に縮小又は拡大されることによって、前記静電容量が前記筐体上での操作に応じて連続的に変化し、 By width of the capacitive sensor is continuously reduced or enlarged, the capacitance changes continuously in accordance with the operation on the housing,
    前記静電容量センサの下に前記操作ボタンに対応するメタルドームスイッチを有することを特徴とする電子機器の操作スイッチ。 Operation switch of an electronic device characterized by having a metal dome switch corresponding to the operation button below the capacitive sensor.
  2. 前記静電容量センサの幅は、前記操作の方向に沿って連続的に縮小又は拡大されている 、請求項1に記載の電子機器の操作スイッチ。 The width of the capacitive sensor is continuously reduced or enlarged along the direction of the operation, the operation switch of an electronic device according to claim 1.
JP2011249182A 2011-11-14 2011-11-14 Operation switches and operation control method of an electronic device Expired - Fee Related JP5293796B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011249182A JP5293796B2 (en) 2011-11-14 2011-11-14 Operation switches and operation control method of an electronic device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011249182A JP5293796B2 (en) 2011-11-14 2011-11-14 Operation switches and operation control method of an electronic device

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006163093 Division 2006-06-13

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012033508A JP2012033508A (en) 2012-02-16
JP5293796B2 true JP5293796B2 (en) 2013-09-18

Family

ID=45846643

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011249182A Expired - Fee Related JP5293796B2 (en) 2011-11-14 2011-11-14 Operation switches and operation control method of an electronic device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5293796B2 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000338977A (en) * 1999-05-28 2000-12-08 Umeko Kato Electronic musical instrument using capacitance sensor
JP3943876B2 (en) * 2000-08-11 2007-07-11 アルプス電気株式会社 Input device and an electronic apparatus having the same
JP4270931B2 (en) * 2003-05-08 2009-06-03 アルプス電気株式会社 Touch sensor
JP4148187B2 (en) * 2004-06-03 2008-09-10 ソニー株式会社 Portable electronic device, the input operation control method and program
JP2007240479A (en) * 2006-03-13 2007-09-20 Fujikura Ltd Capacitance type position detector

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012033508A (en) 2012-02-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5215555B2 (en) Pointing device that is suitable for small-sized portable terminal
US6496181B1 (en) Scroll select-activate button for wireless terminals
US9563317B2 (en) Capacitive control panel
EP2820518B1 (en) Pressure sensitive key normalization
EP2077490A2 (en) Selective rejection of touch contacts in an edge region of a touch surface
EP1818771A1 (en) On-screen diagonal cursor navigation on a handheld communication device
EP2133776A1 (en) Mobile information terminal device and mobile telephone
US20190171313A1 (en) Actuating user interface for media player
CA2449447C (en) System for disposing a proximity sensitive touchpad behind a mobile phone keymat
US7893921B2 (en) Input device
US7324020B2 (en) General purpose input board for a touch actuation
US20090002199A1 (en) Piezoelectric sensing as user input means
US7808487B2 (en) System for disposing a proximity sensitive touchpad behind a mobile phone keymat
US8139035B2 (en) Touch sensitive keypad with tactile feedback
US6813509B2 (en) Switch
US20130100030A1 (en) Keypad apparatus having proximity and pressure sensing
US8310455B2 (en) Electronic apparatus and input interface thereof
US7321361B2 (en) Coordinate input device having non-flat operation surface and electronic apparatus
US8390481B2 (en) Sensing capacitance changes of a housing of an electronic device
JP4260406B2 (en) Pressing direction sensor and an input apparatus using the same
US20080202824A1 (en) Tilting Touch Control Panel
US6704005B2 (en) Input device which allows button input operation and coordinate input operation to be performed in the same operation plane
US7679010B2 (en) Rotator wheel
CN100514267C (en) Pointing device and method of inputting data into a device having a display screen
EP1081922A2 (en) Electronic apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111114

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130125

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130205

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130408

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130514

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130527

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees