JP5258099B2 - プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法 - Google Patents

プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5258099B2
JP5258099B2 JP2009016568A JP2009016568A JP5258099B2 JP 5258099 B2 JP5258099 B2 JP 5258099B2 JP 2009016568 A JP2009016568 A JP 2009016568A JP 2009016568 A JP2009016568 A JP 2009016568A JP 5258099 B2 JP5258099 B2 JP 5258099B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
coupler
pile
footing
reinforcing bar
reinforcing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009016568A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010174474A (ja
Inventor
正明 夛田
Original Assignee
前田製管株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 前田製管株式会社 filed Critical 前田製管株式会社
Priority to JP2009016568A priority Critical patent/JP5258099B2/ja
Publication of JP2010174474A publication Critical patent/JP2010174474A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5258099B2 publication Critical patent/JP5258099B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明はプレストレストコンクリート杭に関し、詳しくは、プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びにプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法に関する。
コンクリート杭とフーチングとの連結方法として、フーチング内への杭の埋込み長さを最小限度にとどめ、主として鉄筋で補強することにより杭頭曲げモーメントに抵抗する方法が知られる(道路橋示方書の「方法B」)。この場合、杭頭部の一定長を機械的にはつり出し、PC鋼材や予め杭体内に埋め込んだ補強鉄筋(杭体内補強鉄筋)を露出させなければならない。さらに杭の中空部に一定深さで中詰めコンクリートを打設し、該中詰めコンクリートに建て込んだ補強筋をフーチング部鉄筋コンクリートと一体化させている。
PHC杭の補強方法では、剛結合であることを仮定してモーメントが作用する場合、フーチング部の仮想鉄筋コンクリート断面を仮定して、コンクリートと鉄筋の応力度を照査することが行われている。この場合、杭体内補強鉄筋と中詰め補強鉄筋が考慮され、カットオフ位置から下方のPC鋼材径の50倍の区間はプレストレスのない区間として取り扱われ、PC鋼材は無視される。特に、軸方向の引抜き力を考慮する場合には、杭体内補強鉄筋を用いることが原則である。また、ハツリ出し作業は油圧ジャッキ式の切断機等をもって杭頭部をカットオフし、PC鋼材や杭体内補強鉄筋を傷付けないよう露出させる必要があるため、極めて多大な労力を要する作業である。
上記のような問題点を解決するため、PHC杭の杭頭部の補強構造として、杭頭部端板にネジ切りされたPC鋼材緊張時の緊張板固定用の孔を利用し、この雌ネジ穴に先端に雄ネジ部を有するフーチング用の補強鉄筋をネジ込んで定着させる方法(特開昭62−288219号公報)及び前記雌ネジ穴に中央部に雌ネジ穴を設けた連結補助具を埋め込み、該連結補助具の前記雌ネジ穴に先端に雄ネジ部を有するフーチング用補強鉄筋をネジ込んで定着させる方法(実公平3−040912号公報)が開示されている。
また、あらかじめフーチング用補強鉄筋の先端にボルトや緊結部材を固着し、PHC杭の杭頭部端板の雌ネジ穴に前記ボルトや緊結部材を螺合して定着する方法も提案されている(特開昭63−165618号公報、実開平04−050447号公報、特開2000−212956号公報)。
これらの提案とは別に、フーチングに埋め込まれる補強鉄筋の接続部をネジ切りして雄ネジを形成し、これを既成コンクリート杭の杭頭部端板のネジ孔に螺合してナットやカプラーを締め付けて定着させる工法がある(特開平02−091322号公報)。また、特許3568168号公報のように、所定長のネジ無し部を設けて非螺合部を設け、締め付けによる緊張力を付加しているものが知られている(NCPアンカー工法)。更に、コンクリート杭の杭頭部端板に直接フーチング用の補強鉄筋をスタッド溶接して連結し、フーチングを杭頭部の端板に定着させる工法がある(パイルスタッド工法)。
実公平03−040912号公報 特開平02−091322号公報 実開平04−050447号公報 特開2000−212956号公報 特許第3568168号公報
道路橋示方書 IV 下部構造編 パイルスタッド工法カタログ
前記道路橋示方書の方法Bでは、杭頭部のコンクリートをはつる作業や杭中空部のソイルセメントを除去する作業があるため、建築分野では前記NCPアンカー工法やパイルスタッド工法が採用されることが多い。しかし、土木分野ではこうした方法が採用されておらず、新たな杭頭補強方法が望まれていた。
また、前記実公平3−040912号公報や特開昭62−288219号公報の発明のような杭頭部端板の既製のネジ穴を利用する方法ではネジ径の大きさが限られ、ひいては使用できるフーチング用の補強鉄筋の太さが限られてしまうという問題がある。
一方、前記パイルスタッド工法は溶接されるスタッド鉄筋に引張力が生じる。したがって、その影響を避けるため、杭頭部端板の厚さによって使用できるフーチング用補強鉄筋の太さも制限されるという欠点を有する。更には、これら従来の杭頭部の補強構造では、施工後の杭頭部に引張応力が作用した場合、杭頭部端板に引張応力が直接作用し、杭頭部端板が変形したり損傷する畏れが生じるといった問題点がある。
本発明は、上記のような従来技術が有する諸欠点を解消するためになされたもので、施工後の杭頭部のハツリ作業をなくすことができるとゝもに、杭頭部端板の既製のネジ穴の大きさに制限されずにフーチング用補強鉄筋の径を大きくすることが可能で、かつフーチング用補強鉄筋に引張応力が作用した場合でも、杭頭部端板が変形したり損傷することのない杭頭部構造を提供することを目的としたものである。
上記の目的を達成するため、本願の請求項1に係る発明は、PC杭の杭頭端板に形成したカプラー定着穴に、前記杭頭端板の裏面側から挿入した一端側のカプラー構成部材と、該一端側のカプラー構成部材とネジ結合により一体に連結した前記杭頭端板の表面側から挿入した他端側のカプラー構成部材とで、前記カプラー定着穴の穴周縁を上下から挟持してカプラーを装着してなり、前記カプラーを構成する前記一端側のカプラー構成部材はPC鋼材のヘッド定着部を、前記他端側のカプラー構成部材はフーチングの補強用鉄筋を取り付けるための雌ネジ穴をそれぞれ備えた構成としたことを特徴とするプレストレストコンクリート杭である。
また、上記の目的を達成するため、本願の請求項2に係る発明は、PC鋼材のヘッド定着部を有する一端側のカプラー構成部材と、フーチングの補強用鉄筋を取付けるための雌ネジ穴を有する他端側のカプラー構成部材をネジ結合により一体に連結してPC杭の杭頭端板にカプラーを装着するとゝもに、前記一端側のカプラー構成部材のヘッド定着部にPC鋼材の端部を取付けた鉄筋籠をPC杭成形用の型枠内に配置する工程、前記型枠内にコンクリートを打設して一体に成形した後、前記カプラーを前記雌ネジ穴を利用してねじ込んだ定着ボルトにより取付けた緊張版を介して前記PC鋼材に所定の緊張力を与えながら前記コンクリートを養生硬化させる工程、養生硬化させたコンクリートにプレストレスを与えて脱型し、前記定着ボルトを取り外す工程を順次経ることを特徴とする請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭の製造方法である。
そして、本願の請求項3に係る発明は、請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後、前記カプラーの雌ネジ穴にフーチング補強用鉄筋の基部に形成した雄ネジをねじ込み、該フーチング補強用鉄筋を前記カプラーを介して前記PC鋼材に連結するとゝもに、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法である。
そして又、本願の請求項4に係る発明は、請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後又は建て込む前に、前記カプラーの雌ネジ穴に、鍔部とその上下面から突出するボルト部からなる接続ボルトの一方のボルト部をねじ込んで前記カプラーと連結するとゝもに、前記接続ボルトの他方のボルト部を、フーチング補強用鉄筋の一端を固定したスリーブ圧着ネジ継手の雌ねじ穴にねじ込んで前記フーチング補強用鉄筋と連結し、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法である。
本願の請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭は、上記のように、PC鋼材のヘッド定着部を有する一端側のカプラー構成部材と、フーチングの補強用鉄筋を取付けるための雌ネジ穴を有する他端側のカプラー構成部材との二部材からなり、該二部材がネジ結合により一体構造となるカプラーを、前記杭頭端板の裏面側から挿入した前記一端側のカプラー構成部材と、前記杭頭端板の表面側から挿入した前記他端側のカプラー構成部材とをネジ結合により一体化することで前記カプラー定着穴の穴周縁を上下から挟持し、前記杭頭端板に装着する構造としたものである。
したがって、大きさの異なるヘッド定着部を備えた複数の一端側のカプラー構成部材と、大きさの異なる雌ネジ穴を備えた複数の他端側のカプラー構成部材とを任意に組み合わせることで、多種類のカプラーを形成することが可能であり、PC鋼材及びフーチング補強用鉄筋の太さに自在に対応できる。また、前記カプラーは一端側のカプラー構成部材と他端側のカプラー構成部材とでカプラー定着穴の穴周縁を上下から挟持する状態で杭頭端板に固定されているので、カプラーの杭頭端板への取付け部の構造強度が向上する。
また、本願の請求項2に記載のプレストレストコンクリート杭の製造方法は、PC鋼材のヘッド定着部を有する一端側のカプラー構成部材と、フーチングの補強用鉄筋を取付けるための雌ネジ穴を有する他端側のカプラー構成部材をネジ結合により一体に連結してPC杭の杭頭端板にカプラーを装着するとゝもに、前記一端側のカプラー構成部材のヘッド定着部にPC鋼材の端部を取付けた鉄筋籠をPC杭成形用の型枠内に配置する工程、前記型枠内にコンクリートを打設して一体に成形した後、前記カプラーを前記雌ネジ穴を利用してねじ込んだ定着ボルトにより取付けた緊張版を介して前記PC鋼材に所定の緊張力を与えながら前記コンクリートを養生硬化させる工程、養生硬化させたコンクリートにプレストレスを与えて脱型し、前記定着ボルトを取り外す工程を順次経ることを特徴とするものであるから、前記カプラーに形成したフーチングの補強用鉄筋を取付けるための雌ネジ穴を利用することで、前記PC鋼材の緊張作業を容易に行うことができる。
また、本願の請求項3に記載のプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法は、上記のように、プレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後、前記カプラーの雌ネジ穴にフーチング補強用鉄筋の基部に形成した雄ネジをねじ込み、該フーチング補強用鉄筋を前記カプラーを介して前記PC鋼材に連結するとゝもに、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするものであるから、杭頭部のカットオフを行う必要がない。又、フーチング補強用鉄筋として任意大きさの径のものを選定することができるなど、経済的な杭頭部とフーチングとの連結構造を提供できる。
そして更に、本願の請求項4に記載のプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法は、上記のように、請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後又は建て込む前に、前記カプラーの雌ネジ穴に、鍔部とその上下面から突出するボルト部からなる接続ボルトの一方のボルト部をねじ込んで前記カプラーと連結するとゝもに、前記接続ボルトの他方のボルト部を、フーチング補強用鉄筋の一端を固定したスリーブ圧着ネジ継手の雌ねじ穴にねじ込んで前記フーチング補強用鉄筋と連結し、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするものであるから、前記接続ボルトの他方のボルト部の径および該ボルト部がねじ込まれて連結されるスリーブ圧着ネジ継手の圧着部の径が大きなものを選択することで、この圧着部に圧着固定されるフーチング補強用鉄筋の径が大きなものを自在に選定することができ、構造強度の大きなフーチング部と杭頭部との連結構造を提供することができる。
プレストレストコンクリート杭の杭頭部の説明断面図である。 本発明で使用するカプラーで、(イ)は斜視図、(ロ)は正面図、(ハ)は(ロ)のIーI線断面矢視図である。 プレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結状態を示す説明断面図である。 プレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチング補強用鉄筋との連結状態を示す説明断面図である。 本発明に係るプレストレストコンクリート杭の杭頭部の説明断面図である。 本発明で使用するカプラーの実施例で、(イ)は斜視図、(ロ)は正面図、(ハ)は(ロ)のIIーII線断面矢視図である。 プレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結状態を示す更に他の実施例の説明断面図である。 プレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチング補強用鉄筋の連結状態を示す更に他の実施例の説明断面図である。 本発明に係るプレストレストコンクリート杭の製造方法を示す説明部分断面図である。
以下、本発明を図面に示す実施形態により詳細に説明する。図1乃至図4において、1はプレストレストコンクリート杭で、その内部コンクリート3にはプレストレスを導入するためのPC鋼材2が前記杭1の全長にわたって埋設さている。4は前記プレストレストコンクリート杭1の上端部に装着したドーナツ型の杭頭端板であり、5は前記杭頭端板4に設置したカプラーである。なお、図中2aは前記PC鋼材2の先端部に形成した係止用のヘッドである。
上記カプラー5は、図2に示すように、全体形状が円柱状体のもので、外周面に周溝6を備えており、この周溝6と前記杭頭端板4に形成したスライド式のカプラー定着穴7の穴周縁との係合により、前記カプラー5は杭頭端板4に装着されている。
詳述すると、前記カプラー定着穴7は、前記カプラー5の外径よりやや大きい径の大径穴と、前記周溝6の外径よりやや大きい径の小径穴とがこの小径穴の直径部で連続した構成の所謂ダルマ穴からなる形状のものであり、前記大径穴の部分で挿入したカプラー5をその周溝6の部分で小径穴方向にスライドさせ、前記小径穴(前記カプラー定着穴)7の穴周縁と係合させることで前記杭頭端板4に装着されている。
8は前記PC鋼材2のヘッド2aを固定するためのヘッド定着部で、前記カプラー5の外周面から中心部付近まで延びたT字形状の横穴、詳しくは、ヘッド挿通部8aとPC鋼材挿通部8bとからなる正面視がT字形状の横穴で構成されている。9は前記カプラー5の中心部に上端面から下方向に延びる雌ネジ穴で、プレストレストコンクリート杭1の頭部1AにフーチングFを構築する場合に、フーチングの補強用鉄筋10を取付ける際に使用するものであり、前記雌ネジ穴9の上端は前記カプラー5の上端面に開口している。なお、図中10aは前記フーチング補強用鉄筋10の下端部に形成した雄ねじである。
そこで、上記のような構成からなる既成のプレストレストコンクリート杭1を使用し、その杭頭部1Aと連結したフーチングFを構築する場合について説明すると、図3に示すように、プレストレストコンクリート杭1を地盤Gに建て込み、該杭1の杭頭端板4の上面に露出するカプラー5の雌ネジ穴9内に、フーチング補強用鉄筋10の下端部に形成した雄ねじ10aをねじ込み、該補強用鉄筋10を前記カプラー5と一体に連結する。
これにより、前記フーチングの補強用鉄筋10は、カプラー5を介して内部コンクリート3内に埋設したPC鋼材2と一体に連結されることになる。つぎに、プレストレストコンクリート杭1の杭頭端板4の上面から上方へ起立する各フーチングの補強用鉄筋10,10に図示しない帯鉄筋を配設し、フーチング成形用の枠内にコンクリートを打設する。そして、このコンクリートが硬化することで、プレストレストコンクリート杭1のPC鋼材2と一体に連結された前記各フーチングの補強用鉄筋10及び図示しない帯鉄筋で補強されたフーチングFが形成される。
上記図1乃至図3に示す実施例では、カプラー5の雌ネジ穴9内にフーチング補強用鉄筋10の雄ネジ10aを直接ねじ込むことで、フーチングの補強用鉄筋10とカプラー5とを一体に連結する方法について説明したが、図4に示すような他の方法、すなわち、スリーブ圧着ネジ継手11および接続ボルト13を介して連結する方法も採用できる。
詳述すると、前記スリーブ圧着ネジ継手11は、スリーブの内周面に雌ネジを形成した下方の雌ネジ部12aと、スリーブの内周面に凹凸を形成した上方の圧着部12bとから構成されている。一方、前記接続ボルト13は、ねじ棒の長手方向の中央部に鍔14を備え、該鍔14の中心部にあってその上下両面に上部雄ネジ15aと下部雄ネジ15bがそれぞれ上下に突設した構造のものである。
そこで、先ず前記接続ボルト13の下部雄ネジ15bを、鍔14が前記カプラー5の上端面と当接するまでその雌ネジ穴9内にねじ込み、前記カプラー5に接続ボルト13を連結しておく。つぎに、前記接続ボルト13の上部ネジ15aにスリーブ圧着ネジ継手11の下方の雌ネジ部12aをねじ込むことで、前記接続ボルト13とスリーブ圧着ネジ継手11とが連結される。
これにより、図4(イ)に示すように、前記スリーブ圧着ネジ継手11の上方の圧着部12bに下端が圧着により固定されたフーチングの補強用鉄筋10が、図4(ロ)に示すように、前記スリーブ圧着ネジ継手11および接続ボルト13を介して前記カプラー5と一体に連結されることになる。
図5乃至図8は本発明の他の実施例で、前記図1乃至図4に示す実施例1のものとはカプラー5の構造が相違するのみで、その他の構成及びカプラー5とフーチングの補強用鉄筋10との連結構造は、前記図1乃至図4に示す実施例1のものと同じである。したがって、以下では相違する部分についてのみ詳細に説明し、その他の同一の構成部材については同一の符号を付し、詳細な説明は省略する。
図5乃至図8において、25はカプラーで、該カプラー25はPC鋼材2のヘッド定着部8を有する一端側のカプラー構成部材(以下、雌側部材と言う)26と、フーチングの補強用鉄筋10を取付けるための雌ネジ穴9を有する他端側のカプラー構成部材(以下、雄側部材と言う)27との二部材から構成されており、前記雌側部材26と雄側部材27とはネジ結合により一体化構造となってカプラー25を形成する構成のものである。
詳述すると、PC鋼材2のヘッド定着部8を有する雌側部材26は、その中心部に上端面から下方向に延びる雌ネジ穴9を備えており、フーチングの補強用鉄筋10を取付けるための雌ネジ穴9を有する雄側部材27を、その頭部29の下面中央から垂下する雄ネジを備えたボルト部30の部分で前記雌側部材26の雌ネジ穴28と螺合せしめることで、上記カプラー25が形成される。
そこで、上記の構成から成るカプラー25をプレストレストコンクリート杭1の杭頭端板4に固定する場合は、前記雄側部材27のボルト部30の径よりやや大きい径のカプラー定着穴31を杭1の杭頭端板4に形成し、前記雄側部材27のボルト部30を前記カプラー定着穴31内に杭頭端板4の上面側から挿入する。そして、一方の雌側部材26を杭頭端板4の裏面側に配設し、その雌ネジ穴28をカプラー定着穴31の位置と合致させ、該カプラー定着穴31内に挿入したボルト部30と雌ネジ穴28とを合致させる。
つぎに、雄側部材27を回動することでボルト部30を前記雌側部材26の雌ネジ穴28に螺合させ、雄側部材27を更に回動させることで両部材26,27により前記カプラー25を形成するとゝもに、カプラー定着穴31の穴周縁を前記雄側部材27の頭部29下面と雌側部材26の上端面とで上下から締付けることで、前記カプラー25はプレストレストコンクリート杭1の杭頭端板4に装着される。
そこで、上記のような構成からなる既成のプレストレストコンクリート杭1を使用し、その上端部にフーチングFを構築する場合について説明すると、図7に示すように、杭1の杭頭端板4の上面に露出するカプラー25の雌ネジ穴9内に、フーチング補強用鉄筋10の下端部に形成した雄ねじ10aをカプラー25の上端面の開口からねじ込み、フーチングの補強用鉄筋10を前記カプラー5と一体に連結する。
或いは、図8に示すように、スリーブ圧着ネジ継手11および接続ボルト13を介して連結する前記図4で説明したような方法で、フーチングの補強用鉄筋10をカプラー25と一体に連結する。その後のプレストレストコンクリート杭1の上端部にフーチングFを構築する方法については上記と同一である。
つぎに、本発明に係るプレストレストコンクリート杭1の製造方法を、図9に示す説明図により説明すると、前記カプラー5,25を杭頭端板4のカプラー定着穴7,31に装着し、前記カプラー5,25のヘッド定着部8にPC鋼材2のヘッド2aを取付けた鉄筋籠をプレストレストコンクリート杭成形用の型枠40内に配置する。
そして、前記型枠40内にコンクリート41を打設して一体に成形した後、前記カプラー5,25をその雌ネジ穴9を利用してねじ込んだ定着ボルト42により緊張版43に取り付ける。つぎに、油圧シリンダを駆動してその緊張ロッド44を収縮させ、前記緊張版43,カプラー5,25を介して前記PC鋼材2に所定の緊張力を与える。そしてこの状態でコンクリート41を養生硬化させる。
そして更に、型枠40内に打設した前記コンクリート41の養生硬化工程が終了したのち、養生硬化させたコンクリート3にプレストレスを与えて脱型し、前記定着ボルト42を前記カプラー5,25の雌ネジ穴9から取り外すことで、本発明に係るプレストレストコンクリート杭1を得ることが出来る。
1 プレストレストコンクリート杭1
1A 杭頭
2 PC鋼材
2a 端部
3 コンクリート
4 杭頭端板
5・25 カプラー
6 周溝
7・31 カプラー定着穴
8 ヘッド定着部
8a ヘッド挿通部
8b PC鋼材挿通部
9 雌ネジ穴
10 フーチング補強用鉄筋
10a 雄ネジ
11 スリーブ圧ネジ継手
12a 雌ネジ部
12b 圧着部
13 接続ボルト
14 鍔
15a 上部雄ネジ
15b 下部雄ネジ
26 一端側のカプラー構成部材(雌型部材)
27 他端側のカプラー構成部材(雄型部材)
28 雌ネジ穴
29 頭部
30 ボルト部
40 型枠
41 コンクリート
42 定着ボルト
43 緊張板
44 緊張ロッド

Claims (4)

  1. PC杭の杭頭端板に形成したカプラー定着穴に、前記杭頭端板の裏面側から挿入した一端側のカプラー構成部材と、該一端側のカプラー構成部材とネジ結合により一体に連結した前記杭頭端板の表面側から挿入した他端側のカプラー構成部材とで、前記カプラー定着穴の穴周縁を上下から挟持してカプラーを装着してなり、前記カプラーを構成する前記一端側のカプラー構成部材はPC鋼材のヘッド定着部を、前記他端側のカプラー構成部材はフーチングの補強用鉄筋を取り付けるための雌ネジ穴をそれぞれ備えた構成としたことを特徴とするプレストレストコンクリート杭。
  2. PC鋼材のヘッド定着部を有する一端側のカプラー構成部材と、フーチングの補強用鉄筋を取付けるための雌ネジ穴を有する他端側のカプラー構成部材をネジ結合により一体に連結してPC杭の杭頭端板にカプラーを装着するとゝもに、前記一端側のカプラー構成部材のヘッド定着部にPC鋼材の端部を取付けた鉄筋籠をPC杭成形用の型枠内に配置する工程、前記型枠内にコンクリートを打設して一体に成形した後、前記カプラーを前記雌ネジ穴を利用してねじ込んだ定着ボルトにより取付けた緊張版を介して前記PC鋼材に所定の緊張力を与えながら前記コンクリートを養生硬化させる工程、養生硬化させたコンクリートにプレストレスを与えて脱型し、前記定着ボルトを取り外す工程を順次経ることを特徴とする請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭の製造方法。
  3. 請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後、前記カプラーの雌ネジ穴にフーチング補強用鉄筋の基部に形成した雄ネジをねじ込み、該フーチング補強用鉄筋を前記カプラーを介して前記PC鋼材に連結するとゝもに、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法。
  4. 請求項1に記載のプレストレストコンクリート杭を地盤に建て込んだ後又は建て込む前に、前記カプラーの雌ネジ穴に、鍔部とその上下面から突出するボルト部からなる接続ボルトの一方のボルト部をねじ込んで前記カプラーと連結するとゝもに、前記接続ボルトの他方のボルト部を、フーチング補強用鉄筋の一端を固定したスリーブ圧着ネジ継手の雌ねじ穴にねじ込んで前記フーチング補強用鉄筋と連結し、前記杭頭端板から突出する前記フーチング補強用鉄筋に帯鉄筋を配してフーチングコンクリートを打設することを特徴とするプレストレストコンクリート杭の杭頭部とフーチングとの連結方法。
JP2009016568A 2009-01-28 2009-01-28 プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法 Active JP5258099B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009016568A JP5258099B2 (ja) 2009-01-28 2009-01-28 プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009016568A JP5258099B2 (ja) 2009-01-28 2009-01-28 プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010174474A JP2010174474A (ja) 2010-08-12
JP5258099B2 true JP5258099B2 (ja) 2013-08-07

Family

ID=42705703

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009016568A Active JP5258099B2 (ja) 2009-01-28 2009-01-28 プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5258099B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101478174B1 (ko) * 2009-10-23 2015-01-16 (주)현타 이경 복합말뚝
CN102286973B (zh) * 2011-06-21 2013-08-07 天津市瑞固建材有限公司 一种预应力管桩接筋工艺方法
CN102490266B (zh) * 2011-12-14 2013-10-16 盐城市同力新型建材有限公司 与基础承台非焊接连接的先张法预应力混凝土桩的制备方法
KR101353048B1 (ko) 2013-08-08 2014-01-20 피씨엠건설(주) 프리캐스트 콘크리트 제작용 몰드
KR101630765B1 (ko) * 2015-08-12 2016-06-27 한상도 콘크리트 거푸집용 철근고정구
KR102075437B1 (ko) * 2017-12-26 2020-02-10 신재호 흙막이 벽체용 합성 phc 파일
KR102173079B1 (ko) * 2018-03-19 2020-11-02 (주)삼일씨엔에스 차수 성능을 향상시키기 위한 흙막이 벽체용 합성 phc 파일
CN113882744A (zh) * 2021-10-08 2022-01-04 国网河北省电力有限公司经济技术研究院 输电线路塔脚与螺锁式预应力管桩的连接节点

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02161010A (en) * 1988-12-12 1990-06-20 Masayo Tanaka Edge stracture of precast concrete pile using prestressed coupler nut
JPH0450447U (ja) * 1990-09-06 1992-04-28
JPH0819673B2 (ja) * 1993-06-08 1996-02-28 株式会社タイムスエンジニアリング 高曲靭性pc杭用籠の組立て方法
JPH10328848A (ja) * 1997-06-04 1998-12-15 Hiraoka Kinzoku Kogyo Kk 鉄筋篭とその製造方法
JP2001248169A (ja) * 2000-03-06 2001-09-14 Fusanori Miura 杭頭部または杭中間部の接合構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010174474A (ja) 2010-08-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5258099B2 (ja) プレストレストコンクリート杭及びその製造方法並びに杭頭部とフーチングとの連結方法
KR101780370B1 (ko) 소켓슈와 앵커부재로 이루어진 전단연결재를 이용한 합성구조체
KR100609184B1 (ko) 프리캐스트 콘크리트 보-기둥 접합부 구조
KR20020011706A (ko) 조립식 교각 및 이에 대한 시공방법
KR101328045B1 (ko) 프리캐스트 고성능 섬유시멘트 복합체를 이용한 철근 콘크리트 복합기둥공법
JP4148317B2 (ja) プレキャスト床版の連結構造
KR101200563B1 (ko) 콘크리트 크로스 빔을 이용하여 강 주형을 연결한 강 합성교량 및 시공방법
JP2008266910A (ja) 緊張材の定着部または偏向部の突起構造及びその施工方法
JP3810759B2 (ja) プレキャストブロックによる既設下部構造物の縁端拡幅構造およびその施工方法
KR20050122138A (ko) 콘크리트 구조물
JP2005097995A (ja) プレキャストpc部材およびプレキャストpc部材と他部材との接合方法
CN109208756B (zh) 装配式剪力墙及其制作方法
KR101518034B1 (ko) 자기구속 기능을 가지는 콘크리트 기둥 형성 및 이의 시공방법
KR101270502B1 (ko) 구조물용 논 슬리브 피씨부재
JP6721940B2 (ja) 既設pc床版の拡幅構造
KR101754301B1 (ko) 순차 결속식 복합 트러스보 시공방법
KR101241994B1 (ko) 콘크리트 파일용 보강블록 및 이를 이용한 콘크리트 파일
KR100865133B1 (ko) 결속구, 선조립 콘크리트 구조물용 거푸집 구조체 및 이를이용한 시공방법
JP4944679B2 (ja) トラス構造の施工方法
KR101604267B1 (ko) 아치형 터널 구조체
KR100695491B1 (ko) 결속구, 선조립 콘크리트 구조물용 거푸집 구조체 및 이를이용한 시공방법
KR101269639B1 (ko) 피씨 구조물의 단부 철근 이음용 코어식 슬리브
JP2004270400A (ja) 柱脚構造及びプレキャストセグメント
JP4803438B2 (ja) 既存基礎の改修構造および改修方法
JP4195768B2 (ja) 高軸耐荷力を有する版状部材付き複合合成鋼管部材およびその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120116

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121026

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130108

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130218

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130319

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20130325

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130422

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160502

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5258099

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250