JP5244849B2 - Authentication function with seal - Google Patents

Authentication function with seal

Info

Publication number
JP5244849B2
JP5244849B2 JP2010100575A JP2010100575A JP5244849B2 JP 5244849 B2 JP5244849 B2 JP 5244849B2 JP 2010100575 A JP2010100575 A JP 2010100575A JP 2010100575 A JP2010100575 A JP 2010100575A JP 5244849 B2 JP5244849 B2 JP 5244849B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010100575A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010213326A (en )
Inventor
誠司 高野
Original Assignee
株式会社野村総合研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

この発明は、印鑑、特に不正使用を防止しつつ、現実の印影による押印を可能にする印鑑の改良に関する。 The present invention, seal, while in particular preventing unauthorized relates to an improvement of a seal that allows imprint by real imprint.

従来から書面の記載内容を確認したことを証明したり、記載内容を承認したことを証明するために所定の印鑑による押印が行われている。 Or demonstrate that it has confirmed the description written conventionally is stamped with a predetermined seal to prove that it has approved the description has been made. この押印により書面作成者や書面確認者および第三者は、書面の記載内容が押印者により承認されたことを証明することができる。 Written author and written confirmation person and by this seal a third party, it is possible to prove that the description of the document has been approved by the seal's.

また、近年では、書面の作成を電子的に行い、電子ファイルとして保存することが多い。 In addition, in recent years, it carried out the creation of a document electronically, it is often saved as an electronic file. このような場合には、電子ファイル上で電子的に押印する電子印鑑システムの利用も盛んに行われている(たとえば、特許文献1参照)。 In such a case, the use of electronic seal system for electronically seal on an electronic file is also has been actively (e.g., see Patent Document 1). このシステムは、押印するユーザが電子印鑑の正規利用者であると認証された場合に、印影データを電子ファイルに挿入するようにしている。 This system, when a user of seal is authenticated as a legitimate user of the electronic seal, and to insert the seal image data in an electronic file.

特開2004−214792号公報 JP 2004-214792 JP

しかしながら、電子ファイルの場合、コンピュータ設備の利用を前提とし、さらに電子文書の改ざん等不正行為の防止のための対策システムも必要であるため、電子印鑑システムの使用が認められるのは、社内決済や重要性の低い取引に限定されているのが実状である。 However, in the case of the electronic file, on the premise of the use of computer equipment, for further it is also necessary countermeasures system for the prevention of falsification, such as fraud of electronic documents, from being approved for use of the electronic seal system, Ya-house settlement it is actual situation of being limited to less important transactions. そのため、特に重要書面や契約書などでは、印刷された紙などにインク(朱肉)を用いて現実の印影を押印するケースが多い。 Therefore, especially in such important documents and contracts, in many cases to seal the actual print image using ink (ink pad) such as printed paper. このような場合問題になるのが、印鑑そのものを本人以外の人間が本人になりすまし不正に使用する不正使用である。 Such is the case becomes a problem, the seal itself person other than the person is an unauthorized use of unauthorized use pretending to be himself.

本発明は上記課題認識に基づいて完成されたものであり、その目的は、現実の印影を紙などの押印対象物に形成することが可能で、かつ不正使用を防止できる印鑑を提供することにある。 The present invention has been completed based on the above-mentioned problem recognition, and an object, the actual imprint can be formed on the seal object such as paper, and to provide a seal capable of preventing unauthorized is there.

上記課題を解決するために、本発明のある態様の認証機能付き印鑑は、押印するユーザが把持可能なケースと、押印により形成される印影と対応する正規ユーザの指紋情報を保持させる記憶手段と、ケース内に収納され、押印対象物に印影を形成する印影形成手段と、ケースを把持するユーザの指紋情報をケースに形成された指紋取得面を介して取得する指紋情報取得手段と、指紋情報取得手段が取得した指紋情報と記憶手段に保持された正規ユーザの指紋情報とに基づきケースを把持するユーザが正規ユーザであるか否か認証判定する認証手段と、ケースを把持するユーザが正規ユーザであることを示す適正認証が行われたことを条件に、認証された正規ユーザに対応する印影を押印対象物上に形成するように印影形成手段を制御する制御 In order to solve the above problems, the authentication function seal according to one embodiment of the present invention, a user can grip the case of imprinting, a storage means for holding a print image and fingerprint information of the corresponding authorized user, which is formed by stamping , is housed in the case, a seal image forming means for forming a print image on the seal object, and the fingerprint information acquisition means for acquiring via a fingerprint acquisition surface formed fingerprint information in a case of a user gripping the casing, fingerprint information and whether the authentication determines authentication means the user is an authorized user to grip the casing based on the fingerprint information of the legitimate user held in the fingerprint information storage means for acquiring unit has acquired, a user authorized user to grip the casing on condition that appropriate authentication has been performed indicating an is, control for controlling the print image forming means to form a print image corresponding to the authenticated valid user on the seal object 段と、を含む。 It includes a stage, a. 記憶手段は、正規ユーザが認証を受けられる期間を定めた認証許可期間情報を保持し、認証手段は、正規ユーザの指紋情報を用いた認証処理を認証許可期間情報で認証が許可された期間のみ可能にし、制御手段は、認証に基づき印影形成手段に印影を形成させる際に少なくとも印鑑の使用時間と使用場所を含む付加情報を取得する付加情報取得手段を含む。 Storage unit holds the authentication permission period information that defines a period in which the authorized user is authenticated, the authentication means, only during the period in which authentication is permitted authentication processing in the authentication permission period information using the fingerprint information of the legitimate user possible, and the control means includes additional information acquisition means for acquiring additional information including at least time and place of use using a seal in forming the print image on the print image forming unit based on the authentication. さらに、記憶手段は、付加情報取得手段が取得した付加情報を履歴として保持する。 Furthermore, the storage unit stores the additional information the additional information acquisition unit acquires as the history.

正規ユーザは、予め自分の指紋情報、たとえはケースを把持する場合にケースに接触する指の指紋情報と自分の印鑑の印影を登録する。 Authorized user, advance their fingerprint information, even if registers the fingerprint information and of their seal imprint of the finger in contact with the case when gripping the case. 印影は、名字のみ、氏名、名字+役職などとすることができる。 Imprint, the last name only, it is possible to name, and the like surname + title. 制御手段は、指紋情報取得手段が取得した指紋情報と記憶手段に保持された正規ユーザの指紋情報が一致した場合に印影形成手段を制御して正規ユーザに対応する印影を押印対象物上に形成する。 Control means, forming a print image corresponding to the authorized user by controlling the seal image forming means when the fingerprint information of the legitimate user held in the fingerprint information storage means for fingerprint information acquisition unit acquires matches on seal object to.

したがって、正規に登録されたユーザのみが現実の印影を押印対象物に形成できる。 Therefore, only users listed normalization can form a real imprint the seal object.

なお、以上の構成要素の任意の組合せ、本発明を方法、装置により表現したものもまた、本発明の態様として有効である。 Incidentally, any combinations of the foregoing components, the present invention, while others were expressed by the device, is effective as an embodiment of the present invention.

本発明によれば、印鑑の不正使用を防止しつつ、現実の印影を押印対象物に形成することができる。 According to the present invention, it is possible while preventing unauthorized use of the seal, to form a real imprint the seal object.

本実施形態に係る認証機能付き印鑑の外観形状を説明する説明図である。 It is an explanatory view for explaining an authentication function seal the external shape according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑の内部構成を説明するブロック図である。 Is a block diagram illustrating an internal configuration of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑のインクジェットユニットの内部構造の一例を示す概略図である。 Is a schematic diagram showing an example of the internal structure of the ink jet unit of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑のインクジェットユニットの他の構成を説明する概略図である。 It is a schematic view illustrating another configuration of the ink jet unit of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑のインクジェットユニットの他の構成を説明する概略図である。 It is a schematic view illustrating another configuration of the ink jet unit of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑の記憶部に保持する情報の一例を説明する説明図である。 It is an explanatory view for explaining an example of information stored in the storage unit of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑の使用履歴の一例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of the use history of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑により形成できる印影の例を示す説明図である。 Examples of imprint can be formed by an authentication function seal according to the present embodiment is an explanatory diagram showing. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑に使用するインクジェットユニットの他の構成を説明する概念構成図である。 It is a conceptual block diagram illustrating another configuration of the ink jet unit to be used for authentication function seal according to the present embodiment. インクジェットプリントヘッド形成する印影の形成エラーを説明する説明図である。 Is an explanatory view illustrating formation errors of print image to the ink-jet printhead formed. 印影を形成する紙に形成された押印位置を示す線図の例を説明する説明図である。 Examples of the diagram showing a stamping position formed on the paper to form the print image is an explanatory diagram for explaining the. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑の印影形成処理を説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a print image forming process of the authentication function seal according to the present embodiment. 本実施形態に係る認証機能付き印鑑の印影情報の漏洩を阻止する手段を説明する概念構成図である。 It is a conceptual diagram illustrating a means for preventing leakage of the seal impression information of the authentication function seal according to the present embodiment.

以下、本発明の実施の形態(以下実施形態という)を、図面に基づいて説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention (hereinafter referred to as embodiments) will be described with reference to the drawings.

本実施形態の認証機能付き印鑑は、印鑑本体を形成するケースを把持する手の指の指紋情報を取得し、予め登録された正規ユーザの指紋情報と照合する。 Authentication function seal of the present embodiment acquires fingerprint information of fingers for gripping the casing to form a seal body, matching the fingerprint information of the legitimate user registered in advance. 照合の結果、ケースを把持するユーザがこの印鑑の正規ユーザであることが確認できた場合のみ、正規ユーザが登録した印影を紙などの押印対象物上に形成する。 Result of the collation, the user gripping the casing only if it was confirmed that an authorized user of the seal to form a print image in which legitimate user registers on seal object such as paper.

図1は、本実施形態の認証機能付き印鑑10の外観形状を説明する説明図であり、図1(a)は、外観斜視図、図1(b)は、印影形成側端面の平面図、図1(c)は、図1(b)に対向する逆側端面の平面図である。 Figure 1 is an explanatory view illustrating the external appearance of the authentication function seal 10 of the present embodiment, FIG. 1 (a) is an external perspective view, FIG. 1 (b), a plan view of the seal image formation side end face, 1 (c) is a plan view of the opposite side opposing end faces in FIG. 1 (b). 認証機能付き印鑑10は、たとえば樹脂等で形成可能な円筒状のケース12で覆われている。 Authentication function seal 10, for example, covered with a formable cylindrical case 12 with resin or the like. ケース12は、ユーザが主として親指と人差し指で把持する把持部14と押印時にスライドして押印感を提供する先端部16とで構成されている。 Case 12, the user is mainly composed of a distal portion 16 to provide a sense of seal to slide during stamping the gripping portion 14 for gripping with the thumb and forefinger. 把持部14の表面には、認証機能付き印鑑10の特徴的構成である指紋認証窓(指紋取得面)18の他、電源スイッチ20、表示装置24が形成されている。 On the surface of the grip portion 14, other fingerprint authentication window (fingerprint acquisition surface) 18 which is a characteristic configuration of the authentication function seal 10, a power switch 20, the display device 24 is formed. なお、本実施形態において、正規ユーザは、所定の手続きを経て認証機能付き印鑑10に登録されたユーザであり、後に詳細に説明するが、正規ユーザは、形成する印影の持ち主である本人ユーザと、本人ユーザの印影の使用が認められた代理ユーザを含むものとする。 In the present embodiment, the authorized user is a user registered in the authentication function seal 10 through a predetermined procedure, will be described in detail later, authorized user, and the principal user the owner of the formed print image , it is intended to include a proxy user that use of the imprint of the person users was observed.

指紋認証窓18の内部には、周知の指紋認証システムの指紋センサが内蔵されている。 Inside the fingerprint authentication window 18, the fingerprint sensor of the known fingerprint reader is built. たとえば、光学式の指紋センサや静電容量型半導体チップの指紋センサなどを用いることができる。 For example, it is possible to use a fingerprint sensor of an optical type fingerprint sensor or an electrostatic capacitance type semiconductor chip. 認証機能付き印鑑10を使用するユーザは、たとえば、人差し指の指紋情報を登録しておけば、把持部14を把持するときに、人差し指を指紋認証窓18に接触させることで本人認証を実行することができる。 User using the authentication function seal 10 is, for example, be registered fingerprint information of the index finger, when grasping the grip portion 14, to perform personal authentication by contacting the index finger over the fingerprint window 18 can. 電源スイッチ20は、たとえばロック機構付きのスライドスイッチとすることが可能で、認証機能付き印鑑10を鞄やポケットに入れ持ち歩くときに誤って電源が入ってしまうことを防止する。 Power switch 20 is, for example, can be a slide switch with a lock mechanism, to prevent that is powered by mistake when carrying put the authentication function with a seal 10 in a bag or pocket. また、バッテリの消費を抑制するとともに、後述するインクが誤って吐出されてしまうことを防止する設計にしておくことが好ましい。 Further, it is possible to suppress consumption of the battery, it is preferable to design to prevent that the discharged accidentally ink to be described later. 表示装置24はたとえば液晶表示装置を用いることができる。 Display device 24 may for example be a liquid crystal display device. 表示装置24には、たとえば、認証機能付き印鑑10の動作案内や、使用履歴の表示その他各種メッセージを表示することができる。 The display device 24, for example, operation guidance and the authentication function seal 10, it is possible to view the display and other various messages of use history.

図1(b)に示すように、印影形成側端面からは先端部16内部に収納された印影形成手段として機能するインクジェットユニット26が見える。 As shown in FIG. 1 (b), the seal image formation side end face ink jet unit 26 which functions as a seal print forming means housed within the tip portion 16 is visible. インクジェットユニット26の具体的な構成は後述する。 Specific configuration of the ink jet unit 26 will be described later. インクジェットユニット26の周囲には、インクジェットユニット26の先端であるプリントヘッドが紙などの押印対象物に直接接触することを防止するために、プリントヘッドより僅かに突出するガードブロック28が配置されている。 Around the ink jet unit 26, to the print head is the tip of the ink jet unit 26 is prevented from direct contact with the seal object such as paper, a guard block 28 which slightly protrudes from the print head is located . このガードブロック28は、たとえばゴム材や樹脂で形成することが可能であり、印影の形成時に認証機能付き印鑑10と紙の相対位置がずれないように滑り止めとして機能することができる。 The guard block 28 is, for example, can be formed of a rubber material or resin, can function as anti-slip so as not deviated authentication function seal 10 and the relative position of the paper during the formation of the print image. 図1(b)の場合、インクジェットユニット26の周囲にガードブロック28を4個配置する例を示しているが、上述の機能が実現できれば、配置する数は任意でよい。 For FIG. 1 (b), shows an example of placing four guard block 28 around the ink jet unit 26, if realized the above functions, the number of placement may be arbitrary. なお、先端部16には、印影を形成しないときにインクジェットユニット26を保護するキャップまたはカバーを装着してもよい。 Incidentally, the distal end portion 16, a cap or cover for protecting the ink jet unit 26 may be mounted when not forming a print image. このキャップまたはカバーは自動開閉する構成でもよいし、手動で着脱するものでもよい。 The cap or cover may be configured to automatically open and close, or one that detachable manually.

インクジェットユニット26が配置された印影形成側端面に対向する逆側端面には、図1(c)に示すように、外部機器との接続端子として、たとえばUSB端子30が配置されている。 The opposite end faces the ink jet unit 26 is opposed to the print image formation side end face located, as shown in FIG. 1 (c), as a connection terminal with an external device, such as a USB terminal 30 is disposed. たとえば、認証機能付き印鑑10のユーザ情報や指紋情報、印影情報、その他各種設定情報を、外部機器を用いて登録編集して、そのデータをUSBメモリに記憶させて、USB端子30を介して、認証機能付き印鑑10に登録することができる。 For example, the user information and the fingerprint information of the authentication function seal 10, seal image information, and other various setting information, and register edited using an external device, by storing the data in the USB memory via the USB terminal 30, it can be registered in the authentication function with a seal 10. また、使用履歴やバッテリやインクの残量情報など認証機能付き印鑑10側で生成するデータをUSBメモリに移動し、外部機器で管理することができる。 Further, it is possible to move the data generated in such authentication function seal 10 side remaining amount information of the use history and the battery and the ink in the USB memory, managed by an external device. このとき登録作業にはパスワードなどを用いることが望ましい。 It is desirable to use such as a password to register work this time. この他、把持部14の端面には、簡易的な表示をする表示装置としてLED32、34が配置されている。 In addition, the end face of the grip portion 14, LED32,34 is arranged as a display device for a simple display. このLED32は、たとえば、認証機能付き印鑑10を使用しようとするユーザの指紋が適正認証されたときに緑色に点灯させ、指紋が適正認証されなかった場合、赤色に点灯させることができる。 The LED32, for example, if the green is turned, the fingerprint was not properly authenticated when the user's fingerprint to be used to authenticate function seal 10 is properly authenticated, it is possible to light up red. またLED34は、たとえばインクジェットユニット26が形成した印影が登録された印影通りに形成されたときに緑色に点灯させ、印影が登録された印影通りに形成されていない場合、赤色に点灯させることができる。 The LED34, for example when the imprint the ink jet unit 26 is formed is formed on the print image as registered green is lit, if the imprint is not formed on the print image as registered, it can be turned red . なお、図1(c)の場合、2個のLEDを配置する例を示しているが、LEDの配置数は任意である。 In the case of FIG. 1 (c), an example is shown in which to place the two LED, the arrangement number of the LED is arbitrary. 複数のLEDの点灯や点滅を組み合わせることにより複数の報知内容を表示できる。 You can display multiple broadcast contents by combining a plurality of LED lighting and flashing. たとえば、電源スイッチ20がオンされた場合に、LED32やLED34を上述とは異なる態様で点灯させ電源スイッチがオンされていることを示すようにしてもよい。 For example, when the power switch 20 is turned on, may indicate that the power switch is turned in a different manner is on the above the LED32 and LED 34. また、USB端子30の近傍には、モード選択スイッチ22が配置されている。 In the vicinity of the USB terminal 30, the mode selection switch 22 is disposed. モード選択スイッチ22は、たとえばダイヤル式の切替スイッチとすることができる。 Mode selection switch 22 may be, for example, a changeover switch of the dial type. モード内容は後に詳細に示すが、たとえば、標準モードは、正規ユーザにより設定された標準の印影、たとえば、名字のみを形成する。 Mode Description shows in detail later, for example, standard mode, the standard seal image set by the authorized user, for example, to form the last name only. 標準の印影に役職名や日付などを付加するモードがある。 There is a mode to add, such as job title and dates to the standard of the imprint. また、標準の印影として名字+役職が設定されている場合、日付や使用場所などを付加するモードがある。 Also, if the last name + title is set as a standard seal image, there is a mode of adding such as date and place of use. また、別の機能として、認証機能付き印鑑10の使用履歴を表示するモードなどもある。 In addition, as another function, there is also such as the mode for displaying the use history of the authentication function with a seal 10.

図2は、認証機能付き印鑑10の内部構成を説明するブロック図である。 Figure 2 is a block diagram illustrating an internal configuration of the authentication function seal 10. 認証機能付き印鑑10の内部には、制御部36、記憶部38、指紋検出センサ40、インクジェットユニット26、インクタンク42、押印センサ44、バッテリ46、付加情報受信部48などが収納されている。 Inside the authentication function seal 10, the control unit 36, storage unit 38, a fingerprint detection sensor 40, an ink jet unit 26, an ink tank 42, and seal the sensor 44, a battery 46, such as additional information reception section 48 is housed.

制御部36はハードウエア的にはデータやプログラムを格納するROMやRAM、演算処理に用いるCPU等の素子で構成され、記憶部38や指紋検出センサ40などと電気的に接続されている。 The control unit 36 ​​ROM and RAM for storing data and programs for hardware consists of a device such as a CPU used for the arithmetic processing, and is electrically connected with such storage unit 38 and the fingerprint sensor 40. 記憶部38は、正規ユーザに含まれる本人ユーザの指紋情報やその指紋情報と対応する印影情報、本人ユーザの役職など印影に付加する付加印影情報などを保持することができる。 Storage unit 38 can hold fingerprint information and the fingerprint information of the principal user included in authorized user with a corresponding imprint information, and additional seal image information to be added to imprint such as title of the person the user. また、本人ユーザが本人の代わりに認証機能付き印鑑10を使用することを認めた代理ユーザを正規ユーザとして登録している場合、その代理ユーザの指紋情報、代理ユーザが本人ユーザを代理できる許可期間を示す許可情報などを保持することができる。 In addition, if the person user has registered a proxy user who permitted to use the authentication function with a seal 10 in place of the person as a regular user, permission period the fingerprint information of the proxy user, the proxy user can substitute the personal user it can hold such permission information indicating. また、認証機能付き印鑑10の使用状況を示す履歴情報、エラー情報なども保持することができる。 Further, it is possible to record information indicating a usage authentication function seal 10, also including error information held.

本実施形態の場合、指紋検出センサ40は、人差し指用に1個配置する例を示しているが、指紋検出センサで認証する指の種類や指紋検出センサで認証する指の本数は適宜変更することができる。 In this embodiment, the fingerprint sensor 40, it is shown an example of one arrangement, the number of fingers to be authenticated by the type and the fingerprint sensor of the finger to be authenticated by the fingerprint detection sensor that appropriately changed for the index finger can. たとえば、人差し指用に代えて親指用の指紋検出センサを配置してもよい。 For example, it may be arranged fingerprint detection sensor for the thumb in place for the index finger. また、人差し指用と親指用の2個の指紋検出センサを配置してもよい。 It is also possible to place the two fingerprint detection sensor for the index finger and thumb. この場合、人差し指と親指の両方で指紋照合を実施するようにすれば、セキュリティ性が向上する。 In this case, when to perform the fingerprint verification at both the index finger and thumb, thereby improving security. さらに、中指の指紋照合を併用すればさらにセキュリティ性が向上する。 Moreover, further improves the security when combined middle finger fingerprint matching. また、人差し指または親指のいずれか一方で指紋照合をすることもできる。 It is also possible to fingerprint matching with either the index finger or thumb. この場合、たとえば、一方の指に怪我をしていたり、指の表面が乾燥していたり荒れていたりする場合、他方の指で指紋照合を実施することができる。 In this case, for example, or are injured in one of the finger, when the surface of the finger or not rough or not dried, can be carried out fingerprint collation by the other fingers. また、怪我などで所定の指が利用できない場合、たとえば、右手の人差し指や親指を怪我している場合、他の指でも認証ができるように、複数の指の指紋を予備的に登録しておくことが望ましい。 Further, when the predetermined finger is not available in such injury, for example, if you are injured right index finger and thumb, to allow authenticated in other fingers, it registers the fingerprint of the plurality of fingers preliminarily it is desirable. たとえば、人差し指、親指以外の指や、逆側の手の指の指紋を登録しておくことも好適である。 For example, it is preferable to register index finger, and other than the thumb finger, the fingerprint of the finger on the opposite side of the hand.

インクタンク42は、インクジェットユニット26のノズルから突出するインクを収容する。 The ink tank 42 stores ink protruding from the nozzle of the ink jet unit 26. インクの種類は任意でるが、形成する画像が印影であることを考慮すると、赤や朱であることが好ましい。 The type of the ink is in any image to be formed in consideration that the imprint is preferably a red or vermilion. また、インクは、単色でも多色でもよい。 The ink may be a multi-colored in a single color. また、インクに特殊インクを使用することもできる。 It is also possible to use a special ink in the ink. たとえば、磁性体を含む特殊インクを使用することにより、認証機能付き印鑑10によって印影が形成されたことをインクの特性を検査することで証明することができる。 For example, by using a special ink containing magnetic material, that the imprint by the authentication function seal 10 is formed it can be demonstrated by examining the properties of the ink. また、印影の一部のみ特殊インクで形成するようにすることも可能で、印影の個人識別性を向上させることもできる。 It is also possible to form only special ink part of the imprint, it is also possible to improve the personal identification of the imprint.

押印センサ44はケース12の先端部16の外環部50の内壁に固定されたリミットスイッチで構成することができる。 Seal sensor 44 may comprise a limit switch which is fixed to the inner wall of the outer annular portion 50 of the tip 16 of the case 12. 認証機能付き印鑑10の押印動作のときに内環部52が外環部50の中に侵入してくるときに、押印センサ44の可動アーム44aが内環部52の一部によって押圧され、内部接点を閉じる。 When the inner ring portion 52 during the stamping operation of the authentication function seal 10 intrudes into the outer annular portion 50, is pressed by a part movable arm 44a is of the inner ring portion 52 of the seal sensor 44, an internal Close contact. この内部接点は、たとえば、ガードブロック28が押印対象物である紙に接触し、内環部52が把持部14側にスライドするタイミングで閉路するように設定する。 The inner contact, for example, the paper-contacting the guard block 28 is stamped object, the inner ring portion 52 is set to closed at a timing that slides the grip portion 14 side. つまり、ガードブロック28が紙に接触し、インクジェットユニット26がインク吐出に最適な位置まで移動したときに、接点を閉じて印影形成準備が整ったことを示す信号を制御部36に提供する。 In other words, the guard block 28 is in contact with the paper, the ink-jet unit 26 when moving to the optimal position for the ink ejection, and provides a signal indicating that imprint formed ready to close the contacts in the control unit 36. なお、図2ではリミットスイッチを押印センサ44として利用する例を示したが、インクジェットユニット26がインク吐出に最適な位置まで移動したことを検出できるセンサであればセンサの種類は任意で、たとえば、ディップスイッチでもよいし、光学センサや磁気センサ等を用いてもよい。 Note that although an example that uses as a seal sensor 44 limit switch 2, if a sensor that can detect that the ink jet unit 26 is moved to the optimum position to the ink ejection type of sensor is optional, for example, may be a dip switch, it may be used an optical sensor or a magnetic sensor.

バッテリ46は、たとえば使い捨ての乾電池や充電式の電池でもよい。 Battery 46 may for example be a battery of disposable dry cell or rechargeable. バッテリ46は制御部36に電源を供給するとともに、表示装置24、インクジェットユニット26、指紋検出センサ40、LED32、34などにも電源を供給している。 Battery 46 supplies power to the control unit 36, a display device 24, an ink jet unit 26, the fingerprint sensor 40, which supplies power to such LED32,34. そのため、制御部36は所定時間押印操作が行われない場合、自動的に電源を切ったりスリープモードに移行するようにすることが望ましい。 Therefore, the control unit 36 ​​when the predetermined time stamping operation is not performed, automatically it is desirable to migrate power sleep mode or off. なお、記憶部38は、バッテリ46とは別にデータバックアップ用のバッテリを持つことが望ましい。 The storage unit 38, it is desirable to have a battery for separate data backup battery 46.

付加情報受信部48は、たとえば電波時計の標準電波や認証機能付き印鑑10の存在する位置情報を受信する。 Additional information reception section 48, for example, receives the location information existing in the standard radio and authentication function seal 10 of the radio clock. 電波時計の標準電波を受信することにより、認証機能付き印鑑10を使用した時刻を正確に使用履歴に残すことができる。 By receiving the standard radio wave clock, it can be left time using authentication function seal 10 to accurately use history. また、認証機能付き印鑑10を使用する場所毎、たとえば、会社の場合、本社や事業所、支店などに設置された送信機から送信される位置情報を受信することにより、認証機能付き印鑑10を使用した場所を使用履歴に残すことができる。 In addition, each location where you want to use the authentication function with a seal 10, for example, in the case of a company, headquarters and offices, by receiving the location information transmitted from the transmitter, which is installed in a branch office, the authentication function with a seal 10 it is possible to leave a place that you used to use history. また、付加情報受信部48がGPS機能を搭載していれば、GPS衛星からの信号を用いることにより任意の場所で使用履歴を残すことができる。 Also, additional information reception section 48 if equipped with a GPS function, it is possible to leave the usage history anywhere by using a signal from the GPS satellites. この他、位置情報は、たとえばPHSや携帯電話などの基地局情報などからも取得できる。 In addition, the location information, for example, can be acquired from such a base station information, such as PHS and cellular phones.

なお、本実施形態の場合、付加情報受信部48は制御部36が押印対象物上に形成する正規ユーザの印影に付加する付加印影を取得する付加情報取得手段として機能することができる。 In the case of this embodiment, additional information reception section 48 can function as an additional information acquisition unit that acquires additional imprint to be added to the imprint of the authorized user by the control unit 36 ​​is formed on the seal object. つまり、付加情報受信部48は標準電波や位置情報を付加情報として取得し、制御部36に提供する。 In other words, additional information reception section 48 acquires a standard radio wave and position information as additional information, is provided to the control unit 36. 制御部36はこの付加情報に基づく使用時刻などの付加印影と指紋認証の結果押印が許可された印影とを合成してインクジェットユニット26を制御する。 The control unit 36 ​​controls the ink jet unit 26 by combining the imprint that the additional seal impression and results imprint fingerprint authentication is allowed, such as the use time based on the additional information. また、制御部36は、必要に応じて記憶部38から役職名や訂正線、代理マークなどを示す付加情報を読み出し、指紋認証の結果押印が許可された印影に合成することもできる。 The control unit 36, job title and correction lines from the storage unit 38 as necessary, reads the additional information indicating, for example, proxy mark, can also be synthesized imprint results imprint fingerprint authentication is permitted. この場合、制御部36が付加情報取得手段の機能を果たすことになる。 In this case, the control unit 36 ​​performs the function of the additional information acquisition unit.

図3は、インクジェットユニット26の内部構造の一例を示す概略図である。 Figure 3 is a schematic diagram showing an example of the internal structure of the ink jet unit 26. インクジェットユニット26は、紙面に沿って配列された複数のノズルで形成されたライン型のインクジェットプリントヘッド54と当該インクジェットプリントヘッド54を図3中P1、P2方向に移動させるモータ56を含む。 Ink jet unit 26 includes a motor 56 for moving the ink jet print head 54 and the inkjet printhead 54 of a line type formed of a plurality of nozzles arranged along the paper surface in FIG. 3 to P1, P2 direction. モータ56の回転軸56aにはプーリ58aが固定され、対向配置されたプーリ58bとの間に駆動ベルト60が巻回されている。 The rotary shaft 56a of the motor 56 a pulley 58a is fixed, the drive belt 60 is wound between the oppositely disposed pulley 58b. インクジェットプリントヘッド54のヘッドハウジング62は、固定部64により駆動ベルト60に固定され、モータ56の回転量に応じてインクジェットプリントヘッド54を矢印P1、P2方向に移動させる。 Head housing 62 of the ink jet printhead 54 is fixed to the drive belt 60 by the fixing unit 64, moves the ink jet print head 54 in the arrow P1, P2 direction according to the rotation amount of the motor 56. また、ヘッドハウジング62はガイドレール66と係合してスムーズに矢印P1、P2方向に移動できるようになっている。 The head housing 62 is adapted to be moved in the arrow P1, P2 direction smoothly engaged with the guide rail 66.

印影の形成を許可する条件が揃った場合、つまり、指紋検出センサ40が検出した指紋情報が登録されている指紋情報と一致した場合、制御部36はモータ56およびインクジェットプリントヘッド54の制御を開始する。 If the conditions to allow formation of a print image are aligned, that is, if the fingerprint information fingerprint detection sensor 40 has detected matches the fingerprint information registered, the control unit 36 ​​starts controlling the motor 56 and the ink jet printhead 54 to. モータ56は、制御部36の制御にしたがいヘッドハウジング62を矢印P1、P2方向に移動する。 Motor 56 moves the head housing 62 in the arrow P1, P2 direction under the control of the control unit 36. 同時に、インクジェットプリントヘッド54は、モータ56の回転に同期して出力される制御部36からの印影形成信号にしたがいインクタンク42のインクをノズルから吐出させ所定の印影を形成する。 At the same time, ink jet print heads 54 to form a predetermined imprint the ink in the ink tank 42 is ejected from a nozzle in accordance with print image forming signal from the controller 36 to be output in synchronization with the rotation of the motor 56. なお、制御部36から出力される印影形成信号は、インクジェットプリントヘッド54の位置を検出し、その位置に応じて出力するようにしてもよい。 Incidentally, the seal impression forming signal output from the control unit 36 ​​detects the position of the ink jet printhead 54, it may be output according to its position.

図4は、インクジェットユニット26の他の構成を説明する概略図である。 Figure 4 is a schematic view illustrating another configuration of the ink jet unit 26. インクジェットユニット26の内部には図3の例と同様なライン型のインクジェットプリントヘッド54が所定位置に固定配置されている。 Inside the ink jet unit 26 ink jet print head 54 of the embodiment similar to the line type 3 is fixedly disposed at a predetermined position. また、内環部52の先端の一部が後退し回転自在のローラ68の一部が突出している。 A part of the retracted part of the distal end of the inner ring portion 52 rotatable roller 68 protrudes. ローラ68は印影を形成する紙と接触しながら回転する。 Roller 68 rotates while contacting the paper to form the print image. ローラ68の内部には距離計測カウンタ70のギアと噛合するギアが配置され、ローラ68の回転量、すなわちインクジェットユニット26の移動量を距離計測カウンタ70で正確に計測する。 Inside the roller 68 is disposed a gear to gear meshing distance measuring counter 70, the rotation amount of the roller 68, i.e. precisely measure the amount of movement of the ink jet unit 26 by the distance measurement counter 70. つまり、紙に対して認証機能付き印鑑10を移動させたときの移動量を検出できる。 In other words, it detects the movement amount when moving the authentication function-equipped seal 10 to the paper. 検出した移動量は、制御部36に提供される。 Detected amount of movement is provided to the control unit 36. その移動量にしたがい、制御部36はインクジェットプリントヘッド54に対し印影形成信号を出力する。 Accordance with the movement amount, the control unit 36 ​​to the inkjet printhead 54 and outputs the print image formation signal. ユーザが紙にローラ68を接触させながら認証機能付き印鑑10の位置を移動させると、その移動に対応してインクジェットプリントヘッド54がインクを吐出して移動量に応じて印字ラインを形成する。 When the user moves the position of the authentication function seal 10 while contacting the roller 68 to the paper, to form a printing line according to the moving amount inkjet printhead 54 ejects ink in response to the movement. その結果、ローラ68が所定量移動することにより印影を形成することができる。 As a result, it is possible to form the print image by the roller 68 is moved by a predetermined amount. 認証機能付き印鑑10を使用するユーザは、認証機能付き印鑑10を把持して紙の上をなぞるように移動させることにより印影を紙の上に形成することができる。 User using the authentication function seal 10 can grip the authentication function seal 10 forms a print image by moving to trace over the paper on the paper. なお、印影の形成を許可する条件が揃っていない場合、つまり、指紋検出センサ40が検出した指紋情報が登録されている指紋情報と一致しない場合、ローラ68が回転しても制御部36はインクジェットプリントヘッド54に対してインクを吐出する制御を行わない。 Incidentally, if the conditions that allow formation of a print image are not aligned, that is, if the fingerprint information fingerprint detection sensor 40 has detected does not match the fingerprint information registered, the control unit 36 ​​also rotates and the roller 68 is inkjet not controlled for ejecting ink to a print head 54. つまり、印影の形成は行われない。 That is, formation of the print image is not performed. なお、認証機能付き印鑑10の移動量を検出できるセンサであれば、ローラ68以外の構成でもよい。 Incidentally, if the sensor capable of detecting the amount of movement of the authentication function seal 10 may be configured other than rollers 68. たとえば、光学センサを用いて認証機能付き印鑑10の移動量を検出してもよい。 For example, it may detect the amount of movement of the authentication function seal 10 using an optical sensor. この場合、上述のようなローラ68やギアが不要になり、内環部52先端部分の構造がシンプルになる。 In this case, the roller 68 and gears as described above becomes unnecessary, the structure of the inner annular portion 52 tip portion becomes simple. その結果、認証機能付き印鑑10の操作性やデザイン性を向上できる。 As a result, it is possible to improve the operation and design of the authentication function with a seal 10. なお、認証機能付き印鑑10の移動量を検出するセンサは、形成した印影を読み取ったり、印影を形成する紙を検出する読取部76(図9参照)を利用してもよい。 The sensor for detecting the amount of movement of the authentication function seal 10 can read the formed print image, it may utilize reading unit 76 for detecting the paper to form the print image (see FIG. 9).

なお、図3、図4の例の場合、インクジェットプリントヘッド54のノズルは、紙面に沿って1列に配列されたライン型であるが、インクジェットプリントヘッドのノズルを縦横それぞれの方向に複数個配置したマトリックス型のプリントヘッドとしてもよい。 Incidentally, FIG. 3, in the example of FIG. 4, the nozzles of the ink jet print head 54 is the a line type arranged in a row along the paper surface, arranging a plurality of nozzles of the ink jet print head in the vertical and horizontal directions each direction it may be the matrix print head. この場合、印影を形成するためにインクジェットプリントヘッド54を移動させる必要がなくなり、制御部36から供給される印影情報に基づき、一気に印影を形成することができるとともに、モータ56や距離計測カウンタ70が不要になり、認証機能付き印鑑10の構成をシンプルにすることができる。 In this case, it is not necessary to move the ink jet print head 54 to form the print image, based on the seal impression information supplied from the control unit 36, it is possible to form a stretch print image, the motor 56 and the distance measurement counter 70 becomes unnecessary, it is possible to simplify the configuration of the authentication function with a seal 10.

また、ノズルから吐出され飛翔中のインクを偏向させることによって、2次元的に広がるように飛ばして、インクジェットプリントヘッド54を移動させたときと同じような印影を形成してもよい。 Further, by deflecting the ink in discharged from the nozzle flies, skipping to expand in a two-dimensional manner, similar imprint may be formed and when moving the ink jet print head 54. 具体的には、インクジェットプリントヘッド54のノズルと紙との間に、ライン型ノズルに対して、互いに垂直な2組の対の偏向電極板を配置する。 More specifically, between the nozzle and the paper of the ink jet print head 54, the line-type nozzle, arranged perpendicular to each other two sets of pairs of deflection electrode plates. インクは、ノズルから加圧されることにより飛び出す。 Inks, pop by pressurized from the nozzle. このとき、インクは振動を受けながら粒子化され、同時に負の電荷状態に帯電させられる。 At this time, ink is granulated while subjected to vibration, it is then charged to the negative charge state at the same time. この状態のまま正電荷を帯びた偏向電極板の間を通過すると偏向電極板の正電荷の状態に応じて偏向力を受けたインクは、飛翔途中で曲がる。 Ink received a biasing force in accordance with the state of the positive charge of the deflection electrode plates to pass through the deflection electrode plates bearing a positive charge in this state, the bend in the middle flight. この偏向処理は、偏向電極板の正電荷の状態を変化させればインク一粒ごとに制御可能であり、インクを紙上の所望の位置に着滴させることができる。 The deflection process may be changed the state of the positive charge deflection electrode plates can be controlled for each grain ink, ink can be dripping a desired position on the paper a. その結果、インクジェットプリントヘッド54を移動させることなく、図3や図4の構成と同様に2次元的な広がりを持った印影を形成することができる。 As a result, without moving the ink jet print head 54, it is possible to form a print image having a two-dimensional expanse in the similar manner as in the configuration of FIG. 3 and FIG. 4.

なお、図1(a)や図1(b)では、インクジェットユニット26を構成するインクジェットプリントヘッドとしてライン型のプリントヘッドを用いる例を示したため、内環部52から見える印影形成領域が四角形になっている。 In FIGS. 1 (a) and FIG. 1 (b), the order was shown the example in which a line-type print head as an ink jet print head that constitutes the ink jet unit 26, the seal impression forming region visible from the inner ring section 52 becomes a square ing. しかし、上述したようにプリントヘッドをマトリックス型にしたり、偏向電極板を用いる場合、内環部52から見える印影形成領域を丸形にすることが可能である。 However, if the print head to the matrix as described above, when using a deflection electrode plate, it is possible to make the imprint forming region visible from the inner ring portion 52 in a round shape. 印影形成領域を丸形にすることにより、従来の丸形の印鑑のイメージが強まり、印鑑としての違和感が軽減できる。 By the imprint formation region round, intensified seal images conventional round, it can be reduced discomfort as seal. また、印影形成領域を丸形にすることにより現実に形成する印影と一致するので、印影形成領域を有効に利用することができるという利点もある。 Also, there is therefore consistent with the imprint forming the reality by the imprint formation region round, the advantage that it is possible to effectively utilize the imprint formation region.

図5は、インクジェットユニット26のさらに他の構成を説明する概略図である。 Figure 5 is a schematic diagram illustrating still another configuration of the ink jet unit 26. 上述したように、インクジェットプリントヘッド54をマトリックス型とすることで、印影を一気に形成することができる。 As described above, the ink jet print head 54 by a matrix, it is possible to once form a print image. 図5の例では、容易な構成により印影を一気に形成する例である。 In the example of FIG. 5, an example in which once formed a print image by a simple configuration. 図5の場合、プリントヘッドの表面に印影に応じたインク吐出溝72を予め形成しておく。 For Figure 5, previously formed ink discharge groove 72 in accordance with the imprint on the surface of the print head. 図5の場合、「特田」という名字が彫り抜かれている。 In the case of FIG. 5, the last name of "Tokuta" has been carefully carved. そして、印影の形成を許可する条件が揃った場合、つまり、指紋検出センサ40が検出した指紋情報が登録されている指紋情報と一致した場合、制御部36が印影を形成するために、インク吐出溝72を介してインクを一斉に吐出する。 When the aligned condition to allow formation of the print image, that is, if the fingerprint information fingerprint detection sensor 40 has detected matches the fingerprint information registered in order to control unit 36 ​​forms a print image, the ink ejection It discharges simultaneously the ink through the groove 72. その結果、「特田」という印影が形成される。 As a result, the imprint of "Tokuta" is formed.

なお、本実施形態では、印影形成手段としてインクジェットプリント方式を採用する例を説明しているが、インクジェットプリント方式に限らず、たとえば、熱転写方式のプリントでも同様な印影を形成することができる。 In the present embodiment has been described an example employing the ink-jet printing method as seal image forming means is not limited to the inkjet printing method, for example, it is possible to form a similar imprint in printing thermal transfer. 熱転写方式の場合、プリントヘッドユニット内部にインクリボン供給機構が必要になるか、押印対象物として熱転写専用紙を用いる必要が生じる。 For thermal transfer system, the print head unit an ink or ribbon supply mechanism is required inside, it is necessary to use a thermal transfer dedicated paper as seal object. 本実施形態で説明するように、印影形成手段として、インクジェット方式や熱転写方式を用いることにより、一般的な印鑑で可能な2度押し行為を防止することができる。 As described in this embodiment, as the seal image forming means, by using the ink-jet system, thermal transfer system, double push possible with typical seal can prevent the act. インクジェット方式の場合、朱肉などを用いる一般的な印鑑とは異なり、押印後にインクがヘッド表面に残らないので、指紋認証を行わないまま物理的にインクジェットプリントヘッドを紙に押し当てても印影は形成されない。 For inkjet method, unlike a typical seal the like ink pad, the ink is not left on the head surface after stamping, the imprint be pressed physically inkjet printhead without performing a fingerprint authentication to paper formation not. また、一般的な印鑑で朱肉のないときによく行われる息を吹きかけて朱肉の付着残分で押印しようとする行為も防止することができる。 Also, common Attempts to seal by spraying well breath that occurs when there is no ink pad in adhering residue of ink pad in seal can be prevented. 同様に、本実施形態の構造を熱転写方式で実現したときも、熱転写のための熱は迅速に消滅するので、上述のような不正行為が防止できる。 Similarly, when the structure of this embodiment is realized by a thermal transfer method, the heat for the thermal transfer rapidly disappear, thereby preventing fraud, such as described above.

ところで、図3や図4のように、インクジェットプリントヘッド54を用いる場合、インクの吐出制御は印影情報に応じて任意に変更できるので、様々な印影を形成することができる。 Meanwhile, as shown in FIGS. 3 and 4, when using the ink jet printhead 54, since the ejection control of ink can be arbitrarily changed according to imprint information, it is possible to form various imprint. つまり、複数のユーザの指紋情報と印影情報を登録して、複数のユーザで1個の認証機能付き印鑑10を利用することができる。 That is, it is possible to register the fingerprint information and the seal image information of a plurality of users, utilizing one of the authentication function seal 10 by a plurality of users. また、複数のユーザを登録できる場合、正規ユーザとして本人ユーザとは別の代理ユーザの登録が可能になる。 Also, if it can register a plurality of users, it is possible to separate proxy user registration with the person the user as a normal user. たとえば、決済書などには、部門の部長印などが必要になるが、特例として部長印の使用を許可された課長などが部長の代理として部長印を使用する場合がある。 For example, such as the settlement document, such as a department director mark but is required, there is a case in which such manager that has been allowed to use the director marked as a special case to use the director signs on behalf of the Director. 本実施形態の認証機能付き印鑑10の場合、印鑑の使用には、部長本人の指紋認証が必要になり、部長本人以外は印鑑を使用できない。 In the case of authentication function with a seal 10 of the present embodiment, the use of the seal, the fingerprint authentication of the director himself is required, other than the director himself can not use the seal. そこで、本実施形態の認証機能付き印鑑10の場合、本人ユーザの代わりに本人ユーザの印影の使用を許可された代理ユーザの指紋情報を登録することができる。 Therefore, when the authentication function seal 10 of the present embodiment, it is possible to register the fingerprint information of the proxy users authorized to use the seal impression of the person the user instead of the principal user. また、本実施形態の認証機能付き印鑑10は、押印に関連するセキュリティ性を向上するために、代理ユーザの指紋情報が有効となる期間を設定できる。 The authentication function seal 10 of the present embodiment, in order to improve the security related to the stamp, can set the duration that fingerprint information of the proxy user is valid.

図6は、形成できる「印影」と、記憶部38に保持する「正規ユーザ」、「指紋情報」、「許可期間」の関係の一例を説明する説明図である。 6 can be formed as a "print image", held in the storage unit 38 "authorized user", "fingerprint information", is an explanatory diagram for explaining an example of the relationship between the "permission period". 図6の場合、形成できる「印影」として、「A」、「B」、「C」、「D」が示されている。 For Figure 6, may be formed as a "print image", "A", "B", "C", "D" are shown. そして、「正規ユーザ」に含まれる本人ユーザとして印影を登録している「A1」、「B1」、「C1」、「D1」の4人が登録されている。 Then, four have registered seal impression as principal users included in the "normal user", "A1", "B1", "C1", "D1" is registered. また、「印影A」を使用できる正規ユーザとして、本人ユーザA1の他に代理ユーザとして、「A2」、「A3」の2人が登録されている。 In addition, as a regular user, which can be used to "imprint A", as in addition to the proxy user of the principal user A1, 2 people of "A2", "A3" it is registered. また、「印影B」を使用できる正規ユーザは、本人ユーザB1のみで、代理ユーザは登録されていない。 In addition, the authorized user can use the "imprint B", only the principal user B1, proxy user is not registered. 同様に、「印影C」を使用できる正規ユーザは、本人ユーザC1のみで、代理ユーザは登録されていない。 Similarly, the authorized user can use the "imprint C", only the principal user C1, proxy user is not registered. 「印影D」を使用できる正規ユーザとして、本人ユーザD1の他に代理ユーザとして、「D2」が登録されている。 As an authorized user can use the "imprint D" as another surrogate user identity user D1, "D2" is registered. なお、図6では、正規ユーザの欄に示される本人ユーザと代理ユーザの識別を容易にできるように本人ユーザには(本人)、代理ユーザには(代理)の添え字を付している。 In FIG. 6, the person the user to be able to easily identify the person user surrogate user indicated in the column of the regular user (person), the proxy user are denoted by the subscript (proxy).

本人ユーザA1の指紋情報として、「a1」が登録され、その指紋情報の有効期間が「all」、つまり、終日無制限に使用できるように登録されている。 As the fingerprint information of the principal user A1, "a1" is registered, "all" validity period of the fingerprint information, that is registered to allow unrestricted use throughout the day. また、代理ユーザA2の指紋情報として、「a2」が登録され、その指紋情報の有効期間が「9時から14時」が登録され、代理ユーザA3の指紋情報として、「a3」が登録され、その指紋情報の有効期間が「14時から17時」と登録されている。 In addition, as the fingerprint information of the proxy user A2, "a2" is registered, the validity period of the fingerprint information is "14 o'clock 9" is registered, as the fingerprint information of the proxy user A3, "a3" is registered, the validity period of the fingerprint information has been registered as "17 o'clock 14". つまり、本人ユーザA1はいつでも登録した自分の印影Aを形成することができる。 In other words, it is possible to form their own imprint A person user A1 is registered at any time. 一方、代理ユーザA2は、9時から14時までの間、自分の指紋を認証させることにより本人ユーザA1の代理として本人ユーザA1の印影Aを形成することができる。 On the other hand, the proxy user A2 may form a print image A of the person the user A1 until 14 o'clock 9, by authenticating their fingerprints on behalf of the principal user A1. また、14時から17時の間は、代理ユーザA3が自分の指紋を認証させることにより本人ユーザA1の代理として印影Aを形成することができる。 Also, 17 o'clock starting at 14 can substitute user A3 to form the print image A on behalf of the principal user A1 by authenticating their fingerprints. なお、本人ユーザB1、本人ユーザC1には、代理ユーザの設定がないので、本人ユーザB1の登録した印影B及び本人ユーザC1の登録した印影Cは、指紋情報b1、c1を有する本人ユーザB1、本人ユーザC1本人しか使用することができない。 Incidentally, the principal user B1, the person the user C1, there is no set of substitute users, imprint C is the principal user B1 having fingerprint information b1, c1 registered seal impression B and person user C1 registered with the principal users B1, personal user C1 person only can not be used. また、印影Dを使用できる本人ユーザD1の指紋情報として「d1」が登録され、その代理ユーザD2の指紋情報として「d2」が登録されている。 Further, "d1" is registered as fingerprint information of the principal user D1 can use the imprint D, "d2" is registered as fingerprint information of the substitute user D2. 代理ユーザD2は、8月20日の終日、本人ユーザD1に代わり印影Dを形成することができる。 Surrogate user D2 are all day Aug. 20, it can be formed instead print image D the person the user D1. 言うまでもなく本人ユーザD1は8月20日の終日、印影Dを形成することができる。 Obviously principal user D1 is all day August 20, it is possible to form the print image D. なお、認証機能付き印鑑10が本人ユーザA1の専用として利用される場合には、記憶部38は、「本人ユーザA1(正規ユーザ)、指紋情報a1、許可期間all」のみを保持することになる。 Incidentally, when the authentication function seal 10 is utilized as a dedicated personal user A1, the storage unit 38 will retain only the "principal user A1 (authorized user), the fingerprint information a1, permission period all" . また、本人ユーザでも勤務時間中のみ押印を許可するようにすることが可能である。 In addition, it is possible to allow the seal only during working hours in person user. この場合、許可期間は「9時から17時」などとなる。 In this case, the permission period is such as "17 o'clock 9".

このように、印影を形成できる正規ユーザとして、本人ユーザの登録に加え、代理ユーザの登録を可能にすることで、1本の認証機能付き印鑑10を複数のユーザで使用することができる。 Thus, as a legitimate user capable of forming a print image, in addition to the registration of the principal user, by allowing the registration of proxy user may use one authentication function seal 10 of a plurality of users.

印鑑を使用する場合、その印鑑を何時使用したかの使用履歴を持つことが印鑑の管理上重要である。 If you want to use the seal, it is important on the management of the seal with the one of the use history of the seal to use what time. また、上述のように複数のユーザが同じ印鑑を使用する可能性がある場合や代理ユーザが印鑑を使用する場合には、印鑑の使用履歴は業務管理上有用となる。 Further, if or when the proxy user that can be multiple users use the same seal as described above to use the seal, the use history of the seal becomes operational management utility. 使用履歴としては、簡易的には使用者のみを順次記憶することができる。 The usage history may be sequentially stores only user to simply. また、本実施形態の付加情報受信部48により電波時計の標準電波や位置情報を取得して、その情報を使用履歴に付加することができる。 Further, by obtaining the standard radio and positional information of the radio clock by the additional information receiving unit 48 of the present embodiment, it is possible to add the information to the usage history.

図7は、使用履歴の一例を示す説明図である。 Figure 7 is an explanatory diagram showing an example of a usage history. 使用履歴には、指紋認証により確認できる「使用者」と、電波時計の標準電波に基づき確認できる「使用日」と「使用時刻」、位置情報により確認できる「使用場所」、及び制御部36がインクジェットプリントヘッド54に対して指示した「印影」などを記録することができる。 The usage history can be confirmed by the fingerprint authentication "user" can be confirmed based on the standard radio wave clock "day of use" and "use time", "place of use" can be confirmed by the position information, and the control unit 36 etc. instructed "imprint" can be recorded against the inkjet print head 54. なお、認証機能付き印鑑10にカレンダ時計を内蔵し、「使用日」と「使用時刻」を記録するようにしてもよい。 In addition, a built-in calendar clock to the authentication function with a seal 10, may be recorded in a "time-of-use" and "use date". また、位置情報は、たとえば、東京本社や神奈川支社などに設置された送信機から送信される位置情報を受信することにより取得することができる。 The position information is, for example, can be acquired by receiving the location information transmitted from a installed in the Tokyo head office and Kanagawa branch transmitter. また、付加情報受信部48がGPS機能を搭載していれば、GPS衛星からの信号を用いて任意の場所で使用履歴に使用場所を残すことができる。 Moreover, if additional information reception section 48 is equipped with a GPS function, it is possible to leave the place of use in the use history anywhere using signals from GPS satellites. この場合、緯度経度を直接記録するようにしてもよいし、地名などを記録してもよい。 In this case, it may be recorded latitude and longitude may be directly recorded place name. この他、位置情報を取得する方法として、PHSや携帯電話の基地局情報を取得しておおよその位置を記録してもよい。 In addition, as a method for obtaining location information, it may be recorded approximate location by obtaining base station information of the PHS and cellular phones. 図7の場合、たとえば、使用者A1(本人ユーザA1)が、2006年8月20日9時32分に東京本社で印影Aを形成したことが記録されている。 In the case of FIG. 7, for example, the user A1 (personal user A1) have been recorded to the formation of the seal impression A at the Tokyo head office to 32 pm on 9 August 20, 2006.

このように、印影を形成した履歴を残すことにより、印鑑の管理を効率的にすることができる。 Thus, by leaving a history of forming the print image, it is possible to efficiently seal management. また、指紋認証によりユーザを特定した上で、何時、何処で印鑑を使用したかを記録するので、使用したユーザの所在証明装置として認証機能付き印鑑10を活用できる。 Also, after identifying the user by the fingerprint authentication, when, since the records where to using seal, can take advantage of the authentication function-equipped seal 10 as the location proving device users used.

なお、使用履歴の情報は記憶部38に保持し管理することができる。 The information of the usage history can be managed and held in the storage unit 38. また、適宜、USB端子30を介して外部装置に使用履歴を取り出し別途管理してもよい。 Also, as appropriate, may be separately managed removed use history to an external device via the USB terminal 30.

図8(a)〜(g)は、上述した構成の認証機能付き印鑑10の印影モード切替えにより形成できる印影の例を示している。 Figure 8 (a) ~ (g) shows an example of a print image can be formed by switching print image mode of the authentication function seal 10 having the above-described structure. 本実施形態の場合、図8(a)に示す最もシンプルな印影である、「特田」という名字のみの印影を基準の印影として、必要に応じて付加印影である役職や使用日時などを付加する例を説明する。 In this embodiment, the most simple imprint shown in FIG. 8 (a), as the imprint of reference imprints only surname "Tokuta", adding such title and date and time of use is an additional imprint optionally an example that will be described below. なお、印影の大きさは、たとえば初期設定などで設定可能とすることができる。 The size of the imprint can be settable, for example, the initial setting and the like.

図8(b)は、図8(a)の基準の印影に対し、付加印影として「技術部長」が設定された場合である。 FIG. 8 (b), to imprint a reference in FIG. 8 (a), a case where "Technical Director" is set as an additional imprint. この付加印影は記憶部38に保持された付加情報を用いて制御部36で基準の印影に合成される。 This additional seal image is synthesized on the standard of seal impression in the control unit 36 ​​by using the additional information stored in the storage unit 38. 図8(c)は、付加印影としてさらに認証機能付き印鑑10の使用日「2006.8.20」が設定された場合である。 Figure 8 (c) is a case where the use of further authentication function seal 10 as an additional imprint date "2006.8.20" is set. 制御部36は使用日時を付加情報受信部48が受信した電波時計の標準電波に基づき確定してもよいし、内蔵するカレンダ時計に基づき確定してもよい。 The control unit 36 ​​may be determined based on the standard radio wave clock which has received the date and time of use additional information reception section 48, may be determined based on calendar clock built.

図8(d)は、本人ユーザである「技術部長 特田」の印鑑を代理ユーザが使用したときに、付加印影として代理を示す「代」のマークが設定された場合である。 Figure 8 (d) is a case where when the seal of a person the user "Technical Director Tokuta" is representative users used, mark "cash" indicating a proxy as an additional seal impression is set. この「代」のマークも記憶部38に保持され、代理ユーザの指紋認証が行われ、本人ユーザの印影の使用が認められたときに付加される。 Mark of the "die" is also held in the storage unit 38, the fingerprint authentication of the proxy user is carried out, is added when the use of the imprint of the person users was observed.

図8(e)は、図8(c)の印影に対しさらに付加印影として、認証機能付き印鑑10の使用時刻「PM3:46」が設定された場合である。 FIG. 8 (e) as a further additional imprint to imprint in FIG. 8 (c), the use of the authentication function seal 10 time "PM3: 46" is when it is set. 制御部36は使用時刻を付加情報受信部48が受信した電波時計の標準電波に基づき確定してもよいし、内蔵するカレンダ時計に基づき確定してもよい。 The control unit 36 ​​may be determined based on the standard radio wave clock which receives the used time additional information reception section 48, may be determined based on calendar clock built. なお、時刻表示は、図8(e)のような12時間表示でもよいし、24時間表示でもよい。 The time display can be a 12-hour display as in FIG. 8 (e), the may be a 24-hour. 図8(f)は、図8(e)の印影に対しさらに付加印影として、認証機能付き印鑑10の使用場所「at東京本社」が設定された場合である。 Fig. 8 (f) as a further additional imprint to the imprint of FIG. 8 (e), the a case in which the place of use of the authentication function with a seal 10, "at the Tokyo head office" has been set. 制御部36は使用場所を付加情報受信部48が受信した位置情報に基づき確定することができる。 The control unit 36 ​​can be determined based on the position information received place of use additional information reception section 48. なお、上述した各付加印影の合成は、モード選択スイッチ22の選択操作で実行することができる。 Incidentally, the synthesis of each additional imprint described above, can be performed on the selected operation mode selection switch 22.

図8(g)は、モード選択スイッチ22で選択できる訂正印モードの印影である。 FIG. 8 (g) a seal image correction mark modes that can be selected by the mode selection switch 22. この場合、訂正を行ったユーザを示す名字を示す印影が小さく形成され、訂正を示す訂正線が併せて形成される。 In this case, the print image is formed small indicating a last name that indicates the user who performed the correction, correction line indicating the correction is formed together. なお、この訂正印モードにおいても、役職名や使用日時や使用場所を示す付加印影を併せて形成してもよい。 Also in this correction mark mode, it may be formed together an additional imprint indicating the job title or usage date and place of use. なお、上述のような付加印影を加えて印影を形成した場合、図7で説明した使用履歴にその旨の情報を残すようにしてもよい。 In the case of forming a print image by adding additional imprint as described above, it may be left to that effect information in the use history described in FIG.

このように、本実施形態では、指紋認証を行い印影形成が許可された場合のみ、インクジェットユニット26の制御を行い印影を形成する。 Thus, in this embodiment, if the imprint forming performs fingerprint authentication is permitted only to form a print image and controls the ink jet unit 26. このときインクジェットプリントヘッド54で印影を形成するので、用途に応じて様々なタイプの印影を形成することができる。 Since this time to form a print image by an ink-jet printhead 54, it is possible to form various types of seal impression depending on the application. また、認証機能付き印鑑10の使用日も自動的に付加することができるので、従来の日付付き印のように、使用日の設定が不要になり迅速に正確な使用日挿入を実施できる。 Further, it is possible to additionally also automatically use date of authentication function seal 10, as in the conventional dated indicia eliminates the need for setting the day of use can be carried out quickly correct use date inserted. また、上述の例では、モード選択スイッチ22によりモード切替を実行する例を示したが、このモード切替は、他の手段により実行することもできる。 In the above example, an example of executing the mode switching by the mode selection switch 22, the mode switching can also be performed by other means. たとえば、認証に使う指ごとに図8(a)から図8(g)のような印影を登録しておき、指紋認証により印影の選択を行うようにしてもよい。 For example, from FIG. 8 (a) for each finger to use for authentication may be registered to imprint such as FIG. 8 (g), the may be for selecting a print image by the fingerprint authentication. たとえば、右手人差し指の場合は、図8(b)に示す部長印を形成する。 For example, if the right index, to form a director indicia indicating in Figure 8 (b). また右手中指の場合は、図8(a)に示す名字のみの個人印を形成する。 In the case of the right hand middle finger, forming a personal marks of only the last name shown in FIG. 8 (a). 同様に、薬指や親指にも個別の印影を割り当てることができる。 Similarly, it is possible to ring finger and thumb assign individual imprint. また、所定時間内に連続的に指紋認証を行うことで形成する印影の切り替えを行ってもよい。 It is also possible to select other imprint be formed by continuously performing fingerprint authentication within a predetermined time. たとえば、2秒以内に人差し指で2回認証を行うことにより図8(d)の印影を形成するようにしてもよい。 For example, by performing authentication twice with the index finger within 2 seconds may be formed to print image of FIG. 8 (d). また、2秒以内に人差し指に続き中指で認証を行うことにより図8(g)の印影を形成するようにしてもよい。 Further, by authenticating middle finger following the index finger within 2 seconds may be formed to print image of FIG. 8 (g). なお、指紋認証に用いる指の設定は、右手でも左手でも可能である。 The setting of the finger to be used for fingerprint authentication, is also possible with the left hand in the right hand. このように、認証に用いる指で簡易的にモード切替を行うようにすれば、連続的に押印する場合に、認証機能付き印鑑10を持ち替えてモード選択スイッチ22を操作する手間が省略できるので、使い勝手が向上する。 Thus, if to perform simple manner mode switching with a finger used for authentication, when the seal continuously, since labor to manipulate the mode selection switch 22 dimensional worlds authentication function seal 10 can be omitted, ease of use is improved.

図9は、本実施形態の認証機能付き印鑑10に使用するインクジェットユニット26の他の構成を説明する概念構成図である。 Figure 9 is a conceptual diagram illustrating another configuration of the ink jet unit 26 to be used for authentication function seal 10 of the present embodiment. 図9に示すインクジェットユニット26の基本構成は、図3に示すインクジェットユニット26と同じであり、同一の部材には同一の符号を付し、その説明を省略する。 The basic configuration of the ink jet unit 26 shown in FIG. 9 is the same as the ink jet unit 26 shown in FIG. 3, like reference numerals denote identical members, and description thereof is omitted. 図9に示すインクジェットユニット26は、押印対象ライン4(たとえば紙)に形成された印影を読み取る読取部76を有している。 Ink jet unit 26 shown in FIG. 9 includes a reading unit 76 reads the seal image formed on the stamp target line 4 (e.g. paper). この読取部76は、インクジェットプリントヘッド54のノズル配列と平行に配列されたライン型発光素子76aとライン型受光素子76bで形成することができる。 The reading section 76 may be formed in the nozzle array parallel arrayed line type light emitting element 76a and the line-type light receiving element 76b of the ink jet printhead 54. また、読取部76はインクジェットプリントヘッド54が形成した印影を順次読み取れるように、印影形成方向(矢印P1)方向に対し後側で、好ましくはインクジェットプリントヘッド54に密着する状態で配置されている。 Further, the reading section 76 so as to sequentially read the imprint of inkjet printhead 54 is formed, at a rear side with respect to the imprint formation direction (arrow P1) direction, preferably arranged in a state of close contact with the inkjet print head 54.

インクジェットプリントヘッド54で印影を形成する場合、押印対象物74の材質や状態または吐出するインクの状態や押印対象物74との相性により、図10(a)のように滲み78やかすれ80を生じる場合がある。 When forming a print image by an ink-jet print head 54, the compatibility with the ink state and seal the object 74 to the material and the state or the discharge of the seal object 74, resulting in the blurring 78 and hoarse 80 shown in FIG. 10 (a) If there is a. このような滲み78やかすれ80は印影としては好ましくない。 Such bleeding 78 and thin spots 80 are not preferred as seal impression. そこで、本実施形態では、インクジェットプリントヘッド54により形成した印影を逐次読み取り、その印影情報を制御部36に提供する。 Therefore, in this embodiment, sequentially reads the seal image formed by the ink-jet print head 54, and provides the seal image information to the control unit 36. 制御部36の判定部82では記憶部38から読み出した印影情報と読取部76で取得した印影情報との比較を行い両者の一致度の判定を実行する。 Compares the obtained seal image information determination unit 82 imprint information reading section 76 read from the storage unit 38 in the control unit 36 ​​executes the determination of both the degree of coincidence. 制御部36に含まれるエラー処理部84は判定部82による判定が所定の一致度に到達しない場合、印影形成に失敗した旨を示すエラー処理を実行する。 Error processing unit 84 included in the control unit 36 ​​if the determination by the determination unit 82 does not reach a predetermined degree of coincidence, executes error processing indicating the failure to the imprint formation. エラー処理は、たとえば、LED34を赤色に点灯させたり、表示装置24に印影形成に失敗した旨を示すメッセージを表示したり、スピーカを用いて警報音を出力することができる。 Error processing, for example, can output or turns on the LED34 red, and displays a message indicating the failure to the imprint formed in the display unit 24, an alarm sound using a speaker. また、使用している押印対象物74の確認や、インクジェットプリントヘッド54のノズル詰まりの確認などを促すメッセージを出力してもよい。 Also, check of which seal the object 74 using, may output a message prompting the like confirmation of nozzle clogging of the ink jet printhead 54. また、印影の形成中に認証機能付き印鑑10または押印対象物74が動いてしまい、印影が二重になってしまったり、不連続になってしまう場合もある。 Also, there will be moving with the authentication function seal 10 or seal the object 74 during the formation of the print image, or seal impression has become a double, even if being discontinued. このような印影形成エラーも上述の読取部76による印影確認処理により検出できる。 Such imprint form errors can also be detected by imprint confirmation processing by the reading unit 76 described above.

形成した印影を読み取る読取部76は、押印対象物74上に印影を形成可能か否か検査する検査手段として機能する。 Reading unit 76 reads the formed print image functions as a checking means for checking whether it is possible to form a print image on the seal object 74. たとえば、制御部36は、押印対象物74がインクジェットプリントヘッド54に対面する所定位置に存在するか否かをライン型発光素子76aの投光した光をライン型受光素子76bで受光できるか否かで判断することができる。 For example, the control unit 36 ​​determines whether the seal object 74 can be received by whether a line-type light emitting element 76a of the projection with the line type light receiving element 76b of the light present in a given position facing the inkjet printhead 54 in can be determined. 本実施形態の場合、押印センサ44により先端部16のスライドを検出して押印操作が行われたか否かを判断し、不用意にインクが吐出されてしまうことを防止している。 In this embodiment, so as to prevent the by seal sensor 44 determines whether stamping operation to detect the sliding of the tip 16 is performed, inadvertent ink is ejected. しかし、ポケットや鞄の中で、たまたま指紋認証窓18に指が触れて指紋認証が行われ、さらに先端部16がスライドしてしまう場合もある。 However, in a pocket or bag, the fingerprint authentication is performed by chance finger touches the fingerprint authentication window 18, may result in further tip 16 slides. そこで、制御部36は指紋認証が許可され、押印センサ44がオンされるという条件に加え、さらに読取部76のライン型受光素子76bが所定強度の反射光を受光した場合に、押印許可条件が揃ったと判断するようにすることができる。 Therefore, the control unit 36 ​​is permitted fingerprint authentication, when added to the condition that the seal sensor 44 is turned on, the further line type light receiving element 76b of the reading unit 76 receives the reflected light of a predetermined intensity, stamping permission condition it is possible to ensure that it is determined that the uniform. このように、ユーザの操作負担にならない程度で複数の印影許可条件を設定することにより、不用意なインク吐出の防止を確実に実施することができる。 Thus, it is possible by setting a plurality of imprint permission condition in the grade which is not the user's operation burden implemented reliably prevent inadvertent ink ejection.

ところで、読取部76は押印対象物74上に印刷されている線図を読み取ることができる。 Incidentally, the reading unit 76 can read the diagram is printed on the seal object 74. 印鑑で押印する場合、押印位置が押印対象物74に示されている場合がある。 If stamping with seal, there is a case where stamping position is indicated in seal object 74. たとえば、図11(a)に示すように、承認印を押すべき領域として、印影枠86が示される場合がある。 For example, as shown in FIG. 11 (a), as a region to be pressed stamp of approval, which may imprint frame 86 is shown. また、図11(b)に示すように、署名線88や印マーク90が示される場合がある。 Further, as shown in FIG. 11 (b), there is a case where the signature line 88 and indicia marks 90 are shown.

本実施形態において、読取部76は押印に先立ち印影枠86、署名線88、印マーク90などを検出する。 In the present embodiment, the reading section 76 imprint frame 86 prior to stamping, the signature line 88, to detect a mark mark 90. 制御部36は、上述した押印許可条件として、指紋認証の成功と押印センサ44のオンと読取部76による押印対象物74の確認に、さらに押印位置の確認を加えることができる。 Control unit 36, as stamp permission condition described above, to verify the seal object 74 by the on and the reading portion 76 of the success and seal the sensor 44 of the fingerprint authentication, it may be further added to the confirmation of the seal position. つまり、他の条件が揃っていたとしても、認証機能付き印鑑10の先端部16が印影枠86内に入っていない場合、印影の形成は禁止される。 That is, even equipped with other conditions, when the tip portion 16 of the authentication function seal 10 is not in imprint frame 86, forming the print image is prohibited. また、認証機能付き印鑑10の先端部16が、署名線88や印マーク90の存在しない位置にある場合、印影の形成は禁止される。 The tip portion 16 of the authentication function seal 10 is, when in the non-existing position of the signature line 88 and indicia marks 90, formed of print image is prohibited. つまり、インクの吐出が禁止される。 That is, ejection of ink is inhibited. 先端部16が印影枠86内に入っているか否かは、たとえば、LED32、LED34、表示装置24などによる表示や警報音の出力によりユーザに報知できる。 Whether tip 16 is in the imprint frame 86, for example, LED 32, LED 34, it can be informed to the user by the output of the display and alarm sound due to the display device 24. また、これらの報知を用いて、最適な位置に先端部16を移動させるように誘導する案内を実行することもできる。 Further, using these notification can also perform guidance induced to move the distal end portion 16 to the optimum position. このように読取部76により押印位置の確認を行い、押印の可否を決めることにより、間違った位置に押印してしまうことを確実に防止することができる。 Thus confirms the stamping position by the reading unit 76, by determining whether the seal, it is possible to reliably prevent would stamped in the wrong position. なお、読取部76はインクジェットプリントヘッド54に対し固定された位置に配置されるので、制御部36は、検出した印影枠86や署名線88に対し、現在形成しようとする印影がどの程度傾くかを検出することができる。 Incidentally, whether the reader 76 because it is arranged in a fixed position relative to the inkjet print head 54, the control unit 36, to imprint frame 86 or signature line 88 detected, seal impression to be currently formed degree incline it is possible to detect the. 通常押印は、左に傾いた姿勢で行われることが好ましい。 Typically seal, preferably performed in a posture tilted to the left. そこで、制御部36は、印影の姿勢が最適な状態であるか否かを押印許可条件に加えるようにしてもよい。 Therefore, the control unit 36, may be added whether the posture of the imprint is the best state to seal permit conditions. この条件を加えることにより、たとえば、印影を逆さまや不適切の角度で形成してしまうことを確実に防止できる。 By adding this condition, for example, it can reliably prevent become formed upside down or incorrect angle the imprint.

なお、読取部76は図4の構成にも適用可能であり、インクジェットプリントヘッド54の印影形成方向に対して後方側に配置しておけば、図9と同様の効果を得ることができる。 Incidentally, the reading section 76 is also applicable to the configuration of FIG. 4, if placed on the rear side with respect to imprint formation direction of the inkjet print head 54, it is possible to obtain the same effect as FIG. また、図4の構成に適用する場合、読取部76は広範囲の読み取りが可能なタイプとしてプリントヘッドの側方の位置に固定するようになる。 Further, when used in the configuration shown in FIG 4, the reading unit 76 is to fix the position of the side of the print head as the type capable of a wide range of reading. ただし、この場合、印影を斜めからスキャンすることになるので印影情報の補正が必要になる。 However, in this case, it is necessary to correct the print image information it means to scan imprint from an angle. 別の方式としては、図9と同様なライン型の読取部76をプリントヘッドの側方の位置に固定し、印影形成後に認証機能付き印鑑10を印影上で移動させて、形成した印影をスキャンするものでもよい。 Another method to secure the reading portion 76 of the same line type as in FIG. 9 to the position of the side of the print head, the authentication function-equipped seal 10 after imprint formed by moving on seal print, scan the formed print image it may be intended to be. この場合は、図9の例と同様な結果が得られるので補正の必要はない。 In this case, there is no need of correction since similar results in the example of FIG. 9 is obtained.

また、形成した印影のスキャンは、印影形成後、別の機会に実行することもできる。 The scan of the formed print image can also be performed after the imprint formed, at another time. この場合、すでに押印対象物74(紙など)に形成された印影が、現在保持する認証機能付き印鑑10で形成したものであるか否かを検証することが可能になり、認証機能付き印鑑10を印影確認装置として利用することもできる。 In this case, already imprinted object 74 imprint formed (paper, etc.), it is possible to verify whether or not formed by the authentication function seal 10 currently held, the authentication function seal 10 can also be used as a seal imprint verification device.

上述のように構成される本実施形態の認証機能付き印鑑10の印影形成処理を説明するフローチャートを図12に示す。 The flowchart illustrating the imprint formation process of the authentication function seal 10 of the present embodiment configured as described above is shown in FIG. 12.

認証機能付き印鑑10を使用しようとするユーザは、まず、電源スイッチ20をオンし、人差し指を指紋認証窓18に接触させる。 The user attempting to use an authentication function seal 10 first turns on the power switch 20 is brought into contact with the index finger to the fingerprint authentication window 18. 制御部36は指紋検出センサ40を介して取得した指紋情報に基づき指紋認証を実行する(S100)。 The control unit 36 ​​executes the fingerprint authentication based on fingerprint information acquired through the fingerprint sensor 40 (S100). 指紋認証窓18に人差し指を接触させたユーザの指紋情報が記憶部38にない場合、つまり指紋認証が否定された場合(S100のN)、如何なる操作が行われても印影形成を実行することなくこのフローを終了する。 If the fingerprint information of the user contacting the index finger to the fingerprint authentication window 18 is not in the storage unit 38, that is, when the fingerprint authentication is denied (S100 of N), without executing the print image formation even any operation is performed and this flow is finished.

S100において、指紋認証が肯定された場合(S100のY)、制御部36は記憶部38から認証した指紋情報に対応する印影情報を選択する(S102)。 In S100, if the fingerprint authentication has been affirmative (S100 of Y), the control unit 36 ​​selects a seal image information corresponding to the fingerprint information authentication from the storage unit 38 (S102). 続いて、ユーザがモード選択スイッチ22により付加印影の付加を設定している場合(S104のY)、制御部36は対応する付加情報、たとえば、使用日時を示す情報や使用場所を示す情報、役職を示す情報などを取得する。 Subsequently, the information when the user sets the addition of additional imprint by the mode selection switch 22 (S104 of Y), the control unit 36 ​​shown corresponding additional information, for example, the information and use the location indicating the date and time of use, title to acquire the information indicating the. 制御部36は取得した印影情報と正規ユーザの基本の印影とを合成する(S106)。 The control unit 36 ​​synthesizes the imprint of the basic seal impression information and authorized user acquired (S106). S104において、ユーザが付加印影を設定していない場合(S104のN)、S106の処理をスキップする。 In S104, (N of S104) if the user does not set the additional imprint, it skips the process of S106.

続いて、読取部76により押印対象物74(紙)の検出が行われた場合(S108のY)、制御部36は押印位置のガイドを実行する(S110)。 Then, if the detection of the seal object 74 (paper) by the reading unit 76 has been performed (S108 of Y), the control unit 36 ​​executes the guide seal position (S110). つまり、先端部16が印影枠86などに対し適正な位置にセンタリングされるように案内を実行する。 That is, the tip portion 16 performs guidance to be centered in the proper position relative to such imprint frame 86. この押印位置ガイドは、読取部76の検出により先端部16が押印対象物74上の適正な位置に位置決めされるまで実行される(S112のN)。 The stamping position guide is performed by the detection of the reading unit 76 to the tip 16 is positioned at a proper position on the seal object 74 (S112 of N). 先端部16が押印対象物74上の適正な位置に位置決めされたことが確認され(S112のY)、ユーザによる押印操作が実行された場合(S114のY)、制御部36は選択または合成した印影情報に基づくインク吐出制御を実行する(S116)。 Tip 16 that is positioned at a proper position on the seal object 74 is confirmed (S112 in Y), if the stamping operation by the user is performed (S114 of Y), the control unit 36 ​​is selected or synthesized performing an ink ejection control based on the seal impression information (S116). このとき同時に、読取部76により順次形成される印影を読み取る(S118)。 At the same time, it reads the seal image is successively formed by the reading unit 76 (S118). S116のインク吐出の処理と印影読み取りの処理は、選択または合成した印影情報に基づく印影が完成するまで継続される(S120のN)。 Processing of the processing and imprint reading of ink ejection S116 is continued until the seal impression based on the selected or synthesized seal image information is completed (S120 of N). 印影が完成した場合(S120のY)、制御部36は今回の押印操作に先立ち取得した認証結果をキャンセルする(S122)。 Imprint may completed (S120 of Y), the control unit 36 ​​cancels the authentication result acquired prior to this stamping operation (S122). つまり、印影の形成毎に認証が必要となり、再度印影を形成する場合には、再度指紋認証を実施し正規ユーザであることを認められることが必要となり、セキュリティ性を向上でききる。 In other words, authentication for each formation of print image is required, in case of forming a print image again, be necessary found to be a registered user to implement fingerprint authentication again, as possible can improve security.

その後、制御部36は、S118で読み取った印影情報とS102で選択した印影情報またはS106で合成した印影情報との一致度を求め、両者が所定一致度以上の関係にあると判定された場合(S124のY)、印影形成が正常に行われた旨を示すOK処理を実行する(S126)。 Thereafter, the control unit 36 ​​determines the degree of coincidence between synthesized seal image information seal image information or S106 selected in seal image information and S102 read in S118, when both are determined to be in a predetermined degree of coincidence or more relations ( S124 of Y), the seal image formation executing the OK process indicating that successful (S126). OK処理は、たとえば、LED34を緑色に点灯させたり、表示装置24に印影形成成功を告げるメッセージを表示したり、印影形成成功を告げる音声、たとえば「ピッ」などの短音を出力し、このフローを終了する。 OK process, for example, output or light the LED34 green, and displays a message telling the imprint formed successfully on the display device 24, voice telling imprint formation success, for example, a short sound such as "beep", the flow to end the. また、S124の処理で両者が所定一致度以上の関係にないと判定された場合(S124のN)、印影形成が正常に行われなかった旨を示すNG処理を実行する(S128)。 Further, when both are determined not on a predetermined degree of coincidence more relationships in the process of S124 (S124 of N), the seal image formation is executed an NG process indicating that was not successful (S128). NG処理は、たとえば、LED34を赤色に点灯させたり、表示装置24に印影形成失敗を告げるメッセージを表示したり、印影形成失敗を告げる音声、たとえば「ピッー」など長音を出力し、このフローを終了する。 NG process, for example, or turns on the LED34 red, and displays a message telling the imprint formed fails to display device 24, outputs voice telling imprint formation failure, for example, the long vowel as "Pi'", the flow ends to. なお、S108の処理で所定時間(たとえば2秒)経過しても押印対象物74(紙)の検出ができなかった場合(S108のN)、S110以降の処理をスキップして、一連の印影形成処理を終了する。 In the case which could not detected for a predetermined time in the processing of S108 (e.g., 2 seconds) has elapsed even seal object 74 (paper) (S108 of N), S110 is skipped and subsequent processes, a series of seal impression formation the process is terminated. また、S114の処理で所定時間(たとえば2秒)経過してもユーザによる押印操作が実行されない場合(S114のN)、S116以降の処理をスキップして、一連の印影形成処理を終了する。 Also, If not seal operation performed by the user even when a predetermined time (e.g., 2 seconds) elapses in the processing of S114 (S114 of N), S116 is skipped and the subsequent processing, and ends the series of imprint formation process.

なお、図12のフローチャートでは、一旦指紋認証が肯定された後に認証結果をキャンセルするためには、印影を形成しなければならなかった。 In the flowchart of FIG. 12, once the fingerprint authentication in order to cancel the authentication result after an affirmative had to form the print image. 別の例として、S100の処理で指紋認証が肯定された場合、印影形成の有無に拘わらず認証結果を所定時間経過後にキャンセルするようにしてもよい。 As another example, if the fingerprint authentication has been affirmative in the process of S100, it may be canceled the authentication result after a predetermined time has elapsed or without imprint formation. たとえば、正規ユーザが認証機能付き印鑑10の指紋認証窓18に誤って触れて指紋認証が実行され認証が肯定された場合、印影の形成が可能になってしまう。 For example, if the authorized user fingerprint authentication is performed authentication is affirmative touching accidentally fingerprint authentication window 18 of the authentication function seal 10, becomes possible to form the print image. つまり、第三者が指紋認証なしで印影を形成できる状態になってしまう。 In other words, it becomes a state capable of forming a third party without the fingerprint authentication imprint. そこで、S100の処理で指紋認証が肯定された場合、印影形成の有無に拘わらず認証結果を所定時間経過後、たとえば、認証後2秒でキャンセルすれば、正規ユーザ以外の不正使用を防止することが可能になり、セキュリティ性が向上できる。 Therefore, if the fingerprint authentication has been affirmative in the process of S100, after a predetermined time the authentication result or without imprint formed, for example, if cancel 2 seconds after authentication, preventing unauthorized non authorized user allows, can be improved security.

また、別の例では、S100の処理で指紋認証が肯定された場合、印影形成回数に拘わらず認証結果を所定時間経過後にキャンセルするようにしてもよい。 In another example, if the fingerprint authentication has been affirmative in the process of S100, it may be canceled the authentication result after a predetermined time has elapsed regardless of the imprint formation count. たとえば、複数枚綴りの書面に連続的に押印する場合、一度指紋認証が肯定されたらその後は指紋認証を行わず連続的に印影を形成したい。 For example, if you continuously seal the writing of a plurality spelling, then Once the fingerprint authentication is affirmative desired to form a continuous seal image without a fingerprint authentication. この場合、印影形成回数に拘わらず認証結果を所定時間経過後にキャンセルするようにすれば、指紋認証が省略されスムーズな押印動作を実現することができる。 In this case, it is possible if an authentication result regardless of the imprint formed number to cancel after a predetermined time has elapsed, to achieve a smooth stamping operation fingerprint authentication is omitted. なお、この場合、認証結果をキャンセルするまでの時間、つまり、認証結果の有効期間は、モード選択スイッチ22などにより、1回の印影形成に十分な期間、たとえば1秒〜無制限まで任意に設定できるようにしてもよい。 In this case, the time to cancel the authentication result, i.e., the validity period of the authentication result, such as by the mode selection switch 22, a period of time sufficient imprint formed once, may be set for example to any from 1 second to unlimited it may be so. ただし、設定された有効期間内であっても、たとえば、電源スイッチ20がオフされた場合や正規ユーザであるか否かに拘わらず再度指紋認証が行われた場合には、先の認証結果はキャンセルされ、新たに指紋認証が肯定されるまで、印影形成を実行しないようにすることが望ましい。 However, even within the effective period is set, for example, when the power switch 20 is performed again fingerprint authentication regardless of whether the case or regular user that has been turned off, the previous result of the authentication it is canceled, until a new fingerprint authentication is affirmative, it is desirable to avoid running imprint formation.

ところで、本実施形態の認証機能付き印鑑10の印影は、指紋認証によって厳重に管理されている。 Incidentally, the seal impression of the authentication function seal 10 of the present embodiment is strictly managed by the fingerprint authentication. しかし、認証機能付き印鑑10のケース12が開けられ記憶部38が取り出されたり、内部の配線が変更された場合、印影情報や指紋情報が漏洩したり不正使用されたりする虞がある。 However, if the case 12 is opened the storage unit 38 is taken out of the authentication function seal 10, when the internal wiring is changed, there is a fear that imprint information and the fingerprint information is or is unauthorized or leak. そこで、本実施形態の認証機能付き印鑑10は、ケース12が所定の手順や所定の工具を用いて開封されなかった場合、印影情報の漏洩や不正使用を阻止する手段を含むことができる。 Therefore, the authentication function seal 10 of the present embodiment, when the case 12 is not opened by using a predetermined procedure and a predetermined tool may include means for preventing leakage or unauthorized use of imprint information. 図13は、印影情報の漏洩や不正使用を阻止する手段として、不正信号発生部92と印影形成阻害部94を含む認証機能付き印鑑10の概念構成図(一部)である。 Figure 13 is a means for preventing leakage or unauthorized use of imprint information is a conceptual configuration diagram of an authentication function seal 10 including an illegal signal generating section 92 and the seal impression-inhibiting portion 94 (part). 不正信号発生部92は、ケース12が不正にアクセスされた場合に不正信号を生成する。 Incorrect signal generator 92 generates a fraudulent signal if the casing 12 has been compromised. ケース12への不正アクセスは、たとえば、ケース12の内面に導電塗料を塗っておき、ケース12が破損された場合に、不正信号発生部92が導通不良になり不正信号を発生するようにすることができる。 Unauthorized access to the case 12, for example, previously painted with a conductive paint on the inner surface of the case 12, when the case 12 is damaged, be adapted to generate an incorrect signal becomes invalid signal generator 92 is defective conduction can. なお、この場合破損検出に用いる電流は極僅かとして、バッテリ46の浪費には繋がらないようにすることが望ましい。 The current used in this case breakage detection The negligible, it is desirable not lead to waste of the battery 46. また、所定の形状の工具を不正信号発生部92に挿入せずにケース12の係合部を外した場合に不正信号を発生するようにすることができる。 Further, it can be adapted to generate an incorrect signal when removing the engagement portion of the case 12 of the tool of a predetermined shape without inserting incorrect signal generator 92. 記憶部38の取り出しや内部配線の変更などは、いずれもケース12の開封や破損が伴うので、ケース12への不正アクセスを検出することにより、印影情報の漏洩や不正使用の危険に晒されていることを検出できる。 Etc. Changing the extraction or internal wiring of the storage unit 38, since both involve opening or breakage of the case 12, by detecting the unauthorized access to the case 12, at risk of leakage or unauthorized use of imprint information It is able to detect.

また、記憶部38をDRAMのような電源を必要とする構成とし、ケース12の分解用のネジをバッテリ46や電池ケースの下に配置し、バッテリ46や電池を取り外さないとケース12を分解できないようにしてもよい。 Also, the storage unit 38 is configured to require a power source, such as a DRAM, a screw for decomposition of the case 12 is disposed below the battery 46 and the battery case can not degrade not the case 12 remove the battery 46 and the battery it may be so. この場合、ケース12の分解を行うには、必ずバッテリ46や電池を外す必要が生じ、そのときに記憶部38の記憶内容が消去させるので、印影情報の漏洩を確実に防止することができる。 In this case, the disassembly of the case 12, it is necessary to remove the always battery 46 and the battery, since the stored contents of the storage unit 38 to erase at the time, it is possible to reliably prevent the leakage of the seal impression information. なお、この場合、誤操作防止やバッテリ46や電池の交換時に印影情報が消去されることを防止できるように、コンデンサなどを配置し、瞬断に耐える構成にすることが望ましい。 In this case, when replacing the erroneous operation prevention and the battery 46 and the battery to be able to prevent the seal image information is erased, arranged such as capacitors, it is desirable to configure to withstand instantaneous interruption.

印影形成阻害部94が不正信号発生部92からの不正信号を取得した場合に、記憶部38の記憶内容の読み出しを禁止することができる。 If the imprint forming inhibiting unit 94 acquires the invalid signal from unauthorized signal generating unit 92, the reading of the stored contents of the storage unit 38 can be prohibited. この場合、記憶内容の読み出しを禁止は、記憶内容の呼び出しをロックしてしまう場合や記憶内容自体を消去してしまう場合を含む。 In this case, it disables reading of the memory contents, including the case where erases or when stored contents itself will lock the call to the stored contents. 記憶内容の呼び出しをロックする場合は、たとえば本人ユーザや製造元が設定したロック解除操作を実行する必要がある。 If you want to lock the call of the stored contents are, for example, there is a need to perform the unlock operation the principal user and the manufacturer has set. また、図5に示しように、インク吐出溝72を形成しているタイプで記憶部38が具体的な印影情報を含む必要がない場合、インクジェットユニット26のインク吐出面を物理的に変形または破壊することにより印影形成を阻害してもよい。 Further, as shown in FIG. 5, if the storage unit 38 of the type that forms the ink discharge groove 72 need not include a specific imprint information, physically deform or destroy the ink discharge surface of the ink jet unit 26 it may inhibit imprint formed by. たとえば、印影形成阻害部94が不正信号発生部92からの不正信号を取得した場合、インク吐出溝72にネジをねじ込みインク吐出溝72の形状を崩す。 For example, if the imprint forming inhibiting unit 94 acquires the invalid signal from unauthorized signal generating unit 92, breaking the shape of the ink discharge groove 72 screwed to thread the ink discharge groove 72. このような印影形成阻害処理を実行することにより、指紋認証により守られた印影の漏洩を確実に防止し、認証機能付き印鑑10の信頼性を向上することができる。 By executing such a print image forming inhibiting process, the leakage of the seal impression was protected by fingerprint authentication reliably prevented, thereby improving the reliability of the authentication function seal 10.

上述のように印影情報の漏洩や不正使用を阻止する手段を含まなくてもソフト的に同様な効果を得ることもできる。 Not include means for preventing leakage or unauthorized use of the seal image information as described above can also be obtained by software similar effect. 上述のようにハード的な阻止手段を含まない場合、記憶部38やインクジェットプリントヘッド54が認証機能付き印鑑10から取り出され、別の筐体に接続され印影形成が行われてしまうことも考えられる。 If without the hardware of blocking means as described above, the storage unit 38 and the inkjet printhead 54 is taken out from the authentication function seal 10 is also contemplated that the seal impression formed is connected to another housing will be performed . そこで、インクジェットプリントヘッド54の動作前に流すスタート信号と指紋認証の出力信号とをセット(ユニーク)にしておく。 Therefore, keep the output signal of the start signal and the fingerprint authentication to flow before the operation of the ink jet print head 54 to the set (unique). つまり、個々の認証機能付き印鑑10に付与する製造番号毎に記憶部38や指紋検出センサ40やインクジェットプリントヘッド54をユニークにしておく。 In other words, keep the unique storage unit 38 and the fingerprint sensor 40 and inkjet printhead 54 for each production numbers for the individual authentication function seal 10. たとえば、スタート信号と出力信号は、製造設定時にセット化され、このスタート信号と出力信号の組み合わせが揃ったときのみインクジェットプリントヘッド54が機能し印影作成動作を実行するようにする。 For example, the start signal and the output signal is set into the time of manufacture setting, so as to perform a print image creation operation Work viewed inkjet printhead 54 when the combination of the start signal and the output signal are aligned. その結果、同一構造の認証機能付き印鑑10に不正に入手したインクジェットプリントヘッド54や指紋検出センサ40、記憶部38など一部の部品を差し替えても、もとの指紋検出センサ40とインクジェットプリントヘッド54のペアでなければ動作しないようにすることができる。 As a result, the ink jet print head 54 and the fingerprint sensor 40 obtained illegally authentication function seal 10 having the same structure, even when replacing a part of the components such as the storage unit 38, the original fingerprint detection sensor 40 and the inkjet printhead it is possible to prevent work if the 54 pairs. その結果、印影情報の漏洩や不正使用を阻止できる。 As a result, it is possible to prevent leakage and unauthorized use of imprint information.

なお、認証機能付き印鑑10に登録する印影情報や指紋情報は、たとえば専用の読み取り装置を用いて採取して、認証機能付き印鑑10の製造元でROMに書き込むことがセキュリティ上望ましい。 Incidentally, seal image information and the fingerprint information registered in the authentication function seal 10 is, for example, harvested using a dedicated reader, it is a security desired to be written to the ROM by the manufacturer of the authentication function seal 10. ただし、専用の登録ソフトを配布し、印影情報や指紋情報をユーザ側で追加できるようにしてもよい。 However, to distribute a special registration software, you may be able to add an imprint information and fingerprint information on the user side. 特に代理ユーザの指紋情報の登録や代理許可期間の登録は、ユーザ側でできるようにすると使い勝手が向上する。 In particular, registration of registration and proxy permission period of the fingerprint information of the proxy user, usability can be improved and to be able to on the user side. 同様に、本人ユーザの印影情報や指紋情報の追加登録をユーザ側で可能にすることにより使い勝手が向上する。 Similarly, usability is improved by allowing the additional registration of the seal image information and the fingerprint information of the principal user in the user side. この場合、印影情報は、実際に朱肉などを用いて押印した印影を読取部76で読み込むことにより登録することができる。 In this case, seal image information can be registered by reading was stamped with such actual ink pad seal impression by the reading unit 76. 同様に、指紋情報は指紋検出センサ40でユーザの指紋を読み取ることにより登録することができる。 Similarly, fingerprint information can be registered by reading the user's fingerprint in the fingerprint sensor 40. ただし、印影情報の場合、コピー印影などを登録される虞があるため、特定の権限を与えたもののみができるようにしたり、製造元のみで登録できるようにすることが望ましい。 However, if the seal image information, since there is a possibility to be registered and copied imprint, or to allow only those given specific rights, it is desirable to be able to register only at the manufacturer.

また、印影情報や指紋情報は、USB端子30を介してダウンロードやアップロードすることもできる。 In addition, imprint information and fingerprint information can also be downloaded and uploaded via the USB terminal 30. この場合の印影情報や指紋情報の元データは製造元でのみ作成できるようにしておくことが望ましく、ダウンロードやアップロードの際にはパスワードなどを設定することがセキュリティ上好ましい。 The original data, it is desirable to make sure that you can create only in the manufacturer's imprint information and fingerprint information in this case, it is on security preferable that at the time of download and upload to set such as a password.

なお、上述した認証機能付き印鑑10の付加機能として、たとえば、インクタンク42のインク残量やバッテリ46の充電量の残量表示機能やバッテリやインクの補充交換アラーム機能を追加してもよい。 Incidentally, as an additional function of the authentication function seal 10 described above, for example, may be added to replenish exchange alarm function of the remaining amount display function and the battery and the ink charging amount of ink remaining and the battery 46 of the ink tank 42. また、インクの残量計測に基づき、残りの印影形成可能回数の表示を実施する機能を追加してもよい。 Further, based on the fuel gauging of the ink, it may be added the ability to implement the display of remaining print image formable times.

また、本実施形態では、認証機能付き印鑑10を単体構造とした場合を説明したが、他の物品と結合させたもよい。 Further, in the present embodiment has described the case where the authentication function seal 10 and unitary structure may be coupled with other articles. たとえば、筆記具と結合させたり、携帯電話と結合させてもよい。 For example, it can be coupled with the writing instrument may also be coupled with a mobile phone. 特に携帯電話の場合、携帯性に優れているとともに、指紋認証システムやカレンダ時計機能、位置情報取得機能、バッテリ、表示装置など共用できる部材を多く含むので構成上有利な点が多く、コストダウンに寄与できる。 Particularly in the case of mobile phones, along with an excellent portability, fingerprint reader and a calendar clock function, the position information acquisition function, a battery, many configurations on advantages because it contains a lot of members which can be shared such as a display device, the cost It can contribute.

また、本実施形態では、認証機能付き印鑑10を図1に示すように、従来の小型の印鑑と同様に、人差し指と親指でつまむようにして保持するタイプを例にとり説明したが、指紋認証を行った上で、適正認証されたことを契機に印影を形成する構成であればよい。 Further, in the present embodiment, the authentication function seal 10 as shown in FIG. 1, as with conventional small seal, but the type of holding as pinched with the index finger and thumb has been described taking as an example, was carried out fingerprint authentication above, it may be a structure that forms a print image in response that it has been properly authenticated. たとえば、把持部14を太く形成し、5本の指で鷲掴みにするようにしてもよい。 For example, the grip portion 14 thick is formed, may be a grab with five fingers. この場合、親指の指紋認証は把持部14の頂部で実施でき、他の4本の指の指紋認証は把持部14の側面で実施することができる。 In this case, thumbprint authentication can be carried out at the top of the grip portion 14, the fingerprint authentication other four fingers can be carried out in the side surface of the grip portion 14. つまり、5本の指で指紋認証が可能になり指紋認証精度が向上できる。 In other words, it improves the fingerprint authentication accuracy enables fingerprint authentication five fingers. なお、この場合も親指のみの認証や人差し指のみの認証、それらの組み合わせでもよい。 In this case also only authentication authentication and forefinger of only thumb, or a combination thereof.

また、本実施形態では、正規ユーザの指紋認証が適正認証された場合にのみ印影を形成する例を説明したが、複数のユーザの指紋が登録できる場合、複数の指紋認証の結果、全て適正認証が行われた場合に、連帯印を示す印影を形成することも可能である。 Further, in the present embodiment has been described an example of forming a print image only when the fingerprint authentication of the authorized user has been properly authenticated, if the fingerprint of the plurality of users can be registered, the result of a plurality of fingerprint authentication, all proper authentication when is performed, it is also possible to form a print image showing solidarity mark. たとえば、複数人の指紋認証を所定時間内に完了した場合に限り、1つの印影を形成できるようにすることができる。 For example, only when completing the plurality of persons fingerprint authentication within a predetermined time, it is possible to allow formation of one imprint. このようにすれば、たとえば部長と課長が同時にその場に居ないと連帯の確認印が形成できないようにすることができる。 In this way, for example, director and manager can be so can not be formed to check a sign of solidarity not stay in place at the same time. また、このような場合に、形成する印影に連帯人のマーク、たとえば名字や役職などを付加印影として付加してもよい。 Further, in such a case, solidarity's mark formation to imprint, for example it may be added, such as last name or job title as an additional seal impression.

なお、本実施形態の図2で示す構成は、様々なオプション機能を盛り込んだもので、最低限、指紋認証を実行する機能と、その指紋認証の結果、正規ユーザが認証された場合に印影を形成できる機能があればよい。 Note that the structure shown in Figure 2 of the present embodiment, those incorporating a variety of optional features, minimum, and ability to perform fingerprint authentication, the result of the fingerprint authentication, the imprint when the legitimate user is authenticated formed it can function may, if any. つまり、その他のセンサや表示装置は適宜省略または追加可能であり、所望の機能を有する認証機能付き印鑑10を構成できる。 That is, other sensors and the display device is appropriately omitted or can be added, can be configured with the authentication function seal 10 having a desired function.

以上、本発明を実施形態をもとに説明した。 It has been described based on the embodiment of the present invention. 実施形態は例示であり、それらの各構成要素や各処理プロセスの組合せにいろいろな変形例が可能なこと、またそうした変形例も本発明の範囲にあることは当業者に理解されるところである。 Embodiments is illustrative in nature and allows various modifications to the combination of their respective components and processes, and all such modifications are also possible within the scope of the present invention it is understood by those skilled in the art.

このほかにも、請求項に記載の各構成要件が果たすべき機能は、本実施形態において示された各機能ブロックの単体もしくはそれらの連係によって実現されることも当業者には理解されるところである。 Besides this, the function should play each constituent features of the claims, are about to be understood to those skilled in the art that is realized by a single or associated in their respective functional blocks shown in this embodiment .

10 認証機能付き印鑑、 12 ケース、 14 把持部、 16 先端部、 18 指紋認証窓、 26 インクジェットユニット、 36 制御部、 38 記憶部、 40 指紋検出センサ、 54 インクジェットプリントヘッド、74 押印対象物。 10 with the authentication function seal, 12 cases, 14 grip portion 16 tip 18 fingerprint authentication window, 26 ink jet unit, 36 control unit, 38 storage unit, 40 a fingerprint detection sensor, 54 ink jet print head, 74 seal the object.

Claims (6)

  1. 押印するユーザが把持可能なケースと、 And the user can grip the case of stamping,
    押印により形成されるそれぞれ異なる印影と対応する正規ユーザのそれぞれ異なる指の指紋情報を保持させる記憶手段と、 A storage means for holding a different imprint the respective fingerprint information of different fingers of the corresponding authorized user, which is formed by stamping,
    前記ケース内に収納され、押印対象物に印影を形成する印影形成手段と、 Housed in said case, a seal image forming means for forming a print image on the seal object,
    前記ケースを把持するユーザの指紋情報を前記ケースに形成された指紋取得面を介して取得する指紋情報取得手段と、 And the fingerprint information acquisition means for acquiring via a fingerprint acquisition surface the fingerprint information of the user is formed in the casing for gripping the casing,
    前記指紋情報取得手段が取得した指紋情報と前記記憶手段に保持された正規ユーザの指紋情報とに基づき前記ケースを把持するユーザが正規ユーザであるか否か認証判定する認証手段と、 And whether authentication determines authentication means whether the user is an authorized user to grip the casing based on the fingerprint information of the legitimate user held in the fingerprint information fingerprint information and the storage means acquiring unit has acquired,
    前記ケースを把持するユーザが正規ユーザであることを示す適正認証が行われたことを条件に、認証された正規ユーザに対応する印影を前記押印対象物上に形成するように前記印影形成手段を制御する制御手段と、 On condition that proper authentication indicating that the user gripping the casing is an authorized user is performed, the seal image forming means to form a print image corresponding to the authenticated valid user on the seal object and control means for controlling,
    を含み、 It includes,
    前記記憶手段は、前記正規ユーザが認証を受けられる期間を定めた認証許可期間情報を保持し、 The storage unit holds the authentication permission period information said normal user defined period to be authenticated,
    前記認証手段は、前記正規ユーザの指紋情報を用いた認証処理を前記認証許可期間情報で認証が許可された期間のみ可能にし、 The authentication unit permits only during the authentication an authentication process using the fingerprint information in the authentication permission period information is permitted for the authorized user,
    前記制御手段は、認証に基づき前記印影形成手段に印影を形成させる際に少なくとも印鑑の使用時間と使用場所を含む付加情報を取得する付加情報取得手段を含み、 Wherein said control means includes additional information acquisition means for acquiring additional information including at least time and place of use using a seal in forming the print image on the print image forming unit based on the authentication,
    さらに、前記記憶手段は、前記付加情報取得手段が取得した前記付加情報を履歴として保持することを特徴とする認証機能付き印鑑。 Furthermore, the storage unit, seal with the authentication function, characterized in that to hold the additional information the additional information acquisition unit acquires as the history.
  2. さらに、前記押印対象物上に印影を形成可能か否か検査する検査手段を含み、 Further comprising a checking means for checking whether it is possible to form a print image on said stamping object,
    前記検査手段は、前記印影形成手段に対面する所定位置に投光するための発光素子と、その反射光を受光するための受光素子を含み、 It said inspection means includes a light emitting element for projecting a predetermined position facing said imprint forming means, a light receiving element for receiving the reflected light,
    前記検査手段は、前記受光素子が所定強度の反射光を受光した場合に、印影形成可能であると判定し、 The test unit, when the light receiving elements receive the reflected light of a predetermined intensity, and determined to be seal image formation,
    前記制御手段は、前記検査手段が印影形成可能であると判定した場合、前記押印対象物に前記印影を形成するように前記印影形成手段を制御することを特徴とする請求項1に記載の認証機能付き印鑑。 Wherein, when the inspection means determines that it is possible to imprint formation, authentication according to claim 1, wherein the controller controls the seal image forming means to form said print image on the seal object function with a seal.
  3. さらに、前記押印対象物上に印影を形成可能か否か検査する検査手段を含み、 Further comprising a checking means for checking whether it is possible to form a print image on said stamping object,
    前記検査手段は、前記押印対象物上に印刷されている線図を読み取り、 It said checking means reads the diagram is printed on the seal object,
    前記検査手段は、前記押印対象物上に印刷されている印影枠内に本認証機能付き印鑑の先端部が収まっていない場合、前記押印対象物上に印刷されている署名線もしくは印マークの存在しない位置に本認証機能付き印鑑の先端部がある場合、または前記印影枠もしくは前記署名線に対して形成しようとする印影の傾きが特定条件に該当する場合に印影形成禁止と判定し、 Said checking means, when the tip portion of the authentication function seal to seal the object on imprint frame that is printed on does not fall, the presence of a signature line or indicia marks are printed on the seal object If there is a tip portion of the authentication function seal at a position not, or determines that the print image formed prohibited when the slope of the imprint to be formed with respect to the print image frame or the signature line corresponding to a specific condition,
    前記制御手段は、前記検査手段が印影形成可能であると判定した場合、前記押印対象物に前記印影を形成するように前記印影形成手段を制御することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の認証機能付き印鑑。 Wherein, when the inspection means determines that it is possible to imprint formed, claim 1 or claim, characterized in that for controlling the print image forming unit to form the print image on the seal object 2 authentication function with a seal according to.
  4. 前記制御手段は、前記適正認証が行われた後、印影形成の有無に拘わらず所定時間経過後にその認証をキャンセルすることを特徴とする請求項1 から請求項3のいずれか1項に記載の認証機能付き印鑑。 It said control means, after the proper authentication is performed, according to claims 1, characterized in that to cancel the authentication after a predetermined time has elapsed or without imprint formed in any one of claims 3 authentication function with a seal.
  5. 前記制御手段は、前記押印対象物に前記付加情報に対応する付加印影と前記印影とを合成して形成するように前記印影形成手段を制御することを特徴とする請求項1 から請求項4のいずれか1項に記載の認証機能付き印鑑。 It said control means of claims 1 to 4, wherein the controller controls the seal image forming means to form by combining the above and additional imprint imprint corresponding to the additional information to the seal object authentication function seal according to any one.
  6. 前記記憶手段は、前記正規ユーザとして、印影と対応する本人ユーザの指紋情報と、当該本人ユーザの代わりに本人ユーザの印影の使用を許可された代理ユーザの指紋情報とを保持し、 The storage unit, as the authorized user holds the fingerprint information of the principal user corresponding to the print image, and the fingerprint information of the proxy user instead of the person the user is allowed to use the seal impression of the person the user,
    前記認証許可期間情報は、前記代理ユーザの方が前記本人ユーザよりも短い認証の許可期間を設定することを特徴とする請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の認証機能付き印鑑。 The authentication permission period information, the authentication function seal according to any one of claims 1 to claim 5, characterized in that towards the surrogate user sets the permission period of the principal user than shorter authentication .
JP2010100575A 2010-04-26 2010-04-26 Authentication function with seal Active JP5244849B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010100575A JP5244849B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Authentication function with seal

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010100575A JP5244849B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Authentication function with seal

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009291911 Division 2009-12-24

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010213326A true JP2010213326A (en) 2010-09-24
JP5244849B2 true JP5244849B2 (en) 2013-07-24

Family

ID=42972924

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010100575A Active JP5244849B2 (en) 2010-04-26 2010-04-26 Authentication function with seal

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5244849B2 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104108252A (en) * 2014-06-26 2014-10-22 洛阳至圣科技有限公司 Intelligent official seal with SIM card
CN104890386A (en) * 2015-05-26 2015-09-09 福建星海通信科技有限公司 Intelligent electronic seal and application thereof
CN106183491A (en) * 2015-05-08 2016-12-07 成都方程式电子有限公司 Anti-pirating fingerprint stamp

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016162027A (en) 2015-02-27 2016-09-05 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 Approval system and approval program
JP5906517B1 (en) * 2015-03-24 2016-04-20 小林 敬 Seal with seal aids and stamped confirmation mechanism
CN106004129A (en) * 2016-04-23 2016-10-12 江山市智骨软件科技有限公司 Remote monitoring intelligent anti-counterfeiting stamp
KR101797211B1 (en) * 2016-08-22 2017-12-12 한국교통대학교 산학협력단 Fingerprint device security seal

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1996002993A3 (en) * 1994-07-19 1996-03-07 Bankers Trust Co Method for securely using digital signatures in a commercial cryptographic system
CN1224935C (en) * 1998-04-07 2005-10-26 杰拉德·R·布莱克 Identification confirmation system
JP2001241237A (en) * 2000-03-01 2001-09-04 Fujitsu Denso Ltd Fingerprint collation system
JP3858597B2 (en) * 2001-01-16 2006-12-13 セイコーエプソン株式会社 Inspection of abnormal ejection of ink droplets
JP2004070894A (en) * 2002-08-05 2004-03-04 Terauea Kk Card system with individual identification
JP2005050322A (en) * 2003-07-14 2005-02-24 Shinichi Ito Electronic sealing device
JP2005130384A (en) * 2003-10-27 2005-05-19 Kddi Corp Biometrics authentication system and method
JP3960617B2 (en) * 2004-12-28 2007-08-15 将弘 野田 Variable imprint type seal and seal verification system

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104108252A (en) * 2014-06-26 2014-10-22 洛阳至圣科技有限公司 Intelligent official seal with SIM card
CN106183491A (en) * 2015-05-08 2016-12-07 成都方程式电子有限公司 Anti-pirating fingerprint stamp
CN106183491B (en) * 2015-05-08 2018-05-29 成都方程式电子有限公司 India fingerprint security seal
CN104890386A (en) * 2015-05-26 2015-09-09 福建星海通信科技有限公司 Intelligent electronic seal and application thereof

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2010213326A (en) 2010-09-24 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7360688B1 (en) Intelligent credit card system
US20050240778A1 (en) Smart card for passport, electronic passport, and method, system, and apparatus for authenticating person holding smart card or electronic passport
US7111782B2 (en) Systems and methods for providing security in a voting machine
US7466444B2 (en) Mobile telecommunications device with stylus
US6050486A (en) Electronic postage meter system separable printer and accounting arrangement incorporating partition of indicia and accounting information
US20090106042A1 (en) System for product authentication by mobile phone
US20050039027A1 (en) Universal, biometric, self-authenticating identity computer having multiple communication ports
US20080028230A1 (en) Biometric authentication proximity card
US6978255B1 (en) Method for protecting a device against operation with unallowed consumables and arrangement for the implementation of the method
US20080223925A1 (en) Biometric Identity Verification System and Method
US20090078761A1 (en) Financial and similar identification cards read by magnetic swipe card readers and methods relating thereto
US8276816B2 (en) Smart card system with ergonomic fingerprint sensor and method of using
US6257486B1 (en) Smart card pin system, card, and reader
US20090159703A1 (en) Credit, security, debit cards and the like with buttons
US5960100A (en) Credit card reader with thumb print verification means
US6892944B2 (en) Electronic voting apparatus and method for optically scanned ballot
US20090199004A1 (en) System and method for self-authenticating token
US20100246902A1 (en) Method and apparatus to combine biometric sensing and other functionality
US20060152367A1 (en) System and method to reduce errors, authenticate, and reduce the filling time of medical prescriptions by utilizing RFID tag
JP2002159052A (en) Mobile terminal with finger print authentication function
US20110090047A1 (en) Biometric switch and indicating means
US20050289080A1 (en) Transaction system
JPH0784661A (en) Information processor using electronic lock
US5812400A (en) Electronic postage meter installation and location movement system
US20040217168A1 (en) Voting system utilizing hand and machine markable ballots

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120904

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121022

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130402

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130408

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160412

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250