JP5234821B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP5234821B2
JP5234821B2 JP2009259819A JP2009259819A JP5234821B2 JP 5234821 B2 JP5234821 B2 JP 5234821B2 JP 2009259819 A JP2009259819 A JP 2009259819A JP 2009259819 A JP2009259819 A JP 2009259819A JP 5234821 B2 JP5234821 B2 JP 5234821B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
effect
executed
special symbol
determined
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009259819A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011103968A (en
Inventor
敏男 小倉
丈晃 小林
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社三共 filed Critical 株式会社三共
Priority to JP2009259819A priority Critical patent/JP5234821B2/en
Publication of JP2011103968A publication Critical patent/JP2011103968A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5234821B2 publication Critical patent/JP5234821B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御するパチンコ遊技機等の遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine that is controlled to a specific gaming state advantageous to a player.
遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口等の入賞領域に遊技球が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払出されるものがある。さらに、識別情報を変動表示(「変動表示」ともいう。)する変動表示装置が設けられ、変動表示装置において識別情報の変動表示の表示結果が特定表示結果となった場合に、遊技状態(遊技機の状態。よって、具体的には、遊技機が制御されている状態。)を、所定の遊技価値を遊技者に与えるように構成されたものがある(いわゆるパチンコ遊技機(パチンコ機))。   As a gaming machine, a game ball, which is a game medium, is launched into a game area by a launching device, and when a game ball wins a prize area such as a prize opening provided in the game area, a predetermined number of prize balls are paid out to the player There is something to be done. Further, a variable display device that displays the identification information in a variable manner (also referred to as “variable display”) is provided, and when the display result of the variation display of the identification information is a specific display result in the variable display device, the gaming state (game) The state of the machine (specifically, the state in which the gaming machine is controlled)) is provided to give the player a predetermined gaming value (so-called pachinko gaming machine (pachinko machine)) .
なお、遊技価値とは、遊技機の遊技領域に設けられた可変入賞球装置の状態が打球の入賞しやすい遊技者にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利な状態になるための権利を発生させたりすることや、遊技媒体の払出の条件が成立しやすくなる状態になることである。   The game value is the right that the state of the variable winning ball apparatus provided in the gaming area of the gaming machine becomes advantageous for a player who is easy to win a ball, or the advantageous state for a player. Or the game medium payout condition is easily established.
遊技機の一例としてのパチンコ機では、始動入賞口に遊技球が入賞したことに基づいて変動表示装置(変動表示部)において開始される図柄(識別情報)の変動表示の表示結果として、予め定められた特定の表示態様が導出表示された場合に、遊技者にとって有利な特定遊技状態として、第1の特定遊技状態(2ラウンド大当り)と、第1の特定遊技状態よりも遊技者にとって有利な第2の特定遊技状態(15ラウンド大当り)とに制御可能なものがあった。   In a pachinko machine as an example of a gaming machine, a display result of a variable display of a symbol (identification information) that is started in a variable display device (variable display unit) based on winning of a game ball at a start winning opening is determined in advance. When the displayed specific display mode is derived and displayed, the specific game state advantageous to the player is the first specific game state (2 round jackpot) and more advantageous to the player than the first specific game state. There was something that could be controlled in the second specific gaming state (15 round big hit).
このような遊技機において、始動入賞時に特定遊技状態に制御するかおよびいずれの種類かなどの変動表示の結果を先読み判定し、当該先読み判定の結果に応じて、当該始動入賞に基づく保留記憶表示の表示色を異ならせることにより、特定遊技状態となることを予告する先読み演出を実行するものがあった(特許文献1)。   In such a gaming machine, pre-judgment determination is made on the result of variable display, such as whether to control to a specific gaming state at the time of a start winning prize and which type, and on-hold storage display based on the start winning according to the result of the pre-reading judgment There is one that executes a pre-reading effect in which a specific gaming state is predicted by changing the display color of (Patent Document 1).
特開2009−56146号公報JP 2009-56146 A
前述の特許文献1に示されるような従来の遊技機では、変動表示させた後の変動結果のみに関連させて先読み演出が実行されていた。このため、先読み演出が実行された場合であっても、たとえば特定遊技状態となる信頼度が低い低信頼度変動表示パターン(ノーマルリーチなど)による変動表示が行なわれた場合には予告により高められた遊技者の期待感を一気に低下させてしまう。その結果、先読み演出が実行された場合であっても遊技の興趣を低下させてしまう虞があった。   In the conventional gaming machine as shown in the above-mentioned Patent Document 1, the pre-reading effect is executed only in association with the fluctuation result after the fluctuation display. For this reason, even when a pre-reading effect is executed, for example, when a variable display with a low reliability variable display pattern (such as normal reach) with a low reliability in a specific gaming state is performed, it is enhanced by a notice. The player's expectation will be reduced at once. As a result, there is a possibility that the interest of the game may be reduced even when the pre-reading effect is executed.
本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、先読み演出が実行されて低信頼度変動表示パターンによる変動表示が行なわれた場合においても、遊技の興趣を低下させることのないあるいは極力最小限度に抑止できる遊技機を提供することである。   The present invention has been conceived in view of such circumstances, and its purpose is to reduce the interest of a game even when a pre-reading effect is executed and a variable display using a low reliability variable display pattern is performed. It is to provide a gaming machine that can prevent or minimize as much as possible.
課題を解決するための手段の具体例およびその効果Specific examples of means for solving the problems and their effects
(1) 始動領域を遊技媒体(遊技球、パチンコ玉など)が通過した後、変動表示の開始条件が成立したことに基づいて複数種類の識別情報を変動表示させた後に表示結果を導出表示する変動表示部(演出表示装置9)を備え、該変動表示部に導出表示された識別情報の表示結果が予め定められた特定表示結果(大当り図柄)となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り)に制御する遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
前記始動領域を遊技媒体が通過したが未だ前記開始条件が成立していない変動表示の表示結果が前記特定表示結果(「通常当り」「確変当り」「突確当り」など)となるか否かを特定するための情報(ランダムRなどから抽出した値)を、保留記憶情報として記憶する保留記憶手段(図11のS215、S225)と、
前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定する保留判定手段(図11のS218、S228)と、
前記保留判定手段による判定結果に基づいて、当該判定の対象となった遊技媒体の通過に対応する変動表示の開始条件が成立する以前から、所定の示唆演出(予告用の表示色で保留記憶表示)を実行する示唆演出実行手段(図21のS678)と、
前記開始条件が成立した保留記憶情報(大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了しているときの、保留特定領域に設定されているデータのうち1番目のデータ)に基づいて、前記複数種類の識別情報を変動表示させた後に表示結果を導出表示する手段であって、リーチ成立条件が成立している変動表示(変動パターン種別として、ノーマルリーチ、スーパーリーチが決定された変動表示)においては通常リーチ演出(ノーマルリーチ)と該通常リーチ演出よりも前記特定表示結果となる信頼度が高い特別リーチ演出(スーパーリーチ)とを含む複数種類のリーチ演出のうちいずれかを実行する変動表示実行手段(図7(C)参照、図17)とを備え、
前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合は、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合よりも高くなる(図25参照、変形例(3)参照)。
(1) After a game medium (a game ball, a pachinko ball, etc.) passes through the start area, a plurality of types of identification information are displayed in a variable manner based on the fact that the variable display start condition is satisfied, and the display result is derived and displayed. Specifying advantageous to the player when the display result of the identification information derived and displayed on the variable display unit is a predetermined specific display result (big hit symbol) provided with the variable display unit (effect display device 9) A gaming machine (pachinko gaming machine 1) that controls to a gaming state (big hit),
Whether or not the display result of the variable display in which the game medium passes through the start area but the start condition is not yet satisfied becomes the specific display result (“normal hit”, “probable hit”, “crash hit”, etc.). Hold storage means (S215, S225 in FIG. 11) for storing information for identification (value extracted from random R or the like) as hold storage information;
After the game medium passes through the start area, it is determined whether the display result of the variable display corresponding to the passage becomes the specific display result before the start condition of the variable display corresponding to the passage is satisfied. Hold determination means (S218, S228 in FIG. 11);
Based on the determination result by the hold determination means, a predetermined suggestive effect (hold display in the display color for the advance notice) is established before the variable display start condition corresponding to the passage of the game medium subjected to the determination is satisfied. ) Suggestive effect executing means (S678 in FIG. 21),
On-hold storage information in which the start condition is satisfied (the first of the data set in the hold specific area when the variable display due to the on-hold storage that was not won in the big hit game and was won first is ended) Based on the data), the display result is derived and displayed after variably displaying the plurality of types of identification information, and the variability display in which the reach establishment condition is satisfied (normal reach and super reach are selected as the variation pattern type) In the determined variable display), one of a plurality of types of reach effects including a normal reach effect (normal reach) and a special reach effect (super reach) having a higher reliability as the specific display result than the normal reach effect. And variable display executing means (see FIG. 7C, FIG. 17) for executing
The ratio of the normal reach effect among the plurality of types of reach effects in the variable display based on the hold memory information that is the hold storage information that is the specific display result and has been an opportunity to execute the suggestion effect, It is higher than the ratio that the normal reach effect is executed among the plurality of types of reach effects in the variable display based on the hold memory information that is the reserved memory information that is the specific display result and did not trigger the suggestion effect. (See FIG. 25, Modification (3)).
このような構成によれば、示唆演出が実行されたときに特定表示結果となることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。また、特定表示結果となる保留記憶情報に基づく変動表示におけるリーチ演出として通常リーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶情報に基づいて示唆演出が実行されたときの方が実行されなかったときよりも高い。すなわち、特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において通常リーチ演出が実行される割合は、特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において通常リーチ演出が実行される割合よりも高くなる。このため、示唆演出が実行され通常リーチ演出が実行された後に特定表示結果となる頻度が高まる。その結果、示唆演出が実行された後に、通常リーチ演出が実行されたときであっても特定表示結果となることに対する期待感の低下を極力抑止でき、遊技の興趣を低下させないあるいは極力最小限度に抑止できる。また、通常リーチ演出が実行されて特定表示結果となるといった意外性を付与しつつ、特定遊技状態に制御されることに対する喜びを遊技者に与える機会を高めることができる。   According to such a configuration, the player can have a sense of expectation that a specific display result will be obtained when the suggestion effect is executed. In addition, the ratio of executing the normal reach effect as the reach effect in the variable display based on the hold storage information that is the specific display result is greater than when the suggestion effect is executed based on the hold storage information. Is also expensive. That is, the ratio of the normal reach effect in the variable display based on the hold memory information that is the specific display result and is the trigger for executing the suggestion effect is the hold memory information that is the specific display result. Thus, it becomes higher than the rate at which the normal reach effect is executed in the variable display based on the stored storage information that did not trigger the suggestion effect. For this reason, after the suggestion effect is executed and the normal reach effect is executed, the frequency of the specific display result increases. As a result, after the suggestion effect is executed, even when the normal reach effect is executed, it is possible to suppress a decrease in the expectation for the specific display result as much as possible, and the fun of the game is not reduced or minimized. Can be suppressed. In addition, it is possible to increase the chance of giving the player a joy of being controlled to the specific gaming state while giving the unexpectedness that the normal reach effect is executed and the specific display result is obtained.
なお、前述した保留判定手段は、前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定するとともに、当該通過に対応する変動表示において前記リーチ成立条件が成立する場合におけるリーチ演出の種類を判定するものであってもよい。この場合、前述した示唆演出実行手段は、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合が、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合よりも高くなるように、保留判定手段による判定結果に基づいて、前記示唆演出を実行するものであればよい(実施の形態参照)。   Note that the hold determination means described above displays the display result of the variable display corresponding to the passage after the game medium passes through the start area and before the start condition of the variable display corresponding to the passage is satisfied. While determining whether it is a result, you may determine the kind of reach production in the case where the said reach establishment conditions are satisfied in the fluctuation display corresponding to the said passage. In this case, the suggestion effect execution means described above is the hold storage information that is the specific display result, and the variable display based on the hold storage information that triggered the execution of the suggestion effect among the plurality of types of reach effects. The ratio at which the normal reach effect is executed is the hold storage information that is the specific display result, and the variable display based on the hold storage information that did not trigger the suggestion effect among the plurality of types of reach effects. What is necessary is just to perform the said suggestion effect based on the determination result by a holding | maintenance determination means so that it may become higher than the ratio in which a normal reach effect is performed (refer embodiment).
また、前述した保留判定手段は、前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定し、リーチ演出の種類について判定しないものであってもよい。この場合、前述した示唆演出実行手段は、保留判定手段による判定結果に基づいて、前記示唆演出を実行するものであればよい。そして、前記開始条件の成立に基づいて前記変動表示を開始するときに、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための情報として抽出され前記保留記憶手段に記憶されている数値データを読出して、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための変動表示パターンを決定する開始時決定手段は、前記示唆演出実行手段により前記示唆演出が実行されたか否かに基づき、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合が、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合よりも高くなるように、変動表示パターンを決定するものであればよい(変形例(3)参照)。   In addition, after the game medium passes through the start area, the hold determination unit described above displays the display result of the variable display corresponding to the passage before the condition for starting the variable display corresponding to the passage is satisfied. It may be determined whether or not a result is obtained, and the type of reach effect is not determined. In this case, the suggestion effect executing means described above may be any means that executes the suggestion effect based on the determination result by the hold determination means. When the variable display is started based on the establishment of the start condition, the numerical data extracted as information for specifying the display mode of the identification information in the variable display is read out and stored in the holding storage unit The start time determining means for determining the variation display pattern for identifying the display mode of the identification information in the variation display is based on whether the suggestion effect has been executed by the suggestion effect execution means or not. The ratio that the normal reach effect is executed among the plurality of types of reach effects in the variable display based on the hold memory information that is the hold memory information that becomes the opportunity to execute the suggestion effect is the specific display result. The plurality of types in the variable display based on the stored memory information that is the stored memory information that did not trigger the suggestive effect Wherein among the reach demonstration as usually it is higher than the proportion which reach demonstration is executed, as long as it determines the variable display pattern (see Modification (3)).
(2) 前記変動表示部に導出表示された識別情報の表示結果が前記特定表示結果のうち予め定められた特別表示結果(確変当り図柄、突確当り図柄)となったことを条件として、前記特定表示結果のうち前記特別表示結果と異なる表示結果となったときよりも遊技者にとって有利な特別遊技状態(確率変動状態)に制御する特別遊技状態制御手段(大当り終了処理)を備え、
前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として前記特別表示結果が導出表示される割合は、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として前記特別表示結果が導出表示される割合よりも高くなる(図26参照)。
(2) The identification is performed on the condition that the display result of the identification information derived and displayed on the variation display unit is a predetermined special display result (probability variation symbol, sudden probability symbol) of the specific display result. Special game state control means (a jackpot ending process) for controlling to a special game state (probability variation state) that is more advantageous to the player than when the display result is different from the special display result among the display results,
The special display result is derived and displayed as the display result of the variable display based on the hold storage information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and that triggers the execution of the suggestion effect. The special display as the display result of the variable display based on the hold storage information that is the hold display information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and does not trigger the suggestion effect. The result is higher than the rate at which the result is derived and displayed (see FIG. 26).
このような構成によれば、特定表示結果となる保留記憶情報に基づく変動表示において通常リーチ演出が実行された後に特別表示結果が導出表示される割合が、当該保留記憶情報に基づいて示唆演出が実行されたときの方が実行されなかったときよりも高い。すなわち、通常リーチ演出が実行された後に特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として特別表示結果が導出表示される割合は、通常リーチ演出が実行された後に特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として特別表示結果が導出表示される割合よりも高くなる。このため、示唆演出が実行され通常リーチ演出が実行された後に特別表示結果となる頻度が高まる。その結果、示唆演出が実行された後に、通常リーチ演出が実行されたときであっても特定表示結果となることに対する期待感の低下を極力抑止できるとともに特別表示結果となることに対する期待感を向上させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   According to such a configuration, the ratio at which the special display result is derived and displayed after the normal reach effect is performed in the variable display based on the hold storage information that is the specific display result is the suggested effect based on the hold storage information. It is higher when it is executed than when it is not executed. That is, the ratio that the special display result is derived and displayed as the display result of the variable display based on the hold storage information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and that triggers the suggestion effect The special display result is derived and displayed as the display result of the variable display based on the hold storage information that is the hold storage information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and that does not trigger the suggestion effect. Higher than the rate. For this reason, after the suggestion effect is executed and the normal reach effect is executed, the frequency of the special display result increases. As a result, it is possible to suppress the decline in the expectation for the specific display result even when the normal reach effect is executed after the suggestion effect is executed, and improve the expectation for the special display result. Can improve the interest of the game.
(3) 前記開始条件の成立に基づいて前記変動表示を開始するときに、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための情報として抽出され前記保留記憶手段に記憶されている数値データ(図6のランダム3から抽出した乱数)を読出して、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための変動表示パターンを決定する開始時決定手段(図10のS303)を備え、
前記開始時決定手段は、前記数値データが、前記変動表示を開始するときの前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる個数の特定値のいずれかであるときに前記変動表示において前記通常リーチ演出を実行する通常変動表示パターンに決定し(図7(C)のはずれかつ保留記憶表示2以下であるときと3以上であるときとにおけるノーマルリーチの振分率に相当する判定値数)、
前記保留判定手段は、前記数値データを前記開始時決定手段よりも先に読出して、前記特定値のうち前記保留記憶手段の保留記憶数のいずれにも共通する特定値(図7(C)のはずれかつ保留記憶表示3以上であるときにおけるノーマルリーチの振分率に相当する判定値数)を用いて、前記通常変動表示パターンとなるか否かを判定する(図12のS242)。
(3) Numerical data (extracted as information for specifying the display mode of identification information in the variable display and stored in the holding storage means when starting the variable display based on the establishment of the start condition ( Random number extracted from random 3 in FIG. 6), and a start time determining means (S303 in FIG. 10) for determining a variation display pattern for specifying the display mode of the identification information in the variation display.
The start time determining means is the normal reach in the variable display when the numerical data is any one of a different number of specific values corresponding to the number of reserved storages of the reserved storage means when starting the variable display. The normal variation display pattern for performing the effect is determined (the number of determination values corresponding to the distribution ratio of the normal reach when it is out of FIG. 7C and when the hold storage display is 2 or less and when it is 3 or more),
The hold determination unit reads the numerical data prior to the start time determination unit, and among the specific values, a specific value common to all of the hold storage numbers of the hold storage unit (of FIG. 7C) It is determined whether or not the normal variation display pattern is obtained using the number of determination values corresponding to the distribution ratio of the normal reach when it is off and the stored storage display is 3 or more (S242 in FIG. 12).
このような構成によれば、保留判定手段により通常変動表示パターンとなると判定されたときには、開始時決定手段によって必ず通常変動表示パターンに決定される。このため、たとえば設計段階において、保留判定手段により通常変動表示パターンとなると判定されたにも関わらず、開始時決定手段によって通常変動表示パターンと異なる変動表示パターンに決定され得る場合を考慮することなく、特定表示結果となる保留記憶情報に基づく変動表示におけるリーチ演出として通常リーチ演出を実行する割合が当該保留記憶情報に基づいて示唆演出が実行されたときの方が実行されなかったときよりも高くなるように定めることができる。その結果、設計し易くすることができる。   According to such a configuration, when it is determined by the hold determination unit that the normal variation display pattern is obtained, the start time determination unit always determines the normal variation display pattern. For this reason, for example, at the design stage, it is possible to determine a variation display pattern different from the normal variation display pattern by the start time determination unit even though it is determined by the hold determination unit to be a normal variation display pattern. The ratio of executing the normal reach effect as the reach effect in the variable display based on the hold storage information as the specific display result is higher than when the suggestion effect is executed based on the hold storage information. It can be determined to be. As a result, designing can be facilitated.
(4) 前記示唆演出実行手段は、前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる割合で前記示唆演出を実行し(図22(B)参照)、
前記保留記憶数に関わらず、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合は、前記特別リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合よりも高くなる(図22(A)参照、変形例(1)参照)。
(4) The suggestion effect execution means executes the suggestion effect at a different rate according to the number of reserved memories of the reservation storage means (see FIG. 22B),
Regardless of the number of reserved storage, the ratio at which the suggestion effect is executed with the hold storage information that is the specific display result after the normal reach effect is executed is determined after the special reach effect is executed. It becomes higher than the rate at which the suggestive effect is executed triggered by the stored storage information that is the display result (see FIG. 22A, modified example (1)).
このような構成によれば、保留記憶数に応じて示唆演出の実行割合を異ならせることができる。また、保留記憶数に関わらず特定表示結果となる保留記憶情報に基づく変動表示におけるリーチ演出として特別リーチ演出が実行されるときよりも通常リーチ演出が実行されるときの方が高い割合で示唆演出を実行させることができる。すなわち、保留記憶数に関わらず、通常リーチ演出が実行された後に特定表示結果となる保留記憶情報を契機として示唆演出が実行される割合は、特別リーチ演出が実行された後に特定表示結果となる保留記憶情報を契機として示唆演出が実行される割合よりも高くなる。その結果、特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において通常リーチ演出が実行される割合は、特定表示結果となる保留記憶情報であって示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において通常リーチ演出が実行される割合よりも高くすることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   According to such a configuration, it is possible to vary the execution ratio of the suggestion effect according to the number of reserved memories. In addition, the suggested effect is higher when the normal reach effect is executed than when the special reach effect is executed as the reach effect in the variable display based on the stored information that becomes the specific display result regardless of the number of stored memories. Can be executed. That is, regardless of the number of stored storages, the ratio at which the suggestion effect is executed with the hold storage information that is the specific display result after the normal reach effect is executed becomes the specific display result after the special reach effect is executed. It becomes higher than the rate at which the suggestion effect is executed with the hold storage information as an opportunity. As a result, the ratio that the normal reach effect is executed in the variable display based on the hold memory information that becomes the specific display result and is the trigger for executing the suggestion effect is the hold memory information that becomes the specific display result. Therefore, it is possible to increase the ratio of the normal reach effect in the variable display based on the stored storage information that did not trigger the suggestion effect, thereby improving the interest of the game.
なお、(4)で示す構成において、前記保留判定手段は、前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定するとともに、当該通過に対応する変動表示において前記リーチ成立条件が成立する場合におけるリーチ演出の種類を判定するものであってもよい。この場合、前述した示唆演出実行手段は、前記保留記憶数に関わらず、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合が、前記特別リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合よりも高くなるように、保留判定手段による判定結果に基づき、前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる割合で、前記示唆演出を実行するものであればよい(実施の形態、および変形例(1)参照)。   In the configuration shown in (4), after the game medium passes through the start area, the hold determination unit displays the change display corresponding to the passage before the start condition of the change display corresponding to the passage is satisfied. It may be determined whether or not the display result is the specific display result, and the type of reach effect in the case where the reach establishment condition is satisfied in the variable display corresponding to the passage. In this case, the above-described suggestion effect execution means has a ratio that the suggestion effect is executed in response to the hold memory information that is the specific display result after the normal reach effect is executed, regardless of the number of hold memories. Based on the determination result by the hold determination unit, the hold storage unit is configured so as to be higher than the rate at which the suggested effect is executed with the hold storage information that is the specific display result after the special reach production is executed. What is necessary is just to perform the said suggestion effect in the different ratio according to the number of reservation memory (refer embodiment and modification (1)).
また、前述した保留判定手段は、前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定し、リーチ演出の種類について判定しないものであってもよい。この場合、前述した示唆演出実行手段は、保留判定手段による判定結果に基づき、前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる割合で、前記示唆演出を実行するものであればよい。そして、前記開始条件の成立に基づいて前記変動表示を開始するときに、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための情報として抽出され前記保留記憶手段に記憶されている数値データを読出して、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための変動表示パターンを決定する開始時決定手段は、前記示唆演出実行手段により前記示唆演出が実行されたか否かに基づき、前記保留記憶数に関わらず、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合が、前記特別リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合よりも高くなるように、変動表示パターンを決定するものであればよい(変形例(1)および変形例(3)参照)。   In addition, after the game medium passes through the start area, the hold determination unit described above displays the display result of the variable display corresponding to the passage before the condition for starting the variable display corresponding to the passage is satisfied. It may be determined whether or not a result is obtained, and the type of reach effect is not determined. In this case, the suggestion effect execution means described above may execute the suggestion effect at a different rate according to the number of reserved memories in the hold storage means based on the determination result by the hold determination means. When the variable display is started based on the establishment of the start condition, the numerical data extracted as information for specifying the display mode of the identification information in the variable display is read out and stored in the holding storage unit The start time determining means for determining the variable display pattern for specifying the display mode of the identification information in the variable display is based on whether or not the suggestion effect is executed by the suggestion effect executing means. Regardless, the ratio at which the suggestion effect is executed in response to the stored storage information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed becomes the specific display result after the special reach effect is executed. Any variable display pattern may be used so long as it is higher than the rate at which the suggestion effect is executed in response to the hold storage information. Modification (1) and the modified example (3) refer).
パチンコ遊技機を正面からみた正面図である。It is the front view which looked at the pachinko game machine from the front. 遊技制御基板(主基板)の回路構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the circuit structural example of a game control board (main board). 演出制御基板、ランプドライバ基板および音声出力基板の回路構成例を示すブロック図である。It is a block diagram showing an example of circuit configuration of an effect control board, a lamp driver board and an audio output board. 遊技制御用マイクロコンピュータにおけるCPUが実行するメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process which CPU in the microcomputer for game control performs. 2msタイマ割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a 2 ms timer interruption process. 各乱数を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows each random number. 各種判定に用いられるテーブルの振分率を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the allocation rate of the table used for various determinations. 判定結果および変動パターン種別の組合せ毎の出現率を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the appearance rate for every combination of a determination result and a variation pattern classification. リーチとなる変動パターン種別毎の大当り信頼度を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the jackpot reliability for every variation pattern classification used as reach. 特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol process process. 始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a starting port switch passage process. 第1先読み処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a 1st prefetch process. 保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)の構成例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the structural example of a pending | holding storage specific information storage area (holding specific area). 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol normal process. 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol normal process. 変動パターン設定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a fluctuation pattern setting process. 演出制御用CPUが実行する演出制御メイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the presentation control main process which CPU for presentation control performs. コマンド解析処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a command analysis process. コマンド解析処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a command analysis process. 演出制御用マイクロコンピュータが使用する乱数を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the random number which the microcomputer for production control uses. 保留記憶表示制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a pending | holding memory | storage display control process. 先読み演出決定テーブルを説明するための図である。It is a figure for demonstrating the prefetch effect determination table. 先読み演出実行時の大当り信頼度を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the jackpot reliability at the time of prefetching production execution. 先読み演出が実行されなかった時の大当り信頼度を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the jackpot reliability when the prefetch effect is not performed. 先読み演出が実行されて大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合と、先読み演出が実行されずに大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合とを説明するための図である。It is a figure for demonstrating the ratio which becomes a big hit by a normal reach when a pre-reading effect is performed and a ratio which becomes a big hit by a normal reach when a pre-reading effect is not performed and a big hit. 先読み演出が実行されてノーマルリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合、および先読み演出が実行されずにノーマルリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合を説明するための図である。It is a figure for demonstrating the ratio which becomes per probability change when a prefetch effect is performed and it becomes a big hit by normal reach, and the ratio which becomes per probability change when a prefetch effect is not performed and a normal reach becomes a big hit. 先読み演出が実行されてスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合、および先読み演出が実行されずにスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合を説明するための図である。This is a diagram for explaining the ratio per probability change when the pre-reading effect is executed and the super reach is a big hit, and the ratio per probability change when the pre-read effect is not executed and the super reach is a big hit. is there. 演出開始保留決定用テーブルを説明するための図である。It is a figure for demonstrating the production start reservation determination table. 演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows production control process processing.
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。なお、遊技機の一例としてパチンコ遊技機およびスロットマシンを示すが、本実施の形態に示す遊技機は、遊技者にとって有利な状態に制御する遊技機であれば、どのような遊技機であってもよい。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. Note that a pachinko gaming machine and a slot machine are shown as an example of the gaming machine, but the gaming machine described in this embodiment is any gaming machine as long as the gaming machine is controlled in an advantageous state for the player. Also good.
〔第1実施形態〕
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。
[First Embodiment]
First, the overall configuration of a pachinko gaming machine 1 that is an example of a gaming machine will be described. FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 as seen from the front.
パチンコ遊技機1は、遊技用媒体としての遊技球を遊技領域7に打込んで所定の遊技が行なわれる遊技機である。縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取付けられる機構板(図示せず)と、それらに取付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)とを含む構造体である。   The pachinko gaming machine 1 is a gaming machine in which a predetermined game is played by hitting a game ball as a game medium into the game area 7. An outer frame (not shown) formed in a vertically long rectangular shape and a game frame attached to the inside of the outer frame so as to be openable and closable. Further, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape that is provided in the game frame so as to be opened and closed. The game frame includes a front frame (not shown) installed to be openable and closable with respect to the outer frame, a mechanism plate (not shown) to which mechanism parts and the like are attached, and various parts (games to be described later) attached to them. A structure including the board 6).
ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4や、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取付けられている。なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には、打込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。   On the lower surface of the glass door frame 2 is a hitting ball supply tray (upper plate) 3. Under the hitting ball supply tray 3, there are provided a surplus ball receiving tray 4 for storing game balls that cannot be accommodated in the hitting ball supply tray 3, and a hitting operation handle (operation knob) 5 for firing the hitting ball. A game board 6 is detachably attached to the back surface of the glass door frame 2. The game board 6 is a structure including a plate-like body constituting the game board 6 and various components attached to the plate-like body. In addition, a game area 7 is formed on the front surface of the game board 6 in which a game ball that has been thrown can flow down.
遊技領域7の中央付近には、液晶表示装置(LCD)で構成された演出表示装置9が設けられている。演出表示装置9の表示画面には、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に同期した演出図柄の変動表示を行なう演出図柄表示領域がある。演出表示装置9は、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての演出図柄の変動表示を行なう変動表示装置(変動表示部)に相当する。演出図柄表示領域には、複数種類の識別情報を変動表示する変動表示領域が複数設けられている。本実施の形態における複数の変動表示領域として、たとえば演出図柄表示領域のうち、左の領域において識別情報を変動表示する左の図柄表示エリア9Lと、中央の領域において識別情報を変動表示する中の図柄表示エリア9Cと、右の領域において識別情報を変動表示する右の図柄表示エリア9Rとが設けられている。各図柄表示エリアの位置は、演出表示装置9の表示画面において固定的でなくてもよいし、図柄表示エリア9L、9C、9Rの3つ領域が離れてもよい。演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。演出制御用マイクロコンピュータが、第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置9で演出表示を実行させ、第2特別図柄表示器8bで第2特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置で演出表示を実行させるので、遊技の進行状況を把握しやすくすることができる。   An effect display device 9 composed of a liquid crystal display device (LCD) is provided near the center of the game area 7. On the display screen of the effect display device 9, there is an effect symbol display area for performing a variation display of the effect symbol in synchronization with the variation display of the first special symbol or the second special symbol. The effect display device 9 corresponds to a variable display device (variable display unit) that performs variable display of effect symbols as a plurality of types of identification information each of which can be identified. In the effect symbol display area, a plurality of variable display areas for variably displaying a plurality of types of identification information are provided. As a plurality of variable display areas in the present embodiment, for example, among the effect symbol display areas, the left symbol display area 9L that variably displays the identification information in the left area, and the identification information that is variably displayed in the center area A symbol display area 9 </ b> C and a right symbol display area 9 </ b> R for variably displaying the identification information in the right region are provided. The position of each symbol display area may not be fixed on the display screen of the effect display device 9, and the three regions of the symbol display areas 9L, 9C, and 9R may be separated. The effect display device 9 is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board. When the first special symbol display 8a is executing the variable display of the first special symbol, the effect control microcomputer causes the effect display device 9 to execute the effect display along with the variable display. When the variation display of the second special symbol is being executed on the symbol display 8b, the effect display is executed by the effect display device along with the variation display, so that it is possible to easily grasp the progress of the game.
遊技盤6における下部の左側には、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器(第1変動表示部)8aが設けられている。この実施の形態では、第1特別図柄表示器8aは、「1」〜「8」の8種類の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第1特別図柄表示器8aは、「1」〜「8」の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。遊技盤6における下部の右側には、各々が識別可能な複数種類の識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器(第2変動表示部)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、「1」〜「8」の8種類の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第2特別図柄表示器8bは、「1」〜「8」の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。   On the left side of the lower part of the game board 6, there is provided a first special symbol display (first variation display unit) 8a for variably displaying a first special symbol as a plurality of types of identification information that can be identified. In this embodiment, the first special symbol display 8a is realized by a simple and small display (for example, 7-segment LED) capable of variably displaying eight types of numbers “1” to “8”. That is, the first special symbol display 8a is configured to display the numbers (or symbols) of “1” to “8” in a variable manner. On the right side of the lower part of the game board 6, a second special symbol display (second variation display unit) 8b that variably displays a second special symbol as a plurality of types of identification information each identifiable is provided. The second special symbol display 8b is realized by a simple and small display (for example, a 7-segment LED) capable of variably displaying eight types of numbers “1” to “8”. That is, the second special symbol display 8b is configured to display the numbers (or symbols) “1” to “8” in a variable manner.
小型の表示器は、たとえば方形状に形成されている。また、この実施の形態では、第1特別図柄の種類と第2特別図柄の種類とは同じ(たとえば、ともに「1」〜「8」の数字)であるが、種類が異なっていてもよい。また、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bは、それぞれ、たとえば、00〜99の数字(または、2桁など、複数桁の記号)を変動表示するように構成されていてもよい。   The small indicator is formed in, for example, a square shape. In this embodiment, the type of the first special symbol and the type of the second special symbol are the same (for example, both numbers “1” to “8”), but the types may be different. The first special symbol indicator 8a and the second special symbol indicator 8b are each configured to variably display, for example, a number of 00 to 99 (or a symbol of a plurality of digits such as two digits). Also good.
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器(変動表示部)と総称することがある。   Hereinafter, the first special symbol and the second special symbol may be collectively referred to as a special symbol, and the first special symbol indicator 8a and the second special symbol indicator 8b are collectively referred to as a special symbol indicator (variable display unit). There are things to do.
遊技球が第1始動入賞口13に入賞することにより、始動条件のうち第1始動条件が成立し、遊技球が第2始動入賞口14に入賞することにより、始動条件のうち第2始動条件が成立する。第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示は、第1始動条件または第2始動条件が成立した後、変動表示の開始を許容する開始条件(たとえば、大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了しているとき)が成立したことに基づいて開始され、変動表示時間が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。なお、始動条件は、始動領域に入賞することにより成立するものに限らず、始動領域を通過することにより成立するものであってもよい。また、変動表示の開始を許容する開始条件は、大当り遊技中でなくかつ先に始動入賞した保留記憶に起因する変動表示が終了することにより成立する。始動条件は成立しているが開始条件が成立していない保留記憶、すなわち遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したが未だ変動表示の開始を許容する開始条件が成立していない保留記憶に関するデータは、開始条件が成立するまで保留記憶データとして保留して記憶される。具体的に、保留記憶データは、後述する遊技制御用マイクロコンピュータ560のRAM55の所定領域に記憶される。   When the game ball wins the first start winning opening 13, the first start condition among the start conditions is established, and when the game ball wins the second start winning opening 14, the second start condition among the start conditions. Is established. The variable display of the first special symbol or the second special symbol is a start condition that allows the start of the variable display after the first start condition or the second start condition is satisfied (for example, not in the big hit game and first start winning prize) The display result (stop symbol) is derived and displayed when the variable display time elapses. The starting condition is not limited to being established by winning in the starting area, but may be established by passing through the starting area. In addition, the start condition for allowing the start of the variable display is satisfied when the variable display due to the reserved memory that is not in the big hit game and is won first is ended. There is a holding memory in which the start condition is satisfied but the start condition is not satisfied, that is, the start condition that allows the game ball to win the first start winning opening 13 or the second starting winning opening 14 but still allows the start of the variable display. Data relating to the hold storage that is not satisfied is held and stored as the hold storage data until the start condition is satisfied. Specifically, the on-hold storage data is stored in a predetermined area of the RAM 55 of the game control microcomputer 560 described later.
なお、入賞とは、入賞口等の予め入賞領域として定められている領域に遊技球が入ったことであるが、通過ゲーム等の予め通過領域として定められている領域を遊技球が通過することであってもよい。また、表示結果を導出表示するとは、図柄を停止表示させて表示結果として確定することである。   Note that winning means that a game ball has entered a pre-determined area such as a prize opening, but a game ball passes through a pre-determined area such as a passing game. It may be. Deriving and displaying the display result means that the symbol is stopped and displayed and confirmed as the display result.
第1特別図柄表示器8aの近傍には、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての第1飾り図柄の変動表示を行なう第1飾り図柄表示器9aが設けられている。この実施の形態では、第1飾り図柄表示器9aは、2つのLEDで構成されている。第1飾り図柄表示器9aは、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。また、第2特別図柄表示器8bの近傍には、第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての第2飾り図柄の変動表示を行なう第2飾り図柄表示器9bが設けられている。第2飾り図柄表示器9bは、2つのLEDで構成されている。第2飾り図柄表示器9bは、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。   In the vicinity of the first special symbol display 8a, during the time of the first special symbol change display time by the first special symbol display 8a, the first decorative symbol as a decorative (design) symbol is displayed in a variable manner. A first decorative symbol display 9a is provided. In this embodiment, the first decorative symbol display 9a is composed of two LEDs. The first decorative symbol display 9a is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board. Also, in the vicinity of the second special symbol display unit 8b, during the variation display time of the second special symbol by the second special symbol display unit 8b, the variation display of the second decorative symbol as a symbol for decoration (for production) is performed. A second decorative symbol display 9b is provided. The second decorative symbol display 9b is composed of two LEDs. The second decorative symbol display 9b is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board.
なお、第1飾り図柄と第2飾り図柄とを、飾り図柄と総称することがある。また、第1飾り図柄表示器9aと第2飾り図柄表示器9bとを、飾り図柄表示器と総称することがある。   In addition, a 1st decorative design and a 2nd decorative design may be named generically. Further, the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b may be collectively referred to as a decorative symbol display.
飾り図柄の変動(変動表示)は、2つのLEDが交互に点灯する状態を継続することによって実現される。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、第1飾り図柄表示器9aにおける第1飾り図柄の変動表示とは同期している。第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、第2飾り図柄表示器9bにおける第2飾り図柄の変動表示とは同期している。同期とは、変動表示の開始時点および終了時点が同じであって、変動表示の期間が同じであることをいう。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、第1飾り図柄表示器9aにおいて大当りを想起させる側のLEDが点灯されたままになる。第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、第2飾り図柄表示器9bにおいて大当りを想起させる側のLEDが点灯されたままになる。なお、第1飾り図柄表示器9aおよび第2飾り図柄表示器9bの機能を、演出表示装置9で実現するようにしてもよい。すなわち、第1飾り図柄および第2飾り図柄が、演出表示装置9の表示画面において画像として変動表示されるように制御してもよい。   The variation of the decorative pattern (variable display) is realized by continuing the state where the two LEDs are alternately lit. The fluctuation display of the first special symbol on the first special symbol display 8a and the fluctuation display of the first decoration symbol on the first decoration symbol display 9a are synchronized. The variation display of the second special symbol on the second special symbol display 8b and the variation display of the second decorative symbol on the second decoration symbol display 9b are synchronized. Synchronous means that the start point and end point of variable display are the same and the period of variable display is the same. In addition, when the big hit symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a, the LED on the side that recalls the big hit on the first decorative symbol display 9a remains lit. When the big-hit symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 8b, the LED on the side that recalls the big-hit on the second decorative symbol display 9b remains lit. The functions of the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b may be realized by the effect display device 9. That is, the first decorative symbol and the second decorative symbol may be controlled to be variably displayed as images on the display screen of the effect display device 9.
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13を有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ13aによって検出される。   A winning device having a first start winning port 13 is provided below the effect display device 9. The game ball won in the first start winning opening 13 is guided to the back of the game board 6 and detected by the first start opening switch 13a.
また、第1始動入賞口(第1始動口)13を有する入賞装置の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口(第2始動口)14を有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口14に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ14aによって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口14に入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態(第1状態)になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13よりも、第2始動入賞口14に遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態は、遊技者にとって不利な状態(第2状態)であり、遊技球が第2始動入賞口14に入賞しない。したがって、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、第2始動入賞口14よりも、第1始動入賞口13に遊技球が入賞しやすい。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。   A variable winning ball device 15 having a second starting winning port (second starting port) 14 through which a game ball can be won is provided below the winning device having the first starting winning port (first starting port) 13. It has been. The game ball that has won the second start winning opening 14 is guided to the back of the game board 6 and detected by the second start opening switch 14a. The variable winning ball device 15 is opened by a solenoid 16. When the variable winning ball device 15 is in the open state, the game ball can be won in the second start winning opening 14 (it is easy to start winning), and is in a state advantageous to the player (first state). In the state where the variable winning ball apparatus 15 is in the open state, it is easier for the game ball to win the second start winning opening 14 than the first starting winning opening 13. Further, the state where the variable winning ball device 15 is in a closed state is a disadvantageous state (second state) for the player, and the game ball does not win the second start winning opening 14. Accordingly, in a state where the variable winning ball device 15 is in the closed state, it is easier for the game ball to win the first starting winning port 13 than the second starting winning port 14. In the state where the variable winning ball apparatus 15 is in the closed state, it may be configured that the winning is possible (that is, it is difficult for the gaming ball to win) although it is difficult to win a prize.
以下、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。   Hereinafter, the first start winning opening 13 and the second start winning opening 14 may be collectively referred to as a start winning opening or a starting opening.
第1飾り図柄表示器9aの側方には、第1始動入賞口13に入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する4つの表示器からなる第1特別図柄保留記憶表示器18aが設けられている。第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   On the side of the first decorative symbol display 9a, the number of effective winning balls that have entered the first starting winning opening 13, that is, the first reserved memory number (the reserved memory is also referred to as the starting memory or the starting prize memory) is displayed. A first special symbol storage memory display 18a comprising four displays is provided. The first special symbol storage memory indicator 18a increases the number of indicators to be lit by 1 each time there is an effective start winning. Then, each time the variable display on the first special symbol display 8a is started, the number of indicators to be turned on is reduced by one.
第2飾り図柄表示器9bの側方には、第2始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する4つの表示器からなる第2特別図柄保留記憶表示器18bが設けられている。第2特別図柄保留記憶表示器18bは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   On the side of the second decorative symbol display 9b is a second special symbol reserved memory display 18b comprising four indicators for displaying the number of effective winning balls that have entered the second start winning opening 14, that is, the second reserved memory number. Is provided. The second special symbol storage memory display 18b increases the number of indicators to be lit by 1 every time there is an effective start winning. And whenever the fluctuation | variation display by the 2nd special symbol display 8b is started, the number of the indicators to light is reduced by one.
また、演出表示装置9の表示画面には、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(以下、合算保留記憶表示部18cという。)が設けられている。合計数を表示する合算保留記憶表示部18cが設けられているので、遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14に入賞したが未だ変動表示の開始を許容する開始条件が成立していない保留記憶数の合計を把握しやすくすることができる。なお、合算保留記憶表示部18cが設けられているので、第1特別図柄保留記憶表示器18aおよび第2特別図柄保留記憶表示器18bは、設けられていなくてもよい。   In addition, the display screen of the effect display device 9 displays an area (hereinafter referred to as a summed pending storage display unit 18c) that displays a total number (total number of pending pending memories) that is the sum of the first reserved memory number and the second reserved memory number. .) Is provided. Since the total pending storage display unit 18c for displaying the total number is provided, a start condition is established that allows the game ball to win the first start winning opening 13 or the second starting winning opening 14, but still allow the start of the variable display. This makes it easy to grasp the total number of pending storages that have not been performed. In addition, since the total reserved memory display unit 18c is provided, the first special symbol reserved memory display 18a and the second special symbol reserved memory display 18b may not be provided.
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中、および第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の変動表示を複数の図柄表示エリア9L、9C、9R各々において行なう。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときとには、演出表示装置9において大当りを想起させるような特定表示結果としての演出図柄の組合せが停止表示される。   The effect display device 9 is for decoration (for effects) during the variable display time of the first special symbol by the first special symbol indicator 8a and during the variable display time of the second special symbol by the second special symbol indicator 8b. The change display of the effect symbols as the symbols is performed in each of the plurality of symbol display areas 9L, 9C, 9R. The change display of the first special symbol on the first special symbol display 8a and the change display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, the variation display of the second special symbol on the second special symbol display 8b and the variation display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, when the jackpot symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a and when the jackpot symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 8b, the effect display device 9 is made to recall the jackpot. The combination of effect symbols as a specific display result is stopped and displayed.
また、演出表示装置9の周囲の飾り部において、上側には、回転動作をする星形状の可動部材84が設けられている。可動部材84は、演出表示装置9の周囲の飾り部というような遊技者に視認可能な位置に設けられ、所定の演出に応じて動作する部材である。より具体的に、可動部材84は、モータ88の回転軸に取付けられ、モータ88が回転することにしたがって駆動され、回転動作をする。可動部材84は、予め定められた動作条件が成立したときに動作させられる。   In addition, a star-shaped movable member 84 that rotates is provided on the upper side of the decorative portion around the effect display device 9. The movable member 84 is a member that is provided at a position that is visible to the player, such as a decorative portion around the effect display device 9, and that operates according to a predetermined effect. More specifically, the movable member 84 is attached to the rotation shaft of the motor 88 and is driven and rotates as the motor 88 rotates. The movable member 84 is operated when a predetermined operation condition is satisfied.
演出表示装置9の周囲の飾り部において、右側には、上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cが設けられている。上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cは、後述する予告演出が実行されるときに点滅する。   On the right side of the decorative portion around the effect display device 9, an upper effect LED 85a, a middle effect LED 85b, and a lower effect LED 85c are provided. The upper effect LED 85a, the middle effect LED 85b, and the lower effect LED 85c blink when a notice effect described later is executed.
また、演出表示装置9の周囲の飾り部において、左側には、モータ86の回転軸に取付けられ、モータ86が回転すると移動する可動部材78が設けられている。可動部材78は、後述する予告演出が実行されるときに動作する。   In addition, in the decorative portion around the effect display device 9, a movable member 78 that is attached to the rotation shaft of the motor 86 and moves when the motor 86 rotates is provided on the left side. The movable member 78 operates when a notice effect described later is executed.
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は開閉板を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときと、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって開閉板が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23で検出される。   Further, as shown in FIG. 1, a special variable winning ball device 20 is provided below the variable winning ball device 15. The special variable winning ball apparatus 20 includes an opening / closing plate, and when the specific display result (big hit symbol) is derived and displayed on the first special symbol display 8a, and the specific display result (big hit symbol) on the second special symbol display 8b. When the open / close plate is controlled to be open by the solenoid 21 in the specific game state (big hit game state) that occurs when the symbol is derived and displayed, the big winning opening serving as the winning area is opened. The game ball that has won the big winning opening is detected by the count switch 23.
遊技領域6には、遊技球の入賞に基づいて予め決められている所定数の景品遊技球の払出を行なうための入賞口(普通入賞口)29,30,33,39も設けられている。入賞口29,30,33,39に入賞した遊技球は、入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aで検出される。なお、所定数の景品遊技球の払出を行なう条件は、所定の入賞領域に設けられている入賞口に入賞することにより成立するものに限らず、所定の入賞領域を通過することにより成立するものであってもよい。   The game area 6 is also provided with winning ports (ordinary winning ports) 29, 30, 33, 39 for paying out a predetermined number of premium game balls determined in advance based on winning of game balls. The game balls won in the winning openings 29, 30, 33, 39 are detected by the winning opening switches 29a, 30a, 33a, 39a. Note that the condition for paying out a predetermined number of prize game balls is not limited to winning by winning in a winning opening provided in a predetermined winning area, but is satisfied by passing through a predetermined winning area. It may be.
遊技盤6の右側方には、普通図柄表示器10が設けられている。普通図柄表示器10は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(たとえば、「○」および「×」)を変動表示する。   A normal symbol display 10 is provided on the right side of the game board 6. The normal symbol display 10 variably displays a plurality of types of identification information called “normal symbols” (for example, “◯” and “x”).
遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の変動表示が開始される。この実施の形態では、上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって変動表示が行なわれ、たとえば、変動表示の終了時に下側のランプが点灯すれば当りとなる。そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。すなわち、可変入賞球装置15の状態は、普通図柄の停止図柄が当り図柄である場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(第2始動入賞口14に遊技球が入賞可能な状態)に変化する。普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の変動表示が開始される毎に、点灯するLEDを1減らす。さらに、通常状態に比べて大当りとすることに決定される確率が高い状態である確変状態では、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められるとともに、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められる。また、確変状態ではないが図柄の変動時間が短縮されている時短状態(特別図柄の変動表示時間が短縮される遊技状態)でも、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数とが高められる。   When the game ball passes through the gate 32 and is detected by the gate switch 32a, the display variation of the normal symbol display 10 is started. In this embodiment, the upper and lower lamps (the symbols can be visually recognized when turned on) are turned on alternately to perform variable display. For example, if the lower lamp is turned on at the end of the variable display, it is a hit. . When the stop symbol on the normal symbol display 10 is a predetermined symbol (winning symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined number of times. In other words, the state of the variable winning ball apparatus 15 is a state that is advantageous from a disadvantageous state for the player when the normal symbol is a stop symbol (a state in which a game ball can be awarded at the second start winning port 14). To change. In the vicinity of the normal symbol display 10, a normal symbol holding storage display 41 having a display unit with four LEDs for displaying the number of winning balls that have passed through the gate 32 is provided. Each time there is a game ball passing through the gate 32, that is, every time a game ball is detected by the gate switch 32a, the normal symbol storage memory display 41 increases the number of LEDs to be turned on by one. Then, each time the variable display of the normal symbol display 10 is started, the number of LEDs to be lit is reduced by one. Further, in the probability variation state where the probability of being determined to be a big hit as compared to the normal state is high, the probability that the stop symbol in the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased, and the variable winning ball apparatus 15 Opening time and opening times are increased. In addition, even when the symbol variation time is shortened (a gaming state in which the special symbol variation display time is shortened) although not in the probability variation state, the opening time and the number of times of opening of the variable winning ball device 15 are increased.
なお、確変状態または時短状態であるときには、通常状態に比べて特別図柄の変動表示時間を短縮させる特図変動短縮制御、通常状態に比べて普通図柄の停止図柄が当り図柄とすることに決定される確率を向上させる普図確変制御、通常状態に比べて普通図柄の変動表示時間を短縮させる普図変動短縮制御、通常状態に比べて可変入賞球装置15の開放時間および開放回数のうち少なくとも一方が遊技者にとって有利な開放態様(開放時間延長、開放回数増大など)とする普電開放延長制御のうち、少なくともいずれか一つの制御を行なうものであってもよく、選択的に複数の制御を組合せて行なうものであってもよく、全ての制御を行なうものであってもよい。   In the case of the probable change state or the short time state, it is determined that the special symbol fluctuation reduction control that shortens the fluctuation display time of the special symbol compared to the normal state, and that the stop symbol of the normal symbol is the winning symbol compared to the normal state. At least one of the open time and the number of times of opening of the variable winning ball apparatus 15 as compared with the normal state. However, it is possible to perform at least one control among general electric release extension controls that are advantageous for the player (e.g. extension of the opening time, increase of the number of times of opening, etc.). It may be performed in combination, or may perform all control.
遊技盤6の遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾LED25が設けられている。遊技盤6の遊技領域7の下部には、入賞しなかった打球が取り込まれるアウト口26が設けられている。また、遊技領域7の外側の左右上部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する2つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、前面枠に設けられた枠LED28が設けられている。   On the left and right sides of the game area 7 of the game board 6, there are provided decorative LEDs 25 that are blinked during the game. In the lower part of the game area 7 of the game board 6, there is provided an out port 26 through which a hit ball that has not won a prize is taken. In addition, two speakers 27 that utter sound effects and sounds as predetermined sound outputs are provided on the left and right upper portions outside the game area 7. On the outer periphery of the game area 7, a frame LED 28 provided on the front frame is provided.
打球供給皿3の上面における手前側の中央位置といった、パチンコ遊技機1の遊技機用枠における所定位置には、押下操作等により遊技者が操作可能な操作ボタン30が設置されている。なお、操作ボタン30は、押下操作が可能なものに限定されず、たとえば回転型セレクタのような回転操作が可能なものであってもよいし、タッチパネルのように接触操作や押圧操作が可能なものであってもよいし、レバー型スイッチのような傾動操作が可能なものであってもよい。また、操作ボタン30に代えて、たとえば赤外線センサやCCDセンサ、CMOSセンサのように、遊技者による所定の操作行為を検出できるセンサを用いてもよい。すなわち、操作ボタン30は、遊技者による所定の操作行為を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できるものであればよい。   At a predetermined position in the gaming machine frame of the pachinko gaming machine 1, such as a central position on the front side of the top surface of the hitting ball supply tray 3, an operation button 30 that can be operated by the player by a pressing operation or the like is provided. Note that the operation button 30 is not limited to a button that can be pressed, and may be a button that can be rotated, such as a rotary selector, or a touch operation or a pressing operation, such as a touch panel. It may be a thing, and the thing which can be tilted like a lever type switch may be sufficient. Further, instead of the operation button 30, a sensor that can detect a predetermined operation action by the player, such as an infrared sensor, a CCD sensor, or a CMOS sensor, may be used. That is, the operation button 30 only needs to be able to detect a predetermined operation action by the player mechanically, electrically, or electromagnetically.
遊技機には、遊技者が打球操作ハンドル5を操作することに応じて駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置(図示せず)が設けられている。打球発射装置から発射された遊技球は、遊技領域7を囲むように円形状に形成された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13に入り第1始動口スイッチ13aで検出されると、第1特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、第1飾り図柄表示器9aにおいて第1飾り図柄の変動表示が開始され、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第1特別図柄、第1飾り図柄および演出図柄の変動表示は、第1始動入賞口13への入賞に対応する。第1特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。   In the gaming machine, a ball striking device (not shown) that drives a driving motor in response to a player operating the batting operation handle 5 and uses the rotational force of the driving motor to launch a gaming ball to the gaming area 7. ) Is provided. A game ball launched from the ball striking device enters the game area 7 through a ball striking rail formed in a circular shape so as to surround the game area 7, and then descends the game area 7. When the game ball enters the first start winning port 13 and is detected by the first start port switch 13a, if the variation display of the first special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 1), the first special symbol display unit 8a starts the variable display (variation) of the first special symbol, and the first decorative symbol display unit 9a displays the variable display of the first decorative symbol. The effect display device 9 starts displaying the effect symbols in a variable manner. That is, the variable display of the first special symbol, the first decorative symbol, and the effect symbol corresponds to winning in the first start winning opening 13. If the variable display of the first special symbol cannot be started, the first reserved memory number is increased by 1 on condition that the first reserved memory number has not reached the upper limit value.
遊技球が第2始動入賞口14に入り第2始動口スイッチ14aで検出されると、第2特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、第2飾り図柄表示器9bにおいて第2飾り図柄の変動表示が開始され、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第2特別図柄、第2飾り図柄および演出図柄の変動表示は、第2始動入賞口14への入賞に対応する。第2特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。   When the game ball enters the second start winning port 14 and is detected by the second start port switch 14a, if the variation display of the second special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 2), the second special symbol display 8b starts the variable display (variation) of the second special symbol, and the second decorative symbol display 9b displays the variable display of the second decorative symbol. The effect display device 9 starts displaying the effect symbols in a variable manner. That is, the change display of the second special symbol, the second decorative symbol, and the effect symbol corresponds to winning in the second start winning opening 14. If the variable display of the second special symbol cannot be started, the second reserved memory number is increased by 1 on condition that the second reserved memory number has not reached the upper limit value.
なお、第1保留記憶数あるいは第2保留記憶数を1増やすとは、具体的には、後述するように必要な乱数を抽出し、RAM55に設けられている所定の乱数格納領域に当該抽出した乱数を格納することを含む。   In addition, to increase the first reserved memory number or the second reserved memory number by 1, specifically, a necessary random number is extracted as described later, and extracted to a predetermined random number storage area provided in the RAM 55. Including storing random numbers.
図2は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図2は、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムにしたがって制御動作を行なうCPU56およびI/Oポート部57を含む。この実施の形態では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されている。すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、1チップマイクロコンピュータである。1チップマイクロコンピュータには、少なくともCPU56のほかRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。   FIG. 2 is a block diagram showing an example of the circuit configuration of the main board (game control board) 31. FIG. 2 also shows a payout control board 37, an effect control board 80, and the like. A game control microcomputer (corresponding to game control means) 560 for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program is mounted on the main board 31. The game control microcomputer 560 includes a ROM 54 for storing a game control (game progress control) program and the like, a RAM 55 as a storage means used as a work memory, a CPU 56 for performing control operations in accordance with the program, and an I / O port unit. 57. In this embodiment, the ROM 54 and the RAM 55 are built in the game control microcomputer 560. That is, the game control microcomputer 560 is a one-chip microcomputer. The one-chip microcomputer only needs to incorporate at least the CPU 56 and the RAM 55, and the ROM 54 may be external or built-in. The I / O port unit 57 may be externally attached. The game control microcomputer 560 further includes a random number circuit 503 that generates hardware random numbers (random numbers generated by the hardware circuit).
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板910において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。   The RAM 55 is a backup RAM as a non-volatile storage means, part or all of which is backed up by a backup power source created on the power supply substrate 910.
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムにしたがって制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行なう)ということは、具体的には、CPU56がプログラムにしたがって制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。   In the game control microcomputer 560, the CPU 56 executes control in accordance with a program stored in the ROM 54. Therefore, the game control microcomputer 560 (or CPU 56) executes (or performs processing) hereinafter. Specifically, the CPU 56 executes control according to a program. The same applies to microcomputers mounted on substrates other than the main substrate 31.
乱数回路503は、特別図柄の変動表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。   The random number circuit 503 is a hardware circuit that is used to generate a random number for determination to determine whether or not to make a big hit based on the display result of the special symbol variation display.
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23、入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aからの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。また、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および大入賞口を形成する特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21を遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令にしたがって駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。   Also, an input driver circuit for supplying detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a and 39a to the game control microcomputer 560. 58 is also mounted on the main board 31. Also, an output circuit 59 for driving the solenoid 16 for opening and closing the variable winning ball device 15 and the solenoid 21 for opening and closing the special variable winning ball device 20 that forms a big winning opening according to a command from the game control microcomputer 560 is also provided. It is mounted on the substrate 31.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18bおよび普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう。   Further, the game control microcomputer 560 includes a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, which variably displays special symbols, a normal symbol display 10, which variably displays normal symbols, and a first special symbol hold memory. Display control of the display 18a, the second special symbol storage memory display 18b, and the normal symbol storage memory display 41 is performed.
なお、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号をホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路(図示せず)も主基板31に搭載されている。   An information output circuit (not shown) that outputs an information output signal such as jackpot information indicating the occurrence of a jackpot gaming state to an external device such as a hall computer is also mounted on the main board 31.
この実施の形態では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(後述する演出制御用マイクロコンピュータ100)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、飾り図柄を変動表示する第1飾り図柄表示器9aおよび第2飾り図柄表示器9bの表示制御と、演出図柄を変動表示する演出表示装置9の表示制御とを行なう。   In this embodiment, effect control means (effect control microcomputer 100 described later) mounted on the effect control board 80 instructs effect contents from the game control microcomputer 560 via the relay board 77. When the command is received, the display control of the first decorative symbol display 9a and the second decorative symbol display 9b for displaying the decorative symbols in a variable manner and the display control of the effect display device 9 for displaying the dynamic symbols in a variable manner are performed.
また、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段が、ランプドライバ基板35を介して、遊技盤に設けられている装飾LED25、および枠側に設けられている枠LED28の表示制御を行なうとともに、音声出力基板70を介してスピーカ27からの音出力の制御を行なう。   The effect control means mounted on the effect control board 80 controls the display of the decoration LED 25 provided on the game board and the frame LED 28 provided on the frame side via the lamp driver board 35. The sound output from the speaker 27 is controlled via the sound output board 70.
図3は、中継基板77、演出制御基板80、ランプドライバ基板35および音声出力基板70の回路構成例を示すブロック図である。なお、図3に示す例では、ランプドライバ基板35および音声出力基板70には、マイクロコンピュータは搭載されていないが、マイクロコンピュータを搭載してもよい。また、ランプドライバ基板35および音声出力基板70を設けずに、演出制御に関して演出制御基板80のみを設けてもよい。   FIG. 3 is a block diagram illustrating a circuit configuration example of the relay board 77, the effect control board 80, the lamp driver board 35, and the audio output board 70. In the example shown in FIG. 3, the lamp driver board 35 and the audio output board 70 are not equipped with a microcomputer, but may be equipped with a microcomputer. Further, without providing the lamp driver board 35 and the audio output board 70, only the effect control board 80 may be provided for effect control.
演出制御基板80は、演出制御用CPU101、および演出図柄プロセスフラグ等の演出に関する情報を記憶するRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ100を搭載している。なお、RAMは外付けであってもよい。この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるRAMは電源バックアップされていない。演出制御基板80において、演出制御用CPU101は、内蔵または外付けのROM(図示せず)に格納されたプログラムにしたがって動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバ102および入力ポート103を介して演出制御コマンドを受信する。また、演出制御用CPU101は、演出制御コマンドに基づいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)109に演出表示装置9の表示制御を行なわせる。   The effect control board 80 includes an effect control CPU 101 and an effect control microcomputer 100 including a RAM for storing information related to effects such as effect symbol process flags. The RAM may be externally attached. In this embodiment, the RAM in the production control microcomputer 100 is not backed up. In the effect control board 80, the effect control CPU 101 operates in accordance with a program stored in a built-in or external ROM (not shown), and receives signals from the main board 31 input via the relay board 77. In response to the (effect control INT signal), an effect control command is received via the input driver 102 and the input port 103. Further, the effect control CPU 101 causes the VDP (video display processor) 109 to perform display control of the effect display device 9 based on the effect control command.
また、操作ボタン30からの操作信号が、入力ポート107を介して演出制御用マイクロコンピュータ100に入力される。演出制御用マイクロコンピュータ100は、操作ボタン30からの操作信号に応じて所定の演出を行なう。   An operation signal from the operation button 30 is input to the effect control microcomputer 100 via the input port 107. The effect control microcomputer 100 performs a predetermined effect according to the operation signal from the operation button 30.
この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行なうVDP109が演出制御基板80に搭載されている。VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100とは独立したアドレス空間を有し、そこにVRAMをマッピングする。VRAMは、画像データを展開するためのバッファメモリである。そして、VDP109は、VRAM内の画像データをフレームメモリを介して演出表示装置9に出力する。   In this embodiment, a VDP 109 that performs display control of the effect display device 9 in cooperation with the effect control microcomputer 100 is mounted on the effect control board 80. The VDP 109 has an address space independent of the production control microcomputer 100, and maps a VRAM therein. VRAM is a buffer memory for developing image data. Then, the VDP 109 outputs the image data in the VRAM to the effect display device 9 via the frame memory.
演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドにしたがってCGROM(図示せず)から必要なデータを読出すための指令をVDP109に出力する。CGROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データや動画像データ、具体的には、人物、文字、図形や記号等(演出図柄を含む)、および背景画像のデータを予め格納しておくためのROMである。演出表示装置9において変動表示されるとともに停止表示される演出図柄としては、「1」〜「8」の計8個の図柄が設けられている。各演出図柄は、「1」〜「8」のいずれかの数字と、図柄毎に定められたキャラクタとから構成されている。たとえば、「7」の演出図柄としては、「7」の数字と、「7」用のキャラクタ(たとえば髪の毛を下ろした女の子のキャラクタなど)とから構成されている。なお、演出図柄としては、説明の便宜上、数字のみ図示しているが、本実施の形態における演出図柄は、数字とキャラクタとから構成されている。   The effect control CPU 101 outputs to the VDP 109 a command for reading necessary data from a CGROM (not shown) in accordance with the received effect control command. The CGROM stores character image data and moving image data displayed on the effect display device 9, specifically, a person, characters, figures, symbols (including effect symbols), and background image data in advance. ROM. A total of eight symbols “1” to “8” are provided as effect symbols that are variably displayed and stopped in the effect display device 9. Each effect symbol is composed of any number from “1” to “8” and a character defined for each symbol. For example, the effect symbol “7” is composed of a number “7” and a character for “7” (for example, a girl character whose hair is lowered). In addition, as an effect design, only the number is illustrated for convenience of explanation, but the effect design in the present embodiment is composed of a number and a character.
VDP109は、演出制御用CPU101の指令に応じて、CGROMから画像データを読出す。そして、VDP109は、読出した画像データに基づいて表示制御を実行する。   The VDP 109 reads the image data from the CGROM in response to a command from the effect control CPU 101. The VDP 109 executes display control based on the read image data.
演出制御コマンドおよび演出制御INT信号は、演出制御基板80において、まず、入力ドライバ102に入力する。入力ドライバ102は、中継基板77から入力された信号を演出制御基板80の内部に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80の内部から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路でもある。   The effect control command and the effect control INT signal are first input to the input driver 102 on the effect control board 80. The input driver 102 passes the signal input from the relay board 77 only in the direction toward the inside of the effect control board 80 (does not pass the signal in the direction from the inside of the effect control board 80 to the relay board 77). It is also a unidirectional circuit as a regulating means.
また、演出制御用CPU101は、出力ポート106を介して、可動部材78を動作させるためにモータ86を駆動する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート106を介して、可動部材84を動作させるためにモータ88を駆動する。   The effect control CPU 101 drives the motor 86 to operate the movable member 78 via the output port 106. Further, the effect control CPU 101 drives the motor 88 to operate the movable member 84 via the output port 106.
さらに、演出制御用CPU101は、出力ポート105を介してランプドライバ基板35に対してLEDを駆動する信号を出力する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート104を介して音声出力基板70に対して音番号データを出力する。   Further, the effect control CPU 101 outputs a signal for driving the LED to the lamp driver board 35 via the output port 105. Further, the production control CPU 101 outputs sound number data to the audio output board 70 via the output port 104.
ランプドライバ基板35において、LEDを駆動する信号は、入力ドライバ351を介してLEDドライバ352に入力される。LEDドライバ352は、LEDを駆動する信号に基づいて枠LED28等の枠側に設けられている発光体に電流を供給する。また、遊技盤側に設けられている装飾LED25、上演出LED85a、中演出LED85bおよび下演出LED85cに電流を供給する。   In the lamp driver board 35, a signal for driving the LED is input to the LED driver 352 via the input driver 351. The LED driver 352 supplies a current to a light emitter provided on the frame side such as the frame LED 28 based on a signal for driving the LED. Further, current is supplied to the decoration LED 25, the upper effect LED 85a, the middle effect LED 85b, and the lower effect LED 85c provided on the game board side.
音声出力基板70において、音番号データは、入力ドライバ702を介して音声合成用IC703に入力される。音声合成用IC703は、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路705に出力する。増幅回路705は、音声合成用IC703の出力レベルを、ボリューム706で設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27に出力する。音声データROM704には、音番号データに応じた制御データが格納されている。音番号データに応じた制御データは、所定期間(たとえば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。   In the voice output board 70, the sound number data is input to the voice synthesis IC 703 via the input driver 702. The voice synthesizing IC 703 generates voice or sound effect according to the sound number data, and outputs it to the amplifier circuit 705. The amplification circuit 705 outputs an audio signal obtained by amplifying the output level of the speech synthesis IC 703 to a level corresponding to the volume set by the volume 706 to the speaker 27. The voice data ROM 704 stores control data corresponding to the sound number data. The control data corresponding to the sound number data is a collection of data indicating the sound effect or sound output mode in a time-series manner in a predetermined period (for example, the changing period of the effect design).
次に、遊技機の動作について説明する。図4は、主基板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が実行するメイン処理を示すフローチャートである。遊技機に対して電源が投入され電力供給が開始されると、リセット信号が入力されるリセット端子の入力レベルがハイレベルになる。そして、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)は、プログラムの内容が正当か否か確認するための処理であるセキュリティチェック処理を実行した後、ステップS(以下、単にSと呼ぶ)1以降のメイン処理を開始する。メイン処理において、CPU56は、まず、必要な初期設定を行なう。   Next, the operation of the gaming machine will be described. FIG. 4 is a flowchart showing a main process executed by the game control microcomputer 560 on the main board 31. When power is supplied to the gaming machine and power supply is started, the input level of the reset terminal to which the reset signal is input becomes high. Then, the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) executes a security check process that is a process for confirming whether or not the contents of the program are valid, and then performs step S (hereinafter simply referred to as S). ) The main process after 1 is started. In the main process, the CPU 56 first performs necessary initial settings.
初期設定処理において、CPU56は、まず、割込禁止に設定する(S1)。次に、割込モードを割込モード2に設定し(S2)、スタックポインタにスタックポインタ指定アドレスを設定する(S3)。そして、内蔵デバイスの初期化(内蔵デバイス(内蔵周辺回路)であるCTC(カウンタ/タイマ)およびPIO(パラレル入出力ポート)の初期化等)を行なった後(S4)、RAM55をアクセス可能状態に設定する(S5)。なお、割込モード2は、CPU56が内蔵する特定レジスタ(Iレジスタ)の値(1バイト)と内蔵デバイスが出力する割込ベクタ(1バイト:最下位ビット0)とから合成されるアドレスが、割込番地を示すモードである。   In the initial setting process, the CPU 56 first sets the interrupt prohibition (S1). Next, the interrupt mode is set to interrupt mode 2 (S2), and a stack pointer designation address is set to the stack pointer (S3). Then, after initialization of the built-in device (CTC (counter / timer) and PIO (parallel input / output port) which are built-in devices (built-in peripheral circuits)) is performed (S4), the RAM 55 is made accessible. Set (S5). In the interrupt mode 2, the address synthesized from the value (1 byte) of the specific register (I register) built in the CPU 56 and the interrupt vector (1 byte: least significant bit 0) output from the built-in device is This mode indicates an interrupt address.
次いで、CPU56は、入力ポートを介して入力されるクリアスイッチ(たとえば、電源基板に搭載されている。)の出力信号の状態を確認する(S6)。その確認においてオンを検出した場合には、CPU56は、通常の初期化処理を実行する(S12〜S17)。   Next, the CPU 56 checks the state of the output signal of the clear switch (for example, mounted on the power supply board) input via the input port (S6). When the on-state is detected in the confirmation, the CPU 56 executes normal initialization processing (S12 to S17).
クリアスイッチがオンの状態でない場合には、遊技機への電力供給が停止したときにバックアップRAM領域のデータ保護処理(たとえばパリティデータの付加等の電力供給停止時処理)が行なわれたか否か確認する(S7)。そのような保護処理が行なわれていないことを確認したら、CPU56は初期化処理を実行する。バックアップRAM領域にバックアップデータがあるか否かは、たとえば、電力供給停止時処理においてバックアップRAM領域に設定されるバックアップフラグの状態によって確認される。   If the clear switch is not on, check whether data protection processing for the backup RAM area (for example, power supply stop processing such as addition of parity data) was performed when power supply to the gaming machine was stopped (S7). If it is confirmed that such a protection process has not been performed, the CPU 56 executes an initialization process. Whether there is backup data in the backup RAM area is confirmed, for example, by the state of the backup flag set in the backup RAM area in the power supply stop process.
電力供給停止時処理が行なわれたことを確認したら、CPU56は、バックアップRAM領域のデータチェックを行なう(S8)。この実施の形態では、データチェックとしてパリティチェックを行なう。よって、S8では、算出したチェックサムと、電力供給停止時処理で同一の処理によって算出され保存されているチェックサムとを比較する。不測の停電等の電力供給停止が生じた後に復旧した場合には、バックアップRAM領域のデータは保存されているはずであるから、チェック結果(比較結果)は正常(一致)になる。チェック結果が正常でないということは、バックアップRAM領域のデータが、電力供給停止時のデータとは異なっていることを意味する。そのような場合には、内部状態を電力供給停止時の状態に戻すことができないので、電力供給の停止からの復旧時でない電源投入時に実行される初期化処理を実行する。   If it is confirmed that the power supply stop process has been performed, the CPU 56 checks the data in the backup RAM area (S8). In this embodiment, a parity check is performed as a data check. Therefore, in S8, the calculated checksum is compared with the checksum calculated and stored by the same process in the power supply stop process. When the power supply is stopped after an unexpected power failure or the like, the data in the backup RAM area should be saved, so the check result (comparison result) is normal (matched). That the check result is not normal means that the data in the backup RAM area is different from the data when the power supply is stopped. In such a case, since the internal state cannot be returned to the state when the power supply is stopped, an initialization process that is executed when the power is turned on is not performed when the power supply is stopped.
チェック結果が正常であれば、CPU56は、遊技制御手段の内部状態と演出制御手段等の電気部品制御手段の制御状態を電力供給停止時の状態に戻すための遊技状態復旧処理(S9〜S11の処理)を行なう。   If the check result is normal, the CPU 56 performs a game state recovery process (S9 to S11) for returning the internal state of the game control means and the control state of the electrical component control means such as the effect control means to the state when the power supply is stopped. Process).
また、CPU56は、電力供給復旧時のコマンドとしての停電復旧指定コマンドを演出制御基板80に送信する(S11)。そして、S16に移行する。   In addition, the CPU 56 transmits a power failure recovery designation command as a command at the time of power supply recovery to the effect control board 80 (S11). Then, the process proceeds to S16.
初期化処理では、CPU56は、まず、RAMクリア処理を行なう(S12)。また、ROM54に格納されている初期化時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(S13)、初期化時設定テーブルの内容を順次RAM55における作業領域に設定する(S14)。   In the initialization process, the CPU 56 first performs a RAM clear process (S12). Also, the initial address of the initialization setting table stored in the ROM 54 is set as a pointer (S13), and the contents of the initialization setting table are sequentially set in the work area in the RAM 55 (S14).
S13およびS14の処理によって、特別図柄プロセスフラグ等制御状態に応じて選択的に処理を行なうためのフラグに初期値が設定される。   By the processing of S13 and S14, an initial value is set to a flag for selectively performing processing according to a control state such as a special symbol process flag.
また、CPU56は、サブ基板(主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板。)を初期化するための初期化指定コマンド(遊技制御用マイクロコンピュータ560が初期化処理を実行したことを示すコマンドでもある。)を演出制御基板80に送信する(S15)。たとえば、演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100は、初期化指定コマンドを受信すると、演出表示装置9において、遊技機の制御の初期化がなされたことを報知するための画面表示、すなわち初期化報知を行なう。なお、初期化処理において、CPU56は、客待ちデモンストレーション指定(デモ指定)コマンドも送信する。   Further, the CPU 56 initializes a sub board (a board on which a microcomputer other than the main board 31 is mounted) (a command indicating that the game control microcomputer 560 has executed an initialization process). Is also transmitted to the effect control board 80 (S15). For example, when the production control microcomputer 100 mounted on the production control board 80 receives the initialization designation command, the production display device 9 displays a screen for notifying that the control of the gaming machine has been initialized. Display, that is, initialization notification is performed. In the initialization process, the CPU 56 also transmits a customer waiting demonstration designation (demonstration) command.
また、CPU56は、乱数回路503を初期設定する乱数回路設定処理を実行する(S16)。   Further, the CPU 56 executes a random number circuit setting process for initial setting of the random number circuit 503 (S16).
そして、CPU56は、所定時間(たとえば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかるように遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されているCTCのレジスタの設定を行なう(S17)。すなわち、初期値としてたとえば2msに相当する値が所定のレジスタ(時間定数レジスタ)に設定される。この実施の形態では、2ms毎に定期的にタイマ割込がかかるとする。   Then, the CPU 56 sets a CTC register built in the game control microcomputer 560 so that a timer interrupt is periodically taken every predetermined time (for example, 2 ms) (S17). That is, for example, a value corresponding to 2 ms is set in a predetermined register (time constant register) as an initial value. In this embodiment, it is assumed that a timer interrupt is periodically taken every 2 ms.
初期化処理の実行(S12〜S17)が完了すると、CPU56は、メイン処理で、表示用乱数更新処理(S19)および初期値用乱数更新処理(S20)を繰返し実行する。表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理を実行するときには割込禁止状態に設定し(S18)、表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理の実行が終了すると割込許可状態に設定する(S21)。この実施の形態では、表示用乱数とは、変動パターン等を決定するための乱数であり、表示用乱数更新処理とは、表示用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。また、初期値用乱数更新処理とは、初期値用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。この実施の形態では、初期値用乱数とは、普通図柄の当りとするか否か決定するための乱数を発生するためのカウンタ(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタ)等のカウント値の初期値を決定するための乱数である。   When the execution of the initialization process (S12 to S17) is completed, the CPU 56 repeatedly executes the display random number update process (S19) and the initial value random number update process (S20) in the main process. When executing the display random number update process and the initial value random number update process, the interrupt disabled state is set (S18). When the display random number update process and the initial value random number update process are completed, the interrupt enabled state is set. (S21). In this embodiment, the display random number is a random number for determining a variation pattern or the like, and the display random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the display random number. . The initial value random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the initial value random number. In this embodiment, the initial value random number is an initial value of a count value such as a counter for generating a random number for determining whether or not to hit a normal symbol (normal symbol determination random number generation counter). It is a random number for determining.
タイマ割込が発生すると、CPU56は、図5に示すS25〜S39のタイマ割込処理を実行する。タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(S25)。電源断信号は、たとえば電源基板に搭載されている電源監視回路920が、遊技機に供給される電源の電圧の低下を検出した場合に出力する。そして、電源断検出処理において、CPU56は、電源断信号が出力されたことを検出したら、必要なデータをバックアップRAM領域に保存するための電力供給停止時処理を実行する。次いで、入力ドライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23、および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aの検出信号を入力し、それらの状態判定を行なうスイッチ処理を実行する(S26)。   When the timer interrupt occurs, the CPU 56 executes the timer interrupt process of S25 to S39 shown in FIG. In the timer interrupt process, first, a power-off detection process for detecting whether or not a power-off signal is output (whether or not an on-state is turned on) is executed (S25). The power-off signal is output, for example, when the power monitoring circuit 920 mounted on the power board detects a drop in the voltage of the power supplied to the gaming machine. In the power-off detection process, when detecting that the power-off signal has been output, the CPU 56 executes a power supply stop process for saving necessary data in the backup RAM area. Next, detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, and 39a are input via the input driver circuit 58, A switch process for determining these states is executed (S26).
次に、CPU56は、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう表示制御処理を実行する(S27)。第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、S37,S38で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行する。   Next, the CPU 56 has a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, a normal symbol display 10, a first special symbol hold storage display 18a, a second special symbol hold storage display 18b, a normal symbol. A display control process for controlling the display of the on-hold storage display 41 is executed (S27). For the first special symbol display 8a, the second special symbol display 8b, and the normal symbol display 10, control for outputting a drive signal to each display according to the contents of the output buffer set in S37 and S38. Execute.
また、遊技制御に用いられる普通当り図柄決定用の乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する判定用乱数更新処理を行なう(S28)。CPU56は、さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する初期値用乱数更新処理(S29)および表示用乱数更新処理(S30)を実行する。   Further, a determination random number update process is performed to update the count value of each counter for generating each determination random number such as a random number for determining a normal winning symbol used for game control (S28). The CPU 56 further executes an initial value random number update process (S29) and a display random number update process (S30) for updating the count value of the counter for generating the initial value random number and the display random number.
さらに、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行なう(S31)。特別図柄プロセス処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行する。CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Further, the CPU 56 performs special symbol process processing (S31). In the special symbol process, corresponding processing is executed in accordance with a special symbol process flag for controlling the first special symbol indicator 8a, the second special symbol indicator 8b, and the special winning opening in a predetermined order. The CPU 56 updates the value of the special symbol process flag according to the gaming state.
次いで、普通図柄プロセス処理を行なう(S32)。普通図柄プロセス処理では、CPU56は、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行する。CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Next, a normal symbol process is performed (S32). In the normal symbol process, the CPU 56 executes the corresponding process according to the normal symbol process flag for controlling the display state of the normal symbol display 10 in a predetermined order. The CPU 56 updates the value of the normal symbol process flag according to the gaming state.
また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送出する演出制御コマンド制御処理を行なう(S33)。   Further, the CPU 56 performs an effect control command control process for sending an effect control command to the effect control microcomputer 100 (S33).
さらに、CPU56は、たとえばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報等のデータを出力する情報出力処理を行なう(S34)。   Further, the CPU 56 performs information output processing for outputting data such as jackpot information, starting information, probability variation information supplied to the hall management computer, for example (S34).
また、CPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aの検出信号に基づく賞球個数の設定等を行なう賞球処理を実行する(S35)。具体的にCPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23および入賞口スイッチ29a,30a,33a,39aのいずれかがオンしたことに基づく入賞検出に応じて、払出制御基板37に搭載されている払出制御用マイクロコンピュータに賞球個数を示す払出制御コマンド(賞球個数信号)を出力する。払出制御用マイクロコンピュータは、賞球個数を示す払出制御コマンドに応じて球払出装置97を駆動する。   Further, the CPU 56 performs a prize ball process for setting the number of prize balls based on detection signals from the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a. Execute (S35). Specifically, the CPU 56 pays out in response to winning detection based on one of the first starting port switch 13a, the second starting port switch 14a, the count switch 23, and the winning port switches 29a, 30a, 33a, 39a being turned on. A payout control command (award ball number signal) indicating the number of winning balls is output to a payout control microcomputer mounted on the control board 37. The payout control microcomputer drives the ball payout device 97 in accordance with a payout control command indicating the number of winning balls.
この実施の形態では、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する出力処理を実行する(S36)。   In this embodiment, a RAM area (output port buffer) corresponding to the output state of the output port is provided. However, the CPU 56 relates to on / off of the solenoid in the RAM area corresponding to the output state of the output port. An output process for outputting the contents to the output port is executed (S36).
また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行なうための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行なう(S37)。CPU56は、たとえば、特別図柄プロセス処理でセットされる開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、変動速度が1コマ/0.2秒であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値を+1する。また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S27において駆動信号を出力することによって、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bにおける第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示を実行する。   Further, the CPU 56 performs special symbol display control processing for setting special symbol display control data for effect display of special symbols in an output buffer for setting special symbol display control data according to the value of the special symbol process flag ( S37). For example, if the change speed is 1 frame / 0.2 seconds until the end flag is set when the start flag set in the special symbol process is set, the CPU 56, for example, every 0.2 seconds passes. Then, the value of the display control data set in the output buffer is incremented by one. Further, the CPU 56 outputs a drive signal in S27 in accordance with the display control data set in the output buffer, whereby the first special symbol and the first special symbol on the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b. 2 Executes the variable display of special symbols.
さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行なうための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行なう(S38)。CPU56は、たとえば、普通図柄の変動に関する開始フラグがセットされると終了フラグがセットされるまで、普通図柄の変動速度が0.2秒ごとに表示状態(「○」および「×」)を切替えるような速度であれば、0.2秒が経過する毎に、出力バッファに設定される表示制御データの値(たとえば、「○」を示す1と「×」を示す0)を切替える。また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S27において駆動信号を出力することによって、普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。その後、割込許可状態に設定し(S39)、処理を終了する。   Further, the CPU 56 performs a normal symbol display control process of setting normal symbol display control data for effect display of the normal symbol in the output buffer for setting the normal symbol display control data according to the value of the normal symbol process flag ( S38). For example, when the start flag related to the variation of the normal symbol is set, the CPU 56 switches the display state (“◯” and “×”) for the variation rate of the normal symbol every 0.2 seconds until the end flag is set. With such a speed, the value of the display control data set in the output buffer (for example, 1 indicating “◯” and 0 indicating “x”) is switched every 0.2 seconds. Further, the CPU 56 outputs a driving signal in S27 according to the display control data set in the output buffer, thereby executing a normal symbol effect display on the normal symbol display 10. Thereafter, the interrupt permission state is set (S39), and the process is terminated.
始動入賞を契機として、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて、特別図柄(第1特別図柄または第2特別図柄)の変動表示が開始された後、所定時間(変動時間)が経過すると、特別図柄の変動表示結果である停止図柄を停止表示(導出表示)する。大当りにすることに決定されている場合には、特定の特別図柄(大当り図柄)が停止表示される。はずれにすることに決定されている場合には、大当り図柄以外の特別図柄が停止表示される。大当り図柄が導出表示された場合には、遊技状態が、特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。   Triggered by the start prize, the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b starts to display a special symbol (the first special symbol or the second special symbol) for a predetermined time (variation time). ), The stop symbol which is the result of the special symbol variation display is stopped (displayed). If it is decided to win, a special special symbol (big hit symbol) is stopped and displayed. If it is determined to be off, special symbols other than the jackpot symbol are stopped and displayed. When the big hit symbol is derived and displayed, the gaming state is controlled to the big hit gaming state as the specific gaming state.
この実施の形態では、特別図柄として、「1」〜「8」の8種類の数字が設定されている。「1」〜「8」の特別図柄のうち、「1」〜「3」が確変当り図柄(15Rの確変大当りとなる図柄)に、「4」および「5」が通常当り図柄(15Rの非確変大当りとなる図柄)に、「6」が突確当り図柄(2Rの確変大当りとなる図柄)に、「7」および「8」がはずれ図柄に、各々設定されている。なお、“R”は、ラウンドを示す。   In this embodiment, eight types of numbers “1” to “8” are set as special symbols. Of the special symbols “1” to “8”, “1” to “3” are symbols for probability variation (symbols for probability variation of 15R), and “4” and “5” are symbols for normal variation (not for 15R). “6” is set for the sudden hit symbol (the symbol for the 2R probability variable big hit), and “7” and “8” are set for the off symbol. “R” indicates a round.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに、15R大当りの図柄(「1」〜「5」)が停止表示された場合には、可変入賞球装置20における開閉板が、所定期間(たとえば、29秒間)または所定個数(たとえば、10個)の入賞が発生するまでの期間、開放状態になって、可変入賞球装置20を遊技者にとって有利な第1状態に変化させる単位ラウンドが開始される。15R大当り状態では、ラウンドの回数は15回である。   When the 15R jackpot symbols ("1" to "5") are stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b, the opening / closing plate in the variable winning ball apparatus 20 is predetermined. A unit round in which the variable winning ball apparatus 20 is changed to the first state which is advantageous to the player in an open state for a period (for example, 29 seconds) or a period until a predetermined number (for example, 10) of winnings occurs. Is started. In the 15R big hit state, the number of rounds is 15.
また、第1特別図柄表示器8aに突確当りの図柄(「6」)が停止表示された場合には、ラウンドの回数が2回である大当り遊技状態(2R大当り状態)に移行する。また、2R大当り状態では、各ラウンドの開閉板の開時間は、15R大当り状態であるときよりも短い期間(たとえば、0.5秒間)になる。   When the winning symbol (“6”) is stopped and displayed on the first special symbol display 8a, the game shifts to a big hit gaming state (2R big hit state) in which the number of rounds is two. Further, in the 2R big hit state, the opening time of the open / close plate in each round is shorter (for example, 0.5 seconds) than in the 15R big hit state.
また、大当り遊技状態が終了した後、遊技状態が時短状態に制御される。時短状態では、通常状態(確変状態や時短状態ではない状態)に比べて特別図柄の変動表示における特別図柄の変動時間が短縮される。時短状態は、たとえば、所定回数(たとえば、100回)の特別図柄の変動表示が実行されること、および、変動表示結果が「大当り」となることのうち、いずれかの条件が先に成立したときに終了する。なお、大当り状態が終了した後に、時短状態にせずに通常状態になるようにしてもよい。   In addition, after the big hit gaming state is finished, the gaming state is controlled to the short time state. In the short time state, the variation time of the special symbol in the variation display of the special symbol is shortened as compared with the normal state (the state which is not the probability variation state or the short time state). In the short-time state, for example, either a predetermined number of times (for example, 100 times) of special symbol variation display is executed and the variation display result is “big hit”, either condition is satisfied first. When it ends. In addition, after the big hit state is ended, the normal state may be set instead of the time reduction state.
遊技状態を確変状態に制御することに決定されている場合には、大当り遊技状態が終了した後、遊技状態が確変状態に制御される。確変状態は、たとえば、次に変動表示結果として大当り図柄が導出表示されるまで継続する。   When it is determined to control the gaming state to the probability changing state, the gaming state is controlled to the probability changing state after the big hit gaming state ends. The probability variation state continues until, for example, a jackpot symbol is derived and displayed as a variation display result.
2R大当り状態が終了した後にも、遊技状態が確変状態(高確率状態)に制御される。2R大当り状態が終了した後に制御される確変状態を、突然確変(突確)状態ともいう。   Even after the 2R big hit state is finished, the gaming state is controlled to the probability change state (high probability state). The probability variation state that is controlled after the 2R big hit state ends is also referred to as a sudden probability variation (surprise) state.
また、確変状態では、低確率状態(通常状態)に比べて、大当りに決定される確率が高くなっている。たとえば、10倍になっている。具体的には、確変状態では、予め定められた大当り判定値の数が、通常状態に比べて10倍になっている。また、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率が高められている。すなわち、始動入賞口13が開放しやすくなって、始動入賞が生じやすくなっている。具体的には、確変状態は、予め定められた普通図柄当り判定値の数が、通常状態に比べて多い。また、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率を高めることに加えて、可変入賞球装置15の開放回数または開放時間を多くしたり、可変入賞球装置15の開放回数および開放時間を多くしたりしてもよい。また、時短状態でも、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率を高めたり、可変入賞球装置15の開放回数または開放時間を多くしたり、可変入賞球装置15の開放回数および開放時間を多くしたりしてもよい。この実施の形態では、確変状態において、大当りに決定される確率が高くなることに加えて、普通図柄表示器10の停止図柄が当り図柄になる確率が高められる例を示した。しかし、確変状態においては、少なくとも、大当りに決定される確率が高くなればよい。   Further, in the probability variation state, the probability of determining a big hit is higher than in the low probability state (normal state). For example, it is 10 times. Specifically, in the probability variation state, the number of predetermined jackpot determination values is 10 times that in the normal state. In addition, the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased. That is, the start winning opening 13 is easily opened, and the start winning is likely to occur. Specifically, in the probability variation state, the number of predetermined determination values per normal symbol is larger than that in the normal state. Further, in addition to increasing the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol, the number of opening or the opening time of the variable winning ball device 15 is increased, or the number of opening and the opening time of the variable winning ball device 15 is increased. You may increase. Even in the short-time state, the probability that the stop symbol of the normal symbol display 10 becomes a winning symbol is increased, the number of opening or the opening time of the variable winning ball device 15 is increased, and the number of opening and opening of the variable winning ball device 15 is increased. You may spend more time. In this embodiment, in the probability variation state, in addition to an increase in the probability that the big symbol is determined, an example in which the probability that the stop symbol of the normal symbol display device 10 becomes a positive symbol is increased. However, in the probability variation state, it is sufficient that at least the probability of being determined as a big hit is high.
演出表示装置9の表示領域において、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bによる特別図柄の変動表示に対応して、演出図柄の変動表示が行なわれる。すなわち、演出表示装置9の表示領域では、開始条件が成立したことに基づいて、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて演出図柄の変動が開始され、たとえば、「左」→「右」→「中」の順序で演出図柄の停止図柄が停止表示(導出表示)される。なお、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて所定順序で演出図柄を停止表示してもよいし、「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて同時に停止図柄を停止表示してもよい。   In the display area of the effect display device 9, the effect symbols are displayed in a variable manner corresponding to the special symbol change display by the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b. That is, in the display area of the effect display device 9, based on the fact that the start condition is satisfied, the variation of the effect symbols is started in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R. For example, the stop symbols of the effect symbols are stopped and displayed (derived display) in the order of “left” → “right” → “middle”. In the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R, the effect symbols may be stopped and displayed in a predetermined order, or “left”, “middle”, and “right” The stop symbols may be stopped and displayed simultaneously in the symbol display areas 9L, 9C, and 9R.
演出図柄の変動表示が開始されてから「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて停止図柄が導出表示されるまでの期間(変動表示期間=変動時間)で、演出図柄の変動表示状態が所定のリーチ状態となることがある。リーチ状態は、演出表示装置9の表示領域において停止表示された演出図柄が大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない演出図柄の変動が継続している表示状態、または、全部もしくは一部の演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。リーチ状態における表示演出が、リーチ演出表示(リーチ演出)である。リーチ演出には、後述するように、実行された変動表示において大当りとなる信頼度が低く設定されたノーマルリーチ演出と、当該ノーマルリーチ演出よりも信頼度が高く設定されたスーパーリーチ演出とを含む。   The period from the start of the variable display of the effect symbol until the stop symbol is derived and displayed in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, 9R (variable display period = variable time) Thus, the variation display state of the effect symbol may become a predetermined reach state. The reach state is a display state in which the variation of the effect symbols that are not yet stopped when the effect symbols that are stopped and displayed in the display area of the effect display device 9 constitute a part of the jackpot combination, or This is a display state in which all or part of the design symbols change synchronously while constituting all or part of the jackpot combination. The display effect in the reach state is reach effect display (reach effect). As will be described later, the reach effect includes a normal reach effect in which the reliability that is a big hit in the executed variation display is set low, and a super reach effect in which the reliability is set higher than the normal reach effect.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態にならずに、リーチにならない所定の演出図柄の組合せが停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示態様を、変動表示結果がはずれ図柄になる場合における「非リーチはずれ」(「通常はずれ」、「通常変動」ともいう)の変動表示態様という。   When the shift symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the effect display device 9, the change display state of the effect symbol is displayed after the effect symbol change display is started. There may be a case where a predetermined combination of effect symbols that does not reach reach is stopped and displayed without reaching the reach state. Such a variation display mode of the effect symbol is referred to as a variation display mode of “non-reach loss” (also referred to as “normal shift” or “normal variation”) when the variation display result is a loss symbol.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび演出表示装置9にはずれ図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となったことに応じて、リーチ演出が実行された後に、リーチ状態を構成する演出図柄と異なる演出図柄の組合せが停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示結果を、変動表示結果が「はずれ」となる場合における「リーチ」(「リーチはずれ」ともいう)の変動表示態様という。   When the shift symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the effect display device 9, the change display state of the effect symbol is displayed after the effect symbol change display is started. Depending on the reach state, after the reach effect is executed, a combination of effect symbols different from the effect symbols constituting the reach state may be stopped and displayed. Such a variation display result of the effect symbol is referred to as a variation display mode of “reach” (also referred to as “reach disengagement”) when the variation display result is “out of”.
この実施の形態では、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに大当り図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態になった後にリーチ演出が実行され、演出表示装置9における「左」、「中」、「右」の各図柄表示エリア9L、9C、9Rに、演出図柄が揃って停止表示される。   In this embodiment, when the jackpot symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b, the reach effect is executed after the variation display state of the effect symbol becomes the reach state. Then, in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R in the effect display device 9, the effect symbols are all stopped and displayed.
第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに2R大当りの図柄である「6」が停止表示される場合には、演出表示装置9において、「非リーチはずれ」の変動表示態様と同様の変動表示態様で変動表示が行なわれる。   When “6”, which is a 2R jackpot symbol, is stopped and displayed on the first special symbol indicator 8a or the second special symbol indicator 8b, the effect display device 9 displays a variable display mode of “non-reach”. Variation display is performed in the same variation display mode.
図6は、各乱数を示す説明図である。各乱数は、以下のように使用される。ランダムRは、大当りにするか否かを判定する、当り判定用のランダムカウンタである。ランダムRは、10MHzで1ずつ更新され、0から加算更新されてその上限である65535まで加算更新された後再度0から加算更新される。   FIG. 6 is an explanatory diagram showing each random number. Each random number is used as follows. Random R is a random counter for determining whether to win or not. Random R is updated one by one at 10 MHz, is added and updated from 0, and is added and updated to its upper limit of 65535, and then is added and updated again from 0.
ランダム2は、大当りの種類(確変当り、通常当り、突確当り)を決定する大当り種別判定用のランダムカウンタである。ランダム2は、2msec毎に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である99まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 2 is a random counter for determining a big hit type that determines the type of big hit (probable hit, normal hit, or sudden hit). Random 2 is incremented by 1 every 2 msec, updated from 0 and updated up to 99, which is the upper limit, and then updated again from 0.
ランダム3は、変動パターンの種類(種別)を決定する変動パターン種別判定用のランダムカウンタである。ランダム3は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である999まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 3 is a random counter for determining the variation pattern type that determines the type (classification) of the variation pattern. Random 3 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, and is updated from 0 and updated up to 999, which is the upper limit, and then updated again from 0.
ランダム4は、変動パターン(変動時間)を決定する変動パターン判定用のランダムカウンタである。ランダム4は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、0から加算更新されてその上限である99まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 4 is a random counter for determining a variation pattern that determines a variation pattern (variation time). Random 4 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, and is incremented and updated from 0 to 99, which is the upper limit, and then incremented and updated again from 0.
ランダム5は、普通図柄に基づく当りを発生させるか否か決定する普通図柄当り判定用のランダムカウンタである。ランダム5は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、3から加算更新されてその上限である13まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 5 is a random counter for normal symbol hit determination that determines whether or not to generate a hit based on the normal symbol. Random 5 is incremented by 1 every 2 msec and the remaining interrupt processing time, and is updated from 3 and updated up to 13 which is the upper limit, and then is updated again from 0.
ランダム6は、ランダム5の初期値を決定するランダム5初期値決定用のランダムカウンタである。ランダム6は、2msec毎および割り込み処理の余り時間に1ずつ加算され、3から加算更新されてその上限である13まで加算更新された後再度0から加算更新される。   Random 6 is a random counter for determining an initial value of random 5 for determining an initial value of random 5. Random 6 is incremented by 1 every 2 msec and the remainder of the interrupt process, updated from 3 and updated up to 13 which is the upper limit, and then updated again from 0.
図5に示された遊技制御処理におけるS28では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、(ランダム2)の大当り種別判定用乱数、および(ランダム5)の普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウントアップ(1加算)を行なう。すなわち、それらが判定用乱数であり、それら以外の乱数が表示用乱数(ランダム3、ランダム4)または初期値用乱数(ランダム6)である。なお、遊技効果を高めるために、上記の乱数以外の乱数も用いてもよい。また、この実施の形態では、ランダムRの値とする当り判定用乱数として、遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されたハードウェア(遊技制御用マイクロコンピュータ560の外部のハードウェアでもよい。)が生成する乱数を用いる。   In S28 in the game control process shown in FIG. 5, the game control microcomputer 560 generates a (random 2) jackpot type determination random number and a (random 5) normal symbol determination random number. Count up (add 1). That is, they are determination random numbers, and other random numbers are display random numbers (random 3, random 4) or initial value random numbers (random 6). In addition, in order to improve a game effect, you may use random numbers other than said random number. Further, in this embodiment, hardware built in the game control microcomputer 560 (or hardware external to the game control microcomputer 560) may be generated as a random number for determination as a random R value. Use random numbers.
図7は、遊技制御用マイクロコンピュータ560側における各種判定に用いられるテーブルの振分率を説明するための図である。図7で示すテーブルは、ROM54に記憶されている。   FIG. 7 is a diagram for explaining the distribution ratio of tables used for various determinations on the game control microcomputer 560 side. The table shown in FIG. 7 is stored in the ROM 54.
図7(A)は、大当り判定を行なうときに用いる大当り判定テーブルを示す図である。大当り判定は、変動表示を開始することが許容されたときに、始動入賞時にランダムRから抽出した値と、大当り判定テーブルに示された振分率となるように定められた判定値とを用いて行なわれる。   FIG. 7A is a diagram showing a jackpot determination table used when the jackpot determination is performed. The jackpot determination uses a value extracted from the random R at the time of starting winning when the variable display is allowed to start and a determination value determined so as to be the distribution ratio shown in the jackpot determination table. It is done.
大当り判定テーブルについて、非確変状態においては、0.33%の割合で大当りにすると判定され、99.67%の割合ではずれにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。判定値数が振り分けられているとは、具体的にたとえば、「0〜65535」が判定値数として設定され得る場合、非確変状態においては、大当りにすると判定される判定値数として「0〜215」が定められており、はずれにすると判定される判定値数として「216〜65535」が定められていることなどをいう。   With respect to the big hit determination table, in the non-probability change state, the number of determination values is distributed so that it is determined that the big hit is made at a rate of 0.33%, and the big hit is determined as a deviation at a rate of 99.67%. Specifically, for example, when “0 to 65535” can be set as the number of determination values, “0 to 65” is determined as the number of determination values determined to be a big hit in an uncertain change state. “215” is defined, and “216 to 65535” is defined as the number of determination values determined to be out of place.
また、大当り判定テーブルについて、確変状態においては、非確変状態における10倍の割合である3.3%の割合で大当りにすると判定され、96.7%の割合ではずれにすると判定される。   Further, with respect to the jackpot determination table, in the probability variation state, it is determined to be a jackpot at a rate of 3.3%, which is 10 times the ratio in the non-probability variation state, and it is determined to be a deviation at a rate of 96.7%.
なお、ランダムRから抽出した値が所定値であるときには、確変時であるか否かに関わらず、大当りと判定されるように判定値が定められている。たとえば、非確変状態において大当りにすると判定される判定値数は、確変状態においても大当りにすると判定される判定値数として設定されている。これにより、非確変状態において設定されている判定値数と比較して大当りと判定されたときには、確変状態においても大当りと判定されることになる。   It should be noted that when the value extracted from the random R is a predetermined value, the determination value is determined so that it is determined that the jackpot regardless of whether or not it is during the probability change. For example, the number of determination values determined to be a big hit in the non-probable change state is set as the number of determination values determined to be a big hit even in the probability change state. Thereby, when it is determined that the jackpot is compared with the number of determination values set in the non-probability changing state, the jackpot is determined even in the probability changing state.
遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、始動入賞時に乱数回路503のランダムRから抽出した値に基づき、図7(A)で示した振分率に従って大当りにするか否かを決定する。   The CPU 56 of the game control microcomputer 560 determines whether or not to make a big hit according to the distribution ratio shown in FIG. 7A based on the value extracted from the random number R of the random number circuit 503 at the time of starting winning.
図7(B)は、大当り種別の判定を行なうときに用いる大当り種別判定テーブルを示す図である。大当り種別判定は、変動表示を開始することが許容されたときに、始動入賞時にランダム2から抽出した値と、大当り種別判定テーブルに示された振分率となるように定められた判定値とを用いて行なわれる。   FIG. 7B is a diagram showing a jackpot type determination table used when determining the jackpot type. The jackpot type determination is a value extracted from random 2 at the time of starting winning when it is allowed to start a variable display, and a determination value determined to be the distribution rate shown in the jackpot type determination table It is performed using.
大当り種別判定テーブルについて、特別図柄の種類が第1特別図柄側であるときには、25%の割合で通常当りにすると判定され、50%の割合で確変当りにすると判定され、25%の割合で突確当りにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。判定値数が振り分けられているとは、具体的にたとえば、「0〜99」が判定値数として設定され得る場合、通常当りにすると判定される判定値数として「0〜24」が定められており、確変当りにすると判定される判定値数として「25〜74」が定められており、突確当りにすると判定される判定値数として「75〜99」が定められていることなどをいう。   In the big hit type determination table, when the special symbol type is the first special symbol side, it is determined to hit normal at a rate of 25%, determined to be a positive change at a rate of 50%, and suddenly determined at a rate of 25%. The number of determination values is distributed so that it is determined that it is a win. Specifically, for example, when “0 to 99” can be set as the number of determination values, “0 to 24” is determined as the number of determination values determined to be normal. In other words, “25 to 74” is determined as the number of determination values determined to be probable, and “75 to 99” is determined as the number of determination values determined to be probable. .
また、大当り種別判定テーブルについて、特別図柄の種類が第2特別図柄側であるときには、25%の割合で通常当りにすると判定され、75%の割合で確変当りにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。   Further, in the big hit type determination table, when the special symbol type is the second special symbol side, it is determined that the normal hit is determined at a rate of 25%, and the positive hit is determined at a rate of 75%. The number of values is distributed.
遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、始動入賞時にランダム2から抽出した値に基づき、図7(B)で示した振分率に従って大当り種別を決定する。   The CPU 56 of the game control microcomputer 560 determines the jackpot type according to the distribution rate shown in FIG. 7B based on the value extracted from the random 2 at the time of starting winning.
なお、第2特別図柄側の大当り種別判定テーブルには、大当り種別のうち、2R大当りである「突確」が割振られていないが、15R大当りでかつ確変となる「確変当り」の判定値数が第1特別図柄側の大当り種別判定テーブルよりも多く設定されている。突確当りは、後述するように、開閉板開放時間が極めて短く設定されているため、実質的に賞球が得られない当りである。よって、確変中や時短中においては、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められるため、第2始動入賞口14への入賞が増え、突確当りの発生する割合が低減される。このため、確変状態中においては、15R大当りとなる割合が高まるために出玉性能を向上させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。また、たとえば、確変大当りが連続した場合の遊技者にとっての有利度合いをより一層高くすることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   In addition, in the jackpot type determination table on the second special symbol side, “surprise accuracy” that is 2R big hit is not allocated among the big hit types, but the number of judgment values of “probable hit” that is 15R big hit and is probable change is More than the jackpot type determination table on the first special symbol side are set. As will be described later, the hit probability hit is a hit where a prize ball is not substantially obtained because the opening and closing plate opening time is set to be extremely short. Therefore, during the probability change or during a short time, the opening time and the number of times of opening of the variable winning ball device 15 are increased, so that the winning to the second start winning opening 14 is increased and the rate of occurrence of the sudden hit is reduced. For this reason, in the probability variation state, the ratio of 15R big hit increases, so that the performance of the ball can be improved and the interest of the game can be improved. Further, for example, it is possible to further increase the degree of advantage for the player when the probability variation big hits are continued, and to improve the interest of the game.
なお、本実施の形態においては、第2特別図柄側の大当り種別判定テーブルには、大当り種別のうち、「突確当り」が割振られていない例について説明したが、これに限らず、第2特別図柄側の大当り種別判定テーブルについて、第1特別図柄側の大当り種別判定テーブルと異なる割合となるように、「突確当り」の判定値が設定されているものであってもよい。具体的には、「突確当り」になる割合が、第1特別図柄側の大当り種別判定テーブルを用いた場合には25/100であるのに対し、第2特別図柄側の大当り種別判定テーブルを用いた場合には5/100となるように、「突確当り」の判定値が設定されているものであってもよい。   In the present embodiment, the example where the “hit hit” among the big hit types is not assigned in the big special type determination table on the second special symbol side has been described. In the symbol side jackpot type determination table, the determination value of “Crash hit” may be set so that the ratio is different from the jackpot type determination table on the first special symbol side. Specifically, the ratio of the “hit hit” is 25/100 when the first special symbol side jackpot type determination table is used, whereas the second special symbol side jackpot type determination table is If it is used, a determination value of “collision hit” may be set so as to be 5/100.
また、第1特別図柄について「確変」の大当り種別が選択される割合と、第2特別図柄について「確変」の大当り種別が選択される割合とが等しくなるように設定されている。   Further, the ratio at which the “probable change” jackpot type is selected for the first special symbol and the ratio at which the “probable” jackpot type is selected for the second special symbol are set to be equal.
大当り種別が15R大当りである「通常当り」または「確変当り」であるときには、1ラウンドの開放態様として、大入賞口が29秒開放するか所定数入賞することにより閉鎖される。15Rの大当り遊技状態では、1ラウンドの開放態様が、15ラウンド、すなわち15回繰り返し行なわれる。   When the big hit type is “normal hit” or “probable hit” with 15R big hit, as a one-round opening mode, the big prize opening is closed for 29 seconds or by winning a predetermined number. In the 15R jackpot gaming state, the opening mode of one round is repeated 15 rounds, that is, 15 times.
また、大当り種別が2R大当りである「突確当り」であるときには、1ラウンドの開放態様として、大入賞口が0.5秒開放した後に閉鎖して終了する。2Rの大当り遊技状態では、1ラウンドの開放態様が、2ラウンド、すなわち2回繰り返し行なわれる。   Also, when the big hit type is “Random hit” with 2R big hit, as a one round opening mode, the big winning opening is closed for 0.5 seconds and then closed. In the 2R jackpot gaming state, one round of release mode is repeated two rounds, that is, twice.
図7(C)は、変動パターン種別の判定を行なうときに用いる変動パターン種別判定テーブルを示す図である。変動パターン種別とは、リーチの種類等の変動パターンを大分類(種別)した区分をいう。変動パターン種別としては、たとえば、リーチ演出が実行されない非リーチ、ノーマルリーチ演出が実行されるノーマルリーチ、スーパーリーチ演出が実行されるスーパーリーチが設けられている。変動パターン種別は、大当り判定および大当り種別判定の判定結果に応じた振分率となるように定められた判定値と、変動表示を開始することが許容されたときにランダム3から抽出した値とを用いて行なわれる。   FIG. 7C is a diagram showing a variation pattern type determination table used when determining the variation pattern type. The variation pattern type is a category in which variation patterns such as the type of reach are roughly classified (type). As the variation pattern types, for example, non-reach where the reach effect is not executed, normal reach where the normal reach effect is executed, and super reach where the super reach effect is executed are provided. The variation pattern type includes a determination value determined to be a jackpot determination and a distribution ratio according to the determination result of the jackpot type determination, and a value extracted from random 3 when the variation display is permitted to start. It is performed using.
変動パターン種別判定テーブルについて、判定結果が通常当り時であるときには、40%の割合でノーマルリーチにすると判定され、60%の割合でスーパーリーチにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。判定値数が振り分けられているとは、具体的にたとえば、「0〜999」が判定値数として設定され得る場合、ノーマルリーチにすると判定される判定値数として「0〜399」が定められており、スーパーリーチにすると判定される判定値数として「400〜999」が定められていることなどをいう。   Regarding the variation pattern type determination table, when the determination result is normal hitting time, the number of determination values is distributed so that it is determined to be normal reach at a rate of 40% and super reach at a rate of 60%. Yes. Specifically, for example, when “0 to 999” can be set as the number of determination values, “0 to 399” is determined as the number of determination values determined to be normal reach. That is, “400 to 999” is defined as the number of determination values determined to be super reach.
また、変動パターン種別判定テーブルについて、判定結果が確変当り時であるときには、15%の割合でノーマルリーチにすると判定され、85%の割合でスーパーリーチにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。このように、15R大当りとなるときには、変動パターン種別としてノーマルリーチよりも高い割合でスーパーリーチが決定されるように構成されている。   Further, with respect to the variation pattern type determination table, when the determination result is at the time of a probable change, the number of determination values is distributed so that it is determined to be normal reach at a rate of 15% and super reach at a rate of 85%. It has been. In this way, when 15R is a big hit, the super reach is determined at a higher rate than the normal reach as the variation pattern type.
また、変動パターン種別判定テーブルについて、判定結果が突確当り時であるときには、40%の割合で非リーチにすると判定され、60%の割合でノーマルリーチにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。   In addition, regarding the variation pattern type determination table, when the determination result is a sudden hit, the number of determination values is distributed so that it is determined to be non-reach at a rate of 40% and normal reach at a rate of 60%. It has been.
また、変動パターン種別判定テーブルについて、判定結果がはずれかつ変動開始時における保留記憶数が2以下であるときには、85%の割合で非リーチにすると判定され、14%の割合でノーマルリーチにすると判定され、1%の割合でスーパーリーチにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。   Further, regarding the variation pattern type determination table, when the determination result is out of order and the number of reserved memories at the start of variation is 2 or less, it is determined to be non-reach at a rate of 85%, and is determined to be normal reach at a rate of 14%. The number of determination values is distributed so that it is determined that super reach is achieved at a rate of 1%.
また、変動パターン種別判定テーブルについて、判定結果がはずれかつ変動開始時における保留記憶数が3以上であるときには、95%の割合で非リーチにすると判定され、4%の割合でノーマルリーチにすると判定され、1%の割合でスーパーリーチにすると判定されるように、判定値数が振り分けられている。   Further, regarding the variation pattern type determination table, when the determination result is out of order and the number of reserved memories at the start of variation is 3 or more, it is determined to be non-reach at a rate of 95%, and it is determined to be normal reach at a rate of 4%. The number of determination values is distributed so that it is determined that super reach is achieved at a rate of 1%.
このように、15R大当り以外となるときには、変動パターン種別として非リーチが高い割合で選択され、またリーチとなる変動パターン種別としてはノーマルリーチが高い割合で選択されるように、構成されている。   In this way, when it is other than 15R big hit, the non-reach is selected as a variation pattern type at a high rate, and the normal reach is selected as a variation pattern type as a reach at a high rate.
ここで、図7(D)を用いて、はずれ時において変動パターン種別を判定するための割合に応じて設定されている判定値数について説明する。図7(D)は、はずれ時における保留記憶数に応じた判定値数を説明するための図である。   Here, with reference to FIG. 7D, the number of determination values set according to the ratio for determining the variation pattern type at the time of loss will be described. FIG. 7D is a diagram for explaining the number of determination values corresponding to the number of reserved storage at the time of loss.
はずれかつ保留記憶数が2以下であるときの判定値数としては、非リーチにすると判定される判定値数として「0〜849」が定められており、ノーマルリーチにすると判定される判定値数として「850〜989」が定められており、スーパーリーチにすると判定される判定値数として「990〜999」が定められて、図7(C)で示した割合に設定されている。   “0-849” is defined as the number of determination values determined to be non-reach as the number of determination values when the number of outliers and the number of pending storages is 2 or less, and the number of determination values determined to be normal reach “850 to 989” is determined, and “990 to 999” is determined as the number of determination values determined to be super reach, and is set to the ratio shown in FIG.
また、はずれかつ保留記憶数が3以上であるときの判定値数としては、非リーチにすると判定される判定値数として「0〜949」が定められており、ノーマルリーチにすると判定される判定値数として「950〜989」が定められており、スーパーリーチにすると判定される判定値数として「990〜999」が定められて、図7(C)で示した割合に設定されている。   In addition, as the number of determination values when the number of out-of-hold storages is 3 or more, “0-949” is defined as the number of determination values determined to be non-reach, and the determination value determined to be normal reach “950 to 989” is defined as the number, and “990 to 999” is defined as the number of determination values determined to be super-reach, and is set to the ratio shown in FIG.
なお、図7(C)で示した通常当り時、確変当り時、突確当り時のいずれにおいても、ノーマルリーチにすると判定される判定値数として「950〜989」を含む判定値数が定められており、スーパーリーチにすると判定される判定値数として「990〜999」を含む判定値数が定められている。   Note that the number of determination values including “950 to 989” is determined as the number of determination values determined to be normal reach at any of the normal hit, the probability change hit, and the sudden hit shown in FIG. In addition, the number of determination values including “990 to 999” is determined as the number of determination values determined to be super reach.
以上より、ランダム3から抽出した値が特定値である「950〜989」であるときには、当りはずれおよび保留記憶数に関わらず、ノーマルリーチと判定されるように判定値が定められている。たとえば、はずれかつ保留記憶数が3以上においてノーマルリーチにすると判定される判定値は、はずれかつ保留記憶数が2以下においてもノーマルリーチにすると判定される判定値、すなわち共通の判定値として設定されている。また、はずれかつ保留記憶数が3以上においてノーマルリーチにすると判定される判定値は、通常当り時、確変当り時、突確時のいずれにおいてもノーマルリーチにすると判定される判定値、すなわち共通の判定値として設定されている。   From the above, when the value extracted from random 3 is “950 to 989” which is the specific value, the determination value is determined so that it is determined as normal reach regardless of the winning failure and the number of reserved storage. For example, the determination value that is determined to be normal reach when the number of out-of-hold memories is 3 or more is set as the determination value that is determined to be normal reach even if the number of out-of-hold memories is 2 or less, that is, a common determination value. . In addition, the determination value determined to be normal reach when the number of held memories is 3 or more is a determination value determined to be normal reach at any time of normal hit, at the time of probability variation, or at the time of sudden hit, that is, as a common determination value Is set.
また、ランダム3から抽出した値が特別値である「990〜999」であるときには、当りはずれおよび保留記憶数に関わらず、スーパーリーチと判定されるように判定値が定められている。たとえば、はずれかつ保留記憶数が3以上においてスーパーリーチにすると判定される判定値は、はずれかつ保留記憶数が2以下においてもスーパーリーチにすると判定される判定値、すなわち共通の判定値として設定されている。また、はずれかつ保留記憶数が3以上においてスーパーリーチにすると判定される判定値は、通常当り時、確変当り時、突確時のいずれにおいてもスーパーリーチにすると判定される判定値、すなわち共通の判定値として設定されている。   In addition, when the value extracted from the random number 3 is a special value “990 to 999”, the determination value is determined so that it is determined to be super reach regardless of the winning failure and the number of stored storage. For example, the determination value that is determined to be super-reach when the number of out-of-hold storages is 3 or more is set as the determination value that is determined to be super-reach even if the number of out-of-hold storages is 2 or less, that is, a common determination value. ing. Further, the determination value determined to be super reach when the number of stored storages is 3 or more is the determination value determined to be super reach in any of the normal hit, the probability change hit, and the sudden hit, that is, a common determination It is set as a value.
また、はずれとなるときには、変動開始時の保留記憶数が、2以下であるときよりも3以上であるとき、すなわち多いほど、当該変動表示においてリーチになる確率が低くなり、当該保留記憶数が少ないほど当該変動表示においてリーチになる確率が高くなるように、振分率が設定されている。本実施の形態における変動パターンから特定される変動時間は、リーチとならない変動パターンよりも、リーチとなる変動パターンの方が長くなるように設定されている。これにより、保留記憶数が多いときには、リーチとなる変動パターンが選択される割合が低くなる。その結果、平均変動時間を短縮させることができ、保留記憶数が上限であるために保留記憶されないような無効始動の発生を低減することができる。   In addition, when there is a divergence, the probability of reaching reach in the variation display becomes lower when the number of reserved storage at the start of variation is 3 or more than when it is 2 or less, that is, the larger the number of reserved storage is. The distribution rate is set so that the smaller the number, the higher the probability of reaching the variation display. The variation time specified from the variation pattern in the present embodiment is set so that the variation pattern that reaches reach is longer than the variation pattern that does not reach reach. As a result, when the number of reserved memories is large, the rate at which the variation pattern to reach is selected is low. As a result, the average fluctuation time can be shortened, and the occurrence of invalid start-up that is not reserved and stored because the number of reserved memories is the upper limit can be reduced.
遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、始動入賞時にランダム3から抽出した値に基づき、図7(C)で示した振分率に従って変動パターン種別を決定する。   The CPU 56 of the game control microcomputer 560 determines the variation pattern type according to the distribution ratio shown in FIG. 7C based on the value extracted from the random number 3 at the time of starting winning.
以上のように振分率が設定されている場合における、各種変動パターン種別の出現率について説明する。   The appearance rate of various variation pattern types when the distribution rate is set as described above will be described.
図8は、判定結果および変動パターン種別の組合せ毎の出現率を説明するための図である。出現率は、図7(A)〜(C)に示す各種テーブルに定められた振分率に従って算出され、具体的には、図7(A)および(B)に示す振分率から算出される各判定結果となる割合、および図7(C)に示す各判定結果に応じた振分率とを掛け合わせることにより算出される。なお、図8に示す出現率は、確率変動状態中の大当り確率ではなく、通常遊技状態中の大当り確率であるときを例示している。   FIG. 8 is a diagram for explaining the appearance rate for each combination of the determination result and the variation pattern type. The appearance rate is calculated according to the distribution ratios defined in the various tables shown in FIGS. 7A to 7C, and specifically, is calculated from the distribution ratios shown in FIGS. 7A and 7B. It is calculated by multiplying the ratio of each determination result and the distribution rate corresponding to each determination result shown in FIG. In addition, the appearance rate shown in FIG. 8 illustrates the case where it is not a jackpot probability in the probability variation state but a jackpot probability in the normal gaming state.
図8(a)は、第1特別図柄側において大当りになるときの変動パターン種別毎の出現率を説明するための図である。   FIG. 8A is a diagram for explaining the appearance rate for each variation pattern type when a big hit is made on the first special symbol side.
確変当り+ノーマルリーチの出現率は、大当り確率「0.33%」、第1特別図柄側で確変当りの振分率「50%」、および確変当り時でノーマルになる確率「15%」各々を掛け合わせることにより、「0.025%」であることが算出される。以下同様に、確変当り+スーパーリーチの出現率は「0.14%」、通常当り+ノーマルの出現率は「0.033%」、通常当り+スーパーリーチの出現率は「0.05%」、突確+ノーマルリーチの出現率は「0.05%」、突確+非リーチの出現率は「0.03%」となる。   The probability of occurrence per normal variation + normal reach is the probability of big hit “0.33%”, the distribution rate per probability variation “50%” on the first special symbol side, and the probability of “15%” normalizing per probability variation. By multiplying, “0.025%” is calculated. In the same manner, the appearance rate of per-variable + super reach is “0.14%”, the appearance rate of normal + normal is “0.033%”, and the appearance rate of normal + super reach is “0.05%”. The appearance rate of accuracy + normal reach is “0.05%”, and the appearance rate of accuracy + non-reach is “0.03%”.
図8(b)は、第2特別図柄側において大当りになるときの変動パターン種別毎の出現率を説明するための図である。   FIG. 8B is a diagram for explaining the appearance rate for each variation pattern type when a big hit is made on the second special symbol side.
確変当り+ノーマルリーチの出現率は「0.038%」、確変当り+スーパーリーチの出現率は「0.21%」、通常当り+ノーマルリーチの出現率は「0.033%」、通常当り+スーパーリーチの出現率は「0.05%」となる。   Percentage of probability variation + normal reach is "0.038%", Percentage of probability variation + superreach is "0.21%", Percentage of normal + normal reach is "0.033%", per normal + super The appearance rate of reach is “0.05%”.
図8(c)は、変動開始時の保留記憶数が2以下であってはずれとなるときの変動パターン種別毎の出現率を説明するための図である。ノーマルリーチの出現率は「13.9%」、スーパーリーチの出現率は「0.99%」、非リーチの出現率は「84.7%」となる。   FIG. 8C is a diagram for explaining the appearance rate for each variation pattern type when the number of reserved storage at the start of variation is 2 or less, which is a deviation. The appearance rate of normal reach is “13.9%”, the appearance rate of super reach is “0.99%”, and the appearance rate of non-reach is “84.7%”.
図8(d)は、変動開始時の保留記憶数が3以上であってはずれとなるときの変動パターン種別毎の出現率を説明するための図である。ノーマルリーチの出現率は「3.98%」、スーパーリーチの出現率は「0.99%」、非リーチの出現率は「94.6%」となる。   FIG. 8D is a diagram for explaining the appearance rate for each variation pattern type when the number of reserved storage at the start of variation is 3 or more, which is a deviation. The appearance rate of normal reach is “3.98%”, the appearance rate of super reach is “0.99%”, and the appearance rate of non-reach is “94.6%”.
次に、図8で示した変動パターン種別毎の出現率に基づき、リーチとなる変動パターン種別毎の大当りとなる割合である大当り信頼度について説明する。図9は、リーチとなる変動パターン種別毎の大当り信頼度を説明するための図である。   Next, based on the appearance rate for each variation pattern type shown in FIG. 8, the jackpot reliability, which is the ratio of the big hit for each variation pattern type to be reached, will be described. FIG. 9 is a diagram for explaining the jackpot reliability for each variation pattern type to be reached.
図9(a)は、保留記憶数が2以下であって第1特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度を示す図である。   FIG. 9A is a diagram showing the jackpot reliability when the number of reserved memories is 2 or less and appears as a variation pattern type on the first special symbol side.
ノーマルリーチの大当り信頼度は、図8(a)で示した確変当り+ノーマルリーチと、通常当り+ノーマルリーチと、突確+ノーマルリーチと、図8(c)で示したノーマルリーチとの合計出現率のうち、図8(a)で示した確変当り+ノーマルリーチと通常当り+ノーマルリーチと突確+ノーマルリーチとの合計出現率が占める割合から、「0.77%」であることが算出される。以下同様に、スーパーリーチの大当り信頼度は「16%」となる。   The jackpot reliability of normal reach is the figure of the total appearance rate of probability variation + normal reach, normal hit + normal reach, sudden accuracy + normal reach, and normal reach shown in FIG. 8C shown in FIG. It is calculated as “0.77%” from the ratio of the total appearance rate of probability variation + normal reach, normal reach + normal reach, and sudden accuracy + normal reach shown in 8 (a). Similarly, the super-reach big hit reliability is “16%”.
図9(b)は、保留記憶数が3以上であって第1特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度を示す図である。ノーマルリーチの大当り信頼度は「2.6%」、スーパーリーチの大当り信頼度は「16%」となる。   FIG. 9B is a diagram illustrating the jackpot reliability when the number of reserved memories is 3 or more and appears as a variation pattern type on the first special symbol side. The normal reach jackpot reliability is “2.6%”, and the super reach jackpot reliability is “16%”.
図9(c)は、図9(a)および(b)で示した、第1特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度の平均値を示す図である。第1特別図柄側におけるノーマルリーチの大当り信頼度は「1.7%」となり、スーパーリーチの大当り信頼度は「16%」となる。   FIG. 9C is a diagram showing an average value of the jackpot reliability when the variable pattern type appears on the first special symbol side shown in FIGS. 9A and 9B. The jackpot reliability of normal reach on the first special symbol side is “1.7%”, and the jackpot reliability of super reach is “16%”.
図9(d)は、保留記憶数が2以下であって第2特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度を示す図である。ノーマルリーチの大当り信頼度は「0.5%」、スーパーリーチの大当り信頼度は「20%」となる。   FIG. 9D is a diagram showing the jackpot reliability when the number of reserved memories is 2 or less and appears as a variation pattern type on the second special symbol side. The normal reach jackpot reliability is "0.5%", and the super reach jackpot reliability is "20%".
図9(e)は、保留記憶数が3以上であって第2特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度を示す図である。ノーマルリーチの大当り信頼度は「1.7%」、スーパーリーチの大当り信頼度は「21%」となる。   FIG. 9E is a diagram showing the jackpot reliability when the number of reserved memories is 3 or more and appears as a variation pattern type on the second special symbol side. The normal hit jackpot reliability is “1.7%”, and the super hit jackpot reliability is “21%”.
図9(f)は、図9(d)および(e)で示した、第2特別図柄側の変動パターン種別として出現したときの大当り信頼度の平均値を示す図である。第2特別図柄側におけるノーマルリーチの大当り信頼度は「1.1%」となり、スーパーリーチの大当り信頼度は「21%」となる。   FIG. 9 (f) is a diagram showing the average value of the jackpot reliability when it appears as the variation pattern type on the second special symbol side shown in FIGS. 9 (d) and 9 (e). The jackpot reliability of normal reach on the second special symbol side is “1.1%”, and the jackpot reliability of super reach is “21%”.
以上より、第1特別図柄側であるか第2特別図柄側であるか、および保留記憶数が2以下であるかなどに関わらず、変動パターン種別として、スーパーリーチであるときの方がノーマルリーチであるときよりも、大当り信頼度が高いといえる。   From the above, regardless of whether it is the first special symbol side or the second special symbol side and the number of reserved memories is 2 or less, the variation pattern type is normal reach when it is super reach. It can be said that the reliability of the big hit is higher than there is.
次に、変動パターンについて説明する。変動開始時においては、決定された変動パターン種別に属する変動パターンから、ランダム4から抽出した乱数に基づき、一の変動パターンが決定される。変動パターンは、前述した複数種類の変動パターン種別毎に対応して複数種類定められている。変動パターンは、変動表示を開始してから表示結果を導出表示するまでの変動表示時間を特定するものである。なお、当該変動パターンに基づき、図柄を変動表示させるときの変動表示態様や、変動表示中に実行する演出も特定される。   Next, the fluctuation pattern will be described. At the start of variation, one variation pattern is determined based on a random number extracted from random 4 from variation patterns belonging to the determined variation pattern type. A plurality of types of variation patterns are determined corresponding to each of the plurality of types of variation pattern types described above. The variation pattern specifies a variation display time from when the variation display is started until the display result is derived and displayed. Based on the variation pattern, the variation display mode when the symbol is variably displayed and the effect executed during the variation display are also specified.
非リーチに属する変動パターンとしては、リーチを発生させない変動パターンが含まれる。ノーマルリーチに属する変動パターンとしては、リーチを発生させるが、特別な演出を発生させない変動パターンが含まれる。スーパーリーチに属する変動パターンとしては、リーチを発生させ、特別な演出を発生させる変動パターンが含まれる。変動パターンから特定される変動時間は、非リーチに属する変動パターンが最も短く、ノーマルリーチに属する変動パターンが次に短く、スーパーリーチに属する変動パターンが最も長く成るように設定されている。複数種類の変動パターンには、たとえば「滑り」、「擬似連」といった演出が実行可能な変動パターンが含まれる。   The variation pattern belonging to non-reach includes a variation pattern that does not generate reach. Variation patterns belonging to normal reach include variation patterns that generate reach but do not generate special effects. The variation pattern belonging to the super reach includes a variation pattern that generates reach and generates a special effect. The variation time specified from the variation pattern is set so that the variation pattern belonging to non-reach is the shortest, the variation pattern belonging to normal reach is the next shortest, and the variation pattern belonging to super reach is the longest. The plurality of types of variation patterns include, for example, variation patterns capable of performing effects such as “sliding” and “pseudo-continuous”.
滑り演出が実行される変動パターンでは、「左」、「中」、「右」の図柄表示エリア9L、9C、9Rにおいて演出図柄を変動させてから、2つ以上の図柄表示エリア(たとえば、「左」および「右」の図柄表示エリア9L、9R)において演出図柄を仮停止表示させた後、その仮停止表示した図柄表示エリアのうち所定数(たとえば、「1」または「2」)の図柄表示エリア(たとえば、「左」の図柄表示エリア9Lと「右」の図柄表示エリア9Rのいずれか一方または双方、本実施の形態においては「右」の図柄表示エリア9R)において演出図柄を再び変動させた後に停止表示させることによって、停止表示する演出図柄を変更させる演出表示が行なわれる。なお、仮停止表示において揺れ変動表示したり、短時間の仮停止の後に演出図柄を再変動させること等によって、遊技者に停止表示された演出図柄が確定(最終停止)しない旨を報知することが好ましい。また、停止表示された演出図柄が確定したと遊技者が認識する程度に演出図柄を仮停止させてから、演出図柄を再変動させるようにしてもよい。   In the variation pattern in which the slide effect is executed, the effect symbols are changed in the “left”, “middle”, and “right” symbol display areas 9L, 9C, and 9R, and then two or more symbol display areas (for example, “ After the effect symbols are temporarily stopped and displayed in the “left” and “right” symbol display areas 9L and 9R), a predetermined number (for example, “1” or “2”) of the symbols displayed in the temporarily stopped display are displayed. In the display area (for example, one or both of the “left” symbol display area 9L and the “right” symbol display area 9R, in this embodiment, the “right” symbol display area 9R), the effect symbols are changed again. The effect display for changing the effect symbol to be stopped and displayed is performed by stopping the display after the display. In addition, by notifying the player that the effect symbol that has been stopped and displayed is not finalized (final stop), such as by displaying fluctuation fluctuation in the temporary stop display, or by changing the effect symbol again after a short temporary stop. Is preferred. In addition, the effect design may be re-variable after the effect design is temporarily stopped to the extent that the player recognizes that the stop-displayed effect design has been confirmed.
擬似連演出が実行される変動パターンでは、1の始動入賞に対して、あたかも複数回の図柄の変動表示が実行されたかのように見せるために、1の始動入賞に対して決定された変動時間内にて、すべての図柄列(左,中,右)について予め定められた図柄組合せを仮停止させた後に、変動表示を再開(以下、再変動ともいう)する再変動表示を所定回数実行した後、最終の変動において最終停止図柄を停止表示させる演出表示が行なわれる。   In the variation pattern in which the pseudo-continuous effect is executed, within the variation time determined for one start winning prize, in order to make it appear as if a plurality of symbol variation displays have been executed for one starting winning prize. After temporarily stopping a predetermined symbol combination for all symbol sequences (left, middle, right), after executing a re-variable display for a predetermined number of times to resume the variable display (hereinafter also referred to as re-variation) In the final variation, an effect display for stopping and displaying the final stop symbol is performed.
遊技制御用マイクロコンピュータ560は、変動表示を開始するときに、変動表示の開始を示すとともに決定した変動パターンを示す変動パターンコマンドと、当りとするか否かおよび当りの種別(はずれ、確変当り、通常当り、突確当り)を示す表示結果指定コマンドとを、演出制御用マイクロコンピュータ100へ出力する。なお、変動パターンコマンドは、第1特別図柄側に対応する変動表示を開始するものであるか、あるいは第2特別図柄側に対応する変動表示を開始するものであるかを特定可能なコマンドであってもよい。演出制御用マイクロコンピュータ100は、変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドに基づき、飾り図柄変動表示を開始するように制御するとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示を開始するように制御する。   When the game control microcomputer 560 starts the fluctuation display, the game control microcomputer 560 indicates the start of the fluctuation display and the fluctuation pattern command indicating the determined fluctuation pattern, whether or not to win, and the type of hit (displacement, probability change hit, A display result designation command indicating a normal hit and a sudden hit) is output to the production control microcomputer 100. The fluctuation pattern command is a command that can specify whether to start the fluctuation display corresponding to the first special symbol side or to start the fluctuation display corresponding to the second special symbol side. May be. The effect control microcomputer 100 controls to start the decorative symbol variation display based on the variation pattern command and the display result designation command, and controls the effect display device 9 to start the variation symbol variation display.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、変動パターンコマンドを送信してから、該決定されていた変動パターンから特定される変動時間が経過して表示結果を確定表示させるときに、図柄確定指定コマンドを、演出制御用マイクロコンピュータへ出力する。演出制御用マイクロコンピュータ100は、図柄確定指定コマンドに基づき、飾り図柄変動表示の終了を確定させるように制御するとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示の終了を確定させるように制御する。   In addition, the game control microcomputer 560 transmits the symbol confirmation designation command when the variation time specified from the variation pattern that has been determined has elapsed since the transmission pattern command is transmitted and the display result is confirmed and displayed. And output to the production control microcomputer. The effect control microcomputer 100 performs control so as to confirm the end of the decoration symbol variation display based on the symbol confirmation designation command, and controls the effect display device 9 to confirm the end of the variation display of the effect symbol.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、15R大当りの開始を指定するための大当り開始指定コマンド、当該15R大当りの終了を指定するための大当り終了指定コマンド、突確当りの開始を指定するための突確開始指定コマンド、当該突確当りの終了を指定するための突確終了指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータへ出力する。   The game control microcomputer 560 also includes a jackpot start designation command for designating the start of 15R jackpot, a jackpot end designation command for designating the end of the 15R jackpot, and a sudden start for designating the start of the jackpot. A designation command and a sudden end specification command for designating the end of the sudden hit are output to the effect control microcomputer.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、第1始動入賞があったことを指定する第1始動入賞指定コマンド、第2始動入賞があったことを指定する第2始動入賞指定コマンドとを、演出制御用マイクロコンピュータへ出力する。これら、第1始動入賞指定コマンドおよび第2始動入賞指定コマンドは、始動入賞指定コマンドと総称することがある。始動入賞指定コマンドは、後述するように、当りの種類および変動パターン種別などの情報を含む先読み判定の結果を特定することができる。   In addition, the game control microcomputer 560 provides the first start prize designation command for designating that the first start prize has been given and the second start prize designation command for designating that the second start prize has been given. Output to the microcomputer. The first start prize designation command and the second start prize designation command may be collectively referred to as a start prize designation command. As will be described later, the start winning designation command can specify the result of the prefetch determination including information such as the winning type and the variation pattern type.
先読みとは、始動入賞時に抽出されている乱数値に基づいて変動開始時に当り判定や変動パターン設定を行なう前、すなわち、始動入賞が発生したときに抽出した乱数値が当該始動入賞に基づき変動が開始されるタイミングでどのように決定されるかを事前に判定することをいう。また、先読み判定結果とは、先読みによって得た判定結果をいう。本実施の形態では、始動入賞時に抽出した乱数の値に基づいて、始動入賞時に早々と、当り判定、変動パターン種別を先読みして先読み判定結果を得るための制御が実行される。先読み判定結果は、始動入賞指定コマンドにより特定されるように構成されている。本実施の形態においては、後述するように当該始動入賞指定コマンドに基づき、当該始動入賞による変動表示開始前の段階から予告が実行される。   Pre-reading means that the random number extracted at the start of variation based on the random number value extracted at the time of starting winning, or before setting the variation pattern, that is, when the starting winning occurs, the random number value extracted based on the starting winning is fluctuated. It means to determine in advance how to be determined at the start timing. Further, the prefetch determination result refers to a determination result obtained by prefetching. In the present embodiment, based on the random number value extracted at the time of starting winning, control for prefetching the hit determination and the variation pattern type and obtaining the prefetching determination result is executed as soon as possible at the time of starting winning. The prefetch determination result is configured to be specified by a start winning designation command. In the present embodiment, as will be described later, based on the start winning designation command, the advance notice is executed from the stage before the start of variable display by the start winning.
演出制御用マイクロコンピュータ100では、当該始動入賞指定コマンドに基づき、保留表示するための処理、先読み演出を実行するか否かを判定するための処理などを行なう。先読み演出とは、先読み判定結果に関する情報を、当該始動入賞に起因する変動表示開始前の段階から、複数回の変動表示に亘り連続して予告報知する演出をいい、本実施の形態においては保留表示の表示態様を変化させることにより実行される。   In the effect control microcomputer 100, based on the start winning designation command, processing for holding display, processing for determining whether or not to execute the pre-reading effect, and the like are performed. The pre-reading effect refers to an effect that continuously notifies the information regarding the pre-reading determination result over a plurality of variable displays from the stage before the start of the variable display due to the start winning, and is suspended in the present embodiment. This is executed by changing the display mode of the display.
なお、本実施の形態においては、先読み判定結果と、始動入賞があったことすなわち保留記憶されたこととを、始動入賞指定コマンドにより特定される例について説明するが、始動入賞指定コマンドにより先読み判定結果のみが特定されるようにし、保留記憶されたことについては始動入賞指定コマンドと別のコマンド(たとえば、第1保留記憶および第2保留記憶のうちいずれの保留記憶が増加したかを特定可能な保留記憶コマンドなど)により特定されるように構成してもよい。   In the present embodiment, an example will be described in which the prefetch determination result and the start winning, that is, the fact that the start winning is held, are specified by the start winning designation command. However, the prefetch determination is performed by the start winning designation command. Only the result is specified, and it is possible to specify which of the first reserved memory and the second reserved memory has been increased with respect to the fact that it has been stored, a command different from the start winning designation command (for example, the first reserved memory or the second reserved memory) It may be configured to be specified by a hold storage command or the like.
以上のように、演出制御用マイクロコンピュータは、遊技制御用マイクロコンピュータからのコマンドに基づき、指示内容を解析し、受信したコマンドに対応して、演出図柄の制御、スピーカ27からの音の出力制御、および、各種ランプの発光制御など、各種演出制御を行なう。なお、演出制御コマンドは、2バイト構成であり、1バイト目はMODE(コマンドの種類)を表し、2バイト目はEXT(コマンドの内容)を表す。   As described above, the effect control microcomputer analyzes the instruction content based on the command from the game control microcomputer, and controls the effect design and the sound output control from the speaker 27 in response to the received command. And various effects control such as light emission control of various lamps. The effect control command has a 2-byte structure, and the first byte represents MODE (command type), and the second byte represents EXT (command content).
図10は、主基板31に搭載される遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する特別図柄プロセス処理(S31)のプログラムの一例を示すフローチャートである。上述したように、特別図柄プロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理において、CPU56は、第1始動入賞口13に遊技球が入賞したことを検出するための第1始動口スイッチ13aまたは第2始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための第2始動口スイッチ14aがオンしていたら、すなわち始動入賞が発生していたら、始動口スイッチ通過処理を実行する(S300,S301)。そして、S302〜S312のうちのいずれかの処理を行なう。第1始動入賞口スイッチ13aまたは第2始動口スイッチ14aがオンしていなければ、内部状態に応じて、S302〜S312のうちのいずれかの処理を行なう。S302〜S312の処理は、以下のような処理である。   FIG. 10 is a flowchart showing an example of a special symbol process (S31) program executed by the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) mounted on the main board 31. As described above, in the special symbol process, a process for controlling the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the special winning opening is executed. In the special symbol process, the CPU 56 detects that the game ball has won the first start port switch 13a or the second start port 14 for detecting that the game ball has won the first start game port 13. If the second start opening switch 14a is turned on, that is, if a start winning is generated, a start opening switch passing process is executed (S300, S301). Then, any one of S302 to S312 is performed. If the first start winning port switch 13a or the second start port switch 14a is not turned on, any one of S302 to S312 is performed according to the internal state. The processes of S302 to S312 are as follows.
特別図柄通常処理(S302):特別図柄プロセスフラグの値が0であるときに実行される。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄の変動表示が開始できる状態になると、保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数(保留記憶数)を確認する。保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数は合計保留記憶数カウンタのカウント値により確認できる。また、合計保留記憶数カウンタのカウント値が0でなければ、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示の表示結果を大当りとするか否かを決定する。大当りとする場合には大当りフラグをセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS303に応じた値(この例では1)に更新する。なお、大当りフラグは、大当り遊技が終了するときにリセットされる。   Special symbol normal processing (S302): Executed when the value of the special symbol process flag is zero. When the microcomputer for game control 560 is in a state where the variable symbol special display can be started, the game control microcomputer 560 checks the number of stored numerical data (the number of reserved memories) stored in the reserved memory number buffer. The number of numerical data stored in the reserved storage number buffer can be confirmed by the count value of the total reserved storage number counter. If the count value of the total reserved memory number counter is not 0, it is determined whether or not the display result of the variable display of the first special symbol or the second special symbol is a big hit. In case of big hit, set big hit flag. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (1 in this example) according to S303. The jackpot flag is reset when the jackpot game ends.
変動パターン設定処理(S303):特別図柄プロセスフラグの値が1であるときに実行される。また、ランダム3およびランダム4から抽出した乱数値に基づき、変動パターン種別を決定し、当該変動パターン種別に属する変動パターンから一の変動パターンを決定し、その変動パターンにおける変動時間(変動表示時間:変動表示を開始してから表示結果を導出表示(停止表示)するまでの時間)を特別図柄の変動表示の変動時間とすることに決定する。また、特別図柄の変動時間を計測する変動時間タイマをスタートさせる。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS304に対応した値(この例では2)に更新する。   Fluctuation pattern setting process (S303): executed when the value of the special symbol process flag is 1. Also, based on the random values extracted from random 3 and random 4, a variation pattern type is determined, one variation pattern is determined from the variation patterns belonging to the variation pattern type, and a variation time (variation display time: It is determined that the time from when the variable display is started until the display result is derived and displayed (stop display) is set as the variable time of the special symbol variable display. Also, a variable time timer for measuring the special symbol variable time is started. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S304 (2 in this example).
表示結果指定コマンド送信処理(S304):特別図柄プロセスフラグの値が2であるときに実行される。演出制御用マイクロコンピュータ100に、表示結果指定コマンドを送信するための制御を行なう。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS305に対応した値(この例では3)に更新する。   Display result designation command transmission process (S304): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 2. Control for transmitting a display result designation command to the production control microcomputer 100 is performed. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S305 (3 in this example).
特別図柄変動中処理(S305):特別図柄プロセスフラグの値が3であるときに実行される。変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過(S303でセットされる変動時間タイマがタイムアウトすなわち変動時間タイマの値が0になる)すると、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS306に対応した値(この例では4)に更新する。   Special symbol variation processing (S305): This processing is executed when the value of the special symbol process flag is 3. When the variation time of the variation pattern selected in the variation pattern setting process elapses (the variation time timer set in S303 times out, that is, the variation time timer value becomes 0), the internal state (special symbol process flag) is set to S306. Update to the corresponding value (4 in this example).
特別図柄停止処理(S306):特別図柄プロセスフラグの値が4であるときに実行される。第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける変動表示を停止して停止図柄を導出表示させる。また、演出制御用マイクロコンピュータ100に、図柄確定指定コマンドを送信するための制御を行なう。そして、大当りフラグがセットされている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS307に対応した値(この例では5)に更新する。大当りフラグがセットされていない場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では0)に更新する。なお、演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する図柄確定指定コマンドを受信すると演出表示装置9において演出図柄および飾り図柄の停止を確定させるように制御する。   Special symbol stop process (S306): This is executed when the value of the special symbol process flag is 4. The variable display on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b is stopped, and the stopped symbol is derived and displayed. Further, control for transmitting a symbol confirmation designation command to the effect control microcomputer 100 is performed. If the big hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (5 in this example) corresponding to S307. When the big hit flag is not set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (0 in this example) corresponding to S302. The effect control microcomputer 100 controls the effect display device 9 to confirm the stop of the effect symbol and the decorative symbol when the symbol confirmation designation command transmitted from the game control microcomputer 560 is received.
ラウンド開始前処理(S307):特別図柄プロセスフラグの値が5であるときに実行される。ラウンド開始前処理では、大入賞口を開放する制御を行なう。具体的には、カウンタ(たとえば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)等を初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによってラウンド中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS308に対応した値(この例では6)に更新する。なお、ラウンド開始前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、ラウンド開始前処理は大当り遊技を開始する処理でもある。また、当該大当り遊技状態となったときの状態が確変状態であり、確変フラグがセットされていたときには、確変フラグがリセットされる(当該大当りが確変となる大当りであるか否かに関わらずリセットされる)。また、当該大当り遊技状態となったときの状態が時短状態であり、時短フラグがセットされていたときには、時短フラグがリセットされる。   Pre-round start process (S307): executed when the value of the special symbol process flag is 5. In the pre-round start process, control is performed to open the special winning opening. Specifically, a counter (for example, a counter that counts the number of game balls that have entered the big prize opening) is initialized, and the solenoid 21 is driven to open the big prize opening. Also, the execution time of the in-round processing is set by the timer, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S308 (6 in this example). Note that the pre-round start process is executed for each round, but when starting the first round, the pre-round start process is a process for starting a big hit game. In addition, when the big hit gaming state is a probable change state and the probability change flag is set, the probability change flag is reset (regardless of whether the big hit is a promiscuous big hit or not) ) In addition, when the big hit gaming state is the time-short state, and the time-short flag is set, the time-short flag is reset.
ラウンド中処理(S308):特別図柄プロセスフラグの値が6であるときに実行される。大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するための制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行なう。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS307に対応した値(この例では5)に更新する。本実施の形態における大入賞口の閉成条件は、たとえば、遊技球が大入賞口に所定数(たとえば10)入賞することや、大入賞口が開放してから所定時間(たとえば15R大当り時には29秒、2R大当り時には0.5秒)経過することにより成立するように設定されている。また、すべてのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS309に対応した値(この例では7)に更新する。   In-round processing (S308): Executed when the value of the special symbol process flag is 6. A control for transmitting a presentation control command for round display during the big hit gaming state to the microcomputer 100 for the presentation control, a process for confirming the establishment of the closing condition of the big prize opening, and the like are performed. If the closing condition for the special prize opening is satisfied and there are still remaining rounds, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S307 (5 in this example). The closing condition of the big prize opening in the present embodiment is, for example, that a predetermined number (for example, 10) of game balls wins the big prize opening, or a predetermined time (for example, 15R big hit 29 after the big prize opening is opened). Seconds, 2R big hit is 0.5 seconds). When all rounds are completed, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S309 (7 in this example).
大当り終了処理(S309):特別図柄プロセスフラグの値が7であるときに実行される。大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御を行なう。また、遊技状態を示すフラグ(たとえば、確変フラグや時短フラグ)をセットする処理を行なう。具体的に、確変当り図柄や突確当り図柄が停止して発生する確変大当りが終了したときには、確変フラグがセットされ、通常当り図柄が停止して発生する非確変大当りが終了したときには、時短フラグがセットされる。また、大当りフラグをリセットする処理を行なう。また、先読み大当りフラグがセットされているときには、当該フラグをリセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では0)に更新する。   Big Hit End Process (S309): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 7. Control for causing the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the big hit gaming state has ended is performed. In addition, a process for setting a flag indicating a gaming state (for example, a probability change flag or a time reduction flag) is performed. Specifically, the probability variation flag is set when the probability variation jackpot that occurs when the probability variation symbol or the rush probability symbol stops and the non-probability variation jack that occurs when the normal symbol pattern stops is terminated. Set. Also, a process for resetting the big hit flag is performed. When the prefetch big hit flag is set, the flag is reset. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to S302 (0 in this example).
なお、先読み大当りフラグは当該保留記憶に基づく変動表示が終了したタイミングにリセットするように構成してもよい。これにより、大当り遊技中に入賞した始動入賞について後述する先読み判定を行なうことができるため、当該大当りが終了したときから先読み判定結果に基づく先読み演出を行なうことができる。たとえば、大当り遊技が終了した後、初回の変動表示から以降複数回の変動表示に亘り先読み演出を行なうことができる。   Note that the look-ahead jackpot flag may be reset at the timing when the variable display based on the hold storage ends. As a result, since the pre-reading determination described later can be performed for the starting winnings won during the big hit game, the pre-reading effect based on the pre-reading determination result can be performed from when the big hit is completed. For example, after the big hit game is over, the pre-reading effect can be performed from the first variation display to a plurality of variation displays thereafter.
図11は、S301の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。第1始動口スイッチ13aと第2始動口スイッチ14aとのうちの少なくとも一方がオン状態の場合に実行される始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、オンしたのが第1始動口スイッチ13aであるか否かを確認する(S211)。第1始動口スイッチ13aがオンしていれば、CPU56は、第1保留記憶数をカウントするための第1保留記憶数カウンタの値が4であるか否かを確認する(S212)。第1保留記憶数カウンタの値が4であれば、S221に移行する。   FIG. 11 is a flowchart showing the start port switch passing process of S301. In the start port switch passing process executed when at least one of the first start port switch 13a and the second start port switch 14a is in the on state, the CPU 56 is turned on by the first start port switch 13a. Whether or not (S211). If the first start port switch 13a is on, the CPU 56 checks whether or not the value of the first reserved memory number counter for counting the first reserved memory number is 4 (S212). If the value of the first reserved memory number counter is 4, the process proceeds to S221.
第1保留記憶数カウンタの値が4でなければ、CPU56は、第1保留記憶数カウンタの値を1増やす(S213)。また、CPU56は、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順を記憶するための保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合計保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第1」を示すデータをセットする(S214)。   If the value of the first reserved memory number counter is not 4, the CPU 56 increases the value of the first reserved memory number counter by 1 (S213). Further, the CPU 56 corresponds to the value of the total reserved storage number counter in the reserved storage specific information storage area (hold specific area) for storing the winning order to the first start winning opening 13 and the second start winning opening 14. Data indicating “first” is set in the area (S214).
この実施の形態では、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合(すなわち、第1始動入賞口13に遊技球が始動入賞した場合)には「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合(すなわち、第2始動入賞口14に遊技球が始動入賞した場合)には「第2」を示すデータをセットする。たとえば、CPU56は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合には「第1」を示すデータとして01(H)をセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合には「第2」を示すデータとして02(H)をセットする。なお、この場合、対応する保留記憶がない場合には、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、00(H)がセットされている。   In this embodiment, when the first start opening switch 13a is turned on (that is, when a game ball starts and wins the first start winning opening 13), data indicating “first” is set, When the second start port switch 14a is turned on (that is, when a game ball starts and wins the second start winning port 14), data indicating “second” is set. For example, the CPU 56 sets 01 (H) as data indicating “first” when the first start port switch 13 a is turned on in the reserved storage specifying information storage area (holding specified area), 2 When the start port switch 14a is turned on, 02 (H) is set as data indicating “second”. In this case, when there is no corresponding reserved storage, 00 (H) is set in the reserved storage specific information storage area (hold specific area).
図13(A)は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)の構成例を示す説明図である。図13(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されている。なお、図13(A)には、合計保留記憶数カウンタの値が5である場合の例が示されている。図13(A)に示すように、保留特定領域には、合計保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保され、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への入賞に基づいて入賞順に「第1」または「第2」であることを示すデータがセットされる。したがって、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)には、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順が記憶される。なお、保留特定領域は、RAM55に形成されている。「RAMに形成されている」とは、RAM内の領域であることを意味する。   FIG. 13A is an explanatory diagram showing a configuration example of a reserved storage specifying information storage area (holding specified area). As shown in FIG. 13A, an area corresponding to the maximum value (8 in this example) of the total reserved memory number counter is secured in the reserved specific area. FIG. 13A shows an example in which the value of the total pending storage number counter is 5. As shown in FIG. 13A, an area corresponding to the maximum value (8 in this example) of the total reserved memory number counter is secured in the reserved specific area, and the first start winning opening 13 or the second start Data indicating “first” or “second” is set in the order of winning based on winning in the winning opening 14. Therefore, in the reserved storage specific information storage area (hold specific area), the winning order to the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 is stored. Note that the reserved specific area is formed in the RAM 55. “Formed in RAM” means an area in the RAM.
図13(B)は、保留記憶に対応する乱数等を保存する領域(保留バッファ)の構成例を示す説明図である。図13(B)に示すように、第1保留記憶バッファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。また、第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。なお、第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファは、RAM55に形成されている。   FIG. 13B is an explanatory diagram showing a configuration example of an area (hold buffer) for storing random numbers and the like corresponding to the hold memory. As shown in FIG. 13B, a storage area corresponding to the upper limit value (4 in this example) of the first reserved storage number is secured in the first reserved storage buffer. In addition, a storage area corresponding to the upper limit value of the second reserved storage number (4 in this example) is secured in the second reserved storage buffer. The first reserved storage buffer and the second reserved storage buffer are formed in the RAM 55.
なお、保留記憶方式は、上記のように、保有特定領域および保存領域など、複数の領域を用いるものに限らず、一の所定領域を用いて記憶されるものであってもよい。保留記憶方式は、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々への入賞に起因して抽出される乱数を、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々に定められた上限数(たとえば4)まで、入賞順を特定可能に記憶される方式であれば、どのような方式であってもよい。たとえば、一の領域を用いて、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14のうちいずれへの入賞かを特定するためのデータと当該入賞に起因して抽出される乱数を特定するためのデータとを対応付けて、入賞順に、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14各々に定められた上限数(たとえば4)まで記憶する方式であってもよい。   Note that, as described above, the reserved storage method is not limited to using a plurality of areas such as the holding specific area and the storage area, and may be stored using one predetermined area. In the hold storage method, random numbers extracted due to winnings in the first starting winning port 13 and the second starting winning port 14 are respectively determined in the first starting winning port 13 and the second starting winning port 14. Any method may be used as long as the winning order can be specified up to the upper limit number (for example, 4). For example, in order to specify data for specifying which one of the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 is to be won and a random number extracted due to the winning using one area. It is also possible to store up to the upper limit number (for example, 4) determined for each of the first start winning opening 13 and the second starting winning opening 14 in the order of winning.
始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファにおける保存領域に格納する処理を実行する(S215)。なお、S215の処理では、ランダムR(大当り判定用乱数)およびソフトウェア乱数であるランダム2、3、4(図6参照)が、保存領域に格納される。これにより、大当り判定用の乱数、大当り種類決定用の乱数、変動パターン種別決定用の乱数、および変動パターン決定用の乱数が抽出されて保留記憶される。   In the start port switch passing process, the CPU 56 extracts a value from the random number circuit 503 and a counter for generating a software random number, and executes a process of storing them in the storage area in the first reserved storage buffer (S215). In the process of S215, random R (a big hit determination random number) and random numbers 2, 3, and 4 (see FIG. 6) that are software random numbers are stored in the storage area. Thereby, the random number for determining the big hit, the random number for determining the big hit type, the random number for determining the variation pattern type, and the random number for determining the variation pattern are extracted and stored on hold.
なお、変動パターン決定用の乱数(ランダム4)は、変動開始時に抽出するようにしてもよい。なぜなら、本実施の形態において始動入賞時に行なわれる先読み処理では、変動パターン種別について判定されるが、変動パターンまで判定しないように構成されているためである。これにより、たとえば変動開始時にランダム4から抽出した乱数値をレジスタに読み出して変動パターンの決定に用いることができるため、乱数の格納領域を削減することができ、RAM50の使用領域を削減できる。   Note that the random number (random 4) for determining the variation pattern may be extracted at the start of the variation. This is because, in the prefetching process performed at the time of starting winning in the present embodiment, the variation pattern type is determined, but the variation pattern is not determined. Thus, for example, since the random number value extracted from the random 4 at the start of variation can be read out to the register and used to determine the variation pattern, the random number storage area can be reduced, and the RAM 50 use area can be reduced.
次いで、CPU56は、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計保留記憶数を示す合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(S216)。そして、CPU56は、後述する先読み処理において大当りになると判定されたときにセットされる先読み大当りフラグがセットされているか否か、すなわち大当りとなる保留記憶が存在するか否かを判定する(S217)。   Next, the CPU 56 increments the value of the total pending memory number counter indicating the total pending memory number that is the sum of the first reserved memory number and the second reserved memory number by 1 (S216). Then, the CPU 56 determines whether or not a prefetch big hit flag that is set when it is determined that the big hit is determined in the prefetch processing described later, that is, whether or not there is a pending storage that is a big hit (S217). .
先読み大当りフラグがセットされていないときには、後述する第1先読み処理を行ない(S218)、S219に移行する。第1先読み処理においては、今回の第1始動入賞により抽出した乱数値に基づき、当りになるか否かおよび変動パターン種別がどの種別であるかを先読みする処理が行なわれる。   When the prefetch big hit flag is not set, a first prefetch process described later is performed (S218), and the process proceeds to S219. In the first look-ahead process, based on the random number value extracted by the first start winning this time, a process for pre-reading whether or not it is a win and what type of variation pattern type is performed.
S219においては、第1先読み処理における先読み判定結果に応じた第1始動入賞指定コマンドをセットする。セットされたコマンドは、演出制御コマンド制御処理(図5のS33)において、送信する処理が行なわれる。先読み判定結果に応じた第1始動入賞指定コマンドとは、第1始動入賞があったこと、および当該始動入賞の当り判定結果および変動パターン種別を特定するためのコマンドをいう。   In S219, a first start winning designation command corresponding to the prefetch determination result in the first prefetch process is set. The set command is transmitted in the effect control command control process (S33 in FIG. 5). The first start winning designation command corresponding to the pre-reading determination result refers to a command for specifying the first start winning, the hit determination result of the start winning, and the variation pattern type.
演出制御用マイクロコンピュータ100は、後述するように、先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドに基づき、保留表示を行なうとともに、先読み演出を実行するか否かの決定を行なう。   As will be described later, the effect control microcomputer 100 performs a hold display based on a start winning designation command corresponding to the prefetch determination result, and determines whether or not to execute the prefetch effect.
S217において先読み大当りフラグがセットされていると判定されたときには、大当りになる保留記憶がすでに存在するために、当該始動入賞について先読み処理を行なうことなく、S220に移行する。これにより、すでに大当りになる保留記憶が存在するときに、その後の保留記憶に対して先読み処理が行なわれること、および先読み演出の途中で大当りになるなど不自然な先読み演出が行なわれることを防止することができる。   When it is determined in S217 that the prefetch big hit flag is set, since there is already a holding memory that becomes a big hit, the process proceeds to S220 without performing the prefetch processing for the start winning. As a result, when there is a hold memory that is already a big hit, prefetch processing is performed on the subsequent hold memory, and an unnatural prefetch effect such as a big hit in the middle of the prefetch effect is prevented. can do.
なお、図11の始動口スイッチ通過処理においては、S217の処理、および後述するS227の処理を行なわずに、全ての始動入賞に対して先読み処理を行なわせるようにし、演出制御用マイクロコンピュータ100側において始動入賞指定コマンドを受信したときにS217の処理とS227の処理とに相当する処理を行なうように構成してもよい。このように構成した場合であっても、先読み演出の途中で大当りになるなど不自然な先読み演出が行なわれることを防止することができる。   In the start port switch passing process of FIG. 11, the pre-reading process is performed for all start winnings without performing the process of S217 and the process of S227 described later, and the effect control microcomputer 100 side When a start winning designation command is received at, a process corresponding to the process of S217 and the process of S227 may be performed. Even in this case, it is possible to prevent an unnatural prefetch effect such as a big hit in the middle of the prefetch effect.
S220においては、判定結果なしの第1始動入賞指定コマンドをセットする。これにより、始動入賞に基づく保留表示が行なわれる。   In S220, a first start winning designation command with no determination result is set. Thereby, the hold display based on the start winning is performed.
S221〜S230については、S211〜S220で示した処理と同様に、第2始動口スイッチ14aがオンしたことを条件として、保留特定領域に「第2」をセットし抽出した乱数を第2保留記憶数バッファに保存し(S224、S225)、合算保留記憶数カウンタの値および先読み大当りフラグなどに基づいて第2先読み処理が行なわれたときには該先読み判定結果に応じた第2始動入賞指定コマンドをセットし(S229)、第2先読み処理が行なわれなかったときには判定結果なしの第2始動入賞指定コマンドをセットする(S230)処理が行なわれる。   For S221 to S230, similarly to the processing shown in S211 to S220, on the condition that the second start port switch 14a is turned on, “2nd” is set in the reserved specific area and the extracted random number is stored in the second reserved memory. Is stored in the number buffer (S224, S225), and when the second prefetch process is performed based on the value of the total pending storage number counter, the prefetch big hit flag, etc., a second start winning designation command corresponding to the prefetch determination result is set. If the second look-ahead process is not performed (S230), a second start winning designation command without a determination result is set (S230).
なお、S213〜220の処理とS223〜230の処理とを、1つの共通ルーチンで実現してもよい。その場合、CPU56は、まず、第1始動口スイッチ13aがオン状態になったことを検出した場合に「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態になったことを検出した場合に「第2」を示すデータをセットし、共通ルーチンで、セットされているデータに応じて、保留記憶数バッファ(第1保留記憶数バッファまたは第2保留記憶数バッファ)を選択したり始動入賞指定コマンド(第1始動入賞指定コマンドまたは第2始動入賞指定コマンド)を選択する。このようにS213〜220の処理とS223〜230の処理とを1つの共通ルーチンで実現する場合には、保留記憶バッファを、第1保留記憶(第1特別図柄)と、第2保留記憶(第2特別図柄)とで共通使用してもよい。具体的には、そのような共通の保留記憶バッファにおいて、各保存領域に、入賞が生じた順に、「第1」,「第2」のどちらの保留記憶であるかという情報、および、抽出した乱数値(ランダムR、ランダム2、3、4など)を示す情報を格納していき、格納した順番にしたがって読出して変動表示に用いるようにすればよい。そして、前述した実施形態の場合と同様に、「第1」,「第2」の各保留記憶については、別個に保留記憶数の最大値を管理すればよい。   In addition, you may implement | achieve the process of S213-220 and the process of S223-230 by one common routine. In that case, the CPU 56 first sets data indicating “first” when detecting that the first start port switch 13a is turned on, and indicates that the second start port switch 14a is turned on. When data is detected, the data indicating “second” is set, and the common storage routine selects the reserved memory number buffer (first reserved memory number buffer or second reserved memory number buffer) according to the set data. Or a start prize designation command (first start prize designation command or second start prize designation command) is selected. As described above, when the processes of S213 to 220 and the processes of S223 to 230 are realized by one common routine, the reserved storage buffer includes the first reserved memory (first special symbol) and the second reserved memory (first 2 special symbols). Specifically, in such a common reserved storage buffer, information indicating whether the storage is “first” or “second” in the order in which winning occurs in each storage area, and extracted. Information indicating random values (random R, random 2, 3, 4, etc.) may be stored and read out according to the stored order and used for variable display. As in the case of the above-described embodiment, the maximum value of the number of reserved memories may be managed separately for each of the “first” and “second” reserved memories.
図12は、S218の第1先読み処理を示すフローチャートである。CPU56は、S215において抽出したランダムRの値が通常時(非確変状態)の大当り判定値、すなわち共通の大当り判定値(図7(A)参照))であるか否かを判定する(S241)。このように、先読み処理での大当り判定においては、通常時の大当り判定値(共通の大当り判定値)が用いられる。このため、実際に変動表示を開始するときの遊技状態が確変状態であるか否かまで先読みすることなく、先読み処理において大当りと判定されたにも関わらず実際の変動表示においてはずれになるといった不都合の発生を防止することができる。なお、先読み処理における大当り判定は、確変状態中であるときには確変時であるときの大当り判定値を用いて行なってもよい。この場合でも、図11のS217やS227において先読み大当りフラグがセットされているときには先読み処理自体行なわれないため、先読み処理において大当りと判定されたにも関わらず変動開始時において大当りにならないと判定されるような、先読み処理時と変動開始時とにおいて齟齬が生じることを防止することができる。   FIG. 12 is a flowchart showing the first prefetch process of S218. The CPU 56 determines whether or not the random R value extracted in S215 is the normal (non-probability variation state) jackpot determination value, that is, the common jackpot determination value (see FIG. 7A) (S241). . Thus, in the big hit determination in the prefetch process, the normal big hit determination value (common big hit determination value) is used. For this reason, there is an inconvenience that the actual variation display is out of sight even though it is determined to be a big hit in the prefetch process without prefetching whether or not the gaming state when actually starting the variation display is the probability variation state. Can be prevented. Note that the jackpot determination in the prefetching process may be performed using the jackpot determination value at the time of the probability change when the probability change state is in effect. Even in this case, when the prefetching big hit flag is set in S217 or S227 in FIG. 11, the prefetching process itself is not performed. Thus, it is possible to prevent wrinkles from occurring at the time of the prefetching process and at the time of starting the fluctuation.
S241において大当り判定値でないと判定されたときには、S242において、図7(C)のはずれかつ保留記憶数が3以上であるときの振分率に従って、変動パターン種別を判定する。図7(D)を参照して説明したように、実際の変動表示において当りになる場合や、実際の変動表示が開始されるときの保留記憶数に関わらず、ランダム3から抽出した値が、図7(C)のはずれかつ保留記憶数が3以上であるときにおいてノーマルリーチにすると判定される特定値である場合には、実際の変動表示において必ずノーマルリーチとなり、図7(C)のはずれかつ保留記憶数が3以上であるときにおいてスーパーリーチにすると判定される特別値である場合には、実際の変動表示において必ずスーパーリーチとなる。よって、先読み処理においてノーマルリーチと判定されたにも関わらず実際の変動表示においてノーマルリーチに属する変動パターンにならないといった不都合の発生を防止することができる。また、先読み処理においてスーパーリーチと判定されたにも関わらず実際の変動表示においてスーパーリーチに属する変動パターンにならないといった不都合の発生を防止することができる。   When it is determined in S241 that the value is not the big hit determination value, in S242, the variation pattern type is determined in accordance with the distribution ratio when the number of reserved storage is 3 or more, which is out of FIG. As described with reference to FIG. 7D, the value extracted from the random number 3 regardless of the number of reserved memories when the actual variation display becomes a win or when the actual variation display is started, In the case of a specific value that is determined to be normal reach when there is a deviation from FIG. 7C and the number of reserved memories is 3 or more, the reach is always normal reach in actual fluctuation display, and the deviation and hold in FIG. In the case of a special value that is determined to be super reach when the number of memories is 3 or more, it is always super reach in actual variation display. Therefore, it is possible to prevent the occurrence of inconvenience that the variation pattern belonging to the normal reach is not obtained in the actual variation display even though it is determined as the normal reach in the prefetching process. In addition, it is possible to prevent the occurrence of inconvenience that the fluctuation pattern belonging to the super reach is not obtained in the actual fluctuation display even though it is determined to be super reach in the prefetching process.
一方、S241において大当り判定値であると判定されたときには、図7(B)で示した第1特別図柄側の大当り種別判定テーブルを参照して、S215においてランダム2から抽出した値に基づいて大当り種別を判定する(S243)。そして、CPU56は、当該大当り種別が大当りであったときには先読み大当りフラグをセットする(S244)。なお、突確当りであるときには、先読み大当りフラグをセットしないようにしてもよい。   On the other hand, when it is determined in S241 that it is a big hit determination value, the big hit type is determined based on the value extracted from random 2 in S215 with reference to the first special symbol side big hit type determination table shown in FIG. The type is determined (S243). Then, the CPU 56 sets a look-ahead jackpot flag when the jackpot type is a jackpot (S244). Note that the pre-fetch big hit flag may not be set when it is a sudden hit.
S245においては、図7(C)で示したテーブルのうち、S243で判定された大当り種別に応じた変動パターン種別判定テーブルを参照し、S215においてランダム3から抽出した値に基づいて変動パターン種別を判定する。なお、S241で大当りと判定されたときには、大当り種別および変動パターン種別を判定することなく、大当りを示す始動入賞指定コマンドを送信するようにしてもよい。   In S245, the variation pattern type determination table corresponding to the jackpot type determined in S243 is referred to in the table shown in FIG. 7C, and the variation pattern type is determined based on the value extracted from random 3 in S215. judge. If it is determined in S241 that the game is a jackpot, a start winning designation command indicating a jackpot may be transmitted without determining the jackpot type and the variation pattern type.
図12において第1先読み処理について説明したが、第2先読み処理においても、第1先読み処理と同様に、第2始動入賞に基づき抽出した乱数値に基づき所定のテーブルを参照して先読み判定を行なう処理が行なわれる。具体的に、第2先読み処理においては、第1先読み処理における「第1」を「第2」に読み換えた処理を実行する。   Although the first prefetch process has been described with reference to FIG. 12, in the second prefetch process, as in the first prefetch process, the prefetch determination is performed with reference to a predetermined table based on the random number value extracted based on the second start winning prize. Processing is performed. Specifically, in the second prefetch process, a process in which “first” in the first prefetch process is replaced with “second” is executed.
図14および図15は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(S302)を示すフローチャートである。特別図柄通常処理において、CPU56は、合算保留記憶数の値を確認する(S51)。具体的には、合算保留記憶数カウンタのカウント値を確認する。合算保留記憶数が0であれば処理を終了する。   14 and 15 are flowcharts showing the special symbol normal process (S302) in the special symbol process. In the special symbol normal process, the CPU 56 confirms the value of the total number of reserved storage (S51). Specifically, the count value of the total pending storage number counter is confirmed. If the total pending storage number is 0, the process is terminated.
合算保留記憶数が0でなければ、CPU56は、保留特定領域に設定されているデータのうち1番目のデータが「第1」を示すデータであるか否か確認する(S52)。「第1」を示すデータであれば、特別図柄ポインタ(第1特別図柄について特別図柄プロセス処理を行なっているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理を行なっているのかを示すフラグ)に「第1」を示すデータを設定する(S53)。「第1」を示すデータでなければ、すなわち「第2」を示すデータであれば、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータを設定する(S54)。   If the total pending storage number is not 0, the CPU 56 checks whether or not the first data among the data set in the pending specific area is data indicating “first” (S52). If it is data indicating “first”, a special symbol pointer (a flag indicating whether special symbol process processing is being performed for the first special symbol or special symbol process processing is being performed for the second special symbol) is set to “first”. 1 "is set (S53). If it is not data indicating “first”, that is, if it is data indicating “second”, data indicating “second” is set in the special symbol pointer (S54).
CPU56は、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(S55)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。また、CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶数バッファにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。   The CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the reserved storage number = 1 indicated by the special symbol pointer in the RAM 55 and stores it in the random number buffer area of the RAM 55 (S55). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 determines each disturbance stored in the storage area corresponding to the first reserved memory number = 1 in the first reserved memory number buffer. The numerical value is read and stored in the random number buffer area of the RAM 55. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, the CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = 1 in the second reserved memory number buffer. And stored in the random number buffer area of the RAM 55.
そして、CPU56は、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、保留特定領域および保存領域各々の内容をシフトする(S56)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第1保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第2保留記憶数バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。   Then, the CPU 56 subtracts 1 from the count value of the reserved memory number counter indicated by the special symbol pointer, and shifts the contents of the reserved specific area and the storage area (S56). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 decrements the count value of the first reserved memory number counter by 1 and saves each storage area in the first reserved memory number buffer. Shift the contents of. When the special symbol pointer indicates “second”, the count value of the second reserved memory number counter is decremented by 1, and the contents of each storage area in the second reserved memory number buffer are shifted.
すなわち、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM55の第1保留記憶数バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示す場合に、RAM55の第2保留記憶数バッファにおいて第2保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第2保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。   That is, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 saves the first reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the first reserved memory number buffer of the RAM 55. Are stored in a storage area corresponding to the first reserved memory number = n−1. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, it is stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the second reserved memory number buffer of the RAM 55. Each random number value is stored in a storage area corresponding to the second reserved memory number = n−1.
よって、各第1保留記憶数(または、各第2保留記憶数)に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、第1保留記憶数(または、第2保留記憶数)=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。   Therefore, the order in which each random value stored in each storage area corresponding to each first reserved memory number (or each second reserved memory number) is extracted is always the first reserved memory number (or (Second reserved storage number) = 1, 2, 3, 4 in order.
そして、CPU56は、合算保留記憶数カウンタのカウント値をRAM55の所定の領域に保存した後(S57)、合算保留記憶数の値を1減らす。すなわち、合算保留記憶数カウンタのカウント値を1減算する(S58)。   Then, the CPU 56 stores the count value of the total pending storage number counter in a predetermined area of the RAM 55 (S57), and then decreases the value of the total pending storage number by one. That is, 1 is subtracted from the count value of the total pending storage number counter (S58).
特別図柄通常処理では、第1始動入賞口13を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。そして、特別図柄プロセス処理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実行される。よって、S302〜S309の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2特別図柄を対象とする場合とで共通化することができる。   In the special symbol normal process, data indicating “first” indicating that the process is executed for the first start winning opening 13, that is, “first” indicating that the process is executed for the first special symbol is indicated. Data, or data indicating “second” indicating that the process is performed on the second start winning opening 14, that is, data indicating “second” indicating that the process is performed on the second special symbol, Set to a special symbol pointer. In the subsequent processing in the special symbol process, processing corresponding to the data set in the special symbol pointer is executed. Therefore, the process of S302-S309 can be made common by the case where the 1st special symbol is made object and the case where the 2nd special symbol is made object.
次いで、CPU56は、乱数バッファ領域からランダムR(大当り判定用乱数)を読出し、当り判定を実行する(S61、S62)。当り判定では、遊技状態に応じて予め決められている大当り判定値(図7(A)参照)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りとすることに決定する処理を実行する。なお、変動開始時における当り判定では、現在の遊技状態に対応する判定値が用いられる。このため、先読み時において当りでないと判定されたときであっても変動開始時において当りと判定される場合が生じ得る。その結果、前述した先読み演出が行なわれていないときであっても、当りになることに対し遊技者に期待感を抱かせることができる。   Next, the CPU 56 reads a random R (a big hit determination random number) from the random number buffer area and executes a hit determination (S61, S62). In the hit determination, a big hit determination value (see FIG. 7A) determined in advance according to the gaming state is compared with a big hit determination random number, and if they match, a process of determining a big hit is executed. . In the hit determination at the start of variation, a determination value corresponding to the current gaming state is used. For this reason, even when it is determined not to be a hit at the time of pre-reading, a case where it is determined to be a hit at the start of fluctuation may occur. As a result, even when the pre-reading effect described above is not performed, the player can have a sense of expectation for winning.
当り判定では、遊技状態が確変状態(高確率状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(通常遊技状態および時短状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなるように構成されている。具体的には、予め大当り判定値の数が多く設定されている確変時の大当り判定テーブルと、大当り判定値の数が確変時大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時の大当り判定テーブル(図7(A)参照)とが設けられている。そして、CPU56は、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時の大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行ない、遊技状態が通常遊技状態であるときは、通常時の大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行なう。すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当り(確変大当りまたは通常大当り)とすることに決定する。S61において大当りとすることに決定した場合には、S71に移行する。なお、大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。   In the hit determination, when the gaming state is a probability variation state (high probability state), the probability that a big hit will be higher than when the gaming state is a non-probability variation state (a normal gaming state and a short time state). . Specifically, a jackpot determination table at the time of probability change in which a large number of jackpot determination values are set in advance and a normal jackpot determination table in which the number of jackpot determination values is set to be smaller than the jackpot determination table at the time of probability change ( 7A) is provided. Then, the CPU 56 checks whether or not the gaming state is a probability variation state. If the gaming state is a probability variation state, the CPU 56 performs a jackpot determination process using the jackpot determination table at the time of probability variation. In the normal gaming state, the big hit determination process is performed using the normal big hit determination table. That is, when the value of the big hit determination random number (random R) matches the big hit determination value, the CPU 56 determines that the special symbol is a big hit (probability big hit or normal big hit). If it is determined to be a big hit in S61, the process proceeds to S71. Note that deciding whether to win or not is to decide whether or not to shift to the big hit gaming state, but to decide whether or not to stop the special symbol display as a big hit symbol. But there is.
なお、現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行なわれる。確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。具体的に、確変フラグは、確変当りまたは突確当りとすることに決定されたときに、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、次の大当りが発生したときの大当り遊技の開始時においてリセットされる(次の大当りが確変となる大当りであっても、大当り遊技の開始時に一旦リセットされる)。   Note that whether or not the current gaming state is the probability variation state is determined by whether or not the probability variation flag is set. The probability variation flag is set when the gaming state is shifted to the probability variation state, and is reset when the probability variation state is terminated. Specifically, the probability change flag is set in the process of ending the big hit game when it is determined to be the probability change hit or the odd hit, and is reset at the start of the big hit game when the next big hit occurs. (Even if the next big hit is a promising big hit, it is reset once at the start of the big hit game).
ランダムRの値が大当り判定値のいずれにも一致しない場合には、そのままS75に移行する。   If the value of the random R does not match any of the big hit determination values, the process proceeds to S75 as it is.
S71では、CPU56は、大当りフラグをセットする。そして、大当り種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、第1特別図柄を対象とする場合には図7(B)に示す第1特別図柄側のテーブルを選択し、第2特別図柄を対象とする場合には図7(B)に示す第2特別図柄側のテーブルを選択する(S72)。乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム2)の値と一致する値に対応した種別(「通常当り」、「確変当り」、「突確当り」)を大当りの種別に決定する(S73)。また、決定した大当りの種別を示すデータをRAM55における大当り種別バッファに設定する(S74)。たとえば、大当り種別が「通常当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「01」が設定され、大当り種別が「確変当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「02」が設定され、大当り種別が「突確当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「03」が設定される。   In S71, the CPU 56 sets a big hit flag. Then, as the table used to determine the jackpot type as one of a plurality of types, when the first special symbol is targeted, the table on the first special symbol side shown in FIG. 7B is selected. When the second special symbol is targeted, the second special symbol side table shown in FIG. 7B is selected (S72). The type corresponding to the value of the random number (random 2) for determining the jackpot type stored in the random number buffer area is determined as the type of jackpot ("normal hit", "probability hit", "crash hit"). (S73). Further, the data indicating the determined jackpot type is set in the jackpot type buffer in the RAM 55 (S74). For example, when the jackpot type is “normal hit”, “01” is set as data indicating the jackpot type, and when the jackpot type is “probable hit”, “02” is set as data indicating the jackpot type, When the jackpot type is “Crash hit”, “03” is set as data indicating the jackpot type.
次いで、CPU56は、特別図柄の停止図柄を決定する(S75)。具体的には、大当りフラグがセットされていない場合には、はずれ図柄となる「7」または「8」を特別図柄の停止図柄に決定する。大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別の決定結果に応じて、大当り図柄となる「1」〜「6」のいずれかを特別図柄の停止図柄に決定する。すなわち、大当り種別を「突確当り」に決定した場合には、突確当り図柄となる「6」を特別図柄の停止図柄に決定する。「確変当り」に決定した場合には「1」〜「3」のいずれかを、「通常当り」に決定した場合には「4」または「5」を、特別図柄の停止図柄に決定する。   Next, the CPU 56 determines a stop symbol of the special symbol (S75). Specifically, when the big hit flag is not set, “7” or “8” which is a loss symbol is determined as a special symbol stop symbol. When the big hit flag is set, according to the determination result of the big hit type, any one of “1” to “6” as the big hit symbol is determined as the special symbol stop symbol. In other words, when the big hit type is determined to be “hit hit”, “6” which is the hit hit symbol is determined as a special symbol stop symbol. When the “probable hit” is determined, any one of “1” to “3” is determined as the special symbol stop symbol, and when “normal hit” is determined, “4” or “5” is determined.
そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(S303)に対応した値に更新する(S76)。   Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern setting process (S303) (S76).
図16は、特別図柄プロセス処理における変動パターン設定処理(S303)を示すフローチャートである。変動パターン設定処理において、CPU56は、大当りフラグがセットされているか否か確認する(S100)。   FIG. 16 is a flowchart showing the variation pattern setting process (S303) in the special symbol process. In the variation pattern setting process, the CPU 56 checks whether or not the big hit flag is set (S100).
大当りフラグがセットされている場合には、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、S74で記憶される大当り種別に基づいたテーブルを選択する(S101)。たとえば、確変当りであったときには、図7(C)の確変当り時の振分率となるように定められたテーブルを選択し、突確当りであったときには、図7(C)の突確当り時の振分率となるように定められたテーブルを選択する。そして、S103に移行する。   When the big hit flag is set, the table based on the big hit type stored in S74 is selected as a table used to determine the variation pattern type as one of a plurality of types (S101). For example, when it is a probability hit, a table determined so as to have a distribution ratio at the time of probability variation shown in FIG. 7C is selected. Select a table that is determined to have a distribution ratio of. Then, the process proceeds to S103.
大当りフラグがセットされていない場合には、S102において、図7(C)のはずれかつ現在の保留記憶数に応じた振分率となるように定められたテーブルを選択する。そして、S103に移行する。   If the big hit flag is not set, in S102, a table is selected that is determined so as to be out of FIG. Then, the process proceeds to S103.
S103では、CPU56は、S101またはS102により選択されたテーブルの判定値にしたがい、乱数バッファ領域に格納された変動パターン種別判定用の乱数(ランダム3)の値に基づいて、変動パターン種別を決定する。   In S103, the CPU 56 determines the variation pattern type based on the value of the variation pattern type determination random number (random 3) stored in the random number buffer area according to the determination value of the table selected in S101 or S102. .
次いで、CPU56は、S103で決定された変動パターン種別に応じて、複数種類の変動パターンから一の変動パターンを選択するために用いる変動パターン判定テーブルを選択する(S104)。また、CPU56は、S104により選択されたテーブルを参照して、乱数バッファ領域に格納された変動パターン判定用の乱数(ランダム4)の値に基づいて、変動パターンを決定する(S105)。これにより、変動パターン種別に属する変動パターンのうちいずれかに決定することができる。   Next, the CPU 56 selects a variation pattern determination table used to select one variation pattern from a plurality of types of variation patterns according to the variation pattern type determined in S103 (S104). Further, the CPU 56 refers to the table selected in S104 and determines the variation pattern based on the value of the variation pattern determination random number (random 4) stored in the random number buffer area (S105). Thereby, it can be determined as any one of the variation patterns belonging to the variation pattern type.
次いで、決定した変動パターンに対応する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)をセットする(S106)。これにより、変動パターンコマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。   Next, an effect control command (variation pattern command) corresponding to the determined variation pattern is set (S106). Thereby, the fluctuation pattern command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG.
なお、変動パターンコマンドをセットする際には、変動表示を開始させる特別図柄に対応する図柄変動指定コマンドもセットされる。これにより、図柄変動指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。なお、図柄変動指定コマンドは、変動パターンコマンドと共に同一割込処理において演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるように構成してもよい。また、本実施の形態では、図10のS304の表示結果指定コマンド送信処理において、表示結果指定コマンドがセットされる。これにより、表示結果指定コマンドが図5のS33において、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。その結果、たとえば、変動開始時において図5のタイマ割込処理が行なわれたときに図柄変動指定コマンドが送信され、次のタイマ割込処理が行なわれたときに変動パターンコマンドが送信され、その次のタイマ割込処理が行なわれたときに表示結果指定コマンドが送信される。   When the variation pattern command is set, a symbol variation designation command corresponding to a special symbol for starting variation display is also set. As a result, the symbol variation designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. The symbol variation designation command may be configured to be transmitted to the effect control microcomputer 100 together with the variation pattern command in the same interrupt process. In the present embodiment, a display result designation command is set in the display result designation command transmission process of S304 in FIG. Thereby, the display result designation command is transmitted to the production control microcomputer 100 in S33 of FIG. As a result, for example, when the timer interrupt process of FIG. 5 is performed at the start of the variation, the symbol variation designation command is transmitted, and when the next timer interrupt processing is performed, the variation pattern command is transmitted. When the next timer interrupt process is performed, a display result designation command is transmitted.
また、特別図柄の変動を開始する(S107)。たとえば、S38の特別図柄表示制御処理で参照される特別図柄に対応した開始フラグをセットする。また、RAM55に形成されている変動時間タイマに、選択された変動パターンに対応した変動時間に応じた値を設定する(S108)。そして、特別図柄プロセスフラグの値を表示結果指定コマンド送信処理(S304)に対応した値に更新する(S109)。   Also, the special symbol change is started (S107). For example, the start flag corresponding to the special symbol referred to in the special symbol display control process of S38 is set. Further, a value corresponding to the variation time corresponding to the selected variation pattern is set in the variation time timer formed in the RAM 55 (S108). Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the display result designation command transmission process (S304) (S109).
表示結果指定コマンド送信処理(S304)では、決定されている大当りの種別に応じて、表示結果指定コマンドを送信するための制御が行なわれる。特別図柄プロセス処理における特別図柄変動中処理(S305)では、変動時間タイマを1減算し、変動時間タイマがタイムアウトしたら、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄停止処理(S306)に対応した値に更新する。特別図柄プロセス処理における特別図柄停止処理(S306)では、特別図柄の変動を終了させ、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bに停止図柄を導出表示する制御を行なうとともに、図柄確定指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。   In the display result designation command transmission process (S304), control for transmitting the display result designation command is performed according to the determined jackpot type. In the special symbol changing process (S305) in the special symbol process, the variable time timer is decremented by 1, and when the variable time timer times out, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the special symbol stop process (S306). To do. In the special symbol stop process (S306) in the special symbol process, the special symbol change is terminated, and control is performed to derive and display the stop symbol on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b. A confirmation designation command is transmitted to the production control microcomputer 100.
次に、演出制御手段の動作を説明する。図17は、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段としての演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)が実行するメイン処理を示すフローチャートである。演出制御用CPU101は、電源が投入されると、メイン処理の実行を開始する。メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(たとえば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行なうための初期化処理を行なう(S551)。その後、演出制御用CPU101は、タイマ割込フラグの監視(S552)を行なうループ処理に移行する。タイマ割込が発生すると、演出制御用CPU101は、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。メイン処理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、演出制御用CPU101は、そのフラグをクリアし(S553)、S554〜S559の演出制御処理を実行する。   Next, the operation of the effect control means will be described. FIG. 17 is a flowchart showing main processing executed by the effect control microcomputer 100 (specifically, effect control CPU 101) as effect control means mounted on the effect control board 80. The effect control CPU 101 starts executing the main process when the power is turned on. In the main processing, first, initialization processing is performed for clearing the RAM area, setting various initial values, and initializing a timer for determining the activation control activation interval (for example, 2 ms) (S551). Thereafter, the effect control CPU 101 proceeds to a loop process for monitoring the timer interrupt flag (S552). When a timer interrupt occurs, the effect control CPU 101 sets a timer interrupt flag in the timer interrupt process. If the timer interrupt flag is set in the main process, the effect control CPU 101 clears the flag (S553), and executes the effect control process of S554 to S559.
演出制御処理において、演出制御用CPU101は、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする処理等をするコマンド解析処理を行なう(S554)。次いで、演出制御用CPU101は、合算保留記憶表示部18cの表示状態の制御を行なう保留記憶表示制御処理を実行する(S555)。前述した先読み演出は、保留記憶表示制御処理により、合算保留記憶表示部18cにおいて行なわれる。また、演出制御用CPU101は、演出制御プロセス処理を行なう(S556)。演出制御プロセス処理では、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出表示装置9の表示制御を実行する。   In the effect control process, the effect control CPU 101 first analyzes the received effect control command, and performs a command analysis process for setting a flag in accordance with the received effect control command (S554). Next, the effect control CPU 101 executes a hold storage display control process for controlling the display state of the combined hold storage display unit 18c (S555). The pre-reading effect described above is performed in the summed hold memory display unit 18c by the hold memory display control process. In addition, the effect control CPU 101 performs effect control process processing (S556). In the effect control process, the process corresponding to the current control state (effect control process flag) is selected from the processes corresponding to the control state, and display control of the effect display device 9 is executed.
次いで、第1飾り図柄表示制御処理を行なう(S557)。第1飾り図柄表示制御処理では、第1飾り図柄表示器9aの表示制御を実行する。また、第2飾り図柄表示制御処理を行なう(S558)。第2飾り図柄表示制御処理では、第2飾り図柄表示器9bの表示制御を実行する。さらに、演出の態様等を決定するために用いられる乱数を生成するためのカウンタ(ランダムカウンタ)のカウント値を更新する乱数更新処理を実行する(S559)。その後、S552に移行する。なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560が実行する特別図柄プロセス処理のように、第1飾り図柄表示制御処理と第2飾り図柄表示制御処理とを共通化して、すなわち一つのプログラムモジュールで実現するようにして、演出制御用マイクロコンピュータ100が実行するプログラム容量を減らすようにしてもよい。   Next, a first decorative symbol display control process is performed (S557). In the first decorative symbol display control process, display control of the first decorative symbol display 9a is executed. Further, a second decorative symbol display control process is performed (S558). In the second decorative symbol display control process, display control of the second decorative symbol display 9b is executed. Furthermore, a random number update process for updating the count value of a counter (random counter) for generating a random number used for determining the aspect of the effect or the like is executed (S559). Thereafter, the process proceeds to S552. As in the special symbol process executed by the game control microcomputer 560, the first ornament symbol display control process and the second ornament symbol display control process are made common, that is, realized by one program module. Thus, the capacity of the program executed by the production control microcomputer 100 may be reduced.
図18および図19は、コマンド解析処理(S554)の具体例を示すフローチャートである。主基板31から受信された演出制御コマンドは受信コマンドバッファに格納されるが、コマンド解析処理では、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファに格納されているコマンドの内容を確認する。   18 and 19 are flowcharts showing a specific example of the command analysis processing (S554). The effect control command received from the main board 31 is stored in the reception command buffer, but in the command analysis process, the effect control CPU 101 confirms the content of the command stored in the command reception buffer.
コマンド解析処理において、演出制御用CPU101は、まず、RAMに形成されているコマンド受信バッファに受信コマンドが格納されているか否か確認する(S611)。格納されているか否かは、コマンド受信個数カウンタの値と読出ポインタとを比較することによって判定される。両者が一致している場合が、受信コマンドが格納されていない場合である。コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されている場合には、演出制御用CPU101は、コマンド受信バッファから受信コマンドを読出す(S612)。なお、読出したら読出ポインタの値を+2しておく(S613)。+2するのは2バイト(1コマンド)ずつ読出すからである。   In the command analysis process, the effect control CPU 101 first checks whether or not a reception command is stored in a command reception buffer formed in the RAM (S611). Whether it is stored or not is determined by comparing the value of the command reception number counter with the read pointer. The case where both match is the case where the received command is not stored. When the received command is stored in the command receiving buffer, the effect control CPU 101 reads the received command from the command receiving buffer (S612). Note that when read, the value of the read pointer is incremented by 2 (S613). The reason for +2 is that 2 bytes (1 command) are read at a time.
コマンド受信バッファとして、たとえば、2バイト構成の演出制御コマンドを6個格納可能なリングバッファ形式のコマンド受信バッファが用いられる。したがって、コマンド受信バッファは、受信コマンドバッファ1〜12の12バイトの領域で構成される。そして、受信したコマンドをどの領域に格納するのかを示すコマンド受信個数カウンタが用いられる。コマンド受信個数カウンタは、0〜11の値をとる。なお、必ずしもリングバッファ形式でなくてもよい。   As the command receiving buffer, for example, a ring buffer type command receiving buffer capable of storing six 2-byte effect control commands is used. Therefore, the command reception buffer is configured by a 12-byte area of reception command buffers 1 to 12. A command reception number counter indicating in which area the received command is stored is used. The command reception number counter takes a value from 0 to 11. The ring buffer format is not necessarily required.
遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信された演出制御コマンドは、演出制御INT信号に基づく割込処理で受信され、コマンド受信バッファに保存されている。コマンド解析処理では、バッファ領域に保存されている演出制御コマンドが、予め定められたコマンドのうち、どのコマンドであるのか解析する。   The effect control command transmitted from the game control microcomputer 560 is received by the interrupt process based on the effect control INT signal and stored in the command reception buffer. In the command analysis process, it is analyzed which command among the predetermined commands is the effect control command stored in the buffer area.
受信した演出制御コマンドが変動パターンコマンドであれば(S614)、演出制御用CPU101は、その変動パターンコマンドを、RAMに形成されている変動パターンコマンド格納領域に格納する(S615)。そして、変動パターンコマンド受信フラグをセットする(S616)。   If the received effect control command is a variation pattern command (S614), the effect control CPU 101 stores the variation pattern command in a variation pattern command storage area formed in the RAM (S615). Then, a variation pattern command reception flag is set (S616).
受信した演出制御コマンドが表示結果指定コマンドであれば(S617)、演出制御用CPU101は、その表示結果指定コマンドを、RAMに形成されている表示結果指定コマンド格納領域に格納する(S618)。   If the received effect control command is a display result designation command (S617), the effect control CPU 101 stores the display result designation command in a display result designation command storage area formed in the RAM (S618).
受信した演出制御コマンドが図柄確定指定コマンドであれば(S621)、演出制御用CPU101は、確定コマンド受信フラグをセットする(S622)。   If the received effect control command is a symbol confirmation designation command (S621), the effect control CPU 101 sets a confirmation command reception flag (S622).
受信した演出制御コマンドが大当り開始指定コマンドであれば(S623)、演出制御用CPU101は、大当り開始指定コマンド受信フラグをセットする(S624)。受信した演出制御コマンドが突確開始突確開始指定コマンドであれば(S625)、演出制御用CPU101は、突確開始指定コマンド受信フラグをセットする(S626)。   If the received effect control command is a jackpot start designation command (S623), the effect control CPU 101 sets a jackpot start designation command reception flag (S624). If the received effect control command is a surprise start start accuracy start designation command (S625), the effect control CPU 101 sets a surprise start specification command reception flag (S626).
受信した演出制御コマンドが電源が投入されたときに受信する電源投入指定コマンド(初期化指定コマンド)であれば(S631)、演出制御用CPU101は、初期化処理が実行されたことを示す初期画面を演出表示装置9に表示する制御を行なう(S632)。初期画面には、予め決められている演出図柄の初期表示が含まれる。   If the received production control command is a power-on designation command (initialization designation command) received when the power is turned on (S631), the production control CPU 101 displays an initial screen indicating that the initialization process has been executed. Is displayed on the effect display device 9 (S632). The initial screen includes an initial display of predetermined production symbols.
また、受信した演出制御コマンドが停電が復旧したときに受信する停電復旧指定コマンドであれば(S633)、予め決められている停電復旧画面(遊技状態が継続していることを遊技者に報知する情報を表示する画面)を表示する制御を行なう(S634)。   If the received effect control command is a power failure recovery designation command received when the power failure is recovered (S633), a predetermined power failure recovery screen (notifying the player that the gaming state is continuing) is determined. Control for displaying information (screen for displaying information) is performed (S634).
受信した演出制御コマンドが大当り終了指定コマンドであれば(S641)、演出制御用CPU101は、大当り終了指定コマンド受信フラグをセットする(S642)。受信した演出制御コマンドが突確終了指定コマンドであれば(S643)、演出制御用CPU101は、突確終了指定コマンド受信フラグをセットする(S644)。   If the received effect control command is a jackpot end designation command (S641), the effect control CPU 101 sets a jackpot end designation command reception flag (S642). If the received effect control command is a sudden end specification command (S643), the effect control CPU 101 sets a sudden end specification command reception flag (S644).
受信した演出制御コマンドが大入賞口の開放が開始されたときに受信する大入賞口開放中指定コマンドであれば(S645)、演出制御用CPU101は、大入賞口開放中フラグをセットする(S646)。また、受信した演出制御コマンドが大入賞口の開放が終了したときに受信する大入賞口開放後指定コマンドであれば(S647)、演出制御用CPU101は、大入賞口開放後フラグをセットする(S648)。   If the received effect control command is a special winning opening open designation command received when opening of the special winning opening is started (S645), the production control CPU 101 sets a special winning opening open flag (S646). ). Also, if the received effect control command is a command after opening a special prize opening that is received when the opening of the special prize opening ends (S647), the CPU 101 for effect control sets a flag after opening the special prize opening ( S648).
受信した演出制御コマンドが始動入賞指定コマンドであれば(S649)、演出制御用CPU101は、その始動入賞指定コマンドを、RAMに形成されている始動入賞指定コマンド格納領域に格納するとともに、保留表示処理が未だなされていない始動入賞数を示す未処理数カウンタを1加算する(S650)。後述するように、未処理数カウンタの値に基づき、保留が加算表示される。   If the received effect control command is a start prize designation command (S649), the effect control CPU 101 stores the start prize designation command in the start prize designation command storage area formed in the RAM, and holds display processing. 1 is added to the unprocessed number counter indicating the number of start winnings that have not yet been made (S650). As will be described later, on-hold is added and displayed based on the value of the unprocessed number counter.
受信した演出制御コマンドがその他のコマンドであれば、演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドに対応する処理を実行し(S651)、S611に移行する。対応する処理とは、たとえば、受信したコマンドに対応するフラグをセットする処理が行なわれる。また、対応する処理としては、受信した演出制御コマンドが変動開始時に受信する変動パターンコマンドや表示結果指定コマンドであれば、保留表示を減算更新させるための保留減算カウンタを1加算する処理が該当する。後述するように、保留減算カウンタの値に基づき、保留が減算表示される。   If the received effect control command is another command, the effect control CPU 101 executes processing corresponding to the received effect control command (S651), and proceeds to S611. The corresponding process is, for example, a process for setting a flag corresponding to the received command. Further, as a corresponding process, if the received effect control command is a fluctuation pattern command or a display result designation command received at the start of fluctuation, a process of adding 1 to a hold subtraction counter for subtracting and updating the hold display is applicable. . As will be described later, the hold is subtracted and displayed based on the value of the hold subtraction counter.
図20は、演出制御用マイクロコンピュータ100が用いる乱数を示す説明図である。図20には、一例として、演出図柄の左停止図柄決定用のSR1−1、演出図柄の中停止図柄決定用のSR1−2、演出図柄の右停止図柄決定用のSR1−3、先読み演出を実行するか否かを決定するための乱数SR2、先読み演出を開始する保留を決定するための乱数SR3を用いる。乱数SR1−1〜SR3は、予め定められた範囲内でそれぞれ巡回更新され、それぞれについて定められたタイミングで抽出される。乱数SR1−1〜SR3各々の更新範囲は上記のものに限らず、どのようなものであってもよい。なお演出効果を高めるために、これら以外の乱数を用いてもよい。   FIG. 20 is an explanatory diagram showing random numbers used by the production control microcomputer 100. In FIG. 20, as an example, SR1-1 for determining the left stop symbol of the effect symbol, SR1-2 for determining the middle stop symbol of the effect symbol, SR1-3 for determining the right stop symbol of the effect symbol, pre-reading effect A random number SR2 for determining whether or not to execute, and a random number SR3 for determining a hold for starting the prefetching effect are used. The random numbers SR1-1 to SR3 are cyclically updated within a predetermined range, and are extracted at a timing determined for each. The update range of each of the random numbers SR1-1 to SR3 is not limited to the above, and any update range may be used. Note that random numbers other than these may be used to enhance the effect.
乱数SR1−1〜SR1−3から抽出した乱数、および変動パターンコマンド、表示結果指定コマンドに基づき、演出図柄の左〜右停止図柄が決定される。たとえば、15R大当りのときには、3つ揃いの組合せに決定される。突確当りのときおよびはずれのときには、変動パターンコマンドに基づきリーチの有無に応じて3つ揃い以外の組合せに決定される。   Based on the random numbers extracted from the random numbers SR1-1 to SR1-3, the variation pattern command, and the display result designation command, the left to right stop symbols of the effect symbols are determined. For example, in the case of 15R big hit, it is determined as a combination of three. At the time of hitting or coming off, a combination other than three is determined according to the presence or absence of reach based on the variation pattern command.
先読み演出決定の乱数SR2は、始動入賞指定コマンドに基づき、先読み演出を実行するか否かを決定するために用いられる乱数である。本実施の形態においては、先読み演出決定の乱数SR2から抽出した乱数により、当該始動入賞指定コマンドに基づいて、合算保留記憶表示部18cに表示する保留記憶表示の表示色を、通常色(たとえば黄色)と異なる予告用の色(たとえば赤色)で表示するか否かが決定される。先読み演出開始保留決定用の乱数SR3は、先読み演出を実行する場合に、保留記憶数に基づき、先読み演出を開始する保留記憶、すなわち先読み演出を開始するタイミングを決定するために用いられる乱数である。   The pre-reading effect determination random number SR2 is a random number used to determine whether or not to execute the pre-reading effect based on the start winning designation command. In the present embodiment, the display color of the reserved memory display displayed on the total reserved memory display unit 18c based on the start winning designation command based on the random number SR2 extracted from the pre-reading effect determination random number SR2 is set to the normal color (for example, yellow). ) Is determined whether or not to display in a different notice color (for example, red). The random number SR3 for determining the pre-reading effect start hold is a random number used for determining the hold memory for starting the pre-reading effect, that is, the timing for starting the pre-reading effect, based on the number of reserved memories when executing the pre-reading effect. .
本実施の形態における先読み演出は、特定の表示態様となる可能性があることを予告する対象となる保留記憶よりも先に記憶されている保留記憶のうち決定された保留記憶に基づく変動表示に関連するタイミングで、予告の対象となる保留記憶表示の表示色を予告用の色で表示することにより実行される。決定された保留記憶に基づく変動表示に関連するタイミングとは、当該変動表示が開始されてから終了するまでの間におけるタイミングであればよく、たとえば、変動表示が開始されるタイミング、「左」〜「右」のいずれかの演出図柄が停止表示するタイミング、前述したリーチ演出が実行される以前または以後のタイミング、変動表示が終了するタイミングなど、どのようなタイミングであってもよい。   The pre-reading effect in the present embodiment is a variable display based on the hold memory determined among the hold memories that are stored prior to the hold memory to be notified that there is a possibility that the display mode may be a specific display mode. At a related timing, the display is executed by displaying the display color of the reserved storage display subject to the notice in the color for the notice. The timing related to the variable display based on the determined hold storage may be a timing from the start of the variable display to the end thereof. For example, the timing at which the variable display is started, “left” to “left” Any timing may be used, such as the timing at which any of the “right” effect symbols is stopped and displayed, the timing before or after the above-described reach effect is executed, and the timing at which the variable display ends.
予告の対象となる保留記憶よりも先に3つ保留記憶されているときには、当該3つの保留記憶のうちランダムに決定された保留記憶に基づく変動表示に関連するタイミングで、予告の対象となる保留記憶表示の表示色を予告用の色で表示することにより先読み演出が行なわれる。このため、予告の対象となる変動表示よりも先に開始される各変動表示において特定の表示態様となる可能性があることを予告することができる。   When three hold memories are stored prior to the reserved storage subject to the advance notice, the hold subject to the advance notice at the timing related to the variable display based on the randomly stored hold memory among the three hold memories. The pre-reading effect is performed by displaying the display color of the memory display in the color for the advance notice. For this reason, it can be notified that there is a possibility that a specific display mode may be obtained in each variable display started before the variable display to be notified.
図21は、S555の保留記憶表示制御処理を示すフローチャートである。保留記憶表示制御処理では、保留記憶を表示するための処理や、始動入賞指定コマンドに基づき先読み演出の実行に関する処理が行なわれる。まず、S650により加算される未処理数カウンタの値が1以上であるか否かを判定する(S660)。未処理数カウンタの値が「1」以上であると判定されたときには、保留表示を行なうための処理が実行される。   FIG. 21 is a flowchart showing the hold storage display control process of S555. In the hold memory display control process, a process for displaying the hold memory and a process related to the execution of the prefetch effect are performed based on the start winning designation command. First, it is determined whether or not the value of the unprocessed number counter added in S650 is 1 or more (S660). When it is determined that the value of the unprocessed number counter is “1” or more, processing for holding display is executed.
S661においては、先読み演出実行中フラグ、または先読み演出フラグがセットされているか否かを判定する(S661)。先読み演出実行中フラグとは、保留記憶表示が予告用の色で表示されて先読み演出が現に実行されている旨を示すフラグであり、後述するS677でセットされる。先読み演出フラグとは、先読み演出を行なうことが決定されている旨を示すフラグであり、図21のS668でセットされる。   In S661, it is determined whether a pre-reading effect execution flag or a pre-reading effect flag is set (S661). The pre-reading effect in-progress flag is a flag indicating that the hold storage display is displayed in the notice color and the pre-reading effect is actually being executed, and is set in S677 described later. The prefetch effect flag is a flag indicating that it is determined to perform the prefetch effect, and is set in S668 in FIG.
S661において先読み演出実行中フラグおよび先読み演出フラグのいずれもセットされていないと判定されたときには、今回の保留記憶を含む未だ変動表示が開始されていない保留記憶の数(以下、未変動の保留記憶数という)が2以上であるか否かを判定する(S662)。これにより、今回記憶された保留記憶に基づく変動表示以外に未だ変動表示が開始されていない保留記憶がある状況であり、先読み演出を実行可能な保留記憶状態であるか否かが判定される。S662において未変動の保留記憶数が2以上でないと判定されたときには、後述するS671へ移行する。   When it is determined in S661 that neither the pre-reading effect execution flag nor the pre-reading effect flag is set, the number of the hold memories that have not yet started the variable display including the current hold memory (hereinafter referred to as the unchanged hold memory). It is determined whether or not (referred to as a number) is 2 or more (S662). As a result, it is determined whether there is a pending storage in which the variation display has not yet started other than the variation display based on the stored retention stored this time, and whether or not it is a pending storage state in which a prefetch effect can be executed. If it is determined in S662 that the unchanged number of reserved storage is not 2 or more, the process proceeds to S671 described later.
S662において未変動の保留記憶数が2以上であると判定されたときには、対応する始動入賞指定コマンドが所定コマンドであるかを判定する(S663)。所定コマンドとは、大当りになることに対する期待感を遊技者に抱かせる演出を実行させることとなるコマンドであればよく、本実施の形態においては、大当りを示す始動入賞指定コマンドや、スーパーリーチ演出を実行させる変動パターン種別を示す始動入賞指定コマンドをいう。S663により、今回の保留記憶が、所定条件を満たすか否か判定される。   If it is determined in S662 that the number of unchanged pending storages is 2 or more, it is determined whether the corresponding start winning designation command is a predetermined command (S663). The predetermined command may be any command that causes the player to execute an effect that gives the player a sense of expectation for a big hit. In the present embodiment, a start winning designation command indicating a big win or a super reach effect is provided. Is a start winning designation command indicating a variation pattern type for executing. By S663, it is determined whether or not the current hold storage satisfies a predetermined condition.
S663において始動入賞指定コマンドが所定コマンドでないと判定されたときには、いわゆるガセ予告が実行されることを規制している状態であるか否かを判定するための先読み演出禁止カウンタの値が「0」であるか否かを判定する(S664)。先読み演出禁止カウンタは、先読み演出が実行された保留記憶に基づく変動表示において、大当りにならずかつスーパーリーチにもならなかったとき、すなわちガセの先読み演出が実行されたことを条件として設定(たとえばカウンタ値として「4」が設定)されて、その後所定回数(たとえば4回)変動表示が行なわれるまで、新たに先読み演出が実行されることを規制するためのカウンタである。先読み演出禁止カウンタは、1以上であるときであって変動表示が終了する毎に1減算される。S664において先読み演出禁止カウンタの値が「0」でないと判定されたときには、後述するS671へ移行する。これにより、先読み演出禁止カウンタの値が「0」でないときには、大当りにもスーパーリーチにもならない保留記憶を対象とした先読み演出の実行が禁止される。   When it is determined in S663 that the start winning designation command is not a predetermined command, the value of the prefetch effect prohibition counter for determining whether or not the so-called gusset notice is being controlled is “0”. It is determined whether or not (S664). The pre-reading effect prohibition counter is set on the condition that, in the variable display based on the hold storage in which the pre-reading effect is executed, when it does not become a big hit and does not become super reach, that is, the prefetching effect of the gusset is executed (for example, This is a counter for restricting that the pre-reading effect is newly executed until “4” is set as the counter value) and then a predetermined number of times (for example, four times) of fluctuation display is performed. The pre-reading effect prohibition counter is decremented by 1 every time the variable display ends when it is 1 or more. When it is determined in S664 that the value of the prefetch effect prohibition counter is not “0”, the process proceeds to S671 described later. As a result, when the value of the prefetch effect prohibition counter is not “0”, execution of the prefetch effect for the reserved memory that is neither a big hit nor a super reach is prohibited.
S663において所定コマンドであると判定されたとき、またはS664において先読み演出禁止カウンタの値が「0」であると判定されたときには、S666に移行して先読み演出を実行するか否かを決定する。これにより、始動入賞指定コマンドが所定コマンドであるとき、および先読み演出禁止カウンタの値が「0」であり先読み演出が禁止されていないときに、先読み演出が実行され得る。先読み演出を実行するか否かの決定は、図22に示すテーブルを用いて行なわれる。これについては、後述する。なお、S666においては、判定なしの始動入賞指定コマンドである場合には、先読み演出を実行しない旨が決定される。   When it is determined in S663 that the command is a predetermined command, or when it is determined in S664 that the value of the prefetch effect prohibition counter is “0”, the process proceeds to S666 to determine whether or not to execute the prefetch effect. Thereby, when the start winning designation command is a predetermined command, and when the value of the prefetch effect prohibition counter is “0” and the prefetch effect is not prohibited, the prefetch effect can be executed. The determination as to whether or not to execute the pre-reading effect is made using the table shown in FIG. This will be described later. In S666, it is determined that the pre-reading effect is not to be executed if the start winning designation command has not been determined.
S667では、S666において先読み演出を実行することが決定されたか否かを判定する。S667において先読み演出を実行しないと判定されたときには、後述するS671へ移行する。一方、S667において先読み演出を実行すると判定されたときには、当該始動入賞指定コマンドから特定される当りの種類および変動パターン種別などの情報を含む先読み判定結果を先読み演出フラグとしてセットする(S668)。これにより、先読み演出設定処理において、先読み演出フラグに基づき、先読み判定結果のいずれかを特定することができ、たとえば、確変当りであるか、通常当りであるか、突確当りであるか、および変動パターン種別がノーマルリーチであるかスーパーリーチであるかなどを特定することができる。   In S667, it is determined whether or not it is determined to perform the prefetching effect in S666. When it is determined in S667 that the prefetch effect is not executed, the process proceeds to S671 described later. On the other hand, when it is determined in S667 that the pre-reading effect is to be executed, the pre-reading determination result including information such as the hit type and the variation pattern type specified from the start winning designation command is set as the pre-reading effect flag (S668). Thereby, in the prefetch effect setting process, any of the prefetch determination results can be specified based on the prefetch effect flag, for example, whether it is a probability variation hit, a normal hit, a sudden hit probability, and a variation Whether the pattern type is normal reach or super reach can be specified.
S669では、先読み演出を開始する保留記憶を決定する。先読み演出を開始する保留記憶は、演出開始保留ともいう。演出開始保留の決定は、図28に示すテーブルを用いて行なわれる。これについては、後述する。   In S669, the hold memory for starting the prefetching effect is determined. The hold storage for starting the prefetch effect is also referred to as the effect start hold. The determination of the production start hold is performed using the table shown in FIG. This will be described later.
S670では、演出開始保留に基づき、先読み演出を開始するタイミングを特定するための演出開始タイミングをセットする。演出開始タイミングとは、演出開始保留が開始されるまでの変動表示回数などをいう。   In S670, the production start timing for specifying the timing to start the prefetching production is set based on the production start suspension. The effect start timing refers to the number of times of change display until the effect start hold is started.
S671においては、保留メモリカウンタの値を1加算した後、保留表示をする。次いで、未処理数カウンタの値を1減算し(S668)、再びS660へ移行する。   In S671, after 1 is added to the value of the hold memory counter, the hold display is performed. Next, 1 is subtracted from the value of the unprocessed number counter (S668), and the process proceeds to S660 again.
S661に戻り、先読み演出実行中フラグまたは先読み演出フラグがセットされていると判定されたとき、すなわち先読み演出がすでに実行中あるいは実行される予定であるときには、当該先読み演出の対象が大当り以外を示す保留記憶であって、かつ現在判定の対象となっている始動入賞指定コマンドである今回の始動入賞指定コマンドが大当りを示す始動入賞指定コマンドであるか否かを判定する(S674)。実行中あるいは実行される予定である先読み演出の対象の保留記憶により大当りとなるときや今回の始動入賞指定コマンドに基づき先読み演出をしたとしてもいわゆるガセ予告となるときには、S671へ移行する。   Returning to S661, when it is determined that the pre-reading effect execution flag or the pre-reading effect flag is set, that is, when the pre-reading effect is already being executed or scheduled to be executed, the target of the pre-reading effect indicates other than a big hit. It is determined whether or not the current start winning designation command, which is a pending storage and the starting winning designation command currently being determined, is a start winning designation command indicating a big hit (S674). When a big hit is made due to the pre-stored effect target storage being executed or scheduled to be executed, or when the pre-reading effect is made based on the current start winning designation command, the process proceeds to S671.
一方、先読み演出の対象が大当り以外を示す保留記憶であってかつ今回の始動入賞指定コマンドが大当りであると判定されたとき、すなわち実行中あるいは実行される予定である先読み演出の対象の保留記憶が大当りとなる保留記憶でなく、かつ今回の始動入賞指定コマンドによりいわゆる真予告が可能となるときには、今回の始動入賞指定コマンドに対応する保留記憶表示により先読み演出を実行させるために、S671へ移行して、当該保留記憶表示を予告用の色で表示させる。これにより、大当りとならない保留記憶を対象として先読み演出を実行中あるいは実行されるときに、大当りとなる始動入賞指定コマンドを受信したときには、実行中の先読み演出を終了あるいは実行予定であった保留記憶表示に換えて、今回の始動入賞指定コマンドに対応する保留記憶表示により先読み演出を実行させることができる。   On the other hand, when it is determined that the target of the pre-reading effect is other than the big hit and the current start winning designation command is a big hit, that is, the target of the pre-reading effect that is being executed or is scheduled to be executed. If the so-called true advance notice is possible with the current start winning designation command, the process proceeds to S671 in order to execute the pre-reading effect with the hold storage display corresponding to the current start winning designation command. Then, the hold storage display is displayed in a notice color. As a result, when the pre-reading effect is being executed or is being executed for a holding memory that is not a big hit, when the start winning designation command that is a big hit is received, the pre-reading effect that is being executed is scheduled to be ended or executed. Instead of the display, the pre-reading effect can be executed by the hold storage display corresponding to the current start winning designation command.
S660において未処理数カウンタの値が「1」以上でないと判定されたとき、すなわち未処理数が0であると判定されたときには、S670においてセットされた演出開始タイミングであるか否かが判定される(S676)。具体的には、S669で決定された演出開始保留に基づく変動表示に関連するタイミングであるか否かが判定される。   When it is determined in S660 that the value of the unprocessed number counter is not “1” or more, that is, when it is determined that the unprocessed number is 0, it is determined whether or not it is the production start timing set in S670. (S676). Specifically, it is determined whether or not it is the timing related to the variable display based on the production start hold determined in S669.
S676において、演出開始タイミングであると判定されたときには、S677において、先読み演出実行中フラグをセットし、S678で先読み演出対象の保留記憶表示の表示色を予告用の色に切り換えて先読み演出を実行する。これにより、先読み演出は、第1始動条件成立に起因する変動表示中であるか、第2始動条件成立に起因する変動表示中であるかに関わらず、いずれの始動条件成立に起因する変動表示であっても、決定された演出開始保留に基づく変動表示に関連するタイミングから開始することができる。すなわち、何れの特別図柄の変動表示に基づく場合でも先読み演出の決定は区別無く行なわれ、決定された先読み演出の内容は何れの特別図柄の変動表示が開始される場合でも同じように反映されるため、何れの特別図柄の変動表示でも同様に先読み演出を実行することができる。S676において演出開始タイミングではないあるいは演出開始タイミングがセットされていないと判定されたとき、およびS678の処理が行なわれた後には、S679へ移行される。   When it is determined in S676 that it is the production start timing, in S677, a pre-reading effect execution flag is set, and in S678, the display color of the reserved storage display of the pre-reading effect target is switched to the notice color and the pre-reading effect is executed. To do. As a result, the pre-reading effect is displayed in the variation display resulting from the establishment of the start condition regardless of whether the variation display resulting from the establishment of the first start condition is being performed or the variation display resulting from the establishment of the second start condition is being performed. Even so, it can be started from the timing related to the variable display based on the determined production start suspension. That is, the determination of the pre-reading effect is performed without distinction regardless of the variation display of any special symbol, and the content of the determined pre-reading effect is reflected in the same manner even when the variation display of any special symbol is started. Therefore, the pre-reading effect can be executed in the same manner for any special symbol variation display. When it is determined in S676 that it is not the production start timing or the production start timing is not set, and after the processing of S678 is performed, the process proceeds to S679.
S679においては、S651において加算される保留減算カウンタの値が「1」以上であるか否かが判定される。1以上でないと判定されたときには、そのまま保留記憶表示制御処理を終了する。1以上であると判定されたときには、保留メモリカウンタの値を減算した後、保留表示を減算更新(1つシフト)する処理を行なう(S680)。次いで、保留減算カウンタの値を1減算する(S681)。   In S679, it is determined whether or not the value of the pending subtraction counter added in S651 is “1” or more. When it is determined that the number is not 1 or more, the hold storage display control process is terminated as it is. When it is determined that the number is 1 or more, after the value of the reserved memory counter is subtracted, a process of subtracting and updating the held display (shifting by one) is performed (S680). Next, 1 is subtracted from the value of the pending subtraction counter (S681).
また、S682においては、保留表示を減算更新したことにより、先読み演出が終了したか否かが判定される。S682において終了したと判定されたときには、S683において、先読み演出フラグに基づき、先読み演出の対象であった変動表示の結果が大当りになるか、あるいは今回の変動表示がスーパーリーチであるか判定される。すなわち、実行された先読み演出が、いわゆる真予告であるかガセ予告であるかが判定される。   Further, in S682, it is determined whether or not the pre-reading effect is ended by subtracting and updating the hold display. If it is determined in S682 that the process has ended, it is determined in S683 whether the result of the variable display that was the target of the prefetch effect is a big hit or the current variable display is super reach based on the prefetch effect flag. . That is, it is determined whether the executed prefetching effect is a so-called true notice or a gusset notice.
S683において先読み演出の対象であった変動表示の結果が大当りになる、あるいはスーパーリーチとなると判定されたとき、すなわち実行された先読み演出が真予告であると判定されたときには、S685に移行されて、先読み演出フラグおよび先読み演出実行中フラグをリセットし、保留記憶表示制御処理を終了する。   If it is determined in S683 that the result of the variable display that was the target of the prefetch effect is a big hit or super reach, that is, if it is determined that the executed prefetch effect is a true advance notice, the process proceeds to S685. Then, the prefetch effect flag and the prefetch effect execution flag are reset, and the on-hold storage display control process is terminated.
一方、S683において実行された先読み演出が真予告であると判定されなかったときには、以後変動表示が規定回数(たとえば、4回)行なわれるまで、ガセ予告が行なわれることを禁止させるための先読み演出禁止カウンタの値に「4」をセットし(S684)、S685へ移行する。これにより、規定回数変動表示が行なわれる間、ガセ予告として先読み演出が行なわれることを禁止することができる。   On the other hand, when it is not determined that the pre-reading effect executed in S683 is a true notice, the pre-reading effect for prohibiting the frustrating notice from being performed until the subsequent variable display is performed a specified number of times (for example, four times). “4” is set to the value of the prohibition counter (S684), and the process proceeds to S685. As a result, it is possible to prohibit the pre-reading effect from being performed as a gusset notice while the specified number of times fluctuation display is performed.
本実施の形態においては、始動入賞時に送信される始動入賞指定コマンド受信に基づき未処理数カウンタを1加算させて(S650)、当該未処理数カウンタに基づき保留メモリカウンタを1加算させて保留表示加算更新を行ない(S671)、変動表示開始時に送信される保留記憶数減算指定コマンド受信に基づき保留減算カウンタを1加算し(S651)、当該保留減算カウンタに基づき保留メモリカウンタを1減算させて保留表示減算更新を行なう(S681)例について説明した。しかし、保留メモリカウンタの加算方式、および保留表示更新方式については、これに限らず、どのようなものであってもよい。たとえば、未処理数カウンタや保留減算カウンタを設けることなく、始動入賞指定コマンド受信に基づき保留メモリカウンタを1加算するとともに保留表示加算更新を行ない、変動パターンコマンドなど変動開始時に送信されるコマンド受信に基づき保留メモリカウンタを1減算するとともに保留表示減算更新を行なうように構成してもよい。   In the present embodiment, the unprocessed number counter is incremented by 1 based on the reception of the start winning designation command transmitted at the start prize (S650), and the pending memory counter is incremented by 1 based on the unprocessed number counter. Addition update is performed (S671), 1 is added to the hold subtraction counter based on reception of the hold memory number subtraction designation command transmitted at the start of the variable display (S651), and the hold memory counter is decremented by 1 based on the hold subtraction counter. The example in which the display subtraction update is performed (S681) has been described. However, the addition method of the hold memory counter and the hold display update method are not limited to this, and any method may be used. For example, without providing an unprocessed number counter or a hold subtraction counter, a hold memory counter is incremented by 1 based on reception of a start winning designation command and a hold display addition update is performed to receive a command transmitted at the start of a change such as a change pattern command. On the basis of this, the hold memory counter may be decremented by 1 and the hold display subtraction update may be performed.
また、未処理数カウンタと保留減算カウンタとを設けるものに限らず、たとえば、現在の保留メモリカウンタと、前回の保留メモリカウンタとを設けて、図19のS650において始動入賞指定コマンド受信に基づき現在の保留メモリカウンタを1加算更新し、図21のS660においては現在の保留メモリカウンタの値と前回の保留メモリカウンタの値とを比較し、現在の保留メモリカウンタの値が前回の保留メモリカウンタの値よりも大きいときにはS661に移行させるとともに前回の保留メモリカウンタの値を1加算更新するように構成してもよい。また、図19のS651において保留記憶数減算指定コマンド受信に基づき現在の保留メモリカウンタを1減算更新し、図21のS660においては現在の保留メモリカウンタの値と前回の保留メモリカウンタの値とを比較し、前回の保留メモリカウンタの値が現在の保留メモリカウンタの値よりも大きいときには保留表示減算更新するとともに前回の保留メモリカウンタの値を1減算更新するように構成してもよい。   Further, the present invention is not limited to providing an unprocessed number counter and a hold subtraction counter. For example, a current hold memory counter and a previous hold memory counter are provided. 21 is updated by one, and the current value of the pending memory counter is compared with the value of the previous pending memory counter in S660 of FIG. When the value is larger than the value, the process may be shifted to S661 and the previous value of the reserved memory counter may be updated by one. In S651 of FIG. 19, the current pending memory counter is updated by 1 on the basis of reception of the pending memory count subtraction designation command. In S660 of FIG. 21, the current pending memory counter value and the previous pending memory counter value are updated. In comparison, when the previous value of the pending memory counter is larger than the current value of the pending memory counter, the pending display subtraction may be updated and the previous value of the pending memory counter may be updated by one.
図22は、図21のS666において先読み演出を実行するか否かを決定するために用いる先読み演出決定テーブルを説明するための図である。先読み演出決定テーブルは、演出制御基板側のROMに記憶されている。先読み演出決定テーブルは、受信した始動入賞指定コマンドから特定される先読み判定結果、および現在の保留記憶数に応じて、図22に示す確率となるように、先読み演出の実行を決定するための判定値が定められている。   FIG. 22 is a diagram for explaining a prefetch effect determination table used for determining whether or not to execute a prefetch effect in S666 of FIG. The pre-reading effect determination table is stored in the ROM on the effect control board side. The pre-reading effect determination table is a determination for determining the execution of the pre-reading effect so as to have the probability shown in FIG. 22 according to the pre-reading determination result specified from the received start winning designation command and the current number of reserved memories. A value is defined.
先読み演出を実行するか否かは、大当り時であるときには、大当り種別および変動パターン種別の組合せ毎に定められた振分率に従って決定される。   Whether or not to execute the pre-reading effect is determined according to the distribution ratio determined for each combination of the big hit type and the variation pattern type when the big hit time.
図22(A)は、大当り時に参照される大当り時先読み演出決定テーブルを説明するための図である。先読み演出実行確率は、第1特別図柄側において大当りとなるときであって、確変当り+ノーマルリーチであるときには「80%」、確変当り+スーパーリーチであるときには「70%」、通常当り+ノーマルリーチであるときには「75%」、通常当り+スーパーリーチであるときには「60%」、突確当り+ノーマルリーチであるときには「80%」に設定されている。   FIG. 22 (A) is a diagram for explaining a big hit prefetch effect determination table that is referred to when a big hit. The pre-reading performance execution probability is a big hit on the first special symbol side, which is “80%” when probability variation + normal reach, “70%” when probability variation + super reach, and normal hit + normal reach “75%” is set for some cases, “60%” is set for normal hits + super reach, and “80%” is set for hits per unit + normal reach.
また、第2特別図柄側において大当りとなるときの先読み演出実行確率は、第1特別図柄側で説明した確率と同じ確率に設定されている。なお、大当りとなるときの先読み演出実行確率は、第1特別図柄側と第2特別図柄側とで異ならせてもよい。   In addition, the pre-reading effect execution probability when a big hit is made on the second special symbol side is set to the same probability as the probability explained on the first special symbol side. Note that the pre-reading effect execution probability at the time of the big hit may be different between the first special symbol side and the second special symbol side.
図22(B)は、はずれ時に参照されるはずれ時先読み演出決定テーブルを説明するための図である。先読み演出実行確率は、はずれかつ現在(先読み時)の保留記憶数(未変動の保留記憶数)が2以下である場合、ノーマルリーチであるときには「25%」、スーパーリーチであるときには「30%」に設定されている。また、はずれかつ現在の保留記憶数が3以上である場合、ノーマルリーチであるときには「30%」、スーパーリーチであるときには「40%」に設定されている。   FIG. 22B is a diagram for explaining a loss-read-ahead effect determination table that is referred to at the time of loss. The pre-reading effect execution probability is out of the way, and when the current (pre-read) reserved memory number (unchanged reserved memory number) is 2 or less, it is “25%” for normal reach and “30%” for super reach. Is set to Further, when the current number of reserved storages is 3 or more, “30%” is set for normal reach, and “40%” is set for super reach.
演出制御用マイクロコンピュータ100のCPU101は、ランダムSR2から抽出した値に基づき、図22で示した振分率に従って先読み演出を実行するか否かを決定する。   Based on the value extracted from the random SR2, the CPU 101 of the effect control microcomputer 100 determines whether or not to execute the prefetch effect according to the distribution ratio shown in FIG.
以上のように振分率が設定されている場合において、先読み演出が実行された場合における大当り信頼度について説明する。   The jackpot reliability when the pre-reading effect is executed when the distribution ratio is set as described above will be described.
図23は、先読み演出実行時の大当り信頼度を説明するための図である。図23(a)は、第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図である。   FIG. 23 is a diagram for explaining the jackpot reliability at the time of executing the prefetching effect. FIG. 23A illustrates the jackpot reliability for each reach type in the variable display subject to the pre-reading effect when execution of the pre-reading effect is determined when the number of reserved memories is 2 or less on the first special symbol side. It is a figure for doing.
第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示においてノーマルリーチが発生したときの大当り信頼度は、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計と、保留記憶数が2以下であっても先読み処理において保留記憶数が3以上のときの判定値でノーマルリーチと判定されることより図8(d)で示したノーマルリーチ出現率に、図22(B)で示した保留記憶数が2以下のノーマルリーチ時の先読み演出実行確率を掛け合わせた合計とのうち、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計の占める割合として、「7.8%」であることが算出される。以下同様に、第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示においてスーパーリーチが発生したときの大当り信頼度は、「30%」であることが算出される。   When the number of reserved memories on the first special symbol side is 2 or less, execution of the prefetch effect is determined, and the jackpot reliability when the normal reach occurs in the variable display that is the target of the prefetch effect is shown in FIG. 22 is multiplied by the normal reach appearance rate for each hit type and the prefetch effect execution probability for each hit type shown in FIG. By determining that the reach is normal reach with the determination value when the number is 3 or more, the normal reach appearance rate shown in FIG. 8 (d) is added to the look-ahead effect at the time of normal reach where the reserved storage number shown in FIG. 22 (B) is 2 or less. Of the total multiplied by the execution probability, the normal reach appearance rate for each hit type shown in FIG. 8A is multiplied by the prefetch effect execution probability for each hit type shown in FIG. As a percentage of total combined, it is "7.8%" is calculated. Similarly, when the number of reserved memories on the first special symbol side is 2 or less, execution of the pre-reading effect is determined, and the jackpot reliability when the super reach occurs in the variable display targeted for the pre-reading effect is: It is calculated to be “30%”.
図23(b)は、第1特別図柄側において保留記憶数が3以上であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「6.6%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「24%」であることが算出される。   FIG. 23B illustrates the jackpot reliability for each reach type in the variable display that is the target of the pre-reading effect when execution of the pre-reading effect is determined when the number of reserved memories is 3 or more on the first special symbol side. It is a figure for performing, and it is calculated that the big hit reliability at the time of normal reach is “6.6%”, and the big hit reliability at the time of super reach is calculated to be “24%” Is done.
図23(c)は、図23(a)および(b)で示した、先読み演出が実行されて、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度の平均値を示す図である。ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「7.2%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「27%」であることが算出される。   FIG. 23 (c) is a diagram showing the average value of the jackpot reliability for each reach type in the variable display that is the target of the prefetching effect shown in FIGS. 23 (a) and 23 (b). It is. The jackpot reliability when normal reach is calculated is “7.2%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated is “27%”.
図23(d)は、第2特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「5.2%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「37%」であることが算出される。   FIG. 23D illustrates the jackpot reliability for each reach type in the variable display subject to the pre-reading effect when execution of the pre-reading effect is determined when the number of reserved memories is 2 or less on the second special symbol side. It is a figure for performing, and it is calculated that the big hit reliability when it becomes normal reach is “5.2%”, and the big hit reliability when it becomes super reach is calculated as “37%” Is done.
図23(e)は、第2特別図柄側において保留記憶数が3以上であるときに先読み演出の実行が決定され、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「4.3%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「30%」であることが算出される。   FIG. 23 (e) illustrates the jackpot reliability for each reach type in the variable display that is the target of the prefetching effect when execution of the prefetching effect is determined when the number of reserved memories is 3 or more on the second special symbol side. It is a figure for doing, it is calculated that the big hit reliability when it becomes normal reach is “4.3%”, and the big hit reliability when it becomes super reach is calculated that it is “30%” Is done.
図23(f)は、図23(d)および(e)で示した、先読み演出が実行されて、当該先読み演出の対象となる変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度の平均値を示す図である。ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「4.8%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「34%」であることが算出される。   FIG. 23 (f) is a diagram showing the average value of the jackpot reliability for each reach type in the variable display that is the target of the pre-reading effect as shown in FIGS. 23 (d) and 23 (e). It is. The jackpot reliability when normal reach is calculated to be “4.8%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated to be “34%”.
図24は、先読み演出が実行されなかった時の大当り信頼度を説明するための図である。図24(a)は、第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに先読み演出の非実行が決定され、当該先読み演出の対象とならなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図である。   FIG. 24 is a diagram for explaining the jackpot reliability when the pre-reading effect is not executed. FIG. 24 (a) shows the jackpot reliability for each reach type in the variable display that is determined to be non-execution of the pre-reading effect when the number of reserved memories is 2 or less on the first special symbol side. It is a figure for demonstrating a degree.
第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに、先読み演出が実行されなかった変動表示においてノーマルリーチが発生したときの大当り信頼度は、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を100%から差し引いて得られる先読み演出非実行確率を各々掛け合わせた合計と、保留記憶数が2以下であっても先読み処理において保留記憶数が3以上のときの判定値でノーマルリーチと判定されることより図8(d)で示したノーマルリーチ出現率に、図22(B)で示した保留記憶数が2以下のノーマルリーチ時の先読み演出実行確率を100%から差し引いて得られる先読み演出非実行確率を掛け合わせた合計とのうち、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を100%から差し引いて得られる先読み演出非実行確率を各々掛け合わせた合計の占める割合として、「0.17%」であることが算出される。以下同様に、第1特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに、先読み演出が実行されなかった変動表示においてスーパーリーチが発生したときの大当り信頼度は、「8.2%」であることが算出される。   When the number of reserved memories on the first special symbol side is 2 or less, the big hit reliability when the normal reach occurs in the variable display where the pre-reading effect is not executed is the hit type for each hit type shown in FIG. The total obtained by multiplying the normal reach appearance rate by the pre-reading effect non-execution probability obtained by subtracting the pre-reading effect execution probability for each hit type shown in FIG. 22A from 100%, and the number of reserved memories is 2 or less. In the look-ahead process, the determination value when the number of reserved memories is 3 or more is determined to be normal reach, so that the normal reach appearance rate shown in FIG. 8D is less than or equal to 2 in the reserved memory number shown in FIG. Of the total multiplied by the pre-reading effect non-execution probability obtained by subtracting the pre-reading effect execution probability during normal reach from 100%, for each hit type shown in FIG. -As a percentage of the total of the occurrence rate of pre-reading effects obtained by subtracting the pre-reading effect execution probability for each hit type shown in FIG. It is calculated that Similarly, when the number of reserved memories on the first special symbol side is 2 or less, the jackpot reliability when the super reach occurs in the variable display in which the pre-reading effect is not executed is “8.2%”. It is calculated that there is.
図24(b)は、第1特別図柄側において保留記憶数が3以上であるときに、先読み演出が実行されなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「0.82%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「9.4%」であることが算出される。   FIG. 24B is a diagram for explaining the jackpot reliability for each reach type in the variable display where the pre-reading effect is not executed when the number of reserved memories is 3 or more on the first special symbol side. The jackpot reliability when normal reach is calculated is “0.82%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated is “9.4%”.
図24(c)は、図24(a)および(b)で示した、先読み演出が実行されなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度の平均値を示す図である。ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「0.5%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「8.8%」であることが算出される。   FIG. 24C is a diagram illustrating an average value of the jackpot reliability for each reach type in the variable display in which the pre-reading effect is not executed, which is illustrated in FIGS. 24A and 24B. The jackpot reliability when normal reach is calculated to be “0.5%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated to be “8.8%”.
図24(d)は、第2特別図柄側において保留記憶数が2以下であるときに、先読み演出が実行されなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「0.12%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「10%」であることが算出される。   FIG. 24D is a diagram for explaining the jackpot reliability for each reach type in the variable display where the pre-reading effect is not executed when the number of reserved memories is 2 or less on the second special symbol side, The jackpot reliability when normal reach is calculated is “0.12%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated is “10%”.
図24(e)は、第2特別図柄側において保留記憶数が3以上であるときに、先読み演出が実行されなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度を説明するための図であり、ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「0.56%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「12%」であることが算出される。   FIG. 24 (e) is a diagram for explaining the jackpot reliability for each reach type in the variable display where the pre-reading effect was not executed when the number of reserved memories is 3 or more on the second special symbol side, The jackpot reliability when normal reach is calculated is “0.56%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated is “12%”.
図24(f)は、図24(d)および(e)で示した、先読み演出が実行されなかった変動表示におけるリーチ種別毎の大当り信頼度の平均値を示す図である。ノーマルリーチとなったときの大当り信頼度は「0.34%」であることが算出され、スーパーリーチとなったときの大当り信頼度は「11%」であることが算出される。   FIG. 24F is a diagram illustrating the average value of the jackpot reliability for each reach type in the variable display in which the pre-reading effect is not executed, which is illustrated in FIGS. 24D and 24E. The jackpot reliability when normal reach is calculated is “0.34%”, and the jackpot reliability when super reach is calculated is “11%”.
次に、先読み演出が実行されて当該先読み演出の対象となる変動表示で大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合と、先読み演出が実行されずに大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合とを説明する。   Next, when the pre-reading effect is executed and the variable display that is the target of the pre-reading effect is a big hit, the ratio that is a big hit with normal reach, and the ratio that is a big hit with the normal reach when the pre-reading effect is not executed and Will be explained.
図25は、先読み演出が実行されて大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合と、先読み演出が実行されずに大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合とを説明するための図である。   FIG. 25 is a diagram for explaining a ratio of a big hit with normal reach when the prefetch effect is executed and a big hit and a ratio of a big hit with normal reach when the prefetch effect is not executed and the big hit is performed. .
図25(a)は、先読み演出が実行されて、第1特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合と、先読み演出が実行されずに、第1特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合とを説明するための図である。   FIG. 25 (a) shows a ratio of a big hit in normal reach when a prefetch effect is executed and a big hit on the first special symbol side, and a big hit on the first special symbol side without executing the prefetch effect. It is a figure for demonstrating the ratio which becomes a big hit by normal reach in a case.
先読み演出が実行されて、第1特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合は、図8(a)で示した当り種別毎の出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計のうち、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計の占める割合として、「39%」であることが算出される。以下同様に、先読み演出が実行されずに、第1特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合は、「19%」であることが算出される。   When the pre-reading effect is executed and the first special symbol side is a big hit, the ratio of the big hit in the normal reach is the hit rate shown in FIG. 22 (A) for each hit type shown in FIG. 8 (a). Of the total multiplied by the prefetch effect execution probability for each type, the normal reach appearance rate for each hit type shown in FIG. 8A is set to the prefetch effect execution probability for each hit type shown in FIG. As a ratio occupied by the total multiplied, it is calculated to be “39%”. Similarly, when the pre-reading effect is not executed and the first special symbol side is a big hit, the ratio of the big hit in the normal reach is calculated to be “19%”.
図25(b)は、先読み演出が実行されて、第2特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合と、先読み演出が実行されずに、第2特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合とを説明するための図である。   FIG. 25B shows a ratio of a big hit in normal reach when a prefetch effect is executed and a big hit on the second special symbol side, and a big hit on the second special symbol side without the prefetch effect being executed. It is a figure for demonstrating the ratio which becomes a big hit by normal reach in a case.
先読み演出が実行されて、第2特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合は、図8(a)で示した当り種別毎の出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を100%から差し引いて得られる先読み演出非実行確率を各々掛け合わせた合計のうち、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を100%から差し引いて得られる先読み演出非実行確率を各々掛け合わせた合計の占める割合として、「23%」であることが算出される。以下同様に、先読み演出が実行されずに、第2特別図柄側において大当りとなる場合においてノーマルリーチで大当りとなる割合は、「15%」であることが算出される。   When the pre-reading effect is executed and the second special symbol side is a big hit, the ratio of the big hit in normal reach is the hit rate shown in FIG. 22 (A) for the appearance rate for each hit type shown in FIG. 8 (a). Of the total obtained by multiplying the pre-reading effect non-execution probabilities obtained by subtracting the pre-reading effect execution probability for each type from 100%, the normal reach appearance rate for each hit type shown in FIG. 8A is shown in FIG. As a ratio of the total obtained by multiplying the pre-reading effect non-execution probabilities obtained by subtracting the pre-reading effect execution probability for each hit type shown in 100 from 100%, it is calculated to be “23%”. Similarly, when the pre-reading effect is not executed and the big special hit is made on the second special symbol side, the ratio of the big hit in the normal reach is calculated to be “15%”.
次に、先読み演出が実行されてノーマルリーチで大当りとなる場合に確変当りとなる割合、および先読み演出が実行されずにノーマルリーチで大当りとなる場合に確変当りとなる割合について説明する。   Next, a description will be given of a ratio that is a probable hit when the pre-reading effect is executed and the normal reach is a big hit, and a ratio that is a probable hit when the pre-read effect is not executed and the normal reach is a big hit.
図26は、先読み演出が実行されてノーマルリーチで大当りとなる場合に確率変動を伴う確変当りおよび突確当り(以下、確率変動当りという)となる割合、および先読み演出が実行されずにノーマルリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合を説明するための図である。   FIG. 26 shows a ratio of probability variation with sudden fluctuation and sudden chance hit with probability fluctuation (hereinafter referred to as per probability fluctuation) when the pre-reading effect is executed and normal reach is a big hit, and a big hit with normal reach without the pre-reading effect being executed. It is a figure for demonstrating the ratio which becomes per probability fluctuation | variation in this case.
先読み演出が実行されてノーマルリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合は、図8(a)で示した当り種別毎のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計のうち、図8(a)で示した確変当りおよび突確当り各々のノーマルリーチ出現率に図22(A)で示した確変当りおよび突確当り各々の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた割合の占める割合として、「70.5%」であることが算出される。以下同様に、先読み演出が実行されずにノーマルリーチで大当りとなる場合に確変当りとなる割合は、「64.2%」であることが算出される。   When the pre-reading effect is executed and the normal reach is a big hit, the ratio per probability change is the pre-read for each hit type shown in FIG. 22 (A) to the normal reach appearance rate for each hit type shown in FIG. Of the total multiplied by the performance execution probabilities, the normal reach appearance rates for the probability variation per unit and the sudden probability per unit shown in FIG. As the ratio of the ratio obtained by multiplying the respective values, “70.5%” is calculated. Similarly, when the pre-reading effect is not executed and the normal reach is a big hit, it is calculated that the ratio of the probable hit is “64.2%”.
次に、先読み演出が実行されてスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合、および先読み演出が実行されずにスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合について説明する。   Next, a description will be given of the ratio per probability change when the pre-reading effect is executed and the super reach is a big hit, and the ratio per probability change when the pre-read effect is not executed and the super reach is a big hit.
図27は、先読み演出が実行されてスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合、および先読み演出が実行されずにスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合を説明するための図である。   FIG. 27 illustrates the ratio per probability change when the pre-reading effect is executed and a super reach is a big hit, and the ratio per probability change when the pre-read effect is not executed and a super reach is a big hit. FIG.
先読み演出が実行されてスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合は、図8(a)で示した当り種別毎のスーパーリーチ出現率に図22(A)で示した当り種別毎の先読み演出実行確率を各々掛け合わせた合計のうち、図8(a)で示した確変当りのスーパーリーチ出現率に図22(A)で示した確変当りの先読み演出実行確率を各々掛け合わせた割合の占める割合として、「76.7%」であることが算出される。以下同様に、先読み演出が実行されずにスーパーリーチで大当りとなる場合に確率変動当りとなる割合は、「68%」であることが算出される。   When the pre-reading effect is executed and the super reach is a big hit, the ratio of per probability change is the super reach appearance rate for each hit type shown in FIG. 8 (a) for each hit type shown in FIG. 22 (A). Of the totals obtained by multiplying the pre-reading effect execution probabilities, the super-reach occurrence rate per probability change shown in FIG. 8A is multiplied by the pre-reading effect execution probability per probability change shown in FIG. As a ratio occupied by the ratio, it is calculated to be “76.7%”. Similarly, when the pre-reading effect is not executed and the super reach is a big hit, the ratio of the probability change is calculated to be “68%”.
図28は、図21のS669において演出開始保留を決定するために用いる演出開始保留決定用テーブルを説明するための図である。演出開始保留決定用テーブルは、受信した始動入賞指定コマンドに基づき大当りまたはスーパーリーチの変動パターン種別であるか否かに応じてテーブルが設けられており、現在の未変動の保留記憶数に応じて演出開始保留を決定するための判定値が定められている。   FIG. 28 is a diagram for explaining an effect start hold determination table used for determining the effect start hold in S669 of FIG. The presentation start hold determination table is provided depending on whether the variation pattern type of jackpot or super reach is based on the received start winning designation command, and according to the current unchanged hold memory number A determination value for determining the production start hold is defined.
受信した始動入賞指定コマンドに基づき、大当りまたはスーパーリーチの変動パターン種別であるときには、図28(A)の第1テーブルが参照される。そして、未変動の保留記憶数が「2」であるときには、ランダムSR3から抽出した値に関わらず、1番目に記憶された保留(保留記憶のうち最も先に記憶された保留、次に変動表示が開始される保留)が、演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「3」であるときには、ランダムSR3から抽出した値が、「1〜90」であるときに1番目に記憶された保留が、「91〜100」であるときに2番目に記憶された保留が、各々演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「8」であるときには、ランダムSR3から抽出した値が、「1〜65」であるときに1番目に記憶された保留が、「66〜70」であるときに2番目に記憶された保留が、「71〜85」であるときに3番目に記憶された保留が、「86〜90」であるときに4番目に記憶された保留が、「91〜95」であるときに5番目に記憶された保留が、「96〜98」であるときに6番目に記憶された保留が、「99〜100」であるときに7番目に記憶された保留が、各々演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数がその他の数であるときにも同様に、ランダムSR3から抽出した値に応じて、演出開始保留が決定される。   Based on the received start winning designation command, when it is a big hit or super reach variation pattern type, the first table of FIG. When the number of unchanged hold memories is “2”, regardless of the value extracted from the random SR3, the hold stored first (the hold stored first among the hold memories, and then the variable display) Is suspended), the production start suspension is determined. Further, when the number of pending storages that have not changed is “3”, when the value extracted from the random SR3 is “1 to 90”, the first stored suspension is “91 to 100” The second stored hold is determined to be the production start hold. In addition, when the number of pending storages that have not changed is “8”, when the value extracted from the random SR3 is “1 to 65”, the first stored suspension is “66 to 70”. When the second stored hold is “71 to 85”, the third stored hold is “86 to 90” and the fourth stored is “91 to 95”. ”Is the fifth stored hold,“ 96 to 98 ”is the sixth stored hold, and“ 99 to 100 ”is the seventh stored hold. Each is decided to hold the start of production. Similarly, when the unchanged hold storage number is any other number, the effect start hold is determined according to the value extracted from the random SR3.
受信した始動入賞指定コマンドに基づき、はずれかつノーマルリーチの変動パターン種別であるときには、図28(B)の第2テーブルが参照される。そして、未変動の保留記憶数が「2」であるときには、ランダムSR3から抽出した値に関わらず、1番目に記憶された保留が、演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「3」であるときには、ランダムSR3から抽出した値が、「1〜70」であるときに1番目に記憶された保留が、「71〜100」であるときに2番目に記憶された保留が、各々演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数が「8」であるときには、ランダムSR3から抽出した値が、「1〜45」であるときに1番目に記憶された保留が、「46〜60」であるときに2番目に記憶された保留が、「61〜80」であるときに3番目に記憶された保留が、「81〜90」であるときに4番目に記憶された保留が、「91〜95」であるときに5番目に記憶された保留が、「96〜98」であるときに6番目に記憶された保留が、「99〜100」であるときに7番目に記憶された保留が、各々演出開始保留に決定される。また、未変動の保留記憶数がその他の数であるときにも同様に、ランダムSR3から抽出した値に応じて、演出開始保留が決定される。   Based on the received start winning designation command, when the variation pattern type is out of the normal reach, the second table in FIG. 28B is referred to. Then, when the unchanged hold storage number is “2”, the hold stored first is determined as the effect start hold regardless of the value extracted from the random SR3. Further, when the number of pending storages that have not changed is “3”, when the value extracted from the random SR3 is “1 to 70”, the first stored suspension is “71 to 100” The second stored hold is determined to be the production start hold. Also, when the number of pending storages that have not changed is “8”, when the value extracted from the random SR3 is “1 to 45”, the first stored suspension is “46 to 60” When the second stored hold is “61 to 80”, the third stored hold is “81 to 90” and the fourth stored is “91 to 95”. ”Is the fifth stored hold,“ 96 to 98 ”is the sixth stored hold, and“ 99 to 100 ”is the seventh stored hold. Each is decided to hold the start of production. Similarly, when the unchanged hold storage number is any other number, the effect start hold is determined according to the value extracted from the random SR3.
以上のように、図21のS669においては、始動入賞指定コマンドおよび現在の未変動の保留記憶数に応じて設定されている判定値と、ランダムSR3から抽出した値とに基づき、演出開始保留が決定される。そして、図21のS670においては、先読み演出開始カウンタの値として、決定された演出開始保留が、たとえば1番目であるときには「0」をセットし、5番目であるときには「4」をセットする。これにより、たとえば、1番目に決定されたときには、次の変動表示(1回目の変動表示)において先読み演出が開始され、5番目に決定されたときには、5回目の変動表示において先読み演出が開始される。   As described above, in S669 in FIG. 21, the production start suspension is based on the determination value set according to the start winning designation command and the current unchanged number of pending storage and the value extracted from the random SR3. It is determined. Then, in S670 of FIG. 21, as the value of the pre-reading effect start counter, for example, “0” is set when the determined effect start hold is first, and “4” is set when it is fifth. Thereby, for example, when it is determined first, the prefetch effect is started in the next variation display (first variation display), and when it is determined fifth, the prefetch effect is started in the fifth variation display. The
図28の演出開始保留決定用テーブルは、第2テーブルが参照されたときよりも第1テーブルが参照されたときの方が高い割合でより先に記憶された保留記憶(たとえば、1番目)が演出開始保留として決定されやすいように、それぞれ判定値が設定されている。その結果、第2テーブルが参照されたときよりも第1テーブルが参照されたときの方が高い割合で、先読み演出が実行される回数が多くなる。これにより、先読み演出が開始されるタイミングが早く実行期間が長いほど、大当りやスーパーリーチになる可能性が高く、期待感を遊技者に抱かせることができる。   The production start hold determination table of FIG. 28 has a hold storage (for example, the first) stored earlier at a higher rate when the first table is referenced than when the second table is referenced. Each determination value is set so that it is easy to determine the effect start hold. As a result, the number of times the pre-reading effect is executed increases at a higher rate when the first table is referenced than when the second table is referenced. Thereby, as the timing at which the pre-reading effect is started is earlier and the execution period is longer, there is a higher possibility of being a big hit or super reach, and the player can have a sense of expectation.
図29は、図17に示されたメイン処理における演出制御プロセス処理(S556)を示すフローチャートである。演出制御プロセス処理では、演出制御用CPU101は、演出制御プロセスフラグの値に応じてS800〜S807のうちのいずれかの処理を行なう。各処理において、以下のような処理を実行する。   FIG. 29 is a flowchart showing an effect control process (S556) in the main process shown in FIG. In the effect control process, the effect control CPU 101 performs one of S800 to S807 according to the value of the effect control process flag. In each process, the following process is executed.
変動パターンコマンド受信待ち処理(S800):遊技制御用マイクロコンピュータ560から変動パターンコマンドを受信しているか否か確認する。具体的には、コマンド解析処理でセットされる変動パターンコマンド受信フラグがセットされているか否か確認する。変動パターンコマンドを受信していれば、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動開始処理(S801)に対応した値に変更する。   Fluctuation pattern command reception waiting process (S800): It is confirmed whether or not a variation pattern command has been received from the game control microcomputer 560. Specifically, it is confirmed whether or not the variation pattern command reception flag set in the command analysis process is set. If the variation pattern command has been received, the value of the effect control process flag is changed to a value corresponding to the effect symbol variation start process (S801).
演出図柄変動開始処理(S801):演出図柄および飾り図柄の変動が開始されるように制御する。すなわち、演出制御用CPU101は、演出制御パターンを複数種類のうちのいずれかに決定する。演出制御用CPU101は、変動パターンコマンドに応じた変動パターンを設定し、表示結果指定コマンドに応じた停止図柄を設定し、該設定された変動パターンや停止図柄などにより指定された各種演出制御(演出動作)パターンに応じて、所定の図柄変動制御パターンテーブルに格納されている複数種類の図柄変動制御パターンのうち、指定された各種演出動作パターンに対応するいずれかの演出制御パターンを使用パターンとして選択決定する。そして、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値に更新する。   Production symbol variation start processing (S801): Control is performed so that variation of the production symbol and the decoration symbol is started. In other words, the effect control CPU 101 determines the effect control pattern as one of a plurality of types. The effect control CPU 101 sets a change pattern according to the change pattern command, sets a stop symbol according to the display result designation command, and performs various effect controls (effects) specified by the set change pattern, stop symbol, etc. Action) Depending on the pattern, one of the various effect control patterns corresponding to the specified effect operation patterns is selected as a use pattern from among a plurality of types of symbol change control patterns stored in a predetermined symbol change control pattern table. decide. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the effect symbol changing process (S802).
演出図柄変動中処理(S802):選択決定された演出制御パターンに基づき、各変動状態(変動速度)の切替タイミング等を制御するとともに、変動時間の終了を監視する。そして、変動時間が終了したら、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(S803)に対応した値に更新する。   Production symbol variation processing (S802): Based on the production control pattern selected and determined, the switching timing of each variation state (variation speed) is controlled, and the end of the variation time is monitored. Then, when the variation time ends, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the effect symbol variation stop process (S803).
演出図柄変動停止処理(S803):全図柄停止を指示する演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)を受信したことに基づいて、演出図柄(および飾り図柄)の変動を停止し表示結果(停止図柄)を導出表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を大当り表示処理(S804)または変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。   Effect symbol variation stop processing (S803): Based on the reception of the effect control command (design determination designation command) for instructing all symbols to stop, the variation of the effect symbol (and the decorative symbol) is stopped and the display result (stop symbol) Control to derive and display. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the jackpot display process (S804) or the variation pattern command reception waiting process (S800).
大当り表示処理(S804):変動時間の終了後、演出表示装置9に大当りの発生を報知するための画面を表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値をラウンド中処理(S805)に対応した値に更新する。   Big hit display process (S804): After the end of the variation time, control is performed to display a screen for notifying the effect display device 9 of the occurrence of the big hit. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the in-round processing (S805).
ラウンド中処理(S805):ラウンド中の表示制御を行なう。また、いわゆる確変昇格演出を実行する遊技機では、確変昇格演出の実行を示す確変昇格演出実行中フラグがセットされている場合には確変昇格演出を実行する。そして、ラウンド終了条件が成立したら、最終ラウンドが終了していなければ、演出制御プロセスフラグの値をラウンド後処理(S806)に対応した値に更新する。最終ラウンドが終了していれば、演出制御プロセスフラグの値を大当り終了処理(S807)に対応した値に更新する。   In-round processing (S805): Display control during round is performed. In addition, in a gaming machine that executes a so-called probability variation promotion effect, a probability variation promotion effect is executed when a flag indicating that the probability variation promotion effect is being executed, which indicates execution of the probability variation promotion effect, is set. If the round end condition is satisfied, if the final round has not ended, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the post-round processing (S806). If the final round has ended, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the big hit end process (S807).
ラウンド後処理(S806):ラウンド間の表示制御を行なう。そして、ラウンド開始条件が成立したら、演出制御プロセスフラグの値をラウンド中処理(S805)に対応した値に更新する。   Post-round processing (S806): Display control between rounds is performed. If the round start condition is satisfied, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the in-round processing (S805).
大当り終了演出処理(S807):演出表示装置9において、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。   Big hit end effect processing (S807): In the effect display device 9, display control is performed to notify the player that the big hit game state has ended. Then, the value of the effect control process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern command reception waiting process (S800).
なお、上記の実施の形態では、変動表示部として2つの特別図柄表示器(第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8b)を備えた遊技機を例にしたが、1つの特別図柄表示器が設けられた遊技機にも本発明を適用することができる。   In the above embodiment, a gaming machine provided with two special symbol indicators (first special symbol indicator 8a and second special symbol indicator 8b) as a variation display unit is taken as an example. The present invention can also be applied to a gaming machine provided with a symbol display.
また、上記の実施の形態では、演出装置を制御する回路が搭載された基板として、演出制御基板80、音声出力基板70およびランプドライバ基板35が設けられているが、演出装置を制御する回路を1つの基板に搭載してもよい。さらに、演出表示装置9等を制御する回路が搭載された第1の演出制御基板(表示制御基板)と、その他の演出装置(ランプ、LED、スピーカ27等)を制御する回路が搭載された第2の演出制御基板との2つの基板を設けるようにしてもよい。   In the above-described embodiment, the production control board 80, the audio output board 70, and the lamp driver board 35 are provided as the boards on which the circuit for controlling the production apparatus is mounted. You may mount on one board | substrate. Further, a first effect control board (display control board) on which a circuit for controlling the effect display device 9 and the like is mounted and a circuit for controlling other effect devices (lamps, LEDs, speakers 27 and the like) are mounted. You may make it provide two board | substrates with two production | presentation control boards.
また、上記の実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して直接コマンドを送信していたが、遊技制御用マイクロコンピュータ560が他の基板(たとえば、図3に示す音声出力基板70やランプドライバ基板35等、または音声出力基板70に搭載されている回路による機能とランプドライバ基板35に搭載されている回路による機能とを備えた音/ランプ基板)に演出制御コマンドを送信し、他の基板を経由して演出制御基板80における演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるようにしてもよい。その場合、他の基板においてコマンドが単に通過するようにしてもよいし、音声出力基板70、ランプドライバ基板35、音/ランプ基板にマイクロコンピュータ等の制御手段を搭載し、制御手段がコマンドを受信したことに応じて音声制御やランプ制御に関わる制御を実行し、さらに、受信したコマンドを、そのまま、またはたとえば、簡略化したコマンドに変更して、演出表示装置9を制御する演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するようにしてもよい。その場合でも、演出制御用マイクロコンピュータ100は、上記の実施の形態における遊技制御用マイクロコンピュータ560から直接受信した演出制御コマンドに応じて表示制御を行なうのと同様に、音声出力基板70、ランプドライバ基板35または音/ランプ基板から受信したコマンドに応じて表示制御を行なうことができる。   In the above-described embodiment, the game control microcomputer 560 directly transmits a command to the effect control microcomputer 100. However, the game control microcomputer 560 transmits another command (for example, FIG. 3). The sound output lamp 70, the lamp driver board 35, or the like, or the sound / lamp board having the function of the circuit mounted on the sound output board 70 and the function of the circuit mounted on the lamp driver board 35). A control command may be transmitted and transmitted to the effect control microcomputer 100 on the effect control board 80 via another board. In that case, the command may simply pass through another board, or the sound output board 70, the lamp driver board 35, and the sound / lamp board are equipped with control means such as a microcomputer, and the control means receives the command. In response to this, control related to voice control and lamp control is executed, and the received command is changed as it is or, for example, to a simplified command to control the effect display device 9. You may make it transmit to 100. Even in that case, the effect control microcomputer 100 performs the display control in accordance with the effect control command received directly from the game control microcomputer 560 in the above-described embodiment. Display control can be performed in response to commands received from the board 35 or the sound / lamp board.
次に、前述した実施の形態により得られる主な効果を説明する。
(1) 前述した実施の形態によれば、図22で示したように、先読み判定結果から「通常当り」「確変当り」「突確当り」になると判定されたときや、はずれであっても「スーパーリーチ」になると判定されたときに、はずれで「ノーマルリーチ」になると判定されたときよりも高い割合で先読み演出が実行される。このため、先読み演出が実行されたときに、当該先読み演出の対象となる保留記憶に基づく変動表示において「通常当り」「確変当り」「突確当り」「スーパーリーチ」となることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。
Next, main effects obtained by the embodiment described above will be described.
(1) According to the above-described embodiment, as shown in FIG. 22, when it is determined from the prefetch determination result that “normal hit”, “probable change hit”, “probable hit” is reached, When it is determined to be “super reach”, the pre-reading effect is executed at a higher rate than when it is determined to be “normal reach”. For this reason, when a pre-reading effect is executed, the game has a sense of expectation that it will be “normal hit”, “probable hit”, “surprise hit”, “super reach” in the variable display based on the hold memory that is the target of the pre-read effect. Can be held by a person.
また、図25で示したように、先読み判定結果から「通常当り」「確変当り」「突確当り」のうちいずれかの大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、「ノーマルリーチ」の変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合を、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるようにした。換言すれば、大当りとなると判定された保留記憶であって先読み演出の対象となった保留記憶に基づく変動表示において「ノーマルリーチ」の変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、大当りとなると判定された保留記憶であって先読み演出の対象とならなかった保留記憶に基づく変動表示において「ノーマルリーチ」の変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合よりも高くなるようにした。このため、先読み演出が実行されノーマルリーチ演出が実行された後に大当りとなる頻度が高まる。その結果、先読み演出が実行された後に、ノーマルリーチ演出が実行されたときであっても大当りとなることに対する期待感の低下を極力抑止でき、遊技の興趣を低下させないあるいは極力最小限度に抑止できる。また、ノーマルリーチ演出が実行された変動表示において大当りとなるといった意外性を付与しつつ、大当りに制御されることに対する喜びを遊技者に与える機会を高めることができる。   Further, as shown in FIG. 25, in the fluctuation display based on the pending storage determined to be one of the big hits of “normal hit”, “probable change hit”, and “surprise hit hit” based on the prefetch determination result, the fluctuation of “normal reach” The ratio of executing the normal reach effect belonging to the pattern type is set to be higher when the pre-reading effect is executed for the reserved memory than when the pre-reading effect is not executed. In other words, it is determined that the ratio of executing the normal reach effect belonging to the variation pattern type of “normal reach” in the variable display based on the hold memory that is determined to be a big hit and is the target of the pre-reading effect is determined to be a big hit. In the variable display based on the reserved memory that is the reserved storage that was not subjected to the pre-reading effect, the normal reach effect belonging to the variation pattern type of “normal reach” is made higher than the ratio. For this reason, the frequency of winning big hits after the pre-reading effect is executed and the normal reach effect is executed increases. As a result, even when the normal reach effect is executed after the pre-reading effect is executed, it is possible to suppress a decrease in the expectation of being a big hit as much as possible, and to suppress the interest of the game or to the minimum possible. In addition, it is possible to increase the chance of giving the player a joy of being controlled by the big hit, while giving an unexpectedness that the big display is a big hit in the variable display in which the normal reach effect is executed.
(2) 前述した実施の形態によれば、図26で示したように、大当りとなる保留記憶に基づく変動表示においてノーマルリーチ演出が実行された後に確率変動当り(確率変動状態)となる割合が、当該保留記憶に基づいて先読み演出が実行されたときの方が実行されなかったときよりも高い。換言すれば、ノーマルリーチ演出が実行された後に大当りとなる保留記憶であって先読み演出の対象となった保留記憶に基づく変動表示の表示結果として確率変動当りとなる割合が、ノーマルリーチ演出が実行された後に大当りとなる保留記憶であって先読み演出の対象とならなかった保留記憶に基づく変動表示の表示結果として確率変動当りとなる割合よりも高くなるようにした。このため、先読み演出が実行されノーマルリーチ演出が実行された後に確率変動状態となる頻度が高まる。その結果、先読み演出が実行された後に、ノーマルリーチ演出が実行されたときであっても大当りとなることに対する期待感の低下を極力抑止できるとともにさらに確率変動状態となることに対する期待感を向上させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   (2) According to the above-described embodiment, as shown in FIG. 26, the ratio that becomes per probability fluctuation (probability fluctuation state) after the normal reach effect is executed in the fluctuation display based on the holding memory that becomes a big hit, The time when the pre-reading effect is executed based on the hold storage is higher than the time when it is not executed. In other words, the normal reach effect has been executed with the ratio of the reserved memory that becomes a big hit after the normal reach effect is executed and the probability that the result of the variable display based on the reserved memory that is the target of the pre-read effect is per probability fluctuation. The display result of the variable display based on the reserved memory that later became a big hit and was not the target of the pre-reading effect was set to be higher than the rate of the probability change. For this reason, the frequency of the probability fluctuation state increases after the pre-reading effect is executed and the normal reach effect is executed. As a result, after the pre-reading effect is executed, even when the normal reach effect is executed, it is possible to suppress a decrease in the expectation for the big hit and to further improve the expectation for the probability fluctuation state. Can improve the interest of the game.
(3) 前述した実施の形態によれば、図12のS242およびS252に示すように、先読み処理により保留記憶数に関わらずノーマルリーチにすると判定される共通の判定値である、保留記憶数3以上であるときの変動パターン種別判定テーブルを用いて変動パターン種別が判定される。このため、始動入賞時に実行される先読み処理において、変動パターン種別がノーマルリーチとなると判定されたときには、変動開始時に実行される図16の変動パターン設定処理におけるS103でも、必ずノーマルリーチに決定される。このため、たとえば設計段階において、先読み処理によりノーマルリーチとなると判定されたにも関わらず、変動パターン設定処理によってノーマルリーチと異なる変動パターン種別に決定され得る場合を考慮することなく、大当りとなる保留記憶に基づく変動表示におけるリーチ演出としてノーマルリーチ演出を実行する割合が当該保留記憶に基づいて先読み演出が実行されたときの方が実行されなかったときよりも高くなるように定めることができる。その結果、設計し易くすることができる。   (3) According to the above-described embodiment, as shown in S242 and S252 of FIG. 12, the number of reserved memories is 3 or more, which is a common determination value that is determined to be normal reach regardless of the number of reserved memories by prefetch processing. The variation pattern type is determined using the variation pattern type determination table for the above. For this reason, when it is determined that the variation pattern type is normal reach in the look-ahead process executed at the time of starting winning, it is always determined to be normal reach even in S103 in the variation pattern setting process of FIG. For this reason, for example, in the design stage, even if it is determined that the normal reach is obtained by the look-ahead process, it is possible to store the memory as a big hit without considering the case where the fluctuation pattern setting process can determine a variation pattern type different from the normal reach. The ratio of executing the normal reach effect as the reach effect in the variable display based can be determined to be higher when the prefetch effect is executed based on the reserved storage than when it is not executed. As a result, designing can be facilitated.
(4) 前述した実施の形態によれば、図22(B)に示すように、保留記憶数に応じて先読み演出の実行割合を異ならせることができるとともに、図22(A)に示すように、保留記憶数に関わらず大当りとなる保留記憶に基づく変動表示におけるリーチ演出としてスーパーリーチ演出が実行されるとき(確変当り+スーパーリーチ、通常当り+スーパーリーチの先読み演出実行確率参照)よりもノーマルリーチ演出が実行されるとき(確変当り+ノーマルリーチ、通常当り+ノーマルリーチ、突確当り+ノーマルリーチの先読み演出実行確率参照)の方が高い割合で先読み演出を実行させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   (4) According to the above-described embodiment, as shown in FIG. 22 (B), the execution rate of the prefetch effect can be varied according to the number of reserved memories, and as shown in FIG. 22 (A). , Normal reach rather than when super reach production is executed as reach production in the variable display based on the hold memory that is a big hit regardless of the number of reserved memory (see Probable per hit + super reach, normal hit + super reach prefetch effect execution probability) When the production is executed (see Probability per Normal Reach, Normal Periphery + Normal Reach, Random Accuracy + Normal Reach Prediction Production Execution Probability), the prefetching production can be executed at a higher rate, and the fun of the game is improved. Can do.
(5) 図16のS103〜S106に示すように、変動パターンを決定するための手段が、変動パターン種別を決定する手段(変動パターン種別を決定する処理)と、変動パターンを決定する手段(変動パターンを決定する処理)とに分けられている。これにより、変動パターン種別を決定する手段により決定可能な変動パターン種別の数と、変動パターンを決定する手段により決定可能な変動パターン数との組合せにより、多種類の変動パターンを設定して選択的に用いることができるようになる。また、変動パターン種別を決定する手段における種別決定の割合を変更するだけで、各変動パターン種別に属する各変動パターンを選択する割合を変更しなくても、各変動パターン種別ごとの変動パターンの出現割合を変更することができるようになる。これにより、変動パターンに関し、実行可能とする変動パターン数の変更設定、および、変動パターンの出現割合の変更設定が容易になる。したがって、遊技機の開発段階において、変動パターンについて、実行可能な変動パターン数の設定、および、変動パターンの出現率の設定をする際に生じる設定の制限を緩和することができ、これにより、遊技機の開発段階における設計の簡素化を図ることができる。そして、このように設計を簡素化することにより、パチンコ遊技機1の開発に関し、開発期間を短期化し、開発効率を向上させることができる。   (5) As shown in S103 to S106 of FIG. 16, the means for determining the fluctuation pattern includes means for determining the fluctuation pattern type (processing for determining the fluctuation pattern type) and means for determining the fluctuation pattern (fluctuation). And processing for determining a pattern). As a result, multiple types of variation patterns can be set and selectively selected by a combination of the number of variation pattern types that can be determined by the unit that determines the variation pattern type and the number of variation patterns that can be determined by the unit that determines the variation pattern. Can be used. In addition, only by changing the type determination rate in the means for determining the change pattern type, the change pattern appears for each change pattern type without changing the rate of selecting each change pattern belonging to each change pattern type. You will be able to change the percentage. Thereby, regarding the variation pattern, the change setting of the number of variation patterns that can be executed and the change setting of the appearance ratio of the variation pattern are facilitated. Therefore, in the development stage of the gaming machine, it is possible to relax the restriction of the setting that occurs when setting the number of executable variation patterns and setting the appearance rate of variation patterns for the variation patterns. The design can be simplified in the development stage of the machine. Then, by simplifying the design in this way, the development period can be shortened and the development efficiency can be improved for the development of the pachinko gaming machine 1.
(6) 図21のS663において、始動入賞指定コマンドが所定コマンドでないと判定されたときは、S664において先読み演出禁止カウンタの値が「0」であるか否かを判定することにより前回の先読み演出が終了してから所定回数変動表示が行なわれているか否かを判定し、所定回数変動表示が行なわれているときにだけS666へ移行して先読み演出の実行の有無を決定する。また、図28で示したように、先読み演出が連続して実行される回数を保留記憶の上限数である「8」以下の「7」に制限している。これにより、「7」よりも多い回数の変動表示に亘って、ガセ予告が実行されることを防止することができる。これにより、「7」よりも多い回数の変動表示に亘って先読み演出を連続して実行することにより遊技者の期待感を煽ったにも関わらず、大当りにならず、かつ、スーパーリーチにもならなかったために、遊技者に大きな失望感を抱かせてしまうような不都合の発生を防止することができる。その結果、連続して実行される複数回の変動表示各々において先読み演出を行なうことにより遊技の興趣を向上させつつ、遊技者の遊技意欲を著しく減退させてしまうことを防止することができる。   (6) When it is determined in S663 in FIG. 21 that the start winning designation command is not a predetermined command, it is determined in S664 whether or not the value of the prefetch effect prohibition counter is “0”, thereby determining the previous prefetch effect. It is determined whether or not the predetermined number of times of fluctuation display has been performed since the end of the process, and only when the predetermined number of times of fluctuation display has been performed, the process proceeds to S666 to determine whether or not to perform the pre-reading effect. Further, as shown in FIG. 28, the number of times that the pre-reading effect is continuously executed is limited to “7” which is equal to or less than “8” which is the upper limit number of reserved storage. As a result, it is possible to prevent the gaze notice from being executed over the variable display more than “7”. As a result, the pre-reading effect is continuously executed over the variable display more than “7”, so that the player's expectation is struck, but it is not a big hit and super reach. Therefore, it is possible to prevent the occurrence of inconvenience that causes the player to feel a great disappointment. As a result, it is possible to prevent the player's gaming motivation from being significantly reduced while improving the interest of the game by performing the pre-reading effect in each of the plurality of variable displays executed continuously.
なお、ガセ予告が連続して実行される上限回数を「7」に制限した例について説明したが、上限回数は「7」に限らず、保留記憶の上限数以下であれば任意の数値であってもよい。たとえば、上限回数は「5」に設定されているものであってもよく、また、一方の特別図柄の保留記憶の上限数である「4」に設定されているものであってもよい。   In addition, although the example which restrict | limited the upper limit frequency | count that a gaze notice is continuously performed to "7" was demonstrated, the upper limit frequency | count is not limited to "7", As long as it is below the upper limit number of reservation storage, it is arbitrary numerical values. May be. For example, the upper limit number may be set to “5”, or may be set to “4” which is the upper limit number of reserved storage of one special symbol.
(7) 図21のS667において先読み演出を実行すると判定されたときには、さらに、S669において演出開始保留が決定されて、当該演出開始保留に基づく変動表示から先読み演出を開始させるための処理が行なわれる。これにより、先読み演出を開始するタイミングを変化させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   (7) When it is determined in S667 in FIG. 21 that the prefetch effect is to be executed, the effect start hold is determined in S669, and a process for starting the prefetch effect from the variable display based on the effect start hold is performed. . Thereby, the timing which starts a prefetch effect can be changed and the interest of a game can be improved.
(8) 図21のS682〜S684、およびS663、S664の処理のような、比較的簡単な制御処理を設けることにより、ガセ予告としての先読み演出が終了したときに先読み演出禁止カウンタをセットし、所定回数変動表示が行なわれる間ガセ予告が行なわれることを防止することができ、その結果、「7」よりも多い回数の変動表示に亘ってガセ予告が連続して実行されてしまうことを防止することができる。   (8) By providing a relatively simple control process such as the processes of S682 to S684, and S663 and S664 of FIG. 21, a prefetch effect prohibition counter is set when the prefetch effect as the gaze notice is finished, It is possible to prevent the gusset notice from being performed while the variable display is performed a predetermined number of times, and as a result, it is possible to prevent the gusset notice from being continuously executed over the variable display more than “7”. can do.
(9) 図21のS661において、先読み演出実行中フラグまたは先読み演出フラグがセットされているときであっても、S674において実行中または実行される予定の先読み演出の対象が大当り以外となる保留記憶であってかつ今回の始動入賞指定コマンドが大当りであると判定したときには、S675において今回の始動入賞に対応する保留記憶表示で先読み演出が実行される。これにより、先読み演出を今回の保留記憶に基づく変動表示にするあるいは変更することができる。その結果、たとえば先読み演出の対象が変更された場合には、大当りとならない保留記憶を対象とする先読み演出を真予告の一部として有効活用することができる。また、連続して先読み演出が実行される回数が多く成り得るため、遊技者の期待感を向上させることができる。   (9) In S661 of FIG. 21, even when the pre-reading effect execution flag or the pre-reading effect flag is set, the reserved storage in which the target of the pre-reading effect being executed or scheduled to be executed in S674 is other than the big hit If it is determined that the current start winning designation command is a big hit, a pre-reading effect is executed in a hold storage display corresponding to the current start winning in S675. Thereby, the pre-reading effect can be changed or changed based on the current hold storage. As a result, for example, when the target of the pre-reading effect is changed, the pre-reading effect for the reserved memory that does not become a big hit can be effectively used as a part of the true notice. Moreover, since the number of times that the pre-reading effect is continuously executed can be increased, it is possible to improve the player's expectation.
(10) 図7(B)で示したように、大当り種別決定において突確当りとなる割合が低く、15R大当りとなる割合が高い点において、第1始動入賞口13よりも第2始動入賞口14に遊技球が入賞した方が遊技者にとって有利であるといえる。また、確変状態に制御されているときには、可変入賞球装置15の開放時間と開放回数が高められ、第2始動入賞口14への入賞頻度が向上する。このため、確変状態に制御されているときには、15R大当りになる割合が向上し、出玉性能を向上させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。   (10) As shown in FIG. 7 (B), the second start winning opening 14 is more than the first starting winning opening 13 in that the ratio of hitting hits is low in the big hit type determination and the ratio of 15R big hits is high. It can be said that it is advantageous for the player to win the game ball. Moreover, when controlled to the probability changing state, the opening time and the number of times of opening of the variable winning ball apparatus 15 are increased, and the winning frequency to the second start winning opening 14 is improved. For this reason, when controlled to a probabilistic state, the ratio of 15R big hits can be improved, the performance of the ball can be improved, and the fun of the game can be improved.
(11) 図21で説明したように、先読み演出を実行するか否かが、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信されるコマンドに基づいて、演出制御用マイクロコンピュータ100により決定される。このため、遊技制御用マイクロコンピュータ560が先読み演出を実行するか否かの決定を行なう場合と比較して、遊技制御用マイクロコンピュータ560の制御負担を軽減することができる。   (11) As described with reference to FIG. 21, whether or not to execute the prefetch effect is determined by the effect control microcomputer 100 based on a command transmitted from the game control microcomputer 560. Therefore, the control burden on the game control microcomputer 560 can be reduced as compared with the case where the game control microcomputer 560 determines whether or not to execute the prefetch effect.
(12) 遊技制御用マイクロコンピュータ560より始動入賞指定コマンドを送信することにより、図21で示すように、演出制御用マイクロコンピュータ100により保留表示するための処理が行なわれるとともに先読み演出を実行するための処理が行なわれる。このため、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、保留表示するためのコマンドと別に、先読み演出を実行するためのコマンドを送信する必要がない。このため、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信するコマンド数を増大させることなく、演出制御用マイクロコンピュータ100により保留表示させるとともに先読み演出を実行させることができる。   (12) By sending a start winning designation command from the game control microcomputer 560, as shown in FIG. 21, the effect control microcomputer 100 performs processing for holding display and executing a pre-reading effect. Is performed. For this reason, the game control microcomputer 560 does not need to transmit a command for executing the pre-reading effect separately from the command for holding the display. For this reason, it is possible to cause the presentation control microcomputer 100 to perform the hold display and to execute the pre-reading effect without increasing the number of commands transmitted from the game control microcomputer 560.
次に、以上に説明した実施の形態の変形例や特徴点等を以下に列挙する。
(1) 前述した実施の形態において、図22(A)で示した大当り時に参照される大当り時先読み演出決定テーブルでは、先読み判定結果に基づき、当り種別および変動パターン種別の組合せに応じて、先読み演出実行確率を異ならせる例について説明した。しかし、大当り時先読み演出決定テーブルは、これに限らず、さらに、現在(先読み時)の保留記憶数(未変動の保留記憶数)に応じて、先読み演出実行確率を異ならせるように構成してもよい。より具体的には、現在の保留記憶数に応じて、異なる大当り時先読み演出決定テーブルを設けてもよい。これにより、現在の保留記憶数によっても先読み演出の実行頻度を異ならせることができ、大当りとなるか否かあるいはスーパーリーチとなるか否かについて遊技者が予測する際の参考材料が増えるため、遊技の興趣を向上させることができる。
Next, modifications, feature points, and the like of the embodiment described above are listed below.
(1) In the above-described embodiment, in the big hit prefetch effect determination table referred to at the big hit shown in FIG. 22A, the prefetch is performed according to the combination of the hit type and the variation pattern type based on the prefetch determination result. An example in which the production execution probability is varied has been described. However, the jackpot prefetch effect determination table is not limited to this, and is configured so that the prefetch effect execution probability varies according to the current (prefetch) pending storage number (unchanged pending memory count). Also good. More specifically, different big hit hour prefetch effect determination tables may be provided according to the current number of reserved memories. Thereby, the execution frequency of the pre-reading effect can be varied depending on the current number of reserved memories, and the reference material when the player predicts whether or not it will be a big hit or super reach will increase, The interest of the game can be improved.
また、上記のように構成した場合であっても、保留記憶数に関わらず大当りとなる保留記憶に基づく変動表示におけるリーチ演出としてスーパーリーチ演出が実行されるとき(確変当り+スーパーリーチ、通常当り+スーパーリーチの先読み演出実行確率参照)よりもノーマルリーチ演出が実行されるとき(確変当り+ノーマルリーチ、通常当り+ノーマルリーチ、突確当り+ノーマルリーチの先読み演出実行確率参照)の方が高い割合で先読み演出を実行させることができるように先読み演出実行確率が定められている。このため、大当りとなると判定された保留記憶であって先読み演出の対象となった保留記憶に基づく変動表示において「ノーマルリーチ」の変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、大当りとなると判定された保留記憶であって先読み演出の対象とならなかった保留記憶に基づく変動表示において「ノーマルリーチ」の変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合よりも高くなり、先読み演出が実行されノーマルリーチ演出が実行された後に大当りとなる頻度が高まる。その結果、先読み演出が実行された後に、ノーマルリーチ演出が実行されたときであっても大当りとなることに対する期待感の低下を極力抑止でき、遊技の興趣を低下させないあるいは極力最小限度に抑止できる。   Even when configured as described above, when the super reach effect is executed as the reach effect in the variable display based on the hold memory that is a big hit regardless of the number of the hold memories (probable hit + super reach, normal hit) When the normal reach effect is executed (see Probability per normal reach, normal reach + normal reach, sudden hit + normal reach prefetch effect execution probability) The pre-reading effect execution probability is determined so that it can be executed. For this reason, it is determined that the ratio of executing the normal reach effect belonging to the variation pattern type of “normal reach” in the variable display based on the hold memory that is determined to be a big hit and is the target of the pre-reading effect is determined to be a big hit. In the fluctuation display based on the hold memory that was not the target of the pre-reading effect, it becomes higher than the ratio of executing the normal reach effect belonging to the fluctuation pattern type of “normal reach”, the pre-reading effect is executed and the normal reach effect is executed. The frequency of hitting big hits will increase. As a result, even when the normal reach effect is executed after the pre-reading effect is executed, it is possible to suppress a decrease in the expectation of being a big hit as much as possible, and to suppress the interest of the game or to the minimum possible.
(2) 前述した実施の形態における先読み演出は、図28で示したように、1番目に決定された場合であっても、先読み演出の対象となる始動入賞後、次の変動表示に関連するタイミングで開始される例について説明した。しかし、先読み演出は、当該先読み演出の対象となる始動入賞直後から開始されるようにしてもよい。たとえば、図28で示した演出開始保留に「0番目」を設定し、所定割合で選択されるように構成されたテーブルを用いて演出開始保留が決定され、「0番目」に決定されたときには、当該先読み演出の対象となる始動入賞直後から当該始動入賞に対応する保留記憶表示の表示色を予告用の色で表示するようにしてもよい。   (2) As shown in FIG. 28, the pre-reading effect in the above-described embodiment relates to the next variable display after the start winning that becomes the target of the pre-reading effect even if it is determined first. An example starting with timing has been described. However, the prefetch effect may be started immediately after the start winning prize that is the target of the prefetch effect. For example, when “0th” is set in the production start hold shown in FIG. 28 and the production start hold is determined using a table configured to be selected at a predetermined ratio, and “0th” is determined. The display color of the hold storage display corresponding to the start prize may be displayed in the notice color immediately after the start prize that is the target of the pre-reading effect.
また、先読み演出は、図28で示したテーブルで演出開始保留を決定するものに限らず、一律に、当該先読み演出の対象となる始動入賞直後から、開始されるように構成してもよい。この場合、図21のS662、S669、およびS670、S676〜S678の処理を行なう必要がなく処理負担を軽減できるとともに、始動入賞時に予告用の色で保留記憶表示されるかに遊技者を注目させることができる。   In addition, the pre-reading effect is not limited to the one in which the start of the production start is determined in the table shown in FIG. 28, and may be configured to start immediately after the start winning prize that is the target of the pre-reading effect. In this case, it is not necessary to perform the processing of S662, S669 and S670, S676 to S678 in FIG. be able to.
(3) 前述した実施の形態においては、始動入賞時に当り種別のみならず変動パターン種別をも先読みし、図25で示したように、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、ノーマルリーチの変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるように定められた先読み演出実行確率(図22参照)に従って、先読み演出を実行するか否かを決定する例について説明した。しかし、図25で示したように、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、ノーマルリーチの変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるものであれば、上記の手法に限定されるものではない。   (3) In the above-described embodiment, not only the winning type but also the variation pattern type are prefetched at the time of starting winning, and as shown in FIG. 25, in the variation display based on the pending storage determined to be the big hit, the normal reach The pre-reading effect is determined such that the ratio of executing the normal reach effect belonging to the fluctuation pattern type is higher when the pre-reading effect is executed for the reserved memory than when the pre-reading effect is not executed. An example has been described in which it is determined whether or not to execute the prefetch effect according to the execution probability (see FIG. 22). However, as shown in FIG. 25, in the fluctuation display based on the hold memory determined to be a big hit, the ratio of executing the normal reach effect belonging to the normal reach change pattern type is the pre-read effect for the hold memory. The method is not limited to the above method as long as it is higher than when the pre-reading effect is not executed.
たとえば、始動入賞時において大当りになるか否かのみを先読みし、当該先読み判定結果に基づき大当りであるときの方がはずれであるときよりも高い割合で先読み演出を実行するか否かを決定するようにしてもよい。この場合、変動表示を開始するときに変動パターン種別および変動パターンを決定するように構成し、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、ノーマルリーチの変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるように、先読み演出の対象となる変動表示の変動パターン種別、および先読み演出の対象となっていない変動表示の変動パターン種別を決定するように構成してもよい。このような構成では、先読み演出を実行するか否かの決定を遊技制御用マイクロコンピュータ560により行なうようにし、先読み演出を実行するか否かの情報を含む始動入賞指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ560に出力し、当該始動入賞指定コマンドに含まれる情報に基づき、先読み演出を実行するように構成してもよい。   For example, pre-reading only whether or not the big win is won at the start winning prize, and based on the pre-read determination result, it is determined whether or not the pre-reading effect is executed at a higher rate than when the big win is out of place. You may do it. In this case, the variation pattern type and the variation pattern are determined when the variation display is started, and the normal reach effect belonging to the variation pattern type of the normal reach is executed in the variation display based on the hold storage determined to be the big hit. The variation pattern type and the prefetching of the variable display that is the target of the prefetch effect so that the ratio is higher when the prefetch effect is executed for the reserved storage than when the prefetch effect is not executed. You may comprise so that the variation pattern type of the variation display which is not the target of production may be determined. In such a configuration, the game control microcomputer 560 determines whether or not to execute the pre-reading effect, and sends a start winning designation command including information about whether or not to execute the pre-reading effect to the effect control microcomputer. The pre-reading effect may be executed based on information included in the start winning designation command.
(4) 前述した実施の形態においては、リーチとなる変動パターン種別として、ノーマルリーチおよびスーパーリーチを例示したが、これに限らず、その他の種別、たとえば大当り信頼度がノーマルリーチよりも高くスーパーリーチよりも低いミドルリーチが設けられているものであってもよい。この場合、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、ノーマルリーチの変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるものであってもよく、または、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、ノーマルリーチおよびミドルリーチの変動パターン種別に属するノーマルリーチ演出あるいはミドルリーチ演出を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるものであってもよい。   (4) In the above-described embodiment, normal reach and super reach are exemplified as the variation pattern types to be reached. However, the present invention is not limited to this, but other types, for example, the big hit reliability is higher than normal reach and higher than super reach. A low middle reach may be provided. In this case, in the fluctuation display based on the hold memory determined to be a big hit, the ratio of executing the normal reach effect belonging to the fluctuation pattern type of the normal reach is more pre-read when the pre-read effect is executed for the hold memory. Normal reach effect or middle reach effect that belongs to the change pattern type of normal reach and middle reach in the change display based on the reserved memory determined to be a big hit may be higher than when the effect is not executed May be higher when the pre-reading effect is executed with respect to the reserved storage than when the pre-reading effect is not executed.
(5) 前述した実施の形態においては、先読み演出において、変動パターン種別を先読みする例について説明したが、これに限らず、変動パターンを先読みするものであってもよい。この場合、たとえば、大当りとなると判定された保留記憶に基づく変動表示において、複数種類の変動パターンのうち、大当り信頼度が最も低い変動パターン(ノーマルリーチの変動パターン)を実行する割合が、当該保留記憶を対象として先読み演出が実行されたときの方が、先読み演出が実行されなかったときよりも高くなるものであればよい。   (5) In the above-described embodiment, the example of prefetching the variation pattern type in the prefetch effect has been described. However, the present invention is not limited to this, and the variation pattern may be prefetched. In this case, for example, in the fluctuation display based on the pending storage determined to be a big hit, the ratio of executing the fluctuation pattern having the lowest jackpot reliability (normal reach fluctuation pattern) among the plurality of types of fluctuation patterns is the pending storage. As long as the pre-reading effect is executed for the target, it may be higher than when the pre-reading effect is not executed.
(6) 先読み演出の演出内容としては、先読み演出の対象となる保留記憶表示の表示色を予告用の色に変更する例を説明したが、先読み演出が実行されていることを遊技者に認識される態様であればよく、たとえば、当該保留記憶以前の保留記憶に基づく変動表示において演出表示装置9にキャラクタを表示することによる表示演出であってもよく、スピーカ27から効果音を発生させることによる音演出であってもよく、装飾LED25などを点灯させることによる光演出であってもよく、これらを任意に組合せた演出であってもよい。また、先読み演出としては、当該先読み演出の対象となる変動表示が開始される以前に行なわれる変動表示の表示結果として、予め定められた図柄組合せ(たとえば、チャンス目)を強制的に表示することにより行なう演出であってもよい。また、先読み演出としては、可動部材84を回転動作させる演出であってもよい。   (6) As the content of the pre-reading effect, the example in which the display color of the reserved storage display that is the target of the pre-reading effect is changed to the color for the notice has been explained. However, the player recognizes that the pre-reading effect is being executed. For example, the display effect may be a display effect by displaying the character on the effect display device 9 in the variable display based on the hold storage before the hold storage, and the sound effect is generated from the speaker 27. May be a sound effect by lighting the decoration LED 25 or the like, or may be an effect in which these are arbitrarily combined. In addition, as the pre-reading effect, a predetermined symbol combination (for example, a chance eye) is forcibly displayed as a display result of the variable display performed before the variable display targeted for the pre-reading effect is started. It may be an effect performed by. Further, the pre-reading effect may be an effect of rotating the movable member 84.
(7) 前述した実施の形態の図21のS663においては、大当りになると判定されたとき、およびスーパーリーチになると判定されたときにYESと判定され、S666において先読み演出の実行の有無を決定する例について説明した。しかし、図21のS663においては、大当りになると判定されたときにだけS666に移行させ、それ以外のときにはスーパーリーチになる場合であってもS664へ移行させるように構成してもよい。これにより、所定数として設定されている「7」よりも多い回数の変動表示に亘って予告が連続して実行されたにも関わらず、大当りにならないといった状況が発生することを防止することができる。   (7) In S663 of FIG. 21 of the above-described embodiment, it is determined YES when it is determined that a big hit is made and when it is determined that it will be a super reach, and in S666, it is determined whether or not the pre-reading effect is executed. An example was described. However, in S663 in FIG. 21, the process may be shifted to S666 only when it is determined that a big hit is made, and in other cases, the process may be shifted to S664 even when the super reach is reached. As a result, it is possible to prevent the occurrence of a situation in which no big hit occurs even though the advance notice is continuously executed over the variable display more than “7” set as the predetermined number. it can.
また、前述した実施の形態の図21のS683においては、先読み演出の対象が大当りであるときにはS684へ移行せず、また、はずれとなるときであってスーパーリーチとなるときにおいてもS684へ移行せずに、先読み演出の実行が制限されない例について説明した。しかし、図21のS683においては、先読み演出の対象が大当りであるときにだけS684へ移行せず、大当り以外であるときにはS684へ移行させて先読み演出の実行を制限するように構成してもよい。これにより、所定数として設定されている「7」よりも多い回数の変動表示に亘って予告が連続して実行されたにも関わらず、大当りにならないといった状況が発生することを防止することができる。   Further, in S683 of FIG. 21 of the above-described embodiment, when the target of the pre-reading effect is a big hit, the process does not shift to S684, and also when it becomes a loss and is a super reach, the process shifts to S684. The example in which execution of the pre-reading effect is not limited is described. However, in S683 in FIG. 21, the process may not be shifted to S684 only when the target of the pre-reading effect is a big hit, and may be configured to limit the execution of the pre-reading effect when the target is other than the big hit. . As a result, it is possible to prevent the occurrence of a situation in which no big hit occurs even though the advance notice is continuously executed over the variable display more than “7” set as the predetermined number. it can.
(8) 前述した実施の形態においては、図7(B)で示したように、第1始動入賞口13よりも第2始動入賞口14に遊技球が入賞した方が大当り種別決定において突確当りとなる割合が低く15R大当りとなる割合が高くなるように判定値数を設定して、第1始動入賞口13よりも第2始動入賞口14の方が遊技者にとって有利となる場合について説明した。これに限らず、第2始動入賞口14よりも第1始動入賞口13の方が遊技者にとって有利となるように、大当り種別決定における突確当りとなる割合および15R大当りとなる割合を設定してもよい。この場合、確変状態に制御されているときには、大当りとなる確率が向上することによる有利度合いと、大当り種別決定における割振りによる有利度合いとが調和して、確変状態に制御されているときとそうでないときとで遊技者にとっての有利度合いの差が大きくなり過ぎないようにすることができる。その結果、確変状態に制御されることに対する期待感を抱かせつつも、確変状態中の射幸性を抑えることができる。   (8) In the above-described embodiment, as shown in FIG. 7 (B), the player who wins the game ball in the second start winning port 14 rather than the first start winning port 13 is more likely to win in the big hit type determination. The case where the number of determination values is set so that the ratio of the winning ratio is low and the ratio of 15R big hit is increased, and the second starting winning opening 14 is more advantageous to the player than the first starting winning opening 13 has been described. . Not limited to this, the ratio of the winning hit determination and the ratio of 15R jackpot are set so that the first starting winning opening 13 is more advantageous to the player than the second starting winning opening 14. Also good. In this case, when controlled to the probabilistic state, the degree of advantage by improving the probability of winning a big hit and the degree of advantage by allocation in determining the big hit type are in harmony and not when controlling to the probable state. It is possible to prevent the difference in the degree of advantage for the player from becoming too large. As a result, while having a sense of expectation for being controlled to the probability variation state, the euphoria during the probability variation state can be suppressed.
(9) 前述した実施の形態においては、始動入賞時に先読み処理が行なわれたか否かに関わらず、図15および図16に示すように変動開始時に当り判定、リーチ判定、および変動パターン種別判定を行なう例について説明した。しかし、先読み処理において判定した判定結果を記憶し、変動開始時には当該判定結果を用いて当りにするか否か、リーチにするか否か、変動パターン種別をいずれにするかを特定するように構成してもよい。これにより、始動入賞時の判定結果を変動開始時にそのまま用いることができるため、処理負担を軽減することができる。   (9) In the above-described embodiment, regardless of whether or not the pre-reading process is performed at the time of starting winning, the hit determination, reach determination, and variation pattern type determination at the start of variation are performed as shown in FIGS. The example to perform was demonstrated. However, the determination result determined in the pre-reading process is stored, and at the start of variation, the determination result is used to specify whether to win, whether to reach, or which variation pattern type to use May be. Thereby, since the determination result at the time of starting winning can be used as it is at the start of variation, the processing load can be reduced.
なお、前述した実施の形態では、遊技状態が確変状態であるかや保留記憶数がいくつあるかによって、先読み処理時と変動開始時とで判定結果が必ずしも一致しない。このため、上記のように、変動開始時に先読み処理における判定結果を用いるように構成する場合には、先読み処理時に当該始動入賞の変動開始時の遊技状態が確変状態であるか否かを先読みして当該判定結果に基づく確率で当り判定を行なうように構成するとともに、保留記憶数によってリーチ判定や変動パターン種別判定に用いる判定値が変化しないように構成してもよい。   In the above-described embodiment, the determination result does not always match between the pre-reading process and the start of variation depending on whether the gaming state is a probable change state or the number of reserved storages. For this reason, as described above, in the case of using the determination result in the prefetch process at the start of variation, it is prefetched whether or not the gaming state at the start of variation of the start winning prize is the probability variation state during the prefetch process. The hit determination may be performed with the probability based on the determination result, and the determination value used for the reach determination or the variation pattern type determination may not be changed depending on the number of reserved memories.
(10) 前述した実施の形態では、第1始動入賞口13への入賞および第2始動入賞口14への入賞に関わりなく、始動入賞が生じた順に変動表示の開始条件を成立させる例について説明した。これに限らず、第1始動入賞口13への入賞と第2始動入賞口14への入賞のうちのいずれかを優先させて変動表示の開始条件を成立させるようにしてもよい。たとえば、図7(B)で示したように、突確当りになる確率が低く設定されている第2始動入賞口14への入賞を優先させるようにしてもよい。第2始動入賞口14への入賞を優先させる場合には、第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態であれば、第1保留記憶数が0でない場合でも、第2保留記憶数が0になるまで、第2特別図柄の変動表示を続けて実行するように構成してもよい。これにより、突確当りになる確率が低い点で有利な始動入賞口への入賞を優先させて消化させることができるため、遊技の興趣を向上させることができる。   (10) In the above-described embodiment, an example is described in which the start conditions of the variable display are satisfied in the order in which the start winnings are generated regardless of the winnings to the first starting winning port 13 and the second starting winning ports 14. did. However, the present invention is not limited to this, and the start condition of the variable display may be established by prioritizing one of winning in the first starting winning opening 13 and winning in the second starting winning opening 14. For example, as shown in FIG. 7 (B), it is also possible to give priority to winning in the second start winning opening 14 where the probability of hitting a hit is set low. In the case where priority is given to winning in the second start winning opening 14, if the first special symbol and the second special symbol are not displayed in a variable state and the big hit game is not executed. Even if the first reserved memory number is not 0, the variable display of the second special symbol may be continuously executed until the second reserved memory number becomes 0. Thereby, since it is possible to prioritize and win a prize to the start winning opening which is advantageous in that the probability of hitting the game is low, it is possible to improve the fun of the game.
(11) 前述した実施の形態における第1先読み処理および第2先読み処理では、図12に示すように、大当り判定(S241)、当り種別判定(S243)、および変動パターン種別判定(S252)を行ない、これらの判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信する例について説明した。しかし、第1先読み処理および第2先読み処理では、さらに、図16のS104およびS105と同様の処理、すなわち変動パターン判定を行ない、変動パターンをも含む判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信するように構成してもよい。これにより、先読み処理において変動パターンまで判定されるため、変動パターンの種類に基づく先読み演出を行なうことが可能となる。   (11) In the first prefetch process and the second prefetch process in the above-described embodiment, as shown in FIG. 12, the big hit determination (S241), the hit type determination (S243), and the variation pattern type determination (S252) are performed. The example of transmitting the start winning designation command based on these determination results has been described. However, in the first prefetch process and the second prefetch process, the same process as S104 and S105 in FIG. 16, that is, the variation pattern determination is performed, and the start winning designation command based on the determination result including the variation pattern is transmitted. You may comprise. Thereby, since the variation pattern is determined in the prefetch process, it is possible to perform a prefetch effect based on the type of the variation pattern.
(12) 前述した実施の形態における第1先読み処理および第2先読み処理では、図12に示すように、大当りか否か、当りの種別がいずれであるか、変動パターン種別がいずれであるか、などを判定し、これらの判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信して、演出制御用マイクロコンピュータ100により先読み演出を実行するための処理を行なう例について説明した。しかし、第1先読み処理および第2先読み処理では、上記の項目について判定するものに限らず、次の項目のいずれかあるいは複数判定し、これらの判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信して、演出制御用マイクロコンピュータ100により先読み演出を実行するための処理を行なうように構成してもよい。   (12) In the first look-ahead process and the second look-ahead process in the above-described embodiment, as shown in FIG. 12, whether the hit type is a hit type, which is a variation pattern type, The example in which the start winning designation command based on these determination results is transmitted and the processing for executing the pre-reading effect by the effect control microcomputer 100 has been described. However, in the first prefetch process and the second prefetch process, it is not limited to the above items to be determined, and one or more of the following items are determined, and a start winning designation command based on these determination results is transmitted, You may comprise so that the process for performing a prefetch effect may be performed by the production control microcomputer 100.
判定する項目として、たとえば、当りの種別として当り終了後に時短状態に制御される時短付き当りと時短状態に制御されない時短無し当りとが設定されている場合には時短付き当りであるか否かを判定するようにしてもよい。   As items to be judged, for example, if the hit type with a short time that is controlled to a short time state after the end of the hit and the short time without a short time state that is not controlled with the short time state are set as the type of hit, whether or not the short time hit is determined. You may make it determine.
また、当りとなったときに、当該当り遊技状態中または当り遊技状態終了後にいわゆる昇格演出を実行可能な遊技機においては、当りと判定されたときにさらに昇格演出を行なうか否か判定するようにしてもよい。昇格演出とは、たとえば、非確変大当りとした後に確変大当りへ昇格するか否かに関わる演出、時短無し当りとした後に時短付き当りへ昇格するか否かに関わる演出など、遊技者にとって有利度合いが比較的低い当りとした後に、当該当りよりも有利度合いが高い当りに昇格するか否かに関わる演出をいう。   In addition, in a gaming machine capable of executing a so-called promotion effect during the winning game state or after the winning game state is finished when it is a win, it is determined whether or not a further promotion effect is to be performed when it is determined to be a win. It may be. The promotion effect is, for example, an effect related to whether to be promoted to a probabilistic big hit after making a non-probable big hit, or an effect related to whether to be promoted to a timed short win after making a short timeless hit, etc. This refers to an effect related to whether or not the player is promoted to a hit with a higher advantage than the hit after the hit is relatively low.
(13) 前述した実施の形態における始動入賞指定コマンドは、保留表示を加算表示させる情報と、先読み判定結果に関わる情報とを含む例について説明した。しかし、先読み判定結果に関わる情報を示すコマンドを、保留表示を加算表示させる情報を示すコマンドとは別コマンドとして送信するようにしてもよい。また、保留表示を加算表示させる情報を示すコマンドを送信することなく、先読み判定結果に関わる情報を示すコマンドのみを送信するように構成してもよい。   (13) The example in which the start winning designation command in the above-described embodiment includes information for adding and displaying the hold display and information related to the prefetch determination result has been described. However, a command indicating information related to the prefetch determination result may be transmitted as a command different from a command indicating information for adding and displaying the hold display. Moreover, you may comprise so that only the command which shows the information regarding the prefetch determination result may be transmitted, without transmitting the command which shows the information which adds and displays a hold display.
(14) 図11のS217およびS227で示したように、すでに先読み処理において先読み大当りフラグがセットされている場合には、当該大当りが終了して当該フラグがリセットされるまで、先読み処理自体を行なわない例について説明した。しかし、先読み大当りフラグがセットされている場合であっても、先読み処理を行ない、当該先読み判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信しない(具体的には判定なしの始動入賞指定コマンドを送信する)ように構成してもよい。   (14) As shown in S217 and S227 of FIG. 11, when the prefetch big hit flag has already been set in the prefetch processing, the prefetch processing itself is performed until the big hit ends and the flag is reset. Explained no examples. However, even if the prefetch big hit flag is set, the prefetch process is performed and the start winning designation command based on the prefetch determination result is not transmitted (specifically, the start winning designation command without determination is transmitted). You may comprise as follows.
また、図11のS217およびS227で示す処理を行なうことなく、先読み処理を行ない当該先読み判定結果に基づく始動入賞指定コマンドを送信するように構成してもよい。この場合であっても、図21のS661で説明したように、演出制御用マイクロコンピュータ100側において当該始動入賞指定コマンドが無視されて新たな先読み演出を実行するための処理が行なわれないため、先読み演出が重複して実行されることを未然に防止することができる。   Further, it may be configured to perform a prefetch process and transmit a start winning designation command based on the prefetch determination result without performing the processes shown in S217 and S227 of FIG. Even in this case, as described in S661 of FIG. 21, the start control designation command is ignored on the side of the effect control microcomputer 100, and the process for executing the new prefetch effect is not performed. It is possible to prevent the pre-reading effect from being executed repeatedly.
(15) 上記の実施形態では、演出装置を制御する回路が搭載された基板として、演出制御基板80、音声出力基板70およびランプドライバ基板35が設けられているが、演出装置を制御する回路を1つの基板に搭載してもよい。さらに、演出表示装置9等を制御する回路が搭載された第1の演出制御基板(表示制御基板)と、その他の演出装置(ランプ、LED、スピーカ27など)を制御する回路が搭載された第2の演出制御基板との2つの基板を設けるようにしてもよい。   (15) In the above embodiment, the production control board 80, the audio output board 70, and the lamp driver board 35 are provided as the board on which the circuit for controlling the production apparatus is mounted. You may mount on one board | substrate. Further, a first effect control board (display control board) on which a circuit for controlling the effect display device 9 and the like is mounted and a circuit for controlling other effect devices (lamps, LEDs, speakers 27, etc.) are mounted. You may make it provide two board | substrates with two production | presentation control boards.
(16) 上記の第1実施形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して直接コマンドを送信していたが、遊技制御用マイクロコンピュータ560が他の基板(たとえば、図3に示す音声出力基板70やランプドライバ基板35など、または音声出力基板70に搭載されている回路による機能とランプドライバ基板35に搭載されている回路による機能とを備えた音/ランプ基板)に演出制御コマンドを送信し、他の基板を経由して演出制御基板80における演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるようにしてもよい。その場合、他の基板においてコマンドが単に通過するようにしてもよいし、音声出力基板70、ランプドライバ基板35、音/ランプ基板にマイクロコンピュータ等の制御手段を搭載し、制御手段がコマンドを
受信したことに応じて音声制御やランプ制御に関わる制御を実行し、さらに、受信したコマンドを、そのまま、またはたとえば簡略化したコマンドに変更して、演出表示装置9および飾り図柄表示器9a,9bを制御する演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するようにしてもよい。その場合でも、演出制御用マイクロコンピュータ100は、上記の各実施の形態における遊技制御用マイクロコンピュータ560から直接受信した演出制御コマンドに応じて表示制御を行なうのと同様に、音声出力基板70、ランプドライバ基板35または音/ランプ基板から受信したコマンドに応じて表示制御を行なうことができる。
(16) In the first embodiment described above, the game control microcomputer 560 directly transmits a command to the effect control microcomputer 100. However, the game control microcomputer 560 is not connected to another board (for example, (Sound / lamp board having the functions of the audio output board 70 and the lamp driver board 35 shown in FIG. 3 or the circuit mounted on the audio output board 70 and the function of the circuit mounted on the lamp driver board 35) An effect control command may be transmitted to the effect control microcomputer 100 on the effect control board 80 via another board. In that case, the command may simply pass through another board, or the sound output board 70, the lamp driver board 35, and the sound / lamp board are equipped with control means such as a microcomputer, and the control means receives the command. In response to this, control related to voice control and lamp control is executed, and the received command is changed as it is or, for example, to a simplified command, and the effect display device 9 and the decorative design indicators 9a and 9b are changed. You may make it transmit to the microcomputer 100 for presentation control to control. Even in that case, the effect control microcomputer 100 performs the display control in response to the effect control command directly received from the game control microcomputer 560 in each of the above-described embodiments. Display control can be performed in accordance with commands received from the driver board 35 or the sound / lamp board.
(17) 上記の第1実施形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560からの変動パターンコマンドに基づいて、演出用部品としての演出表示装置9で、図柄変動指定コマンドで特定される特別図柄表示器に対応した予告演出を実行するように構成されているので、2つの特別図柄表示器(第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b)が設けられていても、遊技者に、遊技の進行状況(いずれの変動表示手段における変動表示に対応する演出が行なわれているのか等)を把握させやすくすることができるとともに、遊技のバリエーションを豊富にすることができる。   (17) In the first embodiment described above, the effect control microcomputer 100 is the effect display device 9 as the effect part based on the change pattern command from the game control microcomputer 560, and the symbol change designation command. Since it is configured to execute a notice effect corresponding to the specified special symbol indicator, two special symbol indicators (a first special symbol indicator 8a and a second special symbol indicator 8b) are provided. However, it is possible to make it easier for the player to grasp the progress of the game (such as which variation display means is producing an effect corresponding to the variation display) and to enrich the variation of the game Can do.
(18) 上記の第1実施形態では、飾り図柄表示器として2つのLEDからなる表示器が用いられていたが、飾り図柄表示器は、そのような構成のものに限られない。たとえば、1つ以上の7セグメントLEDで構成してもよい。また、飾り図柄表示器が設けられていない遊技機も、本発明を適用可能である。   (18) In the first embodiment described above, a display composed of two LEDs is used as the decorative symbol display. However, the decorative symbol display is not limited to such a configuration. For example, you may comprise one or more 7 segment LED. In addition, the present invention can also be applied to a gaming machine that is not provided with a decorative symbol display.
(19) 上記の第1実施形態は、入賞球の検出に応答して所定数の賞球を払い出す払出式遊技機に限定されるものではなく、遊技球を封入し入賞球の検出に応答して得点を付与する封入式遊技機にも適用することができる。また、上記の実施形態は、いわゆる1種と2種とが混合した遊技機にも適用することができる。1種と2種とが混合した遊技機とは、たとえば、以下の構成を備える遊技機であってもよい。   (19) The first embodiment described above is not limited to a payout-type gaming machine that pays out a predetermined number of prize balls in response to detection of winning balls, but responds to detection of winning balls by enclosing gaming balls. Thus, the present invention can also be applied to an enclosed game machine that gives points. Moreover, said embodiment is applicable also to the game machine with which what was called 1 type and 2 types mixed. The gaming machine in which one type and two types are mixed may be a gaming machine having the following configuration, for example.
(20) 前述した実施の形態は、パチンコ遊技機1の動作をシミュレーションするゲーム機などの装置にも適用することができる。前述した実施の形態を実現するためのプログラム及びデータは、コンピュータ装置等に対して、着脱自在の記録媒体により配布・提供される形態に限定されるものではなく、予めコンピュータ装置等の有する記憶装置にプリインストールしておくことで配布される形態を採っても構わない。さらに、本発明を実現するためのプログラム及びデータは、通信処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロードすることによって配布する形態を採っても構わない。そして、ゲームの実施形態も、着脱自在の記録媒体を装着することにより実行するものだけではなく、通信回線等を介してダウンロードしたプログラム及びデータを、内部メモリ等に一旦格納することにより実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他のコンピュータ装置等とネットワークを介してデータの交換を行なうことによりゲームを実行するような形態とすることもできる。   (20) The above-described embodiment can also be applied to an apparatus such as a game machine that simulates the operation of the pachinko gaming machine 1. The program and data for realizing the above-described embodiment are not limited to a form distributed and provided to a computer apparatus or the like by a detachable recording medium, but a storage apparatus that the computer apparatus or the like has in advance. You may take the form that is distributed by pre-installing. Furthermore, the program and data for realizing the present invention are distributed by downloading from other devices on a network connected via a communication line or the like by providing a communication processing unit. It doesn't matter. The game embodiment is not only executed by attaching a removable recording medium, but can also be executed by temporarily storing a program and data downloaded via a communication line or the like in an internal memory or the like. It is also possible to execute directly using hardware resources on the other device side on a network connected via a communication line or the like. Further, the game can be executed by exchanging data with other computer devices or the like via a network.
(21) なお、前述したように特別図柄プロセス処理において始動口スイッチ通過処理を第1特別図柄用の処理と第2特別図柄用の処理とに分けて設けるときには、たとえば先読み処理や大当り判定をする処理等の一部の処理については、共通の処理ルーチンを実行することにより共通化するようにしてもよい。   (21) As described above, in the special symbol process, when the start-port switch passing process is divided into the first special symbol process and the second special symbol process, for example, a pre-read process or a big hit determination is performed. Some processes such as processes may be shared by executing a common processing routine.
(22) 前述した実施の形態においては、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを同じ種類の表示器(7セグメントLED)で構成する例を示した。しかし、これに限らず、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとは、異なる種類の表示器で構成するようにしてもよい。具体的には、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとは、一方を7セグメント表示器で構成し、他方をドットマトリックス表示器で構成してもよい。また、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとは、一方を7セグメント表示器で構成し、他方を前述の飾り図柄表示器9a,9bのようなLED表示器で構成してもよい。   (22) In the above-described embodiment, the example in which the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b are configured by the same type of display (7-segment LED) has been shown. However, the present invention is not limited to this, and the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b may be configured by different types of displays. Specifically, one of the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b may be a seven-segment display and the other may be a dot matrix display. One of the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b is composed of a 7-segment display, and the other is composed of an LED display such as the decorative symbol display 9a, 9b. May be.
(23) 前述した実施の形態においては、遊技球がゲート32を通過したことが検出されたときに変動表示される普通図柄表示器10における変動表示の表示結果が所定の表示結果(当り図柄)となったときに可変入賞球装置15が開状態に制御される例を示した。しかし、これに限らず、普通図柄表示器10を設けず、遊技球がゲート32を通過したことが検出されたときに、表示可変入賞球装置15が、開状態に制御されるようにしてもよい。   (23) In the above-described embodiment, the display result of the variable display on the normal symbol display 10 that is variably displayed when it is detected that the game ball has passed the gate 32 is the predetermined display result (winning symbol). In this example, the variable winning ball apparatus 15 is controlled to be in the open state. However, not limited to this, the normal symbol display 10 is not provided, and when it is detected that the game ball has passed the gate 32, the display variable winning ball device 15 is controlled to be in the open state. Good.
(24) 前述した先読み演出としては、保留記憶を用いた演出を例にして説明したが、これに限らず、画像を用いた演出、音のみを用いた演出、可動部材のみを用いた演出、画像と音とを用いた演出、画像と可動部材とを用いた演出、音と可動部材とを用いた演出、および、画像と音と可動部材とを用いた演出のうち、どのような演出のパターンを用いてもよい。また、予告は、これらの予告パターンのうちから予め定められた順番で選択して実行してもよく、これらの予告パターンのうちからランダムに選択して実行してもよい。   (24) The pre-reading effect described above has been described by taking the effect using the reserved memory as an example, but is not limited thereto, the effect using the image, the effect using only the sound, the effect using only the movable member, Of the effects using images and sounds, the effects using images and movable members, the effects using sounds and movable members, and the effects using images, sounds and movable members, A pattern may be used. Further, the advance notice may be selected and executed in a predetermined order from these notice patterns, or may be selected and executed at random from these notice patterns.
(25) 前述した実施の形態においては、図11のS219で説明したように、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、先読み処理を行なった場合には当該先読み判定結果に関わらず、当該先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドを送信する例について説明した。しかし、これに限らず、先読み判定結果が特定の判定結果(たとえば、大当りとなる判定結果、スーパーリーチとなる判定結果)のときにだけ、当該先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドを送信するように構成し、先読み判定結果が特定の判定結果以外の判定結果(たとえば、はずれかつスーパーリーチ以外の変動パターン種別となる判定結果)のときには当該先読み判定結果に応じた始動入賞指定コマンドを送信しない、あるいは判定なしといった共通の始動入賞指定コマンドを送信するように構成してもよい。これにより、始動入賞指定コマンドから特定される先読み判定結果に基づいて実行される先読み演出が実行されたときの期待感を向上させることができる。   (25) In the above-described embodiment, as described in S219 of FIG. 11, the game control microcomputer 560 displays the prefetch determination result when the prefetch process is performed, regardless of the prefetch determination result. The example of transmitting the corresponding start winning designation command has been described. However, the present invention is not limited to this, and only when the prefetch determination result is a specific determination result (for example, a determination result that is a big hit, a determination result that is a super reach), a start winning designation command corresponding to the prefetch determination result is transmitted When the prefetch determination result is a determination result other than the specific determination result (for example, a determination result that is a variation pattern type other than the super-reach and out of super-reach), the start winning designation command corresponding to the prefetch determination result is not transmitted. Alternatively, a common start winning designation command such as “no determination” may be transmitted. As a result, it is possible to improve the sense of expectation when a prefetch effect that is executed based on the prefetch determination result specified from the start winning designation command is executed.
なお、今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなく特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。   The embodiment disclosed this time should be considered as illustrative in all points and not restrictive. The scope of the present invention is defined by the terms of the claims, rather than the description above, and is intended to include any modifications within the scope and meaning equivalent to the terms of the claims.
9 演出表示装置、1 パチンコ遊技機、560 遊技制御用マイクロコンピュータ、100 演出制御用マイクロコンピュータ。   9 effect display device, 1 pachinko gaming machine, 560 microcomputer for game control, 100 microcomputer for effect control.

Claims (4)

  1. 始動領域を遊技媒体が通過した後、変動表示の開始条件が成立したことに基づいて複数種類の識別情報を変動表示させた後に表示結果を導出表示する変動表示部を備え、該変動表示部に導出表示された識別情報の表示結果が予め定められた特定表示結果となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機であって、
    前記始動領域を遊技媒体が通過したが未だ前記開始条件が成立していない変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを特定するための情報を、保留記憶情報として記憶する保留記憶手段と、
    前記始動領域を遊技媒体が通過した後、当該通過に対応する変動表示の開始条件が成立する前に、当該通過に対応する変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定する保留判定手段と、
    前記保留判定手段による判定結果に基づいて、当該判定の対象となった遊技媒体の通過に対応する変動表示の開始条件が成立する以前から、所定の示唆演出を実行する示唆演出実行手段と、
    前記開始条件が成立した保留記憶情報に基づいて、前記複数種類の識別情報を変動表示させた後に表示結果を導出表示する手段であって、リーチ成立条件が成立している変動表示においては通常リーチ演出と該通常リーチ演出よりも前記特定表示結果となる信頼度が高い特別リーチ演出とを含む複数種類のリーチ演出のうちいずれかを実行する変動表示実行手段とを備え、
    前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合は、前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示において前記複数種類のリーチ演出のうち前記通常リーチ演出が実行される割合よりも高くなることを特徴とする、遊技機。
    After the game medium has passed through the start area, a variation display unit is provided for deriving and displaying a display result after variably displaying a plurality of types of identification information based on the fact that the variation display start condition is satisfied. A gaming machine that controls a specific gaming state advantageous to the player when the display result of the identification information that is derived and displayed is a predetermined specific display result,
    Hold memory that stores information for specifying whether or not the display result of the variable display in which the game medium passes through the start area but the start condition is not yet satisfied becomes the specific display result as the hold storage information Means,
    After the game medium passes through the start area, it is determined whether the display result of the variable display corresponding to the passage becomes the specific display result before the start condition of the variable display corresponding to the passage is satisfied. Holding determination means;
    Based on the determination result by the hold determination unit, a suggestion effect execution unit that executes a predetermined suggestion effect before the start condition of the variable display corresponding to the passage of the game medium that is the target of determination is established;
    A means for deriving and displaying a display result after variably displaying the plurality of types of identification information on the basis of the stored storage information for which the start condition is satisfied. Fluctuation display execution means for executing any one of a plurality of types of reach effects including an effect and a special reach effect that has a higher reliability than the normal reach effect.
    The ratio of the normal reach effect among the plurality of types of reach effects in the variable display based on the hold memory information that is the hold storage information that is the specific display result and has been an opportunity to execute the suggestion effect, It is higher than the ratio that the normal reach effect is executed among the plurality of types of reach effects in the variable display based on the hold memory information that is the reserved memory information that is the specific display result and did not trigger the suggestion effect. A gaming machine characterized by
  2. 前記変動表示部に導出表示された識別情報の表示結果が前記特定表示結果のうち予め定められた特別表示結果となったことを条件として、前記特定表示結果のうち前記特別表示結果と異なる表示結果となったときよりも遊技者にとって有利な特別遊技状態に制御する特別遊技状態制御手段を備え、
    前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機となった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として前記特別表示結果が導出表示される割合は、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報であって前記示唆演出を実行する契機とならなかった保留記憶情報に基づく変動表示の表示結果として前記特別表示結果が導出表示される割合よりも高くなることを特徴とする、請求項1に記載の遊技機。
    Display result of the specific display result different from the special display result on condition that the display result of the identification information derived and displayed on the variable display unit is a special display result determined in advance among the specific display results Special game state control means for controlling to a special game state that is more advantageous to the player than when
    The special display result is derived and displayed as the display result of the variable display based on the hold storage information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and that triggers the execution of the suggestion effect. The special display as the display result of the variable display based on the hold storage information that is the hold display information that becomes the specific display result after the normal reach effect is executed and does not trigger the suggestion effect. The gaming machine according to claim 1, wherein the result is higher than a rate at which the result is derived and displayed.
  3. 前記開始条件の成立に基づいて前記変動表示を開始するときに、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための情報として抽出され前記保留記憶手段に記憶されている数値データを読出して、当該変動表示における識別情報の表示態様を特定するための変動表示パターンを決定する開始時決定手段を備え、
    前記開始時決定手段は、前記数値データが、前記変動表示を開始するときの前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる個数の特定値のいずれかであるときに前記変動表示において前記通常リーチ演出を実行する通常変動表示パターンに決定し、
    前記保留判定手段は、前記数値データを前記開始時決定手段よりも先に読出して、前記特定値のうち前記保留記憶手段の保留記憶数のいずれにも共通する特定値を用いて、前記通常変動表示パターンとなるか否かを判定することを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の遊技機。
    When starting the variable display based on the establishment of the start condition, reading the numerical data extracted as information for specifying the display mode of the identification information in the variable display and stored in the holding storage means, A starting time determining means for determining a variable display pattern for specifying the display mode of identification information in the variable display;
    The start time determining means is the normal reach in the variable display when the numerical data is any one of a different number of specific values corresponding to the number of reserved storages of the reserved storage means when starting the variable display. Decide on the normal variation display pattern to perform the production,
    The hold determination unit reads the numerical data prior to the start time determination unit, and uses the specific value that is common to all of the hold storage numbers of the hold storage unit among the specific values. The gaming machine according to claim 1, wherein it is determined whether or not a display pattern is obtained.
  4. 前記示唆演出実行手段は、前記保留記憶手段の保留記憶数に応じた異なる割合で前記示唆演出を実行し、
    前記保留記憶数に関わらず、前記通常リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合は、前記特別リーチ演出が実行された後に前記特定表示結果となる保留記憶情報を契機として前記示唆演出が実行される割合よりも高くなることを特徴とする、請求項1〜請求項3のいずれかに記載の遊技機。
    The suggestion effect execution means executes the suggestion effect at a different ratio according to the number of reserved memories in the hold storage means,
    Regardless of the number of reserved storage, the ratio at which the suggestion effect is executed with the hold storage information that is the specific display result after the normal reach effect is executed is determined after the special reach effect is executed. The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the ratio is higher than a rate at which the suggestion effect is executed in response to on-hold storage information as a display result.
JP2009259819A 2009-11-13 2009-11-13 Game machine Active JP5234821B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009259819A JP5234821B2 (en) 2009-11-13 2009-11-13 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009259819A JP5234821B2 (en) 2009-11-13 2009-11-13 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011103968A JP2011103968A (en) 2011-06-02
JP5234821B2 true JP5234821B2 (en) 2013-07-10

Family

ID=44228206

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009259819A Active JP5234821B2 (en) 2009-11-13 2009-11-13 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5234821B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013116373A (en) * 2013-03-18 2013-06-13 Sankyo Co Ltd Game machine

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5665719B2 (en) * 2011-10-26 2015-02-04 株式会社三共 Game machine
JP6053315B2 (en) * 2012-05-07 2016-12-27 株式会社平和 Game machine
JP2014090961A (en) * 2012-11-06 2014-05-19 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014090962A (en) * 2012-11-06 2014-05-19 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013081866A (en) * 2013-02-15 2013-05-09 Fujishoji Co Ltd Pinball game machine
JP5731563B2 (en) * 2013-03-28 2015-06-10 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6298595B2 (en) * 2013-05-09 2018-03-20 株式会社三共 Game machine
JP5899183B2 (en) * 2013-10-31 2016-04-06 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6303216B2 (en) * 2014-05-12 2018-04-04 株式会社三共 Game machine
JP2016106753A (en) * 2014-12-04 2016-06-20 株式会社平和 Game machine
JP2015110116A (en) * 2015-03-19 2015-06-18 株式会社三共 Game machine
JP6019185B2 (en) * 2015-07-21 2016-11-02 株式会社三共 Game machine
JP6268449B2 (en) * 2016-01-13 2018-01-31 株式会社三共 Game machine
JP2016104385A (en) * 2016-03-08 2016-06-09 株式会社大都技研 Game machine
JP6236497B2 (en) * 2016-05-31 2017-11-22 株式会社三共 Game machine

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3977678B2 (en) * 2002-04-05 2007-09-19 株式会社ソフィア Game machine
JP2004344552A (en) * 2003-05-26 2004-12-09 Sankyo Kk Game machine
JP2007307196A (en) * 2006-05-19 2007-11-29 Aruze Corp Game machine, and simulation program
JP5109043B2 (en) * 2008-04-14 2012-12-26 株式会社ソフイア Game machine

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013116373A (en) * 2013-03-18 2013-06-13 Sankyo Co Ltd Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011103968A (en) 2011-06-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5547980B2 (en) Game machine
JP3492092B2 (en) Gaming machine
JP4358537B2 (en) Amusement stand
JP5412256B2 (en) Game machine
JP2011229766A (en) Game machine, and control method and control program for game machine
JP2011229765A (en) Game machine, and control method and control program for game machine
JP4943167B2 (en) Bullet ball machine
JP5767799B2 (en) Game machine
JP5230310B2 (en) Game machine
JP5401662B2 (en) Slot machine
JP5524473B2 (en) Game machine
JP5524471B2 (en) Game machine
JP5702517B2 (en) Game machine
JP5384465B2 (en) Game machine
JP5280616B2 (en) Game machine
JP5243076B2 (en) Game machine
JP2006006711A (en) Game machine
JP5782425B2 (en) Game machine
JP2004229764A (en) Game machine
JP2003144650A (en) Game machine
JP2003000792A (en) Game machine and program for game machine and computer-readable recording medium in which program for game machine is recorded
JP2007082829A (en) Game machine
JP5209867B2 (en) Game machine
JP5568720B2 (en) Bullet ball machine
JP2010233900A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110902

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130222

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130321

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5234821

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160405

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250