JP5227292B2 - Double net knitted fabric and its manufacturing method - Google Patents

Double net knitted fabric and its manufacturing method Download PDF

Info

Publication number
JP5227292B2
JP5227292B2 JP2009262756A JP2009262756A JP5227292B2 JP 5227292 B2 JP5227292 B2 JP 5227292B2 JP 2009262756 A JP2009262756 A JP 2009262756A JP 2009262756 A JP2009262756 A JP 2009262756A JP 5227292 B2 JP5227292 B2 JP 5227292B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
net
knitted fabric
double
net knitted
fabric
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009262756A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011106061A (en
Inventor
勝彦 高垣
義則 村上
Original Assignee
前田工繊株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 前田工繊株式会社 filed Critical 前田工繊株式会社
Priority to JP2009262756A priority Critical patent/JP5227292B2/en
Publication of JP2011106061A publication Critical patent/JP2011106061A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5227292B2 publication Critical patent/JP5227292B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description


本発明は、ダブルラッシェル機で編成されるネット編地に関し、更に詳しくは、2枚の編地を部分的に編成により一体接結してなるネット目寸法の自由度の大きい2重ネット編地、及びその製造方法に関する。

The present invention relates to a net knitted fabric knitted by a double raschel machine, and more specifically, a double net knitted fabric having a large degree of freedom in net size, in which two knitted fabrics are partially joined together by knitting. And a manufacturing method thereof.
ラッシェル機やダブルラッシェル機等の経編機で編成されるネット編地は、洗濯ネットやヘヤーネットのような家庭用生活資材やタイツ等の衣料用、或いは包帯等の医療用の他、土木分野、建設分野等で多用されている。   Net knitted fabrics knitted by warp knitting machines such as raschel machines and double raschel machines are used for household life materials such as laundry nets and hair nets, for clothing such as tights, and for medical purposes such as bandages, as well as in the civil engineering field. It is widely used in the construction field.
これらのネット編地は、その使用目的に応じて、これを編成する際の組織や糸使いにより編目の形状、大きさ、柔軟性等を自在に設定でき、特有の機能を得ることができる。
例えば、ヘヤーネットに用いられるネット編地のように伸縮自在で繊細なものや建設用安全ネットに見られるように丈夫で堅固なものがある。
These net knitted fabrics can freely set the shape, size, flexibility, and the like of the stitch according to the purpose of use, and the structure and yarn usage when knitting the net knitted fabric, thereby obtaining a specific function.
For example, there are elastic and delicate ones such as net knitted fabrics used in hair nets, and strong and firm ones as seen in construction safety nets.
また、土木用として傾斜地に付設し土砂崩れ防止や落石防止に用いられたり、河川等の護岸用の岩石袋などにも用いられる。
これらのネット編地は編み物であることから形態的に比較的変形が容易であり、現場敷設の際に便利であることや、岩石表面にフィットし易く、護岸工事の岩石を入れる袋等には都合が良い利点がある。
In addition, it is attached to slopes for civil engineering and is used to prevent landslides and rockfalls, and is also used for rock bags for revetments such as rivers.
Since these net knitted fabrics are knitted fabrics, they are relatively easy to deform in terms of shape, convenient for laying on the site, easy to fit on the rock surface, and for bags to put rocks for revetment work. There is a convenient advantage.
以上のようにネット編地は、多くの分野で使用され、その利用価値は高いのであるが、欠点もあり、必ずしもすべてが満足のいくものではない。
それは、ネット編地は上記のごとく、ラッシェル機やダブルラッシェル機等の経編機で編成されることから、一旦使用する糸素材や編み組織の仕様を設定して編成した後は、当然、編地自体のネット目の寸法等が固定化されてしまい、その一層の自由度を求めることには限界がある。
As described above, net knitted fabrics are used in many fields and have a high utility value, but there are drawbacks and not all are satisfactory.
The net knitted fabric is knitted with a warp knitting machine such as a raschel machine or double raschel machine as described above. Since the size of the net of the ground itself is fixed, there is a limit in obtaining a further degree of freedom.
これらの解決手段の一つに、例えば、ネット編地を土石のキャリヤーバックや、崩れ防止ネットとして使用するような場合、大きなネット目を有するネット編地と小さなネット目を有するネット編地を2枚重ねとする手段が採用されている。
大きなネット目のネット編地は使用する糸素材を太くて丈夫なものにして強度を得て大きな岩石を支え、小さなネット目のネット編地では細かな土石を支えることとすれば、両編地の長所が生かされることとなる。
これらの手法は漁網等にも用いられている。
As one of these solutions, for example, when a net knitted fabric is used as a debris carrier back or a collapse prevention net, a net knitted fabric having a large net and a net knitted fabric having a small net are 2 A means of stacking sheets is used.
Large net net knitted fabrics are thick and durable, and gain strength and support large rocks, while small net net knitted fabrics support fine earth and stones. The advantages of this will be utilized.
These methods are also used for fishing nets.
しかし、このような使用法においてもそれぞれのネット編地自体のネット目寸法は固定化されて自由度はない。
もっともネット編地についても多くの工夫がなされ、例えば強度を付与する効果的手段として特許文献に示すようなネット編地が存在するが、これもそのネット目は固定化されていて、すべての使用環境下において機能を発揮するものではない(特許文献1参照)。
この固定化されたネット目寸法が使用環境に応じて一定の範囲内で変化するものであれば、更なる機能性が発現され、今以上に、多くの分野で使用されることとなる。
このように多くの分野で使用されているネット編地は、糸素材、編み組織の仕様を設定して編成した後は、何れもそのネット目寸法が一義的に決まって固定化されてしまう。
1つのネット編地ではネット目寸法に十分な自由度を期待することは到底無理である。
However, even in such a usage, the net size of each net knitted fabric itself is fixed and there is no degree of freedom.
Of course, many ideas have been made for net knitted fabrics. For example, there are net knitted fabrics as shown in the patent literature as an effective means of imparting strength. It does not perform its function under the environment (see Patent Document 1).
If the fixed net size changes within a certain range according to the use environment, further functionality is developed and it will be used in many fields.
Net knitted fabrics used in many fields as described above are fixed and the net size is uniquely determined after knitting by setting the specifications of the yarn material and the knitting structure.
It is impossible to expect a sufficient degree of freedom in the net size in one net knitted fabric.
特開2009−57670号公報JP 2009-57670 A
本発明はこのような諸事情を背景になされたものである。
すなわち本発明の目的は、従来のようなネット編地の問題点を解決し、少なくともネット目の寸法に十分な自由度を有する2重ネット編地を提供することである。
The present invention has been made against the background of such circumstances.
That is, an object of the present invention is to solve the problems of the conventional net knitted fabric and to provide a double net knitted fabric having a sufficient degree of freedom for at least the size of the net.
本発明者らは、上記課題を解決するため鋭意検討したところ、従来のネット目を有するネット編地を2枚を部分的に一体組織として接結合することにより、少なくとも垂直面視で新たなネット目が形成される一枚物の編地を作り出すことが可能であることを見出し、この知見をもとに、本発明を完成するに至った。   The inventors of the present invention have intensively studied to solve the above-mentioned problems. As a result, a new net is obtained at least in a vertical plane view by joining two net knitted fabrics having conventional net eyes partially as an integral structure. We have found that it is possible to create a single knitted fabric in which eyes are formed, and based on this knowledge, the present invention has been completed.
即ち、本発明は、(1)、フロント・ネット編地とバック・ネット編地とで形成されるダブルラッシェル編地であって、前記それぞれの編地が、前記それぞれの編地を構成する畝部を部分的に連結した連結部を形成することで得られるネット目を有すると共に、フロント・ネット編地とバック・ネット編地の畝部が部分的に前後互いに一体組織として接結される接結部Sを形成していて、これにより前記両編地が一体化されてなり、しかも部分的に遊離部を有している2重ネット編地に存する。 That is, the present invention is (1) a double raschel knitted fabric formed by a front net knitted fabric and a back net knitted fabric, wherein the respective knitted fabrics constitute the respective knitted fabrics. A net part obtained by forming a connection part in which the parts are partially connected, and the front net knitted fabric and the back net knitted fabric part of the back net knitted fabric are partly connected to each other as a unitary structure. A tie portion S is formed, whereby both the knitted fabrics are integrated, and a double net knitted fabric partially having a free portion exists.
即ち、本発明は、(2)、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bのネット目Nが同一である上記(1)記載の2重ネット編地Dに存する。   That is, the present invention resides in (2) the double net knitted fabric D described in the above (1) in which the nets N of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are the same.
即ち、本発明は、(3)、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bが同一ネット目Nであり、しかも両編地のネット目Nが1/2リピートずれている状態で互いに部分的に接結されている上記(2)記載の2重ネット編地Dに存する。   That is, according to the present invention, (3) the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are the same net N, and the nets N of both the knitted fabrics are shifted from each other by 1/2 repeat. The double net knitted fabric D described in (2) is partially connected.
即ち、本発明は、(4)、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bのネット目Nが異なる上記(1)記載の2重ネット編地Dに存する。   That is, the present invention resides in (4) the double net knitted fabric D described in the above (1) in which the nets N of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are different.
即ち、本発明は、(5)、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bを形成する編成糸Yの素材、並びに物性値が異なる上記(1)、(2)、(3)、(4)のいずれか1つに記載の2重ネット編地Dに存する。   That is, the present invention is the above (1), (2), (3), (5), the material of the knitting yarn Y forming the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B, and the physical property values are different. It exists in the double net knitted fabric D as described in any one of (4).
即ち、本発明は、(6)、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bを形成する編成糸Yが互いに識別可能に異色である上記(1)、(2)、(3)、(4)、(5)のいずれか1つに記載の2重ネット編地Dに存する。   That is, the present invention relates to (6), (1), (2), (3), wherein the knitting yarns Y forming the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are distinctly different from each other. It exists in the double net knitted fabric D as described in any one of (4) and (5).
即ち、本発明は、(7)、ダブルラッシェル機DRのフロント・ニードル部FNとバック・ニードル部BNで、それぞれひも状の畝部Wを多数編成すると同時に同一ニードル部内において互いに隣接する畝部W同士の所要箇所を連結して連結部Rを形成することによりネット目Nを有するフロント・ネット編地F、並びにバック・ネット編地Bを得て、同時に両該編地の畝部W同士、又は連結部同士、又は畝部と連結部同士の所要箇所を前後互いに一体組織として接結した接結部Sを設けることで両編地を一体化し、前記接結部の接結箇所、接結数を分散定めることにより互いのズレ自由度を変えて、フロント・ネット編地Fの変化したネット目Nとバック・ネット編地Bの変化したネット目Nの重なりにより多様な合成ネット目GNを発現させる2重ネット編地Dの製造方法に存する。 That is, according to the present invention, (7) a plurality of string-like ridges W are knitted by the front needle part FN and the back needle part BN of the double raschel machine DR, and at the same time, the ridge parts W adjacent to each other in the same needle part. By obtaining the front net knitted fabric F having the net N and the back net knitted fabric B by connecting the required portions of each other to form the connecting portion R, the ridges W of both the knitted fabrics at the same time, Alternatively, the two knitted fabrics are integrated by providing a connecting portion S in which the required portions of the connecting portions or the buttocks and the connecting portions are connected to each other as an integrated structure, and the connecting portions of the connecting portions are connected. By changing the number of different nets, the degree of freedom of each other can be changed, and various synthetic nets GN can be formed by overlapping the changed net N of the front net knitted fabric F and the changed net N of the back net knitted fabric B. Expression It resides in the method of manufacturing the cell double net knitted fabric D.
本発明の2重ネット編地Dは、フロント・ネット編地F、バック・ネット編地B共に、畝部Wに連結部Rを作ることでネット目Nが形成されているので、連結部Rの箇所、個数により両編地のネット目Nが同一のもの、異なるものなど自在にネット目Nの形を形成することができる。
そして、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bは、使用素材や編目密度等を個別に設定でき編地自体の作用機能の効果的向上が図られる。
In the double net knitted fabric D of the present invention, both the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B have the net N formed by forming the connecting portion R in the collar portion W. The shape of the net N can be freely formed such that the net N of both knitted fabrics is the same or different depending on the number and the number of.
The front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B can individually set materials used, stitch density, and the like, and can effectively improve the function of the knitted fabric itself.
そして、これらの2枚の編地が、部分的に適宜箇所で接結部Sにより前後接結されているので、接結部S以外の部分では互いの動きの自由度を維持しつつ、一体化されていて、本編地を加工したり、現場で敷設する際には1枚ものとして扱うことができ不便がない。
しかも、本発明の2重ネット編地Dは、ダブルラッシェル機DRにより本発明の主旨に従ったものを組織的に一体的に一挙に自在に製造出来るので極めて効率的である。
And since these two knitted fabrics are partly connected to the front and rear by the connecting part S at appropriate places, the parts other than the connecting part S can be integrated while maintaining the degree of freedom of mutual movement. Therefore, when the main knitted fabric is processed or laid on site, it can be handled as one piece without inconvenience.
Moreover, the double net knitted fabric D of the present invention is extremely efficient because a double raschel machine DR can be manufactured according to the gist of the present invention in a systematic and integrated manner.
そして、本発明の2重ネット編地Dは、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bの2枚のネット編地が、接結箇所以外は、互いに遊離していて自由度が保たれているので、この2重ネット編地Dを垂直面視した場合、フロント・ネット編地Fの畝部Wとバック・ネット編地Bの畝部Wの相互の動き関係により、フロント・ネット編地Fの畝部Wとバック・ネット編地Bの畝部Wの重なりによって、多様で自在に変化する第3のネット目とも言うべき合成ネット目GNが創成される。
すなわちフロント・ネット編地Fの畝部Wとバック・ネット編地Bの畝部Wとの前後の畝部により、各本来編地にはない新しい合成ネット目GNが形成されて新しい機能が付与されるのである。
In the double net knitted fabric D of the present invention, the two net knitted fabrics of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are separated from each other except for the connecting portion, and the degree of freedom is maintained. Therefore, when this double net knitted fabric D is viewed in a vertical view, the front net is determined by the mutual movement relationship between the ridge W of the front net knitted fabric F and the ridge W of the back net knitted fabric B. By the overlap of the heel part W of the knitted fabric F and the ridge part W of the back net knitted fabric B, a synthetic net GN which can be called a third net that is various and freely changes is created.
That is, a new synthetic net GN not originally provided in each knitted fabric is formed by the heel portions of the heel portion W of the front net knitted fabric F and the ridge portion W of the back net knitted fabric B, and new functions are added. It is done.
例えば、本2重ネット編地Dを落石防止用として使用した場合には、対象物に直面したフロント・ネット編地Fがまず、そのショックを和らげ、次にバック・ネット編地Bがこれを補佐的に受け止める作用順位が発揮され、従来の1枚ものに比較して飛躍的に強度や寿命面での安全が確保される。   For example, when this double net knitted fabric D is used for rock fall prevention, the front net knitted fabric F facing the object first eases the shock, and then the back net knitted fabric B uses this. The order of action received as an assistant is exhibited, and the safety in terms of strength and life is dramatically ensured as compared with the conventional one.
更には、フロント・ネット編地Fのネット目Nを大きく、バック・ネット編地Bのネット目Nを小さく設定すれば、大きな落石をフロント・ネット編地Fが受け止め、小さな落石は、バック・ネット編地Bが受け止めることとなり、また新しい合成ネット目GNによりフロント・ネット編地やバック・ネット編地Bのネット目にはない大きさの落石を受け止めることができる。
またフロント・ネット編地Fの素材には太くて強い素材を使用し、バック・ネット編地Bの素材には標準のものを使用することができ、製造コストの低減化が図られ、効率的である。
Furthermore, if the net N of the front net knitted fabric F is set large and the net N of the back net knitted fabric B is set small, the front net knitted fabric F accepts large falling rocks. The net knitted fabric B is received, and the new synthetic net stitch GN can catch a falling rock of a size that is not in the net size of the front net knitted fabric and the back net knitted fabric B.
In addition, a thick and strong material can be used for the front net knitted fabric F, and a standard material can be used for the back net knitted fabric B, reducing manufacturing costs and increasing efficiency. It is.
そして、本2重ネット編地Dのフロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bのネット目Nの大きさを異ならせて、しかも接結部Sの設定範囲を大きくすれば、2枚の編地のズレ自由度が大きくなる。   If the size of the front net knitted fabric F of the double net knitted fabric D and the size of the net N of the back net knitted fabric B are made different and the setting range of the connecting portion S is increased, two sheets are obtained. The degree of freedom of displacement of the knitted fabric increases.
そして、本発明の2重ネット編地Dを河川工事に使用する岩石袋等に使用した場合には、表面変化のある岩石のような対象物の表面にフロント・ネット編地F、バック・ネット編地Bのそれぞれが2段構えで絡みつき、対象岩石等の動きを確実に押さえることが可能となり、安定した河川補強が可能となる。   When the double net knitted fabric D of the present invention is used for a rock bag or the like used for river construction, the front net knitted fabric F and the back net are formed on the surface of the rock-like target object. Each of the knitted fabrics B is entangled in two stages, and it is possible to reliably suppress the movement of the target rock and the like, and stable river reinforcement is possible.
そして、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bを形成する編成糸Yを互いに識別可能に異色とすることにより、加工や敷設の際、両編地を違わず選択でき、確実な加工や施工が可能となる他、両編地のいずれかが損傷したかについても確実に視認できる効果がある。   The knitting yarns Y forming the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are distinguished from each other so that they can be distinguished from each other when processing and laying. In addition to being able to be constructed, it is possible to confirm whether or not either of the knitted fabrics is damaged.
図1(A)は、フロント・ネット編地とバック・ネット編地とからなる2重ネット編地Dの実態模式図である。FIG. 1A is a schematic diagram of an actual situation of a double net knitted fabric D composed of a front net knitted fabric and a back net knitted fabric. 図1(B)は、第1の実施の形態を示す図1(A)を幾何学模様で示した模式図である。FIG. 1B is a schematic diagram showing the geometric pattern of FIG. 1A showing the first embodiment. 図1(C)は、第1の実施の形態における合成ネット目の模式図である。FIG. 1C is a schematic diagram of a synthetic net in the first embodiment. 図1(D)の(a)は、第1の実施の形態における2重ネット編地のフロント・ネット編地のダブルラッシェル編地仕様の組織図である。 図1(D)の(b)は、第1の実施の形態における2重ネット編地のバック・ネット編地のダブルラッシェル編地仕様の組織図である。FIG. 1A is an organization chart of a double raschel knitted fabric specification of a front net knitted fabric of a double net knitted fabric according to the first embodiment. FIG. 1B is an organization chart of the double raschel knitted fabric specification of the back net knitted fabric of the double net knitted fabric according to the first embodiment. 図1(E)は、第1の実施の形態におけるフロント・ネット編地をシングルラッシェル編地仕様で示した、挿入糸を含めた組織図である。FIG. 1E is a structure diagram including the insertion yarn, showing the front net knitted fabric according to the first embodiment in a single raschel knitted fabric specification. 図2は、第2の実施の形態の1例を示すフロント・ネット編地とバック・ネット編地を幾何学模様で示した模式図である。FIG. 2 is a schematic view showing a front net fabric and a back net fabric showing an example of the second embodiment in a geometric pattern. 図3(A)は、第3の実施の形態におけるバック・ネット編地がフロント・ネット編地のネット目の1/4の大きさである2重ネット編地の幾何学模様で示した模式図である。FIG. 3 (A) is a schematic diagram showing a geometric pattern of a double net knitted fabric in which the back net knitted fabric in the third embodiment is 1/4 the size of the net of the front net knitted fabric. FIG. 図3(B)は、第3の実施の形態におけるバック・ネット編地をシングルラッシェル編地仕様で示した、挿入糸を含めた組織図である。FIG. 3 (B) is an organization chart including an insertion yarn, showing the back net knitted fabric according to the third embodiment with a single raschel knitted fabric specification. 図4は、本2重ネット編地を編成するダブルラッシェル機の断面模式図である。FIG. 4 is a schematic cross-sectional view of a double raschel machine for knitting the double net knitted fabric.
以下、必要に応じて図面を参照しつつ、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。   Hereinafter, preferred embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings as necessary.
本編地は、図4の断面模式図に示すようにダブルラッシェル機DRで編成される。
フロント二ードル部FNでフロント・ネット編地Fが、バックニードル部BNでバック・ネット編地Bが編成される。
本ダブルラッシェル機DRは、ガイドG1〜ガイドG10で構成されるガイド群GLを擁し、それぞれに通糸された編成糸Yで2重ネット編地Dが編成される。
The main knitted fabric is knitted by a double raschel machine DR as shown in the schematic cross-sectional view of FIG.
A front net knitted fabric F is knitted at the front needle portion FN, and a back net knitted fabric B is knitted at the back needle portion BN.
This double raschel machine DR has a guide group GL composed of guides G1 to G10, and a double net knitted fabric D is knitted with knitting yarns Y passed through the guide groups GL.
(第1の実施の形態)
図1(A)は、本発明の第1の実施の形態を示す模式図である。
本実施の形態の2重ネット編地Dはダブルラッシェル地であり、大きくはフロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bで構成されている。
フロント・ネット編地F、バック・ネット編地Bともに多数のひも状の畝部Wを編成し、これを所要箇所を部分的に連結した連結部Rを形成することでネット目Nが形成されている。
ここで、図1(A)に示すネット目Nは、合成ネット目GNとの比較のため、フロント・ネット編地F、並びにバック・ネット編地Bの一部を省略したものを示した。
(First embodiment)
FIG. 1A is a schematic diagram showing a first embodiment of the present invention.
The double net knitted fabric D of the present embodiment is a double raschel fabric, and mainly comprises a front net knitted fabric F and a back net knitted fabric B.
Both the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are knitted with a large number of string-like ridges W, and a net portion N is formed by forming a connecting portion R that partially connects the required portions. ing.
Here, the net N shown in FIG. 1 (A) shows a part obtained by omitting a part of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B for comparison with the synthetic net GN.
本実施の形態では、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bは、同一組織でネット目Nの大きさ、形は同じであるが、上下に1/2リピート(図1(B)にPで示す)ずれて編成している。
また、実際には、図1(A)に示すように連結部Rは線状の長さを有していることと畝部Wが剛性を有していることからネット目Nは曲線を描いている。
これを実施の形態2、3(幾何学模様で説明している)との比較のために幾何学模様で示せば図1(B)に示すようにネット目Nは菱形である。
In the present embodiment, the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B have the same structure and the same size and shape of the net N, but ½ repeat up and down (FIG. 1 (B) (Designated by P).
Further, in practice, as shown in FIG. 1A, the connecting portion R has a linear length and the collar portion W has rigidity, so that the net N has a curved line. ing.
If this is shown as a geometric pattern for comparison with Embodiments 2 and 3 (explained as a geometric pattern), the net N is a rhombus as shown in FIG.
そして、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bは、両編地の畝部Wの所要箇所を部分的に互いに前後接結した接結部Sを設けて接結され全体として一枚物の2重ネット編地Dとなっている。
接結部Sは図1(B)に黒丸(●)で示すように、規則的に分散して設けられている。
この接結部Sが設けられることで両編地は組織的に一体化され、しかも接結されていない部分(接結部S以外の部分に相当)、つまり遊離部Xがあることにより互いの動きの自由度が確保される。
つまり、両編地の相対的な自由な動きにより畝部にズレが生じ、これを編地方向に対して垂直面視した場合、そこに第3のネット目と言うべき合成ネット目GNが発現する。
一枚物の2重ネット編地Dにおけるこの合成ネット目GNの発現は、本発明の重要な特徴である。
The front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are connected to each other by providing a connecting portion S in which the necessary portions of the buttock W of both knitted fabrics are partially connected to each other in the front-rear direction. It is a double net knitted fabric D.
The connecting portions S are regularly distributed as shown by black circles (●) in FIG.
By providing this connecting portion S, the two knitted fabrics are systematically integrated, and the portions that are not connected (corresponding to portions other than the connecting portion S), that is, the free portion X, thereby providing each other. A degree of freedom of movement is secured.
That is, when the two knitted fabrics move relative to each other to cause a shift in the buttocks, and when this is viewed perpendicularly to the knitted fabric direction, a synthetic net GN that should be called the third net appears. To do.
The expression of the synthetic mesh GN in the single double knitted fabric D is an important feature of the present invention.
ここで、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bを接結する接結部についていうと、上述した接結部Sは両編地の畝部W同士の接結例で示したが、他にも両編地の連結部R同士、フロント・ネット編地Fの連結部Rとバック・ネット編地Bの畝部W、フロント・ネット編地Fの畝部Wとバック・ネット編地Bの連結部Rがあり、4つの接結組み合わせがあげられる。   Here, regarding the connecting portion connecting the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B, the connecting portion S described above is shown as an example of connecting the ridges W of both knitted fabrics. In addition, the connecting portions R of both knitted fabrics, the connecting portion R of the front net knitted fabric F and the heel portion W of the back net knitted fabric B, the ridge portion W of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric There is a connecting portion R of the ground B, and there are four connection combinations.
図1(C)に、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bの変形による合成ネット目Gを説明する模式図を示している。
本図では、理解を容易にするためにフロント・ネット編地Fのネット目Nはそのままに、バック・ネット編地Bのネット目Nのみの変形を示してネット目Nの変形による合成ネット目GNの形成状態を示している。
実際には、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bのいずれのネット目Nも自在に変形して両者の重なりにより自在な合成ネット目GNを発現する。
すなわちフロント・ネット編地Fの畝部Wとバック・ネット編地Bの畝部Wである前後の畝部により、各本来編地にはない新しい合成ネット目GNが形成され新しい機能が付与されるのである。
合成ネット目GNの形、大きさは、変幻自在で小さな合成ネット目GNから、かなり大きな合成ネット目GNも発現できる。
FIG. 1C is a schematic diagram for explaining the synthetic net G by deformation of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B.
In this figure, for easy understanding, the net N of the front net knitted fabric F is left as it is, and the deformation of only the net N of the back net knitted fabric B is shown. The formation state of GN is shown.
Actually, both the nets N of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are freely deformed, and a free synthetic net GN is expressed by the overlapping of both.
In other words, the front and back heels of the front net knitted fabric F and the back knitted fabric B of the back net knitted fabric B form new synthetic nets GN that are not originally present in the knitted fabric and give new functions. It is.
The shape and size of the synthetic net GN can be changed freely, and a considerably large synthetic net GN can be expressed from a small synthetic net GN.
そして、互いの自由な動きによるズレ移動は、接結部S間の間隔を大きくすればするほど大きくなり、変化に富んだ合成ネット目GNが得られる。
しかし、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bの取り扱いの観点から一体化に重きを置く場合には、それに対応した間隔で接結部Sが設けられることが望ましい。
Further, the displacement movement due to the free movement of each other increases as the distance between the connecting portions S increases, and a synthetic net GN rich in change is obtained.
However, when emphasizing the integration from the viewpoint of handling the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B, it is desirable to provide the connecting portions S at intervals corresponding to the integration.
図1(D)の(a)、(b)に、第1の実施の形態の2重ネット編地Dの組織図の1例をダブルラッシェル編地仕様の組織図で示す。
本例の2重ネット編地におけるフロント・ネット編地F、並びにバック・ネット編地Bは56コースで1リピートである。
図1(D)の(a)において、連結部R1は、畝部W2と畝部W3を互いに絡ませて形成される。
そして、順次、畝部Wが編成されていき、畝部W2は今度は畝部W1と絡んで、連結部R2を形成する。
このように、畝部W2は、絡む畝部Wを右、左、右・・・と交互にかえていくことにより、本フロント・ネット編地Fは、これを幅方向に拡張した際に菱形となるネット目Nを有することとなる。
FIGS. 1A and 1B show an example of an organization chart of the double net knitted fabric D according to the first embodiment in an organization chart of a double raschel knitted fabric specification.
The front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B in the double net knitted fabric of this example are one repeat in 56 courses.
In FIG. 1D, (a), the connecting portion R1 is formed by entwining the flange portion W2 and the flange portion W3.
And the collar part W is knitted sequentially, and the collar part W2 is entangled with the collar part W1 this time, and forms the connection part R2.
In this way, the heel part W2 is formed in a rhombus shape when the front net knitted fabric F is expanded in the width direction by alternately changing the heel part W involved in the right, left, right... And has a net N.
本発明の2重ネット編地Dでは、ネット組織地NCに補強糸としての挿入糸Lを挿入した編地を採用している。
図1(D)の(a)、(b)では、挿入糸Lの組織を記載することによる視覚的な理解の低下を防ぐために、挿入糸Lの組織は示していない。
挿入糸Lについては、シングルラッシェル編地仕様の組織図として図1(E)にその挿入状態を示し、その具体的組織については下記に示す。
The double net knitted fabric D of the present invention employs a knitted fabric in which an insertion yarn L as a reinforcing yarn is inserted into the net texture NC.
In (a) and (b) of FIG. 1 (D), the structure of the insertion thread L is not shown in order to prevent deterioration of visual understanding due to the description of the structure of the insertion thread L.
The insertion state of the insertion yarn L is shown in FIG. 1 (E) as a structure chart of the single raschel knitted fabric specification, and the specific structure is shown below.
以下、図1(D)の(a)、(b)に示した第1の実施の形態の2重ネット編地Dの組織例をダブルラッシェル編地仕様により、フロント・ネット編地F、並びにバック・ネット編地Bのネット組織NCを、ガイドG3、G4、G5、G6、G7、G8について示す。   Hereinafter, according to a double raschel knitted fabric specification, an example of the structure of the double net knitted fabric D of the first embodiment shown in (a) and (b) of FIG. The net organization NC of the back net knitted fabric B is shown for guides G3, G4, G5, G6, G7, and G8.
(第1の実施の形態の2重ネット編地Dのダブルラッシェル編地仕様組織例)
ガイドG5の組織においては接結部S1を有する。ガイドG4では接結部Sは存在しない。
(Double raschel knitted fabric specification organization example of the double net knitted fabric D of the first embodiment)
The structure of the guide G5 has a connecting portion S1. The connecting portion S does not exist in the guide G4.
(フロント・ネット編地Fの組織例)
なお、このように表示された編地の仕様組織に基づいて、実際の編地編成が行われる。
(接結部S1を有する組織)
G5(2・4/4・4/4・2/4・4/4/6/6・6/6・4/4・4/4/6/6・6/6・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/(2/4/4・4)/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/)
(Organization example of front net knitted fabric F)
Note that actual knitting is performed based on the specification organization of the knitted fabric displayed in this way.
(Organization having connecting part S1)
G5 (2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 4/4/6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4/4/6/6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4 / 4 ・ 2 ・ 2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2 / (2/4/4 ・ 4) / 4 ・ 4 / 4/2/2/2/2/4/4/4/4/2/2/2/4/2/2/2/0/0/0/0/2/2/2/2 0/0, 0/0, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4 / 4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・)
(接結部S1を有しない組織)
G4(2・4/4・4/4・2/4・4/4/6/6・6/6・4/4・4/4/6/6・6/6・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/)
(Organization that does not have the connecting part S1)
G4 (2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 4/4/6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4/4/6/6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4 / 4 ・ 2 ・ 2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2/2, 0 / 0 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2 /)
G3(4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/)   G3 (4, 2/2, 2/2, 4/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2 / 2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4 / 4/4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 0/0 ・(0/0, 2/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2 /)
(バック・ネット編地Bの組織例)
ガイドG6の組織においては接結部S2を有する。ガイドG7では接結部Sは存在しない。
(Organization example of back net knitted fabric B)
The structure of the guide G6 has a connecting portion S2. The connecting portion S does not exist in the guide G7.
(接結部S2を有する組織)
G6(4・4/4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/(4・2/2・2)/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4)
(Organization having connecting part S2)
G6 (4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2 / 2 ・ 2 ・ 2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4 / (4 ・ 2/2 ・ 2) / 2 ・ 2 ・ 2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・4/4, 6/6, 6/6, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4 / 4 ・ 2 ・ 2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4)
(接結部S2を有しない組織)
G7(4・4/4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4)
(Organization without connecting part S2)
G7 (4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/2 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 0/0 ・ 2 / 2 ・ 2 ・ 2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4 / 4 ・ 6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4)
G8(2・2/2・4/4・4/4・2/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・6/6・6/6・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・0/0・0/0・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2/2・2/2・4/4・4/4・2)   G8 (2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 6/6 ・ 4 / 4/4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・4/4, 2/2, 2/2, 4/4, 4/4, 2/2, 2/2, 4/2, 2/2, 0/0, 0/0, 2/2, 2 / 2 ・ 0/0 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・4/4 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 4/4 ・ 2)
(第1の実施の形態の2重ネット編地Dにおけるフロント・ネット編地Fのシングルラッシェル編地仕様の組織例)
シングルラッシェル編地仕様の組織では、接結部Sについては記載しないので、ガイドG5については記載しない。
G4(4・2/2・4/2・0/0・2/2・0/0・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/4・6/6・4/4・6/6・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4)
(Organization example of single raschel knitted fabric specification of front net knitted fabric F in double net knitted fabric D of the first embodiment)
In the structure of the single raschel knitted fabric specification, since the connecting portion S is not described, the guide G5 is not described.
G4 (4, 2/2, 4/2, 0/0, 2/2, 0/0, 2/2, 4/4, 2/2, 4/4, 2/2, 4/4, 2 / 2/4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4)
G3(2・4/4・2/4・6/6・4/4・6/6・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/2・0/0・2/2・0/0・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2)   G3 (2 ・ 4/4 ・ 2/4 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4 / 4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/2 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2)
G2(4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2)   G2 (4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2 / 4/4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2)
G1(2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4/2・2/4・4)   G1 (2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4 / 2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4)
上記の組織でガイドG4、G3、G2、G1を用いてフロント・ネット編地Fを形成するが、同様の手法で、ガイドG7、G8、G9、G10を用いてバック・ネット編地Bを形成する。そして、両編地を、上記した接結組み合わせに従い、接結部Sを形成して一体化する。
本第1の実施の形態においては、1/2リピートの上下ズレで接結しているので、両編地の畝部W同士の接結となり、図1(A)、(B)に示す2重ネット編地Dが得られることとなる。
In the above structure, the front net knitted fabric F is formed using the guides G4, G3, G2, and G1, but the back net knitted fabric B is formed using the guides G7, G8, G9, and G10 in the same manner. To do. Then, both the knitted fabrics are integrated by forming the connecting portion S in accordance with the above-described binding combination.
In the first embodiment, since they are connected with a vertical shift of ½ repeat, the ridges W of both knitted fabrics are connected to each other, and 2 shown in FIGS. 1 (A) and 1 (B). A heavy net knitted fabric D is obtained.
(第2の実施の形態)
図2は、本発明の第2の実施の形態を示す図である。
本実施の形態の2重ネット編地Dは、上述した第1の実施の形態がフロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bの組織が上下に1/2リピートずれているのに対して、ネット目Nの大きさも相対位置も同じである。
図2では、視覚的に理解を容易にするために、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bを少々、ずらして示してあるが、垂直面視した場合、実際には、重なっていてバック・ネット編地Bは見えない状態である。
また、図2ではネット目Nは菱形となっているが、実際には、第1の実施の形態の図1(A)に示すように連結部Rは線状の長さを有していることと畝部Wが剛性を有していることから曲線を描いている。
(Second Embodiment)
FIG. 2 is a diagram showing a second embodiment of the present invention.
In the double net knitted fabric D of the present embodiment, the structure of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B is shifted by 1/2 repeat in the vertical direction in the first embodiment described above. Thus, the size of the net N and the relative position are the same.
In FIG. 2, the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are slightly shifted to facilitate visual understanding. However, when viewed vertically, they actually overlap. The back net knitted fabric B is not visible.
In FIG. 2, the net N is a rhombus, but actually, the connecting portion R has a linear length as shown in FIG. 1A of the first embodiment. Because of this, and the collar W has rigidity, a curve is drawn.
フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bが接結部Sで接結されていること、その接結部Sが適宜、分散して設けられていること、両編地の互いの動きに自由度があること、ズレにより合成ネット目GNが発現すること等の本発明の重要な特徴については、第1の実施の形態と同様である。   The front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are connected by the connecting portion S, the connecting portions S are appropriately distributed, and the mutual movement of the two knitted fabrics. The important features of the present invention, such as the fact that there is a degree of freedom and the occurrence of the synthetic net GN due to deviation, are the same as in the first embodiment.
編地の組織については、図1(D)に示した上記第1の実施の形態のものと比較して、フロント・ネット編地Fの組織とバック・ネット編地Bの組織が1/2ズレ戻されている組織となる。
接結部Sについては両編地の連結部R同士を接結することで第2の実施の形態のネット編地が得られる。
As for the organization of the knitted fabric, the organization of the front net knitted fabric F and the organization of the back net knitted fabric B are ½ compared to those of the first embodiment shown in FIG. It becomes an organization that has been shifted back.
As for the connecting portion S, the net knitted fabric of the second embodiment can be obtained by connecting the connecting portions R of the two knitted fabrics.
(第3の実施の形態)
図3(A)は、本発明の第3の実施の形態を示す図である。
この実施の形態の2重ネット編地Dは、第1の実施の形態や第2の実施の形態におけるフロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bのネット目Nの大きさ、形が同一であったのに対して、フロント・ネット編地Fのネット目Nとバック・ネット編地Bのネット目Nの組織が異なり、ネット目Nの大きさが異なる相違点を有する。
図3(A)に示すように、フロント・ネット編地のネット目Nに比較して、バック・ネット編地のネット目Nは1/4の大きさとなっている。
(Third embodiment)
FIG. 3A is a diagram showing a third embodiment of the present invention.
In the double net knitted fabric D of this embodiment, the size and shape of the net N of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B in the first and second embodiments are the same. The nets N of the front net knitted fabric F and the nets N of the back net knitted fabric B are different, and the size of the net N is different.
As shown in FIG. 3A, the net N of the back net knitted fabric has a size of 1/4 compared to the net N of the front net knitted fabric.
フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bが接結部Sで接結されていること、その接結部Sが適宜、分散して設けられていること、両編地の互いの動きに自由度があること、ズレにより合成ネット目GNが発現すること等の本発明の重要な特徴については、第1の実施の形態、第2の実施の形態と同様である。   The front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B are connected by the connecting portion S, the connecting portions S are appropriately distributed, and the mutual movement of the two knitted fabrics. The important features of the present invention, such as the fact that there is a degree of freedom and the occurrence of the synthetic net GN due to deviation, are the same as those in the first embodiment and the second embodiment.
編地の組織については、フロント・ネット編地Fは上記した第1の実施の形態のネット編地の組織に比較して接結部Sの組織以外は同一であり、バック・ネット編地Bについては、図3(B)にシングルラッシェル編地仕様の組織図で示すように、フロント・ネット編地Fの1/4の大きさであり、以下のガイドナンバーG7、G8、G9、G10ごとに示した通りである。
シングルラッシェル編地仕様の組織では、接結部Sについては記載しないので、ガイドG6については記載しない。
Regarding the organization of the knitted fabric, the front net knitted fabric F is the same as that of the net knitted fabric of the first embodiment except for the structure of the connecting portion S, and the back net knitted fabric B As shown in the organization chart of the single raschel knitted fabric specification in FIG. 3 (B), it is 1/4 the size of the front net knitted fabric F, and each of the following guide numbers G7, G8, G9, and G10 It is as shown in.
In the structure of the single raschel knitted fabric specification, since the connecting portion S is not described, the guide G6 is not described.
G7(4・2/2・4/4・2/2・0/0・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・6/6・4/4・2/2・4)   G7 (4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 4 / (4 ・ 2 ・ 2 ・ 4)
G8(2・4/4・2/2・4/4・6/6・4/4・2/2・4/4・2/2・4/4・2/2・0/0・2/2・4/4・2)   G8 (2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 6/6 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 4/4 ・ 2/2 ・ 0/0 ・ 2 / 2 ・ 4/4 ・ 2)
G9(4・4/2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/4・4/2・2/4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/2・2)   G9 (4 ・ 4/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0 / 4.4 / 4/2)
G10(2・2/4・4/0・0/4・4/0・0/4・4/2・2/4・4/2・2/6・6/2・2/6・6/2・2/4・4)   G10 (2 ・ 2/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/0 ・ 0/4 ・ 4/2 ・ 2/4 ・ 4/2 ・ 2/6 ・ 6/2 ・ 2/6 ・ 6 / 2 ・ 2/4 ・ 4)
上記の組織でガイドG7、G8、G9、G10を用いてバック・ネット編地Bを形成する。
これとフロント・ネット編地Fを、両編地の選択された連結部R同士で接結して一体化する。
接結部Sの形成箇所は、図3(A)に示すように、フロント・ネット編地Fの連結部Rの一つ飛びの箇所とし、遊離部Xを形成して、ズレの自由度を持たせている。
The back net knitted fabric B is formed using the guides G7, G8, G9, and G10 with the above-described structure.
This and the front net knitted fabric F are joined together by the selected connecting portions R of both knitted fabrics.
As shown in FIG. 3 (A), the connecting portion S is formed as a single jumping portion of the connecting portion R of the front net knitted fabric F, and a free portion X is formed to provide a degree of freedom of displacement. I have it.
以上、本発明をその実施の形態を例に説明したが、本発明は要旨の変更のない限り、実施の形態のみに限定されるものではなく多様な変形例が可能である。
例えば、フロント・ネット編地Fやバック・ネット編地Bのネット目形状を菱形のような規則的なものからランダムなネット目形状にして更に合成ネット目GNの変化を得ることが可能となる。
また、フロント・ネット編地Fとバック・ネット編地Bの接結についても接結部Sを不規則に散在させることで両編地のズレの自由度に多様な変化を付与することが可能となる。
更には、フロント・ネット編地F、バック・ネット編地Bの組織に関し、必要に応じて補強のための挿入糸を使用することや畝部Wを幅広の形状にすることなども当然可能である。
The present invention has been described above by taking the embodiment thereof as an example. However, the present invention is not limited to the embodiment as long as the gist is not changed, and various modifications are possible.
For example, the net shape of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B can be changed from a regular one such as a rhombus to a random net shape, and a change in the synthetic net stitch GN can be obtained. .
In addition, for the connection of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B, it is possible to give various changes to the degree of freedom of displacement between the knitted fabrics by irregularly dispersing the connecting portions S. It becomes.
Furthermore, with respect to the structure of the front net knitted fabric F and the back net knitted fabric B, it is of course possible to use an insertion thread for reinforcement or to make the ridge part W wide as necessary. is there.
本発明の2重ネット編地は、フロント・ネット編地の畝部とバック・ネット編地の畝部である前後の畝部、畝部により従来編地にはない新しい合成ネット目が形成されるという特徴があり、この特徴を適用する限り、土木資材等の産業用に限らず、ゴミ収納袋のような生活用品や包帯等の医療用品用としても広く利用可能である。   In the double net knitted fabric of the present invention, a new synthetic net stitch that does not exist in the conventional knitted fabric is formed by the heel portion of the front net knitted fabric, the heel portion of the front and back knitted fabric, and the heel portion of the back net knitted fabric. As long as this feature is applied, it can be widely used not only for industrial use such as civil engineering materials, but also for daily use such as garbage storage bags and medical supplies such as bandages.
D…2重ネット編地
F…フロント・ネット編地
B…バック・ネット編地
W…畝部
W1…畝部
W2…畝部
W3…畝部
W4…畝部
N…ネット目
NC…ネット組織地
L…挿入糸
GN…合成ネット目
R…連結部
R1…連結部
R2…連結部
R3…連結部
R4…連結部
S…接結部
S1…フロント・ネット編地Fの接結部
S2…バック・ネット編地Bの接結部
X…遊離部
DR…ダブルラッシェル機
FN…フロントニードル部
BN…バックニードル部
G1〜G10… ガイド
GL…ガイド群
Y…編成糸

D ... Double net knitted fabric F ... Front net knitted fabric B ... Back net knitted fabric W ... Hip W1 ... Hip W2 ... Hip W3 ... Hip W4 ... Hip N ... Net NC ... Net organization L ... Insertion thread GN ... Synthetic mesh R ... Connection part R1 ... Connection part R2 ... Connection part R3 ... Connection part R4 ... Connection part S ... Connection part S1 ... Connection part S2 of front net fabric F ... Back Connection part X of net knitted fabric B ... Release part DR ... Double raschel machine FN ... Front needle part BN ... Back needle part G1-G10 ... Guide GL ... Guide group Y ... Knitting yarn

Claims (7)

  1. フロント・ネット編地とバック・ネット編地とで形成されるダブルラッシェル編地であって、前記それぞれの編地が、前記それぞれの編地を構成する畝部を部分的に連結した連結部を形成することで得られるネット目を有すると共に、フロント・ネット編地とバック・ネット編地の畝部が部分的に前後互いに一体組織として接結される接結部を形成していて、
    これにより前記両編地が一体化されてなり、しかも部分的に遊離部を有していることを特徴とする2重ネット編地。
    A double raschel knitted fabric formed of a front net knitted fabric and a back net knitted fabric, wherein each of the knitted fabrics has a connecting portion that partially connects the collar portions constituting the respective knitted fabric. Having a net obtained by forming, and forming a connecting portion in which the front net knitted fabric and the back net knitted fabric are partially connected to each other as a unitary structure in the front and rear ,
    Thus, the double knitted fabric is characterized in that both the knitted fabrics are integrated and partly has a free part.
  2. フロント・ネット編地とバック・ネット編地のネット目が同一であることを特徴とする請求項1記載の2重ネット編地。   2. The double net knitted fabric according to claim 1, wherein the nets of the front net knitted fabric and the back net knitted fabric are the same.
  3. フロント・ネット編地とバック・ネット編地が同一ネット目であり、しかも両編地のネット目が1/2リピートずれている状態で互いに部分的に接結されていることを特徴とする請求項2記載の2重ネット編地。   The front net knitted fabric and the back net knitted fabric are the same net, and the net stitches of both the knitted fabrics are partially connected to each other while being deviated by 1/2 repeat. Item 2. The double net knitted fabric according to item 2.
  4. フロント・ネット編地とバック・ネット編地のネット目が異なることを特徴とする請求項1記載の2重ネット編地。   2. The double net knitted fabric according to claim 1, wherein the front net knitted fabric and the back net knitted fabric have different net stitches.
  5. フロント・ネット編地とバック・ネット編地を形成する編成糸の素材、並びに物性値が異なることを特徴とする請求項1、2、3、4のいずれか1つに記載の2重ネット編地。   The double net knitting according to any one of claims 1, 2, 3, and 4, wherein the material of the knitting yarn forming the front net knitted fabric and the back net knitted fabric and the physical property values thereof are different. Earth.
  6. フロント・ネット編地とバック・ネット編地を形成する編成糸が互いに識別可能に異色であることを特徴とする請求項1、2、3、4、5のいずれか1つに記載の2重ネット編地。   The double knitted yarn according to any one of claims 1, 2, 3, 4, and 5, wherein the knitting yarns forming the front net fabric and the back net fabric have different colors so as to be distinguishable from each other. Net knitted fabric.
  7. ダブルラッシェル機のフロント・ニードル部とバック・ニードル部で、それぞれひも状の畝部を多数編成すると同時に同一ニードル部内において互いに隣接する畝部同士の所要箇所を連結して連結部を形成することによりネット目を有するフロント・ネット編地、並びにバック・ネット編地を得て、同時に両該編地の畝部同士、又は連結部同士、又は畝部と連結部同士の所要箇所を前後互いに一体組織として接結した接結部を設けることで両編地を一体化し、前記接結部の接結箇所、接結数を分散定めることにより互いのズレ自由度を変えて、フロント・ネット編地の変化したネット目とバック・ネット編地の変化したネット目の重なりにより多様な合成ネット目を発現させることを特徴とする2重ネット編地の製造方法。 By knitting a large number of string-like hooks at the front needle part and back needle part of the double raschel machine, and at the same time, connecting the necessary parts of the hooks adjacent to each other in the same needle part to form a connecting part Obtain a front net knitted fabric with nets and a back net knitted fabric, and at the same time, integrate the required parts of the buttocks of both knitted fabrics, or between connecting parts, or between the buttock and connecting parts. The two knitted fabrics are integrated by providing a connection portion connected as follows, and the degree of freedom of mutual displacement is changed by determining the connection location and the number of connections of the connection portions, thereby changing the front net knitted fabric. A method for producing a double net knitted fabric, characterized in that various synthetic nets are expressed by overlapping the changed net mesh and the changed net mesh of the back net knitted fabric.
JP2009262756A 2009-11-18 2009-11-18 Double net knitted fabric and its manufacturing method Expired - Fee Related JP5227292B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009262756A JP5227292B2 (en) 2009-11-18 2009-11-18 Double net knitted fabric and its manufacturing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009262756A JP5227292B2 (en) 2009-11-18 2009-11-18 Double net knitted fabric and its manufacturing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011106061A JP2011106061A (en) 2011-06-02
JP5227292B2 true JP5227292B2 (en) 2013-07-03

Family

ID=44229852

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009262756A Expired - Fee Related JP5227292B2 (en) 2009-11-18 2009-11-18 Double net knitted fabric and its manufacturing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5227292B2 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10102363A (en) * 1996-09-30 1998-04-21 Unitika Ltd Void-including material
JP3939884B2 (en) * 1999-10-20 2007-07-04 日本マイヤー株式会社 Three-dimensional molded product with pattern by double raschel machine and its knitting method
JP4415403B2 (en) * 2000-03-02 2010-02-17 セーレン株式会社 Three-dimensional structure net void material
JP4909841B2 (en) * 2007-09-03 2012-04-04 前田工繊株式会社 Civil engineering materials consisting of double raschel warp nets
JP2009249794A (en) * 2008-04-10 2009-10-29 Asahi Kasei Fibers Corp Cleaner

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011106061A (en) 2011-06-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI262062B (en) Knitted surface fastener
US6630414B1 (en) Three-dimensional net, and composite structural material using the same
TWI232247B (en) Stretchable warp knitted fabric
US4248064A (en) Lock-stitch knitted elastic fabric
US7021086B2 (en) Three-dimensional filet stitch fabric wall reinforcement
EP0694642B1 (en) Hook and loop fastener
KR101396106B1 (en) Knitting fabric
EP0979893A2 (en) Double face warp knit fabric with two-side effect
CN101910485B (en) Fabric knitting method, and fabric
JP4770102B2 (en) Three-dimensional mercury knitted fabric
US20020104335A1 (en) Three-dimensionally structured warp knitted fabric
JP4413189B2 (en) Three-dimensional warp knitted fabric that prevents slippage
JP2563369Y2 (en) Warp knit base fabric for hook-and-loop fastener
JP2005042266A (en) Warp knit fabric
WO2006055848A3 (en) Edgecomb resistant weft insertion warp knit fabric
JP2547693B2 (en) Three-dimensional structure net
US6845639B1 (en) Stretchable loop-type warp knitted textile fastener fabric and method of producing same
EP1281798A2 (en) Method for producing a retentive elastic knitted fabric and knitted fabric
JP5875735B2 (en) Knitting method of knitted fabric
JP5281207B2 (en) Warp knitted fabric with a ground structure that expresses various design patterns
PL199670B1 (en) Textile mesh structure, in particular that of a mesh being used to consolidate geodetic formations
EP0711513A2 (en) Panty garment
US6216496B1 (en) High performance hook and loop closure system
DE602004018948D1 (en) Method for producing a mat with retrofit, rasched on the back,
JP5695862B2 (en) How to create a knitted fabric

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120531

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120806

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130315

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5227292

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160322

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees