JP5212310B2 - Network system, server device, and a groupware program - Google Patents

Network system, server device, and a groupware program Download PDF

Info

Publication number
JP5212310B2
JP5212310B2 JP2009188678A JP2009188678A JP5212310B2 JP 5212310 B2 JP5212310 B2 JP 5212310B2 JP 2009188678 A JP2009188678 A JP 2009188678A JP 2009188678 A JP2009188678 A JP 2009188678A JP 5212310 B2 JP5212310 B2 JP 5212310B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
window
image object
data
schedule
tag
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009188678A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011039942A (en
Inventor
伸彦 長谷川
知己 五條
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リコー filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP2009188678A priority Critical patent/JP5212310B2/en
Publication of JP2011039942A publication Critical patent/JP2011039942A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5212310B2 publication Critical patent/JP5212310B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ネットワークシステム、サーバ装置、及びグループウェアプログラムの分野に関する。 The present invention is a network system, a server apparatus, and relates to the field of groupware programs.

近年、グループウェア環境の普及により情報の伝達や共有をスムーズに行うことができるようになった。 Recently, it has become possible to perform the transfer and sharing of information smoothly by the spread of groupware environment. 例えば企業等のオフィス環境では、業務効率を向上すべく、広くグループウェアシステムが利用されている。 For example, in an office environment, such as enterprise, in order to improve operational efficiency, wide groupware systems are used. グループウェアシステム(コラボレーションシステム)では、メール、掲示板、スケジュール管理、タスク管理といった各種ツールや各種機能が提供されており、ユーザは個人又はグループメンバー単位で、情報管理、情報伝達、情報共有を行うことができる。 In the groupware system (collaboration system), e-mail, bulletin board, schedule management, there is provided a variety of tools and various functions such as task management, user is an individual or group member unit, information management, information transmission, to perform information sharing can. このようなグループウェアシステムは、一般的に、グループウェアシステムの機能を提供するサーバ装置と、ユーザが利用する複数のクライアント端末とがネットワークを介して接続されて構成される。 Such groupware systems typically, a server device that provides the functionality of a groupware system, users more and a client terminal configured by connecting through a network to use.

このようなグループウェアシステムにおいては、様々な種類の情報が取り扱われるが、この種のシステムが追求されるべき課題は、ユーザにとって有益な情報をいかに容易にアクセスできるかという点にある。 In such a groupware system, various kinds of information is handled, problems to this kind of system is sought is that the how you can easily access useful information to the user. 具体的には、例えばUI(ユーザインターフェース)の視覚性や直感的な操作性、情報の多様性、複数の機能間における情報の連携性、等の向上や改善が要求される。 Specifically, UI visual and intuitive operation (user interface), the diversity of information, coordination of information between a plurality of functions, improvement and improvement etc. are required.

これに関し、例えば情報の多様性という観点から、特許文献1には、グループ内の各作業者のスケジュール、作業項目、アドレス、依頼事項等を管理する個人情報管理システムと、グループウェアシステム側で管理しているグループウェア情報を一致(同期)させることができる情報管理システムが提案されている。 In this regard, from the viewpoint of e.g. information diversity, management in Patent Document 1, each worker schedule in the group work items, addresses, and personal information management system for managing a request matters, groupware system side information management system groupware information which is can be matched (synchronized) and has been proposed. 本発明によれば、従来個人情報管理システムで管理されていた情報をグループウェアシステムで一元的に扱えるようになり、ユーザにとって利便性の高い様々な情報をグループウェアからアクセスできるようになる。 According to the present invention, the information managed by the conventional personal information management system to handle centrally groupware systems, will be able to access a high variety of information convenient groupware user.

また、例えばUIの視覚性や直感的な操作性という観点から、特許文献2には、グループワークを効率よく進められるよう、ネットワーク上にてディスカッションの場を提供するグループワーク支援装置が提案されている。 Further, for example, from the viewpoint of visual and intuitive operation of UI, Patent Document 2, to proceed group work efficiently, and group work support apparatus which provides a discussion of the field in the network have been proposed there. そしてディスカッションの場では、参加者の発言内容(意見)を付箋形式で表現して、その付箋の位置を変更したり色付けを行うことにより、発言内容(意見)の識別や分類を容易にする技術が開示される。 And in the discussion of the place, to represent the speech content of the participants (opinion) in the tag format, by carrying out the coloring or change the position of the tag, to facilitate the identification and classification of speech content (opinion) technology There is disclosed.

しかしながら、特許文献1記載の情報管理システムにおいて、作業項目や依頼事項等の他の必要な項目の同期を取る場合、それぞれ個人の情報を管理しているシステム(ソフトウェア)毎の対応が必要となってくる。 However, in the information management system in Patent Document 1, when the work items and other necessary items such as request matters synchronization, it is necessary to cope with each system, which manages personal information, respectively (Software) come. また、元々二重管理ありきの考え方であるために、本質的に複数種類のシステム(ソフトウェア)での操作が必要となり、より単純で明快なユーザ操作を提供することは難しい。 Moreover, because of the concept of Ki has originally dual control essentially requires operation in a plurality of types of systems (software), it is difficult to provide a more simple and straightforward user operations. つまり、操作性の点において依然改善の余地がある。 In other words, there is room for still improvement in terms of operability.

また、グループウェアシステム側で個人スケジュール、作業項目、依頼事項等の個人の情報も合わせて管理するシステムも存在しているが、スケジュールや作業項目、依頼事項等それぞれの機能が独立して実現されているので、単に同じ操作性の中で、個々の機能を利用できるという状況にとどまっている。 In addition, the personal schedule in the groupware system side, work items, but also a system that also manages to fit personal information such as the request matters are present, schedules and work items, request matters of each function is realized independently since it is just in the same operability, it has remained situation available individual features. 例えば、掲示板やスケジュール等の機能ビューに表示される項目は、ぞれぞれの機能ビューに応じたデータやフォーマット(記載事項)が決まっていた。 For example, items that are displayed in the function view, such as bulletin boards and schedules, data and format (Matters) in accordance with the function view of Zorezore had been decided. そのために、ある機能ビューの情報に基づいて他の機能ビューに情報を設定する必要が発生した場合には、再度同じ内容の情報を設定する必要があった。 Therefore, when the need to set the information to other functional view based on information of a feature view has occurred, it is necessary to set the same information again. これは、掲示板に掲示された情報に基づいて自分のスケジュールを設定する必要がある場合、掲示板の掲示内容を確認しながら、自分のスケジュール情報を再入力する必要があるということである。 This is, if there is a need to set their own schedule based on the posted information on the bulletin board, while confirming the posted contents of the bulletin board, is that there is a need to re-enter their schedule information. つまり、同一のグループウェアにも関わらず、別機能を利用するためには、複数回の設定作業が必要になってしまうので、操作性や情報の連携性の点において問題がある。 In other words, despite the same groupware, in order to use another feature, the setting work of multiple becomes necessary, there is a problem in terms of cooperation of the operability and information.

また、特許文献2記載のグループワーク支援装置においては、あくまで一機能を提供するに過ぎず、その一機能内におけるUIの視覚性や直感的な操作性を容易にしようとするものである。 Further, in the group work support device described in Patent Document 2, only merely provide a function, it is intended to facilitate visual and intuitive operation of the UI within that one function. いうまでもなく、グループワークにおけるコラボレーションは、ディスカッション機能に限定されるものではなく、またディスカッションに参加する個人(又は各メンバー)からすれば、ディスカッションはグループワークにおける一つのイベントに過ぎない。 Needless to say, the collaboration in group work, but are not limited to the discussion function, also if the individual (or each member) to participate in the discussion, a discussion is just one of the events in the group work. つまり、ディスカッション機能と、その他のグループワーク機能等との連続性がないので、情報の連携性の点において問題がある。 That is, the discussion function, since there is no continuity with the other group work function and the like, there is a problem in terms of information associativity. この為、ディスカッション機能を利用する際の準備等に負荷が発生してしまう。 For this reason, it loads in preparation, such as when using the discussion function occurs.

本発明では上記のような問題に鑑み、グループウェアの機能間における多様な情報を連携させ、利用者の操作性を向上するネットワークシステム、サーバ装置、及びグループウェアプログラムを提供することを目的とする。 In the present invention In view of the above problems, by linking various information between groupware functions, and an object thereof is to provide a network system for improving the operability of the user, the server apparatus, and a groupware program . より詳細には、グループウェアの各機能で利用される多様な情報(例えば、伝達情報、スケジュール情報、タスク情報等)を、各機能間でシームレスに連携させるように管理し、一貫した操作性をもって、グループウェアが目的とするところの、効率的な情報共有を実現することを目的とする。 More specifically, various information used in the function of the groupware (e.g., transmission information, schedule information, task information, etc.), to manage so as to cooperate seamlessly among each function, with consistent experience , and it is an object of groupware is to realize it is an object, an efficient information sharing.

上記課題を解決するため、本発明に係るネットワークシステムは、クライアント装置と、前記クライアント装置にグループウェア機能を提供するサーバ装置とがネットワークを介して接続されるネットワークシステムであって、前記サーバ装置は、グループウェア機能を実現するための作業フィールドであって、少なくともスケジュール管理を行うスケジュールウインドウを含む複数のウインドウに関する情報と、前記ウインドウ上に重畳して表示させる画像オブジェクトに関する情報と、前記画像オブジェクトを前記複数のウインドウのいずれのウインドウ上にも表示可能とする、前記画像オブジェクトに付帯するデータとを記憶する記憶手段と、前記記憶手段により記憶された複数のウインドウに関する情報と、画像オブジェクトに関す To solve the above problems, a network system according to the present invention, a client device, wherein a network system in which a server apparatus for providing a groupware function is connected via a network to a client device, the server device , a working field for realizing a groupware function, and information on a plurality of windows including a schedule window is used to at least schedule management, and information relating to the image object to be displayed superimposed on the window, the image object also it can be displayed on any window of said plurality of windows, and storage means for storing the data to be attached to the image object, and information on a plurality of windows stored by the storage means, about the image object 情報と、当該画像オブジェクトに付帯するデータとを、前記クライアント装置に送信する送信手段とを有し、前記クライアント装置は、表示手段と、前記送信手段により送信された複数のウインドウに関する情報に基づいて、スケジュールウインドウとスケジュールウインドウ以外のウインドウとを前記表示手段に表示させるウインドウ表示手段と、前記送信手段により送信された画像オブジェクトに関する情報と当該画像オブジェクトに付帯するデータとに基づいて、前記画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ又は前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳させて前記表示手段に表示させる画像オブジェクト表示手段と、前記表示手段によりウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを、当該ウ Information, and data incidental to the image object, and a transmitting means for transmitting to said client device, said client device, a display unit, based on information relating to a plurality of windows transmitted by the transmitting means , a window display means for displaying on said display means a window other than the schedule window and schedule window, based on the data incidental to the information and the image object to an image object that has been transmitted by the transmitting means, the image object an image object display means for displaying on the display means by superimposing on the schedule window or the schedule other than window window, the image object displayed by superimposing on the window by the display means, the U ンドウ上から他のウインドウ上へ移動又は複写操作させる操作手段と、前記操作手段により画像オブジェクトが移動又は複写操作されたとき、前記サーバ装置に当該画像オブジェクトに付帯するデータの更新要求を行う更新要求手段とを有し、前記操作手段により前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ上へ移動又は複写操作されたとき、前記記憶手段は、前記更新要求手段からの更新要求に基づいて、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、前記画像オブジェクト表示手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトを、当該画像オブ Operating means for moving or copying operation from the window onto another window, when the image object is moved or copied operated by the operation means, an update request for updating request data incidental to the image object to the server device and means, when an image object displayed by superimposing on the schedule other than window window is moved or copied operating on the schedule window by the operation means, said storage means, said update request unit based on the update request from, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object, the information associated with the schedule window stored in the data, the image object display means, said moving or copied manipulated image object, the image of ジェクトに付帯するデータの前記スケジュールウインドウに対応付けられた情報に基づいて、前記スケジュールウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示させることを特徴とする。 Based on the information associated with the data the schedule window incidental to object, superimposed on the schedule window, characterized in that to be displayed on the display means.

また上記課題を解決するため、前記ネットワークシステムにおいて、前記画像オブジェクト表示手段によって、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトが前記スケジュールウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示された後であって、前記操作手段により前記スケジュールウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上へ移動又は複写操作されたとき、前記記憶手段は、前記更新要求手段からの更新要求に基づいて、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、前記画像オブジェクト表示手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクト Further, in order to solve the above problems, in the network system, the the image object display unit, even after the mobile or copy operation image object is displayed on the display means by superimposing on the schedule window, when an image object displayed by superimposing on the schedule window is moved or copied operations on a window other than the schedule window by the operation means, said storage means, based on the update request from the update request means Te, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object, the information associated with the window other than the schedule window stored in the data, the image object display means, the moving or copying operation image objects that have been 、当該画像オブジェクトに付帯するデータの前記スケジュールウインドウ以外のウインドウに対応付けられた情報に基づいて、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示させることを特徴とする。 , Based on the information associated with the window other than the schedule window data incidental to the image object, superimposed on the window other than the schedule window, characterized in that to be displayed on the display means.

また上記課題を解決するため、前記ネットワークシステムにおいて、前記複数のウインドウ毎に、少なくともウインドウ閲覧の可否を含むユーザアクセス権限を設定させる権限設定手段を有し、ユーザアクセス権限が設定されたウインドウにおいて、当該ウインドウ内で表示される画像オブジェクトは、ユーザアクセス権限を有するユーザ間で移動又は複写操作されることを特徴とする。 Further, in order to solve the above problems, in the network system, for each of the plurality of windows, has the authority setting means for setting user access rights, including the possibility of at least window browsing, the window is user access rights are set, image objects displayed in the window, characterized in that it is moved or copied operations between users with user access rights.

また上記課題を解決するため、前記ネットワークシステムにおいて、前記ウインドウ表示手段は、前記表示手段に、画像オブジェクトを一時的に保持するための作業フィールドであるメモ帳ウインドウを表示させ、前記メモ帳ウインドウ上、若しくは、前記スケジュールウインドウ又は前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上の画像オブジェクトを、相互のウインドウ上へ、当該画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、移動又は複写操作させることが可能であることを特徴とする。 Further, in order to solve the above problems, in the network system, said window display means, said display means to display a notepad window is a work field for temporarily holding the image object, on the Notepad window , or, wherein the image object on the window other than the schedule window or the schedule window, onto one another the window, while inheriting the data incidental to the image object, it is possible to move or copy operation to.

また上記課題を解決するため、前記ネットワークシステムにおいて、前記クライアント装置は、画像オブジェクトが、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上から前記スケジュールウインドウ上へ、前記移動又は複写操作されたとき、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウから継承された当該画像オブジェクトに付帯するデータと、前記前記スケジュールウインドウで利用されるべきデータとの差異に基づき、不足するデータを補完させる補完手段とを有することを特徴とする。 Further, in order to solve the above problems, in the network system, said client device, an image object, onto said from the window other than the schedule window schedule window when the moved or copied operation, other than the schedule window and data incidental to the image objects inherited from the window, based on a difference between the data to be utilized in the said schedule window, and having a complementary means for complementing the data to be insufficient.

なお、本発明の構成要素、表現または構成要素の任意の組合せを、方法、装置、システム、コンピュータプログラム、記録媒体などに適用したものも本発明の態様として有効である。 Incidentally, components of the present invention, any combination of representations or components, methods, apparatus, it is effective system, as an embodiment of the also present invention an application of computer programs, such as the recording medium.

本発明によれば、グループウェアの機能間における多様な情報を連携させ、利用者の操作性を向上するネットワークシステム、サーバ装置、及びグループウェアプログラムを提供することができる。 According to the present invention, by linking various information between the groupware function, a network system to improve the operability of the user, it is possible to provide a server apparatus, and a groupware program.

本発明に係るグループウェアシステム100のネットワーク構成図を示す。 It shows a network configuration diagram of a groupware system 100 according to the present invention. 本発明の実施形態に係るサーバ装置1のハードウェア構成の一例を示す。 It shows an example of a hardware configuration of the server device 1 according to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係るクライアント端末2のハードウェア構成の一例を示す。 It shows an example of a hardware configuration of the client terminal 2 according to the embodiment of the present invention. サーバ装置1及びクライアント端末2の一実施形態の主要な機能の構成を示す機能ブロック図である。 It is a functional block diagram showing a configuration of a main function of an embodiment of a server apparatus 1 and the client terminal 2. サーバ装置1の一実施形態の主要な機能コンポーネントの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of main functional components of one embodiment of a server device 1. 本発明に係るグループウェアの基本画面例を示す。 It shows a basic screen example of groupware according to the present invention. 付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 It shows the tag creation screen example for the tag created. 付箋データの構造例を示す。 Showing a structural example of the tag data. 掲示板・ウインドウ900の一例を示す。 It shows an example of a bulletin board window 900. 掲示板作成画面例を示す。 It shows the bulletin board creation screen example. 掲示板・ウインドウ900の一例を示す。 It shows an example of a bulletin board window 900. 付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 It shows the tag creation screen example for the tag created. 掲示板・ウインドウ900の一例を示す。 It shows an example of a bulletin board window 900. マトリクス・ウインドウ1400の一例を示す。 It shows an example of a matrix window 1400. マトリクス作成画面を示す。 It shows the matrix creation screen. マトリクス・ウインドウ1400の一例を示す。 It shows an example of a matrix window 1400. 付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 It shows the tag creation screen example for the tag created. マトリクス・ウインドウ1400の一例を示す It shows an example of a matrix window 1400 スケジュール・ウインドウ1900の一例を示す。 It shows an example of the schedule window 1900. 週表示のスケジュール・ウインドウ2000及び日表示のスケジュール・ウインドウ2100の一例を示す。 It shows an example of the week display schedule window 2000 and day display schedule window 2100 of. 付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 It shows the tag creation screen example for the tag created. スケジュール・ウインドウ1900の一例を示す。 It shows an example of the schedule window 1900. 本発明に係るグループウェアの基本画面例を示す。 It shows a basic screen example of groupware according to the present invention. 付箋データeの例を示す。 It shows an example of the tag data e. 付箋データgの例を示す。 It shows an example of the tag data g. 付箋データhの例を示す。 It shows an example of the tag data h. 付箋データiの例を示す。 It shows an example of the tag data i. 付箋gのコピーを説明する図である。 Is a diagram illustrating the copy of the tag g. 新たな付箋データの例を示す。 An example of a new tag data. 新たな付箋データの例を示す。 An example of a new tag data. 必須項目のデータ値の入力を促す画面例を示す。 Showing an example of a screen that prompts you to enter the data values ​​for the required item. 新たな付箋データの例を示す。 An example of a new tag data. 新たな付箋データの例を示す。 An example of a new tag data.

本発明を実施するための形態を各実施形態において図面を用いて説明する。 The embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings in the embodiments. なお、本発明を説明するにあたって、本発明のネットワークシステムの一実施形態であるグループウェアシステムに本発明を適用した例を以下に示す。 In the following description of the present invention, an example of applying the present invention to the groupware system which is an embodiment of a network system of the present invention are shown below.

[構成] [Constitution]
(ネットワーク) (network)
図1は、本発明に係るグループウェアシステム100のネットワーク構成図を示す。 Figure 1 shows a network configuration diagram of a groupware system 100 according to the present invention. 本発明に係るグループウェアシステム100においては、サーバ装置1及びクライアント端末2が、ネットワーク3を介して接続される。 In groupware system 100 according to the present invention, the server device 1 and client terminal 2 is connected via a network 3.

サーバ装置1は、本発明に係るグループウェアサーバであり、DB(Data Base)等を備え各種グループウェア機能をクライアント端末2に提供する。 Server device 1 is a groupware server according to the present invention, there is provided DB the (Data Base) various groupware functions provided with such a client terminal 2. クライアント端末2は、いわゆるユーザ端末である。 The client terminal 2 is a so-called user terminal. サーバ装置1を介して、クライアント端末2間で情報の共有等を行う。 Via the server apparatus 1, to share such information between the client terminal 2. クライアント端末2は、望ましくはPC(Personal Computer)により構成されるが、これに限られずPDA(Personal Digital Assistants)、携帯電話等の情報処理機器により構成されうる。 The client terminal 2 is desirably constitute a PC (Personal Computer), this limited without PDA (Personal Digital Assistants), it may be configured by an information processing device such as a mobile phone. ネットワーク3は、有線、無線を含むネットワークで、例えばLAN(Local Area Network)やWAN(Wide Area Network)で構成される。 Network 3 is wired in a network including wireless, for example, a LAN (Local Area Network) and WAN (Wide Area Network).

なお、図1は本発明の一実施形態を説明するにあたっての一ネットワーク構成例を示したものであり、サーバ装置1及びクライアント端末2は、アクセス可能な限り異なるネットワーク上に構築してもよいし、さらに後述する内部の機能部やDBは異なるサーバ上に構築されてもよい。 Incidentally, FIG. 1 shows an network configuration example of when describing one embodiment of the present invention, the server device 1 and client terminal 2 may be constructed on the accessible unless different networks , internal functional unit and DB to be further described later may be built on different servers.

(サーバ装置のハードウェア) (Hardware of the server device)
図2は、本発明の実施形態に係るサーバ装置1のハードウェア構成の一例を示す。 Figure 2 shows an example of a hardware configuration of the server device 1 according to the embodiment of the present invention. サーバ装置1は、CPU(Central Processing Unit)11、ROM(Read Only Memory)12、RAM(Random Access Memory)13、通信装置14、補助記憶装置15を含み、相互にバスライン16で接続され構成される。 Server device 1 includes a CPU (Central Processing Unit) 11, ROM (Read Only Memory) 12, RAM (Random Access Memory) 13, a communication device 14, an auxiliary storage device 15, are mutually connected by a bus line 16 configuration that.

CPU11は、マイクロプロセッサ及びその周辺回路から構成され、各種のプログラムに従って動作して各種の情報処理や演算処理、サーバ装置1各部又は全体の制御を行う中央演算処理装置である。 CPU11 is constituted by a microprocessor and its peripheral circuits, various information processing and processing operating according to various programs, a central processing unit for performing server device 1 each part or the entire control.

ROM12は、読み込み専用の所定の制御プログラムを格納するメモリであり、例えばサーバ装置1を動作させるための基本的なプログラムやパラメータなどが記憶される。 ROM12 is a memory for storing the read-only predetermined control program, such as basic programs and parameters for operating the server device 1 is stored.

RAM13は、CPU11がROM12や補助記憶装置15に格納されたプログラムを実行して各種の制御や動作を行うときの作業エリアとして使用するメモリである。 RAM13 is a memory used as a work area when the running program CPU11 is stored in the ROM12 and the auxiliary storage device 15 performs various controls and operations.

通信装置14は、ネットワーク3に接続され、サーバ装置1がクライアント端末2と行う通信を実現する通信装置である。 Communication device 14 is connected to the network 3 is a communication device that realizes communication performed server 1 and the client terminal 2.

補助記憶装置15は、例えば不揮発性のハードディスクなどによって構成された大容量記憶装置である。 The auxiliary storage device 15 is, for example, a mass storage device constituted by a nonvolatile hard disk. 補助記憶装置15には、各種動作を実現するプログラムや、各種データを格納したデータベースが記憶される。 The auxiliary storage device 15, and programs for realizing various operations, database storing various data are stored. プログラムは、例えばサーバ装置1を動作させるための基本的なプログラムであるOS(Operating System)や、通信装置14を制御する制御プログラム、本発明に係るグループウェアシステムを実現する為のグループウェアプログラム、及びその他のプログラムである。 Program, for example, OS (Operating System) and which is a basic program for operating the server device 1, a control program for controlling a communication device 14, groupware programs for realizing the groupware system according to the present invention, and is the other program. データベースは、例えば本発明に係るグループウェアシステムで利用される情報データベースである。 Database is the information database that is used in groupware systems, for example according to the present invention. CPU11が実行するグループウェアプログラムにより、機能ビューや付箋(電子付箋)などの画面データが生成されクライアント端末2に提供される。 The groupware programs CPU11 executes, screen data such as functional views and sticky (electronic sticky note) is provided is generated to the client terminal 2. また、クライアント端末2からの情報はデータベースに格納される。 Also, information from the client terminal 2 is stored in the database.

なお、サーバ装置1は、サーバ管理やメンテナンス用に、ディスプレイ装置で構成された表示装置、マウスやキーボードで構成された入力装置を備えることもできる(非図示)。 The server device 1 can be for server management and maintenance, the display apparatus constituted by a display device, also include an input device configured by a mouse and a keyboard (not shown).

(クライアント端末のハードウェア) (Hardware of the client terminal)
図3は、本発明の実施形態に係るクライアント端末2のハードウェア構成の一例を示す。 Figure 3 shows an example of a hardware configuration of the client terminal 2 according to the embodiment of the present invention. クライアント端末2は、CPU21、ROM22、ディスプレイ24、キーボード25、マウス26、通信装置27、補助記憶装置28を含み、相互にバスライン29で接続され構成される。 The client terminal 2, CPU 21, ROM 22, display 24, keyboard 25, mouse 26, the communication device 27 includes an auxiliary storage device 28, and are connected to each other through a bus line 29.

CPU21は、マイクロプロセッサ及びその周辺回路から構成され、各種のプログラムに従って動作して各種の情報処理や演算処理、クライアント端末2各部又は全体の制御を行う中央演算処理装置である。 CPU21 is constituted by a microprocessor and its peripheral circuits, various information processing and processing operating according to various programs, a central processing unit for performing client terminal 2 Control or overall control.

ROM22は、読み込み専用の所定の制御プログラムを格納するメモリであり、例えばクライアント端末2を動作させるための基本的なプログラムやパラメータなどが記憶される。 ROM22 is a memory for storing the read-only predetermined control program, such as basic programs and parameters for operating the client terminal 2 is stored.

RAM23は、CPU21がROM22や補助記憶装置28に格納されたプログラムを実行して各種の制御や動作を行うときの作業エリアとして使用するメモリである。 RAM23 is a memory used as a work area when the running program CPU21 is stored in the ROM22 and the auxiliary storage device 28 performs various controls and operations.

ディスプレイ24は、例えばCRT(Cathode Ray Tube)ディスプレイ、液晶ディスプレイ又はプラズマディスプレイなどの、ディスプレイ装置で構成される表示装置である。 Display 24, for example, a CRT (Cathode Ray Tube) display, such as a liquid crystal display or plasma display is a display device composed of a display device. ディスプレイ24は、文字や画像などを表示し、本実施形態では、サーバ装置1が送信する機能ビューや付箋などの画面データで定義された画面などを表示したり、ユーザが入力した文字情報や画像を表示できる。 Display 24, such as display characters or images, in this embodiment, view like screen server device 1 is defined in the screen data, such as functional view and tag for transmitting the character information or image inputted by the user It can be displayed.

キーボード25は、文字、数字、記号などを入力する文字キーやスペースやデリート、バックスペースなどの各種機能を指定する機能キーを備える。 Keyboard 25 includes letters, numbers, character keys and space and delete inputting a symbol, a function key to specify the various functions such as backspace. これら各種キーを押し下げることによりキーボード25から文字情報、数値情報の入力や機能の指定を行う。 Character information from the keyboard 25 by depressing these various keys, perform the specified input and function of the numerical information. 本実施形態では、キーボード25を用いて、付箋内容の入力や各種機能ビューの名称などの設定を行う。 In the present embodiment, using the keyboard 25, it performs settings such as the names of the input and various function views of the tag contents.

マウス26は、ポインティングデバイスであり、マウス26を移動させると、この移動に伴い、ディスプレイ24に表示されたマウスポインタや付箋なども移動するようになっている。 Mouse 26 is a pointing device, move the mouse 26, along with this movement, the mouse pointer or tag that is displayed on the display 24 is also adapted to move. またマウス26は、左ボタン、右ボタンなどのボタンを備えており、ディスプレイ24に表示された付箋やアイコン、ラジオボタン、チェックボックス、コンボボックスなどのオブジェクトにマウスポインタを合わせてマウス26のボタンを操作することで、これらオブジェクトに対応した機能を選択することができる。 The mouse 26, the left button, equipped with a button, such as the right button, sticky notes and icons are displayed on the display 24, radio buttons, check box, move the mouse pointer to the object, such as a combo box on the button of the mouse 26 by manipulating you can select a function corresponding thereto object. 本実施形態では、マウス26を用いて、サーバ装置1が提供する付箋、アイコン、ラジオボタン、チェックボックス、コンボボックスなどのオブジェクトや各種機能ビューなどの画面を操作する。 In the present embodiment, by using the mouse 26, sticky note that the server device 1 is provided, icons, radio buttons, check boxes, control screen, such as objects and various features views such as a combo box.

通信装置27は、ネットワーク3に接続され、クライアント端末2がサーバ装置1と行う通信を実現する通信装置である。 Communication device 27 is connected to the network 3 is a communication device for the client terminal 2 realizes the communication performed with the server device 1. クライアント端末2は、通信装置27を介してサーバ装置1と通信し、機能ビューや付箋などの画面データの受信及びユーザが入力したデータの送信を行う。 The client terminal 2 via the communication device 27 communicates with the server device 1, and transmits the data received and the user inputs the screen data such as functional views and sticky.

補助記憶装置28は、例えば不揮発性のハードディスクなどによって構成された大容量記憶装置である。 The auxiliary storage device 28 is, for example, a mass storage device constituted by a nonvolatile hard disk. 補助記憶装置15には、例えば、クライアント端末2を動作させるための基本的なプログラムであるOSや通信装置27を制御するプログラム、サーバ装置1が提供するグループウェアサービスを利用する為の閲覧プログラム(例えば、ウェブブラウザプログラムや専用ビューアプログラム)、仮名漢字変換プログラムといった各種プログラムやデータなどが記憶される。 The auxiliary storage device 15, for example, the basic program in which the OS and the program for controlling the communication device 27, viewing program for use groupware service server apparatus 1 is provided for operating the client terminal 2 ( For example, a web browser program or a special viewer program), various programs and data are stored such kana-kanji conversion program. これらのプログラムのうち、閲覧プログラムは、グループウェアのビューア機能を実現するプログラムである。 Of these programs, browsing program is a program that realizes the viewer function of groupware.

なお、閲覧プログラムとしてウェブブラウザを適用した場合、CPU21は、このブラウザ機能により、ディスプレイ24にブラウザ画面を表示する。 It should be noted that, in the case of applying the web browser as a browsing program, CPU21 is, by this browser function, to display the browser screen on the display 24. ブラウザ画面は、接続先のウェブサイトを特定するURL(Uniform Resource Locator)を入力するURL入力欄を備えており、サーバ装置1が送信した画面データで定義される画面を表示する。 Browser screen, URL identifying the destination website includes a URL input column for inputting a (Uniform Resource Locator), a screen for the server device 1 is defined in the screen data transmitted. CPU21は、ブラウザ機能を用いてURL入力欄に入力されたURLで特定されるウェブサイトにクライアント端末2を接続したり、サーバ装置1から受信した画面データを解釈して、機能ビューや付箋などの画面をブラウザ画面に表示したりする。 CPU21 is, connect the client terminal 2 to the website specified by the URL entered in the URL input column using a browser function interprets the screen data received from the server device 1, such as functional views and sticky or to display the screen on the browser screen.

またCPU21は、ブラウザ機能を用いてユーザがブラウザ画面から入力した情報をサーバ装置1に送信することもできる。 The CPU21 can also transmit information input by the user via the browser screen using a browser function in the server device 1. 例えば、ブラウザ画面に表示されたアイコン、ラジオボタン、チェックボックス、ボタン、付箋などの画像オブジェクトをマウス操作でクリックすることにより、これらオブジェクトが選択された旨を示す信号をサーバ装置1に送信したり、或いはブラウザ画面に表示された入力欄から文字情報を入力して、サーバ装置1に送信したりすることができる。 For example, sending icon displayed on the browser screen, radio buttons, check boxes, buttons, images objects such as sticky by clicking with the mouse, a signal indicating that these objects are selected in the server apparatus 1 or enter the text information from the input field displayed on the browser screen, or can be transmitted to the server device 1. また、補助記憶装置28に記憶される画像ファイル、テキストファイル、ワープロや表計算などのアプリケーションで利用されるファイルなど、各種ファイルをブラウザ画面上で指定してサーバ装置1に送信することもできる。 The image file stored in the auxiliary storage device 28, a text file, such as a file to be used in applications such as word processing or spreadsheet, various files can be transmitted by specifying on the browser screen to the server device 1.

このようにウェブブラウザプログラムをCPU21に実行させることにより、ユーザはサーバ装置1と双方向に情報の送受信を行うことができる。 In this way, by executing the Web browser program to CPU 21, the user can transmit and receive information to the server apparatus 1 bidirectionally. 本実施形態では、CPU21はブラウザ機能を用いて、サーバ装置1が提供する各種グループウェア機能をユーザに提供する。 In the present embodiment, CPU 21 by using the browser function, provides various groupware function server device 1 is provided to the user.

(サーバ装置及びクライアント端末の機能) (Server device and the functions of the client terminal)
本発明に係る実施形態のサーバ装置1及びクライアント端末2の主な機能について説明する。 To describe the main features of the embodiments of the server device 1 and client terminal 2 according to the present invention. 本発明に係る実施形態のサーバ装置1は、上述したようにグループウェアサーバであるので、一般的な各種グループウェア機能を、ネットワークを介してクライアント端末2に提供する。 Server device 1 of the embodiment according to the present invention, since it is groupware server, as described above, various general groupware function is provided to the client terminal 2 through the network. 例えば、クライアント端末2は、サーバ装置1にアクセスして、「掲示板」、「スケジュール」、「マトリクス」等の機能ビューを表示させる。 For example, the client terminal 2, and access to the server device 1, "bulletin board", "schedule", to display the function view such as "matrix". そして、クライアント端末2は、表示画面等に表示された各機能ビューを操作し、個人又はグループメンバー単位で情報管理、情報伝達、情報共有等を行いながら、個人又はグループ業務等を遂行する。 Then, the client terminal 2, to operate each function view that is displayed on the display screen or the like, information management in individual or group member unit, information transmission, while information sharing, etc., carry out an individual or group work, and the like.

図4は、サーバ装置1及びクライアント端末2の一実施形態の主要な機能の構成を示す機能ブロック図である。 Figure 4 is a functional block diagram showing a configuration of a main function of an embodiment of a server apparatus 1 and the client terminal 2. 図に示されるように、サーバ装置1は、記憶部101、送信部102を含む構成である。 As shown, the server device 1 includes a storage unit 101, a configuration including a transmission section 102. また、クライアント端末2は、ウインドウ表示部201、画像オブジェクト表示部202、操作部203、更新要求部204を含む構成である。 The client terminal 2, the window display unit 201, an image object display unit 202, operation unit 203 is configured to include an update request unit 204. より詳しくは後述するので、各機能についてここでは簡単に説明する。 Since more detail later, here it will be briefly described the functions. なお、図4は本発明を便宜的に説明する為の機能ブロック図であり、上述している通り本発明に係るサーバ装置1はグループウェアサーバであるので、グループウェア機能を実現する為の各種一般機能は当然に有している(非図示)。 Incidentally, FIG. 4 is a functional block diagram for explaining the present invention for convenience, since the server device 1 according to the present invention as has been described above is a groupware server, various for implementing the groupware function general functions are naturally a (not shown). またクライアント端末2についても、上述している通り本発明に係るクライアント端末2はクライアント端末であるので、グループウェア機能を利用操作する為の各種一般機能は当然に有している(非図示)。 The regard to the client terminal 2, since the client terminal 2 according as the present invention which have been described above are client terminal, various general functions for use operating the groupware function is naturally a (not shown).

まず、サーバ装置1の記憶部101は、グループウェア機能を実現するための作業フィールドであるウインドウに関する情報と、ウインドウ上に重畳して表示させる画像オブジェクトに関する情報と、画像オブジェクトに付帯するデータとを記憶する機能を有している。 First, the storage unit 101 of the server device 1 includes information about the window is a work field for realizing a groupware function, and information relating to the image object to be displayed superimposed on the window, and data incidental to the image object and it has a function to store. ウインドウは、例えば機能ビューのウインドウなどが相当し、画像オブジェクトは、例えば付箋などに相当する。 Window, for example, is equivalent window functions view, image object corresponds to, for example, like the tag. また画像オブジェクトに付帯するデータは、例えば付箋に紐付いくデータ情報である。 The data incidental to the image object is a pegging going data information, for example the tag. つまり、記憶部101は、クライアント端末2側でグループウェア利用にあたって必要とされる表示情報やデータを記憶している。 That is, the storage unit 101 stores the display information and data required when groupware utilization at the client terminal 2 side. これら情報やデータは、クライアント端末2に送信され、ユーザがグループウェア機能を好適に利用できるような表示形態で表示画面上に表示される。 These information and data are transmitted to the client terminal 2, the user is displayed on the display screen in the display mode, such as can be suitably used groupware functions.

ここで記憶部101では、画像オブジェクトに付帯するデータを、重畳して表示されるウインドウに対応付けて記憶し、画像オブジェクトに付帯するデータが複数いずれのウインドウ上にあっても画像オブジェクトが付帯するデータを全てデータ項目内に格納可能となっている。 The storage unit 101 where the data to be attached to the image object, and stored in association with the window displayed by superimposing, the data incidental to the image object is an image object is incidental be on multiple any windows all of the data has become can be stored in the data item. 具体的に、まず各機能ビューはそれぞれ本来の役割があるので、機能ビュー毎に求められる情報には差異がある。 Specifically, since each function views First there are original role each there is a difference in the information required for each function view. スケジュール等の機能ビューであれば、時間情報は必須であるが、一方マトリクス等の機能ビューであれば必ずしも時間情報は必須でなく、むしろタスクの重要度を示す位置情報が必須である。 If a functional view of such a schedule, the time information is essential, whereas always time information if a functional view of the matrix such is not essential, it is essential position information rather indicating the importance of the task. 従って記憶部101がDBで構成される場合、DB101は画像オブジェクトがどの機能ビュー上に配置されていても、保持されるべきデータを全て格納可能にスキーマ構築される。 Therefore if the storage unit 101 is composed of DB, DB 101 is also be disposed on any functional view image objects, are all able to store schema constructs the data to be retained. このため画像オブジェクトがどの機能ビュー上に配置されても全てのデータを格納できるようになっている。 Therefore it is arranged in the image object on which function views are to be able to also store all of the data. これはいずれの機能ビュー上であっても、機能ビュー毎で利用される多様な情報をシームレスに利用できるようにするためである。 This even on any function view, is so that a variety of information used in each function view available seamlessly. この点、詳細は再度後述する。 In this regard, details of which will be described later again. なお、以下の実施形態において、記憶部101はDB101として説明する。 In the following embodiments, the storage unit 101 will be described as DB 101.

送信部102は、記憶部101により記憶されたウインドウに関する情報、画像オブジェクトに関する情報、画像オブジェクトに付帯するデータなどを、クライアント端末2に送信する機能を有する。 Transmitting unit 102 includes information about the stored window in the storage unit 101, information on the image object, and data incidental to the image object, the function of transmitting to the client terminal 2. これら情報やデータは、クライアント端末2に送信され、ユーザがグループウェア機能を好適に利用できるような表示形態で表示画面上に表示される。 These information and data are transmitted to the client terminal 2, the user is displayed on the display screen in the display mode, such as can be suitably used groupware functions.

次に、クライアント端末2のウインドウ表示部201は、サーバ装置1より送信されたウインドウに関する情報に基づいて、複数のウインドウを表示手段(例えばディスプレイ24)に表示させる機能を有する。 Next, the window display unit 201 of the client terminal 2, based on the information about the window that has been transmitted from the server device 1 has a function of displaying on the display a plurality of windows means (e.g., display 24). 具体的に、例えば機能ビューである「掲示板」、「スケジュール」、「マトリクス」の機能ビューをクライアント端末2のディスプレイ24に表示させる。 Specifically, for example, it is a functional view "bulletin board", "schedule", to display the function view of the "matrix" on the display 24 of the client terminal 2. クライアント端末2は、ディスプレイ24上、この機能ビューを同時に複数表示させることができる。 The client terminal 2, the display 24 on, it is possible to more displays this functionality view simultaneously. ユーザは、クライアント端末2の画面に表示されたこれら機能ビューを使用して、ユーザは個人又はグループメンバー単位で、情報管理、情報伝達、情報共有等を行う。 User, displayed on the screen of the client terminal 2 by using these features views, the user is a person or group member unit, information management, communication, share information and the like.

また、画像オブジェクト表示部202は、サーバ装置1より送信された画像オブジェクトに関する情報に関する情報に基づいて、画像オブジェクトをウインドウ上に重畳して表示手段に表示させる機能を有する。 The image object display unit 202, based on the information about the information on the image object sent from the server device 1 has a function of displaying on the display means by superimposing the image object on the window. 具体的に、画像オブジェクトの一例としての「付箋」を各機能ビュー上に表示させる。 Specifically, to display "sticky" as an example of an image object on each function views. 付箋には、「掲示板」機能ビューであれば、掲示すべき掲示情報などが保持される。 The tag, if the "bulletin board" function view, such as posting information to be posted is held. 「スケジュール」機能ビューであれば、ユーザ個人やグループの管理すべきスケジュール情報などが保持される。 If "schedule" functional view, such as schedule information to be managed for individual users or groups are held. 「マトリクス」機能ビューであれば、ユーザ個人やグループの管理すべきタスク情報などが保持される。 If the "matrix" function view, and task information to be managed by the individual user or group is held.

操作部203は、表示手段により表示される第一のウインドウ上の画像オブジェクトを、第一のウインドウ上から第二のウインドウ上へ移動又は複写操作させる機能を有する。 Operation unit 203 has a function of an image object on the first window displayed by the display means, moving or copying operation from the first window to the second window. 具体的に、クライアント端末2の画面上に表示される複数の機能ビュー間で、上述の付箋を移動又は複写操作させる機能を提供する。 Specifically, among a plurality of functions view displayed on the screen of the client terminal 2, it provides a function of moving or copying operation of the above tag. その際、付箋に付帯されているデータ(複数のデータ項目を含む)は、移動先の機能ビューにおいても利用可能なように継承される。 At this time, data that is attached to the tag (including a plurality of data items) is also inherited as available in the functional view of the destination. この点詳細は再度後述する。 This point will be described in detail later again.

更新要求部204は、画像オブジェクトが前記移動又は複写操作されたとき、サーバ装置1に当該画像オブジェクトに付帯するデータの更新要求を行う機能を有する。 Update request unit 204, when the image object is the moving or copying operation has a function of performing an update request for the data to be attached to the image object to the server device 1. なお、 前更新要求が行われたとき、サーバ装置1の記憶部101は、移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ移動先の第二のウインドウに対応付けて、付帯するデータをデータ項目内に格納する。 Incidentally, when the front update request has been made, the storage unit 101 of the server device 1, in association with the destination of the second window while inheriting the data incidental to move or copy operation image object, incidental and it stores the data in the data item.

以上これらの機能は、実際には上述のCPU11及びCPU21が実行するプログラムによりコンピュータに実現させるものである。 Or more of these functions, is used for realizing the computer by actually program above CPU11 and CPU21 performs is.

(機能コンポーネント) (Functional components)
次に、本発明に係る実施形態のサーバ装置1に具体的に実装される機能コンポーネントについて説明する。 Next, a description will be given of the function components in the server device 1 of the embodiment of the present invention is specifically implemented. 図5は、サーバ装置1の一実施形態の主要な機能コンポーネントの構成を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing the configuration of main functional components of one embodiment of a server device 1. 本発明に係る実施形態のサーバ装置1は、上述した各機能部の機能をより具体的に実現する為、以下の機能コンポーネント(機能プログラム)を有している。 Server device 1 of the embodiment according to the present invention, in order to more specifically achieve the functions of the functional units described above, has the following functional components (function program). なお、一実施形態としてのサーバ装置1は、機能ビューに関し、「掲示板」、「スケジュール」、「マトリクス」の機能ビューをクライアント端末2に提供するが、これら機能ビューに限定されず、グループウェアに関するその他の機能ビューを備えるようにすることも可能である。 The server device 1 as one embodiment relates to functional view, "BBS", "Schedule", provides a functional view of the "matrix" to the client terminal 2 is not limited to these features views relates groupware it is also possible to include other functions view. 以下、各機能コンポーネントを説明する。 Below, an explanation will be given of functional components.

表示コンポーネント501は、クライアント端末2に対して入出力に関する画面制御を行ない、グループウェア機能の基本画面(基本ウインドウ)等の表示全般を行なうコンポーネントである。 Display component 501 is a component that performs screen control the input-output to the client terminal 2, and displays in general such as a basic screen of the groupware function (Basic Window). 表示コンポーネント501による基本画面の操作を介して、各種コンポーネントへ各種操作指示がなされる。 Through the operation of the basic screen by the display component 501, various operation instruction is given to the various components. 例えば、ユーザは基本画面の操作を介して、付箋コンポーネント502に付箋作成指示を行ったり、掲示板コンポーネント511に掲示板を表示する指示を行うことで、サーバ装置1によるグループウェア機能全般を利用することができるようになっている。 For example, the user via the operation of the basic screen, or perform tag creation instruction to the sticky component 502, by giving an instruction to display the bulletin board on a bulletin board component 511, utilize a groupware function General by the server device 1 It has become possible way.

付箋(画像オブジェクト)コンポーネント502は、各種機能ビュー及びメモ帳上に自由に配置される付箋(画像オブジェクト)の作成、付帯される情報内容の表示、機能ビュー及びメモ帳間の付箋画像イメージの操作(例えば移動等)及び操作に伴うデータ設定等の制御を行なうコンポーネントである。 Tag (image object) component 502 creates a tag that is freely arranged in various functions view and notepad on (image object), the display of the supplementary is the information content, the operation of the tag image image between functional view and notepad (e.g., movement or the like) is a component for performing control such as data set associated with and operation. なお、付箋に付帯されるデータについての詳細は後述する。 For details of the data to be attached to the tag will be described later.

メモ帳コンポーネント503は、付箋(画像オブジェクト)を一時的に保持する一時作業フィールドであるメモ帳フィールドの表示を行うコンポーネントである。 Notepad component 503 is a component for displaying the notepad field is temporary work field for temporarily holding the tag (image object). メモ帳には、自由に付箋を貼り付けて置いておくことができるので、各機能ビューに配置する前の情報の整理スペースや、詳細が決定されていないToDoリストの保管場所などとして利用できる。 In Notepad, since it is possible to keep free to paste the tag, organize space and information prior to placement in each function view, it can be utilized as a storage location of the ToDo list that has not been determined details.

DBアクセスコンポーネント504は、他のコンポーネントからの要求に応じて、データが格納された上述のDB101に対し、データの検索、更新、追加、及び削除の処理を行うコンポーネントである。 DB access component 504, in response to a request from other components, to DB101 the above-described data is stored, the data retrieval, updating, a component that add, and delete processing.

機能ビュー510は、掲示板コンポーネント511、マトリクスコンポーネント512、スケジュールコンポーネント513等で構成される。 Features View 510, bulletin board component 511, matrix component 512, and a schedule component 513 and the like. 上述したように、グループウェア機能に応じて、その他の機能コンポーネントを含んで構成されることも可能である。 As described above, according to the groupware function, it is also possible to be configured to include other functional components.

掲示板コンポーネント511は、グループウェア機能の一構成要素である掲示板の作成や、閲覧や操作可能なユーザの権限を設定するコンポーネントである。 Bulletin board component 511, to create and bulletin board is a component of the groupware function, which is a component for setting the permissions for viewing and operable user. 掲示板は、付箋(画像オブジェクト)を掲示板上に配置(貼り付け)することで情報掲示板として活用される。 BBS is used as information bulletin board by tag disposed (image object) on the bulletin board (Paste).

マトリクスコンポーネント512は、グループウェア機能のマトリクスの作成や、基本画面上の機能ビューの一構成要素である。 Matrix component 512, create and matrix of groupware function, which is one component of the function view on the basic screen. マトリクスは、遂行されるべきタスク情報としての付箋をマトリクス上に配置(貼り付け)することで、タスク管理等に利用される。 Matrix by placing the tag of the task information to be performed in a matrix (pasting), is used for the task management.

スケジュールコンポーネント513は、グループウェア機能のスケジュールの表示を行うコンポーネントである。 Schedule component 513 is a component for displaying the schedule of the groupware functions. スケジュールは、日、週、月、年単位などの暦(カレンダー)形式のスケジュール表に、付箋を配置することで、スケジュール管理等に利用される。 Schedule, day, week, month, the schedule of the calendar (calendar) format, such as a yearly basis, by placing a sticky note, is used to schedule management and the like. スケジュールコンポーネント513は、スケジュール表の付箋をユーザやグループに伝言として送信することもできる。 Schedule component 513 can also be sent as message to sticky schedule to users and groups. また、スケジュール表の選択を行うことで、ユーザ個人のスケジュールや他のユーザのスケジュール、グループのスケジュールといった表示対象を選んで表示できる。 In addition, by performing the selection of the schedule, it can be displayed by selecting a display object such as the user's personal schedules and other user's schedule, a group of schedule.

以上、本発明のネットワークシステムの一実施形態であるグループウェアシステム100の構成として、サーバ装置1及びクライアント端末2のハードウェア、各機能ブロック、及びサーバ装置1の機能コンポーネントについて説明したが、次に具体的な画面例等を参照しながらより具体的に説明をしていく。 Above, as a groupware system 100 which is an embodiment of a network system of the present invention, the server device 1 and client terminal 2 of the hardware, each function block, and have been described functional components of the server apparatus 1, then continue to the more specifically described with reference to specific example screen like.

[実施形態1:概要] Embodiment 1: Summary
まず本実施形態1においては、本発明に係るグループウェアの概要(基本画面、機能ビュー、メモ帳、付箋、付箋データ)、及び付箋の操作概要(作成、編集、移動等)について説明を行う。 In Embodiment 1 First, overview of the groupware according to the present invention (basic screen, function view, notepad, sticky, tag data), and an operation overview of the tag (create, edit, move, etc.) On description given. その上で、後述の実施形態2〜5において、各機能ビューについて個々説明していく。 On top of that, in the embodiment 2-5 will be described later, going to the individual description of each function views.

ユーザはクライアント端末2において、当該基本画面600を操作しグループウェア機能全般を利用することができるようになっており、例えば、掲示板における情報閲覧や情報掲載、スケジュール表における個人又はグループメンバーのスケジュール管理、マトリクスにおけるタスク管理といったサーバ装置1が提供するグループウェア機能を利用することができる。 The user at the client terminal 2, has become to be able to use the groupware functions General to operate the basic screen 600, for example, information browsing and information published in the bulletin board, schedule management of individual or group members in the schedule table You can utilize the groupware function server device 1, such as task management in the matrix is ​​provided.

クライアント端末2の閲覧プログラムとしてウェブブラウザを適用した場合、ディスプレイ24にブラウザ画面が表示される。 If you apply a web browser as a browsing program of the client terminal 2, the browser screen is displayed on the display 24. ブラウザ画面600は、接続先のウェブサイトを特定するURLを入力するURL入力欄640を備えており、サーバ装置1が送信した画面データで定義される画面が表示される。 Browser screen 600 is provided with a URL input column 640 for inputting a URL identifying the destination website, screen server device 1 is defined in the screen data sent is displayed.

基本画面600は、大きく機能ビュー・ウインドウ610と、メモ帳・ウインドウ620とに分けて構成される。 The basic screen 600 includes a large function view window 610, and is divided into the Notepad window 620. 機能ビュー・ウインドウ610は、各種機能ビューを切替えながら、又は同時に表示させながら、サーバ装置1が提供するグループウェア機能を利用することができるいわばメインウインドウである。 Function view window 610, while switching various functions view, or while displaying simultaneously, so to speak main window which can utilize the groupware function server apparatus 1 is provided. 図6においては、掲示板611の機能ビューが表示され、掲示板のウインドウ内には掲示物としての付箋a〜dが掲示されている。 6 is displayed functional view Wall 611, sticky a~d as posting is posted on the bulletin board of the window. また掲示板といっても、複数の掲示板を作成できるので、切替え操作により参照したい掲示板の切替えを行うことができる。 Also to say that bulletin board, it is possible to create multiple bulletin board, it is possible to perform the switching of the bulletin board that you want to see by the switching operation. 但し、後述するように、ユーザの権限によっては表示されない掲示板も存在する。 However, as described later, there Boards not be displayed by the user's privileges. また、その他のスケジュール612やマトリクス613の機能ビューについては、機能ビュー選択タブ611〜613を操作すれば、機能ビューの切替え、又は同時にも表示(マルチウインドウ形式という)させることができる。 As for the features views of other schedules 612 and matrix 613, by operating the function view selection tabs 611-613, switching functions view, or can also be displayed (called multi-window format) simultaneously.

メモ帳・ウインドウ620は、付箋を一時的に保持する一時作業フィールドとして利用される。 Notepad window 620 is used as a temporary work field to temporarily hold the tag. メモ帳には、新たに作成、又は機能ビューから移動又は複写してきた付箋を暫定的に置いておくことができるので、各機能ビューに配置する前の情報の整理スペースや、詳細が決定されていないToDoリストの保管場所などとして利用できる。 The notepad, newly created, or function because the tag which has moved or copied from the view can keep tentatively organize space and in front of the information to be placed in each functional view, have been determined details It can be utilized as a storage location of no ToDo list. 図6のメモ帳・ウインドウ620においては、付箋e、fが置かれており、これら付箋e、fは、各種機能ビュー上に移動又は複写することができる。 In Notepad window 620 in FIG. 6, Sticky e, and f are placed, these sticky e, f can be moved or copied on the various functions view.

新たに付箋を作成する場合、付箋作成(アイコン)630を押下することにより、各機能ビュー又はメモ帳上に、画像オブジェクトとしての付箋を作成することができる。 When creating a new tag, by depressing the tag creation (icon) 630 can each feature views or notepad on, to create a tag as an image object. 続いて、付箋の作成等について説明する。 Next, a description will be given of sticky notes of creating such.

(付箋の作成) (Creation of the tag)
本実施形態において、付箋(電子付箋)はグループウェアで取り扱われる情報を伝達する為の情報伝達媒体である。 In the present embodiment, tag (electronic sticky note) is a communication medium for transmitting the information handled by the groupware. 一般に付箋は書類整理等の用途で用いられる小さな紙として知られている。 Generally tag is known as a small paper used in applications such as filing. 紙製の付箋には微力な粘着物が塗られているので、付箋内にメモを記載して至る所に自由に貼り付けたり剥したりできる。 Since the poor ability of slime in a paper tag has been painted, you can peel off or stuck to freedom everywhere describes a memo to the tag. 本実施形態においては、そのような紙製の付箋イメージを、UIや操作性の向上の観点から直感的にグループウェアを利用できるよう、付箋をグループウェアの情報伝達媒体として適用したものである。 In the present embodiment, a tag image of such made of paper, so the availability of intuitively groupware from the point of view of improving the UI and operability, it is obtained by applying the tag as groupware information delivery media. 従って、本実施形態の付箋はあくまで画像オブジェクトの一例であり、付箋という画像オブジェクトに限られるものでないことはいうまでもない。 Thus, sticky present embodiment is only an example of an image object, it is needless to say not limited to the image object called tag.

図7は、付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 Figure 7 shows the tag creation screen example for the tag created. 付箋を作成する場合、ユーザはクライアント端末2の画面(表示画面)上において、図6の付箋作成(ボタン)630を、マウス26を用いて例えば左クリック操作を行う。 When creating a tag, the user on the screen of the client terminal 2 (display screen), a tag creation (button) 630 of FIG. 6, performs a left-click operation using, for example, a mouse 26. すると図7に示される付箋作成画面700が表示される。 Then tag creation screen 700 shown in FIG. 7 is displayed. タイトル入力欄701、内容入力欄702をそれぞれ入力し、確定703を押下すると、付箋が作成(登録)され、機能ビュー611〜613やメモ帳620上の作業フィールド上に付箋が貼り付けられて表示される。 Type title input field 701, a content input box 702, respectively, and presses the confirmation 703, the tag is created (registered), features views 611-613 or Notepad display tag is attached on the working field on 620 It is.

なお、いずれの機能ビュー611〜613、又はメモ帳620上に付箋を配置するかは、例えばポインティングデバイスでターゲットとなる機能ビューやメモ帳を指定してもよいし、付箋作成画面700内で指定できるようにしてもよい。 Note that any functional view 611 to 613, or whether to place sticky on the notepad 620, for example, may be designated a functional view or notepad as a target by a pointing device, designated by the tag creation screen 700. it may be able to.

一方、付箋作成画面700においてキャンセル704を押下すると付箋作成をキャンセルできる。 On the other hand, it can be canceled tag creation and presses the cancel 704 in tag creation screen 700.

なお、図7に示される付箋作成画面700は、メモ帳上に付箋が作成される場合の付箋作成画面例とする。 Note that tag creation screen 700 shown in FIG. 7, a tag creation screen example when the tag is created on the notepad. 各機能ビューによって入力される必須項目に差異があるので、付箋作成画面もまた各機能ビューによって少々異なるからである。 Because there is a difference in the essential items that are input by each function view, it is because a little different depending on sticky notes create screen also each function view. 各機能ビューにおける付箋作成画面は各機能ビューの説明において別途説明する。 Tag creation screen in each functional view separately described in the description of each function views.

付箋作成動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋作成指示機能、付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の付箋作成機能、内容表示機能、入力設定機能と、機能ビュー510の各機能ビューコンポーネント511〜513及びメモ帳コンポーネント503の付箋貼り付け機能とを用いて行われる。 Sticky formation operation functional component configuration tag creation instruction function of the display component 501 (FIG. 5), and the label display function, tag creation function of sticky component 502, content display function, an input setting function, the function views 510 function view is performed by using the tag pasting functions of components 511 to 513 and notepad component 503. また、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 Also, tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504.

(付箋データ) (Tag data)
ここで、作成された付箋(画像オブジェクト)に付帯されるデータについて説明する。 The following describes the data that is attached to the tag (image object) that is created. 以下、便宜的にこれを付箋データという。 Hereinafter, for convenience this is called tag data.

図8は、付箋データの構造例を示す。 Figure 8 shows an example of the structure of tag data. 付箋コンポーネント502が作成する付箋は図に示されるようなデータ構造を有している。 Sticky notes sticky component 502 creates has a data structure as shown in FIG. 本発明に係る付箋は、いずれの機能ビュー上、メモ帳上においても作成、配置可能であるので、いずれの作業フィールド上に配置されてもよいように、予めデータ項目を全てが格納可能なようなデータ構造とされる。 Tag according to the present invention, on any functional view, also created on notepad, so can be placed, either work as may be disposed on the field, previously so that all the data items can be stored It is a data structure. 上述の付箋作成画面700で一の付箋が作成されると、DB101において一の付箋毎につきデータがこれらデータ項目が格納される。 When the above-described tag creation screen 700 in one tag is created, the data per each one sticky in DB101 these data items are stored.

図8の付箋データの構造例において、「項目名(データ項目名)」、「項目の説明」、「メモ帳」、「掲示板」、「マトリクス」、「スケジュール」の欄が示されている。 In the example of the structure of the tag data of FIG. 8, "item name (data item name)", "description of item", "Notepad", "bulletin board", "matrix", has been shown to the column of "schedule". 「項目名」は、各データ項目の名称を示し、「項目の説明」には、項目の説明が説明されている。 "Item name" indicates the name of each data item, the "description of item" is a description of the items are described. 「メモ帳」、「掲示板」、「マトリクス」、「スケジュール」は、付箋の配置可能な各作業フィールドにおいて各項目(データ項目)が必須、任意であるかを示すものである。 "Notepad", "bulletin board", "matrix", "schedule", each item (data item) in each work field that can be placed in the sticky note is required, and shows whether it is arbitrary. 例えば、No6、7、9、10の項目は、作業フィールド上の付箋の配置位置及び形状(大きさ)を示すデータ項目であるが、そのデータ項目の性格上、「メモ帳」や、「掲示板」及び「マトリクス」の機能ビューにおいては必須の情報である。 For example, items of No6,7,9,10 is a data item indicating the working field on sticky arrangement position and shape (size), the nature of the data item, and "memo pad", "BBS is an essential information in the features view, "and" matrix ". これらデータ項目がない場合、作業フィールド上のどこに、どのような大きさの付箋を配置すればよいか決定できない。 When these data items are not, anywhere on the work field, it can not be determined whether it is sufficient to place the tag in any size. 一方、「スケジュール」の機能ビューは、後述するように、日、週、月、年単位などの暦(カレンダー)形式のスケジュール表内に付箋が配置されるので、特段これらの情報は必要でない。 On the other hand, it features a view of the "schedule", as will be described later, day, week, month, since the tag in the calendar (calendar) format schedule in the table, such as the year the unit is located, not these information otherwise required. 従って任意とされる。 Thus it is arbitrary. 任意という意味は、付箋が「スケジュール」で利用される場合、任意データ項目の値は参照(使用)されないが、データ項目として値を保持していてもよいということである。 Means that any, if the tag is used in the "schedule", the value of any data item is not referred (used), it is that the value as a data item may be held. この点、各項目(各データ項目)は、各機能ビューコンポーネント510やメモ帳コンポーネント503により、各機能ビュー又はメモ帳に対応する表示形式で表示コントロールが行われる。 In this regard, each item (each data item) is a respective functional view component 510 or Notepad component 503, the display control executed on the display format corresponding to each function views or Notepad.

なお、各「項目名」の説明は、図8の「項目の説明」の欄にここでは一旦譲るとして、以下説明していく実施例中において適宜触れて説明していくものとする。 Incidentally, the description of each "item name" shall will be described touching appropriately as yield once here in the column of "Description of items" in Fig. 8, in the description to go examples in the following.

早速、上述の付箋の作成に振り返り、図8を参照して説明する。 Immediately, looking back to the creation of the aforementioned sticky, it will be described with reference to FIG. 例えば、メモ帳上に付箋が作成された場合に当てはめてみると、付箋データには、少なくとも必須項目であるNo1、2、5〜7、9、10、18〜21、23が設定される。 For example, looking fit when tag is created on notepad, the tag data is at least essential items No1,2,5~7,9,10,18~21,23 is set. また、タイトル入力欄701や内容入力欄702が入力されていれば(図7)、No3、4も併せて設定される。 Further, if the title input field 701 and content input box 702 is entered (FIG. 7), is set also to No. 3 and 4. そして、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 The tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504. なお、No6、7、9、10、23(公開)は、付箋データ上必須項目であるが、付箋作成時のデフォルト値としては所定値が設定されればよい(後にも変更可能)。 Incidentally, No6,7,9,10,23 (public) is a required item on tag data (can also be changed later) the predetermined value may be set as the default value when the tag creation. またNo1、2、5、18〜21は、直接ユーザにより入力されなくとも自動的にこれら情報は取得されて入力される。 The No1,2,5,18~21 automatically these information without input by direct user input is acquired.

(付箋の編集、内容表示の動作例) (Tag editing, example of the operation of the content display)
再び図6を参照する。 Referring again to FIG. 6. メモ帳・ウインドウ620内や機能ビュー・ウインドウ610内に作成された付箋の編集又は付箋の内容の表示を行う場合、ユーザは、マウス26を用いて図6の付箋a〜fに対し、例えばダブルクリック操作を行う。 Case of displaying the contents of the editing or sticky Sticky created Notepad window 620 within or functional view window 610, the user, to tag a~f 6 using the mouse 26, for example double performing a click operation. すると図7の付箋作成画面700が表示される。 Then tag creation screen 700 of FIG. 7 is displayed. 付箋の編集を行う場合であるので、タイトル入力欄701、内容入力欄702には、何らかの情報が入力されている。 Since a case where the editing of the tag, title input field 701, the content input box 702, some information has been entered.

付箋の編集を行う場合、ユーザはタイトル入力欄701、内容入力欄702を編集し、確定703を押下することで、当該編集内容を反映させる。 When editing of the tag, the user can edit the title input field 701, a content input box 702, by pressing the enter 703, it reflects the edited content. 付箋編集動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の内容表示機能、入力設定機能とを用いて行われる。 Sticky editing operation, functional component configuration and the label display function of the display component 501 (FIG. 5), the content display function of the tag component 502 is performed by using the input setting function. また例えば、図8の付箋データの構造例におけるNo3、4、20、21が少なくとも更新され、DBアクセスコンポーネント502の更新機能により、DB101上の付箋データが更新される。 Further, for example, it is No3,4,20,21 in the structural example of the tag data in Fig. 8 at least updated, the update feature of the DB access component 502, tag data on DB101 is updated.

付箋の内容表示を行う場合、ユーザは、マウス26を用いて図6の付箋a〜fに対し、例えばダブルクリック操作を行う。 When performing content display sticky, user to tag a~f in FIG. 6, a double-click operation performed by using the mouse 26. すると図7の付箋作成画面700が表示される。 Then tag creation screen 700 of FIG. 7 is displayed. 付箋内容表示を行う場合であるので、タイトル入力欄701、内容入力欄702には、何らかの情報が入力されており、ユーザは内容表示されたこれら情報を確認する。 Since a case where the electronic sticky note content display, title input field 701, the content input box 702, some information has been entered, the user confirms these information content display. また、付箋作成画面700においてキャンセル704を押下すると付箋作成画面700を閉じることができる。 Further, it is possible to close the tag creation screen 700 and presses the cancel 704 in tag creation screen 700. 内容表示動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の内容表示機能と、DBアクセスコンポーネント502の検索機能とを用いて行われる。 Content display operation is performed using functional component configuration and the label display function of the display component 501 (FIG. 5), the content display function of the tag component 502, a search function of the DB access component 502.

(付箋の移動、コピーの動作例) (Movement of the sticky, an operation example of the copy)
付箋の移動を行う場合、ユーザは、マウス26を用いて図6の付箋a〜fに対し、例えばドラッグ操作を行なって付箋の移動を行い、任意の移動先にドロップする。 When performing movement of sticky, user uses the mouse 26 to sticky a~f 6, for example, to move between sticky performs a drag operation, dropping any destination. 移動は、同一の機能ビュー611〜613内、同一のメモ帳620内、もしくは機能ビュー611〜613及びメモ帳620間において、同一の操作(例えばドラッグ・アンド・ドロップ操作)によって行うことができる。 Movement, identical within functional view 611-613, same notepad within 620 or in between functional view 611-613 and notepad 620 may be performed by the same operation (e.g., drag-and-drop operation). 機能ビュー611〜613間で付箋の移動を行う場合は、複数の機能ビューを同時に表示させてから移動操作を行う。 When performing movement of the tag between the functional view 611-613, it performs the move operation from to display more functions view simultaneously. 移動動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の付箋コンポーネント502の移動機能と、各機能ビュー510の付箋貼り付け機能又はメモ帳コンポーネント503の付箋貼り付け機能を用いて行われる。 Moving operation is performed using functional component configuration and movement function of sticky component 502 (FIG. 5), the tag pasting functions sticky paste function or Notepad component 503 of each functional view 510. また、図8の付箋データの構造例におけるNo5(機能ビュー間又はメモ帳間移動の場合)、6、7、20、21が少なくとも更新され、DBアクセスコンポーネント502の更新機能により、DB101上の付箋データが更新される。 Moreover, (the case of moving between between functional view or Notepad) No5 in the structure example of the tag data in Fig. 8, 6,7,20,21 is at least updated, the update feature of the DB access component 502, on DB101 Sticky data is updated.

付箋のコピー(複写)を行う場合、ユーザは、マウス26を用いて図6の付箋a〜fに対し、例えば右クリック操作を行う。 When performing sticky copy (copy), the user, to tag a~f 6, for example a right-click operation performed by using the mouse 26. メニュー・ボックスが表示され、メニュー・ボックスには、例えば「コピー」、「貼り付け」、「削除」等の付箋に対する操作指示内容が選択できるようになっている。 To display the menu box, the menu box, for example, "copy", "paste", the operation instruction content for the tag, such as "Delete" is set to be selected. ユーザは「コピー」を選択してから、任意の移動先上で右クリックして再度メニュー・ウインドウを表示し「貼り付け」を選択することにより、付箋のコピーを行うことができる。 The user can perform select the "copy", to display the right-click the menu window again on any of the destination by selecting the "Paste", a copy of the tag. コピー動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の付箋コンポーネント502の処理選択機能と、各機能ビュー510の付箋貼り付け機能又はメモ帳コンポーネント503の付箋貼り付け機能を用いて行われる。 Copying operation is performed using functional component configuration and processing selection function of the tag component 502 (FIG. 5), the tag pasting functions sticky paste function or Notepad component 503 of each functional view 510. また、図8の付箋データの構造例におけるNo2〜4、8〜17、22、23がコピーされ、No1、5、6、7、18〜21が新たに設定され、DBアクセスコンポーネント502の追加機能により、DB101上の新たな付箋データが登録される。 Moreover, copies the No2~4,8~17,22,23 in the structural example of the tag data in Fig. 8, No1,5,6,7,18~21 is newly set, additional features of the DB access component 502 by, the new tag data on the DB101 is registered.

(付箋の削除の動作例) (Example of the operation of the deletion of the tag)
付箋の削除を行う場合、ユーザは、マウス26を用いて図6の付箋a〜fに対し、例えば右クリック操作を行う。 When deleting the tag, the user, to tag a~f 6, for example a right-click operation performed by using the mouse 26. メニュー・ボックスが表示され、メニュー・ボックスには、例えば「コピー」、「貼り付け」、「削除」等の付箋に対する操作指示内容が選択できるようになっている。 To display the menu box, the menu box, for example, "copy", "paste", the operation instruction content for the tag, such as "Delete" is set to be selected. ユーザは「削除」を選択することにより、付箋の削除を行うことができる。 The user can select the "Delete", it is possible to carry out the removal of the tag. それまで表示されていた付箋は、その削除後、非表示となる。 Tag that has been displayed until then, after the deletion, a non-display. 削除動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502処理選択機能とを用いて行われる。 Delete operation is performed by using the tag display function of the functional component configuration display component 501 (FIG. 5), and a sticky component 502 process selection function. また、図8の付箋データの構造例におけるNo23において削除フラグ「1:非表示」に設定され、DBアクセスコンポーネント503の削除機能により、DB101上の付箋データが更新される。 Furthermore, the deletion flag in No23 in the structure example of the tag data in Figure 8: is set to "1 Hide", the deletion function of the DB access component 503, tag data on DB101 is updated. 削除フラグが「1:非表示」とされた付箋データは一定期間経過後、付箋データ自体DB101から削除されるようにしてもよい。 Deletion flag: tag data as "1 Non-display" is after a certain period of time, may be are removed from the tag data itself DB 101.

以上、本実施形態1においては、本発明に係るグループウェアの概要(基本画面、機能ビュー、メモ帳、付箋、付箋データ)、及び付箋の操作概要(作成、編集、移動等)について説明を行った。 Above, in this embodiment 1, Introduction groupware according to the present invention (basic screen, function view, notepad, sticky, tag data), and an operation overview of the tag (create, edit, move, etc.) the DESCRIPTION performed It was. このように、本発明に係るグループウェアにおいては、付箋の操作に関して、基本画面内の各機能ビュー及びメモ帳によらず、上述のような同一(共通)の操作性を持って付箋の操作を行うことができる。 Thus, in the groupware according to the present invention, with respect to the operation of the tag, regardless of the functional view and notepad in the basic screen, the operation of the tag with the operation of the same (common) as described above It can be carried out. 次に各機能ビューについて個々説明していく。 Then go to individual description of each function view.

[実施形態2:掲示板] Embodiment 2: bulletin board]
続いて、機能ビューの一つを構成する「掲示板」機能ビュー(以下単に掲示板という場合がある)について説明する。 Then, it constitutes one of the function view (sometimes hereinafter referred to simply as bulletin board) "bulletin board" function view will be described.

(掲示板作成の動作例) (Example of the operation of the bulletin board creation)
図9は、掲示板・ウインドウ900の一例を示す。 Figure 9 shows an example of a bulletin board window 900. 図に示される掲示板・ウインドウには、いずれの掲示板も作成されていない初期の状態にある。 The bulletin board window shown in FIG., In an initial state not created any forums. 新たな掲示板を作成する場合、掲示板・ウインドウ900内に設けられた掲示板作成(アイコン)901を例えば左クリックすると、図10に示される掲示板作成画面1000が表示される。 When creating a new bulletin board, the bulletin board creation (icon) 901 provided on the message board window 900 left-click for example, bulletin board creation screen 1000 shown in FIG. 10 is displayed. 掲示板作成画面1000において、ユーザは作成しようとする掲示板の名称を掲示板名称1001の欄に入力する。 In the bulletin board creation screen 1000, the user inputs the name of the bulletin board to be created in the field of the bulletin board name 1001. また、ユーザ一覧1002から閲覧許可させるユーザを選択してドラッグし、閲覧対象ユーザ一覧1003へドロップする。 In addition, and drag to select the user to browse permission from the user list 1002, to drop to the viewing target user list 1003. ユーザ一覧1002は、予め本発明に係るグループウェアを利用しうるユーザの一覧が表示され、これらユーザの中から閲覧対象ユーザ一覧1003に設定(登録)されたユーザのみが、ここで作成中の掲示板を閲覧できる。 User list 1002, displays a list of users that can use the groupware according to the advance the present invention, only the user that has been set to browse the target user list 1003 (registered) from among these users, bulletin board being created here You can view. また複数のユーザからなるユーザグループが設定されている場合、ユーザ一覧1002にはグループ単位でユーザグループは表示され、同様な操作により閲覧対象ユーザ一覧1003への設定が可能である。 Also if the user group of users is set, the user list 1002 is a user group by group basis is displayed, it is possible to set to the viewing target user list 1003 by the same operation. ここで例えば、掲示板名称1001に「○○プロジェクト掲示板」と入力され、閲覧対象ユーザ一覧1003には「user001」、「usergroup002」が設定されるものとする。 Here, for example, the entry "○○ project bulletin board" on the bulletin board name 1001, "user001" is to view the target user list 1003, it is assumed that "usergroup002" is set.

設定完了後、掲示板作成画面1000内の確定(ボタン)1004が押下されると、掲示板作成画面1000は閉じられ、図11に示されるように、掲示板・ウインドウ900内に新たな掲示板が作成され表示される。 When done, the determination of the message board creation screen 1000 (button) 1004 is depressed, the bulletin board creation screen 1000 is closed, as shown in FIG. 11, a new bulletin board is created in the bulletin board window 900 displayed It is. また複数の掲示板が作成されている場合、選択ボックス902から表示する掲示板を選択できるようになっている。 Also when a plurality of bulletin boards are created, it is possible to select a bulletin board to be displayed from the selection box 902. なおこの時点では、付箋(掲示情報)は作成されていないので、掲示板には付箋は掲示されていない。 It should be noted at this point, since the tag (Posted information) has not been created, the bulletin board sticky notes have not been posted. 一方、キャンセル1005が押下されると、掲示板作成画面1000は閉じられ、掲示板の作成はキャンセルされる。 On the other hand, when the cancel 1005 is depressed, the bulletin board creation screen 1000 is closed, creating a bulletin board is canceled.

掲示板作成動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の掲示板表示機能と、掲示板コンポーネント511の掲示板プロパティ設定機能とを用いて行われる。 Boards creation operation is performed using a bulletin board display functions of the components constituting the display component 501 (FIG. 5), and a bulletin board properties setting function Wall component 511. 掲示板コンポーネント511の掲示板プロパティが設定され、最終的にDBアクセスコンポーネント503の追加機能により、新たな掲示板がDB101に登録される。 Boards Properties Wall component 511 is set, the additional features of the finally DB access component 503, a new bulletin board is registered in the DB 101.

(付箋の作成の動作例) (Example of the operation of the creation of the tag)
図12は、付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 Figure 12 shows the tag creation screen example for the tag created. 掲示板において付箋を作成する場合、上述したように、ユーザは、例えばポインティングデバイスでターゲットとなる掲示板機能ビューを指定した上で、図6の付箋作成630を、マウス26を用いて例えば左クリック操作を行う。 When creating a tag in the bulletin board, as described above, the user, for example, after designating the bulletin board views as a target by a pointing device, a tag creation 630 of FIG. 6, the left-click operation using, for example, a mouse 26 do. すると図12に示される付箋作成画面1200が表示される。 Then tag creation screen 1200 shown in FIG. 12 is displayed. そしてタイトル入力欄1201、内容入力欄1202をそれぞれ入力する。 Then enter a title input field 1201, the contents input column 1202, respectively. また、掲示板上の付箋であるので、付箋データ上は必須項目とされる掲示日1205、掲示者1206、掲示期限1207を入力する。 In addition, because it is sticky note on the bulletin board, posting date 1205 on the tag data is an essential item, posted's 1206, to enter the posting date 1207. 掲示日1205は、当該付箋を掲示板に掲示した日を入力する欄である。 Posted date 1205 is a field for inputting the date of posting the tag on the bulletin board. ここは自動入力されてもよい。 Here it may be automatically input. 掲示者1206は、当該付箋を掲示したユーザを入力する欄である。 Posted person 1206 is a field for inputting the user who posted the tag. ここもユーザが認識されているので自動入力されてもよい。 Here it may also be automatically entered because the user has been recognized. 掲示期限1207は、当該付箋を掲示板に掲示する期限を入力する欄である。 Posted date 1207 is a field for inputting the date of posting the tag on the bulletin board. 期限を経過すると当該付箋は掲示板から自動的に削除される。 The tag after a lapse of the time limit is automatically deleted from the bulletin board. そして最終的に、確定1203が押下されると、付箋が作成(登録)され掲示板上に新たな付箋が表示される。 And finally, the enter 1203 is pressed, sticky notes are created (registered) to a new sticky note on the bulletin board is displayed. ここで例えば、次のように入力されて付箋が新たに作成されたものとする。 Here, for example, it is assumed that entered as follows sticky newly created.
タイトル入力欄1201:初回ミーティングのお知らせ内容入力欄1202:○○プロジェクト発足につき、初回ミーティングを行います。 Title input field 1201: First meeting of the announcement contents input field 1202: per ○○ project inauguration, do the initial meeting. メンバーは、必ず参加してください。 Members, please join always. 日時:2009/7/10、時間:10:00、場所:第一会議室。 Date and time: 2009/7/10, time: 10: 00 Location: first conference room. 不参加の場合、本プロジェクトリーダ△△まで事前に連絡願います。 In the case of non-participation, please contact us in advance up to this project reader △△.
掲示日1205:2009/7/1 Posted Date 1205: July 1, 2009
掲示者1206:△△ Posted person 1206: △△
掲示期限1207:2009/7/11 Posted deadline 1207: 2009/7/11
掲示板上の付箋作成動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋作成指示機能、付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の付箋作成機能、内容表示機能、入力設定機能と、掲示板コンポーネント511の付箋貼り付け機能とを用いて行われる。 Sticky create operation on the bulletin board, functional component configuration tag creation instruction function of the display component 501 (FIG. 5), tag display function and, Sticky ability to create sticky component 502, content display function, an input setting function, Wall Components It is carried out using a 511 sticky paste functions of. また、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 Also, tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504.

なお、再び図8を参照して、掲示板上に付箋が作成された場合、少なくとも必須項目であるNo1、2、5〜7、9、10、11(掲示日)、12(掲示者)、13(掲示期限)、18〜21、23が設定される。 Incidentally, with reference again to FIG. 8, if the tag has been created on the bulletin board, which is at least required item No1,2,5~7,9,10,11 (posting date), 12 (post's), 13 (Posted date), 18~21,23 is set. また通常、No3(タイトル)、4(内容)も併せて設定される。 And usually, No3 (title), is 4 (content) is also the same time setting. そして、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 The tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504. No6、7、9、10、23は、必須項目であるが、付箋作成時のデフォルト値としては所定値が設定されればよい。 No6,7,9,10,23 is a required item, the default value tag creation may be set a predetermined value. No1、2、5、18〜21は、直接ユーザにより入力されなくとも自動的にこれら情報は取得されて入力される。 No1,2,5,18~21 automatically these information without input by direct user input is acquired.

図13は、付箋が作成された掲示板・ウインドウ900の一例を示す。 Figure 13 shows an example of a bulletin board window 900 tag was created. 図に示されるように、新たに作成された付箋gが入力されたタイトル及び掲示者が表示され掲示板に貼り付けられている。 As shown, affixed to appear new sticky g created is input title and post's bulletin board. 掲示板に貼り付けられた付箋gをより詳細に確認する場合、ユーザは、例えば付箋gをダブルクリックすると、図12の付箋作成画面1200が表示される。 If you want to check the tag g pasted on the bulletin board in more detail, the user, for example, when you double-click a tag g, tag creation screen 1200 of FIG. 12 is displayed. 付箋内容表示を行う場合であるので、タイトル入力欄1201、内容入力欄1202、掲示日1205、掲示者1206、掲示期限1207には、上述のような情報が入力されており、ユーザは内容表示されたこれら情報を確認できる。 Since a case where the electronic sticky note content display, title input field 1201, the contents input column 1202, posting date 1205, posting person 1206, the posting date 1207, information such as described above is inputted, the user is content display I was able to confirm these information.

内容表示動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の内容表示機能と、DBアクセスコンポーネント502の検索機能とを用いて行われる。 Content display operation is performed using functional component configuration and the label display function of the display component 501 (FIG. 5), the content display function of the tag component 502, a search function of the DB access component 502.

(掲示板の実施例) (Example of a bulletin board)
掲示板で情報共有を行う動作例について説明する為、再び図13を参照する。 For explaining an operation example of performing information sharing bulletin board, refer to FIG. 13 again. 掲示板名称「○○プロジェクト掲示板」は、閲覧対象ユーザ一覧1003に「usergroup002」が設定されているので、「usergroup002」に登録されているユーザメンバーは、各々のクライアント端末2から「○○プロジェクト掲示板」を閲覧することができるようになっている。 Bulletin board entitled "○○ project bulletin board", since the "usergroup002" to view the target user list 1003 is set, user members that are registered in the "usergroup002" is, "○○ project bulletin board" each from the client terminal 2 thereby making it possible to view.

掲示板作成者(メンバーAとする)以外のメンバー(メンバーBとする)は、メンバーAによって掲示された「○○プロジェクト掲示板」上の付箋gの内容を確認する。 Bulletin board creator (a member A) (the members B) other than the members, to make sure the contents of the posted by members A, "○○ project bulletin board" on sticky notes g. その後、メンバーBが付箋の内容に対し訂正又は追加説明が必要である場合、メンバーBは付箋gの編集を行うことができる。 After that, if the members B there is a need for correction or additional explanation for the contents of the tag, members B can perform the editing of the tag g. 上述したように、掲示板に貼り付けられた付箋gをより詳細に確認する場合、メンバーBは、例えば付箋gをダブルクリックすると、図12の付箋作成画面1200が表示される。 As mentioned above, if you want to check the tag g pasted on the bulletin board in more detail, members B is, for example, when you double-click a tag g, tag creation screen 1200 of FIG. 12 is displayed. そして例えば、内容入力欄1202の記載事項の訂正又は追加説明を記載する。 The example describes a correction or additional description of the matters set forth contents input column 1202. 編集操作を終えると、「○○プロジェクト掲示板」上の付箋gは更新される。 Upon completion of the editing operation, sticky notes g on the "○○ project bulletin board" is updated. なお、更新後の付箋においては、付箋の詳細を確認する場合、更新者の情報が表示されるようにする。 In the tag of the updated, to check the sticky details, information updater to be displayed. またもしくは付箋gの詳細プロパティ(付箋データ一覧)を参照できるように構成する。 The or configured to allow reference to the sticky g advanced properties (tag data list). すると更新者はメンバーAからメンバーBと更新されている。 Then update have been updated with the members B from members A. またこれに伴い当該付箋の付箋データにおいて、No4(内容)、20(更新日)、21(更新者)は、DBアクセスコンポーネント502の更新機能により更新される。 In tag data of the tag Accordingly, No4 (content), 20 (update date), 21 (updater) is updated by the update function of the DB access component 502.

また、メンバーBがメンバーA又はその他のメンバーに伝達したい事項がある場合、新たに付箋を作成できる。 Also, if a member B is matters to be transmitted to the member A, or other members, you can create a new tag. 上述したように、図6の付箋作成630を、マウス26を用いて例えば左クリック操作を行う。 As described above, the tag creating 630 of FIG. 6, performs a left-click operation using, for example, a mouse 26. すると図12に示される付箋作成画面1200が表示される。 Then tag creation screen 1200 shown in FIG. 12 is displayed. そしてタイトル入力欄1201、内容入力欄1202をそれぞれ入力する。 Then enter a title input field 1201, the contents input column 1202, respectively. また、掲示板上の付箋であるので、付箋データ上は必須項目とされる掲示日1205、掲示者1206、掲示期限1207を入力する。 In addition, because it is sticky note on the bulletin board, posting date 1205 on the tag data is an essential item, posted's 1206, to enter the posting date 1207. 作成操作を終えると、「○○プロジェクト掲示板」上に新たな付箋(非図示)が掲示者名はメンバーBとして表示された付箋が掲示(配置)される。 Upon completion of the creation operation, a new tag to the "○○ project bulletin board" on (not shown) is posted's name was displayed as a member B tag is posted (arranged). これに伴い新たな付箋データが、DBアクセスコンポーネント502の追加機能により登録される。 New tag data along with this, is registered by the additional features of the DB access component 502.

このように、ユーザ間で掲示板への付箋の貼り付けや編集を相互に行うことで、容易に情報の共有や意見交換を行うことができる(シームレスな情報の連携、効率的な情報共有)。 In this way, the sticky paste and edit to the bulletin board by performing with each other, can be carried out easily sharing and opinion exchange of information between users (collaboration of seamless information, efficient information sharing).

[実施形態3:マトリクス] Embodiment 3: Matrix
続いて、機能ビューの一つを構成する「マトリクス」機能ビュー(以下単にマトリクスという場合がある)について説明する。 Subsequently, it constitutes one functional view (sometimes referred to hereinafter simply matrix) "Matrix" function view will be described.

(マトリクス作成の動作例) (Example of the operation of the matrix created)
図14は、マトリクス・ウインドウ1400の一例を示す。 Figure 14 shows an example of a matrix window 1400. 図に示されるマトリクス・ウインドウには、いずれのマトリクスも作成されていない初期の状態にある。 The matrix window shown in FIG., In any of the initial state matrix is ​​also not created. 新たなマトリクスを作成する場合、マトリクス・ウインドウ1400内に設けられたマトリクス作成(アイコン)1401を例えば左クリックすると、図15に示されるマトリクス作成画面1500が表示される。 When creating a new matrix, the matrix creation (icon) 1401 provided in the matrix window 1400 Left-click for example, matrix creation screen 1500 shown in FIG. 15 is displayed. マトリクス作成画面1500において、ユーザは作成しようとするマトリクスの名称をマトリクス名称1501の欄に入力する。 In the matrix creation screen 1500, the user inputs the name of the matrix to be trying to create in the column of the matrix name 1501. またマトリクスの表示形式(2軸、4軸、表形式など)を表示形式選択1502から選択し、その選択に対応した軸名又は項目名等を軸/項目名入力1503に入力する。 The display format of the matrix (2 axes, 4 axes, tabular, etc.) selected from the display format selection 1502, and inputs the axis name or item name, etc. corresponding to the selected axis / Name Input 1503. そして、ユーザ一覧1504から閲覧許可させるユーザを選択してドラッグし、閲覧対象ユーザ一覧1505へドロップする。 Then, drag to select the user to browse permission from the user list 1504, to drop to the viewing target user list 1505. ユーザ一覧1504は、予め本発明に係るグループウェアを利用しうるユーザの一覧が表示され、これらユーザの中から閲覧対象ユーザ一覧1505に設定(登録)されたユーザのみが、ここで作成中のマトリクスを閲覧できる。 User list 1504 displays a list of users that can use groupware according to the previously present invention, only the user that is set to the browsing target user list 1505 (registered) from these users, the matrix being created here You can view. また、グループ単位による閲覧対象ユーザ一覧1505への設定が可能である。 In addition, it is possible to set to view the target user list 1505 by a group unit. ここで例えば、マトリクス名称1501に「○○プロジェクトToDo管理」と入力され、表示形式選択1502から「2軸形式」が選択され、軸/項目名入力1503に「重要度」、「緊急度」が入力され、閲覧対象ユーザ一覧1505には「user001」、「usergroup002」が設定されるものとする。 Here, for example, is input to the matrix name 1501 as "○○ project ToDo management", is selected "2-axis format" from the display format selection 1502, "importance" to the axis / item name input 1503, "urgency" is is input, "user001" is to view the target user list 1505, it is assumed that "usergroup002" is set.

設定完了後、マトリクス作成画面1500内の確定1006が押下されると、マトリクス作成画面1500は閉じられ、図16に示されるように、マトリクス・ウインドウ1400内に新たなマトリクスが作成され表示される。 After setting, the enter 1006 matrix creation screen 1500 is pressed, the matrix generation screen 1500 is closed, as shown in FIG. 16, a new matrix in the matrix window 1400 is displayed is created. また複数のマトリクスが作成されている場合、選択ボックス1402から表示するマトリクスを選択できるようになっている。 In the case where a plurality of matrices are created, it is possible to select a matrix to display the selection box 1402. なおこの時点では、付箋(掲示情報)は作成されていないので、マトリクスには付箋は貼り付けられていない。 It should be noted at this point, since the tag (Posted information) has not been created, the matrix tag is not attached. 一方、キャンセル1507が押下されると、マトリクス作成画面1500は閉じられ、マトリクスの作成はキャンセルされる。 On the other hand, when the cancel 1507 is depressed, the matrix generation screen 1500 is closed, creating a matrix is ​​canceled.

マトリクス作成動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の掲示板表示機能と、マトリクスコンポーネント512のマトリクスプロパティ設定機能とを用いて行われる。 Matrix generating operation is performed by using a bulletin board display functions of the components constituting the display component 501 (FIG. 5), and a matrix properties setting function of the matrix component 512. マトリクスコンポーネント512のマトリクスプロパティが設定され、最終的にDBアクセスコンポーネント503の追加機能により、新たなマトリクスがDB101に登録される。 Matrix properties of the matrix component 512 is set, the additional features of the finally DB access component 503, a new matrix is ​​registered in the DB 101.

(付箋の作成の動作例) (Example of the operation of the creation of the tag)
図17は、付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 Figure 17 shows the tag creation screen example for the tag created. マトリクスにおいて付箋を作成する場合、上述したように、ユーザは、例えばポインティングデバイスでターゲットとなるマトリクス機能ビューを指定した上で、図6の付箋作成630を、マウス26を用いて例えば左クリック操作を行う。 When creating a tag in the matrix, as described above, the user, for example, after designating the matrix function views as a target by a pointing device, a tag creation 630 of FIG. 6, the left-click operation using, for example, a mouse 26 do. すると図17に示される付箋作成画面1700が表示される。 Then tag creation screen 1700 shown in FIG. 17 is displayed. そしてタイトル入力欄1701、内容入力欄1702をそれぞれ入力する。 Then enter a title input field 1701, the contents input column 1702, respectively. また、付箋データ上必須項目とされる貼付け日1703、貼付け者1704を入力する。 In addition, the input with Date 1703 Ha is a sticky note data on the required item, the pasting's 1704. 貼付け日1703は、当該付箋をマトリクスに貼り付けた日を入力する欄(自動入力可)である。 Sticking date 1703 is a field for inputting the days pasted the tag to the matrix (Auto enterable). 貼付け者名1704は、当該付箋をマトリクスに貼り付けたユーザを入力する欄(自動入力可)である。 Sticking name 1704 is a field for inputting a user pasted the tag to the matrix (Auto enterable). そして最終的に、確定1705が押下されると、付箋が作成(登録)されマトリクス上に新たな付箋が表示される。 And finally, the enter 1705 is pressed, sticky notes are created (registered) to a new tag on the matrix display. ここで例えば、次のように入力されて付箋が新たに作成されたものとする。 Here, for example, it is assumed that entered as follows sticky newly created.
タイトル入力欄1701:仕様書作成内容入力欄1702:仕様書の作成。 Title input field 1701: specification creation contents of the input field 1702: creation of the specification. 設計部のヒアリング内容を盛り込むこと。 To incorporate the hearing the contents of the design part.
貼付け日1703:2009/7/2 Sticking Date 1703: 2009/7/2
貼付け者1704:△△ Pasting's 1704: △△
なお、再び図8を参照して、マトリクス上に付箋が作成された場合、少なくとも必須項目であるNo1、2、5〜7、9、10、14(貼付け日)、15(貼付け者)、18〜21、23が設定される。 Incidentally, with reference again to FIG. 8, if the tag is created in a matrix, at least essential items No1,2,5~7,9,10,14 (sticking day), 15 (pasting's), 18 ~21,23 is set. また通常、No3(タイトル)、4(内容)も併せて設定される。 And usually, No3 (title), is 4 (content) is also the same time setting. そして、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 The tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504. No6、7、9、10、23は、必須項目であるが、付箋作成時のデフォルト値としては所定値が設定されればよい。 No6,7,9,10,23 is a required item, the default value tag creation may be set a predetermined value. No1、2、5、18〜21は、直接ユーザにより入力されなくとも自動的にこれら情報は取得されて入力される。 No1,2,5,18~21 automatically these information without input by direct user input is acquired.

図18は、付箋が作成されたマトリクス・ウインドウ1400の一例を示す。 Figure 18 shows an example of a matrix window 1400 tag was created. 図に示されるように、新たに作成された付箋hが入力されたタイトル及び貼付け者が表示されマトリクスに貼り付けられている。 As shown, affixed to the newly sticky h created is input title and pasting person appears matrix. 付箋は自由に移動可能であるので、作成後の付箋の初期位置としては、例えば画面右上付近や中央など、所定位置に貼り付けられてよい。 Since tag is freely movable, as the initial position of the tag after creation, for example, the top right corner near or center, may be stuck to a predetermined position. マトリクスに貼り付けられた付箋hをより詳細に確認する場合、ユーザは、例えば付箋hをダブルクリックすると、図17の付箋作成画面1700が表示される。 If you want to check the tag h affixed to the matrix in more detail, the user, for example, when you double-click a tag h, tag creation screen 1700 of FIG. 17 is displayed. 付箋内容表示を行う場合であるので、タイトル入力欄1701、内容入力欄1702、貼付け日1703、貼付け者1704には、上述のような情報が入力されており、ユーザは内容表示されたこれら情報を確認できる。 Since a case where the electronic sticky note content display, title input field 1701, the contents input column 1702, pasting date 1703, the sticking's 1704, information such as described above is input, these information users that are content display It can be confirmed.

内容表示動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の内容表示機能と、DBアクセスコンポーネント502の検索機能とを用いて行われる。 Content display operation is performed using functional component configuration and the label display function of the display component 501 (FIG. 5), the content display function of the tag component 502, a search function of the DB access component 502.

(マトリクスの実施例) (Example of the matrix)
マトリクスで情報共有や意見交換を行う動作例について説明する為、再び図18を参照する。 For explaining an operation example of performing information sharing and exchange opinions with the matrix, referring again to FIG. 18. マトリクス名称「○○プロジェクトToDo管理」は、閲覧対象ユーザ一覧1003に「usergroup002」が設定されているので、「usergroup002」に登録されているユーザメンバーは、各々のクライアント端末3から「○○プロジェクトToDo管理」を閲覧することができるようになっている。 Matrix name "○○ project ToDo management", since the "usergroup002" to view the target user list 1003 is set, user members that are registered in the "usergroup002" is, "○○ project ToDo from each of the client terminal 3 thereby making it possible to browse the management ".

掲示板作成者(メンバーAとする)以外のメンバー(メンバーBとする)は、メンバーAによって掲示された「○○プロジェクトToDo管理」上の付箋hの位置及び内容を確認する。 Bulletin board creator (a member A) (the members B) other than the members, to confirm the location and contents of the tag h of on posted by members A, "○○ project ToDo management". 図18のマトリクス上の付箋hの配置位置からすると、メンバーAは「仕様書作成」なるタスクは緊急度及び重要度いずれも高いタスクであると判断していることが分かる。 From position of the tag h on the matrix of FIG. 18, member A is seen to determine the tasks that "Create specification" is both high urgency and importance task. しかしながら、監督者であるメンバーBとしては、重要度は高いが緊急度はさして高くないと判断した場合、メンバーBは付箋hの配置位置を移動させる。 However, as the member B is a supervisor, if importance is high is determined that the urgency is not terribly high, members B moves the position of the tag h. またこのとき、同時に編集操作を行って、内容入力欄1700(図17)にその理由や補足事項を記載できる。 At this time, simultaneously performing an editing operation can be described the reason and Supplement to the contents input column 1700 (FIG. 17). 再度メンバーAが「○○プロジェクトToDo管理」を閲覧したとき、配置位置を移動されている点、内容入力欄1700が編集されている点、またもしくは更新者(監督者)がメンバーBである点を確認し、付箋hのタスクについて再考することができる。 When you re-member A has browsed the "○○ project ToDo management", that it is to move the placement position, point the contents input field 1700 is being edited, also or update's (Director's) point is a member B make sure, it is possible to reconsider the task of sticky h. これに伴い当該付箋の付箋データにおいて、No4(内容)、6(付箋のX座標)、7(付箋のY座標)、20(更新日)、21(更新者)は、DBアクセスコンポーネント502の更新機能により更新されることはいうまでもない。 In the tag of the tag data along with this, No4 (contents), 6 (sticky X-coordinate), 7 (sticky Y coordinate), 20 (update date), 21 (updater), the update of the DB access component 502 it is the of course updated by the function.

このように、ユーザ間でマトリクスへの付箋の貼り付け(配置位置の移動)や編集を相互に行うことで、簡単に情報共有や意見交換を行うことができる(シームレスな情報の連携、効率的な情報共有)。 Thus, (movement position) Paste sticky to the matrix between users and editing the mutually be performed easily can share information and exchange opinions (seamless information collaboration, efficient such information sharing).

[実施形態4:スケジュール] Embodiment 4: Schedule]
続いて、機能ビューの一つを構成する「スケジュール」機能ビュー(以下単にスケジュールという場合がある)について説明する。 Then, it constitutes one of the function view (sometimes hereinafter referred to simply schedule) "Schedule" function view will be described.

(スケジュールの表示形式選択の動作例) (Example of the operation of the display format selection of the schedule)
図19は、スケジュール・ウインドウ1900の一例を示す。 Figure 19 shows an example of a schedule window 1900. 図に示されるスケジュール・ウインドウ1900には、月表示のスケジュール表が表示されている。 In the schedule window 1900 shown in the figures, it is displayed schedule of the month display. ユーザは、スケジュール・ウインドウ1900内の表示切替1901から暦(カレンダー)の種類(月単位、週単位、日単位等)を選択することにより、スケジュール表の表示切替を行えるようになっている。 The user can select the type of calendar (calendar) from the display switching 1901 of the schedule window in 1900 (monthly, weekly, daily, etc.), it is able to perform the display switching of schedule. スケジュール機能ビューの場合、上述の掲示板やマトリクスの例と異なり、予めDB101に暦の情報が登録されているので、スケジュール表自体を作成する必要はない。 In the case of the schedule function view, unlike the example of the above-mentioned bulletin board or matrix, because the calendar of information in advance DB101 has been registered, there is no need to create a schedule table itself. 図20に、それぞれ週表示のスケジュール・ウインドウ2000、日表示のスケジュール・ウインドウ2001の一例も示しておく。 In Figure 20, a week display schedule window 2000, respectively, the day should also shows an example of a schedule window 2001 of the display.

表示形式選択動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501のスケジュール表示機能と、スケジュールコンポーネント513の表示対象選択機能、月単位表示機能、週単位表示機能、日単位表示機能とを用いて行われる。 Display format selection operation, using functional component configuration and schedule display function of the display component 501 (FIG. 5), the display object selection function of the schedule component 513, month display function, weekly display function, and a daily display function It is performed Te.

(付箋の作成の動作例) (Example of the operation of the creation of the tag)
図21は、付箋作成の為の付箋作成画面例を示す。 FIG. 21 shows a tag creation screen example for the tag created. 再び図19のスケジュール・ウインドウ1900を参照して説明する。 It will be described with reference to the schedule window 1900 of FIG. 19 again. スケジュールにおいて付箋を作成する場合、図6の付箋作成630を、マウス26を用いて例えば左クリック操作を行う。 When creating a tag in the schedule, the tag creation 630 of FIG. 6, performs a left-click operation using, for example, a mouse 26. すると図21に示される付箋作成画面2100が表示される。 Then tag creation screen 2100 shown in FIG. 21 is displayed. そしてタイトル入力欄2101、内容入力欄2102をそれぞれ入力する。 And input the title input field 2101, the contents of the input field 2102, respectively. また、開始予定日時2103、終了予定日時2104、公開設定2105を入力する。 In addition, the scheduled start date and time 2103, the scheduled end date and time 2104, to enter a public setting 2105. 開始予定日2103は、スケジュールの開始予定日時を入力する欄である。 Scheduled start date 2103 is a field to enter the scheduled start date and time of the schedule. 終了予定日2104は、スケジュールの終了予定日時を入力する欄である。 Scheduled end date 2104 is a field to enter the scheduled end date and time of the schedule. 公開設定2105は、当該スケジュールを自分以外のユーザに公開するか否かの設定を行う設定欄である。 Visibility 2105 is a setting field for performing setting whether or not to publish the schedule to users other than itself. そして最終的に、確定2106が押下されると、付箋が作成(登録)されスケジュール表の指定日に新たな付箋が表示される。 And finally, the enter 2106 is pressed, sticky note is created (registered) is a new tag to the specified date of the schedule is displayed. 指定日が複数日に渡る場合は、例えばスケジュール表上、複数の指定日を包含するような大き目の付箋等が表示される。 If the specified date is over multiple days, for example on the schedule table, etc. larger tag which would encompass a plurality of specified date is displayed. ここで例えば、次のように入力されて付箋が新たに作成されたものとする。 Here, for example, it is assumed that entered as follows sticky newly created.
タイトル入力欄2101:設計部とのミーティング内容入力欄2102:仕様書作成のため。 Title input field 2101: meeting the contents of the design part input field 2102: for the creation specification. 第2会議室、予約済み。 The second conference room, reserved.
開始予定日時2103:2009/7/6 15:00 Scheduled start date and time 2103: 2009/7/6 15:00
終了予定日時2104:2009/7/6 17:00 Scheduled end date and time 2104: 2009/7/6 17:00
公開設定2105:公開 スケジュール表上の付箋動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋作成指示機能、付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の付箋作成機能、内容表示機能、入力設定機能と、スケジュールコンポーネント513の付箋貼り付け機能とを用いて行われる。 Visibility 2105: Sticky operation on release schedule table, functional component configuration (FIG. 5) displayed tag creation instruction function component 501 in, tag display function and, Sticky ability to create sticky component 502, content display function, input setting function and is performed by using a sticky paste functions of schedule component 513. また、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 Also, tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504.

なお、再び図8を参照して、スケジュール上に付箋が作成された場合、少なくとも必須項目であるNo1、2、5、16(開始予定日時)、17(終了予定日時)、18〜23が設定される。 It should be noted, with reference to FIG. 8 again, if the tag has been created on the schedule, is the least essential items No1,2,5,16 (scheduled start date and time), 17 (scheduled end date and time), 18 to 23 is set It is. また通常、No3(タイトル)、4(内容)も併せて設定される。 And usually, No3 (title), is 4 (content) is also the same time setting. そして、DBアクセスコンポーネント504の追加機能により付箋データがDB101に登録される。 The tag data is registered in DB101 with additional features DB access component 504. No22は、必須項目であるが、付箋作成時のデフォルト値としては所定値(公開又は非公開)が設定されればよい。 No22 is a mandatory item, the predetermined value as a default value tag creation (public or private) may be set. No1、2、5、18〜21は、直接ユーザにより入力されなくとも自動的にこれら情報は取得されて入力される。 No1,2,5,18~21 automatically these information without input by direct user input is acquired.

図22は、付箋が作成されたスケジュール・ウインドウ1900の一例を示す。 Figure 22 shows an example of the schedule window 1900 tag was created. 図に示されるように、新たに作成された付箋iが入力されたタイトルが表示されスケジュール表の指定日上に貼り付けられている。 As shown in the figure, are new tag i that was created is entered title appears to be pasted on the specified date of the schedule. 指定日上に貼り付けられた付箋iをより詳細に確認する場合、ユーザは、例えば付箋iをダブルクリックすると、図21の付箋作成画面2100が表示される。 If you want to see pasted on the specified date tag i in more detail, the user, for example, when you double-click a tag i, tag creation screen 2100 of FIG. 21 is displayed. 付箋内容表示を行う場合であるので、タイトル入力欄2101、内容入力欄2102、開始予定日時2103、終了予定日時2104、公開設定2105には、上述のような情報が入力されており、ユーザは内容表示されたこれら情報を確認できる。 Since it is the case of the tag content display, the title input field 2101, the contents input field 2102, the scheduled start date and time 2103, the scheduled end date and time 2104, the public setting 2105, the information is entered as described above, the user content You can confirm these pieces of information that has been displayed. 内容表示動作は、機能コンポーネント構成(図5)中の表示コンポーネント501の付箋表示機能と、付箋コンポーネント502の内容表示機能と、DBアクセスコンポーネント502の検索機能とを用いて行われる。 Content display operation is performed using functional component configuration and the label display function of the display component 501 (FIG. 5), the content display function of the tag component 502, a search function of the DB access component 502.

なお、ここではスケジュール表(月表示)を例に挙げて付箋作成の動作例を説明したが、週表示及び日表示のスケジュール表上における付箋作成についても、同様に、付箋の作成を行うことができる。 Note that, although described an operation example of the tag creation as an example schedule table (month view), for also tag created in Week view and Day view schedules on table, likewise, be of making sticky it can.

(スケジュールの実施例) (Example of schedule)
スケジュールでの付箋貼り付けにより予定整理の動作例について説明する為、再び図22を参照する。 To illustrate an example of the operation of the planned organized by the sticky paste in the schedule, referring to FIG. 22 again. 月表示のスケジュール表において、7/6には「設計部とのミーティング」なるスケジュールの付箋iが貼り付けられている。 In the schedule of the month display, it is pasted tag i of schedule to be "meeting with the design portion" 7/6.

スケジュールを変更する場合、付箋iを例えば7/13にドラッグ・アンド・ドロップ操作により移動させる。 If you change the schedule, moved by drag-and-drop operation tag i for example 7/13. すると7/6に配置されていた付箋iは、スケジュール変更日である例えば7/13に貼り付けられ表示される(非図示)。 Then tag i which are located in 7/6 is displayed attached to a schedule change date eg 7/13 (not shown). このように容易な操作により予定の変更操作を行うことができる。 It is possible to change the operation of scheduled this way easy operation.

また、付箋iが公開設定されていれば、他のメンバーは当該スケジュールを閲覧することが可能である。 In addition, if the tag i is public setting, the other members it is possible to view the schedule. このように、付箋の公開設定を操作することで、自分のスケジュール内容を簡単に他のユーザのスケジュール上に表示させることができ(効率的な情報共有)、打ち合わせ等の予定を立てたりする際に役立てることができる。 In this way, by operating the public setting of sticky, easily their own schedule content can be displayed on the schedule of other users (efficient information sharing), when or to schedule such meetings You can help.

[実施形態5:付箋データの連携] Embodiment 5: cooperation of the tag data]
実施形態1でも述べたように、これまで説明を行ってきた付箋は、各機能ビュー及びメモ帳間を跨いでの移動やコピーを行うことができるが、このとき付箋データの連携が行われる。 As mentioned in Embodiment 1, the tag that has been described so far, but can be moved or copied across between each functional view and notepad, cooperation of the tag data is that time. 本実施形態5においては、いくつかの実施例を具体的に示しながら、付箋の各機能ビュー及びメモ帳間の移動等、及び付箋データの連携について詳しく説明する。 In the fifth embodiment, while specifically showing the several embodiments, such as movement of the respective functional view and notepad sticky, and will be described in detail cooperation sticky note data. 本発明に係る付箋は、上述したように、その付箋データ構造においていずれの機能ビュー及びメモ帳の全データ項目に対応しているので、機能ビュー及びメモ帳間において、同一の操作により付箋の移動やコピーをシームレスに行うことができるものである。 Tag according to the present invention, as described above, since corresponding to all data items any functional view and notepad in its tag data structure between the functional view and notepad, mobile sticky by the same operation the and copy are those that can be carried out seamlessly.

図23は、本発明に係るグループウェアの基本画面例を示す。 Figure 23 shows a basic screen example of groupware according to the present invention. 図6に示される基本画面600とほぼ同じであるが、図23の基本画面2300は、実施形態5を説明する為、表示形式が一部変更されている。 It is almost identical to the basic screen 600 shown in FIG. 6, the basic screen 2300 of FIG. 23, for explaining the embodiment 5, the display format is changed partially. 具体的に、機能ビュー間で付箋の移動を行うので、複数の機能ビューを同時に表示(マルチウインドウ形式という)させてある。 Specifically, since the movement of the tag among functional view, it is allowed to simultaneously view multiple functional view (called multiwindow format). また各機能ビューについては、これまで説明してきた実施形態2〜4で取り上げた機能ビューを採用して表示させてある。 Also for each function view, are so far is displayed by employing a function views taken in the embodiment 2-4 has been described.

上述したように、基本画面2300は、大きく機能ビュー・ウインドウと、メモ帳・ウインドウとに分けて構成される。 As mentioned above, the basic screen 2300, and a large function view window, and is divided into the Notepad window. 機能ビュー・ウインドウは、これまで説明してきた各種機能ビューが表示される。 Features View window, this various functions views that have been described until is displayed. メモ帳・ウインドウは、付箋を一時的に保持する一時作業フィールドとして利用される。 Notepad window is used as a temporary work field to temporarily hold the tag. メモ帳には、新たに作成、又は機能ビューから移動(又は複写)してきた付箋を暫定的に置いておくことができるので、各機能ビューに配置する前の情報の整理スペースや、詳細が決定されていないToDoリストの保管場所などとして利用できる。 The notepad, newly created, or because the tag which has moved (or copied) from the functional view can keep tentatively organize space and in front of the information to be placed in each functional view, details determined to be utilized as a storage location of the ToDo list is not. また付箋について優先度等があるのであれば、メモ帳上の配置位置を優先順に上から配置したりすることもできる。 Also if there are priority, etc. For sticky, the arrangement position of the notepad can be or are arranged from the top in order of preference.

再び図23を参照し、本画面2300において、メモ帳620、掲示板(機能ビュー)900、マトリクス(機能ビュー)1400、及びスケジュール(機能ビュー)1900が同時に表示され、それぞれ付箋e、g、h、iが貼り付けられている(配置されている)。 In reference, this screen 2300 again to FIG. 23, notepad 620, bulletin board (functional view) 900, a matrix (functional view) 1400, and schedule (functional view) 1900 are displayed at the same time, tag, respectively e, g, h, i have been stuck (is located).

ここで、付箋e、g、h、iに対応する付箋データ(それぞれ付箋データe、g、h、iとする)について確認しておく。 Here, tag e, g, h, tag data (each tag data e, g, h, and i) corresponding to the i keep check on. 各機能ビューが有する付箋データe、g、h、iは、 Tag data e having the respective functions view, g, h, i are
シーケンスナンバー(No1)によってDB101上管理されている。 DB101 has been on the management by the sequence number (No1). 例えば、メモ帳620は付箋データeを管理し、掲示板900は付箋データgを管理しているといったように、自身が有する付箋を把握している。 For example, notepad 620 manages sticky note data e, bulletin board 900, as such manages the tag data g, knows the tag having its own.

図24〜27は、付箋データe、g、h、iの例を示す。 24-27 shows tag data e, g, h, examples of i. データ値は、なるべく前述の実施形態2〜4で示した具体的を用いている。 Data values ​​are used as much as possible specific illustrated embodiments 2-4 described above. また各付箋データは、少なくとも必須項目とされる項目についてはデータ値を有する。 And each tag data has a data value for items that are at least required.

(連携例1) (Cooperation Example 1)
まず連携例1として、掲示板900とマトリクス1400間での付箋の移動等の例を挙げて説明する。 First as a cooperation Example 1 will be described with an example of a movement or the like of the sticky between bulletin board 900 and the matrix 1400. 具体的に、掲示板900からマトリクス1400に対して付箋のコピーを行う。 Specifically, do a copy of the tag to the matrix 1400 from the bulletin board 900.

図23の基本画面2300において、掲示板900上の付箋gは、「初回ミーティングのお知らせ」(タイトル)に関するものであるが、例えば、○○プロジェクト発足につき初回のミーティングであるので、○○プロジェクト遂行あたりメンバー全員が一度集まって打ち合わせをすることはタスクとしても非常に重要である、とユーザが考えた場合、付箋gを「○○プロジェクトToDo管理」マトリクス上に貼り付けて(コピーして)タスク管理を行うことができる。 In the basic screen 2300 of FIG. 23, Sticky g on the bulletin board 900 is concerned with the "Notice of the first meeting" (title), for example, because it is the first meeting per ○○ project launched, ○○ project per execution that all members to a meeting gathered once is very important as well as a task, and if the user is thinking, paste the tag g in "○○ project ToDo management" on the matrix (copy) task management It can be performed.

付箋のコピー(複写)を行う場合、これまで説明してきた通り同様の操作を行える。 When performing tag copy (copy), it can be performed as same operations described so far. ユーザは、マウス26を用いて掲示板900上の付箋gに対し、例えば右クリック操作を行う。 The user performs respect Sticky g on the bulletin board 900, for example a right-click operation using the mouse 26. メニュー・ボックスが表示されるので、「コピー」を選択してから、マトリクス1400上の移動先で右クリックして再度メニュー・ウインドウを表示し「貼り付け」を選択することにより、付箋gのコピーを行うことができる。 Since the menu box appears, select the "copy", to display the right-click the menu window again in the destination on the matrix 1400 by selecting the "Paste", a copy of the tag g It can be performed. 図28は、付箋gのコピーを説明する図である。 Figure 28 is a diagram for explaining a copy of the tag g. 付箋gは、掲示板900上からマトリクス1400上にコピーされていることが分かる。 Sticky g is understood to have been copied from the top bulletin board 900 on the matrix 1400.

付箋gのコピー動作に伴い、DBアクセスコンポーネント502の追加機能により、新たな付箋データがマトリクス機能ビューと対応付けられて登録される。 With the copy operation sticky g, the additional features of the DB access component 502, are registered in the new tag data is associated with the matrix function views. 図29は、新たな付箋データの例を示す。 Figure 29 shows an example of a new tag data. No1、5、14、15、20は自動的に入力され、2〜4、18、19、21〜23は、コピー元の付箋データがそのまま継承される。 No1,5,14,15,20 is automatically input, 2~4,18,19,21~23 is, copy the source of the tag data is directly inherited. なおここで、No14(貼り付け日)、15(貼り付け者)については、マトリクス機能ビューにおいて必須のデータ項目であるが、掲示板機能ビューにおいては任意のデータ項目であるのでデータ値を有していない場合がある。 It should be noted here, No14 (pasted day), for 15 (pasting person), which is an essential data item in the matrix function view, in the bulletin board function view has a data value because it is any of the data item it may not. 実際、付箋データgはNo16(開始予定日時)、17(終了予定日時)のデータ値を有していない(図25)。 In fact, the tag data g is No16 (scheduled start date and time), does not have a data value of 17 (scheduled end date and time) (Fig. 25). 従って、付箋gのコピー動作に伴い、これら必須項目のデータ値は自動取得可能なデータ値であるので自動入力される。 Therefore, with the copying operation of the sticky note g, data values ​​of these required items are entered automatically because it is automatically acquirable data values.

(連携例2) (Cooperation Example 2)
連携例2として、マトリクス1400と掲示板900間での付箋の移動等の例を挙げて説明する。 As a cooperation Example 2 will be described with an example of a movement or the like of the sticky between matrix 1400 and BBS 900. 具体的に、マトリクス1400から掲示板900に対して付箋のコピーを行う。 Specifically, do a copy of the tag to the bulletin board 900 from the matrix 1400.

図23の基本画面2300において、マトリクス1400上の付箋hは、タスクである「仕様書作成」(タイトル)に関するものであるが、例えば、仕様書作成作業は、複数のメンバーの共同作業(又は分担作業)で作成されるものであるとすると、タスク内容に記載される「設計部のヒアリング内容を盛り込む」点について、「○○プロジェクト掲示板」である掲示板900で他のメンバーに周知させたい場合がある。 In the basic screen 2300 of FIG. 23, Sticky h on the matrix 1400, is concerned with is the task "Creating Specifications" (title), for example, specification creation work, joint work of multiple members (or sharing If it is assumed to be created in the work), for the "include the hearing the contents of the design part" points that are described in the task content, if you want to be well-known to other members in the bulletin board 900 is "○○ project bulletin board" is there. なお掲示板900には、閲覧対象ユーザ一覧として「usergroup002」が設定されているので他のメンバーも同掲示板を閲覧可能である。 It should be noted that on the bulletin board 900, other members because "usergroup002" is set as the viewing target user list can also be viewed the same bulletin board.

付箋のコピーを行う場合、これまで説明してきた通り同様の操作を行える。 When copying of the tag, can be performed as same operations described so far. ユーザは、マウス26を用いてマトリクス1400上の付箋hに対し、例えば右クリック操作を行う。 The user performs against Sticky h on the matrix 1400, for example, the right-click operation using the mouse 26. メニュー・ボックスが表示されるので、「コピー」を選択してから、掲示板900上の移動先で右クリックして再度メニュー・ウインドウを表示し「貼り付け」を選択することにより、付箋hのコピーを行うことができる(非図示)。 Since the menu box appears, select the "copy", to display the right-click the menu window again in the destination on the bulletin board 900 by selecting the "Paste", a copy of the tag h can be carried out (not shown).

付箋hのコピー動作に伴い、DBアクセスコンポーネント502の追加機能により、新たな付箋データがマトリクス機能ビューと対応付けられて登録される。 With the copy operation sticky h, the additional functions of the DB access component 502, are registered in the new tag data is associated with the matrix function views. 図30は、新たな付箋データの例を示す。 Figure 30 shows an example of a new tag data. No1、5、20は自動的に入力され、2〜4、14、15、18、19、21、23は、コピー元の付箋データがそのまま継承される。 No1,5,20 is automatically input, 2~4,14,15,18,19,21,23 is, copy the source of the tag data is directly inherited. なおここで、No11(掲示日時)、12(掲示者)、13(掲示期限)については、掲示板機能ビューにおいて必須のデータ項目であるが、マトリクス機能ビューにおいては任意のデータ項目であるのでデータ値を有していない場合がある。 It should be noted here, No11 (Posted date and time), 12 (Posted person), 13 for (Posted date), which is an essential data item in the bulletin board function view, the data value because in the matrix function view is any data item there is a case that does not have a. 実際、付箋データhはNo11(掲示日時)、12(掲示者)、13(掲示期限)のデータ値を有していない(図26)。 In fact, the tag data h is No11 (posting date), 12 (post's) do not have a data value of 13 (post date) (Figure 26). 従って、付箋hのコピー動作に伴い、これら必須項目のデータ値の入力を促す画面を表示させることで、必須のデータ項目を補完することができる。 Therefore, with the copying operation of the tag h, by displaying a screen prompting the input of the data values ​​of these required items, it is possible to complement the essential data item.

図31は、必須項目のデータ値の入力を促す画面例を示す。 Figure 31 shows an example screen for prompting input of data values ​​required fields. 当該画面にて、掲示日時、掲示者、掲示期限が入力されない場合、コピーを中止させる。 At the screen, posting date, posting person, if the posting date is not entered, to stop the copy. なお図に示されるように、掲示日時、掲示者は、自動取得可能なデータ値であるので仮入力されることができる。 Incidentally, as shown in FIG, posting date, the posting user, because it is automatically acquirable data values ​​can be provisionally inputted.

(連携例3) (Cooperation Example 3)
連携例3として、掲示板900とスケジュール1900間での付箋の移動等の例を挙げて説明する。 As a cooperation Example 3 will be described by way of example of a movement or the like of the sticky between bulletin board 900 and the schedule 1900. 具体的に、掲示板900からスケジュール1900に対して付箋のコピーを行う。 Specifically, do a copy of the tag to the schedule 1900 from the bulletin board 900.

図23の基本画面2300において、掲示板900上の付箋gは、「初回ミーティングのお知らせ」(タイトル)に関するものであり、例えば、掲示内容には「○○プロジェクト発足につき、初回ミーティングを行います。メンバーは、必ず参加してください。日時:2009/7/10、時間:10:00、場所:第一会議室。不参加の場合、本プロジェクトリーダ△△まで事前に連絡願います。」と掲示されている。 In the basic screen 2300 of FIG. 23, Sticky g on the bulletin board 900 is related to the "Notice of the first meeting" (title), for example, the posted content per "○○ project inauguration, do the initial meeting. Member , please join always date and time:. 2009/7/10, time: 10: 00 location:.. in the case of the first conference room non-participation, please contact us in advance up to this project reader △△ "and are posted there. つまり、初回ミーティングの日時が掲示されているので、これをスケジュールとしてスケジュール表に登録したい場合がある。 In other words, because the date and time of the initial meeting has been posted, there is a case you want to add to the schedule this as a schedule.

付箋のコピー(複写)を行う場合、これまで説明してきた通り同様の操作を行える。 When performing tag copy (copy), it can be performed as same operations described so far. ユーザは、マウス26を用いて掲示板900上の付箋gに対し、例えば右クリック操作を行う。 The user performs respect Sticky g on the bulletin board 900, for example a right-click operation using the mouse 26. メニュー・ボックスが表示されるので、「コピー」を選択してから、スケジュール1900上の移動先(暦の日付上)で右クリックして再度メニュー・ウインドウを表示し「貼り付け」を選択することにより、付箋gのコピーを行うことができる(非図示)。 Since the menu box appears, select the "copy", to select the display the destination (on the date of the calendar) right click the menu window again on the schedule 1900 "Paste" Accordingly, it is possible to copy the tag g (not shown).

付箋gのコピー動作に伴い、DBアクセスコンポーネント502の追加機能により、新たな付箋データがスケジュール機能ビューと対応付けられて登録される。 With the copy operation sticky g, the additional features of the DB access component 502, are registered in the new tag data is associated with a scheduling function views. 図32は、新たな付箋データの例を示す。 Figure 32 shows an example of a new tag data. No1、5、20は自動的に入力され、2〜4、11、12、13、18、19、21、23は、コピー元の付箋データがそのまま継承される。 No1,5,20 is automatically input, 2~4,11,12,13,18,19,21,23 is, copy the source of the tag data is directly inherited. なおここで、No16(開始予定日時)、17(終了予定日時)、22(公開フラグ)については、スケジュール機能ビューにおいて必須のデータ項目であるが、掲示板機能ビューにおいては任意のデータ項目であるのでデータ値を有していない場合がある。 It should be noted here, No16 (scheduled start date and time), 17 (scheduled end date and time), for the 22 (public flag), but is an essential data item in the schedule function view, because it is any of the data item in the bulletin board function view may not have a data value. 実際、付箋データgはNo16(開始予定日時)、17(終了予定日時)、22(公開フラグ)のデータ値を有していない(図25)。 In fact, the tag data g is No. 16 (scheduled start date and time), 17 (end date and time), does not have a data value of 22 (published flag) (Fig. 25). 従って、付箋gのコピー動作に伴い、上述と同様に、これら必須項目のデータ値の入力を促す画面を表示させることで、必須のデータ項目を補完することができる(非図示)。 Therefore, with the copying operation of the sticky g, similarly to the above, by displaying a screen prompting the input of the data values ​​of these required items, it is possible to complement the required data items (not shown).

なお、ここではスケジュール表(月表示)を例に挙げて付箋のコピーの動作例を説明したが、週表示及び日表示のスケジュール表上における付箋のコピーについても、同様にして行うことができる。 Note that, although described an operation example of a copy of the tag as an example schedule table (month view), for the tag copy in Week view and Day view schedules on table, it can be carried out in the same manner.

(連携例4) (Cooperation Example 4)
連携例4として、メモ帳620とスケジュール1900間での付箋の移動等の例を挙げて説明する。 As a cooperation Example 4 will be described with an example of a movement or the like of the sticky between notepad 620 and schedule 1900. 具体的に、メモ帳620からスケジュール1900に対して付箋の移動を行う。 Specifically, to move the tag to the schedule 1900 from Notepad 620.

図23の基本画面2300において、メモ帳620上の付箋eは、「グループミーティング」(タイトル)に関するものであるが、それ以外の情報は入力されていないものとする。 In the basic screen 2300 of FIG. 23, sticky notes e on the Notepad 620, is in terms of "group meetings" (title), and the other information shall not have been entered. これは、「グループミーティング」は予定されているものの具体的な開催日時が決定されておらず、ひとまず付箋を作成はしたものの、開催日時の詳細等が決定されるまでの間、一時的にメモ帳620上に保持させているような状態であると考えられる。 This is, "group meeting" has not been determined concrete held date and time of what is being planned, but was the time being create a sticky, until the details, such as the holding date and time is determined, temporarily memo it is considered to be state such as that is held on the book 620. ここで「グループミーティング」の開催日時が決定されたので、付箋eをスケジュール1900の暦上に移動を行う。 Since the holding date and time of the "group meeting" is determined here, to move the sticky note e on the calendar of the schedule 1900. なお、本連携例4では、付箋はコピーより移動させる方が適切である。 In this conjunction Example 4, tag is more appropriate to move from the copy.

付箋の移動を行う場合、これまで説明してきた通り同様の操作を行える。 When performing movement of the tag, it can be performed as same operations described so far. ユーザは、マウス26を用いてメモ帳620上の付箋eに対し、例えばドラッグ操作を行なって付箋の移動を行い、スケジュール1900上の移動先(暦の日付上)上でドロップすることにより、付箋eの移動を行うことができる(非図示)。 User to tag e on notepad 620 by using the mouse 26, for example, to move between sticky performs a drag operation, by dropping on the destination on schedule 1900 (on the date of the calendar), sticky can be moved in the e (not shown). また移動した付箋eを編集することで、ミーティング場所等の情報を追加できる。 Also by editing the tag e you move, you can add information such as a meeting place.

付箋eの移動動作に伴い、DBアクセスコンポーネント502の更新機能により、DB101上の付箋データが更新される。 With the movement of the tag e, the update feature of the DB access component 502, tag data on DB101 is updated. 図33は、新たな(更新された)付箋データの例を示す。 Figure 33 shows an example of the new (updated) tag data. No5、20は自動的に入力され、1〜3、18、19、21、23は、移動元の付箋データがそのまま継承される。 No5,20 is automatically entered, 1~3,18,19,21,23 is the source tag data is directly inherited. なおここで、No16(開始予定日時)、17(終了予定日時)、22(公開フラグ)については、スケジュール機能ビューにおいて必須のデータ項目であるが、掲示板機能ビューにおいては任意のデータ項目であるのでデータ値を有していない場合がある。 It should be noted here, No16 (scheduled start date and time), 17 (scheduled end date and time), for the 22 (public flag), but is an essential data item in the schedule function view, because it is any of the data item in the bulletin board function view may not have a data value. 実際、付箋データeはNo16(開始予定日時)、17(終了予定日時)、22(公開フラグ)のデータ値を有していない(図25)。 In fact, the tag data e is No. 16 (scheduled start date and time), 17 (end date and time), does not have a data value of 22 (published flag) (Fig. 25). 従って、付箋gの移動動作に伴い、上述と同様に、これら必須項目のデータ値の入力を促す画面を表示させることで、必須のデータ項目を補完することができる(非図示)。 Therefore, with the movement of the sticky g, similarly to the above, by displaying a screen prompting the input of the data values ​​of these required items, it is possible to complement the required data items (not shown).

なおいうまでもなく、同様にしてメモ帳620上の付箋を、他の機能ビューである掲示板900やマトリクス1400へ移動又はコピーを行うことが可能であるが、付箋の内容によっていずれの機能ビューに移動等させるかはユーザ次第である。 Note course, the sticky on notepad 620 in the same manner, it is possible to perform the move or copy the message board 900 and the matrix 1400 is another feature view, any functional view the contents of the tag or move, etc. is up to the user.

[総括] [Summary]
以上の実施形態の説明において、各機能ビュー及びメモ帳内、各機能ビュー及びメモ帳内間を跨いでの付箋の移動やコピー動作、及び付箋データの連携について説明してきた。 In the description of the above embodiments, each function view and notepad within Sticky move or copy operation across between each functional view and notepad in and have been described cooperation of the tag data. 付箋(画像オブジェクト)は、共通の情報保持媒体であり、いずれの機能ビュー上、メモ帳上においても自在に作成、配置可能とする為に、付箋データは予めデータ項目を全てが格納可能なようなデータ構造を有している。 Tag (image object) is a common information storage medium, on any functional view, create freely even on notepad, in order to allow placement, as tag data can be stored all in advance data items It has a data structure. 従って、本発明の実施形態に係るサーバ装置1により提供されるグループウェア機能において、付箋データの連携を実現し、いずれの機能ビュー及びメモ帳においても、またもしくはこれら間を跨ぐような付箋の操作においても、ユーザは多種多様な情報を一貫した同一の、且つ直感的な操作性をもって取り扱うことが可能となる。 Accordingly, the groupware functions provided by the server device 1 according to the embodiment of the present invention, to achieve the cooperation of the tag data, in any of the functional view and notepad, also or manipulation of the tag, such as to straddle between these in also the user can handle a wide variety of information have the same consistent and intuitive operability. この点、従来(グループウェアシステム等)においては、各機能ビューで情報の互換性が問題となったり、同様な情報を再び入力したり、またもしくは各機能ビューによっては互換の為の操作に手間がかかったり、異なる操作が必要であった。 In this respect, troublesome in the conventional (groupware systems, etc.), compatibility may become a problem of information in each functional view, the operation for compatibility or again entered the same information, also or by each functional view it takes or was required different operations.

即ち本発明によれば、グループウェアの機能間における多様な情報を連携させ、利用者の操作性を向上するネットワークシステム、サーバ装置、及びグループウェアプログラムを提供することが可能となる。 That is, according to the present invention, by linking various information between the groupware function, a network system to improve the operability of the user, it is possible to provide a server apparatus, and a groupware program. より詳細には、グループウェアの各機能で利用される多様な情報(例えば、伝達情報、スケジュール情報、タスク情報等)を、各機能間でシームレスに連携させるように管理し、一貫した操作性をもって、グループウェアが目的とするところの、効率的な情報共有を実現することができる。 More specifically, various information used in the function of the groupware (e.g., transmission information, schedule information, task information, etc.), to manage so as to cooperate seamlessly among each function, with consistent experience it can groupware to realize it is an object, an efficient information sharing.

なお、本発明は係る特定の実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明の要旨の範囲内において、種々の変形・変更が可能である。 The present invention is not limited to the specific embodiments, within the scope of the present invention described in the appended claims, and various modifications and changes. 付箋は、その付箋データ構造においていずれの機能ビュー及びメモ帳の全データ項目に対応しているので、実施形態で示した以外の機能ビュー及びメモ帳間においても、同一の操作により付箋の移動やコピーを行うことができる。 Sticky notes, its because it corresponds to all data items of any functional view and notepad in tag data structures, even between features views and notepad other than those shown in the embodiment, Ya movement sticky by the same operation it is possible to perform the copy.

1 サーバ装置 2 クライアント端末 3 ネットワーク 101 記憶部 102 送信部 11、21 CPU 1 server 2 client terminal 3 network 101 storage unit 102 transmission unit 11 and 21 CPU
12、22 ROM 12,22 ROM
13、23 RAM 13,23 RAM
14、27 通信装置 15、28 補助記憶装置 16、29 バスライン 24 ディスプレイ 25 キーボード 26 マウス 201 ウインドウ表示部 202 画像オブジェクト表示部 203 操作部 204 更新要求部 501 表示コンポーネント 502 付箋コンポーネント 503 メモ帳コンポーネント 504 DBアクセスコンポーネント 510 機能コンポーネント 511 掲示板コンポーネント 512 マトリクスコンポーネント 513 スケジュールコンポーネント 14 and 27 the communication device 15, 28 the auxiliary storage device 16, 29 the bus line 24 display 25 keyboard 26 mouse 201 window display unit 202 an image object display unit 203 operation unit 204 update request section 501 display component 502 Sticky component 503 Notepad component 504 DB access component 510 functional components 511 bulletin board component 512 matrix component 513 schedule component

特許4057171号 Patent No. 4057171 特開2004‐310272号 Japanese Unexamined Patent Publication No. 2004-310272

Claims (7)

  1. クライアント装置と、前記クライアント装置にグループウェア機能を提供するサーバ装置とがネットワークを介して接続されるネットワークシステムであって、 And the client apparatus, a server apparatus for providing a groupware functionality to the client device a network system connected through a network,
    前記サーバ装置は、 Said server apparatus,
    グループウェア機能を実現するための作業フィールドであって、少なくともスケジュール管理を行うスケジュールウインドウを含む複数のウインドウに関する情報と、前記ウインドウ上に重畳して表示させる画像オブジェクトに関する情報と、前記画像オブジェクトを前記複数のウインドウのいずれのウインドウ上にも表示可能とする、前記画像オブジェクトに付帯するデータとを記憶する記憶手段と、 A working field for realizing a groupware function, and information on a plurality of windows including a schedule window is used to at least schedule management, and information relating to the image object to be displayed superimposed on the window, the image object the also can be displayed on any window of a plurality of windows, and storage means for storing the data to be attached to the image object,
    前記記憶手段により記憶された複数のウインドウに関する情報と、画像オブジェクトに関する情報と、当該画像オブジェクトに付帯するデータとを、前記クライアント装置に送信する送信手段とを有し、 It has information relating to a plurality of windows stored by the storage means, and information relating to the image object, and data incidental to the image object, and transmission means for transmitting to said client device,
    前記クライアント装置は、 The client device,
    表示手段と、 And display means,
    前記送信手段により送信された複数のウインドウに関する情報に基づいて、スケジュールウインドウとスケジュールウインドウ以外のウインドウとを前記表示手段に表示させるウインドウ表示手段と、 Based on the information for a plurality of windows which are transmitted by said transmitting means, and the window display means for displaying on said display means a window other than the schedule window and schedule window,
    前記送信手段により送信された画像オブジェクトに関する情報と当該画像オブジェクトに付帯するデータとに基づいて、前記画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ又は前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳させて前記表示手段に表示させる画像オブジェクト表示手段と、 Based on the data incidental to the information and the image object to an image object that has been transmitted by the transmitting means, an image for displaying the image object on the display means by superimposing on the window other than the schedule window or the schedule window and object display means,
    前記表示手段によりウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを、当該ウインドウ上から他のウインドウ上へ移動又は複写操作させる操作手段と、 Operation means an image object displayed by superimposing on the window, moving or copying operation from the said window onto another window by the display means,
    前記操作手段により画像オブジェクトが移動又は複写操作されたとき、前記サーバ装置に当該画像オブジェクトに付帯するデータの更新要求を行う更新要求手段とを有し、 When the image object is moved or copied operated by said operating means, and an update request unit for performing the update request data incidental to the image object to the server apparatus,
    前記操作手段により前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ上へ移動又は複写操作されたとき、前記記憶手段は、前記更新要求手段からの更新要求に基づいて、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、 When an image object displayed by superimposing on the schedule other than window window is moved or copied operating on the schedule window by the operation means, said storage means, based on the update request from the update request means Te, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object, and stores the information associated with the schedule window in the data,
    前記画像オブジェクト表示手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトを、当該画像オブジェクトに付帯するデータの前記スケジュールウインドウに対応付けられた情報に基づいて、前記スケジュールウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示させること、 The image object display means, the moving or copying operation image objects, on the basis of the information associated with the schedule window data incidental to the image object, the display means by superimposing on the schedule window be displayed in,
    を特徴とするネットワークシステム。 Network system according to claim.
  2. 前記画像オブジェクト表示手段によって、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトが前記スケジュールウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示された後であって、前記操作手段により前記スケジュールウインドウ上に重畳させて表示されている画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上へ移動又は複写操作されたとき、 Display the the image object display means, said moving or even after the copying operation image object is displayed on the display means by superimposing on the schedule window, by superimposing on the schedule window by the operation means when an image object that is moved or copied operations on a window other than the schedule window,
    前記記憶手段は、前記更新要求手段からの更新要求に基づいて、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、 Said storage means, on the basis of the update request from the update requesting unit, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object, the information associated with the window other than the schedule window in the data stores,
    前記画像オブジェクト表示手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトを、当該画像オブジェクトに付帯するデータの前記スケジュールウインドウ以外のウインドウに対応付けられた情報に基づいて、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳して前記表示手段に表示させること、 The image object display means, the moving or copying operation image objects, on the basis of the information associated with the window other than the schedule window data incidental to the image object, on the window other than the schedule window superimposed to be displayed on the display means,
    を特徴とする請求項1に記載のネットワークシステム。 Network system according to claim 1, wherein the.
  3. 前記複数のウインドウ毎に、少なくともウインドウ閲覧の可否を含むユーザアクセス権限を設定させる権限設定手段を有し、 For each of the plurality of windows, has the authority setting means for setting user access rights, including the possibility of at least window browsing,
    ユーザアクセス権限が設定されたウインドウにおいて、当該ウインドウ内で表示される画像オブジェクトは、ユーザアクセス権限を有するユーザ間で移動又は複写操作されること、 In the window that the user access is set, the image object to be displayed in the window, to be moved or copied operation among users having a user access rights,
    を特徴とする請求項1又は2に記載のネットワークシステム。 Network system according to claim 1 or 2, characterized in.
  4. 前記ウインドウ表示手段は、前記表示手段に、画像オブジェクトを一時的に保持するための作業フィールドであるメモ帳ウインドウを表示させ、 It said window display means, said display means to display a notepad window is a work field for temporarily holding the image object,
    前記メモ帳ウインドウ上、若しくは、前記スケジュールウインドウ又は前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上の画像オブジェクトを、相互のウインドウ上へ、当該画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、移動又は複写操作させることが可能であること、 On the Notepad window, or an image object on the window other than the schedule window or the schedule window, onto one another the window, while inheriting the data incidental to the image object, can be moved or copied Operation that is,
    を特徴とする請求項1ないし3いずれか一項に記載のネットワークシステム。 Network system according to one of claims 1 to 3, wherein the.
  5. 前記クライアント装置は、 The client device,
    画像オブジェクトが、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウ上から前記スケジュールウインドウ上へ、前記移動又は複写操作されたとき、前記スケジュールウインドウ以外のウインドウから継承された当該画像オブジェクトに付帯するデータと、前記前記スケジュールウインドウで利用されるべきデータとの差異に基づき、不足するデータを補完させる補完手段と、 Graphical objects, said from the window other than the schedule window onto the schedule window, when the moved or copied operation, and data incidental to the image objects inherited from the window other than the schedule window, the said schedule window and complementary means in based on the difference between the data to be utilized, thereby complementing the data to be insufficient,
    を有することを特徴とする請求項1ないし4いずれか一項に記載のネットワークシステム。 Network system according to one of claims 1 to 4, characterized in that it has a.
  6. クライアント装置とネットワークを介して接続され、前記クライアント装置にグループウェア機能を提供するサーバ装置であって、 Are connected via a client device and a network, a server device that provides groupware functionality to the client device,
    グループウェア機能を実現するための作業フィールドであって、少なくともスケジュール管理を行うスケジュールウインドウを含む複数のウインドウに関する情報と、前記ウインドウ上に重畳して表示させる画像オブジェクトに関する情報と、前記画像オブジェクトを前記複数のウインドウのいずれのウインドウ上にも表示可能とする、前記画像オブジェクトに付帯するデータとを記憶する記憶手段と、 A working field for realizing a groupware function, and information on a plurality of windows including a schedule window is used to at least schedule management, and information relating to the image object to be displayed superimposed on the window, the image object the also can be displayed on any window of a plurality of windows, and storage means for storing the data to be attached to the image object,
    前記記憶手段により記憶された複数のウインドウに関する情報と、画像オブジェクトに関する情報と、当該画像オブジェクトに付帯するデータとを、前記クライアント装置に送信する送信手段とを有し、 It has information relating to a plurality of windows stored by the storage means, and information relating to the image object, and data incidental to the image object, and transmission means for transmitting to said client device,
    前記クライアント装置上において、前記複数のウインドウのうちスケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳して表示されている画像オブジェクトが、スケジュールウインドウ上へ移動又は複写操作され、前記クライアント装置により当該移動又は複写操作に伴い当該サーバ装置に当該画像オブジェクトに付帯するデータの更新要求が行われると、前記記憶手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、 On the client device, an image object that is displayed superimposed on the window other than the schedule window among the plurality of windows is moved or copied operating on schedule window, the mobile or copy operation by the client device When the data update request incidental to the server apparatus to the image object with is performed, the storage unit, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object associated with the schedule window stores the information in the data,
    前記送信手段は、前記クライアント装置が前記移動又は複写操作された画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ上へ重畳して表示させるために、前記スケジュールウインドウに対応付けられた情報が格納されたデータを前記クライアント装置に送信すること、 The transmission unit, wherein the image object by the client device is the mobile or copying operation in order to display superimposed on the schedule window, the client device data information associated with the schedule window is stored be sent to,
    を特徴とするサーバ装置。 Server device according to claim.
  7. クライアント装置とネットワークを介して接続され、前記クライアント装置にグループウェア機能を提供するサーバ装置を、 Are connected via a client device and a network, a server device that provides groupware functionality to the client device,
    グループウェア機能を実現するための作業フィールドであって、少なくともスケジュール管理を行うスケジュールウインドウを含む複数のウインドウに関する情報と、前記ウインドウ上に重畳して表示させる画像オブジェクトに関する情報と、前記画像オブジェクトを前記複数のウインドウのいずれのウインドウ上にも表示可能とする、前記画像オブジェクトに付帯するデータとを記憶する記憶手段と、 A working field for realizing a groupware function, and information on a plurality of windows including a schedule window is used to at least schedule management, and information relating to the image object to be displayed superimposed on the window, the image object the also can be displayed on any window of a plurality of windows, and storage means for storing the data to be attached to the image object,
    前記記憶手段により記憶された複数のウインドウに関する情報と、画像オブジェクトに関する情報と、当該画像オブジェクトに付帯するデータとを、前記クライアント装置に送信する送信手段として機能させるためのグループウェアプログラムであって、 And information on a plurality of windows stored by the storage means, and information relating to the image object, and data incidental to the image object, a groupware program for functioning as a transmitting means for transmitting to said client device,
    前記クライアント装置上において、前記複数のウインドウのうちスケジュールウインドウ以外のウインドウ上に重畳して表示されている画像オブジェクトが、スケジュールウインドウ上へ移動又は複写操作され、前記クライアント装置により当該移動又は複写操作に伴い当該サーバ装置に当該画像オブジェクトに付帯するデータの更新要求が行われると、前記記憶手段は、前記移動又は複写操作された画像オブジェクトに付帯するデータを継承しつつ、前記スケジュールウインドウに対応付けた情報を当該データに格納し、 On the client device, an image object that is displayed superimposed on the window other than the schedule window among the plurality of windows is moved or copied operating on schedule window, the mobile or copy operation by the client device When the data update request incidental to the server apparatus to the image object with is performed, the storage unit, while inheriting the data incidental to the moving or copying operation image object associated with the schedule window stores the information in the data,
    前記送信手段は、前記クライアント装置が前記移動又は複写操作された画像オブジェクトを前記スケジュールウインドウ上へ重畳して表示させるために、前記スケジュールウインドウに対応付けられた情報が格納されたデータを前記クライアント装置に送信すること、 The transmission unit, wherein the image object by the client device is the mobile or copying operation in order to display superimposed on the schedule window, the client device data information associated with the schedule window is stored be sent to,
    を特徴とするグループウェアプログラム。 Groupware program characterized.
JP2009188678A 2009-08-17 2009-08-17 Network system, server device, and a groupware program Active JP5212310B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009188678A JP5212310B2 (en) 2009-08-17 2009-08-17 Network system, server device, and a groupware program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009188678A JP5212310B2 (en) 2009-08-17 2009-08-17 Network system, server device, and a groupware program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011039942A JP2011039942A (en) 2011-02-24
JP5212310B2 true JP5212310B2 (en) 2013-06-19

Family

ID=43767617

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009188678A Active JP5212310B2 (en) 2009-08-17 2009-08-17 Network system, server device, and a groupware program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5212310B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10176158B2 (en) 2017-03-22 2019-01-08 Fuji Xerox Co., Ltd. Information processing apparatus

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9449303B2 (en) * 2012-01-19 2016-09-20 Microsoft Technology Licensing, Llc Notebook driven accumulation of meeting documentation and notations
KR101951228B1 (en) 2012-10-10 2019-02-22 삼성전자주식회사 Multi display device and method for photographing thereof
KR20140046346A (en) 2012-10-10 2014-04-18 삼성전자주식회사 Multi display apparatus and method for contorlling thereof
KR20140046345A (en) 2012-10-10 2014-04-18 삼성전자주식회사 Multi display device and method for providing tool thereof
KR20140046319A (en) 2012-10-10 2014-04-18 삼성전자주식회사 Multi display apparatus and multi display method
KR20140046323A (en) 2012-10-10 2014-04-18 삼성전자주식회사 Multi display apparatus and method for controlling display operation
KR20140046343A (en) 2012-10-10 2014-04-18 삼성전자주식회사 Multi display device and method for controlling thereof

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1124874A (en) * 1997-06-30 1999-01-29 Hitachi Ltd Electronic mail system
JPH1131188A (en) * 1997-07-09 1999-02-02 Just Syst Corp Data edit system
US6621508B1 (en) * 2000-01-18 2003-09-16 Seiko Epson Corporation Information processing system
JP4976083B2 (en) * 2006-09-04 2012-07-18 株式会社朝日ネット Information sharing system information cooperation program

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10176158B2 (en) 2017-03-22 2019-01-08 Fuji Xerox Co., Ltd. Information processing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011039942A (en) 2011-02-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2458388C2 (en) Common space for information sharing
JP5028151B2 (en) Improved computerized collaboration
CA2510387C (en) Method and system for improved electronic task flagging and management
US6239798B1 (en) Methods and apparatus for a window access panel
US5577188A (en) Method to provide for virtual screen overlay
US7640506B2 (en) Method and apparatus for viewing and managing collaboration data from within the context of a shared document
US5872924A (en) Collaborative work support system
CN101211369B (en) Content display method, content display apparatus, and recording medium for recording content display program
KR100706186B1 (en) Time bar navigation in a media diary application
CN101056388B (en) Electronic conference support device, electronic conference support method, and information terminal device of electronic conference system
RU2374681C2 (en) System and method intended for joint application of files in group jointly-used areas of peer-to-peer network
US9513930B2 (en) Workflow widgets
US5847707A (en) Icon menu display devices and methods
US7620902B2 (en) Collaboration spaces
US20080040690A1 (en) Directory Management Program, Object Display Program, Directory Management Method, And Directory Management Apparatus
US8762870B2 (en) Multifunction drag-and-drop selection tool for selection of data objects in a social network application
US10200468B2 (en) Active agenda
US8429540B1 (en) End user created collaborative and non-collaborative workspace application container system and method
US9824333B2 (en) Collaborative management of activities occurring during the lifecycle of a meeting
JP2687230B2 (en) Reply creation support method for a meeting notification by e-mail
US8464164B2 (en) System and method to create a collaborative web-based multimedia contextual dialogue
Haller et al. The nice discussion room: Integrating paper and digital media to support co-located group meetings
US10068203B2 (en) Methods and systems for managing to do items or notes or electronic messages
US8935334B2 (en) System and method to create a collaborative workflow environment
US7099919B2 (en) Information sharing method and apparatus using object oriented technology

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120528

A977 Report on retrieval

Effective date: 20130118

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130129

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130211

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160308