JP5210197B2 - 水制工及びその構築方法 - Google Patents

水制工及びその構築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5210197B2
JP5210197B2 JP2009025930A JP2009025930A JP5210197B2 JP 5210197 B2 JP5210197 B2 JP 5210197B2 JP 2009025930 A JP2009025930 A JP 2009025930A JP 2009025930 A JP2009025930 A JP 2009025930A JP 5210197 B2 JP5210197 B2 JP 5210197B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
bag
net
filling
construction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009025930A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010180637A (ja
Inventor
山口曜士郎
西本俊晴
土橋和敬
新正行
Original Assignee
前田工繊株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 前田工繊株式会社 filed Critical 前田工繊株式会社
Priority to JP2009025930A priority Critical patent/JP5210197B2/ja
Publication of JP2010180637A publication Critical patent/JP2010180637A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5210197B2 publication Critical patent/JP5210197B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A10/00TECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE at coastal zones; at river basins
    • Y02A10/11Hard structures, e.g. dams, dykes or breakwaters

Description

本発明は、河川や海の中に構築して水流方向を制御するための水制工及びその構築方法に関するものである。
河川や海岸近くの海の中に構築して、特に河川の水流を弱めたり、河川の流れの方向を制御することにより、堤防の安全性を高め、周辺の生態系の維持・復元を図るための水制工が採用されている。
水制工の形状としては、その平面形状がT字形、L字形、I字形、円弧形など、様々な形状が存在する。
水制工としては、その水際部分は水流によって洗掘され難く、水際部分に囲まれた中心部分は植生などが可能であることが望ましい。
従来、この水制工としては、粗朶を組み合わせ、その中に石材を詰めたものや、コンクリートブロックを積み上げた構造のものが広く採用されていた。
前記した従来の水制工における課題としては、施工性が悪いことが挙げられる。
粗朶を使用した場合、粗朶を大量に確保するのが難しくなっており、設置場所で、人力で粗朶を組み合わせる必要があり、重機による施工も出来ないという施工性の悪さがある。
コンクリートブロック積みの場合は、多くの場合、現場にて型枠を使用してブロックを製造することが多く、養生する期間が必要で、それらをストックするストックヤードの確保が必要となる。
前記した従来の水制工には、耐久性や構造上の課題もある。
粗朶を使用した施工の場合、粗朶が天然素材のため、紫外線や水位の変化により劣化するため、水制工の機能を半永久的に持続させることができない。
コンクリートブロックの場合では、流水が当たる水制工の上流端や、水制工の先端では、大きな河床洗屈が起きる可能性があるが、コンクリートブロックを用いた水制工は柔軟性がないため、一気に崩れる可能性がある。
更に上記した従来技術では、施工に必要な材料を現場で調達するのではないため、現場で不要となっている建設副産物の再利用には結びつかない。
特開2007−239321号公報
解決しようとする課題は、施工性の悪さであり、耐久性や柔軟性が良くないことであり、建設副産物を利用していないことである。
本発明にかかる水制工は、河川や海岸に陸地から張り出して、或いは河川や海の中に構築する水制工であって、
中心部は土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、
前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置するものである。
本発明にかかる水制工の構築方法は、河川や海岸に陸地から張り出して、或いは河川や海の中に水制工を構築する方法であって、
中心部は土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、
前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置するものである。
本発明は以上のような構成を有し、少なくとも下記のいずれか一つの効果を達成する。
<a>水制工の中心部には、土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置するため、それぞれの利点を生かした構造物とすることができる。
<b>水衝部に設置する石材などの中詰材を詰めたネット状袋材は、水流を通す多数の孔を有しており、流速低減効果を発揮し、水制工としての機能が向上する。
また、中詰材として石材やコンクリート殻を使用し、土を詰めていないので、水流によって中詰材が押し流されることがない。
<c>水際に設置したネット状袋材には、中詰材の間に多くの孔が形成されるため、稚魚やカニ、貝類などの河川や浜辺に生息する様々な生物たちの生態系に良好な影響を与えることになる。
<d>土のう袋やネット状袋材に、現場で処分に困っていた土砂やコンクリート殻などの建設副産物を中詰材として詰めることで、建設副産物の再利用を図ることができる。
<e>中心部に設置する土のう袋には土砂を詰めるため、比較的表面を平滑に形成出来、車両の通交が充分可能となり、別途仮設道路を造る必要もなくなる。
また、詰めた土に草木などが根づき易く、表面の緑化なども図れる。
<f>中詰材を詰める土のう袋やネット状袋材を使用するため、粗朶を用いた水制工と比較し、重機による施工が可能となり、施工性が大幅に向上する。
<g>工場で製造した土のう袋やネット状袋材を使用するため、コンクリートブロックを用いた水制工と比較して、養生期間や広大なストックヤードの確保が不要になり、現場での施工速度の向上、工事期間の短縮が可能となる。
<h>耐候性の土のう袋やネット状袋材などを使用し、石材などを中詰材とするため、粗朶を用いた水制工と比較し、耐久性に優れており、腐食などの心配がない。
<i>石材などを中詰材とした袋或いは袋材という柔軟な部材によって構築するため、河床洗掘に追従することが可能であり、一気に崩れることがなく、水制工としての機能を長く持続することが可能となる。
本発明を実施した水制工の平面図 河川において施工した水制工の平面図 本発明を実施した水制工の一部斜視図 本発明の水制工の断面図 本発明で使用した土のう袋の斜視図 本発明で使用したネット状袋材の斜視図
本発明では、水制工の中心部には土、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置し、それぞれの部材の適性を生かした二重構造とした。
以下、図に示す実施例に基づき、本発明を詳細に説明する。
<1> 土のう袋
図5に示すのは、本発明で使用する土のう袋1であり、耐候性を有する化学繊維を使用した布地やシート地によって形成されており、その形状として丸筒形状や各筒形状に形成されている。
土のう袋1は、その大きさとして0.5m3以上であることが好ましい。
土のう袋1は、上端で絞るようにして封をし、吊り上げるためのベルト2が設けられている。
土のう袋1内には、土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材3として詰める。
土のう袋は、内側に収納した土砂等がバラけないように拘束し、且つ水流にさらされても流出し難い材質から成っていることが好ましい。
<2> ネット状袋材
図6に示すのは、本発明で使用するネット状袋材4であって、多数の網目を有するネット状の袋に形成されている。
ネットは、耐候性を有する化学繊維を使用して形成したもので、その形状はキンチャク袋形状に形成されている。
ネット状袋材4は、上端で絞るようにして封をし、絞った部分に取り付けられているロープにクレーンのフック6をかけて吊り上げることが出来る。
ネット状袋材4には、石材或いはコンクリート殻、或いはそれらの混合材料を中詰材5として詰める。
<3> 水制工
図2に示すのは、河川7において本発明を実施した水制工の平面図であり、堤防8から複数個のT字形の水制工Aを突設してあり、河川7の幅方向中間部に複数個のほぼ直線形状の水制工Bを構築してある。
水制工A・Bの河川7の流れ方向の長さLは80mであって、隣り合う水制工A・B間の間隔Wは20mである。
<4> 中心部
水制工A・Bの中心部C、つまりは水制工A・Bの周囲の水際でない部分には、中詰材3を詰めた土のう袋1を設置する。
図1では、一点鎖線で囲まれた部分が中心部Cである。
設置にはクレーンなどを使用して吊り上げ、設置が可能である。
土のう袋1は、水制工A・Bの中心部分の幅方向に必要個数並べて置き、その高さ方向にも必要個数積み上げることができる。
土のう袋1内には、土、石材或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を詰めるため、比較的表面を平滑にすることができ、その上を車両などが通過することが可能で、別途仮設道路を構築する手間が不要となる。
また土のう袋1内に土を詰めておくことで、中心部C表面に草木を植生することも可能となる。
<5> 水衝部
前記した水制工A・Bの外周側の部分であって、水流にさらされる水際部分を水衝部Dと呼び、この水衝部Dには中詰材5を詰めたネット状袋材4を設置する。
ネット状袋材4の設置にもクレーンなどの重機が使用できる。
ネット状袋材4は、幅方向に必要個数並べて設置し、高さ方向にも必要個数積み上げることができる。
ネット状袋材4内には、石材或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を詰めるもので、土を詰めていないため、水流にさらされても中詰材5が押し流されてしまうことが少ない。
また、ネット状袋材4には、石材やコンクリート殻などの中詰材5を詰めてあるため、網目を通って内側に入った水流は、中詰材5の間に生じた無数の孔(多孔質)の間に流れ込み、流速低減効果を発揮する。
これにより、水制工A・Bとしての機能が向上する。
また、前記した中詰材5の間に生じた無数の孔の中は、稚魚やカニなどの生物の生息可能な場所となり、生態系の維持・向上を図ることができ、生態系に配慮した水制工となる。
<6> 水衝部の植生
前記した水制工A・Bの水際部分となる水衝部Dは、石材やコンクリート殻の中詰材5を詰め、土は詰めないが、砂が中詰材5同士の間に溜まり、その部分から植物が生育することもある。
A 水制工
B 水制工
C 中心部
D 水衝部
1 土のう袋
2 ベルト
3 中詰材
4 ネット状袋材
5 中詰材
6 フック
7 河川
8 堤防

Claims (7)

  1. 河川や海岸に陸地から張り出して、或いは河川や海の中に構築する水制工であって、
    中心部は土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、
    前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置してなる、
    水制工。
  2. 前記中詰材を詰めたネット状袋材は、流速低減効果を有することを特徴とする、
    請求項1記載の水制工。
  3. 前記土のう袋及びネット状袋材は、合成樹脂製の耐候性材料から成ることを特徴とする、
    請求項1又は2記載の水制工。
  4. 前記土のう袋は、石材等の中詰材を拘束し、且つ水流にさらされても流出し難いことを特徴とする、
    請求項1乃至3のいずれか1項に記載の水制工。
  5. 前記した中詰材を詰めたネット状袋材は、多孔質な空間を有し、生物が生息し易い生態系に配慮した構造であることを特徴とした、
    請求項1乃至4のいずれか1項に記載した水制工。
  6. 河川や海岸に陸地から張り出して、或いは河川や海の中に水制工を構築する方法であって、
    中心部は土砂、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材とした土のう袋を設置し、
    前記中心部を囲む水際となる水衝部には、石材、或いはコンクリート殻、又はそれらの混合材料を中詰材としたネット状袋材を配置する
    水制工の構築方法。
  7. 前記した土のう袋やネット状袋材に詰める中詰材として、解体した構造物のコンクリート殻や、掘削した土砂などの建設副産物を採用することを特徴とする、
    請求項6記載の水制工の構築方法。
JP2009025930A 2009-02-06 2009-02-06 水制工及びその構築方法 Active JP5210197B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009025930A JP5210197B2 (ja) 2009-02-06 2009-02-06 水制工及びその構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009025930A JP5210197B2 (ja) 2009-02-06 2009-02-06 水制工及びその構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010180637A JP2010180637A (ja) 2010-08-19
JP5210197B2 true JP5210197B2 (ja) 2013-06-12

Family

ID=42762343

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009025930A Active JP5210197B2 (ja) 2009-02-06 2009-02-06 水制工及びその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5210197B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102182160A (zh) * 2011-04-11 2011-09-14 水利部交通运输部国家能源局南京水利科学研究院 鱼巢生态丁坝
JP6166199B2 (ja) * 2014-03-12 2017-07-19 株式会社九コン 土嚢の利用方法
JP6625327B2 (ja) * 2014-05-12 2019-12-25 日本植生株式会社 緑化土嚢袋、それを用いた緑化土嚢の形成方法並びに土留および緑化の方法
CN106939580B (zh) * 2017-02-28 2019-07-12 河海大学 一种交错埋管型透水丁坝
CN106939579B (zh) * 2017-02-28 2019-07-12 河海大学 一种平行埋管型透水丁坝

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3395103B2 (ja) * 1996-09-03 2003-04-07 小岩金網株式会社 護岸工法
JPH1150428A (ja) * 1997-08-05 1999-02-23 Seni Doboku Kaihatsu Kk 根固工用ネット袋
JP2872660B1 (ja) * 1998-01-30 1999-03-17 瀬戸内金網商工株式会社 篭シート及びそれにより構築した擁壁

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010180637A (ja) 2010-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100817471B1 (ko) 하천 호안 및 법면 보호용 식생 스톤네트 및 이의 시공방법
JP5210197B2 (ja) 水制工及びその構築方法
KR100574741B1 (ko) 토목 섬유대를 이용한 다목적 생태여울시스템 및 그시공방법
JP4827165B2 (ja) 長尺土嚢ドレーン補強工法
KR101162842B1 (ko) 하천둑 및 그 축조방법
Lawson Geotextiles in marine engineering
JP2892263B2 (ja) ネット付き土砂収納用袋及び水中又は水際環境の改良方法
JP3227570B2 (ja) 水質浄化嚢
JP2005214006A (ja) 河床の構造
KR200413124Y1 (ko) 수중 구조물 세굴(洗掘) 방지용 헥사포드
KR100704460B1 (ko) 항만 호안 및 방조제 시공장치
JP6322365B2 (ja) 保護部材
KR200311996Y1 (ko) 화이바 스톤 유니트
JP6871583B1 (ja) 洗堀防止ユニット及び洗堀防止構造
JP4482859B2 (ja) 護岸背面の安定化工法
CN203113280U (zh) 一种防护勾连体及由其组成的堆砌空间结构
CN103122624B (zh) 一种防护勾连体
KR100788950B1 (ko) 수중 구조물 세굴(洗掘) 방지용 헥사포드
KR200349607Y1 (ko) 긴급 수방자재 화이바 스톤 유니트
JP2002227168A (ja) 河床の構造及び河床の保護方法
JP2810374B2 (ja) 非コンクリート柔構造部材とこの柔構造部材による臨海施設の構築方法
KR200461490Y1 (ko) 식생매트
Yang et al. Protection technology and applications of gabion
EP3526410B1 (en) Artificial breakwater reef and related manufacturing method
US20200308790A1 (en) Modular marine foundation

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120123

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130123

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130129

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130222

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5210197

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160301

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250