JP5174800B2 - 電気コネクタ - Google Patents

電気コネクタ Download PDF

Info

Publication number
JP5174800B2
JP5174800B2 JP2009291227A JP2009291227A JP5174800B2 JP 5174800 B2 JP5174800 B2 JP 5174800B2 JP 2009291227 A JP2009291227 A JP 2009291227A JP 2009291227 A JP2009291227 A JP 2009291227A JP 5174800 B2 JP5174800 B2 JP 5174800B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solder
terminal
differential signal
signal terminals
contact
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009291227A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010157505A (ja
Inventor
家勇 何
啓昇 鄭
Original Assignee
鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN2009103000642A priority Critical patent/CN101771226B/zh
Priority to CN200910300064.2 priority
Application filed by 鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司 filed Critical 鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司
Publication of JP2010157505A publication Critical patent/JP2010157505A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5174800B2 publication Critical patent/JP5174800B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、電気コネクタに関し、特に、例えば高速ディファレンシャル伝送に使用されるのに適した電気コネクタに関する。
特許文献1を参照すると従来技術において、電気コネクタは、絶縁本体と、前記絶縁本体に装着される複数の導電端子と、絶縁本体を覆う金属板で形成されたシェルとを含む。前記絶縁本体は基部と基部から前向きに延出する舌片とを含み、複数の導電端子は前記舌片に並設された接触部と、絶縁本体の基部を突出して回路基板に接続する接続部とを含み、複数の導電端子の接続部が一列に配置される。前記導電端子は、グランド端子と複数のペアのシグナル端子とを含み、前記ペアのシグナル端子が差動伝送を行う。また、クロストークを低減するために、隣接したペアのシグナル端子の間にグランド端子が配置される。
中国特許出願公開第1937324A号公報
従来の電気コネクタは、隣接したペアのシグナル端子の間に一つのグランド端子のみが配置され、高速伝送の場合において、クロストークを有効に低減できない。従って、隣接したペアのシグナル端子の間のクロストークにより電気的性能を悪化させる恐れがある。
本発明は、係る点に鑑みてなされたものであり、隣接したペアの差動信号端子の間でのクロストークを有効的に低減でき、電気的性能を向上させた電気コネクタを提供することを目的とする。
本発明の相手コネクタが挿入される収容空間を有する電気コネクタにおいて、基部と、前記基部から前記収容空間へ前向きに延出する舌片とを含む絶縁本体と、前記絶縁本体に装着され、複数の接地端子と複数のペアの差動信号端子とを含み、前記各接地端子は、前記収容空間に露出する接触部と前記絶縁本体に突出する第一半田部とを設け、前記各ペアの差動信号端子は、前記収容空間に露出する接触部と前記絶縁本体に突出する第二半田部を設けられる導電端子とを含む電気コネクタであり、前記接地端子の第一半田部と前記差動信号端子の第二半田部とは一列に並設され、隣接したペアの差動信号端子の第二半田部の間に両接地端子の第一半田部に配置される構成を採る。
従来技術に比べ、本発明は以下の利点を有する。隣接したペアの差動信号端子の第二半田部の間に両接地端子の第一半田部が配置されることによって、隣接したペアの差動信号端子の間でのクロストークを有効的に低減でき、電気的性能を向上させた。
本発明に係る電気コネクタが回路基板に実装される組立斜視図である。 本発明に係る電気コネクタの組立斜視図である。 本発明に係る電気コネクタの部分の組立斜視図である 本発明に係る電気コネクタの部分の分解斜視図である。 本発明に係る電気コネクタの分解斜視図である。 図5に示す電気コネクタをほかの角度から見た分解斜視図である。 本発明に係る電気コネクタの導電端子の配列の斜視図である。
以下、本発明の電気コネクタ100についての実施形態を詳細に説明する。該電気コネクタ100は、回路基板200に実装され、USB2.0規格に拠るプラグと、USB3.0規格に拠るプラグとのそれぞれに兼用でき、絶縁本体1と、前記絶縁本体1に装着された複数の導電端子2と、絶縁本体1に覆う金属板製のシェル3とを含む。
絶縁本体1は、第一本体11と第二本体12とを組み合わせられる。その第一本体11は、第一基部13と、第一基部13から前向きに延出する舌片14とを含み、第一基部13は後壁131と、後壁131の両端部から前向きに延出する両側壁132と、前記後壁131及び両側壁132により包囲されるように形成される受入溝133とが設けられ、前記受入溝133は開放するように配置され、前記両側壁132の内側壁に取付溝134がそれぞれ形成される。前記舌片14は、回路基板に対向する底面に複数の位置決め溝141と収容溝142とがそれぞれ並べ設けられ、位置決め溝141が収容溝142より舌片14の自由端側に位置するとともに、所定の距離を隔てるように配置される。
前記第二本体12は、前記受入溝133を収容する第二基部15と、第二基部15から前向きに延出する凸板16とを含み、第二基部15の両側には前記取付溝134に係合するための係合凸部151が形成され、第二基部15には複数の保持溝152が貫通するように形成され、凸板16は前記舌片14と平行的に配置され、凸板16の両側には前記第一基部13の先端面に当接するための凸状リブ161がそれぞれ配置される。また、第二基部15の後端にはリブ状の凸部153が突出するように形成される。
シェル3は金属板からなり、ケース状で絶縁本体1を覆っている。該シェル3と絶縁本体1の舌片14とが相手コネクタを収容する収容空間30を形成する。前記第二本体12の凸状リブ161がシェル3に当接し、また、シェル3には収容空間30へ突出して相手コネクタを押圧するための複数の弾性片35と、回路基板200へ向きに延出する保持片330とが形成される。
前記導電端子2は、第一端子組21と第二端子組22とを含み、第一端子組21は、USB2.0規格(Aタイプ)に符合するソケットの導電端子であり、USB2.0規格(Aタイプ)のプラグに接続できる。前記第一端子組21と第二端子組22とは、USB3.0規格(Aタイプ)に符合するソケットの導電端子を構成し、USB3.0規格(Aタイプ)のプラグに接続できる。
第一端子組21は五本あり、第一ペアの差動信号端子211と、第二ペアの差動信号端子212と、前記第一ペアの差動信号端子211及び第二ペアの差動信号端子212の間に配置される第一接地端子213とを含み、第一接地端子213によって、前記第一ペアの差動信号端子211及び第二ペアの差動信号端子212の間でのクロストークを有効的に低減できる。前記第一端子組21は、絶縁本体1に保持するための第一保持部215と、第一保持部215の一端から延出する相手コネクタに接続するための第一接触部214と、第一保持部215の他端から延出する第一連接部216と、第一連接部216から延出する回路基板に接続するための半田部とを含む。前記半田部は、前記第一接地端子213に設けられる第一半田部217と、前記二ペアの差動信号端子211、212に設けられる第二半田部218とを含む。
第一接触部214は、平板状を呈するように前記舌片14の位置決め溝141に収容され、第一連接部216を外側へ偏らせることにより前記半田部の間隔を増加させる。第一保持部215と第一連接部215とはインサート成型で第一本体13の第一基部131に保持され、半田部217、218が第一基部13から突出するように配置される。第一接地端子213の第一連接部216はフォーク状を呈しており、即ち、第一接地端子213の第一半田部217は2つある。
第二端子組22は四本あり、順に、電源回路用端子220、+データ伝送回路用端子及び−データ伝送回路用端子からなる第三ペアの差動信号端子221、第二接地端子223である。第二端子組22は、絶縁本体1に保持される第二保持部225と、相手コネクタに嵌合するための第二接触部224と、第二保持部225の一端と第二接触部224とを連接するための弾性部222と、第二保持部225の他端から下向きに延出する第二連接部226と、第二連接部226から延出し回路基板に接続する半田部とを含み、第二連接部226が内側へ偏り配置される。
第二接触部224は、弧状を呈して舌板14の表面から露出し、弾性部222が前記収容溝142に片持ちで収容され、第二保持部225が絶縁本体1の保持溝152に保持され、第二連接部226が第一本体13の後壁131と第二本体15の凸部153との間に挟まり保持される。第一接触部214と第二接触部224とは、舌片14の幅方向に沿って前後二列に配列され、第一接触部214が第二接触部224より舌片14の自由端に隣接し、第二端子組22の半田部は、第二接地端子223の第一半田部227と、第三ペアの差動信号端子221の第二半田部228と、電源端子220の第三半田部229とが構成される。
第二端子組22の半田部227、228、および229が第二本体12から突出すると共に、第一端子組21の半田部217、および218と一列に並設される。第一ペアの差動信号端子211の半田部217と第二ペアの差動信号端子212の半田部218とは、それぞれ両端側に位置し、第二端子組22の半田部227、228、および229は中央に配置される。具体的に図7を参照して、左側から右側に順に、第一ペアの差動信号端子211の第二半田部218、第一接地端子213の第一半田部217、第二接地端子223の第一半田部227、第三ペアの差動信号端子221の第二半田部228、電源端子220の第三半田部229、第一接地端子213の第一半田部217、および第三ペアの差動信号端子221の第二半田部228である。
従って、第一ペアの差動信号端子211の第二半田部218と第三ペアの差動信号端子223の第二半田部228との間に第一接地端子213の第一半田部217、および第二接地端子223の第一半田部227が配置され、これによって、第一ペアの差動信号端子211と第三ペアの差動信号端子221との間のクロストークが有効に低減できる。同時に、第二ペアの差動信号端子212の第二半田部218と第三ペアの差動信号端子223の第二半田部228との間に第一接地端子213の第一半田部217、および電源端子220の第三半田部229が配置され、これによって、第二ペアの差動信号端子212と第三ペアの差動信号端子221との間のクロストークが有効に低減できる。また、第一接地端子213の第一連接部216がフォーク状を呈することにより、第一接地端子213が二つの第一半田部217を有し、これによって、第一接地端子213の構造が簡単になり、二本の接地端子のとして作用する。
以上本発明について最良の実施形態を参照して詳細に説明したが、実施形態はあくまでも例示的なものであり、これらに限定されない。また本発明に基づきなしうる細部の修正或は変更などは、いずれも本発明の請求範囲に属するものとする。
1 絶縁本体
11 第一本体
12 第二本体
13 第一基部
14 舌片
15 第二基部
16 凸板
2 導電端子
21 第一端子組
22 第二端子組
211 第一ペアの差動信号端子
212 第二ペアの差動信号端子
213 第一接地端子
217 第一半田部
218 第二半田部
220 電源端子
221 第三ペアの差動信号端子
223 第二接地端子

Claims (7)

  1. 相手コネクタが挿入される収容空間を有する電気コネクタにおいて、
    基部と、前記基部から前記収容空間へ前向きに延出する舌片とを含む絶縁本体と、
    前記絶縁本体に装着され、複数の接地端子と複数のペアの差動信号端子とを含む導電端子であって、前記各接地端子は、前記収容空間に露出する接触部と前記絶縁本体に突出する第一半田部とを設け、前記各ペアの差動信号端子は、前記収容空間に露出する接触部と前記絶縁本体に突出する第二半田部とを設けられる導電端子と
    を含む電気コネクタであり、
    前記接地端子の前記第一半田部と前記差動信号端子の前記第二半田部とは、一列に並設され、
    隣接した前記ペアの差動信号端子の前記第二半田部の間には、前記両接地端子の前記第一半田部が配置されており、
    前記導電端子は電源端子を含み、前記電源端子は、相手コネクタに接続する接触部と前記絶縁本体から突出する第三半田部とを含み、
    前記接地端子は、第一接地端子と第二接地端子とを有し、前記複数のペアの差動信号端子は、第一ペアの差動信号端子、第二ペアの差動信号端子、および第三ペアの差動信号端子を含み、
    前記導電端子は、第一端子組と第二端子組とからなり、前記第一端子組と前記第二端子組とはUSB3.0規格に符合するソケットの導電端子を構成し、前記第二端子組はUSB2.0規格に符合するソケットの導電端子であり、
    前記収容空間で、前記第一端子組の配列は順に前記第一ペアの差動信号端子、前記第一接地端子、前記第二ペアの差動信号端子であり、
    前記収容空間で、前記第二端子組の配列は順に、前記第二接地端子、前記第三ペアの差動信号端子、前記電源端子であり、
    前記第一接地端子の第一半田部は2つあり、該2つの第一接地端子の第一半田部の間には、前記第二半田部と前記第三半田部と前記第二接地端子の第一半田部との中の少なくともの一つが配置されることを特徴とする電気コネクタ。
  2. 前記第1端子組の全ての第1及び第2半田部が、対称に、前記第2端子組の全ての第1乃至第3半田部の両側に配置されることを特徴とする請求項1に記載の電気コネクタ。
  3. 前記第一端子組の前記第一半田部、前記第二半田部は、前記第二端子組の前記第一半田部、前記第二半田部、および前記第三半田部の外側に配置され、前記第二端子組の前記第一半田部、前記第二半田部、および前記第三半田部は順に隣接して配列されることを特徴とする請求項に記載の電気コネクタ。
  4. 前記接触部は、前記第一端子組に設けられる第一接触部と、前記第二端子組に設けられる第二接触部とを有して、前記第一接触部は平板状を呈して、前記第二接触部は弾性構造であり、前記第一接触部と前記第二接触部とは前記舌片の同一面に前後方向で二列に配置されることを特徴とする請求項に記載の電気コネクタ。
  5. 前記第一端子組は、前記第一接触部に連接する第一保持部と、前記第一保持部から延出する第一連接部とを含み、
    前記第一端子組の前記第一半田部、前記第二半田部は、前記第一連接部から延出するように形成され、
    前記第一接地端子の第一連接部はフォーク状を呈するように配置されることにより、前記第一接地端子に前記二つの第一半田部が延出し形成され、
    前記第二端子組の前記第一半田部、前記第二半田部、および前記第三半田部は、前記第一接地端子の前記二つの第一半田部の間に配置されることを特徴とする請求項に記載の電気コネクタ。
  6. 前記第二端子組は、前記第二接触部に連接する第二保持部と、第二保持部から延出する第二連接部とを含み、
    前記第二端子組の前記第一半田部、前記第二半田部、および前記第三半田部は、前記第二連接部から延出するように形成され、
    前記第一連接部は外側へ偏り配置され、前記第二連接部は内側へ偏り配置されることを特徴とする請求項に記載の電気コネクタ。
  7. 前記導電端子のあらゆる半田部の配列は、順に、前記第一ペアの差動信号端子の前記第二半田部、前記第一接地端子の前記第一半田部、前記第二接地端子の前記第一半田部、第三ペアの差動信号端子の前記第二半田部、前記電源端子の前記第三半田部、前記第一接地端子の前記第一半田部、前記第三ペアの差動信号端子の前記第二半田部であることを特徴とする請求項に記載の電気コネクタ。
JP2009291227A 2009-01-05 2009-12-22 電気コネクタ Active JP5174800B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN2009103000642A CN101771226B (zh) 2009-01-05 2009-01-05 电连接器
CN200910300064.2 2009-01-05

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010157505A JP2010157505A (ja) 2010-07-15
JP5174800B2 true JP5174800B2 (ja) 2013-04-03

Family

ID=42503917

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009291227A Active JP5174800B2 (ja) 2009-01-05 2009-12-22 電気コネクタ

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP5174800B2 (ja)
CN (1) CN101771226B (ja)

Families Citing this family (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012054215A (ja) 2010-09-03 2012-03-15 Yazaki Corp コネクタ
CN102544805B (zh) * 2010-12-16 2014-12-03 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 线缆连接器组件
CN102544803B (zh) * 2010-12-16 2014-09-24 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 线缆连接器组件
CN102751598B (zh) * 2011-04-19 2015-04-22 庆良电子股份有限公司 Sata电连接器及电连接器组合
CN102790314B (zh) * 2011-05-19 2015-02-04 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 线缆连接器组件
JP5756688B2 (ja) * 2011-06-23 2015-07-29 ホシデン株式会社 コネクタ
KR101338249B1 (ko) * 2012-02-24 2013-12-09 엘에스엠트론 주식회사 컨택트 어레이의 구조가 개선된 리셉터클 커넥터
JP5878071B2 (ja) * 2012-04-13 2016-03-08 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社 電気コネクタ
JP2013242983A (ja) * 2012-05-18 2013-12-05 Hosiden Corp コネクタ
CN102868039B (zh) * 2012-09-14 2015-03-18 广迎工业股份有限公司 传输导体电波效应的应用结构
CN103730748B (zh) * 2012-10-10 2015-11-25 立讯精密工业(昆山)有限公司 插座连接器及插头连接器
CN103730749B (zh) * 2012-10-10 2016-01-06 立讯精密工业(昆山)有限公司 插座连接器及插头连接器
CN102983435A (zh) * 2012-11-29 2013-03-20 广迎工业股份有限公司 Usb与hdmi双接口单插口连接器
JP2014116223A (ja) * 2012-12-11 2014-06-26 Smk Corp レセプタクルコネクタ
JP2014212041A (ja) * 2013-04-18 2014-11-13 日本圧着端子製造株式会社 インターフェース用コネクタ
JP6210540B2 (ja) 2013-09-13 2017-10-11 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社 電気コネクタ
JP6182104B2 (ja) * 2014-04-23 2017-08-16 ホシデン株式会社 コネクタ及び伝送線路構造
CN103996932A (zh) * 2014-05-12 2014-08-20 东莞建仪医疗电子有限公司 利用信号导件与接地导件间距以防治干扰的方法及其结构
KR102096440B1 (ko) * 2014-09-25 2020-04-02 엘에스엠트론 주식회사 컨택트 어레이의 구조가 개선된 리셉터클 커넥터
US9437988B2 (en) 2014-10-17 2016-09-06 Tyco Electronics Corporation Electrical connector
CN110190461B (zh) * 2014-11-07 2020-07-28 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 插头连接器
CN108140993A (zh) * 2016-09-24 2018-06-08 华为技术有限公司 连接器及终端
CN107196113A (zh) * 2017-04-28 2017-09-22 番禺得意精密电子工业有限公司 电连接器
TWI665836B (zh) * 2018-06-01 2019-07-11 岱煒科技股份有限公司 USB A male connector
CN109411921B (zh) * 2018-09-29 2020-07-24 深圳市长盈精密技术股份有限公司 高频大电流usb插座
JP2020140787A (ja) * 2019-02-27 2020-09-03 住友電装株式会社 外導体端子及びシールドコネクタ
CN110474202A (zh) * 2019-07-25 2019-11-19 深圳市亚力盛电子股份有限公司 连接器母座和连接器

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0594977U (ja) * 1992-05-28 1993-12-24 日本航空電子工業株式会社 コネクタピン
WO2003012928A1 (en) * 2001-08-01 2003-02-13 Molex Incorporated Electrical connector assembly having insert molded terminal modules
JP2007080782A (ja) * 2005-09-16 2007-03-29 Japan Aviation Electronics Industry Ltd 電気コネクタ
CN101364694B (zh) * 2007-08-10 2011-08-10 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
CN201097426Y (zh) * 2007-08-10 2008-08-06 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 插座电连接器
US7467977B1 (en) * 2008-05-08 2008-12-23 Hon Hai Precision Ind. Co., Ltd. Electrical connector with additional mating port
TWM359828U (en) * 2008-12-26 2009-06-21 Chant Sincere Co Ltd Electrical connector and contact array thereof

Also Published As

Publication number Publication date
CN101771226A (zh) 2010-07-07
CN101771226B (zh) 2011-12-14
JP2010157505A (ja) 2010-07-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10109956B2 (en) Electrical connector having high frequency performance and shortened overall length
US9627817B2 (en) Electrical connector having a good high frequency transmission performance
US9905944B2 (en) Flippable electrical connector
US9478915B2 (en) Electrical connector having power terminals in an upper row in contact with those in a lower row
US9893473B2 (en) Electrical connector having separate grounding pieces
US9214766B1 (en) Electrical connector having a metallic inner shell between a metallic outer shell and an insulative housing
US9022800B2 (en) Electrical connector with heat-dissipation feauter thereof
TWI593199B (zh) 電連接器
US20180166825A1 (en) Cable connector assembly
TWI565145B (zh) 對接的第一連接器及第二連接器
US9742095B2 (en) Electrical receptacle connector
US8858237B2 (en) Receptacle connector having improved contact modules
US9502827B2 (en) Electrical connector with improved metal shell
US8262414B1 (en) Connector
US9847604B2 (en) Electrical connector having improved shielding structure
TWI488384B (zh) 電連接器及其組合
US7883369B1 (en) Receptacle connector
JP5197742B2 (ja) 電気コネクタ
US8454381B2 (en) Cable connector having a housing with an engaging portion and a restricting portion on its top surface
US9601876B2 (en) Electrical connector assembly
US7699663B1 (en) Electrical connector with improved grounding contact
JP3150384U (ja) 電気コネクタ
US7771232B2 (en) Electrical connector having a shell with a portion retained in an insulative housing
US7549896B2 (en) Low profile receptacle connector straddle-mounted on the PCB
US7909654B2 (en) Plug connector having an improved shell

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110304

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120522

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120822

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121204

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121228

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5174800

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250