JP5155355B2 - Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station - Google Patents

Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station Download PDF

Info

Publication number
JP5155355B2
JP5155355B2 JP2010088300A JP2010088300A JP5155355B2 JP 5155355 B2 JP5155355 B2 JP 5155355B2 JP 2010088300 A JP2010088300 A JP 2010088300A JP 2010088300 A JP2010088300 A JP 2010088300A JP 5155355 B2 JP5155355 B2 JP 5155355B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base station
wireless
connected
wireless terminal
roaming
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010088300A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011223178A (en
Inventor
基 武田
幸三 松永
Original Assignee
レノボ・シンガポール・プライベート・リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by レノボ・シンガポール・プライベート・リミテッド filed Critical レノボ・シンガポール・プライベート・リミテッド
Priority to JP2010088300A priority Critical patent/JP5155355B2/en
Publication of JP2011223178A publication Critical patent/JP2011223178A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5155355B2 publication Critical patent/JP5155355B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W48/00Access restriction; Network selection; Access point selection
    • H04W48/20Selecting an access point
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W24/00Supervisory, monitoring or testing arrangements

Description

本発明は、無線基地局の負荷を調整する技術に関し、さらに詳細には、当該無線基地局に接続する無線端末装置が自律的に負荷を調整する技術に関する。 The present invention relates to a technique for adjusting the load of the radio base station, and more particularly, to a technique of a radio terminal device connected to the radio base station adjusts autonomously the load.

ノートブック型携帯式コンピュータ(以下、ノートPCという。)やPDAなどの無線端末装置には無線LAN通信装置が搭載され、無線基地局を通じてサーバや他のノートPCと通信をすることができる。 Notebook portable computer (hereinafter, referred to as a notebook PC.) And wireless LAN communication device is mounted on a radio terminal device such as a PDA, it is possible to communicate with servers and other notebook PC via a wireless base station. また、無線LANネットワークには、複数の無線基地局が相互に電波到達範囲が部分的に重複するように配置されている。 Further, in the wireless LAN network, a plurality of radio base stations are arranged as the coverage area is partially overlapped with each other. 無線端末装置には、電波強度が弱い場合にノイズと信号を分別する信号処理のために通信が切断しないように伝送速度を自動的に低下させるフォールバック機能を搭載しているため、接続可能な複数の無線基地局を検出した場合に、大きな伝送速度が期待できる電波強度が最大の無線基地局に自動的に接続するように構成されている。 The wireless terminal device, The mounting of fallback communication for signal processing to separate the noise and signal automatically reduces the transmission rate so as not to cut when the field intensity is low, can be connected when detecting a plurality of radio base stations, signal strength greater transmission rate can be expected is configured to automatically connect to the maximum of the radio base station. したがって、無線LANネットワークが導入された建物の中において、それぞれ無線端末装置を持参する多くのユーザが会議室などの一定のスペースの中に集まったときには、電波強度の強い特定の無線基地局に接続が集中することになる。 Thus, in the building of the wireless LAN network is introduced, when the number of users to bring the wireless terminal device is gathered in a certain space such as a conference room, respectively, connected to the strong radio wave intensity specific radio base station There will be intensive.

1つの無線基地局に接続することができる無線端末装置の数は、当該無線基地局を通じて割り当てるIPアドレスの数による制限を受ける場合がある。 The number of wireless terminal devices can be connected to one radio base station may be subject to restrictions by the number of IP addresses assigned through the wireless base station. IPアドレスは、DHCPサーバにより自動的に割り当てられるが、ネットワーク管理者はセキュリティなどの管理上の視点から特定の無線基地局が扱うIPアドレスの数を制限する。 IP address is automatically assigned by the DHCP server, the network administrator to limit the number of IP addresses handled by the specific radio base station from the management point of view, such as security. したがって、グローバル・アドレスのクラスで定まる理論的な数よりも実際の無線基地局が扱うホスト・アドレスの数はるかに小さくなる。 Thus, the number much smaller host address being handled actual radio base station than the theoretical number determined by the class of global address. また、ネットワーク管理者は特定の無線基地局のスループットを維持するために同時に接続する無線端末装置の数を制限する場合もある。 The network administrator may limit the number of wireless terminal devices simultaneously connected to maintain the throughput for a particular radio base station. IEEE802.11では、ローミングや切断のタイミングを規定していないため、通常は特定の無線基地局に一旦接続した無線端末装置は、移動したり動作を停止したりしない限りその接続を維持する傾向があり、特定の無線基地局に実際のデータ転送をしない無線端末装置が多数接続されることになってデータ転送を必要とする無線端末装置が接続できない状態が発生する。 In IEEE 802.11, because it unspecified timing roaming or cutting, the wireless terminal device, possibly once connected to a particular radio base station, tend to maintain as long as the connection is not or stops moving or operating There, a state where the wireless terminal devices requiring supposed to be wireless terminal device is connected number data transfer without the actual data transfer to the specific radio base station can not connect to occur.

また、特定の無線基地局に複数の無線端末装置が接続されている場合でも、無線基地局と同時に実際の通信ができる無線端末装置はその中の1台だけであり、他の無線端末装置はフレームの衝突を避けるためキャリア・センスを行って無線チャネルがアイドル状態になるまで待機してから送信する。 Also, even when a plurality of wireless terminal devices to specific radio base station is connected, the wireless terminal device capable of actual communication simultaneously with the radio base station is only one of them, the other wireless terminal devices radio channel by performing carrier sensing in order to avoid the collision of frames is transmitted after waiting until an idle state. したがって、特定の無線基地局に接続された無線端末装置の数が増加したり、各無線端末装置のデータ転送が時間的に集中したりするとそこに接続されているすべての無線端末装置の転送速度が全体的に低下する。 Accordingly, the transfer rate of all wireless terminal device number of the particular radio base station connected to the wireless terminal device or increase the data transfer of the wireless terminal device is connected thereto or when you concentrated temporally but the overall decline. さらに、フレームが衝突した場合は、無線端末装置は無線基地局からの確認応答を示すACKフレームを受け取ることができないので再送手順を実行するためさらに転送速度が低下する。 Furthermore, if the frame has collided, the wireless terminal device further transfer speed decreases to perform the retransmission procedure it is not possible to receive ACK frame indicating an acknowledgment from the wireless base station.

このように、特定の無線基地局に接続された多数の無線端末装置が同時にデータ転送を行うと、各無線端末装置の単位時間あたりのデータ転送量であるトラフィック(単位:bps)が低下して快適な無線通信をすることができなくなる。 Thus, when the number of wireless terminals connected to a specific radio base station performs data transfer at the same time, traffic (unit: bps) is a data transfer amount per unit time of each radio terminal apparatus is reduced it is not possible to a comfortable wireless communication. 無線基地局には単位時間あたりの最大のデータ転送量を示すスループット(単位:bps)が設定されており、各無線端末装置が所定の範囲の転送速度を維持するためには、当該無線基地局のスループットが各無線端末装置のトラフィックの総和に対して所定の余裕をもつようにトラフィックの総和を調整することが望ましい。 Maximum data transfer amount indicating throughput (unit: bps) per unit time to the radio base station is set, for each wireless terminal device maintains the transfer rate of the predetermined range, the radio base station it is desirable that the throughput is adjusted total traffic to have a predetermined margin with respect to the total sum of the traffic of each wireless terminal.

特許文献1は、無線基地局間での通信負荷を平均化させる技術を開示する。 Patent Document 1 discloses a technique for averaging the communication load between the radio base station. 同文献の発明は、接続されている移動無線端末の数が多いと判断した無線基地局は、ビーコン信号の送信電力を下げて当該無線基地局から離れた位置に存在する移動無線端末を隣接する無線基地局に接続させる。 Invention of this document, the wireless base station determines that the number of mobile wireless terminals connected is large, an adjacent mobile radio terminal by lowering the transmission power of the beacon signal is present at a position away from the radio base station It is connected to the radio base station. そして、隣接する無線基地局は当該移動無線端末に対する伝送速度を下げてCN比の低下を防止する。 The adjacent radio base station to prevent a decrease in the CN ratio by lowering the transmission rate for the mobile radio terminal.

特許文献2は、802.11ワイヤレスLAN内の無線基地局間のネットワーク帯域幅の動的ロード・バランシングを行う技術を開示する。 Patent Document 2 discloses a technique for dynamic load balancing of network bandwidth between the radio base stations in 802.11 wireless LAN. 同文献には、無線基地局に接続されたクライアント装置の平均帯域幅使用量を無線基地局が生成および監視することが記載されている。 The same document, it is described that the average bandwidth usage of the client device connected to a wireless base station radio base station to generate and monitor. 同文献の発明は、各クライアント装置についての平均帯域幅使用量を総計し、総帯域幅がしきい値以上である場合、選択したクライアントを他の無線基地局に強制的にローミングする。 Invention of the document is to sum the average bandwidth usage for each client device, when the total bandwidth is equal to or greater than a threshold, force the roaming selected client to another wireless base station. 特許文献3は、アドホック・ネットワークに属する端末が、公衆網に接続する機能を有する複数のゲートウェイの中から最適なゲートウェイを選択する技術を開示する。 Patent Document 3, a terminal belonging to the ad hoc networks, discloses a technique for selecting an optimal gateway from among a plurality of gateways having the function of connecting to the public network.

特開2001−124461号公報 JP 2001-124461 JP 特表2005−536913号公報 JP-T 2005-536913 JP 特開2005−79827号公報 JP 2005-79827 JP

特許文献1および特許文献2は、電波強度または無線基地局側で定めた手順に基づいて負荷分散ができるように接続する無線基地局を決定する方法を提供する。 Patent Documents 1 and 2 provides a method of determining the radio base stations connected to allow load distribution based on the procedure prescribed by the radio wave strength or the radio base station side. その方法では、無線基地局が現在接続されている無線端末装置の数を数えてから電波強度を変更してさらに伝送速度を下げたり、帯域幅使用量を監視して強制的に切断したりする必要がある。 In that method, a radio base station or reduce the further transmission rate by changing the radio field intensity from counting the number of wireless terminals currently connected, or forcibly disconnected by monitoring the bandwidth usage There is a need. したがって、特別な機能を有していない通常の無線基地局を使用する無線ネットワークに適用することができない。 Therefore, it can not be applied to a wireless network using a conventional radio base station having no special function.

そこで、本発明の目的は、無線基地局側で負荷分散をさせるような高価で複雑なシステムを構築することなく自律的に無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することにある。 An object of the present invention is to provide a radio terminal apparatus capable of autonomously load adjustment of the radio base station without building expensive complex systems, such as to load balancing in a wireless base station side It is in. さらに本発明の目的は、無線基地局に新たに接続する際に無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することにある。 Further object of the present invention is to provide a radio terminal apparatus that can perform load adjustment of the radio base station when the newly connected radio base station. さらに本発明の目的は、無線基地局に一旦接続されたあとにダイナミックに無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することにある。 Further object of the present invention is to provide a wireless terminal device capable of performing dynamic load adjustment of the radio base station after being temporarily connected to the radio base station. さらに本発明の目的は、そのような無線端末装置に実装するコンピュータ・プログラムおよびそのような無線端末装置が実行する負荷調整の方法を提供することにある。 Further object of the present invention is to provide a computer program and method of the load adjustment such wireless terminal device executes to implement such wireless terminal.

本発明を適用する無線LANシステムの複数の無線基地局は、セルの重複範囲を形成するように配置されている。 A plurality of radio base stations in a wireless LAN system to which the present invention is applied, is arranged so as to form an overlapping range of cells. 本発明にかかる無線端末装置は無線基地局とはインフラストラクチャ・モードで通信し、相互間ではアドホック・モードで通信することが可能である。 Wireless terminal device according to the present invention communicates with the infrastructure mode and the radio base station, a mutual can communicate in ad hoc mode. インフラストラクチャ・モードでは無線基地局を通じてバックボーン・ネットワークと通信する。 To communicate with a backbone network via a wireless base station in the infrastructure mode. 本発明におけるアドホック・モードは無線基地局を利用しないで無線端末装置同士が直接無線通信をするいかなる方法も含む。 Ad-hoc mode in the present invention include any method of a wireless terminal device with each other to the direct wireless communication without using a radio base station. たとえば、特定の無線端末装置が最初に仮想アクセス・ポイントとなって通信を開始するような通信方法も含む。 For example, also includes a communication method to start communicating a first virtual access point specific wireless terminal. あるいは、2つの無線端末装置が途中に他の無線端末装置で中継されて無線通信するような通信方法も含む。 Alternatively, also includes a communication method such as two wireless terminals are wireless communication is relayed by another wireless terminal device in the middle.

本発明の一の態様では、新規に無線基地局に接続する際に無線端末装置が接続可能な複数の無線基地局の負荷を自律的に判断して負荷を分散するように接続先の無線基地局を決定する。 In one aspect of the present invention, the connection target radio base so wireless terminal device to distribute autonomously determines to load a plurality of load of connectable radio base stations to connect to the new radio base station to determine the station. 無線端末装置はセルの重複範囲を形成する複数の無線基地局の性能を示す性能情報を取得する。 The wireless terminal device acquires the performance information indicating the performance of a plurality of radio base station forming an overlap range of cells. 性能情報は、無線基地局の識別子に対応する性能情報を各無線基地局からマネージメント・フレームを通じて直接取得したり、あらかじめ自らの記憶装置に格納しておき、ビーコン・フレームから取得した無線基地局の識別子に基づいて記憶装置から取得したりすることができる。 Performance information, the performance information corresponding to the identifier of the wireless base station from each wireless base station or obtained directly via management frames may be stored in advance his storage device, the radio base station obtained from the beacon frame can or from the storage device based on the identifier. あるいは、性能情報はアドホック・モードで通信してすでに無線基地局に接続されている他の無線端末装置から取得することもできる。 Alternatively, the performance information may also be obtained already in communication in the ad-hoc mode from another radio terminal device connected to a wireless base station. 無線端末装置はセルの重複範囲においていずれかの無線基地局に接続する前に他の無線端末装置とアドホック・モードで通信して、他の無線端末装置の無線基地局に対する接続状態を示す接続情報を受信する。 The wireless terminal device communicates with another wireless terminal device and the ad-hoc mode before connecting to any of the wireless base station in the overlapping range of cells, the connection information indicating the connection state of the radio base station of the other wireless terminal devices to receive.

自らの接続情報の送信と他の無線端末装置からの接続情報の受信は、同一のセッションで行っても異なるセッションで行ってもよい。 Receiving connection information from the transmission and the other wireless terminal apparatus of its own connection information, it may be carried out in the same session in different sessions. 性能情報をアドホック・モードで通信して他の無線端末装置から受け取る場合は、性能情報の送信と受信は同様に同一のセッションで行っても異なるセッションで行ってもよい。 When communicating the performance information in the ad hoc mode received from another wireless terminal device, transmission and reception of the performance information may be performed by the same differently it is carried out in the same session session. 性能情報と接続情報はアドホック・ネットワークを構築する各無線端末装置で共有される共有情報となる。 Performance information and connection information is shared information shared by each wireless terminal device to establish an ad-hoc network. 各無線端末装置は共有情報を取得するために、すべての無線端末装置と直接アドホック・モードで通信できる必要はない。 For each radio terminal apparatus that acquires share information, you need not be able to communicate with all of the wireless terminal device directly ad-hoc mode. たとえば無線端末装置Aの接続情報は、無線端末装置Aから直接アドホック・モードで受け取る場合もあれば、すでに当該接続情報を無線端末装置Aから受け取っていた無線端末装置Bからアドホック・モードで受け取る場合もある。 For example the connection information of the wireless terminal device A may or may directly receive an ad hoc mode from the wireless terminal device A, when receiving an ad hoc mode from the wireless terminal device B which has already received the connection information from the wireless terminal A there is also. そして無線端末装置は、性能情報と接続情報に基づいて各無線基地局の負荷の大きさを判断して負荷バランスを考慮しながら接続する無線基地局を決定する。 The wireless terminal device determines a radio base station that connects taking into account load balancing to determine the magnitude of the load of each radio base station based on the performance information and the connection information.

性能情報と接続情報を記憶するトラフィック・テーブルを用意して、自らの接続情報および他の無線端末装置の接続情報を定期的に更新することができる。 Prepared traffic table storing performance information and connection information, it is possible to update the connection information of its own connection information and other wireless terminals periodically. 新たに無線基地局に接続した無線端末装置も自らの接続情報をトラフィック・テーブルに記憶することで、さらに当該無線基地局に接続をしようとする無線端末装置に接続情報を提供できるようになる。 New wireless terminal device connected to the radio base station also by storing its own connection information to the traffic table, it becomes possible to provide the connection information to the wireless terminal to be further connected to the radio base station. 接続情報は無線端末装置の識別子と無線基地局に対するトラフィックを含む。 Connection information includes traffic for identification and a radio base station of the wireless terminal device. また、性能情報は、接続数閾値とトラフィック閾値を含むように構成することができる。 Further, performance information may be configured to include the number of connections threshold and traffic threshold. 無線端末装置は、識別子から特定の無線基地局に対する無線端末装置の接続総数を計算し、当該特定の無線基地局の性能情報と比較して相対的に接続数に余裕のある無線基地局を接続先として決定することができる。 Wireless terminal, the total connections calculates the wireless terminal device to a particular radio base station from the identifier, connecting a wireless base station having a margin relative number of connections as compared to the performance information of the specific radio base station it can be determined as above. また無線端末装置はトラフィックから特定の無線基地局に対するトラフィックの総和を計算し、当該特定の無線基地局の性能情報と比較して相対的にトラフィックに余裕のある無線基地局を接続先として決定することができる。 The wireless terminal device calculates the sum of the traffic to a particular radio base station from the traffic, to determine a radio base station having a margin relative traffic compared to the performance information of the specific radio base station as a connection destination be able to.

このように本発明にかかる無線端末装置は、無線基地局、バックボーン・ネットワークに接続されたサーバ、または管理用のクライアントなどの支援を受けないで、各無線基地局の負荷に対する余裕を自ら判断して特定の無線基地局のトラフィックの総和または接続総数が増大することがないように接続先を決定することができる。 Thus the radio terminal device according to the present invention, a radio base station, without the assistance of such a backbone network connected to a server or client for management, determines itself a margin for load of each radio base station sum or total connections traffic of a specific radio base station Te can determine a connection destination so as not to increase. アドホック・モードの通信は、インフラストラクチャ・モードのセッションを切断しないようにしながら行うことが望ましい。 Communication in the ad hoc mode, it is desirable to perform while not cutting the Infrastructure mode session. そのような方法を実現するには、無線コントローラを2つ用意してもよいし、1つの無線コントローラをソフトウエアで仮想化して2つの無線コントローラとして動作させるようにしてもよい。 To realize such a method, to a radio controller may be two prepared, may be caused to operate as two radio controllers virtualizes one wireless controller by software.

上記の手順によれば電波強度よりも無線基地局の負荷分散を優先して接続先の無線基地局を決定しているので、セルの重複範囲に入った無線端末装置は、電波強度の弱い無線基地局に接続されることがある。 Since determining the radio base station of the destination load balancing and priority of the radio base station than a radio wave intensity according to the above procedure, the wireless terminal device has entered the overlapping range of the cell, it is weak intensity radio it may be connected to the base station. しかし、電波強度の強い無線基地局の総接続数およびトラフィックの総和は時間の経過で変化して、接続が可能な状態に変化することがある。 However, the total number of connections strong radio wave intensity radio base station and traffic sum varies over time and may vary in connection state. 電波強度の弱い無線基地局に接続された無線端末装置は、定期的に電波強度の強い無線基地局に接続された他の無線端末装置とアドホック・モードで通信して他の無線端末装置の接続情報を取得することができる。 Wireless terminal device connected to the radio wave intensity weak radio base station periodically connect and communicate with another wireless terminal device and the ad-hoc mode connected to the radio wave intensity strong radio base station other wireless terminal devices it is possible to get the information. そして、電波強度の強い無線基地局の性能情報と電波強度の強い無線基地局に接続された各無線端末装置の接続情報に基づいてローミング受け入れ条件が成立したか否かを判断し、ローミング受け入れ条件が成立したときに電波強度の強い無線基地局にローミングすることができる。 Then, it is determined whether or not the roaming acceptance condition is satisfied based on the connection information of each wireless terminal device connected to the performance information of the strong radio wave intensity radio base station and the radio wave intensity strong radio base station, a roaming acceptance conditions There can roam to strong radio wave intensity radio base station when satisfied.

本発明の他の態様では、すでにいずれかの無線基地局に接続された無線端末装置が自律的に無線基地局の負荷を調整する。 In another aspect of the present invention, the wireless terminal device that has already been connected to one of the radio base station adjusts autonomously the load of the radio base station. 無線端末装置は、自らが接続する無線基地局に対する接続状態を示す接続情報を定期的に取得し、他の無線端末装置と定期的にアドホック・モードで通信して交換する。 Wireless terminal is to regularly obtain connection information indicating a connection state to the wireless base station itself is connected, exchanges communicate with another wireless terminal device and a regular ad-hoc mode. 無線端末装置は、自らが接続する無線基地局の性能情報と自らが接続する無線基地局に接続された各無線端末装置の接続情報に基づいてローミング条件が成立するか否かを判断する。 Wireless terminal, the roaming condition is determined whether established on the basis of the connection information of each wireless terminal device connected to a wireless base station that is itself and performance information of the wireless base station itself is connected to connection. そして、ローミング条件が成立すると判断したときに自らがローミングの対象であるか否かを決定してローミングする。 Then, itself roams to determine whether the roaming object when it is determined that the roaming condition is satisfied. よって、本発明にかかる無線端末装置は接続時だけでなく、接続中もダイナミックにかつ自律的に無線基地局の負荷調整を行うことができる。 Therefore, the wireless terminal device according to the present invention can perform load adjustment of the connection time of not only, in connection and also to a dynamic autonomous radio base station.

ローミング条件は、自らが接続している無線基地局に対する各無線端末装置のトラフィックの総和が所定値を越えたときに成立するように構成することができる。 Roaming conditions can be configured to hold when the sum of the traffic of each wireless terminal to the wireless base station itself is connected exceeds a predetermined value. そして、このローミング条件が成立したときは、セルの重複範囲に存在しかつ自ら接続している無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが最大の無線端末装置が自らローミングの対象であると決定することができる。 Then, when the roaming condition is satisfied, the wireless terminal traffic greatest among the plurality of wireless terminals connected to the radio base station that is present and itself connected to the overlapping range of the cell is itself Roaming it can be determined to be the subject. トラフィックが最大の無線端末措置は、当該無線基地局のトラフィックの緩和に最も有効である。 Traffic largest wireless terminal measures are most effective in relieving traffic of the radio base station.

または、セルの重複範囲に存在しかつ自ら接続している無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが小さい方から順番に選択した所定数の無線端末装置がそれぞれ自らローミングの対象であると決定することができる。 Or a predetermined number of the radio terminal apparatus selected in order from the traffic is small among a plurality of wireless terminals connected to the radio base station that is present and itself connected to the overlapping range of cells own roaming respectively it can be determined to be the subject. この方法は、トラフィックが大きい無線端末装置を優先してローミングさせないようにすることでローミングによるトラフィックの中断の影響が少なくなるようにしながら、当該無線基地局のトラフィックの緩和を図る必要がある場合に有効である。 This method, while allowing the impact of roaming traffic interruption due by so as not to roam with priority traffic is large the wireless terminal device is reduced, when it is necessary to reduce the traffic of relaxation of the radio base station It is valid.

またローミング条件は、自らが接続している無線基地局に接続されている無線端末装置の総数が所定値を越えたときに成立するように構成することができる。 The roaming conditions can be configured to satisfied when the total number of wireless terminals connected to the wireless base station itself is connected exceeds a predetermined value. 所定数は、当該無線基地局に接続可能な無線端末装置の上限に相当する最大接続可能数またはそれより小さい値として設定した接続数閾値を選択することができる。 Predetermined number can be selected the number of connections threshold set as the maximum connectable number or smaller value corresponding to the upper limit of connectable wireless terminal device to the wireless base station. そして、このローミング条件が成立したときは、セルの重複範囲に存在しかつ自ら接続している無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが最小の無線端末装置が自らローミングの対象であると決定することができる。 Then, when the roaming condition is satisfied, the wireless terminal traffic smallest among the plurality of wireless terminals connected to the radio base station that is present in the overlapping range of the cell and its own connection himself roaming it can be determined to be the subject. 当該無線基地局の接続数に余裕が少なくなってきたときには、いずれの無線基地局にローミングしても同じ効果が得られるが、ローミングの影響を最も受けない無線端末装置がローミングすることが望ましい。 When spare connections of the radio base station becomes small, although any of the same effect even when roaming to the radio base station is obtained, it is desirable that the radio terminal apparatus most not affected by roaming roams.

さらに、自らがローミングの対象であると決定した無線端末装置は、ローミング先の無線基地局の性能情報とそこに接続されている無線端末装置の接続情報に基づいてローミング受け入れ条件を判断してからローミングすることができる。 Further, the wireless terminal device determines that itself is the roaming of interest from the determined roaming acceptance criteria based on the connection information of the wireless terminal devices connected thereto and performance information of the roaming destination base station it is possible to roam. ローミング条件とローミング受け入れ条件を構成する性能情報に関する閾値は、同一の値でも異なる値でもよい。 Threshold on the performance information that constitutes the roaming condition and roaming acceptance condition may be a different value in the same value. 閾値を異なる値にする場合は、ローミングにより無線基地局の負荷に対する余裕が逆転しないように場合によってはローミング受け入れ条件の閾値をローミング条件の閾値よりも厳しくするなどの工夫をすることが望ましい。 If you want to a threshold different values, it is desirable to devise such a roaming allowance to the load of the radio base station stricter than the threshold of the threshold roaming condition roaming acceptance conditions in some cases so as not to reverse. なお、無線基地局の負荷に対する余裕は、無線基地局の最大接続可能数およびスループットの大きさを考慮して判断することが望ましい。 Incidentally, margin for the load of the radio base station, it is desirable to determine in view of the size of the maximum connectable number and throughput of the radio base station.

セルの重複範囲が複数のセルで形成され、ローミング先の無線基地局が複数存在する場合は、ローミングすることを決定した無線端末装置がローミング先の無線基地局を選択することができる。 Overlapping range of cells is formed by a plurality of cells, if the roaming destination wireless base station there is a plurality, may be the wireless terminal device determines that the roaming selects a roaming destination wireless base station. 選択の基準としては、各無線基地局に関する各無線端末装置のトラフィックの総和、無線端末装置の接続総数、および通信品質のいずれか1つの要素または複数の要素の組み合わせを採用することができる。 The criteria for selection, may be employed combination of total traffic of each wireless terminal a wireless base station, total connections, and any one element or a plurality of elements of the communication quality of the wireless terminal device.

本発明により、無線基地局側で負荷分散をさせるような高価で複雑なシステムを構築することなく自律的に無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することができた。 The present invention, it is possible to provide a radio terminal apparatus capable of autonomously load adjustment of the radio base station without building expensive complex systems, such as to load balancing in a wireless base station side. さらに本発明により、無線基地局に新たに接続する際に無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することができた。 Furthermore the present invention, it is possible to provide a radio terminal apparatus that can perform load adjustment of the radio base station when the newly connected radio base station. さらに本発明により、無線基地局に一旦接続されたあとにダイナミックに無線基地局の負荷調整を行うことができる無線端末装置を提供することができた。 The present invention further, it is possible to provide a radio terminal apparatus that can perform load adjustment of the radio base station dynamically after it has been once connected to the radio base station. さらに本発明により、そのような無線端末装置に実装するコンピュータ・プログラムおよびそのような無線端末装置が実行する負荷調整の方法を提供することができた。 The present invention further, it is possible to provide a computer program and method of the load adjustment such wireless terminal device executes to implement such wireless terminal.

インフラストラクチャ・モードの無線LANシステムのネットワーク構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a network configuration of the infrastructure mode of a wireless LAN system. アドホック・モードの無線LANシステムのネットワーク構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a network configuration of an ad hoc mode of a wireless LAN system. 各STAのハードウエア構成を示す概略のブロック図である。 It is a block diagram schematically showing a hardware configuration of each STA. 自律的にAPの負荷を調整するための各STAのソフトウエアおよびハードウエアの構成を示す図である。 Autonomous illustrates each STA software and hardware configuration of for adjusting the load of the AP. トラフィック・テーブルのデータ構造を示す図である。 It illustrates a data structure of a traffic table. 測定したトラフィックから平均トラフィックを計算する方法を説明する図である。 How to calculate the average traffic from the measured traffic is a diagram illustrating a. STAがBSSに新規に参加する際に自ら接続先を決定してAPの負荷調整をする手順を示すフローチャートである。 STA is a flowchart showing a procedure for load adjustment to determine their destination AP when joining the new BSS. すでにBSSに参加しているSTAが自らローミングしてAPの負荷調整をする手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a procedure of the load adjustment of the AP already roaming itself STA participating in BSS.

[無線LANシステムの構成] [Configuration of the wireless LAN system]
図1は、IEEE802.11に規定するインフラストラクチャ・モード(以下、インフラ・モードという。)の無線LANシステム10のネットワーク構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram illustrating the infrastructure mode as defined in IEEE802.11 network configuration of a wireless LAN system 10 (hereinafter, referred to as infrastructure mode.). 図1ではイーサネット(登録商標)のバックボーン・ネットワーク11には、認証サーバ13、無線基地局(以下、アクセス・ポイント(AP)という。)20、およびAP30が代表的に接続された状態が示されているが、実際にはWebサーバ、メール・サーバ、DNSサーバ、およびデータベース・サーバなどのさまざまなサーバが接続される。 The backbone network 11 in FIG. 1 Ethernet, the authentication server 13, the radio base station (hereinafter, referred to as an access point (AP).) 20, and AP30 is a state which is typically connected illustrated and that, but in fact to the Web server, mail server, a variety of servers, such as DNS server, and database server are connected. 1つのAPがカバーする電波の到達範囲として画定された面積的な領域をセルという。 One AP is called cell areal region defined as the reach of radio waves to cover. 図1には、AP20のセル21とAP30のセル31を示している。 Figure 1 shows the cell 31 of the cell 21 and AP30 of AP 20. セル21とセル31は、重複する範囲を含んでいる。 Cell 21 and cell 31 includes overlapping ranges. セルが重複している面積的な領域をセルの重複範囲という。 The areal region cells overlap that overlaps the range of cells. APが3台以上配置されている場合は、3つ以上のセルによりセルの重複範囲が形成される場合がある。 If the AP is located three or more, there is a case where the overlap region of the cell is formed by three or more cells. また、各セルからセルの重複範囲を除いた領域をセルの単独範囲という。 Moreover, that single range of cells the region excluding the overlapping range of cells from each cell.

無線LANシステム10は、複数の無線端末装置(以下、ステーション(STA)という。)を含んでいる。 Wireless LAN system 10 is a plurality of wireless terminals (hereinafter, the station (STA) that.) Contains. STAは一例としてノートPCを採用することができる。 STA is able to adopt a notebook PC as an example. セル21の単独範囲に存在しているSTA20−1、20−3、20−5とセルの重複範囲に存在しているSTA41は、AP20に接続されている。 STA41 present in overlapping range of STA20-1,20-3,20-5 and cells that are present in a single range of cells 21 is connected to the AP 20. セル31の単独範囲に存在しているSTA30−1、30−3、30−5とセルの重複範囲に存在しているSTA43はAP30に接続されている。 STA43 present in overlapping range of STA30-1,30-3,30-5 and cells that are present in a single range of cells 31 is connected to the AP 30. STA45はいずれのセルにも入っておらず無線LANシステム10には接続されていない。 STA45 is not connected to the wireless LAN system 10 not within either of the cells. 図1に示すすべてのSTAは、無線LANシステム10に接続される各APのSSIDを保有しており、かつ、認証サーバ13に自らの識別子で正規のクライアントとして登録されている。 All STA shown in Figure 1, holds the SSID of each AP to be connected to the wireless LAN system 10, and is registered as legitimate clients in their own identifier to the authentication server 13.

また、認証サーバ13と各STAは認証およびデータの暗号化に使用する共有鍵を保有している。 Each STA and the authentication server 13 owns the shared key used to encrypt authentication and data. したがって各STAはいずれかのAPに接続されたときに認証サーバ13により認証されバックボーン・ネットワークを通じて通信することができる。 Thus, each STA can communicate through authenticated backbone network by the authentication server 13 when connected to one of the AP. AP20、30はそれぞれ接続要求を受けたSTAにIPアドレスを付与するための周知のDHCPサーバ(図示せず。)を保有している。 AP20,30 owns known DHCP server for providing an IP address to STA which respectively receives the connection request (not shown.). 各DHCPサーバが付与するIPアドレスの数には制限がある。 The number of IP addresses that each DHCP server to grant is limited. また、ネットワーク管理者はAP20、30にそれぞれ同時に接続するSTAの数にも制限を設けている。 The network administrator is a limit on the number of STA simultaneous connections respectively AP20,30.

各STAはセルの範囲に存在する限り、AP20、30のいずれにも接続することができる。 Each STA long as there to a range of cells can be connected to any AP20,30. したがって、セルの重複範囲に存在するSTA41はAP30に接続することが可能であり、またSTA43はAP20に接続することが可能である。 Therefore, STA41 present in the overlap region of the cell may be connected to the AP 30, also STA43 is able to connect to the AP 20. セルの重複範囲に存在するSTA41、43が接続するAPを決定するために、これまでは、STAが各APから受信したビーコン・フレームの電波強度を示すRSSI(Received Signal Strength Indication)を比較して電波強度が強いAPを選択して接続していた。 For STA41,43 present in overlapping range of cells to determine the AP to be connected, the past, compares the RSSI (Received Signal Strength Indication) indicating the radio wave intensity of the beacon frame by the STA received from the AP radio strength was connected to select the strong AP. APの性能が同一であれば電波強度の強いAPに接続するほど伝送速度が大きくなるため、通常のSTAはすべてこのように構成されている。 Since the higher the transmission rate performance of the AP is connected to the strong radio field strength AP if the same is large, is composed of all normal STA is thus.

したがって、特定のAPに多数のSTAが接続され、各STAのトラフィックの総和がAPのスループットに近づいて、各STAのトラフィックが低下することがある。 Accordingly, a number of STA is connected to a specific AP, the sum of each STA traffic approaching the throughput AP, traffic on each STA may be lowered. また、セルの単独範囲に入ってAPに新たに接続しようとするSTAは当該APに対する接続数が飽和して接続できないことがある。 Moreover, STA which enters the single range of cells to be newly connected to the AP is that the number of connections to the AP can not connect saturated. 本発明では後に説明するように、各STAが自律的にAPの負荷分散をするアルゴリズムを提供するが、ここでは、STA41はAP20に接続されSTA43はAP30に接続されているとして説明を進める。 As will be described later in the present invention, each STA provides an algorithm for load balancing autonomously AP, where, STA41 is connected to the AP 20 STA43 are the descriptions connected to the AP 30.

AP20との間で論理的な接続が確立しているSTA20−1、20−3、20−5、41とAP20で構成される集合体を基本サービス・セット(BSS)という。 The assembly consists of a logical connection is established STA20-1,20-3,20-5,41 the AP20 that basic service set (BSS) with the AP20. 同様に、AP30とSTA30−1、30−3、30−5、43も他のBSSを構成する。 Similarly, also constitutes another BSS AP 30 and STA30-1,30-3,30-5,43. AP20を含むBSSをBSS22として表記し、AP30を含むBSSをBSS32と表記することにする。 The BSS containing AP20 expressed as BSS22, will be referred to as BSS32 a BSS including AP 30. あらたにいずれかのBSSに参加するSTAはアクティブ・スキャニング方式またはパッシブ・スキャニング方式で接続可能なAPのSSIDを探索する。 To participate in any of the BSS newly STA searches the SSID of connectable AP in an active scanning method or the passive scanning method. いずれかのAPに接続されセルの単独範囲に存在するSTAがセル21とセル31との間を移動してセルの重複範囲に入っている間は、他のAPにも接続可能な状態になる。 While STA that exists solely range is connected to one of the AP cell is in the overlapping range of cells moving between the cells 21 and the cell 31 is available for connection to other AP .

そして、セルの重複範囲を移動する間に現在接続されているAPの電波強度が弱くなると、セッションを維持しながら接続するAPを自動的に切り換える。 When the field intensity of the AP that is currently connected while moving the overlapping range of the cell becomes weak, automatically switches the AP to be connected while maintaining the session. STAが接続するAPを変更することをローミングまたはハンドオーバという。 That roaming or handover to change the AP the STA is connected. STAが接続するAPを変更すると変更後のAPのDHCPサーバによりIPアドレスが付与され、変更前のAPのDHCPサーバが付与していたIPアドレスは解放されて他のSTAに付与できるようになる。 STA IP address is assigned by the AP DHCP server after the change to change the AP to be connected, IP address, the DHCP server was granted before the change AP will let imparted is released to other STA.

図2は、IEEE802.11に規定するアドホック・モードの無線LANシステム50のネットワーク構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a network configuration of a wireless LAN system 50 of the ad-hoc mode as defined in IEEE 802.11. 各STAは、インフラ・モードでバックボーン・ネットワーク11に接続して相互通信できることに加え、アドホック・モードのネットワーク(以下、アドホック・ネットワークという。)を構成して相互に無線通信をすることができる。 Each STA in addition to being able to communicate with each other and connected to the backbone network 11 infrastructure mode, the ad hoc mode network (hereinafter, referred to as ad hoc networks.) Can be a wireless communication with each other to constitute a. アドホック・モードではAPを経由しないで直接相互に通信をすることができる。 It is possible to directly communicate with each other without going through the AP in ad-hoc mode. アドホック・モードで相互に通信が可能な複数のSTAの集合を独立サービス・セット(IBSS)という。 A set of mutual communication is more than one possible STA in an ad-hoc mode of independence Service Set (IBSS). IBSSは、BSSからは独立しており複数のBSSに属するSTAを含んで構成することができる。 IBSS is from BSS can be configured to include a STA belonging to a plurality of BSS are independent.

アドホック・ネットワークは、他のSTAと通信を開始しようとするいずれのSTAでも構築することができる。 Ad hoc network, it is possible to build any of the STA to try to initiate communication with the other STA. アドホック・ネットワークは、アドホック・ネットワークを構築したSTAの電波が届く範囲に存在する各STAの間で形成される。 Ad hoc network is formed between each STA existing in a range in which radio waves STA constructed ad hoc network arrives. 図2では、STA20−1が構築したアドホック・ネットワーク51とSTA30−3が構築したアドホック・ネットワーク53が示されている。 In Figure 2, STA20-1 ad hoc network 51 and STA30-3 have shown an ad hoc network 53 built constructed. 同じアドホック・ネットワークに存在しないSTA20−1とSTA30−3は直接通信ができないが、後に説明するAPの性能情報およびAPに対するSTAの接続情報などの共有情報は、両方のアドホック・ネットワーク51、53のメンバーであるSTA41またはSTA43を通じて交換することができる。 The same ad hoc network does not exist in STA20-1 and STA30-3 can not communicate directly, after the shared information, such as the STA's information on the performance information and the AP of the AP to be described, both ad-hoc network 51, 53 it can be exchanged through a is STA41 or STA43 members.

本発明においては、各STAはあらかじめ通信チャネルおよびSSIDを統一しておき共有鍵を保有することでアドホック・ネットワークのメンバーになったいずれのSTAとも相互に通信できるようになっている。 In the present invention, each STA is able to communicate with each other with any STA that is a member of the ad hoc network by carrying shared key advance unified in advance communications channel and SSID. 図2では、STA20−1、30−3が他のSTAと通信できる様子を示しているが、他のSTAがアドホック・ネットワークを構築した場合も同様に相互に通信できる。 In Figure 2, STA20-1,30-3 is is shown how to communicate with other STA, can communicate with each other as well if other STA has establish an ad-hoc network. アドホック・モードでは、アクティブ・スキャニング方式を採用していずれかの通信を開始したいSTAがプローブ要求フレームを送信し、それに対してプローブ応答フレームを返信したSTAと通信することができる。 In ad hoc mode it can communicate with the STA to STA that wants to start one of the communication employ active scanning method transmits a probe request frame, and returns a probe response frame thereto. また、アドホック・モードでは、パッシブ・スキャニング方式を採用して、各STAが送信するビーコン・フレームを受信して当該STAと通信することができる。 Further, in the ad-hoc mode, it is possible to employ a passive scanning method, in communication with the STA receives the beacon frame, each STA sends. 本発明においてはアドホック・モードでの通信方式は周知の範囲である。 Communication method in an ad hoc mode in the present invention are well-known range.

[STAの構成] Configuration of the STA]
図3は、各STAのハードウエア構成を示す概略のブロック図である。 Figure 3 is a block diagram schematically showing a hardware configuration of each STA. STA100はノートPCであるが、特にこれに限定するものではなく同様の機能を備えるPDAやスマートフォンなどの無線端末装置とすることができる。 STA100 is a notebook PC, a particular wireless terminal such as a PDA or smartphone with similar functions without limitation thereto. STA100は中央演算処理装置(CPU)101、メイン・メモリ103、ディスク・ドライブ105、液晶ディスプレイ装置(LCD)107、入出力デバイス109および無線コントローラ111がバス115に接続されている。 STA100 is central processing unit (CPU) 101, a main memory 103, disk drive 105, a liquid crystal display device (LCD) 107, input and output devices 109 and the wireless controller 111 is connected to the bus 115. ディスク・ドライブ105には、本実施の形態に関わるプログラムが格納されている。 The disk drive 105, the program according to the present embodiment are stored. 無線コントローラ111には、アンテナ113が接続されている。 The wireless controller 111, an antenna 113 is connected.

無線コントローラ111は送信機および受信機として動作する。 Wireless controller 111 operates as a transmitter and receiver. 無線コントローラ111は、バス115と無線媒体との間でIPパケットを双方向に転送する際のバッファ機能を含む。 Wireless controller 111 includes a buffer function when transferring IP packets in both directions between the bus 115 and the wireless medium. 無線コントローラ111は、送信時にIPパケットにMACヘッダを付加してMACフレームを生成したり、受信時にMACフレームからMACヘッダを除去したりするプロトコル変換機能を含む。 Wireless controller 111 includes or generates a MAC frame by adding a MAC header to the IP packet during transmission, a protocol conversion function or to remove the MAC header from the MAC frame during reception. 無線コントローラ111はさらに送信時にデータを符号化および変調してアンテナ113に高周波信号として出力する機能および受信時に復調、および誤り訂正処理をする機能を含む。 Wireless controller 111 further demodulates the time function and the reception output as a high frequency signal data to the encoding and modulation to the antenna 113 during transmission, and a function of the error correction processing. なお、無線コントローラ111の機能は周知である。 The functions of the radio controller 111 are well known.

図4は、STA100が自律的にAPの負荷を調整するためのソフトウエアおよびハードウエアの構成を示す図である。 4, STA 100 is a diagram showing the software and hardware configuration for adjusting autonomously the load of the AP. 接続ユーティリティ155は、STA100をAPに接続したり他のAPにローミングしたりするための処理をする周知の機能を含むソフトウエアである。 Connection utility 155 is software that includes a well-known function for the processing to or roams to another AP or connect STA100 to AP. 接続ユーティリティ155はまたトラフィック・テーブル157を参照して、自律的にAPの負荷調整をするための新規な機能を含む。 Connection utility 155 also with reference to the traffic table 157, autonomously includes a novel function for the load adjustment of the AP. トラフィック・テーブル157は、各APの負荷に関する性能を示す性能情報およびAPに接続するSTAの接続状態を示す接続情報を記憶するためにメイン・メモリ103上の記憶領域に形成される。 Traffic table 157 is formed in a storage area on the main memory 103 for storing connection information indicating the connection state of the STA to connect to the performance information and the AP indicating the performance for load of each AP. 接続ユーティリティ155の新規な機能およびトラフィック・テーブル157のデータ構造については後に詳細に説明する。 It will be described later in detail the data structure of the novel features and traffic table 157 of the connection utility 155. アプリケーション159は、オペレーティング・システム(OS)153上で動作してバックボーン・ネットワーク11のサーバとデータの送受信するWebブラウザ、メーリング・ソフトウエアなどである。 Application 159, Web browser to send and receive server and data backbone network 11 runs on an operating system (OS) 153, and the like mailing software. アプリケーション159は、OSI参照モデルのアプリケーション層、プレゼンテーション層およびセッション層を形成する。 Application 159, the application layer of the OSI reference model, to form a presentation layer and session layer.

OS153は、Windows7(登録商標)を採用することができる。 OS153 is, it is possible to adopt a Windows7 (registered trademark). Windows7は、1つの無線コントローラ111を仮想化して複数の無線コントローラに見せかける「Virtual WiFi」といった機能や、APの機能をエミュレートする「Soft AP」といった機能を搭載している。 Windows7 is equipped virtualizes one radio controller 111 masquerading plurality of wireless controller functions and such "Virtual WiFi", a function such as "Soft AP" to emulate the functionality of the AP. デバイス・ドライバ151は、無線コントローラ111の動作およびデータ転送を制御するソフトウエアであるが、Windows7の下では無線コントローラ111を同時にインフラ・モードとアドホック・モードで動作させることができる。 Device driver 151 is software for controlling the operation and data transfer of the wireless controller 111 can operate the wireless controller 111 simultaneously in the infrastructure mode and ad hoc mode under Windows7.

したがって、STA100は、たとえばアプリケーション159が、無線コントローラ111のインフラ・モードを利用してバックボーン・ネットワーク11と通信している間に、そのセッションを切断することなくアドホック・モードで他のSTAと通信することができる。 Thus, STA 100, for example an application 159, while utilizing the infrastructure mode of the wireless controller 111 in communication with the backbone network 11, to communicate with other STA in an ad hoc mode without disconnecting the session be able to. STA100は、インフラ・モードの無線コントローラとアドホック・モードの無線コントローラを個別に搭載して仮想化の機能を含まないOSを採用することもできる。 STA100 can also be employed OS without the function of the virtualization equipped with a wireless controller and wireless controller of the ad-hoc mode infrastructure mode individually. OS153は、OSI参照モデルのトランスポート層およびネットワーク層を形成する。 OS153 forms the transport and network layers of the OSI reference model.

デバイス・ドライバ151は、無線コントローラ111がAPとの間でデータ転送するときの単位時間当たりのデータ転送量であるトラフィックを測定することができる。 Device driver 151 may measure the traffic radio controller 111 is a data transfer amount per unit time when the data transfer between the AP. 接続ユーティリティ155は、定期的にデバイス・ドライバ151から現在のトラフィックを受け取ることができる。 Connection utility 155 may receive current traffic periodically from the device driver 151. デバイス・ドライバ151は、APが発信するビーコン・フレームの電波強度(RSSI)および信号対雑音比(SN比)を測定して接続ユーティリティ155に送ることができる。 Device driver 151 may be sent to the beacon radio wave intensity of a frame (RSSI) and signal to noise ratio (SN ratio) measured by a connection utility 155 AP originates. RSSIおよびSN比は、APとSTAの間の伝送速度を決める通信品質のパラメータとなる。 RSSI and SN ratio is a parameter of the communication quality that determines the transmission speed between the AP and the STA. デバイス・ドライバ151は、OSI参照モデルのデータリンク層を形成する。 Device driver 151 forms a data link layer of the OSI reference model. 無線コントローラ111はOSI参照モデルの物理層を形成する。 Wireless controller 111 forms a physical layer of the OSI reference model.

図4に示した接続ユーティリティ155、トラフィック・テーブル157、OS153およびデバイス・ドライバ151は、メイン・メモリ103にロードされてCPU101により実行される際に、STA100のハードウエアと協働してさまざまな機能を実現する。 Connection utility 155 shown in FIG. 4, the traffic table 157, OS153 and device driver 151, when executed by the CPU101 is loaded into main memory 103, hardware in cooperation with various functions STA100 to achieve. たとえば、接続ユーティリティ155、OS153およびデバイス・ドライバ151は、APの性能情報を取得する手段を構成したり、接続情報をアドホック・モードで通信して他のSTAと交換する手段を構成したり、性能情報と接続情報に基づいて接続先のAPを決定する手段を構成する。 For example, connection utility 155, OS153 and device drivers 151, or configure a means for acquiring performance information of the AP, the means for exchanging with other STA communicates connection information in the ad-hoc mode, the performance It constitutes a means for determining the destination of the AP based on the information and the connection information. なお、これらの手段は、図4に示した構成に限定されるものではなく、他のソフトウエアおよび他のハードウエアまたはいずれかを追加して構成する場合も当業者が本発明に基づいて選択可能な範囲で本発明に含まれる。 Incidentally, these means are not limited to the configuration shown in FIG. 4, it may be constructed by adding other software and other hardware or either one of skill in the art based on the present invention selected It included in the present invention the extent possible.

なお、図3、図4は本実施の形態を説明するために必要なハードウエアおよびソフトウエアの構成および接続関係を簡略化して記載したに過ぎないものである。 Incidentally, FIG. 3, FIG. 4 is merely a described a simplified hardware and software configurations and connection relationship required for describing the present embodiment. ここまでの説明で言及した以外にも、STA100を構成するには多くのデバイスが使われる。 Other than those mentioned in the previous sections, to configure the STA100 are many devices used. しかしそれらは当業者には周知であるので、ここでは詳しく言及しない。 However, since they are well known to those skilled in the art, no details mentioned here. 図で記載した複数のブロックを1個の集積回路またはプログラム・モジュールとしたり、逆に1個のブロックを複数の集積回路またはブログラム・モジュールに分割して構成したりすることも、当業者が任意に選択することができる範囲においては本発明の範囲に含まれる。 Or a single integrated circuit or program modules a plurality of blocks described in FIG., Or to constitute by dividing one block into a plurality of integrated circuits or blog ram module conversely also, those skilled in the art in the range that can be selected arbitrarily within the scope of the present invention.

[トラフィック・テーブルのデータ構造] [Data structure of the traffic table]
図5は、STA100が保有するトラフィック・テーブル157のデータ構造を示す図で、図6はデバイス・ドライバ151が測定したトラフィックから、接続ユーティリティ155がデータの所定時間当たりの平均データ転送量に相当する平均トラフィック(単位:bps)を計算する方法を説明する図ある。 Figure 5 is a diagram showing the data structure of a traffic table 157 held by the STA 100, FIG. 6 is a traffic device driver 151 is measured, connection utility 155 corresponding to the average data transfer amount per predetermined time of the data there FIG explaining a method of calculating a: average traffic in bits per second (bps). STA100は、いま、BSS22に帰属していると想定する。 STA100 is, now, is assumed to be attributable to BSS22.

トラフィック・テーブル157には、STA100が自ら帰属するBSS22のAP20およびAP20とセルの重複範囲を形成するBSS32のAP30のそれぞれのSSID、MACアドレス、最大接続可能数、接続数閾値、スループット、およびトラフィック閾値が登録されている。 The traffic table 157, STA 100 is each SSID of AP30 of BSS32 forming the overlapping range of the AP20 and AP20 and cells that themselves attributable BSS22, MAC address, the maximum connectable number, number of connections threshold, throughput, and traffic thresholds There has been registered. これらのデータはAPから直接取得したり、あらかじめネットワーク管理者により各STAに提供されたりして、ディスク・ドライブ105に格納されている。 These data or obtained directly from the AP, and or be provided to each STA by advance network administrator, stored on the disk drive 105. あるいは、これらのデータは、STA100が他のSTAとアドホック・モードで通信してメイン・メモリ103上のトラフィック・テーブル157に記憶するようにしてもよい。 Alternatively, these data may be STA100 stores communicate with another STA and ad-hoc mode to the traffic table 157 on the main memory 103.

SSIDはネットワーク管理者がAPに付与したネットワーク上の名称で複数のAPが存在する場合を考慮してESSIDという場合もある。 SSID is sometimes referred ESSID in consideration of a case in which the network administrator there are multiple AP under the name on the network that is given to the AP. SSIDに対応するMACアドレスはBSSIDともいわれ、APに接続する前にSTA100はAPが発信したビーコン・フレームから取得することができる。 MAC address corresponding to the SSID is also referred to as BSSID, STA100 before connecting to the AP can be obtained from the beacon frame the AP originated. 各STAは、メイン・メモリ103にトラフィック・テーブル157を形成して、いずれかのAPからビーコン・フレームを受信すると、そのSSIDとMACフレームを最初にトラフィック・テーブル157に記憶する。 Each STA is to form a traffic table 157 to the main memory 103 receives a beacon frame from one of the AP, is first stored in the traffic table 157 that SSID and MAC frame.

最大接続可能数、接続数閾値、スループット、およびトラフィック閾値はAPの性能を示す性能情報でAPごとに一意に決まる。 Maximum connectable number, number of connections threshold, throughput, and traffic thresholds uniquely determined for each AP in the performance information indicating performance of the AP. 各APの性能情報は、あらかじめ各STAのディスク・ドライブ105にAPのMACアドレスに関連付けて格納されている。 Performance information of each AP is stored in association with the AP MAC address in advance in the disk drive 105 of each STA. したがって接続ユーティリティ155は、トラフィック・テーブル157に記憶したAP20、30のMACアドレスに対応する性能情報をディスク・ドライブ105から読み出してトラフィック・テーブル157に記憶する。 Therefore connection utility 155 stores the performance information corresponding to the MAC address of AP20,30 stored in traffic table 157 is read from the disk drive 105 to the traffic table 157. あるいは、STA100は性能情報をアドホック・モードで通信して他のSTAから受け取ることもできる。 Alternatively, STA 100 may also be received from other STA to communicate the performance information in the ad hoc mode.

なお、性能情報はAPをスキャンする際にパッシブ・スキャニング方式のビーコン・フレームやアクティブ・スキャニング方式のプローブ応答フレームなどのマネージメント・フレームの中に含めておき、各STAがAPに接続する前に取得して接続先を決定できるようにしてもよい。 Note that the performance information leave included in the management frame, such as probe response frame in the beacon frame or active scanning method of passive scanning method when scanning the AP, acquisition before each STA connects to AP You may be able to determine the destination to. このようなマネージメント・フレームには、可変長のベンダが自由に使用できるフィールド(Vendor Specific)が定義されているので、そこに性能情報を含めることができる。 Such management frame, the variable length vendor is defined fields that can be used freely (Vendor Specific), may include the performance information therein. このようにAPから性能情報を直接取得できるようにすれば、APが変更された場合の対応が容易であり、また、あらかじめ各STAに性能情報を格納するための製造工程を省くことができる。 Thus from the AP to allow obtaining performance information directly, it is easy to do if the AP is changed, also, it is possible to omit the manufacturing steps for storing performance information in advance to each STA.

最大接続可能数は、IPアドレスの数の制限または各STAのトラフィックを所定の範囲に維持するために設定した当該APに対して可能なSTAの接続総数の上限を示す。 Maximum connectable number indicates the upper limit of the total connections STA possible for the AP set in order to maintain the number of limitations or traffic for each STA in the IP address in a predetermined range. 接続数閾値は、最大接続可能数に基づいてそれより小さい値として設定した基準値である。 Connections threshold is the reference value set as it is less than value based on the maximum connectable number. スループットは、APの最大転送速度を示す。 Throughput represents the maximum transfer rate of the AP. トラフィック閾値はスループットに基づいてそれより小さい値として設定した基準値である。 Traffic threshold is a reference value set as it is less than value on the basis of the throughput. 接続数閾値およびトラフィック閾値は、セルの重複範囲に存在するSTAが新規にBSS22またはBSS32のいずれに参加するか自律的に判断するために各APに設定した基準値である。 Connections threshold and traffic threshold is a reference value set for each AP to STA autonomously determine whether to participate in any new of BSS22 or BSS32 present in the overlap region of the cell.

接続数閾値およびトラフィック閾値はまた、セルの重複範囲に存在するSTA100が一旦参加したBSS22から他のBSS32にローミングするか否かを自律的に判断するために現在参加しているBSS22に対して設定した基準値でもある。 Configured for BSS22 currently participating to autonomously determine connections threshold and traffic threshold also whether roaming from BSS22 to STA100 present in overlapping range of cells participated once other BSS32 It is also a criteria value. さらに接続数閾値およびトラフィック閾値はセルの重複範囲に存在するSTA100が一旦参加したBSS22から他のBSS32にローミングするか否かを自律的に判断するためにローミング先のBSS32に対して設定した基準値でもある。 Further connections threshold and traffic threshold reference value set for BSS32 roamed to autonomously determine whether to roam from BSS22 to STA100 present in overlapping range of cells participated once other BSS32 But there is. なお、接続数閾値とトラフィック閾値は、上記のように3つの目的で使用されるが、これらは目的に応じて異なる値にすることも可能である。 The connection speed threshold and traffic threshold is used in a three purposes as described above, which are possible to a different value depending on the purpose.

トラフィック・テーブル157には、AP20に接続されている各STAの識別子であるMACアドレスに対応する平均トラフィックとAP30に接続されている各STAのMACアドレスに対応する平均トラフィックが記憶されている。 The traffic table 157, the average traffic for each STA MAC address that is connected to an average traffic and AP30 corresponding to the MAC address is an identifier of each STA that is connected to AP20 is stored. 識別子とトラフィックは、STAの接続状態を示す接続情報である。 Identifier and traffic is connection information indicating a connection state of STA. STA100がAP20に接続してアプリケーション159の要求でデータ転送をしている間、接続ユーティリティ155は定期的にデバイス・ドライバ151からトラフィック161(図6)を受け取る。 STA100 is while the data transfer request of the application 159 connected to AP 20, connection utility 155 receives traffic 161 (FIG. 6) from the regular device driver 151. デバイス・ドライバ151がトラフィックを計算するときの単位時間は比較的短いので変動が大きく、APの負荷の大きさを判断するためのトラフィックの総和を計算するデータには適さない。 Unit time is large variation is relatively short when the device driver 151 calculates the traffic is not suitable for data to compute the sum of the traffic to determine the magnitude of the load of the AP. 接続ユーティリティ155は、デバイス・ドライバ151から受け取ったトラフィックを所定時間tmだけ観測してその間の総データ転送量を所定時間tmで除して平均トラフィックを計算する。 Connection utility 155, the total amount of data transferred during observes the traffic received from the device driver 151 for a predetermined time tm is divided by a predetermined time tm to calculate the average traffic.

接続ユーティリティ155はさらに所定時間tsごとの平均トラフィックを移動平均として計算する。 Connection utility 155 is further calculated as a moving average average traffic per predetermined time ts. 一例として所定時間tmを5分とし、所定時間tsを1分とすることができる。 It minutes 5 for a predetermined time tm as an example, it can be 1 minute for a predetermined time ts. STA100は、トラフィックの5分間ごとの移動平均を1分毎に計算して自らのトラフィック・テーブル157の自らのMACアドレスに対応させて記憶する。 STA100 stores in correspondence with its own MAC address of its own traffic table 157 to calculate a moving average of every 5 minutes traffic every minute. 各STAは、自らの平均トラフィックを更新するたびに、そのデータをアドホック・モードで他のSTAに通知する。 Each STA whenever you update their average traffic, informs the other STA that data in ad-hoc mode. あるいは各STAは所定の時間tsごとに他のSTAに要求して最新の平均トラフィックを取得することができる。 Or each STA can obtain the latest average traffic requesting the other STA for every predetermined time ts.

図5のトラフィック・テーブル157には、このようにしてSTA100が自ら計算した平均トラフィックおよび他のSTAから受け取った当該他のSTAの平均トラフィックが記憶されている。 The traffic table 157 of FIG. 5, the average traffic of the thus STA100 average traffic and the other STA received from another STA calculated itself is stored. 接続ユーティリティ155は、アドホック・モードで通信してBSS22およびBSS32に接続されている各STAから受け取ったMACアドレスと平均トラフィックから、各APに現在接続されているSTAの接続総数と各APに対する各STAの平均トラフィックの総和を計算してトラフィック・テーブル157に記憶する。 Connection utility 155, the STA from the MAC address and average traffic received from each STA that is connected to communicate in ad hoc mode BSS22 and BSS 32, against total connections and the AP of the STA currently connected to each AP average to calculate the sum of the traffic stored in the traffic table 157. トラフィック・テーブル157には、AP20では接続数閾値が28については現在の接続総数が5、トラフィック閾値が700に対して平均トラフィックの総和が750として記憶されている。 The traffic table 157, the current number of connections for connections threshold in AP20 is 28 5, is stored as 750 the sum of the average traffic on the traffic threshold 700. また、AP30については接続数閾値が23に対して現在の接続総数が4、トラフィック閾値が500に対して平均トラフィックの総和が220として記憶されている。 Further, the current number of connections to the connection number threshold 23 for AP30 is 4, is stored as 220 the sum of the average traffic on the traffic threshold 500.

トラフィック・テーブル157には、各STAのMACアドレスに対応してローミング・フラグのフィールドが設けられている。 The traffic table 157, corresponding to the MAC address of each STA fields roaming flag is provided. ローミング・フラグは、セルの重複範囲において接続可能な複数のAPを検出したSTAが、接続数閾値と現在の接続総数を比較した結果またはトラフィック閾値と平均トラフィックの総和を比較した結果に基づいて、電波強度の弱いAPに接続することになったときに、当該STAが自らのMACアドレスに設定する。 Roaming flag, STA detects a plurality of AP that can be connected in the overlapping range of cells, the results were compared the number of connections threshold and the current number of connections or on the basis of a result of comparing the sum of the traffic threshold average traffic, when it comes to connecting to the weak radio wave intensity AP, the STA is set to its own MAC address. ローミング・フラグは、後に電波強度の強いAPへのローミングが可能になったときに、各STAが自らローミングの対象であることを判断するために使用される。 Roaming flag, when it is possible to roam to strong radio wave intensity AP after, each STA is used to determine that it is their roaming subject.

接続可能なAPが3台以上ある場合にローミング先のAPを特定するために、BSSに新規に参加する際に接続できなかった電波強度の強いAPの識別子をローミング・フラグに付加しておくことができる。 To identify the roaming destination AP when connectable AP is more than two, that you added to the roaming flag strong AP identifier of the radio wave strength that could not be connected when joining the new BSS can. また、接続できなかった同一のAPに対するローミング・フラグが設定されたSTAが複数存在する場合にローミングの優先順位を決めるために、ローミング・フラグにタイムスタンプを付加して、電波強度の弱い同一のAPに接続された順番にローミングできるようにすることもできる。 Moreover, STA roaming flag to the same AP, which could not be connected is set to determine the roaming priority when there are multiple, and adds a time stamp to a roaming flag, the radio wave intensity weak same it is also possible to roam in the order that is connected to the AP. 図5では、STA43が、電波強度の強いAP20に対するSTAの平均トラフィックの総和がトラフィック閾値を超えていたために自律的に判断して電波強度の弱いAP30に接続した際に、自らがローミング・フラグを設定した様子が示されている。 In Figure 5, STA43 is, when the sum of the average traffic of STA for strong radio field intensity AP20 is connected to autonomously determine and weak radio wave intensity AP30 for exceeds the traffic threshold, itself a roaming flag set state was is shown. トラフィック・テーブル157に記憶される性能情報と接続情報は、アドホック・ネットワークを通じて各STAの間で共有されるためこれを共有情報ということにする。 Performance information and connection information stored in the traffic table 157, will be referred to as shared information this order is shared between the STA through ad hoc networks.

[BSSに新規に参加する場合の負荷調整の手順] Procedure of load adjustment of the case to participate in the new BSS]
図7は、図1のSTA45がBSS22またはBSS32に新規に参加する際に自ら接続先のAPを決定して負荷を調整する手順を示すフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart showing a procedure STA45 in Fig 1 to adjust the load to determine its own connection destination AP when joining the new BSS22 or BSS 32. ブロック201では、図1に示すように無線LANシステム10にBSS22とBSS32が構築されている。 In block 201, BSS22 and BSS32 is built in the wireless LAN system 10 as shown in FIG. ブロック203では、各STAが図5に示すトラフィック・テーブル157に記憶した共有情報をアドホック・モードで通信して定期的に更新している。 In block 203, it is regularly updated by communicating the shared information each STA is stored in the traffic table 157 shown in FIG. 5 in ad hoc mode. 共有情報には、アドホック・ネットワークを構成する各STAが接続されているAP20、30の性能情報と各STAの接続情報が含まれている。 The shared information includes connection information performance information and each STA in AP20,30 that each STA is connected to the ad-hoc network. いまだ、いずれのAPにも接続していないSTA45の接続ユーティリティ155は、APが発信するビーコン・フレームを受信して接続が可能なAPを探索している。 Yet, the connection utility 155 STA45 not connected to any AP is searched for a connection capable AP receives a beacon frame that the AP transmits. ブロック205ではSTA45がBSS22とBSS32のセルの重複範囲に入る。 In block 205 STA45 enters the overlapping range of cells BSS22 and BSS 32.

なお、STA45はBSS22またはBSS32のセルの単独範囲から新規にBSSに参加することもあるが、接続先のAPを選択する余地はないのでAPの負荷調整は行わない。 Incidentally, STA45 is also possible to join the BSS a new from a single range of cells BSS22 or BSS 32, it does not perform load balancing of the AP because there is no room for selecting a connection destination AP. AP20、30は、それぞれ定期的にビーコン・フレームを発信している。 AP20,30 is, each of which originated the regular beacon frame. ビーコン・フレームは、当該APのSSID、使用可能な無線チャネル、およびサポートしている伝送レートなどの情報を含んでいる。 Beacon frame includes SSID of the AP, information such as the transmission rate that is available wireless channels and support. セルの重複範囲まで移動したSTA45の接続ユーティリティ155は、デバイス・ドライバ151から、AP20とAP30がそれぞれ発信したビーコン・フレームを受け取りそれらのSSIDから接続が可能なAP20、30の存在を認識する。 Connection utility 155 STA45 moved to overlap range of cells, the device driver 151 recognizes the presence of AP20,30 that provides connections from their SSID receive beacon frames AP20 and AP30 were originated respectively. デバイス・ドライバ151は、受信したビーコン・フレームからAP20,30の電波強度を計測し、接続ユーティリティ155に送る。 Device driver 151, a field intensity of AP20,30 measured from the received beacon frame, and sends the connection utility 155.

STA45の接続ユーティリティ155は、接続可能な複数のAPを検出したときには従来のように電波強度が大きなAPに対する認証作業を開始する前に、アドホック・モードで通信していずれかのSTAからトラフィック・テーブル157に記憶された共有情報を取得するように構成されている。 STA45 connection utility 155, when detecting a plurality of AP that can be connected before the radio field intensity as in the prior art initiates an authentication work for large AP, traffic table from either STA communicate in ad hoc mode It is configured to obtain a shared information stored in the 157. なお、STA45は、AP20、30のビーコン・フレームからそれらのMACアドレスを取得したときには、自らのディスク・ドライブ105からAP20、30の性能情報をトラフィック・テーブルに読み出すようにしてもよい。 Incidentally, STA45, upon obtaining their MAC address from the beacon frames AP20,30 may performance information from its own disk drive 105 AP20,30 to read the traffic table.

ブロック207では、STA45がアドホック・ネットワークを開設して、BSS22またはBSS32を構成するいずれかのSTAと通信し共有情報を取得して自らのトラフィック・テーブル157に記憶する。 In block 207, STA45 is established an ad-hoc network, and stored in its own traffic table 157 to obtain the shared information to communicate with any of the STA composing the BSS22 or BSS 32. STA45が最初に接続したいずれかのSTAからセルの重複範囲を形成しているAP20およびAP30に関する共有情報を取得すると、接続ユーティリティ155は以下の手順でいずれのAPに接続すべきかを自律的に判断する。 When STA45 acquires the shared information about the first and from one of the STA connected to form an overlapping range of cells AP20 and AP 30, connection utility 155 autonomously determines whether to connect to any AP in the following steps to. ここに自律的な判断とは、バックボーン・ネットワーク11に接続されたサーバやAPから支援を受けないで、各STAがトラフィック・テーブル157の共有情報だけに基づいて自ら判断することを意味する。 The autonomous judgment here, without the assistance from a connected server and AP to a backbone network 11, each STA is meant that his own determination based only on the shared information traffic table 157.

ここで、STA45はビーコン・フレームの電波強度が、AP20の方がAP30よりも強いと判断したものとする。 Here, STA45 radio wave strength of the beacon frame, it is assumed that the people of the AP20 is determined to be stronger than the AP30. ブロック209で接続ユーティリティ155はトラフィック・テーブル157を参照して、最初に電波強度が強いAP20の接続数閾値と現在の接続総数に基づいてAP20への接続が可能か否かを判断する。 Connection utility 155 in block 209 with reference to the traffic table 157, determines whether it is possible to connect to AP20 based on the current number of connections and connections threshold first field intensity is high AP20. 現在の接続総数が接続数閾値以下の場合は、ブロック211に移行する。 Total current connection in the case of the following connections threshold, the process proceeds to block 211. ブロック211ではSTA45の接続ユーティリティ155がトラフィック・テーブル157を参照して、AP20に接続されているSTAの平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下であるか否かを判断する。 Connection utility 155 of the block 211 STA45 can see the traffic table 157, the sum of the STA average traffic connected to AP20 is equal to or less than the traffic threshold. 平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下の場合は、STA45はAP20とAP30の間の負荷バランスの上でAP20に接続することができると判断してブロック213に移行する。 If the sum of the average traffic is less traffic threshold, STA45 passes to block 213 it is determined that can be connected to AP20 on the load balance between AP20 and AP 30. ブロック213でSTA45はAP20に接続し、ブロック215で自らの平均トラフィックをトラフィック・テーブルに記憶するとともにアドホック・モードで通信して他のSTAと共有情報を交換する。 STA45 is connected to AP20 in block 213, to communicate in ad hoc mode stores their average traffic in the traffic table at block 215 to exchange shared information with other STA.

ブロック209で現在の接続総数が接続数閾値を越えている場合またはブロック211で平均トラフィックの総和がトラフィック閾値を越えている場合はAP20とAP30の間の負荷バランスの上でAP20に接続できないと判断してブロック219に移行する。 Determining the sum of the average traffic or if at block 211 the current number of connections in block 209 exceeds the number of connections threshold can not connect to the AP20 on the load balance between AP20 and AP30 if exceeds the traffic threshold It passes to block 219 in. ブロック219では、接続ユーティリティ155はトラフィック・テーブル157を参照し、電波強度が弱いAP30への接続が可能か否かを判断する。 In block 219, the connection utility 155 refers to the traffic table 157, determines whether it is possible to connect to the field intensity is low AP 30. AP30の現在の接続総数が接続数閾値以下の場合は、ブロック221に移行する。 Current total connections AP30 is the case of the following connections threshold, the process proceeds to block 221. ブロック221ではSTA45の接続ユーティリティ155がトラフィック・テーブル157を参照して、AP30に接続されているSTAの平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下であるか否かを判断する。 Connection utility 155 of the block 221 STA45 can see the traffic table 157, the sum of the STA average traffic connected to AP30 is equal to or less than the traffic threshold. AP30に接続された各STAの平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下の場合は、STA45は負荷バランスの上でAP30に接続することができると判断してブロック223に移行する。 If AP30 sum of the average traffic for each STA that is connected to is less traffic threshold, STA45 passes to block 223 it is determined that can be connected to AP30 on load balancing.

ブロック219でAP30の現在の接続総数が接続数閾値を超えている場合、またはブロック221でAP30の平均トラフィックの総和がトラフィック閾値を超えている場合は、ブロック213に移行する。 If the current number of connections at block 219 AP30 exceeds the number of connections threshold, or if the sum of the average traffic of the block 221 in AP30 exceeds the traffic threshold, the process proceeds to block 213. ブロック209とブロック211は、両方成立したときに成立するAP20の接続条件に相当し、ブロック219とブロック221は両方成立したときに成立するAP30の接続条件に相当する。 Block 209 and block 211 corresponds to AP20 connection conditions satisfied when both satisfied, corresponds to the connection conditions of the AP30 that satisfied when satisfied both block 219 and block 221. AP20の接続条件とAP30の接続条件がいずれも成立しない場合は、STA45はブロック213でAP20に接続する。 If the connection condition and AP30 connection conditions AP20 is not satisfied Both, STA45 is connected to the block 213 AP20. AP20の接続条件が成立しない場合でも、現在の接続総数が最大接続可能数以下でかつ平均トラフィックの総和がスループット以下の場合は、各STAは全体的にトラフィック低下の影響を受けるがSTA45を接続することは可能である。 Even if the AP20 connection condition is not satisfied, if the sum of the current number of connections is and average traffic less than or equal to the maximum connectable number is less than the throughput, each STA affected overall traffic reduction is to connect the STA45 it is possible. そして、AP20とAP30の接続条件が成立しない場合には、STA45をいずれのAP20、30にも接続させない方法よりも、電波強度が強いAP20に接続させる方法の方がサービス上は望ましい。 When the connection condition of the AP20 and AP30 is not established, than methods not connected to AP20,30 either the STA45, it is the service method of connection to the field intensity is high AP20 desirable.

図5に示したトラフィック・テーブル157の共有情報によれば、AP20に接続されている各STAの平均トラフィックの総和はトラフィック閾値を超えているため接続条件が成立せず、かつ、AP30では現在の接続数が接続数閾値以下で平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下なので接続条件が成立するため、STA45は自らAP30を接続先のAPとして決定する。 According to share information traffic table 157 shown in FIG. 5, the sum of the average traffic for each STA that is connected to the AP20 is not connected condition is satisfied because it exceeds the traffic threshold and the AP30 current the sum of the average traffic on the number of connections less number of connections threshold to establish connection conditions because less traffic threshold, STA45 determines itself AP30 as a connection destination of the AP. ブロック223では、STA45の接続ユーティリティ155は、AP30に対する接続を開始する。 In block 223, the connection utility 155 STA45 initiates a connection to the AP 30. 最初に、STA45はAP30に自らのMACアドレスを含む管理フレームを送り認証を要求する。 First, STA45 requests sent authentication management frames including its own MAC address to the AP 30. AP30は共通鍵認証またはオープン認証などのMACレイヤでの認証処理をして応答する。 AP30 is a response to the authentication process at the MAC layer, such as a common key authentication or open authentication. つぎに、STA45はAP30に対して管理フレームを送りアソシエーション要求をする。 Then, STA45 to the association request sends a management frame to AP 30.

STA45とAP30が相互に通信パラメータを設定してアソシエーションが完了すると、AP30のDHCPサーバはSTA45にIPアドレスを付与する。 When STA45 and AP30 are associations by setting the communication parameters to each other is completed, AP30 DHCP server imparts IP address to the STA45. その後、AP30は認証サーバ13にSTA45の認証を取り次いでSTA45が認証サーバ13により認証される。 Then, AP 30 may STA45 is authenticated by the authentication server 13 is Toritsui the authentication of the authentication server 13 to the STA45. 認証サーバ13からAP30にSTA45との間で使用する暗号鍵が送られて設定されるとSTA45はバックボーン・ネットワーク11に対するデータ通信が可能になりBSS32に対する参加が完了する。 When the cryptographic key to be used is sent to set between the authentication server 13 from AP30 STA45 STA45 participants for BSS32 enables data communication to a backbone network 11 is completed. STA45は、AP30に接続されたときに自らのトラフィック・テーブル157にローミング・フラグを設定する。 STA45 sets a roaming flag to the own traffic table 157 when connected to the AP 30.

BSS32に参加したSTA45のアプリケーション159は、バックボーン・ネットワーク11に接続されたWebサーバや、APに接続された他のSTAとデータ通信を開始する。 Application 159 STA45 who participated in BSS32 is or Web server connected to the backbone network 11, to start another STA and data communication connected to the AP. ブロック225で、接続ユーティリティ155はデバイス・ドライバ151からトラフィックを受け取って所定時間tmごとの平均トラフィックの計算を開始して所定時間tsごとにそれを自らのトラフィック・テーブル157に記憶する。 In block 225, the connection utility 155 stores it in every predetermined time ts to start calculating the average traffic per predetermined time tm receive traffic from the device driver 151 to its own traffic table 157. そしてブロック203と同様にSTA45を含めた複数のSTAがアドホック・モードで定期的に通信して相互に共有情報を交換する。 The plurality of STA, including Similarly STA45 block 203 to exchange shared information with each other periodically communicate in ad hoc mode.

これまでは、AP20に対するSTAの現在の接続総数が最大接続可能数以下であれば、STA45は電波強度が大きいAP20に接続していた。 Previously, if STA current number of connections is equal to or less than the maximum connectable number for AP 20, STA45 was connected to the radio wave intensity is high AP 20. その結果、AP20の現在の接続総数が最大接続可能数に到達しているときには、BSS22の他のSTAがBSS32に参加することができる場合であっても、AP20のセルの単独範囲からはBSS22に参加することができなくなっていた。 As a result, when the current number of connections of AP20 has reached the maximum possible number of connections, even if it can be other STA in BSS22 joins the BSS 32, the BSS22 from a single range of cells AP20 It was no longer able to participate. また、STA45の参加によりAP20に対する平均トラフィックの総和がAP20のスループットに近づいたり越えたりして、BSS22を構成するSTAのトラフィックが全体的に低下することになっていた。 A sum of the average traffic for AP20 with the participation of the STA45 is or beyond or close to the throughput of the AP20, STA traffic constituting the BSS22 was to be entirely decreased. しかし、上記の手順によれば、現在の接続総数または平均トラフィックの総和に対するAP20の余裕がAP30の余裕に比べて小さいとSTA45が判断した場合は、余裕が大きいAP30に接続するので、上記のような問題は解消する。 However, according to the above procedure, if the margin of the AP20 to the sum of the current number of connections or average traffic is smaller than the margin of AP30 the STA45 has determined, since the connection to the margin is large AP30, as described above such problem is solved.

ブロック209、211は、電波強度の強いAP20の接続条件でブロック219、221は電波強度の弱いAP30の接続条件に相当する。 Block 209 and 211, blocks the connection conditions of strong radio wave intensity AP 20 219, 221 corresponds to the connection conditions of poor signal strength intensity AP 30. 電波強度の強いAP20の2つの接続条件がいずれも満たされたときはSTA45が電波強度の強いAP20に接続する。 When the two connection conditions of a strong radio wave intensity AP20 is satisfied Any STA45 connects to strong radio wave intensity AP20. 電波強度の強いAP20の2つの接続条件のいずれかが満たされず、かつ、電波強度の弱いAP30の2つの接続条件がいずれも満たされたときはSTA45が電波強度の弱いAP30に接続する。 Not satisfied either of two connection conditions of strong radio wave intensity AP20 is, and, when the two connection conditions are weak intensity AP30 is satisfied Any STA45 connects to weak radio wave intensity AP30. STA45が一旦電波強度の弱いAP30に接続されたあとに、BSS22の接続総数または平均トラフィックの総和が変化することがある。 After the STA45 is connected once weak radio wave intensity AP 30, it may change the sum of the total connections or average traffic BSS22.

STA45にとっては、現在の位置から移動しない限りは電波強度の強いAP20に接続したほうが伝送速度は大きくなるので、AP20に余裕がでてきた場合は、それを検知してAP20にローミングすることが望ましい。 For STA45, since is better as long as not move from the current position connected to the strong radio wave intensity AP20 transmission rate is increased, if it has become margin AP20, it is desirable to roam AP20 detects this . ブロック225では、ローミング・フラグを設定したSTA45は、自らローミングの対象であることを認識する。 In block 225, STA45 set roaming flag, recognizes that it is their roaming subject. そしてSTA45はAP20のローミング受け入れ条件が成立したときには自らがローミングすると決定する。 And STA45 is determined with himself to roaming when roaming acceptance conditions of the AP20 is satisfied. ローミング受け入れ条件は、電波強度の強いAP20の接続総数が接続数閾値以下で、かつ、平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下のときに成立する。 Roaming acceptance conditions, total connections strong radio wave intensity AP20 is below connections threshold, and the sum of the average traffic is established when the following traffic threshold.

ローミング受け入れ条件は、ローミング元の電波強度の弱いAP30の接続総数または平均トラフィックの総和とは無関係である。 Roaming acceptance condition is independent of the total number of connections or average traffic of weak roamed field intensity AP 30. ローミング受け入れ条件が成立しない場合は、ブロック223に戻ってSTA45はAP30への接続を維持する。 If the roaming receiving condition is not satisfied, the process returns to block 223 STA45 maintains the connection to the AP 30. ローミング受け入れ条件が成立した場合は、ブロック213に移行してSTA45は接続先のAPをAP30からAP20に変更する。 If the roaming acceptance condition is satisfied, the process proceeds to block 213 STA45 is to change the AP to connect to from AP30 to AP20. ここでのローミングは、STA45が移動してAP30の電波強度が弱くなったときに発生する通常のローミングとは異なり、STA45が移動していない場合でもローミング先の電波強度の強いAP20の接続総数および平均トラフィックの総和またはいずれか一方の変化により発生する。 Wherein roaming, unlike conventional roaming occurs when the STA45 is weakened field intensity of AP30 was moved, total connections strong AP20 radio wave intensity of the roaming destination even if the STA45 has not moved and generated by the sum or any one of the change in average traffic.

ここでは、セルの重複範囲が2つのセルで形成される場合を例示して説明したが、上記の手順はセルの重複範囲が3つ以上のセルで形成される場合にも適用することができる。 Here, although described as an example a case where the overlap region of the cell is formed by two cells, the above procedure is also applicable when the overlapping range of the cell is formed by three or more cells . この場合は、STAはトラフィック・テーブル157を参照することで、電波強度の大きなAPから順番にブロック209とブロック211およびブロック219とブロック221の接続条件を判断する手順を繰り返して、接続条件を満たすAPの中で最も電波強度が大きなAPを自らの判断で選択して接続する。 In this case, STA is by referring to the traffic table 157, repeat the steps of determining the connection condition of the block 209 in order from the field intensity of the large AP block 211 and block 219 and block 221, the connection conditions are satisfied most radio wave intensity in the AP to connect to select a large AP at their own discretion.

また、ブロック209および211またはブロック219および221の接続条件で使用した接続数閾値およびトラフィック閾値とブロック227で使用したローミング受け入れ条件で使用した接続数閾値およびトラフィック閾値は異なる値にすることができる。 Also, connections threshold and traffic threshold used in roaming acceptance conditions used in block 209 and 211 or blocks 219 and connection speed threshold and traffic threshold and the block 227 is used in the connection condition of 221 can be different values. この場合、ローミングにより双方のAPの性能と負荷に対する余裕の関係が逆転しないように場合によってはローミング受け入れ条件の閾値を接続条件の閾値をよりも小さくして、接続時よりもローミング時の条件を厳しくするなどの工夫をすることが望ましい。 In this case, the smaller and more the threshold of threshold the connection conditions of the roaming receiving conditions in some cases so that the relationship of the margin for the performance and the load of both AP is not reversed by roaming, the condition when roaming than when connected it is desirable to devise such as severely.

[BSSに参加したあとの負荷調整の手順] Procedure of load adjustment after that participated in the BSS]
セルの重複範囲を共有する複数のBSSにおいては、複数のBSS全体を構成する各STAのトラフィックが全体として最大になることが理想である。 In multiple BSS to an overlapping range of cells, it is ideal that each STA traffic constitute the entire plurality of BSS is maximized as a whole. また、セルの単独範囲からBSSに参加するSTAが当該APに対する接続総数の制限により接続できないような状態がないように複数のBSS全体で対処できることが望ましい。 It is also desirable to STA participating from a single range of cells in BSS can handle across multiple BSS to the absence that can not be connected by a limit number of connections with respect to the AP. 一方、すでにいずれかのAPに接続しているSTAは、無線通信をしなくても通常はSTAの動作を停止したりセルの範囲外に移動したりする以外は当該APへの接続を切断することはない。 Meanwhile, the STA which are already connected to one of the AP, usually without a radio communication except that move out of the range of cells and stop the operation of the STA disconnects the connection to the AP it is not. また、APに接続された各STAのトラフィックはユーザの作業の変化に応じて時間的に変動し、一方のBSSの負荷が大きく他方のBSSの負荷が小さいといったような負荷のアンバランスが生ずる。 Each STA traffic that is connected to the AP temporally fluctuate in response to changes in the work of the user, occurs load imbalance, such as a small load of the load is greater the other BSS in one BSS. 本発明にかかるSTAは共有情報を利用して、このような問題を自律的に解決することができる。 STA according to the present invention utilizes the shared information, it is possible to autonomously solve such a problem.

図1の無線LANシステム10で具体的に説明すると、BSS22とBSS32のセルの重複範囲に存在するSTA41は、AP20の電波強度がAP30よりも強いとすれば、AP20に対する平均トラフィックの総和がスループットに対して十分に小さければAP20に接続したほうが、伝送速度が向上するので好ましいといえる。 To explain specifically with the wireless LAN system 10 of FIG. 1, STA41 present in overlapping range of cells BSS22 and BSS32, if the radio field intensity of AP20 is stronger than AP 30, the sum of the average traffic to AP20 is the throughput better to connect to the sufficiently small if AP20 for is said to preferably improved transmission rate. しかし、AP20に対する平均トラフィックの総和がスループットに近づいてくると、BSS22を構成する各STAの平均トラフィックは全体的に低下する。 However, when the sum of the average traffic for AP20 approaching the throughput, average traffic of each STA composing the BSS22 is entirely decreased. この場合、もし、AP30の平均トラフィックの総和がスループットに対して十分に小さければ、STA41がAP30にローミングすることでBSS32の各STAのトラフィックの低下を招かないようにしながらBSS22のトラフィックを改善することができる。 In this case, if sufficiently small with respect to throughput sum of the average traffic AP30, that STA41 to improve BSS22 traffic while not lead to a loss of each STA traffic BSS32 by roaming AP30 can. また、もし、BSS22に30台のSTAが接続されているときにSTA41がAP30にローミングして接続総数が29になれば、新たにSTA45がセルの単独範囲からBSS22に参加することもできる。 Moreover, if, if the connection total number 29 STA41 is roaming in AP30 when 30 units of STA to BSS22 is connected, it is also possible to newly joining the sole scope of STA45 cell to BSS22.

図8はすでにBSSに参加しているSTAが自らローミングしてAPの負荷調整をする手順を示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart showing a procedure of the load adjustment of the AP already roaming itself STA participating in BSS. 本手順においては一例としてSTA41が現在接続しているAP20と、ローミングが可能なAP30のそれぞれの性能情報と接続情報に基づいて、ローミングするか否かを自ら判断する。 STA41 as an example in this procedure and AP20 are currently connected, based on the respective performance information and connection information of the roaming capable AP 30, it determines itself whether to roam. 通常のローミングはSTA41が移動して現在接続しているAP20の電波強度が低下するときに発生するが、本手順におけるローミングはSTA41の移動とは無関係に、現在のBSS22における平均トラフィックの総和または現在の接続総数に基づいて行われる。 Although normal roaming occurs when radio wave intensity of AP20 currently connected to move the STA41 is reduced, roaming in this procedure is independent of the movement of the STA41, the average traffic of the sum or the current in the current BSS22 It is performed based on the number of connections. ブロック301では、図1に示すように無線LANシステム10にBSS22とBSS32が構築されている。 At block 301, BSS22 and BSS32 is built in the wireless LAN system 10 as shown in FIG. ブロック303では、BSS22とBSS32を構成する各STAが共有情報を定期的に交換してトラフィック・テーブル157に記憶している。 At block 303, stored in the traffic table 157 each STA to configure the BSS22 and BSS32 by periodically exchanging shared information.

ブロック305では、STA41がトラフィック・テーブル157を参照して自らが接続しているAP20に対する平均トラフィックの総和がトラフィック閾値を超えたか否かを判断し、越えた場合はこれ以上AP20に対する平均トラフィックの総和が上昇すると各STAのトラフィックが低下する可能性がでてくるのでブロック309に移行する。 In block 305, the sum of the average traffic is determined whether exceeds a traffic threshold for AP20 to STA41 are connected themselves with reference to traffic table 157, the sum of the average traffic for more AP20 if it exceeds There shifts since the rise of the STA traffic there is a possibility that drops to block 309.

平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下の場合は、ブロック307に移行してSTA41は自らが接続しているAPの現在の接続総数が接続数閾値を超えたか否かまたは最大接続可能数に達したか否かを判断し、接続数閾値を超えた場合または最大接続可能数に達した場合はブロック309に移行する。 Or the sum of the average traffic in the following cases: the traffic threshold has been reached in the current whether or maximum connectable number total connections exceeds the number of connections threshold AP STA41 is by itself passes to block 307 is connected determine whether, when it reaches the maximum connectable number or exceeds the number of connections threshold passes to block 309. 接続数閾値以下の場合または最大接続可能数未満の場合はブロック303に戻って、ブロック305またはブロック307のいずれか一方の条件が成立するまでSTA41はローミングしない。 When it is less than the following cases connections threshold or the maximum connectable number back to block 303, STA41 does not roam to one of the conditions of block 305 or block 307 is satisfied. ブロック305とブロック307は、ローミング元のBSS22に関して設定されたローミングの条件で、いずれか一方の条件が満たされるとローミング元のAP20におけるローミング条件が成立する。 Block 305 and Block 307 is a set of roaming condition for the roaming source BSS22, either when one condition is satisfied roamed roaming in AP20 condition is satisfied.

ブロック309では、STA41はローミングが可能なAPを自ら有しているか否かを判断する。 In block 309, STA41 determines whether it has itself a roaming which is capable AP. ローミングが可能なAPを保有するSTAはセルの重複範囲に存在して、複数の接続可能なAPのSSIDを検出したSTAである。 STA carrying roaming which can AP is present in the overlapping range of cells, a STA detects a SSID of a plurality of connectable AP. STA41はローミングが可能なAP30を有するためブロック311に移行する。 STA41 passes to block 311 to have a roaming capable AP 30. もし、いずれのSTAもセルの単独範囲に存在してローミング可能なAPを保有しない場合はBSS22およびBSS32からはいずれのSTAもローミングしないで、ブロック303に戻って各STAは共有情報を更新したあとに再度ローミング条件を判断する。 If not roam any of the STA from BSS22 and BSS32 If you do not possess any STA also possible roaming exist alone range of cells AP, after each STA returns to block 303 to update the shared information to determine again roaming conditions.

図1の無線LANシステム10では、STA41、43がセルの重複範囲に存在しておりローミングが可能であるが、ここではBSS22がローミング元のローミング条件を満たし、BSS32はローミング条件を満たしていないものと想定する。 In the wireless LAN system 10 of FIG. 1, STA41,43 While it is possible to roam are present in overlapping range of cells, meets BSS22 roaming source roaming conditions here, BSS 32 may do not meet the roaming condition to assume that. ブロック311では、ローミング条件が成立したAP20に接続されかつローミング可能なAPを保有するSTA41(以下、ローミング可能なSTAという。)が、自ら今回ローミングするSTAであるか否かを判断する。 In block 311, the roaming condition possess connected and capable of roaming AP to AP20 was established STA41 (hereinafter, referred to as a roaming capable STA.) It is determined whether or not the STA roams own time. ローミング可能なSTAが1台の場合は、必然的に当該STAが自らローミングするSTAであると判断する。 If roaming possible STA is one, inevitably the STA is determined to be STA to themselves roaming.

BSS22ではローミング可能なSTAがSTA41の1台だけであるためSTA41は自らローミングの対象であると判断する。 In BSS22 roaming possible the STA STA41 because only one STA41 is determined that the subject himself roaming. ローミング可能なSTAの台数が複数の場合は、各STAの接続ユーティリティ155はトラフィック・テーブル157を参照して自らがローミングの対象であるか否かを独自に判断する。 If roaming possible STA of number is plural, the connection utility 155 of each STA independently determines whether itself is a roaming subject by referring to the traffic table 157. 平均トラフィックの総和に関するブロック305のローミング条件が成立している場合は、平均トラフィックの総和を緩和するためにローミング可能な複数のSTAの中で平均トラフィックが最大のSTAが、自らがローミングの対象であると判断するようにしてもよい。 If roaming conditions of block 305 are satisfied regarding the total sum of the average traffic, the average traffic to mitigate the sum of the average traffic in the roaming possible plurality of STA is the largest STA, in itself roaming target it may be determined that there.

あるいは、ローミング可能な複数のSTAの中で平均トラフィックが最も小さい方から順番に数えた所定数までのSTAが、自らがローミングの対象であると判断するようにしてもよい。 Alternatively, STA from person average traffic in roaming possible plurality of STA smallest to a predetermined number counted in order may be determined that itself is roaming subject. 前者は、当該STAがAPのトラフィックの緩和に最も有効であり、後者は当該STA自身がローミングによるトラフィックの中断の影響が少ないという利点がある。 The former, the STA is the most effective in relieving AP traffic, the latter has the advantage that the STA itself is less affected by traffic disruption by roaming. 現在の接続総数に関するブロック307のローミング条件が成立している場合は、ローミングするSTAのトラフィックに影響を与えないで接続総数を緩和するためにローミング可能な複数のSTAの中で平均トラフィックが最小のSTAが、自らがローミングの対象であると判断することが望ましい。 If the roaming condition of the block 307 for the current number of connections is established, the average traffic to mitigate the total connections without affecting the STA traffic roaming in a roaming possible plurality of STA is smallest the STA, it is preferable to determine that itself is the roaming target.

ローミングすることでAPの負荷調整ができるといえるためには、ローミング先のAPのスループットおよび最大接続可能数に大きな影響がでないようにする必要がある。 To said that can load adjustment of the AP by roaming, it is necessary to prevent de significant impact on the throughput and the maximum connectable number of the roaming destination AP. ブロック313では、自らがローミングの対象であると判断したSTA41がローミング可能なAPのローミング受け入れ条件が成立しているか否かを判断する。 In block 313, STA41 which itself is determined to be roaming subject to determine whether the roaming acceptance conditions capable of roaming AP is established. ローミング受け入れ条件は、ローミング可能なAP30の現在の接続総数が接続数閾値以下で、かつ、平均トラフィックの総和がトラフィック閾値以下のときに成立する。 Roaming acceptance conditions, the current total connections capable of roaming AP30 following connections threshold, and the sum of the average traffic is established when the following traffic threshold. ローミング受け入れ条件が成立したBSSが存在しない場合は、STA41はローミングしない。 If the BSS roaming acceptance condition is satisfied does not exist, STA41 is not roaming.

ローミング条件とローミング受け入れ条件はともにトラフィック閾値と平均トラフィックの総和の比較および接続数閾値と現在の接続総数の比較により判断する。 Roaming condition and the roaming receiving conditions are both determined by comparison of the current number of connections and comparisons and connections threshold of the sum of the average traffic and traffic thresholds. ここでローミング条件とローミング受け入れ条件は、ローミングによりローミング元とローミング先で性能情報と接続情報の関係、すなわち負荷に対する余裕の関係が逆転することがないように、トラフィック閾値と接続数閾値を異なる値に設定することが望ましい。 Here roaming condition and roaming acceptance conditions, the relationship performance information and connection information in the roaming origin and a roaming destination by roaming, i.e. so as not to relationship margin is reversed with respect to the load, different values ​​the number of connections threshold and traffic threshold it is desirable to set in. たとえばローミング元のAPとローミング先のAPの性能が同じ場合は、ローミング先のトラフィック閾値と接続数閾値をローミング元のそれらより小さい値にしておけば、ローミングによりローミング先のAPに対する負荷が増大してもそこに帰属しているSTAに与える影響を軽減することができる。 For example if the performance of the roaming source AP and roaming destination AP is the same, if the number of connections threshold and the roaming destination of the traffic threshold to a value less than their roamed, the load is increased relative to the roaming destination AP by roaming and it is possible to reduce the impact on the STA that is attributable to there also. ローミング元のAPとローミング先のAPの性能が異なる場合は、それぞれのAPの性能を考慮してトラフィック閾値と接続数閾値を設定することで負荷に対する余裕の逆転を防止することができる。 If the performance of the roaming source AP and roaming destination AP is different, it is possible to prevent the reversal of allowance for the load by setting in consideration of the performance of each AP and traffic threshold number of connections threshold.

ブロック315では、ローミング先のAPを決定する。 In block 315, determines a roaming destination AP. ローミング受け入れ条件が成立したAPが図1のようにAP30の1台だけの場合はAP30をローミング先としてSTA41の接続ユーティリティ155が決定する。 Roaming AP that accepted conditions is satisfied connection utility 155 STA41 the AP30 if only one AP30 as shown in Figure 1 as a roaming destination is determined. ローミング受け入れ条件が成立したAPが複数存在する場合は、接続ユーティリティ155はいずれか1つのAPを選択する必要がある。 If the AP roaming acceptance condition is satisfied there are a plurality of connection utility 155 is required to select one of the AP.

ローミング元のAPに対して平均トラフィックの総和に関するブロック305のローミング条件が成立してブロック311で平均トラフィックが最大のSTAがローミングの対象になる場合は、電波強度が最大のAP、SN比として測定した通信品質が最良のAP、またはトラフィック閾値と平均トラフィックの総和の差が最大のAPをローミング先のAPとして決定することができる。 If roaming conditions of block 305 regarding the sum of the average traffic to the roaming source AP is the average traffic largest STA at block 311 established to be subject to roaming, the field intensity is maximum AP, measured as SN ratio communication quality with the difference of the sum of the best AP or traffic threshold and average traffic, it is possible to determine the maximum AP as a roaming destination AP. また、ローミング元のAPに対して現在の接続総数に関するブロック307のローミング条件が成立してブロック311で平均トラフィックが最小のSTAがローミングの対象になる場合は、接続数閾値と現在の接続総数の差が最大のAPをローミング先のAPとして決定することができる。 Also, if the average traffic in block 311 the roaming condition is satisfied in block 307 for the current number of connections with respect to the roaming source AP with the lowest STA subject to roaming, connection speed threshold and the total number of connections currently differences may determine the maximum of the AP as a roaming destination AP.

自らローミングすると判断したSTA41がローミング先のAPとしてAP30を選択すると、ブロック317でSTA41の接続ユーティリティ155は、周知の手順で現在のAP20とのセッションを維持しながら無線チャネルの周波数を変更して接続先をAP20からAP30に変更する。 When STA41 it is determined that its own roaming selects AP30 as a roaming destination AP, connection utility 155 at block 317 STA41, change the frequency of the radio channel while maintaining the session with the current AP20 in well-known procedures connection to change earlier from AP20 to AP30. ローミングに伴って、AP20のDHCPサーバはそれまでSTA41に付与していたIPアドレスを回収して新規に参加してくる他のSTAに付与するために確保する。 Along with the roaming, AP20 DHCP server of reserves in order to impart to recover the IP address that was given to the STA41 to it in addition to the STA that come to participate in the new. また、AP30のDHCPサーバは、STA41に新たなIPアドレスを付与する。 In addition, AP30 DHCP server assigns a new IP address to STA41.

STA41はローミングする際に、事前に他のSTAにアドホック・モードで通信して自らがこれからローミングすることを宣言すれば、その後の平均トラフィックの変化により他のSTAが、自らがローミングの対象であると判断してしまうような事態を確実に防止することができる。 STA41 is when roaming, if declared that itself roams from now communicate in ad hoc mode in advance to another STA, other STA is a change in the subsequent average traffic itself is roaming target a situation that would be determined that can be reliably prevented. また、STA41はローミングする直前に、アドホック・モードで他のSTAから取得した最新の共有情報に基づいてローミングの最終判断をするようにしてもよい。 Further, STA41 just before roaming may be the final decision of the roaming based on the latest shared information acquired in the ad-hoc mode from the other STA. STA41がAP20からAP30にローミングした場合は、BSS22の平均トラフィックの総和が下がって、残りの各STAは所定のトラフィックによる通信を維持することができたり、あらたにBSS22にセルの単独範囲から参加するSTAの接続を確保したりすることができるようになる。 If STA41 has roamed to AP30 from AP 20, down the sum of the average traffic of BSS22, each remaining STA or able to maintain a communication with a predetermined traffic, participating from a single range of newly cells BSS22 it is possible to by ensuring the STA's.

これまで本発明について図面に示した特定の実施の形態をもって説明してきたが、本発明は図面に示した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の効果を奏する限り、これまで知られたいかなる構成であっても採用することができることはいうまでもないことである。 While there have been described on the basis of the specific embodiments shown in the drawings the present invention, the present invention is not limited to the embodiments shown in the drawings, as long as the effect of the present invention, previously known It was it is needless to say that can be adopted even in any configuration.

10…インフラ・モードの無線LANシステム20、30…無線基地局(アクセス・ポイント(AP)) 10 ... of the infrastructure mode wireless LAN system 20, 30 ... radio base station (access point (AP))
20−1、20−3、20−5、30−1、30−3、30−5、41、43、45、 20-1,20-3,20-5,30-1,30-3,30-5,41,43,45,
100…無線端末装置(STA) 100 ... wireless terminal device (STA)
22、32…基本サービス・セット(BSS) 22, 32 ... Basic Service Set (BSS)
50…アドホック・モードの無線LANシステム51、53…アドホック・ネットワーク 50 ... ad-hoc mode of a wireless LAN system 51, 53 ... ad hoc network

Claims (21)

  1. インフラストラクチャ・モードとアドホック・モードで通信することが可能でいずれの無線基地局にも接続されていない無線端末装置が、セルの重複範囲を有しそれぞれ複数の無線端末装置が接続された複数の無線基地局のいずれかに接続するために前記無線端末装置に、 Can communicate with the infrastructure mode and ad hoc mode wireless terminals that are not connected to any radio base station, a plurality of each have an overlapping range of cells a plurality of wireless terminal devices are connected to the wireless terminal device to connect to any of the wireless base station,
    前記複数の無線基地局の性能を示す性能情報を取得するステップと、 Acquiring performance information indicating performance of the plurality of radio base stations,
    前記セルの重複範囲においていずれかの無線基地局に接続する前に前記複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と前記アドホック・モードで通信して前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの接続状態を示す接続情報を受信するステップと、 Wherein a plurality of any of the wireless terminals in the wireless terminal device wherein the communicating in ad hoc mode a plurality of wireless terminal devices each acquires Before connecting to either the radio base station in the overlapping range of the cell receiving a connection information indicating the respective connection states to the wireless base station,
    前記性能情報と前記接続情報に基づいて接続する無線基地局を決定するステップと、 Determining a radio base station to be connected based on the connection information and the performance information,
    前記決定した無線基地局に接続するステップとを有する処理を実行させるコンピュータ・プログラム。 Computer program for executing a process and a step of connecting to a wireless base station that the determined.
  2. 各無線基地局に接続された複数の無線端末装置が前記アドホック・モードで通信して前記接続情報を相互に交換する請求項1に記載のコンピュータ・プログラム。 The computer program of claim 1 in which a plurality of wireless terminals connected to each radio base station is interchangeable with the connection information by communicating with the adhoc mode.
  3. 前記接続情報が無線基地局に対する各無線端末装置のトラフィックを含み、前記決定するステップが前記性能情報と特定の無線基地局に対する各無線端末装置のトラフィックの総和に基づいて決定するステップを含む請求項1または請求項2に記載のコンピュータ・プログラム。 Claims, including the step of said connection information includes traffic of each wireless terminal to the wireless base station, said determining step is determined based on the sum of the traffic of each wireless terminal device to a particular radio base station and the performance information 1 or computer program product of claim 2.
  4. 前記接続情報が無線端末装置の識別子を含み、前記決定するステップが前記性能情報と特定の無線基地局に接続された無線端末装置の総数に基づいて決定するステップを含む請求項1から請求項3のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 Wherein the connection information comprises an identifier of the wireless terminal device, claims 1 to 3, said step of determining comprises determining based on the total number of the radio terminal device connected to a particular radio base station and the performance information the computer program according to any one of the.
  5. 前記性能情報を取得するステップが、各無線基地局からマネージメント・フレームを通じて取得するステップを含む請求項1から請求項4のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 Wherein the step of obtaining performance information, computer program according to any one of claims 1 to 4 including the step of obtaining through management frame from the radio base station.
  6. 前記性能情報を取得するステップが、前記セルの重複範囲においていずれかの無線基地局に接続する前に他の無線端末装置と前記アドホック・モードで通信して取得するステップを含む請求項1から請求項5のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 Acquiring the capability information, wherein claim 1 including the step of obtaining and communicating with another wireless terminal device before connecting to any of the wireless base station the adhoc mode in the overlapping range of the cell computer program according to any of claim 5.
  7. 前記アドホック・モードの通信が前記インフラストラクチャ・モードのセッションを維持した状態で行われる請求項1から請求項6のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 The computer program according to any one of claims 1 to claim 6, wherein the ad hoc mode communication is performed while maintaining the session of the infrastructure mode.
  8. 前記無線端末装置が前記複数の無線基地局の中で電波強度の弱い無線基地局に接続されたときに、 When said wireless terminal device is connected to a weak radio base station radio wave strength among the plurality of radio base stations,
    定期的に電波強度の強い無線基地局に接続された他の無線端末装置と前記アドホック・モードで通信して前記他の無線端末装置のそれぞれの接続情報を取得するステップと、 Obtaining a respective connection information of the other wireless terminal devices communicate with regular radio wave intensity strong radio base station to the other connected wireless terminal device in the adhoc mode,
    前記電波強度の強い無線基地局の性能情報と前記接続情報に基づいてローミング受け入れ条件が成立したか否かを判断するステップと、 Comprising the steps of roaming acceptance condition is determined whether established on the basis of the performance information and the connection information of a strong base station of the radio wave strength,
    前記ローミング受け入れ条件が成立したときに前記電波強度の強い無線基地局にローミングするステップとを有する請求項1から請求項7のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 Computer program as claimed in any one of claims 7 and a step of roaming to the radio wave intensity strong radio base station when the roaming receiving condition is satisfied.
  9. それぞれインフラストラクチャ・モードとアドホック・モードで通信することが可能な複数の無線端末装置がセルの重複範囲を有する複数の無線基地局のいずれかに接続されているときに前記無線端末装置に、 To the wireless terminal device when the respective infrastructure mode and ad hoc plurality of which can communicate with mode wireless terminal device is connected to one of a plurality of radio base stations with overlapping range of cells,
    各無線基地局の性能を示す性能情報を取得するステップと、 Acquiring performance information indicating the performance of each base station,
    前記複数の無線端末装置と定期的に前記アドホック・モードで通信して無線基地局に対する自らの接続状態を示す接続情報を送信するステップと、 And transmitting the connection information indicating its own connection state for the plurality of wireless terminals regularly radio base station in communication with the adhoc mode,
    前記複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と定期的に前記アドホック・モードで通信して前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの接続状態を示す接続情報を受信するステップと、 The connection information indicating the respective connection states for any of the wireless terminal device and periodically the radio base station, wherein the communicating in ad hoc mode a plurality of wireless terminal devices has acquired each of the plurality of wireless terminal devices the method comprising the steps of: receiving,
    自らが接続する無線基地局の性能情報と前記自らが接続する無線基地局に接続された各無線端末装置の前記接続情報に基づいてローミング条件が成立するか否かを判断するステップと、 And determining whether the roaming condition is satisfied on the basis of the connection information of itself each wireless terminal device connected to a wireless base station itself said the performance information of the wireless base station is connected to be connected,
    ローミング条件が成立すると判断したときに自らがローミングの対象であるか否かを決定するステップとを含む処理を実行させるコンピュータ・プログラム。 Computer program itself to execute processing including the steps of determining whether a roaming object when the roaming condition is judged to be satisfied.
  10. 前記ローミング条件が、自らが接続する無線基地局に対する各無線端末装置のトラフィックの総和が所定値を越えたときに成立する請求項9に記載のコンピュータ・プログラム。 The roaming condition, the computer program product of claim 9 which satisfied when the sum of the traffic of each wireless terminal to the wireless base station itself is connected exceeds a predetermined value.
  11. 前記決定するステップが、前記セルの重複範囲に存在しかつ同一の無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが最大の無線端末装置が自らローミングの対象であると決定するステップを含む請求項10に記載のコンピュータ・プログラム。 Step said determining step is that the wireless terminal traffic greatest among the plurality of wireless terminals connected to the present and the same radio base station in the overlapping range of the cell is determined to be his own roaming- the computer program of claim 10 including.
  12. 前記決定するステップが、前記セルの重複範囲に存在しかつ同一の無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが小さい方から順番に選択した所定数の無線端末装置がそれぞれ自らローミングの対象であると決定するステップを含む請求項10に記載のコンピュータ・プログラム。 Step, the cell overlapping range exists in and each predetermined number of the radio terminal apparatus selected in order themselves from the direction traffic is small among a plurality of wireless terminals connected to the same wireless base station of said determining the computer program of claim 10 including the step of determining that the roaming target.
  13. 前記ローミング条件が、自らが接続する無線基地局に接続されている無線端末装置の総数が所定値を越えたときに成立する請求項9に記載のコンピュータ・プログラム。 The roaming condition, the computer program product of claim 9 which satisfied when the total number of wireless terminals connected to the wireless base station itself is connected exceeds a predetermined value.
  14. 前記決定するステップが、前記セルの重複範囲に存在しかつ同一の無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中でトラフィックが最小の無線端末装置が自らローミングの対象であると決定するステップを含む請求項13に記載のコンピュータ・プログラム。 Step said determining step is to determine the traffic among the plurality of wireless terminals connected to the present and the same radio base station in the overlapping range of the cell is the smallest wireless terminal himself roaming target the computer program of claim 13 including.
  15. 前記自らがローミングの対象であると決定した無線端末装置は、前記自らが接続する無線基地局とは異なる無線基地局の性能情報と前記異なる無線基地局に接続された各無線端末装置のそれぞれの前記接続情報に基づいて前記異なる無線基地局のローミング受け入れ条件が成立するか否かを判断するステップを有する請求項9から請求項14に記載のコンピュータ・プログラム。 Said own wireless terminal device determined to be roaming subject, said himself each wireless terminal device connected to the different radio base station and the performance information of the different radio base station is a radio base station to be connected, respectively the computer program of claim 14 claim 9 including the step of the roaming receiving conditions of said different radio base station determines whether established on the basis of the connection information.
  16. 前記自らがローミングの対象であると決定した無線端末装置は、ローミング先の無線基地局が複数存在する場合に、各無線基地局に対する各無線端末装置のトラフィックの総和、無線端末装置の接続総数、および通信品質のいずれか1つの要素または複数の要素の組み合わせに基づいてローミング先の無線基地局を決定するステップを有する請求項9から請求項15のいずれかに記載のコンピュータ・プログラム。 Said own wireless terminal device determined to be roaming subject, if the roaming destination wireless base station there are multiple connections total sum, the wireless terminal device traffic of each wireless terminal for each radio base station, and computer program according to claims 9 to claim 15 comprising the step of determining a roaming destination wireless base station based on a combination of any one element or a plurality of elements of the communication quality.
  17. プロセッサと、 And a processor,
    メイン・メモリと、 And main memory,
    無線コントローラと、 And a wireless controller,
    前請求項1から請求項16のいずれかに記載されたコンピュータ・プログラムを格納する不揮発性の記憶装置とを有する無線端末装置。 Wireless terminal device and a nonvolatile storage device for storing computer programs listed before claim 1 to claim 16.
  18. インフラストラクチャ・モードとアドホック・モードで通信することが可能な無線端末装置であって、 A wireless terminal device capable of communicating with the infrastructure mode and ad hoc mode,
    無線基地局の性能を示す性能情報を取得する手段と、 It means for obtaining performance information indicating the performance of a wireless base station,
    無線基地局に対する自らの接続状態を示す接続情報を前記アドホック・モードで通信して他の無線端末装置と相互に交換する手段と、 Means for interchanged with another wireless terminal device to communicate connection information indicating its own connection state to the wireless base station in the adhoc mode,
    いずれの無線基地局にも接続されていない前記無線端末装置が、複数の無線基地局が形成するセルの重複範囲においていずれかの無線基地局に接続する前にいずれかの無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と前記アドホック・モードで通信して前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの接続状態を示す接続情報を取得する手段と、 The wireless terminal device is not connected to any radio base station is connected to one of the radio base station before connecting to any of the wireless base station in the overlapping range of cells in which a plurality of radio base stations to form a plurality of wireless terminal devices any of the wireless terminal device and the means for the communicating in ad hoc mode a plurality of wireless terminal acquires connection information indicating the respective connection states for each acquired radio base station in the When,
    前記性能情報と前記接続情報に基づいて接続先の無線基地局を決定する手段と、 It means for determining a connection target radio base station based on the connection information and the performance information,
    前記決定した無線基地局に接続する手段とを有する無線端末装置。 Wireless terminal device having means for connecting to the radio base station the determined.
  19. インフラストラクチャ・モードとアドホック・モードで通信することが可能な無線端末装置であって、 A wireless terminal device capable of communicating with the infrastructure mode and ad hoc mode,
    無線基地局の性能を示す性能情報を取得する手段と、 It means for obtaining performance information indicating the performance of a wireless base station,
    複数の他の無線端末装置と定期的に前記アドホック・モードで通信して無線基地局に対する自らの接続状態を示す接続情報を送信する手段と、 It means for transmitting connection information indicating its own connection state to the wireless base station communicating with a plurality of other wireless terminals regularly the adhoc mode,
    いずれかの無線基地局に接続された複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と定期的に前記アドホック・モードで通信して前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの接続状態を示す接続情報を受信する手段と、 For any of the radio base station of the plurality of wireless terminal devices has acquired each communicating with one of the wireless terminal device and periodically the adhoc mode of a plurality of wireless terminals connected to the radio base station It means for receiving the connection information indicating the respective connection states,
    複数の無線基地局が形成するセルの重複範囲に存在する間に自らが接続する無線基地局の前記性能情報と前記自らが接続する無線基地局に接続された各無線端末装置の前記接続情報に基づいてローミングするか否かを決定する手段と、 The connection information of each wireless terminal device connected to a wireless base station itself themselves the said performance information of the wireless base station is connected to connected between present in the overlap region of the plurality of radio cells a base station forms It means for determining whether a roaming based,
    を有する無線端末装置。 Wireless terminal device having a.
  20. それぞれ複数の無線端末装置が接続された複数の無線基地局の負荷を各無線端末装置が調整する方法であって、 Each multiple loads of the radio terminal device connected to a plurality of radio base stations to a method of the wireless terminal device to adjust,
    各無線端末装置が各無線基地局の負荷に対する性能を示す性能情報を取得するステップと、 The steps that each wireless terminal device acquires the performance information indicating performance for loads of the radio base station,
    いずれの無線基地局にも接続されていない無線端末装置が、 前記複数の無線基地局が形成するセルの重複範囲においていずれかの無線基地局に接続する前に前記複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と直接無線通信をして前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの負荷状態を示す負荷情報を取得するステップと、 Wireless terminal that is not connected to any radio base station, among the plurality of wireless terminals prior to connecting to one of the radio base station in the overlapping range of the cell in which a plurality of radio base stations form acquiring load information indicating the respective load state for any of the wireless terminals directly to the wireless communication to retrieve the plurality of radio terminal apparatuses each radio base station,
    接続可能な複数の無線基地局を検出した前記無線端末装置が、前記性能情報と前記負荷情報に基づいて接続する無線基地局を決定するステップと、 A step in which the wireless terminal device detects a plurality of radio base stations connectable determines the radio base station to be connected based on the performance information and the load information,
    前記決定した無線基地局に接続するステップとを有する方法。 Method comprising the steps of connecting to a wireless base station that the determined.
  21. それぞれ複数の無線端末装置が接続された複数の無線基地局の負荷を各無線端末装置が調整する方法であって、 Each multiple loads of the radio terminal device connected to a plurality of radio base stations to a method of the wireless terminal device to adjust,
    各無線端末装置が無線基地局の負荷に対する性能を示す性能情報を取得するステップと、 The steps that each wireless terminal device acquires the performance information indicating performance for loads of the radio base station,
    無線基地局に対する自らの負荷状態を示す負荷情報を取得するステップと、 Acquiring load information indicating the own load state to the wireless base station,
    前記複数の無線端末装置と直接通信して無線基地局に対する自らの負荷状態を示す負荷情報を送信するステップと、 And transmitting the load information indicating the own load state to the wireless base station communicates directly with the plurality of wireless terminals,
    前記複数の無線端末装置の中のいずれかの無線端末装置と直接通信して前記複数の無線端末装置がそれぞれ取得した無線基地局に対するそれぞれの負荷状態を示す負荷情報を受信するステップと、 Receiving load information indicating the respective load state of the radio base station or wireless terminal device communicate directly to the plurality of wireless terminal devices has acquired each of the plurality of wireless terminals,
    自らが接続する無線基地局の性能情報と前記自らが接続する無線基地局に接続された各無線端末装置の前記負荷情報に基づいてローミング条件が成立するか否かを自ら判断するステップと、 Comprising the steps of roaming condition is judged themselves whether established on the basis of the load information of itself each wireless terminal device connected to a wireless base station itself said the performance information of the wireless base station is connected to be connected,
    ローミング条件が成立すると判断した前記無線端末装置がローミングするステップとを有する方法。 Wherein said roaming condition is judged to be satisfied radio terminal apparatus and a step of roaming.
JP2010088300A 2010-04-07 2010-04-07 Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station Active JP5155355B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010088300A JP5155355B2 (en) 2010-04-07 2010-04-07 Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010088300A JP5155355B2 (en) 2010-04-07 2010-04-07 Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station
US13/049,999 US9107149B2 (en) 2010-04-07 2011-03-17 Wireless portable computer capable of autonomously adjusting load of wireless base station

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011223178A JP2011223178A (en) 2011-11-04
JP5155355B2 true JP5155355B2 (en) 2013-03-06

Family

ID=44760865

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010088300A Active JP5155355B2 (en) 2010-04-07 2010-04-07 Wireless terminal apparatus capable of autonomous load adjustment of the radio base station

Country Status (2)

Country Link
US (1) US9107149B2 (en)
JP (1) JP5155355B2 (en)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NZ562811A (en) 2000-08-07 2009-05-31 Centocor Inc Anti-TNF antibodies, compositions, methods and uses
US6902734B2 (en) 2000-08-07 2005-06-07 Centocor, Inc. Anti-IL-12 antibodies and compositions thereof
CN102316894A (en) 2008-06-20 2012-01-11 惠氏有限责任公司 Compositions and methods of use of ORF1358 from beta-hemolytic streptococcal strains
JP5850130B2 (en) * 2012-02-16 2016-02-03 ソニー株式会社 Wireless communication device, a program and a communication control method
JP5880223B2 (en) * 2012-03-30 2016-03-08 富士通株式会社 Communication device, a communication system, the load distribution method and the load balancing program
JP6009824B2 (en) * 2012-05-29 2016-10-19 株式会社東芝 Electronic devices, control method, and program
KR101453973B1 (en) * 2012-07-02 2014-10-22 삼성전자주식회사 Method for wifi association and electronic device thereof
JP6085119B2 (en) * 2012-08-28 2017-02-22 京セラ株式会社 Mobile station, communication system, and information acquisition method
JP2014093750A (en) * 2012-11-07 2014-05-19 Nec Corp Infrastructure communication network, specific terminal, and communication data distribution method used for them
WO2014099944A1 (en) * 2012-12-17 2014-06-26 Radius Networks, Inc. System for associating a mac address of a wireless station with identifying information
WO2015037904A1 (en) * 2013-09-10 2015-03-19 한국전자통신연구원 Operation method for access point and operation method for relay
KR20150029582A (en) 2013-09-10 2015-03-18 한국전자통신연구원 Method for operating access point and method for operating relay
WO2015097536A2 (en) 2013-12-24 2015-07-02 Janssen Pharmaceutical Nv Anti-vista antibodies and fragments
EP2897418B1 (en) * 2014-01-20 2016-06-01 Alcatel Lucent Advertising storage capabilities accessible via a wireless local area network
US9548766B2 (en) 2014-04-03 2017-01-17 Textron Innovations, Inc. Systems and methods for testing susceptibility of aircraft components to radio frequencies
US20160157182A1 (en) * 2014-11-28 2016-06-02 Fujitsu Limited Base station, communication system, and communication control method
US10194375B2 (en) * 2015-03-30 2019-01-29 Futurewei Technologies, Inc. System and method for controlling network signaling loads in a wireless network
CN107922497A (en) 2015-06-24 2018-04-17 詹森药业有限公司 Anti-VISTA antibodies and fragments
CN109069626A (en) 2016-02-12 2018-12-21 詹森药业有限公司 Anti- VISTA (B7H5) antibody
EP3436477A2 (en) 2016-03-29 2019-02-06 Janssen Biotech, Inc. Method of treating psoriasis with increased interval dosing of anti-il12 and/or -23 antibody
WO2017175058A1 (en) 2016-04-07 2017-10-12 Janssen Pharmaceutica Nv Anti-vista antibodies and fragments, uses thereof, and methods of identifying same

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1118130A (en) * 1997-06-26 1999-01-22 Nippon Denki Ido Tsushin Kk Mobile communication system and mobile station and radio base station for mobile communication system
JP2000295650A (en) * 1999-04-01 2000-10-20 Toshiba Corp Data communicating system and communication terminal used for the data communication system
JP2002359864A (en) * 2001-06-01 2002-12-13 Nec Corp Method for switching attribute of mobile terminal station to base station
JP4073253B2 (en) 2002-05-31 2008-04-09 富士フイルム株式会社 The positive resist composition
JP2004186797A (en) * 2002-11-29 2004-07-02 Toshiba Corp Wireless terminal and wireless communication method
JP4202865B2 (en) 2003-08-29 2008-12-24 日本電信電話株式会社 The method of selecting a gateway for PSTN connection in an ad hoc network, and the terminal
JP4280681B2 (en) * 2004-06-14 2009-06-17 トヨタ自動車株式会社 Wireless communication device
JP4674155B2 (en) * 2005-12-06 2011-04-20 株式会社日立製作所 Load balancing method for a wireless communication terminal and the relay apparatus
JP2009124461A (en) 2007-11-15 2009-06-04 Panasonic Corp Radio base station and radio communication system

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011223178A (en) 2011-11-04
US9107149B2 (en) 2015-08-11
US20110249622A1 (en) 2011-10-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7912023B2 (en) Battery-efficient generic advertising service for wireless mobile devices
US7969954B2 (en) Direct wireless client to client communication
CA2500656C (en) Wireless communication method and system with controlled wtru peer-to-peer communications
US8195175B2 (en) Method for verifications and fast QoS establishment
CN103079244B (en) Wtru and methods used in the wtru ap well and used in the method of the ap
US9119154B2 (en) Opportunistic carrier aggregation for dynamic flow switching between radio access technologies
US7254119B2 (en) Interworking mechanism between CDMA2000 and WLAN
CN100459548C (en) Wireless communication apparatus and wireless communication system
US7643460B2 (en) Distributed MAC architecture for a wireless repeater
JP6166406B2 (en) Advanced active scanning in a wireless local area network
EP1608108B1 (en) Improving channel ulilization efficiency in a wireless communication system comprising high-throughput terminals and legacy terminals
US7236470B1 (en) Tracking multiple interface connections by mobile stations
EP1829398B1 (en) Systems and methods for the connection and remote configuration of wireless clients
AU2004311829B2 (en) Method and apparatus for providing individual power control information in a wireless local area network/wireless wide area network (WLAN/WWAN)
Andreev et al. Cellular traffic offloading onto network-assisted device-to-device connections
US20150237519A1 (en) Cloud controller for self-optimized networks
KR100947212B1 (en) Method and system for coexistence between 20 mhz and 40 mhz overlapping basic service setsobss in wireless local area networks
US9402216B2 (en) Methods, media, and devices for moving a connection from one point of access to another point of access
US20080316985A1 (en) WLAN having load balancing based on access point loading
EP2106037B1 (en) Implementing a smart antenna in a wireless local area network
KR101068589B1 (en) Method and system for performing peer-to-peer communication between stations within a basic service set
US20040063455A1 (en) Wireless LAN with central management of access points
US8848677B2 (en) Method and apparatus for peer-to-peer connection using wireless local area network (LAN) in mobile communication terminal
JP6371296B2 (en) Method and apparatus for media access control for uniform plurality of access points coverage in a wireless local area network
US8054798B2 (en) Proxy active scan for wireless networks

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111212

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120424

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120611

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120911

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121107

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121204

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121206

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151214

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250