JP5148984B2 - タンク支持緩衝部材 - Google Patents

タンク支持緩衝部材 Download PDF

Info

Publication number
JP5148984B2
JP5148984B2 JP2007328403A JP2007328403A JP5148984B2 JP 5148984 B2 JP5148984 B2 JP 5148984B2 JP 2007328403 A JP2007328403 A JP 2007328403A JP 2007328403 A JP2007328403 A JP 2007328403A JP 5148984 B2 JP5148984 B2 JP 5148984B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
member
buffer member
width
longitudinal direction
buffer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007328403A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009149337A (ja
Inventor
浩孝 森
圭一 近藤
Original Assignee
株式会社Fts
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社Fts, トヨタ自動車株式会社 filed Critical 株式会社Fts
Priority to JP2007328403A priority Critical patent/JP5148984B2/ja
Publication of JP2009149337A publication Critical patent/JP2009149337A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5148984B2 publication Critical patent/JP5148984B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、タンク支持緩衝部材に関し、特に、帯状部材によって車体に支持されるタンクと帯状部材との間に介装される緩衝部材が、帯状部材に予め貼着されるタンク支持緩衝部材に係る。

自動車の燃料タンクを車体に固定する一手段として、スチールバンド等の帯状部材が用いられ、その帯状部材と燃料タンクとの間にクッションゴムが介装されたものが知られている。例えば、下記の特許文献1には、「燃料タンクの振動が車体に伝達されることを効果的に抑えることができる燃料タンク支持構造を得る」ことを目的とし、「燃料タンクと車体側支持部との間に、弾性材から成る防振部材を配置した燃料タンク支持構造であって、前記防振部材は、前記車体側支持部に支持される基部と、前記基部から前記燃料タンク側に突設され、それぞれ前記基部との間に空隙を形成しつつ該基部に対し前記燃料タンクを支持する複数の防振部」を含む構成が提案されている。

特開2006−116991号公報

上記のクッションゴムは、衝撃あるいは振動を吸収する防振部材として機能すべく特殊な構造に形成されているが、支持対象のタンクに応じて種々の構造のクッションゴムが存在する。本願においては、これらのクッションゴムの構造は問わず、緩衝機能を有する部材として緩衝部材を対象とするものである。そして、特に、この緩衝部材が予めスチールバンド等の帯状部材に貼着されるタンク支持緩衝部材において、緩衝部材の貼着作業に着目したものである。例えば図8に示すように、車両用の水素タンク(一対のタンク1から成る)は車体2に支持されるが、このとき用いられる緩衝部材(図示せず)は、後述するように略矩形断面のクッションゴムであり、これがスチールバンド10に予め貼着されるように構成されている。

このようなタンク支持緩衝部材においては、振動による緩衝部材のズレに対応すべく、緩衝部材の幅(例えば50mm)が帯状部材の幅(例えば40mm)より大に設定され、両側に出代(夫々5mm)が形成されているので、緩衝部材を帯状部材の中心線に沿って貼着する作業は容易ではない。このため、貼着時の位置合わせに多大の作業時間を要し、均一の品質を維持することは極めて困難であった。

そこで、本発明は、帯状部材によって車体に支持されるタンクと帯状部材との間に介装される緩衝部材が、帯状部材に予め貼着されるタンク支持緩衝部材において、帯状部材への緩衝部材の貼着作業を容易且つ確実に行い得るタンク支持緩衝部材を提供することを目的とする。

上記の課題を達成するため、本発明は、請求項1に記載のように、帯状部材によって車体に支持されるタンクと前記帯状部材との間に介装される緩衝部材が、前記帯状部材に予め貼着されるタンク支持緩衝部材において、前記緩衝部材が、前記帯状部材の幅より大の幅を有し、前記緩衝部材の長手方向一端面から長手方向の中央に向かって第1の距離離隔し、且つ前記帯状部材の幅に相当する所定位置まで、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第1の対向切欠部と、前記所定位置から前記緩衝部材の長手方向の中央に向かって第2の距離以上離隔した所定範囲に亘り、前記帯状部材の幅に相当する位置まで、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第2の対向切欠部を備えることとしたものである。

上記タンク支持緩衝部材は、更に、請求項2に記載のように、前記緩衝部材の長手方向一端面の両側が略均等に切除され、前記帯状部材の幅に相当する長さに形成された端面を備えたものとするとよい。

更に、請求項3に記載のように、前記緩衝部材の長手方向の両端面の両側が略均等に切除され、前記帯状部材の幅に相当する長さに形成された両端面を備えると共に、前記緩衝部材の長手方向の中間部、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第3の対向切欠部を備えたものとしてもよい。

上記の各タンク支持緩衝部材において、更に、請求項4に記載のように、前記帯状部材の幅以下の幅を有し、前記緩衝部材の前記帯状部材への貼着面に前記緩衝部材の長手方向の全長に亘って付着される接着部材を備えたものとするとよい。

上記に加え、請求項5に記載のように、前記緩衝部材の幅より大の幅を有し、少なくとも前記緩衝部材の長手方向の全長に亘って前記接着部材に付着される離型紙を備えたものとするとよい。更に、前記離型紙は、前記緩衝部材の長手方向の中間部で分離しておくとよい。

本発明は上述のように構成されているので以下の効果を奏する。即ち、請求項1に記載のタンク支持緩衝部材においては、第1の対向切欠部は幅方向の位置決めの基準に供し、第2の対向切欠部は、幅方向の位置決めの基準に供すると共に、帯状部材への貼着作業時の把持部に供することができるので、帯状部材への緩衝部材の貼着作業を容易且つ確実に行うことができる。尚、第1の対向切欠部はV字形状とし、第2の対向切欠部は、レーストラック形状を長手方向に二分した形状とするとよい。

更に、請求項2に記載のように構成すれば、緩衝部材の端面の両側も位置決めの基準に供することができるので、帯状部材への緩衝部材の貼着作業を一層容易且つ確実に行うことができる。

更に、請求項3に記載のように構成すれば、第3の対向切欠部は、幅方向の位置決めの基準に供すると共に、中間部の目安に供することができるので、特に湾曲した帯状部材の湾曲内側への緩衝部材の貼着作業が一層容易となる。尚、第3の対向切欠部はU字形状とするとよい。これにより、第1の対向切欠部と第3の対向切欠部との識別が容易となる。

そして、請求項4に記載のように構成することにより、帯状部材への接着部材による緩衝部材の貼着作業が容易となる。しかも、緩衝部材が帯状部材に貼着された後に、帯状部材の外側に延在する緩衝部材には、接着部材が存在しないので、当該部分に塵埃等が付着することを防止することができる。

更に、請求項5に記載のように構成すれば、緩衝部材に対し予め接着部材を付着しておく場合において、雰囲気温度が高くなっても、接着部材が外部に流れ出ることを防止することができる。更に、離型紙を、緩衝部材の長手方向の中間部で分離しておくこととすれば、緩衝部材を帯状部材に貼着する際、先ず半分の離型紙のみを除去して貼着することができ、貼着作業中に、残りの緩衝部材が他の部分に付着することを回避できるので、特に湾曲した帯状部材の湾曲内側への貼着作業が一層容易となる。

以下、本発明の望ましい実施形態について図面を参照して説明する。図1乃至図4に本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の特徴部分を示し、図5にその全体構成を示す。本発明の取付対象の水素タンクは、図8に示すように一対のタンク1が並設され、例えばスチールで形成されバンドと呼ばれる帯状部材10によって、車体2に支持されるように構成されている。本実施形態では、一対の帯状部材10がヒンジ11及びヒンジピン12によって連結され、端部に接合されたブラケット13を介して、車体2側のブラケット14に固定されている。タンク1と帯状部材10との間には、図1乃至図4に示すように、弾性部材で形成された緩衝部材20が介装されており、通常、ゴムで形成されているのでクッションゴムと呼ばれる。この緩衝部材20は、図5に示すように、例えばブチル系粘着剤の接着部材30によって帯状部材10に予め貼着されている。

本実施形態の緩衝部材20は、図1に示すように、帯状部材10の幅Waより大の幅Wbを有し、緩衝部材20の長手方向の端面20aから長手方向の中央に向かって第1の距離Da離隔し、且つ帯状部材10の幅Waに相当する所定位置(図1にPaで示す)まで、緩衝部材20の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれ、第1の対向切欠部21,21が形成されている。これら第1の対向切欠部21,21は、幅方向の位置決めが容易なようにV字状に形成されているが、U字状としてもよい。また、所定位置Paから緩衝部材20の長手方向の中央に向かって第2の距離Db以上離隔した所定範囲Dcに亘り、帯状部材10の幅Waに相当する位置まで、緩衝部材20の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれ、第2の対向切欠部22,22が形成されている。これら第2の対向切欠部22,22は、レーストラック形状を長手方向に二分した形状に形成され、作業者の指に適合するように角部が円弧に形成されているが、別の形状としてもよい。更に、緩衝部材20の長手方向の一端面の両側が略均等に切除(所謂、面取り)されて、角部が傾斜面とされ、端面20aの幅が帯状部材10の幅Waに相当する長さに形成されている。

上記の図1及び図2に示す緩衝部材20は、ヒンジ11側の帯状部材10の端部に接合されるものであるのに対し、図3及び図4は、ブラケット13側の帯状部材10の端部に接合される緩衝部材20の構成を示すものであるが、実質的に同じ構成である。即ち、図1における第1の距離Daに対し、図3に示すように、ブラケット13の長さに合わせて第1の距離がDd(>Da)に設定されている。

更に、本実施形態の緩衝部材20は、図5及び図6に示すように、長手方向の両端面の両側が夫々略均等に切除されて、角部が傾斜面とされ、端面20a及び20bの幅が何れも帯状部材10の幅Waに相当する長さに形成されており、緩衝部材20の長手方向の中間部には、その両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれ、第3の対向切欠部23,23が形成されている。そして、本実施形態の接着部材30は、図5に示すように、貼着対象の帯状部材10の幅以下の幅を有し、緩衝部材20の帯状部材10への貼着面に緩衝部材20の長手方向の全長に亘って付着されている。尚、本実施形態の緩衝部材20には、上記貼着面と反対側のタンク支持面の長手方向に複数の溝20cが形成されている。

上記の緩衝部材20は、図6に示すように、その幅Wbより大の幅Wcを有し緩衝部材20の全長より長い離型紙40が、緩衝部材20の長手方向の全長に亘って接着部材30に付着され、図6に示す状態で保管される。これにより、雰囲気温度が高くなっても、接着部材30は離型紙40内に留まり、外部に流れ出ることを防止することができる。

而して、上記のように形成された緩衝部材20を帯状部材10に貼着するに当たっては、図7に示すように第2の対向切欠部22,22が把持され、先ず、緩衝部材20の端面20aが帯状部材10の先端に合致すると共に、端面20aの両側が帯状部材10の両側に合致するように、位置決めされる。次に、第1の対向切欠部21,21のV字状切欠の先端が帯状部材10の両側に合致するように、幅方向の位置決めを行いつつ、緩衝部材20が帯状部材10に貼着される。このように、第1の対向切欠部21,21を幅方向の位置決めの基準に供することができる。更に、第2の対向切欠部22,22は幅方向の位置決めの基準に供することができると共に、帯状部材10への貼着作業時の把持部に供することができるので、帯状部材10への貼着作業を容易且つ確実に行うことができる。

また、本実施形態の緩衝部材20には、第3の対向切欠部23,23が形成されており、緩衝部材20を帯状部材10に貼着する際に、幅方向の位置決めの基準に供することができると共に、緩衝部材20の中間部の目安に供することができる。従って、長尺の緩衝部材20を帯状部材10に貼着する作業が容易となり、特に湾曲した帯状部材10の湾曲内側への貼着作業が一層容易となる。

前述のように、本実施形態の接着部材30は帯状部材10の幅以下の幅に形成されているので、帯状部材10への緩衝部材20の貼着作業が容易であり、緩衝部材20が帯状部材10に貼着された後に、帯状部材10の外側に延在する緩衝部材20には、接着部材30が存在しないので、当該部分に塵埃等が付着することを防止することができる。

更に、図示は省略するが、離型紙40を、緩衝部材20の長手方向の中間部で分離しておくこととすれば、緩衝部材20を帯状部材10に貼着する際、先ず半分の離型紙のみを除去して貼着することができ、残りの緩衝部材が他の部分に付着することを回避できるので、特に図7及び図8に示すように湾曲した帯状部材10の湾曲内側への貼着作業が一層容易となる。尚、本発明に係るタンク支持緩衝部材の取付対象は水素タンクあるいは車両用に限るものではなく、種々の気体あるいは流体タンクの支持に供することができる。

本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の一部を示す平面図である。 本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の一部を示す正面図である。 本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の他の部分を示す平面図である。 本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の他の部分を示す正面図である。 本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の斜視図である。 本発明の一実施形態において緩衝部材に離型紙が貼着された平面図である。 本発明の一実施形態に係るタンク支持緩衝部材の帯状部材への貼着作業状況を示す斜視図である。 本発明の適用対象であるタンクの支持構造を示す正面図である。

符号の説明

1 タンク
2 車体
10 帯状部材
11 ヒンジ
13,14 ブラケット
20 緩衝部材
21 第1の対向切欠部
22 第2の対向切欠部
23 第3の対向切欠部
30 接着部材
40 離型紙

Claims (5)

  1. 帯状部材によって車体に支持されるタンクと前記帯状部材との間に介装される緩衝部材が、前記帯状部材に予め貼着されるタンク支持緩衝部材において、前記緩衝部材が、前記帯状部材の幅より大の幅を有し、前記緩衝部材の長手方向一端面から長手方向の中央に向かって第1の距離離隔し、且つ前記帯状部材の幅に相当する所定位置まで、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第1の対向切欠部と、前記所定位置から前記緩衝部材の長手方向の中央に向かって第2の距離以上離隔した所定範囲に亘り、前記帯状部材の幅に相当する位置まで、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第2の対向切欠部を備えたことを特徴とするタンク支持緩衝部材。
  2. 前記緩衝部材の長手方向一端面の両側が略均等に切除され、前記帯状部材の幅に相当する長さに形成された端面を備えたことを特徴とする請求項1記載のタンク支持緩衝部材。
  3. 前記緩衝部材の長手方向の両端面の両側が略均等に切除され、前記帯状部材の幅に相当する長さに形成された両端面を備えると共に、前記緩衝部材の長手方向の中間部、前記緩衝部材の両側面から内側に向かって略均等に切り欠かれた第3の対向切欠部を備えたことを特徴とする請求項2記載のタンク支持緩衝部材。
  4. 前記帯状部材の幅以下の幅を有し、前記緩衝部材の前記帯状部材への貼着面に前記緩衝部材の長手方向の全長に亘って付着される接着部材を備えたことを特徴とする請求項1乃至3の何れか1項に記載のタンク支持緩衝部材。
  5. 前記緩衝部材の幅より大の幅を有し、少なくとも前記緩衝部材の長手方向の全長に亘って前記接着部材に付着される離型紙を備えたことを特徴とする請求項4記載のタンク支持緩衝部材。
JP2007328403A 2007-12-20 2007-12-20 タンク支持緩衝部材 Active JP5148984B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007328403A JP5148984B2 (ja) 2007-12-20 2007-12-20 タンク支持緩衝部材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007328403A JP5148984B2 (ja) 2007-12-20 2007-12-20 タンク支持緩衝部材

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009149337A JP2009149337A (ja) 2009-07-09
JP5148984B2 true JP5148984B2 (ja) 2013-02-20

Family

ID=40918992

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007328403A Active JP5148984B2 (ja) 2007-12-20 2007-12-20 タンク支持緩衝部材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5148984B2 (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6324803B1 (en) 1993-05-10 2001-12-04 VäLINGE ALUMINUM AB System for joining building boards
US6446405B1 (en) 1998-06-03 2002-09-10 Valinge Aluminium Ab Locking system and flooring board
US6490836B1 (en) 1996-06-11 2002-12-10 Unilin Beheer B.V. Besloten Vennootschap Floor panel with edge connectors
US6510665B2 (en) 2000-01-24 2003-01-28 Valinge Aluminum Ab Locking system for mechanical joining of floorboards and method for production thereof
US6588166B2 (en) 1995-03-07 2003-07-08 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US6606834B2 (en) 1995-03-07 2003-08-19 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US6715253B2 (en) 2000-04-10 2004-04-06 Valinge Aluminium Ab Locking system for floorboards
US6769218B2 (en) 2001-01-12 2004-08-03 Valinge Aluminium Ab Floorboard and locking system therefor
US7856784B2 (en) 1995-03-07 2010-12-28 Pergo AG Flooring panel or wall panel and use thereof
US7877956B2 (en) 1999-07-05 2011-02-01 Pergo AG Floor element with guiding means
US8402709B2 (en) 1995-03-07 2013-03-26 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US8544233B2 (en) 2000-03-31 2013-10-01 Pergo (Europe) Ab Building panels
US8631623B2 (en) 2010-01-15 2014-01-21 Pergo (Europe) Ab Set of panels comprising retaining profiles with a separate clip and method for inserting the clip
US8978334B2 (en) 2010-05-10 2015-03-17 Pergo (Europe) Ab Set of panels
US9322162B2 (en) 1998-02-04 2016-04-26 Pergo (Europe) Ab Guiding means at a joint
US9464443B2 (en) 1998-10-06 2016-10-11 Pergo (Europe) Ab Flooring material comprising flooring elements which are assembled by means of separate flooring elements

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2792496B1 (en) * 2013-04-15 2016-10-26 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6340018Y2 (ja) * 1982-09-30 1988-10-20
JPH01165804U (ja) * 1988-05-14 1989-11-20
JP3105293U (ja) * 2004-05-17 2004-10-28 鳥海建工株式会社 シートベルトの擦れ防止テープ
KR100534909B1 (ko) * 2004-05-20 2005-12-09 현대자동차주식회사 자동차용 연료탱크 장착 구조
US20080275356A1 (en) * 2007-05-03 2008-11-06 Peter Stasz Respiratory sensing belt using piezo film

Cited By (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6324803B1 (en) 1993-05-10 2001-12-04 VäLINGE ALUMINUM AB System for joining building boards
US6516579B1 (en) 1993-05-10 2003-02-11 Tony Pervan System for joining building boards
US7856784B2 (en) 1995-03-07 2010-12-28 Pergo AG Flooring panel or wall panel and use thereof
US9032685B2 (en) 1995-03-07 2015-05-19 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US8875465B2 (en) 1995-03-07 2014-11-04 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US8402709B2 (en) 1995-03-07 2013-03-26 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US6588166B2 (en) 1995-03-07 2003-07-08 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US6606834B2 (en) 1995-03-07 2003-08-19 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US8661762B2 (en) 1995-03-07 2014-03-04 Pergo (Europe) Ab Flooring panel or wall panel and use thereof
US6490836B1 (en) 1996-06-11 2002-12-10 Unilin Beheer B.V. Besloten Vennootschap Floor panel with edge connectors
US9322162B2 (en) 1998-02-04 2016-04-26 Pergo (Europe) Ab Guiding means at a joint
US6532709B2 (en) 1998-06-03 2003-03-18 Valinge Aluminium Ab Locking system and flooring board
US6446405B1 (en) 1998-06-03 2002-09-10 Valinge Aluminium Ab Locking system and flooring board
US9464443B2 (en) 1998-10-06 2016-10-11 Pergo (Europe) Ab Flooring material comprising flooring elements which are assembled by means of separate flooring elements
US7877956B2 (en) 1999-07-05 2011-02-01 Pergo AG Floor element with guiding means
US6510665B2 (en) 2000-01-24 2003-01-28 Valinge Aluminum Ab Locking system for mechanical joining of floorboards and method for production thereof
US9677285B2 (en) 2000-03-31 2017-06-13 Pergo (Europe) Ab Building panels
US10156078B2 (en) 2000-03-31 2018-12-18 Pergo (Europe) Ab Building panels
US8578675B2 (en) 2000-03-31 2013-11-12 Pergo (Europe) Ab Process for sealing of a joint
US8544233B2 (en) 2000-03-31 2013-10-01 Pergo (Europe) Ab Building panels
US9534397B2 (en) 2000-03-31 2017-01-03 Pergo (Europe) Ab Flooring material
US9255414B2 (en) 2000-03-31 2016-02-09 Pergo (Europe) Ab Building panels
US9260869B2 (en) 2000-03-31 2016-02-16 Pergo (Europe) Ab Building panels
US9316006B2 (en) 2000-03-31 2016-04-19 Pergo (Europe) Ab Building panels
US9611656B2 (en) 2000-03-31 2017-04-04 Pergo (Europe) Ab Building panels
US10233653B2 (en) 2000-03-31 2019-03-19 Pergo (Europe) Ab Flooring material
US6715253B2 (en) 2000-04-10 2004-04-06 Valinge Aluminium Ab Locking system for floorboards
US6769218B2 (en) 2001-01-12 2004-08-03 Valinge Aluminium Ab Floorboard and locking system therefor
US9115500B2 (en) 2010-01-15 2015-08-25 Pergo (Europe) Ab Set of panels comprising retaining profiles with a separate clip and method for inserting the clip
US8631623B2 (en) 2010-01-15 2014-01-21 Pergo (Europe) Ab Set of panels comprising retaining profiles with a separate clip and method for inserting the clip
US9464444B2 (en) 2010-01-15 2016-10-11 Pergo (Europe) Ab Set of panels comprising retaining profiles with a separate clip and method for inserting the clip
US9593491B2 (en) 2010-05-10 2017-03-14 Pergo (Europe) Ab Set of panels
US8978334B2 (en) 2010-05-10 2015-03-17 Pergo (Europe) Ab Set of panels

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009149337A (ja) 2009-07-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2398613B1 (en) Cutting tool and cutting insert with fluid flow structures
KR100864550B1 (ko) 차창유리 와이퍼장치
US6923474B2 (en) Axle support for a front axle of a motor vehicle
JP4262310B2 (ja) 自動車の窓ガラスのためのワイパーブレード
JP2009509114A (ja) アイソレータ
EP1119476B9 (en) A windscreen wiper
US20060163096A1 (en) Packaging for windscreen wipers of motor vehicles
JP4093104B2 (ja) 自動車の車体構造
JP2006306285A (ja) 騒音低減装置及びその製造方法、並びに、騒音低減装置を備えた空気入りタイヤ
JP2002531325A (ja) 自動車の窓ガラス用のワイパブレード
WO2006092356A1 (en) Windscreen wiper device
JP3898186B2 (ja) 車両用ワイパーブレード組立体
CA2595624A1 (en) Windscreen wiper device
KR100796432B1 (ko) 무간극의 클램핑 면을 갖는 호스 클램프
BRPI0712114B1 (pt) Palheta do limpador de pára-brisa
CZ299123B6 (cs) Obalová jednotka pro v ní alespon cástecne umístený stírací list pro skla motorových vozidel
EP1972505B1 (en) Underrun protector mounting structure of vehicle
EP2337697B1 (de) Scheibenabdichtung
KR20070107692A (ko) 보호 레일을 포함한 윈드실드 와이퍼의 와이퍼 블레이드
JP2005502546A (ja) ヒンジ結合されたワイパブレードを備えたワイパアーム
MX2007014959A (es) Muelle estratificado de alta elasticidad.
WO2003037699A3 (en) Vehicle subframe mounting
JP2008105660A (ja) ワイパーブレード組立体
JP2008526613A (ja) 自動車用ワイパーブレード装置
JP2007504043A (ja) フロントガラスのワイパー装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100618

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120515

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120608

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120802

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120919

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121114

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121129

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5148984

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151207

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250