JP5146351B2 - Storage device, data rearrangement method and program - Google Patents

Storage device, data rearrangement method and program Download PDF

Info

Publication number
JP5146351B2
JP5146351B2 JP2009033075A JP2009033075A JP5146351B2 JP 5146351 B2 JP5146351 B2 JP 5146351B2 JP 2009033075 A JP2009033075 A JP 2009033075A JP 2009033075 A JP2009033075 A JP 2009033075A JP 5146351 B2 JP5146351 B2 JP 5146351B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
disk
physical block
pool
address
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009033075A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010191539A (en )
Inventor
寛之 大谷
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は複数のディスクプールを有するストレージ装置に関し、特に該ストレージ装置の中で行われるデータの再配置に関する。 The present invention relates to a storage system having a plurality of disk pools, more particularly rearrangement of data performed in the storage device.

複数の物理ディスクを組み合わせて構成されるストレージ装置は、それらの物理ディスク上の物理ブロックを多数組み合わせて仮想的な記憶領域である論理ディスクを形成し、ホスト計算機は該論理ディスク上のアドレスに対してデータの読み出しまたは書き込みの命令を発するという形になることが多い。 Storage device configured by combining a plurality of physical disks combines a number of physical blocks on those physical disks to form a logical disk is a virtual storage area, a host computer to the address on the logical disk it is often a form of issuing a read or write command data Te.

それらのストレージ装置では、要求される記憶容量の増大に対応して近年ますます多数の物理ディスクが組み合わされるようになっている。 In those storage device, the required storage capacity in recent years more and more numerous physical disk in response to the increase is adapted to be combined. それに伴い、該ストレージ装置のコストダウンなどのため、データアクセス速度が高速であるかわりに高価な高速物理ディスクと、高速物理ディスクに比べてデータアクセス速度が劣るかわりに安価な低速物理ディスクとを、それぞれ複数組み合わせてストレージ装置が構築されるようになっている。 Along with this, such as for cost of the storage device, a high speed physical disks expensive instead the data access speed is high, and inexpensive low-speed physical disk instead of the data access speed is inferior to the high speed physical disk, combining a plurality respectively so that the storage device is constructed.

その際、ホスト計算機からアクセスされるアクセス頻度に応じて、頻繁にアクセスされるデータは高速物理ディスクに格納され、そうではないデータは低速物理ディスクに格納されるように構成するという技術がある。 At that time, depending on the access frequency to be accessed from the host computer, data that is frequently accessed is stored in the high speed physical disk is not so data is a technology that configured to be stored in the low-speed physical disks. 「データアクセスの80%は物理領域の20%に対して発生する」と言われているので、この技術によって、該ストレージ装置の性能を損なわずにコストダウンを実現できると期待される。 Since it is said that "80% of the data access occurs for 20% of the physical area", this technique is expected to realize a cost reduction without impairing the performance of the storage device.

ただし、上記の従来技術に係るデータの再配置は、論理ディスク単位で実施されるのが普通である。 However, relocation of data according to the prior art, is usually carried out in a logical disk units. そのため、特に論理ディスクのサイズが大きい場合、大量のデータに対して頻繁に再配置を行うと、ストレージ装置および物理ディスクに対して過大な負荷を与え、通常のデータの読み出しおよび書き込みの処理に対して悪影響を与えることになる。 Therefore, especially when the size of the logical disk is large, when the frequent relocation for a large number of data, giving an excessive load to the storage device and a physical disk, to read and process of writing the ordinary data It will be adversely affected Te.

また、論理ディスク内のデータアクセスに偏りがある場合には、再配置によって効果が得られる領域と効果が得られない領域が存在する。 When there is a bias in the data access in the logical disk, the region area and the effect of the effect by the rearrangement is obtained is not obtained exists. このような論理ディスクに対して、論理ディスク単位でデータの再配置を行うと、前述のストレージ装置および物理ディスクに対する負荷、および通常の処理に対する悪影響の問題が、再配置する必要性が低い領域に対しても生じる。 For such logical disk and rearranges the data in the logical disk units, load on the aforementioned storage device and physical disks, and adverse effects of problems for normal processing, the region is less necessary to relocate also it occurs for. さらに、再配置する必要性が高いか低いかの判断が、論理ディスク単位の情報だけではきわめて困難であるという問題もある。 Furthermore, relocation need is high or low or the judgment of the can, there is a problem that only information of the logical disk units is extremely difficult.

これに関連する技術文献として、次のものがある。 As technical literature relating to this, the following ones. 特許文献1には、論理ディスクに対応する物理ディスクの間で物理ブロック単位でデータを再割り付けする方法の一例が開示されている。 Patent Document 1, an example of a method of reallocating data in physical blocks among the physical disks corresponding to the logical disk is disclosed. 特許文献2には、アクセス頻度に応じて論理ディスクをより高速な物理ディスクに再配置する方法の一例が開示されている。 Patent Document 2, an example of a method for relocating a logical disk to a faster physical disk in response to the access frequency is disclosed.

上記の特許文献2の技術においては、アクセス頻度についての情報を記録する「アクセス情報」に基づいて論理ディスクをより高速な物理ディスクに再配置するデータ再配置の可否を判断している。 In the above-mentioned patent documents 2 technique, it is determined whether the data relocation to relocate the logical disk to a faster physical disk on the basis of the "access information" to record information about access frequency. これに特許文献1の物理ブロック単位でデータを再割り付けする技術を組み合わせれば、論理ディスク単位でデータ再配置を行うことに伴う上記の問題は解決されることになる。 The combination of re-allocation technique data in physical blocks of Patent Document 1 to the above problems associated with performing the data relocated logical disk units will be solved.

特開2003−131816号公報 JP 2003-131816 JP 特開2003−271425号公報 JP 2003-271425 JP

しかしながら、上記の特許文献2の技術では、アクセス頻度の高いデータを高速物理ディスクに再配置する処理が通常のデータの読み出しおよび書き込みとは別個に行われるので、特に大量のデータを再配置する場合には、ストレージ装置および物理ディスクに対する負荷を大きく増すことにつながる。 However, in the above Patent Document 2 technology, since the processing of rearranging the frequently accessed data on high speed physical disk is performed separately from the read and write ordinary data, especially when relocating large amounts of data the leads to greatly increase the load on the storage device and a physical disk.

また、上記の特許文献2の技術においては、アクセス頻度の高いデータを高速物理ディスクに再配置することはできるが、アクセス頻度の低いデータを低速物理ディスクに再配置することはできない。 Further, in Patent Document 2 techniques described above, although it is possible to reposition the frequently accessed data on the high speed physical disk can not be repositioned infrequently accessed data to the low-speed physical disk. 従って、特許文献1および2を組み合わせた技術によってデータ再配置を続けると、高速物理ディスクにばかりデータが集中してしまうことになるので、高速物理ディスクと低速物理ディスクとを組み合わせた構成にする意味自体がなくなってしまう。 Thus, continuing with the data rearrangement by techniques that combine Patent Documents 1 and 2, since the data only to the high speed physical disk so that would concentrate, a configuration which combines a high speed physical disks and slow physical disk means itself is lost.

これに特許文献1の物理ブロック単位でデータを再割り付けする技術を組み合わせても、以上の2点の問題を解決できるものではない。 Be combined technique of reallocating data in a physical block unit of Patent Document 1 to this can not be solved the above two problems.

本発明の目的は、ストレージ装置および物理ディスクに対する負荷を抑制しつつ、アクセス頻度の高いデータを高速物理ディスクに再配置する処理を可能とするストレージ装置、データ再配置方法およびプログラムを提供することにある。 An object of the present invention, while reducing the load on the storage device and a physical disk, a frequently accessed data storage device capable of rearranging to a high speed physical disks, to provide a data rearrangement method and program is there.

上記目的を達成するため、本発明に係るストレージ装置は、単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、データを一時的に保存するキャッシュメモリと、第1のディスクプールおよび第2のディスクプール上の物理ブロックを論理ディスク上のアドレスに対応させる論理ディスク割当テーブルを使用してホスト計算機からの論理ディスクに対する読み出し要求および書き込み要求に対応して物理ブロックにデータを読み書きする制御部とを備え、制御部が、論理ディスク上のアドレスに対する読み出し要求に対応して、第1の物理ブロックからデータを読み出してキャッシュメモ To achieve the above object, a storage device according to the present invention, one or a plurality of first disk pool including a first physical disk device, the second lower data access speed than the first physical disk device a second disk pool that a physical disk device includes one or more, to correspond a cache memory for temporarily storing data, physical blocks on the first disk pool and second disk pool to the address on the logical disk and a control unit for reading and writing data to the physical block corresponding to the read and write requests to the logical disk from the host computer using the logical disk allocation table, the control unit, a read request for the address on the logical disk correspondingly, cache memory reads the data from the first physical block 上に保存し、第1の物理ブロックが第2のディスクプール上にある場合に、第1のディスクプール上の第2の物理ブロックにキャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に第1の物理ブロックを解放して論理ディスク割当テーブルを更新するデータ読み出し手段を含むことを特徴とする。 Save the above, if the first physical block is on the second disk pool, the first physical block into the second physical block on the first disk pool after writing data in the cache memory released to characterized in that it comprises a data reading means for updating the logical disk allocation table.

上記目的を達成するため、本発明に係るデータ再配置方法は、単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、データを一時的に保存するキャッシュメモリとを有するストレージ装置でデータの再配置を行う方法であって、ホスト計算機からの論理ディスク上のアドレスに対する読み出し要求を受け、あらかじめ備えられた論理ディスク割当テーブルによって、論理ディスク上のアドレスに対応する第1のディスクプールもしくは第2のディスクプール上の第1の物理ブロックを特定する第1の物理ブロック特定工程と、第1の物理ブロックからデータを読み出してキャッシュメモリ To achieve the above object, a data rearrangement method according to the present invention, one or a first disk pool including a plurality of first physical disk device, low data access speed than the first physical disk device first a second disk pools containing one or more of the second physical disk device, a method of rearranging the data storage device and a cache memory for temporarily storing data, the logical disk from the host computer receiving a read request for the address, the logical disk allocation table provided in advance, a first that identifies the first physical block on the first disk pool or second disk pool corresponding to an address on the logical disk and the physical block specification step, the cache memory reads the data from the first physical block に保存するデータ読み出し工程と、第1の物理ブロックが第1のディスクプールと第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第1のディスクプール特定工程と、第1の物理ブロックが第2のディスクプール上にある場合に、第1のディスクプール上の第2の物理ブロックにキャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に第1の物理ブロックを解放して論理ディスク割当テーブルを更新する第1のデータ再配置工程とを有することを特徴とする。 A data reading step of storing in a first disk pool specific step of the first physical block to identify whether there in one of the first disk pool and the second disk pool, the first physical block when located on the second disk pool, the updates the logical disk allocation table to release the first physical block into the second physical block on the first disk pool after writing data in the cache memory and having a first data relocation process.

上記目的を達成するため、本発明に係るデータ再配置プログラムは、単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、データを一時的に保存するキャッシュメモリとを有するストレージ装置を制御するコンピュータに、ホスト計算機からの論理ディスク上のアドレスに対する読み出し要求を受け、あらかじめ備えられた論理ディスク割当テーブルによって、論理ディスク上のアドレスに対応する第1のディスクプールもしくは第2のディスクプール上の第1の物理ブロックを特定する第1の物理ブロック特定処理と、第1の物理ブロックからデータを読み出してキャッシュメモリ上に To achieve the above object, the data rearrangement program according to the present invention, one or a first disk pool including a plurality of first physical disk device, low data access speed than the first physical disk device first a second disk pools containing one or more of the second physical disk device, a computer for controlling the storage device and a cache memory that stores data temporarily, a read request relating to the address on the logical disk from the host computer receiving, by the logical disk allocation table provided in advance, a first physical block identification processing for identifying the first physical block on the first disk pool or second disk pool corresponding to an address on the logical disk, It reads the data from the first physical block in the cache memory 存するデータ読み出し処理と、第1の物理ブロックが第1のディスクプールと第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第1のディスクプール特定処理と、第1の物理ブロックが第2のディスクプール上にある場合に、第1のディスクプール上の第2の物理ブロックにキャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に第1の物理ブロックを解放して論理ディスク割当テーブルを更新する第1のデータ再配置処理とを実行させることを特徴とする。 And data read processing residing, a first disk pool specifying process first physical block to identify whether there in one of the first disk pool and the second disk pool, the first physical block is second If on the disk pool, the first updating the logical disk allocation table to release the first physical block into the second physical block on the first disk pool after writing data in the cache memory characterized in that to execute the data relocation process.

本発明は、データをキャッシュメモリ上に保存してから、物理ブロックが低速物理ディスクに存在する場合にキャッシュメモリ上のデータを高速物理ディスクに記録して低速物理ディスク上の領域を開放するように構成したので、データの読み書き処理の中でデータ再配置を実施することができる。 The present invention is, save the data on the cache memory, as recording data in the cache memory to the high speed physical disks to free up space on the low-speed physical disk if physical blocks are present in the low-speed physical disk since the configuration can implement data relocation in reading and writing processing of data. これによって、ストレージ装置および物理ディスクに対する負荷を抑制しつつ、アクセス頻度の高いデータを高速物理ディスクに再配置する処理を可能とするという、従来にない優れたストレージ装置、データ再配置方法およびプログラムを提供することができる。 Thus, while reducing the load on the storage device and a physical disk, a frequently accessed data that allow rearranging faster physical disk, excellent unprecedented storage device, the data rearrangement method and program it is possible to provide.

本発明の実施の形態に係るストレージ装置の構成を示すブロック図である。 The configuration of a storage apparatus according to an embodiment of the present invention is a block diagram showing. 図1に示したストレージ装置で、制御部が実行する機能の構成を示す機能ブロック図である。 In the storage apparatus shown in FIG. 1 is a functional block diagram showing a configuration of a function executed by the control unit. 図2で示した論理ディスク割り当てテーブルのデータ構成を示す概念図である。 It is a conceptual diagram showing the data structure of the logical disk allocation table shown in FIG. 図2で示した読み出し頻度テーブルのデータ構成を示す概念図である。 It is a conceptual diagram showing a data structure of a reading frequency table shown in FIG. 図2で示した書き込み頻度テーブルのデータ構成を示す概念図である。 It is a conceptual diagram showing the data structure of the write frequency table shown in FIG. 図2で示した無アクセス状況記録テーブルのデータ構成を示す概念図である。 It is a conceptual diagram showing the data structure of the non-access status record table shown in FIG. 図2で示したデータ読み出し手段の動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing an operation of data reading means shown in FIG. 図2で示したデータ書き込み手段の動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing the operation of the data writing means shown in FIG. 図2で示したデータ再配置手段の動作を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the operation of the data rearrangement means shown in FIG.

図1は、本発明の実施の形態に係るストレージ装置100の構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a configuration of a storage apparatus 100 according to an embodiment of the present invention. ストレージ装置100は、ホスト計算機10とネットワークを介して接続され、ホスト計算機10からの要求によってデータの読み出しまたは書き込みを行う。 The storage device 100 is connected via the host computer 10 and the network, to read or write data in response to a request from the host computer 10.

ストレージ装置100は、ホスト計算機10に接続してデータのやりとりを行うホストアダプタ130と、未処理の要求およびデータを一時的に保存するキャッシュメモリ140、後述の高速ディスクプール102および低速ディスクプール112、および以上で述べた各部の動作を制御する制御部150とから構成される。 The storage device 100 includes a host adapter 130 connected to the host computer 10 for exchanging data, the cache memory 140 to store requests and raw data temporarily, fast disk pool 102 and the low-speed disk pool 112 will be described later, and a control unit 150 which controls the operation of each part described above.

高速ディスクプール102は、データアクセス速度が高速である高速物理ディスク101を1つ以上含む。 Fast disk pool 102 includes a high speed physical disk 101 the data access speed is high more than one. 低速ディスクプール112は、データアクセス速度が低速である低速物理ディスク111を1つ以上含む。 Slow disk pool 112 includes a low-speed physical disk 111 data access speed is slow one more. なお、ここでいう「高速」および「低速」は、この両者の間においてデータアクセス速度を相対的に比較していう概念に過ぎない。 Herein, the term "fast" and "slow" are merely concept of by relatively comparing the data access speed between the two.

制御部150はプロセッサおよびROM、RAMなどを有するマイクロコンピュータであり、高速ディスクプール102上の物理ブロック103a、103b…、および低速ディスクプール112上の物理ブロック113a、113b…、を一定の単位長に区分して物理ブロックを構成し、各々の物理ブロックの集合から論理的な記憶領域である論理ディスク120を構成する。 The controller 150 processor and ROM, a microcomputer having a RAM, etc. fast disk pool 102 on the physical block 103a, 103b ..., and physical blocks 113a on the low-speed disk pool 112, 113b ..., the constant of the unit length configure the physical blocks are classified, constituting the logical disk 120 is a logical storage area from a set of each physical block.

図2は、図1に示したストレージ装置100で、制御部150が実行する機能の構成を示す機能ブロック図である。 Figure 2 is a storage device 100 shown in FIG. 1 is a functional block diagram showing a configuration of functions of the control unit 150 executes. これらの機能は、制御部150を構成するコンピュータによって実行されるプログラムとして実現されることが望ましい。 These functions are desirably implemented as a program executed by a computer constituting the control unit 150. 制御部150は、論理ディスク120に対して、データ読み出し手段201、データ書き込み手段202、データ再配置手段203といった機能を実行する。 Control unit 150 performs the logical disk 120, the data reading unit 201, the data writing means 202, such functions as data rearrangement unit 203. また、後述の論理ディスク割り当てテーブル301、論理ディスク読み出し頻度テーブル302、論理ディスク書き込み頻度テーブル303、無アクセス状況記録テーブル304といった各テーブルを管理する。 The logical disk allocation table 301 described later, the logical disk reading frequency table 302 manages the respective tables such as logical disk writing frequency table 303, free access state record table 304.

データ読み出し手段201は、ホスト計算機10から読み出し要求を受けたときに動作し、対象とする論理ディスクに対して要求されたアドレスに対応する領域から記録されたデータを読み出してキャッシュメモリ140に格納した後、ホスト計算機に応答を返却する。 Data reading means 201 operates when receiving a read request from the host computer 10 and stored in the cache memory 140 reads out the recorded data from the area corresponding to the requested address to the logical disk of interest after, it returns a response to the host computer.

ただし、読み出した領域が低速ディスクプール112上の物理ブロックであった場合は、データ読み出し手段201は高速ディスクプール102上に物理ブロックを新たに確保し、キャッシュメモリ140上のデータを高速ディスクプールの当該物理ブロックに書き込み、当該物理ブロックを論理ディスクに対する新たな記憶領域として割り当てる。 However, if the read area is a physical block on the low-speed disk pool 112, the data reading unit 201 newly secured physical block in a high speed disk pool 102, the data in the cache memory 140 of the high-speed disk pool writing to the physical block and assigns the physical block as a new storage area to the logical disk.

データ書き込み手段202は、ホスト計算機10から書き込み要求を受けたときに動作し、対象とする論理ディスクに対して要求されたアドレスに対応する領域が低速ディスクプール112の物理ブロックであった場合は、高速ディスクプール102上の物理ブロックを新たに確保し、キャッシュメモリ140上のデータを高速ディスクプールの当該物理ブロックに書き込み当該物理ブロックを論理ディスクに対する新たな記憶領域として割り当てる。 Data writing means 202, if the region to operate upon receiving a read request from the host computer 10, corresponding to the requested address to the logical disk of interest was a physical block of the low-speed disk pool 112, the physical blocks of high-speed disk pool on 102 newly secured, assigns the writing the physical block the data in the cache memory 140 to the physical blocks of high-speed disk pool as the new storage area to the logical disk.

データ再配置手段203は、タイマなどによって定期的に動作し(または外部からの再配置要求によって動作するようにすることもできる)、対象となる論理ディスクを選択した後、当該論理ディスクに対する論理ディスク読み出し頻度テーブル302および論理ディスク書き込み頻度テーブル303を参照して、アクセスの有無を算出し、該論理ディスクに対して一定期間アクセスの無い状態を検出する。 Data relocation unit 203 (may also be made to work by relocation request from or outside) the timer and the like regularly work, after selecting the logical disk of interest, logical disks for the logical disk Referring to reading frequency table 302 and the logical disk writing frequency table 303, it calculates the presence or absence of the access, to detect the absence of a certain period of time with respect to the logical disk.

そのような状態を検出した場合で、かつアクセスの無い領域に対して高速ディスクプール102の物理ブロックが割り当てられていた場合は、データ再配置手段203は低速ディスクプール112上の物理ブロックを新たなに確保し、当該領域のデータを読み出して新たに確保した低速ディスクプール112上の物理ブロックに書き込み、当該物理ブロックを論理ディスクに対する新たな記憶領域として割り当てる。 If it detects such a condition, and if the physical block of high-speed disk pool 102 to a region with no access is allocated, the data rearrangement unit 203 a new physical block on a slow disk pool 112 reserved, it reads data of the area write to the newly physical blocks on slow disk pool 112 secured, assigns the physical block as a new storage area to the logical disk.

図3は、図2で示した論理ディスク割り当てテーブル301のデータ構成を示す概念図である。 Figure 3 is a conceptual diagram showing the data structure of the logical disk allocation table 301 shown in FIG. 論理ディスク割り当てテーブル301は、論理ディスクの割り当て状況を管理するテーブルであり、論理ディスクID301a、割り当てアドレス301b、性能区分301c、格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eといった各データを含む。 Logical disk allocation table 301 is a table for managing the allocation status of the logical disk, comprising a logical disk ID301a, the allocated address 301b, performance segment 301c, each data such as storage pool identification information 301d and the storage address information 301 e.

論理ディスクID301aは、論理ディスク120を識別する情報である。 Logical disk ID301a is information for identifying the logical disk 120. 割り当てアドレス301bは、当該論理ディスク上の領域に対応するアドレスを示す。 Assignment address 301b indicate an address corresponding to the area on the logical disk. 性能区分301cは、当該論理ディスク上の領域が高速ディスクプール102と低速ディスクプール112のいずれに含まれているかを示す。 Performance classification 301c indicates which area on the logical disk is included, a high-speed disk pool 102 and a low-speed disk pool 112. 格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eは、論理ディスクID301aおよび割り当てアドレス301bで表される論理ディスク上の領域に対応する物理ブロックの所在を示す。 Storage pool identification information 301d and stores address information 301e indicates the location of the physical block corresponding to the area on the logical disk that is represented by logical disks ID301a and assigned address 301b.

ここでは、格納プール識別情報301dが「P1」の場合は高速ディスクプール102に物理ブロックが含まれることになるので、性能区分301cは「高」である。 Here, since the storage pool identification information 301d is to be included physical block at a high speed disk pool 102 in the case of "P1", the performance classification 301c is "high". 格納プール識別情報301dが「P2」の場合は低速ディスクプール112に物理ブロックが含まれることになるので、性能区分301cは「低」である。 Since storage pool identification information 301d is to be included physical block to the low-speed disk pool 112 in the case of "P2", the performance classification 301c is "low". なお、論理ディスク上には物理ブロックが割り当てられていない領域もある。 Incidentally, there is also a region where no physical block is allocated to the logical disk. その場合は、該領域に対応する性能区分301c、格納プール識別情報301d、格納アドレス情報301eは空欄である。 In that case, the performance classification 301c corresponding to the area, storage pool identification information 301d, stores address information 301e is empty.

図4は、図2で示した読み出し頻度テーブル302のデータ構成を示す概念図である。 Figure 4 is a conceptual diagram showing a data configuration of the read frequency table 302 shown in FIG. 読み出し頻度テーブル302は、論理ディスクの読み出し頻度を管理するテーブルであり、論理ディスク120を識別する情報である論理ディスクID302a、当該論理ディスク上の領域に対応するアドレス302b、および当該アドレスに対して読み出しの有無を示す読み出し判別情報302cといった各データを含む。 Reading frequency table 302 is a table for managing the reading frequency of the logical disk, read logical disk ID302a is information for identifying the logical disk 120, the address 302b, and the address corresponding to the area on the logical disk including each data such as read discrimination information 302c indicating the presence or absence of.

図5は、図2で示した書き込み頻度テーブル303のデータ構成を示す概念図である。 Figure 5 is a conceptual diagram showing the data structure of the write frequency table 303 shown in FIG. 書き込み頻度テーブル303は、論理ディスクの書き込み頻度を管理するテーブルであり、論理ディスク120を識別する情報である論理ディスクID303a、当該論理ディスク上の領域に対応するアドレス303b、および当該アドレスに対して書き込みの有無を示す書き込み判別情報303cといった各データを含む。 Write frequency table 303 is a table for managing the writing frequency of the logical disk, write logical disk ID303a is information for identifying the logical disk 120, the address corresponding to the area on the logical disk 303b, and with respect to the address including each data such as a write judgment information 303c indicating the presence or absence of.

図6は、図2で示した無アクセス状況記録テーブル304のデータ構成を示す概念図である。 Figure 6 is a conceptual diagram showing a data structure of a non-access state record table 304 shown in FIG. 無アクセス状況記録テーブル304は、論理ディスクに対するアクセスの有無を記録するテーブルであり、論理ディスク120を識別する情報である論理ディスクID304a、当該論理ディスク上の領域に対応するアドレス304b、および当該アドレスに対して無アクセス状態の回数を示す無アクセス頻度304cといった各データを含む。 No access status record table 304 is a table for recording the presence or absence of access to the logical disk, logical disk ID304a is information for identifying the logical disk 120, the address 304b corresponds to a region on the logical disk, and to the address including each data such free access frequency 304c indicating the number of non-access state for.

図7は、図2で示したデータ読み出し手段201の動作を示すフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart showing the operation of the data reading means 201 shown in FIG. データ読み出し手段201は、ホスト計算機10からの読み出し要求によって動作を開始すると、まず要求された論理ディスクを識別する論理ディスクID302aと、要求されたアドレスとデータサイズを元に、当該データ読み出し要求に対する論理ディスク上の対応するアドレス302bを算出し、読み出し頻度テーブル302上に当該論理ディスクID302aとアドレス302bにおける読み出し判別情報302cを読み出し「有り」として記録して更新する(ステップS401)。 Data reading means 201 starts the operation by the read request from the host computer 10, and the logical disk ID302a identifies the logical disk that is required first, based on the requested address and data size, the logical with respect to the data read request It calculates the corresponding address 302b on the disk, on the reading frequency table 302 reads the read discrimination information 302c in the logical disk ID302a address 302b record to be updated as "Yes" (step S401).

続いてデータ読み出し手段201は論理ディスク割り当てテーブル301を参照し、当該論理ディスク301aの当該アドレス301bに対して割り当てられている物理ブロックの格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eを取得し(ステップS402)、当該物理ブロックからデータを読み出してキャッシュメモリ140に格納してホスト計算機10に応答を返却する(ステップS403)。 Then the data reading means 201 refers to the logical disk allocation table 301, acquires the storage pool identification information 301d and storage address information 301e of the physical blocks being allocated to the address 301b of the logical disk 301a (step S402 ), and stored in the cache memory 140 reads data from the physical block returns a response to the host computer 10 (step S403).

その後データ読み出し手段201は、性能区分301cから、当該物理ブロックが高速ディスクプール102と低速ディスクプール112のいずれに割り当てられているかを判断する(ステップS404)。 Then the data reading means 201 from the performance classification 301c, to determine whether the physical block is allocated to any of the high-speed disk pool 102 and a low-speed disk pool 112 (step S404). 高速ディスクプール102であればそのまま処理を終了するが、低速ディスクプール112に割り当てられている場合は、ステップS405からの処理を実施して、該物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える。 If fast disk pool 102 the process ends, but if it is assigned to the low-speed disk pool 112, and executes the processing from step S405, replace the physical block at a high speed disk pool 102.

該物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える処理は、まず高速ディスクプール102内の未割り当ての物理ブロックを新規に割り当てる領域として確保し(ステップS405)、キャッシュメモリ140に格納されている読み出し済のデータを、ステップS405で確保された領域に書き込む(ステップS406)。 Processing replace the physical block at a high speed disk pool 102 allocated as the region first assign unassigned physical blocks of fast disk pool 102 to a new (step S405), it reads the already data stored in the cache memory 140 the written in an area reserved at step S405 (step S406).

そして、論理ディスク割り当てテーブル301において、当該論理ディスク301aの当該アドレス301bに対する割り当て領域として、新たに確保した高速ディスクプールのIDとアドレスを格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eに記録して更新する(ステップS407)。 Then, in the logical disk allocation table 301, as the allocation region for the address 301b of the logical disk 301a, and updates and records the newly stored ID and address of the high-speed disk pool reserved pool identity 301d and stores address information 301e (step S407). 最後に、低速ディスクプール112に割り当てられていた元の物理ブロックを未割り当て領域として解放する(ステップS408)。 Finally, release the original physical block which has been allocated to the low-speed disk pool 112 as unallocated areas (step S408). 以上で物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える処理が完了する。 Processing replace the physical block at a high speed disk pool 102 above is completed.

図8は、図2で示したデータ書き込み手段202の動作を示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart showing the operation of the data writing means 202 shown in FIG. データ書き込み手段202は、ホスト計算機10からの書き込み要求によって動作を開始すると、まず要求された論理ディスクを識別する論理ディスクID303aと、要求されたアドレスとデータサイズを元に、当該データ書き込み要求に対する論理ディスク上の対応するアドレス303bを算出し書き込み頻度テーブル303上に当該論理ディスクID303aとアドレス303bにおける書き込み判別情報303cを書き込み「有り」として記録して更新する(ステップS501)。 Data writing means 202 starts the operation by the write request from the host computer 10, and the logical disk ID303a identifies the logical disk that is required first, based on the requested address and data size, the logical with respect to the data write request record the write judgment information 303c on the write frequency table 303 calculates the corresponding address 303b on the disk in the logical disk ID303a address 303b as write "Yes" to update (step S501).

続いてデータ書き込み手段202は要求されたデータをキャッシュメモリ140上に格納してホスト計算機10に応答を返却し(ステップS502)、論理ディスク割り当てテーブル301を参照して当該論理ディスク301aの当該アドレス301bに対して割り当てられている物理ブロックの格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eを取得し(ステップS503)、性能区分301cから、当該物理ブロックが高速ディスクプール102と低速ディスクプール112のいずれに割り当てられているかを判断する(ステップS504)。 Then the data write unit 202 returns a response to the host computer 10 stores the requested data in the cache memory 140 (step S502), with reference to the logical disk allocation table 301 the address 301b of the logical disk 301a get the storage pool identification information 301d and storage address information 301e of allocated physical block against (step S503), allocated from the performance classification 301c, to any relevant physical block is high disk pool 102 and a low-speed disk pool 112 It is either the determining is (step S504).

当該物理ブロックに割り当てられているのが高速ディスクプール102であれば、キャッシュメモリ140に格納されているデータをそのまま該物理ブロックに書き込んで(ステップS509)終了するが、低速ディスクプール112に割り当てられている場合は、ステップS505からの処理を実施して、該物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える。 If fast disk pool is 102 that are assigned to the physical block, it writes the data stored in the cache memory 140 as it is the physical block (step S509) is ended, assigned to the low-speed disk pool 112 and if has, and performs the processing from step S505, replace the physical block at a high speed disk pool 102.

該物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える処理は、まず高速ディスクプール102内の未割り当ての物理ブロックを新規に割り当てる領域として確保し(ステップS505)、キャッシュメモリ140に格納されているデータを、ステップS505で確保された領域に書き込む(ステップS506)。 Processing replace the physical block at a high speed disk pool 102 allocated as the region first assign unassigned physical blocks of fast disk pool 102 to a new (step S505), the data stored in the cache memory 140, step It is written in an area reserved in S505 (step S506).

そして、論理ディスク割り当てテーブル301において、当該論理ディスク301aの当該アドレス301bに対する割り当て領域として、新たに確保した高速ディスクプール102のIDとアドレスを格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eに記録して更新する(ステップS507)。 Then, in the logical disk allocation table 301, the logical as the allocation region for the address 301b of the disc 301a, recorded and newly stores the ID and the address of the high-speed disk pool 102 secured pool identity 301d and stores address information 301e updates (step S507). 最後に、低速ディスクプール112に割り当てられていた元の物理ブロックを未割り当て領域として解放する(ステップS508)。 Finally, release the original physical block which has been allocated to the low-speed disk pool 112 as unallocated areas (step S508). 以上で物理ブロックを高速ディスクプール102に付け替える処理が完了する。 Processing replace the physical block at a high speed disk pool 102 above is completed.

以上の図7および図8に係る処理で、キャッシュメモリ140にデータを記憶させてホスト計算機10に応答を返却する処理は、従来のストレージ装置で通常行われている処理である。 In the process according to FIGS. 7 and 8 above, processing to return the response by storing the data in the cache memory 140 to the host computer 10 is a process that is usually carried out in a conventional storage device. これに低速ディスクプール112から高速ディスクプール102へのデータ再配置についての処理を付加しただけであると言えるので、このデータ再配置に係るストレージ装置および物理ディスクに対する負荷はごく小さく済む。 Since it can be said that this low-speed disk pool 112 only by adding the processing for data relocation to high-speed disk pool 102, the load on the storage device and a physical disk according to the data rearrangement requires only very small.

図9は、図2で示したデータ再配置手段203の動作を示すフローチャートである。 Figure 9 is a flowchart showing the operation of the data rearrangement unit 203 shown in FIG. データ再配置手段203は、タイマ(図示せず)などによって定期的に動作を開始すると、まず読み出し頻度テーブル302および書き込み頻度テーブル303を参照し(ステップS601)、ストレージ装置100上に存在する各々の論理ディスク120に割り当てられた各ブロックのアドレスについて調査を行う。 Data relocation unit 203, the timer when the like (not shown) to start the regular operation, first referring to the read frequency table 302 and the write frequency table 303 (step S601), each existing on the storage device 100 investigate address of each block allocated to the logical disk 120.

データ再配置手段203は、タイマなどによって自身が動作する一周期以内に、一つの論理ディスクの一つのアドレスについてアクセス、つまり読み出し要求あるいは書き込み要求のうちのいずれかがされたか否かを確認する(ステップS602)。 Data relocation means 203, such as within one period by itself operated by a timer, for one address of one logical disk access, i.e. to check whether it has been one of the read request or the write request ( step S602).

より具体的には、読み出し頻度テーブル302上で当該論理ディスクID302aとアドレス302bにおける読み出し判別情報302cが読み出し「有り」である、もしくは書き込み頻度テーブル303上で当該論理ディスクID303aとアドレス303bにおける書き込み判別情報303cが書き込み「有り」である場合に、当該論理ディスクの当該アドレスに対して過去にアクセスが存在していたと判断する。 More specifically, the read discrimination information 302c on reading frequency table 302 in the logical disk ID302a and address 302b is read "Yes", or write judgment information on the write frequency table 303 in the logical disk ID303a address 303b 303c is the case where a write "Yes", it is determined that the past access to the address of the logical disk was present. 読み出し判別情報302cと書き込み判別情報303cのいずれも「無し」であった場合は、過去にアクセスが存在していないと判断する。 If was also one of the read discrimination information 302c and the write judgment information 303c "No", it is determined that the access in the past does not exist.

ステップS602で過去にアクセスが存在していないと判断された場合は、無アクセス状況記録テーブル304で、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bにおける無アクセス頻度304cの値に1を加算して(ステップS603)、ステップS605に進む。 If accessed in the past is determined not to exist in step S602, with no access state record table 304, it adds 1 to the value of the non-access frequency 304c in the address 304b of the logical disk ID304a (step S603 ), the process proceeds to step S605.

一方、ステップS602で過去にアクセスが存在したと判断された場合は、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bにおける無アクセス頻度304cの値を「0」として、さらに読み出し頻度テーブル302の当該アドレスの読み出し判別情報302cを読み出し「無し」に、書き込み頻度テーブル303上の当該アドレスの書き込み判別情報303cも書き込み「無し」にそれぞれ変更して(ステップS604)、ステップS605に進む。 On the other hand, if it is determined that the access in the past exists in step S602, the value of the non-access frequency 304c in the address 304b of the logical disk ID304a as "0", further reading determination of the address of the read frequency table 302 reads information 302c to "no", write determination information 303c of the address on the write frequency table 303 be changed respectively to a write "none" (step S604), the process proceeds to step S605.

つまり、データ再配置手段203が動作する一周期以内に図7で示したデータ読み出し手段201の動作が行われないと、読み出し判別情報302cは「無し」のままである。 That is, when the operation of the data reading means 201 shown in FIG. 7 within one period in which the data rearrangement unit 203 is operation is not performed, the read discrimination information 302c remains "No". 同様に、一周期以内に図8で示したデータ書き込み手段202の動作が行われないと、書き込み判別情報303cは「無し」のままである。 Similarly, when the operation of data writing means 202 shown in FIG. 8 within one cycle is not performed, the write judgment information 303c remains "No". これによって、ステップS602で示したアクセスの有無の判断が成立する。 Thus, determination of the presence or absence of the access shown in step S602 is satisfied.

続いて、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bにおける無アクセス頻度304cの値が移動条件を満たしているか否かを判断する(ステップS605)。 Subsequently, the value of free access frequency 304c in the address 304b of the logical disk ID304a determines whether to satisfy the moving condition (step S605). ここでいう移動条件とは、無アクセス頻度304cの値が特定の閾値を超えていることである。 The movement condition here is that the value of the non-access frequency 304c exceeds a certain threshold. この閾値は、固定値として事前に設定してもよいし、また外部環境から変更可能な値としてもよい。 This threshold value may be set in advance as a fixed value, or may be alterable values ​​from the external environment. 移動条件が成立していない場合は、後述のステップS612に進む。 If the movement condition is not satisfied, the process proceeds to step S612 described later.

ステップS605で移動条件が成立した場合は、データ再配置手段203は低速ディスクプール112上に、未割り当ての物理ブロックを新規に割り当てる領域として確保する(ステップS606)。 If the moving condition is satisfied in step S605, the data rearrangement unit 203 on the low-speed disk pool 112, to secure a space to allocate the unallocated physical block to the new (step S606). 続いて、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bに現在割り当てられている高速ディスクプール102上の物理ブロックに記録されているデータを読み出して、キャッシュメモリ140に格納する(ステップS607)。 Then, by reading the data recorded in the physical block of high-speed disk pool on 102 to the address 304b of the logical disk ID304a currently assigned, it is stored in the cache memory 140 (step S607).

そしてデータ再配置手段203は、ステップS606で確保された低速ディスクプール112上の物理ブロックに、ステップS607でキャッシュメモリ140に格納されたデータを書き込む(ステップS608)。 The data rearrangement unit 203, the physical blocks on slow disk pool 112 secured by step S606, the writing data stored in the cache memory 140 at step S607 (step S608).

そして、論理ディスク割り当てテーブル301において、当該論理ディスク301aの当該アドレス301bに対する割り当て領域として、新たに確保した低速ディスクプール112のIDとアドレスを格納プール識別情報301dおよび格納アドレス情報301eに記録して更新する(ステップS609)。 Then, in the logical disk allocation table 301, the logical as the allocation region for the address 301b of the disc 301a, recorded and newly stores the ID and the address of the low-speed disk pool 112 secured pool identity 301d and stores address information 301e updates (step S609). さらに、高速ディスクプール102に割り当てられていた元の物理ブロックを未割り当て領域として解放する(ステップS610)。 Furthermore, to release the original physical block which has been allocated to fast disk pool 102 as unallocated areas (step S610).

最後に、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bにおける無アクセス頻度304cの値を「0」とする(ステップS611)。 Finally, the value of the non-access frequency 304c in the address 304b of the logical disk ID304a to "0" (step S611). これによって、当該論理ディスクID304aの当該アドレス304bが低速ディスクプール112に割り当てられている場合は、次にデータ再配置手段203が動作する際には無アクセス頻度304c=「0」となるので、低速ディスクプール112に割り当てられている物理ブロックを低速ディスクプール112に移動させるという無意味な動作が生じることもない。 Thus, since the address 304b of the logical disk ID304a is if it is assigned to the low-speed disk pool 112, then when the data rearrangement unit 203 to operate the non-access frequency 304c = "0", a low speed it does not cause a meaningless operation of moving the physical block allocated to the disk pool 112 in the low-speed disk pool 112.

以上で、特定の論理ディスクの特定のブロックにおいてデータ再配置に係る判断と処理が完了した。 Thus, the determination and the process relating to the data rearrangement is completed in a particular block of a particular logical disk. これをチェック対象となる全ての論理ディスクの全てのブロックについてチェックしたかどうかを確認し、未完了であれば次のブロックをチェック対象としてステップS601からの処理を継続する(ステップS612)。 This was confirmed whether checked for all the blocks of all logical disk to be checked, the processing continues from step S601 if not completed the next block as a check target (step S612).

本実施の形態では、実際に読み書きが発生した論理ディスクの領域に対して、キャッシュメモリ140を利用して低速ディスクプール112から高速ディスクプール102へのデータ再配置を行うことにより、アクセス頻度の高い論理ディスクの領域を高速ディスクプール102に割り当てる。 In this embodiment, actually to a region of logical disk write it occurs, by performing the data relocation from the low speed disk pool 112 to the high-speed disk pool 102 by utilizing the cache memory 140, frequently accessed allocate space of the logical disk at a high speed disk pool 102. 低速ディスクプール112から高速ディスクプール102へのデータ再配置はデータの読み書き処理の中で実施されるので、ストレージ装置および物理ディスクに対する負荷はごく小さく済む。 Since the data relocation from the slow disk pool 112 to the high-speed disk pool 102 are performed in the read and write processing of data, load on the storage device and a physical disk requires very small.

そしてブロック毎にアクセス頻度を測定して、アクセス頻度の低いブロックを再配置対象と判定して高速ディスクプール102から低速ディスクプール112への再配置を実施することにより、アクセス頻度の低い論理ディスクの領域を低速ディスクプール112に割り当てる。 Then by measuring the access frequency for each block, determines that the relocated infrequently accessed blocks from the fast disk pool 102 by carrying out the relocation to the low-speed disk pool 112, the access frequency low logical disk allocating to a low-speed disk pool 112. これによって、アクセス頻度に応じて適切に高速ディスクプール102と低速ディスクプール112との間でデータを再配置することができる。 This makes it possible to relocate data between appropriately fast disk pool 102 and a low-speed disk pool 112 in accordance with the access frequency.

低速ディスクプール112から高速ディスクプール102へのデータ再配置は前述のようにデータの読み書き処理の中で実施され、タイマなどによって定期的に実施されるルーチンとしては高速ディスクプール102から低速ディスクプール112への再配置の処理が加わるのみである。 Data relocation from the low speed disk pool 112 to the high-speed disk pool 102 is performed in the read and write processing of data as described above, the low-speed disk pool 112 from the high-speed disk pool 102 as a routine that is periodically performed by a timer the re-arrangement process is only applied to. 従って、この場合もストレージ装置および物理ディスクに対する負荷は小さく済む。 Therefore, load on the storage device and the physical disks in this case requires smaller.

これまで本発明について図面に示した特定の実施の形態をもって説明してきたが、本発明は図面に示した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の効果を奏する限り、これまで知られたいかなる構成であっても採用することができることは言うまでもないことである。 While there have been described on the basis of the specific embodiments shown in the drawings the present invention, the present invention is not limited to the embodiments shown in the drawings, as long as the effect of the present invention, previously known It was it is needless to say that can be adopted even in any configuration.

高速物理ディスクと低速物理ディスクとを複数組み合わせた装置において利用できる。 Available in apparatus combining a plurality of the high speed physical disks and slow physical disks. ストレージ専用の装置でなくてもよい。 It may not be a device of storage only.

10 ホスト計算機 100 ストレージ装置 101、101a、101b 高速物理ディスク 102 高速ディスクプール 103a、103b、113a、113b 物理ブロック 111、111a、111b 低速物理ディスク 112 低速ディスクプール 120 論理ディスク 130 ホストアダプタ 140 キャッシュメモリ 150 制御部 201 データ読み出し手段 202 データ書き込み手段 203 データ再配置手段 301 論理ディスク割り当てテーブル 302 論理ディスク読み出し頻度テーブル 303 論理ディスク書き込み頻度テーブル 304 無アクセス状況記録テーブル 10 host computer 100 storage device 101 or 101a, 101b high speed physical disks 102 fast disk pool 103a, 103b, 113a, 113b physical blocks 111, 111a, 111b slow physical disks 112 slow disk pool 120 logical disk 130 host adapters 140 cache memory 150 control part 201 data reading means 202 data writing means 203 data rearrangement unit 301 logical disk allocation table 302 logical disk reading frequency table 303 logical disk writing frequency table 304 No access status record table

Claims (14)

  1. 単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、 A first disk pools containing one or more of the first physical disk device,
    前記第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、 A second physical disk device having low data access speed than the first physical disk device and a second disk pools containing one or more,
    データを一時的に保存するキャッシュメモリと、 And a cache memory for temporarily storing the data,
    前記第1のディスクプールおよび前記第2のディスクプール上の物理ブロックを論理ディスク上のアドレスに対応させる論理ディスク割当テーブルを使用してホスト計算機からの前記論理ディスクに対する読み出し要求および書き込み要求に対応して前記物理ブロックにデータを読み書きする制御部とを備え、 Using logical disk allocation table to correspond to the physical block on the first disk pool and the second disk pool to the address on the logical disk corresponding to the read and write requests to said logical disk from the host computer and a control unit for reading and writing data to the physical block Te,
    前記制御部が、前記論理ディスク上のアドレスに対する前記読み出し要求に対応して、第1の物理ブロックからデータを読み出して前記キャッシュメモリ上に保存し、前記第1の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第2の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第1の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新するデータ読み出し手段を含むことを特徴とするストレージ装置。 Wherein the control unit is, the in response to the read request relating to the address on the logical disk, reads out the data from the first physical block is stored on the cache memory, the first physical block is the second disc when located on the pool, the data for updating the logical disk allocation table to release the first physical block after writing data on the cache memory to the second physical block on the first disk pool storage apparatus comprising a reading means.
  2. 前記制御部が、前記論理ディスク上のアドレスに対する前記書き込み要求に対応して、前記制御部は前記ホスト計算機から受け取ったデータを前記キャッシュメモリ上に保存し、前記論理ディスク上のアドレスに該当する第3の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第4の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第3の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新するデータ書き込み手段を含むことを特徴とする、請求項1に記載のストレージ装置。 The said control unit, said response to the write request relating to the address on the logical disk, wherein the control unit stores the data received from the host computer on the cache memory, corresponding to an address on the logical disk If the third physical block is on the second disk pool, the third physical block released after writing the data on the cache memory to the fourth physical block on the first disk pool characterized in that it comprises a data writing means for updating the logical disk allocation table Te, storage system according to claim 1.
  3. 前記データ読み出し手段が、前記読み出し要求に対応してデータの読み出しを行った前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ読み出しの有った旨を、前記制御部があらかじめ備える読み出し頻度テーブルに記録し、 Said data reading means, the effect that the address on the logical disk that was read data in response to the read request there the data reading, recorded in the reading frequency table which the control unit is provided in advance,
    前記データ書き込み手段が、前記書き込み要求に対応してデータの書き込みを行った前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ書き込みの有った旨を、前記制御部があらかじめ備える書き込み頻度テーブルに記録することを特徴とする、請求項2に記載のストレージ装置。 Wherein the data writing means, to the effect that in response to the write request there the data write to the address on the logical disk writes data, it is recorded in the write frequency table and the control unit is provided in advance wherein the storage device according to claim 2.
  4. 前記制御部が、前記読み出し頻度テーブルおよび前記書き込み頻度テーブルを定期的に検査し、所定の間隔内に前記データ読み出しおよび前記データ書き込みのなかった前記論理ディスク上のアドレスに対して無アクセス頻度を前記制御部があらかじめ備える無アクセス頻度テーブルに記録するデータ再配置手段を含むことを特徴とする、請求項3に記載のストレージ装置。 Wherein the control unit, the reading frequency to periodically check the table and the writing frequency table, the free access frequency to the data read and the address on the logical disk was not the data written to the predetermined distance characterized in that it comprises a data rearrangement means for recording the non-access frequency table control unit is provided in advance, the storage device according to claim 3.
  5. 前記データ再配置手段が、前記第1のディスクプール上の第5の物理ブロックに割り当てられている前記論理ディスク上のアドレスにおける前記無アクセス頻度が所定の閾値を超える場合、前記第2のディスクプール上の第6の物理ブロックに前記第5の物理ブロック上のデータを書き込んだ後に前記第5の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新して前記無アクセス頻度のデータを消去することを特徴とする、請求項4に記載のストレージ装置。 The data rearrangement means, if the free access frequency in the first disk fifth address on the logical disks allocated to the physical blocks in the pool exceeds a predetermined threshold value, said second disk pool and releasing the fifth physical block to a sixth physical block above after writing data on said fifth physical block to update the logical disk allocation table to erase the data of the non-access frequency wherein the storage device according to claim 4.
  6. 前記データ再配置手段が、前記読み出し頻度テーブルおよび前記書き込み頻度テーブルで、所定の間隔内に前記データ読み出しおよび前記データ書き込みのあった前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ読み出しおよび書き込みの有った旨のデータを消去することを特徴とする、請求項4もしくは請求項5に記載のストレージ装置。 The data rearrangement means, in said reading frequency table and the write frequency table, there the data read and write to the address on the logical disk for which the said data reading and said data writing in a predetermined distance wherein the erasing effect of the data storage device according to claim 4 or claim 5.
  7. 単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、前記第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、データを一時的に保存するキャッシュメモリとを有するストレージ装置でデータの再配置を行う方法であって、 A first disk pools containing one or more of the first physical disk device, said first physical disk singular a second physical disk device having low data access speed than device or including the second disk pool a method of rearranging the data storage device and a cache memory for temporarily storing data,
    ホスト計算機からの前記論理ディスク上のアドレスに対する読み出し要求を受け、あらかじめ備えられた論理ディスク割当テーブルによって、前記論理ディスク上のアドレスに対応する前記第1のディスクプールもしくは前記第2のディスクプール上の第1の物理ブロックを特定する第1の物理ブロック特定工程と、 Receiving a read request relating to the address on the logical disk from the host computer, the logical disk allocation table provided in advance, on the first disk pool or said second disk pool corresponding to an address on the logical disk a first physical block specifying step of specifying a first physical block,
    前記第1の物理ブロックからデータを読み出して前記キャッシュメモリ上に保存するデータ読み出し工程と、 A data reading step of storing on the cache memory reads the data from the first physical block,
    前記第1の物理ブロックが前記第1のディスクプールと前記第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第1のディスクプール特定工程と、 A first disk pool specifying step of specifying whether the first physical block is present in any of the second disk pool and the first disk pool,
    前記第1の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第2の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第1の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新する第1のデータ再配置工程とを有することを特徴とするデータ再配置方法。 When the first physical block is on the second disk pool, the first physical block after writing data on the cache memory to the second physical block on the first disk pool data relocation method characterized in that releasing to having a first data rearrangement step of updating the logical disk allocation table.
  8. 前記ホスト計算機からの前記論理ディスク上のアドレスに対する書き込み要求を受け、前記論理ディスク割当テーブルによって、前記論理ディスク上のアドレスに対応する前記第1のディスクプールもしくは前記第2のディスクプール上の第3の物理ブロックを特定する第2の物理ブロック特定工程と、 Wherein receiving the write request relating to the address on the logical disk from the host computer, the by logical disk allocation table, the third on the first disk pool or said second disk pool corresponding to an address on the logical disk a second physical block specifying step of specifying the physical block,
    前記ホスト計算機から受け取ったデータを前記キャッシュメモリ上に保存するデータキャッシュ工程と、 A data cache step of storing data received from said host computer on the cache memory,
    前記第3の物理ブロックが前記第1のディスクプールと前記第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第2のディスクプール特定工程と、 A second disk pool specifying step of specifying whether the third physical block is present in any of the second disk pool and the first disk pool,
    前記第3の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第4の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第3の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新する第2のデータ再配置工程とを有することを特徴とする、請求項7に記載のデータ再配置方法。 When the third physical block is on the second disk pool, the third physical block after writing data on the cache memory to the fourth physical block on the first disk pool wherein the release to a second data rearrangement step of updating the logical disk allocation table, data rearrangement method according to claim 7.
  9. 前記第1のデータ再配置工程が、前記読み出し要求に対応してデータの読み出しを行った前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ読み出しの有った旨を、あらかじめ備えられた読み出し頻度テーブルに記録する読み出し頻度記録工程を含み、 Said first data relocation process, there was the effect of data reading from the address on the logical disk that was read data in response to the read request, records the read frequency table provided in advance includes a reading frequency recording step of,
    前記第2のデータ再配置工程が、前記書き込み要求に対応してデータの書き込みを行った前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ書き込みの有った旨を、あらかじめ備えられた書き込み頻度テーブルに記録する書き込み頻度記録工程を含むことを特徴とする、請求項8に記載のデータ再配置方法。 Said second data rearrangement step, the effect that the address on the logical disk writing data was performed corresponding to the write request there the data writing, recording the write frequency table provided in advance characterized in that it comprises a writing frequency recording process of the data rearrangement method according to claim 8.
  10. 前記読み出し頻度テーブルおよび前記書き込み頻度テーブルを定期的に検査する頻度検査工程と、 And frequency inspection step of periodically inspecting the reading frequency table and the writing frequency table,
    前記読み出し頻度テーブルおよび前記書き込み頻度テーブルで所定の間隔内に前記データ読み出しおよび前記データ書き込みのなかった前記論理ディスク上のアドレスに対して無アクセス頻度をあらかじめ備えられた無アクセス頻度テーブルに記録する無アクセス頻度記録工程を有することを特徴とする、請求項9に記載のデータ再配置方法。 No to be recorded on the reading frequency table and the data read and the free access frequency table provided free access frequency in advance to the data writing of which was not address on the logical disk to the write frequency table within a predetermined distance It characterized in that it has an access frequency recording step, data rearrangement method according to claim 9.
  11. 前記無アクセス頻度テーブルを定期的に検査し、前記第1のディスクプールに割り当てられていてかつ前記無アクセス頻度が所定の閾値を超える前記論理ディスク上のアドレスに対応する第5の物理ブロックを検出する無アクセス検査工程と、 The free access frequency table periodically inspected, detecting a fifth physical block, wherein the first and assigned to the disk pool and the free access frequency corresponding to the address on the logical disk that exceeds a predetermined threshold value and the no-access inspection process that,
    前記第2のディスクプール上の第6の物理ブロックに前記第5の物理ブロック上のデータを書き込んだ後に前記第5の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新して前記無アクセス頻度のデータを消去する第3のデータ再配置工程を有することを特徴とする、請求項10に記載のデータ再配置方法。 Said second sixth the fifth physical block release to the update the logical disk allocation table free access frequency data after writing on said physical block fifth physical block on the disk pool third and having a data rearrangement process of the data rearrangement method according to claim 10 to erase the data.
  12. 前記第3のデータ再配置工程が、前記読み出し頻度テーブルおよび前記書き込み頻度テーブルで、所定の間隔内に前記データ読み出しおよび前記データ書き込みのあった前記論理ディスク上のアドレスに対してデータ読み出しおよび書き込みの有った旨のデータを消去する頻度消去工程を含むことを特徴とする、請求項10もしくは請求項11に記載のデータ再配置方法。 The third data rearrangement step, the at reading frequency table and the writing frequency table, the data read and write to the address on the logical disk for which the said data reading and said data writing in a predetermined distance characterized in that it comprises a frequency erasing step of erasing there was that the data, the data rearrangement method according to claim 10 or claim 11.
  13. 単数または複数の第1の物理ディスク装置を含む第1のディスクプールと、前記第1の物理ディスク装置よりもデータアクセス速度の低い第2の物理ディスク装置を単数または複数含む第2のディスクプールと、データを一時的に保存するキャッシュメモリとを有するストレージ装置を制御するコンピュータに、 A first disk pools containing one or more of the first physical disk device, said first physical disk singular a second physical disk device having low data access speed than device or including the second disk pool , the computer controlling the storage system having a cache memory for temporarily storing data,
    ホスト計算機からの前記論理ディスク上のアドレスに対する読み出し要求を受け、あらかじめ備えられた論理ディスク割当テーブルによって、前記論理ディスク上のアドレスに対応する前記第1のディスクプールもしくは前記第2のディスクプール上の第1の物理ブロックを特定する第1の物理ブロック特定処理と、 Receiving a read request relating to the address on the logical disk from the host computer, the logical disk allocation table provided in advance, on the first disk pool or said second disk pool corresponding to an address on the logical disk a first physical block identification processing for identifying the first physical block,
    前記第1の物理ブロックからデータを読み出して前記キャッシュメモリ上に保存するデータ読み出し処理と、 And data read processing to be stored on the cache memory reads the data from the first physical block,
    前記第1の物理ブロックが前記第1のディスクプールと前記第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第1のディスクプール特定処理と、 A first disk pool specifying process of specifying whether present in any of the first physical block and the first disk pool second disk pool,
    前記第1の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第2の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第1の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新する第1のデータ再配置処理とを実行させることを特徴とするデータ再配置プログラム。 When the first physical block is on the second disk pool, the first physical block after writing data on the cache memory to the second physical block on the first disk pool releasing to the logical disk allocated first data rearrangement program for causing to execute a data relocation process of updating the table.
  14. 前記ホスト計算機からの前記論理ディスク上のアドレスに対する書き込み要求を受け、前記論理ディスク割当テーブルによって、前記論理ディスク上のアドレスに対応する前記第1のディスクプールもしくは前記第2のディスクプール上の第3の物理ブロックを特定する第2の物理ブロック特定処理と、 Wherein receiving the write request relating to the address on the logical disk from the host computer, the by logical disk allocation table, the third on the first disk pool or said second disk pool corresponding to an address on the logical disk a second physical block specifying process for specifying the physical block,
    前記ホスト計算機から受け取ったデータを前記キャッシュメモリ上に保存するデータキャッシュ処理と、 A data cache process of storing data received from said host computer on the cache memory,
    前記第3の物理ブロックが前記第1のディスクプールと前記第2のディスクプールのうちいずれに存在するかを特定する第2のディスクプール特定処理と、 A second disk pool specifying process of specifying whether present in any of the third physical block wherein the first disk pool second disk pool,
    前記第3の物理ブロックが前記第2のディスクプール上にある場合に、前記第1のディスクプール上の第4の物理ブロックに前記キャッシュメモリ上のデータを書き込んだ後に前記第3の物理ブロックを解放して前記論理ディスク割当テーブルを更新する第2のデータ再配置処理とを実行させることを特徴とする、請求項13に記載のデータ再配置プログラム。 When the third physical block is on the second disk pool, the third physical block after writing data on the cache memory to the fourth physical block on the first disk pool release to, characterized in that to execute a second data rearrangement processing for updating the logical disk allocation table, data rearrangement program of claim 13.
JP2009033075A 2009-02-16 2009-02-16 Storage device, data rearrangement method and program Active JP5146351B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009033075A JP5146351B2 (en) 2009-02-16 2009-02-16 Storage device, data rearrangement method and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009033075A JP5146351B2 (en) 2009-02-16 2009-02-16 Storage device, data rearrangement method and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010191539A true JP2010191539A (en) 2010-09-02
JP5146351B2 true JP5146351B2 (en) 2013-02-20

Family

ID=42817548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009033075A Active JP5146351B2 (en) 2009-02-16 2009-02-16 Storage device, data rearrangement method and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5146351B2 (en)

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05210915A (en) * 1992-01-30 1993-08-20 Nec Corp Disk device
JP3641872B2 (en) * 1996-04-08 2005-04-27 株式会社日立製作所 Storage system
JP2003005920A (en) * 2001-06-22 2003-01-10 Nec Corp Storage system and data rearranging method and data rearranging program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2010191539A (en) 2010-09-02 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8341339B1 (en) Hybrid drive garbage collecting a non-volatile semiconductor memory by migrating valid data to a disk
US7506098B2 (en) Optimized placement policy for solid state storage devices
US8316176B1 (en) Non-volatile semiconductor memory segregating sequential data during garbage collection to reduce write amplification
US6606682B1 (en) Cluster-based cache memory allocation
US20100325352A1 (en) Hierarchically structured mass storage device and method
US8706985B1 (en) System and method for optimizing garbage collection in data storage
US7215580B2 (en) Non-volatile memory control
US5734861A (en) Log-structured disk array with garbage collection regrouping of tracks to preserve seek affinity
US7818489B2 (en) Integrating data from symmetric and asymmetric memory
EP0747806A2 (en) Data compression method and structure for a direct access storage device
WO2011010344A1 (en) Storage system provided with a plurality of flash packages
US20090157756A1 (en) File System For Storing Files In Multiple Different Data Storage Media
US20080307164A1 (en) Method And System For Memory Block Flushing
US20140365719A1 (en) Memory controller that provides addresses to host for memory location matching state tracked by memory controller
US20140379968A1 (en) Memory system having a plurality of writing mode
US20120054419A1 (en) Memory device and operating method thereof
US20050216665A1 (en) Storage system and method for controlling block rearrangement
US20060010290A1 (en) Logical disk management method and apparatus
JPH0816482A (en) Storage device using flash memory, and its storage control method
US20030217080A1 (en) System and method for intelligent write management of disk pages in cache checkpoint operations
US20110238908A1 (en) Disc device
US20040039875A1 (en) Disk array device and virtual volume management method in disk array device
US20050216659A1 (en) Storage capable of cache assignment modification
US8832371B2 (en) Storage system with multiple flash memory packages and data control method therefor
JP2004272324A (en) Disk array device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20120112

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121015

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121030

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20121112

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151207

Year of fee payment: 3