JP5143825B2 - ヒーブ板を備える改良型波力エネルギー変換器(wec) - Google Patents

ヒーブ板を備える改良型波力エネルギー変換器(wec) Download PDF

Info

Publication number
JP5143825B2
JP5143825B2 JP2009509633A JP2009509633A JP5143825B2 JP 5143825 B2 JP5143825 B2 JP 5143825B2 JP 2009509633 A JP2009509633 A JP 2009509633A JP 2009509633 A JP2009509633 A JP 2009509633A JP 5143825 B2 JP5143825 B2 JP 5143825B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
spar
wec
float
heave plate
pto
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009509633A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009535565A (ja
Inventor
パワーズ,ウィリアム,ビー.
ガーバー,ジェームス
ブル,ダイアナ
Original Assignee
オーシャン パワー テクノロジーズ,インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US79638806P priority Critical
Priority to US60/796,388 priority
Application filed by オーシャン パワー テクノロジーズ,インク. filed Critical オーシャン パワー テクノロジーズ,インク.
Priority to PCT/US2007/010408 priority patent/WO2007130331A2/en
Publication of JP2009535565A publication Critical patent/JP2009535565A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5143825B2 publication Critical patent/JP5143825B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02BHYDRAULIC ENGINEERING
    • E02B9/00Water-power plants; Layout, construction or equipment, methods of, or apparatus for, making same
    • E02B9/08Tide or wave power plants
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B35/00Vessels or similar floating structures specially adapted for specific purposes and not otherwise provided for
    • B63B35/44Floating buildings, stores, drilling platforms, or workshops, e.g. carrying water-oil separating devices
    • B63B35/4406Articulated towers, i.e. substantially floating structures comprising a slender tower-like hull anchored relative to the marine bed by means of a single articulation, e.g. using an articulated bearing
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B39/00Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude
    • B63B39/06Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude to decrease vessel movements by using foils acting on ambient water
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B13/00Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates
    • F03B13/12Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates characterised by using wave or tide energy
    • F03B13/14Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates characterised by using wave or tide energy using wave energy
    • F03B13/16Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates characterised by using wave or tide energy using wave energy using the relative movement between a wave-operated member, i.e. a "wom" and another member, i.e. a reaction member or "rem"
    • F03B13/18Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates characterised by using wave or tide energy using wave energy using the relative movement between a wave-operated member, i.e. a "wom" and another member, i.e. a reaction member or "rem" where the other member, i.e. rem is fixed, at least at one point, with respect to the sea bed or shore
    • F03B13/1845Adaptations of machines or engines for special use; Combinations of machines or engines with driving or driven apparatus; Power stations or aggregates characterised by using wave or tide energy using wave energy using the relative movement between a wave-operated member, i.e. a "wom" and another member, i.e. a reaction member or "rem" where the other member, i.e. rem is fixed, at least at one point, with respect to the sea bed or shore and the wom slides relative to the rem
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2220/00Application
    • F05B2220/70Application in combination with
    • F05B2220/706Application in combination with an electrical generator
    • F05B2220/7066Application in combination with an electrical generator via a direct connection, i.e. a gearless transmission
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2230/00Manufacture
    • F05B2230/60Assembly methods
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/30Energy from the sea, e.g. using wave energy or salinity gradient

Description

本発明は、水塊(a body of water)に配置されると波の動きに応じて互いに対して移動することができる、水平のフロート(以下、「フロート」)と鉛直のほぼ円筒形のフロート(以下、「スパー」)とを有する、波力エネルギー変換器(WEC)ブイに関する。WECは、機械的及び/又は電気的な適切なエネルギー形態を生み出すために、スパーとフロートとの相対運動に応答する動力取出装置(PTO)を備える。
[関連技術の相互参照]
本発明は、「Wave Energy Converter (WEC) with Heave Plates」に対して2006年5月1日に出願された仮出願第60/796,388号から優先権を主張するものであり、当該仮出願の内容は参照により本明細書に援用される。
海洋における悪条件下で確実に動作することができる有用なWECシステムの製造には、多くの問題がある。波の力の振幅、周波数、及び方向の大きな変動は、WECの安定性の維持、及びその効率的且つ確実な動作を困難にする。他の問題は、大型で重い傾向があるWECの輸送及び配備に関する。本発明を具現化するWECは、WECの製造及び効率的動作に関するこれら及び他の問題を解決する手段を備える。
本発明を具現化するWECブイは、フロート及び細長いスパーを備える。フロート及びスパーのうちの一方は、波と概して同相で移動するように設計され、フロート及びスパーのうちの他方は、波と概して異なる位相で移動するように設計される。フロートとスパーとの間に接続されるPTOは、それらの相対運動を電気エネルギー又は任意の他の形態の有用なエネルギーに変換するように設計される。通常、フロートが波と同相で移動するように設計され、スパーが波と異なる位相で移動するように設計される。
本発明は、水塊に配置されると波の運動に応じて互いに対して移動することができるフロート及びスパーを備える波力エネルギー変換器(WEC)内で、且つこれと共に用いるように適用可能である。WECは、本出願の譲受人に譲渡されその教示が参照により本明細書に援用される米国特許第7,140,180号に記載及び特許請求されているタイプのものであり得る。しかしながら、本発明は、スパーの移動を制御するためにヒーブ板が取り付けられるスパーを有する任意の装置に適用可能であることを理解されたい。本出願は、本出願と同時に出願され同一の譲受人に譲渡される「Heave Plate Modified To Provide Increased Damping」と題する特許出願第 号の教示を、そのまま本明細書においても援用する。
本発明の一態様は、WECが配置される水塊の波に応じたフロートとスパーとの相対運動を最適化するのに費用効率的な方法で、有効「質量」及び「ばね定数」を増減させることができるスパーの設計を含む。本発明によれば、1つ又は複数の「ヒーブ」板の中央が、水線よりも下でスパーの鉛直向きに対して概ね垂直にスパーに取り付けられる。ヒーブ板がスパーと共に上下移動することを確実にするために、ロッド、及び/又はケーブル、及び/又はビーム、及び/又はパイプが、ヒーブ板及びスパーの外周間に、且つ/又はヒーブ板及びスパーに沿って選択点間に接続されることで、片持ち状の突き出し及び/又は捩れによる問題を低減する。「ヒーブ」板には、スパーの鉛直運動の特性に対する2つの効果がある。一方の効果は、スパーとそれを囲む水柱との相対運動を妨げる抗力を提供することである。他方の効果は、ヒーブ板の上下で一定量の水を巻き込ませることで、事実上スパーに追加質量を加えることである。これらの2つの効果により、非常に異なる動的挙動が得られ、これらの間の相互作用を用いて中央スパーに所望の特性を与えることができる。
スパーに追加質量を加えることは、スパーの慣性を大きくし、その固有周波数を低下させるのに役立つため、WECの電力変換特性にとって有益である。したがって、ヒーブ板を用いることによって中央スパーが波又はフロートの低い固有共振周波数(NRF)よりも低い固有共振周波数を有するようになることで、電力変換が改善される。さらに、スパーの復原性浮力(restorative buoyancy)が、共振周波数に影響を及ぼす。復原性浮力を減らすことによってスパーの固有周波数が低下するが、この場合、復原性浮力は、浮遊構造の上下動の変位に応じて生じ、浮遊構造をその自然な喫水に戻そうとする静水圧力として定義され得る。ヒーブ板による抗力効果は、いくつかの要因、主に水柱中のヒーブ板の深さと主表面波の波長との比に応じて、益にも害にもなり得る。
本発明のヒーブ板は、スパーの有効質量を増やすのに費用効果的な解決手段とみなすことができる。
本発明の一実施の形態は、「リップ付き」構造又は鉛直構造を備えるヒーブ板をスパーに取り付けることを含む。リップ付き構造又は鉛直構造は、ヒーブ板の上面及び下面に沿って形成され得る。これらのリップを備えるヒーブ板には、少なくとも2つの利点がある。一方の利点は、これがスパーの有効質量を増やすことである。他方の利点は、リップがそのサイズ及び形状に応じて、相対鉛直運動に起因して生じる抗力を減らすことができることである。通常、リップは、ヒーブ板の周縁に沿ってヒーブ板の平面に対して垂直上方及び/又は下方に延びるように形成される。リップのサイズ及び範囲によって、種々の所望の結果を得ることができる。
本発明を具現化するWECは、回転力及び揺さぶり力並びに種々の横方向の推力があるにもかかわらず、フロート及びスパーの相対運動が一方向に沿った(すなわち、配備時に上下の)移動に概ね制限されるようにフロートとスパーとを結合するガイド/軸受システムを備える。
選択される実施の形態では、スパーの上側部分の、スパーが水線及びフロートに対して垂直に上下移動する領域の断面を小さくして、その浮力又は「弾力性」を減らすことができる。スパーの復原性浮力を減らすことによって、スパーの固有周波数が低下する。
本発明を具現化するWECステムは、スパー及びフロートの方向を合わせ、WECブイを配備及び回収しやすい向きにするために、浮力室及びバラスト装置を備え、激しい暴風雨条件に耐え抜くことを確実にする装置も備える。
フロート及びスパーの両方が移動することができる(すなわち、スパーもフロートも海底に繋留固定されていない)ため、係留システムが所定の区域内にWECブイを保持するように設計される。
本発明を具現化するWECシステムは、大きな潮差でのWECの動作を可能にする装置を備える。
図のいくつかに示すように、WECブイは、フロート100、スパー200、及び電力変換システム300という3つの主要要素を有する。スパー構成部品は、動力取出システムを支持してこれに反力を与えるための安定したプラットフォームを提供する鉛直向きの円筒形要素を含む。スパーは、円筒形要素であることが示されているが、そうである必要はなく、トラスシステムの一部であってもよい。
一実施の形態では、スパーは、全てのPTO及び電力変換機器のための浮力及びハウジングを提供するのに用いられる上側部分を有する。スパーの下側部分は、バラスト区画室及びヒーブ板を含む。スパーの長さ及び質量とヒーブ板とが、慣性及び安定性を提供して、通常よく見られる波周期で限られた運動応答をスパーに与える。
PTO及び電力変換システムは、油圧機械リンク機構、発電機、コントローラ、及び電気機器を備え得る。リニア発電機(LEG)を用いて、スパーとフロートとの間で生産された機械エネルギーを変換し、それを電気エネルギーに変換することもできる。一実施の形態では、全ての電力変換構成部品をスパー内に完全に収納されるように設計した。フロートの移動によって生じる直線運動は、油圧機器によって捕捉され、発電機器に接続されている流体ポンプ及び電動機を通じて回転力に変換され得る。代替的に、電力変換システムは、スパーの下側部分内に、且つ/又はフロートに沿って且つ/又はフロート内に位置付けてもよい。PTOがリニア発電機(LEG)を備える場合、PTOは、フロートとスパーとの間に分配され得る。電力変換システムは、図示のようにスパー内に、又はフロート内に収納してもよく、且つ/又はフロートとスパーとの間に分配してもよい。
本発明を具現化するWECシステムでは、WECは、水中ケーブル接続の必要をなくすために水線よりも上でスパー及び/又はフロートに取り付けられる電力ケーブルを有するように設計され得る。
概して一定の縮尺で描かれていない添付図面において、同様の参照符号は同様の構成部品を示す。
図1〜図8は、水線よりも下でスパーに中央が接続されている少なくとも1つの「ヒーブ」板を備えるWECを示す。ヒーブ板は、本明細書で用いられる場合、スパーに対して概ね垂直方向に延びる板を指す。図では、ヒーブ板は円形として示されている。しかしながら、スパーがこの板の表面の中央付近に位置付けられる限り、板は三角形であっても正方形であってもいかなる多角形であってもよいことを理解されたい。既に述べたように、ヒーブ板は、WECの動作に重要な抗力(抵抗)特性及び付加質量(慣性)特性を提供する。したがって、フロートは、波の高周波数運動に応答するように設計されるが、ヒーブ板は、それよりもはるかに低い周波数の(より長い周期の)波動運動に応答することでスパーとフロートとの相対運動の差を大きくする特性をスパーに与える。
図1、図2、及び図3において、スパーの中間領域に装着され取り付けられるヒーブ板204aと、スパーの下側又は底部分に装着され取り付けられるヒーブ板204bとがある。これらの図は、ヒーブ板をスパーに対して安定して概ね垂直に維持するために、ヒーブ板がスパーから下りるロッドによって、又はヒーブ板の外周から延びるケーブル、ビーム、パイプ、及び/若しくはロッドによってスパーに接続され得ることも示す。種々の図に示す構造の違いは、ヒーブ板を固定するため、並びに、フロート及びスパーを安定させるために異なる構造構成があり得ることを示す。図のいくつかに示すように、ヒーブ板とスパーとを相互接続する固定部材及び支持部材は、剛性要素であり、ボルト締め又は溶接によって強固に取り付けられる。他の図に示すように、ヒーブ板及びスパーは、重量、費用、及び抗力を減らすために予張力をかけられたロッド及び/又はケーブルを介して相互接続される。これらの張力及び予張力をかけられた要素は、様々な異なる方向からシステムに加えられる多くの異なる力に対抗するためにヒーブ板構造を張力モードに保つように構成される。
ヒーブ板は、スパーが上昇中に下降中と同様の応答をするように、スパーに対称的に配置され強固に接続固定されるものとして示されている。しかしながら、ヒーブ板は、板の表面を整形することによって、また、さらには上下するときの板の有効面積を制御することによって、押し下げられているとき(下降中)と比べて持ち上げられているとき(上昇中)に異なる応答をするように設計されてもよい。例えば、暴風雨条件下で海底に接近する浮遊式システムでは、ヒーブ板は、リムが海底の方に向いているように凹状に(コンタクトレンズのように)湾曲され得るため、浮体が海底の方に移動するときに抗力及び付加質量が大きくなることで、運動を妨げるのに役立つ。付加質量は、運動方向とは無関係であるように提供され得る。しかしながら、方向に応じて異なる付加質量特性を有するヒーブ板を作ることが可能である。例えば、ヒーブ板を通じて水を一方向に流すが他方の方向には流さないフラップ又は一方向弁が、ヒーブ板設計の一部として含まれてもよい。
WECのいかなる部分も、海洋生物の成長及び腐食を遅らせるために塗装された鋼から作ることができる。しかしながら、WECの一部は、費用又は重量、及び保守の必要を減らすために代替的な材料から作ることもできる。例えば、ヒーブ板は、その重量が懸念される場合にはガラス繊維から作製される場合がある。材料費を減らすためにフロート又はスパーの一部を海洋コンクリートから作製することも可能であるが、これは構成部品の重量を増やすことになるであろう。
図3は、ヒーブ板204a、204bそれぞれの上に位置付けられる浮力/バラストタンク301a、301bの存在を示す。浮力タンクは、WECが配備されているときにシステムの浮上を制御するために用いられる。これらの浮力タンクは、後述するようにWECを輸送及び配備しやすくするためにも用いることができる。浮力タンクは、ヒーブ板の一部として、若しくはヒーブ板の上下のリップの一部として作られてもよく、又はヒーブ板の上若しくは下にある別個の構造である場合もあることに留意されたい。本発明を具現化するWECシステムは、性能を調整し、海洋生物の成長を補償し、且つブイ/WECを配備及び回収しやすくするために、フロート、スパー、及びヒーブ板の一部として調整可能な浮力タンクを備え得る。
図3Aは、別個に輸送してから、現場で又は配備現場付近で組み立てることができる種々の部分としてWECを形成することができることを示す。したがって、本発明を具現化するWECシステムは、保守及び/又は修理のためのWECの配備、取り付け、及び/又は取り外しを容易にするために、複数部分に分けて製造することができる。
図4は、下方に延びるトラス構造202を備えるスパー200を示し、単一のヒーブ板204がトラス構造202の下端に装着されている。ヒーブ板204は、(図6及び図6Aにより明確に示すように)上側リップ206a及び下側リップ206bを有する。ヒーブ板及びリップの組み合わせは、ヒーブ板が接続されるスパーの有効質量を増やす機能を果たす。図4では、円形のヒーブ板の外縁が、ケーブル(又はロッド)210によってトラス202の上でスパーの下側部分に接続されて示されている。トラス構造202は、スパーを押す水平方向の流れの作用を減らすために開放トラス部分であることが示されている。
図5A、図5B、及び図5Cは、ヒーブ板がロッド/ケーブル/ストラット/パイプ/ビーム210を介して支柱202の下側部分に固定されるWEC設計を示す。この実施形態では(図5A、図5B、及び図5Cを参照)、スパー200、及びスパーをヒーブ板に接続する支柱202の長さは、35メートルを超えた。スパーは、外径が2.5メートルであり、水線から5メートル〜6メートル上に突き出した。フロートの移動をスパーの上側部分に位置付けられているPTO300に結合するための上側トラス410は、水線上9.5メートルの高さとした。フロートの外径は11メートル、ヒーブ板の外径は12メートルとした。したがって、この実施形態では、ヒーブ板の外径はフロートの外径よりも大きくなった。
フロートのNRF(固有共振周波数)とスパーのNRFとの間には好ましい関係がある。さらに、フロートの全容積(排水容積+付加容積)とスパーの全容積との間には好ましい関係がある。この理由を理解するために、NRFの関係は好ましいが全容積が極めて不釣り合いなフロート及びスパーを考える。フロートの全容積が例えば100トンであるが、スパーの全容積が1トンしかないと仮定する。この例では、インピーダンス不整合が結果的に起こる可能性が高くなり、これは非常に非効率な発電につながる。典型的な波候に関してフロートの全容積とスパーの全容積との好ましい比は、約4:1である。所与の波候に関するフロートの全容積とスパーの全容積との比は、いくつかの比に関して電力変換特性をモデル化すること、及び最適な比を選択することによって決定することができる。ヒーブ板のサイズを大きくすること、又は追加のヒーブ板を加えることは、設計者がスパーの全容積を増やすのに好ましい方法であり得る。
別の実施形態では、スパーは、約10メートル以上の喫水及び1mの直径を有するように設計した。スパーの頂部は、水面上に約2.5メートル突き出すように設計した。フロート要素は、上下波動作用に応じてスパーに対して直線状に上下移動するように設計される環状フロートであった。フロートは、スパーの頂部を介して電力変換システムに接続されるトラス(ブリッジとも称される)すなわち図の要素410を支持し、スパーに対するその相対運動が、電力変換システムに駆動力を供給する。この実施形態では、フロート100は、約3.25メートル〜3.5メートルの外径を有し、喫水が約1メートルであるように設計し、トラスは、水面上約4.25メートルの全高とした。
図6は、WEC10が上述のように上側リップ206a及び下側リップ206bが形成されているヒーブ板204を備えることを示す。図6では、PTO300は、スパー及びフロートの相対運動を有用なエネルギーに変換するためにこれらの間に接続されて示されている。これは、PTOがスパー内にある必要がないことを示す。PTOは、スパー及びフロートの相対運動に応答するようにこれらによって駆動される構成部品/部材に結合され得る任意の好都合な点に収容又は装着することができる。
図6Aは、図2、図3、図4、図5、及び図14におけるように、PTO300がスパー200の上側部分に位置付けられ得ることを示す。トラス又はブリッジ410が、フロート(及びスパー)の上に装着され、PTOを駆動するようにフロートの移動を伝達する。フロートの移動をPTOにつなげて伝達するトラス410等の機械構造は、フレキシブル継手(スイベルジョイント941)を含むことでフロートとスパーとの間の位置ずれがフレキシブル継手によって補償されるようにする。
ケーブル361が、PTOの選択された入力/出力ポートと、水線よりも上でスパーの頂部に装着されて示されているコネクタ302との間に接続される。この接続がPTOのアクセスを可能にする。ケーブル/導管304が、PTOの出力をWECの外部の点に結合するようにコネクタ302に接続される。ケーブル及びコネクタの接続を用いて、PTO/WECとWECの外部の点との間で信号/電力を伝えることもできることに留意されたい。水線よりも上に電力接続を設けることで、WECの電気系統とWECの外部の装置との間を水中接続する必要がなくなる。これにより、ブイの頂部部分(水線の上方)から電力が抽出されて水中接続を行う必要を回避する、改良型のWECが得られる。海底定格電力ケーブルが、海中ポッド(ノード)に通じるルートを経て海岸に電力及び通信を伝送し戻す。ケーブルは、キンク及び疲労を防止するためのベンドリリーフ機能を用いてスパーから出る。
WECの浸水型ヒーブ板の使用には、構造設計に対する/における課題がある。ヒーブ板形態の形状は、本質的に大半径片持ち式プラッター(スパーが中央に位置付けられている場合)で、非常に大きな質量がその面積全体に広がるため、スパーへの取り付け点におけるモーメントが非常に大きくなり、これが下側スパーを経て上側スパーまで伝わることになる。この問題に対するいくつかの解決手段は、図示及び上述されている。さらなる解決手段は、図7及び図8に示される。
図7及び図8は、スパーが上側部分200と下側部分すなわち支柱202とから成るものとみなされ得ることを示す。スパーの2つの部分は、接合点における応力を減らすためにコンプライアント/フレキシブルジョイント215を介して相互接続される。支柱202の底部領域はヒーブ板に接続される。カラー250が、フレキシブルジョイントの上方でスパーの上側部分の下側領域に接続固定される(カラーは、概して水線よりも下の任意の点にあり得る)。ケーブル/ロッド210が、カラー250からヒーブ板の周縁まで延びて板を固定し安定させる。スパー延長支柱202は、ヒーブ板の下方に延び、支柱の下端とヒーブ板の下面との間にケーブル/ロッド210bを接続させて同じく板を固定し安定させる。
図8に示す一連のロッド、ケーブル、ビーム、又はパイプを用いて、上下いずれの方向の大きな力及びモーメントにも対抗する三角構成でヒーブ板を支持することができる。ロッド、ケーブル、ビーム、又はパイプ(210、210a)は、下側スパー取り付け点から最も構造的に効果的な(横方向)距離のところでヒーブ板204に取り付けることができる。この点は、ヒーブ板の外縁以外の内側の点であり得る。
図8は、張力をかけられたケーブル又はロッド210が、コンプライアント/フレキシブルジョイント215の上方でスパーに取り付けられているカラー250からヒーブ板の上面まで延び得ることを示す。ヒーブ板の下の構造208が、ヒーブ板を支持し、張力をかけられた要素210、210aからの張力に対抗する。スパーの上側部分と下側部分とを接続するフレキシブル又はコンプライアントジョイント215は、スパー200の上側部分と延長支柱202との間の接続点において曲げモーメントを発生させることなくいかなる力も吸収する。下側支持支柱を伴う張力ケーブル設計は、延長支柱202を圧縮状態にする。ヒーブ板の下の構造部材208は、ヒーブ板よりも下のスパーの下側部分とヒーブ板上の最適な場所(複数可)とに取り付けられ、これらの部材208は、部材210に反張力を与える。これにより、鉛直方向の付加質量の移動を支持することができる費用効果的な構造が得られる。
WECでヒーブ板を用いることで、WECの電力変換効率が高まる。例えば直径1.75mで喫水25mの中央配置(centrally oriented)円筒形スパーを備えるモデルWECの場合、スパーのヒーブ固有共振周期は10.5秒である。したがって、ヒーブ板、又は「リップ」を備えるヒーブ板を備えないスパーを11秒の波が通過する場合、スパーは事実上この波と同相で波に応答する。したがって、フロートがヒーブ板の無いスパーに取り付けられる場合は、両方の物体が事実上波と同相に、且つ互いに同相で移動することになるため、相対運動の発生は、皆無又はほぼ皆無となり、したがって電力の発生も、皆無又はほぼ皆無となる。
極めて対照的に、直径10mの平坦な円形ヒーブ板がスパーに加えられる場合、31.7秒のヒーブ固有共振周期が得られる。さらに、ヒーブ板の上下にそれぞれ高さ0.8mの鉛直リップを加えると、ヒーブ固有共振周期はさらに長い34.7秒になる。ヒーブ固有共振周期が長いほど、物体(スパー、ヒーブ板を備えるスパー、リップを備えるヒーブ板を備えるスパー)が波に応答するのに要する時間が長くなる(したがって、物体と波との位相ずれが大きくなる)。したがって、事実上波と同相で移動するように設計されるフロートを大きなヒーブ固有共振周期を有するスパーに取り付ければ、両者間の相対運動を劇的に大きくすることができる。これにより、PTOによる発電量が大幅に増える。
図9及び図10は、スパーの上側部分に水線の領域に縮小された断面(小水線面)が形成され、スパーの下側部分がヒーブ板に接続されている、WECを示す。スパーの上側領域のうち、上下するときにスパーが水線と通常交わる領域の断面を縮小することで、有効「k」(ばね)定数を小さくすることによってスパーの有効浮力が小さくなる。スパーの固有周期は、2π×√(有効質量(M)/有効ばね定数(K))にほぼ等しいものとして示され得ることに留意されたい。したがって、スパーの水線面を小さくするとスパーの浮力が小さくなる。
フロートのNRF(固有共振周波数)とスパーのNRFとの間には好ましい関係がある。通常、フロートのNRFの方がスパーのNRFよりも周波数が高いことが望ましい。波周波数の広がりに対してフロートのNRFが高い周波数の場合、フロートは、PTOに妨げられないときには波の動きに追従するようになる傾向がある。波周波数の範囲に対してスパーのNRFが低い場合、スパーは、波と異なる位相で移動する傾向がある。したがって、フロート及びスパーは、自然に異なる位相で移動する傾向がある。
スパーのNRFは、全容積(排水容積+付加容積)及び水線面積の関数である。NRFに関する式は以下の通りである。共振周波数=1/(2π)×√(g/z)であり、式中、gは重力加速度、zは(全容積)/(水線面積)として定義される構造の有効深さである。この式から分かるように、水線面積を小さくすることで固有共振周波数が小さくなる。
したがって、WECの設計者は、発電特性を最適化するためにスパーの水線面積を最小化することを望み得る。しかしながら、設計者が考慮する必要がある両立しない点がいくつかある。スパーのNRFが最低波周波数よりもはるかに低ければ、優れた電力変換特性を得ることができる。水線面積がさらに小さくなると、スパーに対する鉛直力につながる荷重の存在下でスパーが所望の喫水を維持する能力に悪影響が及び得る。このような荷重の例は、流れの存在下での係留によって与えられる鉛直力、又は非線形の波動作用による正味の下方漂流力を含む。
図11は、保守及び/又は修理のためにWECの選択された部品にアクセスすることを可能にするための人的アクセス部195を示すフロートの上面図である。この図は、フロートを切り分けた「パイ」状に形成/作製することができることも示す。同様に、ヒーブ板を切り分けたパイ状に形成することができ、続いてそれらを互いに接続することができる。
スパーは、図1に示すような補助水上(surface)ブイ(ASB)又は補助水中(sub surface)ブイ(ASSB)を備える順応性のある3点係留システムを用いて所定位置に保持することができる。一例として、一実施形態では、ASBは、約3メートル〜3.5メートルの直径を有するように設計した。繋ぎラインがASBからスパーにつながる。このシステムの順応性が、スパーが干満差に従って移動し荒海を乗り切ることを可能にする。係留ラインは、合成ライン、ワイヤロープ、チェーン、及びシャックル構成部品のうちの組み合わせを含み得る。海底のアンカーは、計算された繋留力及び局所的な海底条件を満たすようなサイズにされ得る。硬い(例えば石灰岩)海底条件の場合、ロックボルト及び重力ベースの組み合わせが適切であり得る。係留ラインは、深さに応じた長さだけスパーから延出させることができ、水深が深いほど長くするべきである。
フロートガイド・軸受システム
図に示すWECは、スパー(又は支柱)200とフロート100(環状形状で図示されているが、任意の他の好適な形状とすることができる)とを備え、フロート100は、WECが水塊に配備されているときにフロートがスパーに沿って上下移動することを可能にする中央開口を備える。PTO300が、スパートフロートとの間に接続されて、それらの相対運動を有用なエネルギー(電気的又は機械的)に変換する。一部の用途では、フロート及びスパーのうちの少なくとも一方の運動が、トラス/ブリッジ410を介してPTOに伝えられる。
システムの操作性及び効率のために、フロートがスパーに沿って滑らかに上下移動することが望ましい。すなわち、運動は可能な限りZ軸のみに沿っていることが望ましい。しかしながら、制御されていない海洋環境での波及び関連水粒子の動き及び運動は、多くの異なる方向及び角度でフロートに加わる力があるようなものである。図12に示すように、X軸、Y軸、及びZ軸に沿って、且つ回転(θ)平面に沿って、フロートの一端を他端よりも押し上げるか又は押し下げる傾向がある「揺れ」(α)方向に、フロートに加わる力がある。フロート及びPTOは、スパーを中心にフロートを回転させる傾向があるような力、片側を別の側に対して押し上げる傾向があるような力(揺れ)、及びフロート及びスパーを互いに押し合わせる傾向があるような力から、すなわちX方向及び/又はY方向の側面荷重又は側圧から保護されなければならない。
PTOをより最適に駆動すると共にPTO及び機械機器をこれらの様々な力の付与から保護するように、これらの力を集中させることを可能にするために、ガイド/軸受システムを開発した。このシステムは、フロートとスパーとの間にあり、1自由度(DOF)を有するようにスパーとフロートとの間に効果的な移動を与えるように設計される多点ガイド又は軸受システムである。
図13aに示すように、スパーには「軸受直線部」(レール又はレースとも称される)901(図2及び図3にも示す)が形成され、これは、スパーの長さに沿って且つこれと平行に延びてスパーに対するフロートの上下移動経路を画定する。図13bは、スパー及びフロートの断面の上面図であり、フロート100の内壁内に形成されている4つの切欠部分903内に延びる4つのガイドレール901を備えるスパー200を示す。所望の1自由度への軸受レール901に沿った移動を容易にするために、軸受パッド905が切欠部903の壁に取り付けられる。図13cは、軸受パッド905が揺れ運動の解消を助ける機能も果たすことを示す。したがって、パッド及び軸受ハウジングは、フロートの揺さぶる及び回転とX及びY方向の推進とに抵抗する。
軸受直線部901は、パイプ若しくはチューブ、又はフロートに形成されているチャネルに挿入するのに適したスパーから延びる任意の適切なレールであり得る。代替的に、スパーの外周内にチャネルを形成し、スパーのチャネルに嵌まるようにフロートの内壁に沿ってレールを形成してもよい。
軸受パッド905は、不動配置又は浮遊配置でフロート(又はスパー)に装着されてもよく、又は隙間有り又は無しでばね状装置によって事前設定されてもよい。パッドは、海洋での使用に適した材料からできている。
ガイド及び軸受システムは、Z軸に沿った所望の移動(スパーに対するフロートの上下運動)以外の全方向の運動を制限する。図2、図3、図4、図5、及び図6Aに示す実施形態では、フロートの移動から生じる力がトラス/ブリッジを介してPTO300に伝達される。
図14に示すように、トラス/ブリッジ410に取り付けられている自在軸受941が、接続要素943を介してPTO300に接続されて、予め選択されたエネルギー形態(例えば、電気又は機械)への所望の変換を行う力を提供することができる。トラスとPTOとの間の自在軸受941は、PTOシステムをガイドシステムの許容差内での側面荷重又は捩り荷重から保護する。さらに、トラス410の種々の構造部材のアーム及び脚が、スイベルジョイント947(a、b、c、d)を介して相互接続されて、システムが受け得る種々の望ましくない力を補償することができる。いくつかの図に示すように、トラス410は、フロートから上方に2つ、3つ、又はそれ以上の脚が延びるブリッジであり得る。
図15A及び図15Bは、スパー200の底部に(又はスパー200に沿って)取り付けられている1つ又は複数の浮力/バラスト室301を用いて、浮力室に弁要素331及び333を介してガス(例えば空気)又は何らかの物質(例えば水等の液体)を選択的に充填することによって、スパー200及びフロート100を水平位置又は鉛直位置にすることができることを示す高度に単純化した図である。浮力室は、上述のタイプであってもよく、又はこの特定の目的で特に形成されてもよい。一例として、WECを選択された現場に牽引するとき、浮力室(複数可)301に弁システム(例えば331)を介してガスが充填される。WECが所望の現場に来ると、ガスを排出させることができ、弁システム333を介して液体(例えば水)を室(複数可)301に充填するのに用いられる。室(複数可)301内のガス/液体の量は、WECが現場にあるときにスパーシステムに所望の浮力を提供するように制御システム(図示せず)によって調整することができる。
フロートと、2つのヒーブ板が接続されているスパーと、3点係留装置とを備える、本発明を具現化するWECブイシステムを示す等角図である。 より詳細なスパー及びフロートと、スパーへのヒーブ板の接続様式の1つを示す、本発明を具現化するWECの等角図である。 より詳細なスパー及びフロートと、スパーへのヒーブ板の接続様式の1つを示す、本発明を具現化するWECの等角図である。 WECの分解を示す図である。 隆起縁(リップ)を有する単一のヒーブ板がスパーに接続されているWECの等角図である。 ヒーブ板がスパーの下側部分に接続されているWECの種々の図の1つである。 ヒーブ板がスパーの下側部分に接続されているWECの種々の図の1つである。 ヒーブ板がスパーの下側部分に接続されているWECの種々の図の1つである。 スパーに接続されているヒーブ板と、フロートとスパーとの間に接続されている動力取出装置(TPO)とを示す理想断面図である。 スパーに接続されているヒーブ板と、フロートとスパーとの間に接続されている動力取出装置(TPO)とを示す理想断面図である。 リップを有するヒーブ板と、フロートの下でスパーの上側部分にヒーブ板を接続するケーブルとを示す断面図である。 リップを有するヒーブ板と、フロートの下でスパーの上側部分にヒーブ板を接続するケーブルとを示す断面図である。 スパーの上側部分の水線及びフロートの領域に縮小された断面(小水線面)が形成され、スパーの下側部分がヒーブ板に接続されている、WECの等角図である。 図9に示すスパーの上側部分のうち、フロート及びスパーが上下移動するときにこれらが波浪に応じて概して異なる位相関係ですれ違う領域の拡大図である。 図9のスパー及びフロートの上面図である。 フロート及びスパーが受け得る種々の力を示す略図である。 本発明を具現化するWECのガイド/軸受構造を示す図である。 本発明を具現化するWECのガイド/軸受構造を示す図である。 本発明を具現化するWECのガイド/軸受構造を示す図である。 フロートの移動をスパー内に位置付けられているPTOに伝達するためのブリッジ/トラス構造を示す図である。 浮力室を用いてWECを水平位置にしていることを示す高度に単純化した図である。 浮力室を用いてWECを鉛直位置にしていることを示す高度に単純化した図である。

Claims (30)

  1. 波力エネルギー変換器(WEC)であって、
    水塊(a body of water)の表面に沿って位置することが意図されると共に、該水塊に存在する波と同相で移動するように設計されるフロートと、
    鉛直、且つ前記フロート及び前記水塊の表面に対して概ね垂直に延びることが意図されるスパーであって、該水塊の表面の下に延び、波と異なる位相で鉛直上下方向に移動することが意図されるスパーと、
    前記スパーと前記フロートとの間に接続され、該スパーと該フロートとの相対運動に応答して該スパーと該フロートとの相対運動を有用なエネルギーに変換する動力取出装置(PTO)と、
    前記スパーの浸水部分に中央が接続されるヒーブ板であって、該ヒーブ板は、該スパーに対して垂直な平面内に延び、該ヒーブ板と前記スパーとの間で構造的に強固な接続を確実にし、且つ前記スパーが上下移動する傾向があるときに該スパーに質量を効果的に加えると共に、該WECによって生産されるエネルギーを増やすように前記スパーを前記フロートと異なる位相で移動させるために、該板が前記スパーと共に均一に上下移動することを確実にするように、ロッド及びワイヤのうちの少なくとも一方が該ヒーブ板の外周と前記スパーとの間に接続される、ヒーブ板と、
    を備え
    前記スパーは上側部分及び下側部分を有し、前記フロートは該スパーの該上側部分に沿って上下移動し、前記ヒーブ板は、前記ロッド及び前記ワイヤの少なくとも一方を介して前記スパーに沿った領域に取り付けられ、前記ロッド及び前記ワイヤが接続される前記スパーの前記領域は、構造強度を高めて前記ヒーブ板と前記スパーとの間のモーメントを減らすのに十分な長さを有し、
    前記スパーの前記上側部分及び前記下側部分は別個に形成されてフレキシブル継手を介して相互接続され、該接続を介して伝達される前記ヒーブ板(又は減衰板)と前記スパーの前記上側部分との間の力の大きさを小さくする、
    ことを特徴とする波力エネルギー変換器(WEC)。
  2. 前記ロッド及び前記ワイヤの前記少なくとも一方は、前記フレキシブル継手の上方の領域で前記スパーに接続される、請求項に記載のWEC。
  3. 前記ロッド及び前記ワイヤケーブルの前記少なくとも一方は、前記ヒーブ板と前記スパーとの間の前記伝達される力を最小にするために選択的に張力状態又は圧縮状態にされる、請求項1に記載のWEC。
  4. 2つ以上のヒーブ板が前記スパーに取り付けられる、請求項1に記載のWEC。
  5. 前記PTOが前記フロートと前記スパーとの前記相対移動に応答するように、機械構造が前記フロートの運動を前記PTOに伝達する、請求項1に記載のWEC。
  6. 前記フロートを前記PTOに結合する前記機械構造は、前記フロートと前記スパーとの間の位置ずれを補償するようになっているフレキシブル継手を含む、請求項に記載のWEC。
  7. 前記機械構造は、水位よりも上で前記PTOへの電気接続が行われることを可能にするトラス部分を含む、請求項に記載のWEC。
  8. 前記PTOは出力ポートを有し、水線よりも上で該PTOの該出力ポートに電気ケーブル接続が行われ、続いて該ケーブル接続は、前記WECに沿って海底まで下に延びてから系統連系のために海岸まで延びる、請求項に記載のWEC。
  9. 前記スパーの前記上側部分は前記フロートの上に延び、前記PTOは水線よりも上で前記スパーに沿って位置付けられる、請求項に記載のWEC。
  10. 前記フロートと前記スパーとの間の移動を所望の上下方向に制限して前記フロートと前記スパーとの間の回転運動を阻止するように、前記フロートの内壁及び前記スパーの外壁に沿って形成されるレール及びチャネルをさらに備える、請求項1に記載のWEC。
  11. 揺れ、スティッキング、及び傾き(cocking)が小さい前記スパーと前記フロートとの間の上下相対移動を可能にするように前記チャネルに沿って位置決めされるパッドをさらに備える、請求項10に記載のWEC。
  12. 前記ヒーブ板の表面積は、前記フロートの表面積よりも大きい、請求項に記載のWEC。
  13. 前記フロートは鉛直中央開口を有する環状であり、前記スパーの前記上側部分は、該フロートの該中央開口を通って鉛直方向に延び、前記フロートの表面積は前記スパーの断面積よりも大きく、該スパーの前記浸水部分に取り付けられる前記ヒーブ板の表面積は、前記フロートの表面積よりも大きい、請求項に記載のWEC。
  14. 前記スパーの前記上側部分のうち該スパーが水線と交わる領域の断面積は、前記スパーの前記下側部分の断面積よりも小さい、請求項に記載のWEC。
  15. ガスが充填されると前記WECを水平方向に位置決めすることができ、水が充填されると該WECを鉛直方向に位置決めする、該WECに取り付けられる浮力室をさらに備える、請求項1に記載のWEC。
  16. 前記浮力室は、前記ヒーブ板の一部、該ヒーブ板の上で前記スパーに接続される別個の構造、又は該ヒーブ板の下で該スパーに接続される別個の構造のうちの1つである、請求項15に記載のWEC。
  17. 前記WECの浮力を変えるように空気(又は他のガス)を送り込むことができる浮力室をさらに備える、請求項1に記載のWEC。
  18. 牽引用に概ね水平な向き及び配備用に概ね鉛直な向きをとるように、前記WECの安定性を制御するために選択的に満水及び無水にすることができる浮力室をさらに備える、請求項1に記載のWEC。
  19. WECが配備されているときに前記スパーの自然浮力トリムを制御及び変更するために選択的に満水及び無水にすることができる浮力室をさらに備える、請求項1に記載のWEC。
  20. それぞれが容易に輸送可能であると共に、最終組み立て場所でボルト締め及び溶接によって組み立てることができる種々の複数部分に分けて形成される、請求項1に記載のWEC。
  21. 前記ヒーブ板は、前記スパーが上下移動するときに該スパーに動質量を加えるように外周に形成されるリップを備える、請求項1に記載のWEC。
  22. 前記フロートは、それぞれが容易に輸送可能であると共に、最終組み立て場所でボルト締め及び溶接によって組み立てることができる種々の複数部分に分けて形成される、請求項1に記載のWEC。
  23. 前記スパーは、それぞれが容易に輸送可能であると共に、最終組み立て場所でボルト締め及び溶接によって組み立てることができる種々の複数部分に分けて形成される、請求項1に記載のWEC。
  24. 前記ヒーブ板は、それぞれが容易に輸送可能であると共に、最終組み立て場所でボルト締め及び溶接によって組み立てることができる種々の複数部分に分けて形成される、請求項1に記載のWEC。
  25. 保守及び修理を可能にするための前記WECの内部構成部品へのアクセスを可能にするために、アクセスハッチがある、請求項1に記載のWEC。
  26. 波力エネルギー変換器(WEC)であって、
    水塊の表面に沿って位置することが意図されると共に、該水塊に存在する波と同相で移動するように設計されるフロートと、
    鉛直、且つ前記フロート及び前記水塊の表面に対して概ね垂直に延びることが意図されるスパーであって、該水塊の表面の下に延び、波と異なる位相で鉛直上下移動することが意図されるスパーと、
    前記スパーと前記フロートとの間に接続され、該スパーと該フロートとの相対運動に応答して該スパーと該フロートとの相対運動を有用なエネルギーに変換する動力取出装置(PTO)と、
    なお、前記スパーは前記フロートの内壁に面している外壁を有し、
    前記フロートと前記スパーとの間の運動を上下運動に制限する手段であって、前記スパーの前記外壁及び前記フロートの前記内壁のうちの一方に沿って形成される少なくとも2つのレールを備え、且つ前記スパーの前記外壁及び前記フロートの前記内壁のうちの他方に沿って形成される少なくとも2つの対応するチャネルを備え、各レールが前記のうちの対応する一方に嵌まることによって、上下運動が許される一方で回転運動が阻止される、制限する手段と、
    を備える、波力エネルギー変換器(WEC)。
  27. 揺れも傾きも伴わない滑らかな移動を可能にするように前記チャネルに沿ってパッドが配置される、請求項26に記載の波力エネルギー変換器(WEC)。
  28. 前記PTOは、前記フロートの運動を前記PTOに伝達するように該フロートから延びるブリッジ構造を介して前記フロートに接続される、請求項27に記載のWEC。
  29. 前記ブリッジ構造は、前記フロートの過剰な移動から前記PTOを保護するようにスイベルジョイントを含む、請求項28に記載のWEC。
  30. 波力エネルギー変換器(WEC)であって、
    水塊の表面に沿って位置することが意図されると共に、該水塊に存在する波と同相で移動するように設計されるフロートと、
    鉛直、且つ前記フロート及び前記水塊の表面に対して概ね垂直に延びることが意図されるスパーであって、該水塊の表面の下に延び、波と異なる位相で鉛直上下移動することが意図されるスパーと、
    前記スパーと前記フロートとの間に接続され、該スパーと該フロートとの相対運動に応答して該スパーと該フロートとの相対運動を有用なエネルギーに変換する動力取出装置(PTO)と、
    前記スパーに接続される浮力室であって、前記スパーが水平方向に位置決めされることを可能にするように該浮力室にガスを選択的に充填する手段と、前記スパーが鉛直方向に位置決めされることを可能にするように該浮力室に液体を選択的に充填する手段とを備える、浮力室と、
    を備える、波力エネルギー変換器(WEC)。
JP2009509633A 2006-05-01 2007-04-30 ヒーブ板を備える改良型波力エネルギー変換器(wec) Active JP5143825B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US79638806P true 2006-05-01 2006-05-01
US60/796,388 2006-05-01
PCT/US2007/010408 WO2007130331A2 (en) 2006-05-01 2007-04-30 Improved wave energy converter (wec) with heave plates

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009535565A JP2009535565A (ja) 2009-10-01
JP5143825B2 true JP5143825B2 (ja) 2013-02-13

Family

ID=38668223

Family Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009509633A Active JP5143825B2 (ja) 2006-05-01 2007-04-30 ヒーブ板を備える改良型波力エネルギー変換器(wec)
JP2009509635A Active JP5284949B2 (ja) 2006-05-01 2007-04-30 鉛直構造を有するヒーブ板
JP2009509654A Active JP5063681B2 (ja) 2006-05-01 2007-05-01 改良された特性を有するダンピング(ヒーブ)プレート

Family Applications After (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009509635A Active JP5284949B2 (ja) 2006-05-01 2007-04-30 鉛直構造を有するヒーブ板
JP2009509654A Active JP5063681B2 (ja) 2006-05-01 2007-05-01 改良された特性を有するダンピング(ヒーブ)プレート

Country Status (7)

Country Link
US (3) US7877994B2 (ja)
EP (3) EP2016281B1 (ja)
JP (3) JP5143825B2 (ja)
AU (3) AU2007248733B2 (ja)
CA (3) CA2651999C (ja)
ES (2) ES2744498T3 (ja)
WO (3) WO2007130331A2 (ja)

Families Citing this family (71)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7755211B2 (en) * 2006-06-17 2010-07-13 Montgomery James Scott Rigid structural array
US7535117B2 (en) * 2006-06-17 2009-05-19 Montgomery James Scott Ocean wave power recovery and conversion spar buoy engine
ES2304099B1 (es) * 2007-02-20 2009-06-04 Julio De La Cruz Blazquez Instalacion para producir energia electrica a partir de las olas del mar por el metodo de impulsion basica.
EP2232051A4 (en) * 2007-12-03 2012-12-05 Daniel Farb STABILIZATION OF TURBINES IN WATER
CA2725619C (en) * 2008-05-30 2016-07-26 Ocean Power Technologies, Inc. Advanced wave energy converter control
FR2932788A1 (fr) * 2008-06-23 2009-12-25 Commissariat Energie Atomique METHOD FOR MANUFACTURING MEMS / NEMS ELECTROMECHANICAL COMPONENT
US8007204B2 (en) * 2008-10-03 2011-08-30 The Seasteading Institute Floating structure for support of mixed use facilities
JP2012505349A (ja) * 2008-10-09 2012-03-01 イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company 波力エネルギー変換装置
AU2009318153B2 (en) * 2008-11-21 2014-09-18 Ocean Power Technologies, Inc. Float for wave energy converter (WEC)
CN101737234B (zh) * 2008-11-21 2012-06-13 中山市创想模型设计有限公司 海洋波浪能发电的装置
US7816797B2 (en) * 2009-01-07 2010-10-19 Oscilla Power Inc. Method and device for harvesting energy from ocean waves
WO2010096195A1 (en) 2009-02-20 2010-08-26 Columbia Power Technologies Direct drive rotary wave energy conversion
NO330058B1 (no) * 2009-03-23 2011-02-14 Pelagic Power As Flytende, oppankret installasjon for energiutvinning
US20100260554A1 (en) * 2009-04-09 2010-10-14 Yun Ding Heave plate on floating offshore structure
US9127640B2 (en) 2011-09-02 2015-09-08 Rohrer Technologies, Inc. Multi-capture mode wave energy converter with submergible float
US20110057448A1 (en) * 2009-09-08 2011-03-10 Joseph Page Wave energy converters
US8740583B2 (en) * 2009-09-23 2014-06-03 Single Buoy Moorings, Inc. Ocean energy conversion
JP5674805B2 (ja) * 2009-11-23 2015-02-25 オーシャン パワー テクノロジーズ,インク. 波動エネルギー変換器および電力取り出しシステム
NO20093423A (no) * 2009-11-26 2010-12-13 Intentium As Bølgekraftverk
DE102010015156A1 (de) 2009-12-18 2011-06-22 Robert Bosch GmbH, 70469 Wellenergiemaschine
CN101774424B (zh) * 2010-03-19 2012-04-25 天津大学 深海 Truss Spar平台垂荡板
US8764346B1 (en) * 2010-06-07 2014-07-01 Nagan Srinivasan Tension-based tension leg platform
US20120213592A1 (en) * 2011-02-18 2012-08-23 David Bruce Nowlin Submerging offshore support structure
JP5627528B2 (ja) * 2011-03-17 2014-11-19 三菱重工業株式会社 波力発電装置
CN103403342B (zh) 2011-03-17 2016-03-30 三菱重工业株式会社 波动力发电装置的固有振动调整机构
US8723355B2 (en) * 2011-03-28 2014-05-13 Ocean Power Technologies Autonomously operated buoys with power generation and power usage control
JP5738043B2 (ja) * 2011-03-31 2015-06-17 三菱重工業株式会社 波力発電装置
US10788010B2 (en) 2012-05-08 2020-09-29 Rohrer Technologies, Inc. High capture efficiency wave energy converter with improved heave, surge and pitch stability
US9863395B2 (en) 2012-05-08 2018-01-09 Rohrer Technologies, Inc. Wave energy converter with concurrent multi-directional energy absorption
US10094356B2 (en) * 2012-05-08 2018-10-09 Rohrer Technologies, Inc. Multi mode wave energy converter with elongated wave front parallel float having integral lower shoaling extension
US20140001761A1 (en) * 2011-09-19 2014-01-02 Lisa Mauck Weiland Adaptive hydrokinetic energy harvesting
US8614520B2 (en) 2011-11-05 2013-12-24 Rohrer Technologies, Inc. Submergable sloped absorption barrier wave energy converter
GB201119292D0 (en) 2011-11-08 2011-12-21 Marine Power Systems Ltd Wave power generator
TWI453336B (zh) * 2011-11-08 2014-09-21 Ind Tech Res Inst 波浪發電系統之穩波調節裝置
CN102556291A (zh) * 2012-01-13 2012-07-11 中国科学院广州能源研究所 用于漂浮式波浪能发电装置悬浮防台风的系统
US20130341926A1 (en) * 2012-06-25 2013-12-26 John Edward Fay Wavewheel
US20160003214A1 (en) * 2012-06-26 2016-01-07 Oscilla Power, Inc. Optimized heave plate for wave energy converter
AU2013280346B2 (en) 2012-06-26 2017-03-23 Oscilla Power Inc. Wave energy harvester with heave plate
EP3027888A1 (en) 2013-08-01 2016-06-08 Nozawa, Tsukasa Wave activated power generation system with rack & pinion mechanism
WO2014052953A2 (en) 2012-09-28 2014-04-03 Columbia Power Technologies, Inc. Method and system for wave energy conversion
US9624900B2 (en) 2012-10-29 2017-04-18 Energystics, Ltd. Linear faraday induction generator for the generation of electrical power from ocean wave kinetic energy and arrangements thereof
US8629572B1 (en) 2012-10-29 2014-01-14 Reed E. Phillips Linear faraday induction generator for the generation of electrical power from ocean wave kinetic energy and arrangements thereof
US10011910B2 (en) 2012-10-29 2018-07-03 Energystics, Ltd. Linear faraday induction generator for the generation of electrical power from ocean wave kinetic energy and arrangements thereof
WO2014085928A1 (en) 2012-12-05 2014-06-12 Aoe Accumulated Ocean Energy Inc. System, method and apparatus for pressurizing a fluid to power a load
US10393089B2 (en) 2013-04-05 2019-08-27 Oscilla Power Inc. Wave energy converter
US9074577B2 (en) 2013-03-15 2015-07-07 Dehlsen Associates, Llc Wave energy converter system
WO2017015626A1 (en) * 2015-07-22 2017-01-26 Oscilla Power Inc. Improved wave energy converter
GB2510928B (en) * 2013-07-05 2015-09-09 William Dick A wave energy converter
US9140231B1 (en) 2013-10-07 2015-09-22 Sandia Corporation Controller for a wave energy converter
US8745981B1 (en) * 2013-10-10 2014-06-10 John Clark Hanna Ocean powered take-off for multiple rotary drives
TWI546449B (zh) * 2014-07-08 2016-08-21 財團法人工業技術研究院 波浪發電系統及其運動控制模組
US9656728B2 (en) * 2014-07-24 2017-05-23 Oscilla Power, Inc. Method for deploying and recovering a wave energy converter
JP5926428B2 (ja) * 2014-08-12 2016-05-25 西浦 信一 発電システム及び発電システム用往復運動機構
US9435316B2 (en) 2014-10-16 2016-09-06 Industrial Technology Research Institute Wave power generation system and motion control module thereof
CN105857532B (zh) * 2015-07-06 2018-04-06 周剑辉 通用海上平台及其浮力调节方法和稳定发电方法
US10738756B2 (en) 2015-09-21 2020-08-11 The Board Of Regents Of The University Of Texas System Wave energy converter
TWI571580B (zh) * 2015-11-02 2017-02-21 財團法人工業技術研究院 運動控制系統及其流體調節裝置
CN105756848B (zh) * 2016-02-22 2017-10-17 江苏科技大学 一种超大型浮体调谐透空减振发电装置
JP6266685B2 (ja) * 2016-04-07 2018-01-24 拓樹 中村 浮体式流体力利用システム及びこれを用いた風力推進船
US10767618B2 (en) * 2016-04-24 2020-09-08 The Regents Of The University Of California Submerged wave energy converter for shallow and deep water operations
SE540263C2 (en) * 2016-06-13 2018-05-15 Novige Ab Apparatus for harvesting energy from waves
US10415537B2 (en) * 2016-12-09 2019-09-17 National Technology & Engineering Solutions Of Sandia, Llc Model predictive control of parametric excited pitch-surge modes in wave energy converters
US10344736B2 (en) * 2016-12-09 2019-07-09 National Technology & Engineering Solution of Sandia, LLC Pseudo-spectral method to control three-degree-of-freedom wave energy converters
US11002243B2 (en) 2017-04-24 2021-05-11 The Regents Of The University Of California Submerged wave energy converter for deep water operations
US10047717B1 (en) 2018-02-05 2018-08-14 Energystics, Ltd. Linear faraday induction generator for the generation of electrical power from ocean wave kinetic energy and arrangements thereof
US20190353139A1 (en) * 2018-05-17 2019-11-21 Lone Gull Holdings, Ltd. Inertial pneumatic wave energy device
US10605226B2 (en) * 2018-08-14 2020-03-31 Lone Gull Holdings, Ltd. Inertial hydrodynamic pump and wave engine
CN109340032B (zh) * 2018-10-26 2020-09-04 成都理工大学 一种浮动装置
GB2579640A (en) * 2018-12-08 2020-07-01 James Hawke Henry Relative buoyancy marine wave energy recovery system
US10914280B2 (en) * 2019-06-06 2021-02-09 Arthur Lander Wave power generator
CN111022269A (zh) * 2019-11-12 2020-04-17 中国能源建设集团广东省电力设计研究院有限公司 海上基础结构及海上风机系统

Family Cites Families (56)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2352862A (en) * 1942-06-27 1944-07-04 Rabuse Frank Mathew Sea warfare
US3191388A (en) * 1962-11-08 1965-06-29 California Research Corp Slender column support for offshore platforms
US3167793A (en) * 1963-10-29 1965-02-02 Borg Warner Buoy
US3425383A (en) * 1965-08-11 1969-02-04 Paul A Scherer Hydrofoil method and apparatus
US3500783A (en) * 1968-07-16 1970-03-17 Hydronautics Stable ocean platform
US3546473A (en) * 1969-02-24 1970-12-08 Alan H Rich Oceanographic generator
US3755836A (en) * 1970-09-28 1973-09-04 Itt Stabilization arrangement for communication buoys
US3934533A (en) * 1973-09-12 1976-01-27 Barry Wainwright Aerofoil or hydrofoil
SE423431B (sv) * 1978-08-16 1982-05-03 Sven Anders Noren AGRICULTURAL RECOVERY OF CHAMBLE ENERGY INCLUDED IN THE WATERS
JPS6228316B2 (ja) * 1978-10-24 1987-06-19 Yasuhiro Manabe
US4260901A (en) * 1979-02-26 1981-04-07 Woodbridge David D Wave operated electrical generation system
JPS55125364A (en) * 1979-03-22 1980-09-27 Yasuhiro Manabe Power generator with use of vertical movement of wave
JPS55160967A (en) * 1979-05-30 1980-12-15 Yasuhiro Manabe Multimagnet electric generator employing vertical motion of wave
US4232230A (en) * 1979-06-14 1980-11-04 Foerd Ames Ocean wave energy converter
JPH0134304B2 (ja) * 1979-07-20 1989-07-18 Yasuhiro Manabe
US4447740A (en) * 1979-11-08 1984-05-08 Heck Louis J Wave responsive generator
US4470544A (en) * 1980-08-04 1984-09-11 Geophysical Engineering Co. Method of and means for weather modification
US4474129A (en) * 1982-04-29 1984-10-02 W. R. Grace & Co. Riser pipe fairing
US4606673A (en) * 1984-12-11 1986-08-19 Fluor Corporation Spar buoy construction having production and oil storage facilities and method of operation
IE883159L (en) * 1988-10-19 1990-04-19 Hydam Ltd Wave powered prime mover
JPH0419363A (en) * 1990-05-14 1992-01-23 Taiyo Plant Kogyo:Yugen Vibration pump with use of spring
JPH04101073A (en) * 1990-08-16 1992-04-02 Sasakiakio Jimusho:Kk Wave activated power generating system
US5324988A (en) * 1993-07-23 1994-06-28 Edwin Newman System for undersea wave generation of electric power
US5471098A (en) * 1994-09-26 1995-11-28 Asay; Bill Device for connecting flow energy of water into electrical energy
DE19507705A1 (de) * 1995-03-04 1996-09-05 Hydraulik Ring Gmbh Stellantriebssystem für Schaltgetriebe von Kraftfahrzeugen
US5609442A (en) * 1995-08-10 1997-03-11 Deep Oil Technology, Inc. Offshore apparatus and method for oil operations
NO300884B1 (no) * 1995-12-06 1997-08-11 Fred Olsen Bölgedemper for flytende konstruksjoner
US5722797A (en) * 1996-02-21 1998-03-03 Deep Oil Technology, Inc. Floating caisson for offshore production and drilling
US5842838A (en) * 1996-11-04 1998-12-01 Berg; John L. Stable wave motor
GB9804770D0 (en) * 1998-03-07 1998-04-29 Engineering Business Ltd Apparatus for extracting power from moving water
US6206614B1 (en) * 1998-04-27 2001-03-27 Deep Oil Technology, Incorporated Floating offshore drilling/producing structure
US20040258484A1 (en) * 2001-10-22 2004-12-23 Ope Technology, Llc Floating platform with storage tanks for compressed gas and/or hydrate forms of hydrocarbons
US6718130B2 (en) * 1999-05-28 2004-04-06 David E. Grober Stabilized camera and marker buoy for media coverage of aquatic events
US20030206772A1 (en) * 2001-02-22 2003-11-06 Horne Earl Wilson Method and apparatus for increasing floating platform buoyancy
US6503023B2 (en) * 2000-05-12 2003-01-07 Abb Lummus Global, Inc. Temporary floatation stabilization device and method
US6768216B1 (en) * 2000-05-26 2004-07-27 Ocean Power Technologies, Inc. Wave energy converters utilizing pressure differences
US20030099516A1 (en) * 2001-01-02 2003-05-29 Chow Andrew W. Minimized wave-zone buoyancy platform
JP3368536B1 (ja) * 2001-11-08 2003-01-20 学校法人東海大学 流体発電装置
US6772592B2 (en) * 2002-02-06 2004-08-10 Ocean Power Technologies, Inc. Float dependent wave energy device
US20060120809A1 (en) * 2002-05-28 2006-06-08 James Ingram Method and crane for installing, maintaining and decommissioning wind turbines
US6854933B2 (en) * 2002-08-07 2005-02-15 Deepwater Technologies, Inc. Vertically restrained centerwell SPAR
US6791205B2 (en) * 2002-09-27 2004-09-14 Aqua Magnetics, Inc. Reciprocating generator wave power buoy
JP4197929B2 (ja) * 2002-11-25 2008-12-17 株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド 浮体構造物の動揺抑制機構を用いた海水汲み上げ装置
WO2004065785A1 (en) * 2003-01-20 2004-08-05 Torben Veset Mogensen Sea wave energy converter
US7086809B2 (en) * 2003-01-21 2006-08-08 Marine Innovation & Technology Minimum floating offshore platform with water entrapment plate and method of installation
US7140180B2 (en) * 2003-01-22 2006-11-28 Ocean Power Technologies, Inc. Wave energy converter (WEC) device and system
EP1599634A4 (en) * 2003-02-28 2006-05-17 Modec International L L C METHOD FOR INSTALLING A VERTICALLY ANCHORED PLATFORM
US6884003B2 (en) * 2003-06-16 2005-04-26 Deepwater Technologies, Inc. Multi-cellular floating platform with central riser buoy
CN1787945A (zh) * 2003-06-25 2006-06-14 埃克森美孚上游研究公司 用于安装波动减小的浮式结构的方法
US7199481B2 (en) * 2003-11-07 2007-04-03 William Walter Hirsch Wave energy conversion system
WO2005089284A2 (en) * 2004-03-16 2005-09-29 Ocean Power Technologies, Inc. Wave energy converter (wec) with magnetic braking
US7255517B2 (en) * 2004-05-28 2007-08-14 Deepwater Marine Technology L.L.C. Ballasting offshore platform with buoy assistance
US7323790B2 (en) * 2005-03-15 2008-01-29 Ocean Power Technologies, Inc. Wave energy converters (WECs) with linear electric generators (LEGs)
US20080309088A1 (en) * 2005-04-19 2008-12-18 Emmanuel Agamloh Methods and Apparatus for Power Generation
US7476137B2 (en) * 2005-08-29 2009-01-13 Ocean Power Technologies, Inc. Expandable wave energy conversion system
TWM289015U (en) * 2005-09-15 2006-03-21 Hannspree Inc Floating anti-roll device

Also Published As

Publication number Publication date
EP2015985A2 (en) 2009-01-21
WO2007130334A3 (en) 2008-06-26
US7878734B2 (en) 2011-02-01
AU2007248730A1 (en) 2007-11-15
WO2007130331A3 (en) 2008-04-10
JP5284949B2 (ja) 2013-09-11
US20070286683A1 (en) 2007-12-13
US7594780B2 (en) 2009-09-29
CA2651998A1 (en) 2007-11-15
US20070266704A1 (en) 2007-11-22
WO2007130385A3 (en) 2008-08-07
WO2007130334A2 (en) 2007-11-15
AU2007248730B2 (en) 2014-02-06
EP2016281A4 (en) 2012-09-05
AU2007248702A1 (en) 2007-11-15
CA2652000A1 (en) 2007-11-15
JP2009535565A (ja) 2009-10-01
CA2651999A1 (en) 2007-11-15
EP2016281A2 (en) 2009-01-21
JP2009535265A (ja) 2009-10-01
JP2009535566A (ja) 2009-10-01
EP2015985A4 (en) 2014-03-05
EP2016228B1 (en) 2018-07-11
US20080131208A1 (en) 2008-06-05
WO2007130385A2 (en) 2007-11-15
CA2651998C (en) 2014-07-08
JP5063681B2 (ja) 2012-10-31
EP2016228A2 (en) 2009-01-21
WO2007130331A2 (en) 2007-11-15
CA2652000C (en) 2014-07-08
AU2007248733B2 (en) 2013-01-17
EP2016228A4 (en) 2016-08-10
ES2688775T3 (es) 2018-11-06
CA2651999C (en) 2014-07-08
AU2007248733A1 (en) 2007-11-15
US7877994B2 (en) 2011-02-01
EP2016281B1 (en) 2019-06-19
ES2744498T3 (es) 2020-02-25
AU2007248702B2 (en) 2012-10-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9446822B2 (en) Floating wind turbine platform with ballast control and water entrapment plate systems
EP2923076B1 (en) A flowing-water drivable turbine assembly
CA2805129C (en) Ocean wave power plant
AU2011202492B2 (en) Float Member for Wave Energy Converter
US8197208B2 (en) Floating underwater support structure
AU2015226662B2 (en) Flare-type tensile legs floating wind turbine base, offshore wind turbine and construction method
JP4123936B2 (ja) 浮体式洋上風力発電設備
JP5905829B2 (ja) 発電プラント設備
US8668452B2 (en) Floating device for production of energy from water currents
ES2516590B1 (es) SUBMERSIBLE STRUCTURE OF ACTIVE SUPPORT FOR GENERATOR TOWERS AND SUBSTATIONS OR SIMILAR ELEMENTS, IN MARITIME FACILITIES
JP5301929B2 (ja) 緊張係留浮体と緊張係留浮体の曳航及び設置方法
CN109774879B (zh) 具有波浪载荷和风载荷的优化传递的浮式风力涡轮机平台结构
AU2006351328B2 (en) A completely submerged wave energy converter
US7579704B2 (en) Wave power apparatus having a float and means for locking the float in a position above the ocean surface
AU2017200610B2 (en) Wave energy converter system
EP1583907B1 (en) Wind turbine with floating foundation
CN102661231B (zh) 一种具有半潜船特征的漂浮鹰式波浪能发电装置
US7140180B2 (en) Wave energy converter (WEC) device and system
US5555838A (en) Ocean thermal energy conversion platform
US7956478B2 (en) Installation comprising a wave power apparatus and a support structure therefor
US8729723B2 (en) Removable offshore wind turbines with pre-installed mooring system
EP2094966B1 (en) Wave energy converter
JP6039097B2 (ja) 浮遊輸送および設置構造体、および浮遊風力タービン
KR101543727B1 (ko) 수상에서의 균형 유지 가능한 일체형 수상 태양광 발전장치
JP5715152B2 (ja) 浮遊式電力生成設備

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100420

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120326

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120626

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120703

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120926

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121023

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121121

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5143825

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151130

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250