JP5136521B2 - レーザ狭開先溶接装置および溶接方法 - Google Patents

レーザ狭開先溶接装置および溶接方法 Download PDF

Info

Publication number
JP5136521B2
JP5136521B2 JP2009153210A JP2009153210A JP5136521B2 JP 5136521 B2 JP5136521 B2 JP 5136521B2 JP 2009153210 A JP2009153210 A JP 2009153210A JP 2009153210 A JP2009153210 A JP 2009153210A JP 5136521 B2 JP5136521 B2 JP 5136521B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
groove
laser
filler metal
laser beam
narrow groove
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009153210A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011005533A (ja
Inventor
武志 塚本
啓嗣 川中
義尚 前田
信治 今岡
哲也 桑野
泰司 橋本
Original Assignee
株式会社日立プラントテクノロジー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立プラントテクノロジー filed Critical 株式会社日立プラントテクノロジー
Priority to JP2009153210A priority Critical patent/JP5136521B2/ja
Publication of JP2011005533A publication Critical patent/JP2011005533A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5136521B2 publication Critical patent/JP5136521B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K26/00Working by laser beam, e.g. welding, cutting or boring
    • B23K26/20Bonding
    • B23K26/21Bonding by welding
    • B23K26/24Seam welding

Description

本発明は、レーザ光による厚板の積層溶接装置及び溶接方法に関するものである。

鉄鋼材料やニッケル基合金などの厚板の溶接は、溶接部位に開先を形成し、溶接ワイヤや溶接棒などの溶加材を供給しながら複数パスの積層溶接によって開先を埋める方法が一般的に行われているが、板厚の増加に伴って開先の断面積が増加するため、溶接パス数の増加による生産効率の低下、変形や溶接ひずみの増大による溶接品質の低下など、課題を有している。

このため、開先を狭くして必要となる溶着金属量を低減する狭開先溶接方法が開発されており、熱源についてもアークの指向性を高めたり、集束性の高いレーザ光を用いるなど、狭開先化に対応する工夫がなされている。特にレーザは、近年発振器の進歩により出力、集束性の向上が著しく、たとえば特許文献1に記載されているように、従来のアーク熱源では不可能な狭開先化が可能である。

特開平09−201687号公報

上記のレーザによる狭開先溶接ではエネルギーの集中性が高いために、一般的にはアーク溶接よりも形成される溶接ビードの幅が小さくなる。一方、開先の形状はレーザ光との干渉を避けるように決定されるが、レーザ光は集光レンズからレンズの焦点距離に応じた一定の集光角度をもって開先の底部に照射されるため、溶接部位の板厚が増し、開先が深くなるに従って必要となる開先上部の幅も拡大する。このため、開先の下部では1層あたり1パスの健全な溶接が可能であっても、開先の上部に積層が進むに連れて開先の壁と溶接ビードの間に融合不良が生じやすくなる問題があった。

また、レーザ狭開先溶接では、開先の幅が小さいために溶接ワイヤや溶接棒等の固形溶加材の送給が開先側壁方向へずれた状態で行われやすく、側壁方向にずれて形成された溶着部が次層の溶接時に溶加材の送給の障害となって健全な溶接が阻害される問題があった。

また、レーザ狭開先溶接では、レーザ光の照射によって発生した金属蒸気が狭い開先内に充満し、レーザ光を散乱して溶接部への入熱効率を低下させる問題があった。本発明は上記した従来技術の欠点を解決することを課題とする。

本発明は、狭い開先内に固形溶加材を送給しながらレーザ光を溶接進行方向に走査して、前記開先底部に形成される溶融プールで固形溶加材と被溶接材を溶融させて溶接を行うレーザ狭開先溶接装置において、前記開先底部におけるレーザ光照射量を周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドと、前記溶融プールに固形溶加材を供給する固形溶加材供給部と、固形溶加材の先端位置を検出する位置検出装置を有し、固形溶加材先端が常に開先中央に位置するように前記レーザ光照射ヘッドの動作と独立して固形溶加材の位置調整を行う溶加材制御装置を備えたことを特徴とする。

また、前記レーザ光照射ヘッドは、前記開先底部における前記レーザ光の照射位置を、開先底部と平行に所定振幅で周期的に揺動させるレーザ光照射ヘッドであることを特徴とする。

また、前記溶加材制御装置は、前記開先底部でレーザ光の照射位置を揺動させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とする。

また、前記レーザ光照射ヘッドは、レーザ光の集光スポット寸法を開先の底部で所定の寸法範囲内で周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドであることを特徴とする。

また、前記溶加材制御装置は、前記開先の底部でレーザ光の集光スポット寸法を変化させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とする。

また、前記開先の中に挿入された先端とレーザ光集光スポットの中心間距離を所定の間隔に保ちながら、前記溶融プールにシールドガスを噴出する内側ノズルと、前記内側ノズルを内包して二重管構造を形成し前記溶融プールの周囲にシールドガスを噴出する外側ノズルから成るシールドガス供給装置を有することを特徴とする。

また、前記外側ノズルが開先の外部に位置し、前記外側ノズル先端と開先上部との距離を所定の間隔に維持するシールドガス供給装置を有することを特徴とする。

さらに、狭い開先内に固形溶加材を送給しながらレーザ光を溶接進行方向に走査して、前記開先底部に形成される溶融プールで固形溶加材と被溶接材を溶融させて溶接を行うレーザ狭開先溶接方法において、前記開先底部におけるレーザ光照射量を周期的に変化させ、固形溶加材の先端位置を検出し、固形溶加材先端が常に開先中央に位置するように前記レーザ光照射ヘッドの動作と独立して固形溶加材の位置調整を行うことを特徴とする。

さらに、前記開先底部における前記レーザ光の照射位置を、開先底部と平行に所定振幅で周期的に揺動させることを特徴とする。

さらに、前記開先底部でレーザ光の照射位置を揺動させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とする。

さらに、レーザ光の集光スポット寸法を開先の底部で所定の寸法範囲内で周期的に変化させることを特徴とする。

さらに、開先の底部でレーザ光の集光スポット寸法を変化させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とする。

さらに、開先の中に挿入された先端とレーザ光集光スポットの中心間距離を所定の間隔に保ちながら、前記溶融プールにシールドガスを噴出し、さらに前記溶融プールの周囲にシールドガスを噴出するシールドガス供給方法を有することを特徴とする。

さらに、前記外側ノズルが開先の外部に位置し、前記外側ノズル先端と開先上部との距離を所定の間隔に維持するシールドガス供給方法を有することを特徴とする。

本発明は、レーザ光の照射量を開先底部で周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドと、固形溶加材の先端位置が常に開先の中央にあるように前記レーザ光照射ヘッドの動作とは独立して送給位置の調整を行う溶加材制御装置を備えることにより、溶接部の板厚が増加した場合にも開先上部の側壁と溶接ビードの間に生じる融合不良を抑制し、健全なレーザ狭開先溶接を可能とする。

また、本発明は、固形溶加材の送給位置が開先の側壁側へずれて固形溶加材が開先の側壁に溶着し、次層の溶接時に固形溶加材の送給が乱れる不具合を防止することが出来る。

本発明の実施例1を示す模式図である。 本発明の実施例1における開先と溶接ワイヤ、およびレーザ光の揺動運動の位置関係を示す平面模式図である。 本発明の実施例1における開先と溶接ワイヤ、およびレーザ光の揺動運動の位置関係を示す断面模式図である。 本発明の実施例2を示す模式図である。 本発明の実施例2における開先と溶接棒、およびレーザ光の焦点位置の往復運動の位置関係を示す平面模式図である。 本発明の実施例2における開先と溶接棒、およびレーザ光の焦点位置の往復運動の位置関係を示す断面模式図である。

本発明は、第一の実施形態として、レーザを用いた厚板の狭開先溶接において、レーザ光の照射位置を開先の底部で所定の振幅で周期的に揺動させるレーザ光照射ヘッドと、レーザ光によって開先の底部に形成される溶融プールに溶接ワイヤや溶接棒等の固形溶加材を供給し、固形溶加材の先端位置を検出して先端が常に開先中央にあるように前記レーザ光照射ヘッドの動作と独立して送給位置の調整を行う溶加材制御装置を有する溶接装置を用いて、溶接不良を抑制する。

また、本発明は第二の実施形態として、レーザ光の集光スポット寸法を開先の底部で所定の寸法範囲内で周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドと、レーザ光によって開先の底部に形成される溶融プールに固形溶加材を供給し、固形溶加材の先端の位置を検出して溶加材先端が常に開先の中央にあるように前記レーザ光照射ヘッドの動作とは独立して送給位置の調整を行う固形溶加材供給部を有する溶接装置を用いて溶接不良を抑制する。

図1は本発明の実施例1であって、溶接装置の構成および溶接プロセスを示す模式図であり、溶接進行方向の側方から開先の内部を概略的に示している。1は出力10kwのレーザ光照射ヘッド、11は溶接進行方向、2は溶加材制御装置、21は溶加材供給部、22は溶加材供給ノズル、23は溶加材先端位置検出装置としての撮像カメラ、3はシールドガス供給装置、31は内側ノズル、32は外側ノズル、4はレーザ光、5は開先、51は開先底部、61は固形溶加材としての溶接ワイヤ、71は内側ノズル31からのシールドガスの流れ、72は外側ノズル32からのシールドガスの流れ、8は溶融プール、91は溶接ビード、100は被溶接材である。実施例1では被溶接材の材質をSUS304、溶接ワイヤの材質をY308Lとし、シールドガスは窒素とした。

レーザ光4によって溶融形成された金属の溶融プール8に溶接進行方向11の前方から溶加材供給部21により溶加材供給ノズル22を通して溶接ワイヤ61を連続的に供給し、溶接ビード91を形成した。このときシールドガス供給装置3の内側ノズル31から溶融プール8に向かって噴出されたシールドガスの流れ71により、溶融プール8から発生する金属蒸気が吹き飛ばされ、レーザ光4の散乱を防止する。また、外側ノズル32から溶融プール8の周囲に向かって噴出されたシールドガスの流れ72により、溶接部近傍の加熱領域が大気によって酸化されることを抑制する。

図2Aは開先5の上部から溶接部を概略的に示した平面模式図、図2Bは溶接進行方向11の前方から開先5長手方向に対し直交する断面を概略的に示した断面模式図である。11は溶接進行方法を示す。41はレーザ光集光スポット、42はレーザ光4の開先底部と平行な揺動方向、92は前回の溶接パスで形成された溶接ビードである。

レーザ光照射ヘッド1を溶接進行方向11に走査しながら、レーザ光4を開先5の底部で溶接進行方向11と直交する方向に所定の振幅で周期的に揺動させることにより、熱エネルギーが十分かつ均等に溶接部に供給され、開先5の側壁と溶接ビード91の間に生じる融合不良を抑制することが可能となる。レーザ光4を揺動させる振幅は、およそ溶接部の開先幅からレーザ光集光スポット41の直径を引いた値とし、揺動周期は溶接装置が安定的に作動できる熱的条件および機構的条件等から、1から10Hzの範囲とした。

上記の溶接プロセスの際、レーザ光4の揺動周期と同期して溶加材制御装置2により溶加材供給部21で溶接ワイヤ61の供給速度制御を行う。すなわち、レーザ光集光スポット41が開先5の中央にある場合に溶接ワイヤ61の供給速度を極大とし、レーザ光集光スポット41が開先5の側壁に最も近づいた場合に溶接ワイヤ61の供給速度を極小とする周期的な供給速度制御を行う。このような制御により熱供給量に応じて最適量の溶接ワイヤを供給して、溶接ワイヤ61の溶融不良を生じることなく欠陥のない安定した溶接が可能となる。

また、溶接ワイヤ61の先端位置を撮像カメラ23で検出し、溶加材制御装置2によってレーザ光4の位置とは独立に溶接ワイヤ61の先端が常に開先5の中心に位置するように調整を行う。開先5内部における溶接ワイヤ61の先端位置は光学フィルタを介したCCDカメラ等の撮像カメラ23による映像を画像解析することにより求め、これを溶加材制御装置2および溶加材供給部21にフィードバックして位置調整を行った。この制御により、溶接ビードの前層において溶接ワイヤ61が開先5の側壁に溶着し、次層の溶接時に溶接ワイヤ61の送給が阻害されることを防止することができる。実施例1では開先5の深さが100mm、開先上部の幅が10mmまでであれば健全な溶接が可能である。
実施例1では、被溶接材100の材質をSUS304とし、溶接ワイヤ61の材質をこれに対応してY308Lとしたが、他の材料の組合わせであっても構わない。また、溶加材は位置制御可能な固形の溶加材であれば、溶接棒であってもよい。シールドガス7は他の不活性ガスや二酸化炭素、不活性ガスと二酸化炭素や酸素を混合したガスを用いることも可能である。シールドガス供給装置3および溶加材供給部21の配置位置は、溶接進行方向11に対して本実施例と反対側であってもよい。レーザ光集光スポット41の形状は本実施例と同じ円形である必要はなく、楕円や線形もしくは矩形のレーザ光集光スポットを用いることも可能である。

図3は本発明の実施例2であって、溶接装置の構成および溶接プロセスを示す模式図であり、溶接進行方向の側方から開先の内部を概略的に示している。1はレーザ光照射ヘッド、11は溶接進行方向、2は溶加材制御装置、21は溶加材供給部、22は溶加材供給ノズル、24はレーザ変位計、3はシールドガス供給装置、31は内側ノズル、32は外側ノズル、4はレーザ光、5は開先、51は開先底部、62は固形溶加材としての溶接棒、71は内側ノズル31からのシールドガスの流れ、72は外側ノズル32からのシールドガスの流れ、8は溶融プール、91は溶接ビード、100は被溶接材である。本実施例では被溶接材の材質をSM400A、溶接ワイヤの材質をYGT50とし、シールドガスは二酸化炭素とした。

レーザ光4によって溶融形成された溶融プール8に溶接進行方向11の前方から溶加材供給ノズル22を通して溶加材供給部21によって溶接棒62を供給して、溶接ビード91を形成した。このときシールドガス供給装置3の内側ノズル31から溶融プール8に向かって噴出されたシールドガスの流れ71により、溶融プール8から発生する金属蒸気が吹き飛ばされ、レーザ光4の散乱を防止することが可能となる。また、外側ノズル32から溶融プール8の周囲に向かって噴出されたシールドガスの流れ72により、溶接部近傍の加熱領域が大気によって酸化されることを抑制する。

溶接ビード91の積層の進行に伴って開先5が浅くなるため、内側ノズル31の先端位置は徐々に上昇するが、外側ノズル32の先端と開先5上端の距離を一定に保つ機構を設けることにより、外側ノズル32から噴出されるシールドガスの流れ72が開先5の外部に逸れることを防ぎ、溶接部に対するシールド性の低下を抑制することが可能となる。

図4Aは開先5の上部から見た溶接部を概略的に示した平面模式図、図4Bは溶接進行方向11の前方から開先5長手方向に対し直交する断面を概略的に示した断面模式図である。11は溶接進行方法を示す。41はレーザ光集光スポット、43はレーザ光4の焦点位置、44は焦点位置43の上下往復運動方向、21は前層の溶接ビードである。

レーザ光照射ヘッド1を溶接進行方向11に走査しながら、レーザ光4の焦点位置43を往復運動方向44の方向に所定の振幅で開先底部と垂直方向に往復運動させ、開先5の底部に形成されるレーザ光集光スポット41の大きさを変化させて開先5の底部のみにレーザ光4が照射される状態と開先5の側壁にもレーザ光が照射される状態を周期的に繰り返す制御を行うことで、開先5の側壁と溶接ビード91の間に生じる融合不良を抑制することが可能となる。レーザ光4の焦点位置43を往復運動させる振幅は、レーザ光集光スポット41の直径が溶接部の開先幅の約1/2から開先幅+4〜5mmまで変化する振幅とし、揺動周期は1から5Hzの範囲とした。

このとき、溶加材供給部21により、レーザ光4の焦点位置43の往復運動の周期と同期して、レーザ光集光スポット41の大きさが極小となった場合に溶接棒62の供給速度を極大とし、レーザ光集光スポット41の大きさが極大となった場合に溶接棒62の供給速度を極小とする周期的な速度制御を行うことで、溶接棒62の溶融不良を生じることなく安定した溶接が可能となる。

レーザ光集光スポット41を周期的に変化させる方法は、本実施例に記載したレーザ光4の焦点位置43を上下に往復運動させる方法のほかに、レーザ光照射ヘッド1の内部でレンズの組合せによって形成される集光光学系を調整することでレーザ光4の集光角度を周期的に変化させる方法を用いることも可能である。レーザ光集光スポット41の形状は本実施例と同じ円形である必要はなく、楕円や線形もしくは矩形のレーザ光も使用できる。

また、溶接棒62の先端位置をレーザ変位計24で検出し、溶加材供給部21によってレーザ光集光スポット41の位置および大きさに関わらず溶接棒62の先端が常に開先5の中心に位置するように調整を行うことにより、溶接棒62が開先5の側壁に溶着し次層の溶接時に溶接棒62の送給が阻害されることを防止することが可能である。開先5内部における溶接棒62の先端位置はレーザ変位計24を用いた二次元断層計測により求め、これを溶加材供給部21にフィードバックして位置調整を行った。実施例2では、開先5の深さが100mm、開先上部の幅が10mmまでであれば健全な溶接が可能であった。

実施例2では、被溶接材100の材質をSM400A、溶接棒62の材質をYGT50としたが他の材料を用いても構わない。また溶加材は溶接ワイヤの形態であってもよい。

シールドガス7は他の不活性ガスや、不活性ガスと二酸化炭素や酸素を混合したガスを用いることも可能である。シールドガス供給装置3および溶加材供給部21の配置位置は、溶接進行方向11に対して、本実施例と反対側であってもよい。

本発明は、発電プラントや化学プラントの大型構造物、造船、重機などの厚板溶接に利用が可能である。

1:レーザ光照射ヘッド
2:溶加材制御装置
21:溶加材供給部
22:溶加材供給ノズル
23:撮像カメラ
24:レーザ変位計
3:シールドガス供給装置
31:内側ノズル
32:外側ノズル
4:レーザ光
41:レーザ光集光スポット
42:レーザ光の揺動方向
43:レーザ光の焦点位置
44:焦点位置の往復運動方向
5:開先
51:開先底部
61:溶接ワイヤ
62:溶接棒
8:溶融プール
91:溶接ビード
100:被溶接材

Claims (14)

  1. 狭い開先内に固形溶加材を送給しながらレーザ光を溶接進行方向に走査して、前記開先底部に形成される溶融プールで固形溶加材と被溶接材を溶融させて溶接を行うレーザ狭開先溶接装置において、前記開先底部におけるレーザ光照射量を周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドと、前記溶融プールに固形溶加材を供給する固形溶加材供給部と、固形溶加材の先端位置を検出する位置検出装置を有し、固形溶加材先端が開先中央に位置するように前記レーザ光照射ヘッドの動作と独立して固形溶加材の位置調整を行う溶加材制御装置を備えたことを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  2. 請求項1に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記レーザ光照射ヘッドは、前記開先底部における前記レーザ光の照射位置を、開先底部と平行に所定振幅で周期的に揺動させるレーザ光照射ヘッドであることを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  3. 請求項2に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記溶加材制御装置は、前記開先底部でレーザ光の照射位置を揺動させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  4. 請求項1に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記レーザ光照射ヘッドは、レーザ光の集光スポット寸法を開先の底部で所定の寸法範囲内で周期的に変化させるレーザ光照射ヘッドであることを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  5. 請求項4に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記溶加材制御装置は、前記開先の底部でレーザ光の集光スポット寸法を変化させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  6. 請求項1乃至5のいずれか1項に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記開先の中に挿入された先端とレーザ光集光スポットの中心間距離を所定の間隔に保ちながら、前記溶融プールにシールドガスを噴出する内側ノズルと、前記内側ノズルを内包して二重管構造を形成し前記溶融プールの周囲にシールドガスを噴出する外側ノズルから成るシールドガス供給装置を有することを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  7. 請求項6に記載されたレーザ狭開先溶接装置において、前記外側ノズルが開先の外部に位置し、前記外側ノズル先端と開先上部との距離を所定の間隔に維持するシールドガス供給装置を有することを特徴とするレーザ狭開先溶接装置。
  8. 狭い開先内に固形溶加材を送給しながらレーザ光を溶接進行方向に走査して、前記開先底部に形成される溶融プールで固形溶加材と被溶接材を溶融させて溶接を行うレーザ狭開先溶接方法において、前記開先底部におけるレーザ光照射量を周期的に変化させ、固形溶加材の先端位置を検出し、固形溶加材先端が開先中央に位置するように前記レーザ光照射ヘッドの動作と独立して固形溶加材の位置調整を行うことを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  9. 請求項8に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、前記開先底部における前記レーザ光の照射位置を、開先底部と平行に所定振幅で周期的に揺動させることを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  10. 請求項9に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、前記開先底部でレーザ光の照射位置を揺動させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  11. 請求項8に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、レーザ光の集光スポット寸法を開先底部で所定の寸法範囲内で周期的に変化させることを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  12. 請求項11に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、開先底部でレーザ光の集光スポット寸法を変化させる周期と同期して、前記固形溶加材供給部による固形溶加材の供給速度を周期的に変化させることを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  13. 請求項8乃至12のいずれか1項に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、開先の中に挿入された先端とレーザ光集光スポットの中心間距離を所定の間隔に保ちながら、前記溶融プールにシールドガスを噴出し、さらに前記溶融プールの周囲にシールドガスを噴出するシールドガス供給方法を有することを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
  14. 請求項13に記載されたレーザ狭開先溶接方法において、前記外側ノズルが開先の外部に位置し、前記外側ノズル先端と開先上部との距離を所定の間隔に維持するシールドガス供給方法を有することを特徴とするレーザ狭開先溶接方法。
JP2009153210A 2009-06-29 2009-06-29 レーザ狭開先溶接装置および溶接方法 Active JP5136521B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009153210A JP5136521B2 (ja) 2009-06-29 2009-06-29 レーザ狭開先溶接装置および溶接方法

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009153210A JP5136521B2 (ja) 2009-06-29 2009-06-29 レーザ狭開先溶接装置および溶接方法
EP10167346A EP2269764A1 (en) 2009-06-29 2010-06-25 Laser narrow groove welding apparatus and welding method
CN 201010218195 CN101934430B (zh) 2009-06-29 2010-06-28 激光狭槽焊接装置以及焊接方法
US12/825,549 US8481885B2 (en) 2009-06-29 2010-06-29 Laser narrow groove welding apparatus and welding method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011005533A JP2011005533A (ja) 2011-01-13
JP5136521B2 true JP5136521B2 (ja) 2013-02-06

Family

ID=42831067

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009153210A Active JP5136521B2 (ja) 2009-06-29 2009-06-29 レーザ狭開先溶接装置および溶接方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8481885B2 (ja)
EP (1) EP2269764A1 (ja)
JP (1) JP5136521B2 (ja)
CN (1) CN101934430B (ja)

Families Citing this family (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8653417B2 (en) * 2009-01-13 2014-02-18 Lincoln Global, Inc. Method and system to start and use a combination filler wire feed and high intensity energy source
US10086461B2 (en) 2009-01-13 2018-10-02 Lincoln Global, Inc. Method and system to start and use combination filler wire feed and high intensity energy source for welding
US9085041B2 (en) 2009-01-13 2015-07-21 Lincoln Global, Inc. Method and system to start and use combination filler wire feed and high intensity energy source for welding
US9103358B2 (en) * 2010-03-16 2015-08-11 Eaton Corporation Corrosion-resistant position measurement system and method of forming same
JP5645128B2 (ja) * 2011-03-30 2014-12-24 バブコック日立株式会社 レーザ狭開先多層盛溶接方法と装置
JP5812527B2 (ja) * 2011-03-30 2015-11-17 バブ日立工業株式会社 ホットワイヤレーザ溶接方法と装置
CN103252578A (zh) * 2012-02-17 2013-08-21 沈阳新松机器人自动化股份有限公司 一种用于超导线圈盒的窄间隙激光填丝焊接方法
US9687929B2 (en) 2012-07-06 2017-06-27 Lincoln Global, Inc. Method and system of using consumable with weld puddle
US10105780B2 (en) 2012-07-06 2018-10-23 Lincoln Global, Inc. Method and system of using a consumable and a heat source with a weld puddle
US20140042131A1 (en) * 2012-08-10 2014-02-13 Lincoln Global, Inc. Laser welding consumable
JP5951409B2 (ja) 2012-08-20 2016-07-13 株式会社東芝 溶接システムおよび溶接方法
US9289854B2 (en) * 2012-09-12 2016-03-22 Siemens Energy, Inc. Automated superalloy laser cladding with 3D imaging weld path control
US9272365B2 (en) 2012-09-12 2016-03-01 Siemens Energy, Inc. Superalloy laser cladding with surface topology energy transfer compensation
US9272369B2 (en) 2012-09-12 2016-03-01 Siemens Energy, Inc. Method for automated superalloy laser cladding with 3D imaging weld path control
CN103008895B (zh) * 2012-12-15 2015-04-15 华中科技大学 一种面向厚板的窄间隙多道激光焊接方法
WO2014094882A1 (en) * 2012-12-21 2014-06-26 European Space Agency Additive manufacturing method using focused light heating source
US20140263231A1 (en) * 2013-03-15 2014-09-18 Lincoln Global, Inc. Tandem hot-wire systems
JP6108962B2 (ja) * 2013-05-30 2017-04-05 日立造船株式会社 開先部監視装置を有するレーザ溶接装置およびレーザ溶接装置の開先部監視方法
KR101427972B1 (ko) * 2013-07-09 2014-08-08 현대자동차 주식회사 자동차 용접 품질 검사 장치 및 그 방법
US9498838B2 (en) 2013-07-24 2016-11-22 Lincoln Global, Inc. System and method of controlling heat input in tandem hot-wire applications
JP6215655B2 (ja) * 2013-11-06 2017-10-18 日立Geニュークリア・エナジー株式会社 レーザ溶接方法、それを用いた溶接継手の製造方法
DE102013225490A1 (de) * 2013-12-10 2015-06-11 Siemens Aktiengesellschaft Oszillierendes Schweißverfahren
CN103801833B (zh) * 2013-12-31 2016-05-25 北京工业大学 一种厚板窄间隙激光填丝焊接方法
US9718147B2 (en) * 2014-03-07 2017-08-01 Lincoln Global, Inc. Method and system to start and use combination filler wire feed and high intensity energy source for root pass welding of the inner diameter of clad pipe
CN104096971A (zh) * 2014-06-24 2014-10-15 嘉兴永发电子有限公司 激光填料焊机及其焊接方法
JP5957576B2 (ja) * 2014-09-03 2016-07-27 株式会社アマダホールディングス レーザ加工ヘッド
WO2016035684A1 (ja) * 2014-09-03 2016-03-10 株式会社アマダホールディングス レーザ加工ヘッド
CN104384717B (zh) * 2014-11-12 2016-04-13 中国船舶重工集团公司第七二五研究所 一种厚板窄间隙实施对焊的摆动激光-热丝焊接方法
CN104551403A (zh) * 2014-12-26 2015-04-29 广东省工业技术研究院(广州有色金属研究院) 一种厚板窄间隙激光扫描填丝焊接方法
CN104874919B (zh) * 2015-05-16 2016-08-17 上海交通大学 一种厚板窄间隙激光焊接方法
CN105033473A (zh) * 2015-08-14 2015-11-11 武汉法利莱切焊系统工程有限公司 一种激光焊接用自适应压轮设备
CN108465937A (zh) * 2016-08-25 2018-08-31 长沙拓扑陆川新材料科技有限公司 一种镁合金焊接材料的焊接控制系统
CN106112267B (zh) * 2016-08-25 2017-10-13 湖南汽车工程职业学院 一种az系镁合金焊接材料及其焊接控制方法
CN106271043B (zh) * 2016-09-08 2018-09-07 珠海格力电器股份有限公司 种激光焊接系统及方法
DE102016222681A1 (de) * 2016-11-17 2018-05-17 Audi Ag Verfahren zum Vorbereiten einer Bearbeitung von mindestens zwei Bauteilen

Family Cites Families (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS52143947A (en) * 1976-05-26 1977-11-30 Hitachi Ltd Narrow groove welding device
JPS5518439B2 (ja) * 1976-09-08 1980-05-19
GB1604240A (en) * 1977-12-05 1981-12-02 Steigerwald Strahltech Energy beam welding method
JPS6249153B2 (ja) * 1982-10-15 1987-10-17 Mitsubishi Electric Corp
JPH0470755B2 (ja) * 1985-07-17 1992-11-11 Sharp Kk
JP2811664B2 (ja) * 1991-09-02 1998-10-15 トヨタ自動車株式会社 防錆鋼板のレーザ溶接方法
JPH071166A (ja) * 1993-05-21 1995-01-06 Hitachi Ltd レーザ溶接方法及び溶接装置
JPH07124778A (ja) * 1993-10-29 1995-05-16 Japan Energy Corp レーザ加工装置
JPH08257776A (ja) * 1995-03-23 1996-10-08 Kawasaki Steel Corp レーザビーム溶接機による鋼板の突き合わせ溶接方法
US5665255A (en) * 1995-08-01 1997-09-09 Progressive Tool & Industries Company Laser welding apparatus and method for high temperature gradient cooling alloys
JP2711655B2 (ja) * 1995-12-30 1998-02-10 川崎重工業株式会社 レーザ溶接用照射器
JPH09201687A (ja) * 1996-01-26 1997-08-05 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 狭開先レーザ溶接方法
JPH10314942A (ja) * 1997-05-22 1998-12-02 Hitachi Ltd 溶接ワイヤ送給位置設定装置
JP2000005888A (ja) * 1998-06-24 2000-01-11 Toyota Motor Corp レーザ突合せ溶接方法
JP2003053540A (ja) * 2001-08-07 2003-02-26 Hitachi Constr Mach Co Ltd 溶接方法およびこの溶接方法を用いた溶接装置
JP3905732B2 (ja) * 2001-08-30 2007-04-18 三菱重工業株式会社 レーザ加工ヘッド、これを用いるレーザ切断装置及びレーザ切断方法
JP3854490B2 (ja) * 2001-10-25 2006-12-06 日立建機株式会社 差厚材のレーザ溶接方法
WO2003082511A1 (fr) * 2002-04-01 2003-10-09 Honda Giken Kogyo Kabushiki Kaisha Procede de soudage a l'arc de composite avec fil d'apport induit par laser yag et equipement de soudage
JP4120408B2 (ja) * 2003-01-21 2008-07-16 Jfeエンジニアリング株式会社 レーザとアークの複合溶接方法およびそれに用いる溶接継手の開先形状
JP2006247673A (ja) * 2005-03-09 2006-09-21 Hitachi Ltd 配管溶接施工方法
JP4420863B2 (ja) * 2005-06-27 2010-02-24 新日本製鐵株式会社 レーザアーク複合溶接の制御方法
CN2905302Y (zh) * 2006-01-18 2007-05-30 北京工业大学 一种激光焊接保护喷嘴

Also Published As

Publication number Publication date
CN101934430A (zh) 2011-01-05
US8481885B2 (en) 2013-07-09
EP2269764A1 (en) 2011-01-05
JP2011005533A (ja) 2011-01-13
US20100326969A1 (en) 2010-12-30
CN101934430B (zh) 2014-05-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100522453C (zh) 用于管道架设的轨道焊接装置
US10086461B2 (en) Method and system to start and use combination filler wire feed and high intensity energy source for welding
US9085041B2 (en) Method and system to start and use combination filler wire feed and high intensity energy source for welding
JP3762676B2 (ja) ワークの溶接方法
JP5104945B2 (ja) 複合溶接方法と複合溶接装置
DE3600452C2 (ja)
US20120181255A1 (en) Flux enhanced high energy density welding
CN102310289B (zh) 混合激光弧焊接工艺和设备
EP1574279B1 (en) Laser beam machining apparatus
JP2000197986A (ja) レ―ザ加工装置
EP1534460B1 (en) Laser welding with beam oscillation
US4162389A (en) Welding apparatus
KR100489692B1 (ko) 플라즈마와 레이저를 이용한 연속적인 맞대기 용접방법 및이를 이용한 금속관 제조방법
JP2011005550A (ja) 溶接制御システム
CN103056533B (zh) 一种振荡扫描激光束-电弧复合焊接方法及系统
CN101421069B (zh) 用于开口的根部焊道焊接的金属有芯焊条
US9061374B2 (en) Laser/arc hybrid welding method and method for producing welded member using same
KR101440671B1 (ko) 노즐 축선에 대해 레이저 절단 비임을 편심되게 배향시켜 경사 절단하는 방법, 이에 상응하는 레이저 가공 헤드 및 레이저 가공 기계
EP2404695B1 (en) Methof of welding at least two workpieces by double hybrid laser arc welding
US8563896B2 (en) Systems and methods to modify gas metal arc welding and its variants
CN102164704B (zh) 利用动力学射流喷嘴的CO<sub>2</sub>激光焊接方法
US20040065644A1 (en) Welding method and welded joint structure
CA2432259C (en) Laser welding boiler tube wall panels
US20110139753A1 (en) Laser welding method for steel sheet
JP2006224130A (ja) レーザとマグアークによる複合溶接方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110630

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121011

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121016

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121029

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151122

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350