JP5125087B2 - Relay server - Google Patents

Relay server Download PDF

Info

Publication number
JP5125087B2
JP5125087B2 JP2006335539A JP2006335539A JP5125087B2 JP 5125087 B2 JP5125087 B2 JP 5125087B2 JP 2006335539 A JP2006335539 A JP 2006335539A JP 2006335539 A JP2006335539 A JP 2006335539A JP 5125087 B2 JP5125087 B2 JP 5125087B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
relay
client terminal
information
relay server
shared resource
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006335539A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008148200A (en
Inventor
好史 谷本
Original Assignee
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 村田機械株式会社 filed Critical 村田機械株式会社
Priority to JP2006335539A priority Critical patent/JP5125087B2/en
Priority claimed from US11/953,505 external-priority patent/US8010647B2/en
Priority claimed from CN 200710198601 external-priority patent/CN101202709B/en
Publication of JP2008148200A publication Critical patent/JP2008148200A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5125087B2 publication Critical patent/JP5125087B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ワイドエリアネットワーク(WAN)を越えてローカルエリアネットワーク(LAN)内の端末どうしの通信を可能とする中継通信システムに用いられる中継サーバに関する。 The present invention relates to a relay server for use in a relay communication system that enables communication between terminals in a local area network (LAN) over a wide area network (WAN). とくに、あるLAN内の端末から、他のLAN内の端末が保有しているリソースの操作を可能とする通信技術に関する。 In particular, from a terminal within a LAN, it relates to a communication technology that enables the operation of the resources that terminals in other LAN owns.

VPN(Virtual Private Network)と呼ばれる通信技術がある。 There is a communication technology called VPN (Virtual Private Network). この通信技術を利用すれば、遠隔地にある他のLANを、あたかも直接接続されているネットワークのように利用することができる。 By using this communication technology, the other LAN in a remote location, can be utilized as a network that is connected though directly. たとえば、地域ごとに設けられた複数の支社のLANに接続された端末間でインターネットを越えて通信することができる。 For example, it is possible to communicate over the Internet between terminals connected to a plurality of branch office LAN provided in each region.

この種の技術に関しては、これまでも様々なシステムが提案されている(たとえば、特許文献1)。 For this kind of technology, there has been proposed various systems heretofore (e.g., Patent Document 1).

特開2002−217938号公報 JP 2002-217938 JP

しかしながら、この種のシステムは、ネットワークを仮想的に構築する関係上、硬直的なシステムになり易い。 However, this type of system, of the need to build a network virtually, tends to be inflexible system. そのため、拡張性、柔軟性のあるシステムを構築することは容易でなく、これまでに提案されているシステムも、機能やコスト等、それぞれに一長一短が認められる。 Therefore, scalability, it is not easy to build a flexible system, some systems have been proposed so far, function and cost, advantages and disadvantages are found respectively.

たとえば、同一のLAN内であれば、通常同じプロトコルの基でリソースが管理され、システム構成もそれほど複雑でないため、簡単に複数の端末間でリソースを共有等することができる。 For example, if the same LAN, usually resources been managed under the same protocol, because not so complicated system configuration, it is possible to share such resources easily between a plurality of terminals. しかし、通信システムがWANを越えて複数のLAN間にわたる場合には、フォルダやファイルなどのリソースを複数の端末で共用したい、あるいは、ある端末から他の端末が保有しているファイルを削除等したいと思っても、容易には対応できない。 However, when the communication system is beyond the WAN over between multiple LAN want to share resources such as folders and files in a plurality of terminals, or want to delete such files to other terminals from a certain terminal owns also I think, it is not readily possible to correspond. それぞれのLANで用いられているプロトコルが異なっている場合はなお更である。 If the protocol that is used in each of the LAN is different still a further.

また、各端末が保有しているリソースは、削除や移動等によって絶えず変化するにも関わらず、これらの変化に動的に対応させることも容易でない。 The resource which each terminal is held despite the constantly changing by the deletion or movement or the like, is also not easy to dynamically correspond to these changes.

あるLANで既に登録された端末が別のLANに移動する場合もある。 In some cases the terminal that has already been registered in a certain LAN moves to a different LAN. その場合には、移動元と移動先とで接続設定が変化し、その変化に合わせて、その端末が関与するリソースの管理設定についても逐次対応させなければならない。 In that case, the connection setting is changed between the source and destination, along with the change, must correspond sequentially also manage resource settings the terminal is involved.

そこで、本発明はこれら問題点に鑑み、異なるLANに接続され、異なるプロトコルで管理されている端末間であっても、各端末が必要なときに必要な相手とリソースを共有したり、リソースを操作したりすることができ、運用が容易な中継通信システムに用いられる中継サーバの提供を目的とする。 The present invention has been made in view of these problems, is connected to a different LAN, even between they are managed by different protocols terminal, share partner and resources they need when they need each terminal, resource You can manipulate an object to provide a relay server operation is used for easy relay communication system. 拡張性、柔軟性に優れ、登録済みの端末がLAN間を移動しても、設定条件の変更等、面倒な作業を要さず、そのまま意識せずに利用できる、ダイナミックな中継通信システムに好適な中継サーバの提供を目的とする。 Scalability, excellent flexibility, even when moving between the registered terminal LAN, etc. change the setting condition, without requiring troublesome work can be used without concern as it is suitable for a dynamic relay communication system and an object thereof is to provide a Do relay server.

上記課題を解決するため、請求項1に記載の本発明に係る中継サーバは、第1のLANに接続されるとともに、他のLANの中継サーバと通信可能な中継サーバであって、自中継サーバが接続されるLANに接続されているクライアント端末を特定するアカウント情報を記憶するアカウント情報登録部と、自中継サーバと相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報と、各中継サーバに接続されているクライアント端末を特定するアカウント情報と、を含む中継グループ情報を記憶する中継グループ情報登録部と、を備え、クライアント端末から接続要求を受信すると、前記クライアント端末が自中継サーバの前記アカウント情報に登録されていない場合に、前記中継グループ情報に基づいて、前記クライアント端末が登録されている第2 To solve the above problems, a relay server according to the present invention described in claim 1 is connected to the first LAN, a communication capable relay server with other LAN relay server, own relay server There and account information registering unit that stores account information for identifying the client terminals connected to the LAN to be connected, a group of information of the relay server to allow connections to and from the own relay servers are connected to each relay server includes and account information for identifying the client terminal has, and a relay group information registration unit arranged to store relay group information including, when receiving a connection request from a client terminal, the client terminal the account information of the own relay server If not registered, based on the relay group information, the said client terminal is registered 2 LANの中継サーバを特定し、前記第2のLANの中継サーバに前記クライアント端末のログイン情報を与えて前記ログイン情報の正否を問い合わせ、前記第2のLANの中継サーバからの前記ログイン情報の認証結果に応じて前記クライアント端末の接続を許可することを特徴とする。 Identify the LAN relay server, querying the correctness of the login information giving the login information of the client terminal in the relay server of the second LAN, the authentication result of the login information from the relay server of the second LAN and permits the connection of the client terminal in response to.

請求項2に記載の本発明は、請求項1に記載の中継サーバであって、前記中継グループ情報が、クライアント端末別に記録されて、そのクライアント端末の接続先の中継サーバを示す接続情報を、含み、前記アカウント情報登録部に記憶するクライアント端末から接続要求を受信すると、自装置が記憶する中継グループ情報に含まれる、そのクライアント端末の前記接続情報の内容を更新するとともに、関連する他の中継サーバに、中継グループ情報の変更通知を送信することを特徴とする。 The present invention is defined in claim 2, a relay server according to claim 1, wherein the relay group information, is recorded by the client terminal, the connection information indicating a relay server to connect to the client terminal, wherein said upon receiving a connection request from a client terminal stored in the account information registering unit, the own device is included in the relay group information stored, it updates the contents of the connection information of the client terminal, another related relay the server, and transmits the change notification of the relay group information.

請求項3に記載の本発明は、請求項2に記載の中継サーバであって、他の中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているクライアント端末の接続を許した場合に、自装置が記憶する中継グループ情報に含まれる、そのクライアント端末の前記接続情報の内容を更新するとともに、関連する他の中継サーバに、中継グループ情報の変更通知を送信することを特徴とする。 The present invention described in claim 3, when a relay server according to claim 2, which allowed the connection of the client terminal stored in the account information registering unit of the other relay server, the device itself stores It included in the relay group information, and updates the contents of the connection information of the client terminal, the other associated with the relay server, and transmits the change notification of the relay group information.

本発明に係る中継サーバを適用した中継通信システムによれば、異なるLANにあるクライアント端末が、WANを越えて、他のクライアント端末が保有しているリソースを、あたかも自装置が保有しているかのごとく操作することができる。 According to the relay communication system employing the relay server according to the present invention, a client terminal in a different LAN are beyond the WAN, whether the resources other client terminals are held, though the device itself holds as it can be manipulated.

そして、いずれかのLANで登録されたクライアント端末が他のLANに移動しても、設定変更等、手間のかかる作業を要さず、そのまま意識せずにリソースを扱うことができる。 Then, moving to one of the client terminals other LAN registered in the LAN, configuration changes, etc., without requiring tedious, can handle a resource without being aware of it.

以下、図面を参照しつつ本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described. まず、本発明に係る中継通信システムの基本的構成について第1の実施の形態により説明する。 First, it will be described with reference to the first embodiment for the fundamental construction of a relay communication system according to the present invention. そのうえで、第2の実施の形態により本発明の具体的構成について詳しく説明する。 Sonouede, it will be described in detail specific structure of the present invention with a second embodiment.

{第1の実施の形態} {First Embodiment}
図1は、本発明に係る中継通信システムの全体構成を例示したものである。 Figure 1 is an illustration of a whole configuration of a relay communication system according to the present invention. 図1に示すように、本中継通信システムは、WANに接続された複数のLANで構成されている。 As shown in FIG. 1, the present relay communication system is configured by a plurality of LAN connected to the WAN. そして、本中継通信システムは、外部サーバS、中継サーバR、クライアント端末T、ファイルサーバFなどを備えている。 Then, the relay communication system includes an external server S, relay servers R, client terminals T, and file servers F. なお、ここでは、外部サーバSを利用した実施の形態を例示したが、外部サーバSを利用せず、中継サーバR間で直接通信する形態であってもよい。 Here, although illustrate embodiments utilizing an external server S, without using the external server S, may be in the form of direct communication between the relay servers R.

本実施の形態は、WANにおける外部サーバSと各中継サーバRとの間、LANにおける中継サーバRとクライアント端末T等との間の通信プロトコルに、SIP(Session Initiation Protocol)を利用したシステムを例に説明する。 This embodiment, an example between the external server S and each relay server R in the WAN, the communication protocol between the relay server R and the client terminal T etc. in the LAN, and system using an SIP (Session Initiation Protocol) It will be explained. ただし、これらサーバ、端末間の通信プロトコルとして、SIP以外のプロトコルを利用することも可能である。 However, as the servers, the communication protocol between terminals, it is also possible to use a protocol other than SIP.

WAN(Wide Area Network)は、異なるLANを接続するネットワークである。 WAN (Wide Area Network) is a network that connects different LAN. 本実施の形態では、WANとしてインターネットを例示しているが、必ずしもこれに限定されるものでなく、これに類するその他のネットワークに適用することもできる。 In this embodiment that although the Internet as WAN, not necessarily limited thereto, may be applied to other networks similar thereto.

LAN(Local Area Network)は、限定された場所で構築される比較的小規模なネットワークである。 LAN (Local Area Network) is a relatively small-scale network provided in a limited location. LANは複数存在し、それぞれ物理的に離れた場所に構築されている。 LAN there are a plurality, have been built in the location each physically separated. たとえば、本実施の形態であれば、東京の支社AにLAN1が構築され、大阪、名古屋、福岡の各支社B、C、DにLAN2、3、4がそれぞれ構築されているような場合である。 For example, if the present embodiment is constructed LAN1 Tokyo branch office A, Osaka, Nagoya, each branch B Fukuoka, C, is LAN2,3,4 to D are cases, such as those constructed respectively . そして、これら4つのLAN1・2・3・4が、グローバルなネットワークであるインターネットにそれぞれ接続されている。 And these four LAN1 · 2 · 3 · 4 are respectively connected to the Internet is a global network. もちろん、LANの数は複数であればよく、4つに限られるものではない。 Of course, the number of LAN may be plural, it is not limited to four.

{外部サーバ} {External server}
外部サーバSは、各LANに配置された中継サーバR間での通信に用いられる設備であり、インターネット上に設置されている。 The external server S is a facility used for communication between the relay servers R arranged in each LAN, and is installed on the Internet. 外部サーバSは、SIPサーバとしての機能を備えている。 The external server S has a function as a SIP server. 具体的には、外部サーバSは、SIPメソッドやレスポンスなどを中継するSIPプロキシーサーバとしての機能や、中継サーバRのアカウントを登録するSIPレジストラサーバとしての機能を備える。 Specifically, the external server S has a function as a SIP registrar server for registering functions and as a SIP proxy server for relaying such as SIP methods and responses, the account of the relay server R. 外部サーバSは一台に限らず、複数台で分散的に機能するものであってもよい。 The external server S is not limited to single, or may be functions distributed manner by a plurality. なお、SIP以外のプロトコルを利用する場合には、そのプロトコルに基づいて直接中継サーバR間の通信を制御すれば足り、SIPサーバとして機能する外部サーバSは必ずしも設ける必要はない。 Incidentally, in the case of using the non-SIP protocol, sufficient by controlling the communication between the direct relay server R based on the protocol, the external server S functioning as a SIP server is not necessarily provided.

図2に、外部サーバSの機能ブロック図を示す。 Figure 2 shows a functional block diagram of the external server S. 図2に示すように、外部サーバSは、WANインタフェース201、制御部202、中継サーバアカウント情報データベース(DB)203などを備えている。 As shown in FIG. 2, the external server S, WAN interface 201, a control unit 202, and a like relay server account information database (DB) 203.

WANインタフェース201は、グローバルIPアドレスを利用して、インターネットに接続された中継サーバR等の各装置と通信を行うインタフェースである。 WAN interface 201 uses the global IP address, which is an interface arranged to communicate with each device, such as the relay server R connected to the Internet.

中継サーバアカウント情報DB203は、登録要求のあった中継サーバRのアカウントをグローバルIPアドレスと対応付けて管理するデータベースである。 The relay server account information DB203 is a database for managing the account of the relay server R that has made a registration request, in association with the global IP address.

制御部202は、WANインタフェース201を介して行う様々な通信を制御する処理部であり、TCP/IPやUDP、SIPなどのプロトコルに従った通信処理を制御する。 The control unit 202 is a processing unit that controls various communications performed through the WAN interface 201, TCP / IP and UDP, and controls communication processes complying with protocols such as SIP. たとえば、制御部202は、各中継サーバRから送信される各中継サーバRのアカウントを受信し、中継サーバアカウント情報DB203に登録する処理や、中継サーバRから送信された様々なSIPメソッドやレスポンスなどの通信データを他の中継サーバRに中継する処理などを実行する。 For example, the control unit 202 receives an account of each relay server R that is transmitted from the relay servers R, processing for registering the relay server account information DB 203, and various SIP methods and responses transmitted from the relay server R It executes processing such as relaying of the communication data to another relay server R. 制御部202を中心とした外部サーバSの各機能については、後述する。 For each function of the external server S centering on the control unit 202 will be described later.

{クライアント端末} {Client terminal}
クライアント端末Tは、ユーザが直接操作できる端末である。 The client terminal T is a terminal which can be operated directly by the user. たとえば、ユーザによって日々の業務に利用されるパーソナルコンピュータ(PC)等がクライアント端末Tに該当する。 For example, a personal computer (PC) or the like to be used in daily operations by the user corresponds to the client terminal T. したがって、通常LAN内には多数のクライアント端末Tが存在するが、本実施の形態では、LAN1にクライアント端末1A、1Bが接続されており、LAN2にクライアント端末2A、2Bが、LAN3にクライアント端末3A、3Bが、LAN4にクライアント端末4A,4Bがそれぞれ接続されている場合で説明する。 Thus, although usually the LAN there are a number of client terminals T, in this embodiment, the client terminal 1A to the LAN1, 1B is connected, the client terminal 2A to the LAN2, 2B is, the client terminal 3A to the LAN3 , 3B is a client terminal 4A, 4B will be described in a case which is connected to the LAN 4. 各クライアント端末Tには、同一のLANの中でのみユニークに管理されたプライベートIPアドレスが付与される。 Each client terminal T, uniquely managed private IP address only in the same LAN is given.

図3にクライアント端末Tの機能ブロック図を示す。 Figure 3 shows a functional block diagram of the client terminal T. 図3に示すように、クライアント端末Tは、LANインタフェース601、制御部602、リソース記憶部603、共有リソース情報データベース(DB)604などを備えている。 As shown in FIG. 3, the client terminal T, LAN interface 601, the control unit 602, a resource storage unit 603, and a like shared resource information database (DB) 604.

LANインタフェース601は、プライベートIPアドレスを利用して、同一のLANに接続された中継サーバRやファイルサーバF等の各装置と通信を行うインタフェースである。 LAN interface 601, private IP address using the is an interface for performing communication with each device such as the same relay server R and file server F connected to the LAN.

リソース記憶部603は、そのクライアント端末Tが操作可能なファイルやフォルダ等のリソースの実体を記憶する。 Resource storage unit 603, the client terminal T stores the entity of the resource files and folders, etc. operable.

共有リソース情報データベース(DB)604は、そのクライアント端末Tが保有しているリソースの情報と、そのリソースを共有するクライアント端末Tのアカウントの情報とを含め、各クライアント端末Tが保有している共有リソースの情報を記述した共有リソース情報120を記憶する。 Shared resource information database (DB) 604, including the information of the resource to which the client terminal T is held, and the account information of the client terminal T sharing the resource, shared by each client terminal T is held storing shared resource information 120 describing the resource information.

制御部602は、LANインタフェース601を介して行う様々な通信を制御する処理部である。 Control unit 602 is a processing unit that controls various communications performed through the LAN interface 601. 制御部602は、TCP/IPやUDP、SIPなどのプロトコルに従った通信処理を制御する。 Controller 602, TCP / IP and UDP, and controls communication processes complying with protocols such as SIP. たとえば、制御部602は、リソース記憶部603に記憶されているリソースの移動や変更、削除等を制御する処理や、中継サーバRから共有リソース情報120の変更通知を受信して共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報120を更新する処理などを実行する。 For example, the control unit 602, the movement and changes of the resource stored in the resource storage unit 603, processing for controlling deletion, the shared resource information DB604 receives a change notification of the shared resource information 120 from the relay server R such process of updating the shared resource information 120 stored for execution. 制御部602を中心としたクライアント端末Tの各機能については、後述する。 The functions of the client terminal T that a control unit 602 mainly be described later.

{中継サーバ} {Relay server}
中継サーバRは、各LANにそれぞれ一台配置されている。 The relay server R is arranged single to each LAN. 具体的には、LAN1には中継サーバR1が配置されており、LAN2には中継サーバR2が、LAN3には中継サーバR3が、LAN4には中継サーバR4が配置されている。 Specifically, the LAN1 is disposed a relay server R1, the relay server R2 to the LAN2, the LAN3 relay server R3, the LAN4 are arranged a relay server R4.

中継サーバRは、LANだけでなくインターネットにも接続されており、同一のLANに接続されている各クライアント端末Tと通信可能であるとともに、外部サーバSを介して他のLANに接続された中継サーバRと通信可能となっている。 Relay server R, LAN just not also connected to the Internet, with can communicate with each client terminal T connected to the same LAN, which is connected to another LAN through the external server S relays It has become able to communicate with the server R. そのため、各中継サーバRには、それぞれプライベートIPアドレスに加えて、グローバルIPアドレスが付与されている。 Therefore, each relay server R, respectively in addition to the private IP address, the global IP address is assigned.

図4に、各中継サーバRの機能ブロック図を示す。 Figure 4 shows a functional block diagram of each relay server R. 図4に示すように、中継サーバRは、LANインタフェース501、WANインタフェース502、制御部503、アカウント情報データベース(DB)504、中継グループ情報データベース(DB)505、共有リソース情報データベース(DB)506などを備えている。 As shown in FIG. 4, the relay server R, LAN interface 501, WAN interface 502, a control unit 503, an account information database (DB) 504, the relay group information database (DB) 505, a shared resource information database (DB) 506, etc. It is equipped with a.

LANインタフェース501は、プライベートIPアドレスを利用して、LANに接続されたクライアント端末T等との通信を行うインタフェースである。 LAN interface 501 uses the private IP address is an interface for communicating with the connected client terminal T etc. in LAN. たとえば、LAN1であれば、中継サーバR1は、LANインタフェース501を利用して、各クライアント端末1A、1Bと通信を行う。 For example, if the LAN1, the relay server R1 by using the LAN interface 501, the client terminals 1A, communicates with 1B.

WANインタフェース502は、グローバルIPアドレスを利用して、インターネット1に接続された外部サーバS等の各装置と通信を行うインタフェースである。 WAN interface 502 uses the global IP address is an interface for performing communication with each device external server S or the like connected to the Internet 1. なお、本実施の形態においては、中継サーバRがWANインタフェース502を備える構成としているが、インターネットとの接続はルータが行い、その配下に中継サーバRを設置する形態であってもよい。 In the present embodiment, although the relay server R is configured to include a WAN interface 502, connecting to the Internet performs router may be in the form of installing the relay server R under the.

各中継サーバRと各クライアント端末Tと間の通信は、SIPを利用して行われるため、各中継サーバRは、SIPレジストラサーバとしての機能を備えている。 Communication between each relay server R and each client terminal T is to be done by using the SIP, the relay servers R has a function as a SIP registrar server. たとえば、LAN2に接続されている中継サーバR2は、SIPを利用して、LAN2に接続されている各クライアント端末2A、2Bのアカウントをアカウント情報DB504に登録するSIPレジストラサーバとして機能するのである。 For example, the relay server R2 connected to the LAN2 utilizes SIP, is to function as a SIP registrar server for registering the client terminal 2A that is connected to the LAN2, 2B of the account in the account information DB 504.

したがって、中継サーバRは、図5に示すように、クライアント端末Tとの関係では、クライアント端末Tからアカウントを受信して登録(REGISTER)するサーバとして機能する。 Accordingly, the relay server R, as shown in FIG. 5, in the relationship with the client terminal T, which functions as a server and registers the received accounts from the client terminal T (REGISTER). そして、外部サーバSとの関係では、外部サーバSに対してアカウントを送信して登録(REGISTER)するクライアントとして機能する。 Then, in the relationship with the external server S, to function as a client to register by sending the account to the external server S (REGISTER).

アカウント情報DB504は、登録要求のあったクライアント端末TのアカウントをプライベートIPアドレスと対応付けて管理するデータベースである。 Account information DB504 is a database that manages, in association with the account of the client terminal T that has made a registration request with the private IP address.

中継グループ情報DB505は、アカウント情報DBに登録されているクライアント端末Tが関連する中継グループ情報を管理するデータベースである。 Relay group information DB505 is a database that manages relay group information that the client terminal T registered in the account information DB is associated.

共有リソース情報DB506は、アカウント情報DBに登録されているクライアント端末Tが関連する共有リソース情報を管理するデータベースである。 Shared resource information DB506 is a database that manages the shared resource information that the client terminal T registered in the account information DB pertains.

制御部503は、LANインタフェース501およびWANインタフェース502を介して行う様々な通信を制御する処理部であり、TCP/IPや、UDP、SIPなどのプロトコルに従った様々な通信処理を制御する。 Control unit 503 is a processing unit that controls various communications performed through the LAN interface 501 and the WAN interface 502, and controls TCP / IP and, UDP, various communication processes complying with protocols such as SIP. たとえば、制御部503は、自装置のアカウントを外部サーバSに送信して、登録要求する処理や、同一のLANに接続されているクライアント端末Tから送信されるアカウントをアカウント情報DB504に登録する処理、中継グループ情報100を作成して中継グループ情報DB505に記憶する処理、共有リソース情報120を作成して共有リソース情報DB506に記憶する処理などを実行する。 For example, the control unit 503 sends the account of its own device to the external server S, processing for registration request, the process of registering an account in the account information DB504 transmitted from the client terminal T connected to the same LAN , the process of storing in the relay group information DB505 by creating the relay group information 100, and executes processing such as stored in the shared resource information DB506 by creating a shared resource information 120. 制御部503を中心とした中継サーバRの各機能については後述する。 Will be described below respective functions of the relay server R that the control unit 503 mainly.

{ファイルサーバ} {file server}
ファイルサーバFは、LANに接続されて、同一のLANに接続されている各クライアント端末Tから通信可能なサーバであり、ファイルやフォルダなどのリソースの実体を記憶することができる。 The file server F is connected to the LAN, a server capable of communicating from each client terminal T connected to the same LAN, it is possible to store the entity of resources such as files and folders. つまり、ファイルサーバFは、各クライアント端末Tが備えているリソース記憶部603に代わるリソース記憶手段として機能する。 That is, the file server F serves as a resource storage unit alternative to the resource storage unit 603 each client terminal T is provided. つまり、本実施の形態において、各クライアント端末Tが操作可能なリソースは、そのクライアント端末Tのローカルディスク内に格納されている場合と、ネットワークドライブとしてファイルサーバF内に格納されている場合とがある。 That is, in the present embodiment, each client terminal T is operable resources, and if it is stored in the local disk of the client terminal T, and a case that is stored as a network drive in the file server F is there. したがって、図1では、一部のLAN1、3にファイルサーバFを示したように、各LANに必須の設備ではなく、必要に応じて適宜設置される。 Thus, in FIG. 1, as shown in the part of LAN1,3 the file server F, not an essential equipment in the LAN, are placed as necessary.

次に、本中継通信システムで扱われる情報である中継グループ情報100、共有リソース情報120について説明する。 Next, the relay group information 100 which are information handled in the present relay communication system, the shared resource information 120 is described.

{中継グループ情報} {Relay group information}
中継グループ情報100の内容を図6に示す。 The content of the relay group information 100 shown in FIG. 6. 図6は、中継サーバR1を基点に3つの中継サーバR1・R2・R3間で交換され、それぞれの中継グループ情報DB505に記憶される中継グループ情報100を示している。 Figure 6 shows the relay server R1 origin to be exchanged between three relay servers R1 · R2 · R3 to the relay group information 100 stored in the respective relay group information DB 505. そこでの中継グループ情報100は、1つのグループ識別情報101と、相互に接続を許可する3つの中継サーバR1・R2・R3の情報(中継アカウント情報)102とで構成されている。 Wherein the relay group information 100 includes group identification information 101, and a three information of the relay server R1 · R2 · R3 enabling the connection with one another (relay account information) 102.

グループ識別情報101は、その中継グループ情報100を識別するための情報であり、中継グループ情報が作成される度に、異なるIDが付与されて一意に識別できる構成となっている。 Group identification information 101 is information for identifying the relay group information 100 has a configuration that can be uniquely identified every time the relay group information is created, a different ID is granted. したがって、オペレータ等は、このグループ識別情報101によって中継グループを特定することができ、グループ構成の変更等を簡単に行うことができる。 Thus, the operator or the like, it is possible to identify a relay group by the group identification information 101, it can be performed and easily change a group configuration.

中継アカウント情報102は、中継サーバRのアカウントと、その中継サーバRと同一のLANに接続されて、中継サーバRに登録されているクライアント端末Tのアカウントなどの情報で構成されている。 Relay account information 102 includes the account of the relay server R, are connected to the same LAN and the relay server R, is composed of information such as account of the client terminal T registered in the relay server R. 中継サーバRのアカウントには、それぞれ具体的な名称が付与されており、ユーザの識別が容易になっている。 The account of the relay server R, are granted specific name respectively, it has to be easily identified by the user. 各クライアント端末Tのアカウントにも同様にそれぞれ具体的な名称が付与されている。 Similarly respectively to account for each client terminal T is specific name is assigned. たとえば、中継サーバR1(Relay−server1)の中継アカウント情報102aであれば、中継サーバR1のアカウント(Relay−server1@net)に対して名称(支社A)が付与されている。 For example, in the relay account information 102a of the relay server R1 (Relay-server1), the name (branch office A) is given to the account (Relay-server1 @ net) of the relay server R1. そして、同一のLANに接続されているクライアント端末Tの各アカウント(たとえば、user1A@account)とその各名称(たとえば、terminal1A)が付与されているのである。 Then, each account of the client terminal T connected to the same LAN (e.g., user1A @ account) and their respective names (e.g., Terminal1A) is the has been granted. なお、符号103は、「営業部」や「開発部」等、そのクライアント端末Tの所属を示す識別データである。 In addition, reference numeral 103, "Sales" and "Development Department" and the like, is identification data indicating the affiliation of the client terminal T.

以上のように、中継グループ情報100は、中継グループ情報ごとに一意に識別可能に作成されており、相互に接続を許可する一群の中継アカウント情報102を含むものである。 As described above, the relay group information 100 is uniquely identifiable created for each relay group information, it is intended to include a group of relay account information 102 permitting connection with one another. そして、その中継アカウント情報102には、各中継サーバRのアカウント、およびこれと同一のLANに配置され、登録されているクライアント端末Tのアカウントとが含まれているため、中継グループ情報100を参照すれば、どのLANとどのLANとがグループとなっているのか、そしてそれらのLANにはどのような中継サーバRやクライアント端末Tが登録されているのかを知ることができる。 And its relay account information 102, account of each relay server R, and are arranged on the same LAN as this, because it contains the account of the client terminal T registered, refers to the relay group information 100 if, what LAN and the what LAN is a group, and the their LAN what relay servers R and the client terminal T can know whether they are registered.

{共有リソース情報} {Shared resource information}
次に、共有リソース情報120の内容を図7に示す。 Next, FIG. 7 shows the content of the shared resource information 120. 図7は、クライアント端末1Aの共有リソース情報DB604に記憶される共有リソース情報120を例示したものである。 Figure 7 is an illustration of a shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 of the client terminal 1A. なお、これと同じ情報がクライアント端末1Aと同一のLANで登録されている中継サーバR1の共有リソース情報DB506にも記憶される。 Incidentally, this same information is also stored in the shared resource information DB506 of the relay server R1 that is registered in the same LAN as the client terminal 1A. そこでの共有リソース情報120は、クライアント端末1Aに関する共有リソース情報120であることを示すアカウント識別情報121と、そのクライアント端末1Aが関連する個別共有リソース情報122とで構成されている。 There shared resource information 120, the account identification information 121 indicating that the shared resource information 120 related to the client terminal 1A, the client terminal 1A is constituted by the individual shared resource information 122 related.

アカウント識別情報121は、クライアント端末ごとに共有リソース情報120が作成されるため、それを識別するための情報である。 Account identification information 121, because the shared resource information 120 for each client terminal is created, which is information to identify it.

個別共有リソース情報122は、共有リソース識別情報123と、ファミリーアカウント情報124と、ファミリーリソース情報125などで構成されている。 Individual shared resource information 122 includes shared resource identification information 123, the family account information 124, and a like family resource information 125.

共有リソース識別情報123は、その個別共有リソース情報122を識別するための情報であり、個別共有リソース情報122が作成される度に、異なるIDが付与されて一意に識別できる構成となっている。 Shared resource identification information 123 is information for identifying the individual shared resource information 122 has a configuration that can be uniquely identified every time the individual shared resource information 122 is created, a different ID is granted. ここでは、共有リソース情報120の作成要求のあったクライアント端末Tと関連付けられたID(たとえば、20061001150032user1A@relay−server1)と、その識別を容易にするための名称(たとえば、user1A−policy01)とで構成されている。 Here, de-client terminal T and associated ID for which the request for creating the shared resource information 120 (e.g., 20061001150032user1A @ relay-server1) and a name (for example, user1A-policy01) to facilitate its identification It is configured.

したがって、ユーザ等は、共有リソース識別情報123によって、個別共有リソース情報122を特定することができるため、簡単にその内容を編集等することができる。 Thus, the user or the like, by shared resource identifying information 123, it is possible to identify the individual shared resource information 122, it is possible to edit the like easily its contents.

ファミリーリソース情報125は、クライアント端末Tが保有しているファイルやフォルダなどのリソースの実体を示すリソース情報126の集合体である。 Family resource information 125 is an aggregate of resource information 126 indicating entities resources such as files and folders client terminal T is held. 各リソース情報126は、共有するリソースの実体の名称の情報(たとえば、resource name=“folderA”)と、そのリソースの実体の操作が可能なクライアント端末T(オーナクライアント端末)のアカウントの情報(たとえば、owner=“user1A@account”)と、そのリソースの実体の所在を示すアドレスの情報(たとえば、value=“c:/folderA”)とで構成されている。 Each resource information 126 includes account information of the information of the name of the entity of the resource to be shared (for example, resource name = "folderA") and, which can operate the client terminal T of the entity of the resource (owner client terminal) (e.g. , the owner = "user1A @ account"), address information indicating the whereabouts of the entity of the resource (e.g., value = "c: / folderA") and de is constructed.

ファミリーアカウント情報124は、ファミリーリソース情報125で示されているリソースの実体を共有するクライアント端末Tのアカウント(たとえば、user1A@account)の集合体である。 Family account information 124, the client terminal T account that shares the entity of the resource indicated by the family resource information 125 (e.g., user1A @ account) is a collection of. ファミリーアカウント情報124は、オーナクライアント端末Tと、オーナクライアント端末を介して間接的にリソースの実体の操作が可能なクライアント端末T(ユーザクライアント端末)とで構成されている。 Family account information 124 includes the owner client terminal T, and is configured de indirectly resources which can operate the client terminal T entity (user client terminal) through the owner client terminal. ユーザクライアント端末Tは、直接的にリソースの実体を操作することはできないが、オーナクライアント端末Tを介して間接的にリソースを操作することが可能なクライアント端末Tである。 User client terminal T is not able to manipulate the entity of direct resources, a client terminal T that can be operated indirectly resources through owner client terminal T.

以上の通り構成された中継通信システムにおける通信処理の流れについて、図8、図9、図11、図15、および図18の処理シーケンス図を用いて説明する。 The flow of communication processing in the above as configured relay communication system, 8, 9, 11, will be described with reference to processing sequence diagrams in FIGS. 15 and 18. 図8に示すステップS1からステップS9は、各装置のアカウントの登録段階を示している。 Step S9 from step S1 shown in FIG. 8 shows a registration step account of each device.

中継サーバR1が、外部サーバSに対してアカウントの登録要求(REGISTER)を送信する(ステップS1)。 The relay server R1 transmits an account registration request (REGISTER) to the external server S (step S1). ここでは、中継サーバR1が、自身のアカウント(sip:relay−server1@net)の登録要求を行う。 In this case, the relay server R1, own account: carry out the (sip relay-server1 @ net) registration request. 外部サーバSは、OKレスポンスを中継サーバR1に返信し、中継サーバR1のアカウントと中継サーバR1のグローバルIPアドレスとを対応付けて中継サーバアカウント情報DB203に登録する。 The external server S, returns an OK response to the relay server R1, in association with the account and the global IP address of the relay server R1 of the relay server R1 is registered in the relay server account information DB203.

続いて、中継サーバR2が、外部サーバSに対してアカウントの登録要求(REGISTER)を送信する(ステップS2)。 Subsequently, the relay server R2 transmits an account registration request (REGISTER) to the external server S (step S2). ここでは、中継サーバR2が、自身のアカウント(sip:relay−server2@net)の登録要求を行う。 In this case, the relay server R2 is, own account: carry out the (sip relay-server2 @ net) registration request. 外部サーバSは、OKレスポンスを中継サーバR2に返信し、中継サーバR2のアカウントと中継サーバR2のグローバルIPアドレスとを対応付けて中継サーバアカウント情報DB203に登録する。 The external server S, returns an OK response to the relay server R2, in association with the account of the relay server R2 and a global IP address of the relay server R2 is registered in the relay server account information DB203.

同様にして、中継サーバR3が、外部サーバSに対して自身のアカウントの登録要求(REGISTER)を行い、自身のアカウント等を外部サーバSに登録する(ステップS3)。 Similarly, the relay server R3 is, performs own account registration request (REGISTER) to the external server S, and registers its account such as the external server S (step S3).

次に、クライアント端末2Aが、中継サーバR2に対してアカウントの登録要求(REGISTER)を送信する(ステップS4)。 Next, the client terminal 2A transmits an account registration request (REGISTER) to the relay server R2 (step S4). ここでは、クライアント端末2Aが、自身のアカウント(sip:user2A@account)の登録要求を行う。 In this case, the client terminal 2A is, own account: carry out the (sip user2A @ account) registration request. 中継サーバR2は、OKレスポンスを行い、クライアント端末2Aのアカウントとクライアント端末2AのプライベートIPアドレスとを対応付けてアカウント情報DB504に登録する。 Relay server R2 performs an OK response, is registered in the account information DB504 in association with the private IP address of the account and the client terminal 2A of the client terminal 2A.

続いてクライアント端末1Aが、中継サーバR1に対してアカウントの登録要求(REGISTER)を送信する(ステップS5)。 Then the client terminal 1A transmits an account registration request (REGISTER) to the relay server R1 (step S5). ここでは、クライアント端末1Aが、自身のアカウント(sip:user1A@account)の登録要求を行う。 In this case, the client terminal 1A, own account: carry out the (sip user1A @ account) registration request. 中継サーバR1は、OKレスポンスを行い、クライアント端末1Aのアカウントとクライアント端末1AのプライベートIPアドレスとを対応付けてアカウント情報DB504に登録する。 Relay server R1 performs an OK response, is registered in the account information DB504 in association with the private IP address of the account and the client terminal 1A of the client terminal 1A.

同様にして、クライアント端末3Aが中継サーバR3に対し(ステップS6)、クライアント端末2Bが中継サーバR2に対し(ステップS7)、クライアント端末1Bが中継サーバR1に対し(ステップS8)、クライアント端末3Bが中継サーバR3に対し(ステップS9)、それぞれ自身のアカウントの登録要求を行い、自身のアカウント等をそれぞれの中継サーバRに登録する。 Similarly, the client terminal 3A is to the relay server R3 (step S6), and the client terminal 2B is the relay server R2 (step S7), (step S8) the client terminal 1B is the relay server R1, the client terminal 3B to the relay server R3 (step S9), and each performs a registration request of its own account, to register own account or the like to the respective relay servers R.

以上のステップにより、各中継サーバRの外部サーバSに対するアカウントの登録が完了し、各クライアント端末Tの各中継サーバRに対するアカウントの登録が完了する。 Thus step, account registration with the external server S has completed the relay server R, account registration is completed for each relay server R of each client terminal T.

なお、以上の各ステップの順序は一例であって、各装置のアカウントの登録が完了すれば、その順序は問わない。 The above sequence of steps is merely an example, if the registration is complete the account of each device, the order does not matter. また、ネットワーク上に存在しても、これらのアカウントの登録が完了して接続されなければ、中継通信システムとしては機能しない。 Also, be present on the network, to be connected with the registration of these accounts is completed, it does not function as a relay communication system. たとえば、図1のLAN4は、ここではアカウントの登録が行われていないため、ネットワークに接続しておらず、ここで説明している通信サービスに参加することはできない。 For example, LAN 4 in FIG. 1, since here account registration has not been performed, not connected to the network, it can not participate in the communication service described here.

図9に示すステップS10からステップS16は、各中継サーバR間での通信段階を示している。 Step S16 from Step S10 shown in FIG. 9 shows a communication step between the relay servers R. なお、ステップS1からステップS16までの処理は、一般に、ユーザやオペレータによってネットワークの初期設定として行われる。 The processing from step S1 to step S16 are performed as initial settings of the network by the user or operator.

中継サーバR1が、中継サーバR2に対する接続要求コマンド(INVITEメソッド)を、外部サーバSに送信する(ステップS10)。 Relay server R1, a connection request command to the relay server R2 (INVITE method) to the external server S (step S10). このINVITEメソッドでは、接続要求先の中継サーバR2のアカウント(sip:relay−server2@net)が指定されている。 In this INVITE method, the connection request destination of the account of the relay server R2 (sip: relay-server2 @ net) has been specified. 外部サーバSは、中継サーバアカウント情報DB203を参照することで、中継サーバR2のグローバルIPアドレスを取得する。 The external server S refers to the relay server account information DB 203, and acquires the global IP address of the relay server R2. そして、外部サーバSは、中継サーバR1から送信されたINVITEメソッドを中継サーバR2に中継する。 Then, the external server S relays the INVITE method transmitted from the relay server R1 to the relay server R2. 接続要求コマンドが中継サーバR1から中継サーバR2に送信されると、外部サーバSを介して中継サーバR2から中継サーバR1に対してOKレスポンスが転送される。 When the connection request command is transmitted to the relay server R2 from the relay server R1, OK response to the relay server R1 to the relay server R2 through the external server S is transferred.

このように、各中継サーバR間の通信は、外部サーバSを経由して行われる。 Thus, communication between each relay server R is performed via the external server S. 中継サーバR間の通信処理は、いずれの通信においても同様に外部サーバSを経由して行われるため、以降、外部サーバSを経由する通信処理の具体的な説明は省略する。 Communication process between the relay server R, since it is performed via the external server S also in any communication, since, a detailed description of the communication process performed via the external server S will be omitted.

次に、中継サーバR1が、中継サーバR2に対してSUBSCRIBEメソッドを利用して、中継サーバR2との間に、通知イベントを利用した変更通知設定を行う(ステップS11)。 Then, the relay server R1, by using the SUBSCRIBE method to the relay server R2, between the relay server R2, perform utilizing a notification event change notification setting (step S11). これによって、中継サーバR2がもつ中継グループ情報100の内容に変更が発生した場合、その都度、NOTIFYメソッドにより、その変更のあった情報が中継サーバR2から中継サーバR1に通知されることとなる。 Thus, when a change in the content of the relay group information 100 held by the relay server R2 is generated, each time, the NOTIFY method, so that the information for which the the change is notified to the relay server R1 to the relay server R2.

なお、SUBSCRIBEメソッドは、SIPで定義されている処理手段の一つであり、これで通知イベントを設定すると、それ以降は、通知イベントが実行可能な期間中、SUBSCRIBEメソッドを受信した側の装置の所定の情報に変更が生じた場合、その都度、NOTIFYメソッドにより、SUBSCRIBEメソッドを送信した側の装置に新たな情報の通知が行われる。 Incidentally, SUBSCRIBE method is one processing unit defined in SIP, by setting this in the notification event, thereafter, in viable notification event period, on the side of the device that received the SUBSCRIBE method If changes to the predetermined information occurs, each time, the nOTIFY method, the notification of the new information is performed on the side of the device that transmitted the SUBSCRIBE method.

同様にして、今度は逆に、中継サーバR2が、中継サーバR1に対してSUBSCRIBEメソッドを利用して、中継サーバR1との間に変更通知設定を行う(ステップS12)。 Similarly, now conversely, the relay server R2 is, by using the SUBSCRIBE method to the relay server R1, it performs the change notification setting to the relay server R1 (step S12). これによって、中継サーバR1がもつ中継グループ情報100に変更が発生した場合、その都度、NOTIFYメソッドにより、その変更のあった情報が中継サーバR1から中継サーバR2に通知されることとなる。 Thus, if a change in the relay group information 100 which the relay server R1 has occurred, in each case, the NOTIFY method, so that the information for which the the change is notified to the relay server R2 from the relay server R1.

ここでは初めて変更通知設定が行われているため、SUBSCRIBEメソッドを受信した側から通知が行われて、SUBSCRIBEメソッドを送信した側の中継サーバRで新規に中継グループ情報100aが作成される。 Since the first change notification setting is made here, it is carried out notification from the side that has received the SUBSCRIBE method, new relay group information 100a is generated by the relay server R of the side that transmitted the SUBSCRIBE method.

図10に、その中継グループ情報100aを示す。 Figure 10 shows the relay group information 100a. ここでは、中継サーバR1と中継サーバR2とで一つのグループが形成されているため、その中継グループ情報100aには、双方の中継アカウント情報102a・102bが含まれている。 Here, since one group is formed by the relay servers R1 and the relay server R2, Its relay group information 100a, which includes both the relay account information 102a · 102b. すなわち、ステップS11のNOTIFYメソッドでは中継サーバR2の中継アカウント情報102bが通知され、ステップS12のNOTIFYメソッドでは中継サーバR1の中継アカウント情報102aが通知されて、双方で同じ内容の中継グループ情報100aが作成されるのである。 That is, in the NOTIFY method of step S11 is notified relay account information 102b of the relay server R2 is the NOTIFY method of step S12 is notified relay account information 102a of the relay server R1, the relay group information 100a is generated with the same content on both than it is. 作成された中継グループ情報100aは、それぞれの中継グループ情報DB505に記憶される。 Relay group information 100a created is stored in the respective relay group information DB 505.

次のステップS13は、ここで形成された中継サーバR1と中継サーバR2の中継グループに、中継サーバR2から新たに中継サーバR3が追加されるステップを示している。 The next step S13, The formed with the relay server R1 in the relay group of the relay server R2, illustrates the steps newly relay server R3 has been added from the relay server R2. 詳しくは、オペレータ等が、グループ識別情報101を参照してグループを特定する。 Specifically, the operator or the like, to identify the group by referring to the group identification information 101. そして、そのオペレータ等の操作に基づいて、中継サーバR2は、中継サーバR3に対して接続要求コマンド(INVITEメソッド)を送信する(ステップS13)。 Then, based on the operation of the operator or the like, the relay server R2 transmits a connection request command (INVITE method) to the relay server R3 (step S13). その送信を受けて中継サーバR3から中継サーバR2にOKレスポンスが転送される。 OK response to the relay server R2 from the relay server R3 receives the transmission is transferred. そして、先のステップS11、ステップS12と同様に、互いにSUBSCRIBEメソッドを利用した変更通知設定が行われる(ステップS14、ステップS15)。 Then, the previous step S11, similarly to step S12, the change notification setting using a SUBSCRIBE method to each other is performed (step S14, step S15). そして、NOTIFYメソッドによりそれぞれ変更があった情報の通知が行われて新たに中継グループ情報100bが作成されるのである。 Then, it is the new relay group information 100b is performed notification information that has changed each by NOTIFY method is created.

ここでは、図6の中継グループ情報と同じ内容の中継グループ情報が作成される。 Here, the relay group information having the same contents as the relay group information of FIG. 6 is produced. 図6に示すように、3つの中継サーバR1、R2、R3で一つのグループが形成されているため、その中継グループ情報100bには、各中継アカウント情報102a・102b・102cが含まれている。 As shown in FIG. 6, because one group is formed by three relay servers R1, R2, R3, to its relay group information 100b, contains the relay account information 102a · 102b · 102c. すなわち、ステップS14のNOTIFYメソッドでは中継サーバR3の中継アカウント情報102cが通知され、ステップS15のNOTIFYメソッドでは中継サーバR2が記憶している中継アカウント情報102a・102bが通知されて、双方で同じ内容の中継グループ情報100bが作成されるのである。 That is, in the NOTIFY method of step S14 is notified relay account information 102c of the relay server R3 is the NOTIFY method of step S15 is notified relay account information 102a · 102b of the relay server R2 is storing, the same content on both the relay group information 100b is being created. 作成された新たな中継グループ情報100bは、それぞれの中継グループ情報DB505に記憶される。 New relay group information 100b created is stored in the respective relay group information DB 505.

ステップS14によって、中継サーバR2が中継グループ情報DB505に記憶している中継グループ情報100に変更が発生する。 The step S14, the relay server R2 is changed to the relay group information 100 stored in the relay group information DB505 occurs. その結果、ステップS11で設定された変更通知設定に基づき、中継サーバR1に変更のあった情報が通知される(ステップS16)。 As a result, on the basis of the change notification setting set in step S11, information that has changed to the relay server R1 is notified (step S16). 具体的には、中継サーバR3の中継アカウント情報102cが中継サーバR1に通知されて、図6に示すグループ情報100bが作成され、記憶されるのである。 Specifically, the relay relay account information 102c of the server R3 is notified to the relay server R1, a group information 100b is created as shown in FIG. 6, it being stored.

こうして、中継サーバR1と中継サーバR2との間、中継サーバR2と中継サーバR3との間で、いずれかの中継グループ情報100に変更が生じた場合には自動的にその内容は更新されるため、中継サーバRやクライアント端末Tのアカウントが変動しても、動的に対応できるようになっている。 Thus, the relay server R1 and the relay server R2, to automatically the content of which is updated when in the relay server R3 and the relay server R2, a change in any of the relay group information 100 has occurred , account of the relay server R and the client terminal T be varied, are dynamically to be able to support. なお、中継グループ情報100は、任意の中継サーバR間で形成可能であり、複数形成可能であることはいうまでもない。 The relay group information 100 can be formed in between any relay server R, it goes without saying that can form a plurality.

次に、リソースの共有に関する通信処理の流れについて、図11および図15の処理シーケンス図を用いて説明する。 Next, a flow of a communication process on a shared resource, will be described with reference to processing sequence diagrams of FIGS. 11 and 15.

図11において、クライアント端末1Aが、中継サーバR1に対してアカウント情報の送信要求(GetAccountListコマンド)を送信する(ステップS21)。 11, the client terminal 1A transmits a transmission request for account information (getaccountlist command) to the relay server R1 (step S21). この送信要求に応じて、中継サーバR1は、クライアント端末1Aに、記憶している中継グループ情報の内容、すなわち各中継アカウント情報102が送信されて、クライアント端末1Aに表示される。 In response to this transmission request, the relay server R1 to the client terminal 1A, the content of the relay group information stored, that is, the relay account information 102 is transmitted and displayed on the client terminal 1A. ユーザは、各中継アカウント情報102を参照し、その中からリソースを共有するユーザクライアント端末Tを選択して、クライアント端末1Aに指定する。 The user refers to the relay account information 102, to select the user client terminal T sharing the resource among them, to specify the client terminal 1A. ここでは、ユーザクライアント端末2A、3Aが指定されている。 Here, the user client terminals 2A, 3A are designated.

指定を受けたクライアント端末1Aは、その情報を含む共有リソース作成要求(CreateSharedResourceコマンド)を中継サーバR1に送信する(ステップS22)。 The client terminal 1A having received the designation transmits a shared resource creating request including the information (CreateSharedResource command) to the relay server R1 (step S22). 共有リソース作成要求を受信した中継サーバR1は、作成された共有リソース情報120を自身の共有リソース情報DB506に記憶する。 Sharing has received the resource creating request the relay server R1 stores the shared resource information 120 created in its shared resource information DB 506. そして、中継サーバR1は、指定されたユーザクライアント端末2A、3Aが接続されている各中継サーバR2、R3に、作成された共有リソース情報120をNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS22.1、ステップS22.2)。 Then, the relay server R1, the user client terminal 2A that has been designated, 3A each relay server connected R2, to R3, the shared resource information 120 created to notify the NOTIFY method (step S22.1, step S22 .2). 通知を受けた各中継サーバR2、R3は、自身の共有リソース情報DB506にその共有リソース情報120を記憶する。 Each relay server R2, which has received the notification R3 stores the shared resource information 120 in the shared resource information DB506 own. そして、指定された各ユーザクライアント端末2A、3Aに対し、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS22.1.1、ステップS22.2.1)。 Then, each user client terminal 2A is designated, 3A to transmits a shared resource changing request (UpdateSharedResource command) (step S22.1.1, step S22.2.1). この変更通知を受けた各ユーザクライアント端末2A、3Aは、自身の共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報120の変更を行う。 Each user client terminal 2A that has received the change notification, 3A is, changes the shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 own.

図12に、ここで各中継サーバR1、R2、R3および各クライアント端末1A,2A,3Aに記憶される共有リソース情報120aを示す。 Figure 12 shows where the shared resource information 120a to the relay servers R1, R2, R3 and the client terminals 1A, 2A, stored in 3A. そこには、この共有リソース情報120aを一意に識別するための共有リソース識別情報121と、オーナとなるクライアント端末1Aのアカウントおよびユーザとなる指定されたクライアント端末2A、3Aのアカウントの集合体であるファミリーアカウント情報124とが含まれている。 There is a shared resource identification information 121 for identifying the shared resource information 120a uniquely, account and user become the specified client terminal 2A of client terminal 1A as the owner, is a collection of 3A account It is included and the family account information 124.

次に、クライアント端末1Aから、ユーザの操作によって、共有するリソースの実体を示すリソース情報126を共有リソース情報120に加える処理が行われる。 Next, the client terminal 1A, the operation of the user, processing is performed to add the resource information 126 indicating entities of resources shared in the shared resource information 120. すなわち、ユーザは、クライアント端末1Aが操作可能なリソースの実体の中から、共有に供するリソースの実体を選択し、クライアント端末1Aに指定する。 That is, the user from the client terminal 1A entity operable resources, select the entity of the resource to be subjected to sharing, to specify the client terminal 1A. ここでは、「folderA」、「file001.xls」、「file002.wrd」、「file003.pdf」が指定されている。 Here, "folderA", "file001.xls", "file002.wrd", "file003.pdf" is specified.

指定を受けたクライアント端末1Aは、指定された情報を含む共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を中継サーバR1に送信する(ステップS23)。 The client terminal 1A having received the designation transmits a shared resource change request including the specified information (UpdateSharedResource command) to the relay server R1 (step S23). 共有リソース変更要求を受信した中継サーバR1は、変更された共有リソース情報120bを自身の共有リソース情報DB506に記憶する。 Shared relay receives a resource change request server R1 stores the changed shared resource information 120b in its shared resource information DB 506. そして、中継サーバR1は、ユーザクライアント端末2A、3Aが接続されている各中継サーバR2、R3に、変更された共有リソース情報120bをNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS23.1、ステップS23.2)。 Then, the relay server R1, the user client terminal 2A, to 3A each relay server R2 is connected, R3, and notifies the changed shared resource information 120b by NOTIFY method (step S23.1, step S23.2) . 通知を受けた各中継サーバRは、自身の共有リソース情報DB506にその共有リソース情報120bを記憶する。 Each relay server R that has received the notification, stores the shared resource information 120b to the shared resource information DB506 own. そして、各ユーザクライアント端末2A,3Aに対し、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS23.1.1、ステップS23.2.1)。 Then, each user client terminal 2A, to 3A, transmits a shared resource changing request (UpdateSharedResource command) (step S23.1.1, step S23.2.1). この変更要求を受けた各ユーザクライアント端末2A、3Aは、自身の共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報120を変更する。 Each user client terminal 2A that has received the change request, 3A changes the shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 own.

図13に、ここで各中継サーバRおよび各クライアント端末Tに記憶される共有リソース情報120bを示す。 13 shows the shared resource information 120b to where it is stored in the relay servers R and the client terminals T. そこには、先のステップS22で作成された共有リソース情報120aにファミリーリソース情報125aが追加されている。 There are, in the shared resource information 120a that has been created in the previous step S22 family resource information 125a is added.

以上の通信処理によって作成された共有リソース情報120bを参照すれば、クライアント端末1Aがオーナクライアント端末Tであること、各クライアント端末2A,3Aがユーザクライアント端末Tであること、オーナクライアント端末1Aが操作可能なリソースの実体の内容および、そのネットワーク上での存在位置などを特定することができる。 Referring to the shared resource information 120b created by the above communication process, that the client terminal 1A is the owner client terminal T, it each client terminal 2A, 3A is the user client terminal T, the owner client terminal 1A is operated the contents of the entity of available resources and can be identified and the location on the network.

次は、新たに、クライアント端末2Bから共有リソース情報120の作成処理が行われるステップを示している。 The following are newly shows a step of creation processing of the shared resource information 120 from the client terminal 2B is performed.

クライアント端末2Bが、中継サーバR2に対してアカウント情報の送信要求(GetAccountListコマンド)を送信する(ステップS24)。 The client terminal 2B transmits a transmission request for account information (getaccountlist command) to the relay server R2 (step S24). この送信要求に応じて、中継サーバR2は、クライアント端末2Bに、記憶している中継グループ情報100の内容、すなわち各中継アカウント情報102が送信されて、クライアント端末2Bに表示される。 In response to this transmission request, the relay server R2 to the client terminal 2B, the content of the relay group information 100 stored therein, that is, the relay account information 102 is transmitted and displayed on the client terminal 2B. ユーザは、各中継アカウント情報102を参照し、その中からリソースを共有するユーザクライアント端末Tを選択して、クライアント端末2Bに指定する。 The user refers to the relay account information 102, to select the user client terminal T sharing the resource among them, to specify the client terminal 2B. ここでは、ユーザクライアント端末としてクライアント端末1A、3Bが指定されている。 Here, the client terminal 1A, 3B are designated as the user client terminals.

指定を受けたクライアント端末2Bは、その情報を含む共有リソース作成要求(CreateSharedResourceコマンド)を中継サーバR2に送信する(ステップS25)。 The client terminal 2B having received the designation transmits a shared resource creating request including the information (CreateSharedResource command) to the relay server R2 (step S25). 共有リソース作成要求を受信した中継サーバR2は、作成された共有リソース情報120を自身の共有リソース情報DB506に記憶する。 Relay receiving the shared resource creating request server R2 stores shared resource information 120 created in its shared resource information DB 506. そして、中継サーバR2は、指定されたユーザクライアント端末1A,3Bが接続されている各中継サーバR1、R3に、作成された共有リソース情報120をNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS25.1、ステップS25.2)。 Then, the relay server R2, the user client terminal 1A that has been designated, 3B is in each relay server R1, R3 connected, the shared resource information 120 created to notify the NOTIFY method (step S25.1, step S25 .2). 通知を受けた各中継サーバR1、R3は、自身の共有リソース情報DB506に作成された共有リソース情報120を記憶する。 Each relay server R1, R3 having received the notification, it stores the shared resource information 120 created in the shared resource information DB506 own. そして、指定された各ユーザクライアント端末1A、3Bに対し、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS25.1.1、ステップS25.2.1)。 Then, each user client terminal 1A is specified, 3B to transmit the shared resource changing request (UpdateSharedResource command) (step S25.1.1, step S25.2.1). この変更通知を受けた各ユーザクライアント端末1A、3Bは、自身の共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報120を変更する。 Each user client terminal 1A that has received the change notification, 3B changes the shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 own.

図14に、クライアント端末1Aおよび中継サーバR1に記憶される共有リソース情報120cを示す。 14 shows the shared resource information 120c stored in the client terminal 1A and the relay server R1. そこには、先のステップ3で作成された共有リソース情報120bに、新たに作成された個別共有リソース情報122aが追加されている。 There are, in the shared resource information 120b created in the previous step 3, individual shared resource information 122a newly created is added. 新たに作成された個別共有リソース情報122aには、新たに共有リソース識別情報123aが付与される。 The newly created individual shared resource information 122a, the newly shared resource identification information 123a is given.

なお、クライアント端末2B、3Bは、先に作成されている共有リソース情報120bとは関連がないため、クライアント端末2B、3Bおよび中継サーバR2、R3には、新たに作成された個別共有リソース情報122aが共有リソース情報120として記憶される。 Incidentally, the client terminal 2B, 3B, there is no related to the shared resource information 120b, which is created earlier, the client terminal 2B, 3B and the relay server R2, the R3, individual shared resource information 122a to the newly created There is stored as the shared resource information 120.

次に、図15において、新たに作成された個別共有リソース情報122aに対し、クライアント端末1Aから共有に供するリソースのリソース情報126を加える処理が行われた場合の通信処理の流れを示している。 Next, in FIG. 15, with respect to the newly created individual shared resource information 122a, which shows the flow of communication processing when process of adding resource information 126 of the resource to be subjected to sharing from the client terminal 1A was performed.

ユーザは、共有リソース識別情報123aに基づいて、共有リソース情報120cの中からリソースを追加する個別共有リソース情報122aを選択して、クライアント端末1Aに指定する。 The user, based on the shared resource identification information 123a, and selects the individual shared resource information 122a to add resources from the shared resource information 120c, specifying the client terminal 1A. そして、ユーザは、クライアント端末1Aが操作可能なリソースの実体の中から共有に供するリソースを選択し、クライアント端末1Aに指定する。 Then, the user selects the resources to be subjected to sharing among the client terminal 1A is the entity operable resources, specifying the client terminal 1A. ちなみに、ここでは「file005.ppt」が指定されている。 By the way, here it is designated the "file005.ppt".

指定を受けたクライアント端末1Aは、指定された情報を含む共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を中継サーバR1に送信する(ステップS26)。 The client terminal 1A having received the designation transmits a shared resource change request including the specified information (UpdateSharedResource command) to the relay server R1 (step S26). 共有リソース変更要求を受信した中継サーバR1は、変更された共有リソース情報120dを自身の共有リソース情報DB506に記憶する。 Shared relay receives a resource change request server R1 stores the shared resource information 120d that has changed its shared resource information DB 506. そして、中継サーバR1は、対象となった個別共有リソース情報122aのファミリーアカウント情報124に含まれたユーザクライアント端末T(2B、3B)が接続されている各中継サーバR2、R3に、変更された個別共有リソース情報122aをNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS26.1、ステップS26.2)。 Then, the relay server R1, the user client terminals T (2B, 3B) included in the family account information 124 of the individual shared resource information 122a as a target within each relay server R2, R3 are connected, it has been changed notifying the nOTIFY method the individual shared resource information 122a (step S26.1, step S26.2). 通知を受けた各中継サーバR2、R3は、自身の共有リソース情報DB506の共有リソース情報120を変更して記憶する。 Each relay server R2, R3 that has received the notification, and stores the changed shared resource information 120 of the shared resource information DB506 own. そして、各ユーザクライアント端末2B、3Bに対し、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS26.1.1、ステップS26.2.1)。 Then, each user client terminal 2B, to 3B, transmits a shared resource changing request (UpdateSharedResource command) (step S26.1.1, step S26.2.1). この変更要求を受けた各ユーザクライアント端末2B、3Bは、自身の共有リソース情報DB604に記憶している共有リソース情報120を変更する。 Each user client terminal 2B having received the change request, 3B changes the shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 own.

図16に、クライアント端末1Aおよび中継サーバR1に記憶される共有リソース情報120dを示す。 Figure 16 shows the shared resource information 120d stored in the client terminal 1A and the relay server R1. そこには、先のステップS25で作成された共有リソース情報120cの個別共有リソース情報122aに、新たにファミリーリソース情報125bが追加変更されている。 There are, in the shared resource information 120c of the individual shared resource information 122a created in the previous step S25, and new family resource information 125b is added changes. なお、クライアント端末2B、3Bおよび中継サーバR2、R3には、変更された共有リソース情報122aが共有リソース情報120として記憶される。 Incidentally, the client terminal 2B, the 3B and the relay servers R2, R3, the shared resource information 122a has been changed is stored as the shared resource information 120.

次は、クライアント端末2Bから、個別共有リソース情報122aに対し、リソース情報126を共有リソース情報120に加える処理が行われた場合の通信処理の流れを示している。 The following shows the client terminal 2B, to individual shared resource information 122a, the flow of communication processing when process of adding resource information 126 in the shared resource information 120 is performed.

ユーザは、共有リソース識別情報123aに基づいて、共有リソース情報120の中から、リソースを追加する個別共有リソース情報122aを選択して、クライアント端末2Bに指定する。 The user, based on the shared resource identification information 123a, from among the shared resource information 120, and selects the individual shared resource information 122a to add a resource, specifying the client terminal 2B. そして、ユーザは、クライアント端末2Bが操作可能なリソースの中から共有に供するリソースを選択し、クライアント端末2Bに指定する。 Then, the user selects a resource subjected to shared among the client terminal 2B is operable resources, specifying the client terminal 2B. ちなみに、ここでは「folderC」、「file00A.ppt」、「file00B.ppt」が指定されている。 By the way, in this case, "folderC", "file00A.ppt", "file00B.ppt" is specified.

指定を受けたクライアント端末2Bは、指定された情報を含む共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を中継サーバR2に送信する(ステップS27)。 The client terminal 2B having received the designation transmits a shared resource change request including the specified information (UpdateSharedResource command) to the relay server R2 (step S27). 共有リソース変更要求を受信した中継サーバR2は、変更された共有リソース情報120を自身の共有リソース情報DB506に記憶する。 Shared resource change request relay server R2 having received the stores shared resource information 120 that has changed its shared resource information DB 506. そして、中継サーバR2は、リソースを共有するユーザクライアント端末1A,3Bが接続されている各中継サーバR1、R3に、変更された個別共有リソース情報122をNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS27.1、ステップS27.2)。 Then, the relay server R2, the user client terminals 1A to share resources, 3B to each relay server R1, R3 which are connected, and notifies the changed individual shared resource information 122 by NOTIFY method (step S27.1, step S27.2). 通知を受けた各中継サーバR1、R3は、自身の共有リソース情報DB506の共有リソース情報を変更して記憶する。 Each relay server R1, R3 having received the notification, and stores the changed shared resource information in the shared resource information DB506 own. そして、各ユーザクライアント端末1A、3Bに対し、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS27.1.1、ステップS27.2.1)。 Then, each user client terminal 1A, to 3B, transmits a shared resource changing request (UpdateSharedResource command) (step S27.1.1, step S27.2.1). この変更要求を受けた各ユーザクライアント端末1A、3Bは、自身の共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報120を変更する。 Each user client terminal 1A that has received the change request, 3B changes the shared resource information 120 stored in the shared resource information DB604 own.

図17に、クライアント端末1Aおよび中継サーバR1に記憶される共有リソース情報120eを示す。 Figure 17 shows the shared resource information 120e stored in the client terminal 1A and the relay server R1. そこには、先のステップS26で作成された共有リソース情報120dに、新たにファミリーリソース情報125cが追加変更されている。 There are, in the shared resource information 120d that have been created in the previous step S26, and new family resource information 125c are additional changes. なお、クライアント端末2B、3Bおよび中継サーバR2、R3には、変更された個別共有リソース情報122aが共有リソース情報120として記憶される。 Incidentally, the client terminal 2B, the 3B and the relay servers R2, R3, the modified individual shared resource information 122a is stored as the shared resource information 120.

このように、各クライアント端末Tは、個別にリソースを共有する集合体を形成することができる。 Thus, each client terminal T is able to form an assembly that share the dedicated resources. そして、各クライアント端末Tは、共有するリソースを必要なときに必要なだけ変更することができ、汎用性、柔軟性に優れた中継通信システムとなっている。 Each client terminal T can be changed as and when required resources to be shared, versatility, and has a good relay communication system flexibility.

次に、図18において、あるLANに接続されているクライアント端末Tが、インターネットを越えて、他のLANのクライアント端末Tが保有するリソースを間接的に操作する通信処理の流れを説明する。 Next, in FIG. 18, the client terminal T connected to a LAN is, beyond the Internet, the flow of a communication process to indirectly operate a resource held by the client terminal T of the other LAN.

最初の処理は、LAN2のクライアント端末2Aが、LAN1のクライアント端末1Aが保有し操作可能なリソースを間接的にコピーする場合の流れを示している。 The first process, LAN2 client terminal 2A is shows the flow when the LAN1 client terminal 1A indirectly copying operation available resources held.

クライアント端末2Aは、ユーザから「file003.pdf」のコピーの指示を受けると、中継サーバR2に複写要求(Copyfileコマンド)を送信する(ステップS31)。 The client terminal 2A receives the copy instruction of the "file003.pdf" from a user, and transmits a copy request to the relay server R2 to (Copyfile command) (step S31). 複写要求を受信した中継サーバR2は、複写対象となっている「file003.pdf」を保有しているオーナクライアント端末Tを共有リソース情報120に基づいて選択し、そのオーナクライアント端末Tが接続されている中継サーバRを中継グループ情報100に基づいて選択して通信するのである。 The relay server R2 having received the copy request, the owner client terminal T that owns "file003.pdf" as a copy target selected based on the shared resource information 120, is connected to the owner client terminal T the relay server R that are at communicate selected based on the relay group information 100. もちろん、共有できるリソースでないとか、アカウントの登録が行われていない場合には、通信は行われない。 Of course, Toka not a resource that can be shared, if the registration of the account is not performed, communication is not performed.

続いて、中継サーバR2は、特定した中継サーバR1に対し、外部サーバSを介して、接続要求(INVITEメソッド)を送信する(ステップS31.1)。 Subsequently, the relay server R2 to the relay server R1 identified, via the external server S, transmits a connection request (INVITE method) (step S31.1). 接続要求を受信した中継サーバR1は、クライアント端末1Aに対し、複写要求を送信する(ステップS31.1.1)。 The relay server R1 that has received the connection request, to the client terminal. 1A, transmits a copy request (step S31.1.1). 複写要求を受信したクライアント端末1Aは、対象となるリソース(file003.pdf)の操作が可能であれば、OKレスポンスを中継サーバR1に送信し、中継サーバR1は、中継サーバR2に転送する。 The client terminal 1A having received the copy request, the operation of the resource in question (file003.pdf) is possible, and sends an OK response to the relay server R1, the relay server R1 transmits to the relay server R2.

OKレスポンスを受信した中継サーバR2が、中継サーバR1に対し、Mediasessionコマンドを送信して、両中継サーバR1・R2間に通信経路が確立される(ステップS31.2)。 OK relay server R2 that has received the response, the relay server R1, and transmits a Mediasession command, the communication path is established between the two relay servers R1 · R2 (step S31.2). Mediasessionコマンドを受信した中継サーバR1は、クライアント端末1Aに対し、ファイルを複写するGetFileDataコマンドを送信してファイル複写要求を行う(ステップS31.2.1)。 The relay server R1 that has received the Mediasession command to the client terminal 1A, performs file copy request by sending a GetFileData command to copy a file (step S31.2.1). ファイル複写要求を受けたクライアント端末1Aは、対象とされた「file003」を、リソース記憶部603から複写して中継サーバR1に送信する。 The client terminal 1A having received the file copy request was directed to "file003", and transmits the copied from the resource storage unit 603 to the relay server R1. そして、「file003」は、中継サーバR1、中継サーバR2を経由してクライアント端末2Aに送信される(FileTransferコマンド)。 Then, "file003", the relay server R1, is transmitted via the relay server R2 to the client terminal 2A (FileTransfer command). なお、リソースの実体は、リソース記憶部603からだけではなく、ファイルサーバFから複写される場合もある。 Incidentally, the entity of the resource, not only from the resource storage unit 603, the program may be copied from the file server F.

一連の通信処理が終わると、確立された通信経路を切断するために、中継サーバR2から中継サーバR1に対して切断要求(BYEメソッド)が送信されて、両中継サーバ間の通信経路が切断されて通信が終了する(ステップS32)。 When a series of communication processing is completed, in order to cut the established communication path, disconnection request (BYE method) is transmitted to the relay server R1 to the relay server R2, a communication path between the relay servers is disconnected communication Te is completed (step S32).

次は、LAN3のクライアント端末3Bが、LAN2のクライアント端末2Bが保有し操作可能なリソースを間接的に削除する場合の流れを示している。 Next, the client terminal 3B of LAN3 is shows the flow in the case of indirect remove the client terminal 2B is held operable resources LAN2.

クライアント端末3Bは、ユーザから「file00A.ppt」の削除の指示を受けると、中継サーバR3にファイルを削除するDeletefileコマンドを送信して削除要求する(ステップS33)。 The client terminal 3B receives the deletion instruction of "file00A.ppt" from the user, the deletion request by sending Deletefile command to delete the file to the relay server R3 (step S33). 削除要求を受けた中継サーバR3は、削除対象の「file00A.ppt」を保有し操作可能なオーナクライアント端末Tと、そのオーナクライアント端末Tが接続されている中継サーバRとを、共有リソース情報120と中継グループ情報100とに基づいて特定する。 The relay server R3 that has received the deletion request, the owner client terminal T can be held to "file00A.ppt" operation to be deleted, and a relay server R that the owner client terminal T is connected, the shared resource information 120 to identify on the basis of the relay group information 100.

続いて、中継サーバR3は、特定した中継サーバR2に対し、外部サーバSを介して、NOTIFYメソッドにより、削除要求の情報を送信する(ステップS33.1)。 Subsequently, the relay server R3 to the specified relay server R2, via the external server S, the NOTIFY method, sends the information of the deletion request (step S33.1). 削除要求の情報を受信した中継サーバR2は、クライアント端末2Bに対し、Deletefileコマンドを送信して削除要求する(ステップS33.1.1)。 The relay server R2 having received the information of the deletion request, to the client terminal 2B, delete request by sending Deletefile command (step S33.1.1). 削除要求を受信したクライアント端末2Bは、対象のリソース(file00A.ppt)を、リソース記憶部603から削除する。 The client terminal 2B having received the deletion request, the target resource (file00A.ppt), is deleted from the resource storage unit 603. そして、OKレスポンスが、中継サーバR2、中継サーバR3を経由してクライアント端末3Bに送信される。 Then, OK response, the relay server R2, is transmitted via the relay server R3 to the client terminal 3B.

図19に、削除処理が行われた後の共有リソース情報120fを示す。 Figure 19 shows the shared resource information 120f after the deletion process is performed. 図19に示すように、削除対象であった「file00A.ppt」のリソース情報126は、共有リソース情報120の中から削除されている。 As shown in FIG. 19, the resource information 126 of a deleted "file00A.ppt" it is deleted from the shared resource information 120. リソースの実体が消去されたからである。 Entity of resources because erased.

リソースの削除等、共有リソース情報120の内容が変更される操作がなされた場合には、共有リソース情報の更新処理が引き続いて行われる。 Deletion of resources, when an operation content of the shared resource information 120 is changed is made, is executed subsequent update processing of the shared resource information.

具体的には、共有リソース情報120の変更を伴う操作が指示されたクライアント端末3Bから、共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)が、中継サーバR3に送信される(ステップS34)。 Specifically, the client terminal 3B the operation has been instructed with the change of the shared resource information 120, the shared resource changing request (UpdateSharedResource command) is sent to the relay server R3 (step S34). この変更要求を受信した中継サーバR3は、変更された共有リソース情報120に関わる中継サーバR1、R2に対し、変更された共有リソース情報120をNOTIFYメソッドにより通知する(ステップS34.1、ステップS34.2)。 The relay server R3 that has received the change request, the relay server R1, R2 associated to the shared resource information 120 that has changed, and notifies the shared resource information 120 changed by NOTIFY method (step S34.1, step S34. 2). そして、各中継サーバR1、R2は、自身の共有リソース情報DB506の共有リソース情報を変更して記憶する。 Then, the relay servers R1, R2 stores change the shared resource information in the shared resource information DB506 own.

そして、それぞれ変更された共有リソース情報120に関わるユーザクライアント端末1A、2Bに共有リソース変更要求(UpdateSharedResourceコマンド)を送信する(ステップS34.1.1、ステップS34.2.1)。 Then, it transmits the user client terminals 1A relating to the shared resource information 120 that has changed each shared resource change request. 2B (UpdateSharedResource command) (step S34.1.1, step S34.2.1). 変更要求を受信した各ユーザクライアント端末1A、2Bは、自身の共有リソース情報DB604に記憶されている共有リソース情報を変更する。 Each user client terminal 1A that has received the change request, 2B changes the shared resource information stored in the shared resource information DB604 own.

すなわち、共有リソース情報120が変更されると、関連する中継サーバRおよびクライアント端末Tには、その旨の通知がされて、直ちに新たな共有リソース情報120に更新されるようになっているのである。 That is, when the shared resource information 120 is changed, the related relay server R and the client terminal T, is notified to that effect, it has become to be updated immediately to the new shared resource information 120 .

{第2の実施の形態} Second Preferred Embodiment
本実施の形態では、いずれかのLANで登録されたクライアント端末Tが他のLANに移動しても、設定変更等、手間のかかる作業を要さず、そのまま意識せずにログインしてリソースを扱うことができる、よりダイナミックな中継通信システムとなっている。 In the present embodiment, even if in one of the client terminals T are other LAN registered in the LAN, configuration changes, etc., without requiring tedious, resources to log without regard as can be handled, it has become a more dynamic relay communication system.

中継サーバR、クライアント端末Tなどの中継通信システムの各構成や、各通信処理の流れの基本的構成は、第1の実施の形態と同じである。 Relay servers R, the configuration and the relay communication system, such as a client terminal T, the basic configuration of the flow of the communication process is the same as the first embodiment. 以下、図20および図21のシーケンス図を中心に本実施の形態について具体的に説明する。 It will be specifically described embodiment mainly in the sequence diagram of FIG. 20 and FIG. 21.

図20および図21は、いずれかのLANで登録されたクライアント端末Tが、他のLANに移動して接続する場合における通信処理の流れの一例を示している。 20 and 21, one of the client terminal T registered in the LAN, shows an example of the flow of communication processing in the case of connecting to move to another LAN. 具体的には、LAN1の中継サーバR1で登録されたクライアント端末1Aがログオフして、新たにLAN2の中継サーバR2にログインした場合を示したものである。 Specifically, one in which the client terminal 1A registered in the relay server R1 of the LAN1 is logged off, it shows a case in which newly logged in the relay server R2 of the LAN2.

図22は、クライアント端末1Aが移動する前に、関連する各中継サーバR1・R2・R3に記憶されている中継グループ情報100の内容を示したものである。 22, before the client terminal 1A moves shows the content of the relay group information 100 stored in the relay servers R1 · R2 · R3 involved. そして、図23は、クライアント端末1Aが移動する前に、所定のリソースについて共有グループを形成するクライアント端末1A・2A・3A、およびこれらが登録している各中継サーバR1・R2・R3に、それぞれ記憶されている共有リソース情報120の内容を示したものである。 Then, Figure 23, before the client terminal 1A moves, sharing client terminal 1A · 2A · 3A to form a group, and each relay server R1 · R2 · R3 which they are registered for a given resource, each It shows the contents of the shared resource information 120 stored.

図23において、たとえば、リソースの実体の名称「folderNet」の所在を示すアドレスの情報には、「value=“//network/z:folderZ”」と記録されている。 23, for example, the address information indicating the location of the name "folderNet" entity of the resource, "value =" // network / z: folderZ "" and is recorded. これは、名称「folderNet」のリソースの実体が、クライアント端末1Aとは別のLAN1のネットワーク上の記憶手段にあることを示している。 This entity of the resource name "folderNet" have shown that it is in the storage means on another LAN1 network to the client terminal 1A. 本実施の形態では、「folderZ」は、LAN1内に配置されたファイルサーバFにあるものとする。 In this embodiment, "folderZ" shall in the file server F disposed in the LAN1. 一方、「value=“c:/folderA”などは、クライアント端末1A内部の記憶手段にあることを示している。 On the other hand, "value =" c: / folderA "etc., indicate that in the interior of the storage means the client terminal 1A.

第1の実施の形態とは異なり、本実施の形態の各情報100、120には、中継サーバRやクライアント端末T、リソースの接続状態を示す状態情報(status)107、127が記録されている。 Unlike the first embodiment, the respective information 100, 120 of the present embodiment, the relay server R and the client terminal T, the state information (status) 107 and 127 indicating the connection status of the resource is recorded . たとえば、「status=”ok“」や「status=”logon“」は、その表示がされた中継サーバRやクライアント端末T、リソースが、接続可能な状態であることを示している。 For example, "status =" ok "" or "status =" logon "", the display has been the relay server R and the client terminal T, resources, indicating a connectable state.

さらに、本実施の形態の中継グループ情報100には、クライアント端末T別に、そのクライアント端末Tがその時点で接続している中継サーバRを示す接続情報(server)108が記録されている。 Furthermore, the relay group information 100 of the present embodiment, the client terminal T apart, the connection information (server) 108 indicating the relay server R that client terminal T is connected at that time is recorded. たとえば、「sever=”relay−sever1“」は、現時点における接続先が中継サーバR1であることを示している。 For example, "sever =" relay-sever1 "" indicates that the destination at the present time is the relay server R1.

図20において、図1に示すようにLAN1内に配置され、図22に示すように既に中継サーバR1に登録されているクライアント端末1Aが、中継サーバR1に対し、ログオフの要求(REGISTER)を送信する(ステップS101)。 In Figure 20, is disposed within the LAN1 as shown in FIG. 1, the sending client terminal 1A that has already been registered in the relay server R1 as shown in FIG. 22, to the relay server R1, logoff request (REGISTER) (step S101). その要求を受信した中継サーバR1は、送信のあったクライアント端末1Aに対し、レスポンスを返信する。 The relay server R1 that has received the request, the client terminal 1A for which the transmission, and returns a response.

クライアント端末1Aがログオフしたことによって、中継グループ情報100の内容が変更され、中継サーバR1は、自装置に記憶している中継グループ情報100を更新する。 By the client terminal 1A is logged off, changed the contents of the relay group information 100, the relay server R1 updates the relay group information 100 stored in the own device. そして、中継サーバR1は、クライアント端末1Aを含んだ中継グループを形成している他の中継サーバR2・R3に対し、中継グループ情報の変更通知をNOTIFYメソッドにより送信する(ステップS102、ステップS103)。 Then, the relay server R1, to other relay servers R2 · R3 forming the relay group including the client terminal. 1A, transmits a change notification of the relay group information by NOTIFY method (step S102, step S103). 変更通知を受信した各中継サーバR2・R3は、自装置が記憶している中継グループ情報100を更新するとともに、送信元にレスポンスを返信する。 Each relay server R2 · R3 having received the change notification updates the relay group information 100 own device is stored, returns a response to the sender.

図24に、その変更通知によって送受信される中継グループ情報100hの内容を示す。 Figure 24 shows the content of the relay group information 100h transmitted and received by the change notification. 図24に示すように、ログオフしたクライアント端末1Aの状態情報107aには、接続不可を示す「logoff」が記録されており、同様に接続先の中継サーバRを示す接続情報108aは、中継サーバR1との接続が切断されたため、「relay−sever1」の記録が削除されて、空白の状態となっている。 As shown in FIG. 24, the state information 107a of the client terminal 1A logs off, showing the connection prohibition and "logoff" is recorded, the connection information 108a indicating the relay server R of the same connection destination, the relay server R1 for the connection to the has been disconnected, the recording of "relay-sever1" has been deleted, it has become a blank state.

また、クライアント端末1Aがログオフしたことによって、共有リソース情報の内容も変更される。 Further, by the client terminal 1A is logged off, it is also changed content of the shared resource information. たとえば、クライアント端末1Aがオーナであったリソースは、クライアント端末1Aがログオフしたことによって、操作できない。 For example, the resource client terminal 1A was owner, by the client terminal 1A logs off, can not be operated. そこで、中継サーバR1は、更新された中継グループ情報100の内容に基づいて、自装置が記憶している共有リソース情報120の該当データを更新する。 Accordingly, the relay server R1, based on the updated content of the relay group information 100, and updates the corresponding data of the shared resource information 120 by the own device is stored.

そして、中継サーバR1は、この更新に関連するクライアント端末Tが登録されている他の中継サーバRに対し、共有リソース情報120の変更通知を送信する。 Then, the relay server R1, the client terminal T associated with the update to other relay servers R that is registered, and transmits a change notification of the shared resource information 120. なお、更新に関連するクライアント端末Tとは、更新によって接続状態が変化するリソースがあった場合に、そのリソースを含む共有リソース情報120のファミリーアカウント情報124に含まれるクライアント端末Tのことである。 Note that the client terminal T associated with the update, if the connection state had the resources to change the update is that the client terminal T contained in the family account information 124 of the shared resource information 120 including the resource. この変更通知は、先の中継グループ情報100の変更通知と通知先が同じであるため、先のステップS102およびステップS103であわせて送信される。 The change notification, because change notification ahead of the relay group information 100 and the notification destination is the same, are transmitted together in the previous step S102 and step S103.

共有リソース情報120の変更通知を受信した中継サーバR2・R3は、自装置が記憶している共有リソース情報120を更新するとともに、関連するクライアント端末2A・3Aに対し、その変更通知に基づいて、状態変更要求(UpdateResourceStatusコマンド)を送信する(ステップS102.1、ステップS103.1)。 The relay server R2 · R3 having received the change notification of the shared resource information 120, updates the shared resource information 120 own device is stored, to the relevant client terminals 2A · 3A, on the basis of the change notification, state change request (UpdateResourceStatus command) to the (step S102.1, step S103.1). 状態変更要求を受信したクライアント端末2A・3Aは、自装置が記憶している共有リソース情報120を更新するとともに、送信元にレスポンスを返信する。 The client terminal 2A · 3A that has received the state change request, updates the shared resource information 120 own device is stored, returns a response to the sender.

図25に、この更新の際に送受信される共有リソース情報120hの内容を示す。 Figure 25 shows the contents of the shared resource information 120h transmitted and received during this update. 図25に示すように、ログオフしたクライアント端末1Aがオーナであるリソース(たとえば、「folderA」)の状態情報127aに、接続不可を示す“error”が記録されている。 As shown in FIG. 25, the resource (e.g., "folderA") client terminal 1A logs off is owner status information 127a of shows connection prohibition "error" is recorded.

したがって、中継グループ情報100を参照すれば、クライアント端末Tの接続状態が簡単に判断でき、共有リソース情報120を参照すれば、リソースの接続状態が簡単に判断できる。 Thus, referring to the relay group information 100, the connection state of the client terminal T can be easily determined, referring to the shared resource information 120, it can be easily determined connection status of the resource.

次に、ログオフしたクライアント端末1Aは、LAN2に移動して、ログオンするための接続要求(REGISTER)を中継サーバR2に送信する(ステップS104)。 Next, the client terminal 1A logs off, go to LAN2, and transmits the connection request to log on (REGISTER) to the relay server R2 (step S104). この接続要求を受信した中継サーバR2は、自装置のアカウント情報登録部504に記憶しているクライアント端末Tの情報を参照し、接続要求のあったクライアント端末1Aが、登録されているか否かを判断する。 The relay server R2 that has received the connection request, the information in the client terminal T stored in the account information registering unit 504 of its own device, the client terminal 1A for which the connection request, whether or not it is registered to decide. 登録されていないと判断した場合に、中継グループ情報100に基づいて、接続要求のあったクライアント端末1Aが登録されている中継サーバR1を特定する。 If it is determined not to be registered, based on the relay group information 100, the client terminal 1A for which the connection request identifies the relay server R1 that has been registered. なお、中継サーバR2は、クライアント端末1Aの情報が得られず特定できない場合にはログインは受け入れない。 The relay server R2 does not accept log in if the information of the client terminal 1A can not be identified not obtained. また、自装置に登録されていた場合にはそのままログインを受け入れる。 Also, accept it log in if it was registered in the own device.

そして、中継サーバR2は、特定した中継サーバR1に対して、クライアント端末1Aから受信したIDやパスワード等のログイン情報が正しいかどうかを、確認要求(NOTIFY)を送信して問い合わせる(ステップS104.1)。 Then, the relay server R2 to the specified relay server R1, whether login information such as ID and password received from the client terminal 1A is correct, queried transmission confirmation request (NOTIFY) (step S104.1 ). 確認要求を受信した中継サーバR1は、自装置に記憶している中継グループ情報100を参照し、クライアント端末1Aのログイン情報が正しいかどうかを問合せのあった中継サーバR2にNOTIFYメソッドにより送信する。 The relay server R1 that has received the confirmation request, by referring to the relay group information 100 stored in the own device, transmits the NOTIFY method to the relay server R2 was whether login information of the client terminal 1A is correct the inquiry. そして、ログインのあったクライアント端末1Aは正当なものであることを確認した中継サーバR2は、クライアント端末1Aに対してOKレスポンスを送信し、クライアント端末1Aのログインを受け付けて接続を許可するのである。 Then, the relay server R2 having confirmed that the client terminal 1A for which the login is valid transmits the OK response to the client terminal 1A, is to allow the connection accepts a login of the client terminal 1A .

中継サーバR2は、クライアント端末1Aのログインを受け付けると、図21に示すように、自装置に記憶している中継グループ情報100を更新するとともに、関連する他の中継サーバR1・R3に中継グループ情報100の変更通知をNOTIFYメソッドにより送信する(ステップS105、ステップS106)。 The relay server R2 accepts the login of the client terminal 1A, as shown in FIG. 21, updates the relay group information 100 stored in the own device, the relay group information to other relay servers R1 · R3 associated 100 of the change notification and transmits the nOTIFY method (step S105, step S106). そして、変更通知を受信した中継サーバR1・R3は、その変更通知に基づいて、自装置に記憶している中継グループ情報100を更新し、送信元にレスポンスを返信する。 Then, the relay server R1 · R3 having received the change notification, on the basis of the change notification, updates the relay group information 100 stored in the own device, and returns a response to the sender.

図26に、この更新の際に送受信される中継グループ情報100iの内容を示す。 Figure 26 shows the content of the relay group information 100i transmitted and received during this update. 図26に示すように、ログインされたクライアント端末1Aの状態情報107bには、接続可能であることを示す「logon」が記録されている。 As shown in FIG. 26, the state information 107b of the client terminal 1A that has been logged, indicating that it is connectable "logon" is recorded. 同様に、接続情報108bには、新たな接続先である中継サーバR2を示す「relay−sever2」が記録されている。 Similarly, connected to the information 108b, which indicates the relay server R2 is a new connection destination "relay-sever2" is recorded. したがって、これを参照すれば、LAN1の中継サーバR1で登録されたクライアント端末1AがLAN2に移動して、中継サーバR2にログインしていることが判断できるのである。 Thus, referring to this, the mobile client terminal 1A registered in the relay server R1 of the LAN1 is LAN2, is at the can determine who is logged in the relay server R2.

次に、クライアント端末1Aは、ログインした中継サーバR2に対し、クライアント端末1Aに関連する共有リソース情報120の送信要求(GetResourceStatusコマンド)を送信する(ステップS107)。 Next, the client terminal 1A, the relay server R2 logged, and transmits the transmission request of the shared resource information 120 related to the client terminal 1A to (GetResourceStatus command) (step S107). これを受信した中継サーバR2は、クライアント端末1Aに対し、該当する共有リソース情報120を送信する。 The relay server R2 that has received this, to the client terminal. 1A, transmits a shared resource information 120 applicable.

この共有リソース情報120を受信したクライアント端末1Aは、自動的に、自身がオーナであるリソースについて操作可能か否かを確認し、その結果に基づいて共有リソース情報120の状態情報127を更新する。 The client terminal 1A that has received the shared resource information 120, automatically, itself confirms whether operable for resources is the owner, and updates the state information 127 of the shared resource information 120 based on the result. そして、更新した共有リソース情報120に基づいて、ログインした中継サーバR2に対し、状態変更要求(UpdateResourceStatusコマンド)を送信する(ステップS108)。 Then, based on the shared resource information 120 is updated, to the relay server R2 of the logged-transmits a state change request (UpdateResourceStatus command) (step S108).

この状態変更要求を受信した中継サーバR2は、自装置に記憶している対象の共有リソース情報120を更新する。 The relay server R2 that has received the state change request updates the shared resource information 120 of the target stored in the own device. そして、自装置に登録されているクライアント端末Tであって、対象の共有リソース情報120のファミリーアカウント情報124に含まれるクライアント端末T(ここでは2A)に対し、状態変更要求(UpdateResourceStatusコマンド)を送信する(ステップS108.1)。 Then, send a client terminal T registered in the own apparatus, to (2A, in this case) the client terminal T contained in the family account information 124 of the shared resource information 120 of the target, a state change request (UpdateResourceStatus command) (step S108.1). 状態変更要求を受信したクライアント端末2Aは、記憶している共有リソース情報120を更新するとともに、送信元にレスポンスを返信する。 The client terminal 2A that has received the state change request, updates the shared resource information 120 stored therein and returns a response to the sender.

そして、ファミリーアカウント情報124に含まれる他のクライアント端末T(ここでは、1Aと3A)が登録されている中継サーバR1・R3に対し、共有リソース情報の変更通知を送信する(ステップS108.2、ステップS108.3)。 The other client terminal T (in this case, 1A and 3A) contained in the family account information 124 to the relay server R1 · R3 that are registered, and transmits a change notification of the shared resource information (step S108.2, step S108.3). 変更通知を受信した中継サーバR1・R2は、記憶している共有リソース情報120を更新する。 The relay server R1 · R2 having received the change notification updates the shared resource information 120 stored therein. そうすると、中継サーバR3は、クライアント端末3Aに対して、状態変更要求(UpdateResourceStatusコマンド)を送信する(ステップS108.3.1)。 Then, the relay server R3, the client terminal 3A, and transmits a state change request (UpdateResourceStatus command) (step S108.3.1). 状態変更要求を受信したクライアント端末3Aは、記憶している共有リソース情報120を更新するとともに、送信元にレスポンスを返信する。 The client terminal 3A that has received the state change request, updates the shared resource information 120 stored therein and returns a response to the sender. なお、中継サーバR1では、クライアント端末1Aに対して状態変更要求は送信されない。 In the relay server R1, a state change request to the client terminal 1A is not transmitted. すでに中継サーバR2にログインしているからである。 Since you have already logged in to the relay server R2.

図27にこの更新の際に送受信される共有リソース情報120iの内容を示す。 Figure 27 shows the content of the shared resource information 120i transmitted and received during this update. 図27に示すように、移動のあったクライアント端末1Aがオーナである状態情報127bの内容が接続不可(error)から接続可能を示す(ok)に更新されている。 As shown in FIG. 27, are updated to the contents of the status information 127b client terminal 1A for which the movement is the owner, it may indicate a connection from the connection prohibition (error) (ok).

ただし、クライアント端末1Aがオーナであっても、LAN1のネットワーク上に配置されたファイルサーバF内にあるfolderZに記憶されたリソース、たとえば「folderNet」などは、クライアント端末1AがLAN2に移動したことにより、もはや操作できない。 However, even in the client terminal 1A is the owner, the resource stored in folderZ in the file server F disposed on the LAN1 network, such as "folderNet", by the client terminal 1A moves to the LAN2 , it can no longer operate. そのため、これらの状態情報127cは、接続不可(error)のままである。 Therefore, these status information 127c remains not be connected (error).

このように、中継グループ情報100、共有リソース情報120の内容は、中継通信システム内で逐次更新されるため、他のLANに移動して再接続した場合でも、ユーザは、従来通りにリソースの操作ができるのである。 Thus, the content of the relay group information 100, the shared resource information 120 is to be sequentially updated in the relay communication system, even when the reconnection by moving to another LAN, the user, resource operations of the conventional but they can.

以上のように、本発明の中継サーバを適用した中継通信システムでは、異なるLANにあるクライアント端末が、WANを越えて、他のクライアント端末が保有しているリソースを、あたかも自装置が保有しているかのごとく操作することができる。 As described above, in the applied relay communication system relay server of the present invention, the client terminals in different LAN is, beyond the WAN, resources other client terminals are held, though the device itself holds it is possible to operate as a dolphin.

そして、いずれかのLANで既に登録されているクライアント端末が他のLANに移動してログオンしても、動的に対応可能であり、設定変更等、手間のかかる作業を要さず、そのまま意識せずにリソースを扱うことができる。 Then, even if the client terminal is already registered in any of the LAN to log moved to another LAN, a dynamically adaptable, without requiring operations such configuration changes, etc., troublesome, as it is aware of it can handle the resource without.

第1の実施の形態における中継通信システムのネットワーク構成図である。 It is a network configuration diagram of a relay communication system in the first embodiment. 第1の実施の形態における外部サーバの機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of the external server in the first embodiment. 第1の実施の形態におけるクライアント端末の機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of a client terminal in the first embodiment. 第1の実施の形態における中継サーバの機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of a relay server in the first embodiment. 第1の実施の形態における、通信端末と中継サーバの関係および中継サーバと外部サーバとの関係を示す図である。 In the first embodiment, a diagram showing the relationship between the communication terminal and the relationships and the relay server and the external server of the relay server. 第1の実施の形態における中継グループ情報の内容を示す図である。 Is a diagram illustrating the content of the relay group information in the first embodiment. 第1の実施の形態における共有リソース情報の内容を示す図である。 Is a diagram showing the contents of the shared resource information in the first embodiment. 第1の実施の形態における通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of communication processing in the first embodiment. 図8に続く通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of communication processing subsequent to FIG. 第1の実施の形態における、ある過程における中継グループ情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, a diagram showing the content of the relay group information in a certain process. 第1の実施の形態における通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of communication processing in the first embodiment. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 図11に続く通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of a subsequent communication process in FIG. 11. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 第1の実施の形態における通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of communication processing in the first embodiment. 第1の実施の形態における、ある過程における共有リソース情報の内容を示す図である。 In the first embodiment, it is a diagram showing the contents of the shared resource information in a certain process. 第2の実施の形態における通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of the communication process in the second embodiment. 第2の実施の形態における通信処理のシーケンス図である。 It is a sequence diagram of the communication process in the second embodiment. 第2の実施の形態における、ある過程の中継グループ情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the content of the relay group information of a certain process. 第2の実施の形態における、ある過程の共有リソース情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the contents of the shared resource information of a certain process. 第2の実施の形態における、ある過程の中継グループ情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the content of the relay group information of a certain process. 第2の実施の形態における、ある過程の共有リソース情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the contents of the shared resource information of a certain process. 第2の実施の形態における、ある過程の中継グループ情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the content of the relay group information of a certain process. 第2の実施の形態における、ある過程の共有リソース情報の内容を示す図である。 In the second embodiment, a diagram showing the contents of the shared resource information of a certain process.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

S 外部サーバT クライアント端末R 中継サーバ100 中継グループ情報107 状態情報108 接続情報120 共有リソース情報127 状態情報504 アカウント情報DB S external server T client terminal R the relay server 100 relay group information 107 status information 108 connection information 120 shared resource information 127 state information 504 account information DB
505 中継グループ情報DB 505 relay group information DB
506 共有リソース情報DB 506 shared resource information DB

Claims (3)

  1. 第1のLANに接続されるとともに、他のLANの中継サーバと通信可能な中継サーバであって、 It is connected to the first LAN, a communication capable relay server with other LAN relay server,
    自中継サーバが接続されるLANに接続されているクライアント端末を特定するアカウント情報を記憶するアカウント情報登録部と、 And account information registering unit that stores account information for identifying the client terminals connected to the LAN to which the own relay server is connected,
    自中継サーバと相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報と、各中継サーバに接続されているクライアント端末を特定するアカウント情報と、を含む中継グループ情報を記憶する中継グループ情報登録部と、を備え、 A group of the information of the relay server to allow connections to and from the own relay server, the relay group information registration unit arranged to store relay group information including account information, the identifying the client terminals connected to each relay server, equipped with a,
    クライアント端末から接続要求を受信すると、前記クライアント端末が自中継サーバの前記アカウント情報に登録されていない場合に、前記中継グループ情報に基づいて、前記クライアント端末が登録されている第2のLANの中継サーバを特定し、前記第2のLANの中継サーバに前記クライアント端末のログイン情報を与えて前記ログイン情報の正否を問い合わせ、前記第2のLANの中継サーバからの前記ログイン情報の認証結果に応じて前記クライアント端末の接続を許可することを特徴とする中継サーバ。 When receiving the connection request from the client terminal, wherein, when the client terminal is not registered in the account information of the own relay server, based on the relay group information, the relay of the second LAN to the client terminal is registered to identify the server, the query success or failure of the login information giving login information of the client terminal, depending on the authentication result of the login information from the relay server of the second LAN to the relay server of the second LAN relay server and permits the connection of the client terminal.
  2. 請求項1に記載の中継サーバであって、 The relay server according to claim 1,
    前記中継グループ情報が、クライアント端末別に記録されて、そのクライアント端末の接続先の中継サーバを示す接続情報を、含み、 The relay group information, is recorded by the client terminal, the connection information indicating a relay server to connect to the client terminal, wherein,
    前記アカウント情報登録部に記憶するクライアント端末から接続要求を受信すると、自装置が記憶する中継グループ情報に含まれる、そのクライアント端末の前記接続情報の内容を更新するとともに、関連する他の中継サーバに、中継グループ情報の変更通知を送信することを特徴とする中継サーバ。 When receiving the connection request from the client terminal stored in the account information registering unit, the own device is included in the relay group information stored, updates the contents of the connection information of the client terminal, the other associated with the relay server , relay server and transmits a change notification of the relay group information.
  3. 請求項2に記載の中継サーバであって、 The relay server according to claim 2,
    他の中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているクライアント端末の接続を許した場合に、 If that allowed the connection of the client terminal stored in the account information registering unit of the other relay servers,
    自装置が記憶する中継グループ情報に含まれる、そのクライアント端末の前記接続情報の内容を更新するとともに、関連する他の中継サーバに、中継グループ情報の変更通知を送信することを特徴とする中継サーバ。 Own device is included in the relay group information stored, the relay server updates the contents of the connection information of the client terminal, the other associated with the relay server, and transmits the change notification of the relay group information .
JP2006335539A 2006-12-13 2006-12-13 Relay server Active JP5125087B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006335539A JP5125087B2 (en) 2006-12-13 2006-12-13 Relay server

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006335539A JP5125087B2 (en) 2006-12-13 2006-12-13 Relay server
US11/953,505 US8010647B2 (en) 2006-12-11 2007-12-10 Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
EP10168419A EP2230818B1 (en) 2006-12-11 2007-12-11 Relay server and relay communication system
CN 200710198601 CN101202709B (en) 2006-12-11 2007-12-11 Relay server and relay communication system
EP20070024008 EP1959635B1 (en) 2006-12-11 2007-12-11 Relay server and relay communication system
CN 201110397034 CN102420785B (en) 2006-12-11 2007-12-11 The relay server and a relay communication system
US13/153,497 US8533330B2 (en) 2006-12-11 2011-06-06 Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008148200A JP2008148200A (en) 2008-06-26
JP5125087B2 true JP5125087B2 (en) 2013-01-23

Family

ID=39607847

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006335539A Active JP5125087B2 (en) 2006-12-13 2006-12-13 Relay server

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5125087B2 (en)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070233844A1 (en) 2006-03-29 2007-10-04 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Relay device and communication system
JP4222397B2 (en) 2006-09-12 2009-02-12 村田機械株式会社 Relay server
EP1912404B1 (en) 2006-10-11 2011-06-01 Murata Machinery, Ltd. File transfer server
DE602007012475D1 (en) 2006-10-11 2011-03-24 Murata Machinery Ltd relay server
EP1990975B1 (en) 2007-05-09 2013-02-20 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
JP4591875B2 (en) 2007-12-25 2010-12-01 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4645915B2 (en) 2007-12-27 2011-03-09 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
TWI455547B (en) 2008-09-01 2014-10-01 Murata Machinery Ltd
US8296391B2 (en) 2008-09-05 2012-10-23 Murata Machinery, Ltd. Relay server, relay communication system, and communication apparatus
JP4798194B2 (en) * 2008-09-05 2011-10-19 村田機械株式会社 Communication device
US8738788B2 (en) 2009-03-13 2014-05-27 Murata Machinery, Ltd. First relay server and second relay server
JP4947086B2 (en) * 2009-04-09 2012-06-06 村田機械株式会社 Relay communication system
JP4992944B2 (en) * 2009-09-04 2012-08-08 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP2011055450A (en) * 2009-09-04 2011-03-17 Murata Machinery Ltd Relay server and relay communication system

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3561107B2 (en) * 1997-01-09 2004-09-02 株式会社東芝 The network connection device
JP2000022754A (en) * 1998-06-26 2000-01-21 Nec Corp Gateway system
JP4231985B2 (en) * 2001-01-16 2009-03-04 村田機械株式会社 Relay server and communication system
JP2003101565A (en) * 2001-07-17 2003-04-04 Mitsubishi Materials Corp Mobile object management server, wireless mobile router, and accounting method
KR100448318B1 (en) * 2002-11-08 2004-09-16 삼성전자주식회사 Method for hand-off in a wileless network
JP2004304240A (en) * 2003-03-28 2004-10-28 Japan Telecom Co Ltd Method for authenticating mobile communication terminal in wireless lan communication system, the wireless lan communication system, and program
JP4423118B2 (en) * 2004-06-08 2010-03-03 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Mobile communication system, the access router, the management apparatus and a mobile communication method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2008148200A (en) 2008-06-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4068158B2 (en) Replica routing
US8160077B2 (en) Peer-to-peer communication pipes
CN101252509B (en) Application of dual-NAT method in packet data processing and routing of dynamic virtual private network (VPN)
US7069318B2 (en) Content tracking in transient network communities
US7039701B2 (en) Providing management functions in decentralized networks
US7165107B2 (en) System and method for dynamic, transparent migration of services
US7251689B2 (en) Managing storage resources in decentralized networks
US7143139B2 (en) Broadcast tiers in decentralized networks
JP4700055B2 (en) Dynamic Host Configuration Protocol framework system for configuration management of the network entity, and a computer program
KR100613053B1 (en) Scalable resource discovery reconfiguration for distributed computer networks
JP6195451B2 (en) Group messaging systems, methods and computer-readable recording medium that provides file sharing the bidirectional linkage between the cloud server
US20030217140A1 (en) Persisting node reputations in transient communities
EP1965541A1 (en) System, apparatus and method for automated wireless device configuration
US20040039781A1 (en) Peer-to-peer content sharing method and system
US8606884B2 (en) System and method for web hosting behind NATs
US7529255B2 (en) Peer-to-peer multicasting using multiple transport protocols
JP5540021B2 (en) Redirection of secure data connection request
US20060294251A1 (en) Output management system and method for enabling access to private network resources
US20070022180A1 (en) Output management system and method for enabling printing via wireless devices
JP4738344B2 (en) Web service for remote application discovery
JP4269226B2 (en) Information communication system and method, an information processing apparatus and method, program and recording medium
JP4800966B2 (en) Seamless discovery from extranet installed remote applications in the workstation
EP1926285B1 (en) Relay server
US7181536B2 (en) Interminable peer relationships in transient communities
CN103503419B (en) System and method for using a web proxy server to access the network address of the device has assigned

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091019

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111212

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120217

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120626

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120822

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121002

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121015

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151109

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250